プラーグの大学生 (1926年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プラーグの大学生
Der Student von Prag
監督 ヘンリック・ガレーン英語版
脚本 ヘンリック・ガレーン
ハンス・ハインツ・エーヴェルス英語版[1]
製作 ヘンリー・ゾカル[1]
出演者 コンラート・ファイト
エリッツア・ラ・ポルタ
フリッツ・アルベルティ
アグネス・エステルハツィ 英語版
音楽 ヴィリー・シュミット=ゲントナー英語版[1]
製作会社 ドイツ国の旗 Sokal-Film GmbH[1]
公開 ドイツ国の旗 1926年10月25日(ベルリン)
大日本帝国の旗 1928年1月
上映時間 91分[2]
製作国 ドイツの旗 ドイツ国[1]
言語 サイレントドイツ語インタータイトル
テンプレートを表示

プラーグの大学生』(プラーグのだいがくせい、ドイツ語: Der Student von Prag)は、1926年に公開されたドイツ表現主義サイレント映画で、監督はヘンリック・ガレーン英語版[3]

あらすじ[編集]

1820年、プラハ。バルドゥインは剣の達人として名高い大学生。ある日、溺れかけたマルギット女伯爵を助け、彼女に恋をする。しかし身分が違いすぎる。バルドゥインは貧乏だった。スカピネリが金の援助を申し出る。条件は鏡に写ったバルドゥインの分身。バルドウィンは同意する。しかし、以後、バルドゥインの近辺に現れる分身に悩まされ続ける。ラスト、バルドゥインは分身を銃で撃ち殺すが、それはバルドゥイン本人に死をもたらした。

キャスト[編集]

いくつかのシーンにホルスト・ヴェッセルがエキストラで出演している。

制作[編集]

脚本はヘンリック・ガレーンとハンス・ハインツ・エーヴェルス英語版で、ファウスト伝説を下敷きにしている[4][1]。1913年の同名映画のリメイクである[2]

美術はヘルマン・ヴァルム、撮影はギュンター・クランフ。特殊効果によりフィナーレでは本物と分身が対峙する[2]

公開[編集]

1926年10月25日ベルリンで封切[1]1935年アルトゥール・ロビソン 英語版によりトーキーとしてリメイクされた[2]

関連[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Der Student von Prag”. Filmportal.de. 2019年11月12日閲覧。
  2. ^ a b c d Workman, Christopher; Howarth, Troy (2016). Tome of Terror: Horror Films of the Silent Era. Midnight Marquee Press. p. 307. ISBN 978-1936168-68-2 
  3. ^ Courtade, Francis (1984) (フランス語). Cinéma Expressionniste (1st ed.). Paris: Henry Veyrier. ISBN 2-85199-334-8 
  4. ^ Hedges, Ines (2009). Framing Faust: Twentieth-Century Cultural Struggles. SIU Press. pp. 30–33. https://books.google.com/books?id=Bjc2WrSAT7oC&dq 2017年7月11日閲覧。 

外部リンク[編集]