Full text of "Nihon rinri ihen" Skip to main content

Full text of "Nihon rinri ihen"

See other formats


目 害 行發會 成育 



續 

敎 
育 

學 

書 
解 

說 

郵定分 菊 

稅價 ^ 
冊 千 
各 金 ― 

金 參六百 

ハ 1^ 

錢圓册 頁 



兒童。 遊戯 r 如何. T 敎 育と 遺傳, • の 關係は 如何に、 抑 平-陶冶」 訓: 

し、 ?た 教育 上,:^ g ハ.^ 等の 價値は 如何にとの 讒 il^t; 皆 本書の 中に あわ、 是れ皆 .5^ の 

良書、 vf-*^ ん なり、 



書 



文學士 菊 池俊諦 君解說 




中 谷延治 君解說 



シ ル レ 

^ 氏 



^ き 



拾 餞 

郵稅 金六錢 



^金 五拾錢 

郵税 金六錢 



文學士 春 山作樹 君解說 (近刊) 



ラ ン 

ゲ氏 



レし 



I 金 五拾錢 

郵稅 笵六錢 



文學士 八 木 光 貫 君解說 (近刊) 



教育-遺 傅との 關係ー 



^ 金 五拾錢 

郵稅 金六錢 



文學士 吉田熊 次 君解說 (近刊) 




す 金 五拾錢 

郵稅 金六錢 



文學士 大瀨甚 太^ 君解說 (近刊) 




^金 五拾錢 

郵稅余 六錢 



目 書 行發會 成育 



む 



1 

i| 說 



, 郵定分 菊 

^ 稅價 ^ 
册千 
、 各 金 ― 



金 参 六 百 
j 六 餘 
1 錢ず册 頁 



:s 意志 之心哩 



罪 人心 哩 



レ J 氏 • f 用 



人け 如 M にして: 11.JJ5i すろ か、 其*し$:;.5?:::±1:!は如何に、^11^と、し 

V., 哩れ 



Ilpi は 如何にと、 此 くの 如 



との 



• は 如何に、 



學益發 達. - 研究 A〈i 



の>,し ^^1を^究するに至る、本書"前解説の缺を輔ふて更に^3^^4!1" litt を 開けり、 




の 



一に t 、今や 罪人 



文學士 石幡伊 三郞君 解説 



書 



1 マ 

氏 



感情 生活 之 原則, 



^金 五 拾錢ー 

郵稅金 六錢ー 



百 



文學士 雀 部顯宜 君解說 



ドナ 〃ド 

5- ン氏 



疆之發 達 



郵税 金六錢 



文學士 桑 木嚴翼 君解說 (近刊) 



職 金 :カ 拾錢 

郵稅 金六錢 



文學士 -^|.^島陸三節君解說(近刊) 



r ル ベルト 

乇 I 〃 氏 



^ 金 五拾錢 

郵税 金六錢 



- 博士. 吳秀 二: 君解說 (近刊) 



^金 五拾錢 

郵稅 < ^六錢 



文學士 花 澤浮州 君解說 (近刊) 



I 金 五拾錢 

郵稅 金六錢 



目 書 行 發會成 W 



I フ' 

レ 

氏 ト 




續 

fffB 
理 

學 
書 
解 
說 



^-道德之事實 



文學 博士 桑 木嚴翼 君解說 

倫理 說 一斑 



ゾ hi 人 格— 論 



菊 版 千 二百 餘頁 

分冊 六册 

定價金 参 圓 

郵挽各 金六錢 



今や 思想界 過渡に 場し、 東西 相 爭ひ新 舊相戟 ふ, 志 わる 者 $15 たざる を 得ん や、 せ < ^に 如何なるべき^ 

一 $ は 如何なら さるべからざる か、 抑 MJ!^ ハ. IsftMP^ とに 如何^.^ と は 如何、 また 入 M とに 如何 

な く か、 是 等の 問に 答 へ んと 欲せば、 必ず 先づ 此の 解説書,^ 讀. I ざろ ベ からず、 



書 







文學士 野田義 夫君 解読 



パウル 

ゼン氏 



社會倫 



g 金 五 拾錢ー 

郵稅 六錢ー 



I 金 五拾錢 

郵稅 金六錢 



文學士 藤 井 健 次 郎君 解說 (近刊) 



^金 五拾錢 

郵税 金六錢 



文學士 深 作 安文 君解說 (近刊) 



《:^^ 道 德進步 A 一 



n- 



■ 金 幵. 拾錢 

i 稅金 六錢ー 



文學士 友 枝高彦 君解說 (近刊) 



^ 金 五拾錢 

蓦稅 金六錢 



文學士 蟹 江義丸 君解說 (近刊) 



^金 五拾錢 

郵稅 金六錢 



印 


發 


印 


發 


刷 


行 


刷 


行 


所 


所 


者 


者 



發 M 



も 




日本 倫理 棄 編 卷之 七奧附 

明治 三十 五 年 < 月廿 A 日印 刷 全部 定價 ー赴證 倾 拾歸圓 ,扮| 

明治 三十 五 年 八月 骨 一 日發行 第 七 卷定價 一^ 翻 Mlifs 力 拾 li 



井上 哲次都 

蟹 江 義丸 



石 川 榮 

東京 市 本 鄉區森 川 町 一 番地 一 

佐 久間衡 治 一 

東京 市 牛 a 區市ケ 谷 加賀町 一 一 

丁目 十二 番地 一 

育 成 會 ^ 

東京 市 本 鄉區森 川 町 一番 地 一 

株式 會社秀 英舍第 一 ェ塲: 

東京 市 牛 a 區市ケ 谷 加賀町 一 j 

丁目 十二 番地 一 



所 有 



箱蘩 5p fi^ 本 B 



朱 子 學 « 上 六 百 ニナ 四 



日本 倫理 彙編卷 之 七 終 



編 彙理偷 本日 



大翰撰 大甙山 君 足下 文 几 



柳 子 新 論 終 

山縣 大^ 柳 子 新 論 六 百 二十 三 



ぉ子學 Fa 上 六 百 二十 二 

大 妬- 士氣之 盛? 欲 T お-武威, 以復 ぉ舊。 而 不,, 自知 ia 謀 破 身 死。 而 致-天子お 狩 之變? 雖 3 是 出-於 

武臣 横 逆 之甚? 然 天實不 -I 之與, 也。 如-無 禮講 之戯? 足 T 以觀 P 其 器 識不. 5^ 堪, 成-大事 I 矣。 其 號則似 

レ 憂, 君。 其實則 欲い 成-己 之 私-者 也。 天不 = 之與? 亦宜矣 哉つ 當 JiT 文官 執, 權。 反不. 5. 及, I 武家 之 治 

術? 觀-- 平家 之 速 亡? 可 k 焉。 恭 惟。 中世 以還。 至 治 之 盛。 莫-- 今 曰 若-也。 然而 比- > 之 聖人 之 政? 以舉 

日 求, 全 之 毀? 則 何 賠乎得 I 無, 所 Ji。 亦 可-, 小容 忍-也。 夫 權與, 利。 固 小人 之 所 k 爭 C 天下 之權 自, 移,, 

本 \ 於 武家? 後爭奪 攻伐。 ^||在=千下? 裴 翠爲, 羽 所:, 殺。 廳香爲 隠 ^ 命。 戰勝功 成 C 而堪 = 成, 治 之 器, 

者 乃 就 請 _| 封册? 豈非, 世世 獲- 資臣之 道.. 乎 哉。 足下 所-鳴 咽 吞.^ 聲者 C 獨祿利 也 耳. - 抑 亦末矣 且 

倫 一 也 其 於い 有-宮殿 资構及 非常 大禮? 則 無, 不 T 盡, I 天下 之 力役, 以調 貢. -焉。 有-何 所,. 不, 足 乎。 爾過爲 

之 憂, 耶。 僕 所、,, 眉路 1 者。 獨名敎 也 耳。 方今 雖, I 女主 之媳 約? 亦 履-天位, 而不, 危矣。 豈 非-泰山 

一 之 安-乎 哉。 僕 甞潛傳 聞。 櫻 町 天皇 有 K 柬照神 君鎭, 下 仰:, 上 之 功 動 永矢不 k 可, 護 之 勅諭. -焉。 嗉嘻。 

一 曉_ ー聘 勢, 之 明主 矣哉。 君臣 如 あ 其合體 也。 &s.< 何 容_ -喙於 其 間- 耶 G 夫 三 TT 分 天下? 有-其 二分? 以 

服-事 於殷, 者 文 王之德 儒者 所, 稱也 並,, 呑 闔國? 而 守-君臣 之 禮-者 我 國風之 美い 宇宙 載藉之 

一 所, 末-曾 尾, 也 誰 可, 不, I 欣服 歌頌, 乎 哉 昔 在 如,, 南北 兩朝? 是國 有, I 二 主, 焉 C 宜, 論-向背? 當今 

君 委,, 於臣, 而不齑 C 臣 奉,, 於 君, 而不 レ甙。 向背 何 論 之 有。 其 他 不_- 多 及? 有, = 體經 所-謹 守-也。 足下 

請 勿 =復 問.. 統。 惟 亮察。 賠景 金凉佇 連。 千 萬保衞 G 

九月 松 宮俊仍 頓首拜 





編 



八月 七日 山縣 昌貞 頓首上 

大 知己 主 鈴菅君 足下 

復,, 山 大貳, 書 

嚮醫橫 地 生 袖 = 一 小冊, 來示。 曰。 是 足下 害 扉 之 所, 藏 也。 僕受 而卒, 業。 有 ,所,, 威發? 少 加-愚 評^ 

卷末槃 一 語? 以 示- 醫生? 不, 料 清, 電矚? 特 辱,, 諭敎? 披, 鉞懷慕 悽懊」 以, 僕爲 可-討論? 而尾 

質 =高 尾? 病 拙 何 敢當, I 其 望? 第 蒙, 不, 見,^。 敢不, 拜, 德。 因 再 顧,, 新 論? 作者 晦-- 乎 其 名? 故 愚 潜 

嘆-其 不 P 失-君子 衞, 身 之 誠? 而今 足下 欲- = 直與, 僕 論,, 當世之 事? 展,, 前修之 用., 心 C 而有 ,0 似, 犯 T 居 _| 

是邦 ー不, 非, I 大夫, 之禮. i 者 g 何 也 ◦ 僕 嘗聞昔 有,, 燔, 書坑" 懦焉。 雖 3 是固 出, I 於秦之 苛政 李 欺 之 剛愎? 

然 儒者 誇-己 才能? 漫鼓 = 唇吻? 以議, I 朝政 之 所,. 羅也 M。 近日 京師 神學家 竹內某 e 以 -I 失言 之 罪, 被 

,逐0 亦 其 類 也。 是以 愚不, I 敢全 置對? 假令 被-婉曲 爲, 說 之誚? 亦 追.. 夫子 禮_1 於魯, 之躅 3 則 所:, 不,, 

敢辭, 也 但爲, 承-勿, 所レ隱 之懇? 故不, 得, 已。 一 ニ不, 與,, 時政, 者。 粗 述-, 愚見? 以 應,, 來 命?. 如 

レ左。 原 夫 本邦 君臣 之定 分。 猶,, 天地 之不, 可, 易 也。 人々 尊,, 皇胤, 之 心。 各 具-其 性? 故 其 鹗 鷹揚 龍 

飛。 得, =掌コ 搔海 內-者 C 不ミ敢 1^--頤 神器? =$5 開 閥 以來。 至,, 于 今日? 大號 嚇讎。 炫 --耀 於 四 夷? 何 

謂- 1 皇統 如.. 錢乎。 如, I 夫 西域? 跪 i 王 布 i。 而 子孫 不, 能, 永世 有,, 其 位, 矣リ 性 具 之 俗 風 。有, 所, 不 

, 同 也。 是漢. ^之 所, 不, 知焉耳 但 時勢 之不, 齊 聖君 不,, 世 出 <p 人材 亦 難, 獲 粃 政來, 災" 王 綱 解 

ケ 紐。 四分五裂。 蜂起 鼎 沸 G 王 八不, 知, 武。 不, 能,, ;統 ,- 一 之? 威 權漸移 = 武將? 自然 得, 之。 已而 文官 

縣大 1^ 柳 子 新 論 六 百 二十 1 



本 

理 

編 



朱子學 PS 上 六 百 二十 

1 _,定 權衡? 能 推-萬 方 之 外, 者.. 矣。 至-於 叔世? 此道 漸衰。 保 壽治之 難。 王 網 解 k 紐 鎌 倉 兇 逆 之 

餘燼 C 禮樂 塗炭。 遂 蘿= 成 陪臣 專欞之 顧 根? 當- -此之 時? 殺 X 身 成, 仁者 ◦ 獨 有,, 楠 公之 忠, 耳。 下 及, I 

足利氏爲^^政。 君臣 失, 位 冠 履 倒置 C 傑 豪 梟 帥。 割 TT 據 四方? 而 天下 之 亂極矣 天朝 之 尊 猶且ぉ i 

,所, 容, 趾。 則狗 k 懷』 之賊 C 其 孰 不&窺 突 者耶。 嗚呼。 風俗 之 敗。 一 何 至,, 於 如. ,此 也) 足下 

謂,, 之 泰山 之 安? 吾 未, 知,, 其 何以, 也。 動 極 而後 靜。 皇 嗣 幾存 才復 = 其祀? 尊 則尊矣 Q 如,, 其 奉? 則 

曾不, 若- 1 大夫 之祿? 吾 毎, 聞, 之 ◦ 輙 至,, 鳴 咽 呑.^ 聲也〕 且也 足下 所:, 謂 人臣 官階之 權省中 之 事. - 則 

吾不, 知 也 C 在,外多出_,武臣^^議? 而濫授 非,, 其 人 V 名 實相乖 者。 莫.. 斯爲, 甚 若 其出ス ム議, 者 C 武 

弁 之 徒 C 蔑視 如-徒 役? 雖,, 不敬 之 至, 矣。 無,, 之 能 罪 者? 權將何 乎 有 哉。 若 夫不, 視,, 租税 財貨 之 利? 

爲, 上 謀 則 善矣。 抑不, =復 有-兆民 者, 乎。 而 與,, 其 事, 者 C 亦 唯濫授 非,, 其 人? 則 凍餒 之 患。 加 以,, 苛 刻 

之 刑? 民業 爲, 之廢。 地力 爲, 之 盡。 苟反, 身而誠 者。 孰 不:, 爲-疾 首 慼頦, 乎 哉 夫如ゝ up 而委 3 之 私 

俗與 一一 時勢 I 乎。 是豈異 T 於 所, 謂 執, 刃殺レ 人。 而 曰-非 レ我也 兵 也, 者.. 哉。 如 レ之何 得, 謂, 世 有 ,聖 主 獲,, 

賢臣, 之德, 耶。 及, =皇 威 下 能 合,, 制 諸侯? 君子 重,, 其義? 小人 頼= 其 利? 雖, 然率多 承 軍國之 制? 而未 

一 ,復= 冠畏之 政? 以, 故 名 有-未, 正 者, 焉。 言 有 = 未, 從 者- 焉 G 是 特有 道 之士" 所, 爲, 不, 憶已 e 足下 馘 

能 投_- 著 聖賢 之 肺腑? 則固自 知, 之矣。 何必 待-僕 之辨, 哉。 唯 夫 野人 議_| 乎 朝政? 爲, 有 = 僧 跪 之 罪? 

M 想 足下 亦 婉曲 爲ご說 者數。 僕特欲 7以_ 一公 道 一 論 申此事 W 故敢 質-諸 左右? 爲, 僕 無, 所, 隱 幸甚。 時下 

漸凉 千 萬 自重。" . 



