27 4 月1 日~平成 28 年3 月31 日)







平成27年度 事 業 報 告 書


(平成27 年4 月1 日~平成28 年3 月31 日)






学校法人 東京女子医科大学
東京女子医科大学


目 次

Ⅰ.理長挨拶・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1
Ⅱ.法人の概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2
1.理念・目的・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2
(1) 設立目的・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2
(2) 中長期ビジョン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3
(3) 沿革(簡略)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3
(4) 組織・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6
(5) 役員等・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7
(6) 施設等所在住所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8
2.設置する学校・学部・学科等・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9
(1) 大学・大学院・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9
(2) 専修大学・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9
3.学部・学科等入学定員、学生数の状況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10
(1) 入学定員、入学者数、収容定員、学生数・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10
(2) 学生の推移・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10
(3) 入学試験、国家試験、卒業進路・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11
4.大学院・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16
(1) 学位授与状況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16
5.社会人教育・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17
(1) バイオメディカルカリキュラム(先端生命医科学研究所)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17
(2) 認定看護師教育センター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17
6.研究費内訳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18
(1) 外部資金獲得状況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18
(2) 主たる公的研究業・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18
7.教職員・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・21
(1) 教員数・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・21
(2) 職員数・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・22
(3) 研修生・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・22
(4) 合計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・22
8.医療施設の概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・23
(1) 施設名・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・23
(2) 外来・入院患者数・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・23
Ⅲ.業の概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・26
Ⅰ.大学再生計画及び主要な業計画に対する進捗状況・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・26
(1) 医療安全の見直し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・26
(2) ガバナンス改善・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・26
(3) 財務改善・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・27
(4) 施設整備計画推進・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・27
東京女子医科大学


(5) 組織風土刷新・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・28
(6) 臨床教育の充実・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・28
(7) ・・再生医療の国際臨床研究の推進と国際ネットワークの形成 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・29
2.「教育、研究、医療、経営・管理」領域別の業報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 30
【 教育 】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30
(1) 医学部・医学研究科・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30
(2) 看護学部・看護学研究科・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30
(3) 看護専門学校・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30
(4) 図書館・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・31
(5) 男女共同参画推進局・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・31
(6) 医療人統合教育学習センター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・31
(7) 国際交流・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・32
(8) 公開講座・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・36
【 研究 】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・36
(1) 先端生命医科学センター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・36
(2) 総合研究所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・36
(3) 実験動物中央施設・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・36
(4) 統合医科学研究所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・37
【 医療 】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・37
(1) 東京女子医科大学病院・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・37
(2) 東医療センター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・38
(3) 八千代医療センター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・38
(4) 青山病院・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・38
(5) 成人医学センター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・38
(6) 膠原病リウマチ痛風センター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・39
(7) 東洋医学研究所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・39
(8) ・・女性生涯健康センター ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・39
(9) ・・青山女性医療研究所・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・39
(10) 遺伝子医療センター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・39
【 経営・管理 】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40
(1) 経営統括部・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40
(2) 総務部・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40
(3) 人部・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 40
(4) 経理部・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40
(5) 研究支援部・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・41
(6) 施設部・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・41
(7) ・・情報システム部・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・41
(8) ・・防災保安部・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・41
(9) 内部監査室・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・41
(10) 広報室・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・42
東京女子医科大学


(11) 医療安全・危機管理部・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・42
3.認可項等・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・43
(1) 寄附行為改定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・43
(2) 学則改定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・43
Ⅳ.財務の概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・44
1.消費収支計算書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・45
2.資金収支計算書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・46
3.貸借対照表・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・47

1



平成27年度の学校法人東京女子医科大学業報告書 が完成しました。

平成27年度は、本学にとっては不本意な一年でありました。平成26
年度に大学全体の課題が明らかになったことを踏まえ、学内外の評価を
受けて医療安全の再建、大学運営の再生を始動しましたが、平成27 年
度中に十分な結果を出すことができませんでした。6 月には、東京女子
医科大学病院に対する §度目の特定機能病院承認取り消しという、本学
が猛省すべき処分を受けました。
このような厳しい状況ではありましたが、教育については両学部で教育内容の充実を図り、大
学院では学位授与制度の改革を行いました。一方、医療の信頼回復のため、大学全体で医療安全
に取り組んでいますが、その成果を社会に認知されるには到っていません。財政面では、役員と
教職員一体となった努力にもかかわらず、2年連続の赤字決算となり、平成28年度の予算計画
も厳しいものとなっています。施設将来計画は、八千代医療センターの増床工が進展し ました。
河田町キャンパスにおける新校舎建築計画は、 ¦前調査に予想外の時間を要していましたが、平
成28年度には1・2号館を解体し新校舎を建築するための準備を進めてまいります。東医療セン
ターの移転計画は、具体的方針を行政と検討中です。既存の教育・研究・医療施設の更なる耐震
補強も課題です。
このように、平成27年度の業報告は、達成できたこと、未達のことが相半ばしていると言
えます。平成28年度の業報告の際には、達成度を上げ、大学の回復が確信できなければなり
ません。
そのためにもこの報告書が、大学の回復と展のために活用されることを願います。

学校法人 東京女子医科大学 理長 吉岡 俊正

Ⅰ.ごあいさつ
東京女子医科大学
2

Ⅱ.法人の概要

1.理念・目的

(1) 設立目的
<建学の精神>
高い知識・技能と病者を癒す心を持った医師の育成を通じて、精神的・経済的に自
立し社会に貢献する女性を輩出する。
<使命>
最良の医療を実践する知識・技能を修め、高い人格を陶冶した医療人および医学・
看護学研究者を育成する教育を行う。
<理念>
至 誠 と 愛
<教育目標>
医学部
医師が活躍しうるさまざまな分野で必要な基本知識、技能および態度を身に体し、
生涯にわたって学習しうる基礎を固める。すなわち、自主的に課題に取り組み、問
題点を把握しかつ追求する姿勢を養い、医学のみならず広く関連する諸科学を照覧
して理論を構築し、問題を解決できる能力および継続的に自己学習する態度を開
する。さらに、医学・医療・健康に関する諸問題に取り組むにあたっては、自然科
学にとどまらず、心理的、社会的、倫理的問題等も含め、包括的にかつ創造的に論
理を展開でき、様々な人々と対応できる全人的医人としての素養を涵養する。
看護学部
1. 豊かな人間性を養い、生活者としての人間を理解する基礎能力を養う。
2. 看護実践に必要な科学的思考および看護の基礎技術を身につけ、人間関係を基盤
として、健康問題を解決する能力を養う。
3. 社会情勢の変化に応じて、保健・医療・福祉チームの中で主体的かつ協調的に看
護の役割を果たすとともに、現状を変革する能力を養う。
4. 研究の基礎能力を養う。
5. 専門職者として自己の能力を評価し、自己成長できる基盤を養う。
6. 国際的な視野に立って活動できる基礎能力を養う。

Ⅱ.法人の概要
東京女子医科大学
3

看護専門学校
1. 生命の尊さを認識し、人間を身体的、精神的、社会的側面から統合的な存在とし
て理解する能力を身につける。
2. 人間の健康のあらゆる段階を理解し、看護に必要な基礎知識を活用し判断能力、
応用力、問題解決能力を身につける。
3. 保健医療福祉における看護の機能と役割について理解を深めることができる。
4. 看護について継続して追求する姿勢を身につける。
5. 調和のとれた社会人として教養を身につける。
6. 個性と自主性を重んじ、自己成長できる基礎を身につける。
(2) 中長期ビジョン
TWMU ビジョン2015
「先進的、全人的かつ安全な医療の追求を通じて、
ともに、世の人々の健康に貢献するひとを育成する」
(3) 沿革(簡略)
明治 33年(1900) 東京女医学校創立
41年(1908) 附属病院開設
45年(1912) 財団法人東京女子医学専門学校設立
東京女子医学専門学校開校
昭和 5年(1930) 附属産婆看護婦養成所開設(昭和22年廃止)
9年(1934) 附属第病院開設 (平成17年東医療センターに改称)
19年(1944) 東京女子厚生専門学校(保健婦養成)開校(昭和26年閉校)
22年(1947) 東京女子医科大学予科開設
25年(1950) 東京女子医科大学医学部開設
26年(1951) 学校法人東京女子医科大学認可
附属看護学院(乙種看護婦養成)開設
27年(1952) 東京女子医科大学開校
28年(1953) 附属看護学院を准看護学院と改称(昭和48年廃止)
33年(1958) 大学院医学研究科開設
総合研究所開設

40年(1965) 附属高等看護学校開校
44年(1969) 看護短期大学開校(平成13年閉校)
東京女子医科大学
4

44 年(1969) 医用技術研究施設開設
(昭和51年医用工学研究施設に改称)
47年(1972) 附属第高等看護学校開校
(昭和52年附属第看護専門学 校に改称)
49年(1974) 実験動物中央施設設立
50年(1975) 看護短期大学専攻科(助産婦養成)開設
附属成人医学センター開設
51年(1976) 医用技術研究施設 医用工学研究施設に改称
52年(1977) 附属高等看護学校を附属看護専門学校に改称(平成2年閉校)
57年(1982) 附属膠原病リウマチ痛風センター開設
平成 4年(1992) 附属東洋医学研究所開設
附属青山病院開設
7年(1995) 附属第看護専門学校を看護専門学校と改称
附属第病院田端駅前クリニック開設
9年(1997) 附属女性生涯健康センター開設
10年(1998) 看護学部開設
13年(2001) 医用工学研究施設を先端生命医科学研究所と改組
14年(2002) 大学院看護学研究科開設
15年(2003) 附属青山女性・自然医療研究所開設
16年(2004) 附属遺伝子医療センター開設
17年(2005) 附属第病院を東医療センターと改称
国際統合医科学研究インスティテュート(IREIIMS)開設
18年(2006) 附属八千代医療センター開設
19年(2007) 東医療センター田端駅前クリニックを閉鎖し、
東医療センター日暮里クリニックを開設
附属東洋医学研究所を田端駅前クリニック跡地に移転、開設
がんセンター開設
20年(2008) 先端生命医科学センター開設
21年(2009) 男女共同参画推進局設立
22年(2010) 国際統合医科学研究インスティテュート(IREIIMS)閉鎖
22年(2010) 統合医科学研究所(TIIMS)開設
22年(2010) 医療人統合教育学習センター 開設
23年(2011) 学生健康管理センター開設
24年(2012) 臨床研究支援センター開設
26年(2014) 附属青山自然医療研究所閉鎖
東京女子医科大学
5

28 年(2016) 附属青山病院閉院
28年(2016) 附属青山女性医療研究所閉鎖
東京女子医科大学
6

(4) 組織
東京女子医科大学
7

(5) 役員等
1) 理 (平成28年3月31日現在の職責)
役職名 氏 名 理の任期 担当 備考
理長 ・学長 吉岡 俊正 平成27年6月25日~平成31年3月31日 学長任期
副理長 岩本 絹子 平成23年4月1日~平成28年3月31日 経営統括理
医学部長理 新田 孝作 平成27年3月1日~平成28年3月31日 研究部門担当理 ¦ 医学部長任期
看護学部長理 ¦ 佐藤 紀子 平成27年11月26日~平成28年3月31日
看護学部長任期
病院長理 ¦ 田邉 一成 平成27年5月26日~平成28年3月31日
医療施設部門担当理 ¦ 病院長任期
理 長柄 光子 平成25年12月1日~平成28年3月31日
〃 三輪 洋子 平成26年4月1日~平成28年3月31日
〃 肥塚 直美 平成27年6月1日~平成28年3月31日 教育部門担当理
〃 川島 眞 平成23年4月1日~平成28年3月31日 労務担当理
〃 上野 惠子 平成26年4月1日~平成28年3月31日
〃 渡辺 俊夫 平成24年4月1日~平成28年3月31日
経営管理部門担当理
広報担当理



