Full text of "Daigenkai" Skip to main content

Full text of "Daigenkai"

See other formats


UNIVERSITY OF TORONTO LIBRARY 



Otsuki, Fumihiko 
Daigenkai 



8 



二 ast Asia 



PLEASE DO NOT REMOVE 
CARDS OR SLIPS FROM THIS POCKET 



- 5 2 3 2 

L 7 8 9 , 

p 6 o 1 V 



Digitized by the Internet Archive 
in 2011 



University of Toronto 



http://www.archive.org/details/daigenkai02tsuk 



as 

れ 
/ タヌ, 



く 五十音 圇-加 行、 第三 ノ 假名。 (か ノ條 

ヲ 見ョ) くノ音 ハ 、他 ノ音ノ 閒-ー アルト 

キ、 促 聲ノッ /如 ク呼ブ n ト ァリ- はく 

か i 荷 y、 かくけ (脚 氣)、 あくき (惡鬼 ) - 

あくこう (惡 口) ヲ-は „ 'か、 かッ け、 ぁク き、 

ぁプ こう、 ノ如ク 呼 ブガ 如シ。 くノ音 r 

又、 他 ノ音ノ 下 二 ァ ル トキ-其 ノ 發聲ヲ 

t ビキ 

失ヒテ 、韻/、.,' ト ナルコ トァリ 、からく 

して (辛 而). ひさしく (久 )- かく (斯 y か 

くも- (格子) ナ ドノ、 から、 つじて, ひさし 

、フ、 か、 つ、 かう あ、 トナ ルガ 如シ。 

ぐ くノ 獨音ノ 假名。 (が ノ條ヲ 見ョ〕 此音 

ハ、 他 ノー 音ノ 下-一 アル トキ、 發聲 ヲ失ヒ 

テ. 韻 ノラ トナ ルコト ァリ、 わらぐつ、 

(藁 沓) ノ わら、 r. づト ナリ、 かぐ はし (香 

細) ノ か、, ばし (馨) トナ ルガ 如シ。 

< 一名) (二 文章 ノ中 一一 テ、 言詞 ノ- 

少シ斷 ルル 所。 又、 數箇ノ 單語ニ 成リ 

テ、 未ダ 文章 トナ 令ヌ モノ。 句ノ 中ヲ、 

更ニ別 チテ、 點 ナド, 付ケテ -讀ム 二 便. -ー 

スルヲ 、讀. 又つ よみ- ト 云フ。 (一一 ){ 和 

欧ノ 中-一 テ、 五 音. 或ハ、 七 音ヲ、 段ト: ス: 

ル モ ノ、 (稀 一一 、三 fr 四 音丄ハ 音-七 音、 ナ 

ド トナル モア リ) 卽チ、 常ノ 和歌 ハ、 五、 

七、 五. 七. 七 ノ五句 一一 成々。 或ハ、 初ノ 

五、 七 • 五ノ三 句 ヲ合ハ セテ. 上の句 ト 

シモ 

云ヒ, 末ノ 七-七- ノニ 句ヲ、 下の句 トモ 

云フ, 叉, 或 r 上の句 ヲ、 本 ト云ヒ 、下の 

スェ ェ 

句ヲ、 末 トモ 云フ。 (もどす ゑ ノ條ヲ 見 



ぐ …: < 



ョ) 伊勢 物語、 第 九 段 「かきつ ばた ト云フ 五 文字 ヲ、 

句ノ上 一一 据ヱテ 、旅 ノ心ヲ 詠メ」 (三) 【詩 ノ中 

. -ー 、五 ゆ、 或 ハ 、七 字 (或 ハ , 四 字, 六 字, 等) 

ヲ 一 g ^トシ-下 一一、 韻字 ナド 、置ク モノ。 

(詩. 律. 起句. 等 ノ條ヲ 見 ョ) 源-一、 seis 

「詩 ナド作 リカ ハシ テ、 云云、 ミコモ 、ィ 卜ァハ レナ 

句 ヲ作リ 給へ ルヲ」 宇 律 保 物語、 祭 使 r 「八 韻ノ 

詩作 ル、 云云、 今日 ノ詩ニ 聞 H ザ => ツル 句ヲ、 一 人、 

誦スル 人 アナ リ」 (四) 俳諧 ノー 首 俳句 

「宗 因ノ 句」 芭蕉 ノ句」 

< (名) S 〔榘 一一 對ス :- (ニクル シミ。 

ホネ ヲリ。 「苦 ハ、 樂ノ SJ」 (二) 氣遣。 心 

配。 狭 衣、 一、 下 g 「此親 モシ キ人ノ 御心バ へ、 サャ 

ウノ 程 (子 生ム コトヲ 云フ) ト テモ、 力 ヒガヒ シゥ、 

モ テナ シ扱ヒ 給 フぺキ 二 コゾ見 H 給 〈木、 ィヒ 思へ 

バ、 く 二 テゾ侍 ラム」 「苦 ニナ ル」 苦 ニス ル」 

く 謹 ー區ー (1 ) マ チ。 ヒトカ n ミノ 地。 

(一 一) 府、 縣> ノ下 : テ、 都 二 對シ テ- 人家 

多キ 市、 町ナ ドヲ. 別チテ 支配 スル 稱。 

「東京^ 東京 巿下 谷區」 大阪府 大 K 巿北 區」 (三) 

法令 執行 ノ タメ 一一、 特別-一 立 ソル モノ 

ァリ。 「選 舉區」 徵兵區 J 

一く-クル. クレ -コ. キ .コ ョ (自動、 加圉) 一 #ー (一) 

此方へ、 近ヅキ 至ル。 キ タル。 古事記、 中 

<s 行) 13,^ 「我家 ノ方ョ 、雲居 起チ 久モ」 土 佐 日 Ri、 

正 HJ 廿 五日 「海賊、 追 ヒくト 云フ」 後 撰 续、. f^、iar 1 

「くャ く ャト、 待ヅタ ト、 今 ハトテ 、院ル ^ ト、 ィ 

ヅレ マサ レル」 源、 十六、 閱屋ミ 「行 クト くト、 塞 キト 

メガ タキ、 淚ヲャ 、絕 H ヌ淸 水ト、 人 ハ見ル ラム」 名 

^^抄、雜部「來、ク、キタレリ」 古今 集、 二、 舂、 下 「春ノ 

野 二、 若 iSHg マ ムト、 么シ モノ ヲ、 散 リカ フ花ニ 、路 

ハ迷 ヒヌ」 命令形 一一 尸 、あよ トモ 云 へ ド、 

古 クハ、 ょヲ 添へ ズ 萬蕖 集、 七, S 「雨 ゾ降ル 

テフ、 歸リ來 吾 ガ兄」 神樂. 馱、 其 駒 「足 k ャ、 森ノ下 

ナル、 若 駒き ァ古」 (二) 往ク。 (心 ヲ- 彼方 一一 

ォキ テ云フ ナリ. 行く 二 モ. 來る意 ァリ) 

往 仲 哀紀、 元年 M 十 一 ほ 「越 S 貢- 1 白鳥 四隻一 云云、 



く 



isg 髮蒲見 別 王、 親-其 白鳥 I 而問, 之 曰、 is^i 去 

白鳥 也」 私 。一毛 天 久留」 萬 葉 集、 1$ 吉野 行幸 ノ時 

ノ欧 「sa ニハ、 鳴キ テカ來 ラム、 呼兒 鳥、 象ノ中 山、 

呼 ピゾ 越ュ ナル」 (Ks ト ハ 、持統 天皇 ノ藤 原ノ 皇都ヲ 

云フ、 象の 中 山ハ、 吉野 ヨリ ハ、 都ノ方 ニアリー 梁 

歌、 早欧 「舎 人 古 车ゾ、 後 (ヨリ) 古 车ゾ」 我 モ古牢 ゾ、 

後 古 牟ゾ」 (行かむ ぞ ナリ) 古今 集 、十三、 一一 「限 

リナ キ、 思ヒノ ママ 二 、夜モ V; ム (行 カム)、 夢路 ヲサ 

へ 二、 人ハ 517 ジ」 後 撰 集、、 三 、春、 下 「常 二 マウ デき 

(ユキ) カヨ ヒケル 所 二、 障 ルコト 侍 リテ、 久シ クマ 

デ、 き (ユキ) ァハズ シテ、 年 力 へ リ ニケリ、 明 クル 舂、 

翻 生 ノヅゴ モリー 一、 ヅカハ シケル (歌)」 

< i _ ココ ノッ。 キク。史^^/驟衍傳 

「中國 之 外、 有-, 赤^ 神州 者 九 こ 列 子、 天瑶篇 「一 

而爲 :- 七、 七變 而爲, 九」 

く (接尾) 〔ロノ 吳音、 八ム、 く。 ェ、 く〕 

(一) 人口 ヲ數 フルー ー云フ 語。 ひ 。人。 

玄蕃资 式 「講師、 請師、 呪 願、 各 一 口」 (二) 器具 ヲ 

數 フル-一 云フ 語。 四時 祭式、 上 一敏 一口、 载ー 

口」 「益、 一 口」 驛鈴、 二 口」 

く (接尾) 疆 佛像ナ ドヲ數 フルー ー云フ 

語。 山 密往夾 「奉 ー§ 徑 1 地 藏菩薩 聖容 一 til 朝野 

群 載、 十六、 佛 1*、 東大寺 大佛殿 板 文 「金 銅齒 舎那佛 

像 一 嫗、 結 、高 五 丈 三尺 五寸 J 

く (接尾) 3 H 手 閒\ 略 。「手 S 、千ェ 三 千 

H」 

i ぐ (名) 〔說文 「具、 4si 也」 漢書、 劉 

澤 傳、 註 「具、 供 具 也」〕 其 用 二 具へ ォク 

. モノ。 ク ッハ。 ダウ、 グ。 什器。 史記、 SS 

其3-嬰樓「魏其11<妻、^9,具」 伊努 物語、 六十 五段 「陰 

陽師、 巫、 云云、, 战 ノぐシ テナ ム行キ ケル」 源、 十 

二、 磨 3 彼ノ 山里 ノ都 住家 ノ具 ハ、 H サラ ズ取リ 

ヅカヒ 給フべ キ^ド 乇、 云云、 持 タセタ マフ」 宇治 

拾 遠、 四、 第四條 「家 ノ具ヲ 、舟 二 取リ接 ミテ」 ,物ノ 

具」 培/具」 

ぐ § Ml 〔字典 「具、 良. -俱 通」 詩經、 小 

雅, 小 之 什、 小曼篇 「則 具是 違」 詩 話 「俱 



く 



也」〕 ( 一 ) 伴フ モノ 。クレア フ モノ。 ヅ, 

キソフ モノ。 配偶 狭 衣、 二、 上ナ 「彼/ 姬君 n 

ソ.; 大將ノ 御ぐ 二 モシ ヅ ペケ レ」 榮花物 fas、 一 、月 is 

「女 君モ オハ シケ り、 一 所ハ、 {S 腹 ノぐニ テオ ハス、 

サシ ツギ ハ、 女御 二 テオ ハシ ケリ」 同、 五、 沛沛の 別 

「サル べキ抱 非違 使ドモ 四 人ゾ、 仕 ゥマヅ リタ リケ 

ル、 ゾノぐ ノ者ド モノ、 御 車 二 ヅキテ 麥ルゾ 、ァ ハレ 

一一 ュ ユリ キ」 (對 ヲ、 r 具ト 云フ) (二) { 食物 一一 

ッケ 添フ、 ル モノ。 枕 草子、 三、 廿四 段、 ゅづり 

Mr 齢延 プル © 固 ノ ぐ-一 モシ テ」 五目 飽、 雜 煮、 

汁掛 薷麥 切, ナド 一一 雜ゼ加 フル 、魚肉、 

蔬菜、 ナド。 京都、 長 崎 一一 テ, 力 ャク。 

ぐ (名) ー編ー 屋內 一一 取附ケ タル 料 物。 「建 

具」 湯 具」 

ぐ (名) 11 一 〔正 韻 「處, 盧 也. 測 也」〕 ォ モ 

ンパ カリ。 tK ふ。 .k ソレ。 SITS 命篇 「四 

方 無. 廣、 予 一人 以寧」 國語、晉語「有1ー^^3ニ国名) 

之 S こ 「遂 二、 破壞ノ アルべ シ」 暴風雨 ノ S ァリ」 

ぐ (名) 〔1^ 二 對ス〕 (ニオロ カナ ル 

コト。 ァ ハク。 論語、 陽货篇 「好, 仁不: '好. 孽、 

其蔽也 愚」 太平 記、 四、 吳越軍 「此レ 欲 ガ愚ノ 三 也」 

(二) 己レ 一一 係ル 物事 一一 冠 ラセ テ、 謙稱 

ス ル語。 「愚妻」 愚息」 愚案」 愚 筆」 愚存」 愚考」 

ぐ g 自稱ノ 代名詞- 謙稱 ナリ。 

諸 葛亮、 出師 表 「愚 以爲、 宫中 之^、 無 一一 大小; 悉以 

之」 「愚、 tir スルー 一」 

ぐ § 11 五-一同 ジ、 博樊ノ 語- 采ノ目 

ノ數ニ 云フ。 さいの め ノ條ヲ 昆ョ。 新 

猿樂記 「博打、 云云、 五 四尙利 目」 

ぐ (接尾) H 〔俱ふ 意〕 ソ PAJ 。對。 插 

ヒ テ用ヲ ナス 物ヲク ルメ テ數フ ル 二 云 

フ 語 幸 若、 烏^ 折 「親子 いちぐ { 1 具) 、KS 形 

二 口 包ミ」 「菜袍 、箱、 一 具」 

グ- アイ 

ぐ あ ひ (名) 一 工合 ー具<5 ロー 事物 ズ、 能ク適 

ヒ タル 狀。 調子。 加滅。 ァ ン パイ。 「H 



く あ ひ 一 



く あん 

合ノ m-lJA 合. V ヮ ルイ」 

ぐ-あん (名) ffl i ヲ具ル n ト。 考 

ヲ立ッ ル コト。 

ぐ-あん § ー自ー 愚 ナル考 へ。 足ラハ 

ヌ^^^a。t。(多ク ハ、 H 說ヲ欲 稱スル 

一二 エフ) rtsws お、 六、 小 松 B! 再 事 「其 事、 人 3 

一一 W キ、 愚 W ノ企ニ アラバ、 1«は 二 モ Sia ナルぺ シ J 

asnu レノ SS* ヲ企テ タル ヲ云フ ) 太 や 紀 、二、 & 

崎 新左矗 S:SI8%WBS テ、 議£ヲ|« ス 一一 」(R き 

! くい § ffi クュル コト。 後悔。 S 厳 

15 お 5S 「後 售餺 ^ ん 久伊 》sa^«s」 古今 

魂、 十六、 ssr モダ タヌ、 くい ノ八 千度、 カナシ キ 

ハ 、流^ ル 水/, 力へ リコ ヌナ リ」 

く-い お) 一^一 ^役所-一 テ -ew 務ノタ 

メ -Is 託 シォク W 師。 

ぐ-い g 8 已ガ^.し^^ノ^稱。$%:。 

C 害、 「臣 在 I 一外な ハ sl-i 古人 《KSW 之 |« ハ 

1»<*所-及、不*8ー1已こ 

クイ イン § I 〔irQ--§.〕 

^£怍/0/女王。 

グ ユウ 

ぐ-いう 一名) 有 一 ソ ナヘ-タモツ コト。 

「S_I 格ヲ 美^ ス」 

ぐい. < /い § 次 in-a ョ。 

/は 打 ナキ理 目 ヨリ 出デ タル gi, さい 

のめ ノ條 n-ns ョ〕 引キ、 间ジキ n ト。 

平平-凡 凡-優劣 ナキ コト。 ドング リノ 

セ イクラべ。 

ぐい i> <S> 〔くと(突如)ノ語原^^aョ〕 

力 ヲ入レ テ物ス ル狀 -1 云フ Jfii 。强 メテ、 

ぐいぐい ト 云ヒ, .一;= ヲ树 ジテ、 ぐんぐ 

ん„- JgBa. 代 CS 一 _TC„ar や.; 松 作) 四 「3足ヲ 取 N ァ、 ぐ 

いと 引はキ J 心中 刃 水 S ロ賣 永、 近 松 作) 中 r. 其髮 

s1TS«>5wr7、a;SB-l ぐいぐい W グ N ァ」 r ぐい tg 



くいる 

ス」 ぐいぐい 引ク」 ぐんぐん 進ム」 

:ー: く • いる § く ゆ (侮) ノロ 語。 

< 一つ (名) 一空 一 ( 1 ) ソラ 虚空 「や- ヲ 跳/ 

テ」 ヲヅ カン デ苦 シム J (二) ム ナシキ n ト。 

ィ タヅ ラナ ル コト。 iwl 亊 ナキコ ト。 力 

ラ0 虛 詩 輕、 小雅、 小 S 之 什、 大東ほ 「抒抽 其 空」 

M お *r 上、 16^ ほ 去ほ夾 H 不 k»rs!JK 秋 後? faBW" 空」 

f ゃナ SJS」 空ナ s」 (三) 佛敎ノ 語 、世間 ノま 

事、 ffi 物、 皆- 假 リノ モ / 一一 テ、 责體 1 っン 

ト云 フ n ト。 般若 心 《Br 色 空」 箸 S 煤、 十 

八、 飲 «!「K 法、 ミナ 空 ナリト 云フ法 問、 云云、 寂 its 法 

s. き ミケル (おご 「本來 空」 (四) 思慮 ナキコ 

ト。 n コロナ キ コト。 無心 

一く う (名) 湿 〔功 ノ吳音 ナリ〕 功。 イタ 

ッ キ。 ィ サヲ。 テガラ o( 年 經るヲ 、くう 

づ く-く、 つ する ト云フ ) am 壤、 十六 g 「比 來 

ノ、 吾ガ ,苦 、記 シ壤ス 、功二 申 サパ、 五位 ノ 冠」 

宇 雄 保 W 語、 «ij 使 家 二 くう ァ 者 二 賜 ヒデ」 

く-う t 名) lii 宇一 土地 ノク ギリ。 境域。 

區 4H。 MB 曹、 地理 志 「表 一一 提 ハ而分 一 iiss 宇 こ 太平 

お、 十七、 山 送-; 南都 l&「s 風 B1 ー于ほ 宇; 無 之 

黎民 sfl:£££ こ 

一く • ろ. ウル-ウレ-子 干 M ョ (他動、 下 ニー i^lMI 

〔此 語、 く ゆる, す; ゆる- ト ir シ- 口語 調 

-ー 、く ゑる、 くえる、 ト ナリ- 又 > 約 マリ 

テ、 ける トナ ル〕 截 るノ卞 言。 n ュ 。ク 

ュ 。 a 代お、 上 11「kji$ K- 以 欲」^、 云 &si 

gaals!? こ 神 功通 iK 前 t&「s 屯 nu»、l 一一 裂 其 a»; 

?? 9. 水」 l^iss 、二 、琴 ノ子ャ 、牛ノ 子-一、 く 

ゑサセ テム」 名 *« 抄 「ほ、 ク エル」 

ぐう (名) lis 〔響 「凡數 雙曰ゾ 偶、 

楚 曰,, 奇」〕 調ノ 3^。 ソ ヒ。 對。 縿 

お、 3^ 特牲 SE「i^ 俎き、 }§aM£」 被、 、下 1W 

「3: 卦&、 Ks«」 

ぐ-つ (名 一 カリ ズ マ ヒ。 寓居。 寓所。 



二人 ナ ラビ テ、 耕 



くラが 

「5€ヲ 訪フ」 

ぐう- い (名) 一柳 意 一 物事-一力 コッ ケテ、 

我, 力 意思 ヲ含マ シムル n ト。 - 

「湖 明 之 詩、 皆 逸然 、而不 ^ 流 1! 于物こ 

グゥ - n ゥ 

ぐう-か-つ 

ス n 卜- 

く う-か.^ 一名) 一 翻 アキ マ。 スキ マ。 

空隙。 閒胺。 

くう-かん (名) 8 〔英語- Space. ノ譯 

語〕 上下, 四方, 遠近, 長短、 ノヒ ロガリ 

ヲ 槪念シ テ云フ 語。 時間-一 對ス。 空閱 

ハ地圆 /如 ク、 時間 ハ 年表 ノ 如シ。 

ぐう-かん i 13 偶然-一 發シ タル 感 

想" フ ト-心 一一 感ジ タル コ ト。 

<- つ-さ 一名) ffl 又、 大氣。 雰岡氣 。地 

球 ノ周ヲ 包ミ圃 メル-無色/ 氣體 -勦ケ 

パ、 卽, チ、 風ト ナルモ く 動植物. 皆, 此 

中二 生存 ス。 

く- s=-v£ ュぅ (名) 一 is 一 «s; 空氣ノ 

作用-一 テ. 彈 ヲ 發セシ ムル裝 S / 銃。 

くうき-ポンプ (名> & 器ノ內 

ノ g 氣ョ抆 キテ、 fflgl トス ル 機械。 

く- 2S- まくら (名 一 Isffi 枕 ノー 種- 

藥 ng ヲ塗リ タル 布-一 テ 製シ、 口 ヨリ 空 

i めヲ吹 キ入レ テ膨ラ マセ, 检1ー テ トメ 

テ 使用 ス。 

く I2r (名) ムナシ キコト 。中 

-ー、物ナキコト。 カラ。 、天 充 -I 

空 ffi; 乃至 一; S 蛇 こ KS- 策、 s 策 resg 不, _S、E 貪 空 

虚」 おお、 fsI«i£「<KC»i? 民、 使-; BaE€e こ 

ぐう-き ョ (き 一 ゆ 居 1 力 リズ マヒ。 寓所。 



く、 つく. 



-く、 ゥけ 



-I 



くう-くう i 一 ー© 空 一 意識 ノナ キ狀 一一 云 

フ語。 ム ナシキ コト。 翁 語、 子 sfe™ 「有 =81 夫- 

問 =&我ハ 空空 如 也」 

ぐ、 ゥ- ぐう § 〔くづ ち (軒) ノ 語原 ヲ見 

ョ〕 軒 カク 聲 一一 云 フ語。 ゴゥ ゴク。 

くうくう-. まャ く-. ャく § 一 讓寂釗 一 

〔空 寂ヲ重 ヌル. 1 種ノ喜 法 ナリ、 はろ 

ば ろ (遙遙) ヲ 波 波 魯魯- 空漠 空漠 ヲ 空 

空 漠漠、 奇妙 奇妙 奇 奇妙 妙ト書 クガ 

如シ〕 (一)^ 經ノ 語. g 寂ヲ、 强 ク云フ 

語、 其條ヲ 見ョ。 (一 n 煩惱- 執着 ナク, 

無我、 無心 ナ ルコト 。一 切, 思慮 無キ コ 

ト。 何モ 知ラヌ n ト。 

く-つくう-ばく. ばく § 一空 空 漠漠 一 〔前 

條ノ 語原 ヲ 見ョ〕 空漠 ヲ、 强 ク云フ 語- 

其條ヲ 見ョ。 

< う-け 一名) 一 Iffll 佛 前-一-花 ヲ供 フル 

儀。 五 九月 ノ、 兩度 一一 行" レシト 云 

フ 。 « 鏡. 第 十一 一 ■$ 九 B; ノ 供 花 二 ハ、 新 R サへ 

ヮ タリ モノ シ タマ へ バ J 

くう-け (名) 一空 華 一 〔カス ミ タル 目-一 テ 

望 メパ、 空中 二 , ちらちらと 花 アルガ 如 

ク見ュ ル義〕 佛經ノ 語。 煩惱ノ タメ-一 . 

種種 ノ 妄想 ヲ生ズ ル 一一 琴 ル語。 ElK 

IT 金则! 8_«「用=此 思惟; 辨 一一お S 境; ss< sm 

結-空 * こ 

i ぐう-け SS s_ 〔都 家 ノ 音便〕 n ホ 

リノ ミヤ ケ。 ^司 ノ、 居テ、 民政 ヲ掌ル 

官衙。 國司 ノ居ル 所ヲ、 衙ト云 フガ如 

シ 。郡 1E 天 武ぉ、 上 天皇 宿- 于 一 feg 郡 家 こ 



、七ぶ?。 esltea. 十 arisssEKS 於 一 餐 河 村; 造 一一 

/」s&s 戶 民; 永 fgs" こ (香ハ- 久 呂ノ溪 一一 

テ -sa く! 郡ナ ラムー 接 名 S 、九 一 nissaB、a 名 

s、l き . 



ぐう- げ (1 Is 花 I 〔爾 雅- 釋草篇 「荷、 芙 

蕖-其 根、 藕」〕 ハス ノ ハナ。 蓮 花。 -i^ 

郊、送1:^翻-詩「靳秋折1;!3花ハ應對吳!^3ほ」 太平^^/ 

廿九 -師直 以下 被, 誅ぉ 「修 as 、帝 鬆ノ軍 一一 《 ;ケ テ、 竊 

花ノ穴 ニ身ヲ se クシ」 

<o. けい (名) B 夫-又 ハ, 妻ノ、 獨 

寢ノ闺 。孤闺 otH 房。 白 居 易 詩 「空閱 人^ 愁」 

的 照 詩 「® 情^ 始 SS 、空闺 起 sffi」 「空 閣ヲ 守ル」 

VCks さ (ぎ 一空 隙 I. アキ マ。 スキ マ。 

間隙。 流 詩 「朱 a 人 一一 is ハ啜 sssl 一空 隙 こ 

くう-けん § 調 一 武器 ナ ドヲ 恃タヌ 

二 ギリ n プ シ 

拳。 カラ テ。 ス 1 ァ。 北 ^苗 、神武 帝 K「K 

無lI©sigs^輸ハ猶欲>^aーl空拳l而爭♦之」 

くう-げん (名) 一 Isa 一 カラ クチ。 ソラゴ 

ト。 M0O 史記、 簡相如 SE 「藥以 II 空言 1 求, 壁」 

同、 太史公 g 序 「吾 欲, 一一 之 空言 ー不, 若、 見 一; 諸行^ 一 

之 切 著明 1 也」 

くう-げん (名) I 寓言 一 寓意 ノ說。 假 リー I 

事ヲ ケ、 责ヲ諷 力 シ テ作 リタ ル 話。 莊 

子、 S 言 s「s 言 十九、 薛, 外 論, 之」 史記、 莊子樓 「其 

著 《3 十餘萬 SI 、大抵 率 寓言 也」 

くう-ご (名 一 ffl_ 相 對シテ 、語 ルコト C 

史! iS 、费^ 「有 * 敢 偶-一語 詩 笞ハ棄 市」 「沙上 偶語」 

く- 2J く-の. おん § Bffl 

山中 ナド, 人 氣ナキ 地 -1 、足音 ヲ聞ク n 

ト。 希有 ナル 一 一 驚ク意 ヲ云フ 語。 語ヒ 

多キ 中-一、 一人 ノ、 直言 アル ナドー I 甓 

フ。 莊子、 徐無屯 ST 夫 逃-一空 谷 一 者、 云云、 一人 之 

足 昔 5:±! 然 1 而 S4I 突、 又、 況乎昆 弟 親戚 之 S-1 一 欲 其 側 1 者 

乎」 (故! 語大 辭典) 

ぐ 一? 3iu (名) 一^一 相 對ヒテ 、架ル コト。 

對座。 禰 曲 iS 、上篇 「御 一 I 同 於 長者 ハ雖 不 psr 

偶 不, 辭」 

クウ- ゾゥ 

くう-さう § 一空 想 一 モト ゾク 所ナキ 力 



くう: S く、 c§ 



ンガ へ。 空シ キ想 凍。 唐 « -、 f 雨師 

「跪- 拜!. S-I 結 11 空想 こ 

卞ゥ -ゾゥ ガ 

ぐう-さう (名) 11^ 像 I 〔字典 「偶、 诵也、 象 

レ人 曰., 偶、 木 七 像、 亦曰ビ 偶」〕 木石 ナド 

-1 テ、 象 リ作レ ル像。 木 偶人。 土偶 人。 

srfa 去 病 ssfaft 得 一一 休展于 •§< 金 人; 此中國 

偶像 之 最古 者」 (字源 1 「偶像 崇拜」 

くう-ざん (名) 一 葡ー 人氣ノ ナキ、 寂シ 

キ 山。 朗詠 集、 上、 花 「遠 叫 一一 空 山 一^月 瑩 11 千摄之 

路こ 太平 記、 廿 一 、先蒂 崩御 寂寞 タル 空山ノ ST 

鳥 啼キ、 日、 已ニ幕 レヌ」 

ぐう- -vt (名) S (一) 伊勢大神宮 ノ神 

官、 祭、 一次 グ モノ。 (二) 官國 幣社ノ 

神官 ノ長。 

ぐう-、 ポ? ん (名) 〔ぐ 、つ ざ、 つ (偶像) 

ノ 語原 ヲ 見ョ〕 デク。 人 形 史記、 孟 

君 W 「木 偶人 與-; 土偶 人 i 與語」 同、 §s 「爲 I 一 偶人 一 

謂 1 一之 天神 こ 名 妙、 十三 祭祀 具 「偶人、 云云、 凡 削 

i 物 5 人 像 tf 曰-一 偶人-也」 

< う- ¥〔ャ< (名) s_ 佛敎ノ 語。 宇宙/ 

萬 事、 萬 物、 皆、 實體 ナク、 常住 ナ シ ト云 

フ コ ト。 空空 寂 寂。 往生 要 集 「我 所" 有三惡 

道、 與-: 通 陀佛茛 德ハ 本來空 寂、 ー體 無礙」 李 俊 民 詩 

「 一 庵 空 寂 地、 香 火 讚 一一 拐嚴こ 

くう- チ 1 ュ (名) 一 調 一 カラ テ。 スデ。 テブ 

ラ 徒手。 漢 IT 武五孑 「空手 搏 一一 熊"^: 獸こ 

くう ぶめ ュぅ (名) 調 I 三論 宗ヲ 見ョ。 

く-つ- チ 1 ョ (名) ー^^ー アキ タル トコ 。 

空窳ノ 所。 アキ マ。 

ぐ- ョ (名) 一^ 一 力 リズ マヒ。 寓居。 

くう • ず- ズル. ズ レ-ゼ -ジ- -セョ (自動、 左 ©) 一^一 

〔く、 「(功) ノ條ヲ 見ョ〕 年功、 積ル。 年、 

經ル。 クク ヅク。 醇醒! P っ宗 ノ セル iRT 理 

モく、 つず れパ非 ニナ ル」 (俗 說考 、諮) 



くう,^ 



ぐ 一? す- スル -スレ .セ*シ- セョ (自動、 左 S 

〔說文 「寓、 寄 也」〕 力 リズ マ ヒス。 寄寓 

ス。 寄宿 ス。 

ぐう • す- スル • スレ *セ -シ. セョ (他動 、左き _ 

〔字典 「寓 >托 也」〕 コト ヨス。 力 コック。 

假 託ス。 「怠ヲ 、き 5 す」 

ぐう • す- スル- スレ. セ-シ -セョ {他 動、 左 S 灘 

モテ ナス。 ァ ヘシ ラフ。 アツ カフ。 糊 

遇 史 記、^ 安國^ 「卒善 遇, 之」 fS 苗、 季布碟 「遇 

, 人恭 謹」 rjss 客 ヲ以テ 遇す」 

ぐう-^ う (名) 一 數 I 〔偶 ノ條ヲ E 

ョ〕 て、 「(調) ノ 奴。 (奇數 一一 對ス) さ 虎 

陰 ga 偶」 2^ 文 rss? 哲以 i 奋數ハ 統一; 四 錯数こ 

グ ウス ベ リイ i 〔英語、 G。§be- 

i 落葉 灌木 ノ名、 主幹 ナ クシ テ、 根 

際 ヨリ 误生シ 、高 サ三四 尺 一一 達ス、 分岐 

多 ク シ テ、 多 數ノ剌 ァリ、 葉 ハ 小サ ク シ 

テ圓ク 、掌狀 一一 分裂 シ テ、 裂片、 更ニ "三 

乃至 五一 一 淺裂シ 、兩面 一一 微毛 ァリ、 春ノ 

季- 一花 ヲ開ク 、綠色 二 シテ、 葉ノ 簇生 ス 

ル所 ヨリ、 一 箇 乃至 二 箇ヅッ 垂下 ス、 果 

實ハ 、號果 二 シ テ、 球狀ヲ 爲ス、 生 一一 テ 

食シ 1 又、 -?. ャ むナド ヲ造ル 二 用 ヰ ラル。 

くう 4- ゐ (名) 一 劃一 二) 空 一一 袋 H タル、 

木立 ノ ミドリ。 杜甫詩「石苔_?几抆;空0^撲11 

肌 こ (二) 山 氣ノ濕 リタ ル、 ミドリ ノ 

, ¥o 王 維 詩 「山路 元 無, 雨、 空 濕ー 一人 衣 こ 太平 記、 

五、 大塔宮 熊野搭 ST 山路、 本 ヨリ 雨 無 ゥシテ 、空 w、 

常 ニ衣ヲ 濕ス」 

くう-せい (名) t 紺靑ノ 漢名。 本草、 

空 青 「生-一 盗 州 山 谷、 云云、 有, 錢處; 銅 精^ 則 生-一空 

青 ハ其暖 中空」 大安 寺 资財帳 「空 青」 名抄、 十三 穴 

HisHT 空靑」 

ぐう-せい (名) SSI 偶然 II、 成リ タル 



くう せ 



コ ト フ ト、 出艰 タル コ ト 詩作 ナド 二 

云フ 「舂日 偶成」 

くう-ぜん (名) S ソレ 以前-一、 絕 H 

テ無カ リシ コ ト。 未曾有。 宣 sftT 顧 i 

さ 空 I 一 於 前 S (ほ ssg- 一 於 後 iss-g 道 子) 乃 f 1 

有 之 こ 「空前絶後」 

ぐう-ぜん (名) 8 思ヒ寄 ラズ、 然ル 

コト 。フ ト、 生ジ タルコ ト。 列 孑、 黄 Iwas 

「范氏 之 151、 以爲 1 一 偶然 こ 後漢 《-、 劉昆搭 「偶然 耳」 

「偶然/出 來 ss」 

くう-そ く-せ-ま, き (句) lnii 色 一 色卽 

是 空 ノ條ヲ 見ョ。 

くう, だん § s_ ムダパ ナシ。 無用 

ノ話 「空談、 時ヲ 移ス」 

ダウ-タラ ぺェ 

:ii ぐう-たらべ ゑ (名) 〔愚ヲ 擬人 シテ、 愚 太 

郎兵衞 /訛 ナルべ シ (權 兵衞、 太郞兵 

衞) 愚鈍 ナル 者ヲ 十六 兵衞 ト云フ モ、 百 

文 二十 六 文 足ラズ ト云フ ナリ〕 智ノ鈍 

ク 、 意氣張 ノナ キ者ヲ 稱スル 俗語 C 鈍 太 

郞-" イク ヂ ナシ。 鈍漢 St 世鼠呂 (文化、 三 

馬) 二 «|、 上 「ォ心 ヨシ、 ぐうたら ぺゑ才 秋」 

く 一つ-ち (名) all 家居、 樹木 ナド、 ナキ 

土地。 明 I。 サ ラチ。 赤地。 史 記、^ 何 ほ 

「上 林 中 多 一一 空地 弃こ 吾妻 鏡, 十、 建久 元年 八月 九日 

「於 一一 件 近 一 者、 爲 一一 御 一之 上、 多 一一 空地 こ 

クウ- チ ヨウ -コク -サク 

くう-ち ャ う-こく-さく § 一^ 頂 黑幘" 一 

〔後 漢書、 輿 服 志 「未 里子、 帻 無:, 屋」 御 

曠 ノ條ヲ 見ョ〕 ヒタ ヒノカ ガフリ。 冠 

ノ、 額 當ノミ 一一 テ、 上部 ナキモ ノ 二 テ、 

天皇、 皇太チ 、御 元服 ノ時 一一 ハ用キ タマ 

フ モノ。 黑紗、 三 山形 ヲナシ 、前面 二、 

四 目 樣ノ紋 、散ラ シァリ 、紫 絹 ノ緣ヲ ッ 

ク。 西宫 記、 十六、 臨時、 八、 冠 一 空頂黑 頃、 其 形 如 I 一 



く 、つも S 



*Br 中高れ-一 花形 ハ 天き 及 太子、 元 B 之&寶 1 之」 W- 

鎮化 《、 比 太 比 乃 加 加 保 WJ (後一 一 云 7S s£ 

く-? ち ュ-っ g) ソラ ノウ チ。 ナ 

カゾ ラ 列 子、 天 sa- 夫 天地、 中 之 一 a 物」 太 

23>廿《1、 依-山 srs^- 公 、ま 一一 

*. ヲ 擎テ、 中 ヲ招キ 給 フニ」 

S 樓ノ ^ナ リ、^ 溪, 淡 「な 州 四而臨 

"海、 ^wsi ^は- 際お 二 城 市 ^ *S 之 

状; 土- <si-, 之 海 市-」〕 無 キ$« ヲ 構へ 

作 レル文 幸-一 云フ si。 1/ 文。 作リ 

籍、 小說、 ナドヲ 云フ。 



くう ば 



一 1 テ 發スル 大砲 



一 \ /一つ- 0奢 く "ク *ケ. 力 .キ, ケ S3 動 、四) 

〔くう (功) ノ條ヲ 昆ョ、 づくハ , に 成る 

ノ E ,秋づ 、老づ く〕 年功、 ffi ル,。 年、 

拔ゃ。 カズ。 お、 五、 wfiJTB レ タル |«、云 云、 

* ク ュ 

ァ" レニ く- ゥづ 3 テ、 SJIBffilB ミ タリ」 

クウ- デタァ (名) cwslr Coup d-aat. 

M ノ うちこ はし ノ? «〕 政 力、.?^ ぜ :- 一 

欲ス ル斷 行政 令。 政治 上ノ. 激烈 ナル 

手段。 

くう-てん (K) ー觀ー 梵字 ノ 上部 一一 ック 

. -、 Pi お ノ點. 其 一 S ハネ テ、: .5 トナ^ 標 

ナ リ 、 ノぉ ト云 フ 。 (sff -ー 對ス) 

く-つ-. てん き 一 供米 ヲ作ル B。 S 

曲、 ussrs 御 £ ハ、 Biw ニノ 6a ノ 御供田 -ー テ SSi 候 

7 ホド- 一」 

クウ-ノウ 

く-つ- う < 名) 一 さ «il 力 ラブ ク。。 时. iw 

ュ >85 十 キ n 卜." 

く-? a -矚) 一お 一 ムナ シク。 ィ々 ヅラ- 一。 

nffi ナ ク。 考 ナク。 

クウ * ゥ 

く- 0- は-つ § カラ デ: ハウ。 彈 



4^ヲ コ メズ、 火藥 

明 sassKSS 攻 >s、 守 WB、a-8 &外、 不 k-is ま 

ss- 一 SB"- ,之」 (SK 、? 一通 ズ) 

クウ. ボウ 

く-つ-は-つ (名) 一空 房 一 (一) アキ マ。 人ノ 

居ラヌ 部屋." 杜 S 詩 「古 括、 客 お居」 

(一一) i<MS:。 古詩 、焦 仲 妾 ls=fss;s 見 常 

くう-はく (名) I 空白 I 紙 ノ面ノ 、何モ 書 

キ テナ キ 部分。 餘白。 

\MV ばく (名) 議 I (一) 漠然 トシ テ、 

空シキ n ト 何 モナ ク、 廣廣 トシ テア 

ル コ ト。 さ, 漠漠。 (二) ァテ ノナキ コ 

ト。 トリ トメノ ナキ コト。 (三)^ キ沙 

ハラ。 ilsr 胡 ras=™f«s;E! 飛! 3= 洲 SS 一」 

ぐう-はつ (名) S 偶然-一- 發 スルコ 

ト。 不化; 4 二 • ォコ ヤコ ト。 

< -?^ < (名) 一 ^ー ハラ ノ、 ヘル コト。 

a 一一 肌 ェ タルコ ト。 スキ ハラ。 56 股 白 

卯 時 十分 SHK 杯」 *_»3B、ST 一 人肽, 酒、 

一 人胞 ftl、 一 人 spg」 Kl 訓往來 、十 一 "TT 五 at 空腹」 

くう-ぶん i S 何等 ノ效 力無 キ文 

,.w、_x ハ 、法規 ま SS 、司! 2* 主傳 「飾 1 一 ® 功、 -執1 一 

5. に 文ー以 お 一一 主上 こ 

\MV** い § t あめ さ、 つば (米扣 

場 ) ノ條ノ (一一) ヲ sS ョ。 

ぐう-もく (名) 觀ー 

? i9n。 服。 



目ヲッ クル n ト。 

s、s< ム廿八 年 「5«>臣 (楚子 玉 

ノ名 J 與-ー KHl 一 BJ」 SKear 寓 BISSMJ 

く-つや-き (名) 



空 也 念 W 宗ノ 

fs, さ 也 h 人,' お =, 陰暦、 十 一 月 十三 

= ナリ .0 



く- OS.- だう (名) 一^也 一 g 也 念 g 宗ノ 

本山。 京都, m 條坊 E: 、油 小路 • 紫?;: I! 山, 



く、 つや 

極 樂院、 光膀寺 ナリ。 

_ く うや-どう ふ (名) 一 さ 也 豆腐 一 さ 也念佛 

宗ノ木 山 > 京都 ノ空也 堂 ノ 徒弟 ノ、 作リ 

始メ リ ト云フ 豆腐。 

くう や-ねん ブ ヅ-ォ 1 う 1 ぎ 念佛 

¥d 佛敎. 天台宗 ノー 派、 仁 朋天良 ノ. M 

子、 常康 親王/御子、 空 也 上人 光膀、 創 

ム 、 (天祿 三年 寂 ス , 年 七十) 京都 / さ 一也 

堂 ヲ木山 トシ、 住 待/上人 ノミ 二 

テ、 徒弟: 優 婆 难ナリ 、上人、 二 鹿 角 

ヲッケ な ル杖ヲ 執リ、 彌陀 號ヲ唱 

へ 、徒弟、 瓤ヲ 叩キ、 征ヲ鳴 ラシ. 和 讃、 

® 文、 ヲ誦 シナ, カラ. 歡 喜 シ踊ル 、コ レ 

ヲ. 踊躍 ト云 ヒ、 俗 二、 を どり 念 佛ト云 

フ。 あみだの ひ V. り、 妓-二 はちた たき 

ョ 併セ Bg ョ." 

< -? y i 園 I w 際ノ 用ナラ ヌ理。 

「ft^ 理ヲ 談ズ」 

クウ リイ (名) s_ 〔英語、 Coolie. 印 

度 語、 Quli.〕 支那 二 テ、 勞働者 ノ稱。 

く-つ-りん (名) 園 一 (一) 五輪 塔ノ、 最 

ffi ノ g 形。 五輪 ノ條ヲ 見ョ。 (二 ) 九輪 

ノ 1 *;:、 せ; 條ヲ 見 ョ。 



くえき …: く か J 



く-つ-ろん (名) ^0 

用ヲ ナサ -ヌ 論。 

V う- ゐ (名) 誦 

位 五 年」 CI) 名. 

ぐ-元い (名) 



|ー 據ド n B ナキ 論。 

二 ) 明 キチア ル 地位。 

, ミ 一一 テ、 ほ カナ キ位。 

己-力 謙稱。 拙 

作 ss«, 五、 和 «Tg 位 上人、 云云、 此 £„1 ハ、 S 

!» ヲ复メ タレ 共、 s» ノ物 也」 

V- 元-つ < 名) In 一 (一) 》 經- 一、 七曜-一、 

確 職 ET 計 都 星、 ヲ 加へ タル 稱。 著 s_!、 



一一、 B~eT 大原 良忍 上人、 云云、 九 a- 、廿八 宿 一 (二) 

紋所 一一、 中-一、 一 ッノ大 星 ァリ、 外 一一、 八 

ッノ小 星、 繞 リ圃ミ タル 形。 

く-えさ §) s_ 苦シキ 使役。 ッラキ 

勞 go 史記、 楚世家 「國人 苦役」 

一く 九-び あ (名) 一久 延昆古 I 〔i ノ義 一一 

テ、 立 テル マ マ 一一 古 ク成リ ュ キテ. 朽チ 

崩, ろ 意 ト云フ (古事記 傅)〕 神ノ 名- 

も ほど (案山子) ノ事 ナリト 云フ。 古 ® 

IB 、上 15+ 「久 延ほ 古 者、 於,. Sr 者、 山 田 之《1富«! * 也」 

く-えん (名) 一 ば-, せ- 「(芒 消 )- 一同 

ジ 

く-えん § 11; 權ー マル ブシ- カン。 本 ** 

ass「 W ほ、 4*ー《 南; ws™ 之 S 也、 其 a- 大、 其 大如 

.3、 味、 辛酸」 

やえん § S 〔支那 ノ 西方 遠キ國 

ノ名 ナリト 云フ〕 日ノ、 S スル 所。 举 

子 、天文 訓 rmffl "于 =S«K 云云、 入 IHilsffl 之 fi- 

楚 お rE-ts 兀於 =« 淵 こ 

くえん-さん (名) 一 枸擦酸 一 〔枸 權ヲ -檸潆 

-ー宛 テテ 用 ヰ ルナ ルべ シ〕 檸 ST saw 

ナド /中-一 存在 スル 酸味 一一 シ テ- 

無色-無臭、 ナル 結晶 體。 ら むね、 さいだ 

あ. 十ド /飲料 二 作ル。 

;-; v える (動) 酾 く ゆ (崩) ノロ 語。 

一く-が § 國 〔くにが、 くぬ がノ 略、 く 

にが ノ語 原ヲ 見ョ〕 海. 川 • ナド 一一 對シ 

テ、 人ノ、 步ムべ キ地。 ク 二 ガ。 クヌ ガ。 

ヲカ ofK 。地。 王 經音註 「陸、 久何」 夫 木抄、 

十七、 水 ar 水ノ上 二、 イカ デカ s_s ノ、 S1 プラム" く 

が ニダ-一 コソ- 身 ハ沈ミ ケレ」 

V.- がい (名) ー< ム界ー ォ ホヤ. _-。 ォモ テム 

キ。 ,<ム3^.=- 太平 記, 十九、 冓 野原 軍 W 述 KK 私 



お、 弓矢 ノ 公界ノ ほ. 3 レ ヌ所ナ =-」 三內 nK 

(永 1^、11 一光 院內 WSKSSr 御所、 S < 大臣 « 以上 之 家、 

執 I: 其 主人 1 之 故、 家 wsiai 之 候、 公界 へ ,f4 "出 SKJ 

一く, 力い (名) ー< ム& _x ム廨ヲ 見ョ〕 官衙 

ノ稱。 又, 一公 解。 コ レ -ー屬 スル田 ヲ<ム 

廨田ト 云ヒ、 ソレ ヨリ 收^ スル 稻ヲ公 

廨稻ト S ヒ、 略 シテ、 公 廨トノ ミ乇云 

フ. コレ ヲ 民-一 贷シ テ收ム ル 利ヲ. 諸國 

ノ官衙 、及 > 諸司ノ 職員 二 . 等級 二 因リ 

テ 配給 セ ラ ル 。 S お-一. 二、 元年 七 BJ 「公 Rsr 

S&: 式部 «1 大 ssa 等! s こ 同、 四、 和 鍋 ー兀年 1 二月 r 始 

給 =«tt づ K 云、 其考 力 及 公« 田、 並 准 一 一史 生 こ 

同、 十二、 天平 八 年 三 HJ 「太 政! Brses 公田、 國司隨 I 一 

« 土 *SKISS,ar 其 價ー送 一一 太 政官; 以供 = 公 S; 奏、 

t3 之」 同に 丄ハ、 天平 十七 年 十一月 rsBH 公 》 、十、 S 

g 十 ss* 、上國 一一 一十, 6! 束. 中 H 一 一十 萬 束、 云云、 下国 

十 ffi 束」 

く-がい (名) 一 苦 海 一 苦界 一 〔苦 ハ. 煩 ® ノ四 

苦、 八苦 ヲ云 ヒ-其 際限 ナキヲ 、大海 ノ 

廣漠 タル-一 醫へ テ云フ 語〕 (一) 佛敎ノ 

語 ニニ 界- 六道。 特. -ー - 人間界。 &i。 fi 

嘴 所作 、已 ®l 一 苦 海 こ 方 as* 詩 「苦 海 終 岸、 

愁城 gtp 攻」 記、 十九、 文 SSK 心 5- 生死,.' 苦 

海ヲ S テ、 菩提 ノ 彼; It ニ屈ン 1* ヲ志シ J 謠曲、 赏盛 

「極 Sf 世界 二 行 キヌ レ パ、 長ク、 苦界 ヲ越 H 過ギ テ」 

(二) 遊女 ノ 生涯。 クキカ ハタ ケノ ナガ 

レノ S 生 玉, 5 中 (正德 、近 松 作) 上 「« レノ ®1B 

ャ、 日毎 二 s!- ル身ノ §7、 今日 モ苦 海/神 SS デ」 

く-がい-さう (名) 1^8 一 〔葉- 對 生シ 

テ-九 層ヲ成 ス義〕 人家-一 多ク 植ク、 

春、 m 根 ヨリ 叢生 ス 、室- 圓ク、 高サ 一 二 

尺、 葉 ハ 長ク シ テ 、 鋸齒ァ リ、 深綠色 一一 

シ テ、 W 葉 毎 一一、 節-一 對生シ 、八 九 層-十 

二三 層ヲ ナス、 莨-室 ノ 頭-一、 六 七寸ノ 

漶ヲ出 ほァ、 小 花, 密-ー 緩ル、 谈紫碧 色 

ナリ C 

くかい …: くかい .. 



くがい-たう (名) k ム鬵 I 公廨ノ 條ヲ見 

mo 

くがい-, てん (名) ー< ム廨田 一 る 解 ノ條ヲ 見 



愚案 一一 同 ジ。 

( 一 ) 苦、;" シテ, 學間ス 



ぐ-かう (名) yl 

く-がく (名) 調 一 

ル コト。 李 商 strsKSS 苦 fflf 、折- 暨反 成 >s」 

栄史、 ssgaB. 閉, 戶苦 ss」 十 訓抄、 下、 第 十、 一條 院 

御 時、 藤 原 爲時申 文 「苦 asMsralKS, 巾」 (一一) 

貧 書生 ナ ドン. 勞働 シテ. 學資 ヲ得ッ ッ、 

學問ス ル コト。 

く-かず (名) S 工手 閒ノ 芋數。 Si 世 

床 (文化、 三 馬) 一 一 ST 上 「岩ォ n シ程ナ 、大粒 ナ 疫痕ガ 

アル ケレド 、上塗 11. ェ數 ガカ カツ タカ ラ、 見 エネへ」 



、- か-だ も (名) 

略 力 (腐 鷄。 平 甕、 I。 ノ: 

垂 t 紀-廿 五 年-一、 凝揚主 



〔く かつ I ノ 

。ノ堅 葉. かし は) 

云フ人 名乇 

見 ュ 、重ネ テ、 玖 訶瓮ト モ 云フ、 たち ハ 、 

役立- is 立、 一一 同ジ ク、 探潙 〈1k ノ所 二 出 

デテ、 湯 ヲ探ル ニ從 事スル 意-或つ 朝 

鮮語、 Iskos that (探 ル. -ト 同ジ 語原 

ナ ラム ト v 云フ〕 上世、 事ノ 正邪- 處 

蜜、 ヲ判ゼ ムガ タメ 一二 神ニ盟 ハジメ、 

手-一 テ、 熱 湯 ノ中ヲ 探 ラシ ムル コト。 

實ナル 者ハ全 クシ テ、 邪 ナル者 ハ爛ル 

ゥ. T ヒュ ュ ケテ ュ ギン ャウ 

ト 云フ。 艾、 誓 湯。 後世 ノ湯 立、 衝 起請 

モ、 此ノま m ナル べシト 云フ。 應神紀 、九 年 

四; 《 「天皇 則、 推 n 一湖 武内 宿通與 一一 甘美 內宿 趙; 云云、 

令 h&m 一 fjs; 云云、 武內宿 之」 允恭 四 

年 九月 r 1 氏1^--更爲ーー萬姓ー?知1-其^ー故諸氏.姓 

人 等、 沐 资戒、 各爲 K 盟神 探?; e; 云云、 坐-探湯^:^ 

而、 引 li 諸人 一 令 i 赴、 云云 、赴, 签探 @ 、則 得 ,赏 者自 

全、 不, 得 is 者 gss」 註 「盟神 探? お、 此云 1;5!5 陀智 T 

或 56.1 納, 釜 Jifii 沸、 換 k 手 探 1 一港:. 一」 提 廿四年 

九 air 曰 本人 與 1 一任 那人; 頻以 11兒 息 ss;1, 决、 云 



云、 M§ f 曰、 赏者不 "现、 歷者必 棚」 (誓 湯ノ左 

訓ニ、 クカ ダチト ァリ) 

ク び- ジ ) 

くが-す 一 i li 路ー 陸ノ 上ノ路 o( 海路- 

船路、 二 對ス) 太牟 記、 十六、 西國 蜂起 官 S9f 進? S1 

事 「甲斐 河、 三 石、 ニ箇 sl~ ノ城ヲ 摇 テ、 船路、 陸路 ヲ支 

ヘン トス」 

ク ガ ジ 

くが- ぢ § li 地 I クガ。 クヌガ 。陸地。 

太平 記、 一 一、 天下 怪異 ITS- 伊國、 千里 SB ノ遠千 潟、 攝 

一 1 陸地 二 成 事、 二十 餘町 ナリ J 

一く-がお i SI 一 す: がね 二 同、 ジ。 

集、 十八 廿長欧 「久加 踊 カモ、 樂 シケク (多 II) ァ ラム 

ォモ ン ク+ャ 

ト、 思ホシ テ、. 惱 マス 二」 

一く か-ベ (名) 一^ 訶瓮ー 〔く か だち/ 條ヲ a 

ョ〕 探揚ノ 時-一 用 キル 釜。 古事記、 下 (允 

恭) 居 11 玖 1^ 瓮ー 而定 1 一賜 天下 之 八十 友 猪 氏 姓 1 也」 

く-かん (名) 一 一 力 ラダ。 ナリ。 體 格。 

杜甫 *ir 子雖 ニ嘔餘 小; 老氣摸 一 1 九州 こ 

く-かん (名) ー觀ー 苦言 ヲ吿 ゲテ、 諫ム 

ル コ ト 。ネ ンゴ 口 二 、ィサ ムル コト。 切 

諫 誓 er 王 坦之傳 「坦之 非而苦 一一 諫之こ 

ぐ-かん (名) 8_ 寒サ 一一、 苦シ 



n 



ぐ-がん (名) 一具 眼 一 眼識 ヲ 具へ テア ルコ 

■ ト。 是非、 善 惡ヲ見 分 クル 見識 アル コ 

ト。 許 額 詩 話 「東坡 祭-一 梅 子 玉 一文、 2 孟郊 i 、島 

(賈島 i 、元 (元お i 、白 (白 居 易) 俗、 此語 具眼」 「具 

限 ノ士」 

くき (名) 画 (一〕 { 草ノ根 ヨリ-中心 ト 

シ テ 、高 ク出デ テ、 枝- 葉-花- ヲ 生ズル 

モノ。 字 鏡 1 ーナ 「莖、 久支」 SS1 、廿 S! 木 具 r 莖、 枝 

之 主 也、 久木」 (二) 花 、葉、 ノ蒂。 ヂク。 

一く き (名) ffil 一 〔漏く ノ名 S| 形、 爾雅、 釋 

山篇 「山 有, 穴爲 ;^」 註 「謂- rM 穴-」 一 (一) 

山ノ、 洞ァ ル處。 仲 袞紀、 八 年 正 w 「洞、 此 云-一 

くき 



久岐こ 天 治 字 鏡、 六-一 「g 、山 穴、 久支」 (二) 轉ジ 

テ、 山。 岡。 *1 行紀、 十八 年 七月 「其 山 条岫重 

おご 萬 遼续、 十二 JJ ャ 「玉 クシ 口、 卷 キ寐シ 妹ヲ、 B; モ 

經ズ、 S キテャ 越 H ム、 此山 ノ帕」 字 鏡 |+1.嶂ほ、 さ 

也、 久支」 

一く き (名) S 〔漏く ノ 名詞 形.. 漏き 出づ 

る モノ ノ義 (倭訓 菜) 〕 豆 醬亡フ ムカト 

云フ。 豆醤汁 「鼓, 久支」 S 名抄 、土へ:!: 

M§ 類 「鼓、 五味 調和 者 也、 久木」 整 心 方、 一 

汁」 同、 廿 二せ 趣 魚 二 斤、 云云、 相 和 作, 照、 少? 151 

,M 、勿 レ? 鼓」 

;く • き (動) 一 漏 一 くく (漏) ノ條ヲ 見ョ。 

一く ぎ (名) 〔鉤 ト通ズ ルカ、 からむ、 く 

るむ〕 (一) 鐵、 又ハ 、竹, 木- ヲ細 ソク短 

ク 作ク、 一端 ヲ小 K ラセ タル モノ。 材ト材 

ト ヲ合セ ムガ爲 一一、 打込ミ 貫ク。 鐵く 

ぎ、 竹く ぎ. 木く ぎ 。(五寸釘 ノ條ヲ 見ョ) 

S 名抄、 十五 造作 具 「釘、 sasc 也、 久岐」 (二 

、つ (鎮、 綻)。 萬 葉 集、 廿ー i 一十 S 一 一久 9^ 剌シ、 固メト 

シ」 同、 十六 JJrf 一 giJ 刺シ、 藏メ テシ」 字 ssf+r 鋅、 

門 乃 久支」 

クざ -ォ オイ 

一く き-お ほひ (名) 一 釘 覆 一 次條ノ 語-一同 

ジ。 太 S 宮式 「壁 柱、 E 押、 釘 STM 十四 口」 

<¥T^ (名) ク ギオ ホヒ。 長 

押 二 釘 打 チタ 痕 一一 被 フ飾 物- 金 SS 二 

テ、 種種 ノ形ニ 作リ、 様 タノ 模様 ナ ド 、 

彫 リツ ク。 運 歩 色 葉 S. 釘 KSJ 

くぎ- め 直 s_ 戶、 又ハ、 箱 ナド、 

釘-一 テ打 付ケ テ、 開ケ ラレ ヌャゥ I 一 ス 

ル コト。 クギ ヅケ。 

.$13-2^*っ. ?' .テ. タ .チ- テ (efi 、四) 一室 立 I 

室. 生ヒ タツ。 薹 -I タツ。 新. KS 、一一 「ャ山 m 

ノ. 垣 接 ノ中ノ 、からな づ な、 くき だつ ホド 一一、 春 ゾ 

ナリ ヌル I 拾遺 集、 七 、物 名、 くくた ち 「山 高ミ、 花 ノ 



く M 



くきつ 



fi ヲモ、 見 ルべキ 二、 二く くた ち ヌル、 Isll カナ」 (く 

くた ちノ -«ヲ3? ョー 

くき づけ (名; i 大根 ナド /、室-葉 

ヲ、 9^ 二 セル モノ ネま C ほ *、 六 「ffl- 

.クケ 

瀵」 

くぎ-づけ § _s (1) 釘-一 テ、 打チ 

ッ クル n ト。 ク ジメ。 wiRK、ra 十八、 大 

i 子自 一: 繞^ I 上 3_e«nl 一位 中 、云云、 S 首 

た大摩 ffitthi 訂 £ 二 セラ レ£ ヘル 攀」 (二) 動 

カス n ト 

く なが- § liffl 〔塞-へ 幹-一 テ、 

柄 ノ«〕 s刀-gノ柄t^待ッ -1、 兩手 

/SKS ヲ、 長 ク待ッ -5 フ Si 。短 ク恃ッ 

ヲ、 くきみ じか rf- ト 云フ。 *3 曲. KweT 中-一 

モ tosrifts 出 デテ、 大„« 刀 ヲ< きなが r£ リノ ぺ」 

»■« 物 a 、一 、《« 打 s»、» 音坊、 白 £/s 刀、 M 斑 

V 」 太平お 、一一 一十 一 、八 |« 台戰 * 「三尺 五 寸ノ小 »" 

刀 * く 3 みじか Iffi テ »s 台フ」 

<¥^^ i -i_ 〔釘 ハ、 當字, s*!^ 

ノ義 GS く ノ條ヲ a ョ, 消 昔 ナルべ シ) 

^ 拔 >s チ、^ 門 ノ^ト 云フ (a の «, 

.^)〕 二) 【通 mE: トシ テ設ケ な ル, §^ 

門/ Is- ナルべ シ。 SBt 門。 掃 ffl«H<「1a 中 

£>«..:*主9!ハ£門、》1、51!貢内、北面,《上、内ほ,匕下 

塵、 云云」 Kscsi 、十二 OCWIenBsaK 云、 K1 お八 年 

十!: H: 廿九 B 、云云、 午 時 0?«: 山 柱 「於 訂 81 

外; 《s:w«:」 5«、一 一一、 上 、オハ シヅ キタレ バ、 門 

ナド モナ クテ、 R くぎぬき ト云フ モノ ヲゾシ タリ ケ 

ル J .K靈M壽;K^M人拓件,Mーぬ六波>K^g方ハぉーi釘 

寅 St. 一 下, 車、 入 rME -」 《i;^es««「6aK£」 玉 K 

M, 八、 くぎぬ *rjw:「lsw モナ クテ、 W: ノヤ ゥシ タル S 

ヲ- くぎぬき ト 云フ」 (二) 通 ジテ、 くぎぬき 

門 二 Si レ ル植 ヲモ, コ メテ 云フ。 《5 抄、 

一、 白峯ノ EECra ノー 露 w レルホ トリ-一、 く 

¥ぬ<? ンマ ハシタ り、 是レ ナム W 墓-一 ャト、 今 W 力 

キク ラサ レテ、 S 乇ォポ H ズ」 Mess 例、 £ 元 八 年 



くきぬ 



五 H! 十九 日 「御 j» 上、 立 II 石 本 saw ハ 云云、 其 8 立-一 釘 

貢 こ (三) トシ テ立 テタか 門。 京中ノ 

坊門 二 設ケ タル 門 ナドヲ 云フ、 卽チ、 木 

戶 ナリ。 夫 木抄、 廿 ir 守 ル人モ 、マダ 《~H ナク 

一一、 川 ロノ、 S ノく ぎぬ き、 ハヤ 朽チ ニケリ」 { 川口 

ハ 、伊勢 ノ 地名) 俊 别 ttr くぎぬき 「5! ノ釘 W ナド! 58 

メル ハ、 «5 門 ヲ云フ 也」 &扱日 「ル 「ほ 兒ガ S ハ、 片ヅ 

方ハ 海ナル 二、 EE ドモ 寂多ァ リテ、 海マデ くぎぬ 

き シ タリ」 (コ レバ、 ヲコ/ テ云フ 卜 思へ ル) 

a- 囊抄 (X 安) 三 「町 町 ニア^ 域 戶ヲ、 く VT』 のき 卜 云 

フ J a: 本、 應仁 1^,、 上 「*e 小 SS ノ釘 R (、お ffi«=M 丸 

ガ *、 持 m メシヲ 、云云、 北 SSR 門、 云云、 M カレ テ、 

脚 通 リアり」 同 「面面 二手 分ケヲ シテ、 ロロ ヲ n ソ 

整 メケレ、 云云、 西ノ くぎぬき 二 sa 戶ヲ 打テ、 其 8!、 

三千?^ ニーア E ム」 

<¥s § _ffl (一) 打 チコ ミ タ ル 

釘ヲ、 拔 キトル 具。 古製ノ モノ ハ、 四角 

ナル敏 環 (高サ 四 分、 厚サ 二分, 方 一寸 

許) ヲ座敏 トシ テ 、其 穴 一 I 釘, 頭 ヲァテ 

ハ メ、 尺餘ノ ノ尖ヲ 、釘ノ 下 

1| 插シ、 座 錢ヲ枕 トシ テ 、コジ アケチ 拔 

ケリ。 釘、 ノ重點 、座 鐵ハト 义點, 挺 ヲ握ル 

所 ハカ 點 ナリ。 一名-街 力。 秤 » 

s« (弘安 三、 下、 m 八、 眞 3 ノ法 「コ レヲ e_- へバ 、釘 

拔/ 竿 (艇) ハ 如来 ノ 加持 力、 座 (座 S) ハ 法界 力、 我 

ガ手 ハ 以我功 法 カナリ、 釘拔ノ 合 ヒテ、 大ナ, i 釘 

ヲ、 タヤ スク 拔クガ 如シ、 せ 陣 ノ かルコ 卜、 オノ ヅカ 

ラ知 ラレ &リ」 (二) 城壁 二 芽チ作 レル、 四 

角ナ ル 穴。 (前0^ /座繳/ 形 一一 象リ テ 云 

フナリ)^:1^統ナド>打出ス所トス。 (三) 

紋所 ノ g 。小 サク 四角 ナル 析形ヲ ス、 

前前 S" ノ座鐡 ナリ、 四邊ノ « -太シ 、奴 

僕ノ 法被 ナド -I ック、 四 ッ角ヲ 、上下、 

左右、 二 向ケタ ルガ、 多シ。 ssss 八お s 

永、 近 松 作) «»TW ガク グル、 大門/; S ぬき」 (JS 庇 

ノ釘貢 ト说ジ テ云ヒ シナで (四) 今、 m ヰ ル 

§ つ n 製 > 形 * 成 鉄-一 似テ、 大 ナリ、 



wag 

頭ハ 毛拔ノ 如ク- ソレー 一 テ 釘/頭 ヲ啄 

" セチ-鋏ノ兩脚ョ握リ-ネ^Kテ拔ク。 

くぎ もん § i&s 前前 條ノ 

( 一 ) ヲ 

く^10.みじか-:* (副) ー劃 一く きなが rf- ノ 

條ヲ 見ョ C 

く-きん (名) _31 一 〔大ナ ルハ、 肉ノ 

量、 九 斤 ァレパ 名 トス ト云フ 、交^ 國ノ 

種 ナリ〕 糠 鶴/^ > 體, 肥 H テ、 甚ダ大 

十リ、 全身-毛 sif- 一 シテ、 脚 一一 モ毛 多シ、 

尾、 短ク、 首-小 サク、 耳朶、 赤シ、 近年 舶 

來ノ種 ナリ。 又、 コ クチン。 

く. ぎん § s_ 種種-一 苦心 シテ- 詩 

歌 ヲ作ル コ ト。 徐ぉ詩 「餡 64 牀 fKal 苦吟 こ 齊 

東 野!^せ 苦 a: 有" S -」 

ク -キ ヨウ 

く-き ャぅ (名) I 九竟ー 〔究 竟/ 吳音、 急 

呼シ テ、, く プきャ う〕 (一) 極 マリ タル ト 

コ 口。 竟。 Ha5、 下 、言お 門. 究 *r 必 S! 之 

義也 j Si 然草、 二百 十七 asf 究^ ハ理郎 一一 ヒ トシ、 大 

欲 (お; 欲 一一 似 タリ」 (一一) 極 メテ、 ス グレタ 

ル コト。 至極。 クッキ ャゥ。 S 門 本、 平家 勒 

語、 八、 信連» 「金 武ト申 シケル 、くき r 、フノ はう いつ 

ノア リケ^ ガ」 资 sfp" 、十三、 信連戰 1* 「金武 ト云フ 

放 免ァ り、 究竞ノ 大力、 云云 一 平家物語、 七、 火 »?合 

「所、 菜 ヨリ、 究竟 ノ 城郭」 峡野^ 語 (室 S 時 

代) 「g 身 IK 友、 くき ャ、 っノ S 飼 十 リシ カバ」 

j< ,ぎ ヤーつ (名) s_ 〔三 公 九 卿 ノ條、 見 

合 " ス べシ〕 太 政 大臣、 左大臣- 右大 

臣、 ヲ公 ト云フ 二 對シテ 、大 ffll 一一 『中納 

言、 三位 以上、 ヲ卿ト 云ヒ、 塞議 〈、四:^ 

タリ トモ, 亦, 之レ 一一 人 ルナ リ、 大臣 公卿 

ト連 ネテ云 へ バ 、公卿 ハ 、大: 中納 言、 1^ 

議- 三位 以上 ヲ指 ス。 又-卿 相。 月 卿。 

棘路 . 職 ffi 妙、 上、 太 政な 「大納言、 云云、 中 S 言、 



くき や …: くき や i、 



云云、 装 SB 、云云、 已上 ssllDa- 任 公檬ー 一 宇津 保お 語、 

祭 使 ^ 「衛 府カケ テキ ラフ 大臣 公卿 ト、 n レハ B 、ァ 

テ人、 スキモ / ドモ」 同 「公 鄉タ チハ、 タレ タレ 力お 

セラ レシ、 is 内 、西ガ ハラ 右 大将 «sl ーテ ナム」 

く-ぎ ャぅ (名) R&isI ルぉ^ gir ノ條 

ヲ 15。 

ク -ギ ヨウ 

く .sir う § 一 供黎ー 八ぉ卿衝11^ノ條ヲ& 

ク ギ m ゥ 

<, ぎ.. -っ (名) I 苦行 一 佛道 一一、 刻苦 シテ 

修行 スル コト。 通 a 、唐お 「衣 富 居 SS 、一如-苦 

行 沙門 こ a 舍. お 「異類 外道、 受 1 一 持 as 、云云、 無 s 

苦行 こ 「難行苦行」 

ク -ギ ヨウ 

く-ぎ ャぅ § 一恭 & 尊重、 敬禮 スルコ 

ト。 恭敬。 十 住 B58S 三、 58 品 sa 者、 

名-;抹^51©拜、迎夾送去、合》親侍こ 《- 我物 語、 七、 

泣 不動 事 「晴 、醱拜 くぎ マう シテ、 數珠 サ ラサ ラト 

押シ モミ」 

クギ ヨウ ツイ ガサ ネ 

く 5 つ, ついが さね (名) k ム卿衝 重 一 〔く 

ぎャ ぅヲ. 供 sr.^ 黎-ナ ド書ケ ル ハ 、借, 

ひや ル べシ〕 食 盤ノ名 、公卿-一 供 スル衝 

重。 常-一 ハ-略 シテ、 くぎ ャ、 r トノミ 云 

フ、 さんばう (三方) ノ條ヲ 見ョ。 俊 

九十 spa「SN8 阿 前 物; 云云、 次、 居 一人 4 卿衝? I 下 

肇壤、 下、 器財 門 「公 Mrs 器 也 1 運 歩 色^ 第 「公 御、 

木 具、 公卿 人 居, 之」 合 類 ts 用 集 (元 ほ) 七、 器財 門 

「供 M 、又 作-一公 せ S3 也」 接訓 tr くぎ ャぅ 「公卿、 

云云、 三方 /® 二、 g ク蹈 スルハ 、古へ 、公卿 二 ハ 、sy 

ヲ 、三方 ヲ用 ヰ、 SE 上人 一一 ハ、 足 打 ヲ用ヰ タル ヨリ ノ 

名 ナリ」 

クギ ヨウ- ノ-ザ I — ノン t 

く iKP ャ う-の-ざ 3 一公 卿氣 貴人 ノ^ 殿 

ノ 母屋 ノ内 一一 設 クル * 尊 キ客ノ 座。 公卿 

の閒。 吾妻 QS 、五十、 文 應ニ年 八月 十四日 「御 持佛 

堂 、公卿 座」 家 S 雑考、 二、 公 Mtw 「公卿 座 卜乇云 

フ、 是レ 〈、殿 内 一一 、カネ テ シヅラ ヒォク 所,' 客 座敷 



ナリ、 三 内ロ获 二、 ffis/ 西 面 二、 妻 戶ァリ 、是、 公卿 

座/人 n ナリ 一 

クギ ヨウ- ノ マ 

くき ャ う-の-ま (名) k ム卿齓 前條ノ 語-一 

同ジ 三 内 口お 「公卿の g ノ 要戶、 W 鼸搭 i 之」 

くき-やか- c{ § 際ャ カー 一。 クブ キリ ト。 

¥ 明 

<^ (名) 一割 一 (一) クギ ル, コ ト。 力ギ 

n ト。 切目。 (二) キリ。 キダ。 段落 

く stQ, るん- レ-ラ .リ. レ (他動、 EI) I 劃一 〔限る 

ト通ズ 、鉤、 釘。 かがまる、 くぐ まる〕 

.S 一一 テ、 絕ッ。 力 ギル。 シ キル。 「室 

ヲく ぎ- 1? j 

く-く (名) g 區 1 ( 1 ) マチ マチ。 べッべ 

ッ 。字 類 抄「區_^1 、ク ク」 「- 區ノ雜 翁」 (二) 小 

サキ コト。 g5 細 史 Rr^sgrtltsMK:! 在-一 

海 おこ 太平 ST 1 、玄禁 文欽 *r 悲 ムラ クハ、 公ノ、 

タダ 古人 アマ ナツ テ、 空シク 一 生ヲ、 區區 ノ 

中二 Ms ル! ヲ, 一 rBHES タ,^ 微衷 J 

く, く § 3_ 九 二、 九ヲ I- ケ タル 數、 

郎チ、 八十 一。 此語、 乘算 ヲ誦ミ 習フ詞 

/ 稱 トス。 一 一が 一、 ヨリ、 九九、 八十 

1 、 二 至ル。 韓詩 外^ 「! gsi 桓 公設 1; 庭お-待-; 人士; 

不. 至、 fss 有 >以っ 九九 一見 者; □!、 九九 薄能耳、 君 sa 

之、 况 Ki: 於 九九 I 者 乎」 拾 芥抄、 下、 末 「九九」 

く ク. ケ. 力, キ, ケ (自動、 四) ng 一 潛ル。 脫 

クル。 神代お、 上 Jf+ 「自 =$3 mi ^」 私 si. 具岐 

於 知」 古 5S 、上 +i 手误ー 出」 訓,? r 云-一久 伎-」 

tatKttr 十七 t 「足 引ノ、 山! « 二 居 レバ、 ホトト ギス、 

木ノ 立 チ久吉 、鳴 カス 日 ハナ シ」 同卷 5 「山吹 ノ、 

繁 ミ飛ビ 久久、! J5 ノ、 S ヲ 聞 クラム、 君ハ シモ 」(© 

ノ 草ぐ きト 云ヒ、 91 ヲ、 草< きト云 フモ、 是 レナり) 

く-く (S M (一) 喜ブ狀 ヲ云フ 語。 

莊子、 翁 S 「皆 者莊 周、 夢 ©-! £SS 然 S 蟝 

也」 (二) 欣ビ伸 ブル 狀ヲ 云フ 語。 (精神、 

又 、ノ 、顔面 ナド ノ) 莊子、 田 子方 《r 今視 一一 子 之 



くき や …: « 



閒ハ^ 胡然」 

くぐ (名) _1_ 草ノ 名、 海邊 一一 生ズ、 葉 

ハ . かやつ りぐ さ 一一 似テ 、 高サ 二三 尺、 

又、 ぃヾ J すすき 二 似テ、 垂 レズ、 秋、 小サ 

キ德 チ出シ テ、 花 ヲ開ク 、かやつ りぐ さ 

一一 似 テ大キ ク、 初、 靑ク、 後 一一 、茶褐 ナリ、 

莖ヲ刈 リーア、 蓑ヲ 作リ、 又、 くぐ 繩ヲ作 

ル。 磚子苗 草 塞 注 接 名抄、 十 1 「莎 草、 久具」 

く-ぐ (名) Is 具 一 神 S へノ ソ ナヘ モノ。 

太平 記、 三十 六、 fs 氏 叛逆! $r 新リ テタビ 候へ 卜テ、 

云云、 供 具 ノ钭足 一 匹 副へ テ送 ラレ」 會我 物語、 

二、 泰山 府君 調伏 ノ S ヲ立 テ、 幣帛、 くぐ ヲ 供へ 

タリ」 一歩 色 li^t* 一 供 具」 

くぐし-.^ • ける • ゲル っケレ.ゲ*ゲ, ゲョ (他動、 下 

二 一^一 クク リア ゲル。 縛 リア ゲル。 

くくし-おび (名) S くくし IT 卽チ、 

あぼり 染 ノ帶。 尤 ©m お、 紫の P ^窓、 一 人ァリ 

ケルガ、紫鹿子ノ小袖?1«テ、^^^^ノくくし帶、紫足3:^^ 

ヲ ハ キ ニケリ」 (嬉遊 笑贾, 二、 くくし " 、! S 想 ナリ) 

くくし.. ぞめ (名) 1^1 クク リグ メ。 シ 

- ボリ. ソメ。 

くくし- る • ケル. ケレ .ケ. ケ- ケョ (他動、 下 

二 一括 附ー クク リツ ケル。 縛 リツ ケル。 

く す. ス. セ. サ. シ-セ (他動、 四) 一括 I 〔括る 

ノ 語原 ヲ 見ョ〕 ク クル。 シ パル (運 歩 

色 iffis 集 ク クシ モノ」) 

i くぐ-せ (名) 〔跼脊 ノ義、 く づせト 

云フ パ 、顔 脊ナ ル ベ ク 1 くづま , 、頡 身ノ 

縛 ナルべ シ (大 御身、 お ほみ ま)〕 叉、 く 

づま。 くづ せ。 今, せむし ト云フ 、其條 

ヲ見ョ t^s 記、 下、 第廿 SS 「背 世お 加 久久 世」 

iHlt ゆ 高 野 本、 作 一 1 世 那加苦 都 世 こ 安方 (森 S3)EI 

十 「g? 背、 クグセ 、俗 二 、え-ひ ト 云フ、 力 ガム ャマ ヒ」 

igi 明お、 三年 九 HISer 此云 一一 俱豆 @ こ 天^3字鏡, 

1 だ 「鍟、 使 也 、久豆 世」 同、 十二 S;「B 背 (隆背 ノ誤) 



くくせ 



背 痛 也. せ 背 低頭 之兒、 久ー 世」 f 享和板 本 二、 世久 豆 

ト アル C 、顛倒 セル ナリ) 

ーくく-^;^ち § ffi_ 〔くきた ち/ 轉 (機 

一丁、 キ ガ ** 

弓. つく ゆみ。 黄金、 くが ね) くく みら 

(室 韮) ト云フ 語 モア リ〕 クキタ チ-! -ル 

モノ。 孩ノ蔡 0..^ 、十四; I 「上 野、 

佐 野 ノ九久 多 知、 折 U ハヤシ」 拾? s«、 七、 S 名、 く 

くた ち r 山 高ミ、 花ノ色 ヲモ、 見ル べキ 二、 二 くくた 

ち ヌ^、 舂窓 カナ」 内瞎式 「s 立 一 g 名抄、 十六 y« 

S 類 「*-、_*» 苗 也" 久久 太 知、 俗、 用 =s 立 一 一字 こ 

一く ぐ-つ (名) 〔莎葺簧 ノ轉、 蒲 箦ト同 

趣 (故す、 はなつ。 寸斷、 つたった) 莎草 

-ー テ編 ミ作ル ニ起レ 々語 ナリト 云フ、 

或 ハ 、 莎 草苞ノ 下略 力 (踟 の絲、 くもの 

い)〕 (一 )藁 一一 テ編 ミ作レ ル袋。 蒲 ノ 

類。 越 前、 大野 郡 一一 テハ、 今モ、 かます 

ヲ、 くぐつ ト 云フ。 萬 _83 一 J「w 千ノ、 三 as 

ノ! <fw ノ、 久具都 特チ、 玉藻 刈ル ラム、 ィ ザ行 キテ a 

ム」 袖 中抄 、十六 「くぐつ トハ、 _* モテ、 g ノヤ ゥニ 

as ミ タル モノ ナリ、 ゾ レニ、 藻ナ K ヲモ入 ルル ナリ」 

#1, 大化五 年 三月 「綿 二 lisuaJftlBe; 也、 編. 薛 

爲, g 也 、袖 中 -、 S 、訓 一 一久 具 都; 今 西 91 俗、 以ー 一具 具- 

P 之 、名-一 加 末 伎 也」 (二) 轉ジテ 、絲- 一 

テ編ミ 作レル 網袋。 宇津 保 物語、 SS 培院 £「ss 

g ヲ、 絲, くぐつ 二 入レテ J 

くぐつ (名) _3_ • 〔華 嚴經 私記 音義 (奈 

良 ® 時代 y 機 闘, 久久 都」 からくり ナリ〕 

(一) 【アヤ ッリ 人形 ウノ 類。 デク グッ。 テ 

クル パク。 傀 儡。 其 人形 ヲ、 歌 ニ合ハ 

セ チ舞ハ ス伎 業 トス ル者 ヲ、 くぐつ 

ま はし、: g 儡子ト 云フ。 倭 名 grai 雜 B1 

具 rffilry; 久 豆」 名 S 妙 「傀 51 師、 クグヅ マ ハシ」 

定頼 «「 二 詣デ タマ ヒ テ、 云云 、え, みト云 フ くぐ 

つま はし 呼ビ ニヤ リタ マヒケ ルガ、 連 カリ ケレ パ、 

云云」 今昔 物語、 廿八、 第 廿七! tBTSSa 子ノ者 ドモ、 

多ク 一 * テ、 守ノ Jsllffl ビ居テ 、欧ヲ ウタ ヒ、 笛ヲ 



<< り 



吹キ」 (二) 諸國ヲ メグ ル くぐつ ま はし 

ノ 妻女 (くぐつめ) ノ、 淫 "-賣 リシ ヨリ、 

くぐつ ハ、 遊女 ノ名ト ナル。 (朝野 群载, 

三、 愧儡子 記-一 、愧 Si 子, 定居 ナク、 其 妻 

女ドモ 、旅客-一色 ヲ資 リテ、 父 、母、 夫, 

知リテ 、誠 メズ ト ァリ) a 木 *. 十、 雜、 下、 伏 

見/くぐつ、 欧 ウタ ハセ ム卜、 呼 ビニヅ カハシ タリ 

ケル 二、 モト 宿 U タリ ケ, i 家 二 ハナ シトテ 、云云 「う 

かれ 女ハ、 うかれ テ 宿モ, 定 ヌカ、 くぐつ ま はし ハ、 

マハリ 來テ 居リ」 詞花 ST 六、 別、 東へ マ カリ ケル人 

ノ、 宿リテ 侍リケ ルガ、 錢 一一 立チケ ルー 一 ョ メル、 くぐ 

つ、 ななき r ハカ ナク乇 、今 胡ノ別 レノ、 惜シキ カナ、 

ィヅカ ハ人ヲ 、ナ- カラへ テ a ム」 (旅 SH/ 遊女 ナリ) 

新 《 古今 集、 十、 S 旅 一保 S 侍從 一 下 sf* 、下、 ffilsls: 

一 SSB 、ク クヅ、 日 * 俗、 呼 一一 遊女-曰 一一 瑰 ほこ KISS- 

SI 抄、 一一、 四十 三 ®, 白拍子、 遊女、 SS3」 

くぐつ-ま はし (名) 一 gffla 前條ノ (一) 

ヲ見 m- 

くぐつ-め (名) 前前 條ノ (一一) ヲ 

US ョ。 It 

くく, なき (名) |%-11ー 〔くく ハ、 聲ナ リ〕 

鶴/鳴 ク 聲 二 云フ 語。 SS 歩 色 葉 集 「@ffis、 

S 鳴 也」 白 居 易 ss「s®:s 下 ksrliB 日 上 1 梁」 

クグ -ナヮ ク ゲ 

くぐ-な は (名) 一 莎繩ー 莎草 ノ塞ヲ 割キテ 

絢ヒ タル -細リ キ羅、 錢差ト シ 、又、 什器 

ヲ束 ヌル ナド 一一 用 ヰル。 

くく ひ (名) 一鵠 一 〔鳴 ク聲ヲ 名 トス-約 メ 

テ、 え ひ ト云ヒ 、轉 ジテ、 あ ふト云 フモ、 

聲ナリ 、鵠モ 、鳴 聲ナ リ-說 文- 師 古-註 

「鵠 -其聲 鵠鵠」 鵠ヲ、 鸛ナリ ト云フ 說ァ 

レド- 非 ナリ、 鵠ハ群 ヲ成ス モノ、 翳ハ 

然ラズ 、出典 ノ神 樂歌ヲ 見ョ〕 鳥ノ 名、 

又- クヒ。 コヒ。 コ フ。 今、 はくて、 つ (白 

鳥) ト云フ 、其 條ヲ 見 ョ。 垂仁 5S 、廿 三年 十 



W ひ せ 



— <i — I 

9-さ*-讎;¥ 大?」 a.«BM^a 、久久 比、 又、 古 

比」 》1 名抄. 十八 族 R 「讜、 久久;^、 又、 古布」 神 

*K,wffl »E 二、 久久 比 八 E」f 白 m ハ、 能ク 群 

ヲ 成ス, 一 

i く.:/^, るん- レ .ラ,? レ (自動、 E) fM 一 〔屈 

; iKim 動) ノ かがまる ノ 語股ヲ a ョ〕 

屈 ムャク -1 ナル C カガ マル。 力 ガム。 コ 

ゴ ム vllaj 抄 「3、 クグ マル、 セクグ マル」 太平?^、 

廿 七- tt*: 未 &, 山伏 s 录、 衣 s.:^ ウク、 金ノ a 

ヲ持 チタ マ へ ル人 モアり、 云云 景恐シ ナガ ラ、 ffi 

^二く ぐ まり は タル 一一 」 

: くくみ § B 〔含 ノ義〕 くつば み 

一一:! ジ、 其條" a ョ。 

くくみ M 騸 刀 ノ抦、 初ヲ、 金銀 ナド 

二- ァ、 丧ミ タル モノ。 §«大¥«5.«: 山) 

「せ K ハ、 K 家/外、 ィ タク- B レ"' 制ス、 小刀 柄ノ裹 

くくみ-一 S ル ぺシ」 (次次 條ヲ a ョ) 

:«-❖£- (名) I 翻 一 〔くきみ..: ノ裨 > く 

くたちノ!^^屁ヲ^ョ〕 龍 にら) ノ苤 /, 

中 *t タチ タル モノ。 蒸 资橥、 十四 伎 久 

/-W ノ久ぉ **rrat、s: レ W メド」 

一く く, む. ム.? 了ミ .i 他 S 、四) -, S 〔括 

るノ Hi^ ヲ a ョ,! クル ム。 ッ ツム。 ffi 

« 壤- 九. 一一.. fa ガ, め、 天 /3 は」 字 W 保 s:^、 

SM-h ネ生レ タマ へ ^UJ; ヲ- 云云-格 ニ押シ くくみ 

テ 、抵キ 抱キタ マフ」 》 、三十 八、 タ «Jf W ノ御^ 

ヲ、 引キ くくみ テ」 太平 一十三, 公 *SSK 枯 » 

「柄 -Irsl 、金 二 テ打チ くくみ タル 刀 一一、 虎 ノ皮ノ 火 

打 JW ヲサゲ J 

くく 了 他動、 S 一 ffl^ 〔裹 

む ト述. ス〕 ロノ 中-一 恃ッ。 个 :! ム。 拾 》 

壤> 七、 J;:I,;rsw ノ、 S ヲ くく A テ、 カミコ シハ」 宇 

Issa^s. 十 ! 、H 九 «T ピ くみ タル 水ヲ 吐キ捨 テテ」 

六、 asTHn' 打チ くくみ テ、 云云、 *? ケリ J 

一く く *ち- ムル, ムレ 二, チメョ (他動、 下 1- 1® 

(一) 銜マ ジム。 口 二 含 メテ、 食 か ス。 枕 



荩 、八、 七十 四 段 「雀 ノ孑、 云云、 8S- ノ、 ft! ナド持 

テ來テ くくむ るモ、 イト ラウ タシ」 扱、 三十 六、 28 笛 

ST^n-s ケ テ.? ナド、 くくめ タ マフ J ul〕 言 ヒ 

含ム ル。 說キテ 、ノミ コ マ ス。 說鍮 枕 

^SJH- 、四、 四十 四 段 「折 SW ナド持 タセテ 、コレ 二 (S ノ) 

白 カラム トコ 口、 ヒタ モノ 入 レテ、 特テ來 、云云、 ナ 

ド、 ヒ くくめ テャ リタ レバ」 

くぐ ,も* ム マ:、、 •/ (自動、 四) 一 屈 I 〔かが 

む ト逋ズ (頭 ST くぶつ ち)〕 力 ガム。 

クグ マル。 コゴ ム。^ M^i. 嚷ヲ、 さぐく 

む ト云フ モ、 此語 一一、 さ/敬語 ヲ冠 ラセ 

タル ナリ。 S 稱 、一二、 辨 中に て 人の 太刀 を 

取りし $ 笛 ノ音ノ 、近 ヅキケ レバ、 サシ くぐみ テ見 

レバ、 未 ダ苦キ 人ノ、 云云、 黄金 作ノ 太刀 ノ、 心モ S 

バス ヲ s カレ タリ. 二 牛 若 丸 ナリ) 

くぐ, む- ムル • ムレ, メ- チメョ i 動、 下ヨ 一 屈 一 

〔前條 ノ諶ノ 他劭〕 かがむ (下 二 段) 一一 

n ^ジ。 コゴ メル。 夫 木抄、 十九 「ヒサ 力 タノ、 

天ヅ 空ハ、 K ケレ ド、 W ヲ くぐめ テゾ、 我へ 世 二 住ム」 

1: く. <• める (動) 一 #ー くくむ 0H; 段) ノロ 

; く-く 15>*るん,レ* ラ レ (自動、 四) 幸 I 

〔くくむ (丧) ノ 自動 (うづむ、 うづ もる) 

或 ハ -ii る, 乂 ハ 、 氣隨る ノ轉ト モ 云 

フ S-L 、奇 し。 网 む-か あむ)〕 瞎 リテ、 

分明 ナ ラズ 。 It 代紀、 上 一 「天地 未" 剖, 陰^ 不 

* 分 » 沌如 一: WJ 孑ハ! 《 It 而含. 牙」 名義 抄 「s;、 クク 

モル、 ヅヅム 典 1 trf 1 然芦 i 、五十 三 段 「i^ ヲ 

彼り テ物 フニ、 くく もり tw 二 キテ、 S コ ェズ」 

くくり (名 ) I 括 一 (一) ク クル n ト。 統ブ 

ル n ト。 w 閒 *r 十一 、<«s「s 二、 色色 ノ玉ヲ 、ム 

ラゴ 二 ヅラヌ キテ、 くくり 二 シテ、 古今 ノ SB 七 粘, 新 

シキ EB ノ カネ ノ サゥシ 1 粘 、八 タリ」 (一 一) 係 蹄 

ノ级0 »IBa 、十六、 興言 利口 「くくり ヲカ ケテ、 鹿 

ヲ^ りケル St 二、」 夫 木 秒、 十七、 冬、 二 「水 aw ノ, 脚 一一 

引力 ルル、 尊 菜ハ 、人 モカ マ へヌ、 くくり ナリ ケリ」 



« り 

(三) 指莨ナ ドノ 据 一一 、差 通 シ テア ル緒。 

括 リ絞 リテ、 結フ モ / ナリ。 宇 拾遺、 二、 

第 十 I K 「指 K ノ くくり ヲ見ヅ ケテ」 同卷、 第 十三 

倏 「若ク _s? ミ タル 男 一一 テ、 くくり 高 ャカニ S キ上ゲ 

テ」 (四) あづちま くら ノ條ヲ 見ョ。 

くぐり (名) 瀾ー ^ 門、 怒戶ノ 略。 §5 

百想 條 、^仕お 仕形 之 *^ 一 、HS™SU 門 ラタ テ. 夜中く 

ぐり ヨリ、 不一-目立 I ほ 通路 不" さ」 心中 天錢島 「享 

保、 近 松 作) 下 「大和 S ノ潜リ 、グ" ラグ" ラ、 ツット 入」 

ぐ あ るつ ケヶゲ レ.ゲ.ゲ. ゲョ (他^^、下 

1) S くくし あげる (括 上) 一一 同ジ。 

くくり, おび (名) ー觀ー 綿ヲ心 トシ テ、 

縫 ヒクク リタ ル圆帶 。錯/ 上帶ナ ド-是 

レナ リ 

くくり-ざる § 一括 I 一 兒女 \ 玩具, 小 

サキ 四角 ナ ル布帛 一一 、綿 ヲ縫ヒ 込ミ、 四 

隅 ヲ四足 トシ テ、 一 處 -1 鬼メテ 括リ、 別 

二 、綿ヲ 縫 込 メタル B キ モノ ヲ、 頸 ニナ 

ヅ ラ へ テ附 ケテ、 镇ノ形 ヲ作ル 、粟島 ノ 

神 一一 供フ。 乂、 }p- 月 五 曰 ノ飾喊 ノ下ノ 端 

-ー モッケ テ-幟 猿 トモ 云フ。 

くくり, tV で < 名) 一^一 衣服 ノ 袖口-一、 

綿ヲ 細長 ク入 レテ、 縫 ヒ括リ タル モ ノ。 

そで ふくりん ノ條ヲ ^セ 見ョ。 iw ほ^ 

fa 永. 近 松 作) 中 「互 二心、 S 袖/、 S 二 維絲、 括 袖」 

i くく SV. ぞめ (名) 顧 ュ ハタ。 シ. ボリ 

ゾメ ク クシ ゾメ C 源、 十六、 「旅 姿ド 

モノ、 色色 ノ3^ ノ、 ヅキヅ キシキ 痛 物 、くくり ぞめノ 

サマ、 云云」 

くくり 、づきん § 1SF 巾 ノー 種、 

頭/形- 1 合ハ セテ、 圓ク 作リ、 緣 ヲ括リ 

タ ル モノ。 大黑 戰巾ナ ド云フ モ、 是 レナ 

リ。 a- 山の 井 (K?MJ 「力 + ス ノ、 HD ハ くくり- la 

巾 カナ」 gsesMK 天 和 J1. くくり K 巾、 a ノア ケタ 



«y :… «3 < 

,^驛 モナ シ】 「拽亭 筆記、 m) 

くく る • ケル, ケレ .ケ.ケ. ケョ (他動、 下 

二 ー顯ー くくし つ: &る (括 附) 一一 同ジ。 

此ノ木 一一く < りつけ テ オイ 



くぐ r> ど (名) ぎ戶 I 小 サク低 クシ テ裔 

リ. テ 出人ス ル戶 口。 切戶。 紙上 接氣 「! 5 戶」 

くく ひも (名) S 物ヲ括 ルー 一 用 ヰ 

ル紐。 — 

くく まくら (名) S 綿、 又、 费麥が 

ら ナドヲ 、布帛 一一 包 ミ テ 、 兩端 二 テ括リ 

トメ タル 枕。 (箱枕、 木 枕、 ナド 二 對ス) 

國性 (正 IfT 近 松 作 三、 港 ®「 仲人 無 

シノ 手枕 二、 括 枕ト蹄 合シ」 

くぐ rv もん (名) ぎ 門 一 小 サク低 クシ テ、 

リチ出 人スル 門。 (門ノ 旁/小 門ナド 

ュ) 好色 一代 男 (天 和、 西 § 五 「E:r-ss シ 

テ、 一人 I 人、 8^門 ヨリ 出入」 

一く くり- の-はかま (名) 一括 緒 袴 一 指貫 

の 拷ノ. 名。 天 武紀、 下、 十三 年 M 四 §. 男子 者 

有 一 一圭 冠; 1?^而¥ 括 猪 港 こ 耀ぉ 、二、 大 S 元年 三 

ほ 「直 冠 以上 者、 皆 用 1; 白 » ロ裕こ 

くく • るん -レ. ラ. リ. レ i 動、 四) 一括 I 〔轉轉 

ヲ 約メチ 活用 セサ セ タ ル語カ (きらき 

ら、 きらら。 きりきり、 きりり) 括す, 裹 

む ト云フ モ、 同ジ カルべ シ〕 ( 1 ){ 絡ヒ、 

結ブ。 束ヌ。 シパ ル。 名 S 妙 「括、 ク クル、 ム 

スプ」 字 泊 拾遺、 七、 第五 iSna 、云云、 腰ヲ くくら レ 

テ 、外へ H 行 カデ、 フタ メキ飛 マ ハ^ケル ヲ」 (1 一) 

{ 括染 ヲス。 絞, めヲ ナス。 钩,^ 六: S 、一、 

tHT 木ノ楚 ミナ、 カラク レナ ヰ 二、 くくる トテ」 新 勅 

撰 煤、 五、 秋、 下 「秋 < 今日、 クレナ ヰく くる、 立 田 川」 

(三) ヌ ダク。 ヌナク 。緩 ル。 「首ヲ くくる」 

(四) 統ブ。 マト ムル。 トヂ ムル。 -多人 



ss ヲ蹄メ くくる」 

くぐ ,るん. ビラ.? レ (自動、 四) 鎖 一 〔扇き 

入 t^、 くぎる、 くぐる ト轉ジ タ ル語 力、 

躍、 くびす〕 (一) { 水ノ下 1 一人 ル。 カヅ 

ク。 モグル 续、 十四 f 一 +「 妹 ガ寐, i 、床 ノア 

タリ-一、 岩具久 (久 具ノ倒 aa 力) 留、 水 1| モガ モヨ、 入 

リテ マ クモ」 名 、ク グ, T 力 ヅク】 (10 

スべテ 、身 ヲヒソ メテ、 物 ノ下ヲ 屈リテ 

過グ。 金 ti* 集、 九、 雜、 上 「傍 ノ局 ノ壁ノ 崩レョ 

リ くぐり テ、 逃シテ ャリ, Ts;; ヲ くぐる」 綜ヲ くぐる」 

(を ヲ受ケ テモ、 自動 ナリ) 

ク カイ 

V- くヮぃ (名) I 區會ー 地方 ノ區ノ 議會。 

ク- カク 

く-く ヮく (名) 一 シ キリ。 ワカ チ。 

力 ギリ 「區^ ヲ 設ク」 區蜘 整理」 

クガグ I 

く-ぐ" つ 1 _^In_ 年ノ、 第 九, ー當ル 

月。 長月。 菊月。 

くけ (名) 111 タケル コト。 

く- :2 (名) I 劃一 (一)? ホヤ ケ。 _i 家。 

^廷 。後 一一 ハ 、武家、 將軍家 一一 對シ テぃ 

家ナド トモ 云フ。 文德 、四、 仁 m 二 年 正月 

十八 曰 f 幸 -.靉 菊院; 観-一 諸衛府 接,, 財、 公家 以- 一白 布- 

s?s 者 こ 三代 S3 錄、 一 、天 安二 年 十 一 月 廿六曰 「接 

於-一公 家; 有, 頃, 於 S 吏 こ 榮花 物語、 五、 浦 浦 

の 別 「但馬 二 オハ シヅ キタレ バ 、暨ノ 守、 くげ ノ御定 

メ ヨリ 外 二 、差 シス ス ミテ、 仕ゥマ ヅルコ 卜 多 カリ」 

太平^53-十1ー「公家 一 統政55!&」 (二) 主上。 至 

尊。 (朝廷 ノ、 帝 ニ移レ ルガ 如シ) 1SS 

語、 二、 座主 流 主 明 g 大齒 正ハ、 云云、 大乘妙 ig 

ヲ 公家 ニ授ケ 奉リ、 菩 S 淨戒ヲ 法皇 二 持タセ 泰ル」 

海人 藻芥、 中 「公家^ 瞎、 依ハ 強飯 也」 同、 下 「毎日 三 

度ノ 供御 ハ、 云云、 割 リタ^; sis ヲ聞 n シ メス ナリ」 

(三) 公家 衆ノ 略, 其條ヲ S ョ。 

V- げ i I 公廨ー くがい (公磨) ノ條ヲ 見 



V げ, あく (名) 一;^ ム家惡 一 歌舞伎 二、 敵^ 

ノ、 惡人ノ 公家 衆 二 イデ タ ッ モノ。 文化 

ノ 川柳 「公家 惡ノ、 前 二 @ 國ノ、 實 事師」 

く は あな (名) S , 〔閲^ ノ 語原 ヲ見 

ョ〕 ヌケ アナ。 太平 記、 三十 二、 天竺 接 

CI^fsASIErg!、ss 一一 匿 穴 ヲゾ掘 リタ リケ ル、 云云、 匿 

穴ヲ1^3レ出デテ、己ガ家 へ ゾ S リケ ル」 

ぐ-けい (名) s_ 父母1111^ー-生存スル 

コ ト 故事 成語き 「具 m 下、 父母 俱存、 重慶 下、 祖父 

母淇 在」 程孑遼 tr 游 定夫錄 「伊川 先生 曰、 人 無 一一 父 

母; 生 日 sau 位 悲痛、 更安忍 =SL 酒? SiSK 以爲 tST 若 1 一 

具慶者 一可 笑」 

ぐ-けい (代) 一愚 兄 I 他人 二 對シテ 、我 ガ 

兄 ヲ云フ 講稱。 

ク -ギ ヨウ- ミ ヨウ 

ぐ- げー つ-み ごつ (名) Pi 巧 明 I 〔巧、 吳音、 

けう〕 ごみ ャ、 フ (五明) ノ條ヲ 見ョ。 

く-けき (名) |S§ 一 ひま ゆく あま ノ條ヲ 

■ 111^ ョ。 莊子、 知 北游篇 「人生 I 一天 地 之 K ハ若 II 白 飽 之 

隙、 忽然 而已」 

クゲ- 力 ゾク 

くげ-く ヮ ぞく (名) 一公 卿 華族 一 〔大名 華族 

一一 對ス〕 華族 ノ條ノ (三) ヲ見ョ 

くげ-こ 、せ? つ (名) |&^| 〔武家 故實 

一一 對ス〕 故實 ノ條ノ (二) ヲ 見ョ。 

くげぶ I ュぅ (名) 一八 ム 11^ 一 八 ム家ニ 仕 フル 

人人 / 稱。 (武家 出仕 ノ人 一一 對ス) 公家。 

堂上 家。 年中 悟 例 記 「攝 家ハ、 任 大臣 以後 ォクリ 

御 申 也、 淸家 其他ノ 公家 衆ハ、 タト t 太 政 大臣 二 被 

k 任 候へ 共、 ォクリ 卸 申 弦お 5 之 候」 保 元 語、 一、 官 

軍 召 i^.sr 公家 二 ハ關白 殿下、 内大臣 赏能、 左衛門 S" 

基 ほ、 伏 見 源 中將師 仲 ナドゾ il^ ラレ ケル」 

クケジ ク 1- - 

一く: ち (名) 一 II oi 路 (漏く ノ條ヲ 見 

ョ) ノ轉、 かぎろ ひ、 かげろ ふ。 いどき 一 

なし、 ぃズ J けなし〕 ヌケ ミチ。 クケ ミー I 



ぐけ も 



チ 。カク レ ミチ。 ヮキ ミチ。 閬道。 聖 

德 太子 樓驟 「從 一一 間道 一 出」 抄 (文 安) 五 「匿 路」 

運 歩 色 葉 集 (天文) 「匿 si」 

やけつ (名) 31 ロ傳ノ 祕訣。 - ロ訣。 

抱朴 子、 內 ar:i 仙 f 雖:' 有-: 其まハ 一 其耍文 S 須- 1 

ロ訣 一」 太平 記、 十七、 日吉 It 託 事 「古 夾、 IS 墨ノ 相承 

シ 來ル、 一 念 三千 ノ法 門 、唯受 一 人 ノロ 訣共」 

ク, ケッノ カイ 

く.. S つ-の-かひ (き ー;^ 穴 貝 I 鳆ノ殼 I 一- 

孔、 九ッ アル モ ノ、 藥用 トシ テ佳ナ リナ 

ド云ヒ 、食へ パ- 長年 死セ ズナド 云フ。 

本 S "石 決 明, 九孔者 、佳」 (藥用 一一 云フ) 

クケ ■ ヌィ 

一く けぬ S (名) -1_ 轿ケ テ縫フ コト。 

カク シヌヒ 名卷抄 一. 幼 、クケス ヒ、 ヅ ヅル」 

一く け-ばり (名) -mffi 鉗 ルー 一 用 ヰル 針。 

学 達 保 物語、 俊 蔭! JJ 干 「イト、 ゥ?' クシ ゲ二、 ツヤ ャカ 

二、 ナメ ラカナル くけ ぱり 一一、 標 ノ絲 ヲゾ、 左絲、 右 

絲ニ緩 リテ、 I カタ ヮキバ カリス ゲ タル ヲ、 お 1 ^ 

ゾ、 君 ノ掘前 ニ落シ ツル」 

くけ-ひも (名) lis くけぬ^>ニシタル 

紐。 好色 五 人 女 (貞 享、 sinr 吉 IS 笠 二、 四 ヅガハ 

リノく け ひも」 E 女心 化 班 (延享 、其 頃) 「加 賀笠頂 

キ、 同ジ くけ 紐」 

くけ-みち (名) _s 〔くけ ぢ (問 道) ノ 

條ヲ 見ョ〕 ヌ ケミ チ。 カク レ ミ チ。 

く-げん § I 苦言 一 良藥ノ 苦キガ 如キ意 

見。 直言。 (甘言/反) 該國 策、 奏霄苦 一一き、 藥 

也、 せ 言、 疾也」 

く-げん (名) 一 苦 患 I 佛敎ノ 語、 死 シテ- 地 

獄道 二 落 チテ受 クル クル シミ。 善恭 isl^ 

「更 得-; 無 ©a 無?^ 苦 患 之 法 こ Is ー经 記、 廿六、 八道 得 

i 病奇後 ノ世ノ 苦 モ、 思ヒャ ラレ テ、 無 1^ ナリ 一 

ぐ, けん (名) 18 已ガ ji^ 見 ノ謙稱 e 誓 

10、 王 「敢陳 一 lefS 見 S 一一 犯 天威 こ 

く。 ける. ケル. ケレ. ケ ふ. ケョ (他動、 下 こ 一割 



ぐ: S る 



〔匿 路ノ くけ ナリ、 かくしぬ ひ スル意 

(倭訓 菜) 博雅 「一 g 、綠 也」 廣韻 「刺 縫 也」 此 

ノ語、 古ク、 くけ 針、 く! £ 縫- ナドト モア 

レバ、 下 二 段 活用 ナ ルべケ レド、 くく, 

くくる ト用ヰ タル 例ヲ 見ズ〕 絲ノ 縫目 

ヲ、 表 二 現 ハサ ズシテ 縫フ。 力 クシ ヌ ヒ 

二 ス。 類 SiS 雜要抄 (大 治) 四 「各 裁、 六 寸餘, fa 三 

寸ニ 折リ、 タ計テ 、件/縫目 ヲ 中二 シテ、 折リ」 落 1^ 

橥 (享 保) 「女中 ノ蒂、 云云、 萬 ノ卷物 ヲ三ッ 割 一一 致シ、 

云云、 三 ヅ割ヲ 、又、 三分 狭 一一く け、 其 端 ヲ詰メ 、押 込 

ミテ差 S キ候」 

一く-こ (名) Ig^ 一 古名、 ヌ ミグ スリ。 灌 

木、 漢種ヲ 移ス, 大ナル ハ 、高 サ七八 尺- 

叢ヲ ナス、 葉. 大キ ク シ テ、 刺ァ リ、 夏、 

五 辯 ノ淡紫 花 ヲ開ク 、實- 圓ク大 ナリ、 

熟スレ パ紅 一一 シ テ、 昧- 汁 シ 、他 名 一一 對 

シテ、 唐 枸杞 ト云 フ。 又、 鬼 枸紀、 一名、 

犬狗! 5^ , 、野生 一一 多ク、 人家 一一 モ 多ク植 

ク、 葉、 小 サク、 剌、 多ク、 富、 小サ ク長ク 

シテ、 味、 苦シ。 拘棘 字 Ji. 构紀、 久己」 

sa 名抄、 廿; ,一木 類 「拘; H 、奴 美久須 利、 俗 音、 久古. I 

く-ご (名) 一^一 (一) { 天子 一一 奉ル、 御飮 

食物。 上皇、 皇后、 皇子- ナル 一一 モ 云フ。 

接訓菜 、くご 「貝 觀政要 二、 拱^ 藥 ト云 ヘリ」 宇津 

保& 開、 上 llj 十 「女御 ノ君、 梨 g ヨリ 奉レ タマ ヒ 

シ、 黃金ノ 瓶 二、 くご ヲ入レ 力へ テ」 盛衰 記、 廿五、 

小 g 局 laT 君ハ、 御 故 一一、 思 召シ入 ラセ タマ ヒ 、ツヤ ヅ 

ャ、 供 揮 モ聞召 サズ」 海人 藻芥 (應 永) 下 「内 lar 仙 洞 

二 ハ、 云云、 飯ヲバ 供御、 云云、 毎 曰 一 二度 ノ 供痴ハ 、御 

メグ リセ 種、 御 汁 is ナリ」 訛 リテ、 こご ト云 

フ、 近 江ノ溝 田川ノ 供御 ノ瀬ヲ 、こごの 

せ ト云フ 、供御 ノ水 魚ヲ採 リテ、 奉 リシ 

所 ナリ。 (二) 餒、 ノ女 房詞。 海人 藻芥、 下 

「ls ヲパ供 © 、酒ハ 九 as 、云云、 な房 達、 皆、 異名 ヲ申 

ス」 額 耳 草子 (貞享 ) 「侍 〈中 食 ト云ヒ 、町人 ハゃ I 

餓、 云云、 勘所 方 二 テハ、 女中 ノ詞ニ ハ、 御供 街ト云 



く あ え 



«s …: くけ 



く あ 



7 n レヲ 県り テ、 おこ ご, ト云フ A 、ヮ ロシ J 

J く-ご 《名) 1S3I ク ダラ ゴト。 

Er 禱-: ! 后 土 一 testlsR^ as-SK 一作-】 二十 

H^s 及 £e!SM (自 ktt=aj ,K, 式 19- s 一面」 

古 止」 

くこ- ぢャ (名) l^^l おにぐ こ/葉 ヲ- 

製茶 ノ如ク R シタル モノ、 煮テ 飮ム、 ST 

效ァリ トス。 

く-こつ-ぼく i IS 件 木 一 〔本草 圃絡 「狗 

ft 木- 體,: n 似レ 故 名」〕 ヒヒ ラギ。 

く-ごふ § 一口 業 一 佛經 /語、 三業 ノー 

一一 シテ、 口舌-一 ョ ル罪 業。 方 W お 「つ トサラ 

-ー獮 n ヲ セザレ ドモ、 t トリお レバ, ロ霣 ヲ« メタ 

ぺシ」 夫 本抄、 S 十 BTlssn 二 業ヲ、 P 業バ 力り ハ、 

カキヅ クル、 イマ ニヅ ラバ、 s ゾ知ル ラン」 

く-こん (名) 一お 一 (一), ポ盃ヲ 、三 獻ヅ 

ヅ、 一二-度? iii ス n ト。 狂;: お、 「モー ツマ ヰ 

レ舅 IT サン サン 九 こん «- ナ レバ」 (11) 酒ノ異 

名。 (女 ほ 1^) 大上 _» 壽名 »n 、 サケ、 くこん」 

く-あ も ん- レ.? リ-レ S0's IH^I 

〔くく もる ノ搏? r- ぐ もつ、、 つ あ もつ。 す 

ぐす、 すズ す〕 クク モル。 クチ ゴ モル。 

®r 口中 -ー 籠リ テ .際ャ 力- 1 W H ズ。 

く-さ 05 S 〔至 多ノ 杓, 3= ナリト 云フ說 

ァリ〕 (一 )1 械 物 ノ "成長, ター! II 大ナ 

ラズ シテ、 室-枝-北 ひ 一 - 一年 一一 シ テ枯レ 

ほ ルモ/ 、明年 - 一至 リテ、 根 ヨリ 芽ヲ生 

ズル ァリ、 极モ 哲リテ 、 501 , 子 ヨリ 生 

ズル モア リ ffiK抄*廿れ《rJST«、百^4;錄名也、 

§J (二)?. ST ナドヲ . ©In- 荮ク- 一就 

キ チ云フ 茅 茨 「革ノ 鰌 J» ノ露. S ノ戶 J 

7、 云云、 久佐ハ ぬリ資 ハム」 Si* 子 、八、 九十 18 



くさ 



牛, ガ セテ、 ナド la ハス ルー (四) くさ る 

ノ條ヲ a ョ。 (五) 似テぶ S 十ラヌ モノ。 

頭語ト シ テ用ヰ ラ ル、 犬 整、 犬 ほほ づ 

ク *■+ スピ *-♦• マ. 

きノ- 犬-一一 似 タリ。 「草 ffi」 萆 at5* かげ 

ろ ふ」 紙」 s^ffitsj 

!く, さ § 11 一 〔草/種/ 義カ〕 (一) 本ト 

ナリテ 、物事 ヲ生ズ ル モ ノ。 タネ。 料。 

Issalr 十七 f 砍 「ヨロ ヅ 代ノ、 Is ラ ヒ具 佐ト、 ィ 

マダ iSr* 、人 一一 モ吿 ゲム、 普/ ミモ、 名 ノミモ M キ 

テ」 伊勢 ttr 名-一 タ テル、 ネダ 一一 ナカ レバ、. t キ モノ 

〈、身 ノマダ »EH ヌ、 くさ-一 ゾァリ ケル」 「教へ »!」 

t!i"tjsl つ-: ヒ BSi ナグサ ミぐさ 一 (二) 品。 タグ 

ヒ。 稀 _類0 W 、七、 紅 8*l*s「l« 土、 高 M ト S シタ 

ル舞 ドモ. < さ 、多 カリ」 「 一 181 二 «1」 くさぐさ」 

くき (き y 〔瘡 ノ轉カ (頭^-くぶつ 

ち。 かがまる、 くぐ まる) 或 ハ、^ ノ義 

力〕 瘡ノ ( 一 ) - 一同 ジ。 「黑 S1 早 《ns3g」 

くさ § ffll 〔想 瘡ノ略 力、 前 條ノ語 

原ヲ a ョ〕 腫物ノ名、^^1&ノ際-ー、小 

IDT 多 ク患フ 、頭、 耳? sr 殊 一一 、股ノ 内側、 

肘ノ 屈折 部 • 脇ノ 下ナド 一一, 赤キ 粟&/ 

如キモ /ヲ 生ジ、 水 抱 トナリ 、甚シ ク痒 

ケ レバ、 キテ破 ルレ パ 、 血ヲ 洩ラ シ , 

次 S¥ 二 ヒロ ガル。 白 石 、九 「小 兒ノ くさ ノ 

srffil IK ヲ 粉-一 シテ、 は 乂べノ 汁-一 テヅ クル」 理 % 

、一一 一 「小 供、 くさかさ出來タ.^ 二 、 左 ノ砍ヲ S キ 

テ SB リオ ケバ 、癒 ュトゾ 「ぉノ 曰ノ、 S キ 二く さモ、 

刈 リス テム、 疾ク 刈リヅ クセ、 IS ノ w*5f」 

ーク: (名) lis 舍ー くえ, ぁュう (俱 舍宗) ノ 

條マ a ョ。 

クサ T c セ 

一く きをせ § |草<5^| 古へ、 五月 五日 

二 , ssigw/ 草ヲ Ac ハ セ、 優 劣ヲ 判 ジテ、 

敏レ トセ シ n ト OM 草 俊 名抄、 四 ^isB 類 

「£1«歲 時お 云、 五 五 曰、 有 4n1l 百 さ I 之 Ms:; 久佐阿 

お 世」 文 i_s»ME 集 II 、BL 臟 -I 百 SI 詩 ァリ。 



くさい 



ぐ-さい § ff_ 他ニ對 シテ, 己ガ妻 

ヲ云フ 謙稱。 山 妻 荆妻 

く Is ち I s_ 七月 十二 日 一一, 聖 

t 祭 二 供 フべキ 品品 ヲ 賫 ル 市。 眞菰、 

蓮ノ 葉、 みそ はぎ、 ほほ づき、 麻幹、 藁 細 

エノ 牛馬、 瓦 器、 經木、 ナ ドナ リ。 

事 一!Pa 、三、 七 91 十二 日、^ 布 (又 、&市 トモ ィフ、 ess 

祭リ 、魂 ほ、 i8% ノ市ナ りご 

<$M § s.il いち-お ノ條ヲ 見 

く-さいばん- ケ r § Is^ 判 所 I 始審ノ 

裁判所。 

くきい ろ (名) li^ 一 ミドリ。 モ H ギ。 

クヅゥ 

く-さう § 1!! 唱" 一 口-一、 名 號ヲ唱 フル 

n ト 榮花效 語、 廿五、 月 r 齒然阿 1SK 佛ト、 く 

さぅ、1^^ー|、.«打チァゲタレバ」 

ク ゾ-ゥ ズ-ノ ■ T ブラ 

くさ-、 つづ-の-あおら (名) 一 水油 一 〔くさ 

うづ ハ, くさみ づノ昔 便、;!^ 氣ァ レバ 名 

トス〕 古名、 燃 水。 石炭 油-一同 ジ。 特 

-1、 越後 ノ北蒲 原 郡、 草 生水 ノ 地-其 他、 

館 紐, S 谷, 等-一 出ヅル モノ ノ稱 トス, 越 

後 七不思議 ノ 一 トシ タリ。 石腦油 東 避 

SPa 、五、 七不 am 「奥 水の 油 、芝 田ノ 城下 (越後) ョ 

り 六 里 バ 力り! sf 北 二 、 黑川 トイ フ村ァ り、 其 川ノ 

東 is 五六 丁バ カリニ、 第 付 トイ ファリ 、其 所 二 « 名 

川 トイ フ 小川 ァリ、 其 川 一一 少シノ 两 ァリテ 、杉林 

ナリ、 其 所 二 小 キ池有 リテ、 其 池 二 油 S ク n トナ リ」 

くさ-かく • る-ルルん レ-* レ-レ • レョ (自動、 下 一 U 

一お 隱ー 〔島ノ 陰-一? 55 ルル ヲ、 もまが くる 

ト云フ 二 同ジ〕 草 ノ蔭ニ 瞎ル。 後 拾 遠 

集、 十 1 、! r 一 「汲 ミテ 知ル、 人 モア ラナム、 S 山ノ、 

木ノ 下水 ハ、 草が くれ タヅ」 



くさ か …: 墓 か 一。 

くさ? i くれ § S クサ ガ クルル コ 

ト. - 草 ノ中ー Is レ タル 所。 掐遒实 、十二、 

«n 、二 「131 がくれ、 S レニ シ水ハ 、ヌル ク トモ、 探ビシ 

a 八、 今モ乾 カズ」 新 古今 集、 序 【思ヒ レ タル 

草が くれ モ、 アルべ カラ ズ」 S 、十五、 蓬生?; 「期 ル箪 

がくれ 二、 過シ タマ ヒケル 、年月 ノ袞 レモ, K 草 キ 

田舍 家ヲ 云フ) 

クサ a ゲ Q ゥ 

く §. かげ ^?ム § Is. 殍き 〔くさ ハ、 似 

テ眞ナ ラヌ意 (草 ノ條ノ (五) ヲ見 5〕 

かげ ろ ふ (S 蝣) ノ S 二 シーア、 頭-一、 二 本 

ノ冬 節ナル 簡角ァ リテ、 綠 ナリ。 此蟲 

ノ卵 ヲ、、 つ どんげ ト云フ 、其 條ヲ 兒ョ。 

くさ-かんむり § サク カク。 漢 

字 ノ頭ニ アル、 什 ノ字、 字書 一一 テ、 钟ノ 

部首 二 屬ス > 芋, 芝、 花、 芹、 草、 葉 > ナド 

ノ 如シ。 草 頭 sm 

く? かり § -S 野 山-一 チ、 又ハ、 

肥 十 ドノ 草ヲ 刈取ル n ト、 又、 其 人。 

S S 忠 茂リ ケル、 S ノ 大野 ノ 、草 w< 、水 入 

ニヒ トシ, 見 H ヅ He レヅ」 

くさかり-がま (名) Isw 一 草ヲ刈 ルー 一 

用 ヰ ル鎌。 宇治 拾 遼、 十三-第 八 底 「魚、 大 -I テ、 

打チ トラ レネ バ、 草 かり 讓 ト云フ i« ヲ持 チテ、 BS ヲ 

搭キ 5- リテ」 

くさかり, おえ (名) I 草 刈 笛 一 草 刈童ノ * 

牛ナ ドニ 乘リテ 、行ク 行 ク、. ^ク 笛。 く 

さぶ え。 牧笛 夫 木 妙、 三十 五、 報 曰 as レヌ ト、 

山路 ヲィ ゾグ、 うたね 子ガ、 草 かりぶ ぇノ、 s ゾサビ 

シキ」 新 六帖、 五 「牛 ニョ り、 牧ノ 5 たぬ ガ、 吠ク S 

ハ、 BS キサ トリノ、 シル ぺトゾ M ク」 宇 Sit 保 物語、 初 

秋 g ャ 「草ノ 中二 is ノ 音/ シ ハ ペル ヲ «f ネテ ナム、 ゥ 

ベニ tta ヲコゾ ハ吹キ ケレ」 

くさ か 9 わら は (名) 一草 刈 童 I 草 刈 ヲス、 

ル童。 2!5「.*^大化ニ年ニ《311~-1 お m 

之改 ^ 親 簡爲』 師」 



一く さ-がれ (名) 一草 枯! 秋冬ノ 際、 草草 ノ * 

00 一一 枯ル ル頃。 詞花 tn 二、 秋、 好お T 草 がれ 

ノ、 冬 マ デ見ョ 卜- f .2 ノ、 ォ キテ殘 セル、 白 IS? ノ花」 

源、 九、 l5-£+T 草が れノ、 疏 二 殘ル、 te! 子ヲ」 朱雀院 

女 郞花合 「草が れノ、 秋 過ギヌ べキ、 女^花」 

(名) 草ト、 木ト。 草木。 

植物。 范葉 $r 廿 jr 八 千? S 二、 久佐 j^s ヲ植 M テ、 時 

毎ニ、^^カム花ヲシ,1^ヅヅシヌパナ」 

一く §, ぎ (名) 置 山 I 常. isl 〔臭 木 ノ義、 

葉ヲ切 レバ 、臭 氣甚 シ -此 木. 支那 ノ 恆山 

二 出ヅ レ パ 、名ァ リ、 宋 ノ 人- 真宗帝 ノ 

請ノ、 慨ナ ル ヲ g: リテ、 常 山ト改 ム Iffl^ 

ハ、 此木ノ 苗ノ名 十リ〕 古名、 ャ マウツ 

ギ。 クグヒ スノィ ヒネ。 今、 夂、 コ クサ 

ギ 。 落葉 灌木 /名。 諸 國ノ 深山 二 多 シ , 

高サ 五六 尺 乃至 丈餘、 葉 ハ据子 一一 似テ 

簿シ、 春ノ 末-一、 葉ノ閒 ヨリー 二 寸ノ德 

ヲ出シ テ、 花ヲ溪 生ス、 大 キサづ 一分 許、 

四瓣ニ テ淡赀 色 ナリ、 寶ヲ 結ブ、 此ノ 

木, 藥用 トス レドモ 、有毒 植物 ナリ。 本 

草 和名、 上 fl+「lgl 山、 久住岐 ,宇久 比 乃以比 lg」™.3 漆 

范、!£山^5也、 久 佐岐、 也 末 宇都 岐乃 ©JOSJl 名抄、 同 

ジ) 字 鏡?^ 山、 山 宇 豆 支」 蜀漆, 山 宇 Is 伎 乃 苗」 

く §.ぎ (名) S 次次 條 -1 同ジ、 其條 

ヲ見 3 C 

く S- さ (名) 一草 切 一 叙ヲ切 リ挫ク 具。 

今ノ、 おしきり ノ 類。 筆 注 ISK 名抄、 五? 5+ 鞍馬 

具 「判 確、 久散歧 利」 

<s.¥ (名) S 〔室, 葉-一 臭氣 ァリ〕 

原野 二 多シ 、高 サ丈餘 、葉 ハ桐ニ 似テ小 

サク、 對生シ 、紫黑 ヲ帶 ブ、 S- 枝 ノ稍ニ 

五 瓣ノ白 花- 溪リ 開ク、 暮 二 赤 ミア リ、 

實、 圆ク * 碧 色 一一 シ テ、 大キサ ゑん ビ、 つ 

ノ 如シ。 クサ ギ。 臭 



•M き 動、 S) ー耘ー 〔草 

雑草 ヲ除 ク。 字 鏡 1 

名義 抄 「坛、 !^、 クサ ギル」 

孔雀 一一 同ジ、 其條ヲ 



一く §. ぎ *る. ゃレ. ラ.。 

切る ノ義〕 田 畠 

「;! r 除, 草 也、 久 佐支留 

一く-ざく (名) 漏- 

iiiS ョ。 

ぐ-さく (名) fi (n 拙" キ 詩歌。 (m 

己ガ 詩歌 ノ謙 稱。 拙作。 

一く 3. ぐき (名) 〔くさ ハ、 止 種 サノ枝 

ノ意 (くさ VJ る ノ條ヲ 見ョ) くき ハ- くき 

(漏〕 ノ義 (漏. く ノ條ヲ 見 ョ) 潜り ゾ意、 

草く き (鵾) 、同 趣 ナリ〕 木ノ 枝/ 繁ミ 

一一 潜リ人 リテ、 見ェ ヌ コ ト。 嬙 二 云フ語 

十 リヽ嬝 パ 、 秋ノ 末、 山ョ リ 來リ、 春 , 、 

林 叢 二 レ居テ 、夏ノ 初 一一、 山-一 歸ル。 

m_ 葉? T 十 Jl 「春 去 レバ 、伯 勞ノ箪 具吉、 (序) 見 H ズト 

モ、 吾レ ハ見& ラム、 君ノ m ハ」 (コレ ョり シテ、 欧 

二 ハ、 もずの くさぐ きヲ、 見えぬ ォ: ど 二 詠ム) 千賊 

十三、 23 一一 「賴メ n シ、 野 ノ s 之、 環 探シ、 ィヅ 

クナル ラム 、もずの 草ぐ き」 K 木壤、 九、 雜、 上 「訪へ 

力 シナ、 玉 SJt ノ葉ニ 、 見 レテ、 踉の 草ぐ き、 目お ナ 

ラ ズト. モ」 袖 中抄、 ー「 もずの m ぐき トハ、 ^ノ 草く 

ぐる ト云フ ナリ」 暖百、 首 f 慈鎮) 一一 「取 ラセ テハ、 ク 

ヤシ カリ ケリ、 小^ 狩、 级據ノ モミ ヂノ、 もずの くさ 

ぐき」 ト アル ハ、 もす の はやに へト取 違へ タル ナリ 

ト 云フ。 

(副) 



E 氣ノ、 想レ タル 狀 

ニ云フ 語、 飽キ ハ ッ ル 二 云フ。 、浮世 床 (文 

化 二 II 馬) 一 一 編、 上 「くさくさ トシ テ、 倦キ果 タノ ョ」 

「氣ガ くさくさ スル. 1 

一く さ-ぐ さ S S 〔くさ (種) ノ (二) 

ヲ 見 ョ〕 物事 ノ、 色 品、 多キ コ ト。 サマ 

ザ マ。 イロ イロ。 Jg^*r 十九 秋ノ 花、 

铺ナ レド、 色每 一一、 見シ アキ ラムル、 令 曰ノ タフト サ」 

字頹抄 r 雜雜 • クサ グサ」 

一く さ-くだもの (名) 一草 果物 I くだもの ノ 



條ノ (一) ヲ 見ョ。 

: くさ-ぐら (名) S 飼 葉ヲ納 レオ ク 

家 «1^名抄、十;_^居宅類「隨、窓|8藏也、久佐久良」 

く §. ぐら (名) 一^ 鞍 I 馬/肌 背 一一、 筵ナ 

ドー 一 テ作レ ル鞍 11 テ、 草 刘 ノ用ノ モノ 

ナルべ シ。 盛衰 記、 十九、 佐 住 木 取, 馬 下向 1^ 箪 

鞍„^^タル馬追テ、男1人、見ェ夾ル」 甲亂 SliS (天 正 十 

年、 武田勝 ?g 滅亡 ノ !:^し 上 「アヤ シゲ ナル 夫、 馬 一 疋 

尋出シ 、草 鞍 ヲ敬キ 、是ニ 打乘セ 奉ル」 

く §. 劣え (名) S 植物 ノ 室-葉 ヲ、 鮮 

綠 /マ マ 二 テ、 田 畠 一一 鋤キ コ ミ 、肥:!: ト 

スル モノ。 紫雲英、 苜蓿、 大豆 「腕 豆、 

豆、 ナド -最モ 宜 シ ク、 其 他- 蔬類ナ ド モ 

. 用 ヰル。 綠肥。 

クサ- ゾゥシ 

くさ-さう^ (名) 1^ 雙紙 I 草 册子ー 〔草假 

名 ノ雙紙 ノ義、 或 ハ > 漉 返 紙 ヲ用ヰ シ 力 

パ 、 臭氣ァ リ シ 故-一 云 フト〕 苹 假名 ノ 

ミ 二 テ記シ タル、 繪 入木/短篇 小說。 コ 

レ 二 、赤本、 靑本、 黑本 、黄表紙、 合 卷本, 

等/種類 ァリ 天 見聞 草 卜 ィフ物 

ハ 、昔 ハ 赤本、 黑本 卜テ、 表紙 ヲ赤 又黑 二 シテ、 表題 

ヲ黃紙 二 シテ、 賴光 四天王、 其 外、 武 fjl 二、 少ノ詞 5^ 

アリシ ノ ミナ リ、 後一 一、 黄ノ 表紙 一一, ンテ、 桃 太郎、 花 

§t 'デ、 舌 キリ 雀、? K ノ土 船、 trsis 惡ノ 心ヲ述 

べテ、 璽ノ弄 トセ シモ、 京傳、 馬 ar 一九、 三 馬、 ナド、 

趣ノ 作ヲ顯 ハシ、 文化 二、 合卷 トイ フ 草紙 出 テョ 

り、 患乇、 lis ,北 齋ナド 、巧ヲ ^シ、 速 年、 出版 驟 シ」 

正 章 蹈吟千 句 「大方 ハ、 戀路ヲ 力 ケル、 草 ざうよ ご 

くさ • し. キ. ケレ. ク. ク (形、 一) ー翅 〔腐る 氣 

ざし ノ意 ナルべ シ〕 (一) { 嫌ハ シキ香 

ァリ。 鼻 一一、 惡シク 句フ。 字鏡ラ 「臭、 久佐 

落 物語、 ir ヨロ ヅノ モノ ノ香、 くさく ニホヒ 

タ ルガ、 ヮ ビシケ レバ」 (一 1}- ソ / 氣 ざし ァリ 

ノ意ョ リ轉ジ テ、 熱 語 一一 用 ヰ テ、 似たり, 

おどし、 らし ナ ドノ 意ヲナ シ、 嫌 マ意ヲ 



含ム 明惠 上人 家 雄、 高 雄 山ヲ出 ザル時 「山寺へ、 

法師く さく テ、 居 タカ ラズ、 心 クバ、 くそ ふく 二 ダ 

モ」 「水く さし」 古く さし」 素人く さし」 野?: gl くさし」 

胡 散く さし」 馬鹿く さし」 面倒く さし」 (三) 胡 散 

くさし ノ 略。 ァ ヤシ。 クタ ガ ハシ。 心 

中二 股帶 (享 保、 :^-海普)ニ「大方是、 くさい モノ、 ヌ 

クヌ クト、 蹈落ヂ ヤノ」 

<S.M (名) 〔まあ ノ條ヲ a ョ、 

草 中-一 立チ タル 鹿 ノ義、 足ハ、 草 一一 隱レ 

テ見 H ネパ、 作 ラズ、 鹿 狩 ヲ習フ 設ケナ 

リ ト云フ (四季 草)〕 的ヲ、 鹿ノ 形-一作 

リ タルモ ノ, 四 足 ナシ、 二 柱/上 二 、橫木 

ヲ亙シ タル モノ 二、 綱 一一 テ吊ル 、鹿ノ 長 

サ 一 尺八 寸、 首ノ長 サ七寸 五分 、脇腹 一一 

矢當 /星、 大キサ 四寸、 廻リ. 一一、 小 星 八 

ッヲ 圆ス。 (笠掛 日記) 盛衰 記、 廿、 石橋 合^ 

4ir 竹 ノ小弓 二、 小 竹^/矢、 的、 草 鹿」 吾 架 ST 十 

一 一、^ 久 三年 八月 廿 HTSeK 水 渡 一; 御 鹿 所ハ召 1 一:: 久母薪 

備射手等;有ーー革鹿路!^^こ 

クサ- シ パ ィ 

く ザ? ばゐ (名) &H 之 居 一 〔次次 條ノ草 

相撲 ヨリ 移シテ 云フ〕 素人 ナ ドニ テ興 

行ス ル 芝居。 

J くさ e す- ス-セ -サ- シ-セ (他動、 四) £ 〔くた 

す (腐) ト 同義、 S ら すろ 意〕 シメ 言 

フ。 ク タス。 S ^ル。 ケ ナス。 「人ノ^^ヲく 

さす」 

クサ- ズ モウ タ.' クサ ? ,フ 

くさ-ず まふ (名) 一草 相撲 一 〔田 草 相翳ノ 

略、 草 芝居 • コ レ ヨリ 移ル〕 田 舍ナド 一一 

テ、 素人、 若者、 ナド / 興行 ス ル 相撲。 

く §. ずみ (名) 〔研 レバ 臭氣 ァリ〕 

組 製ノ、 價安キ 墨、 手 習 一一 用 ヰ キ。 昔 原 

授手 習樊享 保、 竹 田 出 S 1 「くさ § 一 、三文 笨」 

くさ-ず り (名) S (一)^ 服ノ 袖-裾、 

ノ、 行キ觸 レテ、 草 ヲ摺ル n ト。 衣ノ、 柴 



くさ か …: くさき 



くさく 



く 喜 



I 



ASM 

-Is ルル ヲ、 もばす り衣ト 云フ。 玄玉壤 

(俊 ^3、 お 《3 代ノ各 六 一 HR 行ク、 ぬ、 

W-KS ク-! 5 ケュク 袖ノ、 K/n:t ずり」 :::ffi«<:!w 永) 

一 :一、Bffi,!afK ノ、 え はてり & レニ ケ り- JSS1S 

- 一、!! チ!? ヌ ラム! ,(二) 狩ノ g ノ据 一一 乖ル 

ル モノ。 又、 腰 甲。 下 散。 五片 ノ板ヲ 

リテ 成リ, Ji^ 下, 板ヲ 柴招ト 云フ、 a 

.^ノ板T^ 、粘 長 キ絲- 一 テ胴ュ w ル、 搖グ 

-IE リテ、 ゆるぎの 板 ト云フ 、胴ノ 前、 

後、 左、 一一 三枚 ヅッ レ、 脇 W 二 一枚 ナ 

^ノ; WW ヲ、 aa ヒ什 マユ ゾ M 切 リタ ルー 延 

五、. 「忠 度ノ お ノ くさす り」 ;ニ河 

SE- 大久保 S 左 am 一 ヒ「 げさん ヲマ クリテ j^I^ ヲ出 

シテ待 チカ クル」 和??; 二才 B お、 廿 .a- : m. e» "又、 

n - ノ i t ゲ サン 

?ー B &; s»、w 一: 下 は-」 

く s,y § 一 稻草 ノ. 繁リ ぉレル 

s。 S 仙 仙 1! 一十 六 * ノ SI 一一、 公 arssffi 二 

テ ヨリ B-- 一, aH シ カド、 S£B~ ニケ レバ-刈 リ! W 

ミ テケリ」 夫 木 3S. 十:. 「!»_«?- ル、 tSS ノ S サキ、 

打チ ナビ キ, S 吹ク _«< 、抽ゾ «k ケキ」 

<s, だか i &T は 一 〔刈 取 リク ル稻 «!• 

ノ !5〕 m ノ米ノ 出き ね". 収納-一 4: キ 

テ云 フ稱。 S へ パ 、 .w 収納 十 出ヅ 

ル地 -I テ、 S 分 It- 公-一 納レ、 六 分 "K ノ 

所得 トス レバ- (n レヲ SX ム 六民ト 云フ, 

W 公. 4= 民 十 ド モア リ キ) 附主 卽チ、 四 

ヲ^. W リテ、 W 地ノ ほ收^ 卜 S 石 

1>- icHshrt^ ヒ. 其 四 石ヲ 現お ト云 フ 。 

く S, だた,^ § S ヲ床 トス 

As 野^?スル コト。 「岱天*-、<さだた 

AJ 

くさ: ち § S 〔ぢ B ノ我〕 本 

W- ノ gi. 栗ナド ノ、 其 性- や -ー 似タ ル 

モノ ノ稱。 (木木- W 本. -ー 對ス) 



くさた 



くさ だち § 一草 立 I クサ ダッコ ト。 草 

ノ. -gf ク生 フル コト。 夫 木抄、 二、 若 _r 春ノ 

みァ、 マ タ くさお ち-一 、ナリニ ケリ、 a シハ SE 根.' 、 

s/* ケ ro」 

クサ * ズ 一-. rn 

: く s, たづ (さ Isfi, 骨 草 I 〔接骨木 ヲ 

たづ の 木ト云 ヒ- 木木 ナ レ パ 、 IX、 木た 

づ ト云フ -ソレ 一一 對シ テ. 此草; - 草本 ナ 

レ パ 、草 たづ ト云フ ナリ- たづ の き ノ條 

ヲ a ョ〕 夂、 S. 整。 ソ クヅ。 草ノ 名. 山 

野-一 多 , 恭, 苗 ラ生ズ 、室, 高サ五 六尺- 

葉 ハ 接 木 -ー似 タリ、 IBr 室ノ 柏-一、 傘 

ヲ成 シテ、 五 出 ノ小白 花 ヲ開ク 、ほモ 接 

# 木ノ 如.:、 冇滞 物 ナリ。 大同 i 方、 

五 *「 久 tw«M:„u 箋 注 S! 名 妙、 十 1^ 「今 俗、 呼 一: 接せ 木 I 

木 多 呼 一一 SB-ーsーーsl*き」 

くさ-た•っ•?テ.タ.チ-テ (自 S 、四) 一草 立 一 

&、. W ヒ. W ッ。 夫木抄 、一二 「見 ヮタ セバ、 マダ g 

だた ヌ -as ノ B 二、 at ァ ガル ャ、 a-s 毛ノ S5J 

くさ-たばね に 名」 S 女ノ 結髮ノ 名, 

飾 リナ シノ 束ネ髮 十リ、 油モ ッケズ 、忌 

中二 結ブ モノ トス。 文化 ノ川 srsse ヲ、 s 

フニ シ 9 レ タ、 K たばね」 fs~sss ノ草 市) 

くさ-だんお (名) 一 §A 米粉-一、 餅 草 

ヲ搗キ マゼ テ作レ ル圑 子。 

ぐ-さつ (名) IB 己ガ 惟祭ノ 謙稱。 

ぐ-さつ (名) .ffl_ 己ガ 手紙 ノ謙 稱。 

ケ サズ クシ I 

く §. づくし (名) ff_ 種 ©ノ 草花 ノ澹 

sa^。 物語、 七、 小袖 乞 秋ノ野 ニ草づ くし 

a フ タル、 » sa/ 小袖」 

クサ ズト 

く 3.づ>」 § (一)草:3ミノ苞。 

ヌラ ヅト。 K 根 a-nesp") 十 ir 松ガ 崎、 コ レモ 

B ノ、 *!1づ ど 一一 、水ヲ づ リム、 夏ノ 山人」 (二 )% 

K ノ昔 物。 《:碟*? 吹 **(wf 永) 「*5w--、a 乇 



— <3づ 

ク、 li^ カナ」 

くさ ッ-ぱ (名) ー顯 I 〔くさば ノ急 呼、 蚊 

食、 か.^ くひ〕 クサ パ。 草ノ 葉。 

くさ-どり (名) s_ (一至 ヒ タル 草 ヲ- 

除 キ去ル コト。 (二) 草 ヲ去ル 具、 形、 熊 

手ノ小 サキガ 如シ。 

j くさ-ど, る- ル 二.?? レ (自 €!、 四) _sl 

〔くさ ハ ,止 種ノ 意、 止ル料 トス ル枝ヲ 

モズ 

云フ (鐘の 饗、 上) 嫫ノ くさぐ きノ くさ 

モ、 是 レナ リ- 猿 二 云 フ木取 ヲ胖セ a 

ョ〕 鳥、 木ノ K 二 止ル。 ! 十 i「H- 夜吉 

*. f マ, サ トレリ 

ミ、 鳴 クポ卜 卜 ギス、 見マク 欲り、 吾 草 取 有、 見ム人 

モガ モ」 吾ハ、 今メ ト 云フ) 同、 十九 i 「ホ トトギ 

ス、 來鳴キ s マパ、 草 等 良车、 花 係ヲ、 宿 二 ハ 植ェ ズ 

テ K 八, MB- 悔シ) 永久 四 年 百萏、 秋 一 御 狩 野 二、 鳴ク鈴 

sS ヲ、^ B? ノ、^ 取り テ行ク 、音力 トゾ M ク」 («/ 足 

^/& 91 古今 六、 冬 「入日 サス、 タ狩小 野ノ、 下 

レテ、 草 VJ る 烏 ノ、. ぉモ esj レズ」 

く? y¥ の-つるぎ § tlri^ 

神器 ノ 一 、其 條ヲ a ョ。 1«行^2、四十年十 

月、 日本 武は、 驟河ニ 至 リタ マフ、 ST 次ヲ放 チテ、 野 

ヲ IS ク 「w 所. s、 自油 之、 il 之 傍 草ハ 

KLcy 得 k 、故 f 其 一一 草 一也」 

一く なすび (名) 茄 i 〔くさ ハ、 似 一!' 眞 

チラ ヌ意 (草ノ (五) ヲ a ョ) 犬 ト云フ モ, 

此意 ナリ、 赏ヲ、 小サ キ茄ト a テノ 名ナ 

々ベ シ〕 いぬ ほほ づき ノ (ニノ 古名。 

又> す: なすび。 本草 和名、 下; i+「sstr 古奈 須 

比、 一 名、 久 佐奈須 比」 ffi 名抄、 十七 一野 i«lsres*r 

古奈 比」 

一く §. ね § S 〔根 一一、 意 ナシ、 羽ね、 

杵 ね、,: S ね、 垣ね〕 草 ト云フ - 一同 ジ。 K 

楚 11 t 「岡ノ ヲ、 ィ ザ結ビ 千ナ」 同、 十四 S 「安 

町 兄 山、 久佐 S 刈 リ除ケ J 

クサ/ -f すリ 

一く さ-の-いほり i 1^ 庵 一 草葺 ノィホ 



— くさの …: くさの 一-一 

yc 粗末 ナ ルイ ホリ。 50 伊 >BS1S 、五 

十五 段 「ヮガ 抽ハ、 箪の鬼 二 、ァ ラネ ド乇、 «& ルレ パ 

S ノ、 ャド リナり ケリ」 源、 三十 四、 上、 ilstr 上 f+ 

「草の いほり マ カリ 離 レテ、 KS キ山ニ 入リ侍 リヌ」 

クサ- ノ - n ゥ 

一く きの-かう (名) 一草 香 一 〔草-フン テ. 香料 

トナル モノ ノ意〕 うんかう (芸 lis ノ和 

名、 平安朝 ノ頃、 此葉ヲ 香料 トシ タリ- 

此草、 夙ク 、世-一 絕ェ タリ。 芸香 ノ條ヲ 

la ョ。 名抄、 十二 一番 名 類 「芸 番、 久佐乃 香」 源 

頓壌 「御前 ノ KM 、薄、^-、閣、紫^,くさのかぅ、女郎 

^^^、^管,»|子、小萩、ナド、植ェサセタマヒ」 永久 四 

年 百 首、 、草 srslra ヨリ、 沍 H タル aMT- 、のきち 

か、 つ-川 ノ淀 ミニ、 ゥヅ シテゾ 見ル」 (芸 香、 世ニ絕 

H テ、 知 ラズ、 オシ ァテ 二、 桔 a トシ テ、 物 名 ニ詠ミ 

入レ タル ナリ) 

一く さ-の-かさ は (名) fflll 〔草の 缺葉 

ノ義, 多ク/ 葉 ヲ缺き 取 リテ、 一 ッ殘ル 

意 二 テ、 一 枚ノ 葉マデ モ、、 ト云マ 意ナ, リ 

ト 云フ、 野 群 載-一 「破 葉」〕 草ノ 一 葉。 

大 殿 祭 祝詞 「皇御 孫. is 、云云、 萆 能可岐 S ヲ乇 言 止 

メテ、 天降り タマ ヒシ」 (ST 枝ヲ鳴 ラサ ズ. 國土 平定 

ノ 極ミヲ 云フ) « ^田^神 祭 祝詞 一天 下ノ公 民ノ 

作レル 物ヲ、 草乃片 二 至 ルマデ 、成シ タマ 〈ヌ n 

ト、 一 年 二 年ニァ ラズ」 (惡 K ノ、 描 物ヲ悉 ク懷害 

セシヲ 云フ) 

くさ-の- る (名) S (一)鴨頭草ョリ 

取 レル染 汁。 堤 中 sss 語、 おめ づろ姬 君 「》» 

紙-一 、くさの *: るシテ (おご (二) 後-一 ハ, 繪具 

ノ名、 ぁゐ らふ (藍 嵫) 二 、え わ、 ュ雌 黄) 

ヲ和シ タル モノ o( 倭訓 菜-後編) 草綠 

く?. の-たより i 一草 便 一 むらさきの ゆ 

かり.! r 兑ョ。 

く s. の- W (名) S 〔草の 庵の 戶ノ 略〕 

イブ セキ 住居。 夫 木抄、 七、 卯 花 「卯 ノ花ノ 、垣 

担パ カリ ハ、 S レャ ラデ、 くさの ど ササヌ 、玉 川ノ 里」 



く §-K. や (名) 一 草葺 -ーシ タル 家。 

クサ ャ 浮世 親 仁形氣 (元 文、 自笑) 一 「!^ 造 リノ、 

S カナ^ 草の や ニ育チ J 

i くさの-ゆかり (名) s_ むらさきの ゆ 

かり ヲ見 ョ。 

ク ナノ すゥ 

くさの-わう (名) IS 屈 菜 一 〔癒の 王ノ意 

力- 丹毒 瘡ヲ治 スト 傳フ (JS 訓 菜-くさ 

のか 5)〕 草ノ 名, 山野-一生 ズ, 室、 高サ 

二三 尺, 葉ハ、 菊ノ 如シ, 夏, 贫色 ノ花ヲ 

開ク, 四 箱 ナリ、 有毒 植物 ナ レド、 藥用 

-ー 供セ ラル、 胃癌 一一 效ァリ トス。 

ぐ? y (名) S 草/葉。 クサ ゥパ。 

後 拾 JBffir 十二、 ST 二 n_s ノ、 露ハ 枕- 1、 ォキケ ルヲ、 

草 m ノ上ト 、ナ -I 思 ヒケム J 玉 esi 、十七、 雜、 四 「武 

ほ 野く 草 51 宿ル、 白 B ノ、 一 5S 世 アルべ キ、 モ 

ノナ ラナ クー 一」 

クサ ボウ キ _ 

く nhtf うさ (名) 一き 帚 一 は、 つきぐ さノ老 

イタル 室ヲ乾 シテ、 葉ト共 一一 束 ネ作レ 

ル番. 地 ヲ拂フ 一一 用 キル。 善 

くさ, y な i s_ 草ノ 花。 花 ケル 

草。 木ノ 花-一 對ス。 花 布 

く の-かげ (名) ー^^^ー 墓所 ノ地 

下。 ffl 明 天 a© 人 JagJ 永、 近 松 作) 二 riss のかげ 

ノ 《SE へ モ" 未夾ノ ±s 二 語 ラン」 

!く さは ひ £0 圖 〔^t^ ひノ義 力- 

ひ, 齡はひ 、わざ は ひ、 すぎ は ひノは ひ、 

同ジ カルべ シ〕 物事 ノ -1^ トナル モノ。 

® 、三十 二、 « 枝 * 「思ヒ 沈 ムぺキ くさ は ひ §ー キ 時」 

同、 四十 五、 « 本; y- 女ハ、 云云、 人ノ, 5 ヲ動 カスく さ 

は ひ 二 ナム アルべ キ」 

クサ-ワラ 

くさ-はら (名) Ig. 原 I 草ノ、 生ヒ茂 リタ 

ル 地。 平藉 右 京大 夫 《「KSSE 于ン -E 

ノ革 原、 末枯 レテ、 S キ as キヲ、 a ヒコソ ャレ」 



ヽさ U (名) 國 〔串 合ノ約 力、 古ク ハ-淸 

音 十 リシ ト 思ハ. ル〕 (一: K 鐵 造/小 サ 

キ 捧ノ、 頭ヲ稍 太ク、 次第-一 末-一至 リ、 

細 ク作リ タル モノ、 車ノ 軸ヲ穀 一一 貫キ 

タ ル 、其 端 二 アル 穴 一一 剌シ n ミ テ、 輪ノ 

外レ ヌャク - 一止 ムル用 トス。 「接、 

久佐 比」 倭 名抄、 十 一 H 車 具 「轄 、軸 端 S 也、 久佐 比」 

(一 0® ジ テ 、木 一一 テ、 前項 ノ如キ モノ ヲ 

作リ、 木材 ヲ 木材 一一 貫キ タ ル -其端 ノ穴 

- 一打 チ コム モノ。 或ハ、 材ノ切 木口-一打 

チ コ ミ、 材ヲ K ラセ テ, 晚 クル ヲ防グ 用 

ト モス。 楔 子 

ヽ さびえ § s_ ( 1 〕 のびえ ノ 一 名。 

(ひえ ノ條ヲ 見ョ) (一一) はぐ さノ 一 名。 

ヽ §, ひどが た i 一 B^l 祭祀 ノ 具- 

偶人!; 其條ヲ 見ョ) ノ. 草 一一 テ作 ラレ タル 

モ ノ。 讀 物ノ 形代 チリ S 京 》| 式 「元 

日 質 明、 掃 1 一 除 BBJS1」 倭 名抄、 十一 一 IB 祭 ffi 具 「窓 s、 

久佐比 度 加 太」 _« 姬命世 記 「乙 若 ?<ls、a=la 紳! SS 

f 進 一一 sa 命; 而 令 I 一 SSI, Is 德紀、 大化ー 一年 1 二月、 

Esl:7 禁ズル SS 一一 「お に 超 slsas 一 SS 一一 瓦 合 二 

古 塗 車 g S 之 云云」 卜 アル;:;、 ノ文ヲ 取 

ラレ タル 二 テ、 ほ ST 我-力 邦 一一 テ、! S8 ノ如ク 、死者 

ト共ニ 葬リ タル モノ 二 ハァラ ザ ルべシ 、禮 „s、ss 弓、 

下 slrsslssj 注 「塗 車、 a. ! gs> 車 也、 束" 草 S 人 

形? ass 一 I 死者 之從 P 一之 Isasl 」ー«ハ 草、 S ト ハ 

fs 又、. 1» 功! a 、五 5 一 HI-I 「造 las SSI 一お 叱 

之 床;詳, 6= 病 者 こト アル ハ、 人 tll、«! 

S ノ字ヲ 當テ タル ナリ) 

ヽ さ-; S ば s- (名) 〔草 Is 雀ノ義 一一 テ、 鳴ク 

薛 I 一因 リテ名 トス ルカ〕 昆蟲ノ 名- 蠅 

一一 似テ、 稍大 キク、 全體、 淡黃靑 一一 シ テ- 

觸角、 甚ダ 長シ、 董、 草閒 一一 多ク、 夕 ヨリ 

ちちち ト癇高 ク鳴ク 、人、 捕へ テ 飼ヒ、 

其聲 ヲ愛シ 聞ク。 コ レ 二 似テ. 形、 小サ 



ク、 ちち、 ちち ト、 節ヲ切 リテ鳴 クヲ、 や 

まどす すト 云フ。 又、 相似 テ、 鳴 ク聲、 

ちいん ちいん ト、 鉦ヲ叩 クガ如 ク聞ュ 

ルヲ、 かねた たき ト云 フ。 

一く さ-びら i ー蔬ー 〔草片 ノ義〕 (一) i 

菜。 ャ サイ モノ。 持統 お、 三年 正月 t 蔬 e 持 

, 戒」 g 名 S! 、十七 七 ItlJIasTtsJ 蔬、 久佐 S 良」 (二) 

齋宮ノ 忌詞-一、 向 ノ稱> 菜 ト-肉 トヲ、 

反 對-ー 云 フナリ 。(いみ あどば ノ條ヲ 見 

ョ〕 (三) 轉ジテ 、キ ノコ。 茸。 菌 宇津 

保 ars 雄院! i.T 「御前 ノ巧木 ニ生ヒ タルく さなら 

ドモ、 s~ ニサセ J 名 sg. 菌、 タケ、 クサ ビラ」 和 

玉 lErarisr クサ ビラ」 

くさびら-! J し (名) 菌石ー 海中 ノ石上 一一 

生ズ ル - 珊瑚 類ノ モ ノ、 形、 松茸 ノ笠ノ 

裏ノ 如シ。 石 芝 

一く? あ (名) A 生 ノ義- ーテ- 全身 一一 

叢生 スル剌 ノ象ヲ S フ名 力〕 ば りね す 

みノ 古名。 本草 和名、 下?. SS 皮-、 久佐 布, 一 _ss 名 

©、 十九 1.g!a 類 「頃、 a 似 k 猪 一而 小者 也、 久佐 布」 

くさ-おえ (名) Siil (一) 【くさかりぶ 

i 同ジ、 其條ヲ 見ョ。 (一一) 草 ノ葉ヲ 

卷キテ 、ロニ 含ミ、 吹 キテ、 聲ヲ ナサ シ 

ムル モノ。 .g 葉 . 香 字 外法 「小兒 用 =sgssj 

舌端 一 吹" 之、 或 用 一一 竹 SS; 古! S 一之 fass 葦 s>tt« 

而 S 、其 s>lsr 或 害、 攝 、拍、 尤 善」 (燕 居雜! 5 一) 

く え (名) ISi 一 〔雅樂 ノ橫笛 一一 對 

ス ル語ナ リト. 云フ、 草ハ、 似テ眞 ナラヌ 

意力. 草 ノ條ノ (五) ヲ 見ョ〕 橫 笛ノ、 七 

孔ァ リテ- 俗樂ニ 用ヰル モノ。 シ ノブ 

くきお か, し + ケレ -ク. ク. (形、 こ 一草? 51 

^、繁 シ。 多 クハ、 田 舍ノ地 二 云フ。 

寧 iS nlas き 地」 草 KS き 1M 二 生 レテ」 



、さ-おき (名) t 茅- 1^ つ 藁、 ナド 

ニテ、 屋 ヲ葺キ タル モノ。 草舍 夫 木 》1、 

十八、 e 「力 キク ラス、 空サ へ e マ ハ、 ナカ =ケリ-8 

S ノ小 a- ノ、 ノ 草ぶ き」 

、さ- し (名) _£ (IM 鹿ノ、 野 山-一 

臥ス n ト." tsf*sr 十 13+ 「小 牡鹿 ノ、 小 野/草 

伏」 後 SSS 、四、 秋、 上 一 鹿/音 ゾ、 887 床-一、 M 

ュナル 、小 野ノ 草ぶ し、 ES ャォ クラム」 (一一) 底 寐。 

クサ マ クラ。 (くさむ すぷ ノ條ノ (一一) ヲ 

見ョ) sgs、B@ 、載 ssrss 涉 J (古訓、 ば" 

せう ノ條ヲ 見ョ) ai 白 内大臣 家 IS 合 (保安 二 年) 二 

番、 野 g 一 ■ffi 衣、 野 8S ノ草 ぶし、 ケキ - 一 、 S モ同ジ 

ュ フネ 

ク、 タ居セ ョカシ J 

ヽ §• ボサヅ (き ささ ぼさつ ヲ 見ョ。 

ヽ 4.0. ぼたん (名) #1ノ 異名。 

ヽ まさ (名) _s 〔くさ ハ、 似 テ眞ナ 

ラヌ 意-草 ノ條ノ (五〕 ヲ la ョ 、いぬまき 

ト云フ 犬乇、 同意〕 樹ノ 名、 葉、 厚ク細 

ク長 クシ テ- ー處 一一 集リ互 生シ, 冬、 调 

マ ズ 、夏、 葉ノ閩 一一 、花 無ク シ テ、 啻ヲ 結 

ブ, 上 二 .綠 一一 シテ、 圚キ寳 ァリ, 下 一一、 紅 

二 シテ- ^ナ ル資ァ リテ、 形-羅漢 二 似 

タリ、 村. 淡黄色 一一 テ、 久シキ 一一 IB フ、 水 

桶ナド - 一作 ル 1 名、 ィヌ マ キ。 HI* 払 

ヽ §, まくら (名) I 翻 一 (一) 旅 二-草 ヲ 

枕 トス ルコ ト。 古へ、 旅路 ノ宿リ 一一 , 假 

庵ヲ作 ルヲ、 草 結ぶ ト云ヒ 、茅 草ナド 10^ 

ネテ、 枕 トシ タリ。 JS 明 E 、六 年 十一 s:「s 

レ草 班 レ荆」 sssr 一 fs 欧 「Ksa 降ル、 阿騎 

ノ 大野 一 |、旗薄、« ヲ押シ JT へ、 草枕、 旅 宿 リセ ス、 昔 

ヲ S ヒテ Jcrwjls? 「タマ ポ n ノ、 sa ノ隈 §ー、 草 

手 折リ、 柴 as キテ、 1*5 モノ、 打 チ臥ィ 伏シテ J) 

馬 内侍 集 「せ; 夜、 旅ナル トコ n 一一 * 合 ヒテ、 枕 モナ ケ 

レバ、 草ヲ結 ビテシ タレ パ. 一 0® ジテ, 旅 

又、 旅行。 千 Jsr 八、 H 旅 二. t 枕、 假薛 ノ! !ヌ 



くさの …: くさ は 



、さ ひ 



くさ/,^ 



くさ ま 



1111 



-1, 9» 力, 矚 レシ IS 二、 行キ 力へ.^ ラム」 K 古今 

*r 十三、 ? 一! 、伏:^/ Wa/.1=S、K 力 力 

リ キト、 人 二 rs ルナ」 古今 《, 八、 B 別、 常战へ マ 力 

リケ^ 時 二、 公利 一一 B ミテヅ 力 ハジ ケ^ 「アサ 

ナゲ (S ター 一一、 兑ぺキ S トシ *8 マネ パ、 BS ヒ立 チヌ 

、な 枕ナ り」 (女ノ ナリ) 

j\i2M<to (枕) 1^ 〔前 條ヲ: ^ョ〕 

^ノ枕 51。 萬 5r InKRTm 枕、 旅 ラン ァレ 

パ J E、s;l 劣 5S 、旅 ナル ガ、 夢-一 シ a ュル」 

M 、十五 久左 „* 久 良、 旅行 ク人 9 J 

j く 3. む • す. ラセ.? シ, セ (き 動、 S 一^一 

〔ffir/ 條ヲ a ョ〕 icT 生ュ。 壤 、十八 

fsKTR 行 カパ、 水- s- ク as 、山 行 カバ、 、大 

8 ノ、 《 ニコ ゾ S ナメ、 S ミ 父 セジト n 立テ. KM? 

テ、 雇ノ; 一、 ノ生 フル ヲ 云フ) Erlsr 河 上ノ、 

1^ 百 assf- 一、 »K 左ズ, 常 二 モガ モナ. t5 少女 二 テ」 

(古びす 、せいず/ 3) 

く stj すび S) ffi^ 一 (一) 仍女ノ ノ 

5< 約。 久 シキヲ ル ^。 (次條 /(ご ヲ 

ョ) gaar くさむ すな 「SSOT ノ約ヲ ナセシ **」 

-I モ云フ <、iesvB ナリ, 一- 1C 永、 近 松 

作) 上 「化 s ぉノ少 WSSI 一 B マレ、 S ノ 五郎 《 トノ く 

さむす -ひ1 (二) クサ ム スブ コ ト。 草ヲ結 

ビ.^ ヲ作リ チ住ム n ト o( 次條ノ (二) ヲ 

ョ) 結说 K 曲. asr 是レ" 此山 、班 カノ 麓 

二、 むす W ス ル女ナ ルガ」 後 HE 害、 ま 拘《- 潜-; 展 

山 ssip 纛 J (三) 衆 一一 先ダ チ テ ,^^業 

ヲ W ク コ ト。 菜ス ル^^0(1ノ(三)ヲ 

eR ョ 分ト、 M 翁 ナリ。 草彻 ffiwlr く 

さむす • ひ 俗 二、 第 S ノ S 一一 云へ り」 

<3,^«^t^A.tf*.^ (自動、 S) 

( 1 ) { ヤノ 藍-枝 ヲ ,i ^ビ 合 ハ ス。 久シキ 

ヲ^ ラ ムト テス ル ク ザ 一 1 テ、 後-一 ミ 

ム時 マデ、 結 ビタル ママ-一 チア レ ト云 

フ 5 人 リヲカ クル. 古へ ノ なら はし ナリ。 

松, 力 枝 D- 結 ブト 云フ n ト アル モ. 同ジ。 



Hffisr 一 I 「君 ガぉモ 、我 ガ世乇 知 ラム、 s« 代ノ 、制 

ノ WJffi ヲ-ィ ザ 結び テナ」 (同、 六 f+r タ マキ ハルぶ? 

