ホーエンシュタウフェン朝 - YouTube

Loading...

69 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Apr 14, 2019

ホーエンシュタウフェン朝, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2... / CC BY SA 3.0

#神聖ローマ帝国の王朝
#ホーエンシュタウフェン家
ホーエンシュタウフェン朝

ホーエンシュタウフェン朝(Hohenstaufen, 1138年 - 1208年、1215年 - 1254年)は、神聖ローマ帝国の王朝。シュタウフェン朝およびシュタウファー朝とも呼ばれる。シュヴァーベン大公でもあった。家名はシュヴァーベンのシュタウフェン城を発祥とする。イタリアではシチリア王国を支配し、1266年まで続いた。

ホーエンシュタウフェン家は、アラマンニ人の有力貴族で、ビューレン伯として統治していた。

1079年、ザーリアー朝の神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世はホーエンシュタウフェン家のフリードリヒ1世に娘アグネスを娶わせ、合わせてシュヴァーベン大公に任命した。これは既にシュヴァーベン大公だったルドルフ・フォン・ラインフェルデンが対立王としてハインリヒ4世と衝突していたための措置だったが、フリードリヒ1世はラインフェルデン家の断絶後もツェーリンゲン家のベルトルト2世と戦い、1098年の和睦で単独のシュヴァーベン大公と認められた(ベルトルト2世はツェーリンゲン大公を称した)。アグネスとの間の息子フリードリヒ2世、コンラート3世兄弟はザーリアー朝断絶後の帝位継承を巡ってズップリンブルク家の皇帝ロタール3世と衝突したが、1135年に和睦している。

1137年にロタール3世が嗣子がなく死去したため、選帝侯たちはコブレンツにて1138年3月7日、次の皇帝選挙を行なった。ロタール3世は後継者に婿でヴェルフ家出身のハインリヒ傲岸公を望んでいたが、投票ではホーエンシュタウフェン家のコンラート3世が最多票を得て、新たなローマ王(ドイツ王)として選出された。傲岸公はバイエルン公とザクセン公を兼ねていたため、選帝侯達が強力な皇帝の出現を望まず、当時としては弱小勢力に過ぎなかったコンラート3世が新たな君主として選ばれたからである。しかし、ローマ教皇から戴冠式は受けられなかったので、コンラート3世は正式な皇帝に即位することなく終わっている。

1147年、コンラート3世はローマ教皇エウゲニウス3世の命を受けて第2回十字軍に参加し、ダマスカスを包囲したが、イスラム軍との戦いに敗れて命からがら撤退している。また、傲岸公とも神聖ローマ帝国の君主の地位をめぐって争うなど、その治世は多難を極めた。しかしコンラート3世は皇帝権力の強化、傲岸公の捕縛、ホーエンシュタウフェン家の領土拡大に成功を収め、巧みな外交戦略をもってドイツ諸侯と提携を図るなどしている。1152年、病に倒れて死を悟ったコンラート3世は、兄フリードリヒ2世の息子フリードリヒ1世を後継者として指名し、間もなく世を去った。コンラート3世には息子がいたが、甥のフリードリヒ1世の能力を高く評価していたため、あえて後継者として指名したのである。

赤みを帯びた髭を持っていたためバルバロッサ(赤髭王)と呼ばれたフリードリヒ1世は、コンラート3世が見込んだ通り優秀な人物であった。まず、帝国の内部を安定させるためドイツ諸侯に大幅な特権を認め、優秀な人材を登用して平和令を公布するなどして、国を比較的に安定化させた。しかし、フリードリヒ1世はイタリアに5度も遠征する。歴代の神聖ローマ皇帝が行ったイタリア政策を踏襲し、これを成功させることで皇帝権力のいっそうの強化を目指したのである。しかしこのため、ローマ教皇やフリードリヒ1世に支配されることを嫌ったイタリア北部の都市と対立・抗争を繰り広げることとなる。

このため、報復として1162年にフリードリヒ1世はミラノを破壊したが、これに教皇アレクサンデル3世は激怒して1165年にフリードリヒ1世を破門する。1168年にはイタリア北部の都市が集結したロンバルディア同盟の抵抗に遭う。1174年からは国内においてもフリードリヒ1世のイタリア政策に批判的な意見も上がるようになり、1176年にレリャーノの戦いでロンバルディア同盟に大敗すると、事実上フリードリヒ1世のイタリア政策は失敗し、1183年にロンバルディア同盟の自治を認めることで和睦した。その後はバイエルン公兼ザクセン公ハインリヒ獅子公(傲岸公の息子)の帝国追放などドイツの安定に努めた。

1189年、第3回十字軍の総司令官としてイングランド王リチャード1世・フランス王フィリップ2世と共に遠征し、1190年にはイコニウムの戦いでアイユーブ朝を中心としたイスラム軍を破ったが、同年6月にキリキアのサレフ河で渡河中に落馬し、溺死してしまった。

フリードリヒ1世の死後は子のハ...

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...