2021年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2021年(2021 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、金曜日から始まる平年令和3年。

この項目では、国際的な視点に基づいた2021年について記載する。

他の紀年法[編集]

各紀年法による2021

カレンダー[編集]

1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
3月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

できごと[編集]

1月[編集]

  • 1月5日 - 北朝鮮朝鮮労働党党大会を5年ぶりに平壌で開催[1]
  • 1月6日
  • 1月7日
  • 1月8日
    • 従軍慰安婦問題韓国の元慰安婦と遺族らが日本政府に損害賠償を求めた訴訟で、ソウル中央地裁が原告の請求通り1人当たり1億ウォン(約950万円)の支払いを命じる判決を言い渡した[10]
    • この日、イギリス政府は新型コロナウイルス感染症で1,325人が死亡し、1日当たりの新規感染者数は6万8,053人(過去最多)だったと発表した。ロンドン市長サディク・カーンは首都での感染拡大が「制御不能」で、深刻な事態だと宣言した[11]
    • Twitterは、現職アメリカ合衆国大統領であるドナルド・トランプのアカウントを永久に停止すると発表した[12]。1月6日の議会襲撃事件に関連して、さらに暴力を扇動するリスクがあると判断した[13]
  • 1月9日
    • ジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ国際空港を離陸直後のスリウィジャヤ航空182便が消息を絶った[14]。乗客乗員は計62人で、インドネシアのブディ・カルヤ・スマディ運輸大臣は会見で、飛行機は墜落したと説明した[15]
    • 北朝鮮の朝鮮労働党が党大会5日目の会議で、党規約改正に関する決定書が採択。党規約序文に「強力な国防力で軍事的脅威を制圧し、朝鮮半島の安定と平和的環境を守る」と記し、軍事力をさらに強化する方針を示した。軍事力で「祖国統一」を目指す新路線で、金日成の「民族解放人民民主主義革命路線」を転換した可能性も指摘される[16]
    • 中国商務省中国企業や市民に対する外国の「不当な法律や規制に対抗」するための新規則を公表。中国の市民や組織が外国の法律によって経済・貿易活動上の規制を受けた場合、その旨を30日以内に商務省に届け出ることができ、市民や組織が「重大な損失」を被る場合は政府の関係部署が必要な支援を行うとする[17]
    • 香港の英字新聞サウス・チャイナ・モーニング・ポストが匿名の情報筋の話として、香港警察が国家安全維持法の規定を初適用し、域内のインターネット接続業者に「HKクロニクル」(2019年の香港における反政府活動に関する資料を主に扱うウェブサイト)へのアクセス遮断を要請し始めたと報道。6日夜の段階でサイトを閲覧できなくなったとの報告がユーザーから入っており、10日までには閲覧不能になった[18]
    • アメリカ合衆国国務長官マイク・ポンペオが、アメリカ政府が中国政府に配慮して長年続けてきた、アメリカと台湾の当局者間の接触に関する「自主規制」を解除すると発表[19]
    • イギリスエリザベス女王と、夫のフィリップ新型コロナウイルスワクチン接種を受ける[20]
    • アップルアマゾン・ドット・コムは、右派が集まることで知られ、6日の米連邦議会議事堂占拠事件でデモ隊の連携のために用いられたSNS・パーラーをぞれぞれのストアやウェブサービスから削除した。これによってパーラーは事実上オンライン接続できない状態になる。削除について両社は暴力行為をあおる投稿の拡散を防止する適切な対策が取られなかったことを理由としている[21]
  • 1月10日
    • 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が党大会で党総書記に選出。父親の金正日総書記の肩書を復活させた[22]
    • アメリカの民主党のナンシー・ペロシ下院議長が民主党議員への書簡で、マイク・ペンス副大統領に憲法の規定に基づいてトランプ大統領を解任するよう求めるため11日から議会での手続きを始めると明らかにした[23]
    • Twitterは、中国日報の記事[24]とともに在米中国大使館が投稿した「中国政府の新疆ウイグル自治区政策によってウイグルの女性が解放された」という内容のツイートを削除した[25]
    • 新型コロナウイルスの押さえ込みに成功したとしていた中国で、2019年7月以来およそ半年ぶりに100人以上が症状がある感染者として確認された[26]
  • 1月11日
    • 米連邦捜査局(FBI)が、バイデン次期大統領の就任式までの間に武装した人々による抗議行動が起こる可能性があるとして警告を発した[27]
    • (日本時間)ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が世界全体で9000万人を超える。2020年12月下旬に8000万人に達した際と同様、過去最短の15日間で1000万人増加した[28][29]。国別ではアメリカ(約2240万人)、インド(約1050万人)、ブラジル(約810万人)と続く[29]