〈知 ラズ、 松 之枝ヲ 、結ぶ. 〈、長 クトゾ a フ」) 同、 

十一 iss 「妹ガ 門、 行キ! ^ギカ ネテ、 草 結ぶ、 S 吹キ解 

クナ、 又 B ミム」 伊 、女/里 一一 テ、 前栽 ノヲ カシ 

ケレパ 、手 ズサ ミニ 、a« 花ヲ 結 ビタリ ケルヲ 、初ノ 人 

來 テ見テ 「花 «5、© レコゾ .5- 一 、 賴ミシ 力、 ほ ニ出テ 

人 一一、 結ば レ ニケリ」 (も レ 《K 、男女 ノ 25 交 二 31 ベ 

リ, SS? ヲ, くさむ すび ト云 フ、 レナり) (二) { 草 

一一 テ 、假庵 ヲ作ル 。古へ、 旅 中、 假リ 一一 

山野 一 一 宿ル 二 スル コト ナリ、 W チ、 旅に 

^^ろ^:^トナ ル、々..-詞 一一、 くさむ すび ト云 

ヒ、 す 臥 ナド云 フモ, 是 レナ リ。 結 n 

a 魂 《、 七 近江ノ 海、 SK 八十 ァリ、 何 SS 二 力、 君ガ 

^泊 テ、 W 結 a ケム」 忠 IGSr 行キ it ラス. 旅ノ 宿" 

モ、 *SB 野ノ、 第む すヌ ハ、 S ハシキ カナ」. (三) 

革ヲ結 ビテ、 路ノ菜 トス。 蔑 野ナ ドノ、 

草 ノ繁 ミヲ行 ク 導-一 スル n トナリ 夫 

木抄、 一 二十 六 「55 立 チテ、 別 レシ 人 〈、今 モカ モ、 B ノ 

一一 、革 結ぶ ラム」 

、§. むら (名) S 〔草 ノ義〕 草、 荆、 

ナド/ 、生 ヒぉレ ル地。 *2!§^5、千0$「左牡 

鹿/、 R スャ、 久 i3s^ 良、 見 H ズ トモ」 字 頹抄; 霞 ク 

サ ムラ」 



IS 



(名) 一休 息 命 一 〔休息 命ノ急 呼、 

§ 、こふ。 脚!^、 きャ はん。 ささめ く、 

そそめ く。 通夜、 つや〕 (一) 喷リ タル 

時 ニ^フべ キ、 厭勝ノ 呪文。 命 長 かれ ト 

云フ^:5ナ"、-啦レパ§ 〈 ルト 云フ、 天 

竺ノ^ 說ァ ル 二 因 リテ、 斯ル 呪文 ァ ル 

ナリ。 千*^^^トモ呪ジ、今-小兒、はな 

ひれ バ、 母、 VJ す; まんざい トモ 呪ズ。 (其 

條ヲ: ョ) 何 レモ、 命 長 かれ ノ心 ナリ。 

四 分 ut 、五十 1 二 r 世 w、e!、K 比丘,、 ほ 「ジ おさ」 二 

中 sa へ as 永) 九, s^ffi、J*ws?Jt 休 .:„aK .^叩、^^急5~律 

令」 SSJ: 抄、 上、 本、 sewlTB 時 STE^ ジ』 徒然 《r 

E 十七 S -ー 、老: S ノ 、道 スガラ 、くさめ くさめ ト g ヒ 



モテ 行キケ ルヲ、 何 S ゾト問 ヘル -1 、はな ひ々,^ 時、 

カク マジ ナハ ネバ 、死 ス ルナ リト云 ヘル 由、 記 セリ。 

古今 雅抄 (文明) 「はな ひる ハ、 短" ノ招ト 云テ、 世 

俗 二、 はな ひる 二、 千 iS 该ャ ナド祝 フモ、 凶 ト知テ 

メ ボナり」 (二) 今ハ、 直チ 一一、 はな ひり 

ヲ、 くさめ ト云ヒ 、音 ヲ轉 ジテ、 くえ ャみ 

ト 乇云フ ハク ショ 世 草 (明 B〕 「月-一 

くさめ ヲ、 スル su-vf? 拔 I 淀 s 出世 sstl^aJK 永、 近 松 

作) 上 「RS ノ へ 胡 ffi 入 レテ、 く *(. ャみ シテ」 

く? 5> ち (名) _s (一) 米粉-一、 よも 

ぎノ葉 ヲ摘キ マ ゼテ、 蒸 シ作レ ル拼 。或 

ハ 、お ほば がらし ヲ加 へ テ、 色ヲ 添フ" 

ョモギ モチ。 上巳 ノ供 トス。 古へ ノ母 

子 拼ノ遗 十リ。 又、 灌佛會 ノ供ト モス。 

艾條 夫 木抄、 廿八、 母子 花ノ 里、 心モ知 ラズ、 舂 

ノ野 二、 ハラハラ 猫 ル、 ハ ハコ モチ ヒゾ」 (和 泉 式 

部) 此 S ノ NS 云、 右 Sn5、 野老 ォコセ タル 手箱 二、 

くさもち 人 レテ泰 U 亍ト」 (一 1) 田舍/ iisa! 淫婦 

ノ 異名、 草餅ヲ 資リ 步キタ ル 一一 起 ルカ。 

クサ- II- チ f < 

く S. もち ひ (名) はは あ もち ひノ 

條 マ ョ。 

く や (名) S inf 葺ノ 家。 "ラ ャ。 

力 ャャ。 カャ ブキ。 茅 園 

<§.^ § 一草 燒ー 春 時. 畑ノ枯 草-一 

火 ヲッケ テ燒ク コト。 肥ト ナル。 

くさ-や め. ひもの (名) I 臭 千 物 一 ぞ i ノ 

1 種、 伊 S/ 七 島 ノ產. 名 ァリ、 多ク ハ 、 

28 ナリ、 燒ケバ 、異ナ ル 臭氣ァ ル ヲ赏シ 

テ Adi フ 

く*§ かし (名) 一 腐 一 物ヲ、 ® ルャ クー 一 ナ 

ス藥。 — 

く? 0. か • す- ス. セ-サ -シ, セ fitos) M 

〔くさる (蹈) ノ 他動、 燃 ゆる 、くゆら か 

す。 すべ る、 すべら かす〕 樓ラ シ ム。 



ノ矢ヲ 0^ ナガ ラ、 此ヲ 射ョに 

帷子」 くさり 箱」 (四) ©5ギ<1 口 ハ ス 



哲 ルャゥ ニス。 抽中 抄、. ^「ァ タタ メケ ル卵ヲ 

打チス テテ、 くさら かし タル 二 倦ジテ J 

くさ (名) K クサ々 コト。 腐リ タル 

處。 クサ レ。 

くさり § 画齓, SI リ タルモ 

ノ。 環ト 還ト, 相貫キ タル モノ。 ッガ 

リ 力 ナツ ガリ 学镜 ,鎮、 理、 久佐 利」 isa 名 

抄 、十五- 1© 馬 dTJS 、久佐 利」 (二) 又、 環ヲ 、數 

多 連 ネテ、 長キ綱 トシ タル モノ。 仁 德紀、 

四十 一 三 SI 「以 】;S3 gS;SEi; 酒 君 こ fflsE^Jr 廿四 年 

九月 「£"| 一 奴須久 利; 枝、 お、 g、s 而、 共 一; 新 He 一 s 

ラ 

> 城」 (三) 夂 、平 力-一 編 ミ連ネ タル モノ 

ヲ モー M フ 太 平 _K 、一一 一、 fas* 、陶山 小 見 山 夜 W 

srta ノ下 一一、 卷カ、 3 カヲ a テ著 タレ バコリ、 3S 

. ハ ffi クラン」 「くさり 

モ ノ。 

言語 ノ«^ ^デ、 くさり ト 云フ、 文字ぐ 

さ. S- ノ !?ァ リ 

く §5- 舊 〔鐽 ノ義 -ー テ、 一 段落 ノ意 

力〕 ? i 物、 遊 整、 ナ ドノ、 一 段 n- 云フ 語。 

^ Si 世 化、 一 一一 馬 三 Si 、下 「«- 後 S 、云 一 K、 一 く 

さり 83 テ カラ ノ 直打ダ J 「手品、 二く さり」 

くさ 3T あ. ん § S ^る (自! S1) ノ 

(二 )ll-fc 

く sy- かたびら § sfl 細カキ 鏈 

ヲ. 卒 一一 緩リ 合ハ セ テ作レ ル衣. 甲 トシ- 

下着-一 用 キル。 ® 甲 又, 鏈袴モ 、同 ジ。 

奥! S 永 BBffiH, 廿 BTIKJI 港 城! 肌 二 a 帷子、 上 二! a 

一 1E シ于 一 la 訓往來 、六 HT 武具 之 1»、 云云、 親 箱」 

くさ 5V がま i S 武器. 鎌. 柄, 一 尺 

A 寸ナル 一一、 一 丈 二 尺 ノ鏈ヲ ッケ、 鏈ノ 

他 端 一一 、分銅 ヲッケ タ ル モ ノ 。分銅 ヲ投 

ゲャリ テ-鰱 ヲ敵ノ 武器 一一 卷キッ カセ、 

モギ トリ, テ、 嫌ヲ打 チ コム。 太 sr§l 



« 合 Isw-a 後方 ノ士、 宇 ffi 美 兵 左 >SM 、现 . » ヲ振 

テ、 上方 BS ノ sffis 助 太夫 ヲ 3S ヅ」 

くさ S1- つ • く § SSI ^る (自動) ノ 

(二) ヲ見ョ Q 

く i, ばか ま (名) くさり かたび 

ら ノ條ヲ 見ョ。 

くさ • る. ル. レ. ラ.; ;-. レ (自動、 四) 〔くた 

る (S ト通ズ 、くた (朽) リ條ヲ 見ョ、 豐 

. 後國 風土記 -ー 、直ん 郡、 球覃鄉 ハ -臭 lai 

ノ Si ナリト ァリ、 ふたぐ、 ふさぐ。 大雨- 

ひさめ モ、 相 通ズ〕 g:-sr 濕- 等-一 ィ 

* メラ レテ、 傷 ル 。隊ル 。燈ュ 。( 肉、 飯- 

果- ナド- 一) 2BJ「g 、伊比 久 eg 利」 (二) 

{ 翳ミ、 爛ル。 (身 體 一一) a 仁 BT 廿 A 年 十一 B; 

rf 近 せ而 埋,; 立 於 陵 域; SS 日不 k.ss 泣 

吟、 死 fmw S 之」 「腿 物ガ V- さる」 目が くさる」 

(三) 朽ッ o( 樹ニ) 「扱 居、 くさる」 立 木、 くさる」 

(四) 鎚ビ. 朽ッ。 酸化 ス。 (金屬 二) 「金 

S 、くさる」 (五) 篇ヲ 失フ。 用 二 堪へズ 

十ル。 大 _K. 中、 伊 尹 、秀句 「くさり タ, 5^ 岐ノ前 司、 

フル 受 S ノ、 鼓ゥチ リコ ナ K テ、 立 チタ マ ヒタ, J ゾ 

カシト 放- s シ J 「氣ガ くさる」 根性 ガく さる」 (山 ハ) 

關洒ノ 俗語 二、 動詞 ノ下ニ ッケテ 、動作 

ヲ K シ罵ル 意 ヲ云フ o( や あがる ノ條ヲ 

併セ 見ョ) 丹 S 與作 SS 永. 近 松 作 >*.「«^ヲ 蹈 

ミ くさる」 「s ヒ くさる」 見く さる」 行キ くさる」 

くさ • る. ルル. ルレ -レ. レ. レョ (自 g 、下 二〕 M_ 

〔四 段 、下 二 段、 同意 ノ語、 亂る、 みだる 

る。 垂る、 たるる。 漏る、 もる る〕 前條 

ノ語 一一 同ジ。 

くさ • る. ル. レ. ラ. リ. レ (自 S 、四) 國 I 二) 

ツナ ガル。 ッ ガ^。 s,5«、 四-第 <K.J, チ 1,ド 

モノ、 此 K--I、s! 力 II 流レカ カリ テ、 次第 二、 くさり 

サ ラナ リッツ、 イクラ トモ ナク、 ヮ ダカ マ =- 」 (二) 

狎 レック。 ククック。 ヒ クック。 專ラ、 男 



くさり :… く i 



女- 狎レ合 ヒテ、 不義 ノ情 ヲ通ズ ル意 一一 

云 ヒ、 くさり あ ふ、 くさりつ くナド ト モ 

云フ。 音ヲ轉 ジテ- くされつ く トモ 云 

ヒ. くされ あ ひ, くされぎ ナドモ 云 ヒテ. 

腐れ ノ し ー移ス 通 山姥 (正德 、近 松 作) 「若 ィ 

女 二 a チマ? < リ、 一二 味 ィテ 居ケヅ カリ、 くさ 

りく さる ヲ見ル ャゥナ J «-根 崎 心中 (元 Si 、近 松 作) 

觀音 s~「 貌 川ノ、 天碟屋 ノー S メ トャラ 卜、 くさり あ 

ひ」 信 州 川 中 119 合戰 (享 保、 近 松 作) 二 「タト ヒ 二人、 

腐りつ き タル 御中 ナリ トモ、 一 旦、 緣切 ラセ」 

くさ • るん. レ 4. リ. レ (他動、 四) ,爾 一 〔前 

條ノ 語ト、 自, 他, 同 活用 ナリ、 いた は 

る、 ます、 あまる ナドト 、同 ジ〕 (一) { 緩 

リ、 驗グ。 ッ ガル。 名 S 抄 「親、 クサ ル」 堀 河 

太郎百 首、 _a「!t 山ノ、 a ノ t* ヲ、 くさり ヅヅ、 今日 ノ 

御 安 禮ニ 、カザ シヅル カナ」 三部 抄 (黃門 定家) 「其 

躍 目 S1 目ヲ 、くさり アヤ? -リテ J (一一) 錢ノ 札ヲ、 

リック。 和! a 一一 ォ 、廿、 兵器、 o.「g 、草摺 

之 中、 皆 有 = 札 SS 之 gsi-i 之蹈; 久 4ga 、連 翻 之 s 也」 

<M (名) 一 1 一 (一) ク ルル コト。 ク 

サリ。 い „- そのく され、 毀して あま はう 

ナド云 フハ、 やぶれ かぶれ ノ意 ナリ。 

(二 > 熟 B1S トシ テ、 罵ル fffi トナル C 「くされ 

ffl 者」 くされ 女」 

クサ; 1 - アイ ク, 

くされ-あ ひ (名) I ほ 合一 〔鍵る (自動) ノ 

(二) ヲ 見 ョ〕 男女、 不義 ノ情ヲ 通ズル 

n ト クプ ツキ ァヒ。 

くされ- S- も (名) S 〔元 ハ、 專ラ、 甜 

銅ヲ資 リシナ ルべ シ、 遠ク、 伊勢 ヨリ 來 

ル鹽鹏 一一 テ、 臭氣ァ レ パ、 瞎れト 云 フ ト 

ゾ〕 東京、 日本 橋區, 大傳馬 町, 二 町 目 

一一 、夷 神社 ァリ、 其 辻-四方 數町ノ 間-一 、 

毎年. 十月 十九 曰. 夷講ノ 前日. 祭 供ノ掛 

鲷ヲ初 トシ テ、 雜 貨-飮 食物、 植木、 ナド 

資ル 市。 時候 ノ淺漬 大根 ヲモ、 糠、 麵 ヲ 



くされ 



洗 ハズシ テ資ル 、貢フ 者、 繩 二 テ 提ゲ テ 

歸ル、 物ニ觸 ルレ パ、 糠ノ、 ベリたり ト 

ックコ トァ レバ、 ベ ッ たら 市 トモ 云フ。 

くされ-えん (名) Isffl 一 〔鍵る (自動) ノ 

(二) ヲ 見ョ〕 男女-不義 ノ 情交。 

くされ- ポュチ r (き li 者 I 〔蔽罾 者 ト- 

同趣ノ 語〕 事理 一一 迂闊 ナル 懦 者ヲ, 罵 

リテ 云フ 語。 腐儒 

く レ ダマ (名) sis 〔^|本ノれ.た 

ま/意 ナル ベジ〕 ゆわう さう 二 同ジ。 

くされ-つ, く (S ISS くさる (鏈) ノ 

^ノ (一 ヲ la ョ。 

クサ レ- オン ナ 

くされ- 4^ んな (名) _^ 女. 一 事理 ヲ辨ゼ ザ 

ル 婦女 ヲ- 罵リテ 云フ 語。 ぬ 中天 網 島 (享 

保、 近 K 作) 太 兵 衛メーー請 ケ出サ ルル、 腐れ 女ノ、 

くさ-わさ i 〔別く (四 段) ノ條 

ヲ見ョ 、胸 前 一一 テ、 野草 ヲ押 シ, 別 w テ行 

ク トコ P ノ義〕 馬> 夂, 鹿ノ胸 前。 又、 

くさわけ。 平家物語、 十、 藤戶 tr 馬ノ くさ わき、 

クシ、 太 SI 一?' ク所 モア リ、 sssg- ス所 モア 

リ J (海ヲ S ルニ、 海水 ノ S サヲ 云フ) 異本、 曾 我物 

0. 一 、赤 S 山 SW. 柏木 高ク、 馬ノ くさ. S き 、接 腹 二 

ヅ クホド -1、 茂リ生 K タチ」 盛衰!?。 、一一 一十 六、 SSfS 射 

,鹿« 、高 市 武者 所 fgns 、鹿ヲ ぉ留ム 「草 分ノ 甲、 背 肉 

ノ ハブレ、 云云、 鹿 ノ肉ニ ハ佳キ 所ゾ、 Elffl へ、 殿原 J 

くさ, わけ § S (一) 野 路ナ ドノ, 草 

茂 キ處ヲ 、分 ケ行ク コ ト。 玉 《s、s 、秋、 上 

「狩人 ノ、 草分け 衣、 干シ モアへ ズ、 秋ノ as 峨野ノ 、四 

方ノ白 SSSJ (一一) くさ わき 二 同ジ、 前條ヲ 

a ョ。 (三) 草深 キ荒 地ヲ, 始メ テ切リ 

開 キテ、 一村 ニ町ヲ 立テ タルコ ト。 ク 

サム スビ。 草創 「くさわけ ノ 名主」 くさわけ 

ノ 百姓」 (四) 轉ジテ 、何事-一 『事 ヲ. 始 



くさ わ 



メ テ起ス n ト。 發起。 

クサ- ィ-ナ -キ . 

j くさ- ゐ.. な-さ (名) is 猪 黄. 一 〔草 猪の 黄ノ 

義カ、 家 猪 一一 對シテ 、野猪 ヲ、 草 猪ト云 

へ ルチル ベ シ (水源, みなも ど。 手 心、 

たな. お あろ) 黃 ハ , 腦ナリ 、拾 遣 記 「善 別 

fe? 者、 死 則 破,, i, 視壬、 一ち IT 腦色 

黃、 日 行 千里」 玉子 ノ 黃身ヲ 鷄子荧 ト云 

ヒ、 蟹 ノ腦ヲ P 黄ト 云フ〕 &猪ノ 腦ヲ、 

藥用 トスん 語ナ ル ベ シ 。 本草、 ffl 部、 下品 

「野! S*J 本草 和名、 下 i. 野 》_» 、久 ffis 奈岐」 倭 

名抄、 十八 f 毛 群 名 「本草 云、 野猪、 久佐 井奈 岐」 i チ 

二 野猪 トセ シハ、 ™s レリ) 八 S:< 御 妙、 1 一一 、下- Irffl 、ク 

サキ ナキ」 ト アル < 、玉 篇 一一 rffi、 野猪 也」 ト アル 一一 、 

la:? フレタ ルナ ルぺ シ。 

一く し (き 酒/事 トス々 說ァリ 、ソ レハ、 

古事記、 中 (神 功) 一一 + -ー "少彥 名 命 -ー 「久志 

ノ神」 ト見 H 、同卷 (應 神) S+ 二 「具 志 二 、 

我レ ハ醉ヒ 二 ケリ」 トァ ル、 久 志-具 志、 

ヲ. 酒 ナリト 云 フナリ 、然レ ドモ. 久 志の 

神 ハ 、藥ノ 神 ナリ、 具 志 ハ 、 許 許 呂具志 

(其 條ヲ a ヨブ 脫字ナ リト云 フ說ァ レ 

パ、 酒 ト云フ 語, 成立 タズ。 くしの かみ、 

幷- 一、. なぐし ノ條ヲ 見ョ。 

くし (名) H 〔朝鮮語-一、 こ を ト云フ 、串 

ハ 、》 ノ省畫 字, 正 韻 「串、 櫃 娟切、 物 相 

連 貫 也、 與. > 穿 通」 同 「弗、 楚 ffi 切" 燔レ肉 

器」 韓愈, 贈,, 張籍, 詩 「如 ,,=!?s 貫. * 匕 

( 一 ){ 竹 木ヲ、 細長 ク作 リ、 物 ヲ刺シ 貫 

ク 二 用 キル 具。 鐵ニ テ、 箸 ノ如ク 作 

リ、 魚 ナド貫 キテ、 燒 クニ 用 ヰルァ 

タ、 鐵串ト 云フ。 刺 古語 接! rssm ノ 毀 

k+ ノ條 一一 「剌 串」 注 「久 S 佐 15 1SS 名 WT 十四 JJtEK 具 

「扱、 細 削 竹 也、 太 介乃久 之」 弗、 K:JSW せ、 夜 久 之」 

i 串ノ 音便. 一 (一一) 幕 串ノ 略、 其 條ヲ 見ョ。 



くし 一 五 



— くし 

(三) 的 串/略, 其條ヲ a ョ。 

: くし i 〔5- ト通ズ .gs5- ー插す モノ 

ノ 窓- 祷ジテ 、敬 gi 一一- 5W ヲ插ス トコ P 

ノ W ヲ. 御 s*^ ト云 ヒ, 乂. 縛 ジテ、 髮/ 生 

フルト n B ノ: ^ヲ" 御 4:: ト 云フ、 ffi- 一盛 

ル モノ ノ、 水ト ナリ, SS- 一お ル モノ ノ、 

なトナ ルガ 如シ〕 髮ーー 插 シテ, 飾リト 

シ、 义. g ヲ梳ル -ー用 キル a ;。 許 多ノほ 

ヲ .« -Is ベ 作ル, 上代 ナル ハ. ヲ i» 

メテ 作リ、 a. 大キカ リシ モノ ノ如 シ。 

义、 《w 、蚊 S 樹. ナ ドノ ヲ 挽キチ >齒 

»• 作 や」. 梳ル. 一一 fflt- 後 W: ハ- 沈お 木、 

牙 、玳 Is, 今 「又、 鎮ナド -I テ作ル 

; -飾リ トス-背 ヲパ ね., 上ぶ ヒ、 左右 ノ 

端 ノ ぬ> 太シ, 邊 せ- 親 齒-ト 云フ、 其 形 

モ - 種種 ナ リ、 其 用-一 因リ テ . i. 粗 

柳, 櫛, 水 櫛, W 摘, W 蹄, ナ ドア 

リ、 *t 條ニ 注ス。 srtK- 上 4ro=s» 爪 

£ K pi sss»i~s; 云 一:.!, 投 1 一 a™ は 爪 ffl; 此 S 

「JI、!!、 久 SB 名抄、 十四 J18ml*「irs 批 ■ 名 

也、 久 之」 稱の趣 を 挽く が 如し ト云 フハ、 

往來 、出 人, te ダ繁シ ノ窻。 太 十-新 

田 sssvr 園讓ノ Ii.<rls へ 打チ a ナ ウテ. »ヲ 

吿グル n ト, seia を ひくが 如し」 文 S 、景視 SK 

i くし § 一 il みぐ し (御 髮) ヲ a ョ。 

!くレ (名) Hnl みぐ し (御 首) ヲ a ョ。 

く-あ § 一歸盧 ム シ バ 。クシ。 おお、 S 

Br 太 倉&、 S._B 中大夫 srsKa 一 」 

く-あ i 一 a ^一 ォ t 、ッ カフ コト。 » 

書、 B お <»sl 矚-ー s;u<4 こ 「s 靝ヲ瓤 S ス J 

し -動^ 一 ま 一 屈す ノ;^ ffl 形- 屈す sn 

動) ノ條ヲ 1»ョ。 



くし 



;く • し- シキ -シ ケレ- シク, シク § 、二) I 奇ー 〔異 

しト 通ズ〕 異シ。 ク スシ。 クスハ シ I 

«- 妙ナリ 。雷 ナリ。 神代 KiJTSa 

田! Sj 一 »猫 ナ リー S5^、 廿六、 天平 SB- 元年 三 B:、eB 

「天 地ノ、 明 ケキ ssas」 

(名) 一 (一) ォ ホヤ ケ, n ト。 ス 

べテ、 胡廷 一一 テ行ハ セラ ルル 政務、 諸 儀 

式 ノ稱。 *s、* 也 6.¥ー<.$; 未 =31 至。 於 一 .M 之 

ナル, asffiK ト云フ 《_~1 一 、, 、正月 ノ R 方 _« ヨリ、 十 

二 BI/ 追 s~ マデ、 年中/ S 式、 BBS* 、ヲ S53 セ リ。 

(二) 官ノ、 夫役、 課投、 等 ヲ務ム ル コ ト。 

fflg お、 十三、 E 氏 g*. 「公 S 、雜ぬ 二 B リ 2 テ ラレ 

テ -夜モ *- モ -安キ 1* ナ. ご (三) ゥ "タ へ 。 til 

訟。 出入 。(裁!: ノ公務 /意力、 或ハ 、公 

文 ノ略 力、 訟ヲ司 ル 公文 職ァ リ) B- 

WBaa 、二-品 SS 五 rwa 卜- S 地ノ公 W ヲ仕 リ、 as -、 

お ケ候フ 時】 《B3 字 *-K«ttr 八 「公- *(*ss 俗、! 1= 

一一 八- S- ご 代言人 ヲズ. fti. 師ト 云フ。 

く- (名) 圃ー 〔® 子 ノぉ音 (子つ 降 子- 

瓶チ /類) 此字ヲ 用 キル ハ、 « 韻-一 「國, 

g 虬 切、 昔 a-」SJi 文 一一 「M 取」 ト アル 一一 

因ル〕 數多ノ 竹 木片、 又ハ 、紙片-一、 摞 

ヲッケ ォキテ 、人-一知 ラ シ メズ シ テ、 拍 

キ取ラ シ ムルモ ノ、 gj ナキヲ 、白く ギ; ト 

云 フ> 述- 一任 セテ、 ヲ定ム ル- ースル 事 

ナリ、 古へ ノト 串ノ遗 ナリ。 神-一 伺ヒ 

テ取 ルヲ、 御く ゼめト 云フ。 (其 條ヲ! a ョ) 

班 コ レヲ杣 クヲ. 取る. 乂. 引く トー- ムヒ > 

引く コト ヲ-く y, びき. r 云フ。 袖 班 大 

1 K 天! sesra)「«SK ニテ、 sa- ノ 夜-く, *" ノ 

WS- ーテ、 曆の 夜の! «ヲ£ リテ SKJ 延 B* 、平家 

一 、本、 SSKSgsT 孔子 ノ 次第 ハ、 十 I ラ 

內ニ、 一 二 八、 ss_s タ. i べシ ト》テ 、蜍ノ 十二 二 ハ、 

M モ不. <ra 孔子 也」 f 孔 ハ、 ナ U) KS 

i レ |ー s キヮ ケテ、 BiKSSSK 臣ヲ 



くし 



ffi シテ、 く; tt 二! B ラセ ラレ ケリ - WWBBJ 、二、 ffis" 

五 年 十 一 Ht 廿ニ Bf 脚 評定 被 r 始 行. "之 、函 ?、 ©US 右 

S-SWE 一一く, +; の やく ヲ _a ョ) 下 ssffi! 、下, srs 財 £ー B、 

不 而:! 也」 

く-. ま (名) S 二) 子 ノ吳音 。(其 條 

ヲ la ョ) 枕 革子 、七, 六十 四 段 「ほ 典 モイ カナ ラ 

ム-く .*£ ナ ドハ、 1W ケ泰リ テス .^コ トナ. i べシ」 aj 

8 ナル べシ) 「く •* 〔の 倒れ」 (其 ヲ _a ョ) (10 前 

條ノ當 字、 其條ヲ la ョ。 「孔 H- ノ投」 

ぐ- ギ£ (名) S 〔抱朴 子、 內篇、 登涉篇 

二、 山-一入 ル 六 甲祕祝 ト テ 「臨 兵關 者、 

皆 陳列 前行」 /九 字ヲ祝 ストア リ、 太 公 

望 ノ軍術 十リ, ト云フ 、是レ ヨリ 移 ル〕 

呪 法/ g、 臨 兵^者、 皆 陳列 在 前/九 

字 ノ稱- 元ト- 道家 一一 テ 喝 へ テ、 邪魅ヲ 

避 クル 厭膀 トシ タル ヲ、! Islm 宗、 修驗道 

二 傅へ テ、 此九字 ヲ唱へ ナガ ラ、 印ヲ結 

ビッ ッ、. 指頭 二 テ、 空中 二、 欝ノ 如 ク- 

四 i 、五 横線- ヲ ffi ク、 n レ ヲ、 九 字 を 

切る ト云ヒ ズ或ハ 、下-一、 行 ノ字ヲ 加へ 

テ 、十字 トス) 九 字 護. 法, 父、 縱 横の 秘 

法, 又、 九 字の 大事 ト稱 シ、 一切 ノ 災禍 

ヲ拂フ トス、 兵 一 モ移 リテ、 コ レ ヲ行 

フ、 武士/具足 櫃 -ー、 前 ノ字ヲ 書 ス、 其 

字, 九 a ナレパ 、九 字-一 スト 云フ。 高 

Bffia. 草 SS 永、 近 松 作) 上 「九 字 «_& 法 sg シテ、 S 

K 、化 iw モ ムレ バ」 

く- .V: § 一九 時 一 ど き ノ條ヲ la ョ。 

ぐ-あ (名) S 雙六ノ 語. 整 H- 一. 五 ト- 

四 ノ出デ タルコ ト。 さいの め ノ條ヲ 見 

ョ0 世 (明 ほ )»! 六 rwi ノ S 、ぐえ ぐえ ffi ノ、 立 

5- バ カリ」 

VM- あ ひて (名) 一公 事相 手 I 訟ノ 相手 

方。 a> 古お 信 七 SSI 一元 sr 近 松 作) 二 「實 父ハ、 Si 

*< ノ公 »B*- 、正 シク、 所 頃 ノ敵ナ レドモ J 



くし S- …: くし か I 六 



くし-うら (き ー§ 占 一 古へ、 女子 、黄き,' 

SW ヲ待 チテ辻 二 出デ, 境ヲ 作リ、 三度- 

Si ノ齒ヲ 鳴 ラシ タ * 後、 境-一人 リ來ル 

人ノ 言語 ヲ開 キテ、 苦 凶ヲ 占へ ルコト 

ナリ ト云フ 。(歌 林 拾 葉 集) S3!rs ヒ S 

ヒテ、 WSB ノ小 M ノ-占 ヲシテ 、ヅ レナ キ人ヲ 、ナホ 

a ム カナ」 

一く- か i 18 〔く ハ、 唐 ノ音 轉ナラ 

ム S 訓、 ていきん。 汗 珍、 かざみ。 案內、 

あ ふい)〕 鹿-一 似テ、 小サ クシ テ、 角 十 

ク, ノ, 货黑ナ ル モノ. 雄-一 牙ァ リ, 皮- 

If メテ柔 二 シテ、 用、 多シト 云フ、 和 產- 

お マン。 字 S8 一一 ト 「靈 、久自 加」 S 名抄、 十八 群 名 

「》_、 一 名 _8、 久之加 麵注 g 名抄、 七 :3+ 注 「說 文、 《«、 

8S8 、李 時お! Irs 、云云 、似, 鹿而 小 、無, 角、 w 黑色、 

云云、 sew 有 ► 牙 、出 一一 口外 こ 

くし-がさ § S 晒 稀ノ、 竹串-一貫 

ザ .1 一 To ザ.. 卞 

キ タル モノ、 安 S/ 西條 柿. 名 ァリ。 康 

a 本 Si 、上?. •.「 lis 、クシ ガキ」 

くし-がた i S 〔古 製ノ櫛 ノ 

形〕 (一) 山形- 卽チ、 半圆ヲ ナス モノ。 

式部 《 式、 下、 *ss お、 親下禰 8 「以 = 水 S™ 一一 一 驟 、云 

云; 交 isHH- 一白 玉 八 ®; 立 一; g 形 上 こ ^53 ノ 

形-一 モ 云ヒ、 火燈 ロノ 上部-一 モ 云フ。 

(二) 次次 條ヲ a ョ。 

$r がた (名) 〔公事 ノ條 /(三) 

ヲ 見ョ〕 武家-一、 訴訟 ノ事 ヲ掌ル 職。 

«: 司 04! 錄、 御 Si 定 * 行 「B 人 之內、 公 S 方 t_s 人, 御 

K 手 方 tsE 人ト 分テ、 <ム》 方 ハ 、》ss 御 代官 之 公 等、 

® レ之、 云云」 

くしが た-の-あな (き 一 稱形穴 一 淸 涼殿ノ 

南ノ、 鬼 閒ノ束 南隅, S, 御座 ノ西 南隅 ノ 

^ I 一 、柱 II- 中心 ト シ チ "設ケ ラレ アル ふ 

形" IS 形、 卽 チ 、 半圓形 ヲ 成ス橫 II 



子 ナリ、 殿上 間-一 奉仕 スル 近侍 ノ者ヲ 

見 リナ ハス タメ 二 設ケ テア ルモ ノト 云 

フ0 禁腋, 成抄、 清涼 鬼 ァハヒ ノ柱ヲ ハサ. -' 

テ、 It 形の 穴ァ U J 平 冶 物語、 一 、光 顔囀參 内 JTSS 

^ノ方 二人 音 ノシ、 描 形の 穴 二人 彭/ シヅ ルハ、 何 

者ゾ」 徒然 草、 三十 三 段 「閑 院殿ノ くしが たの 穴ハ、 

囲 ク、! a モナ クテゾ アリシ」 

一く (形) くし (奇) /條ヲ 見ョ。 

くじき (名) -觀 (一) クジク コト。 (二) 

骨ヲ、 挫 キ傷メ タルコ ト。 挫傷 

一く • しく (形) 選 くし (奇) ノ條ヲ a ョ。 

くじ • く. ク. ケ i. キ. ケ (他動、 四) 5_ (一) 

{ 折リ、 慯ック oev 摧ク。 字 鏡 S 「折 曲、 久 

自久」 名義 抄 「挫、 折、 ク ジク」 「1$"ヲ 挫く」 (一 一) 

勢" 抑フ。 氣 ヲ失ハ ス。 ョ ワラス。 「兵 

氣ヲ 拽 く」 S 論ヲ 挫く」 

くじ • く. クル. クレ. ケ. ケ. ケョ (自動、 下 二) M_ 

〔前條 ノ語ノ 自動、 裂く、 さくる。 碎く、 

くだく る〕 (1) 折レ、 傷 ック。 曲 ガリ、 

摧 クル。 (二) ョ ヌル。 氣 ヲ失フ P 屈ス。 

「 勢 挫く」 

ぐし-ぐし (副) 〔ぐ ぢぐぢ ノ轉ナ ル ベ キ 

力、 其條ヲ E ルョ、 も-. せ ^ まる、 ちぢまる。 

ぐち ャ ぐち ャ、 ぐし ャ ぐし ャ〕 勢 ノ無キ 意 

ヲ云 フ語ナ ルべキ 力。 出世 gafilsr 近 松 

作 ) 二 「でッ く トモ セヌ 丁稚 メガ、 手柄 シサゥ 二見 ェ 

ケレ ド乇、 ぐし ぐし トナリ ケルハ 、誠 二 愚人 遷ノ a」 

世話 恭へ 明敏) 雙六 「K«i ノ a 、ぐし ぐし 暖ノ、 立 ヅバカ 

リ J (でッ く、 でッ ち、 ぐし ハ、 雙 六ノ * 目ノ g 五、 ffi I 、 

五 四、 二言 ヒ カケタ ルナ リ、 さいの め ノ條ヲ 見ョ、 下 

端 二、 g 二、 五 四 ノ出デ タ^ 時 ノロ ズサミ 「ぐし ぐし 

ト、 頃クハ 山ノ、 時鳥」) 

一く し- げ (名) s_ 〔笥 ノ條ヲ 見ョ. 一 婦 

人ノ、 櫛、 其 外ノ、 假粧ノ 具ヲ人 レオ ク 

0O ク シ パ n 崇: EES 、十 年 九 HIrsg 笥」 00 



くしき …: くし: S 



? sr 九 J 「君ナ クバ、 ナゾ身 装 ハム、 iM ナル、 黄提ノ 

小 *j モ、 取 ラム ト思 ハズ」 「御く しげ」 玉く しげ」 唐 

くしげ」 

ク シ -ケズ * i. 

一く し,: 2づ* るん *レ -ラ. ?レ (他動、 四) ー梳ー 

〔くし ハ、 御髮ノ くし 力〕 梳ル。 スク。 

(髮ヲ ) 九條殿適誡「先起、稱ーー蹈星名號ご^^云、次、- 

P お、 次、 流 k」 吾議、 一 、 治 m 四 年 九 Is- 九日 

「昔 藤 原秀鄉 • i> 15^ 列 1 一 門 客 一之 由- 入 I ー彼陣 I 之 

? r 將門 悅 之餘、 不 kehl 所 k 流 之 髮ハ卽 引-一入 烏 K 

子 I 謁 "之」 

:|! くじ • ける (動) I 塑 くじく (下 二 段) ノ 

口語。 

くし-あ (名) I.S3. 海鼠 I いり あ ノ條ヲ 見ョ。 

\A\K こ^ん ぼ あ (名) 一九 字 護身 法 一 く. 宾 

(九 字) ノ條ヲ 見ョ。 

くしざし (名) 一 Sil (二 物、 ニッ. 三ッ、 

串、 又ハ、 刀ナド 二 テ、 刺 シ貫ク コ ト。 

(二) 獄門 ノ條ノ (二 ) ヲ 見ョ。 

一く し-さ *す. ス .セ- ザ- シ-セ (自動、 四) 一 串 刺 I 

〔串 ハ、 木礼ノ 意ナル べシ〕 人ノ 耕レル 

田 一一、 我 ガ田礼 ヲ剌シ 立ッ。 我ガ 所有 

ナリト 爭フ意 ナリト 云フ。 古語 拾 素戔 

^^神^桊1ー爲日神ジ1;:甚無狀、種種凌侮、 所 Js、 云云、 

重- 播§3 子 一 刺 ^ 串、 云云- *1 「久志 佐 志」 當 一 I 日 神 耕種 

之 節 ハ竊往 一】 其 田; 剌, 串お 爭」 神代紀、上_ー_+「菜^^^^^^ 

贫、 妬 f 姉 5 云云 、,扱、 伏, 馬」 挿 ® 、此云 = 久斯 

就 志 こロ訣 「? 者、 楚ー 一人 S 一 立 11 己 Is- 也」 S 疏 「今 

世 所, 謂、 田 札 也」 大?^ 詞 「類 蒔、 串 刺」 (是 レハ、 名 

詞形 ナリ) 

S くし-ざ .す -ス .セ. サ-シ .セ (他動、 四) _s 

屍 ヲ斬リ 、串-一貫 キテ、 晒 物 一一 ス。 梟 

崇岐卽 位 ほ 「捕 烏部 is つ js、^k 死焉、 云云、 朝 

廷 下,^ 都 、斬 一; 之 八 段ハ故 一; S 八國 一」 異記、 中、 

第 四十 緣 「其 山 多 有 一一 a 孑 一 奴捉ー i 孤 子 一 用, 木 刺, 串、 

立 11 其 穴戶こ 



くし さ 



くボ- ざた i Is^ 汰ー 1,??^ 訟 事件。 一.!^ 

訟ノ 裁决。 甲 陽 軍 SS 、十七、 品 第 四十 七 一 公 15^ 沙 

汰、 人 ノ存ズ ルニ違 ヒタ, -落 著」 

<,$ (名) k ム事師 一 〔八ム 事 ノ條ノ (三) ヲ 

見ョ〕 江戸時代、 人 二 代ハリ テ,、 IIIKS ノ 

事 ヲ扱フ ヲ業 トス ル者。 代言人。 訟師 

クシ ダ トウ 

く帛 だた、 つ § 顧 一 〔たた、 フハ、 たた 

.r.tf ゲン 

、つがみ ノ 下略〕 下女 ナ ドノ、 解榔、 すき 

櫛、 毛筋 立, ナド、 入 ルル 一一 用ヰル 具。 ffi 

ヲ引キ タル 厚紙-一、 折目 ヲッ ケテ、 四ッ 

タ タム 

ク ジ .ズ ッ - グン 

く づっ (名) ー鬮筒 I 〔卜 串 ノ條ヲ 見ョ〕 

木 竹 造 ノ鬮ヲ 入 レオ ク 竹筒、 又ハ、 小 

匿。 密閉 シーア、 穴 ァリ、 鬮 ヲ振リ 出ス、 

寺社 ノ御 閣ナド 一一 用キ ル。 

くボ, ヒり (名) I 劉 I 〔闘 ノ條ヲ ョ〕 

國 ヲ取ル n ト ol 園-一 テ、 事 ヲ定ム ル n 

ト クジ ビキ。 fflsj 狂言 記、 國 S 非人 「罪人 

一 I 〈、ナ リテガ 御座 ル マイ、.?' レバ 、云云、 く, 士 t 取 一一 

致シマ ショ」 

くし-の-かみ (名) S i 神 ノ轉、 く 

すり/語原 ヲ見ョ 、或 ハ云フ 、くし ハ、 

. くすり ノ約〕 罾藥ノ 神、 卽チ、 少彥名 

命 古 lav 。、中 (仲 袞) 一一 千 長^ 此翻 酒ハ、 我ガ 御酒 

ナラズ 、久志 能 加 美、 常世 二 座ス、 岩タ タス、 少名御 

神ノ、 云云、 御酒 ゾ」 神代 二、 大己資 命、 少彥名 命、 

病ノ 方ヲ定 メタ マ ヒキ、 延喜 式、 神 名 帳 二 、常 陸國、 

大洗 前藥師 菩薩 神社、 見 H 、文德 錄、 八、 齊衙三 

年 十二月 一一、 大洗礎 前ノ神 「憑, 人 云、 我 是大奈 母 知、 

少比 古奈 命 也、 云云」 小見ェ タリ。 

一く. 率の-た.? れ (名) l^sl 〔く ¥.r 孔 

子/ 吳音〕 聖人タル?;?^子ニ スラ、 時ト 

シテハ 、過 チア リト 云フ 語。 莊子、 盗跖 



くしの 



篇 一一、 孔子、 盗路 一一 反 詰 セラ レテ、 歸レ 

リト アル 一一 因ル、 此語、 弘法 一一 モ筆 ノア 

ャ マ リ 、千慮/' 一 失、 ナ ドノ 意 二 用ヰラ 

ル。 宇治 拾遣、 十五、 十二 0、 孔子、 盗 惡 行ヲ教 

訓シテ 、烈シ ク反詰 セラ レテ 「座ヲ 立 チテ、 急 ギ出デ 

テ、 馬ニ槳 リタ マフ 二、 云云、 sr' 頻 リニ 蹈ミハ ヅス、 I 

コレ ヲ世ノ 人、 孔子た ふれ スト 云フ ナリ」 源、 廿四、 

胡蝶; \TSH ノ山 ニハ、 くど: のた ふれ」 古本、 義經 記、 

五、 吉野落 ST 辨 IT 川 ニ陷ル 「過チ ハ常ノ 事、 くゼ S 

た ふれ 卜 申 スコト 候 ハズャ 、ト 狂言 ヲゾ 申シ ケル」 

く の-やく (名) ー鬮役 一孔 子役 一 〔孔子 ハ、 

鬮ノ當 字 ナリ〕 室町 幕府-一 テ、 評定 始 

メ アル 時、 評定 ノ 發言 スル 人ヲ、 g 取 一一 

テ定ム 、其 翻 ヲ出ス 役/人。 (禽 丈雜 記、 

E.^^zs 室町 日記、 二、 蹈 安五 年 十一 HJ 廿 

二日 「御 評定 被 11 始行 t 之、 云云、 m 子、 飯 尾 右近 將監」 

同、 六 年 十二 HJ 十二 日 「御 評定 始、 云云 、孔子、 誕方左 

近 將監」 (同上) 

くし-ば あ S 一 . クシ, ケ。 梳 ル具 

ヲ g レオ ク 厘。 梳匣 吾 ga 、十八、 元 久ニ年 

三 SH- 六日 「扇 三十 六本、 Si 箱 等」 

クシ- ハ ライ 

j くし-はら ひ (名) 一 ま1 SS ノ齒 一一 タマル 

髪 ノ垢ヲ 、拂 ヒ去ル 刷子。 梳帚 天 冶 字 

鏡、 十二 g 「刷子、 久志波 良 比」 

一く しび (名) 國ー クシ ビタル コト 。奇シ 

キコト ^*1-德;^、大化ニ年八111;「苠物之内、人是最 

クシ ビ Kf 

き 

くし-ひき (名) S 櫛ヲ、 挽キ 造ルェ 

AO 七十 一番 職人 合 (文 安) 四十 二番、 櫛 引 「先 

ヅ、 是 レバ カリ 挽 キテ、 薛 ノ目ヲ キラム」 

く. せ?, びき (名) 画引 一 く. 士 1 どり 一一 同ジ。 

鬮ノ 條ヲモ 昆ョ。 

ク -シ ユウ 

く-まふ so 一;^ 集 一 俳諧- 發 句- /書。 欲 

集、 詩集、 ニ對ス 「苗 lffisa」s お 句 **」 



くし,! 5 一と 



くしん 



くし •Jlv ブル. プレ ふふ. ビョ (自動、 上 二) 

则ー 〔奇 しノ折 £-ft ぶる、 鱧ぶ る〕 ふ 

シキ狀 十リ。 クス シ。! « 妙 ナリ。 古事 

K ,上 frmft 之 高 千 S 之 久士布 ««」 丹 後 K 土 

秦佐 ls、 石 天纖立 rs ノ御 a マス 圊ニ 、仆レ 伏 

シキ, « テ,! SJ1 シ ミ、 久 m 鶴 マ シキ」 

く-. あ ふ-く-わう, MS (2 一九 十九 王子 一 ^ 

三 所 權現ヲ ft ョ。 

く. まふ だ i Iw^l 画 トシ テ用 キル 札。 

く- >? § S ef* ノ匿- 結 S 

ノ B 後 二. g ヲ W 二 シテ * コ レ -ー,宅ヲ^^ 

キ テ結ヒ クル モノ RI6SSW「*«IB 中、 

地 內ノぉ * 茶 B 二 、sa お 六 トテ、 名 M- ノ女 ァリ、 

te- 一 S ビ!? ーシ タリ、 上手-一 テ、 SB ヲ逆シ マ-一 #キ 

コミテ sit ケル、 くし «ト 名 付ク、 此 マネ ヲシテ 、江 

5L 中ノ 女、 E フコト トナリ タリ」 

くレ みたま (名) I 夼御魂 J あらみ た まノ 

條ヲ ョ。 

く- *„- ん § 一^一 ™ !-ク 、心ヅ 力 ヒス ル 

n ト o、;J 痛 «8*、1«!!!!&..以ー.知3«-5->治*-、 

無お」 

く-あん § 8 辛苦-一同 ジ。 杜 -sts 

く- V ん (名) 3 a- ノ名。 クララ。 

ぐ-あん § HM 、事情 ヲ記シ テ- 

上申 ス ル コ ト。 具 狀。 

ぐ-. あん (<5 _s ォ B カナ ルヒト 。ァ 

ハウ." パカ モノ go 廿 STS!_« 

人 之 ISSBJ »鼸 、小 Srs 弓 之 什、 gs8,SEB 疆 

人-, il 鼴」 

く ん-あ < 名) 81 苦 根 汁ヲ雜 

ゼテ ffi キ * ル紙。 苦味 ヲ 以テ- s 食ヲ 

防グ コト、 紙ノ 如シ- 阿波 S 一一 テ、 



くしゃ 



明治 以前 マデ 製出シ タリ ト云 フ。 f 

«1 式、 造抵 「苦«- 一斤 五 《: 

クシ ャ ("S s_ く * つ あ"、 三俱 舍宗) 

ヲ見 

ぐ-ま ヤ i ォ II カナ ル モノ。 ァ 

ハウ では 人 中 ersw 不, 及 也」 alsTSHSSK 

ITKW 、千 S 必ぉ 一一 一得 一」 S 歩 色 ffis~「_»<«」 

V-Mr- つ (名) 一 n 一 (一) クタ タビ。 三) 

キン マ"" 

ク -ジ 3 ゥ 

つ (名) 一公 諝 I 宫 命-一因 リテ、 講論 

ヲ 請求 セラ ルル コト。 コレ -1 出ゾ 々僧 

ヲ、 公講 僧ト 云フ。 i 、内 供奉- ナドト 

同 ジク、 链 名 ノ如シ 平家物語、 二、 座主 流 * 

「天台 ffi 主 SS 大 SB 正 、公 親ヲ停 止 セラ ルル 上、 云 

云、 S 持 M ヲ改 セ ラル」 著 EST 二、 ser 千 ほ 内 

供へ、 BISi ノ人 一一 テ、 公 額 一一 モ 從ヒケ り」 

ク .ジ 3 ゥ コト 

く-. ぁャぅ (名) Ml 雜 成ナリ トス ル事 

so 不平 ノ心。 「苦 S ヲ a. 立ッ」 

グシ 3 ゥ . 

ぐ-ま, つ (名) E 具 股-一同 ジ。 

マ、. ーン" <^ 1_ . ンン i 

く-ち t ャぅ (き b& 具申 ノ文 害。 

ク .シ m ゥ -ジ ン 

く-あ,? V ん (名) 醇生; a ®K 二、 人 

ノ生 ルル 時 ヨリ 附キ添 ヒテ、 其 tl 惡ノ 

所業 ヲ記ス ト云フ 、男女 ノ 神/名、 男 神 

ハ 、左 肩 二 ァリテ 、善行 ヲ記シ 、女神 ;. 、 

右 肩- 1 ァリテ 、惡 業ヲ錄 スト 云フ。 無 S 

壽ぉ、 #1, 人 初生 S 、二人 砷 在-; 左右 B8 ハ 云云、 人不 k 

i 神、 神兑 * 人、 不 ; P 一 其 赛錢 一 是曰 lain 

S 一 ; お 曲、 松 山 are; 官、 怒リ ヲナシ タマ へ バ、 KiH 

; W. めギ、 twas ヲ兑セ ョトノ 仰セヲ « リ、 云云 ,披 理 

ノ 鏡 ズ « キ面 W 二、 引 キサゲ 、引 キム ケ、 ァレ 見ョ、 

gwl ーテノ 科ョ、 云云」 

クジ 3 ゥ. ゾ ゥ 

く. お ャ-? ソゥ § k ム il く^..、,' (公 



くしゃ 



講) ノ條ヲ a ョ。 

く-. まャ- つ-に 3 らい (名) 一久 成 如來ー 〔久成 

ハ、 久遠 成佛ノ 略〕 本 地/如 來。 垂 跡- 

權化 スルヲ -斩成 如來ト 云フ。 

ク. * ショウ- ムジ 3 ゥボ ダイ 

く- ¥£ャ う,. sirn ャぅボ ダイ § isl 

tl 〔無上 菩提 トハ- 正资、 卽チ、 佛 

梁ノ n ト 十リ〕 佛果ヲ 成就 セ ム n トヲ 

求ム. =* 秋 夜: & 物 1™ST 五! g ヲ 地ニ投 ゲテ、 一 心 一一 :!^ 

ヲ致 シテ、 道心 ゾ、 く 〔ャ うむ Vi ャぅ ぼだい トゾ 

新り ケル」 

く- チ 1 ャく (名) 一 劉 一 〔拘へ 惜しむ ノ義〕 

庇護 スルコ ト。 (il 倉 時代 一一 テ、 文書 *記 

錄、 等-一記 スル 語) 

く- ャく § ー剥 一 又-く ざく。 鳥ノ 

名、 熱 國ノ產 • 舶來ス 、雄 ハ 、 形、 長大 一一 

シテ、 高 サ三四 尺、 羽ノ色 、五彩-一 シテ、 

美 胺ナリ . 項 二、 三 四 寸ノ, 綠ナル 長キ羽 

ァリ、 尾、 甚ダ 長ク、 其 羽ノ端 二, 金色 一一 

シ テ!? ナル、 珠ノ斑 ァリ、 use ヲ披 ケパ、 

大ナル ias ノ如ク -1 シテ、 最モ美 ナリ、 

然 レドモ 、頂-尾 ノ 羽-共 二 、大 毒ァ リ ト 

云フ, 雌ハ、 母 鶴/形-丁 ンテ. 大 キク . 尾. 

短ク、 ttj ナシ。 IK 苑 「君子お * 口、 孔 *1 愛"!??】 ffi 

古お、 六 年 八 H; 「新 arf? 孔 Kls* こ 笺注 SS 名 ST 

七-一 「孔 、俗 云-; is 尺 一」 (下お 本 、作-; 宮佐久 こ §: 尾) 

端^ 一寸! STfSii 之 a 毛 こ 宇 律 保 物語、 お S 、上 一-一一 十 

「お 舞、 云云、 右近 ノ « ヨリ、 く ざく ヲ出ス 、云云、 W 

りモ、 折レカ へ リ テ舞フ -1 」 雅亮裝 束抄、 二 「< ざく 

ノ圆ヲ 、イロ イロ 二 W キ J 

クジ ャク -ガ ィ 

く. まャ く-が ひ (き 一孔 雀 貝 I 〔殼/ 色- 孔 

雀ノ Eg ノ珠- 一 似 タリ〕 介ノ 名、 穀ノ ffi. 

尖 リテ、 g 面、 綠色 一一 テ, 光ル。 ゥグ ヒス 

ガヒ。 

M くし ャ- くし ャ -副> 〔くたくた, くち くち, 



くしゃ …: くしゃ I < 

ノ轉 (消ち, けし。 縮む、 ちぢむ) 其條ヲ 

見ョ〕 (一) クチャ クチャ。 紙ナ ドノ >甚 

シ ク紘ミ タル -ニ1^フ語0 「K 越ガ、 くし,. く 

し ャ-ー ナル」 濡レ タル -1 ハ 、濁音-一 , ぐし ャ 

ぐし ャト 云フ。 名詞-一- ぐし "ぬれ ト云 

フ モ、 是 レナ リ。 (二) 轉ジテ 、思 ヒ亂レ 

テ、 堪へ ラレ ヌ-ニ H フ! r 「胸 ガ 、くし ャく 

し ヤス ル」 

•t ぐし ャ- ぐし ャ i) 前 條ヲ見 ョ。 

く. まャ く-せき (き 一 孔雀石 一 〔孔雀 ノ尾ノ 

珠ノ 色. V 如シ〕 いはろ くも ャ、. 'ノ、 上品 

ナルモ ノ. 蝦 g ノ背 ノ如キ 凸凹 ァリ、 鮮 

綠-了 ンテ- 光ル。 (綠靑 ノ條ヲ 見ョ) 蜋 

嫫 背石綠 

く-ォ"; ャ く-に-けん (名) I 九 尺ニ閒 I 〔長屋 

ン內ヲ 、間口、 九 尺 、奥行- 1 ー閒 一一 仕切 リ 

々ル 家〕 極メ テ狭キ 家。 下等 民ノ 住家。 

クジ ャク - i ヨウす ゥ 

く. まャ く-み ャ うわう § 一孔 雀 明 王 一 佛像 

ノ、 孔雀 ノ上ニ 駕スル モノ ヲ岡 ス、 msc 

-I シ テ 、蓮華-具 緣果、 吉祥 菜- 孔雀 羽- 

ヲ恃ッ 、释迦 ノー 變 ナリト 云フ、 此 $: 

ノ神呪 l^ 說ケ ル 經典 ヲ -孔番 經ト云 ヒ - 

眞言 宗 -I テ、 此佛ヲ 木 ® トス ル 修法 ヲ、 

孔雀 明 王法、 又, 孔雀 經法ト 云フ。 著 M 

«、 一:、 Bs「sas7 寺、 云: K 、金 s__7.5 ハノ 通©ノ 御 

a- ノ 中二 、金 S 一 探 手 4!. ノ孔 «~ 明 下 ■« 一 M ヲ 通メ 奉 

ん」 asKGr 廿八、 役 行 *£* 「孔 明 王 ノ法ヲ 行ス 

,J コト、 三十 餘年ナ り」 

クジ ャク i ヨウ ォゥ -ノ- ホウ 

く. まャ くみ ャぅ わう-の-ほふ § お 雀 明 

■ 前條 rrf 。 — 

クシ ャ- まュう (き null 〔くえ-つ 

梵語、 阿 S (對) 達 法 (法) 俱舍 £) A 一き- 

dhe.Ba.k63a. ノ略〕 佛敎 八宗ノ 一 。 世 



親 菩薩 ノ -5^舎論ト云フ 經ヲ听依ト ス 、 

奈 良朗ノ 頃、 僧 玄昉. 人唐シ テ傳へ 來テ, 

@= 道 セリ, 小乘敎 ナリ。 略 シテ、 く ぁャ。 

くさ 枕 草子、 六、 五十八 段 「經ノ S ヲ讚ミ 、くさ 

ノ W ヲ、 少シ a ヒヅ ヅケ」 今 鏡, 上 、花 H のに ほひ 

「くさ 頃 ナド、 S ク is, マセ タマ t テ J «sap 。、五、 SB 

ssrel 一 血 KIBTa 舍、 成 性 相 ヨリ、 法 ra、lK 台 

ノ Bsas ヲ a.*-. 一 

<$.s (名) 一公 事 宿 一 江戸時代、 地方 

ヨリ、 江戶 一一 出デテ ffi 訟スル 者 ノゅ 定宿 

トセ シ 旅 店 > 江戶、 馬 喰 町 一一 多 カリ キ。 

く- *"i ャ-み (名) lii くさめ ノ轉- 其條ノ 

(二) ヲ見ョ C 

く— ポュ (名) ml クチ クッシ。 事 ヲ-文 

書ニテ ハナ ク、 言語 二 テ、 傳へ授 クル コ 

ト。 口 _*。 »s、t8-ss 「口 I; 授 弟子 一 弟子 返 而 S 

V-Vt ュ <名) 一 口誦 一 口-一言 フコト 。言語 

ニ誦 フル n ト0 後 通 Bl、aB 賜據 「口 «=_s* 之 

aK 身蹈 = 絕俗之 行 こ 

く-. ^ーョ (名) 一^一 所。 PS li 訓 往夾、 

八 §■ 公所 出仕、 諸亭 之 SBB -」 

く-ま ョ (名) Is 區分シ 、處置 スルコ 

く ilfi ョぅ (名) rsffl ク チヅ カラ、 念 W ヲ 

稱フ ル コ ト。 榮花 語, 廿五、 ffia; 一 阿 aK ノ B- 

ノ、 南無 阿 翻 陀佛, sffiHaK 佛卜、 口 新遙カ 二 、SK 

ゥ チア ゲタ レバ」 

^:ぐしョ-ぬれ (名) くし ャ くし ヤノ 條ヲ 見ョ。 

一く しり § 翻 くしろ ノ條ヲ la ョ。 

一く じ S- (き 一 11 物ノ結 目ヲ、 抉リ テ解ク 

具。 雜ノ如 ク-シ テ、 角, 象牙、 ナ ド -ー テ 

作 ル"" 键 e 名 妙、 十五 *"»a_ 具 ng 、角 s 端、 _3| 一 

ws.-tss 也 "玖 之 利」 



くしゃ …: くしり 



一く-じ • る. ル. レ. ラ. リ. レ (他 jr 四) 一 〔刳り 

蹂るノ 略 力 (鐫り 刳る、 ゑぐ る。 國栖、 

くす。 土師, は V し 掘す-一通 ズ〕 穿チ、 

エグル。 コ ジル。 字 鏡 J 「刻、 久 自利 菜留」 名 

as 抄 「掘、 ゥ ガヅ、 クジル 、ク ジル J 1* 類抄 「抉、 ク 

ジル、 抉 k 眼」 

一く しろ (名) 麵 I 〔字鏡|ー「釧、久自利」.^ 

ァリ. (天 治 字 鏡、 同ジ) 幾る ノ 名詞 形、;;. - 

さり ノ轉 ナルべ シ (手 節、 腕。 石 子- 沙。 

禮 代.' ゐゃ V- り。 被髮, 童 W) 玉 剁、 手 

玉 • 肘 玉. ナド云 t 、履 中紀 一一、 手 鈴ナド 

モ見ュ レバ, 玉、 又ハ. 鈴ヲ親 リツ ケ タル 

ガ元ナ ル 名ナラ ム 、正 額 「釧、 隔編 切」 設 

文 「臂環 也」 倭名抄 、十五、 晨^ 耕具 「、加 

奈 加岐」 (鐘 爪ノ合 字、 熊手 ナリ) トァ ル 

-ー ,又「 一 云 二 久之呂 一」 ト アル ハ , 別 二 、釧 

ノ 增畫 字ナ ル、 輒 アルト 混ジ タリ (萬 葉 

集、 一 li- 一、 標ノ 字ノ上 一一、 ー點ヲ 加へ、 

同卷, I、 攛ノ 字-ニー 點ヲ 加へ タル ナド 

ァリ: -离葉 接 一一 「玉 ト アル ハ、 金鈕ノ 

合 字 省 畫ナリ (字 鏡, 一、 紉ト ァリ) 舊本 

古事記 二 「玉 釵」 トァ ル ハ 、其 變 體 二 テ、 

S. / 教類) 萬 葉 接 一一. 「き. 著」 ト アル ハ、 

其誤寫 ナリ〕 上古、 臂ニ纏 キテ、 飾リト 

シ タ ル輪ノ 名。 多ク ハ 、左 宇ナリ シガ如 

シ。 又、 くしり。 古ク ハ、 多ク、 小 玉、 小 

鈴ヲ、 ッケ タリ。 字鎮 1「s 、太 万 支、 又、 久自 

利」 s 本、 古 、下 「女 鳥 王 、所"! 8= 御手-之 玉 SJ 

_ss 集、 一 *「s 著、 手 SS 乃 崎」 お、 九 g 「吾妹- ハ、 

久志呂 一一 ァラ ナム、 左手 ノ、 吾ガ奥 手-一、 班 キテ往 

ナマ シヲ」 同 、士ー _sr 玉 叙、 卷キ薛 ル妹乇 、ァラ 

バコゾ 、夜 ノ長ケ キモ、 B シカ, i べキ」 ま 注 g 名 SV 

五 £±.«!、 久 之路」 倭 名抄、 八, sr. 備中國 、下 S 郡、 釧 

代 IT 久 之呂」 (地名 ヲ 二字 トス ル制ニ a リテ、 «ノ 

字ヲ 加へ タル ナリ) s 昭ノ袖 中抄、 十七、 くしろ 「内 



< しろ 



典 - 一 ハ 、在 一 a 上 I 名, sr 在- 臂 上-名, 一 

i くしろ-つく (枕) 一 〔前 條ヲ a ョ-釧 

ハ、 腕 頸 一一 ッ クル モノ ナレパ 、手 節 二 力 

カル〕 手節ノ 枕詞。 tssm 、一せ 幸.? 一-伊勢 

S 一時 IKTffl 著、 手 IS ノ崎 二、 今 モカ モ、 大宮人 ノ、 玉 

藻刈ル ラム. 、, 、勒ノ assr 前條ノ 語原 ヲ見ョ 、手 

節ノ 崎ハ、 國、 答 志鄉二 ァリ ) 

一く す (名) 國 〔くすり ノ 下略. 藥師. くす 

ま。 作 田、 つくだ。 飾 FT かさ, たち〕 

くすり 一一 同ジ、 專ラ、 熟語 ニ用キ ラル。 

タス, ノ クス ドノ クス tl マ 

「藥 師」 藥 殿」 藥 玉」 

一く す (名) 國 くすのき ノ略、 其條ヲ ICR 

一く • す (動) 一 屈 I 屈す (自動) ノ條ヲ 見 ョ。 

おく, す .ス. セ-サ • シ-セ (他動、 四) 函ー 〔おえす 

ノ轉 ナル、 おくす ノ 上略、 ぉビ ける、 ビ 

うはる (だ、 つ: る)〕 I? ス。 ョコス 。來 

ス 馬 喧ノ趣 ト云フ 者、 債ヲ ム.^ 苦 「金 三兩、 馬 

代、 右、 馬 代、 くす 力、 くさ ヌカ、 コ リヤド ゥヂャ 、くす ト 

云フ ナラ、 ゾレデ ヨシ、 くさ ヌ ニッケ テハ、 己 ガ行 ク、 

行 クニ ヅケ テハ、 只 ォカヌ 、趣ガ 腕 一一 ハ、 骨ガ アル」 

(洋洋 瓧談、 十四 SS) 

くず (名) 〔くす 葛ト云 フガ、 正シキ 

ナ ル ベ シ 、大和 本草、 六 「葛粉 ハ 、吉野 ョ 

. リ出ヅ ル モノ、 最 モヨ シ」 本草 綱目^ 蒙, 

十四 「葛粉、 城 州 一一 テ ハ、 和 州/ 芳 野葛ヲ 

? t< 4 ^ゾラ 

上品 トス」 トァリ 、國栖 葛 ナルべ キカト 

云フ、 イカ ガ〕 (一) { クズカ ヅラ。 宿根 

ノ 蔓草、 山野 一一 多シ 、豆 ノ類 ナリ、 春、 生 

ズ、 葉 パ 、互 生シ テ、 圓ク 尖リ、 一 蒂 二 三 

葉 二 シテ、 ふぢ まめ-. 又 ハ,、 あ づき ノ葉 

一一 似 タリ、 蔓ト 一一、 褐色 ノ vfTl、 多シ、 

秋/初-梢 ノ 葉ノ閒 一一、 花德ヲ 出ス、 三 

五寸 一一 シテ、 垂レ、 豆ノ 花-一 似テ. 紫 赤 



くす 



ナリ、 後 二 、莢 ヲ結ブ 、も, ろ まめ 一一 似テ、 

狹ク 藩シ、 實、 食フべ カラ ズ、 蔓、 甚ダ强 _ 

ク、 ふぢが うり、 又ハ 、 葛柘ヲ 製シ、 又、 

根 二 テ、 葛粉 ヲ ,ス。 (各條 一一 注ス) *s 

^、八 1st 秋 野ノゼ 種 花ノ .MMlKn 秋ノ花 、尾花、 

花、 薛子ノ 花 、女郎花、 又 薛搭、 朝顏ノ 花」 同、 十四 ^ 

「久受 接名抄、廿^;ーぉ!^「^«、久須加豆良」 名 SiS 

抄 「葛、 ク ズカヅ ラ」. ^ニー) 葛粉/略 (三) 葛 

歸ノ 略。 (四) 葛布 ノ略 G 

一く-す (名) 一^ 栖ー くにす ノ條ヲ tiR ョ。 

一ぐ .-j;? スル. スレ. セ. シ -セョ (自動、 左 § ー& 

〔字典 「具、 與ゾ倶 通 匕 (一) トモ ナフ。 連 

レ 立ッ。 件隨 大和 钩 語、 中 「此在 次 君ノ、 一 所 

二ぐ しテ知 リタ リケル 人、 河國 ヨリ 上ル トテ」 夫 

木抄、 八 「3 水 一一、 资ノ 影ノ、 E ゾ S フ、 我 ガ魂ャ 、行 

キテ ぐす ラム」 (二) ッ レア フ。 ッレ ソフ。 

配偶 枕 草子、 五、 五十 段、 くち をし きもの 「イミ ジ 

ウス ル人ノ 、孑 生 マデ、 年頃、 ぐし タル」 

ーぐ* す. スル. スレ .セ. シ. セョ (自動、 左理) 一具 一 

〔廣韻 「具、 備 也」〕 ソナ ハル。 ソロ フ。 

具備 宇津 保 物語、 藏開、 中 ャ 「人ヒ 卜 リー 一因 リテ、 

父母、 兄 弟ト ぐし テ at クハ、 イク ゾ パク ノ人ノ 

ナゲ キゾ」 

ーぐ* す- スル i レ-? シ -セョ S 動、 左 趣) 一具 一 

〔前前 條 ノ語ノ 他動〕 トモ ナフ、 引キ連 

ルル。 具足 ス。 携帶 源、 S 、タ g:. 一 +T 隨身ヲ 

ぐし テ、 出デタ マフ」 山家 集、 上 「モロ トモ 二、 我レ 

ヲモ ぐし テ、 敢リネ 花、 1® キ世ヲ 跟フ、 心 アル 身ゾ」 

一ぐ • す. スル. スレ. セ. シ. セョ (他動、 .§1) 一具 一 

〔前前 條 ノ語ノ 他動〕 ソ ナフ。 ソ n フ 

ル 陳 源、 十五、 荡 iH む 「^髮 ノ落 チタ リケル 

ヲ 取り ァヅメ テ、 髮 ニシ タマ ヘル、 云云、 厘 二 入 > 

テ、 昔シノ lis 衣香 ノ、 イト カウ バシキ I m 、ぐし テ賠 

フ」 落 窪 物語、 四 「 ハ ャ ハ ャト、 K 、紙、 ぐし テ资 メタ 

マフ」 

くず-アン (名) I 葛& 〔あん (薛) ノ條ヲ 



くす あ 一 あ 



く 害 



くす す 



くす に …: くす の 



::?〕 料理-一、 油-一、 少シノ 砂糖 ヲ加 

へ テ沸カ シ、 其%- 一 二倍 ノ煮 出汁 ヲ マ 

ゼテ. 父, 沸シ タル 時, f ヲ水 溶-一 シタ 

ル ヲ流シ コ 气 どろどろ ニナ ル ホド 3^ 

リタ 1- モノ。 或ハ、 かたくり 粉、 わらび 

の 粉 二 テス ル モア リ、 食物-一力 ケテ用 

ヰル。 略シテ ,あん。 「あん カケ "ほ」 あん 力 

ケ鱺 鍵」 tin ヲ、 少シ用 キチ、 稀將ー 一 

シタ, ?ァリ - n レハ、 ソノマ マ、 肉 菜ヲ 

人 レテ、 汁物 トス、 お あん ト 云ヒ. 略 

シテ *、 つす くす ト云 フ。 「冬瓜 ノラす くず」 

ケズ c ズ-フ . 

"くず. かづら (き 私ノ 條ヲ: ョ。 

(名) S くす ねり ノ條ヲ a 

ぐ 4- く (名) 一城 一 〔御宿ノ<^::轉ナリト云 

ヱ? sir お^) 敬稱 ナリ〕 沖 g ニテ, 城。 

r 中 SL 靈 &M」 

-m) 〔あそす: そ ノ搏、 す: そぐ 

る、 くすぐる〕 忍ビテ 笑フ整 ニ云フ gso 

「くす くす >K フ J 

_^<?-^.^-^ § 一^一 〔くすぐり^2 

しノ約 糖: あれ-たい、 くち はば. - たい〕 

す: そ は ゆし ノ條ヲ ョ。 ク スグラ ルル 

^ジ -tS シ。 

<,\».</.る ん- レ.? リニ (他動、 E) 一 g| 〔すい 

そぐ る ノ轉〕 ( 1 ) あそぐ る 一一 EI ジ。 

(一;) 俗 二、 m 棵ヲ教 シテ、 人ヲ笑 〈 ス。 

<1 (名) S « ノ根ヲ K キ、 水-一 

シテ、 汁 ヲ樣ミ 出シ、 K、ls シ、 ffir 水 

1^ シテ 取レゃ 粉-色- i£ ダ a ク、 お m 、其 

外- 多 シ-尺 和 ノ士: :&; ノ產、 モ上 ui 

ナリ、 野 《ト 云フ。 



くす-さ うめん (名) 1^ 索 一 ^^一一 同ジ。 

; くす- タめ § S 〔くすり あノ 略、 其 語 

原 ョ:^ ョ〕 乂、 くすり *r 病 ヲ癒ス コ 

トヲ業 トス ル人。 震。 師。 i 尤恭 

お、 三 aint,?s 、求 お I 一新 SS こ 明お、 十 

四, 年 六 nrB 博士」 孝 徳紀、 白 雉: 九 年 mar 大山 下 

«.^RM. ?>c 妙、: IJ^HSBTIB 、治お H 也、 久 IR 

之,. 土 佐 日": H 、十:: H: 廿九 Hr.K»Jll トマ レリ、 

フリ C へ テ、 BSS 、白 欲、 洒、 加へ テ持 テキ タリ」 

! くす • し- シ t シケレ • シク -シク (形、 ヨ I 魁 

〔くし (奇) ノー 轉カ、 再 轉シテ 、くす は 

し トモ ナル〕 (一) クシ。 クス ハシ。 奇 

シ。 奇 K ナリ。 希代 ナリ。 SJ お、 廿七、 天 

s.s^s 二 年十 H!、 p,i、 如來 ノ 光「 特 二 久6-之 久^^3 シ キ 

f& K ル コト、 IS マり テ S シ J 同; 廿八、 砷通: K 

元年 八 1«、 詔、 提 srlsa 久、 S- 一お シキ S 、七色、 

招 交り テ、 立 チノ ポリ テア リ」 怒 集、 三れ 筑紫ノ 水 

マ つ トク,' ト V 一- n 

£ ノ砍 キシ ゴト、 -ぉ SH ク、 i<s しく 乇 .神 サビ マス 

力、 (が ソコ レノ水 4^」 (二) 轉ジテ 、常 一一 異 -1 

テ、 マジ メナ リ。 お 法 ナリ。 (くす むト 

云フ励 詞モ、 此せ: §ナ リ) 式部 „si 「我 レハ 

ト、 くす しく、 口 モチ、 IS 色、 コトゴ トシ クナリ ヌル 

人ハ」 枕^:^、 セ、 六十 四 SET 中納 KI ノ君、 ほノ 02 ト 

テ、 くす し ガリ 行ヒ タマ ヒシヲ J 同、 十 1 、百 四十 五 

»r 東 戒ナド 、くす しう スル 者」 宇 冶 拾遺, 二、 第 六 

00 ^シ、 くす しく a$ ム奴ハ 、命モ ク、 〈カバ 力 

シキ * ナシ」 

1くす^\でぉみ § 一 isl 藥師 ノ學ブ 書 

物。 . 宇 雄 aw§ 語、 お S 、上ヒ 「くす えぶ み、 

くす あ-ゆび § 一 藥師指 一 〔古へ. i 一名の メ 

指 ト云ヒ シ ハ、 名ノ 無力 リシ モノ 力、 藥 

指/名 ハ 、室町 時代 -I 起リ シ モノ 力、 古 

へ、 此指ヲ 曲ゲ テ、 藥 ヲ點ジ タリ 、藥師 

如お/印 S ナリト 云 マ 、其 藥師ヲ 、藥師 

ト^ シ タル1^^カ,或ハ、励詞、くすす/ 



名 飼形ナ ルカ、 くすりゆび トー W フ ハ 、 コ 

レョ" 移 リタ ルナ リ〕 古名、 無名の 指。 

今、 くすりゆび ト云フ 、其 條ヲ 見ョ。 無 

指 I sramt^s ほ) 下、 人稳 部、 支 WT 無名指」 (左 

訓、 ナナ シノォ ュビ) t^Ti. 抄 (文明) 十 I * 「無名指 

〈、くす 指ゾ、 四 番 H ノ 指ゾ」 笺注接 名抄、 二ね 十 

「無名指、 »M 親 泡抄、 §Iir, 之久須 之お 比 こ 江 家 

次 ST 一 、 供;; 御藥 |「 典; s^w 供 U 御 藥づ W 云、 Iffit- 千 

癒 * 於 K 金 躍 小器 T 居】: 中 ffi- 供, 之、 云云、 主上 取 i 之、 

以 11 右手 無名指 ハ 令, Sf, 於 一一 掌 一 給」 註 「ま; 右 ffif 四 

£2;是*§ ^師卬 相 也、 仍用 i 之」 

ヽす • す. ス. ?サ ,シ, セ (他動、 E) ー囊 〔藥師 

ノぁ ヲ、 四 段, 活用 二 作 做 シテ、 藥ヲ用 ヰ 

ルま: トセ シ . 中世 /M 二 テ ,假 一一 一一 tr ノ ど ト, 

下^ ノみヲ 、四 段-一作 ル頸 ナルべ シ 、藥 

りヲ、 くす る トス ル ト- 同ジ〕 病ヲ 癒ス。 

ク スル。 十 ホス。 療治 ス 。 醫療 活? 

iS: 節舒 居士 ノ 土 文、 十二 「萎 者、 只 能 SSL 病、 不 J 叱 

ら 古 *„.II§2s«r 上、 子 ©«g 軒 詩 「人 

9! 尙耵 I 肥、 俗 十不, twpsBJ 方術 Esif 伴 信 友) 「竹 田 

法 眠/ M 初心 抄 〈天文 十二 年) 一一、 iss/¥l テ、 治 

^^シ》 シト云 フ^ ヲ、 くす しがた し 卜 S ケ ルガ、 1 二 

?リ」 

ヽすぉ ま (名) S 五 m: 五 In/ 端午 

二 、賠, 沈 IT 丁子、 ナド、 網ノ 玉- 1 人 

レ、 nir 蓬、/ 造花 ヲ結ビ 付ケ、 五 i 杉ノ 

絲ノ、 n:- 尺 許ナル ヲ垂レ タル モノ。 柱 十 

ド 二 掛ケチ 、不 S! ヲ怫ヒ 、邪氣 ヲ避ク ト 

云フ。 is 長命 總 又、 玉 一一、 五彩 ノ 

絲ノ ミ添 へ テ、 身-一 モ鎖ク 、後ノ 掛香ナ 

リ。 ^ 後お、 十九、 嘉祥ー : 年 五月 五日、 Bje 「五 SJ 五 

日 二 、!^ 玉ヲ S ビテ、 酒 飲ム人 ハ 、命 S ク、 SI ァリト 

ナモ ス、 故、 是ヲ 以ラ、 藜 玉賜ヒ 、御酒 賜 ハク 卜宣 

ル」 枕 子、 111、 廿三 asT 后 営 ナドー ーハ、 ほ SB ョり、 

御 くすだま ト亍、 色色 メ ヲ組 ミサ ゲテ、 ラセ タ 

レバ-御-軋 立テ タル 母您 ノ柱ノ 、左右-一 ヅケ タリ」 

、す-どの § _i 



又、 くすり どの。 



禁中 二 テ、 典 藥寮ノ 侍 ®、 等ノ 候ス ル 

所 G 江 家 次第、 一、 供 一 i 御藥ー (正月 ® 蘇) r 藥 

云云、 御 ES 子 所 お 御 子、 御酒 ir? 於 一 i 藥 

殿つ K 云、 内典^ 人、 侍 aai%、is? 一一 申 御ぉハ 云云」 

賜 外 「a!fK 、ほ 華 門 is 腋」 81 古 取談、 一 、王道 后宫 「く 

すり se ノ御 子」 

くず-に (名」 S 肉、 菜、 ヲ煮 テ、. ^溶 

ノ^^!?粉ヲ加へ タル モノ 

: くず-ぬの (名) ml くす ふ ノ條ヲ 見 ョ。 

一く す-ね S S 〔くす ねり ノ 下略 (項 

後、 うな、 宋。 主 水、 もん >」) 常 字 二 、鼓絲 

弑ナド トモ 書ス ルモ、 腰 鼓ノ緒 一一 モヒ 

キ タル モノ 力〕 松脂 一一 油ヲ交 ゼテ、 煮 

テ 、煉リ タルモ ノ。 絲、 釣钩- ノ絲ナ 

ド -I ヒ キテ、 强ク ス o( てぐすね ひく ノ 

條ヲ 見ョ) 古お 談、 四、 勇士 「應 刀/柄 一一、 くす ね 

絲卷 キタ, T 脇ッポ ニサシ J 名 Jig 妙、 尸 f 天 矢, 

ク スネ」 「お、 クスネ J 運 歩 色楚集 「天 子、 クス 

ネ J 狂 g 記, 松 接 「松 脂ヲ、 くす ね 二 煉 リマ シ 3」 

くず-ね り § 一^一 葛粉 ヲ 水-一 溶キ、 

砂糖 ヲ 加へ、 煮テ、 固 ク煉リ タル モノ。 

クズ モチ。 コレ ヲ切 リテ、 うん どん ノ如 

ク製ス ル ヲ、 葛 切、 父、 葛 索麵ト 云フ。 

一: くす, ねる-ネル • ネレ • ネ-ネ • ネョ (他動、 下 二 

ー!!&ー 〔くす ハ、 あそ あそ ノ轉 (くす く 

す 笑フ) ねる ハ、 たばねる ノ ねる 十 ドノ 

意ナ ラム 力〕 竊 一一、 掠 メ盗ム 。(東京 卑 

8 Si 世 床 (W 化、 三 5 1 一 61、 下 「音/ シネ H ャゥ 

二 、くす ね テ食フ ノダノ 」 

;く 1? の. き § 面 〔奇 しき 木ノ 意-一 テ、 

香ノ高 キー 一就 キテ 云フナ リト- 云ヒ、 或 

ハ、 年 久シキ ハ、 化石 トナル 二 就 キテ云 

フナ リト 云フ〕 喬木 ノ名。 略 シテ、 く 

す。 葉ハ、 圓 クシ テ, 頂, 尖リ, 互 生 シテ、 



冬, s マ ズ、 春、 新 葉 ヲ生ジ テ, 後 一一 <i 

ハ 落ッ、 夏、 小 サキ花 ヲ開ク 、白ク シテ、 

黄 ミア リ、 後-一、 小 サク圓 キ實ヲ 結ブ、 

秋-一至 リ、 熱 スレパ 黑シ、 窗ョリ 螈ヲ採 

ル -幹ノ 心、 赤 黑シ、 全體, 殊 一一、 根 二 、漳 

腦ノ香 氣高ク 、煎 テ、 漳腦ヲ 取ル, 村, 堅 

クシ テ、 老 イタル ハ、 木理 亂レテ 美シ、 

たまもく ナド呼 ビテ、 種種-一 用キ ラル。 

樟 心 ノ赤黑 カラ ザ ル モノ ヲ、 やまく す 

夂- いぬく すト 云フ。 楠 字錢 r,5」? 十 

「_r 久須乃 木! 本 箪和 名、 下-一 「楠 材, 久 i™ 乃歧」 *^ 

名抄、 廿 3! 木 、久須 乃 木」 祌《紀 、上ん 「根提 船」 

ク スノキ - リュウ 

くす の. IKKy つ (名) 一 楠 流 一 兵法 ノ 一 派、 

摘- ± 成ノ戰 法ヲ 傳フト 云フモ ノ。 

くず-の-そ-つ (名) 圓 wil 〔國栖 ノ條ヲ 

見 ョ ;- 大嘗贫 、其 外、 諸節會 、吉 野ノ 

國栖 人、 赛 S シーア、 歌 笛 ヲ奏ス ル コ ト。 

國柄 人ノ窓 賀ス. ル コ ト、 夙ク絕 H テ、 伶 

人-代 ハリテ 、古風 ヲ奏ス ル n ト トナリ 

テ、 ナホ、 阈栖 の奏ト 云フ。 g 内 * 式 「凡、 諸 

節食、 吉野 858、*? 御 SK 奏 1 一! gs; 毎 節 以= 十七 人 1 

定 larH 栖十 二人、 笛ェ 五 人」 江 家 次第、 一、 ー兀 

日 ssss 奏-! こ sirs 一一 承 明 s: 外ー奏 k」 

くず-の, は i S くす かづら ノ 葉。 

風 一一.^ カルレ パ、 殊 一一 s ル - 一因 リテ、 和 

歌ナド -ー、 多ク つ 人 ieKlsK 意-一力 ケ 

テ云ヒ 、葉ノ S ヲ 見る 二 因 リテ、 恨み. S 

序-一 云フ。 sgesr 四、 秋、 上 「山 su 、くずの 

、つらば ヲ、 吹キ 力へ ス、 風ノ氣 色-一、 秋 ヲ知ル カナ」 

玉 Ks~、 十四、 雜、 一 「秋 a ト 、契 リシ 人ハ、 力へ リコ 

ズ- < ずのうら ぱノ、 SS 枯 ルル マデ」 古今 «、 十五、 

S 、五 「秋 S ノ、 吹キ うら 力へ ス、 くずの はノ、 うらみ 

テ乇! re ラメ シキ カナ」 中納 3 物語、 二 「忘レ 

ズョ 、くす の 下 楚ノ、 下 B ノ、 うらみ ヌホド II、 音ヲ 

SS カセョ J 



くす の …: くす の 



くず-ば かま (名) B_ 葛布-一 テ作 リタ 

ル 著 raa 、十、 馬 «T 白 キ水干 二、 S ばか ま」 

81 松 曰 1K- 十七: 箱 、白- S 、又, 附ヲ 用ュ、 一 日 喑|ー 

ハ、 末 SS 二 乇 S メル ナリ、 水 干ノ下 二着 ル モノ ナリ」 

タス- ヮ • シ — 

くす-は • し- シ キ-シ ケレ. シク • シク (形、 二) ー奇ー 

〔奇 しノ 一 轉 (いたし、 いた はし。 いもが 

し、 いそが はし) く はし (微妙、 精細 .一 ト 

云 フ語モ 、コノ 中略 ナル べシ〕 くす し 

- 一同 ジ。 希代 ナリ。 奇異 ナリ。 iasr 

十九 15 長歌 「古へ 一一 、ァリ ケルヮ ザノ、 久須婆 之 枝、 I* 

卜 atas グ 、云云」 

くず-び ど (名) -BffiA_ くにす ノ條ヲ 見 

くず-ふ (名) 一 葛布 一 クズ ヌノ。 葛 ノ蔓ヲ 

宇 トシ テ織レ ル布。 蔓ヲ 煮テ、 水 二 浸 

シ、 皮ヲ、 H 亇ヲ績 ム如ク 、絲 トシ テ 娥ル、 

或 ハ 、經 一一 、絹 絲, 又 ハ 、綿絲 ヲ加フ ル モ 

ァリ、 能 ク水ニ 堪フ、 雨 衣 トシ、 袴 トシ、 

r 'スフ 

又、 德ナド 、張ル 、遠 江、 掛 川ノ邊 ヨリ 產 

ズル モノ、 名ァ リキ。 名義 抄 nr クズ ヌノ」 

夫 木抄、 三十 I 、雜 「コ レモ コノ、 所ナラ ヒト、 £ 毎 

二、 くす テフぬ のヲ、 掛川ノ 里」 

くす •J!^. ブル • ブレ *ぺ*ぺ. べョ (他動、 下 二) 一 g| 

〔ふす ぶ ノ轉、 次條ノ 語原 ヲ 見ョ〕 クス 

ォ ガクヅ 

ブラシ ム。 フス ブ。 ィ ブス。 「88» ヲ くす 

ぺテ、 蚊ヲ 逐フ」 

くす るん -レ- ラ •? レ (自動、 四) 一 燻 一 〔ふ 

すぶ る ノ轉、 ふす ぶ、 くすぶ. "ふす ぼる、 

くす ぼる。 くな どの 神-ふな どの 神。 ふ 

ふむ、 くくむ〕 (一) ふす ぷるニ 同ジ。 

フス ボル。 クス. ポル 。ィ ブル。 「薪ガ く 

すぶ る」 (二) 烟 一一 侵 サレテ 、黑ク ナル。 

タス-ボル。 クス プレル 「天井 S ガ くすぶ 

る」 (三) 俗 一一、 鬆 クテ 居ル。 氣ヲ クサ 



くす あ 



ラシ テ居ル 。窓 屈 「田 舍ニ くすぶ ツテ 居ル」 

部 S ニ閉ヂ n モリ、 くすぶ ツチ 居ル」 

くす お, れる. レル. レレ. レ. レ. レョ (自動、 下 一 ) 

一 il 前條- 一同 ジ。 

: 一: くす, ベる (動) 一 燻 一 くすぶ ノロ 語。 イブ 

ス 

くす ほ • る. ル. レ. ラ.? レ (自動、 四) ー氣 〔ふ 

す ぼる ノ轉 、くすぶる ノ 語原 ヲ 見ョ〕 

(一〕 ふす ぼる-一同 ジ。 クス ブル。 イブ 

ル。 (二) 烟 一一 侵 サレテ 、黑ク ナル。 クス 

ブレル。 煤ケ ル。. gs53、 十、 S* 祈 一一 出皇 チ- 

W 明 隨 子モ、 MSB ノ烟- 一 ffi ぼ ッテ」 

クズ. マン ジ ユウ • 一 

くず, んぢュ う (名) 一 葛 錢 頭 一 餅 菓子 ノ 

名。 又、 くす もち。 葛粉 一 一一 對シ、 水 二 

ト, 砂糖 一 ノ 割合 二 接キ マ ゼ 、溫火 二 力 

ケ テ半煉 トシ タル ヲ、 程好 キ大キ ザ-一 

延べ 、赤 豆 餡 ヲ 包ミ、 蒸籠 二 濡 布巾 ヲ 敷 

キ タル 上 一一 並べ、 葛ノ、 水色 ュ透 キト ホ 

ルマデ 蒸 シテ、 成ル。 _ 

くず-み, つ i S 夏ノ飮 水-二 葛粉 

ト- 砂糖 トヲ 加へ テ、 水 ニ溶キ タルモ 

ノ。 心中 刃 J^s 曰 SS 永、 近 K 作) 中 「此 サ デハ、 

シテ、 信 田 森 ノウ ラミ くす 水、 ーヅ飲 シャ」 

くす • む- ム-チ 了 ミ-メ (自動、 四) -質實 一 T 

すし (奇) ノ (二) ノ意 ヨリ 移レ ル語〕 グ (サ 一) 

13 法、 實體 ナリ。 マジ メナ リ。 草 < 正 

保) 「踊 トナ レバ、 常ハ、 くす みタ. i 顏シテ 居 ル人マ 

デモ、 心ヲゥ カラ カジ、 生知ノ 小歌 モ、 シド ロニ 吸 

ヒ」 (» 亭筆 記、 三) (二) ハ デナ ラズ。 * チミ-一 

テア リ。 (装束、 染色、 織 i 、等-一) 宗五 

大雙 紙、 衣装 「人/衣装 ハ、 S ジテ、 若 キ人モ 、年ノ 程 

ヨリ、 チト くす み テ出デ 立 タレ ST 力、 ョク 候」 

\/4_ ん, ご-ぶ (名) Isfj 分 一 短刀 ノ鎧, 



く すん 



通ノ 異名、 長サ - 九寸五分 ナ ルヲ、 制ト 

ス。 高蹈 草子 (室町 時代) a 井 六 ST 九寸五分 /8a 

ど ほし ヲ、 馬 手ノ 協-一 刺シ タリ ケリ」 切腹 ノ時 

__ 用 ヰ ル稱 トス。 永享! sal 群霤. 類從) 「E ノ 

肌ヲ押 シス ギ、 九寸五分 ノ刀ヲ ヌキ」 

V- さ-め-ち (名) lisll 〔大智 度 論 一 

「云、 何 正 遍知, 答 曰、 知ミ苦 如,, 苦 相; 知,, , 

集 如,, 集 相 T 知,, ,滅 如,, 滅相 一 知 „,道 如,, 道 

相 ご 佛敎醉 休 「苦 ハ 、 生 老病 死、 等ノ苦 

果, 集 ハ -其ノ 原因 タ ル惑業 煩悩/積 集- 

滅ハ、 苦 集ノ滅 了シタ ル悟 境、 道ハ、 其 

ノ悟 境-一至 ルノ 要件 タル 修行」〕 佛經 

ノ語、 聖者 ノ 果報 ヲ得ル 法。 

くず-もち (名) (一) 葛 嫌-一同 ジ。 

(一一, -f;!?ss 頭 一一 同 ジ-" 松風 村雨 束帶 S (元 ST 

近 松 作) 三 rste 、皆、 1 ロハ 盒フケ レド」 

くず-や (名) 草葺ノ 家。 クサ ャ。 

カャャ 。茅屋 爲尹百 首、 春 「タへ テ住ム 、心ョ 

イカ 一一、 芽ガ 軒、 力 カルー DJH ノ、 夜ノ舂 雨」 易お ts 用 

集 s»o「ta 屋 一 

くず-ゆ (名) t 葛粉 一一-砂糖 ヲ 加へ, 

熱湯 ヲ注 ギテ、 淡 ク溶キ タル モ ノ。 

くすり (名) ー疆 〔接 威 言 別、 四-一、 4 煎ノ 

約 ナリト アジ、 くさい, 9、 /, ^1 5 り、 くす 

り ト轉ジ タ ル 語ナラ ム 、少彥 名 命ヲ、 久 

志の 神 (其 條ヲ 見ョ〕 ト云フ tr 藥の神 

ナリ (領 く、、 r- す はく〕 煎 汁 モ 、 煎 煎 / 約 

ナル べシ〕 (一) {病> 又ハ、 慯ヲ癒 ス-ー 

用 ヰ ル劑。 上古 ハ、 專ラ、 藥草ヲ 煎ジテ 

用 キキ、 後-一 ハ、 種種 ノ物 ニテ製 t5、 飮 

ムァリ 、途ル ァリ、 煎藥、 水 藥 、粉薬 (散 

藥)、 蒸藥、 脅藥 ナド、 種種 ナリ。 58、 

五 ir 久 K 利」 as 注 _»名秒、四|=ーー+ 「藥乂 K 利」 (二) 

【ャ マヒ。 .一丙1«。 御惱。 1^ 病 宇 a 保 直 5、 



くすり 一一 一 



S5 



as* 「羼 くすり ノ事 オハ シ マスト 掌 ハ =■ テ、 «- キナ 

ガラ _* リ シ?」 二十 E. 上、 tesr 上 

je ノ すり/ n ト、 ナホ 平ラ ギハテ タマ (ヌニ B 

リ J 伊 《*T 奏 《~ 所、 云云、 B< すり ノサヮ f I テ、 

8 マ シクナ ムシ タマ K ゲル」 (一一 n 利 アル モ 

ノ。 禅& ァ ル n ト." 效カ 狂 SB 、笠 下 「ァ 

ハ? 乇 a モ、 《f ノ くすり ナ 坊主 ヂ *■」 1KSSJ (正 

0-0 SJS) 一一 『 ES ポ n n ノ藥 J 「? »ガ く 

すり トナル J (四) 火藥。 函 《!!5nB (正 s、2 

松 作 5 「歸. 'JS- 一 仕 _» タル、 放 *" ノ _K、*« り、 s» 

テ、 十 W5n ノ a 兵- r*a ル W ハ R マ-こ (五) 

やきものぐ すり ノ略。 袖 

$Mr^o (名) S 〔鹿ノ 若 角ヲ、 藥 

m トシ テ ルナ リ、 鹿ノ „w、s 、落 チテ、 

ビ *4 ズ > S 心 方、 十三? !»: 氣乏 少ノ藥 

-ー 「鹿 -〕 i>SHKn-_ 行ハ ルル 

鹿タ。 キ ソヒ. 力 nNO SQE- 十九 SSH! 五日 

「禱 Ijv s;r-_s 田 Bi-K 大 SB 一 E 、竹 a. 五 HI 五日 「秦 

5^.J 天《! お、 七 a. 五 a; 五 a.lKS3K<«, ぼ s.^ 

_» こ OS 江! 5 K___sr 十六. 一 126, 四 HI ト、 五 s ノ M 

- .sa-ft フル S-I 、云 一 ^、商待ヅ ト、 _» ガ S ル時 二」 

く をつ ぱい § f. & 〔藥ノ 

對シチ 云フ〕 BB 者ノ藥 JB ノ _s=s 

シト S フ «r 診お 料 ト云フ モノ ナキ世 

-ー ; 、然 ラ. サ ルヲ得 ザ リシナ リ。 

<^ors i 往時、 默向ヲ 、藥 

用-一食 ヒシ n ト。 SS ル トテ、 食ト 、ノ 

セ ザ リ シ ナ リ"" 膽中抄 「舊 *s.- 

あ § S 元日-一、 酒ヲ; 

先ヅ tt メテ- ^御-一車 ル资女 ノ稱。 t 

ra ヨリ .S 御座-一入 ル. (江 呆 次 ST 一-! 

御 《D 是レ ハ 、港 味 K ルナ リ。 s 蘇 , t 

g. 鬼 ノ條" S セ a ョ) 年中 行 《. &每 

. 今 nil...- リム ル-. すり弋. 〈、若 H ヅヅ _« ム -せガ 

タメト 力」 名 麗子, 元三 瞀 -:s 秦 lie 也, 用 一一 



*«s こ 

i くす si? (名) pi 一 〔藥爲 ノ義、 藥ヲす 

る 人ノ意 (土 師, 師, 禱 物師、 同義) 略 

シ テ 、くす ぁトナ ル (藥ノ 語原, 拉ビ ュ 、 

師ョ la ョ)〕 藥師ニ IM ジ »s 石 45T 久 

理 a ハ、 常 ノ モアレ ド、 客人 ノ、 今ノ久 K 理師、 s 

カリ ケ J;-.®! シ カリ ケリ J 

くすり-どの (き ffl くす VI の ノ條ヲ 

見ョ。 

<frs (名) S (二 { 藥 園ノ藥 

草 ノへ播 Jg 、採 收スル 職。 明 5B 、十五 年 二 

Br 採 l_s»、sl» 潘最 蘭」 Bin 令、 典 IKST_SB3、 

? al 一 »s KKte 草 こ OSS (二) SI 家-一行 キ 

テ、, 藥" ヲ 受取 ル人 

<.\»iv なべ (名) 8 藥ヲ 煎ズル 

キル 銅 鍋。 藥雜 !sf?asis!(lKM「_s 8-J 

り-の-つかさ (き ffl てんやくれ 

う (ms 、藥 «0 ノ條ヲ 見3 

くす iy* あ (名) S (一) 藥ヲ メ置 

ク LF-O SBaaK 抄、 二 nsa 人 i? 有-一 H 合 二 合 者 

: 合 SCSES 子、 一 合 紅 ST 一 合 紫 SJ (一 一) 

85 者ノ, 患者 ノ 家へ 行ク トキ、 種種 ノ藥 

品 ヲ貯へ テ携 フル 匣。 ャ クロウ。 藥劍 

!\/^»3,.び (名) ー劑 I 〔菖蒲 ヲッケ タル 

藥玉ヲ 力 クル nn ノ 意力 ト云フ 、藥 潘ノ 

H ト云 フ- ーハァ ラザ ル ベジ〕 五月 五日 

/ 稱。 貢 之 «T ホト トギス "81 ケドモ 知 ラズ、 § 

U 、此ゾ SB ノ、 シ ,5 シナリ ケル」 夫. Is 、七. S "く 

すり 日ノ 、抉 一一 結ブ、 アヤメ 草、 玉 ヅ クリ江 II、 ヒケ 

パナ^ ぺシ :(s; 玉-一 カケタ ルカ) 

くす 9 ビン (き S 硝子 培ノ 、水薬 

3 入 ルル-一 用ヰル モノ。 

v^s-- や (名) B 薬品 ヲ! SJ 々商 《。 

藥 sgea。 塞 店。 藥鋪 He 



永、 近 松 作) 上 「B_ 中 至 8/ 一 包、 藥屋ハ 、命 B7. 石 

ノ 《J 

(名) S (一) イデ ュ。? J 泉。 

宇冶拾*9、六、第七8"信!》國、筑|71»ト云フ所ニ 、 

ヨロ ヅノ 人ノ! « ミケル 、くすりゆ ァり」 (二) 水 

風呂 ノ 港-一 , 藥品ヲ 加へ タル モノ。 as; 

tssifRS 元) 八、 88、 上 一 藥湯ノ タメ-一 、 杉菜 ヲ乞ヒ 侍 

リケル 、云云」 

v-WSTg び (名) M 〔くす も ゆび ノ 

語原 ヲ a ョ〕 古名、 ナナ シノ オヨ ビ。 

クスシ ュビ。 芋 ノ指ノ 、中指 ト. 小指 ト 

ノ閒ニ アル モノ。 T?r ベ -ー サシュ ビ。 

ベ 二ッケ ュビ。 無名指 

くす • るん, レ. ラ. リ-レ (他 S 、四) Is 一 〔藥 り 

ノりヲ 、四 段 活用 - 一作 リ做 シテ. 藥ノ作 

用ヲォ n ス意 トセ シ語- ーテ、 聖ヲひ V. 

る、 行李 ヲか、 T る、 料理 ヲれ、 「るト ス ル 

類 ナルべ シ、 後世 、出来 タル 語ナ ルガ 如 

シ、 槃師ヲ くす す トス ルト、 同ジ〕 くす 

す-一同 ジ。 Si ス。 ス。 方 《源き伴信 

一な pn-i S 

友) 一 古キ字 訓ノ 《r 一一、 ノ字ヲ 、くす る ト訓. *- リ」 

© 訓 ST くす み I 療病ノ 俗語 也、 第ヲ ハタ ラシ タル 詞 

也 」 狂言記、柿山伏1ー「ナゼニ腰ヲ脫カシタゾ、ィ^' 

イデく すろ、 っテカ ャセ」 ト アル ハ、 くす るノ 延ビタ 

ル 動詞 ナ ルカ。 (うつる、 うつろ ふ。 まつる、 まつろ ふ) 

"<.¥*^, (名) 一 i¥ ^一, 〔くハ 、鼓 ノ吳音 

(口、 く) 漢音-一 ハ 、鼓吹- ト云フ 、其 條ヲ 

併セ a ョ, 吹ハ、 笛 ナリ〕 古へ, 兵 部省ユ 

膨シテ 、鼓.^ ン調 習ヲ掌 リシ 司。 鼓ハ、 

ハラ ノ r-H ノ 7 ェ 

妊 鼓 ナリ、 呔 ハ 、大 角、 小 角 ナリ、 軍旅 ヲ 

整 フル 一一、 是レ等 ノ器ヲ 以テ、 進 返ノ節 

トセ シナ リ。 鼓師、 大 角師, 小 角師, 

等ノ職 負 ァリキ 、宽平 八 年 -ー 、兵 庫 察 二 

併セ ラル .B-R 令 、鼓吹 E 「正 一人、 S 、調 lispK 

吹 1 事-」 



くせ …: くせい - 一-一 



く-せ § 一 m 〔屈き ノ略ナ ラム、 港 

る、、 つづく まる。 崎嶇 む、 さくむ〕 川葡 

ノ、 曲 レ ル听 曲" 萬楚《、 十 一 玉久 世ノ、 

淸キ 河原 二 、 病 シテ、资,フ.^!:- ハ 、妹 ガ爲 ナリ」 (玉 ハ 、 

美稱、 hs 、玉 床) 字 鏡』 +「《rf« 水 ULEa 祖、. s§« 

久世」 

く-せ (名) lil 〔前 條ノ語 ノ轉ジ タル-一 

テ、 せ ハ「ココ ヲ せ-一 セム」 ナ ドノせ ノ 

意-一 移 HN タ ルナ ラム * 衝 ノ條ヲ 見ョ〕 

曲レ ル n ト。 拗リ タル n ト。 正シ カラ 

ヌ コト。 熱 語 一一 FfP ヰ ラル。 「くせぐ せし」 曲 

ゴト クャ モノ 

**」 曲 ま」 

く-せ (名) 國 〔前 條ノ語 ノ轉、 紀伊國 -1 

テ、 あり (凝) ト云ヒ -沖繩 一一 テ. くす ト云 

フ〕 (一) 嗜好 一一 拘泥 ミカ タョ レル 習慣 

/、性 霣 ノヤ クー 1 ナレル モノ。 拾 玉 as4 

1^) 「人 毎 二、 一 タノく せハ、 アル モノ ヲ、 我 レー 一 ハ許 

セ、 島ノ JiSLj 白 氏 fv 入 《r 七 「人 各 有 一二 我 癖 在 一一 

t!s 句 こ 正字 ssna、《? 好 之 病」 二 01 批難 トナ 

ル n ト 。ナ -ン クセ。 源、 三十 四、 上、 ST 上, 

「然シ モア. i マジ キ 二、 カドカ ドシク くせ ヲヅ ケ」 

(三) 物 一一 、 痕ノ、 深ク ッ キテ、 直 リガ タ 

キ モノ 「髮ノ くせ」 (髮ノ た わ) くせ ¥}i -」 看物ノ 8 

ノ くせ」 (四) 特- 一、 常トナ リテ、 定マ レ 

ル コト。 待徵 顔 政 集 「主人 ガラ、 荒レ タル 宿 

ノ、 くせ ナ レバ、 下 シコメ テモ、 HI ハ見 H ケリ」 林 

集 ノ子、 俊 三 「目 モア ャニ、 サ ャケキ 月ノ、 

くせ ナレャ 、今夜 始メテ 、見ル ココ チ スル」 (五) 

「子供 ノ くせ 二 大瞻ナ n トヲ スル」 ナド 

云フ 、ノ、 「定 マリ テ アル 二」 キ マプテ アル 

ノ 1 一 」ノ せ::^ ナリ。 狂言. 記、 居 iss: ハ E カヌく 

せ 二-身共 二 、無せ ヲ云ヒ カク ルカ」 「知 二 アルく せ 

1 一、 知ラヌ 顔ヲ シテ」 

ぐ-せい (さ B 自稱ノ 代名詞、 謙稱 

ナリ。 so 



く-せい (名) 一弘 誓 一 〔弘大 ノ誓 願ノ 意〕 

佛敎/ 語、 佛ノ、 ァラ ュ ル 衆生 ヲ濟ハ ム 

トノ 誓。 其 .®i ノ 深薛ナ ルヲ- 海 ニ醫へ 

テ、 弘誓の 海, 夂ハ 、ちか ひの、 つみ ト云 

ヒ . 衆生 ヲ シ テ、 生死 ノ苦海 ヲ渡リ テ、 

! ffi 梁ノ 彼岸 一一 到 ラシ ム ルヲ、 弘: 誓の 船、 

ちか ひの ふね ナド 云フ。 法 華經、 普 §: 品 「! 《 

海 动不 BSJ anfiJT 十八、 sat 守 =1 一一 

a,5 一お 「s5ts の 船ニ 掉シテ 、生死 ノ苦海 ヲ渡リ J 

ぐぜい-の-、 つみ OS B 菌 I 前條ヲ a 

3° 

ぐぜい- ね (名) Is 一 前前 條ヲ 

a ョ。 

ク -シ 3 ゥ 

く-せう (名) 『古 笑 i ニガヌ ラヒ。 「微苦笑」 

く-せきえい (名) iss あ-か ぁャぅ (水 

晶) ノ條ヲ 見ョ。 

くせ-ぐせ • し, シキ. シ ケレ. シ? シク C 形 £) 

II 1 ヒゴ サウジ i 

曲曲 一 僻ミ タリ。 - IT 四十 三、 竹 川; 1+T 正 身 

ノ御心 ドモハ 、殊 二. カル ガル シク、 ゾムキ タマ フニ 

ハァラ ネド、 候フ 人人 ノ中 一一、 くせぐ せし き^ モ出 

デキ ナドシ ヅヅ」 大 S8, 上、 師尹 r 此大 將ハ、 父 大臣 

ョ モ、 御 心 ザ マノ、 ヮヅ ラハ シク、 くせぐ せし きォ 

ポ H マサ リテ」 散 木 ST 七、 ar 上 「回 ナラヌ 、矢 立ノ 

竹モ、 節ゴ トニ 、くせぐ せし くテ、 世 ヲパ過 ギケリ J 

V- せ-く ヮん おん (名) I1WS 〔敕 世觀 

世音ノ 略〕 くせ ぼさつ (救世 菩 菌ノ條 

ヲ ョ C 謠 曲、! S 法 g 「金堂 ノ御 本ほハ 、如!!: ij 綜ノ 

佛使, 救世 觀昔ト 申 スト 力」 沙石实 、二、 上、 第四條 

「ヮ キテ ハ 、日 域ノ佛 法ノ? iisr 聖德 太子、 救世 戳萏 

ノ御 方便 也」 

くせ- げ (名) Is^ 一 髮 -1、 ちぢれ ナ ドア 

ル モノ。 チ. チレ ゲ。 

くせ-あ W (名) Effl (一) 道-一力 ナハヌ 

コト。 法 一一 違フ n ト。 宇治 拾浪、 六、 第九條 



くせい …: くせ あ 



「オリ ロシキ モノ ナリ、 ュ ュシキ くせ 事 出來候 ハム 

キ? n クジ 

ズル」 (二) 曲事 io 切支丹 1 札ノ 寧、 

^5^求十五年十ニ月十日「伴天連、ぃるまん、きり^た 

ん 宗旨、 御改 二 付、 爲 1;組 之 内; 互 二 寺 寺ヲ見 si^ 申シ、 

苦、 gi ヨリ、 きり^たん 宗、 訴人 御座 候 ハパ、 nh 一 五 

人 組 共、 くせ 18^ 一一 可, 被 11 仰 付 I 候、 爲 1 一 後日 ハ仍 如, 件」 

二 話 一 言、 捕 遣、 一 ) 

j く- ぜち (名) llp 〔口舌/ 吳音、 其條ヲ 

見ョ〕 ( 一 ) コトパ 。多ク 、物言 フ コト。 

辯 口。 戶 章 凡弃, 妻、 須. 有 一一 セ 出之狀 S 云、 gl、 

口舌 SMTP 一 多言-也」 (二) 言 ヒ爭フ n ト。 

イサカ ヒ 。クゼ ッ。 伊努 物語、 九十 六 女ノ 

父、 其 人 ノ許ニ 行クぺ カナ ル 13^^ キテ、 言 ヒ ノノシ 

リテ 、くせち 出テ來 ニケリ」 隨蛉日 一;^"、 下、 下; 5 「物 

問 ヒス レバ、 三人 バ カリ、 ャマヒ 言、 く ぜちナ ド害 ヒ 

タリ」 著 、十六、 興 言 利口、 娶ト i ヒテ r カャゥ 

ノロ 舌ノ 乇、 此 故-一 コプト テ、 云云」 (三) 

此語、 末音ヲ 活用 セサセ タリ ト 見ュ。 

力 ゴト ン ヒゴト 

(假 言、 かあつ。 誣言、 まあつ ノ類) サレ 

ド、 未ダ他 一一 活用 セサセ タル ヲ 見ズ。 

宇津 保^ 語、 あて 宫 |1「宫ノ 御子 ト 云へ バ 、マコト 力 

ッ ネ 

トテ、 モテ崇 メタ マフ ナム ト、 局 ノコ ボ レヌパ カリ、 

くせち ノノシ リテ」 

く- ぜっ (名) s_ 〔蕩ノ クロ 舌 ノ轉、 說 

ハ、 當字 ナリ〕 (一) クゼ チ。 物言 ヒ、 爭フ 

n ト0 ィサ, カヒ 甲 陽 级、 十八、 品第廿 八、 第 

五條 「更 二 間 へ ヌ事ナ リトテ 、樣 樣、 口 說ヲ申 カケ」 

(二) 風說。 (畿內 ) 

クセ- ズ • ク 

j くせ- づ, く. ク. ケ. 力. キ-ケ (自動、 四) 面 就; - 

〔くせ ハ 、曲、 卽チ、 曲節 (音曲 ノ節 廻シ) 

ノ意、 づく ハ、 成リ ス ス ム意、 秋づ く、 老 

いづく、 \ つく ノ如シ 、くせ まひ ノ條ヲ 

見ョ〕 曲節 ヲ生ズ 。調子 ヅク。 枕 草子、 

十 一 、百 I 一一 十五 段、 歌 は 「祌, 樂歌モ 、ヲ カシ、 今 接 8) 

ハ、 長 クテ くせ づき タル、 風俗、 (欧) 善 ク欧ヒ タル」 

く-せ-の-ち かひ (名) 一 次 i ヲ 



くせの 



見ョ。 著 聞集、 十三 二 DS 「八十 ニテ、 アル カナ キ 

カノ、 玉 ノ^ ハ 、亂 サデ救 へ 、救世の ちか ひ 二 」 

ク, セ-ノ 'サイ 

く, せ-の-ねが ひ (名) 一き 世齓ー 次 條ヲ見 

ョ 謠曲、 惡!^ 太 「薩 埵ノ 悲願 サマザ マナ レド モ、 

多キ 中二 モ、 救世の 願 ひ」 

く-せ- ボサヅ (名) 一教 世 菩薩 一 觀 世音菩 

薩ヲ 稱讃ス ル 稱號、 世人 ノ苦 ヲ救フ ト 

云 フー 一因 ルナ リ。 救世 觀世 音、 或ハ、 救 

世觀音 トモ 云フ。 法 華蹈、 普 門 品 「観 普 妙智 

力、 能 救 一一 世 閉ノ苦 一」 此 菩薩 ノ、 衆生 ヲ濟 度ス 

ベ キ 誓願 ヲ、 救世の 誓 ひ、 救世の 願ひト 

云フ。 法 華經、 普 門 品 「欲 夢 ー觀音 行; 善應 11 諸方 

所ハ弘 Ks^ 如 ^ 海、 歷劫不 B- 蹈」 

クセ- マイ 

くせ-まひ (名) 6 舞 一 〔くせ ハ、 曲、 卽チ、 

曲節 ノ義、 枕 草子、 十 一 、百 三十 五段 「今 

樣 r 長クテ くせ ヅキ タル」 (くせ づくノ 

條ヲ見 ョ)〕 足利時代 一一 行ハ レ タル、 一 

種ノ |^»。 白拍子 ノ謠へ ル今樣 ノー 變 

セル 宴 曲 ト云フ モノ 一一 、舞 ヲッケ タル 

モノ ト云フ 、多ク ハ、 女、 女兒、 ノ!^ ナリ 

シ、 ひ 如シ。 七十 一番 職人 盡 歌合 安安) 

ノ曲 舞舞 二 , 、女ノ 、水 千、 烏 精子 一一 テ、 

扇子、 腰 鼓、 ヲ恃チ タル ヲ鼸セ リ。 東 野 州 

KKT 後小松 院、 與八ト 申 ス九世 舞 ヲ召サ レ テ、 御前 

一一 テ舞 ハセ ラレ ケリ、 三 四 度 聞召サ レテ、 亂世ノ S 

ァリ 卜テ、 後、 終 1 一、^ 前 二 § サ レズ」 ? 日記、 永享 

四 年 六月 十五 日 「於 一一 稻荷 御旅 所 ほ閒、 くせ 舞兒 有- 

© 進つ K 云、 上手 二 成リ、 万人 群续、 云云、 言語 道晰、 

殊勝 之 由 申」 二 水 記 、永 正 十七 年 九月 十二 曰 「415* 内、 

有 1 一曲 舞-如 也 (タ tSSrV 號ー 一朗^ こ 年 廿六許 也、 近 比^ 

事、 各 拭- i 感淚 I 了、 云云、 十八 日、 (大夫 朝 P) 令 11 

見物 1 了」 謠曲、 山姥 「是レ ハ、 云 一 K 、百 魔 山 姥 トテ、 

隨 レナ キ i 沘女 1 ーテ 御座 候、 力 ャゥニ 御名 ヲ申 スィハ 

レハ、 山姥 ノ山廻 リス ルト 去フコ 卜ヲ、 ail 一作 テ、 

御謠ヒ アル - 一 ヨリ、 京 Ha 部ノ、 申 シナラ ハ シテ 候」 

く-せん (き pa® クル シキ タタ 力 ヒ。 



くせん 



惡戰苦 蘭 李 白 詩 「苦戰 竟不, 侯、 ta 年頭 個 恨」 

く-せん (名) fHffl 任官, 敍 位-ナドー 1 就 

キテ、 主上 ノ御ロ 移 二、 卽チ、 御 口 ヅカ 

ラ宣 ベタ マフ 動 命。 職 事 タル 藏人、 n 

レ ヲ記シ テ、 上 卿 一一 傳フ ルヲ、 口宣 案ト 

云 フ 、上 卿、 n レ ヲ受ケ テ案ト シ、 別 一一 、 

下知 狀ヲ作 タテ、 外 記 -1 下サ ル ルナ リ。 

名目 抄 「口宣」 

ぐ-せん (名) B_ 突ノ、 ^二、 仰 ギ^ 

ル コ ト ノ J ^翻、 レ小雅 、祈 父 之 什、 節 南山 篇 「赫赫 師 

尹、 民具 爾 膝」 魏志、 高柔樓 「公 顿之臣 、皆國 之 

棟^、 民 所-一具 職 こ 太平 記、 111 十九、 神木 御 座^ 

「博 陸具隨 ノ德」 

くせん. あん (名) 「口宣 案 一 前前 條ヲ見 

ョ。 a.K 唇、 觀應ニ 年 正月 廿 九日 「天下 «§氣 遍^ 之 

、諸 社 祭 延引 之 由、 被 li 宣下 一 云云、 ロ宣ss^sfff取!^s 

之」 京都 下 京 文 tr;^ 口宣 、上 卿三條 大納言、 天 

文 三年 三月 1 一日、 宣旨、 法印嚴 助、 宜, 任 llsl^ 正 1® 

人 瞎左少 辩藤原 惟 房」 

く-ぜん -.10 (副) 8_ 驚キ 視ル狀 一一 云フ 

語。 蹈 記. ® 弓、 上 a:! 「曾 子 之、 然曰 呼」 莊 子、 徐 

S 一鬼 踪 「子 碁 然」 柳 文、 與 -il 林 _erss 然 ^!視」 

く, せん-は ッ- かい (名) 1513 一 佛敎 

一一 云 フ、 山海 ノ稱。 俱舍 論、 十 一 一一 、須彌 

山 ノ周園 -ー 、 持雙 山、 持 軸 山-等/八 山 

ァリ、 香水 海、 七 ァリ、 大域 水、 一 ァリ、 

ト アジ。 n レー 一 模シテ 、庭 一一、 假山 泉水 

ヲ造ル 安土^?/東山慈照院殿ノ御庭ニ、 一 年、 御 

立 E 候、 九 山 八 海トテ 、無, 搭名石 御座 候」 

くせ. もの (名) 一曲 者 一癖 物 I (1)1^ シカ 

ラヌ 者。 ヌル モノ。 讀 平 治 物語、 1 、信 

賴^ 反 火 ヲモ水 一一 申 ナス、^ iltJ 至極 ノ 曲者 チリ」 

(信 顔ガ、 信西ヲ 云フ) (二) 怪異 ノ モノ。 怪 

物。 褻 記、 十六、 三位 入 造 ^等^ 「赏 二、 代ノ癖 

® 也」 (き (三〕 タス ビト。 盗賊。 



くせ も 1 一 01 



4 



4< 



4< 



4 i £1 〔l®(s ノ轉カ (ささや 

く- そそ やく。 かりさ ま、 かりそめ) 沖 

抑 一一 テ、 くす ト云 フ〕 (一){K、Er ノ中 

一一 テ 消化 レ タルな 物ノ 洋ノ、 KE: ヨリ 

出ヅル モノ。 ハコ。 パパ。 菜。 大使。 

W 代お、 上 一一 +fJlKj«、tt 云 一: こ «s 名抄、 IllA 

BSRTSrsr 久 s」 (二) カス。 クヅ。 滓 

两 「»< そ」 火く そ」 E くそ J» くそ, ft く-て」 (三) 

^-ー、 率シメ テ云ヒ リ テ呼ブ 一一 云フ 

-ぷ i, 多ク ハ 一一 用ヰル 「く モノ 役 二 モ 

立 タス」 くそ ォチ W キ」 くそ ボネ ヲリ」 くそ ャケ」 く 

そタ C ケ」 くそ ffi-M ^iてィマ イマ シィ」 

く-そ (名) i 編 I 〔字典う 辛楚、 也」 楚-ー 

テ 9S- チ タル ヨリ 移 レ ルナ ラム〕 タルシ 

-4 一 S5 人ヲ敬 稱スル 語。 ォ: そ ノ條ノ 

(三) ヲ:: ^ョ。 宇 保 ssr SB お fi 「コノ S 六 

/ヌシ タチ、 サバカ U イマ ス ラン、 ヅチド モノ ィテ 

アル マジ キト 云 マ くそ タチ カナ」 K、 五十二、 手 9 

ュ +f ィヅラ 、くそ々 チ、 トり テマ ヰレ J 大和 物 s、 

中コャ クシく モト 云 ヒケル 人」 

: 一: vtv, いまいま • しい (形) 忌 忌 一 パカ 

一一 ,K 立タ シィ。 SK- ーィャ ラシ ク、 W ラ 

シィ C 

ぐ- ゾゥ (代) 一 «ノ 自稱ノ 代名詞、 

n 稱 十リ。 SUK 、十、 wssli 出 a 子- »r 凡^ 

/•Ir 名聞/ S 位モ、 所 3 ナク J(sl 自 5 ヲ 云フ) I 

*.- ゾ ■*? ズラ 

"vtv- かつら (名 J 〔1 ァレ パ云フ i 

ナルべ シ〕 今 云 フ* へく そ かづん ナ ラム 

カト 云フ。 lss、.H ハ JT*» 英 -rji! ヒォ 本ド 

レ^、 W な」 81 名抄, 廿 iwiw 「瓤 * 革、 久 S 加お SJ - 

. 'ゾザ ェ i 

"へる § 111 いぼが へる-一同 



く-そく (名) 一休 息 一 〔休息 ノ吳 音〕 3^ ム 

コト。 休息。 ぎノ 呪文-一、 休息お 命ト 

云フ o( くさめ ノ條ヲ la ョ) m 土お SST 有ェ a 

ヲ度シテ 、シ バラク モ 、くそく ァ, J コト ナカ リケリ J 

ぐ- そ く § 一愚 良 一 〔憑 カナ ル 息子 ノ 意〕 

他人 二 對シテ 、我 ガ子ノ 謙稱。 n 著 

s*r 十 一 、ssr 伊 與 入 SS 、云云、 SB "ノ小 __a ガ嘗テ 

候」 

ぐ-そく i s_ リナ ハリ、 タルコ ト。 

ソ p ヒ タルモ/。 否 燭 a- ソ 

a ヒ タル ヲ、 三つ 具足 ト云 フ。 

ぐ-そく (名) s_ 〔具足す る (ど もな 

ふ) もの ノ意〕 (一) 愧へ タル モノ。 用 

意シ タル モノ。 推 帶 品 _a.w{sr 十 一 、s 

矢 ». 是レ ハ 、5»ガ 、少 シおク 候、 矢 束モ、 少シ ほク候 

< パ 、同 ジク < 、S8K ガ * 足 一一 テ仕リ 候 !: ムトテ 、云 

云、 大ノ 矢ノ、 云云、 十五 束 一: 一 伏 ァリケ ルヲ、 云云、 

取 リテ? -ガヒ 、ヨリ ビ ィテ、 t ャゥ ト放ヅ J BBS- 廿 

六、 ffis«aM«T„« 一 * 持 チタけ ヅ ル 装束 〈、水 一 Its 

シ千 SI ラシ ヌ、 ros フぺキ 具 HK ナシ J (一一) 携 

フ ル怠 ヨリ 轉ジテ 、所 待 品。 調度。 道具。 

什器 、二、 十一 iarss 行 キテ、 * 孫ドモ 

-|、《 ノ具 E ドモ S セ持タ セテ、 5 レモ 特チテ J 海 _ 

人 as ;、 中 「人ノ 《 中ノ 具足、 $0i. 云云、 俗 

中 一一 S 、文璺 B»m ハ 、M13 一: 結 《ハ 云云、 坊中ノ 具足 ヲ 

令 &SB;a> 之 as ヲモ テナ シ、 云云」 

ぐ-そく § B 〔前 條ノ (二) ノ 意-一 

テ、 武士 ノ所 品.^ 度-道具 ハ- 鎧ヲ第 

一 トス ル -Is リテノ 名 ナリ、 ものの ぐ 

(仆 器) ヲ-^ ノ稱ト シ- 調度 ヲ弓 矢、 道 

a ヲ植ノ 名 トス ル ト、 正 二 Hlsiy: ナリ 、甲 

E. 節 手- 具備 スル 稱ト 

云フ rtft 足 ヲ. そな はる 意 II 解 シテ. 考 

へ々, ン S 說ナリ 、何 レノ器 力-所要 ノ部 

分ノ備 ハラ ザルモ ノア ラム〕 (1) 錢、 



甲 育, ノ異名 C 9* 考 《 元 ぉ語, 二、 新 R 左 《 御 

s§ 三郞 WM§) ガ具 E ノ、 __ss ノハ ヅレョ 

=- 、上 サマニ 、一二 刀 刺テ、 エイ ャッ卜 突 キノ ケタリ J 

(一 一) 後世 ハ 、錢 ノ、 脇栀ナ ク、 種種 ノ附 

蹈品 ナク、 簡略 ナ ル制ノ モ ノ /稱。 

ぐそく-かい (名) ? I 戒 I 〔具足 ハ -ffll 

具足 ノ義〕 W 敎- 一, 比丘. 比丘尼- ノ持ス 

べキ、 一切 ズ戒法 。数百 戒ァ リ。 ei 記、 

四十、! a 法. K 師入 stJT 具足 戒ノ 時, 又、 改メテ 、空 海 

ぐそく-ま (名) KB^I 甲胄 ヲ 製造 スル 

ヲ業 トス ル 工人。 fiE 

i ぐそく • す スル- スレ- セ-シ -セョ f 自動、 左 B) 

I 具足 一 具 リ-足 々。ソ c フ。 法 stirlsn* 

品 「威碟 具 ET 及不 1; 具 E; 云云」 枕 草子、 十 一 、百 

三十 三 段 「rs ノ 中-一、 成 ほ 具足し テモ オハ シ マサ 

デ、 見 苦 シゥ、 女 ts/ 中 一一、 ナド! t! フ J rKfsA 足す」 

ぐそく • す- スル -ス レ-セ -シ, セョ ssr ち ISO 

一具 足 一 〔具-一 步 マス々 意ナル べシ〕 ト 

モ ナフ。 引キ 連ル。 具 ス。 携 S0, 

十五、 宇治 合 扱# 「一一 一尺 五寸. '長刀、 ® ニ持タ セテ、 

具足せ リ J 太平 a 、一一、 天下 ess* 「京 家ノ青 侍 ナン 

ドノ、 女姓ヲ 具足し タル S 二見 セテ J 

ぐそく-に (き 一具 足 煮 一 S9.i§ 

一一 立 テテ、 名 トス〕 いせえび ノ. 頭ヲ 

去リ、 身 ヲ 、殼ノ マ マ 一一 テ, 1 二 シテ、 

味甜、 擬油、 同量-一 、砂糖 ヲ 加へ テ、 煮立 

テ タル 汁-一 テ 煮付ケ タル モ ノ。 

ぐそく-びつ (き _i& 甲胄 ヲ納レ S 

ク概。 其 前面-一、 前- ノ字 ヲ書ク ヲ常ト 

ス。 鐵甲匳 一一 Eg-SSSTSESKa 具 Eg 

-I 入 -s? ーテ、 金 S 、金 W お、 在 k、s 字モ、 同; Bj 

ぐ そ く-び § (き 一 あ si ノ條 



<*< :… 4 ふ i 



ぐそく-もち i _i 

ク:' . タヮ ケ 

くそ- i:i はけ (名) 馬鹿 ゲ タル タハ ケ。 タ 

ハケノ 、甚シ キコト 

<tv- だめ (名) 大 イナ ル桶ヲ 、地 

-ー埋 メテ, 肥料 ト ス ベ * 糞尿 ヲ貯 へ ォ 

ク モノ。 n ェ タメ。 

たれ (名) I C 糞ヲ, たれる ノミ 

一一 テ, 外 二 能ナ シ ノ意 力. 液 たれ、 は 

なたら し ト云フ 語 モア リ〕 人ノ、 無能 

ヲ篤リ 云フ 卑語。 

ク ヅ-ジ カラ 

4.^^6 (名) 一展 カー パカ, チカラ。 ィ 

ャ 二 、力/ ァ ル コト。 

^z^v-っぼ S 便所 ノ下 1ー- 穴 瓶- 

又ハ、 大桶 ヲ埋メ ォキ- 糞尿 ヲ受 ケシ ム 

. ^モノ。 コェ ッ- ボ。 

くそ-どき ョ う (名) 一展 度胸 I 意外-一、 度胸 

ノ强キ n ト 

一 ヒび § s_ 今、 まぐそ >」 びト 

1M フ、 其條ヲ ョ。 接 名抄、 十八 族 Isollr 

久せ止 比」 S 今昔 物語、 廿、 第三 ifir 屎 sif ノ、 Si 折タ 

ルニ 成テ、 木ノ上 ヨリ、 土 二 «8テ 、フタ メク」 (天狗 ノ 

コト ナリ) 

クリ -.: ェ 

ぱへ (名) ー糞蠅 I 蠅ノ、 大 キク、 黄 一一 

シテ、 好ミ テ 、菜 一一 ック モノ 

一 ひ y. の-やま ひ (名) 8 りび "つ 

(痢 病) 一一 同ジ。 名抄、 三 t 病 類 「滴、 久 el 比 理 _ 

乃 夜 £ 比」 

一く そ- ムく (名) 圃ー 〔糞 拭く ノ意- ーテ、 終 

止」 形 ヲ、 名詞-一 云フ 語 ナ, ル 力 、調ぐ の 船 

(貢 船)、 沬. ^(口 沫)〕 廁ノ 異名。 隨所。 



雪隱。 便所。 頓蛤曰 isr 下、 下 4 此 頃ハ、 メヅラ 

シゲ ナウ、 時 CI?/ ムラ ドリ、 &ガ くそ ふく 二 下り 居 

タ, ^ ナド、 言ヒ! S ルナ レド」 花 S 天 御 兀 IDMI 

tscu 廿 六日 「今日、 郭公? ii 、股、 於 S 所 I 聞, 之、 

a 俗 近古 以來 惡, 之 、可-一 祈 一 SI- 之 由、 女房 等 諫」 明 

患 上人 V タ 山寺 ハ、 法師 クサ クテ、 居 タカ ラズ、 心 滞 

ク V くそ ふく 二 テ乇」 建 武ニ年 ニ條 河 「去 

年 火災 ノ、 地 ドモ、 くそ 福 ニコ ソ、 ナリニ ケレ、 タ 

マ タマ! a パ 、點定 セラ レテ、 K キ去 リヌ」 

"4,^4 (名) B_ (一) 腹、 腸、 ノ古 

名。 隙 tl^ 镜^ 肚 、腹 也、 久 g 夫 久呂」 名義 抄 「肚、 

ヘラ、 クヅブ クロ」 同 「腹、 クゾブ クロ、 ハ ラ ヮタ」 

同 「腸、 上 通 下 正」 (二) 轉 ジテ、 冒。 モノ ハ 

ミ。 エブ ク 00 菌 天 治 字 鏡、 一 一!fa!、 久曾不 

久呂 J 径名抄 、三 藏府類 「Br 久^ 和 太 布 久呂」 (腸 

ナル ぺシ) Si 注 倭 名抄、 二 、久會 布 久路」 名 

抄 、肉 部 「Br クゾブ クロ、 モノ ハミ」 

<tv ぶね (名) S 糞尿 ヲ蓮 漕スル 船。 

一 < そ-へ f 名) S 〔尿 放 ノ轉、 川邊、 か 

はび〕 尿ヲ、 放ル コト。 大祓詞 「串 剌、 生划、 

逆 划、 屎戶」 神代 二 、菜 1^ 鳴 接/無 狀ノ行 二 テ、 天津 

罪 トス 、神代お、 上 一 不一 一、 送 ^卜 ァリ。 

4- ベら (名) ff_ 卑人、 脫糞ノ 後、 肛 

門ヲ コソ ゲル 二 用 ヰ ル$^ゥ セ ツチ、 二へ 

ラ 。 ( ベ ら坊ト 云 フ語、 コレ ヨリ 起ル) 《a 

訓! r くし 「萬 楚壤 f 十六 ひ 一一、 屎遠 クマ レ、 m 造ル 

刀自、. メル モ、 1^ ノ類 ナリ、 今乇. 岐虮ノ 山中 二 

用ゥ、 廊/ へら ナリト 云 ヘリ、 @耕 錄 (十二) 今 寺觀、 

削, 木 SBisfrKll 涵蹈 中; 名 曰-一 翻^ 一 卜 見 H タリ」 

s<*- まゆみ (名) B S- 一 似テ、 非ナ 

ル モノ ノ 意-一 モア ルカ〕 灌木 ノ名、 今、 

にあき ぎ ト云フ 、其 條ヲ 見ョ。 本草 和名、 

上 §+「 衞矛、 久《1- 末 由 美」 (S 名抄、 同ジ) 

一 <tv- ま • る (動) まる (放) ノ條ヲ 

f 。 

く. そん (名) M 怫經ノ 語、 五 佛ト- 四 



<tv ム …: ん 



菩薩 ト ノ稱。 (五 沸 ハ ,東 一一 資 幢佛, 西 一一 

阿 彌陀佛 、南 -ー 開 救 華 王 沸, 北 -ー 天 鼓 雷 

音佛. 中央 一一 大日 如来 ヲ云 ヒ -四 菩薩 , 、 

蒈&; 、文殊、 觀音、 彌勒、 ヲ 云フ) 8B、 

十三、 入 導 信 一一 險島ー ST 九 湾ノ中 坊ノな 5冠 ヲパ、 脇ョ 

リ血ヲ 出シ亍 被, 害 タリ」 

ぐ- ぞん (名) 9_ 己ガ 存寄ノ 謙稱。 愚 

意。 愚 E 

4- むし 1 S 〔好 ミテ、 人糞-一, ッ 

ク〕 ( 一 ){ 又、 マ P ムシ。 今、 くろ あが 

ねむし ト云フ 、あがねむ し ノ條ヲ 見ョ。 

本草 和名、 下 &. 錢蜋、 末呂 ii5、 久 之」 (倭 名抄、 

同ジ) (二) 糞 中 ノ蛆。 

;;-:<tv- やけ (名) 自暴 ノ條ヲ 見ョ。 

一く そ-わた-おく S 一 糞腸齓 くそぶ く 

ろ ノ條ノ (10 ヲ 篼ョ。 

クソ -す - ク ラエ 

: 一: くらへ § £ 〔命令形 ナリ〕 

(一 ) 人ヲ Si シ メ罵 リテ、 言 ヒ捨ッ ル 二 

云フ、 卑語。 (二) 卑人、 嘰シ タル 時、 直 

ジュ モン クゾハ 

チー 一言. フ 呪文。 くさめ ガ、 翼 鳴め トモ 

聞ュル -1 因 リテ、 言 ヒ 力へ テ云 フカ ト 

云フ。 

一く た (名) If 一 § るノ 語根、 朽 つ-朽ち 

ト 通ズ〕 朽チ タル モノ。 腐レ タル モノ。 

痿ェ タル モノ。 氣 カノ、 失セ タルモ ノ。 

毀 レテ. 混雜 セル モノ。 多ク、 熟語-一 用 

キ ラル。 音ヲ轉 ジテ、 くち *■。 「塵芥」 (ァく 

ク y 力. v ポ a . ゾワ 

た、 ゴミ く. 5 「腐 asjal くた, ala! くた Js, くた」 (シ 

ヮ くち こ a くた」 (モミく ち ャ〕 一 E くた」 # ぐた」 ガ 

ラ くた」 ゴ タ くた」 メタく た」 (メ チヤく ち ャ) くた ビ 

ル J (草 臥) くたくた ト伏ス JOSH!) 

くた § S 〔朽ノ 意 (前 條ヲ 見ョ) 

n レ 一一、 發語ノ あ ノ添ハ レ ルガ、 あくた 



くた 



(魔 芥) ナ リ. 字典 「芥、 草 芥-揚 子方 言、 自 

ビ淮 以西、 或曰ゾ 草、 或曰レ 芥」〕 ァ クタ。 

n ヅミ。 ゴ ミ 。 元 e 集、 S 名 、からく だもの 「小 

餘 ssfffl 換國) ノ、 港 二 a ノ、 吹キシ カラ 、くた モ錢サ 

ズ、 ffi モ寄セ ケリ」 字 ss«r 小 一、 艸. 冠 二 S ノ字 

|ー「 クタ」 

くだ (名) S (一: K 竹筒 ナド、 スべテ 、画 

ク、 中、 空 虛ナル 物 ノ稱。 筒。 金 屬製ナ 

ルヲモ 云フ。 天 字鎮 、士ー J「sr© 、久 太」 管 一 

の 穴から 天の ぞく ト云フ ハ、 く ,ん けん ■ 

(管 見)/ 條ヲ 見 ョ。 (二) { 機/具、 緯絲 

ヲ卷キ 付 ケテ、 梭 一一 納レテ 、緯 ヲ遣ル モ 

ノ。 蟹 贫子 字 鏡 一一 +「s、a づ,! -者 也、 久太」 SSS 名 

抄、 十四 JSSIB 具 rs.、^"asl 也、 管 子、, 久太」 (三) 

絲車ノ 左ノ方 二 ァ ル、 紡錘 二 插ム 、小サ 

キ軸。 (い £ よりぐ る ま ノ條ヲ 見ョ) 車 

ヲ メグ ラセ パ, おびい yj ヨリ" つむ-一 傳 

ヒテ、 ぶ、 f ぶ、 つ ト音ヲ タツ。 コレ- 一因 

リテ ■ 醉 漢ノ、 漫語ヲ ぶう ぶ、 「言 フヲ、 

く, た を 卷くト 云 ヒ、 叉-何事-一 モ -くだ 

くだしく 繰 一一 百 スルヲ モ、 く-;,; を まく、 く 

だまく ト云ヒ 、略シ テハ、 くだ ト ノ I 一一 云 

フ。 高 屏風 管 物語 (ta 治) 「來シ 力 タノ 1* ドモ、 リコ 

〈カトナ ク S キック レバ、 何事 モ、 .5- マル 所ハ、 管ナ 

リ ケリ」 吾 吟8« 、世 fi 「酒 二 醉ヒ、 くだ まく 人ハ、 

何 W モ、 ィザ白 絲 ノ、 a レ心ョ J (四) {く だの ふ 

ぇノ 略、 はらの ふえ ノ條ヲ la ョ。 (五) 

くだぎ つね ノ略、 其條ヲ la ョ。 

一く-たい (名) s_ くんたい ノ條ヲ 見ョ。 

く-だい (名) s_ 詩欲ノ 題-一、 古キ詩 

歌/中 ノ 一 句 ヲ用ヰ ル モノ." g 訓 菜、 くだ 

い ニニ 代 集 ノ欧ノ 一 En- 取 リテ、 題 二 出スヲ 云フ 也」 

ぐ-たい (き Mil 全ク- 形體ヲ 具備 シ 

タル n ト 孟子、 公孫 a 、上 If' 孑 PS 、子游 、子 

S- 有 一一 a- 人 之 一 冉牛" H 子、 顔 淵、 則 a.tra 而微 J 



くたい 



ぐ-たい (名) 〔英語 >0on2.et。. ノ譯 

語、 抽象 、ノ -Abstract. / 譯 語-具 體、 具象 

ハ、 形ヲ具 フル ナリ、 抽象 ハ、 象 ヲ抽ク 

ナリ -離ス ナリ〕 個體. 特殊 ノ, 形體. 性 

質ヲ 具有 ス ル コト。 有形 ナ ルコト 。具 

II。 形而下 其 形體、 性質 ヲ、 其 個體ョ 

リ離シ テ觀ズ ルヲ、 抽 象ト 云フ。 無形 

ナル コト。 形而上 

くだ- S- し (名) 5_ く. ただ ま-一同 ジ。 

(霞 訓菜) II 

くだ-いど (名) 一管 絲ー 孥 -ー卷 キッケ タル 

絲。 

ク -ト ゥ 

く-たう (名) ー狗盗 I 〔狗- 一 裝ヒテ 、物ヲ 盗 

む 義〕 小ヌス ビト。 賤 劣ナル 人。 史記、 

孟 兽君搭 「ts 下 坐、 有,. 能爲 =狗^ ^一 者 ハ曰、 臣能得 _1 狐 

白赛乃 夜爲, 狗、 以入 1 一泰 宮藏中 S1 一所 鹼狐 白^ こ 

韓非孑 、外 儘說、 左下 篇 「齊有 1】 狗盜之 子ー與 11 別危 tf 一 

戰而相 誇」 

くた-かけ (名) S1I 〔くた (朽) ト、 かけ 

(鷄) トノ 條ヲ見 ョ、 天 智紀、 二 年 六月 

「福 信卽 唾., 於 二 執 得 一 t5、® 犬、 痴 奴」 

艾、 萬 葉 接、 八 -ー 、醜霍 公ナド アルト、 同 

意 ナリ、 儒者 ナドモ 云フナ リ.〕 鶴、 

卽チ 、に はさり。 但シ、 憎 ミ駡リ テ呼ブ 

ナリ。 伊 SSS 語、 第 十四 段 「男、 云云、 行 キテ寐 一 j ケ 

リ、 夜 ク出 デニ ケ レバ、 女 一夜 モマケ vm 二 <1 メ 

ナム、 くた かけ ノ、 マ タキ 二 鳴 キテ、 夫 ヲ遣リ ツル」 

(鶴ノ 宵 鳴 シテ、 哓カト ハセ テ、 男ヲ、 早ク歸 ラセ 

タ^ ヲ 云フ) 遊 仙 「^媚 狂 §r 三 更 唱, 晓」 

夫 木抄、 廿七、 辦く たかけ ハ、 何レノ 里ヲ、 ゥ カレ來 

テ、 マダ 夜探キ 二、 八 鳴 クラム」 

くだ-ぎ つね (名) s_ 小 狐 ヲヌヒ テ- 

人 二 憑 カシム ルモ ノト 云フ、 いづなつ 

かひ ノ類 十ルべ シ。 略 シテ、 くだ。 寫本、 



く? 1 -ー 



くた く 



纏«*^ま八、^っかひ、|«*:^^上州ノぉささ,05州/ 

くだ、 又、 01 州-遭 州 ニモ- くだ 卜 云 フ-! « ナル ぺシ、 

ノ人ノ IS リテ曰 ハ ク、 くだ a ハ、 大サ s/ 如ク、 

も- S シ、 云云、 ト云 へ り * $. ノ 一 テ、 

a つか ひ, 刑さフ レシ ** ァリ、 其 K 、云云、 S ト、 大小、 

形 色、 K ナラ ズト云 ヘリ」 名 3 通 (天 保、 又、 六 

tt) 上 「くだ ハ 、 <SI8S、 伊 *I*8S -I ァリ、 小 、》e 中 二 

a ス^ ヲ 云フナ ラム、. K さき 使ハ、 上 15、 ま Is 二 

ァリ、 亦、 H シ、 くだぎ つね ノ! » ナリ J 

く ク "ケ, 力 .キ. ケ 、他 S 、四) I^il 〔く 

だ ハ . 段ノ 活用 力 (華 立、 くくた ち。 a、 

くびす) 崩す トモ 通ズ ルナ ルべ シ (a^ 吐 

く、 ゑ だく)〕 二) 撃 チテ、 破ル。 タタ 

キ * クノス ハ タク。 コハ ス 。「石 ヲ碎 く」 

(二 )1チ.チ 二、 思 ヒヮヅ ラフ。 描、 仏 00 

集, 十? +r 君ガ m かム、 -5 ハ持 タジ」 _« 、十二、 

=r1sn 'くだき タマ フ人ゾ 、多 力り ケル」 (三) 事 

ヲ、 細 力-一分 ッ。 ftii 狂 S お、 of S 左 as 

-fflss ハ、 E 十八 手 トイへ ドモ. くだけ バ 、八十 八手 

ニモ * 百 ニモ 取ル」 「s 理ヲ くだい テ S カス ル」 

く 5£* く- ク ケクレ *ケ* ケ, ケョ SS 、下 一:) I 碎 I 

〔前條 /語 ノ自 § 、くじく、 くじく 

る。 ひしぐ、 ひしぐ る〕 (1)U8- タレ 

テ、 敗 ルル。 コハ ルル。 クヅル OJ^a 橥、 

二 ivw ノ S シ、 R 所 一一 S リケム 」( く *i けシ 《s 片ガ) 

(二 ){ 思ヒ 亂ル。 思ヒ 悩ム。 ?《« 、四 5十 

「ムラ ギ モノ、 A 植 けテ」 古今 壤、 十一、 1«、 I「《s 

/、タマレ バガチ -1、 くだけ ヅヅ、 ガ i?ss ヒ /、 シ 

ゲキほ カナ」 0" 丹 « 「山 a ノ、 はて 一一 刈リ ホス、 

ノ S ノ、 くだけ テ S ヲ、 フ成 カナ」 (三) さ 易 

クナル 打チ解 クル 「8^ ガ くだ 

くる Jwts 二く だけ テ認 合フ」 

<T^ (S) 漏 一 〔朽ヲ 赏ヌ- 其條ヲ 

eg ョ, ぐたり-ぐ.' たり ハ ,くた ノ昔使 (う 

かと、、 「かりと ノ つ y かりと。 V」 くと "VJ 

,くり と) ウテぐ でんぐ でん トナ ルト 

云 フモ、 是レ ヨリ W ジタ ルナ リ (たぶ た 



くた く 



ぶ 、でぶ でぶ)〕 萎 H 伏ス状 ニ云フ 語。 

へト へト。 今ハ 、! g 昔 一一 , ぐたぐた、 ぐ 

たり、 ぐプ たり- ト 云フ。 著 sttr 十、 相 85 强 

カ、近江國、金ト云フ^^な「法師ハ、くたくた卜接ェ 

入 リテ、 ヮヅカ ニ息バ カリ 通ヒ ケル」 宇 se 拾 遠ニ 一一、 

«s ニ伤 「狂 メキ ケルホ ドー 一 、イト 一 a2 ク鳴 ラシ テケ り、 

女房 ハ 、 31 フ 一一 モ堪へ ズ、 くたくた トシ テ Ws リ伏シ 

ニケリ」 『±1、 第廿 sis" ヲ 打テパ 、巧 母 7 打 切 

リテ、 くたくた トナ シづ」 一: 虎 ヲ殺シ タル ニ云フ J 「疲 

レテ、 身 W ガぐ たぐた 二 ナッタ」 ぐたり 倒レタ J 

ぐ H ,ぐ a § (一) 姜 H 伏ス狀 一一 云フ 

語。 グッ タリ 。( 前條 Tra ョ) (二) 物ノ、 

煮 H 立 ッ 音-一 云フ 語。 グッ グッ。 (くつ 

くつ/ 條 /(三) ヲ 昆ョ) 

一く 5£- く し- シキ- シケレ -シク ?ンク (形、 二) 

I 煩碎 I 煩 縛 I 〔碎 くる ノ 語根 ヲ重 ネテ活 

用セ シ ム、 喧 喧し ナ ドノ 例、 此ノ 語、 く 

どくビ し • ぐぢ ぐぢ. ぐ づぐづ ト變ズ (ふ 

も だし 、ふんどし。 怖怖、 お ぢぉぢ 、おど 

お vo〕 事繁 クシ テ, 煩ハ シ。 ぁャ カナ 

ル 一一 過ギ チ、 厭ハ シ。 ク ドク ドシ。 通 S 

ar 廿 E 年 九月 「知-一 ** 細 碎 S お、 不;. S お. 期、 

SSD 一一, cS 胡 こ K ,四、 タ カャ ウノく だく だし 

き 〈、云云、 a-、§ フシ トド メタル ヲ」 

く: y け (名) Iffl 碎 クル コト。 碎ケ タル 

物 「お 术ノ くだけ」 

:!: く ij. ける (動) 一 ii 碎く (下 二 段) ノロ 

くれ?^ • す. スル. スレ. セ -シ. セョ (他動、 £«} 

〔くださ れんす ノ略轉 (行かん とする、 

行かん する。 ござります、 ござんす) 更 

一 一 略 シテ、 くだんす〕 ク ダサ ル。 クダ 

ンス。 iisK(w 永、 近 松 作) 下 「水 1 ヅ、 マ ヅ砍マ 

セテ下 ださんせ、 云云、 氣遣 t シテ下 ださんす ナ. i 

「私 一一 、ソレー 7<« さんせ」 くださん せヌ」 ヨウ 来テ 

くだんし タ J 



くた さ 



く; ^さ* るん- レ.? ?レ (他動. 四) I 披下 I 

「次 條ノ 語ノ、 約 マリ テ、 四 段 活用 ニ轉 

ジ タル 語-成さ るる (下 二 段) ノ、 なさる 

(四 段) トナル 一一 同ジ、 たま はる、 いら ヴ 

ぁャ る/語原 ヲ a ョ〕 (1 ) 次條ノ 語-一 

同ジ。 タマ ハル。 イタ ダク。 孝 猫壤 「守 

實 ヨリ、 九::: S 、菊ヲ くださる トテ」 「御お 美ヲ くだ 

さり マ ス J 何モ くださら ヌ」 敬語 助動詞 ノ 如 

ク用 ヰテ、 狂言 記、 餅 酒 「ヨロ シゥ、 仰 セァゲ ラレ 

下 ださり マセ」 「行 ッテ くださる」 待ッテ くだされ」 

(二) 轉ジテ 、食 ふ、 飮む、 ノ 敬語。 「s 鈑ヲ 

バ、 モ ハヤ、 ください マ シタ」 私 二 ハ、 酒 ヲバ、 くださ 

い マ セス一 

く Is^ さ • るん. 5 んレ *ヒ ヒレ ョ (他お、 下 二) 

S 〔下す ノ 未然形 ノく, たさ 一一, 敬語 

ノ 助動詞 ノ るる ガ附 キテ、 熟語 トナ, レ< 

ル語〕 與ふノ 敬語。 ァ タへタ マフ。: 

ル。 賜ハ ル。 イタ ダク。 頂戴 ス。 保 元 物 

語、 一、 新お 召 1 一 SSI 藝, sa 丸 卜 云 御^ ヲゾ、 下され ケ 

ル」 狂 ま 一 ^/拔 S 【ィャ 、御酌, SS 外-一 ゴザ リマ スル、 

コレへ 下され マ セゥ」 同、 islT« 、云云、 字莖、 云 

云、 >f;Tf デ、 辛辛 ト へ 、 B 方 ガタデ 下さろ る 時ハ、 

a ウテ、 ァ リガ タ ウテ、 淚 ガコポ ルル」 

く され, もの (名) 一 ^sl H 物ノ敬 

^^o タマ モノ w» 先代 获 (天明、 松 

K 「此ノ 御 子、 理胡公 ヨリ 下され 物」 

くだし (名) (一) 下ス コト。 a 一) ク 

ダシグ スリ。 

く ii し-ぐ 言 (名) S 大ほ 1^ ゼシ 

ム ル藥。 通ジグ スリ。 下劑 漓 

く, *1 し-おみ § S 〔文書 ノ初. 終-一、 

下 (ク ダス) ト云フ 字ヲ書 ケパ、 云フ〕 官 

府 ヨリ 下ス、 命令 ノ 文書。 -院驗 、攝^ 大 

K 家ノ 政所 ョ" 出ス モ メアリ-、 鎌 倉, 室 

町 時代、 r 如府ノ 政所 ヨリ 、所領 ヲ 宛行フ 



くた す :… くた す -I 穴 



十ド ニ出ス モ ノア リ。 其 初 一一 、院廳 下- 

攝政 家政 所 下、 又 尸 、 將軍 家政 所 下、 ナ 

ド記 シテ、 末 一一, 所,. 仰 如., 此 以下、 ト記 

. ス。 運 歩 色 葉? r 下 文、 f 將? 賜 一; 所? 時、 先、 

肩 被, f 下 之 字 一也、 其 次、 地 之 分 S 寺、 年统月 曰 也、 

有 11 袖 判 こ 吾妻 鏡> 二、 冶 承 五 年 四 ほ 廿日 一 東 S 御 家 

人、 安一 ー堪 本領 一之 時、 同 賜 II 御 下 文 1 訖」 

くた • す. ス. セ. サ. シ.セ (他動、 四) ー& 〔くた 

(朽) ノ條 ヲ見ョ 、くた る (想) ノ 他動、 至 

る、 致す。 淘る、 に. おす〕 ( 一 ) 哲ラ ス。 

クサ レシ ム0朽 チシム las 速 集、 十九 卯 

花ヲ、 令蹈袋 雨ノ、 始が 二、 寄ル木 as 如ス、 (序) 害 ラム 

兒 モガ モ」 枕き 子、 十二、 百 四十 八 段 「薪 伐ル、 コト 

ハ 昨日 二、 恭キニ シヲ、 今日 < 斧ノ 柄、 ココ 1 一く たさ 

ム, K« チサ セム、 仙人 ノ園 i«3 ヲ見テ 居テ、 ィヅノ マ 

一一 力、 St ノ: S ズ朽チ タル 故事 二 云フ) (二) 損フ。 

毀損 ies 集、 五! 3. 富 人ノ、 家ノ孑 等ノ、 蓍ル身 

お i ミ、 久多 志棄ヅ ラム、 稱 £f ラ ハ モ、」 (ァ ハ レ、 ソレ 一 

^欲 シャ) 同、 十 1! 「春 去 レバ、 卯 花 具 多 思、 吾ガ越 

H シ、 妹ガ垣 閒ハ、 荒 レー ーケ ルカ モ」 (三) 泛ス。 

クサ ス。 ケ ナス。 g 源、 十七- SS 合 S 「在 五 中 

將/ 名 ヲパ、 H くた さジ J 同、 二、 蒂木 srgHll 、イカ 

ガハ、 推シバ カリ、 ヒ くた さム」 

く; J^.t ス. セ, サ. シ. セ f 他動、 a) 一 下 一 降 一 〔卞 

るノ 他動、 いたる、 いたす。 きたる、 き 

たす〕 (一) 下 ルャゥ 二 ス。 下 ヘ^ル。 

サグ。 ォ ロス。 拾遺 ST 十 一 、! r 一 「大 井川、 く 

だす 筏メ、 ミナ レ掉、 ミナ レヌ 人モ、 戀シ カリ ケリ」 

ニー) 都 ヨリ、 田舎へ 行 カシム。 (のぼす 

ノ (三) ヲ見ョ ) 石 集、 二、 上、 第 四 「田舎 ョ 

りモ、 國ノ 物の ぼせ、 京 ヨリ 乇、 イロ イロ ノ^く だし 

ナン ドシ テ」 (三) 賜フ。 與フ。 

本、 平 物語、 二、 中、 三位 入道 通 射^ 「御衣 ヲ 下さ セ 

タ マフ」 (四) 筆ヲ、 紙 ニオロ シテ、 書ク。 

^ 宇 冶 拾 九、 第二 條 「1" 師、 云云、 s- くださ 

ムト スルー 一」 (五 ス。 サグ。 返 クル。 

字 袋 一お、 久 太須」 沙石 第、 六、 上、 第七條 「我 ガ身ノ 



非ヲ^ ラズ、 持戒 ノ人 ヲパ くだし ! 「位 一 扱ヲ くだ 

す- (六) 膀チテ 、我レ ニ從ハ ス。 降參セ 

シム。 「敵ヲ 降す」 域ヲ 降す」 (七) {サ* か クタ 

ス 申シヮ タス 下附ス 源、 七、 紅 菜お 5! 

「ォ ホヤ ケ 多 ク奏シ くだす 曰 一一 テ」 (尸) 大便 

ヲ、 通ゼシ ム。 5g 「下 SS- ーテ くだす」 水 ヲ吞ミ 

逸 ギテ、 腹ヲ くだす」 

くだ, す 5:1 れ (名) S 又、 く.. たの れん。 

極メテ 細ソキ 竹ヲ、 二 三寸 二 切リ、 其數 

筒 一一 絲 ヲ貫キ ッ ダリ タル ヲ、 數條、 並べ ■ 

垂 レ テ、 簾ト シ タル モノ。 近代 世 「享 

保) 二、 器用 ST 管 古來 ヨリ ァリ トイへ ド乇、 資物 

トス ル始 ハ、 正德ノ 頃、 築地、 小 笠 原 家ノ 道具 持、 沖 

忠さ街 門 ト云フ 者、 作ル」 傾城 島 原^ 合戰 f 享保、 近 

松 作 ir ォ ウイ 卜 答へ テ管 のれん、 顏、 差 入 ルレ パ」 

くだ, だま (名) sfs まがたま ノ條ヲ S 

くだち (名) 爾ー (一) ク ダッコ ト。 日ノ、 

カタ ムク コト。 ュフ グレ。 5,,^ 大祓詞 

i ナ ザ キヅゴ モリ ク / - 一 ノー, • * 

「六 月 、晦 日ノ、 タ曰 ノ降ノ 大^ 二」 (二〕 夜ノ 

深 クル n ト iTt フ ケ 夜 蘭 萬 十九 十 

「夜具 多 知-一、 寐资 ズテ居 レバ」 

く. S:I, つ ふ. テ-タ .チ. テ (自動、 四) I 陶 I 〔降る 

ト 同意、 あやまる、 あやまつ〕 二) ク 

ダル。 日、 カタ ムク 武烈 卽位 前紀 「日 

IK 坐 * 胡」 字 類抄 「斜、 日對、 クダッ 、ヒク ダチ」 

(二) 夜、 深 クル 。更タ クル。 i 

七ミ 「山ノ 端 二、 ィ サョフ 月ヲ、 出 デム カト、 待 チヅ 

ヅ居ル 二、 夜ゾ 降ち ケル」 同、 十九 ナ 「夜^ 而、^ ク 

川 千 sT 宜シ n ソ、 昔ノ 人モ、 ビ來 一一 ケレ」 (三) 

衰フ。 末-一 ナル 。衰默 萬 1 集、 五^ 我ガ盛 

り、 イタ ク久 JS ヌ、 S 二 飛プ、 f なム 卜モ、 又, &チ 

ス ャモ」 (仙人 ノ藥ヲ 服ス トモ 、若返 ラム ャハ) ja 今 

集、 十七、 雜、 上 「®/ssf 一一、 降 リツ ム奪ノ 、末 ヲ重气 

本く だち 行ク、 吾ガ リ ハモ」 

V- たに § t 〔字モ 不審 ナリ、 古今 



くた す …: くた に 



要覽 稿-一、 論 ァリ〕 植物 ノ * 口、 龍 膽ノ異 

ナリ, ト云 へ ド、 詳 カナ ラズ。 古今 集、 十、 

物 名、 くた に 「散り ヌ レバ、 後ハァ くた に、 ナル 花ヲ、 

a ヒ知ラ ズモ、 惑フ蝶 カナ」 源、 廿 一 、 少女 If 「花 

痛、 m 〔子、 藩 ST くた に、 ナドャ ウノ 花ノ、 クサ グサ 

ヲ植ェ テ」 藻 am 、八 「くた に、 苦, りんだ う ノー 

名」 大和 本草、 六 「龍 腿、 接 名、 リンダウ、 1 名、 くた 

にト 云フ」 

くた に- $ S 一^^^ 一 加 賀ノ江 沼 

ャキ モノ 

郡、 九 谷ノ地 ョ リ產ズ ル 磁器、 今 ハ-他 

ノ郡村 ヨリ モ出 ス. 質つ 薇戶燒 二 似テ、 

染付 ヲ佳シ トス レ ド、 赤 檜-金 攀 -却プ 

テ世 ニ赏セ ラル。 

一く だ-の- >^ え (名) 一^一 はらの ふえ ノ條 

ヲ見 3 

くだ-ノレ ン (き iiffl 一 くだす. たれ 

ヲ la ョ •= 

クタ- ヮ ■ i 

一く. 5;!- は, る- ャレ- ラ.? レ (自 勁、 四) 一^ 悴ー 

〔くた r 朽 ナリ. 其條ヲ la ョ. くづ ほる、 

くた びる ト通ズ (もど ほる、 まつばる)〕 

粹ク。 カジ カム。 シ. ポム。 名 篛抄 「憔 ほ、 

ク タパ ル、 オト ロフ、 シ ボム、 ヅヒュ 」 

I くた-ば * る- ル- レ-ラ .リ- レ (自動、 四) 1 斃 I 〔く 

たくた ト、 へたばる トノ略 合 二 モア ラ 

ムカ (ひしげ かがむ、 ひがむ。 かん ざら 

し W もろてん. かんてん)〕 死ぬ ノ 卑語。 

ゴ ネル。 雜兵 aasoK 和) 上、 挟 ffijr 死ヌ ベイト 

S クテモ 、ナカ ナカ 卒爾 二、 くたばり サゥ デモ ナイ」 

く. ?:^.. び-る. ルル-ルレ -レ- レ. レョ (自動、 下 二) 

一草^ 〔くた (朽) ト、 きたなび る トノ條 

ヲ 見ョ、 くづ ほる、 くた はる ト通ズ 、草 

臥 ノ字ヲ 惯用ス ル ハ ,詩經、^|風ノ践涉 

-1、 くさぶ し (草 臥) みづ わたる (水 渡) 

ト 、古!! アル 二 因ル〕 步ミ、 又-動 クー 一 



くた ひ 



過 ギテ、 疲 *。 烈シク 働キテ 、弱々。 疲 

勞 疲倦 爲 6,i 「くた-ひるる、 旅/トマ リノ、 IS 

ハ 、ゾコ ハ カトナ ク、 見 ケ^ 古 a」 中務 内侍 日 P"fs5 

安) 「遊ビ くた なれ テ侍ル ト申ス /遊び ハ、 SSW ナリ) 

太平 E5S、 五、 大 sslsg 野 _a*T 御 * モ 草臥れ ハ テテ、 流 

,^ル 汗、 水,' 如シ」 易 林 „3 用 a 「勞 倦、 疲、 クタ ビル」 

<^^^ (名) |_^_ クタ ビレ タルコ ト。 

ッ カレ 中 務內侍 日記 (sa 安) 「御く おな 

れ 一一 ャァ リケム 、御舟 II モ召 サズ」 

クタ ビレ- モウ ケ ク. -ビレ 

くたびれ-ま、 ゥけ (名) 臥 儲 一 草 臥ノミ 

殘リテ 、何 ノ功モ 立タヌ n ト。 「骨折 損ノ 

くた • ひれ ま、 つけ」 

くた-び .れ る § くた びる ノロ 

語。 

t くた-お. れる g S 前條 ノ語ノ 訛。 

くた-まき i 一管 卷ー 蟲ノ 名、 きりぎ り 

すノ 類、 頭、 小 サク、 身、 大 キク, S ァリ、 

羽、 大 キク、 羽 ヲ振ヒ テ嫛ヲ ナス コ ト、 

緯 車ノ廻 ル音ノ 如シ。 クダ ムシ。 スィ 

ト。 藝 . 

