2/10(月)記念日〔白〕聖スコラスチカおとめ | 薬剤師Stephenのよろずブログ - 楽天ブログ

薬剤師Stephenのよろずブログ

PR

Profile


Stephen1969

Calendar

Favorite Blog

一寸先は・・・ご用… New! ナイト1960さん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

国家間の障壁が取り… New! Beloved-mariaさん

再喫 オルスボ「ブ… New! SS900IEさん

2021年2月7日の朝食 New! 藻緯羅さん

Comments

坂東太郎9422@ Re:中医学の世界:中医学・薬膳の歴史(01/11) 「宮国由紀江(薬膳でメンテ) ~ 身近な…
やぎゅう むねのり@ Re:柳生 宗矩(やぎゅう むねのり) 1646年5月11日没(05/11) やぎゅう むねのりの知りたいことは、089…
Stepehn@ Re[1]:注意欠陥・多動性障害(04/29) HiroKenさんへ ご連絡ありがとうございま…
Stepehn@ Re[1]:京言葉「だんない」(04/30) bisonさんへ なるほどありがとうございま…
bison@ Re:京言葉「だんない」(04/30) 私見ですが「大事ない」の「だん」「ない…
2020.02.10
XML
カテゴリ:カトリック
第一朗読列王記上 8・1ー7、9ー13

列王記

 〔その日、〕ソロモンは、そこでイスラエルの長老、すべての部族長、イスラエル人諸家系の首長をエルサレムの自分のもとに召集した。「ダビデの町」シオンから主の契約の箱を担ぎ上るためであった。エタニムの月、すなわち第七の月の祭りに、すべてのイスラエル人がソロモン王のもとに集まった。イスラエルの全長老が到着すると、祭司たちはその箱を担ぎ、主の箱のみならず臨在の幕屋も、幕屋にあった聖なる祭具もすべて担ぎ上った。祭司たちはレビ人たちと共にこれらのものを担ぎ上った。ソロモン王は、彼のもとに集まったイスラエルの全共同体と共に、その箱の前でいけにえとして羊や牛をささげた。その数はあまりにも多く、調べることも数えることもできなかった。祭司たちは主の契約の箱を定められた場所、至聖所と言われる神殿の内陣に運び入れ、ケルビムの翼の下に安置した。ケルビムは箱のある場所の上に翼を広げ、その箱と担ぎ棒の上を覆うかたちになった。箱の中には石の板二枚のほか何もなかった。この石の板は、主がエジプトの地から出たイスラエル人と契約を結ばれたとき、ホレブでモーセがそこに納めたものである。
 祭司たちが聖所から出ると、雲が主の神殿に満ちた。その雲のために祭司たちは奉仕を続けることができなかった。主の栄光が主の神殿に満ちたからである。
 ソロモンはそのときこう言った。
 「主は、密雲の中にとどまる、と仰せになった。
 荘厳な神殿を
 いつの世にもとどまっていただける聖所を
 わたしはあなたのために建てました。」

福音朗読マルコ 6・53ー56

マルコによる福音

 〔そのとき、イエスと弟子たちは〕湖を渡り、ゲネサレトという土地に着いて舟をつないだ。一行が舟から上がると、すぐに人々はイエスと知って、その地方をくまなく走り回り、どこでもイエスがおられると聞けば、そこへ病人を床に乗せて運び始めた。村でも町でも里でも、イエスが入って行かれると、病人を広場に置き、せめてその服のすそにでも触れさせてほしいと願った。触れた者は皆いやされた。

「聖スコラスチカおとめ」
聖ベネディクトの妹として、480年頃ウンブリァ(イタリア中部)のヌルシアで生まれる。
兄と共に神に身をささげ、モンテ・カシノに赴き、547年に死去。
(カトリック中央協議会刊/日本カトリック典礼委員会編・監修『毎日の読書』より)

聖書本文は 日本聖書協会刊「新共同訳聖書」からの引用です


カトリック入門 日本文化からのアプローチ/稲垣良典【合計3000円以上で送料無料】






Last updated  2020.02.10 06:43:32
コメント(0) | コメントを書く
[カトリック] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.