    • 韓国の文在寅大統領が新年の挨拶。新型コロナウイルスのワクチンを「優先順位に基づき、2月からすべての国民に無料で接種できるようにする」と表明した[30]
    • 台湾外交部が「TAIWAN」の文字を大きく表記した新しいパスポートを導入し、申請の受け付けを開始。新型コロナウイルスの感染が世界的に広がって以降「海外で中国籍と誤解された」との声が多く寄せられたことなどに対応した[31]
    • 中国政府が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の起源解明に向けた世界保健機関の国際調査団が同月14日に中国を訪問すると発表。中国側の専門家と合同で発生源について科学的研究を進めるとした。調査団は当初5日に出国する予定であったが中国当局が最終許可を出さなかったため入国できず、WHOのテドロス・アダノム事務局長が「失望」を表明し、早期入国を求めていた[32][33]
    • 中国の百度電気自動車の製造販売に乗り出すと発表[34]
    • アメリカのカリフォルニア州サンディエゴの動物園で飼育されているゴリラのうち、少なくとも2頭が新型コロナウイルスの検査で陽性だったと動物園が発表。大型類人猿への自然感染が判明したケースとしては初[35]
  • 1月12日
    • YouTubeはドナルド・トランプのチャンネルでの新規の動画投稿やライブ配信を少なくとも7日間停止すると発表。また暴力を扇動する恐れがあると考えられるコンテンツに対する同社の指針に違反しているとし、複数の動画を削除した[21]
    • 12日から13日にかけてシリア東部で親イランの民兵組織などを標的とした、イスラエル軍によると見られる空爆があり、過去最悪規模の被害が出る。14日時点で少なくとも57人が死亡したことが分かった[36]
  • 1月13日
    • アメリカのトランプ大統領が暴力や違法行為、破壊活動を批判する声明を発表。「すべての国民に対して緊張を和らげ、怒りを抑えることを求める」と事態の沈静化を呼びかけた[37]
    • 米下院本会議は現職大統領のドナルド・トランプが支持勢力を扇動して連邦議会議事堂を襲撃・占拠させたとして罷免を求める弾劾訴追決議案を賛成232票、反対197票の賛成多数で可決。共和党からも10人の議員が賛成に回った。2019年にもウクライナ疑惑で弾劾訴追されており、米大統領が在任中に2回弾劾訴追されるのは史上初[38][39]
    • 人権団体・ヒューマン・ライツ・ウォッチが発表した、世界の人権状況に関する年次報告でトランプ大統領について「大統領としての4年間、人権に無関心かつ敵対的で、人種や宗教上のマイノリティーに対する憎悪を助長させた」と強く非難した。また、ジョージ・フロイドの死に際しての対応も非難した[40]
    • アメリカ・ニューヨーク市ビル・デブラシオ市長がトランプ大統領一族が運営する企業「トランプ・オーガニゼーション」との契約を打ち切ると発表。市長は声明で「大統領は米政府に対する反乱を扇動した」と非難、同社は政治的差別として反発した[41]
    • トランプ政権は新疆ウイグル自治区での中国政府による人権侵害問題で、同自治区からの綿製品とトマト製品の輸入を禁止すると発表。税関・国境警備局(CBP)には、これら製品を含む積み荷を押収するよう指示した。同自治区には政府による強制労働の懸念がある[42]
    • イタリアマッテオ・レンツィ元首相は記者会見で、自ら率いる中道左派少数政党「イタリア・ビバ」が連立政権から離脱すると発表。同党の閣僚2人が辞任する[43]
    • 国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロッシ事務局長が、イランが金属ウラン製造に向けた研究開発活動に着手したとIAEA加盟国に報告。金属ウランは核爆弾に使われる可能性があり、イランが製造したり獲得したりすることを15年間禁止する核合意に違反する[44]
  • 1月14日
    • 韓国政府はソウルにある拘置所で1,000人を超える新型コロナウイルス感染症の集団感染が発生したことを受けて、施設の過密状態を解消するために900人余りの受刑者を仮釈放すると発表[45]
  • 1月15日
  • 1月20日 - アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 前年11月3日大統領選挙で、選挙人の過半数を獲得したジョー・バイデン民主党[48]が46代目のアメリカ大統領に就任。
  • 1月22日 - 核兵器禁止条約(50か国・地域以上が批准)が発効。国際条約では初の核兵器の保有を全面的に禁止するものである。
  • 1月27日 - (日本時間)ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が世界全体で1億人を超える。国別ではアメリカ(約2543万人)、インド(約1068万人)、ブラジル(約893万人)と続く[49]が、その次はロシア(約371万6千人)と変異株(B.1.1.7)が猛威を振るうイギリス(約370万人)が僅差となっている[50]。一方、死者数も世界全体で215万人を超えており[49][50]、国別で多いのはアメリカ(約43万人)、ブラジル(約22万人)、インド(約15万人)の順となっている[50]