柳 子 新 論附錄 

與,, 松. 主 鈴, 書 

久 有-泰斗 之 望? 而.? 得- 一 面 11? 非- 1 室 之 遠? 豈 相思 之 未, 深歟。 屬與- -橫醐 手-周旋 。愈 益 得, 聞-高 

誼? 价以修 = 字 於 左右? 勿, 罪- 不恭, 幸甚 僕嘗藏 = 先人 所, 獲 新 論者? 居常 謂0 願 待,, 同志 論定? 而 

後 爲,, 永世 之 珍? 與, -橫 子-論, 文 之餘。 言 偶 及, 此。 則 其 書爲, = 足下 所- 披閲? 且見, 藤-其 後? 而亦 以- 

深謀 遠圖, 稱焉。 是旣 與,, 僕 所, 見者-似 矣。 刖得而 討論者。 非-, 足下, 而誰 也。 夫 是非 之 論。 以 k 私 則 

異矣 C 以, 公則 不焉 僕 唯 欲. ^以= 公道-論.. 也 不, 欲 i 以-- 私意- 矣" 如-雨 都 向背 之 論? 足下 謂。 有- 

俗 風, 有-時勢? 不, 可 一 定權衡 -以推 k 方 5 僕 則 以爲, 不 k 也 C 何 則 俗 風 不:, 可, 改者。 蓋 在, 下 

之言爾 苟陶 -1 鑄 天下-者 何 所-忌憚? 而拘 = 拘乎兹 >哉0 古 曰 移, 風 易, 俗 又 曰 舊染 JJ; 俗 威 

與惟新 C 唯 時勢 則 固不, 可-. 若, 之 何-者 也 然 聖人 亦 因, 此以 爲-, 敎其 中? 而姑處 之以, 櫬。 漸戀, 之 

以 令, 至-於 道-也。 不則禁 何 因 乎 止。 令 何 因 乎 行 哉。 然則陶 ,1 鑄 天下-之 道。 並 ,=時 勢 與-- 風俗? 共 置- 

之 術中-者 也 ◦ 夫 道 一 而已矣 不ズ 得, 已 而後 權焉 若不, 然 而諉 曰- 特勢爾 風俗 雷? 則是爲 -i 人 所- 

ko 而不, 能, 化, 人 者 將,, , 何以能 御-天下 1 哉 後世 敎化之 陵 夷。 風俗 之頹敗 職 此之由 C 足下 以 

,此 爲-, 漢儒镉 晃-者 僕 竊不, 取 也 恭惟古 者 盤 余 天皇 籠- -定區 宇-之 初 C 繼, 天 立, 極 以降 C 列聖 相承 

劎遒 之德。 以能維 = 持 其 風? 而大 布- 1 播其 化-者。 幾-乎 二 千 载?. 景雲 擊壊。 民 莫_ -得而 稲- 焉。 可 feT 

山お 大 K 柳 子新餘 六 百 十九 



朱子學 « 上 六 百 十八 

柳 子 新 論 後 序 

瑰奇卓 異之士 埋,, 沒于 世? 而人 莫,, 識 k 之 者? 以, 其 被-, 妬譏讒 害? 而不 * 能, 發= 其 抱負, 也 柳 子 新 

^, 論者 山 縣昌貞 之 父 獲-之 於隴 畝間 石函? 其 書 凡 十三 篇 C 論-政 體 可否? 雖, 未, 盡, 醇 僳慨 激烈 

B 切- -當時 之 弊- 矣。 我 邦 自,, 保 元 平 治 之亂? 王 綱 解, 紐。 禮樂 壤廢。 群雄 割據。 四分五裂。 蔑-如 王室? 

本 擯= 柄權? 臣 殺-其 君-子 殺-一 其 父-者 有, 之。 至-一 織 田 氏 之 t? 酵樸溫 厚之 風 Q 斷 乎拂, 地 矣0 柳 氏 豪傑 

憤-其 如., 期。 攘-- 臂於其 間? 峻辯劇 諭。 欲 當時之 弊? 故 其 所, 議。 未 fe, 無-, 小疵? 然其意 在, 尊,, 

一 王室- 懲, 亂賊 i。 鳴 呼 懷,, 如勛瑰 奇卓異 之才? 無, 所, 施,, 其 能? 埋,, 沒於 世? 而莫 其 姓名-者お 

幸 因,, 昌貞之 ハ乂穫 = 之隴 畝間? 欺 書 得 _„ 永存,, 乎 世? 豈 非-千載 之 知己, 乎 余 喜 T 其 志 尊,, 王室, 懲., 亂賊^ 

而 恨.^ 議,, 政體, 之不 4. 醇焉 

天 保 九 年 戊戌 冬 十 有 一月 冬至 曰 江 H- 芙山々 人 橘 正秀撰 



儉 

編 



曰 



本 



彙 

編 



き 子き 論跋 

野人 議= 乎 朝政? 爲, 有,, 僭蹬之 罪? 故 君子 愼焉 ◦ 官吏 晦,, 於治 道? 不 i 免-於 尸 位 謗? 故 哲人 愧焉。 是 

以學者 之 憂, 世 者 ◦ 有, 論-政事? 則 或 託,, 言 於 異人? 或爲, 得, I 諸 古塚 石棺 中? 蕴神 A 之以 取-信 於 人? 

奇乏以 求お:, 價者 也。 讀 i 者 有 31 曉, 1 其 非, 之 i 而議, 焉者 無, 被,, , 罪 於 非-其 任, 之 憂 ^ 1 不, 以 

整, 錫 = 特智, 之天眷 5 一 無ョ以 失,, 君子 守, 身 之盧? 可, 謂,, 一 擧兩 得, 之 者, 矣。 適 讀_| 斯書? 深謀 遠圖 a 

殆 似矣。 但惜 至,, 於兩都 向背 之 論? 有- 大不, 然者 1 焉。 慈 未ョ投 = 著 於 聖賢 肺腑? 不, 察, 有-俗 風, 有 * 時 

勢? 而不, 可 め懸_| 一 定權衡>以推^a萬方g 漢學儒 風 之 偏 尾爲 k 崇者 耳。 恭惟 方今 天朝 之 尊 也。 高 坐-九 

重 雲上? 掌- 1 人臣 官階 之權? 而不 管, I 粗 稅財貨 之 利? 世世 有 Tlii 主 獲- 1 賢臣 1 之德 ^ 而 逆賊 梟 帥。 斷 

朶- 願 神器, 餓= 糠 大蜜, 之 や: h 也。 寶祐之 愈 長 Q 益 與>- 天壌, 無 J 躬 G 猶- 泰山 之 安? 天下 有 道 之 士0 倶 

誠歡誠 喜。 誰不 ^爲_1 頌賀 I 焉乎哉 Q 乃 其 於, 所, 論。 不= 自揣? 粗 加-愚 評 於 其 上? 秘= 之 筐底? 以俟 = 

識者 之 斷定, 云。 

寶勝 十三 癸未 初秋 中擀 下 毛 野 松宮 主 鈴菅原 俊仍識 



山 膝 大^ 柳 子 新 論 六 百 十七 



m 

本 

編 



朱 子 學 P, は 上 六 百ナ六 

柳 子 新論跋 

吾 日本 上古 之 世。 穆穆乎 道 其 至矣哉 C 以 至,, 于箏平 之 間 や 治 無, 可- 復比, 也) 自-, 保 平 之 時, 而降 覿 

覦之賊 期 起。 網耙 漸壤。 政敎 隨廢。 乃 穆穆之 道。 竟 爲,, 鳥 有, 焉。 及, 至,, 于勝國 之 時? S 亂不, 可,, 得 

而言, 也。 夫 治 亂天也 雖, 然 當,, 新 之 時? 若 有, = 上 奉, 君 下 憂 k 民 之 人出" 而 施,, 天誅, 乎.. - 賊忽 斃矣り 

道 再興 矣 鳴 呼 三 四百 年間。 奚獨 亡,, 其 人, 耶。 意者ェ (有, 之 3 亦不, 得-志 於 當賠? 而 渥 滅終 亡, 聞耶 

是 未, 可, 知 也 柳 子 新 論者 柳莊 先生 之 先人 所 =- 嘗 獲-於 隴畆 中-之 書。 不, 知-撰者 之 時代? 先生 

盖以爲 K 在,, 織 田 氏 之 時, 耶 3 吾請而 讀,, 之。 其 所 X 論。 專所 3 以繼 i 単 之 治, 之 術 。而 於,, 彼 賊之罔 ^0 

深慷 激憤 發者 C 毎 事 在 焉0 於, 是乎吾 乃 曰 其 人 E1- 有焉 U 亦唯斯 人不, 得,, 志於當 時? 特以 終, 立 ,言 

耳。 悲夫 C 吾 於, 此雖, 欲, 無-, 歎。 而可, 得 乎。 斯書 也。 吾 思 一一 其 不,, 可 一一 以 一 曰 無, 焉 因 乃謄, ー寫 一 本? 

而叉題 =微 言 於 其 接, 者爾。 

寶靜甲 申 春 三月 武蔵山 田穀識 



也。 但以, -先 人手 澤存- 焉。 憚し 諸 外人? 於, 是 更繕_-寫 一 本- 爲龟 共 藏-- 之 巾 S 庶幾 俟 

論定? 以 爲-, 永世 家蔵-也 

寶曆己 卯 春 二月 



峡中 山縣 昌貞 識 



カ!^ 大^ 柳 子 新 論 



六 百 十五 



朱 子 s s 上 六 _a 十 B 

智勇 之士。 誘 掖贊導 C 以 扇,, 動天 下? 則 如,, 饑者 就, 食。 渴者 就, 飮 奮然 丽起 靡 然而從 勢自 有,, 

不, 可, 饌焉 者, 也。 洗, 寃雪, 耻之 心。 威 i 恩 圏 レ報之 志。 奮, 勇 勵:, 義. - 則 放 伐 之 易。 可, 謂 K 通:: m 之 木 G 

通 fe- 之 堤。 丽加 k 之 以-ー 疾風 暴 雨-者. -矣。 至, 此始 知, =嚮 之 所, 謂 泰山 之 安 C 不,, 特幕燕 之危, 也。 是其 

所- 以 損益 I 之理盖 可, 旯。 而 存亡 之 機關, I 於此, 焉 U 故 有,, 國家, 者 e 不 K 以, -Ms, 害, 有 5 則 人君 之 

事 畢矣。 昔 者衞侯 愛, 鶴 C 有- 乘, 軒 者? 及,, 廿: き, 難 也 C 民 皆不, 從 C 乃 曰。 君 使, 鶴 C 今人 君 之 所,, 愛 

好? 亦 皆將, 然。 夫 如, 此。 而不 _| 自悟, 者 何 也 C 聚 翁之臣 輔,, 之 欲? 貧、. t! 之 吏 飾-之 非? 使-道義 之 言 

不 7 得 耳 G 故智 力無, 所」 唣 德性 a に所鈿 也。 古 之 人。 目 短,, 於自 尾? 故以 k 觀, 面。 智 短,, 於 

自知? 故 以%」 正 k 己. - 人君 之學。 不, 在 =, 身 脩,, 六藝之 文? 不二 仕ち 漏-, 百 家 之 言? 苟 知,, 道 之 可 信 

期足矣 夫 知,, 道 之 可., 信。 則 知, 道 者 至焉。 至焉而 信, 之。 姦賊 將何自 而與」 國無,,^^賊? 則 天下 之 

難已 矣」 

駒嶽之 陽。 歸水之 曲。 吾 家居 i 之。 六 世焉。 享保之 初。 數 被-, 水 患? 修築 不 k 及 C 因 移-其 宅? 故 地 

種 以_> 菽麥? 献間偶 獲,, 一 石函? 中藏 -I 錢刀? 皆 元 明 以上 所, 鑄 者。 函底有 = 一 古書? 題 曰, I 柳 子 新 論? 

腐爛 之餘。 不 披閱? 先人 乃謄 --寫一 本? 凡 十三 篇。 當時旣 有 i = 校定-者 tK。 後廿 餘歲。 先 

人沒矣 ◦ 余得 而讀 k 之 G 其 言 論= 政 鉢 可否 f 間 有-可:. 取 者, 焉。 亦 多, I 憤勵之 語? 意 者 中葉 以降 之 作 

耶 觀 M 其 斥-耶蘇 幾何 之 類? 蓋 亦 在,, 織 田 氏 之 時- 耶 C 按,, 之 國史傳 記? ^國? 上 e 姓, 柳 者 不,, 1 

而足? 則 亦 未, 可, 定 何人 所 i 也。 佘 且惜, 衰亂之 際。 尙能 有-期 人? 亦 有-欺 文? 而 湮滅!? 于 



民 之饑? 所 T 以 菲,, 飮 食,, 惡,, 衣服? 而人 無, 之 間然, 也 易 有, 之。 損, 上 益, 下 益 之 象爲, 然。 損, 下 

益 i。 損 之 象爲, 然。 天地 之 至理。 自 有,, 如 i 此者? 閽君庸 主。 務 弱-其 國? 務 貧,, 其 民? 故 有-天下? 

則 天下 爲, 之怨 有 „, ー國? 則】 國爲, 之怨 怨則叛 叛則濫 如, 此而 難不, 及 者 未,, 之 有, 也 古 

稱國 無,, 九 年 之蓄, 曰, 貧 C 無,, 六 年 之蓄, 曰」 躬。 無,, 三年 之蓄, 曰„, 國 非-其 國, 也。 夫 其 蓄積。 31ュ 特爲, I 

自養, 哉 C 亦將 T 以 救-其 民, 備, 其 難., 也 後世 有., 國者 或 無,, 一 年 之 食? 甚者 逆コ折 數歲之 入? 尙且 

不, 足。 而 取, I 之大 夫? 大 夫不, 足 而 取,, 之士? 士不, 足 而 取,, 之 妻 祭? 登 §非= 其國, 耶。 一 旦 奪,, 之 

群? 使 ii 償-其 債, 乎 OP 易, 子 析,, 骨。 吾 知, 不, 能, 給,, 一 飯, 也。 夫 如, 此 C 則 何以能 P 屏乎 王室? 

而固 一一 其封疆 一耶。 是以其 士曰窮 其 民 曰叛0忿 怨激發 自不 Jgk 一一 凌 犯 之 心? 然國固 貧 。兵 S 弱 。不, 能, 一 

屈疆自 奮? 屏息 避, 之 則 天下 實似, 無,, 容, 盧者, 矣 閻愚之 主 乃以爲 _ ^彼 貧 而我富 Q 彼 卑而我 尊 則 以= 

盤石 之 固? 居,, 泰山 之 安? 治平 之 術。 莫 * 以尙, 焉。 臣賊 吏。 聚激附 益 C 以 悅,, 其 心 阿諛 逢迎。 以 

順,, 其 旨? 甚則 比-之 唐 虞 三代 之 治? 爲, 雅爲, 頌 曾 無, 有,, 餞規之 言? 丽使 T 其自 誇-其 智? 自 伐-其 

德? 無, 知-事情? 無4^?時勢? 則閽者 益閽。 愚者 益 愚。 而. a 在,, 旦夕? 而 不,, 自 知,, 之 也。 夫 大木 之 

折 也。 必由, 通 ^蠹0 大堤 之壤也 ◦ 必 由, 通, 隙 而不 B 加, 之 以,, 疾風 暴 雨? 則不, 折不, 壤矣 然以 k 無, I 

風雨? 不, 危 一一 其蠹 隙-者。 愚 之 至 也。 且 夫渴, 馬 而駁, 之 C 非, I 眞能 馼., 之 也 ◦ 得 一一 水草, 則 逸。 饑 レ虎而 

伏, 之 C 非 =眞 能 伏,, 之 也 見,, 肥 肉, 則猛 是 不,, 特馬之 與., 虎 也 鳥 窮則啄 獸 窮則攒 C 尺 擾之屈 

以 求,: 1: 也 龍 蛇 之蟄。 以存, 身 也。 常-, 是之 時, 也 英雄 豪傑 C 或 殺, 身 成, 仁 或 率, 民^, 義。 忠信 

.asg 大铽 柳 子新餘 六 ほ 十三 



曰 

理 \ 

一 

.^ 一 



朱 子 55f S 上 六 IB 十二 

於 與,, 其 利, 者 必以 自利 無つ む,= 於 除, I 其 害, 者 必以 害, 人。 害, 人 自利 虐 孰大焉 是以亂 國之君 ひ 

力 利-其 國? 以 害-人 國? 大夫カ 利 _| 其 家? 以 害,, 人家? 士カ 利,, 其 身? 以 害-其 僚友? 甚則君 亦 自利 

-I 

其 身? 以害 ,- 其 民? 大夫 自利,, 其 身? 害-其 家? 是之 謂,, 自屠? 其 極 也 必至, 滅, 身 而後 已 Q 故 我 束 方 

之 政。 壽治之 後 C 吾 Mfk 取 也。 聖人 憂,, 其 如, 此。 制, 鱧 作, 樂。 立, 中道, 和。 務 興-其 利? 務 除,, 其 害? 

条庶 可, 保 比屋 可, 封。 W 求, 致-, 天下 之 福 I 也 詩 曰 於戯前 王不, 忘 其 唯以, 此乎 e 嗚呼 如 = 今 之 

時? 依然 承,, 軍國之 制? 滔滔 乎不, 知, 反, - 雖, 欲, 不_, 歎息? 其 可, 得 乎 然則 如, 之! 曰 是唯 在, 得 

乂。 得义 非&。 獲-於 人, 爲酞 Q 昔 者荆靈 好-細腰? 民有, I 約 蚤 死者 Y , 赵王 好-勇力? 一 皴而士 

不レ 避- 1 焚 舟? 夫 約, 食而死 ◦ 與 T 赴-焚 舟, 者 5 天下 之 至難 者 也。 然上之 所, 好。 不, 令 而爲, 之。 是氯 

,它0 爲 T 獲,, 於 人, 之 難 而 欲, 之甚, 也。 非, I 至難 者, 乎。 苟能 好, 之 a 累 而至焉 耳 ◦ 不 X 爲, 此而 

^k。 要 無、 利 者 也 夫 C 

富强第 十三 

柳 子 曰。 食 Ci 一 謂,, 之 常? 兵 足 謂 = 之强? 富 且强者 C 天下 之 大利也 食 旣足矣 C 兵 旣强矣 然後國 可,, 

以無_* 虞 也: 是 w 先王 不, 賁,, 珠玉? 而賁, I 稻梁? 不, 愛,, 姬妾? 而 愛- 1 黎庶? 所, 謂不 ,以_< 孤 一 益, 害, 有 

也。 故 盤石 千里 こ K ノラ 謂 也. - 偶人 百 萬。 不, ヌ謂, 强也 C 盤石 不 菜。 偶人 不, 拒ヒ敏 也。 

地 廣而乏 ゝ艮。 民衆 而不, 使。 奚 以異, = 於 盤石 與, I 偶人, 哉 C 是 不,, 特 天下 爲,, 然 C 諸侯 之 於, 國 C 大夫之 

.H 之 於-妻 孥? 無 > チ蓊然 一也。 故 聖王不 お-其 塞? 而能蔽 = 民 之 茶? チ 厭-其 壞? 而能 救- 



中和 之 至 c 天地 位焉。 萬 物 育焉ひ 登 非-興, 利 之 道 一 乎。 惟 民 之蠢蔬 或 失-其 所.,^。 而禍亂 inz 取 ひ . 