まく § 管 ノ條ノ (三) ヲ as 

一く たん (名) 一件 I 件 ノ條ヲ 見ョ。 

く だ- むし (名) く., たまき ノ條ヲ 見 

ョ。 

W くだん • す (動) くださん すヲ 見ョ。 

くだ-もの (名) S 〔木 種物 ノ略 轉ト云 

フ (かたね なし、 結 政。 金 兄- 庚) 或 ハ , 

木 之^ ノ轉 (黄金、 くが ね。 熱, あた 

み。 操- つぶて。 之 ヲ濁ル ハ、 己 之 自) 

獸モ . 毛 之 物 ナリ, なりく.. たもの ト云 

フ ハ 、席 菓? k 菓子) ヲ, .單 -ー 、くだもの ト 

モー K へパ、 ソレ - 一別 チテ、 木に 成る く. U 



くた も 



もの ト云 フナリ 〔成 山椒、 成 瓠) 乾菓子 

一一 對シテ 、水菓子 ト云フ 、同 ジ〕 (一) 

{木赏 ノ、 食 フ べキモ ノ。 柿- 桃 > 梨、 ノ 

類。 ナ リク ダモノ。 ナリ モノ。 水菓子。 

草 ノ實ノ 、食 フべキ モノ、 卽チ、 瓜ノ頹 

ヲ、 くさく, たもの ト 云フ。 窳 _a 名抄、 十 

A"_iHr 果、 或 作, 莫、 久太毛 乃、! S 、久 佐久太 毛 乃」 

宇 S 保 物語、 藤 原 君 化 「棟 ノ枝ヲ 一 ツー 一、 » ノ成ル SS 

ァリ、 くだもの I- 食 フニ、 ヨキ モノ ナり」 (二) お a 

クケ モノ カープ ゲワ ン ク ヮ シ クケ モノ/? -カ サ 

菓物 (街 菓子) ノ略。 菓 M. -。 菓 物司ァ リ- 

次 條ヲ見 ョ。 著 聞橥、 十八、 飲盒 「御く だ物ヲ 

ラセ ラレ タリ ケル 二、 ォ n シ米ヲ 取 ラセ 給 ヒテ、 妾 

ル由 シテ」 

くだもの-の-つかさ (名) sffl^l 〔くだ 

もの ハ、 からく. たもの ノ略〕 古へ、 大膳 

職 二 屬シテ 、唐 葉 子 ヲ- 製 苦」 スル 所。 職艮 

令、 大瞎, 主菓餅 二人、 菜 子 造 1 ー雜 餅?」 

くだ-やり (名) sffil 槍ノ 柄-一、 管ヲハ 

メタル モノ。 管ノ進 返、 自由 ナリ、 左手 

一一 管ヲッ カミ、 右手 二 テ柄ヲ 突ク。 近代 

©1* 談 (享 保) 二、 用 門、 管 ノ倏 二 、 瘦長ノ 頃、 大 

谷 刑 部 (吉隆 ) 始メテ 作ル、 ァリテ 、手ノ 中、 心 二 マ 

力 セズ、 因テェ 失ス、 始ニ 云フ、 手ぼう 左 馬 之 助、 

始. M ァ作 ルト、 手 ほう ト云フ ヨリ 見 レバ、 手ノ 中、 自 

由ナラ ズト云 フニ ヒ トシ、 刑^ ヲ、 初/左 馬 之助ト 

云へ ルカ トァ リ。 

ーク ダラ (名) 31 〔百 濟ハ、 詔 人種 ョ 

リ 出ヅ 、 鮮 古語 二、 山ヲ たら ト云 フ、 

くたら ハ、 貊 山/略 一一 テ、 額 族 國ノ意 

ナ ラム (金 澤庄三 郞說〕 高 勾隨ヲ 併セ見 

ョ〕 古 へ ノ 三韓 ノ 一 、三韓 ノ條ヲ 見ョ。 

音讀シ テ、 百濟。 百 # ィ。 其國ョ リ渡 セル 

物 一一 冠シ テ 「百 濟樂」 百濟 琴」 ナ ドア"。 

源、 五、 若紫せ 「< だら ヨリ 得 タマ へ リケル 、金 刚子ノ 

es 珠/ 玉 1 g 名抄、 五六 「攝; 5JE 國、 百濟 郡、 久太 良」 易 

林 IS 用 集 (藍 長) 乾坤 部 「百 濟」 



くにら 5 



くたら 



:ク ダラ-がく 2> 一:. ci 一 〔前條 n-a 

ョ〕 ic 済^ ヨリ. 傅へ タル 音樂。 高 g 荣 

ト 共-一、 炳廷ノ 古 ナ リキ。 *sse 、十五 

年. 一 a-fajr 云云、 ©ー》 人 * 三 斤 こ 職 UI 令、 雅築 

« 云云、 ISWIRSE 人」 

;ク ダラ- \5>J § 一 〔前前 條ヲ 

E^3〕 箜 興稱。 百 済國 ヨリ 渡 セル 

- 一因 リテ -.1^ ァリ。 ほ 名抄、 afltvBgagr 

HSMI* 也、 久太 fi 古 止 J 

;く だら • す. ス. やサ. シ. セ {e 動、 BI) _B 〔く 

, たろ ノ敬炻 E〕 下 リタ マフ。 古 お、 下 ol 

錄 )=T 摩 asssr S へ Kiss Jsss へ a ル 

ナ i 

J く; 5;j ラな • い § 次條 一一 同ジ。 

くだら-ぬ S 〔へりく, たる (謙) ヲ くだ 

ろ トノミ モ云フ 、く, たらぬ ハ 、人前 モ 揮 

ラ ヌ.; ^ナ ラム、 謙らす ロト 云フ語 モア 

リ〕 S? ナ キ コ トヲ、 言 ヒ立ッ ル。 理 -I ッ 

マラス。 ク ダラ ナイ。 S 理 狂 さ C^、S8 ほ 

「松 ノ山 « ノ a ヂャ、 SB ヲ兒タ *k ガ 《 イトコ ロデ、 く 

だらぬ 事ヲ S- ス」 新 二 「くだらぬ 理 s、 

ァ ワウ nj 

くだり i) B (一) {ク ダルコ ト。 サガ 

も コ ト。 |»朋ぉ、四年十ほ「》5ノ、《?メ1*導利、海 

«lsr» モ II 二 ,|*キ テ カ行 カム」 「山 ノ、 /ポリく 

だり」 0:) 時ノ、 過 や 移ル n ト。 宇治 $sr 

十一、 S 九 «「H 今ハ、 何 W ゾ、 云云、 & /くだり ニナ 

り S ヒ 二 タリ ト云フ .K 七つ さがり、 午 » 四時 く 

だる/ «ノ0ニ) ヲ am) (三) 都 ヨリ、 田舍へ 

行ク n ト。 下向 0( のぼる ノ條ノ (三) ヲ 

ョ ) 宇治 拾遺、 十 一 、K 五 J» 「白 河 法皇、 北而受 

B ノ 下り ノ マネ ノ事ー s«*. 人ノ、 a ほく だり 二、 

カチヂ ナりシ カバ」 「京く だり」 海! « くだり」 くだり 

(四) 町 町 ナド, キ メグ ル n ト C 

玉 讀禽 wt-tt- 四 「& くだり、 ヨロ ポヒ ユキ テ、 世 

ヲ W レバ、 物 ノコ トヮリ 、窗知 ラレ ケリ」 3 1 千 句 



くたり 



- 元お) 「公方 ノ:. ^モ、 ォ/ ス佐ほ 姬」 カブ キス ル、 舂 

ノ 都 ノ、 E くだり」 a 五 元 集 一 SS 永) 「s くだり、 二 

BSI ラヌ、 茶 |««1」 a 故 (正 I«J«! 山子ノ 句ニ「道 

くだり、 拾ヒ tts/ テ、 かかし カナ」 (Ifofs ジテ、 

遠方 ノ地。 旅シ テ步ク 一一 云フ 、音便-一、 

くんだり ナド トモ 云フ、 嘲 リテ- 滑 格 一一 

云フ ij!^ ァリ。 「江戶 さんがいへ 往カ シャ 

ン ス」 ナド云 フモ、 境ノ. ぜ使 ナリ、 さん 

がい ノ條ヲ ョ 「江の S くだり、 ホソ ヅキ步 

ク」北海^!5^✓んだりマデ、旅烏シテ」 (六) くだ 

り あめ ノ略。 (七) く, たりば らノ 略。 

<«y (名) , 〔上方 ヨリ 來レル ヲ云フ 

教〕 地货煎 ノー 名。 《g 雜考、 四、 一 S 一 a 

下り出》^3| 此茶! a へ, S 茶 ノ^ 茶 ナリ、 是义、 一 股 一 

ほナリ 、くだり トハ、 上方 ョり來 レルヲ 云フ、 令モ 諸 

物 ニサハ 云へ ド、 下り トテ、 一 as ノ名ト ナレル ハ、 地 

黄 S ノ ミナ リ、 今 (天 保) モ、 上野 山ノ li^ela ノ、 地上 

二 ムシ 口 e ケルハ 、昔 ノ出 ノサマ 、ほレ ルナり」 

くだり (名) 一 ffl 〔下 ノ義〕 上 ヨリ 下 マ 

デノ 一列。 «菜壤、 十四 5rs ノ音ノ 、(序) m キ 

K3. 妹ガ、 菊セシ 衣、 快 ノ久太 利、 ヒ來 ニケリ」 多 

ク ハ 、文章 二 ツキ テ云フ 行。 字お 抄 「行、 

クダ = '、字 行 KMS」 K 、三十 二 * 梅 枝 iljT タダヨく だり 

パ カリー 一、 文字 ズクナ 二、 好 マシク ゾ嘗キ タマ へ ル」 

くだり (名) 一 ml 〔行 ノ翁 、音便-一、 スだ 

ん ト云フ (殘 の彗、 のォ: んの ゆき。 榛の 

木、 はんのき。 假名、 かんな) 說文 「件、 分 

也」 字 1^ 抄 「件、 ク ダリ、 分 次 也- 如 Z 件」 

六書 故 「條 件、 俗號 M 物數 i 曰 _」 若干 件 こ〕 

( 一 ) 文 害 -ー 記セ ル章。 段。 條。 昔 便 一一 、 

く, たん。 推 占お.; 十二 年 四 a. 作 lis 法 十七 JK 二 

曰、 上 和 下 K、 SSi 於,^ 、則 * 理自 通、 云云、 十五 

曰」 云云、 《* お 則 a!" 制 害. 法、 故-初 云、 上下 和 

新」 古 *sr 上 I 「上 件 五 柱 神 者、 別 天 ! *」 推 古 

E 、十 四 年 六 H!T 助 rBS 士、 sse セ、 蹰 博士 宜 r 依 

v» 上下 ズス 上 件 色 人、 正 ja 一一 招 代 年 ほこ 

大和 tt«8、 下: ァリヅ ル由ヲ 、上ノ くだり a» セサ セケ 



り」 宇治 拾 通、 十、 第 一條 「ァ リノく だり ノ 1* ヲ申シ 

テケリ」 後 二 ハ、 初の、 上の、 ナド 云フべ 

キヲ略 シテ、 タダ 、くだん トノミ 用 キラ 

ル、 文書 ノ末 二 、 如,, 上 件, ナルべ キヲ、 

仍 而如レ 件、 ナ ド記ス ハ、 卽チ、 上の 件の 

如し ナリ 难 添 a-nr 抄、 三 「如 件、 ク ダン ノゴト 

シ、 クダ リノ ゴ トシ」 (二) ir シテ、 それ (其) 

ノ意ト 十 ル。 学 律 保 物語、 、下 St 「カノ 件 

ノ、 三 S3 ノ束 角 ニ向ヒ タル 家、 チ ヒサ キアり 一 宇 

冶 拾遺. 十、 第一 :is「 スナハ チ坊 中二 入 ルテ、 件 ノ槩ヲ 

S へ ケリ」 著 KeT 廿、 魚お *?KS、 蛇 「くだん ノ la 

一一、 ァ ヤマタ ズ、 <2S ヒ ツキ ニケリ」 

一く だり (I) 9 一 〔行 バ義 力〕 裝束ナ 

ド /、ひ VJ そろ ひ "数へ 云フ 語。 源、 廿 

1 ^*ft^e-f /1 束 ナド、 云云、 アマ タ くだ 

り、 イト 清ラ - 一 仕立テ タマ ヘル ヲ」 

ぐた-り § くたくた ノ條ヲ a ョ。 

くだり-あめ (名) 〔下 S ヲ治 スト 

テ名ヅ クトカ 云フ〕 地 焚 煎 (一名-くだ 

り) ヲ 加へ タル 霞。 略 シテ、 くだり。 

く ii り-集 ャ (名) ー下汽 S 都 ョ リ、 田舍 

へ 向ヒテ 行ク汽 ま。 上 汽車-一 對ス。 

くだり-ざ か (名) S (一) 坂/、 降リ 

路。 (登 坂 二 對ス) 宇治 拾 遠. 一 一一 、第 七 底 「手ヲ 

立テ タル ぼナル 岩ノ、 五六 丈 アル ヲ、 三ノ脚 ヲ持チ 

テ、 くだり 坂ヲ走 ルガ 如ク、 上 リテ行 ケバ」 (二) 

次 二、 衰へ行 クコト 。衰勢 夫 木抄、 三十 

1 二、 5. 車、 港スほ 山ノ、 谷 ミ, くだり 坂 ナル、 & 

ニコ ゾァリ ケレ」 同、 三十 六、 述 老ガ 身ノ、 山ト 

シ高ク 、登 リ來テ 、くお りムキ ナル、 坂ゾ末 ナキ」 

く y り-ざけ (名) _s 〔江 戶 ヨリ、 お 方 

ヲ 指シテ 云フ〕 幾 2 ョタ- 江戸へ 送來 

レ ル洒。 — 

く y ひ-ばら i) IE 朗ー はらく だり-一同 

ジ C 下痢。 略 シテ、 くだり。 



くた …: くた る ||< — 

くだり-おね § _s 川下へ 行ク 舟。 

(登 舟 -1 對ス) IK-sr 1 、第三き-淀 ノ 方へ 惑 

ヒア リキ、 くだり SS ノア リケル 二 、乘 ラム トス」 

くだり-むね (名) _s 屋ノ、 大楝 ヨリ 

下 リテ、 擔ニヌ タル 棟。 

くだ やな (名) S ^ノ 條ヲ a ョ。 

くだり-やみ S I 下 闇 一 え もつ やみ ヲ見 

一く た 攀る..^ 亇 ルレ- レ-レ -レョ (自動、 下 二) 1 想" I 

〔くた ー朽 プ條ヲ a ョ, 薛るト 通ズ、 他動 

二、 くた す (薛) ト 云フ〕 腐ル。 爛ル。 I 

ハ ル。 SSK 紀、 廿四年 九 HrsFrsI; 者不 "理、 逸 者 

必理 一 「苧、 荒く たれ テ」 薛く たるる」 (ねく たれ 髮) 

くだ, る. ル-レ •?? レ (自動、 四) IP. 一 降 I ( 一 ) 

【上 ヨリ、 下へ 行ク。 ォ ルル。 サ ガル。 

低キ 二 ッ ク。 萬 葉 集、 廿 ^ 長聲 朝ナギ 二、 粗ヒ 

キ/ ボ 、タ シホ 二、 la サシ久 太理」 (二) 降ル。 

延 ™K 本、 平家物語、 一 、末、 成 親 流罪 f 空、 力 キク モ 

リ、 E 土 一一、 雨く だり テ」 (三) {n: 影、 傾ク。 

時、 過ギ 移ル。 昃 1^、 廿ー、 少女 S ネ曰、 ャゥ 

ャ くだり テ」 同、 三十 三、 藤 裏^, 未ノ くだる ホ 

ドニ; (午後 二 時 過) 宇 律 保 物語、 ® 開、 中 t 「巳ノ 時 

打チ くだり テノ程 一一 JOHS 十 時 § (四) { 都 ョ 

リ、 田舍へ 行ク。 下向 ス。 (のぼる ノ條 

ノ (三) ヲ見ョ ) m 藥集、 十七 fi 長够足 ® ノ、 

山 坂 ®H テ、 天 離 ル、 si- 一久 太 理テ」 (五) 時勢、 

移 リテ、 末ト ナル。 末世 トナ ル。 湊 i- 

「くだれる 世-一 J 世ノ くだる §ー J (六) 【謙 ル 。 

へ リク ダル。 仁 R 卽位 前お r 壯而 仁惠、 

f > リナ * 'メャ C ーフギ ゥック ■ ンム ひケ 

S8 £ S3 a ご ;ぉ 語、 顏淵 SSIISS 以下 :- 人」 

(七) 劣ル。 品、 落ッ。 劣」 八) 戰ニ a ケ 

テ、 敵 二 従フ。 降ム i ス C 降 三代 贫 二十 

四、 元 二 年 十月 十三 曰 「勅- 1 符出 國司 101、 得 二 今 

H: 曰奏 狀; 具 知 =賊腐 乞, 降 之 由; 云云、 但、 古 之 降 者、 

去-; 其 B- 兵 ハ而面 K 待』. 3S 、裁 得 I 制 = 其 死生 ー然 rw^gll 



降伏^^降之法こ 太平 記、 六、 摘出 一一 張 天 王 寺 一 *r?B 

a 入 、内外 ノ敏ニ 取 額 ラレ テ、 13,^ 漾モ無 リケレ 

パ、 タ 5- 一 S ヲ伸テ 、降 人- 1 出ゾ」 (九) 大便、 でン 

ク 通ズ。 下 病ス。 演 「照-力ぐ たる」 

4 (き 画 (一 ){ 顏 ノ下ノ 方-一 テ、 脣 

ヨリ 喉-一通 フ 穴, 中 -ー 、齒. 舌, ァリ、 物ヲ 

言ヒ 、又-食 ヲ 受ク。 古 s^/ 中 (神武 )=-tsa 

「碟 瑞シ、 久米ノ 子等 ガ、 垣 モト 一一 、! SH シ ハ ジ カミ、 

久知ヒ ビク、 ヮレハ 忘 レジ」 (二) ロヨ リ出ヅ 

ル 言葉。 モノ ィヒ。 榮花 物語、 廿ー r 鳥 舞 「コ レ 

〈彼レ 二 云フべ キ^ニ モア ラズ、 ゾノヲ リノ 事、 今 

ノ世ノ is? ト、 同ジ くち 二 云フべ キナラ ネパ、 コ レバ 

カリ メ デ タキ コト ナク ナム」 「くち 二 任ス」 ヒ 卜く 

ち-一言 フ」 くち ヲ合 ハス」 くち ヲ港 ス」 (三) 家 

或ハ、 車ノ、 出 人スべ キ處。 戶ロ。 榮花物 

語、 十七、 音3^「未ノ時バカり ニナ リテ、 御 車 寄セ奉 

ル、 くち 1ー ハ大 宮 、皇太 iLc 宫、 泰ル」 (四) 物 二 、出 

シ人レ スべ キ穴 口 学 治 拾 sn 二、 十六 底 「SI 

比 へ テ、 今 ハ ョク成 リス ラム (» ノ〕 トテ見 レバ、 ョク 

ナリニ ケリ、 取リ下 シテ、 くち ァケン トス ルー 一」 「厘 

ノ くち」 B ノ くち」 (五) 事物 ノ*。 ハジメ。 

才 コ リ。 端緒 拾 SS 集、 七、 物 名 「足 引ノ、 山ノ木 

ノ楚ノ 、搭チ くち ハ、 色ん ヲシ キゾ、 哀 レナり ケル」 

「ほ 論ノ くち」 (六) タヅ キ。 テヅル 。夤& 

「奉公 ノ くち」 嫁人ノ くち」 资レ くち」 マウ ケノ くち」 

(七) スキ マ。 ヒ マ。 アナ。 隙 (八) 物ノ 

ロニ、 支 ヒ置ク 物。 桎。 「SB 利 II くち ヲス ル」 

くち ヲ支 フ」 (九) タグ ヒ。 ルキ。 品頹 ,0 

中 is?i;HaKg 永、 近 松 作) *T 九 文、 七 文 ヅヅ、 百ノく 

ち ヲ拔ィ テオ ケャ」 「此ノ くち ノ 品物」 十) 1 

人. 食フべ キ糧。 口糧 「くち ヲ J» ラス」 くち 

ヲ W フ」 (十 一 ) ロを赛 ぐ、 口 か- 閉づ、 口 を 

襟む トハ、 默ス。 ダ マル。 默 口の端に 

かく ト ハ、 取リ 出デテ ulln フ。 掛齒牙 口 

をき くト ハ 、物言 フ。 口 を 切る ト ハ 、始 

ム。 口 をた たく ト ハ 、鏡 舌ル。 鼓 口 

くも § Igl 〔臂 ノ銳 キ故ノ 名-一 モア ル 



くも …: くも 



力, 百濟 一一 テ モ云フ ト ハ 、我ガ 邦語 ヲ傳 

へ タル 二 ャァ ラム 、今/朝鮮語-一 ハ、 ま 

ぃト 云フ〕 魔、 ノ 一名。 古事記、 中 S 武) 七 

長お 宇陀 ノ高城 一一、 張ル、 我ガ待 ヅャ、 鸭 ハサ 降 

ラズ、 イス クハシ 、(医 シ、 クヒ チガヒ タリ) 久治 «lt 降 

.=^」(*esm 、十七 §+n 一 上 (山) ノ、 ヲテモ コノモ 二、 

網 刺 シ テ 、 吾" 力 待ヅ多 § ヲ 、夢 二 告ゲ ヅモ」 下ノ 

竞宴耽 ニモ、 網 二 力 力 リシ 久知ト ァリ) 仁 德紀、 四 

十三 年 九月 「依 網 屯 倉阿弭 古、 捕 1; 異 or 慰, 於 一一 天皇; 

云云、 百濟 俗、 號 -I 此鳥ハ 曰-; 俱知 1 ,6. 是、 今時 階 也」 

• 日本 紀竞 宴欧 (天 § 得 一一 土 倉 阿弭古 1 「網ノ 中二、 力 

カリ ハジ .x- シ、 久知 ヨリ モ、 放 チカへ サヌ、 欽キ マサ 

レリ」 (碟ヲ 、異鳥 トセ シハ、 古事記、 中 (仁德 ).- 三變ノ 

蟲ヲ、 *IS トセ シ類ナ ルぺシ 、此奋 蟲ト云 フハ、 

ォ ポシ、 S ハ、 神代 ヨリ ァリ) ise 名抄、 十八 II- 羽族頹 

rssia^ 總名 也、 太 加、 古語 云、 俱知、 頃 字 急 請、 屈」 

故 木壤、 一 「雄 子 ク、 須多野 二君 ガ、 くち 居 M テ、 朝 

蹈 マス ラム、 f ザ行 キテ 見ム」 夫 木 妙、 廿七、 m 「我 

レト 云へ パ、 サ モア ラヌ 8N ヲ、 敎へォ キテ、 野 守モ見 

ェヌ、 くち ノ屋形 尾」 

くも (名) 匪 魚ノ 名、 いしもち ノ條ヲ 見 

くち (名) I 朽 I ク ツル コト。 クサ ルコ ト。 

想朽 新 千 m 集、 ±r!r 二 「アダナ リト、 カネ テ思 

へパ、 言 ノ菜ノ 、くち モ朽 チズ モ、 ワク 方ゾ ナキ」 

く-ち § 一 &紘ー (一) 馬、 車ヲ、 走 ラス ル 

コ ト。 馳驅。 史記、 韓安國 「驅ー 1 馳國 中; 35#|ー 

諸侯 こ (二) 人ノ タメ 一一、 奔走 スル コト。 

諸 ts!r 出師 ST^Ji! 許 1 一先 帝; 以 一一 軀馳 一」 (三) 世ノ 

タ メ 一一 、奔走 スル コト。 王充、 r& 「材能 之 

士、 隨, 世 驅馳」 

ぐ-ち (名) f 丽 I (ニオロ カナ ルコ 

ト。 謠曲, S 願 寺 「四 句ノ 文トャ ラン、 云云、 愚痴 

ノ我レ 等 ニ示シ 給へ」 字 類抄 「 a? 痴、 イト ケナ シ」 

(二) 佛敎 ニテ、 煩惱ノ 迷ヒ。 阿 毗楚靖 港 

痴 邪見」 法 華 grEW お 品 「愚痴 暗蔽、 三 毒 之 火」 發心 

实、 七、 十 一 條- 愚痴 S 鈍」 (三〕 轉ジ テ、 頃, 悶 



くも 



ェテ、 設ナキ 繰言 スル コト。 コレヲ 、愚 

痴ヲぇ ぼす ト云 フ。 「詮 ナイ Bffl 痴」. 

ぐち i Is 〔ぶ ど (共) ノ條ヲ a ョ〕 

ト、 共 一一。 グ ルミ。 ゴト。 俚 一一 一 S 覽、 ぐち 「大 

阪詞、 菓物 ナド、 皮 トモ 盒フヲ 、皮ぐ ち 4«! フ 卜云フ J 

菅原傳 按手 習 享保、 竹 田 出 _^!50 二 切 r 经子ノ モタ 

ギプ テア 口、 ぐち ゾット 取ッテ 來ィ」 

くち-あけ § 一口 明 I (一) 物 ノロ ヲ、^ 

ク コト。 クチ ビラ キ。 クチ キリ。 (二) 

事ノ、 シ ハ ジメ。 力 ハ キリ。 曾 我 五 人 兄弟 

(元錄 、近 松 作) 一 「女郎 狂 ノロ 明け, T 商ヒノ a あけ」 

くち-あそび (名) rE^ 一 〔ロハ、 あ VJ ばナ 

リ〕 ( 1 ) クチ ズサビ クチ ヅケ 宇津 

保 物語、 花笠卡 「人 一一 物モ言 ハデ、 タダ、 佛ノ御 IsJ; ヲ 

ノ ミ、 寐言 一一 モ、 口 あそび I 一 モシ ッッ 行フ」 (二) 

, ァ; „5X クチ ヌル クチ 宇津 保 物語、 藤 原 君セ 

「戰 言 ハ宜フ トモ、 コノ 期ル くち あそび ハ、 サラニ 

承 ハ ラジ」 長 s: 本、 卒家 物語、 十六 「木 省ガ世 二 ァリ 

シ時ハ 、 御料 ト言 ハレ テ、 草木 モ靡キ テコソ アリシ 

1 一、 イツ シカ、 天 ノ下ノ くち あそ び 二 及 ベリ」 百 練 

抄、 十 S 「天 一お 字、 自" 始 世人 受、 諒阅 、爲 1 萁 

徵之由 口 遊 1」 (天福 ハ、 年號) 愚 管抄、 七 r 兒 女子 

ガ 口遊 卜テ、 コ レラヲ 、ヲ カシキ 一一 申ス ハ、 云云」 

(名) 一 HS 一 飲物、 食物 ノ、 舌 

二 於ケル 感ジ。 クチ ザ ハリ。 味覺。 醇 

. 睡笑 (元 和、 安樂 策 8 三 「力 マへ テ、 口 あたり ヨシ 

トテ、 多 ク御マ ヰ ルナ」 「くちあたり ヨキ 酒」 

クチ-アイ 

くち-あ ひ (名) _B 合 .1 〔ロハ、 あ VJ ば ナリ、 

語 ト語ト ノ音ノ 合 ふ ナリ〕 (一) 同音 異 

義 ノ語ヲ 气 チリ テ、 同 語 ノヤ ク 二 聞 力 

シ ム-ル コ ト。 秀句 ノ、 野 ナル モ ノナ 

醒陲笑 兀和、 安樂 庵 策堪) 八、 秀句 「津 ノ國ノ 

多田ノ 在所 ノ者ノ 適 ルヲ、 ^守、 咎ム レバ、 ただの 

ト答フ 、サ ラバ、 八島ノ ヲ 語レト 云へ バ、 ソレ 〈、つ 

ぎの 夫-一問 ハレ ョ」 (二) 江戶ニ テ成 レルロ 

合ヲ、 地 ロト 云フ、 畿内 ノロ 合ナ ラズ、 



くも あ 



地 (江 戶) ノロ 合ノ義 ナリ。 神社 ノ祭禮 

ナド 二 ,地口 行燈 ヲ飾ル コ ト、 江戶 ニ始 

マ ル 「伊勢. 出^、 越 中 、袋 河、 美港、 志 接」 伊勢 S 

では、 越 中す るが、 身の 始末」 (三) 地口 ノ變ジ 

タル モノ ヲ、 語路 ト云フ 、寸ソ J ぱっ づき 

一一 テ、 サ モナ. * 言 ヲ、 ソレト 聞 カシム ル 

モノ。 天明 年閲 ヨリ 起ル。 「先づ 明け まし 

て、 結 溝の 春」 まづ 中て まして、 鐵 砲の 春」 死な ざ 止 

むまい、 三味線 枕」 田舎侍、 茶店に あぐら j ァ カサタ 

ナ、 ハマ ャラ ヮ」 淺ハ カナ、 馬鹿野郎」 題 ヲ出シ 

テ、 人人 二 作 ラシ メテ、 其 優劣 ヲ判ズ ル 

ヲ、 語路 合ト 云フ。 (四) 口 合ト、 語路 ヲ 

兼ネ タルモ ノヲ、 洒落 ト云フ 。「朗朗 粥 を、 

食 ふや (空 也) 上人」 ml れ入谷 (江戶 地名 )© 鬼子 母 神」 

其 手 は^はな. (11 名) の燒 給」 安宅 (裸) で 道中が なる 

もの か」 S1 念 (顔 淵) 閱子 紫」 

クチ- ァ • ゥ 

く.^ あ •Ai^- フル. フレ- へ-へ-へ ョ (自動、 下 二) 

|^1會ー 言語 ヲ交ハ ス。 御 £ 祭、 祝詞 「鍋 律 日 

マガ ゴト 7 ヒ ァ ヒク チアへ 

ト云フ It ノ言 ハム 惡 霧 二、 相 マジ リ、 相 口 *0 タ 

マフ コト ナク」 道 M 祭、 祝詞 「根 國 底 國 ヨリ、 荒 

ゥト ク ァヒ マジ コ クチ ァ 「 ル 

ビ疎ビ 來ル物 1|、耜 擎リ、 相 口 售事ナ クテ」 

くち-あみ (名) S (一) 引 網 ノー 種。 

(二: K 轉ジテ 、口重 キ n ト o( 口 網 ノ重キ 

ヨリ 出メ) 土 佐 日記、 十二月 廿七曰 「別レ 難 クイ 

ヒテ、 カノ 人人 ノロ 網 モ諸持 ニテ、 コノ Jg§l テ、 荷 

ヒ出ダ セル 歌」 

クチ-アラワ ィ 

< ち-あ t9v ひ (名) 一口 爭ー コトパ ァラソ 

ヒ。 イサカ ヒ。 口論。 

くや あわ (名) M 物言 フ時 ナド、 唾 

ノ、 沫ノ如 クナリ -テ、 口吻-一 出 ヅルモ 

ノ。 ァヌ ブク。 アブ ク。 IR メラ レテ、 甚 

シ ク 苦痛 ス ル 時ナド 一一 モ、 出ス。 上略 シ 

テ、 あわ を 吹く ト 云ヒ. 芡、 勝貢事 ナド、 

スべ テ、 相手 ヲ責 メテ資 カス ヲ 、あわ を 

^かす ト 云フ。 SSB- 下、 第 十八 ほ 「女、 口 S 



くも あ 



、ち 、つ 



くち か 



く :.: くちき 



1110 



くちい 

9 出 而死」 伊 中 V 六 (天 S 、近 松牟 二) 「tt 方 

ヨリ Hi セ ヌサキ -l,n ツチ カラ SIK: セ -ー シテ、 上 杉-一 

» ふかせ ム」 8t21t、fl?aF かせろ 「俗-一、 i ナー 

ドニ 《: せシヲ 云フ」 E, あわ を <ふ「*15 ヲ, 口中 ヨリ 

W キ出ス ヲ云フ 、又、 人 7« シムん "'、あわ を ふかす 

トー K7 ナリ」 

"くち *ぃ § 1111 〔ああろ ぐし、 めぐし 

ノ 、くし ノ 糖-一 テ (dy 角 子、 さいか ち。 18 

次 もな し、 らプち もない) 苦し ノ意 ナル 

力. ffiw 、餘リ -I 古キ 力〕 w<;rB: 一 一攝 

チテ、 苦シ 「IH ガ くちい」 

るん ルん ヒレ •」• レョ S 動、 下 二) 

rs^ 一 〔" ハ、 すい VJ ば ナリ〕 人ノ事 1 一、 

ni-csi ヲ. B フ。 口 出 ヲス。 クチマ ゼヲス 

ル。 插嘴 w、s 十九、 las ト 「トモ カク 

モ、 口い れサセ ス人ノ 事-一 » レバ」 S 、五十二、 手 W- 

5+f カタ ガタ- 一、 口 いれ 1| クキ人 ノ上ト 、お シトド 

.<ヅ」 , 衣、 三、 上? "此 事-二 S モ. ai ガ a いれ 

ゾ /げり ヶ^」 

くもいれ (§ (一) ク チイ ルル コ 

ト。 クチ ダシ。 (ニ)此ガノ3^-ヲ、 ^ 

方へ la ヒ人 ルル コ ト。 ノ 仲立ス ル 一 

n ト n ヒ キア ハセ。 :! 入。 紹介 (三 )- 

奉公人/? ^公 ロヲ、 世 a スル n ト。 ; $rj 

V レ tj- トス ル人。 ケィァ ン。 庙人 

口人 宿。 .5 中 望丼 崎 (寅 永、 近 »5 作) 上 「《2 ノロ 

入れ、: ffi4c«E トイ 7« ヂ *■」 

くち. うつし (き 「口 移 一 ( 一 ) お 接 -ー 、言 

葉, t '力 ハス コト。 :^ffi。 口 傅。 お al5、 

上, 鄺ぉ 3^, 但, ゆ =:H ハ 読, 之, ttl、ss,5 ナド AnK 云、 

S 素、 義ロ、 地下- stssB 也、 但、 sa お、 抑 手 

(一:) 物ヲ、 先ヅ、 「しガ 口-、 含 

ミ テ 、他ノ 口-一入 ルル n ト0(小3^ -1 言 

ム十ド 一一 ) 喷 

く ieios § S S 然ノ 言葉 ノ, 吉 



M ノ い 「 、"- .sfH 、廿 七、 

つ」、;^ り 二.: へキ御 15ァ= 、其 

. マ 曰 本 S 一哉 ト害ク ベ カリ ケル ヲ、 

C, ■ V .r? ンテ、 16 カザり ケリ、 «5 ト云フ 字 

ハ、 助クト R.*- パ、 曰 水 B- 哉ト ゾ;? 、タリ 

ケ - 兵 sia、 B 本 a ヲ at 行 スぺキ ニコ ゾ、 trwls 

ノロ. k: ァリ トゾ、 私語 キ ケル」 (tatfo 

くち-、 2C (名) fis 一 他 -ー 8a ハセ テ、 

其、; 1 底ヲ探 リ知ル n ト。 讲新 S 子壤 (S 治) 

_ 吠ク HJ ノ、 口う らデ 知レ、 今胡ノ 秋」 「くちろ らヲ 

引ク」 

ぐち-えい (名) 口 米 ノ條ヲ US ョ。 

くち-おそ *し. キ, ケレ. ?ク (形、 ご 「口 遅 一 

物言 ヒ、 鈍シ。 クチ ォ モ シ o( くちばやし 

ノ !义) * 大治字 鏡、 二 !!;ロ偏 一一 1* ノ iTK 人 之 ss£ 也、 

口 於 所 之」 

くち-おそろ *し. シキ- シケレ • シク. シク (形、 一一) 

1^1 恐 I 言 フ モ、 ォ ソロ シ。 カケマ クモ、 

カシ n シ 、五、 行 K 中 言 》T 申ス モロお 

一て ろしく 侍レ ドモ」 

くち-おも *し. キ. ケレ. ク. クー 形、 一) 一 Hffi 

物;; n ヒ、 純シ。 クチ オリ シ 。(くちがるし 

ノ反) K 、六、 未 描 花?; 「タグむ むト 打笑ヒ 

テ、 イト 口お もゲ ナルモ J 徒然 草、 七十 九 段 r ョク辨 

へ タル a 二 ハ 、必ズ 口お もく 、^ハス 限 リハ、 言ハヌ 

n ゾィミ ジ ケレ」 

§ 一 ま I 罪ヲ 白状 シ タル 

ョ、 害キ留 メタル モノ。 口供 訊牒 H 正 

HJS 、お、 安永 八 亥年 十 B! 「地頭 ST 味 之 節、 n«- 、印 

形、 お 一; 難 fe-Kas 、不 St 一一 付 ニニ 十 B 手鎮」 

く.^ がし あ • し ケレ -ク. ク (形、 一) 1^1 

物言 ヒ、 サカシ ラナ リ。 クチマへ. カク 

シ ャナヅ 利口 r 口が し 十: く 1H ヒス ケル J 

く 40. かず i _fl (1)物言フカ.スカ 

ズ コトバ カズ 「口 B ガ 多ィ」 (二) ヒト 



カズ。 人数。 (人 ロノ 意) 人員 sr: 

ラス I 口 お ガ! ル」 

くも-がた • し .キ. ケレ- ク.ク , - ) 1^1 

(一) {く ち-ぶ はし ノ條ノ (二 - 一同 ジ。 枕 

草子、 五、 四十 七 段 「w 二!? 3 チ テケリ トハ言 ハデ、 く 

ちがた ぅァ ラガヒ タル」 (二) 言フ コト、 確 力 

ナリ 「くちがたく 言 7J< ちがた き 約束」 

く. if. がた *む- ムャ ムレ Ai; ョ (自動、 下ョ 

」^1固ー 言 フナト 、固ク 止ム。 クチ ドメ 

マス。 K 、廿 二、 玉 S 一 「我ガ 名 a ラス ナト、 くちが 

ため タマ t シヲ」 同、 四十 八、 生; j+T 麻呂 ァリト 

<W フナ ト、 マ,? くちがため サセ タマ ヒテケ レバ」 !» 

»~ 壤 、逢坂 越ュ ル程 一一、 ぉノ at ヲ 聞ク「 S5 寸 II、 くちが 

ため テゾ、 我レ ハ行 ク、 鳴 キヌ ト告 グナ、 山ノ s」 

くちがため (名) 一 ii 固 I クチ ガ タム ル n 

ト。 クチ ドメ 新 六お、 五 r© ガ 戀 八、 ポ コノ 

ネチ トフ、 くちがため、 始ス終 リモ、 人 一 I 知 ラセ ジ J 

く^?.がね (名) S. 器 ノロ-一 ッ クル 金 

具 「蠆 ロノく ちがね」 一 

く.^ が A. の § 一口 喷酒ー 米ヲロ 

一一 テ喻 ミテ、 醸 シ造ル 酒。 (大隅 1E 風土 

B 1» 袋へ 安) 九、 S ヲ造. i ヲバ、 かむ ト云フ 

「大战 一一 ハ、 一家 一一、 水ト 术トヲ マウ ケテ 、村 一一 

吿ゲ メグ ラセ バ、 男、 女、 一所 二 リテ、 米ヲ かみ テ、 

酒 B 二 吐キ入 レテ、 敢リヂ リニ SS リヌ、 酒ノ 香ノ出 

デク^時、又、マヅ ハリテ、かみテ叱キ入レシ!|^"ドモ、 

コレヲ K ムヲ 名ヅ ケテ、 くちが みの S ト云 フト、 sa 

土.?^。 一一 見 H タリ」 珠 s 使お 「酒 以, 水 l^sk^ 、越 V 宿、 

IS 人 IF 以取 i 汁、 曰 一 i 米&こ 

くち-がる • し. キ. ケレ. ク*ク (形、 二 

物言 ヒ 、カルシ。 口 キク n ト、 カロ ガロ 

シ of くちおもし ノ反) 字 鏡 fra 、口 加 g 之」 

1?1、四十八、*13生^-丄 «ゃ。シモナカリシ**ヲ、カゥマ 一 

デモ a ラシ: W ュルモ 、且ハ 、イトく ちがる けれ ド」 

<fe.& (名)」 S ^一 朽チ タル 木。 カレ キ。 

5^ 古今 ま、 十七、 ter 上 「形 コソ 、深山 B 



レノ、 くちき ナレ、 心ハ花 一一、 ナサ パナリ ナム」 

~<*v^ (名) 一 口 木 一 ばい (枚) 一一 同ジ。 天 

武ぉ、 上! re 以-; 夜 41-- 之- ®k, 城、 SB 入-; g 中 こ (集 

枚、 音お」) 

く-^ ぎ (名) 」ロ木| 德利、 瓶、 ナ ドノ n ヲ 

止 メォク m。 

くち か *S (名) 1 朽木書 一 〔朽 っト 〈、燒 

くる 意力、 或 ハ 、朽木 形 ノ狀ナ ル 意力〕 

炭 一一 テ、 下 か ヲ書キ タル モノ 。後 二ハ、 

朽 ss! ト云 ヒテ、 噜ノ燒 筆 ヲ用キ か。 粉 

本 ssams 町 時代) 十七、 SB 「くちきが き- 炭-一 

テ S ク也、 下 也」 本 胡逮史 (延 ew; 五一 朽筆、 今 俗、 

云 1 ー燒 * 一 (訓ー 一久 知 S 加 記 1 ) 用 一一 准 能 枯木 1 」 

くち % がた <名) 一 朽,^ I 〔朽 木ノ 板目 

ノ叽ノ 象〕 ノ. S 、鹿 尾 菜 ヲ散ラ シ 

タル ガ如キ 象 ナリ、 多 クハ、 《^ 帳ノ 稚 

二 染メッ クルナ リ。 住吉 母 la ノ 瞿 二 、 

R 木 形ノ几 カタ ビラ ヲカ ケテ」 禁? a 鄭抄、 上、 清 

涼 8»、^ 四面 有 II 几 接; srsK 、生、 f 胡 き 鳥" 

冬、 朽木 形」 

くち. S (名) IH^I (一) 巧 ミュ- クチ キ 

ク コ ト。 上手 一一 、物言 フ人 e 利口 能辯 

平 治 W 語、 三、 常 磐 さ 一一 六 K«l*_r 宜仕 へ シテ 物馴レ 

タル 上、 口き きナ リシ カバ、 理正 シゥ、 S フ心 ヲヅヅ 

ケ タリ」 盛衰 ^、四、 豪 m-lssfss-gtr 云云、 ロ利ナ 

リケ ルガ、 大 81 ゲテ. Jtels シケ ルハ、 云云」 (二) 

紛. 後 一一 際 シ、 巧ミ 二 仲裁 ス ル 人-」 sm 

脚 (正 德、 近 松 作) 下 「 コ レ乇、 在所 ノ 口利き 一 

ぐ. io. さ ク -ケ, 力 *キ. ケ (自動、 四) 一口 利 ー 

〔きく (利) ノ條ヲ 見ョ〕 (一) 物, 一 M フ。 

語 ル0 榮花 物語、 七、 dsfgil 「ロモ きか ネバ、 Ha- 

キ 乇ッヅ ケズ」 (二) 巧ミ 一一、 フ C S 

記、 十三、 疲平侍 Is 矢 *T 馬上 ニテ n ゾ、 ロハき ま 

候へ ドモ、 練ナ ルぺシ J ニニ) 上手 -I 理 

ヲ言 ヒテ、 ナ ダム。 仲裁 ス。 「拳 脑ノ; ra 二、 

ロヲ をい テ 治/. i」 




宜 岐 * 
良ク 



くや M な • し. キ. ケレ- ?ク (形、 -) fha 一 

(二 物言 ヒ ノ狀、 ^シ。 駡ルャ ウー 一言 

フ。 (次.^ ノ反) ? a 心壤、 五、 第九條 「ゾレ A 

別ノ 果報 ノ人ゾ 、口ぎ たなく テ言 フぺ カラ ズ」 (二) 

食物 ヲ食ル 狀ナリ 。(くちぎれい ノ反) 

(名) I 朽木塗 一 漆器-一、 朽木 

形 ノ糧ヲ 塗 リ出シ タル モノ。 膳、 椀、 

盆 * 類-一 ァリ。 貞招文 瑰(% 永〕 「婉、 折 敷、 二十 

人前、 新 二 用 II 想 仕 S 候、 但, SS ハ 、朽 木、 五 器、 木 具」 

港 ECSf f 延 SC) 「花 1 一 呼 バヌ、 主 ノ杣ャ 、朽木 盆」 

くや 35,し. キ. ケレ .ク. ク 5、 一 ) fs^ 一 

物言 ヒ、 ィサギ ヨシ。 クチ ギレ イナ リ。 

(くちぎたなし ノ反) 腹一 一 尸 g 、ョ十 < 、タ 

«SJT ゲュ此 御名 ノ、 タケ カラ ズ洩 リヌぺ キヲ、 心ノ 

問 ハム ニダ 一一、 口ぎ よ、 つ 答へ ムト思 セパ」 

<p»^ (名) IH^ 一 〔灸ノ 皮 切ト、 同 趣 

/@ (一) 物 ノロ ヲ、 始メ テ開ク n ト。 

クチ ビラ キ クチ ァケ 狂言 記、 千 ar 今度 

取ジテ (酒 ヲ) 來タ ラバ、 欲 一一、 口切り ヲ サセゥ J 「酒 

g ノ くちきり」 (二) 事ヲ、 始ム ルコト C テ 

ハジメ。 (三) 特 -IV 茶道-一 テ、 今年 製ノ 

*S 茶, 濃 茶, ノ 茶壺 ヲ, 始メテ 封 ヲ切リ テ 

催ス、 茶 合 :! ノ稱。 陰暦、 十月 初 一一 スル n 

ト十リ 、爐開 トモ 云フ。 九月、 昨年 製ノ 

茶ノ盡 クル 1 一 催 スヲ、 名殘 の茶ト 云フ。 

♦98 指月瑰 (元 祿) 「口 切ノ 時分、 宗易、 サル ノ 方へ、 

«s 宗 5JK^ ヒテ麥 ラレ ケ レバ」 islifi 、一) 

くやぎ れい (名) (一) クチ ギヨ 

キ コ ト 立派 ュ、 ©1 一 5 フ n ト Sulla 「く 

ちぎれい 一一 BS ス」 UO<ni{ 物ヲ食 ラヌ n ト。 

(くちきた なし ノ反) 

く * (名) 一 謹 マ ダケ。 

く-ちく OS Mil 才ヒ、 ハ ラフ nho 後 

JS き, 滔帝紀 「諸 郡縣、 不 1 将 5 迫 1:,^ 脇 "1^ 長史こ 



く % :… く fe< 



\ /ちく-かん (名) I 驅逐艦 一 軍艦 ノー 種、 

小形 一一 シテ, (七 八百噸 ヨリ 千 二三 百嚷) 

速力, 極メ テ 强ク、 蓮 用 自在 ナ リ, 魚 形 水 

雷. 速射砲、 爆彈、 等 ヲ以テ 、敵ノ 水雷艇、 

潜水 艇ヲ驅 逐シ、 破壞 スルー 一 用 ヰ ラル。 

又、 驅 逐艇。 

<TS (名) IISI 螢ノ 異名。 腿 袋 S 

安) 四 「ほたる ヲ、 くちく さ 卜云フ ハ 、 荩ノ、 クチ テ、 

m トナル 心 殿 、躍 、月 令 一一、 腐 草 爲, 登ト云 ヘリ、 是 

又、古キ$^リ、詩ー|乇、辔 I モ、 此れ アル ぺシ」 

くちぐ す S- (名) H (一) 火 繩筒ノ 火 

蓋-一 用 ヰ ル火藥 。麵 (二) 口 止-一 用 

キ ル金 ngc 蓉原概 投手 習 S (延享 、竹 田 出 SS 一 

「ォ 供ノ衆 11 ハ ロ藥、 水 ク樣ー I 飲 マ シテ イタ」 

く. io,< せ (名) 「口癖 一 _ 癖 トシ テ、 同ジ事 

ヲ、 IS1 一一 ロフ n ト。 恒 1 ョ 常 gag 武 野燭談 

(延 K) 廿七 「太閣 二、 諸 大名 出仕 ス レバ、 云云、 能キ 

ヲ見ザ ル哉ト 、ロ瞎 一一 宣フ トゾ」 

<pc^ (名) 1 同ノ 言葉。 ^ 

扱、 五、 若紫 H 「イカ ナ ル人ナ ラム ト、 くちぐち 言フ」 

グ ジ -グ ジ 

ぐす ぢ § ー呶 §ー 〔くだく だし ノ語 

原ヲ US ョ〕 物言 ヒ ノ、 ヅブャ クャク 一一 

テ、 聞 取 ター 一 タキ-一 云フ 語。 ク ドク ド。 

グヅ グヅ。 狂言 記、 伊 文字、 上 蹈ノ、 和^ ヲ雷ヒ 

二 ァ去レ ルヲ、 太郞 冠者 ガ、 其 下ノ句 ヲ閱キ 忘レテ 「何 

ヤヲ、 マダ、 ぐちぐ ぢト、 ォ ツシャ レテゴ ザル」 

ぐちく-てい (名) 一 驅 逐艦ュ 同ジ。 

く-^ ぐ 5^ (名) 〔欺く ヲ 、俗-一、 

載せる ト云フ ヨリ. 云フ〕 タクラ ミ言廻 

シテ、 人ヲダ マ シ誘フ n ト。 頗城 二筋道 

(^!^政、梅s!s^l里谷峨)「內〈 ^ノ車ダケレド、手メ へ ノ 

口車 二? 15 ッテ」 「くちぐるま 二 のせる」 くちぐるま I 一 

のる」 

くや あ ^£ (名) i 口小言 I 小言 ト云フ 一一 



くも あ 



同ジ。 

くネ ぶたへ (名) S 言葉 ヲ-カ へ ス コ 

ト 。抗ヒ テ、 フ ル コ ト。 口返答 抗論 

00 教訓 抄 (天福) 八 「ィ ササカ 我ガ心 二 タガ へ 

パ、 高ゴ H 一一 口. もた へ ヲシ、 知ル 知ラヌ 二 ^テ ハ 、0 

謗ス」 

くや ば (名) 常/談話 二 用 

ヰ ル 言葉。 , ナ シ コ トパ。 口語。 (文章 

詞- 一封 シテ 云フ) 

クチ- ゴヮ • シ . 

くやお は *し. キ. ケレ- ク.ク (形、 一) 「口 强ー 

(一) { 物言 ヒ、 强シ。 强ク、 諍フ。 n 

源、 九、 SJKIT 是レ ハ サラ 一一 、サ ャゥ 二 、 ^^13除ケナド ス 

ぺキ御 車 一一 モア ラズト 、口, -iC はく テ、 手髑 レサ セズ」 

狭 衣、 m 、下^ 問 笞ドモ く f フジ ト爭フ 口, + いは サド 

モモ 面白 ク、 聞ク トコロア ル コト、 限 リナ シ」 (法 ま 

A 翳ノ 1*1) (二) 口-執 リガ タシ。 荒馬 

ノ、 制御 シ難キ 一一 云フ。 驛 tgagps 山 01* 

保、 近 松 作 i 「沛? 一、 口 V! はく、 乘 リイ レ乇 セヌ、 

野髮ノ 馬」 倭訓 ttr くち ポ はし 「世說 II、 强ロ 馬、 見 

H タリ」 

く. JC. 劣 も • る. ル. レ. ラ." .レ (自 ®、II) 一. 

(一) 言葉、 ロノ 中-一 籠ル。 物言 ヒ、 分明 

トセ ズ。 クゴ モル。 (二) ドモル 。物ヲ 

言 ヒ ェズ 。樓 信 州 川 中島 合戰 $ 保 、近 松 作 } 

1 一一 「言 ヒ掛 ケルホ ドロ 簡り、 只、 あい あい ト笑 顏バカ 

リヲ」 

く ざ (名) IHffil こうざ ノ條ヲ a ョ。 

く がな • し. キ. ケレ. ク-ク (形、 一) I 口 善 

H^l 〔物言 ヒ 不祥し ノ義〕 クチャ 力 マ 

シ 惡シザ I、 ll、la ヒ觸 ラス ^、四、 タ顔 

g 十 「ナキ 御ゥシ 口 一 一 、 口さがなく ャ ハ ト思ヒ 給 フル 

パ カリニ ナン」 同、 廿、 胡顏 i 「世 ノ人ノ 、口さがな 

ォが サ ブラ 

サヲ 思シ知 リニ シ カバ、 且ハ 候フ人 ニモ、 打 チトケ 

タマ ハズ」 

くや 應 (名) 一, 先 一 (一-) ロノ 端。 錄 



く § 



(二) くちさきら ノ^、 次條ノ (三) ヲ見 

ョ 辯 舌。 # 「口 さき ノ達 黄 ナ人 一一 ハ 、言 ヒマ 

ク ラレ.^」 (三) 深 キ理ァ ル -1 ァラズ 、ク 

ハべパ カリ /l 一 111 ヒ グサ。 源氏 烏^子 折 「元 

祿、 近 松 作) 1 「くちさき ノ鹿 言バ カリ 1 一 テ、 膝 病 窓 

ノ大 腰拔」 「くちさき ノ 理窟」 

<^04E (名) I 吻ー 〔sg 訓菜、 くちさき 

ら 「口 裂ノ義 ナルべ シ- くちわき トモ 云 

へ リ」 ら ハ、 添へ タ ル辭, 其條ヲ a ョ、 ま 

が あら 、まな-まり ト同 趣ナラ ム〕 (二 ) 

{ くちわき 二 同ジ 。人ノ ロノ、 左右 >兩逸 

ノ. 裂ケ タル 如ク ュル トコ 口。 華跟經 

私 音 (奈良 胡 時代) 「物、 ほ 兩角頭 通 也、 

倭 名抄、 三コ 一 is; 口 Mr 吻、 久 知佐岐 良」 周 顧、 冬 

考ェ! ^"、梓 人 「鋭 ST 決 物」 文選、 文賦、 注 「物、 

也」 S 心 方、 三 S 「吻」 (二) { 烏ノ、 クチ ヮ 

キ G 倭 名 妙、 十八 族體 「喙、 鳥 口 也、 久知住 木 良」 

(三) 辯 舌。 クチ サキ。 略 シテ、 さきら ト 

ノミ モ 云へ タ。 後三年 SS 「多 クノ 兵、 各、 口 さ 

きら ヲ ギテ、 答へ ム トス、 將 軍制 シテ、 物言 ハセ 

ズ」 胶、 IjJ 十七、 鈴 a 五 法 華 姬ノ認 只今 ノ世 二、 

才モ 優レ、 ^ ケキ さきら ヲ、 イト ド、 心 シテ言 ヒヅヅ 

ケ タル、 イト 域ケ レバ、 皆、 人人、 シホ タレ タ マフ」 細 

流抄、 さきら 「辯 舌 アル 也」 字類抄「^Tサキラ、^^筋 

也&文「^8、辯:1也」 m 今昔 物語、 廿八、 m 十五 語 

「大臣 屋ノ 前. 一 一 シテ、 次第 一一 痤ヲ t5 テ、 口 開キ、 物 有 

テ、 物 13^ シク云 フ者ヲ 、云云」 新 欒 「宏ォ 

鬵、 而^ 諾決揮 之、 # 破 一一 碟座惑 こ 

クチ- サ- ンナヮ 

く さしな は (名) |ロ 差繩 I 馬 ノロ ノサ 

シナ ハ。 クチ トリ ナ ハ。 

クチ-ザ ヮリ I 

く, ic.sKS- (名) 「ロ觸 I くちあたり」 一同 

ジ 

く.^ ざみ せん § 一口 三 妹 線 一 聲 一一 テ、 

三. ^線/音調 ヲ マネル コト。 浮世 風呂 (文 

化、 三 馬) 三 編、 上 「口 1 11 線デ、 ィケ モシ ナイ 哏サ」 

く-^ すぎ (名) 一口 過, 一 〔ロハ、 食 ナリ、 生 



4 



、もせ 



、もつ 



くちつ …: くもと 



i 



活ノ すぎば ひ ナリ〕 ロヲ スゴス コト。 

• ス " ヒ。 ヨス ギ。 生活。 糊口 本 sg 

鼠 俗 055 さ 「*? 曰 ヨリ 大" ゴモり マデ、 夫 B ノ 

:! すぎ バ カリ -ー 、サ りト ハ 、»ガ < シク J 

、ち v§ び 3 一口 遊 一 (一) ク チズ サブ 

n ト。 クチ アソビ クチ ズサミ ^ 

rt» 子、 四、 E 十三 K 「西ノ 方、 ヲ 去レル 

事. イク パク 地 ゾト、 くちずさな 二 シ ヅル」 金 «1*、 

九-維、 上 f H、 云云、 ;5キ|^ラシケルヲ聞キテ、くち 

ず さな ノ ャゥ- ーテ、 ヒカ ケケル (is ご 极、 E 十八、 

»生:5トー タダロずさみノャゥニ WフI^」 (一 J ゥ 

ハ サ BTBr タ B 一一 +_-ョ カラ ヌ as ノ、 口ずさび 

-I ナり ぺキナ メリ」 

AJO.VS*JV ブ -ぺ, パ. ビ-ぺ (他 s、En 一 

〔進ぶ (四 段) ノ條ヲ a ョ〕 くちす さむ。 

何 トナク 、ロー ifn フ。 S- 一 フ。 -、 

紅 asif 入 リス ル B ノト、 口ずさな テ」 問、 三十 ET 

上、 wl«、.MiHaI レル W ト、 シノ ビヤ カー 一 、くちず 

さみ タマ ヒヅ ヅ」 

<名) S 前前 條ノ (一): 

同 ジ、 其條ヲ a ョ。 

ヽ-^?.^3*む-ム-チ了ミ; is 、四. 一 1 口 II 

i^/^^ 二 ジ、 其條ヲ a ョ。 

、も -i? ぐ. グ. ゲ. ガ -f ゲ S 勳 -S) Iffi 

〔口 ffl ぐ ノ教〕 S 水 ナドー ーテ- ロノ 中 

n,1s グ。 ゥ ガフ。 ク * 力 ヒス ル。 くち そそ 

ぐ。 天 sscf 鎖、 二 rf「lr 口 久」 

チス. ゥ 

ヽち. i? ふ -フ- へ-? ヒ-へ (自 S、E; -p^_ 

吸フ。 吻ス。 多ク、 小 十ド、 親 

愛スル ニス ルコ ト ナリ。 K 仙 ほ, 若 

一口 Tf " き t6 不一 :《s こ 土 佐 日 or 正:? 元::! 「押 

鲇 ノロ ヲノミ ゾすふ J 

、やせに § 一^一 こうせん (口 錢) -I 

HI ジ。 



くや せん <き 一口 錢 I 古へ-口 米 ヲ椚ム 

や^-米 ノ代リ 二 . 錢ヲ 納ムル コ ト。 

くち-そそ • ぐ (S) 一 嗽| くちす すぐ /韓。 

クチ ゾ M 

くや ぞへ (名) I 口 添 一 言葉 ヲ 添へ テ、 ト 

"ナス コ ト。 ォ n ヱ, 力 カリ。 

くち-だし (き IH^ サシデ グチ。 人ノ 

話ノ M 二 差-一 出 デテ、 ロ利ク コト。 クチ 

マゼ。 插嘴 容级 

く *>た た • く- ク -ケ. 力. キ-ケ (自動、 四) lit 叩 一 

〔水 ノ费ヲ たたく ナ ドト、 !!な, ナル 

力〕 クチ キク。 モノ ィフ。 罵 リ云フ 意 

ァリ。 ^s*- 夫 泡 (享 保、 近 松 作) 一 一 「今 ノ内、 a<R、 

口た たけ」 

ク チ ジ ャ 

くや ぢャ § I 口茶 I .5; ジテ アル 茶ノ上 

-1、 又-茶 ヲ足シ 加へ テ、 煎ズ ル コト。 

クチ- ズ. カラ — -' -' ■ 

!く ちづ-から § Im 〔口 之從 ノ義. 手づ 

から、 身づ から、 同ジ〕 己レ ノロ ヨリ、 

親シク 。クチ クッシ 11。 紫 式部 日 SB 「お モ 

忘レテ 、く ちづから 酋ヒ タレべ」 

くやつ き (名) 一口 附 I 〔観つ き、 目つ き、 

腰つ き、 同ジ〕 二: }{ ロノ 姿。 、一一 一、?}. ほ 

B「H 見、 口つ き. イト 愛 K ヅキ」 (二) 物言 ヒ ノ 

状。 ィヒ ブリ。 クチ ブリ。 口調。 狭 衣、 

一 、上 J; 「抑 砍 ドモゾ 、ナベ テノ 人/口つ き 二テ」 

つき (名) 一^一 (ー)乘^^?ノ*くち 

VJ り 二 同ジ。 mi 鏡, 三十 四、 仁 五 0M ハ 

日、 ロリ付 二」 (10 かみまき たばこ ノ條 

ヲ la ore 

f チズ キ 

: くちづき § クチ ゾク コト。 言 

ゾ ラゴ i ン 

ヒ剛 ルル コト ffi, 廿五, fwtrfi g ヲ、 ョク S 

S レ タルに づ *y ヨリ ゾ、 s ヒ出 ダス ラム J 

クチ ズ-? 

一く-^ -づ ク -ケ. 力 .キ. ケ <e 動、 TOn t 附 I 



言 ル。 口 g ル。 口 解 トナル s.ra 

十六、 S 角 5+ 「山里 ノ 老人 ドモハ 、マシ テロ づき, 5? 

ゲニ打 笑 ミツ ヅ」 十 訓抄、 中、 第 六、 十七 條 「皆 人、 口 

づき タル 語ナ レバ、 シク 《s キ迹プ 二 及 バズ」 

- チズ. ク 

s.^, つ クル- クレ • ケ, ケ. ケョ (他動、 下 二) 

一 Hml 〔前條 ノ語ノ 他動〕 言ヒ § ラス。 

ロ1^ トス 十 訓抄、 中、 第 六、 中納ー K^sitsl 卿 出家 

r 此人、 若 クョり 3® 心ァ リテ, 常/一; 一; a S3 二 ハ、 古 W 何 

世人 、不一, 知-姓 與:, 名、 化 seliKSS 土" 年年 舂草 生ト 

ゾ、 口 づけ タマ ヒケル J 



、ちづけ § ク チヅ クル コト。 

言ヒ劇 ラス コト0 口 解。 七十 一番 職人 |@砍 

合 《文.; W 七十 一 番、«造「ィヅマデカ、待ヅ1^£ゴトノ、 

口 づけ 二 、明日 ャ明曰 ャト、 言 フヲ理 マ ム J 

- チズ タエ 

、も- づ たへ (名) |卩 傅 一 (一) クチ ゥッ シ。 

口 傅。 口授。 (二) 人 ヨリ 人 一一、 !! jn ヒ傳 

フ ル コ ト^= 約 メテ、 くちづて。 Islao 

ヽ やづつ (名 3 E 〔言葉 ノ 約し き義、 

足ラ ハ ヌ意 (熟語 ト十 リテ、 淸溺, 顏倒 

ス、 約し、 竝 一一、 いづ つし/ 條ヲ am) 手 

づっ ト云フ jag モ、 同ジ〕 辯 舌ノ, 足ラハ 

ヌ コト。 物言 ヒ ノ、 ユキ トド カヌ コト。 

クチ テ ヅッ。 口不調法。 W ネ類抄 「^、夕 

チヅ ヅ J 字 sBsr 咄、 クチ ヅヅ」 ぁ 今 物語、 廿 四、 

廿ー 一 ITS? 人 萄 已レ ハ 、-ロ づっニ 侍レぺ 、人/突 

ヒ タマ フバカ リノ 物 語モ、 知リハ ペラ ズ」 

- チツズ i 

ヽ-^ つつみ i I が 鼓" I あた、 つち-一同 

ジ C 上代 <、§ 一 テ酒ヲ W シ、 口 鼓 打 チテ欧 へ リ、 

古 記、 中 (ほ 神) £f - 一 、吉 野ノ 人ガ、 接 臼 二 、御酒 

ヲ «f シテ 奉ルニ 「¥1 口 鼓 一 SJel 而^ ートァ り。 (應 

神お 二、 同 ** ヲ ぉシテ 「打, 口 仰 咲」 卜 ァリ) 同卷 (仲 

s)ir ほ 内 宿. S ノ欧二 「此御 港ヲ、 级ミケ ム人ハ 、ソ 

ノ都豆 美、 白 二 立 テテ、 K じ ヅヅ、 随 ミケム カモ」 卜 

アル、 都 ICS モ、 口 鼓 ナリ、 ロ鼓 ヲ 立てて ト ハ 、 As, お 

めて ノ S ナリ、 立つ る、 鈽り 立つ るノ たつる ナ 



i 後 二 モ、 造酒 丁ガ、 米 ヲ洗ヒ 培ゲ、 又 酸 ス時 一一、 口 

i 由 ヲ吹キ ヅヅ、 ス ルナ リ。 



一口 sl 



ちづた へ ノ條ノ 



くち- づて g) 

(二) ヲき。 

ぐち ッ-ぽ • J (形) 〔ぐち 多い ノ急 

呼、 骨ッ ぼい、 理窟 プ ぼい〕 愚痴. 多シ。 

操 言 ヲ言 ヒガチ ナリ。 

クチ- テズッ _ 

くち-て づっ (名) |ii 手 3^ 一 〔て づっノ 、手 

ノ意、 失セ テ、 唯、 拙キ 意トナ レ ルナ リ、 

てづ つ ノ條ヲ 見ョ〕 く ちづ つ 二 同ジ。 

口不調法。 宇 冶 拾 逸、 十 BT 十 一條 「己 レハ くち 

てづっ ニテ、 人ノ、 笑 ヒ タマ フパ 力り ノ 物語 ハ、 H、 

シ ハ ペラ ジ」 

クチ テン ゴ ゥ f 

く.^ てんがう (名』 一纏 m てんが、 っノ條 

ヲ見 me 

i くち-ど ,し. キ, ケレ. ?ク (形、 二 一 く 

ちがる し 二 同ジ。 ク チパ ャ シ。 281-5、 

口 止 之、 又、 口 加 ss 之」 ま 之 集 「少 S 言 ト云フ 人ハ、 

イト、 口 >j う、 物ヲカ シゥ香 ヒ、 iSSiSS ム」 

くち-どめ (名) 一口 止 一 秘ス べキコ トヲ、 

言 フナト 、禁 メォク コト。 クチ ガ タメ。 

クチ フサ ギ。^ 堪 永、 近 松 作). 

上 「不 S ノ妙 な, 世 ノロ 留 セン 爲- 一」 

i くち- ヒり (名) 一. E^l 〔ロハ、 ic ナリ〕 乘 

馬 ノロ ヲ取 リ. テ牽ク 者。 クチ ツキ 。ク 

マッキ。 馬丁 馬 奴 接名抄 三- 賤類 「 

馬 人、 久知止 利」 宇治 拾遺、 七、 第六條 「人人、 イミ ジ 

キ 馬/お カナ ト聞キ ケル程 二、! W 柱ヲ^ 折 リテ、 口 

取 ヲ引キ サゲテ 出デ來 ルヲ見 レバ」 

く, \C- ヒ り (名) Effl 〔口 取 ノ 下略, 初 

獻の取 看 ノ義、 ズ』 り ざ かな ヲ 見ョ〕 ( 一 ) 

勸盃ノ 時 一 ス^^ ヅ出ス 取 翁。 褽斗飽 、昆 

布、 勝 粟、 ノ頹。 心中 1SH モ W 永、 近 松 作 >4 

「.4|»ヲ 三方 一一、 ロ取ハ K 斗 昆布」 一) 後 二 ノ 



味、 ク澳ク 調理 シ タル、 種種 ノ肴ヲ 取 

添へ タル モノ。 クチ トリ モ ノ。 

クチ トリ ナヮ 

くち; な は (名) 一口 取繩ー 牛馬 ノロ-一 

附ケテ 、牽 ク繩。 クチ サシ ナハ。 大^ 虎 

港 物語 (元 故、 近 松 作) 五 rlise 、追錢 、口 取錢、 馬 堤 先 

狭 シト打 タリ ケル」 

<§^^^ (名) 一, 5SI 前前 條ノ 

(二) 二 同ジ。 

くちなし (名) 一 ia 〔口 無ノ義 -實、 熟 

スレ ドモ、 開 カズ〕 (1) 灌木 ノ名、 人家 

二 多ク植 ェテ. 籬 トシ、 又、 花 ヲ赏ス 、高 

サ丈餘 、葉ノ 形. 長 クシ テ、 末. 廣ク、 厚ク 

堅ク, 互 生ス、 复ノ 初-一、 六 瓣ノ白 花ヲ開 

ク 、香 氣ァリ ハ 、榧ノ a 一一 似テ、 長大 

一一 シテ 、堅-一六 ッノ角 ァリ、 熟ス レバ 黄 

ナリ. 內-ー 、紅 肉, 白子 ァリ ,黄色 ノ 染料 

ト ス 。 字 鏡? +nleJ^_l?T 支 子、 久知奈 之」 © 名 

抄、 十四 £ 染色 4T 梅 子、 支 子、 久知奈 之」 (一 0^ 

次. 條ノ (二) ノ ® 、其 條ヲ見 ョ。 

くちなし-いろ (名) J 据子色 一 くちなし ぞ 

め/色。 黄色。 金 mfn-r?s「s5 キー ーケ り、 く 

ちた しいろ ノ、 女郎花、 いはね ド 著シ、 秋ノ ケシキ 

ハ」 BS 雅 ST 廿、 くちなし ノ、 色 二流 ルル、 川 水 

モ 、十 度 S ムべ キ、 君ガ 御代 カナ」 (支 黄河 ノ、? I? 

ヲ待 ヅ ヲ; S ジタ ルナ リ) 

くちなし- ぞめ (名) ( 一 ) 

.ffi 帛ヲ、 くちなし/^ 二 テ染メ タルモ 

ノ、 资 ナリ。 S 正 »- 式 「支 子染 《s 色、 Iwpsil 一 1 

黃丹ー « 、不 isw 一;^ 用 こ 三代 贫錄、 四十、 元 燈五年 十 

H: 「藜 _-男 女 8?薛 紅花 交 lis 支 子 一之 色,」 (11)^ 

ノ 色目 ノ名、 略 シテ、 くちなし。 表 S 共 

-ー 、黄ナ ル モ ノ、 四季 ヲ通 ジテ 着用 ス。 

1^、 十、 sg+fsls 、くちなし ノ 袖口」 

くやな は § lii 〔身、 繩ノ如 クー ーシ 

くき …: くちな 



テ、 ロア ル意ナ ラ ム 、くちばみ (蝮) ノく _ 

ちモ、 ロナ リ、 今、 紐ノ端 一一 、小サ キ輪ヲ 

ッケ タルモ ノヲ、 蛇 ロト 云フ〕 へび-一 

同ジ 。 關西 1 一 テ ハ 、今 モ 云 フ。 名抄、 十 

九ん a~4,<s 「蛇、 倍 美、 一 云、 久知奈 波」 

クチ- ナヮ 

i 一が 繩ー 〔朽 索ノ 訓讀〕 朽 

チタ ル繩。 六帖、 四 「荒 ルル 馬ヲ、 朽 チタ %m 一一、 

? N トモ、 人 ノ心ヲ 、イカ デ顔 マム」 截經 、五子 之 歌 

ST 予臨 I; 兆民 ハ© 乎 若-巧 索 之 K11 六 馬 こ 

クチ- ナヮ 

く.^ なば (名) 一. h 繩 I 牛馬 ナ ドノ、 ロー 一 

着 クル 繩。 1^ 氏 ±ー 段 長生 *.i (元錄 、近 松 作 > 

五 「馬、 云云、 舍人四 人 11、 口 、造 ST 取 ラセ タヅ、 白 

洲 一一 引セ」 

くちな は-いち (名) s_ へびい ち. ぶ 

一一 同ジ 枕 草子、 八、 七十 六 段、 名お そろし きもの 

「くちな はいち ポ」 

クチ-ナオ シ 

く-^ なほし (名) 一口 直 I 〔なほし ハ、 婦人 

ノ、 色 小袖 ヲ白 小袖-一 替へ テ着 ルヲ、 色 

なほし ト云 フト、 同意 ナリ〕 不味 ノ物 

ヲ 食ヒシ 後一 一、 改 メテ、 美昧ヲ 食フコ 

ト。 「蔡ヲ 飲ンダ 口直し 二 、菓子 ヲ 食フ」 

クチ-ナノ ズリ 

くちな めづり (名) ー^!嘗ー 〔なめ づるヲ 

見ョ〕 あたな めづ り-一同 ジ。 唐 船 噺今國 

性 爺 (享 保、 S 松 作) 下 「ズ ット 一 飲ミ、 口な めず り」 

AA^ な 1? す. ス. セ. サ. シ. セ S 動、 四) 

口 綱 レシ ム。 言 ヒナ ラス。 紫 式部 曰 人 

一一 マダ、 ヲ ラレ ヌ モノ ヲ、 誰 レカ n ノ、 スキ モノ ゾト 

ハ、 口なら し ケム」 

く.^ な • る-ルル. ルレ- レ -レ, レョ (自 *S 、下 一 

一 nL 馴ー 口-一 Im ヒ P 々。常 一一 馴レテ 13 

フ。 クチ ゾク。 S 衣、 一 、下-一 「大宫 、例 ノュュ 

シキコ トー 一 、口 なれ タマ ヘル コゾ、 ケレ トテ、 ィ 

ト、 イマ イマ シク ト思シ タル ヲ」 

くやの, *s (名) S 馬 ノロ -I ハム ル 



くちの 



籠。 くっす: トモ 云フ、 其條ヲ 見ョ。 

く.^ の-とら (名) IH^ 一 多言 ノ、 身ヲ害 

スルヲ 、虎二 S へ テ云フ 語。 十 訓@ 、上、 第 

四、 第 一 條、 行 基菩 ノ言 「口の 虎ハ 身ヲャ ブル、 舌 

ノ劍 ハ命ヲ タヅ」 報恩 經 「鍋 從, 口 生、 口舌 者 整, 身 

之 iit 也」 

一く ち-の- Si (名) コト パノハ シ。 コ 

ト ノハ。 言 ヒナ ラシ。 後 撰 菜、 十六、 雜、 二 

「ァハ レ テフ、 事コ? V 常ノ、 < ちの は 二、 力 カル ャ人 

ヲ、 フナル ラム」 狭 衣、 四、 下 ナ「 此頃、 窻部ノ 、く 

ちの は 一一 カケタ ル、 アヤ シノ今 樣欧ド モヲ、 ィ トシ 

ラジ ラシ キ整 ニテ欧 ヒテ」 夫 木抄、 三十 六、 11S1ST ァ 

ヤシ キ乇、 孃シ カリ ケリ、 オト シムル 、ゾノ くちのは 

tl 、力 カルト 思へ パ」 

くち-ば § S (二 落葉 ノ、 朽 チタ 

ル モノ。 、四十 六、 S 角 ほ 千 「岩 陰 レニ S レル、 も 

み ぢ ノ くち 葉」 (二) 次條ノ S1S ノ. 

くちば ふろ (名) 一 ^^一 染色 ノ名、 卽 

チ 、 朽葉 ノ 色.; 黃 二 シ テ 、赤 ミ ァ ル 色 略 

シテ、 くちば。 緒黃 拾 遠 集、 七、 物 くち ぱ 

いろ ノ折 敷」 宇津 保 物語、 樓上 、下れ ナ 「くちば ノ据 

iSE ノ几 接ノ、 Kg シ タル、 立 テテ」 - 

くやば ;&. で (名) I 口 兀手ー 〔て ハ 、錦 手、 

^ 翻 i„l- ノ、 て ナリ〕 一種 ノ 陶器/ 稱-茶 

家 一一 テ 珍重 ス 。 ssnl ォ Bag 、三十 一 、ser 顺德 

, 1. 有 一一 陶人ハ 名 r 加 藤四郞 右^門; 始作 1 一 小坩、 一^ _|ー 

茶 入 ー然未 k 得-一手 採-一 f 口お" 下 P 之、 故、 坩ロ、 兀 

不 美、 f 之 口 兀手こ (春 ir 入 前 ナリ) 

く, if. ばし (名) 一 inl 〔口 端 ノ義〕 鳥ノ、 

ロノ 端。 觜。 クチ サキ。 字 《B;r 「紫、 久知 

1^ 1!K 名抄、 十 J^ffslsErsr 鳥 、久知 彼 之」 

他の 誰 1 に 蟓を容 る ト云フ ハ、 さしで 

ぐち ス ルナ リ。 

一く ちばし *る- ル, レ. ラ.? レ (他動、 EI) fEt 走 一 

言 フ マジ キ n トヲ 、誤リ テ云フ。 や 口 



字 鏡?; 「港、 久知波 志留、 久留比 天 毛 乃 云 JKSaT*s、ii 

言 也」 

:!: くやば ば> た • い (形) nssg しノ約 

轉、 くすぐ プ たい、、 まれ ッ たい〕 次 條ノ語 

一一 同ジ。 「口 はば ゾ たい 申シ分 ナガ ラ 、云云」 

くち はば-ひろ • し. キ- ケレ. ク. ク (形、 一) 一 E 

幅廣 I 物言 ヒ、 無遠慮 ナリ。 廣言 ナリ。 

ク チビ 口 シ。 クチ ハ パブ タイ。 

<s^s 11 、及、 蛇バ 語原 ヲ 

ョ〕 ^©ニ同ジ。 今、 まむし ト云フ 、其 

條ヲ見 ョ0 鹿 袋 (弘 安) 四 「惠 蛇ヲ くちばみ トイ 

フ」 抹逸 用檠 (文明) 「ssl 、ハミ、 マ ムシ、 クチ バメ」 

物 類稱呼 (安永) 二、 まむし 「土 佐 一一 テ 、くつば み、 上 

總 、房 州 I ーテ 、くちばみ ト云 フ、 是レ、 a 名、 はみ 也」 

3 タ 1?、 九十 六 段 「メナ モミ 0希§ トイ フ草 ァリ、 

^ 一一 !§= 'レ タル 人、 カノ 草ヲ g ミテ 附ケヌ レバ、 

スナハチ一!^^ュトナン」 

一く.^ ば や, 乙 • キ. ケレ. ク. ク (形、 二 

言 フ コ ト、 捷シ。 クチ ドシ o( くちお そし 

ノ 反) 源、 四十 三、 竹 川, H. 宰相 君ト聞 ュル上 ー胆 

ノ、 fSS ミ カケタ マフ、 (欧) くちばやし ト 聞キテ (欧 ご 

くち-び (名) IS 火 一 火 繩筒ノ 火蓋 一一 用キ 

ル 火藥。 讓 

く あ-ひげ (名) I 口髭 一 ひげ ノ條 ヲ毘 ョ。 

一く ち ひそ *ち- ム-メ •? ミ-ヌ (自 a 、四) 1,5^1 

〔ひそむ (自動) ノ條ヲ 見ョ〕 ロノ ァタ 

リ、 窄ク ナル。 クチ ュ ガム。 ホホ ュ ガム。 

モド キ思フ 心 ヲ表ハ ス ナリ。 箄 天 冶 

字 鏡、 二 J; ロ僞 ニ他ノ f 一 「口 tss 、口 由 加牟、 又、 

口 比 tpa 车」 名義 抄 「^、クチ ヒソ *n 、四十 六、 Si 

角 g 十 「山里 ノ 老人 ドモ ハ、 云云、 姬君ノ 御 心ヲ、 アヤ 

シクヒ ガヒガ シク、 モ テナ シタ マフ ヲ 、モド キ、 口 ひ 

そみ K コュ」 

i く.^ ひび (名) S 口角 ノ、 爛 ルル 瘡。 

カラ スノ キク。 sa 名抄、 三 £ 遼 Is. ^、! Klst 也、 



く S ミー II 



久 比 比」 

く-^ ひも § 「口 £ー 5 綠ノ 條ヲは ョ。 

く. ic. びャ うま § 一 昔樂ノ II 子 

ヲマ ネテ、 ニテ、 拍子 ヲ取ル n ト0 壽 

t 松- 享保、 SS 作) 下 S 拍子 ニロ拍 tK 仕 台 拍子 ノ 

三 1:! 九 《J 

<^.UA§ (名) 「口 si 物 ノロ ヲ、 始メ 

テ g クコト クチ ァケ 。クチ キリ。 R» 

«<< 元 和、 安 八、 昭 R8S へ 足 利 *__» 政) 茶效 

- 一ん セント スル S- 、廿日 カト M キタ. ^ヲ、 女 t» ノ、 

ttw. 卜 S ぬ リタ, i ヲ、 K ガりテ 1_ ^レモ g ケ、 名ヅク 

ル S ノ、 口 tS らき, 今;:; 初^ ノ、 W 二 ョゾ へテ. T テ、 

a ヲ、 初 W ト <5« セリ ト。 osx, 一 

く.^ びる § Iffll 一 〔口 躲ノ 縛> 川 仿- 

川 *。 ありく、 あるく。 1^4?;: 「お-口 之綠 

也」〕 ロノ メグ リノ 線。 《i 名抄、 三 一 Rnis 

r 禱、 久知比 8BJ くちびる を 反す ト ハ 、誇る 

想 ナリ。 反 平 物? i 、三、 被, eMc 兵- 

事, ァ ハレ トハ 3 ハデ、 口 びる を かへ しテ £ マヌぉ 

ゾナ カリ ケル」 

くち-びろ ,し. キ. ケレ. ク. ク or 一) 

口 ^廣し -ー GI ジ。 嵌 言 ナリ。 心中 (正 

■r 作 )*■ ャァ、 シャラ 舆ィ、 常 8S ノ wffi. 次 卜 ハ 

適 フタ、 ns い W 云 フト掛 フナ、 <3ヲ 先-一 出シテ a 

ーァ、 ffi テ wmj 

くや ^5 え (名) t 笛 一 ゥソ ブキ。 皮 笛。 

ヒ.. r ノ ヲスボ メテ、 ヲ强 ク.^ キ出 

シテ、 ^5,^ ク, 力 如キ. 1^3 ヲナ ス n ト。 创 

ffi 3 永、 今 川 了 俊.- 三 jr くち la トハ、 《| 

ノ$」 一 《-w> 

くやん *§ i IH^ 一 クチ フタ ゲ。 物 

tn" セヌ n ト。 クチ ドメ。 大 Esc;? 正 

錄、 近 松 作) 下 「京デ ハ W 沙 15^ ナ シ、 a ムゾャ 、云云、 

ニー 二 匁/: SiB 二ヅ、 S マセ? S™ ノロ ふさぎ」 

くち ム たげ (名) S 〔ふたぐ ノ條ヲ 



くもん 



la ョ〕 ^^ノ 二: r シ。 語、 二、 下 

「カタへ ハ、 S ヲ 35 フナ リト、 イト ホシ ナガ ラ、 口 ふ 

たげ 一 5 へバ、 m 刀 tK ヒテ」 

く- io. ムで (名) s_ f 口宣 ナドト 、同義 

ナ ルカ〕 御 口 移ノ文 ISO 榮花物 f>s 、八,, 初 

花, w 上天 srft ガ 御く ち ふで シテ、 仰 セラ レテ、 作 

物 所 ドモ御 K ジテハ 、直シ セサセ タマへ. ^ ヲ」 

くち ふで { 名) S 〔くちきが きノ條 

星 ョ〕 燒 一一 同ジ。 

くやぶ てう ほふ § 一口 不調法 一 ク チヅ 

ッ。 クチ テヅッ 。物言 ヒ ノ、 ユキ トドカ 

ヌコト 。クチ ベタ 。咖 狂 一?: sf^/ 內 沙汰 「ァ 

/左 近ハ、 « 一;^ ナり、 n ナタ へ、 口ぶ て、 つ ほう ナ KS 

二 、御^?!^汰デ ハ 、《 ;ケ 二 ナ リマ セゥ」 

) くち-おど (名) |i ^一. 次條ヲ a ョ。 

: くちお ど-が (名) |ii 太 蚊 I 〔くちぶ vi ハ、 

嘴、 大 十ル義 力〕 蚊ノ、 大ナル モノ。 略 

シテ、 くちぶ VI。 字錢 W+T;«、 似 k.ftg 大、 口 

不止 我」 同ぬ 「奴、 门夬 止」 名お 抄 「奴、 クチ ブト」 

<^.^u § ISSI モノ ィヒ ブリ。 口 

s-^m«B 、十一、 上、 品 第三 十四、 氏 0! 信 長 對陣 

「*J 一一 tsw 故、 信玄 公、 家老 衆 ヲ召シ 、口ぶり ヲ M キ 

給へ バ」 

くちべ^»! i) I 口下手 I クチ ヅッ。 物言 

ヒノ 、下手 ナル コト。 クチ ブテゥ ホフ。 

くやべ に (名) S 二) 婦人.,' 厣-ー 塗 

ル紅。 好色 一 代 sfolsaK 西 二 「上方 ノ 〈スハ 

女、 云云、 口紅、 ムサキ SB リテ」 (一 一 )|^ ナ ドノ 

^ノ 周! I ノ. 紅ナル モノ。 

くや へん (名、 is^ 一 ^8字ノ偏-ーァル、 

ロノ {,VN 稱、 叩 • 吐 、吠 ふ、、 吸、 咬- ナド 

ノ 如シ。 口 旁 色 ffisd」a! 生 S 田 川- 享 

保、 近 松 作, - 四 「ト テモ金 « ,ナケ レバ ナラヌ 、仇ナ 口 

ti 、叩 カウ ヨリ ハ J 



くもへ 



くホ 「べんこう (名) b 辯 口 I 〔一 a® 兄、 黄 

货 J ね/類 ノ語〕 辯 ロト 云フ 一一 同ジ。 

クチ-へ ン トウ ェ 

くや へんた ふ (名) I 口返答 I くち. ぶたへ 

二 ジ。 

く. ベら し (名) IH^I 〔食糧 ヲ滅ら す 

S 人 數ヲ、 減 ラス コト。 滅員。 

く-^ まい § _s 〔々.4 お -i ナ ド云フ 

ト、 同意 ナリト 云フ〕 江戸時代、 民ョ 

リ、 通常 ノ 年貢米 ノ外 一一 、取 立ッ ル米。 

代官 ノ 手代 ノ扶 待" 扦 一一 、^紙 墨、 其 外, 

i& 八 用-一充 テ タル モノ。 口 米。 永錢 一一 

テ取立 ツルヲ、 口 永 ト云フ 。(地方 凡例 

錄, 五) 地方 要?? 錄 「口 米、 口 永ト云 フハ、 方 

ニテハ 、御取簡、田方、^4««1石ニ米三升、^方15;©、永 

IX 二 口 永 三 拾 文 ザ ヅ、 古來 ヨリ、 御 代官 二 被, 下 

來候、 上方 、田、 畑 トモ 二 、 取 故、 御 取簡 术、 登 石 

一一 米ーュ 升ヅヅ J 

く さ i 一 ii 卷ー 〔篦 ロヲ卷 きォク 

義 * ^!::!ヲ轉ジテ、 くつ まき (沓 卷ト害 ク 

ハ 、惜 字) トモ 云フ、 口輪、 くつ わ。 口 食、 

くつば み。 口籠、 沓子〕 鏃ヲ、^5差込 

ミ タル 所ヲ、 絲、 又ハ、 藤 二 テ卷 キォク 

モノ。 又、 くつ まき。 吾 斐錢、 I、 冶 承 四 年 十 

一 H: 廿六 BT 件 Hi 口 港 之 上、 注-; 恥 口 三郞藤 I^le 俊; 

自 1 此? 5® 一切 、乍, 立 二 御 m 袖;? 今 被, 之」 

同、 十、 if 久元年 九 ほ 十八 H「 IS 一 K 進上、 チ、 云、 six 

柊^^ぉ、云云、蹈ロ 卷也」 平安 物 ifT 十!、 遠矢 巧 矢 

/, 云云、 くつ まき ヨリ、 一 束バ カリオ ィテ、 和 田 小 

太^ 平教^ ト、 漆 ニテゾ S キッケ タル」 太平 1^/ 十 

五、 正月 廿 七日 台 gJS^T 磁、 云云、 達-4 マ デ、. ?ヲ打 

チ通シ テ探ヂ スゲ、 沓卷ノ 上ヲ、 sir ノ ヲ以テ 、ネタ 

マキ 二 キテ」 

くち. 1W じくり (名) lE^ 一 〔ロハ、 言葉 ナ 

リノ V* じくる ノ條ヲ 見ョ〕 ィ ヒ紛ラ 力 

ス n ト0 



. : : くちめ 1 I HIQ 

くち-まぜ (名) 一. 一 くちだし-一同 ジ。 

サシデ グチ。 容嫁 

く fe. まつ (名) IH^ 一 ロマ メナ ルヲ、 擬 

人シ タ ル語。 又、 其 人。 鏡 舌. - 世 ass 

化、 三 1 :編 、下 「長屋 中蹈 棒引ト ハ、 ナン ノコ -タ、 

ヮタ シラガ 嫁ハ、 ゾンナ 口 松 ヂ-- ァゴゼ H ヤシ ネ H」 

<ps s 一 ^sl 次 條ノ語 ノ略。 

^心 《r 八、 第 五條、 口 まね ヲシ ッヅ、 阿 雜陀佛 

ト 鳴ク」 

くち. 1W ねび (名) 一, 5ft 人ノ 物言 風-一 似 

セ テ 、言 フ n ト。 クチ マネ。 學舌, 靳六 

化、 五 「オノ ヅ カラ、 妹 ガヅタ へノ、 くちまね. ひ、 ァラ 

ヌケシ キモ、 ナヅ カシキ カナ」 

クチ-マエ 

くち-まへ § I 口前 一 〔まへ (前) ノ條ヲ 

見ョ〕 モノ ィヒ ブリ。 クチ ブリ ハナ 

シブリ 「口前 ノ 好ィ」 

くち. 1W め (名) 一,^ 忠ー 忠 一一、 物言 フ n ト。 

ョ ク、 シャべ ル コ ト。 多 辯。 1 舌 堀川 波 

鼓へ S 永、 近 松 作) 下 「ィ ゾレ 下部 ノロ まめ 二、 ァレハ 

田舍/ 御 侍」 

く- ic- め (名) 〔くち ハ、 食 鈎 ノ約カ 

ト云 フ (ロモ 、食 路ナ リ) め ハ 、其 條ヲ 

ョ〕 (二 {鲻ノ 古名。 今モ、 幾 内 二 テ ハ 

言 フト 云フ。 ; t 代 3-、 下 一一 ナ 「海 S 召-: 赤 女、 口 女- 

問 之 時、 口 女自, 口 出, 钩、 以泰 焉」 赤 女、 卽、 赤據 也、 

口 女、 s、l-; 也」 (二:! いせ-おひ。 (西 國) 

くちめ i 一^一 名物 ノ和 琴ノ 名。 西 

宫記、 十八、 臨時、 五、 十八 年 I 一月 廿 六日 「幸 1 一六 

« ^院 1 之 日、 召- i 朽目 こ 枕 草子、 五、 四十 六 段、 なまめ 

かしき もの 「8* モ、 笛 モ、 wr メヅラ シ キ名ヅ キテコ 

ゾァレ 、云云、 和 ナドモ 、くちめ、 、二 貫、 ナド 

ゾ M ュ」 5^芥 抄、 上、 末、 和 1W 「お 目」 

\ic. め i) 一^一 板ノ、 朽チ タル 所。 

俊 S ノ子、 俊5 三、 《1、 *« ヲ照 ラス 「タド =- 



H ク、 イタ ダノ提 〈、くちめ 多气 »BSS 火セ、 夜ノ 

?) IHffl 第一 語ノ クロ" 附 / 

(二) 二 同ジ。 紫 式部 日 我レハ 卜、 クス シク、 

くち もち、 ケシキ コトゴ トシ クナり ヌル 人 ハ」 

く-^ もヒ (名) I 二) ロノ 邊。 ロノ 

IK。 口 ま 東海 S 名所 I:p。(sss) 一 「太夫、 云云、 く 

ち もど ハ、 紅ク ル花 一一 眢へ」 (一一) ロノ 姿。 

クチ ツキ 狂11_ー!1^^、合£「其方ガ4!«ゥテモ、旨ィ 

力、?^ イカ ハ、 P 許デ 知.^ ル^ ヂャ」 (一二) {人 口。 

ハジメ。 宇津 保 物語、 8S 簡、 上 一 〔「慰、 云云、 奧 N 方 

一一 、云云、 赤ク ® キ物 ヲ預 ミオ キ タリ、 タダ くち もど 

二、 目錄ヲ WI キ タル フミ ヲ」 

ク -チ ヨウ 

く-ち ャぅ (名) 1^ 長. 一 區 ヲ治ム ル職ノ 111^0 

(區ノ 條ヲ見 ョ) 

くち-やか ま • し- シ キ-シ ケレ -シク -シク (形、 一一) 

一口 喧ー (一) クチ サガ ナシ。 人 言. 力 マ 

ビス シ。 評判、 クルサ シ。 「世評、 くち やか 

まし」 (二) Jil^m 多 クテ、 煩ハ シ。 「老人、 く 

ちゃか まし」 

く やくそく (名) ,ー 口約束 一 口頭 ダケ ノ 

約束。 口約。 證文ヲ 取 リカ ハス ナドー 一 

對ス。 

:j; くち ャ- くち ャ §- 〔くたくた ノ轉- くぁャ 

く *r ハ、 又 轉ジテ 云 フナリ 、めち ャ くち 

ヤノ 條ヲ S ョ〕 布帛. 紙、 ナ ドノ、 甚シク 

揉 マレ、 皴ミ タル-一 云フ 語。 クシ ャ クシ 

♦0 rgs ガ くち ャ くち ャ -I ナ.^ J P レタシ 一一 

ハ 、濁音 -ー 、ぐち.. ぐち. -ト 云フ。 

:i: ぐち ャ- ぐち ャ (副) 前條ヲ 見ョ。 

クチ- ャヮ ラゲ 

くち-や はらげ i 一口 和 一 〔ロハ. 詞ナ リ- 

阿蘭陀 語ヲ- おらん,;,! ぐち ト云フ へや は 

ら ぐる ハ、 日 * 語 一一 變へ テ- わかる ャク 

-ース ルナ リ〕 外 E 語 ヲ 、 日本語 一一 驟譯 

くも も :.: くも や 



ス ル コ ト。 長琦ノ 阿蘭陀 通 詞ノ語 ナリ。 

略 シテ- や はらげ ト 云ヒ- 和解 ノ字 ヲ充 

テ タル ヲ, わ! &ト讀 ムャク I ーナ レリ。 

下 二 段 活用 ノゃ はらぐ ノ (二) -幷 一一-和 

解 ノ條ヲ la ョ。 和 laes 語 「阿! S 陀、 南 sr ラテ 

ィ、 三 a 口和」 {SSSS1WW -、 窝本 一 册、 S. 年代、 作 

者、 ナシ) 

一く-ち ュぅ § 屬 I き", つち ュ, 「(宮中) 

- 一同 ジ。. g 宮 ノ內。 tr 四十 五、 » 本 j. 「くち 

ぅナ ドニ テ、 力 ャゥナ ル秋ノ S 二、 御前 ノ 御遊 ビノ 

ヲ =-11、 候 ヒア ヒ タル 中二. K あそ H ハ、 8J_M) 

く-ち ュ-っ (名) 3_ クル シキ ココ no 

心痛。 苦心。 , 「苦衷 ヲ察 セラ レョ J 

く-ち ュ-っ (名) In 一 蟲ヲ、 驅 リ除ク n 

ト。 害蟲 驅除パ 「躍 ffisj 

ぐ-ち ュぅ (名) ml 巳 ノ時ノ 異稱。 晝 

四時。 午前 十 時。 字典 「曰 在: -已 曰-萬 中-」 

ぐ-ち ュぅ (名) ffl_ 己ガ 赤心 ノ謙 稱。 

愚存。 SB 陽 §藍記「 乞牧- 一成 Mi さ 一愚 Is こ ra 

衷ヲ披 歷ス」 

ぐ-ち ュぅ (き 一愚 ■ 己ガ 忠義 ノ講 稱。 

! ^客、 Kseffl 「臣固 愚忠、 若 一一 EssBi 乃 詐忠」 ass 子、 

存 ess- 「雖 pal- 錢臣 》s 忠之 計? Kitsi 得已」 a 州 港 

息 「某 指雖レ s= 其 能? 已列 1 一人 sslKr 是 忠之所 

> 致 欲」 

ぐ-ち ュ う- れき (名) 一具 注 暦 一 〔普通 ノ曆 

ョ リ、 具 i 注し タ ル義〕 曆ノ 一 種- R 日 

ノ it 事ノ 吉凶、 禁忌、 太歳ノ 位置- 月ノ 

盈驟、 等 ヨリ、 七十 二 候 マ デ、 詳カ - 一記 

シ タル モノ。 

一く ゆが *£-ム-チ 了? メ (自動、 S 

病-一由 リテ、 口、 歪ム。 口、 曲ル。 g 名抄、 

三ん 病 薆 、久知 由 S 無」 8 心 方、 一二 十お + 「ra」 

S 異! K 、上、 第 十九 ST ほ, *= 法 花 S 品 一之 人; I 而現ロ 

くも ゆ 



ほ斜 得-一 S8I 一訓 擇「^ 斜、 一一 合、 ュ ガミテ J 字 鏡 J 

「《、《也、.2加车」 

ク ニン ョ 

く -ぢョ (名) 一 驅除ー カリ、 ノ, ソク コト。 ォ 

ヒノ クル コト。 史 f^„、 秦楚之 際 月 表 「向秦 之蔡、 

超 足 >«el:K 者 一 除 s.. 耳」 范成大 詩 「煩?^!; 殘 S- 

驅 除^」 「害 s ヲ驅 除ス」 

ぐ-ち ョく (名) llffl 正直 一途 一一 テ、 應變 

ノ 才ナキ コト。 パカシ ャゥ, チキ。 宋史、 ま 

0^^ 惟 陛下 其 直; 而取 一一 其 拳 之忠 I I 

くち-よ 劣し (名〕 1 口汚 一 〔不味 ノ物、 ロヲ 

稳す 意〕 (一) 客 一一 響 スル飮 食物 ノ謙 

稱。 「おくちよ-もし ヲ差 上ゲ マス」 (二) 轉ジ 

テ、 不味 ノ 食物。 

くち-よせ (名) (一) 巫女、 神人 一一、 

物怪ノ 靈ヲ憑 ラシ メテ、 其 言語 ヲ 述べ 

シムル コト。 榮花 物語、 廿 一 、後悔 大將、 ^怪ノ 

e^, 「宣 ハム コト ヲモ聞 カム、 又、 神ノ ©言 、空言 ヲモ 

聞 カム トテ、 左近ノ 乳母、 泣 ク泣ク 、御く ちょせ 二 出 

デ立ヅ 一一、 云云 、かうな ぎ ヲバ、 街車ノ ロノ 方 ニ戰セ 

タリ」 枕 草子、 十二、 百 五十六 ST 物怪 一二 イタウ^ 

ヌバ、 ゥヅス ぺキ人 トテ、 大 キヤ カナ ル還ノ 、云云、 

三尺 ノ几 ノ前 一一 居 タレ パ、 云云」 4ssr 久導ニ 年 

八月 廿 七日 「先 f S 後、 又 &}si ロー 曰、 云云」 (1 一) 

後世、! &^、 市子- ノ-人 ノ求メ 二 應ジテ 

行フロ ft ト云フ ハ. 先ヅ、 弓弦 ヲ彈 ジテ、 

. 唱へ出 ス詞ァ リテ、 次-一、 死靈、 生靈、 ヲ 

乘リ ウッラ セテ、 死 口、 生 口、 ヲ、 ロー 一 浮 

ベ テ說キ 出シ、 聞 ク人ト 間答ス ルナ リ。 

畿内-一 テ、 巫 ロト 云フ。 此 法ハノ 外法 

ヨリ 移レ ルナ ルべ シ、 此巫ハ 、外法 頭、 

後 佛、 ヲ懷中 スト 云フ。 (各-其 條ヲ E ル 

ョ) 新|^樂記(藤原明^2)「四^5許者、ぬ_女也、ト占、 

神 遊 、寄 s、 由 ( I 、作 i 口) 寄 之 上 手 也 .1 

ク ジ -ラ 

くち- ら (名) 國 〔其 口、 大ナレ パ- ロ廣 

ノ約 轉ナリ ト云フ (すべ. らぎ、 すめろぎ, 

くちら 



濁音 ノ 上下 スル ハ . いづ つし ノ 語原 ヲ 

昆ョ) 字 鏡 -ー 久地 良、 本草 和名 二 久知良 

ト ァリ- (神武 紀 二久 治良ト a ュ ル ハ、 魔 

チリ、 其條ヲ ano 又、 案ズ ル 二 - 常 陸 

■E 風土記、 久慈郡 「有,, 小 體 似,, 脇 鋭 T 

虔武天 ilKH 名,, 久慈 , 」揮 袋 (弘安 ) 六 「く 

ぢら ヲパ、 或ハ、 くじら ト 云へ ル 事 モア 

リ、 云云. 常 陸!! 一一 、久 慈理ノ 岡ト云 フ 

岡 ァリ、 其岡ノ 姿、 鯨 親 -ー似 タル 故-一新 

云へ リト、 云云、 俗語 -ー ハ 久 

慈埋 , ト 云へ リ」 同 國 風土記 二 、常 陸 、, 、 

nD モデヒ -,, -シノ ォ ク, ン,' す クチ 

衣 手漬 國、 那賀郡 、 大櫛岡 ハ、 大ぉ/ 義 

- 一因 ルトァ リ.. 萬 葉 集 ノ廿- 一、 天地 n- 阿 

ヅ シ ァ モ シ シ 

米 都 之、 母 父 ヲ阿母 志 志 トァリ 、東 國ノ 

發音ナ ルカ、 然 レドモ 、名義 抄 一一 「鲸- ク 

• チラ、 ク ジラ」 トァリ (ちぢむ. - * つまむ) 

土 佐、 薩摩ノ 人 ハ ,今 モ、 平常 一一 、ぢト 

トヲ- 別 チテ發 音シ. 黥 ハ - くじら ナリト 

云フ、 熟考 スべ キナリ 、倭訓 菜、 後編、 く 

ぢら 「典籍 便覽 -ー 、海 翁、 音、 屈 支羅ト 見 

ェ タリ」〕 (一) { 海獸ノ 名、 常-一、 案 ー帶ノ 

洋中 一一 棲ミ テ、 冬、 暖海 一一 來ル、 動物 ノ 

中ノ、 最モ大 ナルモ ノ、 長サ數 丈、 形- 甚 

ダ 魚-一 似テ、 前脚 ハ、 鰭 ヲナシ 、後脚 ハ、 

尾 ノ如ク 二 シテ、 岐ヲナ シテ、 橫 二着 

ク、 麟毛、 挺、; ク、 形、 肥ェ テ圓 クシ テ、 口、 

甚ダ大 キク、 頂ノ 上、 預ノ前 一一, 孔ァリ 

テ、 潮ヲ 吹キテ 呼吸 ス、 も ほふき ト云 

フ 、 眼- 體 -ー 比ブ レ パ -小サ シ 、色、 種種 ナ 

リ、 皮、 骨、. g 、筋- 暖- 等-全身、 棄ッべ キ 

所 ナジ、 脂- 最モ- 用-多 シ- 骨ヲ肥 トス、 

肉 、皮、 皆, 食フべ シ。 せび iK ヲ 最上 トシ、 

ち. T まッ か- IJr ながす 餘、 いわし 鯨- 

ざ さつ 鯨-等. 種類、 多シ C Isr™ 、女 久 



くもら -1 



天 S 字 s. 九 nrB、s クチ ラ 一 本 _s 和名、 下 S 

1 . «.». 一 名 .1»«~、 久 toflj B 名 妙、 十九 一 

B-si 云、 aB>8i、Mf 曰 k 、久 S 良」 (二) せび 

ぢら ナド- Jas ノ頭ュ * ジ テア ルモ 

ノヲ, 細工 二 用 ヰル稱 "速 トモ、 ひれ ト 

モ稱ス 、口中/上下 兩邊 -ー ァリテ -櫛ノ 

齒 /如 シ、 長キ ハ數 尺- «サ 五六 寸 -ra! 

サ 五六 分-色. m ク、 柔軟-一 シテ、 折リ S 

チ 雌シ、 «r 第-等- se 稱 /細工-一 用 ヰ 

ル。 又. あく ぢ らナル ハ、 色白 シ、 あろく 

ぢらト 稱シテ 、最モ ブ。 tea* (三) 次 

ジ すビ 

おら-おび g) 一 鮪|5 一 〔1^ 肉ハ、 白 クシ 

テ, 皮 ハ, 黑シ. 切リ マ ゼテ^ 食フ コ トァ 

リ、范^5^|5トモ云フ ハ、 水:! ハ白ク 、皮ハ 

黑キ麻 (黑 布-白 布-縫合 ハ セ タル 掠 幕 

モ ,同 意) 此 -1 .此 名/起 レ ルハ、 昔ハ、 

W ハ -全 吊 ヲ、 一 :ッ折 リニ シ テ製. シ タ ル 

二 s: ル〕 女 m ノ、 片側 ハ 5^ 天 tss 、片側 

ハ cs-f - 一 テ、 欲 ヒ介ハ セ タル モノ。 

一名 **^w。 後 二 ハ- タダ、 兩 P 二、 異 

,ノ お ヲ用キ ルモアル ヲ、 兩 面帶、 15<、 

魄 八:: の W ト云 フ。 B~wl5a*<SK、i»ffra 

吹ャ, 汗 ノ うらぎ ノ 、くじら fw」 KJ* 二十 K 仙 「^a? 

川、 S 一 f へ、 ハ、 おもて、 ゥら」 讲請 《«M (明お )兩 

fgwT 夜 叢ノ * &モ K ケ ッヅ、 M ノ B!」(ssn! 一) 

ジ ラ It- シ 

,ぢ t£w ざし g) 〔s へ、 ノ 

テ作リ シカパ * 名ト ス 、今 ハ 多ク, 竹 二 テ 

作ル〕 物 *1ノ一 種、 曲尺 ノー 尺 ニ寸五 

分ヲ 、一尺 トス ル モノ。 又、 鯨 尺 3 略 

シ テ、 くぢら o( ものさし ノ條 TI '兑: TI) bS 

ei:-arsA?a チ s« フ事、 云云、 くじら、 《ノ《 お 一一 、 

ノカ キ&ヲ W モチ K«J 「くちら 三尺 五寸 J 

4?. ぁャく (名) S 〔sr 船 一一 、古今 



/差違 ァリ、 ものさし ノ條ヲ ョ〕 前 

條ノ語 一一 II ジ。 S 流 曲 三味 s(s 永、 自笑) 四 

「18? 尺ヲ土 3? 一貢 フテ、 何 ニス ルト 間へ バ、 太夫 探 一二 

担ビ サン シタ、 客 サン 遂 /Rt 毛ヲ ffi スト」 一 

ク ジ ラ ,ジ S 

くぢら る (名) 味嗜 汁-一、. 鯨肉 

ヲ 加へ タル モノ。 親 S ノ黑 キ皮ヲ 除キ丄 

白 キ肉ヲ ^ク切 リ、 豆 ® 穀ノ中 二人 レー 

テ、 能 ク樣ミ 、熱 港ヲ カケテ 又 揉 ミ 、 殻. 

ノ取 ルル マデ 水-一 洒シ -婉- 一盛 リテ、 味 

せ 汁ヲ注 や- 胡椒 ノ粉ヲ 添フ。 味嗜汁 一 

ハ、 味せ 二- 餽節ヲ 加へ テ擂 リ- かす ヲ 

滴シテ >煮 立テ タル ヲ用 ヰ々。 文 《四年 

BKPr 六ノ御 « 、云云、 K 汁」 

クジラ -ト 

くち tr^-jus- (名) 一 鯨 捕 一 海上, 一 出 デテ、 

ム. e ヲ捕 フル コト。 膨鯨 

クジラ .ブ ネ チ . 

く f おね (名) 船 一 鲩 捕-一 用 キル 

直 stt^sg は ほ、 云云」 へ 故 i* 類 宛、^) 

クジラ - ク 

くぢ 12 く (名) 函幕 I 〔くぢ らおび ノ 

Is^ ヲ a ョ〕 だん. たら 幕ノ 製-一、 堅-一、 一 

黑布ト 白 布 トヲ、 一 幅 置- 1 縫ヒ合 ハ セ、 

SS- 一、 天地 二、 黑布 ヲッケ タルモ ノ。 

く- ^りこう (名) 一口 利口 一 ロヲ利 クコト 

ノ 上手。 口巧者。 又、 其 人。 *i 玉 も 中 (正 

SK 、近 松 作」 *T 此ズ期 一一 ナ.' テ モロ 利口 、後ヲ 見セヌ 

へ、 ヅハ S ナリ J 

:ー: く • もる (励) 湧 ぼつ ノロ 語。 一 

ん. ぐち ■• るん. レ. ラ. り. レ (自動、 EI) 痴ー ぐづ 

ろ (呶呶 ) ノ 糟^-其 條ヲ 見ョ。 

く.^ ろん (名) 一 Ell コト パァラ ゾヒ。 

イサカ ヒ。 口論。 うたたねの Pif 阿佛ほ :- 「御 

^ハ、 人ノ -if- ヲ逃 ゲ出デ タマ フカ, 又、 くちろ んナド 

ヲシ タマ ヒタ: ケル ユカ」 



くも わ _| 

一く やわ (名) 觀ー くつ わ ノ條ヲ 見ョ。 

一く ち-わき i Ins 一 ロノ、 左右 ノホト 

リ。 ロノ 端。 ク チサ キラ。 口吻 枕萆 子、 

二、 十七 段、 にくき もの 「又 飲 メナド 云 フナル ぺシ、 

身 プ^ ヒヲシ 、疲 振リ、 口 わき ヲサ へ 引 キタレ テ、 ヮ 

ラハ ぺノ、 n ゥ ドノ 3 府殿) 二 iti リテ、 ナド 謠フ」 宇 

冶抬 »r 二、 第 五條 「BsiM2 ク、 シタ リガ ホー 一 、袖 ヲヅク 

口 ヒテ、 口 わき カイ 拭 ヒナ ドシ テ、 居ァ ガリ ノゾキ 

テ」 めめ ど のさう え (明 和) 「イカ 二 佳 キロつ きモ、 

思 フサ マ 二 エミ K ゲ、 咽喉 ノ穴見 H 、舌ノ ヒロキ、 口 

わき ョ リア ハブク 垂リテ 物言へ パ、 イカ 1 一美 シ キロ 

つき モ、 惡 シクナ り 候」 

<^^^ (名) I 口 分 一 物ヲ、 類 一一 因リ テ- 

分 クル コト。 類別 分 S 

くちわる (名) liLH^il クチ クル キ n ト。 

クチ ヮル キ人。 

く- ic. わる。 し .キ- ケレ. ク.ク (形、 I) IH^ 一 

物言 ヒ、 ヮ ルシ。 物事 ヲ、 惡シザ マ 二言 

フ癖 ァリ。 クチ サガ 十シ。 K 筑波 (寬 永、 

西武 J 「口 わるく、 云フコ トコ ゾハ 、ウタ テ ケレ」 袋 力 

ラタ ダ、 术 ハコボ ルル」 

クチ- ェ I 

くや ゑ § S * 物ナ ドノ、^, 一 掲 

グル ISO 脚 妹の 絲卷 「草 ノ ws? 、文化 ノ中比 

ニヤ、 京 、お 六 K 木 《B の 仇 討 ヲ作ラ レシ 時、 

岡、 Bl ヒ ツキ 二 テ、 卷中ノ 人. 初- テ 1 役 苦ノ似 tig 一一 

ナセリ 、又、 ロ捨 卜ィフ モノ (さう え ノ始メ 二、 1 卷 

ノ 人物 ヲ出ダ シ、? 5 ナ ドア リ; -ffi ヒ ハジメ テ、 加フ」 

クチ- ォ • シ 

く fe-J^* し- シ t シケレ -シク -シク § 、二) 

a^l 〔心地 惜し ノ 、 す:; ち をし ト約リ テ , 

くち をし ト轉ジ タル 語 ナルぺ キカ (中 

心、 なかお。 名義 抄 「心、 コ コ 口、 ナカ ゴ」 

焚 金、 くが ね。 園む、 か あむ)〕 ( 一 ) 心 

二 -惜 シ ト思 フ。 ノ n リ ヲシ。 ク ヤシ。 

殘念 ナリ。 M 枕? +> 、五、 五十 erss- 「ント 

B—5 フバ カリニ 呢 キ合ヒ タル 時 olg ノ S ヲ、 口 をし う、 



ぐ …: ぐ 5!L 

御前 一一 W コシ/ サズ」 源、 一、 稱想 j5 「我 レ亡ク ナリ 

ヌ '、くち?. ヒクヅ ホル ナト、 力へ スガへ 

ス、 禁メォ カレ」 (二) 惜シ。 惜シ ムべシ 

沈 草子、 三、 廿八 段、 似げ なきもの 「下種 ノ ij- 一一、 雪 ノ 

降リ タル、 又、 g ノ差 入り タルモ、 イト 口 をし」 同 

卷、 三十 六 段 「タ顔 ハ 、花ノ カタ チ、 朗顔 二 似テ、 言ヒ 

ヅヅケ タルモ、 イト ヲカシ カリ ヌぺキ 花ノ姿 ニテ、 

憎キ、 K ノア リサ マ n ゾ、 イト 口 をし けれ, K«J ナリ) 

(三) 轉 ジテ、 物 足ラズ 思フ。 飽カヌ 心 

地ス。 竹 m®eT かぐや 姬、 キト ¥ー ナリヌ 、ハカ 

i オボ 

ナク、 くち をし き n 卜, lis シテ」 波、 二、 幕 木 a 「取ル 

方 モナ クロ をし き 分 I ト、 ぬ ナリト オボ ュバ カリ _t 

レ タル トハ」 同卷セ 「世 ノォ ポェ、 ロをレ かラズ J 

同、 四、 タ顏 一-一 「口 をし ノ花ノ 契り ャ」 

i くつ S) _s_ 〔杳ハ"^バ省字、き|^ 

論 「靠 1 履 匕 足首 ノ形 一一 * へテ作 

リ、 穿 キテ步 クー 一 用ヰル 具 。木 水: r 革沓、 

絲沓、 藁沓、 ナ ドア リ。 又、 束帶、 衣冠 ノ 

時 二 用 ヰ ル深水 曰、?^ 沓、 靴の 杳、 半靴. ナ 

ドア リ、 各條ヲ 見ョ。 今ハ、 西洋 製 一一 傚 

ヒテ、 多ク ハ革製 -1 テ、 長沓、 半杏ナ ド- 

種種 ァ リ-。 祌代紀 、上 y 暖 J 古苏^ 、中 (瞎砷 J 

ャ 「欲 、沓」 iffiSI 「ま、 久ー s」 g 名抄、 十二 f 添 港 類 

rss 、久 IIST 用 一一 竊字ハ 音杳」 

くつ § 國 I きつね (狐) ノ條ヲ 見 ョ- 

く *ゥ -ヅル ふ レ*チ -チ- チヨ (自助、 上 二 J |& 

S る、 壞 る-一通 ズ、 箱ぬ、 束ぬ〕 (ニ枯 

レ、 壞ル 。想 レテ、 毀ル。 後 換续、 廿、 贺、 碁盤 

出 ダサ セ タマ ヒケル 、云云 r»t ノ柄ノ 、くち ム モ知ラ 

ズ、 君ガ 代ノ、 キム 限 リハ、 打チ試 ミヨ」 (仙人 ノ困 

基ヲ見 テア リテ、 »tv 柄 ノ朽チ タリ ト云フ 故事 ヲ! is 

. ^り) (二) 衰フ。 廢ル。 源 二ハ、 末 摘 花 r 「人 

ノ程/ 心 苦シキ 一一 、名ノ くち ナ ム ハ 、サ スガ ナリ」 

くづ (名) 國ー るノ 語根, く づれノ 意〕 

(一 ){ スべ テ、 頃レ. 碎ケ、 切 レナ ドシ タ 

ル 末ノ廢 物。 《a 名抄十 一 < 金 iSr 金 S 、古 加 m 



乃 須利久 都 .1 徒然 草、 百 七十 七 段 「箱 ノくづ J 「絲く 

づ」 (二) 佳 キ中ノ 、劣 レル モノ。 擇リ殘 

リノ モノ カス 徒然 草、 十四 段 「古今 集ノ中 

ノ砍 くづ」 大槐! S 抄 (九條 伊通) 「ほ 人 五位 ノハテ 一一 

テ、 人く づト、 諸人 ニ思ヒ 申候シ 者」 

グズ グ- 

ぐづ (名) I 劍圖ー 〔崩る ノ 語根、 &f 、ンメ テ- 

濁ル〕 次條ノ 語-一同 ジ。 

グ ズ 

ぐづ § II 漢 I 〔く づぐづ (遲 飩〕 ノ條ヲ 

見ョ〕 决 斑 ナキ 人。 (卑語) 

く cvs?^ (名) 5_ -緣ノ 束柱 ナ ドノ 下 

イン f<H 

二 用ヰル 礎。 

く-つう (名) la 痛 苦 シク、 痛ム コト。 

苦シキ ナヤ ミ。 ffiJMi? 、解老 ST 痛 Ism" 外、 則 

苦痛 雜=陽92 之閒 一」 宇 冶 拾 遠、 十三、 第八條 「骨、 喉 

ニタ テテ、 云云、 トミ ニ出デ ザり ケ レバ、 くつう シ 

テ、 ヅ ヒー I 死 ニ侍リ ケリ」 

グズゥ 

ぐ- づぅ (名) s_ 弘ク、 世閒 -1 ュ キヌ 

タルコ ト。 多ク、 佛敎- 一 云フ。 盛 sgs 、一二 

十二、 惟高 惟仁 位 翁 ir 佛法 I シテ、 直雷 上乘、 日 

域 ニ弘通 セリ」 , 

クッ -コゥ 

くッ- 力う (名) 扉 & 腰ヲ カガメ テ行ク 

コ ト,、 贵人ノ 前 ヲ歩ム 時 ノ敬礎 ナリ。 

江^^?!次第、十八、 外 記 政 一 少納言 著 座、 外 記 捲 11 盛, 文 

云云、 屈 行、 於 1; 上 卿 前 机 こ 後 押 小路 內府 

抄 「屈 行、 屈, 腰 行 也」 

クッ • n ゥブリ 

くつ-か うおり (名) I 沓冠, I くつ かぶり -1 

同ジ- をり く (折 句) ノ條ヲ 見ョ。 

くつ-がた (名) ffl_ 杳 ヲ作ル 型。 皮沓、 

絲沓. ナド 作ル心 トシ テ、 用キ シモ メナ 

ルべシ 、後世 二 云フ、 足袋 ノ 足型 ノ類カ 

ト If; フ。 接名抄、十ニf^暖^sg^l^^ssr久都加太J 

Kwrss 、! S 法 也」 拾 遠 集、 八、 雜、 上、 た うづの か 

た (SS 型) ヲ 取り 二 ォ コセテ 侍り ケ レ バー 年ヲ 經テ、 

立チナ ラシ ヅル、 あし 鶴ノ、 イカ ナル かた 二 、坊 トド 



くつ :… くつ か 



一 

ム ラム」 

一く つ-がた (名) K_ 〔前 條ノ具 ノ形ー 一 

似 タレ パ名 トス (花 瓦ヲ、 镫瓦ト 云フガ 

如シ) 端 ノ上ニ 曲レル ハ、 爪先 ナリ〕 瓦 

葺、 廣風ノ 造 リノ 宮殹ノ 、大様 ノ兩端 一一 

ッ クル 飾 物。 唐土 ノ製 ノ移リ タル モノ 

ナルべ シ、 (檜 皮葺ニ ハ用 キズ) 其 端/曲 

ガリ テ、 上 二 向フ。 トビ ノヲ。 鶴 尾 後 

世 ハ , まャ ちほ ぁト ナリ、 鬼瓦 トナ ル。 

西大寺 资財權 「沓 J^」 大安 寺 資財 幅 r@ 尾」 天 治 字 

鏡、 十二 g 「鵄^、 左右 頭、 如 I 一 尾 一起 在 者 名 也、 大極 

殿上、 左右 所, S 者 也、 倭 云、 久都玎 多」 接 名 妙、 十 

居 宅 _nr 顏尾、 久都 太. I 

くつ-がた (名) s_ クッノ カタ チ。 ク 

ヅ ノ ナリ。 

くつ-かおり § s_ 和歌 ノ 一 體。 折 

句 ノ條ヲ 見ョ。 ^千載 七、 雜想、 折 句歆、 S 

山 院ノ御 時、 小 CSS 、硯 箱ヲ、 折 句、 くつ 冠 一一 ォキテ 

JjJ^ メト仰 セゴ卜 ァりケ レバ、 ッ カウ マヅリ ケル 「コ 

マ 渡ス、 一瀬 モ見 ェズ、 ャへコ ホリ、 ゥ 〈波ナ キハ、 

ras キ 水底」 

タツ-ガエ • ス I 

くつ-かへ • す- ス. セ.? シ-セ (他動、 四) 一 覆 一 

〔次 條ノ islp ノ 他動、 ひるが へ る、 ひるが 

へす〕 覆ル ャク ニス。 ヒック リカ ヘス。 

ク; f ス 

運 歩 色 菜 壤 「K1」 

クク ガエ • i 

一く つ-が A • る. ル-レ -ラ. ?レ (自動、 四) 

〔崩 反る 意、 ひるが へ る、 うらが へ る〕 

(一) 倒 レテ、 クラ ガ へ ル。 ヒ.' ク リカ へ 

ル。 字 鏡 /f「s 、久豆 加戶利 不須」 天 治 字 鏡、 六 一一 

「顧、 久ー S 加戶 sa」 (一 一) 他ノ 動詞 ト 熟語 トナ 

■ リテ、 動作 ノ、 甚シキ ヲ云フ 語。 (沸キ か 

に t 

へ る、 煮 ェか へる) 大和 物語、 上 「fss メリ ケレ 

バ、 (^ヲ )SE 命 婦爱デ くつが へり テ、 モト メテ ャリ 

ケリ J 「戲レ くつが へる」 

くつ-かむ (名) s_ くつ かぶり-一同 



くつ か 



ジ、 をり く (折 句) ノ條ヲ 見ョ。 

く ッ-き § 一頓 起 I 屈 起 一 〔說文 「崛- あ ii 

高 也」 增韻 「勃 起 曰, ー噸 起こ〕 起 リ立ッ 

づ ト。 薛逢詩 「天地 三分 魏蜀吳 、武侯 屈 sslls!is 

議こ 文選、 甘泉賦 「洪 经崛 其蜀 出兮」 

ク ヅ-キ 3 ゥ 

くッ- きャぅ (名) 扉 强丽彊 I 人 二 屈セザ 

ル コ ト。 意地 ノ、 强キ コ ト。 J^® -、 ©奴徑 

「ss 信、 爲, 人 剛直 屈強」 文選、 瑰都賦 I, 屈强」 mr 不 

i 貌」 史記、 陸 「適 欲, 以 1 一新 造 未 i 之 越 

US 於此し 

ク ッ. キ ヨウ 

く ッ-き i う (名) ー挪& f 究竟 ノ急 呼、 45^, 

語原 ヲ見 ョ〕 (一) くき ャ 、リ。 極メテ 、優 

レ タルコ ト。 至極。 著 聞 集、 九、 弓箭 「顔 光朗 

臣ノ 郎等 季 武ガ從 者、 究竟 ノ乇/ 有 ケリ」 「屈 竞ノ 

武士 ヲスグ リテ」 (二) ョク、 當テハ マルコ 

ト。 太平 二、 阿 新華餓 トイ フ! S ノ、 多、 明 ■ 

0, 子 t 一 取 リヅキ タル ヲ、 ス ハヤ、 究竞ノ 事 コリア レ 

ト S ヒテ、 障子 ヲ少シ 引 キア ケタ レバ、 此蟲 アマ タ、 

内へ 入 リテ、 S テ、 燈ヲ 打チ港 シヌ」 「今 ガ、 10* ヲ始 

ムル 1| く ッきャ ぅノ時 チリ」 

くッ- きョく (名) 13 折 レ、^ ル コト。 

南史、 王微傳 「遠 如 1 一 屏風 屈曲 一」 SD 詩 r 人 ふ 若 一一 彼 

箱 ハ世路 有 11 屈曲 こ 

くッ さ- s- (副) 〔くプ きつく き やか 

. rf> ノ くき ノ急呼 、り ハ 、ら ノ條ヲ US ョ〕 

キ ハヤ 力 二。 キ ハダ チテ。 ハツ キリ。 

「色、 くプき り 白シ」 

くつ-くつ (副) 〔くつめ く ノ條ヲ 見ョ、 く 

つくつ ぼうし (寒 蟬) モ、 くつめ かし テ 

鳴ク ヨリ 云フ〕 (一) 氣息ノ 、喉 一一 支へ 

テ鳴ル 音 ニ云フ 語。 学^^^通、十、第<條「《«8 

盤 二、 人人、 アマ タ着 キテ、 物盒 ヒケル 二、 IKl 人 さお 

たか、 云云、 登 盤 二 額ヲ當 テテ、 喉ヲ、 くつくつ ト、 ク 

ヅ メクャ ゥニ應 ラセ バ、 云云、 へ ャ死ニ タマ ヒニタ 

リ」 (頓死 ナル ぺシ) (二) Bt; 液ノッ マリ タル 

く ゥく — 



II, 肩 スル音 ー一 ハ、 淘音 II、 ぐつ ぐつ ト 

云フ。 (三) 濁音 ナル ベ 物ノ煮 H 立ッ 

日 一一 モ云フ 。音 ヲ轉 ジテ、 グ タグ タ。 (I, 

海、 あたみ) 沸沸 「妹 唱汁ガ ぐつ ぐつ 煮 H 心」 

湯ガ ぐたぐた 卜沸キ カヘル」 

くつ-くつ § Is 〔前條 ノ語ノ (一) 

ト同ジ カルべ シ〕 (一) 可 笑シキ ニ堪へ 

ズ、 竊カ 一一、 喉 二 音 立 テテ 笑フ 二云フ 

語。 好色 一代 女 (天 和、 西薛, H ハ 「我 レナ ガラ、 くつ 

くつ 笑ヒ出 シテ」 (二) 笑 ハセ ムト、 輕クク 

スグル ニ云フ 狂言 記、 孑 盗人 「サ ラバ、 チタ 

ト笑 ハ シマ ショ、 ャァ、 くつくつ くつ ペア、 接 斑ガナ 

本 ッタ」 「くつくつ クス グル」 

ぐつ-ぐつ (副) 物ノ、 煮 H 立ッ 音-一 云フ 

語。 前前 條ノ (二) (三) ヲ 見ョ。 

グ ズ グ ズ 

ぐづ -ぐづ (副) I 弛緩 一 〔くつろぐ ノ 語原 

ヲ 見ョ〕 つ ) 釘ナ ドノ 搖グ狀 -物ヲ 結 

ヒ束 ネテ、 緊 ラヌ狀 ニ云フ 語。 「1 ガ ぐづ 

ぐ づシテ 居ル」 行李 ノ 細引 ガ、 ぐ づぐづ 二 ナッタ」 

(二) 事ノ、 決定 セヌ 一 一 云 フ語。 「相談-力ぐ 

づぐ づデ、 キ マラ ヌ」 

グ ズ グ ズ ー 

ぐづ -ぐづ (副) _s_ 〔前 條ノ 語意-一同 

ジ、 鈍漢ノ 條ヲモ 見ョ〕 氣カ 一一、 シ マリ 

ナキ狀 、心 一一 -決斷 ナキ狀 11 云フ 語。 「ぐ 

づ ぐづノ 男」 何ヲ愚 ESSE シテ 居ル」 

グ ズグズ 

ぐ づ.. ぐづ § ,呶 一 〔くだく だし ノ語 

原ヲ 見ョ〕 獨言 二 、繰 リカ へ シ, ロ說ク 

二 云フ 語。 ブッ ブッ。 「何 力、 愚 a^E 言ッテ 

居ル」 

くつくつ, ぼうし (名) 園 I 〔聲ヲ 、名ト 

ス、 今ハ、 倒サ 二 、 つくつ くぼ、 つし ト云 

キキ トリ 

AJ 、 ほ、 つし いっくつ くト云 フ、 聞 取 一一 因 

リテ、 天地 スル ナジ、 うつくし ト 聞取ル 

モ、 同ジ〕 今た つくつ くぼ、 つし ト云 フ, 



1 くつけ 

蟬ノ 一 ffl、 形-小 サク、 色、 黑シ、 秋ノ半 

ョ リ末 二 ヮ タリ テ、 午後 一一 鳴 ク- 其 整、 

おうしい つくつ く ト聞ュ -古ク ハ 、うつ 

X し トモ 聞 取 ラレ タリ。 ,注 《s§ 、八 £ 

「S5WS 、久 IS 久 K 保 宇 之 ハ、 みんみんぜみ ナリ) 

« 岭 OS 、下、 中 4 八 HMl ナりヌ 、云云、 時雨 レ立チ 

タ,^ニ、* の時パ カリ- U 午後 二 時: -rtF レテ、 くつく 

つ ほうし、 イト カシ カマシ キマデ «ク J K 木 «、 二、 

1 な 3 花、 ナマ. --キ 立 テル、 姿ヲ ャ、、 ゥ つくしよ し 

ト、 IW ノ « クラム」 夫 木抄、 九 is ガ 活ノ、 «K ねよ 

くャ、 1S7 ラ ム、 うつくし ト 云フ、 0- ノ ク rfu ク J 

くプ- けい § 〔脇 肋ノ形 一一 

隨ヒ、 圆 ク屈ミ テ、 腹!^ -ー 述ル 意力 ト云 

フ、 一名、 傾 胴 トモ 云フ、 是 レナ リ〕 ^ 

ノ . んー脇 / 稱。 «5く 保 元 is 『; 一 、白 Ese 攻落 

*,、 松 ほ: W 平、 e 平 次大夫 「神 平、 能引テ 射、 ia ノ 引合 

ヲ SsBS 一一お ラレ テ、? K 、云云、 タ 次 Kg ケ出デ 

タリ、 B 七 、く „ 'けい » サセテ 、港 チニケ り」 

一く つ-あ (名) 一^一 〔くち あノ 轉- くち 

わ、 くつ わ。 ロ卷、 くつ まき〕 又-くち 

のめ。 くつの あ。 牛馬/ロニ ハム ル、 小 

サ キ IS ,喷 A ヲ W グ。 今、 蕖 18 1| テ 、粗ク 

ai ミ作レ ルヲモ 用 キル C ほ 名抄、 十五 《- 農 

R*T ロ囊、 久 fi 古、 牛 口上 §】 拾 玉 壤、四「せ& 

ヨリ、 巧 員フ g ノ、 口の ヲ、 ルモ シキ、 世 ノナラ 

ヒ カナ 1 太平ぉ、六、翻33^大勢上2*兵十*»ぉ|*、 

云云、 *1 の 子ヲ打 チタ ルガ 如ク 二 、 ? 3、 五六 里 ガ程、 

支 へ タり」 (金 W 山 ノ» 手 ナリ、 《8ヲ班^ シテ、 _» 

一一 口の _«ヲ ハ メタル ガ如シ ト云フ S ナルぺ シ) 

くッ -Ml 一 屈 s^l ュビ ヲリ。 三 i5、s$、 

KAffr 毎. 4M3 一未-: S 下 bIrsKISm 心 針、 

B«- こ 「ほ 指/人,」 

*■ ズ シ 

くづし (名) |£| クゾ スコト C クヅ シ タ 

ル モノ 「紋 « ノくづ し」 く づし嘗 J 

一く ッ し-いた • し- キ. ケレ. ク-ク (形、 二 

〔いたし (is) ノ條 n-a ョ、 くしいた し、 



I くっし 

くんじい たし ト轉ズ ル n ト、 くプす (屈) 

ノ 語原ヲ 見ョ〕 心、 屈スル コ ト、 甚シ。 

くしいた し。 くんじい たし。 源、 廿 一、 少 

ち-一 ff お ナドモ 見入 レラ レズ、 くブ しいた くテ、 害乇 

as マデ、 Krf- 伏シ タマ ヘル ヲ」 US 、十二、 SBS 十 「ゥ 

シロ デモ、 ヲ n ナルぺ シ トテ、 くしいた ぅテ、 行 力 

ズ」 同、 四十 三、 竹 川 一 「皆 人、 コレ 一一 n ゾ -5Wa セ タマ 

フ ラメ、 我ガ &K 、イト ド くん いたく 思ヒ 弱 リテ、 

ァヂキ ナウ ゾ 根 ムル」 

クズ -ン. ィ • ズ 

一く づ し- 5. づ- ヅル. ヅ レ-デ 丄ァ. デョ (他動、 下 二) 

片端 ヨリ 少シ ゾッ、 話シ出 ダス。 

クヅシ タツ。 BH 、十 H 、明 石 「年頃、 ォ ホヤ ケ、 

ヮタ クシ、 »« ?ナ クテ、 サシモ M キ S キ タマ ハヌ世 

ノ S 事 ド乇、 くづ しいで テ M ュ J 

一く ッ し-い • る ん- レ •?? レ (きお、 四) 

〔くプ す (屈) ノ條ヲ la ョ〕 心 屈シテ 、考 

フ 。フサ ギ コム。 wr S 十三、 竹 川 J1 「ィ タウ 

くプ しいり テ、 ナガ メ居 タマ へ レバ」 

クズ シがキ 

くっし-かき (名) I 崩齓 文字 ヲ、 5? 

チ #ク づ ト。 

くつ- 、(名) 一 靴下 ー沓下 I シ タク ヅ。 沓 

ノ 内-一 穿ク 足袋。 タッタ ビ。 錢 

クズ シタ, ッ 

くづ し-. 5!i* つ. ヅルふ ヒーて 一て テョ S 動、 下 二) 

1^ 立 一 少シ ゾッ、 言ヒ立 ツル。 ク ゾシィ 

ヅ。 盛衰お、 四十 八、 法皇 大 原人 御お 「年頃、 日頃、 

S メシク S 召 シケル 御 » ドモヲ 、くづ したて テ申サ 

セ sa ヒケル ハ 」 

くッ も, ん (名) Hffll ノビ チヂ ミ。 莊子、 

秋水 srtas 而 38 伸」 禱記、 屈伸 « 仰、 

舒疚、 S 之 文 也」 班お、 北征 K 「行 止 S 申, 與> 時& 

兮」 一 s 伸 自在」 

クッシ !!-ゥ 

くッ -まっ う (名) 而 請!' 〔枉ゲ テ請ふ 意〕 

請 ヒテ、 招ク n ト 請 go 下 *«、 下、 SBB 

^0 S 、! 人 也、 曰 本 俗、: g 字、 作- 1 ほ、 観 s、 



I くっし 

大 誤 也」 平家物語、 六 、慈. SSI* 「平 大相國 ト申ス 人 

コゾ、 通 律 B 、和 田ノ 御崎 ヲ シテ、 四面 十 余 町 二 屋 

ヲ建テ、今曰ノ十^»«^£"ノ如ク、多ク、持8^者ヲ113講 

シテ、 坊坊 一一、 一 面-一座 一 i ケ、 念 srissr 丁寧 一一 S 

行 致サレ 候フ」 

くつ-. ケ 1- つ (名) 一^一 く ,ぶく (屈伏) 一一 

同ジ。 

くつ-、 V: ョく (名) as 屈伏 ノ 恥辱- 史 

^3、1^*チ%-ほ「滑!»多震、65使ー1諸侯ハ未ー1«1屈38こ 李 

康、 ss;lrs 一 iss 于 ess 之 域 ill ほ 于公權 之 £1」 

「屈辱 一一 甘ン ゼズ」 

く ッ暑 す. スル. スレ. セ :v セョ (自動、 面 I 

〔くす トナル 、ノ、 約 マ レ ルナ リパ鬆 金、 う 

こん。 一 向、 いか、 フ) くんす、 くんじ トナ 

ル ハ、 其 音便 ナリ (m 篛, こんに ャく。 無 

くば、 なくん ば)〕 ( 一 ) 力 ガム。 クジク 

ル。 折レ、 シタ、 ガフ C 易輕、 繁辭、 下 接 「尺 ® 之 

IS 、以 求, 信 也 J 「力、 ス」 認論 1 一 S ス」 (一一 

氣、 クジ クル。 心氣、 沈 ム 。氣ガ フサ グ。 

くす。 くんす。 浪、 廿 一 、少女 1 「イト、 ヅ レヅ 

レ 一一 思 ヒテ、 く プしハ ベレバ」 同、 三十 四、 下、 若 

下 「ィ タク 面 g セテ、 e 思ヒ くし タマ ヘル」 t;!3 

% 語、 一 r 心 go セムモ /ゾ、 カャ ウノ 者ハ、 くせ サ 

セ テオ クゾ ヨキ」 ft 衣、 二、 下 一一 曰顷、 ヨロ ヅ ニ思ヒ 

くし タリ ツル 人人 モ、 打 チヤ スミ テ、. 5 ュ ルビ シタ 

ルタ „«; ノホ ドニ」 枕 草子、 四、 四十 四 段 「力 カル 者 

〈、打 チ くんじ タルコ ゾ、 ァ ハレ ナレ、 ウタ テモ、 花 

ャ カナ ル カナ」 同、 五、 五十 SEST ムゲ 二、 S ヒ くんじ 

ニケリ、 イト ヮロシ J 

く ッ. す. スル. スレ. セ. シ. セョ 一: 他動、 左き 屬ー 

(一) 力 ガム ル。 ヲ リマ グ。 「指ヲ 屈す」 身ヲ 

® す」 (二) へ リク ダラス。 卑下 セ シ ム。 

孟子、 接 文 公、 下 SIT K 武不 P 能 *s」 史記 、築 sa 痛 rs 

i 身 下. 士」 

クズ • ス I 

く づ* す. ス .セ. サ. シ, セ 〈他動 、四) I 崩 一 壊 1 〔崩 

るノ 他動、 薛る、 くた す。 至る、 いたす〕 

(一 ){ 崩 ルル ャク- 一 ス。 掘リ -毀ッ C 碎 



くっす …: くった 



キ、 毀ス C 宇津 保 f5 語、 吹 上、 下 a 「山 ヲくづ し 、海 

ヲ埕/ テモ、 我 ガ君ノ 顕ヒ給 ハムお ヲ、 ヅ カウ マ 5- 

ラム」 「家 ヲくづ す」 (二) 破 リテ、 散 ラス。 

シム 破 遺 「® 陣 ヲくづ す」 (一二) 惡 

シク ナス。 亂シテ 、衰 ヘシ ム。 測 rs 俗 

ヲくづ す】 政事 ヲくづ す」 (四) 畫 ヲ省ク 省 

「字 ヲくづ す」 草 S 二く づ す」 

くつ, ずみ (名) fs^ 西洋式 ノ革沓 一一 

塗 ル黑キ 汁。 (赤、 白、 又、 固形物 モア リ) 

ぐク す-り § 〔くづ つ (軒睡 )- くづち (軒) 

ノ 語原 ヲ見ョ 、くづ ち、 くゥ ち、 くッ し、 く 

プ すり ト轉ジ タル 語 (ベち ャん と- まャん 

と。 M 一ざる、 すざる) 靜岡 二 テハ、 軒ヲぃ 

くち * いぐすり、 いぐす い ト云フ 、い ハ 、 

寢 十リ〕 熟睡 シ タル 狀 -1 云フ 語。 「ぐブ 

すり 5» 入ル」 

くつ-ずれ § 一 〔鞍す れナド モア 

リ〕 靴ト擦 レア ヒテ起 レル、 足ノ 傷ミ。 



一く, つ-せ (き 疆僂 I せむし ノ 古言 C くぐ 

せ ノ條ヲ 見 m 。 

くッ- せつ (名) 8_ カガ マリ、 折 ルル n 

ト-、 ヲレ、 マ ガルコ ト C 李 華、 三 KM 「若 一一 百 

錄,!鋼;不,|3&折こ 

くつ- ぞぁ (名) 一 顔 一 (一) 沓ノ 底。 n 

(二) 魚ノ 名、 次條 ノ語ノ 略、 またびら め 

くつ ぞ あ-がれ ひ (名) siil あた びら 

め (鞋 底魚) ノ 異名 C くつ ぞぁ。 

くッ- たく (名〕 〔屈 着ノ急 呼十リ 

ト 云フ〕 心、 一事 二 執着 スルコ ト。 其 

事 ヲノミ 、氣 二 カク ルコト C 甲 gsnl、 

品 第 八 fisK ハ、 在 斗 二 民 託シテ 、邪欲 有 ル故、 天 



1 

惡 ミヲ受 クル」 

くつ-たび (名) I 沓 足袋 一 (二足 袋 \ 、踝 

以下 ノ ミニ テ、 筒十キ モノ。 都風 俗 ssi 

W) 一 「足袋 ハ、 筒 力 二 、沓 たび、 セチべ ン ナリ」 (柳 

亭記、 下 J S 衣 (天 和) 一 S 永 ヨリ、?^ 柿ノ くつ 足袋 ハ 

ャル、 アル 足 g 、ハク 人、 稀 ナリ」 (二) 洋服 ノ 

ノ杳、 くつ あた。 

ぐッ た- s- §) くたくた ノ條ヲ 見ョ。 

クズチ , 

くづち (名) 一軒 一 〔次條 ノ語ノ 名詞 形、 翻 

癇ト共 二 、其 條ノ 語原 一一 記シ ォ ケリ、 靜 

岡 二 テ 、いくち ト云 フ 、寢 くづち ノ約ナ 

リ (造 IS ヲ、 ssi ト云乙 沖繩 -ー テ、 くく 

つ ト云フ 、今、 軒 ノ聲ヲ 、ぐうぐ、 つ、. ぶう 

おう ト云 フモ、 緣 アル ナリ〕 (一) 【軒ン 

古言。 字 鏡 is 、久豆 知、 父、 伊比 支」 (二) 攧 

IP ノ異 稱。 太 隆寺牛 祭 祭文 「咳 ira 多 里、 

a 心地、 敏狂、 00. ^死^i?」(s心權都作ト云フ、^^〕 

仁 元年 寂ス) 沙石 $n 二、 上、 第 一條 「® 狂、 云云、 此 

病ハ、 火ノ 、水ノ fsr 人ノ多 カル 中二 シ亍 發ル、 心 

Is キ 11? ナリ、 俗ハ、 く づち卜 云 ヘリ」 易 林 節用 实 (m 

長) 支 ©「® 狂」 

クズ • ッ 

一く, つ • つ- ヅレ- ッレ. チ. チ- チヨ (自動、 上 二) I 軒 

画 〔くづ ハ 、! I るノ 語原、 っハ、 落つ ノ 

上略 ナ ラム (枯 落德、 かれち ぼ) 頓れ落 

つる 義, 死ぬ るヲ, 落ち入る ト云 フト, 同 

意, 名詞 形 二 、く づちト 云 ヒ テ、 軒ノ事 

トモ ナリ、 癲 翻/事 トモ ナル。 (前 條ヲ 

見ョ) ぐたり と 倒る、 ぐッ たり 臥す、 ぐッす 

り 眠る- ナ ド云フ モ. 此語ノ 轉ナル ベ シ. 

正 體ナク 、ぐたり と 倒 ルル 二 因 リテ、 癲 

癇ノ 名ト十 ルナ リ〕 正體 ナク阖 レ臥シ 

テ、 軒 カク。 ilsss 、二、 上 「嬉シ キ$ラ 德- 一、 

御^ 二、 今宵 參リ タル. S ト思フ 程 ナク、 寐入 リテ、 く 

づち臥 セリ」 



くった …: く 3 



クッ ツキ-アイ 

くッ つき-あ ひ f 名) くされ あ ひ (提合 ) 一一 

同ジ。 

: 一: く ク-っ • く. ク -ケ. 力. キ-ケ (自動、 四) 〔嚙 ひつ 

くノ ftt- 力 (追 ひつく-お" つく) くッ つ: & 

る、 同ジ〕 (二着く ト云フ 一一 同ジ。 (東 

3 (二) 男女、 クサ レア フ。 

グズッ • ク 

: 一: ぐつ-つ ク- ケ. 力- キ-ケ (自動、 四) グゾ グ 

ヅスル 。ハ キハ キト セズ or 天氣 ガぐづ つく」 

クッ ク = -' 

くつ- づ くり (名) I 沓造 I 水 日 ヲ造ル 工人。 

靴ェ 七十 I 恭^ 入 砍合 (文 安) 廿九番 r 杳造」 

くつ-つけ-の.. あしだ (名) ー杳附 足駄 一 展 * 

一一 、革 蛮 ヲ附ゃ タル、 後ノ、 爪が けノ如 

キ モ ノカ、 展 子畓、 是レ十 ルべ シ。 asa 

名抄、 四 ^rli? 魏、 久都都 計 乃 阿 之 太」 枕 草子、 一、 第 

三 段 「けい * 一ぐ っナ ドノ、 緒スゲ サセ」 同、 九、 百 t 

三 段 riiss 子ノ ヅャャ カナ^ガ、 革 二、 土 多クヅ イタル 

ヲハ キテ」 一 

: 一: く ッ-っ •: &る. ケル, ケレ *ケ.ケ. ケョ (泡 動、 下 一) 

〔くッ つく ノ 語原 ヲ 見ョ〕 着ける ト云フ 

一一 同ジ。 

くッ- て-かか • る-や レ.? リレ (a 動、 四) 函 

掛ー 〔喷 ひて かかる ノ急 呼、.^ みつく ノ 

0^ ハム カフ。 敵 對ス。 抗敞 

くつ-て-どり i Iffisi 一 〔時 鳥 ノ雛ノ 

曙 聲ヲ、 くって ト聞做 シテ名 トセ シナ 

ルべ シ、 えで た を さ ノ條ヲ 見ョ、 附會シ 

. テ沓直 トス ル ハ、 沓 ノ意 ナリ、 X 

(直) ノ條! r 見 ョ〕 時 鳥ノ 異名。 物類稱 

呼、 二、 ほど ど-ぎす 「^豫 、松 山 §1 テ、 ぶって 鳥ト稱 

ス、 くって 鳥、 くって、 V. つて、 轉ジ タル 詞ナル ぺシ」 

新撰 ieswssr 上、 laif 時 or 鳴キ タヅ 褢ノ、 山?^ 二 ハ、 一 

沓直不,*-^、人ャ住ムラム」(くってト云フ鳴^£|1ヲ、沓ー 

直ト寄 セテ詠 メル ナリ) 附 $E ノ傳說 一一、 M 



くって 



帝、 零落 シ テ、 沓ヲ 造リテ 賣ル、 鹽賣ル 

i5 初、 コ レ ヲ g 貝ヒ、 價ヲ濟 マ セズ シテ、 4^ハ 

- 一死 ス、 蜀帝ハ 時鳥 トナリ 、翁ハ 饞トナ 

ル、 饞の速 贄ハ、 時鳥 一一 償 フナリ 、因リ 

テ、 時鳥 ヲ、 水 曰 直 鳥 ト云フ トゾ。 〔蜀 魂 

ノ條 ヲ併セ 見ョ) 比 古 婆 衣、 五 「奥 骸抄 二、 ほ 

ど どぎ すノ 一 名ヲ、 くって 鳥 ト云フ 由 ヲ載セ テ、^ 

ト云フ 鳥ノ、 ほど どぎ すノ沓 ノ料ヲ 取り テ、 カク レ 

ニケ レバ、 ソレ 尋 スト テ、 呼 ビア リク ヨリ、 此名ァ 

リ、 ト見 H、g3s 抄ニ モ、 同 ヲ舉 ゲテ、 くって、 たぱ 

らん ト暖 クト、 見 H タリ」 

く ッ-ぁ (副) 一 HI 〔くと ノ急 呼、 其條ノ 

語原 ヲ a ョ、 濁音-一 、ぐ.' とト ナル〕 ス 

グト。 ヒ トイ キー 一。 ぐッ と。 沙石 m 、五、 上、 

第 八條、 蛇、 蛙 二 見41^ セム ト云フ 「Hil^ ラ ジトゾ 返^ 

シ ケル、 ゲニモ 、アブ ナキ見 也、 く ッと吞 マレ ナパ、 

云云、 蘇生 ル道ァ ラジ」 

ぐ ッ-と (B 〔前 條ノ 語ノ、 潟レル モノ〕 

(一) タダチ 一一。 ヒ トイ キー 一。 ヅ イト。 

用 明 天皇 職人 ¥ts-、 近 松 作) 二 「長刀 取リ 

ノぺ、 障子 越、 ぐッ と通シ テ、 一 M グリ」 「ぐ ッと 飲ム」 

ぐッと 詰ル」 (二) ヅ イト、 優 シテ。 3g 然 

「此方 ガ、 ぐゾ と、 好ク 出來テ 居.^」 

くつ-ぬぎ i ー觀ー 〔沓 ヲ脫ぐ 所〕 (二 

寢 殿/都 ノ 邊ナド 二、 昇降 スべ キ所。 厚 

キ板ヲ 、束柱 二 テ支 へテ 作ル。 胡月記、|^- 

綠ー 一年 四月 十六 曰 「立 一 j 中 外 ハ頭辨 出逢 來、 召 次 二 

外 沓脫; 入 1 一 妻 戶こ禁 腋秘抄 (享 ifl ー沓脫 「爱ニ 、沓ヲ 

脫ギ テア ガル、 小 板 敷、 沓脱ノ ヲォ、 神仙 門 卜 云フ」 

(二) 綠側 ヨリ、 庭ナド 二 下 ルル 所 ニス 

ェ タルぶ €キ 石 C 其 次 一一、 稍 低 キヲス ェ 

タル ヲ、 二番 石 ト云ヒ 、飛石 ニク ツル。 

一く つ-ね (名) 画一 きつね 一一 同ジ、 其條ヲ 

a ョ。 ク 

く 0- の-あ (名) I ま 一 〔沓 子つ 當字、 口 

—の 籠. ノ轉〕 口籠 一一 同ジ、 其 P ョ見 ョ。 



くつの 



一く つ-の き (名) S 〔あき (敕) ノ條 

ヲ 見ョ〕 履/底 一一 敷ク 物。. クッ ワラ。 

本草和名、上p.故麻鞋底、布留岐乎^s都乃^^岐」 倭 

名抄、 十二? j 暖 ls-!©T 履^、 履中薦 也、 久都^ 良、 一 云、 

久都乃 之 政」 

一く つ-ばみ (名) Is 〔口 食ノ轉 (くちわ、 

くつ わ)〕 左右 ノ ic ノ廳ヲ 聯絡 スル鐵 

條ノ、 馬 ノロ 中二 含 マ シムル トコ 口。 

くくみ トモ 云ヒ、 今、 ふくみ、 又、 はみ ト 

云フ isa 名抄、 十五-一 鞍馬 nrsnrs^f 、馬 口中^ 

也、 久都 波卖、 俗 云、 久久 美」 oau 、馬 銜ト、 g のか 

がみ トノ 總稱 ナリ) 

一く つ-びき (名) ml 〔沓引 ノ義ナ ラム 

ト云フ 、足 二 カケテ 引く 意力〕 機ノ 具、 

麻繩 一一 テ 作リ、 織 ル者ノ 足-一 縛 リ着ケ 

テ、 足ノ 屈伸 一一 隨ヒテ 、機 攝ヲ 俯仰 セ シ 

メ、 綜ヲ 上下 セシ ム ル機。 今、 ス ソヲ。 

接 名抄、 十四 i 翻!^ 具 「臥暖 、久豆 比岐」 

く ッ-ぷ く (名) ID^I&nl 勢-一 挫 ケテ、 從 

フコト C 屈從。 五代 史、 翰 1^ 「見者 雜 "不一 1 

屈服 こ 太 記、 二、 宣房卿 歴-ー 仕 兩 朝 一 f 資明卿 (日 

野中 納書) 理ヲ恭 シテ贵 ラレ ケ レバ、 宣房 卿、 顏色誠 

二 症 伏 シテ」 

クズ, ォ. ^ 

一く, つ-ほ • るん. レ. ラ. リ. レ (自動、 四) I 衰鎮ー 

〔くづ ハ 、額る ノ 語根、 ほる , 、作用 ヲ云 

フ (よえ ほる、 yj\j あほる)〕 衰フ。 ョ 

ヌ ^0 ia! 菜 ffir 五? 亡 兒ヲま フル 長砍 (拾德 本) 「ャ 

ゥャゥ 二、 ag 貌久都 保 里、^ 、言 フコト 止ミ、 タマ 

キ ハ ル、. K 絕 H ヌレ」 (普: 迎本ニ 、都久 保里ト アル ハ 、 

活字本 ノ誤 極ヲ 接刻セ ルナ =.) 源、 一、 桐壺 If 我レ 

ナク ナリヌ トテ、 口 惜シク 思 ヒくづ iSK? (ほる ノ誤 

寫) ナト、 力へ スガへ ス、 ィサ. *- ォ カレ」 (コレ ハ、 四 

段 活用 ナ ルカ、 下 ニ段ナ ルカ) 

ク ズ-ォ - S 

一く づ ほ。 るん ル • ルレ-ヒレ- レョ (自動、 下 一 ご 

81 〔前條 / 語 ュ 同ジ、 假名 遣 , 、前 



くつ ほ 



條ヲ a ョ. 四 段 活用. 下 二 段-一 JR ジテ 乇. 

シク 十リ、 ^ろ、 かくる る "8™ る、 

ふるる ト :! ジ〕 前條ノ J^i 二 II ジ。 オト 

ロフ o、 じ, 屈ス »、廿 : 、少女g^fまィくづを 

れタ ラム 人 ノヤ ウー ーモ な フカ ナト ia へバ、 老 イネ 

ドモ、 くづ をれ タル 心地 ゾ ス.^ ャト、 KiK チテ J 同、 

十三、 S 石?! 「心乇 》r く づゃれ ニケリ」 堪川百 首、 不 

a«ra ム ナョ、 »- へヌ H5 ヒ- 一、 くづ をれ テ、 影ノ如 

ク 二 、ナレル W ヲ. K 以ト- 共 一一 、をる ハ 、ほる ノ 

, ズ -I- 

;くづ ま m Iss 一 せむし ノ 古名。 くぐ 

せ ノ條ヲ a ョ。 

くつ-まき i 一 淵 一 口お ノ條ヲ 0^3。 

クズ • ム 

く づ* む. ム * チ 了ミ. メ 5S 、四) 〔くづ ほる 

ノく づカト 云フ〕 くづ ほろ ト! n: 意ナル 

べシ ョ ヌル えの びね ftir 上 「もろす ひナ 

ラマ シ カバ、 カバ カリく づみ タマ ハジ」 語 林 tsaf 

; 清水 濱臣) ACT くす む ト云フ K メ B 力、 又、 くづ ほる 

る S 力」 

くつめ さ i F 咳 一 〔くつめ くノ名 

^形-. Jtc^Tra ョ〕 ひャ くにち ぜ き-一同 

ジ。 rtl;:l5r くつめ, 小 兒ノ百 H«E ヲ云 フ」 松 

s»r し"、 六十 五、 m 三 ter 小兒 、くつめ き 卜 云フ 11 

ァ へバ、 必ズ、 Knn: 許、 ess 二" シム」 

くつ-め • く- ク .ケ. 力. キ. ケ (S 動、 5 〔}cn 该 

ヲ、 くつめ き ト! H フ 、前 條ヲ 見ョ〕 痰 咳 

シテ、 喉、 くつくつ トせ ロス。 字 治 ss»r 十、 

<©. 矗 a" 一一 s ヲァ テテ、 喉ヲ、 ク 1- クヅト 、くつめ 

く ャゥニ *| ラセ パ」 

く ち i S 效ヲ 待 チテ、 i< 

ノ 供スル お" ザゥリ トリ。 合 e (正 

te、 -け」 お 作) 一: モ モ 1 クル/、 a 大王 ノ B 持 二 

ス, iiilrzrT'B へ テ待ヅ ぺシ」 

くつ-や I 效ョ 造リ、 乂へ 資ル { 水。 

クズャ 

く づ-ゃ § ff かみく づ かひ-一 E ジ。 



— ぐつ る 1 

t- ズ. S — 

く づ* る-ルル-ルレ- レ-レ -レョ (自 S 、下 二) 一 測 一 

ぼ SI 〔崩 ゆ. 朽っ, 二通 ズ、 屑ノ 活用 ト 

「 ゥ *■ 

モ思 ハル、 粉る ノ ぬろ〕 (一) f 缺ケテ 、落 

ッ 。崩 ュ。 コ* ポル。 碎ケ、 毀ル C 天 治 字 

a 、六 B 「お、 IS 也、 毀 也、 久; 13 J 字 類抄 「5SIla 、クヅ 

^、ク ュ J 宇 雄 保 物語、 お isst 「山、 サ カサマ 二く づ 

る、 立チ ffl メりシ 武士、 くづ るる 山 一一 埋レテ 、多 クノ 

人死ヌ レバ」 (二. H 粲 マレル 人人、 散リュ 

ク。 離ル。 0^ 枕 iaH- 、三、 廿八段 「敏 上/名 

面、云云、足音ドモシテ、くづれ出ザ」 (三) 敗 

レ*散ル0浪ュ0^^散 "敵陣 ノ 備くづ れテ」 

(四) 惡シク ナル。 ai ル。 弊 「政 ** くづ る」 

Ess くづる 一 

グズ • ル 

一: ぐ づ* るん. レ. ラ-? レ (自動、 S ー呶^ 一 〔ぐ 

づぐづ (呶^ ) ヲ略シ テ 活用 セ シム 、愚 

痴る、 義太夫節 ヲぎ V る, 都 都 逸ヲど ど 

るナ ドノ 例〕 (一) 口 說くノ 卑語。 グヅ 

3 マ ヒゴ. r 

グ ヅ云フ 。「世! 2¥s 園る」 (二) ィヒ * 力 

カリ ヲッ ケル。 (一一 一) ヤン チヤ ヲ云フ 。ダ 

ダヲコ ネル。 Goi 都) 「小! K- ぐづ る」 

クズレ 

くづれ (名) 一 崩 一 (一) { クゾ ルル n ト. - ク 

ヅレ タル 所。 字 agr「3w3t 、久ー It-M 1 狭 衣、 El、 

tif St 地、 fsa^> レテ、 云云、 く づれョ o、 ャ ホラ 

A リテ」 (二) 人人 ノ、 散リュ クコト 。暇 

g 「壤 *1 ノく づれ」 (三) 敗レ -散ル コト。 

「e$«; ノ纖 くづれ J 

ク ズ • レ i I ,, 

く づ-れ る (動) 画 崩る ノロ 語。 

; くつろ-か- § _s 〔くつろつ くつろ 

ぐノ 根、 さやぐ、 さやか r^-o はるく 、は 

るか H0 宽ギ タル 狀 -1 云フ語 。 ュル ャ 

力 -1 。 枕 革 子、 I 、十 lli「js7 内 一二 S 、ほ/ 

ド乇、 くつろ か r+K ギ垂 レツ 

くつろぎ S W クッ! 1 グコト 。ュル 



くつろ _ 

ミ。 餘裕" 「くつろぎ ガぉ; ィ」 

くつろぎ-の-おん ぞ § sa 〔正装 

ヨリ 、略装 二 くつろぎ タ マ フ意、 次 條- 

幷- 一-おん ぞノ 條ヲ見 ョ〕 上皇、 又、 親 

王 ノ召シ タマ フ小直 衣 ノ稱。 かんのお 

ん ぞ," ^^庭,敏抄、装束の*^,院、親王、云云、烏1£子、 

直 衣、 かんの 御衣 ナド ヲ 召サ. r ヘシ」 後 松 曰 ST 十 

八 「かんの 御衣 〈、甘の 御衣 トシ タタ メ、 小 直 衣、, SS 

^ノコトヲ敏へ申シ候、くっろぎの御ぉト乇5^ミ申 

シ候、祭中!^s^^^度ニ モ出 デ申シ 候」 

一く つ-ろ • ぐ .グ. ゲ. ガ .ギ, ゲ is 、四) ー寬 一せ ー寇ー 

〔くつ ハ 、類る (朽 る) ノ 語根 力, ろぐ ハ , 

動搖ス ル意 (すすろ ぐ、 かびろ ぐ) 釘ノ ュ 

ル ム ヲ、 ぐ づぐづ 一一 十 ルナ ド云フ モ、 コ 

レナ ルべ シ〕 (1 ) ュ ルク ナル。 ュ ルム。 

汲、 一!! 十四、 上、 若 IT 上 sr 上碟モ ai レテ、 3 ノ极、 

スコシ くつろぎ タ.^ 」( 久シ ク魏ヲ タ ルナり) 新 

六 粘、 三 「大 井川 、波打 ヅ堪ノ 、古 杭ハ、 くつろぎ ナ 

ガラ、 拔 クル ョ モナ シ」 左碟、 S? 公廿 一年 「小者 不 

,e?j 淮 iai- 、追 應訓 「大徐 則 甘 而不, 固」 (一一) ュ 

ルャカ ニナ ル ^ァリ C 源、 十四、 ssiK な 

「 扱 氏ノ 大納 _s 、内大 臣 ニナり タマ ヒヌ、 K 定 マリ テ、 

くつろぐ 所 ナカ リケ レバ、 加ハ リタ マフ ナ =-ケ リー 

(三).:^^ノ、ォゴ ソ カナん ョ《\ 、ュ ルャカ 

ナルニ 移 リテ、 起居 ス C 安 © 枕草 子 、一一、 

廿 a 、法 華 八!? I ノ座 「モト 居 タリ? ル人モ 、少 シ打チ 

ミジ ロギ、 くつろぎ テ、 高座 ノぉ 近キ柱 ノ下ナ ドニ 

ス H タレ バー g 門 木、 平家 語、 九、 3 都^ 「法皇、 

云云、 羽 殿ヲ出 デサセ タマ ヒシ カバ、 くつろぐ ャ 

ラム.; -、 オボ シス シケ^ 二」 くつろぎの 御衣 

ヲ. 廿の 御衣 ト喾ク 、正装 ヲ 解キテ 、略装 

ュナ リタ マ フナ リズ 前條ヲ 見ョ) 名 f« 

抄 rgS 、クづ ログ, 3rtn 、樂 也」 淮 ig ?、 Ess 訓、 註 

r 人 之 甘 甘、 ®i; 楚樂而 之」 爾雅、 「究、 閒也 J 

くつ-ろ •</• ダル-ダレ. ゲ -ゲ. ゲョ (他動、 下 二) 

クッ ログ ャク 一一 ナス。 ュルャ 力-一 

ナス。 ュル ムル。 iBS 、六、 丹 K 少将 被 Is 



くつろ …: くつ わ 



I 



捕 一 *T カバ カリ ま キ折 ES 二、 装束 モ くつろげ タマ ハ 

ズ」 「刀 ノ暨ロ くつろげ テ」 

、つろ *げ る § 前 條ノ語 ノロ 語。 

、つ-わ (き 〔口輪 ノ轉 (チ、 治 字镜、 

十二 J 「勒、 口和」 沖繩 二 テ、 くちば) 馬 f が 

の 輪ノ意 -ー テ、 かがみ ガ, 元ナル 名ノ、 か 

がみ、 くくみ ノ總 稱トナ レ ルナ ルべ シ、 

iC ノ字ハ 、手綱 ナルヲ 、くつ わ 二 惯用ス 

ル ナリ、 禮記、 曲蟠 正義 一一 つ ic 、御 k 索 

也」 トァ リ-倭 名抄、 十五-一 鞍馬 具 「ir 久 

豆 和 豆 良」 ト 見ュ〕 二) 【馬 ノロ-一 附ク 

ル具。 手綱 ヲッ ケテ、 人、 馬上-一 テ執リ 

テ、 馬 ョ 操縦 ス ル用ノ モノ、 二 圔ノ鐵 輪 

ヲ, 敏條 二 テ 聯絡 セシ メ, 錢 條ヲ, 馬 ノロ 

中-一 含 マシム 、コレ ヲ、 くつば み 、夂、 く 

くみ. はみ ト云 ヒ. (銜) 左右 ノ輪ヲ ,くつ 

わの かがみ ト云フ 、(網) かがみ ノ製、 古 

今、 種種 ァ レ ド * 輪 中 二 十字形 ヲ作ル ヲ , 

常ノ モノ トス C 勒 字 接;; i+r 勒、 久豆 和」 同 

_f+nr 久 12 和」 天^9字58!、九^;「銜、宇!1^乃ロ和」 玄 

港 音お 「©、 馬 銜也 j (一二 紋所 ノ名 。輪ノ 

中二、 十字形 ヲ園 スルモ ノ。 . 