2月[編集]

予定[編集]

世界的な新型コロナウイルス感染症の流行により各種の予定などに影響が出ており、以下の予定も変更及び中止される可能性があり確定ではない。

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

日付が未定なもの[編集]

周年[編集]

イベント[編集]

政治[編集]

  • 当年実施見込みの各国元首等の選挙(【】内は任期満了日)

経済[編集]

芸術・文化・ファッション[編集]

世界的な新型コロナウイルス感染症流行などの影響により、以下の各種予定は変更となる可能性がある。

音楽[編集]

映画[編集]

実写映画
アニメ映画

ゲーム[編集]

スポーツ[編集]

夏季オリンピック・パラリンピック[編集]

夏季オリンピックパラリンピック日本の旗 日本東京で開催される(1964年大会以来2回目)。新型コロナウイルス流行の影響で近代オリンピック史上初めて約1年の延期が決まった。

誕生[編集]

死去[編集]

ノーベル賞[編集]

フィクションのできごと[編集]

  • 7月 - 初の有人火星探査ミッションを行っていたNASAの宇宙船「マーズ1号」の乗員が、シドニア大平原英語版に白い多面体を発見。至近からのレーダーによる調査を行った乗員全員が多面体から生じた巨大な竜巻に襲われ、3名が死亡。残る1名もメッセージを地球へ送信した後に消息不明となる。(映画『ミッション・トゥ・マーズ』)[84][85]
  • 夏 - タイチャムポーンの山岳地帯に、「クイン」なる存在によるタイ南部およびマレーシアの征服宣言と2041年の日付が刻まれた高さ100メートル以上の記念塔が突如出現。この記念塔は「チャムポーン・クロノリス」と命名される。クロノリスの初出現。(小説『クロノリス—時の碑—英語版』)[86]
  • アンドロイド「RT600」が発売される。(ゲーム『Detroit: Become Human』)
  • ロバート・ヘルマス率いる最初の星間探検隊が、スピンディジー駆動を用いて木星の衛星から狼座三百五十九番星または白鳥座六十一番星を目指して旅立つ。その後、これは〈西〉陣営への反逆と見做され、計画の陣頭指揮を行っていたブリス・ワゴナー上院議員は処刑される。(小説『宇宙都市』シリーズ)[87][88]
  • 月の裏側の巨大電波システムが、BD+36度2147番星の惑星から発せられたと見られる120メガヘルツの電波シグナルを受信。8カ月に渡る観測の中で、シグナルの中に断片的な単語や綴りが確認される。その後、BD+36度2147番星は「ラー」、シグナルの発信源である惑星は「イシス」と命名される。(小説『星々の海をこえて英語版』)[89]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 北朝鮮が5年ぶりに党大会 金正恩氏、経済不振認める” (日本語). 日本経済新聞 (2021年1月6日). 2021年1月8日閲覧。
  2. ^ トランプ氏、あおった末 選挙敗北認めず、支持者「不正と闘う」 米議会乱入:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年1月8日閲覧。
  3. ^ Chow, Yanni Chow, Yoyo (2021年1月6日). “Hong Kong arrests 53 for plot to 'overthrow' government in latest crackdown on dissent” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/us-hongkong-security-idUSKBN29B01K 2021年1月8日閲覧。 
  4. ^ トランプ氏、政権移行認める 動画投稿「円滑で確実に」” (日本語). 日本経済新聞 (2021年1月8日). 2021年1月8日閲覧。
  5. ^ トランプ氏、円滑な政権移行約束 事実上の「敗北宣言」―米:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年1月8日閲覧。
  6. ^ Wells, Georgia. “ユーチューブ、トランプ氏チャンネルを一時停止” (日本語). WSJ Japan. 2021年1月14日閲覧。
  7. ^ イーロン・マスク氏、世界一の富豪に アマゾンのベゾス氏抜く” (日本語). CNN.co.jp. 2021年1月8日閲覧。