2) 監
諏訪美智子 平成23年6月1日~平成28年5月31日
小暮美津子 平成23年6月1日~平成28年5月31日
幸田 正孝 平成23年6月1日~平成28年5月31日
3) 評議員
選出区分 定 員 現 員
学 長 1 1
学 部 長 2 2
本院病院長 1 1
至 誠 会 9~14 14
教 職 員 8~9 9
学識・功労 4~6 4
計 (26~34) 31
東京女子医科大学
8

(6) 施設等所在住所


大学・本部
医学部、看護学部(2~4学年)大学院、
図書館
〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
看護学部(1学年)大東キャンパス 〒437-1434 静岡県掛川市下土方400-2
看 護 専 門 学 校 〒116-0011 東京都荒川区西尾久2-2-1
研究施設
先端生命医科学センター、総合研究所
実験動物中央施設、
統合医科学研究所
〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
東 京 女 子 医 科 大 学 病 院 〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
東 医 療 セ ン タ ー 〒116-8567 東京都荒川区西尾久2-1-10
東医療センター日暮里クリニック 〒116-0013
東京都荒川区西日暮里2-20-1
ステーションポートタワー4,5階
附 属 八 千 代医療 セ ン タ ー 〒276-0046 千葉県八千代市大和田新田477-96
附 属 青 山 病 院 〒107-0061
東京都港区北青山2-7-3
プラセオ青山ビル3,4,5階、地下1階
(平成28年1月末閉鎖)
附 属 成 人 医 学 セ ン タ ー 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー20,21階
附属膠原病リウマチ痛風センター本部 〒162-0054 東京都新宿区河田町10-22
附属膠原病リウマチ痛風センター分室 〒163-0804
東京都新宿区西新宿2-4-1
新宿NSビル4階
附 属 東 洋 医 学 研 究 所 〒114-0014
東京都北区田端1-21-8
NSKビル3階
附属女性生涯健康センター 〒162-0056
東京都新宿区若松町9-9
パークホームズ新宿若松町1階
附属女性生涯健康センター第 §クリニック 〒162-0056
東京都新宿区若松町9-4
MHビル地下1階
附 属 青 山 女性医 療 研 究 所 〒107-0061
東京都港区北青山2-7-3
プラセオ青山ビル1階
(平成28年1月末閉鎖)
附 属 遺 伝 子医療 セ ン タ ー 〒162-0054 東京都新宿区河田町10-22
$Ñ 河 セ ミ ナ ー ハ ウ ス 〒961-8061
福島県西河郡西郷村
大字小田倉字番場坂310-2
東京女子医科大学
9

2.設置する学校・学部・学科等

(1) 大学・大学院
東京女子医科大学 (学長 吉 岡 俊 正)
医学部医学科 (医学部長 新 田 孝 作)
看護学部看護学科 (看護学部長 佐 藤 紀 子)
大学院医学研究科 (研究科長 吉 岡 俊 正)
大学院看護学研究科 (研究科長 吉 岡 俊 正)
図 書 館 (館 長 齋 藤 加代子)
先端生命医科学研究所 (所 長 大 和 雅 之)
総合研究所 (所 長 小 田 秀 明)
統合医科学研究所 (所 長 三 谷 昌 平)
実験動物中央施設 (施 設 長 丸 義 朗)
(2) 専修学校
東京女子医科大学看護専門学校 (学 校 長 髙 木 耕一郎)
東京女子医科大学
10

3.学部・学科等入学定員、学生数の状況

(1) 入学定員、入学者数、収容定員、学生数 (平成27年5月1日現在 単位:人)

学校名 学部・研究科 学 科 入学定員 入学者数 収容定員 学生数
医 学 部 医学科 110 110 660 662
看護学部 看護学科 90 90 360 365
200 200 1,020 1,027
形態学系専攻 5 1 20 5
機能学系専攻 4 0 16 1
社会医学系専攻 4 0 16 2
内科系専攻 8 10 32 40
外科系専攻 10 5 40 25
先端生命医科学系専攻 8 10 32 36
共同先端生命医科学系専攻 5 5 15 15
医学研究科小計 44 31 171 124
看護学研究科小計 26 20 62 50
         大学院 計 70 51 233 174
看護学科
   3年課程
合 計 350 339 1,493 1,459
看護学専攻(後期課程) 10 30
240
1
東京女子医科大学
看護専門学校
東京女子医科大学
大学院
15
35
80 88
19
258
32
東京女子医科大学
学部 計
看護学専攻(前期課程) 16
医学研究科
博士課程
看護学研究科
博士課程

(2) 学生の推移 (単位:人)

学校名 学部・研究科・学科 平成25年 平成26年 平成27年
医学部 650 661 662
看護学部 361 365 365
計 1,011 1,026 1,027
医学研究科 122 124 124
看護学研究科博士前期課程 29 34 35
看護学研究科博士後期課程 19 19 15
計 170 177 174
東京女子医科大学看護専門学校 看護専門学校 264 268 258
総 計 1,445 1,471 1,459
東京女子医科大学
東京女子医科大学大学院
東京女子医科大学
11

(3) 入学試験、国家試験、卒業進路
1) 医学部
① 入試状況
年 度
一 般 推 薦
志願者
(人)
入学者
(人)
倍 率
(倍)※
入学者内訳 志願者
(人)
入学者
(人)
倍 率
現役 一浪 その他 (倍)※
平成26年度 1724 75 22.99 23 22 30 109 37 2.95
平成27年度 1706 73 23.37 46 25 39 74 37 2.00
平成28年度 1664 76 21.89 13 36 27 90 37 2.43
※倍率=志願者/入学者

② 医師国家試験合格率
年(回) 新卒者のみ 新卒全国平均 既卒者のみ 既卒者込 全国平均
平成26年(第108回) 95.8% 93.9% 57.1% 90.8% 90.6%
平成27年(第109回) 92.4% 94.5% 60.0% 89.6% 91.2%
平成28年(第110回) 91.9% 94.3% 75.0% 90.2% 91.5%
③ 卒業生の進路
年 度
卒業生
人 数
(人)
卒後研修先
大学附属病院 その他 その他
本 学 他大学 の病院
平成25年度 95 38.9% 26.3% 30.5% 4.2%
平成26年度 105 37.1% 21.9% 32.4% 8.6%
平成27年度 111 27.0% 30.6% 34.2% 8.1%
0%
20%
40%
60%
80%
100%
平成25年度 平成26年度 平成27年度
医学部卒業生の進路状況
その他
その他の病院
他大学附属病院
本学附属病院
東京女子医科大学
12

2) 看護学部
① 入試状況(一般・推薦)
年 度
一 般 推 薦
志願者
(人)
入学者
(人)
倍 率
( 倍 )※
入学者内訳 志願者
(人)
入学者
(人)
倍 率
現役 一 浪 その他 (倍 )※
平成26年度 427 55 7.76 44 10 1 39 35 1.11
平成27年度 324 55 5.89 51 4 0 35 35 1.00
平成28年度 304 55 5.53 51 3 1 42 35 1.2
※倍率=志願者/入学者
② 入試状況(編入学)
※平成23年度より編入学の募集を停止した。

③ 国家試験合格率

看護師 保健師
助産師
(看護学研究科)

新卒者
のみ
既卒者

全国
平均

新卒者
のみ
既卒者

全国
平均

新卒者
のみ
既卒者

全 国
平均
平成26年 96.4% - 89.8% 87.8% - 86.5% 100% - 96.5%
平成27年 92.1% - 90.0% 100% - 99.4% 100% - 99.9%
平成28年 98.9% - 89.4% 100% 89.8% 100% - 99.8%
東京女子医科大学
13

④ 卒業生の進路状況
年 度
卒業生
の人数
(人)
就 職 進 学
大学附属病院 その他 その他
の病院
保健
関係
その他
大学院 養護・
助産学校
本学 他大学 本学 他大学
平成25年度 83 65.1% 9.6% 10.8% 0.0% 3.6% 1.2% 2.4% 0.0% 7.2%
平成26年度 88 53.4% 11.4% 19.3% 0.0% 0.0% 2.3% 0.0% 5.7% 8.0%
平成27年度 90 54.4% 11.1% 24.4% 0.0% 0.0% 2.2% 4.4% 0.0% 3.3%

0%
20%
40%
60%
80%
100%
平成25年度 平成26年度 平成27年度
看護学部卒業生の進路状況
その他
養護・助産学校
他大学大学院
本学大学院
その他(就職)
保健関係
その他の病院
他大学附属病院
本学附属病院
東京女子医科大学
14

3) 看護専門学校
① 入試状況(一般・推薦)
年 度
一 般 推 薦
志願者 入学者 倍 率 入学者内訳 志願者 入学者 倍 率
(人) (人) ( 倍 )※ 現役 大学 短大 その他 (人) (人) ( 倍 )※
平成26年度 314 41 7.66 19 13 0 9 38 24 1.58
平成27年度 188 47 4.00 20 11 1 15 32 23 1.39
平成28年度 162 53 3.06 25 9 3 16 27 21 1.29
※倍率=志願者/入学者

② 入試状況(社会人)
年 度
社会人
志願者 入学者 倍 率 入学者内訳
(人) (人) ( 倍 )※ 高校卒 大学 短大 その他
平成26年度 157 23 6.83 9 12 2 0
平成27年度 110 19 5.79 1 16 2 0
平成28年度 79 18 4.39 3 12 3 0
※倍率=志願者/入学者

③ 看護師国家試験合格率
年(回) 新卒者のみ 既卒者込 全国平均
平成26年(第103回) 98.6% 98.7% 89.8%
平成27年(第104回) 95.5% 95.5% 90.0%
平成28年(第105回) 97.5 96.4 89.4
東京女子医科大学
15

④ 卒業生の進路
年 度
卒業生
の人数
(人)
就 職 進 学
大学附属病院 その他 その他
の病院
大 学 助産師・保健
師学校・養護
本 学 他大学 本 学 他大学 教諭特別別科
平成25年度 72 83.3% 2.7% 12.5% 0.0% 0.0% 0.0% 1.3%
平成26年度 88 86.4% 2.3% 10.2% 0.0% 0.0% 0.0% 1.1%
平成27年度 81 82.7% 2.4% 13.5% 0.0% 0.0% 0.0% 1.2%


0%
20%
40%
60%
80%
100%
平成25年度平成26年度平成27年度
看護専門学校の進路状況
その他
助産師・保健師学校・養護教諭
特別別科
他大学
本学
その他の病院
他大学附属病院
本学附属病院
東京女子医科大学
16

4.大学院

(1) 学位授与状況
(単位:人)

