Full text of "Nihon rinri ihen" Skip to main content

Full text of "Nihon rinri ihen"

See other formats


(S 

I 所 版 i 

0^ ooo 

jl jlj 



明治 三十 六 年 一 月 十五 日印 刷 

明治 三十. K 年 一 月 十八 日發行 



木 倫理 蠹 編き 之 九. g 付 

^ £ 一 上 製 *^ 拾 四? 

<3 音 sf 一 並製 金 拾 武回五 拾^ 



第 九^ S 賈ー 上製 金壹回 ヌ拾錢 

赏 プ^え 並製 金 壹圓三 拾五錢 



一丁 



届 



者 

者 



印刷者 



井上哲次郎 

蟹 江 義丸 

石 川 榮司 

^京 市 本 鄉區森 川 町 一番 地 

靑 木 弘 

_ ^京 市 牛 込 區市ケ 谷 加 賀町ー 

丁目 十二 番地 



育 



成 



會 



^ さル 市 本 鄕區淼 川 町 一 番地 

話 本局 二 四 一四 

株式 會社秀 英舍第 一 ェ塲 

束 京 市 牛 込 區市ケ 谷 加 賀町ー 

了 目 十二 番地 



孔子 以, 仁爲, 敎 o 亦 不,, , 明-, 言 仁, 矣。 以-- 一 贯 -爲, 要 而 一 貫之義 唯參賜 問, 之 夫唯參 賜閒, 之。 

而其義 亦 以= 忠恕 仁-彷彿 言 k 之而已 Q 論語 之 書 。平易 坦 明。 而仁 旣不, 明。 一 贯亦 {4 一中 摸搜。 是 孔子 之 

敎誨。 如-謎 鼸, 如, -覆 射? 公孫 a 所, 謂 弟子 之 惑 滋甚者 也。 豈然乎 哉. - 雖, 然 孔子 固 曰。 擧= 1 隅? 而 

示, 之 不, 以,, 三 隅, 反 S 則不, 復 又 曰 予 欲, 無 J 一一 no 子 i 子 亦 曰 中道 而立 ◦ 能 者從, 之 ◦ 蓥其 意欲 

レ 使, 舉者 有, -愤悱 啓發? 而悅懌 踊躍 不. I. 能- -自 巳- 而!: 130 是 聖賢 鼓舞 作興 之 術。 固爲, 然矣 。其 所, 謂 無, 

隱-- 乎 爾-者 亦 非, 如,, 後世 語類 師資 問答, 也 宋諸老 先生 之 解, 經 切 則切矣 竊謂韓 非 所, 謂 郢書 

燕說者 或不 レ免焉 且其 所, 說 仁 也 一 貫 也 似-精 微高 妙? 或涉 -1 深險回 譎-焉 顧 未, 易 = 適 從-也 ◦ 

錦 城 先生 之學 固不, 廢,, 宋學? 又 崇,, 宋儒? 然 至-其 説 之盩? 則不- -諛從 雷同? 以,, 糾駁歸 "正 自任 矣 

頃 作 _ -仁說 及 一 首; 明義? 判 行 以布, 世 其爲, 說也。 坦當 暢 聖經之 ll»lo 烦如, 揭, 日 若 或讀, 之 

不-- 首肯 者? 非, 愚 則 惑 也。 昔 倉 頡作仁 子。 鬼 夜哭。 蓥以, 泄-- 造化 之秘- 也。 今 若- 此 ニ窨? 園-千 歲之 

幽? 建-後 學之標 ?爲, 惠實多 雖, 然焉 知, 不 T 有-, 儉妬之 鬼? 而痛 * 哭於 幽冥 中. i 邪。 余 雖=謭 劣? 亦預 

此擧? 於, 是乎謹 蹑。 

文政 四 年 辛 巳 六月 朔 

下野 門人 出 井元 凱悌三 謹! II 

大 田錦拔 仁說 三お 跋 . 五 百 三十 五 



m 

本 

編 



折衷 S 'お 

里, 仁爲, 美 

三行^ 或安而 行. 之 M 

仁者 安 t 綠 S 

聖人 仁者 

衷記、 中心 安レ 仁者、 

天下 一 人 而 已矣、 , 



三 近^ ^ 好& 近-乎 知; 



五 百 111 十 H 



擇處 t 

或利而 行, 之 

知者 利ら 翻 

IK 人智 者 



カ行 近-乎 仁: 



或 勉强而 行, 之 —一 

レ罪 者强, 仁 i 



士人 



知レ耻 近-乎 勇 I 



里 仁篇云 C 仁者 安, 仁. - 知者 利, 仁 ◦ 公冶 長篇 次:, 之 云。 不, 知-其 仁? 焉 得, 仁 仲 弓 之簡。 子 文 之 

忠 文 子 之淸。 及 子路之 架。 冉有之 Icio 子 華 之禮容 Q 皆 仁 之 細 也。 雖, 然 諸子 皆 非-安行 之 人? 故 

不, 許-其 仁? 編- 輯 論語-者。 用, 意 緣悉。 啓- -勉後 人? 不=啻 面 命? 案 似- 提耳? 而 投人不 „, 思-及 之? 

何 其 不聰之 甚。 是其 病,, 重聽, 者 乎。 



要義 附録 終 



朱 子 以-生 知 安行- 爲, 知。 以-- 學知利 行, 爲, 仁。 與,, 論語 表記, 乖度 極是粃 緩。 

孔子 曰 聖與, 仁 ◦ 吾豈敢 及不, 許,, 諸子 之 仁? 以,, 安行 之 難, 也 非,, 安行 之 人? 則 非,, 眞 仁者, 

也 與 了汎然 稲-善行- 爲ぉ仁 固自 有-逕庭? 學 者不, 可, 不, 察 也 



m 



本 



理 

編 



仁 

.H レ誡 明、 IS 

之 性、 



三 知 I 或生而 知. 之^ 



道 丄 

生而知 レ之赛 .1 

上 也 論語 一 

行 ? 

誠 *1 不レ 勉而 中、 ; 

知 一 

不 レ思而 得、 從容中 一 



聖人 也、 



生 知 

安行, 



從 二心 所 P 欲、 

不 レ踰レ 矩、 

^容周 

施屮 レ^、 

盛 德之至 也、 



大 闲錦诚 附 錄 



智 

.21 レ明 誠、 

謂|1 之教 T 

或學知 而レ之 . 

擧而知 レ之者 

次 也 同上 

知 

誡 Z 之 者、 爆レ 眷 

而、 固 執 レ之悉 

學知 



也、 



利 行 



顔 子 擇ニ乎 中尉 Tsw 一一 1 

眷 i 举挙服 、而弗 

レ失レ 之矣、 

擇レ善 固 



誠则 明矣、 

明 M 誠矣、 



執 也、 三月 不レ 違レ 仁、 

亦 是此義 



或困而 知, 之- 



困 而學レ 之 义其次 

也 同上 

人 一 能レ 之、 已 

百レ 之、 人 十能 レ之" 

已千レ 之、 m 一 f 



及-其 知" 之 一 也.: 



及, -其成 "功 一 也 







非レ 行- 1 仁義 1 也、 



五 百 111 十 ill 



曰 

編 



折衷! * P 



惠 足 1 ー以 使! -人、 

克, 己 復 ifsar レ 仁矣、 _ 



吾 克. 已復, 禮. 13 レリ 「"; 』 

, 一 ,5 リ 出 hJJ 如— レ承 iT 



-a 者 は: 言 也 ST 



.a* ぉレ艱 後レ 



先, 難 後 ン, お 

& 5- 二 Bl?nl& 邦 一也、 事 二 其. K 夫 之 

寿 レ f .?仁 .?-±£.;と ヒ ほ: 



.?| 其士之 仁者 T 

£ ーレ, > 問レ U 、愛 レ入、 



伯 夷之 淸- 



柳 下惠之 和- 

伊 尹 之 任. I 



五 百 Illtl 



仁者 衆 善之宗 G 

—仁 



以貫 ^ 之" 



以貫, 之 

—仁 



孟子 曰 三 子 者不, 同, 道 其、 趨 一 也。 

微子 去, 之 



者 何 也。 曰 仁 也 G 



I? ^子^-之 奴 I 

比 干諫而 死— 



以贯レ 之 

1 仁- 



孔子 曰 C 般有, I 三 仁, 焉 G 



編 彙理倫 本 B 



論語 仁 字 亦 衆 善行 之 統名也 是故 古人 多與, 善 通。 論語 我欲, 仁。 斯 仁至矣 又 云 欲い 仁 而得レ 

仁 又焉 貪〕 孟子 可, 欲 之 謂, 善 仁 善 之 通 せ 〈徵 一 矣 論語。 舜擧- 単陶? 不仁 者 遠矣。 湯 擧-- 伊 

尹? 不仁 者遠矣 左傳 羊 舌 職 曰 C 吾 聞 k 之。 禹稱- 善人? 不善 人 遠 此之謂 也 0. 仁 善 之 通。 其 

徵ニ矣 大學 堯舜 率,, 天下, 以, 仁。 而 民從, 之 缀衬 率-天下- 以, 暴 而民從 k 之 孟子 文武 奥 則 

民 好:, 善 幽厲興 則 民 好 i 暴。 仁 善 之 通 お 徵三矣 中庸。 舜其大 知也與 智也 回 也 得- 一 善? 則 

拳 拳 服膺 仁 也 子路 問, 强 勇 也 仁 善 之 通 其 徵四矣 表記 仁者 安, 仁 知者 利 i 仁 畏 k 罪 者 

强 to 大戴。 太上樂 其 次 安, 之。 其 下 亦 能自强 §S 仁 善 之 通" 其 徵五矣 善 衆 善 之統名 

而仁亦 衆 善 之統名 以, 仁爲 ,善0 先 秦旣然 15 待,, 安國之 言, 乎 耍, 之 孟子 曰。 三 子 者不, 同, 道 其 

趨 一也 一 者 何 也。 曰 仁 也 伊 尹 之 任 伯 夷之 淸 柳 下 葸之和 不, 同,, 其 道? 而其 所, 歸 则 一 善 

也。 孔子 曰。 道 二。 仁 與,, 不仁, 而 巳矣。 言 ,,, 善與, 1 不善-也。 言 S 諸道 之 P 一 善-也。 以, 仁 爲, 善。 孔 

孟 舊說。 何 侍,, 安國之 言-乎。 又豈 待-正 叔導言 之 言-乎 G 

. 衆 善 皆 仁。 衆 善 皆 仁 之 細。 , 

き. 孝愤也 者、 I 

其 爲レ仁 之 本與、 

、口、, 已欲, 立 而立 レ入、 已欲レ 達 而達レ 入、 

忠 あま 取譬、 可レ 二 仁 之 さ 也已、 

i-^a^. ほ 處恭、 執: 敬、 

恭敬 忠-與 乂忠、 

大田錦 城 附 錄 五 111 十一 



折衷 s- 派 五! a 三 t 

中 腐 ◦ 無つ 憂 者。 其 惟 文 王 乎." 以= 王季, 爲ヽ夂 以-武 王, 爲, 子。 父 作, 之 Q 子述, 之つ 論語。 述: 加不, 

作。 樂記 C 知 _| 禮樂之 情, 者 能 作。 識_| 禮樂之 文 I 者 能述。 論語 樂記 作述 C 言,, 禮樂, 也。 中庸 作述 言- 

王 業, 也〕 否 則 王 季雖』 C5。 豈 作- 禮樂, 之聖乎 Q 中庸。 或 困 fg 知, 之。 或 勉強 而 行:, 之 ◦ 困 知 與_ 一勉 行, 

一 對。 言,, 刻苦 爲洫 +0 困苦 知., 道 也。 論語。 困 而學, 之。 言.. 有, 所 X 不, 通。 然後始 志, 于 學., 也〕 故 下 文 

日 云 困 而不, 學 C 民 斯爲, 下矣。 非,, 爲, 學之 困苦, 也 ◦ 中庸。 溫, 故而 知, 新。 上文。 尊- 德性, 而道 _-問 

本 一 學, 之 例 C gS, 故 言, 條, 德 也。 知, 新 一! 一", 講, 學也。 朱 子 以-存 心 致 知-解, 之 C 當矣。 論語 溫, 故 而知レ 

一 新。 子 夏 所, li 曰 知-, 其 所 l^to • 新 月 無, 忘-其 所,, 能。 M 故 可, 謂, 好, 學也 巳矣。 是 也。 是講, 學之事 

倫 一 也。 s^^ffl 中庸、" 吾 說-- 夏 禮„- 不 k レ徵 也。 徵 言- 證驗- 也。 言 T 用-諸 民- 而無. -信從 之 驗., 也。 故 

理 一 下 文 云 C 君子 之 道。 本-諸 身? 徵-- 諸 庶民? 徵義可 k。 論語 祀 宋不, 足, 徵 也。 言 "祀宋 之國無 =1 文獻 

之 可- 考設- 也。 中庸。 其 至矣乎 C 及 治, 國。 其 如, 示-諸 掌-乎 C 是與, I 論語, 同 耳。 聖孫 引-夫子 之 語? 

费ー 及 夫子 之 語? 其 異同 如: fee 左 國諸書 引-用 詩 書? 與-- 原意- 不, 同。 古人 以, 此爲 斷章取 _^ 義。 世 

編 儒 所, 知 也。 耍 k 之 字句 義现 可 T 就,, 各處, 求. -之 ◦ 不, 能, 爲 ,- 拘泥 之 見-也。 

一 不 不, 啓。 不, 悱? 發。 舉- 1 隅, 而示 k 之。 K> 以-- 三 隅-反? 則 吾不, 復也。 聖人 之 敎乂。 何 其 

簡易 也 有-部 夫? 來問 = 於 我? さ {<H 如 也。 我 叩 =14 〈兩 端? 而竭焉 聖人 之敎, 人 ◦ 何 其 詳悉也 ◦ 

仁 善 之 通 

善 者 仁義 忠信 之 統名也 是故 大學以 _1 仁 敬 孝 慈 信- 爲- 至善? fi^ 子 以= 仁義 禮智 四? f 之 心- 爲= 性 善? ,, 



本 



彙 



1 逸 周 書。 下民 胥怨。 不, 一 其亂, 丽。 後 漢書。 武宣 之軌。 豈其 遠而。 1^^ 以. 而換 ¥oaso 昭 

王 曰。 然朋 先生 聖于。 註 于乎也 ◦ I 是以, 于換, 乎 G 于越於 越 同。 而於乎 亦 相 通 U 則于 之換, 乎 Q 固 

其宜 也。 左傳。 諸侯 歸,, 晋 之德, 只。 非, 歸, 一 其 尸., 盟 也。 注。 只辭。 十 以, 只換, 矣。 國風 C 日 居 

月 諸 I 檀弓。 何 居 我 未-之 前 聞, 也。 注 居 語助 也。 左傳 誰 居。 後 之 人 必有. 任 i 夫。 g 二 莊 

子 。何 居 乎 。形 固 可 如,, 槁木? § 物 居與, 一 邪 乎, 何。 左傳。 不, 祀忽 諸。 服虔 云。 諸辭 五 又。 

是藐諸 孤 f 九 諸與, 乎 同。 秦誓 斷斷綺 無,, 他 技? 大學 作, 兮 伐檀 河水 淸且趣 倚。 以:, 猗爲, 辭。 

詩 之 助 語 最多 =奇 辟? 要, 之 助 字 皆 15 一 n 之餘 韻。 無 k 有,, 深義? 言-其 矩法ー 者。 非,, 穿懲 附會? 則 詐誕欺 

罔。 耍皆 拘泥 之 所, 使, 然也 C 

孝悌 爲, 仁 之 本與。 言 n- 孝弟 爲, I 行, 善 之 本, 耳。 也 者 有無。 無,, 一,, 涉 大義, 也。 汝得 i 人 乎。 言 T 得-賢 

人, 乎 否, 耳 焉耳哉 有無 (〕 亦 無 __, 交,, 涉 大義, 也 尙書 無,, 也 字? 左 傳無, I 輙字? 然其 文義固 自明 白 

六 朝 翻,, IS 法 華? 無,, 一 字 助辭? 然其 文義。 極是 平易。 助 語 之不, 關, I 大義? 是亦 可,, 以晃, 也已。 

有- 1 文人? 言,, 是斯之 別? 駁,, 蘇 子瞻之 誤, 矣 夫 是非 之是 U 不, 可, 作, 此 彼此 之 此。 不, 可, 作, 欺 

f 斯有 if 其 與:, 之 通 者。 是此斯 三 字。 音義全 同。 孟子。 吾豈 若, 使,, 1 是民爲 = 堯舜之 民-哉。 又 曰。 天 之 

生,, 此 民, 也。 又 曰。 予將 K 以,, 斯道, 覺, 斯民, 也。 g 一 段 文辭。 是此期 三字換 用。 雖,, §. 尺 S 得ョ言 U 

其 別 1 乎。 

.■ 義理 不. 可,, 拘泥, 

大田錦 城 附 ^ . 五 百 二 十九 



折衷 s- 汲 五 百 二十 八 一 

非-中 腐 本義? 然其所 X 說。 與, 孟子 所 夫 道 若-大路, 然, 相 通。 其 言 亦 妙 矣。 一 

論語。 人不, 知 而不, lio 文 言 遯 无 ^悶0 不, 尾, 是无, 悶。 中庸。 遯, 世不, 見, 知。 而不, 悔。 大: 

戴。 不』, 我。 吾 無- 悒悒? 論語。 仁者 不, 憂。 接辭。 樂, 天 知, 命。 故不, 憂。 論語 又 曰。 不 k ビ人一 

一 之 不-, 己 知? 又 曰 C 貧 而無, 怨難コ 又 曰。 不,^ i 天。 ー不, 尤 i 人。 皆 言 H 知命 君子。 窮處 不遇。 不-, 以ー 

日 動 曰悶悔 n 曰 憂患。 曰怨尤 本 無 = 一定 之 義? 則 惯亦恚 恨 之 意。 固不, 足,, 拘拘, 也 近 江 宇 無 一 

本 解- 詁 惯 字, 至-数百 言? 愚人 之爲, 學。 往往 如, 此。 一 

左傳。 M 鈕吾 曰。 此吾患 也。 亦 吾 患 也。 非-吾 憂, 也。 ,1 針 是 互-用 憂患 二字? 可 古人 不,, 拘拘, 一 

儉也已 一 

理 助 字 虚字 不. 可-拘泥, 一 

論語。 子 曰。 大哉 問。 g 又 曰。 善哉 問。 讓又子 夏 曰。 富 哉 言 乎。 § 一 同 語 例。 一 有-助 語? 一 無-, 助 一 

r ?舴? 孟子。 王 曰。 大哉 言矣。 惠 又 晏子曰 善哉 問 也。 I 又。 王 曰。 善哉 言 乎 ■ 是亦 一 同 語 例 一 

編 一 篇之中 C 三 換,, 助 語? 矣也乎 並用。 古人 不, 拘如, 此。 是豈 有-法律 之 可,. 求 乎。 一 

, 留侯价 家。 其 說-- 高祖 八 不可 之說? 其 不可 者 一 矣。 其 不可 者 ニ矣。 至-五 不可? 皆 用 =矣 字? 自, 六 至 一 

WAG 皆 也 字? 也矣換 用不, 拘如, 此 或謂是 有-意義? si- 然則 漢書 記, 之。 皆 用,, 矣字? 何 邪 班 j 

固 一 代 文人." 豈不, 知-也 矣之 別, 乎 ◦ 是 不通 之 說也。 一 

尙書 頓隅 若, 之 何 其 C 1^ 子 小雅 C 夜 如 阿 其 庭煉 以, 其換, 乎。 左傳 若 敖氏之 鬼 不,, 其餒 一而 C 一 



編 ま 
厭 也 也 也 

—0 。 

八 文 五 同一 同 I 

年 十 年 十 年 十 2| 



論語 知, 之 好, 之樂, 之 由:, 之 失, 之 之 類 之 字 指, 道。 其 他 別 有, 所, 指焉 君子 義以 爲, 質,, 禮 以行, 之 C 

遜以 出, 之 信以 成, 之 !J« 子 哉 § 靂 左傳。 仁 W 接, 事。 信以守 k 之 思以 成, 之。 敏 以行 X 之。 事雖 

i 大必濟 of 九 之 字爲, 指-上 之 仁義? 猶之 可矣レ 左 傅 畢萬筮 仕-し 車從, 馬。 足 居, 之。 兄 長 k 之。 母 覆, 

パ 之 衆歸, 之 ^1 兀 足 居, 之 之 字 指-車馬? 兄 長 母覆豈 指-車馬, 乎 衆歸, 之 之 字 指- -畢 萬? 足 居 之 居 

日 j 登 跪- 畢萬之 首, 乎 畢萬 師-, 長 衆庶-如 k。 覆,, 育 衆庶, 如, 母。 二 之 字 指, - 衆庶-也 。四 之字參 差不, 齊 

本 一 如 feo 

一 論語。 民 可, 使, 由, 之? 不,^5\使,知三0 古註 集! i^i,, 不,? 爲- 不能? 極是。 晦庵 一 說。 以- 不可-解 

倫 ,之0 物 茂 卿 襲-用 之? 令按。 古文 不可 不能。 有-判然 而別 者? 有-通 而用, 之 者? 不 k 可-拘泥? 論語。 

理 一 臨-犬 節- 而? 可. 奪 也。 § 言 k 不& 3 傾-奪 其 志-也。 又 匹夫 不. 可. 奪. 志 也。 軒是亦 言- 不 k き-奪 • 

? 其 志, 也。 孟子。 聖而 不^, 知, 之。 之 謂 i 神。 f 言 i 人之德 C 神妙 無, 方。 常人 之 所 * 不, 能-測 知- 

.1 ^之 至妙 人 所, 不, 能 ご 測 是也 左傳 C 隨 未, 可, 克也。 |< 不, 能, 克也 宋成 未, 可, 知 

不, 能, 知 也。 X 引, 詩 云。 斯言 之站。 不, 可^ 也 01 丸 不, 能, 爲也。 父 西鄰責 言。 不, 可 k . 

不, 能, 償 也 又不, 得-其 守? 國不 可, 得 也 iy 十 不, 能, 得 也" 又不, 可- 敎訓? 不, 可- -盈 

言不, 能- 敎訓? 不 fe- 盈 厭-也" 大學。 有& 君子? 終 不%, 諠兮。 道-盛 德 至善。 民 之 不., 

能』 ^ 也 9 是先秦 古文 解,, 不可, 爲,, 不能? 不可 不能 通用。 是其換 然昭荖 者 也。 

中庸 道 也 者 不, 可 = 須臾 離- 也 是以, 離 爲,, 不可, 也 是正 義也 伊 藏維核 以-- 不能, 解 之 是 

大田錦 城 附 錄 五 百 二十 七 



折衷 Bfli 五 百 二 十六 

孟子 富貴 不, 能 ^淫0 貧賤 不, 能 ^ 移 威武 不, 能 k 屈 此之 謂-大丈夫? 富 食 貧賤 屬, 己 威武 屬 

,人0 同語而 判,, 人我? 是其. 3SS 明白 易, 見者 也つ」 

又 吿子曰 不, 得-於 言? 勿, 求-於 心? 不, 得-於 心? 勿 ^ 求-於 氣? M ま 言 者。 人 之 首 語 也) 心氣 者。 

^ 己 之 心氣也 > 二 求 字 亦 意義 n 殊 C 拘泥 者 欲-, 以, 言 爲-- 己 語 言- 矣。 古今 之 間。 登 有 T 己 之 言語 不 --會 

日 一 得-者. -乎。 可, 笑 之甚。 

孟子 知 言 與,, 告チ 反對 

孟千 曰、」 可- 無. fee R 傷, 廉 C 可- 以無 與傷, 惠」 可, 以無 U 死。 死傷, 勇 雜寞、 傷, 廉與, P- 

惠勇? 意義 e 別。 義不 X 可, 取而取 者。 K^-, 廉隅 廉潔 之 道, 也 _ "施 與者惠 也 ◦ 義不 i 可, 與而與 者」 似, 惠 

非, 惠也〕 難 i<? 勇 也) 義 小つ 5\ 死 ^死者〕 似, 勇 非, 勇 也。 是同語 異義 也 

可 _,以 取? 不, 取 傷 k〕 是似 i 非 k 也。 可- 以與? 不 k 傷 kisT" 可- 以死? 不, 死傷, 勇 C 是直 傷,, 

惠與, 勇 也 Q 铺,, 季子 語? 如, 此恰 相反 對。 古文 之 妙 如, 此。 

又。 管 仲 得, 君。 如 k 彼 其專也 C 行-乎 國政? 如, 彼其久 也。 功烈如 k 彼其卑 也。 II 伊 尹 於-成 湯 太 

甲? 非 k 不, 專也。 周 公 召 公 歷-- 事 文武 成康四 世? 非 ^ 不, 久也。 中庸 云 C 在 = 下位- 不, 獲-乎 上? 民不レ 

可,, 得而 治, 矣 恒象云 聖人 久-- 於 其 道? 而 天下 化成 C 如、 久與! ^^斷 皆 仲 之" 則 管 仲豈敢 服, 之 

乎。 签不 X 專 则不 i 能., 運-一 吾 才? 而行 ,吾 志, 也 じ 不, 久し 则不レ 能, 一廣 施 而遠及 一也。 管 仲旣專 且久。 

然而其 所, 爲新術 耳。 故 孔子 以爲- 小器? 曾 申 以爲功 烈其卑 C 是管仲 之 罪 所 kh^, 能, 辭也 ojf^ 義 



本 





學 多-拘泥? 雖= 前賢, 所, 不, 免 也 fj- 於,, 後世 學者 1 乎 拘泥 之 誤。 此方 殊甚。 所; S 名家 大家 所 

, 謂 一大 見識 皆 拘泥 之 爲=頒 固-者 是也 小 子 後生 生, I 長 其 中? 先入 爲, 生 ◦ 不, 能- 脫-- 其 窠窟? 

學之 失, 方。 其 陋日甚 今不, 破, 之 G 則經 義道學 何 因 得-一昭 明 一 乎。 耍, 之學者 之」 お-一 古學? 黨 --宋 

學? 亦 皆 拘泥 頑固 之 所, 使, 然也" 

字句 不, 可,, 拘泥, 

左傳 夫寵 而不, 驕 驕而能 降。 降 而不, 慽。 慽而能 除 者。 鮮矣 §〕 一 驕驕降 降慽慽 如; 珠璣 

予 少時 作-文理 圖解? 名, 之 曰- i 法? 古文 此法極 多。 唯 降 字 h 則 謙抑 自降 范史所 降挹也 

下 則 降- 黜其 爵祿, 也。 二 降 字不, 同 G 

大雅 民 之 多, 辟 C 無= 自立 P 辟 板、 上 之 辟 邪 辟 也 下 之 辟 法則 也。 二 辟 字不, 同 C 

論語 克, 己復, 禮 爲, 仁. 己。 物 茂 卿 太宰純 欲, 使,, 二 己 字 同義, 矣 其 拘泥 如 i 此,. ン殊不 k 知 家 語 

克, 己 服" r- 克, 己 之 己與- -醴義 1 對 己之^ 欲 也 由 i 己 之己與 k 由:' 人對 己 身 也 論語 求:, 己 求 i 

人 爲, 己爲, 人。 此己字 也 不, 破,, 拘泥? 經 義不, 通。 經 義不, 通、」 iii 意不, 明。 聖 意不, 明 期 道 

蓁塞。 豈 細事 乎 哉 ◦ , 

.K 田 錦 城 跗 五 百 二十 五 



折 衷學» 五 百 二十 四 

本 之爲, 仁。 則忠 厚之 義也。 忠厚者 仁 之 類 也。 

左傳。 度, 功而 行。 仁 也。 0^ BI 語 Q 畜, 義 m 严功 Q 仁 也) 

so 仁者 講, 功。 而 知者 處, 物。 無 k 功而祀 k 之。 非 fc 也。 不, 知 而不, 問,) 非, 知 也〕 

愚 按(〕 是以, 功 論, 仁者 也。 凡 左 國ニ書 論,, 道德 字面? 多」, 其 旁義? 是其類 也 

又按 近 儒 有,^ 据,, 此諸 語? 附,, 會 i 官仲之 仁? 以, 功說, 仁者? 周易 所 ご 謂 童 觀之類 可, 笑之甚 

左傳。 君子 曰。 酒以 成, 禮 不-繼 3i。 義也。 以 i 成 Je。 弗, 納,, 於淫? 仁 也 Q 0^^^^^, 

大戴千 乗。 公 曰。 爲, 仁 如何 C 子 曰 C 不仁 國不, 化。 公 nr 何 如 之 謂, 仁。 子 曰- K^k- 於 色? 

愚按。 人君 淫 k 色 C 則 汰侈放 佚 C 稅政録 翁 所-由 而典? 是 故人 君不, 淫,, 於 色? 則仁矣 r リ 

論語 子 貢 曰 C 伯 夷叔齊 何人 也 子 曰 古 之 賢人 也〕 曰 怨乎 曰。 求, 仁而 得, 仁 又 W 怨乎。 迷, ぬ 

孔安國 曰。 伯夷叔 齊讓, 國遠去 終-, 於 餓死? 故問怨 乎。 以, 譲爲, 仁 登怨乎 

左傳 宋公疾 太子 玆父固 請 曰 C 目 夷長且 仁。 君 其 立, 之 公 命,, 子 魚? 子 魚辭曰 能以, 國讓 仁 

孰大, 焉 臣不, 及 也 僖八年 

, 愚按。 是以 論, 仁者 也。 是亦 一 義也 e 雖 k 然夷齊 之 仁。 予別 有, 說。 詳 見-於 論語 大疏? 



愚按 o 仁義 並 言 o 古聖 人 之 法 言 也 ◦ 近世 物 茂 卿 建-仁智 德也。 禮義道 也 之說? 世之學 者以- 仁義 並 

言 1- 爲, I 不倫 之 語? 是 皆不, 通, 古 之 過 也。 

仁義 1。 I 仁義 禮智 Q 0.% 仁義 禮樂。 、仁義 禮 智樂。 P 、仁義 禮智 lnio 仁義 禮智負 Q S 

樂 r- 二 ifgsallgo 董 仲舒對 策、 卷秋繁 露、 揚雄法言修^3^、 漢書 東 平 £ 宇 

書、 G 仁義 禮智 f 0, 刑法 志、 律歷 誌、 天文 志, 虎 通、 鄭支 中席 註、 

愚按。 以,, 仁義 禮智 信, 爲,, 五常? 以 配,, 五行? 是漢儒 妄說。 予 作,, 敎說? 辩,, 其 紐 纏? 可-併 考_焉0 

宽仁並 言 ◦ 知 仁 勇 並 言 之 類 Q 別 在, I 予外 集中? 今 不,, 復 具錄? 

雜義 第一 一十 

智知仁 行。 中庸 天下 之 達 道 五。 所,, 以行,, 之 者 三。 曰 君臣 也。 父子 也 ◦ 夫婦 也 ◦ 見 弟 也。 朋友 之 交 

也。 五 者 ◦ 天下 之 達 道 也 ◦ 知 仁 勇 三者。 天下 之達德 也。 所-以行,, 之 者 一 也 ◦ 

又 云 。子 曰。 好 ki-, 乎 知? i^? 曰 ほ 仙? isss- si^ 近-乎 2? 知 i 近-乎 1,? 

文 さ L0 寬、 以居, 之 仁 以行, 之。 

C C 

按。 中庸 知 仁 勇。 下文受 以,, 三 知 三 行? 似,, 以, 智爲, 知。 以, 仁 爲,, 行矣。 此 一 義也。 予又別 有 i 說 Q 

模 弓。 君子 曰。 樂樂, ,1 其 所-, s 生? 禮不, 忘-其 本? 古 之 人 有, 言 G H0 狐 死 正 丘 首。 仁 也。 へ錄" 

&二五 ftT 皆 S 葬 二め 周 T 鄭支註 一 "rTH-E 首、 摘 II 正! Isfia 也、 仁 

恩也、陳離き-、-ぉレ本忘レ死、非ニ.に^??之用1-心、 故 以レ仁 ロレ 之、 

左 傳成凡 年〕 不 仁 也。 不, 忘 ,舊 信 也。 無,;? 5 也。 I? 君敏 也。 wl/li ヨ^ 他、 

恐桉リ 狐 丘 首 之爲, 仁。 樂, 所-自生? 與 * ち i,, 其 本? 是 也。 與-, 左 氏不, 背 i 之義, 合。 唯 不%, 

大田錦 城 仁 説 要義 五 百 二十 三 



折衷 學》 五 百 二十 二 

龜山楊 氏。 萬 I. 我? 一 。 蠲^ -5^!^s?§i ル 

愚按 程 氏 亦 曰 仁者。 以-, 天地 萬 物- 爲-- 一 體? 签師說 也 X 按 C 程 云 仁者 渾然與 k 物 同 ^體0 

上蔡謝 氏。 生活。 lg?f&; 死知覺 C B^p^^^p^ 愚按。 程 氏 曰。 不仁 者。 無 知覺? 指- 

知覺, 爲, 仁 則 不可 d 顯道背 _| 其 師說- 矣"」 

日 一 1K 之理 Q 無 私心? i^^il. 

本 一 延平李 氏、 ^ 秘欲 沈。 天理 見: 當, 理而 無-私心? P^^M^ 

一 新 安朱 氏」 ? 私欲? Isfiplgl 仁 J 可、 |淨盡 リ 天 i 行。 Ip-psslf 流 心 之德0 f 

倫 一 i。™、 1 

理 一 愚按 程 氏 建-愛情 仁 性 之說? 駭, 漢儒以 Agr 仁。 韓子 以-, 博愛-語 t。 

一 愛也、 愛自是 情、 仁.: H 是性、 豈可二 專以レ 愛 SJi 仁、 孟子 曰、 側隱、 & レ仁、 前 已_ 百- 1 棚隱之 心; 1 之 端 1. 也、 旣. 曰- 1 仁 之 端 【PI 不レ 可- Ji^f? 二 

おは 1^ 之 SS- ソ 1% 匕 si;i-、 仁者 、然便 25 二 博愛 1 爲 UTS 不可、 又 日、 仁者 必 愛、 35 レ 愛爲レ 仁、 則 不可 、不仁 者? £n 知 

もレ 仁、 自らお 以後 其 門徒 如,, 楊 謝 諸子? 惡 A 发 如-就 蜮? 於ら 冗 乎 生活 知 覺萬物 一 體之說 興焉, _ 

編 仲晦 救-其 偏- 错-- 其 弊? 仁 X 不 愛。 跪 k 其 所-主張 一 在-於 性 體?. 而 至-於 聖人 所 k 愛乂 安, 

一 之義? 看以 爲-- 粗迹? 大 背-乎 古義- 矣" 予 作-偽 學辨? 詳 斥-其 非? 今不, 骜-- 于此? 

對用第 十九 

擊辭き 一、 說卦 一、 iH. S3 一、 醴 器 一、 郊^^^牲ニ、 大 SSH、 二、 《sl、 表-記 二、 榔欽 酒 接;、 fi 

仁義」 5?-f 乇. ss^rf ト nirlr 子 kr 鄭 i、 き! 十九 is:; や, M 公 羊 公 力 年 晋^お- SST 穀 gs 三年、 

孟苟莊 列 以後。 以-, 仁義-並 言 者 極 多。 不, 勝-枚 擧? 故 今不- 具錄? 



曰 



本 



彙 



韋昭國 語 註 。博-愛 於 人, 爲, 仁 1, ぼ?^? ぶ必 

袁 宏漢紀 o 行 著- 一 ? 一 家 稍 焉., 」 德 播-- 一 鄕? 一 鄕 擧焉" 故 博-愛 之-謂, 仁 辩-- 惑 之-謂-之 智? £P 

Si レ之 曰、 

皇侃論 語義 疏= 人 宵-, 俾愛 之德? 謂,, 之 仁, 有 = 嚴斷 之德? 爲, 義。 有-明 辨 尊卑 敬讓之 德? 爲; お。 有.' 

言 不一 一 虛妄, 之德 信。 有-一昭 了 之德? 爲, 智。 ? fJlT 下.^ 可 

韓愈原 道。 博愛 之 謂, 仁。 行 而宜, 之。 之 謂, 

愚按 o 博愛 之 仁。 世 儒 W 謂 鄉,, 於韓 子? 殊不, 知是 漢魏以 來舊說 也。 其呆 可, 笑。 . 

論語。 g§. 衆。 而親. 仁。 ^隨文陳子.^日^咖¥不.^£§^|^5^1 沉愛是 降 愛 之義。 

莊子 天道。 兼 愛 無い 私。 此 仁義 之 情 也 公孫 弘傳。 兼 愛 私。 謂-之 仁? 賈誼 新書 心 兼 愛, 人。 

謂-之 仁? 寒 秋繁 露。 汎-- 愛 群生? 所,,以爲^>仁也0」兼愛汎愛與--博愛-同。 然所, 謂 兼 愛。 非-墨 子 兼 

C C C ( 

愛-也。 

き 一 諸家 解. 仁 第 十 < 

^ 河南 稃氏。 愛情 仁 性。 If 以 ル專ー r& 言〕 常 包 之 1, 唯 公 近. 之。 ま 籠レ」 な: 公 而以. 

入 Bg to 公 而以レ 人 體 も. K 一生 心譬 如ニ穀 生 g ヘム 人 能 FPf 公、 お 10 ぶ^}5;^^下 、 

Aisi.N レ之、 故爲レ 仁、 4-2 之 性、 便是 仁、 便是 仁、 之 正理、 

程 一 KO 愛&: 是情 仁自是 性 豈 可,, 專以, 愛 爲,, 仁。 . 

iKIilK.CO iG if o 虛者、 仁 之 原、 禮義 者、 仁 之 w、〇 虛 則生レ 仁、 仁 n 理 

虛静 ^^成1^之、0敦厚虚靜、仁之本、敬和接レ物、仁之用、 

大 田錦拔 仁說 要義 五 百 二十 一 



曰 



本 



f3】 

理 

編 



折 Ks-ps 五 It ニナ 

仁 有-大小 長短 生 熟 之 分, 第 十六 

見 二 



表記。 子 言, 之。 仁 有- 數義? 冇,, 長短 小大? 



呂覽。 天下 稱_- 大仁? 稱- 大義? S 

iH- 子。 苻,, 大忠者 7 有, 一次 忠者? 有,〒 忠, 者 OHS 

韓非 c 小 忠大忠 之賊。 誼 林 

又 云 小 信 成 則 大信立 外鍺說 

左傳 大義 滅, 親し 隱 S 年 



大戴。 夫小辨 破し Ho 小言 破】。 小 義破, 道。 小辨 

孟子. - 大孝 終身 慕- 1 父母? 萬 草 



CC 



又 云 ◦ 瞽艘 底, 豫コ 天下 之爲, I 父子, 者定。 是 謂-之 大孝? 離 

舜大孝 又 見,, 中庸, 

孟子。 五穀 者 ◦ 種 之 美 者 也 苟爲, 不, 孰 10 不:, 如-一 荑稗? 夫 仁 亦 在-乎 熟. > 之 巳而矣 C 告子 

博愛 第 十七 

寒秋繁 露。 聖人 之 道。 不, 能& 以-- 威勢, 成., 政 必 有,, 敎化? 故 曰 C 先王 以,, 博愛? 敎, 之以, 仁 也。 

徐幹中 論、」 仁以 博, 愛。 義以 除, 惡。 信以 立, 愦 禮以自 節 聰以自 察。 明 以觀, 色 謀 以行, 權 智 

C ( C 

W 辩, 物 



仁 (惻) 愚 
— cm) 按 



曰 



本 



一 



編 _ 

S 



又 云 宰我問 曰。 仁者 雖, 吿, 之 曰 3 井 F 仁者- 焉。 M^ps 、其從 ^與。 雍也 

愚按。 仁人 之 誤。 

又 云" 或 問 一一 管 仲? 曰 人、 也。 憲間 

家 語 致 思 子路 問-於 孔子-曰 管 仲之爲 k 人 如 MO 子 曰 仁 也 

愚 iwo 夫 干 又 稱,, 管 仲, 曰 若,, 其 仁 若,, 其 仁? 人 也 之 人 爲-, 仁 之 誤? ネ, 待, 辨 而明矣 

C C 

又 云。 子 曰。 志士 仁人。 無-, 求, 生以害 "仁。 有-殺, 身以 成" 仁 M 靈 

審 國子學 石經。 仁 作 k 人 見- 闺炎武 金石文 字 記? . 

愚按 晋語 殺, 身以 成, 志 仁 也。 列 子說符 仁義 使-我 殺 i 身以成 1^ 名 是可, 徵-- 此章之 義-矣 じ 石 

經恐誤 ◦ 

表記。 以, 德報 ^怨0 寬身之 仁 也。 以, 怨 報, 德 刖刑傻 之 民 也. - ,. 

愚按 G 仁人 之 誤。 

B0O 喜, 之 以驗, -其 守? 樂, 之以 驗-其 僻? 怒;』 以驗 其 節? 懼 ら1 驗-- 其特? 哀, 之以驗 = 其 5? 苦 

, 之 以驗- 一 其 志? 論 人 

リ 人 仁 之 誤" 表記 中心 僭? 10 愛, 人 之 仁 也" 孟子 惻隱 之, む 仁 之 端 也 春秋 繁露" 仁者 

愛. 人。 司 馬 法。 ^^--8傷病? 是 明,, 其 仁-也- 一』? tisis. 佛書。 仁 P 之 ほ,? 哀三以 驗-- 其 

蓥 哀傷 淺深。 足 „ 以 驗,, 其 愛, 人 之 厚簿, 也。 

大田錦 城 仁魏 要義 五 百 十九 



曰 



本 : 



理 

編 



折 ■ a 舉 五 百 十八 

ぇ桉 C 三十 恐 是古之 仁人。 雖, 然 如-比 干 諫死? 似,, - 志士 仁人 有-殺 i 身 以成. fco I 整猶 可, si- 之 

仁, 矣。 gl^gtl 一如- -微子 去』 箕子 f 奴。 明哲 保い 身 之 類。 謂-之 智 可矣 G 謂-之 仁-則 未 也。 

或有T"引i他書言,-三子之行-者^w^o會其仁g是不-知JP書者也。 上文 明言 去, 之爲, 奴 諫死。 若^ 

, 仁 爲-- 仁德? 則 可, 就-去^ 與 k 奴 之 上-求 * 所 仁者? 不, 得 他 書 之 一語-也 。去 ^ 與 k 不诗- 

爲" 仁" 則 三 仁 之 仁 解 爲-- 仁 德-者 非 也 C 予因知 仁人 之 誤 殷 有-, 三 仁-者 間 有-八 士? ^武王 曰 C 

我 有 U 亂臣十 人? 舜 有-ほ 五 人- i 之 類。 古書 所; S 國 有乂國 I に 人。 皆 謂-- 賢人? 所 有,, 三 入, 者 

有-三 賢人., 也" 然 古人 先 ^ 予 有- -此 説? 見- -陳眉 公 績狂夫 之 言。 張燧千 百年 眼 等- 矣。 是亦 舊說。 

又 云 孝弟 也 者 C 其爲, 仁 之本與 C S . 

臣軌註 引-論語-云。 孝弟 也。 其 爲-人 之 本與。 鄭玄 曰。 言 人 有-其 本性? 則 成お 立 h。 . 

愚按 鄭 本仁爲 k 人。 焦 弱 俟筆乗 陳眉公 續狂夫 之 言 皆改, 仁 作, 人。 與,, 鄭本, 暗合 冥會。 雖, 然愚 

者-諸 管 千? 曰。 孝弟 者 仁之祖 #:1。 是此 文明 設。 鄭本之 誤斷而 可, 知。 而弱疾 眉 公 好 k 奇之 適。 亦 断 

而 S\ 知矣。 . 

又 云 人 之 過 也 各 於-其 黨? 觀 k 過斯 知, 仁矣。 

愚按 U 眉 公又以 VJi 爲-- 入 之 誤? 非 也。 表記 云 子 曰。 仁 有 與, 仁 55, 功。 其 仁 未, 町, 加 也" 

與, 仁 同, 過 然後其 仁 可, 知 也 又 云 子 曰 仁 之 難, 成 久矣」 人人 失 = 其 所,. 好 r> 、故 仁者 之 過 易, 

也。 是觀 > 過 知, 仁 之 徵也。 



曰 



本 



理 

《s- 



ff?o 君子 之 於, 物 也 c 愛, 之而弗 to 於 k 也。 仁, 之而弗 k。 親 k 而 P 民。 «fero»feol 

( ( ( C ( C 

愚按 C 先 儒 或 有 _,以= 親字 愛 字, 解, 仁者, 矣。 仁 固 親愛 之德 雖, 然 專,, 於 親 仁? 則 至,, 於國語 孟子 T 

窒 而不, 通。 是故 仁字不 %,不, 以- 生 養-解 あ。 

又按 孟子 以, 親屬, 以, 仁屬, 民 (〕 以, 愛馬 i 物。 此言 固是。 然亦 徵,, 諸 經傳? 有 ,不-ー 必然-者. - 

焉。 詩 序。 周 家忠厚 ^及-, 草木? I 則 物 亦 可, 謂 t 矣。 韓非 古 者 先王 義,, 力 於 g^? 加,, 事 於 明 

ヅ - (( 

法? § 又 云 越 王勾踐 反, 國 棄,! g 明, 法 親, 民 以報焉 い g 則 民 亦 可 Jik 親矣 且也戴 記 U 亡 人 

) ) ( C 一 

き以爲 i。 ぶ g 以爲 き。 親 則 親以. 仁 言矣。 孟子。 孩提之 童。 無. 不. 知. 愛-其 親, 也。 循孝 

經。 »kg 者。 敢不 於 人? K 則 親又以 i 言 矣〕 苟子。 君. 人 者。 而安。 纖難 則 民 亦以レ 

愛言矣 孟子 之 言 似, 不, 可-, 必构 泥, 者 5 學 者宜, 察焉 

又按。 孟子。 親 巾 也。 國語。 愛.親之謂レ^1。 ^是 親愛 仁 也。 而 子学日。 船. 親而 P 民 0:2 

レ民而 g:, 物。 3 n - 親 仁愛, 相對而 言。 中庸。 義者宜 也。 祭義 禮也者 理也。 荀子 義现也 ^是 

禮義现 也 C 而管子 曰 禮 出-乎 義? 義 出,, 乎现? 现 因,, 乎え, 者 也〕 以,, 禮義现 宜, 相對而 言。 中哀ー 

也。 f 職!; 而國語 云。 考. 中 度 i 以, 泡. 之。 I 是中 哀對用 嚴儼 一 也 0. 而祭義 曰。 巖威 儼恪。 非レ 

所-, 以 Sib 親 也 是嚴 懨對用 C 經傳之 言 往往 有-如 レ此者 不. レ 可,, 執 k 一 而論, 也 

仁人 通用 第 十五 

論語 微子 去, 之 獎 子爲, 一之 奴? 比 于諫而 死 孔子 曰 般 有,, 三 仁, 焉 微子 „ 

大田錦 城 仁說 要義 五 巧 十七 



折衷 s 添 五 百ナ六 



曰 



本 



理 

編 



仁 也: 



愚按 a 是 皆以, 仁 爲,, 君德, 者 也〕 

周禮 以,, 鄕三 物, 数-, 萬 民? 而賓 =舆 之? 一 曰六德 知 仁 裁 義忠和 二 曰 六 行 孝友睦 婣任恤 三 曰 

六藝 禮樂射 御書數 大司徒 

中庸 知 仁 勇 三者。 天下 之達德 也い 所-, 以行, 之 者 一 也。 大學 一 家 jjo 一 國 、興 k 仁。 一 家讓。 一 國 

奥 J?lo 1 人 貪 屍つ) 一 國作 ^亂。 、 

論語 君子 篤,, 於 親? 則 民 興 = 於 仁,? 故舊不 J 退. - 則 民不, 偷 泰伯 

- 一, 

緇 衣。 子 no 禹立 三年 C 百姓 以, 仁遂。 必盡 仁。 

, -、 

又 云。 子 曰。 上 好, 仁。 則 下 之爲, 仁 C 爭, 先, 人。 

孟子。 君 仁莫, 不 to 君 義莫, 不酏。 君 正 莫,? 正 G 一 正, 君而國 定矣. - «5 

愚按 是 皆以, 仁 屬= 在, 下 者, 也。 

又按 近世 物 茂 卿 以-- 長 人 安民, 解, 仁 。長 人出-, 文 言 7 安民 出,, 阜陶謨 是固仁 之 極 功 雖, 然如, 

此解 aio 則 仁 特爲- -君上 之德? 而不, 屬-- 在 下? 可, 謂,, 偏枯, 也。 且 徵-, 諸 經傳? 仁爲- -在亍 之德, 

者 a 亦不- 復鮮? 其 誤 可, 見矣 G 

仁不 親愛, 第 十四 

00O 葉 公子 高 曰。 愛 而不, 仁 楚 SS 



|p 勇 等諸德 也。 古注 以來 C 以爲, 是 稱-, 蘇 子 之 仁? 其餘指 * 其 它游夏 等 諸子. i 也 殊不, 知是 呼-顔 子? 

吿,, 依, 仁 之 效-也 可, 謂, 誤 也 是 亦舊說 G 

中庸。 爲, 政 在, 人。 取, 人以, 身 條, 身以 k 道 1 倐, 道以, 仁。 仁者 人 也 義者 S 也。 親, 親 之 殺。 

一 尊, 賢 之 等 a 禮所, 生 也。 

B 一 愚按 禮 樂禮義 古聖 人 所,, 以修, 己 治 T 人 之 大道。 然而 非, 仁。 則不, 能, 俯-之 於已? 非, 仁 則不 

本 一 i 能 k 用-之 於 天下? 且苟依 U 於 仁? 則 其 它諸德 可-得 而成? 仁 之 爲-- 百德 之宗? 是 可- ^見- 矣 

一 夫子 云。 元 善 之 長〕 豈不- 信 然> 乎 C 

倫 一 儒 行 温良 者 仁 之 本 也〕 敬 愼者仁 之 地 也 寬裕者 仁 之 作 也。 遍接者 仁 之 能 也 禮節者 仁 之貌也 言 

理 一 談者仁 之 文 也。 歌 樂者仁 之 和 也 分散 者 仁 之 施 也 儒 皆 兼, 之而有 k 之 且不 _1 敢言 1^ 仁 也 其尊讓 有- 

如, 此者? 

* 仁 不=特 君德, 第 十三 

一 文 言" 元 者 善 之 長 也 君子 體 k 仁。 足, -以長 _<o_ 

一 大學 C 爲-- 人君 \ 止,, 於 仁? 爲,, 人臣, 止,, 於 敬? 爲, -人 子, 止-於 孝? 爲-- 人 父-止-, 於 慈? 與, -國 人, 交 止-於 

荀子 固以爲 王-天下? 治-萬 轡? 材-- 萬 民? 養-萬 民? 兼 制-天下-者 爲, 莫ぃ 若-仁人 之 善-夫。 赏 ® 

苟子 道 者 何 也 0曰0 君 道 也 君 者 何也リ 曰 能鮮也 能 群 也 者 何 也〕 曰 善 生,, 養 人, 者 也。 1^1 

大田錦 城 仁說 要義 五^ 十五 



折衷 畢 五 百ャ四 

也 C 禮義道 也。 然爲, 兩。 殊不, 知 仁義 禮智。 皆是道 也。 皆是德 也。 以, 所, 由 Q 而 有,, 道 之 名, 焉 

^sr ^に 之 道、 斯爲 、小 大由レ 之、 又 一 H 、何 ioL.S 二 斯道 一也、 孟子 夫^お 二 大路 ー然、 豈 レ知 哉、 义云、 5^^^5由レ之、而不レ知ニ其道ー者、 

衆 也、 X 一 S. 由 二 今 之 道? 又 一 M 、由 isi 又 一 K 、義人 之 正路 也、 舍ニ 正路 1 而不レ 由、 又 iK 、義人 路也、 舍 ニ其路 一而 弗レ 由、 又 云、 行 二 天下 之大 

道 ixlK 、巾 二 仁義-行、 又 云、 居 レ仁由 レ義、 畢. r 世 之 家、 鮮ニ克 由 績、 rtf 父、 道 者 萬 物 之 所 レ由 也、 揚十修 病、 仁 宅 也、 義路 也、 tt 

レ 宅由レ 3£乂5?适, 火道以 導レ 之、 三 Br-S 者 < 之 所 レ蹈、 董仲 &BS 策、? F,i ォ, £=1 竊 f 於 さ之路 也, 仁義 SS 樂、 *1 其 4 也、 又 IK、 所レ薛 者、 

弗 こ 其 道 I 是 以仆滅 也、 夫 周 道 %- 於幽厲 7 ゆ- 以 -l^s-l 樂^1:滴1告得、,.請-之有德ー德者、 

道 亡 1 也、 幽厲 不レ綵 也、」 由 者、 言-一人 之 蹈而行 1- 之 也 L-i-f 也. 鄉鈥 酒義、 德也者 得-一 於き 也、 故 

曰、 古 之 港- 1 術 道 1 者、 &|255£1^<1« 也、 是故 聖人 fsr 韓非 解老、 德者 ?打 レ萄 也" 祈 ^t^o 、勿 W 1 u^o i^.^ 

楊子 問 道德以 得レ 之、 三 Br 德者人 之所レ 得、」 者、 言 二人 之 修而有 1- 之 也. E;iu;-.NR? ffi±-^I - ^ ^r^i^^w 

非- 德之 名? 强辨橫 論。 紛 挲不, 已 C 可 k 謂 ビ斟、 也,〕 雖, 然古稱 有 道 有德? 稱 __德 行道藝 I 者,」 其 物 亦 

别。 不, 可- 溷穀? 予曾 作- 學說? 詳解-其 義? 不, 費- 于此- 云。 

仁 諸 德之長 第 十二 

文 言。 元 者。 善 之 長 也 「」 君子 體:, 仁。 足- 以長 ... 

左傳。 魯穆姜 云。 元 者。 體之長 也。 體 ^足_ -以? 人 今 我 婦人。 gg- 而與 於亂? ^仁 固^ = 下 

位? M に 一- 而? 不仁? ?可ヒ 謂. 元。 襄丸年 . 

又 云。 子 服 惠伯曰 Q 元 善 之 長 也。 事不, 善。 不, 得- 1 其 極? 上美爲 J 兀。 昭 十二 年 

愚按。 此段之 旨 C 詳 見,, 予仁說 提網本 天 元 注? 善 者 諸道 諸 德之總 名。 

論語。 子 曰 C 人 而不, 一仁。 如, 禮何。 入而 不仁。 如, 樂 何。 八 》 

又 云 子 曰 囘也其 心 三月 不 J 迤, 仁 其餘 則:: n 月 焉 而已矣 雍也 

^^c 子 曰,、 如 有,, 周 公之 才之 美? 設 使,, 驕 且吝? 其 餘不, 足, 觀 也已矣 g 其餘 義與, 此同。 言其它 



又 云 c 5 能 一 曰 用-其 力 於 仁, 者., 矣 乎。 我 未 カ不 k 者-也。 之矣。 我 未-之 見-也。 鬼 

仁 道 仁 德第十 一 

說卦。 立-天 之 道? H=lfeo 立,, 地 之 道? 曰,, 剛 與., 柔。 立-人 之 道? 曰- 與.^ 義 

孟子 仁 也 者 人 也 義也 者宜也 合 而言之 道 也 ノ 

又 一 KC 孔子 曰 道 一 10 仁 與-, 不仁, 而已矣 離婁 - 

又 云。 夫 S 一 ^r:!J矣o 1 文 上文。 孟子 道-性 善? 言 必稱- 堯舜? 

周禮。 以,, 鄕三 物, 敎= 萬 民? 賓- 興 之? 一 曰 六德。 知 yl^ 義忠 和。 

中庸 知 仁 勇 三者 天下 之 達德也 所-以行!^ 之 者 一 也 

論語。 君子 之 道 者 三 焉 知者 不 i 惑。 仁者 不 k 憂。 勇者 不, 懼 

H.^ 子 旣 醉以, 酒 旣 飽以, 德 言 飽-, 乎 仁義, 也 告子 

十四 年。 左傳。 四德。 親 仁 祥義。 

哀七年 左傳 ニ德。 信 仁 

_ 吳子圖 國 四 德 道義 禮仁 ◦ 

司 馬 法 六德 禮仁 信義 勇智 . 

愚按。 II 者。 皆統 名 也。 S お St お I 謂, 一 B; 是故 仁義 P 之 i 又 謂-之 5 f 

陶謨、 丸德、 强 而義、 、六德 、知 仁 聖義忠 和、 立 政、 義 ssr 孟子.: ま、 飽,? .J- い 一 fH%^ 近 儒不レ 通- -t^ 義? 曰。 は 

wgl お》 文? S 世 s?、 ?ま 德之備 i4ss5 義仁、 吳子、 四 德司馬 法、. 一 ハ德皆 有レ義 L きごき- E 1 

大田餘 城 仁說 要義 五! U 十ヌ , 



m 彙 



又 

云 (之) 申 
° cm) m 



又 



曰 

儉 



折衷 學 r 五 19 十二 

又 云 G 子 曰。 ^爲, 器 重。 其爲 X 道 遠。 擧者莫 能 勝, 也。 行者 莫,, 能 致, 也。 取, 數多者 仁 也。 夫 

勉,, 於 仁, 者 不,, 亦 難, 乎 

C C 

論語。 曾 子 曰。 士不, 可 =1 以不 弘毅? 任 重而道 遠。 仁以 爲,, 己 任? 不_, 亦 重, 乎 死後 已。 不,, 亦 

遠-乎。 

論語 樊遲問 k 仁 子 曰 仁者 先, 難 而後, 獲 可, 謂 X 仁矣 U 雍也 

I 又 云 司 馬 牛 問, 仁 子 曰 仁者 其 言 也 _韧0 爲, 之 難 言, 之 得, 無 ご钡乎 顔 溜 

響 欲 t 求 t 第 十 

^ 孟子。 强恕而 行。 求, 仁莫, 近焉。 盡め 

C C 

論語 夫 仁者 C 己 欲, 達而 達, 人 己 欲, 立 而立, 人。 能 近 取 JWO 可 i 謂-仁 之 方, 也 雍也 是恕也 

仲 弓 問, 仁 夫子 答, 之 曰 C 己 所, 不, 欲。 勿, 施,, 於 人? I 是亦恕 也 

通 = 於 道, 者。 其 守 約。 有, 一 言而 可,, 常 行, 者 ^ 恕也。 有, 一 行而 可,, 常 履, 者 5 正 也 恕者仁 

也 a 正 者 義之耍 也 ◦ 

仁 遠 乎 哉 ◦ 我欲, 仁 斯 仁至矣 § 

徐幹中 論 古 之 人 HI 曰 相,, 彼玄 鳥? 止,, 于 陵阪? 仁 道 在, 邇。 求, 之 無, 遠 夫子 之 言 。或 本- 于此? 

論語。 伯 夷 叔齊。 求, 仁而 得:, 仁 又何怨 乎。 述而 

X 云。 欲, 仁而得 k 仁。 又 焉貪。 堯日 



又 云 o 居惡在 o 仁是孟 也。 路惡 在。 義是 也。 居, 仁 由, 義 大人 之 事 備矣。 |g 公 

子 又 云。 處-- 天下 之廣 居? 仁 立, I 天下 之 正位? 禮 行,, 天下 之 大道? 義 膝 文 公 

苟 子。 仁 有, 里。 義有, 門。 仁 非-其 里, 而虛 k 之。 非, 禮也。 義 非-其 門, 而由, 之。 非, 義 也。 大甚 

楊 惊王。 盧讀爲 i 居。 聲之誤 也。 愚按。 盧恐處 之 誤。 字體相 近-い 

楊子 法 言,, 或 問-仁義 禮智信 之 用? 曰 f ソ 仁 宅 也。 義路 也" 禮服 也い 智燭 也。 信 符也。 處 k 宅。 由, 路。 

正, 服。 明, 燭-, ン 執, 符。 君子 不, 勸1. 動 期 得矣。 條ま 

愚 按.^ 曰 里。 曰 宅. - 曰 居. - 曰處 其義 一 也。 安 者。 處而 安, 之 也 呂覽 云」 之 安 X 之 如, 性., 此之 

謂 =敎 成? I 由ち ぉ觀 マき 安 者。 習與 k 成い 秋 習惯如 =Q 然 之 謂 如. 此然 後稱爲 = 仁者? 是所ミ 

以 難-其 人, 也 雖,, 子路之 栗。 冉求 之藝。 公 西 華 之 容儀。 仲 弓之德 行。 令 尹 子 文 之忠。 陳文子 之 

淸? 而 夫子 不一 1 許, 之 F 仁者。 內, 之 能 T 擴 一一 慈愛 惻 ffll 之 心? 視乂猶 .5. 子。 外, 之。 不, 得. 

救濟 保安 之 功? 利 SS 及お 民。 油-, -I 夫子 之 所,, ,以 謙 而不- > 敢當 I 者。 レ亦爲 あ 故 也。 是亦舊 

節 

附仁之 難, 成 , 

表記。 子 言, 之。 君子 之 所, 謂 仁者 C 其 難 乎 ◦ 

C C 

又 云.」 子 曰 C 仁 之 難, 成.」 久矣。 唯 君子 能, 之。 

一/、 ,—、 

又 云 子 曰 仁 之 難 k 成矣, 人人 失,, 其 所., 好 t 故 仁者 之 過 易, 辭也 G 

大 城 仁說 要義 五 百 fl 



日 $ 



本 



彙 

編 



折 iasafss 五 百 f . 

許 慎 說文。 仁 親 也〕 从, 人从し 1C 徐鼓 曰。 仁者 兼 愛。 故从 ,110 通論 曰。 仁者 兼 愛。 故人 ニ爲, 仁。 

公 紹親會 

愚桉 C 仁 字从, 人从, 1 マ 亦 仁者 人 也 之 義也。 天地 元德。 施-之 生 民? 以 爲,, 惻 隱不, 忍 之, む? 是故 

人 之與, 人相 教」 親愛 之 心 生焉。 此故 古人 制, 字 ご 从, 人从 J ー爲, 仁。 適, I 之 於 制 字 之 源? 則 仁 之 古 

訓 G 不 辨而 明矣。 

安仁 居 仁 弟 九 

論語。 子 曰 C 里に 仁 爲:, 美 擇不, 處, 仁.」 焉 得, 智。 里 仁 

又 云 ◦ 子 曰 仁者 安, 仁 ◦ 智者 利, 仁し „M 上 

表記 C 子 曰。 中心 安 \ 仁者 C 天下 一 人 而已矣 

又 云 子 曰 無:, 欲而好 vU 者 ~」 無, 畏 而惡- 不仁, 者 C 天下 一 人而 巳矣。 

C C 

論語 r- 子 曰。 我 未, 見 T 好, 仁者 C 惡,, 不仁, 者^ 里 仁 

§c 仁者 安, 仁 C 智者 利, 仁 C 畏, 罪 者强, 仁。 

C C 

中庸 或 安而行 i 之。 或利而 行, 之, 或 勉强而 行, 之。 及,, 其 成-功 一 也 G 

孟子。 孔子 曰、」 里, 仁爲, 美 擇不, 處, 仁、 し 焉得, 智。 夫 仁」 天 之 尊爵也 C 人 之 安宅 也. - 莫,, 之儎, 而 

不仁,」 是不智 也 g 孫 

又 云、 い 仁人 之 安宅 也 義人 之 正路 也、 磯-安宅, 而不レ 居. 舍ニ 正路, 而不, 由し 哀 哉い 0m 



m 



本 



春秋 繁露。 春秋 之 所 i 治。 人 與:, 我 也。 所-, 以 治-人 與" 我 者。 仁與, 義也。 r^fe 安乂。 以龇 正, 我。 • 

故 仁之爲 J 一一 n 人 也 義之爲 J 一一 n 我 也 言 名 以別矣 仁 之 於, 人。 義之 於, 我 者。 不, 可, 察 也。 衆人 不, 

察 o 乃 反以, 仁 自裕。 而以, 義 設乂。 詭,, 其處? 而 逆-其 理? 鮮, 不, 亂矣。 是 故人 莫^, 亂。 而大 % 

常亂 以, 閽,, 於 人我 之 分? 而不, 省, 一 仁義 之 所" 在 也。 仁義 法 

又 云。 故 曰。 2 者 愛乂。 ?在 我。 此其法 也。 故 曰 。義. 在 正. 我。 不. 在. 正义。 此其法 也。 iilT 

弗レ IS レ正レ 人、 

謂 レ正レ 我 

又 云 是故 義與, 仁殊 仁 謂, 性 義 謂, 來 仁大遠 ◦ 義大近 愛在义 謂 ,- 之 仁? t 且在 k 我 謂-之 義? 

倫 一 仁 主, 人 義主, 我 也。 故 mo 仁者 人 也。 義者我 也。 此之謂 也 同上 

愚按 仁者 人 也 趙臺卿 鄭康成 所, 註不, 明 得,, 仲舒之 解? 昭 明確 的 無, 可, 容 i 疑 予又稽 諸 周 

語? 單襄公 曰。 言, 仁必及 \。 仁 文 之 也 愛也。 愛 \ 能 仁。 由 i 觀^。 仁 之 爲乂。 不, 在坠, 

我而 愛, 人 之 謂 o 是 春秋 古義 仲舒蕴 有, 所, 受, 之矣。 

編 一. 从/ <从」 一 第 八 , 

奢 秋 元 命苞。 仁者。 情 志 好, 生 愛 \o 故 其爲乂 以乂。 其 立 字 二人 爲, 仁。 分 註 云。 仁人。 言不, 專 --. 

於 己? 念-, 施與- 也。 sfjl ハ讀 , 

愚按 以,, 好 生, 爲, 仁 不,, 特劉向 班 固 言,, 之 也。 緯書 亦 言, 之 其 爲-- 古義? 可- -以 Gu-- 矣 曰 愛, 人 C 

曰 施與。 亦 古訓 也。 

大田錦 城 仁說 要義 五 百 九 , 



曰 

偷 





折衷 學 五 百 八 

孔臨 淮傳云 「) 愛-養 人? 如亿 女- 孩兒 赤子? 不, 失,, 其 欲? 惟 民 其 皆 安治 d 

た麥 0^ - M^- M ^0 慈 者、 愛レ子 之德^ 、在 レ家楚 -1 愛 告ョ S 」lAa,o 保- 1* 子 T 即怒 也、 如レ保 II 赤子 I 爱レ 

^nfe-^^ 子 一 即是所 I 在レ 民 一也、 康ま曰 -? 保-き 子 1 民如レ 愛二 お r 保; ssfsj 

B,^, i 仁。 1 國興レ 仁。 堯舜 率-天下- 以 vuo 而民從 三 o f 一之 之 後 J^l ルぉレ ま 之 

愚按。 父母 之 心。 專,, 一 於 慈愛 生 養? 仁者 於, 民。 亦 復爾爾 如, 此 C 然後是 謂,, 之 仁 之 熟, 矣。 、; 

又按。 孟子 分 X 以 P 之葸, 敎 \ 以 , 善。 謂-, 之忠? 爲-, 天下, 得义 者。 謂-之 仁? §爲= 天下, 

得 1 人 者 C 所, 謂 民 之 所, 好 好:, 之。 所 能 愛, 人 者 即 父母 之 心 仁者 之 事 也 



仁 



1 者 人 也 第 七 



表記 C 仁者 人 也 C 道 者義也 Q 鄭註 C 人 也。 謂 _= 施 以= 仁 恩, 也 C 義也 謂,。 斷 以,, 事宜, 也 

中庸 C 仁者 人 也 C 親, 親爲, 大 C 義者宜 也 尊, 賢爲, 大 C 鄭註 人 也 C 讀 如,, 相 人 偶 之 人 Y 以,, 人 意, 相 

存問之 意 C . 

孟子。 仁 也 者 人 也。 義也者 宜也。 合而 言, 之 道 也。 ffg;§$ 也 選な- 

愚按。 今 本脫 --義 也者宜 也 一 句? 晦庵 集註 引- 1 外國本 孟子? 有- 義 也者宜 也. - 禮也者 履 也。 智也者 

知 也 信 也 者 實也四 句 y 似,^,, 其 t-? 雖, 然 仁義 禮智 信. 常 之 目 C 始 晃,, 董 仲舒對 策? 漢儒之 所ミ以 

立- 此目? 以. 配-五行? 孟子 之 時 所. 無 C ?諸 表記 中庸 ?脫-- 義者宜 也 一 句-耳。 

說卦傳 云。 立,, 人 之 道? 曰-仁 與, 義 C 明矣 仁義 二者 合而 言, 之 道 也 

楊子 C 夫 道 之。 德以 得, 之) 仁以 人, 之 C 義以 L 且, 之 C 禮 以體, 之 天 也 



苟 子。 仁者 愛, 人。 故惡 K 其 所-一 以 害.^ 之 者 S 謙 兵 

孟子 國人皆 曰:, 賢 然後 用, 之。 國人皆 曰-, 不可? 然後 去, 之 國人皆 曰, 可 i 殺。 然後殺 i 之。 如レ此 

然後 可, 以爲 民 父母 一? 梁惠王 

愚按 大學 孟子 以 =, 君子 與, 民 同,, 好惡? I 州 爲-民 之 父母? 11^ 仁者 之 愛, 民 也甚矣 ◦ お-天下 之 民? 好 

レ賢而 用, 之 以 舆,, 民 之 利? 爲,, 天下 之 民? 悪, 傻而 去, 之。 以 娃,, 民 之 害? 好 惡之發 公-諸 天下? 

而不, 關,, 私 之 喜 怒? 是 論語 大學 所, 云 ◦ 唯 仁人 能 愛 k 人能惡 k 人 者 也 C 旣 曰-民 之 父母? 又 曰-仁人 仁 

者? 則 民 父母 G 即仁之 謂 也 ◦ 

uri i 羊 k^o 體、 四體 也、 fl^ 子、 君 之! S レ臣 如-一手 足 TJ^ i;^? .Jao 九隨 

肩 ^teiB--^ ハ w 稷、 帝 曰、 臣作 一一 朕 肪股耳 eT 是也、 3- 一展 F -.^ プ t 

下 文。 子,, 庶民? 則 百姓 勸 時 使薄激 所ョ以 勸,, 百姓, 也 縱衣 君, 民 者。 子 以愛, 之。 則 民 親, 

之。 信以 結, 之。 則民不 X 倍つ 恭^^浪,之0 則 民有,, 孫 心? 

又 云 Q 長 k 民 者 C 章志^:ハ敎0 以子 n 愛 百姓? 民 致, 行, 己。 以說 = 其 上- 矣ひ 

C C 

. 靈臺。 經始 勿, 亟。 庶民 子來。 

子 愛 者 上 愛 X 民 如-己 子, 也。 子 者來。 下 戴, 上 如, 一 父母? 來 走- 1 其 事-也。 

愚按。 樂 記。 易直 子 諒之心 韓 詩。 作,, 易直 慈 良 之 心? 荀 子。 慈-愛 百姓? 或 有-. 據, 是以 = 子 愛- 爲-- 

慈愛, 者 M 殊不, 知 子-庶民? 子 _| 愛 百姓? 民 之 父母 之 謂 也 ◦ . 

康誥。 若:, 冇^。 惟 民 其 畢棄, 咎。 若, 保-赤子? き kg 惟 民 其 康乂。 

大田錦 城 仁說 要義 .ff^ 百 A 



折衷 皋 《 , 五 ほ 六 

大雅洞 酌. - 登 弟 君子。 民 之 父母 C 

刑法 志 Q 夫人。 宵-天地 之 類? 懐-五常 之 性? 聰明 精 粹有生 之 最靈者 也。 爪牙 不-以 足 P 供- 嗜欲? 趨 

走 不-以 足,, 辟,, 利害? 無,, , 毛羽 以 饌-- 寒暑? 必將 = 役 i 物以爲 P 養。 任, 智 而不, 恃 k 力 。此其 所- 以爲. ^賁 

也: J 故不- 仁愛-則 不, 能., 群 C 不 群 則 不:, 勝 k 物 0、 不, 勝, 物 則 養不, 足 群 而不, 足 爭 心將, 作 

上 聖卓然 先行-敬 讓 博愛 之 德-者 C 衆心說 而從, 之。 從, 之 成 k 群 C 是爲 k 君矣, - 歸 而往, 之。 是爲 

王矣 C 洪範曰 天子 作,, 民 父母? 爲,, 天下 王? 聖人 取, 類以正 k 名 C 而謂, 君 爲,, 父母? 明, - 仁愛 德讓 

王道 之 本-也 U 愛 待, 敬 而不, 敗 德須, 威 而久立 故 制, 禮 以崇, 敬 Q 作, 刑以 明, 威 也。 

戴 記 子 言, 之 C 君子 之 所, 謂 仁者 C 其 難 乎 詩 云 凱 弟 君子 民 之 父母 凱以, 强敎, 之 弟以, K 

安, 之 C 樂而 母, 荒 有, 禮而親 威 莊而安 C 孝慈而 敬」 使., 民有-父 之 尊? 有, 母 之 親 ^ 如, 此而后 可. -1 

以爲, 一民 父母, 矣 C. 非,, 至德? 其 孰 如, 此乎 e 表記 

又 云。 子 言, 之 曰。 後世 雖レ 有, 一作 者? 虞 舜弗, 可 レ及也 已矣じ 君-天下? 生 無, 私。 死不, 厚-一 其 子? 子, 民 

如,, 父母 > 宵-僭: el 之 愛? 有- -忠利 之敎? 親 而尊。 安而敬 威而愛 富而 有, 繚 C 惠而能 散 C S 上 

又 云 o 詩 云 樂只 君子 C 民 之 父母 C 民 之 所, 好 好, 之 C 民 之 所, 惡惡, 之 此之 謂,, 民 之 父母? 大學 

下 文 好-人 之 所 "惡。 惡-- 人 之 所 P 好 「」 是謂 T 拂-- 人 之 性? 螯必逮 * 夫 身 5 

大學 C 唯 仁人 放 = 流 之? 迸-, 諸 四 夷? 不ヨ與 同-中 國? 此 謂.. 唯 仁人 爲-- 能 愛, 人 能 惡,, 人 C 

論語 子 曰 C 唯 仁者 C 能 愛, 人 能惡, 人。 里 仁 



本 

倫 一 

S 

S 

理 5 



編 一 



苟子 富國。 兼,, 覆 之? 養-長 之? 如お-赤子? 



國語 富 辰 曰。 夫義 所- 以 生., 利 也 祥所, 一 以事, 神 也。 仁 所, ー以保 "民 也 E 語 

ヅ 3 ヽ , C ( C 

孟子。 推, 恩 足, 一一 W 保,, 四海? 不 &k 無 =1 以保 = 妻子? 染惠王 

( C (( 

上文。 老,, 吾老? 以及 = 人 之老? 幼-吾 幼? 以 及,, 人 之 幼? 天下 可:, 運,, 於 掌? 覆,; 此意? 

ヌ云。 ほ而 王。 莫,, 之 能劐, 也。 §レ 也 丑 吾不. 忍, 其觳 S? 無&而 就,, 死地? I レ fe- や 其 無 

&而 就-死地? 則 牛 羊 何擇焉 C ^^s. 今 恩 足 S 以 及- 禽獸? 而功不 , 至-於 百姓, 者. - 獨何與 eg 

や . 百姓 之不 保。 爲不, 用 わ 也。 gf4- 也、 

愚按 孟子 以,, 惻 隱不, 忍 之 心, 解, 仁 以,, 此章, 爲, 首 先說, I 保 民? 繼, 之 以,, 惻 隱不, 忍 之 心 刚慮 

不レ忍 之 心 C 則 仁 之 本 而保民 則 仁 之 極 功 四 端 之 章 凡 有,, 1 四,, 端 於 我, 者 知,, 皆擴而 充., 之矣 

若-火 之 始然。 泉之始 達? 苟 能充圣 C 足 S 以 保-四海? 苟不, 充王 不: fes 以 事-父母? 即又此 章 之 

. 義也。 

馬融 論語 三 仁 註 云。 仁者 愛义 三人お 各異。 而同 稱』。 以 ョ其倶 在, -爱, 亂 寧. 也。 漢 匾 亦 以,, 愛 

人 安,, 民 解, 仁 也。 . 



民 之 父母 第丄 



共 U^f4.,jp ,s: 父 I^o -E^f Eo 孔厚、 言 天子 布- 1 德 惠- 

ai&s 5ITf=RU タ 、ぉダ -I チ 15 1 之義、 爲, I 兆民 之 父 S 

小雅 南山 有躉。 樂只 君子 C 民 之 父母 G 

大田餘 城 仁說要 五 百 五 



折 ma- 战 五 百 B 

周 語 言 必 及, 人。 &文之 愛也。 愛, 人 能 化0 言, 惠必及 kgo g 文 之 慈 也。 慈 和 能 go 惠之與 

k 仁 猶,, 哲之與 "智 也" . 

文 侯 之 命 柔 d 返 能, 速。 惠- -康小 民? 無 ,- 荒 寧? 

康誥。 由 k 古 先哲。 用 康,, 保 民? 

曲禮。 母 朱验。 懾 如窻。 安,, 定辭? il-k 哉。 

大雅 C 民亦勞 止、 讫 可-小康 g レ § 惠,, 此中國 以 殺,, 四方? 民勞 

孟子。 王 若 用, 予 則 豈徒齊 民 安。 天下 之 民擧安 ^孫 

論語 子 曰 倏, 己以 安,, 百姓? 堯舜其 猾病諸 

愚按。 菌問. 子 曰。 克. 己?? g。 ®sl;f%s; 龍 1 、き. 己以? 百姓-之 義也。 

克, 己復, 鱧。 修芑 也。 爲, 仁。 安-, 百姓, 也。 中庸 曰。 所,. 以 倏,, 身。 則 知お, -以 治, 人 知お- 

以治" 人。 則 知 k 所 3 以 治-天下 國家, 矣。 即此義 也。 宋 儒不, 察-, 此義ぺ 直 就- -克, 己? 禮 求-仁 之 

解? 有-私欲 沈而 天理 見 ◦ 人欲 淨 II 天现 流行 之說? 殊不, 知 夫子 答-弟子 問, 仁 Q 皆爲, 仁 之 方 而 非,, 

解, 仁 之義, 也。 如, -宋 儒? 以, 签爲, 魚 以, 蹄爲, 鬼 者 也 可, 笑之甚 詳見, -予 論語 大疏 7 

舊說如 i 此。 今不, 取。 

康誥。 若. 有. 疾。 體 J 、惟 民 其 畢棄. 咎。 s^.s=ss? 羅; が 惟 民 其 SKO 

愚按 C 保 者 愛篛也 此 條之義 詳,, 民 之 父母? 



a 



本 



愚按 itf 濟 il 置 謹 被-千 後世- 1 仁。 國語。 14 01 

签 言- 此等 之義- 也。 / 

宰我問 曰。 piao aso 雍し 

又- H 宰 ま /) sh^o 子 曰。 何事-於に? 必乎聖 乎 堯 

又 云 。子 貢 日。 如 有 Tg« 一-於 民? 1 加 ぼ * ぼ fti ? ( 

舜其宵 病, 諸 ra; 上 

愚 安 。 仁者 I 濟, ま。 故宰我 f I 仁人 之 用心? 故 Isl I 拳聖 乎者ヌ 

、 t ^lo^-p^l lafe チ言。 IS 事-於 仁? も- 

I 廣施-1 是仁之 I 救 き|仁 之" に而 p。 011 

倫. \ H 11-11 之 IC I 之 IFUtu 矣。 而言。 夫 

一 即亦 聖人 也。 ao I 之。 則 仁 ま 5 成。 故 下 文 I- 爲レ仁 之 方- 矣 S 一 夫 

. 一 g 仁者 則 1111 iilltobs ュ察 

» \ 司 馬 法 。 凡 ま ggo 以, I 以レ i 以 10 以 io 以レ I 以レ功 勝 

保安 第五 . ii. 

阜陶謨 C 知, 人 則哲。 能 官义。 ほ 則 so 黎民 懷ら。 f 民歸 レ之、 

太 S-0 民 罔-常 懷? 懐- 于有 iJ? . - 

蔡仲之 命 。民心 無. 常 惟§ 之懷。 . 

愚按。 惠仁之 同 。是 可- -以き 矣。 , 五 百 S 



大 田 錦 城 



折衷 學很 五 la 二 

之 極 也。 

寒秋繁 露」 高,, 其 位? 所_|以爲^,尊也。 下 _| 其 施? 所- 以爲, 仁 也。 藏-- 其 形? 所,, 以爲 P 神 也 G 見,, 其 光? 所- 

爲" 明 也。 . 

一 鄭玄禮 器 註。 仁 恩 也。 父子 主, 恩 也。 檀弓註 G. 仁 恩 也 C 又 喪服 四 制。 仁者 有, 恩 者 也。 

皇侃 論語 疏。 仁者 施 惠之謂 也。 依レ於 レ仁條 

一 . 大學 一家 仁 ー國典 一家 iio 一 國興二 10 一人 貪展 ー國 作, 亂 C 

ル 禮運 C 用,, 人 之 仁? 去, I 其 貧? 

_ 舂秋繁^^- 吾以- 心 之 名? 得-人 之 誠? 人 之 誠。 有に A 有, 仁。 仁 貪 之 氣,^ 兩 在, -於 身? 

一 大學 e 仁讓 與,, 貪 戻, 對 C 仁 貪 對用者 ◦ 禮運繁 露 足- 以 相徵, 矣、」 其與, 展 iSJ 者 Qsl; 誼 新書 云 心 兼,, 

一 愛人? 謂-之 仁? 反, 仁爲, 屍。 是也。 是亦學 者不, 可:, 不, 知 也。 

( ( 

一 愚按。 仁 貪 街 用。 仁 有,, 恩 惠施與 之義? 故與 =4:- 求, 相反。 

一 救 濟第四 

リ 綸語 或 問, 一管 仲 Y 曰 人 也 B 商 人 仁 通 

( ) 

又 云 子 曰 栢公九 _| 合 諸侯? 不, 以,, 兵車? 管 仲 之 力 也。 如-, 其 仁? 如-其 仁? S 上 

又 云。 子 曰。 管 仲 相,, 桓公? P 諸侯? 一 & 天下? 民 到,, 于今, 受,, 其 賜? 微-管 仲? 吾 其 被つ fel さ袵 

同上 







本 







Mo 仁者。 慈惠 而輕, 財 者 也。 慈惠 則不, 忍。 輕, 財 則 好, 與。 A 說 

rv /IV rv /IV c f 、 /IK rx c 

又 云 0」 卜 皮 曰。 夫 慈 者不, 忍 C 而惠者 好, 與 e 儲 説 

さ Ko 寬惠 行. 徳0 § 謂-之 仁? 襲 

晋語。 驪姬 曰。 吾 聞。 申 生 甚好, 仁。 而 强甚。 寬惠而 慈,, 於 民? 

又 云 今 夫 輕,, 爵祿? 易,, 去 亡?、 5擇= 其 主? 臣不. Jii 廉。 詐說 逆, 法 倍, 生 强諫。 臣不, 謂, 忠。 行, 葸 

施, 利 收, 下爲, 名 臣不, 謂, 仁 0. 離, 俗隱居 而以 非, 上 臣不, 謂, 義 有 度 

C C ( 

史 記。 剛毅 《 ^深。 事 皆 決-於 法? 刻 削 母,, 仁 恩 和義? ダ 云。 今 陛下 仁 _ 一惠 百姓? 恩澤 加-海内? ^0 



始皇 f 

莊子 c 妄意, I 室 中 之藏? 聖也。 入 先 勇^, 出 後 義也〕 知,, 可否? 知 也 C 分 均。 仁 也 S 



分 均 仁 

愚按。 分, 財。 是 施分而 一 ^均。 是公。 宋 儒以, 公 解, 仁。 g 是爲, 近, 之 「し 



子 

又 云。 夫 勇者 不 r 避:, 難。 仁者 不」 躬ぉ。 智者 不, 失, 時。 王者 不 k 絕, 世。 以 立-其 義? 今存 示,, 

諸侯, 以レ 仁。 子 貢© 

C 

愚按。 不, 窮, 約。 不 3窮= 極 人 之 困 約? . 

孟子。 今 有,, 仁心 仁 聞? 而 民不, 被,, 其澤? 不, 可, 法 於 後世, 者。 不, 行, 一先 王 之 道, 也。 離 奥 

莊 子。 籠-萬 物? 而不 レ爲, M。 澤及, I 萬 世? 而不, 爲, 仁。 天道 

國語 驪姬 曰。 吾 聞り 申 生 甚好, 仁。 而强甚 。寬 惠而 慈-於 民? 晋語 

大史 公與, I 任 安, 瞽。 修身 智之符 也。 愛 施 者 仁 之 端 也。 取 予者義 之 表 也。 恥 尊者 勇之决 也- - 立命 者 行 

^mi 仁 覇義 f4 百 1 



曰 



本 



理 

編 



折衷 舉 派 五 百 

愚按 是皆 仁與, -暴忍 殺害 傷賊, 對用 則 仁 之 爲-; 生育 之德? 昭然著 刚矣0 畢者察 k 諸。 

恩惠 第三 ほ g i 

孟子 o 百姓 之不 爲-チ 用 ^焉0 故 推 k び 足,, 1 以 保-四海? 不, 推 無,, 1 以保 =妻 孑? 

今 恩 足, n 以 及,, 禽獣? 而功不 k 至-於 百姓-者。 獨 何與。 

. 愚按 此章曰 保, 民 ◦ 曰 保-, 百姓? 曰 保-四海? 皆 仁 之 功也。 惻 隱不, 忍。 是仁之 本 也 所 X 謂 恩 

者。 恩 惪之仁 也。 

禮記。 喪 有, -11 制? 變而從 ko 取-之 il 時-也。 有 k チ现。 有. 節 有, 權。 取-之 人情, 也。 g 者た 也。 

理者義 也" 節 者 禮也。 權者知 也 C 仁義 禮智 C 人道 具矣。 又 云. - 門 內之治 C 恩檢 kito 門外 之 治。 義 

斷レ因 .00 喪服 四 制 

荀子 推, g 而不, 现。 不, 成 kGO , 理而不 お C 不 k Jr- 審^ 不:, 和 o 不 禮 C 和而 不., 發 不 

, 成, 樂。 故 曰 仁義 禮樂。 其 致 一 也。 大器 

莊子 以,: 3,io 以, 義爲, 埋。 以, 禮爲っ 打 以, 樂爲, 和。 薰然慈 仁。 謂-之 君子? 天下 

大學。 仁者 以 i 財發, 身 不仁 者以 i 身發, 財? 

C ( t 

孟子 陽 虎 曰 爲, 仁不, 富矣 爲, 富不, 仁矣。 

三 1*0 無, 使,, 仁者 主 "財 爲 ,,, 其 多 施 而附- 於 下-也。 

韓 非。 夫 m_-<_u 困-者 此世之 所, 謂 仁義 哀 --憐 百姓? 不, 忍- 誅罸- 者 C 此世之 所, 謂惠 愛也 9« 



_在-- 人 之 死 一也、、 備ゅ 

孟子。 人 皆 f 不, 忍义之 心? 先 不, 忍, 人 之 心? 期お, -不, 忍义之 政- 矣。 以,, 不 人 之 心? 

行- 不, 忍, 人 之 政? 治 一一 天下? 可レ運 一一 之 掌 上? 所" 以謂 三人 皆ぎ 1 不, 忍 乂之心 一 者 ◦ 今人 乍 見 一一 孺子 

將 T 入-於 井? 皆 有- 恍惕 惻隱之 心? 非, 所 3 以內- 交 於 孺子之 父母-也。 非, 所 S 以 耍,, 眷 於鄉黨 朋友, 

也。 非, 惡,, 其, 而然, 也。 由, 是 觀^。 無,, 惻隱之 心? 非义也 ◦ 無- 羞惡之 心? 非乂 也。 無- 辭譲 

之 心? 非, 人 也 無-是非 之 心? 非, 人 也。 惻隱之 心。 仁 之 端 也。 羞惡之 心。 義之端 也。 辭讓之 心 

禮之端 也 是非 之 心。 智之端 也 公孫 a 

さ K。 王 如 施-一仁 政 於 民? 省 _> 刑罸, 薄,, 税斂? II 

又 云。 不, 嗜^\ 者。 能 一 乏。 0± 

司 馬 法 不 ^躬_ 一 不能? 而 哀憐 傷病 是以 明,, 其 仁, 也 仁本 哀憐 與, I 惻隱, 同。 

又 云。 聖人 旣竭, I 心 志? 繼, 之 以_ー 不, 忍义之 政? 而仁 PI 天下 1 矣。 離槊 

C C C 

又 云 人 皆 有, 所, 不, 忍 達-之 於 其 所., 忍 仁 也 人 ^$3 有, 所, 不, 爲 達 = 之 於 其 所,, 爲 義也。 人 

能 充-無 害, 人 之 心? 而 仁不, 可, I 滕用, 人 能充, 無 _| 穿 跪, 之 03 而 義不, 可-勝 用, 也、 し 盡め 

C ( - ( ) )) ) . 

韓詩 外傳。 若 夫 忠信 端 if : 而不 害 傷? 則 無-接 而 不,, が。 是仁之 質 也。 

韓 非。 成驩 謂- 齊王 - 曰 王 太 仁。 太不, 忍乂。 ^1 ■ 

又 ま 仁者 慈惠 而輕, 財 者 也 慈惠 則不, 忍 輕, 财刖好 ^與0 A 說 

大田 錦!^ §s 、 四百 九十 九 



折衷 學 s B 百 九十 八 

苟子。 奪 然後義 殺然後 仁。 上下 易, 位 然後貞 臣道 

註。 奪 者。 不義 之 名 C 殺 者 不仁 之稱 上下 易, 位 C 則 非, 貞 也。 而 湯武惡 H 续;^ 之 亂,, 天下? 而 

奪, 之。 是義也 不, 忍-蒼生 之 塗炭? 而殺 i 之 是仁 也。 錐-上下 易., 位 而使 3 賢愚 各當, 分 C 歸- - 

於 正道? 是貞也 

呂覽 廢, 上 非, 義 也。 非 t 也 人 犯-其 難? 我 饗-- 其 利? 非 k 也。 離お 

C C C 

莊子讓 王 同 

公羊傳 諭-季子 I 曰。 故 君子 以- 其不 i 爲:, 義。 以- -其不 i 爲ら 襄ニ t 九 年 

夏 小 正 鷹則爲 k 鳩 隳也者 其 殺 之 時 也 鳩 也 者 非,, 其 殺 之 時, 也 善變而 之, 仁 也" 故 其 言, 之 

也 曰, 則 盡-, 其辭, 也 編爲 Jio 變而 之-不仁-也 故不, 盡-- 其辭- 也 

大戴 tic 未 水 者 r, 君子 比, 德焉 U 所, 及 者 生つ 所, 不 k 及 者 死。 似 kj^e 學 

大學 堯舜 帥,, 天下- 以 i 仁 而民從 k 之 续紂 帥-天下- 以 Jto 而 民從, 之 

韓非 仁者 C 慈惪 而輕, 財 者 也"】 暴 者 C 心毅而 易, 誅者也 八說 

韓 詩外傳 C 民 勞思, 佚 C 治 暴 思, 仁 C 刑危 思, 安。 國亂 思, 天 

孟子 。矢 人豈不 於凾 人-哉。 矢 人 惟 恐, 不 &乂。 函人 惟 恐&义 巫 匠 亦然。 故術不 %,不 

i 愼也 公孫 丑 

韓非 輿 人 成, 輿 則 欲-人 之 富貴? 匠 人 成 k 棺 C 則 欲-人 之 夭死-也。 非-輿 人 仁 而匠人 妙-也 利 



禮器 o 宗廟 之 祭 o 仁 之 至 也 註 仁 恩 也 父子 主, 恩 也" 愚按 周易 云 觀, 頋自 求,, 口 實?^ 左傳 

C 

云 郎三甥 曰。 若不, 從,, 三臣? 抑 社稷 實 不,, 血 食? 而君焉 取』。 触 li^lltj?? 云。 令 尹チ文 云。 

鬼猜 求, 食。 若 敖氏之 鬼。 其不ズ 虮而, - g お 祭 統云。 祭 者。 所- 以追, 養繼, 孝 也。 坊記 云。 脩- -宗 賸- 

敬,, 祀事? 敎,, 民 追 孝, 也。 所』 S 仁者。 以, 養 言 鄭康成 云。 仁猶, 存 也。 非 也。 或 云。 公 羊傳。 先 

君 不.^ 以,, 其 道, 終 3 已 正,, 即位 之 道? 而即, 位 。是無 k- 於 先君-也。 I 元 宗廟 之 仁。 以 言。 亦 通。 

列女傳 君子 謂,, 不疑之 母? 能以, 仁敎。 詩 云。 昊天疾 威。 敷- 于下 土? 言 天道 好, 生 G 疾 1,1 威 摩 之 行 = 

于下 土? 體, I 上天 好 生 之 心, 者 不疑之 母 之 謂 也。 ■ 

白 虎 通。 五常 Iff 疏者 何。 仁義 禮智信 也。 仁者 不 i 忍 也。 施 k^l, 一 1% 愛 \ 也。 義者宜 也 斷决 得レ中 

也。 禮者履 也。 履, 道 成, 文 也。 智者 知 也。 獨見前 聞。 不 於 事? 見, 微者 lei, ③ f 知 き 一 

信者 誠 也。 專 一 不 k 移 也。 . 

又 云 ◦ 仁者 好, 生 ◦ 義 者斷决 

( C /IV 

皇侃 論語 義疏。 春 生- 1 施 生? 仁 亦 主,, 施 生? 金主-厳 殺? 義亦 果敢 斷決也 G 

, 愚按。 以= 好 生, 解, 仁。 不- 特宋 儒? 劉 向 班 固 旣先言 k 之。 蓥先 秦以來 古義 也 ◦ 

檀弓。 孔子 曰。 さ 死而致 k 王。 不仁 而不 %1爲 也。 之 k 死 而致坠 1 之。 不 而不竒 i 爲也。 

C C 

又 云。 孔子 謂。 爲 -II 靈 I 者 善。 謂- 爲, 俑者? 不仁 不, 殆_| 於 用" 人 乎 哉。 

C C ( 

孟子。 殺- 一 無 fc 。非 也 Q 非,, 其 有, 而 取^。 非 fe 也。 g 

大田錦 娘 . 仁說 要義 四百 九十 七, 



折衷 學 « E 百 九 t 六 

樓, 之 曰 民 罔-常 懷? 懷, -于有 仁? g 前-乎 此-者 如-虞 書 所 _4S0 好, 生之德 安:, 民則惠 G 即所 ,謂 

仁 而未 k 有-仁 之 名? 至-商 書? 而名始 著 然其所 Jmo 大抵 皆 仁 之 用 顏子之 問〕 孔子 之 答 乃 

仁之體 也。 

- 朱 子 云 签仁也 者 天地 所-, 以 生,^ 物 之 心 而 入所-得 以爲 1^ 心 者 也 

日 、 愚按 近世 三 河 物 茂 脚 以,, 長 人 g 安民 好 生 之德, g 禹 解, 仁。 學者奉 以爲, -特得 之 見? 殊不 

是皆宋 儒 之 舊說也 ◦ 又 皆 漢儒之 舊説也 e . 

小 戴 記。 王 乃 命-公 ii^ 伯 子 男 及 群 吏-曰。 反 養-老幼 于東 序? 終, 之以, 仁 也。 文 王 世子 

又 云 春 作 夏 長 仁 也〕 秋 敏冬藏 義也。 樂記 

又 云 天地 嚴凝 之氣 始-於 西南? 而 盛-於 西北? 此 天地 之 尊嚴氣 也。 此 天地 之 義氣也 繊 g 天地 溫 

厚之 氣 始-, 於 束 北? 而 盛-於 束 南? 此 天地 之 盛德氣 也。 此 天地 之 仁氣也 e 0^ 

又 云。 束 方者赛 奢之爲 Jit 蠢也 產 ,- 萬 物, 者聖 也〕 南方 者 夏 夏之爲 JIB 假 也。 養, 之 長 k 之 遐, 之 

也。 西方 者 秋 秋之爲 J 一 n 愁也。 愁 X 之以 k 時 察 守, 義者也 C 北方 者 冬 冬 之爲, 言 中 也。 中 者 藏也リ 

是以 天子 之 立也リ 左, 聖鄕 k 仁。 右い 義偕, 藏也 同上 

乂云 子 曰 郊社 之義。 所-, 以仁,, 鬼神, 也。 甞; 稀 之醴。 所 „, 以仁-, 昭穆- 也。 饋 奠之鷉 。所 =- 以仁-死 喪- 

也。 甜鄉 之禮。 所-以仁, - 鄕黨- 也。 食饗 之禮。 所-一 以仁-賓客 一也。 仲 尼 燕 居 . 

麄運 祖廟 所- -以 本., 仁 也。 禮 行-祖廟? 而孝 慈服焉 C 



本 

理 





春秋 繁露 o 霸王之 道 o 皆 本,, 於 仁? 仁 天心 

又 云。 仁 之 美 者。 在-於 天? 大仁 也。 天 覆,, 育 萬 物? 旣化而 生, 之 又養而 成, 之 事 功 無, 巳 Q 終而 

C (( 

復始 凡 擧歸, 之以 奉, 人 察-於 天 之 意? 無-窮極, 之 仁 也 

- 朱 晦猜裹 仁 說0 天地 以,, 生物, 爲 マむ 者 也。 而 人物 之 生。 又 各 得,, 夫 天地 之 心? 以爲マ $ 者 也 故 語- 

心 之德? 雖= 其攄攝 貫通。 無., 所, 不, 備。 然 j 言以 蔽^。 則 仁而已 矣.^ 

尙書 ◦ 皐陶曰 ◦ 帝徳 罔, 愆。 臨, 下以, 簡 御, 衆以, 寛。 罰 弗, 及, 嗣 賞 延=于 世? 宥, 過 無, 大。 刑, 故 

無, 小。 罸疑 惟輕。 功 疑 惟重。 與,, 1 其 殺,, 不辜? 寧 失- 不經? 好 生 之德。 洽,, 于 民心? 茲用不 k 犯 =于 有 

司? 大禹謨 

孔臨 淮傳。 寧 失 =不 常 之 罪? 不, 柱,, 不辜之 善? 仁愛 之 道。 

繋 辭0 古之聰 f 知。 神武 而不, 殺 者 夫。 

C C 

荀子 哀公。 古 之 王者。 有- 1 務 而拘領 者, 矣 Q 其 政 好 k 生而惡 k 殺焉。 

C ( 

益 稷。 庶頑 讒說。 若不, 在, 膀0 侯以 明, 之 ◦ 褪以 記, 之 ◦ 書 用識哉 G 欲. U 幷生, 哉。 ェ以 納, 言 G 時而 

. 颺, 之。 格 則 承, 之 席, 之。 否 則 威, 之。 

愚按。 欲, I 並 生, 哉。 好 生 之德。 即仁 也。 比-諸 天地? 審氣^ 蕩。 生-長 萬 物, 者 也。 否 則 威 k 之。 刑 

殺 之 威。 即義也 ◦ 比 48 天地? 秋 氣懍烈 肅= 殺 萬 物, 者 也 U 

眞西山 德劳大 學衍義 し 仁 之 一 字。 尾, 一 於經, 者 ◦ 自,, 仲虺 之誥, 始 曰 克寬克 仁 彰- 信 兆民? 伊 尹 

大田錦 城 仁說 要義 四百 九十 五 



折衷 學 派 四百 九ナ四 

櫂- 輕重 之數? 論- 1 得失 之 道? 使& 近情 僞 必見,, 於 上? 謂,, 之 術? $11 終,;!^ 

春秋 繁露。 春秋 爲-- 仁義 法? 仁 之 法。 在; ざ 人。 ?在, 愛, 我。 義之 法。 在 我 G 不 k 在 i 乂。 我 

不,, 自正? 雖,, 能 正, 人。 き 予, 爲, 義。 人不, 被-其 澤? 錐-厚 自愛? 不, 予^ to 仁義 法 

C ノ C 

バ 又 云。 質-於 愛 T 民 以下。 至, 一 於鳥獸 昆虫? 莫 k 不, 愛。 方足ピ 謂, 仁。 仁者 愛, 人 之 名 也。 同上 

日 一 又 云。 何 謂, 仁。 仁者 惻但 愛, 人。 饉翁不 爭。 好惡敦 倫。 無-傷 惡之 心? 無- 隱忌之 志? 無-嫉妬 之 氣? 

ホ _ 無 = 感愁之 欲? 無- 險詖之 事? 無-避 違 之 行? 故 其 心 舒。 其 志 平。 其氣和 e 其 欲 節。 其 事 易。 其 行 道 

Z 故 能 手 易 和理。 而 無事 也 如, 此 者。 謂-之 仁? 必 仁且智 

倫 又 云。 仁 而不, 知。 則 愛 而不, 別 也。 知 而不, 仁。 則 知 而不, 爲也。 故 仁者 所 k 愛-人類, 也。 智者 所,, ー以 

J; C C C C C 

理ー 除-一 其 害-也 上 

一 苟悅申 藍。 仁 也 者 慈, 此者也 義也 者宜, 此者 也。 禮也者 履, 此者也 C 信 也 者 守, 此者也 a 智也者 知, 此 

す 者 也 政 © 

編 一 生 養 第二 

V 大 戴禮。 孔子 曰。 帝堯 者。 高 辛 氏 之 子 也. - 曰-放 勳? 其 仁 如, 天。 £ 其 智如. 神 §1 德 

繋辭。 天地 之 大德。 曰^。 所, 謂 知 k。 以= 生育, 言 也。 S^I;^5S__ 雖, 然左傳 。師隨 曰。 天 之 愛, 民 

甚矣。 群 以-- 慈愛-言 。亦 通。 

大戴誥 志。 天 作 1 仁 地 作,, 

( ( :LJ 



六韜 勇 則不, 可, 氾 智^ 不, 可, 亂 仁 則 愛, 人。 信 則不, 欺。 忠則 無-二心? 0^ 

C C /IV 

又 云。 富, 之 而不, 犯 者 仁 也。 貴, 之 而不, 驕者義 也。 付 k 之 不:, 轉者忠 也。 使, 之 而不, 隱者信 也。 危 

-之 而不, 恐 者 勇 也。 事, 之而不 i 窮者謀 也 

三 略 ◦ 道 者 人 之 所, 踏。 德者人 之 所」 お。 仁者 人 之 所 ご 親 0義 者 人 之 所, i 且 鱧 者 人 之 所, 禮 U 不, 可レ無 

ニ焉。 

下 文 Q 惻隱之 心" 仁 之發也 G 

史 記。 高祖 仁而 愛, 人 喜, 施。 高祖 本紀 

又 云〕 陛下 慢而 侮, 人 項 羽 仁而愛 X 人 同上 

/IK rv C, 

又 云。 袁盘 仁,, 愛 士卒 <? 士卒 皆 爭爲, 死。 袁 ^® 

賈誼 新書。 心 兼-愛人? 謂-之 仁? si 仁爲 ilaso 道 術 



又 云。 心 省- 恤人? 謂- 之惠? 反, 惠爲, 讎。 

又 云。 惻 隱憐, 人。 謂,, 之 慈? 反 X 慈爲, 忍。 

韓詩 外傳。 傳曰。 愛 由, 情 出。 謂-之 仁? 節, 愛理 、且。 謂-之 義? □ 愛 恭謹。 謂-之 禮? 文, 禮 G 謂- 

之容? 

漢書 公孫 弘曰 仁者 愛也 義者宜 也 禮者 所, 履 也 智者 術 之 原 也。 致 k 利 除 k 害。 兼 愛 無 ^私。 謂- 

之 仁? 明-是非-立-可否? 謂-之 義? 進退 有, 度。 尊卑 有, 分。 謂-之 禮? 擅-生 殺 之枘? 通-壅 塞 之 塗? 

て 

大田錦 城 仁 説 要 哉 Ena 九十 三 



折衷 添 四 PI 九. HI 

又 云 端正 而不, 知, I 以 爲,. 義。 相愛 丽? 知, ー以爲 P 仁。 實 而不, 知-一 以爲, 忠。 當 而不, 知-, 以 爲., 信 。天地 

又 云。 遠而不 k 可, 不 k 居 者 義也。 親 而不レ 可, 不, 廣者仁 也。 節 而不, 可, 不, 積 者禮也 ◦ 中 而不, 可, 不 

k 高者德 也。 一 而不, 可, 不 i 易者 道 也 ◦ 神 而不, 可, 不, 爲者天 也 ◦ 在宥 

又 云。 中心 物惶。 兼 愛 無, 私 此 仁義 之 情 也 天道 

春秋 繁露 G 汎= 愛 群生? 不 T 以,, 喜 怒, 賞罸 5 所 =以 爲,, 仁 也 Q 

呂氏 春秋 仁愛 之 心識也 長 利 

韓非子 仁者 謂,, 其 中心 欣然 愛, 人 也 其 喜,, 人 之 有 二 io 而惡 人 之 有 P 禍也 C 生-一心 之 所, 不, 能, 巳 

也。 非 k 求,, 其 報, 也 故 曰。 上 仁爲, 之。 而 無,, 以爲, 也 義者 君臣 上下 之 事 C 父子 貴賤 之 差 也。 知 

交 朋友 之 接 也。 親 睐內外 之 分 也 臣事 i 君宜。 下懷, 上宜 子 事, 父 〔且。 賤敬 J 貝苴。 知 交 朋友 之 助 也 

so 親 者 內而瑰 者 外 1且0 義 謂-其 苴, 也。 〔且 而爲, 之 故 曰 C 上 義爲, 之 ◦ 而 有,, 以爲, 也 解老 

僖 十四 年。 左傳 幸, 災 不仁。 

淮南子 仁 知 人材 之 美 者 也。 所』 S 仁者 ◦ 愛, 人 也。 所ヒ 知者。 知 V 人 也。 愛, 人 則 無- 虐刑, 矣 知, 

人 則 無,, 亂政, 矣。 云云。 故仁莫 i 大,, 於 愛义。 知莫 尖-於, 人 C 二者 不, 立。 雖_, 察慧 ifrn ?。 劬祿疾 

力? 不 k 免-於 亂- 也。 恭族訓 

司 馬 法。 仁 見, 親 義晃, 說。 智見, 恃 勇 見, 方。 信 見, 信 仁 本 

又 云。 惟仁 有, 親。 有, 仁 無, 信。 反 敗-其 身? 定 

( C 



又 云 o 驪姬 曰. - 爲, 仁與, 爲, 國不, 同 C 爲, 仁者 愛 ヒ親之 謂, 仁 爲, 國者 C 利, 國之 謂, 仁晋語 

穀梁傳 椬會不 致 安, 之 也 梪 盟不, 日。 信, 之 也。 信,, 其 信? 仁-其 仁? 衣裳 之 會十有 一 未.., 甞 

有 U 軟:, 血 之盟, 也 信 厚也" 兵車 之 會四。 未, 有- 大戰, 也。 愛, 民 也。 城お 十 

曰 安 曰 愛 民 是皆仁 之 解 也。 

苟子。 陳囂問 = 孫 卿 子, 曰。 先生 議, 兵。 常 以,, 仁義, 爲, 本 仁者 愛义。 義 者循, 理。 議兵 

C C 

又 云。 親: fe 故 k。 庸 齑勞, 勞。 仁 之 殺 也。 賁 i 尊:, 尊 賢, 賢老, 老 長, 長 Q 義之理 也。 行^ 得, 1 其 

節? 禮之序 也 ◦ 仁愛 也 ◦ 故 親 ◦ 義理 也。 故 行 ◦ 禮節也 Q 故 成。 大《 - 

墨 子 仁體, 也 籠 

又 云 義利 也。 禮敬 也。 孝 利, 親 也.^ 信 言合,, 於 意, 也 知 明 也。 

莊子 無 爲爲, 之 之 謂, 天 ◦ 無 爲言, 之。 之 謂, 德 愛 k 人 利, 物 之 謂, 仁 不, 同 同, 之 之 謂, 大 行 

( C ( 

不 _1 崖異? 之 謂 J^o 有-萬 不同? 之 謂, 富。 故 執, 德。 之 謂, 紀。 德成 之 謂, 立 循,, 於 道? 之 謂, 備 

不_ 一 以 X 物 挫., 志 之 謂 X 完。 天地 

耩性云 德和 也。 道理 也。 德 無, 不, 容0 仁 也 道 無, 不, 现0 義 也,」 義明物 親 忠也 中純實 而 

反,, 乎 情? 樂也。 信 行容體 ◦ 而 順,, 乎 文? 禮也。 是以, 寬爲, 仁者 也。 

父 1UO お S 徐無 鬼に 夫 民不レ 難レ聚 也、 愛レ之 M 親、 利 VMM 至、 

ヌ m ^禾±1ーー1^1.&義1 眷レ之 M 勸、 致 一一 其 所 P 惡則 散、 愛利 出 一一 於 仁義 T 

. 左傳 義利之 本 也。 ft ナ國 語。 仁 文 之 愛也。 M 此言, 愛 出,, 乎 仁? 利 出, 乎義, 也 

,大《 錦城 仁 説 要義 四百 九 1 1 



折衷 a- 汲 百 九 f 

小 戴 記。 穆公曰 C 仁 哉 夫 公子 重 耳。 哭而 起。 愛, 父 也 擅 弓 

C C 

又 云。 仁 以愛, 之 義以 正, 之 如, 此則民 治 行矣。 樂記 

C C 

又 云。 發 k 出莕。 而 民說。 謂-之 和? 上下 相 親。 謂-之 仁? 民不, 求,, 其 所., 欲而 得, 之。 謂,, 之 信? 除,, 

ノ 去 天地 之 害? 謂-之 義? 義與, 信。 和與 k 仁 覇王之 器 也 解 

又 云 仁者 右 也 C 道 者 左 也 U 仁者 人 也 道 者義也 厚,, 於 仁, 者 簿,, 於義? 親 而不, 尊 厚,, 於義, 者 

薄-於 仁? 尊 而不, 親。 表記 

表記 又 云 母 之 親, 子 也 資則親 X 之。 無能 則憐, 之 母親 而不, 尊 C 父 尊 而不, 親 

又 云 子 言, 之 仁 有 _| 數義? 有,, 長短 小大? 中心 僭 愛, 人 之 仁 也 率, 法 而强, 之 資, 仁者 也 詩 

云 豊水 有 A 芭 武 王豈不 k 仕。 詒, -厥孫 謀? 以 燕-翼 子? 數世之 仁 也 Q 國風曰 我 今不, 閱 皇, 恤= 我 

一 後? 終身 之 仁 也。 同上 

i 又 云。 長 k 者。 章」、 5 負, 敎。 尊, 仁以 子,, 愛 百姓? 民 致お^。 以 說,, 其 上, 矣。 m 衣 

一 又 云。 仁者,! T, 以觀, 一 其 愛, 焉。 知者 可 H 以觀- 其理 -焉。 強者 可 =1 以觀 其 志, 焉 Is 四 制 

一 大 戴醯。 仁者 莫^,, 於 愛" 人。 知者 莫, 大,, 於 知 _feo 政 者 莫^-於 官, feo 主 言 

春秋 外 傅 言, 仁 必及, 人 仁 文 之 愛也 愛, 人 能 仁 周 語 

C C ( 

又 云。 明,, 慈愛? 以道 = 之 仁? 楚語 

ヌ云。 明-度量? 以 道-之 義? 明,, 等級? 以道 之禮? 



又 云。 仁人 之 於, 弟 也〕 不 fe, 怒焉。 不:, 宿, 怨焉。 親-愛 之 一而 已矣。 萬 草 

C C C 

又 云 吿子曰 食 色 性 也 仁內 也。 非:, 外 也。 義外 也。 非, 內也。 吾 弟 愛, 之 秦人之 弟 ◦ 則不, 愛也 

C ( 

是以 1 我爲, 悅者也 故 謂-之 內? 長-也 人楚 長? 亦 長-吾 之 長? 是以, 長爲, 悅者 也。 故 謂-之 外 I 也。 

告子 

又 云 小 辨之怨 親, 親 也 親, 親 仁 也 同上 

莊子 天運。 商 太宰蕩 間-仁 於莊 子? 莊子曰 虎狼 仁 也。 曰 何 謂 也。 莊子曰 ハ久子 相 親 何 爲不, 仁 ◦ 

曰 請 U 問 至 仁? 莊子 曰。 至 仁 無, 親。 太 宰曰。 蕩聞 A 之。 無, 親 則不, 愛。 不, 愛 則 不孝 謂-至 仁不 

孝? 可 乎。 

又 云。 孩提之 童〕 無, 不, 知 i 愛- i 其 親-也。 及-其 長-也。 無^, 知 i 敬-其 兄-也。 親 k 仁 也。 敬 4 義 

也 G 無, 他 達-之 天下, 也" 0,^ 

又 云。 仁 之實。 事, 親是 也。 義 之實。 從:, 兄是 也。 

孝經。 敎, 1 民 親愛? 莫, 善-於 孝? 

論語。 孝^^也者。 其爲, 仁 之本與 學而 

又 云. - 知者 無:, 不:, 知 也。 當 務之爲 鉦。 仁者 無 朱:, 愛也。 急ヒ親 fe; 之爲, 務 C 盡、 5 

又 云 仁者。 以,, 其 所., 愛。 及, 一 其 所" 不 不仁 者. - 以-ー 其, 不, 愛。 及, 一 其 所 _i。 同上 

中庸 o 仁者 人 也 o 親, 親爲, 大ぃ 義者宜 也 尊, 賢爲, 大。 親 X 親 之 殺。 尊, 賢 之 等。 禮所 i 生 也。 

C ( 

大田錦 城 四百 八十 九 



折 哀學^ 四百 八十 八 

仁說 要義 

,p 負け 1 "Ja^ 裳 

加 賀大田 元 貞公幹 著 門 入 江戸 北 村忠與 校 

南 總禱矢 元 鼎 

予少 作-仁 說提 網? 襲 _| 宋儒 舊說? 以, - 天地 生物 之 心, 爲 k 仁 後 取-其 晰 名義 篇? 支 分條列 C 以 作,, 仁 

說 要義? 先 秦西漢 諸 書 言及, 仁者。 大槪錄 k 之。 頗爲 - 詳悉, 矣。 夫 孔子 言, 仁。 則 衆 善 之宗也 C 而時 

或 及- 1 親愛 生育? 諸 書 言, 仁 e 則 親愛 生育 之德 也。 而時或 及,, 衆 善 之統? 旣已 明。 知,|^1|語仁字? 則 

諸 書 言, 仁之義 亦不, 可, 不, 知 也 ◦ 欲, 知,, 諸 書 言, 仁 之義? 則予之 要義 ◦ 亦不, 可,, 廢棄, 也。 董仲舒 

曰。 仁 天心。 以爲 以爲 慈愛 生 養? 無, &而不 = 協當? 先達 嘉言。 其 妙 如 あ。 是豈 可,, 廢棄, 

乎 G 唯 予之所 k 解。 言 涉,, 論語』 者 e 皆舊說 也。 多不 A 得-是正? 附,, 之於雞 肋? 可也。 文政 三年 庚 辰 

秋 八月 望 。多 稼 老人。 

親愛 第 一 怒 f 

論語。 樊遲 問, 仁。 子 曰。 愛, 人 。問, 知 曰知义 顔 港 

C ( C , ヽ 

易大傳 樂 k 天 知, 命。 故不, 憂 安, 土 敦,, 乎 仁? 故 能 愛 ◦ «s 

C C 

孟子。 愛 乂不, 親 C 反,, 其 仁? 治 义不て 治。 反, I 其智? 鐘 义不, 答。 反-其 敬? 齄赛 

C C 

又 云。 君子 以, 仁存っ $0 以, 醴存, 心。 仁者 愛:. 人。 有, 禮者 敬, 人。 同上 

C ( 





偷 

理 

編 



k 仁 乃 孟子 以, 仁存, 心 也。 若-夫子 路 言,, 志 曰。 車馬 衣裘。 與- 朋友, 共。 敝 k 之而無 ^慽0 夫 凡人 之 

情。 假,, 人 衣裘? 汚垢且 有, 憾 i ^於,, 破裂, 乎 如 子路之 言。 止,, 於 敝., 之 則心雖 k 有, 慽 外面 飾 i 義。 

徴 可,, 得 而爲, 也已。 有 k 無 k ,心。 有, 慷爲 = 小 入? ML 慽 爲-- 君子? 聖賢 心 術。 豁然 大公。 無-私 

k 己 之 欲? 於, 是乎 可, 尾也已 Q 假,, 朋友, 以,, 衣裘? 慽= 其 垢敝, 者。 豈 能-夷 齊讓, 國之 事, 乎。 又豈 能- 

堯舜讓 = 天下-之 事. i 乎 Q 子 路此語 可 夷 齊堯舜 之 仁-之 方 也 能 悟- 此理? 則 不-- 亦悅, 乎 悅者何 

物 不- 亦樂, 乎 樂者 何物 悅之與 ,樂0 非 i 心而何 人不 k 知 而不, 惯 慍 與不, 慍 非リ 5 而何 慍 

爲= 小人? 不 k 爲,, 君子? 君子 小人 之 判。 唯 在 =此 心 之 榲與" チ慍 耳。 論語 説-心 術 心 法? 自- 開 卷-如 

,此0 可, 見 孔子 之學爲 心學? 而餘語 一書 爲-心 學骨髓 1 矣。 . - 

聖人 之 學心學 也 U 雖, 然靜坐 冥 目 求,, 中 於 未發, 之 類 乃坐禪 入定 觀念觀 法 之 類 非-孔子 之 心 學-也 ◦ 

曰 節, 5 而愛, 人 是 孔子 之 心學也 人心 有, 欲 G 飮 食欲-珍 異? 衣服 欲-文 繡? 宮室 欲- 雕嗇? 器玩 

欲- 鮮潔? 苟縱- 其 欲? 無, 爲- 儉制? 則 財 用爲, 此 彫盡。 不 ,能=1賑= 濟人之 急? 雖^ = 愛, 人 之 心? 然 

無-愛 A 人 之實? 如 至 = お 則 聚斂 殘賊之 政 行焉" 欲 之不, 制. - 爲 --汰 侈- 爲-- 殘虐? 其 可, 畏也如 i 此^ 

是故尙 k 節 k 用 者。 非- -克 k 己復 则不 A 能 也 U 非- 以 k 制" 欲。 則不, 能 也〕 然則節 者。 乃 節 

, 欲 者 也。 節用 二字。 即是 聖人 心學。 程叔子 論- -此章 > 云。 此言 至淺。 豈能 解- -聖 言-者 乎 哉 Q 京^ 郝氏 

有, 首 論語 無 ,,, 一 字 說,, 心性? 而 無,, 一 字不 P 通-心性? 眞知言 也 哉。 ; 

大田錦 城 附錄 S 條 四百 八 4. 七. 



折衷 舉?! 四 百 八十 六 

經傳, 第 一 甲 令 也。 能 知- 此義? 則 三月 不, 知, i 肉 味? 聖人 信, 道 尊, 德之至 也。 食 而不, 知,, 其 味? 言., 小 

人溺 --聲 色-走-利欲-者.. 也 如 有乂。 憂-君 親 之 病? 而食 而不, 知-其 味? 則 忠孝 之 至 也 大學之 言 

豈 言- 此類 >乎。 論語 說, 仁 五十 三條 而言 子罕言 X 仁 ◦ 仁者 衆 善 之 本。 非-, 容易 之 可., 知 也 又 非 _,容 

易之 可, 盡也。 故 夫子 罕言 是自 一義 其 實則不 _,獨 五十 三條, 也. - 二十 篇皆 是爲, 仁 之 方 C 皆是 造, 仁 

之 道 也 胡 寅 所, 謂聖門 之途。 皆學, 爲, 仁 C 夫子 言行 0莫, 非, 仁 也 其 在,, 論語, 者著矣 實 得-肯綮, 

者 也 G 南 軒 張 氏 輯,, 錄五. 4. 三條? 作 洙泗言 仁錄? 不, 知 論語 一 書。 皆 是爲, 仁 之 方 C 皆是 造, 仁 之 道 C 

昔 人 笑-其 陋, 者。 當矣。 敬 夫 所, 見〕 不 k-l 胡 寅-遠 矣。 我 邦 伊藤 仁齋 父子。 据_-論語不^,知-ー肉味?而 

疑- 大學 不., 知,, 其 味? 物 茂 卿師第 据,, 五十 三條? 而 疑,, 子罕 言. fc。 子 罕言, 利爲, 句。 與, 命 共 ◦ 與, 仁 

共 所, 解 如, 此。 雖:, 然子罕 言 利與, 命 與.. 仁。 與 ,夫子 之 言 =, 性 與= 天道? 一 同 語 例 不, 可, 爲,, 別解, 

也。 签其陋 出, 不, 知- 經 傳牴牾 N 例 I 焉。 二 家 陋習。 沈- 學者 肺腑 _莫_, 之 能 洗, 也 C 卷 百有餘 年矣。 今 

不レ 破-其 窠窟? 則不, 能 X 使 S 道 學經義 昭_, 明 後世, 也。 

1 同 聖人 也。 伊 尹 事 而伯 夷不, 事 1 同 德行之 士也。 仲 弓 爲,, 季 氏宰? 而閱 子籍辭 -爲_1 費 

宰? 古人 出處 牴牾. - 亦復 如, 此。 

論語 心學 

宋儒稱 聖學, 爲-- 心學? 極是。 我 邦 唱= 古學, 者。 奉- -崇 論語 一部? 而 不二, 他經? 却 惡,, 心學 二字? 可 

* 笑之甚 他經姑 置不, 論 論語 1 睿。 是心 舉骨髓 也。 曰 C 思 無 >邪0 乃大學 心 正 也。 ©0 其 不, 違 



,天0 聖人 之德合 k 也。 范子 lis 缺配 g き ns 立爲- 夭 子, 也 左傳. W 嶽則配 5^ ね 十 言 = 山嶽 之 功 

比, 天 也 太 E- 大雅 周易 天位 天 王 之 位 孟子 天位 天職 天祿 典- 舜典天 功 皐陶謨 天工 堯曰 帝臣, 

同 孟子 天爵 仁義 忠信 周易 好爵 I; 是也 周 禮天官 太 宰是也 馬史 天官。 司 天 之官是 也。 孟 

一 子 天 吏。 j,s^^ 乃 天 之 理官。 若 夫繋辭 天下 何 思 何盧。 如-天下 之 事 不.. 待,, 思慮? 然大學 云。 慮 而後 能 

日」: 得。 大甲云 ◦ 弗, 慮 isa 獲。 洪範云 思 曰』 營。 春 作, 聖。 孟子 人 皆 有 V 所, 不, 忍。 仁 也 ◦ 而 論語 小不ら 3 

本 一 則亂 -1 大謀? 尙書必 有, 忍 也。 若 能 有, 濟也 所論 語子絕 i 四〕 曰。 母 「必。 X 云。 必乎 正, 名 乎 必 

乎 使 kfe 乎。 論語 仁者 不, 憂。 孟子 堯獨 憂, 之。 舜以, 不, 得,, 禹 皐陶, 爲_, 己 憂? 論語 勇者 不, 懼 C 吿,, 

\ 子路- 曰。 臨 i 而懼 C 論語 友ー諒 又云リ 君子 買而不 戒, -子 貢, 曰。 予欲 W, に 言。 稱- 顔 li, 曰。 

®. 一 吾與, Ise 終 曰。 稱, I 子路, 曰。 由 也果。 於, 從, 政 乎 何 有。 u^,, 荷蒉丈 人, 曰。 架 哉 末,, 之 難, 矣。 敎,, + 

路 >曰0 躬爲 不善, 者 君子 弗, 入 也 而欲, 應,, 公山 佛^ 之 招? 故 雖,, 子路, 亦 疑, 之 夫子又言0天|^.. 

有, 道 則 尾。 無, 道則隱 春秋 末世 無道 之 極 也。 故 曰。 天下 之 無, 道 也 久矣。 又 曰 道之不 V 行 已知 

Z り Z 矣。 長 ffi 缀溺輩 遐擧遠 引。 晦 k 迹銷 蘀。 無, 道 而隱。 能 履-, 孔子 之 語, 者 也。 孔子 則不, 然。 曰 ◦ 天 

. 下 有, 道 C 丘 不=與 易, 也。 又 云。 得, 見-君子 者? 斯 可矣。 是 言.. 世 無-君子? 而稱, ,{ 必 子賤, 曰 君子 哉 

若人。 稲-南 宫适, 亦 曰。 君子 哉 若人。 又 言。 未. 聞,, 好, 學者? 是 言,, , 世 無,, 好 y 學者? 而稱, I 孔文 子, 曰 

敏而好 レ學。 凡 如, 此類。 經傅 極夥。 不, 勝-一枚^? 今 擧,, 今 其 ニー 一 耳 。是皆 似, 一 牴牾? 而其霣 非 一一 牴 

牾? 不 i 可- -以, 此疑, 彼。 以, 彼 難,, 此。 祭 義云。 夫言豈 一 端 而已。 夫 各 有, 所, 當 也) 此言極 妙り 是 學,, 

大田錦 城 i-s 四百 八十 五. 



折 衷 «1百< 十四 

有 在 之 誤 也。 商頌 昔 在 成 湯 諸 本 多 誤 作-昔 有? g 孟子 着, 炙 亦 I 有,」, 外與。 是亦在 之 也 

下 文 飮食亦 在, 外 也。 在 i 外 誤 作 X 有, 外。 是明徵 也。 賢者 所, 議。 不資者 所, 識 雖, 有-, 大小 之異? 

均是 文武 之 道 也。 故 曰。 荚, 不, 在-文武 之 道, 焉 如 作,, 有 字? 則 語意 非, 不, 通 也 然緩而 無, 昧 

Z 經傳似 牴牾, 例 

a 一 尙書 巧言令色。 惡行也 o§ 瞻 、大雅 令 儀 令色〕 I" 美事 也 C 中庸 索, 隱行, 怪。 惡行也 繁 

本 一 辭。 探, 頭 索, 隱. - 美事 也。 ^子。 大人 者不, 失-赤子 之 心? 美 行 也 左傳 昭 公生 十九 年矣 猶 有-童 

心? fijl 十 惡事也 孟子 士 尙』、 50 美 行 也 樂記 敖 辟喬』 50 惡事也 孟子 0不^ 動 k 心 C 以= 動 心 一 

_ 爲 -ー惡 事? 動つ $ 忍, 性。 增- 一益 所,, 不, 能。 以-ー 動 心, 爲- 一美 行? 論語 言必信 ll^p ェ然 小人 乎 哉 孟子 亦 

理 一 言 大人 者 言 不-, 必信? 以-必 信- 爲-惡 事? 孟子 言語 必信 非- 以 正., 行 也? 比-並 動容 周旋 中.. 瀘 

~ 以-必 信, 爲_- 美 行? 子 C 今 有-仁心 仁 聞? 而民不 i 被, I 其澤? 又 云 仁磬 入, 民 之 深 仁 聞仁聲 一 事 

魏 一也。 一 言,, 民 不,, 被, 澤 C 1 言,, 入, 民 之 深? 論語 君子 周 而不, 比 C 小人 比 而不, 周 左傳 醜類 惡物 Q 

\ 是與比 周 gisis?5 比 周共爲 --惡 行? 不-- 特是- 也。 論語 義之與 比。 以, 比 爲-, 美事? iso 君子 

^ 泰而不 k 驕 C 小人 驕而 不, 泰 大學 覊泰以 失 V 之 展泰共 爲-, 惡行? 不-- 特是, 也 論語。 今 拜,, 乎 上? 

泰也 以 i 泰爲 --惡 事? ;!! i 孟 周易 中道 中 行 言,, - 中正 之道 無-, 過不及, 也。 論語。 中道 而廢 中庸 所 JS 

半 塗而廢 也。 尙書 ロ實〕 き § 語 言 也〕 せ? ?譜 周易 。實。 飮食 也。 賢ム羊 ロ實。 ー舍珠 也。 孝經 

天 WW 帝 « = 祭 皇天 上帝, 也 召 黠多士 配, 天 甲大雅 帝 C 記,, 合 皇天 上^ 之 幸 I, 也 中庸 配 



罄孫 疑, 之。 踵 fc 襲, 陋。 後世 莫, 知,, 是正? 得,, 吾此 解? 千古 疑 案。 一 ほ! 澳 然氷釋 C 豈 不,, 偸 快, 乎ひ 

經義 道學。 歷, 久 論定 C 不= 獨是, 也。 



君子 坦 蕩蕩 U 小人 長 戚戚。 述而 . 

君子 在&。 避- 危儉, 而 就-平坦? 中庸 所, 謂 君子 居 k 易 而俟, 命 也。 雖, 然是儷 偶 之 語。 而坦與 

殊 不,, 相 俳 儷? 坦字是 恒字之 誤。 易傳。 恒久 也。 g 不, 可,, 以 久處, 約 也。 不, 可,, 以 長處, 樂也. > 

長 相 對0 恒長相 偶 固 同 例 也 

有-一 婦 一人- 焉 Q 九 人 而已。 泰怕 

識 小編 ◦ 婦當, 作, 般 般 入 者膠鬲 也。 淸 人馬 旻狭有 ご說」 說 尾- -于喬 鉢燕臺 文選 周 亮ェ書 影? 

維- 疏食 菜囊, 瓜 祭。 必齊如 也。 鄉露 



安國 古文 作, 瓜。 魯論 作, 必。 玉藻 瓜 祭,, 上 環? 後人 据, 此〕 莫 k 知-其 誤? 殊不, 如疏 食茱羹 是對 

儷 語。 加-瓜 二子? 則 極 屬,, 不倫? 古文 斷是謬 誤。 從-魯 本? 

才 不才 。亦 各 111 口 其 子 也 C 先進 



或 云 Q 言 字 蛇足。 或 是訛惩 Q 



夫 執: 輿 奢。 爲, 誰 乎 撒 子 

經傳無 一一 執 輿 字? 輿 是轡之 誤 a 



六轡在 k 手。 衞風. * 執, 轡如, 龃。 是其證 也 ◦ 



莫, 不, 有-文武 之 道 ー焉。 子 m 

大田錦 城 附^ 三條 



四 八 tl 二 



折衷 s- 添 EI 百 八十 Jl 

跗錄 11 



玄 齡季喬 

男 同校 

如 晦季明 



鼸 舆,, 其 奢, 也 o 寧儉 o 喪 與,, 其 易 ,也0 箏戚 A» 

集 解 以ぃ易 爲= 和 易? 集註 以爲 k 治。 皆 屬= 不通? §|_; 先 儒 有. 云。 易 字 具 之 誤。 是 千古 定說。 檀 弓。 

子 柳 之 母 死。 子頓請 X 具。 又 喪具 君子 耻, 具。 又子游 問-喪具? 夫子 曰 稱,, 家 之 有 亡? 夫 禮之奢 U 

喪 之 具。 皆 出-於 侈 心? 其 弊 一 也〕 檀弓 子路曰 吾 聞,, 諸 夫子 7 喪醴 舆,, 其 哀不, 足而義 有, 餘也。 

不, 若 = 鱧不, 足 而哀有 P 餘 也。 是其義 也。 具 者 乃 蘆 有, 餘也 

顧 車馬 衣ー輕 I 裘 與-, 朋友, 共 弊, 之 C 而 無, 慽。 お 冶 

輕字殊 屬-- 蛇足? 次篇。 赤 之 適 i 也。 乘-, 肥馬, 衣,, 輕裘? 相 仍而想 耳。 古書 此例極 多。 

夫子 一. 1^ 一, 之 曰 予 所, 否 者 天 厭, 之〕 天 厭, 之 C 雍也 

集 解 集註 以, 矢 誓 C 孔安國 旣已疑 k 之 C 蔡 謨以, 矢爲, 陳」 引 T 書 序車陶 矢,, 厥 謀? 春秋 公矢, 魚于 

棠 5 郝京山 詳解 信-用 其說? 日雖, 然 夫子 矢, 之 tisi_, 此例? 皆 不通 之 說也。 矢 字是吿 

之 誤 樊遲御 子吿, 之 曰。 I 皆 坐. - 子吿. 之 曰 某 在 ^斯0 某 在, 斯。 I 轚是 其確徵 當,, 瀵武時 < 



曰 

彙 

編 



洪氏辨 --程 S: 諸家 之 非? 極是也 唯 曾 子篤實 務 --德 行? 衆 德難蕞 故 夫子 指-, 其 要? 而吿- 一 貫? 

子 貢 聰明 務 --學 問? 多識難 ,遍0 故 夫子 指-其 歸? 而吿- 1 貫? 聖人 之 敎义如 ^0 是亦學 者 不% 

レ不 ま。 



き: 



一 貫 明義終 

大田箧 I 莨明義 四 ほ 八: 



折衷 學 派 四 la 八 t 

所 "惡 故 幾-於 道? 蘇 子 由 解 云。 道 無, 所,? 在。 ,所,? 利 而水 亦然。 然 而旣已 麗,, 於 形 S 於 

逊有, 間矣。 故 曰。 幾-於 道? 然而 可, 名 之 善 未, 有-, 若, 此者? 故 曰 上 善。 其 說與, 此略 同。 整 5S 

堯舜之 道。 孝悌 而已矣 fHm- 夬子之 道 忠恕 而已矣 謫語 緊急 切迫 之辭也 知, 所-, 先 後? 則 近, 道 

矣 大學 忠恕 違, 道不, 遠 中 ISi 緩慢 之辭也 雖, 有-, 緊慢之 異?. 其 實則同 何以 知, 之 孟子 曰 其 違, 一 

禽獸 -不, 遠矣 人 見-其 禽獸, 也 由; K 觀 k 之。 違-禽獣- 不:, 遠 者 即禽獸 也" 逢, 道不 Ji^ 者 即道 

也。 程 門 諸家 所, 說。 與,, ま 成 所, 辨 未, 知 = 此義? 則 以,, 五十 步, 笑,, 百步, 者 也。 

洪邁曰 一 以 貫:, 之 之 語。 聖賢, ひ 學也。 夫子 以 吿,, 曾 子 子 貢. j> 而學者 潜 以爲, 不, 同. - 尹 彥明曰 .0. 子 貢 

之 於, 學。 不, 及-曾 子-也 如, 此。 孔子 於-, 曾 子? 不, 翁-, 其 問- 而吿, 之。 曾子復 深^, 之。 曰 唯 至, 「子 

貢? 則 不趸- 以 知., 之矣 「- 故先發 子 而識, 之 之 問? 果不 fe, 知, 之。 以爲, 然 也。 又復 疑-其 不 

而 請焉。 方吿 y 之 曰。 予 一 以貫, 之。 雖, 聞-其 言? 猶不 レ能レ 如-一 曾 子 之 唯, 也。 范淳父 亦 曰。 先攻-一子 貢 

之 失? 而後 語 以,, 至要? 予 竊以爲 二子 皆孔 §: 高弟 也 其 聞, 道而 唯。 與 3 夫 聞 面 不,, 復問? 皆已 默,, 識於 

言 意之 表- 矣 C 世 儒 所 „,以 卑-, 子 貢, 者 爲 H 其 先 然= 多 學而鞴 之 之 旨, 也 是 殆不, 然 方 閡= 聖言, 如 

,是0 遽應曰 k 否 非., 弟子 所,, 以敬 "師之 道, 也。 故 對曰然 而繼 以,, 非激之 問? 豈爲, 不, 能, 知 乎 或 

者 至 A 以爲 * 孔子 擇 丽 か, A 參賜? 蕴非,?餘人所.^得聞5 是 又不, 然 顏氏之 子。 冉子之 孫 豈不, 足- -以 

語" 此乎 曾 子 於-, 1 唯 之 後? 適 門人 有, 問 C 故 發,, 其 忠恕 之 言? 使。, 子 買 亦 有-, 從而問 者? 其必 有- 以詔 

,之矣0 容孺 



生- 1 乎 此處? 仁者 衆 善 之 本 衆 善 者 仁之屬 能 知,, 此義? 則 1 賞 之 義盡焉 

五 燈會元 序 孔聖曰 參乎 吾 道 1 以赏に 之 曾 子 曰 唯 子 出 門人 問 曰 夫子 之 道 忠恕 而已矣 P 

叉 釋迦在 _| 靈山, 拈, 華。 迦葉 微笑。 世 尊 曰 ◦ 吾 有 U 正 法眼 藏涅鹖 妙 心? 付- 囑摩 訶大迦 葉? 二者 用處不 

,同0 義則 1 也 C 

拈華 微笑 事 見,, 傳 燈錄? 而他經 論 無, 之 獨 出-於 大 梵天王 問佛决 疑經? 是唐 時偽經 然世 無,, 知 

者? 王荆公 在-翰 苑, B 檢-, 出 之? 華 ま i 一日 葉 構 使 其 事 有無。 非 ミ儒氏 之 所- 敢 論-也。 唯 聖人 

一 貫 之 旨 固 屬,, 妙義 ^ 雖, 然以, 此擬 - 單傳心 印? 則 近-似 乎 兒戯, 矣 

兪成 曰。 曾 子 曰。 夫子 之 道 忠恕 而已矣 中庸 云 忠恕 違, 道不, 遠 學者 疑爲, 不, 同 伊川 曰 中 

庸 恐-人 不 Ti-O 乃指而 示-之 近? 曰 忠恕 固 可,, 以 贯,, 道 ◦ 子 思 恐,, 人 難 "曉。 故 降-一等, 言, 之 又 

曰。 中庸 以,, 曾 子 之 言? 雖,, 是 如,, 此 又 恐-人 尙疑? 忠恕 未, 可,, 便爲 "道。 故 曰。 違 k 道不 游定夫 

曰 道 一 而已。 豈參 彼此 所-能 預, 哉 此 忠恕 所,, 以 違., 道。 爲= 其 未" 能,, 一 以 賞., 之 也。 雖, 然欲, 求, 入 

レ道 者。 莫 k_l 於此? 此所, I 以違, 道不 "遠 也。 楊 中立 曰。 忠恕 固 未, 足,, 以 盡., 道。 然而 違, 道不 也 

侯師聖 曰。 子 思 之 忠恕 n 施-諸 己, 而不, 願 亦 勿 k 施,, 於 人? 此已是 違, 道 若-聖人? 則不, 待 T 施,, 諸 

己, 而不, 願 然後勿 や 施-諸人, 也つ、 諸 公之 説 大抵 不, 同 予 切以爲 道不 ^可_1 名言? 旣麗, I 於 忠恕 

之 名? 則爲, 有, 迹。 故 曰 違, 道。 然 非,, 忠恕 二字? 亦 無,, 可 _| 以明 i 者 S 故曰不 J 、唣 非, 謂-其 未 

以 盡., 道 也 違 者 違 去 之 謂。 非,, 違畔之 謂? 老子 曰 上 善 若, 水 C 水 善 利-萬 物? 而不, 爭 處,, 衆人 之 

大 E 銘城 一 S 明 *S 四百 七ナ九 



折衷 學 PS 四百 七十 八 

5fllf あ Iftf 言雖, 淺。 實能 得,, 一 賞 之義, 矣。 

樊遲問 t。 子 曰。 愛义。 仁、 い 愛 乂言。 聖賢 之 遺訓 也。 §^1|;§ー§ル|;^|^^||^^き不チ1,ーに夫父子 

• 之 親 君臣 之義。 夫婦 之 恩。 兄弟 之 友 朋友 之 忠信 C 孰 非, 以,, 相愛 之 心, 乎 苟 無,, 相愛 之 心? 則 五 

一 倫 敎焉。 人道 滅焉 仁者 人 也 愛 \爲^0 1 愛 賞,, 萬 善? 一 仁 貫,, 百行? 以, 仁爲 

日 一 ,愛0 亦暮 通,, 一 貫 之義, 矣。 袁宏曰 夫 仁者 愛, 人。 施-之 於 君? 謂,, 之忠? 施-之 於 親? 謂-之 孝? 

本 ii 其 言 雖 亦 略 得- 1 1.^ 之義 -矣。 

孟子 曰 C 夫 道 一 而 已矣。 子 曰。 道 一 1Q 仁 與,, 不仁, 而已矣 是 一 賞之說 也。 夫 諸 善行。 分, 之則爲 U 

倫 孝悌 忠信? 爲= 禮義 廉耻? 合, 之 則 一 之 仁 也。 諸惡 行。 分, 之 爲= 不孝 不悌? 爲, I 無禮 不義? 合, 之 則 一 

m 之 不仁 也。 衆善歸 _,于 一仁, 焉 G 諸惡 歸,, 于 一 不仁, 焉。 能 知,, 此義? 則 一 貫之義 明矣。 

儒 行 云 a a 茛者仁 之 本 也 G 敬 愼者仁 之 地 也" 寬裕者 仁 之 作 也。 孫 接 者 仁 之 能 也。 禮節者 仁 之 貌也リ 

言 談者仁 之 文 也。 仁 之 貫,, 諸行? 古人 明, I 言 之, 如お。 . 

人 之 心中。 具,, 備 孝弟 忠信 仁義 禮智? 如, -殺舖 排,, 置 綾羅 錦 籙布帛 鍵 細, 乎 又 如, 藥肆收 _| 貯蕩蓍 K" 求 烏 

一 附 遂戟, 乎。 唯是 一 心。 湛然虛 明。 觸, 境應, 物。 善心 發 0:?^。 對, 親。 則 慈愛 之 心 生焉。 對, 君 G 則 恭敬 

之 心 生焉。 見 HI 孺子 入.^ 井。 則惻 g:! 不 k 忍 之 心 生 焉。 見-偸 兒穿 P 墙。 則羞 惡不, 爲之心 生焉。 爲, 孝爲 

レ友。 爲, 忠爲レ 信 ◦ 爲レ 禮爲, 義。 爲, 智爲, 勇。 唯ぐ 是 一 心 而已。 譬則水 也。 爲 k 爲:, 瀾。, 潘爲 レ瀨。 

爲:, 淵爲, 谭。 爲, 洞爲, 匯 一 水^ 已「」 孟子 曰。 仁人 心 也 衆 善 之 本. - 在 =于 此處? 而衆 善之發 G 



B 



本 



理 

彙 



一一 

y 



爲-- 求, 仁 之 方, 也 忠恕 爲 U 求, 仁 之 方? 一 之爲, 仁 亦 可-推 而知, 也已 

程 朱 分- 1 一 與" 貫。 巳爲 --大 惑, 矣。 叉以, I 忠恕, 爲,, 一貫? 最屬- 牽强? 以, 忠 爲-, 天道? 恕 爲,, 人道? 

以, 忠爲, 體, 一大 本? 以レ 恕爲, 用爲- 一達 道? ま 離 衡决。 何苦爲 一一 此 異議 一 乎 至、 以= 維 天 之 命 於穆不 

P 已爲, 忠。 乾 道變化 各, > 正-性 命, 爲.. 恕。 詩 易 固 無,, 此 a? 又 無,, 此義? 雖,! IU 非,, 胡說亂 道? 吾不, 信 

也 - 

分,, ー與 P 貫 同-, 堅 白 異同 之辨? 聖人 書中。 無 此暖昧 之 議論, 焉。 吾不 i 宋儒學 古 之 道? 使 i 人 

爲= 公孫龍, 矣。 噫。 

仁 何以謂 = 之 一, 乎 曰0 孝弟 爲, 仁 之 本 曰 忠恕 爲, 仁 之 方 子 張 問, 仁 則 曰 恭寬信 敏惠。 樊遲 

問ら。 則 曰。 恭敬 忠。 曰。 先 i 後 i。 曰 。愛 ,人0 子 貢 之 問 則 曰。 能 近 取 &IO 曰0 事 k 友, 仁。 

顏淵之 問 則 曰。 克, 已復; 仲 弓 之 問。 則 曰。 敬恕。 司 馬 牛 之 問 則 曰 額 ,言0. 仁者 諸行 之 本 

宗。 諸行 者 仁 之 細。 .爲^ 仁 之 工夫 也。 孔子 以-, 諸行, 説, 仁。 則 仁 之 賞,, 諸行? 諸行 之 歸,, 于仁? 

仁 之爲, 一 。 又 何 疑。 

中庸 云。 仁者 人 也。 接 i 人 之 道 也。 接, 父爲, 孝 C 接, 子爲, 慈 Q 接, 兄爲 X 梯 C 接, 弟爲, 友。 接, 君 爲,, 忠 

直- 爲- 恭敬? 接 ま-忠恕 >爲= 恩惠? 接-朋友, 爲= 信義, 爲- 忠厚? 接,, 賓主- 爲-禮 儀, 爲,, 謙譲? 一 心 之 

發 e 以- 所, is 之 人? 殊,, 其 用? 而其 本。 則 一心 也 e 1 仁 之 用。 以,, 所, 接 之 人? 殊,, 其 行? 而其 本。 則 

1 仁 也" 一 仁 貫,, 百行? 一 善 貫-萬 事? 故何晏 曰。 忠以 事, 上い 恕以 接, 下。 本 一 而 已矣。 唯 其 人 也。 

大田錦 域 一 貫 明義 : 四百 七十 セ 



折衷 學 -PS B 百 七十 六 

劉 原父與 J 1 程, 同, 時 楊 龜山乃 二 程 之 高足 胡 安 國學, I 二 程? 而寅乃 其 子 也 以ニ爲 i 仁 程 門 

有-, 此說? 其 說確當 不:, 可, 易 也 比-諸 程 朱 之說? 不=啻 倍蓰, 也 C 實 千古 定說也 C 

一 之爲 VUO 何 以知, 之。 一 貫 之 章 在-里 仁篇? 此篇 多-夫子 說, 仁 之 語? 則 一 之爲, 仁 其徵 一 矣 

?、 曾 子 以- 門人 小子宋 T 可 _= 共 語- 1 貫? 敎, 之 以_1 忠恕? 忠恕 求, 仁 之 方 則 一 之爲, 仁。 其 徵ニ矣 ◦ 子 曰 

《一一 道 llo 仁 與,, 不仁, 而已矣 P 1 則 仁 也。 一 之爲 to 其 徵三矣 ◦ 子 曰つ 伯 夷 伊 尹 柳 下 惪三子 者不. 