、つ-わ § 一 icBI 〔異本 洞 房 語 園 (享 

保、 溫知 叢書、 一 ) 上 一一 、豐臣 太閤 ノ馬ノ 

口 取, 原 三 郎左銜 門 ト云フ 者, 浪人 シ テ , 

京都 一一 遊女 町 ヲ開ク 、人人、 原ヲ- 異名 

一一 、! G ト云 ヒ シ カバ 、若キ 侍 衆、 隨語 二 、 

ST 力 許 一一 行 カク ト、 言 馴 レテ、 終 一一、 遊 

女町ノ 稱トナ レリ. トァリ .is 說ァ レド、 

此說, 然もべ シ、 又, 八、 父、 亡 八ナド 

書 ク亊ハ 、わんば ノ條ヲ a ョ〕 遊女 町、 

遊女 屋ノ異 .§。 ^家 横 城酒吞 § ナ (享 保、 IS 

松 作) 三 r ひらぎ a- ノ 長 トテ、 接 レモ ナイ 大 くつ わ、 

太夫 バカ リガ 五十人」 我 衣 (天 和、 ffl 知 ws 、十 ヒ资 



女ハ、 云云、 諸人 ヲ落 穴へ 人レ、 一 生ヲ アヤ マ ラセ、 

云云、 S ヲ亡八 卜 云フ、 云云, 1 

一く つ わ- づら (名) s_ 〔轡綱 ノ轉、 おも 

づらモ * おも づな ナリ (せ せらぎ, せせ な 

ぎ。 つらぬき、 つなぬ き)〕 馬ノ 手綱 ノ 

古名。 天 冶 字 SS 、五^ 鞋、 久ー S 和 豆 良」 ® 名抄、 

十五- 1© 禺 Br 權錢、 馬 88!、 タ豆和 都 良」 左 馬 es 式 「理 

^、鉗^ 布以 一一 一端; 充 111 一疋 こ 

くつ わ-の-かがみ (名) 〔古 製ナル 

、ノ 、圆形 一一 シ テ、 小鏡ノ 如クナ リシナ ル 

ベ シ〕 轡ノ 兩旁ノ 輪。 くつ わ ノ條ノ 

(一) ヲ見 ョ。 

一く つ わ-むし (名) B 〔嗚 ク聲、 轡ノ嗚 

ル ガ 如シ〕 きりぎ りす ノ愿、 翅、 靑ク、 

腹、 贺 一一 シテ、 前脚、 長ク、 疾ク走 リ跳ネ 

ル、 秋、 嗚ク、 がち ャ がち ャト 聞ュ、 堅キ翅 

ヲ烈シ ク振ヒ 、擦レ 合 フ聲ナ 《Nh 云フ、 

人 、龍-一 畜ヒテ 、聲ヲ 聞ク。 瑕聒兒 2: 

ST くつ わむ し、 ユラ ュ ラ 31 へ、 秋ノ 野ノ、 蔽 ノス ミ 

力 ハ 、£キ 宿 力 ハ 」 枕 草子、 九、 百 九 段 「^s- ハ 、イト 

ほ マ シゥ、 秋ノ s ヲ iUx 、くつ はむし ナ ドノ 心地 

シテ、 ウタ テ. ケヂ カク M 力 マホシ カラ ズ」 

j くつ-わら (名) B 履ノ底 一一 救ク 物。 

タツノ シキ。 字 鏡^ 展、 履內 也、 久豆和 良」 



く-て (名) 國 S 處ノ 蚺轉カ (顏映 ゆし. 

かば ゆし) 井 モ、 堰處 ナリ〕 低 キ濕地 

ノ稱ト 云フ。 ほ訓 ST くて 「欲 ノ字ヲ ^メリ、 尾 

IS / 地名 二 、長 欲 ァリ、 美港 二 、大久 細久 ntl ァリ、 

韻 二 、北 人 呼 = 水 池 1 爲 i 欲ト見 ェ タリ、 或ハ、 ぬま 

ト^メ. y、as 手ノ ナル ぺシ」 

ぐ-てい (名) s_ 他ュ 對シ. 、己ガ 弟 

ヲ云フ 謙稱。 

クチ ヨウ 

<- てう (名) 一. E 調 一 クチ プリ。 言葉 一一 言 

くり わ …: <VJ う 



ヒ マ ハ ス 調子。 語路。 ST 歌-文章、 講 

物、 ナド 二) 

く-, てう-の- ケサ (名) SS 袈裘 

ノ條ノ (一) ヲ la ョ。 

ク -ジ 3 ウ 

く, V ふ (名) k ム^ー 禪宗ノ 五山 等 ノ大寺 

ノ 住職 ナ ド 、其 位 一一 任ゼ ラ ル ル時、 八ム方 

家 ヨリ 下サ ルル 許狀。 艾ズム も。 貞丈雜 

11^/ 九、 eai 札 「公 帖 ト云フ ハ 、 五山^、 臨濟^ ノ潜、 官 

位 ニ昇ル 時、 公方 家 ノ許狀 也、 首 瘗 以上 ニ授ケ ラル、 

. 是又、 室町 家 ョり始 マル 例ナ り」 

く, で ま (名) 一 工手 間 一 ェ 1^ ノ、 物 ヲ作ル 

手閒。 叉、 其賃。 テマ チン。 浮世 宋 S 化、 

三 馬) 二 編、 上 「工手 ガカ カツ チヤ ァ、 «^t«K ダト、 楝 

力 ケす チ 

^、出 奔ダ」 

く.. てん (名) 文章 ノ中 一一 テ、 句ノ 

切目 二 シ ルス 點 。句 ノ條ノ ( 一 ) ヲ 見ョ。 

く-, てん (名) ml (一) クチ クッシ。 ク 

チヅ タ へ 。言葉-一 テ 、傅 フル コ ト。 口授。 

(文字 一一 記ス 一一 對ス) 孔安國 、害經 序 「濟 南 伏 

生、 年 過-一九 十ハ失 一一 其 本^ ハロ 以^ 授」 皇侃、 論 語義 

疏、 敍 「口 傳不 耳」 (二) 1^ ノ奧 義ナド 、腿 

シテ、 唯、 言葉 ニテ敎 フル コト C 著 g 集、 

十五、 宿 執 「白 河院/ 街 時、 云云、 納蘇利 ヲ^ へ ケリ、 

手 二 ォキテ " 、 是 ョ 殘 サズ、 口 it ハヒ 力へ タル 由 申 

テ、 起請文 二 及ズ」 

:i: ぐ でん-ぐ でん (副) 〔くたくた ノ條ヲ 見 

ョ〕 ,醉 ヒップ レテ、 萎ェ伏 スャゥ ニナ 

レ ル狀 ニ云フ 語。 「ぐ でんぐ でん-一 醉フ」 

ゝ-ぁ S) _!< 如 I 〔すくす くと、 すくと 

(すッ くと、, すぐと) ノ 上略 (湯 坐、 ゆ ゑ。 

眞沙 子、 まな. ケじ急 呼 シテ、 くッ と、 又、 獨 

音 一一 、ぐプ と トモ 云フ、 音 ヲ轉 ジテ、 ぐい 

と、 ぐいぐい、 ぐんぐん〕 タダチ 一一。 ス 

グト。 ッ イト。 盛賽 記、 三十 五、 粟 律 合 

く S 



ケ破 リテハ 出デ、 喚 キテハ 入リ、 五六 度 マデ戰 ヒテ、 

くと 拔ケテ 出デタ レバ、 二 百餘騎 ハ討 タレ ニケリ」 

ケ破 ッテ、 くと 拔ケテ 見 レバ」 

く-ど (名) IB 〔漏 處ノ意 (漏く ノ條ヲ 

見ョ、 構隔 ,壁。 舁節、 駕籠) 煙 ノ漏レ 出; 

ヅ ル處ノ 意ナル べシ〕 (一: KS ノ後ノ 二 

ケム リダ シ。 ノ 煙突。 天 冶 字 JT 十二 一 

Jlrsss 、翻 尾祖、 久止」 镇 2@Ti 、靜 1之|«1」 箋注 SB j 

名抄、 四 ほ 「sr 通 後草 也、 久度」 竹 取 物!! isn® ヲ三宽 

一一 シ n メテ、 云云 、くど ヲァ ケテ」 (一 一) 今轉ジ 

テ、 直チ- 一、 籠 ノ稱。 へ乡 AJ 。(京都、 仙 

臺) 

く-ど (名) lil 土, 一 白色 ノ 粉末、 まぐ ね あ 

、つむ ノ、 酸化 シ タル モノ、 醫藥- 一 用 ヰ 

ル。 酸化 マグネ シ クム。 

一: くど *ぃ (形) 「くピ しト云 フべキ 

語 ノロ 語〕 くどく ビし、 くだく だし-一 

同ジ。 松 mtsT 百 六、 廿八举 俗 一一、 餘 リニ、 物ノ 

根底 ヲ問 フヲ、 くど ひト 云フ、 捲 川 親元 ノ東明 寺 百 

首 二 「ムヅ 力 シク、 根問ヒ くど ひャ、 無用 ナル、 ヲバ 

一 ほネ、 聞カデ アルべ シ」 (どい ヲ、 問 ひ 一一 カケタ リ、 親 

元 ハ永享 lis ノ人 ナリ、 此ロ 12 一 古シ) 狂 lllli 、法 

師物狂 「く ビぃ IB^ ヲ云 フテ、 行カヌ 力、 出テ失 セィ」 

<- ヒーつ (名) S 句ト、 讀ト C 句 ノ條ノ 

(一) ヲ 見ョ。 童子 一一、 書物 ノ讀 方ヲ敎 

フル 人ヲ、 句 讀師ト 云フ。 韓^^師5!^彼重 

子 之師、 授ーー 之? 而 f. 一 其 句 一 者」 

くさつ- タ? (名) ifn 一 前條ヲ 毘ョ。 

くさつ-てん (名) 一句 證點ー 句 點ト、 讀點 

ト。 (句 ノ條ノ (一 ) ヲ 見ョ) 

<0 (名) 一, 一 (一) ク ドク n ト。 (一 一) 

琵琶^ 師ノ、 平家 ヲ語ル 曲節 ノ 名。 語 

ル半 一一、 特 一一 、調子 ヲ變 へ テ . 所 感ナド ヲ 

語ルト n ロノ 幸 若、 謠曲、 等 二 モ 移リテ 

云フ。 (三) 1 種ノ 小胆 ノ名。 松の 葉 (元 



錄) 三、 端欧、 くどき 「^ノ 初 風、 身 ニシム ホド. ゾ、 ナ 

ヅカシ 、月 〈文 nr. 誰 ザ. 通" シノ 文月、 七ノ 1?- ヲ、 星 

モ 幾顔ノ a 川、 as 想 ヲカケ ゥョ」 

一く-どく (名) 3_ 〔天 台 仁王 經疏 「施, 物 

名レ 功、 歸レ己 曰 レ德」 〕 佛敎ノ 語、 善キ作 

業。 善根。 史記、 薬始 皇紀 「隨 P 功德こ 宇津 保 

物語、 藤 原 君 * 「佛ニ 泰ル 物ハ、 イタ ヅラ 一一 ナラズ 、來 

_ 世、 未來ノ くどく ナリ」 推 古 《in 一一 十二 年 四月 「諸 股 

尼、 云云、 悉赦而 勿, 罪、 是 大功 德」 天 武紀、 上 

-r 臣、 今日 出家、 爲 一一 陛下 ハ欲. き 功 德こ 

くど ク .ケ. 力 .キ. ケ (他動、 四) 一口 說ー 〔く 

だく だ-く Vj くビノ 語根 ヲ 活用 セ シ ム 、 

苛苛、 いらら ぐ。 連 連-つららぐ〕 (一) 

ク ドク ドシク 言フ。 繰 返 シテ、 說ク。 

複說 永久 四 sa 首、 初 メナ キ、 (無始 ノ條ヲ 見 

ョ) 罪ノ ツモ リノ、 悲シ サヲ、 叩頭 ノ 、くどき ヅ 

ル カナ」 説岐 典侍 曰 51P 。(堀 河院 女房) 「念ジ 入 リテ、 

佛 ヲ恨ミ くどき 申サ ルル サマ、 イト タノ モシ」 平 治 

00. 一 、光 頸 卿な W 內 IT ノロ ノロ シゲ 一一、 IS ル トコ 

ロナ ク、 ロ說き タマ へ パ」 (1 1) 迫 リテ、 切 一一 

說 キック ル。 又、 女ヲ 挑ム。 吉野都 女 摘 (正 

德、 近 松 作) 一 「色 力へ、 品 力へ、 くどき シヲ、 ヅ レナ 

ク、 返 モ致 サヌ閒 一一」 

く、 やえ § 一 is 〔五 事ノ功 德ァレ 

パ、 名 トス ト云フ 〕 袈装ノ (一) ノ 異名。 

くどく-ち (名) Is 〔淸 冷-甘味、 等、 

八 功德ァ レバ、 名ト スト 云フ〕 極樂淨 

土 ユア リ ト云 フ池ノ 名。 5g 門 藜 tJ5g5 

十、 驾 露/身 ノ、 消ェ ナム 後ハ、 功 德池ノ 、莲ノ 内 

^、家卜コ^-セメ」 

くどく-てん (名) lila 次條ノ 語, 略。 

石 集、 八、 下、 十六 條 「容貌 美 通ナル 女人、 云云、 

云、 我 ヲバ、 功 德天ト 云、 ソノ 故ハ、 至 ル所二 、吉祥、 

覊 德ァリ トイ フ」 



く? t| く-てんに ョ (名) 一 WIS 一 

女ノ 異名。 シテ、 坊德 天。 



くヒ く 



QI 



—I <? — 

く }c. くど s) 一 呶ー ぐ ぢぐぢ 一一 同ジ。 

Bfs お, «<R 山 S 一 何フ くどく ビ トシ テヰ ル、 ゥ SK 

タセ H」 

くど-くど, し- シキ- シケレ -シク • シク (形、 二 > 

Is 餘ー く.;, I く. たし 一一 M ジ。 

ふう (名) 一^ 江戶浮 禱 師- 

ほ 川九德 ノ费キ 出 シシ, 一流 ノ 

狂 S ノ名 .ぶ 宽政. タ和ノ so 

くどく-ぶろ < き _.^su^_ SI 錢 ヲ取ラ 

ズ シテ, 人 ヲ人ル 々風 13.::。 接待 風 3C。 S 

I 千 ssg. 元 和 一 rSS ノ、 くビく BW ヨリ- ァガ 

=-* テ -KE 衣/袖 乇、 匂フ カヨ ヒ路」 gms- 人 SSS 

一 si a 、! aM2r 云 s, お -ー往* スル ffl 人、 s 外 

モ 、入 U 力 た リ-入 リカ ハ り-お 曰 - 一 -Is! ヲ 焚ク」 

ク ドン (名) 一 ill 〔梵 si-sss? ぎ- 

ta ョ :0-2: 迦械 ノ刖姓 ナリト 云フ〕 釋迹 

如來 ヲ指シ チ- ぶフ稱 .ItE: 初心 ノ^ ヲ、 

m*! 沙彌ト "ム フ 。 RI iaM.ttk^ 

ぐ-どん W) -i_ S わ-丁 ン テ-智 /鈍 キ 

コト。 SKSMTrows 一: 》;f 一 J IWKSal 、六十 六、 

«仁 十二 SS. 九 リ 屮 W: BKMPUSalar 云云、 s』« 

ク ドン- シャミ (名』 一 mil 00 



く-あい う i 一が 内 あ ミヤ ノウ. チ 

/ッ カサ。 古へ-八 W ノ 一 、$t 中-大小 ノ 

^務、 及- M ほ-^ 物 > 等ノ « -ヲ 掌ル。 今 

ノ ぉモ. 略- Ei ジ。 

く-る、 - だい V: ん 1 さ Ik 内大; Chi 宮內ぉ 



- <.§ (名) クル シミ- ナヤ ム コ 



くなか 

招, 股 ニー ー界苦 "ぬ 之 あこ 枕 草子、 三、 三十 八 段 I アナ 

ヮ ビシ, くふう カナ, 今ハ、 夜中 二 ハナり ヌ ラム」 

クナ ゲイ I 

一くな が ひ (名) 画一 〔くな ぎ あ ひノ約 (た 

たき あ ふ-たた かふ、 たたか ひ) 或ハ、 く 

なぐ ノ延 ビタル 、くな がふ ノ 名詞 形 (願 

ぐ、 ねが ふ, ねが ひ。 fit ぐ、 ほが ふ, ほが 

ひ)〕 クナグ n ト。 マ グハ ヒ。 交 構。 房 

事 。交接 sags 、上、 第一 STa! 合、 ク ナガ ヒ」 

ク itf ヒス 二 

同、 中 > 第 十 一 »T 改 f misrET. 所 二 K 破 こ 

一くな • ぐ- グ. ゲ. ガ -f ゲ f 他動、 s 一 |g| 〔くね 

(拗) ヲ 活用 セシム 、拗、 くな た ぶれ。 畝、 

、つな ふ (船、 ふなばた: r 綱、 つなぐ。 蓋、 

ふたぐ〕 ( 一 ) 搖シテ 、屢、 相觸レ シム。 

タ タク C 瞬 ヲ、 en くな ぎ ト云ヒ 、鶴觴 

ヲ、 石くな ぎ、 石た たき ト云フ 。(尾 ヲ搖 • 

シテ * 石ヲタ タクナ リ) (二) ス。 (臂ヲ 

くな ぐ 帝 3 ナルべ シ) 名義 抄 「lr クナグ 、マ グ、 

ヅ. i プ」 ! e 古 取談、 f 、王 sglLnlar 此大: 8§ 、何^ ヲ 

云 フゾ、 ^^ヲバ人ニくながレテト3ハレタリケル、 

M ク人、 恥ヲ知 ラズ" ゥタテキ^?!ナりトゾ言ヒァヒ 

ケル」 

; くな-たおれ (§ s_ 〔拗 狂れ ノ轉 (狂 

る ノ條ヲ am) 畝-うなで (溝 手)。 稻、 い 

なむし〕 クネク ネシク • 狂レ タルコ ト。 

ネ, チケ、 惑へ ル者。 翻 ん 、廿、 天 や srh 

元年 七 HJ、TO3r 天日 GMlJg 御座 ノ 次 ヲ、 掠ヒ AS ヒ^マ 

ム トシ テ、 ffi ク 逆 ナル 奴、 久奈多 夫禧、 麻 使 比 (道 

^li さ 麻呂、 古麻呂 等、 云云」 0M 奈良 麻呂、 大伴 

; く-な ふ-の-かみ § liSI 〔くな ピハ, 

來英處 / 義、 ふな ど ト云フ モ、 經 英處ノ 

教 ト云フ S ハ . くト * ふト 通. ス- くく;; r 

ふ ふむ) 神 、上 ^ 伊^ 尊 

一一 追 《レ タマ ヒテ 「曰, 一 GU 此莫 過; 卽 

投-其 杖 ハ|ニ 岐 祌 こ:! 卷 i 「&ー 其 杖 r 



曰,, 自,. 此以 還、 IT 不敢來 ;是 謂,, 岐 神; 

此本號 ■ 曰 二 來名戶 之祖神 こ〕 道路 ノ 

神。 夂、 ふな V- の 神。 チ マ タノ 神。 サ へ 

ノ 神。 道 S 祭 祝詞つ 大八斷 二、 律 抵村ノ 如ク、 

整 坐 砷 1气 云云、 久^ 斗ト、 御名 ハ申 シテ J 神代 

紀、 上 i 「岐 神、 此云 t 一布 K 斗 能 加微こ 同、 下 s^i 「經 at 

.Hm 、以& ; sii 導| 周流」 4ass 、上 £rss 

戶神」 

くに (名) _kl (一) { 天地。 神代 紀、 上 A 日 神 

「光 Igf^i お、 SMi 於 一一 六合 之 内 こ 同卷! "天 Si 大 It 入-! 

天 石 ea- 「六合 之 内 常 ^^e,不k知l:^SK之招代こ 

(二) {天 二封 スル、 池。 國土。 祈年祭 詞 

「や HI 大御神 一: 天 g 一大! t) ノ見 喑シ マス 四方 國 ハ 、天ノ 

壁 立 ヅ極ミ 、国ノ 返立ッ 限リ」 雄 紀、 廿 三年 八月、 

畏够 天-一 コソ、 MH ズァ ラメ、 矩條ニ ハ 、閒 H テナ」 

(我ガ 武勇 ノ名ヲ 云 1>) 续、 四; 長 1^ 神代 ヨリ、 

生 通ギ夾 レバ、 人 多 二、 國ニ ハ チテ」 误行: IT 廿七 

年 二 S: 「土, 沃壊 之」 神 功ぜ、 五十二 年 九月 「土 

将」 「天 律 神、 國 神」 (三) 【白 If 御 IT HI 本 全 

國〕 仁 德紀、 五十 年 三月、 長^ 51コゾ 〈 、世ノ 遠 

人、 iwn ゾハ 、Ei 玛ノ長 人」 (武內 宿 «ノ 、全 國中ノ 長 

者 ナルヲ 云 t タマ ヒシ ナリ) 古! * 記, 中 (仲 哀) ペナ 

「國ノ 大^ 1 J^asr 十九 j-cfig 大君 ノ、 敷キマ ス國 

ハ 、都ヲ モ、 此 *8( 越 中 g) モ同 ジト、 心 -ー ハ 、思フ モ メ 

カラ」 afgs、》s 二、 新 m 守 「三十 八年ガ ar 此國ノ 主 

トシ テ、 iffils ノ政ヲ 、御 心 I ツー 一 收/」 (四) {皇 

國ノ 統御。 皇位。 國家 •) 持 統紀、 十一 年 八月 

「碟 a 天皇 位 K= 皇太 H- こ 宇 St 保 物語、 ito 花 笠 一 

「時 ノ蒂、 下 リ居タ マフ、 東宫、 くに 知 リタ マヒテ J 

仁 如 位前紀 「奉-一 宗 ls!gs_1al 取 也、 澳之不 接、 不 

レ足 一一 以 新-」 隨ヒテ 、天皇 ヲ モ申シ 奉ル。 

「國ノ 親」 (太 上 天皇) H ノゅ 〕(皇 太 § (五ン 也 

球 上 一一 テ 、大小 ノ境ヲ 成シ、 他 ト異ナ ル 

政府/下-一 > 統べ 治 メラ ル ル 土地 ノ稱。 

邦國 「P2 お ノ國」 斑 ffij 英吉利 ノ SJ 

くに 塞 B1 一 (一) 【大小、 廣狭 * 一一 拘 

ハ ラ ズ 、境 ヲ立テ テ 、人 ノ住ム 地 ノ稱レ 



ぐ M :: ぐ こ 



古^&^、上£「熊《3國」 ^Je:lr 七 年 九月、 長 S ^,春 5 

ノ俱^ J 萬 葉 tr 一;!; si^ 吉野 ノ國】 问、 十一 一 長 

砍 「泊 翁 ノ國」 ほ 姬. 一 S 世, 鹿 ノ國」 神 tk お 一-一 「吉 

備國」 、四十 年 十月 「ss 國」 (二) f 孝德 

天. gT 日本 全 國ヲ區 劃シタ マ ヒテ、 次第 

一一 、畿內 、七道、 ヲ立テ ラレ、 又、 其內ヲ 

區劃 シ テ 、 國; H- ヲシテ 治メシ メタ マヒ 

シ、 其 一 地方 ノ稱。 分 合、 屢ナ リシ ガ * 

嵯峨天 白 7 御世 一一 、六十 六國、 二 島 (壹 

岐, 對馬) ト定 7 ヌ, 山城 國- 伊勢 國- 

武 藏网、 if 奧 國, 近 江國, 丹 波國、 ナド云 

フ 、是 レナ リ、 明治 一一 至リテ 、陸 奧國、 出 

羽 Ml ヲ 分チテ 、七 國ト ナザレ 、蝦夷 ii3 ヲ 

北海道 ト建テ 、十一 國- 一分 タレ- 全 國- 

幾. 2:、 八道-八 十五 國ト ナル。 (三) {轉 

ジテ、 國衙、 國府、 ノ稱 トナリ I 又、 國司 

ノ任, 國司ノ 政令 ノ意ト ナル。 3511 十 

四 、 BKJS 七 年 五 aj 「出 羽 3a (国司 申ス) 志 波 村 (陸 奥) 

賊、 叛逆、 與 k 國 (^1^ ノ 兵). 招戰、 官& * 不, 利」 W 取 接 

くに (塑 司) 二 告ゲタ レバ、 國ノ 司、 麥デ 訪フ」 

字 保 物語、 藤 原 君 一一 .H. くに 一 ヅ賜 ハラム ト申ス 、云 

云、 美港 ノ國ヲ 賜 ヒヅ」 (國司 ニ任ゼ ラル) 倭 名抄、 

五 W 「和 泉 郡、 國 分、 E 一一 泉 南 郡 こ (國 司、 便ヲ ぉリテ 

分 S シ ,胡 制 ニ拘 ハラ ヌナリ ) 陸奥^?^記、陸奧守賴 

i^rss^h 五 iji. 七 廿六曰 sa* 國 (陸 奥 sdl) 八:;: 九日 

到 11 栗 原 郡^ 岡 こ 宇治 拾 通、 111、 十四 條 「尾 張 守、 云 

云、 尾 二 下 リテ、 國行 ヒケル ー匚 (四) {國 司ノ、 

都 ヨリ、 地方 二 赴— スルヲ 、縣ノ 任ト云 

ヒ, ゐな かわたら ひナ ド云フ ョ リ * 國ハ, 

地方. 田 舍、/ 意ト ナル。 菜 *r 十三む 長欧 

「大君 ノ、 任 ノマニ マ 1 一、 離ル、 國ぉメ ニト、 ムラ 

ド リノ、 朗立チ 行 ケバ」 一 la 人」 國 敏」 國ノ 編」 國 侍」 

國訛」 (五) { 地方 ヨリ.、 都へ 出デテ 居ル者 

ノ、 其 生地 ヲ指 シテ云 フ語ト ナリ- 又、 

故鄉ノ ト十ル 。鄉國 古事記、 T (仁 ij^)-- 一 

re 佐 is 子 吾妹、 玖 通へ 下ラ ス 」 (吉備 國 ノ婦 人ノ 、fe 

^ノ 都ョ o、iHK へ ルナ =0 仁 、三十 年 九 H;、 



ク 二 カツ ヲ V- w ギへ 

皇后 ノ御長 ^ 吾ガ a ガ砍 シ區 珥ハ、 is 城 less 、吾 家 

ノア タリ」 (御? 4 鄉ノ? .538*) 萬 集、 十九ん rts 一 來ル、 

力-, -ガ7 ク Ir ノス ク モガ ク 

時 ニナ リスト、 雁 ハ、 木 鄉思ビ ヅヅ、 g era リ 鳴ク」 

(六) 大名 ナ ドノ, 江戶 一一 居テ 、其 領地 ヲ 

1^= ス ル語。 ^0 「s 表 if? 國 一? 

一く に (名) 画 I 〔訓 ノ轉、 蘭、 らに。 錢、 ぜ 

に。 si 、えに〕 くん (訓) ノ ニー) 二 同ジ。 

ョミ 11^11 二 對ス- 00C 宇津 保 物語、 莉 開、 

中 一二 度ハ くに 二 、一度 ハ f 一 S マセ タマ ヒテ」 

ぐ-に (名) I 五一 f 一 雙六ノ 語、 ニッノ sn 

-ー 、五 ト、 ニト、 並ビ 出デタ ル コ ト。 さい 

のめ ノ條 チ見ョ C 干: 藻 前喊快 (究延 、浪^ «g 平 

S=i「s31m、^al- 一 、 一 六、 五 二、 四 三」 

クニ- ァラ ゾ ィ 

くに-あ &y ひ (名) 一 國爭ー ー國ノ 政灌ヲ 

握 ラム ト、 爭ヒ合 フコト C 保 元 物語、 一、 軍 

1^ 定 f 主上、 ヒ皇ノ 御 國爭ひ 二 、! g 平、 ga ヲ シテ、 

雨 方 ニァ. テ、 勝 fis" ヲ決セ ムニ」 平家物語、 十 一、 先 

帝^ 入水 審 「源平 ノ國爭 ひ、 今日 ヲ 限り トゾ見 エタ 

リケル 一 

クニ-イエ 

一く に-いへ (名) ー國家 1 〔國 家ノ 文字 讀ナ 

ルべシ 、其 條ヲ 見. ョ〕 朝家 ノ 成立。 仁 

德^ 位前紀 rsKhi 宗 lelw 稷 一- S3i* 也、^ 之不 接、 不, 足- 

以^.!」 s 宗 即位 前 a 「天皇 以& S 一 ほ, 計、 百姓 爲 

, を 一 

くに-いり (名) gi^l 始メテ 、我ガ 領地 i 

- 一人 リ向フ n ト。 入部-,、 四、 義 都 

落 $ 十 1 月 三日 ニ都ヲ 出デタ マフ、 義踁ガ 國入ノ 

初 ナ レバ、 引キヅ クロへ トテ、 ISP 常 二 コゾ 出立 タレ 

ケレ」 (義 二 宣旨ァ リテ、 九州 ヲ賤 ヒシ ナリ) 

くに-うど (名) 一^一 〔くにび どノ 音便、 

商人、 あき 、つ ご〕 くにび どノ (一 ) 二 同 

ジ。 其國ノ 住人。 太平 記、 三十 八、 和 田 摘 S 滞 

G^ts^ 、攝律 国守 代、 箕滞 次^ 左衞 STS ^促/園 人 取 

合 セテ、 其 勢僅 二 五 百 餘騎、 云云、 .5 白 一 揆ノ 勢、 三 

000 ハ 、s 人ナ レ バ 、案内 ヲ知 リテ、 何時 ノ 二 力 

落失セ ケム、 flS モ殘り s ラズ」 



くに く rJ 、つ 



くに-、 つら (名) f 一 〔國 の ト、 同意 ノ 

語ナ ルカ、 きたの もの ノ語 原ヲ 見ョ〕 

越後 一一 產ズル 麻布。 夜着 ノ裏 ナド 一一 用 

牛 ラル 

くに-おもて (名) ffl_ 〔おもて (き ノ 

(四) ヲ 見ョ〕 我 ガ鄕國 /方面-」 國許。 

ク 二 -す モイ 

くに, おも ひ (名) h 思 I 〔孝ヲ 、おやお も 

ひ ト云フ 、同 趣〕 己 ガ國ヲ 、大切 一 一 思フ 

, コ ト。 自國ノ 安否 ヲ、 心 二 力 クル コト。 

愛國 

) くに-力 i 一 il 〔阈處 ノ義、 國ナル トコ 

口 ノ意ト 云フ、 海ヲ うみが ト云フ 、同 ジ、 

轉 ジテ、 くぬがトナリ(八尺^^の曲玉、 

天 の 環 矛) 略 シ デ 、くが トナ ル (國 栖、 く 

す。 锻冶、 か ぢ)〕 艾、 くぬ が 。專 ラ、 陸ト 

云フ、 其 條ヲ見 ョ0 景行紀 、廿五 年 七 HJT 北 

陸, 一一 (次次 條ヲ 見ョ) 欲 明; r 六 年 十 一 月 「劬 Is 勞 陸 

海 一 雨」 孝 德;^ 、大化 元年 八月 「0 池 水 

之 利」 

一く に-? (名) S 〔國 ハ、 i ナリ〕 國 

土ノ瑕 勢。 地形 M S 行: S 、廿七 年 十二月 

「到, 於 一一 熊 ハ因以 伺 1; 其 消 In^ 及 地 形之險 易 こ 

出ま國造^?.ぉ詞「天„25日命ヲ、國歸51- 二 遣ハシ シ時」 

C 天!^^ 降臨/前 二、 下 sa ノ形 努ノ視 «J! ナリ; - 

! くにが-の-みち S 一^ 一 〔前前 條ヲ 

見ョ、 此 語ハ, 海 邊之道 (東海道) 、ば の 

道 (東 山道) ニ對 シーア、 海、 ギ降、 ト 並べ 

稱シ タル マデ 二 テ、 北陸 la ノ 文字 ヲ定 

メ ラレ タル, 後 ノ訓語 ナルべ シ、 サ レバ、 

北の 道ノ稱 モア ルナ リ、 くるが ト轉ズ 

ルハ、 ぬト、 るトハ 、舌音 二 テ 、相 通ズ ル 

ナ.^ 、血の 臭、 角 鹿- 敦賀 (越 前ノ, 都 名)。 

群 馬-くるま 〔上野 國ノ郡 名 r 駿河、 す 



くに か 



るが (ラ ちょす る ノ條ヲ 昆 ョ)〕 北 SI 道 

ノ 古稱。 又、 くぬ がの みち。 くるが のみ 

ち。 キ タノ ミチ。 越ノ 道。 St 紀、 廿 S 年 

七 re 造 II 武內宿 fg; <1? 察-一 北 睦及 東方 諸 國之地 

形 こ (左 訓、 クヌ ガノ ミチ) 崇神 ar 十 年 九月 一 以 1 一大 

魔 命ハ遣 I 一 北 陸 こ 崇峻紀 、二 年 七月 「逢.^ 阿倍 臣於 II 

北陸 道 こ (左 訓、 ク ヌガ) 

クニ-ガエ 

くに-がへ i [ 武家時代、 大名 ノ 

領地 ヲ- 他處 ニ替へ ラ ルル. コト。 移 封 

増 捕、 家忠 日記、 IBM 五 年 五 月 「去 去年! Is!- 被 =仰附 IJ 

クー 一-ガマ ェ 

くに-がまへ (名) 即構ー 〔字 暴 「口、 古文、 

國字匕 漢字 ノ國ノ 字 ノ周圍 一一 アル、 口 

ノ稱、 因、 固、 圍、 圜ノ 類。 

一く に-がら (名) 〔接尾語 ノがら (柄) 

ノ條ノ (一一 :> ヲ 見 ョ〕 國ノ 成立。 IS 

クニ .v- ロウ 

くに-がらう (名) ー國 家: 一 江戶 時代、 大 

名 ノ家卷 ノノ國 詰 ナルモ ノ 。(江戸 家老 

一一 對ス) 冶 家 記錄、 宽永 十九 年 四月 十三 日 「奉行 _ 

(家老) 衆 六 人 之 内、 二人 者江戶 供奉、 (江戶 家老)! K 

四 人 之內、 二人 ハ仙 §ー 相詰、 (國 家老) 二人 者、 在郷 

二 lE.Ki; 休息 1 候」 (仙 8^ ぉ錄) 

ク -ー -クズ シ 

くに-く づし (名) 一 國崩ー 〔城 ヲモ、 國ヲ モ- 

崩す ベ キ義、 美人 ノ、 傾 画-傾城- ナ ド- 

■ 同意〕 大ナル 石火矢。 佛郎 機-大砲- ノ 

0O 大友興 S 記、 十八 r 先年、 南 國 ヨリ S リタ ル、 

國崩ト 云フ大 5 火矢、 城 中二 ァリ J 

く-に v- の-はかり 劣 ど (名) Bsl 

皮肉 ナル 手段。 「反 M 苦肉 之計ヲ メグ ラス」 

くに-あどば (名) Hill 二 ご 國ノ人 

種 |「 固有 ス ル 言語- 其 人種 ノ間 二 、通 

用スル モノ。 國語。 (二) 一地 方ノ 人人 

二 ノミ、 行ハ ル ル言語 C ト n B n トパ。 

ヰ ナカ コト パ。 ^談。 方言 



くに A 



ク 二-ザ カイ 

くに-ざ かひ i I 國界ー 國境ー 國ト 國トノ 

境界。 狂-一一 i.gsrg ル程 二、 ass へ出タ ガ、 P- 

レ ハ 、何 トイ フ國 デャ J rals マデ 見! g ル」 

ク -I .* ム ライ 

くに,. ざ ちら ひ S3 _1_ 一 地方 二 住居 

スル 武士。 大名 ノ家 來ノ 、其國 二 居 ル乇 

ノ。 (江戶 定詰ナ ドニ 對ス) 筋吉 lKr» 磨ノ 

國 St, ヲ引 S シカ ドモ、 遂 ニ不, 叶 シテ」 

くに-す (き 一 ilass 〔國 主ノ- くに も、 

;;; i,4 す、 ト轉ジ 、タ ル 二 テ sa 主、 みや. せ?。 

戶 主、 ど¥.。 領 く、、 つ す はく。 藥の 神、 

くし の 神) 萬 葉 集、 一 J 一一 、吉野 乃 國トァ 

ル ハ 、吉 野 郡 ナリ、 其國ノ 土着 ノ 地主 ノ 

義ナ ラ ム 一,; -云フ ,古事記. 中 (應 神) ー?ャ 一一 、 

吉野之 國主等 トァリ 、神代 ヨリ ノ地 紙 

ノ裔 ナリ、 國栖 トモ 云フ ハ 、くにす ノ約 

十 リ (姓氏 錄, 諸 蕃. 山城 國-國 背宍人 パ -; 

f 紀、 廿 四、 弘仁六 年 六月 一一 、乙訓 郡- 國 

背鄕ト アル 地名 ヲ、 氏-一 質へ ル -ー テ、 後 

二 、久 世トナ レ ル 二 同ジ) 常陸國 ノ國染 

モパ吐 着ノ 地主 人 義ナリ 、是レ ヲ、 

土 蜘蛛 ト云 フモ、 土 公-一 テ、 地主 ノ事ナ 

リ〕 上古" 大和 國, 吉野郡 In 野川ノ 川上 

. -广住 メル 土民 ノ稱。 R<、 國栖。 又- 國栖 

人 ト云フ 、後 マ デ モ、 此 地-一 、國 栖莊ノ 

名ヲ存 セリ。 此 土民、 神武 天皇 ノ御時 

一一、 始メテ 聞 H 、 應神 天皇 ノ 御代-一 來朝 

シ、 其 後-朝廷 ノ 儀式 ノ壁 i リテ、 歌 笛 

ヲ奏ス ルヲ常 トセ リ、 國栖 の奏ト 云フ、 

其條ヲ 見ョ。 又 、上古-常 陸國ニ モ、 國 

染 ト云フ 人種、 住 メリ キ-、 S 武卽: sss< 

rs 排別之 子、 此則吉 野! a«s 始祖 也」 (古 l^K-l 、國 

巢ト ァリ) 姓氏 錄、 中、 大和 國神 別、 地! gusjr 神武 

天皇行ー; 幸吉野 一時、 川上 有 ーー遊 人; 云云、 g!srs ョ、, 

石 ほ 押 別! S 子 也、 爾時詔 賜 I 一 as 名-」 颸神 B 、十 



くにす SUl 



九 af. 十 to.*-; 吉 wt- 時. am 人 *s 之」 5a«、 十 j 

r 讓 BE® ガ、 ム ラム. 司 s ノ &ノ」 夫木抄 二、 

鬌、 snTB ヅ川、 吉 B ノ くにす、 ィヅ シカモ * 仕へ ゾ 

11,^、^:;/ 初 二」 常 sss* 土 「昔 在釅 ir 

ffi^^imrls 知久 ffi つ W 云、 》=»-; 掘 土 tt 〈常 居 k 穴」 Bs、 

行方 K 、お safl. 古 有 sse; 云云、 aMS 芦 化」 

ク- 一-ダイ. t ヨウ 

くに-だいみ ャぅ (名) ー國 大名 1 武家時代、 

一 或ハ、 ー國 以上 ヲ 領有 スル 3si^。 

1: 悴 大名。 太 2^、 三十 二 as 野合 御内 

ノ K<、s 大名、 W 力-一 3 ニ控へ タリ」 

くに-だま あ ひ (名) I 國蒯ー ー國ヲ 統べ 治 

ム ル 中心。 Itl 石 太 S お、 十七、 s,al*T 此 ¥ 一 

ァ リテ? 、天下 ノ 邪法 ヲ正シ タマ ハム n ゾ、 S だま 

ひ ノ»1 ナル ぺキ」 

くに-たみ (名) M 雜? 2^:^ ノ保) 

三 二 「ほ 人ト云 フ 字ヲ、 くにた み ト ム 

n ト ハ 、後 蛾院ノ 御諱ヲ 、邦 仁 ト申奉 

リシ 故 二 - コ レヲ S ケ タル 也」 ト ァリ、 

サレパ 、统 _t5 時 i ^以後/ J^i ナ ルべシ 、く 

にび ど * 及, よ ひ ど/ 條ヲ ルセ ョ〕 一 

國 ノ 人民。 ヒト クサ。 タミ。 國民。 £ 

子、 asm 、下 ITS 人 (*fi)BIIUB 、然 asi」 

1 くに-つ-かみ § miffi 〔1: 之 神 ノ義〕 

あまつかみ/ 條ヲ 見 ョ。 

クニ- ズ ク シ 

くに- づくし (き _|_ 五 親 > 七道 ノ國 

! g/ 名ヲ; a ネテ、 記シ タルモ ノ- 寺子屋 

ノ 手本 ナ ドニ 1M70 _» 步色 s*«TB_aJ 

一く に-つ-あ i ISII くにの みやつ ぁノ 

條ノ (二) ヲ a ョ。 

ク -_ .ッ ズ *■ 

くに-つづ さ (名) 1_ g 境ノ、 接シテ 

アル コ ト。 

一く に-つ-つみ i sffl 〔彫^^恥ノ義〕 

あまつつ み ノ條ノ (一 ョ。 



くにつ 



i くに-つぶみ (名) 即亀ー 風土記 ノ 類ナル 

べシト 云フ。 推 古 58、 廿八年 十二 alTlsra" 

太チ、 S 大臣、 共 85 之、 sa- 一天 assB _s こ 

くに-つ, a なび (名) S 國 * ノ 訓讀。 

クニ ズメ 

くに- づめ (名) S 江戶詰 ノ條ヲ a ョ。 

! くに-つ-もの 〔名) ー國 B1I 〔隱 わ^ ノ 

義、 國ト " 、地ヲ 云フ〕 其 土地 ニ產ズ ル 

物。 國產 C 土產 土 毛 S 功お、 五十二 年 九 

月、 f Irptt 土 sa; 不 k 培」 哦! 、十九 年 十 

月、 人 「ae 一一 土 毛; 其 土 毛 者、 粟、憩 、及、 年魚 之 類 

焉 J ほほ: a 、十 年 五 HJ 、百 IS 「助-一 加 a 物; jKiiBS 胡 

廷こ 推 古お、 廿六年 八月 ns2a*^ 使 at 一方^ 一」 

! くに-つ, や *W § 一 〔^お まノ 

義〕 あまつ や あろ ノ條ヲ 見ョ。 

くに-てがた (名) S 〔券, ハ、 證スル 

意〕 江戶 時代、 大名 ノ頜 地ノ 方言、 國訛 

ヲ稱シ タル-語-其 地ノ人 ナル證 トシ テ、 

勉メテ へ シメザ ルコト トシ タリ。 

くに-な so s^l 宫女. 僧徒- ナ ドノ. 和 

泉、 伊勢、 ナ ドト, 諸!: ノ名ヲ 、呼名 トス 

ルモ / 。 女 《H» 品 (永! Is) 「禁 S 、及 ビ、 er 宮 ニテ、 

ffl 名^ ク方ハ 、云云、 大力 タハ 父 ノ官ニ 引力 レハぺ 

ルコ トナ^ ぺシ、 其 内 一一、 五位 以上 ノ 大夫、 及ビ、 

名 ま ノ^ f!S 、云云 ノ© ナド、 常 二 、ほ 名 ヲヅキ ハ ぺ ル 

ナリ、 阵奥、 常 ほ、 上野、 上 sr ハ、 然ルぺ キ 名家 ノ 

姐モ、^>キ へ ぺ ナリ」 海人 藻芥 (應 永) 中 niss 者、 

古、 多分. 名; 近代、 一向、 公 名 計 也」 

くに-なまり (名) s_ 其 地方 ノ 言語、 

鼓 tl メナ マリ トチナ マリ < "ヰ ナカ ナマ 

リ。 W 多 小 女 枕 (享 保、 近 松 作) 上 「毛 g 九右衛 

S: 、生 レハ BK 巧、 SK」 

くに-の-お ほ ばらへ (名) 5il お! &ば 

。ひノ (ニ)ョ^ ョ。 

< に- おや (名) SS1 〔® ハ、 國王ナ 



くにの 



义國: ii^ ノ |@ 二 ハァ ラズ) 國 ノ條ノ (四) 

ヲ見 ョ、 國の 母ト云 フモ、 同ジ〕 (二 

天子 ノ御父 ヲ申ス 語。 源、 一 、s き f 汲 氏の 

君ヲ、 右. K 辨ノ 子/ ャゥニ シテ、 高 一お 人ノ招 人 二 

ス r 相 人 R キテ、 云云、 くにのお や ト成テ 、蒂 王ノ、 上 

ナキ位 ニノ ポル ぺキ 相、 オハ シ マス 人 ノ、 ゾナタ 二 

テ (帝 モノ 相 ニナ シテ) 見 レバ、 sS レぉ フル コト ャァ 

ラム、 云云、 又 其 招、 a7 ぺ シ ト云フ Jo^ 氏ノ 君、 終 

二、 太 上天 m ノ »SK ヲ得 タマ ヘリ、 天子 ノ« 父ヲ云 

フ ト云フ S7S、5SKS 玉の 小 S 、丑 二、 委 シク、 _で リー 

(二) 天子 ノ御母 ヲ申ス 語、 國の 母。 國 

宇津 保 物語、 、上; 3t 「藤 „3ノ 、くにのお や 

ト成 リタ マフ ぺキ 御心ナ レバ ニヤ ァ ラム、 局 ナドシ 

テ S? ヒシ 二、 出デ タマ ハデ、 通 ハセ タマ ヒシ コソ、 云 

云」 紫 式部 日記、 中宮 彰子、 皇子 ヲ生 ミタ マフ 「カク 

S の 親ト、 モテ KS ガレ タマ ヒ、 云云、 大 K ゴ モレル 御 

アリサ マ 、常 ヨリ モア H 力 一一 、若ク 美シゲ ナリ」 

くに-の-かぜ (名) las 〔i ノ 文字 讀、 

家風 ヲ、 いへの かぜ ト S3 ム 一一 同ジ〕 國 

ao 1 國ノ a 雅^、 廿、 お flaE ャ 、&レ 

シ國 の、 ヲ 力へ テ、 民ノ草 sai モ、 今 ク ナリ」 

1 くに-の-かみ (5 K 一 ,一同 ジ-其 

條ヲ 見ョ。 

くに-の-きぬ i 一^一 貢誠ノ 絹。 Bs 

雜耍抄 、二 「下 5g 料、 國 雅亮 装束 抄、 一 「くにの き 

ぬヲ、 油眾ニ シ タル」 galssr くにつ もの 「くにの き 

ぬハ 、調/精 ヲ云 ヘリ」 

くに-の-だいがく (名) 一 國大學 一 Is (熟 

字 、第一) ノ條ヲ 見 ョ。 

くに: の-たち § 〔國 司ヲ- くに ト 

云フ、 國 (邦) ノ條ノ (三) ヲ a ョ〕 國司 

ノ廳。 土 佐 曰 記、 初お 、土 佐 守 K 京: 薛 由ナド 取リ 

テ、 住ム たち ヨリ 出 デテ、 二乗 ルべキ 所 二 ワタル」 

同、 十二月 廿五 HT 守ノ たち ヨリ、 呼ビ 二、 文 特テ來 

レリ-呼 バレ 亍行 キテ」 (新任 ノ守 ナリ』 

くに-の-つかさ (名) ー&^| 國 司-一同 ジ、 _ 



くにの …: くにの —3 

其條 ヲ a ョ。 竹 取 物 aBTS の つかさ、 マ ゥデ トブ 

ラフ 二 モ J 

一く に-の-はかせ (名) 一 ffl^ 一 諸 國ノ國 

ノ 敎授ノ 職員 令 「凡、 sa 博士、 S 師、 國別、 

各 一人」 

くに-の-はな (名) 81 (一) ー國 ノ^ 

トシ テ、 外-一 誇ルべ キ モノ。 31a 、洪範 ST 

五行 ® 「時 則 有 li 華 ®h 61rFS^#」 正 p「# 、著 

大也」 國語、 子 曰、 吾 sa 、以 一一 德榮; 爲- 

一 tuawrtsw 張 華 战、; ti. 忠爲 -i 令德; sff 乃國 華」 

(二) 文章 ノ稱 國 へ:^ ノ 訓讀。 As 一 S 御抄、 

四、 人^ 蓬 、くにの はな」 ; JS 語、 公冶 sir 夫子 

之 文章」 集解£ 、明 也」 iQia 之、 寧 王 太 常-詩 「舒 

k# 國 S お」 一一 列 こ 

一く に-の-はは (名) 〔くにのお や/ 

條ノ 語原- 及、 (二) ヲ 見ョ〕 國サ- 一同 

ジ-其 條ノニ ) ヲ 見ョ。 

一く に-の-ほ (名) B 〔地の 舍 ノ義. 山山 

-1 含 マレ テア ル地 ノ意ト 云フ、 ほほむ 

ノ條 Tra ョ〕 (二 四方、 山山 一一 テ圍メ 

ル閒ノ1^1-地0 ク ムシラ 古事記、 中 i 神) 

キ山 背ノ 宇治野 ノ上 ヨリ f 、タマ フ大御 長 >wr.^ 

婆ノ 、加: a 怒ヲ 目? レバ、 云云、 久爾; モ見ュ ス 鳥 1^ 

ノ ナリト 云フ, 山城 國ノ、 四 面、 山ナル 平野 ナ 》^) 

ほ 一一 -發語 ノまヲ 冠 ラセ 、下-一、 無意 ノ 

辭ノら 、夂ハ -ろヲ ッケ、 夂 ハ、 更 一一 鬨ヲ 

添 へ テ、 まほら、 まほら ま、 まほろば ト 

モ云フ 。(ら ノ條ヲ 見ョ) 行お、 十七 年 三 

H! 、長 大和 ハ、 ElK 能 ^ 保 &、 e ナザク 、青 垣 山」 

J!3 記 「奧 E 也」 (神武お-一、 大和 SE ヲ、 靑 山,^ トァ 

リ) 古 5sr 中 (せ 行)! 3 ャ長 久 B5 能 麻 本 illjf 同 

ジク、 大和 國ヲ 云フ) 萬楚壤 、十八 ^ISKf 皇 ノ、 神 

ノ命 ノ、 g シ食ス 、久 H 能 麻 保 良 二、 山 ヲシモ 、多 二 

多 ミト, 云云」 (@ 中 國ナリ 、コ レモ、 山閒ノ 平野 ナリ) 

(二) 國の まほら ハ 、 轉ジ テ.、 唯、 1 望ノ 

平野. ノ n ト-ー 云 t 、又、 雜ジ テハ、 廣ク、 



國. H ト云フ 意-一 用 ヰ ラル。 九 S 筑 

K 山、 登臨 ノ長巧 時 卜 ナク、 S 居 雨 降ル、 筑波】 站ヲ、 

活ー 一照 ラシ テ、 Kai^- ノ、 國之 as 保 良ヲ、 委曲 二、 示シ 

タマへ パ」 (山 It ノ 幸 ヒ タマへ ルヲ頌 シテ、 观東ノ 

平野 ヲ ミ得 タル ヲ云 マナ U) 同、 五セ長 1^ 地ナラ 

パ、 大君 斑ス、 コノ照 ラス、 日月 ノ下ハ 、天 Is ノ、 向 伏 

ス極ミ 、云云、 聞 シ食ス 、久爾 能 麻 保 良ゾ」 

一く に- S. ま-ほ: ら (名) 一 HI 前條ヲ a ョ。 

一く に ほ爷ま (名) 一 ill 前前 條ノ ( 一 ) 

ーくにのまほ^0-ば 3 IMS くにの ほノ 

條ノ (一) ヲ a ョ。 

i くに. の-みあ W もも (名) Iss みあ ど も 

ち ノ條ヲ ョ。 

一く に- 8. みやつ あ (名) B_ 〔諸國 の^ 

臣ノ義 、地方/ 官人ノ な,、 推 古 紀「 十 一 一 

年、 憲法 第 十二 條 「國 造, 勿レ 敬-一 百姓 こ 

みやつ. ノ條ヲ 見ョ、 造 ノ意モ 、ソ コ 一一 

云 ヘリ〕 (1) 廣ク 云へ パ、 上代 ノ 世襲 

ノ 地方 官、 君、 別、 國造、 縣主、 村 主、 稻置、 

等ノ 總稱。 國造チ 以テ總 稱スル ハ、 支 

那 一一 テ X ム 侯伯 子 男 ヲ 、 (其內 ノ侯 ヲ取リ 

テ) 諸侯 ト 云フガ 如 クナル ベ シ、 (玉 勝 

閒、 六) 伴ぎ、 國 ト S 稱ス、 伴 造 

ハ、 京 官ナリ 、國造 ハ、: ^官 ナリ。 灘 

卽位前 ffi 「百官、 臣、 速、 國造、 伴 造、 百 八十 部、^ 列 

lsj(m 狹ク云 へパ、 地方 官ノ 中/ 一 、 

其治ム ル區 域ハ、 大ナル ハ、 後ノ 一箇 國 

ホ ドナ ル ァリ, 小ナル 、ノ 一郡 ナル ァリ。 

略 シテ、 くにつ ャ: トモ 云 ヘリ。 古 S? 。、中 

(成 定- 一賜 大 国、 小 國之國 造 ハ亦定 一一^^ 國 

之 、及、 大 sr 小 縣之縣 主 1 也」 成 務紀、 五 年 九 H! 

「E 都立 ーー造 長ハ Ess 稻 s _ J 當時、 國造 ノ 

數、 百 四.: h 四ァリ キ。 (國 造本 紀) 神武 S 位 

前お 「t^ 狭 S3~」 同 ±Tf 珍彥 S 一一 造 一」 



くにの …: くにの 



古 記、 上 fl 「出 國造、 遠 江 國造, 上 莬 上 國造 (上 

總國、 海上 郡)、 馬 夾田國 造」 (同 國、 陀郡) ニニ) 

1 ハ 、祭、 政、 ヲ兼 掌セ シ., 力、 孝德 天皇 

ノ 朝-一、 國郡ノ 制ヲ立 テラル ルー ー及ビ 

テ 、國造 ハ 、 多ク ハ 、 都ノ 大領ト ナザレ 

テ、 專ラ、 政務 一一 從ヒ、 別 レテ、 祭祀 ヲ掌 

ル ヲ 、 國造 ト稱シ タ リ、 出 雲國造 (大社 

ノ 神官)、 紀伊國 造 (H 前宮 神官)、 阿蘇 

國造 (肥 後ノ 阿蘇 神社 神官) ナド、 後 マ デ 

存 セリ。 银ぉ、 二、 大? 一年 二 as「? 班 11 大幣 i 

,驟、追1^國國造等父,京」 類聚 三代 格、 七、 延暦十 

七 年 三 SJ 、太 政官符 「昔 者、 國造、 郡領、 職 負 有, 別、 云 

云、 e^sl 三年 以來、 f 國造 f 郡領ハ 寄 i 神 S 動 

S1 一公 云、 宜.. 改 11 巧 CTS 造、 郡領 、分, 職 任 芝」 

くに-はら (名) 圃 ヲ、 其廣 キー 一就 

キ テ云フ 語。 萬 ST I 虞^ 國原ハ 、煙 立チ 

コメ 、海原へ、 驟立チ タヅ」 

くに-ひさ (名) 一 一 出 雲 i 土 記、 意 

宇^ ノ條 一一 、神代 一一 、水 臣津野 命 (素戔 鳴 

尊 四世ノ 孫) 新羅 ノ三畸 ノ餘レ ル 地ヲ、 

綱 一一 打 チカ ケテ、 國乘 , 國來 ト 、 出雪國 

へ 引キ ッケタ マ ヒシト 云 フコト アル ヲ 

言フ語 ナリ。 委シ クハ、 風土記 ヲ Ins ル 

ベ シ e 

くに-び ど (名) 11^ 一 〔此 語、 くにた みト 

讀ムヲ 刺 トス、 其 語原 ヲ Hi- ョ〕 (一) 【其 

土地、 其 地方-一 住ム 人。 くに 、つど。 住 

AO 神代 紀、 上 t 紀伊國 熊 野 之 有 馬 村 「土俗 祭-一 此神 

之 魂 一」 (a?® 本-一、 土俗 II 「クー 一 ヒト」 卜 訓ズ) (二) 

斑ク、 國民。 人民。 失 木抄、 廿 「トミ 山ノ、 m マ 

サリ ュク、 君ガ代 一一、 43 ヘル 國人、 タノ モシ キ カナ」 

ク : 一 ユウ 

く-に ふ (名) 二 口人 一 クチ ィレ。 トリ ツギ。 

紹介 一 明 HJ 記、? isa 一 一年 七 05 十六 日 「右大臣 殿、 此 

審引 口 入、 twi 進 I】 名簿 一 接」 

くに-おみ (名) ー國ぇ 〔くに ハ、 國司ナ 



リ、 くに (國) ノ條ノ (三) ヲ 見ョ〕 國司 

ヨリ、 貢物 二 添へ テ奉ル 文書。 新 六帖、 五 

「春 ハマ ヅ、 御調 ヅナ フ ル 、国ぶ みヲ、 サシテ 幾代乇 、 

君 ノミゾ 見ム」 

くに-おり (名) ー13ー (一) 國ノ 風俗。 ク 

二 ノ カゼ。 替滔续 「アト サキ 一一、 同ジ宿 リニ、 行 

キア ヒテ、 語 ルー I コゾ 〈、國 ぶり モ聞 ケ」 (11) 諸 

國ノ 風俗 歌。 

一く に iW ぎ (名) 〔まぐ (覔) ノ條ヲ 

見ョ〕 國土ヲ 、求 メ行ク コト。 神代 紀、 下 

wr 自ー 一頓 丘 一 keJ, 國行去 jIJi? 國 、化 云 1 一矩 tSiSIS こ 萬 

、廿 ¥ 長彆 山河 ヲ、 磐根サ クミ テコ、 蹈, ミト マ 4, リ、 

久爾 i シヅヅ 、チ ハヤ プル、 首 帥ヲ征 平ケ、 服從ハ 

ヌ、 人ヲモ 和シ」 S ハー 一、 天孫 ノ、 日向 二 天降 リマ シシ 

時 ノコ ト) 

くに-ま り (名) s_ 〔くに トハ、 國司 

ナリ、 くに (國) ノ條ノ (三) ヲ 見ョ〕 賀 

茂 祭ノ、 山城!; 司ノ It フ モ ノ。 江 家 次第、 

六、 sra 祭、 s 固 「雖- 祭 停止 年 S 有 & 固 si 有 1ー國 

祭-也」 

一く に-み (名) 高キ ヨリ、 國ノ 形勢 

ヲ、 望 ミ見ル コト。 眺望。 萬 葉 集、 一;^ 長砍 

「高殿 ヲ、 IBM リマ シテ、 登 リタ チ、 國 見ヲス レバ、 タ 

タナ ハル、 青 垣 山ノ」 同、 三 y ャ長^ 國見 スル、 筑波 

アマ マ 八 

ノ 山ヲ」 同、 十 fjr 雨^ 明 ケテ、 國 見モセ ムヲ」 

く-にん (名) B_ 〔公方, 卽チ、 幕府 ノ吏 

■ ノ 意力〕 縑倉 幕府 ノ 政所、 間 注 所、 ノ寄 

人 ノ稱。 室町 幕府 ノ 政所-一 モア リキ。 

. 太 田康有 記、 建 治 三年 九月 四日 「以 I 一安 富 民 部 三郞人 

道、 島 田 七郞、 云云 U 注、 政所 公人) 注 义 引付 衆 一 了」 

武家 名目 抄、 職名、 八、 下 r 按、 n n 二 公人 ト云 へ ル 

〈、害 人 ノ^ナ リ」 此楚ヲ 、政所 公人 トモ 云へ ルハ、 

潜、 政所 衆 卜 云フガ 如シ」 太 田康有 記、 同年 八月 廿 

九日 「問 注 所 公人 不足、 先日 所 11 ^申 一之 富 來十郎 光 

行、 山 名 行 佐、? 召 1 一 加 寄 人 一」 蹈川 親元 日 HIP/ 

寬正六 年 三月 五日 「政所 公人 新 加 (注、 右衞 s: 次郞ご 

1^ 京職抄 「被宫 人、 公人 〈、太 政 官ノ史 生、 官 3?& 二 准 



くにん 



ズべキ モノ 续」 (古 類苑ー 

く-にん § 一ん ム人ー 〔武家 名目 抄、 if §、 

八、 下 「政所 下部、 云云、 足 利殿ノ 時, コ 

レ n 公人 トモ 稱セ シ ハ 、其 身、 卑賤 ナガ 

ラ 、公方 ノ祿 ヲ食ス ル者ナ レバ、 然呼ビ 

テ、 私人 一一 分チシ ナリ」 案ズ ル 一一 、 公役 

一一 出 デシ 者、 卽チ、 <ム 役人 ノ 意-一 ハァラ 

ヌカ、 ざ ふ あき (雜 色)、 てう、 V 〔ャ くにん 

(朝夕 人) ノ條 ヲ併セ 見ョ〕 室町 幕府 ノ 

時、 政所 ノ 下部 ノ、 雜事、 奔走、 一一 使 ハル 

ル者 貞丈雜 S?/ 四、 役名 「公人 ハ、 くにん ト 護ム、 

云云、 政所 I ーテ、 小 S5i スル 役人 也」、 年中 悟 例 記、 五 

月 四 曰 「l_s 、葛 蒲、 御殿 二 葺 カルル 、挖 k 師ノ役 也、 公 

人相 下 行 在 k 之」 伊勢 守お. 忠亭 御成!;: T 公人 、御 

鼓 者、 御 興舁、 御 牛 ST 車 副、 舎 人、 河原者 以下、 描 被 

き 

ク -I ン - チヨ ウジ ャク -I ン 

くにん-てう V; ャ くにん i ? f A_ 

. 〔< ム人ノ 朝夕 人 ナリ、 各 條ヲ見 ョ、 此 者、 

初つ 種種 ノ 職務 アリシ 一一、 其 務メ、 別 

レ テ 、中閒 、小人、 其 外 -ー 移リ テ、 尿筒ヲ 

持 ッノミ トナ nM ァ、 唯、 其 名稱ヲ 存シタ 

ルナ リ〕 德川 幕府 ノ賤微 ノ稱。 將 軍、 

束 帶シテ 出 行ノ時 > 尿 筒 ヲ持チ テ從フ 

者 ナリ、 目附ノ 支配 ニ屬シ タリ。 ! sffi 

答、 公人 朝タ人 r 此 向 ハ 、御上 港ノ節 ナド、 御供 被 一一 

仰 付; 御 <_„ 一 内ノ節 • 御 束 一一 テ、 御 小用 難" 被" 遊、 其 小 

用 筒 ヲ持ヅ 役目 也」 (注、 IS ノ S ナリ) 明 良帶錄 (X 

化) 公人 朝タ人 「君 一 侍シ テ、 ffli! 束ノ 節、 御 頓ノ 

跡 一一 、御 筒ヲ持 ヅ 也、 便 竹 ト云フ 、 君、 御用 具ノ第 

一 ナリ、 俗 二、 装束 筒 ト云フ J 

ク 二 ;' -プ ギ ヨウ 

くにん- ぶぎ ャぅ i li^ 人 奉行, 一 1 

條ヲ 見ョ、 武家 名目 抄、 職名、 十三 「政所 

問 注 所 ノ寄人 ハサ ラナ リ、 在京 セル 奉 

八ム人 ノ 事-一 サへ 與ルヲ モテ、 ャ ガテ、 <ム 

人 奉行 ト稱セ ルナ リ」〕 室町 幕附 テ、 



くにん 



くにめ 



^行人 ノ 進.^ ヲ^ ル瞇 お、 「 

和 四 年 十二 C! 十二 m 公人 泰行、 雅せ ,.- 

年中 正 四日、 ほ^ 次 Kf^ 、云云、 就 11 

コ K!: ム, csft ヨリ 始 パテ、 抑 太刀 讹上之 m 也、 

云云、 公人 《 ^行 < 二 《 二 御 HI: 也」 3« 名 a! 抄、 

B 名、 十二 s«> 行 一一 ハ 、公人 * 行 ヲ上首 トス、 云云、 

E 利 S ノ時ニ 至 リテ、 *f 行人 ノ内 ヨリ、 WH 、公人 泰 

行 ノ職ヲ R カル- ト ハナ リス」 

くに-め つけ § 一興, sffl 德川 時代、 大 

名: 幼少-一 テ、 江 戶屋数 一一 テ 家督 シ、 未 

ダ S 入 W セザ ル 時ナド 一一、 府ョリ 、役 

人リ Km 地 S ハ シ、 セシメ テ、 隨 

政ヲ i^;^ セ シメシ モノ C B も ^殿5實£、 

十六、 iss 元年 M 十二 aj 廿日 「先-一 &ゼラ レシ Ms 

H 付. 加 er 仙 ハ 43.年、|«*名< 百日、 川 中 ffl ハ明年 ; 

•r^ic* マ デ 二 、M リ? ベ シ卜、 仰 出サル J I 

; くに-も-せ- -き S 〔せ ハ. せし (狭) 

ノ gi 根〕 國モ、 狭ク ナルバ カリ-一。 諸 

^-ric ク播 リテ。 5a* 、千 八 5!M お 敬 Iffl 

ヒ 立チ! KH、«1 サ レバ、 孫 枝 イツ ヅ」 奥 

S 抄、 四、 七 タノ i& 「くに A せュ、 tf 二 名ハ、 H ヅメ 

レド、 遇ヒ &ルコ トハ、 CC 今夜 ナり」 

くに. 15^5 § sffl iSf 町 時代、 太 X! ノ、 

1 E 以ヒヲ 領スル 者 ノ稱; p: 恃衆ト 云 

フ , 江 0, 時代 一一 f テ , ^主ト モ 云フ、 

M 條ヲ ョ。 年中-他 例お、 二 HJ「 一 曰 千疋鬼 折 

sn ひ.. i トシ テ、 K 大名、 其 外、 S 持 タル 方 二 

iffl-i 之 こ s« 二 年 ^ 申 次 Hrsw 衆 、期 波 理 

火夫 入! r 云云」 as 府政^ sr 三、 S5- 八 年 正 K 三 

0n 二 s 之 、云云、 sw* 名代、 8 一 1 御太刀、 抑 HI こ 

くに もやす 1 ュぅ (名) Isffl :M 條ヲ a 

くに も >J 3 一 本 11 ノ地。 クー 一 ォ 

モ テ,^ 故鄉 *sr 狂 S お、 二 千 ST 打 ウテ 

« テゥト 云 7 ノニ、 泣 ュルハ 、隨本 二 aa シ 1* イタル、 

メコ、 孑ドモ -ー:>:;85 ガ S£ シィ 力」 



くに も 



くに-もの (名、 一 國者ー 其國ノ 者。 地方 ノ 

一 人 、キ ナカ モノ。 

ぐに ャ- ぐに ャ S) 1_ 〔ぐたぐた ガ、 ぐ 

なぐな ト轉ジ -义、 ぐに ャ ぐに ャト 轉ジタ 

ルナ リ、 戰^、 わな わな。 端、 はな。 空、 

む. たノ 轉ト、 同ジ、 ぐに ャり、 ぐんに ャり 

トモ ナル〕 泰 H テ、 直立 シガ タキ 狀 一一 

云フ 語。 グ ニヤ リ。 グ ン ニヤ リ。 

ぐに ャ-り § ml 前條ヲ S ョ。 

くに-わけ (名) Ik 別 I 國 名-一因 リテ、 區 

別スル コト。 

ク- 一す • ス 

一く に-を • す. ス. セ. サ. シ. セ i 動、 四) I 國食ー 

國 マ シ ロシメ ス M ヲ 治ム。 t ぽ ra=「.i 、上、 第 

三 5»「ass 語 田お へ.:: LSJrn ,久爾 乎 主」 同、 上、 

第一 1«T 磯城 妈金 刺宮 炱レ國 天皇 」訓择 「久ほ 乎師ス 」 

一ぐ ぬ-元-か-つ (名) 一 熏衣苦 一 〔簾 ノ字ノ 音、 

舌 内-一 テ. くぬ ナリ, 衣 を 蒸す る 香 ノ義、 

くの ぇハ、 音 轉十リ 、野、 の〕 又、 くの え 

かう。 沈 iisr 丁子、 跟香、 ナド、 種種 ノ香 

料 一一 テ製 セル 煉香ノ 名。 衣服-一, ヲト 

メ シムル 用ノモ ノト 云フ、 かけが、 「ト 

モシ タル ナル べシ。 源、 十七、 格 合-一 「御 海 a 

ドモ、 くぬ え かう 一 榮花 物語、 八、 初花 「くの え かう 

ナド 3 ヒテ、 云云、 此班 ニヤ ト」 類 雜 抄 、四 「沈 

香、 白 Iwlsr 18 香、 云云、 已上番 IS 衣香 用, 之」 

一く ぬ-が § 一 降 I くにが ノ條ヲ 見ョ。 

一く ぬが-の-みち (名) Is^l くにが のみ 

ちヲ見 3 e 

一く ぬ-ぎ (名) lis 〔束 雅- 十六、 歴木 「景 

行 天,: r 其 地ヲ、 御木 ノ^ト 名 ヅケタ マ 

ヒシ 一一 因 リテ. 其 樹ヲ、 くぬ き ト云フ * 國 

木ト云 フ ガ如 シ 」(^ 處.^ ) 伊^ 二 テ ハ 、 

くにぎ ト云フ トヅ〕 くの ぎ, - 樹ノ 名、 



ぐぬ も 



高キ ハ 二三 丈-一 及ブ, 樹, 葉、 甚ダ, 栗 一一 

似テ、 葉ノ 形、 細長 ク、 逸 一一 刺 ァリ、 雌く 

ぬぎ ハ、 葉ノ 形-多 ク-ュ ガミ. 或 ハ 、葉ノ 

末- 廣 シ * 雄く ぬぎ " -形, 正 シ クシ テ、 栗 

ノ葉 一一 混ジ易 シ . 共 一一 、冬, 枯 レテ モ落チ 

ズシテ 、春、 新 葉 ヲ生ズ 、夏ノ 初、 葉ノ閒 

一一 花 ヲ生ズ * 粟ノ德 二 似な リ, 雌 ハ .枝 ノ 

上 一一 赏ヲ 結ビ、 秋、 熟ス 、ごんぐり ト云 

フ 、(其 條 ヲ見ョ ) 材堅 キガ故 二 、薪 ト>、 

又、 さくらす み トス。 (其 條ヲ a ョ) 操 

W S 行紀、 十八 年 七 tR: 「到 1; お 紫 後 國 御木 si 

®s 、九 百 七十 丈, 是樹 者、 歷木 也、 天皇 曰、 神 木 也、 

故、 是 國宜, 魏-ー 御木 國ー」 一節 夂) 菜 葉 、十二 一一 i+ 「遮 

色 ノ、. K 河ノ !《ノ 、若歷 木」 字鎮ラ 「蹈、 IT 久奴 木」 

!く Sf ち (名 一 Im; 中 內ー 〔くにの、 つち ノ 

約、 腹の、 つち、 はらぬ ち。 屋の 、つち、 や 

. ぬち〕 g ノ中。 コ クチ ユウ。 コ ク ナイ。 

. 古 m ^/下 (仁德 )- 一 「詔 之、 於- 國 中- 烟不 、國 as 

故、 自 P 今 至-一三 年ハ 悉降; 人民 之 役 こ SJisffir 

五 A「ie シカモ 、カク 知 ラマ セパ、 ァヲ 一一 ヨシ、 (奈良 

ノ) 久奴知 (都ノ 内) 盡、 見 セマシ モノ ヲ」 (亡妻 ヲ悲 

シ メル g) 同、 十七;; j+. 長 iwT 越ノ 中、 久奴知 コトゴ 

卜、 山ハシ モ、 繁 ニァレ ドモ」 (越 中國) 

くね (名) 一 SI 次條 ノ語ノ 下略。 8 河、 

甲斐、 安 lis 、越後)^ 中? S 一一 テ ハ 、! 境 

ノ列 樹ヲ、 いぐね ト云ヒ 、居久 根 ナド、 

書ク。 狂言 isr 瓜 人 「暖モ 立 ヅ 、くね ヲモ 引キ拔 

ィテ ャラ. D-J 

くね-がき (名) Iwsl 〔くねら セ タル 籬- 

チ、 竹ノ をり かけ 垣ガ、 元ナル 名ナラ 

ム 、くべ がき、 くべ ト云 フモ、 音通ナ ル 

ベ シ〕 乂、 くべ。 くべ がき。 略シテ 、く 

ね。 竹籬、 生 離、 ノ 1 名。 飛驟匠 物語、 五 「御 

la ナ. i くね 垣 ノ隔テ 一一 沿 ヒテ、 伺ヒ タル 二」 (大日 本 

國! rag 辭典) 



く. 8 く ::• <tas 四 六 



一く ね-くね • し- シ キ-シ ケレ. シク. シク (形、 二) 

I 拗 一き 心、 甚ダク ネリ タリ。 侯ケ タリ。 

ヒス カシ 源、 七、 紅駕贺 M くねくね しう 恨ム 

ル人ノ 心」 同、 四十 三, 竹 川; や 「laiM 一 レテ、 ヤス 力 

ラズ、 くねくねし き^、 出 來ナド シテ、 オノ ヅ カラ、 

御中 モ^タルべ カメり」 

く-ねつ (名) fl_ 暑熱-一、 苦シム コト。 

クル シ キア ッサ。 蘇 1^ 詩 「苦熱 念 t; 西 a ハ常 恐- 1 

夾無 IfeJ 

タネン ボ (名) 一^^ Fffl 〔印度 語、 Kum- 

la-nef ffis/ 略 「松 村 任三說 J 此果 ハ 、 

夭 正 年中 渡來ノ モ ノナリ 、沖繩 二 テ 尸 、 

くにぶ、 くぬ ぶト 云フ〕 樹ノ 名、 橘-一同 

ジ ク シ テ、 刺、 少ナ シ、 葉-長 ク シテ、 淺 

ク粗キ 剣 ミア リ、 初夏 一一 氣ァ ル白花 

ヲ開ク 、實ノ 形、 大キサ 、柚 ノ如ク 、皮ノ 

厚 サモ、 同ジ、 肌、 細 力 一一 シテ" 熱スル コ 

. ト遞ク 、春ノ 初-一、 皮ト 共-一食 フ、 香氣 

ァ リテ. 昧、 廿駿 ナリ。 禾!! : 澄 治平 金 訓{ 木 

村芥 舟^) 「天 正 十一 年、 京都 ヨリ、 九 年 母ヲ、 S 松へ 

上ス 頃、 南^ ヨリ 渡ルお ie- ュ M 、北^ 氏 直 方へ 

くね y- みち (名) 9_ 舒曲 リタ ル路。 

くね • る. ル-レ -?? レ i 動、 S) ■ S 訓 

菜 二 、 繰 練る/ 義十 ル ベ ント ァリ- 退 

く、 あぞく。 わたり まし、 わた まし〕 

(一) { クネ クネシ クス。 ネ, チケ, 怒ル。 

ス ネル。 名お 幾^、 ィ カル、 ィキド ホル、 ククネ 

ル」 IT 四十 九、 東屋 + 「母 ナル 者モ、 n レヲ異 人ト 

S ヒヮ ケタ, ^事ト 、くねり 言フ 事、 侍 リテ」 盛衰 記、 

廿ニ、 八^ a.-; 宫符 1 事、 太 政 入 3.3 (平? S 盛) 法皇 ノ御 

ヲ 「源氏 ヲ引キ a5 召 シテ、 平家 ヲ マ セタ, マフ ト 

©!H 候ト、 くねり 申ス」 石 《r 三、 上、 第一^ 「老 

ィヒガ ミテ、 くねり m 立テ、 用ヰズ 候」 (二) 

ミ、 力 コ ッ "愚痴 ヲ云フ C 古今 *r 序 「男 山ノ 

昔 ヲ思ヒ 出デ、 女郎花 ノ I 時ヲ くねる 二 モ 、 砍ヲ言 



ヒテ ダナ グサ メケル Js®, 男ハ、 SRS=- デァ, タ 昔 

ノ ® ヲ a 出シ、 女ハ、 g 盛 リノ, 早ゥ ギタ ヲ、 愚痴 

1 一 、クョ クョト 思 フャゥ ナ時モ ■ ミナ、 欲ヲ SS ンデ、 

サ、 心ヲ ハラ シタ n トヂャ ワイ」 (古今 集、 十九、 IS 諧 

「秋 ノ野ニ 、ナ マ/ キ立 テル 、女郎花、 アナ 力 シカマ 

シ、 花モ 一時」) R 衣、 三, 上 15+ 「大 SK ノミゾ 、更 二、 ィ 

ト a 苦 シキ ns-l 思シテ 、殊 一一 ロ入レ タマ ハー T- 夜 ,£、 

gK くねら レタ マフ」 砂 石 《s 、九、 上、 第五 srsr® 

ミ くねり、 打泣キ ナン ドシテ J 運 歩 色 tasi 「恨、 クネ 

マ ガル。 ク ネル。 ゥネク 

r ゥネリ くねる」 



ル」 (三) 折レ. 

レル。 好 曲 「 



くの-え-か-つ (名) 一 ^否 1 くぬ えびう ノ 

條ヲ la ョ。 

くの-ぎ 一名) Iwsl くぬぎ ノ轉。 

ぐ-の 1® (名) IRSI ( 一 ) 整 目 一一 -五 ノ出デ 

タルコ ト。 さいの め ノ條ヲ 昆ョ。 (一一) 

紋所 ノ 名- 四隅 ト、 中央 トー 一- 圈點 ヲ圆 

シ タル モノ。 卽チ、 藝 ノ目ニ • 五 ノ盛ラ 

レ タル 象 ナリ。 (三) 朗 鮮製ノ 陶器-一、 

五點 ノ燒痕 アル モノ。 

ぐの め-なな あ (名 )- 一 五目 a 子 一 形金ノ ® 

子 刻ヲ、 五目 ノ 形-一作 リ タルモ ノ。 

i く-は § ー餓ー 〔くつ 崩 ゆ (くやす) ノ語 

根 十 ラム 力、 はハ -刃ノ 意〕 土石 ヲ-掘 

"鼓 ス具、 頭 ハ鐵製 ニテ 、一局 ク、 內ニ曲 

リテ、 長 キ柄ヲ 添フ。 趣 字 鏡? 「88- 久 

(IK 名抄、 同ジ) 宇 律琛 物語、 藤原 君せ, 殿ノ 人、 上下、 

スキ、 くはヲ ffi リテ、 畑ヲ 作ル」 

§ 一 1 一 〔蠶葉 ノ轉カ ト云フ (贺 金、 

くが ね) く はの 木 ト云フ ガ、 成語 ナ ル ベ 

シ〕 木ノ 名、 國 一一 多ク植 ェテ、 葉 一一 テ 

81 ヲ養フ 、春, 葉 ニォク レテ、 花ヲ生 ズ、 

德ヲナ シテ. 楮 Z 機 一一 似 タリ. 小サ キ實, 

溪リ 生ジテ -穗ヲ ナス、 いち; i4 ノ如ク 二 

ぐの え …: 



シテ、 長シ、 初、 I 円ク、 後、 赤ク, 熟スレ 

パ、 黑ク、 味- 廿シ- くはいち. ぉト 云フ。 

§ 葉ノ 形、 圓ク尖 リテ、 刻 ミア ルヲ、 

眞桑、 圓桑 (白 桑) ト云フ 、厚 クシ テ、 汁 

多ク -S ヲ養フ - 一好 シ。 X、 葉-一、 岐ァリ 

テ范 キヲ、 山 桑- 蓟桑 (鷄 桑) ト云フ 、此 

品、 藥用 トモ ナス。 材乇 亦, 堅ク, 良シ、 皮 

一一 テ、 紙ヲモ 製スべ シ。 神 《s 、上 十 「稚 

S 、此: ass 上、 生 1*8 與 天 saH. 鏡、 七, -「_r 久波 

乃 木」 IK 名 «; 、廿 木 類 「桑、 久 波」 說 K._rs 所レ食 

"蕖木 也」 

一く-は (感) 〔是者 ノ轉- 此奴、 くやつ。 何ガ 

シ、 くれ ガ シ〕 コハ。 n レハ、 コレハ 。ソ 

-.. -ャ ウジ ャゥ 

リャ。 サァ 神 樂欧、 明星 「ァ カポン ハ 、明 星ハ、 

久 肢ャ、 ココ ナリヤ」 (夜/ 閒ト田 化ヒ居 タル 二 、 明ケ 

タ ト楚ケ ルナ リ) 狭 衣、 四、 中, く はャ、 イタ ゥ莫 

很 ミゾ」 宇 冶 拾 通、 一 、十六 條 「今、 來 ナム ト W へパ、 

くは此 ナリ、 地藏ノ オハ シ マス BIK 、ト S へパ」 

同、 十四、 第六條 「袖 ヲヒ 力へ テ、 く は コレゾ コレゾ 

トテ、 引出 デ タリ ケ レバ」 

く は-いちお (名) llil 桑 ノ實ノ 名、 前 

前條ヲ 昆 ョ。 柳 I 



ばい- ゐん (g 一 驅徽院 一 〔徴 毒ヲ 驅りノ 

ゾク〕 毒ノ 病院、 賣 1^ 婦 +ド, 人ル。 

ク -ボ ゥ 

く-ばう (名) 一公 方 一 (1){ォ ホヤ ケ ガタ。 

ォ ホヤ ケザ マ。 八ム 家。 公儀。 朝家。 官 

邊。 貞信公 記、 延長 九 年 三月 廿五 gr 公方 勘 文、 合 

四 枚 、令 11 公忠 朝臣 出陣 定申こ 海人 藻芥 (應 永) 上 「宮 

ノ息 ヲバ、 多分、 宫ノほ 正ナド SIS フコト ァリ、 是レハ 

只、 食 釋 ノ as 也、 於 一一 公方 ハ 更不, IH\Ee*J 也」 (南 北朝 

時代 ノ初ノ a 太 超 二 、 公方 樣ト アル ハ 、 お ほやけ 方 

ザ マ f- ユウ ゴン 

がノ, 15- トナ リテ、 m き 一 云へ ルナ リ) (二) 鎌 倉、 

室町 時代 一一 、幕府 ヲ モ 、公方 ト稱セ リ、 是 

レ ハ 、难、 下 ヨリ、 幕府 ヲ、 官邊ノ 意-一 云 

ヒシ十 リ、: 公儀 (朝家) ヲ 、幕府 ノ稱ト セ 

くさつ 



シト、 同ジ。 謠曲、 鉢の 木、 最明寺 時理、 佐 野 源 *1 

衞 g:i 一 「自然、 嫌 倉へ 御上 リア ラバ、 都 3- ネア レ、 云 

云、 公方 ノ緣. 二 成り 申 サム」 太平 記、 十、 壅飽 入道 自 

害 事、 忠賴 一一 「御! ^〈、未 ダ、 私 ノ《6 ニテ 、公方 

ノ御 恩ヲモ 蒙ラ ネパ 、縱 令、 一 所 二 テ、 今、 -is ヲ棻テ 

ズ トモ、 云云、 出家、 遁世 ノ身卜 モナ リ」 (北條 高時滅 

亡ノ時 ナリ) 同、 三十 五、 luj 勢 重 南方 發向 $ 大名 I 二 

十餘 人、 云云、 公方 ノ偶 促ヲモ 招待 タズ、 我 レ先キ 二 

ト、 天 王 寺へ ゾ向ヒ ケル」 (足 利 義詮ノ 時 ナリ) (三) 

足 利義満 以後 ハ 、專ラ 、征夷 大將 軍ノ稱 

ト ナル。 富 士御覽 記 (永 享) 「公方 樣、 富士御 Ea-K 將 

軍 義教) 康富 記、 德 元年 三月 「自 Is 镇 sr_ 使 tS; 

13, 被 ー# 究 一之 由、 被阜 一一 入ほ奏 S 、被 一公 方 一」 

同、 二 年 七月 「公方 樣御直 衣 也、 云云」 (將 軍義 政) 堪 

補、 下藥 is お 文) 上、 人倫 門 「大樹 將軍、 云 1 一公 方-也」 

合 類 節用集 (元 綠) 人隐 「公方 家、 鹿 苑院鼓 公、 准- 1 

攝家 一之 後、 將軍家 二? 爾」 ^尻 (享 保) 六十 四 

「足 利義痛 公、 蒂家ノ 御 准 子 トナラ レシ 故、 公方 家ト 

稱セシ 、云云」 

く は-がた § S ニ角ノ 形, 緻ヲ倒 

サ マ 二 立テタ ルガ 如シ、 勢ヲ 加へ 二 寄 

セテ付 クルナ リト 云フ、 蝦夷 ハ、 鍬形ノ 

如キ モノ ヲ、 鳅ぎト 稱シチ 、祈禱 ニ用キ 

ルト 云フ〕 § ^ノ 目庇 ノ 上-一、 雙 ノ角ノ 

へ 其 端、 外. へ 反ル、 中閒 

,立 物ヲ 立ッ。 *1SH< 平 記 

(北 條家 南都 本) 三十 二、 山 名 父子 背 11 ほ 氏 i 「長 山、 

洗革ノ ノ、 マ ダ已刻 ナルヲ 著テ、 徑リ 三尺 許 ナル、 

大日 ノ丸ノ 打 タル、 錢形ノ 免 ノ緒ヲ シメ」 

一く-はく (名) s_ 琥珀 一一 同ジ- 其條ヲ 

5。 

く-ばく (名) ー瞿麥 I ナ デシ コ。 

一く は-あ (名) S 〔桑 ノ葉ヲ 食 ヒテ育 

ッ 意-子 ハ 、稻: ^、蒲 德あ、 ナドト 、同 趣ノ 

語 力、 或ハ、 蠶/ 義カ〕 蠶ニ 同ジ。 謹 

*r 十二 t- 「ナカ ナカ 二 、人ト 1^ ラズ ハ 、(ァ ラム ョり 



如ク立 ツル モ" 

一一、 龍 頭ナ ド- 



ハ) 桑 子 ニモ、 成 ラマ シ乇 ノヲ、 玉 ノ雜パ カリ」 天 冶 

字 鏡、 八 § 小邀 SI 字 二、 虫 偏 二 紫 ノ字ニ 「久波 古」 新 

六帖、 五 「錢河 ナル、 富. H ノくは ぁノ、 新 綿ハ、 高 ノ 

雪ノ、 色 ニ似ル ラシ」 

、は- S (名) ^ 



I 〔木-一生 ジテ、 瘤ノ如 

シ〕 桑 ノ樹ー 一生 ズル、 さるの あしかけ。 

クヮ- ,サキ 

く は § 一 娥先ー 蜋夷ノ 持チ傳 フル、 

宠ノ鍬 形 ノ如キ モノ、 病氣、 災難, ヲ祈 

禱スレ パ 、奇特 ァ リト 云フ。 (東 遊 記、 後 

篇、 五) 

クヮ- ザ ケ 

く は-ざ :3 (名) S 桑ノ實 一一 テ釀 シタ 

ル酒、 味、 略、 味酣 一一 似テ、 芳烈 ナリ、 丹 

波 ノ船井 郡べ 木 町 ノ產、 名 ァリ。 ^ ^政武 

鑑 「細 川 越 中 守齊兹 時獻上 (正月) 桑 酒」 

ク! r • シ 

一く は • し- シ キ-シ ケレ. シク -シク (形 三) 

〔くす はし ノ 中略 ナラ ム (奇 し、 

r6、 ふさ dO 假名 遣 ハ , く はしめ ノ條ヲ 

見ョ〕 スグ レテ、 美 シ。: ^ナリ 。「名く は 

し」 花く はし」 香く はし」 く はし 妹」 

クウ • シ 

一く は • し-シ t シケレ -シク -シク (形、 二) ー委ー 

〔前 條ノ語 ノ轉〕 (一) 事、 細 カナリ。 ッ 

ブサ ナリ。 ッ マ ビラ カナリ。 糊 細 委 

g 名義 抄 「委、 子細、 ク 〈シ」 白 氏 文集、 十二、 婦人 

苦 「爲; D 委" 曲 一?: U r 文 翁、 く はし」 調べ、 く はし」 

(二) 事ノ 意義 ヲ辨へ テ、 明 カナリ。 精 

名義 妙 一 ST ク ハ シ」 「遂ニ く はし」 藝 一一 く はし」 

く は- た (名) S 〔緻 ニテ掘 起ス閒 

ノ 意ナル べシ〕 荒 地 ヲ開? ^シーア-全 ク 

ノ田 トス ル期 閒。 其 間、 地目 ヲ變 換セ 

ズ、 納租 ノ徵收 ヲ猶豫 スルコ ト 數年ナ 

ルヲ、 鍬 下 年期 ト云 フ。 

くば た-ねんき (名) 一 s^ffl 前條ヲ 



7 スサ 

し。 多 



く はし 



I く はし 

San- 

一 <Ji しほ あ-ち-た 5. の-くに § 一!^ 

足 Si 〔くばし つ 美ムル «r くばし (微 

妙)/ 條ヲ la ョ, 上代 ハ、 矛ヲ杖 トシ テ 

道ヲ行 ケリ, く tt しほ ぁハ、 道ノ; rt 詞 

aft 梓の sa, 同ジ) 其道ヲ 、千-一 移 シテ、 

千 足 二 力 カルナ リト 云フ、 千足ト ハ ,g 

カス 事 ナク- 足 フ教ト 云 フ, 百 千 足ト モ 

云 ヘリ〕 n 本 E ノ美 稱。 *SS5T*1, 伊 s 

+ヅ , ャ,トハ ク ハン ノト 

18 算、 an-l^ar 曰 一 :B 本お、 B 戈 千 足 H -」 

* 'ヮシ メ ■ ■ 

一 <$3 し, め (名) 一き 女 I 〔く はし 0^ 妙) ノ 

條ヲ: ョ〕 ウル ハシキ 女。 古 * お-上 iu 十 

八, ^千: lis? SI/B 二 、 云云、 久*^*志資ヲ、ァリト 

S シ テ、 サ ョバ ヒー 一 ,ァり 立タ シ J assraar 七 年 九 HJ、 

ぉ&, IW 日 ノ騮- 一, 、俱 asfiss ヲ. ァリト B キテ」 |» 班 

歲、 十三 ¥s &、 M 妹」 

?フ, ス 

<tt* す- スル -スレ 4. セ. セョ SS 、下 二) I 食 一 

〔食 ふノ 4;^ 然形 ノくは 二、 使役 ノ助勋 

/ す ノ附キ タル 十 リ、 成 Si ト a ル、 <d{ ふ 

ノ- くら はする ト 同ジ〕 食セシ 

ム。 クラ (ス。 枕 草子、 五、 五十 段「赚 SS ナド 

シ, テ、 S く はせ タ- -」 (二) 銜ミ、 恃タ シム。 

* 昨へ サス. - ssr 五、 W 脚 SSTB 二く は 

せテ, 洲 Hs-lt- テ タリ」 (鋒 物 ナリ) (三) 受ケシ 

ム。 クラ ハ ス。 食ふノ (五) ヲ a ョ。 S 

HKOTC 和、 安 》 魔 策 傳) 1, ハ お ヲく はせ、 9 ン XB ン 

ズ 次 ナカ リツ ルガ」 「WB ヲく はす」 a るノ S ト 

ナル )4i 資 ヲくは せる」 9 二 swll (四) 編ヲ受 

ケ ジム。 ァザム ク o( く はせ 物) 「一杯く は 

す」 sail B- 一 * セテ 云フナ り) 

*■ 了ス 

一 <tt* す- スケ スレ. セ-セ -セョ fis 、下 二 I あ 

〔かふ (S ノ i ノ, か はする/待- か 

がまる, くぐ まる〕 交シ 含フ。 «ass、 

二、 下 ns ド 二目 ヲく はすれ パ、 走り » りテ」 (目 



—<« す 

交) S く はす, 出く はす, ノ條 ヲ併セ IH^ 

クヮズ -.1 モ 

く は, ずい も § T 貪 芋 一 いしい も-一同 



-s^t f,) s 〔激 鋤ノ義 力〕 草 

取ノ HT 錄 ト云フ ニ同ジ カルべ シ。 字 

«flt「tt、G 也、 久 SS? ま」 同 s+「《a、 除, 草 K 也、 

久 K. 力 支 一 H£s 「边 ST 組 也」 



く は-ず, -Ha (名) 一 食 嫌! 物事 ノ、 S 

ヲ陆 ハ ズ シ テ、 タダ、 嫌フ コ ト。 

くばせ-もの (名) S 〔く はす ハ、 i す 

十リ- 其條ノ (四) ヲ a ョ、 己 レガ利 トス 

ル物ヲ ,食 ひ 物 ト云フ ョ リ、 他 一一 不利 ナ 

ル物ヲ 、食 はせ 物ト 云フ〕 ダマ シ物。 

一 1 セ モノ 



一: く は ふる <*) S く はす 2) ノロ 語。 

ク 〔 ゾメ 

おめ (名) S 〔桑 ノ材ノ 色、 淡 焚 

ナリ〕 染色 ノ名、 贫ノ、 淡キ モノ C 好色 

一 代 B? 一天 和、 西 is 五 n«ffi~ ノ木線 足 《1」 

クヮタ 

く は- *i § 〔桑田 ノ訓 ナルべ 

シ; - クハバ タケ クハ パ ラ 夫 木抄、 廿 I 二 

「海., g ノ、 三 タビく はた 二、 ナルヲ 見シ、 人ニモ マサ 

ル、 君ガ K ム世 ハ」 神仙 W 「東海 三 rtslissJJ 

ク ヮダ. ッ 

一く は- プル, ヅレ. テ 丄て テョ (他& 、下 二) 

I 〔足扯 立つ ノ 中略 (i 狙 ふ, うか 

ねら ふ-」 ^し V. みつく-か しづく) 馬ノ 

後脚 ノ 曲 肘ヲ、 く は ゆぎ ト云フ モ 、足趾 

歩 ノ約略 ナルべ シ〕 二) 鍾ヲ 立ッ: 躍 

ヲ * グ。 ッ マダ ツル 。セ ノビ ス ル。 麵 

anp. 上 《rl4,s«?l<r お 而及, 之 Jar お、 舉 k 踵 也」 

» 害、 swelBW 企 IS さ RJ 正 sr 企、 暴, 觑 p 



也 1 B-5 方、 廿 .VST 「男 夫 勿 p& 一一 井中 乂 r. 古大 s」 

(二) テテ 望ム意 ヨリ sr シテ、 爲遂ゲ 

ム ト、 思ヒ立 ッ-、 モ クロム。 企圖 班、 S 十 

九、 東屋 力 シコク 思ヒく はだて ラレ ケレ ド、 モ ハ 

ラ本 s 想ナ シ 」{ 是レ " 、敏 立つ 一一 テ、 土. 1*-/ 敏 W ノ S 

ノ語ナ り ト云フ 說 ァレド 、イカ ガ) 

クヮ ダナ 

くば だて (名) I 企 一 ク ハダ ツル コト。 思 

ヒ立ッ コト。 モク ロミ C 企 園 十 訓抄、 中、 

第 六、 十七 iKf Si 永 ガ身ヲ 資シ 志、 ^;£ガ子 ヲ埋ム く 

はだて、 トリ ドリ 也」 

クヮ ダ. ナ^ 

1: く は-だ • てる (勤) 111 前前 條ノ語 ノロ 

語。 

ク o - ヅ i 

く は-つみ (名) 8_ 養 《_~ノ タメ-一-桑 

ノ葉ヲ 摘 ミ採ル n ト。 义-其 人。 採 桑 

ク ヮ-ノ -* ド 

く は-の. かど (名) 一 桑門 I 〔桑門 ノ 文字 讀、 

ま條 ヲ見ョ 、桑の 烏、 同ジ〕 又、桑のト^11。 

沙門-一同 ジ C 僧^。 夫 木抄、 三十 一、 «_r 巧 「力 

ラ クシ テ、 人 リシ へ 何ゾ、 1« の 門、 道ノ A ョ、 ゾノシ 

ルシア レ」 同、 同「«2 キコ モル、 く はの ど ざし ノ、 老 

ラクョ 、コ ハイ カナ レャ、 哭ノミ 泣 カルル」 

t ヮノ トザシ 

<U.^.V^^L (名) ー桑^1|ー 前 ヲ兒 ョ。 

ケ r ノユ -t 

く は-の-ゆみ (名) 一 桑 nl^ 一 さ、 r > J まう あ 

(桑 弧 蓬 矢 ブ條ヲ 見ョ。 

クヮ- ハジメ 

くば-はじめ (? 一新 初 一 〔錄 一一 テ- 地形 ノ 

基礎 ヲ作 ル〕 土木 建築 ヲ始 ムル 儀式。 

慶元通 S3 、下、 SK 十九 年 三 ほ 廿ー曰 「ほ E ァ、 城ヲ 

取ル 二 - •© 初ト云 フコト ァリ、 高 田 ノ^ノ 36 初;;、 城 

a 泉 守 W 、今一 人 ァリ, 畏裕、 小刀 一一 デ、 敏ヲ 取リ、 

5^曳應メ»-ヲカケテ、打始ムル也」 旗 山 公冶 家 1^。!!* 

(伊達綱宗/ 代/記 錄) 江戶 小石 川 一 a 冶 三年 

K1SS?H 、吉日 一一 S テ 、敏初 ァリ」 

クワ. バタ ケ 

く は-ばた け 一名) 一 §ー 桑原。 ク ハタ。 

養 "'楠 付 ケォク <s 地。 n 



v.lf は :… く ひ 



B< 



く は-ばら (名に 一, is 前 條ノ語 ノー 名。. 

ク ハ气" 桑田 新 六 帖.. 一ハ「 吾妹 H- ガ ノ -iu 

S ノ、 *8 多ミ. アマ タ. >C メ ヅル、 IB ノ IKK レ 

ク ヮ ■* ハ ラ 

くば」 はら (名) 一- 原 一 〔菅原 家 听頜ノ 地 

名ナリ ト云フ - 大和. 和 泉. 攝津、 近 江- 其 

他 一一 ,桑原 ノ地, 多シ、 一公 家 衆 一一 桑原 氏ァ 

リ、 菅八 ムノ裔 ナリ〕 雷鳴 ノ時 一一 唱へ テ、 

雷 落ヲ避 クル ヲ得 トス ル呪 語。 狂言 記、 

神 鳴 「 かみなり ガ鳴 ルヮ、 恐 シャ、 ォゾロ シャ、 et ば 

ら、 く はば.;^」 S 山雜 5SSS) 三 「藥原 ト云フ 所へ、 

昔、 菅家ノ 知 シ,^ シタ^ ほナ リ、 廷 長 / SS 、其 後、 度 

度、 S ノ落 チタ リシ 時、 此 桑原-一 ハ、 一度 モ g チズ、 

s ノ災 ナカ リシ トカ ャ、 n レニ 因テ、 京 中ノ兒 女子、 

いかづち.,' 4? ル時ハ 、桑原、 05 ト云 ヒテ、 呪 シケル 

トナリ 1 和 泉 名所 B さ (蕙 政) 一一、 泉 北 、桑原. 井 

二、 昔シ 、雷 落 チ タリ、 人人、 躉ヲ MS フ、 雷、 S ヲ立テ 

テ、 永ク、 此地 ニ落ヅ マジ ト云 ヒシ カバ、 放 テリ、 因 

リテ 後世、 SB« ノ時ニ 、 桑原桑原 ト 呼べ パ 、雷、 此地 

二 落 チズ ト云 フトァ り。 沖繩 一一 テ ハ 、桑の 木 

の 股: r 云フ. 雷ず ァ、 桑樹ノ 上-一 落チ, 其 

股-一 挟 マリ テ死 セリト 傳フ。 (古琉 球) 

クワワ • ル 

く はば *る* ル-レ -I 了? レ (自 *!、四) 一 加 一 〔く 

はふる ノ自 動- よす: た ふる、 よ 十:: たは 

る。 を ふる、 そ はる〕 (二 { 物-一、 物、 

フ。 へ 址シ 人ル。 殖ュ。 古今 集、 一、 舂、 上、 s« 

生 二、 月 ノア リケル 年、 誌 ミケル ras 花、 春く はは 

れ .Td. ダ 一一 モ、 人ノ も- 1、 飽 カレ ャ ハセ ヌ J (二) 

{ 其 列-一人 ル. - 赛. N 孝 iss 、大化 元年 九 05 「吉 

野 古人 皇子、 與 1 一 蘇 我 田ロ臣 川^^ 一 謀反, 臣 預 一一 

其 徒 こ (三) 覆ル C -I 加& き」 

グ ワイ 

ぐ-は ひ (名) 一具 合 I 工合 一 〔くひ あ ひノ約 

ト云フ 、元 ト, 出来ぐ はひナ ドノ 上略 一一 

テ、 蜀 ルナ ルべ ン〕 (二 物事 ノ、 組ミ立 

ル狀。 構成 (二) デ ァヒ。 ハ マリ。 

f (三) ァ ン パイ。 加 滅^ 調子。 程度 



く は-びら m s 〔鰍 鏘ノ轉 (w き、 

か はび。 0^ 放 、くそへ) ^名抄 、十五. 

耕具 「^、,,- 田 器 也、 辧、 犁耳 也、 閉良匕 

二〕 鍬ノぉ 一一 ッケ タル 鐵片、 柄 ノ端ニ 

曲リ ツキ タル コ ト、 足首 ノ如 シ。 si 

新-お g^fpa 「足 如 一 ;® 枚 一」 (宇!^ 保 物語, 俊 足手ヲ 

見 レバ、^、 鰍ノ如 シ」) 太 i 隆寺牛 祭 祭文 (sg 心 

^都 作 卜 傅フ〕 「久波 比 良 足 二、 e-csl 高ヲ絡 付」 (共 

二、 足ノ 大ナル II ツキ ヘル 力) (二) 轉 ジテ、 

足首 ノ 異名。 踵 ヨリ、 爪先 マデヲ 云フ。 

足祉 |5^海^3名所„?"(^3冶)三、西坂ー,御|1;+臥デァル 

ペイ 一一、 おく は, ひら 出 シメサ レイ、 ,叩 ケ マウ サゥ」 

(下野 レノ 下女 ノ詞) (si っノ條 ヲ併セ 見ョ) 

クヮ • ゥ — 

ぶ. フル. フレ. へ-へ-へ ョ (他動、 下 二) 1^1 

麵 〔咄介 ふる ノ約、 玉篇 「唾、 大結 切、 

凝 也」 正字 通 「凡 口 AriK 物 曰 レ銜匕 上下 

ノ齒ーー テ、輕ク喻ミテs^^ッo クフ。 源、 

三十 二、 m 枝 「筆ノ 尻く は へ テ、 思ヒ/ グ ラシ タマ 

ヘル 狀」 盛 lap/ 廿、 石 ei 台 職 鞘 尻ヲく はへ テ、 

拔 カム、 拔 カム トシ ケレ ドモ」 

ク了ゥ , 

フル- フレ- へ-へ-へ ョ (他動、 下 二) S 

(1 ){ 物 二、 物ヲ 添フ。 增ス。 ッケ タス。 

ス C 级、 五一-一 ャ長欧 「マ ス マス モ 、^キ 馬 荷 

二、 上荷 打ヅト 云フ、 n トノゴ 、ト、 老ィニ テ アル、 我 

ガ身ノ 上 一一、 病 ヲラ、 (ナド ) 加 V テア レバ」 名義 抄 

「増、 ク ハフ、 マス」 同 「加、 ク ハフ」 (二) {人 人ノ 

中 一一、 列 ラシ ム。 窗列セ シム。 源、 十八、 

松風 S 大井ノ 宿 「搭 フべキ 所所 ノ ffi、 今、 く はへ タ 

ル家 E ナドー 一 仰セ ラル」 ニニ) { 注ギ、 入ル。 

ツギ ィ ルル。 土^日^^/十ニ月廿九日「履蘇、白 

散、 酒、 く はへ テ持テ 來< ^リ」 證心 方、 十七; Jj 治 折、 水 

®*w 方 「猪 脂 和! 或 小 與, 隨」 (四) ホドコ ス。 

ァテ ガフ。 與フ。 狂 香 ST 姐 糊 「此成 ハ 、折 ぼ 

ヲく はへ ゥズレ ド乇、 力 サネテ 、折^ ノく はへ ゥズ 

ル」 「^^ ヲ加 ふ」 怠 見ヲ加 ふ」 

ク ヮ ェ I 

<tt へ (名) 11 一二) クハ フル コト。 塘加。 



く は ひ …: く はへ 



(二) 酒 ヲ盛ル 器、 跳 チノ 酒 ノ減リ タル 

、注シ 加 フル 一一 供 フル モノ。 「跳? 加」 

く はへ- ギ セル (名) isl 烟 管-一手 

ヲ添 へ ズ、 吸口 ヲ 1! へ テ、 烟草 ヲ吸フ コ 

ト 。 不膀ナ ルコト トス。 St 世 床 (文化、 一一 一 

§ 二 ETIB: 「舟 師、 ヲ 取テ、 SS ヲ鼓 テ去ル J 

クヮ • ェ * 7 

:!: く は, へる (S く はふ (so. 又ハ、 ぐ はふ 

(加) ノロ 語。 

クヮ- マユ 

一く は-ま^ (名) li^ 菌 桑ノ樹 一一 自生 スル 

認。 山 蘭 ノ頹。 桑蠶 mijsr 十 SH 「筑 波嶺 

ノ、 新 具 波 麻 欲ノ、 衣ハァ レド、 君ガ 御衣 シ、 アヤ 一一 

着 欲 シモ」 塞注^^名抄、六ぼ+f桑ーl、嫁、^s^^上ーl、卽、 

«1 怨也、 久^ 万 由」 ts5 代^、 雜、 六 「引 ク人モ 、舰 i クテ 

ャミ ヌル、 く はま ゅノ、 イク. ッラ 乇ノハ 、我ガ 身ナリ 

ケリ」 

一く は-ゆ さ (名) 一 烏 @ 一 〔足 趾步ノ 約 略 一. 一 モ 

ァ ラム 力、 E つ モ 、足趾 立つ ノ略 ナリ〕 

馬ノ 後脚 ノ曲 肘。 からすが えら ノ條ヲ 

見ョ。 倭 名抄、 十 一 七 牛禹體 「烏 頭、 曲 肘、 久波 由岐」 

クヮ, ュ a 7 

i:^ く は *沙 る (動) く はふ (^)、 又ハ、 く ほふ 

(加) /誤。 S^J 步色葉 啜」 

クウ- 3 ボ . 0- ■ r. r 

一 v^- よ ゆろ (名) 一敏 丁 一 官 ノ 御田 ヲ作 

ル 二役 ハル ル丁。 安閑 紀、 元年 十月 「以 „i 顆波 

屯倉與 一一 毎, 郡鈸 丁; 給 1 ー既宅 嫂 こ 同、 IS 十二月 r 大 

河内 直 味 Eg 、云云、 毎, 郡以 1; 越 丁; 春 時 五 百 丁、 秋 時 

五 1H 丁、 奉 ilEl 天皇 こ 

j く は あ • つ. ツル. ヅレ. テ ,テ. テョ (他動、 下 二) 

S 次 條ノ語 一一 同ジ。 m 中紀、 五 年 十月 

「MS 分 II 寄于 神^ ハ車 部 1^^^- 取 之 一 J 

くば. 0-0*く* ク, ル, クレ, ケ • ケ. ケョ (他励、 下 二) 

1^ 附 I ク パリ アツ。 ヌリヮ タス。 配付 

: 一: くば ける § S 前條 ノ語ノ 

く は. sa 



口語。 

もの (名) S 人人-一、 分ケ贈 

ル物。 多 クハ、 祝儀、 謝禮ノ 贈物-一 云 

フ 「彼岸 ノ くばりもの」 

く is*s- ケレ丄 フ-リ -レ (自動、 四) ー顯 「〔燒 ぶ、 

く ベら る、 約 マ リテ、 四 段 二 活用 ス ル モ 

ノ、 敎 へ らる、 を そ はる ノ例、 其 條ヲ見 

ョ〕 火 二 入 リテ、 燒 クル。 女 殺 油 地^ S 

保、 近 松 作) 下 「油 壁 N ァ、 火 二 くばら ゥガ」 「綿 ガ、. ^ 

二 くばる」 

くば.. るん. レ. ラ.? レ (他動、 四) I 配藏 I 〔分 

る ト通ズ 、隱 る、 なまる〕 (一 ){ 分 ケテ、 

與フ。 銘銘 一一、 割 リク タ ス。 配分 ス。 字 

鏡 i 「顿、 以" 財 施 ^ 於 1:^ 尼 一也, 久 波留」 宇津 保 物語、 

竊開、 下 f 「心 二 シタガ ヒテ、 人人 二く ばり タ マフ 

ナム 侍 リシ」 (二〕 { 遍ク、 行 キク タラス。 

枕萆子 、十一 一、 百 五十 五段 「目 ヲ 配り ヅヅ 讀ミヰ タル 

n ゾ、 罪ャ得 ラント 覺 ユレ」 「心ヲ くばる」 (三) 

{ 綠ヅ クル。 力 タヅ ケル。 令 嫁 1^ 四十 

九、 柬屋ーニ「娘^;^カリ、 云云、 动 (前 妻) ノ腹ノ 二三 人 

〈、皆、 サマザ マ 二く ばり テ、 ォ卜 ナビ サセ タリ」 , 

(四) ソレゾ ヒ適當 ナル處 一一 置ク。 配置 

「兵ヲ 配る」 字ヲ 配る」 

ク ィ 

くひ (名) S クフ コト。 クラ マコト。 

狂 言記 、合 柿 「婶ヲ くひ 二 行クト コ 口 ヂャ」 

ク ィ 

くひ § K 〔嚙. S ブ義- ーテ、 地 一一 喷 

ひ (食 ひ) 入ル意 力、 崤縱ト 同義 ナルべ 

シ、 支柱 ヲ、 す W (助) ト云ヒ 、權モ 、措き 

ノ音便 二 テ、 水ヲ 损きャ ル意ナ ルト、 同 

趣〕 (一 ) 長 キ材ヲ 、地 二 打 込ミ、 或ハ、 

埋 メ立テ タル モノ 古 記、 下 (尤恭 ) 51 長^ 

「上 ヅ瀬ニ 、頸 久比ヲ 打チ、 下 ヅ瀬ニ クぉ 久比ヲ 打チ、 

^久比 二 ハ、 镜ヲ カケ、 眞久比 二 ハ、 玉 ヲカケ 」 天 

治 字 鏡、 七 一一 「3C 、久 比」 (信 名抄、 同ジ) 「栅ノ 示 

ぉ」^ノ5^.^3^」網代ノ3^」 (二) どきの くひ。 



くひ 



(ビ きの ふだ ノ條ヲ 見ョ) 枕 草子、 十一、 百 

四十 五段 「時 ル、 云云、 時の くひ サス 音、 云云、 ス 

ぺテ、 夜 ノミゾ 、くひ 〈サシ ケル」 

クイ — 

S § S 〔くひ ぜノ 下略、 お ほ まへ 

つぎみ、 お ほ まつぎみ〕 くひ ぜ 一一 同ジ。 

樹ノ 伐诛。 徒然 荩、 EI 十五 段 「根 ノア リケ レバ、 

キリ クヒ ゾ 

切 杌ノ^ 正 トイ ヒケ り」 「刈リ くひ」^ リ くひ」 

ク ィ 

S (名) 〔食 ノ義、 皮 中 一一 食入ル 

意ナ ル ベ シ 、前前 條 ノ 語原 ヲ見 ョ〕 牛 

馬 一一 ック蛇 接 名抄、 十 一 七 牛馬. お rsns. 在 一; 牛 

馬 皮 中ー蟲 m 、久 比」 字 3 ^^蝶、 ク ヒ-ゥ シノシ ラミ」 

ク ィ 

S (名) M くく ひ ノ條ヲ tiR ョ。 

V- ひ (名) 區ノ 經费。 

<^ § 圖 〔四み ノ約 (倭訓 菜) 陰門 ヲ 

つび ト云 フモ、 窄 み/約 ナリ、 後く ぼ、 

項の くぼ 、ぼんのくぼ ノ名 モア リ〕 ( 一 ) 

{ 頭ト、 體ト、 細ソ ク接ギ 合フ 所、 前ハ喉 

ニテ、 後ハ ぼんの くば ナリ。 H リク ビ。 

クビ. 不ゾ no 神代 紀、 上 g 「頸 所^、 五 百箇御 

統 之證」 名抄、 三 一頭 面 類 「頸、 頭 壁 也、 久比」 「頸 

ヲ 斬ル」 斬 ラルべ クシ テ斬ラ レズ、 存ス 

コトヲ 得 タル ヲ、 頸 を 繼ぐト 云フ。 盛衰 

IS 、六、 大納 S 音 立 1^ 「小 松ノ內 府ガ、 頻ニ欲 キ&ス 

二 依テ、 云云、 頸を燈 ぎ、 大國、 莊^、 ハ リ」 

斬首 ニナ ルヲ、 くびになる ト 云フ。 薩糜 

歌 (元綠 、近 松 作) 下 「此 源五ガ 房サ スト 云フ I 言、 首 

にな ツて モー 一一 13 ス」 綠切レ 一一 ナリ、 免職 ニナ 

ル ヲモ、 くびになる ト云ヒ 、免職 一一 ス ル 

ヲ、 くびにする ト 云フ。 鑑レ テ死ヌ ル 

ヲ、 くび を 括る、 くび を 吊る ト云 フ。 

(11) 物ノ、 額 ノ形シ タル 所 「手くな」 足く 

び」 德利ノ く, ひ」 

くび (名) 一首 一 〔頸 ヨリ 上 ノ部ト 云フ意 

ヨリ 移ル〕 カクべ。 カシラ 。ァ タマ。 



くひ S お 



くひ 

tHK«%fl、wa r 求. * テタ テマ ヅ ラム 二 、s 接 

シ マサ ズパ、 くな ヲモ iSM フム」 si 、九 、文治 五 年 

九::!; 六日, 被 ^1»ー1 泰衡首 こ S1E 首) nassj くび 

が S ちろ ト云フ ハ、 斬 リ落サ ルル ナジ。 

4Z ヲ g ケテ考 フル ヲ、 くび を ひねる ト 

云フ。 かぶり. シ テ否ム ヲ、 くび を るト 

云 フ 。 金錢 キ テ 、-か ぶり モ振ラ レズ- 

否モ モ官 ハ レズ ナル ヲ, くびが ま は 

らぬト 云フ。 

一 i lill OK ヲ圃ム 所 ノ義〕 衣 

のく び、 衣の くび/略。 k( 1 ) ノ. 5n。 

天 iG?i.a,E;v.:: 、衣 is^dgs- 乃久 比」 i 抄 「免、 

クビ」 【大 sfe 曲」.^ SSJ 

ぐ-, ひ (名) lil 十分-一、 ハルコ ト -S 

K 、;: .0 刑 iris 迈&、 6聽11 五 R こ 

ク い- ァ, I — I ?スギ 

くひ-あけ § マ J 上 I 糊 ロノ 道 ヲ失フ n 

ト C 1 ^ガ、 千上ル コト、 Rt 世 床 5 化 、一二 K) 

SB 、下: fs^, 云云、 ォソカ a ノ! WI8 守 二、 ls£& デモ 

サセ5-スト、.>レコゾ、^1^£ノ*«上げダ」 

クイ ァ:; • ス 

くひ-あは • す- スル- スレ • セ-セ -セョ Iws 、下 ョ 

一 續<.3 〔く ふ (S ノ條ヲ a ョ〕 二), 3 

ヲ、 クヒシ パル C 宇治 ^£通 i!rfs. 四お、 a 守、 

B 入 レズ シチ « 出ス 「けいた、 ゥ&- a ヲ くひ あはせ 

テ、ま»ヲ»£ミチ^,-ル、云云、メシカへセ、メシカへ 

セト 叫ブ」 (一一) 被 疾ナド 、身ト 接 ギ合ハ 

セテ、 ハ メル。 

, ィ .>%-c . ス 

くひ, あは ,1? スケ スレ. やセ. セョ fis 、下 5 

き 二. £ヲ、1:1 暗 一 5 フ。 

クイ ァ "■ t 

くリ あはせ (名) S な ヒア ハス ル n 

ト C 1 i 种ノ <:!; 物 、<:! ハ セテ <d! へ パ 、腎 

-I 卞: ァ リト; Kf 物ヲ. 共-一な フ n ト。 »- 

ノ 1 ト 梅干- WTW ノ K ナドヲ 云フ。 

靡 sffiar 十 I _0.*^&8:«11!<、合《__«日11|、任-;藥殿 



クイ 了 ィ _ ? . 

くひ あ ひ (名) I 喷 合一 喷 ヒ合フ コト。 力 

ミア ヒ C 「犬ノ くひ あ ひ」 

クイ- ァ-ゥ 

くひ-あ • ムラ-へ 人 さん (自動、 a) I 嚙 合一 

〔く ふ (^ブ 條ヲ a ョ〕 ( 一 ){ 互 ニ^ム。 

二 へ ゥ ゾクヒズヒテスレタ戽ニ 二 < 

な Masss. 山き 二 狼 S B 血」 (二) 披 

蓋 十ド、 身 ト接ギ 合 ヒテ、 ョク ハ マ ル" 

クイ. イダ. ス 

くひ-いだ • す § & 齓 カブ リイ ダス。 

咄 出ス。 く ふ (SJ ノ條 ノ( 一 ) ヲ a ョ。 

クイ-イジ 

くひ-いち (名) 意地 一 强ちァ 、食 ヲ 貪 

ル心。 ィ. チキ タナキ コト。 クヒ シンパ 

ク。 鑾 

^^-かき-がたな § li^l C 敵ノ預 

ヲ 5§ 切 ル義〕 通-一同 ジ。 室 & 

時代) 「K 刀、 首 かき 刀、 長刀、 小 反 刀 n-ffi りチガ へ 、 

ノ JSSB 二 シメヅ ケテ」 

クイ-力 ケ 

くひ, か :6 (名) ^£ ク ヒサ シ。 食物 ノ 

一 部分 ヲ<=5; ヒテ、 ヤメ タル モノ。 クヒノ 

n シ." S «i: 世 床 (文化、 三 馬) 初 wr 下 「抉 力 

ラ、*?^?ほ芋/なかけヲ落シャシタ」 

<ts- かざ 5- (名) 觀ー 頭髮 -ーッ ケテ、 

飾 トス ル物。 接、 插花、 櫛、 簪, ナド。 

; かし (名) 00 柳 ノ條ヲ 見ョ。 

くび-かせ (名) S (一) 前條 ノ語ノ 

轉、 かし (枷) ノ條ヲ a ョ。 (二) 針。 テア 

シ マト ヒ。 係 架 謠曲、 天 5ST 親子 ハ 三界 ノ首 

かせ ト」 「子 < 一二 界ノく なかせ」 

ク, 1 -ft . 卞ル 

くひ-か • ねる-ネル i レ-ネ え i ョ (自 6r 下 f) 

一. 一 糊口 シガ タク ァ ttv。 食フ |ー n マ 

ル。 生活 二 ス。 今宮 心中 「3 永、 お 松 作) 上 

「& 兼メ 》f 代、 1.C キヲ レバ 、おお ガ 果報」 

< かみ (名) lill 〔讓ノ 約、 崎喺、 

さくみ。 屈る、 うづく まる。 かくば かり、 



くひき , 

かば かり〕 コロ モノ クビ。 キヌ ノク ビ。 

衣ノ 襟ノ、 頸、 喉、 ヲ廻リ 圍ムャ クー 一作 

レル モノ。 其、 圓 クシ テ、 輪 ノ如 キヲ、 

ァ y クビ ペン リ ャゥ ヱンゥ ャゥ 1 レ ヒモ 

上 節, 义、 盤 領、 圓 領 、トー H フ、 入 紐-一 

テ止ム 、抱-お 衣- ナ ドノ 襟、 是 レナ リ。 

喉ノ 下, 稍, 方形 一一 テ、 胸 紐-一 テ結 ブヲ、 

垂領、 ズ、 方 II トー H フ 、直 垂. 水 千、 素 sr 

ナ ドノ 襟, 是 レナ リ。 aa 、九-! «老 七 年 八 ほ、 

文 武官 人 一 衣 a«k 制、 云云、 S 曲 ag、s= 其 MB 一」 

*ree:!SB_s(suw 「上 二 、a 大袖ノ ass ヲ B ス 、® 

く K かみ、 a まひ も ナリ」 g^sr 十、 _ss- 、秦久 消、 

下野 ssx、«Er 久淸、 SSS ァ、 _« 文 ガくぴ かみ 二、 手 

ヲ カケタ リケ レバ、 RX、!J!S チテ、 久 >„s、ss チ ニケリ」 

武 装束 抄、 二 「抱ノ 名所、 えり ヲ 、くな かみ ト 云」 

さ (名) S 牛車 ノ. 兩ノ韓 "ノ端 

一一 互 シッケ タル 橫木、 牛/頸-一 ッ クル 

モノ g 字 ssil.!, 「ほ、 久比木 - _a 名抄、 十 1 B 車 

Arar 所. <«B1 年,? 久比岐 J 玉 Ire- 久四年 HHI 

廿日 「放, 牛 立 一一 一 1RM 一一 s 木 一」 

クイ キリ r i 

くひ さ り (名) 〔t_ 切 ノ義. く ふ 

(啮) ノ條ヲ 見ョ〕 針金 ナド ヲ, 挾 ミ切ル 

具、 形-釘 拔 一一 似テ、 挟 ム 所-一 刃 ァリ。 

<^&o_ (名) s_ (一〕 クビ キル コ ト。 

K 途飛 0( 正 一!rs 松 作) 中 「巾 S 切 カラ 家 尻 切、 果 ハ 

I」 (一一) 死罪 人/頸 ヲ切 ルヲ職 トス 

ル者。 劊宇 江戸 幕府/ 獄 -ー 、世 @5 ノ者 

ァリ、 浅 右 iSS 門ト云 ヒキ。 

クビ キリ チョウ 

\> ^き y- ちャぅ (名) 一首 切疔ー 癰、 疔、 ノ、 

頸-一 發スル モノ C al^s ffl.a8an 一、 品 

第 六 「赤 丼 H3 右 ©a: モ、 三ケ年 以^、 S きれ 疔ト云 

?ーテ 、逝去 シ」 

き sv^ ッた i 〔物ヲ 喷メパ 、决シ 

テ K サズ、 强ク 引ケパ 、^切る ろ 故ノ名 

ト云 マ〕 1^ 螽ノ 一種、 頸 ハ圆 錘形-了 ン 

テ 、綠 色、 1^ ハ 、褐色 ナ リ, 鳴ク S 、高 シ。 一 



くひき :… さあ W0 

ク. 1 キ * £ 

くひ-き, るん- レ •? り .レ (他ぬ、 四) 1^ 切 I 

食 ヒテ、 了ル。 食 了 「#© ヲ くひき る」 

クイ- キ,^ 

くひ-さ • る (き ー# 切 一 力 ブリキ ル。 力 

ミ キル。 く ふ (嚙) ノ條ノ 二) ヲ a ョ。 

v^l き。 る, ル -レ丄 7. リ-レ f 他動、 四) ー^ 切 一 

OK 切ろ 義〕 (一) 頻ヲ 斬ル。 i ニー) 斬 

罪-一 處ス。 處 § (三) 今、 俗-一、 免職-一 

ス。 解 诚ス。 @ ノ條ノ (一) ヲ見ョ ) 

クビ -キレ チョウ . 

さ-きれ-ち ャぅ (名) Isa 切疔ー くびきり 

+っャ /つ ノ條ヲ la 3 

<^>N<W- (名) S 經キテ 、死 ヌル 

n ト。 Si レテ、 死ヌ ル n ト C 今, 專ラ、 く 

びつ り ヲ云フ 。高キ 所-一、 綱, ヲ懸ケ 

クビ ゥ 

テ、 ソレ 二 、 己 ガ頓ヲ 懸ヶテ 、吊 リサ ガ 

レバ、 體 ノ重ミ 一一 テ、 喉 * 括 ラレ テ死ヌ 

, ^ isw 古敎信 七 1SBK 元錄 、近ね 作) 三 「ハ 

ァ、 サテハ 、首 S り 力、 南 l^insm 

ぐび- </5 (副) 〔喉-一 吞ミ人 ルル 音 ナリ〕 

酒 ナド、 一 口-一、 多量-一、 續 ケ テ吞ム 一一 

云 フ語。 グビ リト。 「酒ヲ ぐ. ひぐな 吞ム」 

くひ. け § 一 翻 一 食^ ヲ欲シ ガル 心地。 

食氣。 家 *^。 浮世 床 S 化、 三 馬) B* 、下 一. チ" ト 

〈色 Jir 力 アラウ ヂャ ァネへ 力、 食氣 ノ方ガ 居 ラァ」 

クイ- n • ム 

くひ- ち- ム-チ 了ミ. メ (自動、 S 込 一 

〔#込 む ノ義、 く ふ (嚙) ノ條 —ノ (六) ヲ In- 

ョ〕 (一) 嚙ミテ 、人 ル。 独 人 「白 ガ、 S 

一一く ひ V, む」 (二) 侵 シテ、 人ル。 押シ入 

^ 「^/SR 一一く ひ チゾひ」 他ノ 勢 力; S ガ 

E 内-一く ひ V, む J (三) 商賣ノ 損亡、 資本-一 

侵シ 人ル。 缺損ト ナル。 心中 重 井筒 (元 錄、 

asj 作】 上 「EJ 百 目 トイ フ St ヲ、 何-一 スル トテ借 タダ、 

€~;!^ ダカ、 へ コン ダカ」 



くひ, あ • む-十で 了ミ 

入ル。 

Is 一 



* i- 四) It 込 一 

1,^ ヲ澤山 一一 くひ 卡: む」 

食 ヒサ スコ ト。 ク 



食 ヒテ、 呑- - 

ク イサシ 

くひ さし (名) 

ヒノ n シ。 クヒ カケ。 

永、 近 松 作) 下 「此奴 ハ、 猪ノ くひ さし」 

クイ- サ. 一 ス 

くひ- ス, せ-ザ- シ. セ (他動、 四) 一食 止— I 

〔さす (中止) ノ條ヲ 見ョ〕 食ヒ 終へ ズ 

シテ、 止ム。 クヒノ n ス。 沙石 雄、 三、 下、 第 

三條、 敏 mcT 修行 著、 多ク 給仕、 泰& ンテ、 云云、 

非 時、 云云、 邏キ ヲモ阪 立テ、 法師 二 物 S ハセ ジ トス 

ルカ トテ、 くひ さし テ打& キテ、 叱リ ケリ」 



. ^-ダ つけん (名) 一首 @檢 一 討. 取リ タル 

敵ノ 益ノ、 ぽ否ヲ 檢ムル n ト。 平 泊 物語、 

一 、光頼*\内^「少納ー;ーー1:入39ガ首5^^投ノタメ 二 、神樂 

岡へ 向ケ ラレ ケル、 云云」 後世 > 武家 一一 テ ノ儀 

式 尸 、大將 、床机 一一 着ク、 兵士、 曾 級 二 首 

札 ヲッケ 、白 布 ヲカケ 、臺 (八寸 四方、 四 

脚) 一一 載セ テ出ス 、討 取 人、 出デ テ候 ス 、 

兵士、 布ヲ 披キ、 左手 一一 髻ヲ 取リ- 右手 

一一 願 ヲ载セ 千、 右側 ヲ示 ス、 大將、 弓 ヲ 

取リテ 立チ、 首ヲ射 向/方 一一 シテ、 左 眼 

一一 テ視ル 、申 次 ノ者、 敵 將某ノ 首、 某、 討 

取 ルト、 各、 姓名 ヲ 喁フ. 次 一一 -酒ヲ 供シ、 

別听ニ テ、 首級 二 モ 供ス。 

クイ- シパ • i 

くひ-^_?ぱ,る-ル-レ.ラ.リ-レ (他 ,四) 一ぎ 締ー 

〔く ふ (嚙) ノ條ノ 二 ) ヲ Is^ ョ、 まばる 、ノ、 

ままる ノ if 一一 テ (分る、 くばる。 隱る、 な 

まる) 他動 ナリ, 其 條ヲ 見ョ〕 上下 ノ齒 

ヲ、 强ク喷 ミ合ハ ス。 切齒 天智 Si 三年 八 

g 朴 田^ Si 、仰, 天而ぉ 3, 切, 齒 f ,殺 1:® 十 人ハ於 

焉戰 死」 名 f^sl 「嚼、 切、 クヒシ バル」 

ビ ジ ン -ソゥ 

ぐ-び、 V: ん.. さう (名) ー處 美人 草 I 〔項 羽、 

死シ テ、 1^ 姬、 自刎ス 、其 墓上ノ 草、 人、 呼 

くひ あ …: くひし 



グ 



ビテ、 美人 草 トス ト云フ (古文 3sr 注)〕 

ひなげ もノ 漢名。 類說 「lss; 斜山谷 中、 有 1 ま 美 

人 草ハ 狀如 11 雖冠ー 大而無 11^ 菜; 皆 相對、 或 唱-ー 美 

人 曲 一則 兩 1^^如=|人撫^$?に 頗中 一一 節拍こ 歩 色 集 

.7 ビジン サゥ 

「奠 美人 草」 

ク ィ-シ ン ボ ゥ 

一; くひ-し 八ば 一つ (名) 〔しんば、 っハ、 いやし 

ばう/上略- 音便、 其條ヲ 見ョ、 あたり 

まへ 坊、 あたん 坊。 V> ろつ き坊、 V. ろん 

坊〕 ィ ヤシ、 パク。 イダ キタナ 。食 ヲ貪ル 

者ノ 渾名。 (柬 京) 

: くび-す (名) くびび す ノ條ヲ 見ョ。 

クイ- ス. ギ^ 

i いく ひ-す *ぎ る. ギル-ギレ. ギ. ギ. ギヨ (他 勁、 上 二 

分量 ヲ過 シテ、 食 フ。 過食 

ク ビ-ス ジ 

くび-す ぢ (名) 一 頸 1 ぼんのくぼ ノ左 

右、 骨/、 竪 一一 長ク高 マリ タル 處。 狭 衣、 

三、 上 f 「細 s アケチ、 くな すぢ 引キタ テテ」 

i くひ, ぜ f 名) 一 3 〔お 末ノ 約、 足 頭 IIi^、 

フス サ キ 

くびす (踵:!。 多 ;、 ふさ r^〕 樹 ヲ伐リ 

テ、 殘レル 根 称。 キリ. R ブ。 下略 シテ、 

くひ。 irf 鏡 1+ 「拙、 久 比是」 天 治 字 鏡、 七 y 杌、 久 

比 世」 接 名抄、 廿 ^具 f 採、 久比 世」 夫 木抄、 十六、 

冬 r 枯レ立 テル、 據ノ くひ ぜノ、 ワカ ダチ 二、 色ヅク 

ト見シ 、楚サ へ散リ ヌル」 「伐く ひ」 刈く ひ」 く^ 

ぜか〕 守りて 免 を 待つ ト云フ 、へ 徒ラュ 

蔷 習ニ拘 リテ、 時勢 ニ處 スルヲ 知ラズ 

ノせ 臨機 應錢ヲ 知 ラズ。 ® 柱 韓非 子、 

五 Eiai 「宋, ^有 1 一耕 > 田 者 一田 中 有, 株、!. K 走觸 i 株、 折 

^而死、因5其¥而守,株、?^?:ー1得^、=-3-不,|3 

i 得、 E§ 身爲 1 一 宋國笑 一 今 欲 1 以- 先王 之政ハ 世 之 

民ね 皆 守, 株 之 1^ 也」 1^^ 武帝、 園 賦 「或.^ 化而 超絕、 

或; t 變而^ 悟、.^ 1. 膠, 柱以 調" STl^ 守, 株而待 I,.ss!」 

奧依抄 、序 「くひ ぜを 守る^ リア ラム、 コレヲ 知ラズ 

シ テ」 

クイ- ゾメ 

くひ, ぞめ (名) &初ー 小兒、 生レ テ百餘 

くひ そ 



E 一一、 始メテ 、物 食 ハス ル祝 事。 箸 初。 

ハ シ タテ。 ハシゾ 口へ。 小 笠 原 流繮^ 喰 

初ノ 祝、 云云、 男女 共、 其生レ タル 曰 ヨリ 繰 リテ、 百 

二十日 二 當ル曰 也、 今、 男、 百 十日、 女、 百 二十日 ト资 

H タル 人ァ リ、, お 依 ナリ、 云云、 餅、 五ヅ、 五 度、 土器 

ニ盛リ 出ス」 (古事 類苑) 元服 次第 「生 レデ百 一日 ト 

云フ 二 、善 惡ヲ キラ ハズ、 喰 初、 男 孑 ハ 、男、 ャ シ ナフ 

也 、女子 ヲパ、 女、 ヤシ ナフ 也」 (松屋 筆 li^ 、百 五) 

くひ ぞ め-もやう (名) 一 喰 初 il 次條ヲ 

a ョ。 

くひ ぞ め-わん (名) 00 特 一一、 喻初 

/儀式 一一 用 ヰ ル椀ノ 名、 黑漆塗 一一 、来 漆 

一一 テ、 一 種,粗3^/^|樣ノ鶴龜ナド ヲ書 

ク 。コ レ ヲ採 リテ、 染物ナ ドノ § 一一 ス 

ル ヲ、 くひ ぞめ もや、 っト 云フ。 

<5- だい (名) Isffl 斬首 ノ 刑-一代へ、 

贖 トシ テ納ル ル金。 

<5 —たけ 惠 s_ くび" たは ヲ昆 ョ。 

ク イタす • ス 

くひ-たん * す A- セ シ -セ. (他励、 四) 一 喰 倒 一 

物 ヲ食ヒ テ、 償ヒ ヲ爲ズ 。食 ヒテ、 他 二 、 

損ヲ カク 「友達 ヲ喰ひ 倒し テ歩 ク」 

くひ-だ.. ^5 れ (名) 一 ¥1ー き だ ふれ (着 倒) 

ノ^ ヲ s^3。 

<^,s (名) ffl_ 数多 ノ 玉ヲ、 

緒-一貫 キ タル ヲ、 頸 二 懸ケテ 飾 トセ シ 

モ ノ。 同 ジ物ヲ 手腕 二 纒フヲ 、,玉 (手 

纏、 釧) ト云ヒ 、足 頸 ュ纏フ ヲ、 足 玉ト云 

フ。 古 jaH 、上 t 「御 頸殊 ノ玉ノ 緒、 跑抵ニ 取リュ 

ラ ガシ」 安 sin 兀年: 十二月 「顿 珞」 仁 德紀、 四十 

年 二月 「皇女 所, IB: 之 足 玉、 手玉」 ssr 十&. 足 玉 

モ、 手珠モ ユラ 二 、錢ル ばヲ」 同, 十三 A 長鸭 海都蹈 

女 ド乇、 云云、 手 二 卷ケル 、玉 モュ ララ 二」 太 神宮 ま 

「頸 玉、 手玉、 足 玉」 ao 猫、 犬、 ナ ドノ、 頸 一一 



ハ メォク p。 好色 一代 女 OST 西 §E1 「首 玉 

ノ人シ 白 II、 御 秘藏ナ レバ 、タトへ、 肴 ヲ引卜 テ乇、 

追ハヌ *| ナリ」 

ヽ び-たま (名) Iss くび ッ たま ヲ a ョ。 

-ィ- タ • メ i 

、ひ,. める. メル A レ A- チメョ (他動、 下 二 

一. 溜 一 食 ヲ、 多ク、 胃ノ中 一一 貯フ。 

, .1,チ> n=l ク ヒゥチ ヵキ ゥチ 

S ひ-ち (名、) j 琼ー 〔K 打 ノ約カ (垣 内-か 

きつ。 河內、 かふち) 廣韻 「谅、 張 取., 獣 

也」〕 獸ヲ捕 フル 機械。 羅ヲ -iff ニカケ 

テ、 張 リオ ク モノ 十々 べシ。 接 名 a 、十五 ■>= 

«^具「|» 、取 kg. 械也、 久比 知」 名義 抄「薛 、ク ヒチ、 

J 和 fS 一一 一才 He 、廿三 「18、 久比 知、 今 云、 和奈」 



くひ- が ひ (名) s_ (一) クヒチ ガフコ 

ト。 相 合 ハヌ コト。 (一 一) タガ ヒ チガ ヒ 

二 築ケル 、城門 ノ 土手。 「見 付ノ くひち が ひ」 

クイ- チガ • ゥ 

くひ-もが • ム.? へ- ハ .ヒ- へ E 動、 S 一 噙違ー 

〔嚙交 ふ/ 義〕 (一) タガヒ チガ —ヒ 二 、人 

リコ ム。 イリ チ、 ガフ。 交錯 犬 牙 C1) 

相 合フべ キー 一、 外レ テ、 合ハ ズ。 互 -1 、 

方向 ヲ異ニ ス。 ィキチ ガフ。 齟齬 

ク ビ-チ ヨウ 

ち ヤーつ (名) 一首 帳 一 討 取 リタ ル敵ノ 

首級 ヲ、 記 シック ル 帳面。 甲 陽 軍 九、 上、 

品 第廿三 「尾 河/城 ヲ 、板 S 一信 形、 人数 ヲ以 テ攻 崩シ、 

上下 三百 餘 リノく び 帳-二 ァ、 勝 is ヲ取 行ヒ」 

クイ-チラ- ス - 

く fv,^,t- ス. セ. サ-シ -セ (他動、 き 一食 散 一 

彼 レ此レ ト、 1^ 揃 二食 フ。 徒然 草、 四十 八 段 

「光親 卿 (藤 云、 供 # ヲ出サ レテ、 S ハセ ラレ ケ 

リ、 物 食 ひ 故し タル 衝 taS ヲ、 云云」 

ぐ-ひつ (名) B_ 己ガ 手蹟 、又つ 文章 

ノ k- 稱 

ク ビ -ズ 力 

<5 -づか (名) 

耳 稼 モア ク 



くひり 



首級 ヲ埋 メタル. 塚。 

信 長 記、 十 一 、輝 ー兀 Islla 州 上 ej 



くひつ 

?-ー < 五 SB 人 打 g り, Bs* ヲゾ IP キタ u ケ, ij 

<^^.A0 § Is^l 〔lg 限/ s 呼〕 次 

ネ.^ ノぉノ 二 )- 一 IS ジ。 

> f ソ • ク 

一く ひ. っ* く. ク .ケ- 力- キ. ケ SS-BI> ! ^附一 

〔く ふ (S ノ條ノ 二 ョ〕 1? ミツ 

ク 。カブ リック C カジ リック- ttos-. 五、 

B 十六 »!、 なま * かし 3 もの 一 B. 云云、 K/ss 、くひ 

つ S テ、 S キア リク」 一犬 ガく ひつく」 

W くび ッ, たけ § B 〔k5 丈ノ急 呼〕 

(一) 足 許 ヨリ, ffi マデノ 丈。 クビ" キリ。 

「川 中-一く a, たけ S ル. SBMI II くな ゾた け」 (二) 

^^ク.&-ー!3ル ル コ ト。 「女-くな. たけ」 

ッ- たま (名> S 〔首 天 U プ略ナ 

ル (ど あたま、 どた ま) くびた ま;;' 呼. 

^ー!ロ ナリ〕 ; 10 ト云フ -Izi ジ。 IS" ァタ 

マ 「~|ノ<な "た まヲ 抑へ」 首" たま-一 S リック」 

くひ-つづ • く.? ケ- 力 ケ (他 s、a) 一 ^ial 

w;! ノ srs ェ ズ。 

一 <JS- づな <名) 犬-猫- ナ ドノ la- 一 

6{ ケテ -ぉク 31。 キ ゾナ。 父、 IS 雜 I 

«» 、十 K,"B 犬 犬 8、 久比 lms<J *s お *、s-ll 

十六 £•_»/ 赤キ くな づ& 二、 白キ礼 ヅ キテ」 IBM 

十一 、書 B. 犬/ asj 

$<5s,tss <名> 〔くび ひき ノ急 

呼〕 くぴ ひき ノ條ヲ a ョ。 

ク. 1 ヅ ブ ,:> 

くひつ おし <名> f { 1 ) 能ラ -1 、種ヲ 

tt "ヒップ シテ アル n ト。 徒 ft (二) iJR 

代ヲ、 ク t ッ ブシタ ル人。 破產者 

ク ,1 -ヅ ブ • ス 

vrt>- つお. す- ス. セ. サ -シ- セ I 唆 Jg| 

二) 抑" な ヒテ、 ス。 sp「* ヲ十值 く 

££^す" 。一) 財 產ヲ. なシ ス C 破產 

SS ノ川 «T 喻 つぶす VSMIBr テ、 a ヲ B 



くひつ 



キ - ran 代ヲ くひつ ぶす」 

くひ. つみ- S. だい § 一 si 一 〔くひつ 

ハ -食 SS ノ義. 取 肴 ヲ臺- 一盛 リタ ル ヲ. 

端 ヨリ 少シ ゾッ. 挟 ミ 取 A 怠-元^ 次第- 

歸陣 ノ時ノ *f 組. 昆布, 勝 栗 .ぉ鲍 「のし 

取 リャク ノ事ハ (箬ノ ) 細 ソキ方 ヲニ本 

引キ ソロへ テ、 少シ くひつ み テ置ク 也」 

(松屋 笨記、 百 五、 九十 七 條)〕 b« の? 