学 位
博士(課程) 2 0 2
博士(論文) 1 0 0
博士(課程) 1 0 1
博士(論文) 1 0 0
博士(課程) 1 1 1
博士(論文) 1 1 1
博士(課程) ※1 10 ※1 8 ※1 11
博士(論文) 22 23 14
博士(課程) ※1 4 ※1 8 ※1 5
博士(論文) 20 29 19
博士(課程) 3 ※1 5 ※1 8
博士(論文) 1 2 0
博士(課程) ※1 4 ※1 3 ※1 8
博士(論文) 0 0 0
博士(課程) ※1 25 ※1 25 ※1 36
博士(論文) 46 55 34
71 80 70
修士(課程) 12 16 15
博士(課程) ※1 4 ※1 4 ※1 3
16 20 18
87 100 88
平成26年度 平成27年度
総  合  計
医 学 研 究 科 合 計
看護学研究科
看護学専攻
看 護 学 研 究 科 合 計
研究科・専攻
医学研究科
形態学系専攻
平成25年度
機能学系専攻
社会医学系専攻
小 計
内科系専攻
外科系専攻
先端生命医科学系
専攻
共同先端生命医科学
専攻

※1 満期退学者を含む
東京女子医科大学
17

5.社会人教育

(1) バイオメディカルカリキュラム(先端生命医科学研究所)
期 間 修了生(人)
第45期 平成25年10月~平成26年9月 43
第46期 平成26年10月~平成27年9月 42
第47期 平成27年10月~平成28年9月予定 46

(2) 認定看護師教育センター(看護学部)
年 度 分 野
志願者
(人)
入学者
(人)
平成25年度
手術看護分野 101 30
透析看護分野 47 20
平成26年度
手術看護分野 51 30
透析看護分野 36 20
平成27年度
手術看護分野 43 30
透析看護分野 28 20
東京女子医科大学
18

6.研究費内訳

(1) 外部資金の獲得状況
平成27年度 (円)
医学部 看護学部 研究所 合 計
科学研究費補助金
文科科研費 文科科研費 文科科研費 文科科研費
237,754,680 23,702,000 74,336,000 335,792,680
厚労科研費 厚労科研費 厚労科研費 厚労科研費
41,912,000 0 2,248,000 44,160,000
政府もしくは政府関連
法人からの研究助成金
503,933,626 0 1,209,009,165 1,712,942,791
民間の研究助成財団
等からの研究助成金
27,115,739 0 6,300,000 33,415,739
寄附講座 99,500,000 0 0 99、500、000
奨学寄附金 483,852,127 100,000 2,500,000 486,452,127
受託研究費 274,936,951 0 68,823,168 343,760,119
研 究 費 総 額 1,669,005,123 23,802,000 1,363,216,333 3,056,023,456

(2) 主たる公的研究業
平成27年度採択分(継続含む) ※○は平成27年度新規採択分
採 択 項 目 部署名
平成27年度
採択金額(円)
地域産学官連携科学技術振興業費補助金
イノベーションシステム整備業
先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラム
再生医療本格化のための最先端技術融合拠点
先端生命医科学
研究所
507,247,956
日本医療研究開機構研究費
難治性疾患実用化研究 ¦業
小児期症脊髄性筋萎縮症に対するバルプロ酸ナトリウ
ム多施設共同医師主導治験の実施研究
遺伝子医療
センター
212,820,000
未来医療を実現する医療機器・システム研究開$Î業
スマート治療室
未来医療を実現する先端医療機器・システムの研究開 /
安全性と医療効率の向上を両立するスマート治療室の開

先端生命医科学
研究所
199,583,922
東京女子医科大学
19



採 択 項 目 部署名
平成27年度
採択金額(円)
未来医療を実現する医療機器・システム研究開$Î業
機能的生体組織製造技術
立体造形による機能的な生体組織製造技術の開$Î/細胞を
用いた機能的な立体臓器作製技術の研究開/細胞シート
工学を基盤とした革新的立体臓器製造技術の開$Î
先端生命医科学
研究所
166,686,825
医療研究開推進業費補助金
ナショナルバイオリソースプロジェクト
線虫欠失変異体の収集・保存・提供
第生理学 95,631,680
医療機器開推進研究 ¦業
集束超音波治療機器とドラッグデリバリーシステムを組合
せた音響力学的療法の実用化開
先端生命医科学
研究所
40,970,800 ◯
医療分野研究成果展開 ¦業
研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
積層化細胞シートを用いた創薬試験用立体組織モデル
先端生命医科学
研究所
37,500,000 ◯
日本医療研究開機構研究費
難治性疾患実用化研究 ¦業
ANCA関連血管炎の新規治療薬開を目指す戦略的シー
ズ探索と臨床的エビデンス構築研究
膠原病リウマチ
痛風センター
36,646,860 ◯
研究拠点形成費等補助金
先進的医療イノベーション人材育成業
未来医療研究人材養成拠点形成業
医療機器実用化の為の突破力促成プログラム
先端生命医科学
研究所
35,800,000
再生医療実現拠点ネットワーク(技術開個別課題)
再生医療用製品の大量生産に向けたヒトiPS細胞用培養装
置開
先端生命医科学
研究所
30,420,000
日本医療研究開機構研究費
難治性疾患実用化研究 ¦業
ゲノム構造異常によって症した自閉症・達障害の疾患特
異的iPS細胞を用いた病態解明と治療法開
統合医科学
研究所
28,100,000
日本医療研究開機構研究費
再生医療実用化研究業
自己皮膚由来培養線維芽細胞シートを用いた肺気漏閉鎖
先端生命医科学
研究所
27,300,000 ◯
科学研究費助成業 (科学研究費補助金)
新学術領域研究
肝臓等複雑化組織の構築と機能解明
先端生命医科学
研究所
24,050,000
東京女子医科大学
20

採 択 項 目 部署名
平成27年度
採択金額(円)
戦略的創造研究推進業(個人型研究(さきがけ))
癌の転移前診断の確立と治療をめざして(研究領域:炎症の
慢性化機構の解明と制御)
薬理学 20,930,000
日本医療研究開機構研究費
再生医療実用化研究業
自己培養上皮細胞シート製品およびコンビネーション製品を
用いた食道再生治療の治験実施に関する研究
先端生命医科学
研究所
19,500,000 ◯
再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開業・再生医療
の産業化に向けた細胞製造・加工システムの開$Î
再生医療の産業化に向けた細胞製造・加工システムの開/
ヒト多能性幹細胞由来の再生医療製品製造システムの開
(網膜色素上皮・肝細胞)
先端生命医科学
研究所
19,479,200
研究拠点形成費等補助金
先進的医療イノベーション人材養成業
がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
都市型がん医療連携を担う人材の実践的教育
大学 16,451,492
日本医療研究開機構研究費
再生医療実用化研究業 先端生命医科学
ヒト幹細胞アーカイブを活用する同種細胞を用いた新規再生
医療技術の開
研究所
15,132,000
生体電磁環境研究
無線通信等による電波ばく露の定量的実態把握と脳腫瘍の
罹患状況に基づくリスク評価
衛生学
公衆衛生学()
14,678,118
戦略的創造研究推進業(個人型研究(さきがけ))
疾患iPS細胞を用いた大脳皮質構造形成メカニズムの解明
(研究領域:iPS細胞と生命機能)
統合医科学
研究所
13,156,000
日本医療研究開$Î機構研究費
難治性疾患実用化研究 ¦業
新規治療法開に向けた組織工学的心筋組織による肥大型
心筋症の病態解明
先端生命医科学
研究所
12,495,704 ◯
戦略的国際標準化加速 ¦業(政府戦略分野に係る国際標準化
活動)
集束超音波治療機器の要求性能及び安全指標評価手法に関
する国際標準化
先端生命医科学
研究所
10,501,488
東京女子医科大学
21

7.教職員

(1) 教員数
<医学部> (平成27年5月1日現在 単位:人)

男 女 男 女 男 女 男 女 男 女 男 女 男 女
平成25年度 92 19 87 28 95 51 115 134 562 421 (56) (31) 951 653
(計)
平成26年度 92 16 84 25 104 56 439 276 585 419 (48) (27) 1,304 792
(計)
平成27年度 95 17 89 27 118 53 440 283 597 426 (52) (32) 1,339 806
(計) 112 116 171 723 1,023 (84) 2,145
年 度
教 授 計
助教のうち
准講師(再掲)
准教授 講 師 非常勤講師 助 教
111 115
108 109 160
146
715 1,004 (75)
249 983 1,604
2,096
(87)

<看護学部> 専任教員(平成27年5月1日現在 計単位:人)

男 女 男 女 男 女 男 女 男 女 男 女
平成25年度 1 9 3 8 2 15 14 11 3 14 23 57
(計)
平成26年度 1 9 3 9 1 13 21 25 4 13 30 69
(計)
平成27年度 2 9 3 8 1 12 32 39 3 18 41 86
(計) 11 11 13 71 21 127
17 99
10 11
10 12 14 46
17 25 17 80
准教授 講 師 非常勤講師 助 教 計
年 度
教 授

<看護専門学校> (平成27年5月1日現在 単位:人)

H%31¤S6ÛÛ/H H¹B>Þ>áº>áv>Ý¥#'~F·" )H ÇH
男 女 男 女 男 女
平成25年度 0 18 2 8 2 26
(計)
平成26年度 0 16 8 40 8 56
(計)
平成27年度 0 18 7 17 7 35
(計) 18 24 42
18 10 28
年 度
非常勤講師(学外)
16 48 64
東京女子医科大学
22


(2) 職員数 (平成27年5月1日現在 単位:人)

*Ë(XF·H¹B>Þ>ܺ>áv>Ý¥#'~F·" )H ÇH
男 女 男 女 男 女 男 女 男 女 男 女
平成25年度 200 538 72 70 480
2,806 16 51 38 86 806 3,551
(計)
平成26年度 198 519 69 65 485
2,830 17 52 38 89 807 3,555
(計)
平成27年度 202 494 66 58 489
2,717 15 48 36 84 808 3,401
(計)
3,315 69 127
124
技術技能系 医療系 教務系 計
4,362
142
その他
134
67
124
年 度
務系
717
738
696
3,286 4,357
3,206 63 120 4,209

* 務 系…本部・学務部・病院務部・各医療施設等の務職員
*技術技能系…技術職・技能職(工務技士・電話交換手等)
*医 療 系…看護系職員および医療技術系職員(放射線技師・検査技師・薬剤師・栄養士等)
*教 務 系…教務補助等
*そ 教員数の 他…一般職(労務補助) 総合計

(3) 研修生 (平成27年5月1日現在年 度単位:人)

男 女 男 女 男 女
平成25年度 75 122 224 244 299 366
(計)
平成26年度 57 119 385 377 442 496
(計)
平成27年度 59 107 390 392 449 499
(計)
176 762 938
197 468 665
年 度
臨床研修医
医療練士
研修生※

166 782 948

※医療練士研修生…本学独自の卒後臨床研修制度

(4)合計 (平成27年5月1日現位:人)












※平成26年度より学校基本調査に基づいた人数を使用したため無給者も加算

男 女
平成25年度 976 736 806 3,551 299 366 2,081 4,653
(計)
平成26年度 1,342 917 807 3,555 442 496 2,591 4,968
(計)
平成27年度 1,387 927 808 3,401 449 499 2,644 4,827
(計)
7,559
職員数 研修生
1,712 4,357 665 6,734
2,314 4,209 948 7,471
2,259 4,362 938
東京女子医科大学
23

8.医療施設の概要

(1) 施設名 (平成28年3月31日現在)
東京女子医科大学病院(本院) (病 院 長 田 邉 一 成)
東医療センター (病 院 長 上 野 惠 子)
附属八千代医療センター (病 院 長 新田 達 雄)
附属青山病院 (病 院 長 長 原 光)
附属成人医学センター (所 長 三 坂 亮 一)
附属膠原病リウマチ痛風センター (所 長 山 中 寿)
附属東洋医学研究所 (所 長 伊 藤 隆)
附属女性生涯健康センター (所 長 加 茂 志子)
附属青山女性医療研究所 (所 長 加 茂 志子)
附属遺伝子医療センター (所 長 齋 藤 加代子)
(2) 外来・入院患者数
1) 外来患者数の推移
① 年間延患者数の推移
<病 院> (単位:人)