, 同, 道 C 其趨 一也。 一 者 何 也。 曰 仁 也。 $ 以, 仁爲, 一 孟子 之 所,, 明言? X 何 用-多言? ^^^^^^^^ 

一 f お 仁 也 者 歸き、 i 1 之爲 t 。其徵 四矣。 要^ 以. 一 爲 fc。 孔孟 舊說。 豈待 = 後人 支雖穿 

$ 整 之 解, 乎。 吾 故 n チ此爲 千古 定 說? 

一 孟子 曰 C 夫 道 一 而已矣 C I 文 其 上文 道,, 性 善? 文 言, 可,, 以爲 "善。 一 者 善. 善即仁 也。 是亦 可,, , 

一 以徵 _| 仁 之爲" 善矣。 又 可 n. 以徵 -1 1 之爲 t 矣。 照-諸 孔子 道 1 一? 自 知-吾 言 之不, &矣 」 

一 忠者。 爲 i 人 謀, 事 盡-, 己 中心? 態 到 深切。) 無, 所, 不, 至 之 行 也 恕者 推,, 己 心,, 及-諸人? 忖度 體 

一 察 無, 所.^ 不, 盡之行 也 仁者 人 也 接, 人 之 道 也 接 X 人不, 得-其 道, 者 有 = 人我 之隔, 也- 唯忠 

一 ? 一 德。 破-, 人我 之隔? 可,, ,以 至-豁然 大公, -矣。 故 古人 以. 二 此ー 一 德?? 求 vU 之 方, 矣。 孔子 答-仲 弓 

問, 仁 曰 C 己 所, 不, 欲 勿, 施,, 於 人? 是恕也 C 答,, 子 貢 問,, 仁 曰 C 夫 仁者" 己 欲, 立 而立, 人 己 欲 

而 達乂。 能 近 取 ,譬。 可 i 謂-仁 之 方-也 已。 是亦恕 也" 孟子 强恕而 行. - 求 ,仁 莫, 近, 焉。 き大 

戴 云 方 長不, 折。 刖恕也 恕則仁 也。 g 將家語 云 一 言而 有, 益-, 於 仁? 莫, 如 kso 可, 見-忠恕 



晦菴集 謡 所舢。 驟 見乏。 不為-通 曉? 今 作-三 0? 以示 =學 者? 

朱 子 曰 貫 如- 1 散錢? 一 如, 一索 子? 大全 

吾 道 一 以 貫, 之。 道 者散錢 也。 一 者繦索 也。 一 之 貫 _ 一 衆 道? 猶ミ 一 索 之 貫-百 錢, 也。 程 朱 分- 一 與 i 

爲, 說。 無 现之極 也 是其家 言 ◦ 束 U 諸 高閣, 而可矣 以, 此解 =垂 人 之 語? 非, 愚 則誣也 

中庸 ◦ 知 仁 勇 三者 ◦ 天下 之 達德也 Q 所,, 以行" 之 者 一 也。 又 云 ◦ 凡 爲,, 天下 國家? 有-九 經? 所- 以 

行., 之 者 一 也。 夂云。 天地 之 道。 可- 一 言 而盡, 也 G 其爲 k 物不, 甙。 則 其 生, 物不, 測。 不レ或 一 也 ◦ 

中庸 G 1 者 誠 也。 不, 誠 則 仁不, 仁。 義不, 義。 孝不 k 孝 a 悌不, 梯。 故 中庸 又 云 ◦ 誠 者 物 j 之 終始 G 

不, 誠 無, 物。 gtl^^ 是故 君子 誠 壬 I 爲 i。 誠 者 百 德之總 括。 誠 之 一 字。 可ヨ以 貫,, 諸道, 矣。 一 貫 

之 一 。 或以, 誠 解。 其說 明白。 如 ,無, 可, I 間然? 雖, 然誠之 一 字。 中庸 之 所,, ま 張? 論語 無, 之。 以 _| 

論語 所.. 無。 解-論語 一 貫? 極 不-- 穩當? 故今不 &^。 

劉 敝原父 曰 C 一 以貫, 之 者, 仁 也。 唯 仁 爲,, 能 一? 唯一 爲,, 能霣? 七 經小傳 

楊 時 中立 曰。 ti^ 子對- 人君, 論 句句 未 _,甞 離 "仁。 此所ご 謂 王道 也。 曰。 安 得,, 句句 不 fe- 乎 仁? 曰。 

須ョ是 知 = 一 以贯 之理? 曰。 一 以貫, 之" 仁 足,, 以盡- 之 否。 曰。 孟子 固 曰。 一 者 何 仁 也。 仁 之 川大矣 

今之學 者。 仁之體 亦不, 一 曾體究 得? 翁 山 a 謹 孟子 精設綱 

胡 寅 曰。 先聖 先師。 救 =學 者 於 多岐? 欲, 歸, I 之 於 至當? 故 曰。 吾 道 一 以貧, 之。 一 者 何 ◦ 仁 也。 聖門 

之途。 皆學, 爲, 仁。 夫子 言行。 莫 X 非:, 仁 也。 其 在-論語, 者 著矣。 論 ii 序 

大 ffl 餘城 i K 明義 四百 七十 五 



曰 

倫 W 

編 



折衷 學 四百 七十 H 

二 說汎然 無, 可-把捉? 雖, 然能 知- 一 貫 之義? 則 二 家 之 言 「」 不, 害-大義? 却 優-程 朱 之說, 矣 

又 曰。 忠以事 io 恕以接 ¥c 本 一 而已矣 C 唯 其 人 也。 §歸1" 余 &宋古 岳 接 相 解 塞钩. i 

此言大 有-妙 理? 詳晃, I 于後? 

皇甫侃 曰 C 貫 猶:, 統 也。 譬如, -以, 繩 穿.. 物 ◦ 有,, 貫統, 也。 孔子 語,, 曾 子, 曰 吾 敎化之 道 唯 用,, 一 

以^,, 統 天下 萬理, 也 ◦ 義疏 



程 朱 一貫 圖 

1 理 1 

一 未錢之 e 

「維 天 之 命 於 移 不レ已 

に 天 

賞 已發之 用 

Ha 道 接 化 各 E 二 性 命 1 

又 作 = 1 圜, 

天 之 一貫 

天 之 忠恕 



「渾然 1 理 



「泛 il 曲當 

L 聖人 

聖人 之 一貫 

聖人 之 忠恕 



「至誠 無レ森 

L 天地 .... 



「萬 物 得レ所 

广天 地 ,.. 



道 之體也 萬殊之 

所 Trsn 本 I 也パ 



道 之 用 也 j 本 之 

所コ以 萬殊 1 也、 



& 天道 



人道 

*1 藥者 : 



體 大本 



用 達 道 



學者之 一 貫 j 



學者之 忠恕 一 



維 天 之 命 於 穆不& g^f レ拳 

天之忠 

乾 道 锡化各 正-性 命 レ所 

天之恕 



一 0^ 1 理 

一 聖人 之 一 

聖人 之忠 

ま泛 應曲當 

タ聖入 之 貫 

聖人 之 



怒 盡レ已 



學者之 一 

學者之 巾ぬ 



5,3 推 レ已? 物 

學 者之赏 

學 « 之恕 



£大 本 



m 萬 殊達道 

人道 



一 貫明義 

1 各. jra 襟 喜 

加 賀大田 元 貞公幹 著 門人 江戸 荒 井堯民 校 

武藏 金子 公晉 

吾 道 一 以赏, 之。 道 者。 仁義 忠信 之 統名也 簋 k 之 者 有, 一 道 者。 如,, 百錢之 散, 也。 貫, 之 者 如,, 

1 索 子, 也。 宋儒分 _| 1 與" 貫 言 賞 如,, 散錢? 一 如-索 子? 則 與= 夫子 之 語意? 大 有-逕庭? 其 人 則 一 

代 名 儒 也。 其學則 一 代正學 也し 予竿生 尊-奉 其 人? 而不, 廢,, 其學? 雖 A 然 至-其 曲 說不, 通 强辨奪 

,现0 則逐 一 糾正。 不 _= 敢爲 之 侫臣, 矣。 語 曰。 君子 不, 黨. - 乃 作- 一 賞 明義? 文政 庚 辰 八月 七日。 

加 賀大田 元^ 公 幹識。 

子 曰。 參乎 C 吾 道 一 以貫, 之。 曾 子 曰 唯 子 出。 門人 問 曰。 何 謂 也 曾 子 曰。 夫子 之 道。 忠恕 而 

已矣 C 

子 曰 賜 也。 汝以, 予 爲,, 多學而 職, 之 者, 與 C 對曰 然 非與 曰 非 也 予ー以 貫, 之 

王 弼曰ひ 貫 F 統也。 夫 事 有 bo 理 有, 會。 故 得,, 其歸? 事雖 ,般0 ? m= 1 名- 擧? 總_- 其會? 理雖 

, 博。 可, 以,, 至 約, 窮, 也 譬 稱,, 以, 君 御" 民〕 執, 一 銃, 衆 之 道 也 鼓疏 

何晏 曰。 善 有し 兀。 事 有 k 會。 天下 殊, 塗 而同 b。 百盧而 一 致。 知, 1 其 元? 則 衆 善擧矣 Q 故不, 待-多 

學? 一 以知, 之 也.」 i 

大田錦 城 一 貫明義 四百 七. Hil 



折 IB- s 四百 七ナニ 

或 曰. - 子 之 所, 言 仁者 多 是禮也 何 溷 殽之甚 曰然 子 不レ知 乎 仲 尼 曰 古 也 有; 50 克レ己 

復 .禮0 仁 也 S ,柳 -楚又 曰。 克. 己復. 磨 爲 to 纖| お 顔 履, 禳 之爲, 仁 孔門 之學如 ^ 此 0」 

仁 之 爲-- 親愛? 爲-- 生 養? 予昔 作-, 仁說 要義? 條-- 列 古書 成語? 極 爲-- 詳悉, 矣 C 學者 求-諸 彼, 可. 



採 泗仁說 終 



宗? 而安而 行, 之 者? 不, 得, 稱-眞 仁者, 也。 

宋儒 無欲 主 靜之說 い 出,, 於 老莊家 言? 近 儒 好 毀 i 之。 如 S 周茂叔 寡, 之 寡, 之而 至-於 無? 固不, 爲,, 知 言? 

然 亦不, 可 1,1 一 槪抹 = 殺 之? 是本 出-於 漢儒? 孔安國 解-仁者 靜, 曰。 無欲 故靜。 汲黯 責-武 帝, 曰 陛下 

^ 內多 欲い 而外 飾-仁義? 焉 望- 堯舜之 治, 乎 是實 千古 格言 也 古人 言, 欲。 曰不欲 論語 曰 寡欲 M 好 

B 一 日窒 欲。 幼綠日 制欲。 樂記日 節欲" 日 御 欲。 鶴 軒 日 閑 欲。 M 日 勝 欲。 誠 Si 赠日屛 欲。 贿盼日 去 

本 一 欲 ? 未 一-曾 言-無欲 „ ?蓥以 k 不ぃ 可い 苜也。 雖レ然 漢人 所, 謂紘? 欲。 唯 是不欲 寡欲 言, 不_- 多 欲, 也。 夫 

一 寡欲 節欲 丄女存 之 道 也。 多欲縱 欲。 亂 之 道 也 。修, I 仁善之 行, 者。 自, I 克己 制欲, 始。 制欲 声, 飮食 

偷 一 衣服, 始。 爲, 聖爲』 a 工夫 實 在,, 于此? 可, 不, 愼乎 - 

理 Z 我欲, 仁 期 仁 至 終食不 J 连, 仁 造次 於, 仁 颠沛 於, 仁 聖人 之 言 至近 切要 如, 此其甚 求-之 

, ™ 於 愛 之理? 求, -之於 愛人 安民? 終是沒 = 交涉? 知,, 仁之爲 則 聖人 之 言 可-得 而知, 也。 又 可-得 而 

棄 _ 行, 也。 臨, 食不, 厭,, 粗惡? 仁 也 臨, 衣不, 厭,, 垢敞? 仁 也. - 器 玩舊敗 安, 之。 仁 也 宮室 卑陋 安, 之 

編 仁 也。 不-放 飯? 仁 也り 不-- 流歡? 仁 也。 不-, 陀食? 仁 也。 不,, 骨 仁 也。 視明 仁 也。 聽聰。 仁 也。 

^ 色 溫0 仁 也 貌恭。 仁 也。 言忠 仁 也: > 事 敬 仁 也 疑問 仁 也" 忿思レ 難 C 仁 也 Q 得 思, 義 仁 也 

動-容貌, 遠-, 暴慢? 仁 也 正-顔色, 近, 信。 仁 也 出,, 辭氣, 遠 倍? 仁 也。 足容 重手 容恭 仁 也 目 

容端ロ 容止。 仁 也。 聲容靜 頭 容直。 仁 也。 氣容肅 色容莊 仁 也" 坐 如, 尸 立 如, 齊。 仁 也 論語 仁 字 • 

唯是善 字。 知:, 之 則 一 部 論語。 莫, 非,, 仁。 今 改稱爲 _|仁 經? 亦 可矣。 

大田 錦 城 洙 泗仁銳 四百 七十 1 



編 橐理儉 本 曰 

^-^^-^--^ ^<--, 1-^1 1—1 lOr^ I— ~, f~ Oil— II— ir*ir**i,',' 1^,1, ' '一一 一一 AAA へ j~ -> 



折衷 學汲 四! CT 七十 

孔子 10. 生 WW 好 子 a3 許: 曰 十 室 之邑. 有 = 忠信 如, 丘 者, 焉 C 不, 如-丘 之 好, 學也 C 顏子德 行 第一 

之 人 r.- 孔子 稱爲 k 好. ^ 學. 故對 -I 哀公 季康子 之 問? 皆曰ゥ 有- 顏回 者? 好, 學. - 不幸 短命 而死。 今 也 則 

cr 未, 聞, 一好, 學者 I 也- 由, 是觀, 之-」 孔子 所ヒ? i 好, 學 者- 言; お 踐-, 履 所,, 學 者.. 也、」 是 故文學 如- 

游夏? 猶不, 得, 預焉: 好學 二字"、〕 其 重 如 r 此 - 與 X 不, 許, I 諸子 之. U? 約 略 相 同- 而衞孔 文 子 使,, 一大 叔 

疾 出,, 其 妻? 而淒, 之- 疾 寵,, 其 初 妻 之梯? 文 子 怒: 欲, 攻, 之... - 仲 尼 止 コ\ て ^?^-犛,,其妻? „13^|疾出? 

立,, 其 弟 遺? 使, 室,, 孔結? 一^ 其 爲乂也 如 レ此- 一 故 子 貢 疑,, 其證稱 U 文 曰」 孔文 子何以 謂,, 之 文? 子 

曰。 敏而 好, 學 一つ 不, 耻 一一 下問? 是以 謂, 一之 文 一也 一」 孔文子 之 好レ學 世俗 所, 謂 好 レ學者 耳, 豈 同一, 孔 

顔 之 好で 學乎: 當ニ 春秋 末世? 敏 務讀, 書-」 不, 耻, 一好 問, 者、) 亦不, 易 レ^ 也 聖人 不, 捨ー 一人 之 善? 故 

其 言 如, 此」 子路子 貢、 y 管仲不 P 死-子 糾之 難? 非-殺, 身 成ら 之 人? 疑,, 其 人 不仁? 孔. 子 稱,, 其 大功, 

爲, 仁 ~ 管 仲 之 仁: 則 同,, 孔文子 之 好., 學焉 一," 豈 同- 堯舜三 王 三 仁 夷齊及 孔顏之 仁, 乎 e 知-一孔 文 子 之 

好" 學 C 則自 知,, 1 管 仲 之 仁 非,, 聖人 之 仁, 矣 

克伐 怨欲不 J 仃焉リ 可, ー以 爲., 仁矣 子 曰。 可 一一 以爲" 難矣。 仁 則 吾不, 知 也、 克者こ 好, 勝不, 讓リ 出 一一 於 

爭 *0? 伐 者-一 誇, 功不, 謙 出,, 於驟 傲? 克者必 伐-一 伐 者必克 C 此 二者 同, 類 、じ 怨 者- 貧而 有, S 也.」 出, 一 

於不 天命? 欲 者つ 貪欲 無, 厭 也。 出-於 不.. 知- 廉耻? 欲者必 怨、」 怨者必 欲。 此 二者 亦 同, 類。 不 

, 伐 則 同,, 孟之 反? 不欲則 同 k 公 棘? 不 k 克不 k 伯 夷 叔齊之 行 也 き! f 晋 ®# ^ぉ體 枝不, 怨 

レ天不 k 尤乂 、 孔子 思 置 之 行 也」 人 無,, 此四 者? 有-君子 長者 之 風? 實 一 代 之 名 賢 也 - 然 非., 得,, 衆 善 之 



存 13 興廢 之理。 非, 有,, 他 術, 也 ◦ 唯 是奢儉 二字 耳 儉則 典。 奢則廢 儉則存 ◦ 奢 則. DC 由 余 磐,, 秦穆 公, 

曰。 古 有, 國者。 未, :1 甞 不,, 恭儉, 也。 失, 國者。 未 „, 嘗不 驕奢, 也。 II 李商隱 詠史 詩 云。 歷-覽 前賢 國 

與,, 家 成 由, I 勦 儉-敗 由, 奢 可, 見 存亡 典 廢之理 唯 在-奢 儉 二字 一也 Q 子 買 稱,, 夫子 之德, 曰 溫茛恭 

儉。 臧哀伯 諌,, 桓公, 曰。 夫 德儉而 有, 度。 ff^e 御 孫 諫,, 莊公, 日。 儉德之 共 也。 侈 惡之大 也。 

是皆 千古 格言 也。 今 又稽, 一 諸 古? 堯舜士 壻三翁 茅 茨不, 剪。 釆 椽不, 刮。 墨 子 禹菲, 一 飲食? 惡, 一 衣服? 一 

卑, -宫 室?;: 孔子 稱爲, 無-間然? 論語 文 王卑服 即,, 康 功田 功? 無 逸 衞文公 中 典 之 君 大布之 衣 大帛之 

冠 fj| 間晋悼 公中與 之霸。 器用 不 k 作 車 服從. 給。 ■ 社襄 子產從 .政0 輿ん 誦. 之 mo 取, 一 我 衣冠 

^^^4 杜預 曰。 緒 畜也。 奢侈 者畏 i 法 故 畜藏。 5tf ミ漢龃 豁達 大度。 猶 怒-未、 央宮之 壯麗? 麵何文 

帝 惜,, 百 金 之费? 不 i 作,, 露臺? 身 衣,, 戈 線? 所, 幸 慎 夫人。 衣不, 曳, 地 帷帳 無,, 文繍? 治 =覇 陵? 皆 }A 

器。 g 帝 南宋 劉 裕葛燈 籠 麻拂子 宋書唐 太 宗木梳 子 唐書宋 太祖 焚,, 公主翠 服? 宋史仁 宗燕私 常 服,, 辭 

濯? 帷帶 衾綢。 多用- 繒飽? 同上 凡此 類。 史傳 所蝱。 不 &,, 枚擧? 大槪 創業 中興 之 主。 莫^,, 儉朴? 

雖-- 繼體守 文 之 君? 不, 儉則 不, 能 1,1 安- 存國 家, 也。 是 獨人主 乎. - 雖,, 匹夫, 亦然 學, 道 之 人 ot 且,, 先 

知" 之 C 管 仲 三歸具 官旅樹 反: KG 皆 出-於 侈 心? 孔子 曰。 焉 得, 儉 予斷然 知ヨ其 非,, 有 道 之 人, 卖 

陳文子 之 淸。 豈同 = 伯夷聖 之淸, 乎。 減武仲 之智。 豈 同-, 堯舜之 智-乎 卞莊子 之 勇 豈 同,, 孔子 曾 子 

之 大勇, 乎 孟之 反不, 伐、」 豈 同,, 大禹 不., 伐 乎 駢邑伯 氏 無, 怨 Q 豈 同,, 夷齊 孔孟 無., 怨, 乎 0. 孔文子 好 

4 學 豈 同 U 孔子 顏子好 乎。 能 知- 此现? 則自知 S 管 仲 之 仁 非 =lii 人 之 仁, 矣 0. 

大田^ 株 泗仁銳 . 四百 六十 九 



曰 



本 



理 一 





折衷 學 a 四百 六 ナ八 

子 曰 志士 乜人。 無, I 求, 生以 害" 仁。 有 = 殺, 身以成 "仁。 仲不, 能, 然。 是子路 子 貢 所- 以疑 "非,, 

仁者, 也 ◦ 

後 儒 眩 T 夫子 不, 許 一一 諸子 之 仁? 而稱 = 管 仲, 以ぉ 仁。 以 一一 濟, 世 利" 民爲, 仁 C 以 一 一長 人 安民, 爲, 仁。 是 爲,, 

大惑 >矣0 濟 k 世 安, 民 ◦ 固是 聖人 仁者 之 事 雖 1 然不, 可- 以 k 此解 1^ 仁。 不, 可- 以, 此求" 仁に 以, 此解 

k 仁。 以 k 此求, 仁。 則 失 ^ 本而走 ^ 末。 棄, 內而 馳, 外。 德化之 說廢。 而 功利 之學 興。 其禍 甚,, 於 夷狄 猛 

獸? 子 貢以, 博 施-於 民? 而 能濟, 衆 者.. 爲 ^仁。 夫子 以. 此爲 - 聖人 之 事? 別 示,, 爲, 仁 之 方? 能 近 取, 譬 

夫子 之 惡_1 走, 末 外馳- 如, 此。 學 i 道 之 入。 豈可, 不一- 內省務 _i 乎。 

管 仲 相,, 桓公? 其 所, 爲。 子 皿 子 所 ご謂以 k カ假, 仁者。 苟子 所, 謂駭而 覇者。 不, 能, 如, 伊 尹 周 公輔 = 湯 武, 

以" 德化, 也 故 孔子 稱 爲,, 小器? 曾 申 亦 言。 功烈 如, 彼 其卑也 ◦ S-H^ 子 曰。 仲 尼 之 徒。 無.. 道,, 椬文之 

事, 者 5 是以 後世 無, 傳焉。 苟子 曰。 仲 尼 之 門人。 五 尺 之 竪子。 言羞, 稱,, 乎 五 伯? § 董仲舒 亦 曰。 仲 

尼 之 門。 五 尺 童子 0, 羞, 稱,, 五 伯? 爲-其 詐以成 Z 功。 苟爲而 巳, 也。 講, 1 孔子 之學, 者。 豈可 „,師,| 尊 管 

仲-乎。 

顏子 孔門 第 一 之 人 也。 答,, 其 問,, 仁 曰 ◦ 克, 己復 ,禮,- 克 _1 己 欲? 而履 _| 禮儀? 是仁之 極 也。 管 仲 三歸具 

官旅樹 反坫。 奢侈 僧 上 不, 知,, 禮制? 其 所, 爲 C 左傳 所, 謂從, 欲 厭, 私 者。 國語 所, 謂^ 欲 弘侈者 G 與 T 

孔子 吿 _>顏 淵, 之 仁 5 恰相背 11^。 是豈眞 之 仁 入 乎。 不 3 獨 非-安行 之 人 I 也。 雄-利 行 _ 未, 能:, 之 也い 宋儒 

所お 謂 管 仲 有- 1 仁者 之 功? 而 無-仁者 之德? 信 哉。 



左 傳宋司 馬子 魚 曰 能 以:, 國讓。 仁 孰大焉 f.,/ 是 與,, 夷齊, 同。 知-仁 之 爲., 善 不, 待-多言, 而明 

近世 爲, 說者 曰。 仁 仁者 言, I 文 王, 也。 可:, 笑之甚 夫子 又 曰 欲, 仁 而得, 仁 又焉貪 又 曰 仁 

遠 乎 哉。 我欲, 仁斯仁 至矣。 季子 曰 强恕而 行 求, 仁莫, 近, 焉 徐幹 中, g 引, I 古人 講, 曰。 仁 道 在 

レ通。 求, 之 無, 遠。 凡 古人 所 Ji 求, 仁 欲, 仁。 皆 求 ,= 欲 爲,, 善道, 也。 孟子 曰 可, 欲 之 謂 J^o 欲レ仁 

欲レ善 也。 仁 之 爲レ善 G 豈不 - 亦昭 明, 乎 

中 腐。 知 仁 勇 三者。 天下 之達德 也。 達德之 達。 與,, 達 孝 I 達禮 g 達 喪 g 年 達 尊, 同 言, 達,, 上下, 達, 

古今, 也。 以, 仁 爲,, 長 人 安民 之德? 則 在 1 之德 也。 非,, 達德, 也。 論語 君子 篤-於 親?, 巾 レ仁入 ぶね l、、g 

則 民 興,, 於 仁? 大學。 一 家 仁。 】 國興 i 仁。 公孫 尼 子 云。 ^立 三年。 百姓 以, 仁遂。 豈必 

盡仁。 I 又 云 上 好, 仁。 則 下 之爲, 仁。 ?先义 U ザ ¥ 以 ^屬= 在 i 下 之 人? 長 人 安民 之不, 可- 以 

解., 仁。 是亦可 = 以徵, 矣。 

子 路子貢 以ョ管 仲不. 死-於 子糾之 難? 疑, -, 其 非-, 善人, 矣。 pkj#jsm^% 人 故 一 則 曰。 未 b 乎 

1 則 曰。 非-仁者, 與 「」 孔子 稱= 其 九 合 一 g 之 功, 曰。 如,, 其 仁? 如,, 其 仁? 猶 J 一一 f 孰 如-其 善, 乎 W 內焉 

翼-戴 天子? 安- 定 儲位? 周 室之不 b 者。 實管仲 之 功也。 外 則 複,, 夷狄? 而 存,, 三. U 國? I 邪 中 國不, 變,, 

左裕之 俗, 者 C 實管仲 之 功也。 管 仲 有- 濟, 世 安, 民 之 功? 而 其利澤 恩惠。 遠 被,, 後世? 豊功 偉績 如 i 

此之 盛。 而謂 3 之 非,, 善人? 可 乎。 不學 子弟 之 所, 親。 鄕黨之 人。 猶 有,, 稱, 仁者? 、、子 貢 之 所レ友 

諸 邦 之士。 猶 有-稍ら 者? 一き 如-仲 之 大功? 謂 => 之 非-善人 仁者? 可 乎。 . 

大田鉍 城 沫泗仁 我 四 W 六ナ七 



折衷 學汲 . 四百 六十 六 

朗正、 

惡念之 動。 發- 於^ 欲? ;^^欲之發0 其變 無量。 擧-- 其 辆耍? 則 曰。 淫聲美 色 也。 曰。 醇酒 厚味 也。 

曰 ◦ 衣服 器玩也 C 曰 C 珍 禽奇獸 也 曰 峻宇雕 墻也。 曰。 馳騁 田獵也 C 曰 神仙 祈讓 也」 曰 土 

々 木 甲兵 也。 傾 _|覆 身 家? 亂,, 亡 天下, 者。 非, 有-, 他事? 唯是而 已矣. - 可, 不:, 戒乎。 是故 夫子 吿,, 顔 SS, 

日 一 克己 二字。 爲,, 千 萬世修 k 仁 之 模^, 矣。 

本 論語 克, 己復, 禮。 家語克 ^ 己 服, 義。 g 論 衞孫文 子 聞- -季札 謗 "己 終身 不, 聽-- 琴瑟? 孔子 聞 i 之 曰 

季子 能以 i 正, 人 C 文 子 能克, 己 服 ,義0 可, 謂-善 改, 矣 C 復, 禮履, 禮也 服 i 行, 義也。 履 

倫 ,禮行,義0 皆是仁 也。 非 i 克,, 己 之 私欲? 則不, 能 也. - 

理 微子之 去. - 傷.. 宗廟 社稷 之 不= 血 食? 而 鬼神 無.!. 主 也。 箕 子爲, 奴 Q 不, 欲, 使 T 紂殘 = 親戚-害 ,- 賢 百?,:? 速, 

其 亡., 也 比 干 諫死 欲.^ 紂 之改, 過 而民免 * 塗炭 之 苦.. 也 C 皆 出-於 至誠 惻但之 意? 爲, 國謀 教子爲 

: k 君 謀 箕 子爲, 民 謀 比 干 無 _| 一 毫營, 己 計, 私 之 欲? 具 天下 之 至善 人 也 U 故 孔子 曰 般 有,, 三 仁, 焉 

一 比 干 殺, 身 而成, 仁。 毫 無-私欲? 其 仁 易, 知 也。 徼子之 去。 而存 --宗 社? 箕子 佯狂。 而保, -其 身? 似-香 

一 , 己 計., ^矣。 人 之 所, 易, 惑 也。 故 夫子 明- 1 言 其 仁? 以吿 = 天下 後世 之 人, 耳 C 

夷 齊讓, 國" 而餓 死 首 陽? 其 行 純 善。 無- 一 毫之 私欲? 安 而行, 之 者 也。 故 夫子 稱, 之 曰。 古 之 賢人 

也。 求, 仁而 得, 仁。 又 何怨。 孟子 稱 3 其惡 k 惡之 甚。 不- -爲, 惡 汚-曰。 伯 夷 1^ 之淸者 也。 又莉 =1 其 P- 

化 後人, 曰 聞- 1 伯 夷之 風-者 頑夫廉 儒 夫 有, 立』 50 非-安 而行, 之 至誠 能 化 者? 而何 . 



曰 



本 



理 



彙 



克伐怨 欲不" 行焉。 其義則 論語 大疏 詳矣。 

孟子 曰 ◦ 仁人 心 也。 孔子 曰. - 其心不 J 返 to 其 言 似, 有 = 異同? 而其實 則 一 也。 水不 則 爲=妖 水? 

火不, 熟。 則 爲-孽 火? 人心 不, 善。 則 非, 人 也 ◦ 禽獸也 ◦ 孔子 之 言 ◦ 猶 水 IpU 寒^ tab 熱 也。 子 

則 直言 ◦ 寒 者 水 也。 熱 者 火 也。 人心 之 善 也。 猶- 水 之 寒 火 之 熱, 也。 言 3 仁義 非,, 天性 固有, 者。 豈足 

fe, 道 乎。 

曰。 依-於 仁? 依不, 違 也。 曰。 其 心 三月 不 J 连 k 仁。 曰。 君子 無,, 終 食 之 間違 や 仁 。造次 必於 頗沛 

必於 X 是。 言雖, I 急遽 卒迫之 間。 踏 蹶頗倒 之 時? 不 齑=惡 念? 不 k= 善心? 昭昭 明明。 觸處 朗然者 Q 

是仁 也。 折,, 屐齒, 兩颠路 者。 於-愛 之理? 有 = 何 關涉? 於-長 人 安民? 又 有-何 關涉? 言-愛 之理? 首, I 

長 人 安民, 者。 得,, 聖人 之 意, 乎 不, 得 乎 不, 待,, 識者? 而昭 明矣。 

大雅 _ 咏- 大木 之 倒 一 云。 頗沛之 揭。 枝葉 未, 有, 害。 本 實先撥 ◦ 蕩頗沛 與=頗 踏, 同 ◦ 言-人 之颠 倒, 也 

此節 一語 急-於! 語? 次 = 終 食 之 頃? 以 -匆卒 急遽? 次,, 匆卒 急據? 以 _-顦 倒 踏蹶? 語勢 不, 得釆, 如 

レ此。 朱 子 解,, 颠沛, 云。 傾覆 流離 之 間。 失 傾 TT 複身 家? 而 流離 患難 者。 有, 如, _,晋 侯 重 耳 至,, 十九 年, 

者 3 此章 顛沛豈 言:, 之 乎。 不, 知-文 義? 不レ 悟-語勢? 解, 1 聖人 經? 疏漏 如, 此。 而外馳 欲, 窮,, 萬物之 

现? 是亦何 心 乎。 . 

惡念不 勤。 則濕然 至善 Q 本體 明亮。 觸, 事應, 物 ◦ 莫, 非,, 善心 發見 之, 也 Q 是仁 之本體 也。 終 食 之 

頃 不, 違, 仁。 造次 於 k 是。 顦沛 於, 是。 唯是 言,, 惡念不 "動。 惡 念不, 動 G 即善 也。 善即仁 也。 Ift^ 

大田錨 城 沫 説 . 四 ぽ 六. I. 五 



折衷 af « E 百 六十 a 

,仁0 其 不通 往往 如, 此 o 

夫子 稱- 频淵, 曰 回 之 爲乂也 擇-乎 中庸? gip 不者 ま 得-二 善? 則 拳 拳 服膺 C 而滞, 失, 之矣 C 

きに^ 又 P 之 曰 回 也 .0 其 心 三月 不, 違つ; 10 其餘則 日月、 至焉 而已矣 又稱. 之 曰 顏氏之 

子。 其殆 庶幾 乎。 有-不善? 未- 嘗 不., 知。 之。 未- -嘗復 行, 也。 レ 不通 レ It 之爲 ^0 是亦 可,, 以徵, 矣レ 

雖 3 顏子之 庶-- 幾 聖人? 一 時 之 間 不 ^ 能, 無 = 一 過? 是其所 J 連, 仁 C 是其所 n 以 不., 及,, 聖人-也 

近 K 唱-, 古學, 者 曰 回 也。 如,, 參乎賜 也 之 呼-其 名, 吿> 一也 其餘 與-, 其 餘不, 足 k 也已 矣- 

0C 言, ー其餘 諸行, 也。 言 三月 不 i 違, 仁。 則 其 餘詣行 C 今日 不, 至。 别 明日 至。 今月 不 i 至 則 明月 

至 C 伊藤 維 横唱, 之。 物 茂 卿 太 宰純哄 然應, 之 C 是不, 知 k 仁 之明驗 C 又不, 學, 道 之確徵 愚 讓之極 

也。 此章 前後 皆 評- 設 諸子, 之 語 此章亦 辨,, 颜子 諸子 之 俊 劣? 孔子 曰 C 道 110 仁 與,, 不仁, 而巳矣 

仁即衆 善。 衆善即 仁。 諸行 之 外 無, 仁 仁 之 外 無-諸行? 三月 之 間 其 心不, 達 善 者 事 X 父 能 孝 

事, 兄 能 弟。 交-一朋 友, 以-ー 信義? 遇, 一臣 僕- 以, 一忠 是謂 _ 一之 心 不,, 違 k 仁矣。 旣不 J 、逢 X 仁。 B 月 所, 至 

是 至-何物, 乎 論語 仁 字 兼-, 統衆 善? 以= 其餘? 爲-- 其餘之 行? 則 所, 謂其餘 諸行 者 流連 荒. C 乎 C 

盜賊滅 姦乎。 可, 笑 之甚。 鳴 呼 孔門 諸 名 賢. - 其 心 之 合-, 至善? 攙 一月 一 日 之 間 而已矣 如,, 吾涛小 

人? 則郝敬 所, 謂 電光石火 之 仁。 須叟之 至而已 r リ 

解, 趣 不, 得, 不, 徵,, 辭例, 也 雖, 然以, 此 si-,, 解聖 言, 者 亦 間 有, 之 C 是亦 不;, 可, 不, 知 也 C 其餘 

不, 足, 觀也 已矣。 不 k 可 W 以徵- -其餘 則 日月 至焉而 已矣? 浸潤 之 ISC 膚受 之想不 i 行焉 不, 可 =1 以 徵,, 



,盡_- 其 全? 則 非 T 能 得-其 統宗 > 者 .1 也 與,, 汎 然稱, 善行., 爲,. 仁 固有- 徑庭? 夫子 自首 若- 聖 與.. 仁。 

則 吾 登敢。 是亦以 安仁, 言 善 乎 表記 之 言 云。 中心 安, 仁者。 天下一 人 而已矣 C 雖-- 夫子- 不 --自 居? 豈 

諸子 之 所 k 能 乎 a 

聖者 通知 之德 仁者 親愛 之德 雖, 然所, 謂 聖與, 仁 C 豈 通知 親愛 之 謂 乎 G 聖者 造-諸 德之 極, 

誠而化 k 之 之 謂 也。 仁者。 得-衆 善 之宗? 安而行 i 之 之 謂 也。 

仁者 人 也 接, 人 之 道 也。 接, 人而 失-其 道, 者。 私欲 害^ n1 也。 是故 夫子 吿, -顏 淵? 以-- 克己 二 宇? 克, 

己 ま 勝,, 己 之 私欲, 也。 g!f^%j 始左傳 我 實縱, 欲。 而不 ト自 克- 也。 I 十 又 云 楚靈 王不, 能- 自克? 

W 及-於 難? 仲 尼 曰。 古 也 有』 50 克 k 己復, 禮仁 也。 1 ー针 楊子 法 言。 勝-己 之 私? 之 謂, 克〕 i 克. 一己 之 

勝-私欲? 是 可- -以徵 -矣。 お 計 年 宋儒說 bo 私欲 沈。 而 天理 見。 P 私欲 淨盡〕 天理 流行。 11: 

皆 能 得,, 聖人 之 骨髓, 者 也。 唯 恨不, 知-仁 之 爲.^ 善。 欲 T 建- 一 義? 而兼 * 數章 5 遂 至- 窒礙不 P 通 。惜哉 G」 

衆 善 者。 抑,, 制 己 欲? 而能 濟乂也 衆 惡者。 傷-害 人つ 以遂- 己 欲-也。 仁 不仁 之 判。 唯是 而已矣 o」 

令 尹 子 文 三 爲_- 令 尹? 無,, 喜色? 三已, 之。 ill 慍色? 〔グ -舊 政- 吿-- 新 令? 極 似-仁者 無 1^^。 故 子 張 

疑 爲-- 仁者? 翟杼 之亂。 陳文子 棄鈿而 違, 之。 酷 肖-仁者 無,^ 欲。 故 子 張 疑,, 1 其爲- 仁 2 跪 k 二子 

皆 非-安行 之 人? 故 孔子 不, 許-其 仁? 有, 疑,, 斌狭之 似 i 者 3 有, P1 蛇床亂 >-蘼蕪- 者 5 有, 疑-紫 之 奪 

朱 者? 未 i 聞 S 以-, 蠕螂轉 丸-誤 T 蘇 合 3 以, 鬼 混, 白 者 g 二子 之 行。 彷, -狒 仁者? 是子張 之 所, 疑 也。 陳文 

子棄, 馬 違 i 齊、, - 於-愛 之理? 有-何 關涉? 於-, 長 人 安 i-? 亦 有-何 關涉? 以,, 愛之理 C 及 長 人 安民, 解 

大 田銘拔 洙泗 仁|- 四百 六十 一二 



本 



き 



折衷 s- 四百 六十 二 

之 反 智者 明 知-善 之 有, 利。 不善 之 有,. 害。 棄_- 不善, 而爲, 善 G 今人 行, 路。 左乾而 右濘。 則必避 JiT 

而就 J^o 何以故 知 K 如陷 -I 泥濘? 則 有, 濕, 履污 ^ 足 之 害. 1 也。 是 固不, 假= 勉強? 雖, 然择, 善而行 C 未, 

至,, 自然 之 境? 善 猶在, 彼 未, 爲,, 己 之 有? 孟子 所, 謂 行-仁義, 也 中庸 所 r 謂 誠 者 律 k 善而 固執 

レ之者 也 利 行 之 人 如, 此 C 若 夫勉, 仁者。 矮. T 揉 己 性? 檢二制 己 欲? 勉強 行つ 善。 舉者宜 k 如, 此。 是三 

仁 之 別 也。 

里 仁。 即 安, 仁 也 擇處, 仁 利, 仁 也 里 仁 安仁 C 行者 之 事 仁 利, 仁 C 知者 之 事 人 之 在, 世 

鶴 客 亦 可。 寄寓 亦 rtii 雖, 然未, 如,, 鄕里之 安-也。 故里 者 C 安居 之 謂 也 

凡 行, 善。 今 無,, 其 利? 後必 得,, 其 報? 己不, 得-其 利? 子孫 必享 -, 其 福? 行 i 惡" 今 無-其 害? 後必 得- 

其禍? 己不 k 罹-其 害? 子孫 必 蒙-其 顧? 智者 明 知-天道? 故 能 知-: 此理? 見-不善 而 有,^ 利 C 同,, 厚味 

腊毒? 唾而棄 X 之。 利, 仁 之 入 其 心 如 k 此。 學者難 安行? 明 知-天理? 而能 至-利 行? 可』 賢 

知 之 人 >矣0 

晦 解-中庸? 以-- 安行- 爲, 知 以-利 行, 爲 i 仁。 似, 不 論 1JS 表記, 者 .-矣0 物 茂 卿 解-諭 語? 以- 

利 行 _爲,| 勉強? 似 T 不: 中庸 表記, 者.. 矣。 先達 謬 誤 往往 如, 此 小 子 後生 e 將 誰適從 C 

衆 善 皆 仁 衆 善 可,, 以稱 "仁 則 細 行 小節。 亦 可,, 以稱 P 仁 C 何故。 令 尹 子 文 之忠。 陳文子 之淸〕 夫子 

曰 焉得 i 仁。 仲 弓之簡 C 子 路之勇 C 有之藝 公 西 華 之蹬容 夫子 又 曰 C 不, 知-其 仁? 盖 諸子 之 

行。 皆 足,, 以稱 "賢矣 G 然未, 造,, 安仁 之 境? 則 非,, 真 仁者, 也 G 是故 夫子 不 i 許-其 仁? 雖^= 善行? 未 



曰 



本 



理 





孔安國 解 ^ 爲, 仁 由, 己而 由, 人 乎 哉., 曰 行 在, 己 不, 在, 人 者 也 ^1, 以, 爲, 仁爲, 行, 善 仁 之 

爲, 善。 孔子 十 一 世孫旣 a 知, 之傳 i 之。 豈 不,, 敬服 I 乎 tik 然朱晦 一一 せ 解,, 孝弟 爲, 仁 之 本, 曰。 愛之理 

馬 融解-, 三 仁 之 仁, 曰。 憂, 亂寧 漢宋之 儒 或 得 或 失 。雖 鈿猶, 不, 知也リ 

朱 晦^ 解, 仁 曰 愛 之 理0 心之德 愛之理 則 對-義 宜之理 鱧 別之现 智知 之理? 伊川 所, 謂 偏 言 

之 仁 也。 心 之德。 刖 兼- 「四 者? 伊川 所, 謂 專言之 仁 也。 其 解 巧矣。 雖, 然: si 仁 字。 有 i,- 衆 善行, 

者お 有.. 雖= 夫子, 不_, 敢當? 雖, I 名 賢, 不= 敢 許, 者 5 區別 如:, 此 然欲, 槪 以,, 愛理 心德, 解, -之 則 固 無,, 

可, 通 之堙? 

曰 汎愛 i 衆而 親, 仁。 親,, 善行 者, 也。 曰 居,, 是邦, 也 事,, 其 大夬之 賢者? 友,, 其士之 仁者? 友,, 善行 

者, 也。 以,, 仁者, 次,, 賢者 之 下? 小 德微善 亦 可-稍 爲, 仁矣。 是 下,, 仁 字,:;^ 輕 易者。 如以 ,夫子 不 _,敢 

當<? 名 賢不, 被 i 許 者, 爲, I 仁者, 邪。 當時 諸侯 之 邦。 多,, 鬪子文 冉仲弓 以上 之 人, 乎。 可, 笑 之甚。 

中庸 云 ◦ 或 安而行 X 之 或利而 行, 之 或 勉强而 行, 之 及,, 其 成., 功 一 也 論語 云 仁者 安, 仁 知者 

利, 仁。 表記 云 仁 有 J 一 10 仁者 安, 仁。 知者 利, 仁 畏, 罪 者强, 仁。 夫 安行 者。 ®f: 人 仁者 之 事 也。 利 

行者 賢人 知者 之 事 也 勉 行者 學者之 事 也 仁者 衆 善 也 呂覽 云。 民 之 安, 之 若, 性 此之 謂,, 敎 

成? g 漢史 云。 致 行 無, 倦。 安 服 若, 性。 I 永 所, 謂 安, 仁者 行, 善 如, 性 不, 假 -,|| 揉 造爲, 之 謂也リ 

子 所 Jilt 由-仁義-行。 非 a 仃-- 仁義? 又 所』 S 勸容 周旋 中, 贐 者" 盛 德之至 也。 中庸 所, 謂 誠 者。 不 

1 勉而中 不, 思而 得。 從容 中, 道 聖人 也 安行 之 人 如, 此。 至-利, 仁 之 利? i 儒 鮮,, 能 解, 之 者? 利害 

.Kffl 錦 城 洙 洒仁說 四 ぼ 六十 一 



日 ™ 

本 一 

ゾ 

橐 

軀 



折衷 畢 S 西 百 六十 

之統 名-乎 C 曰 ssln 則 爲,, 一 德? 專言則 兼- 1 諸德? 其 故 何 也 C 中庸 孟子 表記 皆 云。 仁者 人 也 C 國語 

言, 仁。 必 及, 人 CI 楊子 法 言 C 仁以人 k 之 論語 亦 云 己 欲 k 立 而立, 人 C 己 欲, 達 而達, 人。 董子云 J 

仁之爲 Ji 。也 人 也。 義之? 言 也 我 也。 難 又 云。 仁 主义。 義 主-我。 以 安 \c 以 i 義正. 我ぶ 宭 

秋 元命苞 云し 仁者 情 志 好, 生 愛, 人 C 故 其 立、 チし 二人 爲 k 仁 許愼說 文,」 仁 親 也 从 ^ 人从」 マ 夫 仁 

者 人 也 接, 人 之 道 也 凡 Sll 人 之 道 莫-- 非, 接, 人 者-也 父子 之 親 C 君臣 之義 夫婦 之 別" 長幼 之 

序 C 朋友 之 信。 所 五敎 五偷。 人與, 人相 接 之 際 此道 生焉。 二人 爲, 仁 从, 人从匚 r」 其 義固明 C 

今 又詳, 之 接, 父爲 k 孝 接 k 子爲, 慈 接, 兄爲 i^o 接, 弟爲 J^o 接, 君 爲-- 恭敬- 爲 --忠 直? 接-臣民- 

爲-- 忠恕- 爲-- 恩惠? 接-朋友- 爲-- 忠信- 爲 --忠 厚? 接-貧 主- 爲-- 鱧 節- 爲-- 謙譲? 凡百 之 道。 莫-- 非 i 接 i 人 

者-也 接 k 人 之 道 即 41 也 是故仁 字 可- 1 以 兼-諸行- 矣 C 又 可 1,1 以統 衆 善- 矣 C 論語 說 VUO 多用- 此 

義? 非,, 四 端 六德之 例, 也 C . 

仁以 -n 親愛-言 聖賢 之 遺訓 也 是其故 何 也- 凡 父子 之 親 C 君臣 之義 夫婦 之 恩 C 兄弟 之 友 朋友 之 

忠。 信 人 之 相 接 孰 非, 以,, 相愛 之 心, 乎 C 苟 無,, 相愛 之 心? 則 五倫 敎焉 人道 滅焉 仁之爲 i 人 爲-, 

接, 人 之 道? 以 X 愛 爲-- 上頭笫 一 義? 是故 聖賢 相傳。 以, 愛說, 仁 G 是 固宜, 然也 唯專以 k 此說 -1綸 語 仁 

字? 則 窒塞不 に 通. - 是亦學 者不, 可, 不, 知 也。 

仁 之 爲,, 衆 善行 之:^ 名? 後 儒 非, 不 i 知, 之 也 C el^i 伊川 曰 四德之 元0 猶 _| 五常 之 仁? 偏 言 則 一 事 專言 

M 兼-四 者? § 不- 獨 性理學 者.? 之 也 C 那ほ建 i 云。 仁者 善行 之 大名 也。 §,? 獨宋儒 知,^ 之 也。 



達 道。 乃 論語 之 仁 a 道 仁 之 通 Q 是其最 昭明較 著者 也。 

仁者 衆 善 之宗。 衆 善 者 仁之钿 衆 i ^可,, 以 入., 仁。 衆 善 可- 以稱, 仁。 是故 論語 一 書。 夫子 說, 仁 C 無 象 

之 象 無 = 跡 可., 求 樊運之 問 C 則 曰 C 恭敬 忠。 子 張 之 問。 則 曰 ◦ 恭寛信 敏惠。 顔 淵。 則 曰 克己 復 

鱧。 仲 弓。 則 曰 o 敬恕。 司 馬 牛。 則 曰 謂つ 一一 io 子 貢 P 則 曰。 能 近 取 Jio 樊遲又 曰。 愛义。 又 曰。 

先, 難 後, 獲。 子 貢 又 曰。 事 A 賢 友:, 仁。 可, 見 衆 善 皆 仁。 衆 善 皆 仁 之 細 G 衆 善 可,, 以稱 P 仁。 衆 善 可,, 以 

入,, 仁。 仁者 衆 善之統 宗矣。 

戴 記 云。 溫良 者。 仁 之 本 也。 敬愼者 仁 之 地 也 宽裕 者。 仁 之 作 也 孫 接 者。 仁 之 能 也。 鷉節 者り 仁 

之貌也 e 言談者 仁 之 文 也。 歌 樂者。 仁 之 和 也。 分散 者 ◦ 仁 之 施 也 儒 皆 兼, 此 而有, 之 猶且 不,, 

敢言, 仁 其尊讓 有,, 如, 此者? I 衆 善諸德 之爲, 仁。 古人 明言, 之 如, 此。 

左傳公 族穆子 曰。 恤 k 爲&。 ? S 正 症爲. 正。 正. 曲爲. 直。 參 和爲. 仁。 1? 年 是合」 一一 德, 爲. 仁。 下,, 

仁 字, 同 =德 字? 蓋 ml- 仁 之 統,, 衆 善-也 リ 

予舊說 德仁ー 一字 錯互。 恤 X 民爲, 仁 G 參和爲 i 德。 今 姑從, 一 舊本? 亦 通。 

周 官六德 曰。 知 仁 聖義忠 和 g 司 中庸 三德 曰。 仁 勇 左 傳ニ德 曰 信 仁 f 七 又 曰。 四德。 親仁祥 

義。 吳子 四德曰 道義 鱧 仁 G 隨司馬 法 六 德曰。 禮仁 信義 勇智。 仁 本 一 德之名 孟子 四 端 亦 以=惻 

隱不 I. 忍爲, 仁 以, 一 羞惡不 "爲爲 X 義。 以,, 辭譲 恭敬 ー爲, 禮。 以-- 是非 得失- 爲, 智 不-- 特是而 巳? 孔子 

亦 仁智 對言 ◦ 仁義 對言 ◦ 知 仁 勇 並 言い 是仁 爲,, 一 德之 名, 也明矣 何以 論語 仁 字與, I 道德, 同 ◦ 爲,, 衆 善 

大 田錦诚 洗 泗仁說 四百 五十 九 



折衷 さ 嵌 Eln 五十八 

近 思 仁 在,, 其 中, 矣。 中庸 博舉 審問 慎 思 明 辩、」 次 以,, 篤行? 論語 之 仁。 乃 中庸 之 行 。言 ,,, 善行 之 生,, 乎學 

問 ゆ, 也。 言 H 愛之理 在-其 中, 可 乎。 言 __, 長 人 安 3ii 在,, 其 中, 可 乎. - 可 k 此類以 仁打 爲 a.1 矣。 

金滕 C 周 公 曰 予仁 若, 者。 能多材 多藝。 是亦 言- 1 吾 行 能 順,, 文 王, 也。 極 爲_> 穩: W? 如 爲-- 愛人 安民? 

- 則 非, 不, 通 也 然 欠-協 當? 是仁字 之 最古 者。 贋造 增 多多 有-仁 字? 不 k 足, 論 也 

日 一 中庸。 知 仁 勇 三者。 天下 之達德 也。 知 k 道爲 k 智。 行 JFj 爲, 仁。 勉, 道爲, 勇。 文 言 K、」 仁 以行, 之 Q 中 



本 

」 

編 



庸云。 カ行 近-乎 仁? 以 屬, 行。 從來 有,, 此 說? 

衆 善是 仁。 舆,, 道德, 同。 是故 論語 以,, 仁 字, 同_, 道德, 者。 亦 間 有 k 之。 曰。 孝弟 也 者。 其爲, 仁 之本與 

孝經 云。 夫 孝 德之本 也。 論語 仁 字。 孝 經換, 之以 --德 字? 曰。 仁 遠 乎 哉し 我欲 斯 仁至矣 C 中庸 云 

道不 &乂。 人之爲 J 迫。 而 遠义。 不, 可- 以 y 道。 孟子 云。 道 在" 邇。 而 求-諸 遠? 又 云。 堯舜之 

道 非 J おに 人 也 人不』 尸之爾 ^gf^M 論語 仁 字。 中庸 子換, 之 以,, 道 字? 曰. > 仁者 安, 仁 知 

者 利, 仁 G 大戴記 云。 仁者 樂 X 道。 智者 利, 道し §g! 論語 仁 字、」 大戴 亦換以 道 宇? 可, 見 道德仁 三者 C 

可 _1 互換 通用, 矣 C 

本 立 而道生 C 本 者 孝弟 也 C 道 者 仁 也 C 下 文 承, 之 云 孝弟 也 者 C 爲, 仁 之本與 Q 仁與, 道 互換 通用 C 

論語 自_ -開卷 一如, 此 C 若 夫 道 德仁並 言。 自屬 = 別義? 

論語 仁者 安 X 仁 C 知者 利, 仁 C 中庸。 或安而 行に 或利而 行, 之 或 勉强而 行, 之 「」 之 字 指,, 上文 

達 道? 所, 謂 君臣 也 父子 也 C 夫婦 也 見 弟 也。 朋友 之 交 也〕 五 者。 天下 之 達 道 也」 是也 C 中庸 之 



文 言 云 o 元 者 善 之 長 也。 君子 鉢, 仁 足,, 以 長,, 人。 仁者 衆 善 之 統宗。 而衆善 者 仁 之 細屬也 G 是故衆 善 

可, ー以 入, 仁矣。 衆 善 可,, 以稱, 仁矣 何以 知, 之 孔子 曰 道 二 仁與, 一 不仁, 而 己矣レ gjJS 可, 見 衆善是 

i 仁。 衆惡是 不仁 矣。 如以, I 仁智 並 言。 仁義 並 言 C 智仁勇 並 言。 仁義 禮智並 言 。仁 敬 孝 慈 信 並 言 之 例, 

求, 之。 則 夫子 此言。 斷屬 = 不通? 道 有, 仁 有, I 不 U? 有 J 我 有-不義? 有^孝有=不孝?有^^^^有--不慈?道 

豈 f 一而 巳 乎 哉。 夫子 之 言。 猶 il? 道 二 善 與- 不善- 而;! iJviT 得-失 子此ー 5 知,, 一仁 之 爲- 善行 統稱? 

明亮 直截。 不 i 假- 多言? 後 之 儒 流 Q 何 無, 者, I 于此ー 乎 

如.? 仁 之 爲,, 善行? 則 曰。 孝弟 也 者。 其爲, 仁 之 本與。 善以 事, 親 Q 善以事 k。 行, 善 之 初 也 0曰0 巧 

言 令色 C 鮮矣 有, 仁。 巧言令色 之 人 G 實 有,, 善行? 是傲間 所, 希 也。 曰。 汎愛, 衆。 而親, 仁。 兼-愛 衆 

人? 而親, fe 有-善行, 者., 也。 曰。 人而 不仁。 如- i 禮樂, 何。 人 無-善心? 則 禮之節 文。 樂之 和樂, 、も-何 

用, 乎 ◦ 曰。 里ら 爲, 美。 擇不 feu 仁 焉得, 知。 安-居 善行? 美事 之極 也し 明 辨-- 善惡之 分? 择棄 --惡 

事? 而能處 = 善行? 是 智者 之 事 也 否 則不, 得 k 爲 i 智也 曰 ◦ 仁者 安, 仁。 知者 利 k 仁 G 安,, 行 衆 善? 如 

i 出-天性, 者。 是 仁者 之 事 也。 知-善 之 有, 利。 不善 之 有 1, 害。 捨- 不善 fe 取, 善 者,. i 智者 之 事 也。 知 ミ 

仁 之 爲-- 善行? 則 解-論語 仁 字? 有- 1 破竹 之 勢, 焉。 迎 kp- 而 解つ 無,, ー復 盤根錯節 之 勞,, 吾 力, 焉リ 豈不 

亦 痛快, 乎 ◦ 

善行 皆 仁 ◦ 故 論語 間 以,, 仁 字, 換,, 行 字? 曰。 以, 文會, 友。 以, 友輔, 仁。 是文行 相 對之例 也 G 朋友 之忠 

告 蕃蕩。 以輔 U 己 之德行 I 也.」 爲, 輔 >1 愛之理 I 可 乎。 爲 ,輔_| 長 人 安民 之德 一可 乎。 曰 C 博學 篤志。 切 

大 田餘拔 珠洒; i 說 四百お ナ七 



ノ 

本, 



理 

編 



街 衷舉汲 

诛 泗仁說 



四百 五十六 



加 賀大田 元 貞公幹 著 門人 



上 總酉井 履 一! 一一 口 

江 m ^邊 S 噴 校 

上總诲 保尙賢 



令 尹 子 文 C 忠厚 無, 私。 當代名 賢 也 夫子 曰。 焉得, 仁。 冉雍仲 弓。 淸高 簡約。 叉 當今名 賢 也。 夫子 

又 Ho 不, 知-其 仁-也 夫子 又 自言。 若- -聖與 _fc。 則 吾 豈敢。 夫 仁。 孔子 不, 居 天地 之 間。 何處 有ノ, 仁 

者" 乎。 是故戴 記 云 C 中心 安, 仁者 H 天下 一 人而 巳。 又 云 C 無欲 而 好, 仁者。 無 畏而惡 = 不仁, 者。 

天下 一 人而 巳。 ^ 可, 見所, 謂 仁者 當-- 孔子 之 時? 則 孔子 而巳矣 常-孟子 之 時? 則 孟子 而已矣 其 尊 

glB お C _^u^-f ^ f S ョ tM^&b/ fe^o ts^ 二 o 左 六 年。 陳五 父稱- ー鄭莊 公一 曰、 親 レ仁眷 JaEO B 之 .e 

重. gitt ^^チ子^-ー子羊l曰 IS 爱 i 潔 而 §1? レ. u 也 。又 定九年 。齊跑 文 子 二 陽 虎-曰 親 レ富不 レ锐レ 仁。 夫 

仁。 孔子 不 ^ 居。 子弟 向-何 處? 得,, 仁者? 而親 X 之 乎。 夫子 又 敎= 子 貢-曰。 居,, 是邦, 也。 事,, 其 大夫之 

資者? 友,, 其士之 仁者? 夫 仁 孔子 不, 居-」 子 貢 入-何 邦? 得-仁者? 而 之 乎。 是大 町, 疑 C 不,, 係是, 

也。 夫子 又 言。 巧言令色」 鲜矣 有, 仁。 夫 巧言 < "色 之 人。 無 =眞 忠信 者? 無, I 實 孝弟 者? 於-仁 聖, 

乎。 聖與, 仁。 君子 德行之 極 也 C 故 維,, 孔子?, 不,, 1 居- 此 二者? 今 言 a 巧言令色 之 人 非 i 人? 則 開 者 

不-- 愕然-乎 夫子 之 言。 何以 異,, 於是? 是亦 最大 可, 疑。 何 乎。 先 則 尊重 之 極 C 而後 則輕 易之 甚。 はん 

非-, 可, 疑之尤 者-乎 佛氏 有, 言 大疑 悟道。 後 儒不, 知, 疑-其 可" 疑 焉能 得,, 悟道, 乎 C 然 5^ 傲然 建 

レ說曰 愛 之理也 曰 親愛 之德也 曰 長 人 安 は 之德 也。 ^呼此 楚不, 知, 解-, 仁 之 了:: i.? 焉足, 語, 道 乎 



沫灘 仁說序 

予自, 少學 ,經0 以, 仁 爲,, 親愛 生育 之德? 作,, 仁說提 綱? 又 作,, 仁說 要義? 建,, 親愛 生 養 慈 葸救濟 之諳 目? 

一 遍輯 周 漢人 言.. 仁。 以, 此 解,, 他 書 言, 仁 及仁智仁義相對之類?則約&^1可,通、」 唯 求,, 之 於 論語? 毫不 

日 \ 相 合? 何 也 曰 欲, 仁 仁 至 是豈 愛, 人濟, 民 之 事 乎。 曰。 無,, 終 食違 P 仁。 造次 於 k ま 颠沛於 お。 

本 一 是豈愛 义濟, 民 之 事 乎。 微子之 去。 紫 子 之 奴。 ?關- 涉愛 X 安, 民 之 事? 夷 齊讓, 國 餓死。 亦不, i_- 

一 涉愛, 人 安, 民 之 事? 吿 一一 顏子 仁? 克己 復醴。 斷 無-親愛 恩 惠之義 ?吿 一一 樊遲 仁? 恭敬 忠。 又斷 無-慈愛 恩惠 

倫 之義? 至- iH 最? 通 者? 如, 吿= 司 馬 牛 仁? S?P」!1L。 非-恩 惠 慈愛 之 可 "解 也。 因菩, 疑數 年矣。 最 接讀_, 孟 

子? 得-孔子 之 言? 道 二 ◦ 仁與, I 不仁, 而 已矣。 轄然而 悟 仁者 唯 是善也 G 衆 善 可- 以稱, to 衆 善 可,, 

以入 "仁。 仁者 善 之宗也 。以, 此 讀,, 論語? 一 一 1.3^不= 吻合? 於; 舊曰! 圑。 一 旦換然 永釋。 豈不 亦 

痛快, 乎 夫 孟子 說,, 仁義? 中庸 說, 誠 論^ 說, 仁。 仁 之 一 字。 聖人 之 秘密 藏 也。 戰國 諸子 S「J 知, 

編 此義, 曰。 老子 說, 柔。 孔子 說 fc. つ 讀-- 論語-者。 不, 知-, 此義? 則焉得 S 能 通 i 人 之 意, 乎 Q 嗚呼 吾 則 

I" 愚矣。 學, 經四十 年。 眞積 カ久。 始能 知- 此義? 今發 _| 其 韜蘊? 作- 洙泗 仁說。 一 貫 明義ニ 書? 以 致-子 

弟? 又以 問-諸 世? 二 千 iH. 之秘蕴 ◦ 渙然始 明-於 今日, 乎 Q 嗚呼 夫 道 者。 天下 公共 之 物 也。 非-一家 之 私 

有 I 也。 世 之 明 眼 之 人。 或爲 裁-其 過? 而 ,- 其 未" 足。 則 可 =1 與^ 同 爲_1 孔門 忠臣 ー矣 G 

文政 三年 歳次-庚 辰 I 月 維 仲秋 ョ 維 端午 吉田史 氏 加 賀大田 元貞 才佐識 

大田錨 城 r- 仁 說序三 書 四百 五十 五 



折衷 E 百 五十 H 

. 近 ffi? 一 陋 儒?、 u_- 長 人 安 氏-解 i 仁。 長 人出-文 言? 曰。 君子 fp 仁。 足- 以長. X。 安 k 出-泉 陶謨? 曰。 

安 k 則惠。 黎民懐 王。 是其所 X 徵也 「」 大學 曰。 爲_| 人君? 止-於 仁? 孟子 曰。 唯 仁者 宜 k 在-高位? 仁 一 

一 

者 固 宜,, 輔, 世 長" 民焉。 仁惠 同類。 有-慈愛 恩惠 之德, 者。 固 宜_- 安 X 民 濟,. 衆焉 o^i 然是 仁者 之 功 非 * 一 

^ 所,, 以 解., 仁 也。 禮 可,, 以 安, 上 治., 民矣。 解 k 鱧。 爲- 安上 治 民? 可 乎 a 樂可 =以 移, 風 易., 俗矣。 解, 樂 一 

日 一 爲-- 移 風 易 俗? 可 乎 G 解, 仁 爲,, 長 人 安民? 何以異 于此, 乎 且也。 令 尹 子 文 輔,, 相大 國? 能 治-其 一 

本 \ 亂? 有,, 長 人 安民 之德, 者 也 夫子 評 Z 之 曰。 焉得 k 仁。 長 人 安民 之不, 可,, 以解 "仁。 其明徵 一 矣 冉 it 一 

\ 仲 弓 可, 使-南面? 南衝。 天子 諸侯 之 位 也。 是亦有 長 人 安民 之德, 者 也。 夫子 評, 之 曰。 不 X 知-其 仁 rj 

一 也 長 人 安民 不, 可,, 以解, 仁。 其 明 徵ニ矣 C 子路 治-千 桑 之國? 可, 治,, 其賦, 焉。 冉有千 室之邑 可 一 

一 爲,, 之宰, 焉。 皆 能 有-長 人 安民 之 德-者 也.〕 夫子 評 i 之 曰。 不 X 知-其 仁-也。 長 人 安民 之不, 可-, 以 解ず 一 

仁。 其明徵 三矣。 天宽 以來。 天下 學者。 能 知 &x 書講 _| 義理? 陋儘氏 之妄。 無 ,信-奉 之, 者 3 其 初 之 一 

盛 也 黄 茅 白 葦 彌望 皆是。 其 後 之 衰也。 水 落石 出。 唯塞鄉 僻邑 之士。 乏_- 師友 薫陶 之 益? 而 先入 爲ー 

一 k 主。 猶有, 尸-祝 其 學-者 3 可, 傷 之甚。 錦 城 先生 仁說。 板 刻 已成。 予 附-, 载此 言? 以吿- -塞鄉 僻邑 之 一 

な 士, 焉。 一 

一 

文政 三年 歳次-辛 巳-長 夏 土旺日 門人 董齊 16 天文 進 謹 撰 



可 =以 動 1, 人焉。 又 無 3 徳義 可 _,以 化., 人焉 以 _,姦 雄 僭僞, 自 居。 且 猶不, 放 何 此道 正統 乎。 唯自, I 

少小? 精- 窮漢宋 諸 儒 之學? 而不- >敢 俊,. 之。 其 可 者與, 之 其 不可 者改, 之。 可, 謂,, 漢宋諸 儒 之 忠臣, 

也。 然則漢 之汲黯 唐 之 魏徵。 其 人 乎。 予則以 謂 ◦ 兩漢 四百 年 其 知, 道 者。 董仲舒 1 人 耳 李廣三 

百年。 其 知, 道 者。 韓愈 一 人 耳。 宋則程 朱 三 子 明 則 陽 明 王 氏。 我 邦 二 千年 C 所, 謂講, 學 者。 不, 出,, 

記問辭 章, 耳。 其 間談, 道 者。 靈胡說 亂道耳 實 無,, 一 人 能 知 JPJ 談に叙 者? 而解, 經之精 C 談, 道 之 明。 

以- 先生- 爲,, 唱首? 後 之 論者 或當 お-先生? 比 * 漢 之董。 唐 之韓。 宋之稈 朱 明 之 王 氏 &。 蜀漢雖 

, 小。 後 之 譲- 1 正正 統一 者。 必歸 = 于此? 予有レ 取 _ -于 先生 ー焉 e . 

文政 四 年 辛 己 五月 端午 . , 門人 源平 千 謹 撰 



大 田錄拔 仁 說11ー 害 序 rak» 五十 11 一 



折衷 學 K B!kT 五十二 

錦 城 先生 仁 說三書 序 

宋 11 之學 孔 ff^ 之 正統 也 C 其他談 i 道 者 a 多是餘 分閏位 G 覇統僭 僞之流 也 ^ 若 其 次 者。 乃 赛雄巨 滑 

割 據爭, 長 之 類 也 至-其 下 者? 乃 流 賊群盜 草間瑜 X 活者 耳。 何 足 ^讒 乎. - 元延祐 明 永 樂以來 以,, 

宋 藩 傳註? 立-於 學官? 比 =, 諸唐宋 立, I 漢魏傳 註? S 進,, 一 格? 在 =于 今 曰? 天下 學政 以, 此取, 士 C 是能 

得-事理 之 至當, 者 也。 唯 II 者學 k 講 不 k 可 =, 偏- 黨漢宋 之學: 丽直 以-- 孔孟, き歸 宿: 是 爲爯, 之 

矣。 何 也 C 程朱之於,,孔^1.^? ©1,1 漢害之 於, き 虞 三代, 也。 謂 3 漢唐 非,, 天下 正統? 則 不可 矣。 謂 =1 之 能 

得 _,麼 虞 三代 之 道? 則 未 也 a 謂, 程 朱 非-聖人 正統? 則 不可 矣。 謂,, , 之 能 得,, 孔孟 之 道? 則 未 也 C 孔孟 之 

道。 粹然精 金 也。 宋儒 之學。 雜 以,, 鉗鐵? 是故 其傳註 Q 固不 k 能 謬 誤? 丽其 所-主張? 大極無 ^0 

道 器 理氣之 類。 P 雜 佛老? 動 流-異端? 曰 Q 節お 而愛 乂。 曰 省-刑罰? 薄,, 稅欽? 聖人 之 言。 明 

白 正大。 於,, 人事 治 道べ 切實 如, 此 而宋懦 所, 爭 無 極 而大極 道 亦 器 器! #道0 陰陽 非, 道 所,, 以 

陰陽-者 是道。 其 言 瞹眛。 近-堅 白 異同 之辨? 旣不 お-, 人事? 又 用,, 治 道? 是豈爲 3能 得- 孔 ffs 道, 

乎 且也。 解,, 孟子 性 善? 不, 知 情 善? 養 氣不, 知, 爲,, 義勇? 大學 明德。 不, 知:, 爲&德 令德? 中庸 

性道敎 敎字 不, 知, 爲,, 敎學? 至,, 於 論語 仁 字? 最不, 得-其 解, 也 是 豈爲, 能 得,, 孔孟 之 i 道, 乎. - 錦 

城 先生 自, 少學, 經。 至:, 老益 精。 頃 者 解經餘 暇。 著-仁 說三 書? g_l 正 先 儒 之 謬》? 其 言明 白。 青天 白 

«0 敢 翻然。 先生 曾 云。 予講, 經談, 道。 比-諸 先 儒? 不』 一-, 1 得 之 愚, 也。 雖; ITN 名 位肖貌 



其學を 奉ずる 人に 問 ふの み 

寬政七 年 秋 九月 



a 



本 



楚 



疑問 錄 下お 

大 田 錦 城,, Mi^^. 



多 稼 居士 大田元 肩 



四百 五卞 1 



B 



本 



折衷: 畢. 派 四百 五十 

子 は 泉 を て 比 し、 木 を 以て 比喩 せられし 也、 朱 子の 說に從 へば、 人 は 本體義 之獻之 なれ ど、 人 

欲に 掠れて 義獻の 本體昧 まる、 故に 人欲 を さへ 掃盡せ は、 直に 能書と な 6 て、 本體の 義獻明 也と 

云が 如し、 是 天地に なき 空理 也、 斷欲復 初の 吾 道 を 富す る は、 佛老の 害よ 6 も 盛なら ず や、 

存心 

孟子 存, 心 養;, 性と 云 さあ. o、 是亦 理 にて、 吾心 を存と 云と に は 非ず、 孟子に 君子 所 一, 1 以異, I 於 人 一 

者、 以, 一 其存, 心 也、 君子 以, 仁存 X 心、 以レ 禮存, 心と あ ft- て、 孔子の 操 則存、 舍則 G も 同 t ことにて、 

仲 虺之誥 の以, 禮制 つむと 云、 論語の 其 心 三月 不 仁と 云より 來ゥ しものに て、 仁禮を 以て 吾心 を 

» 一 存と云 ことな hN、 都て 聖, 人の 道に は、 下手なる 心學 者の 心に て 心 を 治る と 云、 狂人の 狂人 を 制する 

理 一 樣 なる さは 是 なきる 也、 心 は 仁と 禮と にて、 存 する もの 也、 又存っ 5 養, 性 は、 存 -I 良心: 養-善 

一 性 一と も 見る 説 あり、 此《" 一 說 なり、 

畢 命の 閑, 一 放心, と 云、 閑 は 論語 大德 不, 踰, 閑の 閑に て、 七十 不レ 瑜, 矩の矩 《 ^同じ、 閑と 云、 矩と 云、 

皆禮の u 也、 是亦禮 にて 放心 を 閑す るる を 云、 心に て 心 を 治る さに は 非ず、 書の 放心 は 放 縱の心 を 

指す に 似た 6、 rfl 子の 放心と は 異なりと 見るべし、 

門 生の 性 輝- 學 より 求る もの あ. 9、 予^ 蔽或 を啓發 せん 爲に、 予が 偽學辨 中に 就て、 數十條 を 抄出 

して、 國字 となし 是を 詰る、 其 人 驚嘆して 奮 見の 非 る、 世又此 人の 蔽 惑に 同じき? の^から 

んゃ、 闲て輯 て ー卷 となし、 疑問 錄と 名く、 斷 して 程 朱 AJ 非と するなら ず、 予が疑 ふ 所 を もって、 







は、 惻隱 して 不, 忍 心 も、 い ゥ しか 忍て 人 を 害する 樣 にもな. o、 羞惡 して 不:, 爲心 も、 いつしか 人よ 

ふ檨 にもなる、 是を 放, 一良 心, と は 云 也、 故に 學 問して、 其 良心, 求 得て これ を存 し、 所, 不らゅ 

を 達, 所, 忍 は 仁と なり、 所, 不 i 爲を 達, 所, 爲は義 となり 仁義の 德を 成就す,、 是其頁 心 を 求る の 法に 

一 て、 擴充 もお き lifi とも、 長 育 と..^、 孟子 はの 給へ 气 惻 隱不. 忍の 心 は、 」 滴 

日 \ の 泉に て、 是 を攒充 すれば、 仁德 をな す は、 大河お 川と なる 也、 羞 惡不, 爲の心 は、 一 寸の 苗に て、 

本 一 是を長 育 すれば、 義德 をな す は、 巨材 大木と なるな. cs、 聖賢の 敎は、 良心 を 養 充て- -、 懿德を 成就 

^ する のみに て、 泉の 大川 とな. 9、 苗の 大木と なる 如く、 擴充畏 育と 云 にあ 6、 これ 天下の 實 道理 

倫 ^ にて 伊呂波 を學 ぶよ, 能窨の 手と なる が 如し、 天下の 萬 事 皆 かくの 如し、 斷, 欲復 k 初と 云と は、 龜 

理 W 賢の 敎 になき のみならず、 天下の 實 事に、 曾てな き 事な, 5、 求- 1 放心-の 義を 論して、 幷て此 に 及べ 

メ A 

.^ 四 端 之 端 は、 趙岐の 古注に、 端 首 本 也と 解せ しさ 妙な. 5、 然る を 朱 注に は, 內に 仁義 あ. CN て、 端緒 

編 一 尾,, 於 外, と 見られし は、 本末 を 顛倒した, 妄尾 也、 仁義 を 性と 見て、 本と し、 體 とし、 恻隱羞 惡を情 

^ と 見て、 末と し、 用と する 故に、 四 端の 端 を 端緒と は 見られし 也、 若然 らば 惻 隱不, 忍の 心よ ftN 仁 

に 至. 9、 羞 惡不, 爲の 心より 義に 至る は、 外よ らして 內に 復る義 なる に、 孟子 何とて 火 之 始然泉 之 

. 始 1^ 一と は 比^せし ぞ、 擴充長 育と は辨說 せし ぞ、 是 ff^ 子の 意なら ざるる 明 也、 四 端 は始な ftN、 本な 

-9 此四 端の 心,^、 擴充 Is^ して、 仁義に 至る はへ 苗の 大材 とな .ft/ 泉の 大河と なる に 同じ- • 故に 孟 

大田錦 城 疑問 銥卷下 四百 四十 九 



曰 

理 

《《- 





折 3 9 S 四百 SI 十八 

說外, 培-益 吳氏 a 之 募言: 易 則 天台 鄱陽 ニ董 氏、 雙湖雲 峯ニ胡 氏、 於-一 諸 書 外: 全 未, 寓 i 目、 所, 謂 

大全、 乃至 不 X 全 之 書 也と, 吳任臣 曰、 ,ポ樂 中 勅 修-- 春秋 大全- 纂修官 四十 二人、 其發凡 云、 紀年 依-注 

氏纂琉 T 地名 依-李 氏會 通つ お 文 以-- 胡 氏- 爲レ 據、 き-林 氏; 其赏全 襲-お 1 成 書-と、 陸元輔 曰、 鱧 記 

大全 、就- 陳氏 m 說- 而增き 之: 凡 四十 二 家、 5ts 者 共? : 十二 人、 當 曰諸經 大全、 皆攘- 竊成 書; 以 罔- 

其 上; 此亦必 元 入 成 書、 非,, ー諸臣 所- -排 募-也と、 今 詩 書 易の 大全に て晃 るに、 詩 は 安成 劉 氏 達が 通釋 

の 書 力る 明かに 知らる、 書 も陳氏 襟が 纂菰の 書た るる 明らかに 知らる、 H は 雲 峰 胡 氏の 本義 通 

0k 多分 は IK ft- しものと 見 ゆるな. 9、 如何にも 盜 ものに て、 且つ 博/、 纂 して 遍く引 るの 書なら 

ず、 十に 九ゥ は、 朱 註に 合た る說 を錄 せろ ものに て、 其它 是正の 說 あれ ども 引かず、 卷跌 は浩博 なれ 

ども、 中 は 孤 單寡陋 の 書なら 如, 此書計 を 尾て、 經學を 究めん と 欲する は、 大 なる 誤なら ず や、 

放心 

孟子に、 學間之 道 無, 他、 求-一 其 放心- 而已矣 と 云る あ 6、 宋學を 信ずる もの、 是を據 とし: て、 吾心 

を檢 制束搏 せんと 欲す、 近頃 も 一種の 俗心學 ありて 此 等の 語 をロ實 となす、 悲 むべき 見所 也、 孟子 

に、 雖., 存-- 乎 人 一 者ハ豈 無-一 仁義 之 心 一哉、 其 所 1 一一 ふ 奴-一 其 頁 心-者、 亦 搏-ー 斧斤 之 於" 木 也と あら、 され 

ば 放心と は 放, 一 仁義 之 良心, さ を 云な り、 さて 又 仁義の 良心と は、 子 M 子に 惻隱之 心、 仁 之 端 也、 羞惡之 

心、 義之端 也と あり、 又 人 皆 有 k 所 k 不 k 忍、 人 皆 有》 所 二 小 X 爲と 云、 是即 仁義 之 良心な ft -、 惻隱 羞惡、 

不, 忍不 i 爲の心 は、 天地よ 6 受て 生ぜし、 仁義の 茛 心なれ と、 放-其 良心 r 亦 猶-ー 斧斤 之 於" 木 也と 



る縝 ならず や、 笑 ふべ く 傷むべき HJ な ftN、 

井觀驥 言に、 尹氏發 明、 劉 氏 書法の 二 書 を 論して、 但有 T0= 本文 之 誤- 而曲爲 一-之 說ー 者よ と 云 へら、 

二 書 附會の 病に 能く 中れ. 9、 

大全 

近頃の 事に や、 學士 だち の 大學の 生徒 を敎 雜 せられし を 聞し に、 四書 五 經.^ 、 棠 注の 外 は、 蔡淸蒙 

引、 胡廣 大全の 外 は 見ざる 檨 にと 云し と簡. 9、 博聞 多 見 は、 聖人の 敎な るに、 かく 學者を 誘 はる ゝ 

は 如何なる 理 にや、 蔡淸蒙 引 は、 此方の 便 言抄驂 解の 類に て、 一得の 處も あれ ど、 如何にも 村學究 

里 校 辔の書 也、 大全 は 全く 古人の 書を盜 みし ものに て、 甚 しき 寡 陋の書 也、 頓綠 日知錄 に、 自.> 永 

樂中? 儒臣 き修 四書 大きき 之學ま 而諸 蒈 I、 藝 1 翳 i 懇 I 力 Si 書 腿 雄^ 随醺霜 I 嚷^ 

ilj&Ksfi お 目 1 倪氏 輯釋、 今 見-於 劉 用 章郞所 k 刻、 四書 通義 中? 永樂中 所, 募 四書 大全、 特小 

有- 增剛; 其詳 其簡、 或多不 k 如- -倪 氏、 大學 中庸 或 問; 則 全不 レ異、 而間 有- -舛誤 ハ 至-春秋 大全 ハ 則 全 

襲-元 人注克 寬胡傳 纂疏; 但改- 其 中愚按 二字: 爲&氏 曰ハ及 添- k 陵 李 氏 等 一 ニ條- 而已、 詩傳 大全、 

.則,^^襲_,元人劉琉詩傳通释;而改--其中愚按ニ字-爲--安成劉氏曰: 其三經 後人 皆チ 尾- 舊寶 亦 未 あ 

不. - 因-前人 1 也と、 徐乾學 淡 園 窠經解 序に、 四書 大全 則 本- 1 倪士 毅通義 大成 一 詩 則 稷-- 劉谨迪 釋-森 秋 則 

猶, ー注克 寬纂疏 r 制-, 竊鐾 本; 苟以塞 J 爲而已 と、 朱變尊 經義考 に、 按永樂 中、 詔修- -五經 四書 大全-如 k 詩 

則 取-諸 劉 氏, 還 翁 則 取, -諸陳 氏- 櫟、 赛秋則 取, -諸汪 氏- 克宽、 四誊則 取-,^ 倪 氏- 士毅、 禮 M 於- -陳 氏 集 

4< 田銘诚 Mi^ illws 十七 



折ー衷 fpg E 百 H 十六 

偽と 見られし f, よれば、 先主 後 主と も 云べ し、 綱目 は蜀を 正統と なして 漢と稱 す、 卓見なる. i 也、 然 

るに 其稱號 は、 僧 偽の 後 主の 稱を 用たり、 稱 號は禮 制の 與る處 にて、 名不, 正 言不, 順と 云へ. 5、 正 

名 は 儒者の 第 一 義な るに、 如, 此の 手近なる 事 を 誤られし は、 究理 致 知の 功 も 何く にある や、 是に 

て 其 書の 聖 筆に は 擬 すれ ど、 稱號 にさ へ 誤 あれば 其 它の誤 は 類推して 知るべき さなり、 是予が 私論 

に は 非ず、 元の 姚 嫁と 云 もの、 曾て 此を 駁辨せ 6、 元史の 本傳に 見へ たり、 

泶千辆 H、 網 朱 子 所-, 自述 1 也、 目 命-, 趙師 淵-節- 羃之 1 と、 宋元 通鑑に 見へ た. 9、 趙師淵 字 幾 道號, I 

訥齋: 其^ は SI 書. に 見へ.^ り、 朱 子 大全 集に も與- ー趙幾 道-書 ありて、 寿 秋の 事 を 論ぜ. 9 と覺 ゆ、 此 

人史 學 に 博なら ず、 往々^ を貽 せし と云傳 ふ、 然し 今の 綱目 を 見れば、 目の み 誤 あるに も 非ず、 辆 

に 1^ 誤 あれば、 あながちに 趙師 淵の 過に も ある まじ、 今の 宋學者 綱目の 誤 を 云へば、 趙師淵 也と 云 

は、 超 氏の 朱 子の 身が はらになる に 近し、 不幸の さ 也、 

北史 に、 齊 主の 夏日 南苑 に游. こ、 喝死從 官數十 人と 云 HJ ある を、 司 馬 公通 鑑に 誤りて、 賜-一死 從官 

数十 人 一と 記せり、 朱 子 綱目に は、 直に 殺- 從官數 十 人-と 記せり、 轉々 誤 を 承た る も の 也、 然る を 

後の 人 朱 子 を 誤に せま じと て、 孟子の 殺, 人以 與 "政と 云る を 引て、 喝死を わ ざ と 殺と 記せ しと 

云、 是尹 起莘發 g*- 、劉 友益蝥 法い- 說也、 牽強 附會 の甚と 云べ し、 故に 徐昭文 考證に は、 當 ミ從レ 史書- 從 

官喝 死, と 云、 且尹 氏の 附會を 譏れ. ヽ朱 子の 誤られし さは 周密が 癸 辛 雜識、 齊東野 語に も鄭? 井觀玻 

言に も 尾 へたり 、如, 此の 球 漏に て.. 跡 を麟經 につが れん 事 を 欲す は、 鹤の眞 似す る^、 餌 鵜の 具 似す 



曰 



本 







陸 務觀が 老學^ 筆記に、 周世宗 時、 李景 奉-正朔 r 上表 自稱- -唐國 主 T 而問稱 k 之 曰-江 南 國主ハ 周 書 之 

制 曰、 皇帝 致, 書恭 問- 1 江南國 主: 又 以-- 君 字-易-卿 字-至- 藝祖- 於-李 燈ハ 則遂 賜, 詔 如- 1 藩 方, 矣、 仁宗 

時、 冊,., 命 趙元異 T 爲- -夏國 主; 蓥江南 故事、 然亦 賜, 詔、 凡 言-及 卿 字, 處即闕 i 之、 亦或以 --國 主-代- 1 卿 

字" 當時必 有, 一定 制; 然不 一一 1 盡 見-於 國史 一也と 云へ ft^、 頃 寧 人が 日知籙 云、 南 唐 降- -號江 南國主 T 亦以 

, 奉,, 中國 朔冒 腿-其 號 T 若.^ 劉玄德 帝. &、 謚 _1 昭烈 惠陵 T 初 無 fen: 末 帝 降 レ魏、 封 爲-- 安樂 公 T 

自可, 即以 --本 封- 爲. 號、 隗毒 作-三 國志 r 創立-先主 後 主 之 名ぶ * 璁蜀志 因, 之、 三國 志载、 鍾會檄 --蜀 

將士吏 民 i- 昭烈, 爲,, 益 州 先主; 先主 之 名、 蓥 始-, 於此: 乃 是魏人 所, 稱、 孫楚爲 き苞與 -1 孫賠- 書:; 亦 

云- -吳之 先生? 以; n 承,, 魏統, 義無, 兩帝ハ 今 千载之 後、 而猶 沿- 此稱? 殊爲, 不, 當と 云へ. 5、 主 は 春秋 

の 時、 啷大 夫の 稱 にて、 主君と 云 も 同じ、 戰國の 時、 韓趙魏 の 君 を 多く は 主君と 柳せ しも、 本 普の 

啷大夫^;::-ろし故^^..^、 左 國國策 等 多く 是 ある i 也、 故に 後世 僭 偽の 君を稱 する 辭也、 陸氏頓 氏の 記 

せし 如く、 蜀の 先主 後 主、 ^^國生、 江南國 主、 夏國 主の 類、 これな り、 宋 人の 書に は、 李^の 事 を、 

南 唐 李 後 主、 江 南 李 後 主と 云へ. CN、 李異を 先主と 稱 して、 李燈を 後 主と 稱す、 因て 1^ 李景を 中 主と 

稱 する tj も是 あ. ftv、 沈存 中が 夢溪 筆談に、 江 南中 主畤、 有-北 苑使董 源-善, 霜と 云へ. -、 彼此 互^ 

して、 主の 僭 偽の 君の 稱た ると 明な.^、 

朱 子通鎏 綱目 は、 ,11.; 人の 麟經 に擬 たる 書に て、 一字の 褒肚を も、 後人の 證據 とする 處也、 然るに 蜀 

の 安樂 公劉釅 を稱 して 後 主と せ AN、 是は 如何なる 義 にや、 陳壽 の三國 志、 司 馬 公の 通鑑 は、 蜀を僭 

大田錦 城 疑- E 錄卷下 四百 四十 五 



折衷 學 PS 四百 四十 © 

たる は、 讀誊 は、 學 問の 第一義に て、 道 を 知. 9 德を 成し、 身 を 條め人 を 治る、 皆此 中よ ftN 來 ると 也、 

禮樂殘 闕の後 は、 學問 とて は、 讀; -01 外に はなき さなる を、 如, 此云 はれし は、 きこ へざる さ 也、 朱 

子, P 初年 は 愤觀之 弊、 此理甚 明、 何 疑 之 有と 云れ.?^ る さ、 文集の 答, I 何 叔京, 書に 見 (^り、 博觀 は、 

論語の 博 學-ー 於 文 一と 云、 中庸の 博學, 之と 云、 孟子の博學而詳說,之と云ふなft^、 聖賢の 敎の 第一な 

る を、 是を 弊と は、 是亦 きこへ ざる HJ 也、 程 朱の 語に 如 レ此病 ある ゆ ゑに、 宋學の 固陋 自是 とする 

の 徒、 ロ霣 として f を 欺く、 嗟くべき 事なら ず や、 傷むべき るなら ず や、 

朱 子 文魏、 答-何 叔京 一書に、 默會 一一 諸 心; 以 立-一 其 本 一と 云、 此與- 守-一書 冊-泥, 言語" 全 無-一 交 涉-と 云 へ 

ろ、 先の 語 は 達磨の 云し 直 指 人心、 見 性成佛 ならず や、 後の 語 は、 不立 文字、 敎 外別傳 ならず や、 

然し 是は 初年の 見識に て、 晚 年に は、 陸 象 山の 六 經我注 脚 れ; |ハハ| 難 I ま③ g い 次 と 云し 頓悟學 

の 見識に 懲し 故、 小々 見識 を さげて、 悔改 せられ. .5、 是は予 稽古 錄の朱 子學術 終始 三 變の條 に、 

至て 詳 なり、 明の 王 陽 明 朱 陸 早異晚 同と 云 説 を 作り、 朱 子晚年 定論 を 集め 錄す、 其 中に 答-一 何叔 京- 

書 を 引く は、 僞 妄の甚 な. -、 羅欽順 困 知 鈀、 陳建學 都 通辨、 頓炎武 日 知 錄に詳 に是を 辯し. P:i り、 然し 

朱子晚 年に は 小々 舊見を 改られ .pi れど、 先入 爲, 主 佛 老の說 は、 終に 全く は脫 せず、 改悔 せられし 

と は 云へ ど、 改め 悔られ ぬ も 同じる にて、 只 小々 の 違 あるの みなり、 晚年 とても、 具の 孔孟の 道に 

は 非る 也、 



曰 



本 



理 



其學を奉ずる人は如何^^-もはる、ゃ、 



葵峯黄 氏、 論-, 魯郊; 稀, せし 結語に、 是敢, „ 於 非-周 公 孔子: 而不, 敢,, , 於 非,, 宋人, 也、 學者膏 富 之 病 也 哉 

と 云と 知 新 目錄に 見へ た.^、 今の 奉 = 朱學, 人の 病に 的中せ, 9、 此言 楊用修 郊歸辨 に, „p 見 ゆ、 丹鉛總 

錄、 升卷 全集、 升菴外 集に、 共に 載せたり、 たれ か 襲し にや、 猶 再考すべし、 

道學 

道學之 名、 起, I 於 元祐? 盛,, 於 淳熙: 其徒讀 1 書 作, 文 者、 則 目 爲,, IT:. 物 喪 P 志、 留, 1 心 政事-者、 則目爲 = 

俗吏 r 其 所 J 職 者、 止 四書、 近 思錄、 通 書、 大 極圔、 束 西銘、 語錄之 類、 自 詫-其 學 T 爲,, 正 心 脩身齊 

家治國 1^ 天下: 然考, 1 其 所" 行、 刖 言行 不_| 相 顧, と 周密 癸 辛 雑識に 見へ.?^ 、世 又 有- 一 種錢 陋之士 T 自 

視 m 厂堪 =, 以爲 = 進取 之 地 ハ辄 亦自附 於 道 學之名 S 衣 博帶ー 危坐 濶恭、 或 抄= 節 語類: 以資 高談; 或閉 

, 眉 合』、 號爲 _,默識; 而扣 =擊 其 所 "學、 則 於-古 今; ,所-, 聞知; 者- 驗其所 "行、 則 於-一義 利; 無, 听,, 

分別 r 此聖門 之 大罪 人、 吾 道之大 不幸と、 周密 齊柬野 語に 晃 へた, 9、 近世の 閽齊學 などの 病に 的中せ 

り、 儒 之 有-, 道 5?!K 即 五穀 之 有-一 凝 稗 1 耳と、 田 蘇 藻 留靑日 札に 尾へ た.". >、 今の 閽齋學 など 云 もの は、 

儒 中の 凝 稗と も 云べき もの 也、 

讀, 書 を玩 k 物 喪; へ』 と 云れ し さ は、 程 子の 謝顯 道が 歷史を 暗誦せられ たる を警 策せ し 語 也、 稈子遺 

書に 見べ た. 9、 論語に 子 路が何 必讀, 窨然 後爲, 學と云 はれた る を、 孔子 は 是故惡 一一 彼侫者 I と 抑ら れ 

大田錦 城 疑問 綠卷下 四百 四十 1J1 



本 



理 





折衷 學^ 四百 1! 十二 

唐 仲 友 

予 二十 許 歳の 時、 今 侍 聲多紀 桂 山の 家に 寓 して、 同じく 朱 子の 大全 橥を讀 めゥ、 按= 唐 仲 友, 前後 六 

狀に 至て 訐て 直を資 る、 君子の事にぁるまじと思 へ.=^、 後錢 草の 福 井街に あ 6 しとき、 再び 大全 橥 

を 門人 酒 井 明 卿よ. 9 借讀 して、 益々 其 事 を 疑 ヘム、 莆田董 仲 昭が朱 子 文集 踐を 見し に、 is, はなく、 

劾, 一 仲 友- 數 章の 閩 本に 是な きさ を 云へ り、 恐らく は 是 にて 朱 子 を 疑 ふ 人 多き 故 刪 6 しと 見へ た.. y、 

今の 集 は 浙本を 以て 苒錄 せし と晃 ゆ." 故に 增, I- 其 事 を 疑へ ftN、 後に 朱 竹 1^ 大史 の經義 考を讀 しに、. 

唐 仲 友が 說齋 六經解 一 百 五十 卷、 未 k 九 經發題 一 卷 佚と あ 6 て、 周 必大蔬 伯 衡の言 を 載て 

其 著述の 目を擧 .^、 六 經解百 五十 卷、 九經發 題、 經史難 答、 孝經 解、 愚 書、 各 一 卷、 諸史 精義 百卷、 

帝王 經世 圖譜 十卷、 乾 道 秘府群 書 新錄 八十 三卷、 天文 地理 詳辨、 各 三卷、 故事 備耍、 詞華 雜錄、 各 

四卷、 陸宣 公奏議 詳解 十卷、 說齋文集四十卷とぁ,=^て、 周必大 蘇伯衡 共に 其舉 を賞卷 せり、 是に於 

て 愈 益 其 事 を 疑へ. os、 如何 なれば、 伯衡の 記されし 處を 見れば、 仲 友の 博雅 大荖 述、 古今 其 比 多 か 

らぬ人 也、 然るに 朱 子 劾 文 を 見れば、 淫蕩 不, 撿、 翥, 政 害, 民 さ甚 し、 一 人に 非ざる に 似た. 9-、 菩, 疑 

數年、 近顷 先民錄 と、 齊東野 語 I 晋 とを讀 みて、 其說を 待、 疑 圃釋然 た. 9、 先民錄 にて 尾れば、 高 文 

虎と 云 もの tt^ls せし を、 朱 子の 信ぜられた る さ 也、 齊束野 語に て 見れば、 陳同 父の;?^ 怨 にて 譖 毀せ し 

K 朱 子の 信ぜられ たる h; 野 語に はニ條 まて、 此事を 群 じて、 至て 詳な ftv、 然れば 朱 子 は Is 言 を 信 

して 博學の 大儒 を疏 劾せ し は、 如何 fi! る事ぞ や、 是 S 君子の 事なる べき や、 是 予が最 取らざる 听也、 



云し は、 朱 子 文集の み を讀 みて、 朱 子の 初年の 說 力み を 知 ft' 、績 集を讀 まず、 朱 子の 晩年 察 仲 默に遺 

命せ る定說 ある さ を 知らず して、 朱 子 文壤詩 傅に よりて 蔡 氏を駁 す、 其陋笑 ふに 堪^..^、 i せ^ 排^、 

日月 縢 法 は、 朱 子 初年の 說は、 右 行 を 主と せり、 晚^ に は、 日月 天と 皆 左 旋の說 を 主と せ ft. 、 文集 

$ 堯典 註に 見へ 4^.5, 然るに 今の 詩集 傳、 十月 之 交の 詩、 天 左旋、 曰 月 右 行の 說を 用たり、 是 初年 未 

日 一 定の說 也、 明 劉 三 吾が 書 傳會選 は、 高 皇帝の 命 を 奉して 作りし もの 也、 詩傳 日月 右 行の 說を 主と し 

: 一 て、祭氏書薄を駁f^せ6/書溥曰月左旋の說は、朱子晚年の定說なft^、 然る を韌年 未定の 説 を 奉して、 

\ 晩年の 定説 を 破る は何ぞ や、 且ゥ蔡 氏書傳 も、 禹謨の 半 まて は、 朱 子の 書に て、 文集に 見へ たり、 

倫 然る を 朱 子を駁 せず して、 蔡氏 を^す る は何ぞ や、 此又吳 徵の陋 と 伯仲せ り、 笑 ふべき ならず や、 

RJ 要, 之、 詩 築 傅の 初年 未定の 書なる さは、 此ニ條 にて 推して 知るべし、 

一 

\ 明 太祖 日月 右 行 を 主として、 蔡沈を 斥せ しさ、 陳建皇 明 通 說に是 (たり、 

彙 朱 子 詩馎、 風雅 頌賦 比與の 名義 を 誤り 解 せらる、 予大序 十認六 義者を 著して、 是,^ 辯ぜ り、 其中賦 

一 比 與には 最大なる 誤 あ. y て、 無義之 奥と 云へ るぶ、 前人の 云 はざる ふ を 云て、 後世 を 欺かる、 予 六義續 

" 者 を 著して 是を辨 ず、 草 藁未脫 せず、 

朱 子 詩 傅に はま ゝ良說 も あう、 然し 十の 七 八 も、 牝宋 よ. y の說 にて、 歐陽 公の 詩 本義、 呂束 菜の 讀 

詩 記に 見へ たる • 王荆公 蘇黃門 等の 說を襲 はれし ものに て、 自身の 說は、 至て 少し、 二 書に 考 へて 

見る ベ し、 詩 序辨説 も鄭漁 仲が 詩辨 妄を雙 はれし と 云 へ ..^、左もぁ る ベ し、 



折衷 學 四百 s. 

歐 陽子 も 濃議の 時、 一羽て 是を 見られた と 云れ しさ、 模議に 見 (た. o、 

孟子 注 誤 

晦 翁の 書、 極て 疎漏の さ 多し、 子序說 に、 史記を 引て、 孟子 返 而與, -萬章 之 徒 T 序,, 詩鲁 r 述, -忡尼 

之意ハ 作-孟子 七 簾-. と 云、 §1 又 韓子を 引て、 軻之 書、 非- -軻 自著 r 軻 旣沒、 其 徒 萬 章 公孫 丑、 相 

與 記- 轲所 i 焉、 と 云、 さて 晦翁斷 ^云、 恿按 ニ說? 同、 史記 近. 是と あり、 然れ ば、 孟子の 

本 一 書 は、 孟軻 自著と 見し もの 也、 然るに 滕文公 首章の、 孟子 道, 一 性 善: 言 必稱- 堯舜, の 下に 注して 云、 

一 門 入不, 能 あ 記-其 辭; 而摄--其大F如,此と云へ-^、又其第四章、决,,汝漢,排=淮ig,而注,,之.y,の下 

注 云、 此謂ミ 四 水 皆 入- -于江 r 記者 之 誤 也と 云 へら、 然れ ば、 孟子の 書 は 門人の 手に な. たらと 見し 

もの 也、 一 書中前後矛盾せ,c^、 蔬 漏なら ず や、 是 故に 朱門の 吳伯 豊董叔 重の 輩、 皆 其 説の 支 離 を 疑 

し、 と、 朱 子 文集 l"pjg、 に 見 (た ftN、 笑 ふべき さならず や、 

詩傳 未定 . 

余 縢の 弗 辟 は、 朱 子 初年の 說は 安國刑 辟の 解に 從へ. -、 文集 答- -董叔 重, 書に 見へ た. 9、 晚 年に は 馬 

鄭が避 居の 說に從 1^ ら、 續 集與, 一 蔡仲默 一書に 見へ た々、 蔡仲默 遺命 を 奉して、 今の 書傳を 作る、 馬 

都 避 居の 說に從 へ. 9、 然るに 今の 詩集 傅、 鴆鵄東 山の 諸 詩、 安國刑 辟の 解に 從 へり、 是 初年 未定の 

說也、 此 事に、 元の 劉 蓬が:^ 傳通釋 にも 辨し 置け. 5、 ;! 經 大全に も兑 へたら、 然るに 吳臨川 澄董淋 

が尙書 輯錄纂 註に 序して、 金 縢 弗, 辟、 鄭非孔 HIT 蔡氏 迷-於 自擇? 而與, 一 朱 子詩傳 文集: 不-相 同一と 



理 



通 一也と 云へ. =N、 然れば 朱子ネ 先天 方位 は、 附會穽 驚の 說と、 晚には 見られた ると 見 f た fts、 然ら 

ば 今の 易 本義、 易 學啓歡 に、 此圖を 載て ある は、 初年 未定の 見な 力、 然る を 今の 學者尊 奉して、 學 

易の 第一義と する は、 文盲の 至 6 ならず や、 

程 朱馎約 

未濟 男之窮 也と、 雜卦傳 にある は 、謂」 二 陽 失 位 也、 此事 は火珠 林に これ ある さなる に、 伊川 は 知 

ら ざり しに や • 在:, 澄と きに 龜桶 人に 是,^ き V て、 易 傅に 斯義 也、 聞 一一 之 成 都隱者 一と、 事新しき 樣に 

か、 れた 6 固陋なる 學 ならず や、 来 子も此 事に 就て、 伊川 は 未 „, 曾 看,, 雜書 一と 云 はれた る こと、 語類 

に 見へ た. o、 白 潔 湛淵靜 語に も 見へ たり、 朱 子 は 殊の外 博洽 S 學 にて、 二 程及它 の道學 者の 及ば ざ 

る 人な.^、 ^ 然し 生 五十八 年、 末 B 甞讀- 一議 禮之 S 一と 云 はれたり、 且皇侃 論語 義疏 など は、 崇文. 書目、 

中 典 書目に も是 ありて、 宋朝南 渡 以後に も是 め. o、 泶子も 皇甫促 論語 疏とは 云れ たる は、 文集に も 

是 あれ ビ、 實は 見ざる にや、 論語 集註に、 福 州 本 を さへ 引れ しに |§ 義疏の 異同 を 引れ た る ;- な 

し、 是 見ざる 證驗 なり、 されば 搏洽と は 云へ ど、 一生の 精力 は、 周 張 二 程の 性 理の學 に 用ら れて、 

其 書の 解な どに、 日 力 を % 費やされ しさ 故、 却て 經學 には踉 なる さ 多し と 見へ たり、 晚年心 付れ た 

ると 見へ て、 禮書を 剛修 する に、 骨 を 折れ たれ ど、 未定に して 死れ た ftN、 門人 黃幹其 志 を 繼て書 を 

なす、 今の 儀 禮經傳 通解 これな 力、 

儀禮 は、 人の 讀 みがた き 書と 見へ て、 韓子? P 晚に 儀醱を 見られし 由、 讀 一一 儀禮, の 文に 見へ た 6/ 

大田錦 城 疑問 錄卷下 四百 三十 九 



曰 

編 



折衷 畢嵌 B 百 11 一十 八 

風 相溥、 水火 不, 一 相 射 一に 本 づき 作. たる ものな ftN、 是大 なる 誤 也、 說卦下 文、 水火 相逮、 雷 風 不- 

相 悖 T 出澤通 i 氣、 然 後能變 化、 旣 成-萬 物-也と あ,.^ て、 是は 天地 雷 風水 火山 澤の象 AJ かゥ て、 八卦 

相錯 して 六十 四卦 をな すと 云 さ,^ 言の み 也、 故に 水火 不一-相 射-の 下、 八卦 相 錯の語 を 以て、 上文 を 結 

ベり、 傳文昭 明、 先天 方位の 說 なし、 又 下 文に、 數, 注 者 順、 知:, 來者 逆、 是故易 逆数 也と 云 を、 先 

天圜の 事と する 故に、 邵康節 未 生 已生之 卦の說 あり、 是亦大 なる 誤な り、 數, 往者 順、 知, 來者 逆と 

は、 主客の 文法に て、 知來 一 句 主にて、 數, 往 一 句は客な..^、 子 妾婦之 道と 云ん とて 男子 之 冠 也、 

父 命 i 之、 女子 之 嫁 也、 母 命い 之と 云へ.^、 女子の句主なft^、 男子の 句 は 客に て、 妾婦の 道に 關涉せ 

ざ る さ 也、 此 古文に 多 ある 文法に て、 數 i 往者 順と は、 旣往 のさ,^ 知る は 順にして 知ら 易し、 知, 來 

者 逆と は、 未來の KJ を 知る は、 逆にして 知, 難しと 云. M 、易 は 將來を 知る の 道具に て、 知來 二字、 繁 

辭に 多し、 故に 下に 主意 を受 て、 易逆數 也と 云 \ft^、 未來を 知る の數 術と 云 さに て、 新して 先天 方 

位の 說 なし、 且 先天と 云 宇 は、 文 言に 有 V3 も、 曾て 方位の 事に て はなし、 先天の 方位と 云 さ、 拖 む 

べき 名目な. o、 朱 子の 是を 尊信せられ たる Hi 疑 ふべき さ 也、 予此説 を 持して、 因て 此を 古に 求めし 

に、 朱 氏 經義考 にて、 黄宗炎の說を得た...^、 又是を 古に 求めて、 黄 氏日抄 にて、 柬發 の辨を 得た. nN、 

皆 先 k 予此辩 あり、 诚|1予%,|,,,^ 又是を 古に 求し に、 朱 子 文 築 答-一王 子 合, 書に、 問 八卦 之 位 

如何、 答康節 IT 伏義 八卦、 乾位 本 在, 南、 坤位本 在, 北、 文 王 易 時、 更定 --此 位; 其說甚 長、 大 

槪 近-於 附き 穿鑿: 故 不-- 曾^ 留 1^ 意、 然說卦 所 k 說卦 位、 竞亦不 ^ 能, 使-人 曉然 r 且當 _,1 闕 k 之不 = 必强 



深 旨 を 叩し さ、 I 尙 直編 に 見へ た.^、 .sfR)f4f 程 伯え の 老釋に 出 人せ し 事、 幾 十 年と 云 

さは、 叔 子の 明 道行 狀に 見へ た. 5、 ^2£渠の釋老の書に訪さ累年、 盡 窺-一 其說 一と 云 さは、 呂與叔 の 

横 渠行狀 に 見へ たり、 朱 晦 翁の 謙 開 善に 舛午 ばれた る さは、 延; 牛 問答 附錄に 見 へ た, り、 又 羅欽順 困 知 

記に. P 見へ た. 、晦翁 劉 ii 翁の 所に て、 會-ー 一- 僧 ー参禪 せし と を 自ら 言 はれし、 と、 朱 子 語類に 見へ たり、 

日 \ 又熹 於-, 釋氏之 説; 師, -其人 S 一一 其 道 一 ま 7、1、 文集 答- 汪尙? 書に 見たら、 出-一入 於 釋老ー 者、 十餘年 

本 一 と 云 さは、 文集 答-一江 無 適 泳-書に 見 (た,. リ、 皆 悔改の 語 也、 釋子 初年に 學 ばれた る、 劉展 山. P 實は 

一 藏學 者なる さ、 晦翁 S 屛山慕 表に 見へ た., リ、 王士^^池北偶談にも見へた.-、 其 他 程 門 諸子 楊 龜山謝 

倫 一 上 蔡游定 夫 尹 和 靖呂晋 伯 呂與叔 呂原明 胡文定 張思叔 邢和叔 等老佛 よ". 形...、 又老 佛に歸 せし、 と、 # 

洛 淵源 錄、 朱 子 語類の 二 書に 詳に 見へ たら、 天下 滔滔と して 禪學 に歸 する 時勢に て、 ^老 先生 も哲 

其門ょft^來られしさなれば、 佛老の 見解 を 以て、 聖人の 道 を說れ たる も、 尤の. i ならず や、 

先天 大極河 圖洛書 , 

先天 太 極 河 圖洛書 諸圖、 皆 華 山の 陳希夷 搏に本 づけり、 其 系統 授受の 說は、 予圔解 を 作. 5 て 幷 

て 諸 說を錄 し、 別に 諸圖 授受 辨を 著せ 6、 今 此に錄 せず、 太 極 圖の事 は、 前に 略 是を辨 ず、 河圖洛 

書の 事 は、 王 |書辨、 吳廷翰甕記等に是を辨 、ず、 agiilmg な,、 皆 道家 者 流 所 k の說 

にて、 吾 道に は 小; is なきもの 也、 朱 子の 尊信せられ たる、 何の 故なる.^ を不レ 知、 只 先天 圔は、 

吾^ こ輔 益な きのみ ならず、 大に經 文の 害 をな すえの 也、 此圖は 説卦の 天地 定 k 位 山澤通 X 氣 雷 

, i 拔 ? I 一十 七 



戴 

編 



折衷 a; glli ハ 

したる もの &、 迹と は榔子 厚が 語に よき 注 あ..^、 柳 文 送-僧 浩 初-序、 返 之 所 k 罪 者其迹 也、 曰、 髡 

而緇 、無-夫婦 父子 ハ不レ 爲-- 耕 桑 ハ而活 --乎 人ハ若 レ是雖 k ロ亦不 k 燊 也と、 是 跡の 解 也、 能 明 道の 此語を 味 

7, 理性の 本體 は、 實は甚 近き 故、 學 者の 迷 を 起す、 故に 先 づ佛の 組 迹用處 の 過に 就て、 を 

, 决斷 せられし ものと 見へ た- 0/ 其 心 術 をう か ふに 足れり、 

n 朱 子の 佛理と 吾 儒との 異 を爭れ しさ、 l^i 類に 見へ た. り、 畢竟の 說は、 佛の云 性 は知覺 にて 聖人の 性 

本 一 は 理を云 ふと 云 さ 也、 後世 明の 陳 建な ズ 、此說 を 主張して 學都通 辯に 詳辨 せり、 詹 陵が 異端 辨正 など 

一 も 同意 也、 是は 後世 朱學を 奉ずる もの ゝロ實 なら、 然し 釋 氏の 說に 尊れば、 理法 身智 法身と 云て、 

输ニ 理 B の 二つ を棄 ざれば、 朱 子の 辨も 全く は 信用な りが たし、 要 k 之 其實は 多分 佛老に 本て、 他人に 

:: 窺 れんさ を 恐て、 陽に は 抗言して 排 せらる- "ふ 故、 堅 白 同異の 辨の 如き こと 多し、 

周 程 張 朱 

M 朱の 一代、 禪學 盛に 行 はれ、 學士大 夫 皆 盡く其 門に 入て 參詢 せり、 間 程 張 朱 も、 初年 其 門に 入て、 お 

編 一 道を學 ばれた る もの 也、 夫 故 先入 爲, 生、 反て 吾 聖人の 學を 講ずる に 至て、 其 習骨髓 に浹洽 せし & 

一 に、 多分 は 其 見解 を はて 聖人の 書を說 かれし もの もな 6、 先に 論 列せ し 處刖是 也、 予曾訐 直 編 を 作 

て、 聖人の 戒を 犯し、 盡く其 事 を錄 せわ、 今 其 一 二 を 暴て 是.^ 示さん、 周茂叔 は、 潤 州 鶴 林 寺の 僭 

奮 涯に參 せられた る さ、 宋晁 公武 讀書 志、 馬 端 臨 文獻通 者、 明郝敬 時習 新 知、 淸朱繁 尊 經義考 等に 

M^f. 佛印 禪師元 公と 相與講 道せ. 5 と 云 さ、 曉瑩雲 臥 紀談に 見へ た..^、 束 林 總禪師 に 太 極鬮^ 



足れ 、 

明 迸 云、 佛 苻,, 一 简 覺之理 t 可, h 敬 以直, 內矣、 然 無- 義以 方.. 外と、 朱 子 云、 藏家则 有, 具-衆 理 T 而 

?應 一一 离事, 下 y と、 是1^彌近,现而大亂酞と云はれたる說な ft^、 是亦 可, 疑 さな 气 -鹚 人の 道 

は、 仁義 を 第 一 義 となす に、 老莊 は是を 部 視 する さ 糞土の 如し、 聖人の 道 は 释倫を 第 一義と なす 

に、 浮 屠 はこれ を蔑棄 する さ、 土苴 とし、 豈 近:, 理而亂 J 具の 憂 あらん や、 是又近 一一 程 朱之理 T 而 

亂-ー 程 朱之眞 1 なり、 ®ll 人の 道に 於て は、 天地 懸隔の もの なれば、 SI 墨の 仁義と は 各 別の^の にて、 

近, 现亂 JH; の 憂 はなき ふ 也、 さて 又 程 朱の 敬以直 i 內と 云、 具 一一 衆理 一と 云と き は、 通性の 本體 は、 

程 朱 も 浮 屠 も 同 さに て、 用處組 跡に は 別 ある 事と 見 ゆ、 前に 列た る 諸說, ^以て 見れば、 程 朱の 學<^ 

理性 本體の 老佛に 同じき c\ まが ふべ くもなく 明亮な ftN、 されば 程 朱の 學は、 陽 儒 陰 佛の學 と 云べ 

し、 程 允夫が 陽 抑而陰 用, 之と 云し は、 程 朱 頭腦の 一 針に て、 古今 卓見 千歳 公論と 云ぶべし、 

程 氏 遺書に、 ^道 先生 不, 好,, 佛語; 或 曰、 佛 之道是 也、 其迹非 也、 曰、 所 ご謂迹 者、 鬼不, 出-於 道 I 

乎然吾 所, 攻者迹 耳、 其 道 則 吾 不レ知 也、 使.^ 其道不 一 於 先王: 固不, 願 也、 如 其 合-於 先王" 則 

求-之 六 纏 一可 矣, 奚必佛 と、 又 釋氏之 説、 若 欲 T 窮, I 其說 > 而去 * 取 之. i 則其說 未, 能 J^、 固 巳 化而爲 

k 佛矣、 只且 於, 一 跡 上 一考, 之、 其 P 敎如, 是、 則 其心果 如何、 固 難, 爲, 取,, 其 心; 不ぉ I? 其迹 r 有- 是心 I 則 

y 是迹: 王 通 言-心 迹之 便是 亂說、 故不, 若.. 且 於,^ 迹上& 1,1 定? 與 T 聖人 * 合 r 其 言 有-合 處 r 則 吾 

道 固 己苻、 不 k 合 者、 固 所, 不 i 取、 如 JHK 立 定却省 易と、 是ニ說 皆迹を 以て、 佛 氏と 吾 道との 異を斷 

大 ffi 銘城 ® 問 錄卷下 M 百 11 一十 五 



曰 



本 







折 a 學 S 四百 三 ナ四 

程 氏 遺書、. 朋 道;, M,l 佛 奥-吾 儒-云、 句句 同、 事事 合、 然而不 Ji、 

又 謝 顯道歷 K 擧佛說 與= 吾 儒-同 處ハ 問-伊川 先生 T 先生 曰、 恁地 同處雖 k 多、 只是 本領 不ら气 一 齋差 却、 

朱 子 語類、 朱 子 曰、 佛老之 書、 極 有-高 妙處; 句句 與-- 自家, 同、 但不レ 可。, 將來 比方煞 誤= 人事: 

又 朱 子 曰、 便 是佗那 道理、 也 有-極 相似 處; 只是 說得來 別、 故 某 於,, 中庸 序; 著: fe 云、 至,, 老佛之 徒 

出; 則 彌近雈 而大亂 k 矣、 須 K 是 看-得 彌近』 而大亂 ks- 始得: 

朱 子 文集、 答- 吳 斗南 1 云、 佛學之 與-> 吾 儒 r 雖, 有- 相似 處ハ 然正所 ご 謂、 猊 同心 異、 似, 是而非 者、 

此數語 極て 疑 ふべき ふならず や、 老莊 列と 佛經と は、 極て相近さ.pぁ<^、 故に 朱 子釋氏 論に.?、 六 

朝の 人の 莊列を 奪て 今の 佛經を 偽造せ しなと、 -K 說 あ-^、 i 麵ぃ絲 レ.? -、 明の 胡元瑞 も、 其說に 

從て、 多く 莊列 諸子の 說を 剽 掠して 佛經 へ附會 せる. M を 云、 筆 叢の 中に 詳 なり、 此 S 如何にも 尤の 

る 也、 只 吾 li 人の 六經 論語に は、 決して 一 語 半句 も、 佛老と 出入す る事是 なし、 然るに、 句句 同、 

事事 合と 云、 句句 與, I 自家, 同と 云、 有 一一 極 相似 處 I と 云、 有-略 相似 處 一と 云、 疑 ふべき ことならず や、 

試に 六經論 H.^ 等 を 以て、 佛老の 語に 合せる 處 あらば、 擧 示し 來 るべ し、 是 決して 無き のさ 也、 さて 程 

朱 所, 立の 說に は、 句句 同、 事事<:■と《pぁ.o^、 有-一 極 似處, さも あら、 前に 擧る 復性復 初、 無欲 虛靜、 

明鏡止水、 虛靈不 昧等是 也、 然れ ば、 吾 聖人の 書に、 佛老に 似た る處 あるに て はなし、 稈朱 所, 立 

の學 術の 佛老 にぬ.;^ る 也、 此處 は、 甚意 をつ けて 窺 ふべき Hi 也、 程 朱の 學の 佛老に 出る さ を 知る に 



靜坐 

靜坐 は、 觀坐, 曙に 凝した る ものと ゆ、 然し 朱 子も晚 年に は是を 侮られて 、常時 f 爲-- 李 光生-所- 

靜 了-と 云、 只 是坐黼 入定と 云 はれし 類、 文橥 語類に ま、 見へ た..^、 學 都通辨 に、 其 言 を集錄 した 

一 り、 幷者 べし、 

日 一 蘇 氏 王 氏 , 

本 一 朱 子 蘇 氏 東坡を 攻られ し. i 、朱 子 文 與 一-注 尙書 i- 一 程 允夫- 瞢に詳 也、 、释 ilfe 城, 

i 王 氏 を 取られし は、 名臣 言行 錄に安 石 を 載せられたり、 是 故に 楊 用修升 外 集、 王 士鎭池 北 偶談等 

倫 一 に、 鐘 あ-、 

理ー 悲歌 社 倉 

一 朱 子醉後 悲歌 せられし を、 血 镇餘? なり、 社倉を作-^て、 安石靑 苗の 一 事は良法な-^^云はれしは 

激論 也と て、 張 南 軒が 規諫 せられし さ、 南銜 文集 與-ー 朱元晦 一書に 見えた,..、 

3 五 鬼 柳 枝 

ノ 川の 哲宗 幼時、 柳の 枝 を 折 玉 ひし を、 諫られ たる を、 司馬溫 公の 謗られた る.. J あり、 孔文仲 は 正直 

の 春 ある 臺諫な 6 しが、 伊川 を 五 鬼の 魁と 云へ る、 と あ ft>、 孔 氏の 伊川 を彈 せし 文 は、 二 程 全書に 附 

载せ り 

句句 同事 事 合 

大田錨 城 疑問 錄卷下 四百 三十 三 



折 _衷 畢^ 四百 三十 二 

Kifl^ 子 序 說に錄 せり、 是 も引而 未, 發、 使 一一 S 而得 ハ孔顏 所, 樂と同 例の さ 也、 朱 子 又 ク說 を敷演 して 

高 妙の さに 云れ たる さあ 6/ 韓子此 語 は、 送 = 浮 屠 文暢, 序に * 是ぁ. て、 二 文と もに 合して 尾れば、 

益 明亮に 分る さに て、 之 字 は、 上に 指す 處 のる あり、 程 朱の 高 妙に 云な された る は、 大 なる 誤なら ず 

一 や、 然し 此事 は予を 待ず、 黃 震が 日 抄に、 程 朱の 誤 を詳に 論た う、 幷せ考 て 尾るべし、 

日 一 道統 

卞 一 北夢琼 言に 禪 門に 有- 祖菔圖 r 得,, 佛心 印, 者 皆 次 = 列 之, と あり、 是は 俗に 云血脉 相承の 圔な 6、 傳證錄 

に 載る 乾せ 一四 七 震且ー 一三 等是 也、 稃. 朱の 道 統と云 さ を說 て、 堯舜禹 湯 文武 周 公孔曾 思孟と 云、 又 後世 

偷 ; 周 張 二 程 楊臘李 朱な ど、 云 は、 是 を摸擬 せし ものと 尾 ゆ、 大 梵天王 問佛 决疑經 に、 釋 迦拈, 花、 迦葉 

理 一 微笑の ふ あ 6、 程 朱の 一貫の 傳を高 妙に 云 はる ゝは、 孔子 能 仁 氏に 比し、 曾 子 を 鶴 足 老に擬 せし も 

" 力と 見 ゆ、 兒戯に 近き rJ とならず や、 笑 ふべき ならず や、 

戴 一 丹鉛錄 に、 陳间甫 與,, 朱 子, 書 云、 因-吾 眼 之 偶 開 T 便以爲 得,, 不傳 之絕學 r 三 三 兩兩、 附, 耳而 語、 有 

_ "同- -吿密 T 畫, 界 而立、 一 似, 結, 壇、 盡 絶-, 1 世 之 人 於 門外: 而謂, 0ー 一 千年 之 君子 皆 盲 眼、 不, 可,, 點 洗つ 

• 二 千年 之 天地 日月、, 若, 有 若, 無、 世界 哲 利欲.,、 亦 過矣、 予喜, 其 言 有, n 切,, 于士 病; 故 書, 之以 自警と、 

道 は 天下 公 4=1 ハ 底の ものなる を、 程 朱 は 私有の 樣に思 はれし ゆる、 其 師弟 授受、 參禪吿 密の樣 にな. 9 

しと 見 ゆ、 永康の 言、 深く 其 病に 中れ わ、 其 尾 解 全く 禪 氏に 近き ゆ ゑ、 道 給の 傅と 云 さ を、 言 はれ 

し檨 にな. 5 た. CN、 不然さ を 得ざる 勢 *^.CN、 



仲尼顏 子樂處 

释子遺 害に、: 明 道 曰、 昔 受,, 學於 周茂叔 U 母 令, 尋.^ 仲 尼顏子 樂處、 所 i 樂何 事い 

武夷胡 氏 曰、 昔甞 見- 鄒志完 :1? 近世 人物: 後來在 i 沙 Tsi 三 先生 學術 S 宗却 曰、 伊川 見處極 

高、 因 問何以 言, 之、 曰、 昔 鮮于洗 曾 問、 顏子在 -陋 卷; 不』 -其樂 ハ不』 所 レ樂者 何事、 伊川 却 問 

曰、 尋常 道-顔 子 所, 樂者 何: 洗 曰、 不,過7是説&子所^^道:伊川曰、 若說 -有= 道 可" 樂、 便不 -- 

是顏 子で 此 知-伊川 見 處極高 i 

孔顔樂 所の さ、 論語 集註に 程 子の 語 を 引て、 引而不 k 發、 使-一思 而得 一と、 朱 子 も 云 はれた. 9、 是は 

禪 家の 公案と 同 t く、 門人への 問 目に された る もの 也、 鮮于 洗が 樂 道と 云し は、 切當の 語なる に、 

伊川 此を是 とせざる は、 別に 一 等 高 妙の 見 あ. 9 と 尾へ た ft. 、 儒者の 論に は 非ず して、 禪家 悟道の 類 

なるべし、 大 なる-誤な り、 仲 尼 顔 子の 樂は、 樂 i 道 さ 明 也、 論語の 貧", m 樂と邢 本に ある は、 鄭玄の 

綏文 によ. しもの 也、 貧 而樂, 道と 皇本 にある は、 孔安 國の經 文に よ. 9 しもの 也、 貧而 iiL 道と ある 

は、 顔 子ー簟 食、 一瓢 飮、 不, 改 一-其 樂- と、 夫子 飯-一 蔬食 1 飮》 水、 樂亦 在-其 中 一の 義疏と 云べ し、 伊 

尹 在&畆 之 中: 樂- 堯舜之 道-と 云、 老萊 子處, 賤不, 悶、 貧 而能樂 と 云、 衡 5:樂叙、 小 毛 公 解, 之 

曰、 可, -樂, 道 忘,. 飢と 云、 是皆貧 而樂. 道の 明白の 證驗 也、 然れ ば鮮于 洗が 言 は、 切 當の義 にて, 伊 

川の 不レ 許:, 之し は、 其學の 不正 を 尾る に 足れ, 9、 

韓子原 道、 堯以, 此傅 一, 之於舜 一と 云る、 一 H 高 妙の こと 無し、 然に程 子是を i 尚 妙の さ に 云な され し 

大田 錦 城 疑問 錄卷下 四百 111 十 1 



折衷 s- ffi 四百 三十 

ム なれば、 人欲の 蔽と云 さはな きさ 也、 是故 孟子 性 善の 集注に、 堯舜 無-一秋 欲之蔽 ;克充 -ー其 性 一と 

云へ. 5、 然るに 大學 章句、 明明 德の 解に、 爲- ー氣禀 一所, 拘、 人欲 所, 蔽、 有 i 時 而昏と 云: へ り、 學者 

の 事に て堯舜 などに は當ら ねさ 也, 然るに、 下 文に 引-帝 典; 克明 = 峻德 一と あ. y、 朱 子 明明 德の 解に 

從 へば、 帝堯 ち氣稟 所, 拘、 人欲 所 仁敝、 有. Z 時 而昏き を 澄 治 磨 龔の功 を 用て、 始て 其德を 明に し 玉 ふ 

f、 されば 堯は生 知の 聖人なら ず、 孟子 奥 註に 從 へば、 堯は生 知の 聖人に て、 大學 章句に 從 へば、 

堯は生 知の 違 人なら ず、 是は朱 子の 竦 漏の 誤な り、 堯舜 性:, 之、 生 知の 聖人た る さは、 孟子に 明文 

あれば、 大學 章句 明明 德の 解、 訛!! たる さ决然 たり、 

明 „ 明德 於,, 天下, 

明-明 德於 天下一と 云 を、 大學 章句に、 使. - 天下 之 入 皆 有 1 一一 以 明-一 其 明德- 也と 解せ. 9、 是は 語理の 主客 

を 失. ひたる 解 也、 明, 一己 之 明德於 天下一に 云 さは、 堯典 光,, 被 四 表-と 云、 益稷帝 光-一 于天之 下 一と 云、 

泰誓鳴 呼 我 文 者、 若-一日 月 之 臨 照: 光-一 于 四方; 顯 -ー于 西土-と 云へ る 類、 經に 明文 あるに、 天下の 人の 

明德を 明に すると は、 如何なる 解ぞ や、 且 論語に、 民 可 i 使, 由 ニニ、 不:, 可 i 使, 知, 之と 云 へ ら、 聖人 

さ (民に は 道に 由ら しむ (けれども、 道 を 知ら しむべからず との 玉 ひしに、 朱 子 は 天下の 明 德を明 

にす と 云はハ 臆 妄の甚 ならず や、 此等は 紙上の 1<^談 にして、 决 して 無 i 之 さなり、 堯舜の 御宇と て 

も、 天下の 人の 明德を 明に せし と 云 さは、 きかざる さ 也、 まして 程 朱の 才 にて 此事 をな し 得ん や、 

疑 ふべき さ 也、 要, 之 聖人の 道と 程 朱の 說とは 虛實の 差 ある ふ、 此 にても 知るべき h; 也、 



なして は 一 向閱 へざる は、 大雅の 帝遷- 一明 德 一と 云 は、 上帝の 人の 心に 入. 9 移. 9 玉 ふに や、 予 懐,, 明 

德, と は、 予 吾心お 懷 ふと 云 HJ にや、 左傳 I 元の 美哉禹 功、 明德 矣と は、 ^の 心の 遠と 云 さ にや、 

心 は 遠近 を 以て 云べき ものに や、 舜重 1 之以 -1 明德 1 1"/ と は、 舜の S ぬるに > む を 以てすと 云. にや、 

一 昔武 王克, 商、 選-一 建明德 ;以 藩-一 屛周ー g 四と は武 王の 心 を 建て、 諸侯と せし にや、 此 等の 類明德 を 

日 心と 見て は、 一として 通じが たし、 先づ れ にて、 朱 子の 古 學に昧 きさ を 知る に 足れ. 9、 

本 一 明明:, 之 也の 解、 下 文,^ 詳に すれば、 儲の 赢垢を 磨し、 水の 泥沙を 澄す が 如く、 心の 欲 を 磨 磐して 明 

一 にす と云義 なら-, 是又 古に は决 してな き 字義な う、 左 傅に、 照-一 臨 四方-曰. 明、 ぜ" I と あ fti、 此 

倫め 明の 字の 正解に て、 本 は 日月の 天に 出て、 四方 を 照臨す ると 云、 會 意の 字な ftN、 離の 大 象に、 大人 

理ー 以繼 g 照- 于 四方, と 云、 明 夷の 上 六 象に も、 初 登- 于天 r 照-一四 國- 也、 II、 て ||-、- 地上-と 云、 戴 記の 經 

\ 解に、 與,, 日月, 並お、 明 照,, 四方 一と 云、 中庸に 聰明 歙智、 足,, 以有 臨 也と 云、 小雅小 明に、 明明 上 

™ 天、 照 一一 臨 下 土 一と 云、 始 皇本紀 に、 皇帝 之 明、 臨-一 察 四方, llgrt と 云 類、 皆 明の 字の 四方 を 照 

^ 臨す る を 云、 明, 一明 德, の 上の 明の 字 も、 明 德を脩 明して、 光 is 越、 四方 を 照臨す る を 云、 古書の 

〉 . 明の 字に、 塵始を 磨し、 浞沙を 澄す 如き 明と 云 字義 は、 决 してな きさに て、 後世の 俗 字義と. 云べ し、 

是を 以て 大學を 解され し は、 古學 に.^ きさ を 見る に 足れ ftN、 

堯 明- 崚德, 

孟子 堯舜 性, 之 也と あう、 論語、 生而 知, 之 上 也と あ. o、 中庸、 或生而 知, 之と あり、 堯舜は 生 知 の 

.K 田 錦 城 疑問^ 卷下 四百 二十 九 



B 

本 

理 



折衷 學 PS H 百 ニヤ 八 

と は、 惡に對 する の稱 にて、 善と 云 惡と云 もの、 別に 一 つ あるに は 非す、 孝弟 忠信 仁義 蹬智の 類の 

諸行 を 物稱 して 善と 云、 倨傲 汰侈 殘賊 暴虐の 類の 諸行 を 指して 惡と 云、 性 善と は、 人の 性に 不, 忍 

不, 爲之 心、 惻隱羞 惡辭讓 是非 之 心の、 仁義 之 心と 云、 良心と 云 もの、 及孩提 知-一 愛 其 親 T 其 -4- 知-敬 

其 兄 二 1^ 知茛 能と 云 もの ある を 以て、 指して 性 善と は 云し なら、 性 は 善き ものと 空言 虚; i せし にて 

は是 なき 也、 然るに 李 愿中か 所, 說の 如く、 惡に對 せぬ 善と は、 如何なる も のぞ、 惡と云 ものな け 

れば、 善と- K もの もな きもの 也、 然 れば愿 中が 所, 說は、 善と は 云へ ども、 畢竟 は善惡 なきの 諛に 

墮る、 大 なる 誤なら ず や、 

大學 章句に、 明明, 之、 明德 者、 人 之 所, 得-乎 天: 而虚靈 不眛、 以具 一-衆 理ハ而 應-; 萬 事-者 也、 m 爲 -k 稟- 

一 所, 拘、 人欲 所 1 蔽、 則 有, 時 而昏、 然其 本體之 明、 則 有 K 未- -嘗 息-者 h 故學 者當 V 因-其 所.^ 發而遂 明レ 之、 

一 以復 • 其 初 上 也、 虛靈 不味の 滞 書に 原 づき、 復 * の 老莊に 原 づき、 此解の佛書本有佛性に原づきし.^J 

は、 前に 辩 じた. 5、 今復此 解に 就て、 朱 子の 古 學に睹 き、 とを證 せん、 

此朱 註の 明 德と云 は、 人心の 事 也、 具-一 衆 理-, と は、 性の さな. 9、 應, I 莴 事-と は、 情の 事 也、 張子の 

心 統-ー 性情, 者 也と 云を极 として 書れ しもの 也、 又 朱 子の 言に、 心 者 人 之 神明、 所 T 以 具-衆 理-而 應, 

萬 事, 者 也、 性 則 心 之 所, 具 之理、 而天 又理之 所- -從而 出-者 也と、 此朱 註の 解と なすべし、 さて 明德 

は、 詩書易左傳國語大戴等に是ぁft^て、 其 解 詁の詳 なる さは、 予 が大學 者に 見へ た. 9、 只 心の., -と 







是 也と 云へ. 5、 然れば 肌 子の 性善^、 性 之 本.??〕、 本 I ま 之 性 也、 然るに、 今 又 孟子 性 善 は、 帶-ー 氣質二 

たる 檨に言 はる、、 如何 ぞゃ、 ^^ケ.^解-1程語-云、 縐說 X 性 時、 便 已不- -是性 一^、 言纔 謂-之 性 r 便是! 

人生 以後、 此理已 墮,, 形 氣之中 T 不-- 全是性 之本體 1 矣、 故 曰、 便 巳 不-是 性-也と、 又 云、 緩 是說ぃ 性、; 

S 便 巳涉- 乎 有 i、 而 兼-乎 氣質? 不 爲-- 性 之 本體- 也と、 又 云、 若 織 F 性 時、 則 便 是夾- 氣 禀-而 言、 一 

日 ^ 所 ni 以說時 便巳不 = 是性 一也、 程 朱の 語に て 者れば、 性と 云へば、 最草氣 質を帶 ると 云る 也、 されば 一 

本 孟子も理善と云ずして性善と云れたれば氣質を帶た.fi^、 然るに 何とて 子 1 子 性 善 を、 性 之 本、 本然 之 一 

\ 性と は說れ しぞ、 先 後の 說支 離龃齬 せり、 要, 之、 此條の 程 子の 言な ど は、 餘..^ 高 妙精微 のさ を說ー 

倫 一 る、 故、 自然と 矛盾の さも 出來れ ftN、 是其學 の大弊 也、 -ー 

理 一 性 之 善 , 一 

ノ 延平 問答に 云、 動 靜眞僞 善惡、 皆對 而言レ 之、 是, せ 之 所 Ji 動 靜虞僞 善惡、 非-性 所 レ謂動 靜具僞 善惡ニ 

彙 i 也、 惟 求., 善 於 未, ー始 有" 惡 之先ハ 而性之 善 可:, 見矣と 云へ. -、 此愿 中の 言に 原て、 朱 子 も 性 善 を 渾然】 

編, ^ 至善と 解して 善 惡と對 用す る 善に は 非ず と 云へ ftv、 最 心得が たきと 也、 聖賢の 敎を 立る に、 世間に 一 

^ 是 なき 語 言 名物に て、 人 を訓誨 せんや、 t ぉ然 らば 其 聞人茫 乎と して 解す る さ., ど 得 じ、 後世に 傳 へて 一 

も、 讀人 にも、 罔 乎と して 明む る EJ を 得 じ、 是聖賢 立:, 敎の 旨な らん や、 然 らば 性と 云 は、 世間に _ 

云處の 性な り、 善と 云 も, 世 問に 云處の 善な-^、 別に 性と 云 善と 云 もの あるべき や、 若李愿 中が 逝 

レ說の 如くん ば、 性 善 は、 佛 書に 所 Ji、 超-一 出世間 之 • 名 相 一と 云 ものに て、 是豈 孟子 之 意 哉、 且ゃ靈 

大田錦 城 疑問 錄卷下 四百 二十 七 一 



曰 



本 



理 

彙 





E 百 二 t 六 

7. 道を盧 として 看る は、 老莊虔 無 浮 屠 {<H 無の 見ならず や、 

已 不,, 是性, 

稃子 遺書に、 赛生之 謂 i 性、 人生 靜 以上 不, 容, 說、 才說 X 性 時、 便不 -I 是性 1 也、 《^人說^性、 只是說 = 

繼 X 之 者 善 一也、 孟子 言,, 性 善ー是 也と、 是には 子の 詳 なる 解 あうて、 人生 靜 以上と 云 は、 人 未 生前 

を 云、 只 是天堙 のみに て、 性の 本な り、 然るに 人生れ て 性 を 具 すれば、 最早 氣質 を帶る 故に、 本然 

の 性に は 非ず、 故に 才 かに 說 X 性 時、 便不, I 是性 一と 云へ. 5、 生 之 謂 X 性と 子 皿 子に あり、 性 者 生 之 質 也 

と莊 子に あ. 5、 生 之 所 一一 以然, 謂, 一之 性, と荀 子に あ. -、 されば 性 は 人の 天質に て、 1 傅す, gi^il 生 を 

受れ は、 即是 ある もの 也、 然るに、 程 子の 意に て は 生れて 以來の 性 は、 氣 質を帶 て、 性 之 本 體に非 

ずと 云へ され は、 本性 は、 驊 書の 父母 未 生 以前 本來 面目に 近似なら ず や、 說, 性不, 性と 云、 釋 

お 口の 言語 道斷、 心行 路絕と 云、 又尋思 路絕、 名言 道斷と 云へ るに 近似なら ず や、 是を 要するに、 釋 

. 氏の 說とは 異なれ ども、 聖人 論 性の 意と は、 天地 懸隔せ るふと 思 はる V 也、 

唯識 諭、 四種湼 察、 本來自 性、 淸淨淫 製、 尋思 路斷、 名言 道斷、 唯眞 聖者、 內 所- 自證, 也と、 性と 云 

へば 性に あらず と 云 は、 此 等の 義に 近似な. -、 

孔子の 性 相 近 也 は、 程 朱の 說 にて は、 氣質之 性と 云 さ 也、 孟子の 性 善 は、 性 之 本と 云る 也、 先 

の 二 性の 條に詳 に 見へ た. り、 程子乂 云、 論, 性不, 論, 氣不, 備、 ;? 氣不, IP 性不 お、 Ih 之 則不, 是 

と 云て、 又 云、 論 fe 不齑 k、 孟子 言&善 ー是 也、 論 X 氣? 論&、 荀子 言- 1 性惡 r 楊子 言-善 惡混 I 



, 之 哉、 即,, 夫 日用 之 問 T 揮 然全體 如-川 流 之 不:, 息、 天運 之 之不, 窮耳、 此 所, 體性用 情 精 理粗事 動 

^靜 性本理 末.,^ 洞然 無,, 一 奢 之 間 r 而鳶 飛魚 躍、 觸 處朗然 也、 存 者存, 此而 已、 養 者 養, 此而 巳、 

是は 心性に て 道體, ^論ぜし 故、 辯ぜ ずん ば あるべからず、 

程 朱の 學、 性 を 以て 體 とし、 情 を 以て 用と す、 心 は是を 兼 具す る; <P のな. 9、 是 故に 程 子 云、 心】 也、 

有-一指, 體ぉ而 言 者 r 有, 一指. 川 情而言 者-と、 張子 云、 心統, 一 性情, 者 也と、 朱 子 云、 性 者 * む 之理、 情 

本 一 . 者 心 之 動と 云 へり、 然るに 性體は 寂然 不動に て、 無, 聲無, 臭 もの なれば、 得て 求むべき さなし、 唯 情 

一 の 動に 就て、 性 现道體 の 用 を 知る、 是 故に 仰て 廣飛 を視、 俯して 魚 躍を聽 く、 皆是 情の 動、 性の^ に 

一 て、 流行 發 見す、 故に 驚 飛魚 躍、 觸處朗 然と 云へ- y、 朗 然は此 の 物に 觸て、 昭 然として 是を 知る 

理 一 さ 也、 :: ポ-禪 錄の靑 宵翠 竹、 線是眞 如、 1 萬き 黄菊、 き, 非, 一般 若, と 云と 全く 同じ、 此語 は羅欽 順の 困 

知 記に 詳 にして、 陳建 Mi. 燕 通辨に は、 鳶 飛魚 躍と li じさな りと 云 へ 6、 朱 子の 鳶 飛魚 躍と は;^ じ HJ な 

るべき が、 中庸の 鳶 飛魚 躍と は、 天地 懸隔せ ると 也、 

道 體と云 語 は、 苟子脩 身に 見へ た. 9、 然し 程 朱の 道 體とは 同じから ず、 淮南子 詮言訓 に 云、 無爲 者、 

道之體 也と、 人間訓に或明=於禮義:推ーー道體,とぁ-^、 ヌ周 0| 正義に、 以:, 无言, 之存, 一 乎 道 鱧, と あ 

i 無 を道體 とする .AJ は、 老 1;^ の談 にて、 程 朱の 道 體と相 遠からず、 

虐 

释子 曰、 道太盧 也、 朱 子 曰、 现是盧 底 物事、 又 曰、 形而上 底盧、 渾是 道盧、 形而下 底實、 便是 器と 云 

大 田銘拔 疑 錄卷下 四百 二十 五 



0. 



折衷 學汲 四百 二十 四 

ず や、 明 元の 儒 其 誤 を 救ん とて、 種々 の 議論 を 建 たれ ど.?、 畢竟 朱 子の 本 說に謬 誤 あるる 顯然 たれ 

ば、 掩 ひ^すべ きに 非ず、 されば 朱 子の 理氣 の說 は、 其た てた る 人 さへ 如 k 此の 誤 を 云 はるれば、 

信 川す るに 足らざる さ にや、 

一 豁然 貫通 

日 一 朱子铺 大學、 一旦 豁然 賞 通と 云 は、 莊子 大覺、 禪 書の 頓悟大 t 。を 襲 はれし ものと 見 ゆ、 lil^ 齊有 f 一 

. 大瓷? 而接 fell 

本 ^ * 其大夢 也? 