則從而 罪, 之。 是 除- 1 其 害-之 道 也。 夫 然後懲 ,1 其惡? 而勸 _| 其 善, 矣レ 爲, 善 者 多。 而爲, 惡者 募。 則 天 

下 之 利 興矣. - 禮樂文 之 具 也つ、 刑罰 武之事 也。 文以 守:, 常 a 武以 制:, 變。 文 以致, 治 G 武以 撥, 亂。 是故 

文 順而武 逆。 順而奥 k 利。 逆而除 J}n。 順逆 互用 ◦ 以能 陶,, 鑄 天下? 善 任 _| 此道, 者。 謂-之 德? 不ミ善 

任- 此 道-者。 謂 = 之 不德? 善 知- 此道 _ 者。 謂,, 之 賢? 不, = 善 知- 此道 > 者。 謂-之 不肖? 善 F 此道ー 者。 • 

謂-之 仁? 不 3 善行 =此 道, 者 e 謂,, 之 不仁? 故 所, 謂 仁者。 亦 謂, 能 典-其 利? 能 除- 1 其 害, 者.. 也 e 若 夫 

世 降 國衰」 上 無 一 I 賢聖之 君? 下 無-忠良 之臣? 則禮 濱樂淫 Q 而 刑罰 不, 可 U 勝 用 「焉 G 徒 知,, 除, 害 之 道? 

而不, 知 = 典 利 之 道? 徒 知. Z 制, 變。 而不, 知に 寸, 常 e 徒 知, 撥, 亂. - 而不, 知, 致, 治 G 又 何 仁 之 有。 又 何 

德之 有。 是奚爲 _1 能爲" 政 哉 ◦ 且夫 刑罰 者 G 豈特 禁,, 民 之 爲., 非 而已耶 苟爲, „ 害 乎 天下, 者。 維,, 國君, 

必罰, 之。 不, 克 則擧, 兵 討, 之。 故 湯 之 伐」 夏。 武之 伐, 般。 $ 其 大者也 ◦ 唯 其 出-於 天子? 則爲, 有 

道 出,, 於 諸侯? 則爲, 無, 道 ◦ 况其 出, I 於 群小 者 _乎0 故 善用, 之 則爲, 君 ◦ 不,, 善用., 之 則爲, 賊。 向 者 

使, 湯 武志徒 除, 1 其 害? 而 無お 心 „, 於 興,, 其 利, 乎。 此亦爭 奪 利, 己 耳。 何 以爲, 仁 也。 是故 武放伐 0在= 

無道 之 世? 尙能爲 = 有 道 之 舉? 則此 以爲, 君。 彼 以爲, 賊 C 假<^^ 在,, 羣下? 善 之以 除-其 害? 而志 

在, 興, 一 其 利? 則 放 伐亦且 可, 一 以爲, 矣。 無, 它與レ 民 同, 志 也。 .5, 是觀 ,之。 長, 一天 下 國家ー 者。 苻, 文 

而後 武可 也 e 有,, 禮樂, 而後 刑罰 可:, 行 也 Q 不, 然 徒刑 與, 罰 之 任 則 非, 我,, 賊 夫人, 而何也 ◦ 哀哉 G 

衰 ft 之爲 k 者。 無, 文 無 レ武。 禮 刑並廢 「し 不一 一止 無 於 興-一 其 利? ヌ無 i 心 S 於 除 一一 其 害 一也。 夫 無, 心 一一 一 

山縣 大^ 柳 子 新 論 六 百 十一 



本 

鹼 



朱子學 上 六 百 十 一 

爲, 然哉。 士之 受-- 俸祿, 者。 亦 唯 糴_- 於賤? 糴, I 於贵? 出入 經費 C 徒 爲,, 商賈之 利? 則 一 歳 之 入 C 卒爲, ,_ 

他人 之 有- 矣。 是豈 天地 之 自然 哉 C 財貨 之不, 通。 抑 亦 人爲之 使, 然也。 久 k 之不, 變 e 至,, 於 聚翁云 盡ゃー 

則お 不, 直- 1 一 錢? 亦 猶以爲 = 饑歲? 是不, 關,, 豊儉, 者 也 ◦ 是不, 繇 -I 貴賤-者 也 ハ; 食貨之 所- 以不" 可 一 

^ , 無, 政 也。 j 

利害 第 十二 一 

柳 子 曰。 爲, 政 之 要 G 不, 過, 於務 興,, 其 利? 務除, 其 害, 也。 利 也 者。 非,, 利, 己 之 謂? 使, 天下 之 <。 -】 

威 被-其 德, 由,, 其 利? 而食足 財 富。 而無, 所,, 憂患? 無.,. 所,, 疾苦? 中和 之敎。 衆庶 可, 安。 仁 孝 之 俗 ひ _ 

比屋可 X 封 ◦ 夫 謂-之 大利 I 也。 其 反, 之 則 害矣」 害 不:, 除 則 利不, 與。 故 古 之 善; i 尸國者 Q 務興レ 利務除 _ 

理 一 X 害。 而後 民 由, 之。 興, 之 之 道 何 如 曰〕 禮樂 也」 文物 也 C 除, 之 之 道 何 如 C 曰 政令 也 C 刑罰 也 一 

夫此 二者。 惟君自 率。 権 君 自戒。 而後 民從, 之。 不, I 啻君自 率? 實 奉-天 之 職, 也。 昔 者禹自 率-諸 軍 o_ 

以征 = 有 苗? 曰 C 蠢玆有 苗 C 昏迷 不, 恭。 侮慢 自賢」 反, 道 敗, 德。 君子 在, 野。 小人 在, 位。 民棄不 _ 

一 

編 \ レ 保。 天降-之 咎? 肆予 以,, 爾 衆士? 奉, 辭伐, 罪。 又 湯 伐,^ C 乃 誓 曰 C 非 _t 台 小 子 敢行,^ 稱, 亂。 有夏 f 

, 罪。 天命 極 レ 之し 湯 旣克, 夏。 自 有-其 位? 方 一 I 其 天 大旱? 則 曰 其爾萬 方有レ 罪。 在ニ予 一人? 予 一人 一 

有鈾。 無:, 以,, 爾萬 方? 不, 憚, 以, 身爲, I 犧牲? 是皆非 T 以 求,, 其 富貴? 干-其 福祿? 安 _| 其 心 志? 樂 * 其 5^ 

耳目, 也。 務 與,, 天下 之 利? 務 除-天下 之 害, 耳。 古 之聖君 賢主 C 孰 其不, 然哉 C 雖, 然務與 ,1 其 利, 者 じ 

非-其 道, 則不, 典 也 務 除-其 害, 者,。 亦 非-其 道-則 不:, 除 也。 可, 由 之 isJF」o 禮 以敎, 中 C 樂以 敎, 和 G 一 







曰 



欲? 忠信 之士返 C 而貪墨 之 俗 進 矣。 是其 害,, 乎 風俗, 者 三 也。 求, 事 者 唯 乘,, 彼 欲? 啖, 之以 濟,, 己事? 

则權勢 之 家 轍 迹不, 絕 而 罷官 之 門 雀羅 可』 は矣 是其 害,, 乎 人情, 者 四 也 權勢之 家 其 臣妾之 

有, 寵者 固 .Lu 論。 巳 至, I 於 僮 僕 奴婢 之屬? 亦 皆 受= 其 私? 而 富,, 其 財? 食, 肉 衣 k 帛 逸 居 終歲。 奢 

侈 過-其 分- 矣。 是其 害,, 乎 制令, 者 五 也。 五 者 皆 害-, 乎 天下 之 事? 而 財爲, 之不, 通 貨爲^ 不 

豈 可, 不, 禁乎 切望 立,, 公侯 以下 常 制? 聘幣 有, 数。 問 遺以, 禮 却,, 饕餐之 族? 移,, 貪 墨 之 俗? 犯 者 

本 一 刑:, 之 違 者 罰:, 之 則 高賁者 必廉。 而 卑賤 者必 直矣。 夫然後 公侯 能 守-其 社稷? 卿 大夫能 保-其 祿位? 

士與 _,庶 人, 能 安,, 其 身? 及-, 其 妻子? 是誠 天下 之大利 也。 俗吏 之 計。 不, 出,, 於此? 一 切 行,, 打 費 

用法? 汚, 朝浼, 士。 濫與 k 爭, 利 C 上 附-- 勢 利 之 人? 下 受,, 制 於 賈豎? 使-天下 之 財曰不 i 通 食日不 

„ 足。 而身自 窮者。 可, li ニー 4f, 愚- 矣。 客 有, 議 一, 政事, 者お 曰。 通, 財 足, 食 之 道 C 既得, 聞, 命矣。 敢不 一一 

敬從? 唯 夫 物 之 有,, 賁賤? 如, 不, r 必 由-多寡? 然古者 米 石 ニ兩。 尙且不 a 以 爲,, 太 ft, 焉 Q 今 也 惯不, 過,, 

其 半? 而饑乏 倍, 之。 民 存-茱 色? 野 有-, 餓學? 敢問" 其 故 何. a。 曰。 是亦 易, 知已 夫 食貨之 有,, 軒 

輊? 猶_| 權 與., 衡乎。 多 則 賤.。 {^^-M賁o 理之 所,, 必然? 而且 反, 之 者 抑 亦 有, 說焉 今 ijf 穀 之不, 登 

將, 倍-於 古? 是以 死者 如,, 亂麻? 而錢貨 之不, 通. - 亦且 三,, 倍 於 古? 雖-則 食 之 不,. 足 a 其数實 多,, 於貨? 

是非,, 物 重 而權輕 使., 然 也耶。 乎 吏 之 貪 墨。 カ竊, I 民之腴 脂? 强爲 =國 家 之 用? 貴, 貨賤, 食。 日 蓄,, 

積錢 財? 則 紅 腐 之 米。 徒 爲-富 商 驕奢 之資? 委積之 財。 曾不, 給,, 窮民 一 朝 之 食? 當,, 此時, 也 。雖, 有- 

常 平 義倉之 K 法? 何 以得而 行, 之 哉。 居然 待,, 其斃, 焉 者。 可, 歎 可, 慨 莫,, 斯爲 甚矣 是豈特 民 

山縣 大^ 柳 子 新 論 , 六 百 九 



理 

彙 一 

編 一 



曰 



货 



朱子學 1* 上 六 百 八 

10 而後 爲 乎 叔世 立-之 法? 上石 稅= 四 斗? 中 石 稅,, 三 斗 五 升? 下石 税」 二 斗? 率以爲 4ea 若 計- 

豊 儉-而 收乏。 其 於-今 之 不^- 甚 厚- 焉。 然 如-数十 年來? 窮民 或不, 給,, 培養? 而田 i 一野 荒 

其 所 i 得。 什已 滅,, 二三? 而吏之 所, 檢。 剔抉 幾 霜焉。 則 比,, 諸 勝國之 時? 所, 損旣過 其 半, 矣 且地 

^ 之 肥 瘠" 如 =有:,常 者? 亦 未- 必不, 由-人力? 而加以 --. 水阜 之災? 則 有 之 所 i 膏艘 不, 若,, 繞确之 地, 

i 者 5 民力 之 所, 加 專= 於 簿賦之 田? 而 租税 之 所 k 增。 偈 在,, 豐穰之 地? 則 今 之賣, 田 上者不 k 如-下 

本 一 者? 乃 其 買, 之 者 C 亦 唯 擇-- 其 下 者? 而不, 求-其 上 者? 夫 田 之 有,, 上下, 也 必以 分-, 其 所, 入 多少? 而 

今 或 反, 之。 吾 未 v^-- 其 何故-也,) 若 今更」 止 其 1|渝? 改 --定 上下 之 等? 因 計,, 數歲之 入? 以爲 =租 調 之 

法^ 令-一計 吏不! ^得, 逞 一一 私智? 則 民業 必安。 而農 事必 舉矣レ 是其 足, 食通, 財 之 道爾。 然則 天下 之大 

理 ; 利 寧 止, 此而 已耶。 曰。 不: 不, 然。 今 天下 之 士大夫 C 託 JI 得; go 納, 賂取 J 貝 則 饕餮之 族。 盤- 

梪于 廟堂 之 上? 貪賺之 俗) 羅-- 織 于輦穀 之 下? 故 士庶人 之贄。 或 破,, 一 家 之產? 卿 大夫之 贈 C 率 傾.. 

1 歳 之 俸? 贈, 之 者 多 而酬, 之 者 寡 而貨皆 聚,, 于威權 之 門- 矣 乃 士大夫 之 欲, 立,, 其 身, 者 十 室 

之邑 擔石之 俸 C 奚 足,, ,以 養-, 其 妻 祭, 哉。 是以其 志,, 仕 進, 者 唯 欲,, 其 富, 羨-, 其 利? 貪 慕 之 情 一 菊 

而廉耻 之 心 罷ナ乂 其 害 = 乎敎 化-者 一 也 又 其 居- 權賁, 者 C 不, I 必 無,, 慾 而賵, 之 者 不-必 無., 辭 則 

不, 得, 已 而受, 之。 及,, 數贈 數受? 則不, = 能必 無- 1 回 護? 而薦, 之擧, 之。 不,, 1 必 問-其 賢愚? 是 名稱, 選 

,人0 而實 爲,, 寶, 官者, 矣 其 害,, 乎 政事, 者 二 也 且士大 夫 之 在, 官者 C 巳以, 賂得, 之 則 其 於, 人 

^不 k 能- -必 I 丁不. 然也。 故 善赂者 好, 之。 ^^_,善赂-者惡,之.- 官宦宮 妾。 梁, 之 W 貪-其 利? 以 達,, 其, 



彙 

編 



輙 傾- 一 國之 入? 狡猾 之才。 揣摩之 術。 無, 禁無, 制。 唯 其 所, 欲 也。 則 其 富 幾與, 1 封 君 一 相抗。 故 天下 

之異樹 珍禽。 絕世 奇怪 之 物。 皆歸, 之。 錦繡 綺繒。 華美 輕輭 之. 物。 皆歸, 之。 珠玉 歸, 之。 金鐵歸 k 之 

膏梁肥 肉 歸:, 之。 美 栗 旨酒 歸, 之。 巫醫 工匠 歸, 之。 俳優 雜伎。 百 爾技藝 者。 亦 皆歸, 之。 夫然則 天下 

之貨 爲, 之不, 足 C 而 財爲, 之不, 通矣。 是以當 世 古 錦 之 美 者。 方寸 或 値- 1 千金? 刀 鐶之精 者。 一 枚 或 

當 _| 萬石? 故士之 有- 祿秩, 者 C 終身 不, 能, 服,, 其獒? 而 累世 不, 能, 用,, 其 精, 焉" 豈翅 衣服 器 玩爲, 然 

哉。 薪萄 魚鹽。 五 土 之 利。 至-於 鍛冶 陶鑄 百ェ之 事? 一 爲, I 商 旅所,. 占 則 物價騰 躍。 不, 可 _| 端倪? 而 

天下 之幣。 悉 集- 于帘酈 之 間, 矣。 故 今 之 世。 公侯 百 里 之國. - 不^,, ,以 恤-, 其 孤獨, 也。 卿相 萬 戸 之 封。 

不:, 足 三以憐 一一 其矜寡 一也。 大 夫不, 足 3 以 治-其 家事 一也。 士不, 足 一一 1 以養 一一 其妻孥 一也。 農工 皆 不レ足 3 以 償- 

其 債-也。 不, 足 則 假= 之 商賈? 一 歳 之 息。 或 倍 _| 蓰其 母? 至, 有,, 腺, 衣 典, 財 及 妻孥爲 者? 天下 

之 不利 孰 大焉。 當, -此 之賠? 俗吏 之爲, 政。 群議 終日 G 卒不, 能, 得 = 一 策? 徒 務_, 聚激附 益? 取, 此忘 

; i 彼 C 忽々 奔,, 走于 東西? 曾不, 得, 制- 一 賈豎? 亦 何 益-於 一 朝 之 食, 哉。 然則 如, 之 何。 曰 C 商 者 天下 

之 賤民 也 天下 之 賤民 ◦ 而居, 1 天下 之 豪 富? 食, 肥 衣 kip 固 非 U 其 所, 也 ◦ 而縱廢 = 居 天下 之 財? 出 _|納 

天下 之货? 罪 不-, 亦大, 乎。 何不 其官? 立-其 法? 使 之與, 農 共 食。 與 i 共 居? 凡百 玩好。 一 切 

禁, 之。 高閣 重 門。 一 切 止, 之。 不, 從者刑 i 之 Q K-i 改者罰 や 之 e 賣, 之 者 多。 而買 k 之 者少。 則 所, 居 

者必廢 而所, 聚者必 散。 散 者 多 則不, 售。 不, 售則必 减-. 其 偕? 而後 能辨, I 其- 眞贋? 能 明-其 精粗? 多 

, 利 者征, 之。 多畜 者賦, 之〕 如 1 此則 物價自 l^o 而 貨財 自 通矣。 且其 治, 農 者 登 田 必百畝 C 税必什 

山縣大 ili 柳 子 新 論 六 H 七 



朱 子 g 汲 上 六 百. K 

無, 恩 無 ^義0 或 出,, 刀雜 之餘? 傭 力 糊, 口。 寄寓 爲, 生者。 尙何 望, 爲, I 其 曲 制, 哉。 以, 此 爲,, 緩急 可,, 使 