µ æ $ªGIGGMGŠ



0
200
400
600
800
1,000
1,200
平成25年度 平成26年度 平成27年度
H ÇH 病院別年間延患者数の推移
 7T
¾ $ªGIGGMGŠ

µ æ $ªGIGGMGŠ
7÷£$S7T

平成25年度 平成26年度 平成27年度
F·7T 1,082,544 1,069,120 1,017,186
¾ $ªGIGGMGŠ 397,222 369,844 320,578
245,108 246,832 249,219
7÷£$S7T 42,015 45,060 37,233
œF·0£ 1,766,889 1,730,856 1,624,216
東京女子医科大学
24

<診療所(クリニック)> (単位:人)

平成25年度 平成26年度 平成27年度
成人医学センター 51,087 42,964
43,084
膠原病リウマチ痛風センター 123,873 120,551 116,545
東洋医学研究所 44,697 45,925 45,931
女性生涯健康センター 23,503 21,472 19,907
青山女性医療研究所 5,013 3,890 3,020
遺伝子医療センター 2,678 2,769 3,232
合 計 250,851 237,571 231,719

0
20
40
60
80
100
120
140
平成25年度平成26年度平成27年度
(千人)
診療所(クリニック)別年間延患者数の推

成人医学セン
ター
膠原病リウマチ
痛風センター
東洋医学研究所
女性生涯健康セ
ンター
青山女性医療研
究所
遺伝子医療セン
ター

②一日平均患者数の推移 (単位:人)

平成25年度 平成26年度 平成27年度
本 院 3,866 3,791 3,184
東医療センター 1,419 1,312 1,145
八千代医療センター 875 875 887
青山病院 150 160 160
成人医学センター 182 152
153
膠原病リウマチ痛風センター 442 427 415
東洋医学研究所 160 163 163
女性生涯健康センター 84 76 71
青山女性医療研究所 18 14 13
遺伝子医療センター 10 10 12
合 計 7,206 6,980 6,203
東京女子医科大学
25


2) 入院患者数の推移
① 年間延患者数の推移 (単位:人)

平成25年度 平成26年度 平成27年度
本 院 436,794 417,100 383,359
東医療センター 153,145 149,037 144,209
八千代医療センター 111,302 112,324 114,134
青山病院 10,081 8,753 5,488
合 計 711,322 687,214 647,190

0
100
200
300
400
500
平成25年度 平成26年度 平成27年度
H ÇH
病院別入院患者数の推移
 7T
¾ $ªGIGGMGŠ

µ æ $ªGIG
GMGŠ
7÷£$S7T
② 病床利用率の推移
本 院 84.1% (1,423床) 80.7% (1,389床) 81.5% (1.285床)
東医療センター 84.8% ( 495床) 82.5% ( 495床) 79.6% ( 495床)
八千代医療センター 85.4% ( 357床) 86.2% ( 357床) 87.4% ( 357床)
青山病院 65.7% ( 42床) 57.1% ( 42床) 47.5% ( 42床)
平成25年度 平成26年度 平成27年度

※( )内の数字は、稼働病床数
③ 一日平均入院患者数の推移 (単位:人)

平成25年度 平成26年度 平成27年度
本 院 1,197 1,143 1,047
東医療センター 420 408 394
八千代医療センター 305 308 312
青山病院 28 24 20
合 計 1,950 1,883 1,773
東京女子医科大学
26


1.大学再生計画及び主要な業計画に対する進捗状況

平成26年2月に東京女子医科大学病院で医療故 が生し、これを契機とした学内の混乱により
失墜した社会の信頼回復と組織の建て直しを図るべく、平成26年12月に「大学再生計画」を掲げ、
(1)医療安全の見直し(2)ガバナンス改善(3)財務改善(4)施設整備計画推進(5)組織風土刷新について
真摯に取り組みを進めてきた。
さらに平成27年度の主要な業計画 (6)(7)に対する進捗状況も併せて以下のとおり記す。

(1)医療安全の見直し
本学における医療安全文化の醸成や医療安全に関する標準化、質向上及び医療施設間の連携、
協力体制の構築等を目的として、平成27年4月に学内医療施設を横断する医療安全・危機管理
部を設立した。同部は同年10月から施行された医療故調査制度の学内定着のための統一的な
ガイドラインの策定や、各医療施設の医療安全管理体制に関する情報収集を皮切りに、同年12
月から施設間の連携会議を主催し、医療施設間の情報連携を推進する一方、それぞれで異なる各
種運用基準等の標準化に着手している。
平成26年2月に医療故が生した 本院では、病院長による課題への取り組みが力強く、ス
ピード感を伴って実行されており、中長期を含めた計画の推進を法人と一体となってより強く推
進している。各部門からの医療安全に関する日次報告による状況把握を行い、これらの膨大な情
報は、毎日集計・分析し、その日のうちに病院管理者に報告され、速やかな対応を行っている。
また教員選考基準において、臨床医学に従する者 は医療安全科に所属し経験することを必須
化した。また院内における表彰制度の創設も検討し、教職員のモチベーションについても考慮し
ている。
さらに医療安全の見直しの意識の醸成は、学部教育の段階から必要との認識に立ち、大学協議
会(医学部・看護学部両学部の教育・研究に関する合同会議)を経て、平成28年度から両学部
4年次のカリキュラムに「Team STEPPS」(:Team Strategies and Tools to Enhance Performance
and Patient Safety)の導入を決定した。
「医療安全の見直し」の各項目に列記した日常的な医療安全の取り組みを徹底する一方、医療
安全の真の浸透を図るべく、学生、新規採用者、永年本学で経験を積んできた教職員を問わず、
理長、学長、医学部長、病院長が徹底して「医療安全」を 推し進めている。

(2)ガバナンス改善
病院経営に長けた有識者として選出された副理長(経営統 括理兼任)の主導で経営統括部
が前年度に設置され、今期下半期には用度機能を同部に編入し、物品購入の適正化を図っている。
また、理長等を専門的立場から補佐する体制の一環として、「特別補佐規程」を制定し、医
療安全・危機管理、および法律分野の専門家が理長補佐として就任した。それぞれの専門分野
の理長補佐 4名が出席したアドバイザリーボードを開催しており、大学再生計画の外部評価委
員会も開催し、外部委員から概ね取り組みが進捗しているとの評価を得た。

Ⅲ.業の概要
東京女子医科大学
27

教学については、主任教授の呼称・職位を廃し、教授職位として統一した。また改正学校教育
法に則り、教授会は教育・研究について学長に意見を述べる組織としての規程を明確化した。
理会、評議員会の機能強化策として、幅広い意見を取り入れるために構成メンバーの見直し
を行なった。具体的には、理会については、医学部長、看護学部長を職責理とし、理会の
意思決定の適正性を確保する為に顧問弁護士が陪席している。評議員会については外部ステーク
ホルダーの経営参加を促すため医学部父母会の役員1名、外部有識者2名が評議員に就任してい
る。

(3)財務改善
副理長が経営統括理 ¦を兼ね、その直轄組織である経営統括部を通じて、金融機関交渉
も含めた抜本的な財務改善の諸施策を実施した。
具体的な取り組みとして、BPR(business Process Re-engineering)を推進し、より一層の業務
効率化とスリム化を図りつつ、人材の有効活用による総人件費の適正化に注力している。
教職員のコスト意識啓$Îについては、各種会議体や通達等で繰り返し周知し徹底している他、
個別稟議でのコスト削減対応等を肌で感じること等で、コスト意識醸成が図られてきている。ま
たこれと平行して、投資妥当性の精査、投資効果の検証を強化するため、設備投資案件の起案部
署に対して、詳細な試算表と検証資料の作成・提出を義務化し、その効果の後検証を厳正に管
理する体制を構築した。
高額支出案件の審査厳格化が軌道に乗り、申請部署との折衝の他、取引業者との交渉や新規業
者参入させることにより支出抑制効果を得た。
さらに法人全体の医療施設の経営分析を行い、新たな医療体制を構築する観点から、日暮
里クリニック5階、青山病院、青山女性医療研究所を閉鎖した。

(4)施設整備計画推進
喫緊の課題である施設将来計画については、副理長 が施設将来諮問委員会の委員長に就任
し、前執行部がそれまで資金困難を理由に、老朽化施設の建替えを10 年以上停滞させてきた状
況を打開するため、本学の財務内容を確認した上で、資金調達の手段についての選択肢を増や
し、好条件での融資獲得のため金融機関との交渉を適宜進めて、実現に向けての見通しを得る
ことができた。
一方、土壌汚染調査等、建築着工に先行して実施すべき内容がまったく未着手であること、
前計画のベースとなる建ぺい率や容積率が現在の基準には適合していないこと等の問題点を指
摘し、責任部署に対して厳しく指導、かつ体制を一新する等、進捗の妨げとなる要因をひとつ
ひとつ排除しテンポアップを図り、新たなローリングプランを構築している。
前執行部は、校舎棟や本院の西病棟A・Bおよび中央病棟、南病棟、東医療センター1号館に
ついて平成27年度までに耐震に係る是正工 を終了した。しかし再調査の結果耐震性能を示す
Is値は0.45以下と低く、再耐震工が必要であることが判明し 、平成28年度に再耐震をする
ことが喫緊の課題となった。中央病棟はIs値が0.39と特に低い値であるため、平成27年度中
に再耐震補強設計に着手している。再耐震後のIs値について病棟は0.6、校舎棟は0.7以上を
東京女子医科大学
28

目指す。
老朽化した本院1,2号館を廃して新校舎を建築するための準備として、まず、別館(教授棟)
を解体し、その跡地に平成28年9月竣工予定の「教育・研究棟」(医局機能を含む)を着工済み
である。
東医療センターの将来計画として、足立区への移転に関する足立区との覚書を平成27年4月
に締結した。また、八千代医療センターにおいては第2病棟増床棟について平成28年6月の完
成に向けて工が進捗している。

(5)組織風土刷新
女性医療者を育成する教育機関として卒業生(医師・看護師)のリーダーシップ促進に加えて、
医療技術職および務職についてもアドミニストレーター教育を実施することとした。特に医学
部卒業生をサポートする数値目標として、①本学の女性教授の比率に関する数値目標、②教授(講
座主任)選考委員に必ず1名以上の女性を含めることを設定した。
その実行のため、卒業生をはじめとする女性教員のキャリア形成が重要との認識に立ち、エン
パワーメントと制度補完の両面で大学再生計画において課題設定をした。
エンパワーメントについては、特別教授育成コース(彌生塾)を設置する規程を制定し、卒業
生を塾長に任命した。制度補完については、女性に限定する施策ではないものの、「教育・研究
評価に関わる学長諮問会議」を開催し、「教員評価制度」に着手し「女子医科大学」であること
の存立意義についても同会議内で継続して検討している。また、女性教職員の就労環境等の向上
施策として、看護・介護休暇の取得可能日数の拡大および介護休暇を一部有給化する規程の改定
を行い、直接支援と間接支援の両面に着手した。
理長からの積極的な情報信のツールとして、 学内イントラネットに「理長室」のサイト
を開設した。また、同サイト内に電子意見箱を設置し、情報信だけでなく 教職員からの意見聴
取、政策検討の場としても活用している。
責任の明確化も重要な課題であり、業計画・諮問委員会等における担当理の責任を明確に
した。また担当者レベルの業務状況を適正に処遇に反映させる仕組みについても、新たな人評
価制度を導入済みである。この中には、変革意欲のある教職員が適正に評価される仕組みも含ん
でいる。
務局においては、務局等連絡会 にて本部務局部長 と各医療施設の務長が一同に会して
情報共有する体制とした。また、開催場所を本部のほか他の医療施設にも広げることで、各医療
施設の現場を定期的に訪問すること勘案し、実践している。

