1970年代の日本 - Wikipedia

1970年代の日本(1970ねんだいのにほん)では、1970年代日本出来事流行・世相などについてまとめる。

日本の元号では、昭和45年から昭和54年に当たる。

できごと編集

1970年編集

1971年編集

1972年編集

1973年編集

1974年編集

1975年編集

1976年編集

1977年編集

1978年編集

1979年編集

戦争と政治編集

社会編集

  • 学生運動が退潮する。
  • 赤軍が日本国内外で暴動を起こす。
  • 全国各地に暴走族が現れる
  • 海外旅行の一般化が始まるが、アジア諸国で日本人男性の買春旅行が問題となった。
  • 総理府の「国民生活に関する世論調査」(1979年5月調査)で、「物質的にある程度豊かになったので、これからは心の豊かさやゆとりのある生活をすることに重きをおきたい」とする人々の割合(40.9%)が「まだまだ物質的な面で生活を豊かにすることに重きをおきたい」とする人々の割合(40.3%)を初めて上回る[2]
  • 1976年に行われた「国民における元号の使用に関する世論調査」によると、「元号を主に使用している」と答えたのは87.5%で、「併用している」が7.1%、「西暦のみを使用している」は2.5%とあり、この頃は西暦よりも元号の方がまだ国民の間で一般的であった。なお、新聞テレビなどのメディアを筆頭に1980年代にかけて西暦の使用は増えていったが、公文書などを除いて元号より西暦が多用される転換となったのは、1989年に元号が昭和から平成に変わったことの影響が大きい。

経済編集

災害編集

科学と技術編集

文化と芸術編集

アニメーション・漫画編集

芸能界編集

前半(1970年から1973年)

中期(1974年から1976年)

後半(1977年から1979年)

スポーツ編集

人物編集

政治と防衛編集

政治
政治活動家
旧日本陸軍帰還兵

哲学と思想編集

学者編集

文学編集

芸術編集

写真
建築
漫画・アニメ

ファッション編集

音楽編集

クラシック音楽と現代音楽
ポピュラー音楽

映画・演劇・舞踏編集

俳優
映画監督

スポーツ選手編集

野球
相撲
柔道
プロレス

その他編集

実業家

フィクションのできごと編集

  • 前半 - 中国青海省北西部に地球外生物円盤が着陸し、未知の科学兵器を用いて周辺への攻撃を開始。人民解放軍が応戦するも、通常兵器は通用せず大損害を受け、戦闘はチベット地区および新疆ウイグル自治区甘粛省、さらにはソ連の中央シベリアやインド、ネパールなどの中国国外へも拡大する。これを受け国連は「世界非常事態宣言」を採択し「大国連軍」を設置する。(小説『見知らぬ明日』)[4]
  • 後半(昭和5×年) - 地震研究所が築かれたノロシ山の松代皇居にあるトンネルが、1945年7月の工事中の松代皇居の中央坑道と繋がる。その後、昭和5×年の日本政府と帝国陸軍が接触し、決号作戦の援助のため1945年への自衛隊の介入が開始される。(小説『パラレルワールド大戦争』)[5]
  • 197X年(後半)6月 - タッシリ・ナジェールの先史遺跡から、かつて白鳥座方向から来訪したと見られる地球外の珪素型生物の頭脳「緑の石」が、関連する土偶や壁画、石板などとともに発掘される。同時期に、米国国立電波天文台が銀河系中心核から放たれるガンマ線強度の上昇を観測する。(小説『緑の石』)[6]
  • 197×年1月半ば - 富士山の噴火とともに「東京大地震」が発生し東京は壊滅。直後に川崎市直江津市を結ぶ形で本州を二分する地割れが生じ、そこから現れた「怪物」が世界中の通信機に向けて脅迫を発する。その後の調査により、一連の出来事は1億年前(または6千万年前)に太陽系外から飛来した他天体の生物の機械によるものと判明する。(小説『北北東を警戒せよ』)[7]
  • 197×年 - 日本各地で中型地震や火山の噴火が多発し、7月26日には天城山三原山の噴火を伴う「伊豆地震」が、8月16日には「京都大地震」が発生する。同時期に、地球物理学者の田所博士が、日本列島近傍のマントル対流のパターン急変の兆候を察知し、急変の結果としての「日本沈没」を予測。これに対する調査研究を目的とした「D計画」が開始される。(小説『日本沈没』)[8]
  • 197*年2月1日 - 稲荷の境内で決闘に臨もうとしていた横田順弥と鏡明、そしてその介添人ら6名の中学生が、突然出現した空飛ぶ円盤の中に吸いこまれ、宇宙人Xによって人間の脳細胞にひそむ超人能力をひきだされる。その後、6名は「超革命的中学生集団」を結成する。(小説『超革命的中学生集団』)[9]

脚注編集

注釈

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ 神戸を例とした日本港湾への提言1
  2. ^ 「国民生活に関する世論調査」(昭和54年)(内閣府政府広報室)
  3. ^ 日清食品から「カップヌードル」(1971年)、「日清焼そばU.F.O.」(1976年)、「どん兵衛きつねうどん」(1976年)。まるか食品から「ペヤングソースやきそば」(1974年)。東洋水産から「マルちゃん赤いきつね」(1978年)
  4. ^ 小松左京『見知らぬ明日』角川春樹事務所、1998年、11・22 - 27・41・51・57・58・68・99 - 110・123 - 126・158・172・183 - 186・200・216 - 222頁。ISBN 978-4-89456-426-8
  5. ^ 豊田有恒『パラレルワールド大戦争』角川書店、1980年、10・19 - 79・96 - 98・106 - 113・121・123頁。ISBN 978-4-04-137720-8
  6. ^ クライン・ユーベルシュタイン 『緑の石』 ダイヤモンド社、1977年、1・3 - 7・14 - 43・83頁。NCID BN11710047
  7. ^ 光瀬龍『北北東を警戒せよ』朝日ソノラマ、1975年、146 - 179・185・186・210 - 220頁。ISBN 978-4-257-76003-0
  8. ^ 小松左京『日本沈没(上)』光文社、1973年、11・90 - 95・101 - 104・128・133・135・181・196 - 210頁。ISBN 978-4-334-72043-8
  9. ^ 平井和正『超革命的中学生集団』早川書房、1974年、13 - 35・49 - 53頁。ISBN 978-4-15-010144-2

関連項目編集