者。 不- > 亦 愚之甚 I 耶, - 是皆 見, I 一 時 之 小利? 而不, 盧_- 後患? ん窮民 憂〕 而 培-養 禍投, 者爾。 故 古 之 

治-天下-者。 務 平-其 利? 務膽 其窮? 廣及 = 四國? 推 達,, 四 表? 而後 民 安-, 其 土? 人 專,, 其 業? 是以世 

長 淸平。 而國日 富 庶矣。 書 曰。 無 k 偏 無 X 黨 王道 蕩蕩 a 無, 黨無, 儡 Q 王道 平平。 治, 民 之 謂 レ蕩。 治 

,國 之 謂, 平。 豈 非-, 無 &, 黨之 謂, 耶。 今 之爲, 政者リ 其 爲,, 蕩蕩, 乎。 其 爲,, 平? 乎。 

通貨 第 十 一 

柳 子 曰。 足 i 之 道。 莫, 先,, , 於勸- 農事? 而 通.; 貨之 計。 莫, 先, 於 平-物 惯, 焉。 不, 厚, I 稅欽? 則農勸 

矣 G 不, 縱_| 商利? 則價 }^ 矣。 古 之 時 帝王 能 勸,, 其 農? 故 夏 五十 而貢 U 般 七十 而助" 周 百 畝 而徹。 

制 乎 跪, 異。 而其實 皆 什 一 而已。 後世 乃 有,, 祖調之 法? 率 亦 什 稅,, I 一 一? 賢人 君子 尙且 以爲, 不, 若-古 

道 1 也。 其 平, 價者。 周 官有-司 市 質 廛賈師 泉府之 職。 鹽鐵茶 馬 之征? 变 世莫, 不, 置, 議矣 ^輓 近以來 

邦國 之租。 或 什 收,, 五六? 加 以,, 調與, 庸. - 則 稼 穑之カ C 卒不, 能, 慣 _| 其 費? 是以 田野 B 荒 農事 日 怠 

怠期窮 窮欺濫 濫斯鉄 ◦ 铁 而不, 復 則 年 穀不, 登 而 食不, 足矣。 唯 夫商賈 則不, 然 價賤則 居 

價 賁則廢 廢居 在, 己 C 而利 如, 掇卖 且大商 之 食, 人 勸 至,, 千 百? 奴隸滅 獲。 衣, 帛 食, 肉 C 徒手 居 

k 肆。 擧止亦 何勞之 有。 其 所, 用。 百 器玩。 鏤金彫 玉。 t ク贰 無, 雙者。 實, 府充, 靡。 娥 眉胶齒 

有, 容有, 姿 者 C 滿, 坐 盈, 席 其 餘金帛 藏 而不, 發 納 而不, 出 倚疊 如:, 山 委镜 如, 丘。 地 買 

レ宅。 一 夫 或 私- 1 千 戸? 寶 J 房 1? 舍 C 1 人 或 占- 鈕萬? 居, 之者不 J^o 而 置, 之 者 無, 损0 故 一 商廢居 G 



危 o 入, 彼 則 安。 爲 X 此則窮 爲, 彼 則 達 見, 利而進 尾, 害而退 衆人 之 情 也 即今 之 俗吏 何以 

能禁焉 且也虑 U 通都大 a? 邸 第 官舍。 述, 甍繞, 城 飛閣 接, 夭0 卿相 居焉。 侯伯 朝 焉。 結 駟連騎 

絡 緣不, 斷。 穀雜肩 摩 ◦ 襟 袂爲レ 幕 ◦ 自-, 俳優 雜劇舞 伎很子 之屬? 以 至- 于使熊 徂ェ支 離 盲雙之 徒? 視 

者 如,, 堵墻? 巫 視符章 浮 屠 念誦 乞 者 接, 踵。 求 者累, 趾。 積 如, 山 C 赛錢 如, 土。 居, 之 者不: J 貝リ 賫 

, 之 者不, 征。 異服 之不, 識。 異言 之不, 察。 市 縱,, 波渐之 觀? 府猜, i 金 OH 之 美? 茶 肆酒肆 接, 驚。 地 無- 

靑 草-者 方數十 里。 是以 天下 之 民。 去, 鄕 去, 國 e 競 而歸, 之 者 猶,, 蟻 之 箸,. 鐘。 B 不, 知-其 數? 則 人 

益 多 而 土益狹 Q 城 闕之外 C 率 歩不, 容,, 一 人? 是 皆逐, 末侔, 利 之 徒 耳。 至 其 耕織務 k 本 之 民? 則槪乎 

無, 聞矣。 是故 都下 之 給,, 衣食? 曰 盡_|^§ 萬? 餐, 金 薪, 玉。 猶且 以爲, 慊焉。 乃 關外四 野 之 民。 輸_, 運 

千里? 盡, カ竭, 財。 行 役數歲 田 ii 野 荒 央廢 其 鋤? 婦罷 其 機? 唯 末之逐 唯 利 之 求 e 亦 何 暇 

レ恤 = 其 妻孥- 哉。 古人 有 Jlno 曰。 一 夫不, 耕 G 則 天下 有 i,, 其饑 1 者? 一 婦不, 織。 天下 有 T 受,, 其 寒, 

者 5 乃 窮民 之 無聊 者 或 挾,, 異術? 肢 n 惑 愚人? 或 憤怒 激發。 劫 rr 椋正 長? 甚則有 k 踰, 壘 登, 城。 逼訴 

其 主, 者? 亦 皆爲, 之 則 得。 不, 爲則失 故 耳。 如-今 之 俗吏? 生 在,, 輦穀之 下? 唯 見,, 此富 足? 而 未, 知 = 

彼 窮乏? 輙 曰。 古今 之 盛 世 也。 天下 之 美 土 也。 殊不, 知 陰陽 泰 否。 變 易不, 定。 益, > 乎此, 則 損-乎 彼? 

天地 之 至理爾 一 日 一有,, 不測 之 難? 而旌 旗掩, 目 4^. 鼓駭, 耳。 矛 戟當」 §0 矢 石 接, 後 即骑卒 並 奮 G 

而 水火 乘, 之 乎 不, 知, I 其將. ^出- 1 何 謀-也、」 拒 k 之 者吏士 鞭, 之 者卒徒 C 亦 皆群聚 合 之 兵 C 進 返 唯 

晃, i 厥 利? 則 揮, 鞭而走 負, 旗 而遁。 固 町,, 以前 知, 也。 况士人 之 所 V 使。 奴 隸輿夫 之 賤者。 亡命 無賴。 

化縣大 柳 子 新 論 丄ハ 百 五 



朱 子 さ 上 六 百 B 

掠。 一 出,, 于 不., 得, 巳-:^。 是奚 在, 除-其 禍- 哉。 假 令-其 禁 銷無, 所, 處 i^o 則不 X 若-絞 斬 即死 之-^, 

矣リ 夫 然則窮 者 曰 多 而 仁不, 及 賊者曰 衆 而 刑不, 及 旣不, 安-其 可: 女 又不 k 懼-- 其 可 ^懼0 必 

至, 有-窺 薪 之 徒- 矣し 且今 天下 之 士與, 民リ 固 非, 不, 愛-一 其 君 一也」 非, 不, 懷-- 其 上-也。 然 苟不レ 安- 

其 職? 則 或爲, -奇邪 之 行? 不」 女-其 業? 則變爲 末 利 之 計? 彼 皆 厭- -此不 而 見-彼 可" 安 故 也。? 

諸 火 之 就レ燥 水 之 就, ^濕。 其 易 可 1 拒 乎 若 以,, 彼 可,, 安〕 易- -此不 4 女" 則 必不, 然也 安 k 之 之 道 何 

如 曰。 今 之爲, 政 者 槪皆聚 徵附益 之 徒 蒙-其 禍- 者。 獨 農爲, 甚。 若 能 用- -循廉 之 吏? 無 農 

桑 之 利? 則 天下 食 足矣。 天下 食 足 而後 民 安-其 業-也。 <^ 用- -循廉 之 吏? 無 k 縦-商 賈之 利? 則 天下 

財足矣 天下 財 足 C 而後 士 安,, 其 職, 也 士 安則 國强 民 安則 國富 國强且 富 C 天下 之 iSi 也 夫然後 

鱧樂 可, 典 也 賞罰 可, 明 也 是之 謂,, 安:, 民 之 道 1 也 C 是之 謂-長久 之 策-也 

守 業 第 十 

柳 子 曰 夫 民 之 居, 業 也 父子 相承 世 傲不, 變 各 安-其 土? 各 治-其 事-者 先王 之 治 也 U 是 以上 

古 之 民。 能 知,, 其 道? 而 力-, 其 業? 食以 i 此足。 器以, 此 堅。 財以 k 通 。用^ 者, 損つ 爲乏者 不き。 

季世 則不, 然 士之 祿不, 如,, 農 之 利? 農 之 利不, 如- -ェ商 之 富? ェ商 不, 如-巫 醫? 巫 侉不, 如-浮 屠? 

而 俳優 倡 伎 別 得,, 一 封疆? 幾何 外道 更 開,, 一 乾坤? 即民之 汲汲 乎 孰 能 修-- 其 業? 而 守-其 事-者 

哉。 逐, 利而 走。 隨ぉ 而變。 雜 荷- 耒耜? 今則販 IF 朝 執- 瀘罇? 夕 則 咒阻。 鵾冠 之士。 忽 羨-倡 優 

之 態? 息 心 之 侶 或 奉-, 耶蘇 之敎? 彼 其庸夫 C 固不, 知-是非 之辦? 亦奚遑 "問-其 邪 正-哉 居 i 此則 



無, 不, f- 其惡, 矣。 是亦無 あ 欲^-, 其 所 "安 也 夫 天堂 與,, 地獄? 非,, 親 見處? 而 非,, 必到 地, 也 

尙且 聞,, 其 安樂, 則 喜, 之 聞-, 其 苦惱, 則懼, 之 豈徒 喜,, 懼之, 已哉 甚焉則 舍,, 妻子 7 舍,, 貨財? 不 

,患- 饑寒? 不 斧頌? 視, 死 如 fco 唯 其不, 遄之憂 U 是亦 無ら。 生不. Z 如, 此。 則 死不, 安 也 3_ 

不一 一 必可ァ 得 之 安 3 斷 下不レ 可, 忍 之 欲が 比 一-一 諸 魚 鳥 之 思 一一 海山? 豈不- ー亦甚 一耶。 且人 有-一 不, 可, 免 之 患 

與-ー 不%^1 之耻? 則 必曰。 不, 若レ死 也。 凶年 飢歲。 走而 赴-溝 塾 一 者 避-? 可, 免 之 患 一也り 敗軍 

之將 引, 刀 而自决 者 知-一 不レ 可レ雪 之耻, 也 以, 此觀, 之 安危 苦樂之 切, 一 於 身, 也。 甚-, 於 死生 ー矣 

今 天下 之 諸侯 國不, 同,, 其 政? 人不, 同,, 其 俗? 而不學 無 術 之 徒 狗, 1 目前 之 近 利? 而 忘,, 經 《之 遠圔? 

赋歛不 A 省 刑罰 不, 措 法令 無, 常 賞罰 失, 中 則 民不, 遑-, 寧處? 去, 此 就, 彼。 出, 彼 入, 此 恂 f: 唯 

其 免 之 求 是以 四方 之國 亡命 滅 k 跡 者不, 少 而土著 之 風變。 群聚之 俗興矣 仲 尼 之 言 曰 道レ之 

以, 德。 齊, 之以, 禮。 有:, 耻且 格。 道, 之以, 政 齊, 之以, 刑。 民免而 無, 耻。 又 曰。 君子 懷, 德。 小人 

懷, 土0 君子 懷, 刑 小人 懐, 惠。 苟有 憂 k 之 心? 亦.? 爲-, 之處, 耶。 嗟 夫 今 之 用お。 雖禾, 由-先 

王 之 法? 而其處 k 刑 論, 罪。 不 _,必 爲., 不^_ 田 也。 至, 如-, 礎 梟 火刑? 則蠻 夷之 所, 爲 加, 之 以-- 族滅? 而 

酷 極矣。 故 燔,, 一 家? 則 身 旣灰。 殺: 1 禽? 則 族頓赤 C 有, 若, 盜,, 長 陵 一 杯 之 土? 則 吾 未, 知,, 其 何 以 

加 1^ 之 也 雖, 然死 一而 巳。 日 減,, 其 口? 月 損,, 其 戶? 而國 受-, 其 弊, 則已 C 若 夫 放逐 削, 跡 籍沒 減,, 死 

1 等? 則 似, 寛 而實太 酷 也 是唯 承-, 割據之 遺? 而立,, 苟且 之 策, 者 要 非,, 統 一 之 制, 也 即 重罪 過惡 

者。 逐 -I 於 左-入 = 於 右? 放-於 前, 居,, 於 後? 雖,, 則懲, 之 乎。 無產無 業。 不, 可 K 如-其 身-何? 則 竊盜劫 

山鬆 大^ 柳 子 新 論 六 百 111 



朱子學 汲 上 六 fall 

而庸 王。 而後 天下 M に 有-遺 才 -矣。 叔世 則不, 然。 凡 名,, 一 才 一 藝, 者 Q 幸 一 蒙- 擢拔? 則 無, 問 ,„能 與,, 

不能? 子孫 卖葉 相嗣 爲,, 一 家 之 業? 欲, 已 而不, 能 是以强 治-, 其 事? 則 不,, 以, 此 爲,, 桎梏, 者 盖鮮 

矣 亦奚得 T 能 窮-- 其蕴? 而 成,, 其 名, 者., 平 哉 後他官家^?-寥乎無,出,,奇才? 而素餐 1 尸 多 者 職此之 

由。 且也技 藝 之 有,, 嗜好? 不, = 徒 如,, 酒色? 則 布衣韋 帶之士 C 破, 產 學,, 屠 龍 之 術? 殺, 身 習-彫 蟲之 事, 

者。 比 = 肩 接 „, 武于 宇宙 之 間? 則 其 在,, 今日? 蓽 門圭寶 寧 無,, 淑儻 豪邁 之才, 哉。 而唯是 冀北之 群 

未ョ曾 遇-伯 樂 一顧? 刖 慷慨 悲歌 徒 憤,, 死于 岩穴 草莽之 中, 者 C 亦 幾許 人 也。 昔 燕 王 聽,, 郭隗之 言? 

而能 信,, 駿骨値 千金? 則 天下 之 賢士。 無.^ 不ぃ 應,, 其徵, 者矣。 可, 尾 好, 賢 之 至驗。 疾,, 於 影響, 焉。 雖,, 

今 之賠? 苟有 ,能 好, 之 如,, 燕 王, 者 S 士亦 豈不, 顋, 造-其 門, 哉 唯 夫 無-科 擧之 法? 而使 =, 能 者 屈而不 

, 伸。 不能者 强爲- -不, 欲 之 事? 而 責以, 無-, 其 人, 者。 何郇。 是特揚 于國 家, 者? 而抑 T 有, 用,, 于 

天下, 者 W 易 以爲, I 勸, 士之 道? 亦 曷以爲 ,1 安, 民 之 道, 也リ 

安民 第 九 

柳 子 曰。 魚 之 在, 池 也。 無 レ不, 思 -|江 海- 焉。 烏 之 在,, 樊籠, 也 無, 不, 思,, 山林, 焉 是無, 它。 皆 其 所,, 

自安, 也 即民之 於-天下? 不-- 亦然, 乎 先王 知-, 其然? 視, 之 如, 子 愛, 之 如,, 手 si^? 故 爲_ 一 其 可 "安 

而民 安, 之 爲,, 其 可., 樂 而 民樂, 之 其 旣安矣 つ 艾 旣樂矣 是以民 之 視,, 先王? 亦猶, 視,, 1=- 父母? 孰 

不, 歸,, 其 仁 1 也 哉。 詩 云 豈愤 君子 民 之 父母。 今 夫浮展 之爲, 敎也。 曰 C 生爲, 赛者 死 入,, 樂地? 