- 一同 ジ。 堂上 諸 家-一 テ、 正 3、 三方 ノ飾 

-ー ハ 熨斗 鲍. 昆布, 二種 ヲ盛 リオ キ. 年始 

對ぉノ 時, 三方 ヲ 主人 ノ 前-一 供フ, 主人、 

«w ヲ以テ 挟 ミテ、 客 一一 進メ、 終ハ レバ 引 

ク。 凡 家-一 ハ、 暧 愤 の? S トテ、 種種 ノ物 

ヲ盛リ 飾 ルナ リ。 (故 S 拾 要 、九, 節 文) 

クイ- ッ. メ^ 

.t くひ- 0* める メレ i •.«-•.-- ョ (自動、 下 一) 

憐ヲ、 クス。 糊口-一 困窮 ス。 

つり (き ffl BE ヲッ リテ、 死ヌ 

ル コ ト。 くびくくり ノ條ヲ la ョ。 

くひて (名) S 〔手 ハ. 人 ノ轉. 飲み 

手、 書き 宇. 同ジ〕 食フ 人。 「不味 ィ R ラ、 

くひて ガ silj 

ク .1 -ト ■ ム 

くひ-^0*む.ムル-ムレ.<--メ;ョ (他動 、下 5 

|¥^ー 〔喷ひ VJ むノ義 J 抑へ テ- 止ム。 

セ キ トム。 抑止 甲 gss 、十八- ass 四十 八、 

a 二 s 一 .sffl テ、 くひ S むる 時 J 一 sffi ヲ くひ S む」 

クイ. ナ 

一く ひ-な (名) I か& 〔吸キ ハジメ ハ- くひ 

くひ ト M ュト 云フ, なハ、 嗚ノ 語根 (ひ 

ひ 鳴. ひひな。 馬 Irf ませ) 沖繩- ーテ、 

くみら〕 水禽 ノ名、 形. 趙ノ 雛ノ 成長 シ 

タル モノ- 1 似テ、 全身、 淡黑 クシ テ、 白 

キ斑 ァリ, 赤褐ノ 羽- 相- 雜ハ ル -Er 黑 

ク. 嘴つ 淡 黑ク. 目ノ上 ヨリ BS ヲ メグ リ 



くひな 



テ、 灰 赤 一一 シテ, 淡黑キ 横文 ァリ、 脚、 長 

大ナリ >ler 秋、 田 揮 二 居 as テ 、夜、 鳴ク、 

S 、人 ゾ. 戶ヲ 叩クガ 如シ、 故-一. 其鳴ク 

ヲ- たたく ト云 フ0 秩鶴 gasn 兀年ニ as 

_. 水 85、 此 M 一一 俱比 loK 名抄、 同ジ) 本 名、 下 

JIna 鳥、 久 比奈, Ka ヲ S フト 云フ) ffla 式? S 壤 「3 

ノ夜 ハ、! 8 ノ戶タ タキ、 R タ タキ、 人 ダノ. 'ナル 、く 

ひな ナリ ケリ」 

VIS, なげ (名) S 相撲 ノ手ノ 名、 相 

手ノ SS - 一 ,我 ガ手ヲ 力 ケ. 腰ヲ ヒ ネリ テ, 

投 * ケ倒ス コ ト C 

VIS, な は (名) 一 ill くび づな ノ條ヲ a 

クイ ニー ゲ 

くひ-にげ (名) 一 喰 逃 一 植ヒ倒 シテ. 逃グ 

A コ ト。 飲食 シ テ、 其 代金 ヲ拂 ハ ズ -逃 

ゲ去ル コト。 無錢飮 ま。 吉野 都な き 正! r 

作) 四 「犬 モ、 人モ、 此 SK ハ、 S ひ SI げノ大 寄セ」 

:ー: くび-ね ッぁ <き 〔くびね ハ 、頃 

根ト同 ジク、 本ノ 意-ね-あ ハ、 其條ヲ a 

ョ〕 ク ナネ。 ク ナジ。 1SS ノ本。 ク ビス 

,チ0 「くなねッ.*^抑へテ、»サズ」 

クイ- ノ-ク 

くひ-の ,く- ク -ケ- 力- キ-ケ (自動、 S 一食 退 I 

食フ コ ト 一一 >遠 ザ カル。 食 t.lH。 十訓 

抄、 中- K 七- S 一 s~ 「松ノ バ カリ 二 テ ハ 生クべ 

クモ a H ネパ、 年頃、 イミ ジク くひの き ツル EBS ヲ 

モテ、 BS5 イタ ハ OS へ バ J 

ク イノ n シ 

くひの *s し (名) 一食 3^ クヒ ノコ スコ ト。 

ク ヒサ シ。 ク t カケ。 叉、 其 物。 

クイ-ノコ- ス — I 

くひ-の あ • す- ス- セ.? シ • セ (他動、 四) 一食 殘ー 

ク ヒサ ス C 食ヒ 終へ ズシテ 、止 ム。 

の-ざ i B 首 斬 ラルべ キ時 

二 -縱ル 席 r くびの ざ ニナ ホル」 



くひの …: くひ ひ will 圍| 

くひ-のば • すス. セ. サ. シ .ゼ(他動、5 s_ 

糧 ヲ食ヒ 盖サズ シテ、 貯フ。 

クイ ハグ. レ A 

くひ-はぐ *れ る • レル • レレ -レ. レ. レョ i 動、 下 

一) S 食 フべキ 時-一 、離々。 食フ 

時 ヲ失フ 「時 M 二 後 レテ、 くひ はぐれる」 

一 < ^-は • ぬ- スケ r< レ. ネ. ネ. ネョ (他動-下 二) 

國 〔はぬ (刎) ノ條ヲ OS ョ〕 K ヲ、 切リ 

落ス。 安康お 、元年 一」 Br 大£«1 皇子 is サル、 侍臣 

ass 吉師曰 Iwg 「自 g 之 、死, 於 i 尸 倒 一」 

V5,ssls (名) 〔Bf 引 ノ義. 急呼シ 

テ, くび ッ びき〕 (一 ) 二人 相 向ヒ、 雙方ノ 

一 、紐 掛ケ互 シテ、 額ノ カー 一 テ引キ 

<5 口 フ戲レ C クビ ツビ キ S 制 庭? 8 往來 (S^K 

-' クラべ ク ビヒキ 

ssgsnr^^si 比、 S 引」 若璺 as 角 K 首 引 

ノ、 コロプ 拍子 二、 キア ガリ」 明 和ノ川 S 「首" 引、 

マヲノ ケサマ 二、 ミリ ヲァ ゲ」 (嬉遊 tn; 覽、 四) (二) 

轉ジテ 、互-一、 離 レズ、 張 リ合フ コト。 

) くび-び >- (名) 顯ー 〔くびび ハ、 5i 頸ノ 

約 一一 テ (際 際、 き はは。 撓撓、 た わ わ 一. 1 

預ヲ 云フ、 す ハ 、居ノ 下略 ナラ ム (^.1!^、 

S 釋名 「跟、 在 二 下方 一 著 一 體 任., 之、 

象,, 木 根-也」 きびび す ハ、 音轉 (黄金、 K 

がね、 くが ね) くびす、 きびす ハ ,再ビ 約 

レ ルナ リ〕 足 ノ裏ノ 、後部。 脚ノ、 地 

ヲ蹈ミ テ立ッ トコ 口。 又、 くびす。 きび 

びす。 きびす。 今 1 かか VJ 、又、 あく ト 

云フ。 仁 德 お、 六十 五 年 I, 趣】 華嚴 普義 (奈 

良 胡) 「蹈、 久比 比須」 天 治 字 袋, ニ&, 蹈、}£! 也、 久比 

比須」 字 鏡- -肉 偏 二 爭ノ 5K 脚 筋 也、 支 比 比 須乃須 

知」 同一 一; 革、 SS ノ合字 「ffi 之跟 也、 久豆乃 支 比 比須」 

ほ 名抄、 三セ 手足 1® 「跟、 躍、 S 後 也、 久比 t« 、俗 云、 岐 

比須」 宇 律 保 i^g 、あて 宫^ 『杳 片足、 草 鞋片 

びす ヲバ、 はな 一一 穿 キテ、 徒步 カラ 梦リテ 、蒂ノ 、南 

IT- キビ ス 

K ニぜァ タマへ ルー I 立 チテ」 (草鞋 ノ a ノ方ヲ 、足/ 

端 二 is キ タル ナリ) 



くび- ムだ (名) 首 赏儉ノ 時ナド 

-1、 401 級-一 結 ビック^. 木 礼。 首級 ノ姓 

名 ト-討 取 人/姓名 トヲ 記ス。 越 gtfj -、 

三、 虎 g 一; S 贫檢之 法式 ir 首札ノ 察、 大將ノ 首 札 

へ、 ナリ、 云云」 

くひ-ぶち (名) Isffl 食料 ノ挟 待 米。 

一く び-ほそ • し. キ. ケレ- ク.ク (形、 一) &1! 細 一 

〔かもら かたし (頭 堅) ノ反、 其條 rr a ョ、 

心、 堅固 ナヲヌ 意 ナリ〕 心細 シ。 心、 弱 

シ。 、二、 帶 木 g+r タノ モシ ゲ無ク 、くび ほそし 

卜テ、 フヅヅ カナ ル後 a 設ケテ 、カク 侮 リク マフ 



頸 ノ傾キ タル、 



くび まがり (名) 

不ルノ 名。 歪 頸 

くび- a さ (名) s_ えりまき S: 卷) 一 1 

同ジ。 好色 二 代 男 oas 、西 §1 一 「線 入 ノ^ぎ 

ぐ-ひん (名) 一 俱賓: 狗品 I 狗賓ー 〔狗品 一一 テ、 

人品 一一 對シ タル 語カト 云フ〕 天 狗ノ異 

名。 正 ulf 千 i3 SB 七 「/ ドケク モナ シ 、山伏 ノ 

行 品 ニヤ、 S マレ ヌ- ラム、 舂ノ 空」 心中 m 年 草 

fan 永、 近 松 作) 上 「瑕 リニ モ、 女 犯ノ穢 レガァ レバ、 一 

山荒 レテ接 勅シ、 其 身ハ、 狗賓ニ 五^ ヲ裂 カレ」 松 

S9i 卞? H 、五十 七、 第 一 條 「天狗 ヲ、 俱资ト 云 ヘル コト、 

^太平 、廿 三卷、 天狗 燥の^ ノ條 I 一見 H 、 今 俗モ、 

サ云 へり、 コ ハ、 狗 品ノ教 一一 テ、 人品 ニ對シ タル 名ナ 

ルヲ、 1^ 音 一一、 俱 W トハ S キタ ルナ ルぺシ J 

クイ-モノ 

くひ-もの (名) ^ 物 I (一: }{ 食 フべキ 物。 

クラ ヒ モノ。 食物。 (飮物 二 對ス) 竹 取 物 

I?ーSTほf®キテ、^c^ノ^ヲくひもの卜シキ」 (二) 驅 

シテ、 己ガ翻 ロノ 利益 トス ル モノ。 (く 

はせ もの ノ條ヲ 見ョ) 「人 ノ娘ヲ くひ もの 一一 

スル」 

クイ モノ- ムッ カリ 

一く ひもの-ち つかり (名) 〔むつ かしく 禁 

ズ ルカ s§〕 食 ニ同ジ 宇逮保 物語、 國讓、 上 

くひ ム :… くひ も 



1 マ 「削" 水ヲ ナム 食ス、 大將、 アナ ォゾロ シャ、 イミ 

ジク S ム物ヲ 、宫、 力 力 レバ コゾ、 ィャサ リヅレ 、水、 

s ハデ、 イカ デァ ラム、 サキ 11、 物 S ム ト云ヒ ヅヅ、 

食 ハマ ホシキ 物 乇、, =K セズ 卜宣 へパ、 アナ 心 tSi ャ、 

くひ ものむ つかり ヲ、 師 侍り、 言ヒテ 聞ェム 卜テ、 

出デ タマ ヒ、 典藥頭 ニ問ヒ タマ へパ 、云云」 

クイ- ャ プ.^ 

くひ-.?. お • る. ル. レ丄フ • 



X 了リ. レ (他動、 四) |喷 破 I 

嚼ミテ 、破 ル。 3? 古事 談、 二、 臣 「大ノ 、腹ヲ 一 

n くひ やぶり々 リケ レバ、^ ノ中 ヨリ、 火出デ キテ」 

「JI ガ、 障子 ヲ くひ やぶる」 

クイ- ャ . ム 

くひ I や 丄ル. ムレ ,チ チメョ (自動、 下 二) 

一^一 くひの く (食 退) ノ條ヲ 見ョ。 

ク ビラ 



(名) 



S 羅 I 金毘羅 ノ條ヲ 見 



ク ビラ, たい ォ 1 ャぅ (名) 一宮 昆羅 大^ I 

こん びら ノ條ヲ 見ョ。 

ぐび- sw^ へ副) ぐびぐ び 二 同ジ。 

,i > 一; =1 クビ 

くひ • る- ル-レ -ラ. リ-レ (他動、 S) Isil 〔頸ヲ 

. 活用 セ シ ム 、頭る、 雲る〕 ( 一 ){ 紐 二 テ、 

喉、 頸ヲ、 クク リテ、 殺ス。 シメ n ロス。 

神代 紀、 上^ 「溢 殺」 字 鏡^ 溢、 久比 Ba」 (一一) 

{絞 罪 1 一行 フ。 S 孝.; f 、大化 五 年 三 BJ 「田 口 

臣筑紫 等、 被, 絞 苦 九 人 、被, 流 者 十五 人」 齊明^^、 

S 年 十 f 月 「絞 a 有 g 皇子 於 一一 藤 白 坂 こ (三) 中 

程ヲ、 シメク クル。 結束 「線 包ヲ く-ひる」 

一く び *る んル んレ- レ-レ -レョ (自動、 下 二) ぎ| 

〔前條 ノ語ノ 自動、 る、 みだる 

る〕 ヮナク 。自ラ 、喉 ヲ縊 リテ、 死ヌ。 ク 

ビク クル。 天 武紀、 上" 大友 皇孑定 @に 所, 入、 乃 

ヤマザキ- 1 ?,. J レス 

山 前 T 以自 焉」 

ク ィ -yrl ゥ * 

くひ-ゆつ (名) S (二食 用 トス ル料 

ノ モノ。 「食料 トシ テ貯 フ」 (二) 食ヒ タル 

物ノ 代金 「食料 ヲ 拂フ」 , 



くび ,れ る- レル- レレ- レ-レ -レョ (自動、 下 二 通 I 

〔四 段 用ノ くび る / 自動〕 兩 端- 廣 

ク 、中, 统マ ル。 「くびれ タル §s」 

くび-わ (名) liSI 犬、 猫、 ナ ドノ 頸-! 嵌 

メォク 輪 クビ タマ 

クイ- ヮ • ク 

くひ-わ クル • クレ .ケ. ケ. ケョ (他動、 下 二) 

S 食 ヒテ、 味 ヲ辨へ 知ル。 n 

「美 ^ ィ、 不味 ィヲ、 くひ わく」 

クビ ケ 

くひ- け (名) 一首 桶 I 首級 ヲ人 ルル 桶。 

高サ 一 尺 三寸、 ロノ 廣サ 八寸、 わげ 物 二 

シテ 、かぶせ 蓋ナリ 函 越後 5SKS 、三、 

s-sffi&sw 之 法式 15 首 IS/iT 高サ 不定 ナリ、 

大方、 一尺 二三 寸バ カリ 然ル ぺシ、 又、 ヮタ リノ K 

サ、 八九寸 タルべ シ」 



(他動、 四) Is (一) {# 

カプル。 カジ ル。 字^ 



く */^*フ.へ, ハ *ゃ へ 

む 二 同ジ。 凝ム 

津保 物語 、俊 辱 (「阿修羅、 云 II 齒ヲ、 ® ノ如ク くひ 

出 シテ、 怒ル, 一 源、 二、 It 木:^ 「指 一 ヅヲ引 寄 セテ、 く 

ひテ侍 リシ ヲ」 「齒ヲ くひ シバ^ ヲ くひ ァ ハ スレ 

絲ヲ くひ 切ル」 犬が くひ 合フ」 JT 力く ひ ヅク」 „1!^ ガ、 

m ヲ くひ 破 ル」 (二) {輕 ク-嚙 ミ持ッ 。垤 へ 

恃ッ。 ^鋼 古 上 一一 ャ 「鼠 昨-一 持 其 鳴 

せ來」 同 卷ば+ 「^八 玉 神、 化, 蹈 入-海底 一昨 一一 出 底 之 

波 f 」 续、 十六 i 「池 神ノ、 力 ".Im カ乇、 白 e7、 

. 啄持 チテ、 飛ビ ワタル ラム」 源、 廿四、 胡蝶 一-一 「水 

ノ、 友 ノ番ヲ 離 レズ 遊 ビづヅ 、細 ゾキ枝 ド乇ヲ くひ 

テ、 飛ビチ ガフ」 (三) 履物 ノ緒 一一 擦 レ テ、 

磐フ ズ レヲ ナス 向 刺 金 flK 集、 十、 

73 クヅ 

趣^ 加 茂ニ參 リケル 二、 草 溢 二足 ヲくは レテ、 紙ヲ 

卷キケ ルヲ」 (四) 嚙 ミック o(g 二) 榮花咄 

(貞享 ) 「ョク く ふ モノ 〈、川 ロノ はぜ 釣」 (五) 墙 

ミ 取ル。 十 返金 一 九 「借金 ヲ、 質 ニォキ テ乇、 初 

蹈、 求 メテく はム、 利モ くはパ くへ」 「借金 ガ、 利ヲ 

く ふ」 (六) 嚙ミ 人ル。 クヒ コム。 侵シ 

人ル C 「敵ノ 領土 二く ひ 込ム」 

く 4 



く ,ん -フ. へ. ハ. ヒ. へ (他動、 四) 一食 一 〔前 條ノ 

語 ノ轉、 嚙ひテ 入 ルル 意-喰 ノ字 ヲ書ク 

ゝノ、 ロ食ノ 和製 合 字〕 (一) { 嚙ミテ 、吞 

ム 。クラ フ。 ハム。 接ク。 喫グ。 タブ。 

タク ブ。 タべ ル。 雄 略紀、 Ml 年 八月、 長 l^slt 

二、 虻拉キ ツキ、 其 虻ヲ、 接 〈ャ 俱键」 (二) 口 過 

ヲス。 生活 ス。 (自動 ノ意ト ナル) 颔ロ 

「商業-: M=2」 aiD 無キ モノ 一一 スル。 づ ki 

蔑 二 ス。 侮ル。 パカ I 一 スル。 「人ヲ S ふ」 

(人ヲ 吞ム) 受身-一 ハ、 食 はれる ト 云フ。 

(四) 無キ モノ 二 スル。 省略 ス。 (芝居, 藝 

人ノ 語) 「大切 ノ 157 く ふ」 淨^ 璃 ノア 卜サキ 

ヲ く ふ」 (五) 食 ふ、 食 ふハ、 物ヲ、 身 一一 受 

ケ入ル ル意 ヨリ 轉ジテ 、受 く. 被る ノ 

義 トナル 0( 食す ノ、 着る ノ意ト 轉ズル 

、ガ 如シ) 浦 島 年代記 (元錄 、近 松 作) スコッチへ 

ォコセ トハ、 法ヲ知 ラヌ雜 言、 SS 威 ヲくふ 男 デナ シ」 

自動 ト シ テ 、出宫 ふ ノ 意ト解 ス 。 「陰 雨ヲ 

く ふ」. V*, ど わり ヲく ふ」 不 打ヲく ふ」 叱 資ヲく ふ」 

騸 ヲく ふ」 ( 一 杯く ふ】 狼 現ヲく ふ」 

ク-ゥ I 

一く • ふ ラ- へ 人 -ヒ- へ (他動、 5 11^1 〔唾 ふ 

ヨリ 移レ ルカ ト云フ 、枝-藁- ナド、 哇へ 

采テ 作ルせ Is 作リ、 イト ナム。 構フ。 力 

ク。 ク ム0|,鳥ノ巢ニ11^フ) 蹈體 K 、八 年 正 

月 「飛 天 之 烏、 爲, 愛一; 養兒ハ tgi 類 作 iSiLi 名抄、 十八 

ijl^ 族體 r 巢、 須 久不」 竹 取 物語 「燕 ノ、 くひ タラ 

バ、 告 ゲョ」 六帖、 六、 紅 ii 「逸く く ヘル 枝ヲ、 折 

リタ ラバ、 ォ: を ぱい カデ 力、 生マム トス ラム」 「雀 ガ、 

歷 根 二 ffilf ヲく ふ」 

一く, お. ブル. プレ- ベ-ベ- ぺョ (他動、 下 二) 圖 

〔蒸る ト通ズ ルカ〕 火-一入 レテ、 燒ク。 

モス モ ヤス タク 。竹 取 物 皮衣、 云云、 

^ノ 中二 打チく ぺテ摸 カセタ マフ」 宇 律 保 物語、 藏 

開、中}^「火^シテ、焚物ドモくべテ」 建 保 五 年 十一 

月 四 日欧 合 「sx 折りく ぶる、 タ 煌」 



くお 



i 



く A 



ぐ-ふ (き 一 e 交一 己 レノ父 ヲ. 他人-一 對 

シ テ云フ 、嫌 稱。 

ぐ-ぶ 一 供 i f 一 )s 供 _ー .il へ 舉ルコ 

云. お! S ノ 人人 マ so テ 一 「行*/«!&.5*»1 ノ 供お」 

(一; )3: 供 ノ, 其條 "-Esso K 花 ssr 

十八、 H.! の疆, SB 子 所 ノ方ヲ 化 レバ、 サル ぺキ下 IS 

S ド モャ. 何 クレノ 《#SSJ 

く-ふう § ISS 〔工夫 ハ、 人夫 A 

手 g ノ莪 ヨリ、 思 « ノ 手問ノ な」 ー移レ 

ルナ リ 卜-. ムフ, 下ノ 出典 ノ! 1U 害? w ョ〕 

心-一 . 方法 ヲ求 メ針ル コト。 思ヒ メグ ラ 

ス コト。 ffi*。 心 匠。 s«rtss_s「oi- 一家 

s ハ ssr: 人力 I 又 <*: 人 tSSK 工夫 _» 計」 後 s«rlH 

SS 「太 www, 功夫 W 火」 

ぐ-ふう w) 一 §1 〔南 越 志 「蹈敏 者、 具,, 

£ 方 之敏, 也」 :- S 秋/ 一一" 南海 上 二 

a ル «ta/.!c。 igiz-ls メテ大 キク、 

IS メ チ麋キ モノ,^ ホ デリ.、 asKsrsHB 

K_B、Bf?- 一 nK: 以 I 一四 而 B 一 A 至 ffij 

ぐ-ふ-ぐ-ふ <<s S カナ ル男 

女 3ーぉ^: ナ ル ドモ。 .SB 、五 H. 之 

「予! 乂下; lesss 、一 千」 

一く JIJ き 3 一- 利 一 くぼ さ/ 條 ョ 見 ョ。 

ぐ-ぶ-たい, てん § 11^1^ 一 

天 tr-lw ョ。 

ぐ-ぶつ (名 > 一 HI ォ n 力 モノ。 パ.? モ 

ノ - ァ ハウ, - 「w^-l ナラヌ SSJ 

: く つつ (名) iii 一 かぶつち ノ條 ヲ a 

鲴0 

く. ぶん 、き 一 Iw! S 別-一 E ジ。 aff 、ま 

sir 在- 富; 云云、 w-i 分 雷 w;Bls 之 功」 

く,^ ん, てん < 名) 一口 分 田 一 班 S ノ條 ヲ 



くん や 



5。 

クウ. ャ-ク ヮ-ズ 

く ふ- や く は-ず § 一食 不食 I 糧ァ ル コ 

ト ァリ、 キテ -.1 一キ コ トァリ 。潮 口 一一 , 

接メテ W 窮シテ アル 二 云フ。 頃 城き 一 ® 

^(^«?政.4|»;8^<1:喊)「 ハ カネ H W 店 住 ヒノ、 <s ふや 

な はず. ノ御 =1-^ ほ ダゼ」 

一く ぺ (名) Ifflffi 次 條ノ 語/下略。 

くべ-がさ (名) 一 fflll 〔くねが き ト音通 

ナル ベジ-其 條ヲ a ョ〕 竹 鶴 ノー 名。 

略 シテ、 くべ。 ク ネガ キ。 クネ。 Kaffir 

十 EH 「久 afa シ 一一 、 «s5<i ム駒ノ 」 契冲云 「久敏 ハ 、垣 

ナリ、 くぺ 垣ナ ドモ; 夫 木抄、 十二、 秋 田 「小 

山 田く 稻 楚ヲ コム ル 、くべ 垣ノ、 荒 レマク 見 レバ、 

鹿 入 リー ーケ り」 

く-べつ (名) In 一 ケ, チメ。 ワカ チ。 差 

別。 區分 語、 子 張 篇「_«1 一 諸 草木 s 以別ー w<」 

クェナ • ィ 

^/へ-な*ぃ § 次條ノ 語-一同 ジ。 

ク エス 

:ー: くへ-ぬ i S ひ 得ぬ ナリ、 煮ても 燒 

いても くへ ぬ ト云フ 語 ァリヽ 其 上略 ナ 

リ、 らち あ;?: S ぬヲ、 あかん トメ ミ云フ ガ 

如シ〕 K クシ テ、 扱ヒ 雞キ。 ク へナ 

X- い 「くへ ぬ 奴」 くへ ぬシロ モノ」 

ク- エル 

く • へる-へ 亇 ヘレ-へ-へ • へョ is 、下 一) 〔食 

ひ 得る/約、 書く, かける。 讀む、 よめ 

る〕 へ :5 "ヒ 得ル。 食フ n トガデ キル。 

?く • ベる (S) 一 ii 燒ぶ ノロ 語。 

一く, ぽ (名) S s 含ノ約 力-かきなぐ 

る、 かなぐる。 お ぼ ほる、 お ぼる〕 (一) 

周、 jcl ク、 中央、 低 キ處。 ク, ポミ。 へ コ 

ミ wsr し/中、 《R 五 sir 通 ^ほ 、東 生 郡、 撫凹 村」 槲 

B「M 、クホ J 天 字 smcfl 「汚、 M 也、 久保」 「_s ジ 

ノ くぼ」 ボン ノく ぽ」 地名-一 「大久 保 jiS 久保」 西ノ久 



くま 



保」 (一二 陰門 ノ異 J^o ツビ。 s 異記、 下、 第 

十八 ST ぼ、 シ ナタ; -クポ ス也ト 、朱門、 トゾ合 字、 

€: 「也、 女 陰 也』 字 «B%i¥、s 也、 久保 K 尸ト、 朱門、 

トノ合 字、 e 名抄、 ーラ sfsr 俗以 一, H+lsl 一女 陰 こ 

isf ヲ、 閉ト云 フー 一 對ス) 名 MifSires 、クポ 、ヅビ J 

S2r 陰 tKT 久 i ノ名ヲ 、何ト 力 云フ、 川 比 タリ」 

くぼ (名) 面 くびす-一同 ジ。 

ぐ-ぼ (名) s_ 他人-一封 シテ、 己ガ母 

一一 云フ, 謙稱。 

一く ぼ-か-よ § 画一 凹ミ タル 狀 一一 云 フ 

0O A 汚、 凹 也, 久保加 ほ」 

一く ぽ .§ i Sil 〔謹 幸ノ 下略 ノ溜ル 利 

ノ意 ト云フ (松屋 筆記、 一 ) だ 十 ,やそ 

か。 土 嵩、 つかさ。 くぶ さ ト云フ ハ-音 

轉ナリ 、つぼね、 つぶね (ns 。かが ふり、 

かが ほり (模) 又、 字 鏡 r 「陳 、蔵 也、 久牟 

志 良」 トァ. リ、 くむ ハ 、限 ナリ、 S 考スべ 

シ〕 又、 くぶ さ。 利。 利益。 利潤。 マ 

ゥケ。 推 古紀、 廿年 五月 fs, 國 有, 利 j 孝 、大 

化 元年 八 tea 池 灰 陸 之 利」 文選、 西 ssa 者 翁 

、求 者不 "通」 注 「お 、利せ」 名お 抄、 雜 ssis 、ク 

ブサ」 

くぼ • し. キ. ケレ. ク .ク § 、一) 一 凹 一 〔凹 ヲ活 

用ス (幼氣 し- 哲し) 其條ヲ a ョ〕 周、 高 

ク、 中-低 シ。 へ コミ タリ。 宇: IE 拾? r 十一、 

1,0 「まか ふら、 くぼく、 aR ノ、 ァザ、 ャカ ニ高ク 11- ま 

かふら C 、まか ふち ノ ss.sse 二 テ、 目輔ナ ラム 力) 

i くぼ-た § I 窪 田 一淳 田 I あげた (高 田) ノ 

倏ヲ ョ。 

くぼ-つき i w_ 今ノ膳 It- 一 云フ、 

壺肌 ノ 類ナル べシ。 江 家 次第、 十、 句 「供-一 

進物 所御瞎 tss 坏ニ、 平 isr 高疫、 汁物 等」 

; くぼ-て (名) li^ 一 ひらで ノ條ヲ 見ョ。 一 

ぐ- ふ (名) B 佛敎ノ 語、 佛 法ヲ. 世 



I <^ :… く ほん 

二 弘ムル n ト。 asgr 上 「弘 f 正 法 一」 

fii 抚紀、 八 「弘法 迪」 

グ ホウ 

ぐ-ほふ i P 法 一 佛. 敎ノ 語、 B 法學習 

ノ 不備 ヲ滞ハ ムガ タメ 一一 、旅行 シテ、 智 

識ヲ 求ムル コト。 Sililv/.J- 九、 文 eg 心 ** 

「日本 國ヲ 仃シテ 、求 法/志、 イト 慈 ナリ」 

くぼ-ま • るん. レ. ラ- り. レ (自 勤、 四) 涵ー 〔次 

次條ノ くぼむ (自動) ノ轉- かがまる ノ譜 

原ヲ 昆ョ〕 (一) { 凹ムャ ゥ-ー ナル。 ク-ポ 

ク ナル。 へ コム。 土 佐 日^、 二月 十六 

日 「池 パイ テ くぼまり、 水 ヅケル 所 ァリ」 (、二) ゥ, 

ヅク マル。 宇 冶 拾遺、 二、 第 九 JT 女 ノ危ノ 、くぼ 

まり 居テ侍 ルヲ」 

くぼみ i I 編 一 _ク 、ボ ム コト。 ク、 ポキ 

處。 へ コミ。 a 「くぼみ 15 ル 水」 

くぼ • む 丄-チ 了? メ (自動、 四) IMSI 

ヲ 活用 ス 、壺 む、 腹む、 嵩む〕 ク ボクナ 

v'o ク-ポ マル。 へ コム。 天 治 字 鏡-十二 二 

「凹、 久保无 1 名義 妙 「er 滔 、ク ボム」 

く む- ム亇 ムレ- チチ V- ョ S 動、 下 m _M 

齓ー 〔前條 ノ語ノ 他動、 かがむ、 かがむ 

る。 た わむ、 た わむ る〕 (一) 【中 ヲ、 低ク 

ナス。 中央 ヲ、 へ コ マ ス。 ク、 ポク スル。 - 

宇 保 物語, « 簡、 中 £ 「黑 方 (? K 物) ソ大 イナ ル、 

瓦.. I ノヤ ウー 一作 リ くぼめ テ」 (二) 彫リ、 作ル。 

エグル。 割 学類抄「刳、クボム、木8,^3?«11|也」 

ク ホン- ジ 3 ゥ * ト 

く-ほん- V: ャぅど (名) 一 1^ 品 淨土ー g 敎ノ 

語" 多ク ハ略 シテ、 九 品 トノミ モ云 フ。 

極樂淨 土-一往 生スル 等親。 上品-中 品、 

下品. ァリ テ, 其. 各 品 一一 .夂 、上 生、 中生, 

下 生, ァリ、 合 ハセ テ, 九 品ナリ トス", - 阿 

彌陀 如來ヲ 、其 教主 トス。 18、 ョ 十四-上、 

ssr 上 f+「sta 力 ニ西ノ 方、 十 ffiss ノ 國!^亍 タル、 九 

S ノ上ノ R- ミハ、 ほ ヒナ クナ リハ ペリ ヌ レバ」 枕 草 



子、 五、 五十 段 「 一 (第 一 )| ニァ、 ヲ、 ァ ラムナド 云へ パ、 

1 乘ノ法 ナリト 、人人、 笑 フス デナ メリ、 筆、 紙、 賜ハ 

リタ レバ、 九 品 t»s メ 中二 ハ、 下品 ト云フ トモ、 ト 

キ テマ ヰ ラセ タレ パ」 盛! 八、 法皇 三 井蹈頂 IsS 

r タ日、 西 二 頃 ケバ、 九 品.^ 4l ノ莲 S 一一、 三 ほ來迎 

ノ御心 ヲ?* !ビ タマへ り」 

くぼ-め (名) 凹ミ タル 眼。 (出 眼 一一 

ス ) 

:i: くぼ • める s) くぼむ (他動) ノロ 語。 

くぼ-やか- § 凹キ狀 一一 云フ語 。クボ 

力 二。 

一く-ま (名) 一 g| 阿 一 〔奥 閲ノ 上略 力 (お VJ な 

ふ、 どな ふ。 おもや、 1 や) ■ ト通ズ ト云 

フ、 爾雅, 釋地篇 「澳^ 」疏 「魄、 一 名レ隈 

也、 K 、卽、 厘內深 晚 之處 也」 玉篇 「阿、 水 

岸 也」 字 鏡 S ャ 「魄, 蔵 也, 久牟志 良」〕 ( 一 ) 

S リ入リ 、隱レ テ見ェ ヌ處、 遭 一一 モ、 川 

ニモー 1^ フ。 稗 代 》r 下 _ ^「我 於 11 百 不足 之 八十 

陌-將 ^去 wet 隈、 此 云-一矩 磨 こ (限 路ナ り〕 

*r I^g 歌 「川^ ノ、 八十 阿ー洛 チズ」 同、 十三 セ長欧 

「JS~ モ、 八十 阿 毎 二」 -字鏡 JJ+「ssr 曲 3ii 也、 久 万」 

(二) 籠リ、 隱 ルル トコ p。 § ぎ。 隨處 

1^. 十 1 一一、 明 石 .1. 「カノ is 二、 靜ニ sii フべキ くま 侍リ 

ナム ャ」 同、 四十 ETeggi 一一 i+ 「山里 メイ タルく まナ 

ドニ、 オノ,? カラ 侍ルべ カン メリ」 どり かへば や、 

四 一 上 ノ-ヮ タ ラセ オハ シケル ハ、 何 eii ノ くま 二 カト, 

サシ / ゾキ」 古今 法、 十九、 &諧 ra フ テフ、 人ノ心 

ノ、 くま ゴ トー I、 立 チ レッツ、 見.^ 由 モガ ナ」 後 撰 

、六、 秋、 中 「秋/夜 ノ、 1«ノ 光ハ、 淸ケ レド、 人ノ 

心ノ、 くま ハ £i ラサ ズ」 (三) 不明。 ク モリ。 

クラ ガリ。 ヌ ダカ マリ。 源、 二、 帚 木 t 「く 

ま ナキ物 香 ヒモ、 イト 定メ カネ テ、 イタ ク打 歉ク」 

同、三十四、上、若^«、上ー_.不「恨ミ嫉ミタマフナ.^ヲ、 

云云、 オイ ラカナル 人 ノ御心 トイへ ド、 イカ デカ ハ、 

カバ 力 リノく ま ハナ カラムに 同、 四 十八、 寄生 _f+ 「ィ 

ト くま 十キ御 心ナ -フヒ 二、 a ,ン知 ラル レバ」 (四) 

トコ PC 場所。 S 季集 「ィヅ n トモ、 分力 ヌ eif 



く ほめ …: くま 



ノ、 花ナ レバ、 tB- ネ至 ラヌ、 くま ノナキ カナ」 源、 七、 

紅奨贺 g 「到 ラヌ くま ナキ心 ニテ、 マダ、 ヒ寄ラ ザ 

リケル 3」 

くま i. 環 一 〔前條 ノ語ノ 9 (二 【光 

ト、 トノ 出合。 一方、 影ノ クラ ガルコ 

ト。 陰 i5 IT 十、 sf「s: ノ少シ くま アル、 立 *s 

ノ許ニ 立 テリ ケルヲ 、知 ラデ」 同、 四、 タ顏 八月 十 

五 夜、 くま ナキ H: 影」 (11) 色ト 色トノ 出合。 

色ノ、 濃 キト 淡 キト、 相接ス ル處。 暈沫 

「t ぉ色ノ くま」 (三〕 Ig 取ノ 略、 其條ヲ 見ョ。 

くま (名) 〔隈獸 "成語 トシ テ、 穴居 

スレパ 云 フ名カ (S 獸ナド モア リ) 朝鮮 

語-一 テ ハ、 こむ ト云 フ〕 (一); ノ名、 

長 1 四 尺 許、 全身 、爪-一至 ル マ デ黑ク 、唯、 

喉 ノ下ニ 白 キ處ァ リテ、 形、 半輪 ノ月ノ 

如シ、 月の輪 ト云フ 、眼、 小サ クシ テ、 稜 

ヲナシ 、前脚, 短, ク、 後脚、 長ク、 四 脚 共 二 

太ク シ テ、 皆-踵 一一 テ步ム 、力. 殊 一一 强ク、 

能 ク樹ニ 上ル、 深山 中 ニ棲ミ テ、 果ヲ食 

トス、 冬 、二八 居ス、 飼へ バ馴ル べシ。 皮 

ヲ敦物 トスべ ク、 肉モ美 ナリ、 膽ヲ, くま 

. のい、 艾ハ、 能; 膽ト云 ヒテ、 健 胃 ノ藥ト 

シ テ、 大ィ ュ 貴ブ。 又、 赤 熊-白熊. も-熊 * 

等 ァリ、 各條 一一 注ス。 字鏡ゼ 「熊、 久萬」 § 名 

抄、 E ジ) 5S 、十 一 一- j 千 「荒 照ノ、 捿ム ト云フ 山ノ」 

新 六: S 、二 「奥山 一一、 住ム荒 照ノ、 の わ 一一、 夜目 コゾ 

イト ド、 S ラザル ラメ」 (二) 强ク大 イナ ルモ 

ノ ヲ呼ブ 語。 「熊蜂 J^s ?」 踪」 照 蛭」 

くま (名) 《一 くま あね ノ條ヲ E ョ G 

く-まい (名) 一, 5^ 一 くちまい ノ條ヲ E ョ。 

く-まい (名) S 神 供ノ米 。クマシ ネ。 

吾 Sf/ 鏡 ■ 六、 文^^1 一, 年 二月 九日、 院ノ湖 照野詣 「御山 

供米 等 、可, 被 1 一 沙汰 進 一之 由、 云云」 

ぐ-まい (名) 一が; 昧ー ォ P 力-一 シテ、 理-ー 



昧キ n ト。 愚 蒙。 _MBS-«!S« 「臣雖 =愚 眯; 

夙 嘗= 師 SS 累藥 1 一 as 一」 盛衰 5S 、四十、 雑 SAS5S 照 

野詣 S. 彼 ハ 明 SB 主ノ 君、 云云-我 ハ 愚昧 凡人 ノ臣」 

くまい-ざ さ (名) 紋所 ノ名、 三 

枚ノ i 世 ノ葉ヲ 、山 ノ字ノ 形 一一 シテ、 ソレ 

ヲ三 筒、 中央-一向 ヒ合 ハセ タル モノ。 

くまが い-がさ § 一 熊 谷 笠 一 〔武 蔵國. 熊 

谷 (かい ハ、 峽ノ 音便) ノ地ョ リ製出 シ 

タリ ト云 フ〕 編笠ノ 一 種-形-擂鉢 ヲ伏 

セタ ルガ 如キモ ノ、 謹 一 僧、 罾師, 用 ヰ、 

武士 ノ- 人目 ヲ忍ブ 者 ナド、 深ク 被ル。 

吉 宽文) 「^キ モノ、 くまが へが さ」 色 S3 

大! a(SM、 箕山) 「熊 s*7 事、 江戶 ニ多シ 、三 谷へ 

通フ武 士ノ泰 公人、 好 ミテ、 是ヲ若 セリ、 江戶ニ テモ、 

W ハ、 サシテ § セズ」 飛鳥 川 (元! S 「熊 g あ 

み 2i かふ か トキ タルモ」 (柳 isss 、四) 

くまが い-さう (名) 一 〔葉ノ 形, 熊 

谷 直赏ガ 、母 衣着タ ル狀ナ ルヲモ テ、 名 

ヅクト 云フ〕 草, 室 ノ高サ 尺 許 、梢-ニー 

枚 ノ大葉 ヲ生ズ . 圓ク シ テ 、卒行 ノ脈ァ 

リ- 反リテ 、盛 リア ガル、. 春、 室ノ梢 二 、 

紫赤ノ 一 花 ヲ開ク 、內- 一、 細 蒼 子 ァク。 

くまが い-ざ くら i 一 熊 谷 櫻 I 〔熊 谷 直 

® ノ、 一/好 一一 先陣 セシ事 一一 寄セ テク. P 

, ヅクト 云フ〕 櫻 ノー 岸 櫻-一次 ギ 

テ、 早 ク開ク モノ、 瓣ニ 尖 ァリテ 、盛 リ 

ァガル 、初、 紅 二 シテ. 後-一、 白シ。 isa 

准 后 曰 ls、i 十 年 二月 四 a._s® 枝 f 進 之 S 云、 

彼岸 八 5fiK くまが へ トー H 也 ご 

: くま-がし (き 一 翻 一 〔くま 3 ル意ト 

云フ. くま (隈) ノ 語原 ヲ 見ョ〕 枝, 葉ノ 

繁 リタ ル攛木 ナリト 云フ。 古 as 、中 3 

行) ,長 ^ 平群ノ 山,'、 久 IS 加 ガ 楚ヲ 、§1 一- 刺 

セ」 E 卷 (垂 仁);;!. H. 葉 SSI 白! WJ 同、 下 (雄 S) 一一- + 

長欧 「山ノ K 二 、立 チ榮 ュル、 ®! 廣久麻 加 猫」 



くま-がり (き P 狩 一 熊ヲ. 狩リ捕 フル 

n ト。 太平!; K 、廿八 、三角 入道 「後/山 ョ 

リ、? ^ノ SS チ通リ ケルゾ 、云云、 照狩シ ツル 兵 共ハ、 

?£ ヲモ! SK ズ、 云云、 SS チ行キ ケル」 

くま-ぐ ま • し- シキ .シ ケレ -シク -シク (形、 二) 

〔隈隈 し 一一 テ、 甚 ダ隱レ ル意 ナジ、 くま 

(S ノ條ヲ 見ョ〕 ( 一 ) 樹木、 立 チコ モリ 

テ. 甚ダ 繁シ。 森 «^ 出 土 記、 ® 石 郡、 

!;<p0.aaal 奴 良 比 SHS 任 身, 及 1 ー將, a 時 i*>es 

,±之、 爾時到 =* 此 詔 一一 甚久 麻久麻 お g 在; 

故 云 一一 照 谷 こ (一一) 甚ダ、 コ モリ カナリ。 甚 

ダ薄 培シ。 陰鬆 _8、11、タ@ーーー+「*;ハ、ホノカ 

一一 マ タタ キテ、 §s ノ際 ニ立テ タル 屏風 ノカ ミ、 n 

n 力 シコノ 、くまぐま しく オボ エタ マフ 一一」 (物 ォゾ 

ロシ ト思フ ナリ) (三) クシ t, グ ラシ。 g 疑 

源、 三十 二、: iesrras ク ws シタ マフ ト怨 ミテ、 イト、 

ュ カシト S シ タリ、 何 W カハ侍 ラム、 くまぐま しく 

S シ タル n 7' 、苦シ ケレ」 

ク マサカ .ズ * ン 

くま さか-づきん (き 一 熊 坂 頃 巾 一 〔強盗、 

熊 坂 長 範ノ名 一一 因ル、 能 樂ノ熊 坂/装 

束 ヨリ-云 ヒシ語 ナルべ シ〕 頭巾 ノー 

種。 illswjr 照 坂 ES 巾、 丸 頭巾 二 、ま ォ; ろせ ケタ 

^ヲ 云フ J 

くま-ざ さ (名) s_ 〔暈 i ノ義- 葉-一、 

白キ暈 ヲ生ズ ル故ノ 名〕 笹 /、犬 イナ 

ルモ/ 、高 キハ、 五六 尺, 一枝 一一、 六 七 葉 

ヲ ッ ク、 廣サ 一 一寸 許、 長 サ八寸 許、 老 ュ 

レ パ 、葉.,, 緣、 皆、 白 キ斑葉 <ヲ ナ ス、^ リ 

チヽ 魚 錯ナド 二 数ク。 燒刃 ザサ。 刃 ザ 

サ。 銀邊竹 mill 權子 S 保、 近 &作) 上 「_K 

ノ面、 云云、 照 S ノ S ハ、 g 力」 

くま-あね (名) 一 ill 〔精稻 ノ轉ナ ラム. 

皇極紀 、三年 六 3;- 一 、,4W ヲ烏麻 Is 始ト 

ァリ、 は, たら- まだら (斑. -。 もまし、 ま 

ばし (晳)〕 神-一 供 フル 精米。 略 シテ. 



力 



i し 



i 



—I i し 

くま。 敬稱シ テ - おくま。 御 洗米。 御供 

也, 久万之 IT 一 ias お、 二 年 十一 nna 太子、 云云、 

人 5ffi:H- ts.-: ムー! T aa-l 令 テ、 a- 太: Igss- 一、 

#久-8 二 _w せ」 SOTSr くま 「日本 sa- 一、 Bn'IS..' 

リ, 云 一! rBSEBS 一一-今 S 、内 ISS ノ 刀自 ヲ! シテ、 

御 千 a サ セラ レテ、 W くま リテ、 SB- キアリ」 

一 ろ <g 一 神 稻代ー 〔《- 代 ノ教. 代 

" -E 地ノ 段別 ノ名、 其條ヲ a ョ〕 神 供 

ノ 米 ヲ作ル 田。 《sg 抄、 八? 1 「石 laaraa 知 

STStssl- 久 * 之!!. 3」 九 一 rsssar 一二 ffis 、: Is 

V . 久 ffi 之: a I へ ssrt ナ ヲ - S 名 一; ¥ ノ g- 一 E リ 

テ, 下 1«セシ ナリ. - ir 八. サ R 中 Br«;*ss 、神 t.ie、 

加餹 一之 S J 

4, ぜみ i M_ 〔熊 「太 イナ ルゃ. T 

其 條ノ (二 U a ョ〕 古名、 クマ ゼミ。 

節 ノー se 、形 ノ. お モ大ナ t モノ、! g ノ 

ぉサ 一寸 535 - 一至 ル、 黑ク、 羽、?? a キ 

ト ホリテ ナル 脈ァリ -8- モ大 ナリ、 

あき ザみ ヨリ 少シ 後レテ 出ヅ。 一 名- ォ 

ホ ゼミ。 ャマゼ ミ 。 Eg 抑 

;く まも ? 一 〔くま ハ、 吧後 

一一 ■ 其 地, 6 ヲ 存シ、 せ つ 大隅 

M. 郡 -Iff ス sz ノ放ヲ Js^ キテ" 笛 

於 トシ-一: タノ 地 JC トス-木!: ヲ-紀 

トス ル 、sl! ジ. >古《MV"- 上 „- 「熊 *; 國, -景行 

お, 十三 年 五 H:「«! ほ. toj 後 ® セ ,一?r =E 

^.太足《.火な(せ行)征,,^^球《5咁淤ー凯 

之 時, 云云」〕 上古, 九州 ノ南 Is- 一 住 

セシ, kig/ 稱。 华人 ト稱ス ルモ、 此 

チリ- eraj 十ル人 se 十 リキ。 -scar 十 「一 

年 七り 之 こ E, 廿七年 八!::; 一 sa- 

ii- たか S S 〔熊 ハ. 大 イナ 々窓〕 



i つ 



-ー シテ、 大ナ ル コ 卜-常 ノ モ ノ 一一 

; ス. 形-全 ク- 魔-一 同ジ クシ テ- 耳ノ 

上 二毛ァ リテ. 角ノ 如シ. 力. 最モ猛 クシ 

テ、 能ク、 SI 、狸 、猴. 免 ノ類ヲ モ 捕フ。 

^js i?HK^*._.s 、久万 太 加」 ほ 名 S 、十八 i_s 族 

名 IftsT 久! 加」 

■ くま-つづら (名) ば べん さ-つ (馬 鞭 草) ノ 

古名。 * 革 S 名、 上 加 i.s_5*、 久 *SSKB! 一 0K 

名 抄、同 ジ) 

くま-で < 名) 〔能プ 手爪ノ 如シ〕 

( 一 ) 武器, 頭 二 , 錢ノ 爪ァリ テ、 柄 

?添フ 、敵 二 引 整 クル 一一 用 牛ル。 11 搭 

^Ig Isgs.H 、元 18 二 年 一二 SJ 廿 E1B「_B 纏 門院、 

入水 a! 之 源 SB 尤、 以 I 熊手 一 奉 >取> 之」 

(二) 又-落葉-穀物, 十ドヲ S キ 寄スル 

具、 頭ヲ, 竹-一 テ, 扇 ノ骨ノ 如ク、 末 廣-ー 

作リ. 尖; 內 二 曲 リテ. 長キ柄 ァリ。 ffi 齒 

くま-ど § 罰 一 〔陰レ タル 所 ノ義、 く 

ま (隈) ノ條ヲ 見ョ〕 物 ノ所。 tss 

? KS 、廿, 5a ノ、 久 1- 刀 二 チテ、 吾妹 一子 ガ" a 

モシ ホ * 二 、: K キシゾ S ュ」 

くまどり (名) IK 取 一 —( 一) クマ ドル コ ト。 

,ホ カシ。 陰影 法。 ^ (二) 耿舞伎 没 

者ノ- 荒事 + ドス ル者ノ 、顔ノ 眼 邊-類 

+ ド- 一、 種種 ノ 縷具ヲ 以テ- 種種 二 色取 

ル コ ト 。略 シテ、 くま 。筋ぐ ま-猿ぐ ま- 

半ぐ ま- ナド 云ヒ -«} ヲ以テ 、紅ぐ ま- 黑 

: ダマ 

ぐ ま ぐ ま (藍隈 トモ 云フ) -ナド 云フ。 

一二 aessssrta ノ くま 名 gj 

くま-ど • るん- レ •-?? レ i-& Igwl 

t: くま; ノ義 -其條 n- 見 ョ〕 (一) 彩 

色-一 テ -fen- 立 ッ ボ カス 楚 抹 8« 

集 「«-/ 色 〈、くま.? <i ノ、 ゥ 5- シ 一、 空モ S シ 

キ-タ H ノ空」 (二) くま.. ど り 一) ヲ ナス C 



くまな 

前條ヲ 見ョ。 

くま-な, し (形) I、 义ハ、 最 ノ條ヲ as ョ。 

くま ■ の-い (名) 一 ill (一) 熊 ノ膽- 味 > 棰 

メ テ 苦シ 、健 胃 ノ藥ト シ テ 、甚 ダ效ァ ル 

n トヲ 云フ。 薛膽。 本 ss-ar 十一、 S 【今 本 

邦、 saffilm 疝 _!«、 小<„_-»~«;«=«3? 丹 一 以«> 之、 其 

方、 用-一照 al-s> 主」 ニー ){ 藥用ノ 人参 ノ古 

稱-其 根、 苦シ。 又、 かのに けぐ さ 。其條 

ヲ 見 ョ。 字 镜^+ 「人 g 、久万 乃 伊一 天 治 字镜, 七 

JJtr 人 st.sg 伊一 本草 a 名、 上 iS 「人 «- 、久末 乃 aj (! e 

名: a 、同! ン) 

ク マノ- ゴすゥ ォ 

くまの-こわう (き P 野牛 一 ごわ- 「ほ 

ういん (牛 王賓 印) ノ條ノ (一一) ヲ 見 ョ。 

くまの-さんざん § 一? Ifflil 次條ヲ 

a ョ。 

くまの-さんま ョ- ごんげん § Igi 野 三 所 

s_ 紀 伊國, 東牟婁 郡、 熊野ノ 地ナル 

本 tr 新宮、 那智- ノ 三所ノ 神社 ノ稱、 

又 、能; 野 三 山 トモ 云フ C 中古. 佾徒ノ 掌 

ル所 トナリ 、盛!' 一一;; 嗱地垂 跡ノ說 ヲ唱 

へ テ、 本 宮ヲ證 誠 殿 ト稱シ 、新 宮ヲ兩 

所 權現ト 5^ シ、 那智 ト併セ テ、 熊 野 三 所 

權現, 又 l£SsS 現 ト稱ス 、後-一、 末社 ノ 

神" 若 王子、 Si 師宮、 聖宮、 兒宮、 子 守宮、 

ナド- 凡ソ. 九所ヲ 加へ テ. 十二 所 權現ト 

ス 。能 ヨリ 出 ス牛王 印 ト云フ モ ノ、 

名高 シ。 古来, 熊 野へ、 上皇、 女 院ノ御 

幸. 大臣 以下 ノ 詣 ァリ. MK モ亦. 盛ン 

一一 到 ル 、熊 野 詣ト云 フ 、熊 野 比 £ 尼ナ ド 

云 フモ ノア リ. (次. 條 ヲ 見ョ) 。京都 ョ リ、 

能; 野 一一 至 1, 所所 一一 、 王子 ァ リ、 

御幸 ノ時 一一 , 御 休听毎 -ー 、臨時 , 能 〔野 本 

社ヲ、 假 リニ 移シ奉 リシ 地 ナリト 云フ、 

地名 ヲ冠 シテ、 某 王子 ト云 ヒ. 九十 九 王 



I の …: くま ひ W 六 

子ナド 云へ ド. 唯. 其 多 キヲ稱 スルノ ミ- 

實數ー I ハァ ラズ。 稱 王子-切 H.. 王子、 藤 

代 王子。 八 、五、 IMfllrfcs! の ts」 運 歩 色 B! 

trrelBJJ 一 ニノ 御山」 saa 、下 esusssx) 上、 天地 門 

「!^野ほ说、 ! SS!B 、本 地 阿 faK、 _a 所! K 現 者、 藥師、 

觀音、若 一 王子 者、 施 S 大士、 SK 曰 一一 日本 第 一 現 

照 _» 三 祈 ほ規こ 合 B~_s 用! 15 元! slligrffi B せ、 

|a 州车 WS- ss、 *_s, s 智、 is= 之 =ー 山 一 agJSJ 

現」 謠曲、 安宅 「卽. 佛ノ 山伏 ヲ、 nn 一一 テ討 チト 

タマ ハ ム *、 云云、 Bi 野 SS 現ノ s_s ヲ當 ラム コト、 

立 チドコ 口 iis テ、 _» ヒア ルぺ カラ ズ J 

くまの- ビク 一一 W) -^^ 比丘 

E ノ、 弟子 ヲ伴ヒ テ,. ffira^ 國/ 熊 野 三 山 

二 詣デテ 、行 ヲ勤ム ル モノ。 此者ド モ. 

後 -ー 、勸進 比丘尼 トモ ナル。 東海! a 名所! S 

(mssl 二、 P,S*jr ィヅノ 頃 ヨリ 力、 比丘尼 ノ、 伊 85. 照 

野 二 s デテ、 It ヲヅト /シ- 一、 其 弟チ、 6-、 伊 85、 熊 

S 二 、 此故ニ 、 SEB 比丘尼 ト名 ヅク、 其 中二 、s 

ョク、 K ヲ ウタ ヒケル 尼 ノア リテ、 欧 フテ E 進シケ 

リ、 其 弟子、 亦、 S5 ヲ ウタ ヒケリ J 

くまの-まう で (名) 一能 il 紀伊 國ナル 

能; 野ノ; t 社-一 詣ヅ ルコト ■、 (前前 條 ヲ 

ョ) 吾妻鏡, 六、 二 年 二月 九日、 P 宣 「9SSS 

s-gtpsfssL 此、 今春 a= 令, *a 云云」 

くま-ば も (名) 0^ 〔熊つ 大ナル 意/ 

やまばち ノ 一 種-形、 S モ大 キク シテ、 

黑ク、 腰ノ 色, 荧 赤ナル モノ。 クマ ンパ 

チ-、 is 馬 a las 本草、 下 a+ 「石 蜜、 久 *s 

5~ 乃 sse 利 太 81」(2!~ より 滴る ナリ) 

くま-びき (名) 〔善 ク群ヲ 成セ 

パ名 ヅクト 云フ、 或ハ 云フ, 多子ナ レバ 

云 フト〕 魚ノ 名, あいら-一同 ジ 。多ク 

ハ、 婚禮> X ハ、 雜遊ナ ドニ 用 キテ、 安 

產. 多子ヲ 祝ス。 甲 gar 十六、 品 ssa 十四 

『進 上、 云云、 くま ひき 一 オリ」 

くまび る (W) B 〔熊 ハ、 大ナル 意〕 一 



ゥマ ビル。 水蛭ノ 一種、 甚 ダ大キ クシ 

テ、 三 四寸ァ ル モ ノ、 梅雨 ノ候ニ 出ヅ。 

馬蜞 

くま-まつり (名) 一 翻 蜋,. < 熊ノ Et- 

ヲ 捕へ 、婦人、 コ レ ヲ I 育シ、 一二 年 一一 シ 

テ、 n レ ヲ殺 シテ、 神 一一 供フ ル祭。 

; i- み (名) 〔隈ト 、接尾語、 Is ト 

ノ條ヲ a ョ〕 路端ノ 空 ^Ir くま わ。 萬 

i. 五 5 長 ,メマ ボコノ 、道 ノ久麻 尾!!、 萆手折 

り、 取り 敷 キテ、 床ジ モノ、 打チ a ィ伏 シテ」 

くまん-ば も (名、 00 〔くまばち ノ音 

li£、3 共 名、 まんな。 寸; のま ま、 えの まん 

ま〕 くまばち I 一 同ジ。 

; くま ,る- ル. レ. ラ-? レ (他動、 四) 〔配る 

ト通ズ 、隱 る、 なまる。 晳、 あばし〕 ヌ 

ク。 ヌ カツ。 ^ ル。 古一!?^^っ上セ「訓,分、云ーー 

久, こ i^fcT 十 年 九、 月、 武墙安彥 「興, 兵忽 至、 

分. 道而、 夫從 一; 山背; ji 從ー I 大坂 一せ:: 入」 景行 紀、 

四十 年 十 e; 、日本 武坊、 確日银 ニ至ル 「於, 是 化, 道、 

s^. 吉備武 g 於 li 越國ニ 

) くま. わ (名) くまみ 二 同ジ。 萬 菜 集、 二 J 

fSM ダニ 、ぶサ リシ モノ ヲ、 ォホホ シク、 ip.: 出 モス 

ルカ, サヒノ 隅 囘ヲ」 

くま-わし (名) S 〔^ハ 、大 十ル 意〕 

m ノ 一 種、 體 ノ長サ 二三 尺、 尾ノ 本、 白 

ク シ テ 、末、 黑キ モ ノ、 老ィ タル ハ、 頭ョ 

リ尾 マデ、 灰白 ト、 灰 黑トノ 斑 ァリ。 ィ 

ヌヌシ 

くみ (名) B (一) 【組 ミなル 紐、 絲。 字 

鏡れ f 「お、 組 也、 久 isr 一 神 、採 物、 ® 「イソ ノ カミ、 

布 SB ャ少 男ノ、 太刀 モガ ナ、 久 美ノ路 垂デテ 、都お 通 

ハム」 „T 四十 四、 《g 姬! 袋、 云 Iff 細ゾキ くみ シ 

テ、 ロノ 方 ヲ結ヒ タルー I」 (二) {諷 物 ノ玉ヲ 貫 

ク モノ C ヲブサ P UK 名抄 、十四 ャ服 玩具 



VTW ま 



、み 



「錢.所,以9ー*玉ー《5承受,也、久美、又、?,組字こ 

(三) 組合 フべ キ 物ノ、 摘ヒ タルコ ト。. 

對。 rl 一組」 (四) 合體 シテ、 一事-一 從 

フ 人人。 クミ ァヒ。 ナカ マ.。 圑體。 夥伴 

「白 柄 組」 兵 兒組」 爲替 組」 (五) 第 兵/、 一 群 二 

ナリ々 ル モノ。 隊 「弓 組」 M 砲 組」 (六) 組 

娘 (二) ノ略。 

! く-み (き 7 、, 、黄 /轉ニ モア 

ル 力 (黄金、 くが ね) 實ノ皮 一一 、きらら 色 

ノ斑 ァリ、 小 子 ノ轉カ ト云フ 說ハ、 オボ 

ッ カナシ-もろ なり ト 云フハ 衆多 成 二 

テ、 s ノ繁キ 故 ノ名ナ リト云 フ說ァ リ〕 

今 、濁音 一一、 ぐみ ト云 フ- 次次 條 ヲ見 ョ。 

モ 11ナ= -'。 本草 和名、 下 一一 一 i. 胡 SH. 、久 美」 倭 名 

抄 "十 Ay«J0r 胡 S 子、 久美、 一 云、 毛呂 nnsr 本朗 式、 

用 一 :5S 生 子 Hi 字 こ 大 SSB 式 「ss 中國 S 進 菓子、 諸 成」 

く-み (名) _11 味" 一 ニガ キア. チ。 ニガ ミ。 

ぐ-み (名) s_ 〔前前 條ノ 語原 ヲ見 ョ- 

一 名、 苗代ぐ みヲ 上略 シタ k 一一 テ. 濁音 

ト ナレル モ ノカ、 常-一、 茱萸ノ 字 ヲ用キ 

ル ハ, 山 茱萸ノ 上略 ナリ、 尙、 茱 资ノ條 

ヲ モ ョ〕 古名、 くみ。 1?<> モ P ナリ。 

灌木, 高 サ六七 尺、 小枝 多ク茂 リテ, 木瓜 

類 ノ如シ 、葉つ 互 生シ、 橢圓 一一 シテ、 波 

狀線 It- 有シ. 面ハ、 i I 一 、背 ハ 、揭 色. 

或 ハ 、白色 ナリ, 冬, 枯 レ ズ . 故 -ー 多ク 、庭 

際-一 植ク -冬ノ 末. 白色 ノ花ヲ 開ク- 二三 

募垂 レ テ. 本 ハ 筒/如 ク. 末、 分 レ テ四裂 

ス 、香氣 ァリ、 實ノ 形、 棗 ノ如シ 、長 サ、 

五分 許、 熟 スレ パ赤ク 、きらら いろ ノ斑 

ァリ、 食 フべ シ、 仲夏-田 植ノ頃 ニ熟ス 

ル ガ故 一一 、京都 一一 テ ハ K 名 二 對シ テ、 苗 

代ぐ み ノ名 モア リ。 胡頌子 別 二 、夏ぐ 

み、 秋ぐ み、 等. 尙ァリ 、各 條-ー 注ス。 夫 



、み 



木 妙- 廿 九、! W 「小山 田ノ、 な は *s ぐみ ノ、 春 a ギテ、 

S ガ 1* ノ色 二、 出 デニ ケル カナ」 大和 本草つ 兀祿) 十 

一 、藥 山 t#JS!、 方 3、 な は ft ろぐ み 卜云フ 

ぐみ ァリ 、苗代 スル 時、 H 、熟ス 、中 華人 云、 是即 山菜 

萸也」 本草 拾遺、 胡頹子 「ま 時 珍 曰、 結, 赏 、小 長暖 

Ml: 山 茱资 こ 本草 一 家3 、三 「吳 t« 萸、 fllstw 、山菜 

资、 雖 -i 名 同? 物 各 異也 、和 邦、 訓= 菜 苠 ー爲 =久美ハ 故不 

, a 者、 as 解 一一 三種 一 以-! 久美之 ffi; 非 也、 云云、 山菜 !《、 

宜 It 訓爲 =久 美; 其 他、 吳 菜 tK 、食 菜 t« 、皆、 椒输 也」 (古 

事 苑、. a 菜 萸) 

くみ-あ, ぐ. グケ ダレ- ゲ, ゲ. ゲョ (他動 、下 一 じ 

I 組 上 一 ( 一 ) 組ミ テ, 積ム。 「博 ヲ くみあぐ る」 

(二) 組 ミテ、 成ル。 「百 本 ノ紐ヲ くみあげ タリ」 

ク i - ァヮ ■ ス 

く, SI あは スル- スレ- セ-セ -セョ (他 § 、下 一一) 

一 ^Ani 組 ミ テ、 相 合 ゝノ シム。 取 An ハ ス 。 

交フ。 甲 sssr 九、 下、 品 第 廿七ニ 万、 二 万、 三 

万ノ人 SSSSK 、御 旗本 ヲ シテ、 一手 ノ樣 -I 備ヲ 

立テ、 くみあ はせ テ、 一 戰ノ ス ぺヲ 執行 給フ」 

クミ アイ 

くみあ ひ (名) 一組 合一 ( 一 ) 組合 フ コ ト。 

(二) 組合 フ 人人。 ナカ マ。 圑體。 伴 

§0, 1 、享保 六 丑年 十 一 月 「ss 商人、 諸 職人、 組合 

招 極メ、 B: 行 £5 立」 (三) 互 一一、 引 キ組ム コ- 

ト 搏鼠 「相撲 ノ くみあ ひ」 

ク ミ-ァ -ゥ 

くみ-あ •AiJ.? へ-八- ヒ-へ (自動、 EI) 一組 合一 

(一) 互 一一、 組ム。 クミ チガ フ。 (二) 相 合 

. シテ、 一 群ト ナル。 仲間 ニナ ル。 與ス。 

與 「數 町、 組み合 ふ」 - (三) 互 二、 引キ 組ム。 

取組 ム。 搏蘭 狂 3 記、 文 山賊 「オノ シ卜、 ヮレ 

ト、 くみあ ふタ s;ws" ハ、 H ィ義 勢デ ハナ イカ」 

くみいれ (名) 一^一 (一) 格 天ぁノ 異名。 

約 メテ、 くみれ。 堤中納 W 物語-貝 合 「塗 額、 云 

云、 くみいれ ノ上 ヨリ、 フ卜、 物ノ落 チタ ラバ ,云云」 

辨內侍 日記 (建 長) 下 「此 御所 中ノ くみいれ ノ ヲ、 

皆、 フ ぺ キ由ヲ 承 リテ、 云云、 歡 へ 侍 リシ 二 、釣 殿 

ノ くみいれ ノ、 殊 二 多 クテ」 大鏡、 上、 三條院 「佛ノ 

御前 ヨリ 東ノ庇 一一 、くみれ ハセ. ラレ タル ナリ」 爲忠 

くみ s- 



百 首、 M 上孩 「吹拂 t 、荒レ タル 宿ハ 、ffl 寐ノ 、くみれ 

ノ 上-一、 HBf ルナ リ」 (一一 後世 ハ- 格天井 ノ 

格 閒ニ、 小サ ク組ミ タル 格子 形 ヲ人レ 

タル モノ。 (三) 白木 造 リノ、 小 サク方 

ナル盆 ノ如キ モノ 、犬-小、 組ミ入 ルル 

如ク、 入 子-一 造ル、 離 シテ、 供物 ナド、 盛 

ル 二 用 ヰル。 

1> ^み ふ, れ る- レル- レレ- レ-レ -レョ is 、下 一) 

一組 入 一 加へ テ、 入 ルル。 クミ コ ム。 

くみ-.. つた (名) 一組 @ー (一) 三味線 ノ小喷 

ヲ 、 ソ クバ ク、 組 A 口 ハセ ル モノ S 遊 

笑 as 、六 「組 ト云フ コトハ ニニ 敏ノ曲 ヨリ 出デ、 同ジ 

趣ノ 小歌 ヲ Ks セ ts メタル ヲ、 « 卜云フ ナリ」 (二; - 

筑紫琴 二 モ移 リテ、 幾 唱歌、 幾 曲 ヲ粲メ 

テ、 一 組 トシ タル モノ。 略 シテ、 くみ。 

ェ チ ン 5 7 

八橋 檢校 城談. S 享ニ 年歿) 越 天 1^.-1 因 

リテ作 レリ ト云フ 。(春 臺獨 語) 蓝組ナ 

ド 云ファ リテ、 コ レヲ、 表 組 六 曲 トス、 

後 二 、裏 組 三曲、 中 組 一 曲 、奥 組 三曲、 ナ 

ドア リ。 (安永 ノ爭曲 大意 抄) 後 二 モ、 新 

作 多 シ、 筑紫 琴- 蒋 組- ノ條ヲ 併セ 見ョ。 

くみ-、 つち (名) ff 化 一 敵ト引 組ミテ 、首 

ョ撃 チ取ル コ ト。 太 5H、< 、持 S 院殿 行-: 幸 

六 波 a 一 1*. 赤松 ザ 85 ド 乇、 尙、 御 方 一一 紛レテ 、此中 I 一 

ァリト as ュ ルゾ、 河ヲ 渡シヅ ル敵ナ レバ、 馬、 物具ノ 

_„| レヌ C アルべ カラ ズ、 ソレヲ K シー 一シテ 、組! „£|| 

打テ、 ト呼, ハ リケル ffl」 

くみお び (名) 9_ 二) { 緩 絲- ーテ、 

平 一一 組 ミ成セ ル帶。 禮服 一一 用キ ラル。 

00 後世 ノ束 帶ノ、 袴ノ 上-一 垂 ルルお 

? ク i オビ 

緒 ハ 、此遣 ナリト 云 フ 。 衣 g 令、 禮服 「晚 帶」 

ハニ) 丸 打 ノ太キ 紐ヲ、 帶 トス ル モノ。 ナ 

ゴャ オビ。 好色 一 代 男 (天 和、 西 鶴) 1 一 「男 達、 云 

云、 袖 下、 九寸足 ラズ、 染 分/? S 蒂」 

! くみ-が 1*0 (名) 一組 垣 一 竹 木 ヲ組ミ 編 ミテ、 



くみ か 



くみ か 



くみあ 



くみた 



くみち …: くみの 



五< 



识 トシな ル モノ-.^: ^-韓ーぉ- 、接 杉 ナド、 

レナ リ L §ro 位:. S お 「大, ;;; ノ、 八 K ノ^ 通 

, ドモ」 、十、::: sgl.KS ノ 、敷地 ゾ 

f トド- タエ ヌル, 八 ノ くみが さ-^ りカサ ネテ」 

くみ-かけ -さ S 組 絡ノ懸 緒、 紙^ 

ノ 懸^-一 對ス- お ss-li 、應永 二 iiH!I 廿九 =r 

内 御 《1 始, 左 掛, 左 大辨宰 招 、紅 Msa」 

巧 三 お * 抄 「w 掛" 木 «!• 紙 a ナり、 紫/組 掛ハ、 

ミュ へ、 SS 久 年中 ヨリ 始. -テ出 

* ル $ 、云:: ム 、近 《 ハ、 用ュル ** ニナ レリ」 (後 

松 e;h 、十九) 暫 山《»(^*? 保) 五 「ft ノ SBK 、元 

來、 ノ. ーヅキ タルモ ノー ーテ、 飛 ££井《 ノ W 

ぉニテ -^SB シァ ルナ =^」 

くみ-が あら き ffl_ 二) 徒 組 弓 組- 

! S 砲 組-十 ドニ 隊ノ 兵ノ 長- 夂. 與 頭- - 

s:jis ノ^? S ナリ) S S 其 兵 ヲ、 

机 千、 机 衆: ト 云フ。 部下 

^^-、^ヲ{^子トモ云フ。 

E.3s*ar< 、品? 51 七, ffitgs 州 二 州 J:- 之 抑 ijer 一 、 

山 S 三^- Kur 云云、 此 》%、 1 、胡 比 *fws 河 、云 一 IT 

3 ど V: ろ. 通 R さ, 九 八.: -ar 云云-組 M 二 テモ、 組 

?ーテ モナ キ人 ©ぉ 、一 K 云」 (二) 地方-一 テ、 

^^、ぉ卞ン次/^ズ五人紐/;まノ教カ) 

sries. 、作- 松 屮, 、s が * 〔ち」 

ク i ゥ :- - ス 

く- か は, す- ス -卞サ セ (他 €.5 一^ 交一 

〔 くむ S) ノ條ノ (三) ョ W ョ〕 互-一 飲 

ム C 差シツ 仰へ ッシテ 、飲 ム乂; _E ヲ) 

制" 「別 レ/ S ヲく みか はす」 

ク t カウ • ス 

くみ.. か は *す- ス. ャサ. シ-セ 他 sd 

くみ ちが ふ (^交、 他? g) 1 一 S1! ジ 。 

ク. ( 力 • ェ i; 

く A- か, へる • ヘル-ヘレ-へ-へ • へョ (他動, 下 I) 

S ^^1へテ、組ムに 改メテ 、組 ム- i 

改 ■ 役役ヲ くみ かへ る JffiKn,- くみ かへ る」 

: くみ-がみ -g S 一 シ- 其條 

ヲ ョ- iTOJi* w. クミ ガミ」 ^ノ 太卒ナ 



ルヲ、 くみが み を 解く ト云 フ。 竹 « 「治 

マレル 代 I ーハ、 爽モ組 を どく ト 云フ、 くみ 髮を、 

>」 きシル 春ノ、 榜 カナ、 一 祝言 ノ si? 也」 接訓 HT くみ 

かみ 一 辦 ilKTMH フナり 、え, ひす 國 ハ、 a レタ. ^時 ハ、 

JK ヲ くみ テ居 ルナり、 治 マレ, i 時ハ、 g ヲ解ケ = 、因 

テ、 世ノ、 從ヒ ナビ ク時ヲ 、くみ EK を W く ト!: ムフ、 ト 

云 ヘリ」 

、み-あ (名) S (一) 支配 下ノ 者。 組 

® ノ條ノ (一) ヲ 見ョ。 (二) 細 ソキ材 ヲ、 

み 形 一一 机 ミ作レ ル、 格子 ノ如キ モノ。 

「^3Jr ナ/ ffl 子」 

、み-あ • む- ム-ザ 了ミ. メ (他動、 四、 _ 

( 一 ) 入 レテ、 組ム。 アミ n ム C 「草鞋 ノ s 

-1、 麻 ai ヲ くみぶ む」 (二) 人人 ノ 中-一、 加フ。 

クミ ィレル 「仲 一一く み ャ: む」 

ヽ み-ざ かな (名) sffl 〔數 品、 組合 ハセ 

タルな; 力〕 口 取 1?^ ノ類。 俚 slsig 、組焉 「大 

IKI^ 、江 戶デ 云フ、 すずり ぶた もの ナリ J 

、み-あ (名) S 組 絲ヲ造 ルヲ業 トス 

ル モノ 七十 一 番 職人 恭 Isa 、五十 一 番 「組 1 ュ、 

タク フクへ、 此ノ 頃、 メス 人 乇ナキ 、ウタ テ サョ」 

、み-あ • く- ク *ケ. 力. キ. ケ is 一組 敷 一 

敵ト キ組 ミテ、 下 二 数ク。 ^ 

、み: た § S 支配 下- 配下い 組 

頭 ノ條ノ 二) ヲ eS, ョ。 

ヽ み-あ ユラ (名) ffl^ 一 くみが まら ノ 

二) ョ は- ョ。 — 

、み- # でる. ャレ 4.? レ i 動-四) 一, 知 一 

斛;^ ケテ- 知ル。 クミ ハ カル. - クミ トル。 

「其 心ヲ くみ * 一る」 

、み • す- スケ スレ. セ-シ -セョ 、左 S |& 

〔紐 ヲ爲る 義-寇 す、 宿す〕 方人ト ナル。 

クミ ァフ C K 略; S 、五 年ニ1« 「皇后 不, 與一 1 天 

a こ 字 1« 抄 「與、 ク ミス」 與 みし 易し ト云ク 



" 、相手に して、 當り やすし ノ意 ナリ。 

史 お-准 侯 1^ 「知 1: 信 SB;, 人. ■ 易. 與耳」 へ 韓信ヲ 云フ) 

くみ-た * ゥふル ふレ丄 I 丁-テョ (他動 1 下 一 U 

-li 立 一 組 ミテ、 作 リ成ス • 組 辙 ス e $ 

虎 KsaK 永, 近 松 作. 一 s 行 「=4- シテ ゥシ 

テ、 アラマ シノ、 末ヲ 心-一組み 立つ る、 塔ノ s」 

くみたて (名) 一 劉 一 ク ミ タ テ タルコ ト C 

構成 

くみ-たて m S 〔立つ ハ, 爲 始ムル 

意、 誓ヒ ヲ立 つる、 飾リ- 立つ る〕 今, 汲 

ミタ ルバ カジナ ルコト C 1§5 城 酒き 齒 享 

保、 近 松 作) EU 汲 立 ノ京ノ 水」 

一: くみ-た • てる g) s_ くみた つ (組立) 

クミ- チが • ゥ — 

くみ-ちが • あ-? へ-? ヒ-へ (自 ®、en」 組 交一 

相 交 リテ" 組 ミ合フ 。ブ。 チガヒ ニナ ル。 



くみ.. ちが *ん- フル -7 レ- へ-へ-へ ョ (他 勒. 下 5 

Iffi^ 一 組 ミカ ハス。 十字-一組 ム ブク 

チガヒ 一一 スル。 交 X 

ク i チな ェ 

くみ もがへ § 即 交一 (一) クミ チガフ 

ル コ ト、 組 ミカ ハシ タルコ ト。 交叉 

- ノリ - ノリ ガイ プッチ ガ, J 

(二) 馬 ノ臂ノ 上 二 テ、 ノ、 交叉 二 結 

パレ * ル トコ 揪ノ; BIBK. 廿 一 、小 

ISO 扱 u 「唯一 二 ト志シ 、云: K- 能 引 テぷヅ -gw 

•fjr. タル S ノ SB 胸 I ^ヨリ 、ほ/組 違へ 、矢先 白ク 

お出 ス、 S ハ、 屏 a ヲカへ ス ガ如ク 臥シケ レバ」 

くみ-チン キ (名) 〔ちんき 

ノ條 n-a ョ〕 e 皮、 龍 腿-十 ドヲ、 稀潘 

ナ ル洒精 一一 溶 力 シ テ 製 シ タ ル水 藥、 味 > 

苦シ、 健胃剤 トス。 

ク i -チ ヨウ マサ 

くみ-ち ャぅ (名) 長 一 人-一組 ノ 長-組 



合ノ長 = 

ク i ;. y ユウ 

くみ-ち ュぅ (Is 一組 重 一 組合 ハセ ル重 

箱。 カサネ * チュウ。 

くみ-て (名) R_ 〔手ハ 、人 ノ轉〕 敵ト 

組 ミ<5 ロフ 人。 平 治 物語 ,ー 一、 KSSSM 下向 *|「《 

七 五郎 i 、近國 二 無雙ノ 大 カナ レバ 、組 手 ナルべ シ」 

くみてが た (名) 一^手,^ 一 芋形ノ 紛失 ナ 

ド ュ備フ ル爲- 一 振 出ス- 二通. 若シク 、へ 

三 通ノ, セル、 同文 ノ 手形。 

ク .1 -テ ン ジ m ゥ • ンジ 

くみ-てん. ま. ャぅ (名) 一組 天: s^l 格 天. 井。 

てん ¥.ャ う/ 條ヲ a ョ。 

一く み-ど (名) 一久 美 度 一 〔12 處ノ 樓、 

くづ ま" 龍, かたみ) くま ハ、 隱る意 、寝 

たま ふ ir . * 大殿ぶ もる ト云 フ, 是 レナ リ, 

yj ハ、 寢處ノ >j 一一 テ、. 1^ ナリ、 み vj ノま 

ぐば ひノ W モ、 同ジ〕 際タテ 、寢ル 處.^ 

寢處。 ネド コ。 寢 听-、 古 上 や IT 冊、 二 

-ーォ コンテ ゥミ? マ ヘリ .、コ ヒル ゴ? 

ほ 「久 度 通 興而、 # 子 水 ISN- こ (興して ハ、 

始めて ナリ、 IS ーズシ タ マフ, 十り) 代 菜? S 

^ほ、 稻田 姬相與 s,.{a 而、 生 一一 兒大 こ 

^t^•+^3御戶ー爲i起而、生i^^^.」 - 

くみ- ヒ ,む- ムゃ ムレ- チチ メョ - 他動、 下 5 

ffls 引 組 ミテ、 抑フ。 太平 記、 廿三、 大森 

g 七^ 「化物、 組 留め タリ、 寄 レャ、 者 ドモ」 

くみ-. ャレ -ラ.リレ (他動、 四) ー觀ー 

(1 ) 汲 ミテ、 得ル。 「水ヲ 汲み取る」 (二) 推 

察 シテ、 承ケ 引ク。 クミ ハ カル。 クミ ヌ 

クル スぃ 酌总 1 甲 陽 第 《 、十九、 品 第五 

十三、 IS 玄公御 S 時より 人 御 仕 被, 成 之 $ク ドク 

ぬヲ 御ぎ ァリ、 其 人 ノ心ヲ くみ どり ナサ.^ ル コト、 

常ノほ ナリ」 「KS ノ趣 S ヲ? W み 取る」 

くみの-もの i Iffl^l 組 頭 ノ條ノ ( 一 ) 

ヲ 1:^ ョ。 



ク -t - ノす , 

: くみ-の も (名) S 太刀 ノ 組紐 ノ下 

緒 C ;ss-^ 、^物、 「イソ ノカミ 、布 留 ャ少 男ノ、 

太刀 モガ ナ、 久美 乃? 5! 举: デテ l^g5 通 ヘム」 三代 s« 

錢、 廿六、 W 観 丁; ハ年九 HJ 、換^ 遠 使 横 刀 之 接 「五位 

巳 上、! S 用 I £3 組 二 ハ位已 下、; 用 一; 倚 新 接 組 等 こ 

一く み-はか • るん. レ. ラ- リ-レ (他動、 四) 一 酌量 一 

心中 ヲ 、オシ ハ カル。 クミ トル。 ク ミワ 

クル。 斜酌 ス"" 源、 一二 十七、 鈴 S む 「聞 エタ マフ 

ヲ、 ゥモ くみ はかり タマ ハ ヌナメ リカシ」 

<^.s § fflffl -絲 ニテ、 組 ミ成セ 

ル 紐。 クミ ヲ。 I3S 

くみお vrC (名) IS8 〔支那 ノ桓景 

ノ、 茱萸 二 因 リテ、 禍 ヲ免レ タル 故事 一一 

起ル〕 陰暦 、九月-重陽 ノ 節-一 、袋 二 、茱 

爽ヲ人 レテ携 フル モノ、 禍 ヲ免ル トス。 

公 根 f^、 九 HJItaj 陽 「御 帳 左右 一一 、 菜舆 ノ袋ヲ 隨ケ、 

^前 二、 菊瓶ヲ m: ク」 

く ほ • す- ス .セ. サ .シ. セ (他動、 四) 00 

ミテ、 盡ス。 夫 木抄、 三十 五 「伊 sf;/ 海、 ノ 

マテ ガタ、 行キカ ヘリ、 くみほす 潮ノ、 配ナク ヒヅ 

ヅ」 「井 ノ水ヲ くみほす」 

ぐ-みん (名) 8_ ォ ロカ ナル タミ。 無 

智ナル 下民。 fssldm 之 m 「愚民、 取 1 一長 Is 一 

杯 土 こ 

くみ-め (名) fflsl 組ミ 結ビタ ル トコ 口。 

新 六帖、 五、 玉 is「4Ha トモ、 ョモ EKH ハテジ 、玉 カヅ 

ラ、 結ブ くみめ ノ、 長キ契 リハ, T 紐ノ ガ解 ケル」 

くみ-もの § fflw 一 手藝 一一- 絲 ナドー 一 

テ、 種種 ノ物ヲ 、組 ミ作ル コト。 

くみ-ゃ^\?き i 一組 尾 d 江戶 時代、 與 

力 組、 31: 心 組、 ナ ドノ 者ノ, 一 處 一一 集リテ 

^0 セ ^ so 京都 御 役所 向大院 ©! 苦、 一 「京 

& ^fje 役人 御 ia® 、并、 組 敷、 raes 之 s$ ;」 

くみれ (名」 ffl^ 一 くみいれ ノ條ヲ 見ョ。 



くみの :… くみれ 



くみ, わ ク.^ • クレ. ケ. ケ, ケョ 『他動、 下 二) 

S (一) 汲 ミテ、 別ノ器 一一 移ス。 「汁 

ヲく みわく」 (二〕 推察 シテ、 是非 ヲ分 ッ。 

ク ミ ハ カル。 クミ トル。 酌量 斜酌 「惜 

ヲ汲み 分く」 

ク :. ォ 

くみ- § 一^ 緖, 一 くみひも 一一 同ジ。 

く * も. ム-メ -了ミ ; (自動、 四) I 組 一 〔次 條ノ 

語ノ (二) ノ、 自動 トナル モノ〕 (一 ) 互 

一一 、手 一一 手ヲ取 リテ、 抑フ。 トリ クム。 

■ 相 抱 持 搏 保 元 物語、 一 、白 河 殿 攻落泰 「驄 雙テ 

組ャ、 者 ドモ」 (二), 事ヲ成 サム ト、 41 ハ ニナ 

ル。 仲間 ヲ 作ル。 與ス。 與 M 

くう む. ム. チマ. ミ i (他動、 四) 一組 一 (一) 顿 

リキ物 ヲ-ニ 筋-三 筋, 打 違へ 一一 絡ヒ、 又、 

綠ル。 ァザナ ス。 編ム。 拾 遠 集、 七、 物 名、 

ァ 3 ゾ プヲ 

こにやく sff. お) 「野ヲ 見 レバ、 舂メキ II ケリ、 青 葛、 

額マー|ャくまマシ、若^^摘.<;へク」「紐ヲ組む」 (一一) 

{ 交フ。 打 違 フル。 交叉 字 鏡 S ナ 「抵. 手足 

久通天 打」 「^ヲ 組む」 手ヲ 組む」 手 二 手ヲ 組む」 

(三) 打 違へ -ー 構へ 作ル。 構造 萬 代实、 十 

六、 難、 三 「遠近 ゾ i キ宫 木ヲ、 引 寄ち 丁、 袖 山川 二、 

te くむ ナリ」 「f.H ヲ組 む」 搏ヲ 組む」 (四) 別ケ合 

ハ ス。. 編成 「隊伍 ヲ 組む」 

く, も. ム. チマ. ミ A (他 勦、 5 一 汲 一 〔組む 一一 

通ズ、 水、 能 ク物ニ 交 ハ ル 意、 汲む ヲ、 む 

すぶ トモ 云フ (俊訓 菜)〕 (一) (分 ケテ、 

スクヒ トル。 ムス ブ。 シャ クフ。 天 治 字 

镜. 十 「抱、 s 也 、水 久车」 (二 ){ 推シ凰 虽ル。 

思ヒ ャル。 ク ミ ハ カル。 ク ミ トル。 

酌ス。 酌量 六 a 、三 「思 フトハ 、何 ヲカサ ラー I、 

いは 1 二み づ、. ヲ くみ テ、 人 八 知 ラナム」 夫 木抄、 一 

「解 ケソ ムル、 初 水ノ、 ケシ キニテ 、春 立?' コ トノ、 

くま レ ヌル カナ」 (三) 酒ヲ 飮ムズ 漢語、^ 

•Ml ] クム 

酒ノ訓 讀語ナ ラム) 酌 運 歩 色 葉 集 「酌 os」 

「三盃 酌む」 



くむ 



くん (名) 謹 キミ o( 人名 ノ下ニ 添へ テ、 

敬稱 トス) 「甘窘』 

くん (名) 画一 (一) 漢字 ノ 意義 ヲ、 解釋ス 

ル コ ト。 訓; 10 10 字费 「訓、 如 a 

其 字 作 11 某 g 一順 n 其義 I 以訓, 之 也」 学 典 「副 lss、 

注解 之 別名」 (10 漢字 二、 和) ヲ $.5! テテ ハ 

讀ム n ト。 クー 一。 ョ ミ 。 和訓。 訓讀。 (一 Hi 

ノ條ノ (三) ヲ 見ョ) 譯 

くん (名) ー幽 (一) ィ サヲ。 テ ガラ。 勳 

功。 害 §T 大禹 m 篇 「爾尙 二 乃 心 力 S 克有. 動」 

(二) 動 位 a (其 條ヲ 見ョ) 軍 防 令 「凡、 行 Saf 叙 

1 動、 定, 薄、 每, 隊、 以 1 一先 1 者 一 第 一 こ 3™ お、 三十 

I 、は?^ 二 年 十月 戊辰 「詔、 充 I1JS- 前 國從四 位下 動 六 

等劍 IS 、食 封 廿戶、 田 二 町 こ 「動 一 等」 動 三等」 

ぐ, ち- ム. チマ-? メ (動 EST 接尾) 物 ノ!^ 険、 

叉 尸 、含蓄/ 狀ヲ云 フ語。 後 £5 還 集、 一 、春、 

上 「as 波 @ 、滞 吹ク 風-二、 浪タ テパ、 ヅノ ぐむ 菌ノ、 見 

H ミ見ェ ズミ」 古事記、 下 (仁德 )-< 「ャマ シ ロノ、 ヅ 

ヅ キノ 宮ニ、 モノ 申ス、 ァ ガセノ 君ハ、 IK 具蔴 シモ」 

著 聞 集、 十八、 欲 食 「瓜 ヲ取出 タリ ケ, ^ガ、 ヮ.^ ク成 

テ、 水ぐ み タリ ケ レバ」 新 古今 1^、 廿、 SESJT^ 日サ 

ス、 峰 ノヅヅ キハ、 芽ぐめ ドモ、 マダ SS フカ シ、 谷ノ 

カゲ 草」 

ぐん (名) 11 一 (二 ッハ モノ。 軍勢。 兵 

隊。 左 1^、KS 五 年 「使. 伯與- ーま兀 一 其 

後. -」 著 聞 集、 九、 武勇、 親? «3 、十二 年 ノ合戰 後 「夫、 

- 軍、 野 二 伏 ス時ハ 、飛^、 列ヲャ ブル」 (二) イク 

サ。 タタ カヒ。 軍事。 

ぐん (名) 画 (ニコ ホリ。 sg 、大化 二 

年 正月 甲子 朔 「凡、 郡、 以 一一 四十 里 1 爲ー 1 大郡; 三十 里以 

下、 四 里 以上 爲 I 一中 郡 ニニ 里爲: 一 小 郡 こ (二) モト 

4^ 那 二 テ ハ、 州/下 一一 テ、 數 縣ヲ統 ブル 

地界 ノ稱。 

ぐん M 國 〔群 ハ、 羣ノ 俗字〕 ムラ ガ 

リ。 アツ マリ。 多數。 群樂。 一!gs、Ba 弓、 

上篇 「吾 接 fel 而索 居、 亦已久 WCi 宋害、 王華傳 「ォ 33S 



くん 



拔, 群」 1_.^文蒂,何徵^15墓1^8|^成&」 gsg、 

三十 五、 tiss 京 入審 「群 ニ拔 タルー SIJ 

ぐん-い (名) B_ 陸海 軍ノ 罾官。 

クン. ユウ 

くん-いう (き I 薰蕕 I 〔說 K 「黧- 香草 也., 

字典 「蕕、 臭 草 也 匕 ヨキ モ ノト、 ァシキ 

モ ノト。 善人 ト、 惡 人ト。 孔子 安語 、致 思 US 

也」 大 義 「白黑 相 和、 黑必 as "白、 is» 共 "ars 

必摸 ifgj 十 1^81、 中、 第五、 序 「ハカ ァ ク打チ 語 ハム 

友ナリ トモ、 ョク、 其人ヲ 接ブ ベジ、 Jgs 、器 ヲ異ニ 

ス べシト 也」 

くん-いく (名) Mil (一) ヲシ へ- ソダッ 

ルコト 。三〕 品性 ノ 訓練 -ー顴 スル敎 育。 

くん-えい (き 一軍 營 I 軍隊 ノ營 所。 陣屋。 

兵營" 陣 營。 虔絵詩 「亂山 臨 一一 Bsi 日照 一 a 

g こ 軍 防 令 「 凡 sg 門、 惜 須.! 嚴整呵 I』 叱 出入 こ 

ぐん-えき (名) 一軍 役 一 (一) 軍 SI 一同 ジ。 

(一一) ィ クサ。 タタ カヒ。 戰爭。 史 e 、薛 

wsnig 之 良、 五家 之 兵、 進如& 矢 解 

S 一一 SRSHfla 役; 未,. SB 倍 一一 泰山 一」 

くん-おん (名) 1 君 &ー キ ミノ メグ ミ。 皇 

so 李 商 s、ls 詞 「君恩 如 > 水 向 >東«」 

ぐん-か (名) SPI 多 クノ- 支配 下ノ 者ド 

モ 。 詩 ST 小 雅、 彤弓之 什、 吉日 sria 疏 「以 一一 恩 

接-一 及 群 下 こ 太 、十七、 官軍 方方 saw 「主上、 

龍 s 涵シク 、群 下ヲ照 s 有テ J 「恩、 群 下 ニ及ブ 一 

ぐん-か (名) s_ 進軍、 又ハ、 凱旋 ノ時 

ナド 一一 唱フ ル歌、 多ク パ 、軍事上 ノ壯烈 

ナル 事柄 ヲ詠 ズ? 

ぐん-が 1 18 (一) 郡 司 ノ蹉。 (國衙 

ノニ) 一一 對ス) 二つ 都 役所。 

くん-かい (名) H_ 〔正 韻 「訓、 誨 也」〕 

ヨシへ、 イマ シムル コト。 訓誨。 敎誡 C 

「ss»? 訓誡 ス J 



くんか _s 



え か 

くん-がい <名> S 火舍ノ 上/蓋。 01. 

W 抄ー _E*r クム ガイ .8*、*;*: 之 上 有」 

グン n ゥ . 

くん-かう i si ノア ル港。 海 

ポノ 鎮守 符ノ アル 港。 

ぐん-かう § S (一) ムラ. カリ テ-ュ 

ク n ト0 一二 颺 t_rstM,l_s»«»T 木 牛! glwjjrw 

宮ニテ 、澳 ««ヲ 終へ テ, & 勢へ 下向 シタ 

マフ 時, 行フ as 式。 BIKSJ.IBS 、五 「B 行、 大 

S .M ,入- BK -_«.-」 

ゲン ゴゥ 

くん-がう W) 一群, g 多クノ 豪傑。 群雄。 

ぐん-がく W) S (一)w 事ノ ffl^ 問。 

lii^!J.。 ^^法。 持 KW- 七 年 十:: Brsrs 法ノ 

g+s*;!B-;SBW51 こト 云フ n トァ リ。 (Inyo' 

時代 ノ初 ョタ、 ト云フ モノ 起リ 

テ . 流派 9« へ テ、 ^勢ノ 陣 立、 武器 ノ 

製^" 築城ノ術ナド、.,ふ- ^*=??^ヲ立テ 

テ. おへ タリ、 siu 流- U 玄流 (3. 州 流)、 

北 鹿 流- ナド 云フ、 是 レナ リ。 

十 一 、山 BKTias.Klsn'g* シテ、 一 ほ 

ヲ 3 シ J 

ぐん-がく (S M 用. 1„-ル 音 

ぐんがく-ま *• i lis 一 一通 ジ 

タル- C 兵 wi?" 

ぐん-かん (名) 一お g| (一) WHS!? & <ぉ ス 

i.sTOC IS 嘗. T.sss 「内 鼠-; 正; 外 K 一; こ 

(二) ぐん げん (^監 ) ノ條マ a ョ。 SS 令 

一 凡 征、 兵 sf- 一 一 B 人-以上、 さ Iras": 一人」 

ぐん-かん § 一 ffil- イク サブ ネ。 

siK 、揮 K ナド、 J« 秘 ァリ。 a 川 S.S 令 

考、: : 一十 八、 S 久ニ 《 年 S 八 B 十七 BTB 釅 出入 K 名 

itSS 具 913 方 之 儀-一 付, fisj 



くんか 

ぐんかん-き 3 Isffl 軍 gs- ー揭グ 

ル, 表彰 ノ旗。 我 ガ國ノ ハ -n の 丸一 一- 

八 方 _f 射ル 十六 條ノ光 ノ象ョ 出ス。 

ゲン カンプ ギ ヨウ 

ぐんかん-ぶ ざャぅ (名) I お 德川 

府ノ 職な?、 海 Kt/ 長。 K!saEsaa、 

1 、安政 六 SH 一 S; 廿四曰 「始 a- 一一 ffiB*Ht こ 



くん-き § 

對ス) 

くん-ざ (き 

ぐん-き i 

ノ條ノ (一) 

ぐん-さ i 

is」 

ぐん-き § 

中 ノ規判 



一^記 一 敍 ノ J5S 害。 (位記-一 



、ん (訓) ノ條ノ (一) 



ヲ bS: 



團ノ將 。(ぐん, たん 

一) 

IPT ノ! gM。,iil 乾。 _ 



ぐん-き i -. : い, t ノ. ぉ氣。 兵氣。 

rffis 阻お ス JS 氣ヲぉ 舞ス」 

ぐん-き (名) E1I イク サダ クグ。 5* 用 

ノ gsHS !。 -li ハ器。 斑 害、 KHiss,ffi„ra 出 k 十」 KSS 

令「凡、3»在レ8、《193-;©3|^<1|」 

ぐん-き (名) iiii イク サノ カケ ヒキ。 

5mH^ 上ノ 機密。 SBrgg ほ 「竣 出- X 臥 内; K- 一 

證ほ こ 公式 令 「凡 奉 一一 詔 §ー 及、 W お-一 gM; 雖- ビ 

s 行; 驗> 理、 灼然不 6!*!-、« 在 IB 司、 ®"l*g«rg、 

Bs-svs 、不 >13|.-«!_»- 者、 B~ 行、 且 3? 

ぐん-き (5 _ ^がー 降 海 5$ - 一 用牟ル 扱- 

W チ -g: ポノ聯 gs、 大隊 旅- 海 S ノ軍 

艦 旗/ isT es} 旅 下賜 ノ H 、夂ハ 、戦勝 記 

今 f ナド -1 行フ 祝典 ヲ、 K 施祭ト 云フ。 

ぐんき-さい (名) 一議お 一 前 條ヲ! a ョ。 

ぐん &H つ 1 liisi 支那、 淸朝ノ 世 



くんく 

-ー、 軍機 ヲ掌 ル官。 寨舛 經略ノ 際、 革 機 

ノ; S ル ル. ヲ慮リ テ、 雍 正年閒 一一 剖 g シ 、 

乾隆 一一 至リテ 完成 ス 、大 e ハ 、内 ノ大 

各部 ノ尙 書侍郞 ヨリ、 優秀 ノ材ヲ 

拔權シ テ任ジ タル, 力、 後 I 一 ハ、 次第-一、 

他ノ 重要 政務 ヲモ 行ヒ, 終-一, 內閣ノ S 

權- 全ク、 此官 一一 移 レリ。 

ぐん-く (名) S 陸海 車-了て、 軍務 上 

/所用 二 テ立テ タル 區域ノ 地 

一: ぐん-ぐん (副) ぐいと ノ條ヲ 見 ョ。 

クン-力 ィ 

くん, V ヮぃ (名) 一訓 鎌 一 ヲシ へ、 ミチ ビク 

n ト。 訓誡。 敎 ls。 _»唐 害、 王 友 as 「訓 -is 

子弟; wr,K 君 一 Slj 

ぐん-く ヮぃ (名) _8 郡ノ 議會。 

ぐん-け (名) S ぐ、 つけ (郡 15 ノ條ヲ 

くん-げん (き 一 Hi 一 古人 ノ まき ノコ 

トパ。 「先哲 ノ訓 誓」 

くん-けん (名) I 郡縣ー コホリ 。ァ ガタ。 

(封建 ノ條ヲ a ョ) ®gr_«i. 下 一る 十 as 

お,.!; 以 ffi-lsij 

ぐん-げん (名) s_ 古へ 、鎖 守 府- 及、 

征夷 使ノ 判官。 5K お、 廿ニ、 天 平 _s+s 年 as: 

丙 K 「碟守 ffig 、正 六 位 上、 S 井 連立 足」 

くん-こ <名) 一訓; iil 〔訓 ノ條ノ (一) ヲ S 

ョ 、說文 「話、 訓-, 故 言, 也」〕 古キ 漢語 ノ 

意義 ノ解釋 。又、 訓故。 支那、^ 代ノ 儒者 

ハ ,專 ラ、 經典ノ 訓詁 ヲ明カ 二 ス ル ヲ務 

メ タリ-因 リ テ-ソ レ ヲ- 宋代ノ 儒者 ナド 

ハ 、謂; tis- ト稱シ タリ。 !? 《-、s»sr»,* 

而 、不, S 一一 sewas 一通 而 「し」 同、 劉 *ss「af 者 

sr,F_ 故 I 而已」 

くん-こう (名) -1_ キミ。 主君 "-sso 



くん あ :… くん さ 



六 



«138、$25、中8「315=_15王君<ムハ承以ーー大夫師長こ 

くん-こう (き s_ 〔周 鯖. 司動篇 「王 

功 曰 Z 勅. 國 功曰レ 功」〕 ィサヲ 。テ: B ラ。 

眾防令 「 凡大將 出, 征、 lsBwa、 sea 未 >K 之 前、^ 

15,KS> 衆詳定 =M 功; 行 a 夾、 云云、 M0 

失,」 SSSB_K、B 平 六 年 二 HI 廿 五日 「si 功; 拜ーー 

sss 明臣; S 一; 正 四 位下 伊 云云」 

ぐん-こう— i s_ イク サノテ ガラ。 

軍忠。 武動 *g 、商せ 樓 「有-一 S 功-者、 各以 i 

SI; 上 a! こ 野 SSK 、十一 l「s 功、! sgl ー戎 秩;》强= 

武威; SS 一; 永年お 瞎 s^; 箸-; 於 夷險; 宜, 一榮 

ぐん-こう (名) 一群 ロー 多ク ノ人ノ 言フコ 

ト。 衆 ロ0 



くんこう-ぶぎ ャぅ (名) 一 動 功奉& おん 

たくぶ ぎ ャぅ ノ條ヲ 見ョ。 

くんこ-がく (名) liii 一 訓話 ノ條ヲ 見 

くん-こく (名) 一 君國ー 君ノ、 知シ メス 爵。 

君主, 國家。 Bfel、IBS;「«B 子 民 tp 善 者、 SI 在- 

王官こ 「君 國ノ タメ-一力 ヲ S ス」 

ぐん-こく (名) s (一) 軍事 ト、 政事 

VC Bltr 李 元 a_s「ffi 國不, 同、 中外 K> 制」 (一 一) 

國 ノ、 戰爭ノ 世 二 アル コ ト。 戰中ノ 

國。 一一 一 sirs 国 之 IK 、き s 心つ. si おこ 置 

e„STSl;gea;«sgB 中」 (三) 近來 ハ 、軍 ffi 

ヲ爲政 ノ專務 トス "トャ クノ意 ヲ、 國 

主義 十 ド云フ e 

ぐんこく-ま ュぎ 1 一 {Btis 一 前條ノ 

(三) ヲ 見ョ。 

グン. ソゥ 

ぐん-さう (名) I 二) 古へ ノ 鎮守府 

ノ主 典。 ssa 、廿 二、 天平 gi+Ha. 正 K 丙 ts!a 

守 93B 、從 <& 上 ®SBJ (一一) Ar ノ降 軍-一、 

下士 ノ官。 



グ ンゾゥ — 

ぐん-さう (名) I 軍藝 イク サノ ヨリ ホ 

ヒ。 K 陣ニ用 キル 服裝。 武装。 戎裝。 

蘇 _s 詩 「第 装 菜, 11. 鼓」 

t くん さ • る (動) 下さる/ 轉^。 俚言 集^、 

くん さる 「奴 詞也、 被, 下 ト云フ コト、 一 番、 ト マツ 

テ くん さる ナラ、 ナド 云フ」 

くん- チ", (名) 一 la (一) 德ノ備 ハレル、 

大人 ノ稱" し 論語、 mss 「人不 k 而不. 温、 不二 亦 

君 チ| 乎 I 注 「君子、 成德之 名」 (一 1) 高位 一。 I 官 

ノ礙 者。 翁 語、 顔 湖 S 「君子 之德. k 、小人 之德 卿、 

ぎ 1 之 a- 必假」 《fe 、大 禹設 SI 「君子 在" 野、 小 

人 在 k 位」 

くん-, せ? (名) 一 HI (一) ヲシ へ、 シ メス 

コト。 訓諭。 (二) 持-一、 上官 ノ、 部下 一 一 

對ス 々、執務 上ノ 注意。 「大置 ノ 訓示」 

くん-. V: (名) SI 訓誡 ノコ トバ。 左 傅、 

惓公七 年 「SJK 之以 JIT 加 以ー 一訓 筋 こ 

一 くん • じ (動) 屬 一く ッす (屈) ノ條ヲ 見ョ。 

ぐん- (名) ー薪士1 イク サビト 。軍人。 

兵士。 後漢 客、 皇甫 ffilr 其タ遂 大風、 嵩 乃 約数-一 

Baf 士こ se お、 十三、 天平 十二 年 十月 壬 戌 「常人 (住 伯 

宿 3) 等、 ぬ h 達 士六千 餘人ー 随一 1 于河東 こ 

ぐん-ま § In 一 戰爭ノ 單機ヲ 謀ル人 C 

軍 者。 參謀。 後?^ s.ii, 彭 m 「南 陽 大人 以用ー 

乃 欲 fst^)©ll2^Bsaf 師こ 1 二國 志、 &a 志 「成 都 平、 

以, l^s 一一 師將 3^ こ (諸 葛亮) S 丈雜 記、 二 「古へ ハ、 

大将 ノ外 二、 5^ 者 ト云フ 者、 別 二 無力 リシナり、 武田 

ass 玄ノ 家臣、 山 本 勘 助 ヨリ、 眾者ト 云フ n ト始 マル 

力、 何 !g 、彼 流 ノ&^ 法 ト云フ 事モ、 近代 ノ取 也」 

ぐん-あ (名) S (一) 使番 。傅 令 使。 

陰德太 2?a 、五、 毛 利 元 g 夜 討 之 亂レ立 タル 諸陳 

へ、 眾使 ヲ以テ 下知 シケル ニゾ」 (二〕 £ 命ヲ受 

ケテ、 敵陣 ニ赴ク 人。 「旅 順 © 降ノ M 使」 

ぐん-ま 3. 觀ー 二、 必要 ナ ルモ 

ノ。 軍需。 後?^»1、趙岐~ほ1|^}^委^、^^後不,絕」 



くん さ …: くんし 



晉«-、 宣帝紀 「内 寧 一 百姓 一外 供 is こ 軍 防 令、 義解 

「凡 勵簿ハ 云云、 Itei 資、 云云 (軍 资者、 粮贫 牛馬 之蹈 

也 ご 

ぐん-. ゼ? (名) s_ ィ クサ ノコ ト 。軍務 

一一 力 力 パルコ ト ガラ。 丘ハ 事。 韓非 子、 外 

8§說 、左、 下篇 「卿必 有-一軍 事 こ 唐 S 、百宫 志 「法曹 司 

ぐん- (名) _s (一) コホ リノ ソカ サ。 

せへ、 一郡 ヲ統 治ス ル官。 其 政 廳ヲ、 i 

家 ト云フ 。(元 ノ 都 長、 郡役所- ノ 如シ) 四 

■ 等ノ官 ハ 、大領 、少領 、主 政、 主 帳 、ナジ、 

大郡 • 上 郡、 中 郡、 下 郡、 小 郡、 -ー テ、 人員 

二 差 ァリ。 郡司ヲ 選任 ス ル時ハ 、國 司、 

先ヅ, 候補者 ヲ立 テテ 、上申 シ 、式部省 一一 

テ 試問 シ, 及第 シ タル 者ヲ任 ズ, コ レ ヲ、 

擬郡司 ト云フ 。大 頃ヲ、 お ほい あほり の 

みやつ 寸: ト云ヒ 、少頜 ゥヲ、 す: & のみやつ 

す,. ト 云フ。 98;s、 一 、文武 天皇 二 年 三月 「筑 前國 

宗 形、 3=!st 國 ilslK 二 郡 司、 云云、 任 一一 諸國郡 司; 因 sf。、 

窓 國司1 寺、 径 11 郡 司 ハ勿, 有-; 偏 藻つ K 云」 ニー) 專 

ラ、 大 領ノ稱 C 字 冶 拾 遠、 九、 第 一條 「郡 ノ司ニ 

宿ヲ取 レリ、 主 ノ 郡司ハ 、云云」 

一 くんじ- ぃた- し (形) くッ しいた し 

(屈 基) ノ條ヲ 見ョ。 

くんち: -こ く (名) laflll 〔民族、 醇良ナ 

ル コ ト、 君子 ノ如キ 國ト云 フナル ベ シ〕 

我ガ 日本 國 ノ美稱 C s« 南 子、 地形 訓 「東 有 一一 

君子 之國こ 山海 經、 海外 東 IT 君子 國在 n 其 北ズ九 

州ノ 北) 衣冠 帶劍、 其 人 、好, 肩不, 爭」 維 on 二、 Imls- 

元年 七月 「^人 SSii 我 使 一 曰、 聞、 海 東 有 II 大 倭國; 

一一 之 君子 人民 iJBT 超?^ 敦行、 今 看- 1 使 人 T 链容 

太淨、 豈不; V 信 乎」 (逝 唐 使 粟田 眞人) 

くん ま- ¥"ん (名) PBI 君子/如 キ、 

德高キ 人。 ;1語、泰伯篇「臨-ー大節-而?可レ^«* 

也、 君子 人與 、君子 人 也」 



くんし 



ぐん-ま, ふ (名) _8 くん ュ (群集) 一一 

同ジ。 増 31 韻府 「有, 燕 要 集」 

くん- チ?. 5 (名) 一 劃 I きみ ト、 おみ ト。 主 

君ト、 臣下 ト。 易輕、 序 ?r 有 = 父子 i 後 有-一 君 

臣; 有 一一 君臣; 然後 有-一 上下 こ 十 訓抄、 中、 第 六、 十四 

條 「菅 家、 云云、 君臣 ノ禮 ハ、 忘レ 難ク、 fi^ 水ノ 契モ、 

忍ビ得 ズャ覺 H サセ給 ケン、 云云」 

ぐん-ォ^^ (名) B 群 レ居ル 臣下。 多 

クノ臣 中 ST 廿章 「體 一ら s 臣ハ 則士之 報/ sr5BI」 十 

訓抄、 中、 第 六、 第 六條、 但 馬毛理 「帝、 群臣 一一 仰 セテ、 

云云」 

ぐん- ¥.ん (名) 11^ 一 イク サビ ト。 イク 

サ 1! ン。 軍 一一 出 ヅルヲ 職務 トス ル人リ 

陸海 軍ノ 兵籍 一一 アル 人/ 總稱。 憩 冠 子 

「軍人 法、 戰士 忘" 身」 軍 防 令 「凡、 大將 出" 征、 云 

云、 諸 翬 用、 軍人 兵馬 甲 仗、 見 在 SS 失」 

ぐん- ん (名) In 一 いくさが みヲ 見ョ。 

ぐん ¥r めし (名) 一郡 司 召 一 都司ヲ 敍任ス 

^^o llu! 信 公 記、 延 S 十九 年 六月 廿 八日 「郡 司 召」 

ぐん-せ r (名) s_ 軍師 ノ條ヲ 見ョ。 

ク ン -シ ヨウ 

くんぶ つう (名) I 勳章ー 動等ノ 徽章。 菊 

花 章、 旭日章、 端賓 章-等 ァ リ> 菊花 章ノ 

外ハ、 各、 一 等 ヨリ 八 等 一一 至ル。 第 人-一 

賜 ハル ヲ、 金 i 章 ト云フ 、功一 被 ヨリ 

. 七 級 二 至ル。 叉-婦人-一賜、 ノル ヲ、 資 a 

章 ト云フ 、亦、 一 等 ヨリ 八 等 二 至ル。 

ク ン シ 3 ゥ 

くんぶ つ, ャぅ (名) ー勳賞 I 勳功ノ 賞 賜。 軍 防 

令 「凡、 申 II 黜簿ハ 云云、 動 iH 高下、 臨時 聽, 勅」 

ク ン -ジ 3 ゥ 

くん-, ャぅ (名) 1^ 上 一 キミ。 主君。 韓菲 

子、 難三篇「 君 上 者、 臣下 之 所", 飾 也」 

くん」 ま ヤーつ (名) S 動动ノ 褒狀。 感 

狀。 軍 防 令、 義解 「凡 申 一一 動薄ハ 云云、 黝狀 (謁 、下 文、 

官軍 以下、 Igen 以上、 皆具錄 申.、 是爲 II 勳狀 一也)」 



くんし 



グ ン-ジ ヨウ ン 

ぐん-. ま.. う (き 一群 靑ー 〔塞 丌音 使、 羹、 

かん。 强盗、 がんだ、 つ〕 礦物ノ 名、 as ノ 

具 トス, 色 、もらいろ 一一 シテ. 濃ク、 紺靑 

ヨリ 稍淡キ モノ、 今、 紺 靑ノ細 末 N, 水 飛 

ノ滓ヲ 偽 リテ用 キル モノ-多 シ。 空靑 

白靑 

くん 4/ く (名) IH 〔くん (きノ 二) 

ヲ 見ョ〕 字訓 ノ解 釋。 漢字 ノ音 義ヲ、 

說 キア カス コ ト。 

くん- ォ 5>ュ (名) _s キミ。 王 主君。 

くん-ち i ュ (名) Ipa 僧家, ーテ、 五擎 ト- 

酒ト ノ稱、 コ レ ヲ飲食 スルヲ 戒ム。 莊 *、 

人 ™ 世 ulr 囘之家 貧、 唯不, 飲, 酒、 不 Iffi^ssresal; 

笑 、若, 此則 _w=asfe 乎」 r 不, 許. *酒 入 = 山 s: こ 

くん- ュ (き lifi 多人数-群 リ アツ 

マレル コト。 群集 C ssfij 、四十 八、 * 院六 

道 H 物語 萬 人ノ群 》* ハ、 門; II 一一 市ヲ立 ツル 二 a 

ナラズ J 「老若男女、 くん ズュ シテ」 

ぐん-ま ュ (名) 一 if 一 一郡 ノ 太守-一 テ-. 元 

ノ、 郡長/如 キ モノ。 tsr 百官 公卿 表 「郡 

守、 秦 官、? ss; 其, 秩ニ千 石、 云云 、景帝 中元 二 年、 

更名 一一 太守 こ 

ぐん- ポュ (名) 18 軍事上 ノ 需用。 軍 

用 二 必要 ナ ル モノ。 軍資。 ま 料ノ 物ヲ、 

軍需品 ト 云フ。 十 K 國 春秋、 Iss 錄、 *3 利 a 

孤 SrsiS 一一 BSS 以供 一一 St™ こ 

ぐん 4> つ 4 んり (名) lis! 人氣 

ノ立チ タル 時、、; 1 アル 者モ -心ヲ 失ヒ、 

其. 勢 ニッリ n マレ テ、 一一 動ク n ト 。多 

人數ノ 雷同 心。 

くん m ュ- こく (名) 一 君 王國ー 君主 政治 ノ 

國乂 共和, ナド 一一 對ス) 

くん ま"; ュ-せ いぢ (名) 一 一人 ノ 



くんし 六 I 



くんし 



I ノニ w ヲ 統治 スル 政微。 S 制ト、 

立?^ トノ 別ァリ 。(共和政治 二 對ス) 

ぐん-. ぁュっ (S B 兵 ヲ ョ。 

ぐん. そ? ュ- ひん (名) ーポ 品 I ぐん V- ュ (m 

ti) ノ條ヲ a? ョ o 

ぐん-あ ョ (名) S ,,1:ノ1^-ヲ記セル 

港。^!^。 ?? 言、 下 ltsns& 霄こ支 

»? ノ れ |» ヨリ モ、 W 雷 一一 化シ 、古野 山」 

ぐん-あ 3 く 一 gg| 海 WHS 係ス 

ル i 水 sriBatgwT 久 任-; sera こ 

ぐん ナ r- よみ § si たいへいき 

上み /條ヲ n^mo 

くむ-しも (名) ,1 〔くむ ハ、 くま (限.! ノ 

轉 (m 處、 くみ ど) ^ ヲ 活用 セ シメテ 、く 

むしき ト云フ OS しき、 大人しき) 奧深 

キ ノ ァ リ テ 、 其 終止形 -1 , ら ノ ツキ 

テ、 K しら、 わびしら ナド ト同ジ 成立 ノ 

ナルべ キカ、 おきろ (^r まほら * ま 

ほら ま、 まほろば、 共-一 、E1:^^SノJ^Sナリ〕 

山山-一 g マレ テ、 隨 リタ ルギ地 ノ稱ナ 

ルべ シ。 天 «5rft 年 十二 or 百 WB ノ せ! 3 ノ地 

「《*之*?、 則 三 »r 之 上 W «、 衣な 之 、則 一 : 

「颥- 一夫 ssw 山 esJSK 地 llK:、ifi、H 之 *K 乎、 町, 治 

i」ij? 、澳、 ar ttc 二 、 *rftrlri^ ノ; ァリ 

テ、 l«、s ジク 「四方 土 お 也; トァ り) 恥 

妙、 十、 作 v3»rsBl ヲ、 くしら ト K メル ハ、 常-一人 ノ 

ありく しらま ト云フ お 十ルぺ シ,; 

クン- ズ (名) Ifa 〔字 ノ宋 昔. 鄉 一; 水ノ 

gi〕 コ シゴ :! モ。 

くん *ず- ズル. ズレ- ざ ジ. ゼョ S 動、 左 さ 葡 一 

カヲル C -ー ホフ C 榮花 物語、 十七、 ssr 火 *1 

ドモ 二、 イロ ィ ロノ、 賓メ W ドモ IHK カセ タマへ レ 

パ、 くんじ タリ」 



くんす 



くん • す. ズル. ズ レ-ゼ ニン- ゼョ f 他 や +5! 一 : 

簾 ラス C ハス 。 Klls 本、 平家物語、 一 ,き、 

去^ 本 二、 番ヲ 焚キ、 花ヲ おじ 給ヒ ケル」 

くん • ず •>< ル. ズレ. ゼ-? ゼョ f 他動、 左 S- 一訓 一 

和語 一一 當 テテ、 讀ム。 (訓讀 ノ條ノ (二) 

ヲ 15) 

一 くん • ず (動) 屈 一く プす (屈) ノ條ヲ a ョ。 

ダンス ィ .* 

ぐん 4- ゐ (名) 一軍 帥 一 〔廣韻 「帥-所 類 切、 

將帥 也」〕 ノ大將 C 將軍 C 左 W 、寅 公 ±1 

iiH ん ns 一^ 帥 こ 

くん-せい (名) 一 ^ー 隊. 娃、 ナ ドノ g ヲ- 

嫌べ 固 メテ、 腦乾ニ シ タル モノ。 

ぐん-せい (名) s_ 軍事 ノ 政務。 左 ほ、 

s 公 十二 年 「百官 象, 物 而動、 &af 政 戒 而備」 後漢 

aj 、黃香 g 「均一 isaaf 政; 皆 得 1:1^ 宜こ 

ぐん-せい (名) 9 一 軍事 ノ 制度。 五代 

&r朱ss»T创lー立^5制ハ還k将揀,兵、t^;有"法」 

院 殿御 w:Jr 七、 安政 元 iy. 七 s! 廿 四日 「御 5* 制、 御 改正 

被!:. g 出-候 g 、右 御 Ely. お 旨、 伊 S 寸申 之 こ 

ぐん-せい (名) 一 HI (一) イク サノ ィキ 

ホ ヒ C 一二 S 志、 瑰志、 王 胡 「ネ武 之 所, 以能 其 

3*81 ハ 其 外^.. 也」 、姚^ s^「eaf«?sl 盛」 

(二) ャニ 從フ、 一群 ノッ ハ モノ。 軍 »。 

g シテ、 勢い 太平 0^、 十二、 公家 1^ 玫? 3 

*Tlsi 有 llss, ,恩 iM ぉ汰ー トテ、 洞 院左衛 S:IBSS 世 卿 

ヲ被, 定ー; 上 卿 こ 「e!-*ss ノ 眾&」 其 勢、 百餘騎 J 

グ ン ショウ II 

ぐん-せう (名) 一群.^ I 多クノ 小人。 詩 

^H、《 舟 as 「憂心 悄悄、 想, 于ー iw かこ KctrsBia 

mff i 華、 好與 -Iw 小一 遊 s」 

くん-せき i S ヒ P ヒ、 トル n ト。 

ヒロ ヒ、 染ムル コト。 史 K 、十二 然侯 年表 「s 

si 子、? 、往往、 Hii 接 巷 秋 之 さ 以著. 》」 

ぐん-せき (名) 8_ 多クノ $1:1" 種種 

ノ畨 物。 S 害, お sm「WR-lw 箱; 尤好 1 老莊こ 



くんせ 



ぐん, せき (名) 一 軍籍" 一 軍人 ノ感籍 。兵籍。 

iefssj*« 「按ー ISBef 薛ハ耗 一 i 一 1* 啦額者 こ 

くん-せん (名) 91 (一) 香ノ、 移 ルト、 

染 マルト。 (二) 他ノ影 in 一 ヨリ テ受ク 

ル 感化 C 感染。 程 子、 f 疏 「使-一之 fas 

成き 

ぐん-せん 一: 名) _s 大將ノ 、軍勢 ヲ指 

スルー 一 用 ヰ ル扇 _レ 骨 , 十一 一本、 親骨 

一一、 猫 閬ヲス カシ、 共- 「黑漆 二 塗 リ-地 

紙 二 、表 二 、:=^ ヲ出 シ、 S 一一 、月、 星、 ナ 

ドヲ 出ス、 爪 紅 一一 シ タル モア リ。 

くん-せん-ま (名) l§s { 仝 木 ノ實。 (藥 

種屋 ノ稱) — 

くん-そく (名) I 君側 1 キ ミノ カタ ハラ。 

主君 ノォ ソパ。 君 邊-〕 、曲禮 、上 3:! 「刑 人 

不, 在 一一 君側 こ 「君 刺 ノ奸ヲ 除ク」 

ぐん-ぞく (名) 陸海 軍-一 出仕 スル 

文官、 及 、雇 負、 等 ノ稱。 

ぐん-そつ (名) 8_ ッハ モノ。 si ビ 

卒伍 運 歩 色 窓 卒」 

一 くん, たい (名) ffi_ 〔說文 「裙、 下 裳 也」 

くたい ハ、 くんたい ノ略、 勘 文、 かもん。 

本尊、 ほぞん〕 又、 くたい。 贵 婦人, 正装 

ノ具. 幅 糜キ紐 ノ如キ モ ノ、 腰 二 辯ヒ テ 

垂レ、 末ハ、 地 ヲ曳キ タルモ ノノ 如シ、 

肩 ノ鎮巾 ト對ス 、後^ ノ引 腰> 引 IT ト云 

フ モ ノ、 此 造ナリ ト云フ C 白 氏ズ统 、廿三 

「苦 » 裙帶」 李 si 玉 詩 「 一 i 帶 同心 結」 ほ 名抄, 十 

二; J 衣服 類 「ま f£ 、此 W 云、 如 *i +」 ぼ 草子、 六、 五十 段 

『抑テゥヅバンノ^^女、寿据??ノ{»、 くんたぃ、領.& 

ナド シテ」 同、 五、 四十 六 段 一 赤 紐 ノ色ニ ヘア ラヌ 

ヲ、 巾、 くたい ナド シテ」 IBi 訓往來 、八月 「巫、 八 乙 

女 者、 き: 裙, 舞 II 逝 tSI ぎ」 

ぐん-たい (名) Is 軍兵 ヲ、 一 群-一組 



くんた …: くんた さ 1 



立テ タル モノ。 小、 お * 中 大隊、 聯隊、 

旅^、 師圔、 ナド、 是 レナ リ。 

ぐん-だい (名) liffl 〔都ノ 代官 ノ意 十リ 

ト 云フ〕 (一) 武家時代 ノ 地方 官ノ稱 C 

公方 樣正 m 御! * 始之 記、 永 正 十 一 年 三 mj 七日 「養 田 

紀伊國之郡代ヲ持タル時、公方樣、熊野御11^-詣候」 

(一一) 德川 幕府 一一 ハ、 凡ソ、 十 萬 石 以上 ノ 

直照ヲ 支配 スル 職、 代官 ノ上 ニァ リキ。 

敏有院 殿御せ; a 、五、 承 應ニ年 二 B; 十 一 曰 「^; « 郡 代 

伊奈 * 十郎忠 治ハ、 玉 川 水道 泰行 ヲ命ゼ ラル」 

ぐん-だい (名) 一軍 化 一 1: 代 一一 同ジ。 

クン ■ 卜 ゥ I 

くん-たう § 面陶 I 〔揚 子方 言 「陶、 養 

也」 廣韻 「化 也し 火 一一 テ物ヲ 薰ジ、 粘土 ヲ 

燒キテ 器 一一 化セシ ム ル意〕 人ヲ、 訓_?2:, 

敎化ス ル コト。 i 木お、 道 撃搏、 程 tsf 今、 夫、 人 

民善敎 一一 其 子弟 1 者、 必延 sils 士ー使 11 與 k 之 一 以-ー 

陶 一成 レ性」 

クン,: P ゥ - 

くん-だう (名) li 導 I (一) ヲシ へ、 ミチ 

ビ クコト C 敎 導。 南 6rra 山! aw「3* 居-一 S1S 

甚 一: 之 S こ (二) 小 學". ^ノ 正敎 ar 

ゲン-トウ 

ぐん-たう (名) Ik 刀 一 イク サガ タナ。 軍 

!;-ー用 キル 刀。 陣刀。 

くん-だん § lili 申 ノ年ノ 異名。 

雅、 88 天 p~ 「太歲 在ら こ 

ぐん-だん (名) S 〔軍 防 令、 抄 「軍、 兵 

士也、 第阁、 圃、 聚兵之 義」〕 (一) 古へ、 

ほヲ 組立 テ ラ レ -ン 所, 諸 國 一一 數 听ァ 

リ、 画 トノミ モ云 ヒキ。 正 丁/中 ヨリ 

取リ- 眾事 ヲ習ハ ス 一し 千 人 以上 ヲ大ト 

シ 、 六 百 人 以上 ヲ中 トシ、 五 :.n 人 以下 ヲ 

小 トス,, 、 毅ノ 大毅, 少毅, 校 尉、 等 • n 

レヲ 率キ、 戦時 ノ大軍 二 ハ、 將軍、 副將 

軍-コレラ 統べ- K 監. 軍曹、 ァリ。 ST 



百官 sr« 伍 Jsffl 之 名 srsjs 車馬 之 多少」 W-Bwsl 

「s 圉、 クン タム. イク サノヅ カザ」 享! e 本、 _«s 三 

代 格、 十八、 元 慶ノ太 政 官符 「七 Basa I ©a; 令 「軍 

一 人、 お I 一校 兵士; 充= 備戎 習 弓 Is 

S 一一 g 陣列- »;:! 少 sa 二人、 JS 、同-一大 as- 一 ss お、 十、 s 

as 年 0月 「降 奥 W 請、 新 S 一一 白 河 ffi 腿 一 ス、 改 一一 丹 取 

: B«ffi;s, 玉 作 saAe! 許, 之」 出 1SHS±S「*!1 宇 a 

B,fflssfflJ8 門! afsj 正 <B 院文 sn 二十 五、 周 防 

IB 、天平 十 年 正 s«rs 門 SISS 困」 (二) 今ハ、 

數 IS 師阁 ヲ合ハ セテ、 一 司令官 ノ、 n レ 

ヲ統 ブル モノ。 

ぐん-だん (名) t ^陣-ー係リタル話。 

Eeg 師 ノ語ル 話。 演史 

ぐんだん-^\? (名) 一軍 談師 I L 太 1^ 記 si ノ條 

ヲ 見ョ〕 .^ヲ31メテ、軍談ヲ シテ、錢ヲ_ 

得^-ヲl^鰲トスル者。 講 釋師。 演 史家 

くんだり (名) H く, たり (下) ノ條ノ 

(五) ヲ la ョ。 

グン ダリ-ヤシ ャ (名) I 軍 茶 刺 夜叉 I 

〔梵語、 軍荼利 (K§(rli.) 廿 露瓶ノ 意, 

卄 露水ヲ 以テ、 衆生/煩 惱熱ヲ 除クト 

云フ 夜叉 神 ナリ〕 眞言 宗ノ 所立ノ 五大 

尊 明王ノ 一、 南方 ヲ護 ル, 八臂ニ シテ、 

忿怒 ノ相ヲ ナス。 此 明王ヲ 本尊 トシ テ 

修法 スル ヲ、 K 茶 利 法、 又 ハ , 軍荼利 夜 

叉法ト 云フ。 太平! K 、十六、 神 泉 tew 本 a ヲ北 

向 キニ立 テテ、 a 荼利 夜叉の 法 ヲゾ被 ケル, 一 S 

花 is 、十八 、玉! 》_「 佛ヲ見 》f レバ、 降 =ー 世、 5* 利ハ、 

立チ ヘリ」 



タン ダリヤ シャ -0, ほふ 一名) 

夜叉 法 一 前 條ヲ見 ョ。 

ク y ジ 

クン デ (名) 一 舉& 〔梵語- 捃稚迦 (K-m- 

--f ノ略、 僧尼 ノ持ッ 水瓶 ノ義ト 云 

フ 、ss 名義 维、 上 「梵. 云, 一軍 待 一 唐. 言,, 

く 八た …: くん も 



淨瓶 一也」〕 瓶ノ 異名。 陸 e 詩 「遊 >山8ズ 不 

K 惜、 取" 水 一 a 持」 太平 _?< 一二 十七、 忠 1* 二 3« 

ノ ssr® 、折 レテ、 S 持 二 上 レバ、 一 段ノ 请 香、 人ノ 

ヲ怒ゼ シム」 下! S 篥 、下、 器財 門 「古! SB 瓶、 a 持、 



1 ゲン *1 テ 

軍隊 ノ、 陣 立シタ 



ぐん- ぢん (名) 

ル トコ 口。 史^、 李 将軍 係 「ま" 地爲 -室 陣こ 盛衰 

記、 廿ニ、 衣笠 合戰 1^ 虽陣ニ 酒ヲ送 ルハ法 ナリ、 戰 

堤 ニー S ヲ請 ルハ禱 ナリ」 

クン チョウ ?サ 

くん-ち ャぅ (名) 一 君 長 一 ず タリ、 長 タル 

. 人。 疆記、 表記 篇 「敬 一-事 其 君 長 こ 

グン チョウ 

くん-ち ャぅ §) 一郡 長 I 郡ノ長 宫。 

ぐん-ち ュぅ (名). Is (一) 軍陣 ノ中。 

軍隊 ノ クチ。 一?s 策、 奏策 「f m 中 一 P 家、 將 

帥 ©- 一 父母 こ (二) 戰陴 ニ出デ テア ル閬。 

出征 中。 漢兽、 周勃傳 「箪 中、 閱ー1 將軍之 令ハ不 聞-一 

天子 之 詔 こ 

ぐん-ち ュぅ (名) 軍功 一一 同ジ。 ィ 

クサ ノテ ガラ。 武動 太平 記、 十二、 諸 大將恩 

赏 I* 「サシ モノ naf 忠 アリシ、 赤松 入道 圓心 二、 佐用庄 



一所 許り ヲ被. 行」 己レ、 ガ軍 忠ヲ記 シテ上 

一一 申ス 文書 ヲ、 軍 忠狀ト 云フ。 目安 狀 

ノ條ヲ ョ。 

グ ン チ ユウ -ジ ヨウ 

ぐんち ユーつ-. せめ ャぅ (名) 一軍 忠狀 I 前條ヲ 

見ョ。 

くん-ち ョぅ (名) s_ キミ ノイツ クシ 

ミ。 主君 ノ 寵愛。 「君籠 ヲ 恃ム」 

グ ン ゝ ショウ- ズ 

く, C で、 つ 49 (句) 組みて む v」v '、くみて 

むす、 くんで、 つす ト轉ジ タル 語。 (ふみ 

サ ムラ 

て、 ふんで (筆: T 候 ふ、 さ、 つら ふ) 平 SS 

語、 七、 SSK 後 w 、手 SS 太郎、 saw? 一 、ム ヅト組 

ムー アツ パレ、 已レハ 、日本一 ノ剛ノ 者ト、 くんで 5 

ず、 ョ、 ナ、 うれ K 感動詞 ノぅれ ノ條ヲ 見ョ) 

くん-てん (名) ffl_ 〔點ト つ を あ^ 點 



ヨリ 移レル 語〕 漢文 ヲ謂 讀スル タメ 一一 

ッケ タル 振 假名。 返. 4。 經書ナ ドー 一 ハ、 

古註 (漢 代/儒者) ト、 新 註 (宋ノ 朱熹) 

卜-一因 リテ、 解釋ノ 異ナル コトァ レバ、 

訓 證ヲ異 -ー ス、 古註 ナ ルー ーハ、 菅原 家- 

大江 家. ノ訓 ヲ奉ズ ル, 船橋 家ノ點 ァリ, 

堂上 點ト 云フ, 仁齋點 (伊藤 仁齋) 、山 子 

點 (片 山. 兼 山. -ナ ドモ、 古註 ナリ、 新註ナ 

ル 二 ハ, 道春點 (林道 春)、 闇齋點 (又、 嘉 

點、 山 崎 闇齋ズ 後藤 點 (後藤 芝 山)、 一 齋 

點 (佐 藤 一 窨) 、ナ ドア リ、 其 外 一一、 道 乙 

點、 金平 點, 三 平點, 日 尾點、 ナド モア リ。 

くん- ヒぅ (名) 一 iffl 動位ノ 等錢。 くん 

ゐ (動 位) -幷 一一 、 くん も.? (動 章) ノ條 

ヲ見 3。 

くん-どく (名) H_ 〔音 、丼-一、 訓ノ條 

ヲ a ョ〕 (一) 漢字 ヲ. 和語-一 飜 譯シテ 

讀ム コト。 (音 讀ニ 對ス) 「父母 ヲ ちち、 

ジャ ゥゲ 

はは、 上下 ヲ、 つへ、 もた」 ト 讀ムガ 如シ。 

(二) 漢字 ノ 成語 ナ ル ヲ、 唯、 字面 一一 スガ 

リテ訓 ジテ、 和語 ヲ作ル モノ。 國華ヲ 

くにの はな、 絲瓜 (へ チマ) ヲ いどうり、 

五濁ヲ いつつのに おり ト額 ズル、 ガ如 

. シ 。此類 一一 、も ¥- よみ (文字 讀) ト云 フガ 

ァリ C . , 

ぐん-るい (き S 次條 ノ語ノ 略。 ぬ 

中天 翻 島 2- 保、 近 松 作) 中 「小袖 モ 著 力へ テ、 云云、 

下 一 I 郡 内、 黑! S 二重」 

ぐんる い 4^ ま (名) 00^ 改機 ノ條ヲ 

見 ョ。 

一: ぐんに ャ, (副) ISSI ぐに ャ ぐに ヤヲ 見 

ョ 。 孕 常 整 (正德 、近 松 作) 五一, ィ キイ キ ナサ レタ牛 

若 ® モ、 ぐんに ャりナ ラン シタじ 

I 



ーく< お • る .ル- レ. ラ. リ-レ Jfi 、四) 衝ー 怒リ 

ヲ含 ム。 不 1^ ヲ 抱ク。 名 swsrB 、クン ネル、 

ィキド ポル、 ムヅ カル」 

* J ) ) クン フク レンジ ャゥ 

くん-のう (名) 君 王 一一 同ジ。 連 聲ノ轉 

ナ PN。 

ぐん-; S (名) 一軍 馬 I 軍用 ノ馬。 騎兵 一一 用 

ヰ ル ハ 乘馬、 野砲、 山 砲、 輜重ノ 車 一一 用 

ヰル ハ 馬 ナ^。 fss 、于 -莽係 SI 軍馬 一」 

〔軍陣 ノく ばり ッ 



ぐん-ば & (名) IS 

ケ〕 戰 一一、 陣 1^、 駆 引、 等ヲ、 程好 ク指 圖 

スル コト。 配陣 甲 陽 軍^ 、三、 品 第 十 1 「山 本 

^助、 云云、 I 切ノ m 法ヲ、 能ク锻 ィ タス、 云云、 軍 

ヲモ、 存知 仕り タル 者 ナリ」 

グ 



くん w い, うち は (名) I 軍配 團扇ー 大將 

ノ、 待 チテ、 軍配 ヲ スル二 用キ ル画 扇。 

製-種種 ァレド -羽ヲ 、革、 夂ハ、 簿鐵 一一 

テ、 へ、 つたん 形 一一 作リ. 中 骨 二 、勝 軍 木 ヲ 

用 ヰ、 末ヲ柄 トシ テ、 黑漆ヲ 塗 レルヲ 常 

トス. 柄ノ端 1- 一 、腕 貫 ノ穴ァ =, -テ、 打紐ヲ 

通 シォク 軍扇 甲 sss 、十、 下、 品 第三 十二 

「« 玄公、 立テ、 箪配 啦扇ニ テ受ケ ナサ ル」 (謙 信 I 一切 

付ケラ レシ 時 ナリ) 今、 相撲 ノ 行司 モ、 此團 

扇ヲ用 ヰテ、 揚ゲテ 、勝 S ノ決ヲ 示ス。 

略シ テ、、 「ち は ト云フ 、因 リ テ-、 つち は を 

あげる ト云 ヒ テ、 優者 どす ト/ 意ト ス C 



ぐん-ばう (名) S イク サノフ セギ。 

軍事 ノ 防備。 .25"「s 防 令」 

グ ン -ボ ゥ 1 1 

ぐん-ばう (名) I 軍帽 一 軍人 ノ制 精。 

ぐん-ばつ (き 一軍 a (一) ィ クサ ノィサ 

ヲ e 軍功。 唐 IT 郭虔 一;? 傳 「開 元 初、 錄-ー IM 閥 こ 

(二) 軍人 ノ 門閥。 「長 州 一! 7MS」 

ぐん-ぼ/^ (名) Is (一) 軍 ノ法ま cii 



くん ま- 



六 111 



くん は 



法 パ^ *- ノ -ぱヲ は- 

れ 一; 屮兵之 5 云云, 一 :,-,- ; 

五、品ほ四十 1「夫,3»法ハ,兵法也,云云、^<^^、ほ《、 

st«r 三ヅノ 作法、 K スぺヲ 知 一一:, : w 利ヲ 

得 ルコト ヮザヲ m テ、 能 ト巾 -,/^o 一 

ポ紀。 .&t«^、HKaMISS 「召 一 isr=i-^:i に ふ 法、 期 

而》 至 „« 、云 何、 ts,mjw」 甲 SBSS 、十九、 品 SS 

五十一-一 iiw 法 二 W キ二 : : 人 二 テモ、 出. ix: アラバ、 必 

x.ssss- お 候」 (三) ポ 人/刑法。 其 裁 

利ヲ 法 *: 淡ト 云フ。 

ぐん はふ AT いぎ (名> 特別 

裁判所/ 1 、 ilifgw ノ 刑法 ヲ m キテ裁 

スル 所。 

ぐん-び < 名) S イク サノソ ナヘ。 K 

^ノ 設備。 武備。 SI 修、 IBfss 制 一 S 

, 田而 y 一 :5«備 こ 「a«s«s 少」 

ぐん-び (名) 一 HI W 事ノ ft: 用 用金。 

tti. WAS 「宪胡 反亂、 argsg" 大 wm!^«、 

以 1广=* 役 方 Brl*? 相 S ハ砍 fer 涼 州 一? 力 北 さ」 

ゲン ビ 3 ゥ 

ぐん- 53 ャぅ 」名) _1 ッハ モノ。 S 卒。 

&勢。 ^ 三 ffll!rl5?r*K 帝 irsem 兵 3 進」 

awr 几 物 一 >祈^抑^反*.^^兵、3^!^ョリ?**&?リ、 

ヲ、 W 二 W セ、 S 一一 as テ、 ビ」 

くん-ぶ <名> I ^一 きみ ト、 ちち ト。 左 

3*,» 公 五 之 命不, 校」 沙石 an 一、 上、 第三 

條【 お 父ノ タメ ニハ、 命ヲモ 捨テ」 「君 父ノ^」 君 父 

ノ仇ハ 一天 ヲ« カズ」 

ぐん-ぶ (名) S 從 W ノ 人夫。 

くん-ぶう § 變 風 一 

典? g ナ 々恋-一 云フ。 S 氏 《 秋, ぉ始 1™ 

「£講| 八 BT 東 SB-: 蕭 B こ a^i 、五 «!a「ss 之 

騮 _W,S_«S?1B!K 之 s-gj 夜 JesKK (文化、 欲! a 

«MI> 一 「 KB 来- 镰 s- 也. 而 お-: SB 之 蒸; 亦 形 8 之 

>S,M-Ktt:>n 快 一也」 

ぐん- JJJV § 1&I ぉ人ノ 制服。 



くんへ 



くん-べん < 名) P 邊 I 主君 ノ オリバ。 君 

側。 rs8 ニ侍ス J 

ゲン モウ 

ぐん まう (名) lyB 一 多ク /盲人。 又、 

多クノ 愚人。 S 元 ST 古 S 行 「掃 一一 世 ass- 開 一; 群 

la こ 「群 SB-sn- 評ス」 

ぐん-む § Si 一 軍事 ノ 事務。 £ss 二 

ス J 

くん-め い (名) I 君 .11 キミ ノォ ホセ。 主 

Ij;; ノ 命令。 ssi、H.g5 ほ 「き 于 E 方;? ほ -;君 

さ ss>± 突」 「*s せシ J 

くん-も-つ (名) 一 B SE 經、 伊訓篇 「具 

訓-, 于蒙 士こ疏 「蒙, 謂-蒙 稚; 卑小 之 稱」〕 

责 蒙-一、 訓 へ瑜サ ム ガ爲- 一作 レ ル 書物 

ナド- 一 稱スル 語。 ff o 小 ST 明 倫 ST 小 序 

くん-もぐ S S 髮ヲ 洗ヒ, 衣-一香 

ヲ紫ズ ル n ト。 身 ヲ淸ム ル ニス ル n ト 

十 リ. C 趣せ5、|»555「三-ま而三<^*之こ K 俠 slsns 

s- 古; お、 «u 之! as 休 こ 

ぐん-もん (名) lis 軍營ノ 門。 ちほ、 w 

公 十二 年 「la 甲 s&is 一 一 呼、 曰、 云云」 sss、 

十九、 兵! Bffi 催-一家 人- «.S!-;SKS8 帳 之 中; ml 合 群 

a 之 «、« 一一 手 於 范門こ 「降 ヲ、 as: ニ乞フ J 

ぐん, やく (名) 革 アル 時- 出 ダス 

ベ ク宛 テラ ル ル JEJ 勢、 兵糧、 等。 德川幕 

府ノ制 ラァ、 大小 g ノ 軍役 人數 ト云フ 

ハ、 時代 一一 W リテ 變遷ァ レド、 知行 千 石 

一一 付キ- 歩兵 二十 三人, 餘ニ. 弓 一. 銃 ー> 

トシ, 一 ffi 石 一一 付キ, 步兵 二百 三十 五 人, 

騎兵 十、 銃 二十、 弓 十、 餘 三十、 旗五、ト 

シ、^f-§、千五人、十^K石,ニ千百五十 

五 人、 n レ -ー 對スル 兵器- 食、 ヲ備へ 

S クべキ 事 ト定メ タリ。 、十九、 OS 



くん や 



srs 砲 千 丁トノ 85 也」 

ぐん-や (き I 郡役所 一 一郡 ノ 事務 

ヲ 取扱 フ役 所。 郡衙 

V/ ん-ゅ (名) I 訓諭 丽 #ー ヲシ へ、 サ トス 

コト。 訓示。 S 國 1_5、魏* め- 趙跟 @ 使 "お 幷き - 

一一 一軍; 毎, S 訓 irjara 親 Ka」 

ぐん-ゆう (名) SI 多クノ 英雄" 1, 

接 耽 「> さ 黥 £;|編ー; 群: |g こ 「群雄 割 SJ 

くん-よう (名) ー莉塑 (一) 軍ノ 用-一 供フ 

ル n ト。 g 須 左 ra 、通 公廿五 年 「賦. 車 箱 "馬」 

杜 s-t 以 Mrsra- こ 後お、 廿四、 弘仁六 年 三 Kraffl 

之 B. 以 先」 (一 0E3^ ノ S 用。 

at 之 S「SI 先帝 征= BS; 兵 行 一 一一 十お 年、 百姓 不, 加 

IKr 而 Kffl 給」 太平 SS, 廿四、 天 SS 寺 a 立 ¥. 武家 ノ 

此 sis ヲ 押領ス .is- モ、 S 用ヲ 支ン S ナ ラバ、 

セ テハ、 カナ キ 折節 ナ レバ」 

ぐん-よう (名) s_ 軍隊/イデ タチ。 

武装 司„^法「5!£1不.>入^國」 !》防令「凡8*»|、云 

云、 g 有 =勅使 ハ a 先 通- iffiH; 螯 1; 備 3§容; 然 助」 

ぐんよう-きん (名) Ik 用金!, 第 用 一一 供フ 

か 金錢。 nsl ヲ i ス」 

クン ロウ 

くん-らう (名) P 勞ー テ, カラ。 * ネ ヲリ。 

功 3^。 a5s 、明 堂 as 「成 王、 以= 周 公; 有 ^豔= 

_» 於 天下 こ 

ぐん-り (名) s_ 都 役所, 役人。 

クン リク (名) 一 HI くんろ く ノ條ヲ 

a ョ。 

ぐん-りつ (名) Is 軍隊 ノ 規律。 K 規。 

ぐん-りつ (名) s_ 〔市立、 縣立、 國立、 

等-一 對ス〕 郡-一 テ、 取 立 ツル n ト。 「郡 

立,' as 所」 

くん-りん (名) I 君臨 一 君主 トシ テ、 上-一 

立 チテ. 下 RtT- 治, 1 ル コト。 左 ほ、 B 〈ム 十 

一一 一年 「赫 itss 、而? ffsa 之 こ 



くんり :. : くんろ 

ゲ ン -リ 3ゥ 

くん-り ャぅ (名) t 郡 ノニ )- 一同 

ジ。 郡ノ大 頃-少額。 類聚! 1 史、 十九. 延 SH- 

_ 七 年 三 Hr 詔 「音、 雜 © 胡廷 (孝 德) 始、 S 「諸 郡; 仍 S 

i レ勞、 @ "於 1 一郡 こ 政 as 略、 Hg ニ年符 「郡領 

者、 今 之縣令 也、 親, 民 行, 化、 赏在" 此人こ 

ぐん-り ャく (119 s_ 軍ノ 進退、 動作、 

等-一 關スル 方略。 戦略。 

ぐん-り ョ (名) 顯 I 〔支那、 周ノ 制-一 テ、 

一 萬 二 千 五 fE 人ヲ ト 云ヒ、 五 KE 人ヲ 

旅ト 云フ〕 (一) 軍隊/数 ヲ云フ 語。 我 

ガ 古制 一一、 一 范人 以上 ヲ大軍 トシ、 五 千 

人 以上 ヲ中軍 トシ、 三千 人 以上 ヲ小軍 

トシ、 旅 帥ハ、 百 人 ヲ統ブ 。(二) ィ クサ。 

合戰。 戰爭。 is 、衞 S 公 K「m 旅 之 事、 未-. -之 

®h 也」 太平 十六、 正 成 下 一; 向 兵 庫一 事 「軍旅 ノ審 

ハ、 兵 二 ラレ ョ」 

ぐん, るゐ (名) 18 多 クノぉ 頸 C 諸 

物。 德指 歸.? I 「天地 不 き 類; 而赛 類自託 ?」 

沙石粲 、二、 下、 第八條 「ag 如 平等 ノ故 二、 四 生 ノ群類 

二 、少 キノ 隔ナ ク」 謠 曲、^ 飼 「法 華ハ利 S フカ キュ 

ヱ、 Sg 道 二 沈ム群 類ヲ、 救 ハム 5 ー來 リタり」 

ぐん-れい (名) S 訓示、 命令 スルコ 

ト 「上官 ノ 訓令」 

ぐん-れい (名) |$令 一 軍 中/命令。 *?、 

小 医^ 「作 li 内政; 而 IffiiiJ* 令 ー焉」 軍 防 令、 義解 「凡大 

將出, 征、 云云、 大 SSS 下、 不 fe-i&Bf 令- (s!r 凡、 蹈外 

之 、將 軍制 之、 欲, 有, 所 iiiSSS 一 乃 立 一; 其教 令; 是爲 一一 

5?1 ご 

くん-れん § sn (一) 訓へテ 、技 整- 

二 熟練 セ シムル コト。 &i 、邪 廷玉豚 

「き 一; 兵閒 一久、 今始識 1: 訓練 法 こ (一一 )8- ノ上 

ュ テ、 生徒 ノ德 性ヲ 涵養 スル n ト-. (教 

授十ド 二 對ス) 

くん-ろ (名) Is ひどり (簾 燧) ノ條ヲ 

C 平家物語-八、 太宰府 箱 埴生 ノ 小屋/ S 



ス ダレ、 sla ノ燧- 一 異ナル 、海 士ノ MM 火 タク、 錢シ 

キニ 5- キテモ J 

くん-ろう (名) li^ 一 たきものの あヲ 見 

3 太 平 記、 一、 立 IB*" 金 S 二人 ナ クシ テ、 咬咬タ 

^殘 ノ © く 壁 二!! W ケル as、wss 二 wse H テ、 i タ 

ル! t" 雨ノ、 93 ヲ打 3-©-」 

クン & ク (名) ml 〔梵語. 一 Kund-ml- 

ka.〕 ( 一 ){ くんり く。 印度-波 斯- 等-一 產 

ズル、 一種 ノ樹ノ 脂。 大木 二 シテ、 海邊 

ノ沙 中-一 生ジ、 盛夏 一一 、脂- 沙 上-一流 レ 

テ 、凝リ 固 リテ成 ト云 フ- 舶來ス 、形、 

石ノ. S ク 一一 シテ、 研 リ難シ 。其 乳頭 ノ如 

キヲ 香ト 云ヒ. 專ラ、 外科 ノ藥 用ト 

ス -ー 、南燈 松脂 ト モ稱ス 、味、 苦シ, 焚 

カウ バ 

ケパ シ C 五代 s-ra 世 S「B 焚 l:SSK、》 陸、 諸 

_SK 片こ 1E 名 g /十一 一 +W 名 K「fis 降 s 、俗 g 、君 錄、 

出-一中 HS 一 I 也」 同 a 注、 六 g+ 「本草 注、! 8睦《-、 

形 si 膝; 出 I 一天 J 一一、 _s 于ニ El-ssi 引 1 一 南方 草木 状 一 

云 、出-一大!! S 在 一一 海 S; 自 有-一大 sik- 一沙 中; ssr 

ffls«=s© 上; 夷人 SS 一一 » 之; a!= 與貿人 こ ニー) 

又、 降 中、 南部 ノ 山中 ヨリ 產ズ ル 簾陸ト 

云フ モノ ハ、 香 一一-人 ル-是 レハ、 號珀ノ 

下品 ナ ル モノ-一 テ. 黑ミ ヲ 帶ブ. 夏 ハ 、溶 

クルナ リ。 古名, ァカ ダマ。 一名、 和の 

駕陸。 S 頼不 草、 上 g+ass" 松脂 是也 、日本; K_*、 

l*@s 用, 之、 甚? 知-人」 同 ef+rlKSST 似 i 

脂; 安 加 太 末、 曰 本從 -ia; 州-出, 之、! li 云、 康<? 之、 從-ー 

天 竺|« 之」 

クン. ノウ 

くん, わう (き 11^ 王 一 キミ。 ォホ キミ。 

_SH, 小雅、 祈 父 之 什、 期 干 s「*sg 皇、 室 家君 王」 

運 歩色楚 W 「君 王」 

ク ン -ィ 

くん, iQ (名) I 動 位 I 軍功 アリシ 人-一賜、 ノ 

ル位。 (之レ 一一 對シテ 、常 ノ位ヲ 、文 位ト 

iK フ) 古へ つ 十二 等ァ リテ, 一等つ 正、 

«s 三位 ノ 間- 1 列シ- 次第 一一 下リ、 十二 等 



くんろ …: くん ゐ 



ハ - 從 位下 ノ下 十リ、 其 六 等 (從 五位 

下ノ 下) 以上 ヲ敕授 トシ, 七 等 以下 ヲ奏 

授 トス。 今ハ、 八 等 一 I 定メ ラレ、 三等 以 

上、 敕授 二 當リ、 六 等 以上 、奏授 二 當ル。 

萄夫 *|「》位 不 >sa5 ほ „>a」os ハ、 動ノ 古字) 軍防 

章 五位 以上、 加 一一 tgj 位 一外、 仍有 16 動 一 者、 P 授 一一 

g 子 こ 

く-め (名) 貢 トス ル馬。 SSS 、六、 

文 SS 二 年 十 a! 三日 「K_r 0, 秀衡所 k 進貢 金 等、 所 

1 被-; 京 進 一也」 

く-めい (名) 誦 I 〔玉篇 「wr 茶 芽 也 匕 

一一 ガキ 茶。 茶ヲ、 人 一一 勸ム ルー 一、 卑下 シ 

テ云フ 語 ナリト 云フ。 高ま 詩 「《1|謁§ き 

ss 一-苦 茗こ 下 ffiffir 下、 「苦 g (惡 茶ご 

くめ, うた (名) 一 來目歌 I 來目部 、丼-一- 久 

米 舞 ノ條ヲ 見ョ。 

ク メ-ジ • ノ • ハシ — 

一く め-お-の-はし (名) |^5-米路撟| 次條ヲ 

a ョ。 

くめ-の-い はばし (名) 一久 米 岩 橋 I 〔葛 城 

山ノ 東, 高 市 郡-一, 久米鄉 "久 米 川、 ァリ〕 

义、 久米路 の 橋。 昔ノ役 I* ?15、 大和 ノ 

葛 域 山 ヨリ In 野 ノ金峯 山 一一 、岩 撟ヲ架 

サム ト、 山神ヲ 使役 シ テ造ラ シ メタル 

二. 工事. 半, 一一 シテ 成ラザ リシ 事ヲ 傳フ, 

(扶桑 略記、 五, 大 齊 元年) 因 リテ、 和歌 

ナド 一一 、男女 ノ リノ、 半途 ナル - 一詠 メ 

リ。 千 、十六、 雜、 上、 SW の E.S 城ャ、 ヮ タシモ 

〈テス-モノ ユエ 11、 くめの 岩 ffi 、さ 生 ヒ ニケリ」 後 

撰»、 十 一 、SH 、一二、 ァリテ 、人 一一 S ヒ カハシ 侍リケ 

,4 ヲ、 ヅ レナ カリ ケ レバー S 城ャ、 くめ S の はし 二- ァ 

ラバ n ゾ、? ?フ 心ヲ、 中空 ニセメ J sssr 十八、 雜 

K、.KSS1 胡 光、 下 一 S 一一 侍 リケル 時、 女 ノ許ニ 、 忍ビ 

テ マ カリ テ、 IS 二 、力 へ ラ? ト云ヒ ケ レ バ 「岩 ffi ノ. 夜 

ノ EKU モ、 絕ェ ヌぺシ 、明 クル ヮ ビシキ、 is 城ノ 神」 

くめ-の-せんにん (名) ffls 〔大和 



くめの 



國、 高 市 郡、 久米ノ 地 一一 、久米 寺 ァリ、 此 

仙人 ノ 創立 ナリト 云フ〕 昔シ, 大和 國 

ノ人, 久米 ト云フ 者、 吉野郡 ノ龍門 寺 一一 

籠リ テ, 他/法 ヲ 行ヒ, 仙人 ト成 リテ. 空 

二 昇 リーア, 飛 渡ル閒 二、 吉: 野 川ノ邊 二、 

若キ 女ノ、 衣 ヲ洗フ トテ、 衣 ヲ揭ゲ テ、 

白キ脛 ヲァラ ハ シ タル ヲ la テ、 心- 錢レ 

テ、 其女ノ 前-一 落 チ,! ?ー 、夫婦 ト成リ 

テ. 凡人 トナ リシ ト云フ 。(今昔 物語. 十) 

徒然 草、! S 八 段 「世 ノ人ノ 4 惑 ハス n 卜、 色欲 二 ハ若 

カズ、 云云、 久 * の 仙人 ノ、 物洗フ 女ノ、 K ノ 白キヲ 

見テ、 通 ヲ失ヒ ケムハ 、誠 II、 手足、, ほナ ドノ、 >e ラ 

二、 肥 H 、脂 ヅキ タラ ムハ、 外 ノ色ナ ラネバ 、サ モア 

ラム カシ J 

くめ-ベ (名) 一 ssil 〔くめ ハ、 船ノ轉 

(雀、 すすめ。 蹈蛑、 かざめ) 編成 ノ 軍隊 

/義ト 云フ〕 上代 ノ 軍隊 ノ稱, 御 軍士 

ナ レ パ 、大來 目 部 トモ 云 フ 、神代 IT 下、 

一一 . 天孫 降臨 ノ時、 來目部 ノ遼祖 、大來 

目 命ノ、 來目部 ヲ率ヰ テ-前 驅セシ コ ト 

ヲ記 セリ, 大來 目命ト r 大 件連ノ 遠祖、 

天 忍 日 命 ノー 名 一一 テ- 來 目部ヲ 率ヰタ 

ル - 一因 リテ -此稱 アル ナリト 云フ、 神武 

紀 一一 、犬 伴 氏 之 遠祖, 道臣 命ノ, 大來目 部 

ヲ率 キテ、 土^ 姝ヲ討 滅セ シ事、 見 H、 

大御 歌-一、 勇 Ig. し、 來 目の 子等、 云云、 ト 

詠ミ タマ ヒ、 來目 部、 コ レ ヲ謠ヒ シ 二 因 

リテ、 來目歌 ト云フ トァリ -後ノ 久米ぼ 

一一 歌; J シナル ベ シ _sffigr+ 八 f 大伴 * 持 

ノ fisi 「大 伴ノ、 sffilsffl ノ、 其 名 ヲバ、 大久 主ト、 

1R ヒモ チテ、 仕へ シ 官、 云云」 

くめ-まひ (名) 一 A ,舞 一 〔, 伊 氏ハ、 大伴氏 

ノ改 氏ナリ (佐 伯 氏 ハ 、大 伴氏ノ 同族 ナ 

リ) 大 伴氏ノ 部下 ノ來目 部の 舞 ノ義ナ 

ラム、 前條ヲ 見ョ〕 舞/名、 神武 天皇 ノ 



くめ ま 



御 軍 一一, 來目 部ノ、 土 蜘蚨ヲ 斬 リシ 舞ナ 

リト 云フ、 舞 人, 翩ヲ 拔キテ 舞フ. 多ク 

ハ 、 大瞀 祭、 醒萌 節食, - 一行 ハル 、初つ 

件 氏 , 佐 伯 氏、 舞人ヲ 串 ヰテ奏 シテ、 來 

目 歌 ヲ謠ヒ シナル ベ シ 、後 一一 ハ 、舞樂 一一 

存 シテ, 伶人 >コ レ ヲ奏ス ルコト ト十レ 

リ、 明治 以後 ノ 紀元節-一 ハ-此 舞 ヲ奏ス 

. ルコ トニ 定メ ラレ ヌ。 北山 妙-五.、 大!5- 「午 

日、 云云、 伴、 佐 伯、 B 氏、 入 i 自-; sgssc; 著-中 _s~«s 

奏 1 一久 《 舞; S 人 二十 人、! 》ェ 六 人、 云云、: K 一一 sss 一 

«奉 、舞 人 在-一前 後 一 K 云、 拔, S 舞、 おに 欲, 以, si 

ira 、舞 如 一; 酸 河 舞 こ sge 、十八、 天平 f 四 年 四月、 

東大寺、 大佛 raJMK ノ依 「五 E 、久 S< 頃」 三代 錄、 

三、 W 觀 元お 十 一 BJ 十九 日、 .KS5K 「伴、 佐 伯、 _s 氏、 

久3< ほ」 

く-めん (名) fRiil 〔工夫 面倒 ノ 略-一 テ、 

竊カ -1. 金策 スル 一一 、 骨ノヲ レルヲ 云 フ 

語 (菓子 辨當錯 ヲ、 かべす ト云フ 類) 

ナ リシ モノ ガ、 蒈 通語 ト ナリ, 意味 モ、 

廣クナ リシ 二 モ アルべ キカ〕 (一 ) 工夫。 

才覺。 算段。 (多 ク、 金錢ノ 調達-一 云フ) 

00 生 玉.. 3 中 (正 UTS 松 作) 上 「氣 ヲ S デモ、 モ 

ガイ テモ、 *- ハ S ナリ、 H 面 ハナ ヲズ」 (二) 金錢 

ノ 都合。 カネ マ ハリ。 金融。 戲レ 一一 倒 

サ -ー シテ、 めんく トモ 云フ。 東 Isa 中 IS 栗 

S- (文化、 一九) 十 編、 下 「船 a® デ、 くめん/良 ィ 

/後家 殿」 「くめん ガワ ルイ」 

くも (名) 〔隨 る義 ナリト 5 フ (かく 

む、 か あむ。 くく もる、 く もる。 1^ る 

ト iK フモ、 雲ヲ 活用 セ シ メタル 語ナリ • 

沖繩 -ー テ、 くむ. 朝鮮 -I テ. くらむ〕 ( 一 ) 

氣中ノ 水 蒸 氣ノ、 凝 リテ、 形ヲ ナシ、 

空中 ノ. 若 千 高キ處 一一 、浮 ビ漂フ モ ノ。 

神 代 S 、上 一-一 i" 大蛇 呀 i 之 上、 常 有 一: §氣 こ 尤恭 お、 

へ f 二 a 吾ガ夫 IV 力、 來べキ 夜 ナリ、 佐 S ガ a ノ、 

5is ノォコ ナヒ、 今夜 著 シモ」 (ささが ね ノ條ヲ 見ョ) 



くも i 



くち 



(二) {s ノ象ハ 、稱 種-一 a ュル 二 W リーア * 

種 3£ ナル物 一一 a 立 テテ 云フ。 「S/*J」S 

-in Jll ノ ill- « ノ衣; S ノ M」 S ノ 》」 花ノ S_,J5«;,, 

a」 (一 3{ 死 セル 魂。 魂ハ、 昇 リテ、 a ほ 

る. 天翔る ト云フ - 一因 リテ 云フ。 s«, 

十六、 an 1「B5 ヒ出 デテ、 g フ S ノ接ヲ 、雅レ 11:^ マ シ、 

ar- 白 一、 ナ リナ マシ カバ」 、十八、 雜、 

I 一一, R 之 「i&H マデ、 « ヒ化シ 人ノ、 今 B ナキハ 、山ノ 

,» トゾ、 タ ナビ キー 一 ゲル」 新 千載 填 、十九、 sarg 

モナ ク、 «- トナリ ヌル、? 《 ナレド 、昔 J, ,夢ノ 、厶 地コ 

ゾ スレ- (四) レ ヌ コト。 _陶。 ^礙 新 

! SB* 、九、 去 ラヌ、 ^/«-_ 、3 ほ レテ、 

イ^カ M ノ、 カゲモ 化ん ぺキ」 「心ノ WJa ヒノ au 

(五) 定 メナ キ コ ト。 痕ナキ コ ト。 ws 、ほ 

ほ, 【£立 ヅ、 《 ノ ttl ノ彼 衣」 「3 トコ ナル」 •* ヲ 遍ム 

ャゥ ノ (六 ){ 天。 空。 i。 さ 1J» 

JKtt- 、下 【天ノ K 、! gsj ト ノミ、 e« ュル カナ、 «- ノ !» 

モ、 色 W カリ ケリ」 爾丹 tt= アマ タノ 3 ノ絮ノ 中二、 

W ノ B ノ空 3 兒 H ズ, fs ニ飛プ 轚」 兒ョ) 

fws ト云 フモ, 蒼天 ナリ C 

一く ち § ml 〔沖雜 -1 テ、 くむ.? ^鮮- 一 

テ、 けむい〕 小 蟲ノ名 、腹. 大 キク E ク、 

ク シテ、 稍. 赤 ミア リ、 年 ヲ歴タ ル ハ 、 

渐ク 大ナリ -@f ハ 胸 一一 *9キ* 胸-一 八 足ァ 

リ、 妝 11 ヨリく もの い ヲ出シ テ、 くもの 

す ヲ作ル 。(其 各條ヲ ョ) 一 ー對シ 

テ、 M ぐ も. 櫊ぐ も、 ノ名ァ J^-te 

、久ぁ J<*«lsjf"、ss!>c: 抄、 M ジ) 此外, 足 S 

ぐ も. ま,;, 一 らぐ も, 女郎ぐ も *大 くも、 ひ 

らた くも 被ぐ も Jl- くも- くも さも 

わぐ も, S 取ぐ も, 等. 種 稗ァリ 條 二 

注ス。 > 

くも-あし (名) S S ノ、 動 や ァ、! §ギ 

行ク n ト. -ク モノ ァシ クモ ユキ K 雅 

ir 七 、,下 一 B 分立 ヅ、 タ ノ 雲の、 あし a- ミ、 esE 



くもお 



二 似 タル、 秋ノ 付; お」 「タ 立ノ くもあし S- シ J 

くも-あし S 一 S 脚 一 案ノ 脚ノ、 戀曲レ 

ゃモ/ C gj^sr くもあし 「S1K ノ憂ハ 、禁中、 院 

中へ as グ^ 效ノ »- 也、 理 生 八 ほ 二、 w- 板 S ト昆 エタ 

り」 故 政) 「時 、三位 以上 ハ 、! S 足ナ 

リズ S 知 、二) 

くも, あ ひ (名) s_ 雲ノ、 晴 *K ャク 

ス。 ゾラ モャク 。雲 氣 風俗 文 s_ ま 永. 許 六) 

五、^81仃:^「天氣ョキ、夜ァケノきぁひ、白ミカカり」 

くも-いり (名) _ 截鞠ノ 技-一 テ、 雜 

ヲ、 if メテ 高ク、 上空-一 截上 グルコ トナ 

. -べシ 雅 sas 狂 壤へ享 保、 正 親 町 公通) 春 「蹄 杳 

モ 、ss ゾきノ 、 箱 皮、 柳ノ たがし、 花ノ St 人」 自注 「 

入 へ 、ゆ 曲 二 テ、 昔シ、 成 通モ、 一 代 二 、只、 三度、 敏ラ 

レシ 由、 HE 記 二見 H タリ」 ssasrss ノ. * 人、 な 

がし ハ、 えもんな がし ナル べシ) 

ぐ-もう (名) Isa 愚ぎ-一同 ジ。 杜! S 

r 此語亦 £^爲- 一 《SK こ 太 年 十二、 文戮 SB 正 奢侈 

¥. ウタ テ カリ ケル 上人 ノ行ほ カナ ト、 ノ 

K ヲ^ セリ」 

一く も-がく • る. ケヒ? リ. レ (自 S 、四) 

〔四 段 活用/ 隨るヲ a ョ〕 (一) 雲ノ中 

-1 ほル。 夂 、雲居 瞎る。 wasr 七 5! 「き IT 

小-! a ノ IW ノ、 恐 ケパ、 目 <BW ヅ レド、 ヅャ」 同、 

十五 ffisi 「ヮ ギモ n 一一、 あは ぢノ 島ハ、 タサ レバ、 久 

毛 SSTS 久里ヌ J (二) 死ぬ/敬!^ 天翔 リ 

タ マフ。 SHSn 二! T 大? IB? 被 k 之畤、 云云、 

a 作 R 「モモ ザ タフ、 8HK ノ池 二、 担ク W ヲ、 今曰ノ 

ミ1« テャ、 S B り ナム」 同 卷!^ fis 王 3* 死 飲 「大君 

ノ、, で、、、. K IK ノ、 時 二 ハァラ ネド、 set り マス」 

v,1s*-y く • るん 亇 ルレ. レ -レ. レョ (自動、 下 二) 

B 〔四 下 二 段, 同怠ノ 語、 額る、 

ふるる。 離る * はなる る〕 ( 一 ) 【前 條ノ 

二) -1 1!1 ジ。 又、 S 居隱 る" 後ぉ5" 、秋、 

中 「女 ^ 花 き T マ シヲ、 秋ノ 夜ノ、 《s ノ光 ハ、 4^1 が 

くれ ヅヅ」 拍遠« 、十九、 »HW「ie 日 山、 S 居が くれ 



くも か 



テ、 還ケ レド、 思 ハズ、 君 ヲコゾ 田3 へ」 (二) 前 

條/ (二) 二 同ジ。 後 8sr 十、 Msr 三 g£ 

ノ皇太 后宮 かくれ タマ ヒテ、 Itgla ノ夜、 SJ 明 クハぺ 

り ケルニ ISS メル 「ナ ドテ カク、 tiK がくる ラム、 力 クバ 

カリ、 ノド カー 一澄.. -' ル、 《« モア ルョ 二」 

くもがくれ (名) B_ (一) 雲 S ルル n 

ト C 又, 雲居 隱れ。 加 茂 lesc 「コポ レハテ 

デ、 iS? フモ /カラ、 白 wfi 二 、st がくれ スル、 山 ほ カナ」 

lsis?«lt*、 五、 秋、 下 「カリ ガネ ハ 、 がくれ 二 、 嚏 

キテ 來ヌ、 m ノ下 H ノ、 Ksw¥ 頃」 (二) 人ノ、 

レテ、 la ェズナ ルコト C 拾 通 *-、 十三、 is 、三 

「秋/夜 ノ、 ほ 力 モ君ハ 、くもがくれ、 シバシ モ見ネ 

パ、 許 多 is シキ」 

くも-かすみ (名) 一 B (一) 雲ト、 霞ト。 

活坂、 QJS 物語 「猪 ハ、 乗 ラレ テ腹ヲ タテ、 馬ヲ カシラ 

へ カケ 翁シ、 ト S 二分 ケ入 テ、 e 空ヲ飛 デマ ヮリ 

シ カバ .K 俚 s*i (二) 遠 ク立 チ紛 ルル n 

ト C クモヲ カス ミ。 「くもかすみ ト SNiJ 

くも-がた § S 模樣、 彫 剣-ナドー 一. 

雲/、 タ ナビ キ タル 象 ヲ圖シ タル モノ。 

dis 雲, 條 ヲ併セ a ョ) 宇 律 保 物語、 樓上、 

下, 接ノ 天井 一一 ハ、 鏡 形、 S- 形ヲ SS リタ ル高 ぉ錦ヲ 

« リ タリ」 倭訓 IT くもがた 「《 馬ノ 具-一 云 ヘリ, 今、 

f ーモ呼 ペリぶ i 也 1 

くも-がみ (名) 、つちぐ もり (內 SS 

ノ ( 1 ) 幷 一一 、ゑぐ も (擔 雲) ノ條ヲ HIR ョ。 

ク モ- キリ ゾゥ 

くも-き さう (名) 1 ^羊 箱 一 草ノ 名、 い 

かりさう 二 同ジ。 一江 戶- 植木 師ノ稱 ) 

くも-きり-まる (名) 一 痴妹切 丸 I 源 家 二 

相 傅 セシ、 名 敏ノ名 、源澜 仲, 毅へ シメ、 

其 子、 賴光, 蜘跌/ 妖ラ斬 リシ ョ リ、 名 

ト ス 太平 1^^3卷「3 ノ頃 >預 光、 云云、 W テ、 カバ 

ト Hi! キ 、何者 ナ レバ、 親 光二 碟ヲ バ付ン トス ルゾ、 惡 

キ: 、ト テ、 枕 ニ立テ -* レ タル 膝 丸ヲ取 ウテ、 ハタ 

ト 切-云云、 山 fl« 二 テ ゾ有ケ ル '0 さ リケレ バ、 云 

云、. KK- 一き スぺシ トテ、 « ノ * 一一 指シ、 ISM ニ立テ 



— くお き :: <s 六 六 

ゾ M ゲル、 是ョ り、 2^ 丸 ヲパ、 sst 切トゾ SB シケル 一 

くも.. ぎれ i sffl 雲ノ 間ノ、 絕ュル 

コト" 雲ノ キレメ C 雲閒。 ノ 

く-も. Vt (名) 一九 文字 一 九獻 (酒) ノ、 女房 

詞 C 御!^殿上日記-ー、ぁまくも.士£(甘酒)ト見ュ。 

<s^u (名) si^l iM ヲ背景 二 シテ、 

仰ギ n}^ ル n ト。 《gIST 一 、五 IS 夜き 8Wj* 「左 

右/手 ヲ土ニ ヅキテ 、犬 居 二 居テ、 _tfl- . 透 二 、32 上 ノ 

方ヲ 伺ヒ 見テ」 同、 廿、 石 ssngsj* 一 股舒ガ }e ヲ 径ク、 

S ケドモ «a ケドモ 、切 レズ、 云云、 與 一 、刀ヲ 持接ゲ 

テ、 113 二見 レバ、 お 卷ノ更 形 力 ケテ、 m ナガ ラ拔キ 

タリ ケリ」 「くもす かし 二見 ル SJ 

: 一: くも-すけ (名) 〔住 處定 メズ、 雲ノ 

如 キヲ、 擬人 シテ 呼ブ 語- ぎ! g 助、 出 子 

助- ノ類、 今モ、 14 助 ナド、 云フ〕 江戶 

時代、 諸 國ノ、 逃亡、 無籍ノ 者ノ、 驛路 一一 

ゥ ツキ テ、 到ル 所、 宿場 ノ繼立 人大ト 

ナ ル ヲ業 トセ シ者、 互 二 、生地 ヲ名ト シ 

テ、 信 州、 甲 州、 ナドト 呼 ビキ、 長 待ヲ舁 

クヲ上 トシ-駕籠 ヲ异 クヲ中 トシ- 一人 

恃ノ荷恃ヲ,^^l-人トシ テ、 下 トシ タリ C 

E 俗 *J<S(5S 永、 ヰ。 H ハ) 三、 旅賦、 馬士、 iK 節 舁「 一 生 

ヲ、 漠、 1»飘 トシ テ 介ノ 8« ヲ蒙 リ」 展琉日本*& 

子、要、夫ヲ呼ビテ「コ レ、リコナ、 6^!介殿、 云云、 男、 

M テ、 アル 名ヲ呼 バデ、 S 介 トハ、 云云、 ォゥ、 2a ガ 

知レヌ ト云フ コト」 

くも-だ あ (名) ! i ^一 海產 動物-館-一 似 

テ、 最モ 小サク -體, 雀 ノ卵ノ 如ク、 形、^ 

姝ノ 如シ、 加賀, 趑 前;^, 等 -I 產ジ、 乾 

シテ、 四方-一 送 ル"、 00 運 歩 色 ii* 集 「^饀」 

くも-たちわき (名) Ifil たちわき ノ 

條 ヲ!^ ョ。 

くも-ち (名) lif^l 〔雲ハ 、空 ナリ〕 天 

路 い 多ク ハ、 鳥ノ、 空中 ヲ翔 リ行ク 一一 云 



フ。 クモ ヰ, チ。 新 古今 三、 g「K ハシテ 、霎 

お 二 ムセブ 、時鳥」 m 千 g 货, 一 、春 「同 ジク ハ、? H 二 

ea ノ、 隨 モガ ナ、 ijsiss ノ雁ヲ 、シバ シトド ヌム」 

く-もつ (名) 一 翻 一 〔私物 一一 對ス〕 ォ ホヤ 

ケノ乇 ノ.^ 官有 物。 公 物 U 徒然 草、 九十 九 段、 

屋ノ 上古 ヨリ リ、 云云、 累代 ノ公 物、 古 

弊 ヲ以 テ现^ 卜ス、 タヤ スク改 メラ レ難キ .S 、云云」 

く-もつ (名) 一^一 ソ ナヘ モノ。 神佛ニ 

奉 ル物。 著^? -、1 一 、徵教 、^空 上人 「E1i!gMr 云 

云、 人人、 五十二 ノ 供物 ヲゾナ へケル 二」 

くもに で (名) S 〔踟樣 /義 -i ノ意 

(葦 手、 水 手、 錦 手、 金 欄 手) 卿蝶ノ 足ノ、 

八方-一 出デ々 ル狀 一一 比シテ 云フ- 金 葉 

架-七、 戀、 上 「荒 力 リ シ 、風ノ 後 ヨリ、 絕 

H ヌル ハ ,くもで 二 スガク 、絲 ニヤ アル 

ス ヂ 

ラム」 (蝶の 絲ナリ )〕 (二 { 線 ノ、 アマ 

タ、 違ヒ タル 狀 一一 云フ, 語。 古本、 伊 

SS 「水 股 ク川ノ 、くもで ナレ バ 、碟 ヲ、 < セ ルニ」 

(堰 ノ川ナ レバ、 別レ テ流ル ルナ ルぺシ ト云フ 、妹 

〔ナス 一,: キ ム 一へ 

ハ、 八 足 ナリ) 小 大君? r 花 簿、 くもで 二人 二、 結バ 

レテ 、イツ 力 解 クルト、 待ッゾ ハカ ナキ」 (二) 材 

ヲ, アマ タ, 打 違へ- タ ル モノ。 盛衰 ST 五、 成 

親 被 K 召! f 一! e^「 一 ffi ナル所 11、 大ナル 木 ヲ以テ 、咖^ 

手 ヲ結ヒ 、其 中- IV 押^/ゲル」 (三) 材 ヲ組ミ 

違へ テ、 橋ノ梁 1^ ヲ 受ケシ ムル モノ。 

山家 rtr 上 「五月雨 二 、水 堪ル ぺシ、 宇治 攝ノ、 くもで 

二 力 クル、 波ノ 白絲」 花 《r 九、 雜、 上 「並ミ 立 テル、 

松ノ下 枝ヲ、 くもで ニテ、 S ミワ タレ ル、 天ノ ffi 立」 

(四) 棒 ヲ立テ 、上. 端 一一 、細ソ キ材 一 一 テ、 六 

出 ノ形ヲ 作 リツ ケ タル モノ、 大ナル ハ、 

手水 鉢 ヲ载セ 、小 ナル ハ、 行燈ノ 中ノ油 

皿ヲ 截セナ ドス。 (五) 田ノ 畔ノ. 數 線- 

一 處 ニ^リ タル 處。 

<%.a i) 〔前 條ノ 語原 ヲ見 

ョ〕 (一 ) 四方、 八方へ。 八重、 十文字-一。 

交叉 狭 衣、 a 、中-一 「山 ヨリ 儘 カー ー落チ クル 水ヲ、 



くもり …: くもて 



オノ 才ノ、 竹 ノ^ド モヲ、 くもで H- マ 力 セ選リ ヅ^」 

平家物語 ハ Erl^ 合戰 一?^、 よ". ャ 、つめう 房 「太刀 ヲ 拔テ戰 

フニ、 敵 ハ 大勢 ナリ、 蜘蛛 手、 加 久繩、 十文字、. 赌,^ 

返リ、 水車、 八方 透 力 サズ切 タリ ケリ、 向フ 敵、 八 人 

切 リ伏セ 、云云」 (二) {チ 。チ 二、 思ヒ亂 ルル 

狀ニ 云フ, 語。 S 大和 物語、 下 「イカ 一一 忘レ 

ザ リケル 二 力、 若シ、 男ナ ドニ 具 シテ來 タル 二 ャナ 

ド、 くもで rts ヒ吼 ルル ホ ドニ」 狭 衣、 二、 下せ r サラ 

デ ダニ 、くもでよ 思 H 候 フニ、 都 離 レテモ 、何 シニカ 

ハ、 卜 物 思ヒ姿 ナルケ ンキモ J 

<p§ (名) ffl_ 〔雲 ハ、 ill ナリ〕 空 

. 飛ブ 鳥。 玉 葉 集、 十五、 雜、 li「s 島モ、 m ル タノ、 

山風 二 、!? S 面ノ 谷ノ 、蔭ゾ^;^レ ヌル」 

(名) 蛋鶴ー 梭 一一、 雲ト、 鶴トノ 

文ァ ル モ ノ。 雪 鶴。 雲 鶴 大和 物語、 下 

ォモ 1^ , 

「くも どり ノ、 狡ノ色 ヲモ、 思 H ズ、 人ヲ 逢見 テ、 年 

ノ經ヌ レバ」 袖 中抄、 廿 「雲 鶴 ノ文ノ 綾 也」 千載 续、 

十八、 雜、 下、 長歌 「ハカ ナキコ トモ、 gl3 烏ノ、 (序) あ 

や 二 カナ ハヌ、 癖ナ レバ」 

<- も-な • し. キ- ケレ. ク.ク S 、一) 一 無 割 一 

〔苦シ ミ なし〕 タ ヤスシ。 力 ヤスシ。 

. 難ナ シ。 -器易 「くもなく 爲遂ゲ タリ」 

一く も, に.; W お, < すり (名) I 〔雲 

ハ、 天空 ナリ、 下ノ 出典 ヲ見 ョ〕 仙人 ノ 

靈藥、 飮メパ 、天 ニ昇ル コ トヲ得 ト云フ 

モノ。 iffi^tr 五 _i 思 一一 故 鄉ー欧 (久 シク 、太宰府 1 一 

仕官シテ居テ、故鄉ノ京ヲ§ビ、天ニ11^:リテ、飛ビ歸 

ラマ ホモ- > -キ心 ヲ訝メ ルナ、 リ) 「我 ガ^リ、 イタ ク降チ 

ヌ、 久毛 《s 得 夫、 久 利 食ム トモ、 亦 チメ ャモ」 久 

毛磁得 夫、 久須利 <ss ムョ (ヨリ) ハ、 都 見バ、 彌頻キ 

我ガ 身、 マ タ 很チヌ ベ- シ」 (fg 頻き报 ちぬ ナリ、 ^葉 

续 古義 ノ解、 尙、 投っ ノ條ヲ 見ョ) 列 仙 全傳、 卷 ニニ、 

成ノ八 公ト, 云フ 仙人、 5^ 南 一一 「授ニ 丹經及 三十 六 水 

云;; 埋ー i 金 於 t 地、 白日 天焉、 所 一一 弃? 藥 

、並 得 一: 輕 si 鳴 暴 中 一犬 状 一一 天上 こ 

くも-の-あし (名) liiH くもあし (雲脚) 

ノ^ ヲ E^rno 



くもの 



一く も-の, あみ 塞 ば 網 一 くものす ノ條ヲ 

! くも-の-い (名) S い (^絲 ) ノ條ヲ 

見ョ。 

くちの" Si さ (名) 一 #1 構 一 い (® 絲) ノ 

條ヲ ョ。 

くも-の- 5 ど (名) ffl_ い ® 絲ズ條 

ヲ見 mo 

一く も-の-うへ (名) H_ (一) 空中 ノ雲 

ョ リ、 上ナ ル トコ 口。 天上。 萬 ii^s 、十四? 