(6)臨床教育の充実
グローバルスタンダードに基づく医学教育国際外部評価を平成26年度に受審し、国際基準で
質保証されたカリキュラム実践を継続して実施した。診療参加型臨床実習に関する新カリキュラ
ムでは実習上の諸問題が解決に至った。地域医療実習においても、社会の様々な医療ニーズと医
療の全体像を把握することのできる学習機会を提供し、学生が地域医療を実際に体験できるよう
地域実習施設の確保を行い、都内近郊49施設、地方27施設 計76施設で地域実習を実施し、
実習中も臨床実習ノートへ記録し評価を実施した。また実施後の学生フィードバックを臨床実習
東京女子医科大学
29

コーディネーターが取りまとめ、充実した内容となり高い評価が得られた。

(7)再生医療の国際臨床研究の推進と国際ネットワークの形成
本学で展開している先端生命医科学研究所を拠点とした日本世界初の再生治療「細胞シート
治療」の臨床応用は、スウェーデンのカロリンスカ大学病院でのバレット食道を対象とした上皮
細胞シート食道再生治療の国際共同企業治験を開始し、プロトコール等の策定を進めることがで
きた。また、国際シンポジウムやOne-day meetingを開催し、日中韓の三ヵ国の研究交流を推進
させることで、若手を含めた先端医工学研究者の育成を推進すると共に、ネットワークを構築し
た。また、本学と韓国の梨花大学校との共同研究が開始し、研究成果についての学会表をおこ
なった。
東京女子医科大学
30


2.「教育、研究、医療、経営・管理」領域別の業報告

【 教育 】
(1) 医学部・医学研究科
・電子化した臨床実習ノートを用いた指導医からのポートフォリオ評価実施の他、OSCE
(Objective Structured Clinical Examination)・ advanced-OSCE評価法の改変、問題見解
決能力の評価を意識した統合試験の実施を通じて、診療参加型臨床実習を推進した。
・社会の様々な医療ニーズに対する理解を深めるため、地域におけるプライマリ・ケア、病診連
携・病病連携、救急医療、在宅医療、チーム医療、疾病予防・健康維持増進の活動を体験させ
る機会の充実を図ると共に、メーリングリストとSNSにて学生連絡網を確立した。
・教育システム向上のため、外部講師を招聘するとともに、教員FD向けのe-ラーニング環境移
行に向け資料のデジタル化を実施し、他大学の現状視察も積極的に行った。併せて、女性医師
支援、学生自己学習向けの支援のため、e-ランニングコンテンツの拡充を図った。
・新カリキュラムである地域医療実習、診療参加型実習において教員および学生からのフィード
バックを行い円滑に実施した。
・テュートリアル学習に関する、本学卒業生、他大学卒業生、指導医に実施したアンケートを解
析し効果を評価し、学会表および論文表による学外からの高評価へつなげた。

(2) 看護学部・看護学研究科
・3つのポリシー(アドミッション、カリキュラム、ディプロマ)の周知を積極的に行い、既存
カリキュラムの質向上を図るとともに、新たに開始した新カリキュラムの円滑導入を実施し
た。
・アクティブラーニングの積極的導入および図書館のラーニングコモンズ化により学習効果が高
まった。
・FD 委員会を中心に、教員のニーズおよび社会的な課題を検討し教員の能力向上を目指す目的
で、カンファレンスとセミナーを実施した。
・卒業後の進路、その後の社会貢献度、勤務継続比率等、卒業生の現状を把握し、データ活用で
きるよう評価システムを構築すべく、アンケートを作成した。
・地域包括ケアの概念、地域医療施策の講義のほか、訪問看護ステーションの実習等により、地
域医療における看護実践能力を養い、掛川市との連携による健康づくり応援実践セミナーや健
康調査を実施し、地域連携を強化した
・連携校との交流を活に行い、国際交流における危機管理対策のための対応強化のため、緊急
態体制の構築を実施した。
・学生健康管理センターと情報共有し、より効果的なカウンセリング支援を行うと共に、年間を
通じた学生の健康管理体制を充実させた。

(3) 看護専門学校
・看護師国家試験の合格率は昨年を上回り97.5%(昨年95.5%)となり、卒業生の8割以
東京女子医科大学
31

上が本学の医療施設に就職した。
・オープンキャンパスや学校説明会にて積極的な広報活動、募集活動を推進し、ホームページ上
での資料請求を可能としたことで、資料請求者が増加した。
・高校卒業者、大学・短大卒業者、大学院卒業者、職業経験者等、多様な背景を持つ学生に対し、
個々の特性を踏まえた学生支援を推進し、学生相談室の活用や保護者との連携支援も実施し
た。
・地域訪問看護ステーション所長や保健所地域看護支援員を講師に招き、より実践的な講義を実
施し、在宅看護実習につなげた。

(4) 図書館
・学長諮問「図書館将来構想検討会議」を中心に、他大学の図書館を参考としながら、「ライブ
ラリー」「メディアラボ」「ミュージアム」を柱とする新図書館構想をとりまとめた。
・教室貸出図書の情報提供を行い、医局移転に伴う各教室蔵書のスリム化を支援し、再架後の
運用を開始した。
・1,2 号館および臨床講堂の閉鎖に伴い、記録保存資料を調査し、大学史料室の特別展示にて
公開した。

(5) 男女共同参画推進局
・女性リーダー育成コース『彌生塾』を設置し、女性医師・研究者のキャリア形成の支援体制を
整えた。
・本学の勤務医の負担軽減策の取組みが、厚生労働省の女性の活躍推進法webサイトにおける企
業の好例集【医療、福祉業】に掲載された。
・看護専門職としての能力を開し、保健医療福祉においてリーダーシップを揮できる看護管
理者を育成するために、認定看護管理者研修ファーストレベルを新規開講し、受講生34名全
員に認定証を授与することができた。また、4 つのプロジェクト(キャリア/メンタル相談、
自己学習支援、変革推進力育成、はたらき方支援)を推進し、看護部と看護学部の協働により、
看護職の多様なキャリア支援、就労環境の整備を行い、勤務継続を支援した。
・女性臨床医師のキャリア形成支援、女性医学研究者への研究と育児の両立を支援し、保育支援
として東京医科大学との協働でファミリーサポート制度を継続し、サポーター交流会やサポー
タースキルアップ講習会を開催するとともに、人部と協働し院内保育所の充実を図った。
・離職女性医師を主な対象とした、「再教育―復職プロジェクト」「e-ラーニングプロジェクト」
「一般内科プロジェクト」を推進し、ソーシャルネットワークシステムの活用等により、多角
的な復職支援を行った。

(6) 医療人統合教育学習センター
・スキルスラボでは、学部学生のカリキュラムとして医学部のセグメント6、7の小児科実習、
セグメント8の心電図、経胸壁エコー、上部消化管内視鏡、診療の基礎、気道管理/FAID実習、
循環器内科と麻酔科のクルズスの実習を行った。また、看護学部では、大学院生のフィジカル
アセスメント、老年看護学実習で施設を利用した。
東京女子医科大学
32

・イーラーニング自習室では、医学部セグメント2、4、6の実習を実施した。
・学内外者との協働・協力の下、JPTEC、ICLS講習会、JMECC講習会のほか、新たにDMAT勉強会
や女性医師再教育センターのハンズ・オン・セミナー、麻酔科医局の勉強会等を実施し、医療
人育成に努めた。
・人部との共催による研修セミナーでは、学外講師を招聘した「接遇研修」と学内講師による
「スタッフを育てるリーダーシップ」を実施した。新たな取組みとして、NPO法人患者スピー
カーバンクの「患者スピーカー研修」を実施した。
・女子中高生の理系女子進路選択支援プログラムのほか、中高校生の体験学習を実施し、社会貢
献を行った。
・センター規程・内規を改定し、それに付随する細則を設け、施設利用上のルールの周知を開始
した。同時に貸出物品の期限内返却および無断貸出禁止の徹底を図るとともに、個人への中長
期貸出を開始した。
・病院防災減災対策支援室と連携し、災害訓練兼緊急・災害時用の貸出備品を購入し、病院総合
防災訓練や病院防災減災対策支援室主催の災害訓練の支援を実施した。

(7) 国際交流
1) 学術交流協定の更新
・英国カーディフ大学との交流協定書を更新(平成27年11月)。

2) 医学部の学生交流
大学名 交換留学生の派遣 交換留学生の受入
カーディフ大学 5名 6名
ブリュッセル自由大学 4名 5名
マルセイユ大学 3名 3名
ハワイ大学 1名 -
コロンビア大学 2名 1名
マウントサイナイ医科大学 4名 3名
ブラウン大学 1名 1名
メモリアルハーマン病院
(テキサス大学関連病院)
- -
上海交通大学 - 2名
中国医科大学 1名 2名
韓国梨花女子大学 1名 -
台湾台北医学大学 2名 -
オデッサ医科大学 - -
ハジェテペ大学 - -
合 計 24名 23名
・平成26年度派遣学生国報告会を開催(平成27年4月)
・平成26年度派遣学生報告書作成
・平成27年度交換留学説明会開催(平成27年4月)
東京女子医科大学
33

・平成27年度派遣学生選考試験実施(平成27年6月)
・医学教育振興財団主催「英国大学医学部における臨床実習のための短期留学」募集(応募者な
し)
・Hawaii Tokai International College における医学部夏期集中医学英語研修プログラム
参加者募集(応募者なし)
・韓国梨花女子大学サマースクール参加者募集(応募者なし)
・平成27年度派遣学生対象Case Presentationの講義、演習、英語による医療面接を英語教室
主催で複数回実施
・平成27年度派遣学生オリエンテーションをS9教育委員会と合同で開催(平成27年10月)[留
学中の臨床実習ノートの提出を義務化]
・国際交流委員1名がフランスマルセイユ大学とブリュッセル自由大学を訪問(平成27年
11月)
・平成27年度交換留学派遣学生壮行会を開催(平成28年1月)*国際情勢の悪化による危
機管理の徹底として、派遣学生に対し以下の指導を行った。
(1) 外務省「たびレジ」録
(2) 日本国際教育支援協会学研災(学生教育研究災害傷害保険)「付海学(海外留学保
険)」加入
・日本アイラック(株)「安心サポートデスク」加入
・派遣学生保護者に本学の危機管理について文書で説明
・交換留学生危機管理規程制定
・危機管理委員会開催(平成28年3月)[ブリュッセルで生したテロ件を受けて留学
中の学生への対応について検討]
・文部科学省からの依頼により、緊急連絡体制構築の一環として、緊急メール受信用グルー
プアドレスを作成
・国際コミュニケーション教育委員会と共催で英語サロンを複数回開催

3) 看護学部の国際交流
大学名 短期研修 交換留学生派遣 交換留学生受入
ハワイパシフィッ
ク大学
19名(内院生4名)
(引率教員3名)
- -
アルバーノ大学 - 6名
7名
(引率教員3名)
韓国梨花女子大学 -
6名(内院生2名)
(引率教員2名)
*MERS 感染拡
大のため中止
・アルバーノ大学教育プログラム・ワークショップに看護学部教員1名が参加(平成27年6月)
・JICA日系社会次世代育成研修の学部学生2名(アルゼンチン1名、コロンビア1名)受け入
れ(平成27年7月)
・韓国梨花女子大学サマースクール募集。学生1名(3年生)が参加(平成27年8月)
東京女子医科大学
34