百 福 並臻。 其爲, 惡者 則墮, k 獄? 苦惱無 J 躬。 苟 聽,, 其說, 者 g?{iS 乎, き, 不, 勸,, 其 善, 矣 揪揪乎 



m 



本 



理 

彙 



無, 非, 1 俊 幸 璧寵之 冀,, 旨。 故 當-- 其 得 P 意 也。 逢-私 智-以 欺, - 王公? 縦-利欲- 以虐, - 庶民? 讒該 面諛 

暴 展誣罔 適 賊,, 夫 良家 之 子? 豈 可, 不, 悲乎 且士 之輕薄 者" 毎 與-- 倡 優 之 徒, 居 數 入,, 雜戯之 場-? 

日晃 --其 冶容? 而 聞,, 其婉 言? 則 謂 S 人材 無,, 彼 若者? 歆羨歎 慕 遂-- 失 廉耻之 心? 便侫 口 給 唯 優 之 

倣 久而 化, 之。 則士 氣爲, 之萎猜 ^俚 猥雜。 以 醸-成 宣, 淫之 俗, 矣。 R- 優 伎 之 操 音0 非- 淫哇, 則 

殺伐。 奪-人心 志? 量-人情 性? 其 傷-, 中和 之徳? 不,, ;特媳 與,, 斧斤, 乎。 即今 之士大 夫。 亦不, 徒 聽,, 其 

音 I 視 * 其容? 動 舉,, 其 伎, 習,, 其 曲? 甚 有た 至,, 於郊廟 朝廷 祭祀 典禮? 用, 之以 易- 韶武 5 王 候 舞, 之 卿 

相奏, 之 稱 3 美善盡 >| 于此, 也。 觀_, 其 爲ぁ曰 也 無, 節 無, 制 C 聲 律不, 愜0 宮商 無, 序。 非, 和 非, 應。 

相 喚 相 叫。 曾 烏 啼猿嘯 之不: お 也。 舞 則不, 文不, 武。 進退 無, 法。 周旋 無, 度。 歌 則 侏 離 鴃舌。 無, 興 

Mr mo 無 广情 o 託き 託 k。 亦 何 意義 之 有。 若 其絲竹 可, 和 者。 則 繁手數 節。 靡 靡 褻慢。 中 冓 

之 言。 尙可, 聞 也 斯言之 §so 不 i 可, 聞 也。 亦 唯 上 之 所, 好 下必 有,, 甚焉 者? 則 其 移, 風 易, 俗 疾,, 

於置郵 傳., 命 諸 如, 此之類 可, 耻而不 ,愧0 可, 惡 而不, 愤 士氣之 衰窮矣 夫士 非-忠信? 則不, 可,, 

以 與.. 政 非,! 廉耻? 則不, 可,, 以 處., 事 此四者 ◦ 志以 固, 之 氣以 達, 之〕 若 志 氣兩衰 則 皮 之不, 存 

毛將 何屬。 ^如, 此耶 ◦ 假 令,,, 其 有, 才有, 藝。 文 以,, 衣冠? 而唯是 優孟耳 何以 爲,, 君子? 何以 爲,, 士 

大夫? 是豈 非-編 伍 無, 法 C 猾良相 混 之 弊, 耶 唯 如ョ巫 醫百ェ 與,, 藝苑衆 技 之 流? 則 有,, 異焉 者? 何 則 

以 =1 其 爲,, 國家之 川, 也。 夫人 之 於 技藝, 有,, 好惡? お = 好 惡-斯 有-, 能 不能? 其 好 而能焉 Q 則 妙 年 或 稱,, 

奇異? 不= 好 而能, 焉 則 童 習白紛 奚 可,, 以誣, 乎 故 先王 之 立, 敎也 有, 師有, 官 選 而擧, 之 登 

山鬆大 1» 柳 子 新 論 . 六 百 1 



朱子學 上 六 _a 

恣 o 大 開-賭 煤? 竊 匿-, 罪人? 誑-誘 子弟? 肢-- 惑 良民, 者 盖 居,, 其 半- 矣 且也 近世 之處刑 其 罪 不 

レ 至, 死者 U 或黥或£^1^- 或 加-答 杖? 而後 籍- -沒其 財? 放- -逐其 身? 則 星 散 無, 所, 歸者 。不, 可,, 勝 計, 焉 

而 其暴惡 ◦ 固 非 3 輕刑 所,, 能懲? 則 或不, 能 T 自改 -, 其 過? 、w 就, 其 業 5 是以 欲, 寄-親戚? M 接 而斥, 之 



欲, 託-僚友? 刖禁 而錮, 之〕 使 T 之 無-衣食 之 計? 無 ,容, 身 之: gS} 則窮 困莫, 甚焉り 小人 窮斯 濫矣し ^ 

其 性 之 所-固有? 死灰 箏不, -復 然-乎 遂 群- 聚鄕黨 閭里之 間? 竊盜攘 奪 以 妨,, 人產? 剪絡讀 編0 以 

害-人生? 如, 此者。 亦 不:, 爲, 少矣 C 是皆蟊 --賊 蒼生? 而鍋 及- -國 家-者。 不, 可 „ 尾以 爲,, お 態, 也 G 

宜 1^ 復-- 絹 伍 之 制? 明- -la 籍之 法? 令-, 戴 毛 含 齒之展 上 有, 所』 one 下 有,, 所, 由 U 辆舉目 張。 不., , 容,, 掛 

漏 之 謗? 然後土 著 之 俗 成 而刑措 之 化行矣 C 其 於-, 治, 國之 道? 庶幾 可,, ,以 爲,, 一 1®, 也 

勸士第 八 

柳 子 曰 農工 商賈 此之 If,- 民 之 良? 所, 謂 良 者。 利, 用 厚, 生 C 相輔相 養0 以有, 《 --, 於 1! 家-者 也リ 

故 先王 立, 師 以敎, 之〕 立, 官以 治, 之 愛, 之 親, 之、 し視 k 之 如, 子 0編 伍 有, 制 使役 有, 法 推 以與, 士相 

齒0 謂-, 之 四民? 所,, 以爲, 良 也。 若 夫 倡 優戯子 C 則 仰, 入 之 利? 受,, 人 之 財? 以 悅,, 人 耳目? 徒 養,, 其 口 

腹? 不, 能, 爲-- 人 衣食? 存, 之 無, 益-於 國家? 不, 存無, 害,, 於國 家? 故 先王 斥, 之 不, 與,, 四民, 伍 5 

戸籍 相别。 婚姻 不, 通 是其視 民 愛 有, 等 親 有, 差 類 分 群聚使 K 之 各 專,, 其 業? 以遂, 其 生, 者 

仁 道 存焉。 後世 則不, 然 薰藩 同, 器 淄澠 一 k 流 良 雜相混 戚族 無, 分 鶴 to. 之 法 壤矣。 先王 之 政 

歇矣. - 甚則倡 優 或受, 1 士祿? 無:, 功而富 無, 德 而賁。 卒 至, 有 其 業? 立 服-, 官政, 者 5 原,, 其 所., 由 



多-. c 命? 刖盜賊 並 起矣。 治 民 之 害。 莫, 大,, 於 盜賊, 也。 近 * 承,, 衰亂之 後? 編 伍 失, 法。 戸 鐯不 k 明 e 

十 室 之邑。 尙 有.^ 不- ハ識, 者 W f^JT 邑大 都。 無賴之 民。 亡命 破, 家 者。 歲以, 千數。 然 去, 此居, 彼 

則 不:, 可,. g 也 故 潜 匿 在,, 都下, 者。 或 終. i3t 免,, 追 捕? 還 爲,, 安逸 之 人? 僥倖 起, 業 能 致-千金, 者 

亦不, 爲, 不, 多。 而 一 日: 編 = 列 其籍? g 與,, 鄕豪七 著 之 民? 終 無,, 相 別, 焉。 若 乃 窮民 不, 能 k 爲, 生者。 

奔走 乞,, 食 道路? 至, = 轉,, 死于溝 潰, 者。 曾不, 爲,, 隣 M 所., 憫。 或 藩つ 髮 爲,, 僧尼? 糊-口 四方? 或 竊盜傷 

, 人り 受,, 刑 他 邦? 患難 不, 救。 疾苦 不, 問 e 無-貴賤, 無-親 練? 唯 其 冷煖之 察。 則 名 同,, 閻井? 而實不 

,1 靑 仇視? 驚囂 乎 豕-交 於 巷 之 間? 啦吸乎 狗,, 爭於閭 閻之中 > 者。 豈 不,, 亦悲- 乎。 雖, 然如 = 僻邑 寒鄉 

之 俗? 猶或存 = 古 質 之 風? 怖に g 畏, 法。 刖尙 未:, 爲, 其矣 至 _| 于 都下 群聚之 民? ^輕_| 蔑 王公? 威-侮 

士人? 視, 之 如,, 嬰兑? 以 竊,, 其 貨財? 以 椋,, 其 妻孥? 證 誤以稱 v^。 劫 以稱, 勇。 爲, 徒爲, 黨 以至 

于 目樹= 名號, 焉。 官听, 不, 能, 制。 法 所, 不, 能, 蘇 也。 還 假_| 之 力? 以 追,, 捕 他 盜賊? 又 用-之 謀? 以 

制-他 暴徒? 則 彼 <ir 誇-其 爲., 官。 愈 益 侵-侮 天下 之 民? 奚知 T 其 非 中 借 _ ー賊 兵, 齋ー, 盜糧, 之 比.. 哉し 可, 歎 

之甚矣 又冇 T 名 稱,, 處土? 僑,, 居于 市井 之 間? 以, 技爲, 生。 以, 材 自售。 而 榮,, 其 身, 者 ^ 又 有 T 名稱 _| 

浮 屠? 假っ 場。 賃, 房設, 席。 誘 = 15^ 鰥寡? 以ュゃ I 其 生, 者 ^ 又 有 T 名 稲-巫祝? 搆, 屋爲, 祠。 設レ壇 

代, 廟。 E 几咀納 k 賽リ 賣卜 求, 糈、」 は 成,, 其 家 I 者? 此數 者。 治世 必有之 人。 而鄉里 所 k る 小 民 所 ,尙0 

固不, 爲 kMI 也。 然彼自 處-其 身 S ー以 爲』。 ー以 お-浮 屠? 一 以爲, I 巫祝? 出 無 ^-1 令 長 之 敎0. 

處無, 列-編 戸 之鐯? 則 陋劣 庸惡。 亡命 無賴之 徒。 濫 _| 吹其 間? 而 挾- 奇邪之 術? 欺, 人誣, 民。 放蕩 縱 

山縣大 柳 子 新 論 五 W 九十 九 



本 



理 

編 



朱 Hi IS 上 五 ぼ 九十 八 

水旱 之災? 則 有-束, 手俟, 斃者, 矣。 故 民 之 在-間 巷-也. - 赛鬵者 富。 善 耕 者饑。 視-- 之 先王 之 典 <p 豈 

不, 異乎 且 其爲, 吏 者 不學無 術 唯 知- -錢貨 可., 贲 而尾, 利廢 k 義」 則 商 賈之權 上 侮,, 王公 V 下 

凌-朝 士? 使, H 如-奴 隸? 農 如- -臧 獲? 厚, 生 之 道. 0矣0 是無, 它 宫 無-其 制, 也 C 若 夫ェ者 能 

制-, 器物? 以 利-天下 之 用-者 也。 亦 皆 與,, 商賈 -爭, 利 錐 刀是競 刖材 皆麁惡 器 皆 苦 疏0 不 k 日 而 

成 不, 聘而毀 C 唯 欲, 易, 售 不, 欲- k 《堅 緻? 要 非, 不, 能, 爲也 爲, 此則富 爲, 彼 則 貧 故 也 5^ 在 = 

官 局-者。 多 養-奴 隸_? 稱爲; 弟子? 跟球 刻鏤。 一 出-他人 之 手 而已チ 能, 正- 一 規矩? 服 食 J 曰 

亢顏自 稲- -大 匠? 實是 一 賈 g 媒, 財 者 巳 是亦 有, 實者复 に 名 有, 名 者 無 ^實0 而利, 逐, 名而入 C 背レ 

實而 出矣。 夫 誠 如, 此乎 刺,, 猴瓊 葉? 亦 何 益,, 於 養 = 其 身-哉, - 故 今 之 百ェ。 即商賈 之 储奴耳 C 何 足 S 

以 論-巧拙-也。 利, 用 之 道壤矣 是無, 它 官 無-, 其 制, 也 C 故 今 之 民 身日勞 U 而財日 空。 是以 断然 

乃 謂 耕 無」 於 食? 織 無に 赴-於 衣, 也. - 士亦 曰。 學無, 益-, 於 身? 業 無, 益,, 於 家-也 乃 廢-, 其 事? 

而惟奇 邪之從 請 張之務 於 乎 世之遂 k 末 者 何 其 多 而務, 本 者 何 其寡耶 古 者 有 Jgo 曰 上 之 所 

.00 下 有- -甚焉 者? 先王 察 „, 其 如, 此 故 賁雈賤 以禁- 民 邪慝? 所,. W 敎令 明-於 上? 而 風俗 美, 

於 下, 也 今 且須, 置, 官立, 職 抑, 末復, 本 奪-, 商 賈之權 ^ 興, 農工 之 業- 然後士 氣漸復 各 樂-- 其 

所,. 爲, 生。 則 四民 得-其 處? 而 天下 居, 安矣。 

編 民 第 七, 

柳 子 曰 C 古 者 治, 民 之 法 必 有,, 編 伍? 編 伍 無, 法 則 民不, 安, 土 民不, 安, 土 C 則國 多,, 亡命 國 



黜涉 有:, 典。 而後 „^ 民 懷王。 四國 化乏。 是故士 者。 長-四民, 共-天職-者 也。 奉-君命- 令-天下-者 

也 行,, 仁義, 輔, - 庶政-者 也。 體- 忠信-布- 德敎 1 者 也。 當-今 之 時? 士氣 大衰。 內 無- 廉耻之 心? 外 無- 

1M 救 之 功? 上 廢-- 天職? 下 誤-人事? 俊 蛮與- -商賈 -爭, 利 妨, 農 傷, ェ殘害 以稱レ 威 飽食暖衣 安逸 

一 以稱, 德。 曰 食-其 粟? 曰 用-其 器? チ知 S 所-は 報 T 之。 驕奢 成, 俗。 身 貧家 乏。 秩祿不 i。 而 仰-給 

日 一 於 商賈? 假 而不, 還。 爭論並 起 C 賈豎之 ii- 於 利? 少成如 k 故。 習慣 如-自然? 先爲, 不, 可, 勝 而 待- 

fe. ; i 敬 之 可,, 勝。 彈, 唇 鼓, 舌 智巧 百出 烏 獲爲, 之 怯 莫 邪爲, 之 鈍" 况 彼固是 而此固 非 雖, 欲, 克 

一 , 之。 其 可, 得 乎 且大商 之 於 as 也。 居貨萬 計。 奴婢 十數 家 室 器用。 錦繡 珠玉。 皆 我 所, 不 k 足。 

倫 1 而彼則 有, 餘。 是以封 君 便, 首 敬 如-父兄? 先王 之 所, 命 爵位 安在 哉 德義之 敎輟矣 是無、 匕リ 

m 官 無-其 制, 也 夫 農 者 n 能播- 百穀? 奢 耕 秋 獲0萆 處露 宿。 手足 胼胝。 作役以 奉, 上。 餘カ以 養-父母 

. _ 及 妻子? 躉 饔不, 怠^ 也 夫人 無, 食 則不, 生 賁爲, 1 王公? 富有-四海? 而爲- -其司 命-者 C 非, 農 乎 

M 一 故 先王 命,, 司 農 之 職? 勸-- 男 稼穡。 数-女 紡績? 簿-- 稅激, 以 富, 之。 省-力役- 以 安, 之。 親, 之愛レ 之い 

編 鰥寡 咸 被-其 德-矣 接 世 則不, 然。 磽确之 地つ 斥 齒之田 日 竭-- 其 力? 月 加-其 功? 才 得- 擔石? 則姦 

Z 吏 爭,, 其 利? 所, 税什六 七。 與,, 調庸, 併收 不 i 盡不, 巳 偶有 T 肥壤 所, 入 可- -以當 "食 者 5 則 盡而計 

,之0 校而 正, 之、 與, - 課役, 並賦 不, 竭不, 措。 窮乏 至, 死 曾不- 回顧? 夫 如, 此。 則土复 i- 肥 瘠? 歳 

無-, 豊儉? 凍餒 相 依 遂廢, -其 業? 計 盡術窮 則 有- -販 鬵逐, 末 者? 有-奔走 乞, 食 者? 有 T 散 轉-- 溝 整- 

, 有-亡命 竊盜 者? 有-劫略 和 殺 者? 人 愈少。 而地愈 郭ニ頃 之 田 所, 收不, 過-斗 升? 加以 -- 

山縣 大^ 柳 子 新 論 五 百 九十 七 



朱 子 a- «s 上 • 五 百 九十 六 

,首0 nnw 路稱, 王。 劫,, 略 束 夷? 窺 5《g 及,, 神器? 坂君提 ,兵"_ 遽然 向-鬼 海.? 则群 盜伏竄 頑 寇失, 魂 U 

夫此 二人 者 生 在-山野 海 島 之 間? 日 養,, 其 勇? 月 長,, 其智? 完聚 得-其 道? 指 魔 由-, 其 法? 故 能 制 =大 

欷? 功 無, 比,, 於 海內? 千 歲稱, I 威猛? 百世 稱,, 繞勇? 是古之 能 任, 武者 也〕 f?? 當, -此 二人 之 時? 尙, 武 

S 之 俗 未:, 起 如,, 軍 團 諸將? ,M 奉-兵 部 之 制? 下 承,, 郡國之 令? 尙 且勇悍 精鋭。 有,, 紀律, 有,, 節制? 使, 

一 

日 一 之 赴-征伐 之 事? 則 ー擧而 如, 振, 枯矣じ 豈非 hi 〈有-文事 I 者必 有-武備? 禮樊之 飲强鶴 無お 當耶。 

本 一 由ら 疋觀, 之。 今 之 所&尙 k 者。 亦特虚 語妄說 耳。 文武 之不, 可- -以相 無? 不-- 其然- 乎。 不-- 其 然-乎 G 

_ 仲 尼 之 言 曰。 道 > ー以 k 政 C 齊 X 之以, 刑 民 免 而無, 耻。 如-今 之 天下? 豈特 民爲, 然 乎、〕 乃至 卿士大 

倫 メ 夫? 亦 惟 免 之 求 而曲從 阿諛。 一 爲= 诲內之 俗? 廉耻之 心 蘭然。 又 安 之 君子 之 朝? 嗟耍, 之皆尙 

理 ノ k 武不, 尙, 文 之 弊 耳 C 

一天 民 第. K 

一 古昔 所, 謂 天 民 者 其 數四焉 曰士。 曰 農。 曰ェ。 曰 商。 士善 服,, 官政? 以勸 - 天下 之義? 農 善 務,, 稼 

鼷 \ 穑? 以 足,, 天下 之 食? ェ善 制,, 器物? 以濟, I 天下 之 用? 商 善 爲,, 貿易? 以 通-天下 之 財? 此四者 上 奉,, 天 