「久毛 能 宇 倍 一一、 鳴 キ行ク き/ 」 (二) 禁中 ヲ、 天 

上 一一 比 シテ申 ス語 .。 雲 上。 紫微 古今 集、 

十八、 雜、 下 「康 鶴 ノ、 猢後 レテ、 鳴ク 聲ハ、 ® の 、つへ 

マデ、 問 ガ ナム」 (立身 セズシ テ^ク ヲ、 上へ 申 

次ギテ 下サレ カシ) 十 訓抄、 上 、第一、 廿 六條、 ァ 

りテ 召?^ サレ、 内裏 二? ラレ タリ ケル 二、 云云、 女房 

ノ中 ヨリ、 昔ヲ ヒ 出デテ 一の 上ハ、 アリシ 昔 二、 

力 ハラ ネド、 見シ玉 垂ノ、 內ャ ユカ シキ」 

ク モノ ゥェ- ビト 

一く ちの、 つへ-び VJ (名) I 雲上人 一 〔前 條ヲ 

毘ョ〕 淸 涼殿ノ 殿上 ノ閒ニ 勤 仕スル 

チン ジャ ゥビト . 

人。 殿上人 oel 客。 源、 一、 桐 「イト ドシ 

ク、蟲ノ^isIシゲキ、淺茅生lー、l^ォキゾフル、stiの、っ 

へ 人」 今 鏡, 上、 第二、 玉章 「誰 レニ カァリ ケム、 殿上 

人ノ 45^ リテ、 殿上 二 E 介 リテ居 タリ ケレパ 、雲 ノ上ニ 、 

雲の上 人 E ^リス、 ト仰セ ラレ ケル」 

クモ -/ - ゥ H , フシ I - 

くも-の-うへ おし (名) li 上 臥 一 -- つ、 Jjf? し I 

ノ^ ヲ HRin 

一く も-の-お あな ひ (名) S ささが ね 

(佐 遞. 餓泥) ノ條ヲ 見ョ。 

くも-の-かけ ばし (名) 一 画 一 ; ffli ヲ訓 

讀 シタ, ル語 ナルべ シ、 高キ 梯子 ノ意、 戰 

國策、 宋策 「公 輸般、 爲 fegz 機、 將 n 以 

攻 iarlK 云、 子 曰、 聞八ム 爲 一一 雲梯; 將 一一 



くもの 



以 攻,, 宋、 云云 匕 二 ズ高キ 二 界ルト 云 

フ意 一一 用ヰル 語。 天 梯立ト 云フ語 モア 

リ。 落^物 語、 一 、上 「天ノ 川、 ® のかけ はし、 イカ 

二 シテ、 ふみ 見 ルバ カリ、 渡 シヅヅ ケン」 (少 將ノ、 落 

君 ヨリ 返 砍ナキ 1 一、 再ビ 5^ ミ テ^レル 欧ナリ 、フ蹈 

ト ヲ カケタ リ) (二) 殿上 ノ異稱 。禁中 

ヲ雲 上ト云 フ ヲ綠 11 ,降、 昇 二 力 ケ テ云 

フ ナリ。 金奨 九、 雜、 上、 殿.. - オリ テハ ペリ ケ, 

ル頃、 人ノ、 殿上 シケル ヲ聞キ テ、, 詠 メル 「ゥ ラャマ 

シ、 Is- のかけ はし、 立 チカ ヘリ、 フタ タビ ル、 路ヲ 

知ーフ バヤ」 後ョ拾 通续、 十七、 雜、 三、 蹈 人-一 テ 1 ぬブ 赐 

ハリケ ■ ル 日、; !;^..^ ル 「限 リア レバ、 天ノ 羽衣、 脫 ギカ 

へ テ、 降リ ゾヮヅ ラフ、 のかけ はし」 (冠ハ 、五位 ナ 

リ、く,ノん^ョ(|^^さノ條ヲ見ョ) 

クモ -ノ, 力 H シ 

くも., の-方へ し (名) s 一 匿 1 雨雲 ヲ吹キ 力 

へ ス風。 月 詰 幾、 三 「山 越、 雲の かへ しノ、 風吹ケ 

バ- 雨ハ雪 ニゾ、 降 リカ ヘリ ケル」 更 級 曰 記、 八月 「雨 

降 リク ラシ タル 夜、 S カヘル 風、 烈シゥ 打 吹 キテ」 

くも-の-あ (名) 一 蜘蛛 子 一 つちぐ も ノ條ヲ 

昆ョ 「くもの ぁヲ 散スガ 如シ」 

くも-の-あし (名) 佛 、仙人、 ナド 

ノ、 乘リテ 、空中 ヲ行 クト云 フ與。 $0 

is 、俊 佛、 文珠ヲ 引キッ レテ、 E の 十: しニ乘 

リテ、 ヮ タリ タマ フ」 

くも-の, 45 (名) liffl 〔蛛 の篑ノ 義-絲 一一 

テ镜ノ 如ク, 作ル 意- い (跌絲 ) ノ條ヲ 併 

セ 見ョ〕 蜘崃ノ 、作ル モノ。 其 腹部 ョ 

リ出ス くもの 絲ヲ、 草木 ノ 枝葉- 又 ハ . 

軒下- ナド 一一 力 ケテ. 後脚 ノ爪ヲ 以テ. 空 

中 一一 編 ミ作ル コ ト、 網ノ 如シ- 因リ テ、 

くもの 網 トモ まフ、 絲 -ー粘 ァリ、 蚊、 蜂,、 

ナ ドノ, 網 二 力 カル ァレ パ. 捕へ テ食 ヒ- 

朝-一 ナレパ 、絲ヲ 腹中 一一 收メテ 、物ノ 隙 

ナドー ー隱ル - 鉄 網 tsMa 、五! I!s ま 「欲 二 

〈、久 あ キテ」 枕 草子、 七、 六十 四 段 「透 垣、 

羅文、 薄ナ ドノ 上 I 一 かい タルく ものす ノ、 毀 lis リ 



くもの 六 t 



_ もの 

テ」 六 te、B、# 「くもの あ A 二 、吹 キ來ル s< 、ト ヌ 

? 'トモ、 人ノ 15ヲ%- カガ a マム J 十 S 抄、 上、 1 、 

w 六 arw の あみ 二 カラ マレ ツル 3»ハ 、云云」 

く-^?, がき S lift い S きノ 

條 rr:^ ョ。 

くも- B. つか ひ (S t かぜく もノ條 

: くも-の-はたて § S 〔s ハ、 空ナ 

リ、 はたて (ほ) ノ 條ヲ? S ョ、 旗手 + ド記 

ス ハ 、ffi 字 ナリ〕 さ- ノ 極。 天ノ、 逮キ! a 

ミ PS 1««|«»«、 下 「天 /ffi 、通 逸ト ノミ、 

ft ュル カナ、 M 之 ie 手モ、 色 S カリ ケリ」 古今 壤、 十 

一 、讓 / 二タ B ハ 、•« の はたて- 1 、》 ゾぉフ 、天 !^ゃ: ナ 

--、 人ヲ s フトテ J 直 之 《、 足 SB ノ、 1H- 1 ヅ》 チタ 

-^ガ、ニ1ニ1:1マデ»ク-ー「ササガーーノ、<ものはたて 

ノ、 S ク カナ、 R ヲ 命ト、 S フナル ぺシ」 (S ヲ *a" 二 » 

セ、 てヲ、 手 二 カケタ リ) 狭 衣、 一、 上 i「«l の はたて 

マデ、 響 キノ ポル A 地 スル- 一」 (H ノ «-) 「此人 

ヲ * カク、 目 二え ス W ス、 0- の はたて 二 迷 〈シテ へ」 

!く も-の- ん i ひ (名) B1I ささが ね 

(i -」 泥) ノ條ヲ a ョ。 

くも-の-ゆめ (名) 19 〔支那 ノ 諸 越ノ 

地ヲ; もろあし ト贖ミ テ、 支那/事 トシ、 

IT シ.: :: 波 〔むヲ 、あらなみ ト SS ミ テ、 盗絨 

/^トス ル例 ナ"〕 支那 ノ楚ノ 七 ノ 

1 ナル 湖 二 一一、 雲 #s ヲ、 文字 讀 

-ー シテ, 夢-一 W セ タル 語。 *sss 、上 「aj 

清ミ IB ラレ ヌ ffi シモ、 モロ コシ ノ、 M の 夢 マデ、 兒 

ル n コチ スル」 

くも-はく § las S 形-一 ォキ タル 金 

B 中 S. 次 K、ss 子の s^s 之 awM*> ヅ 

クヅ クニ < 、くも はく/ « 一一 »^リ ぉテ、 菊、 *^ ナド、 

IB 二 雷 キテ、 せ ハク、 白 ハク-一 テ, 实シキ £リ 候」 

一く も. « なれ (名) S fa ク. 雜 ルル コ 

ト。 退く、 a きナド 云 フ語ノ 、序/飼-一 



I くき 

用 ヰ ラル。 古 ** 記、 下 (仁 uss- ャ マトべ 二、 西 

S 吹 キア ゲテ、 玖 、退キ 居り トモ、 S レ忘レ 

メャ」 siKIr 十五 g 「玖 毛 S 奈 IB 、還キ aapw ノ J 

: くも-ま (名) lfll& 雲ノ、 斷レ タル 所。 ク 

モギレ C ailsffr 二 * 長お 「sw ヨリ、 S フ HJ ノ、 

惜シケ ドモ、 IK ヒ來 レバ」 新 古今? in 一一 、夏 「卯ノ 花 

ノ、 ムラ ムラ St; ケル、 垣投 ヲパ、 e-M ノ月ノ 、影 カト 

ゾ a ル」 

クモ マ .1 

くも-ま; 5 § 一 蛛舞ー 〔くものす ヲ渡ル 

ガ如キ 意力 ト云 フ(© 遊 養、 五)〕 輕 

業ノ, 綱 渡 リナ リト 云フ。 度 ssar 七、 

吉 城& 「能、 &ss/«sr 云云、 此外、 進 舞、 

KSTHf 孑 nrl 油 SB (^永、 W 德) 『アブ ナク- モア リ、 

ズデ タク モアり」 S 舞ノ、 芝居 デ金ャ 、拾 フラム」 小 

町释 iwx 、立 M) 春、 上、 ほ 確 「くも 舞 » 、飛デ (力へ 

ル、 天 »6 照」 (ffllgtss 西 J9 置 土 逢 (元 錄) 五 「渡世 

悲シク 、毎夜、 くも 舞ノ 人形 格へ テ」 

くも-み づ § S (1) 雲 卜-水 ト。 

曲、 山 姥「 所モ知 ラズ, 活 モナ シ、 タダ さ水ヲ 便リ II 

テ、 至ラヌ 山ノ奥 モナ シ」 (二) 行方 定 マラ ヌ 

意-一 云フ, 語。 雲水 ノ佾ト 云フ、 此意ナ 

リ G ^曲、 S£ 辨 sir 上リ 下ルャ s 水ノ、 身ハ定 メナ 

キ «" ヒ カナ」 

く-ちん (名) 一 扇 一 〔くるしみ-も.; J ゆ; I 

煩 S5 - 一同 ジ。 

く-もん (名) -^^ ^ 〔官府 ノ 文書, 公文所 

ト云フ モ、 公文 ヲ處理 スル所 ナリ〕 (1 ) 

'ヨリ 、京都 へ 奉 ル租、 席、 調, 等 二 關 

スル、 四 種/文書 ノ稱。 コレヲ 、四 度 公 

文" 四 度 帳、 ト 云フ。 二 中 ほ、 七、 公 W 「四 《 公 

文、 云云、 四 、大! 《、MI»$ 、说 帳、 胡 集 核」 名 

:1s 「公文、 就き a"? 此 き」 (二) 頜主 ヨリ、 

其 所 殿、 莊阅 へ, 下ス文 害。 鎌 <:5 蘇肝ョ 

リ下ス 諸 文 赛ヲモ 、公文 ト 云フ。 武家 名 

目抄、 18 名, 十九、 二 「公 ズト云 フハ、 元ト官 ノ 



くも 八 

通稱ナ レバ、 私 一二 ァハ需 〈ザ ル#ナ リシ ヲ、 中頃、 妄 

ガハ シクナ リテ、 公 ノ家家 ニ乇、 私ノ 所領へ 下 

サ,^ ズ 《1 ヲバ、 公 ^< 卜云フ ** トナ リシ 故 一一、 武家 二 

乇其例 一 ヒテ、 》教》 、下 文、 泰客ノ 頃、 府 K ヨリ 

下サ ルル M 客ヲパ 、ナベ テ、 公文 ト呼 ペリ」 (一二) 

莊園 ノ領家 一一 、八ム 文 链ト云 ファリ "略シ 

テ、 公文 トモ 云フ 、文書、 等 ノ事ヲ 

掌 ル 。 (訴訟 ヲ 、公事 ト モ 云フ) 吾 要 《«、 十、 

文 冶 六 年 四 H:3 曰、 美 WB 地 頃^ 「妨 = 公 袋 ハ爲, 令 

"沙- ;汰其 事 ハ S 使 則 S 入? a 之 er 菊 松、 犬 丸 等 公 

文、 凌 之 由 依 k 有"^、 SI 一 W 胡 こ (公文 is ナリ、 公領 

ハ、 廷 御領、 召使 ハ、 WAJ ノ 家人) 古文 、上、 

任 下 文、 弘安 九年閱 十二 「定 -;據 公文 Bla- 、千 r» 

丸」 東 寺 抄、 四、 明! K 二 年 「Ja 寺領、 備 中国、 新 見 

莊、 領家ほ 、公文、 田 所、 K 追 捕 使、 三 B 、云云」 (松 S! 

Isf^ 、百、 五十 九條 「公文 ハ、 《! % 、訴^、 等ヲ 《 ル」) 

(四) 室町 幕府 ヨリ、 五山, 十斜、 等、 禪寺 

ノ: iii 職 ノ褅任 ナド ニ下ス 文書/ 稱, 又、 

< ム帖 トモ 云フ。 コ レヲ掌 ルヲ、 公文 奉行 

ト 云フ。 14e 涼 軒 曰錄、 長 二 年 K 正 HJ 一 曰 「KSS 

堪这、 《 !-仙 堪宣、 云云、 以 - 上 首 1 ー鼠ハ有1ー»\^^??;^、 

許 1S< 、公文 其 人 こ 同、 ts: 正 二 年 六 SJ 十七 曰 

「公 xfaf 行 之 *、 以 -lis 尾 t^w 入道; 被-一 仰 付-也」 武 

家名 目抄、 B 名、 十九、 二 「足 利 as ノ頃 ニ至リ テハ、 IS 

eij 二 下 セル 文 S ニノ ミ、 公文 ノ名ノ 殘 リシ ニヤ」 

くもん-. あ (名) k ム 文事 一 JAi 訟ノ 事。 ディ 

リゴ ト。 略 シテ, 公事。 

くもん- .v. ョ (名) I 公文所 一 〔公文 ヲ 處理ス 

ル所〕 ( 一 ) 文書 ヲ司リ 、公事, 租^、 其 

他/事務 ヲ扱フ 所。 攝關、 等、 諸家 -ーァ 

リ, ぼ衙ニ モア リキ。 IKi 訓往來 、三 HI 「公文 

所.. 往夾 注抄 「公文所 ハ、 公 法 a ヲ沙 汰シ、 

文霄ヲ 司. ^ 所」 ^^5«物語、四、3御^「九5^»(右大 

臣«^ が〕 申サセ タマ ビケル ハ 、太 政官ノ 61 ハ、 凡人 ノ 

家 二 ^ラバ 、公文所お ノ所 也、 太 1SK 無力 ラム 上 ハ., 

« V^SB ニテ コゾ、 御 S 位 へ アル ペケ レ」 (安德 天皇- 鉞 

ナリ) 明 野 群 C 、廿 七, 諸 B 公文 「美 SSB 公文所」 

山! 公文所」 二 1) 鎌 倉 幕府/政令 ヲ發 



くもん …: くもり 



六 < 



セシ 官署。 元 暦 年、 源賴 朝、 始メテ $y 

テ テ、 ^當, 寄 人、 十ド /gl ヲ置 ケリ。 

建久 元年 ノ冬、 賴朝、 右大將 一一 任ゼ シ 力 

バ 、明年 春 1 政所 ト改稱 シ 、別 一一 、政所/ 

郭内 二 、< ム文所 ヲ建テ テ 、文書 二 關スル 

事ノミ 沙汰 セシ メ タリ。 (武家 名目 抄, 

職名-八、 上) 吾 Isr 三、 葛 永 三年 八月 廿 四日 

「被, Kii 造 公文所 ハ 今日、? 柱上, ほ」 台 IKS 用 集、 

一 、乾坤 「公 所、 源 親 朝 此 4Tf&ii 京都 記 錄所こ 

くもん-せ 1 ョく (名) k ム文職 一 くもん (公 

文)/ 條ノ (三) ヲ 見ョ。 

グ モ ン ジ ホ ゥ 

ぐに もん- ぢ, ほふ (名) is, 持 a 一 眞言 宗 

-ー テ、 虚空 藏 菩薩 ヲ木尊 トシ テ修ス ル 

行 法。 三 國佛法 8來《5、 中、 三 iK 「三お 西來、 

先 B8- 求 M 持法ハ 53 慈 1»1 一 求 聞 持 法 IWTS- ほ, 此搏 受」 

ク モン. ブギ ヨウ ク モン 

くもん-ぶぎ ャぅ (名) R ム文 奉行 一 公文 ノ 

條ノ (四) ヲ a ョ。 

4.§ (名) S 〔朗燒 、夕 燒, 同 趣〕 

カギ P ヒ。 . ^災ノ 光ノ、 遠ク、 雲 ニ映リ 

テ、 赤 ク見ュ ル モノ。 

くも- 變 (名) S (一) 雲ノ、 過 ギ行ク 

ャ ウス。 ク モア シ ソラモ ャク。 S 

(二) 晴 1®" ヲ考フ ル心 ヨリ、 事ノ 成行ヲ 

思フ意 一一 モ云フ .0 「政界 ノ 行ヲ 見ル」 

ク モラ- C- • シ 

一く もら-は *し. シ t シケレ -シク -シク (形、 二) 

醫 S るノ 未然形- 「はし ノ附 キテ、 

其狀 ヲ云フ 、けがる-けがら はし〕 s ル 

狀セリ 「.■ K 衣、 四、 中せ «! ノ S/ 、イト ドヒ マナ 

ク 立チヮ タリ テ、 H: 影モ、 ナカ ナカ、 くもら はしく ナ 

リヌ レバ」 源、 十四、 1«探 一 r 「ゾラ 色ノ ai ノ、 くもら 

はしき 二 S イタ マへ り」 

くもり (名) 聖 (一 ) ク モルコ ト。 雲 ノ- 

起レル n ト。 夫 木抄、 十八、 零, 降リ ヌぺ キ-脊 



ノ くもり ヲ、 眺メォ キテ、 阴ケヌ 二 向フ、 初 S?!; ノ庭」 

(二) { 光, 色 ノ, 范暗ク ナレル n ト。 § 

!s. 九、 *„-| 十 「衣 ザへ ノ御シ ヅラヒ 、くもり ナク, 鮮 

力 二見 H テ J I 鏡ノ くもり」 

一く も び (名) apl 螢 リ タル He (次 條 

ノ語 ノ對) 古今 集、. f 四、 『a 「くもり 曰ノ、 

トシ ナレル、 我 レナ レバ、 目 二 コ.? '見 H ネ、 身 ヲバ離 

レズ」 

j くも SV- よ (名) 1§1 リタ ル夜。 ャミ 

ノョズ 前條ノ ノ對) m 楚垅、 士 一お + 「陰 夜 

ノ、 (如 ク) 使 宜モ知 ラズ、 山 越 ェテ、 往 マス 君 ヲバ、 

何時 トカ待 タム」 同、 十 一; 一 ^ 長歌 「fKS§! ノ、 (如 ク) 

迷へ ルホ ドニ」 

一く も • る. ル .レ. ?リ. レ (自動、 四) sffi 〔雲 

ヲ 活用 ス (蔭る、 宿る) K 葉染ニ S さ 殿 

雪 流 夜ノ」 nr 十三 S 長歌 「棚 雲 利、 雪 ハ 降 

リ來 ヌ」〕 (一) 雲、 霧. 起 リテ、 空ヲ 覆フ。 

天 治 字 鏡、 一 5r 久毛 ® 利」 (二) 光、 色、 薛暗 

ク ナル。 ム。 陰 弱 源、 廿三、 初音 力 「御 容ナ 

ド、 イト 花ャカ 二 、n コゾ くもれる ト見 ュル所 ナク」 

新 六 w、 一 「夜 卜 トモ 二 、くもる 淚ヲ、 身 二 ゾ へ テ、 月 

二 乇 キ、 ST カナ ガメ カナ」 「錢. くもる」 

ク モイ キ 

くも- ゐ (名) 一 雲居 一 雲井 一 〔雲 ノ築ル トコ 

P ノ義 「仙 抄), 卽チ. 中空 ノ意、 萬 葉 

三 S 「三 船ノ山 二 、居 雲ノ」 或 , 、雲 搖ノ 

約 (地 S ヲ、 な ゐト云 フモ、 根搖ノ 約) 雲 

ノ, 漂フ トコ P ノ意〕 ( 一 ) 【中 1:;ii。 ^as。 

雲 際 ffissf^ 、二 f 千 S 欧 「時逮 風、 6t< 居 一一 吹 クー 一、 沖 

見 レバ、 類 浪 立チ、 f ?」 見 レバ、 白^ 脇グ」 S 之 逢 

フコ トハ、 くもね カー I 、 なる かみ ノ 、音 ニ聞キ ヅヅ、 

K. 一 ヒャ; ヮタ ラム」 (二) sr 古 Isr 中- -sio 

S ャ sag- 命、 伊 SP 二 テノ御 欲 「i! シケ ヤシ、 我家 ノ方 

ョ、 (ヨリ) 久 韋起チ 夾モ」 m 楚续 、三? hcfsrsl 

居タ 十ビキ J 同、 七 五 「由 成ガ岳 二、 居起ヅ ラシ」 

(三) {遙 カー 一 遠 キ處。 楚集、 十四 J「?™^ クシ 

テ、久v^?ssニ見ュル、妹ガ家ー一、ィ5^カ到ラム、歩メ吾 



ガ駒」 拾遺 十四、 ST 四、 遠キ所 二、 思 フ人ヲ キ 

ハ ぺ リテ 「s 居 ナル、 人ヲ 一力 二 、 思フ 二 ハ 、 我ガ心 

ク ^ ノ 

ゥサ へ、 そら-一 コ>ナ レ」 S) 禁中。 禁裏。 雲 

上." 新 古今 菜、 十六、 雜、 上、 御 讓位ノ 時 「忘 レジ ョ、 

忘 ルナ トダ -1、 香ヒ テマ シ. 井 ノ月ノ 、心ァ リセ パ」 

新楚 集、 六、 冬 「仕 フ トテ、 マヅ蹈 ミワ ケシ、 九 ts- ノ、 

§ 居 ノ庭ノ i ノア ケボ ノ」 (五) 雲居 調子 ノ 

略. 其條ノ (三) ヲ a ョ。 

モ ィ 一 

、も- ゐ (名) 一 雲井 一 〔禁裏 御 ほトナ リシ 

カバ、 名 ヅクト 云フ〕 一種 ノ烟 草/名、 

常 陸 國-久 慈 郡、 太 E ノ邊 ノ產 、氣、 芳シ 

ク シ テ、 烈シ カラ ズ C 



くも ゐ- がく *る (動) 居隱ー くもが く 

るヲ 1!=^ ョ。 

くも ゐ がくれ (名) 一 fflll くもがくれ 

ヲ昆 3 a 

ク モイ -ジ , 

一く も ゐ-ぢ (名) 一 雲居 路 I 〔くも ゐ ノ條ヲ 

昆ョ〕 雪路 ト云フ 二 11 ジ。 後 撰 集、 十六、 

雜、 二 「くも ゐ ぢノ、 5fg ケキ 程ノ、 空 言 ハ、 イカ ナル 

風ノ、 吹キ テ吿ゲ ケム」 

くも ゐ -V ぅチ? (名) 一雪 居 調子 一 〔空 ヲ眺 

ムト 云フ、 歌ノ 文句 ヨリ 名ト スト 云フ、 



くもり- 



、もゐ 



下 ノ解ヲ a ョ〕 (一) 三 # 線ノ 調子 ノ 

名。 ニ上ト 同ジト ォ-ポ シ ク、 弄齋節 二 力 

ケ タルモ ノノ 如シ。 松の 葉 (元 祿) 二、 長歌、 

SB 井、 弄竊ー g-l 「我レ 振 リス テテ、 一 驟パ カリ、 ィ 

ヅクへ 行 クゾ、 山 時鳥」 ノ句 ァリ。 (二) 移 リテ、 

筑 紫箏ノ 調子 二 モ云フ 。ニニ 妹 線 ノ組胆 

ヒヲ il- ゥ シ 

ヲ、 筝 一一 取 リタ ルト, 同ジ) 151. 調子 ノ第 

一一 一 SI ヲ下ゲ 、第 四 gl ヲ 上グル モノ、 三味 

ニァ ガリ , コト ウタ 

線 ノニ上 ナリ、 箏唄ノ 雲居 弄齋ト 云 フ 

二 「ハナ レバ ナレノ -浮雲 見 レ バ 」ト云 フ 

句 ァリ、 此 調子 ハ 、寬 文ノ 頃、 橋檢校 > 

始メ タリ. ト云 r 。(嬉 遊笑覽 「六) (三) 

くも ゐ 



尺八 ノ 曲/名-一 モ、 雲井 ト云フ ァリ, 三 

味 線、 筝ト、 高 律 二 テ 吹ケパ 、名 トス ル 

ナルべ シ。. 

クモ- ォ- カス ミ 

くも-,^ - かす f§ S) 一雪 霞 I くもかすみ 

24«:-ノ@ノ (一一, -ヲ la ョ。 

ク - 3 ゥ I 

くみう (名) 一 供養 一 (一) { 又 、き ョ- つやう。 

ギヤ ゥ 

三賓 (佛、 法、 僧) 一一 向 ヒテ、 財ト、 行トヲ 

進 ムルヲ -供ト 云ヒ, 攝養 スル所 アル ヲ、 



養ト 云フ。 其 堂舍ヲ 莊戯ス ルナ" 

敬 供養 トシ、 證經、 禮佛ス ルナ ド, 



ノ、 行 



供養 トシ、 飲食、 我 服 ヲ供ス ルナ ドヲ、 

利 供養 トス。 (佛 敎辭 林) 一般 ノ 亡者 ノ 

靈 一一 向; J テス ルヲ、 追善 ノ 供養 ト 云フ、 

其條ヲ 見 ョ a 法 華 IT 序 品. r 香 花 伎樂、 常以供 sa」 

同、 授記品 「供 恭敬、 贫? ^ss? 歡」 天 武紀、 下、 朱 元 

年 正月 「請 1 一三 網 律師、 云云、 九 潜; 以ー 1 俗 供 0^ 

费之、 仍施 11 施 SI 布 こ 源、 三十 四、 上、 若菜、 上 一一 一 院 

ノ御贺 二 、瞎 峨野ノ 御堂 二 テ、 藥師佛 、供 费シ奉 リタ 

マフ」 同、 下 £ 十 「日ゴ トニ、 法 華!^ 一部 ヅヅ、 くや、 つ 

セ サセタ マフ」 同、 四十 七、 一 「該、 筆 ®r ヲカ 

シキ額 二 入 レテ、 コ レ ハ 、童 部ノ くやう ジテ 侍ル初 

隨ナ リトテ 、奉 レリ」 ( I 一) { 轉ジ テ 、修行者 

ノ食 物。 学津保物語、忠杜^1山伏「往ヌル七月ョ 

リ、 修 行 二 マ カリアり クニ 、くや、 フ結 ェテ、 今日 三 

曰、 ワラ ハべ 二、 物モ H 給 バデ、 疲 レ臥シ ハ ベレバ、 

トド マリ 申ス」 同、 吹 上、 上 十 「果、 松ノ ヲ くやう 

トシ、 木ノ 皮、 苔ヲ衣 卜シテ 、年 比 ニナ リ恃 リヌ」 

(111) 食物 ノ料。 太平 記、 十 一 、金剛 山 寄 手 等 被 

レ@ ^「口 8K ノ fK ケナ クシ テ、 子 ニ後レ タル 老母 ハ、 

僅1 一二 曰ノ餐ヲ求メカネテ、自ラ、滞怒ニ倒レ.:!^ス」 

(雜食 武士 ノ母ナ リ) 



く-やく (名) pa 天竺 佛敎ノ 、支那 ノ 

後 漢ノ世 一一 、翻 譯セ ラレ タルモ ノ。 t5 宋 

ノ世 一一 改メ S シ タル ヲ、 新譯ト 云フ。 

く-やく (名) 一公 役 一 官 ヨリ 課 セラ ルル、 

くやく 



軍役、 夫役. 等。 uliHrs 、元き 一年 四月 十五 

ョ 「東 國侍內 任官 眾 中、! 3, 令,, 停 a 止 下 本 國ハ各 在 

京^ a 仕陣直 公役 ..1™^」 

せ J ョ (名) 一 區ノ 事務 ヲ取 

扱フ 役所。 

くや-くや (副) 3_ 思 ヒヌヅ ラフ 狀 一一 

云フ 語、 くよくよ / 條ヲ a ョ。 

く-や-く-や § 〔くや ハ、 是者ノ 轉 (障 

る-さはる。 はれ、 やれやれ) 神樂 歌-明 

星 「ァ 力、 ポ シハ, 明 星ハ、 く はャ、 ココ 

ナリヤ」〕 人 ヲ呼ビ 力 クル 一一 發ス ル聲。 

コラ n ラ 。(九州) 「くやく や、 何 チフ奴 力」 

一く, や-く-や (句) ー來耶 来耶ー 咴 るか 來る 

か ト待ッ 二 云フ。 後 撰实、 九、 air 一 r くやく や 

ト、 待 ヅタ暮 卜、 今ハ トテ、 Si ル 胡ト、 何レ マサ レ 

ル」 安 法 法師 eiu 寬和) 「くやく ゃト、 心 二 待 タ ルル、 

確 ガネハ 、音 ザ レツ ラシ、 今 ゾ^ ク ナル」 

一く や シ キ-シ ケレ- シク. シク (形、 二) 1^1 

悔ミ 思フ。 クチ ヲシ。 殘念 ナリ。 

古事記、 中 (應神 )1^ 十 長歌 「我 ガ心シ 、ィャ 愚 二 シテ、 

今 ゾ久夜 期岐」 isl 楚续、 十五 穴 「潮 待ヅ 卜、 ァ リケル 

船ヲ、 知ラズ シテ、 久夜 之久ィ モヲ、 別レキ ニケリ」 

j くやし-が *る. ル, レ. ラ.? レ (他動、 四) 題 

悔シ ク 甲^フ0ク ヤシ ム 悔恨 土 佐 日記、 二 

月 七日 「嫉ク 、一一 一一 3 ハザ ラマ シ モノ ヲト、 くやしが る」 

くやし-なみだ (名) ffl_ 〔終止形 ヲ、 此 

ノ如ク 用 ヰ ル コ ト、 くやしまぎれ、 同じ 

物, 愛し子、 例、 多 シ〕 k シク思 ヒソメ 

テ、 出 ゾル淚 。(嬉し涙 ノ對) 

くやし • お. ブ- ベ. バ .ゃ ぺ (他動、 £1) ー悔ー 次次 

條ノ (二) ヲ 見ョ。 

くやし-まぎれ (名) 〔くるしまぎ 

.れ:^:ゃ し 一陣、 ^^^^tit シ サ ソ 



くやし 



ぐ やし 

一一 微シ, e;: レ ヲ u-^ レ テ、 、フ コ ト 

r 叱 ラレ W くやし ま >T】 れニ 、茶 Sg7 打チ K ス J 

くや レ. む- ム; -了ミ i i-s ■ (一) 

くやしが る (悔) 二 E ジ。 ク ャム。 9C 事 

B 、二、 は 13「3« 二 、人-一 S ゆ テモ、 アサ マジ 力り シ 

カナ, ナド, サル »ヲ 云 t ケント 、梅し ま レケル コト、 

^=.ナ カリ ケリ」 a 二 t 人ノ死 ヲ惜シ ミ テ 、 

弔フ。 ク ャム。 ク ヤシ ブ。 T^s) 、一二 

條 ar ffiar 00. 火 御 哭之 坐. aj 

ク Y ン ン ゲ ゥ 

J くやしん-ばう S) 1^ 坊ー 〔くやし ヲ、 擬 

人シな ル冗 i 、^しん 坊、 くひ しん 坊ナド 

ァリ〕 W シク侮 ヤシ, 力 か ノぉ。 

海 B 中ぱ 文化、 : 九 二-. K 、上 「アノ^ 仁 スガ、 

くやしん ばろ デ、 手. *- へ -ニ| は Si ゲ ヘシ ヲシ タノ ダ 

ハナ」 

一く や • す- ス .セ. サ-シ も (他動、 S) ー萌ー 〔崩 ゆ 

ノ 他動-. y ゆ 、はやす。 絕ゅ、 たや 。燃 

ゆ. もやす〕 ュ ゃャ ウー 一 ナス。 崩ス 

tK ゆ-一 テハ、 今モ 云フ) 仁 械紀、 十六 年 七 

=; 「れ^か! Ms いはく やす/ «ヲ„^ ョ) 

; くやつ (さ wgl す; やつ ノ條ヲ ョ。 

くやみ (名) 二) 悔ムコ ト。 ms 女 夫 

Im t-ii. 近 松 作) 一二 「梅み ハ、 女 ノナラ ヒカャ J (二〕 

死ヲ、 TJ? フ コト。 

くやみ V: ャぅ (名) 一 狀ー 死ヲ フ » 狀。 

くや • む- ム-チ 了ミ. メ £動、21) I 删 〔梅 ゆ 

ノ縛 ゆ-なやむ 0©〕 (二 悔シク 忍 

フ, - ク ヤシ ム ク ヤシ ガル。 dx^-KK 

一一、 ぬギニ シ 事"、 くやま ネド *sJ ヒゾ出 ザ ル . せ/ 

^レ ヅレ」 (一.) 人 ノ死ョ 恪シム n 死" 惜 

シ ミ テ、 フ。 くやしむ/. 條ノ ( 1 一) ヲ 《R 

,■ & 

一 i く ュル -1 レ-ィ -ィ. ザ 3 {=s 、上;:) 一 梅 I 



く ゆ 



〔&ブ J ト通ズ ルカ〕 前ノ 非ヲ, 惡シト 知 

ル 。 後悔 ス 。 ? Tr_ ^リ "覺 リテ、 惱ム。 クョ 

ク ヨス ル。 十 ノ、 c^® ノ ゅノ、 

岩.: S/ 、ま) 君 ガ久. m ぺキ、 心ハ特 ターン」 同、 十 iiS 

「吾ガ 夫 孑ガ、 S ヒ悔ゅ ぺキ、 .5 〈持 タジ」 同、 十八 

tnTR 久伊テ 云フ」 後 二、 lar 四 「來ヌ 人ヲ、 

まつ ガはニ 降ル、 白 S ノ、 消 ェコゾ 力へ レ、 く ゆる 思 

ヒニ」 

; くき ゆ. ュル. ユレ ラエ ョ (自動、 下 二) M_ 

〔朽っ 二通 ズ ルカ〕 崩ル。 朽ッ。 お? r 

三, 「妹モ 我 レモ- 淸 見/川 ノ、 川岸 ノ 、(序) 妹ガ悔 

ゆ ぺキ、 心へ 持 タジ」 S ゆ 二 カク、 S^J^ffis, 十四 

ノ崎ノ 、岩 久《$ ノ」) fan. ま 二 「夜 モス ガラ d ガ 

s^^ル、st- ;«ノ 、下 二く ゆる ヲ、 ョソ ニヤ ハ 旯ル」 

新 古今 *r 十八 . 雜、 下 nHSI^ ル 、 松ダ 二 く ゆる、 世 

ノ 中二 、今日 トモ 知 ラデ、 ォ クル a レ カナ」 

一く *§*ュル- ユレ -ラェ. ェョ ffi 動、 下 ニニ MH 

〔く、 つ (E) ノ轉 (移る、 ゆつ る) 其 語原 ヲ 

a ョ、 又、 轉ジテ 、す: ゆ トナル 塞- く 

がね。 いづく、 いづ あ)〕 激るノ 古言。 

くう。 15^, あゆ。 皇極 紀、】 n 年 正 Hr 中臣! S 子 

! -ク リチ 二 -1 ノ ニン 一ず,' ュ. I マリ. r モガ ク 

「偶預 * 中 大兄お r- 法 it 寺 換樹之 下 打 ー毬之 es こ 

名 8 抄 「弓ク ュ、 コュ 、ケ か」 -ネ S む 「£r ^5|利古.3」 

い. 3、古 出」 Hs^fsr 十二 J; 「蹴 然、 己 江」 (eg 

? « 名抄, ratsstiils 「敏魏 、末 利 古. E」 (同、 十八 J. 距、 

阿古江」 一 §,ms 

一く ゆ 6- か .す- ス- セ. サ- シ. セ (他 S 、四) 「斑 I 

〔次次 條ノ詰 原ヲ ano 次 條ノ語 一一 

ジジ ユウ ,メ卑 モノ 

同ジ。 g 、廿 三、 初, 「火; g ニ侍從 (蒸 ®) ヲ く 

ゆら かし テ、 物 毎 二 fS* メタル」 

. クュ- フク. t 卜,, 

くゆらく え § 面 一 〔恐く く 十 ドノ 語 

一成 リシ 語ナ ラム * いはく (曰) ノ 語原 

n :!^ ョ〕 侮 ュルコ トハ。 「悔 ゆらくん、 諫メ 

ザ リシ、 云云」 

くゆら *す ス. セ. サ .シも (他 g 、四) S 〔次 

次條 ノ語ノ 他! TT^l- シテ、 くゆら かす 



— くゆら 

トナル 、後る、 おくらす、 おくら かす。 

約る 1 まぎらす、 まぎら かす〕 ® ュルャ 

ゥニ ス。 クュ ラカス。 フス ブ。 クスブ 。ク 

ブ 。ィ ブス。 頸 昭陳狀 「山 田ノ as 、下 二、.? <ヲ く ゆ 

らし テ 、蚊 ヲ拂フ ハ 、云云」 「i^ 卷 煙草 ヲ くゆらす」 

j く §ら. すスケ スレ. セ. ゃセョ C 他動、 下 ーー} 

翻 一 〔次 條ノ 語/未然形-一、 接 ノすノ 

附キ タル モノ、 成語 ト a な〕 前 條ノ語 

さ^ 二 Ml ジ 大和 物語、 上 「烟ヲ 、イト 多ク くゆら 

せテ」 — 

一く-ゆ • る. ル. レ丄 フ.? レ (き, 四) ー昏! 15^1 〔氣 

搖る モノ 轉カ、 烟る ュ通ズ (異 し- 奇 し)〕 

( 1 ) 燃 エア ガラズ シテ、 焦ル 。フ ス, ボル。 

クス ブル。 ィ ブル。 IT 八、 花 宴 ij 「空 班お、 

イト ケブ タウく ゆり テ」 同、 H 十七、 鈴 SHr 空ニ燒 

ク ハ、 ィヅ クノ烟 ゾト、 ヒヮ カレ ヌコ? > 、ョケ レ、 富 

士ノ来 ヨリ モ、 ゲ 一 一 、くゅり^?チ出デタル ハ 、本 SkS ナ 

キヮザ ナリ」 和 泉 式部 IT 藻 as 草、 くゆら ヌ モノ ヲ」 

外、 上 「サ ラデ ダニ、 イブ セキ 宿 ゾ、 蚊^ 

^二、 く ゆる 烟ノ、 立 タヌ夜 モナ ク」 学 抄 「s 、ク 

ュル」 (二) &むヒ 位 ^ ル。 心、 ム スボ ホル。 

イブ セクァ リ。 ま惜 大和 物語、 下 「人知 レ 

ヌ、 心ノ 中二、 燃ュ ル火ハ 、烟ニ 錢タデ 、く ゆり コソ 

スレ J 返 「ia± ノ 、扱 H ヌ思 ひモ、 アル モノ ヲ、 く 

ゆる ハヅ ラキ、 心ナリ ケリ」 衣 ニニ、 下 Y ャ 「オボ 口 

ゲニ、 消 ヅト乇 消 ュル、 思 ひ カハ、 烟ノ下 一一、 く ゆり 

ヮビ W ヅ」 

一く よ-くよ § ml 〔心 二 爆 ゆ 慂ゅノ 

轉 (步ぷ 、あよぶ。 眉, まよ) 思ヒ焦 ルル 

怠- 泣く 泣く, ts-a す、 ノ例 ナリ、 轉 

ジテ、 くやく や, き やき や トナリ (にあ 

よか にあ やか c^。 彌、 いよ。 踵. き 

び す ) 15<.fr ジ テ 、きな きな トナル (否、 い 

や。 あなに く、 あやにく)〕 絕ェズ 、思 

ヒ 惧フ狀 -1 云フ 1-aE。 くやく や。 きな き 

な。 古木、 住吉 物語 「くよくよ ト、 ゥ ラビ レ テ泣ク 



くら …: くら き 



ヲ レバ」 (俗語 考) 「飽リ くよくよ. 物 «-ジ 一 好色 

一 5^女(ほ享、西©)五「女心ニ、くゃくゃ卜、 云 ウテ 

モカ ナハ IM 非 ヲヅク リシ」 油 SS (宽 永、 貞 Se. 一 「^セ 

ド乇、 きな さな ス.^ ャ、 心」 「さな さな 思フ」 稍、 

^!:^ヲ轉ジテ、 危 ミ テ、 心ヲ 4™E ムル狀 一一、 

き やき や ト云フ 、其 條ヲ昆 ョ。 

一 くら (名) 画一 (一) 人ノ、 居ル處 。坐-や 處。 

麼。 廢。 席。 「天 想 座」 高 御麼」 座 上」 座 後」 上 

座」 (胡き 座 居」 S) g 一) 物ヲ, 載スル 物。 物 

ヲ置 ク處 「千 座ノ sli 座 代ノ物 J 御 islj (幣) 

矢 座」 (消) 鞍 、蔵 、モ, 同ジ C 

j くら (名) S 〔馬上 ノ座ノ § 牛馬 ノ脊 

ニ置ク a 、人- コ レ 一一 リテ 乘リ、 或ハ、 

荷ヲ 载ス、 其 製ハ、 くらぼね ノ條ヲ a 

ョ。 古^記、 上 州 八 千 矛 神 「片 御手 者、 JSf:>; 御馬 之鞍ハ 

片御 S 、踏 一一 人 其 § こ 雄 略紀、 十三 年 九 H: 「甲斐 ノ 

黑駒、 矩 セパ」 字 一一 i ャ 「彼、 馬乃久 良」 名抄、 

同一 乙 「^ お」 和お」 移お」 結お」 シ ヅ^」 水 千 l;"」«asf」 

くら (名) 一 SSI 〔物ヲ 納メォ ク座ノ 

義" 物 座ノ ( 1 ){ 穀物、 时 賓> 家具、 

ナド, 納メテ 、貯へ ク 一一 用ヰル 家、 多ク 

, , 母 屋ノ外 - 一造 ル。 古 ク ハ . 校倉 ァ リ 、 

又、 板 倉 ァリ、 皆、 木製 ナリ。 壁ヲ、 土-一 

テ、 厚 ク塗リ メタル ヲ、 塗 籠、 又 ハ 、土 

倉. 土 i 、ト 云フ、 15< 、穴 ァリ。 垂 仁お、 

八十 七 年!: B:「5siw 、此云 一一 保 玖 こ *^^^续、十六^ 

「积 S く 棘 刈 リ?' ケ、 食 建 テム」 倭 名抄、 十; \ 居 "宅 

類 「食、 お 也、 物 一也、 久良」 (二) 質屋。 (土 

倉ノ 略、 其條ヲ a ョ) 

j くら (名) 11 一 〔くらし ノ語 S クラ キ 

コト II 黑。 《e?as 物語、 I 「^消 H ヌ、 口 シト 

ォモ ホシケ レド、 遂 1 一 < ト思シ ナス、 アナ 暗/ ヮザ 

ャ、 人 ァリト Is ヒ 5- ルヲ、 ハヤ 往ネ、 ト 云フ」 

一 くら (名) 〔暗 ノ義 一一 モア ルカ、 朝鮮 

語 一一、 洞ヲ、 こる ト 云フ〕 パロ ノ 古言。 く 



ら たに トモ 云フ。 乾 ^雄 .千七 Ji「s4 ノ 、, 

久良谷 二 、打チ ゆ メテ、 镜ケ ハ ヌ卜乇 、君 ヲ シ待タ 

ム - 古 S- 記、 上 一一 、照 淤加卖 神 卜 ァ.^ 乇、 谷 森 一一 テ、 

神代 紀 、上 二 、高 tfi ト アル ハ 、山ナ ル 二 對ス、 股 ぐら 

卜 云 フモ、 谷 ニテ、 諸國ノ 地名 二、 何 怠、 其 倉、 ト アル 

モ、 谷ナ ラム ト云フ 。(古! * 記錄) 

くら (名) i ノ倒サ 、芝居 者ノ 語。 千秋 樂 

/ 條ヲ la ョ。 

$ くら (接尾) 接尾語 ノ * くらべ (競;) ノ 

條 ヲ!! 1^ ョ。 - 

クラ- ァ ジ *■ レア ヂ 

くら-あ ぢ (名) I 鞍 味 一 〔刀ノ 切味 ナド ト、 

同 趣〕 鞍 一一 乘リテ 、馬 ヲ進マ ス ル 一一、 快、 

卞.^ ノ程。 乘リ 心地。 「くら ぁぢノ 13 キ 馬」 

くら-あ づ かり (名) S (一) 藏 ヲァゾ 

カリ テ、 守ル 役。 守。 载番。 (二) 他ノ 

所有 ノ货 物ヲ、 我ガ藏 一一 入 レ テ、 預リ S 

ク コト。 政所 壁 哲、 諸 土^ 盜 人^ (永享 、五、 十、 

十三) 「取 |;6*質 物 1 之 上 者、 自今 以後、 爲 1, 倉 預辨こ 

クラ- ィ-ソ 3 ゥ 

くら-いま ャぅ (名) 一鼓 衣裳 I 往時、 芝居 ノ 

樂屋 -ー "衣裳 货ト云 ファリ テ-其 内-一 置 

ク 衣裳 ノ名、 座 ヨリ、 下級 ノ 役者 一一 貸シ 

テ、 着スル モノ。 上級 ノ者ハ 、自分 所持 

ノ モノ ヲ用ヰ シナリ 。(劇場 新 話) 

く り S S 二) 貨物 ノ -蔵ノ 

中二 納ル コト。 (二) a« 地ノ 年貢米 ノ納 

人。 京都 wffi 所向大 Hssn 一一 「八 HastIS 入、 5 

S 、正德 四 午年、 高、 三 S? 四千 15 百 八 石餘」 (古 SJ_EI 宛) 

(三) 武家 一一 テ、 領地 中 二 、年貢 ノ、 直收 

入 トナル 地 ノ稱。 (家來 二 分 與セシ 、知 

行 地 -ー對 5 

くら-いれ § S 物ヲ、 き 一入 レ納 

ムル コト。 多ク r 商品 ノ 穀物. 货物、 

ナド -ニ K フ C 出す ヲ" 藏出ト 云 フ。 



くら くらい 



ク- ロウ 

<- らう (名) I 苦 1 クル シミ -ッ カ^ル 

コ ト。 事 二 當リテ 、甚 シク、 心身 ヲ役フ 

コ ト。: g 勞。 莊 子、!? jKSI 「ず.. 5勞> 形、 ss- 一 其 

眞 こ 李 洞、 徑 上人 詩 「臥 IB= 晓耕者 5 與 ^ 師知 一; 苦努こ 

SI 歩 色 菜 ar 苦勞 J 

ク -0 ゥ , 

V- らう (名) 一 劬勞ー 〔說文 「劬、 勞 也」〕 

前 條ノ語 二 IS ジ。 詩 sr.* 雅、 小旻之 什、 WS 

袞哀 父母、 *kga_!JC 

ぐ, らう (代) B_ 自稱ノ 代名詞. 老人 

ノ謙稱 ナリ。 B-se 物語 二、 信預 降參 t*、 後白河 

上 fi ノ御 SOTras 老ヲ 憑テ«* タル 者共ナ レバ、 枉テ、 助 

_* セ 給へ」 

くらう-ま ャぅ (き 一!^ 一 物事 ヲ、 深ク 

氣ー 一力 クル 性質。 神經 質。 

くら-うち (き 鞍. 作 リヲ業 トス ル 

匠。 雍州 § 、セ 「ma 、云云、 人、 

稱 一一 鞍 打; 言、 打 成 之 S; 乎」 

くら,、 ゥづ (き 一^一 〔次 條ノ語 ノ轉- 次 

次條ヲ 見 ョ〕 次條- 一同 ジ。 ク ランド。 

クロ-ウド 

くら-、 つど (名) _ ^人 一 次條ヲ S ョ。 

く tr§ ヒ. >」 あろ (名) _ 〔くら、 つ 

ビ ハ 、蔵人 ノ 音便、 ©訓 菜 > くらん ビ 「藏 

人ヲ證 メリ、 くら、 っビ/ 轉 ナリ、 俗 一一 、 

カラ ピッ 

くら 5 づト モ S へ リ」 (唐樞 、から、 つづ。 

冠 - か ん む り 。 人、 ぁづ ま 、 つ ど - ぁ づ 

ま あづま づ) 禁中 ノ文 is 校 書 殿) つ 

累代 ノ 書籍、 服 御 ノ物ヲ 納メォ カルル 

御藏 ナリ、 n レ ヲ掌 ルガ、 蔵人 一一 テ、 自 

ラ、 大 御前 一一 物ヲ持 チ撖ビ ナ ドシテ 、親 

シ ク仕フ レバ-本文 ノ職ト ナレル ナリ、 

藏人所 ハ-校 書 殿ノ內 一一 ァリ、 詰 所ノ名 

ナリ〕 (1) 至尊 二 近侍 スル 職掌 ノ人 



< らゥ 



ノ、 築 會スル 所。 嗟峨 天皇 ノ弘仁 元年 

一一 一月-一, 始メテ 置 カル、 (紀略 ) 初ハ、 機 

密ノ 文書 ヲ掌リ シガ、 後 二 ハ ■、 御衣 食、 

御 起居、 ノ事 二 供奉 シ 、終 -ー 、少納 言、 侍 

從ノ 職掌 モ、 此レ 一一 移リ- 傳宣- 進奏, 

除 目、 諸 節會/ 式、 其 他、 ii 上 一切 ノ事 

ヲ 奉行 シ、 其權 -甚ダ 重力 リキ。 職 負-一 

ハ 、別當 (左大臣 兼任: r 頭、 五位 藏 人, 六 

ヒ クラウド ノ 

位 一 ^人 、非 藏< 候 人、 雜色, 所 衆、 瀧 口、 

ナ ドア リ。 頭、 五位 蔵人、 六 位 *g 人ヲ、 

職 事 ト云フ 。(唐 名、 侍 中) 又、 音便 二 、く 

らん ビ。 くら うづ。 住吉 物語 「くら、 フビ」 字 

津保 物語、 吹 上、 上 4 くらん, y」 、殿上人、 馬 二乗 リテ」 

有職 袖中抄 「£i! 人 所、 M 人 ノ^ « スル所 也、 云云、 藏 

人ハ、 小姓 ノ如キ モノ 也、 天子 近習 ノ職 也」 K 註、 職 

抄、 下、 本 n ^入所 ハ 、 校 殿 二 ァリ、 藏人ト ハ 、御 

. 藏ヲ 《せ ル人ト 云 フコ卜 也、 云云、 此 殿ノ內 二、 納殿卜 

テ、 ァリ、 3 ヲ 納ル, i 滞 ノ^ナ リ、 サ レバ、 納殿ヲ 、ャ 

ガテ 御倉 卜 乇云フ 、云云、 後一 一、 ャゥ ャゥ、 照 御ノ器 

^ヲモ 、多 クココ 二 BlSl 力せ タマ ヒ 、御用 ノ度毎 二 ヽ f 

人 二 仰 セテ、 持チ ハコ パセタ マフ」.' (二) 女 蔵人 

ノ略、 其條ヲ S ョ。 (三) 院 人 所 ァリ、 

攝關 家-一 モ、 S 人 所 ァリ。 納殿ヲ 掌ル。 

く の-ご ゐ (名) I 蔵人 五位 一 還昇ノ 

條ヲ 見ョ。 

く try つ 3d- の-どう (名) Ha 蔵人 所ノ 

職, 別當ノ 次、 蔵人 ノ上ニ 居ル、 二人 ァ 

リ、 コ レ ヲ兩頭 ト云フ 。貫首。 前前 條ヲ 

ISR ョ。 IT 廿九、 行幸 &.©!H 高ク、 ヤン ゴト ナキ殿 

上人 、通人 頭 、五位 ノ藏 人、 近 衝ノ中 少將、 辩官 ナド」 

く tr5 ど-まち (名) 一^人 町 I 〔町 ノ條ヲ 見 

ョ〕 禁中 ノ、 藏人ノ 詰 所。 卽チ 、蔵人 所。 

著閒 ir 十九、 草木 「內衷 二 テ、 日給, 菜 テテ、!^ 仲朝以 

下、 藏人 町へ 罷 リケル 二」 タ拜備 急 至要 抄、 下 「窓 人 

町、 云云、 本 所藏人 所」 (古事 類苑) 



くら ゥ 



ク 。ゥ- 二 ン I 

くらう-にん (名) ー^!;!勞人ー 〔人事 ノ苦 勞- 

ヲ、 多ク 經驗シ タル 意〕 世事 一一 長ケタ 

ル人。 通人。 I 

くら-うま § 一, 馬 一 くらおき うま ノ條 

ヲ 見ョ。 

クラウン (名) 〔英語、 Cr ョ vn.〕 英國 

ノ銀 貨ノ 名. えりん ぐ ノ條ヲ ョ。 

グラウンド (名) 〔英語、? §1.〕 蓮 

動 sT 野球 ノ 競技場。 

くら-おかみ M B -41、 及、 おかみ ノ 

條ヲ a ョ。 

くらおき-うま (名) 一^置 馬 1 鞍置キ タル 

馬。 鞍 ヲッケ マ ル馬。 鞍馬。 ^馬 天武 

ST 上ョ 「鞍 馬」 平家物語、 七、 俱 利;^」 羅搭 1^ 「錢 E 

馬 十疋」 左 馬 式 「鞍馬 十 E」 

一く らおき-ど 杰ろ § I 鞍 置 所 I ^馬 ノ脊 

ノ 鞍 一一 當ル トコ 口。 鞍 下。 倭 名抄、 十一せ 

牛馬 體 「拱 鞍 肉、 久良 於岐度 古路」 (字典 「拱、 安 匿 也」 

安 排) 

A/ ら-ぉ ク. ケ-カ み..!.' i 動、 四) 一 鞍 置 一 

牛馬 ノ脊 一一 、鞍ヲ 载ス。 取 リ下グ ルヲ、 

くらおろ すト 云フ。 ssa 名抄、 十五-鞍 馬具 「鞍 

鞍、 以 k 鞍 P 馬 也、 久良於 欲」 卸 嘴 除" 鞍 也、 久 良於呂 

須じ ie?^ir 十 「妹 許ト、 馬 一一 鞍 きテ、 伊 駒 山、 打 

越 H 來 レバ、 紅 ff^ 敢 リヅヅ J 親政 花へ お カバ、 告ゲ 

ョト云 ヒシ、 山守 ノ、 來ル音 スナリ 、馬 二く らおけ」 

1 くら-お ほひ § S 馬 S ノ 古名。 天 

治,: 字 鏡" 十二 t> 「鞍 杷、 久良於 保 比」 (g 名抄、 同ジ) 

一 くら-おろ • す ス-セ -サ. シ-セ i 動、 四) 

前前 條ノ 條ヲ a ョ。 

くら-かいぐ (名) 一 鞍 皆 具 一 馬具 ノ、 皆 具 シ 

タルコ ト。 鞍 具足-、 鞍 具 、五 

吉野 落^ 「雪、 群 山 一 リ S ミテ、 谷/小川 モヒ > '力 



くら か ゼー 



くら か 



、らか 



くらさ 



くらし …: くらし 



ナり、 S ノ K モ通ハ ネパ、 かいぐ モヅ ケズ」 太平 

WTW 十九, 芳 SSKa 入 「放レ m ノ、 © 百 疋、 走 

リはタ 中二 .¥^^1^.£4足ヲ、*«シク1«テ胺へ バ」 

く t£w かけ -5 お ^ー 二) 卸シ タル 桉ヲ、 

ク ?^. ^脚ヲ ック。 字 治 拾 《、 五、 

St ノ は 二十 異、 はかけ 二 カケタ リ ケリ」 (二) 

上ヲ. 大 キク溪 シ ク * 木 ぼ. ?ーー 作 リナ シ、 

B^d; ヲッ ケテ、 E™^ 術ヲ習 フ具 トス ル乇 

ノヲ モ云 フ。 a 一 1)11 上ヲ 、蹈 ts- 一 

m キル 二 モ 云フ。 ァシ ツギ。 (京都; W 大 

ナル ヲ*£^?ト云フ。 

くらかけ まめ § ^^一 51 キ斑 . Kit 

一一 WTT か:: タル 狀ー 1ft ュ〕 あろ まめ ノ 

一 W 、:兄 二 キ斑ァ ル モノ。 烏 眼 焚 

くら-がさ (名) S 〔おに あがる ハ、 Si 

にあぐ る, ? 1 にか かる ト云 フト 同ジク 

(お ノ條ヲ a n ;^:; に乘る ト云フ な, -ー テ, 

此化 i - 一 * ヲ?! 3 ラセ テ, 鞍 上 ノ舉 動-二 K 

フナリ (-S 上 一一 錄立 シ テ 、=^,=5:t ス ル 二 ハ 

ァ ラズ) 太ゃ1^、七,古§^城ポ^^「敵- 旣 

一一 かさ-一 取リ あげ テ、 御方ノ I 越 ノ疲レ 

攸ヒヌ レバ 匕 お, に 立ち あがる ト云 

フ ハ ,ffi 上-一 テ、. * ヲ ® シテ、 勢ヲ ナス 

十リ。 K 曲、 <A「Ba8B ン S り、 S 笠に つ, 立ち あ 

がり、 1 R ノ W 使、 囊氏ノ 大将、 ss^s 使 五位 ノは、 

PSCIK 、ト名 m リタ マヒシ 抑せ S, アツ バレ 大將 ャト 

兑 ェシ」 

, に^ ェ、 一 —— 一 t ズ,ザ、 

くら かへ (名、 一 〔6?mw:: ノ 上略 ナ 

ラム (きりぎりす ヲ、 ぎす。 ど あろ てん 

ザ-てん ト略ス ルナ ドア リ) 遊女/生;;^ 

t^,Mのぬト云ヒ.其^gむヲ、膦にっく 

ト 云,〕 年 ムノ 遊女 ノ、 他 ノ妓樓 

二 -化 g: へ スル コト。 

i< ^がみ i 〔座 ノ條ヲ a ョ〕 



さ 一 



一席 ノ- 上座 ノ人。 座長 末座 ヲ、 座 後 

トー^^フ。 允恭 紀、 七 年 十二 Ic「《 き、 《 終、 則自對 11, 



ffi filllr 云云」 へ 皇后 ノ、 天皇 二封 シ タマ ヒ テナり) 

Si ゥ IJ^ 位;. S お、 ほ 計 ffrjw 計 KITSglJa 外ハ 居. 乎 1. 下 

i (ass ほ 司メ宴 ナリ) 

くらがり (名) 1^1 クラ, カル n ト。 暗キ 

處」 クラ ャミ。 好色 一代 女 (IKS 、西 鶴 三 「造 

ヒス ゴシ テ、 sss ノ s: ヲ、 K 一一 通ル 男」 

一 くら-が • るん. レ. ラ.? レ (自動、 S) 面 一 〔む 

"がる、 ひス がる、 ひろ, ぶる、 ナドト 同 

趣」 ©ク ナル。 霧フ。 3 ル。 晦冥 竹 取 

f?-tig「il^ キ 吹 キテ、 世界、 くらがり テ J 夫 木抄、 十 

八、 SST 天ノ 原、 10 キ くらがり テ、 降ル ヲ、 夜目 一 t ハ 

W キ、 He カトゾ 見ル」 

く-らく (名) 一 苦 一 クル シ ミト、 タノ シ 

ミ ト。 史記、 世 家 「與 11 百姓; 同 r 苦樂こ 榮花物 

liis*廿六、楚^Hf ^ノぉ婆世界ハ,苦s^トモナル所ト 

〈、知 ラセ 給ヒヅ ラム モノ ヲ」 「衆ト 苦 接ヲ共 ニス」 

くら-ぐそく (名) 一 鞍 al; 足 1 〔馬具 ノ ,具足 

シ タル *§〕 鞍 皆 具 ノ條ヲ a ョ。 

く,. rjz ら (s」 〔縛 f? ノ轉カ * からうす、 か 

るう す (碓 )〕 (一) 目 クル メキ、 眩スル 

狀- ー云フ 語。 眩 迷 狂 _gs 、文? em 「ハツ シ ハウ 

シト打 テキ タレ パ、 眼ガ くらくら 卜 シタ」 1) 

湯ノ、 タ ギル 狀 一一 云 フ語。 グ ラグ ラ。 滾 

滚 平家 女 as な 保、 近 松 作) 四「2 セパ くらくら、 

水へ お 卜ナ ごァ、 キ返 リ、 IWH 返リ」 K 丸 I. 元 

5S 、近 松 作) 1 「女心 ノぉ 據 山、 ぐらぐら、 ぐらぐら、 

IS キ^り、 玉 チル河 S 、浪ノ 昔」 

ぐ t? ら § (1) 事物 ノ、 動搖シ テ-定 

マラス 狀 -1 云フ 語。 「地 R デ、 ぐらぐら 動ク J 

(二) 前條ノ (一 n ヲ 13^3。 

くら-ぐら-.^ i) 一 暗 11 くれ ぐれと (暗 

S -1 同ジ。 

一 くら- げ (名) I お 母; ダ HI 〔語原、 考へ得 



ズ 、試 一一 云 ハ パ 、輪 笥ノ轉 一一 テ (弦, つ ら) 

形 二 就キ テ名ト ス ルカ、 イカ ガ、 © 訓菜 

- 一-海 鏡 トモ 云 フトァ リ. 天 治 字 鏡 一一 ハ、 

鏡 虫ノ合 字ヲ作 レリ、 器 一一 見 立 テテ ハ 

アル ナリ、 水母 二目な しト 云へ パ 、暗氣 

ナ ラムナド 云フ說 モア レド、 開闢 ノ時、 

然ル、 謎 詞ハァ ラジ〕 海產ノ 動物-泥海 

二 棲息 ス - 形- 荷葉 ヲ伏セ タル ガ如 ク、 

.r n u チ ン 

心 太/凝 レ ルガ 如シ、 色、 紅 紫-一 シテ、 

gr 骨, 眼, g ーク、 ノ 中央 二、 紐-一 似 

タル モノ、 四條 * 垂 レテ, 長 ク鬼ク 、コ レ 

一一 ロア リト 云フ、 潮 一一 從ヒテ 、海面 一一 游 

泳ス、 製 シテ乾 セバ- 白クナ リテ、 食フ 

べシ。 又、 一種、 水 くらげ ト云フ ァリ, 

色 "白 クシ テ、 光ル、 貪フべ カラ ズ。 古 1* 

7ft ゥ年ァ ブラ ク 

Rr.MI, 天地 初 發 ノ時 「國 雅ク、 Si 脂ノ如 クシ テ、 久 

^下 如^へ,^」 天 字 SS, 八" 晚、 久艮 介」 (小欲. fas 

字卜ァ レバ、 和 字 ナリ、 ノ台字 ナル ぺシ) 本 

和名, 下 f 「海 nres 似 isr 在-一海 中 一 故、 以名 k 之、 i 

名、 水母、 久良 介」 («a 名抄、 同?) 夫 木抄、 廿七、 雜 

「e: ガ S ハ、 海ノ ほ ヲゾ、 待チ ワタル、 くらげ ノ 二、 

ffii フ 夜ァリ ャト」 (アルマー ンキ ** 二 云フ) 

クラ-ザ ラ ェ e 

くら-ざら へ (名) 一蔵:^ 一 蔵拂 一一 同 ジ、 其 

條ヲ ョ。 「i?i ざら へ、 大 ss シ」 

くらし (名) SI (一) クラス コト。 時ヲ 

過ス n ト。 消 過 (二) スギ ハ ヒ。 ナリ 

I ハヒ。 クチ スギ。 クラシ ムキ。 生活 

翻 口 狂 as 、鬼 ffltss™ 菜ノ 15 速レテ 行テ、 ほフ 

樣ニ、 くらし ヲサセ ゥゾ」 

くら • し- キ. ケレ- ク-ク (形、 I) ー暗& S- し 

ト逋ズ 、すめらぎ、 すめろぎ〕 二) 【光 

リ 無シ。 闇 ナリ。 (明し ノ反) 伊勢 物語、 第 

九 段 「宇 ほ 山 二 到 リテ、 我ガ入 ラン トス ル道ハ 、イト 

くらう 細キ 二 、ほ、 力 へデハ 茂リ」 (一一) 智 一一 tni 



くらき 路 ト云フ ,へ 冥途 ノ訓讀 ナリ。 

、三十 九、 御 法 拂ノ御 1 ^ほ、 今ハ、 カノ くらき み 

ち ノト ブラ ヒ ニダ-一、 頼ミ 申スぺ キヲ」 又、. 

の 圏ヲモ 云フ。 拾 »sr 廿, 袞 1. くらき ヨリ、 

くらき みち 二 ゾ、 入リ ヌぺキ 、港 力 I 一 照 ラセ 、山/端 

ノ B:」 

くらし-かた (名) 5_ 生活 ノ方 s。 ^ 

一く tsHstj (名) 罰 一 -nf ノ上 一一 数 ク溽。 

クハ シキ。 クラ ブト ン。 鞍搏 倭 名 31、 十 

五一 SB 具 「SSKr 久良 之岐、 俗 云、 宇 波 之岐」 

く trv あき (名) s_ 次條ノ 語ノ 略。 



くら *、s きれう (S 一 ^il 〔くら あき 

ハ , 蔵 敷地 ノ略、 もも もき ノ條ヲ a ョ〕 

蔵 ヲ貸シ 、貨物 ヲ預 リテ、 取ル賃 料。 蔵 

預 ノ赏。 略 シテ. くら もき。 aaxs 

(暨 18 「從 1 ー嵯 iFi 丹 州へ 之 sesTIK 云、 船 致-一 上下; IS 

ヲ乇 立! a 、大 iS ナミ 一一、 83 式 ヲモ取 申 度 之 由、 云云」 

<角_>! 〈、德 川 初期の 海 WSIass) 

くらま § S 〔座 獣 ノ義. 毛皮 

ヲ、 褥 トス ル ヨリ 云フ〕 かも あ も、 かも 

あか、 - 一同 ジ。 

くら-あた § SB (一) クラ ォキド n 

rl。 牛馬 ナ ドノ 脊ノ、 鞍ノ 下-一 ァ * ル 

所。 (二) 同. t ノ 部分 ノ向ノ 稱。 食用 ト 

シテ、 a? モ 美味 ナリ トス。 

クラシック (名) 3_ 〔英語、 cliico 

( 一 ) 百 範 タルべ キ作 。特 -ー、 羅 甸- 

希 腿 文 «!-/ 作ヲ 云フ。 (一一) 後-一. 擬古 

二 傾 キ-客 觀ヲ主 トシ. 格式- 齊整ヲ 重 

ンズル 、文 藝上ノ 作物。 

M くらし-つ • け る §」iM& 〔食 はしつ け 

る" ナグ リク ケル J8 ル. ゲン n ヲく あは i 



す、 等ト、 同 趣〕 打 ^ス。 クチ タタ ク。 

くらし-むさ § Iw^l クラシ ノ 方面。 

生 二 就キヲ ノコ ト。 生計 

一 くら, り (名) s_ くらが み ノ條ヲ 見 

一く trl-M^tc- の-もの (名) I 麼 代物 一 机 代 

物 ノ條ヨ • ョ C 

クラス 羣 麵 〔英語、 Clio 級。 階 

級。 等級。 學級。 「同- ジ くら A- ノ S 友」 

くら • す. ス. セ. サ -シ. セ (自動、 四) 〔生活 

ノ日を 暮らす ト云 フべキ ヲ 上略 シ テ 、 

自動 トナ リシ 語〕 營 生ヲ- ナス。 生 Sit; ノ 

15£ ミヲ ナス。 t 生 狂 sp"、s 道心 「资 本ハ無 

シ、 商 モナ ラズ、 何共、 くらさ ゥ樣ガ 無ィ」 「お 一 二 

くらし テ 居ル」 

一 くら, すス. セ. サ. シ-セ (他動、 四) I 暮 I 〔暮る 

ノ 他動 > 晴る、 ti らす。 濡る、 ぬらす〕 

スゴ - : 

(一 ) 日ノ暮 ルル マデ、 時ヲ 過ス。 消 日 

奥莢§^、五、£「舂サレバ、-マヅ^^ク宿ノ、拖ノ花、 リ 

見ヅ ツヤ、, 春 曰久良 佐ム」 、三十 < 、タ 「大殿 

ノ 見閱キ タマ ハム 所 モア レバ、 くらし テ、 ミヅ カラ 

參リ タマへ り」 (二) 轉ジテ 、夜-月-年、 一二 }^ 

フ ^Js^ 古今 集、 十 一 、©、I「is?- ノ 中二、! JSlI ヒ見 

ムコ トヲ, 顔 ミツ ヅ、 くらせ ル IS! ハ -寐ム カタ モナ シ」 

「月 ヲ くらす 」 年ヲ くらす」 

j くら • す- ス-セ f シ-セ (他動、 四) 一 暗 一 〔暗る 

ノ 他動、 枯る、 からす。 垂る、 たらす〕 

暗ク ナス。 クラ マ ス。 S ラス。 ^松 中納 

3: 物語、 四 「立チ ル、 ノ 中二、 くらさ レテ、 月トナ 

リ ケム、 gH モ知ラ レズ」 源、 四十 六、 a™ 角? 「カタ ガタ 

二、 くらす 心ヲ、 思 ヒャレ 、人ャ リナ ラヌ、 二 K.K 

パ」 

くら ス- セ-サ -シ. セ (他動、 EI) iiai 〔拳固 ヲ 

くら はす ノ略、 わら はかす、 わら かす〕 



くらし …: く t2«- 



クラ ハ ス0ク 、ノ ス oiM ル 打チ、 タ タク 

f 7 マ 

r 薛ヲ くらし ヅ ケル」 

グラス (名) S 英語、 si.〕 がら 

あ - 一同 ジ。 

:j! ぐら • す- ス. セ-サ セ sirs) ー擾齓 1 〔ぐ 

れるノ 他動、 ばれる (暴露)、 ばらす〕 順 

亨ヲ 亂ス。 マ., セ 力へ ス、 (卑語) 「三番 ヲ、 

sa 二ぐ らし 亍ャ ル」 

くら, ずれ (名) S 〔靴す れナド モア 

■ リ〕 牛馬 ノ脊ノ 、鞍 二 擦 レテ、 傷 ツキ タ 

ル モ ノ。 鞍 傷 

く ftv, だし (名) ml くらいれ ノ條ヲ 見 

j くら-たに (名) g ノ條ヲ 見 ョ。 

クラ. ズカサ I 

j くら- づ かさ §) 一蔵 職 I ク チノ クラ。 く 

られ、 つ (內蔵 寮 )- 一同 ジ。 履 中お、 六 年 正 H; 

「始 s-=_s S こ ®、 一 、sgE 「御 s« ノ事、 一 ノ宮ノ 

? ナメ: r ノ 

奉 リシ 二 劣 ラズ、 くら づ かさ、 納 IS ノ 物ヲ恭 シテ、 

イミ ジ ウセ サセタ マフ」 

ぐら-つ • く. ク. ケ. 力- キ.ケ (自動、 四) 一 斷搖ー 

〔ぐらぐら ノ、 ぐら ヲ活兩 ス (ぐづ ぐづ、 

ぐづ つく) つく ハ、 老 いづ く , 秋づ くナ 

ドノつ く ナリ〕 グラ グラス ル C ユレ ル。 

g レム トス。 「地 8« デ、 家ガ ぐらつく」 身代- ガぐ 

ら つく J 

クラ ズ クリ 

一 くら- づくり (名) 一 鞍作 一 鞍 ヲ作ル ヲ職ト 

スル 者。 但シ、 上代 ノ 小馬/鞍 一一 ハァ 

ラズ、 韓國 ヨリ、 大馬ノ 渡 リシ 後、 其 製 

ノ 鞍ナリ •。 又、 鞍作 部 ト云ヒ 、後-一 、"、氏 

トナ レリ。 雄 略 a 、七 年 八月 「鞍 部 堅 s」 敏 

十三 年 九月 「鞍 部 村 主 司 達 等」 推 古紀、 

十. 三年 四 1 鞍作 !£^」 (何 レモ、 韓人 十リ) §Ef 令、 

内 IS 菜、 大港省 「典 腹 二人、 Mi 一; 作 锐履枝 具 S 萨 



くらり 



校 百濟手 部し 

クラ- ズク 

くら- づ くり (名) 一蔵 作 一 土 藏ノ製 一一 テ- 

建築 シ タル 家。 土蔵 ヅ タリ。 ! S 城通吞 S 

5 享 保.. 近 松 作) 三 「ヒ ラギノ 長-力- ±83 作. 一 

クラッチ (名) 〔英語- crir〕 ぼ艇ノ 

具、 船端 二 立 テテ、 權 ヲ支フ ル モ ノ, 上 

端、 叉形ヲ 爲ス。 , 

くら-っぽ (名) S くらぼね ノ條ヲ a 

ク ラ -ズ メ 

く づめ (名) 一, 爪 I くらぼね ノ條ヲ 見 

くら-に (名) 一, 橋" 一 くらぼね ノ 古言。 *S 

明 ほ、 十五 年 五月、 百 K、f 1 「筑 6B 造、 si 新 SB 

卒ー 通 一; 所, 乘 後 ffi; 餘 Has 而名 曰-鞍 SIS 一」 一節 

文、 左訓、 クラ ホネ) Briasr 此云 一; 矩 s~lalj(lg、 貝 

_a 二 作 レルハ 、誤 ナリ、 ig ノ字ハ 、貳 一一 通 ハセ テ用ヰ 

タルカ、 lfJfJa「M 、欲 利 切、 S 、而至 切」) 

くら. の-かみ (名) 一 內藏頭 一 〔內藏 寮ノ條 

ヲ 見ョ〕 一 夕 チノ クラ ノ カミ。 くられ、 フ 

(內藏 寮) ノ 長官。 

く 6. の-す!!^ (名) I 內藏助 一 くられ、 つ (內 

蔵 寮) ノ次 官。 

くら-の-つかさ (き 一 內蔵寮 I くらが う 

(内蔵 祭) ノ條ヲ 昆 ョ。 

クー フワ * ス 

くらば。 す スル. スレ. セ. セ. セョ (他動、 下 二) 

S ふノ 未然形-一、 使役 ノす ノ附キ 

タル モノ、 成語 ト 見ル〕 (一) 飮 食セシ 

ム 。、ク 尸 ス。 (二) 利-益 ヲ以テ 、誘 フ。 唱 

『陷 す, 2 一、 利ヲ以 テス」 (一二) 受 ケシム C ク 

ハ ス C 歐 る意ト ナル。 食ふノ (五)、 及、 

くばす ノ (三) ヲ 見ョ。 淀 出世 永、 

近 松 作) 上 「くら はする ガ、 放サヌ 力」 「拳固 ヲ くら は 

す」 天窓 ヲ くら はす」 , 



く A は 



くら-ばん (名) ー藏番 II 藏ノ 番人。 クラ モ 

リ。 

クラ ヮ: ノ- 力-ブネ 

くら は- ん- か-おね (名) 淀川 ノ 三十 石 船 

ノ 夜船 一一 寄リ 來テ、 飲食物 ヲ 寶ル, 小舟 

ノ稱。 Js^ 詞ノ ¥i 禮ナル ヲ習惯 トス。 寧 水 

紀行 C 烏 丸 光 ®) 「伏 見 ヨリ 1^ 舟 ニ乘ル 、云云、? 中 過 

グルホ ドー 一、 食 はんか 食 はんか ト呼ブ 舟ァリ 「くら 

はぬ か、 くら はんか 二 ハ、 あかね ドモ、 喰フ蚊 ニ明ク 

ル、 淀 ノア ケボ ノ」 丹前 能 (元 錄) 二 「募 方急グ sss 

ノ 5ffi 、云云、 枚 方 ノ岸根 二、 舟ヲ ツナ ゲバ、 奈良 荼資ノ 

爺 ©、 一 二 ヲ爭ヒ 、ココ カシコ ヨリ 來リ、 我 レサ キニ 

ト つきつけ 资ル」 芙碧ズ$^(賓超){^舟文「牛房くら 

へ、 酒く へ、 卜 呼 ブス ラ、 所柄 ノ HI 流」 (嬉遊 笑覧, 七) 

クラ-バラ ィ 

くら-ばら ひ (名) 〔藏ノ £ ノ 物ヲ、 

一 切 掃除 スル 義>藏 淺 ト云フ モ、 同意 ナ 

リ〕 商家-一 テ、 アル 限 リノ S 貝 物 ヲ出シ 

テ、 大安 資スル コト。 又 、蔵 後。 

クライ- n -ム 

くら ひ- ォ* も- ム-ザ 了 ミ-メ (自動、 S 一^ 込 一 

〔召 捕ヲ くら ひ あむ ノ略、 受 クル 意-陰 

雨ヲ くら ひもむ ナド、 同ジ、 くら ふ (食) 

ノ (二) ヲ a ョ〕 捕へ ラル 。捕縛 セ ラル。 

(盗賊 ノ語) 

一 くら-び ど (名) 一蔵, 蔵人 I S 首ノ略 

(稻 置、 いなぎ。 ふ、 も • ふ。 お ぼお ぼ 

し. お ぼぼし: Hf 人 部ノ職 ナリ. - シガ. 可 婆 

禰トナ リシ モノ ノ如 シ〕 可 禰ノ 名。 

古 >Ki 、下 (用 明) ギ si 之 倉 首 比呂」 tBsa 、一 

15 「舂 日! S 首 老 1 同、 十九! J+ne 安 S 人 a*a」 

一 くらび ど-ベ (き 一 iil 〔藏 人部ノ 義〕 

藏 i ノ下敏 ノ官, 官物ノ 出納 ヲ掌 ル。 

又. 大 省 二 モ置 カル c_s 中 a- 六 年 正 ajr 始 

!? 一 S 一 B 定 一一 IB sa こ 古語 拾 遣 i 至 一一 後 as 余稚 

ffi 朝; (KS 中) 云云、 US 一 内 ig; 分 I 一 收官物 ;仍. 17阿_ 知 

使 主 f 百 1«博± 王 仁 sfc 出 定 i 11」 



くら ひ 



くら ひ 



ffiu 八" , ー 人」 大班 《 「ほ S 六十 人」 

クラ, 1 ^ 

J くら ひ-めけ "。 -< 乂拔ー 〔K 群え や T 

..ム マな 力〕 ffi ハヅレ 二, 多 ク^ 食スル 

. 人。 リ呼ブ 語。 sfflH 

) くら ひ-もの (名) 3_ く;? - もの S: 物) 

ノ ( 1 ) 二 同 ジ。 ;SKE;v.iK. な 1? 之」 

W 化お、 元年 五 HJ「<» W, 天下 之 * 也、 黃金 i« 貫、 K- 

くら-び tsD (名) 新 ijj. 二- 始メ テ、 

蔵ヲ 1^ クコト 、正月/初, 一 、此^ 一一 士 ロナ 

ル - 一 云フ。 大 ws;i=s« (正 iir 近 松 作) ぉ砍 「彼 

ノ 《 衣ぬ 引力へ テ 、牽 カルル 駒ノ くら. ひら s」(© 

ヲ、 aai 一 カク) 

クラ • ゥ — »» 

くら .ん. フ-へ 人- ヒ-へ (他動、 S la; 一 〔- 辟-ふ 

ト 5g ズ ルカ (中- なから。 1. ^8疎リ 

や 4* 通ズ )ai ふ (く ふ、 くら ふ 、 S 趣/ 活 

用) モ、 喷ス? ヨリ 移 ルナ リ〕 食 ふ 

一一 S ジ。 なム。 砍むヲ モ云フ 。(今 ハ. キ 

タ ナ キ物 a-:! ヒ トス) I* 代紀 、上, 八十 

木 s」 is.®^s^、B、久.2^不.又、K车J 土 佐 

十二 C 廿七 n 「! S 取、 云云、 「し レシ、 ^ヲ くら ひヅレ 

パ、 ク ナム トテ」 (二) 受ク。 被ル o( せ-ふ 

ノ (、五 J ヲ!! ^ョ) 明ノ 六- WS 印 sie- ,令 

一: 多少 ffi 梓 一」 sas な、 くら ふ 此喫ハ 、か-つぶる 

ト IS セリ」 ) 22r 五、 S4;l:gl**..? 不-改 、乂 

E-KS<,-t」 「tt! 雨ヲ くら ふ」 叱資ヲ くら ふ」 J&ran- く 

らふ ^sifflpl' くら ふ」 スン くら ふ J 

クラブ (き 〔英 gi-cl.〕 ES 

いわ ノ机 八"。 

クラブ (<s 〔ssi,t- ーミ cr.〕 -Jc 洋 牌 

ノ 化-一- 黑キ葉 一一: 枚ノ形 ヲァラ ハシタ 

ル 乇 ノ? 

一く プル. プレ •.<■• ぺ. べョ <gs- 下 二) 一 Ml 

〔*^ 多 並ぶ る ノ約 ip 力 (かかる が ゆ ゑ、 



くら 》IJ 

かろが ゆ ゑ。 11 ゆ、 く ゆ。 此 者, く は。 

ら- な- ノ 約- ら) 多 si ベ テ rSM は」 或 

ハ、 座 並ぶ るノ 約- 位匿ヲ 並べ テ Eg ル 

@ (一) 二三 種 並べ テ、 差違 ヲ a ル。 

* クラブ。 比 絞ス。 枕 W 子- ャ 六十 四 段 「s 

ノ are ヲ くらぶる- rs シゥコ リハ」 (二) カヲ比 

べテ、 勝 si. 優劣 ヲ; S ミル。 キ ホフ。 キ 

リフ。 ハリア フ ig 爭ス 1 1K 治 tt. 袋、 

十 A「S™、.B 加 良久 良 夫」 「馬 マ S ぶ」 

グラブ (名) 〔*^.語、 20ve. みノ, -ハ、 英 

ST Matgo 1^ 製ノ手 g 、各 指ヲ、 別 

- 一容 ルル g ノ アル モノ、 野球 ナド 二 用 

ヰル。 グ B ォブ。 各 指ノ、 別別 ノ g ナキ 

モノ ヲ、 み-. W ト 云フ。 

クラブ ギ ヨウ 

くら-ふぎ ャぅ (名) 一? g 奉行 一 武家時代-米 

穀、. 货物ノ 倉 g ノ奉 行。 大 m 陽鋈 お、 

四、^ 永 二 iy. 四月 二 曰 「伏 見お 恭、 云云、 代 兄 城 ヨリ 

二 K 一一 ゥ? -り、 云云、 藏泰行 二人 モウ ツル」 

くら-ブト ン (名) 一 鞍 蒲國ー 鞍ノ上 一一 用 

キ^ 街 e S 

くら- ね き S 〔船 ヲ、 ノ用ト 

ス〕 ー處ニ キ S キテ、 只、 物 ヲ納メ 置 

ク -ー 用ヰル 船。 

くらべ (名) 通 (一) クラ ブル n ト。 差 

逾ヲ a ルコト 。比 较。 夫 木抄、 三十 六 「蹈 

ノ 、命くら ベ ノ 、 勝チ资ケ ヲ 、 ;;^ コ ゾ知ラ / 、^^代ヲ 

へテ」 「くら ペニナ ラズ J (11) 比べ テ、 優劣 

ヲゃフ n ト。 セ リア ヒ。 「力 くらべ」 

くらべお」 

くらべ is 一 画 〔此 g 『くらべ, くら 、すつ 

ト、 次第 一一 約 リ-テ 、再 ビ、 寸ソー 、くら ヲ添 

へ テ、 めくら ト 云ヒ、 1^ 略 シテ、 寸: くト云 

ヒ、 又、 或ハ、 す > 重 ネテ、 あ "す: ト云 フ、 

接 語 ノ寸: くら > ぁ V つす: ノ各 條ヲ併 



くらへ 

セ 見ョ〕 勝 貧 事 二、 互 二 ヲ競 ブル コ 

ト。 叉、 唯、 競 ヒ合フ コ ト。 くら。 n ク 

ラ rlnit くらべ」 (SS 馬) 狩り くらべ、 カリ くら ケ 

くらべ、 カケッ くら、 カケヴ あ」 (カケ V; くら) 敏メ く 

ら、 二 ラメ リオ ご t 二 ラミ 力 くら) 

; くらべ-うま (名) 一 ill けいば (競 一一 

同ジ e 枕 草 孑、 八、, 關 つぶる ろ もの 「くらべ 馬 見ル」 

i くらべ-ぐる • し. シキ. シケ レ- シク. シク (形、 二) 

一 劃 I 〔比べ 定ム ルー 一 誰き ナ ル べシ〕 

如何 二 セパ可 カラム, 思案 ヲッ ケ. ガタ 

シ C }g 、二、 木^ 何 レト、 f^i 二 思ヒ定 メズ ナリ ヌ 

ルコゾ 、世 ノ中ャ 、タダ 斯クゾ 、取り 取 リニ、 くらべ 

ぐるし カルべ キ」 同、11十、幻|.「如何ニシテ^^ムぺ 

キ心ゾ 卜、 イト くらべぐ るし」 

くら, ベ や (名) I 倉 部屋 一 〔塗 籠チ ルべキ 

力 、禁中 ノ^ 殿, 御蔵 ト云 フ〕 禁中 ノ 

局ノ 名〕 ,ses;-fTS、E? はてぬ S5S^ リタ マヒ 

テ、 くら ぺゃノ 女御 トゾ聞 H ケル」 同、 六、 ffi く 藤ぶ 

「弘 SSSr 求,!; CS£ 、くらべ や ナド、 マ ヰ リコ マセ タマ 

ヒ タリ」 稱! iVa 、長 保 二 年 八月 廿日 「退出 之^、 女^ 母 

氏、 在 1 一 喑戶提 曹司 s.f お:, 予」 SliS 岐 典侍 H 記 

「くらべ ゃノ方 ヲ見ャ レバ、 御 IT 救へ サセ タマ フト 

テ、 ミシ 經ヲ、 ョ クシ タタ メテ、 云云」 

:j; くら • ベる § W くらぶ (比, K 口語。 

くらべ-わ *ぉ- ブ亇 プレ. ビ .ビ. ビョ (自動、 上 二) 

一^一 比べ 苦シク フ。 源順壤 「我レ ナガ 

ラ、 くらべ わび ヌル、 心 カナ、 今サへ SS ャ、 ヒシカ 

ル べキ J 

; くら-ぼね (名) 1391 〔鞍骨 ゾ義. t 

ト ハ. • i:S 木ノ, 前後 ノ輪ニ ヌク ルガ 、橋 

ソ如 クナレ パー K フカ、 字典 「器 之 有: 橫 

梁, 者、 曰 fek ト ハ、 居 木ノ背 ナリ、 左 

傅,!:. 公せ 六 年 「射 レ之中 一一 槠瓦こ 註 「瓦, 

牛 li.-/ 鞍ヲ 構成 セル 骨 組。 其 前 

後一 一、 M クー: :1 ク作 リツ ケテ、 兩脚, 左右 



くらま :… くらま ; -g 

二 開キテ 、末、 尖 レル モノ ァ リ, 其 項 ヲ , 

山^ ト 云ヒ, 宋 ヲ.. 鞍お ト云フ C 前ナル 

ヲ 、前く らばね, 又, 前輪 ト云 ヒ 、後ナ ル 

ヲ、 後 くらぼね- 後^、 |> 今 ハ 、後輪 

ト 云フ。 前 纏ノ閬 二、 低 クナリ テ-入 

ノ^ ガリ. テ、 尻ノ ハ, マ リ居ル 所ヲ、 鞍壺 

ト云 ヒ、 其床ヲ 、居 木、 轉ジ テ、由木上1^ 

フ C 雄 £。紀、 九 年 五月 「ss 瓦 後,^^」欽明-:„|、 

十五 年 五月 「!^ 前後 sg」 (通 釋 「《s^ 古 點本ニ 「マへ ヅ 

クラ ポネ、 シヅ クラ ボネ」 卜訓ゼ リ」) 添 君- 此云二 

矩羅膩 一」 (其 條ヲ見 m) 天 字 鏡-十二" 鞍 瓦、 久良 

保, #」 S!S 名抄、 十五 ー齩馬 AaMl^ 二 云、 瓦、 久良 

保 f€」 ^害、傅永簿「永有1ー1^幹ー3^^勇,過^人、能手《£1ー 

^81 一, 立 馳騁」 保 元お. 一;、 白 河 殿攻落 l*「ss 

二 ^3! リ、 前 31™ ハ 破 レテ、 G^sw 二、 整ノ 如クナ ル錢、 

gs レリ」 平家^; frETeg 合戰 「くらつ ほ 二、 ョク 

乘定 マツ テ、 蹬 ヲ强ク 蹈メ」 盛衰 記、 三十 七、 重衡卿 

sisj 「家長、 ヅト リ、 我 ガ馬ニ ¥S 乘セ 泰リ、 差錢ニ 

テ、^ノちっゎニslメヅケテ、我ガ身ハ菜替ニ^3^テ 

ゾぉ リニ ケル」 平家; IPAg 、七、 俱利 伽羅 接 、馬 、川 

二 入,^ 「鞍 爪 S ルホ ドニ テ、 云云、 向ヒノ 岸ニゾ 

キ タリ ケル」 東雅、 八, 器用、 九、 鞍 「鞍 瓦 トハ、 俗 二、 

いぎ トモ、 ゆぎ 卜 モ云フ モノ 二 テ、 SI テ ハコ レヲ、 く 

ら ほね 卜云フ ナリ」 雜字顏 JS (文政、 栗 山 弟,^ 野貞 

類 「駭 瓦」 

グラマ (名) I 編 I 〔英語, Grani ョ ar.〕 

^^c 語法。 まハ。 

くらまい (名) 一 ま 一 藏ニ貯 へテ アル 米。 

多 クハ、 收納ノ 米-一 云フ。 廩米 勘 

契 備忘 記-中 「五ケ 國ー: 出^、 睦奥 "信通 、越後、 越 前) 

二 而. S 來候 知行、 御お^ 卜 ハ 引! £2 被, 下 候 而モ、 其 親 

領知、 定免ヲ 以テ、 年年、 御 年 S 上納 仕 候 害 二 候」 

く ts^ い- ヒ 5- (き 一 1^ 一 武家時代. 

俸祿 ヲ、 米 二 テ給 セラ ルル 者ぶ 知行 取 

一一 gj; ス) 天保壤成^^^錢*八十七、文政ニ卯年九 

月 一 近年 打 接 米 頃 下 直 二 付, 御 超 ^4 取 之 面面、 別而、 

r?.^; 雜接 1 被 i 召-候」 



くらま * す. ス. セ. サ. シ.セ (他動、 四) 〔一 I 

むノ 未然形 ヲ 活用 ス、 澄; r すます。 1: 

む、 ゑます〕 暗 ムャゥ 二 ス。 暗 クス。 

(明す ノ反) 目 をく らます ト云フ ハ、 見 

紛フャ ウー 一 ス ルナ リ o( 分明 ナラ ヌ ハ、 

暗む 十リ) 迷 はす、 たぶらかす ノ 意トナ 

ル。 瞞着 跡 をく らます ハ、 逃。 ケ隱レ 

テ、 aH ヌ, ャク- 一 ス ルナ リ。 晦迹 韜晦 

f ei^, 晦, 跡」 

クラ -マ ヮリ 

くら-ま はり (名) I 藏氣 〔蔵、 ノ、 質屋 ノ 義- 

士 蔵 ノ條ヲ a ョ〕 質 流レノ 古着-古道 

a ナド, 買 ヒ マ ハリテ 、牙儈 ヲ業ト ス ル 

者。 古手 買。 七十 一 恭 職人 欧合 (文 安) 四十 

一 S 、くらま はり 「お) 衣、 紬ヲ 力へ バヤ、 くらま はり、 

絕ェズ 淚ノ、 流 レモ ノト テ」 

くら-まへ (名) S 土蔵-米蔵、 ナ ドノ 

前。 「江戶 、淺 草ノ藏 前」 

ク ラ マ モ ゥ .テ 

くらま. ま、 cv^ S 一 劇 馬 si 一 山 域國、 鞍 

馬山ノ Bi? 沙門 天 二 、. !詣 スル コト。 著閒 

*ir 十二、 偷 「くらま うで ノ者ノ 、タ暮 二、 市 1^ 野 

ヲ過 ケルニ 、云云 「タぉ 二 、市1^野ニ テ、«:^フ^§ハ 、く 

らま ぎれ 卜ャ、 云フべ カルラン」 

くら- £-ム- ザ 了? メ (自動、 S 一 暗 1 〔暗し 

ノ 語根 ヲ 活用 ス、 靑む "黑 む〕 暗クナ 

ル。 暗ル。 クラ ガル。 胲 狂 1- 一 i 、蛸 「姐ノ 

上 ニ引ス へ ラレ テ、 後 ヨリ 鹿 丁 ヲ押ァ テラル レバ、 

眼 モ くらみ、 息 詰 ッテ」 r 燈火 、くらむ」 

く g*.^. ムル • ムレ. チメ i ョ (他動、 下 二) 

〔前條 ノ語ノ 他動、 た わむ、 た わむ る 。い 

たむ > いたむ る〕 暗 クス。 クラ マス。 

s«M?r 十六、 利口 「^等 ヲ召ス 二 、 跡ヲ くらめ 

テ失 セヌ」 

グラ 》* M 一 亙) 〔英 g つ era 一 11.〕 重量 

ノ^ 位-木 邦ノ 二分 六 厘 七 毛 弱 一一 當ル。 

WW :… く tc& . 



グラム-力 tl リイ (名) 〔英語, Gram- 

calor ;。 .〕 熱量 ノ犟 位-一 瓦ノ水 ヲ攝氏 

零度 ヨリ 一 度 マ デ昇ル 一一 耍ス ル 熱量。 

一 くら A ど (名) 一 藏人ー くら、 つど ノ音 K 、其 

條ヲ a ョ。 

くら-もど (名) S (一) 米穀 、貨物- ノ 

倉庫 ヲ 管理 スル 者。 (一一) 蔵本 用達 ノ略。 

商人 ノ 、武家 ノ 蔵本 -ー 出 人 シ テ、 金錢ヲ 

融通 スル 者。 *ss^<_e_as、 一 rss 時 大坂ニ テ、 

諸 侯 方; ヲ引 „s 、取扱. SS ヲ、 Ig 元 ト稱シ 、云云」 

くらち ど-よろ, fli し (き ー藏本 用達 一 前條 

ノ (一 n ヲ la ョ.。 

く a, もの (名) 1_ 隨 賣女ノ 異名。 地 

獄 ノ條ヲ 見 ョ。 好色 一代 女 (ほ 享、 西 S) 六 「衣 

頹ト、 頭ハ、 各 別 二 _»ヒ 、云云、 是、. 1 カナ ル wes ヤヲ 

ン ト、? 細 _MEf ネシニ 、何 レモ、 世 ra ヲ ブ 、暗 物 女 

トイへ リ、 云云、 喑 者 ト云フ ハ 、 g ノ中宿 二 呼バ レ 

テ、 カリ リメ ノ! S ヲ、? 匁」 

一 くら-あ S (き S 蔵 ヲ守ル 者。 蔵番。 

内 ほ S 式 「凡 御藏 守、 井、 門 守、 火 、等、 BSJ 

くら-やく (名) H_ 米蔵 ヲ守ル 役人。 

くら-やく i ー菌ー 〔土蔵 ノ條ヲ 見ョ〕 

室町 時代, 質屋 一一 カケタ ル 課役 錢, 郎 チ- 

ffio 應仁 K 、一 r 公家 モ、 武 モ 、皆、! KS ヲ質ニ S 

キ、 云云、 SS 宛 院殿 ノ御 ft 二、 倉 役-四季 二 力 カリ」 

<$f (名) 一蔵 屋敷 一 德川 時代- 武 

家ノ 米穀, 諸物ノ 倉庫 アル. 屋救。 (大名 

ノ米、 其外ノ 租税 ハ、 多 クハ、 現物 二 テ 

納ム、 其餘レ ルヲ、 西 國 大名 ハ 、 大阪 一一 

幢这シ - (東北 ナ ル ハ 、江戸) 其 地 一一 蔵屋 

数 ヲ設ケ 、役人 ヲ置 キテ, 賣拂 ヒテ、 藩 

ノ諸 «„: 二 充テ タリ. > 心中 刃 水朔曰 (正 g 、近 

松 作-上 IB ノ迎へ ガ、 ヅヒ、 M 屋敷 デ、 金ヲ 調へ」 

くら-やど (き S ふだ さし (礼 差) ノ 



くら や 



條ヲ la ョ。 

くら-やみ (名) 一 暗 劉 I 暗キ 闇。 暗キ トコ 

HO ftl -拾遼 S 、七、 物 名-さくら 「花ノ 色 ヲ-ァ 

ラハ -I メ デバ、 ァダメ キヌ、 ィザ くらやみ 二、 ナリテ 

カザ サム」 後鳥羽院 御 a 「都 ヲバ、 くらやみ ニコ プ、 

出 デシ カド、 _H ハ あかし ノ、 浦 II 來 II ケリし 

一 くら- ら (き I 議ー 次次 條ヲ S ョ。 

くら- ら か-: * S) 一 11 〔ら かハ、 其 狀ヲ云 

フ、 薄ら か、 廣ら か、 高らか〕 暗 キ狀- 一 

云 フ語。 クスグ ラク。 „33岐 典 *: 日 E 、下 「御 

マへ ォ u.r チブラ ン 

前ノ大 殿 油、 くらら か H. 爲ナ シテ」 

一 くらら.. の-き (名) 一 劃一 〔胺 草ノ義 一一 

テ (草 ノ條ヲ 見 ョ) 根 汁. 苦烈 一一 シテ、 目 

一一 入 レバ、 目眩 メ ク 力、 一 名、 まひり 

ぐ さ モ、 目 ノ疼ラ グ意ナ ル ベ シ (ei 訓 菜、 

後編)〕 略 シテ、 くらら。 又、 まひり ぐ 

さ。 宿根草、 山野-一 多シ、 春、 生ズ、 直立、 

三 四 尺、 葉 , ,槐 二 似タ リ 、夏- 莖 ノ梢 一一 、 

淡 黄/花 ヲ開ク 、あ づき ノ花ノ 如シ、 後 

一一 、莢 ヲ結ブ 、一 一寸 許、 根- 甚 ダ苦シ 、藥 

ほ トス。 天 治 字 鏡. 七, 5 「黃 W 「、三月 七日 採. 根、 蔭 

干 百日、 成 1 一 伎 佐 乃 木 ^ 形 似 1 一久 良 良 乃 木 こ 同卷 y+ 

「苦 參、 三月 採, 根暖 干、 久良 良」 本草 和名、 上 I 「苦 

參、 ー名、地槐、陶=?^注云、蕖似1._槐齒ー久良良、 I 名、 

未 比利久 佐」 (@ 名抄、 同ジ) 

-ク ラ -リ ヨウ 

く- ら-れ う (名) li^ 藏寮ー 古へ、 中 務省ノ 被 

管 二 テ、 佳節 ノ御膳 ヨリ、 供進 ノ御 服、 

祭祀 ノ 奉幣、 等ノ事 ヲ掌ル 所。 n コ 二, 

頭-助-允- 屬、 主 鑰-史 生- ナ ドノ 職員 ヲ 

置ク。 クラ ヅ カサ。 令、 中務省 「內藏 察、 

頭 一 人、 **1; 金銀、 S 玉、 1K 器 、錦 緩、 雜«、8港 、諸 S 

貢 ssas 之お、 年 料、 供進 御 服、 及、 別 勅 用 物 W こ 

一 くら- ゐ i 一座 居 一 (一) 座 一一 居ル コト。 

座 一一 就 クコト 。座。 席。 天皇 ノ高 御座 



くら ゐ 



£ クラ キ 

ト申ス モ、 至高 ノ 御座居 ヲ申シ 奉 ルナ 

«N。 古事記、 下 (雄 略) ーーー ャ 「坐」; 其 fjrs 云云」 (あ 

ぐら ノ條ヲ 見ョ) 大^歌 一 ir 阿具 良韋」 持統^1-、四年 

ヒ g 「甲 S.E_W 曰、 凡 Jg: 堂 座 上 見 一; 親王 一 者 如, 常、 大 

臣 與:' 王、 起 1 一な 堂 前 三, 王 以上 、下, 座 而^、 己 丑 詔 

曰、 朝 堂 座 上 見 11 大臣; 動 i 坐 而 Jg」 3? 紀、 廿ー 、天平 

glH- 二 年 八月、 讀位ノ 詔 「年長 ク、 曰 多ク、 此座 二 坐 

セバ」 同、 三十 二、 な <^ 三年 五月、 詔 「高 御座、 天 之 日 

座」 (二) 官ノ座 Hla 一一 ヮ 就キテ 執務 スル 

ヨリ 轉ジテ 、直チ 一一 、官、 職務,/ トナ 

レリ。 古 下 8 中) 於 一; 其 人 一, 一大 臣 

位; 百官 令. 拜」 後-一、 官ノ: ^一一、 位階 ヲ 

設ケ ラレ テモ、 ナホ、 官 1 一、 くら ゐ ノン 稱ヲ 

存ス。 天智 せ/八 年 十 BJ 、藤 原纖足 二 「授 s 大 織 冠 

與 一一 大臣 位 こ 三十 一 、SE 趣 二 年 二 H: 「太 政 大臣 

ノ 二 上ゲ タマ ヒ」 三代 ST 三十 三、 元 m 二 年 三 

月 「唇 一 1 大將位 こ 源、 十二、 須磨 W 大臣 致仕 ノ詞 「公一 一 

モ仕ゥ マツ ヲズ、 位ヲ モ還シ 泰リテ 侍^ 二」 

ク ラ ,ィ 

くら- ゐ (名) 一位 一 〔前 條ノ座 居 ノ語ヲ 、等 

級 アル モノ ノ意 二 用 ヰ タル-一 テ (位階 

ハ 、支那 ノ制ヲ 取 リテ、 立 テラ レタ ル, ナ 

リ) 卽チ、 正 四 位 上 ハ大四 座 居 上 階級 

一一 テ、 從八 位下 ハ廣八 座 居 下 階級 ナリ 

(俊 名抄, 五 _ じ〕 (一 )1;又> かが ふり。 か 

うぶり。 親王, 諸 王、 諸臣, - 一賜 ハ リテ、 

朝廷 ノ座 次ソ 高下 ヲ示ス 稱號。 版位ノ 

板、 又ハ、 位 抱-一 テ、 摞 トス-又、 位階 ト 

モ云フ 。推 古 天皇 十一 年 一一 、始 メテ a 位 

ヲ制セ ラ ル 、德- 仁、 鱧-信- 義. 智- - 各- 

大. 小、 ァリテ 、十一 一階 ナリ、 各階 ノ 者-一 

冠 ヲ賜ヒ 、其 縫 ヒ作レ ル紘ノ 色-一 テ、 

高卑 ノ差ト シ タマへ リ。 孝德 天皇 大化 

ご 三年、 改メテ 、織, 繍, 紫, 錦 11円> 里 r トセ 

ラレ-各. 大. 小ァリ 、末 二 、建武 (初 位) ヲ 

加へ テ、 七色、 十三 階 ナリ。 同 五 年-一, 

織- 繡、 紫 、以上. 大, 小 二 別レテ 六 階、 華、 

くら ゐ A-W 



くら ゐ 



山-乙. 以上. 大. 小. 上-下 -ー - 別レテ 十二 

陪. 末 -ー - 立. ir ヲ加 へ テ , 十 九階ト ナ ル 。 

改制 アジ テ. 天武 天皇 十四 年 

加 セラ レテ .*i 王 以上 一一, 明 位 二 階, 淨位 

四 階. 各- 大ト ぉト デリ テ- 十二 階トナ 

リ, *i お-一 , 正, 直, 勒, 務, 追, 進ノ六 階- 

i-_ E 階, 又パ ふ. 大. 班- ァリ. 合 ハセ 

テ 四十 A 階ナ リ。 文武 天. M ノ 御代-一- 改 

メラ レテ 、親王 ノ階 ヲ-品 トシ- (其條 ヲ 

ョ) s<r 土. ISi 臣ニ ハ、 位ト云 AT 一位 ョ 

リ九位 マ デトナ リ.. ft- 正- 從ト別 チ-四 

位 以下-一 ハ 、別-一 义- 上. 下 ノ別ァ リテ • 

介ハ セテ 三十 K ト ナリ, ^チ: 止 一 位. 從 

一 位、 正 四 位 上, 正 四 位下, 從四位 上- 從 

1: 位下, ナドト ナリ, 正. 從ヲ- ナホ-お ほ 

き. ひろき-トモ 云フ、 但シ, 九 位 ヲパ、 初 

位ト稱 シ-其 正- 從ヲ パ. 大. 少-ト 云フ。 

此 時.! y ヲ賜フ n ト ヲはメ ラレ. 位 Si ヲ 

iS フ n トト ナル。 然 レドモ ナホ- a 位 

ト 云ヒ. かが ふり. か、".'. ふり ト云 ヒテ. 其 

名ヲ? i" ス C !»s 、四、 s钃>^^s^ 正 01 ノ v&「:a、 

ei 、上ゲ タマ フぺキ 人人」 「初 明治 ノ御 

代_ー«^リテ,上, 下ノ稱ヲ止メラレ、 1 

位 ヨリ 九 位マデ 、各. 正. 從, ァ リテ. 十八 

陪 ト改メ ラル。 外-一 、文 位. 勅 位- 3; 位- 

外 位、 ト云フ ァリ. 各條ニ 注 ス。 ?§、 

五- -1- 名 「位 S- 久 a 井一 (二) 物 « -ノ 等お, お 

下 劣" 數 *8/ 程度 「くら5_17」くら 

ゎヅケ,:くら^«ガ«チル,!»ノくら»^リ」 

*- ライ 

く tris i 一位 1 〔前 條ノ (一;) ノ E! 度ノ 

な〕 ホド 。ダケ。 パ カリ。 (Ig キテ、 创 

ト ナル) «5ts、asK 「ィャ 、ナウ、 此ノ 痛 

ミか、 何ト、 利 分 位デ、 B ル モノ ヂャ J 「K? ぐらね 早 

シ ;;.!^ルくらね取ル」百^ぐらゐカカル .コ レ/、ら» 

アル」 n ノ くらわ al ル J 



くら ゐ 

クライ ギヌ 

<&^M (名) 一位 衣 一 位 抱-一同 ジ。 く 

らゐ のきぬ。 元 袖 集 「くらわぎ ぬ、 SS ミゾ パテ 

シ、 色ナ レバ、 イト ドな ク乇、 ナリ ヌぺキ カナ I 尙 ® 

«!^^(承安)「装束;:、くらねのきぬー|、青„1ノ指? 

クライ サダメ 

くら ゐ -§ だめ (名) 一位 定ー 帝位 ヲ定 ムル 

n ト_」 井 ts5>- 平 河内 通 (享 保、 近 松 作) 五 「兩 親王 

ノ御位 定め、 一大 下 分 ケ目ハ 今日」 

クライ ゲすレ 

くら ゐ -tw れ (名) 一位 倒 I 〔倒る ハ、 傾ク 

教. 偏 ナ ルナ リ、 着 だ ふれ- 食 ひ. た ふ 

れ, 同 趣〕 位階 ノミ高 クテ、 資產十 ドノ 

伴< ヌ n ト 。クラ キ マ ケ。 傾城 酒呑 a 子 2 早 

保、 近 sa 作) 二 「御 公 ほ 達、 云云、 何ボ御 位高 フテ 

モ- 借せ ニハ レヌ、 本ノ 位倒れ ジャ」 「公 g 衆ノく 

らゎだ ふれ i 

クライ ズケ 

.sets- づけ (名) 一が 附ー シ ナサ ダメ。 物 

事-一、 等級 ヲッ クル コト。 Si 世 床 (文化、 三 

馬) 初 編、 下 一 化 役 S デ、 シカモ 位附ガ 上上 吉、 名人 

デァ" タ」 

クライ ドリ 

くら ゐ -JJS- (名) 一が 取 j 多少、 高下、 ノ取 

リキ メ-、 ftwss ノ 位^」 

クライ ノ キス 

くら ゐ-の J&g § 一位 衣 .1 くら ゐ ぎぬ ヲ 

a ョ。 

クラ, 1 マ ケ I I 

くら ゐ, ま: W (名) 分-一 應ゼヌ 位地 

二 ノ. ポリ テ * 兒劣 セラ ルル コ ト。 名前 ま 

け、 Ei; ジ。 

? ライ マサ リ 

くら ゐ- まさり (名) 一位 優 一 位ノ、 進ミ テ、 

榮ァ ル コ ト。 榮花 物語、 十六、 木 Isfl. 七日 ノ K 位 

一一、 上 ほ 3、 カズ カズ、 抑 位 まさり ナドシ ヅヅ」 

クラ, 1 ャマ 

i く ft^- やま t 名) 一 か 山, I 位ノ、 昇リ 1! リ 

ス ルヲ, 山-一整へ テ云フ 語 落 SSBg 、三 

「八十 坂ヲ、 «~H ョト S レル、 ぉナ レバ、 突 キテヲ の 

ほれ、 山 二 モ J 53^ 子 、三、 お 位.,.! 時 「ャ へャ へノ、 

人 ダニの ぼる、 くら ゐ山、 老ィ ヌル 一 ハ 、甚シ カリ 



く S- 



J 人ノ、 ® 位 シ侍リ ケルニ 

「r リ」リ ,っ i ルぺ I ーテ、 くらわの 山ノ、 峯 

ヲ タヅ ネム」 

一く り (名) 驪 ST 通ズ、 黑 屋-廚 。拾 

ふ、 ひろ ふ〕 黑キ n ト。 #nw Ji, 

黑、 久利」 孔子 家 語 「黯然 而黑」 

: くり § 画一 〔黯 土ガ、 成語 ナル べシ 

色ノ語 モア リ〕 黑キ 土ノ、 水中-一 ァ ル 

モ ノ、 極メテ 黑キ色 ヲ染ム ル料ト ナル。 

倭 名抄、 I 七 鹿 土 Isn^J! 、水中 土 也、 久利」 石 集、 

二、 下、 第八條 「聖人 ハ、 國ニ 仕へ、 逸二 交リ、 光ヲヅ 

ヅミ、 迹ヲ S!l シ テ、 5?!! 二 黑マズ 、泥 二 S マヌガ 如シ」 

淮海子、椒1^^「以,涅れ1^蹈、則黑,於"ほ」 接訓 itr 

くり 「?. ji 、水中 黑土也 卜 注 セリ、 ^二 コ レヲ、 gja ト 

云 ヘリ」 天武紀、下、朱鳥元年正1111「^« 御衣」 持统 

03、七年1^^1111「*:« 衣」 玉 lg「.cv 、色黑 也」 「烏 皮 杳」 

くり § 画 〔ii ノ義 * くりの 木 ト云フ 

ガ 、 成語 ナ ルぺキ 力 > 樹 ノ皮ハ 黑 灰色 二 

テ、 twK 鬼 皮ノ色 ハ慈黑 ナリ〕 

木, 萵サ、 一 一 三 丈、 葉, i^I ダ 一一 類ス ,梅 

雨ノ中 一一 、葉 ノ問ニ 、三 四 寸ノ穗 ョ垂レ 

テ. 黄白色 ノ、 極メテ 小サキ 花、 读リ開 

ク 、後-一 、富ヲ 結ブ, 圓 クー 扁 クシ テ、 毛 刺 

密ー 一生 ジテ、 銳シ、 中-ニニ 11 子 ァリ- 秋 

ノ束 二 、自ラ 裂ケテ 落ッ、 皮、 堅ク、 稜ァ 

リ, 色, 储黑 一一 シ テ 、 鬼 皮ト云 フ 、 其 肉- 

甚ダ廿 美 ナリ、 村、 堅 クシ テ、 用, 多シ。 

古 中 (應 神) rsK 「三 具理」 字 鏡 iilf. 栗、 久利」 

8S 、同 ジ) (二) 栗色 ノ略、 其條ヲ 見ョ。 

ク-リ (名) 一庫 〔ssg 訓菜、 くり 「寺院 ノ 

稱スル 、ノ 、 is^ 裡ノ奢 音 也ト云 へ 

"、晝 一一 口 故事 二 、稱 一一 错廚ー 曰, 一 之 廚- 

ト a ュ」〕 寺院 ノ七 堂ノ 一 。 齋膳 ナド、 

一切 ノ雜 事ヲ調 フル 處。 寺 ノ廚。 S 制 

S 枉來、 十 一 H: 「堪 頭 、卵 堪、 庳》1、《| 堂 、東 司、 後架、 方 



w」 運 歩 色 iaKi^nl&Brill 司」 永 平 元 St 師淸 現、 乾、 

典 座 5S1 諸 知 商 a 、明 曰 喫 r- 甚味; 喫-; 甚 

ぐり (名) 一 屈 輪 一 ぐり ぐり (屈 輪) ノ條ヲ 

見ョ。 

く SHfe* ぐ- グル. グレ -ゲ. ゲ. ゲョ (他動、 下 二) 

5_ (一) 繰 リーア、 終 フル。 「ず? ぐ」 

(二) 次第-一、 上へ ァグ。 狂 W 記、 富士松 「一 

手 矢ヲ、 片手 ハ 天へ、 くりあげ テ、 上 二 カタ カタ、 下 

一一 カタ カタ」 「一段く り あぐ」 (一二) 繰 引 ニス 

順-一, ヒ キア グ。 緩 退 rms- ヲ くり あぐ」 

クリ- ァヮ, ス 

くり-あは .4? スケス レ* セ- でセョ (他動-下 二) 

一 繰 合一 ノ タメ 一一、 差 繰 リーア、 閒-ー 合 

ハス 。サシ クル。 「用 * ヲ くり あはす. 務ヲ 

くり あはす J 

くり-アン (名) 一 ill 小豆 ノ白 一一、 栗 

ノ子ヲ 煮 テ混ゼ タル モノ。 

ゲ リイ キ キヨ ゥ 

グ リイ キ- けう (名) 一希 腿敎 I ぎりし あ 

けう ヲ 見ョ。 

く いし (名), li!^ 一 〔塊 石 (いしくれ) 

ノ轉カ 、沙 利モ、 さ ざれ ノ轉ナ ル べシ、 

地形 一一 用 ヰ ル沙利 二、 割 栗石 ト 云ファ i 

リ、 暗礁 ヲ、 いくり ト云フ モ 、石塊 +リ〕 

圆ク シテ、 小サキ 石。 イシ クレ。 イシ コ 

口。 玄闊 前ノ廣 場ナド 一一 > 数 キ並ブ ル モ 

/C 東海道 名 記 (度 治) 一 、品 川 「此 ヨリ、 くり 

石 ヲ取リ 、江戶 一一 出シ テ资 ル」 

くり-いだ • す. ス-セ -サ? 丫セ 一 繰^ 

(一) 絲、 綱、 ナドヲ 繰 リテ、 次第 ニ拍キ 

出 ダス。 クリダ ス ズニ) 順-一 出ス。 段段 

二-送 リ 出ス。 (くりい るる ノ反) 「人 

ヲ くりいだ す」 達 勢ヲ くりいだ す」 Eg ノ 111 ヲく りい 

だす 一 

ク リイ ム (名) 〔英語、 cim.J 



牛 ヲ、 淺キ器 一一 f . 数 時 閒" I ス 

レバ-其 脂肪 ノ 浮上 リ.、 凝リテ 皮ヲナ ス 

モ ノ- 料理-菓子 ,又- 假粧 ナド、 種種 -1 

用 キラ ル。 

VO- いも § S (二 はすい も ノー 

名-其 條ヲ la ョ。 (一一) 薩摩 藝ノ、 水氣少 

ナク、 廿 味多キ モノ-味、 栗 ノ寶- 一次 グ 

ト 云 フ.。 燒薯 一一 、八 里 半ノ名 ァリ、 九 里 

(栗) 二次: ク、 ト云フ 謎 ナリ。 

く. S?- い • る ,ル- レ -ラ- リ. レ (自動、 四) _^ 人 一 

順 一一 入ル。 次第- r 入リ コム。 「人 es. くり 

いる」 

く STJ* るん ル. ルレ. レ. レ. レョ (他動、 下 二) 

S 二) sr 綱" ナド、 次第-一 タグ リ 

n ム。 - (くりい, たす ノ反) 枕 草 H- 、十二、 百 四 

十八 段 「ss ノ潜キ 入ル、 云云、 样雜ヲ 、海-一 »: ケア リ 

ク、 云云、 海 士モ、 上 ラム トテハ 、其 SB ヲ ナム 引 ク、 取 

リ S ヒ、 くりい るる サ マゾ、 理ナ ルャ」 (一一) 前ノ 

物ヲ、 次へ , 次 ノ物ヲ 、又 其 次へ、 ト、 次 

第-一 送リ入 ルル。 クリコ ス。 籾 井家 日記、 

挂川合 靜ニ 引取 ル、 諸陣ヲ くり 入れ ノ法ト 

シテ、 段段 I 一 引 入レ」 「前年 K 計 8* ノ e 金ヲ、 翌年 S 

へ S り 入る」 

くり-いろ (名) 一 一 〔栗 ノ子ノ 鬼皮ノ 

色〕 黑 -1、 赤ミ アル 色。 トビ イロ。 ク 

V-0 P 運 歩 色 葉 《 「栗色」 

くり- J ろ (名) IJ^ 色 一 ノ條ヲ 見ョ。 

くり, うめ (名) 8_ 〔栗色 ノ梅 染〕 染 

色ノ 名- 黑 /、黄 赤ヲ帶 ビタル モノ。 衣 

ssls 「色ハ 、ほ 、くり! s」 

くり-かた (名) ffl_ 〔其 形. 半 圓二シ テ- 

栗ノ S- 一 似 タリ〕 刀 ノ鞴ノ 中程 ヨリ 少 

シ 上-一着 ケ テ 、突出 シ タル モノ、 孔ァリ 

テ、 下緒 ヲ貫 キォク 盛 gg 、廿、 石 《| 合 



くり J …: くり か 



「箱 卷ノ くりかた」 

くり-かた (名) 一 刳形 材- 一, 凹ク 刳レル 

形 ヲ作ル コト。 衝重. 三方、 ノ臺ナ ドナ 

ル ハ、 圓ク 刳リ貫 キテ、 猪 目 形-一, え ふ 

いり (葉 人) 一一 ス。 被 ャ蓋ノ 文箱 十 ドノ、 

兩側ノ 中央-一 r 下 ヨリ、 圓形 一一 刳 リア 

ゲ テ作ル 、身 一一 、紐 ノ瑗ァ レバ ナリ "又、 

山形 ナル ァリ、 洲濱 形ナル ァリ。 建武 年 

中 行事 、御! saK「_ssa 所 前、 》 装 # 所、 ノ末マ 

デ、 柱ノ くりかた |ー - 馬_» ノ編、 S シテ^ リ タリ、 舞 

人 以下 ノ裝 束ヲ カケヮ タス」 徒然 草、 九十 五段 「箱 

ノ くりかた 二、 |« ヲヅ クル 事 、云云」 

ク; V - 力 ヮ-ノ -クッ 

く 5^- か は-の. < つ (名) 一 烏皮沓 1 〔くり か 

は ハ 、涅 色の 革 ノ義- くろ かば ト モ , く 

れかは トモ 云フ、 涅 ノ條ヲ a ョ〕 又、 く 

ろか は _ の くつ。 禮 服-一 用 ヰル沓 、革 製、 

黑塗ノ 履 ナリ、 鼻、 三 山形 ヲナ シ、 

內ニ 赤地 ノ錦ヲ 貼リ、 赤 紐 一一 テ結 ビッ 

ク 衣服 令、 iis 解 一 烏 皮 Syr 謖 I 一 烏 皮-者、. 《^ 皮 也、 

者、 高、 超」 名抄、 十二 f 履裙類 「烏 皮靴」 名目 

抄 f 烏 皮 杳、 糴股之 時 着" 之」 雅亮裝 束 、二 「くろ 

か はの くつ 二、 緒 ツキ タリ、 足ノ上 ニ結フ べシ」 

ク リカ ■ ゥ 

V,5V.^*A1J- フケフ レニん-へ ョ (他動、 下 二) 

I 繰昏ー 便宜/タメ 一一、 此レト 、彼レ トヲ、 

差繰リ 易へ テ用 キル。 轉用 「人ヲ くり か 

ふ」 時ヲ くり かふ」 金錢ヲ くり かへ テ」 仕事 ヲく りか 

へテ」 

* リカ ェ-ス 

くり-か/ ..^? ス. セ .サ- シ-セ (他動、 四) I 繰 返 I 

( 一 M 藤, 繰ル。 m 葉 m 、七 ip 「河内 女ノ、 手染 

ノ^ ヲ、 絡 反し、 片 as 二 ァレド 、絕ェ ムト田 心へ ャ」 

00 力へ- サフ。 屢、 同 ジ事ヲ スル。 度 

度、 j-i 直ス。 反復 「仕 1* ヲく りかへ す」 幾度 モ 

くり かへ し テ話ス J 

•t く か • へる § 前前 條ノ 語ノ 



くり か 



口語。 

くり-カン (名) 9_ くりやう かん ノ 

條ヲ 見ョ。 

くり-がんな (名〕 飽ノ 一種、 孔ヲ、 

圓ク 1; ル 二 用 ヰルモ ノ C 七十 一 番 職人 恋歌 

合、 五十 五番, 墓 目く り 「くり SIT 力 タイり-. ン タル、^ 

レ目ノ 、其 ママ ニス ム、 ヒキメ ヤノ ほ」 

クリ カラ (名) ー俱利 迦羅ー 〔梵語、 Kr- 

kara. 黑 龍ト譯 スト 云フ〕 岩ノ上 一一 立 

テ タル 劍ヲ、 黑 龍ノ、 卷キメ ダリ テ、 其 

切先ヲ 呑マム トシ * 其 背 一一 -火焰 ノ. 燃 ェ 

ァガ ル象 ヲ圆シ タルモ ノ。 翩 ハ 、不動 明 

王 ノョ摩 耶^-一 テ、 右手- 【持 テ、 ル 降魔 

ノ劍 、龍、 , 、左手 二 持テ ル縛ノ^^ 一一: ァ、 

龍ノ、 劍 ヲ卷ク ハ、 卽チ、 不動 ノ 化身 ノ 

像 ナリト 云フ。 勇 肌ノ火 消、 意 者、 ナド 

ノ、 其 背 一一 、 此圆ヲ 文身 ー了ン タル ヲ、 俱 

利迦羅 もんもん ト云 フ 、燃え 燃え ヲ、 火 

焰ノ 勢-一因 ミテ、 勇 マシク ハネ テ云フ 

ナ ルべシ C 俱利^ 羅大篛 勝 外道 伏 陀羅尼 經 「俱 

利, grnis 大龍、 一一 何 因 ss; 吞 一一 砍利 .劍 一」 盛衰 記、 四、 白 

山 It 輿 登山 事 「此明 神 (白山 妙理據 現) ト申 スハ、 云 

云、 本 地 ハ 、俱梨 伽羅 不動明王 也、 魔王 ト、 威 努ヲ諍 

テ、 邪見 ノ^ ヲ呑 フ J 

ク リ 力 ラ-フ ドウ- 1 ヨウ ォゥ 

クリ カラ-ふどうみ ャ うわう (名) S 

SI?, 動 明 王 一 前條ヲ 見ョ。 

ク リ 力 ラ i ヨウ ォゥ 

クリ カラ-み ヤーつ わう (名) I 俱利 迦羅明 

lAl 前條 ノ語ノ 中略。 gi« 記、 廿九、 梨 § 

» 山 事 「諸國 嫁行シ 給ヒシ 二、 倶梨 W 羅明王 ノ行ヒ 

給ヒタ リシ カバ」 

クリ カラ-もんもん (名) ー俱利 迦羅紋 

, くりから (俱利 迦羅) ノ條ヲ 見ョ。 

クリ カラ-や! (名) 利 迦羅燒 一 一種 

ノ 料理法 C 1;^ 丁 聞 S 「くりから l«g トイ フハ、 ノ 



くり か 



ヒレ ヲ、 串 二 卷キ附 ケ!? テ、 S 足 ヲ附ケ Jffi へ、 肴 二 

出 ダスナ リ」 , 

V- りき (名) S 佛經ノ 語。 功 能。 效。 

阿^-? 「因 11 他 功力 こ 平家物語、 六、 心坊 「欲、 

彼ノ 功力 二 依 ッテ、 都 整 ノ内院 二 生ズ ぺ シ」 I 佛ノ功 

力」 念佛ノ 功力」 

くり-きん ヒん (名) 一 栗 金 圏 一 きん ど んノ 

條ノ (二) ヲ 見ョ。 

く SIL^S- i) ー旋囘 I 〔囘 轉ノ 語原 ヲ見 

ョ〕 (一) 圓ク 廻ル狀 -I 云フ語 C くるく 

る C 小島の くちずさみ (南北 胡、 ニ條良 基) 「小舟 ノ、 

くりく り トス ルャ ゥナル 二、 粱 リタ, i 心地、 ィ トム 

クヅ ケシ」 「蜜拼 ノ皮ヲ 、くりく りト 剁ク」 (1 1) 

圓キ狀 ニ云フ 語。 a. 常 猪 (正 IT 近 松 作 )| 一 |「 十 

六 七ノ馬 追ノ、 人 二 勝 レテ目 ノ中モ 、くりく り 栗毛 

ノ馬追 フテ、 小 3® 氣ニ立 gl ル」 「眼ノ 、くりく りシ 

タ人」 (くりく り跟) ISflSSl ヲ、 くりく りト 刹ル」 (くり 

くり 坊主) くりく りト、 太ッ タ兒」 

ぐり-ぐり (名) 一 屈 輪 一曲 輪 I 〔くりん トモ 

云フ、 九 連 絲ノ略 轉ナル ベ シ (衣 輪、 襟。 

チーダ レ V >7. 

E モ、 鳥 捕 ノ轉) 九連絲 ハ 、漢語 トォ % 

シ (九 連 環 ト云フ モア リ) 元來、 漢 渡ノ 

物ナリ (享保 ノ萬賓 全書 二 「張 成. ザ 作. 花 

鳥く りくり」 )1 ノ、 くりく り 廻ルノ 

意-一 移 シテ、 くりく り ト重ネ テ ま ヒ、 屈 

輪, 曲 輪 トモ 書ク 力. 初、 淸音ナ リシ -「 

ぐるぐ る 二 思ヒ寄 セテ、 濁音 二, ブナ 

リ〕 又-くりん。 くりく り。 堆 ill 、堆 紅、 

ナド ノ 刻上ノ 文様 ノ渦卷 、又 ハ 、唐草 ノ 

如キ モノ。 今 ハ專ラ 濁音-一、 ぐ りん、 ぐ 

り、 ぐり ぐり ト 5フ。 九 連絲。 金絲 花。 

太 _«s ぐ 一一 一十一 二、 公家 武家 易 :- 地 I* 「沙金 百 IS ヅヅ、 金 

絲花ノ a 二 入レテ g ク」 尺泰茌 «(x 明) 「堆 *、 堆 

S 、金 as 花、 九 連 SJ 後 E 曰 E (松 岡 行義) 六、 けい 

え? ウノく りくり 「君 ___sw 左右 «記 (足 利義政 通 品) 

及、 小川 御所 Sg-KIB 、等 一一、 挂 st、 色黑シ 、劉 目 一一 、 



VO く 



く 

赤キ まネノ 筋、 一 一: づァリ * 云云、 堆 烏、 桂お ノ くり 

くり ニテ、 云云、 地モ S シ、 曲 二 アル モノ ナリ、 又、 

« 山 KsstH(ffiwR/^=w * ブシ タケ、 りくり、 香". a 

ノ臺」 《s 、下 》壤,; 下 文- Ms 門 s sir® 合 s< 

也」 曲 5B」 曲 憂" 九 Jsssal !^^ノ 玉/如 ク 

M キ形ナ ル -ー 、ぐり ノ ゃは介 ト云フ ァリ、 

ぐ り. ん, たま ト モ云ヒ 、朱 泥、 紫泥ノ <>V 浪 

ノ 、屈 g ノ小 脚形ナ ルヲ HMK フ。 e^H^、 

くりん 「巧 台 二 モ云 へり、 北 Si ノ «1 也 トゾ」 

•1: ぐ り (2 〔囘雜 ノ轉〕 媒瘦 ノー 種、 

S1 筋ナ ド ノ^ -1 、凝 ヲ. y ジ タルコ ト。 ェ 

ノゴ。 

クリク リ, ホウ ズ 

く く: > ば うさ (名) 回 動 一 〔くりく り 

ト M キ坊っ 小: 火 窓〕 髮ヲ, 米 5 ク剃 リ去レ 

ル ST — 

く i^Gr^ な あ S 一^一 くりく り (旋 

§:) ノ條ノ 0_0 ヲ t: ルョ。 

一く げ i s_ 〔栗色 毛 ナリ〕 &.? ノ 

VJJW ノ ナル モノ。 n レ -ー、橡栗色- 

s^i 架 色ノ: 等 ノ^ 1^ ァリ。 俊 名抄、 

r 一 *:牛2?毛「3*、紫め、梨^5?也」 吾 i 、二、 》 和 二 

ti..i^n^<;::「 】 疋、^^^、武5太郎池」 

く あ • す- ス. セ.? シ-セ (他 §、 四) 

鎖-一時: = ヲ越 シーア、 次へ 送ル。 つ SK ヲ、 Is 

二く りち. す」 

シテ fd" フ n ト 右 ffis:«5K 合 (久^ 五 年 六 n; 

廿 八:::) SI 判 W「B^ ルト、 云フ 一一 テ路モ 、 知 リス 

ぺシ、 ナド SS キ ニクク 、くりす: どヲ スル J 色^ 

ク - っト 

«-、m 一;:」 

くり-あ .む- ム, チマ- ミ i (§s、s 

w 二. 人 ルル。 ク リイ ルル。 「人 £ ヲ くり 

あむ. - 

く 3_.4?ぐ. グル. グレ. ゲ. ゲ. ゲョ (SS 、下 S 



S 次 fs- 一, 下へ 这リ ャル。 新 拾 ほ《*、 

廿, ass 「タ B 二 、ホ ヅヅシ メ碟、 S りさげ テ、 泊リケ 

ズラヒ スル 舟人」 rigs ヲ くり さぐ」 

クリス チ アン (名) 一割 SBiil 〔英 

christig.〕 SKE 敎ノ 信者。 

クリスマス (名) 一耶 蘇 降誕 祭 一 〔英語- 

chris ョ 88.〕 giial 督 ノ生レ タル 日- 1 

當ル t= ノ 祝祭。 © チ、 十二 月 二十 五 口 

ナリ、 S 答ノ事 ァリ。 さんたく ろお す 

ノ條 ヲ併セ ョ 

グリス リン (き 〔英語- Glycerine. 〕 

又, ぐり せりん。 略 シテ、 り ありん。 脂 

肪 ヨリ 製出シ タル、 無 色、 廿味ノ 結晶。 

但 シ 、蒈 通阪資 スル モノ ハ、 水、 其他ノ 

雜物ヲ 含ミ- 粘液 ヲ ナス、 藥 用-又、 工業 

用 トス。 

グリセリン (名) 前條ヲ a ョ。 

一く りぞめ (名) Si ノ條ヲ a ョ。 

くり-だい (き 一 lii 刻 上文 5« ノ溫 卷ヲ 

^リタ々 ST 曲 輪 ノ條ヲ a ョ。 

一く 3 ^たけ (名) S 栗 ノ樹ニ 生ズル 

、? 4r 長ク, «rK ク ^11 ク、 色- 結 ナ 

リ, ft; フべ シ。 栗 Imt 猫: ss 、十九 年 十 B;、H 

IS 人 f 土 、及、 年魚 之 K お」 

く a- だ. す § S くりい, たす ノ約。 

ク リッケツ ト (き 〔英語- cricket. 〕 一 

ノれ gijr 地上 二 テ作リ タル 小 

門 ヲ. H テ キ: はッ VJ 以テ木 ノ球ヲ 打 

チ、 其 門ヲ潛 ラセ, 勝 5e?ef- フ 乇 ノ。 

く 3- ど (名) 雨 戶ナド 、一木 溝ノ 

牧 US -1 テ. 一枚 ゾッ. - 一 繰リ 这 リテ. 遣 

引スル モノ。 二 本 淸ノ, 連 戶ナド 一一 



對ス。 「^/91.」 

く .5-,ぬ* く. ク -ケ. 力 ケ (他動、 四) I 刳篦 I 

1: リテ、 赏ク。 「! SS ヲ くりぬく J 

一く り-の-いが 1 いが ノ條ヲ a ョ。 

一: くり-の * ぺ る-ペル- ペレ-ベ-ベ- ぺョ 一-他動、 下 ご 

ー繰& ロヲ、 次 ニ延 バス。 延期 ス。 

「期 H ヲ く b のべる」 

く 3>- の-も; C (名) is かきの も VJ ノ條 

ヲ 孴。 

く w_- バチ (名) 面 〔刳舟 ト、 i 

全 木 ヲ刽リ テ造リ タル 鉢。 

ぐ a- は 1 i 图 〔蛤バ 倒語-合 はす ト 

云 フ謎詞 ナリ、 蛤 ノ殼ノ 兩片ノ 合口 ハ、 

極メ テ 密接 スル モノー ーテ、 逆 一一 スレ パ 、 

合フ n ト ナシ. ぐれ はま ト云フ ハ. 意ヲ, 

狂る 一一 移. シテ云 フナル べシ〕 物事 ノ、 

グ ヒ m ガ 

嚙達フ コト。 叉、 ぐれ はま。 1* 紫 moss 治) 

「給 ノ、 ぐり はま 卜 n ゾ、 水ノ 月」 向の 岡 (延 S) 「上 

ヲ 下へ、 ムャ ぐり はま、 今日 干 》|」 <|11我*1^!山_:享 

ぼ*近^i:作)s「sフコト、^^ス^ト、ぐりはまlーナり」 

俳^^め良材0兀?^ち人 へ sr 松 二 引力 ルル、 孑ノ曰 哉」 

ト云 フ句ヲ 引キテ 「駄ニ ハ、 ト 云ヒ、 詩 二 ハ、 

客 ナリ 卜テ、 嫌フ、 速 ^一一 ハ、 此格 アリシ ヲ、 1WS ハ 

§is 代 氏、 速 si) 芋の 山 (山 宇ノ 倒) ト カャ、 

笑ヒ タマ ヒヅ ルナ リ J StSSS 破邪 正 (延 W ヽ淸 水の 

^ ヲ 、粒の? IS 水 ナドト 云 ハパ、 作お 一一 モ成ル べシ、 

S 林ヲ、 林ぎ をん トハ云 ハレ マジ、 云云、 コレヲ 、連 一 

K ニテハ 、芋の 山 トテ、 弋キ 一一 嫌フ 、俳諧 二 テ ハ 、ぐ 

り はま ト云フ J 佐 夜中 山? 「ァ リガ ヒモ、 何 

ぐれ はま ノ、 生 御 魂」 (老後 ノ述! カト 云フ) 市中 

ノ 男子 ノ 2? "/生 際ノ剎 忖ノ風 二、 外へ 

ク 弓形 ナルヲ 、はまぐり ト 云ヒ、 n レ 

ニ反シ テ、 內 へ 刺リ込 ム ヲ、 ぐれ はま ト 一 

云ヒキ 

(名) B 軍勢 ヲ、 次第 次第 



くり ひ …: <s 



え 



二 引 上グル コ ト。 - 一 上、 

上 g 域 を 捕 頃, 附、 城よ,, . , にテ、 

引 二 、土 添 マ デ引ケ ルー 一、 w> ヒ來 ル; S モぉ; ク」 

くり-ひろ • ぐ. グル. グレ. ゲ. ゲ. ゲョ (他動、 下 二) 

_ 一枚 ゾッ、 順-一 開ク。 徒然 草 三百 三 

十八 段 「:; 語ノ 四 五六 ノ卷ヲ 、くりひろげ タマ ヒ テ」 

くり-おね (名) S 渡 船ノ、 兩 岸-一、 

大綱 ヲ 加水 シ、 乘ル者 ノ兩手 二 テ 、綱ヲ 手 

操 リテ、 船 ヲ遣ル モ ノ。 信 濃ノ犀 川、 筑 

摩 川、 ナド 二 モア リ キト 云フ。 タグ リブ 

ネ。 梅花 sis 文明) 三、 上 「出- i 柿 3 & 一大 路、 

B^i 井、 中お 之 g 有, 河、 S 岸!!?. 柱 S 大 おお 者、 SSE 

i 手而 遊, 舟、 K 曰 一. 轉 舟 1」 (越後 ナリ) 

く SwJiJ ね (名) _M 〔刳 鉢ト、 同 趣〕 大 

楠ナ ドノ、 全材ノ 中央部 ヲ刳リ チ作レ 

ル舟。 丸木舟。 獨木舟 

クリ- マ ヮ • ス 

くり ま は • す. ス, セ. サ .シ. セ (他動、 四) _^ 廻 一 

次第 次第 一一 、繰替 フル。 ャリ クル。 サシ 

クル。 速轉 「金 錢ノ支 拂ヲ、 くり ま はす」 

クリ- マン ジ ユウ 

くり-まん ぢ-ュ う (名) 饅& 街 饅頭-一、 

栗賴 ヲ用キ タル モノ。 但シ、 形ハ圓 クシ 

テ、 小石 ノ如 シ。 

く-りん (名) 3 塔ノ 頂. ^路盤く 九 

ナル モノ。 相 輪。 空 輪。 九 層 盤 

下 下、 器財 門 「九輪、 末」 寂 照 堂、 〔<p 逸 

§^ 一 「招 輪 STIH 云、 相 輪 卷、 是乃俗 W 所, III 九 3« 

也」 台 l^fsffl 壤、 二、 乾坤 門 「招 58、 俗 云、 ゆ. 輪 也」 

ぐ-りん (名) Ml 一 ぐり ぐり (屈 輪) ノ條 

ヲ 昆ョ。 

く むし (名) S 二) 形、 小サク H 

ク シ テ、 色、 白 キ蟲、 栗ノ 賓ノ內 二 喻 ヒ 

人リ テ、 Aoli フ e 訓 sr くり 「栗 SS ハ、 形、 丸ク、 

色、 白シ、 因テ、 生 K ノ美 ナルヲ へ 云へ り」 (二 ) _ 

テ r スムン I 

天鴛ノ 一名。 



V りん-だま (名) 一 屈 輪 ノ條ヲ 見 

くり-めいげつ (名) I 栗 名月 I いもめ いげ 

つ ノ^ ヲ 

くり-も す- ス. セ. サ. シ-セ (他動、 四) 一 劃一 

順 二 囘ス。 次第 二 モ ドス。 「人 es ヲ くり も 

どす」 一 

く SV. や (名). 画一 〔黑 屋ノ轉 (黯ノ 條ヲ見 J 

ョ) 烟 -I 煤 クル ヨリ ノ名ナ リ 、他 雲!: 造 

神 賀詞 「嚴 瓮黑 益シ」 禁中 ノ黑 戶モ、 同 

意 ナリ〕 (一) {飮 食物 ノ煮 燒ヲ調 フル 

處。 ? 所。 天 治 字 鏡-十 jns 、久利 も』 同 、十一 

^1!15、久利也」 倭 名抄、 十; 居宅顆 「腐、 IS 崖 也. 久利 

夜 _ノ (Imp 人ノ 略. 其條 ヲ見ョ C (三) 

蟹 應。 婉飯 ブル マ ヒ。 後三年 合 S お 物語 一一、 

源義 tr 陸 奥 守 二 ナ リテ 下リケ ル 二 、!^ ー衡、 新 司ヲ翌 

應セム コトヲ イト ナム、 三日 ト云フ ァリ 、日毎 

二、 上馬 五十 匹 ナム 引キケ ル卜ァ り。 棄 訓注來 、三 

月 「园垸 1SJ 古註 「厨 睦卜テ 、結! i シ嚴ル 瞎ナリ 、領主 

入部 ノ時、 百 姓 達 拜スル コ ト ナリ、 垸飯モ 、同前」 

ク-リ 3 ゥ 

くにり ャぅ (名) R ム頭 1 朝廷 ノ 御領。 八 ム領。 

吾 要 鏡、 七、 文 冶 三年 四月 廿 三日 「件 所所 者、^ -指庄 

號之 地; 有, 限國 保、 勿論 之 公領 也」 運 歩 色楚菜 「公 

クリャ ゥ」 

クリ. ヨウ 力 ン 

く やう カン (名) 一 栗 羊 II 〔羊羹, 一 似 

タリ〕 略 シテ、 栗 糞。 料理 ノ名、 かんて 

んヲ水 二 テ煮テ 沸 カシ、 砂糖 ト、 少シ ノ 

斑ヲ 加へ タル 二、 栗 ノ赏ヲ 煮 テ擂 リツ 

ブシ タル ヲ入レ 、措 キマゼ テ煮ッ メテ、 

器 二 流 シ込 ミ ォ ケパ -數時 11 シテ 成ル。 

一く S- やび ど (名) S 厨-一居 ル人。 S 

所ノ 人。 料理人。 雄 略お、 二 年 十月 「欲 a 減. 人 

曰、 K 之 厨 人 鬼 田」 

ー§ やめ § S 廚ノ事 ヲスル 女。 

:•: くりや 



ミヅ シメ。 枕 草子、 三、 廿八 段、 にげなき もの 「く 

り や 女ノ、 イト 淸ゲナ ルガ、 サシ出 デテ、 何ガ シ殿ノ 

人 ャサフ ラフ ナド、 ィヒ タルモ、 ヲ カシ」 

くり ャ* る, ケレ -ラ, リ, レ (他動、 s 〔き ハれ遣 

るノ約 力、 くれる ノ轉 力〕 (一) 與 ルル。 

ァ タフ 狂言 記、 磁石 「約束 ノ 鳥目 ヲ くり ャれ」 

(二) 助動詞/如 ク用 ヰテ、 仕向く る 意 

ヲ ナス。 くれる (與) / 條ヲ 見ョ。 狂言 

記、 S* 座頭 「來テ くり マる マイ 力」 國 性 爺 後日 合戰 

(正德 、近 松 作) 三 「目ヲ 眠 N ァ おくり ャれ」 

く-り ョ (名) 3_ 心配-一同 ジ。 范 sts 「華 

髮飄ー 1 は容 ハ苦ぽ SSi 一 13 抱 こ 

く-リヨく (名) 3_ くうりい ヲ 見ョ。 

くり-わた (名) 一 ii 一 木綿 ノ赏ヲ 、わた 

くりぐ る ま 二 力 ケテ、 核ヲ 去リテ * 未ダ、 

打 チヌケ ザル. モノ。 綿英 御當 家令 條、 十 

六、 異國船 入 ig 田 物資 二 、域 木綿、 丼、 くり 線、 云云、 

右 之 分、 從 I! 當 異國江 指 申 M 敷 者 也、 ^!^文八年 

三月 八日」 

一く る (名) g| くるる-一同 ジ。 5t 、廿- 一-十 

「ムラ タマノ、 (枕) 久 留ニ 釘 刺シ、 固メ トシ」 (同、 十 

六; 5 「家 二 アリシ、 擂ニ鎮 刺シ、 fl メテ シ」) 

V,- る (名) I 痴璧ク ヅセ。 セ ムシ。 列 子、 

黄 香 見 一一 ?媚」 S ハ想 二 同ジ) 

一く • る-ルル-ルレ. レ-レ -レョ (自動、 下 二) 

クラ クナル 。心、 クラム 。源 二 、桐? siji 「くれ 

惑 フ心ノ 間乇、 タ へ難キ カタ ハシヲ ダニ、 暗ル ルバ 

カリニ、 キ コェ マ ホシゥ 侍 ルヲ」 

一く • る-ルル-ルレ, レ-レ -レョ (自動、 下 二) I 暮ー 

〔前條 ノ 語 二 同ジ ノ ノ 日影 ノ 暗る る 

意〕 (二日、 傾キ果 テテ、 夜-一 ナル。 伊 

勢物語 、第 九 段 「ハヤ 舟 二乗 レ、 曰モ くれ スト」 源、 十 

二、 Isss 「くるる ホ ドー I、 力へ, リタ マ ヒヌ」 (一 一) 

轉ジテ 、時 • 過グ。 年、 ぉッ。 源、 六、 末 摘 

fr カノ ヮタ リニ ハ、 イト オボ ヅ カナ クテ、 秋、 くれ ハ 

テヌ」 古今 法、 六、 冬 「w ,降 リテ、 年ノ くれ ヌル、 時 二 

くる 



目、 弦 ム。. 落 S 物語、 一 

トス ル 二 力 アラント b5 フ 一- 



コゾ、 ヅヒニ 紅葉 ヂヌ、 松モ見 エケ レ」 

一く • る-ルル-ルレ- レ •」• レョ (自動、 下 二) ll^f 一 

, イカ ニナ シ泰リ 給 ハン 

、目く るる コ n チ シテ」 

く, るん. ヒラ. リ. レ (他動、 四) 〔次 條ノ 

語 ト通ズ ルカ〕 (一) { 廻 ラシ テ、 引出 

ス。 タグ リ ヒク。 箋注 sa 名 抄-. 六 y+「s!r 絡」 1 

取, 絲也、 久流」 神 樂畎、 早 歌 「眞 山ノ小 Jo? 、久^ 久 

a? 小 sa?」 (二) 順 二 、逢リ 遣ル。 遞送 「雨 戶 

ヲ くる」 (繰戶 ノ條ヲ 見ョ) くり 出ス」 くり 入ル」 くり 

上グ」 くり 越ス 一 (三) 順 二、 數へ 行ク。 推算- 

「歷ヲ くる」 日ヲ くる」 年ヲ くる」 

く • るん. レ 丄フ. リ-レ (他動、 四) 一 g 一 〔前 條ノ 

語 ト通ズ ルカ〕 廻 ラシ、 穿ッ。 劍ル。 

エグル。 クジル 。コ ジル。 「袋 目ヲ くる」 壁 

ヲ くり ヌク」 (劍 舟) 

一く • るん ル んレ. レ. レ. レョ (他動、 下 一二 Is^l 

與フ。 築 欲、 杖 「ァフ 坂ヲ、 ケサ越 H ク レバ、 山 

人ノ、 我 レニ 久禮 タル、 山杖ゾ コレ」 土 佐 日^、 一 SJ 

十四日 「橄 取、 又、 頸モ テキ タリ、 米、 酒、 シバ シバく 

る」 「物 ヲ くる」 

一く る (動) S く- (來) ノ條 TK 見ョ。 

i: ぐる (名) 一共 謀 一 〔>」 ちぐる ひノ 上下 略ナ 

ラ ムカ (ね ぐら かへ、 くらが へ。 がさつ 

き、 がさつ)〕 なれあ ひノ隱 語ナ リシナ 

ルべ シ。 卑 ナリ。 新 板 歌 SKa 女 永 ,半 二) 

野 崎 村 「コレ ホドヮ /クニ、 聞 耳ヅプ スハ、 親 仁モ、 

ぐる ノ 仕事 ヂ ャナ」 

i くる-が-の-みち (名) 一 北 睦 道 一 くにが の 

みち ヲ見ョ G 

一く る-くさ (名) 8_ 〔ss ノ葉 ヲ藥招 

トス ル名 カト 云フ〕 ハト クサ。 侵 名 妙、 

廿 ^ 草木 部 「大 青、 波止久 佐、 一 云、 久流久 佐」 

くる- V る (名) B_ 數子ノ 女房詞。 あ 



す あす ノ條ヲ 見ョ。 親元 日記、 宽正六 年 正 HI 

十日 「竊藤 越 中 守 入道、 雁 1 一、 來來ー 折」 

j くる-くる (副) liffl 〔繰る 繰る ノ義 * く 

るく る 翅るト 、副詞 二 用 ヰ ル ,ノ 、代る 代 

る 語る ナド云 フト同 ジク、 繰り 繰りめ 

ぐる トモ 云フ ぺ 代り代り 話す ト云フ 

ト同 ジク、 轉ジテ ハ、 きりきり めぐる ト 

モ云フ (踵、 きびす)〕 廻 ラシ、 又 ハ-廻 

ル狀 二 云フ 語。 クル リク ルジ。 溺音 二 , 

ぐるぐ る。 グル リグ ルリ。 枕 草 孑、 八、 八十 

1 段、 うらやましき もの 「1^ ナド 習ヒ、 云云、 男モ、 女 

モ、 くるくる ト、 ヤス ラカニ SJ?S ミ タルコ ソ」 「絲 ヲ、 

くろく る 卷ク」 ヲ、 くるくる マ ハ ス」 風車 ガ、 ぐる 

ぐる マ ハ ル」 

ぐる. ぐる (副) 一 謂 一 前 條ノ語 一一 同ジ。 

一く る • し- シキ- シケレ • シク. シク (形、 二) 

(一 ) 身、 痛 ミテ、 艱マ シ。 イタ マ シ。 竹 

取 物語 「6S 、心地 惡シク 、くるしき 時 モ-此 ノ孑ヲ 見 

レバ、 くるしき モャ ミヌ」 (二) 悶ェ テ、 安ン 

ゼズ。 *e?^$r 二 fi ャ rsssfr シホ ヒナ ァリ ソネ、 

沈 ミニ シ. 、妹ガ 姿ヲ、 見 マ ク苦流 思モ」 「心、 くるし」 

田つ くるし」 

一 くるしび (名) 一 苦 一 クル シブ コ ト。 くる 

しみ C ナヤ ミ。 宇 S5tt 保 物語、 吹 上、 上 f; 「地 5!^ ノ 

くるし ぴヲモ 、救ヒ マウ サム」 

一く るし • お .ブ- でで ビ* ベ (自動、 四) 屬 くる 

しむ 一一 同ジ。 名義 抄、 eg 「苦、 クル シプ」 因、 ク 

ル シプ」 

くるし, まぎれ (名) _s_ 苦シサ ニ堪へ 

ズ、 我レヲ 忘レテ 振舞 フ コト。 I. く-るし ま 

ぎれ 二、 虚デ 言 ヒヌ ケル」 

くるし?^ (名) クル シム n ト。 くる 

しび。 ナヤ ミ。 苦痛。 夫 木抄、 三十 B 「くる 

しみ 卜、 歡キ トウ ケバ、 我ガ 心、 五ノ欲 二、 ァヒ ミチ 

ナ セゾ」 



くるし 



<s し 



し • む- ム-チ 了 ミ A (CS、E1) i 苦 一 r 一) 

苦シク ほズ。 ^^c^痛ミテ、^ム。 くるし 

ぶ。 HSIr 十八、 《!、 五 「イタ ザ ラー 一、 安キ a ガ& I 

ゾ、 si シキ 、きしむ 民 ノ、、 へパ J (二) { 心 、思 

ヒはュ C コ マル。 H<^^sc^.8B,十*^「^5、久Bal^5 

«-」 「人-^ キニ « しむ」 無事-一 杏し む」 

<5 し ムル • ムレ- メ. メ- メョ ffis 、下 ョ 

〔前條 ノ語ノ 他動、 痛む, いたむ る〕 

( 一 ) 苦シ ム ャク 一一 ス 「18 リ、 An- *0 しめ テ」 

(二) 次シ ナム ル。 コ マラス。 ィ.チ メル。 

【多ク ノ人ヲ くるしむ る」 

? V5 し. める (動) 前 ノロ 語。 

クルス (名〕 ITS 一 〔ir?-x. 葡 

。一 f〕 (一) 耶蘇 敎ノ 十字架 ノ原 

^*^。 V: ふ V. か ノ條ヲ a ョ。 (二) 紋所 ノ 

名-輪 ノ内 一一 、十字 ヲ整 キ. 四 端ノ、 輪 外 

一一 出デ タ 々象 ヲ翻ス 。中 川 氏 (s.is 後, 

岡 藩ブ紋 ナド、 是 レナ リ。 切支丹 宗門 

ノ十 ゥナ架 ナルぺ シ。 十文字 ノ椬 ノ箱ナ 

ド -ー モ、 くる あ ト云フ ァリ。 

ー<? つ-あ V; た (名) 一 くる VJ し (明 

^;-ブ條リ::^ョ。 

一 \/s- つ- ヒし § I 明年 I くる どし (明年) 

つ-ひ (名) _^ー 次次 條ヲ 兑ョ。 

ク ル ッゾ ホウ 

クルツ TV はう (g 〔lslf!i、Icnlpp.〕 大 

砲ノ 1 種、 鋼 级製ノ モノ- 獨 逸/くる, 

ぷ ♦: 社 一一 テ 造ル。 

!<5.w し S) 〔あくろ 年ノ 上略 

ST もがり。 跡絕ゅ ノ」 だ ゆ) くるつ あ 

えた 、> 、明 之 明" くるつ isK くるつ n,CI 

ジ〕 叫ル 年。 明 年。 翌年。 「明 

久 雀 北 M」 sle, 十 阜 B 4」 »^ 



お、 aa 元年 「明 年」 舒明卽 位 前お 「明 日」 

ク^ワ-力, ス 

くる は-か •,? ス- セ-サ -シ. セ (他動、 S) I 狂 一 

〔.h^ 次 條 ノ語ノ 1 轉、 あら はす、 あら は 

かす。 かど はす、 か ど はかす〕 (一) 次次 

條ノ語 - 一同 ジ。 ? H 曰お 語、 廿 < 、第廿 七 l^s 「ゾ 

レハ §5 は: S ト云フ 物ノ、 狂 かし ケ ルナ メり」 (二) 

タブ ラカス 。ダマ ス。 住吉 物語 「侍從 一一 くる 

はか さ レテ、 ョ モノ フルマ ヒド乇 S 給 フモ知 ラデ」 

ク i ヮ • ,;' 1 

<s は *し. シキ- シケレ • シク • シク (形、 二) ー犴ー 

〔狂 ふノ 未然形 ヲ 活用 セシム (わ づら 

ふ , ゎづ ら し 。うるま ふ、、 つるま し) 

くる ほし ハ、 音 轉ナリ (いた はし、 いど 

ほし。 おも はし、 おも ほし)〕 狂へ ル如 

シ。 又, くる. S し。 宇 冶 拾 *,士一 、第 七, 名 

利ヲ耽 ヒテ、 くる はしく ナム、 ヮザト 、フルマ 

ヒ タマ ヒ ケ^」 最膀王 經音註 「狂、 久 BS 保 之」 枕 草 

子、 E1 、四十 四 段 「H ク人モ 、物く る ほし ト笑フ J 

ク a ヮ, ス 

<3は*|^.スル.スレ-セ.セ.セョ (他動, 下 二) 

I 狂 I 〔狂 ふノ 未然形 ノ くる は-一、 使役 ノ 

助 動 1SS ノす ノ附キ タルモ,, -、 成語 ト見 

ル〕 狂フ ャクュ ナス。 度ヲ外 レシ ム。 ク 

ル ハカス。 「時期 ヲ くる はす」 厢番ヲ くる はす」 

:i: くる は • せる (S) 前 條ノ語 ノロ 語。 

rffiH ヲ くろ はせ る」 (悉くる はせ) 

ク" M IJ 一 : 

<5 ひ (名) Is 一 (一) { 氣ノ、 狂ヒ タルコ 

ト。 キチ ガヒ。 狂氣。 瘕媚 g 明お、 ミ年 

九月 「有 asl? 、性 E 、ほ 狂、 云云」 「s ぐろ ひ」 

(二) 常識 ノ、 亂 ルル n ト。 氣チ ガヒジ 

ミ タルコ ト 大親 、中、 伊 尹 「冷泉 院ノ くるひ ョ 

リ ハ 、花 山院ノ くるひ コゾ、 お ナレ」 「e ぐる 

ひ」 as ぐる ひ」 (三) 度ノ、 外レ タルコ ト。 

「w ぉノ くるひ」 ffi 实ノ くるひ」 

<5JS*§ (g _ffl 〔開花 ノ 時節 二 



くるひ 

外 レ. 、狂 ひテ. a; く〕 力へ リザ キ。 力 ヘリ 

パナ。 狂 花 「 ira 狩 ffl 本 地 (W 永、 近 松 作 一四 「小 菊 

ノ狂ひ 一 さ こ 

ク^, 1 -ジ 一 1 

くるひ ゑに (名) 一 狂死 一 狂 ヒー 一 狂 ヒテ、 

死 ヌル コト。 

ク少 • ゥ : > 

<5«>^.7A A.tA (自動、 a) 一 ffll 〔囘轉 

ノ くる ヲ 活用 ス T ねう ね. うな ふ),、 る 

めく 意〕 (一) { 廻ル。 古 記、 中 (仲哀 ニー ャ長 

は 「IWS ギ、 ギ玖流 本斯」 (めぐる ノ 他動 敬語 ナリ、 

くろほす ノ條ヲ ョ) (二 )1 精神、 亂 ル-」 氣 

ガチ ガフ。 狂 氣ス。 垂仁 e 、五 年 十月 「狂 

き (三 K 神 託ス。 物怪、 憑ク。 クル メ 

ク。 si 異記、 中、 第三 十四 法 「痴 2? 哉、 若 託 i 鬼 邪」 

訓ほ 「託、 クル ヘル」 天 冶 字 鏡、 三 t 「註 (K) 、久 哲 比 

天 毛 乃 伊不、 又、 口 波 之 SU 同卷 y 耗、 久 S 不 J 宇 

冶 拾 JT 十五、 第四條 「コハ 、鬼 二く るはセ タマ フカ」 

(四)【常識、亂ル。 1^1シク§2ュ。 1. 