  8. ^ 米国連大使が初の台湾訪問へ…中国外務省「断固反対」 : 国際 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年1月8日). 2021年1月8日閲覧。
  9. ^ 英「日本の“リウマチ薬”コロナ治療に有効」と発表”. news.tv-asahi.co.jp. 2021年1月12日閲覧。
  10. ^ 日本放送協会. “元慰安婦の損害賠償裁判 日本政府に賠償命じる ソウルの地裁”. NHKニュース. 2021年1月8日閲覧。
  11. ^ 共同通信 (2021年1月9日). “英コロナ死者数、過去最多を更新 ロンドン市長「制御不能」 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2021年1月9日閲覧。
  12. ^ 共同通信 (2021年1月8日). “ツイッター、トランプ氏アカウント永久停止 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2021年1月9日閲覧。
  13. ^ Permanent suspension of @realDonaldTrump” (英語). blog.twitter.com. 2021年1月9日閲覧。
  14. ^ Indonesia Boeing 737 passenger plane crash site found, navy says”. BBC NEWS. 2021年1月10日閲覧。
  15. ^ ジャカルタ発の旅客機が墜落 乗客ら62人、海上に破片:朝日新聞デジタル”. www.asahi.com. 2021年1月10日閲覧。
  16. ^ 北朝鮮、党規約に「軍事力強化」明記…金日成主席の「革命路線」転換か : 国際 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年1月10日). 2021年1月10日閲覧。
  17. ^ Staff, Reuters「中国、外国の「不当な」法律や規制に対抗へ 商務省が新規則」『Reuters』、2021年1月10日。2021年1月10日閲覧。
  18. ^ Staff, Reuters「香港で反政府活動関連サイトが閲覧不能に、ネット接続業者が遮断」『Reuters』、2021年1月11日。2021年1月11日閲覧。
  19. ^ 米国務長官、米台関係に制約不要と 台湾との公的接触規制を解除へ」『BBCニュース』。2021年1月11日閲覧。
  20. ^ 英エリザベス女王がワクチン接種…99歳の夫・フィリップ殿下も : 国際 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年1月10日). 2021年1月11日閲覧。
  21. ^ a b Staff, Reuters「アップルとアマゾン、右派の集まるSNS「パーラー」を削除」『Reuters』、2021年1月11日。2021年1月11日閲覧。
  22. ^ 金正恩氏が党総書記に 党大会で決定” (日本語). 日本経済新聞 (2021年1月11日). 2021年1月10日閲覧。
  23. ^ 日本放送協会. “議事堂乱入事件めぐりトランプ大統領の解任要求へ 米 民主党”. NHKニュース. 2021年1月11日閲覧。
  24. ^ 谭欣雨. “Eradication of extremism has given Xinjiang women more autonomy, says report”. www.chinadaily.com.cn. 2021年1月11日閲覧。
  25. ^ ツイッター、在米中国大使館の投稿を削除 ウイグルは「解放」されたと主張で” (日本語). BBCニュース (2021年1月11日). 2021年1月11日閲覧。
  26. ^ 中国半年ぶりに新型コロナ感染確認100人超”. TBS NEWS. 2021年1月11日閲覧。
  27. ^ 米FBI、トランプ氏支持のさらなる暴動に警戒を呼びかけ」『BBCニュース』。2021年1月12日閲覧。
  28. ^ 共同通信 (2021年1月10日). “世界のコロナ感染が9千万人超す 15日間で1千万人増 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2021年1月10日閲覧。
