神聖ローマ帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神聖ローマ帝国
Banner of the Holy Roman Emperor with haloes (1400-1806).svg
創設 1422年 - 1806年
国籍 神聖ローマ帝国 神聖ローマ帝国
軍種 陸軍
本部 ウィーン
主な戦歴 オスマン・ハプスブルク戦争英語版
北方戦争
スコーネ戦争
仏蘭戦争
大同盟戦争
スペイン継承戦争
四国同盟戦争
ポーランド継承戦争
オーストリア継承戦争
バイエルン継承戦争
フランス革命戦争
ナポレオン戦争
指揮
著名な司令官 ザルム=ノイブルク伯ニコラウス1世英語版
神聖ローマ皇帝カール5世
ティリー伯ヨハン・セルクラエス
アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン
ライモンド・モンテクッコリ伯爵
エルンスト・リュディガー・フォン・シュターレンベルク伯爵
オイゲン・フォン・ザヴォイエン
クロード・フロリモン・ド・メルシー伯爵
ルートヴィヒ・アンドレーアス・フォン・ケーフェンヒュラー伯爵
レオポルト・フォン・ダウン伯爵
エルンスト・ギデオン・フォン・ラウドン男爵
フランツ・モーリッツ・フォン・ラシー伯爵
カール・フォン・エスターライヒ=テシェン大公

神聖ローマ帝国(しんせいローマていこくぐん、ライヒスアルメーとも。ドイツ語: ReichsarmeeまたはReichsheerまたはReichsarmaturラテン語: exercitus imperii)は1422年に創設された、神聖ローマ帝国の陸軍。ナポレオン戦争により1806年に帝国が消滅したことで終わりを告げた。神聖ローマ皇帝の軍である皇帝軍英語版Kaiserliche Armee)とは別物である。

神聖ローマ帝国軍は常備軍を設けておらず、危険があるときに帝国の諸領邦から兵員を招集し[1]、いわゆる帝国戦争英語版帝国執行英語版を遂行する。しかし、帝国軍は皇帝より領邦君主に従うことを選ぶのが実情である。

歴史[編集]

1422年にニュレンベルクで開催された帝国議会ではフス派に対処すべく帝国の諸地域からの軍の派遣を要求して神聖ローマ帝国軍を創設した[2]。そして、1420年から1434年までのフス戦争神聖ローマ帝国軍は存在価値を証明した。以降の100年間は帝国軍の人数が直接の人数制限か資金の制限が課された。1521年のヴォルムス帝国議会では帝国軍の人数を歩兵20,063と騎兵4,202に維持しようとしたが、後に歩兵2万と騎兵4千に簡素化された。帝国軍を維持するための月賦は「ローマ進軍援助英語版」として知られるようになった[3]。諸領邦からの兵員提供の割当は帝国台帳で定められたが、最初の帝国台帳は1422年に定められた[4]

帝国軍が1618年から1648年までの三十年戦争に参戦した説が広く信じられたが、それは事実ではなく、参戦したのは神聖ローマ皇帝の軍である皇帝軍英語版のほうだった[5]

神聖ローマ帝国軍の構成は1681年の「帝国守備令」(Reichsdefensionalordnung)でようやく帝国クライス毎の割当てが定められた。人数の合計(ラテン語でSimplumと呼ばれた)は歩兵28,000と騎兵12,000(竜騎兵2,000を含む)と定められ、緊急時は割当ての比率をそのままに人数を2倍または3倍にするとした[6][7]。2倍または3倍にしたときの追加軍勢はラテン語でDuplumTriplumと呼ばれた[8]

1681年時点の神聖ローマ帝国軍の名目上の構成[9][10]
帝国クライス 騎兵 歩兵
オーストリア・クライス英語版 2,522 5,507
ブルグント・クライス英語版 1,321 2,708
クールライン・クライス英語版 600 2,707
フランケン・クライス英語版 980 1,902
バイエルン・クライス英語版 800 1,494
シュヴァーベン・クライス英語版 1,321 2,707
オーバーライン・クライス英語版 491 2,853
ヴェストファーレン・クライス英語版 1,321 2,708
オーバーザクセン・クライス英語版 1,322 2,707
ニーダーザクセン・クライス英語版 1,322 2,707
合計 12,000 28,000