一 道體 

倫 一 論語、 子 在,, 川上, 曰、 逝 者 如, 斯夫、 不, 舍 

理 \ 程 子 曰、 此道體 也、 天運 而不, 已、 日往則 月來、 寒牲則 暴來、 水流 而不, 息、 物 生 而不』 躬、 皆與, 道 

一 爲, 體、 運-乎 晝夜; 未- 嘗已 -祖、 

一 朱 子 曰、 天地 之 化、 往者 過、 來 者鑌、 無- 1 一 息 之 停 f 乃 道體之 本然 也、 

; 是は 天地の 造化に て、 道體を 論ぜし 故、 姑 置て 論せ ず、 

一 中庸 鳶飛! B^, 天、 t^i 躍- 于淵 r 言-上下 察, 也、 

程 子 曰^ 飛魚 躍、 道體隨 i 處發 見、 

朱 子 云、 通-天下: 只 是ー簡 天機 活物、 流行 發用、 無- -ii 容.. 據,, 其已發 者; 而 指,, 其 未, 發者: 則已 

發者 人心, 而凡 未, 發老, 皆 其 性 也、 亦 無,, 一 物而不 T 備矣、 夫 豈别有 = 一 物, 拘,, 一 時 『 限,, 於 一 處, 而名 



の理ぁ .0、 色 I ありて、 溫^ ハ の理ぁ ftv、 貌 M ぁゥ て、 恭 鹏の理 あり、 大雅に 有 X 物 有 y 則と 云 は、 

此 事な. o、 されば、 理 k 氣に 生じ、 則 は 物に 生ずる ものなる に、 朱 子の 理氣 の說 は、 先 有-一 此理 一と 

云、 未, 有-天地 一之 先、 畢竟 先 有 一一 此现 一と 云、 當初元 無-一 一 物; 只是 有- 此理 一而 已と 云て、 理 より 氣 

> を 生ずる と 云し は、 老子の 道 生 一一 1K 地, の 説に て、 盧玄に 流れ、 實理を看i^ゥたる.^"のなft^、 吳 氏が 

日 一 现は却 氣中之 條现と 云し は、 誠に 切當の 論な り、 

本 一 理氣 矛盾 

中庸 或 問、 蓥在 k 在, 人、 雖靳 性 命 之 分; 而其理 未,, 嘗 不.. 一 、 在^ 在お、 雖^ _ -氣禀 之異: 而其 

倫 理則 未- 嘗不 "同、 

理 一 孟子 集註、 言-之、 則知覺 運動、 人與, 物, 不, 異也、 以 X 理言, 之、 則 仁義 禮智 之禀、 豈物之 所-得 

$ 而全, 哉、 

_ 朱 子の 學は、 程 子の 理一 分 殊に 原て、 天地 之 性、 现は 同じと 云へ VJa、 形氣正 通を受 しもの は、 人 

ゾ 

編 ~ となり、 形 氣の僞 塞 を受し 1„p の は、 鳥獸 となると 云說な 6V、 大學或 問に、 其說 至て 詳也、 中庸 或 問 

^ の說も 同じさに て、 孟子 集註に も其說 あり、 されば、 人と 鳥獸 との 別 は、 形氣に 在て、 理は 一なる 

もの 也、 然るに、 ffs- に 犬 之 性 猶-ー 牛 之 性 T 牛 之 性 鄉_ 一人 之 性 ー與と 云に 至て、 其說窒 塞して 通ぜぬ 故、 

忽其 說を改 て、 人と 鳥獣と、 氣を受 たる は 異なら ざれ ども、 现を禀 たる 處に、 異なる 所 あ 6 と 云、 

前說 にて は、 人物の 異は氣 にあ.^、 後說 にて は 人物の 異は现 にあ, 5、 先 後 矛盾せ. nN、 笑べき なら 

大田錦 城 疑問 錄怨下 "四百 二十 一二 



折衷 學 s H 百 二十 二 

界とぁ 6/ 解 者 曰、 山河 大地 草木 域 宅 等 謂,, 之 器界, と 云へ. タ、 魏晋 より 老莊盧 玄の談 を 以て、 周易 を 

解せ しゅ ゑ、 其說 高: ^になみ て、 道 器の 語 を 解し 誤. 5、 器の 字 を 世界 天地 萬 物の tj と 言 習せ し 故、 

浮 屠 《 ?此 器の 字お 器界 など、 用 ひ、 程 朱? P 亦 習て 察せず して、 天地 陰陽 を 器と 云し ものと 見 ゆ、 

. 經傳の 器の 字に 如 1 此の 義 iQ り や、 博考 して 見ば, 其 誤 を 知る に 足ん 歟、 

日 ゾ s^s^#^s 程 子 性 即氣ぃ 氣即 性と 一 H 

sin^p-^^^ もも リ、 此と 同意な リ、 

本 一 程 子 曰、 形而上 爲 形而下 爲, 器、 須 如 k 此說; 器 亦 道、 道 亦 器錢是 は、 道 は 道、 器 は 器と 别 

_ にして は、 道 は 空 寂に なりて、 1SI 拈 する 故に、 此語 を說 かれし もの 也、 道 器理氣 は、 手近く 聖人の 

道に て 云へば、 耳目 は 器 也、 氣な り、 目に は 明なる の 則 あ ftN、 耳に は聰 なる の 則 あるが、 道な. 、現な 

理 一 . り、 君臣 父子 は、 器な ftN 、氣 な. o.、 君臣に は義と 云、 父子に は 親む と 云が、 道な. 、现 な. 、萬 事 萬 物 

一 此通. の わけなう、 夫 故 朱子气 狸氣二 物 、在-物 上, 看, 則 二 物 渾淪、 不, 可 ミ分開 各 在 = ー處, と 云、 

_ 理又非 一一 一別 爲-ニ 物 T 即存 _ 一 乎是氣 之 中, と 云、 道須 T 是 合, 一理 與 看. < と 云、 道 者 兼- 體用 _該- 費隱 一而 

^ 言 也と 云 類、 皆 道 は 道、 器 は 器と、 別に 看ん 事 を 恐れて、 かく 說 かれし もの、 尤の 事共 也、 程 子の 

- 此語も|§.1|ぃ侧,亦然な..^、 然し道亦器、 器亦道と云は、 般若心經の色即是空、 {仝即是色と、 一 

樣の 語に て、 浮 屠の 所, 說を 免れぬ 檨に覺 ゆ、 夫 故に 予が 所, 說 にて は、 是は物 則と 云な. o、 大雅の 

有, 物 有, 則と 云に 取れ 6、 かくすれば、 儒者の 論になる な. o、 

PS の 說を再 辯 せんに、 聖人の 道 は、 父子 ® 滅ハぁ A' て、 親 随 ハの理 あり、 君臣 滅ぁ. 9 て、 義醒 



本 



に 非ず, 程朱逍 器理氣 の妄掩 ふべ からざる 也 * 一 

程朱理 氣の說 によりて、 程 子 は、 淸盧 一大 を 器と なす" 遣 書に 見へ たり、 朱 子 は > 寒 煖生殺 を と 1 

す, 語類に 見へ.;:: i.o、 誠に 荒唐不 經の談 ならず や、 : 

係 辭三章 を 如, 此惯會 せられし、 と、 獨程 朱の 罪に も 非ず、 魏普, W 來、 此 等の 惯 あり、 一, は 一陽 之 li 一 

レ道、 韓康伯 注に、 道 者 何、 Mi 之 恥 也、 無, 不, 通 也、 無, 不:, 由 也、 1^, 之 曰 k 道、 寂然 無, 體、 不, 可, 爲ー 

, 象 、必有 之 用 極、 而無之 功顯、 故 至- i 乎神无 k 方而易 無,, 體、 而道可 k 見矣、 敌窮 以盡, 神、 因 k 神 一 

以明, 道、 陰陽 雖, 殊、 無 一 以待, 之、 在, 陰爲 k 无, 陰、 陰以 k 之 生、 在, 陽爲 ki, 陽、 陽以, 之 成、 

ふ . 

一 曰-二 陰 一 陽-也、 是亦 一 の 字 を赏 く惯會 したる もの 也、 太 極 生, 1 兩儀 T 韓康伯 注に、 夫 有必始 = 於 無二 

一 故 太 極 生- 兩儀 I 也、 太 極 者、 無, 稱 之稱、 不, 可 _1 揚而 名; 取-有 之 所&、 f^i- 之 太 極, 者 也、 是 i か 有無 一 

の 見 を 以て、 太 極 陰陽 を惯會 し^る もの 也、 又 孔穎達 周易 正, 義に、 係辭 云、 形而上 者 謂-一之 逝 ハ道即 一 

戴 一 無 也、 形而下 者 謂,, 之 器? 器即有 也、 故以, 無言 X 之存- 乎道體 r 以, 有 言, 之、 存_1 乎 器用へ 以,, 變化, 言 一 

, 之 、存, 一 乎 其 神; 以, 一生 成, 言, 之、 存,, 乎 其 易: s£s 口, 之、 存, 一 乎 其 性ハ以 , 邪? 之、 お-一 乎 其 情; 以 k 一 

言 n 之、 存_- 乎 陰陽? 以レ質 fB, 之、 存, ー乎爻 象: 以, 敎言レ 之、 お-乎 精氣" 以人や ロレ 之、 存=乎1:^35行ハ此等是ー 

也、 是亦 有無 體用 を::^ て 道 器 を 解す、 最程 朱の 説に 近似な 6、 一 

予 幼時、 程 来の 道を究 探して、 天地 陰陽 を IJIi:!^ 港 や 器とせしの荒^^なるぉ疑へ.-、後ー 

一老 僧に 就て、 修 多羅 阿昆 曇の 旨 を 聞し に、 唯識 論の 阿賴耶 .識 三種 所 i 綠、 曰 種子、 曰 五 根、 曰 器 一 

大田錦 疑問 錄卷下 西 百 二 ナ一 .ー 



p 



本 



折衷 S-KS E 百 ニナ 

ビ之矣 と あ. ft/ 又 维者禽 也、 弓矢 者 器 也、 射, 之 者 人 也、 君子 藏, 一 S 於 身? 待 i 時而 動と あり、 相 八 n し 

て:: 32、 器と!;! 器用た る 事 明かな り、 且 下係辭 に、 爲- 一親 苦 一 取, 離、 爲-ー 耒組ー 取 k など、 聖人の 易 

象 を 以て、 用 をつ くられし さ詳 也、 されば、 此章は 制, 器の 道を說 て、 形而上 者 謂-一之 道, と はで- 

- 網 苦 耒耜の 未, 作 以前 は、 此易道 あろの み、 網罟耒 粗の 旣 作し 後 は、 道が 器 中に あら、 に 形而下 

一 者i^-之器ーと云 へ-=^、 然るに 是を 以て、 天地 萬 物の 理を 道と し、 天地 萬 物の 形 を 器と せし に、 大な 

一 る 誤なら ず や、 此等は 大傳の 本文 を熟讀 すれば、 其誤昭 然として 辨 明す るる 也、 

係辭傳 云、 一 陰 一陽 之 謂 k 道と、 程 朱の 說は、 陰陽 を 道と するならば、 陰陽 之 謂:. 道と あるべき に、 

一 陰 一 陽と あるとき は、 陰陽の 事に あらず、 陰と なり 陽と なる 所以の 理は、 自 i 形 以上の 道に して、 

理ー 陰陽の 二た 風 は、 形 以下の 器な 6 と、 是 1 の 字に 就て、 此說 を 建た る- P の 也、 是 其三證 也、 是大 

なる^經な^^、-先っ大傳に、 一 闔ー闢 と 云 さあ 6、 是 闔づ闢 くの 事に て 、別に 闔關 する の 理を言 に 

£ は 非ず、 戴 記の 雜 記に、 一 張 一 弛と 云 さあり、 是亦張 弛の さに て、 別に 張 弛す るの 现を言 ふに は 非 

編 ず、 陰陽と、 一 陰 一^と を 別て、 理氣道 器 を 分 たれし は、 堅 白 同異の 辨に 近から ず や 、且つ 說卦 傳^、 

一 立,, 天 之 道, 曰 一, 陰與 P 陽と あれば 陰陽の 道た る さ昭明 也、 若 陰陽 非 i 道、 所 一一 以, 陰陽 I 者是 道と 云ば、 

說卦傳 に 立,, 人 之 道, 曰,, 仁 與.. 義と、 ぁ^^、 是. J -、 仁義 非 J^、 所, ー以 仁義 ー者是 道と 云て 可な らん や,. 

其 誤 明な ftN、 且つ 說卦 に、 陽 陰 仁義 對し說 ける に、 程 朱 陰陽 をば 形而下 之 器と な-、 仁義 をば 形而 

上の 道と なす、 此 何等の 文理 ぞゃ、 其 誤 明な り、 其三證 共に 大 傅に 就て 考れ ば、 皆很證 にて 失 子め 意 1 



下 を 器と し氣 とす、 是其 一 設 なり、 然るに 係辭に 易と 云 もの 1^ し、 易 有- 聖人 之 道 四- 焉、 以 言者尙 一一 

其辭フ 勸者尙 一一 其變 T 以制, 器 者 尙-ー 其 象: 以卜繁 者尙ー 1 其 占 一と 云し は、 卦爻經 文 を;^ せて 易と 云 もの 

也、 6^ 與- 一天 地 1 準と 云、 夫 易廣矣 大矣と 云、 子 曰、 《^ 其至矣 乎と 云、 易 思 也、 無 I 爲 也と 云、 夫 易 

人 所,, 以 極, 深而 軒,, 幾 也と 云、 又 曰、 夫 0? 何爲者 也と 云、 乾坤 其 易之 鰛 邪と 云 類 は、 是 指-一 卦 爻- 

而言 ものな .=N、 易 B、 負 且乘、 致 一一 寇至 一と 云、 易 曰、 自レ 天祐, 之、 吉 無:, 不レ 利と 云 類 は、 是 指- -經 

文 一而 言; „p のな ftN、 天地 設, 位、 而易行 _ 一 乎 其 中 ー矣と 云し は、 造化 陰陽の 變易を 指して 云 もの 也、 神 

無, 方而易 無, 體と 云、 生生 之 lik 易と 云、 四營而 成, 易と 云、 六爻 之義、 易以貢 と 云、 上下 無, 常、 

剛柔相 易と 云 は、 卦爻 陰陽の 交易 を 指して 云 もの 也、 さて 此章 下に 兩儀四 象 八卦と あれば、 所謂 易 

と は 卦爻を 指して 云 もの 也、 然れば 卦爻の 上に 太 極 あ. 9 と 云、 此 章の 義な. ft^、 天地に太極ぁ6^と云 

すら、 本文の 意に は 非ざる に、 まして 萬 物に 太 極 あ ftN と 云 は、 大 なる 誤なら ず や、 太 極 を 道と r.^ 理 

となし、 莴事萬 物の 主宰の 如くに 心得られし は、 皆 臆 造に て 大傳に はなき と 知るべき 也、 

係辭傳 云、 形而上 者 謂-一之 道; 形而下 者 謂 一一 之 器 一と 程 朱 道 を 以て 理 となし、 器 を 以て 氣 となす、 是其 

ニ證 也、 然るに 係 辭を考 るに、 古 の^人 易 象 を 取て 器 を 作る の 道 あら、 易 有-一 ll 人 之 道 四 ー焉、 其 一 

にも、 以制, pi 者 尙,, 其 象, と あり、 ヌ 0:?- 乃 之 象; 形 乃 謂-, 之 器? 制 而用, 之 謂-之 法; 利用 出入、 民咸 

用, 之 謂-一之 神 一と あり、 又 象 事 知, 器、 占 事 知 X 來と あ. 9、 又備, 物 致, 用、 立 一一 成 器 一 以爲- 一 天下 利 r 莫 

i 大, 一 乎 聖人 一と あら, 負 也 者、 小人 之 事 也、 乘也 者、 君子 之 器 也、 小人 而乘 -I 君子 之 器 r 盜思, 奪 

大 田銘拔 疑問 錢ぉ下 . raJB 十九 



折 衷 is- 四百 4»1< 

朱 子 云、 大傳旣 曰、 形而上 者 謂-之 道, 矣、 1^ 曰、 一 陰 一 陽 之 謂, 道、 此豈眞 以= 陰陽, 爲,, 形而上 者, 哉、 

正 所 T 以見. - 一 陰 一陽 雖 ,屬= 形 器 T 然其所 =以 一 陰 一 陽, 者、 是 乃道體 所お 爲也 

又 云、 一 陰 一陽 之 謂 則 陰陽 是氣、 ?是 道: 所- 以爲 _> 陰陽, 者: 乃 道 也、 若 只 言 _1 陰陽 之 謂 P 道、 則 

陰陽 是道、 今 曰,, 一 陰 一 陽; 則是 所_ぉ 循環 I 者、 乃 道 也、 一 闔 一 闢 謂-之 變: 亦然、 

又 云、 天地 之 間 有, 理有 J^、 理也 者、 形而上 之 道 也、 生 k 物 之 本 也、 氣也 者、 形而下 之 器 也、 生 

, 物 之 具 也、 是以 人物 之 生、 必禀, -此理 ;然後 有:, 性、 必禀 _ -此氣 r 然後 有, 形、 

ヌ云、 理與 i、 決是ニ 物、 但 在-物 上 1 看、 則 二 物 渾淪、 不^き 開 各 在- 1 處: 然不, 害 =, 二 物 之 谷 

f 一 物, 也、 若 在-一理 上 一 看、 則雖 条淪, 物、 而巳 有-物 之理: 然亦但 有- 1 其理 一而 已、 未, -甞實 有,, 是物, 

^ 類 

問、 ぎ 此理, 然後 有,, 此氣; 朱 子 曰、 此本 無-先 後 之 可 i、 然必推 3 其 所- 從來: 則須 ^>_ー 先 有- 此理; 

然理又 非- 1 別 爲_, 1 物 r 即存- 乎 是氣之 中 r 無- 是氣; 則 是理亦 無- 掛搭處 

黄 直 卿 曰、 天道 是理、 陰陽 五行 是氣、 合而 言, 之、 淑即 是理、 一 陰 一 陽 之 fi, 道 也、 分而 言, 之、 理 

自爲 理、 氣 ii5 爲:, 氣、 形而上 下是 也、 是皆程 朱 道器理 氣の說 にて、 天台 空 假華嚴 事理な どより 出た 

る ものと 見 ゆ、 然るに 皆 係 辭を證 ::! として、 此說を 建ら れた. y、 今 大傳に 就て 考れ ば、 全く 程 朱の 

云 はれし 義は 見へ ず、 盡 く誤證 な. 5、 因て iil^ を 左に 辨 せん、 

係辭傳 云い 易 有-一太 極: 是 生-雨 儀 一雨 儀 生 一一 四 象; 四 象 生- 1 八卦 一と、 程 朱 太 極 を 道と し现 とし、 兩儀以 



I 敦., 

加賀 大田元 貞ォ佐 著 男 同校 

. . 信 成 

日 一 道 器理氣 - 

本 朱 子 云、 太 極只是 一 箇理 字、 i 

一 又 云、 太 極只是 天. 3 莴物之 ir 在-天地-言、 則 天地 中 有-太 極つ 在-萬 物-言、 則 萬 物 之 中、 各 有 U 太 

倫 一 極;.!^, 有-天地-之 先、 畢竟 是先 有- -此理 ハ動而 生、』、 亦 只 是理、 靜而生 k 陰、 亦 只是理 お 

I \ 又 云、 签太極 者 本然 之 妙 也、 動静 者、 所, 乘之機 也、 太 極 形而上 之 道 也、 陰陽 形而下 之 器 也、 

理 / 

、 又 云、 太 極 生-陰陽 T 理生 也、 ,:: ^陽旣 生、 則 太 極 在-其 中: 理復 在- -氣 之內- 也、 

_ 又 云、 太極理 也、 動靜氣 也、 氣行 則理亦 行、 二者 常 相 依、 而 未- -眷相 離-也、 

編 一 程 子 E、 係辭 云、 形而上 者、 li; 之 道 r 形而下 者、 謂-之 器: 又 云、 M 一 陰 一 陽 之 謂 k 道、 陰陽 形而下 

,マ 者 也、 § 

• 又 云、 離-, 了 陰陽? 便无, 道、 所- -以 陰陽-者、 是道 也、 陰陽 氣也、 氣是 形而下 者 也、 道是 形而上 者、. . 

則是理 也、 ,又 曰、 一 陰 一 陽 之 謂, 道、 道 非-陰陽-也、 所- 以 一 陰 一 陽-者 道 也、 如ヨ 一 闔ー闢 謂-之 

犬 田^ 城 疑問 錢卷下 四百 十七 



折衷 舉 » 四百 十六 

云へ り、 是は朱 子 を 侮 弄 調 龍せ し辭 也、 朱 子の 言、 人の 侮 弄.^ 招く に 足る さに て、 其妄 責を辭 すべ 

からず、 予 Etts、 諺 語の 好, 知 而不, 好, 學、 其蔽 也蕩、 孟子 所, 乎智っ 爲, 一 其 P 也、 と 聖賢の 宣 

J ひし は、 朱 子の 此 首に 能當る 樣に覺 ゆ、 , 

天地 水火 

朱 子 語 額 云、 天地 始初、 混沌 未, 分 時、 想 只 有,, 水火 二者 T 水 之 滓 脚 便 成, 地、 余 登 k 高而 望,, 群 山; 皆 

爲,, 波 Im 之狀 rlw 是水泛 如, 此、 只不, 知 因,, 甚麼 時, 凝 了、 初 間 極軚、 後 來方凝 得 硬、 又 曰 水 之 極 便 成 

k, . ^之 .ig 淸、 便 成, 一風 霆 雷電 曰 星 之 場, と、 是其妄 誕前條 の 天 殻と 相 II じ、 多 辯に 不, 足、 語類、 

; 5< 輕淸 者爲, 天、 赏, ぼ者爲 地、 又淸剛 者爲, 天、 重獨 者爲, 地の 語 あり、 是は列 子天瑞 に、 淸輕 者、 

上爲 、、濁 者、 下 爲:, 地と、 淮南子 天文 訓に、 淸陽 者^ 靡 爲, 天、 重淘者 凝滞 而爲, 地と 云に 原 

づきて 老 S 荒 審の談 にて、 儒者の 論に 非ず、 其 外邵堯 夫が 十二 元會 S 説 を 奉じて、 混沌 一番、 人物 

都盡 i と 云 はれし は、 浮 屠の 成 住 壊 空に 近似なら ず や、 是皆 究理の 弊に て、 如;, 此の 蕩 とな. CN、 如 

此の 整と はな 6 しと 見 ゆ、 



疑問 錄上畢 



と】 ylf.<^、 如 i 此敬は 仁 を 求る の 本に て、 無 適 主 一は、 其 學の第 一 義也、 是皆 天台 止觀、 禪 家坐禪 

にて、 一悟 AO 求る の說 にて、 經傅 敬を說 く、 如, 此の 義 ある さ をき かず、 先つ 夫 は 姑く 置ぬ、 朱 子 

類に、 問,, 生ー 無 適之義 7 食と き は、 心 食に あ. 9、 衣と き は、 心衣に在る^^^歟と、 朱 子曰然 りと あ 

6^、 然るに、 論語、 子 在, 齊聞, 韶、 三月 不 i 知,, 肉 味, と あれば-孔子の 何とて 主 一き 適に な. 9 玉 はぬ 

ぞ、 聞. 韶 とき は、 韶が 主に なれば、 如何に 1„p 感嘆し 玉ぶべし、 食に 臨て は、 肉が 主にな るに、 何 

とて 韶 のと を 忘 玉 は ずして、 食 而不, 知-其 味, や、 是 心の 內に、 韶樂 のさ 鈿滯 せるなら ず や、 大な 

る 心の 病なら ず や、 王 陽 明の 傅習錄 に、 雖, 善 在-: 心中: 如 一一 ー金沙 在-吸 中, など 云 はれし に 近から ず 

や、 由, 是觀, 之、 主 一 無 適、 期待 滯 等の 說を 以て、 孔子 を 窺へば、 孔子 も 其?^ を 免れ 玉 はず、 M 

して孔子の病を^3-れ玉はぬにゃ、又け程朱の說所の妄なるにゃ、程朱に從て孔子をも卑視せんゃ、 又 

は 孔子に 從て程 朱の 妄を斷 せんや、 宋學を 信ずる 人、 擇ふ處 を 知るべき さ 也、 

天外 厚殼 

来 子 語類に、 天外に 硕 殼の說 め.-、 楚辭の 九天お 辩 して、 想到- -扎重 T 只 成-硬 殼 一と あり、 X 想 北 

海 口 ~挨_ 一着 天 殻?^ 一過と あ A -、 ^周 すら、 六合 之外存 而不, 論と 云し に、 儒に して 如, 此荒 不 經の談 

を說 くさ は、 如何 ぞゃ、 K 蘇 滴留靑 日 礼に も 、此. 舉を 辯して 云、 無稽 之苜、 M,l 来 千- 極 矣、 仲晦 31、 天 

外更須 r 有,, 躬殼, aft 所 3 以 固- 此氣- 也、 又 曰 北海 只 挨,, 着 天 殻 ゆュ, 過、 此 可, 發, 二 笑? 余 21、 天殼可 

kkm^ 或 曰、 何 也、 中 非 i 漿: 加 何、 此宋人 天地 如 一一 鶴 子-之 說也、 刖盤 泉 F 爲 一-之 雛 ー矣と 

MiK-h 四な 十五 



折衷 摹 s 西 百 十四 

,理 と、 3^ 能く 其 解 を 得た. 9、 說卦 に、 性 命 之理と 云、 樂 記に、 親 魏賁賤 長幼 男女 之理と 云、 三年 

問に、 群居, W 1 之理と 云、 s^, 辭に、 天下 之理と 云、 樂 記に 萬 物 之理と 云、 韓 非に、 天地 之理と 云、 

苟 子に 礎 之理と 云、 物 之 と 云、 道理と 云、 事理と 云、 績 器に 義!? と 云、 樂記^^-子韓非に天理と 

一 云、 係辭に 地理と 云 類、 资條理 倫理 ある 者 を 指して 云、 未, 有-天地, 之 先、 何事 何物の 條堙 • 倫理 あ 

B 一 る 者 有ん や、 朱 子 此說、 但に 義埋を 親る のみならず、 字義お ネ誤ら る、 荒唐不 II- の談な ftN* 明の 

本 一 J 叙 1» 吉齋; ^錄 に、 理却氣 中 條理と 云て、 理氣? 說を 破. 5 し は、 宋元 以後 一 人の 尾な. 5、 

一 主 一 無 適 

像 一 稃子遺 害に、 所:, 謂 敬 者, 主 一 之 謂 k 敬、 所, 謂 一 者、 無, 適 之 謂, 一 と-あ i 朱 子 乙れ に Iw き、 論語 

理 一 鬼 註に、 敬 者 主 一 無 適 之 謂 也と あ. 9、 さて 此主ー 無 適と は、 不, 將不, 迎の 顔に て、 心に 一 事 を 主と 

_ して、 其 他に 移らぬ 事 也、 s« 朱 は 人心 を 鏡と 見て、 仁.^ 錢の 明に 夺〕 る處と 見られし 故に、 朱 子釋 K 程 

一 子 公而以 人體, 之故爲 44.1 云、 蓋 公 猶:, 無, 塵 也、 人猶, 鏡 也、 仁 則 猶,, 鏡 之 光叨, 也、 鏡 無,, 繊塵, g 光 

« _ 明、 人 能 無, I 1 毫之 私欲, 則 仁と 云、 又 若 能 到-私欲 淨 盡天现 流行 處: 皆 可 Ji- 之 仁, とも 云、 是は延 平 

~ 問答に、 李愿 中が 朱 子に 敎 たる、 お 欲 沈、 天 見、 則 知, 仁矣と あるに 本 づけら、 仁 を 如, 此 心の 鹿. 鬚 

g 消滅して 光明 軒呈 露す る 事と 尾ら れし 故、 さて 此 敬の 生 一 無適 を、 求. 仁の 本と せらて、 持 敬靜坐 

して、 心 を にす る さ, V 專務 とせ. 9、 故に 稃子遣 害に、 心 有, 主、 如何 爲, 主、 敬而 已矣、 有, 主刖虛 

と 云、 餘 語の 記に も、 居, 敬 則 心中 無 物き と 云、 又 敬刖自 疏靜と 云、 張 構 孟子の 說に、 虚靜仁 之 本 



朱 子 文 #1^ 云、 上天 之 載、 是 就-有 中, 説 k 無、 無 極而太 極、 是 就,, 無 中, 說, 有、 若赏 見得、 即說, 有說 

レ無、 或 先 或 後、 都 無- 妨礙. ,1 一 f 子 と、 朱 子 又 云、 無 極而太 極、 而無極 之 中、 萬象淼 列、 不, 可, 謂-一 

之 無, 矣、 太 極 本 無 極、 而太極 之體、 冲漠 無., 院、 不:, 可, 謂-之 有- 矣、 又 曰、 天下 之现、 至虛之 中、 

一 有, 一至 赏者 一存、 辛; 無 之 中、 有, 一至 有 者 一存と、 有無と 云と は、 聖人の 喾には 無 rJ と 也、 老子に 有無 相 

9 ゆ 生と 云、 タ有 之以爲 k 利、 無 之以ぉ k 用と 云、 又 天下 萬 物、 生 一一 於 有 T 有 生,, 於 無 一と 云、 ^ 子に 自, 無 

* _ 適, 有、 以至 一一 於 三, I 物と 云、 是等 有無 談 ずる 初にて、 後世 浮 ss^ と 云、 有無と 云、 ゅ^ の 言語な 

一: ftN 、全く 猶ひ川 ひられし ものと 尾 ゆ、 

天地 之 先 

m ^ 子 語類 云、 未. F 天地 > 之 先、 畢竟 先 有- 此理: 又 云、 當 初元號 一二 物ヌ是 F 此理 一而 已と、 此說は 

^ 最荒誕不經の談なft^、老子に有,物馄.g、 先-天地 I 生、 寂兮 篸兮、 、立 而不, 改、 周 行 而不, 殆、 可" 

^ W お-天下 slfl:! 不, 知,, 其 名: 字, 之曰& と、 ffif に、 夫 道 先-天地-生、 而不 k 爲: X、 1? 於 上古 r 而 

不:, 爲】 t おと 又佛 若の 有い 物 先-天地 ハ 無お 本 寂赛、 常爲- 萬 象 主: 不 了逐- 四時- 调ハ MKP^_ 

V 、と 云の 說-^ 觀 川ら れて、 全く iSK の 道に あらず、 怪 むべき 言なら ず や、 

剥 は、 條现倫 の義 にて、 物の 差別 ある の を 指して 言 字 也、 條理の 字 は、 孟子に 尾 ゆ、 偷埋の 字 は、 

記に 见ゅ、 .&^^に、 文理 密察、 足,, W 有, 別 也と あり、 條理 差別 を云斟 明か 也、 な. 韓 非の 解老 に、 

理者、 成 物 之 文 也、 又 之、 凡 方 圓短長 艤靡堅 脆 之 分 也、 又 云、 短 長大 小 方 阅堅脆 輕重白 黑之謂 

大田錦 城 sf^s? 錄^ 上 Mff4«s 



fi 橐理偷 本 8 




折衷 * ST1R+. 二 

太 極 一と、 係辭 にけ、 易 有-一太 極, と 云て、 天地 有-一太 極, と は 云 はず、 まして 萬 物 有-太き と 云ん や、 

萬 物の 太 極と は、 佛蒈の 一草 一木、 亦 皆 if 訶虽盧 舍那現 身と 云へ るに 近似なら ず や、 

性 外 之 物 

ai^ 子 語類に、 問 枯槁之 物、 亦 皆 有, 性、 是 如何、 朱 子 曰、 他 < ?.. 有- 此堙, 故 云、 天下 無-性 外 之 物, と 

云へ. o、 孟子に、 生 之 謂, 性と あり、 苟 子に 生 之 所- 以然, 者 、謂-之 性, と ぁゥ、 莊子 にも、 性 者、 生 

之 質 也と あれば、 性 は 有, 生の 物の 有 所に して、 枯槁の 物に 有, 性と はいぶ かし、 然し 藥の性 味 を 云 

ば、 枯槁の 物に 及べば、 先 づ是は 姑く 置て 不, 論. • 天下 無,, 性 外 之 物, と は、 六祖登 埴經の 一切 萬 法、 

不, 離- 自性, と 云に 近似 な らず や、 

此心發 見 

朱 子 語類に、 天下一 切 事、 皆 此心發 見爾と あ. 5、 是は 華厳 經の 三界 唯 1 心、 心外 無-別法 ,〇 唯識論 

の、 三界 唯識、 萬 法 唯 鑷の說 ならず や、 

死 而不. 亡 

^子 厚正 i5 に 知-一死 之不 _^1J、 則 可 _ ー與 語., 性 矣とぁ ft. 、是は 老子の 谷 神不, 死、 是謂 一と、 又死而 

不, 亡者 壽と、 莊 子の 人 其 盡死而 我 獨存乎 § と、 法 華經の 我成佛 「し 來、 甚大 久遠、 i お 命 無量と、 其 

他不生 不滅と 云 へ る 類の 說 ならず や、 怪 むべき 事なら ず や、 

有無 



朱 子 解-孟子:^ 善, 云、 性老、 人 所 T 禀-- 於 天- 以 住., 之埋 也、 . 揮然 至善、 未- 嘗 有., 惡、 人與, i 舜; 初 無.,' 

少異: 但 衆人 汨,, 於 秋 欲, 而失, 之、 堯舜則 Mi_, 私欲 之蔽: 而能 充,. 其 性, 爾と 云、 又 解,, 大舉 明德, 云、 明德 

; 者、 人 之 所, 得-乎 天-者、 而虛靈 不味、 以 具-衆 理, 而應 萬 事, 者 也、 但 爲,, 氣素, 所 i 拘、 人欲 所, 蔽、 

^ 則 有, 時 而昏, 然其 本然 之 明、 則 有 T 未-, 嘗 息,^ h 故 學考當 因-其 所" ST 化 遂明, 之、 15復.^其初..也と 

^ 云、 程 子 も 性即理 也、 理則 堯舜至 = 於 塗 人 T 1 也と 云、 是は佛 者の 一 切 衆生、 本 有佛性 なれ ども, 妄 

本 一 想 煩 惱の爲 に 拚ひ昧 まさる ゝ によ. o、 觀 念の 功に て、 無明 煩 惱を斷 して、 與如 菩提 を設 すと 云 說.^ )、 

一 錢 はれし ものと 覺ゅ、 今佛 書の 1 二 を 舉げて 其 同 を 證明 せん、 華 嚴經. 云、 無, 一 衆生 而不ミ 具: 一足 i 料 

偷," 如智 愨: 但以 = 妄想: 颠倒 執着、 而 不,, g 得 T 若 雖,, 妄想 二 切智、 自然 智、 無 礙智、 則 待, 現, 前と あり、 

理 ( 叉 菩提心 論に、 一切衆生 本 有- 薩趣: 爲= 貪瞻癡 ,焰 惱-之 所 1 縛、 故 諸 佛大悲 、以 --善 巧^: 說, 此 甚深秘 { 雄 

一 瑜伽: 令, 修行者、 於,, 內 心中: 觀, 日月 翰 :;由 作- 此觀: 照,, 見本 心 i 然 淸淨、 猶 T 滿月 光遍,, 虛{ さ 無お 所., 

一: 分別ーとぁ.=^、 又 廣莫首 榜厳經 注に も、 性 覺雖, 明、 久爲 無明, 所, 覆、 明 轉爲, 昏、 眞轉、^^レ妄. 是故 

_ 性 覺爲- 一二 障 一所, 蔽、 似,? 明矣、 必由, 一智 照 之 明: 照 一一 去 藤 垢: 始復 一一 其 本然 之 明 一と あり、 其他佛 寄- 

? にも 此義 多し、 博考 して 益 其 説の 淵源 を 知るべし、 

狩 朱の 斷乂 欲, 明-天理, と 云し は、 浮 屠の 斷, I 煩惱, P, 菩提, の說 なり、 

萬 物 太 « 

朱 子 語類に、 太 極:: ハ!: : お 天地 萬 物 之现、 在-天地,! 一;! r 則 天地 中 有,, 太 極: 在, I 萬 物, 言, 則 與物ャ やき, 

大 ra 錦, % MS1 四?; 卞 1 



ia 55 さ Si§ r glint 

之な. o、 將 ると は、 事の 過去り しに、 餘 念の 心中に 留る 也、 明 道 文 fl^ 與-- 構 退 張 氏-諭. I 定性 云、 

所, 謂定 者、 動 亦定、 靜 亦定、 無- 將迎: 無- 內 外-と 云へ. -、 又 君子 之學、 莫 k 若-腐お 而 大公、 物來而 

聩應- と 云へ り、 朱 子 其 說に本 づきて、 大學 li- 心 章に、 人心の 三 病を說 けら、 期待、 留滯 、偏重な. 5、 

、 期待 は、 迎の病 を 云、 事の 到らざる に、 起 待:, 之 を 云なら、 留? おは、 將の病 を 云、 事の 過去し に、 

$ 餘 念の 遺り 留るを 云 也、 傷 重 は 二つの 病 は 無れ ども、 其 心の 物に 應 して、 深く 喜 怒哀樂 して、 其 《ふ 

. ? の專に 重き を 云な り、 此 三者なければ、 心 源 空 明な 6 と云義 にて、 聖人の 心 を 明鏡止水と は 比^せ 

本 \ 

へ しと 资 ゆ、 

<w 一 さて 此說を 以て、 孔 夫子 を 窺 ひ 見る に、 論語の 在」 狩 聞, 韶、 三月 不, 知-肉 味-は、 食す る に气韶 

樂を思 召されて、 肉 味 を 忘 玉 ふなれば、 留 滞の 病 也、 又哭 U5 ^淵-像、 有, 慟乎 は、 哭 すべき 時に 哭 

理 ^ 

一 し 玉 ふに て、 期待 留 在の 病 は 無れ どる、 ら其懺 する お忘れ 玉 ふ は、 偏重の 病に 近し、 孟子の 喜而 

™ 不, 寐、 留滞 偏重の 二 病 を 兼た るに 近し、 されば 程 朱の 說を 以て 見れば、 孔孟の 心 も、 未だ 明鏡 止 

- 水に はなり 玉 はぬ 樣 なり、 怪 むべき さならず や、 さて 又將迎 待留の 說を經 傅に 尊れば、 斷 して 其說 

- .i- 尾ず、 莊子應 帝王に、 至 人 之 用, ふ-若, 镜、 不, 將不, 迎、 應 而不, 蔵と あ., 人 是 全く^ 周の 說 なり、 

孔孟の 道に は 合せず して、 却て 莊 周の 談と 同じ、 程 朱 の學、 孔孟に 出し や、 莊 周に 出し や、 存, n. 

もの は、 直に 知るべき さ 也、 

性 善 明德, , 



nx 

理 

編 一 



明鏡止水 

程 朱、 明鏡止水 を 以て 心 體の虛 明に 比喩し、 泥沙塵 i!S を 以て、 情欲の 撥亂に 譬喩し、 澄治别 磨を以 

て斷 欲の 工夫に 比 #H -、 朱 子 語類に 明德、 謂 =1 本 有- -此 明徳-也, 只 爲-- 私欲-所, 蔽、 故 暗 而不, 明、 所 

謂 明徳-者、 求 „, 所- 以明 1, 之 也、 譬如, 錢焉、 本 是箇明 底 物、 緣- 爲& R 故 不雈レ 照、 須 T 是 磨-去 壅 

垢: 然 後^明. t 也と あり、 是亦吾 聖人の 書に は 無き.. なら、 莊 子に、 仲 尼 曰、 人莫, 鑑 n 於 流水 ハ而 

於 止水-と あり、 I 充又水 靜則明 燭-- 鬚 眉 r 1^ 中 k 淮、 大匠 取,, 法焉、 水靜猶 明、 而 精神^ 人 之心靜 

乎、 天地 之鑒 也、 萬 物之錢 也と あ. 5、 ま又鑑 明^ 塵 ^1§不, 止、 止 则不, 明 也と あり、 I 充 又 至 人 之 川 

k> ひ 若, 鏡と あ. 9、 # 一 帝 淮南 子に、 水 之 性 真靜、 而十: 汨, 之 人 之 性 安靜、 而嗜欲 亂ゝ】 と. あ. 9、 又圓覺 

經に、 幻滅 滅故、 非 幻 不滅、 譬如, 磨, 鏡、 垢 明 現、 誇男于當,.?身心皆爲=幻5^?ハ^^相永滅、 十 方. 

淸淨と あり、 又 唐 惯神秀 偶に 云、 身 本 菩提樹、 心 如, - 明鏡 臺 T 時時 勸拂 拭、 勿.^ 使 J^-- 康埃 ハと傳 燈錄、 

六祖 登壇 經に 見へ たも、 又 黄 山 谷 は、 禪學洛 な. 9、 (贈- 晃 無咎- 詩に 云、 本心 如-日月" 利欲 食 k 之 

旣と • 山 谷 詩 築に 晃 へた 6、 由 i 是觀 k 之 V 本心 を 明鏡止水と 見る え は、 莊禪の 遺に て、 吾 趣 人の 道 

に はこれ なき 事と 覺ゅ、 

不^ 不. 迎 

程 朱の 學に、 ^人の 心.^ 明鏡 止-水の 湛然. 叨 なる に臀 ふ、 故に 不 i 將不レ 迎の說 あり、 喜 怒 哀樂の 心" 

に感發 すろ, 物來れ ば應, 之、 去れば 跡 を 留めぬ 事に て、 迎 ると は、 未だ 事の 來, b ざるに、 起 k 意 待 r 

大田餘 城 疑 閗錄卷 上 四ほジ 



しに や、 易 指,, 謇卦, と 解し、 さて 程 子の 言 も、 家學 にて 廢弃 な. C 難き ゆる、 人心 靜亦如 k 此と、 下に 

云 はれし に は、 附會 の妄を 看す さ 知る に 足るな ftNO 

e« 朱の 學は、 守^ 靜坐 にて、 吾心 を靜 定め、 之 を となし、 さて 動て 事に 應闕 する を 用と なす、 

一 此 事を專 とする isa. 故、 係^の 語の、 夫に 似た るを悅 て、 蓍封を ii ぜし にも 心 付ず、 心の SEW 勸靜 

一 と^ 看せ しもの 也、 朱 子 語類に、 荀 子に 能 定然後 能 應と云 語の 有事,^、 大 に悅れ しさ a ゆ、 然るに 是 

本 一 は老莊 無^ 而無 X 不, 爲と云 金剛 經の應 所, 住、 而 生, 其 心, などの 晃解 を、 全く 鼓 はれし ものに 

. て g 人の 經に 極て 比類せ る 事 あれ VJ、 夫に は毫 8S3 千 as の 差の ある 事に て、 宋 asa などの 知らる >- 事に 

一 て は 無し、 今 こ >- に具錄 せず、 

理 一 沖 漠無朕 萬 象森然 

. 一 ^子 遺書に、 冲漠無 ksr 萬 物 森然已 具、 未, 應不 =是 先 r 已應 不.. 是 一と あ.,、 先 づ沖漠 無, 睽と云 

さは、 聖人の 書に はなき さ 也、 老子に、 道 冲而用 k 之、 或不, 盈と あり、 又我獨 泊兮、 其 未, 兆と あ 

te 一 ら、 莊 子に、 汝 遊-心 於 淡; f 氣 於漠, と あり、 5P 又 大ゅ莫 勝^ と あり、 又 P 盡 Mi 窮; 而遊』 お, 

ふ と あり、 ^又活 淡 無爲 と あ. o、 I 又 虛靜话 淡、 寂漠無爲とぁ.^、 然れ ば; と 云 さ は、 全く 

老 莊の談 な 6、 

十お 羅萬 象、 萬 象 森 羅と云 も、 浮 屠の 口 を 開 け は 言 さに て、 儒 先の. ロ氣 にあ もず、 近 r は永嘉 證道耿 

に 萬 象 森 然と あら、 



i;.: 孫 なれ ども、 戰國以 來老莊 の 設大に 行 はる、 事故、 、て 取られと 尾 へ た. o.、 其 他 仁義^智信 を 五常 

と稱 し、 五常 を 性と なし、 五神 を徳 となす 類の 宋 儒の, は、 皆漢 儒に 起れ. =N 、今の 人、 宋學 を廢弃 

して 漢儒を 奉 契す る もの あり、 漢儒は 古お 去る さ 近き 故 良 說も多 けれ VT 叉 其 紐 讓疏橱 も少ら ず、 

一途に 漢儒を 信ずる も、 r なに 宋儒を 信ずる 1*、 人の $3 に 遠き は、 1 同な り、 

韓康伯 係辭注 云, 道 者 何、 無之稱 也と あ. CN、 孔潁達 周 正義 云、 形而上 者 謂., 之 道 r 道即無 也、 形而 

下者謂-ー之器^即有也とぁft^、 叉- W 窖 正義 序に、 道 本 沖 寂、 非, 存ー, 名言 一と 云、 賈公彥 儀禮疏 序に、 

道 本 沖虚、 非, 言 無 一一 1 以 表,, 其疏, と 云、 道 を 無と なし、 沖 寂沖虚 となす、 51" の 人、 莊老の 虛玄に つ 

き、 朱儒の { 仝堙を 啓く、 辩 斥せ ずん ば ある 不, 可る 也、 

寂感 . 

係辭 に、 寂然 不, 勸、 g 烕而 遂^, 一天 下 之 故 Tg と 云 さあ ケ、 Pti3 に、 是を 引て 云、 心 一也、 有.^ 

指 レ體而 言 者: 性 寂然 不, 動、 是也、 有 _< 指, 川 而言者 r 情威而 へな 通-天下 之 故ー是 也と 云、 ハ等の 言 は、 

生て周C^V^J云ものを、 謂し なき 人の 云 さ 也、 係游 の此言 は、 E 勿 を 論じて、 上文に、 夫 s ^無, 思 也、 

無, 爲也、 寂然不,動とぁ.<=^、 IT して 係辭 に、 と S5 す もの 多し、 予が仁 說係辭 説に 詳也、 此 E おは、 

簪卦を 指して、 着卦は 死物に て、 無レ き, ハぉ 也、 寂然 不勸 なゥ、 され どお 筮 すれば、 天下 事、 

吉凶 悔客、 昭昭 として 阴 通知す る 故、 感而 5t や 通-一天 下 之: ill と は 云し な. 5.- 上文に、 夫 n おはと あるに、 

然る を 心の 體 ffl と は 何 を 以て 云 ほれ じに や、 嬰 ゆの II に 似た る^な ftN、 来 子の 本義、. 其 誤 を 知られ 

大ぉ 錦 城 . 疑 |5錄 卷上 四百 七 



折衷 s 5^ 四百 六 

於 寡欲-と 云、: si^ に、 欲 如.' 口 耳目 四肢 |\1 欲, と ありて、 S: 茂叔 作-き 心亭 K 引-, 孟子, 曰、 予謂養 \ か 

不., 止-於 寡 而存, 爾:; 差 寡 _^以 至-於 無 r 無 則 誡立明 マ 灯と あ 6、 宋考 亭復; =ic 說を 太: fsi 解に て、 敬 

則 欲 塞 而理 明、 寡, 之 又 寡、 W 至-於^; 則^ 虛動 ほ、 而 ^1:1 ヌ舉矣 と あり、 是に. H て!::! 一 れば、 直に 口 

一 鹿 耳目 之欲ヒ 指して 云、 淫邪非 僻 之 欲 を 指す と は 見へ ず、 且つ 淫邪非 僻の 欲なら ば、 流連 荒 U, 色に 

$ ^惑し 貨 に貪黷 する 類な り、 然る を 孟子 寡と;^ へられて は 淫邪非 僻 a、 少々 は 許さる ゝ樣に K ふ、 

本 _z 莊 子の 爲 X 惡無, 近, 刑と 云と 同 にな. て、 孟子の 本意に 非ず、 然れば 無欲の 欲 は 口腹 耳目 之 欲 を 

一 指す さ 明亮に して、 周朱妄 s,^ 昭 なり、 

偷ー 虛靜 無欲" 說、 1^人咨中には是なくして、老莊ニ^33に是ぁ<^ぉ5子、^人之治、虛-其心;{^=其腹"使-民. 

理 W 無, 知 無 "欲と あり、 又 常 Mi 欲、 可, 名 小と あり、 又 無名の 樣、 亦將 に 欲と あ ftN、 又 我 無:, 欲、 

一 而民^I^樸とぁ<^、 X 致 klr 守, P 篤と あ. y、 又歸 お:? 靜、 llgil^l^g 化、、 又不欲 むと め 

_ .ON、 又淸 靜爲- 一天 下 正 一と あう、 又 我 好 4:^ 而民自 正と あ. 9、 莊子に 唯 道^ X 虛、 虛者、 心齊 也と あ 

編 fiN、 ^ 又虛靜 推,, 於 天地 r 通 = 於莴物 r 此之 謂, 一天 樂, と あり、 g 又 虛靜估 淡、 寂 ^無お と あ. -、 ^ 

一 又 盧則靜 と あ. 9、 お 又靜則 明、 明 刖盧と あり、 呂 に气 服,, 性.^ 之 情; 去-愛 惡之 心: 用,, 盧無, 爲 

k 本 I と ぁゥ、 又 去, 想 去:. 意、 靜盧以 待 ■ と あ ftN、 .? 是觀, 之、 !5^" 靜 無欲の 說は、 全く 老莊の 見解 

にて 31? 蟪の學 たる 事 明な 6V、 宋懦 rJ れを篛 はれし は. - 如何なる 事に や、 

«i 者の 無欲 靜虚を 云る は、 孔 一?: 3淮 が! i 語 傳に解 一一 仁者 靜, 云、 Mi 欲 故: _ ゆと あ 6、 是を 初と す、 臨淮 は: 



夫 ぉ© に 靜な. 9 と 云 を 云ず、 論語に、 仁者 靜と あれ ども、 是は 仁者 德 性の 安固 厚 重なる を、 山に.. 

比^して 云、 上に 智者 動と あれば.' 主 靜虛靜 の義と は、 ^別な. 9、 大學に 定而后 能靜と あれ ども、 

几^~は止--於至善,もの-.-、 其心;免善に 一定して、 移動せ ざれば、 t^$M^にして妄に躁動 せ ざ る を 

云、 生 靜虛靜 の 義とは 各 別な 6^、 さて 又 虛の宇 は、 ® 人螯 中にはな き 也、 澤 山咸大 象に、 以, 虛受, 

入と 云 ^ 'あれ ど、 是は 人の 忠言 藎 言を受 るに は、 我意 を 去. o{ 仝虚 にして 是を受 ると を 云て、 虛靜靜 

虛の義 と は • 各別のるなft^、 1§H 人 書中に は、 靜虛の 字 はなしと 知るべし、 近は實 物に て、 人の 言語 

行事の 動處に 於て 是 ある もの なれば、 靜虛と 云と は、 德 人の $ ^に は ある まじき にや、 

無へ,^ と 云 さも、 lii 入喾 中にはな きさ 也、 子に は^ 欲と 云、 苟 子に は 節, 欲と 云、 山 澤报の 大 象に 

は窒 k 慾と 云、 It^ 樊 記に は以, 道 制, 欲と 云, 坊 記に は 命以坊 k 欲と 云、 丹 ® には篛 勝, 欲と 云、 

; ^11、 史 記に は 制 k 節, 欲と 云、 Ml 蔡 i 東の 欲 を 論ずる 色 なれ ども、 無欲 斷 欲と 云 は 決して 

無き さ 也、 先づ 欲と は 伺 を 云 や、 樂記に 口腹 耳目 之 欲と あ. 5、 膿 運に 飮食 男女、 人 之 大欲 存焉と あ. 

i されば 欲と は、 目の色に 動き、 の聲に 動き、 口 股の 飮 食に 動く 是な. o、 $1 に 記に、 感, 一 於 

物- 1 物而 動、 性 之 欲 也と あ. 5、 其 中飮食 男女 は、 最大 欲な. o、 今此ニ 物に 就て、 無欲 斷 欲お 論ぜん 

に、 男女の 欲 を斷ぜ ば、 嗣續絕 して 後な からん、 飮食 S 欲 を斷ぜ ば饑餒 して 命 をサ. $ さん、 されば 無 

欲斷 欲と 云 ^ は、 in 人の 道に 7> れな きのみ ならず、 人た る もの も 云 まじき さ にや、 

宋 儒の 無欲 は、 淫邪非 僻 之 欲 を 指して と 云 人 あ ft>、 是 は^へ. si- るるの 機 なれ ど、 孟子 養, 心莫 Jf,, 

大 田錦蜮 疑問 錄卷上 四百 五. 



折衷 學 $3 ; Kun 四 

虐 靈不昧 

大學 章句に、 明德を 解め、 盧 不缺と 云へ. o、 其 解の 驟は、 予が大 學考に 明 2^ せ. 5、 虚 1 お; 小 昧の四 

字 は、 大智度論に見^^->、 唐 |5 法^が 語に も是 あり、 全く 浮 屠の 見解よ 6 出 る もの 也、 

事理 

B 一 聖人の 窖に、 事珲對 用せ し 事 を不, 見、 朱 子の 窨には 盡く此 を 以て、 道德を 解釋せ 6、 朱 子 祭,, 李延 

_ 本 平-文に も、 從游 十お、 技淳 至、 森 山 朝 華, ^〕 秋 堂 ST I, 即&. PIT 無- -CI 不,. is と 云 f 

一一 6、 されば 初年 延 平に 從學 せられし よ ftv、 此 二つに 心 を f ぬされ しこと、 Iq- ゆつ 事理 は 即道器 gl 氣: i 

一 て、 程 子以來 相^の 說也、 道器理 氣の妄 は、 後に 詳な. 9、 先 事理の 語の 一 二 を んに、 道 者、 事物 

理 一 當 然之理 禮者、 天理 節 文、 人事 儀 則、 ^仁者、 愛 之理、 心 之 i0、 義^^心之制、事之宜^明德者、 

一 具-衆 现? 而 ij-, 萬 寧, 者、 お t 是 德を 解釋 して、 事理 對 用せ しもの 也、 ^5 對用 せし 事 は、 唐 

戴 一 杜 傾か 華. 51 法い ふ に、 事 法界、 现 法界、 事 现無礙 法界、 事事 無礙 法界と 云 Hi あり、 全く 此語を 襲 は 

m ^ れし 22 に^ゅ、 如何なる 事に や、 

一 虚 無欲 

周茂叔太極21,^^」に、 主,靜立_,人1^1,1^?とぁり、 瞢に 欲 則 靜虛動 直と あ ft^、 子 1^ 孟子 說に、 H 

«$^|靜仁之本とぁり、 程正叔^3普に^^则自虚靜とぁ6、 是智朱子単栴虛靜無欲の原づく處な..^、 此 

等.,の股を^^^老に本て、 ©人の馨.に;:是.な.£^寧^*^:5、. 今其概露を辨ぜん、. . < _ 



善 剛惡类 善柔惡 中の 五 性 也、 是亦 全く 周 子の 本意に 背け. ON、 由, 是甌, 之ば、 朱子の太極51を^80-ぜら 

れし は、 周 子の 本意に も 管 はずして、 家學を 主張す るの 先鋒と せられし と^ゅ、 

II 説の 下 文、 說卦を 引て、 陰陽 剛柔 仁義 を對し £^..^.5、 終篇 仁義 禮智に 及ぶ さなし、 中正 仁義の、 

中正の 仁義た るふ 昭 明な A -、 

泶干圔 説の 闘 解、 中正 仁義 を 誤解せ しこと は、 常^^張南軒是ヒ疑て、 來 子と 往 a の あ. 5、 朱子强 

^して、 其 非 を 遂げられし 說、 性 It. 大全、 太 極 II の 後に 附载 せ- =^、 され ど、 南 軒 は、 其說に 服せ ざ 

るに や、 南 軒 文集、 寄,, 呂伯泰 "mt ,書に、 亦 此義を 論して 仁義 中正 之 論、 終 執-儘 說 T 

全、 馘爲 U 二 先生 發; € 所 i、 然元晦 其說: 句句 而論、 字 字 m 解、 故 未 於 牽強 T 而亦 非- 濂溪 

本意, 也、 由:, 是觀, 之、 朱子鬭 解の 牽强に 流る V と、 非, 一周 子 本^, と、 當時張 南 軒 旣に是 お 知て 論 

ぜられ し は、 予が^ 鲁には 非ず、 来 學の人 16. 氣虛 心に て是, ^見ば、 来 子の 拗說强 辯、 不レ辨 して 自 

明かな らん tr 

中^. 富 句に、 程子^^-澄,ほ地の^2を引けり、 靡 昭禪師 "お 濟錄 に、 無形 無住 ぼ、 活 ほ^と あり、 和刊 

の, は 濟錄に は 有 T 作..^ 澄 i^-^h 又 宋佛^ 禪師磨 吸 集に も、 澄^の Si あり、 ^^^?^は^ーぉなれば、 

^^0^共に川て害なきさなれと$、 宋 人の 家 ゆのみな I、 まて!: 3!^ に 近似なる を 知る に 足ら 

ん、 

大田錦 城 疑問 錄翁上 . . 四 は 三 



折衷 Iss-S a 百 二 

んゃ ?汉叔 の 怒らざる 伊川の 避ざる、 典に 後世 師 子の になせ ず、 設 四ウ、 川が 明 道 に 序し 

て 云、 先生 生, 一 乎 千 四百 年 之 t 伖 r 得 =不 傅 之 a. 於 遺^, と、 夫茂叔 より 近 を 傅へば、 不 傅の 學と云 事 

は、 師^ を 一.:" 如す るなら ず や、 伊川の 資 にして、 如, 此不? ザ ti をな さんや、 是其 傅^の 師 なら ざ 

\ る 事 明な. o、 證 五つ、 其最師 免なら ざる を 知る は、 全 1:3 中に 周茂叔 S や. ig 客の Ir:2 あ ftN、 吾 SI を?; :3 して 

B ^ 窮禪 客と なして 可な らん や、 茂叔 果して 二 の ほな らんに は、 此 Si 不遞と 云べき や、 不 ひと 云べき 

本 ? や、 决 して 二 程の 賢に 有る まじき さ 也、 此 にて 師弟 子なら ざる さ、 n 然として 决定せ .5、 固 口 の 朱 

一 子學 者、^ を 開て 能 謂 玉ぶべし、 

中正 仁義 

^ 太.! 說に、 罄 入定, 之以- 一中 正 仁義, と 云 犀 あ. 9、 周 子 人の I: ^、請して、 中正 仁 の n と^さん さお 

I S れ、 下に 注 云、 仁: 中正 而已矣 と、 是は 中正 之 仁 o、 仁義 之 中正と 云 ことにて、 仁に して 中正 

ft W 

i _ なら ざれば、 墨 子の 仁、 篛 にして. B. 正なら ざれば、 Si 子の 義、 故 中正の 仁 翁と は 云へ り、 t:! るに 朱 

ffi _ 子 解, 之して、 以, 中爲, 禮、 以, 正 爲., 智、 中 は 禮に近 さ こと は、 予が 中^-説に 叨證を タメ く^た < -、 

一 正 を智 とする さは、 ー兀 さ: J 利貞 の^を 智 とする に 原け 6、 g 正 E;4 して 北ハ 說の是 ならば、 S: 子 何 ぞ仁ー 

智と 云ず して 中正 仁義と 云し や、 A 孟子 幷に 郷飮 IB^ に、 仁 智とは 云 ど 《*^、 来 E 霄言ニ 醴!? 仁 

義 r 是 全く 周 子 自注の 本意に 背けり、 朱 子 中正 仁義 を、 仁 IS? 禮^ とおして、 五性威1.^3而蕃惡分萬£1!- 

扭矣の 五 性お も、 仁 翁椅智 信と 解せ. o、 是又大 なる^な 6、 五 性 は、 周 子の M まばに 明文 あうて、 翔, 



程 全書、 t 語 《"此 寄に 及ば さる 事、 此 にて 明亮な A -、 南宋! a 安、 華 山に 此圜 あるる を、 朱 子 は 知 ftv 

給 はす、 故に、 儒家 千歲不 傅之秘 と、 10 榜 せられし は、 大 なる 陋な もず や、 其 徒の 學者 竹お 朱 氏の 

二き に 考て、 其 誤 を 知るべし、 

周 程 授受 

二 程 全書に、 四 五條 《p、 昔受, ー學於 周茂叔 r 再 見-一周 茂叔, ^の 語 あ 6N、 是に 因て 来子斷 然として 二 程 

の學、 茂叔に 出と せ ftN、 是】. に は、 4- 極 圆の主 靜の說 等、 朱 子の 意に 叶 ひし 故に 取られし と、 一 に 

は、 其學の 淵源お 遠くせ る ものに て、 全く 朱 子の 偽造せられ しが 1- にて、 二 は、 茂叔傳 道の 弟子に 

は 非ず、 今の 朱 子學を 誇る もの も、 此車 を不, 知、 予 爲に是 を辨ぜ ん、 川が、 明 道行 狀に、 先生 

爲 レ學、 自- 十五 六 時; 汝南 周茂叔 論" 道, 遂 厭-科 擧之 業; 慨然 有 U 求, 道 之 志 r 未』,, 其耍 ハ泛& 

于諸家 T 出,, 入于 老释, 者、 幾 十 年、 反,, 求 諸六經 T 而後^, 之、 此 文意 を咏 ば、 周 叔に 學は受 ざる 樣 

に晃 ゆ、 假令 初年 其說を 間れ しも、 $3 を傳 へしと 云 さは 見 へず、 若 周茂叔 よ. 道を傳 へば、 何として 

泛 =濫 諸家 T 出, 一入 釋老, せんや、 求 諸 六 1, 得, 之と あれば、 §h は 六經に 就て 自 55 せし にて、 周 茂 

叔には傳へざる*Ai明な.ft^、 證】 ゥ、 潘與嗣 が 周 茂叔蘿 志、 Ml 程從 遊の 事な し、 范淳 夫、 米 公谈、 

和叔、 游定夫 等、 明 道の 行事お 翁せ しに-?、 周 茂 叔を師 とせし さ なし、 13 二つ、 二 程 還 番に司 馬? J 

公張 横 渠邵堯 夫 等 を、 先生 を 以て 称, 之、 周 子 は盡く 周茂叔 とのみ あり、 是其師 とせざる 事 明 也, 證 

三ゥ、 茂 叔初名 惇實、 後英 宗藩 邸の 嫌 名 を^て、 頓と改 む、 伊川 名顾 師?? 子 其 名 を 同す る 事 あら 

大 H« 城 疑 m 錄卷上 四百 1 



□ 



折衷 學 Ps rtllnl 

朱仲晦 曰、 程 子 昆弟之 學-, 於 周 子-也、 周 子 手,, 是圖; 以授, 之、 程 子 之 言-性 與- 天道; 多 出-於 此: 

然卒未 T 嘗明 以-- 此圜, 示. -人、 是則必 有-, 微意, 焉、 學者 亦不, 可, 不,- 以知, 也、 

又 曰、 先生 之學、 其 妙 具-於 太 極 一 圖ハ通 書 之 言、 亦 皆此圔 之蕴、 ffiai- 先生 兄弟、 語 及-性 命 之 際: 

亦 未.' 嘗不ぉ 因-其 說 T 觀-- 通 書 之 誠 勸 靜性命 等 章、 及 程 氏 書、 李 仲 道銘、 程邵 公志, 顏子 好學論 等つ 

則 可 k 見矣、 お £ 

本 一 北宋の 人、 朱 子發、 胡 仁 仲、 晃景迂 等、 茂叔が 學の傳 ある を 云し に、 張 朱 共に 南宋の 人に て、 强 

て 茂 叔が獨 得の 妙と 云し は、 好尙の 偏と 云べき にや、 元の 劉 因 吳徵な グヽ 穆絛壽 涯に傳 るの 說を 

辨 して、 周 子の- 學 自得の 妙と 云し は、 張 朱に 阿諛す る? P のにて、 其說 別に 錄せ ftz 今 其 北宋の 

人の 言、 妄 ならざる を證 せん、 

自. 漢以來 、諸 I 喜 もの、 I 圖に及 ものな し、 鶉 籮铲 鱧? sfJK 、東 州の & 2 驩 fpfvt 

it 巧 一 全道 家に は 有, 之、 上方 大洞異 元妙經 に、 太 極 三 五 之說を 著せ..、 唐の 開 元 中明皇 御製 序 あ 6, 、 東 

蜀の 衛琪が 注せし、 玉 淸無極 洞仙經 に、 無 極 太 極諸圖 あり、 陳希 夷搏華 山に 居 時、 以,, 無 極圔; 石 壁 

^ に刊 せ. 5、 相 傳ふ搏 は、 呂 に 受け、 CS3t: 鍾儺權 に 受け、 櫂 は、 魏伯 陽の 說を 得、 伯 陽 は、 河 上 公の 

旨 を 聞く と, 是方士 修煉の 術に て、 干 g 不 傳の秘 とする さならず 周 子 太極國 全く 此に原 づけり、 

此說朱 12* 經義考 曝窨亭 集の 二 窨に詳 な. 5、 されば 周 子 此圜、 穆伯長 に 受けられし 事 明な 

ク、 異端の 學故、 二 程 は受玉 はぬ にや、 又 受られ て も、 不正の 事故、 人 閱に傳 へられ ざ るに や、 二 



倫 

理 



山陽 度 正 作 u 周 子 * 表: 慶歷六 年、 知,, 虔州典 1 縣: 程 公 f 假,, 悴南 安; 因 與,; 先生, 爲, 友、 令 三 子 師., 之、 

時明道^^^-十五、伊川年十四爾、其接先生作,,太極圖ハ猫手授,之、 他 莫,, 得 而^, 焉と、 朱 子 發胡仁 仲 は、 

太 極 圔 を穆伯 長に 傅と 云 ひ、 晃景迂 は 僧 壽涯に 傅と、 此 一 說な. 5、 張 南 軒 度 山陽 は獨 得の 見と 云 ひ 

ら作 ると 云、 此ー 說 なり、 ニ說異 也と 雖も、 其 二 程に 傳 ふと 云 は 同じ、 朱 子 も 二 程に 授られ し 事 

を麗 云へ. cs、 然るに、 二 程 全書、 如, 此卷帙 浩^なる に 一 語此 書に 及ぶ もの 無き は何ぞ や、 陸 子の 言 

見解な しとせ ず、 南 軒 も 初め 此事を 疑 はれし にや、 南 軒 文 猪、 與, 一呂 伯恭, 書 云、 言觀一 一二 程 先生 遺書 

中 T 與 -4 子 者- 講論 多矣、 若-西^-則 四 言, 之、 至,, 太 極? 則 未,, 嘗拈 出: 此意恐 當,, 研究, 也と あり、 朱 

子ニ稃 微意の 說を 以て 解, 之、 南 軒 も 後に は 其 言に 服せ しに や、 太 極 圖後序 を 作う し 時、 又 自ら 微 

意之 説 を 作して、 學 者の 疑を釋 け. 5、 然し 是は 如何にも 疑し きと 也、 二 程の 其 書 を 奉 信せられ しな 

らば、 高足 謝 游楊呂 の 徒に、 何の 憚る さあ. て、 秘め 傳 へられざる にや、 始ょ 6 此圖を 傳 へざる や、 

傅ても 信ぜざる や、 此ニ端 を 出づぺ からず. - 張 朱の 徵 意と 云 は、 皆憶斷 にて 信用す るに 足らず、 さ 

ればニ 陸の 言、 見解^ しとせ ず、 

張 敬 夫 曰、 二 程 先生、 道學 之傳、 發,, 於濂溪 周子ハ 而太 極圖、 乃濂溪 fi^ 之 妙、 盖以手 授,, 二 程 先 

生, 者, 

灭云、 或 曰、 濂溪 傅-, 太 極 圖於穆 倏ハ修 之 M> -、 出,, 於 陳搏ハ 豈其然 乎、 此非 a 諸子 所,, 得而 知』 也. n 

言 約、 其 義微、 自=孟 氏, 以來、 未,, 之 有, 也、 通蒈之 説、 太抵皆 發,, 明此 意, 耳、 g 

大田錨 城 疑問 錄卷上 三百 九十 九 



□ 

本 

m 一 

m 



折衷 畢 お 三 IH 九十 八 

長 之傳、 出-於 陳希 夷; 其 必有, 者、 盖希 夷之 學、 老子 之學 也、 無 極 二字、 出,, 老子 之 書 知 其 雄 章; 吾聖 

人 之 書 所』 1, 有 也、 ilsn 、此ニ 家の 說、 見解な しとせ ず、 太 極 BB 授受、 陳希 夷に 本 づく事 は、 後に 

詳 なり、 先づ 聖人の 書、 無 極 を 言 ふ 事 を 聞かず、 無 極 字 老子の 知 其 雄 章に、 復, 一 歸於無 極, と あり、 莊 

子 太 宗師に 撓_| 挑 無, 極と あ ftN、 刻 意に 澹然 無, 極と あり、 在宥 に、 游-ー 無 極 之 野 一と あ. o、 列 子 湯 問 

に、 無 則 無 .極 、有 則 有^、 ; f§JT-s と あ. 9 て、 無 極の 字 は、 老聃莊 列の 家 言な 夂 儒者の 無 極 を 

言 事 は 攙に柳 子 無. 極 之 極 ^ と 云し と、 邵子無 極 之 前、 陰 含, 陽 也、 有 極 之 後、 陽 分&也 lg と 云 

しのみ 也、 是皆 純正の 學 ならねば、 取に 足らず、 周邵 共に 陳希 夷の 傳 II にて、 希 夷 は 道士 なれ 

ば、 老躕莊 列の 家 言 を 用 ひし 事 と^ゅ、 朱 子 二 陸の 說を辨 め、 周 子 無 極即是 無:, 形、 太 極 即有, 理とぁ 

6、 古今 極の 字に、 理 形の、 一 一義 ある さ を不, 聞、 無 極 を 無形と 解せば、 太 極 は 有形な. ov、 太 極 は 有 

形の 實物 にて 濟 むべき や、 太 極 有理と 解せば、 無 極 は、 無理な. 9、 無 極 1^ 無理に て濟 むべき や、 形 

と 說き理 と 解く、 共に 橫說と 云べ し、 且朱 子の 無形 有 理の說 は、 老子の 無狀 之狀、 無, 物 之 象に 符 

合する 樣に覺 ゆ、 益々 其學の 吾! ^人の 道に 非る を 知る、 陸 子の 言、 晃解 なしと せず 

朱 震 g 云、 穆修以 _ 一太 極圔, 傳= 周 敦顧ハ 欽頤傳 一, 程 顥程頤 一と 進 一一 易傳, 表に 見へ た. o、 胡 宏仁仲 云、 周 

茂叔推 一一 道學 所.^ 自、 或 曰、 傅-太 極圜於 穆修; 傳 一一 先天 圚於种 放, と 通 書 序に 晃 へた ftN、 晃景迂 云、 胡 

武 1^ 周 ST 同 師&州 鶴 林 寺 僭 壽涯: 其 後 武平傳 _| 其學於 家: 茂 叔則授 三 程, と晁 公武 讀書 志に 見へ 

f. 南 軒 張 氏 云、 太 極闉、 元 公 自得 之 妙 • 盖以手 授-ニ 程 先生-者" 自,, 孟氏以 來, 未,, 甞冇, 也と、 



是を關 かる, 然し 此語程 朱 語 中に も 見へ たら, 後世 王 陽 明 i はが 第一義と する 語な り、 此 天地 同根、 

萬 物 一 體と云 さ は、 羅什 弟子 肇 法師が 語に て、 高僧 傅に 見 へたら、 浮 屠の 所說 たる さ 分明な fts、 さ 

れば宋 儒の 學は、 厲鄕 葱嶺の 遺風に や、 

肇 法師 云、 天地 與, 我 同, 根、 萬 物與, 我 一 , 體、 莊子 天下 云、 葸 施?^,, 愛 萬 物 T 天地 一 體 也と あ. o、 

程 子が 仁者 以-, 天地 萬 物, 爲, - ー體; 莫, 非, 我 也と 云し は、 肇 法師 惠 施が 旨お 能 叶 ふ 樣に覺 ゆ、 又按 1^ 

子齊物 論に、 天地 與, 我 並 生、 而莴物與^我爲ニ と云^_?同旨の語な.5、 

太 極圖說 、. 

無 極而大 極な, と 云 語、 國史周 茂 叔傳に は、 自-- 無 極, 而 爲,, 太 極, と 記せ. o、 朱 子自爲 二字 爲, 一前 賢 之 

累; 啓 一一 後學之 疑, さ 也と て、 其 事 を辨 斥せられ しぶ、 朱 子 文集 記, ー濂溪 -傳、 答 一一 陸 子靜, 書の 二 文に 見 

へたり、 然し 自 一一 無 極, 而爲, 一太 極, と あらば、 其 家の 學 術に は惡 しかるべき なれ ど、 茂叔が 語と も 云 

べし、 無 極而太 極と あらんに は、 唐の 杜順 和尙 華厳 法界 觀の 語に て、 茂叔の 襲用 ひられし に 定るぺ 

し、 如何なる 事に や、 朱 子の 博洽も 未だ 杜 順の 書 を 見 玉 はぬ にや、 , 

陸 子 美 I 細 云、 太 極 圖說、 與-- 通 書, 不, 類、 非,, 周 子 所,, 爲、 不, 然、 則 或 是其舉 未 k 時 所, 作、 不 

, 然、 則或是 傅-, 陀人之 文 r 後人 不 i 也、 陸子靜 g§ 云、 太 極 圔說、 以-- 無 極 二字-冠, 首、 而通書 終 

鴛、 未 M 嘗】 及 _-無 極 字 三 程 言論 文字 至 多、 亦 未 „甞 一 及-無 極 字; 假令 其初實 有-, 是圖; 觀,. 其 後來未 

嘗 一 及- 1 無 極 字 r 可, 見 其學之 進、 而 不,, 自以爲 "是 也、 又 云、 朱子發 謂、 濂溪 得-太 極圖於 穆伯畏 ハ 伯 

大 田錦拔 疑 間錄 卷. 上 九十 七 



m 



折衷學 ffi 一 11 百 九十 六 

る s!- にや、 ) 

體 用顯微 

儒者の 體出を 以て、 道 を 談ぜし 事 は、 孔穎 達が 周易 正義に 是ぁ. 9 て、 唐よ 6 此事ぁ 6 と 見へ た. o、 

然し 專ら此 を 以て 第 一 義 とする 事 は、 朱 子に 盛な. o、 其 本 は 伊川 易 傅の 序に 體用 一 源、 顯微無 間と 是 

あるよ. 9、 儒者の 第一義と はなれ. 5、 即ち 道 器 理氣の 事な り、 さて 伊川 此言、 審淸 凉國師 § 華厳 大 

ネ 一 球に 見 ゆと 云傳 ふ、 然し 予 せて 碩學潸 徒に 就て 是を 問し に、 淸 凉大疏 百卷、 淸 凉語錄 五卷、 淸凉玄 

義 二十 卷、 皆此 語な しと 云へ 0、 然し 歸元商 旨、 尙直 編に、 淸 i ほ 國師の 語 を 引けば、 まが ふべ く S 

一 1^? く, 澄觀の 語な. 9、 又8# 大 Jtlsssi 中に、 顯微無 間の 語 も 見へ た. o、 00,, されば、 此ニ句 

共に、 浮 屠の 說な るに、 程 朱の 襲用 ひられし は 如何なる 事 ど、 宋程 允夫 與,, 朱 子, 書に、 程 子 於, 一 偶 

老之 言? 皆 陽 抑而陰 用, 之と 云へ. -、 朱 子の 怒て 辯せられ し 事 朱 子 文集 f 十 尾 ゆ、 又 王庭秀 著-一磨^ 



き 

辐 



集: 其屮 有- 擬-ー 程 子 之學於 墨? 8:- 一と 云へ 6、 王 伯 厚 これ を 非る さ、 困學耙 聞に 尾 ゆ、 今此 等の 篛を 

考れ ば、 允夫 庭 秀が言 は、 £ 凰 ハに知 言な りと 覺ゅ、 固陋の 程朱學 者、 眼 を 開て 是を 見るべし、 唐荆川 g 

中 廒輯雰 序に、 儒者 曰、 體^ 一 原、 佛者 曰、 體用 一 原、 儒者 nl、 顯微無 間、 佛者 曰、 顯微無 間、 其 

孰 從而辩 k 之と あ.^、 儒- 伊川の 此 言の、 佛に原 づきし を 知. しに や、 

天地 同根 萬 物 一 體 

萬 物 一通と 云 さ、 先づ 儒者の 學 に!:! 是 なき 事と 覺ゅ、 楊 龜山是 を 以て 仁 を 解せ. 5、 朱 子 仁說に は、 



to 



本 



m 

彙 

鷂 



五十 而慕 とも あり、 されば、 赤子 之 心と は、 赤子の 初に 復 りて、 純 一 Mi など、 云へ る、 s 論の 影 

を褪る 如き 事 を 云に は 非ず、 赤子 慕,, ハ乂 母, 之 心 を 指して 云、 是予 が說の 古今に 超絕 せる ものに て、 

鄭康 i 記 注に、 引 = 孟子, 云、 舜年 五十 而不, 失-其 孺子之 心, と あ ゥ、 又祭義 注に も、 孝子 不, 失.. 

其 孺子之 心 一也と あり、 予が說 の 明 證と云 べし、 詳 なる 事 は、 予が響 古錄に 見へ たり 

本然 氣質 

朱 子の 說に、 本然 氣 質の 二 性 を 建つ、 二 程 全書の 性 を 說く所 を 者れば、 曰、 性 相 近 也、 此 言,, 氣質 

之 性, 也、 非 之 本, 也、 若 言-其 本; 則 性即 是理、 理無, 不 Jrf¥sn_, 性 善 S 也、 何 相 近 之 有 

哉と 又 曰、 孟子 言, 一 性 之 善; 是性之 本、 孔子 言,, 性 相 近, 謂 •, 其禀受 不,, 相 遠, 也と あ. CN 張子 g の 正 蒙に、 

形 而後、 有- 氣質之 性 T 善 反 i 之、 則 天地 之 性 存焉、 故 氣質之 性、 君子 有, 弗, 性焉と あ. o、 朱子釋 X 之 

云、 天地 之 性 指, 理丽 言、 氣質之 性、 則以, 理雜, 氣而 言、 又 曰、 有-天地 之 性 r 有,, 氣質之 性: 天地 之 

性、 則 太 極 本然 之 妙、 萬殊之 一 本 也、 氣質之 性、 則ニ氣 交運而 生、 一 本 而萬殊 也と、 これ は 本 孟子 

性 善 t§ 孔子 性 相 近 也 |§ と、 其 説 合せざる 樣に意 得 間違して、 建た る 説と 見 ゆ、 人の 性に 二つ あ 

ると 云 さ、 古今 儒者の 說に無 こと を、 程 張より 郷 造せられ し は、 依し き說 ならず や、 然るに 佛 者に 

は其說ぁ.o^て、 首楞嚴 に、 本然 性、 和合 性と あら、 本然の 性 は、 本有佛 性と 尾 ゆ、 朱 子の 人 與_ ー堯 

舜 一-初 無- 少異 T II 性 と 云 へ る 物と 同じ、 和合 性 は血氣 和合 混融の 後の 性と 見 ゆ、 朱 子の 雜, 氣 交 運 

而 生と 云へ る 物と 同じ、 されば 此 說咚、 孔孟^ は 出ず して、 佛經の 說を襲 はれし 樣に覺 ゆ、 如何..^ 

lf!^M^: ..lii 上.,..:., is"f, き.. — .rill^tlll^-^irll 



折衷 s お 111 百 九ャ四 

程 朱の 復性復 初 は、 論語の 克, 己復 と 孟子の?.^ 武反 X 之 也と に本づ くと 云へ. 5、 是大 なる 謬! な 

^ 克, 己 は、 克-- 己 之 私欲-事 にて、 左 傅に、 楚靈 王不, 能- -自克 ;以 及-於 難-の 下 文に 仲 尼 云、 古 也 

有, 志、 克, 己復, 體、 仁 也と あり、 1i 又 書 云、 欲 敗, 度、 縱 敗, 蹬、 我 之 謂矣、 夫子 知, I 度 與., 鱧矣、 

我實縱 欲、 而不, 能 一一 自克 一也と あ ftN、 I 十 又 文 子 能克, 己 服 i 義と あら、 苟 子强國 に、 屛- 一己 之 私欲? 

必以遵=夫公道通義,とぁ6^、 又倏 身に、 以 一一 公義 一勝 一 I 私欲, と あり、 大 戴の 文王官 人に も、 勝, I 其 私, 

と f 楊子 法 言 問砷篇 にも、 勝-一己 之 私: 之 謂. 克と あり、 はま §が§ 、の ffg やされ ぼ、 克己 は、 克-ー 

己之私欲-事明なft^、 I 說復蹬 は 、履-行 醴 儀-事に て、 履の 卦の 大象傳 に、 上天 下澤 履、 君子 以辩- 上下: 

定,, 民 志, と あり、 る 又 序 卦に物 畜然後 有 k、 故受, 之以, 履と あり、 大壯大 象に も、 君子 

以 非, 醴不, 履と あり、 禮 の 仲 尼 燕 居に も、 言而履 i 之、 禮 也と あう、 祭義 にも 緩 者 履, 此者 也と あり、 

苟子 大略に も、 鷓者、 人 之 所, 履 也と あ ftN、 されば、 復蹬は 履 一一 行 蹬義, 事 明なら、 復性復 初の 義 

と は、 沒= 交涉 一の 事な. 5、 又 孟子の 湯武反 i 之 也 は、 又湯武 身:, 之 也と も ありて、 反身の 字を析 用せ 

しもの 也、 反身の 字 は、 中庸に も 、反-諸 身, 不レ弒 と あう、 樂記 にも、 不レ 能, 反, 躬 と!" P あ ftN 、蹇 の大 

象に; _p、 君子 反, 身修, 德 とも ありて、 反, 身と は 我 身に 立戾ゥ て、 吾 行 を 謹み 修る. の義、 是亦復 性 

復 初と は沒, I 交涉 一の 事な. 5、 程朱是 に原づ かる、 は.' 謬證 ならず や、 

又 1 說に、 復初復 性 は、 孟子の 大人 者、 不, 失-一 其 赤子 之 心 一 者 也、 と 云に 原づ くと も 云 へ Av> 是亦 

大 なる ii 證 なり、 孟子 又 云 人少則 慕-父母 f 五十 而慕 者、 予於=大舜ー見k之矣とぁft^、 又舜其 至孝 矣、 



曰 ベ 



流六盧 f 所., 以謂 3 之 能 後-北へ 性, 也、 と あり、 是は 王輔嗣 r,? 解の 性い 情な どの, 說ょ. OV 出來 て、 全く 老 弗の 

緒言なら、 ^人の 說に は、 人情、 維人 之 ffl 也、 I と あ 6、 又 非-一 從, 天降, 也、 非, 一 從ぃ地 出 一也、 人情 

而已、 i とも あ ft- て、 人情 は 道ん 本な り、 唯放縱 すれば、 道 を 害する 事 ある 故に、 檀 弓に は 直情 を 

^ . ^め、 坊 記に は、 行 k 情 を戒 む、 今 習 之の 說 にて は、 サ;、 是非 を 問ず 指して 妄 となし、 邪となす、是聖 

人の^^^同からんゃ、 ならん や、 具 吸 者 擇ぶ所 を 知るべし、 

本 一 李 習 之 曰、 誠 者 聖人 性, 之 也、 復- 其 性, 者、 聖人 脩, 之、 g 性 

周茂叔 曰、 性 焉安焉 之 謂,, ir 復焉 執焉之 謂, 賢、 g これ 程 朱の 復性復 初の 原 づく處 なら、 習 之 は、 

藥 山の 惟 儼に 參 せし 事、 傳燈錄 に 明文 あ. o、 茂叔 は、 潤 州 鹤林寺 カ僧壽 涯に學 びし 事、 馬 端 臨文默 

通考に 明文 あり、 I 養 つ 翁 5 經 通考 に、 is 迂云、 胡武 平- 周 茂叔、 同師, -潤州 鶴 林 寺 y 一 

涯-と あ. cv、 曉瑩雲 臥 記談に は、 周 茂 寂 居-, 濂溪 「于, 時佛印 禪師元 公、 寓,, 驚 豁之上 r 相 與講, 道、 爲 -- 

方 外 友-と あう、 i<i 谷尙直 編に は、 濂溪周 子扣, 一束 林 總禪師 大極圖 之 深 旨, と あり、 されば、 二 公共 

に 純 儒なら ず、 其 言の 佛老を 襲 ふ は、 さも 有べき 事なる に、 程朱是 に原づ かる >- は、 如何 ぞゃ、 茂 

叔の佛 氏に 參 せし 事 は、 朱子學 者の 甚諱み 隱す事 なれ ビ、 諸 書の 錄 する 處、 明白 なれば、 掩ひ 遮る 

べき 事 能 はず、 且程子 語 中に、 周茂叔窮禪客とに||書とめれば、茂叔が參禪は、程子ょ.9定論ぁ..^、 

$^ろ に、 朱 子枉て 茂叔を 奉崇 せられし は、 如何なる 見解 ぞゃ、 其說、 周 程 授受の 條に詳 な ウ、 

宋儒學 --佛 老,. 黪實 は、 予が許 直 編に 詳な. o、 

大田錦 城 f I 上 譽九 十三 



倫 





折衷 w 三百 九. Til 

以 求, 致-其 明 r 謂-之 蔽蒙之 民 7 又 云、 民始 惑亂、 無..以反-,其性情?而復_^其初^又云、 古 之存, 身^、 

危然處 --其 所 T 而 反-其 性- 已、 又何爲 哉、 港 南 子に 聖人 之學 也、 欲, 以 反-性 於 初 『而 於., 心 於虔, 也、 

達ん 之學 也、 欲 K 以 通-性 於篸 廓: 而覺, 於 寂 漠., 也、 又 云、 聖人 體 ^ 反&、 不ぉ以 待お、 則 幾,, 

於 免, 矣と あり、 されば、 復初復 性 は、 老莊 虚無の 學の 事に て、 程 朱の 闢 かる、 異端 外學 なる に、 

其 言 を 襲 ひ 用ら るゝは T 如何なる Hi にや、 千 歲不傳 の道學 と、 自ら 唱 へられし; _?、 老莊の 遣^に て、 

聖賢の 眞の道 學には 非る にや、 

儒者の 復性復 初 を 説 さは、 古に も是 あるに や、 予が見る所を以てすれば、唐の李翱習之を始とせ.0^、 

習 之 復性書 三篇を 著せ. 9、 其 書 文苑 英華、 性 理會通 等に 載た 6V、 又 別行の 本 ぁゥ、 予 曾て 少時、 

一過 誦讀 せし に、 全く 佛老の 緒言に して 取る に 足らざる 書な り、 習 之 は韓返 之の 高足なる に、 如何 

なれば、 聖學 を廢め 佛老に 入し にや、 習 之が 藥 山の 惟 嚴禪師 に 参め、 來問, 法 都 無, 語、 月 在-青天, 

水 在 k 敏、 と 云る 偈を 作りし 事、 傳燈錄 中に 見へ た- >、 然し 習 之 作- 復性書 -時、 年 二十え、 ^未, 見,, 

藥 山-也と 葉 石 林 IrL^JS 話 の 云へ る 事 あれ ど、, 其 書 は 如何にも 莊禪の 尾 解に て、 返 之 門下ん 人 

と は 見へ す、 然るに 宋儒禪 を 好みし 故に や、 返 之 原 道、 不, 逮-ー 李 翱復性 書, 遠甚と 避暑 錄 話に 見 ゆ、 

李 習 之 學識、 實 過-一 韓退 之: 習 之 他 文 不一 一 多 見; 而復性 書 三篇、 於-一 秦漢 以下 諸 儒: § 無, 所, 襲、 獨 超然 

知-顔 子 之 用" 心と 蒙齋 筆談に 見へ た ft>、 如, 此宋 人の 氣習ゅ ゑ、 挽 朱 も 誤て 取れし にや、 今 其 書中 

0* 語に 就て、 是を辯 ぜん ii、 情 I 也、 邪 也、 妄與 i 邪、 則 無, 所, 因矣、 妄情滅 息、 本性 淸明、 周.. 



疑問 錄卷上 敦 

加賀 大由元 貞ォ佐 著 男 信 成 同^ 

復 a 復初 



曰 1 ft 擎曰、 II、 现 |靈| 入 一 一 也、 II 碧- 

一 程 朱 の學 に、 復性復 初と f あ. - r、、 之、 则 II 皆 |_|| 性き 

3 I 是 也"? 入 朱" 蔽"" !昏、 霞 i、 011 I 

也、 、"人 匿 欲 p%r^i、 人性 皆 善、 01 後 霞、 必 I 覺 i 

其 I、 ll、lf 此 1、 入の 性 は、 I たる 霎 にて、 ^1 

丄 爲、 f liii"!rj"! して ii て、 II 物欲後 

編 も、 In SHf^ , Hit I 

一 こ て、 初の 性の 昭然たる もの 睹 まる 故 ー 擘 のお IX > 7-3 1^ I 

J ^0Y ィ t , &£、 isED Asg, 乎と あら 又 知-一 # ^一守 一一.^ 辩ー 

, -に、 iSK こ 1 きとな- ftN、 老子に 專 i 氣致》 柔 ^女 一一 B<s^0- 一 

11、" 不 d 俊 と!、 II に、 能 I、 能 I、 11 

爲-天 S ifH^^^V 莊子繕性 に、 S 裏 學ま復_| 滑- Is 

る、 是復 初の 說 にて、 さて 復性 „ ^初の 字 { f P is 



大田錨 城 疑 間錄^ 上 



^ H ^ s , SWT 九ナ 

先天 大極河 園洛害 

程 朱 博 約 

孟子 注 誤 

詩傳未 k 定 

害 仲 友. 

學者 膏肓 

道學 

主 

大全 . , - 

放心 

存心 \ 



次 終 



豁然 貫通 

道體 

虛 

己 不=是 性- 

性 之 善 

仲 尼 顔 回樂處 . 

道統 

靜坐 

蘇 氏 王 氏 

悲歌 社 倉 

五 鬼 柳 枝 

句句 同事 事 合 

周 i« 張 朱 ^ 

大 E 銘^ 0&n^ ニー 八ャ九 



折衷 學 》3 

明鏡止水 

不 レ將不 r 迎 

性 善明德 

萬 物 太 極 

性 外 之 物 

此心發 見 

死 而不レ 亡 

有無 

天地 之 先 

主 一 無 適 

天外 厚殼 

天地 水火 

卷之下 

道 器理氣 

道 亦 器 器 亦 道 

理氣 矛盾 



問錄 目.? 1^ 

卷之上 

復性復 初 

本然 氣質 

天地 同根 ー€ 物 一 體 

大極 圖 說 

周 程授" 矢 

中正 仁義 

活澄澄 地 

盧靈 不味 

事理 

盧靜 無欲 

寂感 

沖 漢無朕 萬 象森然 

大田錦 ^iQ^ 



折 一:;^ SJl- 111 百 八十 六 

不も 被,, 其 汚蠛, 之 政;, 焉 C 今 之 有』 ?_| 於 人材 學術 I 者 Q 或 知, 所, 稽。 頃日 錦 城 先生 擬問錄 開 鐫方成 

賈王 厳。 需 一一 佘 題言? 因 錄-ー 持論, 以附レ 之 C -. 

文政 十三 年 庚 寅 夏 五月 穀旦 . . 它山 , 



疑問 錄序 

心性 之 學盛行 ◦ 而 聖人 之 道。 如きき^? 如, 架-お 梁? 天下 之士 a 躍 然從, 之。 幾 十数 百年 矣 Q 皆 謂 

一蹴 而 造- lEICi 〈?今 者靑矜 子弟。 莫, 不 ョ率= 由此 塗? 不 k 識聖人 之 道。 有, 等 有, 階。 必 求, 省-功力- 而早 

造, 焉 所 ヒ謂仁 之不, 熟。 惪穀 之不, 稳也 ◦ 失 道" 譬 如- 1 禾窳 菽麥? 易-於 生殖 長 育, 也 雖, 然。 禾麻 

寂麥 Q 樹藝有 k 日。 培養 有:. 節。 非, 如 T 夫 茅 山 道士。 坐 間 種, 瓜 也. ー咒之 頃。 華 霣併敷 M 設 使-道 術聽 

説。 ^如 あ 易? r:;8 張爲ぁ 使-人 眩惑, 焉。 實未, 有, 所, 得。 且夫 心性 之學。 其 有, 益-於 人? 何 邪。 

以., 其 消- 融澄 滓、 r 淑 慝不, 誣。 好惡 出.. 公也。 文 公 先生 朱 夫子。 誇々 言, 之 。而 夫子 未, 出-於 此? 溫 公通 

鑑善史 也。 網目 之 作 實 欲, 駕, 之。 程 子 易傳。 好 書 也 本義 之說。 好 悖, 之 求, 所 =以 膽., 之。 溫史 

程 易、」 與,, 日月, 爭, 光 夫子 二 書 1: 是不, 免 i 耀燔 火, 耳。 夫 二 公之 賢 其 固 所-推服? 而心猶 m,, 陵 之? 

是其茅 塞 荒穢。 未, % 經-, 疏瀹 銷融? 其 所, 謂虛靈 者。 楽不 k 靈矣。 不睡 者。 以 k 太ぬ 昧。 夫子 g 如沅 G 

諸子 握齪。 寧 足, 責, 之。 竊謂 宋學治 = 心性? 潜- 是吿子 之不" 動レ心 也。 欲, 治 乎 一ぬ 濁。 欲, 不, 動 故 加 

動。 其 弊 適 同。 彼於_|孟.^集義之解?能言而不雈仁打リ 自貽 伊感- 也。 世 亦 有-二種 至陋 之學? 其 所-研 

精? 不 四書 稈来 語錄? 自命爲 -现學 之 醇粹? 詛盟相 質" 結黨 嘯聚。 經々 乎 也。 訑々 然也。 不^,, 共 

入" 德矣。 而其爲 = 巨擘? 則 飾-優 孟之 衣冠? 嚴 立-於 少正卯 之 位 I 者矣。 使-朱 子 再出? 必擬 之 兩觀之 

誅? 在 昔 三 苗不, 脲= 於 堯舜? 乃 分 U 北 之? 盛 周 之 時。 猶徙, -殷頑 民? 旣不, 能, 化-其 兇? 則 又 有, J 使, 良士 

4< 田錦戚 疑問 錄序 S 百 八十 五 



本 

編 



折 a さ » 11】 百 八十 n 

疑問 錄序 

.. 一- • , 

夫 天 之 生, 人 也 使 T 耳 可- -以 聞? 目 可 =以 見? 心 可 ,以 知 故 未 „| 始學 --閗 見與. '知 而不, 若-, 聾 盲 頗狂之 

茫無 T 所, 別 也〕 若 加, 之以 --學 問? 鏃礪 而不, 止。 是非 當否〕 昭昭然 白 黑分矣 嗟 乎 化. 其 所 S 以 爲,, 萬 物 

之 靈-歟 U 而 衆人 爲,, 私欲, 所』 忘ョ其 所,, 以受? 遁,, 其 天, 而俏 = 其 性 ^ 於, 是嬰盲 茅 塞 之 病 生 而 是非 

當否 樊 然殽亂 其 所- 以爲" 靈者 喪矣」 豈不, 哀哉 故宋 儒談, 道ノ首 以,, 天理 人欲, 表, 之 以 螯,, 醒學 

者? 盖亦 所, n 以 去-夫 聾 肓茅塞 之 病-也。 然其 議論。 間 有,, 近, -似藏 牙 N 辨, 者 5 錄錄籍 霜。 輮镇不 k 已。 

學者誤 信以 爲,, 至 道 在., 此" 而 一種 聾 奮 之 病 又 生 矣0 殊爲, 可, 嘆 故 我 錦 城 先生 G 抉剔以 乱, 之 隱括 

而直^ 。以闡 3 明 仁義 之說 于,, 天下? 爲= 天下 學者? 刮= 其 膜? 而控- 其 塞? 疏,, 瀹 j^i? 使 T 之 眼不, 鬚 耳 

不, 重。 心 察 無 • 茅 塞 之 病 此是篇 之 所- -以 作-也。 嗟 乎 先生 沒 C 于, 今 巳 六 年矣。 其 墓 木 J ^將, 拱 矣 

又 欲, 如-昔時 之 辱, 蒙- -誨 i^? 不, 可- 復得, 矣 C 頃 者 遊, 于,; 晴軒 先生 之 門? 以,, 一 二 疑義, 爲, 問焉」 先生 

坐 間 出,, 此編, 以相示 屬, 余以題 開, 卷而 伏讀, 之。 如,, ,復 聞-, 先師 之 謦欽? 使,, 余 像 焉淚落 如 ps〕 

嗟 乎. - 佘 不敏 C 將何所 Juno 唯 辱, 蒙-先師 之誨 論? 義不, 得, 辭り 故 粗 叙 T 所- 甞阅- 者, ^ 以 潜-題 其 簡媳? 

亦聊以 寄- -墻羹 之 念- so 若 夫 此辐之 源 委顚末 C 則 晴莳翁 中 C 述, 之 甚詳 矣、」 佘豈敢 再 爲_, 骜冗 之辭, 

乎 哉 a 

文政 庚 寅 玄月廿 有 三日 羽 州本莊 宗海皆 川 盛 負 子恭撰 



- , 見 。年 未,, 四十? 旣 著,, 偽 學辨諸 害? 以拈 K 出宋學 之與- 釋老, 有-瓜 葛, 者 や :5 駁- 正 之? 若- 此編? g 其駁正 

諸 書 之 一也 語 語 深 中, I 宋人膏 育之 病? 可, 謂, i 偸 快, 矣 唯其,砥誰詬厲0問有,>ヒ..^者?此殊少壯銳氣之 

使, 然耳 ◦ 又 其 議論 比, 晚 不, 同 處? 余嘗欲 =, 繩削^ 剛。 以歸- 一 途? 而余之 寡陋禱 映ち 力 有レ所 

一 , 不, 能 以, 故 遂不, 栗 也 頃 者 誊賈某 請,, 刻, 木 以廣 布,, 諸 世? 幷使 3 佘引 _| 其 首? 余 不ズ得 X 辭" 

日 校- 訂訛 字? 遂伊 sn? 以僭 &其簡 端? 紫絮驢 券。 此亦佛 頭 著, 糞者已 方,, 落 fc 之 時? 不, 覺面 熱。 而 

本 汗 下 如, 麻 也 。識者 幸 勿, 笑-余 之滿 調之替 就- 矣 

一 文政 庚 寅 之 初冬 七日 另欽拜 撰 . 

偷ー , 

彙ー 

3/ ^ * 



大 田 錦^ SJli ほ 序 . 

... 1 一一 订八 十三 



曰 



彙 

塩 



折衷 S- » 一 Ilia 八十 二 

天 下豈 f 是现, 哉。 且 Bi- 如堇。 則 所』? 性 善 者。 乃 無用 之 辯" 不急 之 察。 不,, 必辩, 也。 不-, 必 察-也 

而孟轲 反覆 辨論 滑擠然 用, 力 以 明-其 必然? 以爲 „, 道之大 原 出-於 此, 者。 此又何 也。 且釋 氏之敎 

去,, 其 慈父 母? 而披, 緇出, 家" _ 不, 報-其 罔 極 之 恩, 者 其 病根 實在, 此 C 曰〕 我 之 所, 受-, 于 父母, 者 只 

是腥穢 血肉 之軀殼 至,, 其靈: # ^不測 者? 則此自 {p^ 之 有 於,, 父母, 何關哉 故 黄 ife- 一 僧 有, 偶〕 與-, 其 母- 

云 先 曾 寄宿 此婆家 此其意 可, 見 也 嗟 乎 無, 父 無, 君 是禽獸 也 儒者 講, 學 而忍, 復爲, 之 添,, 薪于 

凶 ,乎。 以-- 程 朱 之 賢? 不 S 曾 想-及 之? 何 也。 間者 潔究 --其說? 而 知,, 其 S 之 有 も矣〕 夫 所 &性善 者 

只 是不, 忍不, 爲之心 耳。 今 姑即- -惻隱 一 邊-而 論, 之。 夫 聞 S 病 者 之 险于 妹? 則心爵 陶不, 樂。 人 之 

情 也。 見 T 人 之 陷-, 于水 火? 宛轉呼 號以死 5 縱不, 能 レ教0 其 誰 不= 惻然以 傷,. 心 者。 人 之 性 善明矣 

今 有, 人焉。 謂, 聞-病 之 呻吟? 適-吹, 竹彈 ^絲0 尾,, 人 之 宛 轉呼號 ?樂, 於 種種 雜劇 q 則此其 性之惡 也。 

然而千 百 人中 寧 有- -是 人-哉 人 之 性 善明矣 然則 所, 謂 性 善 者 不 i 過ご 謂 T 只 是惻然 不:, 忍 之 類, 耳 

未 T 始謂, 渾然 至善。 與,, 堯舜, 無 * 異也 宋儒過 求 之 誤 遂不 i 得-其 說? 故 推,, 測 其 未, 屬, 人已上 者? 以 

立-本然 之說 -焉。 本然 之說 一 出。 而性善 之 辩墮- -於虛 無- 矣 推 上, 之 以 求,, 理于 天地 之 先? 而又 

益 流-於 不經 -矣。 嗟 乎 宋儒之 初心。 欲.. 深攻 --釋 老-以 去. 1. 之。 而 其終竟 陷-- 入 于釋老 之 M 臼? 而不 --自 

悟? 何 哉。 豈欲, 禱,, 其 巢宍? 而根 i 之, 者 勢必深 墮,, 于重固 之 中? 而 遂不』 =拔 去, 者歟. > 然刖宋 儒 之 

深 攻-- 釋老? 則 其 所 3 以終歸 釋老- 也歟。 余 於, 是知 W 韓子 攻, 佛 之^。 則 其 所 "以粹 =于 論-, 儒理, 矣 U 老 

子 曰 大巧 若, 拙。 又 安知 T 韓 子之淺 非-其 深? 拙 非 • 其 巧.. 乎 C 未, 可 也 先 子 聰明 班 倫 早 有, 所 



夫攻, 佛者。 莫,, -于韓 愈? 而 莫,^ 于宋 儒? 韓愈唯 别,, 其 皮廣? 宋儒則 抉-其 骨髓? 論,, 儒 gl| 者 莫 

レ粹 = 於韓 愈? 而莫: fe,, 於宋 儒? 韓愈唯 述,, 仁義う 宋儒時 雜_, 玄虛之 説? 余 是以常 笑,, 1 韓愈之 錢,, 于攻, 佛。 

而 嘆.. 其粹 S 于 論,, 儒理? 喜 „, 宋儒之 深-於 攻, 佛 Q 而怪, 其駁 „1 於 論,, 儒理, 也。 或 曰 宋 儒之學 出,, 于釋 

氏? 以-- 釋氏之 說? 攻- -釋氏 之說? 故 能 檮,, 其奧 穴? 而 抉,, 其 骨髓, 矣 此 入, 室 而操, 矛 者 也。 固不, 如 K 韓 

子 諸人 之 徒 以_ -儒理 I 攻., 佛之唯 剔, 其 皮膚.. 也 然陽 排而陰 用, 之 故藏 k 頭 露 k 尾 破綻 有, 賠乎尾 

所ヒ謂 作, 僞日 拙者 也 余 以爲宋 儒 賢者 也。 立, 誠 者 也" 其 欺瞞 恐不, 至, 此也 其必 有, 所, 由 而然也 

蓋嘗 反覆 以 求.. 其 由? 而不, 得 也 偶 讀,, 語類? 載 謝 氏 惶惶之 法 或 疑ヨ其 出,, 于禪 家? 朱 子 曰 惶惶字 則 

仝 而 工夫 則異 於; ぽ囅然 而笑曰 玉 喫 之 與-, 鼠璞? 月旦 之 與,, 車朔? 其 名 偶 同。 而眯 者不, 覺 也。 古 

人足. -假以 明 = 夫理? 禪語釋 語 不,, 必諱 1 也 不-必 避-也。 蘧然 夢覺。 泚然汗 出 悔 K 先, 是之 精孝曠 

沈 題, 玉 は.,. 石 而深 嘆,, 余 過 之大, 矣。 因 取., 其蒈? 反覆 而 熟- 誦之? 欲. 41 究,, 其學? 以闖,^51奧之所も 

在。 寢食者 數年矣 游泳 把 貌之久 於-其 理性 之說? 又復竊 有, 怪焉。 曰 未 k 有,, 天地? 畢竟 先 有,, 此 

理? 曰 人生 以後 此理已 墮,, 形氣之 中? 不,, 全 是性之 本體, 矣 然則 論-人性 之 善, 者 當, 求, 之于未 

レ 有-人身-之 先 5 論-, 天地 之理, 者 G 當, 之 于未, 有,, 天地, 之始 M 試問 天地 未, 有 之始。 生生 之现。 

在-何 處? 人身 未, 具 之 先。 惻隱之 善 ◦ 亦果 住-何 處? 此 求,, 花葉于 萠芽 之 先? 而 尋,, 毛羽 于胎卵 之始, 也 

大田錦 城 疑問 錢序 . Ill 百八ナ 1 



折衷 學 s 三百 八十 

袁中^ 論-趣 之 最上 乗? 固 自家 言矣。 至 T 其 曰 IS 今 之 人 慕-趣 之 名? 求-鰓 之 似? 於 1 是辨- -說書 書? 涉,. 

al 古董? 以爲, 淸" 寄-, 意 玄虛? 脫-- 鉢 塵紛? 以爲 X 遠。 又 其 下 則 如-蘇 州燒, 香 煮., 茶 者。 此等皆 趣 之 皮 

毛 也 C 何關 .oS 精 S 則 知 _i 《俗^ 之 弊 輿-今日 I 同 S 世 言, 趣 者 C 能 解- 此意? 自 至.. 乎 高遠 之 域 1 矣 C 





本 



理 

暴- 

鶫 



亦 尊-, 其 人- 天人 師- 待, 之 耳。 今人 乃不 お, 師-- 浮 屠? 而 恥- -先 <~ 生長 者? 亦 可 不知 i 也 Q 

此皆 今猶然 因 表出 焉 

伊藤 原藏 曰。 一 窨 有-数人 之 序? 則 後人 所, 撰。 當, 置- 于舊序 之 先? 蓥隨, - 編成 次第? 自, 後 追 添 耳 

今 或 以,, 後人 序, 次-一 于 前人 序 之 次-者 非 也 嫁 則 後人 之 膝當, 次- 于後? 此皆今 猶然。 因 表出 焉。 

世以, 書 爲:, 生者 自 以爲- 書家? 人 亦就稱 k 之。 殊不" 知 中華 能 手 多 出-於 文人 韻士? 非-専業-也 凡書 

家窬家 文章 家賞鑑 家屬。 皆自- 外人-命 i 之 云 i 爾。 今 之膂中 無, 識。 眼中 無 1 古。 輙欲 1^ 以-- 手腕-得 * 之。 

豈不 = 亦 無 術 之 至-乎 ◦ 

世以- -書霤 I 爲:, 業者。 有 _^胃= 其師之 姓-者 5 有., 父子 並 二 名 而 同-其 一字? 父 以-- 一字- 自稱 子 亦 就 

單-- 行 之-者? 又 有 T 襲- 稱ハ乂 號-者 5 遂 致- 1 父子 不. ^可, 別 也。 其 技 之陋不 = 亦 t 且, 乎. - 

余 性 拙,, 於 書? 而好 龕-山水? 讀書困 倦 時。 或 】 -掃 之? 經營之 間。 如, 思 J ^然。 是 爲-- 一 適? 及-其 旣 

成? 形 神 超越。 如 3 身 在-乎 雲烟 中? 旣經 --數 日? 取 而視, 之。 醜惡 百出。 大不- 淸楚? 於, 是 知-先輩 之 

不 "可-企及? 斷,, 念斯 技- 而亦 時發ニ MO 終不, 能, 已 蓥狩 氏爲, 政 亦 旣尙矣 及, 至-探 幽? 亦 復ー變 G 

風-靡 海內? 滔滔 不, 反 ◦ 三 四十 年來 Q 人 稍 知:, 厭-其 淡? 乃學, 於 漢商寓 --于 崎-者 5 自 以爲, 華矣 然 

視,, 其 所., 爲。 翁 翁 穠攢。 如-醜女 凝粧? 自 無-姿態? 驟尾 可, 悅。 厭心忽 生。 吾 未, 知 夫 狩 氏-栗 有 * 

是非 5 要, 之 ◦ 潜 7 走者 以- 百^- 而笑 * 五十 步.. 耳。 大抵 世 書史。 徒 知, 狗= 流 俗 所" 好 ◦ 猶何氣 韻 之 問 

如欲ミ 一 一一 洗斯 陋習? 無, 如-一 返 而讀" 書 也。 

井上 会 蛾. IHil 正錄 Illla 七 4- 九 _ 





偷 





折衷 學很 111 百 七卞八 

t- 之 間.^ 淀,, 彼 所., 爲 C 不ョ 必爲- 不可, 也 如-其 自處 7 則 人 各 有, 志 吾亦惡 乎定, 之 G 

今人 詩文。 地名 官名。 必修 能 用:, 之。 如-官名 I 則 古旣有 = 職 原? 明 人 或 以_| 周官, 稱。 亦是此 意。 大抵 

後世 病,, , せ; 不,, 雅馴, 者 不 _| 菅我 邦爲" 然也 G 王 元 美 有, 言 曰 子 長不, 絕矣 其 書 絕矣。 故 實錄之 外。 

贈酬之 文。 間 或 有, 之。 不, 足-深 咎 P 之 要, 之醐 音國讀 假借轉 用。 照-之 其 地 之 故? 面 可 =以 想 見 1 焉。 

則猶之 可矣。 甚至 .-誦_ -其文 _ 而不 k 知 "爲= 何等 地? lia 乎 如お 游,, 華胥氏 之國? 則 何 si 事之爲 a 

今人 文章 喜 犯,, 諱? a 以爲, 快 者。 往往 有 禮似, 不 、且, 然。 至, I 其稱呼 不,. 正 ◦ 則滔々 者皆是 G 

孔子 曰。 名 K レ 正則 言不, 釅 C 可 レ不レ 慎 乎, 一 大宰德 夫 論 一一 世 儒改, 年爲 .i。 爲, 犯-一 國家典 章? 弒是 矣。 

然 親-其 集中 所. >载0 則 放 飯流歡 而 問, 無,, 齒决, 之類已 C 

大宰德 夫 曰。 先生 者 父兄 之 也。 謫語 先生 饌是 已。 如,, 曲禮? 或 言,, 先生? 或 言,, 君子? 或 言-長者? 

先生 P 父兄, 也 じ 君子 謂.^ 有-爵位 I 者.. 也。 長者 謂- 伦人之 長者, 也。 稱 fe 人, 曰,, 先生, 者。 尊,, 其 人" 

而 以,, 父兄, 待, 之 也 不,, 必受業 之師, 如, 仲 尼 先,, 生 程 子? 子 貢 先,, 生 原憲? 孟子 先 ,生宋 il, 是已。 

若 或 其 年 相 若 ◦ 則 雨 相 先生 C 如,, 莊周 所, 記 孔子 之 興-柳 下季, 相 先生, 是已 ◦ 及, -戰國 之 時? 諸侯 封 

君 。呼- 游 客處士 |爲= 先生, 者 多矣。 不レ 可, I 枚擧? 至』 T 燕 昭王之 於 郭隗? 則 以-國 君- E 先 _| 生 其臣? 

漢高帝 之 於- 陳卒? 則 以,, 天子, 而先 = 生 其臣? 唐 高宗之 於-田 游巖? 則以, I 天子, 而 先,, 生.. 處士? 凡此皆 

人主自 屈,, 其 尊? 而 以,, 父兄, 待,, 其 下, 也 C 尙矣 哉。 今人 乃 於-長者, 難 J 一一 n,, 先生? 非- 受業 之師? 弗 „,肯 

先-生 之? 亦 異-- 乎 古人? 4K 佛 有-天人 飾 之號? 故稱 k 僭 曰,^。 今日 吾人 呼 i 僧お ノ師者 窠皆其 弟子 哉。 



レ不』 也" 

余惡 3 明文 字 裁 句 扱 全 無- >體 耍? 少年 愛 徒^-時好- 不 =, 斷- -棄 之? ^時 就而 赏焉0 余 亦 不-- 深 拒-之 

ハ Afe- 其 艱澀? 由, ais 讀, 古書, 也。 世 或視, 之猶 --經 典-乃 曰 于鱗 P 此。 元类如 X 此。 如;3^-古^ 

> g£KII 然。 豈不- 亦 無用 之學, 乎。 • . 

口 一 文章 有, 體。 人人 所, 知。 < ^觀- - 近世 諸 老窨窬 嫁 語? 大覺 a 其 不,, 箇 ii? 雖 fe, 傷-於 文辭? 而不 1 爲 

本 i 疵^? 今 A 之 文 奉-物 服 二 家- 爲= 金 科 玉條? 二 家之然 豈 有-冗長 失 i 體^ -乎 亦 不= 善 學-之 過 也 

一 取 T 古人 所- 轔錄, 書 薔藤祭 蒈§ 彼此 相 映。 則 e 知- 佘言不 "過 矣。 

倫 _ 擬古 樂府 不, 可, 作 也 自-, 率于 擬議錢 化之說 出? 剽掠蹈 戲0 轉 相放效 其 在 = 乎當 時? 旣來 = 人議? 

理 一 近來 詩集 必以- 鏡 歌 十八 曲-置-之 親 首? 是爲- 隶程? 如 或 無, 之。 則 耳 食 之 徒。 相 _ ぬお- 體不 1^4、, IT 於 

i 作者 亦 各競爲 王。 其義猶 不诗, 解。 R^s:4 律音聲 乎。 唯 求 ^ 之 切。 不.』 鼬-念 時好? 往々 如 V ち 

耍, 之 無識之 所, 致 耳 趨向 由 k 人 勞 而少, 功。 寶爲 格言? . 

編 一 聲詩 之道旣 絕-- 於漢? 不, 可-得 而 知- 焉 後人 效而 赋, 之。 亦 擬古 樂府! 也。 然 得-情 於 我- 而發- 之 

^ 詩? 則尙 可, 言 也。 如,, 擬古 樂府? 則 情 之與, 事 。皆 非,, 吾? 也。 所- 以 風雅 可 fe:。 而樂府 不,, 可, 擬也 QJ 

山 崎 氏 伊藤 氏不 T 截 U 復 姓- 而單 a 打 之 5 大宰 氏亦從 X 之 C 可, 謂, 正 也 所, 謂 玩弄 變遷〕 慢- 清 其 腿? ml- 

不, 然乎 維, 然姓 M 彼姓矣 彼 眾,, せ .(6^^? 自 以爲, 姓」 我 從改, 之 是亦 近-乎 誣 -实。 菅. 橡爲, 菅 U 

大 江爲, 江 及 三 耀統现 平 之 類 古旣有 ,例0 脩, 姓 亦 爲,, 吾國 俗? 何 傷 之 有。 故 紀事實 錄之外 腿校稱 

井上 金峨 g 正錄 111 百 七ャ. V 



折衷 畢想 11159 七十 六 

平 SJt。 衣 被 之 衣 去聲。 旣發 _| 平聲? 則 不ヨ復 發,, 去聲? 或 發,, 去磬? 則不 a 復發 = 平聲? 近來 坊間 刻本 自- 

京師-来。 本音 假 昔並發 不&。 不, 知,, 何 謂? 

穆 天子 傳。 漢武 內傳。 飛燕 外傳。 吳越 1!^ 秋 書。 小說家 鼻祖 矣。 签小說 出,, 於 稗官? 稗 者 細 米 之 謂 也 G 

王者 欲 4 知, 1 閭 i- 風俗 細碎之 言? 故 立,, 稗官? 以記, 之。 所- 以 小說不 "可, 不, 存也。 其 在,, 于 後世? 紀事 

之 鉢。 全然 最備。 無, 如-水 傳? 猶且 壤,, 人 之 心 世傳羅 之 後.。 三世 皆 ©。 不^ fe-l 必無, 之。 

其 伦飽史 諸 書。 媒慢 猥雜。 使,, 讀 者羞? 諸史 演義。 雖, 能 時勢? 而 暗-於 古-者。 取-信 干此? 其不 

& 乂者殆 希矣。 余 少時 大嗜 三。 初 苦-せ ;(難义0 專 取,, 水 滸„- 熟 讀数遍 U 觸 i 推』 其伦亦 可-得 

而解 _ 焉。 至-其 不 T 可, 知。 則不, I 强 求,, 之。 乃 置-之 閼如之 間 或 俗語, -著 Js = 不, 可, 言 者? 於^ 

恐 3 其 亂-文 絕不, -復爲 "之 Q 近世 諸 生 或 講_- 及 之? 有 k 解-其 不 1^ 可 者 W 非. 承, 精 也 。加 其 視レ之 

猶, 一 古書? 徒費,, 精祌? 亦復何 益。 故 讀,, 小説, 之 法。 唯 lt> ミ於觀 =t 俗? 在ミ於 知-古今 同異? 又 因以讀 - 

後廿」 議論 文字? 則不, 爲, 無, 裨矣。 世 有- 一 稀 象胥之 is-? 徒 奉-近世 漢商之 言? 以爲 金 科 玉條? 欺, 己 

? 人。 亦 可,, 復惜, 焉 ^ 

用 世 之學。 Mr 如 = 損 軒 白 石, 者? 束厓 博聞 強記。 文 亦 可, 觀 G 大裨 _ ー於學 者? 可 I 謂,, 豪傑 之士, 矣 C 今 

人涉 -I 獵群 書? 徒 爲,, 豪 具? 與,, 夫 三 子 者, 異。 左 氏 稱- 子產, 爲- 博物? 豈 知,, 雜猥, 之 謂 乎 

低讀, 蒈者。 取, = 事 之 可, 悅 與,, 辭之 藻麗? 而 記-之 於 0? 又抄 而錄, 之 Q 備,, 異 B 鍩辭之 問, 之以, - 

時勢 與, 一 制度? 茫乎 之。 是爲 Jm, 史乎 「し 要, 之學? 知, 所, 由。 加 以_| 明文 裁 綴 之 習 一 耳。? 可 



漢商 在, -于 崎-者 3 或 託 k 之以 求-彼 捲紳 先生 文? 則 知-其 不.^ 可, 得 而 俘應, 之 勢不 X 可 kao 西歸之 

後。 借 乂爲, 之。 讀張 欺誣、 無 i 所 i 不 i。 伊藤 原藏 所, 謂 漢兒少 豈不, 然乎 然其得 k 之 者 喜 

以爲 如, 得-拱 壁-也。 甚矣 世俗 肢-- 於 名? 而不, 尾-其 赏-也 . 

佘大? 應-人 求-作 * 壽詞 5 眷 一 爲= 川 莴年之 父-作 & :0 有:, 言 曰0 §1 人 學,, 辭令? 始 s_- 取 i 者 之 言? 

自 SKA 嫺 i 之。 惟 患,, 其 無" 施〕 有- 鄕人 冠? 驟往 語, 之 曰 聞 子 有, 客 衆皆掩 1 ロ而笑 是知 k 用-其 所" 

習。 而不, 問-其 1^" 處。 則 無, 情-乎 哀- 也。 故 無,,, 休-成 乎 我? 而澄然 爲^〕 是以乂 親-試-己 技-也 OJ 

所 ,惡_- 於學 者? 喜 言-華 音- 矣。 六經 以下 諸子 雜家及 稗 官小說 Mr 一 不.. 出-於 華? 則 華 音 固 益-於 學 

者? 是 世俗 之 論 耳、 し 凡 世俗 祈 レ爲0 皆肢, 二 於 名? 丽 暗-於 實? 譬, 之 未- -甞升 1^ 山。 而 論-其 險? 未- -嘗 

觀., 海。 而 語,, 其 波 ^ 言雖 1 可, 聽。 豈不, 謬-其 實-乎 今 世俗 之 人 講論討 習 似 則似矣 而其 所レ由 

不, 得-其方? 實無 1 宅- 1 於 心? 驟 聞-其 說? 輙ぉ, 此動 。愚 亦已甚 C 今且 欲., 破-其 愚-解 * 其 惑 M 莫, 如 1 以 

明 假使 世俗 之 言 果是邪 善,, 華 昔, 者 必當能 剖,, 拆 古言, 也 而今 即不 矣〕 必當 i 善 i 文 也 而今 則 

不矣リ 必當, 善 也。 而今 即不矣 耍乏聲 律 倒置。 徒嚇 -不, 知者-耳。 夫 能讀- 古書? 參, 彼 互 X 此。 

照 以觀, 此 則 事與, 辭 可,, 得而 知, 也。 後世 之 詩 則 有-四 聲? 苟 精-ま 其 所在? 音 雖:, 不 i 可, 知。 而 可- 

意會, 焉 則 施-之 於 己? 而 無,, 一 可, 疑 猶何華 音之假 世 適 有 T 頗嫺 = 文辭? 旁 言 =華音1 者 ^ 徒以, 此 

緣,, 飾 其 業, 耳。 非., 有, 得-於 華 音, 而 然., 也。 學者思 諸。 

讀書 必須, 發, 音。 唯 假借音 義„^ 捨, 彼 取 i 此 亦 心 所, 欲。 始 無- 1 定 之說? 今且 言-其 一 端? 衣服 之 衣 

井上 金哦 • 0^0 111 百 セ卞五 



折衷 學 S§ 111 百 七十 四 

李^ 淇, 者。 來= 時 譏 誇? 無 於 低? 乃 其 や 謂. -自 甘受 焉。 丽不& 1從-- 人情, 乎。 因, 此 之 。科 

舉阁 可,, n 勸 IXC 而不 kk- 乎 人 之學? 後 之不, 及告 C 卑卑曰 降 多 坐- 此習 V 軌範 正宗。 豈足 3 以 爲,, 

作文 之 法-乎 C 吾 故, 11 我 邦 幸 無-科 擧? 客 則 謂 不幸 不, 能- 對策 登第? 跪, _| 有, si 知 Jffi 校 之 至,, 于此? 不,, 

亦 氷炭 相反-乎。 夫 f >矜 擧-者 C 其 所』 固不, 在,, 於大, 矣 C 而 非お 則 無 Uh:V 進,, 用 於 時? 以顯, 其 父 

S 此可 =- 以少酬 其 志-也 我 邦 學者之 於-韓人? 顧 其爲, 心 果且何 如 乎 G 爲,, 其 衣冠 異, 制。 望, 之饅 

然- お〕 爲 _-言 語異, 宜〕 筆語捷 給, 邪。 抑以爲 _,1 其文畢 賢- 1 於 我 I 邪。 以爲 K 如 T 吳季千 之 於 _| 子產, 如 ,舊 

相 _K S 旅 .0 名 乎 海外 B 邪。 以 取义。 古所, 不:, 爲 e 而韓 之文學 C 不, 勝,, 于我, 《矣 C 生 施-名 乎 海, 

者 G 傳記所 i) 化 比 有, 之。 皆 致 ,- 彼 問? 不 -自』 求. * 之 C 然 g 學者之 所-大欲? 可- m 而知, 焉 。不, 通. - 

,, 不』 者? 以 -1 其 接, -異 客? 因 爲- 豪 具? 釣, 名 於 一時. -已。 客 之 所,^ C 必不 k 出-於 是 CJ> 丽亦 盡客氣 

也。 此非 遷延 畏縮? 而客 之好レ 事。 或爲 -之累 一也。 雖, 然乎。 吾 亦 有 T 所, 欲, I 乎 韓人, 者 三 5 如^,, 

數日之 間? 坐 無- 雜賓? 對榻與 語 詳聞, 彼 邦 所- 以爲" 治 _」 文物 制度 所 * 以 然., 也。 其 次 則携, 手徜 U 祥 

蟻, n 詠 乎 3 水 間? 因 餘_| 土地 人物 之異 I 也。 其 次 則 經義相 質 。冀 使-彼 得 性理之 非-古訓-也 G 唱和 重 

港 則 非,, 吾 志, 焉 C 彼此 有: fee 皆? 可, 得 之 事 也 則 聞= 車馬 之 音? 見,, 羽 $^ 之荬? 嘆_, 昇 平 之 化 有 

施 及? 此吾 分而已 C 非^ ,能 也。 不, 爲也, - 若 夫 身 在,, 國學? 其 職之不 * 可 k 者。 何 咎之有 。過, 此以 

往。 皆 爲,, 名與, 利已 C 客 曰。 某 難-不敏? 豈? 知 3 所- 以立 i 乎 C 

淸鄭任 鎞<? 白 石, 集, 爲= 流 球^ 君? 室 高 二 氏 謂 流 球 兩屬? 故 不.. 願 言? 是或然 也 ノ世好 4 事 者 C 請, 



辗彙理 倫 本日 



曰 何以, 文爲 此稗宫 家 之 物 己 國字之 丈 而足矣 古 時 誠 無,, 俗語? 細微 之 事 亦不 y 在,, 於 所, 遣 ひ 

古傳記 所, 载。 腠歷 可, 觀焉。 飛燕 外傳能 盡,, 牀第之 首? 無-, 復 餘蕴? 固爲- 後世 外史 家 之祖, 矣 而非, 

有. -的了 囉哩, 也 王宾州 曰。 長不, 絕矣。 ぉ誉 絕矣 豈此之 謂 乎。 我 邦文 章 家 人 姓 地名 從-意 

所., 適而 恣修, 之。 强 彷,, 彿乎華 人? 然後姑 以^-文 成? 以爲, 快,, 於 心? 則 何 言不, 能, 古 乎、〕 何事 不, 能 

レ記乎 夫^ 溟不 i 用,, 俗語? 合 开州則 往往 取焉 唯 有 V 其傳之 與,, 不傳, 之 異., 耳 雖 -1 搶溪, 乎 其 不,, 雅 

Bj 古, 者 安能 嘿而已 乎 豈 有,, 國字給 之 便, 乎 當今 修辭家 何不, 解,^ 之甚也 C 至, 其 與,, 韓客, 對 

肇以 代, 舌。 議論 鋒 生 5 則 左 國史漢 多 不:, 可い 致。 澄淇尊 州 亦 i に 書-於 其 人 之 側? 偶 發,, 其 所 _feo 亦不 

』, 安,, 於 武人 之 心? 口 欲 X 言 而筆不 述乏 爽然 a 失 手 無お ¥o 一 牛畏 技, 於, 是乎 無, 用焉 

徒 嘆-其 稳? 可:, 及。 而 恨, -朝不 ,設,, 科擧之 2 此豈慨 一-科 擧, 之所爲 則 習,, 世 所. 古文 辭, 之 弊 也 

毎 襲-人 成語 一 不-自 創造, 之 失 也 不 i 能, 文, 之 者 國字 取, 給 之 罪 也 夫文以 言, 志 假使能 爲,, 左 

氏 司 馬子 長? 苟無 於 緩急? 何 所 i 用 之 有。 何 况其不 ^爲_| 左 氏 司 馬子 長, 者 乎. - 何 其不, 爲,, 搶 ss^ 

《并州 1 者 乎 ◦ 客亦不 ^見= 夫庸醫 治" 疾乎 標本 未, 辩」 便 施,, 方藥? 方藥則 古方 藥矣 Q 报益 則自損 S 矣リ 

而不: > 能て 治 一一 其疾? 如, 不一 成, 用 何 今 之 倏辭讀 書 C 不&, 一 此伎ー 乎 Q 豈不, 一可, 愧之 ®, 乎 豈不 %,爲 一一 

長嘆 息-乎 Q 有』 5 之士則 必不, 然也 舉^1^之大患0 在,, 於名與 R 利 而已。 有-科 舉之 法, 以來 天下 人士 

皆 競作, 文 而 司, @者0 不,, 必有" 識 愛惜 之 情。 介-於 其 心? 不, 能 S 公然 取,, 捨之? 其應, 舉者 C 亦 謂 

值足, n 以 取-名利, 耳。 故 趨,, 時 之 所,, 尙。 取- 媚 時師? 英雄 豪傑 生,, 於 其 間? 不.. 從,, 事 于期? ^-fei 

井上 金哦 E1 正錄 . , lllw 七ナ 111 



舊彙理 ft 本 曰 



折衷 SJS 三百 七十 二 

00 韓之 於-文^? 固^ 天性 哉 其航- 于, i は-? 1?-- 于我? 自= 對 馬-至, -于 1^^? 三千 1? 餘里 文 八 才千投 

W 刺 唱酬。 應接 之不, 暇。 咄蹉便 辨,」 至- 1 其 館-於 都下? 俄 頃 之 際 U 通謁^§,坐0 詩篇 重疊〕 维 語交發 

彼應, 此、」 多々 益辨〕 固旣 自若 矣。 其 詩 之 與殳。 雖^, -大可 P 觀焉。 而捷疾 之甚〕 我 邦人 士 則 

不: ^5\當 也 C 此豈非 T 科 擧之習 使, 之然, 邪。 世 有 T 高自標 持。 耻- -與, 此 伍-者" 要 王 高- 尙其 外? 內實 

知 U 撩之不 "可 遷延 畏縮。 其 心 謂與, -進而 取, 寧退而 保, 之 全。 此亦 足-, 以 護., 醜 耳。 吾子 少 有,, 

文名? 再 遇- 韓使 之聘? 不 fea 1 試-其 伎? 好-吾子-者 必曰 U 吾子 不 k 爲也) 惡-- 吾子-者 必 曰0 吾子 

不 I 能 也 井子 聞, 之 ie! 然 K 久嘆 曰し 嗚呼 古文 辭之弊 •) r 至-, 于此- 也。 客 曰" 如, 吾子 所, 言 所, 謂 

因, 饈爲 1 恭。 實不 答 也。 古文 辭不 k 焉 C 井子 曰。 客 徒 知-, 捷 之不, 可 ko 而不, 其 所,, 以不, 

可 fe。 此豈 無-科 擧-之 所爲。 古文 群 赏爲- 之禍 -矣」 蒸當 今脩辭 家〕 孰不, ?我 能爲, 左 氏? 我 能 爲, 

司 馬 3 而其所 k 成 亦 唯不, 能, 過-王 李? 其 下 者 王 李 亦不, 能, 爲, 之 自 安-於 小成? 玩-, 索 物 服 諸家 書? 

目 未. -甞 1 見. I 王 李 全集? 就- 1 此方 刊本之 所- 選 若抄? 僮 窺-, 萬 分 之 一 ? 因, 人 雷同 耳 吾觀 S 古文 辭; 1^ 

之 於-古 蒈? 或 圏-其 言 之奇? 或 抄= 其辭 之麗? 預備- 未然? 乃 謂此傅 5 以爲, 送-彼 入-之 序 ^1 彼賦 可, 

以爲 * 遊, -此 地-之 記., 矣 而不 k 顧-其 體耍何 如 ^義理 何 如-耳 故 其 流 之 弊 終 有 T 能 發-- 諸行 文 之 際? 

不 i 解-其 義? 至: i 不- 知-左 氏 司 馬子 長 實爲- 一 何物-者 W 方 一-構; ぬ 之 時? 就 一一,; 一 圈旦抄 ?考 一, 索 其似焉 $> 

斷, 前^, 後。 斑 短。 務艱- 漉 其 語? 累, 字 成, 句 積, 句 成 J 早 難-絢爛 可 乎- 而文 不,, 活動 V 

安能 使 U 人 I? 之而感 i 乎。 且無實 長 語。 可-以文.. 之。 而細徼 之 事 C 旦夕 所お 不レ能 ^__諸 古 CJ> 力 



世少年俘靡爲"^0。 動 蹈,, 有 過 之 地? 亦泛交 使お。 可^, 愼 乎。 余甞與 --滕. 子 M- 論- 此意? 詳 見-答 問 

錄? 

都下 一 老儒 死。 鍵に 子。 議 立-門人 中 Jl^ 少者? 乃 胃-其 姓? 其老友 有, I 與, 余 相識 者? 甞偕出 行 次。 耍, 余 

ん 過-其 家? 意 謂 余 有- 1 日 之 長? 令., 彼 相親以 博-其 知; "識? ^少 色不, 說。 余 亦 知-其 難" 屈。 輙辭- > 去 之? 

日 後數年 續,, 其 先 業? 以 待- 來學 者? 有 X 持-其 近 砵詩來 示. 余。 聲律 格調。 固 所, 不, 論。 取.. 方 俗 所 J 籾 

本 草名不 = 與, 華 合一 者 M 直 以命, 題。 近復見 一-其 所 レ撰之 文? 則 倣 一-世 所 i 。唯 知 &- ー驟 古辭? 而不, 知 一 其 

所 =1 以 裁-綴 之? 文 现不, 屬。 始 無.,, 意義? ,M 辭家擧 以爲, 笑矣。 然刻, 石 上 i 木。 其 徒 傳播。 愈 見- 自是 

儉ー 之甚, 耳。 近時 馨者 引:, 徙結, 黨〕 自處, ,1 道? 於, 是不 k,, 就乂而 正, 焉。 又不 研, 精覃, 思 至-其 

现ー 極? 徒 楚= 不, 知^者? 自 高自矜 U 殊不, 知人 雖诗, 欺〕 而亦終 無, 得,, 於 己? 孟子 曰。 人 之 患 在-好 爲 _| 

■ ノ 人師? 豈不 k 然乎 

おお 一 文 公家 醴齊家 寶要等 誉。 皆 以,, 己 意, 伊 酌 K1 禮? 又 稽_- 之 時? 而立-其 說? 雖^^ 合-於 古? 亦 出 <| 

編 一 於不鞯 i 之 情, 也。 今 世 學者緣 知:, 書。 輙 以,, 禮樂, 爲,, ロ實? 觀,,其居&^祭,先0無,- 1 彷,, 彿乎禮 

" 又且 厭,, 棄俗閱 所., 爲。 其 窮至, -於 無,, 愤終追 遠 之 言? 豈 可, 不, 畏乎 伊藤 原藏 釋親考 G 大宰德 夫 

親族 正 名。 大 益-於 世敎? 佘亦竊軿.,經典言„喪服-^|<?^ 别爲- 之 缀釋? 因 欲- 以 便-於 蒙士? 嚮旣 起, 端 

壬 辰 之 炎。 悉 爲,, 鳥 有? 今 有, 志焉。 而 未,, 之逮, 耳。 

佘 常惡, 世人 與,, 韓客, 唱 酬以, 此自 是, 焉。 甞有 T 對, 一友 人 問, 者 5 其辭 曰。 客 有 T 接 .< 韓人-者 5 謂-井子 1 

井上 金峨 E1 正錄 111 百 七十 1 



折衷 さ 三百 七ャ 

與, 世關 係? 如 =贅 疣, 然。 猶且效 ,尤0 不, 妄!^ 愚矣。 余 少時 亦 坐- 于此 習? 數來. 淸? i_ お flu 今 憶, 此 

渐侮 殊甚。 夫改, 過 聖人 所, 訓。 a 新 亦 非- 不美, 也 q 而千言 萬 語。 唯不, 如,, 1 無 ibut 。學者 宜,, 自省, 之 o」 

世 之 妄庸之 徒 Q 動輙議,|時;5^1.? 終 至 ,居,, 下流 一而; I お 上。 豈不, 愼乎 ◦ 大抵 数百 載 之 故 G 薰陶 漸漬之 <G 

^ 1 旦得, -諸 文辭? 不 k 察, 其 所,, 以由? 不, 窮ヨ其 所- 以然? 以爲禮 樂之治 立 可, 致 也。 是學者 之 通弊 也。 

日 假使 K 其 有-施 爲之宜 一而 言.,, 之。 則 自有, 方 也。 ? ^無-其 具, 者 乎 孔子 之 與,, 浴沂? 其 謂,, 之 何? 

本 \ 世俗 有.. 集,, 諸 名流 於 其 家 及 僧院 酒廬, 分, 題 賦ぉ詩 ◦ 命爲, I 詩會? 夫 詩 樂,, 伐木? 易 稱= 盍簪? 茛朋相 逢 G 

一 人生 ー樂。 吾 亦 何不, 願, 之 乎。 唯爲, I 主人, 者。 不, 必擇 =其賓? 賓亦 不ョ必 論,, 其 生 人? 泛請 泛應。 或 

倫 一 使 W 人 轉,, 報 其 所, 識者? 則不, 招 之 客亦從 至焉。 甚至, 於 朱 紫相亂 玉 古並雜 3 且 長者 不,, 爲敎, 之。 少 

理 一 者 亦不, 請し 如 極- 1 言 之? 則 爲=哺|^, 耳 曲藝師 使,, , 人 縱-觀 其 技? 爲, I 名 與,. 利 3 固 其 所 也 抑學者 

亦 坐,, 此習, 乎。 都下 貧民 死不, 能, 一 自葬, 者。 結 _| 数人,、 為 k。 H: 各 出&。 儲 爲,, 葬備? 以, I 其 餘,? 

ま 素 食? 供 X 僧 念, 佛 蓋 有, 爲爾 ◦ 詩人 會集 不, 能, 勝- 此輩, 而上 4, 之 C 登不, 悲乎 

編 朋友 死 無, 所, 歸。 孔子 曰 於, 我 又 曰 朋友 切切 倨 倨。 兄弟 怡 々o 戴 記 曰 父母 存不, -許, 友以, - 

一 死 C 又 曰 交遊 之讎。 不, 同, 國っ 秋 官調人 截曰。 主 友 之讎。 從ハ乂 兄弟? 鄭註爲 _,大 夫稱, 主 之 i? 

夫君 與, 生 稱呼之 異耳。 豈 於-代, せ, 有,, 深淺 I 乎。 生 友 謂 K 友之最 親密 而主 = 其 事, 者? 朋友 道泛 故 言, 

主 以別, 之。 極 爲,, 穩當, 矣。 今人 不 v^ = 取, 友 之 道? 狎,, $: 杯滔之 間? 相呼以 爲,, 知己? 在,, 難, 之 時? 

则秦胡 相 親。 如 i 無- 關係? 然 匹夫 有- 義氣, 者. - ^且耻 4 之 G 至- 于學 者? M 括 乎不, 省。 抑 何 心 乎 Q 近 



世俗 頗 有- -材 R 曰, 者 謂 o 儒者 爲,, 長物? 雖, 1 是不學 所., 使 而 儒者 亦 有, 罪 也 C 假 使,, 今學者 從., 政 則 吾 

恐不』 1 賢, -於是 輩-也。 I? 之 學不, 由 徒 觀= 古人 成迹? 而不 其 所- i 以 成., 之。 至-? 事 

之 日? 則 緩-其 所 T 急 而 急-其 所 &0 務議, -更 張? 終 失-於 攪擾? 不ぉ 欲, 使 „, 人人 明,, 其 明徳? 亦? 

見=施爲之^:»-,也」 嗚呼 學.. 先王 之 道? 俗吏 武人 之不, 若。 豈不, -可, 愧之甚 ,乎0 蓋 用-, 儒生-誤, 事 者 余 

亦旣 見-聞 之? 其國俗 至, 今不, 欲, 使.. 子弟 學? 是亦懲 k 羹吹, 壺之類 耳 

君子 之 仕 也 行,, 其義, 也 錄仕亦 一 道已 槪 乎議, 之 者 非 也 晋 俗曠蕩 加 レ之釋 氏 之 言 或 淪_ 一 乎 人心 <!> 

賁, 處賤, 出 之 風 於, 是 乎生焉 今人 怠惰 之 習 不, 知, 食,, 其 力? 乃 有 T 祿仕以 奉-, 其 身-者 5 跪-君子 

所 "不 A 取 苟不 k 芙-- 臣節? 則 亦 可, 恕焉 Q 自- 經 義之不 P 講 Q 學^^„?以&爲,汚o 陽爲, 不 お。 陰自 

千, 之。 百方 求-之。 適 得 = 仕國? 及-其 將 P 行。 則 曰。 三聘 三辭。 不, 得 然後強 起。 又 曰 使ミ其 

君 北面 而師 = 事 之? 又 曰 以, -竟內 之 事, 煩, 我 果 如- -此 言-邪 則當, 見, - 施設 之 宜<- 而今 也 則 無 k 之 

登 不= 尸 位-乎 然則其 可, 愧者 莫头她 C 不, 知- 輕重, 而言? 偷。 大率 如: &0 弊 俗 夫 噫 

晋人徒 得-老子 之 粗? 以-- 任 達- 爲-- 風流? 明 王世贞 爲,, 七 傲 士讃? 阮籍 與-- 老子, 伍」 薰藩 同, 器 可, 謂 

k 不, 知, 類已 如 Ji 則 外 託-遺事? 內實 取; 合0 其 潜- 1 穿 之 盗, 與 今人 讀,, 劉 氏 世說? 徒 欣-- 是輩之 

事? 而不 知 =1 復 有-可, 取 者? 習俗 之 弊 ◦ 可 k 爲,, 長嘆 息? 

輪 語 所, 載 長 沮续溺 及 狂 接 輿 等0 雖, 不, 可, 知-其 生 平? 而 無, 意-乎 斯世? 唯不, 欲- -自 見, 而已 豈 如,, 

接 世 曠蕩之 徒-乎 晋人自 以爲, -託而 逃- 焉 Q 甄頭 養, 望0 沈湎 惑溺 可』 匪 人-耳 我 邦 學者。 不,, 

井上 金哦 M 正錄 111 百 六十 九 



折衷 畢 《 . 三! a 六十 八 

曾 子 謂-子 思, 曰。 昔 者 五 1: 從 -I 夫子-巡- 諾 侯國? 夫子 未 _=嘗 失-人臣 之禮? 而潜聖 道不, 行 今 吾 観, 子 有, 

傲-世 ま, 之 心, 無-乃 不.^ 容乎 G 子 思 曰 時 移 * 異 入 有, 宜也 當,, 吾 先君? 周制雖 ksgr 君臣 固, 位 

上下 相 待 如,, 一 ^,然0 夫 欲, 行,, 其 道? 不_| 執 以 求., 之" 則不, 能, 入 也 今 天下 諸侯 方 欲,, カ爭? 

競 招,, 英雄? 以自 輔翼 G 此 乃!? 士則昌 C 失, 士則. U 之 秋 也。 仍 於-, 此時, 不-自 高 久將, 下, 我 C 不,, 自 

賁, 入將, 賤, 我。 舜禹 揖讓、 湯武 用酴。 非-故. i 詭? 乃 各 時 也。 孟子 曰。 說,, 大人, 則 毅^。 勿, I? 

其魏 み然? 堂 高數仞 榱題數 尺 C 我 得, 志 弗, 爲 也。〕 食前 方丈。 侍 妾數百 人 我 得, 志 弗, 爲也 般樊 

飮 滔0 驅騁田 鎧。 後車 千 乗。 我 得, 志 弗, 爲 也。 在 ^ 彼 者 皆 我 所 k 不, 爲也 ◦ 在, 我 者 皆 古 之 制 也。 吾 何 

畏, 彼 哉。 苟子曰 C 志 意修則 富賣, 矣。 道義 重 則 輕-, 王侯, 矣0 內^ 則 外物 輕矣。 傳 曰0 君子 役, 物。 

小人 役-於 物? 此之謂 也。 斯三子 者。 皆 生-於 禮樂 崩壤之 以ぁ制 X 心。 因以說 \ 。勢 之 所&, 然 

也 而是唯 語 T 說-- 人君-之 意 3 非 ,對_ 一人 君 -而 言. 之 也。 近世 諸老應 -I 諸侯 之 招? 豫 期-之 鱧 待? 有 T 曰 ,,, 

苟不 如, 是。 則 我 不-敢 尾, 者 5 夫不 k 則已。 唯 見. g 禮不 亦 可- 以去" 之 耳 。惡有 T 先 爲-, 之 極? 然 

後往 者.. 乎。 

.$^每,爲,,國君|講ぉ業。 即 略-章句? 解-其 大意? 因 及-事務? 切-言 施爲之 方? 聽, 之 者 或 笑, 之 云 一 

如-浮 屠說 法? 焉足 1,1 以 解-古言, 乎。 佘乃獨 謂 C 人 主 好, 學則 可矣。 徒 好, 之 而不, 問,, 一 其 所,, 以處? 則 吹 

000 六 博 蹴 蹈0 懷,; 於 宴 安? 亦 何 擇焉。 大抵 後世 之 君。 如,, 惰揚帝 陳後主 C 則 華 靡麗藻 Q 其 所, 爲 

何 如。 今世學 者。 非, 以_, 文雅 風流, 導.. 之。 Mti^ 句 折 章 剖。 如- 學究 之爲? 抑 何 心 乎 



乎詣家 奥 始出焉 Q 有 K 取-於 文 辭-者 ^ 有 T 取-於 詩 赋-者 5 又 有 T#- 其識- 而傳, 之 者? 大抵 狩 信-其 人- 

者 之所洫 Q 適 有- 自集錄 序 W 刻., 之。 耍, 之 以-- 其 所.^ 嗜。 故不レ 忍- 棄之? ん情 爲』。 何 嫌 之 有。 

今 世 學者颇 知 ^爲= 詩 sIK 文 輙 刻,, 其 集? 觀-- 其 序 引? 則必曰 師之 所, 不, 許 而 弟子 竊刻, 之。 旣成 

然 後吿, 之。 又 白 爱 以-- 期區區 者- 爲。 門人 強請, 之 又 曰 卒曰不 k 留, 稿 C 散-逸 大半? 諸 集ー撙 

若, 出-於 同 口? 殊 爲诗. 笑。 

近年 梓 行 諸家 集. - 彼 善,, 於此, 則 亦 有, 之。 耍, 之 五十 步百舟 耳。 此 siwk ぉ自 命, 之。 2; 擧- -其尤 

者 ニー? 而 指-摘 龇漏? 以 尾-作^法? 夫 議,, 人 之 非? 不』, -自學 之 精-也 。徒 U. お 啓-小 年 輕薄之 心? 

且 爲,, 怨府? 吾 則不, 爲, 之 ◦ 遂棄 而不, 錄 

服 子遷亦 一 名家 矣 及-其 晩年? 愈 益 揮 化。 唯 其 自萨、 優游。 以, 材自 勝。 故覺 3 其 靡麗 近-乎 弱-耳 然 

知-其 弱- 而故 弱, 之。 是 所- 以爲- 子 遷-也 世俗 尊崇 不 k 辨-- 其 所. ^由。 至-子 今日-則 千篇一律。 愈 似 愈 

非 殊致, 可, 厭焉 且 如-其 小督 潮來? 則最 爲-- 得意? 接ん 效, 餐。 使- -觀者 醜- 焉 大抵 不:, 知, 取-之 

於 古? 而 法 於 今? 則狗,-時俗,而欲&^^>者也。是学者.迎弊也。 

物 茂 卿 論 「:-徵0 解-八 僭 難 於 退-曰〕 八佾 舞: 逑 MO 世 入 情.. 斷, 句 非 也。 是和讀 之 法 跪-則 世人? 豈 

有-借 下斷, 句 者, 乎 此老常 以, 無-和 習, 自處 而;! 如, 此矣 其擬, -家大 連檄? 則 守 屋之死 距-- 乎崇峻 

時- 旣 五六 年 誤 爲-- 一 時? 服 千遷送 k 人文い 以 k 州爲, 國 國史之 言〕 固 旣如, 是 而以, -古 封建 之 世- 

立レ言 刖不 Jslo 其 龇漏 不-必 論 "之。 今人 奉 以爲- -金科 玉條? 猶且 如- 此。 下 i 者 乎 

井上 <5K 哦 1^ 三百 i ハ 十七 



曰 



折衷 畢饭 三 百 六十 六 

i 利得., 富 邪。 則豈 不, 有,, 商賈之 事, 乎.^ 耍, 之 不_, 啻爲 "利。 亦 欲, 幷,, 與其 名, 而收せ 之 也 0^ 夫 ML 厭。 

誠 可, 佾焉 C 余 《.- 觀 KK. 舉無 術。 徒; ili- 雜刀之 末? 建-, 功 於 太平 之^, 者 S 比-之 學者? 大 見,, 其不 T 迀 耳。」 

伊 物 二 氏 復古 之說。 惠-, 于 後人? 功,, 聖門? 實莫, 大 k 焉。 物 氏 則 以,, 文辭, 自任。 大聲壯 語 olf 辨-和 言 

誤 "人。 舉者稍 知 T 離-和訓, 而讀 4r 先生 之 賜 也。 當時梓 行 之 書。 削-去 國字附 註? 雖, 有,, 村 學究? 亦 

恥, 爲 所 蒙 解 俚諺? 可, 謂& 矣。 物 氏 卒-- 乎享保 中? 五,, 十年于 今? 其 門人 復 附,, 註 S 子- 而刻 = 遺 

書? 於 k 是書 賈閭師 求, 利 貪, 名〕 相 競 著, 書。 比 年 以來。 東 S 書 35-。 歲 刻,, 國字 註解? 不 fe_, 指 數? 無ミ 

1 = 裨於學 者-良 可-慨嘆? 