一 職? 下濟 = 人事? 相愛 相 養。 相轉相 成。 不^,, 以 一 3 相 無, 者 也。 先王 視^。 如 k-l 其 子? Kf? 先 

王? 如, 視_- 其 父母? 父母 善敎, 子。 子 善 養,, 父母? 而道存 = 其 中, 焉 是以 上下 和睦。 無, 有,, 怨惡? 國 

以治。 人以 安。 潜 且有, 所,, 憂盧? 立, 官命, 驟 鱧 樂以 導, 之 C 號 令 以敎, 之 秩祿以 富, 之。 @ 位以 

實> 之。 衣冠 以文, 之 G 于戈以 威 V 之。 量,, 之才? £ ^命-之 事? 串, 之以, 義。 使, 之以 V 時。 賞 罸有, 信。 



容 o 以 跋=扈 乎 朝廷 之 間? 淫哇 殺伐 靡擾之 伎" W 踊-躍 乎 廟堂 之 上? 彼 所, 謂淫樂 漬禮。 K- 、谷,, 於 先 

王 之 朝, 者。 公然 爲,, 天下 之經, 矣。 小 民生,, 其 間? 而 目不, 知,, 一 丁, 者 C 以, 此 爲,, 美觀? 固 不, 足, 怪 

已。 若 夫 稍 知-事情? 而與, -國家 之 職 1 者。 宛然 見- 1^ 如!, 此乎。 爲, 耻莫 k 甚焉。 不, 尙, 文 之 弊 C 寧 至- 

一 于此- 哉 且其爲 k 尙, 武者 吾 又 未, 爲, 然 也。 夫官之 分-文武? 以ョ 其不, 可,, 相 兼, 也。 譬如 = 牛與, 馬 

H 也。 馬 能 致 i 遠。 牛 能 任, 赏 性蓋爲 X 爾 若 使,, 馬 也 任, 重 牛 也 致, 遠 乎 皆 其 所, 不, 堪也. - 今 夫 任 

本 , 文 者。 所., 學詩喾 禮樂。 故 其爲, 人 也。 溫柔 敦厚 G 慣 以爲, 德 C 大:, 之 則 卿相。 小, 之 則府吏 盖其能 

一 也 U 假 令,, , 其 被, 堅 執, 銳。 在-飾 旅 之 間? 亦焉 見,, 赏 育之 功, 哉 ◦ 若-其 任, 武者? 所, 執矛楣 鈇鉞」 故 

倫 一 其爲, 人 也。 威 猛精烈 習 以爲, 性。 大, 之則將 帥。 小 k 之 則騎卒 盖其當 也 C 假 令,, 一 其 結, 纓垂, 紳 

理ー 行-姐 豆 之 事? 亦焉 晃,, 游夏 之容, 哉。 是 其不, 可, I 相攝, 也。 可,, 以見, 已。 今 也 天下 之爲, 士者。 列 位 

已廣。 冗員 倍 多。 亦 唯 便宜 執:, 事 非, 文 非, 武。 彼 將以レ 何爲, 任 乎 Q 簿豆之 事 則不, 知 也 軍旅 之 

r 一 事。 能 出-其 謀, 者。 盖鮮矣 し 甚者 終身 不, 執-, 1 兵? 而手 如,, 柔荑? 顏如 =s 化? 俟, 駕 而後 行。 俟^ 

m ™ 而後 坐。 假使 3 其騎, 殿 執 k。 任-折衝 之 事? 則 股 已不ぉ k,〕 而指 チ勝 k 弦矣レ 若-其 兵士? 則 

_ 或 取-短 長 之 兵? 數 經-, 險難之 地, 者 C 間 亦 有, 之。 然 其爲, 長爲, 正 者。 素不, 聞, I 韜鈴 之敎? 而管轉 無 

, 制。 調練 無, 法。 則鼓焉 而不, 進。 金焉 而不, 退。 旗幟 之不, 辨 號令 之不, 聽 U 以 k 當, 敬 乎 C 吾 知- 

其 適 取, 敗 之 道, 也。 奚 見-夫 所, 謂 節制 者, 乎 哉. - 勝國 以降 ◦ 其 能不, 然者。 僅 僮 可,, 指數, 已。 昔者將 

門 割- 1 據于關 純 友 救,, 應于 南海? 强,, 僭 尊號? 暴- 虐數 州? 秀鄉 奮然 率, 師 C 則 賊遁 逃。 叛臣 授 

山縣大 K 柳 子 新 論 . 五 百 九十 五 



曰 



本 



理 

編 



朱 子 S- 上 五 百 九十 四 

文武 第五 

柳 子 曰。 政 之 移- -于關 束, 也 C 鄞人 奮-其 威? 陪臣 專_- 其權? 爾來五 百有餘 年矣。 人 唯 知, 尙, 武 G 不, 知 

.f^o 不, 尙 i 之 弊。 禮樂 並壤。 士不 胁,, 其 §S 倍? 尙 k 之 弊。 刑罸孤 行。 K 不螽, I 其 苛 刻? 俗 

吏 乃 謂。 用, 文 之迂。 不, 如-任, 武之 愈? 爲, 禮之 難。 不, 如- 爲:, 刑 之 為? 古 何 足- 以稽? 道 何 足,, 以學, 

也。 是特蠻 夷之 言 耳。 殊少知 有-文事-者。 必 有- 1 武備? 禮樂 之敎。 强禦 無, 當。 率-古 之 簡? 而 由,, 道 

之 易, 也。 且夫 文武。 譬 猶,, 權衡, 也。 ー昂ー 低。 治亂乃 知。 一 重ー輕 C 盛衰 乃 見。 奚可 =以 偏廢, 哉 

是故 文武 之 於-天下, 也。 一張一弛。 剛 柔迭擧 e 1 動 一 靜。 强弱 並行 C 而後 能 平-, 均 四海? 民樂 ,- 其樂? 

而 利,, 其 利? 人 到- 于今? 無^ fe』 也" 詩 云 C 濟濟 多士。 文 王 以箏。 文 王 之 所,, 以爲. i 也。 糾糾 

武夫 e 公 候 干城。 武王之 所- -以 爲,, 武也」 若 夫 有-, 武王 之武? 而無, I 文 王 之 文? 則何以 見,, 夫 郁 郁, 乎 哉. - 

有- 1 文 王 之 文? 而 無- 武王 之武? 亦何以 見-夫 赫赫, 乎 哉。 文武 之不, 可, -以偏 廢? 豈 不,, 照 照, 乎。 即今 

之 人。 生 而不馱 _| 1 經, 者。 寐思寤 居。 焉知 其然 I 哉。 不, 知 而言, 之〕 非&^ 則 狂。 固不 褂 --齒 

牙 一也。 雖, 然 天下 之 民.」 懵懵不 齑,, 其鄞? 悩不っ P 其 刻 > 者。 吾奚忍 = 坐 而視王 哉 C 殺, 身 成: fcG 

君子 之 所, 不, 辭也 C 今 夫 文 之 照 照 者 > 莫 k 犬-於 醴樂? 而輓 近^ 陋之 俗。 乃 謂不, 近,, 人情, 也〕 冠昏 

喪祭。 或不, 知-其 目? 琴瑟 i+ 笙。 或不, 晃-其 器? 國 無-養老 之禮? 鄉無, -飮酒 之 法? 掇兆舞 傲〕 且不 

V? 其 爲_| 何物? 則 先王 衣冠 文物 。亦 具 知, I 其? 何設 I 哉 。蒙昧 至 i 此。 再 復-- 草莽? 唯 人不, 可 制。 

亦 K.%&h 儀 也" 則 私 智妄作 _ し 不, 能, 不= 以, 此易. z^o 而夷鱧 於, 是乎 起矣。 横, 臂脅 J 肩」 驕傲 之 



曰 

編 



k 不一 也。 損益 擇= 其 可? 然後 制作 有,, 可, 觀焉 者? 今之肽 C 承 = 戰亂之 後? 距,, 制作 之 時? 千有餘 

年。 世 非-其 世? 國非, 其國? 無,, 禮可, 因。 無-法 可., 襲 者 乎。 然則其 所, 謂 故事 者。 唯 是割據 之 遺 俗。 

戎 蠻之餘 風。 以, 此 御,, 天下 之 民? 非-其 敗, 事 蠱,, 物 者 幾 希矣。 偶有 ァ 知-其 不可, 而改. I, 之 ◦ 亦 唯 苟且 

之 輩。 尾 _| 一 賠之 利? 而不, 圖,, 後 害? 則 朝 之 是而夕 之 非。 昨 則 得 而今 則 失。 驟覆 如,, 波 欄? 變態 如,, 

風雨? 群 聚議, 事。 雜駁 亡, 倫 C 曾 一 之不, 能 k 决。 依違久 >之0 荏苒 過, 時 ◦ 取-譏 群小-者。 浩滔皆 

是り 是以從 其 事, 者。 尾, 利而進 C 尾, 害 而?^ C 唯 欲, 免, I 其 罪? 而不, 欲, 致-其 身? 讒諛 窺, I 其 間? 便 

檗 乘,, せ 出レ財 成, 事。 納, 貨求レ 私 。賄路 公一 一行 于 朝野 I 矣。 故 貧者 之 萬 善。 不, 能, 勝, 一富 人 之 一 非? 

而 人不, 勝,, 其誣 罔, 卖。 且士之 志-於 靑雲, 也 亡, 論,, 才 不才 7 善賂者 得, 之。 不= 善赂 1 者 失, 之。 得 

失 之 際。 憂懼 交 至 ◦ 是以 H 走,, 權贵之 門? 屈 屑 乎 唯 幸 之 求。 甚者 至., 於 破,, 其產? 傾-其 家? 俸祿 不, 給。 

而 驚_| 妻 祭? iiil: 惡 自賈_| 其禍, 者 ^ 何其不 智耶。 如, 是之 輩。 固不, 知 U 經藝之 一 端? 奚足, =以 擧,, 治安 之 

策, 哉。 縱 使,, 其 得,, 居,, ー官? 1^, 志 不:, 過-財 利? 以,, 財 利 之 人? 執-財 利 之 機? 財 利 何 已。 是皆其 

害 之大且 可, 見者。 曾 無, 一 人知-其 非, 者 3 登 非- 恿之甚 I 耶 G 薰仲舒 曰。 爲:, 政 之 州。 譬,, 之 琴瑟? 不 

レ調甚 者。 必 解, 終。 而更 - 張 之? 乃 可, 鼓 也。 今 也 天下 之 琴 瑟不, 調 亦 甚矣〕 是宜 =更 張, 之 秋 也〕 

機不, ,失 也 0擢,士 爲, 相 拔, 卒爲, 將 0固 無-不可, 也。 不 k 若,, ufc 興 以レ禮 制 义0擧 一一 賢 良 之士ぅ 

誅 U 諮諛之 徒? 塞-賄賂 之途? 開- 糜耻之 端? 而後 始可 J ,治 也。 而後 始可 isr 道 也 ◦ 是之 謂-天下 之 

大政? 

出縣大 U 柳 子 新 論 五 百 九す 111 



朱 子 *» 上 五 百 九十 二 

何 謂- -大 利? 何 謂-一大 害? 君 仁 臣賢ひ 而 善人 爲, 政。 天下 之大利 也。 君 暴臣愚 而小 入用, 事。 天下 之 

大害 也。 大利舆 則大害 止。 善人 擧則 小人 伏 古語 有, 之。 曰。 衡誠 懸矣。 不, 可 „, 欺 以=輕 重, 也。 趣 

墨 誠 陳矣。 不^ fe 以,, 曲直, 也。 規矩 誠設 矣。 不:, 可,, , 罔 以,, 方圓, 也。 夫 聖人 之 道。 權衡也 繩墨也 

一 規矩 也 懸 k 之以 正,, 輕重? 陳 レ之以 正,, 曲直? 設 i 之以 正,, 方圓? 何 利不, 典 何 害不, 除 故舜 選,, 於 

日 一 衆, 擧 ,- 阜陶? 不仁 者 遠矣。 湯 選,, 於 衆, 擧,, 伊 尹? 不仁 者 遠矣。 是之謂 ョ能治 =其大 者? 是之謂 _,,能 興 a 

本 ™ 其 利? 是之 謂, = 能 除-其 害? 乃是之 謂-治 國之 道, 也 若 夫 衰世 則不, 然 見-其 在位? 孰 能 有, 其德, 者 

尾-其 在職? 孰 能 有-, 其才- 者。 或 叢 胜敗, 事。 或 倉卒 失, 擧。 道將何 所, 從 C 法將何 所, 由 乃 國之不 

^ , 亡者 幸已。 夫 旣然" 則 今 之從, 政 者 不, 能,, ,自 出-其 謀? 不, 能 3 自發, ー其 慮? 率 因,, 循先世 之 事? 無 

理 一 , 問 3 可 與-ー 不可? 輙曰 故事 爾故 事爾 C 無, 如- 一事 之不 P 可 J お 何,, 一也 ◦ 夫 故事 可, 因 者 先王 之 所, 立 賢 

者 之 所:, 定。 而歷 K 試 無, 害-, 於 政? ; g$ 行 有」 护於 事, 者 5 而後 爲 靳矣。 不可 則 観,, 其 意, 察,, 其 情? 考,, 

M 之 古, 而無, 悖。 試,, 之 今, 而 無, 展. - 方 可,, ,以 施 _| 有 政? 何 必拘拘 唯 故 之 由 哉 C 假令先 世 有, 如,, ^紂, 者 3 

m \ 潜 能不, 11- 其國? 而其子 其 孫。 相嗣 王- -于 天下-也。 則 亦 皆 一 切 因,, 循其 事? 刑、 必炮赂 樂必 靡漫。 

一 酒池肉林。 以 開,, 長夜 之 宴? 而後 爲, I 能 爲., 政 乎 Q 苟 有-憂, 民 之 心, 者。 雖,, 五 尺 童子? 必不, 爲也 是 

其 害 之大且 可, 晃故也 C 以,, 其 害 之 小 不., 可, 尾。 而 依然 居, 之。 豈不, 閽乎 且事 有. '可, 行 U 諸 古? 而 

不, 可, 行 一一 諸 今, 者 3 有 T 可 レ施ニ 諸 前? 而不レ 可, 施 一一 諸 後一 者 3 故 仲 尼 之 言 曰 C 般因 一, 夏禮? 所-損 一ぬ, 可 

, 知 也。 周 因,, 殷禮? 所-損 S, 可, 知 也。 禹湯古 之 聖人 也。 夏般古 之聖世 也。 猶且 一 切 因レ之 則 有, 所 



今 之卿大 夫。 常-祭祀 典禮 之賠? 或 尙能冠 = 其 冠? 服-其 服? 而驟 從輿隸 之屬。 褰 U 攻揭, 衣。 臀腰不 

,掩0 大 掉,, 其 手? 高踏,, 其 足? 疾走 示:, 威。 狂 呼 装 k 行。 慣爲, 風 G 忸爲, 俗。 我 見,, 其 如, 此也〕 夏畦不 

, 足, 愧也。 於 乎 足 利 氏 於,, 天下, 也。 末世 a 有,, 斷髮之 俗? 亦 唯 武人 戰士之 徒。 僅僅 隨, 便 耳 U 至,, 其 

ー變? 則官 任,, 公卿? 職 铺,, 將相? 亦 皆 斬:, 髮 露, 頂。 方臂 月額。 加 以_- 無 制 之 服? 則 所 ご 謂 衣冠 之 風。 

化成 = 戎蠻之 俗 I 矣。 醜 不= 亦甚 "乎。 昔 者漢高 平- 1 治 天下? 登, I 庸腎 良? 命 作-朝 儀? 及- -始 用,, 之。 乃 

知 T 爲,, 皇帝, 之賁. 1 矣。 夫人 之 欲 者 C 以,, , 其 有-財貨, 也。 人 之 欲, 賁者。 以 ™ 其 有 = 威儀-也〕 若 其 財 

貨 之不, 存。 何以爲 as 哉.、 其 威儀 之 無, 有。 亦 何 以爲; 貝 哉。 以_1 今 之 人? 著-今 之 服? 立-今 之 朝? 