・Sincere第4号で看護学部国際交流の取組について紹介(平成27年7月)
・平成26年度派遣学生報告書を作成。

4) 海外からの訪問者の受け入れ
国名・所属機関等 訪問者 年月 訪問目的
東欧州
(カザフスタン等)
医師12名 平成27年4月 TWIns・病院の見学
タイ・タマサト大学 医学部長他 平成27年6月
学生交流に関する意
見交換・病院見学
タイ・Naresuan大学
学部長、 看護学部教育に関す
教員25名
平成27年8月
る情報交換・見学
韓国・梨花女子大学
総長、
副総長他5名
平成27年8月 TWIns見学・懇談
中国・江蘇省衛生庁
長期医師研修生
10名
平成27年9月 TWIns見学
東ティモール・ティ
モール国立大学
医学部長、
副医学部長、
医療系学生20名
平成27年10月 TWIns見学
韓国・アサンメディ
カルセンター
共同研究者9名 平成27年10月 研究表・懇談
スウェーデン・カロ
リンスカ研究所
総長、
研究部門ヘッド他1名 平成27年10月
TWIns見学・今後の共
同研究に関する懇談
中国・大学生訪日団
外務省青少年交流業
「JENESYS2.0」
第25陣(67 名)
平成28年1月
本学とTWIns紹介・学
生との交流会
中国・中日友好病院
中日友好病院長・中国
看護学会理長
平成28年1月 本院・TWIns見学

5) 台湾秀傳紀念医院との交流
本学教員
学術指導
本学教員
トレーニング参加
台湾秀傳紀念医院医師
見学受入 / 会議出席
平成27年度 2名 15名 13名 4名
・設置費用の一部を秀傳紀念医院の寄附により完成した524講義室のテレビ会議システムを利用
した消化器外科学症例検討会を5回、整形外科学症例検討会を5回実施。

6)外国人留学生関連
・国費外国人留学生1名在籍[トルコ:研究生(微生物学・免疫学)]
東京女子医科大学
35

・外国人留学生(研究生)17 名在籍(中国、バングラデシュ、台湾、タイ、インド、フィリピ
ン、ベトナム、マレーシア、パキスタン、ウガンダ,アメリカ、スペイン)
・留学生懇親会(夏の部)を開催(平成27年6月)。
・武田科学振興財団の助成を受けて設置した第3別館内留学生寮に武田科学振興財団奨学生4名
入寮。

7)日本学生支援機構補助金「平成27年度海外留学支援制度(短期受入・短期派遣)」の採択([ ]
内は補助金額)
・(医学部)学生病院臨床実習プログラム(受入)[128万円]
・(医学部)学生病院臨床実習プログラム(派遣)[156万円]
・(看護学部)国際的な視野に立って社会に貢献できる看護師育成プログラム(派遣)[160万円]

8) 講演会主催・共催
・小児科と母子センター主催スタンフォード大学教授(元米国小児科学会長)特別講演会を共催
(平成27年5月)
・本学卒業生で米国留学中の医師による臨床研究留学体験に関する講演会を主催(平成27年8
月)
・第2回韓国梨花女子大学との合同国際シンポジウムではリウマチ膠原病をテーマに韓国で開催
(平成27年9月)

9) 学外シンポジウム・セミナー参加
・「第6回全国医科大学国際交流センター連絡協議会・講演会」(於:東邦大学医学部)参加(平
成27年7月)
・「大学国際交流・海外研修管理者向けセミナー」参加(平成27年10月)
・「国際化推進ワークショップ」参加(平成27年12月)
・「大学のグローバル化と学生海外渡航時のリスク管理」公開シンポジウム参加(平成28
年1月)
・「テロ・誘拐リスクマネジメント」セミナー参加(平成28年2月)
・「海外留学支援制度(協定派遣・協定受入)シンポジウム」参加(平成28年3月)
10) その他
・ 交換留学支援制度募金の募集
・ 文部科学省通知「バングラデシュへの渡航時の安全確保に関する注意喚起」について周知(平
成27年10月)
・文部科学省通知「パリにおける連続テロ件の生 」に係る注意喚起について周知(平成
27年11月)
・文部科学省通知「海外渡航時の安全確保に関する注意喚起」について周知(平成28年2月)
東京女子医科大学
36

(8) 公開講座
第34回公開医学講座 第33回公開健康講座
対象者 医療従者、医学生、一般の方 医療従者、一般の方
開 催 日 平成27年5月16日(土) 平成27年11月21日(土)
開催場所 本学 弥生記念講堂 本学 弥生記念講堂
テ ー マ
「女性の健康を生涯にわたり包
括的に支援する」とは
~女性に寄り添う女性医療の実
現に向けて~
映画「救いたい」上映会
担 当 女性生涯健康センター 麻酔科学
受講者数 53名 70名

【 研究 】
(1) 先端生命医科学センター
・本学医療施設とのコラボレーションとして、循環器内科ではカテーテルデバイスの設計に着手
した。整形外科ではSCOTシステムによる術具ナビゲーションの基本性能を示した。消化器外
科では器械出し支援ロボットのプロトタイプを開した。
・スウェーデンのカロリンスカ大学病院での、バレット食道を対象とした上皮細胞シート食道再
生治療の国際共同企業治験を開始し、プロトコール等の策定を進めた。
・国際シンポジウムやOne-day meetingを開催し、日中韓の三ヵ国の研究交流を推進させた。 ま
た、本学と梨花大学校(韓国)との共同研究が開始し、研究成果についての学会表をおこな
った。

(2) 総合研究所
・総合研究所の運営基盤となる総研規程を、現実に即した組織内連携や指揮命令系統に改め、規
程改訂を実施した。
・若手研究者の研究に際してのスタートアップ支援の一環として、汎用機器の使い方講習会や実
験開始時の補助を行った。
・研究活動の奨励、支援を目的とした機器や技術紹介のためのワークショップ、統計解析講座、
テクニカルセミナー、安全講習としてのセーフティセミナー等、各種セミナーを開催し、第3
回学内研究交流セミナーも共催し、学内や早稲田大研究室との交流を深めた。
・総研研究部の研究促進として、テニュアトラック教員を含めた研究員の研究成果を学会や論文
を通して表した。

(3) 実験動物中央施設
・新入生に動物実験と実験動物に関する基本概念の講義を行い、動物実験に対する心構えの導入
東京女子医科大学
37

に一定の成果があった。
・実験動物の基本的な取り扱い、動物実験の基礎的技術等の実践的な講習会(マウス、ラット、
モルモット・ウサギの基礎的取り扱いや、マウス、ラットの試料採取等)を開催し、動物実験
基礎知識、技術の周知、浸透に一定の効果があった。
・動物疾患の各種解析と疾患モデルの可能性の推進の一環として、慢性微生物暴露による免疫制
御の影響と病態の関連等の解析を、微生物学免疫学教室と共同で行い、その成果について学
会・論文にて表した。

(4) 統合医科学研究所
・十指腸癌の研究成果を Cancer Cell誌に表してブレスリリースを行った。家族性膵臓癌研
究については成果取り纏めを進めており、胃癌研究や新規分子解析研究を臨床各科と協力して
進めている。
・ゲノム変異の明らかな疾患iPS細胞を作成するため、原因不明の難病患者のゲノム診断症例を
積み重ねていく中で、HYLS1遺伝子がJoubert症候群の原因となることを世界で初めて明らか
にした。(Clinical Genetics誌)
・遺伝子情報を基盤とする疾患メカニズムに関する基礎的研究の推進の一環として、ゲノム編集
技術の急速な進歩を踏まえ、より特異的で効果的な方法について検討を進めた。

【 医療 】
(1) 東京女子医科大学病院
・副院長を6 名体制から8 名体制に増員し、全ての副院長が医療安全対策の役割を担うことと
した。
・全ての診療科、診療部署より医療安全の日報を提出し、直ちに病院管理者へ報告する制度を開
始した。
・全体ICU 会議、PCST 会議(小児)、ICST 会議(成人)を定期的に開催し、分散しているICU
の業務の共通化、問題点の共有を行い、統合ICU に向けた取組みを開始した。
・手術および治療における重症度から分類されるハイリスク症例に対し、チーム医療の確立、医
療安全の担保を目的として、ハイリスク症例検討会議を設置し、定期的な検討を開始した。
・空きベッドの稼働率向上を図るため、ベッドコントロール担当の看護師が、緊急入院依頼に
応じて電子カルテの空床管理システムで空床を確認し、入院を円滑に実施するシステムを開
始した。
・医療記録および診療報酬請求の精度向上を目的として、その審査および指導に特化した組織と
して「医療記録審査指導室」を設置した。
・再生医療等の安全性の確保等に関する法律施行に伴い、当院では第3 種の再生医療等(リス
クの低いもの(体細胞の加工等))について審査する「東京女子医科大学病院認定再生医療等
委員会」を設置し、厚生労働省からの認定を受けた。
・大学再生計画における取り組み項のひとつとして、「病院運営諮問委員会」を設置した。こ
の委員会では、病院長の諮問に基づき外部有識者による本院の管理運営および診療活動につい
東京女子医科大学
38

て、検証および評価を行い、病院の質的向上に必要な答申を行うことを目的としている。

(2) 東医療センター
・平成27年4月に都立駒込病院間との連携で「地域がん診療病院」として認定され、組織体制
を整備すべく「がん包括診療部」を立ち上げた。
・電子カルテを導入し患者情報共有・情報管理の一元化を図った。
・平成28年4月からのDPC医療機関群Ⅱ群認定を目指し、体制を整えた。(認定済み)
・地域医療を担うため、紹介患者の受け入れや逆紹介を増やす施策を進めた。平成28年度に地
域医療支援病院申請を目指し、新たに社会支援部足 に向けて準備を行った。
・城東地区医療連携フォーラムを2回開催し、地域医師会との交流を図った。
・新たな診療体制の構築のため、日暮里クリニックの一部機能を縮小した。

(3) 八千代医療センター
・医療安全に関して、施設全体での講習会やチーム医療カンファレンスを実施し、医療安全教育
を推進した。
・病院機能の強化に向けた増床計画を滞りなく進捗させた。
・患者満足度調査を外来と入院共に実施し、その内容を病院運営に反映させ、患者サービス向上
に努めた。
・災害時に必要な注射薬医薬品を充実させ、有の際にも対応可能とするための準備を整えた。
・地域連携強化のために、地域医療連携フォーラムの開催や広報誌「greens」や「診療科のご案
内」を作成した。

(4) 青山病院
・平成3年の設立以来、24年間にわたり、健康診断・外来診療・入院診療とトータルな医療を
提供する施設としての役割を果たして来たが、法人の業見直しの一環として閉院が決定し、
平成28年1月をもって24年間の歴史を終えた。閉院決定から、2ヶ月で全面閉院というタイ
トなスケジュールではあったが、外来・入院患者、健康診断会員に対して、閉院に伴う心や
迷惑を最小限にとどめるべく、職員一丸となり対応した。なお、健康診断業は、本院のトー
タルヘルスケア・予防医学センターに引き継ぐこととなった。