孔子 曰。 君子 疾,, 沒世而 名 不., 稱焉。 又 曰 C 四十 五十 而無, 聞焉 C 期 亦不, 足 k 畏 也已。 又 曰 0揚-, 名 後 

世? W 顯- 父母? 是德 _收 名 至。 聖人 之 道 也。 世 或不, 以-> 其 道, 得お 之。 所 T 以有も 惡= 於 名, 也 接 生蜚苟 

一 無-, 斯念, 邪 ◦ 則 解 惰之心 生焉" 大躁則 亦壤, 術? 傳芳流 臭〕 不, 能, 擇, 之。 豈 4, 不, 戒 乎.. 夫不, 獲 

r _ , 志 者。 不 ,能, 行 一, 之 時? 必藉. 之 W 傳ー, 之 後? 立-一言 不朽? 古 之 道 也〕 如 一一 近學 者? nr 謂 詩 則 開 元 天寶。 



本 S 



編 



文 則 左 氏 司 馬子 長。 視ー, 其 所, 爲。 不, 足, 爲 二 入 奴隸? 其颇佳 者-一 斷前歇 後〕 掇句裁 字 絢爛 可, 觀 C 

無- 復實 及-俗 尙 ー變? 則覆醬 之不, 暇 何 不朽 之 問。 斯 謂-之 無 川 之 學勞而 無,, 功也 Q 若 夫 經義。 

則 谷 有-所見? 雖 i 不 短 畏? 亦 不骣芣 -I 並 而 0、 之。 何則識 無-古今, 故 也。 蓋德 行文 學っ皆 出,, 

於 經義? 人人 所:, 知 や 而不, 能, 勉焉。 唯以, 今人 所-喜 稱, 大業 盛事 3 亦 無,, 過-於 此, 者 4 學者 思焉 3 

柬京 :3i 文鉢不 k 多。 學者立 二 家 言? 或史或 子。 唯 心 所, 欲。 降 few 往有, 錄 = 平 曰 所, 爲 詩文? 於, 是 



世自喜 者。 務 毀,, 先輩? 因以 成,, 己 名? 而其人 非, 有,, 所晃? 則不, 能 T 易,, 其 説, 以自定 お 之。 徒 就-字句 

間" 議-- 其 是非? 乃 云 仁 齋某說 原 出,, 於 其 書? 而 4.隔= 其 字? 很 徠其說 0尾_, 于其 書? 而不 J 一一 n,, 其 所, 

出。 然 有. fc 成 而後 見, 之不, 及, 改者 與- 一己 意 一 合 直 取 用, 之 者 暗合 不, 知.. 其 所 一一 以然, 者 3 

古人 又 有, 之。 雖, 不, 無-疵瑕? 要 亦 無, 害,, , 於爲三 先生, 也。 蜉 蚍搣, 樹。 多 見-, 其 不,, 知 i 也。 若 夫 

大義 所, 在 雖,, 字句 間? 亦不, 可, 不, 議 C 唯 非,, 是編 所, 關 今 不,, 具 及, 焉" 往々 見,, 乎 余經解 中?」 

伊藤 氏以- 君子, 待, 人。 物 氏 以,, 英雄, 望, 人。 是敎誨 之 異,, 其方, 矣じ 近世 又 有,, 一 種 師道? 遇, _, 子 第 有- 

發, 難 者? 乃 テ0 是猶不 ,解0 何 學之爲 C 其 e: 處 大崚。 使, 人不ぉ 可,, 得而 近, 也 。夫 古書 多,, 不レ可 "解 者 Y 

豈能悉 知 王而無 fe 誤, 乎 C 世 儒 或 是 掩,, 鹱之? 而 愚者 不』 乃 尊,, 信 之? 以 爲,, 英雄 豪傑? 不,, 亦 非, 

乎。 

伊藤 氏 首-倡 復古? 其 在- 當時? 怪且疑^}?聒々群起o 未,, 眷與, 此 校, 焉。 物 氏繼作 咎, 之 者 益 今 

觀- -其巢 所., 载 與 X 入 論辨者 i 再 往復 Q 人 乃 服, 之 或 執,, 弟子 之禮? 雖,, 學カ 使., 然 亦 可 T 以 見, 常時 

舉者猶 未 * 失- 淳霣之 風, 矣 至-子 今 B? 則 心 知,, 其是? 而ロ 恥, 稲, 之 强 掩,, 我 非? 不,, 肯服, 善 可, 

謂-弊習, 耳、 し 

凡 著, 喾者。 在 前人 不. feo 正., 時 俗 方今 學者苟 狗流俗 所 "好。 取-其 爲ぉ 所, 說者? 標釋 

註。 國字 記, 之。 使,, 人 易,. 讀。 而 Mik 有- 實川? 則是意 荒矣。 所, 謂學: ^爲, 人 敎 以爲, 己 也 夫 欲,, 射 

…に 阱. ^ 瞰; E1 正錢 .::: ;: : . に.. .: 1!1 お i い tH- :: ' : 



本 

彙 



折衷 S- 班 . 三百 六十 四 

學問之 道。 有-同好 而否 者? 有 異趣 而佳 者? 世人 阿黨 唯稱 T 其 同- 1 於 己 I 者 5 不, 同-於 已, 者〕 則沒 

而不: ,說焉リ 甚至, 曰.. 彼眷, 我矣」 我 亦惡不 ^稱^。 彼 毀, 我矣。 我 亦 惡不. .few 彼。 是脈 一 蕩" 浮薄 日 

成。 如,, 市井 亡賴? 膜, 目攘 J^。 喜 罵,, 詈人? 爲, 士者 宜, 愧, 之 耳。 龜山松 崎 君 脩。 接 能 立-乎 流お 之 

表? 不, 挾-同異 於 胷 中? 可,, 以爲, 難矣" 古 云好而 知,, 其惡? 惡而 知,, 其 美, 者 。天下 鮮矣。 豈不, 然乎 S 

苟子 曰0 靑出 = 之 於 藍? 而 靑,, 於 藍? 氷水 爲, 之。 而 塞,, 於 水? 故 弟子 未,, 甞不. fe- 於師, 也。 近世 學 者^- 1 

業 於 人? 及-, 其旣 成? 則 沒而不 Jlno 自謂無 _,師 承? 物氏少 寓,, 于 南總? ® 學而 Mi- 師友? 是或然 乎. - 豈 

可-人人 而 如.. 是乎。 其矜, 材傲, 物。 ©可 J 一一 口 也。 至, 於 誣-ー 其 師德ー 以爲, 己 功 則 在 三 之義旣 有, 所, 闕。 

謂-之 匪 人, 亦 可 耳 

孟子 性 善。 苟子 性? マ 降 至 _ 一 乎 程 朱 陸 王 及 我 伊 物? 雖 k 不一, I 必 合-於 古? 耍亦各 有, 得-於 己? 由 i 以 立- 

其說, 矣。 近世 諸 老動辄 云。 我不 T 傍-人 門 墻-而 趨.. 也 因 質,, I 其 所- 以爲, 4 子。 則不, 取., 正 於 一家? 隨= 

所, 有^ 註? W 說-- 其 章句, 而已" 其 自以爲 k 不, 因 k 人 者 非 ,,, 別 有-所見-也」 如, 是然後 可- -以 fi" 有, 得 G 

則 天下 談, 寄 者 皆 有, 得 也." 蓋 其 人 無- _特 操? 而將 恥, 奉- ー師 之說? 又 欲 T 裁-集 衆 善" 以成, 其說? 則不 

k 能-一 自斷 取- 捨之? 因循 支 吾。 苟,, 安 於 小成? 輕-, 蔑 先賢? 欺-誑 後世? 要 k 之 不-- 善學, 之 過 也。 

自,, 物氏學 行? 學者自 處太高 C 五 尺 童子 亦 議,, 先賢? 而 非., 能 讀-, 宋儒 諸家 書? 心實知 ,其 非., 也 ◦ 又 非 T 

能 談-- 物 氏 書? 心赏知 ,其是 * 也 其 自稱, 奉 = 物 氏-者。 亦 唯不, 過 T 目 涉- 李 王 文抄? 且甘爲 * 服 之 奴隸. - 

耳。 安在 _,-其爲-- 物 氏 之學- 乎。 世 言 =$1 理- 者。 徒講- 小學近 思錄? 而不, 知.. 朱 子 爲-- 何物? 豈不, 類 



金峨 先生 g 正錄 

01 人 篠本廉 子溫校 

^ 余 少時 閲-, 刊認正 俗 斥 非 於 先師 熊 峰 川 先先 所? 童子 何 知 忽忽 過, 日。 不, 記-其 心- 矣 近 者 就-平 

日 士觀? 借-其 所, 藏之 書? 縱 探-厨 中? 刖ニ 書存焉 因 持 歸讀, 之 竊 不-, 自量? 效-- 其 所.^ 爲0聊 錄,, 所 

本 見? 未, 滿 J 一旬? 得-四十 有 餘條? 签伊 藤氏 在-乎 當時? 旣自爲 --贅 疣? 世或議 德夫 屋上 架 JffioR- 

今 距,, 乎此, 七 八十 年。 無, -復可 RIHCO 然其 可, 正 者。 不 fe,, 於 彼? 而 在-, 於此, 也。 及, 還,, 二 書 於 平氏? 

倫 一 幷與 贈, 此。 亦 使., 士靦 一 論, 之 耳 豈敢际 - 之 大方-乎 

理ー 安永 乙 未 夏 六 =: 朔 金 蛾 井 純 卿 

當今學 者 之 患。 無, 甚_| 於 雷同? 蓥世 所, 稱其 某受- -學於 其? 其 高 第 弟子 也。 或 善-詞章? 或 精- 經藝? 

每,, 其 言 一 出? 衆 無,, 不, 歛 fe 者? 要, 之 非 靳,, 所見? 唯 因, 人 S ,之 耳。 甚 至," 於 指 =撻 其 謬, 而語, 之。 

編 潜 不*肯 信 * 之。 則 以爲彼 無- 一 不是? 天下一 一 iin 者 皆 非 也。 夫 欲, 論-詞章, 邪 則 知。, 時 之 汚 隆與- 世 之 好 

一 尙? 等,, 古今, 以 立-, 準 於., 己。 然後始 可, 謂-其 佳惡- 也。 不, 然 奉- 一 家 之 言- 以爲- 三尺? 以, 此 律乂。 

則 不- -與, 此 同-者 皆 不:, 善-詞章-也 皆不, 精- 1 經藝, 也。 蓋不, 思 之 甚已" 故學者 勿, 如-常人- 然 3 

常人 有 貓 召-其 友? 以爲, -兎 羹, 者 W 旣飽而 聞-其 猫-也。 據, 地而 吐乏。 翁 潟-其 食? 是 未-一 始 知- 

其 味, 者 也。 段 使-之 知,.^。 刖捨, 貓奴 k 鬼" 捨 k 取 JiJ 亦 従-其 所" 好。 何必待 k 人然後 食, 之 乎 G 

井上 金 蛾 g 正錄 111 百 六十 HI 



护衷學 *a 11 一 ぼ 六ナニ 

刻 g 正錄序 

金峨 先生 医 正錄 一 卷 IS 者余受 而卒, 業。 其 所, 謂 伊藤 氏 贅抚。 德夫 屋上 架, 尾 者。 豈 不-, 其然, 乎 顧 

亦 皆少, 得, 已耳。 而近 H 學者 浪。 念 張- 體製? 稱 謂- 舊弊 尙存? 乃 亦 憂-後生, 者 之 所, 不, 得 ,已0 是 

作 之 所-, 也。 若 K 乃 遠 指,, 1 流 弊 所-淵源? 明告, 來學 5 所 =@ 向?, 謂 K 察 --諸 肓膏 -而 下, 之藥? 也 

學者其 不-欽 念-哉 今 玆余以 = 護 衞-處 --于 平安? 從 豫暇。 三 復校 讎 謹 刻-諸 梓? 以腐, 先生 憂-後 

生, 之 意. -云 

安永 丙 申 之歲秋 七月 新 齋篠本 廉饈識 



編 彙理倫 本 B 



長 入 安民 與,, 敬 天, 也已。 此說 一 出。 天下 學者 谷 知 ,成,, 德於 己? 行 ,安民 之 道 5 則 孔門 之 敎0庶 乎 

可 矣 江漢以 濯, 之 Q 秋 陽 巳 以暴, 之 嬉瞎 乎不, 可, 尙已。 雖, 能 乎 余 有, 取-乎 先生, 者 特其 所,, 

根 由 一之 說 耳。 惟 其爲, 人。 有-一好 レ奇之 癖? 以-ー 英邁 之資? 發- 一之 言 -語 文章 急-一子 立., 家。 而不, 顧-一 

其說 合與, 否。 此 不^^ &也。 世 儒 滔々。 尊- 崇 先生? 而不, 識,, 先生 之 於 k 何 如? 四 術 四敎。 

皆 束-之 高閣? 開 元 天寶。 左 氏 司 馬子 長 衝, 口 而發。 謂 先生 無,, 一 可, 非焉。 何 似, 嚮者 信,, 程 朱, 

者 之 言 S 嗚呼 此 亦不, 知:, 恥 之甚。 可- 復酏, 焉。 



金 蛾 先生 經義 折衷お 

井上 金峨 經雜 折衷 日本 祖來物 氏 111 百 六十 1 



折衷 さ 汲 - 111 ほ 六十 

是所 i 謂義 也. - 此 所-以仁 智爲 ^德0 鱧義爲 1^ 道 也 傳曰 詩 書 義之府 也 鱧 樂德之 則 也 J 禮樂 相須。 

樂未, 有-離, 綾 孤 行者? 故 曰。 禮義者 U 人 之 大端也 禮以 制つ む。 義以制 禮以 守, 常 義以應 k き 

舉,, 此 二者? 而 先王 之 道。 庶乎 足- 盡., 之矣。 德者 所- -以 立,^ 己 也。 義者。 所- -以從 T 政 也 故 詩 書 鱧 

樂 足, -W 造, 士 然其敎 之 法。 詩 曰 ^誦0 書 曰, 讀 鱧 樂曰, 習。 春秋 敎以 -- 鑀樂? 冬 夏敎以 --詩 書? 假 

以 --兹 月? 隨-- 陰陽 之宜? W 長-養 之? 藏焉 Q 倏焉 G 息焉 游焉〕 自然 德立 而知 明焉〕 要 在-習 而熟 k 之リ 

久與 k 之 化-也 U 是 古之敎 法爲, 爾〕 論語 所 k 謂 博 文 約禮、 リ是 也。 先王 之 道 歸-- 於 安民? 故 孔門 之 敎必依 

於 仁? 仁 之德亦 大矣。 故又必 依,, 中庸? 所, 謂 孝弟 忠信 是也 由, 此 W 進。 庶乎 足,, 1W 馴-- 致 高明廣 

大之 域? 其說 具-於 IS 語 中庸? 學者 所; 严竭, 力 也。 雖- 千 萬 世 之 後? 學-- 聖人 之 道-者。 必以- 詩書禮 樂- 

爲-, 本業? 以 ,依3 仁 與-- 中庸-求 k- 其德? 則 亦爲, 不 k 畔-- 於 先王 孔子 之 敎-巳 _〕讀^ 書 之 道 亦不 S 高 求- 

之 性 命 之微? 而卑 求-之 事 與.^ 辭 當., .553 識 T 古文 辭.. 識-- 古言- 爲 *k 先。 苟知 3 古今 文辭之 所- 以殊? 則 

古言 可, 識 古義 可, 明 而古 聖人 之 道。 可,, 得而 言- 焉。 

井子 曰 趙 宋以來 儒者 皆 浸- -淫 乎老佛 之學? 强求, 勝, 之 而積習 所, 錮 道 無- -脫然 能 改更焉 者? 

其 至-彼此 並 論? 可 i 謂 i 亂, 道 其 稍 t; 者。 則 陽 易-一 其 言? 陰 用-一 其 意-也 於 k 是乎 不, 得, 不, 曰 三 事 

業 之外自 有-, 所 k 謂 道 者? 曰理 曰 心。 可,尾,其以,此當,,彼所:,謂玄之法.^之0仁齋伊公首--倡復古之 

學? 闢-- 之 我 東方? 其 功 亦偉矣 而潜 建- -往來 流行 之 説? 亦 未, 能, -, 割-愛 宋儒 諸家? 故不, 能-濯, 之 

洗 2^? 豈 不-, 復 可,, 惜乎 徂來 先生 有- -特- 見 乎 新? 則 曰。 道 者 先王 之 道 也。 安-天下-之 道 也 。要 P 



自_ -伏義 神 農 黄 帝? 至,, 堯舜禹 湯 文武 周 公? 作者 七 人 正 徳利 用 厚生 之 道。 於, 是乎始 具備 矣。 是: si,, 

數 千年? 更- -數千 聖人 之 心 力 知 巧? 而成 非 J 聖人 一 生 之 力 所 = 能辨, 也 故 道 者 統名也 0擧_, 禮樂政 

敎リ 凡 先王 所 k 者? 合 而命, 之 也。 非 T 離,, 禮樂 政敎? 別 有,, 所, 謂 道., 也 a 先: 土 因 „, 人 皆 有,, 相愛 相 養 相 

輔相成 之 心。 運 川營爲 之才? 立,, 是道? 而 俾,, 一天 下 後世。 由 以行, 之 各 終,, 其 性 命? 譬, 諸人 由,, 道路, 

以行 故 謂,, 之 道, 也。 孔子 非,, 作者? 而 其以, 聖 命, 之 者。 不 ,,, 翅 以,, 其德? 亦 爲,, 制作 道存, 故 也。 蓋 方,, 

孔子 之 時? 周 室 旣卑っ 先王 之 道 廢壊亦 極。 是非 清亂。 無-孔子 釐而: 止" 之。 則 先王 之 道 u 久矣」 故 千 

载之 後。 道不, 屬-, 諸 先王? 而屬 = 諸 孔子? 則 我 亦 尾 „, 其 賢_, 於 堯舜, 也 己。 先王 者。 聖人 也。 作者 也 

非,, 學而可 i 焉ひ 唯 其爲, 道 雖-, 多端 < 乎 a 而耍 PI 於 安,, 天下? 故 孔門 之敎。 仁 爲,, 至大, 者。 以 i ハ能 

擧__ 先王 之 道? 而鉢 k 之 者 仁。 仁 則 長 人 安 之德, 也。 德者得 也〕 謂-人 各 有., 所, 得-於 道, 也〕 智亦 1^ 

人 之 大德。 不, 可,, 得 而測, 焉。 不, 可-得 而學, 焉 Q 故 不,, 以 ,智 爲, 敎。 古所" 謂 智者。 知乂 也。 知, 禮 

也リ 知-先: 土 之 道, 也。 必學 道 術, 以成, 德。 而知慧 焉。 是 謂-之 致 知 格 物? 物 敎之條 件 也 Q 如- 鄕三 

物 射 五物? 是也 U 禮之 道。 其爲, 鉢 也。 蟠,, 於 天極? 極-乎 細微? 物 爲,, 之 則? 曲 爲,, 之 制? 樂即 掌,, 於 伶 

官? 君子 禮以 爲,, 専業? 樂以 養, 德。 蓋 先王 知-言語 之 不., 足,, 以敎. , 人。 故 作,, 禮 樊ー以 敎乂。 知-政 刑 

之 不., 足 = 以安, 民" 故 作,, 禮樂, 以 化, 之。 禮 樂不, 言。 不 i 識不, 知 順,, 帝 之 則? 化 也。 然禮 有,, 一 定之 

S 而 天下 之 事 無, 窮。 故 又 立, 義焉。 義者道 之 分 也 千 差 萬 ISO 各 有, 所 i 宜。 故 曰。 義者宜 也。 先 

王旣以 其 千 差 萬 別 者? 制爲, 禮" 學 者猶傳 T 其 所,, 以制, 之義? 是所 禮之義 也 a 而其以 言,! t 者" 

井上 金 蛾 經義 折衷 B 本 徂來物 氏 111 百お 十九 



曰 

. 一 

線 



折衷 畢汲 三 la 五十八 

吾ョ .llitta ヒ、 以ヒ收 ll^sffi! 者 制作 

sise 曰 作 入 之 名、 不二 學 fi 可,, 至、 

左傳 晋趙衰 曰。 詩 書 義之府 也。 禮樂德 之 則 也 

體曰 樂正崇 四 術? 立,, 四敎? 順-先王 詩 書蹐樂 _以 造, 士, い 春秋 敎 以,, 禮樂? 冬夏敎 以_, 詩 害? 

論語。 子游 曰。 君子 學 k 道。 則 愛 k 人 也〕 小人 學, 道 則 易, 使 也 孔安阈 註 曰 道 謂,, 禮樂? § れミ 

道者統 名き 化レ 

孔安國 孝經傳 曰。 道 者。 抉-持 万物? 使,, I 各 終-其 性 命-者 也〕 施-, 於 人? 則變 化 其 行? 而 之,, 正 

S 故 道 在, 身。 則言自 順。 而行自 正 事, 君 自忠。 事入乂 m 孝 與, 人 自信 應, 物 CE 治〕 一 人 

用, 之 不, 聞-, 有餘? 天下 行, 之。 不, 聞-不足? 小 1^ 焉小 得, 福。 大取 焉大得 天下 行, 之 ,0 

而 天下 服。 

論語。 子 曰。 誰 能 出不& 如。 Is^ 由, 道-也。 IIPTIJgw 建&き a- 

大學 曰。 致, 知 有^お。 

孟子 曰。 萬 物 皆 備= 於 我-也 矣。 

書 曰 以 k 禮制, 心。 以, 義制, 事。 ISJflf- . 

先王 之 道。 先王 所, 造 也。 非-天地 自然 之 道, 也。 古 之 天子。 有-, 聰明 審智 之德? 通-天地 之 道? 盡,, 萬 

物 之 性? 有, 所-制作? 之 謂, 道。 狀而 命, 之。 謂-之 文? 蓋 在, 天 曰, 文 在, 地 曰, 理。 道 之大原 出-於 

天? 古 先聖 王。 法, 天以立 * 道。 故 其爲, 狀也" 禮樂 燦然。 耍荬, 不 b_, 乎 敬 天, 者 11 是聖門 第 一 義也。 



無- 復 異論? 大抵 豪傑 一 生。 移-人 耳目? 遺風 余烈 G 數 世不. 斬。 趙宋 以下。 如- 醫卜 家書? 亦 能 言- 

性 或 有 i 王? 換, 彼改 あ。 亦不ん 化-全然 勝., 之。 至,, 我 m 方仁齋 伊藤 先生 出? 獨能斷 然以, I 程 

朱 諸家, 爲=禪 儒? 首-倡 復古 之 業? 此其所 傑,, 出 乎 千古? 而倭夏 未, 甚 有., 者 也。 唯 其 可, 惜者。 

詩 書 鄒魯。 岐 爲,, ニ途? 視,, 1 孔子 與, I 先王? 猶, 後世 儒家。 各 建,, 門戸, 以分 嘗., 町 畦 3 於, 是乎 孔子 道。 

顧自 小矣。 終 意, 以,, 王道 或 儒學, 號, 稱 斯道? 其 i ^如-訓詁 間。 字異 意: n? 不, 暇 = 枚擧? 耍, 之 草昧 

之 築。 創造 之 言。 其 有, 不:, 及。 固 其 所 已。 ? 足,, 深責 あ。 S? 推 is, 功-, 于斯? 識見 絶偷。 古 

今 無., 比焉。 

日本 祖來物 氏 

公 名 雙松。 字 茂鄕。 以, 字 行 C 姓 物 部。 氏 荻 生。 其 先 居-三 河之大 給? 實荻 生。 因氏焉 故! 5<自 

稱』 一 河 之 人? 其 父 仕- 憲廟, 得, 罪。 隨, 父 流,, 落 南總? 後 遇 k 歸 --于 東都? 至 スム始 侯 M? 郡 山 

記 室。 晚節郊 居 養, 病 英材 從,, 遠方, 來者. - 從游 如』 號 曰,, 徂來先 ま? 德廟將 引,, 尾 殿上? 賜,, 

白銀 及 時 服? 享保十 一 年 病卒。 年 六十 ニ歲。 其 門 生卓然 爲,, 一 家 之 言, 者 數人。 門徒 之 盛 。古 未, 

有-比^ 者? 

saao 求-諸事 辭 T 無- -復侘 技 T 

i 一ず 義府德 S 、歸ニ 安民-巳、 

^i^l 萬據 ||£ 制 左 at; 證,^ 道 者 i ぎ! 之 上、 

招 翁き a 先王 所レ 創、 孔子 之教、 亦歸 M 於 長 人 安民 T 

禮曰。 作者 之 謂, 聖。 

井上 金哦 經義 折衷 日本 徂來物 氏 11 一 百 五十 七 



折 衷 搴: P5 三ば 五十六 

® 標堪- 者。 ¥15t 文武 之 道而已 。於 i 乎 1 黜, 夫 難, 行 P 知 。磅磚 廣大。 不, 可-窺 測-者 3 祖-述 堯舜? 

憲,, 章 文武? 如, 身 在-堂上? 乃能辨 ,堂 下人 之 曲直 3 故 孔子 述而 不, 作。 非, 不 お。 述-- 其 可 k 者? 

何必 埃- 堯舜 文武? 然 後爲, 此 乎。 此 論語 一 窖 C 實 爲-- 最上 至極 宇 {由 第 一 書? 而 孔子 最上 至極 宇宙 第 一 

一 聖人。 所 T 以生民 以来 未- -甞 有? 而 賢-於 堯舜- 遠.. 也。 孟子 之 書。 又 亞-- 論語- 而 發-, 孔子 之 旨, 者 也 孔 

™ 子 之 to 猶-- 白日 中 T 天. - 有, 目 者 能 行 故 其 敎\0 惟吿 ^ 之 以_ 一修 爲之方 而不 爯&詳 = 解 其 義ま子 

之賠 C 猶= 暗夜 行 P 道 U 必 待- -叫燭? 故不, 得, 不-- 明 T 解其義 5 示.. 所- 嚮 方- 焉。 若 夫 欲, 觀- 孔子 之 道? 

: 而不, 由- 孟于- 者。 猶ョ 渡, 水 無-舟 楫? 豈 m,, 能濟- 乎。 程 子 云 論語 孟子 旣治 則 六經不 て 治而自 w 矣 

此實 千古 名言 也。 讀-, 語孟, 者。 其 法不, 同。 論語 專苜, 敎。 而道 在-其 中- 矣。 Ki 先知 is 味 ^ 而血 

豚 自在,, 其 中, 矣。 孟子 專苜, 道。 而敎 在-其 中- 矣0 宜__>先知.'其血厥5而意味自在=其中,矣^:道至矣0 

大矣 然不, 能, 使 3 人お-賢 塞? 其 所 人 爲,, 聖賢? 開 T 來 學.. 而 1? 大平 m 者。 皆敎之 功也。 然而 使, 

人 之 性 頑然無 k 智。 如- -雞 犬- 然 5 則 不:, 能, 使-其 敎而之 il。 惟 其 善 故其曉 k 受 不 -to 地道 之敏 

_,樹0 此性道 敎之別 也 聖人 之 道 誠 而已〕 人苟 知, 聖人 之學 以,, 實語, 明., 實坪 .5 斯 知- -16. 易者 道 

而 高遠 者 非., 道 也。 

井子 曰。 天神 氏 地 神 氏 邈矣。 夫 暢草之 貢,, 於 倭? 姑: n! 置焉" 自,, 遣 唐 之 使 聘 問不, 絕 留學受 業 

凡 從-- 事 於 斯文-者。 無, 不 T 依-古 註疏? 奉 * 漢魏諸 儒之說 5 至-, 國籾之 時? 惺窝羅 山 諸 公。 始悅 _,宋 

ii 新奇 之 言? 非-糠 洛關閬 之 喾-不 Jgo 非-坪 氣鉢川 之 說-不 * 講。 天下 之學爲 4 之 一 優。 百 有餘载 



失 道 若-大路, 然。 難, 知 哉 大路 者。 貴賤 所,, 通行, 之處 猶,, 本 II 五畿 七道 及 唐 十道宋 二十 三路? 

上 自,, 王侯, 下 至,, 於庶 人? 英, 不, I 由, 此而 行? 唯 賢者 行。 而 愚者 不, 得 a 仃。 貴 者 行 賤 者不, 

得, 行 非 K 不, 可-須臾 離, 之 道., 也 故 道 者。 人倫 當行 之路。 非,, 待, 敎 而後 有? 非,, 错揉 能然? 皆自 

然 而然。 至-, 於 四方 A 隅。 避 陬之陋 "蠻陌 之 織? 無 朱 3 自 ぎ,, 君臣 55? 失 婦ぉ弟 朋友 之 倫? 亦 無, 不^,, 

親 義別叙 信 之 道? 万世 之 上 若, 此 G 万世 之 下 亦 若, 此0 天道 盡,, 乎 陰陽 往來? 地道 盡= 乎剛柔 相濟? 人 . 

道 慮-乎 仁義 相須? 唯 是往來 5^ 行 之现。 天地 之 問0 無 3 適 不= 一 元氣? 謂-之 大極? 萬 物 在- 大極 中? 人 

在-萬 物 中? 所 3 以 最靈而 異,, 於 萬 物, 者。 以,, 1 其 性 之 善。 而 有,, 斯四端 之 心, 也。 夫 性質 不, 齊ぃ有 = 萬不 

同^ 雖, 非ミ 天下一 人 無-性 惡者? 而善, 善惡, 惡之 心。 則 無-古今 聖愚? 皆 一也。 一 則 良心. - 良心 則 

是四端 ◦ 惻隱羞 惡辭讓 是非 C 人 孰 魁 h 之 見, 其 當,, 惻隱, 者 S 則 惻隱之 心發焉 U 晃 T 其 當-羞3^, 者? 則 

羞惡之 心 ^^焉0 至, 尾,, 其 當,, 辭譲 是非, 者? 則 亦辭讓 是非 之 心. 終焉。 慷= 惻隱之 心- 而充, 之。 則 成, 仁 

也。 攒,, 羞惡之 心, 而充, 之。 則 成, 禮也。 擴_- 是非 之 心, 而充, 之) 則 成, 智也。 仁義 禮智。 謂-之 德? 能 

透-其 德於 天下? 而流行^|<?0 謂-之 道 一也 Qli 本 也。 謂 一仁 義醴智 之 端本 起-於 此- 也。 故 擴,, 我 固有 之 心? 

充:. g 成, 徳。 譬 X 之 如, 稽天之 水 起-於 濫觴? < "抱 之 木 生, 於賴 栽? 孔孟 之 示, 人。 千 言 萬 語。 皆無, 非 

此事? 人外 無, 道。 道 外 無乂。 以 X 行 一一 人道? 所,, W 易, 知 易" 行 也。 其學, 之。 目。 蓋 有」 ニ焉。 曰 性 a 

曰 道。 曰敎。 其修, 之 書。 蓋 有 J1 焉。 曰 論語。 曰 孟子。 中庸 之 書 即 論語 之 衍義。 而 孟子 之 書。 即 

論語 之義疏 也。 昔 在 孔子 旁-観 古今? 歷_- 選 群 其 造-中 康之 称? 不冚 於 人倫 日用 之 間? 而 可, 爲_- 萬 

井上 金哦 經義 折衷 R 本仁齋 伊藤 氏 H1 ぼ 五十 五 



折衷 畢 一一 I!0S 十四 

良心? 登 不,, 亦窮埋 之 謂, 乎。 

日本 仁齋 伊藤 氏 

公 名 維镇。 字源 佐。 初 名 維 貞〕 字源 吉。 姓 ^藤氏。 別 號仁齋 C 所, 居 堂 前。 有,, 海棠 一 株? 因; 5< 

號-, 棠隱? 平安 之 人。 夙 喜,, 宋儒 之說? 嗜-- 耽 性 3 後 乃 知-其 非? 首-倡 復古? 潜閉 不^。 敎,, 授 

生徒? 弟子 數百 人。 投, 刺 通 謁者。 蓋: 生,, 三千? 寶永ニ 年 a 病 卒-于 家? 年 七十 九歲 C 私認 曰,, 古 

學先 牛? 男 五 人。 長子 長 胤〕 字原藏 C 善 繼,, 家學? 博覽洽 聞。 亦 有, 過,, 其 父? 

B0O ISi 宇内 書、 孟き 一之 疏 T 

115-^ 血脈、 自 S 著 

^iw^4'0 惠據- 圭子性 端 T 以ぉ 謬 I 

W>^i3 ョ 6 人外 無レ 道、 道 外無レ 人、 易 w で 行、 

ti--. +日。 性 善。 ,lf 之 ^ た 

中庸 曰 天命 之 謂, 性。 率, 性 之 謂, 道" 絛 k 道 之 謂, 敎 

孟子 曰 惻隱之 •;>。 仁 之 端 也。 羞惡之 心 ◦ 義之端 也。 辭讓之 心。 鱧 之 端 也。 是非 之 心, - 智之端 

也 

又 曰 人 皆 有, 所, 不, 忍。 e!- 之 於 其 所.. 忍. - 仁 也。 人 皆 有, 所, 不, 爲 達,, 之 於 1=1; 所., 爲. - 義也 G 

以. M 並 is^T 性 之 善、 爲, 1 受レ! «; 之^ T 而 

接 一 一充 岡 有,' 端 一 則 仁 智之德 よ、 

書 曰 以, 禮 制つ む。 以, 義制, 事 

hcf ョ0 saNi,:.^ 二字 , ひ r5 aa-f 以 t^^TSJ 一一 fsuglfe: レ心, 無 中 淨 

孟 rr 曰 君子;.^ i-u*:^ つ 毛 ^k^-.^ 欲復初ク說ょ.見-,宋^^^&^非50、 



知之發 動爲, 意 o 意之 所, 在爲, 物 o 在 レ父即 孝。 在, 君刖忠 皆 M 一 レ不レ 出 一一 於 一 念 良知, 也。 譬,, 之 呼レ君 呼, 

父 名 稱不, 同。 而人惟 期 人- 而巳。 夫舜 之不, 吿而娶 。贵舜 之 前已 有,, 不, 吿娶 者?爲= 之 準則 S 舜得, 考,, 

之 何 典籍? 問-諸 何人? 而爲. 1. 此 邪。 抑 亦 求,, 之 其 一 念 良知? 機,, 輕重 之宜? 不, 得, 已 -rg 爲, 此 邪、」 武之 

不, 葬 而與, 師。 豈武之 前 巳 有,, 不&: 輿, 師者? 爲,, 之 準則? 故武得 T 考- 之 何 典籍? 問-諸 何人? 而爲. & 

邪。 抑 亦 求,, 之 k 、心 之 一 念 良知? 權- -輕重 之宜? 不, 得, 已_ 肘爲』 邪 。段 使舜之 心而非 k = 於爲 後。 

武 之心而 非, 誠,, 於 爲,, 救, 民 而爲, 此 則 不忠 不孝 之大者 此其 取,, 諸 一念 良知? 處,, 箭 事變, 也明矣 

心 之 鉢 性 也 性 之 原 天 也 能 盡,, 其 心ぺ斯 盡,, 其 性ぺ虛 靈不昧 衆 现具而 万事 出 燦然 悉 有。 心外 無, 理 

心外 無, 事。 故 就, -其 事, 致 = 吾心 之 良知? 而去ヨ 取 其 所- 眞 好惡? 則 知行 合 一 大人 之 事備矣 謂,, 之 致 

知 格 物-也。 後 之 人不, 務,, 一致., 其 良 S 以 精- 密 義理 於 此心威 應酬酢 之 間? 顧 欲, ー讀 i 講, 義。 懸 

論? 其 亦 遠矣。 

井子 曰。 sf 學與 -, 朱 子, 異者。 殆 希矣。 朱 子 求,, 諸理 7 王 氏 求,, 諸 心? 朱 子 求-, 諸 二? 王子 求-, 諸 一 ? 

朱 子 謂 窮-- 到 事物 之理? 致-吾心 之 知? 王 氏 謂 至-吾良 心 於 事物 之 上? 均, 之 要 皆 歸,, 於 見 性 成 佛淨智 

圓滿 之說? 其 與= 其 先王 孔子 之 道, 相 去。 遠 a 也〕 大抵 王 氏 穎悟。 非,, ,稈 朱 所-能 及? 而學問 則不, 能 

k 過-程 朱 之 半? 易- 理於 心? 變, 三 於 一? 棘,, 勝 於 專 常 間? 亦 惟材氣 所, 爲。 實 非, 有-, 大所, 見者? 其 

假- 朱 氏 晩年 之 言, 以 爲-, 定論? 雖, 欲, 使-人 肯, 信-, 其 說之是 ? 而亦可 _ -以 見, 有, 不, i 安-其 心, 耳 

惟 其 言. -窮= 一草】 木 之理。 我則不 .feoy 使 ヨ释子 爲= 孔子で 必咎, 熙之無 禮ょ則 實當矣 。而; 石 亦 有- 

井上 金哦 經義 折衷 明 陽 明 王 氏 三百 五十 111 



折衷 s-ps 三百 五十二 

? 学 曰 道 一而 已〕 Mff. 

天命 之, 謂, 性 () 率, 性 之 謂, 道 條, 道 之 謂, 敎. - 命即是 性。 性即是 道。 道 即是敎 ◦ 夫 道 者 一 而已 G 聖人 

之 心。 以 -I 天地 萬 物,? ー體? 今 見 =孺 子 之 入-井。 而 iH? 沭 m 惻隱之 心, 焉。 是其 仁之與 而爲 

1 體, 也。 見,, 禽獸 之哀鳴 5SE 解? 而必 有- 不, 忍 之 心, 焉し 是其仁 之 與_| 禽獸? 而爲- 一 體, 也.^ 尾-草木 之 

摧折? 而必 有,, 惯恤之 心, 焉。 是其仁 之與, I 草木? 而 爲,, 一 體, 也。 見 i 石 之毀壤 ?而必 有-顧 惜之 心, 焉。 

是其 仁之與 石? 而 爲,, 一 體, 也。 是其 一 體之仁 而頁心 之 知 也 G 以, 其 根-天命 之 性? 自然 整 昭不昧 5 

故 謂-之 明德? 聖人 亦不, 意 = 於 爲,, 此。 且 不,, 特聖 人爲, 然。 心 之 仁 本 如, 此 C 則 凡 天下 之 人亦必 有, 之 

不,, 特凡 天下 之 人 有, 之。 天地 亦 無- 此 良心? 不, 可, n 以爲- 天地? 故穀肉 可,, 以 養., 人 C 金石 可,, 以治, 疾。 

此其ー 氣爲, I 能 相 通, 也。 惟 凡 天下 之 人 之爲, 心 C 其始亦 非, 異, I 於 聖人? 特間 _ 一 於 有 我 之 私? 隔_| 於 物欲 

之蔽? 顧自 小, 之 耳。 聖人 有 之。 是以 推-其 天地万物 ー體之 仁? 以敎 天下? 使, 之 皆 有 „, 以克 T 其 

私, 去 T 其蔽 以 復,, 其 同然? 其敎, 之 大端。 則 堯舜禹 之 相 授受、. - 道心 惟微。 惟精 惟 一 。 允 執, _ 厥 中? 而 

其 節目。 即舜之 命, 契 所 父子 有, 親 U 君臣 有, 義。 夫婦 有, 別。 長幼 有 i 翁。 朋友 有つ 信 。唐 虞 三代 

之 世 C 惟以, 此爲, 敎。 2$ 復, I 其 心體之 同然? tl^ 皆 成,, 其 良知, 也"、」 若 夫 良知 C 即 性分 之 所-固有? 人 亦 

孰 無, 之。 以 -I 其 妙 用 一言 k 之 C 則 謂-之 氣 1 也〕 以-其 凝聚, 言 "之。 則 謂-之 精, 也。 以- 其 流行 > 言, 之" 

刖 謂-之 神, 也 心 也 C 命 也 性 也し 理也。 天與 也 鬼與, 砷也 C 其 本是唯 一 而已〕 天地 聖人 豈有 

し 一 乎。 然欲 k 致-其 良知-者。 必 有- -此 事-也。 非- -懸空 無實之 謂, 也。 心 者 爲-身 之 主? 其藍昭 者爲, 知 G 



曰 



本 



理 

編 



な 



竟以, 此 並- 1 與其 所.^ 出。 而廢 --棄 之? 不 _| 亦 謬 1 乎-" 要, 之不, 盡 "朱 子 所,, I 以爲 = 朱 子? 驟 聞-二 公痛排 

"之。 則槩乎 謂宋儒 無- 1 一 15% 是 G 此亦 3ih 發,, 一 笑 也已。 

明 陽 明 王 氏 

公 幼名 雲。 名 守 仁。 字 伯 安。 姓 王 氏。 本 出,, 瑯邪? 晉光錄 大夫覽 之裔。 後 徙,, 山陰? 又 徙,, 餘姚? 

至-公之 父 天 叙? 復徙 = 山陰 越 城 光 相坊? 公其產 也。 後 築 = 室 陽 明 洞, 居焉 G 學者稱 爲,, 陽 明 先生? 

弘治己 未 之 進. HG 歷,, 仕正德 嘉靖? 前後 三 朝〕 年 五十 七 卒。 穆宗 即位。 贈-新 建 侯? 謚- 文 成? 神 

宗万麼 十二 年。 詔 從,, 祀于 孔子 廟? 

S0O 天地万^、 本体 同惙、 

知行 合 一 、 W 心 其存 * 

nis^KWO 塞 據-ー 孟子 一良 知 之說? 借 こ ゆ 

弓撙經 庸首草 7 以 P1 心外 無二 事理 T 

? $h 曰。 人 之 所, ー不 者。 良知 也。 之 ま-、 

大學曰 ◦ 大學之 道 在, 明, - 明德? 在, 親, 民 在, 止-於 至善? 

中庸 曰。 天命 之 謂, 性。 率, 性 之 謂 脩 k 之 謂 ー§^11|||!^_ - 

孟子 曰。 萬 物 皆 備-於 我, 矣。 

中庸 曰。 不, 誠 無, 物。 ■ 

大學 曰。 ?知 在. 格. 物。 . 

中庸 曰 ◦ 其爲,物不,1«^;。 則其生,物不,測。 

井上 金哦 經義折 iKl 明 陽 明 王 氏 ,1;1G5 十一 



折衷 es- s • 三 五 t 

子 死不, 得-其 傳? 道 統絕久 o 至,, 宋 河南 程子兩 夫子 出? 得, -不傳 之學於 遺經? 繼, I 道 統於千 四百 年 之 後? 

今 之學者 亦宜ョ 知 F 其 所.. 向 志, 復初淨 欲 C 所ミ以 至,, 乎 聖人 7 而自 安,, 於柔 儒? 謂。 氣禀之 愚不, 可, 

髮0 而生知 安行 亦不レ 可- 復企 :5-7 其 所, -以 爲., 學者 亦 惟 不,? ^-, 記誦 文字 之 間 <!> 鳴 呼: S 與,, 顔 子 之學, 

め 異 e 而 差-乎 兩 夫子 之 意, 也. - 

井子 曰 仲尼歿 微言絕 <•」 七十 子 喪 大義 乖 子 思 作-中庸 ぺ 實有, 所, 爲 孟 以降 降 爲,, 懦家者 流 

性 善爲, 門。 性惡 建, 戸。 於, 是乎 一家 之 言 始分矣 漢與 以来。 諸 儒 輩出。 求-,? 經於 il 餘? 專門 

之學 訓詁 以 舉,, 大義? 馬 鄭之徒 參 互稽定 雖, 如 T 無, 有-, 所見, 者 1,^ 去, 古 未- -大 遠? 古 時 之 言 

因 可-, 復 窮-焉 a 及- 宋ニ程 朱 子 出? 以-- 豪傑 之 資絕倫 之材? 傲然 養 塊 fe 千古 ss = 無稽 之 言 

乃 云 繼-- 千 载不傳 之學? 要, -其歸 趣? 不, 及- 老佛? 遠甚矣 陽爲, 排, 之 以 爲,, 異端? 陰 實據, 之以 爲,, 

其說 所,, 由 伊 公 目 以,, 禪儒 V 物 公則 審條 -, 論 之-曰 豁然 貫通 即彼所 k 謂頓 悟。 孔曾思 孟道統 相承 C 

即彼四 七 二三 孔門 一貫。 曾 子 之 唯 C 即迦葉 微笑 天理 人欲。 即眞. go 無明 理氣即 空 假ニ諦 

編 \ 天道 入道 即 法身 應身 聖賢 即如來 菩薩 C 十一 ー會元 即成 住壤空 持敬即 坐. 禪。 知行 即解行 C 呼 

^ 不- -亦偷 快-乎 雖, 然乎 余所,, 以不- 取,, 程 朱, 者 特惡 U- 其說 所-, 由 起, 耳 C 如,, 朱 子 之學之 博? 至,, 骚 

賦 詩文-皆 有- 發揚? 豈 不-- 畏敬-乎。 後 ly 性理- 者。 徒 誦,, 習 其說? 不, 知, 求-, 之 古? 掩-- 其 無 聞, 則 

曰 玩物喪 志。 愧-- 其 陋辭? 則曰辭 達而 巳矣。 論-其 施爲? 則 曰 窮理居 敬 C 實 無お, 用。 不, 如,, 

山林 獨善者 之 行? 遂至 k 使-人 曰 H 儒者 爲- 一世 之 長物? 可, 嘆息, 焉 C 資享 以來。 ^議_ 一 性^, 者 



曰 



本 



理 

編 



固有 之智之 端緒 尾,, 乎 情, 者 也 人 無, 不, 有,, 四 端 之 情? 則 亦 無, 不„, 固-有 五常 之 性? 惟 所,, 以 統,, 之 者 

爲 i 私心 蔽斷 遮隔? 不 擴, I 期 心, 而充ぉ 之、 则不, 能 3 明瑩復 = 其 初, 也。 若 欲, 求,' 所 _= 以復 _,其 初, 

之 方::! 宜., 先 鞋,, 記誦 詞章 俗儒 之 習? 而尋 „SI 賢 傳授之 心 法 道統之 緒? 原, 之 二 程 周 子 之說. t 焉 Q 凡學者 

學 -_1 身 至-聖人, 也。 自-灑 掃 應對進 返? 可 以至 i 人, 也 C 故 古 之 時。 學,, 灑 掃應對 進退 之 節。 禮樂射 御 書 

數之文 於 小學? 學,, 窮理正 心 修已治 人 之 道 於 大學? 禮所, 謂 王 太子 王子 群 后 之 大子卿 大夫元 子 之 適 子 

國之俊 選 皆 造焉し 此其 所, 以 敎,, 大人 小 子, 節目 次 叙 燦然 備具, 也 G 其學, 之 者 C 則 曰 居 敬。 曰窮 ilo 蓋 

吾心 之 靈。 無, 不, 有, 知 而 天下 之 物。 無, 不, 有, 理。 惟 於, 理有, 未, 窮。 故 其 知 有, 不, 盡也 。及, 窮而 

求^-其 極? 一旦 豁然 貫通., 則 一草 一木 之理 。無お, 不, 盡 。故 曰。 一物 不, 知。 儒 SSI 恥 也。 敬者リ 

主 一 無 適 之 謂 自處以 i 敬。 中 有, +ho 而 自治 嚴 道 者。 事物 當行 之理。 如 其 道 鉢? 則渾然 一 翻 鵞 

飛魚 躍。 上下 昭著。 無, 非,, 道 鉢 之 用? 心 之 全德。 無, 非,, 天理? 而易, 爲, I 人欲 壤? 故爲 i 仁者。 必有ョ 

以勝 T 私欲., 而復, 1 本性? 則 事 皆 天理 而 本心 之 德0復 全,, 於 我, 矣 大抵 人 皆 爲,, 氣禀 所, 拘。 不, 能, 全- 1 

其 初? 至 =學 問 之 功 日 精 累" 克, 己復 "禮0 則 人欲 淨盡 C 一 疵不, 存。 天理 流行 而 仁不, 可-勝 用? 

其功旣 至,, 于此? 則 事事物物 當行之 a^c 亦自 全,, 於 我? 然後 用捨 無, 與,, 於 己? 行藏 { 女,, 於 所, 遇 。命不 k 

i 道 也。 觀 T 孔子 對, 一 哀公 I 以-顔 淵, 爲も 好, 學。 非,, 詩 書 六 藤 之學? 然則其 所, 學者架 何學。 學至, I 乎; t 人, 

之學。 唯 其 未 k= 乎 聖人-者 有.^ 寸 乏與, 化, 之異 W 未 &,, 一 間, 者 也。 故稱 爲,, es? 聖旣殁 唯 

曾 子獨得 I 聞- 一 贯之 旨? 一 唯 竭靈。 無,, 復 餘蘊? 至-曾 子 1$ 傳? 得-孔子 之 孫子 思? 子 思傳, I 之 子? 孟 

井上 金哦 經義折 ^9- 宋晦庵 朱 氏 三百 四十 九 



曰 

份 

理 







折衷 さ S 三百 四十 八 

杳淸凉 國師華 嚴經琉 序 曰 體用 一 源 顯微無 間 

余 列-, 諸家 言? 略舉1^所=引據,經15 以 見-大意? 朱 子之說 其 所-, 根 由? 亦 特居, 多矣 。夫 易之 

爲, 書 本- -于 陰陽? 故 物 皆 析爲, 兩 曰貞 曰悔 曰奇 曰 偶 可- 以見, 焉 朱 子 尊,, 信 程 子? 

而程 子之學 淵-源 邵子? 故 言, 理 亦 析爲, 兩 曰 天理 曰 人欲 曰 人心 曰 道心 曰未發 

曰已發 皆 復初之 所-由 自. '程 子 公然 用 -此 語? 序,其所レ箸县傳^;後之學者0以,此爲_,解^曰 

之 法? 殊不, 知佛家 固當, 有- 貳諦? 而 無, 用-於 聖人 之 道, 也 夫 孟子 以来 .0 儒者 如, 此其多 朱 

子 則 置 而不, 取 C 輙發, 千古 人 未 -甞 言及, 之 論 S 惟 恐 人 之不, 肯, 信 務 多-其 言? 率 合附會 强 

取,, 證於 古? 後 之 絛,, 宋史, 者 。別 收,, 之 道學 博? 茛有, 以夫 。觀 者宜レ 知,, 一 其 所, 據亦 未,, 必然, 耶。 

有-太^, 而 陰陽 判。 有-陰陽, 而 五行 具。 禀= 陰陽 五行 之氣, 以生 C 刖太 極之理 C 各 具,, 於 其 中, 矣 C 天 所 

, 賦爲, 命 。人 受爲, 性。 威ーー 於 物, 爲, 情。 ,一 性情, 爲っ C -。 根-於 性, 則爲, I 仁義 禮智 之德? !? 於 情, 

M 爲-- 惻隱羞 惡辭讓 是非 之 端? 形-於 身 I 則 爲_- 手足 耳目 口 鼻 之 E? 見-於 事, 则爲 _| 君臣 父子 夫婦 兄弟 朋 

友 之 常? 人 有,, 此理, 必 有,, 斯性? 旣 有,, 斯性, 必 有,, 斯 情?旣 有-欺 情, 必 有,, 期 心 や 能统, 之 者。 謂, 一之 明德, 

也 明德者 虛 猩不昧 o,u 具,; 衆理? 而應 萬 事? 人人 之 所, 得-於 天? 孰 亦 無, 之 所 k 謂 天理 也。 本然 之 

性 也 公也。 鉢 也 唯 至 T 於 其 目 稱,, 於 色? 耳 淫= 於聲? 心 惑, 於 利 5 則 七 情蕩。 而 本心 之德 亡 矣 所 

謂 人欲 也。 氣質之 性 也。 私 也。 用 也。 夫 惻隱之 心。 吾 性 固有 之 仁 之 端緒 見,, 乎 情, 者 也 羞惡 之心リ 

吾 性向 有 之義之 端緒 尾-乎 情, 者 也 辭讓之 心 吾 性 固有 之醴之 端緒 尾 = 乎 情, 者 也。 是非 之 心 吾 性 



論語。 子 曰。 參乎。 吾 道 一 パ之。 曾 子 曰 。唯。 錢 1 之 相 作"" 

唐 韓愈曰 C 堯以, 是 傅-之 舜? 舜以, 是 傅-之 禹? 禹以; y 傅-之 i;!? 湯以, 是傳 之 文武 周 公? 文武 

周 公 傳= 之 孔子? 孔子 傅-之 孟轲? 轲之 死不, 得-其 傳- 焉。 lis- 

易 曰 窮, 理盡, 性 以 至-於 命? 

大學 曰。 致』 在, 格レ 物。 

孟子 曰。 萬 物 皆 備,, 於 我 ー矣。 き 

孟子 曰。 大人 者。 不. 失,, 其 赤子 之 心-者 也。 § 纖 f 由よ 

論語。 子 曰。 克芑復 齑爲在。 llf 居 之 敬 所之レ 2; 

ヌ。 仲 弓 曰。 居, 敬而行 ^簡0 以 臨-其 民? 

又。 子 曰。 出, 門 如, 見- 大賓? 使 k 如^-大祭? 

論語 子 謂 ^韶0 盡, 美矣 又盡, 善 也 謂 ko 盡, 美矣 未, 盡, 善 也 

孟子 曰。 堯舜 性, 之 也。 湯武 身, 之 也。 五 穎 假, 之 也。 久假 而不, 歸。 惡 知-其 非 有 也。 IMglMS;- 

論語。 子 曰。 聖人 吾 不= 得而 見.. 之矣。 得, 見-君子 者? 斯 可矣〕 善人 吾 不-- 得 而晃. ^之 矣。 得, 見- 

有』 者? 期 可, 

附據 

井上 金 蛾 經義 折衷 宋晦庵 朱 氏 三 W 四十 七 



衷折學 K 三百 B 十六 

公 名 II<:io 字元晦 C 1 字仲晦 姓 朱 子 本 出,, 徽州 娶源縣 < 世 居-紫 陽 山 下? 徽州 屬,, 江柬? 晉時 爲,, 

新 安? 故 自稱- 新 安之 人? 紹興 戊辰 進士 父 松 因, 仕 入, 閩 至, 公始遷 萬-建 陽崇 安縣? 後作-, 晦 

港 於 盧峰之 雲 谷? 自號 --雲 谷 老人? 亦 曰- -晦 庵? 因 稱=晦 翁? 晚 年定- -居于 考亭? 初學, 禪 後師 -, 

t 李延 平? 倡-其 理 氣說? 海內 靡然嚮 ,風0 時 至, 目 以-- 僞學? 禁, 錮其黨 g 身 歷-- 四 朝? 前後 五十; so 

B 一 慶元六 年病卒 年 七十 一 歲 開 篇中累 贈 賜, 護 曰, 文 寶慶 三年 確,, 大師? 追,, 封信國 公? 紹定三 

木 一 年 改-- 封徽國 公? 淳祐 元年 從-, 祀 學宫? 

メ 000 入 砍淨盡 明 德日新 

一 天理 流行 乃至, 一聖 人? 

倫 i 專 立下復 初淨 欲つ 學而 至-一聖 入-之 說" 

一 p^$±^s 借 I 一易 尙書 y £5 證, 一体 用 一 之 «fy 

理 一 論語 子 在-川上-曰 C 逝 者 如, 斯夫 不, 捨- -晝 夜? ^0 

S 中庸 曰 C 詩 云。 驚 飛 1? 天。 魚 躍,, 于淵? 言,, 其 上下 察, 也。 ,銭 一 

一 禮曰 C 人生 而靜。 天 之 性 也 C 威,, 於 物, 而動 性 之 欲 也。 

. 易 曰 形而上 者 謂-之 道? 形而下 者 C 謂-, 之 器? 

中庸 曰 喜 怒 哀樂之 未. 發 謂,, 之 中? 發而皆 中. 節。 謂-, 之 和? 

謗 語 孔子 曰 性 相 近 也 習 相 遠 也 

孔子 曰 C 性 善 ^-か 本ー然 

書 曰 人心 惟危。 道心 惟徵。 惟精 惟 一 允 執,, 厥 中 cp IP 天お^ 人お 欲 



金峨 先生 經義 折衷 

. 門人 原 公 逸 冲臧甫 校訂 

i 余毎不 K 貴-蒙 士, 以, 經義? 但從 = 訓詁 >解_ -釋其 大意 一 耳。 蓋 使" 之誦, 詩讀, 史。 欲,, 1暢= 舒其材 織-也。 

日 \ 而 亦太惡 T 世 儒 浮 靡 徒 事,, 末 伎, 以, 此 干-大人? 高 門 縣簿之 家。 無, 不_| 奔走, 者 5 夫 道 者 安 _| 

本 一 天下-之 道 也。 豈 儒家 者 流 之 私有 乎。 昔 說-, 性理, 者。 以, 此爲 - 私有? 而猶 知, 有, 道。 今 排= 性理, 者。 

一 以, 此 爲,, 公 物? 而不, ,有, 道。 不,, 亦悲, 乎 C 此豈物 公之 罪 乎。 奉,, 物 公, 者 之 罪 也。 有 = 一 童 千? 問." 

に S 

倫 \ 古今 學術 之變。 立言 之異? 余 略 先 以,, 趙 宋以來 豪傑 之士。 所- 以建" 家 之 意? 陸 王 出-於 程 朱? 物 氏 出,, 

\ 於 伊藤 氏? 而陸王 異- 乎 程 朱, 者 十 之 一 而物氏 之 於-伊藤 氏, 大異小 同 G 其 立言 之 本意 G 亦不 --菅 霄壌? 

一 故 陸 王不, 足-並 論? 而物 氏不, 可 朱, 列 也。 其特赛 载,, 王 氏, 者 C 我國儒 先。 有, 從,, 事 于斯, 者 i,, 人 

M 一 耳目, 之久 也。 童子 輩讀& 編? 苟有丑 i。 必 知,, 古人 不., 易 k。 知 _| 古人 不 fe:, 及。 然後又 知 3 古人 

編 \ 可,, 能 及, 焉。 鳴 t- 學者學 ,- 先王 之 道, 也 施-之 行事? 親切 著明。 豈欺, 我 乎。 大抵 世 儒 柔懦之 習 a 憚, 

^ 於 立, 志 C 是以 終身 不, 能 X 成。 遂至 ^與- 弄臣, 伍。 供,, 王 候 之觀? 自 以爲, 榮 U 因以 嚇., 人。 豈不 _1 可, 愧 

之甚, 乎。 旦 瓠堅而 Mr 發 何 所レ用 之 有 請 勿, 爲, ー屈穀 所, 棄焉 3 寶曆十 有 四年歲 在- E. 申 二 一 月旣望 

金 蛾 山人 井 純卿識 一: 于考盤 堂 中? 

宋晦庵 朱 氏 

井上 金峨 經^ 折 iS5 宋晦鹿 朱 氏 三百 四十 五 



折衷學 添 三百 四 t 四 

成。 ^附 S 其 生 半 言, -此 意-者。 雜文區 首、 > 錄 而爲, 冊。 逸也 將, 俾 B 此篛爲 3士 = 師於 千古-也 



經義 折衷 序 終 



仲 尼 曰 o 述 而不, 作。 翩述 憲章 俾 „ 千載 之 下 録レ此 以行 = 其 爲-道 也 曰禮 曰 築 曰 仁 曰義 十 

姓 百 名 丘 里 之 言 也 故稱, 道 無, 道 而 道存, 于, 斯矣 仲尼歿 天下 何甸々 也 楊 墨 流 苟之言 亦 

古 之 敎有在 於, 是唯以 --其 儁 傑之資 命 世 之材。 救 時 之 急? 立 J 一一 n 1 差 遂 致,, 千 言 之紛? 莊周 所, 謂 

道 爲- 天下, 裂 豈不, 然乎 漢儒專 求,, 之 訓詁? 惟 恐,, 其義之 失, 耳 降 至,, 趙宋 7 諸 老輩 出 程 朱 陸 王 

各 有, 所, 待。 或 論 性理 乎-四 術 之 外? 或 求 a 良知 乎,, 三代 之 古? 其 皋舛鼓 其 言不. ^中 施 及-我 東方 

藤 林 諸子? 亦 皆從- -事于 新? 而後 天下 靡 然镄, 風 靡, 不„:!!:= 沒乎理 氣體用 之說, 焉 近世 1^ 安仁 齋 先生.^ 

首-倡 復古 之 業? 靜園氏 繼起。 一 洗,, 宋 儒之陋 ^ 然後乃 今 先王 之 道 仲 尼之敎 復 明- 于我 東方 雖レ非 

レ莫 --可 ^者-乎 而其功 亦 偉 矣哉。 夫 自,, 漢魏, 以下。 有 SP 三尺 2 ハ經- 者 Q 不- 啻數十 家? 則 駢-, 枝 

乎 期 道? 遂使 3 後 死者 額-冥 其 間, 焉 其 是非 相替 或强勝 k 人 或 尤而效 k 之 辟 如,, 走者 以,, 五十^, 

而 笑, 百步 3 其 劇 者 膜, 日 而勃雞 若 朱 陸 二 公 非 邪 君子 益鄞焉 彼 所, 謂可而 有, 否焉 我 言,, 其 否, 

以 成-其 可? ^所, 謂否而 有, 可 我 首-, 其 可, 以 去,, 其 否? 古 之 道 也 金 蛾 先生 甞爲, 人 解,, 諸 儒 之紛? 

無, 偏 無, 黨 C 必 折-, 哀諸 古? 抑揚 之 間 其 義明整 所,, 關係 V 亦不, 爲, §1 也 逸 請錄, 之 先生 曰 止 

矣 焉 以,, 區區 者, 爲。 逸 請 而不, 已 曰 苟 有し 11 = 於吾黨 區區亦 何 患 之 有。 乃俾 3 逸 叙,, 列 其 言? 以 

井上 金哦 經義 折衷 序 111 百 四十 一二 



折衷 ま 三 ffBf 二 

統 後編 跋 

歴代 學者。 俱 折,, 中 孔子? 而取 舍不, 同 C 皆自 謂,, 具 孔子 之 道? 亦不, 思也已 U 試 質,, 之 孔子? 皆不 kF^,, 

北 i 辕 之.. 楚" 吾 兼 山 先生 傷, 之。 欲 進 知-孔門 學路? 多お, -論 著? 又 二三 子 著 = 垂統之 書? 

前編 旣 布, 世 (、 而 擯斥 者 十儿〕 譬, 之 人生 而未 ョ甞賭 = 大牢? 唯 寂 藿是甘 也. - 彼 自以爲 至 足 在, 此 C 俄而 

傲然 有 T 持, I 大牢, 至 者 3 則瞌然 親, 之 曰。 此何怪 也。 遺棄 不, 甞。 其 何以異 i 之 Q 今; 5<使, 滕子文 及 不^ 

長壽 著-接 編? 以繼.^前書2 亦以 布, 世。 其果 有-能 S? 之 者-乎 否。 耍 在-, 深味" 之已。 

己 亥 秋 七月 葛 長 壽謹識 



水が 岩石に 觸るゝ か、 又は 風 にても 無れば、 波 は 立ぬ 者な. 0.0 常に は 水は靜 かなる 者 なれば、 かた 

以て 波に と 云 ふて はすまぬ さなり と 知るべし 下に 北播爲 一一 九 河-と ある 播の字 も 、乙の 餘 波の 波 

と 同義に て、 降水が 播 散し 分れて 九の 河と なる を 云 ふ。 齊闇王 策に、 客の 靖郭 君に 言へ る詞 に、 君 

i 不, 間 一 一大 魚, 乎。 網不, 能. ±。 鉤不, 能 i 牽。 蕩而 失, 水,、 則 螻蟻得 i 焉。 と ある 蕩は、 播蕩 の義な 

日 一 り G 司 馬が 波 臣を波 蕩之臣 と 注し. る は、 即ち 此 意な. cso 劉 向新 序の 雜事 ニ篇 にも、 此事 をのせ て、 

本 i 蕩を 碌に 作る 是れ亦 音 を 以て 同 W したる 者な ft.o 以上の 例 を 以て 觀 るに、 左傳の 波及 を播の 誤字 

\ と M し は、 今 思へば 非き な. 9-- 但だ波 讀爲. 播。 古字 通用と 言 ふべ か. 9 し、 とな..^。 鍾 はの 波浪の 

倫 ^ 波 とても、 をの 義は 本と ちらばる 意お 以て 名け たる 者な, ^0 林 希 逸が 波臣猶 k 曰 一一 水官 一也と 注した る 

M ^ は、 案じ 付き は 善れ ども、 をの 實は妄 と 言ぶべし 子の 榮辱篇 に、 倏缽者 。俘 陽 之 魚 也。 肤_ 一 於 沙- 

" 而思, 水。 则無, 逮矣。 これ 亦 波蕩の 魚の さ,^ 云 へ. 90 i-t5 法の 字の 訛 な, 楊1^§が胜を袪と同じ 

^ と 注した る は、 語義 を 成さ. „ 'るるな. 



山 子, 統 後編 下 終 

片 S 兼 山 山 子壅統 後編 下 :ulffBTJ»l 



日 i 

本 



理 

編 



折衷 學 » 三百 四 卞 

ば鄭玄の波|^の波を讀て播と作すも?*^"きな6、 古 字 通ず と あて 可き なり 。字書 等に も、 播の音 を 波 6^ 

去聲と 注して 有れば、 古へ 播と 波と は 音お 以て 通用せ し. i 明かな ft^o 左 傅の 襄ニ 十五 年に、 子產云 C 

夏 氏 之亂。 成 公 播蕩。 又 我 之 由 入 C 君 所 k 知 也。 杜 注。 播蕩" 流 移 失 又昭 二十 六 年の 王子 朝が 

諸侯に 吿る詞 に、 不穀 震盪 播 越、」 直-在 荆蠻? 滠は蕩 と 通用す 是れ播 蕩の字 を分坼 して 用 ひたる 者 

なり。 西 京 賦に河 渭爲, 之 波 量" 吳 嶽爲, 之 陁堵" 薛綜 注に 波 盪搖勸 也 と ある も、 ロ尺詞 にて、 波 

の 字の 義は、 乙れ にて は盡 きざれ ども、 害な き 注なら と 云 ふ-べし C 史 記の 司 馬 相 如が 傅の 上林賦 に、 

山陵 爲, 之 震動 C 川 谷爲, 之蕩 波と ある は、 西京賦 の波盪 と; じる にて、 西 京 賦も上 林 賦に据 ゥて云 

る 者な ftNO 然るに 漢書の 師 古が 注、 文選の 李 善が 注に、 波浪 起 也と 解し <^ る は、 笑 ふべき るな. 莊 

子の 天道 簾に、 靜 而與, 陰 同, 德リ 動 而與, 陽 波 と ある 波 も、 此の 波盪の 波に て、 波浪の 波に は 

非ず と 知るべし、 昭 三十 年に、 子 西 云 將焉 用自播 揚焉。 と ある を、 杜注播 揚猶, ー勞勸 |也0 と 云へ 

る も、 ロ尺詞 な. 9 と 知るべし 書の 大誥篇 に、 予惟以 一一 爾庶 邦? 于 伐,, 般逋 播臣? 播臣は 即ち 波臣な 

Ave 速の 字 を 添れば、 殷 入の 周 家の 臣 となる を 嫌 ふて 逋 逃せる ふになる な. 50 然れ ども 播の字 はや 

はら 流浪の 義な ら0 禹 貢に j^, 一 弱 水, 至 一一 于合 黎? 餘波 入, ー于 流沙? と ある 餘 波の 波 も、 播と 同じる に 

て、 波 Im の 波に は あらず。 餘 波と は、 弱 水の 正 流が 合黎に 入. 9 て も、 ム、 の餘 分の 播溢 せる 水が 流沙 

に 入る と 云 ふ £J なう。 波浪の 波に 晃て はき こ へ ぬ さな. OV" もの 故 は、 餘 分の 水の さなら ば、 餘 流と 

か餘派とか云ふべき箬のふなft^o 水 あ. 9 ての 上の 波の さなれば、 波と 云 ふて はすまぬ ふな ftNO 且 へ 



曰 



本 



理 





謂, 一之 抨? 坪 局 也 これらの 諸 文を詳 かに * はレ、 博に 投と云 ふ は 定ま. A- たる 詞 にて、 投は投 の壤字 

*5 る さ、 自ら 分るべきな. 90 投 は投擊 にて、 今國 俗の 博 をう ゥと 云ふ詞 も、 此の 投擊 の擊 なれば、 

投 はばく ち をう つと 云 ふ/な 60 投は 投合の 意に て、 その 間 はず を 合せて、 丁 どの 處へ投 ち 込む と 

なり。 をれ ゆ ゑ 投の字 は 間 はず を 能く 見て、 その 鬮に 中る を 云 ふなり。 長 楊賦 に, 歌投, 頌 吹 合, 

雅。 解 嘲に、 欲, 行者。 擬, 足 而投, 迹。 の投 などに て、 其義 見つべし。 王欽 若が 寇 準を眞 宗に讒 する 

詞に 曰く、 陛下 聞, 博 乎。 博 者輸, 錢欲, 盡。 乃 罄,, 所有, 出, 之。 謂-之 孤 注? 陛下 寇準之 孤 注 也 斯亦 

危矣。 お SsS? 細,、 の是 S3 州の 役に、 寇 mi ポを勸 めて 河 を 渡らし め、 契 丹と 替約 せし. i を 指して 

言へ るな. OC 注 は 即も莊 子の 注に て、 投の義 な. 9、〕 孤 注 は眞宗 を つき出し 物にした ると 云 ふに 喩へ 

たる詞な.<^0 树又投 の 注と なりたる は、 音の ずる を 以てな り 饉 頭. まん ぢ うと 云 ひ 偷盜偷 閑 

をち うとう ちう かん と 云へ るな ど、 華 音の 她り たるに て は 有れ VJ«P、 ちとて ととと は 華 音 和音 

ともに 通ず る 故の Hi.<>o 都圖 徒の 頼、 又 長 條麵 |§ 篠; など 兌つべし。 

波 臣 

莊 子の 外物 篇に、 車 轍 中の 鮒 魚の 莊 周に 對 へし 詞に、 我 琅海之 波臣也 と 云へ る 語 あ 此の 波 は 

左傳の 波及の 波と 固 じさに て、 播の義 なり。 波浪の 波に て は她! きな 乡 波 臣とは 琉浪の 臣と云 ふさ 

な 故に 釋 文に 司 馬 云。 謂-波 蕩 之臣? と 云へ, 波蕩は 即ち 播蕩 なり OJ^^g ほ 周 禮職方 氏の 豫州 

に、 其浸波^_^0 ^注。 波 籠爲, 播。 SH-ao 泶播旣 都。 今の 孔 傅の 禹 貢に は、 泶波旣 猪に 作る 然れ 

dt 山 兼 出 ^子 垂統 後編 下 lllw 三十 九 



折衷 學 三百 三十 八 

切 同, 注 呂氏奢 秋 引, ー莊 子? 云云.^ 按莊子 本 作, 注。 これ 字書 を 作る 者、 深く 思 はずして、 加 樣の誤 ; 

字 を收め 入れ、 杜撰の 注 をな し • 後 學を惑 はすな. 90 此の 字呂氏 春秋に なき を 以て 觀 るに、 高 M 

が 注 を 作りし 時まで は、 未だ 誤らざる と兒 へた. 90 若し高誘が時に^^に作りて有らば、 至ての 奇字ー 

\ なれば、 決して 注なくて 叶 はぬ となり 此 等の 事 にても、 殺は譌 宇た る 分る、 HJ な. 此の 語 を 一 

日 今の 莊 子の 達 生篇に は、 以, 瓦 注 者 巧。 以 i 鉤注者 憚。 以-- 黄金-注 者 瑁。 に 作る。 釋 文に 注 之 樹反。 . 

feH-lvp 、、の 李が 註に、 eji^^sHis すろ.^ 晃 る-し、 投 at の 意と 作した ろ 者な リ、 注の、 otea-^te^ci、:^ € 區ー 

卞.: ^5 fc^ 字の本儀には、 擎の意はなけれは、注,$-投の字と作して解したろ,&明かなり、 タ子の黄弗着-は !^レ^^&ー 

者 巧- 以 A 銷樞者 憚。 以- 一黄 金 ー樞者 f5。 に 作る C 此の 樞は 提と訓 すれば、 投 提の義 にて、 や は 6 投とー 

倫 同じ 意になる なり 字書 を 按ずる に、 摇は毆 と „p 通じて、 捶, I 擊物, 也。 と あれば、 樞は投 颦と訓 しし 

理 て 可き なり 然るに 張 注に、 風土記の 藏!^ の戯 のさ、 三秦 記の 鉤弋 夫人の さ を 引て、 握 を 探 取の 養 

一 となす さ、 牽強の 至. にして、 妄說と 云 ふべ し。 淮南 子の 說林訓 に は、 以 isil^ 者 全 C 以 k 金&者 嫁 一 

一 以 iJJS! 者發。 に 作る 。注に £<p。 提 馬。 維 家 P 之 投翩? iss^stKf の 注 兩 1J!f.!§g:f ほ、 此の 注に 丄 

て、 提投 姓の 同義なる も 能く 分る、 な. 9C ^は 即ち 注に て、 音 を假 りて 通用した る 者なら。 列 子の 一 

說符篇 に、 虞 氏 者 C 梁 之 富 人 也 C 登-高 樓? 臨,, 大路? 設, 樂陳, 酒。 擊, I 博 樓上? 俠客相 隨而行 Q 樓上ー 

博 者 射。 明 環 張 中。 反 _|兩*.^ 魚, 而 笑。 云云。 張 注 凡戲 爭能 取, 中 皆 曰, 射。 亦 曰 ,投0 史 記の 祭」 

澤傳 に、 蔡 澤が范 雌に 說 ける 詞に、 君 獨不, 齪_| 夫 博 者 _乎。 或 欲- 1 大投? 或 欲, 分, 功 a 此皆君 之 所-明」 

知, 也 注 班 固 卖指曰 C 博 縣,, 於投? 不,, 必 在,. 行 e 駒 ISC 投っ投 k 澄 也。 索隱曰 Q 方言 云。 所,, 以投, 博 上 



曰 



本 



截 

編 



覺れ た. 90 漢以來 の傳注 家、 幷 せて 諸の 字書の 信じが たき, i 、かくの 如し。 して 宋明 及び 我が 邦の 

諸 儒の 說を や。 眞に古 を 好む の學者 は、 先 づ加樣 の 解 を 悟りて、 直ちに 洙泗の 流れ を 汲むべき とな 

ら。 字書に 商 を亦奭 にも 作る。 〇 呂氏寒 秋の 應言篇 に、 魏令 T 孟邛 割-一 絳! i 安邑之 地, 以與 * 秦王 5 Z 

の錢 は、 戰國 策の 文に 依る に、 箱 ^,は 汾の 字の 靈の 亂れて 誤りた るか、 又は 汾の 古字なる べし。 然 

るに 字典に 錢の字 を 出して 云 ふ、 字: SM 稱。 音 未, 詳。 地名 呂氏 春秋 魏 令孟邛 云云と ある は、 深く 

者へ ざるの 過ちな- >c 秦昭襄 王 策に、 智伯出 行, 水〕 韓康子 御 魏梪 子驟乘 智伯曰 0始 吾不, 知., 水 

之 可. fc,, 人 之國, 也。 乃 今 知, 之。 汾 水利,, ,以 灌,, 安邑? 絳 水利 _=以 濯-平 陽? 云云。 注安邑 魏植 子邑。 

平 陽韓康 子邑。 乙の 文 を 以て 觀 るに、 錢は 即ち 汾 なる HJ、 明かに して 疑 ふべき るに あらず。 漢書の 

地理 志 上 を 者る に、 錄水 は河柬 郡に 屬し、 纷水は 太 原 郡に 屬し、 安 邑平陽 共に 河 東 郡に 属して、 を 

の 地相 隣れ. CVO 孟^ は 即ち 芒 卯な り 卬^ 作る は 字の 誤りな 韓非 子の 說林上 及び 顯學 の篇、 と 

もに 孟 卯に 作る、 是 なり C 史記 S 秦本紀 に、 昭襄王 三十 三年に、 客 卿 傷 攻,, 魏卷蔡 陽 長 社, 取 ^0 擊- 

芒 卯 華 陽 一 破, 之, し 斬首 十五 萬 魏 入,, 南 陽, 以和 索隱曰 芒 卯魏將 譜周云 孟卯也 この 南 陽の 

地 を 入る、 と 云へ る は、 即ち 綠錢 安邑を 割く の 事なる べし。 芒と 孟とは 音 同じき ゆ ゑ、 通用す るな 

AVO 故に 孟卯 とも 云 ひ、 芒 卯と も 云へ り, - 〇 又 去尤篇 に、 莊子 曰. - 以,1^^殺者翔0 以, 鉤 殺者戰 以, 一 

黄金 I 殺 者殆。 この 殺 は投の 字の 訛.. -な. 然るに 此の 莊 子の 語 は、 諸 書に 5_?载 て、 異同 ある ゆ ゑ、 

古 來の人 も 疑 ふて 改正し 得ぬな り0 それ ゆ ゑ 字典な どに も、 この 字 を 載て 曰く、 殺 字彙铺 朱 遇 

片山兼 山 山 子墾統 接 編 下 三百 三十 七 



曰 



本 一 

だ 

倫; - 

ゾ 

现ー 

彙ー 

編 一 



折衷 I* 三 百 三十 六 

二字に 分け、 血に 從 ふが 是 にして、 皿に 從ふは 非な. 5 など 云 ふて、 杜撰の 辩を 費す と、 醜むべき の 

甚 しきな. 00 字 彙には 皿 分たず、 同字と せり 字書の 區 にして 信じが たき さ、 角の 如し、」 〇 書 

の 酒誥篇 に、 用, 燕 喪-威儀? 民 罔, 不 潇傷 1^ 心 この 薷の 字气此 よ. '外に 他 普に は 無き 文 宇な り 。是 

れは の 字の 古字 か、 或は 盡の 字の 誤 訛して、 畫 の亂れ たるなる べし。 何にもせ よ、 此は盡 の 字の 義に 

して 見る が、 むつ かしくな く 直にき こ へ て 可な り C 然るに 釋 文に、 遭 許 力 反な ど、、 よい かげんに 

音 を 注し. AJ、 杜撰と 言 ふべ し 字書に も 魔に 作りて、 血に 從ふを 正字と し、 皿に 從ふを 非と し、 或 

は衋 に- P 作. 9、 衋に 作る は 俗字な りな ど 言へ. 5C 甚 しくして は、 六書 正譌 に、 人 痛 傷。 則 血枯。 會 

意。 などる、 妄に 字義まで を 撰り 是れ傷心の字に依りて妄作せし,^.、 昭昭 乎と して 明かな り。 孔 

傳孔疏 にさへ、 幾の 字の 義は 注し 得ず。 伍 形容 文字に して 捨て置き ある を、 正 譌に加 樣に義 を 造る 

i 妄の 至りと 云ぶべし。 古へ 専門の 學の時 は、 尙書も その 傳 へし 家家に 依 ゥ て、 字 も 異同 ある さ 

なれば、 盡に 》 "養に も衋 にも 作ら、 血に 從ひ 皿に も從 ひたる さなるべし () それ を 世よ. 9 何れ を是、 

何れ を 非と 定 むる は、 妄な. ft- と 言 ふべ し。 且へ寶 を盡の 字に して 見る 上 は、, 右の 辨も 入らぬ. i にな 

るな. 再び 按ずる に、 憲は假 ひ盡の 字の, 誤 6 にて 無き も、 决 して 何ぞの 字の 誤. な ftNO 然 らば 字 

體-p 知らぬ ものに、 何 ゆ ゑ 陸 德明は 許 力 反の 音 を 注しけ る や 萬 一 魔の 字の 體奭の 字に 似た る ゆ ゑ、 

商の 字の 音 を 持て 來て、 違の 字に 音せ しに は 非ず やと 意って、 小雅釆#3の詩„:^、路車有,^:。 瞻彼 !5S 

矣の 詩の、 辣赣 有, 爽 C の釋文 を檢 せし ビ、 果して 共に 許 力 反の 音 を 注せり っ是 にて 德 明が 杜撰の 妄 



卑陋の 文字 を、 此の 意眛の 所に 用 はる ぺさ樣 はなき な ゥ0 梁惠 王上篇 にも、 構-一 怨於 諸侯? 然後快 

於 心, 與 と あれば、 この 佼の 快の 誤.^ たるる 知るべし その外 周易 良の 六 二に、 不, 拯, 一 其隨? 其 心 

不, 快。 又 旅の 九 四に、 旅 于處。 得-其 資斧? 我心 不 k 快。 左 傳の襄 二十 八 年に、 子大叔 云。 送; 祢而 

一 歸 以快 一一 楚心? な V3、 ある、 皆 快の 字に て * 佼に 作. 5 たる は、 何れの 書 にても 尾 及 はぬ なれば、 

日 一 佼に 快の 義な きさ 明かな. =.0 をれ ゆ ゑ 俊 快 也と 注せん より、 佼當, 作, 快。 字 之 誤 也 と 注した きる 

本 ^ な. 90 總 じて 古人 は、 愼 みの 至. なる か、 左ながら 誤 訛と 知れた る 字 を も、 誤字と せずに、 いろく 

S が と枉 て附會 して、 義を つけ 注 を 作るなら 是れ愼 みに はならず して、 却て 後 學を誤 まる なれば、 非 

倫 $ 禮の禮 になるな り。 〇 周易の 歸妹上 六の 爻辭 に、 士到 X 羊无, 血と ある を、 左 傳の僖 十五 年に 此れ を 

ノ 

理 一 引て、 血 を U 皿に 作る。 是れ 血の 字の 誤りなる に、 杜預が 1}^ 血 也。 と 注せし よ. o、. 蒼頡子 雲.^ 知らぬ 

一 一 if 無用の 文字 出来た 是れ 蓋し 左傳の 原文 は? 血と 有りし を、 寫す. 9 の 誤りて 13^ に 作. 9、 一 字 

一 と 作せ し を、 接の 人 をれ を 知らず、 周易に て妄 6- に 無の 字 を 足せし なり。 杜預 それ を辨 せず、 周 

^ 易の 血の 字に 依りて 推して、 13™ 血 也と せ. o。 正義 も杜預 に從ク て、 易 言, 血。 而此 言, ii4 。知- -1}S£- 

J 也と 云へ 6 是れ 周易に 血に 作. て ある ゆ ゑ、 杜預も それ を据 にして^ を 血と 注した るまでに て、 

別に 見所 徵文も 無き さ を 言へ. ONO 又 左 傳の此 より 外に、 古書に i}^ の 宇 を 用 ひたる 例 もな く、 且つ 諸 

の 字書に 1„p 無き 字 ゆ ゑ、 穎 達 も かくは 言へ るな りつ 釋 文に i}^ 音 荒と 音 をつ けたる も、 1}^ の 字の 形ち 荒 

に 似た る ゆ ゑ、 荒と 昔 をつ けたるな り。 別に 說 あるに は 非ず と 知るべし それ を 字典な VJ に、 直ぬ 见の 

片山兼 山 山 子垂統 後編 下 111 百 S 十五 



曰 



本 



理 





折衷 學 1^ 三 ぼ 三十 四 

に、 陳乞 鲍牧。 及諸大 夫。 以, 甲 入-子 公宮? 昭干 聞, 之。 與, -惠 子, 乘, 公、) 戰-- 于莊, 敗。? i 人 追, 之" 

杜 注。 莊六軌 之 道。 この 莊も莊 嶽の莊 な ゥ。 杜預 また 六軌の 道と する は 非な り。 加樣 のさ は、 經義 

に係..^たる緊要のさにても無れば、 莊嶽 ヒー と 見て 《p 二と 見て 《p すむ さなれ VJ„P、 某 之 間と ある 時 

は、 して 二 箇の稱 な 6 と 云 ふ 文法 も、 初學の 人に は 知らせた く 《p 思; S 、且は 杜預の 左 傅の 注に は、 

加 樣の不 吟味の 解 多く あると なれ ども、 古來 より 杜注 を讀む 人、 うかくと 讀み 過して、 心づ かぬ 

をも警 悟した く 思 ふて、 いろ, (-と 筆-ど 費す ij 云爾。 

獨無忟 乎 ass 投附 二, 

孟子の 公孫 丑下篇 に、 且 比-一 化 者? 無, 使-一 土 親 "膚。 於-一人 心, 獨-ー ML 佼乎。 趙 注。 校 快 也〕 この 佼は 

快の 字の 畫の 壤亂 して 佼 になら たるな 楊子 方言 に、 逕曉佼 苦 快 也 朿 齊海岱 IV 間 曰, 佼 0注0 

佼即狡 ◦ 狡 戯亦快 率 也つ と ある は、 疑ら く は 此の 孟子の 文に 依. て杜馔 せる なるべし つ 孟子 は 都人 

ゆ ゑ、 柬齊 海岱之 間〕 などと 附會 したるな らん 今傳 はる 所の 方言 は、 固よ ゥ偽 撰の 書 なれば、 佼 

の 字の さの みならず、. 信用し がた きさの み 多ければ、 證 左に は なら ぬな り0 この 佼の字 を 快の 義に 

用 ひたる さ、 此に 有る より 外、 古今の 書に 一 向に なき i なれば、 快の 誤りなる H ;、 是れ にて; 白 

なるさな*^0 方言の 注に、 狡戯亦 快事 也。 などと ある は、 左 傳の襄 九 年に、 穆姜 の棄, 位 而姣と ある 

妓な VI へ 通じて 言 ひたろ 者に て、 牽強の 至らと 云 ふべ し 淫姣 戯樂の 快事 は、 同じ 快事ながら;. p、 

其の 快く 娛 さむ 所以ち がふ さなれば、 此の 孟子の 意の 快き に はならぬ なり 孟子た る 人、 个樣の 



に 公會, - 齊侯衛 侯于牽 V と あるに 依. ft- て 言へ る、 となれ v> も、 然れ VJ*> 上に 引く 所の 諸 例 を 以て 考る 

に、 脾上梁 之 間と ある は、 脾と上 梁との 間と 云 ふ HI なるべし。 牽の地 は 脾と上 梁との 間に 在 6 て、 

脾と上 梁との 間が 即ち 牽の 地なる ゆ ゑ、 傅に は 脾上梁 之 間と 云 ひたる 者な り。 又 莊嶽の 二 地の 名 

たる さは、 左傳 にて 能く 分る ゝさ なれ ども、 古來 より 左 傳を讀 む 人心 づ かぬな り。 昭十 年に、 五月 

庚 辰。 戰-- 于稷? 欒高敗 又 敗 = 諸莊? 國人 追, 之。 又 敗-諸 鹿 門? これ稷も鹿門.^"地名なれば、 莊も 

地名なる さ 明かな. 90 然るに 杜預の 莊六軌 之 道と 注した る は、 粗 煉と謂 ふべ し 又 同 二十 八 年に、 

陳文子 謂- 桓子, 曰 禍將, 作矣。 吾 K 何 對 曰。 得- 1 慶氏之 木 百 車 於莊? 杜 注。 慶封 時? -此 木? 積- 

於 六 軌之道 7 この 莊も莊 嶽の莊 なり C 然るに 杜預 のかく 注した る は、 別して 漫然たる さな. 90 何 ほ VJ 

六 軌の廣 き 道な. fl- とも、 百 車の 木 を 積まば、 車馬の 通行の 妨げと なりて、 往來も 止るべきな り0 且 

へ いかに 慶 封が 忌み 憚る さなき 我 まゝを するとても、 加樣の 不法 は爲 すま じきな り。 不解 事の 注と 

言ぶべし。 莊嶽は 鄭の朿 里し 漢の五 陵。 晋の鳥 衣 巷〕 などの 比に て、 皆 齊の世 家 世 祿の諸 冠 帶の宅 

地の 在る 所に て、 我が 東都の 今の 大名 小路の 如くなる 處と思 はる ゝ な... それ ゅゑ慶 封が 宅 里 も 有 

りて、 それに 美 材美木 を 積み、 功作の 用意な ど をして 置きた るなる べし 右に;^ りて、 慶 封が. D び 

たらば、 その 材木 を 我が物に せんとな. 90 盖し陳氏の宅里^^^莊の地に有らしなるべし。 又 同上に、 

慶 封入 伐- 內宫? 弗, 克。 反 陳,, 于嶽? 請 fe。 0.00 遂 來奔。 杜注 C 嶽里 名。 これ 莊嶽 の嶽 なり 。是 

れこ, て、 莊と ira と は、 一 地の 名に あらず、 齊國の 都下の 地名なる さ、 ます/ \ 明かな. 又哀. 一 ハ年 

片山兼 山 山 子垂統 後 下 一 IIP 三十 三 



m 



本 



理 

編 



折衷 舉!^ 11 一 百 111 十二 

許 は 本と 揭の 字と 古字 通用して、 即ち 揭の議 な <>Q 尉 線 子の 伍 制令 篇に、 伍 有-一 干レ令 犯妯者 S レ之 

於 罪? 知而 弗:, 揭 全 伍 有, 誅。 什 有-干, 令 犯, 禁者 ^ 揭, 之 免-於 罪? 知 而弗, 揭。 全 什 有, 誅 云 

云 C 夫 什 伍 相 結 上下 相聯 無, 有-, 不, 得 之姦? 無, 有, -不, 揭之 罪? と 云へ る、 全く 訐の 字と 同義な 

i 因て 字典の 訐の 字の 注を考 へしに、 訐居謁 切 音揭 C と ありて、 漢 mr 外戚 傳の訐 二 揚幽昧 之 過- 

と 云 ふ 文 を 引け. 00 す、 gggrsp 口, 揭は iL" 伏して 知れぬ 物,.、 手に て揭げ 持ち 上て、 人に 示し 知 

ら する を 云 ふ 訐は 人の 陰 私の さ を ほじり 出し、 口にて 人に 知せ 顯 はす を 云 ふ それ ゆ ゑ 言に 從ひ手 

に從 ふな ftNO 然れ VJ も その 實は 同義に て、 古 は 通用せ し 文字な りと 知る べし 

. k 嶽 

孟子の 滕文公 下 驚に、 引而 量-之 莊嶽之 間- 數年。 雖 -,, 日撻而 求-, 其楚? 亦不, 可, 得矣 趙注 £嶽0 

齊街里 名 也 朱 注. P 趙 注に 從 て異說 なしつ〕 莊と嶽 と は 別 所なる に、 街 里の 名にば か 6 注して は、 莊 

と嶽 とお 很 じて 一所と 作した る 解な り。 是れは 間の 字に 心づ かぬ 故な り C 加樣の 時間と あ, -vi、 二 

の 地名になる が 文法な. 00 檀 弓下篇 に、 葬-於 羸 博 之 間? 左 傳の桓 八 年に、 楚子 伐, 隨 軍-, 於 漢淮之 

Si? 宣 三年に、 使 -,, 盗 殺-子 减於 陳宋之 間? 哀 元年に 楚子 使, 疆, -江汝 之 間- 而 還。 史 記の 季布傳 に、 

足下 何以 得-, 此聲 於梁楚 間, 哉 漢書の 宣帝紀 に、 尤樂- -杜鄠 之^.? 又 天文 志に、 畢 E 卯 間 天 街 也 房 

心 間 天子 宫也 などの 類、 この 文法 は、 信に 古今の 喾 中に 勝げ 盡 されぬ 程 あれ ども、 みな 二 地の 名 

fo 但し 左 傳の定 十四 年に、 公 會-- 齊侯衛 侯 于脾上 梁 之 間? 杜注 脾上梁 間 即牽 と あるよ、 g 



レ之何 及。 一向 二十 年に、 秦揚 云〕 旣 而悔, 之」 亦 無, 及 巳。 同 二十 一 年に、 厨人屦 云〕 若 入 而固。 則 華 

氏 衆矣。 悔無, 及 也。 同 二十 三年に 士彌牟 謂,, 韓宣 子, 云。 魯 亡,, 叔孫? 必 邾。 邾君 亡, 國。 將焉歸 

子雖 之 何 及。 哀六 年に、 陳乞 云。 作而 後悔。 亦 無 k 也。 同 十六 年に、 m 平 公 云。 弗 k 弗お C 

悔其可 i 追。 この 追 は、 追及の 義 にて、 及と 同義に なるな ftNO 即ち 書の 五子 之歌篇 に、 弗, 慎-厥 德? 

雖, 悔 可, 追〕 を、 孔傳に 其 可, 一 追及, 乎 と 注した ると 同 例な. 盤 庚上篇 などに も、 汝悔身 何 及 及 

び 罰 及 一一 爾身? 不レ 可, 悔 C と fo 此の 外史 漢 諸子 百 家の 書に、 勝げ 盡 されぬ 程 この 文例 は 有る さな 

れど 《p、 皆悔と 及と を 相將て 用へ り 




國 語の 周 語 下に、 树 陵之會 簞襄公 尾,, 晉厲 公? 視遠 ^高。 晉都綺 尾-?^ 子? 其 語 犯 ^犟見 其 語 

ザ; F 卻至 見。 其 語 伐 G 單子 曰。 吾 尾, -晉君 之容, 而聽- 三郤之 語, 矣 C 殆必禍 者 也 「" 犯則 陵 乂0: さ 則誣 

, 人。 伐 則検, 人 韋昭 註。 回。 加-一 誣於 人? 賈誼 新書の 禮 容下篇 に、 同じく 此事 をのせ て、: 

許に 作る 因て 考 るに、 : 十;:! は訐の 字の 古字な ろべ し C 違昭が ltd を: 千;^ 遠の 迂と 作して、 回と 注した 

る は、 義を 成さぬ さな. 00 その 故 は、 :チ j 則 趣, 人と 云 「る 語 を觀 るに、 訐の義 にて 無ければ、 決して 

すまぬ な り。 : 十; J 回に て 人を誣 ると 云 ふさ、 何と I„p きこ へ ぬ さなら 誣は言 ひかけ をして 人 を寃罪 

に陷る 、さなれば、 迂遠の 人の 能す る 所に 非るなら。 許 は 陽貨篇 の惡, ー訐 以爲, 直 者, の訐 な. 90 包 氏 

の 注に、 訐 謂ヨ攻 一, 發人之 陰 私, 也。 と ある 是な. 9。 ^檨の 人に て 無れば * 人 を誣る さはなら ぬな り C 

片山兼 山 山 子趣統 後編 下 urp 三十 1 



編彙理 f& 本 曰 



折衷 學 » 三百 三十 

無ければ きこへ ぬ, i なり 且へ趙 武は趙 氏の 大宗 摘統 にて、 祭主 なれば、 會と云 ふべき 道理な きな 

6C 會と 祭と は、 字形 似た る さなれば、 訛.oたる《p宜の.^;なりo 此 等に 考据の 文も晃 あたらぬな 

れ V5«"、 誰が 尾ても 依然として 祭の 字の 誤らと 知る、 ゆ ゑ、 筆 便に 表出す るな り 

不, 食已 

又哀 元年に 伍 員の 吳王夫 差 を 諫めし 詞に、 後雖, 悔, 之 不:, 可, 食已 杜注 食 消 也。 已止 也】 こ 

の 食 は 及の 字の 誤りな. OC 然るに 杜預 加樣の 語義 を 成さぬ 苟且の 注 を 作した る は、 信 十五 年に、 秦 

穆 公の 我 食-吾 言? 背,, 天地, 也 と ある を、 杜預 彼に 注して、 食 消 也と したる 例に 依りて、 此の 食 を 

も 消と 訓 じたるな A^c 然れ ども 彼の 注に てけ、 食 を 消と 訓 じても、 まだす むさ なれ ど;. p、 此 にて は 

p^v?5 ^o^^slyr^t Qxiyc 食言の 食.^: おと 魏 ずる は、 ほんのli釋-、とk^-」て、 的 調にば 非 と 

-lAwtn' クさゅ ゑ VJ!W の tiff じ られ^な 6 る なリ、 欽レ 徨ぉレ あなどの £ にて 、やはり 如レ字 に讃 むな 是 とす- S と f5 と 

は、 字形. P 頗るぬ^ ろ ゆ ゑ、 畫の壞 れ亂れ たる 上に 》*、 かくは 訛りた るなる べし 且 へ確證 となす ベ 

きけ、 越 語. -に 同じく 此の 伍 員の 諫めの,. V を 記して、 雖, 悔, 之。 亦 無, 及已。 に 作れば、 ます/ \ 及 

の 訛 6 なる さ審 かな ゥ0 吳語 にも 伍子 胥の夫 差 を 諫めし 詞を 載て、 王雖, 悔:, 之。 其猶 有, 及 乎 。と 云 

へる l^i あ 60 總 じて 侮の 字 を 个樣に W ふ 時 は、 及と 云が 定 たる 詞な. CVO 因て 左傳國 語の 中に て、 

尾當.9.^^-る文例を出して徵とす0 僖 三十 三年に、 大孫伯 云 晉人 無, 信。 半涉而 T 博, 我 C 悔, 敗 何 及 

襄 十四 年に、 伯游 云. - 吾令實 過。 悔, 之 何 及。 同 二十 年に、 衞 5^ 子疾。 召 =惊 子, 曰 a 吾 得-罪 於 君? 

悔而無 X 及 也。 昭 十六 年に、 子大叔 云," 若, 有- 讒人? 交- 鬪其 間? 鬼神 而助, 之。 以 典-其 凶 怒? 悔 



語 を 成さぬ 解 をな す HJ 如, 是 o 漢書の 五行 志! J にも、 此の左傳の文を引て、ゃは..^績に作るo師古曰o 

何不 T 追- 1 績禹 功? 而庇, 隆其 民., 乎 師古 "績の 字に は窮, て、 強に 追の 字.^ 添て 見 たれ ども、 をれ 

にても 績の 字に て は義を 成さぬな. 9? 穎 達 も師古 1„p、 加 襟に 解す る は 本と 强 なる さと は 思 ひつらん 

ハ なれ ども、 詩經に の 事 を 言 ひたる 所に 績の字 ある ゆ ゑ、 それに 拘 されて 此の 强解を 作せ しと 見へ 

日 一 た. 然れ ど:. P 詩 經の績 の 字 は睛と 通じて、 功績の 義には 非るな. 彼の 績を毛 傳には 業と 訓し、 

本 W 鄭 養に は 功と 解せ 是れ亦 深く 者へ ざるの 過ちな り。 大 雅文 王 有聲の 詩に、 豊水 東 注 維 禹之鑌 

一 商 頌般武 の 詩に、 天命-多 辟? 設 一一 都于禹 之績? これ 毛 鄭のニ 家と もに、 績は蹟 と 古字 同じ. i なる に 

倫 i 心づ かぬ ゆ ゑ、 字の 如く 請て、 業と も 功と も訓 じたるな り。 左 傳の哀 元年に、 遂滅, 一過 戈? 復=禹 之 

m 一 繽? これ 亦 詩の 績と同 t さに て、 禹 功の 蹟と云 ふさな 60 書の 立政篇 に、 其克詰 一一 爾戎 兵? 以陟, ー禹 

一 之迹? 左 傳の襄 四 年に、 芒 芒 禹迹。 畫爲 一一 九州? 乙の 迹 即ち 蹟と 同字いて、 亦 跡に も 作る。 禹迹と は、 

ゾ 

彙 一 禹の功 鑌の蹟 と 云 ふさな. 90 

將:, 會-- 孟子 餘 1 

同上に、 十二月 晉旣丞 P 趙孟 適, I 南 陽? 將, 會- 孟子 餘? 甲辰朔 丞 I 一 于溫? 庚 戌卒。 杜注。 孟子 餘0趙 

衰。 趙武之 曾祖。 其廟 在, I 晉之南 陽 溫縣? 往會 祭, 之。 この 會の字 は、 疑 ふべ くも 無く 祭の 字の 魏. 9 

なる さ 明かなる に、 古へ よ- の左傳 家せ 心づ かぬな り。 孟子 餘は 死した る 人 なれば、 生きた る 人の 

如ぐ 會 すと 書くべき 檨は 無き な ゥ0 注の 通ら なれば、 餘の 下に 祭の 字 を 足して、 將;, 會ー 1^1^ 子餘 祭-と 

山 兼 山 山 子整統 後編 下 三百 二十 九 . 



曰 

緩 



折衷 學 三百 二十 八 

棲の-字に 募の 義 はなき な. 90 然れば 杜預の 注 を 作らし 時 は、 未だ 績の 字に は 親ら ざら しさ 明かな. 

孔親 透の HTi 義を 作. 9 し 時 は、 旣に績 に 誤れ. 90 それ ゆ ゑ 正義に は 鑌の義 と 作して 解せ. 杜 注お 審 

かにせ ざるの 過ちな 1^ ほ 魯頌 の 詩に、 奄,, 有 下 上? 伊一 禹之 緒? 又 云。 至, 一子 文武? 俊-大王 

之 緒,:^ slis;ss;J 、ク lif? き豳の 七月の 詩に、 二 之 B 其 同。 载 俊-武功? 大雅丞 i 民の 詩に、 ||_ー 戎祖 考? 王 

躬是 保。 書の 仲尶之 誥篱 に、 表,, 正 萬 邦? 模, I 禹舊 服? 君牙篇 に、 瓒_, 乃舊 服? 無. 忝, I 祖考? など V 云 

へる 諸の 古言 を 照し 見ば、 繽は耩 の 誤りた る さ、 辨ぜ すして 自 から 分るべき なり C 足 利 本に は、 績 

を續に 作る。 是 れけ績 にて は義を 成さぬ ゆ ゑ、 後人の 意に 率て 改めた るか、 又は 足 利 本は疏 本と は 

別 本 ゆ ゑ、 古へ よ. 續に 作. 5.^ る 本 も 有. 5 たる か、 續に 作. 5 たる は、 まだ 績ょ. は 勝れ ど; „p、 をの 

義の穩 かならぬ さは 同然 なれば、 是れ亦 非な. 9 と 知るべし。 且へ續 と 績とは 字の 似た る ゆ ゑ、 古書 

に 《 ^善く 誤らて 有るな. 今 文 孝經に 續莫, 大焉 を、 古文に は 辕に作 穀梁傳 の 成 五 年に、 孔子 曰。 

伯 尊 其 無 ,轅 乎 攘- 一善 也? 注 一 作, 繽 と あるな ど 見つべし 周 語 上 に、 時 序 is? 募- 修其 緒? 注 

慕 繼也。 と あれば、 是れ 古へ 纂と耮 と は 同 用せ しなり。 字典に も纂與 精通。 班 固叙傳 纂, ー堯之 緖? 

と 云へ. n^o 加樣に 古書 を 彼此 融通して 晃れ ば、 その 訛 誤せ る 由緒 まても 審 かに 分る、 さなる に、 孔 

琉 に强釋 して 後 學を眩 はす ゆ ゑ、 今 その 文を擧 て、 その s^ft- を 群ず 正義 曰つ 績亦 功也り 重 =其言 一 

耳。 遠 鑌&: 功-者。 勸, 之 爲- 大功? 使 T 遠 及-後世 1 若, 大 禹.. 也。, P 勸, 何不, 遠 纂= 大禹 之績? 而立,, 

大功 ー以 庇., fef 也。 これ 穎 達 もと 誤字に 就て 強なる 解 をな せしゅ ゑ; 續の字 を 上へ 廻し 下へ 廻して、 



にて は 伯 夷 一人の さ を 言 ひし なれば, 固より まの 字の 持ち前の 何 不の義 なれ ども、 史記 にて は 伯 夷 

叔齊 二人の 事に 仕 たれば、 盖を 皆と 訓 じて、 伯 夷と 叔齊と 二人 を 斥す 詞に 成した きさな り C 索隱に 

劉 氏の 盍者 疑辭と 注した る は、 當り 前の 訓 にて は あれ ども、 疑辭と 作して は、 此 にて は穩 かならぬ 

, ゆ ゑ、 姑く 先づ 皆の 義に 見て、 後の 識者の 評に 備 ふ。 

日 一 屈蕩 尸り \! 

本 一 又宣 十二 年に、 王 見- 1 右廣? 將= 從, 之 乘? 屈蕩尸 k 之 曰 e 君以, 此始 亦必以 終。 杜注 尸 止 この 尸 は 

一 5- の 字の 誤. な. 諸 本み な 尸に 作る け 非な り。 字書 を考 るに、 戶 の 字に は 止の 義 あれ ど %、 尸の 

倫 一 字に は 止の 義 なきな ft.o 戸 は扈と 古字 通用す るな 60 昭 十七 年に、 九扈 爲,, 九 農 正? 還, 民 無, 淫者也 

理ー 杜 注。 扈止 也。 と ある を觀て 尾つべし。 字典に -J^c 侯 古 切。 又 後 五 切。 並 音 祐。 左傳宣 十二 に、 

: 蕩屈 m い 之。 注 止 也 扈 侯 古 切 接 五 切 並 音 祐 これ 戸と 扈と は、 切? P1 昔 も 同じければ、 古字 

彙ー 通 S せし さ 知るべきな 字典 等の 字書に これ を 言 は, ざる は、 疎なる、 とな <>o 漢書の 王嘉 傅に、 嘉 

編 一 明 經射策 甲 科- 爲, 郞。 坐.^ P 殿 門-失 P 免。 師古 曰。 戶止 也。 嘉 掌-守-殿 門-止 * 不;, 入 者^ 

ん 失闌 入, 之〕 故 坐 免 也 春秋 左 氏傳曰 2^ 蕩 戸, 之 など、 古言 兌つべし。 

遠 績:, 禹功, 

又昭 元年に、 劉定 公の 趙孟に 言へ る詞 に、 子豈, 亦遠績 -ー禹 功? 而大庇 fe- 乎。 杜注 。勸 一一 超 r$ 使, 纂-, 

禹功? この 績は 緩の 字の 訛りな ft^o 縦と 纂とは 古字 通用す る ゆ ゑ、 杜 注に は 纂の字 を 以て 注せ. 50 

片山兼 山 ^子 垂統 後提下 三百 一 1 十七 



曰 



本 



折 1« # y^i 三 51 十六 一 

へ は 聞の 音ぁゥ て、 ー看,.^"義も通ずるゅゑ、 闔猶- 一 皆 也-と 注した る 者な ft-o ^5の字.^措にも作..^、 エー 

八 反と する が 如き、 尾つべし。 蓋,^ 語辭の 蓋と 見て は, をの 義穩 かならず 盍と 作して 讀 むに は 心 一 

ゥ かざる ゆ ゑ、 かくま はり 遠く、 皆の 義に 注した ると 晃 へ た. 上に 云 へ る 如く、 蓋と 闔とは 古 へ 通 一 

用す る さ なれ ども、 此 にて 闔と 作し、 皆の 義に 見る は 非き な.. 朱氏.^"蓋と盍と古字同ヒきに心づ; 

かれぬ ゆ ゑ、 ゃはり語辭と作して晃た..^。 語辭と 作して 見て は、 穩か ならぬ さと は 知られた らんな 一 

れ ども、 鄭玄の 如く 晃ては 其. 9 奇なる 樣に思 はれ、 まだ 語辭と 見る 方が すなほに きこ ゆる 檨 なる ゆ 一 

ゑ、 語辭と 作した るなる べし 擅 弓 上箱に、 子 蓋 一子 之 志 於 公, 乎。 及び 然則 蓋. 行 乎 又, 四方 一 

倫 一 於 i 子 乎觀, 禮 子 蓋, 慎 諸 e など 皆盒と 同 用した る 者な..^ C 然るに 彼の 鄭 注に、 蓋當, 爲, 盍 0蚩 何 不一 

也 C と 注した る は、 後漢の 人に は 似合ぬ ふな, ft- と 言 ふべ し C 左 傳の襄 十四 年に、 范宣 子の 戎子駒 支 一 

を 數し詞 に、 乃 fi 吾 離 被-一 苦 蓋? 蒙-一 荆棗? 釋 文。 蓋 1£| 反と あれ は、 此れ 豈と 同音 同字になる なり。 一 

彙 i 乂::國 の邑 名に 蓋と 云 所 あ. 90 此れ %音盍 なれば、 闔と 《p 同じき なり 。孟子の 離 婁上篇 に、 伯 夷 辟 k 衬 0ー 

一 居,, 北海 之濱? 聞-一文 王 作? 典 曰。 盍 --歸 乎來? 吾 聞 西 伯 善 養, 老 者。 この 文を史 記の 伯夷傳 に、 裁 約 一 

_ して、 載て 曰く、 於, 是伯 夷叔齊 聞, 一 西 伯昌善 養, 豈 任歸焉 。これ 俄 看て は大史 公が 例の 粗 南に て、 一 

子 を誤讀 して かく 裁 約した る 者 かと 思 はるれ とど **、 左に は 非ろ べし C 大史公 は 古文 を 裁 約稀湊 する 一 

を 以て 己れ が 任と なした る 者 なれば、 孟子の 原文に 拘泥せ ず、 章 を 斷て義 を 成した るなる べし。 鄭ー 

玄が蓋 を 皆の 義に 成した るに 依る に、 大史公 此 にて は 皆の 義 になした る 樣に思 はる、 なり 孟子 一 



理 



£ー 



又莊 三十 二 年に、 圉人 举 有, カ焉。 能 投,, 蓋于礎 門? 杜注。 蓋 覆 也。 走, 加 自投。 接,, 其屋 之桷? 反,, 覆 

門 上? 正義 曰。 投蓋 者。 謂ァ自 役-其 身, 以蓋も 物。 故以 爲走而 自投。 反,, 覆 門 上? 劉^ 规過 云。 公言 举 

ノ 有 壬焉。 如,, 杜此 説? 勁捷 耳。 非, 有 i 力 也。 當, 謂. 車 蓋, 過, 於 礎 門 g 今 知, 不, 然者" 周禮 G 車 蓋 

日 一 以 一-物 帛 ー爲, 之。 輕而 帆, 風。 非-可, 投之 物? 傳直 云。 投,, 蓋于礎 門? 不」 過,, 礎 門? 明 知自投 反, 一 

本 一 覆 稷門之 上? 今時 猶然 C 且游楚 超乘而 出。 女 曰。 子 南 夫 也。 則 勁捷 之 人亦是 勇力 之 事 ひ 劉 君以- 勁捷 

非.. 力 C "而 規,, 杜氏, 非 也。 辨誤 曰。 杜解本 可, 疑。 劉 弦 謂。 投_, 車 蓋, 過-, 于礎 門? 雞, 似, 是。 而孔 氏以車 

^ \ 蓋 is。 投,, 于禝 門? 不: fe, 爲 J^o 投而自 P 于門? 是 一甚。 亦 勇者 事 也。 故 姑 從&。 この 三 

理ー 家み な 蓋 は闔と 古字 通用す る さ を不, 知して.、 偏に 字に のみ 就て 義を 按ぜし ゆ ゑ、 つまる 處は 臆說に 

\ なりて、 本文 は 依舊疑 はしき な. 此の 投 蓋の 盖は、 襄 十八 13^ の 州^が 以 X 枚数, 闔の闔 と 同じさな 

r \ i 彼の 杜 注に 闔門扇 也と ある 是なり 投 一一 蓋 于稷 門, と は、 門 扇 を稷 門の 上に 投げ 上る と 云 ふさに 

^ „ て、 其の 强 力の 甚し きを 云 ふな. り。 古窨を 按ずる に、 蓋閻豈 の 三 字 は 互に 通用す るな. 莊 子の 天 

一. 地篇 に、 夫子 闔行邪 C 釋 文。 阁本亦 作, 盍" 胡 臘反。 これ 闔と盍 と を 同字と なして 释 せり 。又 徐無鬼 

き S こ、 a?;.:' frwrrl 、、の 已は、 書に て は、 也と も .KK とも、 音 以て 通^ V- リ、 义れ nlT^rg こ、; 51- sa^koM 

着に „s:iK--l.f^a5-p 曰 冗 PI 也に も已の 昔め リ、 こ 、にて は矣 の義 なり 、説 別に 記し 匱く、 タ貝 ^ = バ 5, 

黍范の 詩に、 我 行 旣楚。 蓋-, 云歸- 哉 C この 蓋 は、 盏と 15 川 し^る 者な り。 然るに 澳 は蓋猶 -1 皆 也 一と 

注し^る は、 蓋を閱の字に通じて見たる^な.^^。 闔國 閱鄉な V> の 時 は、 1^ の義 な, -0 且へ 皆に 《p 古 

片山 兼^ 山 子 垂 統 梭謁下 一 11ぼ 二 ト 五 



本 



折衷 學ほ ill:: 二 十四 

るに fi- 義に杜 注を强 護して 曰く、 杜辦, 栗爲, 一 謹 敬? IK,, 蕃 敬爲, 酒 案 誇 赏顥實 衆 與, 一田^ 一 相 fiz=-.. 

故 栗 爲,, 穗貌? 此栗 與,, 嘉善 旨酒, 相 額。 -故栗 爲,, 謹 敬 之 心? 即 論語 云。 使,, 民 戰耍? 與, 此 相似 C 劉 i^.ul 

栗爲, 一 穗貌? 而規ー 一杜 過? 於, 现恐 非。 これらの 說は、 信と に洛を 同じ ふして 裸 を 笑 ふの 類に て、 辨ず. 

Z るに も 足らぬ さな り。 魯語上 に、 展禽 云。 昔 烈山氏 之 有 _ 一 天下 也-, つ 其 子 曰, 柱。 を、 禮 記の 祭 法篇に 

日 \ は、 廣山氏 之 有, 一 天下 也? 其 子 曰 * 農に 作る。 是れ烈 と 厲とは 古字 通用 すれば な nb 述而篇 の 子溢而 

厲、 家 語の 始誅篇 の威厲 而不, 試い 厲も、 烈と同 用した ると 知るべし。 莊 子の 齊物 論に、 厲臘濟 則 

衆 察爲, 虛。 郞 注に 厲風を 解して 烈風と す の 飽有苦 薬の 詩に、 深 M 厲 C ほ則揭 釋文。 厲カ帶 _は0 

倫 一 昔 例。 揭苦例 so 一 云 起 列 反。 これ 厲揭の 二字と もに、 去 音 にても 入 音 にても、 をの 義は 同じき 

一 な. OVO 大雅 皇矣の 詩に、 修, 之 平, 之 K 灌其例 U 釋 文。 洌音 例。 又 音 列。 と ある も、 上と 同 例な り 

W をの 外周 南 葛覃の 詩に、 害 擀害否 Q 邶の綠 衣の 詩に、 易 維 其 己 を、 毛 傅に 共に 何の 字お 以て 解し たれ 

f ^ ば, 古へ は 害 易 何の 三 字み な 音 を 以て 通用 有した るな. 又 王の 君子 于 役の 詩に、 曷其有 X 估 G 毛傳。 

话會 也。 これ 话を會 と 同字に 用 ひたるな. 50 曹の候 人の 詩に、 彼 候 人兮。 何,ー戈與.,殺0釋文0/^«^都外 

反 又 都 律 反 ◦ これ 去 一昔と 入 音と を 通用せ. 小雅車 率の 詩に、 德昔來 括 毛傳 括 會也。 これ 括 

を. P 會と同 用せ り C 左 傳の椬 五 年に、 衞動而 鼓。 釋文旛 古 外 反。 又古活 同上に、 閉蟄而 蒸 釋 

文。 閉必計 反 C 又 必結反 な VJ の 類、 この 例 は 信に 勝げ 計 へられぬ 程 あるな り。 禮の 括髮も 會髮な 

ft^o 加 樣の例 を 以て 考へ觀 ば、 醴の 栗に 誤 ま. ON たる 由 は、 自 から 分るべきな. 00 



ゾ 







接た る樣 にて、 不 類なる さ は 自若 不類 なれば、 窮 解と 云 ふべ し。 王制 篇に、 大史 典, 禮 執,, 簡記 7 

奉- 諱惡? 鄭注。 簡記 策 書 也 これ 隨記 は儆戒 となす べきの 前言 往行 を簡に 記した る 者な. 90 即ち 

請-, 肄簡 諒- の鮪諒 も 此の 簡 記な. 90 同 t 禮 記の 中に、 玆の 若き 明文 あるに、 古今の 諸 儒此を 以て 彼 

一 を 正さ 1- る は、 畢竟 禮記 を熟讀 せぬ 過ちな. 此の 內 則の 文 は、 朱 氏 も 其の 小學の 書に 收め 入れた 

日 る ゆ ゑ、 初學の 裁と 云 rv5%^、 朝習暮 誦して、 能く 記憶し 居る 語な り 因て 世の 道學師 の爲に 表出 

本 して、 其の 說書を 誤ら ざら しむ 

一 嘉栗 旨酒 

倫 一 左 傳の椬 六 年に、 奉,, 酒醴, 以吿 曰。 嘉栗 旨酒 謂, 其 上 皆 有-, 嘉德? 而無4遲心.^也0 杜注 嘉善也 

理 一 栗 謹 敬 也。 この 栗 は、 醴の 字の 入 音と な もて、 訛. > たるな 60 此等は 少し 意 を 用 ひて 讀 まば、 悟く 

べき ij と 思る、 な. 00 その 故 は、 上に 酒醴と あれば、 それ vi.! 承て 下にて 嘉醴 旨酒と、 酒 醴の字 を 分 

拆 して 用 ふ箬の Co な, 00 且へ嘉 栗と 連屬 して は、 嘉と 栗と は 取. 9 合ぬ 文字 なれば、 語 を さぬ さに 

編 なるな. 又嘉 粟と 云へば、 最早 旨酒と 旨の 字 を 用る に は 及ばぬ ふなり 嘉栗3^I洒と緒.C^ては、 直 

一 言の 上の 重言と 云 ふべ し。 何 ほど 古書に は奇 僻の 語 多き 者 なれば とて、 加 樣に義 もな き不 類なる 重 

言の 文例 は、 又と 無き なるべし 若し 外に 是の 如き 文句 も あらば、 是れ亦 誤字 脫 文な. と 知るべし 

平上去入の 四聲 は、 古 害に てけ 互に 通 W する なれば、 醴の上 音が 栗の 入 音と 成. 9 たるな VJ は、 固 

よ 疑 ふさに て は 無き な り。 詩經 周易 楚辭な V5 の 押韻の 書を讀 まば、 をの 義 自ら 分るべきな. 00 然 

£ 兼 山 山 子垂銃 後編 下 111 百 二十 一 11 



折衷 學涯 三百 二十 二 

予 善人, と資, 一善 人, と、 にと をとの 國訓 にて、 もの 義 大いに 異なる Co な り0 盖し小 序.^ 作りし 人、 論 

語を此 に附會 するとて、 をの 義を 取ら 違へ たるな. OC 琼 粗の 至りと 云ぶべし 加樣 の,^ にても、 小 

序の 信用せられ ぬ を 知るべき なり C 周 有, 一大 賫, と 云 ふ を、 古注に は、 天より 善人 を 周 家に 資 ひたる 

^ と晃た 強に 天の 字 を 足て 講釋 すれば、 義も 付ぬ にて は 無れ ども、 天よ. 9 善人 を賫 ひたる を 書ん に、 

日 " 加 樣に語 を 造. 9 て は、 文理に 於て きこ へ ぬ £J になる ゆ ゑ、 新 注に は 右に 悟き たると 見 へ て、 武 成の 

本 一 大賫 と賫の 詩と を 引て、 此の 章の 徵 としたれ VI も、 共に *ihV ー斷 ちて 義. t 取. 5 たる 者に て、 を の實は 

武 成と 资 詩との 旨 は、 論語と は その 義 自ら 別なる さなれば、 みな 牽强附 會の說 と 知るべし (〕 此れ 賫 

倫 W の 字の 寶の訛 6 なる を 知らず して、 賫の 字に のみ 就て 義を 求めし ゆ ゑ、 此の 過ち あ. 5 しなり。 故に 

理 メ 眞の經 學を爲 んと思 ふ 者 は、 漢以來 の 諸 儒の 苟且の 注 を撥襬 して、 自ら 先 秦の書 を熟讀 して、 聖舉 

S の 宮牆, ^窺 ふべき さな. 




編 一 膿 記の 內則篇 に、 朝夕 學 一-幼 儀? 請- 肄簡; と ある i 说は、 記の 字の 訛 な. ONO 字の 似た る ゆ ゑ 誤. た 

一 るなら をれ を 悟らず して、 都 支 は諒信 也。 f.?,, 習簡? 謂 一, 所, 書 篇數, 也 C 請, 一 習 信 <j> 謂,, 應對之 言, 也」 

と 注し、 陳, 潘は簡 「」 書 篇數也 一し :MC 言語 信實也 「- 皆 請,, 於 長者? 而習, ー學 之, 也 r 一 說。 簡者。 簡耍 

謂 J^T 之 習 3 事務 從-ー 其耍? 不. 迁曲 煩搔, 也。 と 注す 是 れ陳雜 も 簡諒の 語の 不 類なる に心づ さた 

る ゆ ゑ、 敏 玄の說 にも 全く 從ひ 難く、 後の 一 說を 設けた る 者な り。 此の 說の 見方 にても、 木に 竹 を 



にも 取. 9 載せた るぬ る C 初學の 人と 云 へ も 能く 記 得し る MJ なれ ども、 經學の 明かなら ざろ より、 

加 樣の義 を 知る 人な き ゆ ゑ、 便に 言 ひ 及ぼすな. 又 大资も 古言なる ゆ ゑ、 此の 大寶と 相涉. 9 て 

訛 まり、 且 へ大賫 にて は 此の 章 はき こ へ ぬと 云 ふ證据 に、 古 嘗に大 賫と云 ひたる 文 を 擧て後 學に示 

f す よく./ \ 心 を 留めて、 その 義を審 察すべし。 書の 湯誓篇 に、 爾 尙輔, 一予 一 人? 致,, 天 之罸? 予其 

大, I 賫汝? 爾無, 不, 信 睽不 乂艮, 言 〇M れ賫は 恩賞の. な. 大, 一 資汝, と は、 予に 助力して 能 我 か 指麾を 

守ら、 缀王を 伐 も. D ぼしたら ば、 大 じく 賞 資を 下し 賜 はらんと なり。 又. 武成篇 に、 散-一 鹿臺之 財? 發-ー 

飽橋之 栗? 大 一一 賫于 四海? 而萬姓 悅服。 と あるる、 紂 王の 積み 蓄 へたる 財貨 米 粟 を 天下 四方に 賜 は 6 

倫 たる ゆ ゑ、 大资と 言へ るな.. 大とは 天下に 係りた る詞 なり C 又^ 方篇 に、 我 有 周 惟 其 大介资 k 爾とぁ 

理ー る も、 般の 諸侯に 誥て 背叛の 心なから しむるな 6 言ろ は汝等 能く 間の 命令に 從 つて、 反叛の 心を懷 

一 かずん ば、 大いに 恩賞 を 賜 さるべし、 左 も 無ん ば、 大に汝 等 を 誅罸 せんとな り。 この 大は、 恩賞 を 

^ 澤山 下さる ゝに 就て 大と云 へ るな ftNC 周 頌賫の 詩の 小 序に、 資 大 封-於 廟-也 。資予 也よ 一 C 所 „, 以錫, 一 

編 一 予 善人 一也 變に大 封 武王 伐, 紂時 封, 一 諸 臣有, 功 者? とめる は、 即ち 武 成の 犬-一 赍于 四海? の 事に 

一. て、 武 王に 從 つて 紂王を 伐ちた る 諸侯に 爵賞 を資 ひし ^ を 云 f るな り。 但し 錫-一予 善人, とめる は、 全 

く 論語に 依 6 て 書きた る 文 なれ V5 も、 併し 此 にて 善人と 指す は、 财王を 見限. りて 武 王に 黨 せし 諸侯 

を 云 ふなれば、 論語と は 意義 大に 異なり。 論語 は 天 周 德を眷 顧し、 恩賞と して 善人 を 多く 賜; 3 力る 

を 云へ. ov、 此の 詩 は武王 諸侯の 周に 助力し. Pi る 者に、 その 恩赏 として 國邑を 賜 ひたる を 云へば 、錫-一 

片山兼 山 山 子垂統 接 編 下 三百 二十 一 



曰 



本 



理 

編 



折衷 學嵌 三百 二十 

檀子 者? 使^-南 城? 則楚人 不-- 敢爲ニ 取? 油 上 十二 諸侯 皆來 朝。 吾臣 有,, 盼子 者? 使」 寸-, 高 唐? 

則 趙人不 =- 敢東 漁-於 河? 吾 吏 有- -黔夫 者? 使 三寸- -徐 州? 則 燕 人 祭-北門? 超人 祭-西 門? 徙而從 者 七 千 

餘家 吾 臣有, -種首 者? 使, 備,, 盜賊? 則 道不, 拾, 遺。 將,, ,以 照-千里? 豈特 十二 乘哉 粱 惠王不 k 懌而 

一 去。 ま^Jとに君たる者は、 善き 臣を さへ 持てば、 財貨 も 自ら 生て、 富國强 兵の 業 も 心の まゝに 興す 

一 ベく、 王霸の 功; _p 欲する に從て 成るべきな. 00 何 ほ Vj 財貨 を 積み 蓄 (て も、 善き 臣を 持たず、 その 

德を 修め ざれば、 禍害 蕭艢 の內 より 起 ゥ、 1れ- に は 滅亡の 本と な. て、 鹿臺 の財敖 倉の 粟 も、 みな 他 

人え の 贈賄と な. 5 て、 函谷釗 閣の險 も 守る さ 能 はず、 金城 鐵池も 観ぐ に 足らざる べし () 左 傳の襄 三 

十 年に、 子產 陳の聚 -ー禾 粟? 繕-城郭? を 見て 亡國 な. と 譏 .oz 昭四 年に、 司 馬侯晋 侯の 恃, ー險 與., 馬 

し を 諫め、 說苑の 賁德篇 に、 魏武 侯の 山河の 固 を魏國 の寶と 言れ し を、 吳起在 i 德不, 在, 險 。若君 不 

レ修, 德 C 船中 之 人 C 盡敬國 也 C と對 へしな V3、 皆 古今の 名言に して、 此の 章の 意な ゥと 知るべし。 

彼の 尹 鋒が 趙簡 子の 爲に 保障 を爲 し、 g 軟、 が孟甞 君の 爲に義 を 市た る^ 细 S 策 さな VJ も、 亦 同 

日の 談と言 ふべ し C 左 傳の襄 十五 年に、 宋人或 得, 玉。 獻, 一諾 子罕? 子 罕弗, 受 獻, 玉 者 曰 以示, 一玉 

人? 玉人以 爲,, 寳也? 故敢 獻乏。 子罕曰 我以, 不, 貪爲 ,寳0 爾以, 玉爲: ,寶0 若 以與, 我。 皆 喪 

不, 若人 有-其 寶? 稽首 而吿曰 C 小人 懷 チ可 =以 越., 郷。 納&以 請,, 死 也? 子罕 資,, 諸 其 里? 使,, 

玉人爲 i 之 攻.. 之 C 富 而後 使, 復,, 其 所? 貪 は 仁の 反 なれば、 不乂歲 は 即ち 仁な. fi.c 以;, 不, 貪爲, 寶は、 

即ち仁親以爲iと同じ義な.c^と知るべしo „^^l讀此れ子罕の仁者,p-るを語る者な.o^o 此の 事 は 蒙 求 



曰 



本 



理 

彙 



大寳と 稲せ り。 劉 向新 序の 雜事 f 篇に、 秦 欲:, 伐, 楚。 使 T 使者 往觀 * 楚之寶 器 W 楚王 開, 之。 召, 一 令 尹 

子 西, 而問曰 秦欲, 觀,, 楚之寶 器? 吾 和 氏 之璧。 隨 侯之珠 可,, 以示, 諸 令 尹 子 西對曰 不 X 知 也 。召- 

昭 奚恤, 而問焉 。昭 奚恤對 曰。 此欲 吾國 得失, 而圖 * 之。 不 X 在- 寳器? 在-賢 臣? 珠玉 玩好之 物。 非- 

寶重 者? 王遂 使,, 昭奚恤 應,, 之 ◦ 昭奚恤 發,, 精兵 三百 人? 陳,, 於 西 門 之內? 爲 - 朿面之 壇 一 ? 爲,, 南面 之 壇 

四? 爲,, 西 面 之 壇 j ? 秦 使者 至 昭奚恤 曰 君 客 也 請 就-上位, 東面 令 尹 子 西南 面。 大宗 子敖次 

レ之。 葉 公子 高次. 之。 司 馬子 反 次, 之。 昭 奚恤自 居,, 西 面 之 壇? 稱 曰。 客 欲, 觀,, 楚 國之寶 器? 楚國之 

所, 寶者。 賢臣也 理,, 百姓? 實,, 倉廩? 使, 民 各 得, 其 所 5 令 尹 子 西 在, 此 奉, 1 珪璧? 使-諸侯? 解,, 忿 

愰之 難? 交- 兩國 之歡? 使 兵 革 之 憂? 大宗 子敖? 此。 守-封 疆? 謹-境界? 不 J? 鄰國? 鄰 國亦不 

レ見 J^o 葉 公子 高 在, 此 理,, 師 旅?, 整,, 兵戎? 以 當,, 疆敵? 提,, 抱 鼓? 以 動,, 百 萬 之 衆? 所, 使 皆 趨,, 湯 

火? 蹈-- 白 Pi;? 出-, 萬 死? 不 顧,, 一 生 之 難? 司 馬子 反 在, 此 懐-親王 之 餘議? 攝,, 治亂之 遺風? 昭奚恤 在 

,此0 唯 大國之 所, 觀。 秦 使者 懼然 無,, 以對? 昭奚恤 遂揖而 去。 秦 使者 反 言於秦 君, 曰 ◦ 楚 多,, 賢 臣? 

未, 可, 謀 也 C 遂不, 伐, 楚。 詩 云 濟 濟多士 文 王以寧 C 期 之 謂 也 これ あま 華 飾の 話說 にて、 眞 

僞の程 は 如何 なれ VJ も、 亦 跡の 無き Hi に は 有る まじき なり C 何にもせ よ、 賢人,^ 國の寶 とする の義 

を 説きた るに 於て は、 此の上 もな き 善き 物語りな. 00 史 記の 田 敬 仲 世 家に、 齊威王 與,, 魏葸 王, 會ー 一田 

於郊? 魏王問 曰。 王 亦 有, 寶乎 威 王 曰。 無, 有 粱王 曰。 若,, 寡 人國小 也? 尙有, 徑 寸之珠 照,, 車 前 

後 各 十二 乗, 者 十 枚 M 奈何 以-, 萬乘 之國? 而無 乎 威 王 曰 寡 人 之 所,, 以爲. feo 與 ^異0 吾臣 有,, 

片山兼 山 山 子垂統 後編 下 三百 十九 



折衷 學 =1 百 十八 

皮革 羽毛。 所, 以 備,, 賦用? 以 戒., 不虞., 者 也。 所.^ 以 共,, 幣帛? 以賓, 享於 諸侯.. 者 也 Q 若 諸侯 之 好幣具 Q 

而導 之 以-- 訓辭? 有-不虞 之備? 而皇神 相, 之。 寡 君 其 可, 以免, -罪於 諸侯? 而國民 保., 焉。 此楚 國之寶 

也。 若 夫 白^ C 先王 之玩也 C 何 寶焉。 圉聞國 之 寶六而 已_.3 聖能 制- -議百 物? 以 輔-, 相國 家? 則 寶:, 之 。玉 

足, 以 庇, fe 墓穀? 使. 1. 無,, 水旱之 炎? 則寶^ C 龜足 „,以 憲,, 滅不? 則賓 ^0 珠 足,, 以 饌,, 火災 則寶, 之 

金 足, 以 禦,, 兵亂? 則变, 之-」 山林 教澤- 足,, 以 備,, 財 用? 則 寶乏。 若,, 夫 譁囂之 美? 楚 雖,, 蠻夷? 不, 能 

レ寶 也。 乙れ 國家 の資六 ゥ あれ V3 も、 賢者より 上の 寳は 無き さ を 云 ふなり C 若の ごとく なれば 、賢明 

の 善人おば 大寶と 云 ふ 答の HJ な- 此の 王孫 圉の言 は、 大學に 引く 所の 楚 書の 意 を 敷衍した る 者な 

り。 大學に 引く 所 は、 本と 楚國 の訓 典に ある 語に て、 王孫 圉も 宿て 學び 聞た る ゆ ゑ、 今趙簡 子に そ 

の義を 敷衍して 、かく 答へ たる るべ し。 誠に 四方に 使 ひして、 君命 を 辱し めざるの 士と謂 ウベし。 

說苑の 反質篇 に、 綏侯往 適 =魏 太子? 左 帯, 一羽 玉 具 剣, 右 帶,, 環佩? 左 光照, 右 ◦ 右 光照, 左。 坐 有, 頃 

太子 不, 視也 r- 又不, 問 也 C 經侯 曰。 魏國亦 有, 寶乎 太子 曰 C 有 C 經侯曰 C 其 寶何如 C 太子 曰 主 信 

臣 忠-」 百姓 上 戴 こ 此魏 之寶也 C 經侯曰 C 吾 所, 問 者 C 非,, 是之 謂, 也 C 乃 問,, 其 器, 而已 C 太子 曰 0有0 徒 

師沼 治, 魏市 無,, 豫賈? 郄辛 治, 陽 C 而 道不, 拾 J 退 <」 芒 卯 在, 朝 C 而 四隣 賢士 C 無, 不,, 相因而 見? 此三 

大夫。 乃魏國 之大寶 e 於レ是 經侯默 然不, 應 C 左 解,, 玉 具? 右 解,, 環 佩? 委-之 坐? 愆然而 起 C 默然 不, 謝 

趨而 出。 上, 車驅 去。 魏 太子 使, 騎 操,, 劍佩? 逐與& 侯 3 使, 吿, I 經侯, Rr 吾 無,, 德所 P 寶。 不 kT? 

珠玉, 所. a 寸」 此 塞不, 可 k 衣。 饑不, 可:, 食。 無爲 遺-我 賊? 於 i 是經 侯杜, 門不, 出傳, 死 C これ 亦 賢士を 



也 。治, 國 者。 敬-其 寶? 愛-一 其 器? 除-其 妖? これ 人君た る 者、 をの 臣を使 ふに 此の 四 通り ある さ を 知 

て、 能く 容れ 用れば、 みな ヒれが 用と なりて、 國を 治る に 於て、 誠に 掌 を 反すが 如くなる べき を 云 

ふな. 00 左 傳の隱 六 年に、 鄭 伯の 成ぎ を陳に 請れ しに、 陳侯 それ を 許さ.^ りし かば、 五父諫 曰。 親 

ivu 善い 鄰。 國之寶 也。 君 其 許, 鄭。 と ある も、 仁人に 親む を 以て 國の寶 とすれば、 即ち 善人 を寶 とす 

るの 義 なり。 國語晋 語 九に、 寶 If の趙簡 子に 答へ し詞 に、 臣聞, 之。 君子 哀 人。 不レ哀 k 广贿 。哀 

レ無 X 德 0不」 及, 無, 寵" 哀- 名之不 令? 不」 及-一年 之不 登? と ある は、 財 賄を寶 とする は 小人の 事に て、 

君子た る 者 は 善人 を 以て 寶 として、 財 賄 をば とせざる ゆ ゑ、 唯 善き 士を 持たぬ をば、 哀 VJ も、 財 

蜜に 乏しき をば 何とも 思 はぬ とな. c>o 漢書の 李 尋が傳 に、 夫士者 國家 之大寶 功名 之 本 也。 など 

理 ^ あ K$、 漢の代 は 古に 近き ゆ ゑ、 加樣の 名言 を傳 へし 人 も あるな り 鱧 記の 儒行篇 に、 儒 有不, 寶,, 

^ 金玉? 而 忠信 以爲 J^JG 不 k 祈,, 土地 7 立, 義以 爲,, 土地? 不ヒ 祈,, 多 積? 多 文 以爲; so この 文に て、 君子 

一 小人の 用心! _p 能く 知れ、 且へ國 家の 治 術に 志 ある 人 は、 聚 敛の臣 をば 盜賊 よりも 疾み 遠け て、 忠信 

編 仁義の 人 を 以て 寶 とせねば 成ぬ さ?^ 知る ゝな. ^0 圃語 の楚語 下に、 王孫 圉聘- 一 於晋? 定 公饗, 之 趙 

, 簡子 鳴, 玉 以相。 問-於 王孫 圉, 曰 楚之白 珩猶在 乎 對 曰。 然。 簡子 曰。 其爲, -资 也, 幾何 矣。 曰 未 = 

嘗爲 蜜 Q 楚之所 i 寶者 曰,, 觀射 父-能 作- 訓辭? 以行-事 於 諸侯? 使, 無.^ 以= 寡 君- 爲 * ロ赏 3 又 有, -左史 

倚 相? 能 道,, 訓典? 以 叙-, 百 物 S 朝夕 獻, -善敗 於 寡 君? 使 二 暴君 無. 1. 忘-先王 之 業? 又 能 上下 說-- 乎 鬼神? 

順-道 其 欲惡? 使 T 神 無. 有 3 怨- -痛于 楚國? 又 有, 藪 曰, 雲 連,, 徒洲? 金 木 竹箭之 所, 生 也。 龜珠齒 角 G 

片山兼 山 ^子垂統^-後編下 . s 百 十七 



折衷 學汲 三百 十六 

總て 大學の 本意 を 者る に、 明, I 明德 一と 云 ふより 以下、 有」! S 此有乂 。有 乂此 有, 土 C 有, 土此 有, 財. 一 

有 i 財此 有い 用 C 德者本 也 C 財 者 末 也 など、 天下 國家を 治む るに は、 善人 を 以て 寶 とする さ を述る 

f c 德は 賢者の 有する 所な 是れ 古聖 王の 道の 耍 なれば なり」 書の 旅薬篇 に、 不, 资-遠 物? 則 

グ 遠 人格 C 所, 寶 惟賢 C 則 通人 安 r これ 人生た る 者 は、 貨財 珍奇の 物を寶 とせず して、 賢者 を寶 となす 

™ べき を 云 ふな .oc 苟 子の 儒效篇 に、 苟 子の 秦昭 王に 對 へし 言に、 儒者 勢 在,, 人 上? 則 王公 之材也 G 在,, 

本 一 人 下? 則 社稷 之臣 C 國君 之寶也 r この 儒 は 孔子の 如き 賢聖の 人お 指して 云 ふ C 故に 下に 仲 尼の 魯の司 

一 寇と らんと する 風聞 あし 6 かば、 沈猶氏 等の 惡人, V の 行 ひ を 改めし と を 引け. 00 又 王 覇篇に 、欲, 

倫 一 調 一一 一 天下? 制, 秦楚 5- 則莫 k 若-聰明 君子, 矣 C 其 用, 知甚簡 C 其爲, 事 不:, 勞 C 而 功名 致, 大 CIJ: ^易, 處 C 

理ー 而甚 可:, 樂也 C 故 明君 以爲, 寶 r 而 愚者 以爲, 難 これ 聰明 君子 を 以て 寶 とする は、 善人 を 質と すると 

義同 t きなり C 又 君道篇 に、 故知 而 不仁 不可に 仁而 不知 0. 不可。 旣仁且 知 C 是人主 之寶也 而王 

t 霸之佐 也 C 不, 急, 得 c 不知 C 得 而不, 用 C 不仁 C 無-其 人? 而幸, 有,, 其 功? 愚莫, 大焉。 乙れ 仁智の 德 

編 一 ある 人 を 以て 人生の 寶 とする さ を 云へ. 且 へこの 文の 義を 善く 解せば、 論語に 夫子の 仁智 を 並べ 

一 稱す るの 主意 も、 自ら 知らるべきな. 又臣道 簾に、 故 諫爭輔 3 之 人: 社稷 之臣 也"」 國君 之寶也 C 

明君 之 所 = 尊 厚-也 "而閽 生惑レ 之.. 以爲 己賊- 也。 故 明君 之 所; a;c 閽君之 所 k 罸也。 閽君之 所, 賞 明君 

之 所, 殺 也 C これ 亦 諫爭の 臣.^ 國の寶 とする を 云へ. 50 又 大署篇 に、 口 能 言, 之 身 能 行レ之 國寶 

也 ひ j ロ不, 能 Ji;s、」 身 能 行 i 之 C 國器 也.、 口 能 言 I 之. - 身 不:. 能 a 打。 國用也 (.- 口 言 k 善。 身 行, 惡。 國妖 



大資 なければ、 長く 守る さならぬ な. 00 賢臣の 大寳を 用れば、 民の 上に 懷 くさ、 子の 父母 を 思 ふが 

如く なれば、 ! K 下 は 泰山の 安ん ずるが 如くなる べきな ゥ。 今の 世の 人君、 天 罸神罸 をば 畏る、 1J お 

知れ ども、 民 罸を畏 る、 さ を 知らず 神 天の 翳 固より 畏 るべき HJ なれ 、潜 違くべき の 道 あ, 00 

一 民 罸に當 るの 甚 しきに 至. ON て は、 天子 諸侯と 云へ VJ;„P、 手足 を!^ くに 處な かるべし e 實に畏 るべき 

日 の甚 しき 者に 非ず や 國 家に 主たる 人、 この 旨 をよ く .(. 鉢認 して、 國 豚の 長久 を謨 るべき u な. 00 

本- 昔 後醍醐 天皇 三種の神器 を 抱いて 佳 野 山に 棲み 玉; 3 しかば、 後光 嚴 天皇 即位の 特、 公卿 及 法 數を守 

一 るの 有司み な舊 制に 拘は. て以爲 く、 三種の神器 無 ふして 即位の 禮を行 ふさ、 古より 未だ 其 例な し 

倫 一 と C 因て 群議 淘洶 た. しに、 ニ條 公良 基獨. 奮然と して 群議 を排 して 曰く、 當 今の 時 方に 源 尊 氏 を 

理ー 以て 蜜劎 とす 臣 不肖と 云へ V3 も 願く は 神璽と なりて 天下 を 鎮撫 せん。 天皇 大に悅 び、 その 言に 從 

一 ひ、 遂に 即位し 玉へ. ニ條 公の 言の 如き、 信に 古今の 英斷 卓識と 云ぶべし。 その 故 は、 後醍醐 天 

^ 皇 三種の神器 を寶 とし 守る と 云へ ども、 藤 黃門楠 中 郞のニ 大寶を 用 ひ 玉 は ざ. しゅ ゑ、 南朝 は 遂に 

P ^ 廢 iJ せ. 00 北朝 は 三種の神器 は 無れ ども、 ニ條足 利の 二 寶臣に 任じ 玉 ひし かば、 其の 跺祐萬 萬 年に 

一 及べ. 是れ 後の 神子聖 孫の 善き 龜鑑 な. 却 說賫の 字の 寶の 訛りと 云 ふさ は、 古書 中に をの 證多 

きさな. 00 今詳 かに その 文 を 出して 後學に 示す。 禮 記の 大學篇 に、 楚書 曰。 楚國無 =以 爲., 寶。 惟 善 

以爲 J^o U1? 默 と 舅 犯 曰。 .C 人 無-一 以爲 仁 親 以爲. 寶。 これ 仁 親の 德を寶 とする は、 善人 を 

寶 とする の義 な. 00 下 章に 秦誓を 引て、 彥聖の 人 を 用 ゆる さ を 云 ふ は、 彥聖の 人を寶 とするな り。 

片 山 兼 W 山 子垂銃 接 編 下 三百 十五 



折衷 學汲 111 百 4.H 

の賓の 根本と すれば、 其の 根本の 寶を 害する 不肖の 小人 は、 國の 盗賊な. CNO 愚 閽の君 は、 をの 盗賊 

を 用 ひて、 根本の 資を 遠くる ゆ ゑ、 國を ぼし 身 を 喪ふ箬 のさな 假 へば 吾邦の 三種の神器の 如 

き は、, 周の 九 親 秦 の傳國 so 漢の斬 蛇の 劎 にも 勝. ON たる 無上 靈資 にして、 鎮國 の寶符 な. 5 然 

^ れ ども 其の 德無 ふして 是を 持ち 保てば、 反て 禍を 生ぜし な. CSO 即ち 安德 天皇 は 三種の 砷器を 帶び半 

日 一 ら檀の 浦の 海底に 沈滅し 玉へ, 是 平相國 己れ が 勇 智を縱 にし、 人の 諌めを 拒み、 小 松 公の 類の 大 

本 寶を用 ひず、 德を 修めず 民を恤 まず、 多く 無禮を 行; 3 、神人の 怒. 9 を 受けし に 依らて、 かくば か. 5 の 

? 神 寶も空 器, 作 6 しな. 00 書經の 旅奠篇 に、 人不, 易, 物。 惟 德其物 左 傳の宣 公三 年に、 楚 子が 無 

倫 ^ の 大小 輕靈を 問 ひしに、 王孫 滿在, 德不, 在, 鼎 云云と 對 へし 言、 信而 有, 徵と言 ふべ し 又昭 十八 年 

理 一 に、 子 大叔曰 寶以 保, 民 也と ある を觀 るに、 寶 は 即ち 保の 義 にして、 國の寶 は 即ち 民 を 保ん ずるが 

爲の物 なれば、 民 を 蔑に して 器物の 寶を 重んずる は、 寳の 字の 義に 背けば、 个檨の 人 主 は 神 天の 罸 

を 蒙. -て、 國祐も 短き 箬 のさな. -0 、の 自義か は.; 分 書.? へ^が 篇. 寳のも 字 を葆に 作る も、 この 故な り。 夫 

辗 一 れ民は 天の 愛する 所に して、 神の 主な り 故に 萬乘の 天子と 云へ ども、 罪 を 民に 得 玉 は V、 禱る所 

》 なしと 知るべし 書の 泰誓中 の篇 に、 天視 自, 一 我 民, 視 天聽〕 自, 一 我 民 ー聽。 孔傳に 民 所, 惡者。 天誅 

i 之。 と 云へ る是 な- 90 國 言に 百姓の 字 を 御 寶と訓 ず 御 寶とは 天子の 寶と云 ふさな. 00 御 は 天子 を 

U^K 詞 なり 彼の 三種の神器の 如き は0 文寶と 云 ふ 者に て、 百姓の 齊ぁ ft> ての 上の 寶な り0 此の 百 

姓の 實寶 なければ、 萬 乗の 位 を 一 B も 保ち 玉 ふさ 成らぬな. 00 此の 百姓の 眞寶を 保つ に は、 賢臣の 



此の 多 賢の 助力な くんば、 何ぞ 天下 三分の 功業 を 成し 得ん や。 堯舜の 天下 を 治め 玉 ふとても 同然に 

ズ、 堯典舜 典の 二 篇を觀 るに、 始めより. 終 ftN まて、 外の 事 は 無くて、 賢人 を 得て それ- J\ の 官職に 

爲し玉 ふさの みを载 せり。 衞靈 公の 篇に、 無爲而 治者 其舜 也與。 と 夫子の 仰せられ. る も、 此の 

^ 事に て、 賢人にそれ-^\の官職を授けて治めさせしゅゑ、 舜は 南面 垂 拱し 玉 ふ 計 ft- なり。 故に 泰伯 

日 ^ の 驚に も、 舜 有, 一臣 五 人? 而 天下 治。 と 云へ. 堯舜文武の事は固ょ..^、 後世の 人 主と 云へ ど %、 賢 

本 W 明の 名譽 ある 君に、 者 を 用 ひ C は 無き な .o.-,- 闇愚の 名 ある C 國の君 は、 不肖の 小人に 任ぜざる は 

一 なきな り。 漢 高祖の 天下 を 取らし は、 全く 蕭何韓 信 張 良の 三 傑 を 用 ひし 故な. 90 項 羽の 天下 を 失 ひ 

倫 i し は、 外の事にて^„^無し0 唯 一 人の 范增を 用 ひ 得ぬ より 起り たる HJ な. 左 すれば 天下 國 家の 奥 廢 

理 一 は、 賢者 を 用 ふると 用 ひざる とに あれば、 天下 國 家の 寶に、 資 者よ 上の 物 はなき なり 漢書の 高 

一 惠の 功臣 表に 、自, 古 帝王 之 興。 易 嘗不, 建., 輔弼 之臣。 所 3 與共 成, 一天 功, 者.. 乎 と 云へ. る、 昌 言と 言 ふ 

M Z べし。 もれ ゅゑ此 章に かく 言へ る 意 は、 九 鼎 も 周の 寶な 6、 大玉 夷王 天球 河圖も 周の 寶な. cs、 和の 弓 

編 \ 垂の竹 矢 も 周の 寶 なり、 去れ ど $ それ は 器物の 寶 にて、 大とは 云れ ぬな. 9、 眞の寶 と 云 ふ 者 は、 善 

ノ 人 を 多く 持つ を 云 ふな ftNO 上に も 言へ る 如く、 濟濟 多士と 云へ る は、 語 は 異なれ ども、 善人 是 富と 意 

は 全く 同じさに て、 善人 君子の 賢者に 富ん て 濟濟. る を まふ。 此の 大寶の 賢者 を さへ 多く 蓄へ 持て 

ば、 土地 人民の 喪 も 自ら 手に入る なれば、 して 他の 器物の 寶は、 假ひ隨 侯の 珠 。卞 氏の 璧 にても、 

. 求めず して 來 6 集るべき なり。 故に 賢人 君子 は 人君の 寶の 根本な 力と 知るべし。 賢人 君子 を 人君 

片山兼 山 山 子垂統 後編 下 111 百 f 1 ェ 



折衷 學汲 三 百 十二 

山 子鍾統 後編 下 

越後 滕煥章 筆受 

東都 葛長壽 铺 正 

周 有 n 大賫 1 

又堯 曰の 篇に、 周 有 = 大資? 善人 是富。 この 賫の字 は 本と 資の 誤 ftv?^ るに、 古へ よ ft> 論語 を讀む 人み 

な心づ かぬな. 是れも 字形の 似た るよ. 9 誤. OS たる 內に、 大賫と 云 ふ 語 % 古言に 多く ある 詞 なる ゆ 

ゑ、 相; 3 涉. て 間ち が ひ 誤 ま..^ たるな ゥ 此は大 賫と云 ふて は、 决 してき こへ ぬ る なれ ども、 古言 

に 大賫と 言 ふ 語 往往に ある ゆ ゑ、 古 來の注 家 も それに 迷 ひ 引かされて、 大賫と 云 ふて は、 講釋も 仕 

にく ゝ、 了 然とせ ぬ HJ と は 心 J„p 付きた るなる ぺけれ ども、 寶の 字の 誤 まりなる を 悟らぬ ゆ ゑ、 外に 

了簡 も 付かず、 致し方 S 無き ゆ ゑ、 姑 その 儘に して、 無理なる 注 を 下した るなる べし 國を 治む る 

の 第一 の寶 は、 賢人よ 6 大 る は 無き な ftNO それ ゆ ゑ 大と言 ひ.^ る 者な ftNO 大は 小の 反に て、 賢人 

を大寶 とすれば、 外の寶は何にて^_?皆小寶な<:と知るべし0 大 雅文 王の 詩に、 思 皇多士 生 _| 此 王國? 