行-今 之 政? 其 無,, 威儀, 固 也。 亦奚 知,^ 夫 陶_| 鑄 天下 I 之 道. i 哉 C 夫 如, 此 也。 寧以 爲,, 治 16. 之 術 > 乎。 將 

以爲, I 衰亂之 俗-乎 C 搴以 爲,, 中國 之敎, 乎。 將 以爲- 夷狄 之 風, 乎。 吾 未 k 知-其 何以處 1^ 之 也。 且金元 

之 入- 寇趙宋 -也以 k 漸。 而 天下 爲_- 蒙古 之 有? 然猶 能不, 易-其 俗? 而 衣冠 有, 法。 官職 有, 制 ◦ 先王 之 

道 未, 掃, 地矣。 明 帝 勃興 賊伏, 誅。 則 一洗 盡 復,, 其 舊, 矣。 兆民 到 X 今 無 = 左 裕被髮 者-也 a 即 如- 

我 邦 之 俗? 縱令 有,, 賢聖之 君? 行-古 禮 1 奏, I 古樂? 官政 率:. 舊 U 衣冠 再擧。 亦 惟 斷髮之 俗。 裸 跣 之 習 G 

非 = 馴致 之 《? 奚能 似,, 中 土 之 人, 哉。 士 必不, 勝- 1 桂 括? 民 必不, 勝- 窘 束- 矣。 是 其不, 可-如, 之 何-者 a 

噫湧季 之 弊。 一 至 于此- 哉。 雖 kkii 歎息? 不, 可 也。 

大體第 四 * 

柳 子 曰 治,, 天下 國家, 者。 先 治-其 大者? 而 小者 從, 之 故大 利不, 可, 不, 典 也 。大 害不, 可 k 不, 除 也 ◦ 

山縣大 柳 子 新 論 五 百 九十 1 



514 子學派 上 五 百 九 f 

民 V 今 夫 曰 月 之 所 k。 舟 車 之 所 k。 無, 不:, 有-期 人? 而唯其 風化 之 所 k。 同-新 文-同 =斯 章? fra 

後 能 承-其 制? 能 被-其 德- 也。 故 衣冠 者。 非 3 特 拒-其 塞? 爲ぉ, 裸 且跣與 --禽 獸-無 * 別 也。 制 k 以 

掩-- 其 首? 制 i 衣以掩 其 身? 裳以掩 其 脛? 履 以掩- 其 足? 鱧 有乏。 曰。 不, 涉不, 揭。 非^-敬 事? 

ノ 不, -敢 祖裼? 君子 死不, 免-其 冠? 豈皆 非, 爲 k 耻-- 其 醜 1 耶 且夫 衣冠 者 豈特爲 X 耻-- 其 醜-哉 亦豈特 

B 一 文-, 其 身 首, 哉。 位官 職 事由, 此 分焉" 禮樂刑 罸由, 此行焉 風俗 由 K 此移 焉。 政令 由, 此布焉 國家由 

本 W k 此 治焉」 四 夷 由, 此服焉 而後 謂-之 仁? 而後 謂-之 道? 聖王之 陶-- 鑄 天下? 實 如, 此 耳。 故 曰。 堯舜 

S 垂ニ 衣裳? 而天 T 治矣. - 不一 一 其然, 乎。 若 夫 無道 之 君。 則不, 然" 以 一一 衣冠, 爲, 一 桎梏? 以 -ー觼 樂-爲 -ー虛 文? 

倫 \ 是 以其爲 k 也。 唯刑與 X 法 之 任" 遂 結-構 亂階? 豈不- -亦異 1 乎 C 或 承- -衰亂 之 後? 不, 及, f 古 則 

理 雖-- 服 之 存-乎 制 非-其 制? 文 非-其 文? 貴賤 無, 等。 尊卑 無 レ分。 唯 其 有無 之 由 耳 。故 當_= 其 在-道路- 

\ 也 AS 簿之美 車 徒 之 衆。 人見而 知-, 其爲; a 爲., 貴矣。 及,, 其 入, 廷升 堂 也 其 衣 其 裳.」 裁 制 無, 異 

量 一 文 采隨, 意。 何 以能知 3 其爲, 公爲, 侯爲 A 伯爲 ,11 爲 --大 夫-哉 若 乃 士庶人 所:, 服。 亦 唯 有無 之 由 則 

^ 富者 以, 帛。 貧者 以, 布 富者 常 美。 貧者 常惡。 貴賤 於, 是乎 亂矣レ 衣- -敝 韫袍? 與 T 衣-狐 絡-者. -立。 

^ 而不, 耻 後世 無, 有 乎 爾耻, 之 之 至" 求, 之 求, 之不, 止 C 則 祿不, 足 e 而 俸不, 鈴。 士民 於, 是乎窮 

矣 貧富 固不 k 屬, -皮 毛? 卽 人之辨 ^ 之 唯 衣是察 服 美 則 敬:, 之 服 惡則侮 i 之。 侮 之 意、 競 求- 

其 美? 驕奢 於, 是乎 長矣" 豈徒爲 k 然哉 貴賤 失 = 其综? 而禮俗 壤矣。 士民 患-; 其 貧? 而德 義廢矣 驕 

奢 縦-其 欲? 而禍亂 與矣。 凡 如, 此之類 其 害不, 可-勝 計? 是皆 衣冠 無, 制。 而 文物 不, 足 故爾。 且也, 



令 行 禁止。 而後 君子 在, 位。 小人 有, 所, 歸也。 是之 謂- 1 得, 一 之 道? 

人文 第三 , 

柳 子 曰。 人生 而裸 者。 天 之 性 也。 無, 貴 無, 賤。 蟲々 唯 食 之 求 C 唯 欲 之 遂、」 與,, 禽獸, 無,, 以異, 焉。 惟 

鳥 之 與:, 獸。 飛走以 異,, 其 能?. 羽毛 以殊 其 文? 大小 以 分-其 類? 乃至- 鳞介 諸蟲? 亦 各 有-其 分? 譬 如- 

草木 之區以 別, 焉 G 人 則不, 然 無-飛 走 之異? 無,. 毛羽 之殊? 鼻口 同-其 體? 手足 同-其 形? 言語 同- 

其 文? 聲色 同-其 欲? 夫然則 無, 等 無, 差。 貴賤 何 別。 故强 凌, 弱。 剛侮, 柔 相 害 相 傷。 相虐 相殺 G 攘 

奪 劫掠 固親辣 之不, 論 亦 何 少長之 問 G 是以 穴居 草處 與= 禽獸, 共 死。 輿-草木, 並 朽者。 鴻荒之 

時 乃爾。 愧人萬 物之靈 靈則神 群聚之 中。 必 有,, 傑然 者? 能自 遂,, 其 生? 以及 = 人生? 能自 養,, 其 身? 

以 及-人身? 作, 食 食, 之。 作, 衣 衣, 之。 数, I 之 稼穑? 敎-之 紡織? 利用 厚生。 無, 所, 不, 至焉 則 人 之 

歸レ之 如 W 衆 星 之 拱-北辰- 矣 亦猶蛮^l^^唯食之謀。 唯 欲 之嚮。 則 何 以知ョ 其 貴賤 與-- 親疎-哉。 故 名 

以分レ 之 ◦ 爲_> 君臣? 爲= 父子? 爲, I 夫婦? 爲-- 長幼? 才以 分:, 之。 爲_| 智愚? 爲- 賢 不肖? 業以分 k 之。 

爲, 1 農工 商賈? 而後 强不, 凌, 弱 剛不, 侮 レ柔" 而後 相 害 相 傷。 相虐 相殺。 攘楚刼 3^ 之 俗已矣 因, 制- 

其禮? 而 差等 分矣。 因, 命-其 職? 而 官制 立矣。 因, 作 = 其 服? .而 衣冠 成矣。 作, 之 者 謂- 1 之聖? 述レ之 

者 謂 _| 之 賢? 率, 之 者 謂-之 君? 從, 之 者 謂-之 公卿 大夫? 由, 之 者 謂-之 士? 化, 之 者 謂-之 iHi? 故 上目- 

天子? 下 至- 庶人? 無 A 不 4 有&。 無釆, 有 i レ 而不, 與, 1鳥獸> 同. &。 是其 天性 Mrf 所, 分 。而有 T 

待,, 夫 制, 者よ 也。 故 服 者 身 之 章 也。 者 首 之, 也〕 身 嘸な 阜首 I 一 ^ 飾 C pi, 一之 蠻 夷之 俗? 以 別-聖人 之 

^縣 大^ 柳 子渐騸 五 百 八十 九 



朱 子 擧派上 • 五 la 八十 A 

者從, 彼 好レ利 者從, 此 名利 不 ,- 相屬? 而 情欲 分矣。 即我 徒將安 依。 頒 k 富者 不, 貴 C 賣, 賁者 不二. 5 ひ 

富貴 不,, 相 得? 而威 權別矣 即我徒 亦 將安依 於, 此 則爲, 君 C 於, 彼 則爲, 臣。 故 出, 謀 者 依 違 不, 能 

レ定- 其 是非? 臨, 事 者 首 鼠 不, 能, 决-- 其 進 返? tia 乎如レ 在-中 野? 洋乎 如, 在-中流? 仁 何 由 乎 施" 忠 

^ 何 由 乎 致 公侯 皆然 C 士 庶皆然 C 即我徒 亦 將安依 苟且 之 議定。 姑息 之 令 出 一 以爲, 是 一 以爲 

日 ,非0 民 之 言 曰 C 令 行 三日 禁止 三日 朝暮 相蠻。 旦夕 相 IB^O 即我徒 亦將何 依。 夫獸 有-比肩 <? 鳥 有- 

本 比翼? 則兩相 依。 飛 走始得 若 其 相 離 則 病矣。 是 其爲, 性 也 奚若, 夫 燕雀 與,, 犬 羊, 哉。 且 人 旯,, 

一 此ニ 物? 則 必怪曰 支 離矣し 人而如 k 此 C 將 謂-之 何? 哉。 今 如-夫 二 物? 支 離 則 固矣。 然彼自 有-相 

倫 一 依 之 性? 飛 走 得-其 處? 以 養-其 身? 而上 無-可, 事 之 君 長? 下 無, 一可, 使 之 臣民? 是則 足ョ自 遂-, 其 生? 

理 一 則已。 人 之 有, 道。 奚其 能然乎 C 貳, -於事 "上。 則 不義 先王 有-常 刑, 焉。 贰,, 於 使 P 下。 則 不仁。 ^ 

K 不, 肯, 從焉 且也今 之 人。 聞 3 婦 有-二心? 則 必曰淫 矣0 臣而 有-二心? 其 如, 之 何。 夫 誠 如, 此耶 G 

婦而貞 者 則 多矣。 士而忠 者。 吾 知-其 必無 1^ 有 也。 夫人 情 M に不验 無, 不, 有, 欲。 君子 狗 _| 

編 其義? 小人 狗,, 其 欲? 故 當= 衰亂之 時? 飄然 高舉 避-世 於 岩穴 之 中? 縦-意 於 山林 之 外-者。 君子 也 

依然 自安 C 屈- 1 志 於 臺閣之 上? 終,, 身 於 市 朝 之 間-者。 小人 也 C 昔 者 黄憲之 レ齊。 見- -隱 1^ 於 漁. -者? 携 

レ手 論-, 當世之 事? 乃 曰 C 君子 在, 野 齊其久 乎。 彼 唯 晃-ニ 君子 之不. ^得, 志 G 猶且 知-其 政 之 衰-也 

若 使 3 其 望,, 此境, 乎。 必將 振:, 衣而 去? 又 奚得而 蹈-- 其 地 一哉。 方- -此 時-也。 維-聖人 復起? 無-若, 之 

何, 耳。 爲 --國 計, 者。 亦 惟不』 官制- 以 正-其 名? 典- 禮樂 -以樂 • 其實 5 君臣 無:, 甙。 權勢, 一 



而炊 o 椎魯無 文 者 o 動 靜云爲 唯唯 是 命り 勦說 雷同。 復何條 理之有 今 夫 i: 木 之 有,, 區别, 也 以, 物 

以, 名 無, 不, 有-, 條理- 者 3 人事 而如, 此。 嗚呼 曾 謂, 不, 如,, 艸木 1 乎 孔 夫子 嘗謂。 名不, 正則 言不 

feo 言 不:, 順 則 事不, 成 ◦ 事不, 成则禮 樂不, 興。 禮 樂不, 興 則 刑罰 不, 中 刑罰 不, 中 則 民 無, 所, 措,, 手 

足? 彼衞國 如, 此 1:^ハ^^矣哉0 設使 3 夫子 寓,, 目於此 間, 乎 未, 知 3 其 謂-, 之 何, 也 政 之 未, 墮,, 于 地.? 

盖ニ 千有餘 年。 可:, 謂, 久矣。 是以其 化 之 被 =于 海內? 可, 謂, 廣矣。 其 德之浹 -I 洽于 民心? 可, 謂, 深矣 

及-其 衰, 也。 白 龍 失, 水。 受,, 制 於 小魚? 跋,, 涉 千里? 暴露 冒, 雨。 亦 可, 謂, 難矣 當,, 此 之膀? 獲,, 一 

二 忠臣 之 力? 或 能 復,, 其 位? 亦 且不, 若-小 國之 君-也。 雖, 然如, 此。 尙能 保,, 其 宗廟?: 百世 不, 廢 到 

, 今 四百 有 餘年矣 Q 礎 雖,, 下 移, 矣。 道 其 不:, 在 = 于斯, 乎。 先王 之大經 大法 自 有,, 律令 可, 尾焉 若 能 

有-愛, 民 之 心? 名 其不, 可, 正 乎 a 禮樂 其不ぃ 可, 興 乎 a 刑罰 其不, 可, 措 乎 a 哀哉 天下 無, 有,, 其 人, 也 

旣不』 &復- 其 古? 亦不, 能 ,=盡 變- 其舊? 其 有 不】 者 何 也。 豈由& 知, 尙, 物而不 k 知, 尙 kl^.o 

知, 爲, 己 而不ぉ 知, 爲,, 天下, 乎 抑 亦學政 不レ行 ◦ 而術智 有, 所, 不 X 及 也 

得 一 第二 

柳 子 曰。 夫 天 得, 一 以淸。 地 得, 一 以 寧。 王侯 得, 一 以爲 一一 天下 之 負? 豈特 天地 與ー 一王 侯 ー爲, 然哉。 大 

夫 非, 得 X 一 。 刖不, 可 S 以治 一一 其 家? 士非レ 得, 一 。 則不, 可 一一 1 以 養-其 妻孥? 庶人 非, 得, 一 則不, 可ヨ以 