(5) 成人医学センター
・青山病院閉院に伴い、乳腺外科・美容皮膚科・整形外科(音楽家専門外来)等を新設し、呼吸
器内科に常勤医師を置した 。また、ヘルスメイト会員の健康診断も受け入れた。
・効率的に医療サービスを提供するため、電子カルテを導入した。
・企業向けの健診について、企業担当者向けにヒアリングを実施し、患者満足度調査を進めた。
・近隣企業、近隣医療機関および患者への案内を目的に、外来パンフレット、一般健診パンフレ
ットを作成した。
東京女子医科大学
39


(6) 膠原病リウマチ痛風センター
・医療安全について本院と連携を図ることを通じて、その質の向上を図った。
・前年度に引き続き、IORRA(Institute of Rheumatology Rheumatoid Arthritis)調査(関節リ
ウマチ患者からの情報を中心とした大規模観察コホート研究)を予定通り終了した。
・遅滞のない診療体制の構築のため、医会計システムを更新した。

(7) 東洋医学研究所
・前年度に引き続き地域勉強会(音無研究会)を7月、11月、2月に開催し、地域との交流を図
った。
・前年度に引き続き、若手医師のための夏季漢方入門セミナーを開催し、採用者確保につながっ
た。
・湯液部門と鍼灸部門の融合を目的とした広報の充実を図るために、ホームページのリニューア
ルに向けた準備を進めた。
・専門医療の推進準備のため、鍼灸部門において平成28年2月、電気温鍼器の導入を行った。

(8) 女性生涯健康センター
・トラウマ焦点化認知行動療法のうち、持続エクスポージャー療法に関しては対応システムが確
立し、受け入れが増加した。またPCITについても対応システムが確立した。
・性差医療や女性医療を標榜している学内の他施設とともに、本学における女性医療の在り方に
つき検討し、各施設との関連付けを強化する目的で、ホームページをリニューアルした上で、
診療内容の情報公開に努めた。

(9) 青山女性医療研究所
・法人全体の医療施設の経営分析を行い、新たな医療体制を構築する観点から、平成28年1月
を以って閉鎖することとなった。

(10) 遺伝子医療センター
・厚労省「ゲノム情報を用いた医療等の実用化推進タスクフォース」の指名を受け、当センター
における経験を通して、日本における遺伝学的検査の品質保証、遺伝学的検査と遺伝カウンセ
リングの保険収載の必要性に関して提言を継続して行った。
・次世代シーケンサーの臨床応用をいち早く進め、未診断の神経筋疾患約50例の半数において、
遺伝子変異を同定した。
・前年度に引き続き、遺伝子医療に携わる人材の育成に努めた結果、臨床遺伝専門医試験に1
名が合格した。
東京女子医科大学
40


【 経営・管理 】
(1) 経営統括部(組織改変により、年度途中より用度部の機能統合)
・平成27年度は、22年度から5年間の中長期計画「ビジョン2015」の最終年度であったため、
すべての部門の達成および積み残し項目の状況を確認した。
・高額支出案件の審査厳格化が軌道に乗り、申請部門との折衝の他、取引業者との交渉や新規業
者参入により資金支出抑制効果が得られた。
・組織のスリム化を実施し、人員および業務の合理化を図った。
・施設将来計画については、施設将来計画諮問委員会でのモニタリングを強化し、法人財務への
影響度を斟しつつ、個別計画の緊急性・重要度を軸に優先順位・実行時期を見極める体制を
整えた。

(2) 総務部
・『理長室』のイントラページを見直し、各コンテンツの明確化を図り、教職員に情報を
周知、理解できるよう全面リニューアルした。
・弥生記念講堂の耐震工の第 2期工は無終了し、第 3期工のうち、壁面のレンガ調
タイルの撤去については、前調査の結果、ほぼ全面的撤去が必要となったが、 コスト削
減可能な材料の導入や必要最小限の工内容としていくことが弥生記念講堂運営委員会
で決定した。
・任期満了改選の施設長選考委員会を滞りなく開催し、その他選考に関しての共通化と省力
化可能な項目の整理に着手した。

(3) 人部
・看護職は、需給の逼迫や退職者の一時的な増加等により、期末時点の職員数は前期末比減少し
た。 ¦務職は2年連続定期採用を見送り、かつ中途採用も実質行わなかったため、職員数は前
期末比2桁減となった。不足人員は可能な限り学内転で対応し、やむを得ない場合に限定し
て派遣職員等で代替する等の対応を行った。
・女性活躍推進法関連で行動計画を策定し、今後5年間で務職の女性管理職比率 30%、女性
役職者(含む係長)比率60%を目標とした。
・職員の働きやすい環境作りの一環として実施した就業規則改定は、各会議体等で説明会を実施
し、改定内容の周知・徹底を行った。

(4) 経理部
・法人中長期資金計画における施設将来計画の執行状況については、施設将来諮問委員会で報
告を行い情報共有に努めた。次年度は本院中央病棟耐震補強工等の大型投資案件が予定さ
れている為、工期及び総業費が決まり次第、再度中長期資金計画 の見直しを行う。
東京女子医科大学
41

・人材育成、業務効率化を目的として部内勉強会の開催や外部研修会への参加等、部員のス
キルアップに努めた。また多様な働き方を可能にし、フルタイム勤務者が専門性の高い業
務に専念できるよう短時間勤務者や障害を持った勤務者の業務整理を行った。

(5) 研究支援部
・CITI Japan Projectのe-ラーニングプログラムを導入し、科研費申請研究者、先端生命医科
学研究所、看護学部を中心に一定数履修させることができた。さらに履修状況を把握すること
ができた。
・平成27年11月に「学術研究フォーラム」、平成28年3月に「研究倫理教育責任者・関係者連
絡会議」に出席し、研究倫理分野に関する最新の情報を収集した。
・知的資産に係ることについて、委員会を開催することにより、大学研究者が理解しておくべき
特許制度を周知できた。

(6) 施設部
・施設将来計画の一環として、各病棟の耐震補強工を実施した。
・中長期施設修繕計画に基づき、建築、設備、電気それぞれの老朽化対策工を着手・実施した。
・温室効果ガス総排出量抑制への啓活動として、学内イントラに毎月エネルギー使用量実
績値を公表した。また、クールビズ・ウォームビズ効果により、前年度比で電気使用量は
-3%、ガス使用量は-0.5%となった。

(7) 情報システム部
・施設将来計画を見据えた、情報システム基盤整備を行い、移転・改修工に伴うネットワーク
整備を推進した。
・教育情報システム室を足し業務開始し、医看学務系システム統合プロジェクトを立ち上げ、
医学部教務(学籍・成績管理)システムの更新作業に着手した。

(8) 防災保安部
・緊急態の生を想定した図上訓練等を推進し、休日、夜間における震災生を想定した対応
訓練を実施した。また総合監視盤の異常$Î報時における迅速的確な対応訓練を随時実施した。
・各建物各フロアーの自衛消防隊員録を行い、中央校舎中庭で通報・初期消火訓練等を実施し
た。総合防災訓練を実施し各部門からの情報収集、各部門への情報信を行った。また各部署
での防災訓練の支援を行った。
・病室内の盗難被害について警備員による病棟内の警戒強化を図った。
・防災保安部長及び保安課長等による巡視を随時実施し、実態に応じた警備員の置運用を再検
討し実施した。

(9) 内部監査室
東京女子医科大学
42

・内部監査のあり方について抜本的な見直しを図るための準備を行った。
・監査業務の質の向上を図るべく、内部監査協会、大学監査協会等の研修会に積極的に参加した。
・年次監査計画に基づき業務監査を実施した。

(10) 広報室
・広報管理規程および運用細則を施行し、各施設・各部署へ説明の上、浸透を図るとともに、
意見要望を吸い上げ、ファインチューニングを実施した。
・再生を目指す新しい大学に相応しいイメージを一新した大学HPを上期にリリースした。
デザインだけでなく、ブランディングエリアの設定やレシポンシブデザイン採用によるス
マートフォン対応等、機能面についても工夫を凝らした。下期にはアクセス解析等踏まえ、
トップページについてより印象的かつインフォーマティブなものに変更した。
・解体予定の一号館記念ビデオを作成し、建築物の記録だけでなく、創立者の想いや建学の
精神・理念が現在にも継承されている点を盛り込んだ。
・案生時のメディア対応マニュアルを作成した。本学および他社の案対応例を検証し、
複数のPR会社から講義と解説を受け、ノウハウを蓄積した。

(11) 医療安全・危機管理部
・平成27年10月より施行された医療故調査制度の円滑な学内定着を目的として、「医療故
調査制度運用マニュアル」「医療安全緊急対策会議規程」「院内故調査委員会内規」を制定す
るとともに、病理解剖の運用手順等の見直し(病理学教室と連携)や医療故生時の緊急連
絡網・アクションシートの整備(本院医療安全対策室と連携)を行った。
・法人内各医療施設の医療安全管理委員会やリスクマネージャー委員会等に参加し、各施設の医
療安全に関する現状認識と課題の洗い出しを行った。その結果、各施設間での情報共有の必要
性が認識され、法人内各医療施設全体の底上げを目的として、定例で開催する学内連携会議を
新設した。
東京女子医科大学
43


3.認可 項等

(1) 寄附行為改定
・医療施設統括責任者は、その職責において理の職に就くことになっているが、一方で法
人の経営執行体制として、教育・研究・医療・経営管理の4部門にそれぞれ部門担当理 ¦
を選任しており、現在、医療施設統括責任者ならびに医療施設部門担当理が内部統制上
重複となっているため、医療施設統括責任者の廃止する改定をした。

(2) 学則改定
・満期退学の制度を廃止する改定をした。
・休学期間の取り扱いについて休学期間は在学年数に算入しないことを規定するため改定し
た。
・医学研究科委員会および看護学研究科委員会の運営に関する項を規定するため改定
した。
・医学研究科大学院委員会規程および看護学研究科大学院委員会規程制定にともない改定し
た。
・大学協議会と大学院協議会を統一して運営していくため名称を「大学協議会」と改定した。
・満期退学制度の廃止および休学期間の取り扱いに関する改定は平成28 年度入学者から対
象となるため附則に規定するため改定した。
東京女子医科大学
44




平成27年度は、施設将来計画を着実に実施することを目標とし、河田町キャンパス教育・
研究棟建設工、八千代医療センター病棟 増床工に着手した。また耐震性に問題のある既
存施設についても本院病棟及び東医療センター病棟の耐震補強工を行った。このような多
額の施設設備投資を可能にすべく、平成27年度予算編成に当たっては前年度予算比10%削減
で予算編成を行い、基本金組入前収支差額6億4千万円の収入超過を目標とした。
そのような目標に対して平成27年度決算は、収入面では本院の特定機能病院承認取消等の
影響により医療収入が大きく減少したこと、私立大学等経常費補助金が昨年度に引き続き管
理運営の不適正を由に 10%減額されたことから教育活動収入が予算に対し28億1千2万
円未達となった。
一方、支出面では青山病院等の医療施設閉鎖に伴う建物除却損、原状回復費用など一時費
用により予算を17億7千万円上回った。その結果、基本金組入前収支差額は予算を35億2
千1万円下回る 28億8千1$Ò万円の支出超過、基本金組入額9億8$Ò万円を組入れた後の
当年度収支差額では37億8千9万円の支出超過と なった。





