王國克 生。 維 周 之 禎0濟 濟多士 文王以 寧 0乙 れ 賢人 を资 とする の 語 は 無れ ど $、を の 意 は 全く 此 章と 

同じ義を述べたる者なft^o 語の 違 ひ, る ゆ 人み な心づ かぬな. 濟濟は 即ち 是 富の 義な 6N0 文 

王の 天下 を 三分し 王 業 を 成し 玉 ふネ、 此の 穸士 賢人の 力に 依 ftN て f55.CNO 文 王 大聖な fts と 云へ ども、 



曰 



本 



彙 

編 



の 如く 廣大 圓滿の 大智大 仁なる ゆ ゑ、 固より 人の 欺誣 などの さは 言 ふに 及ばぬ さな- 90 中庸に 君子 不 

k 動而敬 不 Jin 而信 不, 賞而に 勸。 不, 怒 而民威 _| 於 鈇鉞? 加 樣の處 に 至. 9 て は、 不, 逆, 詐 等の さは 

抑 末 也と 云ぶべし HI 子の 萬 章上篇 に、 象 曰。 爵陶 思, 君爾。 忸怩 舜曰. - 惟 兹臣庶 汝 其于, 予治 

と 仰せられし 等 は、 この 章 を 講ぜん 人 は 必ず 併觀 して、 聖人の 春風 之 和 冬日 之 愛の 氣 象お 想昆 すべ 

きな. 50 



山 子垂統 後編 中 終 

井山 兼 山 山 子垂统 後編 中 S 百 十 1 





軀 



折衷 S K 三百 十 

ばえ は、 母 i 意 さ 明かな り 「し 獨. 我が 夫子の みに 非ず と 知るべし、 。ポ 1^ 抑 亦 先 鱟者是 賢 乎と は、 抑 

は反!^!にて、 上の 逆詐億 信の 三 件と は 打て 變り 反な りと 云 ふさな. 90 先覺と は、 豎聖の 心 は 恒易以 

知, 險。 恒簡以 知 辭 なれば、 奇計 巧智を 用; 3 ずして、 他の 弒僞 を辩覺 する,^ 云 ふな 60 誠に 

不, 出-一 u; 牖, 而 化,, 天下? g§g 言が 賢聖の 能事 なれば、 聖學に 志す 人に、 及ばず 平ら. P 此の 旨 を 欽慕 

して、 仁人 君子の 境域に 入るべきな り" 濃 記の 經解篇 、衡 誠縣。 不^ fc:^-- 輕重? 趣 墨誠陳 (ネ X 可ミ 

欺 以-- 曲直? 規矩 誠設。 不 欺以, I 方圓? 君子 審, tie 不, 可, & 以,, 姦詐 <? と 云 ひ、 苟子 Q 不苟篇 に、 

君子 位 尊 而志恭 心小而 道大、 所,, 聽視, 者 近。 而 所-聞 見-者 遠。 是何 邪。 是操術 然也。 故 千 人 萬 人 

之 情 C 一 人 之 情是也 天地 始者 C 今 H 是也 云云 推,, 禮義 之統? 分,, 是非 之 分? 總,, 天下 之 要? 治- 

海內之 衆? 若, 使,, 一 入? 故 操 彌約而 事 彌大。 五 寸之矩 盡, - 天下 之 方 也? 故 君子 不, 下-, 室 堂? 而海內 

之 情。 舉積レ 此者。 則 操術然 也と も 云へ. 90 誠に 不, 逆, 詐 。不, 億不 i 信して、 人の 愦僞を 知る H/ かくの 

如き 者 は、 此の 操 術 ある 故な. c^o 孟子の 公孫 丑上篇 に、 何 謂, 一知 言? 曰 辭 知, I 其 所蔽? 淫辭 知- 

其 所陷? 邪辭 知-, 其 所 離? 遁辭。 知,, 其 所窮? 生-於 其 心? 害-於 其改? 發, -於其 政? 害-於 其 事? 聖 

人復起 必從- 一 吾 言 ー矣。 これ 亦 先覺の 事な. 9 と 知るべし。 大學 に、 子 曰。 聽, 訟吾猶 人 也? 必也使 

k$c 無, 情 者 3 不, 得, 盡, 一 其辭 V 大畏, 一民 志? 此謂, 知 i。 これら は 先覺の 至れる 者に して、 聖 

人の 事業 斯に 至て 盡 せ.? U 謂 ふべ し。 是れ 大人 者- 與,, 天地 一 合, 一 其德? 與,, 日月, 合-一 其 明? 與, 一四 時, 

合, I 其 序? 與= 鬼神, 合-其 吉凶? 先, 天而天 弗, 違 接, 天而奉 _| 天賠? §fg 言 聖人 盛德の 至り は、 かく 



て は 無き なり。 苟 子の 赋篇 に、 雲を赋 して 曰く、 暴 至 殺傷。 而不 _1 億 忌, 者與 。注 億 。謂-一 以レ意 度 1 ^之。 

論語 曰。 億 則廣中 この 億 忌 は、 即ち 史 記の 陳 丞相 世 家に、 項 王爲, 人 意 忌 信, 讒 と ある 意 忌と 同 

t 義 にて、 その 實證 無き £J を 惡る氣 を 廻して 人 を 意る さな. 50 忌 は 己れ より 勝れる 人 を 忌み嫌 ふ 

fo 即ち 英雄 忌, 人の な. 禮 記の 禮運篇 に、 故 聖人 耐 以,, 天下, 法,, 一家? 以- 中國- 爲-- 1 人-者。 

非,? 之 也。 ^ぱ^?.?::^|§^^必知_-其情? 辟-於 其義? 明-於 其 利? P 於 其 患? 然 後能爲 王。 と 

ある 意 は、 全く 此の 章の 不 億の 億と 同じ 義な. 列 子の 說符篇 に、 人 有-一 亡, 鈇者? 意-其 鄰之 子? 視-ー 

其 行^? 竊 --鈇 也? 顏色竊 --欽 也? 言語 竊 --欽 也? 動作 態度。 無 T 爲而不 4.竊=欽 也? 俄而 相-其 谷? 而 

得, 一 其 鈇<? 他日 復 見-一 其 鄰人之 子? 動作 態度 無-似 レ竊 1 鈇者? 張 注に 此の 意 眛を說 て 曰く、 語 有レ之 

曰 萬 事紛錯 皆從, 意 生 善き 引き 事な. と 謂ぶべし。 史 記の 張 儀が 傅に、 張 儀嘗從 -1 楚相 1 飮。 已而 

楚相 璧。 門下 意-張 儀-曰 C 儀 貧 無, 行。 必此盜 = 相 君 之璧? 共 執-張 儀? 掠 答數百 不, 服 0鮮^ 之 

これらの 意の 字 は、 皆 わるぎ を 廻して 人 をうた ぐる さな- 不信と は、 仁人 長者 は その 心寬大 にし 

て、 わるぎ を 廻して 人 をう.?! d< -る檨 なる ふなき ゆ ゑ、 容易 誑かさるべき かと 思へば、 又 それ は 成ぬ 

さに て、, 心の 內には 黑白を 分つ が 如く、 もの 肺肝 を 尾 通して 居る ゆ ゑ、 人の 誕 然と 信ずる 欉な 

る i は 無き な ftv^ 即ち 夫子の 君子 可-一 逝 也? 不:, 可-一 陷也? 可つ 欺 也 不 k 可-一 阁也? と宰 我に 答へ 玉へ 

る? P 、仁人 君子 は不 i 意 ゆ ゑ、 ふと 欺かる. * ぶ も あれ *ぇ も、 罔ひ陷 る、 と はならぬ な. 90 子 產が校 人の 

預か.??: i る 魚 を烹食 ふて、 子產を 欺した る HJ を、 孟子の 辨ぜら れしを 思 ふに、 5ぱ§ 社仁人 君子の 心 

片山兼 山 山 子垂統 後編 中 S1B 九 



曰 



本 



彙 

編 



折衷 學 汲 ■• 三 ぼ 八 

箬 のさな. 50 又吳 王?^ i の 傅に、 它郡國 吏。 欲, =來 捕-亡 人, 者 C 頌共 禁不, 與。 如 淳曰。 頌猶- 公也? こ 

れも頌 は 公と 古字 同ヒと 注すべき に、 猶と 云へ る は 非し、 ^?;も|_き字||5||2^!、史記には頌を訟に 

作る 音 を 以て 通用した る 者な り 0. 松の 字な どの 類、 公に 從 へる 文字に は、 みな 從の昔 あるお 見れ 

ば、 公の 字に は 古へ 從の音 あ. 9 しと 見へ た. 00 顔師 古が 頒を容 と 作して 讀め るに、 成る 程 頌と容 と 

は 古 宇 同 t き なれば、 容と 見る 1% 當り前 なれ VJ も、 此 にて 容と 通ず る は 非き な 淮南 子の 兵蓉訓 

夫 有-一形 埒-者 天下 訟 見い 之 。注訟 公也と あ. ft.o 古 へ の 人の 偏旁に 拘 はず 文字 を 用 ふ、 と、 是の 如くな 

れば、 億 を 意と なし 意 を 億 となして 讀む 、何の 疑 ふ か 有ん。 それ ゆ ゑ 此の 章の 億の 字 を 母, 意 母 

,必0億則歷中0 の 億の 字 意の 字と 同義に 見て、 不 億と 不信と を 別別に 引 はなして 連讀 せず、 一 一句 一 一義 

と 作して 請めば、 義も穩 かに 文勢 も 順になる となる に、 古来よりの 注 家不っ 億不" 信と 四 字連魏 して 義 

をつ けし ゆ ゑ、 も 下らず、 句法に 於ても 强 にな. 9 、不, 成 i 語 さに なれ ども、 心 付ぬ は 怪し ひべき さな 

.CNO 加樣の 無理なる 文法 は、 外に 15< 例 も 無き ふなる ゆ ゑ、 佘 久しく 疑 ひ 居たり しに、 近ろ 忽 この 解 を 得 

て、 數 の 疑 ひ^ 然 たるな. 不, 逆, 詐と は、 他が 詐.^ と 云 ふさ は、 鏡に 懸 るが 如く 顯 然として、 をの 

肺肝 を 見拨て 居れ ども、 それ を容て 置て 逆 わ 出す 樣な る さはせ ぬな り0 是は仁 人 長者の 用心な. 00 逆 

は 鈎 逆の 逆にて、 即ち 趙廣 漢が鉤 i§i の 法な ど逆レ 詐の頹 なり 君子の 訟を聽 く 上に て は、 反て 恥 ぢ魏む 

HI な, 90 不 億と は、 億 は 角と 云 ふ 屹と晃 擬 所證据 もな きぶ なれ V3 も、 審 かに 他 は加樣 にて は 無き や 

と、 いろくと 知惠 才學を 舞し、 擬 推量 をして、 之 をつ も. 9 う.?^ ぐる を 云 ふなり 此れ 亦 君子の 所爲に 



鄭玄に は 似合ぬ 尾 やうな ケ u 陳注には術與,述同u述省猶-ー循省也,とぁft^o 陳讎に は 奇特なる 尾 方な 一 

.90 然れ ども 述は循 の 字の 轉ヒ て入聲 とな. たる なれば、 述猶 一一 循也, と 云 ふて は 非き なり C 述循古 一 

字 通用す と 注すべき さなり 邶の 日月の 詩に、 報, 我 不ぃ述 毛 傅に 述循 也と あるな ビ、 皆 音の 轉じー 

^ て 字の 變 6 たるまで にて、 義は 同じければ、 祭義を 作れる 人 は、 述を循 と 同字の 心に て 用 ひたる と 一 

日 一 知るべし。 國 語の 鄭 語に、 王 將,, 棄, ー是 類, 而與, 莉同? 注 刺 昔 專と あれば、 是れ專 と 同 用し る 者な 一 

本 一 漢書の 蕭 何が 傅に、 上以, 此莉屬 一-任 何關中 事? 師古 曰。 刺讀與i專同とぁる是なft^o史記の田p 

一 仲 世 家に、 韓馮, 因搏 一一 三國之 兵? 徐廣曰 搏音專 これ 搏の字 も專と 通ず るな. 00 秦始 皇本紀 に、 普 天 一 

倫 一 之 下 搏, 心揖 :50 索隱曰 搏古專 字 C 左傳云 如-琴 瑟之 搏壹? 揖昔集 。この 索隱に 引く 所の 左傯ー 

理 一 は、 昭公 二十 年の 文な. 90 索 隱に搏 を古專 字と 晃 たる は、 固より 可れ ズも、 揖の字 を 音 集と 注せる は. 一 

一 誤.c^なft^c 揖は即ち壹の宇なり。 一と 同じと にて、 專 一の 字 を分拆 して 用 ひたる 者な. 揖の 字に」 

彙 一 一 の義は 無れ も、 昔 を 通 はせ て 借.^ 用 ひたる 者な ゥ C 家 語の 三恕篇 に、 及, 一一 其 至-一 于江津 ?不, 勑レ舟 J 

編 一 不, 避 kc 則不, 可-一 以涉? 舫は 方と 同ヒさ にて、 即ち 並と 古字 通ず るな り oi§ 說 說苑の 雜言篇 に、 一 

^ 同じく 此の 家 語の 文 を 載せて、 躭を 方に 作れ ゥ0 楚懷王 策^も、 勑, 船载 X 卒の文 あり 「」 漢書の 五 & 

志! J 之 に、 京 房易傳 復崩來 無, 咎。 師古曰 今 易。 崩 字 作, 一朋 字? と ある も、 崩朋 古へ は 通用す 一 

る 故な. ^0 後世の 學 者の 儡 旁に 泥む 心よ. は、 誤字と 思 ふべき な.^。 叉 齊哀王 襄の傳 に、 訪以- 一呂 氏 一 

故? 幾亂- 一天 下? 如 淳曰。 訪猶- 方 也? 乙れ も猶と 云へ る は 非き な. 訪は 方と 古字 同じと 注すべき i 

片山兼 山 山 子雜統 後 線 中 三百 七 j 



折衷學 W 111 百 六 

虛展? 而 社稷 不 U 血 食? 然而王 不:, 待 ,ェ0 而與- -建信 君, 何 也。 趙王 未-, 之應, 也。 客 曰 郭假之 法。 

有-所 桑雍? 王 知 k 之 乎。 王 曰 未-之 聞, 也 所』 S 桑雍者 Q 便 辟 左右 之 人 及 夫人 優 愛孺子 也。 

此 皆能乘 _| 王 之 醉昏? 而 求-所, 欲 於 王, 者 也。 是能 得-之 於內? 則大 HH"^ 枉-法 於 外, 矣 ^日月 曝,, 

^ 於 外? 其賊 在,, 於內? 僅 備,, 其 所, 450 而禍 在,, 於 所., 愛 この 兩條 共に 此の 章の 意よ. 出て て、 互に 相 

B 一 發明 する ゆ ゑ、 抄出して 談 柄と 成さし む。 

本 一 不, 億不, 信 

一 又憲 問の 篇に、 子 曰。 不, 逆:. 詐。 不レ 億不レ 信。 抑 亦 先 覺者是 賢 乎 億 は 億 度な り この 億 は 意の 字 

儉 一 と 古字 通用して、 臆の 字の 義な. 00 即ち 母 k 意 母く 必。 億 則 屢中。 の 億;^、 意 も 臆と 同じ 義な. CNO 古 

理 一 へ 意の 字に は、 抑の 音 ある 故な ftNO 史 記の 吳王濞 の 傅に、 億 亦 可 乎 を、 漢書に は 意に 作る。 漢書の 

一 叙 傅に、 隗囂が 班彪に 問へ る詞 に、 抑 者 從橫之 事 復起, I 於 今, 乎 と ある、 抑 者に 意 者と じ義に 

蒙 用 ひたる 者な. 即ち 意と 抑と は 古音 通す る 故な., ン C 故に 後 漢書の 班 彪が傳 に は、 抑 者 を 意 者に 作 

編 一 れ. 00 意 億 臆 憶の 四 字。 字は異なれど;^>、 古へ は 皆 音 を 以て 通用せ しな. 50 今の 古書 を讀む 者、 偏 

> 旁に 拘. -y、 泥ん て義を 誤るべからず 後世に て 意 尾と 云へ る は、 臆 見と 云 ふさな. 00 古音 を 知ら ざ 

る 人 は、 臆晃と 意 晃とは 別 語な々 と 思 r .5。 ま 5, 觸 ぼぼは驟^!^^^^^,!^;! リ 因て 古人の 儡 旁に 拘らぬ 例 

を 出して 證 とす 小雅 正月の 詩に、 洽, 一 比 其 隣, 毛 傳に洽 は 合と ある は、 合と 通用した ると 云 ふさな り 

贐 記の 祭義篇 に、 結-一 諸 心? 形,, 諸 § 而 術-省 之? と ある を、 鄭 注に 術當, 爲, 述。 聲之誤 也 と ある は. 



匠 爲_- 宮室? 爲 レ圓 必以, 規 Q 爲, 方必以 k 矩 a 爲,, 平 直, 必以 準繩? 功已 就。? 知, 1 規矩 繩墨? 而赏, , 巧 匠? 

宫室已 就 ◦ 不, 知, 一巧 匠? 而皆曰 G 善。 此某君 某 主 之 宮室 也。 此不, 可 i 不:, 察 也。 この 論ます,/ \詳 か 

にして、 善く 君 道を說 きたる 者な り0 誠に 臣の勞 は 君の 功と なる. i なれば、 權勢を 貪る の 君 或は 愚 

にして、 好んで 自ら 用る の 主、 よくく 心を盧 にして、 此 等の; i を聽 かば、 政道 は 輔佐の 臣 なくて 

叶 はざる と を 悟いて、 をの!! ぬ 少なから ざるべし。 趙孝成 王 策に、 建 信 君 貴-於 趙? 公子 魏牟 過, 趙尸 

趙 王迎, 之。 顧 反 至 坐〕 前 有-尺 帛? 且 令-工人 以爲. ^冠 G ェ晃, I 客來 也? 因 避。 趙王 曰。 公子 乃驅 = 後車? 

幸以 臨,, 募 人? 願 聞 B 所 3 以爲- 天下? 魏牟 曰。 王 能 重 = 王 之國? 若 =此 尺帛? 則 王之國 大治矣 Q 趙王不 

,說 形-於 顔色? 曰 先王 不, 知-寡 人 不肖? 使^ &稷? 豈 敢輕, 國若, 此。 魏牟 曰。 王 無 X 怒 G 請爲 k 說 

レ之。 曰 王 有,, 此 尺帛? 何不ス 前郎中 以爲, 冠。 王 曰。 郞中 不^^, 冠。 魏牟 曰。 爲 k 而敗 i 之。 奚 

®= 於 王 之國? 而王必 待 ,ェ 而後 乃 使 A 之。 今 爲= 天下-之 ェ或非 也。 社稷 爲-虛 度? 先王 不 -I 並 食? 而王 

不_| 以予 iQ 乃與- 幼艾? 且王之 先帝。 駕 -犀 首, 而 駿,, 馬 服, 以與^ 角逐 Q 秦當時 避-其 鋒? 今 王 憧憧。 

乃 輦,, 建 信? 以 與,, 强秦, 角逐。 臣恐秦 折-王 之騎, 也い 又 客 見, I 趙王 1 曰。 臣聞王 之 使-人 買 也 有, 之 

乎 C 王 曰 有, 之。 何故 至, 今不, 遣。 王 曰 未 k 得, -買, 馬 之 ェ1 也 G 對曰 ◦ 王 何不; 退, I 建 信 君 1 乎 ◦ 王 

曰。 建 信 君 有 一一 國事? ヌ不, 知, 相 fep 曰 王 何 不レ遣 一一 紀姬ー 乎。 王 曰。 紀姬 婦人 也 C 不, 知 i 相, 馬。 對曰。 

買, 馬而善 何- 1 铺 於國? 王 曰。 無,, 於國? 買, 馬 而惡。 何 TT 危 於國? 王 曰。 無, 危- 於國? 對曰。 然 

則 買, 馬而善 若惡。 皆無 S 危, 1 怖 於國? 然而王 之 買-馬 也? 必將, 待 "HG 今 治-天下 1 擧錯非 也。 國家爲 = 

片山兼 山 山 子統垂 後提中 111 百 S 



折衷 學派 HWH 

穿 整の 說 のみ 多き な. 90 畢竟た》 此の 章に のみ 就て 案じ、 古書 を廣く 融通して 尾ぬ 過ちよ 6 起. た 

る £J なり 尸 子の 治 天下の 篇に、 凡 治 之 道。 莫 i 如, 因 ,智0 智之 道莫, 如, 因, 賢 C 譬, 之 雷, 相, 馬而 借- 

伯樂 也? 相, 玉而 借, 倚頓也 5 亦 必不, 過矣と ある、 全く 此 章の 意 あ. 尸 子の 此の 語、 若く は 夫子の 

^ 言 AJ 敷演 せる か、 或は 別に 傳れる 古言 を述 たる か、 何にもせ よ、 此 章の 義設と なすに、 是に 過た る 

日 明文 は 無き な. 孟子の 粱惠王 下 の篇 に,、 今 有 „ 凄-玉 於此? 雖,, 萬鏺? 必使 „ 玉 人 彩,, 琛之? 至 = 於 治,, 

本 國 家-則 曰 姑舍- 女 所 _4 子 而從, 我 則 何 以異, 於敎 3 玉 人 彫-, 琢 玉-哉。 乙れ 語 は 異なれ も、 意 は 全く 

W 此 章と 5? じきな り C 荀 子の 王覇篇 に、 羿鍾門 者。 善 服, 射 者 也 王 良 造 父 者 善 服, 者 也 聰明 君 

倫 一 子 者。 善 服 乂者也 人 服 而勢從 王。 人不 i 服而勢 去^ C 故 王者 さ 於 服 X 矣 。故人 主 欲 fei 射射レ 

理 一 遠 中, 微. - 則莫, 若- 尋議 門- 矣 欲 騐-- 善 sag, 速 致" 遠。 則莫, 若-王 良 造 父, 矣。 欲, 調-, j 天下-制, 秦 

楚 S 則莫, 若-聰明 君子, 矣 其 用, 知甚簡 其爲 不, 勞 而 功名 致:, 大 甚 易, 處 而甚 可, 樂也 故 

^ 明君 以爲 JKO 而 愚者 以爲レ 難 この 苟 子の 論 も、 此 章の 旨に て、 尸 子 孟子と 詳 略の 違 あるの みに て、 

編 一 その 意 は 全く 同じき な. 00 呂覽の 分職篇 に、 通, 一 乎 君 道? 則 能 令,, 智者 謀, 矣。 能 令,, 勇者 怒ー矣 。能 令,, 

》 辨者 謂- 矣。 夫 馬 者 伯 樂相, 之。 造 父御, 之。 賢主 乘, 之 。一 日 千里 無,, 御 相 之勞? 而 有,, 其 功? 則 知, 所 

X 乗矣 Q 今 召 i 客 者。 m 酣 歌舞。 鼓, 瑟吹, 竿 明 曰不, 拜,, 樂^ 者? 而拜- 主人? 主人 使, 之 也 先王 之 立- 

功名? 有お-於 此? 使 S 衆 能 與,, 衆賢? 功 名大 立-於 世? 不, 予,, 佐, 之 者? 而予 U 其 生? 使, 之 也。 譬乏 

若レ爲 宮室? 必 任-巧 匠 I 奚故 OB 匠不, 巧 則 宮室 不:, 善 夫國 重 物 也 其 不善 也 豈特 宮室 哉。 巧 



又衞靈 公の 篇に、 子 曰 吾 猶及, 一史 之 P 文 也? 有, 馬 者 借, 人乘, 之 今 亡矣夫 これ 夫子 上の 人 寒 秋 を 

して 昭 明なら しむる さ 能 はず、 史官の 日に をめ 道 を 失 ひて、 舊史の 遺文の 散逸せ る を 嘆 じ 玉 ふの 言 

fo 寒秋を筆削せる思し召し立ちも、个檨のHiょ.c^起ft^しなるべしo 孟子の 諸侯 惡. -其 害,, 己 也"? 而 

一 皆 去-一 其籍? ^§ の と 言 へる、 誠に 歎 かしきと な. 00 此の 章 言ろ は、 夫子 少壯の 時、 史官 を觀玉 ひし 

日 に、 猶闕 文ながら も、 有 者 借, 人雜, 之の 七 字 あ ft' しに、 今に 至 6 て は、 もの 闕 文の 七 字 さへ も、 

^ 13 失して 傳 はらざる ゆ ゑ、 かくば か. の 面白き 名言 なれ ども、 知る 人な き は朽惜 きさな. *y と、 嘆息し 

\ 玉 へるなら。 亡 矣 夫の 亡 は、 亡失 C 逸の 亡に て、 前方 は 有. し 者の 今 は 亡^る を 云 ふなり。 不幸 短 

倫 ノ 命 死矣。 今 也 則 亡。 人 皆 有-兄弟? 我 獨亡。 古 者 民有,, 三疾? 今 也 或是之 U 也。 など、 皆 前方 有-' し 

理 者の 今 13 な 6.^^ る を 云 ふな. cvo 及 ひ 行き 屆く なり 本と 行き 屆 かれぬ 物の、 幸と 追 ひ 付き 及び 力る 

を 云 ふな ftNO 闕 文の 亡なら ぬ內に 追つ き 及びた る を 幸と し 給 ふ 意な. CNO 有, 馬 者 借, 人亂, 之と は、 假 

彙 へば 善 馬 を a とめ 得. ii- らんに、 生 馬に して 乘 りが たければ、 馬術に ェ 者なる 者に 借て 調 さする さ を 

編 ば 誰? 知 6 たれ ど??、 天下 國家を 治る に 至て は、 をの 道 を 心得た る 賢人 君子に 借て 經 させず、 不肖 

一 の 小人に 任せる は、 如何なる さぞ や、 輕重を 取り 違 へ^る 不心得の な. と 云 ふ 意な hNO 加 樣に宜 

もに 能く 近く 譬へを 取 6 たる 名言なる に、 今. c 逸して 傳 はらぬ は、 惜 むべき の甚 しきな ftNO 史官の 

者の 職 を 失へ る を 傷み、 賠 君の 政の 陵遲 せる を 歎き 給 ふ詞な ftN、 是の 如くに 見れば、, 本と 疑 はしき 

i く、 能く 解た る 文なる に、 古注より 以 來むゥ かしく を かしく 見た る ゆ ゑ、 接學の 者い ろくと 

片山 SB 山 子 ii 統 接 編 中 HI 百 111 



m 

理 





»5衷.«=ぉ 三百 二 

ぐ れば、 をの 世の 風俗の 偷溥 なる HJ、 思 ひ 遣らる >• な. CNO 誠に 禮壤 れ樂 崩れる と 云べ し 溶れ ど 

文武の 道 未た 地に 墜 ちず、 天 倫の 滅 すべから ざる ゆ ゑ、 もの 世に 居ても、 其 人 在れば 其 道 も皋ら 

し *^30 赛 公の 十七 年に、 齊晏 桓子卒 錄 晏嬰巖 緩 斬 苴絰帶 0杖0 菅屨 食 居-倚 廬? 寢 

, 苦 枕, 草。 其 老曰。 非-一大 夫之蹬 也? 曰 唯 卿爲- 一大 夫? 乙れ 大 夫の 身に して 士の喪 禮を行 ひし は、 所 

レ謂 賢者 過, 之と 云 ふ 者に て、 鱧の 中流に は 協 は ざれ ども、 時世の 薄 俗 を矮ん として、 故ら に; の 如く 

せし なれば、 その 志 は 有. 9 難き HJ なり 誠に 聖 門の 齊魯の 諸 儒と 云へ ども、 是 より 上の 至 行 は 成り 

難き さ なるべし。 又 三十 一 年、 公薨 位,, 胡 女 敬 歸之子 子 野? 次- -于季 氏? 秋 九月。 癸 巳 0卒0 毀也リ 

これ 滅 性の 罪な きに は 非れ どネ、 諸侯の 身分と して 加 樣の志 は、 有難き さに 非ず や 檀弓下 の篇 に、 

悼 公之 喪。 季昭子 問-於 孟敬 子, 曰 C 爲, 君 何 食。 敬 子 曰 食, 粥 天下 之 達 鱧 也 吾三臣 者之不 k 能 k 居- 

公 室 也? 四方 莫, 不, 聞矣 勉而爲 "瘠 則 吾 能 母 T 乃 使 £ 人 疑 ,0 夫 不 --以 居" 瘠 者 乎 哉 我 則 食, 食 

これ 老莊の 徒の 蹬を偽 ftv と 云 f るな どの 萌しに して、 風俗の 益衰へ 下れる、 傷むべき さ な. ONO 於レ是 

乎 天 綱 地 紀も絕 るに 幾し と 言 ふべ し。 夫 知者 過, 之。 愚者 不-- 及 也? 賢者 過 ^。不肖 者 不,, 及 也? 

が 古今の 同 f れば、 過, 之 者俯而 就, 之 不, 至 焉者 歧而 及, 之が 百世と 云へ と, .p 易 ふべ からざる 禮 

の 中庸 なれば、 何の 薄不 薄と 云 ふ さ か 有ん。 吾れ 是の 解を閼 雄の 禮義に 止る と、 閱 子の 哀未, 盡と、 

子复の哀已盡とに得た.=^。 ^本 

史之闕 文 



m 



本 



理 

編 



る を 悟り、 殊勝に 膿の 本 を 問れ しなれば、 夫子の 感心 せられて、 その 問 を大な 6 とせられ しさ、 宜 

なる さに 非ず や 因て 姑ら く 左 傅に 尾へ たる 所の 喪 紀の禮 を 失せる 1 二 事を擧 て、 をの 世の 風俗 を 

知らし む 成 公の 二 年。 八月。 宋 文公卒 始厚葬 用, ー歷 炭? 益 = 車馬? 始 用, 殉。 重,, 器備? 椁有, 一四 

阿? 棺有, 1 翰 檜? 君子 謂-華 元 樂擧? 於 i 乎 不臣 G 臣治, 煩 去 i 者 也。 是以伏 k 而爭。 今 二子 者 a 

君 生 則 縦-其 惑? 死 又 益-其 侈? 是棄 君 於惡, 也。 何臣 之爲。 又定五 年。 季卒子 卒0 陽 虎 將., 以,, ハ? 

欽 ^ 仲粱懷 弗, 與曰 改^^}^改,玉。 この 事 を 家 語の 曲 禮子夏 問に 载せ しに は、 季卒 子卒。 將.^ 以, I 君 之 

璃瑶, 激。 $§以* 珠玉 5 孔子 初 爲_1 中 都宰? 聞^。 歴級而 救焉。 曰 送, 而以 _ -寶 玉? 是,, 

尸 於 中原 也? 其 示 ^以_| 姦利之 端? 而有 i= 於 死者? 安用 乏。 且 孝子 不-順 A 情 H 危" 親。 忠臣 不,, 兆, 

姦以 陷., 君 乃 止 これらの 類 は、 外觀を 主として、 君 親 を 大切に 思ふ哀 心よ. 9 出て、 爲 したる さに 

は 非ず 皆 奢 僭に 失して、 非禮を 犯した る 者な り 此の 外 宋の椬 司 馬が 石 檸を爲 6、 三年に して 成 

らざ 6 し HJ^I^g;^ 篇 など、 奢 僧の 甚 しき 者と 云べ し。 昭 公の 十五 年に、 晋叔向 護一 一周 景王, 云。 王 其 

不, 終 乎。 王 一 歲而有 U 三年 之 喪 二, 焉。 於 以 _| 喪賓, 宴。 三年 之 喪。 雖, 貴遂, 服禮 也。 王雖, 弗, 

遂。 宴樂以 早。 亦 非禮也 a 成 十四 年衞定 公卒。 夫人 姜氏 旣哭而 息。 見. 1 大子之 不-哀 也? |§£ 獻不, 內,, 

酌 飲? 歎 曰。 是夫 也。 將不 唯 衞國之 敗? 其 必始- 於 未亡人? 烏 乎 G 天 禍,, 衞國 也, 夫。 大夫 聞, 之。 

無, 不,, 聳懼? 孫 文 子自, 是不 敢舍 U 其 重器 於衞? 盡 PI 諸戚? 而甚善 = 晋大 夫? 又襄 公の 十九 年に、 衞 

石 共子卒 悼子不 k 。孔成 子 曰。 是謂, 魔- 1 其 本? 必不 有-其 宗? これ天子諸侯大夫ょft^してかくの如 

片山兼 山 山 子港统 後 IS 中 



折衷 3 お ill? 

に は 有らね ども、 夷の 字に 轉て 見ねば 底ず みはせ ぬるな. c> と 知るべし。 物の 平易に して 角立ぬ さは、 

悅ば しき さなる ゆ ゑ、 詩 經には 夷 を傥の 意に 使 ふて、 恰と同 用せ り 召 南 艸蟲の 詩に、 我心 則 降 U 

我心 則說 我心 則 夷。 と 用し、 鄭の 風雨の 詩に、 云 胡不, 夷 云 胡不, 瘦。 云胡不 J 吾 と對 用し、 

メ 小雅 正月の 詩に、 旣夷 旣懌。 如-相 酬, 矣と對 用せ. 何人 斯の 詩の 爾還而 入。 我心 易也リ の 易 は、 

P 一 夷と 通用して、 怡の義 な. 50 是 また营 を 以て 怡に通 はせ たる 者 f^60 後世 にても 夷險險 易。 16. 易 平 

本 i 夷。 の 時な V3 は、 互に 相 通用す るな り。 何晏 以来の 注 家 个樣の 解 を 知らず して、 字に 就て 强て義 を 

一 求めし に 依りて 、かくく だらぬ 注の み をせ 6 若し 易 を 治と 訓 ずる 時 は讀で 夷と する さ を 知らば、 喪 

输; 與, 一 其 夷 也-と は 言れ ぬ 解 を 知. 9 て、 自ら 易 は 具の 誤りた る を も 悟くべきな. hNO 且つ 假令喪 を 治る に 

理 一 易の 字, 使る にして.^、 治の 義 にして はき こ へ ぬと 云 ふ は、 此は喪 鱧 を 厚く しても、 哀 心が 無れば 

5 却て 禮に協 はず、 禮の 本意 を 失へ る さ を 云 (るな. ONO 喪 を 治る を 抑る に は 非ず 喪は溥 くな. と! _p 

はさ 一 厚くな. とも、 治めねば 成ぬ u な. CSC 治の 字 は 薄き にも 治と 云 ふべ く、 厚き にも 治と 云 ふべ く、 治 

編 の 字に 本と 薄 厚の 義は 無れば、 與- 其 治, と 云 ふて はき こへ ぬ さに 非ず や 孟子の 滕文 公上篇 に、 

一 吾 聞 夷 子 墨 者。 墨 之 治 一一 喪 也? 以 ,溝爲= 其 道 也? と 云 へるな ど 見つ ベ し。 お g^^ls^i 彷舂 秋の 

世の 時 は、 旣に醴 壤れ樂 崩れた る ゆる、 列國の 諸侯 大夫 ともに、 淫 樂慝鎗 のさの み 多 か. 9 しさな り0 

彼の 孔門の 高第宰 我の 賢 を 以てすら、 欲, 短, 喪 ほどの さなれば、 其 他 は 推して 知るべきな. 90H"l!15 

§i?s1ttj^ 上 之き 已し乎 加樣に 門下 高 第の 人に て さ 《 、かくの 如くなる に、 林 放の 世 鱧の 是に非 



曰 



本 



理 



編 



べきな. 00 包 氏が 易お 和 易 也と 注せる は、 あま ftv 苟且なる さ にて、 義を 成さ. 《- る さなれば、 辨 ずる 

に 足らず 朱 氏の 易 を 治と 訓 じて、 孟子の 盡心 上篇の 易, I 其 田 疇, と 云へ る 語 を徵 文に 引た る は、 據 

も ありて 義を 成す 檨 なれ VJ«-、 是^*=究竟ずる所はきこ へ ぬさになるな60 をの 故 は、 易 を 治の 義に 

使 ふ は、 古書の 中に 多く ある さなれ ども、 みな 田 畠 道路 草木の 上に て 言へ る詞 にて、 治, 喪 治, 棺な 

どの さに 易の 字 は 使 はぬな 60 孟子の 滕文公 上に、 夫以, 一 百 畝不, 易爲, 一己 憂, 者 農夫 也 詩經 の小雅 

南 田の 詩に、 禾易 長, 畝 禮 記の 檀弓 上に、 易 i 墓 非,, 古 也? 苟 子の 王制 篇に、 修,, 採淸? 易,, 道路? 又 

富國篇 に、 民 富 則 田 肥以易 田肥以 易〕 則 出, 實 百倍 又 曰 其 道 易 其 塞 固 襄 三十 一 年の 左傳、 

司 空以, 時 平-易 道路 ー國 語の 晋語 一 に、 雖 K 獲 f 沃田, 而動 易お 之。 將弗 k 克, 饗。 呂覽の 辨土篇 に、 農夫 

知, 一 其 田 之 易 也? 凡そ 此の 易の 字、 注 家み な 治と 訓ず 然れ ども 總て皆 田地 道路 を 治む る 上に 就て 言 

へる 詞な. り 未だ 治 喪 治 棺治國 治 天下な V5 の 時に、 易 を 治の 代. に 使 ひたる 例 を 見あたらぬな. oO 

今 古義 を 以て 考へ 正す に、 易 を 治と 訓 ずる も、 その 實は 講釋詞 にて、 本義に は 非るな ftNO 易の 字 を 

个樣に 使 ふ 時 は、 夷の 字に 通用 させた る 者な, =>。 易の 字に 治の 義は 無しと 知るべし。 夷 に 即ち ii^l 夷 

陵 夷の 夷な 60 左 傳の隱 公 六 年に、 爲,, 國家, 者。 見つ 惡 如,, 農夫 之務 去,, 草焉 夷 蘊,, 一崇 之? 絕,, 其 

本 根? 勿, 使 = 能戒? 則 善 者信矣 周禮の 藤氏 職に、 薙氏 掌, 殺 k 草。 赛始生 而萠, 之 夏日 至而 夷, 之 

秋繩而 ^1 之。 冬日 至 而粗, 之 U と 云へ る 夷 は、 即ち 易,, 其 田 疇? 易 J^o の 易と 義 同じき な. 50 夷 は 

草穢 艾. 9 除きて、 地面 を 半して、 凸囬 なから しむる を 云 ふな. CNO もれ ゆへ 治と 訓 ずる J_p 當らぬ さ 

片山兼 山 山 子 垂 統 後編 中 11 百 九十 九 



繊 橐理儉 本 曰 



折衷 學 《 二百 九十 八 

具の 訛りた る. i もます/ \ 知る ゝ ^り。 有, 棺而 無レ椁 は、 喪 器 を 具ざる なり C 厚, 一 葬 之 一は、 貧富 有 

t を辨 へず、 强て 棺椁を 具へ しな. 9。 孟子の 後 喪 一前 喪- 及び 充 虞と 問答き ほび の 事な 

ど は、 貧富 有 U の 中庸 を 得た ろ 者な り 學者心 を 潜めて 玩味せば、 聖人の 鱧の 本意 も 明かなる べきな 

AVO さて 論語 一 篇の 文の 例 を 以て 觀 るに、 此の 章の 前後み な魯 の君大 夫の 事 を 論ぜし なれば、 此の 

章 は魯昭 公の 爲に 仰せら るるに 似た 60 その 故 如何ん となれば、 左 傳の襄 公三 十一 年に 昭公を 立て 

て魯 君と せし を、 穆叔不 "欲 曰。 是人 也。 居, 喪 而不, 1E£io 在, 感而 有, 一嘉 容? 是 謂, ー不 度? 不度 之. <o 

鲜未 妯惫。 若果立 王必爲 _,季 氏 憂? 武 子不, 聽。 卒立 王。 比 k& ;。 三 易 &。 衰 W 如-故 衰? 於 

k 是昭公 十九 年矣 a 潜 有-, 量 心? 君子 是以 知-其 不., 能, 終 也。 又昭 公の 卞 一 年 九月。 葬,, 齊歸? 

公不 叔向 曰。 魯公室 其卑乎 。君 有-大喪? 國不 feko 有-三年 之 喪, 而 無-, 一 s 之慼? 國不, 恤齜 

不;, 君 也。 君 無,, 感容? 不, 顧て 親 也 國不 ,君 君不, 顧 ご 親 C 能 無, 卑乎 G 殆其失 i 國 a この 二 件 

に据 るに、 秣 放の 元と 問 ひたる, も、 漫然と して 問 ひたる にも 非ず、 夫子の をの 問を大 なう として かく 

答へ 玉 ひし も、 皆威發 する 所 あ. ての tj な. 5 と 知るべし。 左 もなければ、 大 哉と 仰せられし も、 當 

る 所なくて、 眛 なき 樣に思 はる ゝなゥ 大 哉と 仰せられし は、 國の爲 に 威ず る 所 あるよ. 出た るな 

るべ し 前に も 言へ る 如く、 前後の 章み な魯の 君臣の 禮を 失へ る £J を 言 ふなれば、 この 章ば か. AN 漫 

然として 泛く 鱧の 本意 を 明すべき 樣 はなき な- 90 且つ 譫語 一 篇の 文例と; P 違へば、 かた, f- 以て 昭 

公 君臣の 爲に發 し. p:i る 問答な りと 知るべし 讀む 者よ くく 6 を 留めて 審 にせば、 その 翁 自ら 晃ゅ 



曰 

編 



事 未, 輟也 卒矣然 後作,, 具 之? 故 雖,, 備家? 必 跪, 日然 後能殘 三日 而 成, 服 然後吿 J 、逸 者出矣 備 

i 物 者 作矣。 これ は 殖歛之 具を備 ふる 上に て 言 ひたる 者 なれ ど 5<P 、具の 字の 意味 は 同じき な. 00 左傳 

の 襄公五 年に、 季文 子卒。 宰 i^-- 家 器? 爲,, 葬備? 無 = 衣, 帛之 妾? 無-食, 粟 之 馬? 無, I 藏 金玉? 無,, 重 

器備? 君子 是以知 ヨ季文 子 之 忠,, 於 公 室 也? 相,, 三 君, 矣。 而 無,, ^積? 可, 不 Jsk 忠 乎。 杜注。 ^具 也。 

これ 季文 子が 儉 約なる ゆ ゑ、 喪具と て 別に こしら ゆるさ なく、 家 器に て 葬の 備を なして、 事を辨 

する 程の さな. しか VI も、 輕 くも 重く も、 喪の 事 は 治めねば 成ぬ さ ゆ ゑ、 家 器に て 間 を 合せた るな 

ftso まの 文な どを審 かにせば、 治の 義 にて はすまぬ と 云 ふさ、 明白に 知らるべきな ftvufsfjij:;^.;- 

t, 檀弓 上、 子 路曰。 吾 聞,, 諸 夫子? 喪禮。 與, I 其哀不 i 足 而禮有 P 餘也 不, 若 禮不, 足而哀 有, 餘也 祭 

禮。 與-ー 其敬不 i 足而禮 有,. 餘也。 不, 若禮不 i 足 而敬有 k 餘也〕 祭 は 敬 を 主と し、 喪 は哀を 主と す 所 

, 謂禮之 本な 60 是 また 此の 草の 注釋 となすべし。 又^ g 子路曰 傷 哉 貧 也。 生 無, I 以爲 P 養 死 無,, 以 

爲" 禮 也。 孔子 曰。 啜, 菽飮, 水。 盡,, 其歡? 新 之 謂, 孝 激,, 首足 形? 還葬而 無, 椁 稱,, 其 財? 期 之 謂, 

鱧。 これ 亦 子 路の貧 ふして 歛 葬の 器用 を 具る ij 能 はざる を 傷みし によりて、 夫子 かく 仰せられし な 

60 即ち 先進 篇に、 顏淵; 顏路 請-, 子 之車以 爲,, 之椁? 子 曰。 才 不才 C 亦 各 言-其 子, 也 

す 鯉也 死。 有, 棺而 無, 椁。 吾不 B 徒行 以 爲,, 之椁? 以, 吾 從,, 大夫之 後? 不 * 可,, 徒行, 也の 意な 6N0 又 顔 

淵 死。 門人 欲, =厚= 葬 之? 子 曰。 不可 門人 厚,, 葬 之? 子 曰。 回 也視, 予 猶,, 父 也 7 予不, 得, 視 猶,, 子 也? 

非, 一 我 也? 夫 二三 子 也 これらの 諸 文に て、 此の 章の 義も 明かに 分れ、 夫子の 本意え 知れ、 易の 字の 

dt 山 兼 山 山 子垂統 後編 中 二百 九十 七 



曰 





折衷 學 pa 二百 九十 六 

則 忘と は IB- なるな. 小雅 谷風の 詩に、 忘-我 大德? 思-一 我 小. 怨? 左 傳の成 十三 年に、 穆 公不, 忘- -舊 

德? 俾 ョ我惠 公用 能 奉- 祀于 普? これらの文を見て^<?、 忘 は德の 字と 相將る 字なる さお 知. fti、 忌 は 

忘の 字の 誤. 9 なる さます/ \ 分 るべ きなり。 

喪 輿-其 易 也, 

翁 語の 八借篇 に、 林 放 問- -禮之 本? 子 曰。 大哉 問。 醴與 -1 其 奢 也-寧 儉 。喪 與-- 其 易 也-寧 戚。 この 易の 

字 は、 本と 具の 字の 訛な. 字體の 似た る ゆ ゑ、 あやま ftN-p:- るな. OVO 具と は 殖^ 葬埋の 器具 を備具 

する HJ な. 50 所, 謂 喪具 殖歉之 具な どの 具にて、 棺椁衣 衾の 類 を 云 ふな. 00 是は禮 記の 擅 弓 等に この 

章の 意 を 論じた る處 にて、 明かに 易 は 具の 字の 誤. 5.1 ^るる 疑 ふべき さに は 非れ V3 も、 古來の注^}^心 

づ かぬ ゆ 今 こ、 に 徵文を 出して、 世の 學 者に 示すな ftNO 檀弓 上に、 子 柳 之 母 死 子 碩請, 具 

fS いま子 柳 曰 a 何 以哉。 子 碩曰。 請 粥- -庶弟 之 母? 子 柳 曰。 如 k 之 何 其 粥-人 之 母? 以 葬-! 其 母 也? 

不可 C 旣葬 子碩 欲., 以-, 賻布 之餘, 具 • 祭器 5 子 柳曰レ 不可 吾 聞-之 也? 君子 不, 家-於 喪? 請 班-諸 

兄弟 之 貧者? 又 曰。 喪具い 君子 恥 M。ll^sif„^、、 一 B 二日 而 可,, 爲也, 者。 君子? 爲也? i 顏; sf-- 又 

曰 子游 問-喪具? 夫子 曰 稱,, 家 之 有 亡? 子游曰 有 惡 乎齊" 夫子 曰 C 有 母, 過 苟 亡矣0 斂- 

首足 形? 還 葬。 縣, 棺而 封。 人豈 有-一 非レ之 者-哉。 これらの 具の 字、 みな 與-ー 其 具 也-寧 戚 の 具の 意に 

て、 即ち 此の 章 善き 注釋 なり。 苟 子の 醴讒篇 に、 禮者 C 謹-於 吉凶- 不- 相 厭-者 也。 5^^满聽息之時0 

則 夫 忠臣 孝子.」 亦 知-其 鼯 -已" 然而嬪 飲 之 具 C 未, 有-求 也? 垂涕 恐懼。 然而幸 生 之 心 未, 已 C 持 生 之 



、 これに 過ぎた る 盛 德《? 無き な 60 書の 大禹 謨篇 に、 帝 曰 來禹 降水 儆, 予 成, 允 成, 功 惟 

汝 賢。 克勸, I 于邦? 克儉 -于 家? 不 --自 滿假? 惟 汝% 汝 惟不, 矜。 天下 莫_, 與, 汝 爭., 能。 汝 惟不, 伐。 

天下 莫, ー與, 汝爭 1^ 功。 予戀 一一 乃德? 嘉 一一 乃 績? 公冶 長の 篇に, 顏淵 曰。 願 無, 伐レ 善。 無, 施, 勞。 上 

係辭 に、 勞謙 Q 君子 有, 終吉。 勞 而不, 伐 a 有, 功 而不, 德。 厚之 至 也。 語 ,以_| 其 功 > 下, 人 者. 1 也 G これ 

日 一 皆 居, 德則 忘の 義 なり。 老子の 學は 易よ. 9 出た る 者な り。 故に 此の 意 述て 曰く、 上 德不, 德 是以 

本 有』。 下 德不, 失 k 德。 是以 無, 德。 左 傅の 襄ニ 十九 年に、 季札見 T 舞-一大 夏-者.. 曰。 美 哉。 勸而不 JiG 

非, 禹。 其 誰 能修レ 之。 又 同年に、 叔向 曰。 鄭 之罕。 宋之 IT 其 後 亡者 也。 施而不 k 德。 樂氏加 焉0苟 

倫 子の 有坐篇 に、 孔子 曰 夫水大 徧與, 1 諸 生, 而無, 爲 也。 似 Jio 又 哀公 篇に、 孔子 對, 一 哀公 ,曰0 所 

理 ピ謂 君子 者 a 言 忠信 而心 不, 德。 仁義 在, 身 a 而 色不, 伐 思 盧明通 而辭 不レ爭 G 故猶然 如,^, 可 及 

者 君子 也。 呂覽の 任數篇 に、 至 智棄, 智。 至 仁 忘, 仁。 至 德不, 德。 れ 老子の 旨 なれ ども、 をの 實は 

M 一 この 傅の 意な. と 知るべし 晏子 春秋の 雜.. ^篇 に、 君子 曰 俗人 之 有, 功則德 德則驕 。晏子 有, 功 

編 一 免-人 于厄? 而反訑 之? 其 去, 俗 亦遠矣 乙れ 晏 子の 越石ハ 乂が臣 僕と な. 5 し を 贖 ふて 恩德 とせ ざ 

うし を稱 せし 詞な. 00 魏安蟹 王 策に iP 睢が信 陵 君に 謂へ る詞 に、 人 之 有, 德 一一 於 我 也? 不, 可-忘 也? 

吾 有 レ德= 於 人 也? 不, 可, 不 ,1 忘 也? この な VJ は、 眞の 長者の 言に て、 此の 傅の 善き 注疏な ftNO 淮南 

子の 齊俗訓 に、 今 世 之爲; 1 者。 恭敬 而忮。 爲, 義者。 布施 而德。 君臣 以相非 骨肉 以生, 怨。 則 失., 

, 醴義之 本 一也。 乙れ 末世に 至り、 風俗 あしくな. 5, 人に 德を 施して 恩に かける を 云 ふ。 君子の 居, 德 

片 山 兼 山 山 子垂統 i 後 探 中 二百 九十 五 



曰 

本 



理 



折衷 學 5g 二 _a 九十 四 

天の 雲の 如く なれば、 陸 を 行けば 山嶽の 類が 妨害 をな す ゆ ゑ、 水擊 して 海 通に 運ゥ 行くな ft>o もれ 

を 海動必 有-一大 風 一な ど > -、 本文に もな き 風の 字 を 添え 足して 見る さ、 妄の 至. 9 な. 50 然れ ど? P 个檬 

に 用 ふ 時の 則の 字 は、 希 逸の みに 限らず、 總 ての 學者も 誤-. 9 解せ hNO 家 語の 執轡篇 に、 子肓曰 徵 

則徵矣 然則 非,, 治, 世 之 待 也? 太宰 氏の 增 注に、 一 本然 下 無-則 宇, 是也 これ 上に 引く 所の 列 子の 

然 則と 同 例なる に、 一 本を是 とする さ、 古學 に專ら なる 太宰 氏に は 似合ぬ と 言 ふべ し。 說苑 の雜言 

篇に、 騰她 遊-, 於 霧 露? 乗- _ 於 風雨, 而行。 非-千里- 不;。 然則暮 託-宿 於 蹈饉之 穴 1 所- 以然, 者 何 也。 

用 X 心不, 1 也。 呂覽の 知士篇 に、 良工 之與 一一 馬 也, 相 得。 則 然後成 など、 ある 則の 字 は、 太 宰氏は 

何と 解せられ しに や 物 氏な V? 个檨の 則の 字 は 解し 得られぬ と 尾 へ て、 苟 子の 君道篇 に、 故に 有 一一 社 

BLWL ILiN, 俄. 編. 鸣., 5S&^ iik.^ifeo is 



_ 苟 子に、 俄 則猶, 一 忽然, と 注せ. 是れ 則の 字 を讀み 得られぬ ゆ ゑ、 本と 注す るに # 及ばぬ 語 を 注せ 

彙) しな. 00 若し 必ず 注せん とならば、 俄 則猶, 一 俄而, と 注すべき さ な. CNO 又而を 則の 字と 同 用した る 例 

一 は、 荀 子の 富國篇 に、 今 之 世 而不, 然 厚_, 刀 布 之欽? 以^,, 之 財? 秦昭襄 王 策に 物 至而反 C 冬夏是 

" 也。 致 至 而危。 累蘂是 也。 呂覽の 賁信篇 に、 夫 九, 一 合 之, 而 合。 一 匡 之, 而聽 從, 此生矣 劉 向新 序 

の雜 事の ニ篇 に、 如 而 禍不, 至矣 。說苑 の 政理篇 に、 欲 而東 欲, 西而 西。 なビ、 ある 是な 6NO 

かくの 如きの 類 は、 信に 古 害 中には 篇 ごとに 有る なれば、 勝げ 盡 されぬ る ゆ ゑ、 今 姑く その 萬が 一 

を擧 て、 世學 を啓發 する さ爾. 00 居, 德則忘 は、 大 禹の德 にして、 顏 子の 願 ふ 所 なれば、 古聖 賢の 用 



忌の 語よ. 9 思; 5:1? きたる 者な. ONO 窮 なき 注と 言 ふべ し 程傳曰 君子 觀下澤 決 二 於 上? 而注, I 溉於 下- 

之 象? 則以施 b 及ラ" 謂, 施-其 祿澤? 以 及,, 於 下., 也。 觀- 其 決瀆之 象? 則 以居, 德 則ら P 居, 德。 

謂, 安- -處 其德? 則 約 也。 忌 防 也。 謂.. 約-立 防禁? 有-防 禁? 則无, I 潰 散, 也 U 王弼 作-明 忌, 亦 通 G この 

伊川の 說は、 其の 强 通なる さ、 王 注よ 6,p 甚 しと 云ぶべし 則 を 約と 訓し、 忌 を 防と 訓ず るか 如き 

は、 無稽の 甚 しき 者に して、 妄 作の 至りな ftNC 本義 曰 C 居德則 忌。 未 i 詳" M の 朱 氏の 注 は、 王 sit! 二 

氏の 解し 得ぬ る を 強に 解して 後學を 誤る に は 勝れり と 云ぶべし 如何 さま 不, 知 は不, 知と して 闕如 

し、 後の 識者 を 待ちた きさな 總 じて 書 を 注せん に は、 加樣に有.c^たきtJな.c^o 忌の 字の 忘の 訛 

ftv なる.^ は、 甚た 似た る 字 ゆ ゑ、 古人に も 心 づきた る 人 有りし ならん なれと も、 則の 字の 而と 同じ 

きる を 知る 人な き ゆ ゑ、 千載の 今に 至る まで、 正す 人 無 しな. 是れに 因て 則と 而と同 用せ し 例 

を擧 て、 世人に 示す C 荀 子の 君道篇 に、 使 = 賢者 爲.. 之。 則 與,, 不肖 者, 規 k 之。 使, 一知 者盧. ^之。 則與 -- 

愚者, 論 i 之。 呂覽の 十月 紀に、 於, 是察, 一 阿, 上亂, 法 者 一則 罪, 之。 無, 有- 檢蔽? 韓非 子の 解老篇 に、 

慈母 之 於-弱 子 也? 務, 致-其 福? 則 事, 除-其 禍? 列 子の 仲尼篇 に、 聖則 丘何敢 然則丘 博學多 識者 

也 莊 子の 逍遙 遊篇 に、 是鳥也 海運。 則 將;, 徒 一, 於 南 冥? の 類、 これらは則と而を同用したる者な..^0 

然るに 林 希 逸 この 義を 不, 知して 曰く、 海運 者。 海 動 也。 今 海 源 之 俚 歌 G 猶 有-一海 動 之 語? 海動必 有-一 

大風? 云云。 など 云 へ る、 信に 笑 ふべき となら。 希 逸 は 文章 を 知れる を 以て 自負した る 人な ftNO .然 

るに 加 樣の助 字に 暗き は 何 ぞゃ。 鵬の 海運す る 所以 は、 背の 大 いさ 幾千 里なる を も 知らず、 黧も垂 

&; S 兼 山 山 子垂统 後編 中 二百 九 ヤー 11 



折衷 學 5g 二百 力 f 二 

性? 其 稼 穑以, - 人事- 爲 k 名" 非- 是土之 本性? 生 k 物 是土之 本性 其稼穡 非-土 本性 也? 愛 亦 曰 也。 變 

, 曰 言, 愛 以 見- 此異 一也 C 六 府以- 土 穀-爲 ^lo 由-其 體異ー 故 也。 蔡沉も 亦 この 誤 6 を 承て 言へ る 

は、 潤 下 炎上 曲直 從革 以, 性 言 也。 稼 穡以, 德言 也。 稼穡 獨以, 德言 者。 土 兼-五行? 無-正位? 無- 

成 性? 而其生 之德。 莫 k_> 於 稼穑? 故 以-- 稼穡- 言 也。 稼 穡不, 可 H 以爲- 性 也? 故不 舀舀而 曰, 愛。 

爱於 也。 於:, 是稼 穡而己 非, 所, -以名 也? 孔 祭の 二 氏 共に 史 記を讀 まぬ 人に て は 無き な. 不圖讀 み 

過して、 氣が 付ぬ 故 か、 或は 氣が 付ても、 史記も 謬 誤 多き 書 なれば、 舊 習の 說の 先入と な 6 て、 却 

て 史記を 疑 ひ 信ぜず して、 此の 如きの 附會を 生た る 者 か、 實に たは ひもな き强 解に て、 捧腹に 堪へ 

ざる i にて、 辨す るに 足らざる なれ ど 1*、 孔蔡の 二 氏 共に 大儒の 名 ありて、 一家の 學を もな したる 

人なる ゆ ゑ、 箇樣 にこと. しく 書き立てく 後世に 貽れ ば、 何 か 深き 意味 % ある 樣に きこ へて、 初 

學の 人け 肢き迷 ふて 信用す る 故に、 丁寧す るる かくの 如し 。誠に 理窟 は 言 へば 言る >- 者に て、 何の 說 

もな き處 にこと. f しく 義を 生た るな 6.0 平地に 波 漏 を 起す と は、 加樣 の. V なるべし。 

■ 居 Ji 則 忌 

周易の 夬卦の 象傳曰 澤 上-於 天- 夬 君子 以施, 祿 及い 下 居, 德則忌 この 忌 は 忘の 字の 訛りな. 90 

字の 似た るに 因て 訛りた るな. 古来の 注 家 これに 心づ かざる ゆ ゑ、 種種の 隐 說を逞 くせし な 60 

王弼曰 夬者。 明, 法 而決斷 之 象 也 C 忌禁也 法 明 斷嚴。 不, 可- 以慢? 故 居, 德以 明, 禁也 e 施而能 

嚴 巌而能 施 健 而能悅 決 而能和 美 之 道 也 111-5 を訓 じて 禁 とせし は、 別に 据 あるに あらず 禁 



m 



本 



理 

編 



盾した る 說の驟 6 を 承て、 をの 非 を 正さ. 《• る は、 粗 齒と云 ふべ し 左 傳の僖 十五 年の 愛田 を、 國語 

の晉語 1 一一に は轅 田に 作る。 音の 通用な. CNO 是 を傅士 凱が 辨 誤に 讓, 肥取, 磽の義 に 見た る は、 臆說の 

甚 しき 者と 云ぶべし。 詩の 周南卷 耳の 詩に、 云 何 吁矣の 云 何 は、 小雅 十月 之 交の 詩の 干 何不, 臧の干 

何と 同 t きな. 周 頌淸廟 の 詩の 對, 一越 在天, の 越 は、 於と同じきな.c^o 左 傳の宣 公 十二 年に、 晋の 

欒武 子が 楚莊 玉の 事お 言へ るに、 干 民生 之不, 易 禍至之 無, BO 戒, ー懼 之, 不, 可,, 以怠? 杜 注に 于曰也 

と ある を、 世の 左 傳を讀 む人奇 語の 樣に思 ふに、 畢竟 は 古書に 熟せぬ 故な ftNO 古の 學 者に 在て は、 

加樣の u は 常 茶飯な AN と 知るべし 于は 曰の 字の 入 聲の轉 じて 平聲 とな. CN.f:^ るな. 00 云の 字 も 言の 

字? P 同じ ことにて、 曰の 字の 平聲 にな .<=> たるな. 50 詩 曰と 云 ひ 詩 云と 云 ひ 詩 言と 云 ひ、 皆 同義に な 

る箬のことなft^o 唐 山の 音 を 少しく 學 ベば、 此 等の u は 能く 分る ことな- 90 小雅 六月の 詩に、 王于 

出征。 以 匪-一王 國? とめる 于の字 を、 鄭 達に 于 曰と 訓 じたる は、 さすが 漢 代の 人なる 故な. 50 後世に 

て は、 唐 山の 人に も、 古音 を 知る 人 鮮きゅ ゑ、 加 檨の注 をす る 人 は 無き な 60 畢竟 は 古音の 明かな 

らぬ 故の ことな. 00 漢書の 食貨志 上に、 豳風 七月の 詩 を 引て 曰く、 嗟 我婦子 聿爲 - 改歲? 入,, 此室, 

處〇 師古 曰。 聿曰 也。 これ は聿 曰の 音 近き を 以て 借用した る 者な. 00 或は 古音 は 同じき も 知る ベ か 

らず 今の 詩に は 章 を 曰に 作れ. かくの 如く なれば、 曰の 愛と 訛りた るぐ らゐの さは、 書 藉の注 を 

もす る 程の 人 は 悟べき さなる に、 存知の 外左檨 になき 者に て、 舊 しく 誤りた る 事 は、 說 J„p ある 檨に 

心得て、 發正 もなら ずと 尾へ て、 孔潁 達が 正義に、 上文 洞 下 炎上 曲直 從革 即是 水火 木金 體有 一, 本 

片山 被^ . 山 子垂統 接 編 中 二百 九. H 



折 哀學: 二百 九 4- 

のみならず、 古今の 書 共に 加 樣の事 多 かる ぺければ、 後人の 立 を 粒に 改め 作 たる も 知る ベから ざ 

る さな. 90 

土 爰__ 稼穡, 

力 又洪 範の篇 に、 水 曰,, 潤 下? 火 曰. I 炎上? 木 曰 •, 曲直? 金 曰_| 從革? 土 愛-稼 穡? この 爱の字 は 曰の 字の 

B . 誤. 5 なり 入 聲の轉 訛して 平聲 となりた るな- 50 上の 水 曰, I 潤 下, よ. CN 以下の 四 句と 同 句法なる べき 



本 

理 



に、 何の 義 S なきに、 土に 限りて 愛と 云 ふべき 道理な し。 孔傳 にもた レ種 曰レ稼 翁 曰, 穡。 土 可, ー以 

種? 可-一 以欽? とば か. 5 ありて、 愛の 字の 注なければ、 孔安國 が傳を 作. 9 し畤 まて は、 上の 四 句と 同 

じく 曰の 字に て、 未だ 愛の 字に は 訛らぬ と 見 f .i^ft>o 左 なくば 決して 安 國が注 無くて は 叶 はぬ H> 

な. 5。 史 記の 宋微子 世 家に この 拱 範の文 を 載せて、 明かに 土 曰-稼 穑, に 作 6 て あれば、 大史 公が 史 

記 を 編める 時 も、 爱の 字に は 訛らぬ と 知るべし。 何れ 愛と 訛りた る は、 遙か 後の 事と 晃 へた ftNO 古 

書を考 るに、 愛 曰 云 言 越於于 章の 八 字 は、 平 去 入の 聲の刖 のみに て、 古 は 互に 通用した るな り。 然 

編 一 れ ども fj 、にと 讀む時 は、 互に 通用 すれ ど?. p、 いわくと 讀む時 は、 爱も越 も 曰と は通ぜ ぬな り。 超 

もこ ゆるの 義と なせば、 愛 曰の 二字に は通ぜ ぬな ftNO 親 じて 文字に は 加 樣の比 多き さなり。 假 へば 

盤 庚 下の 編に、 殺, 一 愛 有衆, 曰と ある は、 爱を 於と 同 用した る ものな. 漢書の 食貨志 上に、 下田 二 

歲更 耕, 之 自愛,, 其處 .ii 康曰 爱於 也。 この 愛に 爱 田の 爱 にして、 易と 訓 ずべき に、 於の 義に 見. 

る は 非な ゥ。 この 義は 地理 志; トの轅 田の に詳に 見へ たるに、 師古も fx 康が 彼に 注せし と は 自ら 矛 



禮 以頓. ^時 o 信 以守, 物 民生 厚 而德正 用 利 而事節 時 順 而物成 上下, §5 睦 周旋 不, 逆 求 無, 不 

, 具。 各 知 一一 其 極? 故 詩 曰。 立-一 我 承"; 民? 莫, 匪- 爾極? と 云 ( る も、 丞苠乃 立 。萬 邦 作- 乂。 の 意に て、 

立 は 即ち 六府三 事の 道 を 治めて、 丞ぃ JK の 極 を 立る を 云 ふな. 50 粒の 義 にて はなき な.. 國 語の 周 語 上 

に、 良 夫が 厲 王の 榮夷 公を說 びし に 因て 言れ し詞 に、 夫 王レ人 者。 將 _>1 導-利 而 布-之 上下-者 也。 使 T 

神人 百 物。 無 * 不, 得-其 極? 猶 日休惕 懼-- 怨之來 也? 故 頌曰。 思 文 后稷。 克 配-彼 天? 立-我 t^fe-? 

莫レ 匪-一 爾極? と 云 (る ネ、 左傳に 引ける と 同意に て、 生 民の 爲に立 i 極の 事と せ. 50 立-一 我 t^JK? 莫 

匪, ー爾 極? は、 立 極の 二字 を 分 用した る 文法なる に、 粒食の 義に 見た る は、 疎^の 至 6 なれ VJ?P、 

畢竟 は 乃 粒の 粒 は 立の 字と 古字 同じき を 知らざる よ. 5 して、 此の 牽强 附會を 生せ. 周禮の 家宰職 

に、 惟 王 建, 國 辨, 方正, 位。 鉢, 國經, 野 設, 官分, 職。 以爲 一一 民 極? これ 立 極の 事に して、 丞"; 民 乃 

立の 解と なすべし。 列 子の 仲尼篇 に、 堯の 康衢に 遊び 兒童 の謠を 聞し^も、 立-我 丞? 民? 莫 k 匪- -爾 

極? 不 Ji 不, 知 順-一 帝 之 則? と 云 ふ 語 あ. 是 また 六府三 事の 克く 治まりた る 至極の 處を 言た る 者 

な 此 等は别 して 粒と なして 見て はすまぬ tj な. ONO 〇 再ぴ按 ずるに、 書の 原文 は、 本と 立の 字^ 

.0 しに、 後の 人 深く 思 はず、 上の 文に 播種の 事 あるに 依. て、 率爾に 改めて 粒と 作し、 米食の 義に 

說 きたる を、 安國 ももれ に從ひ 因. たる も 知るべからず 古書の 文に は、 かくの 如き 例穸 きさな. 00 

家 語の 後 序に、 孔子 家 語 散- 1 在 人間? 好事 者 或 谷以, 意 增-- 損 其 言? 故 使 T 同是 一事 而輙異 * 辭。 世 

說 新語の 陸 放 翁 序に、 唐初史 臣修, 嘗。 率, 意竄定 多 非- -舊 語? な VI >- 言へ る 事 S あれば、 家 語世說 

片山簾 山 . 山 子垂統 接提中 U 百. 八ナ九 



本 



折衷 擧汲 二百 八十 八 ; 

粒食の 文 あれ ズ、 孔傳に 粒 を 米食と 訓 じたろ も、 にくから ぬ樣 なれ ども、 つまる 處は穏 かなら ねさ 一 

な 立と は 丞、- 民の 身 持 生業の 立ちた るお 言 ふな. 9C 總て 物の 屹と きまり ふっきた る を 力と 一 

云 ふな. 00 三十 而立 己 欲, 立 而立, 人 などの 立 も 此の 意な り。 左 傅の 成 公 十七 年に、 ^ 至 曰 人; 

〉 所- 以立? 信 知勇 也.〕 孝經に 立, 身 行, 道な V3 云 ふ も、 みな 今日 身 を 持ちて、 屹と 世に 顯 はれ 立つ を 云 一 

n 一 it 民 乃 立と は、 洪水 天に 滔. て 下民 昏 塾せ しに、 禹稷 益の 功に 依りて、 正德 利用 厚生の 三 一 

事 水火.^ 木土穀 の六府 C よく 治まう, 一民 も 衣食に 足. て、 生業 も 致しよ くなら、 家家 禮 譲に 興 一 

6 て、 身 を 能く 寺 ウ やうに 成りた ると な ASO これ 即ち 周 頌思文 詩の 思 文后稷 c 克配 = 彼 天? 立-我 唇ん 

民? 莫 i 匪 一一 爾極? とい へる と I? じく、 后稷の 功を述 て、 語意 も 全く 同じき な.^。 但 詩と 書と 立言の 一 

異なる まての さなり 鄭玄 乙の 義を 知らず して、 書經 の丞? 民 乃 粒の 文に 依. 5 て、 却て 此の 立 我 r^iK 一 

の 立 を 立當, 作, 粒と 言へ る は、 あちらこちら のさに て、 甚 しき 謬妄と 謂つべし 朱考亭 《 ^亦 もの 謬 一 

.0 を 承て、 立 粒と 通ず と 注せし よ. 5、 定說 となりて、 後の 學者も 是に疑 ひの 發る者 もな きな. 50 衩ー 

又 この 詩 を 諸の 古書に 引た るを觀 るに、 皆 立の 義 にして、 粒と なした る は 一 もな き なれば、 古義 一 

みな 立の 義な るに、 鄭玄が この 篇に 1^; 民 乃 粒と あ. 9 て、 后 稷の功 を 述べ、 詩.? -亦 后稷の 功を述 て、 一 

立 Kt^, 民と 言 ひ、 且へ 后稷の 民に 稼 穑を敎 r し *i も あれば、 をれ に 泥て この 謬說, ^成せし な. 故 一 

に 古書に 引^る 此の 詩 を 擧て鄭 朱の 謬お 知らし む。 左 傅の 成 公 十六 年に、 由叔 時の 司 馬子 反に 軍の 一 

道を敎 へし 詞に 曰く、 德刑詳 義禮信 戰之器 也 C 德以 施, 刑 C 刑以 正, 邪 詳以 事, 神 「」 義以 建, 利。 一 



理 

彙 一 





本 



なる ゆ ゑ、 已 むさ を 得ず して 治と 注せる なるべし。 是れ旣 發の發 は 法の 字の 音の 訛. なる を 知ぬ 故 

なり す、 II れ 毀 家 語の 執轡篇 に、 墟土之 人大。 これ 墟を虛 と 同 用した るな. 00 然るに 太宰 氏の 

大戴禮 作 X 虛是 也と 言れ し は、 古學 をす る 人に は 似合ぬ 事な 6C 官名の 太子 洗 馬の 洗, p、 先と 同 用し 

たる 者な ftso 故に 漢書 百官 表の 先 馬の 注に、 如淳曰 前驅也 C 國語曰 勾踐 親爲, 一夫 差 先 馬? 先 或 作,, 

日 , 洗 也 一と あ 又禮樂 志の 郊祀 歌に、 長麗 前谈。 光耀明 晉灼曰 C 拨即 光炎 字 也 これら は 皆 篇が有 

-TV ても扁 なきと 同 t きな. 左 傳の襄 公二 十七 年に、 晉楚狎 主 一一 諸侯 之盟, 也 久矣。 杜注 狎更也 C 國 

語の 晋語 < に、 今將 一一 ー與狎 主, I 諸侯 之盟? 韋注 狎更也。 更の字 また 拾と も 音 を 以て 通ず るな 儀 

禮の鄕 射禮篇 に、 取, 一 弓矢-拾。 禮 記の 投壺篇 の 請 拾投の 拾の 字, -、 鄭 注に 共に 抬更 也と 訓す。 釋文 

に 拾其刼 反と す C いかさま 旁に 依て 觀 るに、 拾に は 更の音 ある 箸の さなり C 曲禮 上の 拾 i 級聚, 足の 

拾 も、 更と 同じさな るに、 鄭玄 抬當, 爲, 涉 聲之誤 也 と 注した る は 何 どや 謬と 言 ふべ し 漢書 

の 成帝紀 i4、 大風 拨-- 甘 泉畤中 大木 十韋 以上? 師古 曰。 韋輿, 圍同。 又 禮樂志 効祀の 歌に、 五 昔 六 律。 

一 依 韋饗昭 C この 韋は 違と 同じく、 饗は 響と 同じき なり 又陳 湯が 傅に、 至-一康 居, 求, 一谷 吉等 死? 師古 

^ 曰 死 尸 也 呂覽の 期賢篇 に, 扶, 傷 輿, 死。 死 は 屍と 通じて 即ち 尸な- 此等 はみ な 字の 異同に 拘 

らず、 音 を 以て 同 用した る 者な り 故に この 粒の 字, p、 立と 作して 見る の 義の穩 かなる が 可な. 00 

尤も 禮 記の 王制に、 西方 曰, 戎。 被, 髮衣 k。 有 ,不= 粒食, 者, 矣。 北方 曰 k。 衣-羽毛-穴居。 wr 

不- 粒食 1 者よ 矣。 晏子奢 秋 c§ に、 四海 之內 社稷 之 中 粒食 之 民 1 ,意 同 i 欲 など \ 古言:^ も 

片山兼 山 山 子垂统 接 編 中 二百 < 十七 



折衷 學 派 二百 八十 六 

60 粒 は 立と 同じと にて、 古字 通用す るな り t^: 民 乃 立と 云 ふとな ゥ 加樣 に晃れ ば、 下句の 萬 邦 

作, 乂の乂 の 字と 釣. *=- 合 ふて、 語意と もに 妥帖 して、 その義 一 段と立ち上A^てきこゅるなft^c古字t! 

Ijj 日 さへ 通 ずれば 字の 異なる に拘ぬ ふ、 古書の 通例な り C 今 その 徵を擧 て 世 儒に 示す 堯 典の 篇に、 

平-, 秩南 訛? 孔傳に 訛 化 也。 大詰の 篇に、 天降-; 割于 我家 ー不, 少。 孔 傅に 割 を讀て 害と す C 君爽篇 に、 

遏, 一 佚 前人 光? 在, 家 不レ知 孔 傅に 佚 を 解して 失と す 趣の 破 斧の 詩に、 四國是 %0 毛 傅に % 化 也 

鄭の 山有扶 蘇の 詩に、 山 有-橋 松? 接に 橋を喬 となす C 割の 干旄の 詩の 干 そ、 家 語 好 生 篇には 竿に 作 

る。 儀 禮の士 喪禮篇 に、 賀 k 之 結- -于 後? 鄭 注に 賀加也 C 左 傳の昭 公元 年に、 子 木 之 信 稱-- 於 諸侯? 

詐』 n 而駕焉 C 杜 注に 駕猶, 一 陵 也, 此れ 加と 同 用した る 者な. 50 然るに 杜預駕 を 陵の 義 となし、 加と 同 

じ 意味に は 見 たれ ども、 駕と加 は 古字 同じき さ を 知らざる は、 左 傳を專 業と して 他の 古書に 通 熟せ 

ざる 故な り C 莊 子の 庚 桑楚篇 に、 譬 猶,, 飮, 藥 加., 病 也 釋文 C 加 崔本作 ^駕0 云 加 也 呂覽貴 因の 

鐘に、 其 至矣 r 不^,, 以駕, 矣 G 高 誘が 注に、 駕加也 高 誘 は 小 儒に て、 杜預に 比すべき 人に は 非 

れ ども、 さすが 時代が 時代 ゆ ゑ、 かくは 注 をした るな り0 商 頌長發 の 詩に、 玄王梪 撥と ある 撥 も、 發 

と 同 t きな 6,0 發は 即ち 中庸の 發强 剛毅 樂 記の 發 揚蹈厲 大公 之 志 也。 の發 な. nNO 發の 字と なし 

て讀 めば、 梪の 字の 武貌と 釣 6 合 ふて、 をの 義 親切 穩 協な 60 然るに 毛傳 に、 桓大 撥 治 C と訓 し、 

朱 氏は桓 をば 武と訓 したれ VJ も, 撥をばゃは^^毛傳に依りて治と注せft^o 撥 を 治と 訓 する さ、 至て 

妄 なる なれば、 朱 氏 も穩^ ならぬ ふと は 思 はれ^らん なれ ど 5_f>、 下句の 遂視 旣發と 押韻に 於て S 



通 はした る 者なら o 苟 子の 賦篇。 箴に 長-其 尾, 而銳- 一 其 剽-者 耶と ある、 是れ刀 未の 剽^. 90 然れど 

も^子の 虔 桑楚篛 に、 有, 長而 無-一 乎 本 剽? 釋文 本 剽 作, 撐同 C と あろな ど を 見れば、 古へ は 泥まぬ 

とと 見へ た. の 萬 章下篇 に、 擦-一 使者-出-諸 大門 之 外? 趙岐が 注に、 標麾 也と あれば、 是《 ^標 

^ と同fflし.i^る者な..^o 麼は a じる しとな し 下知 をな す 者 なれば、 標 糠の 義な. 90 字窨を 案ずる に、 

日 W 剽の 字の 注に 標識 也と 注し、 ^の 字の, 注 に 揭也。 標記 也 G と 注し、 標の 字の 注に 表 也 C 記 也。 と 

b- _ 注す る を 以て 見れば、 古へ は 標標剽 三 字、 共に 音 も義も 互に 相 通用した るる 明かな. 90 その外 校 

本 一 

校。 構 構 の 字の 通用す る 類、 あまた 有る るな. 50 扨 詩經は 古き ヤー 3 ゆ ゑ、 別して 誤 訛 多き な. 今 

输 毛鄭 朱の 三 氏の 注を觀 るに、 大 底み な强釋 がちに して、 信用なら ぬ さの み 多し 。畢竟 は 誤字に 就て 

BJ 苟且に 義を 付し 故な り。 譬 へば 豳風東 山の 詩の 勿, 士- 一行 枚 一の 行 枚 は、 行邁の 音の 訛 ft^、 魯頌 閟宮の 

理 < 

一 詩の 克咸 -I 厥 功一の 咸は、 成の 字の 誤りなる i 明かなる に、 三 氏の 注 其に 誤字に 義を 生けし 類、 枚舉 

彙 一 すべから ず 此 等の 誤 訛 は、 少し 心 を 用れば 知れ 易き tj なる にさへ、 此の 如く なれば、 をの 他 は 例 

^ 推すべし 詩經は 殊に 愚見 多ければ、 擧げ 示す に遑 あらぬ ゆ ゑ、 今ゎづ かに 一 端を擧 て、 W 學に古 

編 ^ 

^ 書 を 捌く 法お 知らし む 

丞? 民 乃 粒 

書 經の益 稷の篇 に、 f^i 民 乃 粒。 萬 邦 作, 乂 孔安國 曰 米食 曰:, 粒 C 安國の 此の 解 は、 上文の 曁, 稷 

播。 奏, ー庶 艱,, 食鮮食 の 文に 依て かく 見 4::- る 者な. 90 然れ ども あま 6 苟且の 注に て、 穩 かならぬ さな 

片 山 兼 山 S 子 垂 統 後編 中 二百 八十 五 



. 曰 



本 



理 

0. 

緩 



折衷 * SS 二百 八十 四 

禁發の古言なるK^.-知るべしo 司 馬 法の 仁本篇 に、 會, 之以, 一 發禁, 者 九。 劉 寅が 直 解に、 發當, 作, 法 C 

と ある は、 法の 字の 發に訛 6 たるな. 00 商 頌長發 の 詩の 率, 履 不,. 超 遂 視旣發 と ある 發„_9、 法の 

字ゅ說 hi りと 知るべし C ば § 謂 ま 

標有, 梅 

詩經の S 南標有 梅の 詩に、 摞 有, 梅 其 實七兮 とめる を、 毛 傳に標 落 也 盛 極 則 墮落者 梅 也 尙在 

,樹 者 七。 と 注せ. CSC 乙れ 摞の 字に は 落の 義 あるに 非ず 音の 通ず る を 以て 標を 讀て飄 となし、 鼠 落 

の義に 取らた る 者な り。 朱 氏 もや は 6 毛萇が 誤. 5 を 襲 ふて、 落の 義 とせり r. 毛 朱の 請の 通り なれば、 

地に 落て ある 梅の 實 七と 云 ふさに なるな ftNC 然れ ども それにて は義 すまぬ ゆ ゑ、 在, 樹者 七と 注せ 

Ave これ 字 を 顛倒して 義を 生け、 强 讀の甚 しき 者 なれ ども、 古來 よ. 疑 ひ を 生ずる 人 もな きに や、 

未だ 之 を 正せる 人 を 聞かず C 標は 古へ 標と 通用 すれば、 此 にて は 讀て標 となし、 木 標の義 となして 

見るべき なり 木 標の標 となせば、 文頓 ひ義穩 かにして、 注 を 待たず して 意 明かな り 毛萇 標に 

て はまねば こそ、. 音 を 通じさせて 飄の 字と 作して 讀め 60 も; を 轉て讀 むなら ば、 標の 字に なし 

丫見 るが 手み じかにき こ ゆるるな るに、 廻り 遠く 瓢の 字と なした る は、 不 圖心づ かぬ 故なる べし 

且へ 古へ は 手扁木 121 は 同 用した る さなれば、 の 字 を 直に 標の義 と 成して 讀む Kp 苦しから ぬ さな ftNO 

漢書の 王. 韩傳 上に、 及, 至, 一 靑戎標 末 之 功 C 一 言 之勞? 然敏晋 蒙-丘 山 之 賞? と 云へ る 摞の字 は、 全く 

標と 同じく 使 ひたる 者 ゆる、 木末 之標と 注すべき に、 服 虔が標 音 刀 末 之 襟と 注した る は、 剽の 字に 



菜食 不 k 鑿 o 昭- ー其儉 一也 o と 云 へ る 同意な .00 釋文 hi 整 子洛反 精米 也 C 字 林 作, 穀 子 法 反 云 

糲米 一 斛。 春 爲-, 八 斗? 正義に 九 章 算術。 粟 率 五十 鑿 三十 四? 言 S 粟 五斗 爲,, 米 二 斗 四 升? 是則米 

之 精 鑿。 これにて 穀の義 も 明かな り。 大雅 召妥の 詩の 彼 疏期裨 の 達に、 米 之 率 糲 十。 裨九 鑿 八 

一 侍 御 七。 正義に 言 米 之 率 C 糲十 裤 九。 整 八。 侍 御 七 者。 其 術 在-九 章 粟 米 之 法? 彼 云 粟 率 五十 糲 

日 米 三十。 禅 二十 七。 整 二十 四。 御 二十 一。 言,, 1 粟 五 升 爲,, 糲米三 升? 以下 則 米 漸細。 故 數益少 四 種 

fe, 之 米。 皆以 J 一一 約 i 之。 得,, 此數, 也 C 言此明 K 耀 麓-於 禅? 故爲. 1. 疏 也。 左 馎の昭 公 五 年に、 荡啓彊 云 

聖王行 k 躕。 朝聘 有, 珪 C 享覜 有, 璋 小 有,, 述職? 大 有,, 巡 功? 設, 機 而不, 倚 爵盈 而不, 飮。 宴 有,, 好 

偷 一 貨? 翁 有 _ ー陪 鼎? 入 有-一 郊勞? 出 有-一 贈賄? 禮之至 也 と ある も、 此の 孔傳 の據 となすべし 禮 記の 聘 

理 義に、 聘射 之禮。 至大 鱧 也) 質 明 而始行 Jto 日 幾 中 而后禮 成。 酒 淸人渴 而不- 敢飮也 7 肉 乾人貺 

而不- ー敢食 也? 日莫人 倦。 齊莊 正齊。 而不, r 敢 解惰? 以成, ー醴 節? これ 亦 上と 同意に て、 禮の 至れる も 

一 の大 なる 者 は、 人 神と もに 同じさな 6 と 知るべし 康熙 字典 殺の 字の 注を考 るに、 穀許委 切。 又即 

i 一 各 切。 與 J^lek 義。 又 作 Jsio 或 作-糠 檠? とも 云へ り Go 夂五刑 章の 傳に、 聖君之 所., 以 爲,, 天下 儀 <? 

^ 存亡 治亂之 所, 出 也 君臣 上下 皆發焉 と ある 發の字 も、 世の 人 講釋に 困るな. ONO 是は 法の 字の 聲の 

誤 A- たるな, 90 發と 法と は 音 同じき ゆ ゑ、 古今の 書に 善く 互に 誤れ ゥ0苟 やの 王制 篇に、 山林 澤梁 

以 i 時禁法 而不, 稅 と ある 法の 字 は、 發の 誤. 9 な- 故に 楊 ^5!§の 注に、 非, 時則禁 及, 蹄則發 と 

言へ. 00 管 子の 八觀篇 に、 山林 雖, 近。 車 木雖, 美 宫室必 有, 度 禁發必 有, 時 と 云 f る 文, にて、 

片山兼 山 山子垂 SB 接 編 中 • 二百 八十 1ュ 



折衷 s- PS 二百 八十 二 

じきなft^c 故に 達に 將猶, ー扶進 也, と 注せり 大 雅文 王の 詩に、 殷 士膚敏 裸, I 將于 京? この 將も獎 と 

同じき な. CSC 獎の字 また 欖 にも 作る C 左 傳の昭 公 六 年に、 誨, 之 以;、 飞 聳, 之以 X 行 C と ある を、 漢 

書の 刑法 志に これ を 引て、 聳を慢 に 作る。 師古曰 C 侵 謂 • 一 弊 也? と ある 是な. 杜預の 字に 因て 瓷懼 

也と 注し、 晋 灼が慢 古凍 字と 注せる は、 爾雅の 釋詁に 依て 言へ る さなれ ズ も、 此 にて は當ら ぬな. 

聳は 固よ. 竦と 通用 すれ ども、 此 にて は師 古の 如く 讀て獎 とする が 可な ら。 その 故 は、 此 にて は悚 

懼の義 はなき なり C 此の 處の義 は、 手 あらくな く柔 かに 敎るを 主として 言へば、 悚懼 の義に 見て は 

すまぬ さなり C 且つ 悚 i 之以 i 行と 云 ふて は、 行の 字も穩 ならぬ さ になるな. CVC 漢以 後の 書に 扶獎弊 

稱獎進 獎拨獎 訓獎學 など 言へ る 語 ある も、 皆 この 獎 順の 獎と 同義な. 9 と 知るべし。 5 麵 t1 ,^ヤ^ 

書に 多し、 承ば 奉と 同義 なれば、 奖と義 も. KLL 異ならず、 且 

つ 音 も 近ければ、 義も相 通ず るなる べし、 此の 說 別に 記す、 

不毀 皆發附 • 

又 喪 親 章の 孔傳 に、 祭器 陳列 而不, 御 C 黍 稷潔盛 而不, 毀 と ある 毀の 字 を、 世の 講釋を 業と する 人 

辨に窮 るな り。 余 も 亦 久しく 疑お 菩 へしが、 近な ろ 毀 は 殺の 字と 通用す る さ を 悟て、 その 義始て 明 

かな. 淮南 子の 主術訓 に、 堯茅 茨不, 剪。 釆 椽不, 新 大路 不, 畫。 越 席不, 緣。 大 囊不, 和 Q 菜食 不 

レ穀。 注穀細 也。 穀音毀0然らば大宰氏.^"毀音穀と音注,^出さるべきさなれども、 毀の 字 を 解し 得ら 

れぬゅ ゑ、 捨て置れ しなるべし。 毀 を 字の 如くに 讀て はすまぬ MJ な. 00 左 傳の桓 公二 年に、 椬 公の 

宋ょ. 赂し大 鼎 を 大廟に 納れし を、 滅哀 伯,, J れを 諫めし 詞の 中に、 淸廟 茅屋 大路 赵席。 大 囊不, 致 



山 子垂統 後編 中 

越後 滕焕章 筆受 

東都 葛長壽 铺正 



m 



將触其 美, 

本 一 孝 經の事 君 章に、 將- 一順 其 美? 匿-救 其惡? と ある 將の字 は、 弊と 作して 讀 むべき な. 將と 弊と は 

古字 同 用す るな- 弊 は 其の 人の 一 人して は 成し 得ぬ を、 傍ょ6^カを添て其の事を扶け1^を云ふ0 

孔傳 等の 諸 注に、 如 i 字に 行と 訓 じたる は惡 きな. 漢 害の 杜欽傳 に、 欽之 稀, 過將 J^o 皆 此類也 

一一 師古曰 將助也 一 なビ 古義 見 ウベし 。此の 將 など は、 行の 義に 見て は 決してす まぬな り 弊 順と は 

君の 类行赛 意 を獎 成順從 して、 逆 はず 怠らず、 その美 善 を 遂げ 就 さしむ る を 云 ふ 即ち 輔佐の 事な 

6,0 順の 字に は 遂の意 あ. cvo 善惡 共に 言 ふ詞な 60 家 語の 始誅篇 に、 順, 非而澤 子の 公孫 a 下篇 

に、 古 之 君子。 過 則改, 之。 今 之 君子 過 則 順, 之 朱 注に 順猶, ー遂也 一と 云 へ る是な ゥ0 左 傳の昭 公 

二十 六 年に、 王子 朝の 諸侯に 吿る辭 に、 我 一 二 兄弟 甥冀 弊-順 天 法? 無, 助-狡猾? と 云へ る 文な ズ 

は、 此の 章の 善き 證据 な..^。 又: iii 二十 八 年。 王子 虎 耍言曰 皆 弊-王室? 無,, 相 害, 叉 襄公十 一 

年。 同, 一 盟于毫 一の 載 書に 、救,, 災 患?;? 禍亂? 同一 一好 惡? 弊 一一 王室? と ある も、 救と 弊と を 相 映 じて 用 

ひたれば、 是 れ亦徵 とすべし"」 詩の 小雅 無將大 車の 詩の 無, 將- 一大 車? 祇自 塵兮。 と ある も、 獎と同 

片山兼 山 山 子垂統 後編 中 二百 八十 1 



理 

編 



s 二百 八ャ 

k.0c 不. fek 广寵. - 哀- 名之不 令? 不 k_- 年之不 登? 夫 中 行范氏 C 不』 庶 2 而欲 &,, 晋國? 

今 其 子孫 一、 將, 耕-於 齊? 宗廟 之犧: 爲- ー默: IS 之爨? 人 之 化 也 C 何日 之 有 C これ 亦 變化を 以て 言 ひたる 

者な Ac 蒲盧の 話柄に は 善き 物語 6 ゆ ゑ、 抄き 出して 初學に 示す C 再び 按ずる に、 蒲 逮は捧 棗と 音 

近き ゆ ゑ、 借用した るなる べし C 吳 音に ベば、 蒲と 棒と は 同じ 聲 になれば、 音 は 通用す る 窖 の 

I^Ayc 奉行 供奉な どの 類 見つべし 二 姑く 疑 ひお 書して 後考を 待つ- 



出 子垂統 後編 上. 終 



世に 在しても、 德を 以て 政を爲 すより 外の さは 仰ら れぬ は、 是が爲 の 故な. 本と 上 H<± 载 。無, 聲 

無レ臭 不ぃ 言して 四時 行焉。 百 物生焉 。に 則りて 政令 を 煩し くし 法 禁を繁 くせず して、 不レ識 

不, 知。 順-帝 之 則? Ilfl いつの 間に か 移 k 易, 俗 て、 皡瞎 如と して yjfgS 篇 民日遷 而 

一 不, 知 一一 爲^ 者? § これ を 君子 所^者 化。 所 一存 者 神。 上下 與_ 一天 地, 同^。 娟と も言ひ 、如-時雨 化" 之 

日 ? と 《 ?、 大而 化乏之 謂, 聖。 聖 而不, 可, 知, 之 之 謂, 神。 ,| と illl ふな. -。 苟子も 神莫, 大= 於 化&。 

本 一 5§f 誠心 守: ,仁 則 形。 形 則 神。 神 則 能化矣 ogf g 化 夫 民。 易- 一 以 而不, 可- -與共 故 明君。 

臨 i 之以 k 勢。 道, 之 以堇。 申, 之 以崙。 章, 之 以^。 禁 X 之以 お。 故 其 民 之 化 = 道 也, 如:, 神。 辨說惡 

儉 用 矣哉。 化な どゝ 云へ ftNO 此れ 皆 上係辭 の默而 成, 之。 不, 言 而神 存,, 乎德 行? 衛靈公 篇の無 

理 一 * 爲而 治者。 其 舜也與 家 語の 王 言 解篇の 孔子の 曾 子に 語 6 玉 へ る不, 出, ー戶 牖? 而化 一一 天下? の 意に 

一 て、 中庸 全篇の 榴要 これに 外なら ずと 知るべし 此の 意 を 以て 中庸 を讀 まば、 思 ひ 半に 過ん 此れ 

驚 all 人 經濟の 奥義 極 旨に て、 固よ. fl^ 草 次の 筆に 言; S 盡 すべきる に 非ず ◦ 伹蒲盧 の 義を述 るに 因て、 姑 

編 一 く 其の 端緒 を 開て、 世 學の晦 庵 仁 齋徂徠 等の 毒に 醉 へる 者に 示す 心 あらん 人 は 思 ふて 得べき な り。 

一一 此の 蒲 盧の義 を 知らず して 政を爲 さば、 天下 國家を 治る の九經 1„p 空文と なりて、 道 も 行 はれま t き 

なり 眞の 聖學に 志さん 人 は、 此 等の 處 によく く 心 を 留て玩 索せば、 古より 多少の 諸 儒の 中庸 を 

注せし 說の 胡說漫 解た る を 悟るべき なり 國語 語に 趙簡子 歎 曰 雀 入, 一 于海, 爲, 蛤 雜入, 一 于淮, 爲 

レ展 OS 鼉魚鼈 莫, 不,, 能 化? 唯 人不, 能。 哀 夫。 寶孿 侍。 曰臣聞 王。 君子 哀, 無 乂不」 及 kifeo 哀 

山 子垂統 後編 上 n 百 七十 九 



曰 

編 



折衷 孽 PS 二百 七十 八 

す も、 をの 如くに て、 即時の 用 は 速 かに 辨 ずれ ども、 國 家の 爲に 長久の 墓 を 建る Hi は 成ぬな り。 上 

に 云へ る 如く、 聖人の 道 は 草木の 春 芽 を 吐き、 夏 長て 綠 陰お 成し、 秋 黄に 成り、 冬 地に 落て 土に 化 

する が 如く、 漸を 以て 變 じて 化するな り。 申韓 等が 道 は、 夏の 靑 葉に 湯 を 伕て枯 し、 火 を 以て 炙り 

て黃 にす る樣 なる 者に て、 その 成る る は 速 かなれ ども、 根本 を 傷 ふ 基と なりて、 來歲は その 樹幹 を 

併せて 失 ふなり C 老子の 法令 滋彰 盜賊多 有 ◦ M 計と 云へ ろ は、 聖人の 天下 を 治る 思し召しに 能く 

協 ひたる さに て、 刑罰 法律に て 天下 を 治めん として は、 刑 すれば 刑す る ほど 罪人 は 多く 出來る 者な 

Ayo 夏の 蠅を 粘に て 取. て斷 さんと する が 如くに て、 迚 手のと. > かぬ さな ftNO それよ- 9 は 蠅の生 

ずる 所以 を考 へて、 穢H{:を去るの善きには如かざるなft^o畢竟申韓等が術は、 一旦の 功業 を 立て、、 

己れ が 名利に する を 主として、 國家 長久の 策 を 立て、、 天下 後世 を 仁す る 心なき よ ft- 起. 5 たる 乙と 

fo 聖人 は 大智大 仁なる ゆ ゑ、 民 は 愚 なれ ど 又 神なる 者に て、 §?」ug 欺き 凌ぐ 乙との 成ぬ を 知 

-9、 又 愚なる ゆ ゑ、 放 辟 邪 侈に 陷 6 易き を も 知る ゆ ゑ、 それ を 不便に 思し召し、 此を 治る 道 を盧る 

に、 德 化よ 6 外 は 仕方なき な 德 化の 政 は 迂遠なる 樣 れど „p、 その 實 は 却て 3^ 徑 なる ゆ ゑ、 聖 

人の人を敎(導くは、前に向て說も德政、後に向て說.^-德政、柬に往て說ネ德政、 西に 往て 說ネ德 政、 

治る にも 德政、 亂る、 に 1*德 政、 行住坐臥、 造次 顚沛、 德政を 離れて 別に 思し召し もな きな ftvc を 

の 敎は他 術に て 治れば、 折りた る 花へ 水 を沃て 暫時の 生 氣を養 ふ 如く、 迎も 長く は 保 たれず、 且へ 

勞 して 効な く、 却て 大害を 生して、 生 民 を 毒 苦さす る媒 となる ぶ 少なからぬ ゆ ゑ、 もの 道の 行れぬ 



物育焉 o と 云 ふ。 此れ 中庸の 極 功な 6 然れ ども 是れ 一 朝 一 夕の 能す る 所に あらず。 至誠 無; 1 通 

きょら して 遠く、 卑 きょ ft- して 高く、 久 ふして 此の 徵 ある MJ な. ON0 をれ ゆ ゑ 變化を 以て^へ. 1^ るな 

AVO 譬 へば 草木 を 以て 言 はレ、 色の靑きは^vの本色な.o^c もれが 秋に 至りて 黄になる は變 な. を 

_ の 黄なる が 地に 落て 黑 くな 6、 終に は 土と 一 ク にな.=^て、 本の 形の 跡 方 も 無くな. たる は 化な. 50 

日 一 聖人の 民 を 治めて、 風 を 移し 俗 を 易る も、 この 如くに て、 漸を 以てして、 急 を 以てせす。 故に 下句 

本 一 に 即ち 爲, 政 在:, 人 C 取, 人 以ビ身 C 修, 身以ぃ 道。 脩, 道以, 仁。 と 云へ. 天地 を 裁成铺 相して、 陰陽 

を 變稠し 萬 物 を 育す る 大功 業 を 成す も、 ^vの始は愼,獨修,身の微ょft^出るなれば、 久 ふして 徵 をな 

倫 一 す ふも宜 なる さな. OC 彼 欲, 速の 小量 小智の 輩の 能す る 所に 非ず 夫の 申 韓商鞅 の 道 等 は、 をの 効驗 

理 一 をと る、 と 速 なれ ど 《p、 その 壤亂 する も 亦 速 かな. 00 凡そ 天下の 大事 小事、 A ハに その 成る さ 速 かなる 

一 者 は、 その 敗る VHJ;-?" 又 速 かなる にて ウベし C 假令は 大山 岩石の 間に 生じた る 木 は、 成長す る £J 

r 一 遲 けれども、 木理 堅密 にして、 梁 柱と なして 朽ちず 蜜ます 、数百 年の 久しき を保ク 郊野 軟 土の 中に 

編 生じた る 木 は、 其 そだつ、 と は 早 けれど 《p、 木理 脆 疎に して、 早く 朽ち 翥み 易く して、 十數 年なら す 

して 壊る k が 如し 鞭 楠 豫章は 生じて 數年 にして、 劣 その 鞭楠豫 章た る こと を辨じ 知る そだちの 遲 

き 者 なれ ども、 そだちお ほせた る 上に て は、 大厦廣 屋の材 となるな り。 桃李 梅 杏 は、 生じて 一 年 過 

ぬ內に をの 形を顯 はし、 數;^^-ならずして赏を結び花を笑し、 夭 夭と して 美觀を 成して、 人の 目お 悅 

しむる 小用 をば 達すれ ど J-p、 棣 梁の 大用を なす さは 成ぬな ftvo 申韓 等が 道 を 用いて 効 を 立て 業 を 成 

山 兼 山 山 子垂統 後 K 上 二百 七十 七 



折衷 舉 一 i 七十 六 

を ゆて 集めた る 者な れば、 固より 取る に 足らざる な 60 列 子黃帝 線に、 海上 之 人 C 有 T 好-温 鳥- 

者 3 と ある を、 呂覽 の精讒 編に、 有-好, 蜻者 一に 作る 是れ 同じく 囔鳥 なれ ども、 列 子 は 水 偏に 從ひ、 

呈覽ょ AfBri 從へ. 渥 を 蟻と も 言 ふ は、 方言 か、 又は Si の 水鳥なる べし C 何にもせ よ、 其の 形勢 

- を 観る に、 iSS? 挺る ゐの 小蟲 にて は 無き な. 總 して 壷の 字 は、 古へ は 生き物の 都 名と 成した るな. り 

日 一 尙 書の 益稷 編に、 山 龍華蟲 孔博 に蟲雉 也と 注せ. 韓非 子の 說難 編に、 夫 龍 之爲, 蟲也柔 とも あ 

本 i AVO 家 語の 執轡 編に、 羽蟲 三百 有 六十 C 而凰爲 --之 長? 毛蟲 三百 有 六十 C 而麟爲 --之 長? 甲蟲 三百 有 

一 六十 C 而龜爲 --之 長? 鱗蟲 三百 有 六十 而 寵爲- 一之 長? 保蟲 三百 有 六十つ" 而 人爲- 一之 長? と あるに て觀 

偷ー I は、 人 も 蟲の內 な. =.0 鳥の 蟲 偏に 從 ふな ど は、 怪しむべき HJ に 非す 古 を 好む の 人、 此等 のこと 

一 をよ く../ \考 へ 見ば、 じて 後世 諸 注 家の 妄謬 多き を 悟りて、 様 然として 舊 習の 局 見 を 股す る 便と 

理 一 

i も 成ん と 思 ふば か. に、 低 學の爲 にいろく の 徵文を 出し 示す とかくの 如し C 古學に 入らん と 欲する 

彙ー 人 は、 先 づ加樣 の說を 知るべき れ C 衩又政 を 蒲 度に^ へたる さは、 唯 S 化の 義に 取りた る 者な 

一 i 今 まて 雀 や 雉に て、 天. 翔りた る 飛鳥の 淮 海に 入り たれば、 蛤 や 養と なりて 塞爾 としたる 貝に 

. 變じ、 昔の 飛鳥の 面影 もな く 成 ひたるな 聖人の 政 を 以て を變 化する も、 恰の 如く、 今 まての 

惡虱汚 俗い つと も 無く 改ら て、 君 千 豹 寧 小人 革, 面 狄 上 賢 民 無 k 所》 隱 C 暴 K 無》 所》 伏 e^^Msf 

前か^^の惡風俗の跡影もなくな6て、 萬. 民 熙熙 として 春臺に 登る が 如く、 天災 地妖も 自ら 消へ、 上 

よ 飛鳥 下 は 魚 繁及ひ 鼓 行 C 1C 壩 勸の類 まて、 仁壽の 域に 綾らざる. J となし 是を 天地 位焉 C 萬 



ko 無-饑饉 之 患? 以, 故 呰癒偷 生。 無- i 積 聚-而 多 貧。 是故 C 淮江 以南 無-凍 锇之 人? 亦 無-千金 之 

家? と 言へ る 文を觀 るに、 就-一 蒲 羸 於 束 海之濱 -と國 語に 言へ ると 相表裡 して、 蒲の 蒲 葦に 非る さも 

自ら 明かな ft^o 古人 は僞 傍に 拘 はず、 音 さへ 通ず れぱ、 同義に 用る ゆ ゑ、 もの 字 は 蟲に從 ひ、 Hkl に 

一 從 ひても、 艸木も あら 鳥 も あるな ゥ C をれ ゆ ゑ 草冠に TP 貝類 ある 箬 のさな. 0。 譬 へば 詩經の 鄘風载 

日 馳の 詩に、 陟-ー 彼 阿 丘? 言 釆-ー 其蝱? 毛傳に ii は 貝 母と 注して、 草の 名と せ ftNO 秦風晨 風の 詩に、 山 

本 一 有- 苞櫟? 陽 有-一六 駁? 朱 傳に鼓 梓楡也 C 其 皮靑白 如, 殿。 と 注して 木の 名と す C 毛 傳に獸 名と 見た る 

は、 埒 なき さなら。 陳 風防 有 鵲巢の 詩に、 中 唐 有:, 甓。 邛 有-一 旨 翳? 毛 傅に 絞 草な.^ と 注せり。 王 

風大 車の 詩に、 大車檻 橙。 翁 衣 如 i 麥 C 毛傳 に麥。 難 也 。と 注せ 雖も草 名な ftvc 又 曹風蜉 辦の詩 

の 蛘蝣之 羽 C 衣裳 楚楚 C 蜉嫩之 翼 采采 衣服 蛘 蝣掘閲 麻衣 如 i 雪。 と ある 文を考 るに、 羽と; 本ひ 

翼と 云; 3、 如, 雪と 云 ふな ど、 決して 朝 生 夕 死の 小 蟲の蜉 蝉の 類と は 尾 へ ぬな り C 同名 異物なる べし。 

暴 一 麻衣 如, 雪と 云 ひて、 衣裳の白きに喩へたるを以て見れば、置の類の鳥と思る、なft^o 小 雅靑蠅 の 詩 

の螢營 靑蠅。 止,, 于 i^? と 云 ふて、 次章に 止 一一 于棘? 止- 于榛? と ある を考 るに、 是も 蒼蠅と 尾る は穩 

一 ならぬ さに 思る, - なり 決して 蒼蠅 などの 小 蟲の影 子に は 非ず C の形狀 にき こ ゆるな ゥ C 秦 以上 

の 書に、 鳥獸 草木の 名義 を 記した る 物 は 傅らぬ ゆ ゑ、 漢人と て J„p 知るべき 樣 なければ、 今 名 を 以て 

古名に 當て、 或は 蟲偏 なれば 蟲の 名と し、 木 係 なれば 木の 名と し、 をの 上下の 意義 を考 へ、 文 を 望. 

んて 注す るより 外 は、 手 を 下すべき 樣も 無れば、 相違多き害な6^0 今傳 はる 所の 爾雅 は、 諸 書の 傅 

片山兼 山 山 子垂統 後編 上 二百 七十 五 ,, 



曰 



本 

親 



折衷 學 一お 二百 七十 四 

者 蒲 蘆 也 夏 小 正 は 至て 古書に て、 その 文 高雅 古 質なる と、 周の 代の 書と は 思 はれぬな. 00 夏 

の 代の 時の 月 令の 書た る fj、 疑ふべ く^^なきな..^。 孔子の 行-一 夏 之 時? 一^ 5|篇 吾 得-夏時 ー焉 籠 §1? 

はと 仰せられ しも、 此の 書の. i なりと 思 はる、 な Asc 禮 記の 月令, p、 周 人の 此の 夏 小 正に 原き て 作 

りたる 者に て、 周の 代の 月 令なる べし。 然れど *P 戰國の 人の 附益 せる 所 も 有らと 尾 ゆるな ,9c 且へ 

呂覽 に收め 入る ゝに 至りて、 秦國の 月 令 を 《p 混載した る 者に て、 疑 ふべき.^ も 多き な 6SC 夏 小 正 は 

左樣の さもな きと 思 はるれば、 蒲 蘆の 說 など \ 夏 小 正 を 正義と なすべき な .9C 國語 I に、 大夫種 

曰 C 今吳 民旣罷 C 而大 荒荐饑 G 市 無,, 赤 米? 而囷鹿 ij^; 虛 C 其 民必移 就-蒲 赢於柬 海 之濱? これ 吳國ぅ 

ちつ. 5- きて 饑饉せ しかば、 民 食も盡 きし 故、 東海へ 流 移して、 蒲赢を 取りて 食物と せんとな. ONC 章 

昭が 注に、 赢をば 蚌给之 屬と見 たれ ども、 蒲 をば 深 蒲な. 9 と 注して、 蒲と 羸と を 二 物と せ.. 是も亦 

蒲の 字の 草冠に 泥み て、 かく 尾た るな り" 何 ほど 餓た. 9 とて、 蒲 は 食物に は 成べ からず 併し 至て 锇 

たる 時な ど、 爲方 なさに 食 はレ、 一 旦の锇 をば 凌く こと も 有ん なれ ど!. P 、人の 性 は 牛馬に 異なれば、 

二日と も 蒲. i,, 食て 餓を 凌く さは、 成る まじき な. CNC 不解 事の 注と 言ぶべし C 旣に夏 小 正に! 2、 盧の 

字に 《p 草冠 を 看て、 蜈を 蒲盧と 解し. fi- るを晃 るべ し C 古人 は 文字に は拘ら ず、 音 さ r 通 ずれば、 IS 

にも 傍に も 冠に も かま けず、 同 用す るな り 盧と赢 と は 音 通す る ゆ ゑ、 赢を盧 と! <P 書きた るな. OVO 

蒲 盧はニ 物 か 一物 か は、 今更辨し難き,.^^なれども、 何にもせ よ, 蛤と 成して 見るべき なり。 史 記の 

貨殖 傅に、 楚越之 地 C 地 廣人希 C 飯, 稻羹, 魚 C 或 火耕而 水轉」 果, 蛤? 不&! i 賈而足 C 她勢饒 



正篇 に定說 あるに、 後 懦 それ をば 捨て、 別に 臆說 を? JJi; ふす る さ、 不赛 きさな. rt-o 因て 取り 用 ひぬ さ 

なれ ズ も、 舊說を 擧げ、 終りに 大 戴禮, を 引て、 その 謬 6 を 正す 讀む者 心 を 留めて 察すべし 鄭玄 

曰 蒲盧。 蝶 羸。 謂, I 士蜂, 也。 詩 曰 螟蛤有 i 子。 蝶臝負 i 之。 蟆 蛤 桑蟲也 蒲盧 取,, 桑蟲之 子? 去而 

變,, 化 之? 以成, 爲= 己 子? 政 之 於-百姓? 若 3 蒲盧之 於-桑 蟲 1 然 G 鄭玄の 引く 所の 詩 は、 小雅小 宛の 詩 

なり。 然れ VI も 蜾 臝と 蒲盧と は、 語^5?別なるさにて、 盧と臝 と は、 古音 通用 すれ ども、 蝶と 蒲と 

は 通ぜぬ tu なれ は、 蒲盧 を蜾赢 とする さ、 牽 强附會 なる HJ 疑 ひなし 迎 も附會 するならば、 小 宛の 

詩の 蝶赢ょ A- は、 豳 風の 東 山の 詩の 栗 臝之霣 亦 施, I 干 宇? の 61- 赢を 引て 蒲盧 とすれば、 小 宛の 詩よ 

は穩 なるべきな り0 その 故 は、 毛 傳に果 羸。 括 樓也。 と あれば、 蒲盧の 蒲の 字の 草冠なる にも 緣 

ありて、 且へ 括樓の 蔓延して 宇に 施る さ、 玟 化の 天下に 施 及せ る 如くなる に 問 じな VJ 、云へば、 最 

らしき ロ釋肊 もなる べきな り o、 朱晦 菴は鄭 注の 附會 なる HJ を 悟れし にや、 沈存 中が 說に 依. て 曰く 

蒲 盧。 沈 括 以爲蒲 葦。 是也。 以, 人 立, 政 C 猶,, 以, 地 種樹? 其 成 速 矣-リ 而蒲葦 G 又 易, 生 之 物 G 其成尤 

速矣。 言人存 政擧。 其 易 如, 此。 これ 晦 鬼 角に 蒲の 字の 草冠なる に 泥み て、 沈 括が 說を 取りて、 

盧も 蘆の 字に 成して 見た る 者な. 夫れ 生じ 易き に 依. 9 て 云 は^、 蒲 葦よ. 9 も 徴 生じ 易き 草 は、 何 

ほど も 有るな ゥ0 且 へ 蒲 葦 を 生じ 易 さと 云 へ る も當ら ねさな. 00 是と云 ふ も、 古書 を熟讀 する 人な 

きが 故に、 千載の 今に 至る まて %、 是 底の 名物の 事に、 諸 注 家の S ろくと 意見 を逞 ふす るな ゥ0 

夏 小 正 九月の 下に 言 ふ 雀 入 U 於 海, 爲, 蛤。 盖有矣 不= 常 入? 十月の 下に 言 ふ玄雜 入, 一 於淮, 爲, 娠0娠 

片山兼 山 山 子垂統 後 il 上 二百 七十 111 



折衷 «f 1>8 二百 七十 二 

は、 即ち 下 繁辭の 天地 之大德 曰, 生と 同じ 意に て、 聖人 天 德に法 6 て、 仁 を 建て ゝ 道の 總貫 とし 玉 ふ 

主意の 在る 處な ftvc もれ ゆ ゑ 此の 一 句を脫 して は、 人身に 骨な きが 如く、 木に 幹な きが 如くに て、 

1 篇の 文章の 精 砷を失 ふと 云 ふ 者な. 細かに 上下の 文 を 味へば、 此の 一 句なくて は 叶 はぬ さなれ 

V3?p、 古来の 注 者 家 語に 依. 9 て 補 はざる は、 粗 至 6 な. 9C 盖し をの 心に を, P (らく、 禮記は 五 

經に 列して 正しき 書な り C 家 語に その後 はるか 程經 て、 魏の 世に 王肅が 集めた る 書 なれば、 諸子 龌 

家 も 同然の 事な 6 と。 因て 侮ら 輕んヒ て、 信用せ ぬよ. 起. たる さなるべし 然れ VJ«P 集輯 せる は 

王肅 に. P 有る ベ けれ V3ap、 皆 禮記大 戴 禮左傳 國語史 記 說苑な V3 よら 抄 集した る 者に て、 王肅が 杜撰 

せる 書に は 非ず 漢魏の 世 は、 六 經を始 として、 諸子 百 家の 書, p、 その 家家の 傳る 所に 因. て、 文 

字の異同詳§^<*^有る^;なれば、 その 實は 何れ を是 とし 何れ を 非と も 仕が たき さ 多き なり 六 接の 誤 

字 も、 諸子 雜 書に 依らて 正す さも あれば、 後の世に て學問 せんに は、 漢魏 以上の 書 は、 何に よらず 

熟玩 して、 彼此 相 照し、 其の 長 ぜるを 取べき なり C その 故 は漢魏 以上の 書に は、 何れの 書に も、 古 

言 法語の 存在せ る HJ 多ければ なり C 余が 家 語 を 取て 中庸 を铺 ひし をば、 忌憚る ふ を 知らず と、 我 を 

罪する 人 多 かるべ けれども、 X 我 を 知る 人 も 有るべし と 思 ふて、 角は铺 へるな ftNO 縱ひ我 を 知る 人 

なきと て? _p、 聖人 へ の 忠義と 思 ふて おる さなれば、 偉るべき 樣は なきな り C 唯 中庸 を讀む 人、 天^?1 

敏 生の 一 句 有る と 無き と は、 孰れ か穩 なると、 心を虚 にして 熟玩 せば、 自ら 此の 一 句なくて は、 下 

文の 論 も教ょ 6 棒の 出た るが 如くなる を 悟らん と 思 ふな 叉 手 X この 蒲 盧の說 は、 大戴 遭の 夏个 



物 皆 別 o 樂由, 天 作 禮以, 地 制。 過 制 則亂。 過 作 則 暴 。明, I 於 天地? 然後能 與,, 禮樂, 也 Q これ 亦 前章 

と 同じ 意に て、 禮樂 制作の 本つ く 所 を 言 ひたる 者な ftNO 又 曰 樂者敦 和 率, 神 而從, 天。 禮 者別宜 

居 i 鬼 而從, 地。 故 聖人 作 i 樂以 應, 天。 制, 禮 W 配 ko 禮樂 明備。 天地 官矣。 これ 亦 前と 同じ 意な ftNG 

天地 官矣は 即ち 天地 位焉 な. o。 又 曰。 窮, 本 知, 變 G 樂之情 也。 著, 誠 去, 偽 C 禮之經 也。 これ 中庸に 

誠 を 云 ふと 同意な. 00 樂 記の 篇、 あに 老子と 爭 ふの 書なら や。 徂徠 の妄、 言 はずして 知るべし 

又 曰 禮樂 很,, 天地 之 情? 達,, 神明 之德? 降-興 上下 之 神? 而 凝- 是 精粗 之體? 領, I 君臣 父子 之 節? 是故 

大人 擧,, 禮樂? 則 天地 將爲 昭焉〕 天地, 誹 合。 陰陽 相 得〕 煦-嫗 覆 育 萬 物? 然後艸 木 茂。 萠達。 羽翼 

奢〕 角觞生 C 蟄蟲昭 蘇。 羽 者嫗伏 ◦ 毛 者 孕鬵。 胎生 者 不:, 續。 而卵 生者 不,; iG 則樂之 道歸焉 耳。 こ 

れ亦詳 に 天地 位焉〕 萬 物育焉 のさ を 一 W ふて、 禮樂の 治の 極 功 を 論じた る老 な. 90 加樣の 大功 業 を 

成す も、 その 本は庸 言庸 行の 中和の 德を擴 るよ 6N 起るな. 00 禮樂を 言 ふに は、 性 を 首と する も, 中 

和の 德の 本つ く 所 なれば な --o 中庸に 中お 言 ふ は、 固よりの さなれ ビ も、 和 を 言 ふ は、 是が爲 の 故 

f。 中和 は 鱧 樂の用 なれば なゥ。 燕義篇 に、 和 寧。 禮之 ffl 也。 と; H へる、 是な 6VO 鱧お 言へば、 

樂 その 中に 包 在す 譬 へば 仁 を 言 へば、 義, V の 中に 包含す るが 如し。 に 別 奮來諸 儒の 說の通 .0 な 

れば、 致-一 中庸 一天 地位 焉 など、 あるべき に、 致, 一中 和, とめる を 見ても、 中庸の 書 は 一部始終 禮樂の 

さを說きたる者と云ふ.^--は、 知らるべき さなり 右 引ける 樂記の 諸 文 を熟玩 して、 中庸 を讀 まば、 

1 篇の 意味 本末、 自ら 條分縷 解して、 仁齋 諸子の 妄論 も、 辨ぜ ずして 別るべきな り。 此の 天道 敏生 

片山兼 山 山 子垂統 後 編 上 二百 七 tl 



折衷 學 FS 二百 七十 

ひ、 博 厚 配, 地 C 高 明 配へ 天 C 云云 C と 言 ひ 今 夫 天。 斯昭昭 之 多 云云 今 夫 地 一 撮土 之穸 云云。 

と 言 ひ、 質-諸 鬼神- fra 無 X 疑。 知, 天 也 百世 以俟- 一聖 人- 而不 X 惑 知 k 人 也 と 言 ひ、 仲 尼祖- ー述堯 

舜? 憲- 一章 文武? 上 律-一天 時? 下 襲-一水 土? 云云 C と 言 ひ、 故 曰。 配, 天 云云。 と 言; 3、 苟不 T 固 聰明 

_ 聖知 達-天 德ー者 5 其 孰 能 知 k 之。 なビ云 ふて、 而 ふして 結ぶ に 上天 之 載 G 無, 聲 無-臭 至矣 と 云 ふ を 

日. ^ 以てす、 一部始終、 循環 4! 壁の 如くに して、 反覆 上下、 天 を 離る V さなし 。意 貫き 章 接し、 味 ば 



本 

喻 



. ^ふ ほど、 その 義 深長に して、 弒に をの 端倪 を 知らず。 評議 もなら ぬ 妙 文な り 仁 齋の徒 これ を 知 

ら ずして、 十 證等を 作て 疑; 3 議 する さ、 誠に 誣妄の 至 ftN と 云 ふべ し。 右の通り なれば、 地道 敏樹の 

句 は、 逸しても まだす む. i なれ ども、 天道 敏 生の 句. U くて は、 决 してす まぬ となりと 知るべし 

理 一 仁齋の 徒な VJ、 禮樂 の實を 知らず して、 妄に 中庸に 鬼神 等 AJ 言 ふ を 疑 ひ、 徂徠は 誠 を 言 ふ を 以て、 

i 老 氏と 爭 ふの 書と なし、 程 朱の 徒 は 心 法の 書と なす- 0、 畢竟 は 聖人の 道の 本 原 を 知ぬ より 起. て、 

一 大に後 學を迷 はする ゆ ゑ、 聊か 此に辨 白して、 もの 妄を 知し む 聖人 禮樂 の敎へ の、 天に 原き 鬼神 

一 に據 り、 誠 を 以て 始終 を 括りた る. i は、 經傳 中に をの 證 多き なれ VI も、 一 1 引く- P 煩 はしければ、 

^ 此に は先づ 姑く 禮 記の 梨 記篇の 語の、 中庸と 互に 相發 明す る 文を擧 て、 もの 徴 とす。 讀;. P の 神 を 凝 

. して 熟 察すべ し。 樂記 曰。 大 樂與, 一天 地-同, 和。 大蘆 與-, 天地, 同, 節 和 故 百物不 k 失 節 故祀, 天 祭 

,地0 明 則 有-一 醴樂? 幽則 有-一鬼 神? これ 致, 一中 和? 天地 位焉。 萬 物 育焉。 及び 鬼神 之爲, 德其 盛矣乎 C 

ど.^ 云へ ると 同じ 意な. CNO X 曰 樂者 天地 之 和 也 體者 天地 之 序 也 和 故 百 物 皆 化 序 故 群" 



.n- と 知るべし o 加樣 のさ も、 聖學の 明かなら ず、 道 を 知る 人 少きゅ ゑ、 漢ょ. 以來 今に 至る まて、 

祿の說 を 知る 人な く、 論語 及 び此 章の 謎 を 解く 人な きな. ft,o に ま 讀別荀 子の 宥坐篇 に、 孔の季 孫に 

吿げ玉 ひし 詞 にも、 爲 一 I 國家? 必 先以, 孝 と 仰せられたり。 學者心 を 潜めて 味 ふべき さなり。 此章 

に 哀公 問レ 政の さ を 言 ふが 故に、 上の 章に 孝祀 のさ を 云 へ る.. M 、章 は 斷ても 意 は 貫きて 斷 ぬな. 00 妙に 

能く 綴. たる 者な. CNO 論語の 爲政篇 に は、 政 を 言 ふて、 次に? S 懿 子等の 問 k 孝 さ を 出せう。 前後の. ち 

が ひまて にて、 その 意 は 一 揆 なり。 仁齋の 流の 學問 などに て は、 加 樣の所 は 見 へ ぬ のさ なれば、 

その 疑 ひ 力る も宜 のさ fc^ftNO 上に 段段と 中和 禮樂 のさ を 云 ふ も、 つまる 所 は 政に 施す 爲の さなれば、 

此 にて 承る に 政の さ を 以てした る 者な- yo 政. 爲 すに は 禮樂を 主と する ゆ ゑ、 此 にて は 是非とも 天 

地の さ を 言ねば 成ぬな ゥ。 それ ゆ ゑ 天道 敏生 云云と 云 ひ 出した る 者な 6b その 主意 は、 天地 を 裁 制 

し 陰陽 を變理 する は 政の 大統 なれば、 此 にて その 裁 制 键理の 法 方 を 論じて、 發 首の 天地 位焉。 萬 物 

育焉。 に應 じ、 及び 天 之 生, 物 必 因,, 其材, 而篤焉 に 承 たる 者な り 然れ ども 天地 を 位せし め 萬 物. 

を 育す る Tp、 人事 を盡 さねば 成ぬな り。 故に 下に 故 君子 不, 可,, 以 不,, 修, 身。 思, 修, 身。 不, 可 U 以不 

_ ^事 V 親。 思 レ事レ 親。 不-可 一一 以不 1^ 知, 人。 思 レ知レ 人。 不, 可-一 以不 I* 知, 天。 と 云 へ 是れ 前段の 郊社 

宗 社に 應 じて 政 を 爲すは 孝 を 本と する を 云 ふ 者な 6 事い 親 は 孝な り。 知, 天 は郊; 稀の 事に 因緣 して 

下に 廣く天 德を言 ふの 主 本と したる 者な 60 天德は 誠よ. ON 主なる はなし 故に その 下に は、 誠 者。 

天 之 道 也 誠, 之 者。 人 之 道 也。 云云 と 云 ひ、 可,, ー以 贊., 天地 之 化育? 則 可, 以與, 一天 地, 參, 矣 と 云 

片山兼 山 山 子 li 統 後編 上 • 二百 六十 九 



曰 



折衷 擧 K 二百 六 十八 

の 中庸に は闕脫 して 亡きな, 9Q 家 語の 哀公 問 政 篇には 有るな り。 余 因て 取て 是.^ 铺ひ 足す もの は、 

此の 一 句なければ、 上下の 論に 照應 せぬ 故な り。 もの 故 は 中庸 は 禮樂の 本 基 なれば、 禮樂の 極致 を 

說 きたる 者な り。 醴樂は天に法.=^て制したる者なれば、 天 を 離れて 鱧樂を 論ずる HJ は 成ぬな 故 

{ に發 首に 天命 之 謂 i 性と 言 ひ 出して、 承る に 天地 位焉。 萬 物育焉 。と ニ句を 以てして、 それよ.^ 下 は 

致-一中 和, の 事を說 たる 者な. 中和を^-さ>れば、 天地 萬 物 をして その 所 を 得せし むる さはなら ぬ 

本 一 なら。 是れ 高き に のぼるに は卑 きょ. 9 し、 遠き に 涉には 近き よりせ ねば 成ぬ 故な. 00 もれ ゅゑ庸 

言庸 行の 手ぢ かなる KJ を 偿糙爾 と 勸るを 主 本と したる 者な. 50 庸言庸 行の 內に、 孝より 先なる はな 

一 き は、 孝 は 仁 を 致す の 墓なる が 故な 60 故に 中和の 事 を 言 へ る內 にも、 君 千 之 道。 造, 一端 乎 夫婦? 及,, 

其 至 也? 察, 一 乎 天地? と 云 ひ、 天 之 生, 物。 必 WU 其材, 而篤焉 と 云 ひ、 卒に 孝の さに 及ぼす 者 は、 

乙の に 政の 事 を 言ん が 爲の步 語な. ft.o 即ち 孝 は 衆德衆 善の 首にして、 な 行 百事の 端 なれば な 60 

故に 左 傅の 文 二 年に は、 孝 鱧之始 也と 云 ひ、 家 語の 弟子 行篇に は、 孝 德之始 也と 云 ひ、 漢書の 文 帝 

耙に は、 孝悌 天下 之大頓 也な VI 云へ る、 皆 古の 法 言な りと 知るべし G それ ゆ ゑ 施- 于有 政: これよ 

.*^先なる者はなし.- 故に 論語の 入佾篇 に、 知 其 說ー者 之 於-天下 也? 其 如つ 不- 諸 新, 乎 G 指, 一 其 掌 一と 

云 ひ、 此に. ^明= 乎郊 社之薩 稀 眷 之義? 治 i 國。 其 如 J 不 = 諸 掌 1 乎 C と 云 ふ も、 郊蹄等 の 祭 は、 仁 孝 

の 至らなる 故の ふな. 即ち 仁 孝 を 以て 國を治 むれば、 掌 を 反すよ ftN;** 易き と 云 ふさな ftNO 夫子の 

禹王を 菲,, 飮食 一而 致 一一 孝 乎 鬼神 一と 稱し 玉へ る 孝の 字 も、 この 義を 以て 見 ざれ は、 底ず みのせぬ Hi, 



理 





仁者 t! 以 X 財 藩, 身の 故な. 淮南子 人間 訓に、 仁者 不_> 以, 欲 傷,, 生 知者 不, I 以, 利害,. 義 と ある も、 

全く 此大學 の 意な .ft-o 又 秦牛缺 と 云 ふ もの、 山中に して 盜賊に 遇 ひ、 車馬 衣 被 を 奪 ひ 取られし に、 

少し 5„p 惜色 なか. ft- し を、 盜賊 ども 怪しく 思 ふて、 その 說を問 ひしに、 牛缺 答へ ける は、 fs- 馬 所,, 以 

載 "身 也" 衣 被」 所- 以 掩.. 形 也。 聖人 不 ョ以, 所, 養 害 = 其 養? と ある は、 太 王の 邪 を 去. 9- し 意趣 あり 

て、 仁者の 用心 を 語れる 者な. 00 左 傅の 昭十 年に、 晏 子の 陳椬子 を 諫めし 詞に、 義。 利 之 本 也。 蕴 

K 利 生 レ孽0 と 云れ し は、 全く 此の 大學の 旨に て、 富める かな 言と 稱 すべし。 楚語 下に、 令 尹 子 常が 

鬪且に 蓄,, 貨聚, 馬の ふ,^ 問し に、 鬪且 それ. i« 譏れる 詞に、 積, 貨滋 蓄, 怨滋 厚。 不 何 待 と 云 

ひし は、 以 i 身 藩, 財の 害 を 語れる 者な 晉語 A に、 叔 向が 韓宣 子の 貧を賀 して、 欒桓 子郤昭 子等 

が以, 身 藩, 財の 害 を 引て、 若不, 憂 二 德之不 P 建。 而 S-I 貨之不 "足〕 將 弔不, 暇。 何賀之 有。 と 言へ る 

と、 說苑の 反質篇 に、 魏文 侯の 御 廩に災 あ. 9 し を、 群臣み な 素 服して ひしに、 公子 成 父ば か 6 是 

を賀 しければ、 文 侯 作 色け るに、 公子 成ハ乂 曰。 臣聞, 之〕 天子 藏,, 於 四海 之內? 諸侯 藏,, 於 境內? 非,, 

其 所,. 藏者。 不, 有-天災? 必 有,, 人 患? 今 幸 無-人 患? 巧 有-天災? 不,, 亦 善, 乎。 と對 ければ、 文 侯 も 

善のさな.c^と感心せられし等は、 以, 財 藩, 身の 談柄 鼓吹と なすべし。 尙 書の 旅獎篇 の、 玩, 物 喪, 志 

と 言へ る も、 此の 卦 影.^ 帶て 見るべし 

蒲 盧 

又 中庸の 霜に、 天道 敏, 生。 人道 敏, 政。 地道 敏, 樹。 夫 政 也 者。 蒲 盧也リ 云云。 天道 敏 生の 一 句、 今 

片山兼 山 山 子垂統 後 《 上 二百 六十 七 



曰 

理 

彙 





折衷 畢ぉ 二百 六十 六 

to の 意 を 演^る ものな.. -0 その 本 は以, 財 藩, 身よ. 出た る 論 なれ ども、 治國の さ を 捨て 、、獨 潔,, 

其 身, の晃 よ. 論す る ゆえ、 一身の 養生 を 主として 說 たる 者な り 然れ ども その 出處 は、 以レ財 藩 k 身 

の 意に 原き たると 知るべし 又 貴生篇 に、 聖人 S ^慮, I 天下? 莫 k 食, 一 於 生? 夫 耳目 鼻口 生 之 役 也 耳 

雖, 欲 目雖, 欲, 色。 鼻雖,欲_-*^*? 口 雖:, 欲-滋味? 害,, 於 生, 則 止。 在,, 四官, 者。 チ 利-於 生, 

者 弗 1 爲。 これ 亦 養, 性 を 生と していへ ど %、 その 實 は 以, 財 藩, 身の 事な ゥ。 故に 下に 子 州 支 父が 堯 

の天下の讓.*^を受けず、 王子 搜が丹 穴に 逃れて 越國の 君と なる さ を 群し、 顏 阖が魯 君の 幣を 避て 坏 

を 跪て 逃れし さ を 言へ り C 又賁 信の 篇に、 魯莊 公の 劍を懷 にして、 齊椬公 を 劫かし、 汝に封 ぜん MJ 

を 請 ひしに、 管 仲 曰。 以:, 地衞 k 君 C 非, ー以, 君 衞., 地 君 其 許, 之 C と あるな ど は、 全く 以, 財 藩, 身の 

事に て、 地 は 財 貸の 本 なれば、 地と 云 ふ も 財と 云 ふ も、 意 は 同じ Hi な. CNG 衞は 即ち 藩衞 なり 又觀 

表の 篇に、 廊成 子が 右宰穀 臣の微 言の 託を受 て、 をの 妻子,^ 畜 ひし を、 孔子き こし 召て、 夫智 可-, 以 

微謀? 仁 可,, 以託, 財 者 其 郞成子 之 謂 乎 C と 仰せられ しも、 仁者の 財 を輕ん じ、 義を 以て 利と する 

の 行に 協 f る を稱し 玉へ. 說苑 の說篇 叢に、 義士 不, 欺つ む〕 廉士 不,, 妄取? 以 X 財爲, 草。 以, 身爲 

i 寶、 又 下士 得, 官以 死。 上士 得, 官以 生。 又 欲, 賢者 。莫, 如, 下乂 Q 貪, 財 者。 莫』, 全 i 身。 財 不:, 如, 一 

義高? 勢不 i 如, ー德 尊? この 三 章、 共に 以, 財 藩, 身の 意に て、 以 X 義爲, 利の. i を 言へ. 50 魏文 侯の g 

干 木の間に 軾 して、 干 木 光,, 乎德? 寡 人 光, 一 乎 地? 干 木 富 = 乎義? 寡 人 富,, 乎 財? 地不, 如, 德 C 財不, 如 

寡 人 當き. 之 者 也〕 ^lg?^gf と言れし气 仁者の財利を賤みて德義を尊ぶるを示せ.ft^。 これ 



曰 



本 



3.1 1 \ 

理 ; I 

編 



へ、 末 敗 は 此の 如く なれば、 管 晏史陳 を 祖述す る 輩の 種種の 姦怪の 事 を 作す は、 嘸と 思 ふな AVO 然 

るに 後の 學者 加樣の 所へ 心づ かすして、 管 仲 等 を輕視 し、 義 利の 辨、 王霸の 別な ど 言 ふて、 得 も 云 

れぬ 議論 を喧 くす る さ、 悲 むべき な.^。 必 竟は漢 より 以來の 諸 儒、 王霸 の實、 義 利の 眞を 知る 人 

なき 故よ. 9 起. 9 たる な. 5。 紅繩は I ほ §S 以上の 論、 以 i 財 藩. 身の さに に、 誠に 贅媵 なる さなれ ども、 

老子の 文 を 引きた るに 附て、 聖人の 志す 所と、 老莊 等の 志す 所と, 同じく 財 を 賤む內 に、 徑庭 ある 

知らし めんが 爲に、 煩 擾を厭 はず、 筆 を 費す 者な り。 且又 老莊 諸子の 論と 言へ V3;„p、 をの 本 は 

皆 聖人の 道に 本いて、 その 人の 才性 時世の 變 化に 隨て技 分 葉 別 すれ ど 其の 根本 は 一 つ 物に て、 

出處 あるな.. yo 此の 出處を 知. CN て、 諸子 百 家の 書を讀 まば、 岱嶽に 登. て 山河の 首尾 を辨 ずるが 如 

く、 堂上に 居て 堂 下の 人 を 別つ が 如く、 をの 要領 を 得ん さ、 卷を 終る を 待た じ。 後世 禪釋の 索隱行 

怪の 書と 云へ ど 《p、 そめ 理の 原く ところ、 その 語の 據 ると rJ ろ、 皆 吾が 道の 圈觼 をいで ざれば、 い 

は ゆる 天下に 裂れ. る 者な 6 と 知るべし。 舰 s^s 識 5 な 即ち 下に 引く 所 の 呂覽等 を 看ば、 其の 思 ひ 

半に 過ぎん、 呂覽の 本 生 編に、 今 世 之 或 者 多以, 性 養, 物 ◦ 則不, 知,, 輕重, 也。 不, 知- 輕重? 則 重 者 

爲, 輕。 輕 者爲, 重矣。 若, 此。 則 毎, 動 無, 不, 敗。 以 i 此爲, 君 悖 以, 此爲, 臣亂。 以, 此爲, 子 狂。 三 

者國 有, ._ 焉。 無, 幸必 亡。 云云。 是故。 聖人 之 於- 聲色 滋味 也? 利,, 於 性, 則 取^" 害-於 性, 则舍^ G 

此全, 性 之 道 也 C 世 之 富 骨 者。 其 於,, 聲色溢 味 也, 多,, 惑 者? 日夜 求 ◦ 幸而 得, 之,、 則 遁焉。 遁焉。 性惡 

得レ不 J^。 云云。 賁富 而不, 知, 道。 適 足, ー以 爲., 患。 不, 如, 一 貧賤? これ 老子の 身與, 貨孰 多。 多 藏心厚 

片山兼 山 山 子垂統 後提上 二, 白 六十 五 



曰 

纏 



折衷 學 二百 六十 四 

太 王王季 よ. 9 文武に 至りて、 武王 天下 を 取 6/ 武の樂 を 作. 9 しに 依 .5 て 言へ ると 見へ た. 00 をれ は 

時勢と 云 ふ ものに て、 周 は左樣 なれ ども、 他の 聖 王の 樂を 作りし は、 かくは 無き な ft-o 德を積 £0 百年 

なら ざれば、 必ず 鱧樊を 作る とならぬ 者なら ば、 鎗樂を 作る さは 永世なら ぬと 言 ふ 者な り0 をの 故 

は、 周の 如く 太 王王季 文武と 賢 聖の君 相つ づきて 出ねば、 德を 百年つ む ふ はならぬ な も。 あの 如く 

聖の 君の 珍ら しく 繼出 すると は、 周 よら 前- P 周よ ゥ 後- ?>無 きさ なれば、 永世 綾樂を 作る 時 は來ら 

ぬと 云 ふ 者な .0^。 右の 兩生 は經 解に 言 へる 詩 之 失 愚の 類に て、 詩經學 者なる べし。 誠に 叔ネ. 通が 呵 

6 し 如く、 鄞儒 にして 時變を 知ぬ 者と 謂 ふべ し その 故 は 天下 革命の 時に 當て、 賴に 高祖 も 觼を制 

せんと 志す 折 なれば、 千載の 一時、 願 ふても 無き 時と 云 ふべ し。 加樣の 時に 遭遇して は、 一事 ど 建 

て 一 業 を 立て、; _p、 天下 萬 世の 矜式 となる さなれば、 仁人 君子の 志 ある もの、 失す まじき 時な- 90 

然るに 加 程の 有爲の 時に 遇 ふて、 右の 如く 無稽の 迂言お 申す HJ、 心得ぬ さな. 90 若し 高祖 己れ が 建 

言す るる を 用 ひすん ば、 其の 時に 浩然と して 引退て 可な り 故に 孔子 不可 則 止との 玉 ひ、 又襄ニ 

十六 年の 左傳 に、 孫 氏 を 罪し 玉 ひし 詞 にも、 義則 進。 否 則 奉, 身而 退つ とも 仰せられた. 是れ 聖人 

出處進 返の 大 例な 何ん となれば 孔子の 大聖 を 以てすら、 公山 弗 擾佛肸 が 召に 應. せんとし 玉へ.. yc 

右の 二子 は畔 人な 6 しか VJ も、 時宜に 因て は 拒み 玉 はず ol^ て 高祖に 於て を や C 誠に その 器量な くば、 

是非 もな きとな. 90 若し, V の 材略も 有りながら、 をの 有 k 爲の 時に 會て、 魯の兩 生の 如き 事 を 言 ふて、 

安民の 功業 を 立て 得ぬ け、 仁人の 用心に 非れば、 聖人の 罪人と 言 ふべ し 聖人の 大中至 正の 道に て さ 



老莊の 徒に も 劣. 9 たる 入 衆 かりし な. 50 をれ ゆ ゑ 名 を 揚げ 身.^ 立ん として、 世路に 奔走して 利祿を 

貪る 儒 をば、 老莊の 徒よ. 9 是を 卑しみ 嘲け り、 又は 博而 寡, 耍、 志の み を 高く して 迂 Is なる 事 を說 

て、 時務に 闇き 儒 をば、 申 韓商鞅 の 徒より 是を侮 ft- 笑 ふ。 又老莊 諸子の 者 どもの 儒士を 嘲り笑 ふの み 

W ならず、 儒 士の內 にして 儒 士を非 ゥ姻る も あ. 50 荀 子の 非 十二 千の 篇を讀 て 知るべし。 かくの 如くな 

日 一 れば、 老莊の 徒の 儒士を 非る は、 固然 の. i なり 是れ 他の 咎に 非ず 我よ. 9 侮を納 る. -の道 を 啓く 故 

本 一 な ftvo 誠に 孟子の 人必自 侮、 然 後人 侮. 之。 家必自 毀。 而後 人 毀, 之、 國必目 伐。 而後 人 伐. 之。 雄 M と 

j 言へ る は、 古今の 金言に て、 大にレ ては國 家の 存. C 廢興、 小に して は 一 身の 毀譽榮 辱、 みな 自ら 作 

倫 す孽 よ. 起. CN て、 天よりも 降らず、 地より. % 浦ず、 人に 罪 は 無しと 知るべし。 去ら 半ら 何事に よら 

理 ず もの 末に 至りて は、 をの 弊 は ある 習; 3 なれば、 深く 咎る さに も 非るな り。 その 故 は 天下 古今の 道 

\ に、 六經ょ 6 上の 有 6 難き 至 道 至 術 はな けれども、 久しくして 振起せ ざれば、 もの弊生るなft^o 故 

\ に禮 記の 經解篇 に、 詩 之 失 愚。 書 之 失誣。 樂之失 奢〕 易之 失 賊リ禮 之 失 煩。 春秋 之失亂 と 言 へ り。 

一 此の 文に 依りて 考 るに、 七十 子の 末 徒に 至 ゥ て は、 斯の愚 誣奢賊 煩亂の 儒生 多 か. 9 しと 思 はる 、な 

一 i 是れ にて は老莊 申韓が 徒の 侮, り を 受る箬 のさな り C 史 記の 叔孫 通が 傳を 看る に、 漢の 高祖 朝 儀 

を 起さん として、 叔孫通 を 使と し、 魯の諸 生 1 二十 餘人 を徵 されし に、 魯 有- 兩生? 不, 肯, 行 曰 禮樂 

所-由 起? 積, 德 百年。 而後 可, 典 也。 と 答 へ て 行 ざ 6 しかば、 叔孫通 笑 曰。 若 眞郞儒 也。 不, 知, 一時 

變 V と 言 ふて 呵. 5 しは宜 のさな ftNO 德を積 さ 百年なら ざれば、 禮 樂は與 されぬ 者と 思へ る は、 周の 

片山兼 山 山 子垂統 接 B 上 - 二 1H 六十 111 



本 



理 

編 



學 51 二百 六. 4»ニ. 