四 ffnss ヒ 見テハ 、幾 B モ!? ヲ、 幾許 モ、 久流比 二 

久流 比、 思 ュ ルカ モ」 (五) トサ マ、 力 クサ マ 

一一 、動キ メグ ル。 「舞 tv るふ」 馬、 馳セ くる ふ」 

(六) 正 シク合 ハズ。 度-一外 ル 。ダレル。 

逸 「據 W ガく るふ」 算用 ガく るふ」 目算 ガ くる ふ」 

くる-おし (名) 函 I S 節ノ約 (范葉 4r 

廿ー 一 ー+ 「久留 (隔) 一一 釘!: シ」) 足首 ヲ 俯仰 セ 

シム ル關節 ナリ〕 古名. ッブ ブシ。 ッ 

ブナ キ。 1^ ト足智 トノ骨 組/ 處、 骨* 高 

ク現ハ ル。 內へ 向へ ルヲ. 内 裸ト云 ヒ- 

外へ 向へ ルヲ、 外媒ト 云フ。 ック ブシ。 

訛 リテ、 ク P ブシ 。クロ-ポジ。 手腕 一一 モ 

ァリテ 、同ジ 。 堪川百 首题狂 永) 「富士 三 

里、 ドット サ ガリ テ、 タヅ 鳥ノ 、くるぶし ナレャ 、足 Sg 

ノ山」 

一く るべ か, す § くるめ かす (囘轉 ) ノ 

條 It. a ョ。 

一く るべき S 一反 幽 〔次 條ノ、 囘 轉くノ 



くるへ :… く <。 

名詞 形、 くるめく ノ條ヲ 見ョ〕 絲ヲ繰 

ル具。 まひば ノ 古名 ナルべ シト 云フ。 

天 冶 字 鏡、 十二 *!「lKtt、 久留戶 木」 ISS 注 接 名抄、 六 1" 

具 「反 g、 久流間 a-」aK 卽、 一 ニォ 58 音 所 車、 

今 俗" 呼 Lis 比 KI 者、 3«」 東雜、 九、 反 It 「此 ヲ、 

かせ わ トモ 云ヒ、 又、 まひ ぱ トモ 云 フナリ 、云云、 今、 

東 ai ノ方 ニハ、 くるべき ト云フ ナリ」 萬 葉 集、 四 15 十 

「吾妹 子 一一 、 © ヒテ a レバ、 久流? is 寸 二 、 ««ケ テ寄セ 

ムト、 吾ガ is ヒ, 初 メジ」 枕 草子、 五、 五十 段 「稻卜 云 

フ モノ、 多 ク取リ 出 デテ、 云云、 見モ知 ラヌ くるべ ま 

©、一 一人 シテ 引力 セテ、 K ウタ ハ セナ ドス ルヲ、 メヅ 

ラシ クテ 笑フ」 

く く (動) くるめく (囘轉 ) 一一 同ジ、 

其條 Tfa ョ。 

ク i ォ --ン — タ 

くる ほ • し (形) _M くる はし ノ轉. 其條 

ヲ見 3 D 

クかォ • ス 7* 

くる ほ • す. ス- セ.? シ.セ (他動、 四) j 廻 一 〔狂 

ふノ 敬語 (思 ふ、 お f ほす。 狂 じ、 くる 

ほし) 他動 一一 ズ、 廻らした まふ 意、 も 

W ほる (廻 ル) ヲも VJ ほす ト云 フモ、 同 

意ノ 敬語 ナリ (古事記 接 感曰別 一一 , 私 

意 ヲ加フ )〕 操リ 返- ンタ マフ。 古 。、中 

(仲袞 ニー nK^ 「此 御酒 ハ、 云云、 少御祌 (少逢 名! S) 

. ノ、 神窓 ギ、 お ギ玖琉 本斯、 燾 S ギ、 ss ギ母登 本 期、 泰 

リ來シ 御酒 ゾ」 

くる-ま (名) S 〔くる 《、囘 轉ノ義 、ま 

ハ、 輪 ト通ズ ト云フ (磯 閒, 礎 曲。 曲ぐ 

る、 わぐ る) 或 ハ 、くるくる 廻 はる 意力〕 

(一) 【輪 ヲ廻 ラシ テ、 種種 ノ蓮 轉ヲ ナサ 

シ ム ル具 「し 人-又-物、 ヲ载 セテ- 地上 ヲ 

牽 キ行ク -I ハ. 輪 一一 軸 ヲ貫キ 、轅ヲ フタ 

シテ、 鎮ヲ 牽ケパ >® 、廻 リテ 行ク、 人ノ 

乘 ルー 一 ハ、 上 一一 車 養 v;^ J 、牛、 馬、 一一 牽カ 

ス ル 一一 、牛車、 牛 車、 馬舉、 ァリ 1 人-一 牽 

カス ル -I 、荷車, 人力車、 ァリ, 蒸 氣機關 



1 ーテ帝 クー 一、 汽 ァリ。 mmir 四 g ャ 「0^ 草 

ヲ、 力 laMI 、七 車、 s ミテ戀 7 ラク、 吾ガ心 カラ」 g 

i 、十 一 一 「車、 久留 fs」 車 を懸く ト云フ 

コ トハ、 懸 M ノ條ヲ ョ。 (10 輪 ヲ!! 

ラシ テ、 Si ノ 器械 一一 用 キル モノ。 「水車」 

風 m」 時計 ノ車」 (三) 輪 ノ如キ n ト。 圓キ 

コ ト e 「車 切リ」 車座」 

く 1- あらそ ひ § Sil 數多ノ 牛 あ 

ノ立 所ヲ、 牛 飼童ナ ドノ、 相^ フ コ ト。 

又、 車 立論、 トモ 云フ。 源、 九、 「祭ノ 日 

ハ、 (K 茂 祭) 大 K1 一 < 、物! 1^ タマ ハズ、 云云、 カノ 御 

車ノ所 あら モひ ヲ、 K 似ビキ n ュル人 ァリケ レぺ」 

ハカ ナカ リシ 所 ノ御范 あらそ ひ 二、 人 ノ心ノ 動 キー I 

ケ ルヲ」 S の ffi の 日 I! ^(負 冶) 「ァラ ヌ状ノ 菜 あらそ 

ひ」 ;a 石^、 九、 下、 《s, 六烧 「故 金则王 院ノ滔 正、 公 

メラ レケ, i 時、 《 正 ノ牛! IT 御室 ノ御 車ト、 車 立論 

シテ、 御室 ノ m ヲ、 放 K 二 シ タリ ケ ルヲ、 © 官、 恃、 牛 

ヲ制シ カネ テ 、云云」 

<5^.d^^ (名) I 車 牛 一 牛 取ヲ牽 カス ル 

牛。 宇 保 物 tfrls- 峨院 一一 +「黄 ナル御 車う *r 想ケ 

タリ」 

.^^sa- えび (名) Sll 〔煮 レパ、 體 * 內 

-ー卷 キテ、 形、 車輪 ノ如 シ〕 うみえび ノ 

一種, 形、 常ノ鰕 ノ如ク 一一 シテ、 大キサ 

六七寸 一一 過ギズ 、殼、 厚ク シ テ 白ク、 節 

毎 -ー 、紅 ナル斑 ァリ、 煮 レバ 、全身、 紫 紅 

トナル 、秋-冬 ヲ、 節 トス。 又 ■ サイ マキ。 

斑 節 蝦 高 野 思 年 草 (W 永、 近 松 作) 中 「祝 _ 一; r 云云、 

、車海老」 

\zs^- がかり (名) & 〔車 トハ. 陣陣、 I 

趔リ 出ヅル 意〕 (一)e& 法-一, 先陣 二 一 陴、 

0. ト、 次第 -ー 廻 ハ リ廻 ハ リ テ、 攻 メ 力 

カルコ ト ST^asfsr 十、 下、 品 第 H 十二、 信玄、 

W 信、 川 中島 ノ IS 「ソレ ハ 、 m 掛 トテ、 ssi? 目 一一、 旗 _ 

% ト、 W ノ g 本 ト打合 ハセ テ、 一 戰スル ©ノ3^5、 是 

I レナり」, 常 山お m 、九 、翻お ト佐衝 }Kp 寺ト f 語 「武 



くるま …: くるま 



田、 上 杉/弓-矢 盛 ナりシ « -ヲ 申シケ レバ、 秀吉冷 笑 

ヒテ、 謙 信、 信玄 ト云フ 坊主 モ、 今一 一存 生へ テ居 ぺ、 

確 刀 ヲ肩ゲ サセ、 朱^ ヲ持タ セテ、 馬ノ前 二 召具ス 

ぺキ 二、 何條、 車が かり、 坐 備、 皆、 タ ハコ トナリ 、ト 

ゾ言 ハレ ケル」 SM) (二) 劍 術ナド 一一 、先番 

一一 勝チ タル 者 二、 新手 ノ、 代ル代 ル掛ル 

ゴ ト。 

ク S マ-ザ エリ 

くるま, がへ り (名) 軍 返 一 かへ りうち (反 

打) ノ條ヲ 見 ョ。 

くる-まさ (名) s_ 〔囘 轉卷ノ 義ナル 

_ ベ シ、 說文 「措、 棺 也」^、 援也匕 轆辘ノ 

異名。 太平 記、 三十 六、 天 王 寺造暨 sns 木 ヲ提ゲ 

ム トシ ケル 二、 卷ノ翻 二、 信^ 皮 ムキ千 束 入ルぺ 

シ」 

<§s,w (名) 一車 a 〔車 ハ、 卽チ、 輪 

ナ リ〕 輪 切 二 M ジ 。 太平 記、 十、 t^t 崎萵重 E 奴 

後 合戰^ 「奴 1^ ヲ、 ^ 面へ 追ヒ出 シテ、 弓手、 馬 手 二相 

付ケ、 車 切り、 洞 切リ、 立チ破 リニ 仕リ」 犬 孑? 宵 

永) 「幾^ 乇、 マ ハレ ャ瓜ノ 、くるまぎ り」 

く §- さ (名) 「車座 1 衆人. 還 ノ如ク 、圃 

ミ テせル n ト 国 幸 若、 和 田 酒 盛 「翥 盛ヲ 

初/、 虎モ、 長者 モ、 一 九十 三騎、 くるま 座 11、 ハラ 

リト居 流レ」 毛 吹 草 (正 保) 五 「車座 デ、 祝ヒ 初ムル 

ャ 、丑/年」 

<n (名) ffl_ 私人 ノ刑、 車ュ 

テ、 人ヲ裂 キ殺ス n ト。 .轘 字類抄 (天 鼓、 

畏寬) 「_ss 、クル マ ザキ、 刑 1 人 也」 塵 g (弘 安) 六、 五 

刑 一 ^「環 裂、 世ノ 人, 兩 車 ノ罪ト 云フ、 くるまざき 也、 

車 二 兩ニ 、片足 ゾゾ 結ヒ付 ケテ、 兩 方へ 逸 リノ ケテ 

裂ク 也」 立 入 左 京 一 入道 佐 、天 正 六 年、 織 田 信 

長ノ、 荒木 5g 逮守ノ 族ノ刑 「律 S 二 テノ成 奴、 燒討、 

はた もの、 京 II テノ車 ざ さ、 上下、 I 二十 六 人」 C 古范類 

宛) . 

クル マゾ ィ ギプ ゾャ 

i<$ -ぞひ (名) s_ 牛 i ノ左 右一 一 副 

ヒテ、 供スル 舍人。 官位 1 一因 リ テ、 服裝 

ヲ異 一一 シ、 十餘人 ヨリ、 以下、 1 二人 11 



ま 



至ル。 !^、EI 十九、 寄生;^ ャ 「御前、 隨身、 くるま ぞひ、 

舎 人、 ナド マデ」 

くるま-たて-ろん (名) _sl くるま あ 

らそひ ノ條ヲ 見ョ。 

ク a マズカ _ 

く i, づか (名) &塚ー 〔形、 貴人 乘用ノ 

車ノ 如シ〕 上代、 貴人 ノ墓ノ 、今一 一存 ス 

ル モノ、 土 一一 テ築 ケリ、 前 ノ方ハ 、方形 

一一 シテ、 低ク 、後/方 ハ、 圓形 二 シテ、 高 

ク、 此處 二 、 屍 ヲ蔵メ タリ、 周圍 一一 溝ァ 

リ、 側面 ヨリ 見 レバ、 靴 ノ形ニ 似 タレ パ, 

くつがた ノ塚 トモ 云フ、 古キ 御陵 ナド、 

皆、 亦、 此制 ナリ。 又、 塚 ァリ。 山陵 志 

「凡、 其 P 陵、 因, 山、 從ー: *ss 所, 向 無, 方、 大小、 

高卑、 長 srs に定、 其爲" 制 也、 必$^1ー宮 車 一而 使 r, 前方 

後 ハ爲, S 三 成、 且 以 ifS 、夫、 其^ 而高 者、 如, 

,蓋 也、 頂爲 11 1 封ハ 卽、 其 所,^、 方而 平? K1 、如, 街 

也、 其 上 隆起、 如-; l^i 執 一也、 前後 相 接、 其閒稍 ST 而左 

右 有 li^ 丘ハ倚 II 其 下 S5K 如-: 15 综 1 也 、及, 至ヨ. 《 世ハ民 

睹^、 而莫- 一能 議ー irss お 曰 1;虽 ほ 31 亦以; おゆ.,」 

くるま-ど (名) ISSj 戶ノ下 框ノ底 一一、 

小サ キ輪ヲ 仕付ケ タル モノ、 数 居ノ溝 

ヲ遣ル 二、々 ヤス ク走ル 多武 略記、 下、 

第二、 堂 舎、 講堂 「北方、 在 11 東戶 一具 こ 會根崎 心中 

(元錄 、近 松 作) 中、 門口 「車 戶ノ 音、 イブ 力 シク、 明ケ 

カネ シ折リ カラ」 

ま-どめ (名) s_ 路- 橋、 ナドー 一、 

車ノ、 通行 ヲ止 ム. ル コ ト。 

く §K- ながもち (名) 一車 長 待 一 長 持ノ下 

二 車輪 ヲッ ケテ、 地 ヲ牽キ 行 クべク 造 

レル モノ。 天 和 元年 十 一 月、 町 「火^ 出來之 

ts 、兩國 橋 假^、 ,長 特丼車 長 特通シ 候へ パ、 往還 之妨 

二 成リ候 g 、通 シ申閉 敷 候」 (但 s$s) , 

く ぱッた (名) ばヴた ノ條ヲ 見ョ。 

く 1- ひき (名) 一 荷車、 人力車、 二 

テ、 物、 又、 人ヲ载 セテ、 引 キ送ル ヲ業ト 



く 逢 



ス ル者 車力 車夫 S 超 琪成絲 输錄、 ヨ十 1 、 

延享ニ 丑年 五月 「車 引 之 者、 ガサ ヅニ 照し N 箬之 虚、 

近來、 ぎ 一往 來 ニテ、 乘馬之 側へ 車 引力 ケ、 馬 之 驚 候 

ヲ^ 杯 二 致 候 由」 

く sa- へん (名) sal 漢字 ノ 偏-一 アル、 

車ノ字 ノ稱、 軒 、軸, 幅、 輔、 轉, ナド ノ如 

シ。 .Igl.^ 運 歩 色 续 「車」 

く sa- ぼね (名) 〔形、 車輪-一 似タ 

ル 意力〕 セ ボネ。 脊椎 骨。 

\zs ま-や (名) _ffl_ (一). 一 ^宿-一同 ジ、 

其條ヲ 見ョ。 (二) 次次 條ノ語 二 同ジ。 

く i- やかた (名) 一 fflfi やかた ノ條 

ヲ見 in a 

くるま-やど (名) S 車引ノ 家。 クル 

マ ャ。 

一く §-ゃ どり (名) S 寢 殿造ノ 貴族 

ノ观 ノ總門 ノ內, 中門ノ 外-一 設ケ テ、 

牛 fc- ノ牛ヲ ハナ シテ、 引 入 レ督ク 建物。 

又、 車 露。 車舍 輿ナ ルヲ、 #s 宿ト 1K フ。 

敏ハ舍 枕 草子、 二、 十四 段 「車 ヲャリ テ待ヅ 二: 入リ 

來ル 音ス レバ、 云云、 くるまや どり 二 入 リテ、 チ i エホ 

ゥ卜 打チォ ロス」 榮 4 化物 語、 廿七、 衣 i|t 「北 ノ方ノ 御 

くるまや 二 、 女房 タ チノ 車 ナド、 引キ ヅザケ タリ」 

下^^、下、^^1門「車マャ宿」 運 歩 色葉橥 「御^ 宿」 

家屋 雜考、 二、 車 舎 「車舍 ハ 、 中 門 ノ外ニ ァり、 車 

一一 テ來ル 客人 ァ レバ、 牛 ヲハヅ シテ、 車ヲ引 キ入レ 

6a ク所 也、 此方 ノ車 ヲモ、 常 二 、引 キ人レ ク 所ナリ 

ト云フ 、興舍 二 同ジ」 同卷、 輿 舍 「北山 殿 行幸 li ^"一一、 

蹈殿商 面七箇 、云云、 階 、修理 職 礎-一 御輿 寄ハ 云云、 

中 南腋、 《s 一一 御 興舎ハ 云云、 ナド見 H タル、 是 ナリ」 

く s^- よせ (名) M 殿舍 一一、 牛ぁヲ 

寄 セテ、 昇降 ス ル處、 寢殿ノ 東西 ノ妻戶 

ノ前 一一 、贿ノ 屋根 ヲ 差 出 シ テ 作リ, 下ヲ、 

数 石 ト ス 。 (家屋 雜考) 成 ■ 記 丄ハ、 丹 波少將 

「人人、 泣 ク泣ク 起 上 リテ、 車 一 出デ向 ヒテ」 



<1 。 



— <1 

クニ イド ; 

V§K- ゐど 一名) 一 か 井 戶ー 糠 S ヲ 仕掛 ケ 

テ,: ヲ 掛ケテ 1 水汲ム ベ クシ タル 

井。 (はねつるべ ノ井 戶ナド 一一 對ス) 

V5- み iw 1 包 一 クル ム n ト。 ッ ッミタ 

^ モ ノ 包括 「9«、1 くるみ」 

: クル-み 3 S 〔吳 挑ト モアレ パ、 

? r 人 ノ搏ナ ラ ム (お 、ノ 、 &0 二 テ 、 くる 

ナリ- 共條ヲ arro^si ノ 樹十リ ト思ハ 

ル〕 木. 葉ハ, 漆-一 似テ大 キク, 周 リー 一 

細 カキ别 ミア リ- 長サ 五六 寸- 排生 ス 、 

な .^ヲ 垂レテ ,货 白花ヲ 開 ク、 栗ノ花 

一 似テ, 長サ六 七寸、 花ノ細 カキコ ト、 

粟 ノ如シ -«ハ 、桃 ノ如ク 一一 シテ、 靑ク * 

熟 スレパ 、黑 シ 、核、 S ダ 堅ク、 深シ , 

仁 ヲ取リ 食 「。他 名 一一 對 シテ、 おにく 

るみ トモ 云フ。 又.^„3くるみト云フ ハ、 

^00 一一 シ テ、 少十シ 、葉 ハ、 胡桃 一一 似 

テ 、長大 ナリ、 核モ大 キク- 一寸 餘-ー シ 

テ 、ss 、多 シ C 古 £8 拾! r 主計? や SSj 2a 

£"「H は、 久 ss»r」 木 和名、 下; 一 i 千 「胡^、 

* 使 rlc«r-s、 S つ M 、故 名 1; 胡 抹ハ久 BSH:」(S 名抄、 

;! ジ) 

ぐるみ (接 35 S ヒキ クル メテ, - ト、 共 

- 一。 ゴト。 ゴ メ。 大阪- 一 テ、 グチ。 持 R 

ffss2 法 (正 i«- 近 松 作) 三 「lsi ぐるめ、 姬 ぐるみ」 

「皮ぐ るみ , A ぐろ み」 

クルみ おへ § 一 胡 il 〔あ ふ i) ノ 

條ヲ: ョ〕 胡 挑 ノ仁ヲ 揺 リツ ブシ、 味 

^ト^^糖トヲ^ッ メタ ル ヲ揺リ マ ゼ、 

醉ト鹽 トヲ、 S ョク 加へ タル ヲ以 テぷ如 

デ々 ル i^is91a へ タル モノ。 

ーグル みいろ へ 名) llw^ 一 〔胡 佻 ノ核ノ 

© 紙ノ 色-二 K7,s. 白ク. 表. 滞 一;^: 色 



<5 み 



ナ 々紙 ナリト 云フ。 wr 十三、 S 石 

ノ くるみい ろノ 紙」 孟 抄 「高 H ノ紙ナ り」 

tt 草子、 七、 六十 四 S 「くるみい ろ ト云フ 色紙 ノ、 ほ 

KH タル ヲ」 後 拾 遣 集、 十、 袞 S 「くるみ 色ノ: 二、 

云云、 害 キー ァ」 

クルみ-やき i 一 胡桃 燒 I 〔形、 圓 クシ 

テ^ アル コト、 胡桃 ノ核ノ 如ク、 大キサ 

モ、 色モ、 似 タリ.〕 、つ VI んぁヲ 水-一 溶シ 

タ ルヲ、 鐵板 二 M キ凹 アル-一 、油 ヲ延キ 

テ 、 注ギ入 レ 、炙 リ燒 キテ、 鷂 ヲ包ミ タ 

ル モノ、 形、 圓シ。 

くる • む- ム -ザ 了ミ. メ f 他 S 、四) ーぜー 〔囘轉 

ノ くる ヲ 活用 ス、 刻 1 劾、 きざむ〕 包ミ 、 

卷ク。 ク クム。 (くるめる ヲ倂セ riR ョ) 

異本 调 語 S 、铺 *? 「長 キ 小袖 二 テ、 足ヲく 

るみ」 「s 呂敷ニ 、若^ ヲ くるむ」 

ぐるめ (接お) ® ぐるみ-一同 ジ。 g 生 as 

S 川 (享 保、 近 松 作) 四 「刀ノ 柄、 手先ぐ るめ 二、 シプカ 

ト 取り」 

くるめ か *す* 予セ. サ-シ -セ (他動、 四) I 囘轉 I 

〔次次 條ノ 語ノ 他動 (いろめく、 いろめ 

かす。 かがやく、 かがやかす) 次次 條, 

及、 めく ノ條ヲ a ョ〕 クル メク ャク -1 

ス。 クル クルト、 マ、 ノス。 轉ジテ 、くる 

ベ かす。 宇治 拾! r 十三、 第二 JSS 「馬ハ 、口 ヲ级リ 

タ レバ、 云云、 ト引キ 、カウ 引キ、 くるめ かせ パ、 倒レ 

ナム トス」 ー兀亭 w«r 三 「眩 ,is」 宇津 保 物語、 接 

e な 「阿 、怒 レル ぉヲ出 シテ、 云云、 限ヲ、 車 ノ^ 

ノ 如ク兒 くるべ かし テ」 宇治 iiss 、十五、 第 十二 e 

一 目、 大 二 シテ、 見く るべ かす、 もヲ吹 キ怒ラ 力- シ J 

<s め-がす り (名) 一久 留米^ I 筑後 國、 

久 米 地方 ョ リ產出 ス ル 、木綿 娥 ノ總。 

<s- め • く. ク. ケ- 力. キ. ケ (ms 、四) 一 囘轉ー 

〔くる ハ 、囘轉 /くる (ひらひら、 ひらめ 

く。 ふた ふた * ふためく) めく r 其條ヲ i 

I 



くるめ 



見ョ、 他動 二、 くるめ かす トナ ル、 ベく 

ハ、 めく ノ音轉 (、つ ま ろめ た し、、 つ あ ろ ベ 

たし。 すべる、 ぬめる) 他動-一,, くるべ か 

すト ナル〕 二) クル クルト、 廻ル。 狂ヒ、 

マ 尸 ル。 轉ジテ 、くるべく。 著 HIT 廿、 魚 

al、se 保ノ 比、 云云 「女、 俄-一 病 ミ出 デテ、 ァラ ャ、 

ャト叫 キ入リ 、くるめく n トォビ タダシ、 驗 t$ ヲ 

呼 ビテ祈 ラス ルニ、 蛇 ハ S 、病 者 一一 ァラ ハレ テ J 

sts 語、 十九、 第 is 、き 河 守 大江定 基 rsTIK ノ 

如 ク、 クル クル きテ」 名 S 抄 「轉、 クル ぺク」 

(二〕 { 眼 、囘 ルガ 如ク、 感ズ。 メマ ヒス。 

目 クラム 。弦 § 接 名抄、 三ん 病 類 「眩、 女久流 

米久夜 laiji 2«_ヌ 眩、 目女久 aa」 名 *«S「E 、ク 

ルべク 、メ ヌグル、 メクル J 

;ー: くる • める At メレ ョ (他勳 、下 一) 

S 〔四 段 ヨリ 轉ジテ 、生得 ビ下 一段〕 

( 1 ) クル ム。 ッ ツム。 包括 總括 「何乇 

カモ、 引キ くるめ テ J (1 一) 十分 一一 、タグ ラカ 

ス。 /セル。 訛 リテ、 くろめる。 籠絡 

「相手 ヲ くるめ テ、 同 S サセ -i」!»7a« ト 、言 ヒ くろ 

める」 

一く るり (名) 國 くるり や ノ條ヲ s ョ。 

<sy (名) _sl 枷 一 くるり ぼう ト、 から ざ 

をト ノ條ヲ 見ョ。 

: 一: ぐるり (名) ま圍ー メグ リ。 マ ハリ。 「屋 

ノ ぐるり 二、 垣ヲ SS ク」 泡ノ ぐるり ヲ, 巡ル」 

ぐるり-お ヒし (名) 一周 阒落ー 女ノ 髮風ノ 

名、 お ど しばらげ ノ條ヲ 見ョ。 

く る- 5- (副) 一 旋囘ー 〔囘 轉ノ 語原 

"a ョ J 囘ル狀 一一 云フ 語。 ぐるりぐ る 

り-。 、四十 二、 與一 お fej*s、s; ニモ タマ 

ラネバ 、くるり くるり トマ ハリ ケリ」 「a 車、 ぐるり 

ぐろ り トマ ハ ル」 

</s- り- $ り § In 一 前條/ 一一 

E ジ。 — 



くる S- …: <3 る A 二 



く S. り-と § 一 i 轉 I 廻 ハリ、 又- 卷キ 

絡 フ狀- ー云フ 語。 クル クルト。 グルグ 

ルト。 ぐるりと。 「くるりと SK ル」 くるりと 

卷 キック」 

ぐる-り i § SI 物ノ 周圍ヲ 廻ル狀 

ニ云フ 語。 グルグ ルト。 「ぐるりと、 池ヲ园 

ハ ル」 ぐるりと 取 卷ク」 

ぐ MH>4j § ffl_ 〔囘 § と マ " ル意、 

昔ヲ轉 ジテ、 からりと * がらり とト ナル、 

くぐ まる、 かがまる。 むながら み、 むな 

ぐら〕 物事 ノ趣 キノ、 全 ク@ ル狀- 二- 

フ 。局面 1®。 「"« 色ガ ぐるりと g ル」 形 SC ガ 

ぐるりと 接 化ス」 天氣ガ からりと 喑 レテ」 夜ガ がら 

りと 明 ケタ」 聞 イタ 事ヲ、 がらり と 忘 レタ」 

t くる S- ぼう (名) I 翻 一 〔棒 一一 提. V リテ、 

くるり, ト マハル〕 から ざ を ノ條ヲ 見 

ョ 。略 シテ、 くるり。 マヒ ギネ。 

くるり-や (名) 一 〔鏑ナ ドュ裝 i ァリ 

テ、 くるり, くるり ト、 旋囘ル モノ ナル ベ 

シ〕 水禽 ノ、 水 一一 浮 ビ居ル ヲ射ル 矢。 く 

るり。 甲 H- 夜話、 四十 五、 くるり J-sr 此 くるり ト云 

フ ハ、 ノ、 水上 ナ ドニ 居,^ ヲ射^ タ. < -ノ 設ケナ - 

リ、 矢 ノ制ハ 、矢 末 二 、ti? 木 二 テ、 小キ §7 ッケ、 其 

先キ 二 、41. 月 接 ヲ打テ 、此 ヲ、 弓ヲ 1^ セテ 放ヅ、 故 

、水上 ヲ 走り テ、 ノ £6S5 二 中ル」 東大寺 SS 

物 接 「f: 尾羽、 鹿角久 琉理、 一 接」 倭 名抄、 十五 B 改敏 

具 「唐 云、^、 鳥 矢 名 也」 字 ss^ 抄 「3^ 、ク ルリ、 乘 

, 舟 射;: 水鳥 一之 矢 也」 正 治 二 年 百 首 「fr 力 戀ハ 、くる 

り 射 流ス、 川ノ濯 二、 たち ヌル 鳥ノ、 アト ハカ モナ 

シ」 (起つ ト、 ノ、 肉 二 立つ ト、 カケタ リト 云フ) 犬 

子实 (宽 永) 「くろり くろり ト、 ヌグル 盃」 水鳥 ヲ、 對 

テハ «プ 、矢ヒ ロメ 二」 

く S- る i |g| 〔囘 轉ノ約 (きらきら、 

さらら. - さり さり、 さりり) くるろ 木ト 

云フ ガ、 成語 ナルべ シ〕 ( 1 )戶I^開閉セ 



シムル 機。 クル。 クロ Tlo(VJ ぼ を ノ條ー 

ヲ 見ョ) 夫 木抄、 十 「納 殿、 くるる ノ装戶 、オシ 明; 

ケテ 、今日 七タ 二、? 《ス 物 ャ何」 (二) 戶ノ 

ォ トシ。 排節涵 卯月 紅 菜 (资 永、 近 松 作) 中 「倉ノ 

戶ヲ 明テ、 内 一一 窃卜 入り、 樞ヲ、 ハ タト-. 落 シケル J 

一く るる-ぎ (名) Is^l 前 條ノニ )- 一同 ジ。 

VJ ば そ ノ條ヲ 見ョ。 爲忠百 首、 下 「吾妹 子ガ、 

ハ隔テズ、くるるぎノ、ナド開ケガタキ、中卜ナル 

ラム」 名お 抄 「鍵 、クルル ギ、 ト ザシ」 藻 M 草、 六 「く 

るろ ぎ、 トザス 木 也!! ト ぉク」 

一く るる 〔ど § 一 戶ー ーテ 開閉 ス ル戶、 

(造戶 ナドー 一 對ス) M 、八、 花 「人 ズク ナナ 

ルケ ハ ヒナ リ、 奥ノ くるる ビ モ関 キテ、 人昔モ セズ」 

基-わ (名) ー薦ー 〔古 築城 ハ くるくる 

g ク遶ラ セ タリ、 丸 ト云フ 、是 レナ リ〕 

( 1 ) 城- §1-;; ノ周腦 一一 、繞ラ シ築 ケル、 土 

石 ノ圃。 丸ノ條 ヲ併セ 見ョ。 ^ 内部 

二 アル ヲ、 內 郭ト 云フ。 牙城 更ニ、 其 

外部 ヲ繞 ルヲ、 外 S ト 云フ。 n 奥 港 

永 i^HP 。、十五、 門^ 落城 扦常 盤合戰 「常 ノ城 モ、 

外 曲 絵、 一 ニノ 曲餘、 攻卜 ラレ、 ニノ 丸パ カリ、 ャゥャ 

ゥ抱 タリ」 (二〕 遊里 ノー 名。 色道. Kgg (延 

wr«* 山) 家屋 門 「何 二 テ乇、 烦 城町ノ 一 !g へ ヲ、 郭 

ト云フ 也」 「郭: 迎ヒ」 郭ー 一 一 Bl」 

くるわ-がよ ひ § S 遊郭-一通 ヒ行 

ク n ト「. - 

<s わきば (名) ffli- 遊 f テ、 

娟妓ナ ドノ 用 ヰル、 特種 ノ語。 

一 くれ (名) 一 S 〔くる (暗) ノ 名詞 形、 其條 

ヲ E ルョ〕 暗 ルル コト。 暗キ コ ト。 萬 紫 

壤、 廿! 5 「木 ノ久 驩ノ、 繁キ S 上ヲ、 ホトト ギス、 鳴キ 

テ越ュ ナリ、 今シ夾 ラシ モ」 訓 ttr くれ 「m 國ノ俗 

二、 木ナ ドノ 膝 二 、くれ 卜 云 ヘリ」 . 

一 くれ (名) S (一) 暮 ルル コト" 日ノ. 沒 

ラム トシ テ、 空ノ暗 クナル 時。 ヒ グレ。 



くるる …: くれ 



夕。 *。 t^l^ 集、 十四 t 「曰ノ l^c 躍 二、 碓比ノ 山 

ヲ、 越ュル 曰ハ、 セ ナノ ガ袖モ 、サャ 二 振 ラシ ヅ」 

(二) 終 ハリ。 スェ。 源、 四十 H 、竹 川 f 「ッレ 

ナクテ 、ス グル月 曰ヲ、 es へ ヅヅ、 モノ ゥラ ヌシキ、 

暮ノ舂 カナ」 「年 ノ暮」 暮ノ 秋」 

くれ (名) S 〔くれ 木ト云 フガ、 成語 ナ 

ルべ シ、 卽チ、 黑 木ノ轉 (黑、 皂皮 ,皂 革) 

大嘗 祭儀 「正殿 一 宇、 構 以,, 黑 木,」〕 ( 一 ) 

{:g 山 ヨリ 伐リ 出シタ ル、 皮 ナガ ラノ材 

木。 黑木。 大小 ノ 丸木。 丸太。 箋注倭 名 

. 抄、 五; 5十「博 、久 禮」 内 匠 式 「想捋 、大 七十 五材」 挖 

s-」 榮花 物語、 十七、 音樂 「筏 ヲサ シテ、 多クノ くれ 

材木 ヲ運 ブ」 同、 廿五、 峯月 「くれ、 H モ香 ハヌ 大木 

ドモヲ 、タダ 、此牛 I ヅシテ 、運 ビア グル n ト ヲシケ 

リ」 同、 せ 六、 楚王夢 「立 チサ マ ョヒ、 くれ 材木 ノ上 

ナ ドニ、 座, シナ ラバ セ タマ ヘリ」 ^今昔 物語、 十四、 

第 四十 Esnw ヲ 以テ、 ^柱 二 造テ、 0m ハ レ バ」 

(一二 用ヲ轉 ジテ、 木ヲ 刹ギテ 薄板 トシ、 

板屋 根 ヲ葺ク モノ。 ソギ。 へ、 ギ イタ。 

コ ケラ。 沙石 集、 五、 上、 第 六條、 伊豆 ノ 山寺 恼 「博 

资、 くれ ャ召シ 候 フト云 ヒテ、 馬 二 ッケテ 來ル」 , 下 

遂^、 上、 門 「lr 日本 俗、 爲 1 ー葺: i 之扳こ (三) 

又、 轉ジ テ 、薪。 玖 波 建 (文 和) 「イソ ヤノ 庭 

ハ、 くれ (@ ニナ リ ヌル」 浦 二 又、 乾ス薪 ヲ乇、 取 入 

レーア」 (四) 今ハ、 脊 板ヲ、 榑木ト 云フ。 

くれ (名) 面! カタ マリ。 「土 くれ」 石 くれ」 

芝 くれ」 

くれ (名) ISI 〔芝 塊 ノ^、 訛 リテ、 すば 

きり トモ 云フ〕 結 縷草ヲ 、程ョ ク地ョ 

リ切取 リーア、 庭 ノ碼, 堤、 又 ハ 、茅屋 ノ上 

ナド -1 、移 シ植附 クル モ ノ。 柬雅、 .一 ハ、 宫 

室、 門 ノ條 「柬 國ノ, 俗 二 、 地上 ノ *t ぱト 云フ 草ヲ、 土 

ナガ ラ取 テ^ シテ、 屋ヲ葺 クヲ、 くれ を 切る ナド言 

ヒテ、 :5 ノ 字 ヲ用ヒ .1 ァ、 くれ 卜識ム 也」 名言 通 (天 

保、 服 部宜〕 上、 結,!^, 一 「陸 奧幽ノ 方言、 くれ、 云云、 切 

取テ、 庭砌、 又 ハ 、 货ナド 二 用ュ、 云云、 又 、すば きり 

ト云フ モノ ァリ、 白 昌ノ蹈 生 一一 シテ、 くれ ノ中 一一 ァ 

, ^モノ、 ゾノ ママ 切 取リ、 屋脊二 用ュ」 



くれ 



タレ (き 一 11 〔韓 語. くる ノ轉 (吳 桃、 く 一 

るみ) 文采 ノ義、 織物 ノ 文/意 (白鳥 庫 

士 n 說) 高麗 ノ久禮 波、 久禮志 モ、 織工 ナ 

ルべ ク、 百 濟ノ吳 服 西 素> 亦、 織工 ナリ 

(此吳 服ノ字 ハ 、追記 ナリ) 此 久禮ノ 語, 

移 リテ. 吳 國ノ稱 トナリ シナラ ム (g ノ、 

カラ アヤ アヤ れ * 

漢 一一 移 リタ ルガ 如シ) 漢モ、 繞 一一 テ、 秦 

モ、 總ナリ 、スべ テ、 織物 ヲ以テ 國名ト 

セシ ナリ、 漢 ノ條ノ 語原 ヲ倂セ a ョ〕 

支那/ 吳國 ノ稱。 揚子江 南 、今/南京 地 

方-六 朝ノ 政府 ノ在リ シ 京師 ノ地 ナリ, 

應神紀 一一 、 織工 女ノ吳 織ノ 來リ、 推 古 

紀 一一 、吳 樂ノ傅 ハ リ シ ナド、 此地ョ リナ 

リ。 此 くれ ト 云フ, 語 、後一 一 ハ、 支那 全部 

ノ 稱トナ リテ、 もろあし ト共 一一 用ヰラ 

ル、 隨ッテ 、スべ テ、 支那 渡 艰ノ物 一一 冠ラ 

スル 語トナ レリ。 應神 ST 三十 七 年 二月 「遗ー 1 

阿知 使 主 於 &吳 、令, 求 1 一^ ェ女ハ 阿知 使 主 遮 n 高 翻國; 

高麗 王 乃 副 1 一久 禮波、 久禮 H さ 人ー爲 I 一?^ 者 一得」 迪 

k 、吳王 於. 是、 與 一一 ェ女吳 職 穴 織 こ (JS 文,) 

古 記、 中 (應 神)! 「百 濟國 王、 贡 -1.H 手人吳 服 西 

素 こ (is 文) f 略 十四 年 正月、 吳 國使來 朝 「爲 一一 

客 道 S 一 一名 i 坂 ニニ 月、. 3wi 連 「^一一 

ハ卽 安, -區吳 人お-一 ^野; 因 名 一 ici! 原 I」 「吳 釘」 

吳 竹」 吳ノ 藍」 吳/ 1^^」§) 吳ノ 椒」 (§ 

くれ ノ 8 酒 一 〔是 ノ轉 (此 者、 くば。 此 

奴、 パ やつ) をれ がし ノ條 ヲ倂セ 見ョ〕 

不定 稱ノ 代名詞。 何 ト云フ 語 ト、: S ベ 

用キ テ、 其 名 ヲ知ラ ヌ人、 又ハ、 其ト定 

メス 人 二 代へ テ云 フ。 源、 廿ー、 少女 i 「何ノ 

御子、 くれ ノ 源氏 ナド、 数へ タマ ヒテ」 同、 四、 タ顏針 

「御隨 身共 モア リシ、 何 ガシ、 くれ ガシ 卜歡 ヘシ ハ」 

枕 草子、 十 一 、百 三十 三 段 「殿上人、 地下、 六 位、 何く 

れ マデ」 

く *れ (動) 國 くる (暗) ノ條ヲ 見ョ。 



くれ 



く *れ § 國 くる (暮) ノ條ヲ 見 ーョ。 

く .れ (き くる (與) 、又-くれる 

ノ^ ヲ asITIO 

タレ-アイ 

くれ-あ ひ (名) ー暮 合一 日ノ、 暮 ルル 頃。 

クレ、 ガタ。 晚蘭 三 河 物語 (大 久保彥 左衞 門) 

上 「七? - 時分 ヨリ 行キ d 招 二 成リケ レバ、 御門 之 力 

ギヲ 渡サセ 給へ」 

タレ ェン (名) 一起 重機 一 〔英語、 Crane. 〕 

重量 ノ物ヲ 、上下、 左右、 一一 動 カス 機械。 

グ レヱン (名) 量ノ 名、 げれ えん ノ條 

ヲ見 ma 

クレオ ソ オト (名) 〔英語、 Creole. 

獨語、 K:reosot.〕 藥品ノ 名、 撫ノ木 ヨリ 

製 スル、 透明" 微 黄色、 油狀、 ノ液, 齲齒 

ノ鎮痛 劑ナド 一一 用キ ラル。 

: タレ-がく (名) 1^1 吳ノ國 ヨリ ® ハ 

リタ ル舞 樂, 又、 伎樂。 今、 伎樂 ノ面ト 

テ、 奇怪 ナル相 ノ假面 ヲ藏ス ル寺、 往往 

ァ リ。 推 古 1^、 廿年 五月 「百 濟人珠 蹂之降 化、 日、 

mif 吳、 得- 1 伎 樂 ® 一則 安 i 壊 井 一而 续-ー 少年 一 令 

i 習 一 1 伎 樂憐こ 德 太子 磨 「味 接 之、 云云、 f 少 

年 1 令 1 一 傳習ズ r- 諸 寺 伎 樂舞是 也、 云云、 令 i 習 11 吳鼓こ 

職 負 令、 雅樂资 「伎 樂師 一 人、 @k 敎 11 伎 接 生 こ義解 

「伎樂 、き 1 吳樂こ 

一 くれ-がし (代) 靈 くれ (某) ト、 もれが 

し トノ條 ヲ見ョ 

<^.^^ (名) 暮ー 一向 フ時。 クレ 

ァヒ。 薄暮 千載 级、 千 九、 s« 教 「サ ラー-マ タ、 花 

ゾ降 リシ ク、^ ノ山、 法ノ 廷 ノ、 くれがた ノ空」 

一 くれ- は-なめ (名) S 〔くれ か はハ、 

皂 皮ノ轉 (黑 木, @: 木) な、 め 尸 、なめし か 

はノ 下略〕 色/ 革。 天 冶 字 鏡、 千 二 J 

「患^#、久纆加波奈女」 



〈一 11 



くれ か 



くれき 



くれ- 5R- (名) S 〔« ノ條ヲ a ョ〕 材 

木/? 板。 

: タレ-くぎ i 一^ 〔吳 ノ國ノ 製 二 傚 

ヒシモ /ナル ベ シ〕 きりくぎ ノ 1 名。 

28、 六 *I「«r 无 釘 也、 久灣 久義 J 木工 賓式 「ニ寸 

せ ■ 釘料纖 三分」 

くれ. </れ (名) S W ノ レム トス 

ル E ;。 ク レガタ 。暴 「曰ノ くれ ぐれ」 

くれ. < /れ (a) S 〔総り 繰り ノ搏. や 

つがり, やつ がれ。 塊 石. くりいし〕 緩 

返シ 、樣 返シ。 力へ スガ ヘス。 i 狂 

、石 S 「くれ ぐれ S ミ マス 一 「くれ ぐれ 戎ム」 

一 くれ-ぐれ-と (a) s_ 〔暗る ノ! 用 形 

ヲ ま- ヌ、 其 條ヲ a ョ〕 又, くれ H-。 クラ 

グ ラト。 ォ:^ ッ カナ ク、 思 ヒ暗ル ル狀, 一 

云 フ 語。 萬 ssr 五? 「ヅ ネ知ラ ヌ 、sl ノ fi 手ヲ、 

久 黼久驪 、イカ 二 カ行 カム、 e ハ餵シ 一一」 11、 十 

三 5- 沖 1»1«、 ル WW ヲ、 久 灣久囊 s、 R りゾ a 

ガ來ル 、妹 ガ:: 11ヲ«"」 IK 花 wsr 五、 5g?g 別 一 カノ 

山 近 二 テハ、 下 リサ セ タマ ヒテ、 くれ ぐれと 分ケ入 

ラセ タス フ j 萬 asr 十" 「サ ニヅ ラフ、 妹ヲ以 フト、 

霞 t;i リ、 i";:: モ 8sl、g も ワタル カモ」 B 明お、 K 年 

くれ JJO し -ま* す- ス ?シ .セ (他 勳、 E) 

〔くれさし ハ 、くれさせた まふ ノ させ ノ 

お 與ふ、 くれる ノ 敬語。 BS お、 比丘 fi: 

「ヨウ コゾ, くれさし まし タ」 ra、tts 狂 「ii 几ヲく 

れさ しませ 1 _ 

クレ- たけ (名) S S<〉SI ヨリ St 種 

シ タルモ ノト フ〕 (一) 淡竹ノ 類、 丈- 

數尺 一一 通ギズ - 葉、 細ソ クシ テ- 贺洒ナ 

リ 、多 ク? 3 際 二 m H ,又- ト シ 、 格子 

ナ ドニ 用 キル。 然中ノ 仁 森 ノ 向ノ 

北/ra-l、e^^竹sト云ファリ-吳竹ヲ植 



く; J つ 



エサ セ タマ ヘリ。 か はたけ (河 竹)/ 條 

ノ ( 1 ) ヲ併セ ョ。 本荩 和名、 上 ^+ 「; a 竹、 

久 m 多 介 一 ほ 名抄、 廿 S 竹 1«「{*« 竹、 似 la 而 K 茂、 廷 

也、 吳竹、 久禱太 介」 «略、^1篇、十四、弘仁四年 

「此歲 、天下 BU! 竹、 實 如, 《5、 其 後 枯恭」 江 家 次第、 八、 

相«^召仰「自=仁|!^63©„!!西?^9|北折、 自 ーー吳 竹 »r&- 

北行」 ほ訓 Itr くれたけ 「ni! 竹 、仁 *.^Bt ノ前 北方 一一 

ァリテ 、馬 ョ活 セシメ 、夜ノ 明 クル ヲ待 ヅガタ /、ffl 

政メぉ 也ト云 ヘリ」 (二) 此/ 語-節、 節- ナ 

=MK フ ノ序 一一 用 キル 通 ジテ、 世-一 モ 

フ。 古今 《、 十八 、雜、 下 「世-一 《 レバ、 言ノ ss? 

キ 、くれ 竹ノ、 うき ふし ゴ トニ、 _« ゾ S !ク」 竹 取お f 一 S 

「くれ 竹メ、 よよ ノた け^ リ、 野 山 一一 モ、 サャ ハヮビ 

シキ、 ふし ヲノミ 見シ」 rBS! 竹ノ 伏見ノ 里」 

ぐ-れつ § s_ 愚鈍 一一 シテ、 拙劣 ナ 

ル n ト。 漢害、 谷 永 傅 「拜 k 吏 之 日、 京! a 士大 夫、 恨 

然失, BT 此 e 永 等 1® 劣 、不, 能 igl 一 «M» 分 こ 

タレ-つづみ § ー吳鼓 I 腰 鼓 一 吳樂ニ 用 

ヰル 鼓。 (つづみ/ 條ヲ 見ョ) 俊 名抄、 四 *- 

asw 「木 2? 云、 _Bfi 師 JI 、久躍 豆 豆 8」 

くれ-て-や • るん- レ. ラ •? レ (他動、 四) ー劍 I 

〔遗ろ ハ 、仕向く る や 4、 見テ やる、 聞ィテ 

やる ナドモ 云フ〕 與フ。 クルル。 ッカ 

ハス。 港 a% 語、 1 、 下 「サ ルぺキ S & アラバ、 知 

ラズ 顔 一一 テ、 くれてやら ム、 トシ ヅル モノ ヲ」 

クレ, ど あ (名) _s 〔吳 ノ條ヲ S ョ、 

支那 ノ胡 床ノ 製- 1® ヒ テ作レ ル モノ ナ 

レバ 云フ〕 椅子 ノ、 大ナル モノ。 又、 吳 

床 ノ條ノ (二) ヲ兑 ョ," 西大寺 B 財 STBH 床」 

接 名抄、 十四 J:* 臥 「牙 床、 久纏 K 古」 

クレ -なゐ S E 〔吳 ノ藍ノ 約、 其條 

晃ョ〕 (一) ス H ツム ハナ。 紅花。 萬 

繁壤、 十 ヾ紅 ノ、 花-一 シ アラバ、. 衣 一、 ffil メタ 

ケ持 チテ、 往ヌべ クオモ ホュ」 (二) 花 ノ汁ー I 

テ染 メ成シ タル 色。 赤 クシ テ、 鮮. R ナ 



くれな 

ル色。 (紅花、 及、 紅 ノ條ヲ 見ョ) asr 

五 f 「久 K 奈 爲ノ、 s ノ据 ほレテ J 同、 十 一 £「吳 

く 八 ai ノ衣」 (三) 此語、 色-移す、 ナド云 

フ語ノ 序 二 用 ヰ ラル。 <»楚 集、 四 g+「《 き 

ヒノ、 恐 キ國ゾ 、紅ノ 、色 ニ莫出 デゾ、 a ヒ 死ヌト 

モ」 同、 七 一; 一. H. 言 痛 クバ、 左 右 セムヲ 、紅ノ 、移し- 

ャ、 妹 二 逢ハザ ラム」 

タレな ゐ- の, ち り (名) S 〔紅塵 ノ 

文字 SS 世俗 ノ中。 夫 木抄、 十九、 ess キ、 

B ノ!^ ハ、 紅の、 ffi ノ 外ナル 、擬 《 ナリケ り」 

クレ なゐ- の- ムで (名) 〔^12 ノ 

訓讀〕 支那-一 テ、 軸 ノ赤キ 筆、 女 ノ用ヰ 

ル モノ,」 移 シテ- 男女 M 答 ノ書ノ 一 

用 ヰ-くれな ゐの ふみ ナド 云フ。 左 傅 、定 

公 九 年 「薛女 之 三 tr 取 鞋 iS 管、 赤 管 5a、 

女史 記 ,il^」 疏 「必用, 赤 W 、示 > 其 以 一一 赤心 一正 ♦ 人 也」 

金 tgr 七、 IT 上、 文パカ = 'ォ n セテ、 言ヒ絕 H ニケ 

ル人ノ 許 二 「ふみ ヅ メテ、 stls リシ 、紅の、 * ノス 

サビヲ 、イカ デ見セ ケム」 (女 ノ砍) 新 六帖、 五 「理カ 

ヘリ、 af/ テ色 B キ 、くれな ねの、 文 見シァ トモ、 今 

ハ sreH ヅヅ J 

タレな ゐ -の ムみ (名) S 前 條ヲ見 

§ 一 暗 I くれ ぐれと (暗 暗) 一一 同 

ジ、 其條ヲ 見ョ。 

タレ-の-あ ゐ (名) S 〔吳 ノ國 ヨリ 

移植 セ シ モ ノ. 紅 藍ノ- 物ヲ^ ム ル n ト- 

lt 藍 ノ如ク ナレパ 云フ〕 紅花。 專ラ、 

約 メテ、 くれな ゐ ト云フ > 其條ヲ a ョ。 

木 S 和名、 下 g ャ 「紅 E 花、 久禱乃 IWSJ _K 名抄、 十四 

色 具 「紅 £、B5W 、久禮 乃 阿井、 本 胡 式 云、 紅花、 俗 

用 * 之」 

クレ- の-おも (名) S 〔吳 ノ國 ヨリ 

ノ 移種ナ リ (茴香 ハ 、地中海 沿岸 ノ原產 



くれの …: くれは <B 

ナリト 云フ) おも ハ、 芸ノ吳 音-をん ノ 

轉ナリ (烏帽子 、焉 精子。 ね もお ろ-ね 

んズ ろ。" 寡-やむ め) 草の 香 (芸 草) ナド 

ト、 音訓、 混成 シ タル、 同 趣 ノ語 二 テ > 

莖" 葉, 實、 共 二 、香 氣ァ ル n ト、 芸 ISi 

同ジ〕 、". 'ゐ き-.、 つ (茴 香) ノ 古名。 本草 和 

名、 上 5! 十 rss 子、 一 名、 8、 一 名、 W 芸、 久霾 乃お 

*-」38 名抄、 同ジ) 

一 タレ-の, はじかみ (名) 生 蓄ノ古 

名-はじかみ ノ條ヲ a ョ。 

一 タレ-の-みみす § 〔吳 の國の 

蚯蚓 ノ義、 S ノ g ハ, 神代 ョ リア リキ、 

後 一一 、隋 唐ノ 頃-渡 來シ タ ル 種ヲ, 形ノ, 

略, 蚯^ 二 似 タル ヲ以 テ, 一時. 呼 ビジ 名 

ナラ ム-而 シテ. 專ラ 此種ヲ 養成 シ テ、 今 

一一 至レ ルナ ルべ シ. 爾 雅-釋 ill,EI「jf^- 

S 蠶」〕 古ク- 鷲/異名。 字 1K-Hg「a 、久 

K 乃! stasj 

j くれ, はし (名) B 、〔庫 橋 ノ轉、 (群-む 

ら。 賓客-まらう \J) 梯 立- 卽チ- 梯子 ノ 

コ ト, 葉!^、 七 5 「橘 立倉椅 山」 |§ 義 「垂 

仁紀, 八十 七 年 -ー 、神 之 神 庫 隨,, 樹梯 , t . 

ァリ, 庫-一登 ラ ム料 ニ造レ ル 梯ヲ, 庫梯 

ト 云ヒケ ム. 云云. くれはし ト云 フモ. 窜 

梯 ノ ise ナ ルべ クオ.;^ ュ „J (神 庫 ハ . 校倉 

-ー テ、 «、 甚ダ高 シ)〕 階 梯-石 階- ノ古 

名。 推 古お、 廿年 五月 「是 云云, 令,! 山 

形、 及、 ser 於 一; lag こ 宇津 保 物語, ほ 上 、下?" Is- 一 

S リぉ フべキ * ドノ くれはし ハ、 色色 ノ木ヲ 、マゼ 

マ 造 リテ, 下 ヨリ 流 ルル 水ハ、 涼 シク見 ュべク 

作ル」 枕 草子 、六、 五十八 as 「お, S ナ ドニ 詣デ テ、 云 

云、 くれはし ノ許 二、 車 引 s セテ a テル-一 、云云、 法 

バラ ノ、 S1S ト云フ ip ヲハ キテ、 ィササ 力 » モ 

ナク、 下リ g*」 (初! S 寺ノ石 階ナル べシ) 

~ クレ. は どり S 15^ 織 一 ss<i 一 〔は どり 



ハ、 娥ノ 約〕 (一) 應神 天皇 ノ 御代 一一, 

吳ノ國 ヨリ 召サ レシ、 織工, 1:^ ノ稱。 雄 

略 天皇 ノ 御代 一一 モ來 レリ、 漢, 辙 トモ 云 

フ、 (其 條ヲ ョ) 吳モ、 ぎモ、 支那 ノ事 

ナ リ - 古事記 一一 モ 、 應神 天皇 ノ 御代 二、 

百濟 王、 吳服两 素ヲ貢 ストア リ, 是レ 尸, 

男 Sri ナリ、 吳 ノ條ヲ 見ョ。 (二) 轉ジ 

テ、 頸ノ 織物 ノ名。 字 ヲ音讀 シテ, 吳 

服 トモ 云フ- 其條ヲ 見ョ。 此ノ 語-あや 

ト云フ 語 ノ序ニ 用 ヰ. ラル、 卽チ 二 力 

ケテ 云フナ リ.。 後 摄壤、 十一 、sr 三、 人ノ、 心 ザ 

シテ趙 リケル くれは どり ト云フ 緩ヲ、 二 匹 包 ミテ、 

*ハ シケル^くれはどり、^^aニs^シク、ァリシカパ、 

二 W 山モ、 越 H ズナり ニキ」 OIWJ ヲ、 二 村 二 カケタ 

リ、 山ハ、 尾银 国ニァ り、 菜ノ 方へ 使 二 造 ハサ レシ 人 

ノ、 召シ S サ レシ 時ノ詠 ナリ) 金f^s^$r七、ir上「逢 

ヒ ムト、 想 ムレ バコリ、 くれは どり、 あやし ャ イカ 

ガ、 立チ S ルべ キ」 玉 续、 四、 秋、 上、 七タ 「稀 二 逢 

フ、 秋ノ七 曰ノ、 くれは どり、 あやなく ャガテ 、明 ケヌ 

n ノ 夜ハ」 山家 $-、 上、 _„^顯0^ ち オボ グ カナ、 イカ 二 

モ人ノ 、くれは どり、 怪ムル マ デニ、 1^ ル, i 袖 カナ」 

ぐれ-はま (名) ぐり はま ノ條ヲ 見ョ。 

くれ ム たが, る- ル. レ.? ?レ (自" 四) 圖 

到 一 帶 -1、 暗ク ナル。 全ク、 暗 黑トナ 

ル。 大鎮、 下、 SS! 長 「冷泉 院ノ 御代 トナリ テコゾ 、世 

ハ 、くれ ふたが り タル 心地 シ侍 リシ 力」 

くれ-おね 、名〕 wil 村 木ヲ積 メル 船。 

山- 下 「くれ 船 二、 朝 要 渡リ、 今朝 ナ寄 セゾ、 伊吹 

ノ岳ニ 、!^ シ マクナ り」 

ク レ マ ド • ゥ 

くれ-ま 3d, ム.? へ-八-やへ (自動、 四) &まー 

心 暗クナ リテ、 迷フ。 途方 ニクル。 源、 

十、 脚.? 「キ n H 出 デ給フ ぺ キ カタ モナ ク、 くれ まビ 

ひ テオ ボサ ルレ ド」 

ぐ-れん (名) s 一 沸經ノ 語. 紅蓮 地獄 

ノ.^ 。 太平 、十七、 北國 下向 勢楝死 *T 紅蓮、 大 

紅 ii* ノ苦 シミ、 眼 ニ邁ル J 



くれは …: くれん 



ゲ レン ^ ェ. ス 1 

? ぐれん-かへ * す. ス- セ, サ. シ-セ (他動、 5 一群 

iSSI 〔繰り か へ す ノ 音便 轉, 繰り 繰り, 

吳吳。 ぐり はま、 ぐれ はま。 牛蒡" ごん 

ばう〕 頻 リニ、 尋ネ 求ム。 IKSlr ぐれん 

かへ す 「俗語 也、 g: ヲ尋ネ 求ムル ¥1 云 ヘリ」 a_w 

SfSS 、くれに かへ す 「失セ タルお ヲ、 紫 ムル時 一一 

云フ S ナ り、 S 返ス義 力、 *; 享 節用集、 世 話 詞、 群 蓮 

反、 グ レン 力 ヘス」 

: 一い ぐれん-たい (名) l^iil 一 〔ぐれん ハ、 狂 

れるノ ぐれ ノ 音便-一 テ、 常識 ヲ逸 スル 

. 意ナ ラ ム 〕 不良少年 ノ 群ノ、 女 藝人ナ 

ド 二-ネック 戯レカ カル モノ。 (俗語) 

グ レン .ジ ゴ ク , 

ぐれん-おこく (名) 一 紅蓮 地獄 一 佛經- 一、 

八 寒地 獄ノ 一 、 罪人- 此 地獄 一一 墮ッ レ 

パ 、極寒 ノ タメ ニー 、身. 裂 ケテ、 紅蓮 ノ花 

瓣ノ 如シト 云フ。 略シテ 、ぐれん。 更-ー 

甚シキ ヲ-大 紅蓮 ト云 フ。 盛 gs 、十 <、ss 

It 守 =ー 一一 種、 5 一事 「身 ハ 紅色 トナ リテ、 紅蓮 地 as ノ衆 

生ノ 如シ」 謠 曲、; 21- 「寒 リニ 肝 ヲッヅ メテ、 紅 

SS 、大 fi 蓮ノ * ヲ戴ク J 

くれ-むつ (S _s 1^1暮ノ、六ッ1." 

酉ノ 時。 午後 六 時。 (明 六-一 對ス- 時/ 

條ヲ a ョ) 

:i: く. れる (動) くる (暮) ノロ 語。 

: 一: く • れる, レケ レレ- レ-レ -レョ (他動、 下 一) 画一 

〔多 クハ當 字-一- 吳 ノ字ヲ 書ク〕 (一) く 

る (與) ノロ 語。 ッカ ハス。 ャル。 クレ 

テャル C 狂 SIB 、悪坊 「疲ヲ くれる ゾ」 (二) 色 

ヲ m (フ 。染 メッケル。 「E» 二、 紅ヲー 入く 

れる, - (三〕 助動詞 ノ如ク 用キテ 、仕向く 

る意ヲ ナス。 くり ャる トモ 云フ。 給 はる 

ヲ轉 ジテ、 たもる ト云フ モ、 敬意 ァリ テ, 

同 趣 ナリ。 狂言 記、 武惡 「宿 デモ、 斯ゥト 云フテ 

<れ るナ ラバ、 1.-n 共 一一、 SKS キタイ 事 モア ルノ 



くれる 



一一」 「分 ケテ くれる」 分與 「_■„- テくれ よう」 說與 

い iv ぐ *れ る- レル- レレ- レ-レ -レョ (自動、 下 一) 

一 狂 一 〔まぐれる ノ 上略-むさぼる、 ぼる〕 

( 一 ) 狂フ。 逸 レル。 (卑語) 逸- 「氣ガ ぐれ 

る」 (二) クヒチ ガフ。 手チ ガヒ. ニナ ル。 

ハ ゾレル。 コレ 力、 ぐれ はま ノ ぐれ ヲ活 

用ス ルナ リ 。( ぐ づぐづ -ぐづ る。 都 都 逸 

ヲどど るノ 類. 他動 二 、ぐらす ト ナル) 

Ms 「目 力ぐ れタ」 

くろ ー黑ー 〔暗 ト通ズ (はらら ぐ、 ほろ 

ろぐ。 白 、あら〕 沖繩 -ーテ 、くる〕 (一〕 

{ 色ノ 名-光明-又、 白ミ ノ、 全 ク無キ 色。 

最 モ暗キ 色。 (一一) 碁ノ黑 石。 碁石 ノ條 

一く ろ (名) 111 〔旋 囘ト 繞ル義 (はろ ばろ、 

はるばる。 かろが ろ、 かるがる) 囘輪ノ 

ァゼ 

意, 朝鮮語、 くろん ぐ〕 畔ー 一同 ジ。 倭 名 

抄 、一六 田園 頹 「^ 、久路 、一 云、 阿世」 

-4 1 IP 一 平地 内 二 於 ケル、 小高 キ處。 

字 鏡 y+ 「想、 也、 久呂」 名義 抄 「想、 口 、ヅ 力、 ゥネ」 

ク CI (名) ー崑 9^ 一 〔地名- colon-bo,〕 印 

度 ノ 錫 蘭 島 ノ 嵐 器國。 (くろん ばう ヲ 倂 

セ 見ョ) 皇極紀 、元年 一 一 月「百}^使、鄉-»51^為使 

於- 1 海惠こ (通释 一一、 古訓 一一 「クロ」 ト ァリト 云フ) 親 

. 、十三、 天平 十 一 年 十 一 :«:、 平 群^ 成 等ノ 入唐 ノ船 

「漂 n 着 國こ 類聚 國史、 百 九十 九、 延 SH" 八 年 七 

月 二 、 isSJiS 人、 ー河國 二 着ス、 左 二 鉗布ヲ 著ク、 

sis 二 似 タリ、 自ラ、 天竺 人 トー H フ、 Si 種ヲ携 I;' 

ト云、 フ コト、 見 H タリ、 舞樂 二 si^is 八 仙 ァリ、 iSii 一一 

33^15^方ァリ、各條ヲ見ョ。 

あしげ (名) 18^1 馬ノ 毛色 ノ 

名- 葦毛 ノ條ヲ 見ョ。 烏驄 

く あ VVO (名) I 黑 小豆 一 あ づき ノ 一種、 

賓ノ 粒、 小サ ク シ テ、 眞黑ナ ル モ ノ、 味、 



下 ナリ。 

^^ぁへ (名) ^4賊ノ禺-ーテ、其 

S ヲ ま韭 へ タルモ ノ 0( くろづくり ト云フ 

モノ モア リ) 醒睡笑 (元 和、 安樂 庵 策俾) 三 「烏賊 

ヲ、 くろ あへ 1 一 シテ」 

くろ *ぃ (形) 悪 (一 U 黑し ノロ 語。 三) 

ヮザ ク ゥト ジャゥ f< 

技、 ガ、 其 道 ノ眞 -1 入々。 黑人ナ リ 上手 

ナリ。 クロ ッ ボイ。 (くろ、 つ さ ノ條ノ (二) 

ヲ ョ) 文政 ノ川椀 「^色 モ、 翁ニ黑 い、 奴ガ出 

ル」 (芝居、 元日 ノ翁 渡シ、 餘興 一一 、座附 立者ノ 驟色ヲ 

ヅ カフ 者、 三番 叟ノ假 面 ノ黑キ 二 ilH セ タリ) 

<to- いし (名) 一 黑石ー (一) 石ノ、 色- 黑キ 

モ ノ。 新 六帖、 六 「秋風 一一、 軒端 ノ推ノ 、落 チッレ パ、 

庭 I 一く ろ 石、 敷ク カトゾ 見ル」 (二) 基石 ノ、 黑 

キ モ ノ。 (白 石 一一 對ス) 碁石 ノ條ヲ 見 ョ。 

(名) B 一 (一) 絲ノ、 色黑ク 

染 メタル モノ。 (白 絲ナ ドニ 對ス) (二) 

次條ヲ f 

クロイト- ォドシ 

vies- ども どし (名) 錯ノ、 黑 

絲-ー テ械シ タル モノ。 略 シテ、 黑絲。 

iJh 冶 物語、 一 、六 波 確 行幸 泰 「黑 絲擬ノ 暖卷」 太平 記、 

九、 六 波羅攻 S 「老 武者 ノ、 |_1 絲ノ錢 二 、 五 枚 K ノ緒 

ヲシ メテ」 

く ぬ (名) S 毛色 ノ、 眞 黑ナル 

犬。 (白 犬ナ ドニ 對ス) 醒睡笑 (元 和、 安樂 砲 

§ 1 「黑 犬ノ大 ナル出 デテ、 シタ タカ、 臨 ヲ瞳ヒ 

ケリ」 

WCV ひど (名) S 黑人、 及、 くろい 

ノ條ノ (二) ヲ見ョ G 

ぐ-ろう (名) 一 鋼ー 欺キ、 ナブ ルコト 。嘲 

弄。 左稱、 連 公 四 年 「寒浞 施 1; 路 HV 外 S11 弄 其 民 こ 

ぐ-ろう (名) 「愚陋 1 ォ! 1 力 二 シテ、 ィ ヤシ 

キ n ト。 愚劣。 韓^^、潮州謝表「臣受:-性愚陋」 



s^3 < 五 



■vtC 、つ 



クロ ウス (£ 〔英語- cloth. 〕 re^i 

ノ おノぷ 一一 ffl+ ル 、滞キ 布。 

うど -2 一^一 〔くろ ひ VJ ノ 音便、 

? «K ヲ打 チカ へ シテ 云へ ル マデ ノ語ナ 

リ (おも あろい ヲ 力へ シテ、 おもく ろい 

ナドー K フ) あろ J- どノ Jss^ ヲ見 ョ〕 二) 

一 技- ヲ指シ テ-他 ヨリ 云 

フ gio g 人。 OifK 一一 對ス) 》*ss 物 s!ss- 

!sw«;r ノ仕カ ケヲ、 13れ ダテ、 13 ハ 、大 sa_* ナ 

ド-; ノ 方ニテ -IS 人ノ «r- ヲ テ d フ J (一一) 

轉ジ テ - 4^,,技 二 稱練シ タル 人 ノ稱。 黑 

い 人 0(s^ い ノ條ノ (二) ヲ a ョ) (三) 遊 

女. 女 S 者- ナド, 男 客 ヲァシ ラフ ヲ専 

ト ス ル 5!^ ;ノ稱 。ソ レ シ *■。 竊業ス ルヲ、 

? X- 一 ナルト 云フ。 

i _s 黑 m ノ, あ。 ク 。マ。 

ク n ゴ マ. い 保 ss*r I 、t=;9 方方 手 分! *、 平 基 

8「_55!«-|、_^8!_»テゾ*タリケ^」 sasr 十三 JJ 

「ス バタ マノ、 1!«ニ《 リテ J SSS 、十 S 年 九 HI 

r ス バタ マノ、 ra.w- ノ 盧古 Hres セバ」 

MC.、3C i 一 一 ぉ服ノ S 地- ー-黑 色 

ナル ヲ用+ タル モ /。 stmBSWK 化、 一一 一 E?> 

マ: SS, 下 rsexgs- 一 、 一 SS 鹿子ノ 

vtC え-ぬり -S ffi^_ 紀 國- 海草 

郡- s..l:.;d 町 ヨリ 製 ル 漆器。 

グ ォブ (S ぐ," ぶヲ a ョ。 

;<vc. がい i 一 〔かい ハ、 柿ノ音 使、 

透 垣-すいがい。 築士. つ いぢ〕 黑 ノ 

巧!!. 次 條ヲ; W ョ。 

;<vcr がき 一 S 一 .stg- 一. くス がい。 

神 ノ材ノ 中心 ノ >E!? キ部. Jffi 柿 二 多シ, 

a 木 ノ如ク -I シテ. 堅ク、 純 -1 シ テ、 

美シ - Si ノ器ニ 作ル。 柿 心 Si: 木 乂、 織 一 

该 アル 泥-一地 メテ 、黑 クシ タルモ ァリ。 一 



sgaB 式 「黑 »」 ほ 名抄、 廿£ 木 s 「ほ、 5、 久呂加 木、 

? as、 s« 木 心 sssffi I 宇 保 WSS 、吹 

上、 下 一一 紫 ほ、 tw 芳, くろが い、 杏 子、 ナド云 フ木ド 

モヲ, :1« 木 トシ テ J 

™<vc. かげ i 一 黑鹿毛 一 I 馬ノ 毛; 色. 鹿 毛 

ノ、 黑ミ アル モノ 烏瞎 S 名抄、 十 一 牛馬 

*s, 烏 srmlsvs 也」 

<>c- がし (名) 〔i ハ、 黑シ〕 樫 

ノ 頹, 幹 ノ高サ 四 五 丈- 葉 ハ 、 幅廣ク シ 

テ -S 一一, 白キ 毛茸 アジ。 

^^がぁら (る B あかが あら ノ條 

ノ (1) ヲ ョ。 

く K> かすげ (名) 一 黑糟毛 一 馬 ノ糟毛 ノ- 

黑ミ アル モ ノ。 

Mc. かど i sral 〔総門ノ文字讀(桑 

門,くはのかど>同ジ)緇徒ノ條ヲ見ョ〕 

§|^^ノ道,§チ、佛門。 鹿. SS™ 答 (北 胡、 永 和) 

上、 第 六 6> 「世ヲ _» シト、 a ヒ入 リニ シ、 くろ かど-一、 

何 ユカ シサ 二、 立 チカへ. 4 ラム」 

一 vvC- がね 一名) S 〔色, 黑し〕 ぎ-一同 

ジ、 其 條ヲ 見ョ。 仁 ほお、 四十 一 年 salJJ «s 

名 妙、 十 一 < 金 類 「B、S 金 也、 久ぉ加 ST 一 訓、 S 利」 

一 <*c がね-の-はだ i S 〔皮 ノ條ヲ 

見 ョ〕 かなく そ (鐵展 ) ノニ) 二 同ジ、 

其條ヲ a ョ。 

<vc がね-もち (名) ぉ靑 一一 同ジ。 

^i?がね-もん (名) lira 一 門ノ 柱、 扉- -ー、 

錢ノ@ 滅ヲ 打チ固 メタル モ ノ。 * 胡 二十 

K.*(.=?*、g3> 一 fffi 園ミテ 迹 レ! I リ、 ss: ノ K シ 

キ人 > 二 入レ」 

<vc. か は-の i,^ つ (名) 一 烏 皮 杳ー くり か 

はの くつ B-E ルョ。 

7 U ゥ ワラ ゲ 

;<tc. か はらげ S Is^; 川原 毛 I 馬ノ 毛色 



4 か 

ノ名, 豁 一一 、黑ミ アル モノ。 B 名抄、 十 

1 1" 牛馬 毛 「沙^ 馬、 黑川 原毛^」 

クロ カヮ- ォドシ . ンゲ 

^i^かは-4^JCし (名) 一 黑革械 一 鎧 ノ械毛 

/^&、黑色ノ革ヲ、細ソ ク 裁チテ 練シタ 

ル モノ。 保 元 物語、 二、 白 河 殿 夜 討 * 「黑 革威ノ 

二、 同 ジ毛ノ 五 枚 髯 ヲ、 猪 頸 二 看」 庭訓 往來、 六 HI 

v^- かび (名) s_ 色 黑キ徵 。クロ- ボ。 

クロン" ホ。 

S.^A (名) al (一){壯年ノ時ノ- 

黑ク、 ツヤ ャ カナ ル髮。 S 集、 十一 

れ「 スパ タマノ、 妹ガ黑 JT 今夜 モカ、 吾 ガ無キ 床 一一、 

ヌ ラシ テ寐 ラム」 (二) 此ノ 語- 亂る、 解く 

ジ3 

る、 ト云フ 語 ノ序ニ 用 ヰ ラル。 千戰 集、 十 

1 二、 ar 三 「畏 カラ A 、心モ 知 ラズ、 くろかみ ノ、 亂れ 

テ 今朝 ハ、 ヲコゾ 思へ」 新 葉 集、 十二、 Btr 二 「思ヒ 

ャレ、 獨リ提 キャル、 くろ 髮ノ、 どけ テ寐 ラレ ヌ、 小 

夜ノ 手枕」 , 

<*c. が も (名) 鴨 ノー 種-羽 ノ、 全 

身、 黑キ モ ノ、 冬 時ノモ ノ ナリ。 

S^J^ M liis 〔k ノ條ヲ tl^ ョ〕 酒 

ノ名, 新 IS 祭, 大宵 祭、 二 供へ ラル ルモ 

ノ、 白洒ト 並べ 稱ス。 随ナル ハ、 詳カ 

ナラズ 、或ハ 云フ、 荒稻 (平 精) 二 テ m 

セル ガ黑 酒-一 テ、 和稻 (眞 精) ナ ルガ 白 

酒 ナルべ シト。 平安朝 ノ頃ハ 、白酒 ハ、 

常ノ 酒-一 テ、 n レ 二、 常 山 ノ燒灰 ヲ人レ 

タ ル ヲ黑洒 トス。 室町 時代 ナ ルハ、 瞪 

酒ヲ 白酒 トシ、 n レ 二、 黑 胡麻 ノ粉ヲ 入 

レテ、 黑 酒ヲ卞 レリ C l^iNsr 十九 S ャ 天平 勝 

S 四 年 「天地 ト、 久シ キマデ 二 、 代 二 、仕 

へ マ W ラム、 if: 酒 白酒 ヲ」 9tg 、廿 六、 天 l^sa 元年 

十 一 月、 行 1 一大 曹之 一 「由 紀須 伎、 二 國ノ泰 レル、 黑 

紀、 ノ 御酒 ヲ、 赤 丹 ノ保ニ 旭へ ヱ ラギ」 造酒 司 

式、 SS 、白、 IT 二 酒 「造酒 W 米 一 石、 云 一一 二 斗 八 



き :: sy\ 〈六 



升 六合- 爲】、 七 斗 一 升 合 PJa 、合一 一水 五斗 一 }f5 

分爲 11 二 S 二 K 云、 s^ts、以li久佐木JW三升; 和,; 合一 

袋ハ 稱 一一 黑 3; 其 一 ! H 不, 和、 i$i 稱 I; 白 a 一 」 康 niE 記、 

永享ー 一年 十 1 月 「醴、 齊也、 白 者、 自其色 也、 黑者、 上 

聊振 一一 烏 麻 粉 こ 

<J (名) S 〔削リ タル. d お-一 對 

ス ル語〕 ( 一 ){ 皮 ナガ ラ ノ村 木。 皮ッ 

キノ 丸木。 榑木。 大音 《 ^碟 「lii 殿 一宇、 旗以 一一 

fi^ こ 、八 g ャ聖武 天皇 大御畎 「ァヲ 二 ヨシ、 

奈良ノ 山 ナル、 nil 木 持チ、 造 レ,^ 宿ハ、 居レド 飽カヌ 

カモ」 (興 ァ 居ト ォポス ナリ) 十 訓抄、 上、 一 、第 

ニ條、 天智天皇ノ明倉宮ノ事「B-i木ノ:j^^ヲ作リテォ 

〈シケルヲ、木丸殿ト云フ、丸木ー|テ作レ,^故ナリ」 

(二) { 烏木ノ 一 名。 (烏木 ノ訓讀 、烏 皮沓) 

源、 十二、 須 issjl 十 「くろき ノ御 歡珠」 接訓 sr くろ 

き 「琉 球ノ黑 木ハ、 大^^|3典ニ云フ、所ノ烏木也ト云 

ヘリ」 (三) 山城 國ペ 瀨-大 原, ヨリ 出シ 

テ、 京都市 中 二 賣ル薪 ノ稱、 大 原.^ トモ 

云フ。 (其 條ヲ 見ョ) 隨筆 (安永) 「八 額、 

大 原ノ 錢女ド モノ、 端山 ノ棺ヲ a: り タメ テ、 云云、 炭 

ヲ燒ク 如ク、 aa ヲ作 リテ、 ゾレ 二、 生木 ヲ入 レテ、 木 

ノ 怒ニテ シタ レバ、 水 氣ノヌ ケテ、 黑木ノ フス ポ 

リタ, ヲ、 京 二 持 出デ袋 ルガ、 黑 木 ニテ、 云云」 見た 

京物 語 (天明) 「黑 木ハ、 云云、 常/木 ノ枝ヲ 、イブ シ 

タル モノ ナリ、 ソレヲ S リシ ハ、 昔 一一 テ、 今ハ、 手ガ 

ョゴレ ルトテ 、皆、 lis% ナり」 

の-ご チ r (名) s^ss 黑木ヲ 

以テ 造營シ タル 御殿。 太平 記、 四、 備後三 a 

高德 i* 「佐 佐 木 itl 岐判官 貞淸、 府ノ島 トイ フ所ニ 、黒 

木の 御所 ヲ作 リテ、 皇居 トス」 

<fs § 〔瘡 ノ條ヲ I;^ ョ〕 

人ノ 面皮 上 二 生 ズル、 黑キ 斑。 雀 卵斑ノ 

類。 虔名抄 、三 Jjg 類 「^、面 is^ 也、 久路久 佐」 

く-ろく-せん (名) 一 ^sl てうび ャく (調 

百) ノ條ヲ Is^ ョ。 

くろ, \ 、ちな は § S からすへび- 1 



同ジ。 

く は (名) S 〔s^ ノ義〕 (一) 

田畑 ヲ開 ©.* シ 「又ハ 、石垣 ヲ築ク ナドヲ 

業 トス ル者。 土方。 俚 一一 一一 SBlr 碑 8? 「是 ハ、 

田舍 一一 テ、 耕作 ノ 田畑 ヲ掘 〒業 トス ル者 也」 (二) 

德川 幕府 ノ賤 職, 普請 奉行/下 一一 屬シ、 

土木 ノ事、 石垣 ノ草 取, 荷物 ノ事 ナド勤 

メ 、奥 ® の 者、 黑娥 組- ナド云 ヒキ、 土工 

兵 ノ如キ モノ ナ リシナ ルべシ 。(幕 朝 故 

事 談、? J 知 叢書、 一 一) 見聞 雜錢 「不 k 一: 一 御 

普 £ 巧此ノ 人足 二へ、 mi® ノ水組 千 人」 S 胡 故 15^ 談 

「御作 Is^sf 行ハ、 御 曲 SB 外御耍 所、 御 出陣 之 is 

ハ、 城 之 水ヲ^ ギ、 堀 ヲ埋ル 類、 as 職^ 之^ 也、 其 人 

足 ハ 、黑 お. 是也威 S ハ 、 名字 モナ キ モノ 也、 本 ハ 、 

脇 指 計 リノ ハ ヅナル ぺシ、 然レド モ今ハ 、刀ヲ 差 也、 

云云、 今、 敏ノ 御? JSK ム ハ 、 S テノ 荷物 ナリ、 御狀ニ 

テモ、 箱 二 入 候 ST 〈、御 小人 ハ 不, 特 ナリ、 包狀ナ 

レ バ 、御 小人 持, 之、 箱ナ レバ、 黑餓 持, 之、 水 野 和 泉 

守樣、 石垣 ノ草ナ ドモ、 mi 餓ガ取 ナリ 卜テ、 Bui^ 二 

被 一一 仰せ 1 候 ST 三人 tje テ死ス 、依テ 、始ノ 如ク、 日照 ノ 

者ト ナル、 御 普 IffS 泰行 ハ 、 御 休息 其 W 奧向ノ 御 普 

ヲ Ft?* ナ ルガ、 今 ハ、: S 曲 等モ、 ル如ク ニナ 

タル ナリ、 si 餓、 荷物 ノ時ハ 、刀 ヲ不 "指 也」 拾 連、 

ii^---- _ 、西 丸 大手へ、 黑敏之 者、 出火 之 節 出 

候 害、 享保八 卯 九月 十八 日 ヨリ 相 極 候」 明 良 帶錄、 

新 益篇 「黑餓 之 者 、ほ. リ M リニ テ、 奥 i~ リ」 見聞 雜 Si 

「B^ 果テ、 SS|S 焉 ハ、 S 方 ヨリ 郡 村 奉行、 夫、 ァ ラシ 

? f ヲ 支配 スル 小人 頭、 道造ノ くろ 敏之 頭、 組ヲ引 連、 

夜中、 薛ヲ 接 テ」 吏徴、 別錄、 下、 御 目 見 以下 「m 一敏 之 

者 三組、 合 四百 七十 人 (fa 組 各、 百 五十 七 人、 一 組、 百 

五十六 人 一 毎 組 之 頭 六 人、 組 組頭 世 詰 役 二 給、 g,5es 之 

内 ニ而. I 一 f 十六 俊 三人 扶持」 

クロ クワグ i 1 

V? は-ぐみ 鍬齓 前條ノ (二) 

ヲ見 3"- 

ク a クヮ- ノ-モ / 

<KV は-の- iS* の (名) Isg 之 者 一 前前 

ノ條ノ (一一) ヲ 見 ョ。 

<- ろぐ- jS ャ V (名) 一九 六 百 I てうび ャく 



ぐろ < …: 



(調 百) ノ條ヲ 見 ョ。 

くろ LV. も (名) 濃厚-一 シテ、 色黑ク 

見 ュ ル雲。 宇 SB4s»n 一、 第一 一條 「香 爐ノ烟 空へ 

ァ ガリチ、 扇バカ リノく ろ S ニナ ル」 「タ立 ノ黑«-」 

くりげ ー黑 栗毛 一 i? ノ 毛色-、 

栗毛 ノ、 黑ミ アル モノ。 紫驗 Is 名抄、 十 

一 In 牛馬 毛 「紫 M 、黒 栗 ぁ 也」 吾 1| 鏡、 九、 文 SS 五 年 五 

月 十九 日 「一 W 、黑栗 vrs 江 守 進」 

くろ-ぐろ- (S 甚ダ 黑ク。 著 聞 

4ir 十七、! s_ 化 「堂ノ 軒トヒ トシ キ 法師 ノ、 くろぐろ 

と シテ見 エケ リ」 「墨、 くろぐろと g キヅケ タル」 

iK 、くろぐろと シテ J 

一く ろ-ぐ ゎゐ (名) ii^ 一 池 揮 中二 生ズ、 

葉ハ 、ふ ど ゐ-ー 似テ、 細 ソク小 サク" 長 

サニ 三尺 、多ク 叢生 ス、 質、 柔カ 二 シテ, 

內- 空シ、 夏、 葉ノ 上-一-一 寸許ノ 德ヲ生 

ズ . 黑ク シ テ、 白キ蘂 ァリ、 すげ ノ德 二 

似 タリ、 冬、 春、 根 一一 塊 ァリ、 くわ ゐノ如 

ク -ー シテ、 六 七 分- 皮、 黑レ- 肉. -白 シ、 

生. 熟. 共-一食 フべシ 。烏 宇 本草 名、 下 

-ー_士「 烏 芋、 久呂久 和爲」 

§ 一 iffl 一 〔くろ ハ、 形容詞 ノ語 

根, n レー 一 、接尾語 ノげ (氣) ノ添 ハリ テ- 

熟語 名詞 トナリ タル モ ノ 1 円げ、 重げ ト 

同 趣〕 黑 キヤ クナル コト。 「ss.; げ 二見 ュ J 

一 <vc. げ (名) IIW 一 馬ノ 毛色 ノ、 濃 ク黑キ 

モ ノ。 後世 ハ、 靑毛ト 云フ。 m ST 廿 

四、 天 SHK 字 七 年 五月、 丹 生 河 上 a 奉幣 「黑 S- 馬, T 接 

名抄、 十 一 A 牛馬 あ ra? 馬、 黑あ馬 也. 純黑馬 也」 

WC- け り S 一!, 働 一 烟ノ、 濃 ク黑ク 

立 昇ル モ ノ。 くろけむり。 小 、立 

圃) 冬、 Is 「白 g ノ、 堆ムャ 富 士ノ、 黑烟」 熱、 む 二 

丹誡 ヲ込ム ルヲ、 黑烟を 立つ ト云 フ。 

護岐典 侍 曰 _K 、上 「« 正ノ 、サ シモ、 頭ョ リ黑 けぶり 



4 け 



を H てテ、 新レ ドモ」 宇 ssrl 一、 第一 一條 「くろけ ぶ 

り を 立て テ、 驗ヲ ァラへ サム ト祈 リ」 謠 曲、 sa 成 寺 

〔明 王ノ ノ、 S けむり を 立て テゾ祈 リケル J 

くろ-げん (名) S 玄 ノ條ノ (二) ヲ見 

\nc^ けむ 3* (名) S 前前 條ヲ! a ョ。 

くろ-こはく (名) lii? 號珀ー 號珀 ノー 種 一 

黑 ク光ル n ト 漆/如 ク、 極メテ 堅シ、 大 

キサ, 指頭 ノ如 キアリ. 豆ノ如 キアリ。 

一 VKHS ま i s_ くろ、 つま-一同 ジ。 

くろ-ごま (名) lii^i 一 ごま ノ條ヲ 見ョ。 

くろ- is め (名) s_ 穀ヲ脫 シテ、 未ダ 

搗キ精 ゲザル 米 。玄米。 黑米。 結 米 七 

十 ノー 番@ 人 sallu 文 安) H 十 五番、 SB 「山! 51, ャ.: 木 

ノ下 as ノ、 くろ V: めノ、 つき 出デテ コヅ、 えらげ 初メ 

ケレ J 三代 saa 、十二、 貞 觀 八 年 二月 十六 曰 「白 *、 

黑 *」 

くろ-ザ たう (ぎ lisl 砂糖 ノ、 粗製 

二 シ テ、 色ノ、 暗 黑ナル モ ノ。 さたう ノ 

條ヲ 見 ョ。 兩3:ー_5千句(8_«)「„8*、タルゥ 

ナリ タル、 中 ヨリ モ」 其 梯 ヲ、 見 レバ 羊 a!」 

\/vC- ザン i くろ ざん どめ ノ 

略-次次 條ヲ 昆ョ。 

くろ-さんご (名) ss うみ まつ (海 

松ブ (三) - 一同 ジ。 

\/vc. ザン トメ (名) 一 黑接留 一 棧留 

縞、 又 ハ 、 棧 SE 革ノ、 黑ク染 メラ レ タル 

モ ノ。 くろ ざん。 

くろ • し. キ. ケレ. ク. ク (形、 一) 一 1 一 二) f 黑 

/色 ナリ。 古事 E 、上? 長歌 「ヌ バタ マノ、 久 SS 岐 

® 衣ヲ、 マップ サー l、B リ 装ヒ」 (二) くろい ノ 

條ヲ la ョ。 

I 名) 黑化立 一 黒色-一 テ-成 



立タセ タル モノ SSS 千 紅 (文化、 四方 赤 良) 

「青豆 ノ贵 涼、 黑豆ノ 8S 一 仕 立」 「黑 tt 立ノ 装束」 黑仕 

a ノ 表具」 

く やまお § ー劃| 浪ノ、 黑キ モノ。 

S.S S S 〔潮水、 暗 藍色-一 la 

ュ 、急流, 川? i ノ如 シ〕 太平洋 中 ノ 暖流 

ノ名, 臺灣島 邊ノ洋 中 ヨリ 起 リテ、 東北 

二 向 ヒ-薩 摩 ノ七島 海 ヲ歴テ 、伊豆 ノ七 

島ト 八丈島 トノ 閲ヲ、 尙、 東北へ 流ル。 

Bggwo 日 本 海流。 八 W 島 筆 「八 、云 

云、 三 宅 fi ヨリ ハ未ニ *S リテ、 云云、 此 ffl 一一 、早 商、 黑 

潮、 5 云、 黑湖ハ 、海面 一一 S ヲス リシ 如ク、 aa 百 トモ 

ナ ク、! ^バ カリ 流 ルル ュ へ、 見ル 者、 怪シク 、是ヲ 見 

ズ、 目 クル. 》- カズ トイ フ人 ナシ」 

く ラジュ ス (名) 一 黑襦子 一 繕 子ノ、 純黑ナ 

ル モ ノ。 博 多 小 女 g 波 H2- 保、 S! 松 作) 道行 「泣 

ク泣ク 憂キ くろ S チノ、 絲ノ切 レザル 辩ガラ SS ノ J 

く K> ま ョゐん (05) ー黑 書院 一 あろ ぁョ ゐん 

(白 書院) ノ條ヲ as ョ。 

ク Q , スミ - キ 3 ゥ _ 

くろずみ-けう (名) li 住敎ー 神道 ノー 派、 

備前 園-御津 郡、 中 野村ノ 人、 黑住 宗忠, 

創ム。 (嘉永 三年 g 黑住 派。 

<vc ずみ-は (名) 一 黑住派 一 前條ヲ 見ョ。 

く VC. ず. む; 1- チマ,? メ (自動、 S 画 〔黑 

染む/ 轉カ、 すすろ, をぞ ろ。 そそき、 

すすき〕 ミヲ帶 ブ。 ク P パ ム。 M 

く ラぞゐ まャぅ (き ー黑 水晶 I を ゐぁャ 、つ 

ノ條ヲ as ョ。 

グ Q セ ガワ 

せ-が は (名) 一 黑瀨川 1 〔くろ もほノ 

語原 ヲ見 ョ〕 くろえ ほ (黑 潮) 一一 同ジ。 

<vc- そ あ ひ (き 面 障 一 を あ ひ (内 障 

眼) ノ^ ヲ lalHC 



4 

<*cr だち s ぎ 刀 一 くろづくり のた 

ちヲ: » ョ。 

だな (名) S 全體 漆-一 テ:^ 

レ^ 棚り 一一 ー撒ノ 一 一一 テ-御 棚ノ Imr 

其, 條ヲ a? ョ。 、くろ だな, SB ト S ケリ、 

s,i- メ s ナ レバ、 くりや だな/ ar セシナ ルぺシ 、徒 

一 、 くろみ だ fc ト云フ ハ 、 SSS ノ S ナリト 云 へ 

リ、 サ レバ- KB モ、 くろみ だな-一 テ、 臺 所ニテ 8 ケ 

ル 《 "ナ ルペン」 arcerl 、くろ だ &トハ 、チガ へダ 

ナノ 察 ナリ、 a 上 一 :一 ヂゥ ナリ、 上下 ハぉヲ ヒ タヮタ 

シニア ル ぺ シ、 中 C. g ク ヒキテ 、通テ コシラ へ 候. 何 

一一 テモ、 テグ サノ S ヲ R クナリ 、みづえ トハ、 此タナ 

ノ下 P-、E 方 フサ ギテ, マヒ戶 ヨシ テ、 カラジ" -ゥ ォ 

ロス ャゥ -ーシ タル ヲ 云 フ十リ 、少シ „w スル S ナド入 

ペ. キ也」 88*128 一一 ー茈之 》-「l?;»ss 具、 Mts 、小 角 

ts-M 布 やう、 や はや は、 xsgj 

ク n ィ I 

; <vc- だり S 一 .HJ 名- チヌ。 £1; 

ニテ. * ヌ ダヒ。 形. 眞鹏 二 似 テ、. iTM 

ク短ク 肥 ェテ- 服-稍、 大 ナリ- 全. 化 灰 

K 二 :テ、 赤 ミア リ. ST ゆ ss.ls- 光リ 

テ.! キ タルが 如シ. 大ナル ハ尺 餘- 

味- «M 二 亞グ。 isgA" ffi 名 妙-十 

九 iws!»「l?«r 久 H 太 比」 幼 キヲ、 かひ づ 

ト. ぶフ。 

vrc. だま § Isfs (一) 黑ク キ標。 

ク; l, ホシ。 ク B マル。 黑簡 (二) ク n 

マナ n。 ク B メ。 g 

<KSO § IPS ^物ナ ド切リ テ出ヅ 

ル to ノ, erjg ダ sg ミ タル モ ノ。 ヮ ル チ。 

ケ D ジ 

<vc. ち <名) 15^ 地 一 物ノ 地色 ノ、 キモ 

ノバ, :11 地. 赤地- ナド 二 對ス) ss«£ 

ri 、^& 足 v、i£:ffi)K^ 地 (Is 永 二、 SST 中 IS 良 程」; 

「晨 地 二 纖取リ ノ s 子 Jm 地-一 isM ノ拓 J 



S 

ク a ズカ y 

<*c. づか (名) 1 塚 一 〔畔^ ノ義〕 E ノ 

畔ナド ,一、 土ノ -堆キ トコ n。 is. 镜 f.ns、 

« 也、 久呂」 (w« ナル ぺシ) 矮訓 ftr くろ づか 「《« 

ノ S 、春 ノ 山田ノ くろ KS ナ ド、! fS メリ、 一 所/名 二 云 

フ ハ 、拾遺 集-一 、陸 奥ノ、 安 1^ ガ原ノ 、くろ づか トヨ 

メリ、 1* ハ、 黑 《* トモ 8 ケリ J 

くラ つぐみ (名) sis つぐみ ノ條ヲ S 

ク a ■ ズクリ 

vtc. づ くり (名) I 黑作ー 〔つくり ハ、 つく 

りみ ノ 意力、 黑ハ、 黑壷ノ 意〕 烏賊 ノ ^ 

ヲ、 細 力 一一 剣ミ、 烏賊 ノ S ぬ 二 テ漬ケ な ル 

苄 「- 越 中、 5£ 山 ノ產、 名 ァリ。 

i 4 づく り-の, たも 直 ー黑作 太刀 一 太 

刀 ノ艄、 縛 ヲ、 黑漆ニ テ塗リ タルモ ノ。 

又, 黑 太刀。 衣服 令、 武官 胡 服 「衡府 er 佐、 云 

云 、金銀 裝 SS 刀、 云云、 其 志 以上、 云云、 烏 横 

刀」 光 S 院 R 御 元服 PJlaS 保、 黑 太刀 特チテ 出デ、 定 

? I 被, 下」 

一 <K> つち 一名) ffl_ 〔赤土 ナドー 一 對 ス〕 

土ノ, 色、 黑キ モノ。 クロ ボコ。 クロ ホ 

ク C if ts:;jHsrsl- 泥、 久呂 la 知」 俊 名抄、 一 七 

應土! W 「土色 SH„;I:KS 、久路 豆 知」 

;i:<lc ッ-ぽ *ぃ (形) I 黑ー 〔くろお ほい (黑 

多) ノ急 呼〕 ( 一 ) 黑ズ 一-一 タ リ。 黑ミ タ 

リ。 「色ガ くろ, ぼい」 (二) 黑人 ラシ。 「あ 

ガ くろ ッ ぼい」 

ク P ズ i I X 

v>C- づる (名) lil 形、 まな づる ヨリ 

小 サク" 頂. 赤 揭- 一 シテ、 頂-背. 白シ、 胸 

ヨリ、 全.: fr、 0. 脚、 15 リテ, 皆 * 淡黑 

シ 、街、 稍-短 ク 、宴 ナリ、 丹 -m 一一 似 

テ、 肉、 琅モ美 ナリ。 1^ 

<vc- つ 5^ み M 染色 ノ名 、故 

ノ. 黑キ モノ。 喪服 ノ色 ナリ。 榮花物 fs、 



三十、 ほ 林 「殿 パラ、 el、m 太 115 き/御 mg- ーテ、 云云、 

くろつ るば み 二 ナ ラセ タマ フ」 

<vc- で- (名) Isd 〔くろで ハ、 i 

船^- ノ略〕 舶艰ノ 奧絹ノ 、紺地-一、 赤絲 

ノ 經線ノ * 一二 線人リ タル モノ。 寬文年 

中, 長 崎 へ 黑船^ ル 、 制 外 ノ船ナ レ バ 、 

燒 キ沈メ ラル、 其 船- 1 载 セ來レ ル鎮ノ 

形 ナリト 云 フ。 (享保 ノ東牖 子、 二) 

<K> ど S SiluC 一 〔烟 一一 煤ケ タルー 一因 

リテ申 スト 云フ〕 (1) 【禁中、 淸 谅殿ノ 

北, 瀧 ロノ 西 二 アル 御 間 ノ稱, 黑戶の 

御所 ト モ 云フ。 拾 芥抄、 中、 末. ips「M1 戶、 S 口 

戶 西」 枕 草子、 六、 五十 段 「ls 少シ打 チカ 力 リタ ルポ 

ド、 mi 戶ニ、 主 殿 ヅカサ 來テ」 IS 、七、 六十 四 段 「^ 

白 殿ノ、 くろ 戶 ヨリ 出 デサセ タマ フトテ 、女 ノ、 K 

一一 ナク候 フヲ」 l^iE 物語、 一 、光. 内 15^ 「主上 〈 

何 SII 二 オハ シ マス ゾ、 黑戶の 御所 二 、上皇 ハ二本 御 

害 所 二、 云云」 ISSK 記、 一 、五 tS 夜 raw^ 「港 殿/ 陣、 

黑戶の ごえ ョ」 徒然 草、 百 七十 六 段 「黑 戶ハ、 小 松 御 

門 (光孝 天皇) 位 二 郎カセ タマ ヒテ、 昔、 タダ人 一一 ォ 

ハシ マシシ 時、 マサ ナ^ セサセ タマ ヒシヲ 忘.:^ タマ 

ハデ 、常-一 イト ナマセ タマ ビケル 閱ナリ 、御^ 二 ほ 

ケタ レバ、 黑戶 ト云フ トゾ」 (二) 御佛报 ノ稱。 

黑戶 の閒ニ ァリト 云フ。 訓 sr くろ ビの 

み ど 「禁 g 女中 詞ニ、 佛ほヲ 、御 黑戶ト 云フ」 松 sits 

記、 八十 三、 四十 三條 「禁中 ノ湖佛 ほ " 、 mi 戶の閒 二 

アル 由、 遠 碧 軒 記ノ上 ノ上卷 居所 部 二見 ュ J 

の-ご (名) lil 戶御配 前條ノ 

ョヲ amQ i 

くろ ど-のま § li^ 戶之間 一 f& 前條 ノ 

(二) ヲ a ョ。 

vvc- どび (名) B 意 色ノ、 黑ミ アル 

モノ。 衣 住,: V 。(天明) fAJE 色ハ、 黑 どび」 

<^v^o sffl ( 一 ){ 海濱 二 棲ム、 黑 

キ 水鳥ノ 名- 今ノ、 黑 鴨ナラ ムト 云フ。 

©^:抄, 十八 tll^ 族 名 「«rli 色 水 131 也、 久呂止 里」 土 



<K>J :… 4^ II 八へ 

佐 日記、 正 H: 廿ー 日 「くろ どり ト云フ iag、 ほ ノ上 一一 

m リ 居リ」 (土 佐ノ 安! K 郡ュ、 村 ァリ) (二)^ 

鶴ノ、 小形 ナル モノ。 

\i»J りげ (名) 黒 s^l 鳥ノ 羽ノ、 I 

黑ナル モ ノ、 槍ノ 鞘ナド 二 飾ル二 云フ。 

.vi?- なまり (名) -S 〔もろな まり (錫) 

一一 對ス〕 なまり (鈴) ノ條ヲ ョ。 

にく (名) ー黑 向ー 印肉 ノ、 黑キ モノ。 

ン ュニク 

(朱 £ -ー 對ス) 

<vc^ ぬ S- 一 罰 一 〔朱塗 ナドー ー對 ス〕 

!6?汁 二 テ 塗リ. タル コ ト。 黑漆 二 テ リ 

々ル モノ 平 冶 物語、 二、.! ハ波 BS 合 、淸盛 「黑 

S7 太刀 ヲ IW ビ」 sssa. 十 一 -48 久ー 一年 十 一 E 廿ー 一 

日 「馬 五疋 内、 云云、 一 匹、 カゲ g ぬり ノハ リカ <SJ 

<K>. ねコ < 名) In 一 宅 色ノ、 眞 Si 十ル 

猫。 (赤 猫ナド 二 對ス) 御 上 曰 s、ag 一一 

年 三月 十九 Br サヱ モン ノスケ ヨリ- くろねこ 進上 

申サ ルル」 

<vc- ねずみ (名) II 鼠 一 (一) 毛ノ、 灰色-一 

シテ、 黑 ミ澳キ 鼠。 (二) 風 色ノ、 黑 ミア 

ル モノ。 (一一 一) もろね すみ ノ條ヲ 見ョ。 

クロノ メェ トル (名) 〔英語- chr? 

nomlro 極メテ 精密 ナル時 儀-天. 

文ノ觀 測, 等 二 用 キル。 

ク a ホウ 

: クロ-はろ (名) 一 方 ー黑方 I 〔くス (惠 

ノ條ヲ 見ョ- 方ハ、 方法 ノ義〕 合往 

物ノ 名、 沈香、 丁子、 白 擅、 甲 香- 

降、 ナド、 各. 分量 一一 制定 ァリテ 、煉リ 作 

ル。 (類聚 雜耍抄 、四) 耍抄- 四 「黑 方、 烏 

方、 坎ロ、 JSS 方、 e 是 一 名 也、 云云、 或 一 K、Jsi» 仙人 

所 >s 、仍曰 I 一 SS 方; 後人 因> 之、 之」 宇 »5 保 

物 、國鼸 、上 g くろ はう、 侍 從、 SB 衣 a 、合 ハセ タ 

キ モノ」 

え (名) ー蜃風 I 〔暗 南風 ノ轉 力、 



99 シロ 

暗し- 黑し、 相 通ズ、 白、 あら〕 梅雨- 1 入 

リテ 欢ク, 南風。 (物 頸稱 呼、 1) 

クロ-ばせ (き ー3 雪 八 仙 一 〔くろ 

くろん ば、 つ ノ條ヲ eg ョ, 西域 ヨリ 傳へ 

々 ル舞 力-八 仙ハ、 八 羽 ノ仙禽 ナルべ シ 

ト云 フ-冠 鶴ト. 5 フ r 毛冠ァ リテ, 背- 

短 シ〕 舞樂 ノ曲ノ 名、 高 鹿樂ナ リ , 今 

、ノ 、こんろん はッ せん ト云ヒ "略シ テ、 八 

仙ト ノ ミ モ 云フ. 四 人 舞 二 シ テ、 冠 ハ 、 

皆, 戴 勝鳥ノ 如ク. 假 面ハ. 鳥 ノ如ク 、背、 

短 クシ テ- 端-一. 小鈴ヲ 垂ル- 衣-一 ハ、 經 

ノ模 ァリ。 S 名 妙、 四 S1 高 能 as 曲 「ss«w 八 仙、 

久呂波 *J 

ク Q . ハ チジ 3 ゥ 

くろ-は ちぢ ャぅ (5 一 八 丈 一 厚キ娟 

布- 黑色ノ ニテ 、織目 ヲ • 高 ク粗ク 

織ル, 八丈島 ノ產 ナリ. 今, 武蔵 國ノ八 

王子 邊 ヨリ モ、 多ク、 擬シテ n 出ス。 

^^-は5s!Jたへ 直 ー黑 羽二重 一 はぶた へ 

ノ^ ヲ! ago 

くろ は *む- ム. チマ -ミ-メ (自動、 四) _s 〔接 

尾 語 ノ、 ばむ ノ 語原 ヲ a ョ〕 黑 ミア リ。 

ク p ズム。 ク スム。 十 訓抄、 上、 第一 、第一 一 一條 

「くろばみ タル 水 千 8 タル 人」 

く K?- び (名) liiSI 往時 ノ 暦-一、 黑星ヲ 

記シタル日ノ稱.^£事ニ 凶 ナル日 トス。 

假名 Kes 「受死 日ハ、 年 B 二 肇如>此 黑點ヲ 記ス日 

一一 シテ、 俗 一 I 云フ、 B_1 曰 也、. 日ナ ルガ 故 一一 、百 » 

二 用べ カラ ズ」 

<*cr ん (き 〔白斑 一一 费 5 臈ノ 

羽 一一 、黑 キ斑ァ ル モ ノ 、矢 二 m グ 二 用キ 

ル.。 夫 木抄、 十八、 S 狩 「吹 « スル、 交野 ノ原ヲ 、狩 

リ 行ケバ 、くろふ ノ S ゾ、 S- 一 SS ハヌ」 

<ro. ん (名) s_ 〔生 ハ、 其條ヲ 1ft ョ〕 

OC は …: <vc ム 



春ノ燒 is 一一 、草/生 ヒ タル 所 S 訓 菜 、く 

ろ ふ 「s 二 云 フハ、 黑生 也、 舂ノ « ラ燒キ タル » 二 、 

生ヒ 出ヅル ヲ云フ 也」 「くろふ ノ薄」 

な: おし (名) S くるぶし ノ訛。 百日 

曾 我 (元 祿、 近 松 作) 一 「猪、 s 云、 膝 口 ヨリく ろぶ し 

マデ、 マック ダリ 二 力 ケ通セ •<」 

クロ- ブ ドウ I — 

く ぶ だう (名) ー黑 葡萄 一 〔白 葡萄-一 對 

ス〕 葡萄 ノ 一 種、 資ノ 色、 紫 黑色ナ ル モ 

ノ。 ャマブ ダウ。 食 フべク 、又, 酒ヲ醸 

スべ シ。 

く K> おち (名) I&I ク P マ ダラ。 牛 Er 

犬猫ナ ドノ 毛-一、 黑キ駁 アル モノ。 

! S 、三十 五、 東 使戰ー I 木 曾 一 1* 「黑 K 馬 一一 、 金 伏 s ノ鞍 

S テ <S タリ ケル J 

くろ, んね (名) 8_ 〔船 體、 多ク ハ 、黑 

塗 ナレパ 云フ〕 中世、 スべテ 、南 蠻> 等、 

譜 外國ノ 大船 ノ稱。 外 sas 、廿 四、 Is 港 害、 

波爾 杜瓦爾 「其 本國直 仕出 ノ船ニ ハァ ラズ、 是則、 吾 

邦 二 テ、 古來、 南! a 人 卜呼ビ 、其 ヲ黑 sg 卜 云 ヘル ハ、 

是 ナリ」 通航 一 覽、 百 八十 六、 南 iw! 波爾. H 瓦爾 「正 保 

四 年 六月 廿 四日、 肥 前 國長崎 之 沖 二、 黑船 ffi 艘、 見へ 

申 候、 云云」 

く ラベ-すぎ (名) 一 sffll 〔材、 簿 黑ケレ 

パ -黑, 杉 ノ轉カ (くちびる. くちべ り)〕 

兒手 柏類ノ *@ 木、 各地 ノ 山山 二 ァリ、 葉 

ハ、 あすなら う 二 似テ、 小 ナリ, 夏、 球 花 

ヲ 開ク、 材ハ、 it 黑シ。 

くラぼ ¥ ー黑& 〔くろんぼ ト云 フハ、 

音便 ナリ、 牛姜- ごんば-.,'。 意-どんび〕 

古名. ム ギノク 口 ミ。 大麥 > 小麥、 ソ德 

ノ、 熟 セム. トス ル 時-一生 ズ ル黑徴 、徵菌 

ナリ、 くろんぼ トモ 云フ。 麥奴 

く^c,ほぅ 一名) s_ 紙ノ 名、 あさく さ 

がみ ノ條ヲ 見ョ。 



<K} ほ 



くろ-ぼく 一名) S 〔黑木 ノ湯桶 讀〕 

黑 キ皮ッ キノ 木。 

くや ぼく (名) IS3 〔ぼく ハ、 g5 ノ意 

-ー モア ルカ〕 (二 岩/如 クニ シテ、 遍 

ク, 色- 黑キ モ ノ、 火山 ヨリ 喰出セ ル浮石 

ノ類 ナリ、 形、 四凸- 種種 ノ姿 ァレ V 多 

ク、 築山、 泉水 ノ崖ナ ド築ク 二 用キ ル。 

(二) 次 條ヲ見 ョ。 

くや ぼ あ S B_ 〔ぼす ズ、 土質 ノ、 

ぼ.. P いぼ あ シ タル 意力、 くろぼく ト 云 フ 

ハ、 音 轉ナリ 、寸 白、 あば こ。 くぐる、 す: 

色、 黑キ 土。 クロッチ。, § 俚言 

aK 、黑ぼ +1 「黑 a- ヲ云フ 、齒木 屋詞、 くろぼく 卜 云 

フ、 SSSS 苗 《0 春、 下 「黑ぼ カノ、 松ノ リダ チヤ、 若 

ミドリ」 腐ト、 綠トヲ a セシム ) 

くろ-ぼし (名) 圓 クシ テ、 黑 キ點。 

ク B マル。 クロ ダマ。 黑圈 

: 一: くろ-ぼし (名) 國 くるぶし ノ訛。 

くや ぼたん (名) SSI 牡丹 ノ、 花ノ、 

紫黑 色ナル モノ。 コ ク ボタ- ン。 

くろ, ぼね (き _fi 扇. 團扇ノ 骨ノ. 黑 

ク塗 ラレ タル モノ。 故- H: 拾 耍、. < 「黑 ノ @」 

くろ-ほん i ゑ ざ、 つも (繪 草紙) 

ノ^ ヲ lamo 

くろ-ほんぞん i lli^ 一 黒漆 ニテ塗 

リ, タル 佛像ヲ 、本尊 ト スル モノ。 東京、 

芝 ノ塘上 寺 二 、 德川 家康ノ 護身 佛タ リ 

シト博 フル、 黑木尊 ト云フ ヘア リキ。 西 

iv^c- ま § くろ、 つま ノ條 IT-la ョ。 

<^< (名) 一 US ( 一 ) 黑 木綿 製 ノ引 

幕, 芝居 ノ舞 -臺- 一 テ、 場面 ヲ覆 t 隱ス時 

wc ま 



1| 引キ用 キル。 隱 レテ、 人/指揮, 

スル 者。 「政 SB! ノ くろまく」 fie ノくろ まく」 

くろ-ま • す. ス. セ. サ. シ. セ (他動、 5 扁 〔黑 

むノ 未然形 ヲ 活用 セ シ ム 、暗む-くらま 

す。 澄む、 すます〕 黑ク ナス。 黑ム ル。 

榮花 物語、 廿九、 玉の! sr 一 品 宫ノ御 服 ャヅレ 、イト 

袞ニ、 心グル シゥ、 捨ニ モカ 力 マ * シゥォ ハ シ マス、 

女房、 官ヅカ サナド 、皆、 イト くろまし タリ」 

一く tc. まだら 直 画一 黑キマ ダラ。 ク 

ロブ チ。 皇極 お、 三年 七 a; 、常世 a 「綠而 有-一 黑 

マ is こ 宇 律 保 物 SS 、吹 上 、下: ill. くろま だら ノ 牛」 

くろ-まつ 直 ー黑ぬ I まつ ノ條ヲ a ョ。 

一く >c. まな 43 (名) lif^ 一 黑 目-一同 ジ。 S 

名抄、 三-一 B 目 類 「@チ黑、 久呂 _a 奈古」 SS 方、 五 計 

ク P マ. E 

I. 烏 珠」 

一く やまめ (名) 大豆 ノー 種、 色、 黑 

キ モノ、 粒、 長大 一一 シ テ, 食用 ト スル r 

雌 ナリ. 粒-小 サ クシ テ、 藥用 トス ル ハ- 

雄 ナリ。 黒 大豆 s 名抄、 +七 -ー豆類 「烏 W 、一 

名 、雄 豆、 久呂 末女」 

(名) 一 ク P ダマ。 ク。, ボ 

シ。 H 

くろま * るん- レ-ラ -リ- レ (自動、 四) M 〔く 

ろむ ノ 未然形 ヲ 活用 ス、 たたむ、 たたま 

る。 くぼむ、 くぼまる〕 黑 ムャゥ ニナ 

ル。 里- ク染マ ル。 

くろ-み i 面 〔みハ 、接尾語-其 惙ヲ 

見ョ〕 いかの くろみ、 及、 むぎの くろみ 

ノ條ヲ la ョ。 

一く ろ-み ど a- の-うま (名) ー黑糞 一 馬 ノ- 




ー 一、 靑ミ アル モノ、 今, 靑毛ト 云フ。 

S 名 © 、十 一 牛馬 vs-rmsa 馬、 銕翳 馬、 久路 



美 度 里 能 宇 麻」 

くろ • む -ム- チマ- ミ-メ (自動、 a) ー黑ー 黑クナ 



もむ 入れ 



4 も 



v*? む 



ル<- R-Br タ B+r 少シ、 くろみ ャヅレ oiffisj 

E 、十九, _W8"-「S! 上人、 ナぺテ 一 s-e 二、 くろみ ヮ 

タリ テ. - 

<ic* む- ムル- ムレ- チ ョ is 、下 二) 

( 一 )ml ク十ス C (二) 言 ヒ激ラ ハ ス。 言 

«0 ーテ、 砍ク。 g ねス。 .5 中 S 井 简 

IB 永.?,, 中 一, ィャ ィャ、 S ィニ往 ナウ ヨリ、 ffl 

力 二 シテ, m 「タ ガ, 先ヅ 此方 ノ« 兵 ffi ト、 «- キ心ヲ 

Ku- 一、 _as«T テ行ク » モ,! W くろめ シ、 マギ ラナ 

リ J 「n ヒ くろむ」 

ぐ-ろん 一- § ー觀ー ォ:" カナ ル論。 取ル 

-ー足 ラス *§tJlo rs...rs クー IS へズ」 

<*c- む ぎ (名) 〔其 子. 麥-ー 似テ、 

arsl- シ〕 雜麥- 一同 ジ、 其條ヲ 兑ョ C 

ク ン ,ホウ , J , 

くろん-ばう 一名〕 ー黑坊 i 〔印度 ノ sl^ 島 

ノ地 ic-jeswcjlo ョ bo.) 一一 起ル .4C クハ、 

Jffisls ヲ- くろ ト 呼べ リ (其 條ヲ a ョ) 其國 

人 ノほノ fcBI ケ レ パ .1^ ュ -m7 なト ■ シ. 

0A. シ テ • 黑 坊ト稱 シ . .s" 便 -I 、 くろん 

ばう-約 メテ、 くろんぼ ト云 フナリ (IX 

坊- さくらんば ラ。 隨 坊, かくれん ば 

う. かくれん ぼ Msf 紀, 元年 二月 ノ 

使ノ 通?^ - 一つ お 抄, お srsr 久! c、 又、 

«M^*n. 形お 而 &ar iM 人 $: 謂., 之 

今 tv お ほ- -久! :,:;K. 坊 S 也」〕 

( 一 人 ■ 及、!; 非 利 加洲ノ S 人種 ノ 

^名。 約メテ > くろんぼ。 太 、十六 、土 

iss^sss" くろんぼ 一 一 百 五十人」 犬 子«~_巧*; 「黑 

«<-ゥ ラ ラナ ns 、悅 ビテ jk ダル 牛ノ、 皮ャ sa ル 

ラム」 尤の tsassl:*) 上、 K さもの 「saBa ヲ化レ 

パ ai ケヅヅ 、不動 ノ R ハ、 Kffi ガ S ミケル m ト. 8K 

レ」 !BS_S-SS<> 上, W 州、 s» ト云フ W 二、 »!、 

七尺ノ W ァリ. sffss ノ _w 也、 MMS ノ時, S ハレ テ 

« リシ ._srge~/B ノ S シ、 e- 一、 asis ト 云フ」 

(二 KM 人ノ. &ノ 黑キヲ 呦リ テ呼ブ M。 



(一二) 芝居 -ー テ-舞 Jss 藝中ノ 役者/、 後 

a ス ル者ヲ 云フ。 E ル物人 ノ眼ニ サ < ラ 

ヌャク -I 、黑. 木綿 ノ服ヲ 着テ、 黑布ニ テ 

IS ヲモ 包ム。 

くろん-ぼ i _s 前條ヲ a ョ。 

く^0.め (き _M 眼 ノ睛ノ 內ノ、 黑キ 

部- 此 中心 I 一 、睛 ァリ。 クロ マナ コ。 ク 

n ダ マ。 黑睛 

くろめ-がち (名) 一目 黑 M 黑目ノ 、殊 一一 

偶 グク、 ァザャ カナ ルコ ト。 五十 年 念 

佛 永、 近 松 作) T「*l 男ノ業 平作 リ、 云云、 m 慕 

ナル BJ 

くろ • める i ル レ-チ ョ (他動、 下 二 

一 包 一 〔くるめろ ノ轉、 ST くろろ。 ぬる 

し、 のろし〕 くるめる。 取 リック J3 フ。 

ヨキ 一一 アツ カフ。 處分 狂 _ 一 一一 i、s 坊 「跡 ヲ、 

ョィ ャゥ 1ー くろめ テ下サ レイ」 甲 BaJB 、一、 品;* 

1 二 「s>a!、 云云、 何方 へ 御 出 IS 二 於 テモ、 御 » 備ヲ 

くろめ 申 スべキ WSH 二 テ、! W3 申ス 8! 二」 好色 一代 

女 (51:61-、 西 S 一六 「& w チ sf シク、 脚布ノ つぎ ヲ くろ 

める モ、 尤ゾ 力, ン J(a ヒヅヅ ルー ほ asr くろめる 

「俗 二 -« ヲ «: チ くろめる、 居く ろめ ふ ナド云 ヘリ」 

く vC- も. V. S ー黑 文字 一 〔s 一木- S チ, 皮 

ッ キ 二 g ル故ノ 名ナリ >又. 靑も V. トモ 

呼ブ ハ 、 黑 眼ヲ、 l^w 服ト呼 ブト 、同 趣〕 

( 一 ) くろ も. V, のき ノ! W ヲ削リ テ作レ ル 

小 SWK。 (一一) クロ モジ ノキ。 

くろ も. あ-の-き (名) ー黑 文字 木 I 〔前 條ノ 

語原 ヲ a ョ〕 小 木ノ 名. 山中 二 多シ、 高 

t ハ七 尺, 4K、 淡綠ニ シテ- 黑キ斑 ァリ、 

撺ノ料 -ー テ .^J,$ ケ レ パ 、小 楊枝 -ー 作 

ル, ffiis ハ 、細長 クシ テ堅ク 、椎ノ 葉-一 似 

タリ、 养ノ 初-葉-一 先ダチ テ-淡 贫ナル 

五 擗ノ小 花 ヲ 開 キニー 一、 五. リ 生ズ、 K 



ハ "ふん てん ノ如ク 、秋、 熱シ チ-黑 シ。 

8s 官蘭 5 ほ Is, 永 正 九 年、 S ノ木 「木?, くろ もん 

ト云 フ木ナ 》.」 

くろ-もの (名) S 〔底. 烟-ー 煤 ケテ、 

黑シ〕 鍋ノ, 女房詞。 大上ー 名の! *(s 利 

S 政 時代) *<»詞 「^、くろ もの」 イリ n 、くろ もの」 

< いりえ ス、 炒 ^ナ ルぺシ > 

くろ-もん § Is^ 一 冠木門 ヲ> 黑?^ -ー 

テ塗リ タル モノ。 「東京 上野 ノ黑 門口」 

もめん i ー黑 木綿 一 木綿 ノ. 色、 

黑キ モノ。 (白木 sr 茜 木綿 ナド 一一 對ス) 

くろ-やさ (名) lil-M 燒ー 物ヲ燒 キテ、 黑キ 

灰 トナシ タル モノ。 多ク ハ、 藥 トシ テ飮 

ミ、 又ハ、 局部 一一 塗 ルニ用 キル モノ-一 云 

フ。 動物 ナル ハ-蒸 燒ノ時 "肉 ヨリ 出ヅ 

ル 脂 液 デドソ 中-一 含 マ レ タル 性分 ガ> 

或 特有 ナ. ル 作用 ヲ ナ ス モノ カト 云フ。 

民間-一 テ E キテ • 功 能ァリ ト云フ モノ、 

二三 ヲ 云ハ V 魔 • sir 雜. 烏, 雁. 鴇 (血 

道) 巧 婦鳥、 ^"雀 (喘息) 、海 雀、 S 

ノ 1SS - 鶴ノ頭 (徴 毒). 山! t (肺病). 鶴 (§ 

氣)、 八目鰻 (眼病)。 蠑螈ノ 黑燒ヲ 、女 

一一 振 リ カク レバ、 ; S 藥トナ ルナ ド云フ 

ハ、 其理、 知ラ レズ。 次 _* 、一、 かまいた 

ち 「下 SSH 、大鹿 村/ 弘« 寺/小僧" 此 ffi 二 アタリ テ 

s ミシ -I 、古お ヲ EB II シテ 付ケシ カバ、 S チ、 SS シ 

タル トナリ J 

くろ-やけ § fi 燒ケ テ-黑 クナレ 

ル コト。 rlsK トナ リタ^! SJa」 

くろ-やま SS 一 Sill 人人 ノ- 夥シク «^ 

ffi ス i It.. 形容 シ テ 云 フ iar ra® 人、 isi 山 

ノ S シ J 

くろ やん ま -名ー 一 is 一 〔やん まノ條 

ヲ la ョ〕 どんば、 つ ノー 種、 身. 甚 ダ瘦セ 



4 ゆ … : く わ ^ , 

テ、 細ソ クシ テ-綠 二 シテ. 光ル、 翅-黑 

シ、 水邊- 一飛 ブ、 ** 木 ニ止ル トキ ハ. 四 

ッ ノ 翅ヲ, 一 ッ 二重 ヌル コ ト、 常ノ どん 

ば、 っノ, 並 ブル-一、 異 ナリ。 一名, オハ 

グ B トン. ポ。 力 ネッケ トン. ボ。 紺 璧 

く KNgs 一名 一 ー黑 百合 I 百合 ノ 一 種-初 

夏 一一 、黑 紫色 ノ花ヲ 開ク。 

<2T § 画 〔高らか. 廣ら か、 

同ジ〕 黑キ狀 二 S フ語。 クロ ミテ。 榮 

花 物語 、十九、 御 B«l& ST くろらか. ,5 ケテ、 に、 

赤ゥ、 假旌セ サセテ J 

くろ-ろ i 國 〔くるる ノ 轉> わるし. 

わろ し 。ぬるし. のろし〕 くるる ノ( 一 ) 

二 同ジ。 藻 agH 室 W 時代) 六 「くるる ぎ、 ffi ト 3 

ク、 云云、 又、 くろろ ヲサス トモ SS メリ、 くろろ ヲァ 

クル トモ 云へ UJ 

ク 口 口 ホルム i 〔英 詰- 獨語、 chlo- 

roform. 〕 藥品ノ 名- 無色、 揮發性 一一 シ 

テ, 多少、 廿味ヲ 有 スル液 體1 外科 手術 

/痲 劑ナド 二 用 ヰ ル。 

く K> わく § _fi 黑ク、 幅 廣ク. ァラ 

ハ ス 輪廊。 多ク ハ: 亡ノ 時/通 s»r 

新 SW 紙 ノ廣吿 -ナド 二 用 キル-一 云フ。 西 

洋風 ニ傚ヒ テス ルナ リ。 

力 

くヮ (名) 一 Ml (一) ヒ。 燃 ュルヒ C 議、 & 

庚、 上 r2F 火之燈 1: 于 514, 耵-ー 設§ 」 論語 ■gew 

8S「SS 旣升、 银, 鬆? 火」 「水、 火、 ノ? 水、 火ノ 

災」 (二) ごぎ ャ、 二 五行) ノー、 其條ヲ a 

ョ。 「水、 *;、 木、 金、 土』 

く- § 一 火 一 〔E^ 防 令 一一 , 火 瓒ヲ携 ヘシ 

ムル n ト 、饮ノ タメ ナル べシ〕 古へ ノ 

軍 H 二テ- 兵士、, r< 一組 ノ稱。 S 防 令 

「R. 兵士、 十人爲 11 一 火 こ 同 「兵士 毎, 火、 火 1 具、 



熟艾 I 斤」 

<v (名) 一 戈 一 ( 一 so «- 鹏、 武成篇 「前 徒 倒 

, 戈 、攻 1 ーチ後 1 以北」 左 傅、 宣公 十二 年 「止, 戈爲 A 武」 

「戈ヲ 倒 ニス」 干、 戈、 ヲ S ム」 (二) 毫, 灣 一一 テ、 

1 丈 三尺 ノ度。 

力 I 

くヮ (名) 一 和 一 ャハ ラグ コト。 心底 ノ、 打 

K: クル コ ト。 和合。 中 W 「和 也 者、 天下 之 達 

道 也」 孟子、 公孫 丑、 下 《| 「天 時不, 如-一地 利; 地利不 

,如 一一 人 和 こ . 

くヮ (名) H 卦ノ條 IK 見ョ。 「乾..' 卦」 ラ 

卦 J 

くリ (名) 一 適 g 敎ノ 語. 因/ 果。 因緣ノ 

條ノ (一) ヲ la ョ 妙 石 S 、二、 下、 第 <條 「因ノ 

菩隨 ノ、 8 ニシテ 、果ノ 佛ハ、 a トイ フ W 、云云」 「因 

ヲ成シ 、果ヲ 成ス」 

一く ヮ (名) E 〔幾 韻 「菜-音 科」 蜂 ノ紫ヲ 

輪 切 リー 一 シ タル 象 十 リ トモ 云ヒ、 瓜ノ 

音ナリ トモ 云フ、 サレパ 、紋所 ナル ヲ- 

瓜 トモ 云フ, 又、 く 7 ん トモ 云フ ハ、 音便 

力 (和 雜膾、 かん ざ ふなます。 冬瓜、 W 

-I く リん。 羅文、 らん もん) 或ハ、 舉笥ノ 

環ノ 象ナリ ト云フ 〈、イカ ガ〕 模樣、 又 

ハ , 紋所 ナド 一一 、瓜 ヲ、 輪切リ 二 シ タル、 

ナカ ゴ メグ リ カ》- 力 

飙ノ周 ノ如キ 象。 く" ん。 モ カク。 モ" 

カク 主計 S 式、 上 「镇 該」 字類抄 「& Sf 文、 クワン モ 

ン」 名 「菜 S 、浮 文、 表 箱 文、 是也」 

く" (名) 謹 (一) 課スル コト。 役-一充 

ツル コト。 エダ チ。 租 ノ條ヲ 昆ョ。 趣 

唐 5r 職官志 「凡、 賦 V 人 之 制、 有" 四、 一 曰租、 二 S 調、 

三日 役、 四日 課」 (二: life 衙、 吏務 ノ内ノ 、小 

サキ區 分。 (割 リツ クル 意 ナリ) 

力 

くヮ (名 一 ffi (一) シナ。 タグ ヒ。 區別。 

^^l語、八ffi篇「^:eーiカ不-同i科」 「科目」 文科」 國語 科」 



くわ …: くわ 



理科」 (二) トガ。 罰。 罪科。 、前 出 _ 

師表 「t 右 有, 作お Si 科、 及爲 ーー忠 善 ー者ハ 宜.. 付 It 司 一 . 

論 * 其 刑赏と 「驟科 二 處ス」 

く ヮ (名) 〔說文 「寡、 少也」 釋名 「寡、 

單獨 也」〕 (一) 數ノ、 少ナキ コト。 (多 二 

對ス) 大藥 mfM 者 衆、 き 之 者 sSj It^ 子、 梁 恵 王、 

上篇 S 、固 不. 131 ー以 敵。 衆」 (二) 獨 リナ ル コ 

ト。 ャモメ 大数 縛 「五十 照, 夫 曰, 墓」 又 rs に 夫 

®i レ婦、 並 塑之 S こ 「^sr 孤、 獨」 

力 

くヮ (名) (一) 過 ダル コト。 餘ルコ 

. ト。 論語、 先進 §. 過猶, チ及」 「過、 不足 ナシ」 百 一一 

ツキ、 五 ノ過ト ナル」 (二) 過去 ノ略。 「過、 現、 

未ノ 三世」 (三) アヤ マ チ。 シ リコ ナ. ヒ。 

; 稀也篇 「有 1 一 顏囘者 一好" 缀、 云云、 不 ,1_^"#,」.、 漢 

^5、汲§^!^:「出ー1入禁^ハ補,過拾,遣」 「功、 過、 相 半ス」 

力 — 

く" (名) 一週 感化。 德化。 鼓 博 「敗. 俗 

化」 柳宗 元、 f 李諫認 一賀" 赦表 「恩 1¥ 九 有 一 化 

被 一一 萬 方 1」 太平 記、 一、 武家 iI5 「其 德ヲ 稱シ、 其 

化 一一 誇ラヌ 者、 ナカ リケ リ」 「民 ノ豐 カナ ルハ、 仁政 

ノ化 ナリ」 

力 h 

くヮ (名) 一 訛 一 ナ マルコ ト。 アヤ マル n 

ト 「蹈 冶ハ、 冶ノ訛 ナリ」 

力 1= 力 

j くヮ (名) 二 観 く" のく つ ノ條ヲ 見ョ。 

くヮ (接尾) 一 il 〔說文 「願-小頭 也」 六書 故 

「凡 、園 物、 以ゾ顆 計」〕 粒、 玉、 果、 印、 ナド 

ヲ数フ ル 字類抄 「顬、 クハ、 跌也、 

小顷 也」 「玉 ニ顆」 印 三顆」 珠百 八顆」 

ガ 

ぐヮ (名) ゑ (畫 )- 一同 ジ。 擔畫。 後 

^er 馬 S^「S?J 髮 眉目 如, 望」 名抄、 十三な E, ぬ J 具 

「ま、 音卦、 丹奇所 k 也」 「山水 ノ适 一 幅」?? s」 

く ヮ-ぁ ふ i Jgffls 花字ノ 押字ノ 

義 一一 テ、 書 判 ノコ ト。 花字ト ハ、 己レ 

名ヲ、 草書 二 崩 シテ、 S 化セサ セテ、 花 



くわ あ 



/如 ク書ク ナリ、 花 書 トモ 云ヒ、 草名ト 

モ云フ 、ソレ ヲ文書 二 記 スヲ、 押 字ト云 

ヒ 、其 文書 ヲ、 押 書 ト云フ 。(韻 合い 「押、 署 

也 "今人、 言 M 文字 押 暑- 是 也し 古今 原始 

「唐 韋陟、 每, 害 1 一^ 学ハ 云云、 花押 之 巧、 始/ 于 1. 韋陟ハ 

古人 破 i 從」 早、 以』" ヂ S 做 去-一 其 名 1 也」 

唐彥謙 詩 「公文 持 _1 花押 こ 北齊 害、 後 主 「文 tjsn 

作 I 一花 字 一? 具 1 一 姓名 si 知 一一 其 誰 こ 歸 田錄 r 今 俗、 

謁 11 草 S 名 S11 押 字-也」 

力 ィ U 

くヮぃ (名 } 1^1 コ n 。 ヨキ コト 。心-一 

力 ナフ n ト。 愉快。 孟子、 lis 王、 上, ml ー怨. 

K 諸侯" 然後快 1 一 於 心- 與」 戰國 策、 棻策 「蔡^ 入揖 = 

應 侯ハ應 侯不, 快」 「其 快、 言 フべ カラ ズ」 

力 ィ 

\f ノ (名) 面 一 (一) アヤ シキ コト。 クシ 

キ n ト。 不思議 ナル コト。 奇怪。 (二) 

ぎフ コ ト。 淮南 子、! §813 不. 怪」 !; 三 y 、ノ 

ケ モノ。 變化。 妖怪。 

力 ィ 11 

くヮ丫 (名) £_ (一) ヨリ ァヒ。 アツ マ 

リ。 楚會。 會合。 左 IT 莊公 十三 年 「《木人、 ず 1 

北 杏 之 f 」 (二) 特 一一、 人ヲ 招待 シテ、 遊 

樂ナド スル コト。 頸 政 $r 资 「作文、 和歌 ノ^」 

「花ノ <p」 荼ノ 售」 霄畫 售」 踊 リノ 奮」 名 fJS メノ .SIQJ 

力 ィ 

くヮぃ (名) 一^一 (一) ビヤ クシ ン。 (10 ヒ 

ノキ。 

-カ ィ 

くヮぃ (名) I 卿 一 ッゴ モリ。 ミゾ 力。 晦日。 

釋名、 釋天篇 「晦、 灰 也、 火 死爲, 灰、 月 光恭、 似し N 也」 

「一一 一月 晦、 帝都 ヲ 發ス」 

カイ I . 

くヮ (名) ー廳 (一) 力 シラ。 ヲサ。 首魁。 

、操 弓、 上篇 「不" 爲 魁」 (二) サキガ ケ。 

「梅ハ 、百花 ノ勉」 

力 ィ I ゾチ 

くりい (名) (一) 土ノ カタ マリ。 ツチ 

クレ。 土塊。 (二) 凝固 シテ、 形ヲ ナス モ 

ノ。 カタ マリ。 「肉塊」 血塊 II (三) 不平 ノ 



くわい 



心。 壁 塊 

カイ —I ズ 

くヮ V, (名) 先づ隗 より 始めよ ト云 

フ語 r 士ヲ招 クニ ハ, 先ヅ、 劣レ ル者ョ 

リ採 レト云 フコト ナリ。 戰國 策、 燕 策 「今、 

王、 誠 欲&, 士、 先 從ぉ始 、滞 且見, 事、 況、 P 於レ魄 

者 乎」 (郭^ ノ、 一 W 一昭 王 二 云 へ ル語 ナリ) 

く ヮ-ぃ (名) B 中華 ト, 夷狄 ト。 中國 

ト、 外 蠻ト。 夏 夷。 唐 雷、?4傑傳「 天 限 S 

Ifii こ 链 制令 「皇 香、 fHS 所" 稱」 

クっィ g 151 〔字ノ 、支那 音ノ 訛ナル 

ベ シ〕 拳ノ 語。 n n ノッ。 

力 ィ . 

くヮぃ (接尾〕 國 〔小 說ノ 用語 ナク〕 (一) 

キケ 

小說 文中 ノ段。 「第一 囘」 第一 ー间」 轉 ジテ、 

常ノ 記事文 亲曰 二 モ用ヰ ラル。 雅文 二 ぺ 

二次、 ト 1« クナ リ。 (Ijl 轉 ジテ、 

タビ。 メグ リ。 マ ハリ。 度。 返。 「三 罔、 

甚ヲ 打ヅ」 藥 ヲ七囘 服ス」 名詞 二 、 「同ヲ A ヌ」 

カイ- ィ 

くフ い (名) _fl_ シル マシ。 ァ ヤシ 

キ コト。 怪異。 ^^W、童仲舒J^「不^知SS 

又 出 I 一 怪異 ー以 懼之こ 盛衰 記、 十三、 鳥 羽 殿鼸沙 

-ノ. ン 力,, 'ワイ ィ 

汰 Isl 「サ テ乇 唯今、 然 然、 怪 異ァリ 、急ギ 、聞 召 シタ 

ク忠 召ス」 「怪異 gS- 見」 

力 イイ 

\ !。, -ぃ (名) I 口 意 一 (一) 心-一 、合 フ コ 

ho 會 心。 B3. 陶潜 i» 「毎 "有 一 欣然 忘" «-」 

(二) 六書 ノ條ヲ 見ョ。 

ぐヮ い-い (名) 3_ (一) 化外ノ 夷狄。 

(中華-一 對ス) (二) 外 國人ヲ 、卑 シメテ 

云フ 語。 

くヮ い-いう W) M_ 巡 廻> 遊歴。 處處 

ヲ 廻リテ 、見物 スル コト。 「ss 列車」 

ぐ "い-いう (名) lii 一 外 園-一、 旅行 スル 



くわい き 



くわい 

n ト o 「友ノ wsn'ss.ij 

く" い-いう-ぎ" - § 一^!^ 一 〔英語、 Mi- 

sn-tory rsh. ノ蹕 語〕 魚 ノー 種。 潮流 

一一; g ヒ- 又ハ- 溯? す-海 屮ヲ 旅行 スル 

H" ノ. かつを. まぐろ-いわし ノ如 シ。 

义. 河 魚 一一 モ云 フ、: a ノ 如シ。 

がィ- イン ■ > 

ぐヮ い-いん £■> 一外 a 外 印 ノ條ヲ a ョ。 

カイ- ゥ 

くヮ い-う <<5 心 ョク、 烈シ ク降ル 

雨。 更ノ谅 -Is ナド- ー云フ OK 害、 管! 《«._» 

M«-Itl、K« 一一 快 雨 こ 

ガ. ユウ 

ぐ いう (名) 一 臥 «|ー 捨 ovla テ. 跌シ ナガ 

ラ 、其 地 - 一遊 ブ 心地 スル n ト。 世說、 sa 

篇 「臥 之、 凡 £1:»£«;»IB- 一之 £11-2」 %*、m 

ガイ- ェ キ 

ぐヮ い-元 さ (名) I 外 役 一 外 國ニ於 ケル兵 

役。 外征。 

カイ-が 

く" い-が (S 0^ ァ ヤシク、 イブ カシ 

キ n ト r_5?lw へ ズ」 

ィ カイ 

く" い-かい <s ^諧ー フザ ケルコ ト。 

ォド ケルコ ト。^ 談。 該^。 s«-、《s 

r 東方 N 辭、 KffissJ 

ぐヮ い-かい § S 或々 物ノ、 外 ノト 

コ u."(s:as: ュ 對ス) .ffiK、*3_=s「SL 此& 、公 

使 S 入 rww; 也」 

ぐヮ い-かい s£ S (二^地 ノ外而 

二 アル 海。 外が o( 内海-一 對ス) (二) 陸 

地 ヨリ > 泣 ク難レ タル 海。 <ム 海。 (近海 

二 對ス) 

くヮ い,. B- つ i 一 (一) 處 IS ヲ、 ヘメ 



くわ 5 



y ニー) きか、 つ (i) - 一同 ジ。 

ガ ィ 

ぐヮ い-かう (名) 一外 交一 (一) 外 國トノ ハム 

際。 (內治 -ー 對ス〕 國語、 isr 彼 WKi 而速 

乃 a:= 其 W 交一 而勉 > 之、 ssliKB; 不 -i 亦 13- 乎」 

(一一) 家 ノ外ノ 交際 C 史 記 、! 8 通 _» 「通 亦! S_B、 

チ好 一一 外交; askssi は;? 欲 &J 

ガ ィ n ゥ. 力 

くヮ いかう-か (名) 1^ 交 家 一 外 <4< ヲ職ト 

スル 人。 

く" い-かふ (名) 8 〔字典 「魁- ^蛤 

也」〕 ァカ ガヒ。 sswssi- 、一名、 ssr 老胆 

カイ- ゴゥ 

くヮ い-力 ふ (名) 11! 合一 ヨリ ァヒ。 アツ 

マ タ。 會。 集宫。 sssi 、お S3_?aks 

* 友」 疏 「一 S 、君? Z 人、 以 =_„<德;«! 一 j 合 朋友 こ 暨! a 詩 

「»i-a 各 au8:、.ffi: 合 何時 asj _SS8、 五十 i 、; stjsl 

年 八 H; 四日 「お llffig 合 之 掘; 取-; SS チ他 sk 

之 由 申」 

<ヮ い-かん i S 心地 ヨキ 感ジ。 

カイ- キ . 

くヮ い-き (名) 一 快氣ー 氣分ノ 、快 クナル 

コ ト。 病ノ、 癒ュ ル コト。 「快 氣- 一理 ク J 

カイ- キ 

く" い-き 1 li:B,』 〔年 ra: 忌 ノ., g〕 A 

死シ テ後, 年年、 囘リ 來ル、 其月ノ 忌: n 

ノ稱。 一年 ナルヲ 、一 1: 忌, 又 ハ 、 一 周忌 

ナ ド云ヒ ^ 祥) 二 年 ナルヲ 、三 囘忌ナ 

ド云ヒ 、(大 祥) 次ハ 、七 十一 1 一同-十七 

囘、 ト、 次第 -ー、 三ト、 七 トノ數 ニ當ル 

年、 (三 ハ 、 數ノ小 終、 七 ハ 、天ノ 紀數ナ 

リト 云フ) 次ハ 、五十 囘 忌, 百囘忌 "以上 

ハ 、 五十 年毎; h リ、 ス べテ、 佛 事ヲ修 ス 

ル 一一 云フ。 年忌。 年囘。 佛道 一一 テノ追 

薦ハ, 七、 七, 四十九日 ヲ限リ トシ、 我ガ 

國 -I テ _r 古へ ハ、 1 周忌 , 果 ト云ヒ 



くわ 



テ -限リ トシ タリ、 支那 一一 テ_モ 、喪ノ 終 

ノ 三年 ヲ, 大祥 トテ、 祭ルノ ミナ リ, 七 年 

以上 ハ 、我ガ 鼠 先 崇拜ノ 念 ニ起レ ルカ。 

B 太 BrsKlli 年 九 as 廿 五日 「竹お 院 入道 左大臣、 =ー 

十 srasE 也」 

カイ .* „ 

く "v さ (名) 一 囘歸ー メグ リ、 力 へ ル 11 

ト。 islj 

く", さ i S 集會ノ 時期。 左 ほ、 

»5五 年 「使 一 iss 先 <?Br 且告 =«: 期 こ 

カイ キ I 

くヮ い-さ (名) t 會ノ 規則。 會 則。 

くヮ い-ぎ (名) Is (一) 數人寄 合 ヒテ、 

事ヲ & 議ス ルコト 史 _si 、卒 》侯》 「毎 一:! 8S- 

»5 ハ開 =陳 其 端; 使 I 一人 主自 ほこ 蔡 HTKS 「凡、 as 

、其 f&s; 公卿 Issss 一 (二) 特ニ, Si 

員ノ、 集 リテ、 或 ル< ム務ヲ 議スル n ト。 

ぐヮ でさ (名) S 屋外 ノ空 氣。 「外氣 

二 ほん」 

力 ィ ユウ 

く" い-きう (名) _ ォモ ヒデ。 ァリ 

シ昔 ヲ-思 t 出ヅ ル n ト。 懷古。 班 固、 西 

都! g「as- 一 sa 之 _s 念; f ほ 古之幽 JS こ 「ga ノ _«」 

ぐヮ い-きう き S 妻ノ 父。 B 雅、 SS 

親 ほ「 菜 之 w<、«5= 外 WIS 之 母、 8? 外 はこ 

くヮ いき-せん i 一 囘歸線 一 地球 ノ^ 道 

ヲ中 トシ テ、 南北 > 各, 緯度 一: 十一 一一 度 二 

十八 分 一一 當ゃ. 所 ノ稱, 太陽, 此 (南, 北) 二 

至 リテ、 赤道-一 囘歸ス ルナ リ。 北ナル 

ヲ、 a 至 線 トモ 云ヒ、 南 ナルヲ 、冬至線 

トモ 云フ。 义- 地球 ノ、 此兩 線ノ閒 ヲ、 

熱 帶 ト云フ 、極 メテ、 熱 ケレパ ナリ。 

くヮ いき-ねつ (名) I 囘 il 病ノ 名- 窒扶 

斯ノ 1 種- 數 n ヲ隔 テテ、 熱ノ、 囘歸ス 



くわい …: くわ 5 え-一 



ル モノ。 

カイ キン I 

くヮ い, きん (名) -1_ 任官-就職、 ノ時 

ナド. 其筋ノ Sfi 家ヲ 歴訪 シテ- 禮ヲ述 ブ 

ル コ ト。 囘 禮。 

ザ ィ ■* ン 

ぐ "い-きん 一き I 外勤 一 外部 一一、 動 務スル 

n ト。 (内勤 -ー 對ス) 

* ィ キヨ 

くヮ い-さ ョ -名> 一 快舉ー 愉快 ナル擧 動。 

、; ヨキ 仕業。 「元 錢ノ 快 s」 

<ヮ い, き av i _s 〔一一: 槐- 九棘ノ 

略、 各條ヲ 見ョ〕 三 公ト、 九 卿ト。 公卿。 

任昉、 E 宣城碑 「將 4s„h; 槐 宏振 oaa し S 

_K 、三、 I 院女院 嚴島 御幸! * 「雖 k 有 一棟 B 之 》g; 敢、 

不レ及 一; 院宫之 住 詣 こ 

力 ィ ギ -a ク 

くヮ い. き-ろく (名> 一 會議錄 I 會議 ノ發言 

ノ 記録。 

力 イク I ■ *- 

く く S 一^ 句 1 つ フミ 句。 

力 - イク 

<_v.r< (名) 一 化育 一 造化 ノ、 萬物ヲ 成育 

ス ルコト 中 » 、第廿 二 SJ 「能 slig 之 性; 則 la* 

wn= 天地 2 化 青 こ 

カイ- ガ ェグ <- 

く "Jv- ぐヮ (名) 一 麵ー 嬉。 tr ほ a 、き工 

_K「lE<a 之 _* 、後-一菜 功 こ 

ぐ" い-く ヮ i S げ. > (外 5S-I 同 

ジ. - 

く "い-く ヮぃ § 漏 〔說文 「恢、 大 

也 匕 ヒ B ラカ-ー。廣大ーー。 老?、 第 七十 

三 _»「天《« 恢、 as 而不 k 失」 史! S 、滑 Bl-®「lKsa3 

恢、 is? 大哉」 

く "い-く" い g 一観 一 理解 カノ-運 鈍 

ナル狀 ヲ云フ 語。 クラ キサ マ。 愚 カナ 

ルギノ マ。 (次 *^ ヲ 見ョ) 



くヮ い-く ヮ い-けう 名) Igii 敎ー ふが ふ 

f キ 3 

ゐ: &:、 つ ヲ見 ョ。 

カイ カイ- シ ャ リュウ 

くヮ いく" い- IT, りう § 1 惯憒者 流 一 

〔接 「愤 -心亂 也」〕 道理-一 暗キ &ポ。 莊 

tK 大宗 師 SI 「彼 又 惩能、 SS£ 然 5? 世俗 之鎮こ 一二 國 

>JSL 理、 則 £SKJ 

カイ-力 ク 

くヮぃ ヮっ § &闘 1W 活ー ココ 口 ョ 

ク、 打開 ケタ ル コ ト。 五代 史、 劉拘 ほ「謠 吏 

云云、 s=SBSPS、a;mt. 相お 曰、 自ぉ 快活 SCJ 

「天空 快活 色、 快 ナリ」 快 E ナル氣 SJ 

カイ-力 ;' 

くヮぃ AT ん {名> 一 會箱ー 雜會、 又ハ、 會 

議ヲス ル建物0-^11堂。 rtra 族お EJ 

ガイ-力 ン 

ぐヮぃ -\r ん (名 二 劉 一 國ノ外 ノクレ 

へ。 外國 ヨリ 來ル 難。 (內 S1 一 對ス) i 

子、 吿 子、 下 《| 「入 則 ffili 法 家 拂士; 出 則 無 = 敏國外 班 一 

者、 s;a 亡」 

ぐヮ い, V ヮん (名) i 一同 ジ。 

「外 ヲ裝フ J 

カイ- ケィ 」 , 

くヮ い-け: > § KagI 金 錢ノ出 人ヲ^ 

ル コト。 勘定。 ^00 孟子、 ffilDr 下 ss 「孔子 

J5S 一: falaltrar^p 計 ほ而ヒ skj p ほ、 ik 官 sr 司 

お、 註 「せ, 大計 也」 £rf 抄 (文明) 十 i 「年中 ノ Kffl ヲ 

*a グルヲ 、ほト 云フ、 一 月ノ ffljffl ヲ sf. クル ヲ、 計 卜 云 

フゾ J rasrlK 官、 小宰 sl「gj 一一 出入 555 一 isg 一」 註 「H; 

計? 耍、 该計曰 i」 

カイ-ゲイ 

くヮ い- S い (名) 一 會& く, い W いのは: Is 

§lg 之恥ブ 略、 其條ヲ 見 ョ。 

くヮ いけい-けんさ あん i Is 撿査院 I 

政^ ノ、 ス ベ テ ノ會 計ヲ、 檢査、 監督 ス 

ル 官廳。 

くヮ いけい-ねんど i ft 政府 



くわい …: くわい 



ノ. , 一 年 閒ノ會 計 計算 ノ タメ-一 、特 一一 設 

ケ タル 年度、 毎年、 四月 一日 ヨリ、 翌年、 

三 ほ 三十 一 日マデ トス。 磨 年ノ、 一 EC ョ 

リ 十二月 マ デナ ル 年度-一別 ッ。 

くヮ いけい-の-はち i ー蓦之 恥 一 〔支 

那 ニー 一代 ノ周ノ 時, 越 王, 勾 踐ガ、 吳王, 夫 

差ト、 會稽山 -ー テ 戰ヒ, 敗 レテ、 恥辱 ヲ受 

ケ、 深ク 謀ルコ トニ 十 年 一一 シテ、 終 一一、 

吳 ヲ滅シ タル 故事 一一 因ル、 臥 薪 嘗膽ノ 

條 ヲ倂セ 見ョ〕 深ク 心-一 忘 ルル 能ハザ 

ル恥。 常-一、 コレヲ ST カム トス ル窜 5 一一 

云フ。 略 シテ" 會稽、 ト ノミモ 云フ。 史 

_s、 S 世 家 「苦, ら、 與= 勾 一 一十 餘年、 SS 

JgkBr 報 =«a5 之 恥 一」 同、 sag® 「勾 sr 云云、 修 "之 

十 年、 國富、 云云、 遂報 1 一 SUES 云云、 雪 1 ー會 B 之 恥 こ 

MM. 一 、 SB 承 四 年 八 s 廿 E 曰 「公 命、 SJii 計 

於 t 外 IrslH-aszRI 哉」 同卷、 同年 八月 廿六 

曰 「ほ >5 一由 井お 欲, 翻 一一 ーーー浦 之 34 こ 

ぐヮ い,. けう f _s_ 外國 ヨリ 入リ來 

レ ル 宗教。 持-一 、天主 敎、 希 職敎、 1 

新敎、 同 囘敎- ナドヲ 云フ。 

くヮ い-けつ <名) 誦ー 堤防 ナ ドノ、 m レ 

テ、 河水 ノ it 逸レ 出ヅル コト。 疲軾、 制 

科 策 「江河 SS 決、 百 川 瞬: 1S8」 

くヮ い-けつ-び ャぅ 一き lis 身體處 

處 ヨリ、 出血 スル 病、 食物, 鹽" 肉、 ナド 

ノ ミ 二 テ、 蔬菜 ヲ用 キザル 一一 起ル。 . 

くヮ い-けん (き SSI (一) フ トコ II ガ 

タ ナ 。 p。 常 山 s 談、 附錄、 稻 S 伊豫 守 一 ® 

「其方 ヲ、 サン トセ シ巧 ミナ リ、 招伴ノ 三人、 皆、 

@s ヲ差 タリ」 (二) 懐句ノ 異名"" 

力 ィ -ケン . 

くヮ い- りん ー會 SI 會ヒテ 、顏 ヲ見ル 

コ ト。 面侖 口。 對 面。 「使 K ノ *1 見」 



くわい 



ガイ ケン 

ぐヮ い, けん (名) 一竹 1 ク ハべノ ミ H 。 

ゥ チミ。 ミ パ 。 ミ テク レ。 觀。 「外見 

ヲ 飾ル」 

カイ- n 

くヮ iv-XJ (名) I 懷古ー 懷舊ニ 同ジ。 北史、 

常 「輕 一一 渉 山水 ハ恨然 古」 「SK 古ノ 情」 

力 ィ - n 

くヮ :v- こ i 一 囘齓ー 力 ヘリ ミル コト。 

往時 ヲ、 想ヒ メグ ラス コト。 「罔 顧ス レバ、 

五十 年」 

力 ィ -ゴ 

くヮ い-こ (名 J ーぽ^ー 力 パフ コト。 跎護。 

力 ィ -ゴ 

く" い-こ (名 1 一 乖忤ー 〔玉篇「乖-^^也」說 

文 「许, 逆 也し モ トリ、 サ カフ コト。 

sr 孝 成 許 皇后 IS 「輕 細微^ 之漸、 必生 = 乖件之 患 こ 

くヮ い, ご (名) 8_ 身 體ノ、 壯大 ナルコ 

ト 大兵。 魁偉。 史記、 留侯世 家 「其 人 計 魁 梧 

^^ass」註「斛搭、丘虚壯大之怠、llーーIL可„a接ii悟於t人也」 

く "い-こ (名) 一 悔悟 1 If ヲ、 悔ィ 悟ルコ 

ト。 白 居 易 詩 「壯 m 不一 一敏 娱ハ 長年 當 I 一 悔悟 こ 

カイ- n ゥ 

くヮ; V-XJ う (名) 一^ 弘ー ヒ J1 ク、 ォホ キク 

ス ルコト 後 接、 碟異傳 「恢 -Ifs 聖緒 一^- i 被 四 

表 こ 

ぐヮ い-こう (名 一 3- 外國 ヨリ 攻メ來 

ル寇。 國語、 胃 0. 唯 忠信 者、 能 f 外寇 一而 害」 

. 力 ィ - n ク .. . 

くヮ こく i 00^ 國國ヲ 、歷 廻ルコ 

ト。 市中 取 蹄 類 $r 九、 百 八 「於 11 御關所 ーモ、 許狀無 

k 之廻國 六部 順 8r 招 通シ申 M 敷 旨、 改而被 1 一 仰 渡 I 

御座 候」 「g! 國 修行」 國巡 纏」 

ガイ. っク _ _ 

ぐヮ r- こく -名) I が國ー トツ クー 一。 ァダ 

シク 一一。 我ガ 政府 ノ 支配 ナ ラ ス 國。 異 

國。 異域。 (內國 二 對ス) 史! K 、樂 S 「き S 

威 |_5„- 降 一一 外國; 渉 =« 砂 一 -so 四 b; 服」 

ぐヮ いこく-ご (き Isi 外國ノ 言語。 



くわ J 



ぐヮ いこく, こうさい <名) 一外 國 公債 一 〔英 

語、 Foreien Isn 、一.〕 外國 ヨリ 募集 シタ 

ル 公債。 外債。 (內國 公 « -1 對ス) 

ガ ィー 1 ク-ジ ン 

ぐヮ いこく-. せ? ん (名) 15 國人ー 外國ノ 人。 

トツ クー 一 ビト。 異 !:人。 人。 

ぐヮ いこく-せん i 一 ill 外國ノ ¥ 

異國 船。 

ガ ィコク -プギ 3 ゥ 

ぐヮ いこく-ぶぎ ャぅ § S9a 德川 

幕府/職名、 外國 一一 關 係スル Ms- 一切 

ヲ 掌ル。 泰 1^ 年 sr 四 ST 一 「安政 五 年. VB; 八日、 

新^ 御 役、 外 國络行 出來」 

力 ィ -n ン 

くヮ い-こん (名 一 I 塊根 一 植物 ノ根ノ -尺ナ 

ル塊 ii トナ レル モノ、 甘藷ノ 類。 芋ノ 

i。 

くヮ い-さい § M 〔ili ト、 同 趣〕 

n コ チ 3 キ カナ。 * 玉、 a 賦 「楚 S 王、 云云、 有 

>風« 然而 至、 云云、 快哉 此 風、 _» 人 所 i&s 人 I 共- 

者耶」 「快哉 ヲ w. フ」 

ガイ-サイ I _ 

ぐヮ い-さい (名) 一外 債 一 外國 公債 ノ略。 

(內債 一一 對ス) 

くヮ い-さう (名) S 葬饑ノ 式-一列 ス 

ル コト。 左 es、ss 公元 年 「衞侯 1«<PS8」 

く" い-さう (名) ml ォモ ヒデ。 往時 

ヲ囘顧 シテ、 思 ヒ出ッ ル n ト。 追想。 

カイ. ゾゥ 

くヮ; V- さう M 一 卿 漕 I フナマ ハシ。 船 

一一 テ、 物ヲ 潜ス ル コト。 

くヮ い-ざん-ぎ ョ (名) SS 〔下ノ 出典 

ヲ a ョ〕 あら、 つ をノ 漢名。 但シ、 支那 

ナルハ 、長サ 五六 寸ァ リト 云フ。 本草 M 

目、 sisi 魚 S 白 如. 銀、, as 、若-一已 Z 魚 こ 



くわい 



くわい 



カイ- シ 

く" い-ま (名) 稷^ フ トコ B. カミ。 懐 

中. ノ用衹 ハ 、男 >f ハ 、sm 紙ヲ懐 二 シ 、 

女子 ハ 、色紙 ヲ掷 へ 居テ - 席上" 詩耿ヲ 

記ス コトナ ドア ル 時ハ, 各. 其 紙 ヲ取出 

シテ it ケリ。 後一 I ハ -ST 和欧、 ヲ, 正. 式 

一一^ ャ ス ル m ト シ テ -ffi 紙- 又ハ、 杉 原 

紙ノ, 全紙 ヲ ffl ヰ ルヲ, ラ, 懷紙ト ま 

フ。 其 ii. 式 ハ 、初- 1 .S9.li.ra 

水 花 光- ナドト 記 シテ. 次-一. 官位 姓名 ヲ 

シ. 次-一、 耿ヲ. 四 行 二 シテ. 末 行ヲ、 =1 

字- le: クヲ例 トス。 《ss 、三十 一 一一 、平氏 九 

Hi 二 6!駄》!_«.ほ紙ヲ進 パケ <i - 一 、寄 kaJB ト云フ 

B- ニァ、 asss. お a!ss こ stsB. 三十 s 、仁 《s 二 年 

<aj 十五 日 nfluK 座和欧 女 tS 、彼 > 進-一 ほ 被-」 

カイ- ジ — 

くヮ い- V: § ー霸ー !! シキ 事柄。 《§、 

©迭傅 「作- 1 咄咄^ 四 字 一而 已」 

くヮ い- i s 输ヲ *a クコ ト。 J 

醻、 *? ェ r ふ 「! 2« 之 取、 功 こ 、八价 一 SE^ 

? w£s 「後 Mr® k k 也 、云云、 ss, 先以& 

地 一 a,«;.ffiw 施 ,五**」 (菜 ハ 、白 ©- 一 テ、 メ 下地 

ナリ、 先ゲ 、R 地ヲ 作り テ、 其 上 一一 St 色ス、 因 リテ、 始 

ノ W ヲ、 後! W トモ 云フ) 小 B 雅 「雜, 彩 曰 IttJ 

ぐヮぃ Mr: § 3 OK 报ノ 正史-一 對シ 

テ云フ gs〕 在野 ノ人 ノ!? i セル 歴史。 1 

個人 ノ作 レル^。 &; 史。 i;; 乘。 又, 其^ 

史、 又 ハ 、?^ $^ノ 作者 ノ雅號 -1 添 へ テ稱 

ス つ 「日本 外お」 山 脇 外 atj 

ガ ィ-シ 

ぐヮ い-ま 1 1 I 外え 外記ノ 索。 2«、& 

「外史、, S 外 や」 asm 妙、 上、 太 sa 「大外 

§ 名、 外 さ 

ガイ, :- 

ぐ" い- i I 外资ー 外國ョ リノ? K 木金。 

ぐ" い-お (名) 二) ホカ ノコ ト。 ョ 



くわい 

ソノ n ト0 後?^客、光武帝^^「帝以ー1中^初定ハ未 

i 一-外?」 (二) 外國 一一 闘係シ タル 事柄。 

左 se 、文 公 十三 年 「能 1】 外^ ハ且由 一一 S 脚 こ 

力 イシ ユウ I 

くヮ い-まう § |ぽ & トリ モ ドス n ト。 

「利 ほ 囘收」 

力 イジ ユウ . 