  29. ^ a b 世界の感染者、累計で9000万人突破…今月下旬に1億人超える見通し” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年1月11日). 2021年1月28日閲覧。
  30. ^ 「国民全員に無料でワクチン接種」 韓国の文在寅大統領:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年1月11日閲覧。
  31. ^ 日本放送協会. “台湾 新パスポートの表記「TAIWAN」を大きく「CHINA」は小さく”. NHKニュース. 2021年1月11日閲覧。
  32. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年1月11日). “WHO調査団、14日訪中 起源解明へ武漢入り” (日本語). 産経ニュース. 2021年1月11日閲覧。
  33. ^ WHO専門団が今週に訪中決定 先週は入国できず”. news.tv-asahi.co.jp. 2021年1月11日閲覧。
  34. ^ 共同通信 (2021年1月11日). “中国検索大手の百度、EV参入 アップル競合か、業界変動 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2021年1月11日閲覧。
  35. ^ 共同通信 (2021年1月12日). “ゴリラが新型コロナ感染 米動物園、大型類人猿で初 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2021年1月12日閲覧。
  36. ^ シリアで57人死亡 イスラエル空爆か 過去最悪規模の被害”. TBS NEWS. 2021年1月14日閲覧。
  37. ^ トランプ氏声明 大統領就任式に向け沈静化呼びかけ”. news.tv-asahi.co.jp. 2021年1月14日閲覧。
  38. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年1月14日). “トランプ米大統領、2回目の弾劾訴追 史上初めて” (日本語). 産経ニュース. 2021年1月14日閲覧。
  39. ^ Ballhaus, Natalie Andrews, Kristina Peterson and Rebecca. “米下院、トランプ氏を弾劾訴追 共和党議員も10人賛成” (日本語). WSJ Japan. 2021年1月14日閲覧。
  40. ^ 日本放送協会. “国際的人権団体が年次報告 トランプ大統領を強く非難”. NHKニュース. 2021年1月14日閲覧。
  41. ^ NY市、トランプ一族企業との契約停止 米議会襲撃事件受け:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年1月14日閲覧。
  42. ^ Xiao, Eva. “米政府、新疆ウイグル産の綿・トマト製品の輸入禁止” (日本語). WSJ Japan. 2021年1月14日閲覧。
  43. ^ 共同通信 (2021年1月14日). “イタリア、元首相派が連立離脱 少数政党の閣僚2人辞任 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2021年1月14日閲覧。
  44. ^ 共同通信 (2021年1月14日). “イラン、金属ウラン研究開発着手 IAEAが加盟国に報告 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2021年1月14日閲覧。
  45. ^ 日本放送協会. “韓国 拘置所で1000人超が新型コロナに感染 900人余仮釈放へ”. NHKニュース. 2021年1月14日閲覧。
  46. ^ Vientiane Times”. www.vientianetimes.org.la. 2021年1月15日閲覧。
  47. ^ オランダ内閣総辞職、育児手当不当返還で引責」『Reuters』、2021年1月16日。2021年1月16日閲覧。
  48. ^ バイデン氏、選挙人の過半数獲得…各州で認定進む - 読売新聞オンライン (2020年12月5日) 、2020年12月6日閲覧。
  49. ^ a b 世界の感染者1億人突破、変異種も続々発見…ワクチン供給追いつかず” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年1月27日). 2021年1月28日閲覧。