一介 不,, 以與 _xo 一介 不, -ー以 取-一 諸人? 11^1。 と あるな ,ぇ は、 楊子の 《 ^に 似た-る さに て、 後 漢の諾 君 

子の 志す 所 もこの 處な 6 しか ど 5.p、 伊 尹の 德義 なければ、 圭 角牙槎 ある さ を 免れざる さと 尾へ て、 

詭激の 行に 陷れ. いかさま 箇樣 のさ は、 伊, 尹の 如き 賢聖の 人の 行へば、 暴 措, V の宜 お得べ けれ VJ 

-f- 、是 を學 でな す 人 は、 俗にい ふ 不受不 施と やらん 言へ る樣に 成るべきな. 伯 夷 $ 目不, 視, ー惡 色? 

耳不 k 聽-- 惡蓥? 非-其 君- 不, 事 C 非-其 民, 不, 使。 治 則 進。 亂則 返。 橫政之 所, 出 橫民之 所, 止 不 

k 忍 i 居 也。 田广與_ ー鄕人 ー處ぉ 如 T 以- 一朝 衣 朝 冠-坐, 塗炭.. 也 C ? M のと ある も、 俄然と 聞て は、 烹て も 

燒ても 食れ ft 偏屈 人の 樣 にて、 ^く 後 漢黨錮 の 諸君 子の 行跡に 異ならざる さなれ VJ も、 伯 夷 は を こ 

に 用捨 權衡 ありし と 見へ て、 孟子 これお 仁と 稱せ. 50 5Jf£5 加樣の 行事 を 以て 紂の 世に 居て 禍に 

逢 ざり し は、 その 擧措 〔且 きを 得た るが 故なる べし C 扨 又老莊 申韓の 徒の 堯舜 文武 及び 孔子 を 譏れる 

さ、 皆 《p と 議論 S 言 ひ懸ゥ にて、 已む.^Jを得ざるの勢ぁりてのさなり(.) もの 本心 は 否る さ、 その 書 

を讀て分る、,^Jな<^o 是れ孟 苟の管 晏陳史 を 譏れる に 過 當の言 あると 同然な り。 併し 何 ほと 鞭が 長 

きとて、 禺 の 腹 は 打つ まじき さなれば、 其の 末流の 弊 を 抑る とても、 堯舜 孔子 をば 護る まし ささな 

るに、 阿堵の 如くなる 造 首せ し は、 その 罪も少 からず と 言 ふべ し。 去. A- 年ら 孟苟の 賢に て さへ、 過 

常の 論 は 免れざる.. V- なれば、 老莊 諸子 百 家 S 徒 は、 責 るに 足らざる な 60 莊 子が 道德不 k 一 天下 多 

得ニ。1^£§又道術將爲--天下-裂。 § と 云へ る、 誠に その 通. - にて、 七十 子の 末流に 至て は、 聖人の 

道を唱 へながら 《 "、其 人に てなければ、 聖人 を 尊信しながら、 その 言行 は 聖人の 道に 背く さ、 却て 楊 墨 



一 毫? 人人 不, 利, 一天 下? 天下 治 矣0 これ 伯 成 子 高 は、 夫子の いは ゆる 古 之 矜也廉 也の 類に して、 猿 

者の 組と 言べ し 然れ ども 楊子よ.^ 前に、 申 徒 狄が石 を 負 ふて 河に 沉み、 鲍 焦が 洛 水の 上に 槁 死せ 

しな ど、 きぜ PIS 楊子の 道の 漸な 6.。 徂 楊子に 至りて 集めて 大成した る 者な. 9。 屈 原の 汨羅 に沉 

みしな ども、 漏 者の 事に て、 楊子 者 流の 仕方なり と 知るべし。 澆季の 世の 貪 庚の 俗に は、 をの 益な 

きに 非ず。 誠に 人心 如, 面に て、 をの 性の 好む 所區 なるとに て、 をの 道 は 無くて t_p 、その 風 を 好く 人 

^ は 世世に 絶ぬな り 。それ ゆ ゑ 一と 理窟 ある さ を さ f 唱 ふれば、 いつにても 和す る 人 あ. 5 て、 忽ちに 

ネ 一 

其の 徒黨も 出來る 者な り。 是は古 も 今 も 人情 は 同じ ものなる ゆ ゑ、 かく あるな. CNO 俗に言 へ る 寥くふ 

^ 蟲 とやら にて、 平常に 異にして、 一と はね 撥た る 仕方 をば、 却て 聖人 中正の 道よ, 9$ 信 好す る 者 多 

理 きな. CSO 但 長く 賴 かぬ 迄の さなり。 譬 へば 聖人の 道 は、 昔よ. 5 有り 來. CN の 衣服 顔色の 如し。 他の 道 

は 流行の 衣服 顔色の 十 ならず して 轉. 9 化る が 如し 故に 世に 連れ 時に 隨 ひて、 いろ- (-の 風俗 新 

r 奇の さも 生るな. 00 旣に 後漢の 代な V5 に は、 楊子の 道と て 祖述す る 人 も 無り しか ど 《^、 あの 通り 貪 

編 一 庚の 風俗 甚 しかりし かば、 志士 廉夫 これ を惡 みて、 楊子 者 流の 人 多 かりし なり。 即ち 郝廉が 留錢、 

一 時 苗が 留犢 2^ ハ =Z??S にな ど、 全く 楊子の 遺風と 言べ し。 孟子に 非禮 之禮。 非義 之義。 大人 弗, 爲. の 

と ある 如く、 大人に て 無れば この 處は成 <=- にヽ きとな. cvo 後漢の 諸君 子は激 する 所ぁゥ しゅ ゑ、 非禮 

の禮非 義の義 多 か .9 しなり。 あの 立て 派に て は、 楊子の 行事 も 嘸と 思 はる、 なれ ど 《"、 楊子 はも 

こに 用捨 權衡 ありて、 .;^:„^. 無り し 象 や 彼の 伊 尹の 有莘の 野に 耕せし 胁、 非-一 其義 也? 非-一 其 道 也? 

fc; ゆ 象ぬ &子 UK 接 探 上 .ニ4£ハナ1 



折! ass 二 WT 六 ャ. 

ならず、 令の 世の 聖教 も 行 はれず、 列國の 諸侯 大夫 己れ が 得意の 事の み を務 として、 驗蓊 にの み ® 

き、 下の 疾苦 を も 顧みざる 人人の 爲に は、 墨 子の 言は大 なる 藥 石と 云 ふべき 者 なれば 甚た益 ある 敎 

な. 00 儒 人た る 入 も、 心を虛 にして 此,^ 讀ば、 をの 益少 からざる べし。 但 その 柱れ る を矮て 直き 

一 過ぎた る 過 當の論 は、 擇び棄 て k 可なら C 墨 子の 學 とても、 戰國の 代に 始て 起り たるに も 非ず。 右 

日 一 言へ る 如く 堯舜禹 及び 夫子の 言より 出て ゝ、 伍 其の 論ずる 所 過 當の言 多き まての 事な.. 是れは 何 

本 れの 族の 學 にても、 その 道 を 主張 せんと すれば、 過當の 議論 は ある 者 なれば、 強ちに 墨 子の みを咎 

一 むべき に 非ず。 聖人 孔子の 如き 賢に 非れば、 この 過ちに 免れざる さなう と 知べ し C 何れの 道に て. P 

倫 ^ 古に も その 跡 あり C 又もの 菊し も 久しく ありて、 暴かに は 起らぬ 者な り。 墨 子よ. 前 春秋の 世に、 

理 $ 齊の晏 子が 儉約を 以て 景公 を辅 けて、 もの 名 を 天下に 顯 はし、 由 余が 儉約を 以て 泰穆 公に 說て、 西 

? 戎に霸 たらしむ るの 類、 みな 墨 子の 晃 識の發 する 所なる べし 然れ 晏嬰由 余 を 祖述して は 其 道 

M ^ 尊から ぬ ゆ ゑ、 上古の 堯舜禹 の 質素 を祖 として 數を 立てし と 見へ.;^ り C 莊 子の 天下篇 に、 古 之 道 術- 

編 一 有-在-於 是, 者 5 と 言 ひて、 墨翟 宋鉼愼 到老聃 等の 道 を 論じて、 を S 原く 所 ある,^ を 言へ I」 いかさ 

* ま 何事? P 祖 とし 本く 所なくて は、 何 ほど 是 なる 理を言 ふて 唱ふ とも、 和す 人 少な かるべき なり。 そ 

れゅゑ 孔子の 大聖お 以て も、 祖 -ー述 堯舜? 憲- 一章 文武? たま (.50 揚 子の 道 も、 伯 成 子 高よ. CS 出て ゝ、 

古よ ftv ある 道な. ONO 列 子の 揚朱篇 に、 揚朱曰 伯 成 子高不 T 以-- 一 毫- 利. 物" 舍 A 國而隱 耕。 大禹 不_' 

. 以」 身-自利? 1 體係枯 C 古 之 人 損-二 毫- 利-天下- 不& 也。 悉- 天下-奉.. 一 身- 不ぃ取 也。 人人 不レ 損- 



曰 



本 



理 



編 



非るべし 成る 程 その 理を言 ひつの らば、 左 樣の理 にも 聞 ゆべき なれ ども、 其れ は甚. y しき tj にて 

如何と 思 ふな. CVO 楊 墨の 二 氏 も、 天下の 治に 志す 程の 人 なれば、 汚れ. とも 父 を 無にし、 君 を 無に 

する 樣 なる さは、 致す まじき な ftNO 墨 子の 主意 は、 其の 世の 諸侯 大夫 奢僭甚 しくして、 軍國の 用に 

困窮せ しにより て、 盜臣 にも 劣 6 たる 聚敏の 臣を用 ひ、 民に 稅租 を責 ると 仇讎の 如くに て、 實に萬 

民 も 手足 を 措く 所な く 苦め. 9、 且へ 聖人の 道の 本を辨 知せ ざる 七十 子の 末 徒な ど、 繁文 縟禮を 事と 

し、 浮 虛に趨 き 厚 葬に 競 ひしゅへ、 淫樂 慝禮の 事の み 多くして、 却て 世 主の 奢 心 を 逢へ しな ftN、 是 

に 依 6 て 墨 子 その 弊 を矯ん として、 堯舜の 土 階 三等。 茅 茨不, 翦 §|g 禹 王菲, ー飮 食? 而致, 一孝 乎 鬼 

神? 惡-ー 衣服? 面 致,, 美乎毈 冕? 卑_ 一宮 室? 而盡, 一力 乎 溝洫? の 事な に 本き、 專ら儉 約 を 以て 敎を設 

けしな り。 その 愛 無, 一 差等? 施 由, 親始。 1^5 と: K へ スも、 禮記の 禮運篇 の 大道 之 行 也 U 天下 爲, 公 人 

不 =1 獨 親-其 親? 不 H 獨 子-一 其 子? など、 言 { ^ると 同じ 意に て、 古より 加 樣の說 を 立る 人 も 多く 有りし 

さと 見へ た. 90 その 意趣 は惡 からぬ ij なれ ど $、 もの 大本の 主と する 所 異なる ゆ ゑ、 類お 充て、 義 

の 盡る處 は、 大に 儒敎と 相反す る ゆ ゑ、 孟荷? P 嚴 しく 是を拒 めり。 然れ ども 其の 本 志 は堯舜 禹を祖 

として、 孔子の 禮與, I 其 奢 也 ー寧儉 。喪與 一一 其 易 也, 寧 戚 の 意より 出た る 者な. CNO 唯 その 一家の 學を 

成しけ る 所よ. 9、 自然と 門 も 立て、 爭の端 を 起し、 互に 相 譏る よりして、 罪 を 孟苟に 1« 得 .ii- るな 

れ ども、 をの 主意 は惡 からぬ HJ な. と 知るべし C その 故 は今傳 はる 所の 墨 子の 書を觀 るに、 殘缺も 

甚 しく、 又附益 1*" 少 からぬ と は 見 ゆれ どち、 その 生 は 能 分る、 な, いかさま 戰國の 世の. 畤 のみ 

.. .E 子垂 3Sij 後鼷上 ule ぉナ九 i 



折衷 學 二百 五十八 

の 道 を 祖述して、 世途の 人 を 賤み視 る さ、 後世の 復 豆の 徒に 似た る 弊 ありて、 大に三 網 五 敎の害 

となる ゆ ゑ、 捨て置れ ず、 それ を闢 くに は、 先づ その 祖 とし 尊ぶ 人より 破 せねば、 其 勢 不可なる 

故の さなるべし。 孟子 の蚓 而後 充, 一 其 操, 者 也 § は と、 陳仲子 を蚓に 比せられ しも、 同然の るな 

.0 と 知べ し 孟子に 載す る 所の 仲 子の 行事 も、 其 徒の 仲 子の 廉潔 を稱 せんとて、 却て 仲 子の 德ぉ損 

ずる 樣 なる 説話 を 設けし を, 孟子 は その 眞 偽に 拘ら ず、 をの 取り はやせる 説話に 就て 辨ぜ られ し. i、 

即ち 舜と 象瞽胺 との 事 を辨ぜ られし 例に て、 は篇 その 眞 偽の 處に は拘ら ぬなる ベ. L0 何にもせ よ 

史魚仲 子 共に 直廉の 君子に 間ち が ひもな き 人達 なれば、 盜賊 や^に 比する 人に は 非るべし 孟子 苟 

子の 言と は 云へ ども、 公論と は 思 はれぬな 孟苟の 管 仲 史魚を かくまて 輕んじ 蔑れ し は、 恰子路 

理 一 子 貢の 管 仲 を 仁者に 非ず と 言し と 同じ 見識なる べし 。子 路子筲 は 幸に 孔子に 質して その 非 を 悟りし 

かど 《p、 苟は 本と^ 淑の學 なれば、 何も 角 も 己の 心 腸よ. y 出た る 尾 解 なれば、 加樣の 場に 至りて 

は 心得ち が ひも ある 害の さなり。 をの 頃 は 論語の 書 も 未だ 世に 頭れ ず、 一家に 秘し傳 りて 有しなる 

一 ベければ、 孟荀 の精學 とい へど 《5"、 不幸に して 見られぬ と 尾へ た. 若し 論語 を 看られた るなら ば 

夫子の 定論 《f "ある さなれば、 管仲史 魚な VJ を駁 せらる、 にも、 その 論に 酙酌 ありて、 かくは 輕んじ 蔑 

れ はす まじと 思 ふなり 但し 管 仲 之 器 小 哉と 仰 ぜられ し i, など、 論語の 外 別の 書な VJ にも 傳は. 5 在 

.o しな ど を 見られて、 孔子 も 管 仲 をば 取. 9 玉 はぬ と 思 はれて 、かくは 論ぜられし にや、 怪しむ ベ さ さ 

な V- 又 楊 氏の 爲, 我 を 君 を 無す とし、 墨 氏の 兼 愛 を 父 を 無す と 孟子の 言れ しも、 公論に は 



曰 

倫 



彙 

編 



も、 手 を 反す 樣に 天下に 王た る さは 難 かるべし o て 他人に 於て を や 孟子の 賢に て、 此 等の 事 を 

辨ぜ られぬ さは 有る まじ けれど 《p、 もの 頃 管 仲 を 祖述す る 輩、 管 仲よ. 外に は 人 もな き 樣に覺 「で、 

聖人の 大道 ある さ を 知らざる ゆ ゑ、 をの 者 ど %> の爲に 論ぜら るゝ なれば、 かく 管 仲 を 蔑せ るなる ベ 

一一 し 晏子 《p 論語に 夫子の 晏平仲 善與, 人 交 久 而 敬, 之。 と 仰せられ しと、 及び 家 語の 弟子 行の 篇左傳 

日 ~ 悄 等に 依. 5 て をの 言行 を觀 るに、 仁人 君子と 稱 すべき 人な り。 故に 孔子 も 褒め 玉 ひし さ は 

本 : 右の 通. 9 にて あれ ども、 護り 玉 ひし さは 一 向に なき なれば、 賢者に ちが ひ はなき な. c>o 史魚も 直 哉 

; 史 魚。 邦 有 i 道 如, 矢 邦 無, 道 如 ブ夭。 と 仰せられて、 次 下に 賢 哉 適 伯 玉と あ. <= 'て、 伯 玉と 並べ 稱し 

儉 玉へ るを觀 るに、 夫子 も 深く 取. 玉 ふ 人な 60 又 家 語の 困誓篇 に、 史 魚の 屍諫 して 遮 伯 玉 を 進め、 

理 ^ 彌子瑕 を 退けし を、 孔子 これ を忠 直な りと 褒め 玉へ り。 左 傳の襄 二十 九 年に、 吳の季 札 適, 衞。 說- 

一 遽漾 別; 55". 史狗史 鰌 飾れ S 公子 荆公 叔發 公子 朝? 日衞 多-君子? 未 患 也。 と 云へ り C 季 札- P 史魚 

彙ー を 君子と 稱 して、 遷伯玉 等の 賢者と 並べ 褒めり 莊 子の 駢拇胜 篋の篇 等に も、 cl« 史と云 ふて 曾 参と 

編 一 並 r 稱 する を 以て 觀れ ば、 譏るべき 人に は 非るな, 00 然るに 荀 子の 不苟篇 に、 盜, 名 不:, 如, 盜, 貨。 

二 田仲细 S 詣, ま; J て 史鏹不 y 如 k 也と 言へ る は、 怪むぺ きの 甚 きに 非ず や 但陳仲 子 は 孔子よ .0 後の 

人と 尾 { ^て、 論語 左國 等の 屹 としたる 書に 名 5« 著れ ざれば、 その 事 歷も審 ならぬな り 去れ ども 列 

女傳 及び 子に 載す る 所 を 以て 考 るに、 巳む さ を 得ざる さ あ. て、 仕 を辭 し隱遁 したる さ、 司 馬 牛 

の 類なる べし gKSS をれ を 後の 隱遁の 士の鳥 獸と群 を 同 ふす る を樂む 輩、 仲 子の 風 を 慕; 3、 そ 

. 片山兼 山 山 子垂統 接 <« 上 i 二百 五十 七 



曰 

理 

費 





折衷 さ很 二百 五十六. 

れば、 誠に 最 負の 引き倒し とやら にて、 管仲晏 子の 不幸と 謂 ふべ し。 其 故 は 孔子の 門人 多き 中. に、 

仁 を 許し 玉へ るは顏 子ば か. と 思 はる 其 外 は 門人 は 叉 手 をき、 孔子の 出合 玉 ひし 諸侯 大夫; P 夥き 

さなる に、 一 人 も 仁 を 許せる はなし 但殷の 三 仁と 管 仲 計. な. ONO 管 仲の 仁を稱 して 如 一一 其 仁 如 一一 

,其 仁? と 仰せられたり。 如 やと は、 此の上 《p なき 詞 にて、 管 仲の 仁よ. CN 上の 仁 はなき とな 60 且 へ 

如, -其 仁? 如-, 其 仁? と 重言し 玉へ る は、 稱 美の 甚きな .0、 如何 さま 左傳驟 儒 公 及ぴ國 語^ 等 

にて 管 仲の 行事 を觀 るに、 誠に 仁人 君子と 謂べき 人に て、 孟荀及 ひ 後世の 諸 儒の 論ぜる 樣な るいか 

しき さは 露 逢 ほど もな き 人な. 00 孟子の 以. 齊王。 由 手 也。!? 鄉 S 让篇と 云れ て、 管 仲 を輕視 せ 

し は、 成る 程 孟子の 時 を 以て 觀れ ば、 周の 德も 至て 衰へ、 數 極德盡 gggg たれば、 左, P あるべき さ 

なれ ど. p、 管 仲の 時 は、 周德雖 」哀0 天命 末, 改 JJIgfJSl 年の 時 なれば、 縱ひ 孔子の 聖を 以て 管 仲の 

處に 居て 政 をな し 玉 ふと も、 恐く は椬 公式の 君を輔 けて は、 三-一分 天下一 有, 一 其 ニーの 業よ. 外 は 成し 

難 かるべし。 彼の 東 周を爲 さんと 仰せられ しも、 德を 積み 道 を 明かに して、 業 を 創め 統を 垂れて、 

後の 人に 繼 かしめ、 自然と 周の 迹を 剪つ よ ftN 外 はな かるべし C その 故 は トレ 年 七 百の 數;, P 未た 盡ず、 

文武 周 公の 流 風 除 存も猶 存じ、 故 家 遺 俗の 澤も 斬ず て、 天下の 宗室 とな 、幽厲 の 如く 罪.^ 民に 得 

る 程の 暴君. P 出ず、 猶周禮 を 執て 天下に 臨め 6 それ 故襄 王の 弱なる, p、 なを 晋 文の 請隨を 止め • 

王孫 滿 よく 楚莊の 問 鼎 を 拒め. 00 且 へ列國 の士大 夫に も、 賢人 君子 多く、 各 その 社稷 宗廟 を 保ちて 

その 祖業を 整 さじと 勵む 大國も ありて、 续か 犬堯を 吠る 邦國 1_p ある なれば、 何 ほ VI 夫子の 聖瞎 にて 



老莊の 徒の 所爲に 同じ o 又 孔子の 故人 原壤 も、 母の 喪に をの 棺 木に 登りて 歌 をうた へ. -し かど- *"、 

孔子 これ を容れ て、 交り. P 絕も玉 は ざ ftL なり , 孟子の 琴 張 曾 哲牧皮 を 狂と 云へ る も、 ぃレ 

此 等の 故 を 以てなる ( し。 併し 曾 哲の類 は、 孔子の 裁 正 を 得て、 聖人の 徒た さ を 得 たれ V3 も、 後の 

狂者 は 孔子に 後れた る ゆ. r その 中お 過て、 洸洋 自肆に 成れり 左.^ なくて 孔子の 時に 遇に. >、 莊周 

の 徒 は 決して 洛诉 の陪從 に與る へきなft^o畢竟は暴亂の世に生れて、已む..^を得ざるょft,出たる見識 

なるべし 去りながら 孟子 苟 卿の 徒 は 仁人 君子なる ゆ ゑ 、をの 世に 生れて、 迚もい けぬ さと は 知られた 

らん なれ ども、 跡 を 仲 尼の 周流に 繼て、 知 一-其 不可 一而 爲, 之 道 之不, 行。 己 知, 之 。つ .^t_p、 束 西南 

北して、 一度 は斯 民の 塗炭お 救ん と、 一途に 志しけ る さ、 誠に 仁人 君子の 所爲 にして、 有難き さな 

れ ども、 右の 老莊の 徒の 引 こみ 思案の 族、 をれ を 何の 角のと 云 ふて 卑しめ 姍り、 或は 管晏を 祖述し 

て、 詭 遇の 術 を 以て 功名 を 立ん とする 楚は、 孟苟の 仁義 中正の 道 を 以て 世 を經し 民を濟 はんとす る 

を、 又 何の 角のと 云 ふて 嘲り笑 ふ。 或は 楊 墨の 徒 は、 將 世に 合る 一 稱 簡易の 道 を 立て ゝ、 孔子の 道お 

排 す。 王公 大人 も それ を 信用す る 《p の 多 か 6 しかば、 聖 道の 害 をな す 少から ず それ 故孟荀 t_p 已 

むさ を 得ず して, V の 徒 を 拒まん が爲 に、 管 仲晏子 及び 史魚陳 仲 子 楊 朱墨 翟を 邪説 暴行と して、 痛く 

是を闢 け. 00 畢竟 は その 張本人 を 抑 r されば、 をの 末流 を 挫ぐ に 手がかりの なき ゆ ゑ、 其 勢已む fj 

を 得ず して、 かくは 言へ るなる べし 管 仲 等の 諸君 子の 戰國縱 撗の者 ど? P に 有る 無き る を 取. 添 

られ て、 是れ管 仲の 道な.^、 是れ晏 子が 術な A- な VJk、 祖述に 遇て 尊信 せられし は、 今の 世よ ftN 見 

片山兼 山 山 子垂統 後提上 二百 五十 五 



折衷 學很 二 ff 五十 四 

不 ,辱0 知, 止不, 殆 C 可-一 以長 《? この 身與, 貨孰 多の 語 は、 全く 以, 財 藩, 身と、 文 も 意 同 しと 謂 ふ 

べし 殊に 多 藏必厚 亡と 言へ る 語 は、 貨悖而 入 者 亦 悖 而出づ るの 語と、 表裡を 相な して、 古今 

の 確言と 言 ふべき なり 淮南 子の 道應訓 に、 太 王の 翟 人の 難 を 避て、 岐 山の 下に 國 せし るを稱 せる 

に、 老子の 言 を 引て 曰く、 食 3:^, 身 爲-- 天下一 焉。 可,, ー以 託-, 天下? 愛 _= 以, 身 爲_ 一天 下, 焉 C 可,, ー以 寄,, 天下, 

矣 これ 亦 同じ 議論 なれ VI も、 但老莊 者 流の 生 意 は、 己れ が 身 を 貴重す ろを務 として、 王公の 富賁 

も、 身の 貴き に は比視 もなら ぬと 見識 を定て 居る ゆ ゑ、 以, 財 藩, 身の さは 同じ けれ V} も、 聖賢の 斯 

の 世に 身 を 立て、、 民 を 仁 せんとして 財 を輕ん ずると は、 その 志に 徑庭 あらと 知る へし 併し 老莊 

者 流の 加檨に 見識 を 立つ る も、 說 ある さな, CN。 老莊の 時 は、 ぽ汗膨 !K5 翻 sl§#.r はた 辱ろ す 群、 春秋の 代と 

ちが ひ、 風俗. P ます /\ 下り 衰へ、 士大 夫の 功名 を 立る もの、 掌 を 反す 間に 禍 敗に 遇 ひ、 死亡 日に 相 

f# を 見る に、 誠に 方-今 之 時? 僅 免, 刑焉。 Igu ,桂 ヌ食。 故 伐, 之。 漆 可, 用。 故 割乏. - 捐 なれ 

ば、 官途 は 禍 に 遇 ふの 媒 なりと 思 ひ 切. 9、 楚の狂 接 輿が 今 之從, 政 者 殆而と 言 ふて 孔子 を諷諫 せし 

など 4, 慕 ひ、 山林に 志す を高尙 にす る を 上策と し、 三十六計 不, 如, 逃と 見て、 かく 論 を 立る なれば、 

もの 理 なきに し 《p 非らず これ 即ち 長^ 续溺ゃ 荷 jf 丈 人の 孔子 を 護れ る 流に して、 表 秋の 低に 旣 にか 

くの 如きの 徒 多ければ、 戰國の 時の 暴君 汚 吏の 世 は、 左 檨の說 を 言 ひ あへ る も、 〔且 のさな り 是み 

な 古 之 狂 也肆。 隱居 放, 言の 徒 なれば、 孔子 も 左の み 疾み呵 fts 玉 ふ 人人に. P あら じと 思 はる、 な ANO 

旣に 孔子の 門下に も、 I の 徒 あ. -て、 曾點 の季武 子の 喪に 喪-其 門, 而歌 へる ? な VJ 後世の 



レ身藩 i 財 を 語るな. fl^o 即ち 小人 喩 一一 於 利 1 も、 これ 故の さな り0 養生は身生を奉養する.^;なれば、 生 

活 のさな. 後世の 醫家 などの 言へ る 養生と は 別な. 00 又 性惡篇 に、 仁 之 所, 在。 無-貧窮? 仁 之 所 

bo 無-富 賁ぺ 云云。 是上勇 也い これ 仁者 以, 財 藩, 身の 主意,^ 説る 者な-. 顔 子の 陋巷の 樂も、 全 

( く 期に ありと 知るべし 論語の 雍也篇 の、 囘 也不, 改 -I 其樂, の橥 注に、 程 氏の 所, 樂 何事 ぞ など、 云 

日 \ れて、 後 學を迷 はす 謎の 樣 なる 空談 も、 此の 語 をよ く體認 せば、 その 妄非 分るべきな り。 顏 子の 樂 

本 \ み、 荀 子の 上 勇、 子の 浩然の 氣を養 ふと 云れ し. p、 此の 事な り tgj^ 程 子な ど 加樣の 禪 子の 話 

\ 頭の やうなる さ を 云 ふて、 後學 を瞿瞿 つかす るけ、 必竟は 聖人の 語 を 戯^事に すると 云 ふ 者に て、 

倫 \ その 實は 勿體 なき さと 云ぶべし 聖學に 志 あらん 人 は、 よくく 熟玩 すべきな り。 又 禮恭而 意儉。 

\ 大 --齊 信- 焉" 而輕- 貨財? 賢者 敢推 而尙, 之。 不肖 者 放. 援 而廢, 之。 是中勇 也。 輕, 身 而重, 貨レ 话, 禍 

\ 而廣 解。 云云。 是下勇 也。 と ある も、 此の 章の なりと 知 るべ し 又 哀公 篇に、 行中 _ 一 規繩? 而不 

まふ. ,傷_| 於 本? 言 足, 法-於 天下? 而不レ 傷-, 於 身? 富有-天下? 而無 _,蕴 財? 布,, 施 天下? 而不, 病, 貧。 如お し 

ハ -. 

編 一, 則 可 ご 謂-賢人, 矣 C これ、 財 藩 k 身の さ を 語るな. 又 堯問篇 に、 繒丘之 封 人 、し 見- 楚相孫 叔敖, 曰 

J 吾 聞 i 之 也。 處』 B 久者〕 士 妬ら 綠。 祿 厚^。 民怨, 之。 位 尊者 君 恨 V4。 今相國 有,, 此 三者?. 而不, 得,, 

罪 楚之士 民, 何 也. - 孫叔敖 曰。 吾 三相, 楚 U 而心 愈卑。 每, 益, 祿。. 而施愈 博。 位滋 尊。 禮 愈恭。 是以 

不, 得 一一 罪 於 楚之士 民 一也。 と ある は、 孫 叔敖の 仁者た る さ を して、 以, 財 藩, 身の 用心 を 語る 者な 

6C 老子 It に、 名與. 身 孰 親。 身與 k 孰 多。 得 與.. C 孰 病。 是 故。 ^愛 必大費 ogi 必厚 亡〕 知, 足 

片山兼 山 山 子垂統 後編 上 二百 五十一 二 



曰 

本 





編. 



折衷 ま 《 二百 五十二 

- 下にて 以 k 義爲, 利と 云 ふて 結べり 即ち 爱 にて 始て 仁義の 字 を 並べ 見 はし、 一 着の 主意 を 結ぶな 60 

大學の 書 は、 本と 禮樂の 本旨 を說 たる 者 ゆ ゑ、 かくの 如くに 結び 来るな 60 此れ 仁義 は 禮樂の 本なる 

故な. 禮 記の 樂記篇 に、 仁 近-於 樂? 義 近- 於禮? など 見 ウベし。 i^gl 此の 章の 事の 字 終の 字。 

は 即ち 始めの 事 有,, 終始, の 終の 字 事の 字。 にて、 至て 重き 字なる に、 古今の 諸 儒心づ かずして、 

輕く 看過す その 辣 漏の 眼よ. 9 見し ゆ *r 始中 終よ く 貫きた る 大學の 文 を、 錯簡ぁ 6 脫章 あ. など 

云 ふて、 種種つ まらぬ 說を妄 作せ しなり 子の 滕文公 上の 篇に、 陽貨 曰。 爲, 富不, 仁矣. - 爲, 仁 

不 as 矣。 と ある も、 不仁者の心は以,義爲,利さのならぬ故な..^0太王の狄人に侵されて^を去.9し 

時、 屬,, 其 耆老? 而吿, 之 曰 Q 狄人之 所, 欲 者。 吾 土地 也。 吾 聞, 之 也。 君子 不 -0 以 T 其 所- 以養" 人 者 * 

? AO これ 以, 財 藩, 身の 事な 60 かくて 太王岐 山の 下に 逃れし に、 邠人曰 。行人 也。 不, 可, 失 也。 從, 

之 者 如. P 市。 これ 太 玉以レ 義爲レ 利たり しゅ ゑ、 その 民 仁人な りと して、 此の 如くに 

歸 服せ- yo 即ち 此の 章の 旨な ft- と 知る へし 誠に 有, 人此 有, 土 なれば、 長, 一 國家ー 者 は、 財 用を務 と 

せず して、 人心 を 得る を務 として、 明 德を行 ふべき さな ftNO いは ゆる 一家 仁。 ー國 興, 仁 一人 貪 庚 

1 國作 ko と 云 も、 此 事な. 90 仁 は 貪の 反な. ft.o :」| 謂 F 扠 乙の 章の 旨 は、 古 先哲 王の 天下 を經徐 

せる 要旨なる ゆ ゑ、 獨.? K 學の 書の みならず、 古の 賢人 君子の 讒、 及び 諸子 百 家の 書と いへ VI も、 

皆 この 意 を を 述べた- 90 苟 子の 修身 篇に、 君子 役, 物.」 小人 役, 一 於 物? と 云へ る 物 は 財物 なれば、 此 

の 章の 意と 同き なり。 又 儒效篇 に、 以 -I 貨財 ー爲 以,, 餘生, 爲- 一己 至 道? 是民德 也。 これ 小人の 以 



荷の 字の 色色と 轉 じたる は、 何れ にても すむ さなれ ど 此の 藩の 發と轉 じたる は、 義 fij に 騙る さ 

ゆ ゑ、 訛.o^とせねばならぬならo古今の諸儒これを知らずして、 誤字に 就て 義を つけし 故、 いろく 

と 臆說, ^.>逞 しふして 尾れ ど 《 ?"、 本と 强 なる, V ゆ ゑ、 此の 章の 義 今に 明白なら ぬな 6NO 發の 字に して 

一 見て は、 何 ほど 辦說を 費す と 云へ v5J_*-、 ゥ まる 所す まぬ. i になるな ftNO この MJ は 余 も 《しく 疑; 3 居 

日 一一 しに、 近ろ 左傳 をよ むと て、 忽發 明したら。 昭 公の 元年に、 樂椬子 相-超 文 子? 欲 T 求 一一 貨於叔 孫? 而 

本 \ 爲, 之 請 S 使, 請, 帶焉。 :^, 與。 梁 其 脛 曰 。貨以 藩, 身。 子 何 愛焉。 この 文と 此の 章と 語 は 少し. 異なれ 

ども、 意 は 全く 同き なり 藩 は 藩衞の 意に て、 藩 i 身と は 身 を かくま, ふ Co な. 故に 下の句に、 何衞 

之爲と ある は、 此の 雜の 字と 同義に 用 ひ^るな. 00 財貨 は 本と 身の 守衞^ する 物なる ゆ ゑ、 仁者 は 

財 を 以て 身 を藩衞 するなら。 不仁 者 は 身 を 以て 財貨の 藩衞 とする さ、 あちらこちら を収ら is?^ へ、 倒 

の. V な 6. と 云 ふ.^ 一な. 00 此の 如くに 此の 章 を 見 ざれば、 下の 章 も 分 了せ ぬ さな. OVO 國 語の 曾 語 下に 

一 も、 此の 梁 其 か 語 を 載せて、 有, 貨 以衞, 身 也に 作れ ft.o 衞は守 衞の義 にて、 即ち 藩と 同意なる ゆ 

\ ゑ、 國語には衞に作-^カるなゥ0 論語の 里仁篇 に、 君子 喩 一一 於 義? 小人 喩-ー 於 利? と 云 ひ、 莊 子の 駢 

\ 梅の 霜に、 小人。 則以, 身 利。 云云。 聖人。 則以, 身 *,, 天下? 又 彼 所, 夠仁翁 也。 M 俗 P, 之 君子? 

其 所,^ 貨財 也。 則 俗 謂, 一之 小人? と ある も、 此の 章の 意眛ぁ もて、 不仁 者の 心 は 小人と 同然に て、 

■ 利 を 以て 利と して、 義を 以て 利と する さ 能 はざる 故 fd! り 故に 此も 下の 章に、 直に 此意. i,, 承て、 未, 有, 一 

上. 好 01。 而 下不, 好 i 者? 未 好 i。 其 事不』 者, 也。 未, 有.' 府庫 財 非-其 財-者.,.^。 と 云 ひ、 

片山練 山 山 子趣統 後 碟 上 二百 五十一 



折衷 舉 Pa 二百 五十 

山 子垂統 後編 上 

越後 藤煥章 筆受 

「 人 

東都 葛長壽 補正 

以射發 A 

禮 記の 大 學の篇 に 曰く、 仁者 以, 財發, 身 不仁 者以 X 身發 i 財 この 發の字 は、 もと 藩の 字なる に、 

發に 訛らた る は、 平 磬が轉 じて 入聲 となうた るな り この 例 は 古書に 多き さなり 書 經の洪 範の曰 

の 字の、 爱に訛 たる も、 此の 例な. ^^^0^ 史 記の 匈お 傳の閼 氏 を、 索 隱に閼 氏 音 烟支 とせ 

6.0 叉陳 丞相 世 家の 注に、 蘇 林 曰。 閼 氏音焉 支と;. P せり 董安于 を、 韓非 子の 內儲説 上に は、 董開 

于に 作る。 漢瞀の 律 暦 志 上の 閼逢攝 提格之 歲の闕 逢. i -、 史 記の 暦 書に は焉 逢に 作る-い 又曆 書の 端 蒙 

栗歸ニ 年の 注に、 徐廣曰 單閼 一 作-直 安? 索隱曰 C 單閼 丹 遏ニ音 又 音蜂 焉 正義 曰 閼音烏 葛 

反 又 於 連 反 これ 亦闕焉 安の 三 字、 古へ は 昔 を 以て 通用す る を 見つべし 本草 網目 薄荷の 條 下に、 

李 時 珍 曰 C m^o 俗稱也 食 性 本草 作,, 菝藺ぺ 甘泉賦 作,, 楚藉 7 字 林 作,, 則 薄荷 之 爲,, 訛 

稱 一可 i 知矣 千金 方 作, I 蕃荷? 又 方 音 之 訛 也 これ 音の 轉用 にて、 入 聲の平 S にな 6 たるに よ. 5 て、 

字 また 變.^ 力れ ど 《?、 その 實は 此を是 とし 彼 を 非と 定る は、 固なる MJ な. 00 畢竟 は 時 珍が 古音に 

精し からざる 故な 力。 薄の 接と な. 9、 又蕃 ともなる は、 即ち 此の 藩の 發 とな. ると 同 例な- 90 薄 



曰 



本 



理 

,彙 

編 



獨無校 乎 Is 衋 裕殺附 

波 臣 

整 二十 三 物 



dt 山 兼 山 山 子垂統 後提 錄 二百 四十 九 



編彙理 本 B 



折衷 畢 s 

山 子垂統 後編 目錄 



卷 上 凡 二 物 

以財發 身 蒲 盧 

卷中 凡 九 

將頓其 美 不毀 皆 附 

標有梅 丞 一 民 乃 粒 

土 爱稼穑 居 德則忌 

喪 與其易 也 史之闕 文 

不億 不信 

卷 下 凡 十二 物 

周 有大賫 , 簡 諒 

嘉栗 旨酒 投 蓋 

届 蕩尸之 遠 績禹功 

將會 孟子 餘 不可 食 己 

其 語 莊嶽 



W 

m 



題,, 垂 統 後編 首, 

垂統 後編 成 Q 山 君叔瑟 謂, 余 曰。 此吾 門人 膝 煥章葛 長壽之 所,, 筆記? 而吾 平日 話 言 也。 今 將,, 一 上木以 

公-同好? 纈 乞-子 一 言, 以冠 ^ 焉。 佘與, 君交隨 有, 年矣。 期 役 也。 竊自 喜。 君 亦 命, 之。 不, 可 1,1 以 

謝-不敏-也。 乃 言 曰。 夫 先王 之 道。 博矣 深矣。 雖, 有-六 經, 而存 3 古今 逖乎。 散逸 誤謬 不, 爲, 不, 多。 

耍, 之 心 目 熟-先 秦? 1 ,1 洗 注解? 而後 可 以 入-其 室, 也。 鳴 呼難矣 哉。 苟 非-強 有力。 而 厚意 遠 志 者? 

则 必不, 能 也。 惟 君 强記洽 聞 勤, 之最 苦。 孜 々汲々。 夙夜 匪, 懈。 遂能 超-乗 一 賠? 獨_, ^千 歲-也 

夫 漢儒之 注 k 也。 固有, 傳焉。 其傳 之不, 全。 乃以, 臆 立 壬。 其以, 臆 也。 不, 能, 不_- 就, 字解, 也。 但 

字 有-一 以 混? 有- 以, 音 訛? 誤謬 之 多。 職是之 由。 副 墨 洛誦。 紛然 交易。 如,, 其義? 亦 安 取 王 哉。 盖 

君 有, 見, 于 ,是。 而攻 一一 古文, 多年 矣。 直以, 一 古書, 徵 一一 古書? 而不ョ 必用 = 傳注? 所" 以 異三于 一一 漢以來 諸 

儒 先, 也。 其駁ー 一前 W? 非,, 敢自 好,, 辯 也。 盖任, 道 之 深。 不, 得, 已也。 余與, 君交驢 有, 年。 觀, I 其 志 一也 

熟矣。 故 序 以^,, 世 之 人, 若:, 是。 

安永 庚 子 仲 奢 之 望 赤松 豊泰 



片山兼 山 山 子垂統 後提序 二 wg! 十七 



-Md s 二! 0T-® ナ六 

垂統 後編 序 

邀哉 三代。 如:, 隔-- 1 洪荒? 今 而欲, 知- -聖 道-者 何以哉 古文 此而已 C 然雅誥 聖典 C 多 屬-- 殘缺? 則 彼 

後 儒 之 難-折中? 亦不, 可, 已之勢 也 故雖 T 各 鼓-雄 辯- 以 說., so 或 珠或誕 或 性或理 務 自封殖 徒 

胃- -积 棘? 而不, 知, 就- -坦 塗? 嘵曉 紛紛 聚 訟不, 止 自, 厥 以降 先王 孔子 之 道。 雖, 存乎 猶,. Co 我 

B 家 文明 之 化 有-伊 物 二 氏- 岀.. 而雖 --大 有.. 所, -發 揮? 然亦多 取,, 諸 其 臆? 故 其 所-論 撰? 古 非, 古 徵 

非, 徵。 無 k 不, = 熟- 稽諸 古文-也 C 吾 兼 山 先生 有 之 開 „, 業 於-, 振 衣 岡? 振-起 古學? 故 其攻, 書 

也し 不, 階- -漢 以後 諸 儒? 直、 洙泗? 遣-都 魯? 優 游厭飫 久而 熟, 之。 刖 文意 互發 C 左右 逢レ原 C 於 

X 是乎洙 洒之道 黎然具 C 豈不, 美 哉。 先生 常 嘆 曰 C 世儒以 k 通, 學 S 處こ 雖,, iia: 蓄- ニー 酉 V 道 非-其 道? 耍 

非-其 要? 遂不, 能, 窺-先王 宫艢? 其 宗廟 百官 之 美 乎 譬-- 諸惊之 無, 蒸。 輻之 無" 穀 皮 之不, 存 

毛 將安傅 信 哉 言 也。 故:? 古經? 在, 熟-古言? 古言 熟。 而後 古 經不, 須,, 傳注 7 而自了 了-」 往者 門人 

殺-先 牛: 燕 居 之談? 公, 於 此爲 = 前編? 今又將 X ム- 後編? 此雖- 先生 緒餘? 世 之學者 因, 此以 反,, 其 

三 隅? 而按 --充 之? 則 於-古 先哲 王 孔子 之 道? 其猶 k 际- 諸 欺, 乎。 己 亥 秋 九月 



るに 足れる を 知る へし 



安永 四 年 之 萬 年 乙 未 春 三月 



曰 



本 



理 



山 子垂統 前編 下 終 

山 兼 3 山 子垂: S 前 n 下, 



折き l&s: 二 las 十四 一 

>能^ 也。 云云 C 並, 一 而不 k つ 則 通; 於 神 參- 於 天地- 矣。 I レの】 1?と不1¥ お;, % の ^天 下即 の" Hlfsll: 一 

?其性 i 能 翁- 1 其 性 is 能 人 之 一能き.^ 之 ま g 能?; gji 乂性 一能 f% ^物; T:i^J-f 呵-ヌ ヌに K ^^之せ E^l r. 、 SIIB 臨. 之、.^ 一 

S 可 S 以賛二 天 S- 之 化育 可 與-- 天地 1 一二 上矣、 と 亦 ls.r 義 にて、 至誠の; St 化 1^ 威ォ *SMK ふな リ、 < E>f & 二 \Lvj 

bo 道, 之以 中り V- 以, 命 c 章, 之以, 論 「」 禁, 之以, 刑 故 其 民 之 化, $3 也 如つ §c 辩說惡 用矣哉 一 

など V 云 へ る、 皆 乙の 節の 義を 敷衍す る ものな り。 化 道の 義. 乙の 文に て、 明かに すむな り。 然る J 

H に 化 道 者 C 敎化之 道 C 謂, 學也。 な V3、 は、 あま.., 妄なる さに 非ず や C 叉 手 又 無 禍を無 過と なし、 上 一 

文の 行 無 過の 過な りな ど 云 ひ、 議 兵の 篇の 行莫, 大-- 乎 無 T 過と 云へ る 文 を附會 する に 至て は、 獨 ftl 

大に荀 子の 本旨 を 失 ふの みならず、 文辭の對應を《^"知らざる者の言なり0 第一 に 顧の 宇の 對 呼に 於 一 

て、 過の 宇に て はすまぬ ふな. 上に, P 云る 如く、 1SI の 字 は 上の 景 福 の 福 を 承け、 禍の字 は 下の $4 一 

慢忘, 身 C 禍炎乃 作 及び 蒙 鳩 等の 喩の張 本と なし、 修身 不 苟榮辱 等の 篇 S 端 を 起す 者な 60 即ち 積の, 

宇 を 云 ふの 步語 にて、 宴 安の 鶴 毒なる を 云 ふなり。 要するに 怠慢 は 誠の 反な りと 知るべし し jfSSS 一 

人と 云 ふ わる は、 S- ち 誠 人と iM ふ. k なリ、 ft と 誠と は 音 同き ゆえ、 古 は通ゼ しなり、 但莊 列が a: と 云 ヘス-は、 誠の、 t な あえ リ大さ 

うに 一 K へる 故、 聖人の 誠の 本旨 VS- 失せるな リ、 然 ども 誠の 大義 に 於て はか はる, t はな 告 なリ、 加樣 の, t も 古今の 畢 者の 心づか St 故、 - 

便 liiH ひ& ぼして 知らし むるな リ、 要するに 老莊 列の 書 は、 鱧樂 仁智 離れて、 誠の 一字 敷 好丄 たろ とえ 了脉 ^ 遏 .t- ぼ^ 1:- 

ものな リ、 是 も 意味 ある, e なり、、、 の f は 先生の 老子 類! ss,^ 見れば 明か に 分る VAt なリ、 IS て 見るべし、 -lA グ HI4;、、V< 15 君子 博 一 

削? f レ の 行 莫レ大 一一 乎 無 if4s 酐 知%祭 一 と 云 へ るけ、 議論の 生 とすると,」. 一 

ろ、 本 自ら 別な り。 然るに是を此に傅會するr^J、 木に 竹 を 接. るより 甚 しふして、 取. CN 合ぬ £J なり- 

讀 もの 前後の 文を審 にせば、 義 をの づ から 見 へん その上 大戴禮 の 勸學篇 に は、 無禍を 无咎に 作り、; 一 

淮南 子の 詮言訓 は、 p^fe-^o 利莫, 美, 不, 喪 など ある 文 を 尾て、 古言の 互に 相徵 しとす J 



本 

理 

編 



れば 成らぬ さ ゆ ゑ、 禮樂の 神化 を 言ん が 爲の起 本に、 此 にて 弒の義 を 言へ ども、 誠の 字 を 見さぬ i^、 

Vt? に艮ら 5U、 、、れ g ち 古文の 法な リ、 鱧 記の 中庸の 篇な ども、 鱧 樂の書 なれ ども、 初 

せ み 3 集 力^すな/ めに は ii 樂の柽 旨の み.^ 言 ひて、 醴樂の 文字 は、 半 は 過ぎ に 至りて 出し、 

末 12 至りて 亦 禮樂の 字.^ 隱 して、 鱧 樂の極 化.^ S ヘリ、 誠の 字 も 中 ごろに 至りて 出し、 初め: i は 愤衝の 2^ のみ.^ 出 ぜリ、 末;, L 至 

リて は、 誡と憔 S の 字,^ 魔して、 唯 その 義 のみ.^ iH ヘリ、 衣レ 錦尙レ 31 、潜 雖レ 伏矣、 不レ愧 二 于屋漏 1 等の 論是 なり、 大學の の 如き 

ば、 始 6i とも LiSi 樂の 字,^ a さす." 但 誠の 字の み,^ 見ば して、 鱧樂の極13ほ.^じ:&^^ : >^%5 1> r_ 

!» 化の み,^ iK ヘリ、 みな 說 あろ, t なリ、 先生の 専 庸 古義,^ 見て 知るべし、 .s^ し丫 +n 文と ク: S 文衛 は. t-tj のみ も 

つかしく 解し にくき 者に はな けれと も、 意味 は 八 a 蓄 深奥に して、 前後の 照應 至て 尾に くき 者な. CNO 

本 ^ この 篇 及び 中庸 大學に 限らず、 何れの 書 * "同じ. i なり。 物 氏 は 古文 辭を 知る を 以て 自負す と 云へ ど 

^ も、 古書の 見やう は 至て 疎に して、 何れの 嘗の 解し 樣も、 みな 胡椒 丸吞 なり。 かの 李攀 龍王 世^ 等 

倫 一 が 如き 古文 を效て 作れる 文な ど は、 句. ii- 章 法な V3 は、 古書の 艱澀奇 奥なる 處を 務めて 摸擬 したる 故、 

理.: 一 俄爾 して InJ- ては讀 にくき やう なれ ども、 意味に は 含蓄 深奥なる さなく、 もと 淺 近なる 言 なれば、 物 

氏の 學カ にて はすむ 箬の ふな, 00 この 伎倆 を 以て、 六 經先秦 の 文の 爾雅 なる 古 先聖 王の 道 を說き た 

^3 _ る 書 を、 李 王の 文と 同じ 眼に て 見られた るる なれば、 差 謬 多き 箬 のさな り。 をれ ゅゑ苟 子の 書な ど 

編 一 は、 餘ほビ 骨折て 見られし と覺 ゆれ, VJ,P、 かくの 如く 苟 子の 書の 綱領 開卷第 一 義の則 を 解し 得ず し 

" て、 4^ ゎひネ なき 說をク けられた るな り。 乙の 則す まざれば、 苟 子の 一書 は 何 ほど 讀て 《p、 解し 得 

べき やう はなき な <yo 故に 讀苟 子の 書、 みな 上す ベ. ft- なる ij のみ を 言へ. GNO 因て 便 次に rJ の 則の 旨 

趣お 詳に 知らし めんが 爲に、 徴文を 舉て學 者に 觀せ しむ。 不苟篇 に、 誠心 守, 仁 則 形。 形 則 神 。神 則 

匕. 015 : は 中庸の 曲 能有レ 誠, 誠 形、 形 M 著、 著 S 明、 叨則; IT 動 Mir 化、 唯 天下 諮せ I こ、 t-U^^^OEa^ f 

0/.^ の 至誠 爲ニ能 化 T と あ-ろと 同義 Li-.- 、、共に 1i 樂の 神!^ の 誠ん 以て 行ろ、 ふ iK ふなり。 信お f-- 个.^ W W 口 月 レオ 

片山 兼^ 山 子整統 前 K 下 二 1S.H1I 




折衷 擧 K 二百 H 十二 

D&9SL--to _y ir- 中庸に w§ レ 物不レ M 其 生レ 物不レ 測と は、 天の 誠 vss ろな リ、 子 

^^せさる の 論の 媚 とす :^3とに^.蒭 の義にて の 儒效篇 に、 弁レ 一 而不レ 1S£$、 所,ー£^き稜也、 ともる,:^、 天地 &5S 聖 

人の 誠 ぜ じて、 中庸と 互 Ll 相经 す、 竊媵 SSS!a? 等の- s?、 みな 誠の 事 ち islso 眞 4tD-w- も、 ^t^r り 

なリ、 &*^*5-辨4..知られは、荀子の 1 書ば決してすま2-6なリと知るべし、04 ナ 1の ^賴に ^S^--W"JW I St ^ 

術な. 50 大學 中庸の 慎, 獨も 同義に て、 此 勸學篇 及び 修身 不苟 のニ篇 は、 別して 學庸 及び 易の 槃辭 

文 言 等と 互に 相表裡 する なれば、 讀 もの 心 を 凝して^ ふべき さな. 90 神 之聽, 之 (〕 介,, 爾景 顧? は、 

下の 積善 成 ^德0 而 神明 -so 聖 心循焉 等の 論の 張 本に して、 即ち 至誠 烕 神の 意に て、 精賊の 至. =>、 

鬼神 ありて 吿 るが 如くなる を 云 ふ。 下の 學んて 聖人と なる の 術の 義 -p、 此句を 基と す 神莫, 大, 一 於 

化., 道に、 上に 引る 詩の 神 之聽, 之の 神の 字 を 承で、 聖神功 化の 極 を 云 ふ olsl 莫 X 長 = 於 無" 禍は、 これ 

亦 上に 引る 詩の 介- 爾景 福, の 福の 字 を 承て、 乾 乾と して 身 を 行 ふて 怠慢せ ず、 夕揚若 厲无, 咎し 

て、 禍災 自ら 夫 身に 逮ば ざろ を 云 ふ 上に も 云へ る 如く、 この 勸學の 一 鬵は、 苟 子の 首篱 にして、 

下の 三十 一 篇の 綱領 なれば、 三十 1 篇の 論、 みなこの 勸學の 一 篇 を敷演 するな. 00 それ ゆ ゑ 此篇は 

文 辭と云 ひ、 議論と 云 ひ、 前後の 照應、 常 山の 蛇 勢の 如く、 累累 乎と して 賞珠の 如くな. 然るに 

物 氏 曰。 神 之聽, 之 。介,, 爾景 福? 神 莫^-於 化 i。 福莫 fe- 於 無^。 兩神字 。似-一意 展不 相 接應? 其 

實不, 然。 盖謂 神之聽 i 之。 莫, 大,, 於 化 道, 也。 化 道 者。 敎化之 道,」 謂, 學 也。 無禍當 i 作-無 過? 即上 

文 行 i に 過。 又 見, 一議 兵篇? これ 此 節の 意義 を辨じ 得ざる は 固よりの るに て、 文章の 道 を も 一向に 知 

ら ざる 者の 見やうな. 9,- 誠に かくの 如くに 此節を 解せば、 痴人の 夢 話より 甚 しき 者と 云ぶべし 上 

れも 云へ る 如く、 苟 子の 摩 は 別して 鱧樂を 主と したる? P のな り。 その 鱧 樂の道 を 得る に は、. 馘に非 



曰 



倫 



家の 楊 慎 及び 方智 など か 通雅の 無根の 說を 信じて 引用せ しゅ ゑ、 その 誤, 9 楊惊 より 甚 しき 听以 なり。 

上に- « "辨 ずる 如く、 楊 慎方智 共に 古書に は 不案内なる 者 ども なれ V5 も、 その 博物に 圧 ずて、 種種の 

附會 の說を 造て、 後學を 誤る. V 多き に、 物 氏 その 博辨に 惑され て、 その 著述の 書の 中に、 二 氏の 說 

を 多 V. 引用せ し は、 不見識の 至. な. 00 椽 物の 二 氏、 共に 苟 子の 書の 本旨 を 知らぬ と 云 ふ證据 は、 

勸學篇 は荀子 三十 ニ篇の 綱領に て、 誠と 神と は 勸學篇 の主腦 なり 勸學篇 のま 腦 なれば、 固より 餘の 

本 \ 三十 一 篇 の主腦 な. 苟 子の 睿 は禮樂 制作の 本義 を 生と して 論じた る 者 なれば、 誠と 神と を 以て 一 

篇 の主腦 としたる 者な. CNO 今 乙 乙 ろみに 二 氏の 苟 子が 本意 を 知らざる の 一 ッを 擧て學 者に 示す 。也. 

は 類推して 可な 力 ^ほ gJE£ ま" 《 ゆ ゆ 仏れ i ふ 人ぶ, 先生 余 等 及び 腺 子 文,^ して 著さし むろ 所の 荀子 一 適. J- 見て 知ろ べし、 

I 一 # 子の 證荀 子、 及び 揚偷が ffNS んと思 ふ 人 は、 办余 等が 著す" 4 の sf h¥ 、^お i^fsxss.M は、 

理 一 勸學の 篇に云 ふ、 詩 曰。 嗟爾 君子 無, 恒-- 安息? 靖-, 共爾 位? 好, -是疋 直? 神 之聽, 之。 介-, 爾景 福? J 

祌莫レ 犬-於 化,. 道 0- 福 莫レ長 一-於 無., 禍 無, 恒-, 安息 „p は 誠の 事に て、 下の 怠慢 忘レ身 禍災乃 作 等の 論の- 

張 本と す。 怠慢 は 無 ,恒, 一安 息, の 反な り 天の 道、 聖人の 行、 みな 孜孜乾 乾と して 怠慢な きものな, 

即ち 四特行 はれ 百 物 生. 5、 盛徳 大業の 成就す るの 本 全く 此に 在り いは ゆる 乾の 卦の九 三に、 

一; 君子 終 H 乾 乾 夕 惜 若。 象傳 に、 天 行 健。 君子 以自 疆不, 息。 舜 の孳孳 として 善 をな し、 禹の 日に 孜 

孜 たる も、 是が爲 の 故 f 0,^$$0st0^,^^ s 君 

子 居 必擇, 鄉 等の 張 本に して、 愼獨 の義を 伏す 。好-是正 直, は、 下の 駑馬 十駕 及び 蟥の 用心 一 也の^ 

の 張 本に して、 正直 は 即ち 誠 一 の義 にて、 誠の 事な. 聖人の 道、 禮樂 の德、 みな 誠なら ざれば 成 

片山兼 山 山 子垂統 前編 下 二百 四十 1 



0. 

編 



曰 



本 



理 

編 



折衷 學 S §? 

もし 物 氏の 書 を よんて 加 樣の處 に 至らば、 妄に 信ずる こと 勿れ 余 因て 此に 一 を擧て 百を警 するな 

ゥ 古に 云ふ不 i 知爲, 不 i 知と〕 故に 知らざる こと をば 疑を闕 て、 妄に注 を 下さ V- る を 知と 云 ふべ 

し 

仁 吵_, 天下, 

又 王制の 篇に、 仁 妙-天下? 義 吵-- 天下? 威 眇= 天下? 楊 注 妙盡也 盡-, 天下? 皆 懷= 其 仁? 感-- 其義? 

畏-- 其 威? 物 氏 曰。 註。 妙盡 也。 非矣。 吵妙通 言,, 其 天下 皆不" 能, 及 也。 これ 楊 物の 二 氏 共に 苟子 を 

注す と 云へ Vj?? -、 本よ く苟子 を熟讀 する 能 はざる 故、 乙の 眇の字 は fP と縣の 誤. なる さ、 苟子中 

に その 徵文 多き さなれ VI も、 もれ を 知らず して、 かくの 如きの 臆說 をな すなり C 縣は懸 と 古字 通ず 

る ゆ ゑ、 苟 子の 中に、 或は 縣に 作り、 或は 懸 にも 作. 9 て あう。 即ち 下 文に、 名? 足ミ以 懸,, 天下, 

也。 と ある 是な. 00 非 十二 子の 篇に、 $曰 不, 足, 以 容,, 辩異 縣, 君臣 5 富 國の篇 に、 功名 未, 成 則羣 

衆 未, 縣也 羣衆 未, 懸 則 君臣 未, 立 也 C 王 霸の篇 に、 以, 是 懸,, 天下? 一 , 一 四海 f 何故 必自 爲, 之 疆 

國の篇 に、 懸, 之 以-: 王者 之 功名? 則倜 偶然 其不, 及 遠矣」 正論の 篇に、 聖王沒 有,, 勢籍, 者 U 罷 

不-足 =1 以懸 -- 天下? 又 云。 聖人 備-, 具 全 美-者 也。 是懸 = 天下, 之播稱 也。 この 懸,, 天下, 之權稱 也の 文に 

て、 懸の 字義 も 明かに すむな ゥ0 蓥し 諸子の 中に て、 誤 訛 多き 書、 墨 子 は 固な り、 其 次は荀 子を甚 

しとす 楊惊が 注、 十に 七 八 は 誤解す 物 氏の 讀は、 その 誤. 楊 氏よ. 5 甚し C 十に 九 は 杜撰 妄說 なり 

畢竟 二 氏 共に 荀 卿が 著書の 本旨 を審 にせず して、 漫解 をな せし 故な. 00 その上 物 氏 は、 明 代の 博雜 



曰 



本 



理 

編 



ケひ 鱧 記の 仲 尼 燕 居の 篇に、 客 出以, 雍。 徹以 一, 振 羽? と ある、 是れ大饗に兩君相見の禮な..^0 かく 

の 如く 雍の樂 は 生存の 時の 食享に 用る? P のなる ゆ ゑ、 祭祀の 時に も 用 ゆるな り。 いは ゆる 事, 死 如 

事レ生の義な-^0 雍の樂 に 限らず、 總 ての 儀式み な 生 時の 時に 用 ひし 禮の 通. 9 にす る さなり。 伢物 

によりて 死と 生と 別つ は あれ VJ5„P 、大分に か はる さはな きなり。 故に 生 時に 雍を 以て 徹する ゆ ゑ、 

祭に も 雍,: 以て 徹. V ると 知るべし。 故に 家 語の 五 刑 解に、 喪祭 之禮 。所 一一 1 以敎 _ 一 仁愛 一也。 能 致 _ 一 仁愛? 

則 服, 喪 思慕、 ソ 祭祀 不, 懈 Q 人 子 饋養之 道 也 王 注 云。 言 孝子 奉-祭祀, 不, I 敢懈? 與- 生 畤餓養 之 道, 

同レ之 也。 と 云 (る 尸; -.yo この 事 は 大戴禮 の 盛德篇 に! ^あ, 00 弁せ 者 ふべ し 總 じて 物 氏の 說は、 

何に よらず 無體に こじつけの 事 多き 中に ネ、 殊に 禮を; 11 せし 處は、 牽强 のさの みなり C 究竟す るに 

物 氏 はもと 三禮を 蕃に讀 まぬ 人 なれ ど; p、 苟 子な どを讀 て 禮の賁 きぶ を 悟り、 ゃゝも すれば 醴樂禮 

樂と 呼ば るれ ども、 その 實は 禮樂の 本義 を 知られぬ ゆ ゑ、 鷂 ずる 所み な 敎に 戻る u のみな ANO 可 

謂 東海 一 叔孫通 也と C 

君 射 則臣決 

又 君 道の 篇に、 君 射 則臣決 物 氏の 讀に 曰く、 恭畤諺 也。 これ 國語及 ひ戰國 策に も ある 語に て、 古 

法 言なる に、 何の 故に 翁 諺な. CN と 注せる にや。 二 書 共に 僻書に あらず。 物 氏なん ぞ是れ を 見ざる 

や ^語に、 大夫種 曰 C 夫 一 人 善 射 百 夫 決 拾 勝 未, 可, 成。 云云"」 楚威王 策に、 莫敖子 華 曰。 華 聞 

レ 之。 其 君 好 レ發者 其 臣决拾 C 云云。 すべて 物 氏の 言に は、 かくの 如きの 妄斷 多き な. 00 初 學の人 

片山兼 W 山 子垂统 前 18 下 二百 三 4. 九 



折衷 ST KS 二百 一ー一 十八 

代. 睪而食 

又 正論 篇に、 代 k 暴而食 雍而徹 乎 楊 注 辜 未, 詳 签 香草 也 或 曰 睪 讀爲, 藁 即所, 謂 蘭 jgl 本 

也 或 曰。 當, 爲, 澤 澤蘭也 旣 夕禮。 茵著 用, 茶 實,, 綏澤, 焉 俗書,, 澤字, 並 水 傍 辜 傳寫誤 也 

遺,, 其 水 i.o 代 辜 而食。 謂. 4, 香氣歇 歇即更 以,, 新 者, 代.,. 之。 雍詩周 頌樂章 名。 奏, 雍而徹 i 饌 。論 

語 曰。 三 家者以 X 雍徹。 言, 一 其 僧 一也。 この 楊 注の 說は、 誤字に ついて 强通 する; _p のにて、 固よ. 9 論ず 

るに 足らぬ 妄 解な ftNO 物 氏の 讀に 曰く、 代筆 而食 C 當, ー是擇 字? 正韵 C 擇亦 作, 羣 雍而徹 乎 C 註 

亦非矣 論語 雍徹。 謂, 祭 也-) 此 謂,, 王食飮 時, 也 周 語 C 佐, 雖 者嘗焉 C 與, 餐同 蠻 熟食 也 當,, 是熟 

食然 後徹? この 物 氏の 說は、 何ともつ まらぬ 言に て、 夢 語 を 聞く やうに て、 向に わけ; >P なき to な- 

淮南 子,^ 按ずる に、 代睾は 伐藝の 誤, 9 なる. i 明かな. OC 代 は 形に て 誤.,, / 筆 は 音に て 誤. たる 者な 

i 淮南子 あに 僻書な らん や 物 氏何ぞ 是を兒 ざる C 主 術訓に 曰く、 堯舜禹 湯 文武 王 C 坦,, 然 天下, 

而 南面 焉 當-此 之 時? 馨鼓而 食 奏, 雍而徹 C 已飯而 祭, 竈。 云云 注藝 鼓。 王者 之食樂 也〕 雍 C 已 

食 之樂也 と ある 是 な.^ C 伐藝の 字に、 小雅鼓 鐘の 詩に 見へ た. 00 曰く、 鼓, 鍾伐, 窘 淮 有,, 三洲づ 

と是 なら C 淮南子 はみ な 古文 を 裁 成して 書き^る 者 なれば、 この 處は苟 子に 依. て 言 (る さ 明かな 

AVO かくの 如く 明白なる 徵文 あるに、 楊 物の 二 氏 臆 見を逕 しくして、 後學を 誤る さは 何 ぞゃ。 又 物 

氏の 雍の詩 は、 祭に のみ 用る と 思へ る さ、 疎なる な. CNO 雍は肃 誰の 難と 同 ヒさ にて、 な樂の 名な 



本 

理 





字 當= 是篇 名? 故 樂論篱 引-序 官曰? な VJ 、云へ る 塔 もな き 疎 のと を 言へ り。 夫れ 物 氏 は 經濟を 

以て 自負し、 制作の 任 を も 自ら 許せし 人なる に、 かくの 如き 經綸の 第一義 を 知られず して、 公然と 

して 政 を談ぜ られし は、 覺束 なきと に 非ず や C 正論 篇に、 是非 之 封界、 分 職名 象 之 所 王制 是 也。 

など、 云 ひ、 又禮 記の 王制 篇 などに、 通篇 みな 祿爵 官職の 事 を 言へ る をば、 物 氏 は 何と 心得られ 

にや C この 外 正論 篇に、 夫 德不, 稲, 位。 能不, 稱, 官 C 賞不; 田, 功 罸不, 當, 罪 不祥 莫, 大, 焉。 致 

仕篇 德以 叙, 位。 能 以授に 富國篇 C 德 必稱, 位 C 位 必稱, 祿 祿 必稱, 用。 など-^ « "あ 60 又 鱧 記 

の 王制 篇 にも、 凡 官_, 民材? 必先 論, 之 論 辯然後 使, 之 C 任, 事然 後爵, 之 位定然 後祿, 之. - 云云。 

又 曰。 大樂 正論 = 造 士之秀 者? 以吿 _,于 王? 而 升,, 諸 司 馬? 曰,, 進士? 司馬辩 論官, 材、」 論-進 士之 賢者? 

以吿 _,于 王? 而定- 其 論? 論定 然後 官, 之。 任, 官然 後爵, 之。 位定 然後祿 i 之 C 叉 曰," 使以, 德。 爵以 

レ功。 郊特牲 の 驚に、 繼, 世以 立,, 諸侯? 象レ賢 也。 以に 0G 爵, 人。 德之殺 也。 又 家 語 執 轡の篇 に、 王者 

以 -I 孟春? 論-吏 之德 及 功 能? 云云。 周禮 の司士 職に、 以 X 德詔, 爵 以, 功 詔 k 祿。 以, 能 詔, 事。 以 

レ 久奠, 食。 „ ^此 等の 諸 文、 みな 荀 子の 言と 相表裡 して、 益 蘭 は 論の 誤りなる を 知るべし 定 次の 次 

も 位に 作るべし。 次と 位と は 字畫. P 似、 又 次 にても 義を 成す に似^る ゆ ゑ、 誤れるな. ^0 總 じて 古 

書に は、 簡樣の 誤字 多き さなる に、 其 書 を 注す る もの、 をれ を辨ぜ ず, 强解 をな し^る,^、 諸の 字 

書に これお 收て、 後 學を惑 はしむ ろな り。 至誠 感 神の 誡、 M まほ マる 左傳の 字。 孟子の 校の 字 g 

、に 晃呂覽 去尤篇 の 以 , if の ? r 應言篇 の 綠 雙女邑 之 地。 の; # 等 の 類。 ^^^^P^MSV. 

; 3t 山 兼 山 山 子垂統 前編 下 二百 S 十七 



折衷學 PS 二 51HH ハ 一 

下 文に 明主 譎, 德而 序:, 位。 と ある は、 上に も 云へ る 如く 誠の 字より 誤. たる 者な ftso 正論 篇に圖 レ德ー 

而定, 次。 量, 能 而授, 官 olfl 而 一れ I、 一と ある は、 義を 以て 誤 fts たる 者な. 00 釜し 謫 を 商と 尾て、 度 

訓す るよ. o、 圜と 誤れ 6N0 又 商と 圖 とに 字形. P 頗る 似 たれば、 商より 誤. たる も 知るべからず C S 

\ 又 論の 字の 誤.^ と 云 ふ證据 H 王霸篇 に、 ;? 德 使:, 能 而 官,, 施 之, 者 聖王之 道 也。 君道篇 に、 5sfi^ 

日 "德 而定, 次 C 量; お 而授」 go 又同篇 に、 能 論- 官 此三材 者? 而無, 失,, 其 次? 是 爲-, 人 主 之 道, 也 正論 i 

本 《 篱に、 致, 顋而 治。 論, 德 而定, 次 など >- ある、 是 なり C 夫れ 天下 國家を 治る の 道、 人 を 知て 用る よ 一 

一 り 先なる はなく、 又大 なる はなき ゆ ゑ、 古聖 賢の 天下 を經输 する、 必ず 官位の さ,^ 先務と して 論ず 1 

儉 \ るな 力。 仲 弓の 政 を 問し にも、 夫子 先-有司? 赦, 一 小過? 擧, 一 賢才? と 答へ 玉へ も。 ^5^§、§尙書の.ー 

理ー 堯典舜 典に も、 他の 事 は 云 はず、 始終 共に 人 を 擇んで 官職 を授 るるの みな 6C 夫れ 二 典 は聖敎 の始ー 

.5 にして、 六經の 首な 然るに をの 事 かくの 如く なれば、 經 X チを 治る もの、 是を第 一 義 として 知」 

. ^得べき, \~ なる に、 をれ を 疎かに して、 その 末 を; i ずる 故、 千载の 今に 至る まで、. 經義も 明かなら 一 

ぬ^の, i な ft^c 宋 儒の 乙と/, \ しく 云 へ る 道心 人心 精 一 執 中 も、 本と 人 を 知. 人を擇 ぶの 言なる に、 _ 

僮 樣の義 明かなら ざれば、 ー埒 もな き 義理 を 生け、 本義 を 取. 失へ るな り。 ; JfJ^^^g 、へ^ f 、に 苟子は 王道- 1 

を 明かに する を 以て 己れ が 任と したる 人 なれば、 官位の さ を 主と し 論じて、 各篇に 丁寧す る箬 のさ 一 

f。 その外 禮 記の 王制 C 尙 書の 周官。 立 政。 周 禮の六 官等。 見つべきな り。 こ、 を 以て 荀 子の 王 一 

制篇 にも、 官職 を 主として; じたる に、 物 子の 請苟 子に、 宰爵 至-一天 王 非 其 人 也? 別 是ー篇 序官 ニー 



彙 





古が 己の 字に 必の義 をつ くる さ、 これ 亦つ まらぬ さな 60 己の 字に 何 ど 必の義 あらん や。 故に 己 は 

必の 字の 訛りと する を穩當 ならと す C 

譎 而定. 次 

苟子儒 效の篇 に、 諸, 德 而定, 次。 量, 能 而授, 官 楊 惊注。 蘭與, 商 同。 古字 商,, 度 其德? 而定, I 位次? 

本 或 亦 多作 X 譎。 譎與, 決 同。 謂, 斷, 1 決 其徳? 故 下 亦 有-決い 德而定 P 次 也。 俎徠 物氏讀 曰。 按正韻 蘭 

註。 度 也 荀子 韻, 德 而定, 位 與, 商 同 正字 通 0.荀 古本 作, 商。 加 Jin 者 C 俗 增也。 又 正字 通譎註 ◦ 

譎決。 音 同義 別 讀書通 譎通 作, 決。 荀子 儒效篇 。譎, 德 而定, 次 又 明主 譎, 德序, 位。 並與, 決 同。 

謂- 决斷 用.. 之。 按苟 古本 作 i 決 認作, 譎 沿, 譌强 通。 非。 按 正字 通。 兩 處不, 同。 難, 憑,, 一 定? 但 Q 

決德未 レ穩。 商 德爲, 允。 而商 加, 言 作, 誠 C 豈可 ョ斷爲 一一!! 字, 邪。 正字 通 妄逞, 一意 尾? 若, 此者 多。 これ 

誠の 字 は 本と 論の 字の 訛りなる さ を 知らず して、 諸家い ろくと 臆 見 を逞 ふして、 後學を 誤るな り0 

可レ謂 その 本 を揣ら ずして 末を齊 ふす ろ 者な ftio fl^ し 論の 字の 盡の 亂れー りて 謫 となり、 又 字の 

似た る を 以て 譎に 誤り、 又 音 を 以て 訛. 轉 して 決 ともなり たる ものな. 誠の 字 は 本と 論の 字の 書 

の 亂れて 誤 訛せ る 文字の さなれば、 苟 子の 此處 にある ばか 6 にて、 古今の 書 策の 中に 固よ わなき な 

6.0 實に蒼 超史箱 《p 知らぬ ! 奇 字なら、 をれ を 諸家の 篚樣 に聚訟 して 辨 ずる さ、 は; S もな きさに 

非ず や 蘭の 字の 論の 誤. なる さは、 苟 子の 書中に て比考 しても、 明かに 分る、 さなる に、 諸家 共 

に 苟子及 ひ 他の 古 翁 を 精く 見ざる ゆ ゑ、 此の 如き 失 あるな 因て 諸 文 を擧て 世の 學 者に 示すな り 

片 山 兼 山 山 子垂統 前編 下 二百 11 一十 五 



曰 

彙 





折衷 舉》 二百 三十 B 

事に 似^. o。 疑ら く は 何 孟春が 說: _p、 此等 のさ を 誤. 9 聞て、 杜撰せる^:^らん。 按ずる に 門 期に 後れ 

しさ は、 乙の 世の 比 多き HJ と 尾 へ て、 史傳の 中に、 郭 門の 外に 宿せし など、 ある こと、 處處 にて 見 

あたる さな. 00 劉 向新 序、 翅事 奪戚欲 -齊桓 公? 竊困 無-一 以自 進? 於; 商 旅? 賃 i 以 適褚。 

暮 宿-於 郭門之 外? 桓公郊 --迎 客? 夜 開 h。 辟-貸 車 者? 執 火甚盛 C 云云。 な 

と 見つべし 

以 諾 

また ヒすニ 弟子 解に、 擔臺滅 明 云云 其爲, 人 公正 無, 私 以- ー収與 去就 以諾 -爲, 名 以 諾の以 は、 

まさに 讀て 己と なすべし。 古へ 以と己 は 通用の 文字 ゆ ゑ、 以に 作るな ゥ C 荀子王 霸の篇 に、 刑 賞 己 

諾 信-乎 天下? 史 記の 貨殖 傳。 徐僮 取盧リ 則淸 刻矜, - 己諾? 鱧 記の 表記に、 是故 君子。 與_= 其 有- -諾 

責, 也 寧 有-己 怨? 鄭注 己。 謂, 不, 許 也 言諾 而不, 與 其 怨大- -於不 "許 C 以上の 諸 文 を 参考せ 

ば、 義も亦 明かな らん 然るに 太宰 氏の 增 注に 云 ふ、 以諾 二字 C 恐 有つ 龀。 或謂以 諾赏, 爲 n 然諾? こ 

の大宰 氏の 說は、 史記游 俠傳の 布 衣 之 徒 設- ー取予 然諾? と 云へ る 文な どに 依-て 言 ふと 見へ たれ ど 

79, 畢竟 己諾 の!? I 狄を 知られぬ 故、 かくの 如き 疎なる ふ を 云へ 6C 又史記 灌夫傳 夫不レ 喜-一文 學? 好- 

任俠? 己-然諾? 索 隱曰。 己 音以。 謂 T 己 許諾 必 使.!. 副-其 前言-也。 漢書の 師 古が 注に は 曰く、 己必 

也 謂-一 一 言 許, 人 必 信., 之 也 これ 皆 誤字に 義を つくる 者な.. yo 己 は必の 字の 訛りなる さ、 疑 ひな 

きなり C 字 富, P 亦す こぶる 似^. o,, つ 索 隱の説 は、 固よ. 9 義を 成さぬ とに て、 論ずる に 足 な. 90 師 



逮 A- 一 父母? 則諱, 一王 父母? 不, 逮 X 事-一 父母? 則不 レ諱- 一王 父母? 擅 弓 上に、 朝奠曰 出。 夕 奠逮, 日 CI 

子 問に、 諸侯 朝-天子? 晃レ 日而行 逮 A 日 而舍奠 大夫使 見, 日而 行。 逮 k 日而舍 史 記の 三 王 世 家 

に、 愚 ir 而不, 逮, 事 など 云へ るに て、 逮の 字の 義見ク べし。 苟子 大略の 篇に、 柳 下葸與 -1 後, 門 者 一 

一 同, 衣。 而不, 尾, 疑 非, 一 一 日 之 聞 一也。 この 後門 即ち 不逮 門の 意な. 50 裼惊が 注は妄 なる さな り。 

日 揚惊 云、 ,ぉ 門 者、 君子 守 一-後門 i 至賤 者、 言 昔 柳 下 惠衣之 弊惡、 與 II 勿 V^,:P.J otMM^^Si すまり と 12^ へ て、 資 

一 後 e: 者 i、 時人 尙 無二 疑怪者 一言 安二 於贫賤 m レ跡而 < 不レ知 也 ^ff- 、こ の 移 = ^ク .f^ は 1 ま と 步ー t ミー PKBrr 

本 W に說 なし をの 上 論語 徵の 公冶 長の 篇に、 程 子の 公冶 長が 事 を 論じて、 避, 嫌 之 事。 賢者 且不, 爲。 

( f?- 聖人 乎。 と 云へ るを辨 じて 曰く、 自., 陋儒傳 中 抑 下惠嫗 一一 女子, 之 事 5 而唯 問-其 心? 不, 問-一 其禮? 以 

倫 M , 此爲, 高 者衆矣 則 或將, 藉_ 一口 程 子 一也 云云 柳 下 恵が この 事 は、 本と 小雅巷 伯の 毛 傅に 出で く、 

m 家 語 も毛傳 より 取.^ 載せた る 者な. 50 夫れ 毛萇 及び 荀卿を 以て 陋儒 とせば、 古今の 儒者 誰か 陋 儒な 

一 ら ざらん C 程 子 を排 せんとして は、 苟 子を陋 儒と し、 孟子 を排 せんとして は、 荀孟匹 也と 云 ひ、 

M ^ 苟子者 思孟之 忠臣 也と 云 ふ。 物 氏の 論の 特 操な きこと、 かくの 如し。 口に 任せて 理を 云へば、 言 

ノ 

編 一 はれざる HJ はなき と は、 徂徠 自ら 道へ ると 云 ふべ し 。苟 子の この 後門の 義は、 呂氏奢 秋に てす むな 

ノ 6。 呂 氏の 長 利の 編に、 戎夷 違. 齊如. 魯。 天 大寒 而後. 門。 si^l き 酸 M 與- 弟子 一 人-宿-、 

於郭 外? 寒愈甚 謂,, 其 弟子, 曰 子 與,, 我 衣? 我 活也。 我 與-- 子 衣? 子活也 (、 我國士 也。 天下- 惜 

レ 死。 子 不肖 人 也 C 不, 足, 愛也。 子 與-- 我 子 之 衣! 弟子 曰。 夫 不肖 人 也。 又惡能 與-- 國士之 衣-哉 G 戎夷 

大息 嘆 曰 嗟 乎 C 道 其不, 濟夫 解 y 衣與 U 弟子? 夜半 而死 ◦ 弟子 遂活 rJ のさ 能く 柳下恶 と女子との 

片山兼 山 山 子垂統 前編 下 11 百 111 十 111 



曰 

編 



. 折 W a-s _ 二百 三卞ニ 

曰く、 王朗 字景舆 C 柬海郯 人 と あり、 王朗は 王肅が 父な. ft.o 一 本に 魯の 郯縣に 作る は、 吾 之本縣 

の說を 知らず して、 その 解 を 得ず、 妄に改めたるものな.<^0 魯に剡 縣と云 ふところ はなき なり 

.25 も、 その 增 注の 首 卷に、 W 班が 唇 isfe て,、 瑰書 日ノ王 55. 子雍: Jsrnl? の 人、、 き H い;^ 引 WJ^" に、 (£w つ:^ 本 1^ ぶ は、 心 

^^^T 且魏 引く, t も、 跌 末の 1^ なリ、 18 志と 一 H ふべ し、 今、、 の畧傳 yi- 見る に、 全く IS 志の 本傳 fs- 暴し 出し-;. 1 る 者な リ、 af 

書 は 5« へて 傳 はら 2 書 なれば、 太 

ノー 氏の K るべき やう はなさな リ、 

不 之 女 

又 好 生の 編に、 婦人 曰。 子 何 不.' 如-柳 下惪 -然? P 不, 逮, 門 之 女? 國人 不鈿, -其 乱? ^^^^^^^^ 

ほ^;? 太宰 氏の 增 注に、 不逮門 之 女。 未」, 气 一 本, 逮 作酏。 先 儒 S? 

不逮。 門 名。 未:, 知- 是否? 案-何 孟春 铺 注-云。 史" 柳 下 惠遠行 JSO 夜 宿-於 郭 門外? 頃 間 有-女子-来 

同宿 時 天 大寒 惠 恐-女子 凍死? 乃 坐-女子 干懷? 以レ衣 覆, 之。 至 レ曉不 爲 1 亂。 此說亦 未, 詳 一-所 

出? 姑錄 X 之 以俟- 一知 者? この 不逮 門の 女の さは、 太宰 氏の みならず、 古今の 諸 儒み な 疑 ふて、 を 

の 解 を 得ざる な 余 近 eK: 苟子及 ぴ呂覽 等の 中に 於て その 說を 得. ^^り0 不逮 門の 女と は。 門に 逮 

ば ざ るの 女と 云 ふ Hi.oo 嫗と は、 樊 記の 鄭注 に體? 嫗の嫗 の 字の 義 にて、 自己の 體の あた、 まら 

を 以て、 人の 體の 冷たる を あた. >- め やる. i な ふ。 女子 時刻に AJ くれて 日 幕に 歸ゥ、 城門の 閉ら ざる 

前に 入る に逮 ばす、 已さを 得ず して 門外に 露 宿す C 柳 下 惠も亦 同く 門 期 に^れて、 門外に 宿す C 會 

寒夜に て、 女子の 凍へ 苦む を憐 みて、 己れ が 衣の 中へ 女子 を 入れ、 同 臥して あた ゝめ やり、 女子の 

塞 苦 を 救 ひしと なり 逮とは 間に合 ふさ なれば、 不逮 とな 間に あはぬ さになる な ろ0 即ち 曲 緩 上に 



此必轸 字 之 訛。 詩 云 G 小戎 淺收。 注 云。 收珍 也。 謂 車 前後 兩端橫 糸。 所,, 1 以收, -斂 所, 载者? 跟 X 之 可- 

以鼓 "琴。 如 菜 衣装 何 可- 踞 面 琴-乎 且下文 云 取- -冑 干饔, 而胄 Q 則饔阅 爲,, 衣装- 矣。 又 何 衣 

装 之 有。 讀 *? 母, 泥, 一成 說? 而試思 二 傅 氏が 辨 ずる 如く、 杜が鞞 を 衣装と すると、 例の 押つ けの 注 

にて、 轉を宛 轉の義 に 取りて、 衣装 を 丸き? P の, と 見た る ものな. 懸 解の 甚 きな 60 正義の 說は、 

塗に 塗 をつ けたる 說 にて、 固よ, 埒も なき 云 ひわけ なゥ 傅 氏が 轉を 珍の 字の 訛りと 尾た るふ、 心 

づき は 面白 けれども、 佛氏も 社と 同く、 左 氏に のみ 就て 義を 求て、 廣く 他の 古 ま3 に考る さなき ゆ ゑ、 

この 事に 限らず、 辨 誤の 中に 辨ぜ しさに、 取る に 足らぬ さの み 多き なり。 余 かって 韓非 子を讀 て、 

轉は轅 の 字の 献 りなる と を 知れ 60 外儲說 g 兹鄭子 引;, 輦上, 一高 梁? 而不, 能, 支 C 兹 鄭踞, 猿 而歌。 

前者 止 後者 趨。 輦乃 ヒ。 使,, 兹 fs, 術以 致. 則 身雖, -絕, 力 致, 死。 载 銜不, 上 也。 今 身不, 至- 勞 

苦? 而輦 以上 者。 有 k 術以 致, 人 之 故 也と。 經 にも 亦 云、 因-事 之理? 則不, 勞而 故兹鄭 之踞, 而 

歌。 以上 = 高粱, 也 ◦ 

吾 之本縣 , 

家 語 致 思の 編、 孔子 之, 都と ある 下の 王肅が 注に、 郯國名 也 0少異 之 後 吾 之 本縣也 太宰 氏の 堦注 

に、 吾 之本縣 未, 詳 一 本 作-一 魯之 郯縣? 吾 之本縣 は、 もと 能くき こ へたる さなれ ども、 太宰氏 ふと 

案し つかぬ と 尾 へ て、 かくの 如き 注 をな せ ft.o 魏 志の 本傳を 案ずる に、 王肅は^^海郡の人にて、 郯 

は 即も柬 海 郡の 屬縣な り。 故に 郯を 吾が 本縣 なりと 云へ るな り 世 說德行 上の 注に は、 魏書を 引て 

dffi 兼 山 山 子 ffii 統 前編 下 二 ぼ 三. H 



曰 

倫 

理 

彙 



0^ 



折 衷 ^sf 1 -H 三十 

出 出の 釋 文に、 鄭 註周穫 引, 此 作-一 讓識- と 云 (ば、 ます/ \. 出 出 は 咄咄の 義な るる 叫かな 6C 余 乙の 

說を 持す る さ 久し。 近ろ 傳 遜が 辨誤 を參考 せし に、 曰く、 說文 C 詔 痛 也 吾 入 於-文字 中-用-誇 字? 

皆從, - 痛恨 意? 何 曾 以-ー 熟 字 一 用. 之 偏旁 從, 言 則 嗟嘆 耳。 これ 社が 注の 穩當 ならざる を 悟. 9 て、 

别こ解 をな すと 云へ ども、 酒 字に ついて 義を つくろ ゆ ゑ、 易の 嘻嘻を 引く と 能 はず、 說文を 引て 痛 

と訓 すろ to、 謂なき.^-なり。 且出出はゃはり杜が^^^を用ゅと兒 へ て、 說 なければ、 觀 るに 足ら ざら 

くの み 又 嘗て 百 川 k 子 海を涉 らし 時、 宋景文 公 筆記 を 見し に、 纷晋之 問"" 尊者 呼-左右- 咄 C 左右 

必曰 k 喏〕 而司 圜 作-休 沐亭 記? 又 用, 之 C 修 害 書學士 劉義叟 C 爲, 予言 r 晉害 言-咄嗟 ig 辨 Y 非 ksr お, - 

【且, 言 二 咄嗟 而辨? 然 咄嗟 C 前代 人文 章 中 多用, 之 或自有 ,義0 と 云 ふ を 載せ 宋, € が 博物 を以 

て 咄嗟の 義 すまず、 かくの 如き 杜撰の 說を 筆記して 後世に 胎ろ さ、 是非 もな きさな ho 左 すれば 古 

人宋, 抓 等が 如き 學問 にても、 古書 をば 善く 讀 まぬ 者と 見へ たり C f;^:;5i ろ^ 古に しとと.?, -TLif 

リ;: るな 

ろべ し、 



バ, 又襄 二十 四 年に、 晋の 求めに よりて 鄭ょ, り 宛 射 犬 をして 晉の張 骼輔蹂 が 御と な せし に、 二子 射 犬 を 侮 

6 て跟 而鼓, 琴と 云へ る 文 あり。 杜 注に 轉 C 衣装。 と 解す 正義に 云へ る は、 跪。 謂, 坐-一 其 上-也 C 

戰車 所, 有 可 k 坐,, 其 上 y 明 是衣囊 耳 當, 是 盛-, 衣 甲, 之囊, 也 下 云 取-, 胄 於鬓? 當 T 別 有-小 囊-盛 * 

臂 定本 作-衣装? 傳逸 が辨 誤に 曰く、 竊謂轉 字從, 車 與, - 衣装-何 與 。不 "知 先 儒 何故 而 以爲, 訓 



詞は、 客の 方よ ゥ 云へ る 言に て、 主の 方よ, は 忌べき さな. 00 

譆譆出 出 ■ 

叉襄 三十 年に、 或 叫, -于宋 大廟, 曰-, 請譆出 出? 鳥 鳴 = 于毫 社? 如, 曰- -譆 請? 甲 午 宋大災 宋 伯姬卒 

待レ姆 也。 社 註 請 請。 熱 也 出 出 戒, 一 伯姬ぅ この 杜注 あまりに わけ a なき 解な, c^o 請譆を 熱と 注 

する は、 下の 火災に よ, - ての 思 ひ 付きなる べし。 然れ VJTP 請の 字に いかなる 說 ありて 熟の 義 あり 

とする や C 無 ifB の 言に 非ず や 出 出戒ニ 伯姬, と 云へ る は、 伯 姬の燒 死た る ゆ ゑ、 それに 案じつ けて、 

伯 姬に戒 て 焚 死ぬ やうに 早く 出よ 出よ と 云 ふ義に 見た るなる べし あまり 俗なる 尾 やうに 非ず や 

今 按ずる に、 請譆は 易の 家人の 卦の九 二に、 婦 子嘻嘻 終吝 と ある 嘻嘻と 古字 通用に て、 歎 E の 

f 6.0 出 出 は 請んで 咄咄と なすべし 咄咄 は 物 をと がむ る聲な ftso 世說 簡 傲の 篇に、 世祖 幸,, 嚴 

子 陵舘? 子 陵 臥. 不, 起 帝 撫- 其 腹, 曰 咄咄 子 陵 不, 可,, 相助爲 で治耶 云云 又黜 免の 篇に、 般中 

軍铍, 廢在, 一信 安ぺ 終日 恒書, 空 作, 字 C 揚州吏 民尋, 義逐, 之 竊視唯 作, 一 咄咄 怪事四 字 一而 己 と ある 

咄咄の 語な ど t„p、 本と rJ の 左 氏の 出 出より 出た るなる べし。 前に も 云へ る 通ゥ、 後世の 語な ビ 云へ 

る も、 をの 原 は 古に 據ぬ Hi はなき な. 00 叉 莊子齊 物 論の 叱 者の 釋 文に、 司 馬 云 若, 一 叱咄聲 又史記 

の魯仲 連が 傅に、 齊威王 勃然 怒 曰。 叱 嗟 而母婢 也 又哀 十四 年の 公 羊傳、 顏淵 死。 子 曰。 噫 天 

喪, 予。 注 噫 咄嗟。 貌 疏。 咄嗟 猶,, 歎息? 即里語 曰,, 咄嗟 之 問, 也 叉 世說汰 侈の 篛に、 石崇爲 

, 客 作-豆 粥 <P 咄嗟 便 ,o これらの 事證を 幷せ考 へば、 咄咄の 義 解を須 すして かならん 叉 左 氏 

片山兼 山 山 子垂統 前提 下 二百 二十 九 



折衷 畢?^ 二百 二十 八 

ら かの 方 削 袂の三 字ゅ脫 せる は、 漢 より 以前の さと 見へ て、 淮南子 I 謙 楚莊王 傷ョ文 無畏之 死-一 於宋 

也? 奮 i 抉 而起。 衣冠 相-一連 於 道? 遂 成-軍 宋城之 下? 權柄重 也。 これ 削 袂の字 股し. 5^ れば、 投の 字, 

きこ へ ざるに 因て、 奮の 字に 換たる ものな り 杜 預も此 等の 文に よ. 9 て、 投を 振な, 9 と 注した るな 

力 るべ けれども、 投の 字に もと 振の 義は なきに、 押つ けに 投を 振と 注す る £0、 強なる さな. ONO 

日," 搦 . 

fe. ^ 又襄 二十 六 年に、 楚の穿 封 戌と 王子 園と 鄭の 皇頡 を囚 へし. i を爭 ひし,^、 伯 州^ これ を 正さん として 

ネ 一 

皇頡に 問 ひしに、 皇頡曰 頡 遇-一王 子-弱 焉 C こ 3 弱の 字に 讀て搦 となして、 捕 榻の義 となす べきに 

倫 杜預が 例の 癖に て、 古字の 假借を 問 はず、 字に ついて 義を つけて、 ft^ 也 敗。 言爲- 王子-所, 得りな V> 

0J \ ゝ注 i-ftNO 弱の 字に 敗の 義 はもと よ ftN なきるな 60 弱き もの は 敗れ やすき ものなる ゆ ゑ、 弱 を 敗と 

理 " 

i 注せし なる ベ けれ V3 も、 迂 なる にて、 牽強の 甚 きなり。 そのうへ 敗と 注して きこへ る さなら ば、. 

彙 一 猶 よけれ ども、 生 捕れた る を 敗れる と 云 ふさ、 義を なさぬ h; なり。 按ずる に、 溺 翰の 横 を 取と 訓 

す 取 は 即ち 取 ふる 義に 用れば、 搦は捕 取の 義 になるな り。 後世に 人 をから め 取る と を捉横 捕攝な 

一 ..yl 、用 ふ も、 もと 此の 左 氏の 弱の 字な V3 よ 出て たる さなるべし すべて 後世の 文字! -p、 ,ての 源お 

尋れ ば、 みな 古に 依らぬ Hi はなき を 以て 尾れば、 乙の 裱の字 も 古より ある 文字な りと 知るべし 本 

邦に はこの 榻の 字おから める と訓 て、 生 縛の 義に用 ひ來る HJ 久し いは ゆる 追手 溺手 などの 語、 表 

よりこれ を 攻め 追- 時 は、 裏ょり逃け出るを榻め取ると云ふ*^;なるべし0 然れば追手溺手^^ど云ふ 



曰 



本 







たる 所 へ 、 s. 舟が 殺された る 注 i ぜを 聞て、 勃然として 大に 怒り、 削 縫し か V りたる 袂を 投擲して、 

履 を も はかず、 宋を 伐ん として 走り出し ゆ ゑ、 從者 跡より 追々 に 履 劎車を もち.' はせ て 追つ きしと 

云 ふさなら 劉 向新 序、 13. 叔向 曰。 管 仲 善 制 割。 隠 削 善 削 縫。 賓胥無 純緣。 桓 公知, 衣而己 C と あ 

る 削 縫の 字、 ^Jの削袂の削と同t-<>な.c^o かくの 如くに 古書に 明白なる 徵文 あれ ども、 杜预は 唯 左 

傳を讀 むの み を 癖に して、 他の 古書 は 左の み 心 を留て 見ざる 人 なれば、 この 投袂 のさの みに 限らず 

强注 多き な ら0 夫れ 左 傅 三十 卷、 二十 萬 字、 先秦の 書の 中に して は、 かくの 如き 大部の 書 は 外に は 

なきな. 然るに 戰國秦 前漢の 未まで,, P 世に あら はれず、 私に 傳 へたる さ れば、 決して 誤字 脫文 

なくて 叶 はぬ さな もれ を 杜預は 古音 古字の 通用に も かま はず、 誤脫の ある 所に; 《 疑 をな さず、 

^ 字に つ いて 義を つけ、 押っけに注を下し.?^:るさなれば、 誤. 9 多き はずな り。 今の 世の 左傳 をよ む 

<, .f^.^ 杜注 をのみ 守,.:^ て傳文 をす ます 故、 かくの 如き わけある MJ を? p.i^ らぬ なり。 歎ずべき さに 

非ず や C 夫?. 泰秋は 杜預が 家書に 非ず。 聖人の 筆 削せ る 所に して、 萬 世に 垂裕し 玉ふ寶 書な 6 夫 

子の. 作の 歉 "と 云 ふ は、 外に はなし。 この 奢 秋ば か. な. 00 その 傳を作 <: 'し 左 氏の," のさ なれば、 

も!! - 人の 道 を學ぶ 者け、 心 を 潜て 熟玩 し、 或は 古人の 疑 ひしと ころ、 又は 古人の 心づ かぬ 所を發 

^して, 一 字 一 處な 6 とも、 その 誤 訛 を 正し、 先輩 未 發の義 を心づ かば、 是れ 聖人え 一 字 一 處の忠 

なれば、 杜预 に畏る さもな く、 傲 學に惯 る さ なく、 誠 一 に 心 を 用; 3 て讀み 得べき i な ftNO 

この投缺の字も、 世の 古文 辭 かきの 徒 このんで 妄に 用. る さ、 笑 ふべき さなり。 去な が 

片 山 兼 山 山 子 _^ 統 前編 下 二百 二十 七 





編 



折衷 學2 二 H?11.H ハ 

也 杜注 貫猶, 一 習 也? と ある、 此の 貫の 字 は、 ^ち哀 二十 六 年の 司 城 欲, 去- 大尹? 左師曰 縱, 之 

使, 盈-ー 其 罪? と 云 ふと 語意 も 全く 同 t となる に、 杜預 も心づ かぬ にや。 こ、 にて は 字に 就て 義をそ 

け、 貫猶 一一 翌也, と 注せ. 00 珠 なる さな も 昭ナ 一 年に、 子產曰 C 天將, f へ. 察以 壅, 楚。 盈而罸 * 之。 

と あるな ど、 罸と 罪と 字 は 異なれ VJ も、 意 は 全く 同き なり。 然るに 正義に 書の 泰誓 上の 商 罪 莨盈す 

るの 文 を 引く 是劉 炫が說 にして、 泰 誓の 文に 依れば、 確 證と云 ふべ けれども、 佘は說 あ. ft^ て是を 

取らぬな り。 お^ ^"gtsgff* 又韓非 子說林 下の 篇に、 有 T 與, ー惜 者, 鄰" 欲 _,賣】而 避" 之 。人 曰。 

是其 貫將, ^也、」 遂去, 之〕 或 曰。 勿 k 之矣。 子 姑 待 k 之 e 答 曰. - 吾 恐 其以, 我滿, 貫 也。 遂 去。 故 曰 

物 之 幾 者 C 非, 所:, 靡 也 C この 二の 貫の 字 も、 共に 罪の 字の 訛. なり C 

投 袂 

又宣 十四 年に、 宋人楚 の 使者 申 舟 を 殺す C 楚子 M 聞, 之 C 投, 袂而起 履 及, 一 於窒皇 及,, 於 寢門之 外 < - 

車 及,, 於 蒲胥之 市? 杜注 投振也 "投の 字に 決して 振の 義 あるべき やうな し 然るに 杜預投 振 也と 注 

せる さは、 1_p と 左 傅の 文に 脫文 ある.. vfc 知らず C 振 衣 振袖な ど 云へ る 語 あるに よりて、 强て投 の 字 

を 解して 振と する ものな ゥ0 余 呂氏赛 秋に 於て 投の 字の 解 を 得た ft.c 呂氏寿 秋の 行 論篇に 曰く、 宋 

殺,, 文 無 畏於揚 梁 之 s^? 莊王方 削, 袂。 開』 曰 C 嘻。 投, 袂而起 履 及,, 諸 庭? 韌 及,, 諸 門? 車 及,, 於 蒲 

疏之 市? 云云 C これにて 投の 字の わけ 注解 を 待ず して 了然 六、 ゥ C 然れば 左 氏の 文 聞:, 之の 上に 方, 剖 

レ袂の 三 字を脫 せる ふ明 かなり 削 抉の 削 は 削 縫の 削に て、 もの 折し;, P 莊王袂 の 破綻 を 削 縫 させて 居 



m 



本 



彙 



句 を 喜ぶ 故、 もの文辭には觀ゥぺき^^ぁりと云へ vl^^、 文義 を誤會 せる Hl^ くして、 識者より 見れ 

ば、 た わ ひもな き Hi 多き な. 00 六經 古書 左 氏 司 馬が 文と 云へ も、 今の 古文 辭者 流の 如くむ づ かし 

き 文字 句法 はなき なり。 古書 は.^ と 左の みむ づ かしき 者に て はなし 其む づ かしき 所 は、 みな 誤字 

脫文 か、 或は 古字 通用の わけ 知れかぬ る 所 か、 或は. m 緣 ありて 云へ る 事の、 其 前後 を 1^ して、 要 語 

をのみ 出して、. 全文 を 省きた る 所な v- にて、 他 はすら/ \ とよく きこ へて、 直なる ものな 左樣 

の わけ をば 知らず、 務て をの 句法 を 奇怪に し、 難 字 異辭を 用 ふて、 これ を 古文 辭 など、 云へ る さ、 

.Ea^nJES*.-E-^..u1VTA_-y し 、、の 事 は 別に 詳 か- kl ずべ ければ、 此 に は 唇す、 た 李 王 は 古文 辭の祖 なれ ども、, A ま f 古 

.stispffii 力 爵ノと IB ぷ 《 し 文辭す ざて、 鴻 儒 硯學と iK へど も、 讀 にくさ 匁 棘の 字句 草 法 1^ 用 ひて、 古文の 失し そ 



入,^^して喂1ー滅,^生ビしむろなリ、 近 ごる 或ろ 古文 ^かきの 文 見し Li 、周 公 孔子 錢元 などと 連れた る詞 などめ リ しなり、 か^の 如 

く 文盲なる 腸 に して、 妄りに 經國 の大紫 不朽の 盛事な ど V の- • し リズ 文, かく?^、 蜆た る 面目に あらず や、 故 に 便 次 に その 弊な Si 

じて、 初^.^ 

警悟 する のみ、 

貫」 二人, 耳 

又 同く 二十 七 JJ^ の傳 に、 子玉復 治,, 兵於篇 う 終日 而畢 鞭 _ 一七 人? 貫-三人, 耳。 この 貫の 字 はもと 罪 

の 字の 誤 6 なゥ 貫の 字に て は、 何れに も穩 かならぬ ぶな. 50 是も杜 預が比 まて は 誤らぬ さ と 見 へ 

て、 杜も 注な し 若し i の 字なら ば、 これ 亦 決して 注なくて 叶 はぬ とな. 90 莨と 罪と は、 字の 形よ 

く 似た る ゆ ゑ、. 古書の 中に て、 毎毎 互に 誤る さなり 。林堯 愛が 以, 矢 穿-其 耳-など 注せる は、 杜撰の 

甚 しきな 宣六 年に、 赤狄伐 J 曰 U 晉侯欲 X 伐 ^0 中 行桓子 曰。 使 J^, 一 其 民? 以盈, -其 貫- 將可 i 

dl; 山 兼 山 山 子垂統 前編 下 二百 二十 五 



折衷 9 HI 二 la 二 fB 

史記劉 敬が 傳を 接ず るに、 劉 敬 高祖に 說て關 中に 都せ しむる 詞の 中に 曰く、 成 王即, 位。 周 公之 場傳 

相焉 廼營, 1 成 周 洛邑? 以此爲 = 天下 之 中, 也 諸侯 四方 納= 貢 職, 道 里均矣 有, 德 則 易,, 以王? 無, 德 

則 易- 以 1J? 凡 居 あ 者。 欲, 令-一周 務以 レ德致 _xo 不 依-一 阻險? 尹 後世 凝 奢 以 虐.. 民 也 この 劉 

敬が 說も、 古よ ゥ傳る 所の 遺文 を 尾て 云へ る 者に て、 古史の 言な. 5 と 知る へし 

波及 

又僖 二十 三年に、 晉の重 耳の 楚成 王に 對 へし 詞の 中に、 其 波-及 晉國, 者 君之餘 也。 と 云 ふ 文 あ 

此の 波の 字 は、 播と音 全く 同き ゆ ゑ、 訛. て 波と な 6 たるに、 古今の 左 氏 を讀む もの、 これ を 正さ 

ず、 疑 もっかぬ は、 疎なる さな. 90 播は播 布の 義 にて、 播 及と は その 餘. <=> のちら ば. 來る HJ な ゥ0 

理ー 今按 する に、 この 波及に 杜預が 注解な きを 以て 見れば、 杜預が 比 まて は 左 氏の 文 は 未だ 誤らぬ さと 

t5*-.>。 それ 故 杜預も 解な きな. 5。 疆 SIS の 韋昭が 注に は、 波 流 也と あ ゆ は— お 

^M^m^w^-. 然れは 久しく 誤. 9 來 6 たる. ^ と 見へ 力 A,c つまるところ 何の 緣も なきに、 ふと 

波及と 書き出して は、 决 してき こへ ぬるなる に、 當 今に 流す る 古文 辭者 流な ど、 何の 辨へ 1«> なく、 

もの 奇辭を 喜ん て、 漫 にこれ を 用 ふさ、 笑 ふべき HJ な ftNC もと 古文 辭と云 ふ 文章の 法 は、 あしき さ 

にて はなき な 60 所, 謂 先王の 法 言を稱 する は 聖人の 道 なれ は、 其 意味 にも 叶 ひ、 又 左 國史漢 及び 

諸氏 等 をみ るに、 大 かた 古言 を 用 ひて、 自 造の 語と 見 ゆる は鮮 きを 以て 思 ふに、 文章の 道 l_p と 然る 

べきる なれ ども、 今の 古文 辭者 流と 云 ふ; _p の は、 誤字に も かま はず、 悅 文に かま はず、 奇賠: 1W 



本 

き 



彙 

編 



左 傅の 関 元年に、 成季 之將, 生 也。 桓 公使,, ト楚丘 之 父 卜 "之 曰 男 也。 其 名 友。 在 公之 右? 間, 1 

于兩 紙? 爲-公 室輔? 季氏. Co 則 魯不, 昌。 杜注 雨 社 周社毫 社 兩社之 間 朝廷 執政 所, 在 この 

杜預が 注 も、 史記魯 の 世 家の 注 を 以て 見れば、 全く 賈逵が 說を取 6 たる 者な 6NO 然れ ども この 通. 5 

, に 見て は、 間の 宇穩 かならず 近ろ 說苑に 於て その 義を 得た. 50 至 公の 篇に、 南宫邊 子辛櫟 が魯穆 

一 公に 周 公の 曲 阜に封 を 受けし は、 太 公の 營丘天 固の 地に 封 を 受けし 賢なる に 及 はずと 云 ひし を駿し 

本 て 曰、 昔 周 成 王 之 卜-, 居 成 周-也。 其 命 k 龜曰。 予 1 人 兼- 1 有 天下? 辟-就 百姓? 敢 無-中 土-乎。 使- -予 

有 罪。 則 四. 1^ 伐, 之。 無 A 難 A 得 也〕 周 公 卜-居 曲阜? 其 命, 龜曰 作, 1 邑乎山 之 陽? 賢 則 茂昌。 不腎則 

倫 速. Co 季孫行 父 之 戒,, 其 子, 也 曰 吾 欲,, 1 室 之 挾- 1 於 兩社之 間, 也 。使1,1 吾 後世 有- -不, 能, 事レ上 者? 使-其 替 

理 k 之 益 速? 如, 是。 則 曰。 賢 則 茂昌. - 不賢則 速 1JO 安在- -擇, 地而 封-哉。 又 呂覽長 利の 篇に 1* 此事を 

載て、 辛 櫟を辛 寛に 作 ftN、 南 宮邊子 を南宫 括に 作 ft> て 曰く、 辛寬 尾- 魯緩 公一 曰 臣 而今 而後。 知卞吾 

先君 周 公之 不. I. 若, I 太公望 之 知-也 昔 者 太公望 封-於 營丘之 渚? 海 阻 山 高 險固之 地 也。 是故 地日廣 G 

編 子孫 彌隆。 吾 先君 周 公 封-於 魯? 無-山林 雞谷 之險? 諸侯 四面 以達 是故地 日 削。 子孫 彌殺 C 南宮括 

; 曰。 寬 少者 弗 Ji 也。 君 獨不, 聞., 成 王 之定, I 成 周 I 之 說., 乎 其 辭曰。 惟 余 一 人。 營= 居于成 周? 惟 余 1 

人。 有, 善 C 易-得 而見, 也。 有,, 不善? 易-得 而誅, 也。 故 曰 善 者。 得, 之。 不善 者 失 k 之。 古 之 道 也 G 

夫 賢者 豈欲, 其 子孫 之 阻-山林 之險? 以長爲 * 無道., 哉 小人 哉 寬也。 云云 乙の 意味 を 以て 晃 ざれば 

間-一 于兩胜 一の 義 はすまぬ な ゥ0 いかさま 聖賢の 大公 至 正なる 用心に て は、 かく あるべき さなり。 又 

片山兼 山 山 子垂統 前提 下 二百 11:1.111. 



m 

本 

理 







折衷 學很 二百 二十 二 

處に 直ちに 蔑と 書け. 不, 奪,, 民 時? 不, 蔑-一民 功? 又 下 蔑-一 棄五 則, とも あり 是な. CNO 又 仲 ® 之 詰に、 

兼, 弱攻, 昧。 取:, 亂侮 kto 泰誓ト 吾 有;, 民有 i 命。 罔, 懲-ー 其 侮? と ある、 侮の 字な ど、 皆 この 蔑 侮の 

侮と 同じ 意な り C さて 又 三 正の 正 は、 政と 古字 同じさに て、 三 政は即 も正德 利用 厚生の 三 事の さな 

るに、 古来の 諸 儒 これ を 知らず して、 天地人の 事と する さ、 妄 なる さ fo t 巧 お SwI 化 

も, 散文 なれば D£ 義 に なる たリ、 三 事大 夫、 國之 大事、 &ひ 此篇の 六粵之 人な ど 見つ ぺ 

し、 故 三 事, Willis と in へるな リ、 * 等の, t は, 先生の 尙 書類 考に i かなれ げ畧 す, 

主 萃淵薮 

又武 成の 篇に、 今 商王受 無道。 暴 = 殄天 物? 害 _ ー虐丞 1 民? 爲, 一天 下逋 逃主萃 淵教? 按す るに、 萃 まさに 

率に 作るべし。 字の似カるを以て誤れ..^。 率 は 帥の 字と 通用して、 去 音に 呼べば、 共に 所 類 反に て 

すいの 聲 になるな. nNC 主 率と は、 張本人な ど 云 ふさに て、 その 頭と なる さな- 90 然るに 古今の 諸 注 

家 ヒの義 を 知らず して、 孔安國 が 云へ る は、 天下 罪人 逃亡者 而紂爲 一一 魁 主 窟 聚淵府 教澤? 言, 一大 姦? 

孔 傳の義 なれば、 爲,, 天下 逋逃 主萃 淵截, と訓 なり 蔡沉は 曰く、 萃聚也 紂殄, 物 害 ,民0 爲= 天下 逋 

逃 罪人 之 生? 如 _| 魚之聚 如 =獸 之 聚,, 藪 也 C 蔡 注の 義 なれば、 爲, I 天下 逋逃 主? 萃,, 淵薮? と訓な 

AVO 葵 沉か說 は、 杜預が 左 傅の 注に よりて、 少し 意を爵 力る もの 昭七 年に、 芊尹無 宇 曰 昔 

武王數 紂之 罪? 以吿, I 諸侯, 曰。 紂爲 = 天下 速 逃 主? 萃, 一 淵资? 杜注云 萃集 也。 天下 逋逃。 悉以, 紂 

爲-ー 淵薮? 集 而歸, 之。 これ 皆萃の 字の 率の 訛. 5 なる を 知らざる が 故に、 强通 する さかく の 如し C 

間,, 于兩 社, 



m 



本 



理 

一 

編 ゾ; 



らぬ i ゆ ゑ、 ^Jれを征伐するな.90 それ ゆ ゑ 蔑 なれば 穩 にき M ゆれ どち、 威の 字 なれば ロ釋を 費し 

て J_p すめかぬ るな. 因て 古へ 滅蔑昧 等の 共に 通用ず る徵文 を檢 出して、 初學に 示すな り 襄 二十 

111 年の 左 偉に、 鄭 人に 讃蔑ぁ り、 字を然 明と 云 ふ。 滅 明の 字 を坼て 名字と せし な. 即ち 擔臺滅 明 

な. 50 滅明は 即ち 味 明の さに て、 眛爽 の義な 60 故に 字 を 子 羽と 云 ふ 義を夙 興に 取れろ ものな 6.0 

鳥と 共に 朝 起す るの 意な. ro 又隱 元年 公 及- 邾儀 父ー盟 -ー于 蔑? と ある を、 公羊穀 梁の 二 傅に 共に 

盟 一一 于味 一に 作る 昧は莫 葛 K にて、 唐 睹鐘離 味な どの 味と 同じ にて、 蔑と 古音 通用す るな り。 故 

に荀子|兵及び呂氏^1^秋§方には、 楚の唐 味 を 共に i§ に 作る。 篾 はもと よ.. A と 古字 同き なり 楚 

の 世 家懷王 二十 八 年に は、 秦攻, 楚 殺- -楚將 唐昧? と あり、 泰誓 下に、 今 商 王受。 狎-- 侮 五常? 荒 怠 

弗, 敬。 と ある は、 即ち この 蔑-一 侮 五行 一と 同意に て、 五常 は 即ち 五行な...。 も 紅^ 義献 

智 信,^ 五常と S ひし は、 右の 五德, ^五行 LL 配せ し 故の, t なり、 大雅丞 民の 詩の 鄭篷 1.1、 天 之 生-一 衆 民, 1 其 性 有 ^一 五行 仁, 鱧 知 

^7,/なん^„?っーし、^子なむ^!の解^^ら0故、 辩 名に 五常 始見 ニ泰誓 T 未 レ審ニ 何 謂 I 也な ど 、一 M へる は、 經義に 精し から ざろ の 

^^?5^-の|^555§藤1さて又威侮は烕侮の訛.?^云へる徵文は、 古書に 多き な .5。 史記 周の 

本紀 に、 般之 末孫 季針、 珍% 先王 明德? 侮-, 蔑 神祗- 不貤。 I? 暴商邑 百姓? 說苑指 武の篇 に、 崇侯 

虎篾, 一 侮 父兄? 不 i 敬-長老? 韓非子 外 儲說。 ^^宋君無道0 蔑-侮 長老? など、 ある、 是 なう。 又 左 倚- 

の 昭九 年に、 叔向 曰。 自, 文 以來。 世 有- 1 衰德? 而暴, -滅宗 周? この 滅も 蔑と 同じき な 字の 如くに 

讀て はき こ へ ぬ さなり。 をの 外 五子 之 歌の 篇に C 太 康尸位 以, 一 逸豫 ー滅, -厥 德? 黎民 咸貳。 泰誓 中に 

朋レ 家作 k 仇。 脅レ 權相滅 と あるな ビ、 皆 蔑と 同き な 國 語の 周 語 中には、 右の 如く 滅と あるべき 

片山兼 山 山 子垂抚 前編 下 二百 二十 1 



曰 

彙 

め 



折衷 學 一 一百 ニヤ 

誤れる ものな .^c すべて 太史 公が 史記を 作れる に は、 古 經傳の 文 を 直に は 取らず、 みな 剪裁して 出 

せ. 00 をの 剪裁の 中、 よく 本義 を 失 はず、 却て 本義の 解と なる さも、 往往にこれぁ.0^と云へど5_^"、 

多分 は 本義 を 心得 そこな ひて、 妄に 剪裁して 人 を 誤る さ^きな り 史記 を讀む もの、 是を 知ら ずん 

C . &ss";w、 tt~ 王き 余 外 s!i、 禹娶ニ 塗 山 115 二 之女纔 T 取 二 辛 壬 癸 甲 i 禹行、 十月、 女 接 生-一子 啓 T 啓 生 1^ レ見 レ义、 

ば あるべからず §|!§5峰§ョ;£"?^川亦^5^^ぽ5^はぴぉ11?11^リて、 尙 書の 文, S 作せ る, t、 大史 公と 同じ, t 

にて、 皆 知らず して 說 作る も 

のにて、 取ろ に 足ら tt なリ、 

威-侮 五行- - 

又 甘 誓の 篇に、 有声 a 氏 威-侮 五行? 怠- -棄三 正? 孔傳曰 C 威-, 虐 侮慢 五行? 怠- 惰棄廢 天地人 之 正道? 

言, 乱 又 吊 C この 威 侮の 威 は、 もと 威の 字の 訛. nN な. 50 威 は滅と 同じと にて、 古字 通用す る あり C 即 

ち小雅 正月の. 詩に、 i 赫宗周 褒 姒滅, 之 毛傳 0威0 滅也 と ある 威の 字と 向 じ ij な. 昭 元年の 

左 傳には 此詩を 引て、 威 を 直ちに 滅に 作れる は、 係の あると なきとの 違の みに て、 本 同 宇なる 力お 

なり。 又史 記の 伍子 胥が傳 に、 吳王 大敗-一 齊 師於艾 陵? 遂滅- 一 鄒魯之 君- 以歸 と ある 滅の字 は、 威の 

訛りな. かくの 如く 古書の 中に て 互に 訛る HJ なれば、 古書 を讀む 9? の 心 を 用 ふべき さな. 90 此甘 

誓に て は、 威 は滅と 同じ、 讀て 蔑と なすと 注すべき となる に、 誤字に 義 をつ けて 威虐 など ゝ注 する 

さ、 瑰な るるな .9C 五行 を威虐 すと 云 ふて は、 きこ へ ぬロ釋 になるな り。 五行 三 正 は、 即ち 六府三 

事 港、.^ の、 のさに て、 六 府三事 は、 高祖 禹 王の 天下 を 平成した る 所以の 大經 大法に して、 萬代不 

易の 道な. をの 大切なる 祖宗の 法 を 蔑に し 侮る.^、 上 もな き 大罪なる ゆ ゑ、 をの 罪 を 正さねば な 



きし は、 幼子の 殊に 可憐なる 情 を述 て、 禹の私 をす て V 公事に 急なる の 心 を 見す ものな. 00 或は 又 

辛 壬 癸 甲 は 妾腹に して、 四 人 共に 十 歳 以下の 幼少の 子な. しも 知るべからず 何にもせ よ 辛 壬 癸 甲 

は、 啓の 四 人の 兄と 知るべきな. 左 もなくて 古 來の諸 儒の 通りに て は、 文義に 於ても 道理に 於て 

もす まぬ さな. 總 して 古へ は 十 幹 を 以て 名と する もの 多し と 尾へ て、 史 記の 殷の 本紀を 見る に、 

般 帝の 君な ど はみ な 十 幹 を 以て 名と せり。 いは ゆる 報 丁。 報 乙。 報 丙 主 壬 主 癸 天 乙 011 太 丁 

外 丙 仲 壬 太 甲 沃丁 太 庚。 小 甲 雍已 太 戊 仲 丁。 外 壬 河亶 甲。 祖乙祖 辛 沃甲 祖丁 

南 庚 陽 甲 盤 庚 小 辛 小 乙。 武丁 gwj 祖庚 祖甲 廩辛。 庚 丁 武 乙。 太 丁 帝 乙 C 帝 辛 

l^to 以上の 諸 帝の 名 * 一一 一十 粋 以て 命ずれ ども、 甲乙の 次第 ョ WM,90 えお TTkr-lT Jtis*: ご nn:l.,n こ、 c> つ Fr 

の 名 fl^ もな く、 祖先と 同名なる にも かま はず、 K 朴 なる 哉、 曰 1^ なら ^{J^ を 見る に 太 公の 子 了 

公 呂伋。 丁 公の 子 乙 公 得。 乙 公の 子 癸 公 慈母。 癸 公の 子 哀公 不 辰。 と 云 へる もん.. ^0 又 萬 石 君が 傳 

に、 奢が 長子 建。 次子 甲 次子 乙〕 次子 慶。 とも あ .c,。 卿 正義 引-一 顏師 古, 云。 史失, 一 其 

名? 故 云-甲乙, 耳 非-其 名-也。 韓非 子の 用人 篇に、 罪 生, 甲。 禍歸, 乙。 伏 怨乃結 又 內儲說 上に 

に、 叔孫 有,, 子 曰, 壬 壬 兄 曰, 丙 と ある を、 左修 I 四に は、 HI 丙 仲 壬に 作るな ど を 参考して、 辛 壬 

癸 甲 は 四 人の子の 名なる さ を 知るべし。 この 辛 壬 癸 甲 は、 太史公 も誤會 せし な 夏の 本紀 に、 禹 

曰 予辛壬 娶,, 塗 山? 癸 甲 生, 啓。 予不, 子。 以, 故 能 成, 一水 土 功? こ の 誤り は索隱 にも 辨 して 曰く、 蓥 

今 文尙書 脫陋。 l^siifits で、 太 史公取 W 爲レ言 亦不, 稽,, 本意? 豈有^ 壬娶. 妻 。經 三日, 生お 子 

不 經之甚 なりと 是!^ し 今文尙 書の 脫 漏せ るに は 非ず。 大史公 己が 意 を 以て 尙 書の 文 を 改め 作りて 

片山兼 山 山 子垂統 前 88 下 11 百ナ九 



曰 

.理 

編 



折衷 * 派 二百 十八 

山 子垂統 前編 下 

奧邸越 通 明 公 遠 

門人 筆錄 

紀邸 長 萬 年伯盈 

辛 壬 癸 甲 

又 益稷篇 に、 予創, 若, 時 娶,, 于塗 山? 辛 壬 癸 甲 C 啓 呱狐而 泣 予弗レ 子 惟 荒-度 土 功つ 孔傳 辛 H 

娶, 妻。 至- -于 甲: n? 復往 治, 水。 不-, 以, 私 害, 公。 正義 引-, 鄭玄, 云。 登用 之 年。 始 娶-, 于塗山 氏 さ 一宿 

而爲, 帝 所, 命 治, 水 察沉 曰。 辛 壬 癸 甲。 四 m 也。 禹 娶-, 塗 山? 甫 及,, 四 曰? 即往 治, 水 也。 右の 諸說 

みな 字に 就ての み義を 求て、 聖人の 道い かなる ものと 云 ふさに 心 をつ けずして 注せし 故、 舜禹 をし 

て 一 大不情の人となせしな.c^o 可, 畏 のさに 非ず や C 禮 運に、 三年 之 喪 與,, 新 有, 婚者? 期不, 使 

これ 古の 禮 なう。 夫れ 堯舜の 二 聖人 は禮義 制作の 主な. 00 然るに 堯舜の 代に して かくの 如き 不 情の 

HJ あらん や 因て 按ずる に、 辛 壬 癸 甲 等の 文字 は、 古へ 名に 代る の 字 なれば、 辛 壬 癸 甲 は 四 人の 名 

として 見れば 穩な. 90 古の 史は簡 質 なれば、 事跡の 上に 言 ふべき さ なき 人 をば、 略して 名を擧 ざる 

な. CNO 顧 ふに 辛 壬 癸 甲の 四 人の子 は、 或は 庶 長子に して 嫡子に 非る か、 又は 不肖に して 啓の 賢に 及 

ばざる が 故に、 啓 を 以て Si となせ る ゆ ゑ、 啓の みの 實名を 載た る? _p のな. 00 虞史の 此篇を 作れる も、 

接ょ.c^書るものな6^0 盖し辛 壬 癸 甲の 四 人 は旣に 長. て、 啓 は 初生の 比なる ゆ ゑ、 啓 胍呱而 泣と 書 



も 化 s e5xk^o 五 言の M^、 書 Li ば舜の 事と して、 淮南子 LL は禹の 事と す〕 一 

SAy^ るな. 5 堯舜禹 の 道 は 同じければ、 事 も 亦 同じき なリ、 肚例 多し、 



ァ 

曰 ~ 

本 一 

編て 

山 子垂統 前編 中 終 

片山兼 山 山 子垂統 前 81 中, 



ナ 
七 



曰 



本 



理 





折衷 學 Jg 二百 十六 

に魏晉 以前 は、 音韻 も 未だ 亂れ ざる ゆ ゑ、 箇樣の ij も 人み な 言 はずして 解す るぶ なれば、 委く言 ふ 

に 及ばぬなら 後世 は 漢人 も かくの 如き 說 をば 知らず 在の 字に 察の 義 ある ゆ,^、 察の 字の 代 ft- に 

用 ひた. と 思へ. 疎なる さなり 吾が 邦の 人 は^ 更なり。 古注に けこの 樣の さ 多き さ なり。 後世 

の 字書 を 作る 人、 みな 箇樣の 意 を 知らず して、 古人の 注解の 語 を漫に 載せ 出す ゆ ゑ、 淺學の 人 は そ 

れを 見て その 字の 本義な. 9 と 思へ. 9。 「の 醉ま: ひ 故に 便に 了 寧に して、 初學に 知らし むる 

なり C 滑 は 即ち 舜 典の 蠻夷猾 レ夏ノ 滑と 同じき な. 50 これ 亦 滑の 字に 滑の 義 はな けれども、 音の 同き ゆ 

ゑ、 借らて 通用す ろな り。 孔 傳に搰 は亂な もとば か h- あ. 9 て、 滑 は 滑と 同じ、 亂也、 古字 借用す る 

<t35-9 など 、、後世の 注の 如く 丁寧に 云ぬ ゆ ゑ、 孔穎 達が 輩 これ を 知らず やはり 滑の 字に ついて 義を 

生て、 者 。狡 搰相亂 故搰爲 k 亂也 な V- ゝ 云へ る埒も なき U を 言へ -yo 汲家耙 年間の 安 王 二十 六 年 

十月 越 人 殺, 一 諸咎? 越 滑。 と あらて、 烈王 元年 於越大 夫寺區 定- 一越 亂? 立-一 初 無 余? 乙れ 滑と 亂と文 

を 互にして 用 ひたる は、 滑と 亂とは 古へ Hi じ樣に 用る が 故なら。 又 苟子解 蔽の篇 に 治-一 怪 說-玩 -ー奇 

辭? W 相 橈 滑 也" 成 十三 年の 左 傅に、 橈-一 亂我 同盟? 傾-覆 我國 家? これ 橈 亂と撓 滑と 同義なる を 見 

5 く ち 因て 按ずる に、 滑 は a の 字の 40 字なる;;^ 知.^ ベ トらげ C 但古 r-T め 諸せ .mil*- こ 骨 骨 *«s^ 日歷 0.1 へ 字,^ Jr^ 

つへ し 及び 字書 等-」 その 義 なき ゆえ、 入 因て 滑の 字 _」 乱の 義 あろとの み 思 ヘリ、 さ fp4{p«iif#i-l*?4 グ. Kt-T をろ 

な 亂の義 に 用 ひて 差别 なき も、 皆音を以て通用させ,p:iるな.ft^o 盖 在の 字の 采 とな A> たる は、 音の 似 

たるに て 誤. たるな. 90 又 形の 似.^ るに よ. CN て轉 訛して 來 とならた るな. 00 治の 字 は始と 似た る ゆ 

ゑ始と 誤り、 又 字畫の 頗る 似た る を 以て 政の 字に 訛れ- 90 滑 は 固よ. 5 音 同き ゆ ゑ、 胷にも 誤. 忽に 



曰 



鐘皴 磬鐸? y 鞀以 待-四方 之士? 爲& 曰。 敎= 寡 人 > 以, 道 者搖, 鼓。 諭,| 寡 人, 以, 義者 擊^。 吿-寡 

人" 以き者 振, 鐸。 語-寡 人な, 憂者擊 fcf 有- 獄訟- 者搖レ 翻。 當-此 之 時? 一 饋而十 起。 一 沐而三 

捉 i 髮。 ^^勞_ー 天下 之 民? 此 而不, 能-達 お 効,. 忠者。 則才不 k 也。 この 淮南 子の 記す ところ、 文義の 

上に 於 C は 疑 ふべき もの あ. と 云へ ど 《"、 鐘皴磐 鐸鞀の 五の 者 を 以て 言 ふの 五 言た る さは、 疑 ふべ 

からざる な. 呂氏 春秋の 自 知の 篇に、 堯有 _| 欲, 諫之 鼓? 舜有, 一 誹謗 之 木? 湯 有-司 過 之史? 武王有 

本 J 戒愼之 H- など、 ある も、 此五 言の さ を 語るな るに、 人み な 心 付ぬな 6% 一 i;;gyfS|? 、の 

,^^0^ さて 又 在治忽 を、 史記 夏の 木紀に は、 來始 滑に 作る 注に 裴 翻案, ー尙 書? 滑 字 作, 简 音 

忽。 鄭玄 曰。 者。 臣尾 i。 所 1, ー秉 書-思 對命, 者 也。 君 亦 有焉。 以 出,, 鈉政敎 於 五官? 索隱曰 。古文 

m 一 尙書 作-在 治忽? 今 文 作,, 釆政 忽? 先 儒 各隨, 字解, 之。 今此 云- 來始 滑? 於, 義無, 所, 通。 蓋 來釆字 相 

近。 滑忽 聲相亂 a 始又與 i 治 相似 ◦ 因 誤爲, I 來始 滑? 今 依 今 文 音 采政忽 三 字? 劉伯莊 云。 聽, I 諸侯 能 

爲, 政 及忽怠 者? 是 也。 この 諸家の 說、 みな 字形に のみ 就て 義をク くる 故、 本文の 義を 失するな り 

聲音之 道 與ぃ政 通 f§ とて、 昔 を審 にして 治亂を 察し 知る さ、 經傳の 中に をの 事證 多き さに て、 

二 帝 三 王の 天下 を 治る、 皆 M の 物 を假れ 60 Ig" 、先 1115 き. 45 冽 古文 今 文の 尙書及 ひ史 記み な 互に 

誤れ .CNO 在 治 滑と 作せば、 文義 共に 穩な. OSO 在, 一治 滑, と は、 察 一一 治亂, と 云 ふ i にて、 在と 察と は 上 

聲 と人聲 との 違の みに て、 古字 借用して 通ず るな. 在 は 察な うと 注 すれ ど 》-、 在の 字に 察の 義ぁ 

るに は 非ず。 古注 は 簡易に て、 後世 9 注釋の 如く、 在 讀爲, 察。 入 上 之罄轉 也。 など- -は云 はず 殊 

:s 兼 山 山 子垂統 前編 中 二百 fif* 



ノ 



折衷 學 s 二百. TH 

« 翔 舞 o 下 及-一 微物? 咸 得-一 其 所? 呂氏泰 秋の 精通の 篇に、 誠の 物 を 感ずる さ を 論して、 亦鍾子 期お 

言 を 引て 曰く、 故 君子 誠-乎 此? 而 ま I 乎 彼? 威-乎 己? 丽發 = 乎 人? 豈必 疆說乎 哉。 又士 容の篇 に、. fKj 

驥鰲 之氣。 鴻鵠之 志 。有, 論-人心-者 誠 也。 人 亦然。 誠 有 王。 則 神 P- 乎 人, 矣 C 言 登 足- 以諭 1^ 之 哉。 一 

、 此謂, I 不言 之 首, 也。 又 具備の 篇に、 宓子賤 か 亶父を 治て 民を閽 行せ しめし を 孔子 聞て 曰、 誠, 一 乎 此气ー 

日 一 者。 刑き 彼? にか ^gsii^lsii^sl^ ぁ子必 行- 此 術於亶 父-也。 三月 嬰兒。 軒 5? 前 i 

本 一 弗, 知 k 也。 斧 戴 在, 後。 知 i 也。 慈母 之 愛 喩焉。 誠 也。 故 誠有誡 e 乃 合-於 情? 精 有 精。 乃 通- $ ^一 

天? 乃 通-於 天? 水火 木石 之 性。 皆可& 也。 又 f?- 於^-血 氣- 者. -乎。 故 凡 說與, 治 之務。 莫 k 若^ i 

倫 聽 哀者。 不, 若 其哭- 也。 聽」 F 怒 者。 不:, 若 其 闘-也 。說與 X 治不, 誠。 其 動-, 人心, 不, B 

4<學1.11!_13§*5- 引て 曰、 如 レ保ニ 赤子 T 心 誠、 求レ 之、 雖レ 不レ中 不レ遠 矣、 未 レ有ニ 學レ養 レ子而 后 嫁 者 一也、、、 £ 言 即ち 鐘 子 胡が 言, と 同じ 意 Li; 

理 て、 上の i 意の 窣に應 にて、 愼! S の 言 ひて、 仁恕の 德 の誡, e-ss て 成リ、 赤子の 無知 £3 なる も、 誡求. 以て 感通 すれば、 9? て. a 一 

|ぉ§"、の1ぉ^&||?:;-^£|ほぉ?§;なケべのなど、ぁき參觀して、 誠は 誠の 字の 訛-なる ま 一 

棄 知るべし。 他 は 近 思 錄の條 下に 誠 を 論 t たる 所に 詳 なれば、 合せ 看るべし。 ふ 

編 出- 納五 言- 一 

一 又 益 稷の篇 に、 舜曰 予欲 T 聞-六 律 五聲八 音? 在,, 治忽? 以出 * 納五 言.. 汝聽 この 五 言の さ、 古今 共 一 

にす まぬ さ にして置^. 00 孔安國 及 劉 伯莊は 仁義 禮智 信の 五德の 事と す。 固よ. り 取る に 足ぬ 說な .001 

鄭立は 政敎を 五官に 出納す る さとす。 又 非な. 蔡沈は 詩歌 之 協-一 於 五 聲ー者 也と 注す 是 また 窮きー 

說 f^-yo 余 近ろ 淮南子 を讀て その 解 を 得た. 90 淮南 子の 汜論訓 に 曰く、 禹之 時。 以,, 五 音, 聽, 治 懸,, 一 



本 



理 



甞 窮,, 於畢 程, 矣 o 高 義の篇 に、 鄣岐 之廣也 萬 國之順 也 從, 此生矣 分 職の 篇に、 無, 費 ョ乎鄣 與- 

岐周? 而 天下 稍-犬 仁? 云云の 類、 是な. 5。 

至誠 感^ 

尙 書の 大禹謨 に、 至誡感 k 神。 ^玆有 苗。 孔傅。 誠 和 至 和感, 神 f?- 有 苗 乎 言, 易:, 感。 これ 誤字 

に 就て 義を 生る ものな. 50 誠と 誠と 字の 似た る 故に、 誠の 字 誤て 誠と なりたるな.. 安 國が説 は、 

蔡 沈も穩 ならざる を 知. しに や 誠 威, 物 曰 i 誠と 改め 注せ 60 然れ ども その 解 を 得ず して 杜撰の 說 

を 作りた るに て、 加 樣の義 何の 書に S なき、 とな. 90 召 誥の篇 に、 誠-一 干 小 民-の 文 あ. 50 かの 孔傳に 

また 和の 義 とせ, 90 余は誡 を讀. て感と 同じと して、 威 動の 義 となす。 その 故 は、 古書 中に これよ 

.5 外に 誡の字 を ^ ひたる を 見ざる が 故に、 誡は威と古字通用するさをしるな.0^0 感動の 義 となせば 

意味 もまた 穩 にして 善き な ftNO 中庸に、 至誠 如, 神 荀子不 苟の篇 に、 誠 信 生 i 神 夸 誕生い 惑 致仕 

の篇 にも、 誠 信如レ 神と あるな ど、 皆禮 樂の德 化の 至誠 を 以て 成る さ を 云へ. こ ゝも亦 舞-千 羽 干 

兩階? 七 句 有 苗 格 と あれば、 禮樂 至誠の 術 を 以て、 頑 蘭の 有 苗を烕 格せ しめしな う。 因て 便 次 

に 至誠の 德の尙 なる はなき さを擧 て、 世の 學 者に 示し 知らす るなら 禮記 孔子 間 居の 篇に、 淸明在 

,躬0 氣志 如, 神 家 語六 本の 編に、 孔子 曰 志 誠感, 之。 通-於 金石? 而 人 乎 列 子 黄 帝の 篇に、 

B2 ^^uf i tT>i へ i:.e.o :れ管 子め 術 下の、 故 曰思レ 之、 思 レ之不 レ得、 :^1|^ レ は、, f-l 漶 pt^ ^向新 iiKi 事 P- 子 期 

用 X ま 刁 レ?^ P< 疑- 1 お 一 mrl 力 1 也、 其 精 氣之極 也、 ともる と 同 意 LL て、 共 LL 誠の 德ん忐 ,5 ろな リ、 e&T. 亲 u- 四 ^rr? 

