フリードリヒ3世 (神聖ローマ皇帝) - YouTube

Loading...

#神聖ローマ皇帝 #ローマ王 #オーストリア公

フリードリヒ3世 (神聖ローマ皇帝)

14 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 7, 2020

フリードリヒ3世 (神聖ローマ皇帝), by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2... / CC BY SA 3.0

#神聖ローマ皇帝
#ローマ王
#オーストリア公
#オーストリア大公国の君主
#ケルンテン公
#シュタイアーマルク公
#ハプスブルク家
#金羊毛騎士団員
#オーストリアの幼君
#スロベニアの幼君
フリードリヒ3世 (神聖ローマ皇帝)

フリードリヒ3世(Friedrich III., 1415年9月21日 - 1493年8月19日)は、神聖ローマ帝国のローマ皇帝(1452年 - 1493年)、ローマ王(在位:1440年 - 1493年)、オーストリア公、のちオーストリア大公。ローマ王としてはフリードリヒ4世、オーストリア公および大公としてはフリードリヒ5世。ハプスブルク家では神聖ローマ帝国の君主位についた5人目の人物で、皇帝戴冠を遂げた最初の人物である。

オーストリア公エルンスト(鉄公)とツィンバルカ・マゾヴィエツカの間に、インスブルックで生まれた。又従兄のローマ王アルブレヒト2世の急死後に王位につき、フリードリヒ3世以降はハプスブルク家が皇帝位を世襲していくことになる。

最初はケルンテンなどわずか3州の貧しい領主であり、決断力に欠けて臆病で気が弱く、常に借金で追われていた。フス戦争で混乱に陥ったボヘミアをオスマン帝国から防衛する任をオーストリア大公に託すという理由のほか、御しやすい人物というのが、選帝侯から皇帝に選ばれた理由であった。数多くの蔑称を身に纏い、死後は「神聖ローマ帝国の大愚図」という綽名を贈られた。まともにぶつかれば歯の立たない強敵が大勢立ちはだかったが、辛抱強く敵が去るのを待ち、選帝侯の予想に反して53年もの間帝位を占有し続け、ハプスブルク家の帝位世襲を成し遂げた。

フリードリヒ3世は一見、凡庸な君主であったが、敵対者はことごとく都合良く死亡し、長生きと悪運の強さで、自発的には何もしないままハプスブルク家の繁栄の基礎を築き上げた。これには暗殺説がつきまとうほどである。

フリードリヒ3世の好きな言葉は“A・E・I・O・U”で、あらゆる物にこれを掘り込んでいた。これは“Alles Erdreich ist Österreich untertan”(オーストリアは全世界の支配者なり)の略と言われる。ただし、異説もある。

フリードリヒ3世はローマ王(ドイツ王)アルブレヒト1世の玄孫であったが、元来ハプスブルク家でも傍系のレオポルト系の生まれであった。1424年に父エルンスト鉄公が死去したため、幼くして弟アルブレヒト6世を共同統治者として内オーストリアの所領を相続した(オーストリア公としてはフリードリヒ5世)。

ローマ皇帝ジギスムントの死によってルクセンブルク家が断絶した後、次のローマ王に選出されたのはジギスムントの娘婿アルブレヒト2世だった。アルブレヒト2世はハプスブルク家の宗家(アルブレヒト系)の当主で、フリードリヒの又従兄に当たった。アルブレヒトはこの時、ジギスムントの有していたハンガリーとボヘミアの王位も獲得している。しかし1439年、在位1年余りで皇帝としての戴冠式も果たせないまま、アルブレヒト2世は対オスマン帝国戦に出陣中、ハンガリーので赤痢によって急死した。

アルブレヒト2世の男子は、父親の死の翌年に生まれたラディスラウス・ポストゥムスしかいなかった。フリードリヒはラディスラウスの後見人に選ばれる一方、自身がローマ王に選出された。オスマン帝国の勢力がなおも迫っており、フリードリヒにはアルブレヒトに代わってオスマン帝国への防波堤となることが期待されていた。しかしこの時点でフリードリヒは、内オーストリアにおいては弟アルブレヒト6世を共同統治者としており、またハプスブルク家領全体で見ればアルブレヒト2世の遺領はラディスラウスに属し、チロルは従弟ジークムントが有するといった具合で、十分な資力が伴っていなかった。

1457年にはラディスラウスが17歳で夭折し、ボヘミアとハンガリーの王位は一旦ハプスブルク家から離れるが、オーストリアの遺領はフリードリヒ3世のものとなった。

1452年、フリードリヒ3世は正式に戴冠すると同時に、ポルトガル王ドゥアルテ1世の娘エレオノーレ(レオノール)と結婚するため、一族のアルブレヒト6世やラディスラウスらを伴ってローマに向かった。エレオノーレとはシエーナで落ち合い、ローマで戴冠式と結婚式を同時に執り行った。

また、占星術に深くはまり、イタリアで授けられた子供は悪魔の申し子であると信じて妻に手を触れなかったとも言うが、1459年3月22日待望の男子(後のマクシミリアン1世)が生まれた。

な...

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...