  50. ^ a b c 新型コロナ 世界の感染者1億人超える” (日本語). NHKニュース (2021年1月27日). 2021年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月28日閲覧。
  51. ^ ミャンマー国軍、権力掌握を宣言 アウンサンスーチー氏らを拘束 BBCニュース (2021年2月1日) 2021年2月3日閲覧。
  52. ^ “[https://www.jma.go.jp/jma/press/2102/14a/202102140110.html 令和3年2月13日23時08分頃の福島県沖の地震について -「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第89報)-]”. 気象庁. 2021年2月23日閲覧。
  53. ^ 米大寒波で20人以上死亡 強者のみ生き延びると主張の市長は辞意」『BBC News』、2021年2月18日。2021年2月18日閲覧。
  54. ^ 中国の探査機が2021年にも火星着陸へ_新華網日本語” (2018年9月20日). 2021年1月16日閲覧。
  55. ^ "富士ゼロックスが米ゼロックスとの技術契約を終了、商号も変更". 不景気.com. 7 January 2020. 2020年2月5日閲覧
  56. ^ a b 東京五輪、21年7月23日~8月8日開催へ 日本経済新聞 (2020年3月30日)
  57. ^ a b 東京五輪・パラ、「1年程度」の延期決定 「東京2020」の名称は維持 BBC NEWS (2020年3月24日)
  58. ^ 静岡市で国際深海生物学会シンポ、2021年にアジアで初” (2018年9月25日). 2018年9月28日閲覧。
  59. ^ “『ゴジラ VS コング』米国公開日が前倒し、2021年3月26日に─ 米HBO Maxで同時配信へ”. THE RIVER. (2021年1月16日). https://theriver.jp/gvk-us-new-release-date/ 2021年1月16日閲覧。 
  60. ^ “『ゴジラ VS コング』海外公開、米国より先行の方針”. THE RIVER. (2021年1月27日). https://theriver.jp/gvk-int-release-prior-us/ 2021年1月28日閲覧。 
  61. ^ 「ゴジラvsコング」は5月14日公開、日本版予告も解禁”. 映画ナタリー. ナターシャ (2021年2月8日). 2021年2月8日閲覧。
  62. ^ “小栗旬参加「ゴジラVSコング」アメリカ公開が2020年3月から11月に延期”. 映画ナタリー. (2019年11月26日). https://natalie.mu/eiga/news/357022 2019年11月27日閲覧。 
  63. ^ 「トップガン マーヴェリック」、来年7月に公開延期”. CNN (2020年7月27日). 2020年7月28日閲覧。
  64. ^ “トム・クルーズ主演『トップガン2』米国公開日、2020年夏に約1年延期 ― 「複雑なフライト・シーン」撮影のため”. THE RIVER. (2018年8月30日). https://theriver.jp/topgun2-delayed/ 2018年9月26日閲覧。 
  65. ^ 「トップガン マーヴェリック」国内も公開延期、トム・クルーズはSNSでコメント”. 映画ナタリー (2020年5月13日). 2020年5月13日閲覧。
  66. ^ 映画「キングスマン:ファースト・エージェント」’21年2月に公開延期”. AV Watch (2020年9月1日). 2020年9月4日閲覧。
  67. ^ 『キングスマン』新作、日本公開が早まる!”. シネマトゥデイ (2020年9月29日). 2020年10月16日閲覧。
  68. ^ 『キングスマン』新作、来年3月12日に日米同時公開!”. シネマトゥデイ (2020年12月24日). 2020年12月29日閲覧。
  69. ^ 映画『キングスマン:ファースト・エージェント』『Ron’s Gone Wrong(原題)』 公開延期のお知らせ”. 20世紀スタジオ公式 (2021年1月27日). 2021年2月11日閲覧。