曰 人君 苟能 至誠 動,, 於內? 萬 民必應 而感移 堯舜之 誠。 威- 1 於 萬國? 動-於 天地? 故 荒 外從, 風。 鳳 

片山兼 山 山 子垂統 前編 中 二 _Ht 三 



本 

偷 

理 





折衷 畢 K 二百 十二 

動もすれば 升 庵が 說を 引き 用ら る V さ、 怪しき さな. 90 升 巷が 古書,^ 論ぜし に は、 十に 七 八 は妄說 

あり。 總て升 菊に 限らず、 明 代の 博雞家 方密之 等が 徒、 古書 を 精 熟融會 して 晃 もせず して、 をの 博 

辨に まかせて、 妄 A- にこれ が說を 作.^ しゅ ゑ、 附會の 言の み 多し。 通雅の 書な ど は、 近年の 大儒の 

人 《p 信用して 寶賁 せられし 故、 世 儒 それに 惑 ふて、 帳 中の 秘 なと 、思 ふて 信す る 者 者 多き ゆ ゑ、 便 

にこれ を辨 して、 初 學を警 悟す るな. 90 又 淮南子 I* に は、 武王繼 一一 文 王 之 業? 用, 一大 公之 謀? 悉, 索 

薄, 賦。 躬擐 一一 甲冑? 以伐, 一 無道? 而 討,, 不義? と 云へ る 文 も あ. 90 淮南子 諸子の 後に ありと 云へ ビ も、 

みな 言 古語 を 用 ひて 編集せ る 書 なれば、 傳る所 あうて 言へ る さなるべし、 且つ かくの 如き MJ に非禮 

非 法のと を 言 ふべき に 非れば、 疑 ふべ からず ◦ 此 等の 文 をば、 物 氏 は 何とか 思へ るに や。 さて 又鄭 

玄が衣 殷 となして 讀し は、 呂氏 春秋に 參考 して、 ますく 其說の 依る 所 ある を 知るな. 90 呂氏春 

秋の 慎 大の篇 に、 湯 立 爲.. 天子? 夏 民 大說。 如, 得,, 慈 親? 朝不, 易, 位 農 不:, 去, 疇 商 不:, 變, 肆 親 

レ鄣如 A 夏。 此之 謂- 1 至 公? 此之 謂,, 至 安? 此之 謂-至 信? 高 誘 注 鄣讀 如, 衣 今究州 人。 謂, 1 殷氏 1 皆 

曰, 衣 言续民 親, 殷如 一一 夏 氏 也? これ を鄭玄 が說に 合せ 見れば、 ますく 衣の 般と 同き さ を 知るな 

Ayo すべて 古書に は、 音 さ へ 通 ずれば 文字に はかま はず、 何 にても 通ぜぬ さはな きな. 90 老子の 玄 

ま 2;^ ヒょ V.A,P ち & 神不レ 死、 1&I 之玄 fci 死と ft と 韻.^ 押リ、 これ^ 協頮 な.、、 t 思 ふ は、 二り ト頁 s-t 

まブ よ *t 力. 5 し ^もな 4、1 なり、 此 等の 說 は 別に 記し 置く 故、 こ、 には畧 するな リ、 この タ猜 年せ 

年、 司 徒 申 徒、 臨 股の 類、 みな 音の 轉 にて、 意 は 同じ さ な ftNO 呂氏 春秋に は、 殷を 大方 鄣と 書り 

莫 151 に、 湯 其 無&。 武其 無お。 賢雖, 一十 全?? 能, 成お。 具備の 篇に、 湯甞 約-於 鄣簿, 矣。 武王 



すと まふ ものに て、 頑なる さに 非ず や。 たと ひ 乙の さは 公 羊傳の 本文に あ-^ とても、 信用し がた き 

事な り。 、の隨 き、 へ I は S^R- や 後人の 附會の 説よ. 9 出た るる を 以て、 他の 古 經傳の 明文 を廢 する 

を や C 物 氏の 奇怪の 說を 喜む、 今に はじめぬ さながら、 加 樣の不 降の 義を 取られし は、 何の 心 どや 

史 記の 綠候世 家に、 文 帝の 周亞 夫が 細 柳 營の陣 へ 幸せし に、 亜夫 持, 兵揖曰 介胄之 士不, 拜。 請以, 一 

軍禮 一見 天子 爲動、 改:, 容 式, 車。 これ 軍禮と 云へば 、古よりの 禮 なる さ 明な. 50 是れ將 軍の 介冑せ 

る證な ftvo あに 叔孫 通が 制する 所な らん や。 その上 成 十六 年の 左傳 に、 晉郤 至が 楚子を 見て 免 i 冑 

趨 風せ しに、 楚子 ェ尹襄 をして 弓 を 賜らて 曰く、 方, 一事 之殷, 也。 有, ー鞋韋 之跗 注? 君子 也。 gw^l 

ly^ftf^_ 識= 見 不穀- 而趨。 無-乃 傷-乎。 郤至見 k 客。 免 承, 命 G 曰 君 之 外臣至 C 從_| 寡 君 之戎 

事? 以 -I 君 之靈? 間 蒙-一 甲冑? 不, I 敢拜 P 命。 敢吿, 不 i= 君命 之 辱? 爲, 事 之 故。 敢肅& 者? 三 

肅_| 使者 一而 退。 又 成 三年、 齊侯視 ,1 韓厥? 韓厥 曰。 君 知-厥 也 一 乎 齊侯 曰。 服改矣 I, 注 1# 朝 乙 れ 

古の 將 軍の 介胄 せる 明澄に あらず や また 襄ニ 十五 年鄭の 子產陳 お伐ちし 捷を晉 に献ぜ しに、 戎 服し 

て 事を將 ひし を、 晉 人の 何の 故に 戎服 すると 尤 めしに、 教曰 C 我 先君 武莊 爲, I 卒桓 卿士? 城 濃 之 

役。 文 公布, 命 曰。 各 復=舊 職? 命,, 我 文 公? 戎 服輔, 王 Q 以 授,, 楚捷? 不ョ敢 廢_> 王 命, 故 也 ◦ 士 1^ 伯不 

i 能 A 詰。 これ 諸侯の 甲冑せ る明證 にあらず や 且つ 子 產は軍 中に あらず して 捷を献 ずるに さへ 戎 

服せ る なれば、 軍 中に して 戎服 する さは、 云 ふに 及ばぬ さな, CNO 揚升 庵が 說は 固よ 6 取る に 足らぬ 

さなり すべて 升 庵が 古書の 説 を 申せし に は C 杜撰 竦 の ふの み 多し 物 氏の 物 破. の 見識 を 以て 

片山兼 山 山 子垂: K 前編 中 二百 f 1 



曰 

彙 





折衷學 二百 十 

泰誓 有- 戎, 商 必克之 文? 是戎訓 ぃ兵爲 ぃ是。 康誥之 1^。 傳 者以, 音 誤 耳。 この 物 氏の 解 も、 大に拘 .5 た 

る、 とに て、 牽強なら。 畢竟 农殷の 解 を 得ず。 且た. 朱 氏に 異ならん さ を 欲する の 一念に 惱 されて、 

此の 如き 杜 の說を 生せ う。 たと ひ 朱 注の _„u とく 1 戎 衣と讀 とても、 武 王の 自ら 甲胄 を 着る の義 な 

らん や。 ー戎衣 有-一 天下一と は、 一び 兵 を 起して 紂を 亡して 天下 をた もっと 云 ふこと にて、 戎 衣は武 

王より 以下す ベての 軍兵に かけて 云ふ詞 にて、 武王 一 人に かゝる ことに は あらず。 物 氏 は 文章 を 知 

る を 以て 自負せ し 人なる に、 加 樣の不 解 事の 文辭の 見やう は、 いかなる さ にや C 天子 不 錢の說 

賈琉に 依る とい へ V3%、 この 說 S と 賈公彥 が 何 休 も 云ぬ 後世の 公 羊 家の 博ネ なき 說を 取. 5 用 ひたる 

に、 それ を 證据に 引 さ、 これ 亦 物 氏に は 似合ぬ さな. OC 按ずる に 周禮司 馬の 屬に司 甲 あ. 50 下大夫 

二人 C 中士 二人 府四 人。 史八人 胥八人 徒 八十 人 と あ. 00 司 甲の 職闕と 云へ ども、 この 下大夫 

1 一人 等の 文に 依る に、 天子の 甲胄 を 司る 官 人なる h; 明かな り o;_p し 天子の 甲 を 司る 人に あら ずん ば、 

下 大夫を 使むる にけ 及ぶ ましき £J なり 司 弓矢の 職 も、 下大夫 二人 云云と ありて、 天子の 弓 を 司る 

を 以て 見れば、 司 甲 も 天子の 甲 を 司る さ 明かな. ONO 又者ェ 記の 函人の 條を 尾る に、 犀甲壽 百年 C 咒 

甲壽 二百 年 C 合甲壽 三百 年。 と あ. 5C この 三 甲な ズ 決して 人臣の 甲に あらず C 天子の 甲なる さ 知べ 

to 夫れ 介 者の 拜 せざる さは、 曲禮 上 拝、 而 介菜者1 ル萍、 少儀が肩舶;^車萍ぶ等の禮の文にもぁ-^て、 確な 

る さなれば、 卻 兌が 軍 中に て再拜 稽首せ しこと、 介胄 せぬ 故と は 見 ゆれ V- も、 時宜に よりて は、 軍 

中と 云へ ど %、 偶介胄 せぬ さも あらんに、 をれ を 以て 將軍 は介胄 せぬ 者と 思 ふ は、 一 を 以て 百を廢 



書 武成ま o 1 戎衣 o 謂 K \ 着 _| 戎衣, 而 滅ぉ殷 此云 i 一 者。 以< 經武王 繼,, 大王 王 季文王 三人 之 業? 一 用 

滅. Ifco 對」 二人 之 業 I 爲, 一 耳。 由 ニニ 人 之 業? 故 一 身滅, 之。 鄭必以 k 爲 y 殷者。 以 T 十 一 年 観-一兵 干孟 

津? 十三 年滅, 紂。 是再着 _ -戎 服? 一 戎衣? 故 は k 爲&。 故 注 云。 齊人 言- 般聲 > 如&。 

この 孔穎 達が ー說 は甚拘 はりた る さに て、 鄭玄が本意を飞取..^失 へ .90 鄭玄が 衣を殷 となして 讀るは 

殷と 衣と 古音の 通用せ る を 知, り.、 且ク 齊國の 昔の 證据も あ. o、 又般 となして よめ は、 文義に 於て 

も甚穩 なる 故の U なり。 その 實は尙 書の 康誥の 殪= 戎般- の 文の 徵 とする も あれば、 衣 を般と 見た る 

な. 00 壹の字 は 孟子 の 武王亦 一 怒 而 安-天下 之 民? と ある 一 の 字と 同くて、 孟子の 言 も 即ち こ 

の 一 戎衣 のさ を 云 へ るな. 伹文辭 の 書き方 S ちが ひ^るま でな- >o この 武 王の 一 怒 を %、 紂を伐 

つ 時ば か 怒. 9 て、 武王 一 生の 內に 外に 怒りし よはな しと 云て 可な らん や 注疏 家の 拘泥して 文辭 

に 暗き さ、 毎毎 此の 如し 物 氏の * 巾庸 解に、 壹戎 衣。 武 成文。 戎衣 朱 注 甲冑 之屬。 言, 一 着,, 戎衣, 

7^ 戈 寸. ao id 、兌 s-£o 朱 氏の 說も、 武 成の 孔塔& ひ 陸氏釋 文-」 れリ、 然れ ども 古義に 合 2 も なれば、 强說 なろ に、 何. 5- 以 

p-f ^fe^^ て 極て 通ず と IH ふや、 盖し物 氏 幼に して 句讀 V5- 受し比 i リ、 目 なれ 耳 なれ、 先入の もの 主と な リズ、 

ば 、る然 古注。 戎兵 也。 衣般 通。 齊 方言 也。 言,, 以. 兵 伐" 般。 是必 古義 也。 い 

說 下に JksJsa.lrMCF;xno る き 豈 .^.ulfe^ 目 fc«-o これ 臆說の 至りな リ、 衣.^ K となす は、 古音の 通ず ろ 

Ss; ゆ、 者 さ天子出。^? 、ゼ NT レ灌 i 錢 ^-ttt.^ 相 liE^ 一- 此解1 か 故な リ、 天子の 鏜,^ 着る と 着ざる と LLr* リて此 解 

蒙 J^liw?? マ、 大祝職 九拜。 賈 公彥疏 曰。 按成ニ 年。 案 之戰。 獲- 齊侯? 晋都至 ば^ 投. 戟遂 巡。 

再拜 稽首 ◦ 軍 中 得, 拜者 公 羊之義 將軍 不,, 介冑? 故 得, 有,, 拜法? 則 將軍猶 不,, 介胄? 况 天子 乎 ^不 

,爾。 一 著- 戎衣? 極 爲_ -穩 協? 而 故讀, 衣爲, 殷 乎。 楊 升 庵讀, 壹爲, 殪 訓 i 戎爲, 大。 本-諸 康誥? 然 

片山兼 山 山 子垂統 前編 中 11.1? 九 



m 



本 







折衷 學《 -i 

求めず して 文辭に 求め、 その 霉 落の 大材を 騁て、 古来の 諸 儒 固 結の 閼を 破り、 先王 禮樂の 宫墻を 窺 

ひ 見し は、 もの 功 偉な. と 云 rv 一る、 禮樂の 宅 を 捨て、 都ざる 故、 もの 善美 を盡し 得ず C 更に 輕譟 

の 性を縱 して、 經賛 の道廣 く、 岐路に 迷復 せし 間に、 歳 吾と 與 ならず なれ. 90 夫れ 一 人 S 身 4,. 以て 

百 家の 美 を 兼ねる は、 聖人と 云 へど も 能 はざる 乙 となり 然るに 物 氏 區區の 一 身 を 以て これ を 兼ん と 

せし け、 古の 學の道 を 知らざる に 非ず や。 宜な るかな、 をの 學問雜 汗に して、 見識 も 亦 統一せ さる 

こと や 徒に もの 博辨强 辭を馳 て、 ^舉の 徒 を 13^ 叱陀 し、 五六 十 年来の 天下の 人 をして 响响 たら 

しめ、 客 氣低界 となせ し は、 是 誰が 過? V や。 今の 世の 學者 を觀 るに、 滔滔と して 皆 三 氏の 徒 役に し 

て、 。邰 なる もの は 嬰と な, 9、 惰なる もの は四皓 となり、 陋 なる もの は尉柁 となり, 然ら ざれば 夜 

郞. nn ら大 f5f6 とする の 類に て、 直ちに 淥洒 に诉. 9 て、 先王 孔子の 宮牆 を縱觀 する ものな し C あに 時 

の 未だ 至らざる か、 五 n れ竊に 日に その 雲 氣の寵 虎 五 采の文 をな す もの ゝ 出る を 望-: P のみと、 先生 言へ 



b 



一 戎ぉ 

中庸に、 子 曰。 無つ S 者。 其 唯 文 王 乎, - F 王 季-爲 以- 武 王- 爲 ¥0 父 作, 之) 子 述乏」 武王纘 

大王 王 季文王 之 緒? 壹戎, 衣 有-天下? 鄭玄曰 •,〕 戎兵也 衣 讀如, 般 聲之誤 也 齊人 言- 般聲- 如, 衣 

虞 夏 商 周 氏 者多矣 今 姓 有-衣 者? 般之 胄與。 壹戎 k 殷者 壹 用, 兵 伐, 殷也 陸 德明釋 文 曰。 壹戎衣 

依, 注 衣作, -:^書依^:子讀0?5""^.?^^?1^;^は:^1べ謂, 一 着- 戎 衣- 而 天下 大定 5 孔穎達 正義 曰。 案尙 



盛 かに 引立て ゝ、 もの 是 に似て 非なる 强說を 飾りた る ゆ ゑ、 讀 もの をれ に 惑 ふて、 唯 をの 語の 出處 

な V3 を質訪 して、 僅に をの 義を すます を 幸に する ゆ ゑ、 をの 是非 善 惡を考 るに 暇な く、 その 富有の 

文 辭の材 に 驚く のみに て、 大槪に 書の よめる 人 も、 凝^として もの 窠窟に 陷ゥ、 五十 年來 をの 非 を 

I 悟る 人な きな. 00 伊藤 氏の 書 は、 文辭も 平和に して、 道理 は 固より 錢易を 主と したる もの なれば、 

日 一 その 是非 可 不可、 初學の 者と い へ V3;„? 見やす きなり。 然れ Vj も かの 伊藤 氏なる もの、 古書に 熟せず 

本 して 古義 を 作 ftv.fii る >i なれば、 古聖 人の 道 はもと より 解し 得べき やうなければ、 其 非 は 論ずる に 足 

ら ぬな, 故に 先生 かって; i ずらく、 三 氏の 聖 門に 於る、 その 功な きに あらず とい へ VJ &"、 をの 過 

偷 W もまた 少 からず G 盖朱氏 は 秦皇に 似.?^ .0,0 伊藤 氏は陳 涉吳廣 に似^ り0 物 氏 は^ 籍に 似た. 秦皇 

理 i 周末數 百年 六 國縱橫 の亂を 平げ、 天下 を 一統した る は、 その 功 もま 大 なりと 云へ ども、 詩 蕾を燔 

\ き 儒を坑 にして、 先王の 道を滅 し. 5:^ る 罪 は、 その 過 功を掩 ふに 足らず 朱 氏 漢唐諸 儒の 鄞陋の 見 を 

^ 1 洗して、 聖敎 をして 氣を 生ぜ しめたる は、 その 功な きに あら ざれ VJ?P、 老佛 の理を 以て 聖人の 道 

編 一 を亂. 5、 五 百年 來の人 をして 爾を 夫子に 疑 はしめ たる は、 殆んど 燔窨の 炎に も 近ければ、 その 過 功よ 

- 6 もまた 大 な.. 伊藤 氏 はじめて 宋學の 陽 儒陰佛 なる を 悟り、 復古の 學の 首唱と なりし は、 せハ 功大 

な. 5 といへ VI も、 他の 古書 を蔑棄 して、 論語 孟子の み を 以て 洙泗の 道を說 きて、 自沈 沈た る ものと 

以爲し 過 は 免るべからず 物 氏 出で ゝ その 偏 u?- を 破 6 ヽ 先王 孔子の 道の 大 なる 所 は 全く 禮樂 にある 

ふ を 知り、 漢秦 以上の 書 は、 諸子 雜家 といへ ども、 古義の 存 する こと を 悟り、 先王 孔子の 道 を理に 

片山兼 山 山 子 @ 統 前編 中 二百 七 



曰 





折 T 衷 spg 二 六 

何 を さして 格物致知と 云 ふこと を 知らず して、 明德 等の 解 を 禪佛 の義を 以て 說れ しゅ ゑ、 聖人 

の 道の 第 一 とする 五倫, ば、 儒學の 緒餘糟 柏と 見られし ゆ ゑ、 別に かくの 如きの 古の 學問 になき 名 

目 を 創立せ しなり C 夫れ 格物致知 など 云 へ る復 名の 箇條 は、 聖人の 敎の 道に はなき HJ な. OC みな 佛 

一 家の 頓悟漸 修眞如 無明な ど 云へ る 名目 を效て 立た る ものな. 聖人の 敎 の筒條 は、 孝弟 忠 一;S 智仁勇 

など V て、 みな 單名 なり C 此 等の さばかり にて J<p、 宋 儒の 學は 聖人の 道と は 各 別なる 《p のにして、 

彼の 仁義 禮智 等の 名 は、 儒道の 文字 を 借りて、 其義は 老佛の 道理 を 占取. 5 て、 佛 にも あらず 儒に も 

あらず、 一種の 接 世の 道なる さは 知れた るに、 久く 人心に 染み 世の 習俗と なりたる さは 變 t がた き 

ものなる にや 此 意味の さは、 伊 物の 二 氏餘カ をの こさず 讒 せられし さなれ V3 も、 ? a の學 者な を 

程 朱 程 朱と 云 ひて、 その 道 を 尊信して、 宋學を 聖人の 道と 思へ るる、 是非 なきるな ゥ C かくの 如 

くに 世の 習俗と な. 5 たる さ、 移し 易に くき ものなる に 就て、 伊 物の 二 氏の 學の 聖人の 道の 本意に 協 

ぬる 多き 5„p、 世の 人知り 得ぬ さ を 想 ひやり て、 三 氏の 書 を 看る の 規矩 を 論して、 便に ヌ初學 に 示す 

朱 氏の 書 は、 文 辭の上 は やすらか にして、 鷇 溢なる はな けれども、 老佛 のさ 理を 巧に 牽強 

して、 義を奥 ふかく 飾 6 て說 たる ゆ ゑ、 學者, V れに或 ふて、 その 非 を 見が たきな り C 然れ ども その 

源委を s め晃れ ば、 もと 强 なる さ を 引つ けて、 空理に て 飾. 5 立た る さなれば、 千霄萬 語 一 の 如くに 

て、 識者の 目よ. 5 晃れ ば、 やくたい もな きさな. 00 物 氏の 書 は、 左樣に 道理 を 深く 說 くる は、 固よ 

ft-f^ きさな 5i ども、 古 經傳の 注解なくて は、 鴻 儒と 云へ ど 卒^として 領解し が^き さ を、 長長 N 



を 議論して、 をの 人 を 待て これ を傳 るが 爲に、 私に 损益 する.^ も ぁ るべ けれ VJ も、 公然とし て^な 

らぬ禮 を 家に して、 家蹬 など、 名け て 世に 傳る さ、 忌憚な きの 甚し きな ftNO 司 馬 光 はこの 意 を 知ら 

れ しと 見へ て、 書 議と名 けられた. 又 小 學の害 も題號 あやまれ 大人の 學小 子の 學と 見て、 大 

學に對 して 小 學の書 を 作られし は、 古に な、 きさ を 杜撰せ し HJ なれば、 固より 非な. 00 この さは 先 儒 

の駁 せし さなれば、 今 こ > -に贅 せず 〇但 朱 氏の いは ゆる 小 學と云 ふ は、 古の 大學 なること を 論して、 

初學に 示すな ft-o 夫れ 堯の 百姓 を 1^ 章し、 萬 邦 を 協和せ しも、 九族 を 親む よ. 典り、 舜の契 を 司 徒 

となし、 敎を 天下に 敷し めし 7_p、 五 品 を しょり 外に 道 はなし。 三 王 周 公 孔子の 道に 種種の 名目 

は あれ ども、 みな 五倫 をよ く 叙 てんが 爲な. 90 故に 六 經諸書 限 もな き 载籍は あれ ども、 五倫 を 正く 

する 外に 道も敎 もな きなり 然 れば學 問の 大 なる もの、 五倫 を 治る の 道 を 知る にしく はなし 故に 

孟子、 設 --爲 庠序學 校- 以敎ぃ 之。 皆 所- ュ以 明-人 像-也。 人倫 明-於 上? 小 民 親-於 下? と云へft^、人 

倫と は 即ち 五倫の ことな fc-o 然るに 小 學の窨 に 五 偷の敎 のことの み を 載て、 他の こと を 載せ ざれば、 

是 古の 大學を 以て 小犖 とする も な. 司 徒の 官.^ - 小學師 とする ものな り 夫れ 司 徒の 官は、 古今 共 

に 六 卿 三 公の官 にして、 至て 重き 職な, 90 それ ゆ ゑ 至て 重き 五 偷を疋 すの 職 を 掌ら しめし ものな. 

然るに 朱 氏 乙れ を 小學に 属して、 別に 三 綱領 八條 目な VI 云 へ る、 先 .土 孔子の 道に なき 杜撰の 名目.^ 立 

て、、 古の 大學の 道な V3、 する こと、 畢覚 2 明德 至善 は S 訇 §§?ま5?§德讀2に;^4|"ザ5^ 化-" な 何 

.i,; さ ノ C 月; #giKfI と iVI >、 各 勿 よ 物ば 數目. ^云 ふ、 即ち 筒條の IC なり、 もと 牛馬の 毛色.^ 分つ r* リ 出た る 詞 なり、 

X" さ. |>ァ ftNJgg ま ia と 5 あ^ ® おは、、 れ亦物 氏の! g ば愤憒 ろ, t なり、 此 等の £,、 みな 大舉 古義 及び 大學 解綠 疾に詳 

-. 兼 山 ^子 垂统 前編 中 二百 五 



曰 



本 



理 

彙 





折衷 學 . • 二百 四 

しに や 殊に 易 道 は 誠 を 主として、 繁辭の 上下 篇な vj の; i は、 始終と もに 誠の 意 を 離る ゝ さなく、 

愼獨のさを云へft^o 頓 寂然 不動の 章の みならす 若し 物 氏 をして この 意 を 知らし めば、 繁辭傳 を も 

亦老 氏と 爭 ふの 書と せんか C 妄と いはざる ベ けんや。 さて 朱 氏 こ の 近 思の 二字 を 裁 取して、 近思錄 

の 書 を 編れ し 本意 は、 即ち 朱 氏大學 章句の 自序に、 異端 虚無 寢滅 之敎。 其 高 過-一 於 大學: 而 無, 實。 と 

云へ る 意 を 以て 名づ けられし な ftNO もれ ゅゑ此 章の 近 思の 注に も、 心の 3^ 馳 せぬ HJ を 云 ひ、 又 近 思 

と は以, 類而 推すな ど.^ 云 ふ、 雲 を 掬む やうなる S なる 注 をせ り C 上に 云へ る 如く、 近 思と は 恕の道 

を 語るな るに、 其說を 得ず して、 近 思 はた 上咼 遠に 馳 せぬ さとの み 心得て、 近 思 錄と命 けられし は、 

大な る乖 謬に 非ず や C 書の 題號 よ. 5 して 誤れば、 書中に 载 する 所の 謬 誤 も 想像 せらる 、なり C 朱 氏 

はすべ て 加 樣のふ に は 心得 を こな ひ 多き 人な り C 家禮の 書な ども、 家 禮と名 づけし は 僭躐の 至. ft- な 

60 せめて 家 儀と か、 又は 家訓、 家範な VJ ゝ名づ くべき さなり 鱧に 聖 王の 制する 所に て、 私に 議 

する, i はならぬ ものな り。 中庸に、 非-一天 子- 不:, 議レ禮 と 云 ひて、 孔子の 聖 とい へ,も.^"、 をの 位な く 

て は 禮 を掼 S する 乙と はならぬ なり。 古の? i は、 手 なく 後世の 徵令、 今の 世の 公家の 法な り。 是 

を 損益し 批議 する は、 時の 王者 か、 又は革命の君ょ..^外はならぬふな60 左《^なくて是を批議して 

世に 行 ふ は、 背叛の 者に ひとしく して、 大罪 人と 云 ふべ し C 然れ ども 後世に 至 力て は、 聖 王の 禮 

を 損益し 玉 ふ 事 .5.- なく、 古腹樂 5 道の 權 《^、 却て 無位 無官の 學者 にあ. 5 て、 上た る 人の 與らぬ さな 

れば、 學者 たる もの これ を議せ ざれば、 先王 孔子の 道 地に 墜れ ば、 已 HJ,^ 得ず して 門人 等と これ 



と 同じ 意な. cso 又 呂氏宭 秋の 本 咏の篇 に、 道 者 止, 彼 在, 己 己成而 天子 成 と ある は、 即ち 合-外 

內, 之 道 也 と あると 同じ 意な 又 曰 審し、 所, ー以 知., 遠 也 成, 己 所 一一 以成, "人 也。 聖王之 道 要 

矣 3! 化 越 越 多 業 哉 と ある、 審近 云云 は、 中庸の 君子 之 道。 辟 如 一一 行, 遠必自 "邇 辟 如, 一登, 高 必自, 

鬼と あると 同意に て、 共に 恕の道 を 語るな 6 成 X 己 云云 は、 仁者 入 也。 及び 誠 者。 非, 一 自成, 己而已 一 

也。 云云の。 意な. 00 聖王之 道耍矣 云云 は 愼獨 のさに て、 誠 を 語るな り 前に, P 云 へ る 如く、 

愼獨は 後に 誠 を 言 ふの 步語 にて、 誠 は 即ち 慎獨を 主と す るの 義す まざれば、 大學 中庸 は 決してす 

まず。 大學 中庸す まざれば、 禮樂の 本義 はすまぬ な 6Q 物 氏の 學庸解 を 見る に、 乙の と j 向に 噂な 

ければ、 をの 書の たはい もな きさ 推して 知るべし。 g_ 、雄 SigllM ぽ §S5-S;^gs サ: r 七十 子の 

後 禮樂を 精く 論ぜし 人 は、 苟子 にしく はなし。 これ 亦 誠 を 以て 禮樂の 質と せ. 90 物 氏 は 苟子左 祖の人 

にて、 をの 識 1„?苟 子よ. 出た る 程の さに て、 苟 子の 書に 數遍 尾ら れ しさな らんに、 かくの 如きの 

苟 子の 書の 第一義の るに 心づ かれぬ を 見れば、 みな 客 解なる さ 思; S やらる、 な. 總て 古の 賢聖君 

子の 道德 功業 を 成す 所以 は、 皆 誠 を 以て 本と せ, 故に 六經ょ 6 諸子 百 家に 至る まで、 をの 立言の 

旨 趣 は 異ならと 云へ ども、 誠 を はなれて 德業 を進修 する の 論 はなき な. 書の 咸有 一 德 の篇、 上 係 

辭 寂然 不, 勸 威而遂 通,, 天下 之 故? 管 子、 I 思, 之 思, 之 又 重 思, 之 思, 之 而不, 通 鬼神 將, 通 

レ之。 非-鬼神 之 力-也? 精 氣之極 也。 呂覽博 志の 編に も、 精而 熟, 之リ 鬼將, 吿, 之 非,, 鬼 吿., 之 也。 

精 而熟レ 之 也 と あるな ど、 皆 至誠 感, 神 の 意に て、 誠の 義を說 きたる に、 物 氏 は 何と 解せられ 

片山兼 山 山 子垂統 前編 中 二百 三 



B 

鱟 

編 



折衷 擧嵌 二百 二 

順, 事恕施 也。 の 施の 字に て、 „^を 施と 云 ひ 思と 云 ふ、 みな 恕の 字に 附 たる 文字に て、 古言の 法 を 

尾つべし 中庸の 忠恕 違, 道不, 遠。 大雅 抑の 詩の 取, 譬不 J 返。 昊天 不,. 一,^o など、 ある 不遠 は、 即ち 

近の 義 なり) 又大學 に、 所 レ_ 謂齊- 其 家-在, 修-- 其 身-者。 人 之ミ其 所-親愛- 而辟焉 。之ミ 其 所- 賤惡 -而辟 

焉。 之 S 其 所-, 畏敬, 而 辟焉。 之,, -其 所- 哀矜, 而 辟焉。 之 H 其 所- 敖惰- 辟焉。 故好而 知-其 惡? 惡而 知-其 

美, 者 天下 鲜矣。 故 諺 有 k 之. - 曰 人莫, 知-其 子 之惡? 莫. 知-其 苗 之碩? 此 謂, 身不, 修。 ^%HW# = 

±、Jfc^Q Si は瞽と 古字 Iffls にて、 この 替の字 は、 ^ち 能 近 取レ譬 の譬 -」 て、 大 s!- のこの 文に て、 ffi 譬 XUJ 引ける e*slQ{?f!t と、 

ま 家) の義も 明かに 分ろ、 なリ、 左 もなければ、 近 春 近 思の 近 S 字 も、 SS と L て W し 得られ 53 なリ、 .J に 弓 HK? ま と 

この 章と を 合して、 恕の 字の 義 至れ. 9 盡せ. 9: 然るに 古今の 諸 儒 みなこれ を 知らず して、 別に 恕の 

字の 義の解 を 作る C 埒:. P なき る なり。 余 は 近 思の 解は雍 也の 篇の 近醬に 取. 9、 近 譬の解 はこの 大學 

の 文に 取 6 て、 互に 相發揮 融通して、 别に恕 の 字の 義解を 作らず C 恕の 字に 限らず、 余が 經義の 方 

法、 みなこの 例な 孟宇 の 老= 吾老? 及-人 之老? 幼-, 吾 幼? W 及-, 人 之 幼? 天下 可, 運- 1 於 裳? 

詩 曰 刑-, 于寡 妻? 至 =于 兄弟? 以 御-干 家 邦? 言擧- 斯 心-加-諸 彼- 而巳。 云云の 節 C 及び 前後の 段の 

百 釣 一 羽換 一一 泰山 一 折, 枝權 度の i -、 :!lg^1g お ss^l みな 近譬近 思の ことにて、 仁恕の 實ぉ論 

じて、 仁恕の 善 解と 云ぶべし 即 はち 孝弟 也 者 C 其爲, 一仁 之 本, 與。 是 亦爲, 政 等と 同じ 義 なり? 又 

た 便に 云 ひ 及ぼして、 初學に 示すな り 仁者 己 欲, 立 而立, 人 r〕 己 欲, 達 而達, 人の 二 句 も、 古米よ 

-^漫然たる注 のみな 60 NJ の 二 句 は、 即 はち 中庸に、 仁者 人 也 C 親, 親爲 i 大 と 云 ひ、 誠 者 非- 

自 成, 己而已 一也。 所, ー以成 物 也。 成 k 己 仁 也〕 成 * 物 知 也。 性之德 也。 合-外 內 一之 道 也し と 云 へる 



學 に附會 せんとして、 詩に も 非る 左 氏の 文 を、 章 を 斷て義 を 取た る ゆ ゑ、 左 氏の 本義と も大に 相違 

せ. fl.o 球 甚 しきと 云 ふべ し。 又 文 十八 年に、 季文 子が 宣 公に 對 へし 詞に、 先君 周 公 制-周 禮-曰 • 

則 以觀, 德 德 以處, 事 Q 事以 度. 功. - 功以 食, 民 又國 語の 晋語 四に は、 公 問,, 元帥 於 趙衰? 對 Ho 郤 

j 穀可 行年 五十 矣 守:, f~ 彌惇 C 夫 先王 之 法,」 志,, 德義, 之府也 "夫 徳義 生 民 之 本 也 能惇篤 者不』 - 

□ 一 Ki 姓? 請 :^-- 都縠? 公 之と わ.. -て、 左 氏と:^^ を 記-て、 文 は 異なれ vl„ ^^は 全.、 同き な, 左 氏 

本 に は、 公 謀-元帥 i 衰曰。 郤穀 5^。p 亟, 聞-其 言- 矣。 說-, 鱧 而敦, -詩 書? 詩昝。 義之府 也。 禮樂。 德之則 

一 也 德義 利 之 本 也つ 夏窨曰 賦納以 Jtc 明 試以, 功 車服以 J^. 君 其 試, 之 e 乃 使-都 縠將 = 中 軍-と 

倫 一 ある を參 者して、 物 氏の 誤 を 知るべし 。近 思 近 譬の解 は、 大學 の恕を 論じた る 則に 委く あれ も、 古 

a 一 今の 人氣が 付ぬな. 大學曰 所, 謂 1^-- 天下? 在, 治-其 國-者 上老』 A 而民 奥, 孝 C 上長, 長。 而民 

一 典, 弟。 上恤, 孤而 民不, 倍 是以 君子 有-一 絜矩之 道 一也 。所, 惡- 於 上? 母- 以 使.^ 下。 所レ惡 一-於 下-母- 以 事" 

彙 上 C 所,惡,-於前?母--^:^先,^後。 所, 惡- 於 後? 母- 以從. ^前。 所 ,惡-- 於 右? 母- 以交 1^ 左" 所 kl- 於 左? 母 =1 

m 交-於 右? 此之 謂,- 讀之 道? b、ssisl^;^*ts?fes5^i^gs£;russ5&1!f;4i 

二 5 ま g ゆ お れ": i;:;ss?!; これ 即ち 衞靈 公の 篇に 夫子 恕を說 き 玉 ひて、 己 所 レ不レ 欲, 勿 

k 施-於 人? と 云 ひ、 中庸い 忠恕 違, 道不 J 、噁 施-諸 已, 而不 亦 勿, 施-於 人? と 云へ ると 同意に て、 

己 所, 不, 欲と は、 即ち, 惡- 於 上-云云の 意な. 施の 字 襄 二十 三年 S 左傳 に、 仲 a ^曰。 知 之 難 

也? 有-^ 武仲之 知? 而不, 容= 於 魯國? 抑 有 i 由 也。 作不 k 順 而 施不, 恕 也し 夏 書 曰。 念 k 在 

片山兼 山 山 子垂统 前編 中 二百 1 ,j 



B 

本 

毚 





折衷 學 《 一 i 

るに、 古今の 論語 を 注す る =_ ^の、 龜 人の 道の • 大體を 知らざる ゆ ゑ、 臆說强 解して 後 學を迷 はしむ る 

<„d5 り C 夫れ 仁恕 は 論語 一部の 主腦 にして、 孔子の 道 これ を 以て 諸德 諸道 を 貫いて、 仁よ. 5 尙 なる は 

なし 孔子の 道 を學ぶ 人、 これ を 第 一 に 知るべき さなる に、 古今の 注 家た. > 文字に 就ての み 義を求 

る ゆ ゑ、 この 章に 限らず、 仁恕と 明かに 文字 を 出さず して、 仁恕の 義を 仰ら れ 力る 所 をば、 みな 讀み 

あやまれ 60 殊に 仁の 字の 解 は、 何 晏朱熹 は 固よ 6 のさ、 伊藤氏物氏みな誤れft^c で 備ず さ、 

その 誤れる 所以 は、 聖人の 道の 大體を 知らず、 一字 一章に 就て 義を 求て、 廣く 古書 を熟讀 せざる が 

故なら この 近 思の 近 は、 雍 也の 篇の、 夫 仁者 己 欲 k 立 而立, 人 己 欲, 達而 達, 人 能 近収, 譬。 可 

, 謂-仁 之 方-也 己 。と ある、 近譬の 近と 同じさに て、 恕 の- i を 云 へるな り 孟子 盡心 上の 篇 に。 强恕 

而 行。 求, 仁莫て 近, 焉。 と ある、 即ち 此と 互に 相發 するな. 又說 苑の賁 德の篇 に、 仁者 必恕 然後 

行と 云 ひ、 左 傳の隱 三年に、 明 恕而行 要, 之以 Jio 又 十 一 年に、 恕而行 k 之 德之則 也 禮之經 也 

襄ニ 十四 年に、 子產曰 恕思以 明, 德 則 令名 載而 行, 之。 是 以遠 至邇安 など ゝ ある、 みな 先王の 法 

言に て、 仁恕の 確 注と 云 ふべ し。 顔 淵の 仁 を 問 ひしに、 夫子 克己 復禮を 以て 答ら れ しも、 此 意に てす 

む さなり0 物 氏 左 傳$i^ 十 の禮樂 C 德之則 也 C 詩 書。 義之府 也 と 云る を 處處に 引用 せら るれ ども 

實は此 二 句の 本意 をば 知られず、 みな 客 解に て ありし と 見へ て、 當らぬ さに 引れ しさ 多き な を 

の 上左傳 にけ、 右の 二 句の 下に、 德義。 利 之 本 也 と 承て あ. ft^o これ 正德 利用 厚生の 事に て、 即大 

學 の以, 義爲, 利と 同義なる を、 德義 U 利 之 本 也 の 上の 二 句 を 結び 力る 大切の 文 を 落し、 己れ が 家 



^ ?§§1-無聲之樂0 歡 也-, 不 .言而信0 チ 動而 威。 不 k 而仁。 、1 き き 不 45 

Df 化: r;^J^:lf S 至 III? 夫 鐘 之 昔 怒 而擊, 之 則武。 憂而被 K 之 則悲。 其志變 者。 聲 亦隨, 之。 故 志 誠 

威, 之 通-一 於 金石? 而 人 乎 以上の 諸 文、 みな 七十 子の 徒の 夫子に 聞る 所 を 以て 夫子の 本意.^ 述た 

. る ものな. CNO 乙の 外 孔子 以後の 古書 中に 此意を 言へ るふ、 勝て 計 r かたき 程 あれ ども、 古今の 諸 

日 一 儒 心 を 専らに して 古書 をよ み 得ざる ゆ ゑ、 をの 義を 得ず 臆見强 解の みに て、 生涯 百年 を 書籍 中に 

本 ^ 釐、 一人の 身に して 數十百 卷の書 を 著せし 人 も、 何の 限. -か あらん 。然れ どもた レ其學 問の 博大な 

るに 任せて、 種の i き ー1 一口 を擴 るの みに て、 根本の 主意 立 ざれば、 畢竟す る 所 無 辨を 事と すと 云 

倫 W ものに て、 聖人の 道に 補 ひなき のみならず、 却て 聖人の 道 を 害するな り 鳴 呼 夫子 沒後ニ 千年 餘の 

E _ 4p 曰に 至ろ まて、 和漢の 鴻儒碩 學數十 百 入に 下らず。 聖人の 道 は 何 を 主と し 何 を 本と すと 云 ふさを 

一 人 も 知る 者な きさ、 怪 むべき,^ に 非ず や。 

彙 バ 夫れ 今の 世の 典 謨訓誥 六 經左氏 司 馬 等の 經國の 大業に も 非る 俳優の 言に 近き 文字 を玩 ベる 文人 詩 客 

編 - 國歌師連歌師俳句師の徒の^:仝言を事とするは、 その 空言 中に ー種の風流雅旨ぁ-^て、 太 1^ を 謳歌す 

™ るの 一 具に; P なり、 且つ又 彫蟲 篆刻の 一 小 技のと なれば、 論ずる に 足らず 苟も 聖人の 道 を 學ぶ者 

にして、 空言 空 事 をな し、 一生 を 過す HJ、 朽, しきふに 非ず や 

近思錄 

子 張の 鴛に、 子 夏日 博學而 篤志 切 問而近 S 心 仁 在,, 其 中, 矣 NJ の 近 思の 二字 は恕 のさ.^ 云 ふな 

片山號 山 山 子垂統 前編 中 百 九十. TN 



折衷: 、 憂 

にけ、 三 王の 德の 天地に 參 する 所以 を 云へ. 90 即ち 中庸の 書と、 その 論 同き な 60 殊に 無 聲の樂 等 

を 以て 禮樂の 原と する は 中庸の 無聲 無臭と 同意に て、 互に 相發 明す る, P のな. 00 老子 及び 墨 子の 

道 も、 全く この 三 無の 意 を 主張して、 ^„^くなゥたる《^のな.90 後の 學者 この 意 を 知らざる ゆ ゑ、 千 

載の 下 今に 至る まで、 老子の 書 を讀, ものな きな ft>o 後世の 老子 を 注し 老子 を 論ずる 人 は、 實に風 

を 捕 il ふと 云べ し 、生 又 家 語の 王言 解に、 曾 子 曰 敢問 何 謂』 i 孔子 

曰。 至 鱧 不二 1 而 天下 治 至 賞不, 費 而 天下 士悅 至樂 聲。 而天 下民 和 E 王 篤行-三 至 故 天 

下 之 君 可-得 而知? 天下 之士 可-得 而臣? 天下 之 ほ 可,, 得而用 曾 子 曰 敢問 此義何 謂 也 孔子 

曰。 古 者 明 王.) 必盡 知-天下 頁 士之名 V 旣 知-其 名? f ^知-其 實? 又 知-其 數 及 其 所在, 焉0然 後 因-天 

下 之 爵-以 尊, 之 此之 謂-至 禮不, 讓_ 血 天下 治? 因,, 天下 之祿? 以 富,, 天下 之士 cj> 此之 謂-至 賞不, 費而 

天下 之 士悅? 如, 此 刖 天下 之 名 譽興焉 此之 謂-至 樂無, 聲而 天下 之 民 和? 故 曰 所, 謂 天下 之 至 仁 

者 能 合-天下 之 至 親 者-也" 所, 謂 天下 之 至 明 者 能 擧-- 天下 之 至 賢者, 也 此 三者 咸通 然後 可,, 以 

征? 是故 仁者 莫, 大- 乎 愛, 人。 智者 莫^-乎 知, 賢。 政 者莫, 大-- 於官, 能。 有 土 之 君。 修-, 此 三者? 

四海 之內。 供:, 命而 已矣。 これ 禮樂の 根 由 を 論して、 中庸 大學の 旨と 全く 同じ 01 禁 ほい 威-い f 善い は 

今の 入大 #f*J*vz ケな K; し 》$C3>* リ、 こ. J.^ らの t/I、 ^ va 

生の 大學 古義 及 ひ 大學解 IK 疾 に備れ ば、 此に 資^ず? - 論語に、 夫子の 仁 を 主と し 仰せら る、 の 主意、 又 易の 說卦 

及び 七十 子の 徒 及び 孟千苟 子の 仁義と 並べ 稱 する の義 も、 此 11 日な ftv と 知べ し。 fg^^JJW 錢詣 

先5^超| ^j;問5?w^れ^^s、ち^5^見:<^?!SM又六本の篇に、 孔子 日 C 無體 之禮。 1U 無 服 之 喪 ◦ 哀也 u 



子 張復問 o 子 曰 o 師 爾以, 爲必鋪 --几 筵? 升 降 酌獻酬 酷。 然後 謂, 之禮. 1 乎 爾以 T 爲必 行-綴 兆? 與-- 羽 

S 作-鐘 鼓? 然後謂 * 之樂. 乎。 言而 履. 之。 禮 也。 行 而樂. 之樂 也。 ,赶 い 

S 此 IfssI ネ 會 fS 力 君子 力- 此 ー一者? 以南 面 而立。 夫是 i 下 太平 也。 孔子 間 居に、 

孔子 間 居 子 夏 侍 子 夏 曰 敢問 詩 曰。 凱 弟 君子 民 之 父母 何 如斯可 i 謂-民 之 父母- 矣 孔子 曰 

夫 民 之 父母 乎 達-於 禮樂之 原? 以 致,, 五 至, 而 行,, 三 無? 以 横,, 於 天下? 四方 有, 敗 必 先知, 之 此之 

謂,, 民 之 父母, 矣。 子 夏 曰。 民 之 父母。 旣得而 聞, 之矣 。敢問 何 謂,, 五 至? 孔子 曰 志 之 所 fe? 詩 必至 焉 

詩 之 所, 至" 禮亦至 焉0禮 之 所, 至 樂亦 至焉』 樂之 所, 至 哀亦 至焉。 哀樂相 生。 是故正 明, 目而視 

, 之。 不 得而 見, 也。 傾, 耳 而聽. 之。 チ 可-得 而 也。 に 、く 塞 = 乎 天地? 此之 謂-, 

五 至? 子 夏 曰 五 至 旣得而 聞, 之矣。 敢問 何 謂-三 無? 孔子 曰。 無 聲之樂 C 無 體之禮 C 無 服 之 喪 ◦ 

此之 謂-三 無? 子 夏 曰 三無旣 得-略 而 聞., 之矣 敢問 何 詩 近, 之 孔子 曰 夙夜 其 k 命窗密 C 無聲之 

樂 也。 威儀 逮逮。 不 也 無 體之禮 也。 凡 民有, 喪 匍 ® 救, 之。 無 服 之 喪 也 ◦g^littpl^lit 

■ 子 夏 曰 言 則 大矣" 美 矣0 盛矣 言 盡,, 於此 而已, 乎 孔子 曰 何 爲其然 也 君子 之 服, 之 也。 潜 有-五 

起, 焉。 ^^夏曰o何如o孔子曰o 無 聲之樂 氣 志不, 違。 無 體之禮 威儀 遲遲 無 服 之 喪。 內恕 孔悲. - 

無 聲之樂 氣志旣 得 ◦ 無 體之禮 威儀 翼翼 無 服 之 喪 施-及 四國? 無 聲之樂 氣志 旣從。 無 體之禮 

上下 和 同。 無 服 之 喪。 以 畜,, 萬 邦? 無 聲之樂 B 聞-四方? J&llgp 而無體 之禮" 曰 就 月將。 無 服 之 

喪 純 德孔明 無 聲之樂 氣志旣 起。 無 體之牆 施-及 四海? 無 服 之 喪" 施-干 孫子? 云云 この 下 

片山兼 山 山 子垂統 前編 中 百 九十 七 



本 

埋 





折衷 舉 《 百 九十 六 

をのみ 事と して、 實德 tVJ 務めず、 ま 文 を 飾る を 嘆し く 思 召て、 改作の > む あれ ど >p、 位お 得ぬ ゆ ゑ、 

鱧 樂を議 し、 度 文を考 制して、 大に 行事に 施す ことお 得ず。 僅に 是亦爲 い 政 を 歎ずるな り 古今の 學者 

この 3 曰 を 知らざる によりて、 中庸 を 注す と 云 へ, え も、 章 章句 句み な 解し 誤れる もの は、 譬 へば 肓瞽の 

名跡 談を する 如し。 一として 實 に見認 たる ことなき が 故な. この 一節 r 、洙^ の 道の 極 旨に て、 こ 

の 一 節す まざれば、 中庸の 一 篇は 固よ, のこと にて、 論語 等の 孔 氏の 書の 本旨 もす めず 孔 氏の 書 

の 本旨す めねば、 聖人の 道 を 知 6 得る こと もなら ねば、 禮樂は 何 を か 主と す、 仁智の 實は何 を大な 

ft- とし 何お 本と すと 云 ふ 7J と 《p 知れぬな り。 孟子 苟子 など、 立言 は 異なる. こと あれ ども、 みな 此旨 

を 明せ るな り 此旨を 知らざる ゆ ゑ、 古今の 人 孟苟の 書 を 解し 得ぬな 60 七十 子の 徒 も、 固よ. み 

な此旨 を傳 へたる ことなれば、 經.|^中に所所尾る、な.5,- 今 この 章と 互に 相發 して 親切なる 徴文を 

擧 示して、 世の 學 者に 觀 せし む 讀む もの 心を留 て 玩味すべし。 樂 記に 曰く、 樂之隆 非, 搔, 音 

食 饗之廢 じ 非レ 致, 味 也。 廟之瑟 。朱 殺而疏 越。 壹倡而 三 歎 G 有, 遺 ¥ 者矣。 大要 之禮。 尙ー 一玄 S 一 

而组, I 腥魚? 大 羹不, 和 有, 遺,.^ 者矣 Q 云云" 又 曰樂者 ◦ 非, 謂 = 黄 鐘大呂 弦歌 于揚, 也。 樂之 末節 也。 

故 童 者 舞 舖-, 筵 席? P 尊 5 列-蓬 豆? 以,, 升 降 _爲^ 者 Q fSS 之 未 節 也。: K 有司 掌, 之、」 樂師 辨,, 

乎聲 詩? 故 北 IS 而弦。 宗祝辨 ,1 乎 宗廟 之禮? 故 後, 尸。 商 祝 辨-乎 喪 鐘? 故 後-主人? 是故德 成 而上リ 

薛成而 下。 行成 而先。 事 成 而後〕 是故 先王。 有, 上^ k 下 a 有, 先 有 ^後0 然後 可, 以有 .1, 制-於 天下, 也。 

に ,仲 尼 燕 居に、 子 張 問 ko 子 曰。 師乎前 吾 語 k 女 乎。 君子 明-於 蹬樂? 擧而 錯, 之 而已。 



山 子垂統 前編 中 

奥 邸 越 通 明 公 遠 

PI ゾ 

. . 紀邸 長 萬 年 伯盈. 

日 無^ 無 真 , 

本. 禮 記の 中庸の 篇に、 子 曰。 聲色之 於-, 以 化., 民。 末 也。 詩 曰德捐 如, 毛。 毛猶 有, 偷 Q 上天 之 載。 無, 聲 

無, 臭 至矣。 これ 鷉樂 不言の 德 至誠 感 通の 化の 至り を 言て 初 章の 天地 位焉" 及 ひ 慎, 獨 等の 事 を 結 

倫 一 ぶ fo 上に 所, 謂 君子 不, 動而 敬〕 不 ,言 而信 不, 賞 而民勸 。不, 怒而民 威,, 於 鈇鉞? 又祭義 に、 君子 

理 曰。 鱧樂。 不%-- 斯 須.? 身, 二 ls,g5g"d 、て 、即 致 レ樂以 治つ む。 則 易直 子 誌 之 心 油 

一 然生 矣。 易直 子 諒之心 生。 則樂。 樂則 安。 安則 久 久則天 天 則 神。 ;;^-§^|1§;^ま^ビ.|巧.;!!則 

\ 天則 不 JB 而 信。 神 則不, 怒而威 云云。 と あると 同し 意に て、 共に 禮樂 不言の 妙 化を稱 する 詞な. fi.o 

編 一 無, 聲無, 臭と は、 鐘鼓終歌を假らぬ無聲の樂のことを云ふなft^o 故に 聲色之 於- -以 化.. 民 末 也と 云 ふ 

一 即ち 論語 陽 貨の蠶 の、 子 曰 禮云禮 云。 玉 帛云乎 哉。 樂云樂 云。 鐘 鈹云乎 哉 と 云 ひ、 又同篇 に、 

子 曰。 予 欲, 無 Jmo 子 貢 曰。 子如不 Jlm(> 則 小 子 何 述焉。 子 曰。 天 何 言 哉。 四時 行焉。 百 物生焉 U 

に 化 巧 漏 ほ i す^ lfswis、SM 天 何 言 哉又禮 記の 仲 尼 燕 居の 篇に、 子 曰。 古 之 君子。 不 _,必 親相與 言, 

也 0.以_ ー禮 相 示 而已と 云 ふと 同意に て、 みな 夫子 周 末の 禮樂の 本 を 失 ひて 末に 趨き、 唯 鐘 鼓 威儀 



得縈埋 ilii 本 a 



折衷 學 汲 百 九十 四 

る, p、 禮 履み 行 ふさな. 5 と 知るべし 漢 代の 諸 注 家の 禮,^ 履な .9 と 解す る も、 以上の 諸 文に よ 

ての さな. 00 詩の 鄭風柬 方 之 日に、 履 我 即兮と ある を、 毛 傳に履 鱧 也と 云 ひ、 商 頌長發 の 詩に、 率 

履不 i 超と ある を も、 亦履禮也と注せ-^o 漢書の 公孫 弘が傳 に %、 禮者。 所, 履 也 。知者 術 之 原 也 

と あり。 此の 外禮 を!^ とする さ、 古書 中に 多き さなる に、 古今の 論語 を 注す る 者、 みな 孔安 國が復 

は 反な りの 注に 從て、 履の 字と なして 讀 むに 心 付ぬ は、 その 字に のみ 就て 義を 生て、 廣く 古書に 融 

通せぬ の 過ちな り 復を 反と 注して は、 つまる 所き こへ ぬ說書 なれ VJ«P、 古來 よりの 學者 乙れ に怪 

の 付ぬ J*、 亦 奇なる £J な. 50 

滕光 曰、 佘 先生の 說を 聞て よ. y、 古書 をよ む 毎に、 心 を留て その 義を 求めし に、 漢書の 王 莾が傳 

に 於ても の證を 得たり 張 竦と 云 もの、 陳崇が 爲に王 i: が 功 德を稱 せる 文の 中に、 折, 節 行, 仁 

克\$ 履, 禮 と あり これ を 先生に 語 6 ければ、 先生 大に 悅んで 曰く、 漢の代 は 古に 近き ゆ ゑ、 

かくの 如き 遺文 も 多く 傳. て、 張 竦 も 取. 用 ひ^. 00 ^Jのニ句ばか.C^にて,„P、 古來注 者の 强解を 

破る に 足れ. とて、 遂に 余 をして 卷 尾に 書せ しむ 先生 又 言ら く、 克心は 即ち 仲 聰之誥 の以, 禮 

制, 心の 義な. 5 と . 

山 子垂統 前編 上 終 



曰 

ョ- 

理 

編 



ftNO 天地 を 位せし め 萬 物 を 育す る,^ 禮 樂の德 とする. i は、 但中康 ばか..^ に 非ず 樂記樂 書 その外 禮 

鈀 及び 古 蒈 中に 禮樂を 云 ひし 所に はみ な爾 な. 外の 道德を 論ずる に、 天地 鬼神 及び 喜 怒お 樂等性 

IE のさ を 言 ふ Hi は、 聖人の 書に はなき となり。 故に 左樣の 文字 ある 所に て 心 を留て 玩味せば、 古聖 

人の 道 も 自ら 明かになる べき, i なり。 尙 書の 仲 虺之 詰に、 惟 天生:, 民有, 欲。 無, 主 乃亂。 惟 聰明 時 

乂 と あるな ども、 民の 欲を乂 るに は、 禮を 以て 制する るに て、 聰明の まとても、 外に 術 はなき る 

るべ し 古今の學者中庸の書ァ\^ば別 して 心得 そこな ひ て 解し 得ぬ は、 鱧樂の 實德を 知らぬ 故な 

.90 余つ ねに 物 氏の 經學 も、 朱 氏 伊藤 氏と 五十 步百步 の 間の 差な りと 云 ふ は、 聖人の 道.^ 知らぬ に 

至りて は、 共に 同じさ なれば なり。 さて 又 復の字 を 履と なして 讀 H}、 せ 〈證 多き さなり。 易の 履卦の 

上 象 傅に、 上天 下澤履 U 君子 W 辨-- 上下? 定-- 民 志? 又 序卦傳 に、 物 畜然後 有 ^禮0 故受, 之以, 履 と 

あるけ、 即ち 倉廩 實 C 知-一 禮節? の 意な り。 辨- 上下- 定 =lk 志-と 云 《 "禮の 事に て、 外の 事に て は 上下 

を 辨へ民 志 を定る さはなら ぬな り 下 象 傅の 雷 在-天上- 大壯。 君子 以非 禮不 J^〕 と あるな VJ は、 こ 

の顏淵 問, 仁の 章と 互に 相發 m すと 云 ふべ し。 又 仲 尼 燕 居に、 言而 履, 之 U 禮 也。 行而樂 i 之。 樂也 

君子 力- -此 二者? 以南 面 而立 祭義 に、 禮者 履" 此者也 又 下 係 辭に履 德之墓 也 又 履 和而至 又 

履以和 A 灯。 謙以制 レ禮。 苟 子の 大 E 各の 篇に、 禮者。 人 之 所, 履 也。 失, 所, 履 則顚歷 陷溺" 所, 失微 

Ira 其爲 k 火 者禮也 な VJ 、あるに て、 復の 字の 履の 字た る さ 明かな ゥ。 5 謝き" 「麵^ まばに ゆ- 

駄ル 、く S お 【おお" 說苑の 政理の 編に、 ぁ子賤 曰。 始誦- 之 文? 今 履 而行レ 之 。旷 Is^resg ザ と あ 

:s 兼 山 山 子垂統 前 縵 上 , 百 九十 三 



本 

理 

m 



折衷 舉 班 百 九十 二 

給-人 之 求? 使 T 欲必不 J 躬,, 乎 物? 物必不 .1. 屆-- 於 欲? 兩者相 持 而長。 是醴之 所 X 起 也 鱧 記の 樂 記に、 

人生 而靜 天 之 性 也 威,, 於 物, 而 動。 性 之 欲 也。 物 至 知 知。 然 後好惡 形焉。 好惡 無, 節-於 內? 知 誘, I 

於 外? 不, 能 i 反, 躬。 天理 滅矣。 物之感 X 人 無 J 躬。 而人之 好惡無 J^o 則是物 至而人 化, 物 也。 人 化- 

物 也-者。 滅- 天理- 而窮- 人欲-者 也〕 於, 是有& ;逆詐 偽 之 心? 有- 淫抶 作亂之 事? 是故强 者 脅 k 。衆 

者 暴, 寡 知者 詐 k 愚。 勇者 苦 i 怯," 疾病 不:, 養。 老幼 孤獨 不 I 得-其 所? 此大亂 之 道 也。 是故 先王 之 

制,, ま 人 爲,, 之 節, 云云 又 樂者樂 也. - 君子 樂, 得-其 道? 小人 樂, 得-其 欲? 以 k 道 制, 欲 C 則樂^ 不 

ko 以, 欲 忘, 道。 則 惑 而不, 樂 C この 道 は 禮樂を 指す *^60 又禮 運に 曰く、 何 謂, 一人 情? 喜 怒哀擢 

愛惡 欲-七 者 弗, 學而能 云云。 又 曰 C 飮食 男女 C 人 之 大欲 存焉 死亡 貧苦 人之大 惡存焉 Q 故 欲惡者 

心 之大端 也。 人藏 一一 其 心? 不レ可 一一 測度 一也. - 美惡皆 在-一 其 心? 不レ 見-一 其 色 一也。 欲 一一 一 以窮 1^ 之。 舍, 鰭 何 

以 哉、」 すべて 古書 中に 禮 樂を 論ずる に は、 必す 天地 を 言 ふ は、 天地 は 鱧樂の 出る とろの 本 原なる が 

故な. 00 天地よ ft- して 性情に 言 ひ 及す ネの は、 天の 人 を 生ずる に 喜 怒 哀樂の 情 は、 聖人より 凡人に 

至る まて i^I 同く ある さに て、 養 はねば ならぬな り。 それ を 養 ふに は、 禮樂を 以て 養 ひ 節するな ftNO 

喜 怒哀樂 さへ 節に 中れば、 人の 身に 過むべき ぇは鮮 きなり。 をの 喜 怒 哀樂の 節に 中る やうに する に 

は、 人欲 を 節する より 外 はなし。 人欲 を 節する に は、 禮樂 より 外 はなき な. 禮樂の 德は大 なる さ 

にて、 獨 ftN 人欲 を 節する のみに あらす、 天地 陰陽 鬼神の 道 を 節する も 皆 禮樂な 6C 故に 中庸に 禮樂 

の 1^ 功を稱 して、 天地 位焉、 萬 物育焉 と 云へ. 50 此の 如き 功 は、 外の 德 にて は 决し てなら ぬるな 



物 氏の 下の 由 己の 己に 拘り 理窟 を 云 ふ は、 古書よ みに は以 合ぬ さなり。 たと ひ 克己 を 約 身と :!^ て も、 

己 を 己 私と 見ねば、 約の 字 は 何物 を 約す と 云 ふさ 知れぬな り 故に 己は已 私と みねば、 義を 成さぬ 

00 己 私と は、 手 まへ 便利の さ を 云 ふなり 要するに 克の 字の 解 を 得ざる より 起れ. 90 夫れ 禮 

は 本と 欲 を 防く が爲に 設けた る 者な. 00 人の 愦、 目 は 美 色 を視ん ij を 欲し、 耳 は 美聲を 聽んさ 欲 

し、 鼻 は 美 臭 を 聞ん. i を 欲し、 口 は 美昧を 食ん とお 欲し、 形 は 獒宮に 居ん と を 欲し、 名 は 美 號を受 

んさを 欲す C その 情欲の まゝに すれば、 淫辟邪 侈 至らざる 所な し。 故に 聖人 禮を 制して をの 欲 を 節 

し、 非 鷉り聲 色 臭味 等 をば 視聽 言動す る さなから しむ。 故に 克己の 勝 一 I 己 之 私欲 一と 尾る と、 古道 古 

訓に 合して 間然すべき とに 非ず。 但上 にも 云 ふ 如く、 朱 氏の 欲 を 防ぐ 修方 は、 その家學ぁ-^て、 禮 

を 以て 欲 を 制する を 知らざる 故、 字義 をば 得 たれ ビ も, 其 意 は 聖人の 道に なき さなれば、 取に 足 

ら ぬな 60 夫れ 朱 氏の 四書 の 注 は、 一 字不, 苟と云 ふて、 方方のぁたft^さは.fi^を能く考 へ、 みな 

本き 据る所 ぁゥて 書き- る さ、 この 克己の 解の みならず、 物 氏の 如く 心に 思 ふさを 筆に 住せて、 前 

後組齠 する を も 省みず、 容易に 書き 散せ しが 如きに は あらず 朱 氏の 學を 一 生專門 にして、 名 ある 

人な ど にても、 朱 氏 用心の 處は尾 出し 得ぬ さ なる に、 論語 徵の 中には、 殊に 便利 次第に 朱 氏 を 非議 

せしゅ 气 .1 母 毎 集註 を 見 そこな ひし さ 多き な. CN。 i^f 贿ぼ はま?? gjf 鱧 は 第一 に 欲 を 防.^ 爲に 設けし と 

云 ふ徴文 は、 苟子禮 論の 首に、 禮 起,, 於 何, 也。 曰 人生 而有, 欲 欲 而不, 得 則不, 能: 求。 求而 

無-度量 分界? 則不, 能, 不, 爭 G 爭則 亂。 亂則窮 C 先王 惡- 其亂 也? 故 制, I 禮義ー 以分, 之。 以 養-人 之 欲? 

片山雜 S 山 子垂統 前編 上 . 百 九十 1 



折 •《! 畢 百 九十 

は、 はま §511;; 威" V2、 朱 氏の 克勝 也。 己 _ 謂-一身 之 私欲 一也。 と 注せる は、 訓話 も 義理 4, ハに 本く 所 あり 

て 易べ からざる 說な. 5、 然れ V」 も 勝と 云 ひ、 身 之 私欲と 云 ひ、 共に その 家學の 理窟に て 捌きし は、 

古道に 背けば、 固ょ.0ぁしきな.^。 左 傳の昭 十二 年に、 楚靈 王の 右 尹 子 革が 諌を是 と 思 ふて、 揖而 

入。 饋不 i 。寢? 寐數 曰。 不, 能- 自克? 以 及-於 難? 仲 尼 曰。 古 也 有 斗 5 克^ 0』。 仁 也 善哉。 楚 

靈王若 能 如, 是。 豈其 辱, I 於 乾豁? 杜 注。 克勝 也。 この 事 を 家 語赃論 に 《^载 て、 不 fe- 自克 I を 不レ能 

i 勝, 一 其 情? に 作る。 これにて 克を 勝と する の 古訓なる を 知るべし C 又 その 處の 克己 復禮の 王 肅が注 

に、 克 勝。 言 能 勝, 一己 私情? 復,, 之 於禮? 則爲, 仁 也 C 又衞の孫文子吳の季札が譏..^を聞て、終身琴瑟を 

だ も聽 ざ. し を、 孔子 乙れ を譽て 曰く、 季子 能以, 義 正, 人。 文 子 能克, 己 服 i 義 C 可, 謂 善 改矣。 又苟 

子大 B„!- の篇 に、 義與 利 者 C 人 之 所,, 兩有, 也 雖_, 堯舜? 不, 能, 去 = 民 之 欲, 利 然而能 使 T 其 欲, 利不. - 

克-- 其 好. 也 C 雖 -It 紂? 亦 不^』-- 民 之 好- 義。 然而能 使 T 其 好, 義不 あ-其 欲 T 利 也。 il§ ほ,^ 

^s^.. 0B0,M^_.p X 昭十 年の. 左 傅に、 子 皮が 子 羽に 云へ る詞 に、 書 曰。 欲 敗. 度 

縱敗 P 禮。 我 之 謂矣。 夫子 知-一度 與.^ 禮矣。 我實縱 欲。 而不, 能 = 自克 一也。 など.^ ある、 皆克を 以て 欲 

をた え 忍ぶ の義 となせ. 又 己 は 身の 私欲な 6 と 云. あ、 據 ある さな. 00 苟子彊 國の鵪 に、 生 相 者。 

屛= 己 之 私欲? 必以遵 T 夫 公道 通 義之可 =以 相 兼容, 者^〕 又史 記の 刺客 傳に、 太子 丹 曰 C 丹不, 忍 K 以- 1 己 

之 私? 而傷, 長者 之 意 5 又 季布傳 に C 獨以 _| 己 之 私怨? 求,, 一 人? 又 游俠傳 に、 朱 家專趨 人 之 急? 甚= 己 之 

私? 漢書に は 之の 字 を 去て、、 甚, 一 於 己 私 一に 作る、 是れ 己の 字に は 私の 義を含 て ある さ を 知る へ し。 



れ V3«p、 訓詁な どに は、 古來相 傳の說 とて、 七十 子の 徒な どより 師資 相承せ る、 と は、 決してな き *i な 

60 漢 儒と 云へ ども、 や は. 今の 世に 傅 はる 所の 先秦の 古書 を讀 て、 をの 義を 求め、 傳注を 作. 9 し 

ものな. 物 氏 や >s すれば 古 來相傳 古 來相傳 と 云 はる ゝは、 畢竟 古注 をよ むの 精し からざる の 逸 

ちな ftv と 知るべし。 に ぽ^ 冼^ -5? き f お ^<宰 氏の 古訓 外 傅に、 克己 之 解。 馬融爲 X 長。 史 記平津 

侯傳後 載= 太 皇太后 詔, 曰 誡內自 克約。 而 外從, 制。 克 之爲, 約。 此其證 也。 これ 大な る碟 謬の さ 

なり この 克 約の 克は、 5^ 刻と 同じ MJ にて、 尅 約と は、 きびしく 齦 苦 をして、 儉約 をす るるな 6 

の 太 皇太后の 詔 は、 もと 公孫 弘が儉 約.^ 云へ るな り 故に 彼の 文の 下に 承て、 汲黯 詰, 之と 云へ 

ら。 汲 li が 公孫 弘を惡 むの 甚 しと 云へ ども、 あに 約 鱧の 人 を 詰る ベ けんや。 そ 3 儉 約の 已甚 しき を 

惡 むさ 知るべし。 說苑雜 言の 篇に、 居 不レ幽 則 思不レ 遠。 身不, 約 。則 智不, 廣 。里 仁の 篇に、 子 曰 

不仁 者 不, 可- 以久 處, 約 也。 韓非子 I 一一 一 に、 民士竭 _| 力 於 家? 百官 清-魁 於 上? 外儲說 、西 門約爲 = 

鄴 4.? 淸 :!^ 潔愨。 秋毫之 端。 無-私利-也。 莊子刻 意の 篇に、 刻, 意尙, 行。 離, 世異, 俗。 高論 怨誹 G 

爲 几而 已矣? 此山谷 之 士0 非 世 之 人。 枯槁 赴, 淵 者 之 所:, 好 也 。史記 貨殖 傳に徐 僮 取盧。 則淸刻 矜,, 已 

諾? 世說 豪爽の 篇に、 桓公讀 _| 高士 傳? 至-於 陵 仲 子? 便 擲去曰 。誰 能 作-一 此溪刻 自處? これみ な 公孫 

弘が 傳の克 約と 同ヒ義 な, 然るに 克約を 克己の 克の證 に 引く は 非な り 且へ克 約と 二字 連ねて あ 

れば、 克は 自ら 克、 約 は 自ら 約に て、 義も亦 同じから ぬに、 克を 直ちに 約と 訓 する も、 强 なる さな 

Ayo s び 按ずる!!、 克 約の 克も克 已の克 も、 字音 共 Li 同じければ、 義 も通ぜ はな けれども • 用 ひやう LL て 持 i への 義とは 少し 

づ --榑 ろ, t なり、 是は克 の 字に 限らず、 總 ての 文字 同じ なリ、 その 實は 克尅刻 古へ 共に 通用 マるな リ、 但 克己,^ 約 iBR とせし 

片山兼 山 山 子垂統 前編 上 百 八十 九 



折衷 學 百 八十 八 

克 さ復鱷 

顔 淵の 着に、 顔 淵 問 b。 子 曰。 克. 己復 k 爲. 仁。 ^SKJ" き, て 細"? JIKrst 一日 克 h 復 k 

天下 歸 k 仁焉 。爲, 仁 由, 己、」 而由 k 人 乎 哉。 顏淵曰 C 請-, 問 其 目? 子 曰 非 禮勿, 視 C 非 鱧 勿, 聽 非禮勿 

\ J 一一 口 Q 非禮 勿, 動。 顏淵 曰。 回 雖-ー 不敏? 請 事-一期 語, 矣。 この 章 《p 、古 儘の 注み な强說 のみに て、 取る に 

日 i 足らぬな.fl^o その 說は、 克の 字の 解 を 得ず 及び 復の 字の 履の 義 たると,^ 知らざる 故な り。 克は克 

本 一 儀の 克 にて、 克儀は 克禮と 同じと な. 00 對文 なれば、 儀と 禮と、 義 もとより 別な. 00 散文 なれば、 

一 縛 も 儀; _p 同じ 義 になるな も C 故に 左 傳に克 と 名る 人 は、 みな 儀と 字 を 命. 00 邾字克 字 儀 父 、王 

倫 子 克字子 儀、 ? 鬪克字 子 儀、 lilii 、梪司 馬 之臣子 儀克、 S せ や 等 これな-。 克は 仕に くきと を 

理 よくた え 忍びて する さに て、 勝の 字 を 平 音に よむ と 同じ 意に なりて、 能の 字の 義をも 含て 居るな り。 

一 ははで、 尙書 大禹謨 に、 禹曰。 院德 罔, 克。 民不 依。 E 命の 篇に、 惟予弗 k,, 于 

r 德? 洪 範の篇 に、 沈潜 剛克 高 明 柔克。 など ゝ ある 克の 字、 みな 此の 克 已 の克と 同き な 馬融が 

編" 克己 を 約 身 也と 注せる は、 克の 字の 解 を得ダ して、 雍 也の 篇に、 君子 博-一 學於 文? 約, 之以, 禮。 亦 可-一 

< W 弗., 畔矣 夫。 子 罕の篇 に、 顏 淵の 夫子 循循然 。善 誘乂。 博, 我 以:, 文 。約, 我以, 禮。 など、 ある 文 

によ. 9 て 云 へ る;.? のな. 00 物 氏な Vj 是を古 來相傳 の說な VJ ゝ思 へる は、 粗末の さな ゥ0 總て物 氏の 

古來相 傳の說 と 云へ るに は、 此の 如きの 不 吟味の さ 多し。 漢の代 は 古 を 去る さ 未だ 遠から ざれば、 

da.の遺文遺語も^l^^<傳は.n^、 字音に も 古音 多ければ、 書 を 注す るに、 その 助益少 からざる HJ と 見 ゆ 



中庸 大舉 共に 禮樂の 本 を說 たる 害に て、 孔子の 本意 全く この 二 書に ある HJ なれ ど? <P 、古今の 諸 儒み 

な 心 ク かず 夫れ 戴 氏 この 二 書お 禮 記の 中に 收め 載す る さ、 禮樂を 云へ る 書なる が 故な 60 それ を 

朱 氏 は 心 法の 書と なし、 伊藤 氏は大 學は孔 氏の 遺書に 非ず とし、 中庸に 誠 を 論ぜし をば 別に 誠 明 書 

^ となし、 物 氏 は 大學を 養老の 書と なし、 中庸.^ ば老 氏と 爭 ふの 書と なす さ、 是 先王 孔子の 道を亂 るの 

日 尤も 大 なる TP のと 云 ふべ し 畢竟 書 を讀 むの 精から ぬ ゆ ゑ、 聖 入の 道 を 知らぬ 過ちと は 云 ひながら、 

本) 其 臆 見 を 以て 聖典 を- 誣 るの 罪は遁 るべ からず 夫れ 禮樂の 德は誠 を 以て 成る。 誠 を 成す の 本 は愼獨 

W にあり。 故に 二 書 共に 誡を 言ん として は 愼獨を 先と す。 三 氏の 二 書 を 注す る、 前後 照應を 顧みず、 

倫 _ 分裂 補綴す 故に 累累と して 貫珠の 如き 文章 をして 序次 を 失せし む 序次 を 失する が 故に、 幷てを 

理 の 義をも 失するな. 是れ 古文,^ 讀 むの 法 を 知らざる か 故な ケ 長大息すべき に 非ず や。 ; jjgg 扉 

S ぽ聽か なさて 又 この 曾 子 有 k の 章 は、 說苑 と參考 すれば、 互に 相 表 程して、 本義 明かに 分る 

^ る HI なれ ども、 古今 論語 一 注す る 人、 僻書に も 非る 說苑 にある HJ を心づ かぬ は、 怪 むべき ふなり 

編 說苑修 文の 篇に、 曾 子 有, 疾。 孟儀往 問, 之 曾 子 曰。 鳥 之將, 死。 必 有- 悲聲? 君子 集-一大 辟? 必 有-順 

Z 辭? 禮 有,, 三 儀? 知, 之 乎。 對 曰。 不. 識也。 曾 子 曰。 坐 吾 語, 汝。 君子 修, 禮以 立. 志 Q 則 貪欲 之心不 

k 來 。君子 思, 禮 以修, 身 則 怠惰 慢 易之 節不, 至。 君子 修, 禮以, I 仁義? 則 忿爭暴 亂之辭 遠 。若 夫 置,, 鱒 姐? 

列-蓬 豆? 此 有司 之 事 也? 君子 雖, 勿, 能 可也。 ^>れ 同事 を 記して 文 辭のェ 拙 意 咏の深 淺はぁ ft' と 云へ 

ども、 同く 七十 子の 遺文な り0 學者心 を留て 玩味し、 古今 諸 儒の 漫注を 守る とな かれ 

Is 兼 山 山 子垂統 前提 上 百 八十 七 



** 衷擧 百 八十 六 

左傳 をよ む もの も、 漫然と して 讀 過して 心つ かぬな ゥ。 故に 言 ひ 及ぼすな. 9 物 氏な ど;^、 この 左 

傳の禮 也 〇 の義 は、 解し 得ざる と 見へ て、 對, -西肥 水 秀才 問 一の 書に、 ll^g 化;^ れ;^ 嚐 g れ II ひグ ザめ 

igu. 禮 之體統 甚大。 而.^ 先王 所 3 以 經-, 紀 天下-全 在, 此 而 道之大 禮盡, 之矣。 左 氏 所, 稱是禮 也 

之 類 可-一 以 想- 焉 J.^g^g;^:! 一 .is^; 語な ど、 ある、 漫然と して 云へ る さ、 言外に 顯然 た. CSO 隱十 

1 年の 左傳 に、 ^;;子謂&莊公? 於, 是乎有 k。 禮。 經 --國 家? 定- 社稷? 序-, 民人 7 利-後嗣-者 也。 

許 無』 而伐, 之。 服 而舍, 之。 度, 德 而處, 之。 量壬而 行, 之。 相&而 動。 無, 累-- 後人? ヌ謂, 知 k 

矣 。これ 處 置の 時宜に 合して 道に 背ざる ゆる、 知, 禮と 云へ るな. 。且つ P 國家 <;> 定- 社稷 < 序-民人 P 

利- 後嗣? の 四 物 は、 左傳 一部の 禮の大 え 例に て、 この 四 物 を 能く 行 ひ 得る 者 をば 7 いつにて, P 禮 

也 知, 鱧な ど、 あるな え Hn 今 左 氏 を 喜ん てよ む もの、 何の 限. CS か あらん 。然れ ども この 四 物の 左 氏の 

大凡 例た る さ を 知る さなき ゆ ゑ、 左 氏 を 善く 解し 得る. V ならぬな り その 源 尋る に、 先王 孔子の 

道い かなる 物 を 本と すと 云 ふさを 知らざる よ. 起れ. c>c 物 氏な ど は 先王の 道 全く 鱧樂に 止る さ をば 

知る と 云へ, yj も、 觼樂の 本と 實とを 知らねば、 唯 禮樂の 肉 を 論して 骨に 及ばぬな り をれ ゆる ^ 經義に 

於て は、 誣妄紕 緩の 說 のみ 多き なり C 盖し 孔子 鱧 樂崩壤 して、 その 本義 を 失 ひ、 先王の 道 地に 墜ん 

とする 時に 生れて、 明王聖 主に 遇て 制作 損益す る さ 能 はず 徒に 門弟 子と, V の義を 講習す るの みな 

i 七十 子の 徒、 みな 其義を 受て爲 さあらん とせし かど も、 世ます 降. 9 て、 よく 其 言 を 用ろ 明 

君賢大 夫- P なければ、 {<H く 書に 筆して、 後世に 貽る 所、 論語 は 更なり、 中庸 大學の 類、 みな 是な 



政令? 無., 失-其 民, 者 也。 今 政令 在, 家 。不, 能, 取 也。 有-一子 家羈? 弗, 能, 用 也。 奸- 一大 國之 盟? 陵-一 虐小 

國^ 利, 1 人 之 難? 不』 公 室 四 分。 民-食 於 他? 思莫, 在 ス ム。 不 k= 其 終? 爲-, 國君? 難將, 及 

レ 身。 不, 恤-- 其 所? 禮之 本末 將於, 此平 在」 而厨滑 焉。 習, 儀 以亟。 言: 於禮? 不- 亦 遠, 乎。 君子 謂- 

xfw^ 、,、 IpfH 豊 o 述而の f し 、陳司 股が 昭 公知 レ 乎と 夫子に 問 ひこ. t 、昭 公の 威儀の 纏に 習へ るの 名 に閗 へたる 故に、 か 

^^-^1^^-^ く 夫子, リ I- ものむ リ、 彼 。章 も、 =K の 左傳の 文に 合 V 看 ざ わば、 徹 透して すま なリ 古来の 注 家 

^^5^ 她卞又 二十 五 年に 子大叔 見-一 趙簡 子? 節 子 問-一 揖譲レ 旋之禮 -焉じ 對曰是 儀 也 。非, 禮也 簡子 

曰 敢問何 謂, 禮" 對 曰。 吉也 閗-, 諸先大 夫子 產? 曰 夫禮。 天 之經也 C 地 之 義也。 民 之 行 也。 天地 之經 

而 K 實則, 之 云云。 簡子曰 其 哉 禮之大 也〕 對 曰。 上下 之紀。 天地 之 經緯也 K 之 所,, 以生, 也 

是以 先王 尙 "之。 故人 之能自 曲直 以赴, 禮 者。 謂-之 成人? 大 不-- 亦 t 且- 乎〕 簡子 曰。 鞅也請 終身 守- -此 

言, 也 すべて 左 傅に 知 41 と 云 ひ、 禮之善 經と云 ひ、 禮之善 物と 云 ひ、 禮 也と 云 ふ 類、 みな 禮の本 を 

得て、 義に 中る を 稱せ るの 詞なり 必 しも 先王の 禮の箇 條に屹 と ある さに て はなき なり C 或は 類 を 

以て 推し、 或は 義を 以て 起して 、多くけ 禮. になき 禮な. 禮 記の 禮 運の 篇に、 禮也 者。 義之實 也 協,, 

諸義 一而 協 則禮雖 „ー 先王 未-, 之 有? 可, ー以, 義 起-也」 又 根 弓 上 li 子游 HO 將軍文 氏 之 子 C 其 庶幾 乎 

.F 於 禮ー者 之禮也 同く 下篇 に、 孔子 曰 C 殺, 人 之 中 又 有, 禮焉- と ある、 人 を 殺す の禮 とて 先王 

の 定め 置る にあらず ェ尹商 陽が 處置 のよ きを 稱 して、 有, 禮 との 玉へ るな.. 又 荀子勸 學の篇 に、 

禮 者。 法 之 大分。 羣麵之 綱紀 也。 王制の 篇に、 其 有, 法 者。 以:, 法 行 無, 法 者〕 以, 類擧。 など、 あ 

る、 皆 この 意な り。 杜預左 傅 を 注す と 云へ ども、 此義 をば 知らざる ゆ ゑ、 明解な きな. 00 故に 後の 

片山兼 山 山 子垂統 前編 上 百 八十 五 



曰 



本 



理 

編 



折衷 學 百 八十 H 

其義, 也 失, 一 其義? 陳 一一 其數? 祝 史之事 也。 故其數 可, 陳也 其 義難, 知 也。 知,, 其義 一而 敬守, 之 天子 

之所ョ 5$ 治,, 天下-也。 樂 記に、 舗-筵 席? 陳-- 尊 a? 列,, 蓬 豆? 以= 升 降, 爲, 禮 者。 禮之 末節 也。 故 有 

司 掌, 之 。この ニ篇の 言、 即ち 籩豆之 事 有司 存 する の義 なう。 又苟 子の 非 相の 麓に、 種莫 ^ 大, 一 於^ 

王? 聖王 有, 百。 吾 孰法焉 故 曰 文久而^1„-0 節 族 久而絕 守-法 數, 之 有司 極, 禮而褫 ◦ItgfAJ; ぬ 

榮 辱の 篇に、 修,, 法則 度量 刑 辟 圖籍? 不, 知,, 其義? 謹 守-其 數? 慎 不,, 敢損 益, 也。 父子 相傳 。以持 _| 王 

公? 是故 三代 雖,. LP 治 注猶存 是官人 百 吏 之 所 3 以 取- 祿秩, 也。 禪 論の 篇に、 祭 者 志 意思 慕 之 情 也 

忠信 愛敬 之 至矣。 鱧 節 文貌之 盛矣。 苟非 -I 聖人? 莫 - 之 能 知-也 C 聖人 明 知 i 之。 士君子 安行, 之 U 官人 

以爲 レ寸、 し 百姓 以成, 俗。 其 在 = 君子? 以爲 _| 人道 I 也 G 其 在-百姓? 以爲, 一鬼 事, 也。 正 名の 編に、 今聖王 

沒 名守慢 C 奇辭起 名實亂 是非 之 形不, 明 ◦ 則 雖,, 守 法 之 吏 誦數之 儒? 亦皆亂 也。 若 有,, 王者 起? 

必將, 有, 循- -於售 名? 有お 作-於 新 名? 以上み な 蓬 豆の 事 は 有司 存す るの 義 にて、 有司の 斐禮の 時 中 時 

措 を 知らず、 禮の 末に 拘泥す る を 論じて、 を の 實は荀 子 制作お 以て 己が 任と する の 言な. 00 是れ苟 

子 後 王の 論 を. Hi 張す るの 說 なれ ども、 をの 宗源は 孔子より 出て、、 七十 子の 徒よ. 5 傳 ふる 所な り リ 

!,.;Sf ザ^ r:i ^化义 この 說は 孔子の みならず、 當 時に 在て 一 nlfs ありし 人 は、 みな 周 末の 繁禮虔 文お 

厭 ひしと 尾 へて、 左傳 にも 禮の本 を 論ぜし さ、 所所に 載せ ゥ0 昭五 年に、 公 如』 曰。 自 一一 郊勞 一至-一 于 

贈賄? 無, 失, 鱧。 晉侯 謂-女 叔齊, 曰。 魯侯不 =1 亦 善-於 禮-乎 C 對曰。 魯侯焉 知, 禮。 公 曰。 何爲。 自 

郊勞, 至,, 于 贈賄? 禮無 •> 達者? 何故 不, 知。 對 曰。 是儀 也。 不, 可, 謂, 鱧。 廬。 所 T 以 守-其 國? 行-其 



實, V 得た るを稱 する の 言な り。 夫れ 恭儉は 入 君の 大德 にして、 禮樂の 本意 は、 財 用 を 節する にあれ 

ば、 儉は禮 を 行 ふ 本な. いは ゆる 禮節以 損,, 有餘? s^w と 云 ふ、 是な. csO 又 說苑の 反 質 の 篇 

に、 王孫 夏 曰。 古 之 君子。 以 k 儉爲 ,禮0 今 之 君子 以, 汰 易, 之 とも あ- 然れ VJ も 林 放が 禮の本 

を 問 ひしに、 孔子 をの 問を大 な.. y として、 禮與, 一 其 奢 一也 寧儉 せよ との 玉 ひしゅ ゑに、 與と 寧の 字 

について、 夫子の 巳む HJ を 得ず して 儉を 取. ft- 玉 ふと、 禮の實 を 知らぬ 人 は 云へ ども、 是れ時 中の 

義に 暗き が 故な り0 彼の 時に 夫子 をして 制作の 任に 當 らしめば、 儉を 以て 禮の 質と し 玉 はんさ 必せ 

是れ 六經を 善く 讀む人 は、 多 辯 を 待たず して 知るべく、 且つ 別に 論ずる 所 あれば、 此には § す 

るな. 90 管 仲 儉乎。 管 仲 知, 禮 乎。 AT^ 人の 問に も、 禮と儉 と 相 將て云 ひ、 温良 恭儉讓 の 如き、 温良 

恭讓 みな 禮樂 の德 にて、 をの^ 輝の 外に 發 して 文章 を 成すな るに、 儉の 字を揷 みて ある にても 知る 

べし。 かくの 如き さは、 古書に 禮樂 のさ を 論ぜし 所に て 分る、 さなれば、 精く 言 ふに 及ばぬな ftNO 

學者 心,^ 用 ひて 古き:: をよ まば 自ら 知るべきな 60 孟苟の 論ずる 所 《p、 亦 この 旨な り。 學者心 を 潜め 

て 玩味すべき. V な. CSO 樂 記に、 致, 禮以 治, 躬。 則莊敬 莊 敬則嚴 威 心中 斯須 不,, § 不, 樂。 则部詐 之 

心 入. 之矣。 yil ん聽? ケ誉 外貌 期 須不ぉ 不駄。 則 易 慢之心 入. 之矣。 おき 1 ん |赠# -故樂 也 者 。動,, 於 

內, 者 也 C 禮也 者。 勸,, 於 外, 者 也 C 樂極, 和。 禮極, 順 內和而 外 順。 M 民瞻, 一 其 顔色? 而 弗,, 與爭, 也 

れの It ー讀 §ー„ ^望-其 容貌.? 而民不 k 生-易 慢- 焉。 故德燔 動-於 而 民莫,不= 承聽? 埋 F 諸 外? 而 は莫, 

不, 一 承 順? 故 曰。 致-膿 樂之 道? 擧而 錯,, 之 天下, 無, 難矣。 は ^のお 郊 特性の 篇に、 禮之 所, 尊 、尊- 

片山兼 山 山 子 ® 統 前編 上 百 <十11- 



m 

偷 

理 一 





折衷 學汲 百 八十 二 

之 一本 。禮 云義 云。 玉 帛云乎 哉。 予欲 X 無 i 言 等の 章 及び 中庸の 末 章の 無聲 無臭の 義も すまぬ HiAfc 

周德衰 へて 鱧樂 崩れ 壤る 故に 先王の 贛樂の 本意 を 失 ひて、 疆 煩く 樂淫れ て、 奢麗を 事と し、 或は 

淮-退 揖讓乃 末 鱧 を禮と 心得て、 た.^ 外觀 をのみ 務ろゅ ゑ、 多, 信而 寡. 貌。 其禮 可, 守 l^^sl 言 の禮 の. 

本なる を 知らず 滔滔と して 淫樂慝 醴に馳 る ゆ ゑ、 孔子 その 弊 を 革ん とし 玉 へど も、 位 を 得ず。 きく 門 

人と もの 事 を讒ず 曾 子の 此言、 即ち 夫子の 本意に して、 古聖 王の 道な. ^0 夫子の 本意に して、 古聖 王 

の 道なる が 故に、 獨 曾 子の みならず、 七十 子の 徒み な 此意を 述るゅ ゑ、 此 章の 旨 諸 書に 見 はる 

尙 書の 說 命中 LL、 縵 煩則亂 事, 神 則 難 呂覽の 音 初の 篇に、 世 濁 則禮煩 而樂淫 と 1_p 云; 3、 樂記 

に、 大樂必 易 C 大鼯 必簡。 上係辭 に、 乾以, 易 知 坤以, 簡 能。 易 則 易, 知 C 簡則 易, 從。 ク知則 有 

,親0 易, 從則 有, 功 有, 親 則 可, 久- 有, 功 則 可, 大 可ヌ。 則 賢人 之德。 可头。 則 賢人 之 業。 县簡而 天 

下 之 理得矣 天下 之 理得。 而 成-位 乎 其 中ー矣 C それ 聖人の 文 華 は、 禮樂 よ. 9 盛んにして 大 なる はな 

し、 然るに 易簡を 以て 禮樂の 質と すれば、 ム、 の餘は 推して 知るべし 故に 曲禮 上に、 行 修言道 0- 禮 

之 質 也 樂記 に、 中正 無, 邪 禮之質 也 C 鱧 器に、 甘受 k 和 白受, 采 C 忠信 之 人。 可- -以 學., 禮0苟 無,, 

忠信, 之 人。 則禮不 _ 一 慮 道? これみ な 繁禮盧 文の 鱧の 實を先 ふが 故に、 本末 を 示し 知らし むる の 言な 

i 檀弓下 に 曾 子 曰 晏子 可" 知, 饞也 已、」 恭敬 之有焉 C 有 若 曰 晏子 一 狐裘 三十 年 遣 車 I 乘 

及, 慕而 反0 國 君七个 遣 車七乘 C 大 夫五个 遣 車 五 乗。 晏子焉 知, 鱧。 曾 子 曰 國無 k 道 君子 耻, 盈 

, 禮焉〕 國奢則 示, 之以, 儉 國儉則 示, 之以, 禮 Q これ 曾 子の 晏 子が 疆の時 中 時 措の 義を 知. 5 て、 鏡の 



に 曰く、 學之 道。 倣 傚爲, 本。 故 孟子 曰。 服,, 堯之 服? 誦,, 堯之 言? 行,, 堯之 行? 是堯而 已矣。 而不, 問,, 

其 心與, 德何 如, 者。 學 之道爲 ^爾0 禮樂 之敎。 左 則 左 右 則 右 U 宮則宮 商 則 商 必 如,, 其 師^而 不,, 

敢違以 P 分 C 故 孔子 拱尙, 右。 則 門人 亦 拱尙, 右。 孔子 P 之 嗜,, 學。 可- -以 尾, 已。 習, 書 者。 必 摸,, 蘭 

亭黄 庭? 豈 求, 爲, 贋 乎。 學之 道爲, 爾。 謂 ァ吾 旣 得,, 其 心? 吾旣 得,, 其理? 不 E 必拘. a 其 似不似 S 者 。莊禪 

之 遺 也。 故 方-其 始學, 也。 謂-之 剽竊 摸擬? 亦 可 耳。 久而 化, 之 ◦ 亂慣 如-天性? 雖,, 自 1 外來? 與, 我 

爲ニ。 故 子 思 曰。 合,, 內外, 之 道 也。 故 病,, 摸擬, 者。 不, 知,, 學之 道, 者 也。 吾邦 之 學,, 華文? 假使 

學-ー 韓歐? 非-摸 擬 一而 何。 其必惡 = 摸擬 ,乎0 國字之 文 可 耳。 これよ く 學の效 .1^ るの 義を 解す と 云 ふ 

べし 然るに 朱 氏を徘 せんとして はこれ を 非と し、 李 于鱗王 元 美 等が 古文 辭の學 を 張ん として はこれ 

を是 とす。 あに 好む 所に 阿. CN て、 自ら その 言の 矛盾す る.^ 一知ら ざるに 非ず や 

鄙 倍 

泰 伯の 篇に、 曾 子 有, 疾孟敬 子 問, 之。 曾 子 言 曰0 烏 之將, 死。 其 鳴 也哀。 人 之將, 死 C 其 言 也 善。 君 

子 所, 賁_| 乎 道, 者 三。 I ば g 化 動-容貌? 斯遠 = 暴慢, 矣。 正-顔色? 斯近, 信矣。 出,, 辭氣? 新 遠 倍, 矣 

: ^は 俗め 字め 訛りな リ、 倍に て は義, 成さ wi. なリ、 韓詩 外傳卷 九の 子 張の 語 LL、 小人 基 一 a.M;&,〇 wimnsi&〇 この 有司 は 

之; i 也 。威儀 固陋? 辭氣鄙 俗 。是以 君子 睃レ之 也 。と あると 語 全く 同き LL て 知るべし、 1 一 R!.ws- ヌ 祝 吏.^ 指す 

なリ、 周 ffi の小宗 伯の 職 LL、 若 大師 M 帥, I 有司? 而立 一一 軍 社? 奏二主 車? 注 有司 4< 祝 也。 IfoKO 若 軍 將有レ 事。 こり き 1 よ き P 

則 與レ祭 司將, 一事 于四 望? 注 有司 謂 I 大視 之屬? とめる 有司と 同し さな リ、 廣く吏 司,^ 指す 有司に あらず、 こグ f f ョ 

禮樂の 本 を 語るな. 50 古今の 諸 儒 この 章の 旨 を 解し 得ざる ゆ ゑ、 先王 孔子の 道 を 明かに する よなら 

ぬな ftNO 此 章の 旨 をよ く 知. fl> 得れば、 孔子の 本意 も 知る、 なり 孔子の 本意 知れねば、 林 放 問, I 鱧 

片山兼 山 山 子垂統 前お 上 百 八十 1 



折衷 學 PS ff 八十 

ぁるな<^0 をれ. 9 る 間 拍子 をぬ かぬ 義に 用るなら 易及ぴ 中庸の 時 中 時 措、 泰 誓の 時 哉不, 可, 失な 

V3 を 見て 知るべし 史 記の 陸 賈が傳 に、 陳 丞相 方 深 念。 不 3 時 尾, I 陸生? と, Q る 時;. p、 即時の 義 にて、 

不時 見と 不の字 を帶れ ば、 間 拍子の ぬけた るな り。 文 十六 年の 左 傅に、 宋の 公子 飽が、 年 自,, 七十 一 

以上 無, 不一 一 饋詒, 也 時 加, I 羞 珍異? と ある 時 は、 時時の 義 とすれ ども、 髖 るべき 時にはより く 

に 間お はづ さず 饋る義 になるな. 00 さて 又 四時の 義に 時の 字 を 用 ふ 例 は、 下の 章に、 使, 民以, 時 

堯 典に、 敬 授_, 民 時? 上 m 傅に、 先王 以 茂,, 對 r? 育 = 萬 物, Q 比是 なり i^^lM 、そ^ 

ありて、 相 移し 易ろ ことならず、 易れば その 時 錢 れて、 事業 台? リ庶物 成らす、 月 令の 如き 見つ へし、 3 上の, t ども し 

みな先生の著マ所の論§3骨育に備なれば、今此:.:^^ぜず、 ffl 學の 字の 義 yJ- 辨 する 次に、 時^の 義 に も 及ぼす のみ、 H,VMSk*s 寸 

冊 もの 誤 譲 及び 牽强附 會の說 を 削. 9 去らば、 僅に ニ册ほ V3 ならでは、 取 ftN 用 ゆるに 足るべき 說 はなき 

^60 然れ とも 世の 淺學の 輩な を 尊信す る は、 物 氏博辨 にして、 種種の 書お 引立て k 附會 し、 人の 

目 を 亂るゅ ゑ、 人人 それ 肢 きて、 是非 善 惡を辨 るに 遑ら ず、 何 か は 知らず 向上の ぶな らんと 思 ふ 

故な. 00 可, 歎なる とな. これらの さも 先生の 膏肓に 詳 なれば、 亦 乙 ゝには 略す るな ftNO 總體物 

氏の 書 は疎妄 多き さに て、 文集な V5 は 殊に 甚し 物 氏の 學は 雜貨肆 を觀る ひとくに て、 經學 文章 兵 

法 百 技の 事 まてへ 手 を 出し. fi- る ゆ ゑ、 にぎやかなる tj にて は あれ VJ も、 多 枝. C 羊に て、 何れも, V の 

要 をば 得られ ぬと 尾へ て、 胡椒 丸吞の 論の み 多き なり。 故に その 見識に 特操 なき ゆ ゑ、 前後 S 鰭す 

る. i のみ 多き な ft.o 世の 人 それ を 知らざる は、 物 氏の 書 を 喜ん て讀 むと は 云へ ども、 亦よ く 讀む人 

なきが 故な. 9〔 學の 字の 如き 《p、 他日 屈景 山に 答る 書に は、 倣效を 以て 學の 道と すと せ そのき a 



識, 一 於壯, 哉 o 孔子 曰 然? 少成則 若い 性 也 習慣 若, 一 自然, 也。 と ある;?、 學に對 して 習と 云へ ど; -P 、- 

肆業 のさに て r なきな り。 物 氏 fs< 曰く、 習 訓, 一直 習? 亦爲 -1 纏 繞?祭 習 固有, 一 重複 之義? 然首: 複豈 能盡, 1 學 

習 之義ー 乎。 これ 亦 謬 說の甚 しきな. 習 を 重 習と 訓 する HJ 古義な. 90 ^を肄 業と 訓 しても、 重の 

義は 離る、 さ 能 はず 習 は 古へ 襲と 通ず 故に 大禹謨 に、 ト不, 習, 吉。 とも 云 ひ、 曲 膿 上に は、 ト 

日 一 楚 不一 I 相 襲 一と 《^ あるな. 又哀十 年の 左傳 に、 超 孟曰。 事 不一, 再 令? 卜不, 鎮 口。 杜注 e 襲 重 也。 と 

本 一 も f。 又 上家傳 に、 習坎。 重險也 C 上 象 傳に水 港 至習坎 君子 以 常- 德行, 習- 1 敎事? な VI、 港 至と 

云 ひ 重 險と云 ひ、 みな 重 襲の 翁な ftNO 故に 國 語に ネ習復 と 云へ. ftb 又 月 令に、 鷹乃學 習す と あるな 

倫 ど、 登 衆 と共にす るの 義 ならん や 物 氏 又 曰 時習 之。 王肅曰 以, 時 誦二習 之? 傅 曰。 奢 誦夏殺 

理 秋學. 鱧。 冬讀. 書。 其 習. 之 亦 如 之" 鋪れ ^4; 、王 時 を 以て 四時の 時と する さ、 措 辭の法 を 知らざる 

の甚きな.c^oかくの如くに時の字を用ふ時は、 間 をぬ かず 怠慢せ ぬ tj になるな り 。襄 二十 九 年の 左傳 

驚 に、 叔侯曰 G 魯之 於, 晋也 職 貢不, 乏。 玩好時 至 公卿 大夫 相,, 鼈 於 朝? 家 語の 入 官の鴛 に、 孔子 曰。 慢 

編 一 易者。 禮之 所,, 以失, 也。 怠惰 者。 時 之 所-以後, 也。 文 言 傅に、 君子 進, 德修, 業. - 欲, 及, 時 也。 

j 草 三 節の 意 は、 文 言傳と 互に SI:! 明 表, 槐 するな リ、 夙?^}?.,*く^^ー覩ぜば、この草の意多ー百*^待たずして明かならん、 太 ifil 氏の 古訓 LL、 k 

この 時の 字な 注し ズ、 W 者 及レ時 也と あろ は、 文 iE 傅に おる に 似 たれ ども、 外 ISi に 文官 傳 引ざる み わば、 偶 中と も 見 ゆるな リ、 

宰 氏の 古訓 外 傅に、 學 記に 說命を 引る を 引て 曰く、 敬 孫 務特敏 厥修 乃來。 鄭玄曰 學者務 及, 時 

而疾。 其 所 レ修之 業乃來 。默 Ims; るの とせ見は へ、 に;?、 この 鄭玄 が說 は、 全く 文言傳 によ. 9 て、 よく 時の 字の 

義.^ 云へ *o 此の 時習の 時の 字の 注に は、 是 より 善き はなき な. ftso 凡そ 時の 字に は、 みな 敏速の 意 

片 3 兼 山 山 子垂統 前編 上 百 七十 九 



折衷 畢派 百 七 +. 八 

云 ふて 聖人の 天下 を 治る も その 性 をの 德 によりて、 立言 制 行 一 轍に あら ざれ ども、 天下の 治まる 

所以 は、 其授 一 ッ なり。 物 氏 は 堯舜禹 湯 文武の 面? P 心 も 性も德 《p 立言 制 行 《p 嗜好 も、 みな 鑄模 よ. 5 

打 出した る 如く 同し と 思 へ るに や 然らずんば 何 どこの 言 をな す や 堯舜禹 湯 文武 周 公 孔子、 同く 

聖人と 稱 すれ ども、 性德立言制行みな異な-^と知るべしo 宋儒 非-剪 綵之 花? 則里婦 效,, 顰 西旋? 可 

日 謂, 陋矣〕 これ 同, 浴 笑, 裸の 類に 同き の 言と 云 ふべ し。 雜 ずるに 足らず。 習の 字 時の 字の 解 も, 物 

本 一 氏の 說は 誤れり。 曰く、 習 者 肄-- 其 業-也。 習 もとよ. 肆業 のさに % 用れ ども、 散文 對 文に 因りて 異 

なる るな. CNC 講習のと き は肄業 と 同じさに て、 衆 と共にす る U になるな. 00 但 習との み 一字 用る と 

倫 き は、 一 人に て 習 はす さに 《>、 衆 と共にす る MJ に KP なるな. OC 下 象傳に 置澤党 U 君子 以 朋友 講習 リ 

理 すと ある は、 衆と 習 はすと な-.。 ^g-§:;5;^, 忏の 一;;.? L ぃ此 相の ひ不 all ず 乎な の リほ國 語の 魯語 下に、 公 父 文 伯の 

母の 曰く、 士朝 而受, 業。 畫而講 貫。 夕 而習復 Q ヌ 孔子 世 家に、 孔子 學,, 鼓, 琴師襄 子? 十日 不 i 進 師 

M 襄子 曰。 可 =以^, 矣。 孔子 曰。 丘已 習, 一 其 曲 ー矣。 未, 得-其 數也? 云云。 な. マ」 あるに、 必 しも 衆と 共 

編 にす る さと はみ えず 然 らば この 時習の 習 は、 いづれ に 尾ても よき なれ ど; <p、 下に 有 T 朋自 -- 遠方- 

一 來. -の 文に て 見れば、 獨. 9 學習 する.. i と 思 はる ゝ なり 說 t 犯の 說 叢の 篇に、 君子 博學 C 悤_, 其 不., 習 

_ 旣 習, 之 。患 一一 其 不., 能, 行, 之 。などと ある も * 習慣の 意に て、 たび/ \ 仕て 試て 手に入る を 云 ふな 

60 即ち 尙書: ^甲 に、 習與, 性 成.」 などく ある 習と 同じ, なり。 家 語の 七十 二 弟子 解に、 叔 仲會與 一一 

孔旌, 年 相 比。 ニ孺 子供 執, 筆 e 迭侍 = 於 夫子? 孟武伯 尾-孔子 一而 問 曰。 此ニ 蘿 子 之 幼 也。 ノ學豈 能 



下 にも、 傳說 の高宗 へ學 のさ, V 訓せ しに も、 事不, 師, 古。 以克 永, 世。 匪 一一 說攸 _聞0 と 云へ -No 師古, 

と は、 古の II- 王を師 とし 學る なり。 夫れ 苟も 學問 する. P の、 聖人に 效ひ學 ばず して、 誰 を 學んゃ 

i 孔子の 門人の、 夫子の 一 言 一 行に 心 をつ くる は、 皆 孔子に 似ん が爲 な. 故に 揚子法 言の 學 行の 篇 

一 に 曰く、 螟蠕之 子。 氇而 逢-蝶 臝。 祝, 之 曰。 類 あ。 類, 我。 久則 宵, 之矣。 速 哉 七十 子 之 宵-仲 尼- 

日 一 、、の m 子の は、 小雅小 宛の 詩の、 蟆^ 有レ子 ossslspi レ之。 こ个 たく&り勢りき一ヒ.^>?.^.0 454«ェ.90 fc^Lip^HHC- 

: ^ 教- ー識爾 子? 式レ 穀似レ 之と 1; ムふ 文に 本いて 1K へ,^ リ、 これよ く 古の 學の 道を設 き.?^ る 者な. 9 夫が 顏 15^ 

本 一 仁 。子 貢の 辨 子 路の勇 及び 卞莊 子の 勇 子 張の 莊。 冉 求の 蔬 C 公^の 不 欲。 みな 聖人と 雖へ ども 及 

ざろ 所 あ 60 これ を 文る に 學問を 以てせば、 聖人と 雖 へど 1„p 畏るゝ 所の 一 德を具 得すべし これ 亦 

倫 i 聖人な -=.0 物氏樂 記の 作者 之 謂 kin- の 文お 誤讀 して、 それに 拘泥せ しょ. 5、 かくの 如きの 徧見を 生 

理 一 ぜり。 認, ^ き ほ II ル巩 夫れ 學んで 聖人の 1 德 一 材を 成し 得 ずん ば、 學問ネ 無用の長物と 云ぶべし。 

|^に 聖義 禮樂の 類、 みな 聖人の 道德に 非ず や。 后 夔の齊 子に 敎る、 皐陶の 九 德を宣 ろ、 みな 聖人の 

德を 以て 人 を敎! f する に 非ず や 此を學 ぶ 人 は 何 を 成さん と 欲する や 聖人の 德 を 成す に 非ず や。 

編 一 子 思 M.^ 千苟 子の 論ずる 所、 み^ 此の 物な. 90 先生 每に云 ふ、 物 氏 は 聖人の 道の 肉 を 得て 骨 を 得ず、 

ノ 故に 古の 學 問の 道 を 知らず と。 信なる かな 先王 四 術 詩書禮 §P 辟 如 一一 化工 生., 花。 學以 成, 德0德 

以, 性殊。 立言 制 行。 亦 人人 殊 OJ: 效爲 それ 學以 成, 德も效 はずして 能 せんや 德以, 性殊 なる ふ、 豈 

た. > 常人の みならん や 疆 人と 云 rv- も 亦 同じ 立言 制 行人 人殊 なると、 亦 聖人 も 同じき. i な 

故に 易に S く、 天下 同, 歸 而殊, 塗。 一 , 致 而百, 盧。 許 係 書に 曰く、 爲 不, 同。 同 歸_ 一子 治? ぱ、 き と 

片山兼 山 山 子垂统 前編 上 百 七十 七 



曰 



本 



理 



折衷 學 . ぼ 七十 六 

な あに 聖人と なる の說を 立る が爲 に、 學を效 となさん や。 此れ 朱學を 知らざる もの >說 なり。 

せ 3 し 物 氏の 朱 氏 を 破 せんとす るに のみ 心. V*- 用る ゆえ、 毛 を 吹て 班 を 求て、 朱 氏 も 知らぬ 義を つけて、 

かく 云 r る は、. 物氏却て朱注A&讀せるな..^。 iSI き? 释 3^ 議 お ゅ庸夫 聖人 聰明 審知 之 

德 G K 又-一 諸 天? 豈 可-一 學丽至 一 諸 何 ???效 乎 これ 大に後 學を娃 誤す るの 謫と云 ふべ し 聖人 は 聰明 



審 智の德 ある ゆ ゑ、 千載の 下にて 是を學 び 是に效 ふなり。 若し 聖人 をして 聰明 審智 の德 なから 一 

しめば、 常人と 何ぞ 別たん。 何 ど 尊敬して 放效 する に 足ん や。 大雅に 曰、 儀-一 刑 文 王? 萬 邦 作, 孚。 一 

頌に 曰、 儀 二 式 刑 文 王 之德? 曰 靖-, 四方? と あるな ど は、 物 氏 は 何と 心得られし にや 文 王 は 聖人な 二 

Ayo 是 聖人に 效 ふの 言に 非ず や 子 貢の 哲人 其 jic 則 吾將安 放。 と ある ネ、 聖人 を效 るに 非ず や。 一 

又哀 十六 年の 左 傅に、 哀公 孔子 を諌 して、 鳴 乎哀哉 尼^。 無- 1 自律-と ある $、 孔子 卒し 玉へば、 法 一 

する 人な きお 哀 みて、 無, 一 自律, と 云へ るな. 00 又襄 1 二十 一 年に、 北 宮文子 楚の令 尹圍が 威儀 を 尾て 一 

衞 侯に て 曰く、 詩に 云 敬,, 愼 威儀? 惟 民 之 則。 令 尹 無-威儀? 民 無:, 則焉。 民 所 k 不, 則。 以 在-民 一 

編 一 上? 不, 可- -以 終? 又 云 有 A 儀而 可, 象。 謂-之 儀? 君 有, 1 君 之 威儀? 其 臣畏而 愛, 之。 則而象 k 之〕 故 能 一 

_ 有-其 國家? 令聞 長, 世 又 云 C 詩 云。 不, 識不, 知 C 順-帝 之 則? 言 則 而象, 之 也" 文 王 之 功。 天下 誦ー 

而 歌-舞 之? 可, 謂 如, 之。 文 王 之 行〕 至 么「 ,法。 可 Jsk^。 有-威儀-也。 故 君子。 在位 可 k 一 

施舍 可, 愛 進 返 可, 度 周旋 可, 則-" 容止 可, 觀 作 事 可 k 法 德行 可, 象 とも あ. 9C これ 亦 聖人 君 一 

f ^-^5 r-fe.rpo 因て 按ずる に、 國 證に 學の字 なぶと 訓リ、 まな ぷは、 ま s; ふな リ、 まれぶ は ほれ ふで 

子 を るに ます や の 畧なリ 、古人の 德 行,? -效て 腫み 行 ふの tw なリ、 學の字 眷く 領解して つけたる 調な リ、 f 養グ 



僻書に あらず o んゃ、 荀 子等に 明かに 學の效 たる fj を- W ふ を や o 物 氏なん ぞ是ぉ 尾 ざらん 但朱 

氏を排 する にの み 心 を 傾る ゆ 此の 踩 謬の 言お 生ぜ. 90 然效學 一分。 效 自效。 學 自學。 豈可, 混 

乎 C これ 一 椠の 臆説な り 效學 分れて 後 も、 效を 學の義 にも 用 ひ、 學を 效の義 にも 用 ひ、 效學 をの 

一 く 別義 にも 用へ り 。又 敎の義 にも 川へ. 50 古書 を 尾て 知るべし。 その上へ 朱 氏 は、 學之爲 J 一一 ロ效 

日 也と、 尙書大 馎の文 を 斟酌して、 效.^ 以て 全く 學と 同じと して 注せ ざれば、 何の 不可 あらん や か 

本 くの 如く 僻論 を 云 ひつの らば、 古今の 注解の 書 は、 みな 廢 すべきな 60 且學字 本不レ 須-- 訓詁? 其 

義 自明 すべての 文字に 訓詁 を ま.?^ ぬ HJ や あるべき 訓 すべき 字は訓 して、 後學に 示すべき HJ なり 

倫 一 んゃ 孔子の 道 は、 殊に 好學を 主として、 論語 二十 篇、 みな 學 より 出で ゝ、 此 篇は學 のさの み を 言 

i J: ふて、 卷 首に 學の字 を 出す も、 作者の 意 ぁ る HJ なれば、 訓詁 を 下さず して 可な らん や。 かくの 如く 

一 朱 氏 丁寧に 訓注を 下して さへ、 古今の 學者 及び 物 氏の 如き 學の義 を 知らず、 ぃ^cくの僻論を云 

彙 ^ ふて、 初學を 迷す ゆ ゑ、 余 これに 懲て 精く 辨 ずるな り。 朱 子 所.^ 以引 =效 字, 纏繞立 * 説 者。 坐 T 誤-一 讀中 

編 一 庸 孟子? 妄求. 爲-- 聖人-故 耳。 朱 氏の 中庸 孟子 を誤讀 せし は 姑く 置て 論ぜず 然れ ども 朱 氏の 此に 

^ て學を 效の義 とする は、 中庸 孟子 を 誤讀 せし に關 るに あらず 又 聖人た らん. V を 求る の 心 ありて、 

效. M 訓す るに. らず 但學の 字の 義を 知らす るの みな ftvo 朱 氏の 學んで 聖人と なる の說 は、 別に 自 

ら その 家 學の修 方 あり あに 此の 學を 效と訓 する を 借りて、 をの 說を 主張す るの 基と せんや。 物 氏 

盖し下 文の 明 赛復 初の 言に よ, て、 この 誣言 を爲 せり 明善復 初等の 說は、 朱 氏學を 論ずる の 常 言 

片 山 兼 山 山 子垂統 前編 上 百 七十 



折衷 孽派 百 七十 sr 

學而 未, 能 U 宣尾 S 夫子 之 居,, 朝廷? 嚴-- 臨 下, 而 不-- 毀傷? 宣說, 之學而 未, 能 宣 說,, 此 三者? 學而未 

feo 宣安 敢不, 學 而 居-夫子 之 門, 乎。 曾參 避, 席 謝, 之 曰。 參不 其學- 而已。 諸 155^?!、?.、 

これ 論語 M に载 する 所の 子 夏の、 跪, RU 未, 學。 吾必 謂, 一之 學, 矣。 と 云へ ると 同意な. 邀子レ のレ ^ 

然れど 《 ^措辭 の 間に は、 抑揚 過不及の 言な きに あら ざれ ど 《p 、要するに 古の 學問 

の 道 を 見つべし 又 論語 I 靂 に師畏 見。 及, 階 子 曰。 階 也。 及, 席。 子 曰 席 也 皆 坐〕 子 吿ぃ之 曰 其 

在, 斯 其 在, 斯師 1?^ 出 子 張 問 曰 與, 師言之 道與。 子 曰 然。 固 相, 師之道 也 C かくの 如くに、 師 

の 一 言 1 行に 心 を附る は、 古の 學は第 一 に師 に放效 する が 故な 60 故に 中庸に、 君子 動而 世々 爲ー 一天 

下道? 行而 世々 爲-, 天下 法? 言而 世々 爲-, 天下 則? 苟 子ひ勸 學の篇 に、 君子 之 學也リ 入,, 乎 耳? 著,, 乎 心? 布 

乎 四體? 形-乎 動靜? 端 而言。 螟而動 。一可 = -以爲 = 法則? 又史 記の 夏 本 紀に禹 王の 聲爲, 律。 尾爲, 茂 稱 

以出 璺饔 穆穆。 爲ぃ 綱爲, 紀。 と 云へ る も、 皆 一 動】 靜、 人の 法則と なる を、 大人 君子の 德 とする 

fo 古の 學老 の、 其師の 一 言 一 行に 心 をつ けて 放效 する も、 是が爲 の 故な り。 故に 學 問と 云; 3、 

學 者と 云 ひ、 學 校と 云 ひ、 及び 此の 學而 の學 など、 それぞれに 少し づゝ 意味 は變れ VI も、 その 實は 

放 效の意 を 離る ゝ さはな きな A>o 然るに 徂徠物 氏の 論語 徵に 曰く、 朱 子以, 效訓, 學 是字學 家釋名 

之說。 謂 T 聲昔之 道 展轉相 因。 效 轉爲, 學。 故學亦 有.. 效意, 耳。 これ 其 論 聞くべき が 如くなる ゆ 

ゑ、 人み な 惑 ふな. ON0 即ち 上に 辨 ずるが 如く、 學は效 な. と 云 ふ は、 尙書 大傳の 文な. 50 朱 氏の 造 

意の 語に あ.^ ず 物 氏 朱 氏の 造語と もへ る 故に、 乙の 僻論 を 生ぜ 尙書大 傳殘缺 すと 云へ ども、 



て も 吉凶 消長す る听以 1^ 知らず、 但聖入神道^^-以て教^^設ろ^-とのみ思ふて、 六 控の內 にても、 刖 格の 書の やう-, i 心得ろ なリ 、こ 

れ みな 十六 經^ 熟讀 せず、 聖人の 道 1^ 知ら. さるの 過ちな リ、 故 Li 易の 時 は 1@ の 時と 同 ト,. e なる 1^ 知らす して 、時ん よ 以て 易の 大事との 

み 心得て、 易の 時 は 鱧の 時に 因て 言 ふ, 辨知ぜ ず、 千馼 にして 聖人の 道の 落 落として 合ざる 所以 も、 豊已り 豊惠 こも ョ /、、 

全く 職と して 此に 由ろ なリ、 歎ずべ さ, t な リ、: ^等の Afe は、 先生 別- ILSi 著せる 所 めれば、 :^に 资ぜ ず、 一 ffi: 言グ 

夫禮 必本 = 於 天 Cj> 殽- 於 地 列,, 於 鬼神? 又 云。 夫 政。 必本 = 於 天? 殽 以降, 命 0.^1 降,, 于社? 之 謂, 殺 

, 地。 降- -于 祖廟? 之 謂- 1 仁義? 降-於 山川? 之 謂-, 興 作? 降, i 於 五祀? 之 謂-制度? 此 聖人 所- -以藏 身 

之 固 也。 |g 、の % と^」 と は 字 # かずみろ な %リ ぶこれ みな 聖人の 天地に 效て道 を 立る の 由 を 云 ふ ものな. 50 又檀弓 

上に、 孔子 沒 せんとし 玉 ふ 特に、 蚤 作。 餐, 手曳 X 杖し 消 一一 搖於 門? 歌 曰 C 泰山 其 頹乎。 梁木 其壤乎 G 

哲人 其 暴 乎 「」 旣歌而 入..」 當 ,戸 而坐 子 貢 聞, 之 曰。 泰山 其頹 則 吾將安 仰。 梁木 其壤。 哲人 其载 

則 吾 將安放 夬子 殆將, 病 也 3 云云 。放 は 即ち 效の 字と 同じ 意に て、 孔子 沒し 玉へば、 門弟 子 子 貢 

の 徒み な放效 する 所 を 失 ふゆ ゑ、 吾將安 放ん と 云 ふて 歎くな. 90 又檀弓 上に、 孔子 奥-門人 1 立 。拱 

而尙, 右。 二三 子 亦 皆尙, 右。 孔子 曰 二三 子 之嗜, 學 也。 我 則 有- 1 姉 之 喪, 故 也。 二三 子 皆尙, 左。 こ 

れ 夫子の 尙 i 右 を 效るを 以て 學を嗜 むと 云へば、 學の 道の 放效を 主と する- i 見つべし。 說苑 ■ に 曾 

子 曰 吾 聞-夫子 之 三き? 未,, 之 能,, 行 也 夫子 見-人 之 一 善? 而 忘-其 百 非? 是 夫子 之 易, 事 也。 夫子 

見,, 人 有,, 善。 i9 = nl 有,, 之。 是 夫子 之不, 爭 也。 聞, 善 必躬親 行:, 之 然後道 i 之 a 是失子 之能勞 也。 夫子 

之不, 爭也 夫子 之 易, 事 也 吾 學,, 夫子 之 三 言? 而 未, 能, 行。 又說苑 § に、 公明 宣學 = 於 曾 子-三年 

不, 讀 i 書 曾 子 曰 宣而 居- 參之 門- 三年 不, 學何也 公明 宣曰 安 敢不, 學。 宣尾 =1 夫子 居-宮庭? 親 

在 叱咜 之聲。 未 =, 嘗 至-於 犬馬? 宣說, 之學而 未, 能 C 宣晃, = 夫子 之 應-- 賓客? 恭儉而 不-- 懈惰? 宣 說, 之 

片山兼 出 山 子垂統 前編 上 , la 七十 三 



折衷 學很 百 七十 二 

ひ, 5« 卿": ^ggj!^. ふ 故に 學は效 なりと 云へ る は、 學 子の 師弟の 間の みに 非るな. り。 學 子の 師弟の 間 

の Hi は、 學の 一 端の. i な 大 にして は 天下 15 家、 小に して は 一 家 一 人の 身の上に て 《p、 皆な 放效 

を 主と する さなり。 即ち 上に 引る 諸 書の 文の 如くな. 90 是れ 經學の 第一義な るに、 世の 學者 これ を 

一 知らず して、 經 義を談 ずる HJ、 あま. 9 空なる HJ に 非ず や 故に 學の本 語れば、 s 人 は 天に 傚 ひて、 

日 道. t 立て 敎を 設け、 凡人 は 聖人に 傚 ひて、 それ-^ の德 お成し 材を 達する るに て、 天下の 善政 善事、 

本 一 みな 傚 ふよ. 興る さな. 00 天地人の 道 を 論じ、 聖入 制作の 本 を 論ずる は、 易より 備れる はなく、 又, 

至れる はなし 。然るに 一として 倣效 よら 出ざる はなき な. -yo 故に 上 槃辭に 曰く 、成》 象 之 謂 i 乾 。效 

せ 一 法 之 謂 k 坤。 又 曰。 知崇 禮卑。 崇效, 天。 卑 法』。 又 云 。聖人 有,, ,以 見-天下 之赜? 而 凝-諸 其 形容? 象 

理 一 其 物宜? 是故 謂,, 之 象? 聖入 有,, ,以 見-天下 之 動? 而 觀-, 其會 通? 以行,, 其 典禮? 紫, 辭焉以 斷-- 其 吉凶? 

一 是故 謂-之 爻? 擬 V 之 而後 言。 議乏 而後 動。 疑議以 成-其 變化? 又 云。 法 象 莫^-乎 天地? 變通 莫^- 

r j 乎 四時? 懸象 著明。 莫, 大,, 乎 B 月? 又 云。 天地 變化〕 聖人 ラ 之。 天垂 X 象:? 吉凶? 聖人 象, 之 河 

編 一 出, 圓。 洛出 X 書 C 聖人 則 i 之 易 有-四 象? 所-は 示-也。 云云 下 紫 辭云。 夫 乾 U 確然 示- -汄 易- 矣 

. 夫坤。 噴然 示,, 人簡, 矣 爻也 者。 效, 此者也 象 也 者。 像, 此者 也〕 又 云。 是故 易者〕 象 也 U 象 也 者 

像 也 象 者材也 「- 爻也者 效,, 天下 之 動, 者 也 又 云 古 者 包 犧氏之 王-天下-也。 仰 則 觀-- 象 於 天? 俯 

則 觀-- 法 於 地? 觀,, , 鳥 獸之文 與-- 地 之 宜? 近 取-諸 身? 遠^-諸 物? 於, 是始 作-八卦? 以 通-神明 之德? 

J-5W 1&-.&ヒぉ,-2世の學者、 & は 卜 S の 書に て 、一種 格 の もの ゝ !¥に 心 S5 て、 先 £ 天下 .J-SSI すろ 本末の 旨, 趣 全く 此の 害 •」 も 

之悄. 一 る, fe,,^ 知らす、 それ ゆへ 聖人 ト S の 道 *J> 立て、 吉凶 yHI ぜ しむろ は、 何の 用と 一 K ふミ. ^知らず、 き 凶.^ 占 ひ 得 



k 君子 是刖是 傲。 角 弓の 詩の、 爾之 敎矣。 民胥 傚矣。 §^ー1^ハ4%%の考せ^^5て飲 この 外 静經の 中 及び 

諸 書に、 この 意義の さ を 云 へ るさ 、枚 擧すぺ からざる 程 あるな. 00 又左傳 M 一九 に、 波冶諫 一一 陳靈 公, 曰。 

〈ム卿 {F- 淫 C 民 無, 效焉。 襄 二十 一 年に、 减武仲 曰。 上 之 所, 爲 K 之歸也 上 所, 不, 爲0而 民 或爲, 之 

: 是以 加-刑 罸 ー焉。 而莫- !敢 不., 懲。 若 上 之 所, 爲。 而民 亦爲. 之。 乃 其 所 也。 可, 禁 乎。 な V3 と ある、 

一 皆 攀 の. たる さ を 一 W へるな 家 語 入官の 篇 に、 孔子 曰。 法 在レ身 og 民,, - ^之。 又 一 君 上 者。 民 之 儀 也。 有司 執政 者。 

; 尋グ 女. 7/ る さ を ihH る f 民 之 表 也。 凝 臣便辟 者 羣僕 之淪也 C これ 俗 liiK へろ 上ん 學る 下の 意に て、 舉者 师资の 

; fris;?- 後世 の^者 は、 師に 就て 書 を讀さ をのみ 學 問と 心得て、 ,v の 行 作に 傚 ふさを 知らす C 

一 f?^ ん や。 當世の賢者に交.<^、 をの 儀範に 象り 學 ふこと に 於て を や。 それ ゆ ゑ窨, ^讀て も、 古の 賢 入 

; 君子の 爲レ 人を欣 慕して 傚る さ を 知らず。 師 たる 者 も、 師道 は 君 長の 事た る を 知らず 砲 i ねとして 

一 書を讀 む をのみ 事と する ゆ ゑ、 學問 をしながら、 舉 問の 道 を 知らぬな. 00 是れ學 の 字の義 の 明かな 

\ ら ざるに 坐す. る 故な 6」 夫れ 學 者に レて舉 の 字の 義を 知らざる は、 猶人 にして 人の 道 を 知ら ざろ が 

一 如し。 悲 むべ. きさに あらず や C 世說 新語 i ね 春 に、 太 傅 東海 王鎮, 一 許昌? 以,, 王 安 期, 爲,, 記室參 軍? 雅相 

一 知 重 。勅-世子 毗, 曰。 夫學之 所, 益 者淺。 體之 所, 安 者 深。 閑-習 禮度? 不, 如,, ,式_ ー瞻義 形? 諷,, 味 遣 言- 

グ 

メ 不ぃ 如, 一親-一 承 音 30i? 王^ 軍 人倫 之 表 汝 其師, 之と あるな ど、 學を 以て 書を讀 むさとの みする は 古 

にあらず と 云へ ど -、 賢者に 親んで 義 形に 式る を 以て 學の第 一 義 とする は、 晋の 時な を 古の 遺風 を 

存す るが 故な り0 故に 學 記に 曰、 能 博^ 然後 能爲, 師 C 能爲, 師然後 能爲, 長 能爲, 長然 後能爲 X 君 

故師也 者。 所- W 學., 爲 k 君 也 是故擇 ^師0 不, 可, 不, 愼也。 記 曰 三 王. 四 代。 唯其師 其 此之謂 乎 

dt 山 兼 山 山 子港統 前編 上 百 七十 一 



折 ず >^ PS 百 七十 



曰 

理 

編 



山 子垂統 前編 上 



1 、 奧^ 越 通 明 公 遠 

严人 筆錄 

紀邸 長 萬 年伯盈 



學之爲 Jn 效也 

子 曰 學而 時習, 之 不-ー 亦說, 乎 朱 元 晦日 學之爲 Ji 一 n 效也 とこれ 尙書大 傳の洛 詰の 篇に、 乃 女 

其 悉自學 k 功 悉盡也 學效 也. - と ある 文に 本いて 云へ るな 總て學 問の 道は效 象す るよ. CS 外に 

修方 はなき.. -f^ft^c 故に 荀子大 署の篱 に、 學 問の 道を說 て 曰く、 君子 之 學如レ 蜆。 噃然 遷レ之 故 其 行 

効. - 其 立 効 其华 効。 其 正-顔色? 出-, 辭氣- 効。 無- 留善. - 無;, 宿 問? 善學 者。 盡--其理s行^i^o究--其 

難? とも 又 解 蔽の篇 に、 故學者 C 以 --聖 王, 爲, 師 案以- 聖王之 制, 爲, 法 法-其 法 Cj> 以 求,, 其統 

類? 以務 象-効 其 人? 是而務 士也。 類, 是 fra 幾。 君子 也。 知い 之 聖人 也 とも 又 君 道の 篇に、 百姓 

莫 丁敢不 K 頓-- 上 之 法? 象-上 之 志? 而勸- 上 之 事 而 安,. 樂之 矣 とも 云へ. 50 又樂 論の 篇に、 先王 謹 

之 文? 云云 C 四海 之 民 C 莫, 不, 願,, 得以爲 ,,師0 是 王者 之 始也 C 禮 論に、 君 師者治 之 本 也 正讒 に、 

諸侯 有-能 德明威 積? 海 內之民 莫, 不, 願,, 得以 爲-- 君師? 又 主 者 民 之唱也 上 者 下 之 儀 也. と ある、 み 

な 同じ 義 なり。 ?^5J 婁 に、 上 無 k 禮。 下 無 k 學 C 賊民典 喪無レ 日矣。 又韓非 子、 に、 曾 子 曰。 

嬰 兒非, 有, 知 也 待-父母, 而學者 也。 と ある? p、 效の 字の 義 にて、 即ち 小雅鹿 鳴の 詩の、 親 k 不 



曰 



本 



彙 

編 



以諾 謫, 德 而定, 次 

は Z 睾而食 君 射 則臣決 

仁れ- 11 デ丁 1 

整 二十 五物 . 



&; 山 兼 山 山 子垂統 目^ 



1 

九 



折衷 19 派 

山子垂 統目錄 

卷上凡 三 物 

學之爲 A 言效也 

克^ 復レ禮 

卷中:^五物 

無, 聲 無:, 臭 

1 戎衣 

出納 五 言 

^ 下 凡 十七 物 

辛 壬 癸 甲 

主 萃淵教 

波及 

投レ袂 

譆語出 出 

吾 之本縣 



^倍 



近思錄 

至誠 感, 祌 



威-侮 五行, 

間 II 于兩社 J 

貫-三人 I 耳 

稱 

跪轉 

不 レ逮, 門 之 女 



折衷 畢? 2 19 六 jM や 

山 子 垂統序 

秦自 T 燔, 書坑, 儒 C 郡,, 縣 天下? 事不 * 師, 古 而^ 樂壤崩 風俗 陵 夷 C 經, 世 千餘歲 C 更, 代 幾 二十 C 

其 間 上 非 k?-- 明君 賢主 之 好,. 治。 下不, 乏-- 英儒鴻 學之講 "道。 然道 非-其 道? 治 非-其 治? 故 使 T 殷 甲高。 

曰 一 周成康 專,, 美 上世? 顏閱 孟荀。 揎,, 名 後代? 而稱. -難 X 爲, 繼矣。 是 無:, 他 也 不, 得,, 其 術, 也 惡呼 

本 天地 B 月 不, 異- -于 古? 山川 草木 不 k ク-于 古? 人心 好惡 C 不, 異- -于 古? 而 至-天 之 降.. 才。 獨謂ョ 古 

W 之 人 大過,, 于今, 也 何不, 思 之甚也 今國家 封建 同,, 治 三代? 於, 是乎 我 兼 山 先生 出 C 而 接,, 洙 

儉 一 ^之絕 流? 遏, - 古今 之 認學? 毎 謂,, 余 等-曰。 今 之 世 雖-- 去, 古 遠, 乎、) 然古 典籍 之顯- -行于 世? 大不 i 異 

理 一 於漢 代? 欲焉斯 至。 非, 如 T ニ漢之 近, 古 勞 --于 購求, 而不, 得" 其學福 苟有, 志 者。 竭, 才窮, 力 古 

訓是式 則 上 之 人 可 3 以 お-甲高 成康? 下 之 人 可. -以 爲,, 顏 閱 孟苟? 人生 在, 勸 C 有, 志者遂 成。 勉哉ニ 

三 子。 富 腐 言 也。 余 北方 野人。 甞 追,, 陳頁之 風?? 笼來 --于 東都? 學, -萱園 之 道? 以爲 先王 孔子 之 道 。至,, 

編 物 氏, 而 1» 定。 遊-息 其學, 者。 有, 年,, 于兹, 矣。 今兹復 遊,, 于 東都? 聞,, , 兼 山 先生 開,, 尙友館 于振衣 岡? 試 

一 來 上謁。 而聽 其義? 瞿然顧 化 悟,, 從來之 非? 悉 捨,, 舊所, 學 而日; 慕 從= 先生 一遊。 日 聞, 所, 不, 聞 Q 

月, 所, 不 不_, 亦樂, 乎。 頃 先生 命 &公遠 長 伯盈? P 其 平生 所,, 諭 殿, 而 二子 請 公,, 諸 世? 皆孟 

荀 以後。 未, 發之言 也。 可, 謂 前 無,, 古人, 矣 。斯書 之 出 也。 余竊 比-諸 彼 河 出, 圔 洛 出, 書 之瑞? 以頌 

B 家 同-治 三代, 之 隆盛. 4爾0 乙 未 之 夏 四月 



樂不 k 在, 此 a 在- 異國? 而來 取お 法 o 豈不 k 美 哉 豈不, 盛 哉 乃 余 夕 死可矣 乙 未 春 三月 



片山兼 山 山 子垂統 序 百 六ャ五 



折^ 舉嵌 IB 六十 SI 

山 子垂統 自叙 • 

孔子 沒 C 而道稍 裂。 七十 子 死。 而 諸子 爭 つ 勢 之不, 得 已。 其 人不, 存故 也。 然 先王 之澤未 _,遽 斬? 洙 

^之 道 在-方策? 是以其 立言 制 行 e P 有 _與_|聖 人 之 道, 倮馳者 5 大義 潜 有-未, 乖者? 其 或. W 爲, 乖者。 

不:, 知, 道 者 之 言 也。? 至 T 素人 再 燔-- 詩 書? 而漢代 注- 經傳, 者。 多 失, 其義 3 歷代諸 儒 矜式焉 。莫 

能 出,, 其 表, 者? 於 乎 先王 孔子 流 風餘烈 C 雖, 存乎 猶,. CC 道 佛之徒 C 所,' 以 承,, 其覺, 而起, 也 C 斯 

歷代明 王 賢主 C 碩儒 顯學 C 知, 尊-先王 孔子? 而不, 知, 所ヨ以 尊,, 先王 孔子,. 之 過 也 C 何必 非,, 戰國 諸子^ 

而是-藤代諸儒?五十^!^百歩之異耳。 至- 趙宋程 朱 氏? 雖. "知 =漢 注 失.^ 義而 改作 S 然竊 取,, 義道 佛? 虎 羊 

之 辯。 大 誤-後 學? 自, 厥 以來。 先王 孔子 方策 C 與,, 修 多羅, 不, 擇。 元 明 諸 儒。 有 髮之僧 巳 ◦ 可, 不, 悲 

哉つ 至-我 國 伊藤 荻 生 二 氏? 始 悟-其 非? 多, 所-論 著? 然ニ氏 徒 知- -宋人 之 非? 未, 知-先王 孔子 之 道 之 

本? 故 其 所 ヒ1 亦 影響 而已 () 此 無,, 異故? 不 ョ考= 愼五經 諸 古文? 而自 有-肺 腸-也。 亦與- 宋 人-五十 步 

百 步之異 耳 余 毎 自歎焉 然 蒲柳 之 質 C 加 以,, 多病? 今年 過,, 不惑? 衰 同,, 指 使? 亦莫, I 能爲, 已。 然 

竊 恐淹忽 無, 日 C 而期 文之墜 i 地 乃 使 ョ越公 遠 長 伯盈錄 -11^ 生 所!^ 論 G W 貽,, 世之學 者? 亦 萬 分 之 一 耳 

若以 T 天寵 U 斯文 於 我 一之 故ハ. - 幸假 一一 數年? 使 一一 余 徐卒. ^業 e 則 於 _ 一 五經諾 古文 一 彬彬矣 e 是未, 可, 知 也 C 

孟子 有 Jin 曰 君子 創, 業垂, 統 C 爲, 可, 繼也 庶世之 有』、 5= 于古 先聖 王 之 道-者 C 觀,, 斯編 也, 反,, 三 

隅? 而紹 --述 余學? 令-, 洙^ 之 道 再 昭-- 明 于我太 和? 而覃 及,, 夫舊 華胡淸 之國? 使 T 彼 謂 3 先王 詩 書 龍 



先君 子平洲 先生 國字 遺書 o 存 --篋 翁-者 若干 卷 o 所, 應, 子-諸侯 及 諸子 需-者 十 居-七 八- 焉 a 辭, 世 

已久矣 人 或 借 去.^ 間 有,, 散逸? 余 毎 憂, 之 會舊門 生來集 語 次 及, 之 像 曰。 隻 字拱璧 不 k 可, 不 

,重0 假令借 者 愛護 亦 恐 轉寫之 誤 貽 3 瑕 於-夫子? 不, 可, 知 也 ^刊而 际, 之 何 如。 余 甚然, 之 於 

是 有,, 斯擧? 匪,, ,敢 公-諸 世, 也。 

w< 保 乙 未 歳 仲, 

男 德 昌謹識 



細 井 平洲: 嘤鳴館 遣 草 卷第六 附^ ; 六十 ミ 



m 



本 



理 

彙 





折衷 畢 « 百 六十 二 

先師 平洲 先生 國牘级 

平洲 先生 之學之 德之大 世尙 有,, 知與 P 不, 知 我 侯 屈 致-, 之 千里, 者 三 區々 唯 恐, 失,, 其 酸-? 且敝邑 

之 事 C 一 無-, 可, 觀者, 固矣。 而騁 3 盧聲 乎-大方 君子? 惭愧何 勝。 維お 先生 之 親,, 我 侯? 亦豈 常尋 行路 

之 人耶。 經= 年 所-者 二十 餘。 久矣哉 先生 曾 有し K0 樺 世 儀 助, 吾 者 也 信 哉 言 也 一 卷之 國犢。 執 

而讀, 之" 一字 ー淚 使-人 慨-焉 憶 往日 先生 而有, 知 不 3 亦 疾,, 泣 九閱之 上, 耶。 文化 十五 戊寅淸 

明 前 一 日 七十 六 翁 神 行簡拜 

此ふ みは、 こたび 遺草 輯錄 のさ を 聞 及びて、 世 儀 男子 述 はる とうつ しっか はし たれば 

こ > -に錄 し 出す になむ 



曰 



本 



彙 



首。 

正月 四日 紀德民 

世 儀 樣腎荚 梧 右 

猶々 米澤 にて 保 督學と は 常々 御墙、 保 生 も 西 望いた し 侯。 以上 C . 