1681年に定められた帝国クライスの割当ては帝国消滅(1806年)までほとんど変更されなかった。実働では連隊に編成され、また兵員を提供する代わりに資金を提供することもあった[11]

終焉[編集]

1804年にフランツ2世が「フランツ1世」としてオーストリア皇帝に即位すると、皇帝の領土から拠出された軍勢は「帝国および王国軍」(Kaiserlich-königliche Armee)と呼ばれるようになったが、この軍勢は1805年のウルムの戦いアウステルリッツの戦いでフランス軍に撃破された[12]。1806年、フランスは元神聖ローマ帝国領邦だった多くの領土をライン同盟というフランス第一帝政従属国の組織に組み込み、ライン同盟では連邦軍が設けられた[13]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ André Corvisier, John Childs, A dictionary of military history and the art of war (1994), p. 306.
  2. ^ John Rigby Hale, John Roger Loxdale Highfield, Beryl Smalley, Europe in the late Middle Ages (Northwestern University Press, 1965), p. 228.
  3. ^ Thomas Robisheaux, Rural Society and the Search for Order in Early Modern Germany (2002), p. 177.
  4. ^ John G. Gagliardo, Reich and nation: the Holy Roman Empire as idea and reality, 1763-1806 (Indiana University Press, 1980), p. 36.
  5. ^ Vladimir Brnardic, Darko Pavlovic, Imperial Armies of the Thirty Years' War, 1: Infantry and Artillery (2009).
  6. ^ William Coxe, History of the House of Austria, vol. 1, part 2 (1807), p. 1040: "Oct. 1681: This heterogeneous mixture was now avoided by assembling the troops according to vicinity of territory, and apportioning the contingents on the respective circles. By this system, arrangements were made for forming an army of 28,000 infantry and 12,000 cavalry, which could be raised to 80,000 or even 120,000 men by merely doubling or tripling the contingents."
  7. ^ Militärgeschichtliche Zeitschrift, vol. 62 (Militärgeschichtlichen Forschungsamt, 2003), p. 121
  8. ^ Corvisier & Childs (1994), p. 306: "...when more men were needed, further troops would be called up, the Duplum, Triplum, etc."
  9. ^ 'Pütter's Political History of Germany' in The Analytical review, or History of literature, domestic and foreign, on an enlarged plan, vol. 8 ([s.n.], 1788-1798, 1790), p. 527: "The division among the ten circles of the 40,000 men, consisting of 12,000 cavalry, including 2,000 dragoons, and 28,000 infantry, was rated in the following proportions..."
  10. ^ Militärgeschichte - Zeitschrift für historische Bildung (issue of March 2006), table S. 7.
  11. ^ Robisheaux (2002), p. 220.
  12. ^ Robert Cowley, Geoffrey Parker The Reader's Companion to Military History (2001), p. 43.
  13. ^ Michael Hughes, Early modern Germany, 1477-1806 (1992), p. 182.

参考文献[編集]

  • Vladimir Brnardic, Darko Pavlovic, Imperial Armies of the Thirty Years' War (2009)
  • John G. Gagliardo, Reich and nation: the Holy Roman Empire as idea and reality, 1763-1806 (Indiana University Press, 1980)
  • Winfried Dotzauer, Die deutschen Reichskreise (1383–1806) (Stuttgart 1998, ISBN 978-3-515-07146-8)
  • Max Jähns, 'Zur Geschichte der Kriegsverfassung des deutschen Reiches' in Preußische Jahrbücher 39 (1877)
  • Karl Linnebach, 'Reichskriegsverfassung und Reichsarmee von 1648 bis 1806' in Karl Linnebach, Deutsche Heeresgeschichte (Hamburg 1943, 2nd ed.)
  • Helmut Neuhaus, 'Das Reich im Kampf gegen Friedrich den Großen - Reichsarmee und Reichskriegführung im Siebenjährigen Krieg' in Bernhard Kröner, Europa im Zeitalter Friedrichs des Großen - Wirtschaft, Gesellschaft, Kriege (Munich, 1989), pp. 213–243
  • Martin Rink, Harald Potempa, 'Der Zusammenbruch des Alten Reichs (962-1806) und des alten Preußen im Jahre 1806' in Militärgeschichte March 2006
  • Hanns Weigl, Die Kriegsverfassung des alten deutschen Reiches von der Wormser Matrikel bis zur Auflösung (Bamberg, 1912)