  70. ^ “「キングスマン」最新作、7カ月公開延期に”. 映画.com. (2019年11月19日). https://eiga.com/news/20191119/6/ 2019年12月22日閲覧。 
  71. ^ ‘A Quiet Place 2,’ ‘Top Gun: Maverick’ Delayed Until 2021バラエティ
  72. ^ 'A Quiet Place Part II' Sets New September Release Dateハリウッド・リポーター
  73. ^ ボンド新作「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」、2021年に公開延期”. AV watch (2020年10月5日). 2020年10月16日閲覧。
  74. ^ “新型コロナで延期の『007』新作、日本公開は11月20日に決定!”. シネマトゥデイ. (2020年3月11日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114617 2020年10月16日閲覧。 
  75. ^ ソニー『ゴーストバスターズ/アフターライフ』など全米公開が延期”. CINEMATODAY (2021年1月22日). 2021年1月22日閲覧。
  76. ^ “『ゴーストバスターズ』オリジナル版の続編が製作決定!2020年公開”. シネマトゥデイ. (2019年1月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0106195.amp.html 2019年1月18日閲覧。 
  77. ^ “「ゴーストバスターズ」第3弾が来年公開、ポール・ラッドら登場する予告編も到着”. 映画ナタリー. (2019年12月9日). https://natalie.mu/eiga/news/358830 2019年12月20日閲覧。 
  78. ^ 映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は2021年1月23日公開! (1/2)”. ねとらぼ (2020年10月16日). 2020年10月16日閲覧。
  79. ^ 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報3公開、劇場公開日決定!”. エヴァンゲリオン公式サイト (2020年10月16日). 2020年10月16日閲覧。
  80. ^ 映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は2020年公開 特報解禁 (ねとらぼ 2018年7月20日)
  81. ^ 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報公開(エヴァンゲリオン公式サイト 2018年7月20日)
  82. ^ 2020年6月公開『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報2公開中(エヴァンゲリオン公式サイト 2019年7月19日)
  83. ^ 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開延期のお知らせ”. エヴァンゲリオン公式サイト (2020年4月17日). 2020年4月17日閲覧。
  84. ^ デブラ・N・スペレーゲン『ミッション・トゥ・マーズ』徳間書店、2000年、7・34 - 64・70 - 76頁。ISBN 978-4-19-891318-2
  85. ^ ミッション・トゥ・マーズ - ディズニー公式サイト。2018年1月29日閲覧。
  86. ^ ロバート・チャールズ・ウィルスン『クロノリス—時の碑—』東京創元社、2011年、11 - 24・29・34 - 36・53・60頁。ISBN 978-4-488-70607-4
  87. ^ ジェイムズ・ブリッシュ『宇宙都市1 宇宙零年』早川書房、1978年、49・211 - 220・229・230頁。ISBN 978-4-15-010305-7
  88. ^ ジェイムズ・ブリッシュ『宇宙都市2 星屑のかなたへ』早川書房、1978年、75頁。ISBN 978-4-15-010309-5
  89. ^ グレゴリイ・ベンフォード『星々の海をこえて』早川書房、1986年、25 - 30頁。ISBN 978-4-15-010662-1

関連項目[編集]