^井 平洲 嚶鳴館 遣 草 卷? iH ハ 附錄 百 六十 1 



折衷 畢 s 百 六十 

候。 然所 米澤を 離れ 他領へ 罷越候 事、 道中 無-心 元, 由に て、 僕壹人 給. ON 、馬 一 匹 を 被, 供 候て、 御馳走 

にて 松 島 を 見て 歸. 申 候 此段は 一 1生生涯にはならぬ遊賞、束都館中の門入,_^も、甚ねたましがり 

;^^^流し申候。 

以上 

此 度の 北行、 5^ 後 之 次第 記 錄し置 可 一一 申 上 一と 存候 處、 着 後事 を 了し 候て、 散.^ 風邪、 十七 八日 平臥、 

そ ftN や NJ,V 旅疲 など * 醫師 VI もさ わぎ 申 候 得 共、 何の 苦 もな く 解熱、 それよ 6 漸々 快復、 飮食 常に 

復 I、 此節は 全人に 相 成、 年始 《p 元朝 曉七ッ より 出仕、 諸方 廻勸も 大方 昨日 切. 9 に 濟し申 候て, 

今日は 此書を 認め 申 候 C 御 安心 可レ 被, 下 侯。 今年の 御 出府 も 無,, 心 元: 又 明年に. P 可,, 相 成-哉、.^ 

々老 心は是 のみ 愁へ申 候。 世 儀々々 忍 心 哉と、 妻子 共と 常. > 申 慕 侯。 面 語に 代へ て 此書を 認め 申 

候。 書 贖に 可, 致と 存付候 へ 共、 をれ も面當 足下 計 1 見 あれば すむ とと、 俗書に て 申 遣 候 廣く 

他見 は 御 無用、 御 口語 は 御 勝手次第に 御座 候 C 

泉- P 甚 よわ 6 申 候 得 共、 諸侯 家禮遇 jl^ 厚く、 去年 忌 明後日に 他行、 娘に こま. 5 申 候。 妻 折々 參 

致-看 顧-候 C 好婦も 有, 之 樣に相 聞へ 申 候 春の 內に は繼 終の 積. 9 に 御座 候。 々老人 是 <は 氣 

を 痛め 申 候 妻 儀 愚 老同樣 に 足下 g 東行 を 相恃申 候。 春寒御自愛、令.^-育成之御手當可,截,成候0 

進度 物 も 有, 之 候 得 共、 々遠 國、 便<^も不自.B、不,任=心底,候o 令內 へも宜 御申述 可, 被, 下 候 C 

C 巴 太 仲 罷出隨 身、 好 書生に 御座 候し 斜 安心 S\ 被, 下 候。 何事 も 後便と、 卿々 御 詞申 候. - 頓 



と 例の、 恭遜辭 讓時を 移し、 甚 こまり 申 所、 中 庶士須 田 多 仲 却て 先生 を 勞し候 事 如何 御座 候と 申 

述候 付、 漸對 座へ 御上. -有之 候。 此度 先生 を 遠國へ 招待 之 御禮、 市 谷へ 今日 申 上 候。 隨て 直に 罷出 

御 禮申上 候との 儀、 辭謝 反覆 丁寧 痛 入 候 銀 綿 端 匹 酒 看、 表座敷へ 備へ、 座に 滿ち申 候。 其 内に 

家の 瑕ェへ 被-一 申 付 T 刀 脇 指 二 口 を 新に 被, 爲, 鑄 候て、 持参に 御座 倏 Q 目錄は 米澤侯 御自身, に 被,, 

相 渡, 候。 是は 先例 越侯濱 町へ 御 出の 禮の 通りに 御座 候。 妻子 娶迄 被, 一 召 出 マ懇に 慰勞、 各 賜物 有 

之 候。 塾長 召 出し、 目 錄を鈴 ゥ候。 隨從兩 生 删 も 召 出し、 謝 辭有, 之 候。 賜物 は米澤 にて 有. 之 

候 何も 僎し 不, 申、 吸物 一 つ 御酒 肴 計に て、 を 例 之 通 進 じ 相濟候 夫より 甚悅 喜に て、 七つ 過 迄, P 

物語 有 i 之、 御歸. 9 有, 之 候。 愚 老は支 關式臺 にて 達て 辭 謝に 付、 入. 申 候。 駕は門 中に て 被, 召 

候樣 にと 申 候 得 共、 承知 無, 之、 漸 門の 內 しきみ の ほと. 9 にて、 枠 無理に 請 ひ 候て、 上 輿 有, 之 候。 

禮 にけ 决て不 i 參樣に 急 度 御 申 聞に 付、 無, 據十 四日に 初て 櫻 田へ 參り、 盡曰交歡飮宴罷歸..^候0 

市 谷 邸 中 は不, 及, 申、 隣 里お 赫灼 いたし、 きの VJ くなる 事に 御座 候。 山村 伊勢 守より は、 家 來を遣 

し、 急 成 事に 候 得ば、 不都合に 可 i 有:, 之 候 間、 何に て 《p 手傳 可, 申 由 を 申 聞 候。 ー統珍敷が<^申 

に 付、 世の 儒 敎の季 世に 及 申 を 歎じ 申 候。 有 間 敷 事に 無, 之 候 已に濱 町 小屋 へ も、 父 侯 は 御 出に 

て 有, 之 候 ひき 徂 し 當侯志 を 被, 繼候 事け、 威服い. し 候 C 

10 上田 菱刈ニ 生 は、 仕 合 者に 御座 候。 米澤 にても 客 遇 丁寧なる 事に 候 老侯 宮中へ 被-召 出? 目 見 

有 i 之、 丁寧に 慰勞 有, 之、 料理 を 給. 9、 目錄も 給り 候。 十日の 暇 を與ス 奥の 松 島 { ^遊 覽爲, 致 



折衷 學 百 五十八 

問 を 上げ 申 候 Q 督學 用人 を 兼帶、 政談 も 多く 此 人に 決し 申 候 片山紀 兵衞文 職を轉 じ、 ^奉行に 

相 成 候 米澤 にて は 要務の 職に 御座 候 C 御預. 9 所の 人民 難-奴 扱: 諸國 一 般に候 所、 此人郡 奉行 

に 相 成 候 得ば、 t つてい 草繩も 入用に 無:, 之、 民心 甚 和ぎ 申 候。 人 を 被, 用 候 事、 不, 堪,, 威 心, 候 

五十二 日 逗留、 雪 % 降 6 申 候に 付、 是非に 斷 6、 十月 廿八 H 米 澤を發 し 申 候 當日老 侯 駭河守 

殿^^大夫は、 常 主の 命 を以、 又 羽 黑堂迄 如, 前郊 送の 儀衞 儼然、 新 舊相知 一 統に; 达. 申 候て、 一 里 

餘 南郊 羽黑堂 にて 別れ 申 候 老候を 初 一 統の 落淚、 御 遠 察 可, 被, 成 候 砷保は 送りの 役人 を 引 連 

れ、 命 を以板 谷關迄 送ら 申 候。 別離の 態、 御 想像 可, 被, 成 候 生涯 最早 再遊 は 無, 之 地、 山川 遼 

落銪魂 言語 同斷 御座 候 十 一 月 九日 東都に 着き 申 候 櫻 田よ. 5 迎使千 住迄罷 出、 一 崖 小 館 へ は 大- 

夫 中 庶子 兩人待 居 申 候。 丁寧 不, 及 k 申 候 僕 も 生涯の 仕舞 旅行、 供 廻. y も 本格の 通りに て、 馬 も 

爲レ引 申 候 少々 俗吏の 態 は を かしく 御座 候 

九日 夜に 入. ft- 歸 着に 付、 翌朝 市 谷 第に 朝し 申 候。 君 上. 早速 奥 座へ 被-召 出, 候て、 宽々 慰勞、 米 

澤 物語に 相 成、 一時 計咄を 被, 聞 候て、 喜色 不-, 大方, 候 返 出 之 時、 諸 老臣 用 座へ t. 出し、 ヌ. 同 

樣 にて、 長物 語 6 に 相 成、 八つ 過 第 を 出て、 近 邊官長 廻 勤いた し、 暮に 致,, 歸宅, 候。 門 入 群 築、 

八つ 頃まで 咄し申 候 翌十 日朝 山 田 平次罷 越、 今日は 常 生 御 禮に市 谷へ 參 上の 厚 直に 高 館 へ 被, 參 

箬と申 聞 候 付、 大きに 取 候て、 彼是 掃除 申 付候內 に、 儀 衞懾然 、米 澤侯 麻衣 裳、 駕籠 側 は 麻 上下、 ど 

ろくと 御 入 來に候 直に 奥の 小 座敷へ 請 じ 申 候 中々 賓 座に は 就 間 敷、 恿老客 座に 就き 候 ss^ に 



無, 之 候 御 祖父 檨同樣 に 其 位に 座し、 威 儀容 度 儼然、 可, 見事に 御座 候。 老 侯の 愛育 敎誨は 勿論、 - 

天性 不, 及, 申 候。 直 丸 殿御 事を內 心に 存 出し、 舍淚候 ひき 御 遠 察 可, 被, 成 候。 老 侯の 德は、 と 

て. P 筆紙に 不:, 盡候 仍, 之 暑し 申 候。 

領內の 美事 不, 遑ー, 枚擧 1 候 孝 梯カ田 風 を 成し、 有司 は 安然と して 慰勞 する のみに 御座 候。 此 

儀 は 上田 菱刈 見聞 泣き 申 候 計に 御座 候。 生育の世話^_?行届き、 今 は 一 民 も 子 を 不:, 育 者 無, 之 候 C 

不思 儀の 事に 候。 歸府の 上 市 谷に て此 事お. S. 述候 得ば、 是計 にても 明君な.^、 大功 哉 大功 哉と 称 

美 被, 致 候。 甚三郎 % 嘸 嬉敷存 t 候 ひつらん と悅 被, 申 候。 

^^氏の婦病歿の儀、 B. 速 早 便に て 被, 吿候。 愚老 はとても 覺悟、 已に八月末には參.<^候て、永决 

い, し 候 得ば、 別て 痛心 も不, 致 候 Q 乍, 併 老侯を 初 老臣 以下 一統の 悲哀に て、 扨々 却て 哀を 添へ 

申 候 ひき。 老侯は 赴 を 被:, 聞 候と 直に 哭泣、 先生の 心中 如何 計との み 被レ申 候て、 左右 從臣 も是を 

甚愁 f 申 候 別て竹俣j^^戸兩人は參.^吊し候て、愚老ょりは甚の落淚、其餘の深交諸子、 勿論い や 

はや 迷惑 い^し 候 。仍, 之 三日 過 忌 明に 付、 强て老 侯に 朝し 候 所、 ヌ々 悲哀 甚敷、 是には 度- >迷 

惑、 御 遠 察 可, 被, 下 候 却て 愚老 不人情の 態に も 相 見 可, 申 哉と、 こま.^ 申 候 乍, 併此 場に て少 

しも 痛み 候 得ば、 一 藩中の愁を生じ候付、實は齒をくひしばft^、 落淚 は不, 致 候。 情 は 見, I 拙作, 候 

三 老を初 諸 有司の 輯睦、 見事 成 事不, 及, 申 候 是 にて 政事.? 屈き 申 事と 存 候。 大夫甚 劇職 中 

文雅 を不, 廢、 面白く 相 見へ 申 候. - 竹大夫 勿論 中條も 俗人に あらず、 常々 面白く 咄合申 候。 神保學 

細 井平洲 嚶鳴鮪 遣 草 卷第六 附錄 百 五寸モ 



折衷 畢マ 3 knE 十六 

中 條豊前 竹 俣 兵 庫 ハ郞兵 衞三老 は、 一日に 二度 は 参り 候。 一度 不, 參日も 無, 之、 夜 は 四つ 

九つ 迄飮宴 交歡、 樂敷 事に 御座 候。 其 涂新舊 相. S の 諸 有司 諸學 生、 ョ々 來問、 是又同 新 樂敷候 

畢 誼へ は、 着の 翌, 日 聖堂へ 拜謁、 諸學 生と 飲 宴交歡 致し 候。 一月に 六日 二 七の 日 終日 罷出、 

畫 前け 大畢を 講じ, 塞 後 は 詩文 又は 學事を 談じ申 候。 前 學生當 學生數 十 人圍繞 いたし、 悅申侯 

右の 外に 町家の 者 願 ひ 出、 兩日 講談 四百 人 計、 „| 分 町奉行 將て出 申 侯 不,, 相替, 皆々 落 

し 申 候 勿論 例の 通 愚 老-p 泣き 申 候 ひき 學 館へ 出席の 日 は、 老臣 諸 大臣 《p 不, 殘 出席、 學生 おれ 

も 上達し、 業 風 を 成し、 尾 事の 樣 子に 御座 候て、 々樂敷 事に 侯 上 出 菱刈兩 生諸學 生と 交教、 

日, >悅 申 候" 此段賒 長く 相 成 候 付、 翼し 申 候.〕 餘は御 想像 可, 被, 成 候 

老侯 5 宮へ は、 毎日 畫 過より 參上 仕、 皮 は 早き は 五 ッ遲き t! 四グ 過に 歸館致 候" 時に 三 老も交 

i 何是 例の 國 事に 及 申 候 C 老侯 朝四ッ 時よ. 晝過迄 は, 大老 侯 伺 ひに 御 出、 一 日 も 怠り 無くつ 其 

間 四 丁 程 有, 之 候 日々 の 伺 ひ、 陰晴 風雨 疾風迅雷、 决て不 參無, 之 侯 .^-p く 至孝の 性、 萬 民 

威 戴、 先 づ是が 第 一 の 君德に 御座 候 大老 侯 も 一 日 も老侯 を不, 被, 見 候 得ば 不 k 樂候 仍, 之 諸 公 

子 も 同斷、 孝心 感服 致 候 。■ 老侯 宮-て は、 日々 孝 經を講 申 候。 ^きの 有司 一 統不, 及, 申、 三 公千 も、 

B< -參會 被 k 聞, 講候 就, 中 或 心の 儀 は、 當主之 養子 世 子宮 松 殿、 今年 八歲、 甚怜钢 i$ 座 疾 a 

老侯 宮中に て 成育 有, 之 候 起居 動靜、 言々 行々、 全く 老 侯の 德度 を晃聞 有, 之、 御 祖父 樣ょ A- 外 

に UK 有人 は 無 i 之と 被, 存候由 i.: て、 いやはや 驚 入 候。 日 々講. ^被, 聽候得 共、 倦怠 之 容色 一 つも 



前 導 有 之 に奧 座の 間へ 案內 にて、 賓主を 分け、 例の 對座 にて、 先々 笑 泣談に 及び、 夫よ ゥ料现 一 

出 候て、 馳走 無 i 所, 不, 至 候。 炙 は 御自身 被 i 引 候。 例の 通 杯 を. S し 申 候て、 諸 有司 奔走、 八 ッ過ー 

迄飮 宴、 夫よ. ON 左右 を 退け、 精密の 言談に 及、 國 事共 先 < -荒增 質問 有, 之、 學談に 及、 今ば は 勞しー 

" 可, 申と て、 七ッ 頃に 致, 一 返 出, 候 C 送迎 如, 常、 痛 入 候 事共に 御座 候 歸館後 直に 以,, 使者: 仍儿二 

B i つ 蒲 席 一 つ 小 杯 一 つ 被 i 贈 候。 命に 御 老年の 儀、 勞 疲を甚 恐れ 申 候 間、 此几" よ ft- 此 席に 座し、 誰に 一 

本 一 逢 候 共、 必々 席 を 離れ 几 を 退け 等 之 儀 は、 决て 無-御座, 様に との 儀、 杯 は 近年 小 杯 を 御 好みの 由、 一 

一 是 にて 心 儘に 御用 候樣 に、 儿 S 高低 心に 叶 ひ不, 申 候 はレ、 又々 可,, 巾 付-候、 蒲 席 は 國產の 蒲に て さ 

倫 一 新に 柔に 織せ 置 候 由、 養老の 意 無, 所, 不, 霜 候 ヌ 命に 此度御 下. M: に 付、 老臣 共 初め 皆々 日々 敏ー 

理 一 出 候-起居-可, 申 候、 先生ょ-^御出の儀t^、 决て御 無用、 此段 兼々 老臣 共へ も &付、 其 外 家臣 一 

一 統に 右め 段 中 渡 置 候、 大老 侯の 宮諸 公子へ も 同檨、 是は 此方よ. - 日限 を 卜し、 御請 じ 可,. & との 一 

彙 \ 儀、 其 內比三 老臣. P 參り、 安否 を 問 ひ、 夫よ. -廿 年の 心事 を談 じ、 元來 弟子 之 儀に 候 得ば、 無, 一 j 

編 ™ 殘處- 愛敬、 老 侯よりの 被-仰 渡, 之 通りに、 私宅 等へ 爲-- 挨拶, 罷出候 事 は、 必々 斷に及 申 候 由、 _ 

. 皆々 申 聞に 候 依, 之 逗留 中 三 老臣 及 其餘の 大臣よ. 9、 一統に 日々 來問を 請け 候 計に て、 愚老 よ」 

一向 不, 參 候。 發足 前に 飮 宴と 申 候て、 三老へ 一 夜宛咄しに參<^、 歡を盡 し 中 候 大老 侯の 宮へー 

も、 雨 日 被 k 請 候て 參謁、 大老 侯 七十 七、 淚を 垂れて 御 悅に候 盡 B 馳走 無,, 殘所, 候」 三 公子 II 

,§| 是も 追々 來問、 自 直化 は不, 參、 立 前に 一 度 宛 参. CN、 馳走に 逢 申 候 一 

^井 平洲 嚶鳴 遣 草 4! ^第 六 附錄 百 五十 五 < 



J 衷舉 PS ,9 五十 四 

兵衞 (衛 は、 君 侯の 命 を以同 敷是迄 郊迎、 勿論 整 儀 候て、 禮容 深切に 候 ^鼓 河 守 殿 其 外 諸 公 

子よ. o,p、 タ. の 使者 皆禮 服に て、 是迄罷 出 候 大老 侯 は 其 節 丹 泉に 入湯に 付、 附の 家老 一 人 使 

者に 被-差 出-候。 今日 近傍の 材民 無-老少-田 畔に 伏して 儀 を 觀申候 者、 鳴 呼の 整 計に て、 皆々 落 

淚飮 泣の 聲啾々 と 聞え 候 得ば、 侯の 德 民心に 或 戴 之 所 は、 是 にて 相 知れ 申 候 於, 是愚老 なる 者 

豈可 k 不, 泣 乎 豈 可禾, 泣 乎 

御案內 可:, 申と て、. 老侯 發駕、 直に 引 親き 尾して 府 城に 入 ケ申 候) 都 城 之 民 滿途老 侯の 儀衞ぉ 

拜觀 し、 並に 愚 老を見 申 候て、 是又鳴 呼 之 聲不, 斷 i 候 旅館に 三の 丸內老 侯の^ 館よ 上 二 丁 斗 も 

有, 之 候 奥山 良 助と 申 侍 近頃 家作 を 致 直し、 GH^- 敷 も手廣 く、 家 1.P 甚調; 3 申 候 宅に 御座 候。 此人 

願 出 候て、 愚老 逗留 中の 旅館に 被-仰 付-度、 甚 殊勝に 被, 存、 右 屋敷 を 明 渡し、 旅館に 被, 定候 

愚 老襄年 泉水.^ 好み 申 候 段 被-, 聞 及-候て、 新に 右 庭 中に 泉 池 を 被 kr 流水 潺湲 中々, もしろ く 

候 但し 日々 多忙、 右 庭 中へ 下 6 致 _ 一 逍遙, 候 事 は、 只 一度にて 御座 候 

館に 至. -侯 前より、 國 老中 條豊前 竹 俣 兵 庫 以下の 長 有司、 皆々 禮衣嚴 然待迎 へ 候て、 慰勞 無., 1^ 

レ不, 至 候 -iis 公館 よら 着の 悅の 使者 不, 斷, 門 候」 其 夜 は 半 は 甚勞し 申 候 ひき 

翌朝 改て老 侯よ 6 使者 を以 被, 勞、 並に 請し 被, 申 候 付、 四時に 隱 館へ 罷出候 所、 門に 見 次ぎの 

者兩 人. ffl 待 愚 老旅誼 を 發し申 候 相圔を 報じ 中 候て、 愚老 門に 入 候 得ば、 附の 川人兩 三人 玄 關式臺 

に出迎 ひ、 取次に 下座に 待 申 候。 入-座敷, 候 得ば、 老侯麻 上下 外宮 三の 間 迄 御出迎 にて、 御自身 



編 彙斑倫 本 B 



日々 勞を 忘れ 由 候 日光 之 左右 は、 元來 足下 歷遊之 地、 所々 にて 御嗜を 申、 此行同 携不, 致 事お 

恨み 申 候。 刀 稱川以 束驛々 にても、 逆旅 主人 往々 志 有, 之 者 も 御 坐 候て、 米 澤聖君 樣の御 師匠 樣と 

申唱へ 逢に 罷 出し 者 も 多く、 宵に 參, 又 朝に 夜 を, 込めて 途中 迄禮 服に て 送, 候 者 も 有, 之 候 依 

, 之 来澤侯 之 德隣國 に 布き. &候樣 子 共、 致-感心, 候 十 一 日 振 之 旅行、 九月 五日に 南 境 板 谷關に 

至. -候 所國梭 之督學 I ほ 11 致 # 神 保行簡 前日より 罷出、 以, 命 勞し申 候。 其餘 吏人 も 多く 差 出レ被 

レ嗇 候。 翌 六日に 嶺,^ 下.^、 府 城よ. 三 里 大澤と 申 驛に至 6 候 所、 老侯親 敷 郊迎之 沙汰 相 聞 候 付、 

llM ぎ 候て 八つ 過に 羽黑 堂と 申 地に 至. 申 候 此所は 南郊 一 里 五六 丁:^ 府城 を距. 申 所に 候 最早 

侯の 儀 衞遙に 相 見 候 付、 五六丁轎を下り^5^み申候所、普門院と申寺の門前に、 兩 傍に 雲從 俯伏、 侯 

は路の 中心に 立て 被 _| 相 待, 候 進而拜 し 申 候 所、 愚 情 は 地に 手して 拜度存 候 得 共、 侯の 態度 左 候 は 

地に 手して 答拜 可, 有, 之檨子 故に、 無-是非 一足 跗に 手して 拜し申 候 先 何 之 言. P なく、 老淚滿 

顏に御 坐 候。 侯. P 一向 無言に て、 淚滿 面、 先生 御 安泰と 計に て、 御案內 可, 申 どて、 寺 門に 被, 入 

候、 外 門よ ftN 中 門 迄、 足 指 仰ぎ 申 候 三 丁 計の 坂に 御 坐 候 聯步 にして 進み 申 候 中々 I 形, も 前行 

は 無 i 之 候。 杖 を 被 i 進 候 得 共、 辭 して 不, 杖 候 間、 若 やつ ま づき. P 可, 致 哉との 心 遣と 相 見え、 手 

を 引ぬ 計に 比肩して 被, 進 候。 堂に 上ゥ候 節、 御 案內と 被, 申 候て、 階 を 上ら 堂 板に 座し、 俯伏し 

て 被, 待 候 .0 夫よ 6 座に 上. 候 時、 是は例 御存知 之 通、 辭讓久敷候て、漸對座に相成ぃ^c/\言も 

出て 候て、 御 互に 及= 言語, 申 候 杯 進み 候て、 例 之 通 進し. & 候て、 献酬 も相濟 候。 國老程 戶六郞 

細 井平洲 嚶鳴鉈 遣 草 卷第六 附錄 IBS 十 I 二 



折衷 學汲 kn 五十二 

新年 恭喜, 潜 甚寒候 得 共、 御 揃彌御 安福に、 殊更 今赛 は、 令 女孩 笑、 御 交々 目出度 御迎陽 可, 被 

, 成と、 重疊 目出度 奉, 存候 小 館 中、 老少 無, 恙 致,, 加年, 候 御 安 意 可, 被, 下 候 . 

去年 追々 御 詩 書、 節々 無, 滞 致- 拜見: 大きに 慰 •, 遠 念-申 候。 賁核も 追々 御 造 立 落成 之 由、 賢勞に 

は 候 得 共、 . ^々恭 悅之御 事、 御 本望 之 越 致-遠 察, 候て、 於恿老 《p 大慶 不, 過, 之 候 近年 列國 追々 

梭舍取 立ても 相 聞 候 其內半 は愚老 常々 參. 候 諸侯 家、 造 立 之 功 も 追々 致, ー與 聞, 候て、 本望 之 事に 

存候 賁邦 は猶更 足下 御 取 立の 事、 心底 致 = 喜悅, 候 此上 勸學之 主法 等、 無,, 御油 斷, 御 心 掛被成 

候樣 にと 存候 ◦ 鬼 角 急に は不, 參 事に 候 間、 永久 之 所 を 專に御 譲し 被, 成 度 候 事に 存候。 

愚老去 八月 二十 五日 東都 致- 發足, 候 C 此 行は偈 に米澤 今侯老 侯への 孝心よ 6 事 起り、 久々 御 面 

談 も不, 申、 老侯 常々 遙念 不, 已候 付、 今 侯 其 所 を^ 勞念 有, 之 候て、 急 度 市 谷へ 願 達 有, 之 候 付、 

市 谷 にても 甚 孝心 を慼心 被, 致 候 故に、 乍,, 大儀, 下向 候 樣に被 = 申 渡 7 日限 之 儀る 彼 地の 用舉 相濟 

候 迄 は、 心 次第に 逗留 致候樣 にと、 細, I- 被,, 申 含? 元來 生涯に 今 ; 度老 侯へ 對面 いたし 度 本心 下 

悃に相 叶 候 付、 七十 老 お忘れ、 百 里 之 旅行 も 存立 候 事に 候" 途中 介抱 之爲 に、 服 部 吉彌を 被, 添 

日々 の 取 計 ひ は、 內田 吉左衞 門と 申 勝手 方 之 老吏ー 人、 行旅の 事 を 司り、 耩夫共 迄 謹愼之 者を馔 

みて、 愚 老の門 生 上田 雄 次 郎菱刈 卯 三 郞兩入 介抱に 同道、 隨身 之家來 は、 那須頁 助鎗待 草履 取兩 

人、 其 餘の持 人 雑人、 何れも 彼 家 之 謹直 者 計 を 被, 附候 付、 々道中 賑々 敷、 自基, 之 堂, 之 態, 

吟 1^ 耿笑樂 敷 事に 御 坐 候 兩 生之內 も、 上田に 東都 人に て、 山野 之 風景に 逢 候へば、 躍. 5 侯て、 



是 先師 以=寬 政 丁已之 春-所, 賜, 余 之 手書 o 事 狀詳悉 盖儼然 一 編米澤 紀行 矣 書 到 之 初 柳 川 致仕 

大夫今 村 子 共 適 訪,, 余廬? 余 出 示, 之〕 子 共 觀而大 喜 威 稱不, 已0遂 請,, 數日之 借? 袖歸 子 共 好 善、 

盖寫而 傳,, 之 于., 人。 厥 後寫. 相承 敝 年間 我 叫 隣侯國 之讀, 書 好, 道 者 往々 皆傳, 之 云 先師 沒去 

今 十 有 七 年。 而此書 則 二十 有 一 年。 鳴 呼 舊矣。 先師 賜-, 窨余 家, 甚多 而此 牘尤深 威:, 人 謹 装 以貽, 

之 于_- 子孫? 

文化 十四 年 冬 十 一 月 樺 公禮拜 



細 井平洲 嚶鳴 £ 遠 草 卷第六 附錄 百 五十一 



折衷 學游 krr 五 4. 

御 入用 程 御擧用 被, 遊 候て、 相濟 可, 中、 黜^ 進退 時宜に 御隨ひ 被, 遊 度 候。 唯々 人々 分^ を 守り 候 

樣 にと 申 處肝要 之 儀と 奉, 存候 某 生 三年 在 塾、 頭取 を爲, 致 置 候處、 赏義篤 0、 可, I 看破, 事聊も 

ぼ U 之 候 始終 調子の 替らぬ 生得に 御 坐 候。 外々 も 筒 樣に御 坐 候 は^、 學政は 先 御 間 も 合; 3 可 i 申 

かと 奉, 存 候。 人々 溫柔 敦厚に 相 成、 一 同に 相 親愛 相 恭敬して、 異論 異風の 起らぬ 襟に ふ 得 可, 申. 

事、 師長の 極意に 御 坐 候と 舉, 存候〕 以上 

- 羽に 申 上 候 通、 老衰に て、 何是ぐ ど/ \ 仕り、 手 筆 はかな やら かたかな やら、 埒も 無, 一 御 坐, 候。 

^々不敬 之 至極、 實以 奉-恐 入 I 候" 朝夕 を はかりが たき 老衰 之義、 心 程に は. E. 取.^ も 相 叶不, 申 

さ. と は渐愧 なる さに 御 坐 候 C 其 所 は 千 萬 蒙, 一 御恩恕 7 1 つに て. P 御 収用に 相 成 候 事 は、 御 汲 量 

被, 遊 被-下 置, 候 様に 仕度 奉, 存候 筆に 隨ひ候 得ば、 いか 程 申 上 候て. p、 盡 き不, 申 候 得ば、 先 

大略の 所. ^書記し、 奉, 入,, 御覽ー 候。 大夫 君子へ 篤と 御 評議 被, 下 度 奉, 願 候。 以上。 



曙 鳴 館 遣 草 卷第六 終 



耍に御 坐 候 o 大 夫は大 夫の 道 を 守 fts、 士は士 の 職 を 守. 9、 上下 貴賤 一 同に 我國 よりよ き國は 無, 之 

と 存候樣 に 致 度 候 他所 他國 への 吹聽 は、 不埒の 政な く、 不 博の 罪 民な き樣 にと 聞え 候 は i -、 無 

上の 御 儀と 奉, 存候。 百 石 は 百 石の 入用、 千 石 は 千 石の 入用、 大きく 申せば、 國土は 十万 石 は 十万 

石、 十五 万 石 は 十五 万 石、 其 上の 事 は不, 致 事、 :w ならぬ 事に 御 坐 候 Q 浮虛の 無, 之樣、 實 行の 多 

き樣 にと 敎へ 立て 申 度 候。 其 所 は 師長の 敎へ 方、 學 生の 學 びかた に 有, 之 候 追々 學生 輩の 詩文 も 

出精 故に、 澤 山に 傳見仕 候 先日^が 參. 悅び申 候に 付、 敎方宜 敷 故に かく 迄 詩人の 出來の 事、 手柄 

至極 之 段稱美 遣し 申 候 其後參 .9 候て、 詩文 澤 山に 持 參仕. 9、 是を ある 盛なる 學 館へ 遣し、 夫々 の 

評. を も 請 ひ 可, 申 由 申 聞 候に 付 、可, 然と は 申 候 得 共、 如何にも 可, 然と も不, 存 候に 付、 又々 參 6 候 

節 は 止 申 候而、 先 暫く 他 へ 遣し 候 事 は、 見合 可, 然越申 聞 候 得ば、 成程と 致-承知, 罷歸り 候 Q 莨ェは 

人に 示す に璞を 以てせず と 覺ぇ申 候 。至極 上手 感心に たへ ぬ 程 にても、 非 論 は 多き 物に 御 坐 候〕 い 

まだ 作. 9 習 ひの 詩文、 大邦 君子へ も 示し 申 度と. &は、 早 浮 靡なる 心よ. 9 起 6 申 候〕 此浮虛 の 心 

情 長 ぜぬ樣 に 致 度 候 先づ內 輪に て 得と 熟し 候ての 上と 申 心が 實心實 情に 御 坐 候と、 愚意に は存 

候 よら、 右 之 通 A- に. 2 申 聞 候 

大邦御 政事の 助けと 申!:、 人々 實行を 志し、 虛飾を 恥の 樣^ 敎へ中 度 候 U 報 上の 心は實 行より 

出で、 競 進の 心は虛 飾よ. 9 生じ 申 候。 人々 分限 を辨 へ、 今日 を 安 じ&候 事、 學問之 所得に 御 坐 候 

御 學問所 頭取の 人物 は、 君 上 之 御 服 力に 有, 之 事、 大夫之 取扱に 有, 之 事、 三人に て.^ 五 人 にても、 

た鉬并 平. 洲:. 卷 5ハ -百 S 十九 



百 a ナ八 

气 く 有 之 度 事に 奉, 存 候。 1. 學問所 狭く^ 成 候 はレ、 人-ど 分ち 講日. 分ち、 如何 樣共 人が 納り 

候樣に 被, 遊 度 候」 澤 山なる 時 も 一 杯、 不足なる 時 も 一 杯に 相 成 候樣に 仕度 候 弊 邦に て 明瀹堂 

を 造 立 仕 候 節、 隨分 手廣く 致- 經營, 候 得 共、 初而講 お開き 候 日 は、 一 統麻 上下に て罷出 候に 付、 一 

向 手せ まに て納 りかね、 無, 據 老中 之 指 M にて、 堂の 前後に 敷物 を爲 X 致 候て、 尊卑 を 分ち、 食 人 

け 堂上、 賤者は 堂 下に 居並び 申 候て、 講を 終り 申 候 老臣 執政 喜悅 にたへ ず、 急に 又々 堂 を 作. 

足し 可,, 申 評議に 御 坐 候 C 其 時 愚 老申談 じ 候 は、 忝き 事に 御 坐 候 得 共、 始終 は 箇樣に は 無, 之 事 必定 

に 御 坐 候 間、 先 暫增作 は 御 止め 可, 被, 下 候、 貴賤の 席 を 定め、 講日を 分ち、 上 分に 一 月 六 度、 中 

分 は 四 度、 下 分 は 二度と 相 定め 申 度 候、 . ^講日 出席 は、 朝 五つ 時 を 以て 定 とし、 五つ 時には 學館 

の 門 を 鎖し、 たと ひ 大臣 有司 にても、 門より 歸ら 候樣に 被, 成 可, 被 i 下 候、 左 候 得ば、 七 八 百 人 千 

人位 は鈉ケ 可, 申 候、 行々 衰へ 候ても、 玄關の 敷臺へ 子供の 集り 手 まりをつ かぬ やうに 御 定め 被 

レ下 度と 申達し 候 得ば、 尤なる 事と て 相 止み 申 候 仍, 之い つ 迄 も 堂に 一 杯 は 有, 之 候 近年 督學も 

三代 目、 人々 の 存盧も 有, 之、 信 敬?"? 薄く 相 成 候 得ば、 規則 は 私の 立て 置 候 通に て、 相 應に人 も 

出 候て、 學問所 は 依然と 御 坐 候 ◦ 二度の 釋 菜- * "急 度 有, 之、 上の 名代 は 爵位の 老臣 大紋 にて 相 勤 

め 申 候、 先 づ箇樣 なる ものに 御 坐 候。 學館 せまく 候と て、 作. 增 く 候て は、 限り ネ 無:, 之 事 id て- 

可^-御 坐-候。 

一 御 學問所 を 御 立て 被 i 遊 候 本意 は、 御 國の人 俗 質 實を失 ひ不レ 申、 浮虛 にならぬ やうに と 申 所 肝 



樣に、 あしく ならぬ やうに と、 古聖 賢 名言 を 申殘し 置れ 候て、 其 理義を さ へ辨へ 知. 9 候 得ば、 乍不 

レ及其 通. 9 に不, 致して はならぬ 事に 御座 候 其理 義を辨 へしる に は、 書物 をよ み 師の敎 に 隨ひ候 

より 出來候 事に て 御 坐 候 それ も 出来ぬ は、 書物 をよ まず、 師の敎 に不, 隨ょ. 生じた る 不肖 小 

人に 御 坐 候 君子の 多くなる 樣に、 不肖 小人の すくなくなる 樣 にと 申 君 上の 御 願望よ .9、 大勢 人 

日 を 集め 候て、 と ずれに す. あげみ がき 上 度、 夫 故舉問 所^ 御 取 立て 被, 遊た る 事に 御 坐 候 左 

本 候 得ば、 學問所 を 預<^ 申 役 は、 重^, P 下役 も、 扨々 重き 職分に 御 坐 候と 申 所 を、 心底に 寸時 も 忘 

れ申間 敷 は 師長の つとめに 御 坐 候0 忠臣 は 出で 不, 申 共、 不忠 者の 出ぬ やうに、 孝子 は 出ず とも 不 

倫 一 孝 もの V 出ぬ やうに と, 5 得 候て、. 二 年 三年 宛敎化 をいた し 度 事に 御 坐 候。 

理ー 一 盛衰 は 物の 常に 御 坐 候 盛 なれば とて、 百年もニ百;^^も、 ー榛 にて は 立ぬ. i、 古今 歷然に 御 坐 

候 併し 取扱 方に て、 十^が 廿年、 五十; か 百年まで は 持 こた ゆる ものと 相 見え 申 候 取扱 あしけ 

彙 れば、 火の も ゆる 樣に候 得 共、 びつ しょ ftN と 水 を かけた る やうに 相 成 候。 君子 不窮之 業 を はじめ 

編 一 候 時 は、 まづ衰 へたる 時 は 如何 樣に 可,, 相 成; -包 しびつ しょりと はきえぬ 檨と申 所 を 最初に 考へ申 

一. 度 事に 御 坐 候 勝ても 長 追 ひ をせ ず、 B 'の緖 をし め 候 事、 古より 名人の 所作に 御 坐 候。 君 上 御仁 

明に 被, 爲, 在、 其德化 次第に 行 屈タ、 御 封內之 人民 孝悌 力 田の 民 も 次第に 多く、 卿 學館も 次第 

に繁昌仕.0^、 學問 出精の 人 も 多く 相 成 事 、可,, 中 上, 樣も なき 目出度 御 儀に 奉, 存候 併し つら/ \ 

相 者え 申 候 得ば、 最早 只今の 御 政治 此上 も無レ 之、 御 十分 之 御 儀と 奉 レ^ 候。 何卒 世々 子孫の 御上 意 

. 鼬 井^ 洲 嚶嶋飽 遠 草 ^第 六 百 四十 七 



折衷 s 游 百 四十 六 

候 は、 万端に 害 を 生 t 申 候 書 をよ み 申 時 は、 人の 世に立ち、 死す る 迄 無難に 渡り 可, 申、 本文 

は 紙一枚に 幾 所 も 記し 有, 之 候。 それ を 全く 身に 行 ひ 言 ひ 出し 候 は、 賢人 君子に 候 得 共、 左榛に 

はなら れ ざる ことに 候 得ば、 一 クニ ッ宛 もいた し 習 ひ 言 ひ覺へ 候て、 君子の 仲間に 入 6 申 度 ことに 

御座 候 入て は 孝、 出て は悌 とよみ 覺へ申 候 得ば、 不 k 及 迄 是を 心がけ 可 i 申 事、 言 忠信 行 篤 敬と 

有, 之 候 得ば、 不, 及 迄 も 是を守 ftN 可, 事 申、 それ を 不ぃ負 i 所, 學とは 申 候 書物に て は 朝夕よ み 候 

得 共、 一向に 言行 は 其 所と は 違 ひ 申 候て は、 盡く學 ぶ 所に 負き たる 人に て、 不茛 人に 御座 候。 此 

道理 を 能く 辨へ可 X 申 事 書生の 業、 辨 へさせ 申 度が、 師長の 職分に 御座 候。 

10 身に 分限の 有, 之 事 を辨へ させ 不, 申 候 得ば、 人々 の 人欲に て、 人よ. は 尊くな .5、 人よ. は 富 

有に な 6V 度 ものに て、 いっか 分限 を 忘れ 候よう、 不法 不埒 》 "出来う、 學 問の 害 夥敷、 終に は 身 を 

失 ひ 生 を し 候 人 も 有, 之 事に 御座 候。 所,謂論語ょみの^1語しらずにならぬゃぅに學び度敎へ度 

事に 御座 候 扨 師長と 巾 者 は、 先人に 信ぜられ 愛せられ ずして は 不レ參 事に 候。 人に 信愛せられ 候 

得ば、 悅 服して 畏敬の 心 も 生じ 申 事、 自然に 御座 候 人を悅 服爲, 致 候 事 は、 第一 言語 容貌 を 慎 

み 可 申 事に 候 溫柔 敦厚 は 詩の をし へな. と 有, 之 候 詩 を 作ら 申 人 は、 此處を 能 心得 可, 申 事に 

御座 候 此 場よ. 9 詩に 入 候 得ば、 其 人物.^ ぃク となく 温和に なるべき ことに 御座 候 U 我慢 我執つ よ 

くなら 候 は、 詩の わき 道へ 入. 5 たる 人に 御座 候 詩 を 學ぶも 文 を 作る も、 君子の 所作に 御座 候。 君 

子と はいかなる 人 を 云 ふ、 小人と は 如何なる 人 を 云 ふと 申 1^ を辨 i^*^ 度 事に 御座 候 人の よくなる 



涯 もとな しく 相 勘め、 心底 一杯に 忠赏 を盡し 可, 申 事、 學 問いた し 候 人の 安樂なる 所に 御座 候〕 是 

を辨 別な く、 時 を 恨み 上 を, V しる 人 は、 不良の 人に 御座 候。 其不 K の 人の 澤山 にならぬ やうに 敎 

へ 導て 遣し 可, 申 事、 師の 職分に 御座 候」 

一 學館學 生の 業 は、 四 喾五經 を素讀 して、 文字 訓點 正しくよ み覺 えさせ、 次第に 講釋を 承り、 そろ 

く 義理 を辨へ 知りて、 ちと 宛 も 身 行 を 習慣 爲, 致 候て、 其う ち 奇特の 者 を 御 褒め 可, 被, 遊 事に 御 

座 候 詩文 を 習 はせ 申さ は 、心情 をのべ 辭義 をし をら しく 作. 覺ぇ、 無 風雅 殺風景に ならず、 其 功 

にょ.,^古今之治亂奥廢人情の厚lwをも辨へ知べき遊散に御座候o 上手 は 秀才、 下手 は 不才の 差別 

迄にて、 さの み國 政の 利害に は與 6 不, 申 候 0伍 し 辭と申 もの は、 申樣 にて 人心 を 感じ 候 事、 妙なる 

もの に 御座 候 得ば、 善良の 心,^ 長 ヒ申樣 に 心得 申 度 事に 御座 候 狂言 妄語、 當 座の 遊戯と 心得 申 候 

得ば、 利益 は少く 損害 は 多き.. Mii 御座 候。 报害と 申 は、 驕敖 自負の 心 を 長 じ、 詩 を 作, 文 を 書き 待 

ぬ 人 は、 人に て $ 無, 之 樣に晃 下し 候て、 夫より は 人の 詩文 を ほめ そし.^ 候 事が 面白く 相 成 候 時 

は、 人の 德を 損じ、 不, 斗 害 を 生じ &事、 古今 澤 山に 有, 之 候。 詩文 は 心に 思 ふ 所不, 申して はるら れ 

ぬ 人情に 候 得ば、 其 思 ふ 所不, 好 候 得ば、 申出す 言葉 も、 豪慢 不敬 多き ものに 御座 候 左 候 得ば、 

上手 もよ し、 下手:, P あしからず。 必竟 心の 存 する 所、 眞情を 取 失 ひ不, 申樣 にと 申 所が、 作者の 本 

意に 御座 候。 左 候 得ば、 先々 經鼓を 深切に よみ、 一 句 一 言 にても、 會得 致し 候 事 を 言に 言 ひ 身に 

行; 5 候 樣に致 度 事に 御座 候。 今日 治世の 分啦を 忘れ、 直にむ かし/ \ の 人の やうに な. CN.fii く 存じ 

翻 井平洲 纓鳩館 SS 草 ^第 六 百 四十お 



** 衷畢 百 四十 SI 

第 一 と 奉, 存候 有レ敎 無, 類と 被, 仰 候 かと 奉, 存候 、 

C 師長と 申 候へば とて、 我 計 是非 々善き 事 は 不一-相 成-候 聖人 萬 世の 師 といへ ども、 得 不レ被 

, 成 樣に相 見え 申 候 但し 人を敎 ふるもの は、 人と 共 ,1- に 善事. 致 度、 人と 共々 に惡 事に 不レ 致樣に 

心 待 申 候て 敎へ申 度 事と 被, 存候 C 發明 もの も 愚鈍なる せの も、 御 家中の 人に 御座 候へば、 發 明よ 

發明 丈に をし へ、 御用に 立て、 愚鈍 は 愚鈍 丈に 敎へ戒 て、 刑 辟 を受ぬ やうに と 申さ かと 奉 レ存& 

人情 は 同 を悅び 不同 をに くみ 候 事、 無, 據 事に 御座 候 得 共、 其 所 を 勉強して、 同異の 論 無, 之樣 

にと * 事、 衆人の 師長の 役に 御座 候。 我 好む 所 を 膝に 加へ、 我 惡む所 を 淵に もとし いろ、 樣 いた 

す は 道 德を敎 る 人の 任に は M に 之 候。 善 を 賞し 惡,^ 返け ふこと は、 人君と 大 夫の 職に 御座 疾 

其 人君 大夫 不都合 之 事 有, 之 候 は. „•、 諷諌して 何卒 不都合 無, 之檨 にと 忠を盡 し 申 は、 儒臣の 職分 

に 御座 候 

時に 治亂ぁ 所 施に 宜所 あり 先 第一 心得 可, 申 事に 御座 候 亂 世と 申 は、 人の 尊卑に も よら 

ず 續き 柄の 親疎に も よらず、 今日 戦に 勝ち 我 國を强 くす る 人 を あげ 用 ふる 事に 御座 候 抬 世と 

申 は 人々 の 尊 車 分限 ひしと 定 ft- あ 6 て、 我 國が惡 S とて、 人の 國 へ《? 行れず、 とて 《p かくても 

君主の 下知に 隨 ひ不, 申 候て: r 一 日 も 立ち 不, 申 候。 分限 を 超 候 事 も. 主君の 御 眼力 次第にて、 

下に 屬し 居候ても、 可, 恨事 は 不-ー 相 成 一 候。 . ^大夫 は大 夫に なり、 士は士 にて 御 奉公 仕る より 外 は 

無レ之 候。 大 夫に 擧用仕 給へば、 大 夫の 所作 を 致し、 士 被, 成 候て、 御用 被, 成 候 待ば、 士 にて 生 



不, 覺自滿 の 心 も 生じ、 我 を 高ぶ ケ候 事に, p 移ら 申 候 事、 是又 自然 之 病氣に 御座 候。 仍, 之 善良の 師 

長お 御 立て、 其 人の 言行 を 見まぬ 閱 まね 候樣に 被, I 思 召 I 候て、 師役を 御 立て 被,? 近 候 事に 御座 候 左 

候へば 先 づ師と 相 成 候 人、 此所を 能く 心得 可, 申 事 第一 に 御座 候. - . ^人 を 敎へ 候て 《?、 百 人が 百 人 

ー樣に は不, 參《 ^の、 人心に 各々 別なる 事 は不, 及-申 上-候。 孔 夫子 三千の 弟子、 七十 人 之 親炙 弟 

子 達 も、 人々 心盧も 別段、 所行 も殊 異にて、 盡く 一 統には 相 見え 不, 申 候.〕 乍, 併 聖人の 德化 にて、 . 

何れも 赛茛 君子に 被,, 相 成 T 大は 大、 小 は 小、 それ, ^ に 世界の 用に 立つ 人 計と 相 見え 申 候 ® 人 

の御德 にても、 御 一 樣に敎 へ 立てられ 候 事 は 不一 一 相 成 一 g のかと 被 i 存候. - 併し 人が 善良に 相 成 候 

所 は 一 同に 御座 。 

一 師長の 入を敎 へ 候 事 は、 他國は ともあれ かく 《p あれ、 御國 の御爲 になる 樣 にと 申 所、 肝要と 奉 

レ存 候。 他家 他 國.; まね をす るな と 御 定め 被, 置 候 事 は、 御 先祖の 深き 思 召と 奉 i 存候」 但し 他所 

他國之 風, 學ぶ なと 被 一一 仰箭 ノ 候 得 はとて、 よその 國の 善事 をす るな と 申 候 事に は 有 一一 御座 1 間 敷 候 ◦ 

餘處の 風 を 致し 候て、 御園の 人情に あはぬ る はするな と 申 事に 可, 有 一一 御座, 候。 孝悌 忠信 仁義 禮 

譲 は、 何國 にても 人の 悅ぶ 道に 御座 候」 但し 富 食なる 家に て は、 被, 下物 取扱 ひも ゆたかに 御座 

候 貧乏なる 國 にて は、 至て 少く 御座 候。 是も 一 檨 にならぬ さと 被, 存候 C 併し 學問を 致し、^ 義 

明かに 和 成 候 得ば、 多少 厚 蒲 は、 さの み 怨み つらみ もな く、 1 統に 取扱 ひの 能き は 難 i 有 奉, 存候 

事、 をれ が 學問を 致し 義理 を 辨へ申 候 人の 所得に 御座 候 此所を 辨へ候 樣に敎 へ 可, 申 事、 師長の 



折衷 筝派 . 一 百 四十 二 

對= 某 候 問, 書 

以-, 別紙, 申 上 候 老衰 之 儀、 手 筆相乖 き、 字形 も不, 正、 文 言 も 前後 仕ゥ、 重復 多く、 篚條の 次第 

も 相 調 ひ不, 申、 不敬の 至 奉-恐 入, 候。 改書仕 候て、 可 i:, 入, I 御覧, 箬に 御座 候 得 共、 精神 弱く 罷 

成、 幾度 も 相^ 直し. 5. 候 儀、 甚 W 難儀に 罷在 候^ ぱ、 隨 意に 筆記 仕 候 まてに て、 差 上申 候 事、 何 

分に も 奉 i 蒙-御 忍恕, 度 奉, 存 候。 

10 御 國に學 問 所 を 御 造 立截, 遊 候 御 本意 は、 御先 樣ょ. の 風俗 を 失 ひ不, 申、 萬 人 安堵 仕 候樣に 

被, 遊 度と * 所 極意に -、 人 を 利口 發 明に 被, 遊 度と 申 所に て は 無,, 御座, 候 元來御 國の舊 風、 質 

實 篤行に て、 詣 家に 勝 ft^*. 候 事 多く 御座 候 乍, 併 大平貳 百年の 恩 化、 次第に 奢 靡 逸樂に 移り 候 所 

多く 相 成 候に 付、 御.^ 事 も 六 镜敷罷 成候處 を、 御氣之 毒に 被, 一思 召, 候 故に、 學 問と 申 事 を 第 一 に 

御 引立て 被, 遊 候 御 事に 御座 候。 學問を 不, 仕 候て は、 人々 我 見 我意の みつの. 候て、 上の 御仁 德 

と 申 所 を 思 ひめ らし 申 事 無, 之 故に、 其 思 ひめぐ らし 候 心 持の 生じ 候樣 にと 被,, 思 召, 候 故に 御 

^候 左 候 得ば、 其 國之學 風 は、 先 第 一 人情の 質 實に相 成、 浮 行 虚飾 之 無:, 之樣に 被, 遊 度 御 儀と 奉 

レ存候 但し 學問を 致し 候と 申す るに は、 四 窖 五經を よみ 習; 3、 夫よ. 5 其 義理 を, VK:./\I! (候て、 

少々 宛 にても 身に 行 ひ 慣ひ申 事に 御座 候。 但し 書物 をよ み 習 ひ 候へば、 自然と むかしく の 事 も 

相 知れ、 人の しらぬ 道理 も そろく 合 點參. 5、 善 惡邪正 も 辨別仕 候 樣に相 成 候へば、 凡人に は 勝れ 

知慮 も 開き、 口 S きか 5,、 人に 》^ 見 こなし 不, 被, 申 檨に相 成 候 事、 勿論に 御座 候 但し 此 所よ. 



編 棄理偷 本日 



死の 場に て見續 くべき 侍 若 黨を减 省し、 仲間 小者の 立 廻. よき を 美: IE として、 日 雇 ひの ものに 弓 

槍 を預る 乙と を は す、 出入の 町人に 茶 を 振舞 ふ を 美 目と して、 知行の 百姓の 袖 乞す る を 恥ず、 

衣服の 垢つ かぬ を 美 目と して、 吳服 商人に 延引 を わぶ る を 恥ず かやう にか ぞ 〈みれば、 美 目と 

恥との 辨へ 明らか ならぬ さ、 いくばくと いふ 數 もしらず 一生 辛苦 をして、 快樂 なる 心 はなく、 

窮 鬼に 責られ て 身 を 終る さ、 是非!^ なき 次第な. 00 國は 君臣 榮辱を 明らかに 辨 ふれば、 財 用滿足 

の 基本た つ。 農工 商賈 は、 上に 忠 直の 奉行 頭 をお にたて、 取扱 はすれば、 上の 好 次第 I ぅク りか 

はる 物故に、 君 上の ゥ とめ は 榮辱, ^明らかに 示して、 善良の 役人 を えらみ 給 ふの みに て、 鎖 細な 

る 役 筋の 末々 まて を 察し 給 ふ 道 はなし。 鬼に も 角に? P 恥辱の 道 を 正して、 財 用の 虛費を 省き、 富 

を 願け ずして 富に 至 ft -、 貧を惡 まずして 貧 を いづる 政 を. てた き af- のな ゥ。 

七 年の 病と 見れば、 三; の艾 を心懸 る. \>、 もと かしき さの やうに 思 ふ は、 今の 世の みに 非ず 

しかしながら 三年の 艾を 用意 すれば、 七 年 は 病む は づの人 も 四 年 目に は 平癒すべし ;. P どかし 

とて 用意せ ずば、 七 年 目に は 治し 難き 病と なるべし。 醫 者の 治療の と^かぬ に 至る 病人 は大鉢 

は 不養生 を. 止ぬ 人に 多き もの 也。 



鈿井 平洲 嚶鳴館 遺草 卷第六 . 一 四ナー 



折衷 學汲 W5. 

食膳 は 水く さけれ v-5<p、 民の 食物 は HJ か、 ず、 君の 行列 は 見苦し けれ 共、 民に 飢餓の 患な くば、 

是を 見聞す る 人、 何 を か 譏り 何 を か 笑 はん 自國の 民の 懷く のみならず、 他所 他 國の人 まても、 

うらやみ 尊と み 奉らば、 誠に 天分の ほまれ、 此上. P なき 美 目と いふべ し。 

天分 を 忘る >- よ,. y、 榮辱を 取 違へ、 辱 まじき CJ をはぢ て、 財 用 を 費し、 辱べき 道 をはぢ ずして 

財 用を惜 まず 國の衰 敗す ろ は、 古今み な然 ftNO 佘處目 はいかば から 見苦しく 共、 內の備 へ 丈 

夫 なれば、 受持鈴 ふ 家^ は、 子孫 萬 世に 傅へ て、 人に 窺るべき 氣遣 ひなし。 餘處の 人 は不, 悅と 

. も、 內の 人が 悅び慕 ひ 奉れば、 何 CS とつ 導べき るな し 是榮 辱の 分 を 明らかに 辨へ給 ふ 故に V 堪 

へ 難き さ を;^ こらへ 鈴 ひて、 無益の 費用に 困し み 給 ふ 憂 ひなし- ^ されば 國の富 は、 是を 基と し 

て 得 鈴 ふべき.. ^也。 

臣は君 を 以て 心と する ふ、 自然の 勢 ひ 也。 故に 君 上の 好み 給ふ處 ほ、 臣下 令 を 待ず して 行 ひ、 

君 上の 嫌 ひ 給 ふ 所 は、 臣下 If を 待ず してやむ C 古今の鑑歷然たft^。 士は萬 石 千 石 百 石 十 石の 身上 

も、 是亦 天分 を辨 へし. 9 て、 榮辱を 取 違へ ざれば、 無】 鍅 のか ざ. りに 俸祿 を 費さず、 身分 相 應の富 

を 保ちて、 分の た、 ぬ 貧窮に 至らず たと へ ばさねょき鎧を用意し^^るは、 心 憑よ き 士也。 但し 

甲冑の 修理 は、 少金 にて 一 度 すれば、 五 年 十 年の 物 入な し。 太刀 刀 は 中身 だに たしか なれば、 子 

孫 まてえ 用 前の 害な し。 衣服 器用に 立 泥 を 好めば、 をの 費 過分に て、 終身 物 好の 止 事な く、 妻子 

の 奉 養 不足な きを 美 目と して、 奉公の 差 支 なる を 恥ず、 鈴 使す る 下女の 多き を 美 目と して、 生 



て 下 万民の 苦樂を 第一 に 世話に 思 ひ 給 ふ はずの 天分 也 此 天分の 內に心 をと. しめ 給 ひて、 朝夕 

に 下の 樂み をた のしみ、 下の 苦み.^ 苦み 給 ひ、 政敎を 愼み給 ふ 時 は、 萬 民 其 恩 德を慕 ひ 懐き 奉. て 

千代 万代 も此 君の 愛た く あらせ 給へ とのみ うた ひこと ぶく £J、 君の 天分に 應 じて、 此上^?-なき美 

目なる さ 也。 ネし此 天分の 美 目 を 美 目と し 給 はず、 此 外に 美 目 を 求め 願 ひ 給 ふ 時 は、 美 目 を 失 ひ 

恥辱 を 招く さ 也。 みめ を 求めて 恥辱 を 招く と 3. さは、 たと へば 宮室に 金銀 をち, ばめ 給 ふ は、 美 

目 を 思 ひ 給 ふし わざ なれ v- も 民の 草屋 は 雨露 もらて 風 日 を 凌ぐ 便, <y なき 時 は、 金 殿の 美しき を 見 

るに つけても、 一 入 奢侈の つ よき を 譏 ft/ 政のから きを 恨み 歎く。 その 恥 いづく にか 遁れ給 ふべ 

き 君の 衣服に 錦繡を 重ね 給 ふ は、 美 目 を 思 ひ 給 ふし わざ なれ 共、 民 は 布 子の 綿 75= なく、 雪 霜 を 

忍ぶ 便, 9 なき 時 は、 錦 衣の 美しき を 見る につけても、 一 入 奢侈の つよき を 譏. CN、 政のから きを 恨 

み 歎く 其 恥 いづく にか 遁れ給 ふべき 君の 食膳に 八 珍 を 備へ給 ふ は、 せ咏ど 好み 給 ふ 故 なれ ど 

も、 民 は 稗の 飯に も あかず、 飢餓 を 凌ぐ 貯へ なき 時 は、 佳 看のう まきを 見る につけても * 一 入 奢侈 

のっょきを譏.c^、 政のから きを 恨み 歎く 其 恥 いづく にか 遁れ たま ふべき。 君の 出入に 行 装 を か 

ざり 給 ふ は、 美 目 を 好み 給 ふ 故な れビ も、 民 は 親子 兄弟 シ: すて、 夫婦 同居 もなら ぬ 時 は、 行 装の 

立派 を 見る にゥ けても、 一 入 奢侈の つよき を もしり、 政のから きを 恨み 歎く。 其 恥 いづく にか 遁 

れ鈴 ふべき、 是榮ぇ を 願うて 辱 を 招く みな 天分 を 忘れて、^ 辱, どと ,9 違へ 給 ふ 故 也。 君の 宮殿 X: 

傾き たれと? P 民の 家居 は 軒端た, > しく、 君の 衣服 は 垢つ きたれ ビも、 民の 衣類 はあ^ ゝ か^、 君の 

0$0 一 嘤鳴 g 道草 卷第六 百 三十 九 



折衷 畢 « 百- n-t^ 

國 用の 盈虛、 家產の 貧富 も 亦然り 根 を 忘れて 枝葉の 榮を 望み 願 ふ ふより、 富 を 求む とせし ま 

に、 いつのまにか は 貧に な A ゆく EJ なり。 

花木の 花の 榮ぇを 願 は》、 根 株に 心 をつ くる を專耍 とし、 家 國カ富 を 願 は 榮 辱の 實意 を辨へ 

しる を 基本と すべ 10 榮は さかゑと 訓 して、 美 目なる £J な ftNO 辱 はは ぢと訓 して、 面目なき MJ な 

i 美 目なる さは、 賢愚 賁賤 となく すき 好む 道 也。 面目なき さは、 賢愚 賁賤 となく 嫌 ひ 惡む道 也 

徂 しみめ を 好め ども、 美 目の 實意を しらず、 辱 を きらへ ども、 辱の 實意を しらず 故に 富お 失 ひ 

貧 を 招 <o ロ惜き HJ 也。 

美 目と 辱との 實意 は、 のれく の 天分 を 知る を 美 目と し、 天分お 忘る >- をはぢ とす。 天分と 

いふ は、 此 世に 生れた る 程の もの は、 生れ 出る より、 賁賤 それ-.: の 身の 分 定. 9 て、 上 は 王 

侯賁 人と 生れ、 下 は 農工 商賈と 生れつき たる 分限な り されば 此 分限のう ちに こ、 ろ をと. し 

めて、 分限の 外に 心 を 取 逃さぬ やうに と 思 ふ 人 は、 貴賤 學不學 によらず、 げに 尊と く 愛た き 人 

な ゥ0 又此 分限の 內に心 を 取し むる. M を わすれ、 分限の 外に 心 を 取 逃した る 人 は、 貴賤 學不學 

によらず、 げに 卑しく 愛. pi- からぬ 人な り 

愛た き德 をつ む 人は榮 え、 愛た からぬ 德を つむ 人 は 辱 しめらる。 天道の 自然 也。 

分限の 內に心 を 取し むる と 申 は、 先 邦國の 君と 生れ 給 へ るかた は、 下 万民に 敬 ひ 尊 まれた まひて、 

生涯め て.?:: i き 位に 安 じ 給 ふこと 也。 されば 敬 ひ 尊 まれ 給 はんとて は、 先 自己の 苦樂は 次に し 給 ひ 



醫 者な ゥ。 深切なる 役 入 は、 馬 も 駕籠 も 捨て、 ^行 はだしに もな り * 民の 爲を 思へば、 苦勞大 

. 義も わすれ はて、 風雨 寒 暴の 界 5„p なく、 世話のと- ぐを樂 しみに 思 ふ 人、 誠に 忠なる 役人と は 

いふな. ONO 火 に 足 を あた、 めて、 病 家に て 待 兼る も 思 ひやらぬ は、 水く さき 醫 者な り。 頭痛 

S 痴氣を 申立て、 願 ひ 裁許の 延引す る も、 きのどく がらぬ は、 情なき 役人な. 故に 明君 賢 相 は 

• 日 一 人 をし る を 最上の 智 とし、 誠 實に怠 り 給 はぬ を 急務と す。 富る 故に 奢れば、 貧になる まて 取 上れ 

y ば、 @ 然と 奢 はやむ と 心得 4:;- る 役人 は、 聚敛殘 賊の惡 吏な り。 食 ふ 故に ふと. 過れば、 斷食さ 

せて肉を^^^とさんとぃふは、 下手 醫 者な. 奢る うち は樂 みなる やう なれ ども、 奢られぬ やう 

倫 一 になれば、 苦しき 故に、 ^^^>^らる、ぅちに、 儉約をして、 いつまても たのしみ を 失 ふなと 敎へ 

睡 一 導く 役人 は、 公正 忠貞の 良吏な. ON0 食 過れば ふと 6 過て、 病氣の 出る 故に、 食る ゝ うちより 食 

一 を ひか へて、 S つ て も 達者に 病ぬ やうに せよ とい ふ は、 上手 臀者 なり 此間毫 毛の 違 ひに て 

君 を 仁君に すると、 君を不 君に するとの わかれめな ftNC 

編 花木の 花 末 

一 〇 花木の はな を 賞 1^ すれば、 日 除霜 除 をして、 虫 をと り 鳥 を として、 撫 さすらぬ ばか. < ^に 大事に 

"はすれ ども、 かんじんの 根に 土 かひ 乙 やし をい る ゝ道を しらねば、 色香の 榮ぇを 願 へ VJ も、 やがて 

枝葉 も 枯れ 花 もす がれて、 見事な, し 一木 も、 いつのまにか は 薪と なる さ、 根に 心 をつ け ざ6 し 

あやまちな. nNO 

細 井平洲 騣嶋館 遣 草 卷第六 百 111 十七 



折衷 學 . 百 111 十六 

蓊侈 にな. たる 民 は 病人な. CVC 支配す る 役人 は皆醫 な. り 病に t,. 內傷外 威、 其 病 さ なり。 

是を 療治す る醫者 は、 望 聞 問 切、 さまぐ の 功 者 ある £J なり まづ 望と いふ は、 病人の 顔色 容貌 

に 心 をつ けて とくと 尾 察する さ 也。 聞と いふ は 病人の の ひし 音 聲に心 をつ けて、 得と 聞 察する 

l^i 問と いふ は、 病のお こり 次第お 得と 問 ひしる u なり 切と いふ は、 厥をとり腹を^^}して 

しっかりと 心に 見切 を定 る,^ な. o>c この 望 聞 問 切 は、 何れの 醫者 もす る MJ なれ ども、 病人に 深切 

なる 醫者 は、 げにく 病人の 苦痛 を 我 身の 苦痛の 如く、 眞實 心より 半 癒 s.$^ させた く 思 ふ 所より、 

匙加减 とりつ 置つ 思案 工夫 を 乙ら して、 一 曰に 一 度晃 まわる 所 へ、 二度 も! 11 度 も 立 廻り、 藥の 

加减 に油斷 をせ ぬ は、 是 上手に てた の もしき 警 者な り。 役目ー通..^に厥を見、 思 ひ 付 次第に 藥, 

も. 9、 治 不治 は 病人の 運命 次第と、 二日 もき 三日 きにちら/ \ と 見 まうて、 療治 油斷 なる 醫者 

は、 誠に たのもしげ なき 下孚醫 者な り。 上手に か、 れば瘡 る病氣 も、 下手に か ゝれば 怪我す る は、 

歷然 たる さな. <^0 故に 子どもら が病氣 とい へば、 其 親 かならず 良醫 を.?^ づ ねもとめ て、 藥を用 ひ、 

かならず 下手 醫 者に はかけ ぬ ものな り 君 は 父母な. 00 民 は 子な. 00 如才なる 役人に 預けて、 難 

義を さする さ、 仁君の 甚 それ 給 ふ 所な 6.0 

よき 役人と 申 は、 深切なる 醫 者の、 病人の 死生 を 身に 引受て、 療治に 心,^ 盡 すが > ^とく、 民の 

苦樂を 身に 引受て、 書 夜 世話 を まめ やかに する 人 を、 良吏と はいふな り 醫者 深切 なれば、 食 

をく ひかけ、 眠き 目 を こす. 5 て も、 匙よ 薬 箱よ と、 夜る 中 も 厭 はず かけ 走る これ 如才なき 



世話 を やくに 及ばぬ とい ふ 道 はなし。 政の 道 は、 元朝よ. 9 大晦 B 迄、 一 日 とつと めて.' ぬけ 

め 油斷の なきやう にまめ やかに 世話 をす る さな り0 故に 賢人 君子 は、 夙夜 不, 懈、 一 人に つかう ま 

つ 6S て 始終 かにらぬ を忠 とい ふ。 世話す る 人が なくなれば、 又よ き 世話人 代りに 立て、 とかく 

善政の 絕ぬ やうに と 心 を 盡し給 ふ は、 仁君の道な-.^0 家國 の典衰 は、 道と S ふ..」 はなく、 上の 世 

話よ くと. - けば 榮ぇ、 他 話 不沙汰 なれば 衰ふ 禹湯 文武の,^ 王 にても、 子孫 愚に して 怠 たれば、 

あ がた か 6 し 政 も、 すたれ はてし 事隨然 たると 也。 

亂世 久しく 績 きて、 やう やく 治. たる はじめは、 世界一 統に財 用 不足して、 貧に つまりて は、 

飢餓に 至る もの も 多き な 60 太平 久しき 御代 は、 世界 一統に 財 用 1*P 滿 足して、 富 饒に餘 りて、 

奢侈 長 過し、 夫 故に 飢餓に 至る 者 多し されば 亂 世の 民 は 貧に せま ftN て 苦み、 太平の 民 は 富に 餘 

.9 て 苦む 貧よ .9 貧に な 6 たる 民 は、 救 ひ惠み 安し 富よ 6 貧に 成た る 民 は、 救ひ惠 みがた し。 

たと へば 蔬食 乏しく 食つ け. 1^ る 人の 腹のへ りたる は、 湯漬 食に 醚菜 にても、 佳肴珍美に^^なじ 

くう まけれ ど! 《、 美食 澤 山に 食つ け. る 入の 腹の へ 6 たる は、 1 汁 二 菜の 料理に て は、 さの み 

食た る やうに も 思 はぬ は、 人情の 常な ftNO 故に 古語に も、 凍たる1„^-のは衣をなしゃすく、 飢た 

る もの は 食 をな しゃすし などい へるな. 00 亂 世に 貧窮 を 救 ふ 道に て は、 治世の 富餓 はすく ひ 難 

し。 亂 世の 民 は 食に う ゑて 痩せ 勞れ、 動きえぬ 病人な A>o 治世の 民 は 大食して ふと. ft 過ぎ、 立 

居の ならぬ 病人な. 病みて 得 動かぬ 所 は、 同 症と 旯 ゆれ ども、 病因 は 雲泥の 違 ひな 

黐 井平洲 嚶鳴 S 遠 草 卷第六 、 百 1114. 五. 



折衷 舉派 百 111 十四 

なる を覺る やうに 敎 るよ- 9 外 はなし。 是を敎 他と は 5, ふな. CN つ 孔子 衞國に 入 給 ひて、 富さん 敎ん 

との 給 ひし は、 亂 世の 勢な り 食物 拂底 にて、 腹 一 杯 も 得た { ず、 瘦 せっかれ て 居る 人に は、 まづ 

./\> 粥に て "雜 炊に て l-P 快く たべさせ てからの 養生な. 00 今 餓死 もすべき 人に、 動き 働き をす、 

むべき やう はなし。 されば 富せ て 後に 敎んと はの 給 ひしな. 00 只今 太平 二百 年、 富榮 えて 衣食住 

にさ か >- ぬ 目出度 御代の 民 はたべ ふと. て氣 重に なりたる 病人 なれば、 此 病人 を 療治す る 法 は、 上 

に 申す 如く、 自分と 養生に 心 ざす やうに する より 外 はなし されば 敎 へ て 後に 富す ベ き 時節な り。 

金銀 米穀に は tj か ゝぬ世 中 なれ どち、 奢侈の 風 さかんにて、 無益の 費 かぎりなく、 &々 貧に な .o 力 

る なれば、 昔の 民はなくて 貧に な. りたるな. 今の 民 は有餘 りて 貧に な. たるな り。 されば 自身 

と 養生 を心懸 さへ すれば、 外よ.^ 食物 を 求る に 及ばず 食物 を减 じて 丈夫 もつ く i にて、 節儉を 

尊ぶ 心に なれば、 財 用 は 自然と 融通す る さな. 50 是敎 へて 後に 富す る 道な り 聖人の 詞を取 直 

して、 今日の 用に 立る さは、 恐 多き の やう なれ ど lp、 是 即時と 勢と をし る 道に て、 實に 聖學の 

極意な り0 貧 病 は 治し 安く、 富 病 は 治し 難し。 Sii 世の 民 は 養 ひやす く、 治世の 民 は 養 ひがたし。 

扨 又 養生に しあき の 養生と いふる は なし たと へば 昨日 灸を すゑお きたる 故に、 今日 不養生 をし 

て もよ く、 今日 藥 .VJ 飮 く は、 明 曰 大食すべき 爲と いふ やうなる は、 よに 愚なる £J な. 00 今日 も 

明日 も、 飮も食 も、 氣を つけて、 身の 働 も 慎み、 けふ^?愼みぁすも慎みて、 扎十歲 百 歲の壽 命 を 

保つ、 是 養生の 極意な 60 家 國の政 も亦然 ftso 今 B よく 世話 を 致し 置 たれば、 是 にて 五 年 十 年ね 



ffo もし 心得 違て、 善 を擧て 不能 を敎 ふる 化 道の つ 一とめ を わすれ、 俄に 害 减の法 をのみ 

やかましく たつれば、 人心い とひ うらみて、 國 風荒衰 し、 恩 政の しるし 見えぬ うちに、 先怨憤 

の 情 を 引出し、 上 も 下? P こ. て、 はて-/ \ は ゆきな AV 次第にな. CN ゆく; f の 也。 

病 をう けて 後、 俄に 藥を 用; 5 灸を すうる は、 手*^-くれなる^;な.00 しかし 手 をつ かねて 死,^ 待よ 

り はまし とい ふまて にて、 養生の 本意に あらず 實の 養生と いふ は、 先不斷 の心懸 にて、 口にう 

まけれ ど 《p 膏眛を 過さず、 身は樂 なれ ど 安逸 を ほしい ま、 にせず、 よき ほどに 食 ひ、 よき ほど 

運動して、 氣血を 廻らし、 臓腑 をす かし、 病の 出ぬ やうに と 申處、 養生の 專 要なら C 亂 世の 民 は 食 

乏しく 瘦せ衰 へて、 う >1- きえぬ 人の 如し。 其疲て 力なき はう ちに 入る ゝ 食物の 乏しき ゆ ゑ なれば、 

粥雜 炊の 類 にても、 そろく たべさせて 養 ひた. つれば、 次第に 肌 肉 もつ き、 色艷 直ら、 手足の 

力. P 出來 て、 丈夫に な. やすし 治世の 民 は、 食物す ぎて 肥 ふと fts たる 人の 得 動かざる が 如し 

其 ふとり NJ えて 氣 おもく 手足た るき は、 美食の 過た る 故な. 00 されば とて 幼年より 美食 美味 をた 

ベ 習うて、 數十 年に 肥 ふと. たる 人 を、 俄に 瀉 下の 藥を用 ふれば、 元氣を 損じて 死に 至る。 され 

ばと て 外より そぎ へらすべき 術 もな し うちへ いる >- 食の 多き とて、 斷食を さすれば、 忽ち 死す 

せんかた き 病 氣なゥ この 病人に は、 先 其 利害,^ よくの み せて、 三 碗の 飯 を 二 碗に 减じ、 

. 一 二 汁 五 菜 を 二 汁 三 菜に 减じ、 うまく 仕 立る 鹽梅 を、 いっとな く かるく 仕立て、 日々 月々 に 用 ひ 習 

ひて、 かるき もの は 腹心よ く、 小食 は氣 分の かるくなる 道 を 自身と 覺て、 運動 すれば、 身 1^ 健に 

a 井平洲 嘤鳴 S 遣 草 卷第. K , 百 ー11 十 111 



編 彙理像 本 8 



折衷 百 三十 一一 一 

花木の はなの さか 6. なる は、 去年 今年の 實 生に あらず。 實椅 よ. としを かさね 春 をつ みて、 花 は| 

盛に 實% みの 5^ るな 60 しかれば 此は なを 永 くみんと て、 枯枝を きら 虫つ き. る 葉 をつ み、 延び. 一 

過た る 末 枝.^ とめ、 荅 SJH たる 花 をす かし、 日 除霜 除 をして、 极に土 かひ、 朝な 夕な に 心 をつ けて 1 

身 木の S たまぬ やうに して、 肥 通て 花の あせぬ やうに、 實の よくと まろ やうに と、 如才なく 世 f 

をす るるな り。 もし 心得 違 へて、 一 旦に枝 を ぎと り、 誉を むし- 9 とりて、 土 かふ 手當 はなく 一 

切つ めろ ことのみ 心得れば、 忽に 枯木と なり、 多年の 賞! も、 むなしくな *5 さな .9C i 

目出度 さ 家國の 繁昌 は、 十年廿 年の功 業に は あらず fg 先 開國の 君、 戰爭の 心 を しづめ 給 ひて 1 

の氣に 移さん とて は、 弓 は 袋に.^ さめ、 刀 は 箱に を さめて、 よ ろ づ しとやかなる 風 を賞丄 

給 ひしより、 數十 百年 を經 て、 ひと... i\ あら くれたる 風儀 を やめ、 もとな しき すがたと は な..^ 

たるな り C され ども 强氣は 質朴に て、 柔和 は 奢 美に 流る、 は、 自然の 勢 なれば、 今 太平の 人民、」 

富饒の 世に 生長して、 質素なる つとめ は、 何となく 難儀なる やうに 思 ふさ は、 道理なる さなり 01 

しかれ ども 此富饒 を 久しくつ》 かせんと て、 不孝 不弟 にて 父母の 養 ひ を 忘れ、 家業 をす て ゝ惡ー 

行 を to 、する! _p の AO 取 除、 其 儘に 捨 >^ けば、 不屆 者に もな り は ウベき もの をい ましめ、 似合 

る 無益の 藝能を 好みて、 今 曰 をむ だに 過す 者 をお さへ、 美服 美食 美 宅 をと として、 己が 富 饒なー 

る を 入に あ ご<., 示す 者 を嚴禁 して、 其 上に 孝弟 禮讓の 道を敎 へ^して、 よき 者 は 一人 も ふえ、 一 

惡 きものよ 一 人 も减る やうに 心 を 用 ひて、 衣食の 用 困窮に 至らぬ やうに まめ やかに 世話 をし i 



嚶鳴館 遺草 卷第六 , 

花木の 花 本 

〇 はな 木の 花の 十. 分に つきた る は、 見事なる 至極 也 C されピ》-花を十分にゥけ^^9けば、 次第に 身 木 

ひねて、 實も すくなく、 やがて 枯枝 多く 出來 て、 身 木の いたみと なれば、 見事な..^し名木;_p、 

尾 所なくなる さ 故に、 をし けれども、 枝 をと めつ ぼみ をす かして、 いつまても 見事 もなる 花 をめ て 

VT> とよす る ij 也 

美服 美食 美 宅 は、 太平の 世の 有さ まに て、 誠に 目出度 けれど &-、 十分に 奢ら すれば、 次第に 財 

用 困窮して、 やがて 飢餓す る 者 も 多ぐな り、 家國の 衰微と な ft- て、 目出度 かりし 家國に 奸民穸 

くな ゥ、 付て は 刑戮 もしげ く、 外聞 實義 ともに 取 失 ふさ 故に、 明君 資相 は是を 憂へ て、 制 をた 

て禁を まう けて、 奢 をと. 《• め 質素に 力て か (して、 S つまても 目出度 家國 を.;^ もたん と はし 給 

ふ u な. 

花木の 花 をい つまて 事に みん とて、 枝 そとめ 荅を すかせば、 一春 二 春 は 見 さ なる 賞 j^J<p なら 

す され VJTP 1 年 二 年の 赏板を こらへ て、 行末 久しき 春 をた のしむ は、 實に 花木 をす ける 人な ft^o 

めて. ii- き家國 を、 幾久 敷と "ウレ かせんと て、 五 年 十 年の 節儉を 守り、 苦勞 なる 政 をつ とめて、 

行末の 安富 を 計 力 給 ふね、 實に 家國を 大事に 保ち 鈴 ふ 仁君な. 

舳井 平. 洲: 噶館遣 草 卷第六 . 百 111 十 1 S 



折哀學 l>i 百 lilt 

クを買 求め 候て、 一 家 內打寄 存分にた ベ 候處、 果して 毒に, あた ftN 、亭主 妻子 召使 共 七 八 人、 皆々 倒れ 

伏 申 候 一 翌朝に な. ON 、畫 まても 門 la, を不, 開 候に 付、 近隣よ ftN あやしみ 氣,^ 付け 見 候處、 膳 捥も其 儘 

にて、 行燈の 前によ. y こぞ 倒れ 居、 全く かの 河豚の 毒 あ. 候 鉢に 相 見え 候 其內に 小て つち 1 

人 竈の 前に 伏し 居、 是 のみ 息 かよ ひ 候に 付、 ふぐの 毒 を 解し 候に は 人糞が 妙 藥と申 候て、 糞 を 用 ひ 

候 得ば、 暫過 候て、 是は仕 合に よみが へ ftN 申 候。 其 者 申 聞 候 は、 今日は 家 內打寄 ふぐ 汁 を. < ^ベ 申 候、 

私 はかね-^ 隣の 御醫 者の 申 候 を尤に 存じ、 力べ 不:, 申 候 所、 今日は 生 人 夫婦 大きにい か ftz ま 

さへ.^ ベ 候 物 をお のれ 一 人^べ 不 哉と て、 叱られ 候に 付、 無 _ 一 是非, 少<- たべ、 のこ. は そと 隱 

して 捨申 候と 申 開 候 由、 ふぐ 汁 をと め, 申 候醫者 は、 身の 安全 を 敎へ候 人に 御座 候。 然れ共 ふぐ 好 

き 共 は、 却て 身の 安全 を 惡み嫌 ひ 申 候 C . ^ふぐ 好き どネが 身の 安全 を 嫌 ひ 候と て、 我, P 養生 を や 

め 毒 をた ベ 候 は、 此小てっちには^^^とら候人にて御座候、」 てつち も 心 あ. ON て 毒 を少く 給べ 候 故、 

黧は 給べ 候 得 共、 命. d 助. 5 候 U とてもの 事に、 全く不,給候に.^、 驚;. P たべ まヒく 候. - すべて 俗 

情 は を かしき 事 多き!^ のに 御座 1^0 以上 C 



護 鳴.. 館 障草卷 簾 if^ 終 



滅し候 君も數 かぎ * なく 候 o 殷の 末に も、 箕子微 子 王子 比 干 膠 高な ど 申 候 賢 知の 大臣 揃; S 居. 候 

得 共、 紂 王不, 被, 用 候 時 は、 致 方 もな く、 みす./ \殷 の 世 は び 申 候 今人 君 高貴の 身分、 自心 

ょ<^是非邪正のかみゎけ無,之と申賠は、 下なる もの は齒を かみ 手 をに ぎりながら、 その 無分別に 

隨ひ、 破れ 屋根の 中に て、 と. P く 朽腐. 9 候よ. 外 は 之 候。 然る 故に 自己 心よ ft- 恐れ 愼み給 は 

6 候樣 にと 申 所より、 其 道理の 分る 學問を 御す 、めの 事に 御座 候 然ば 人君の 明智に なられ 候 は、 

盡 くした る もの ゝ 心身 安樂なる 根元に 有, 之 候 是を 迷惑に 存候人 は、 何共 可, 申樣 なき 至 愚の 人 

に 御座 候 得ば、 さやうな る 人 々にけ、 御 頓着 被, 成 まじく 候 愁 じて 善政 を 存立 候 時 は、 賢 知の 

人の 服し 候樣 にと 申,^ 目當に 可, 致 事、 至 愚の 人 は 此方より 夫々 に 取极ひ 遣し 可, 申 事に て、 其 了 

簡を用 ひ 可, 申箬に は 無, 之 候。 誇 を擧げ 不能 を 敎へ候 事、 上た る 人の 心得に 御座 候。 されば まづ 

主君 を 明智に 致し、 明智の風高根ょぅ吹^^ろし、 下, I- 愚昧の 草木^、 其 風に なびき 隨ふ やうに 罷 

成 候 得ば、 いつの 間に か 共 々に 君の 明 智を悅 び 有難が る やうに 相 成 ものに 御座 候。 愚 老弱 年に て 

長 崎に 遊學 いたし 候 節、 笑止なる 儀 目前に 有, 之 候。 或 町人 一家 內 殊の外 河豚 汁 を 好きた ベ 申 候" 

然る 處に 隣家 ( よき 臀者家 移. 5 を 致し、 右 町家の 亭主と 念 比に 相 成、 彼 ふぐ 汁 を 好き 申 候 儀 見 候 

て、 常々 異見お 致し 候に 付、 亭主 1.? 尤に 存じ、 一 家內 ふ,^ 汁 を 法度に 申 付 候 所、 妻子 召使; 3 共 其 憤. 

候て、 詮なき 醫 者が 隣へ 參. 9、 生 人の ふ. 汁 を やめさせ 候と て、 彼是と 申 合、 度々 讒訴 を 致し、 終 

に右醫 者と 亭主と を 中 力が ひ 致, 爲候 夫よ. 9 又々 ふぐ 汁 をお ベ 候 事に 湘成候 或 時 叉々 例の ふ 

to* 平洲 • 嘤鳴館 遣 草 卷 第五 百 二十 九 



折衷學 PS 百 二十 八 一 

を 嫌 ひ 候 心 は、 うしろ くらき 心 有, 之 故に 御座 候。 貴公 唯今 御主 君 を 明君に 可, 被, 成との 御 志 は、 * 

彼 上屋 根 を 丈夫に 被, 成 下に 住 候 人, I- 安泰に との 御 事に 候コ 最早 贰 百年 有難き 安樂 世界に 住み 申!! || 

は 天下の 御上 屋根が 御 丈夫なる 御影に て 御座 候。 今國の 上屋 根 を 御修稷 被, 成 候 を 厭 ひ 嫌 ひ 候 人 i 

情 も、 必竟 太平 安樂の 世に 生れ、 先祖々々 の辛勞 苦行して 立 置 候 家の 內に、 何 心なく 明し くら..^ 

候て、 風雨 露霜の 難儀 を 身に 不, 受人々 に 御座 候 此 人情に 御 こまら 候て、 學 問と 申 もの を爲, 致, J 

家が 倒れ 候 得ば、 直に 風雨の 難 を受候 道理 を辨 へさせ、 人 も 我 も 供勢に 此家を 持く づ さぬ 標 に-. ^ 

申 御世 話に 御座 候 又むな ぎう つば. 5 弱く 候 得ば、 何程よ き 上屋 极も たるみ、 梁楝 つよく 候ても、,^ 

柱々 が 弱く 候 得ば 又 ゆがみ、 柱々 が 丈夫に 候ても、 土臺 廻らが 朽候 得ば 又 かたぎ、 土臺 丈夫に 候て』 

も、 地形が しまり 不, 申 候 得ば、 終に はくつ がへ ft '申 候 IB 姓 は國の 地形に て 御座 候 仍, 之 古よ 一 

A^地形の百姓を子の如く憐み給ふを仁君と^し、その地形を預.c^て正敷取极ふ代官を良吏と稱し、ー 

柱 障子の 如く 所々 に 立なら びて 自分 A 、々の 役儀 を 大切に 勤る 人 を 忠臣と 稱し、 楝 梁の 如く 上,^; 

うけもち 下の ゆるがぬ 樣に 重し になる 人 を 賢 相 大臣と 稱し申 事に 候 君 は 上屋 根の 破れ 損じて: 

下に 立 物の ぬれく さらぬ やうに と 心 を 被 i 用 候 事に 御座 候。 惣て人 は 異見 敎訓を 能 聞受候 得ば、 一 

たと ひ 過失 有, 之 候ても、 救 ひと- 2- め 候 事 も 相 成 候に 付、 昔よ.^ 人君 は諫 諍の 臣を齊 に 被, 致 候 事- i 

に 御座 候。 然共諌 靜の臣 を 被, 用 候 は、 元來 自身の 德 明らかなる 故に 候。 一向 道理に くらく、 橫紙. 一 

を 破り 候 人に は、 致 方 《p 無 k 之 候。 されば こ を 昔よ. 諫 諍の 臣は 有ながら、 其敎 に不, 隨、 家 國を丄 



儀、 御 尤に存 候。 是 一 世 もしな ぺ候 俗情、 元よ. 淺 はか 成 了簡よ. 申 事に 候 得ば、 無, 一 是非, 事に 御 

座 候。 但し 仁智の 德も、 勇と 申 德無, 之 候て は不, 行事に 御座 候 間、 勇猛に 御 居り、 御世 話 被, 成 度 

事と 存候 C 先 能 御 考可, 被, 成 候 臣民 家國の 下に 住み 申 候 は、 てう ど 人が 家の 內に すま ゐ候樣 なる 

ものに 御座 候。 家と 申せば、 誰も 彼 もよ き 家に は 住よ く、 あしき 家に は栖 うく 御座 候。 扨 其 家け 

まづ 棟う つば. は 上 道具、 柱 かも ゐ戸 障子 唐紙な, さは 中道 具、 椽 敷居ね-たつく 士臺 廻り は 下道 具に 

御座 候 然處 如何 計 上中下の 道具 材木よ ろしく 候ても、 上屋 根と 申 物 無 i 之 候て は、 一 日 も 雨露の 

凌ぎ は 成不, 申、 仍レ之 上中下の 材木 は、 たと ひば ひのきけ やき 杯の 上材 にても、 上屋 根が 雨 漏い 

たし 候 得ば、 三材 ともに 朽 腐り 申 候 少々 柱 は ゆがみ、 P 障子 は 破れ 損じ 候ても、 上屋 根 さへ 丈 

夫に 候 得ば、 人 は 其 家に 住居 申 候。 然 故に 上屋 根 は 成た け 丈夫に 致 度、 かゃぶきょ.c^はょしぶき 

よしぶ きょ. は, けらぶ き、 こけら ぶきよ. は 瓦ぶ き、 其 瓦 も 銅 に 候 得ば、 いつまでも 破れ も 

候 心 遣 ひけ 無, 之 候 主君 は此 上屋 根に て 御座 候 家老 用人 諸 役人 諸 頭平士 は 上中下の 諸道 具 

にて 御座 候。 如何 計 上中下の 道具よ き 材木に 候ても、 上屋 根が 破れ 屋根に 候 得ば、 家 を 可, 持樣無 

oN! 候 左 候 得ば、 上屋 根の 丈夫に 相 成 候 を 嫌 ひ 申 候 事、 先 以餘. りなる 無分別に 御座 候0 國の 大小 臣 

あ" の./ \ 我 rJ そ楝ょ 梁よ、 我 こも 床柱よ き、 柱よ 杯 いかめしく 存 居候 內に、 屋根が ぼろく 破れ 

損じ 候 は^、 如何 可, 致 哉。 雨露に朽くさft^候ょft'外は有,之間敷候o家國も上壹人の德明かに、仁 

義の道 正 敷 被 = 執行, 候 はレ、 下臣 民 一統に 安泰なる 事、 眼前の 现に 御座 候。 然る を あかるく 成 候 

井平洲 嘤鳴餘 遣 草 卷 第五 百 二十 七 



i& 衷學 百 114. 六 - 一 

のに 候 得ば 給 事 坏は壹 人 も 近付 不, 申、 諸子 相互に 酌 を 致し 侯 特々 に 上座 執政の 人 も、 か はる 一 

く立 候て、 酌 をいた. I、 末々 役 筋へ も たべさせ 申、 箇樣に 一 堂の 上に て、 底意なく^^-もひ/(H 

の 了簡 を 中 談じ、 是非 邪 正の 評議 を 公に 致し 候に 付、 い つと なく 人心 一 和いた し、 其 節の 取扱 萬 一 

か 事模樣 よく、 政事 ネ相立 候て、 生 君に も甚滿 足の 事に 候 ひき。 只今な ど存 出し 候 得ば、 て 珍 敷 一 

日 ; 樂敷事 を も 見聞いた し 置 候と、 老後の 思 ひ 出に 御座 候 とにかく によき 實々 致し 候 得ば 

本 一 眼前の 利 S 有, 之 候 。如何程よ き 事に て % 、規式 一通りに て、 實 々に 無、 N! 候て は、 詮も 無, 之 事 一 

と 被 i 存候。 貴公 钚は 國 の 巨 室、 常々 人 も 尊敬 致し 候 身分に 候 間、 眞實に 御 志さへ 御 立 被, 成 候 は 一 

倫 レ、 上下 忠節 一 和の 風 も 起ら 可, 巾 候 C 何れに も 一 和と 申 事 は、 御 政事の 行れ 申 候 :!^ 第 一 に 御座 一 

理 一 候 G 忠思を 御 廻らし 被, 成 度 事に 御座 候 必竟 和合 はならぬ ものと 中 言葉 は 、和へ d を 願 はぬ 心よ 6V 一 

申 事に 候。 人性の 善に 候 得ば、 善に むか はぬ 人 は 無, 之 ものに 御座 候 初 申述候 通、 人 を 嫌 ひ 候が、 一 

M 人に 嫌 はる、 元、 人に 和せ ざる は 人の 和せ ぬ 元に 御座 候 先々 先 施 を 御心懸 可, 被, 成 候。 深切の: 

編 一 御 相談に 任せ、 彼是 不, 顧-慮外: 無調法の 有 たけを 得,, 御意-候。 以上。 , 一 

一 〇 人君 は 民の 父母と 申 候 得ば、 御主 君に も 先々 父母の 心 持 を 能 御 辨へ被 レ成度 候 事 、肝要の 儀と 御 、レー 

付き 候て 切 角 御 カ御盡 し、 學 術に 卿 向 ひ 被, 成候樣 にと 御 取 かひ 被, 成 候 所、 鬼 角 時世の 俗習に 一 

て、 主人の 學問 被, 致、 道现 分明に 被 相 成, 候て は、 下々 難, 勸堪兼 可, 申 儀、 只今 迄 無, 之 候ても 一 

相濟候 儀,^、 いらざる 御 取 そだて 被, 成 候 杯、 人々 迷惑が ftN 候 得ば、 是には 御 こまり 被, 成 候との 一 



得ば、 その ま V 主君と 同樣 なる 心 持に 相 成、 上へ くと 申 志 は 打, 之 候 得 共、 下へ くと 申 志 は 無 

, 之、 昨日 迄 は 我 入 申 合 4^ る 奉公 も、 今日 よら は 格別に 引離れ 候て、 物事 念 頃に 不, 見不 i 聞 候,^ 職 

を 守ろ と 心得-候 故、 接 遇の 道 :□々:=;: 々に 高 上に 相 成 候 得ば、 下よ 我と 諧 和すべき 道 はふ さが. CN 申 事 

に 御座 候 貴公 杯 は、 讀書も 被. 成 候て、 右の 道 现は御 辨へ候 事に 候 得ば、 一 鉢の 和. 御 志 候 は. >、 

ま づ下諸 役の 人々 へ 心 易く 物事 御 相談 を 御 まかけ 被, 成 度 候 相談と ゆ 時 は、 貴賤 上下の 差別 

なく、 人々 了簡 を 中 合 候て、 是非 曲直 無,, 腹藏, 論判いた し 候 事に 候。 當 世の 姿 は、 下より 申達 候 

は、 皆 々五寸 一尺の 書付に もの を 中 させ、 家老 執政の 前へ 差 出し 候て、 低頭 平伏 致し、 安否 寒溫 

の 外 は、 一言 も 申さず、 是非 は 其指圖 下知 次第に 畏. 5 候て、 返き 候 を、 官長を 敬 ふとの み 心得 候 

得ば、 官 長よ. 裁 斷申渡 候て、 受は受 候 得 共、 實內 心に 服し 候 哉 否 は、 官長 にても 不, 存 事に 候 諺 

にも 一 寸の 虫に も 五分の 魂と 申 候 得ば、 人々 腹中に は是と 非と 有, 之 候 事、 あながち 知者 賢者に も 

かぎらず 候。 然 故に 而從後 言の 惡風 次第に 增長 致し、 影に て は 各々 檨々 の 欝憤 を 申 合 候て、 うは 

向と は 相違し 內 心に はう そ 笑 ひ候檨 なる 惡情を 引出し 候て、 終に は 君の 御 政事 を を^ 事に 致し 

なし 候 様に. P 相 成 候 事に 御座 候。 愚 老以前 或 侯國へ 被, 招罷越 候て、 寬 々致,, 逗留 T 學 政の 世話 致 

し 候 事 有 i 之 候。 其 節 家老 大臣 一 統に. & 合 候て、 一 月 三度 宛 政事に 預り候 程の 役 方 は、 一 席に 會合 

致し、 講書な ど 致 候て、 跡に て は 四方 山の 事、 政事の 心得に も 可-相 成- 咄を 致し 候。 其 節 は 老臣 銘 

々酒肴な V3 も相携 て、 酒 も 汲 か はし 申 事に 候。 担し 咄 の内 に は、 政事の 上 遠慮なる 筋 も 有 レ之も 

翻 井 平洲 璎鳴餽 遣 革 e ,第五 10 二十 五 . 



折衷 學很 T 二 卜 

SB 二. jl 四 

く存 仏、 得 は、 先づ 我方よ 6 親み、 人よ. 敬れ たく 存侯 得ば、 先 我方よ. 敬 ひ、 萬 事 人の 我に よき 

Si! にと 存候 得ば、 我 先人に よき 様に 致 候 寧に 御座 侯 賁 公な どは靈 職の 事、 袼祿 共に 御 家に て 一 

二の 御身 分に て 候 左 候 得ば、 貴賤と 申 時 は、 御身 分は贵 にて、 御 席よ 6 以下 は皆賤 にて 御座 候 C 

食 を 以て 賤に 下ら、 上より 下にく だると 申 は、 無上の 德に 致し 侯 事 は、 天地の 道, P 、天氣 下..' 不レ申 

候 得ば、 地氣. P 上り 不, 申 候 天 は 天、 地 は 地に て、 陰陽の 氣 交り 不" 申 候 得ば 、萬 物 生育 不レ致 候 

レ之 上下の 交り 調; 3 候 はま づ上が 初に 御座 候.) たと へて 巾 候 はレ、 賤き ものが 尊き 人の 前へ 出 候 

時、 貴き 方よう まづ是 f と 申挨按 無, 之 候 得ば、 賤き 方より 先 をれ へと て は 難-一 罷出ー 候。 此 姿に 

て 御考へ 可, 被, 成 候 親み も 上よう 下 を 親み 候が 初にて、 和す る % 上より 下に 和す るが 初にて 御 

座 候 惣て 人情 は、 賤は 食き に寵 せられ、 を さなき は 年 かさに 愛せられ、 愚なる は 知慮 ある 人に 

悅 ばれ 度 存候 は、 自然にて 御座 候 C 然所上 は 下よ., 親む を まち、 老は 幼よ. なつく を 待 候て、 上 

ょゥ先 施な く、 老 より 先 施な く 候 得ば、 下より 親むべき 便な く. 幼より なつくべき 便 無, 之 候 C 然 

時 は 上下 老幼 相互に にらみ くらべ を 致 候 様に て、 寄付れ 不, 申 候 寄付く 心の なき は 疎遠の 初め、 

練 遠なる は 不和の とに て 御座 候 物-て 人 総 を 致 候 人 は、 人に 嫌 にれ 候 人に て 御座 候 故に、 古よ 

.-f 相 良 佐と 申傳候 人々 は、 何れも まづ先 施の 德 厚く、 貴 を 以て 賤に くだり、 人の 心 を 能 取々 5、 

に 御座 候 さて 執政 大臣 を 棟梁の 臣と申 候 事 は、 上に は 上屋 根 をい 力 くき、 下に は 柱 戸障子 を ふ 

まへ て、 上と 下の 眞 中に 立. ii- る 役人 を 申 事に 御座 候 然所當 時の 人 は、 家老 執 權と申 役に g り 侯 



せず 候て は、 末々 の 輩に ては不 ,1 相 成, 儀に 御座 候 愚老が 如き 愚鈍なる もの;?、 たま/ \ 諸家の 

招 を 請け 候て、 乍,, 無調法, 師匠の 眞似を 致 候處、 右の 姿に て、 何れ S 親み 深く 申述 候に 付、 いっと 

なく 學 問に 深く 立 入 被, 申 候て、 後に は愚老 など 及び 不, 申 ほどに 上達 《 "有, 之、 隨ては 一家の 政 

事 手厚く、 人心 悅服 致し 候 程の 方々 も、 追 々有, 之 候 愚老 など 外に 知盧; <P 無, 之 候 得ば、 論よ 

り 證據と 申 諺の 通 ft' 、唯々 兼て いたし 覺ぇ候 所 を 得, 一 御意, 候。 . ^右の 親しみの 內に は、 時として 

は詩作のぁそび文章の樂しみなビ„^"有,之候0 是又學 問の 一事に 候 得ば、 夫よ 6. はいつ となく 義 

理 は 面白き ネ のと 申に 相 成 候 事、 自然と 被, 存 候。 然ば御 申 越の 趣に て は、 先箇樣 の處に 被, 用,, 御 

心 一度 存候。 あしく 致し 候 得ば、 學問 くと 申 名目 計に て、 いつまでも 無 面目の 素人に て濟し 被, 申 

候 衆 も不レ 少樣に 被, 存候 必竟取 かひ 樣の 不行屆 故と 存候。 徂 し是 は愚老 だけの 不調法なる 了簡 

に 御座 候 平 哉。 猶又 博識 高 德の人 へ "御 相談 有:, 之 度 事に 存候 以上 

〇 追々 御 政事 御 取扱 候て、 篤と 御 勘考 被, 成 候 所、 鬼 角 上下 一 和不, 致 候て は、 何事.^ 不,, 參屆, 候 得 

ば、 何卒 一 和 致候檨 にと 被 k 盡 = 御 心 1 候 得 共、 御 思慮の 通に は 難:, 參 候に 付、 愚老へ 被, 及, 一 御 相談, 

候との 御 事、 致, 一 承知 一 候。 成程 上下 一 和不, 致 候て、 善政 成就いた し 候 事 は、 古今 共に 相 見え 不, 申 

候 但し 是も 極意の 所 は、 人君と 輔 相との 德量 にか k り 候 事、 勿論に 候 乍 一一 無調法, 愚昧 だけの 

了簡つ、 まず 得 = 御意, 候 先 以て 人 交 6 は、 賁賤 老少 知 愚の 交 共に、 先 施と 申 道 有, 之 候 先 施と 

け 先づ 施す と 申 儀に て 交接 は 向 を またず、 先 我方より まかけ まむ け 候 事に 御座 候 人よ. 5 親 まれた 

鈿 井平洲 纓鳴 ® 遣 草 卷 第五 百 二十 11ー 



折衷 at-s 百ニま 一 

聞え 候 得 共必竟 主と 家来に て、 君に は 何となく 輕 侮の 心 持 も 有, 之、 臣に は 元より 畏敬の 心有レ 之. 

候て、 ま づ,/ \ 十の 事 は 二 ッ三ッ ならでは 申さぬ ものに 御座 候 C まして 學問御 相手に 相 成 候 輩 も 

舉問 友達と も 難, 申、 唯 御伽 一通りの 心に 候 得ば、 辨へ存 ヒ候事 *、 先 は しだ まり 居候て、 む 

ざと 不-ー 申出-候 是 にて 生 君の 學 問と 申 もの、 面白く 相 成 候 筋に、 いつまでも 無 レ之箬 に 候 左 

候 得ば まづ學 問の 面白く 御成 被 i 成候樣 にと 申 時 は、 此處を 能く 御勘辨 可:. 被い 成 事に 存候 U され 

ば 君の 學び 給ふ臣 は、 師 臣と竊 し、 又は 賓客 賓師な VI 巾 名目 も 有 レ之候 C 物て 學 問の 御 稽古 計 は、 

常 鱧 常 格 をはづ し、 師は實 の 師匠、 學友は 實の學 友と 申 姿に 參. 9 候樣に 可, 被, 成 事に 御座 候 君 

臣> む を 隔て、 禮法 のみに 拘り、 はるか? 末^に 手 をつ き 項 を たれ、 讀かゝ りよ ft- よみ 仕舞まで、 定 

.5 たる 文 言 を 講じ、 向へ 開え き NJ えざる の 無-差 别 7 稳法を 失 ひ. &間 敷までに て 、一章 二 章 を申濟 

し、 其 餘の事 は、 一言半句 も 申 上ぬ 事と 申樣 なる 姿に て は、 世に いふ 御 書院 講釋と 申 物に て、 たと 

ひ 何年 學び給 力, 9 共、 少しの 益 1_p 無, 之、 誠に 規式 一通りの 事に 御座 候 。人 を敎誨 すると 申 心得 

は、 向の 年 時相 當、 身分 和當、 性質 相 當を考 へ、 いづれ にも 向へ 受用 のな. 9 やすき 樣 にと 申 儀專 

要に て、 書面の 義理 をた がへ ず、 敎へ かたは さま/,. \- 有, 之 事に 御座 候 C 元来 御 聞 被, 成 候 方 も、 

いまだ 胸中に 力 とても 無, 之、 學 問と 申 物 は、 唯箇樣 にて いつまても 聞えぬ 事 を 開て 居る こと V 計 

^6 得^-成 候 得ば、 げに/\ぃっまて.<^-、 面白く も を かしく 《 ^無 i 之 事、 尤 4ii 極 成 事に 御座 候 

S し此姿 は、 大臣 重職の 人 能 勘 辩有, 之、 自身よ. まづ其 座に 伺 公して、 問答 應接を 致し 見せ 参ら; 



成 候 事、 無上の 御 忠誠 莫大の 大功に て 可, 有, 之 候。 今 ® 簡檨の 儀に 志 を盡し 候へば、 扨々 珍 敷 候 得 

ば、 乍, I 盧外, 貴公な ど は、 希代の 忠臣と 存候 事に 御座 候 扨 人君の 德は、 鬼 角眞實 心に 御 自己よ 

.9 善;: 御 好み 惡を御 嫌 ひ 被, 成 候より 外 は 有, 之閱 敷、 其眞實 心に 自己より 善 を 好み 惡を にくむ と 

申 事 は、 是非 邪 正の 道理 を 自己の 心に 聣と辨 へ 不レ申 候て は 不一 I 相 成, 儀、 其 是非 邪 正の 境 を 自己の 

心よ. 辨へ候 道 は、 學 問よ 6 外に は 組に 之と 御 心 付 候との 事、 最早 此 上に 明 智明慮 は 有 i 之 間敷存 

候 彌益學 問 を 御 進め 被, 成 候 事、 いつ 迄 も 勇猛に 御 怠慢 無, 之樣 にと 存候。 但し 御眞實 に學問 を 

御 好き 被, 成候樣 にと 色々 被 1 盡 一一 御 心 1 候 共、 とかく 此所御 思慮 之 通 難 k 參、 御 心 勞被成 候との 御 

事、 御尤 至極に 致 = 承知, 候。 御 深切に 御. a. 越 之 儀 、乍,, 慮外, 愚意 之 趣 無, I 腹藏, 得-御意, 候。 先以 貴公 

御 志 は 至極に 候 得 VJ も、 一 鉢の 御 取 計 ひ 方 未 御行 届 無, 之 故 かと 存候 G 先 篤と 御 思惟 可, 被:, 成 候 G 何 

の 業 にても、 初心より 面白き 事 は 無, 之 候 まして 學 問と 申 は、 心 術の 事に 候 得ば、 御 弱年の 御 方、 

御自心 初より 面白が.. 可, 給わけ は 無, 之 候 依, 之 古よ. 5 敎學の 道 は、 ま づ茛師 を 求め 良友 を 撰 

み 申 事に 御座 候 師友 無, 之 候て、 聖賢の 君に ひと. - 成られ 候 人 は 無, 之 候。 . ^良師 良友 とても、 

其 君 愛敬の 二つ 無 i 之 候て は、 是又無 S の 人に 相 成 候 事に 御座 候 。輕き 身分の 人 は、 師匠へ は 常 

々親 敷 問答 をネ 致し、 朋友と は 常々 心 易く 咄合も 致し 1^ に 付、 いっとな く 心? J> とけ 候て、 師匠1„^" 

むつ, まじく 敎訓を 致し、 朋友;. P 無- 氣遣, 是非 を爭ひ 候に 付、 其 中に 學び候 得ば、 人 も 我 も 何 心な 

く 其 風に 移.^、 學問 おもしろく 相 成 候 事に 御座 候。 貴人と 申せば、 たと ひ 師範な ズ>- 名目 は 高く 

細 井平洲 嚶鳴& 遺草 港 第五 iBlltl 



折衷 學派 百 ニヤ 

師に學 ばせ、 仁 齋祖徠 を 好き 候 人 は、 /9 となし き仁齋 祖徠學 者に 敎 へさせ、 鬼;.? 角 も 人 をよ くと 

ら かひ 候て、 善心に なり 候樣に 可, 被, 成 儀に て 御座 候。 何 流 にても、 我執 つよく、 人 を 得 敎化不 

, 仕 候はレ 、無益の 舉 問と 可, 被-思 召, 候 誰と て. P 昨日 孔孟よ. 直に 授, 受候 弟子 にても 無, 之 候 

得ば、 古賢 先輩と て 《p、 是非 得失の 無, 之 候て は不, 叶 儀と 可, 被, 一思 召 一 候。 先 書 申 上 候 通、 大鉢、 

師長 は 素志 素行 正 敷、 片見片 氣無, 之 學問も 諸 書を廣 く 見渡し、 古今の 治亂 奥. D 人情 變態 によく 通 

じ、 唯 人 を 親切に 導き はなたらしの 小童 迄 も、 何卒 善行 善心 9 人に なり 立候樣 にと、 實愦に 取 飼 

ひ 候 人 を、 先 御 家中の 師に御 定可レ 被, 成 候。 善 言 善行 を 晃習ひ 聞 習 ひ 候て、 夫より 追々 成立 候 は 

.>、 其 中より は、 一廉の 大賢 英才 も、 出來 可, 申 候」 然ば 先寬々 敎 化に 向 ひ候樣 にと 御世 話 被, 成 

度 御 事と 奉, 存 候。 己一 人 のし. と 心得 候て、 驕傲 不恭 なる 人 を 師長に は 必御遠 盧可, 有,, 御座, 

御 儀と 奉, 存候 ◦ 以上 . 

つらく ぶみ 臣の卷 

〇 君 侯い まだ 御 弱年の 御 事、 貴公 御 忠誠 を 以て そろく 御 取 か ひ 被, 成 候て、 行々 名 春の 君と 仰ぎ 候 

樣被, 成 度との 御 事、 乍, I 今更, さりと は 致,, 感心, 候。 い つもく 得,, 御意, 候 通り、 一 國の 治亂萬 民の 

憂 喜 は、 只 君 一 人の 德不德 に 懸ゥ候 事、 不, 及, 申 候、 上 一 人 だに よく 候 は. „• 、千 事莴行 何か惡 かる 

ベく、 上 一 人の 宜しから ぬと 申 時 は、 千 事 萬 行よ かるべき 道理 は 古今 無, 之 儀、 是 又不, 及, 申 候。 

大人 は 君の 心の 非 を 格す と 有, 之 候 貴公 どの 御 職分に て は、 何 は 差 置、 唯 君 心 を 御 取 かひ 截 



分 牲生を 致し 居候 もの 有, 之 候 由、 現在 此 頃の 事に 御座 候、 然ば 一 概に法 華 沸に 不, 成 共 難い 申 候 半 

と 申 候 時、 老師 大きに 氣色を 損じ、 々苦々 敷 事に 候、 左樣 なれば 彌陀 如來も 最早 尊と からず 候、 

たとひ如何なる大善業の人ふ、にも致せ、我祖師源^^.-上入の 一 枚 起請 を 背き、 他宗 を 念じ 候 者 をむ ざ 

と!^ 樂牲生 を爲, 致、 膝元へ 引 寄られ 候 事、 阿 彌陀如 來以の 外の 不都合と 存候、 左 候 は- - 愚僧な ど 

最早く 牲生極 樂を願 ひ 候 念 は 無 i 之 候と 申 候 由、 大鉢 世上の 儒者 も、 皆此 淨土宗 老師と 一般の 

見識と 被; -存 候。 古今の 諸賢 世話 を やき 候 は、 何れみ な 先聖 後 の敎を 尊崇 致し 候爲に 御座 候 た 

とひ 孔孟の 本意に は 違 ひ 候て ネ、 我流 義の祖 の 遺言に は 違 ひ 申 間 敷と 申 事 は、 何共 會 得難 i 致 儀 

かと 被, 存候 中 さば 今の 世に 生れ 候 入 は、 一統に むかし れ候 人の 弟子に て 御座 候 愚老 如き 

生質魯 鈍なる もの も、 幸に 幼年より 書物, 讀習 ひ、 秦漢 後の 諸 書、 程 子 朱 子等の 遺書 も 伺 ひ、 

仁 齋祖徠 の 見識 を.^ か 6 候て、 :;4、 影に こそ 寸志の 愚見.^ も 申 樣には 相 成 候 事に 御雕. 候 然ば 人し 

れず 此恩德 は廣大 無量なる 儀と 存候」 乍, 阱 うみの 親 ハ敢へ 置く 事 にても、 成長の 上に て 考へ候 

得ぽ、 ー槪に 左様に も 難 k 成 事 《 ^たま, (- 有レ之 、のに 候。 と. < ぼうか みと 代 剃. 9 候 時の 差別 も 

なく、 親の ゆ 置た る 事と て、 是非 其 儘 執行 ひ 候て、 大問違 を 仕出し 候 は ど、 親の 心に て は、 草葉の 

かげより, J -、 餘 6 悅びは 致 間 敷 候 じ 必竟宗 論 をつ のら 候 僧 は、 悟道 徹底の 師 にけ 有 i 之 間 敷 候 學 

胶 のみ を 申つ の 6、 德 行の 沙汰に 及ばざる 儒者 も、 難, 信 人と 被, 存候 人君の 學政を 御世 話 やかれ 

候 主意 は、 能敎 へて 人民 を 善に 向 はせ 申 事が 専務に 御座 候〕 程 朱學を 尊び 候 入 は、 德 尊き 程朱學 

鋼 井平洲 嚶鳴 g 遣 草 卷^ 五 百ャ九 



折衷 學汲 S. 八 

さへ 得 候 は. 《•、 何れの 淨 土へ か 牲生は 可, 致 候 儒者 《p 其 人の 修行 次第、 美德を だに 成 願 致 候 は. 5>、 

何れの 國 家に て- P 御用に は 立ち 可, 申 候 4^ 候 得ば、 先 其 人の 德不德 を 御 撰み 可, 成 候て、 流 義の處 

は 左の み 御 撰み 無, 之 候ても 、可, 然樣 奉, 存候 己. 1- 流義を 偏屈に 申唱へ 候て、 他流 を 排棄致 候 

は、 全く 其 儒者 一 人 切の 私心に て 御座 候 人君 は 萬 K の 主に 御座 候 何れ にても 篤學美 行の 賢者 

を 御用 ひ 被, 成 候て、 一 家國の 人心 を敎化 有, 之、 一 鉢の 風俗 を 美 敷 被, 成 候と 申が 公道なる 御所 作 

に 御座 候。 但し先書追,^得,|賢盧ー候通、 偈 僻なる 人 をば 師長に 御 立 被, 成 問 敷と 申 儀 は、 彼 菊 好の 

きく 作ら 候 樣には 致 間 敷と 申 道理に て 御座 候 鬼 角 人君の 花畑に は、 牡丹 藥 菊楛梗 紅白 黃 紫^き 

交ら 候て 、いつにても 生花 御 入用の 時 は、 御望 次第に、 赤な. 9 共 黄な. *r と „_? 、其 香 かう ばし く、 花 

形見 事に 開き 候 を、 何十 本 にても 花 髖へ御 とらせ 可, 被 i 成 事と 奉, 存候 はなぶ 6 が惡 さとて、 

枝ネ苔 もむ しり 捨 候て、 我 好の 黄菊 一色と 申 事に、 万民の 主の 物 好に は不, 宜 事と 奉, 存 候し 人 

の 行 は 善惡唯 二通りに 御座 候 善人 多く 生じ、 惡 人の 减 じ候樣 にと 申より 外に、 敎 化の 本意に 無 

之 儀と 奉, 存 候。 を かしき 咄を 承. 9 候 事 有, 之 候 或 淨土宗 の 老師、 宗徒の 內に內 々法 華 を 信じ 候 

由 を 承. -=N、 甚 不快に 存ヒ、 染々 敎誡 致し 候に は、 低の 諺に も、 法華佛 にならず とこ そ 申せ、 左樣に 

法 華 を 信じ 被, 申 候て は、 中々 極樂牲 生は不 = 相 成, 事に 候と 申 聞け 候 所、 其 人 申 候 は、 左 候に は 御 

示し 候 得 共、 此間 我等 親しき 淨土宗 の 人 致-病死, 候て、 三日 目に よみが へ ft^ 申 候、 冥途に て 地藏尊 

の 御手 引に 逢 ひ、 地獄 極樂を こと-^ ― ^て ig6 申 候 所、 常に 念 比に 致し 候 法華宗 徒の, e にも 大 



へ 可, ま 事に 御座 候。 人才 は 一 樣には 無, 之 3 のにて、 I 槪に我 持 方の 逋. にの み 仕 a み 可, 电 

と 存候檨 なる 片氣 にて は、 被, 敎候人 も 堪兼候 S のに 御座 候 知愚才 不才、 夫々 相 應に取 かひ 候 

て、 必竟 よき 人に さへ 相 成 候 得ば、 何 ど 御用に は 立 ものと 申 心得 無, 之、 識度狹 少なる 人 は、 師長に 

は 難 i 致 事に 御座 候 先 箇樣の 所 御 勘考 可, 被, 成 候。 蒙, 仰 候^の 撰み かた も 、被, 成-, 御覽, 候 書物 

に は、 數多 有, 之 候 得ば、 愚意 大槪, 申述候 以上。 

〇 追 々得-賢慮-候に 付、 彌御 家中に 學問被 仁 打 不,. 5. 候て は不, 叶 儀と 思 召 候 得ば、 可, 然 儒者 御 一展 ひ、 

指南 御 賴被, 成 度 思 召 候 得 共、 當時學 問に は 種々 流義も 有, 之 候て、 何れ か 可, 然御 一 决難, 被 k 成 候 

得ば、 常時 行れ 巾 候 程 朱學、 仁齊 派、 祖徠 派、 三 派の 內 是非 を 致, 一 決定, 候て、 申 上候樣 にとの 御 事 

承知 仕 候 乍, 併 愚老或 先賢 先輩の 學術、 其 是非 を 致, 一 裁斷, 申 上 候な ど、 申 儀 は、 中々 難 k 儀に 御 

候 先 以て 一 家の 學を 興し 候 程の 人 は、 何れ 共に 一 世の 豪傑に て、 各所 見 有, 之 事に 御座 候 U 但し 

舉; 人 にても 無, 之 候 得ば、 人々 是非 得 夫に 勿論 有:, 之う ちの 事に 御座 候。 長 を 用 ひ 短 を 捨て 申 候 は 

K 何れ 利 5 鍅の 無, 之學も 有, 之 間 敷 候 C 然ば其 門 流々 にて、 其 師學を 推 尊 致 候 事、 是又 尤なる 

儀に 御座 候 P 乍, 去 何 流 にても、 未學 未熟の 人に 候 得ば、 一 槪に其 書の みを讀 み、 其 言の み を 信じ、 

廣く 是非 得失 を詳 考不, 致、 唯 其 流 義の外 は、 惣て ひが ことの 檬に申 唱へ候 事、 古今 同 弊に 御座 候 0- 

譬 へば 僧家の 行 法 《p、 四宗 八宗、 さま-^ に 品替. 候 得 ども、 定て 得, ー佛 性, の 外 は 有, 之 間 敷 候 C- 

儒者の 言論. P 種々 に 御座 候 得 共、 成- 1 德行, の 外 無, 之樣に 被, 存 候。 必竟其 僧の 修行 次第、 佛性を 

鈿 井平洲 if 鳴 龅遠草 港 第五 1H 十七 



編 理 f& 本 口 



折衷 孥派. 百 十六 

て、 躬行の 美 無 レ之人 を 用 ひ 申 候 時 は、 負宗 正宗 如何に 結構なる わざもの とて、 拔身 のま >- にて 腰. 

に 指 候同樣 にて、 用心と 存候內 に、 いっか 自身の 怪我お 取 出し 申 候 。左 候 得ば、 先 素志 素行 を 失ひ不 

, 申 人 を 師長に 御用 ひ 可, 被, 成 事に 御座 候 素志と. e. は、 幼年よ 6 存、 込み 候よ き 志お いつ 迄 も 持 m. 

し 候 事に 御座 候 素行と 申 は、 幼年よ 6 平生 所行よ ろしく、 壯 年に 相 成 候て; „p 、右の 善き 行 をた ゆ 

まぬ 人 を、 素行 ある 人と 申 候て、 はえぬきの 人間に 御座 候 但し 少年 の^は、 不都合 成 所行 《p 有,. isl- 

候 得 共、 成長の 上、 良師 茛 友の 助に て、 志 行 を 改め、 有 德の士 になり 候 人 も、 數多 有, 之 事に 御座 候, 

得ば、 人君 廣く 人才 を擧 用せられ 候 日に は、 右 5 前 過 前 失 を 以て 被, 捨候 事に は 無, 之 候 得 共、 なみ- 

/\ の 人情に て は、 この 人に も 以前 筒 樣く杯 不都合 を數へ あげて、 转を 妨げ 候 人 多き 物に 御: 

座 候 得ば、 まづは 癖の なき 人 を 師長に 立て、 人を敎 へさせ 申 時 は、 初よ 6 信仰 もつ き、 おとな レ 

く 敎訓を 受用致 候 事、 定. ON たる 事に て、 此段 はおし つけに も、 不, 事に 御座 候。 又 平生 躬行 正 

敷と 申內 にも、 生れつき 窮屈 片氣 なる 人 は、 人の 師には 難, 致 候 何故と 申 候 得ば、 惣て人 を 取 育 

て. e. 心 持 は、 菊 好きの 菊 を 作 力 候 樣には 致 間 敷 儀に て、 百姓の 菜 大根 を 作. 候樣に 可, 致 ー爭に 御座 

候 ^1好きの菊作.0候1:、 花形 見事に 揃 ひ 候 菊 計 を^せ 申 度、 多き 枝 を 《p ぎと り、 數 多の つぼみ 

をつ みすて、 のびたる 勢 ひ を . め、 我 好み 通 6 に まじき 花に、 花壇 中に j 本 も 立て 不 候 百 

姓の菜大根を作..^候は、 一 本 一 株 も 大切に いたし、 一 畑 Q 中に::、 上 出來も 有、 へぼ も 有、 大小 不揃 

に 候ても、 夫々 に 大事に 育て 候て、 よき も わろ .yv も、 食用に 立. S. 事に 御座 候。 此兩樣 の 心 持,^^; 



m 



本 



现 



被 i 成 思 召, 候 得ば、 衝又 種の 美惡 撰み 方 委敷申 上候檨 にとの 御 事 V 承. i 仕 候。 まづ 人の 才能 は 

一 樣には 無, 之、 得手 不得手^, 之 事に 御座 候 得ば、 一 人に 十 善 を 備候事 は、 聖人 の 外に は 決て 無 

レ之 儀と 被, 存候 乍, 併 善き 種に も 被, 成 度 思 召 候 は J^、 大槪 不具合なる さの すくなき 人 を 種に 被 

, 成 度 候 不具合と 中 候 は、 昔より 學問を 尊び 候 事 は、 學び 候へば 心 もけ なげに、 道理 も 明かに、 

所行 も 正 敷 相 成 候 を 、尊び 申 事に 御座 候 然る 處學び 候て 物 識には 成 候 待 共、 志 行 正しから ず、 不 

義 不信の 沙汰 多く 世間に 聞え 候 人 は、 其學 問と は 喰 違 ひ 候に 付、 是を 不具合 人と 申 事に 御座 候 一 

ッニ ッを あげて. a. 候 は.^、 孝 怫は美 德と巾 事 は 乍, 存、 自身の 所行 は 親 兄に もし ほらし からず, 驕傲 

と 巾け 不徳なる, V と 乍, 存、 我 一人 ものし. y と 心得、 人.^ 見下し、 古賢 先輩 をむ ざと 誹謗し、 誠 

の 賢者 は、 我よ き迸现 《p、 若 や 心得 違 ひに て は 有, 之 間 敷 哉と、 恐れ 氣遣ひ 候 を こそ、 謙 讓の德 と 

稱し候 事なる を、 さまで 見出した る ij もな きを、 珍敷大 相に 中唱 へ 、 た J- 俗人 を 驚し 申 事 を 自己の 

手柄と 心得 候 を、 古人 は學ぶ 所に をむ きたる 人と 申て、 不具 八 n の甚 しき 人に 御座 候 , 齒樣 なる 輕 

簿の 人種に 相 成 候 得ば、 晃 るを晃 まね、 聞 まねに、 何も わる 心 もな き 素人 も、 なまな かこの 學問 

故に? P て餘 したる 人に 相 成 候 事、 世上に 不, 少候 蹄 は 一 粒に 候 得 共、 みのり 候 得ば、 千 粒 万 粒に 

も はびこら 候 間、 先 大事 成 儀に 御座 候 C 但し 行跡 正— ければ、 師匠 は 夫 計に て事濟 とも 難, 申 候 師 

匠と. &時 は、 人の 問 を 待 ものに 御, 座 候。 十の 內三ッ 四 ッは不 --辨 存-候 共、 殘り六 ッ七ッ 位 は辨へ 

居 不,. ffi. 候て は、 人の 信仰 ネ 生じ 不,. S. 候 得ば、 博畢多 勿論の 事に 候。 然し 唯 博學識 多才 而 巳に 

. ^井 平 洲 嘤鳴館 遣, 1:+ ^第五 百 十五 . 



折衷 學 s 百 十四 

は 無, 之 候 C . ^雇 ひと 申 時に、 師匠 を 一 人 御 雇 ひ 被, 成 候 事に 御座 候 師匠 は 一 人に てに 百 人は敎 へ 

られ ぬと 申..,. は 無, I 御座, 候。 一 人に 申 聞せ 候道现 も、 百 人 千 人に 申 聞せ 候 道理 も 、道理に 同じ 道理 

に 御座 候。 申さば 一 人 も 多く 集め 候て 申 聞せ 候 得ば、 承ら 候 入 も、 我 身の上と 計 は不, 存、 たと ひ 

身に 覺へ 候氣の 毒なる 儀 有. 之 候ても、 耻敷 とて 顔お 赤め 申 事 もな く、 心のどかに公に承.*^候內 

に は、 人々 己々 何となく > ;-當 思 廻らし、 道理 も 得と 合 點の參 る 物に 御座 候 生 人 一 人 へ 指向 ひ 

申 候 時 は、 生 人 計 を 異見 致 候 樣に相 聞え、 家来へ 計 申 聞せ 候 得ば、 家 來計を 戒め 候樣に 聞え 候 物 

に 御座 候。 君臣 一同に 承.^ 候 2£ ば、 君の 心得 も 有 1 之、 家来の 心得 も 有, 之、 上がよ ければ 下の 爲 

もよ し、 下がよ ければ 上の 爲も よしと 申 道理、 分明に 辨 へしら るゝ Hj に 御座 候 併師を as ぶと 申 

道 をまづ 心得 不, 申 候て は、 不, 参事に 御座 候 古今 共に 師を 尊敬 仕 候 事 は、 重き 道に 御座 候 C 申せ 

聞 ふと 申樣 なる 疎 末なる さに て は、 何 を 承り 候ても、 無益なる さに 御座 候。 於k之古先聖王ょ.c^、後 

世の 明君 賢 王に 至る まて、 師を 尊崇 被, 成 候 事 は、 常々 被, 成,, 御覽, 候 書面の 通に 御座 候。 唐土の 昔 

昔ば かりにても 無-御座: 我 朝 代 の 天子 親王の 御上 にても、 師臣を 尊 寵被, 爲, 在 候 次第 tl 、物語. 5 

等に も書傳 r 、殊の外に うや/ \ 敷 大事なる さに 相 間 申 候 ◦ 先 此段を 急 度 御 思惟 被, 成 候に レ 夫よ 

. ^して は 御 家臣 等 C: 川 立 候 人 あまた 出來申 候て、 後 i は 外より 師匠 を 御 展ひ被 成 候に は 及 中間 敷 

候 如何 樣 よき 田地 にても、 種 を 蒔き 不, 申 候て はへ 申 候 苗 は 無, 之 候 已 上- 

〇 先 書の 趣御覽 被, 下 候 所、 鬼 角 御 家中に よき 種 を 御 薛被, 成 度 思 召に 付、 右 種に 相 成 候 人 を 御 雇 ひ 



は、 まづ 主人が 嫌 ひ 成 物に て 御座 候 嫌 ひか 好き か、 なる かならぬ は、 致して 見 不ぃ申 候て は、 難, 

決 物に 御座 候 G されば 人, I- の學ぶ 心に 相 成 候 は、 上 一人の 心 持が 本に 御座 候 善惡 利害 を辨 へ、 

人に 利害 を 能く 敎 へ^し 申 もの を、 一 兩人も 御 引 立 被, 成 候て、 御 賞 1^ 被, 成 候 得ば、 誰も 御 賞 新に 

は預 6 度、 其內 には才 不才の 差別 は 可, 有, 之 候 得 共、 其 人相 應に 知惠も ひらけ、 道理の 分. 候 

程に は 相 成 候 事、 相違 無,, 御座, 候 但し 夫と て. p、 差當^^御手元に相應の人柄無,之候は.-、他所 

他 國の人 にても 御 注文に 叶 ひ 申 候 人 を 御 雇 ひ 可, 被, 成 御 事に 御座 候。 雇 ふと 申 事 は、 耻に はなら 

ぬ事と相見ぇ申候o先大きく申候は.^、天地の妙用にても、 聖德の 天子 を 御展ひ 被, 成 候て、 陰陽 造 

化の 功 を 助けて 御 もら ひ 被, 成 候。 天子 は 諸侯 を 御 雇 ひ、 四海 を 治め 玉 ひ、 國主 領主 は 家老 諸 役人 

を 御 一展 ひ、 領分の 世話 を させられ、 侍 は 翁 持 中間 を やと ひ、 奉公の 働.^ 助けて もら ひ 申 候。 ちい 

さく 申 候 は. 《•、 入の 心の 臓 は 一身の 主に 候 得 共、 手足 を 一展 ひ、 つかみ さす り、 あるき は rJ び も 仕 

候 其 手足 も、 大指 斗に て不, 參. 中指 小指の 手傳 ひお 雇 ひ不, 申 候 得ば、 なて さすり も 叶; 3 不, 申 

候 C 申て 見 候 は^、 霖き御 方 程 雇 ひ を 多く 御 入 被, 成 候 事に 御座 候。 古今 高名の 武將 も、 勢 を 多 

く 一展び 持 玉 へ る 入が 大身 大家に て 御座 候。 綱 公 時 武藏坊 にても、 己 一 人に て は、 一 陣の戰 は 持れ 

不レ申 候 されば 雇 ひ 候 事 は、 美 目なる さに て、 耻 辱に はならぬ さ と 被, 存候。 乍, 恐 東照宮 は、 六 

十餘 州の 大小 名 を 能く 御 雇 ひ 被, 遊 候 故に、 如, 此 一 統 太平 被 レ遊候 . 他山の石 以て 紙と すべし と 

申す 詩の 敎 へ は、 常々 被, 成-御覧, 候 事に 御座 候。 相 州 物 は 相 州の 砥 にて 研ず 候て はきれ ぬと 申譯 

細 井平洲 嚶嶋餽 遣 草 卷 第五 1H 十 W. 



折衷 學 K 百 十二 

, 申 侯 哉、 目 を 舞し 被, 申 候に 付、 夫よ ft> いよ. (-嫌 ひに 被 一一 相 成; 講釋と 申, は、 入に は大 毒と て, 

ふつく 聞不, 被, 申 候に 付、 彌 不道理 もつ のり、 氣隨氣 儘に 物 ごと 被,, 申出, 候て、 兔角 家中の 迷惑 

不,, 大形, 候に 付、 大臣 共 又 候 色 夕 訴訟 致し、 せめて 一 座 御 聞 被, 下 候 得と て、 又 或 儒者 を 招き、 講談 

を 爲致候 所、 一 初の 程 は 又 目 を 舞し 可, 申 かとて、^ 不安心の 容 子に 御座 候 所、 右の 儒者 如何に 講 t 候 

哉、 殊 C 外に 面白く 被, 存、 一 向 退屈の 胖も なく 候に 付、 家臣 共 も 其 致,, 大悅 r まづ短 かく 申 候樣に 

本 一 と、 側よ 6 さ 、 やき 候に 付、 能 程に 講を 休め 申 侯 得ば、.^ て 面白き 事に 候、 嘸 大儀に け 可, 有, 之 候 得 

一 共 可-一 相 成 一は 今 一 度 承 度との 儀に て、 夫よ. り は 常 講日 被, I 待 兼, 被 k 承 候に 付、 次第に 道理 も 八 n 

^ _ 點參. 9、 後々 け餘程 ほめ 侯 程の 主人に 被-相 成, 候 由、 定て 初の 儒者 は、 こと 六ケ敷 自分が 多年の 精 

理 一 學の功 を、 其 座き, に、 向 へ も會 得爲, 致 度 微妙の 道理 を 細かに 說 きたる にて 可, 有, 之 候 然 故にう 

ゐ/ \ 敷 被, 承 候 耳に は、 何の 事に 候 哉、 一 向譯も 聞え 不, 申 候に 付、 退屈 も 被, 致 候 事、 斷成 儀に 御 

座 候。 後の 儒者 は、 定て功 者に て、 書面の 通 誰も 彼 《^會 得の 相 成 候 筋 を、 大 さやかに すらく と 

編 一 講じ 候に 付、 被 候に 隨ひ、 道埋も 分明に 分り、 寅に く 面白く 被, 存候 等の 事に 御座 候 惣て諸 

り 薪 共に、 しらぬ人が嫌ひに相成1^物に御座候^- 茶の湯 就 鞠 能 離 子 にても、 しらぬ 內は 退^に て、 

少し- P 其 道 を 存じ 候!^ ば、 面白く 相 成 候 事、 人情に て 御座 候 是 によって 世話に も、 下手が 嫌 ひ 

になる、 上手が 好きになる とも 申、 嫌 ひが 下手に 成、 すきが 上手に 成 共 申 候。 鬼 角 世の. は、 間 

違 多き 物に 御座 候。 我 主人 は 嫌; S と 申 家来 は、 まづ 家来が 嫌 ひに 御座 候。 我家 来が 嫌 ひと 申 主人 ; 




曰 



本 



彙 



て も 主 を 持 候へば、 我 君 あしかれ と 存候人 は、 一人せ 無 i 之 候 得 共、 心に 辨へ覺 え 候 力無 i 之 候 得 

ば、 .ffl. 上度義 も、 可,, 申述ー 樣も不 X 存、 むざとロ出し《^^雛,致、 心中に は 不快に 存候得 共、 おし. お 

まも 候て、 其 日./ \ を 過し 申 候 事、 げ に餘義 もな き 事に 御座 候。 されば なき ぞ とて 被-一 捨置 1 候 道 

理《*^ 無, 之 候 得ば、 そろ,/ \ 申 もの、 出 來候樣 に 被, 懸= 御 心 一度 儀と 奉, 存候 是非 善 s、w を辨へ 申 

候 人の 出 來候檨 にと 申 候 手段 は、 人に 道理 を 知せ 申 事に 御座 候 人に 道理 を 知らせ. S. 候 手段 は、 

學問を 爲:, 致 候 事に 御座 候 學問を 爲レ致 候 は、 ま づ大學 の 道 はと 讀み習 はせ 由-事に 御座 候。 よみ 

覺へ候 得ば、 其 譯を存 度 相 成 候 事、 人心の 常に 御座 候 一 ッ承, ニッ 承, o、 數を かさね 申 候 得ば、 

物事の まれて 参. 5 候 事、 人心の 靈 妙なる 所に 御座 候。 心に 知れば、 口に も 申され、 身に 《p 被 A 打 候 事 

9P 又 自然に 御座 候。 世話に も 申 候 通、 習 はぬ 經は讀 まれぬ と 申 事 は、 聖賢の 上 にても 同 樣に御 

座 候 世に 物知りと 申 人 も、 習 はぬ むかし は 素人に て 御座 候 C 然 故に 御覽被 i 成 候 通、 古よ. 9 聖 

王 賢 君の 天下 國家を 治め 給 ふ 道 %、 ま づ人を 人に 敎 へたて 候が 治 道の 手 初に 御座 候。 人に 善惡を 

辨 へさせず、 善 をせ ょ惡 をす るな と 申 事 は、 天子の 御 威勢 にても 不 i 參 儀に 御座 候。 御 家中の 輩 も 

學 ぶと 申 事よ きこと、 申 譯を存 候 は.^、 誰か ひと. y 不學の もの は 有 i 之 間 敷 候。 愚 老若 年の 時人 

の咄に 承ら 候 事 有, 之 候。 或 生 人生 得 學問嫌 ひに て、 常 々被, I 申出, 候 事 も 不道理の みに て、 一 家中 

致-迷惑 一 候に 付、 家臣 共存 付き 候て、 鬼 角少夕 講談 にても 被杗候 は. > 、道现 も 分ら 可-申と 申 合、 色 

々とす、 め 候て、 儒者 を 招き、 大學の 講釋を 初め 申 候 所、 一 座 被, 承 候內、 いかう 退屈に て ふさぎ 被 

細 井平洲 礎 鳴鲔遺 卷 第五 、 百す 1 - 



曰 





折衷 舉 百卞 

臣 計に 候 へば 常々 勞は. C かし づき 申候內 に; tp、 爲に相 成 候 筋 を畫夜 心得 居候 事に 候 得 ども、 先 

書 申 候:^、 當 座の 機嫌の み を 伺 ひ、 我 不首尾 致さぬ 樣 にとの み 心得 候 人 計 立 並び 介抱 致し 候 

得ば、 兒 共に 飴と 申譬の 通、 虫の 出 候 は不, 厭 あまい 言 をのみ 進め 申 候 是を 君に 爲^ をす, - むる 

邪 侯の 臣と申 候 此 所を辨 へられ 候が、 人君の 稽古の 最初 第一 に 御座 候 〔) 毒 はす、 め 申 間 敷と 

存じ 候 人 は、 必 《5 座の 機嫌に は隨 ひ不, 申 苦み 計 を 申 物に 御座 候 苦けれども*^の藥と世話にも 

巾 候 通、 虫の 藥 はに がきに 勝る 物に 無, 之 候 故に、 古今の 名將賢 君と 申 程の 人 は、 この 苦 口 をき く 

人. V 秘藏 致され 候て、 甘み を 申 家 來を厭 ひ 嫌 はれ 候 事に 御座 候 但し 人情と 申 物 は、 我と 我 同志 

の 間柄 にても、 人の 氣に はさ はらぬ 甘い 言 は 申よ く、 機嫌 不, 構に 苦 口 は 申惡き 物に 御座 候。 まし 

て 主君の 威 は、 雷 震よ. 5# 恐 きものに 御座 候 得ば、 中々 並々 の氣 丈に て は、 齒に 絹き せず 申 事 は、 

至て 難 i 成 事、 不, 及, 申 候。 然ば 御子 達へ 賢 君の 誓 古 を させられ 度 思 召 候 は. 5-, 先 づ此輩 を 御 撰 

み 御附被 i 成 候 事、 最 第一 の 儀と 可, 被-思 召 一 候 其 上に て は、 御 修行の 被 i 成 方、 御 思惟 次第、 何 

si^ にも 相 調 ひ 可レ申 事に 御座 候。 以上 

〇 人君の 側に は、 觅角正^^に?^のを申人を被_ー召使,候が第 一 と、 兼々 被, 一思 召, 候 所、 愚老 御^ 申 候 

趣と 符合 致し 候に 付、 御 安悅被 k 候との _ 御 事、 大磨仕 候 () 乍. 併 是非 蕃惡 ,> 明かに 致-, 辩 別つ 正直に 

申述候 の 人に 御 事 を 被, 欠 候との 御 事、 御尤に 承知 仕 候 C 如何 さま 何方 にても、 御 家-外 は數多 

に 御座 候て ネ、 右の 筋 を 聢と辨 へ 君 を 諫言 f;3" ど 仕 候 程の 人 は、 澤 山に は 無, 之 物に 御座 候。 誰と 



の 塞 暖に身 骨,^ 鍛ひ候 f ば、 無病 壯 健に 生 立 申 事に 御座 候、 然に 貴人と 申 物 は、 生れて よ. 9 此緞 

ひ をう け 玉 ふとな く 候 故に、 氣カも 自然と 薄く、 ものに 堪へ 忍ぶ とかよ はきものに 御座 候 さ 

れば 何事 も氣 折に は不, 參 次第、 よく 取扱 ひ不 k 申 候 得ば、 成就 不ぃ致 候 仍 k 之 ま づ習惯 を 油 斷致間 

敷 事に 御座 候 。赏賤 共に 、子 はと かく 親の まね を 致し 候 事、 幼が より 晃慣ひ 聞 慣ひ候 故に 御座 候。 

良 弓 ノ子 は箕を 作り、 良 冶の 子 は裘を 作. -惯; S 候輋、 自然に 御座 候。 然ば子 典に 善 を爲, 致度存 

候 得ば、 まづ 親が 善業 を 致し 候て 見せ 申 事、 當 然の理 に^ 座 候。 まして 御子 達に 賢 君の #古 修行 

を 御 仕 入 被. 成 度 思お 候 はい、 まづ御 自己に 御勸 可, 被, 成 事、 及-一 申 上-候。 乍, 併い つも. 申 上 

候 通、 下く の 子 共 並に、 幼年よ 6 親の 取扱 ひ 1_p 無造作に て、 彼鍛ひ 丈夫に て、 熟い 寒い 返 屈 大儀 

も S や を 不, 爲, 申 仕 入 候 得ば、 都ての 作業 も 次第に 苦勞 難儀と も 不ぃ存 勸習ひ 候 得ば、 何事 も 面白 

み 早く 付 申 候て、 さの みせが み 立不, 申 候 得 ども、 03^ る を 見 まね 聞 を 聞 まねに、 ぃク となく 上手 

名人に 相 成 申 候。 膏梁之 性 難:, 訓と 古よ ゥ申 候て、 うまく.?: i ベ 暖に 着て、 物に 氣兼氣 遣 ひなく 生 

ひ 立 玉 ふ 貴人 は、 生れ 落よ 6 前後左右が 厭 ひ いた は. 9 候 事 を專 要に 致し 候 得ば、 物事し ひて 被 "攝 

候 事は甚 難き 事に 御座 候" げに 下賤の 身分と は 違 ひ、 群臣 左右に 園繞 せられ、 萬 K の 上に 被 レ立候 

て 尊 さ 身分に 候 得 は、 下々 同樣に 押つ け 押下げ て 取扱 ひ 可, 申譯は 勿論 無い 之、 機嫌 を 伺 ひ、 程 能 

取 かひ、 修行 墓 候檨に 可, 致 事に は 候 得 共、 併此 い,^ はりての 心 持 次第にて、 以の 外の 間違 ひ 

に 相 成 候 事に 御座 候。 眞實に 主人 を 大切に 存 t 行, 賢明の 主に.^ なられ 候樣 にと 思 ひ はまり 候 侍 

S 井平洲 Sf 鳴お 遣 草 卷 第五 百 九 



折衷 學 M X - 

なき 入と は 申 候。 但し 夫 とても まゝ にして、 大きなる 赤子の 上下 着た る 同 樣に世 を 過し 申 候 人 j 

は、 是非 善惡の 沙汰に は 及不, 申 候。 君 侯な ど は、 御 果報 目出度 人君に 生れ 出 玉 ひ、 又 其 上に て 顧 萬 一 

人に *p 御 勝れ、 ケ檨の 道に まて 御 立 入 被 i 成 候て、. r> くまでの 御 切 問に 及 申 候 事、 誠に 以て 重疊 ic 出 一 

一 度 御 事に 御座 候。 彌 一撮- - 君の 稽古 修行 を 御 積 被 k 候て、 後代までの 鑑に 被, 爲 k 候樣 にと 奉, 存候 0ー 

B ^ 愚老 が所晃 とても、 別段なる 義は 無-御座 一 右 申 上 候 事 は、 皆, 常々 被 i 成-御 覽ー候 手近き 書物に 有 一 

本 \ , 之 候 道理に 御座 候 得ば、 大略 を 申述候 迄に 御座 候。 誠 恐 J 一 

^ 〇 先達て 御 切 問に 付 愚意 申 上 候 所 、賢慮に 相 叶 御 悅被, 成 候との 御 事、 大慶 仕 候 右に 付 最早 世子 一 

倫 ^ にも 退々 御成 長 被, 成 候 得ば、 君 侯 御 一 己而已 にも 無, 一 御座 ハ 世子 へ 人君の 御 修行 被, 付, I 御 心, 度 一 

^ 思 召 候に 付、 右 修行の 法則 如何 御..; 得 可; 板:, 成 哉、 委敷御 S ^被, 成 度 思 召 候との 御 事, 承知 仕 候 先 一 

書 申 上 候 通、 人君 之 御 修行 は、 常々 被, 成-御覧, 候 四書 五經を 初め、 凡書 物 一 枚 御開き 被 k 成 候揚ー 

暴 ば、 悉く 其 事の みに て 御座 候 得ば、 愚老 不,, 申 上, 候 其、 御自見 《p 可, 被, 成 儀に は 御座 候 得 共、 食 一 

編 一 問に 候 得ば、 誰々 S 能存候 事ながら、 御 答 へ申述 候〕 贵 意の 通、 御 自己 切の 御 事 は不, 及-申 上, 候 一 

^ 得 共、 如何 樣 世子 御 育ての 義は、 猶更厚く御心得.^-被,爲,有度御事奉,存候0 惣て もの はま づき 一 

.f^ ひと 申 事 有, 之 候。 南 蠻鐵. *、 三遍鍛 より 五 遍十遍 の 殺 は 金 もよ くねれ あ; 3 候て、 太刀 刀に 致: 

し 候て 《p、 きれ 味 SP する V3 に 御座 候。 天草 程! <P 削 立の 儘に て は 弱く、 打 はり を 致し Jc^ み 候 得ば、.,: 

しな; 3% よく 折れ 不, 申 候。 萬 物此道 狸に て、 人 も 生れ 立より、 日に 晒され 風に も れ、 陰陽 自然 j 



ふこと に 御座 候。 是は 今の 世ば か. 9 にて は 無 一之、 常々 御 覽被, 成 候 通、 古今の 書籍に 記し、 聖賢の 君 

名, V 殘し 給へ る 君 は、 唯此 稽古 修行の 功 を猜玉 ひし 人々 にて 御座 候 話に 申候肓 蛇に >ぢ ずと 申 

こと は、 めくら は勇氣 なる ものに て、 へび を 恐ぬ と申譯 にて は 無 i 之、 我 を さす 蛇 か:: n に:!:^ えぬ 故 

に、 を しげな く蹈 つけて、 足 を さ、 れ 候と 申 心に て 御座 候。 必竟學 問 を不, 致 候 得ば、 古今の 姿 を 

も不, 存、 何 あやぶみ 恐れ 候 氣遣ひ 用心 も辨 へ不, 申、 無理 無法の 氣隨氣 儘に 相 成 候て、 貴賤と も淺 

ましき謗.=^恥辱を受け、 人と 生れ 候詮 TP 無, 之、 夢現と なく 一 生 を 過し、 草木の 枯拷候 樣に身 を 終り 

力る 跡 は 何の 花香 も殘ゥ 不,. H. 、下賤 無智の ものと 同じく 苔の 下露と 消 はて 候 事に 御座 候。 前文に も 

申 候 通、 素賤の 身と 生れ 候 得ば、 物心 存じ 候よ.^、 人 は 此身を 終ら 候まで は、 不道理に て は 人が ゆる 

し不》 申、 一 生が 行 屈 かれ 不, 申 候に 付、 何卒 一 生 を 安泰に、 人に も 人ら しく い はれ 候 半と 存候 得ば 、 

さま- s,\ の 堪忍 苦勞を 致し、 才 不才 相 應に、 おのれが 心 力 を 盡し申 事に 候 得ば、 其 中より 名 譽顯達 

の 人;^ 多く 出 來申候 事、 常 然の现 に 御座 候 貴人と 生れ 候 得ば、 右 申 候 通、 心勞 苦行え 人に させ、 

思盧 思惟 も 人に させ、 我 は 我に て かれ 候へ ど 上手に 相 成 中 候 馬術に 功 者なる 人 は、 折々 落馬 も 致し 候 人が 名人に 相 成. e. 候 1 

度 も 打れ 不, 申、 一度 も 落不, 中、 稽古 修行 もなくて、 直に 達人に 相 成 候 人 は 無, 之 候 人君 も 幼年よ 

. ^しば/ \諫 諍の 臣に仕 こめられ 玉; S て、 折々 赤面 を 被 i 成 候 程の 人が、 いつにても 明君 資將に 成 玉 



曰 



本 



彙 



母兄弟の如くしかりの >しft^、 打 はたき をせ ぬまて にて、 寸分の 油斷 なく、 敎へ 育て 參らせ 候に 付、 

爾の 如く 聖主賢 君に はなり 給 ひし 事に 御座 候 G 恐 多く 候 得 共、 柬照宮 の 御 幼年より 千 辛 萬 苦 を 被, 爲 

レ 稿 候て、 天下の 主と 成 鈴 ひし 儀 は、 誰 5„p 彼 も傳へ 承. 候 事に 御 鹿 候 然 故に かくまで 目出度 御代と 

なり、 御子 孫 御 長久に 被, 爲, 榮候御 事に 御座 候。 亂 世の 時 を 推し 者へ 候 所、 只今 國主 城主の 面々、 

其 先祖く を 承. 傳へ候 得ば、.^ もく 辛苦 艱難なる 儀 共、 言語に 絕し候 事に 御座 候。 然所 東照宮の 

御 幼年 よら 御 辛勞を 被, 爲, 盡候御 かげ を 以て、 四海 太卒は 一統 仕.?、 弓 は 袋に 包み、 太刀 刀 は 鞘に 

納り、 け ふよ あすよ と 一 ^積ら 世 移り、 最早 貳 百年の 安樂 世界に 生れ 候 人 は、 上下 共に 何の 恐れ 氣遣ひ 

もな く、 次第-, \ に 驕奢 安逸の 風俗に 相 成、 諸侯 賁人は 腹の 內ょ. の 諸侯 貴人に て、 生れ 出 玉 ひた 

る 日よ 6、 前後左右に 立 寄 候 程の 人 は、 唯 一 筋に 機嫌 を 伺 ひ 追 從を專 に 致し、 聊發 明らし き 事 % 

有, 之 候 得ば、 大 さう に譽 そやし、 餘程惡 敷 事 有, 之 候ても、 それ は しだ ま. 候て、 婦人 女子の 宮 

仕へ 同檨 に、 面 を 和げ 聲を ひそめて、 角立ね を 第一 の 奉公と 心得 候 得ば、 入 君の 作業 は、 冠 装束 を 美 

敷 被 i 召、 ものごし 立 廻. cfsl.J- 敷、 下よ, 5 は 一言の 善惡も 難,, 申 上- 樣に ふるま ひ 鈴へば、 是を 威風 

ある 君と 稲し、 へ S 手 高に て、 大儀 苦勞の 言葉 を もむ さと かけ 玉 はぬ を、 尊き HJ に 存じ、 か. 9 

にも 恭遍 謙譲の ff 女 は、 め/ \ 敷 様に 恥 玉へば、 下 人臣の 行儀 《p、 また 衣服 立派に 立 廻. 9、 開口 低 

頭して、 是非 善惡 の: 沙汰 は、 一 言 も不, 一 申 上-を、 君 を 敬 ひ 尊ぶ と 心得 候 事故に、 凡 今の 人君 は、 生れ 

出 ff, へる 日より、 人の 實心實 情の 取扱 ひ を受玉 ふさ、 露い さゝ かも f^E く、 虛僞 浮薄の 介抱に のみ 育 

, 井 平洲 喫 鳴 鉈遣草 卷 第五 百 五 



曰 



本 



理 

編 



折衷 學 S 百 四 

分 夫々 の 付合 を も 致し、 熱い 塞い 否な 應の辭 義挨援 も、 人な みく の もとな と s.-^ のに 相 成 候 此 

段 は、 貴人 とても 賤民 とても、 事 品 は替. 候 得 共、 敎 なくて 成立 候と. &人は ML 之 候。 然處 に、 身賤 

く 生れ 候 得ば、 何辨へ もな き 幼年の 時よ ftN、 聊も あしき、 と 有 i 之 候 得ば、 父母 兄: fS 杯が 目 をい からし 

. 齒を かみ A とし、 戒めて、 かくする も のぞ さはせ ぬ も のぞと て、 しか. 9 の、 し ft- 候 故に、 幼 兒の時 

^ よ 6、 ものに 遠慮 氣遣 ひと 申 事 を 自然と 覺ぇ、 苦しき を 忍び、 大儀なる 業 *P いたし 習 ひ、 人の 氣を 

S 

一 かね 、目顔 を 悟 ら 、成長いた し 候 得ば、 利發 なる.^ 愚鈍なる も、 人間 相 應の勸 は 致し 候 事に 座 候 

一 其 中に 福德 厚く 受 得て 生れ 候 人 は、 物心 覺ぇ 候より、 いっとな く 手 習學問 杯に 志 ざし 候て、 素讀を 

一 致し、 講釋 など 承り、 少々 宛 合 45^ 一る に隨 ひ、 日々 月々 に 面白く 相 成、 夫より し C は、 人 も 頼まお 

辛苦 心勞を も、 自身と 好み 候て、 なつかしき 父母 兄弟の 手 を 離れ、 他所 他 罷越、 他人の 交 

を も廣く 致し、 满忍 用捨 を も 致し 習 ひて、 飢渴の 難儀, 身に 受け、 人情の 厚簿、 人事の 苦樂を 

も辨 へし .CN, 賢智 ある 人 を Jlf^ れば敬 ひ 尊び、 敎蕩 指南 を 願ひ受 て、 古今の 世の 姿、 安危 存亡の 道理 

まて 意 得 仕. CN、 身に 徵官寸 祿も無 k 之 候 得 共、 自然と 人に も 信用せられ 候て、 終に 名眷の 人と 相 成、 

素賤 のま、 にて、 高位 貴人の 前に も 伺候し、 治國 安民の 談 にも 預り候 程に 相 成 候 事に 御座 候。 惣て 

賤き 作業 にても、 黎古 修行 を不, 致 候て、 生れのま、にて上手功者に相成候^!は、 古今 M に 之 儀と 相 

見え 申 候」 古の 聖王賢 君と 申せ 共、 胎敎と 申 候て、 懷 娘の 內 より 敎を 設け、 生れ 出 玉 ふ B より、 賢 

相 輔佐の 大臣、 忠信 篤 敬の 侍臣、 左右 前後に 立 並びて、 起居 動靜、 敎へ 戒め 諫めた^ して、 下. (-の 父