Ⅳ.財務の概要
東京女子医科大学
45

(単位:万円)
27年度予算 27年度決算 差 額
4,674 4,663 10
137 139 △ 2
837 880 △ 43
5,095 4,474 621
647 1,695 △ 1,048
81,009 77,725 3,284
1,639 1,650 △ 10
94,037 91,226 2,812
42,312 43,506 △ 1,194
41,436 41,960 △ 523
3,763 3,847 △ 84
5,800 5,690 110
46 27 19
93,357 95,030 △ 1,673
680 △ 3,805 4,484
80 525 △ 445
169 140 29
△ 89 385 △ 474
591 △ 3,420 4,010
409 1,025 △ 616
360 486 △ 126
49 539 △ 489
640 △ 2,881 3,521
△ 6,107 △ 908 △ 5,199
△ 5,467 △ 3,789 △ 1,678
△ 108,523 △ 108,523
△ 113,990 △ 112,312 △ 1,678
(参考)
94,526 92,776 1,751
93,886 95,657 △ 1,770
(注記)記載金額は、万円未満を四捨入で表示。
科     目
学 生 生 徒 等 納 付 金
手 数 料
寄 付 金
基本金組入前収支差額
基本金組入額合計
¦業 活 動 収 入 合 計
¦業 活 動 支 出 合 計
当年度収支差額
前年度繰越収支差額
翌年度繰越収支差額
教 育 活 動 外 支 出
教 育 活 動 外 収 入
そ の 他 の 特 別 収 入
そ の 他 の 特 別 支 出
教育活動支出計
教育活動収支差額
特別収支差額
経常収支差額
教育活動外収支差額
徴収不能引当金繰入額
経 常 費 等 補 助 金
付 随 ¦ 業 収 入
医 療 収 入
雑 収 入
人 件 費
教 育 研 究 経 費
管 理 経 費
減 価 償 却 費
教育活動収入計
1.業活動収支 計算書




























私立大学等経常費補助金が管理運営の不適切を
¦由に10%減額交付となったことから予算を下
回りました。
本院の特定機能病院承認取消や青山病院閉鎖等
により予算を32 億8 千4 万円下回る結果とな
りました。

国債等運用資産の売却により予算を4億4千5$Ò
万円上回りました。

青山病院閉鎖により建物除却損、建物原状回復費
用等の特別な支出により、予算を1 億2 千6 万
円上回りました。

基本金組入前収支差額は予算6 億4 千万円に対
して、35 億2 千1 万円下回る 28 億8 千1 $Ò
万円の支出超過。一方、基本金組入後の当年度
収支差額は施設閉鎖や自己資金による施設・設
備調達が少なかったため予算を16 億7 千8 $Ò
万円下回る37 億8 千9 万円の支出超過とな
りました。

新薬等の高価薬品使用増により予算を5億2千3
万円超過しました。

施設設備補助金の獲得や不要となった土地売却
により予算を6 億1 千6 万円上回りました。
東京女子医科大学
46

収入の部
(単位:万円)
27年度予算 27年度決算 差 額
4,674 4,663 10
137 139 △ 2
837 881 △ 43
5,432 5,044 388
0 509 △ 509
647 1,695 △ 1,048
81,009 77,725 3,284
80 525 △ 445
1,639 1,658 △ 19
5,600 14,697 △ 9,097
1,278 1,377 △ 99
16,662 17,767 △ 1,105
△ 14,548 △ 16,304 1,756
12,285 12,285
115,732 122,662 △ 6,930
支出の部
27年度予算 27年度決算 差 額
42,192 43,486 △ 1,294
41,436 41,959 △ 522
3,763 4,127 △ 364
169 140 29
5,850 10,253 △ 4,404
5,951 5,501 450
2,801 2,811 △ 10
0 86 △ 86
14,978 17,449 △ 2,471
△ 10,886 △ 14,394 3,508
9,478 11,244 △ 1,766
115,732 122,662 △ 6,930
(注記)記載金額は、万円未満を四捨入で表示。
科     目
学生生徒等納付金収入
手 数 料 収 入
寄 付 金 収 入
補 助 金 収 入
資 産 売 却 収 入
付 随 ¦ 業 収 入
医 療 収 入
受取利息・4Ä当金収入
雑 収 入
借 入 金 等 収 入
前 受 金 収 入
そ の 他 の 収 入
資 金 収 入 調 整 勘 定
前 年 度 繰 越 支払 資金
合 計
科     目
人 件 費 支 出
教 育 研 究 経 費 支 出
管 理 経 費 支 出
借 入 金 等 利 息 支 出
借 入 金 等 返 済 支 出
施 設 関 係 支 出
設 備 関 係 支 出
資 産 運 用 支 出
そ の 他 の 支 出
資 金 支 出 調 整 勘 定
次 年 度 繰 越 支払 資金
合 計
2.資金収支計算書





た土地売却により予算を















び医療機器の購入費用として






八千代医療センター増床工、教育・研究棟
新築工等施設設備に係る借入金の他、既存
借入金の支払利息軽減を目的に借換えを行
ったために予算を90 億9 千7 万円上回り
ました。
支払利息軽減のために既存借入金を繰上げ
返済したために予算を44 億4 万円上回り
ました。

施設将来計画に係る建物新築工、病棟耐震
補強工のほか附属病院等の老朽化対策工
として 55 億1 万円支出しました。
保有する有価証券の償還および不要となっ
5億9万円上回り
ました。

厚生労働省科学研究費補助金等の一部が日
本医療研究開$Î機構との機関契約に移行し
たことにより予算を10 億4 千8 万円上回
りました。

病院情報システム他、教育研究用の機器およ
28 億 1千 $Ò
万円支出しました。
学生父母から頂いた寄附金は解剖実習室の
AV 機器更新等に教育環境充実に使用しまし
た。
東京女子医科大学
47

資産の部
(単位:万円)
本年度末 前年度末 差 額
固定資産
88,049 85,659 2,390
土 地 21,911 21,508 403
建 物 ・ 構 築 物 37,053 38,695 △ 1,641
機 器 備 品 11,473 11,186 287
図 書 1,317 1,312 6
建 設 仮 勘 定 3,334 43 3,291
特 定 資 産 11,365 11,278 86
そ の 他 の 固 定 資 産 1,595 1,636 △ 42
流動資産 27,349 27,750 △ 402
現 金 預 金 11,244 12,285 △ 1,042
未 収 入 金 15,028 14,441 587
そ の 他 貯 蔵 品 607 615 △ 8
そ の 他 の 流 動 資 産 470 410 61
115,397 113,409 1,988
負債の部
本年度末 前年度末 差 額
固定負債 30,624 28,754 1,869
長 期 借 入 金 9,137 6,922 2,215
学 校 債 942 873 69
退 職 給 与 引 当 金 19,528 19,508 20
長 期 未 払 金 1,017 1,452 △ 435
流動負債 20,616 17,616 3,000
短 期 借 入 金 4,943 2,252 2,692
学 校 債 295 828 △ 532
未 払 金 13,069 12,250 819
そ の 他 の 流 動 負 債 2,308 2,287 21
51,239 46,370 4,869
基本金 176,470 175,562 908
第 1 号 基 本 金 162,594 161,690 905
第 2 号 基 本 金 4,000 4,000
(注記)記載金額は、万円未満を四捨入で表示。 第 3 号 基 本 金 2,512 2,508 3
第 4 号 基 本 金 7,364 7,364
△ 112,312 △ 108,523 △ 3,789
64,158 67,039 △ 2,881
115,397 113,409 1,988
(注記)減価償却累計額 94,529 93,521 1,008
科     目
科     目
資 産 の 部 合 計
負 債 の 部 合 計
負債及び純資産の部合計
(注記)記載金額は、万円未満を四捨入で表示。
繰 越 収 支 差 額
純 資 産 の 部 合 計
3.貸借対照表







す。



河田町キャンパス教育・研究棟建築資














学校債の償還が進み、前年度より4 億6
千3 万円減少しました。

土地買取りによる増加と不要となった土
地売却による減少との差額です。
金八千代医療センター増床建築資金な
ど施設設備に係る借入金のほか、運転
資金の借入金により前年度末より49
億7 万円増加しました。
期末支払資金の目安となる第4 号基本
金相当額(73 億6 千4 万円)を保持
しています。
資産合計から負債合計を差し引いた正
純資産は、641 億5 千8 万円となり、
平成26 年度末より28 億8 千1 万円
減少となりました。
建物等の償却資産は減価償却累計額を控
除したあとの金額を表しています。
基本財産のうち自己資金による固定資
産の調達額を表します。27 年度は借入
よる調達が多かったこと、青山病院等
医療施設閉鎖により基本金を取崩した
ことにより組入額が9 億8 万円と な
りました。
河田町キャンパス教育・研究棟や八千代
医療センター増床棟建築工 ¦など建築
中の建物が増加したことによる増加で
東京女子医科大学
48

◎ 主 要 財 務 比 率 表
(単位:%)
比    率 算  式 (×100) 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度
人件費比率 人 件 費
¦ 業 活 動 収 入
人件費の業活動収入(※2)に対する割合を示す比率。
教育研究経費比率 教 育 研 究 経 費
¦ 業 活 動 収 入
教育研究経費の業活動収入に対する割合を示す比率
管理経費比率 管 理 経 費
¦ 業 活 動 収 入
管理経費の業活動収入に対する割合を示す比率
学 生 生 徒 等 納 付 金
¦ 業 活 動 収 入
学生生徒納付金の業活動収入に対する割合を示す比率
寄 付 金
¦ 業 活 動 収 入
寄付金の業活動収入に対する割合を示す比率
補 助 金
¦ 業 活 動 収 入
補助金の業活動属収入に対する割合を示す比率
医 療 収 入
¦ 業 活 動 収 入
医療収入の業活動収入に対する割合を示す比率
基本金組入率 基 本 金 組 入 額
¦ 業 活 動 収 入
業活動収入のうちどれだけ基本金を組入れたかを示す比率
固定比率 固 定 資 産
純 資 産
固定資産が外部負債に頼らず取得されているかを見ることができる比率
流動比率 流 動 資 産
流 動 負 債
短期的な支払能力を見ることができる比率
総負債比率 総 負 債
総 資 産
総資産に対する他人資金に対する依存度を見ることができる比率
負債率 総 負 債 - 前 受 金
総 資 産
他人資金が自己資金を上回っていないかどうかを見ることができる比率
前受金保有率 現 金 預 金
前 受 金
前受金の現・預金に対する割合を示す比率
基本金比率 基 本 金
基 本 金 要 組 入 額
要組入額に対する組入済基本金の割合を示す比率
   :高い値が望ましい   :低い値が望ましい
※1 会計基準改訂により計算書類では現物寄附、施設設備補助金とそれ以外の寄附金、補助金が区分されているが、
   財務比率の計算上は合算されています。
※2 会計基準改訂により従来の属収入は平成27年度より業活動収入に科目名称が変更となっている。
583.2
96.4
83.9
2.7
130.8
139.2
40.2
39.0
45.9
47.6
3.8
4.7
1.3
7.2
422.5
95.6
83.0
3.0
139.4
116.3
42.4
41.2
45.6
48.1
3.9
4.7
1.2
7.4
寄付金比率(※1)
医療収入比率
補助金比率(※1)
学生生徒等納付金比率
38.6
45.9
47.7
4.1
4.6
1.3
8.1
83.0
0.4
128.6
132.5
39.7
616.9
95.5
46.3
49.1
4.8
5.0
1.2
5.3
992.9
96.8
85.1
5.8
127.8
157.5
40.9
39.8
46.9
50.7
4.8
5.0
1.0
5.4
816.4
95.5
83.8
1.0
137.2
132.7
44.4
43.2
Author総合企画室
Created Date7/10/2017 9:41:09 AM