くヮ VV: う I ー靈 ナ ヅケ、 シタ, 力、 ノ 

シムル コト。 詩經、 周頌、 時 SJarsl 一 twt 百神ハ 及- 1 

河 こ 左 溶、 傅 公 廿四年 「其 S1 一 ま 天下一 也、 SS 他 

i お- St 一」 

力 ィ -ジッ -c-.,.*- フ 

くヮ い, V ら i WH_ 宮合ス ル:: :。 ァ 

ッ マ ル日 njo raa 捆詩 「別 促 食 日長」 

力 イシ ユウ 

くヮぃ-チ^^ (名) 多 人數、 ヨリ ァフ 

n ト。 アツ マリ、 ッドフ n ト。 陸游詩 「春 

游^^5?份3«社」 春 港;^ M 「子弟 毎^ ffiu 

くヮ い-, せめ ふ (名) 一 8 文す 1 一 尸 語- ナド 

ノ、 難 港 一一 シテ, 明瞭 ナラ ヌ n ト。 

くヮ い- ォ 1 ん i S 善ク、 我ガ 心-一力 

ナヒ タルコ ト。 氣 -1 入 リ タル コト。 會 

^.o 世說、 言語、 中 SS 「食 心 ffi 不一; 必在 „,I?rBI ^然林 

水、 便自有 lis 满 M 想 一也、 Rllalms 魚自夾 人」 

「«A ノ 笑"」 ノ友」 

力 ィ シ ン 

くヮ V- まん (名) 一 囘申ー 返答 申ス n ト。 

く "い-ま 1 ん § 一 副 一 醫者ガ 、病 家ヲ廻 

リアル キテ、 診察 スル コト。 

力 ィ ジン 、 

くヮ ん § I 灰 儘 一 燒ケ タル 跡ノ、 灰 

ト、 I ト。 物ノ、 滅亡 シ タル 一一 モ 云フ。 

R 害、 K 始均ほ 「 一 §J^、 至-; 於 灰 SIma こ 平 冶 物 

Jgg、 一 、 2£ 西 宿所 燒佛 S 「殿舍 /、烈 シキ風 二 吹 立 ラ 

レテ、 灰 M 、地 一一 ホドパ シリケ レバ」 「 1 生ノ 1 ヲ 

灰 s-i ス」 

ザ ィ- シン 

ぐヮ い- ん (名) 一 iHS- ー國ノ 臣民 ガ、 外 

國ノ 君主 -1 對ス ル自 稱。 fir 士相見 「他 S 



くわ 5 



之 人、 則 曰 1; 外臣こ 國語、 a 語 「外 臣之言 、不 1 越 i 境」 

ガ ィ- シン 

ぐヮ V まん (多 _5;、5ー 隔テゴ n 11。 ョ 

ソゴコ 口。 フタ ゴコ 口。 異心。 左 傳、 昭 

公三 年 「罕虎 如 k 營 お-夫人- 且告 曰、 而 固有 1 一外 心 こ 

ザ ィ ジ ン 

ぐヮ い- ポん § 一外 人 一 (一) 外ノ 人。 我 

ガ 范ナラ ヌ人。 餘人。 孟子、 膝 公、 下 I- 「公 

都 子 曰、 外人 皆、 sgi 一夫 Tf 好 I. 辯」 箸 間 壤、 十一; r 袞 £s、 

花 山院御 出家 ノ時、 外戚、 中納 I 一 ni^ 懐 一一 「a 殿 ク、 

外^ 卜 シテ、 ^ク オハ シヅ ルー I 、外人 ト成テ 、今 更 ナ 

ル世 二、 マジ ラ ハン^、 イカ ジ 5£ フ」 名 抄 「外 

人、 ゥ トキ 人」 (一:) 外國 人。 

ガ ィ ジ ン 

(名】 9_ 辜 九。 キン タマ。 

折 骨 分^ 「外暨 、蛮 丸 也」 

力 イシ ャ 

くヮ い-ま ャ (名 一 ー膾起 〔禮 記-曲 磴 -上篇 

「謄炙 *. 外 、醯醬 內」 膾ト 、タ W ト ハ 、 

一 般ノ人 ノロ-一 上 リテ、 旨シ トセ ラル 

ル モノ ノ意〕 美味 ナ ル コ ト。 £ 子、 恭. 5、 

Tsr 公孫 丑 曰、^ S 與 11 羊 SSiiS 美、 日、 SI_K 哉」 

人口に g 炙す ト ハ、 普ク、 人人 ノロ 端-一 

力 カリ テ, 褒 メラ ルル ヲ S フ。 宣和 Raa 

「JSE 所, SKtsK 多、 其 mse 能 得 ssegs 百 II、 住往、 

ira-fe 人口 一」 

く "い-ま ャ (き ffl_ 〔明治 以後 ノ造語 

ナリ、 i. 五行 志 「禁 „R 私 所,, 自立, 

社..」註「^£制> 一 ー十五家爲,ニ 社ー而>民 

或 十 家 五家 共 爲-- 田 社 i 是私 也」 此意 

ヨリ、 採ル、 飢合ノ 意 ナリ〕 商 行 爲ヲ目 

的ト シテ、 一 一人 以上 協同 シ テ 、立テ タル 

社 a 法人。 「台名 荅? sis-assaj 

く" い-ま ャぅ § 観 一 會合 シテ、 商議 

スルコ ト。 

くヮ いぶ 1 ャぅ (名) 一 囘章ー 迥章ー (一) 返 

返書。 g 書。 運 歩 色 Ks«ii「@ SJ」 



くわい …: くわ 5 S 



(一一) 廻狀。 * 

力 ィ -ジ ヨウ 

くヮ ;^」 まャぅ (名) ー& 狀 .1 メグ ラシ ブミ • 

名宛 ヲ 連名-一 シテ、 順順 一一 廻 ラシ テ、 事 

ヲ通ズ 々書 狀。 廻文。 廻章。 順 達。 傳 

單 移 文 ^食大!!! 紙、 上 「上 B 介 (今 川筋 政 一 ほ 東 

ノ aess 、罔 状 ヲ出サ ルル」 

ぐ" い- ォ つう 《名) S 外務大臣/ 異 

稱。 

カイ シ ャ-ィ ン 

く ヮぃォ INg ん (名 5 ー會社 負 一 會 社-一 勤 

ムル 人。 

力 ィ. シ Ij 

くヮ い-ま ュ i 首, - 賊徒 ナ ドノ、 カシ 

ラ。 魁 帥。 首魁。 SSKIK 、十四、 興 S 寺 返 K„* 

「天平 御宇、 大 e« 人、 雖, 斬=魁 首 sf 八 座 こ 

力 ィ -シュ 

くヮ い- チ t ュ (名) lln 主 一 集會 ヲ催ス 主人。 

ぐヮ い-まぶ (名) 1 ソ トデ。 ヨリ 

ユキ。 他出。 他行。 lastrs 敬兒ほ 「不 -as 

外出 こ 

くヮ い-ちつん § |漏ー 〔廣韻 「俊. 改 也」〕 

後悔 シテ、 前非 ヲ改ム ル n ト。 悔悟。 

くヮ い-ま- ん (名) 圍 (一) 春ノ、 ^«-. 

來ル コト。 (一一) 身 體ノ、 元氣 一一 カヘル 

コ ト。 病氣ノ 全快。 囘癒。 

く" い-ま ョ i gffl 返書。 囘章。 gs 

筆談 「使 人 K- 一 肯去 skis こ a! 歩 色 ManB 

s」 

く" い-ま-" £_ー B (一) 人人 ノ、 堪會 

スル 所。 a- 石 集、 七、 上、 第 五條 「酒宴 ノ 座席、 詩駄 

ノ gwj (二) R:^ ノ 邸内 ニ設ケ タル、 一 

棟ノ 物, 客殿 トス。 太平 S 、三十 七、 新 SS* 

京 SS& 「佐 渡判宫 入 ssas 、都ヲ ほ チケル 時、 ©ガ 宿 

所へ ハ、 定.? ァ、 サ モト アル 大將 ヲ入レ g ヘム ズラ 



ムトテ 、云云、 六 ffl ノ s 所 一一 〈、大^?^ノ.»ヲ敷キナラ 

ベ 、本 tt、gg^ 、花瓶、 香 ST 云云、 二 至 ルマデ 、ー樣 二 

SI、S キ^へ テ、 云云」 後 花 fflss-ff- 享九年 行宰記 「御 

所 ノ西ノ E^J^a ノ軒 一一、 魚 ノ ヲ sa 多 カケラ 

ル」 1 一一 內ロ^ (永 正) 「お 所、 押 板、 S 院 it 、如, 常、 有 

&、 或、 有 .©」 (三) 特ニ 、町村 ナド 一一 テ、 

町役人 • 村 役人、 ナド ノ、 事務 一一 就キ テ 

:?!^ 曾ス ル所。 折た く 記、 下、 元綠 十二 乙 卯 

「151^^ノぉ所1| テ 、外 國ノ ヲモテ 、我 國ノ 商人 一一 

sssl シ ヲ、 金子 一一 換シ所 、云云」 

力 ィ-シ ョク 

く ヮ:: ^ぶ 1 ョく 一名) 一 |ロ 食 一 會合 シテ、 飮袁 

スル コト。 多 人 數相聚 リテ、 食 スルコ 

ト。 蘇 1^ 詩 「高堂^ 盒薙ー 1 千 夫 こ 

カイ. ス 

くヮぃ • す. スル. スレ. セ. シ. セョ (自動、 左 § 

M (1 ) アツ マル。 ヨリ ァフ。 合 n<i ロス。 

、泰 、上篇 「惟 十 有 三年 春、 大^ 一 1 于孟津 一」 「衆 

人 、相お す」 (二) 流レ Aa フ。 流 レ入ル S 

St 、禹 貢篇 「板 山 tsfk 江、 東別爲 kj™e、 云云、 東迤北^|311 

于腿こ 「百 川、 海- す」 (111)^ 會フ。 デク 

ハ ス。 遭遇 唐 er® 通 一 ^「俄 ^lltap 課 こ 「風- g 

ノ f i す」 好 一一 侯す」 

カイ • ス 

くヮぃ • す. スル. スレ. セ. -シ -セョ (他動、 左 理) 

覺リ 知ル。 會 得ス。 了解 ス。 白 氏 

文法、三十七、怒1ー所見ー詩「誰人^^111我心中事;^5笑時 

時 一 掉 頭」 

カイ- スゥ 

く" い 4- う (名」 ー囘 1 タビ カズ。 度數。 

rras; ヲ カサヌ J 

力 イス C ケン 

くヮぃ をつ-けん (名) 汽車- 電 

車, ノ乘車 切符 ナド 二 -數 度分ヲ 一 紙 一 I 

作リ、 割引 キジ テ賣ル モノ。 

カイ. スィ 

くヮぃ 4_ ゐ (名) 一 魁 帥 一 く, いも/ (魁 首) 

二 同ジ。 

カイ- セィ , 

く" い-せい i [ (一) 北斗星 ノ第 



くわい …: くわい 



一 S ノ名。 支那-一 テ r 科擧 及第 ノ 第一 

?ャゥ ゲン 

狀元ノ 稱-ー モ用キ ラル。 史 、天官 Wa 、註 

「趣、 北 斗ノ第 i 也」 (二) 支那 板 本書 籍ノ卷 

首 1| , 多ク、 魁星ノ 象トテ 1 印スル モ ノ。 

夜叉^ ノ者、 左手 二 筆 1 枝 ヲ取リ 、右手 

ュ趨ー 3ig ヲ 握リ、 左上-一斗 ヲ シ タル 

ヲ、 左 脚ヲ曲 グテ驟 ル狀ヲ ナス、 魁 星 k 

斗ト iK フ。 魁 ヲ鬼斗 トシ、 筆 ヲ 必定 ノ 

意 トシ-必定、 狀元ノ 魁 タル ヲ得 ト云フ 

寓意 ナ リ ト云 フ 、書肆 ノ、 書 ヲ賣ラ ム ガ 

- 爲メ- ー圆ス ルナ ルべシ 。(堯 山 堂 外 記) 

魁 星ヲ、 文昌星 ト混ジ テ云フ 者 ァリ。 

カイ- セィ , ョ 

くヮ い-せい (名) 一 快晴 一 空ノ、 快ク 晴レタ 

ルコト 好天 氣 ^與 詩 「兩鶬 翻 li 明 月; 孤 

松 立 一一 快晴 こ 吾妻 鏡、 一、 洽承四 年 十月 十二 日 「辛- 

卯、 快 g 

カイ- セィ I 

くヮ い-せい (名) ー囘生 I ョ ミガ ヘル n ト。 

ィキカ ヘル コト。 「囘生 SI 死ノ藥 J 

ガイ- セィ 

くヮ い-せい f 名) 一外 甥 一 母ノ 兄弟 姉妹 ノ 

子。 字類抄 「外 甥、 母方 ノヲ ヒ」 

ガイ セィ 

ぐヮ い, せい (名) 一 外征 1 外國 へ、 出征 スル 

n ト。 外 役。 

カイ- セキ デク 

くヮ い-せき (き 一 怪石 S 石 1 凹 a- 種種 ノ 

形 ヲナシ タル 石、 庭石 ナド トス ル モノ。 

太平 IH 、廿 三、 土 岐頸遠 g= 合 御幸 一 《siis、 怪石 ヲ 

集 メテ、 見所 アリシ! ras ナレド モ」 isa 訓 BT く _ 'いせ 

t 「aa! 鹿ノ 怪石 供ト云 へ ル 8 ァリ、 S 石ノ w ヲ g 

シク セリ」 

カイ- セキ I 

くヮ い-せき き 一 懷石ー 初 席 一 〔懷 石ハ、 禪 

家ノ 語, 小食、 1« 食ノ n ト、 聊、 腹- 一満 タ 

スヲ、 溫石ヲ 懐 一一 人 ルル 意 トシ テ 、懷石 

ト 稱ス, 茶會ノ 客モ, 初ハ、 割 チヲ懷 一一 シ 

テ、 各、 食物 ヲ持 寄リ タル 二 因リテ 、此 



くわ J 



稱 ァリト 5 フ、 茶道 ハ、 禪 ヨリ 出ヅ、 サ 

モ アルべ シ、 會席 ハ 、 當 字ナリ 、茶 會ノ 

席上 ノ 料理 ノ意 - 一思 ヒ移シ タル ナルべ 

シ〕 茶會 一一、 茶 ヨリ 前-一 出ス 膳部 獻立 

ソ稱 へ,, ハ、 一 汁 三 一!. 菜 ヲ限リ 、食物 ハ、 

銘銘 盛 二 シテ、 華美 ヲ避 ケテ、 味 t ヲ本 

意 トシ タリ ト S フ。 會席 料理 ト云 フモ 

ノ 起リテ ヨリ、 却/、 茶會ノ 料理 ヲ、 茶 

会ロ席ナドー!^フ。 南方 錢、 I 一一、 g 石 ssns 石ハ、 IS 

林ー ーテ、 1_« 石ト云 フー 一同 ジ、温 石ヲ B- 二 シテ、 e~ 中ヲ 

ァ タタ ムルマ デノ 事 ナリ、 碟»ノ 小 《-、 夜, H ナド、 

石 トモ、 S 心 トモ 云フ、 同意 ナリ、 草庵 SB ノ名ナ 

. リ、 ヮビチ 、一 gts 白キ 文字 ナリ」 sfiftas?} 

カイ- セ キ 

くヮ い-せき (き _IB 席 一 (一) 會ノ 席。 寄 

合ノ座 数。 (一一) 會 席料 理ノ 略。 sga 名 

所! 六 RSliS 、茶 m 子、 _*、 終リ」 

一ぐ ヮ い-せき (名) S ゲシ ャク。 ^^o 

母方 ノ 親族- 史記、 W 戚世家 「守 :- 文 之 君、 一一 徒 

內! SSI 也、 蓋 亦 有-一 外戚 之 助 iB5j J^s、i5¥-1K ほ 

「以 一一 外 居 一一 九 鄉位こ 儀制 令、 ssasr 親戚 (誘、 Isr 

内 親 也、 E 者 、外戚 也)」 宇津 保 gsrg 使!; 1+ 「大臣、 

_s 氏 二 オハ シマセ ドモ、 外 戚、 藤氏 二 オハ シ マス」 

力 イセ キ .ゼ ン 

くヮ いせき-ぜん i 一倉 席 膳 一 次次 條ヲ 

見ョ。 

カイ セキ .リ ヨウ リ 

くリ s> せき- れ うり 1 一嘉 料理 I 〔會席 

. ハ、 懷., 石ノ當 字、 其條ヲ 見ョ〕 料理 茶屋 

ノ 一種- 「飯 肴ヲ、 茶道 ノく, いせき 料 

理-ー 傲 ヒテ調 ズルモ ノ。 肴ヲ、 銘銘 成 ま 二 

シ, く, いせき 椀. く, いせき 膳. ヲ用キ ル 

ナド、 是 レナ リ、 寬 政-文化、 頃 ヨリ 始マ 

ルト 云フ、 今ノ 東京 ノ 料理 茶屋 ト云フ 

モノ、 大抵、 皆、 此風ノ 料理 ナリ。 大 g ビ I 

肴ヲ盛 リテ、 席ノ 中央 I 一 出シ. 席上 一一 テ 

盛リ分 クル 事、 絕 H タリ。 料理 早 指南 大全、 



くわい 



初 JE: . マ;::., い;. S 、手 B? 皿、 平皿、 大 ち-く、 

茶 15-」 一: ,」 十、 お s「ss 理 ト云フ ハ 、 

予ガ SS テ、 藥 W 堀ノ 川口 忠七、 頃 竹、 始 ナリ」 

R イセ キ- ワン 

く" いせき, わん (き 一^ 一 〔懐 石婉ナ 

«0 椀ノ、 黑漆ニ テ塗リ タル モノ。 折 

馼ノ黑 漆 ナルヲ 、く, いせき 折欧- く, い 

せき勝、ト11^フ。 欧林雜 永! ssgr 近年、 

宗易 (千 利 休て 力、 茶 sllffi ヰ, 初 メテ、 黑閣 ノ IS 、折 SS 

ヲ用ル 、云云」 

く"ぃせき-}^^*?き § I 會席折 数 一 前條 

ヲ見 tn" 

カイ- セツ 

く マい-せつ § 一 囘霊廻 雪 1 〔文選 ノ. 用 

語ョ リノ 語 ナリ〕 舞-一、 巧ミ 千、 クル ク 

ルト、 袖 ヲ驟ス コト。 _Ba、gtK 、河! S 之 神 

カク スゴ 7 * "-h 

「髮 兮宕- 一 輕雲之 蔽 飄 SS 兮 若- 1 流 風 之 101^!^」 

盛衰 記、 一 、五 IS 始 IjK 天武 天皇、 芳野河 二 御幸 シテ、 

御心ヲ澄シll^fヲsgジタマヒシニ、神女、空ョリ降リ 

下リ、 ? IS 見 ガ原ノ 庭 二 テ、 廻 S ノ袖 ヲヒ ルガ へ シ」 

謠 趣、^ 衣、 天女、 衣ノ舞 「ss ハ fS 二 St 島ガ、 拂 

フ? 53 一一 花 降 リテ、 ゲ 一一 、£5 をめ ぐらす 白 ノ 、袖ゾ 妙 

ナル」 

ぐヮ い-せ ふ 3 S (一) 本宅 ノ外, I 

住 ハセ 置ク、 メカ ケ。 カコヒ モノ。 (二) 

外 國人ノ メカ ケ ラシ ヤメ ン。 

力 ィ- セン 

くヮ い-せん i 一き 戰ー 兩軍、 出會ヒ テ- 

戰フ n ト。 孫子、 8S 篇 「知 -ー戰 之 地" 知 之 

則、 1311 千里 而; -戰こ 

力 ィ セン 

く" い-せん (名) , 鐘 メグ ルコ ト。 ぐ 

るぐ る マ ハルコ ト。 囘轉。 唐 苗、 罔^ @ 

「改 f E®a 取麵 ぉ輕捷 如, 也」 011装詩「83 

際, 風 還 罔旋」 

カイ-セン , 

く" い-せん き I 廻船 一 海上 ノ週漕 二 用 

キル 船 灌船 庭訓 往來、 四月 「SSBlsgl」 



くわい g 



江戶 時代 一一 テ ハ 、江 戶、 大阪、 其 外 , 諸 方 

ノ 海ヒ- -1 ,運漕 ヲ專 ラト ス ル船ノ 、二百 

石 以上 ノモ / ヲ稱シ タリ。 

力 M ゼン II 

く" V せん § S 形ノ、 スグ レチ大 

十 や 状-一 云フ 語。 史 K 、ま警 sea 「始以 -1 お 公- 

は l:srK- 也、 今 ss* 之、 乃 肿 小 丈夫 耳」 

カイ ピン 

く" V せん S- 1* 然ー 孤立 スル 状-一 云 

フ語 a K 書、 s!»8 「使- 然こ 

がィゾ I 

ぐ" い-そ 一名) liTal 外祖父、 ej- 一同 ジ。 

漢書、 SBSS 「外祖 司 H 钃」 

カイ ゾゥ 

く" V そう § 一 快走 I 疾ク ハシル n ト。 

カイ:' ゥ 

く" い-そう (名) ー囘 tjs- ォクリ 、力へ スコ 

ト 

*j ィプ 

く" い-そく m 一 か g| きノ 規則。 せ 親。 

く" い- $り く S ー^^ 一 烈シキ 

38 力。 快战 ヲ叫ビ タキ ホ ドノ 速力" 

ザ. 1 リ フ 

ぐ" い-そふ i 母方 ノ fg 父。 

H^MO 續 s 、九、 酵 年 十 H; 壬 twrs 海 手 人 大海 

兄 《 六 人、 除-; 手 人名 ハ 外祖父 外從 五位 上 » 守 

ぐ" い-そ は i 母方 ノ k^。 

糴ぉ、 a 弓、 下 Irwfs 母 也、 故 ttk 之 8」 《! お、 十二、 

.入& 七 ir I He 未 「R 茂 比資 、云云、 天 S 之 

外 5G 也」 

ぐ" い. *V ん (5 _3_ 女ノ、他{^^-1ぉギ 

テ 4^ メル 子。 史: rsfta 「接 下 SS 以 1;騸長公 

*h 賽, 之、 云云、! -s 在、 一子 靖; W 則 外孫 

チ" w 曹 8, 外 慕 大 父-杭 灣! 

く" い-たい (名- S く, いにん 

一一; I ジ。 aH お、 E+l! 一、: t 功 玫-: _5~ー 事 「• 后、 

讎 SHJf テ、 唐 n: ナ U.1 



ーィ. トウ 

. い-たう (W 一 快刀 =ー 能ク切 ルル 刃物。 

利刀。 Baasw. 取-一新 菜-用-一 <s 刀; 切 as」 「快 

刀 ほ 一一 &麻こ 



だ-つ § £ 集合-一 用 キル. 大 

ナ ル 建物。 官館。 

ィ .ト ゥ 

„- い-たう (名) 一 外套 一 〔英語.? .2- .3 ま. 

ノ譯 語, 集 韻 「套, 土皓 切, 凡 物重沓 者爲 

套」〕 洋服 ノ 上衣 ノ上 一一 、重ネ テ着ル 

服。 雨, sr 寒氣、 ナド ヲ防グ 二 用ヰラ 

ル。 ォォパ アコ オト 。ォ オフ ルコォ ト- 

イ. ドウ 

7 い, だ-つ (名) I 外道 一 げだ、 r- (外道) ノ 

二) ヲ a ョ。 

ィ. ダク 

>- だく 一名) 一 快諾 一 心ョ. ク- 承諾 スル 

t- ト." 「快 a ヲ得 タリ」 

ィ ■ タク . , _ 

ソ; >- たく (名) 一外 宅 一 別宅-一同 ジ。 6- 

3、« 山 wl»「<? 居 一一 外 宅こ 

7 い-た ふ (名) 一 ra; 答 一 コタ へ。 ヘン ジ。 

s*es! 橥 「罔 gj — 

イタ;' 

"い-たん <名- 一 怪誕ー アヤ シキ- ソラゴ 

ト。 _«<»_« 「卻 ls» 仙 *=eM 二 

ィ -ダ > 

7 い-だん (き 一 怪談 一 パケ モノ パナ シ。 



7 い-だん ¥ 一 會談ー 宵 合 シチ、 談 US ス 

ル コト。 寄 合 ヒテ、 話ス コ ト-リ 

,1 • ダン シ ,1 

, い-だん * 一 i is 男子 1 ! iS 快ナル 氣 

性ノ 男。 

<. -ジ ン 

ぢん i 一外 陣ー 外陣。 ふ いぢん 

(內 陣ブ條 3 a ョ。 

.1 チ. T 

フ い-ち ヤー. き , 茶 一 十 服 茶 ノ條ヲ 見 ョ。 



( 一 )g ノ長。 



,議 長。 



I 售場 1 集 會スル 場所。 



力 .1 • チ 3 ゥ 

くリ い-ち ヤーつ I 

會頭。 (二) 會議 

力 ィ .ジ mc- 

くヮ い- ぢャぅ (名ー 

カイ チュウ 

くヮ いも ュぅ m 

音蛔, A 腹中 長蟲 也」 its 「蛔、 同. > 箱」 集 

韻 「箱, 音 ra」ls 文 「ffi 、腹中 長 蟲」〕 古 

g 、カイ。 ァ クタ。 小陽ノ 中-一 l^ls 生スル 

蟲, ST 飲料水 ノ 中-一、 此蟲ノ 卵 アル 

ヲ飮ミ タル ガ> 陽 二 入 リテ、 發育ス ルナ 

リ, 小 兒-ー 多シ, 卟 潟-一因 リ.. テ 出ゾ, みみ 

す 二 似テ . 色. 白 シ. 或 ハ 、簿 赤キ モア リ, 

長サ、 數寸 ヨリ、 尺 一一 至ル、 種類、 多シ。 

力 ィ. チュウ 

くヮ い-ち ュぅ (名 一 一 懷中ー (一) フ トコ ti ノ 

クチ。 懷 二人る るヲ、 懷 中す るト云 フ。 

小硯. 5*} ノ、 懐中 シテ 携フべ キヲ. 懐中 

硯ト 云フ、 懷中 鏡ト云 ヒ . 抉 時計 ヲ懷中 

時計 ト フ、 同ジ。 义. -s ミテ懷 中スべ 

キー 一、 懐中 合羽 ト云フ ァリ。 *srl2l ほ 

「出-一 其 ほ 中 予ー; Ks» 一 飲, 是 一 著 sjr 三、 政 SS 忠 

臣 「5» 栗ヲ »リ テ、. S ス由 シテ、 IB 中シ K ヒケ レバ」 

S 衣 (S 知 SS- 、十) is 中 合 「厚 被單二 テ、 小 K ヲ 19 

ス、 s 油ヲ 引ク、 » 力 二 タタ ミテ、 S ニ入ル J(s 保ノ 

ffi^ ナリ) 一向 宗ノ 信徒 ノ打掛 肩. W; ヲモ、 

懐中 肩 衣 ト云フ 、皆、 同ジ。 (一 懐中物 

ノ略。 

くヮ いち ュぅ, かがみ 1 一前 條ノ 

二 )ヲ見 ョ。 

く" いち ュ う-かたぎぬ i 一 一前 

前條ノ 二: -K-a ョ。 

く" いちねう-カッパ S lisi 一 懷 

中 ノ條ノ (一) ヲ la ョ。 

く" いち „ "う- る あ § lifss 一 〔携 



くわい …: くわに 



化 六 



フル-一 便-一 ス〕 汁粉 ヲ作ル ベ キ小 豆蹈 

ヲ、 乾シ固 メタル モノ 。熱? お ヲ注ギ 力 ケ 

テ、 又, 汁粉 トス。 

力 イチ j ウス ズリ 

く" いち ュ うすず り I 一 懐中 硯ー く, い 

ちュ、 つ (懷 中)/ 條ノ (一) ヲ見ョ 

くヮ いち ュ う-どけい (名) ー懷 Isa 抉 時 

計-一同 ジ。 ォブ チ。 

くヮ いち デ つ-べに (名) wis 一 厚紙, 一- 

紅 ヲ濃ク 塗 リツ ケテ, ニッ 折-一 シ タル 

モノ、 婦人 ノ 外出 -1, 懷中 シテ、 時時、 口 

紅ヲ ョソ ホフ。 

くヮ いち ュ う-もの 一 wllil 懷 中二 

入レテ アル 品。 卽チ、 鼻紙 袋ノ 類。 

力 イチ ヨウ-.? 1- ィ 

くヮ い-ち ョ う-ま. (名) 主君 

ノ 寵愛 一一 懐キ- 返クべ キー 一 退 カズ シテ、 

位ヲ ヌスム n ト。 孝お、 練淨 章、 注 「115^13* 練 

而不 k、 f 之 尸 位ハ見 &i 而不 i、 pi 之 iga: 

お ss 尸 位、 ss 之! 人 也」 

く.' い-てう (名) 一観 I け" 、ニ怪 鳥) ノ 

條ヲ 見ョ。 神仙 ほ 「有 T 怪鳥止 II 屋上 一 者. J 

力. 1 -.k キ 

くヮ; 



て さ i 一 快適 I 善ク、 心 一一 適フ n 

ト。 提 SK、issi 山 一 Rir 引 * 滿き醉 、是 夜臥ーー草 

赛殊 《e-; 快 さ」 

ガイ- テ 7 

ぐヮ い-てつ i S 姉妹 ノ 、他-嫁 ギ 

テ生 メル 子。 



くヮ い, てん i 一 廻 §RI 〔說文 「天- 

至高 11 上」 天 千ノ象 ナリ〕 ( 1 ) 君ノ心 

ヲ、 挽廻ス ル n ト。 SS 、張 玄《« 「上 《1、_K 一一 

JeasKES せ; 魏徵» 日 、 公; js> |»、 有- i«! 天 之 力 I 」 

(二) 衰勢 ヲ、 挽 囘スル コト。 陸 ほ、 ssa 

帝 一 X 「夫 以-, _« 天 倒 曰 之 力; 而不 Js>!s= 形 K 之 内 こ 



太 、廿 七、 左 兵 ses 欲" ts 一一 師直ー W「!B 旗、 sis ヲ 

g 力 シテ、 15 天ノ s ヲゾ ァラ ハンケル」 

力 ィ, ナ;' 

く"; V- てん <名1 ぐるぐ るト、 マ ハ 

ル コ ト。 囘 旋。 

ぐヮ い-てん 一名) 3 外典。 內 典ノ條 

ガ < -IT ン 

ぐヮ IV- てん 一名 一 I 外電 一 外國 ヨリ 來レル 

電報。 、 

く" いてん, V" ん ぼく i 一 iisi 

〔英語、 Tunstile. ノ pi 語〕 觀猪 場ノ人 

ロナ ド -ー 設ケ タル 廻 木戶。 

カイ-トウ , ,* —— 

く "い-ど-つ (名) 一 か 口頭 一 (一) 會ノ 長。 曾 

1 (ニ囊 ノ師。 

カイ-ドウ 

くヮ い-とう (名 1 一 怪童 一 怪力 アル 童子。 

金 時ナド - 二 H フ。 

く" い, どう § 1 (一), >ぃ,1 お 

(宵 AEO 一一 同ジ。 論語、先進8|「宗烦之^、如^?3同 

gs: 由、 sill 小 相 一 (一 1) 1 1 水、 合シ テ、 

一 トナル コト。 ォ チア フ n ト。 Anso 

s 腔、 禹贡: Sl「m3-I3ps 、趣 沮^ 同」 

カイ-トク ェ 

く" い-どく i I^EJ 得 一 どく (會 得) ノ 

條ヲ h; 儿 ョ." 十 国 春秋 「栄 太宗 時、 或 言、 劉昌言 1; 問 

ハ恐 奏對! 包、 太宗 曰、 © 自^^」 

カイ-ドク 

くヮ い-どく 一名) ー會證 I 數人樊 リテ、 同ジ 

書ヲ讀 ミ合ヒ 、意味 ヲ解キ 、疑ヒ ヲ論ズ 

ル コ ト。 众: 業 

カイ. ユン I 

< "い-にん -名) 一 ハラム n ト。 ミ 

乇チ 恨胎 後 、章 帝紀 「睹@ 姙 

者、 P- 胎 sgK 三斛こ 今昔 物語、 六、 第五 語 「旣ニ 

©テ 後、 Bst ス ル取ヲ 待ヅト 云へ ドモ、 窗 赃 スル^ 

無シ」 



くわい …: くわい 



カイ-ホウ 

く "i>- はう <名) 1^ 抱 I (一) フ トコ P 一一 

イダ ク n ト。 後 滞 S 、隨忠 ©「 夫 父母 與 k 子、 同 

氣 而分、 三年 乃 免 I; 于 抱 こ 十 訓抄、 下、 

第 十、 七十 八^ 「大江 公 sr、 大 外記ヲ 所望 シケル 時、 

云云、 公 ハ、 相換ヲ © 抱シテ 、秀欧 M ゼン @ 一一、 〈ム事 

ヲ問 如」 「母ノ IB 抱 ユアり」 (二) 心 一一 思フ コ 

ト。 王 之 文 「或 取 li 諸壞抱 ハ晤ー 1 室 之內こ 太 

、一 、资 5§ 俊 ^や; skif 下 一一 向關; sl^ 「七月 七日、 令 

夜ハ、 t¥f 牛、 隨女ノ 二 星、 烏 SS 據ヲ渡 シテ、 1 年ノ 

抱ヲ 蘚夜ナ レバ」 「久シ ク壞抱 スル所 ァリ」 

カイ-ホウ 

くヮ ビ, はう (名) _^ 方 一 ココロョキカタ。 

. 病ノ、 癒ュ ルー 一向 フコト 。快氣 。「快方-一 

趣ク J 

カイ-ホウ 

くヮ iv- はう (名) ーぼ 報 I へ ンジ。 返信。 

運 歩 色葉续 「罔 報」 

カイ ホウ 

くヮ い-はう (名) I 會報ー 會ノ 事件 ノ、 會員 

へ ノ報 ilco 「同窓^ ノ 4^- 報」 

ザィ. ホウ 

ぐヮ い-はう (名) 一 戴 一 ぐ" いこく (外 國) 

一 一 同ジ。 

ガイ-ボウ 

ぐ" V- ばう § &貌 I 目-一!!^ タル カタ 

チ 表面 ノ狀 禮記、 樂記篇 「外貌 期 須不, 莊 

不, 敬、 則 易 慢之心 入, 之 笑」 

ザ ィ- ボウ II 

ぐヮ い-はう (多 I 外 g- 外寇ノ 防備。 

カイ-ハク 

くヮ い-はく § 一 灰白 一 ネ ズミィ 口。 古 

今 注 「^虎、 云云、 形 似 1ー蜘 蛛 ^ 而色 灰白」 

ガイ-ハク 

ぐ "い-はく (名) 一外 泊 I 我 ガ家ノ 外 一一、^ 

ル コト。 「外泊 ヲ 禁止 ス」 

カイ- 1 

く" い S.3 I I か t& 會 11 要スル 费用ノ 

金 「期文^|3ノぉ^」 

カイ- 1 

くヮぃ § (一) 畏レテ 、避 クル 

コト0 ほ 「刺 所 1; 囘避こ 運 歩 色 

^续 「p 囘 避 こ (二) 判事、 ハ、 書記が、 



くわい 



偏頗 ノ 嫌疑 ヲ 招クぺ キ 場合 一一 、自ラ 、裁 

判 所 一一 申シ出 デテ、 其ノ 裁判 一一 闘與ス 

ルヲ避 クル コ ト。 

ぐヮ い-ひん § 圖ー 外國 ヨリ 艰レル 

賓客。 元竊、 河 滿子歌 「古 者 諸侯 望 1 外 賓ー鹿§ 一一 

奏 f 圭 a こ 

カイ- フ トド 

くヮ い-ふ (名) 一週 隱 逸リ顧 クル コト。 

ガイプ 

くヮ い-ぶ (名) ソト ガハ。 外面。 

(内部-一 對ス) 「外 郜ヲ フ」 物 S ノ外 部」 

ガイ- プ 

ぐヮ い-ぶ (名) Rfel 外國 ヨリ 受ク ルァ 

ナ ドリ。 左 ST 慣公廿 四 年 「其 f ま 天下一 也、 m 馄 

レ 有 11 外 こ 

カイ-フク _ 

くヮ圹 -A ^ぐ (名) ー囘復 ー恢& 〔培 韻 「恢、 

大レ之 也」〕 ( 一) モトへ、 モド スコト 。モ 

リカへ ス n ト。 モト ノ姿ニ 力へ ル n ト。 

陶?^ 詩 「同 遂無, 窮」 五代 史、 南 唐 世 家 「不 に酽恹 I 一 

復內地 こ (二) 元氣 ユカへ ル コト。 病ノ、 

癒ュル コト。 平癒。 全快。 「病氣囘^^ 

カイ- プッ 

くヮ い-ぶつ (名) Is アヤ f ンキ モノ。 

パケ モノ。 禮記、 祭 法 「山林 川 谷 丘陵、 能 出 kg 

SI 一風 雨; 見 li 怪物 ハ皆曰 i 神」 

ガイプ ク 

ぐヮ い, ぶつ i I 外物 一 ホ カノ モノ。 外 

. 界ノ 物事。 韓慰 、送-一高 閑 上人-序 「雖 ii 外物 至ー不 

,f 于 心 こ 

力 イブ ン 

くヮ V ぶん (名) i 廻文 I メグ ラシ ブミ。 

p 狀。 盛衰 記、 廿、 佐殿大 ^f? 勢汰^ 「先ヅ §!1^<ノ 

御教 sej ヲ以テ 、御家人 ヲ召サ ルペン」 太平 記、 十九、 

^山城. 「顧 家 卿、 時ヲ! タリ ト悅 ビテ、 廻文 ヲ以 

テ、 便宜 ノ眾ヲ 催 サル」 甘露 寺 大納言 元 長 卿 記、 

永 正 五 年 正月 十五 日 「和 欲 御^、 廻文、 云云、 お 限、 可 

i ,午 i 一也」 

くヮ い-ぶん i , 和歌 ノー 體 一一、 



くわい 



倒 -ー 讀ミ メグ ラ シ テ モ 、意義 ヲ 成スャ 

ク- 一詠 メル モノ。 同一 ノ歌 トナル ァリ、 

刖意ノ 歌 トナル ァリ。 奥依抄§原^.化き理 

文^、 サ カサマ 二 J?i ムモ、 同ジ欧 ナリ、 革 花- 「む 

らくさに、 くさの な はもし、 そな はら ぱ、 なぞし も は 

なの、 さくに さくらむ」 (Iffi 草 1 一、 草 ノ名ハ 若 シ、^ ハ 

ラバ、 ナ ゾシモ 花ノ、 ク -I 唆 クラム) 古 來, 此 

體ノ 1. 、往往 a ユレ ド、 多ク r 晦. 淑ニ シ 

テ、 流暢 ナラズ 。(永 キ世ノ 、遠ノ 眠 ノ- 

ミナ メザ メ、. :?^ 乘 船ノ、 音ノ ヨキ カナ) 

卜 syEmfsK) 上 、春、 雜ヲ 料理 シケル 、云云 「雄の 

肩 は 、限 0m」 ト 云へ パ、 く.' いぶん 一一 ナル、 云云、 

文 ノ欧、 詠メト Sa; メラ レテ 「雉れ、 つる、 今や 君の み、 

その 友と、^ みの 御 や、 まいる 嬉しき」 仙 881^ 細 

成ノ、 狂 駄ニ巧 ミナ ル モノ ァリ 「^、つなら ぱ、 耵 愛ら 

しあの、 顏で 居て、 外の あしらい、 赤腹な^」 茸狩ノ 

辨當 「瞑 減らば、 燒^ や 欲し、 此 木の 子、 煮染と 飯に、 

^の 技の 著」 (毎 句 g!s 「今 胡 飲む か、 錢り あり V. る、 

^の 酒」 人 ヨリ 「生頓 か、 金 しいか、 酒 飲む か」 ト 

出 サレテ 「願 はく は 金、 © はく は 金」 (細 成ハ、 通稱、 細 

1 勘左衞 仙 荒 町 ノ@問屋、 明治 一 一年 m 、年、 七 

十四) 明治 十六 セ年、 假名の^ ノ 盛ンナ リシ 竭假 

名の 世の中、 假名の 世の中」 

ぐ" い-ぶん (名) S (1) ョソ ノキコ 

H 。ヒ トギ キ。 世閒 二 、評判 セ ラル ルコ 

ho g 閱 { 木史、 ^^志 「惟 他 一 1 缺 外聞 こ 吾 

as 、二、 S 永 元年 六 g 1 日 「妾 女、 云云、 御中 通 之 際、 

依. 有- 1 外 g 之! S 亡 K 云」 「外 ガワ ルイ」 (二) 佳 

. キ外 H 。(天 氣ヲ、 晴天 ノ 怠-一 用 ヰ ルガ 

如シ) 爾目 體面 狂 S 記ぶ 狄 大名 二 首 li? セ 

ラレ テ下 ダサ レゥナ ラバ、 私ノ外 ^一一 モナ ル^デ ゴ 

ザル」 

ぐ "いぶん-ざ らし § 〔人 聞キ 

一一 暴露 サ ルル 意〕 恥ノ、 世ノ中 一一 ヒロ 

マルコ ト0 ゴ フザ ラシ。 

くヮ い-べん (名) 81 辯 舌ノ、 サ ハヤ 力 



くわい た t 



くわい 



ナル コト。 能 「快 <57 フ, i フ」 

ぐ "い-べん § S 內辨 ノ條ヲ 見ョ。 

* ィ. ► ィ 

くヮぃ 虫い § ー姆 米 I 遠方 ヨリ 送リ來 

レル 米。 牧民 金 K 、七、 X 政 三 is5 年 八月 「aB8«l 

a< 之 分、 l«K 之 上、 «swg 立、 云云」 

<ヮ い-み S) iSlI 快 キ 感ジ。 ォモ 

シ 口 ミ。 「鎖 ル 快味 ヲ 費ュ」 

ガイ- 1 3 ゥプ r f 

ぐ" い-み ャ うぶ (S 1_ 

みャぅ • ふ (命 蹄) ノ條ヲ a ョ。 

< "い-む (名) I -Sn ノ^ 務。 

力 ィ ン 

く" -、 ん § s_ やきいん (燒 S) 一一 

同ジ e SE 本、 平家お?! S 、十五、 湖 使 w「*ss 

宣ヲ、 平 大綱 S 、见 タマ t テ、 大ー IB テ、 tEsan- 投 

ゲステ、9«ヲ»3出シテ、|8ーー、*^印ヲサシテ、追上 

セラ ルレ 

* イン I 

< "- いん (名) 匿 飲 I ノノ ミス ギ。 

な ィ 丄 *■ 3 ゥ I 

ぐ "い-! sis ャ う (名) 一 『終 剽 一 次次 條ノ、 

外務 犬お ノ ぉ稱。 (S. 治 十八 改稱) 

ぐヮ い- V ホヤう § 一州, 一 外 M: 政. W 

トノ 1 一外 K ト 係ァ ル 1 切ノ^^" 

ヲ總 符 スル 《。 

ぐ "い-む. だい V ん i 00 

大臣 ノ 1 -外 ss^f ノ l«w。 外 w。 

力, 1 ■ メイ 

く "いあい (き £ 古へ-支那, 一 テ- 

sisTW.W シテ. 盟ヒヲ 結ビシ n ト。 牛 

ノ血ヲ gs ル"" WS、8P 公三 、不, Si 

-I 、! 秦こ 

くヮ いあい (名) 一 HI クラ ャ ミト ナル 

コ ト。 >C 窨、 xws 「雷電 《K」 「天地 寒 M;」 



くわい 

ィ- ノン 

ぐ" いあん § 一外 面 一 ソト * カハ。 クハ 

ベ。 表面。 (內面 一一 對ス) s«K-g 東 S- 一 内 一 

面; so 一一 外面 こ 

力 ィ ,*- ン サ?? 

くヮ い-もん § ゴ一槐 ノ條ヲ m ョ。 

カイ. ュ I » 

く" い-ゆ (名) く „- い * つん (囘 春) 

ノ (一一) -I 同ジ。 

か ィ - 3 ゥ 

ぐ" い-よう (名) 一外 用 一 身體ノ 外面 一一 用 

+ル コト。 «: 薬、 塗 藥ナド -ー 云フ。 (内 

服 ニ對ス ) 

く "い-らい (き ー1«ー クグッ 。デ クル 

バウ." 絡 繰 人 5^0 列 手、 S8 問 ss「《s 王 時、 巧 

人 有 I 一 偃 18者;8? 木 人; 能 》«-、此愧は 之 也」 

ぐヮ い-らい (名) 3_ (1) ポ ヨリ 、人" 

來 ルコト 史 s、<wg 君 S 「今 a- 代 (接 代) 從" 外 

來 jr 外 *£s_u (二) 外國 ヨリ, 來ル コト。 

ぐ "いらい-ご (名) 一 SEI 外國ノ 語ノ、 

入リ テ、 S3 用久 シ ク - K 語 二 化 シテ- 人 

人 ノ 、普通 語 トシ テ 用ヰラ ルル モノ。. た 

んふ (ほ 那), てん ぶら (天 鉄羅 r ぇャぼ 

ん (石お) ノ頹。 

く" いらい-ま (き 面 ま 一 クグ ツマ ハ 

シ s 氏 家訓 、害 sgl 「! a 間、 俗 s=issH-lsrs" 

禿ハ有 一一 故實ー 乎 、云云」 _« 今昔 、廿 八、 第 廿七語 

fasB 子ノ者 共、 多ク ¥1 來テ、 守ノ; _i 二 並 居 テ、 S 

n-w ヒ、 S ヲ 吹キ、 S ク K ブー 一」 

< "い-らう (名) 一週 廊ー 囘廊ー 長ク. 折レ通 

レ ル! S 下 杜! € 詩 「小 RHassESSJ 玉 海、ぬ$ 

二 年 一 In: 十六 日 「春 日 社 之 S 、四面 IwkssBBSSI 

之 由、 大« 上 JSC 

» ィ ■ ラク 

<ヮ^,-ら< 5=) I 快樂ー ココ チヨ ク- タノ 

ジム コト。 快 ST 12»、《* 之 B 「富 《BS 、快 



くわい 



isLRlJ M 訓住來 、八月 「! 《K8I*5、 田 *si 異、 s_3~ 

本 J* 也、 S 身 快 樂、1«, 被, ほ 也」 

力 ィ. ラン 

< "い.. らん (名) ー乖 I ソムキ 、ミダ ルル 

コ ト。 左 は、 賠公廿 三年 「諸侯 *a 、楚必 大奔」 

力 イラン 

くヮ い, らん (名) I 壞亂ー ャブレ 、ミダ ルル 

n ト." 醱記、 驅 記 8S 「雜旌 而不, 孫、 則 3®a 而不, 修 J 

太平 記、 廿四、 依ー;山門§&^^$| 公1^|1*「我《恭期、 

五 あ 袋 世、 ほ 作 1; 沙 s: ハ IKlia 吾 道 こ 

カイ ラン I ,-ョ 

くヮ い, らん (名) ー趟繁 I ハノ 條ヲ見 

ョ〕 S 幸 二 同ジ。 宋之問 詩 「8 宇 採-一天 S 一 H 

&指ー i 帝眛こ 

v"v らん § S s-rs へぎ ンテ 

ル コ ト。 

力 ィ リュウ 

くヮ い-りう (名) £ 一一 川、 流 レ合フ 

所。 ォ チア ヒ。 合流。 

力 ィ リュウ .1^- ン 

くヮ い-り ふ-でん (名) 一週 立 殿 一 〔 悠紀ノ 

神事 終 リテ御 立 チカ へ リ、 再ビ、 御服ヲ 

改 メタ マフ-一因 リテ、 過立ト 申ス〕 大 

f 祭 -ー 設ケラ ル ル 御殿 ノ名. 同 祭. 悠紀, 

主 基ノ御 神事 一一 ,兩 度, 主上 ノ御 齋戒沐 

浴、 御祭 服 着 御 アル 所 ナリ。 掃 式、 sa 

11£大6»€ 「十 一 月 上句、 云云、 一一 Bra 立 SKi? 苫、 下 

tal; 席哲こ « 式、 四、 ssiu 大 «- 祭 依 一辰 日 卯 1 刻、 a_« 

ams 一一 卸 S? 立 殿 二 如- 1 初 as こ 中 務 內侍 H^us 安) 

f く" いり ふ KJ ノ行取 二、 勾 tS ハ ItSl ラセ タマ ハズ」 

く" い-り ョく S 一 s« 一 (一) 非常 ナ ルカ 

量 太平 記、 五、 大塔宮 SSKI 落 1*、 村 上義光 「大ノ 男 

ヲ S デ、 四 五 丈バ カリ ゾ抛 タリ ケル、 其 怪力、 比類 ナ 

キ-ー ャ怖レ タリ ケン」 (二) 怪異 ト- 勇力 ト。 

58 語、 im-^, 不 * 語-; 怪力 siw こ (怪異 、勇力、 81: 

5S 、鬼神) 

力 ィ- レイ 

く" い-れい i _f _ 〔玉篇 「乖, 也」〕 

モ トル コト0 ソムク n ト。 乖许 易 1^ 



くわ い …: くわい —あへ 

「與 J&l^ 戾、 》e* 失 * 便」 

カイ-レイ 1^ 

くヮ い-れい I ー囘禮 I 家ヲ 歴訪 シテ - 

禮ヲ述 ブル コ ト。 (年始 ノ K ナド 一一) 

カイ- レキ コ 3 

くヮ い- れき i WR 暦ノ上 一一 テ, 一 年、 

囘リ タルコ ト 。年 立 チカ ヘリ タルコ ト。 

カイ- 

V ヮ い-ろ (名) S 懷中 シテ- 胸-腹 ナ 

ド, 暧 f ム ル 一一 用 ヰ ル具、 金 屬製ノ 小 E 11 、 

懐^灰 ヲ貯 へ、 火 ヲ點ジ テ、 密閉 シ テ、 

火 • 永ク滅 セズ。 灰 r 茄干 ノ蒂 ノ黑燒 

ナリ。 SSDS 哲 (元 錄) 一 「錫 班 エス ル人ヲ 語ヒ、 

始メ テ、 1SK トイ フ物ヲ 仕出 シ」 

カイ- ク 

くヮ い-ろく so 一 囘祿ー 〔支那 ニーア-次 ノ 

神 ノ名. 左 ST 昭公 十八 年 「H: 產 云云- 嚷 S 

火、 于,, 玄冥. 囘 祿,」 註 「玄 冥、 水神 也、 囘 

祿.. • 火 神 也 匕 火災 ノ異 稱。 isf 被 一 1 

*3; 日 J*asss こ SSB、 一 、《 承 四 年 十月 九日、 

知 w,_*«sf 山 内 宅 「正 》 年中 Jsa 之 &、 囘! S 

之災こ 太平 B 、十四、 a 國胡 SSE1!* 一 寺院 悉ク ■ 兵 

火.,' タ y- 二 、! as セシ. --su ンヌ」 

く" いろ-ば ひ i 一 懐,^ 一 ^^-ー 入ル 

ル灰。 茄子 ノ室、 ナ ドヲ、 黑燒 一一 シ 

タル モノ。 

カイ. 7 、 .; 

くヮ い-わ (き ー會話 I (一) 相 對シテ 、談話 

スル コト。 (二) 持-一, 外國 人-一 對 シテ、 

其 國語ヲ 用 ヰ テス ル該 話。 

くヮ い- ゐ (名) fi_ 〔博雅 「魁 、大 也」 說 

文 「偉, 奇 也」〕 魁 梧, 奇 偉, ノ略。 (各條 

ヲ a ョ) 體格ノ 、長大 ナル コト。 ォホガ 

ラ 大兵 後 strs 泰 《! 「身 g 八 尺、 geaMSJ 

ぐヮ い- ゐ (名) s_ ^位。 ふい か (內 位) 

ノ^ ヲ lamo 



ぐヮ い- ゐ i 一外 岡 一 ソトガ コヒ。 ソト 

マハリ 「錢 技塌ノ 外蹈」 大木 ノ外 國」 

* ィ イン I 

くヮ い- ゐん (名) 一富 一 會 一一 加入 シテ居 

ル人 「赤十字献€風」同盟^|1具」 

n ゥ — 

くヮぅ (名】 圖ー 帝ノ 語原 ヲ 見ョ〕 ス 

メラ。 スべテ 、帝王 ノ 事物 一一 冠 ラセ テ、 

Iws^ 稱ト ス ル語。 「皇位, Mi 祖. 居」 

n ゥ -すゥ — 

くヮ う-あう (名) ff 朝鮮ぅぐ^>すノ 

コ トナ レド、 我ガ N 1 ーテ、 うぐ ひす ノコ 

ト トス 化 mdir ^„!5:驟モ、然リ0 詩經、周^2、 

Ira^I r 飛、 夢? 瑚木ハ 其 鳴 階 §」疏「> 

俗, H 资れ、 黄 S1 こ 詩選 「打 1; 超 黄 兒; 芦ク教 1 一 

枝 上 啼ー啼 時 m-isM 不ぉ, 到 S 西 こ 杜甫詩 r 兩 

^s^^ 鳴条柳 こ 



く" う-い 1 



わう え (黄 衣〕 ヲ a 



ぐ .S g I (一) 荒 服 ノ地ノ 夷。 

遠キ 夷。 韓愈詩 「不、 以 きき 誇 * 荒 m ヒ 崇 祌紀、 

十 年 十月 「海外 ili^J! (二) 荒 ブル 夷。 ァラ 

H ビス。 

\ /ヮ、 いろ < 名) 8 〔爾雅-釋詁^^ぉ猷、 

謀 也」 疏 「献 者、 以,, 道而謀 也」〕 帝王 ノ、 

治國ノ 道。 皇誤。 皇圆。 忠經 「畠 欧 K1 丕、 行 

i 於 一一 四方 一」 北史、 牛 弘^ 「皇獄 gK、fcffih 一海 外 こ 

n ゥ- イン 

くヮ う-.., ん (名) 〔日の 陰 ノ義ト 云 

フ〕 ヒマ。 トキ。 月日。 歳月。 |g 氏 家訓 

「光陰 rs, 惜、 S 一; 諸 逝 水 こ 朱 slw 詩 「少年 易, 老^ 難 

レ成、 一寸 光陰 不 ,13, 輕 J 太平 記、 廿 m 、依 1! 直?^ 1^ 

15- 光嚴 上皇 御 願 SJrf 七 曰 之 光陰 ii 天 之 

オハ 令,, 法 一: 修ぉ勝 供 こ 古今 ST 二、 

*51、下「梓弓、春^:=|チショリ、 月ノ、 射 ルガ 如 クモ、 

ォ乇 ホュル カナ」 1, 光陰、 矢ノ 如シ) 

くわい …: くわ d 



< う-いん i S 胤一 天子 ノ御 血統。 

M0O 謝莊文 「皇胤 、帝 女 金 相」 大镜、 上、 基 

經 「近 キ皇 ^ヲ ts- ネパ、 融ラ 乇侍ル ハ」 

n ゥ- ゥ-ノ 

くヮ う-うん i is 一 皇室 ノ御蓮 命。 

n ウェイ 

く ヮぅ先 い § Isj 天子 ノ御 子孫。 

ま-胤。 s5-、 一 「f:5 仁 私記 序 曰、 云云、 曰 本 §s 紀三 

+卷、 幷 帝王 系 1 卷、 云! K 、祌胤 皇裔、 指 堂 灼然」 

n ウェイ 

くヮ う-えい W 一光 榮 I 光き アル ぁ譽。 

■ 李 白 詩 「名 在 一一 列 女籍; 竹帛 以 11 光榮こ 太平 記、 廿七、 

SS 來 I^s 「宿 因ノ アル 程ハ、 rf 孫、 二 光榮セ 

コゥ -H キ 

ぐ ク つ-元 さ S 廣ク、 一般 ヲ益ス 

ル コト。 < ム衆ノ 利益。 諸 出師 表 「f 補 

缺 ,有, 所 一一 S 站こ - 

n ゥ エツ- フゥ 

くヮ うえつ-ふう (名) 一ぎ 風 I 一 次裔ヲ 

見ョ。 

n ゥ エツ- ボシ I 

く" うえつ-ぼん i 一光 K 本 1 次 條ヲ見 

n ゥ エツ リュウ 

くヮ うえつ, りう (名> Mm 和 様 書風 

ノ 一 、京都 ノ刀劎 g 定家、 木 阿彌光 悅ヲ 

祖ト ス。 (寬永 十四 年歿 、八十 一 载) 御 家 

流 "靑蓮 院尊 純 法 親王 ノ 門下 -ー 習ヒ、 小 

野道 風ノ 上代 流 ヲ加フ 。(三筆 ノ條ヲ 見 

ョ) 其書ノ 刻本 ヲ光悅 本、 又- 嗟 峨本ト 

云フ。 光悅、 又、 ± 佐 風 ノ檜ヲ 善 クシ、 光 

K 風ト云 フ 。 和 S ミオ a*l、 十五 「本朝 能 S 、云 

云、 光悅 流、 本 阿! i 光悅」 

n ゥ- ヨウ 

くヮ う-え.^ (名) £ 秋、 草木/葉 ノ、 

黄色-一 ナリ タル モノ。 モミ, チパ。 欧陽修 

詩 「綠 i さ 人 迹少、 黄^ 雨 S 多」 榮花 物語、 十七、 音樊 

「_|5 ゾ楚ハ 、仲秋 ノ 黃窓ノ 如シ」 萬 驚 续、 八 fl+ 「秋 

ノ ^ |"粜、^^ラマク惜シモ」 

くわ、 つ 



< M S I 光焰ー 〔光 ト、 焰ト〕 文 

章ノ氣 カノ、 盛大 ナル- ー云フ 語。 

調コ長 箱- 「李 杜文巧 T 在、 光焰 fffi 丈長」 

n ゥ- オン 

くヮ う-おん (名) ー皇 恩 一 天子 ノ御 恩。 5^7 

文 本 詩 「皇恩 被 I 一九 區こ 「皇 恩、 四海 I 一 加 ハル」 

コゥ- ザ 

くヮ ろ-か 一名) 光來、 光 臨、 一一 同ジ。 

n ゥ - n ゥ 

くヮ う-かう (名) 一 i 考 I 〔か、 つ ひ (考 §ノ 

條ヲ S ョ〕 (一) 天子 ノ御 父。 崩 御シタ 

マヒシ ヲ 申ス。 御 母 一一 《、皇 她ト 云フ。 

(二〕 支那 一一 テ ハ、 卒人ノ 亡父, 亡母、 ノ尊 

稱。 (皇 r 大 ノ義) 詩 .IT 周頌 is:^ 「假哉 皇考、 

&ビ; 予孝 f 」 驃記、 曲蠼、 下 arf 王 父 一 (祖父 ナリ) 

曰-皇祖 考ハ王 母 曰 IKS1 祖妣; 父 日 一一 皇考 ^ 母 曰 一 妣こ 

n ゥ- ガク 

くヮ う-かく i [ 國 5 熟語、 第二) 

一一 同ジ。 

n ゥ -ザク — 

く" 一つ-かく i 1* 學ー 〔英語- opus. ノ 

ヒ カリ 

譯語〕 光ノ 現象 ヲ 研究 ス ル學。 

n ? カツ 

く" 一つ-かつ g) li 褐ー 色ノ、 黄 一一 シーア、 

代 ^ 色 ヲ帶ビ タル モノ。 桂 海 蹈銜志 「南中 

gii 一白 羊; 多荧 5™ 白斑 如 一一 黃牛こ 

n ク- カン 

くヮ う-かん i li 閲ー 〔出典 ノ潘 岳ノ射 

. 雜賦ノ 黄 閬ノ右 傍 一一、 弓 名ト記 シテ、 左 

訓 一一 「ヲホ ユミ」 ト. ァ 弓ノ 異名。 潘 

岳、 射雄賦 「捲-; 荧閒 1 以 密 ss」 吾 i 、九、 文治 五 

年.; 1^ お 四日 士廿八 twgl 千騎 也、 面面 打; 1 立 白旗 ハ 

各 倚 1;K 黄 こ 

くヮ う, かやき ュぅ i 一 91 ッ キノ 

ミヤ n 月 宮殿。 開元天6:;?;^|^「唐明皇(玄宗) 

遊-月 宮 一見 一一 天府 ハ榜曰 iis? 寒宫 淸虚府 1」 胡 宿 詩 「^ 



くヮ う-き 《き 11 基 I 皇謨ノ 基礎。 

くわう 



くヮ 一つ-き (名) ,輝 一 (一) ヒ カリ。 カガ 

ャキ。 史 sirs 禪咨 「光 M 若 1 一流 S- こ (二) ホ マ 

レ。 光榮 「^業 ノ光 M」 

n ゥ-キ 

くヮ う-さ (名) 一廣 軌ー てつだう (鐵 道) ノ 

條ヲ 見ョ。 

n ゥ -ギ 

\ /ヮ- つ, ぎ (名) 一廣 義 1 物事 ノ 義理 ヲ廣ク 

シテ、 考 フル n ト。 狹ク スルヲ 、狭義 ト 

云フ。 

n ゥ-ギ 

く リーつ-き i 頸 儀 一 光來、 光 臨 、一一 同ジ。 

彌衡、 驟蹈賦 「s ョー ,夸 之 下 國ハ侍 li 君子 之 光俊 こ 范 

£111 詩 「誰 云 相 去 遠、 脈脈 阻- 1 光 餞 こ 吾 i、 一 、治 承 

四年十月ー 日「於1石橋合戰之時令ーー分散ー之5^;:今日 

多以參 11 向于武 衞錢诏 御旅 蹈 一又、 醒岡^ 師全 成、 同 

有-光 二 14 云、 以 11 修行 之體ハ 下向 之 由、 被, 申, 之」 

n ゥ -キ ユウ 

V ヮ 一つ-さ 一つ § 



〔職 日 彌久ノ 略〕 

く" う, ま つ (曠 日) ノ條ヲ 見ョ。 

n ゥ -ギ ユウ 

く.^ 一 cvsl^ う (名) 一黄 牛 一 ァ メタ シ。 易 m 、下 

經、革卦「^^用ー!苦:牛之革こ 

n ゥ キ ユウ 

くヮ! つ-さ ュぅ (名) ,宮ー 一同 ジ。 

n ゥ-キ 3 I 

くヮ う, きョ (名) HIS 居 一 オホ クチ。 n コ 

ノへ。 モモ シキ。 帝王 ノ御 住居。 御所。 

內 IST is。 禁中。 禁廷。 禁闕。 皇宮。 

宮城。 何 src^s 殿赋 「儲-; 皇居 之 制. ぎ」 孔融、 P1 

fi 銜 一文 「帝室 皇居、 必 非常 ラ. こ 盛衰 記、 十六、 

遷都 fa5「 g 大納言 額 盛ノ 家ヲ、 皇居 ト 定テ、 主上、 渡 

ラセ 給フ」 

n ゥ-キ ヨウ 

くヮ 一? *r う i _M ォソレ 、力 シコ 

マルコ ト。 J^er 先 博 ^ 博 P 一 其 故ハ對 S 惶恐」 

n ゥ, キヨ ク 

く" う-さ ョく S 111 極 一 天皇 ノ御 位。 

sir 洪 「五、 皇極、 as! 一一 其 有 a こ 

V" 一つ-ぎ ョ ぐ (名) _3 寶石ノ 名、 色- 



く わ、 つ 



わ 

う' 



わ 





わ 



わ 





わ 

9 








黄 二 シテ- 極メテ 堅ク、 美シキ 光澤 ァ 

リ、 透明 ナル ァリ. 不透明 ナル ァリ。 禮 

記、 月令篇 「中央 土、 天子、 云云、 お-: 黃衣ー 股-一 黃玉こ 

くヮ- つ-く 一名) S 鑛物ノ 採掘 ヲ ナス 

土地 ノ區 域。 

n ゥグゥ „ 

くヮ う-くう -名) 而后ー く 7 うご、 P- (皇后) 

I 一 同ジ。 

ゥグン 



くヮ う-ぐん so 皇軍 ス メラ ミィ クサ。 

皇命 出征 ノ 軍隊。 (賊軍 ナ ドニ 對ス) 

くヮ 一つ-く" (名) s_ 皇?^ ノ德 化。 聖化。 

王化。 李 白 詩 「七 葉 運 一一 皇化 一千 ss 光一 一本 支 こ <ag 

記、 二、 谙 1® 息女 事 「皇化 二 @ ハズ、 朝憲 ヲ輕 ズル者 

ヲパ、 E 二 誠ヲ 加へ シ カバ、 世ノ a ハお 一力 リキ」 

ぐヮ- つ- <ヮ (名) S (一) 天皇. 又ハ, 皇 

室ノ 敬稱。 榮ー化 ® 語 、十五、 一 ass* 一- 累 M 之蹇? 

f 皇華之 恩 一年 三十」 (二) 敕使 Q 文華秀 s* 

「皇 華辭, 宅 遠 有』、 行 f 雲 山 ー鼸月 時」 

n ゥカ 

くヮ う-く ヮ (名 > 一光 華 一 ウル ハシ キヒカ 

=NO ハ H アル ヒ カリ。 光彩。 <_2* 欲 「日月 

光華、 a- 復 nsol It 代 e 、上-, 諾 、册、 ニ算、 生 = 日 神 I 

r 此チ、 光華 明 照 N 傲 於 一一 六合 之 內こ次 生 一一 月驊; 

ヒ 力-. ゥ 》 ハ シネ n ト -. ゲリ 

其 光 亞 , 曰」 

く ヮ う-く ヮ 一名) s_ (一〕 菊ノ 花。 鼸 

記、 月令篇 「季秋 之 月、 魏 有 一: 黄花 こ 許 SS 詩 「秋^ ー黃 

華 IPS? ssr 上 一黄 i^i 助 之 K こ (11) 

ノ花。 司 空 表 聖詩ー SS 連:' お 培、 黃花 入, 麥 稀」 

一つ-く ヮ (名) ー頻ー 〔英 lJ!s、Yclk>w IS- 

ュ】. ノ 譯語〕 黄色人種 ガ 勃興 シ テ 、白色 

人種-一 禍 スト 云フ コト。 日本、 支那、 

聯合 シテ、 歐洲ヲ 侵 サム ト云フ ナリ。 

此說 ハ 、 明治 十五 六 年頃、 露國 人、 ばく 

うに いん ガ說キ 出シ、 北淸事 g 後- 獨逸 



皇帝、 再 ビ唱へ タリ。 黄人 禍。 

n ゥ n ゥ 

くヮ I つ-く "ろ (副) 一^ 廣ー ヒ。ビ:1ト。 

史 1:53、 日者傳 「天地 Iglguss ハ、 ズ) 1® 衰記、 

一一! 十五、 範顔義 お! 京人 事 「宇治 ノ 在家 ヲ燒拂 、云云、 

廣廣 ト燒抹 タリ ケ レバ、 云云」 「廣廣 トシ タル 田野」 



くヮ 一つ -v ヮう (副) 一 煌 煌 一 ビカビ カト。 

キラ キ ラト。 詩 E 、隙 風 、東門 之; 《篇 「明星 煌 煌」 

! srgsK 「光 以晃晃 Ji ハ、 煌 二通 ズ) 

記、 十六、 司 天 逢 事 「五 M 煌 煌 トシ テ、 赤キ 事、 火ノ如 

ク」 「煌煌 卜 光り II ク」 



< 



つ-く "う i 一 轟 蠆ー トド キヮタ 

々音響 二 云フ語 。ゴ コ P 。ドロ ドロ。 

ガラ ガラ。 又、 蟲然。 韓 愈 詩 「®lisss 射-一水 

一 ! e 百 里 as 一; SS こ 「B1S タル 汽車 ノ suss 然ト 

シ亍 K. 装ス」 

n ゥ カク 1- 

く" う-く ヮっ 

渡サ ルル コト 

n ゥ ■ ケィ 

くヮ う-けい (名) 

コ ❖ ■ ケィ 

<ヮ やけい f 



i 



一廣, 一 ヒ0ビ!1ト、見 

「廣 iJL ナル景 おご 



皇系 



皇統 一一 同ジ。 

く,、 つ あ (囊) _1 



リー 木 



同ジ。 

n ゥ -ケィ _ ゥ, 

くヮ う-け: V 『名) ,素 11 目ュ映 ルケ シキ 

アリサ マ a 

n フゥ ふ ク? .1. K 5 

くヮ う-けつ (名 J 

n ゥ ギ ヨウ 

くヮ う- げ/^ i 

ソレ 二 屬スル 

n ゥ ゲン 

ぐヮ ろ-げん (名) 

お 言。 惡語 接訓 sr く"、 つげん 「荒 言 ト書ケ 《-、 

ロニ 任セ テ云フ 也」 古老 親 話、 小 田 原陣ニ テ秀吉 

ノー 一一;;; 「花 » 一助 兵 is ガ惡言 、不: a ト ハ 云 ヒナ ガラ、 大 

名、 旗本、 數 千 人、 我レヲ 恐レ、 詞 ヲ出ス 者ナキ 二、 本 

陣ニ睡 ヲ吐キ カケ、 大 將ハ、 S! 狂 力、 a 心 力、 トノ荒 言 

ハ、 類ヒ モナ キ SW 者 ナリ、 云云」 (良將 達! ssl、_o 



ッカ アナ。 墓穴。 

鑌物ノ 採掘、 及、 

1 切ノ 事業。 

1 ァク no 

荒 言 一 クル クチ。 惡 口。 



n ゥ- ゲン 

くヮ 一つ-げん (名> 一廣 言. I ロハ パヒ。 ク、 物 

言フ コ ト。 大言。 廣長 舌。 S 太平 „^ -、 

廿九、 阿保 秋 山河 原 軍事 「日 來ノ廣 g ヲ、 ゲ 一一 モト、 

人 二 云 レント 存ズ ルナり」 

ゥ -ケン ■ 3 ゥ-フ 



くヮ- つ, けん-え-つ-ふ (名) 一黄 絹 幼! ii 〔離 

合 迷 字 ナリ、 黄 絹 ハ 、 色絲ナ レ パ 、絕ト 

シ. 幼婦 ハ 、少女 ナ レ パ -妙ト ス (世 說, 捷 

悟篇) 梵妻 ヲ. 妙 (少女) ト云フ モ. 是 レナ 

リ〕 * 詩ヲ、 絕妙 ナリト 贊ム ル語。 世 3«、 

捷悟篇 「as 武、 嘗 過 1 一曹 接 ほ 下 一 揚終 從、 a 背 上 見. < 題 

作 1; 黄 as 幼婦 外孫 ほ 白 八 字 一 SS1SS お 曰、 ぉ不、 答 曰、 

薛、 魏武 曰、 as 未,? 言、 待- issp 之、 行 三十, 里、 魏武 

乃 曰、 吾已得 、令 一 6 別 P- 所^、 修曰、 黃 5§1 絲也、 於 

"字 S3L 絕、 幼婦 少女 也、 於" 字 外孫 女 * 也、 於 

i 字 爲, 好、 ま" 辛 也、 於, 字 s..sr 所? IE、g 妙 好 IS 

也、 sses 亦 記 > 之 、與" 修同、 乃 歎 曰、 我 ォチ及 far 乃 

a? 三十 里 こ 黃 、和 I 一王 和 人 I 詩 「紫お 今日 句、 黃親 

昔年 an 

n ゥ. n ゥ _■ 

く "一つ-こ 一つ i ー黃 ロー 雀 ノ雛ノ 、吻 ノ 

黄 ナルコ ト。 (黄雀 ノ語 ァリ) 黄 吻。 借 

リテ、 幼稚 ナル 小兒 ノ事ヲ 云ヒ- 若輩 ナ 

ル者ヲ モ云フ o( くちわき ノ條ヲ 見ョ) 

孔子 家 語、 本篇 「見 I 一 雀 所 "得 皆黃ロ 小雀」 古 

樂府 「上 1SMSS! 之 天 ー下愧 r 黃ロ 小兒こ 北史、 崔通 

S 崔忮 竊言 、文宣 帝、 一; 黄口 小兒こ 



<ヮ う-こ-つ 1 黄考 I 七 八十 歳 程ノ老 

人." 詩 IK 、小雅 、白 華 之 什、 南山 有 登篇 「南山 有. 拘、 

北山 有 、樂只 君子、 連 不一 ー黃 あこ 

n ゥ. ゴゥ コ> 

く "う-こ-つ (名) 一 皇后 1 〔后ノ 語原 ヲ見 

ョ〕 ォホ キサキ。 キサキ。 ク, -ク グク。 

帝王 ノ御^ 妻。 秋 ノ宮。 (きさき ノ條ヲ 

併セ 見ョ) 皇后 -1 テ 、次ノ 帝王 ノ母 トナ 

リタ マ ヒテ、 尊 稱ヲ奉 レバ、 太后、 又- 皇 

太后 ト申ス 。後 二、 其 祖母 トナ リタ マ へ 

バ、 太皇太 11 ロト 申ス。 、高 帝. i! 「きま 后? 



曰- i 畠 后 こ 公式 合 「皇后、 皇太后、 太 皇太后」 assrta 

llrss- 一天 子 之《 妻 I 也、; :: 

太后;!!, 天子 a 母 sr,:- , : : . 

色お *RelL 口、 ク ワウ ゴゥ J 

コ ゥゴ ゥグゥ 

V ヮろ こ-つ-ぐ-つ 1 一 皇后 RI (一) 【アキ 

ノ ミヤ。 皇后 ノ 御 住居。 長 秋宫。 枕 草 

子、 八、 七十 七 段、 見る に どなる 事な き 物 「皇后 g 

ほ 大夫」 (二) 皇后 ノ御 異稱。 保 元 物語、 一、 

左大臣 _K 上洛 事 「新院 (崇 稳> ノ御 方へ g ケル 人人 二 

〈、云云、 皇后 宮 (近 islE 、藤 原 多 子) 侍 sasi 、云云」 

著 M* 、十五、 B 爭 「大夫 尉 將義ガ ffi 從ノ ヨシ、 名 * ケ 

レ共. マコト ハ、 畠 后宮 OHii 后、 藤 原 多 子) ノ侍 お、 

W 有治ガ ffi 從」 

くヮ うごうぐ う-まき (名). Ift^l 

宮 職 ノ條ヲ 兒ョ。 

n ゥゴゥ グゥシ 3 ク 

くヮ うごうぐ う-ま, ョく (名) 一 皇后 宮隨 I 今、 

CIS 后宮-一 關スル 一切 ノ 事務 ヲ掌ル 職。 

n ゥ n ゥゝシ 

くヮろ こ-つ-. せ "〔 (名) I 货ロ兒 I く 7 う ふん 

(黄吻) ノ條ヲ 見ョ。 



く, う-こく I 名) 泉 S1 ス メラ ミ ク 二 。 

大= 本國ノ 尊稱。 rMB/g;aJ 

n ゥ • n ク 

く, う-こく (名) 一廣: sja| 廣ク、 W1 上-一 吿ゲ 

知 ラス ル n ト。 新聞紙 上ノ ひろめ、 IX 

ハ 、引 礼ノ 類。 < ム告ト 對照セ ョ。 

n ゥ - n ク 

く ヮ> つ-こつ (名 > 一 恍惚 一 〔老子、 第廿 一章 

「^?. 一之 爲 V 初、 惟恍惟 惚」〕 B レ ,聞 Is 

レテ、 精神 ヲ失ハ ム トス ル狀 ナル コト。 

クッ トリ トス ル n ト0 禰ぉ、 祭 ssril: 其 志 

® ;以 以 與-; 神明-交 Jsu 、恍 II 通ズ) 

n グゴゥ 

くヮ う-こふ i Ii 劫 一 佛經ノ 語。 長キ 

n フ 

年月。 永劫 0( 劫 ノ條ヲ 0- ョ) 平家物語ニ、 

お干: コ ノ度、 r;^ お ニ^-^ミナバ 、多生、 噴 劫ヲパ se 

? 'トモ 、s: カビ上 ガラン >*、 難 カル ベ シ」 




くヮ う-こん (名) 一 黄昏 I (一) タソ ガレ。 

ュフ グレ。 ヒ グレ。 岑參詩 「尙527. 黄き 鐘、 

別 渡 頭ー歸 鳥」 (二) 戌ノ 時ノ異 ijno 推 S 

子、 天文 訓 「日 至 ,于ー; 虞 淵 一 是謂 一: 黃 SS 至 



是 Is-: 定 SE こ 

ゥ 



V "う-さ (名) 1 廣キ 席-一、 多 人數ノ 

列 ¥ -ス ル コト。 戰國 策、 趙策 「衆人 廣坐之 中」 

n ゥ- サイ I » 

くヮ う-さい (名) 一光 彩 一 く? 1( 光華) 

ノ i ヲ 11:^3 魏文帝 詩 「上天 垂!; 光彩 一 五色 一 何 

鲜」 北齊 S 、魏收 傅 「朝 有 一; 瑰收; 便 是國之 光彩」 

n ゥ -ソ ゥ 

くヮ う-さう (名) ー|3 & 宏大 I 一 シテ、 サカ 

ンナル コト。 水 IT 注 「彭城 築 k 、悉以 -ISIS 

宏壯堅 sl」 

n ゥ -ザン 

くヮ う-さん (名) 一 1 山 一 鑛物 アル 山。 艤 

物ヲ掘 リ採ル 山。 又、 其 場所。 

n ゥザン -ガク 

くヮ うさん-がく (名) ー酈 山^ 一 鑛 山ノ鑛 

物 ヲ探リ -夂ハ 、掘 リ採ル n トノ學 問。 

n ゥ :ン ォ 

くヮ う-ま 《名) わう V, ノ條ヲ as ョ。 

名物 六帖 「皇 子、 汎稱 I 一天 子 之 ま 古者稱 -1 王子 ハ&; W 

芋 比 千、 王 孑 gl 是也」 

n ゥ -シ 

くヮ う-ま (名) I 皇嗣 一 マ クケノ キミ。 夭 

子ノ 御世 體。 皇繼。 皇儲。 ir 明 德馬后 

紀 「lLn 常以 一; 皇嗣 未 _Jr 毎 is 一: 憂 歎 こ 

n ゥ. シ ., ,ノ 

くヮ う-ま (名) s_ 墓 SI ュ同ジ 。壙穴 

11 埋ムル 一一 就キテ 云 フ。 

n ゥ -シキ , 

くヮ う-まき (名) 一 Is; 鐘 一 わう あき 二 同ジ、 

十二 律 ノ條ヲ 見ョ。 

コ ゥ -シッ 

くヮ う-まつ (名) _1§|ー 天子 ノ御 家。 帝 

王ノ御 家筋。 帝室。 郭 as 「擢 sf Jf 陽 S 

SIS 一一 皇室 こ 

n ゥ 、ジ ッ 

く ワーウ-、 まつ (名) ー曠 ml 日ヲ, クスル n 

くわう …: くわう 



鷄、 注 連 繩ヲ、 荒神 棚 二 、かけろ トャ 鳴ク」 (荒神 棚 二 

へ、 鶴ノ 捨馬ヲ カク) 俚-: 、三 g 荒神 松 「江戶 一一 

テ 、毎月 晦日 二 、 荒神 棚 II 奉ル 、是 ハ 、 常陸ノ 鹿島ョ 

リ 出ス」 

コ ゥ -ジ > ! 

くヮ う-あん (s 神 一 さんぼうく ヮ、 つ、;^? 

ん (三賓 荒神) ノ條ヲ 見ョ。 

n ゥ ジ ン .グ 

V ヮぅ. せ 2 ん-ぐ i 1 荒神 供 一 三寶 荒神 ノ 

條ヲ ョ。 

1- ゥ -ジ ン-カ I 

くヮ う- * ん- く" § 一 劇 人禍ー 黄禍 ノ條 

ヲ eg ョ。 

_1 ゥ -ジ ン シ ュ 

くヮ う-あんま ュ I 名) 一黄 人種 1 黄色人種 

一一 同ジ C 

くヮ う. si ん, だな (名) 荒神 ノ條 

ヲ a ョ。 

n ゥ ジ ン .ボ ゥ キ 

V ヮろ ポん- ば、 つ さ S 一 荒神 帚 一 〔荒神 

ハ、 き 神 ナリ〕 もろあしば、 つき ノ、 小サ 

キ モノ。 他 ノ不淨 ノ蒂ト 別 チテ、 特ニ、 

竈 ヲ掃フ 一一 用 キル。 煙 帚 

a ゥ ジ ン ライ 

く" う ん, ばら ひ 一名) 一 荒神 祓ー 〔荒神 ハ、 

竈 神 ナリ〕 かま ばら ひ (寵 就) 一一 E ジ。 

n ウジ ン- マツ 

く "う. せ ュん- まつ (き 一 荒神 松 一 荒 祌ノ條 

n ゥ- ショウ 

く" う-ま ャぅ f き ー翱翔 1 二) 鳥ノ, 空 ヲ翔 

ル コト。 古詩、 傷欧行 「春 鳥 翻 南 飛、, PSSK 翔」 

(一一〕 人中-一 、立チ マジル コト。 詩經、 鄭風、 

淸人篇 「河 上 乎 翻 「士 大夫ノ Mil 翮 翔ス」 

n ゥゝシ 3 ゥ 

V ヮ ろ- ¥; ャ-っ I 名) UK 上 I きん、 せ 〔ャ、 「(今 

上) ト申ス ュ 同 ジ。 

n ゥ -ジ ヨウ 

V ヮ ろ- ヤーつ (名) 一 ii 城 一 大內 裏。 宮城。 

唐 S 、地理 志 「上 都皇 城、 長、 千 九 百 1 十五 歩、 K 、千 

二百 步」 



くわう 



n ゥ -ジ ャク 1 1 

く" う- ボャく -名 > Isd 〔黄口 ノ條ヲ SR 

ョ〕 すすめ ノ ( 1 ) ノ 名 !sr 五行 志、 

歌 S 「挂樹 華不, 3S 、黃雀 巢-: 其 穎 こ 述異記 「淮 水中、 

黃 至, 秋、 化 eL:K 、春 一; 黄雀 こ 

くヮ う-ま ュく (名) 18 天子 ノ^, go 

湖水 談 「皇叔 >s 一王 元 照 薨」 

ぐヮ ろ- ¥:ュ< § S 草木 ノ责. ナド 

ノ、 熟シ テ、 せ パ ム コ ト 。ァ カラ ム n ト。 

韓維詩 「麥苗 黃熟稻 苗 青」 

く ワラ ¥:_^<- かう S 一 SS 熱帶地 

ヨリ 舶來 セル、 香木 ノ材、 奇南ノ 類 一一 

テ、 輕虛 ナル 1^ ノト 云フ、 奈良ノ 東大寺 

. 正 院 御藏 ノ蘭奢 待、 此 ノ種ナ リトゾ 。 

くヮ う- V: ュ- はう まャぅ (名) 一 i 雲 一 海 

防 費 二 私財 ヲ獻ジ タル 人 二、 賜 ハル 褒 

章。 

n ウジ 3 ゥ 

くヮ う- う (名) ー黃鐘 I (一) 陰曆 十二 

ワウ ンキ ^ 

月ノ 異稱。 (二) 黄 鐘。 ふに りつ (十二 

律) ノ條ヲ GR ョ。 

く" う-ま ョく (名) S 〔曠 n ノ條ヲ E 

ョ〕 職務 ヲ、 曠 シクス ル コト。 勤 メヲ、 

怠ル コト。 北史、 &端 S ベ 設诠 分お、 本 &; 時 

務; 苟¥ 其 人; 不;, 如-福 職 こ 

_1 ゥ-シ ョクキ 

くヮ >CH1-V き I 名) 一黄 115 葵一 〔蜀 葵ノ條 

ヲ ョ〕 ト pri ァフ t。 

n ゥ-シ ョク- ジン シュ 

くヮ う-ま ョ く-. せ ^ んま \ (名 > iw^ 人種 一 

ノ色ノ 、焚 褐ナ ル 人種。 亞細亞 洲束部 ノ 

人- 11^ レナ リ。 货 人種。 (白色人種- 黑色 

人種 、ナド 一一 對ス) 

n ウセ ィ 

く "う-せ i, I E_ 天皇 ノ 政治。 

くヮ う-せい § 一 ia 〔曠 ハ、 { 化ナリ (職 



くりつ 一 1 



ト。 爲ス コトナ クシ テ、 日 ヲ過ス コト。 

ムナシ ウス ル コト 

ira 山傳 「喷 i 日 十 年」 註 「嘴、 空 也、 S 也」 

曠 日彌久 ト云フ ハ、 數日、 空 シク 長引 ク 

Ijjif 史記、 刺客 傳 「太 傅 之 計、 曠日 彌久」 韓非 子、 說 

^5篇「鴨日彌久、而周?!9旣渥」 

く" う-. Hit ん (名) HI 天子 ノ御 親族。 

皇族。 金 枝 玉 葉。 提嗣令 「自- 一親 王-五世、 雖 

, 得 一 ま 名;? 在 i 親 之 限 こ 

a ゥ -.1 ン ン 

くヮ、 CV* ュん i 一 荒神 1 〔s 神 ノ昔便 一一 

テ, か 、つ V. んナル ベ シ (宣 はく、 のた、 つま 

く。 寒狀- さむさ、 つ〕 荒神 ト書ク ハ、 次 

條ノ、 一一 荒神 ヲ混ジ タル ナリ、 文德實 

錄、 九、 天 安元 年 四月 「內 膪 司、 忌 火 庭 火 

皂 神、 授, ー從 五位 下,」 トァ ル ハ 、 竈ノ神 

ナリ、 夏山 雜談 (三十 幅 、四) 一 -!、 民家 ノ 

竈 ノ神ヲ 、荒神 ト云フ ハ、 此桌神 ナル- 一 

ャト、 云へ レド 、典據 -甚ダ 遠 クシ テ、 鑿 

ナリ、 竈神 ヲ、 荒神 ト云フ 、へ遙 力 二 後世 

ノ語 ナリ、 但シ、 竈神 ヲ祭ル コトハ 、陰 

陽 師ノシ タルコ トニ テ、 古シ〕 民閬ニ 

テ、, 竈神 ノ稱。 常 一一 、三寶 荒神 ト混ゼ ラ 

ル、 臺所 ノ竈ノ 上-一 , 棚ヲ 設ケテ 祀ル、 

荒神 棚 ト云フ 。荒神 松 ト云フ ハ、 松ノ小 

枝 11 、 胡 粉 ヲ塗シ タル モノ、 晦 en 毎 二 、 

取替へ テ 供スル モノ。 荒神 蔵 ト云フ ハ、 

晦; H 每 一一、 神前 一一 テ行フ 蔵 ナジ、 き祿ノ 

條ヲ OR ョ。 荒神 蒂ト 云フ ハ、 憲 ヲ掃フ 

小 蒂ナリ 。(せ 〈條ヲ 見ョ) 合 類 g 用 集 (元 祿) 

1 一一、 ssiE 「三, W 荒 神、 俗 云、 S 神、 事 見 l;s 事 ail」 

玉手綠 (文政、 平 田 篤 as) 八 「木 國ノ玉 K 山 ト云フ 山 

-I 、荒神 «K 神 一 g ト申 スァ リテ、 コハ、 火 神ヲ祭 レル社 

ナリト 、天 野 信 景ガ接 尻 11 見 H タリ、 然 レバ、 俗 1 一 、ss 

所 ノ神ヲ 、三 g 荒神 ト稱 シ、 云云、 障 礙神ノ 一 名ヲ、 

荒; t ト稱シ 、云云、 文字 ノ 同- ンキ ママ 二、 附 《 シ、! S 

一 セル モノ ナリ」 千 紅 莨 紫 (蜀 山人) 「K5 草ノ、 市ノ 



くわう 

n ノ條ヲ ョ) 1 せヲ {tj- しう シテ、 他 一一 

lナキ^^:^〕 夂ト 、世-一 ナキ コト。 世 

一一 比 ffij ナ キ n ト0 稀世 詩お、 環 S 、敬 之 B 

「ae-;w 仔 R 一」 琉「 人 ic: 而代 1; 天子 S 世 之 所 &S こ 

a5、?f3es「,::sfKBI、wl:l51M¥」 

くヮ やせき (名) ipi 一 金 姆ヲ 含ミ テア 

々石。 

n ゥ セン 

く ヮ 一つ-せん -i_ 〔夭 玄、 地货、 泉 

ハ、 地中-一 ァリ〕 (一) 地下 ノ水。 Mrve 

文 公、 下 srife 蚓 「下 飲 こ (二) 搏ジテ ふ W 

ノ下。 ^チ- 地下。 死者 ノ行 ク處。 

下。 ^ナ ルイ ヅミ。 ョミ。 ョミヂ 

左 w、ui 公元 年 「不, 及- Iwissiir 招き 也」 文 古 

tJT 下 有 rswxs 杏 卽1;§« 一!? 黃泉下 一千 e 永 

不 *1»」 me* 鏡、 五十 一 、弘 年 八月 六日 「1«« 法 

印 ¥?5、 お i;S 麥^ 之告" 黃.: 水 有 1: 其 苦 之 由、 

依. 被 1; 思 被 Km-: お 罪 之^ ハ以- 一枝 15 紙 徑ハ町 

くヮ -CV せん § S 截 物ノ性 K ヲ、 多 

ft- 一八. C メル 泉。 

くヮ- つ, せん (名) S 光ノ 照射 スル直 

線 「? e 射 スル光 «IJ 

n ゥゼン 

く:? ぜん ー恍 威一 心地 ノ、 ク, トリ 

ト ナル狀 一一 云フ Isio s;ssr 九 asKras 

故 iE,*w^_ic、w-:!« お 3aハs■WI如l:te世IWJ 

<"-7せん (s】 s ss- 一同 ジ。 

く ヮ-? V S S ハ 、始 ナリ- 宗ハ、 

本 ナジ、 狐宗ト n 一 一 テ, 先 fs ノ宗^ 

^^稱スルgTー テ、 刖業 有功 ノ ヲ祖ト 

シ、 守成お ぬノ IS ヲ宗ト シ, 合ハ セ テ、 

fgi^ ノ 稱 トス ルナ リ〕 御 *。 天嶷 ノ 

御 i^?g。 凡ソ ハ、 llssffitg 神、; 產 S 

神 ヨリ > 天 照 太 紳マデ ヲ中シ 奉 yzH< 照 



くわう 

大神ヲ 、又、 天祖 トモ 申 シ奉リ 、人 & 一一 

シ テ ハ ,e ^草 葺不合 尊 マ デヲモ 、天 

祖ト 申シ、 神武 天皇 モ、 人皇 ノ祖- 一 マ シ 

マ セパ、 皇祖 ノ御列 ナリ。 綏靖 天皇 以 

下、 8^- 代ヲ、 皇宗 ト申シ 奉ル。 SIS 、五 孑 之 

^KnlK 祖 iflk 訓、 民玎 rsI14,iw* 下」 

< "一? V (名) s_ 〔踐祚 ノ條ヲ a ョ〕 

し? 「ゐ (皇位) -1 ジ。 北史、 外 は a 、序 「き 1 

n ウゾゥ 

<ヮ う-そ 一つ I ま II 前前 條ヲ! HR ョ。 



く" 一つ-ぞく I |皇1 (一〕 天皇 ノ御親 

族 族 身 位 令、 第 一 S 、第 1 歧 「皇族 ノ班位 ハ 、左 

ノ Ist 二 依ル、 第 1 、墓 后、 第二、 太 皇太后、 第三、 皇 

太 la 、第 四、 皇太子」 (10 泛ク、 帝 mi ノ御 一 

族 玉 葉 沈 約 文 「^*s}.- 藏族、 于 "斯爲 * 盛」 

く" う-そん i 漏 一 ( 一 ) 神代 紀 二 、|&ノ 

孫ト アル ハ, 天照大神 ノ御孫 ナル、 

件 尊 ヲ申シ 奉ル。 天孫。 (二) 泛ク、 帝 

王 ノ御孫 C 淡 S 、は 蒂紀「^31; 世 摘 皇孫 こ 

く, 0. たい (名) ffl スサビ 、オコタル 

n ト «| 腔、 泰 S 、下 H 「狎 -; 侮 五 ハ荒怠 弗 I 敬」 

く" う-だい i 〔狭小-一 對 

ス〕 ヒ 口ク、 ォ ホイ ナル n ト。 $「 き 1 

K 大; 而 Igres® こ 史 孔子 世 家 「g-s!sl 大」 平家 

物認、 十 一 、 R® 取 「asr くヮ ろだい ノ 慈悲 ヲ仰ギ J 

「ffi 大然 *?」 



ご, 



く: つ-たい こ う § lis 一 

(muc) ノ^ ヲ tl^ ョ 

n ゥ タイ n ゥグゥ 

く" うたいこう, ぐう (名 一 is 太 后宮 一 

(二 皇太后 ノ御は 居。 (一一)? 2< 后/御 

^00 1! 一代 as、s 十九、 仁 和 一 I 年 二月 廿 一 日£ 

宮 5 和 后、 藤 mKHO 大進、 菅 BsaH 直臣? 5 



くわ、 つ 1 

兵範一;^3、仁安三年三月廿日「仰云、皇太后宮(高倉母后 

平; IS 子) 册 .35 事」 



くわ、 つ …: くね、 r- 



i 



くヮ うたいこう ぐう-まき (名) lii 太 目宮 

I— I f ユウ-,.?, ノキ 

職 一 中宮 職. 



1 ノ ミヤ ; 

カネ アマ? -ヒ 

豫テ、 天 お 



, 條ヲ 見ョ。 

くヮ う-たい^ 一名) Hs ヒッ, キノ 

コ。 ヒッギ ノ ミヤ。 , 

ケノ キミ。 ハルノ ミ ャ 

ラ シ メスべ ク、 定 メラ レ タマへ ル阜. 子。 

太子。 儲贰。 儲 君。 東宮。 今 ハ 、草 • 長子 

ハ . 御 誕生, 卽チ、 皇太子 _ー マジ マ セド、 

一、 冊立 ノ式ヲ 行 ハセ ラル。 纏 

亭雜 S 「西 1* 天 ?«5 子、 皇太子 こ 名 S 六帖 「及-一 

漢時づ K 云、 天子 元 子、 則 watHHiK 云、 後世 則 唯 

天子、 得, 稱ー;皇 太子 一」 紀、 廿五年 正 HJ「s-a? 

ほ城津 S 玉 手 《„*5S-: 皇太子 こ 

くヮ うたい ま-ひ (名) I 皇太子妃 一 皇太子 

ノ御 嫡妻。 

くヮ う-だい V: ん i 一 SSI スメ ラオ 

ホ ミカ ミ。 多ク ハ、 伊勢 ノ 大神宮 ヲ申 

ス JS 曲、 ssr 下ッ as 二 宫居シ テ、 皇 大神ト 

ナリ 給フ」 

くヮ う-だい Vt ん ぐう (き ー皇 大神宮 一 大 

神宮 ノ條ヲ a ョ。 

く" -っ- たいそん i 1*8 皇孫 ノ、 日 

i ノ皇子 タル 方 ヲ申シ 奉 ル稱。 

く" -0, たいてい (き isl 皇弟 ノ-日 

截ノ祟 子 タ-; > 方 ヲ申シ 奉 ゥ稱。 KSS 、: S 

信、 十 ETSS 仁 元年 九月 庚 戌 「ai 一中 務螂; ©=皇 太 弟 一. 1 

n ゥ - トウ 

くヮ 一? たう 一き I 荒 唐 一 〔字典 「荒-空 也」 

說文 「街.、 大言 也し〕 說ノ、 據リド コ B ナ 

キ n トヲ 云フ 語。 出 於 超。 荒誕。 莊*、 

天下 篇 「謬 K 之 SS 、荒 SS 之 _H」 「荒 g 、無 Sn ノ! KJ 



くヮ う-だう 一名) 一黄 道 一 太陽 ノ視 軌道。 

卽チ、 天動說 一一 テ云 フ、 H ノ: S 道。 赤道 

-ー對 シテ、 二十 三度 半ノ 傾斜 ヲ ナス。 

^害、 天 tKJS 「日 有 1 一中 JS 云云、 中 ssa 、黄道、 一 曰 一一 

光道-」 黄道吉日 ト云 フハ 、暦-一 云ヒ シ 

語-一 テ、 离事 ヲ行フ I 一 吉ナリ トス ル 日。 

ヨキ ヒガ ラ。 

<ヮ うだう-きちにち I 名) 一 黄道吉日 一 前 

條ヲ a ョ。 

コゥ タク 

く "う-たく (名) 一光 宅 一 大キ- 一、 居ルコ 

ト。 天下 ヲ、 スべテ 、家 トス ルコ ト。 3 

IT® 害、 序 「昔 在 帝 堯、 K 明文 Hs、 光 1 一 宅 天下; 將 r 返 

i 于, 位、 讓, チ =K 翁 一作: ー堯典 こ 松 浦 _ 飽宮 先祖 次第 

井本 「我 之爲 k 國也、 光- 1 宅 曰 本 sli 長 安 1 而 

& 明」 (群 類從) 



ぐ" う-たく 一名) 



ツヤ。 ヒ カジ 



くヮー 0. たく § 一 皇擇ー 天子 ノ御 恩澤。 

衡、 整 Kss 「皇? 3 宣 52、!^ 外! ^同」 太平 記、 十四、 新 

田 足 利 確 ¥ IS 氏 誇 1 一 超涯皇 pr- 欲 一; 與立 S 上 

< "う-たん (名) 8_ 〔字典 「荒, 空 也」 

說文 「詞誕 也」 徐曰、 「妄 爲二大 言-也 匕 

言 說ノ、 據ナキ n ト。 イツ ハリ。 ネナ シ 

ゴト。 荒 街。 修 詩ー爭 ki^H* 異各取 k 勝、 遂 

至 一お i& 浪こ 

n ゥ-チ — 

く" う も I アンチ。 荒蕪ノ 地。 

東坡集 「得-荒 地 gS 十敢こ 

く" う, ちん (S S 〔森 然ト 、音響 ヲ 

發ス〕 船ヲ、 砲 擊シテ 、沈ム ル n ト。 船 

ノ、 爆發ユ 力 カリ テ、 沈ム コ ト。 



< "一つ-おん (名】 一黄 鹿 I 黄色 ノ チリ < 

erefllM 南 一詩 「寸心 明 1; 白日 1 千里 暗 一; 黄 ^ こ 



n ゥ- チョウ 

くヮ う-ち ヤーつ 、名) fi_ 大キ 二- クケパ 

ル n ト。 主張。 「其 鎬ヲ皇 張ス」 

コ ゥ- チョウ 

くヮ f つ-ち クっ (名) l^i ヒ 。ク、 ナガ キ 

コ ト。 「^ 長 舌」 

3 ゥ- チョウ シ 

くヮ, う-ち ャぅ チ"; (名) 一草: 長子 一 第 一 ノ皇 

子 文 考 「*1«宗敏 炎ー兀 年, 以-; 皇 S?*K 大赦」 

くヮ うち ャ う-せつ i IgB ョ佛 

敎ノ 語, 廣長ナ ル 舌。 長廣 舌。 言語 ノ淸 

淨ナル モノ- 其 菜報ヲ 受クト 云フ。 佛 

菩薩 ノ 三十 二相 ノ 一 ヲ、 廣長 舌相ト 云 

フ 阿 經 「出 1 ー胺 S 舌 ffiTslgl 一 I 一一 千大千 世界 こ 

(一一) 大ィ- 一、 說 法スル コト。 大ィ -1. 言 

ゆ 1 スル n ト0 tg 軾詩 「溪 整便是 KSE 舌、 山 色 a- 

非 一一 SS 淨身こ 長舌ヲ フル フ J 

n ゥ- チュウ 

くヮ う, ちュぅ (名) 00 イナ ゴ。 was 

BSKSSMnBS 二 年、 京師 旱、 蜂 a 大起」 a 歩 色 窓 

97^ *■ ユウ 

くヮ う-ち ョ I SI 〔儲 ハ、 ii^ ノ略〕 

帝王 ノ 御世 繼。 儲 君。 皇總。 陸 ssnols 

延 S お; 多士出 」 

くヮ う- ぢョ (名) B_ . ^うに ノ條ヲ E 

コ? ティ 

く" 一? てい (名) 1 帝 1 〔皇ハ 、美大 ノ意、 

帝 パ 、德 ノ. 天 -1 合フ 者ノ 意. ST 序 「三 

伏犧-神?『黄帝」疏「稱レ皇者、以,,齓 

是 美大 之 名 一 言 レ大/ 於 一 帝 也」 字典 「皇、 

有 n 天下 -者之 述稱」 說文 「帝、? t 也, 王,, 天 

下 - 之號也 虎: 介 Z 德合レ 天 者、, 帝 匕 

(1)天子ノ1^號0 史 、泰始 皇紀、 傅士 等、 

號 ヲ上ル 「fHf 置 T 云云 、王 曰、 去, 泰著, 皇、 采 一一 上 

古 帝位 號 T 號曰 一; 皇帝 こ iasslgs 「?? 天子、 正 1^ 曰 一一 

皇帝; 自稱 曰. 朕、 臣民 EgK 之 曰 一一 陛下 こ (二) 我ガ 



くわう :… くわつ 



國 -1 テ ハ、中外-ー對スル時ノ、天^|ノ御 

稱號。 依 制令 d 解 「王者、 詔 nltiS 於 一; 華 S 稱-皇 

帝 こ f&r 廿、 天 SS. 元年 十 1 tn; 「皇帝、 皇太后、 

如 a 日月 之 照臨. 泊 ilM 國こ (三〕 蹄盟各 君主 

國ノ、 君主 ノ稱號 King, Ka 一 ま r. 皆、 

^ya 「英吉利 m 蒂」 獨!^ 皇帝」 伊太利 皇蒂」 (四) 

わう だい (皇帝) ノ條ヲ a ョ。 

n ? チイ 

く" う-てい (名) Hit 弟 一 天子 ノ御弟 君。 

l^sonn 十六、 天應 元年 四 m 壬 辰 「立 i 弟 早 良 親王; 

爲 一一 皇太 rf こ 

n ゥ チョウ , 

くヮ う, てう (名) ー皇朝 I 和、 漢-共 一一-其 

朝廷-又 ハ、 其國ノ 尊稱。 潘尼詩 「p 跡 侍 一一 

雜宮 手 S 皇朝こ 

n ゥ-チ 3 ゥ ォ 

くヮ 一? てう -名) _£ く, う あ、 つ G 匪 

ヲ見 

コゥ- テン . — . , 

く" う-てん (名) 一 皇天 一 (一) 夭ト云 フユ 

同ジ、 其 條 ヲ見ョ SIT 蔡仲之 命 篇 「皇天 無 

. 親、 m 德 E-,^t」 (二) 天皇。 天子。 三 

十七、? W 氏 正 ® 寄 二足 胡, 似、 都ヲ 落?' ル 1^^、已 二 五 

箇. ぼ ニ及ビ 候、 然レ ドモ、 天下 ノ 士卒、 猶、 皇天 ヲ^ 

ク者 少ク候 フ閒」 

n ゥ テン 

くヮ う-てん (名) I 皇典 一 我 ガ國ノ 典籍。 

國書。 

n ゥ-; ァ ン 

くヮ う-, てん <名) _^ 田 I ァレタ 。荒 隨セ 

ル 田 後紀、 五、 延^ 十五 年 十 1 月 「河内 國志紀 郡 

荒 田 一 町、 賜 一一 正 七 位下 秋 箱 朝臣 淸野 1」 同、 廿四、 弘 

仁 六 年 五月 r 備前國 津高郡 荒錢田 十九 町、 蹈,, 菜 良 親 

王 こ 

く" うてん, こう-ど (名) 一 IPS 

ノ條ヲ 見ョ〕 天神 地 紙ト云 ハム ガ如 

シ。 teir 武成篇 「底 r- 商 之 5 告, 于 i 天后 土、 所 

名山 大川 一」 

n ゥ-ト ^ 

くヮ う- ヒ i liRi 一 皇謨、 皇献、 一一 同ジ。 



くわ、 つ 



曲、 氷室 「皇 岡、 長 ク堅ク 、帝道、 遙ー 一盛 ンナ: y」 

n ゥ-ト 、 

くヮ 5- ヒ i IIS, 天 皇ノ 版圆。 天子 

/頃 土。 班 固 g 「於 i 聖皇乃 握-; 乾符 ill 坤 8 

披 一一 皇^ 一智 1; 蒂文こ 李賀詩 「皇國 跨 1; 四海 こ 

n ゥ,. *• 

く: つ- ヒ I 一 皇都ー ミ ヤコ。 都市。 ® 

齊 ru 詩 「新 詩 ITS 滿ー; 皇都こ 

コ ゥ-ド f 

く" ろ-ど i 一黄 土 一 わ、 つど (黄土) ヲ a 

n ゥ - トウ 

ぐ" - つ-どう (名) S 統一 天子 ノ御 血統。 

皇系。 後 5^窗、 部訓 1 ^「捜- i 立 皇統; き S 大宗 こ 

隨記、 HfJ5 八 年 五月 廿 七日 「香 有 摘? 令, 嗣1; 畠 

統】 之 志..」 

n ゥ- ドウ , 

く" う-、 どう 著; 一黄 銅 I わ、 つどう (黄銅) 

ヲ 毘ョ。 SI 胜 (輸。 

n ゥ ドク 

くヮ うとく t 名) 一 鑛毒ー S 瓦 所ノ發 生, 一 

因ル、 植物 ナ ドノ 被害。 餾物ヲ 懷鑛爐 

一一 人レテ 懷解ス ル ヨリ 發ス。 「^l^si^#」 

く ヮ-? ねん (名) S キ キン ドシ。 凶 

年。 「荒 年 Isi^J 

n ゥ -ノ- タキ I 

くヮゃ S- たさ i 一光 瀧, 一 えだす みノ條 

n ゥ- ハイ 

くヮ 一つ-はい (名) 一 荒竊ー ァレ、 ス タル ルコ 

. ト。 糴記、 疏 「田 主 則 荒廢、 故 用, 人爲 i 主」 盛衰 

記、 十三、 入道 信 一; 嚴 島へ 事 「氣 比ノ社 ハ 繁昌 セリ、 

島ハ荒 錢シテ 候」 「田園 荒踐」 

n ゥ- パイ , 

くヮ う-はい 3 1 せ m 梅 一 梅雨 ノ頃、 梅ノ實 

ノ、 熱シ テ黄パ メル モノ。 贺 梅の 雨ト 

云フ ハ、 五月雨、 卽チ、 雨。 略 シテ、 

梅雨 ト モー 1^ フ。 薛光 、晚? ^詩 「五月 黄海 時、 陰 

氣蔽 一一 遠 こ 風土^^3「„3!„*至之日雨名ーー荧1§雨こ 白 居 

易、 送 =; 客 之 一一 湖南 一詩 「帆 開 青草 湖 中 去、 衣? 4: 黄浪雨 

行」 , 



くわう 



n ゥ パイ ゥ 

くヮ うばい-う (名) I 黄 梅雨 一 前條ヲ E ョ。 

n ゥ ハイ ゲン 

くヮ うはい-, てん (名) 一 荒廢& く 7 うでん 

(荒 田) ノ條ヲ 見ョ。 

コゥ- ホウ I 

くヮ う-はう 卜 一黄 袍ー 無位 ノ者 ノ着ス 

ベ キ袍。 わう は、 つト證 ムヲ可 トス、 袍 

ノ條ヲ 見ョ。 支那 一一 テ 、へ 下 ノ如ク 

ュ i 术史、 石 守 信 J^r 帝日、 云云、 I 旦有 >以,; 黄.: S 一 

加 aws 身 朱 i 、其 F 得 乎」 野 客? JS 「自 11 

唐 高祖 武德 初; 用 1.,^ 制 一天 子 常 服 li 黄 抱 ハ遂禁 I 一士 ffil; 

不, 得, 服」 

n ゥ- ボウ - 

く" う-ばう § 11^ 亡 I 流連 荒 { ^ノ條 ヲ 

a ョ。 

n ゥ -SJ ク 

くヮ う-はく 一黄 白 一 〔黄 r 黃 金-白、 へ 

銀〕 金錢ノ 異稱。 金錢。 秋 燈第話 「黄白 物 

頓親」 「黄白 ヲ 散ズ」 

n ゥ- パク 

くヮ う-はく (名) 一廣 漠ー 廣莫ー ヒロ ビ ロト 

シ テ、 ill ナキ n ト 莊孑、 逍 3^ 遊 「ぽ莫 之 野」 

f?: 輕、 禹 SST 注 「KSS 而 斥虚」 「Kt^ タル 原野」 

n ゥ-ヒ 

ぐ" やじ _|1&ー く" うかう (皇 考) ノ 

條ヲ見 ョ。 

コゥ. ヒ ォ 

くヮ 一つ SD (名) 光 リノ、 被ヒ 及ブコ 

ト。 恩 澤ノ、 霜 ヒ及ブ コト。 5$3 經、 堯典 SI 

「光一 一 被 四 表 一格 争 上下 こ 

n ゥ-フ 

<v-?>^ (名) 一 鑛夫ー 鑛 山-一 テ、 鑛石ヲ 採 

掘ス, ル 人夫。 國朝典 m「f 知毅 脈-者 爲ー; 鑛夫こ 

く "う-ぶ (名) 蘭 一 〔說 文 「蕪け" 犷〕 

田圃 等ノ、 ァ レハ ツル コト。 孟子、 告子、 下 

^「入:; 其, 鉞; 土地 荒 蕪」 

く: つ-ふう-せい-. けつ (名) 一光 風 露 i 

胸中-瀟洒 トシ テ、 晴レ タル 風月 ノ、 爽ャ 

カナ ルガ 如キ n ト。 采史、 周 敦頭碟 「黄 1st 堅、 



くわ、 つ 1 0111 



くわう 



<">0, ふぐ (さ S i^^-l- 

乎,, 四 荒-」 il^ 「荒, f:^ 也」〕 4X 那, 九州 ノ 

外 ノ地ノ IT" (匈 服 ナド- 一 對ス) 荒爽ト 

1"ム フ モ、 E$J レナ リ。 嘗《、8««8「五 百 股」 

く" -0, ぶつ -名ー M 〔礦ハ 破-一 R ジ〕 

.r お .土. 沙, 化石, 饔, 水,^ スべ テ、 

Slle 體 /物 ノ總 名。 (動物, 航物, _ー 對ス) 

V" うぶつ-がく g 一 據物ノ 性 

STgls- 形狀. Si 構 スル stir 

n ゥ. フン 

<"-? ふん (名) s_ 焚 口-一 R ジ。 《 

ナ ドノ 雛ノ、 吻ノ 、サ? I ナル モノ。 人ノ、 若 

W 二 テ 、ぉポ -1 未 ナ ル ヲ シ テ、 サ 吻 

兒-焚 口 GT ナドー K フ。 (くちわき ノ條ヲ 

倂セ n ルョ) WS、SSS「K 吻之 き 仿、 

; 之お 而麵」 世 K 「資^ 年少、 勿レ 一 Fn 

n ゥ フン- ジ 11 

く ヮ| つ ふん- V" 1 吻 0-1 前條ヲ a ョ。 

-ゥ. べッ ノ.. ノ P 

< "-? べつ =s E 姓 1^ ノ 5 自ノ區 

別 _ー V ム フ 和 i。 -IK 神 池 紙 ノ ;e ヲ紳 別トま 

ヒ ..tKAr な チ ョ リ-淤 レ タル. ヲ isCT ト云 

ヒ. ノ族 ヲ! W 別 ト:. ムフ。 姓 Ksra ,天 

SMffivJwa-: 之: t 別 5 天 あ 之 之 as 別 i 大 

!3ニ«之&«ー;之8§^6こ 

く" 10, ぼ § ー鍾 m 狱-ー E ジ。 

n ゥポ 

く" -0. ぼ (名》 H 一 大 イナ ル、 ハカ リゴ 

n ゥ ボウ 

<ヮ-0, ぼ-つ < 名- P 袤.! 〔宇 龍; 「來. £ 曰 

ぉノ. S 北!: k 袤し S 雅 「*sr 長 也」〕 土地 



ノ、 e: 方ノ g サ。 面^。 as、》s 家 ー- 

六 S-J 、! e 京賦 「0? 徑 sgisT 一一 SKS こ 

く" - つ-み ャぅ (名 一 S ヒ カリ。 光^。 

詩 £ 、周 現、 S 之 trsf 有 ►M-; 熙チ 光明 こ SB; 中 SS 

「_S;H ふ、 作 一: 光 m_a こ _K 花 物語、 十七、 ws!「lie ノ 

SWJa 、下 四方- 1 、光 WM シ B ケ u」 「光 胡赫8」 

< "うみ ャ -0- あんごん i 亡 

ノ TC^** ヲ 除クト S フ sse。 ffl チ. 「响 

アポ *.->■ ビ a >¥ マ ft ポ ケ ラ マ 一一ぐ ノ w マ 

£^^^^雜^利多|」ナリ。 不空 2* 

! r&tef お 終/お 1:^, 惡? 3 ハ 以 1, 此 土砂 T 1 

百 八 Bf 、尸 K 林 中、 Kr, 亡 S 死 上つ K 云、 卽招 一: 光明 

及-、&、き^§?^報こ iss«nrK«n«s 上人 「自 

ラノ 頭上 二 シテ、 光明 Rolr 幷、 五 字 K 班 尼、 左 布 字 

SS ぉケ o」 

n ゥ I- ヨウ-へ ン-ジ 3 ゥ 

V" うみ ャ う-へん- ぜぅ § 1^ 明. 遍 ii 一 

阿彌陀 W ノ身 ヨリ 放ッ光 m ハ, 遍ク十 

方 世界 ヲ照ラ シ; 稱名、 念佛 スル 衆生 ヲ 

パ 、光明/中-一 攝メ取 リテ、 一人 モ捨テ 

ズ 。 Bili«ss«, 九 「光明 S 照, 十 方 世界、 念 

く" う-み ャく § SB ツル。 岩石 ノ閒 

一一 、醉 解シタ ル 鑛物ガ 流 レ 入リテ 、凝結 

シ タ 々^®。 

力 -ゥ ン 

くヮ- うん 1 一 火 |;4 一 复/ 天ノ 雲。 *«- 

SS 「五 H: 山 、三 «*;K-ffiJ 

く" -? い S S 天 4 ノ 命令。 

く" -? めい,^ いだい § 一光 明 正大 一 心 

ノ 潔白 一一 シ テ 、S3 理ノ正 シキ n ト。! SB 

gllT お 秋大& «、8>首、 お s« 秋 wsrffi 人 .5 事、 光明 

正大」 (故 S 熱? J.K£@o 

く " -2 く-てん わう 1 名 一廣 n 天 王 一 あ 

てん わ、 つ (S 天 王) ノ條ヲ a ョ。 



— くお 

くヮ- つ-もん |名> s_ 〔支那-一 テ 、門下 

省ノ 次官 ヲ、 究門侍 郞ト云 フ-货 門ノ內 

-ー給 事ス〕 (一) 中納言 ノ脾 名。 抄、 

上-太 「中 gs 、唐 名、 sss:」 (二〕 特 -1 、水戶 

權中納 言 德川光 ノ稱 トス。 

一, 野 一廣 野 一 廣キ 野原。 詩 

K 、小雅 、都 人士 之 什、 何 草 不黃簡 「匪, S 匪 k、 ¥ー 

ぬ g 野 こ 史|3、 天官害 「お 旁 _«氣象=«8-; K 野 a 

成 iH こ 

く" う < 名) PI 一 ッゲ。 ゅ雅 「*a» 、性 

ss.ffife.i 一 寸、 一 寸」 

n ? 3 ゥ-ト 

くつ- 0- やう- *} SI 一潔 港. 一 〔深つ 鬼 韻 

「水深 ssg, 港ハ 、正 韻 「無,, 涯 際-也 匕 

水ノ、 深ク、 廣 K トシ タル 狀ヲ 云フ 語。 

39 者 之 Is 、則! WW 而 お に涯」 lags 、廿 八、 

很氏追 W 使 t* 「水、 南山 ノ影ヲ S シテ、 青 クシ テ、 展 

« たり」 

く" I つ-らい 1 ^0 光榮 アル 來 訪。 

客ノ 入來ノ 敬語。 ォ イデ。 ゴジュ ライ。 

光 臨。 * 駕。 光儀。 

く" -CV ら- つ-の-がく (名) ー贺老 之^ 1 〔老 

子ノ虛 I; ノ道 ハ 、§ 一一 木ヅ クト 5 ヒ. 

道 «>艾 、老子 ヲ * トス〕 老手 ノ道。 道 

家ノ 學." alts 、申 14s^「ffif!41*; 老; 而 主- • 刑名 こ 

18 害、 s_sss 越! w「*KlL=w-*sl:isgssr 

く" う-らく I n 落 一 秋ノ 季ュナ リテ、 

草木 ノ葉ノ -资バ ミテ落 ツル コト。 SS 

記、 R 合 Rr* 秋 之 HJ 、云云、 草木 ま 港」 

くヮ -o-y (名) M く,. う あ- 「(黄 驚) ノ 

條ヲ a ョ。 

く" う-りん I 8_ く,、 つらい (光 來) 



くわ、 つ …: くわう i 



二 同ジ SSS 、七 sj 「幸 a- 一光 臨 一」 gs 、劉 a 之傳 

「使 君旣枉 . at 光 臨」 IKiis 往來、 五 H 「客人 光 臨、 結碟 

奔走、 奉。 察 候」 

く" うりん-は 1 一 si 一 京都 ノ、 緒 方 

光琳 ノ始 メタル 甕 風。 (《. 保 元 年 殁> 五 

土 ー载) 障子 - 一映 ル物 ノ影ヲ 見テ、 書 出 

セリト 云フ、 (近代 事談) 花木 ヲ螯ク 

-ニ 1 化シタ ルガ. 多シ 、濃:^ ナル彩 

色ヲ用 染物 ノ纖 一一 モ施 セリ、 光琳 

風ナド 云フ。 又" 器 二、 菊花 ナド カク 

-l、5i 粉ヲ盛 リテ、 浮彫./ 如ク シテ. 色 

取レ ルァリ 、此方 法ヲ、 蒔捨 一一 モ 應用シ 

タリ." ffiMsgffis* 保、 其 13 一二 「常 ノ 仕出 シ 一一 

__51ハリ、光:»82樣ニ*1-ヲ&ズ」 

n ゥ-リ 3 ゥ 

くヮ- つ-り ャぅ (き 一廣 量 〔狭量-一 對ス〕 

度量 ノ、 廣キ コト。 ォ ホヤ クナル n ト。 

n ? り m ク 

<">0. り.. 一つ (g lil (一) 野原 ノ、 荒 

レテ、 # ジキ n ト。 蘇 拭 詩 「荒涼 ® 跑秋、 寂 S 

幽 花晚」 S 野 群 S 二 「藥圃 荒涼 牛自 耕」 (二) 【{4| 

漠 トシ テ、 取 リ トメ ナキコ ト。 漠然 本 

胡 文^ 、七、 大江 医衡、 ^試 詩^ 「以 -1 荒涼 之 空 語 一 您-ー 

先 a! 之 g- 文 こ 天1.ほ欧合、右「年毎ニ、來ヅ3>^«ガ見 

ル 、slf 花、 S モ今 ハ 、立 チ茛 1^ シソ」 右 耽ハ、 何 SI! 二 凇 

ッ" 見 ルゾ、 頗,^ 荒涼 ナリ J (三) 心ノ、 スサ マ 

ジキ n ト。 大氣。 S 盛衰^、 十九、 文資入 

定 京人^ 「御?^ ハ、 以ノ外 二 、心^ キ人 カナ、 云云、 其 

荒涼 二 テハ、 一定、 天下 ノ主 トナ リタ マヒ ナム」 (文 

©I ガ、 親 © 一一 云 フ詞) (四) 言 フ コ トノ、 凄ジ 

キコト 。口-一任 セ テ言フ n ト。 (荒 言、 廣 

言 ノ 意し fflii 平家物語、 九 、宇治川 事 「来ダ 生 

キ タリ ト閱 召シ候 ハバ、 定メテ 、先 陆ヲパ 、高 11 ゾシ 

ラム モノ ヲト& 召サレ 候へ トテ、 御前 ヲ 立? -、 

參咨シ タ ル 大名、 小名、 ァ ハ レく" うりやう ノ 申シ ャ 

ゥ カナ トゾ、 ササ ャキ合 ハレ ケル」 (佐 佐 木 高 m ガ、 

宇治川 ノ 先陣 ヲ接 期シテ 云へ. ^51) 無名 抄、 上 「諸 

人、 口 ヲトヂ テ止ミ ニケリ、 荒涼 二、 物ヲパ S ズ マジ 




くヮ う-り ャ う-い ッ をゐ- の- g め (き II 菊 

TSil かんたん ゆめの まくら ヲ la ョ。 

くヮ ろ,;;: > ョ-っ (き B ミサ サギ。 

<ヮ う-れい-, てん 一名 一 ー盡殿 一 吏 京. 皇 

居ノ. 2. 所ノ西 二 Si テ ラレ タル 神殿。 

神武 天阜: 以來、 御 歴代、 及、 皇后、 親 ノ 

御 簽ヲ祀 ラル- 明治天皇 ノ思 召-一成 レ 

リト 云フ。 毎年- 卷 分-秋分、. SH 一一-雨 

度 一一 奉祭ァ ル ヲ 、春季 祟 靈祭、 秋季 白 

祭-上 K フ。 

く" う-れい はう (名) 一 皇禮砲 一 れい はう 

(SS 砲) ノ條ヲ a ョ。 

n ゥ- □ 

くヮ う-ろ < 名) ー贫 ®l 八, 一一 シ。 ハジ。 

n ゥ ク 

く "う-ろく i 「ぉ祿 I 〔支那、 ノ官 

名- 獎宴、 膳羞 ノ事ヲ 掌ル〕 大膳 職/唐 

so 抄、 上 「大 SKer 唐 名、 光綠」 

く "うろく-たいふ (名) 一光 祿大夫 一 從ニ 

位ノ唐 名。 £S 芥抄、 中 、本-官名、 康名 「從 二位、 光 

? g 大夫」 

3 ゥ Q セン 

くヮ うろ-せん (t,^) 一黄 爐染ー 天皇 ノ御袍 

ノ 染色 ノ名、 苦; ST 蘇 方、 酢-灰、 等 一一 テ 

染ム、 -; las 一一 シテ- 赤 ミア リ。 焚 ® 染ノ 

御袍 ハ ,御^^式ノ時 一一 召サセ ラル 、中央、 

左右 -ー 桐 竹、 上部 ノ 中央 -ー 桐 葉、 左右 -1 

鳳凰-下部 左右 一一^ 麟 ヲ出シ タル 、幅 六 

寸、 翌八寸 ノ文ヲ 、處處 一一 蛾 出 サル。 名 

目 妙、 衣服 「*1« H 染」 、 

くヮ う- ゐ i _s_ 帝王 ノ 鍋^。 皇; r 

帝位 「皇位 承」 



くわう …: くわ、 ゥ 



n ゥ-ィ 

くヮ う- ゐ (名) ー皇 威一 ミィヅ 。帝王 ノ御 

盛衰, 記、 廿八、 經正竹 生島詣 事 r 怨敏ヲ ^前 

二 退テ、 皇威ヲ 海内 二 照 サシ/ 給へ」 「裏 威、 八紘 II 

周シ」 

コ ゥ -ェン 

く" 一 2^ ん (名) ー應ー 宏大 一一 シテ、 悠遠 

ナル コト。 罾 er 贾充 1^ 「雅量 宏遠」 敎育莉 語 

「國ヲ 《n ムル コト S 遠 一一」 

く" - えい i 、〔t 御所-一、 柳營ノ 

字 ヲ當テ タル ナリ〕 ^^御所-ー同ジ、 其 

條ヲ E^rnG 「花昏 三代 記」 

力-; n ゥ 

くヮ- えう (名) 一 火曜 1 まちえ 、二 七曜) ノ 

際 ヲ見ョ . 

力- ェン 

く", えん へ 名) 一 5 ^焰. 一 ホ ノホ。 ホノ ケ。 

SI 咼^ 一お 「如 一; 火焰發 一」 学53 拾 遠、 三、 第 六., 條 「ナン 

デフ、 物 ノック ぺキゾ 、年 比、 不動 S ノ火 焰ヲ、 惡シ 

ク や;: キケ ルナり」 

力- H ン 

く", えん (名) ,1 ヒケ ムリ。 

ガ -H ン 

ぐヮ- えん I 一^ a (一) 江戸時代 ノ消 

防 夫 江戶 職人 ti^^ 合、^ 烟 「フ リ週 ハス、^ ノ 

«2 、カゲ 見 H テ、 火ノ H- マジ リニ、 月 ゾ散リ カフ」 

(二〕 江戸 城 見附 ノ! §3 固 - ー屬ス ル奴。 

(三) 品性 不良 ノ 、無頼漢。 

力 ェン ダマ 

く" えん-だま (§ k 焰玉ー 玉ノ、 火焰 一一 

包 マ レ タル 象ヲ ナセル 細工 物。 ; tm ハノ 

頂ナ ドノ 飾 一一 ッ クル、 唐 鞍ノ雪 珠ノ如 

シ。 火珠。 

力す ク 

く" -ぉく i 花ヲ入 レオ ク家。 

g 宇 記 「gi? 元蒂 竹林 堂、 多種 11 窓 凝 一有 II 十 閱花屋 こ 

力-オタ 

く" -ぉく i 一 Isi 華麗 ナル 家。 世說 

言語、 上 11 「伯 成稱 耕、 不" i3rM., 諸侯 之榮ー 原憲 桑^、 

不, 易 一一 有宫之 宅; 何 有 11 坐 則 華 ST 行 則 肥馬、 侍女 數 

十一 然 奇 」• 



くわお 



力 オン 

くヮ- おん 一名) 一華 音 I 〔漢 學スル 者ハ、 支 

ヲ、 中攀ト 稱シォ テ.. 尊 ビタリ〕 支那 ノ 

字音 、普通 二 、麼音 ト云フ モ / 、多 ク ハ 、 

漢學 儒者 ノ稱シ タル 語 ナリ。 漢音 ノ條 

ヲ見ョ 粗徠 集、 十九、 譯文 签蹄髮 ilH. 則 「華 音 訛 

韓爲 一一 國音こ 

く", か i _B 〔夏ハ 、大, 義〕 中華、 

中國、 一一 同ジ。 篥顔 「中國 日 li 華 夏 こ 三國 志、 蜀 

士 心、 S1 羽 1^ 「威 £ 一一 一」 

力 -カ 

くヮ, か (名 J 一 禾稼ー 穀物。 タ ナツ モノ。 

禮記、 月令篇 「行 二 秋 令; 則 丘 m 水撩、 禾稼 14, 熱」 

ガ -カ 

ぐ" -か i) in 家 1 ェシ。 ェカ キ。 W 北 

雜志 「累 、以 -1 王子 元、 郭. ぉ恕 31 一 第 一 こ 

力. ガイ 

くヮ- がい (名) ini キヌ ガサ。 ハ ナガ 

サ 古今 注 「黄 ー帝與 -1 蚩尤 1 戰、 笞 有- 1 五色 金 技 

玉 窓 一止-於 蒂上ハ 有 1ー^«爨 之 象 ハ故作 I; 華 蓋 こ 

力 ガイ 

く" - がい § -I 花& ハ ナノ チマ タ。 花 

柳ノ チマ タ。 遊里。 次次 條ヲ 見ョ。 

が-カイ 

ぐヮ, か (名) iRll 〔史記抄 (文明〕 十四 

J 「擔 端ソ瓦 二、 釘、 一 ヅ打 置ク、 ソレガ 

落 ッレパ 、皆 、一度 一一 落 ッ」〕 (一) 一 端、 

崩レ初 メテ、 全體、 崩 ルル コト。 ソクク 

ゾレ。 港 南 子、 泰族訓 「紂師 、云云 、士 度有餘 萬、 然 

皆飼^ 而射、 te-fel 武 王 左 f 黃鉞; 右 執 11 白 

旌ー 之、 則 瓦解 而走」 史記、 奏始皇 「泰之 tie 

衰、 天下 土 崩 瓦解」 (二) 德川 幕府 ノ覆 滅ヲ 

スル語 「瓦解 ノ tr 云云、 ノ 事ァリ J 

く" がい-り 一 cvgi う 、名) 一花 街 柳 巷 I ハナ 

ノ マチ、 ャ ナギノ チマ タ。 イロ ザト 。遊 

里 略シ テ、 花柳 呂 、! 歌 「花街. S 巷覚 一一 

E 人; s« 人 只 在 花街お」 

力- n ゥ - 

くヮ- か-つ t 名) 一花 梗 1 草 术ノ花 ノ着ク 柄。 



くわ か 



力 - n ゥ 

くヮ- かう (名) -i_ ス二 種種 ノ物ヲ 調 

和 シテ作 レル奠 害 翻、 sag 、下 「若 作 一一 和 

®?g 惟 gg」 (二〕 宰相 ノ、 天下 ヲ寝 理ス 

ルコト 0^00 張說詩 「位 P1 和 ま重 ハ恩叨 一一 醉 

酒 PiS こ {胆 甚ノ 作) 

力 - n ウセ キ 

く", かう-せき (名) 一 ffl^ 一 ミカ ゲイ シ。 

力-カク ク 

ぐヮ- かく (名) 商家 ナドー ーテ、 得意 

ノ 客。 ト クイ サキ。 カヒ ッケノ 人。 

力-カク 

く,, かく i 一過 客 一 過訪ノ 客。 來 客。 

李 白、 舂夜 SI 一 g 李 園 一 序 「天地 者、 S 物 之 逆旅、 光陰 

者, ^百! e 之 過客」 

お ク 

く", かく § ぎ a! 一 〔英語- Science. ノ 

譯語〕 日常、 箇窗ノ 知識 ヨリ 歸 剤」.;' テ- 

n レヲ 部分 二 組織 シテ、 1 科ト 立テタ 

ル 間。 (哲 學ノ、 對象 全般 ナル 二 對ス) 

卽チ、 倫理、 心理、 論理, 法律, 動物 • 植物, 

物理-化 學、 ナ ドノ 學、 是 レナ リ。 

力- ガク _ , 

くヮ, がく (名) 一 化學ー 自然 科 學 ノー 分科- 

之 レヲ、 無機、 有機 二分 ッ。 C むきく" が 

く ノ條ヲ 見ョ) 

く".. かつ § 8_ 〔瓜 蔓ハ、 枝葉-一 相 

纏ヒ、 相 連ル〕 血筋 ノ緣。 親類。 親戚。 

蔡邕. kK 「凡 與= slw 先 lis; 有- 風? 者、 SSJ 1. 

王 ss 「王 1M0 一子 悅; 00k. ss、 fin 

くヮ- か-ば 1 ー果 SI 〔朝鮮 ノ濟州 島 一一 

テ、 かかば ト フ、 英國ニ テ云フ I,*§y. 

ノ類〕 ィパ フ ミ ミノ ノ。 又、 小馬。 馬 

ノ、 體格ノ 、小 サキ モノ、 丈、 一一 一尺 t5 至 二 

尺 五寸、 土 佐 駒 トモ 1 ぶフ、 我 ガ國, 土產 

ノ 馬-一 テ、 神代 一一 天 斑駒ト 云へ ルナ ド、 

是 レナ リ 、應神 天. * ノ時, 百濟國 ョク大 

馬ヲ渡 リシ ヨリ、 專ラ 飼育 セラ レズ ナ 



くわ か i 





くわ か 



リ IT 然レド H- 今モ. 此 ノ モノ, 土 佐. 

SMaE., な i£f, 對據ニ ナド 一一 生存 スト 

云フ。 (お • 丼 - 一、 小 K ノ條 ヲ肿セ a ョ) 

■w 下 S- 之 S-J 下 af« 、上、 sss;「w 下、 小! e 之 

«~名也-**鬼、&三尺、*_^之3:-«1「果子之低ほ之下ー 

也, an-* 下; 《人《 公 句::.! 、呼" B 疆 =a* 下 H-J 

く", かふ 3 S i ヲ 見ョ。 

くヮ かふ-ま (名) 一 〔離 介 迷 字ノ合 

迷 字 ト!: S ル -ffiK 字ヲ拆 ケパ. 十, 六ッ. 

一,; J トツ ァリ テ. 六十 1 ナ "(s: 十八 歳 

ヲ 、 S ポ字年 ト iK フ. カ如シ ) 甲 子ハ、 干支 

チリ-生 レテ 六十 問シ テ. 又. 1 年. 生年 

ノ本 命 二 メグ リカ へ ルト S フナリ (说 

華甲 子 トモ 云フ) 印チ、 本卦 a ナリ (梅 

翻 =記, 三)〕 人, 生 レテ、 六十 一 歲トナ 

レル コト。 x、ra 華甲 子 。略シ テ, 、華甲。 

父-華甲 11^ 逢 トモ 云 フ。 霣。 本卦 3。 

其條 Jru ョ。 SEKSaia 大、 K 午 新 ルー 一、;K- 

ejirw 花 B- 子; 謝 ^ 人 BSSi; 玉! 《 西,. I ト、 丙 牛ハ、 石 

a (! s« 大) 木 ノ « ナリ、 花ノ 字、 S ニ作ル ぺ シ、 S 

ノ字、 tMsai, 、十 1 ; 故-一 、木 &ノ 年ヲ、 98.* ト云 

7」 S お Pi 、廿 0,g=la.slB 何;! SSSK 六十 一 ai 、行 

く "かふ- ぢュ うほう 一 _3 一 輩 謹 前 

條ヲ a ョ。 

<"- かん (名) S 他ノ 手紙 ノ敬 稱。 

K; 泉 蘭-ま 息; asi 寅 こ 

< ヮ- かん s_ 〔* 斷, 敢行/ 義〕 鋭 

ク -强キ コ ト。 石、 ssiaxas- さ 

之!! ITS 正 之 _s,KV.>wl§_4>aJ 

力 ガン 

力ん i lil 花/如 ク- 美シキ 



くわき 



牛角 上爭ー 〔莊 子" 則? f 篇 「有 T 國.. 于,, 蝸 

之 左 角, 者;, 曰,, 觸氏; 有,, 國^ 于,, 鍋 之 右 

角, 者 IJTL 蠻氏; 時相 與 而戰 地」〕 極 

メテ 見識 狭ク、 極メテ 小サキ 爭ヒ。 ハ 

カナ キク ザ。 蠻 額の 爭。 白 氏 文《 、廿 六、 SS 

酒 「描 牛角 上<¥ 何 光 中 S 一一 此身こ 太平 _?/ 

廿. vigis 山 KlssrsBW ノ a 一 Is リケム 、火 打ガ 

« ヲ a 上グ レバ、 B 牛の 角の 上 三千 界、 石火 ガ光ノ 

中 一刹那、 S レ、 アダナ ル Si 世 カナ. HS 本) 

力 ギ ユウ- B 1 

く" ぎつ-ろ (名) 一 く, ろ (蝸廬 ) 

一一 同ジ。 

力 キ ユウ 

くヮ- きも . (名) ll^ti 火 ノック ャ ウー 一- 

急ナル コト。 甚ダシ ク、 急グ n ト。 大至 

<tao 北 61、s 武 K* ほ 「帝特 愛 =ss 時 之 S;K 求 火 

急、 slslissa タ 38 こ 任 華 詩 「^急 »>s 憑- iiSS 使 こ 

ag 記、 十 1 、一大 地 as*「n 〈如何 仕ル ぺキ、 以ノ外 

一一 火急 二 侍ル」 

くヮ -きョ (>3 S 〔科目-一 應ジ テ^ 擧 

セラ ルル 義〕 支那 ニテ- 民間 ヨリ- 才學 

アル 者ヲ、 吏員 二 採用 スルー 一行 フ試驗 

ノ稱, 文官 登 腐 試驗ノ 如シ。 試驗ノ 方法 

ハ, 書 ノ義ヲ 問ヒ, 科 題ヲ出 シテ、 答 文 

ヲ作ラ シ ム ルナ ド 、種種 ナリ 。最下/程 

度 ノ試驗 一一 應ズル 者ヲ 秀才 ト云フ 、(判 

任官 程 g 其 上 ナルヲ 擧人、 (奏 任官) 最 

上ナ ル ョ. 進士 ト云フ 。(勅任, 親任) 試驗 

一一 當レ ルヲ、 及第, 夂、 登第 ト. 5 ヒ, 當ラ 

ザ ルヲ、 落第 .s<、 下第ト まフ。 進士ノ 

第一 ナルヲ 狀元ト 云 ヒ、 第二 ナル ヲ榜 

元-第一 一一 ナルヲ 探花ト ま フ。 《水 史、 sa£、 

K 元 中、 israsss お、 B 先 胡 所" 定、! * 一 I 切 如 C 故」 

力 キ 3 

V ヮ -きョ OS 一 sglB 一 〔わき, ナル ベジ-集 

額 「葛-烏 禾 切-音 倭」〕 チサ。 チサ ナ。 



— くわき …: くわく i 

* キヨ 

く".. さョ (名) 一 寡居 一 ャモ メグ ラシ。. as 

「平?. IK ム主 S 居」 太平 K 、十 <、 一 宮御息 所 * 一, g テ 

S 閱-ー &パ、 KISS 居ノ S 、夢ヲ 吹」 

力 ク 

<ヮ く (名) 一 ffii 一 クル ヮ- 孟チ、<ム孫.^-、下 

BI. 一一 Is 之 Ms 、七 里 之郭、 tS 而攻 > 之 而不, 勝」 詩 

< "く (名) 國 ォホ ドコ。 棺ノ 上箱。 

;! isr 先進 篇「顔路_6 一子 之 車 一 as- 一之 惇 こ ハ、 SS 

二通 ズ) 

く" く <名1 S 字 ヲ書ク -r 一筆 ノア タ 

リ 。卽 チ、 一 ハ 一 畫 チリ-人 ハ ニ畫 T リ- 

大ハ 三畫ナ ルガ 如シ。 

力 ク 

<"< i 鶴-確 ハ、 直音、 かく ナリ。 唐 

S 「鶴、 下 各 切」 集 鼓「319 各 切」 SB 「確、 苦 角 切」 集 親 

「克角 切 J 

ぐ ヮ-ぐ § HI ネダ クグ。 寢 

MO 皮 日 休 詩 「行 S さビ 白石ハ 臥具拂 1 一青 二 lasK 

記、 十九、 S 性 f 八戮 i 「臥 具 二 廷枕ニ 八、 B 藥ニ 

樣樣 ノ藥八 赛 ァリ」 

くヮ く-いつ (名) I1T 一 〔1 ノ字ヲ 書キタ 

ルガ 如シ〕 線ヲ 引キタ ルガ 如ク、 正シ 

ク フ n ト 、曹招 國世家 r 蔥何 法、 

二」 sla「iw 、直 也」) 

くヮ く-かう i S 舶來 藥品ノ 名、 植 

物ノ蕖 ナリ、 葉、 大キ ク シ テ厚ク 、毛茸 ァ 

リ、 五ッノ 刻缺ァ リテ、 邊 一一 鋸齒ァ リ、 

兩 對シテ 生ズ, 香氣 ァリ。 香料、 藥用ト 

ス 雜要抄 、四、 香 類 「** 香、 出- 1 波 津國こ 和漢 

三ォ H も、 九 土 一一、 芳 MTSr 多自 -1 廣 東- 夾」 

< "く *? の-かま (名) 二十 四 

孝/ 1 人- Enl ト云フ 者ガ、 孝感 -1 因リ 

テ、 土中 ョ リ掘リ 出 シ タ リ ト云フ 、金ノ 

签。 常 一一、 繪師ガ II ス ルハ、 此ノ 如クナ 



白 居 易、 長 恨 tgrlss 花 tSl 金 歩徭」 {提 貴妃) 

(名1 ^£ 睦ジク 打 チトケ 、和 

ラグ15^色。 和氣。 鼸 、祭 s« 「有 一一 S き 者、 

お 有 1 一 tt 色 こ 漢雷、 劉 向 使 「和氣 致 >11K;」 運 歩 色 实 

「知? 「sfiB」 

力 キ 

くヮ, き (名) I 翻 I ヒノケ 。火ノ ィキホ 

ヒ。 蒙 S 詩 「接 ,牢: 火氣 浮」 

< "-さ S B 大砲-小銃 ナド、 火藥 

ヲ用 キル 道具。 ト ビダ タグ。 

V ヮ-き § S ハナ ィケ。 花瓶。 

V"- さ i S 〔說文 「舟, 草 之 名」〕 

グ サバナ 南史、$:-勉3「聚*石移,果、雜以-^« 

^こ 

力 キ 

く ヮ-き 1 一花 期 一 ハナ ドキ。 ハナ ザ 力 

リ o 花, Kf!o Eg 詩 「且銜 11 杯 酒 1 問 一一 花期 こ 

力 -キ ザ、 ォコ 

< ヮ-き 1 lj® 機 一 禍害 ノ、 發 ラム トス ル 

SMO 北史、 担. !傅 「恭 i« 禳之 與 、倣 侈 « 之展」 李 

E 、^府 「艾 is<sss 花 誰 魁 刻、 中 ほ-一 sa 接 1 不 k 玎" 測」 

力 -ギ -, 

くヮ, ぎ 1 s_ 銃砲 ヲ アツ カフ 技。 

ぐ ヮ-さ (名) B_ (一) 土 燒ノ燒 物。 (二) 

力 ハ ラケ。 

力 ギ ユウ 

くヮ- ぎう 1 IS; ケー 牛ノ尾 一一 炬火 ヲ點 

ジテ、 敵ヲ 咸セ シ n ト。 史 P 。、田 s^ssr 燕 as* 

« 一一郎 《KS 收 11 城 中 一得 一; 千 餘牛ハ 束 兵刃お 其 角; 而 

ffl*!IS 束- i 於 ほ; さ 1 其 ほ s&s¥i 八; 夜 は车、 壯 

士五千 人、 sli 其 後 MESi 枚 之、 *«Hi*.K ほ、 敗走」 

力 *ギ ユウ ー f 

<ヮ ,きう (名) 「崎 牛 j カタ ツム リ。 マヒ 

マ ヒップ リ。 デ デム シ。 古今 江 I 蝸牛、 陵 K 

也、 J^s: ま. s*ssr 小 eh」 

力 ギ ユウ-力 ク ■ シ ヨウ -ノ -ァ ラゾィ 

<ヮ きう-かく-ま ャ う-の-あ &V ひ (名) ー1 



レド、 誤解 一一 テ、 签ハ、 量ノ名 十リ。 孝子 

^^後漢、^;_ぉ0^^貧赘1;老母ハ 00 1 子 ニニ 鼓、 母 常 

與, 之、 lls,t!s、 sfs,f 供給; 共 &埋, 

子、云云、^^!掘レ坑ニ尺餘、忽見ー;黃金 一 签; 签上 云、 天 

賜 一:? slllll こ 論語、 踊 也 as 「孑 m 使" 于 、冉子 

ほ 一; 其 母 一 粟、 子 曰、 與 一一 之 こ银註 「签、 六 斗 四 

升 I 

カツ- n ゥ 

くヮ V,- こう (名) 1_ かプ あ、 つどり ノ漢 

名。 時鳥 二 似テ、 稍 大ナル 鳥-一 シテ、 語 

モ 相似 タ レ パ 、!& < ムノ字 ハ 、常 二 ほ vjyj 

ぎす-一 用 ヰ ラル 王 isg 詩 「春 山 處 郭公 啼」 

注 「8 文? s^:?^ 公、 鳥 名、 卽、 布 鼓 也」 

長 ^「s 公 cr 鳴 ク&月 I 一 ハ」 学鏡ーー^.「郭<ム鳥、保 

止 止 支 Is」 sja 名抄、 十八 i 羽 族 類 「郭公、 保 度. 據木須 J 

く" ぐ-さ < § ー觀ー ハ カリ ゴトヲ 立 

ツル コト。 史記、 留 侯 世 家 「常爲 I 一 靈 策臣ハ 時時 

從-ー 漢王こ (级 良) 

く" く-ま ャく (名) 屬ー §3 ノ 書藥 

切」〕 年老 ィテ、 勇健 シキ n ト。 後? g-、 

馬 年 六十 二、 云云、 极顧哈 、以 示, P 用、 蒂 

S 、逝, 瀵哉是 S 也」 註 nsp 貌」 字典 「^趣 貌」 

カク, ス 

く" -く*す. スル. スレ- セ-シ -セョ (他動、 左 § I ま 

劃一 ヮ カツ。 區割ス 。區 分ス。 ヌル。 左 

巧 S 公 四 年 「違 f 九州 こ 詩 「有 k 類 一 1 天 こ 

「^する ュ、 一 線ヲ テス」 

力 ク -セィ 

く" <- せ; > (名) _ I 靡淸ー 〔集 韻 「癱, 開 也」〕 

害 物ヲ、 拂 ヒ淸ム ル コト。 後 msr 陳藩 

「^; fie 天下 こ 「弊政 ヲ^ 淸ス」 

く" く-せんん § 圖 iU 意 一一 云フ 

語 キグ パリ ト。 ハ-' キリ ト。 莊 孑、1«-«{楚 

tl「t-s 之 か- 然、 知者 去, 之」 「m 然と 二分 ス」 

力 クゼ ント 

く" く-ぜん-と § ー廊然 :| オシ 弘 メタル 

狀- ー云フ 語。 大 イナ ルサ マ- - 澳苗、 東方 S 

m 「今 世 之 sa 士、^ si^ 然 > 徒、 驟然 SEe 

くわく :… <to< 



くヮ く-だい M S 〔揚 子方 言 「張ゾ 小 

使 vK 、謂-, 之薛 こ〕 ヒロ ゲテ、 大 キク ス 

ル コ ト 。(縮小 二 對ス) 柳 宗元文 「m 舍峻 IT 

階 序 驟大」 「C5S^ 一一^ 大シテ 取 ルー 

力 ク- タク ダ 

くヮ く-たく だ § ぎ橐驗 一 橐駝 師ノ條 

ヲ 見ョ。 拘宗元 「種 樹^ 资驟 M」 

力 クチ ヨウ 

くヮ く-ち ャ-っ § S オシ ヒ コム ル 

n ト0 「^菜 ヲ 照張ス J 

カク-トク 

くヮ く-; U く 一名) 一 Is 得 一 獲リ、 得ル コト。 

手 一一 人 ルル コト 「E 利 ラー^ 得ス」 

力 クニーチ 1 1 , , 

くヮ く-にち § ー畫日 I ちョ くく ヮく (勅 

is ノ^ ヲ HIS ョ 

くヮ く-びき i . S 漢字 書 二 、漢字 

ヲ、 畫 ノ數ノ 多少 一一 因 《^テ 次第 シ テ、 引 

キ索ム ルャゥ 一一 作レル モノ。 

力 - クン 

くヮ- くん i I 寡 君 一 〔寡 德の君 ノ義〕 譜 

侯 ノ臣ノ 、己 ガ君ヲ 、他 二 對シテ 讓稱ス 

ル語。 (漢文 Z 上 二 ) ss 記、 访 記篇 「民 作" 讓、 

故 稲 一又 之 君 一 oh 君、 自 5 其 君 一 ass! こ 儀譖、 燕 

霜 ETKUW 有 一一 不 臉 之 酒 こ 

力 ク 二 S ン 

く" く-らん 一名) &i 一 〔霍ハ 直音、 かく、 

揮霍, 潦亂 ノ義、 身ョ悶 H 、 手足 ヲ振リ 

マ 、ノ ス態ヲ 云 フ ナリト 云フ〕 烈シ ク吐 

潟ス ル病、 多ク、 夏日 ノ飮食 - 一起 ルー 一 云 

フ。 急性 腸 加 答兒。 fss 「南 越 多-一種 之 病- 

- 50 ^心 方、 十 一 「病 源 論 云、 K-sg 者、 由 一一 人溫涼 不調; 

云云」 字類抄 「es3s 、ク 7 クラン」 

力 クリン 

く" く. e ん (S s_ 〔孔子 ノ著書 ナル、 

赛秋ノ 終 一一 「哀公 十 四 年 春 、西 狩獲レ 11」 

左溥 ¥注「絕_-8 於 •, 獲麟之 一句 こ〕 終 

リ。 果。 臨終。 最後。 塵 袋、 十一 「春秋 ハ、 孔 



子 ノ記シ タマ ヘル e?: ナリ、 此^ ヲ^1 タルマ デノ ヲ 

記 シテ、 程ナ ク失セ タマ ヒー 一 ケリ、 孔子、 御 4H? 十 一 、 

云云、 コレ ヨリ、 最 B 一一 臨ム ヲバ、 ffls ト云フ ナリ」 

下 续、 下、 SEg 門 「呼- 1 1 切: 染終ー 云 is 亦、 呼-一人 

之 臨終 1 云 一一 ぬ^こ 玉 海、 承 安二 年 五月 五日 「雷 齋宮 

煩 病 及 一 IsatK こ 明月 記、 建 仁 二 年 九月 廿 六日 「健 御 

前、 被, 渡-一 西 御 方; 已以 Jgl^ 給」 

ぐヮ ,\/ ヮ (名) ^0 く" ぢャ、 「(火 定: M 

同ジ。 容齋隠 筆 「自- 一 釋氏火 化之說 g 於" 是死而 

焚, 尸 者、 所在 皆然」 

くヮ- く" い i _H (一) 百花 之 魁-一 

同ジ。 梅ノ 異名。 ハナ ノア-一。 古詩 「不- 一 

是花赵 ハ誰是 花魁」 (二) オイ ラン。 

くヮ-ぐ "い (名) S 〔王政 敎化 ノ外ノ 

義〕 治下 ノ外。 鎮土ノ 外。 i 术史 、太祖 S 

「蔡 一一 銅錢; 出 一一 化 外 こ- 戶令、 義解 「化 外 奴姊、 自來 

投, ^w、 悉放爲 ^ 良」 註 「謂 一 I 敎化之 所., 不" 被、 是爲 I 一 

^外 I 也」 

く ヮ AT ん-ぷ 1 IMS 〔火浣 トハ、 

火 -1 テ 燒ケパ 、培 ヲ除ク コ ト、 浣ふガ 如 

シ ト云 フ 意ナ ル 力 、 韻 「浣- 0.S - 

也」〕 (一 ) 支那 一一 テ、 ^ 鼠 Z 毛 二 テ織ク 

タ ル布 、火-一 燒ケズ ト云フ 、想像 一一 テ、 

石綿 布ノ 事ナル べシ。 水蹈、 注 「東方 朔神異 

ST 南方 有- i 火山 I 焉、 云云、 火中 有, 鼠、 重 百 斤、 長 

二 尺餘、 細 如" 絲、 色白、 云云、 取 |ー 其 毛 一 以爲, 布、 諝 II 之 

火 浣布こ 周 「火浣 布 必投 11 諸 火 ハ布則 火色、 IK 

則 灰色、 出, 火 振, 之、 ijl 然疑, 於, 雪焉」 (一一) 石 

二 テ製シ タル 物ヲ モ 1K フ、 其條ヲ 昆ョ。 

く, わけ (名) ml 區別。 分。 

カケィ 

く ヮ-! D い §) 一花 兄 I はなの あに ノ條ヲ 

毘ョ。 

力- ケィ 

く" - けい § 刑" I ヒ アブリ。 

力- ゲキ 、ゲ 

くヮ: げき き 1*1 激 1 度. 11 過 ギテ、 激シキ 



くわけ 



づ ト 「過激 ノ 

くヮ- けつ (名) _s 決 斷ノ、 ^キ コト。 

歐陽修 詩 「„^:s 與ー I 菜 決 こ 

力- ゲッ 力 チヨ 

く"」 けつ (名) I 花 H: 一 く, てう ふうげつ 

(花鳥風月) ノ條ヲ 見ョ。 

力 - ケッ- トウ 

く", けつ-たう (名) 一 火 血, S 〔火 途、 血途、 

刀 途ノ略 (三途 ノ川ト 1K フ 、是 レナ リ) 

火 尸 地獄 道、 血 ハ 畜生道-刀 尸 餓鬼道 ナ 

"0 三惡 道-一同 ジ、 六道 ノ條ヲ 見ョ。 

平家 物, ま S 、十、 戒 門 1^、 法然 上人 「カク シテ空 シク終 

ハリ候 ヒナ バ、 火 血 刀 ノ苦果 、敢 へテ疑 ヒナ シ」 

力 -ギ ヨウ 

く" -げ A^s i 一 課業 一 業ヲ、 課スル コト。 

フリア テタ ル業 i 木史、 李跑^ 「兄 街敎 -1 之 esK 

接-其 課業-」 

力 -ケ ン 

く" - けん (名) ー霸| 〔左 傳、 閔公ニ 年 「鶴 

有-, 乘ビ軒 者,」 註 「軒-犬 夫 車」〕 華麗 ナ 

ル 車 太平 記、 五、 大塔宮 熊 野 落 1^ 「此君 元 ヨリ、 

摟 ES; 闘ノ內 一一 長 ナ ラセ 給 ヒテ、 華 軒 香車 ノ外ヲ 

出サ セ給ハ ヌ」 

力 ゲ ン 

く ヮ-. げん (名) III 言" I オヨ ゾレ ゴト。 タ 

パ n ト。 妖 |iT 詩^、 小 誰、 祈 父 之 什、 正月 篇 

「民 之 訛 言、 寧 葛 II 之懲こ 字類抄 「訛 言、 ク" ゲン」 

力 ゲ ン 

く",; e ん (名) 一 寡言 I n ト パズク ナナ 

ル n ト。 多ク 物言 ハヌ コト。 羼記、 內則篇 

「必 求-一 其 裕 t お! 溫良 恭敬、 m 而 1 一一 暑 子 

師こ 文 德赏錄 、五、 仁 isa 三年 十二月 丁 丑 「山 田 宿 画 

古 飼、 云云、 爲 i 人^ 謹、 而 一言 辭こ 

力 ゲ ン » 

く" -:s ん § 一過 言 一 く" ごん (過言) -1 同 

ジ 1, 袞 公問篇 「孔子 曰、 君子 過 i 言、 則 民 作 

i 群」 說苑、 說菜篇 「默無 一一 過言 こ 

\r- けん (名) I 禍源 一 禍害 ノ 、因リ テ起ル 

根源。 禍 ^ -。 「{s 源ヲ iili ス J 



くわけ i 



くわ^ I 

力 ゲン- 

く", けん-み (名) 現 未 1 遇 去、 現在-未 

來、 ノ略。 三世 ハ、 X、 三 トモ 云フ、 a 去 世 > 未 

« 世、 as 花 世 *コ レナ リ、 世-一 ハ、 遷« ト、 W 別ト /*« 

ァリ、 arrar 朱ノ 、遷移、 as.ia 厶 n トナ ク、 s 

モ * 世世 刖シテ 、相、 ス -sn トナ キヲ以 テナ 

リ、 去 .B 在、 未夾 ノーニ 世ハ、 時 B 二 ヅキ、 東西、 商 

北 、藥 K-KS 、東北 -西 北、 ノ E 方、 E 維ト、 上下 トノ 

十 方ハ、 申 B ニック。 SECaie 

く", こ 3 _s (一) 過ギ去 リシ 時。 

(現在-未来、 -1 對ス) !3 ョ-、 二 葛字|、 

醻 《Mj^w;p 知-; 来來ゅ 去. こ (二) 佛敎ノ 

語- fll ,ノ 一 -其 條ヲ: S ョ。 (一一. 一) 文法 ノ 

語, VJ き (時) ノ條ヲ a ョ。 

く" -こ (S 一^一 魏 ロノ 條ヲ He ョ C 

力 ゴ 

く ヮ-こ { 名) 0^^^ ョコナ マルコ ト。 ナ 

マ タ n トづ 

* ゴ 

く "-こ (名- 1*^1 ァ ャ マ チ 。-ァ ャ マ リ。 

シソ n ナヒ 害、 章 ほ tbtti 后傳 「宰 搭, <%kBtll 

,sl 之 下 一 鱅* 後 9:s»; 蒙 一 las 之 ■ こ 

く" -JJ- つ (名) If^ ロー 〔人口 ノロ〕 課役-一 

服スべ キ *:。 ^口 アル { 氷ヲ、 課 戶ト云 

フ。 戶 一 戶内有 11« 口- wslwfi- 一き; Kn- 者 S11 

不 3 戶こ KSF、srB> 有-一中 ERI 人 m 上 i; 

力 n ゥ 

< ",こ-つ § 一 火口 I 哝 火口/略。 

力- n ゥ 

く", こう m I 火攻ー ヒ ゼメ。 ャキ ゥチ。 

火攻 St 火攻ぉ * 五、 1 曰 火, 人、 二 曰 火 ,88、 三 

:11^,5|、£111火,5、五:!1火*2»」 JsaR 「左- »、e 

公 七 in : 月 乙 x、, 一; 丘; 公 羊 曰、 Mi 之 也、 之 W 

也、 日、 チ SI お 丘; 疾-: 其以. 火攻 I 也. 一 

力 n ゥ 

く", こう £0 I 花 候 I ハナ ドキ。 花期。 

花時。 

ぐ" -こぅ g> S エダ クミ。 H カキ。 



くわえ 



川 W 王 sswne 畫ェ畫 hps 導 一 ほ g 

卿、 W 王ノ孫 タル 去 ノ幸! so<iiKRS_213r » 一一 SB 其 

傍 こ W 歩 色 iss,SHJ 

くヮ- こく i 園 I イネ。 穀物。 き 

力 - n ク 

く" - こく I 名) I サキ * ド。 先刻。 

力 ■ -1 ク 

< "- こく 一名) M_ 甚 シク, 酷キ n ト。 

苟薛。 「刑 IssaJ 

ザ ゴ ジ 

ぐ" ご- Vt M I 元興氛 1 が melMa ョ。 

ザ ゴ -ゼ 

ぐ "ご-せ (名) I 元 興 寺 一. がご VVES ョ。 

力 n チョウ 

く" こ-ち ヤーつ (名) I 過去- 慨| 〔過去 ノ 條ヲ 

a ョ〕 寺院 ニテ、 死者/法名 ヲ記シ 置 

ク帳 簿 ^籍 卒家 物語、 1 、 妓 fH!* 「後 白 

河 法皇 ノ、 堂 ノ盈 去 帳 一一 モ 、枝 王、 妓女、 、刀 

自、 1* ガ »s ト、 四 人、 一所 ニ入レ ラレ タリ」 

力 f- ン , 

くヮ -JJ ん (名) 一 鍋 根 I ヌザ ハヒノ モト。 

ff 源。 吳 S- 春秋、 sa 入臣ほ 「吉者 凶 之 門、 MWK 

之 接」 「福 接 IMW ヅ」 

力 -ゴ ン —I 

くヮ- ごん <名> I 過言 一 ィ ヒス や。 無鱧ノ 

言 ナ ド 、言 ヒ過ス コト。 吾 護、 一 、治 承 S 

年 七月 十 曰 「《s 不, f 恩喚ハ K 吐ーお 一 E 

力 -サ — 

さ I _s 過分 ナ 々奢侈。 分限 

ヲ越 エタ ルォ ゴリ。 大 接 * 上、 時 平「£7、 

世 W ノ 作法 シ タタ メサセ ぉヒシ カド、 S 差ヲ、 ェ、 シ 

ザ.. *- サ セ給ハ ザ リシ 一一」 

力 -ザ 

く", ざ § S 火 叙 ノ條ヲ 昆ョ。 

力 ザ * 

一く", ざ upi ,者 1 く, ん, まャ/ 條ヲ 見ョ。 

な .サ 

くり-さ § M_ カケジ カケ。 カケ モ 

ノカケ 616、答=奏太©-害「111、云云、55ーー三十 

tt-s-M$afflix^?ffi 1 ,云云」 5H 見 

w^. «XH. £1 き; 霧寶ー 愛謹 尤 S 、云云、 畫 v<、 以 11 



くわ さ 



白玉 IQi 之」 

力 サイ 

くヮ- さい {g s_ 〔公 羊 、装-公 九 年 

「大 者 曰 レ災、 小者 曰ビ 火」〕 火ノ ヮザハ 

ヒ。 火事。 出火。 e ョ。、 H;<Hsni*l 秋 行 一 き令ー 

抑 多 一; 火災 こ 左 » 、培 公 十七 年 「今 除, 火、 火出必 

布 Itr 諸 侯 其 有- 1 火災 1 乎」 太平 記、 二、 天下 異 1* 

【寺 寺ノ 火災、 所所 ノ 地震」 

くヮ- ざい (S 貨幣 ト 、財物 ト。 タ 

力 ラ。 莊子、 天地 篇 「不 ,9ぉ 財 一 不&& おこ 

く" -さぅ (名) I 編 一 死者 ノチ 屍ヲ 、火-一 

as キテ 、骨 ノミ收 メテ、 葬ム ルコト 。荼 

昆。 (土葬-水葬、 ナドー 一 對シテ 云フ) 林 

s、 突 二 造 8«師- 詩 nsa 不 1; 火 《s 一 新 ssgll 疎 sa こ 

K 史、 扶南 「死者 有-一四 雜; 水雜^ 投-; 之 江 ハ火 

則 焚 S 一一 灰 ほハ 土 S* 則 瘦-1 埋之; Es« 則棄 > 乏中野 こ 

a お、 一 、文武 天皇 S 年 三月 「道 化、 云云、 弟 

^. W 於- 1 粟原 i 天下 火 SST お k 此而 13 

也」 同、 八、 as 五 £- 月 「造" S 火 irte^ 改 -1 他ぎ」 

x> - リウ 

くヮ- さう 1名) 一 火 槍 一 ぎ 銃。 小銃。 ass 

「有 11 飛火 K ハ注 以 * 火 S* 之」 iS 一 S 初 止す, =-1 神 » 火 

m 一 而佛 ^ar 子 母袍、 oiitt^ 统、 皆 後出」 

*3 ゾゥ エ. 

ぐ", ざう (き _£ ぶ ざ、 つ (禱 像) 一一 同 

ジ。 エス ガタ。 肖像。 唐 《-、?》 ほ 「兒- 一 3 

像- 必 n «2、 廿三、 天 KHK 字 E 年 七 ngsflwla 

カゾ ゥ-ィ Q . 

一く" ぎつ-いろ W) く 7 んざ 、ついろ (萱草 

色) V 條ョ a ョ。 

カザン I 

< ヮ- ざん { 名) I, 山 一 ャケャ マ 。絶頂-或 

ハ 、山腹 ナ ド ヨリ、, さ 一、 火! r 水 蒸氣、 

等 ヲ喰ク 山。 噴火山。 喰 キック アル- 1 

クヮヴクヮサ ン *. 

就キテ ハ、 活火山 ト云ヒ 、息 ミテ、 喷カ 

ズナ リシ ヲ、 死火山 ト云 フ"" ! WSKrK 荒 

之 外、 S*; 山 こ 



くわ さ :… くわし 10 へ 

ガ -サ ン 

く", さん (名) 一 S ノ 上-一-書 キ加フ 

ル ls。 多ク ハ 、韻文 ョ-用 ヰ V 和歌 ヲ記 

ス モア ク 唐 IrlEtssrsBassil 先 ぉ«35 五卷 J 

カザン. ン I 

く T. さん-がん (名) I 火山 劑ー 火山 ヨリぎ 

キ出シ テ、 凝リ固 マリ タル、 浮 m ノ 如キ 

モノ。 

力 シ 

く ヮ-ま I 一 菓子 一 食事 ノ 外-一- 一一 食 

フ モノ ノ總 名。 元 ハ 、く, たもの ナリ. 今. 

專ラ > 米粉-小 麥 粉-餅-砂糖- 蹈、 ナド 一一 

テ- 種種 ニ製シ タル モノ ヲ 云フ。 餅 ト、— 

鋸 ト-ナ ドナ ルヲ、 餅 菓子 ト云 フ。 «! 餅" 

粉ト- 砂糖 ト-ナ ドナ ルヲ、 乾菓子 ト 云 

フ。 11. 而シテ 、くだもの ナルヲ パ-水 

菓チト 云 ヒテ、 別ッ。 IKBgBS 、一 「菓子 八 

a、se 、伏? S 、太 W 子、 小柑 子、! S 、栗、 串 S 一 hs 

次第、 廿、 任 * & 大臣 _* 「居 =_« 子 I S5W 、甘 srsjl-sr 

«s 、さ」 

<_v.m (名) B (一〕 貢擧ノ 條ヲ見 ョ。 

十^ 抄、 上