安-其 I? 父不, 可 =1 以敎- 其 子? 子不, 可 以 事-其 父? 故 天 無 =ー 一 曰? 民ぎ, 1 二王? 忠臣 不, 寧,, 二君^ 

烈女 不 二 夫? 弟子 請 曰。 願 聞 = 其詳? 曰。 今夫衰 亂之國 君臣 二,, 其 志? 祿位 二-其 本? 故 好, 名 

山縣大 K 柳 子 新 論 五 百 八十 七 



朱 子馨汲 上 五 百 八十 六 

承- -戰國 之 !&? 苟且 之 政 荏苒 送, 日 奚 知,, 名敎 所-由 乎 哉 C 即民之 蚩蚩者 將焉 守-其 土 < 又將焉 

安-其 身? 今且 擧,, 其大 者? 官制 爲= 特甚, 焉 夫文以 守」 吊 武 以處, 變者 C 古今 通 途,」 而天 下達 道 也 

如今官 無-文武 之 別? 則以- -©,變 者-守, 常。 固 非,, 其 所, 也。 a 夫 諸侯 者 國君也 各 受,, 方 土? 世襲,, 

( 其爵? 有-社稷- 焉 有-民人, 焉 尙且 以,, 將校, 自處 專 出,, 無 文 之 令? 乃至 如-, 計 吏 宰官之 類? 終身 

日 一 不, 與 -I 武事-者 。亦 皆 以-- 兵士-自任 一致,, 苛 刻 之 政? 其 害,, 乎 治 道, 者 一也 且今之 諸侯 與,, 士 

本 大夫? t= ^居-, 五 品 以上, 者 咸 受,, 國守 之號? 若 任,, 八 省 諸官? 亦 皆 有, 名 無, 實 至,, 六 品 以下? 則 鵾 

乎 無-之 或 聞? 吾不, 知-其 何故-也 承,, 制 於 彼? 從,, 事 於此? 則 雖:, 欲, 無, 其 可, 得 乎 是其無 

倫 一 X 義無, 制 者 一 一也 將 相爲, 君 辆 言爲, 臣 五 品之屬 U 有 二 四 品 之 貴? 非 一一 尾大不 で掉0 則 冠 履 倒置 

理 一 唯 確 凌, 之 唯 威 lik 之 是其 失,, 尊卑 之 序? 三 也。 且也古 之 人 相 呼 以,, 名字? 或 稱,, 兄弟 之 行? 輓 

近 以來。 卿大夫 一 稱,, 其官? 不, 問,, 其 名? 乃至- 士庶人 無職者? 亦皆濫 冒-, 內外 官號? 兵衞衛 門助丞 

蒙 之 類 ◦ 自,, 農工 商賈奚 奴輿隸 之卑? 及- 戯子雜 戸丐兒 非人 之賤? 毎毎 必於; 丐」 夫 律 之 有, 法 ^0 私, 官 

編 犯, 官者。 皆 罪 無 X 赦。 今若以 k 糾乏。 天下 幾 => 乎 無-遣 民 1 矣。 是其清 亂不, 可-如 之 何 I 者 U 四 也 

一 如, 此之 類。 成, 俗 成 X 風。 固 非- 一 朝 一 夕 之 故-也〕 殿 樣御候 致仕 等 之 言語 別 成 _| 一 家? 文字 別 成- 1 

. 義? 乃 指 紳諸士 之 間。 曰 用 通, 意リ 亦 未, 知,, 其 何義? 事事 皆爾。 物 物 皆 爾、」 豈非 = 可, 笑 可, 歎 之甚, 

耶。 雖, 然今之 人生, 一長 其 間? 慣以爲 父 吊。 則 相唱相 和」 似 k_l 不, 行者? 若 夫 施-之 實事? S 堊礙窒 

塞。 不, I 相 通? 於 レ是更 立 ,- 一家 之 法? 亦且 顛倒 侏 離 之 習。 薰藩 別。 精粗 無, 分。 簡, 髮而櫛 Q 釵, 米, 



«i 子 新 論 

峽中 柳莊 山縣大 戴昌貞 著 

玄孫 昌臧 校正 

正 名 第 一 

柳 子 曰 物 無い 形而有 i 名 者 有矣。 有, 形 而慨に 名 者。 未,, 之 有, 也 名 之不, 可,, 以已, 也 C 聖人 由, 之 

以寓, I 敎其 中, 焉。 昔 者 周 公正-名 百官? 而萬國 服, It^; 仁? 仲 尼 正-名 禮樂? 而 天下 稱,, 其德? 老聃乃 謂 

有名 萬 物 之 母。 莊周亦 曰。 名 實之賓 也 儒家 之 所, 修。 法 家 之 所, 習。 不,, 一 而足, 焉。 我 東方 之爲 

,國 也。 神 皇肇, 基。 緝熙 穆穆〕 力作 利用 厚生 之 道? 明明 其德. - 光, -被于 四 表, 者。 一 千 有 餘年。 立,, 

衣冠 之 制? 設= 禮樂 之敎? 有, 若 一一 周 召? 有レ 若, 一伊 傅? E 到, I 于今? 無, 不, 被 一一 其 化 1 矣。 自レ此 厥 後。 

昭宣忠 仁 諸 公。 繼, 一武 于聰王 之 制? 從, 一事 于大賓 之 令? 綿綿 共 社。 日 盛 月隆。 郁 郁文 物。 幾 = 一 乎不レ 譲- 

於 三代 之 蹄? 至,, 于保平 之 後? 朝政 漸衰 壽 治之亂 遂 移,, 束 夷? 萬 機 之 事 一 切 武斷。 陪臣 專, 權 

廢立 出,, 其 私? 當,, 此時, i 也〕 先王 之 禮樂。 蔑焉 掃, 地矣。 室町 氏繼 典。 武威 益 盛。 名 稱=將 相? 實 僧- 

南面 之 位? 雖, 然 先王 之 明德。 深 狭 _,洽 乎 民心? 刖强 暴之臣 C 尙不, 能, 無, IB 憚? 是以 神器 不, 移 皇 

統錢存 逮= 乎 數世之 後? 豪傑 交 起。 各 據,, 一 方? 龍 讓虎奔 相 奪 相 害 Q 無, 有 _| 窮已? 姦賊 謀, 事 

戎蠻是 慕。 首 無,, 巾帽? 衣 無-領袖? 驕傲 糊, 德。 暴 逆 伐, 功。 當,, 此之 時? 一二 或 憂- 1 其 民, 者 C 亦 惟 

山賠大 K 柳 子 新 論 五 百 八十 五 



編 彙理倫 本日 



子 畢 ^ 上 

柳 子 新 論 目次 i 



正 

安 

富 



名 

强 



第 

第 十 一 

第 十二 

第 十三 



三 

十 



五 百 << 十四 



道 書 二字 o 是 道家 之 書 也 苟子則 爲,, 道學之 書- 而言 



a 



本 



彙 



3 宅尙齋 默識錄 卷之四 • 五 百 八十 2 



* 子孳派 上 五 百 八十 二 

有-未 發者? 一 時? 拘ぉ 於,, 一 慮? 然其 m 在, 我 非』 あ 曰 在,, 萬 起 萬 滅方往 方來之 中, 立脚, 

矣. - 後 又 益 尾, 得 性情 之 妙。 管 =攝 於, 心 而動靜 之 功 貫,, 徹於 "敬〕 當,, 其 未發? 仁義 禮智之 性具焉 

此心 寂然 不, 動 之本體 H 也 及-其 已發? 惻隱羞 惡辭讓 是非 之 情形焉 此心感 而遂通 之 妙 用 也 而戒 

謹 恐懼 之 功 則 周 _= 流 貫, 徹 於,, 動静 之 間? 而尤必 以,, 涵養, 爲,, 省察 之 本? 此所, -以 未, 發 則 鏡 明 水 止 

而喜 怒哀樂 之發」 M 無- 不, 中, 節 也。 凡 朱 子 所, 見。 大約 歷,, 三轉, 而始定 C 重固桉 三 轉之云 可, 疑 

更詳 X 之 C 又其與 --逮 確齋, 書。 所, 言 甚切實 C 其 與,, 張子 慎, 書。 輿,, 尤澹 明, 書。 皆甚 善矣〕 其 答,, 陳 

似 木-書 讀,, 學而 首章, 者 宜,, 合考? 尤切 |jf 有,, 朱 子 節耍序 者? 此書高 氏 所, 編。 與-- 李退溪 所レ橥 

命名, 同 未, 晃,, 其 書? 又 有,, 朱 子 性理吟 序? 謂 其 書 金 川 車 公 名 振 者受, 於-其 ffi 松坡 公? 松坡 得-之 

五 河 李 先生? 李 得-之 双峰饒 氏? 饒氏 得-之 勉齋黃 先生? 朱子嘗 取-六 經四子 中 要義? 約 爲,, 韻語? 命 

曰-性 理吟? 以訓 其 子? 非- 1 朱 子, 不, 能, 作 味, 之 而愈旨 研, 之而愈 深" 終身 所, 不, 能, 究也 此 

書 亦 予宋, 見, 之 C 其 他 程 朱 闕里志 序 所; no 亦 尊-信 程 朱-至 矣深矣 前後 閥,, 王 守 仁 之學? 亦勉, 之 

苦矣 但 其闢, 之 e 未, 知, 切- -當其 病 痛, 否, 耳 0. 有,, 賀壽文 數通? 謂是漢 以後 有, 之 C 人生 也 歲 則 

祝, 之。 M ぬ 用 甲 則壽, 之。 十 其 後 毎,, 十 年, 一 稱, 壽 君子 曰 是非, 古 也 俗 之 靡 也. - 風 之諛也 

佘謂 亦 顧-其 人 如何? 栗 有 道 之士乎 是 有, 敎焉 事 可, 傳 也。 子弟 可, 述也。 世 可, 式 也。 其 

同 會講語 亦善矣 C 得.^ 敎,, 小 民, 之體, 也 G 

世 儒 以-- 字 同? 槪而 爲-- 一 義? 如-, 異端 二字, 是 也。 余嘗 作-同字 異訓之 書? 字 同 而義異 者 C 不, 勝,, 枚擧? 



唐 焦 韻字 延壽。 所, 著 03 ^林。 凡 四 本。 毎卦 系, 辭 C 四言數 .1?0 以 做-古 之^ 辭? 似, 識 似,^。 有,, 王兪 

序? 有- 沙隨程 向 易 林紀驗 一 文? 載-之 書 首? 推 _41i 氏 系, 辭之所 =以 未. ^尾, 所-由 來> 者 5 恐 術 家 者 流 之 

言 而巳。 

禮記集 説 顏,% ぶハ 十本。 集-諸説? 禮記铺 正。 15? 德此ニ 書。 讀 --禮 記-者。 宜- 合 者? 

形而上 謂-之 道? 形而下 謂-, 之 器? 或 云。 上 者 道 也 ◦ 下 者 器 也 ◦ 中 有 k 形 a 道 器 形 凡 三, ^ 此不 i 知-文 

字, 者 所 ,言 也。 是猶, 言 T 形而上 謂,, 之 道? 形 則 謂 * 之 器., 也。 語勢 似 ,- 先難復 獲? 先與ゥ M 語勢^ 言 

耳。 謂- 1 之 後"? 豈後計 レ之之 謂 哉。 

伊川 曰。 凡 祭必致 愤 齋之 曰。 思-其 居處? 思-其 笑 語? 此 孝子 1^ 曰 思, 親 之 心。 非」 ■ 也。 齊不, 容. 

, 有ん飞 有 k 則 非り 傲。 齋三 曰。 必見 T 其 所へ 爲齋 > 者? 此非 = 聖人 之 語? 资者 满然純 一 C 方 能與, I 鬼 

中 妾 ^-tb&- u^o rimw ヒ 一 s:、c 按、 朱 子 小^ 書、 収 ii 鱧說 T M 與 ii 伊川 意 ー不レ 同、 

f <^有 琴 一一 SJ^l 已^^丄 一 ス 然以ー 1 語 T 方 知 二 伊川 心 術 之 M 今人 不で 町レ及 

若 林 I 所, 錄。 綱齋 先生 假名 大學 ロ義。 元 文 元年 偶 得, 之 看過。 以, 余晃, 之。 言語 堆。 而皆朱 子 之 常 

談 要義 則危脫 其昧短 G 甚不, 似 T 先生 所-自筆, 大學辨 之 有-意思-精密 S 以, 是識, 得 若 林 所,! n ^未.' 

, 至, 于_> 其 微意 1 矣. - 宜晚年 狼 狠焉リ 

戊 午 九月 讃, 一明 高 氏 g 龍 閉距^5 § 其 君子 修, 己 以敬章 講義。 文意 通暢。 義现 精到。 性 無. 善 無,, 不 

善 i 講義。 盖 有,, 尾而言 G 量。 其 與_ -顧徑 > 論-一已 發未發 之 中? 有, 可, 疑 e 其 意 謂。 朱 子 初年 

之晃 C 盖認, 性 爲,, 未發? 心 爲,, 巳發? 後 來却晃 = 得. 渾 然全體 之 在., 我。 存 者存, 此。 養 者 養, 此。 非 T 別 

三宅^§楚 默譏錄 之 四 百八ナ 1 



m 



本 



彙 



朱子學 s 上 五 百 八十 

語錄 解義〕 fi 漢人 所. 作。 肇錄亦 引, 之 語類 所 小學 字訓 恐 指&现 字訓? ifiiijp 訓、 

.£^?5;-.ョ jfpo ^th^FO tME. F %lfo ^5„«子^-社辨曰、 且 上帝 之稱、 =S 下 徒以ー 一一 蒼 章 之 

,ぉ-|.31^?曰レ^5? 棉丄徳 1^ せ 白 出レ >t>-l 管?. T- 上 一而 已 上-謂 下 其 主, 一審 六合 一徹 上 徹下、 而無 4. 不レ在 也、 

康熙 年中 人。 有- -呂晚 村 先生 者? 孝-四書 語錄? i 四 專 P, 萬歷學 I 王學? 纖 主-程 朱 之學? 其 志 周 

可, 好。 而其 所, 論。 則不" 仔, = 細 於-朱 子壤注 章句 之 旨? 可, 惜 e 

管 子 曰 夫 民 別 而聽, 之 M 愚 合 而聽, 之則聖 0. 

野 澤弘篤 g-lf な 郎-、 寄き 來曰。 山 崎 先生 點本 四書。 川, 一 傅 本 之 善 者? 讀 法則 先生 自者 载. 之。 近 得, 一朝に 

鮮本四 與,, 先生 本, 皆 同。 §レ法ぇ ゆ , 

答-方 賓王, 書 曰。 大學 次序 亦 謂。 學之 本末 始終。 無, 非-己 事? 但須 _=實 進-得 一 方 有-立脚 處? 

做 _| 得 後段 工夫? 眞 有-効 驗, 爾 非" s,^ 前段 功夫 未, 到。 即 都不, 照, I 管 後段? 而聽.,其自爾.^也0 此章 

句 所, 謂 可, -得而 誠, 矣 U 可,, 得而 正, 矣之意 

通 典,^ 估 有. 志. 於- 1 經濟之 事業? 而 編-集 之? 食 貨針ニ 選皋 I 職官 ニ^ 禮 M 樂 S 刑 ま 5 顿卷州 郡 

針 四 邊防。 J 六 通計 凡 二百 

食货 部所, 载呂朿 茱葉正 別 穀說。 宜, 省。 

曾 南 豐與, I 王 介 同時 人。 名鞏 C 謚,, 文 {.K ム? 鞏云. - ^^知. 道。 此 一 語 可,, ,以見 --學 術 之槪, 矣。 

杜佑 曾南豐 引,, 大 學八條 目? 而 論,, 學術? 皆 遣,, 致 知 格 物, 了。 $^楚|^^{^並可=,以晃,,學術之非,矣0. 

盖 就,, 八 目, 遺-了 二目, 者,」 此 文字 難, 曉之故 乎 C 退 之 亦 遺,, 了 之? 皆 所, 見.' K>f 透, 之 誤 i.o 



徐偉長 llj 國 法 象 論 o 载,, 縯 文章 規範 論,, 存養持 敬 之 功, 甚詳。 而其 所, 見 恐 與-程 朱 之 意, 不 4 迷矣 G 眞 

西 山 文章 正宗 ◦ 亦 收,, 其 論? 而载, I 朱 子 之 評? 宜, 者 ◦, 

我 邦 来 引 法 C 是丘證 山 之 所, 爲也。 文章 正宗 卷頭 載, 之。 名 如 Kfl 明 1 間 

安積 所 鳶湖亭 涉轚。 gllM 每 史書? 標-- 揭奇事 僻 語? 而 品-論 之? 此人恐 未:, 爲 

道學, 之 人? 而其質 敦朴 正直 故 所, 論 亦 非,, 世 儒 博雜之 徒- 矣 。其 中議- -許魯 齋劉靜 修道 不」 t 道不, 尊 

之 説? 當矣。 其議, -瑪 道- 爲-- 依 違 雨 可-者。 亦 可矣、 太 郞ニ郞 之稱。 起, 于= 大業 十三 年-之 說。 論 司 

馬 温 公之 避& 用-之 字? 官家 大家。 5^1、 子 居士。 復-- 父 之讎? 漢 有-蘇 不韋? 唐 有-張 薩張 诱-此 五條 。亦宜 

,者0 伹其之 字 之 謂 未, 詳 era 問-博 洽之 人, 去 後按 事 文耍玄 名 宇 部 G 東 觀漢記 云 惠 帝餺盈 之。 字 曰 

,滿0 文 帝 諱恒之 字 曰, 常" 光武 諱秀之 "字 曰し 戊。 盖當時 避:, 諱改爲 某 字-者 。變 也 ◦ 如- 卦變爻 曰 1^ 之 也」 

明 豫章羅 萬 藻 十三 經 類語。 載-何 兆聖 十三 經 序論 選 目? 以-- 易 序- 爲-- 程 願 作? 又 載-機 景淳 十三 經註 

疏說? tf^ 淳甚稱 U 漢儒 註疏 之 有 1^ 功 而惜, 爲= 世 所"^ U 曰。 九 言老變 C 孔颖達 之說也 則 二 老之變 

自- 一孔 氏- 始言。 周 禮!^ 官卜師 方 功義 弓 之 四 兆〕 注疏 謂 未, 聞-其 義? 語類 ffj 魯孔弍 注 曰。 方 。行, 事 

之 方 功 可, 成 之 功。 義當, 爲,, 之宜? 弓 取-弛 張 之 象? 致-其 墨? 廣之 大小 也 i ,而 „|レ$ 

言レ 之亦不 

レ可レ 信,、 . . 

天 木畤中 曰。 讀 一一 魯齋 集? 其 立 レ論。 比, ー讀 書錄 一有,, 不, 同 者? 此人以 --德 行-所つ 信, 于, 人。 其學所 X 見。 

似, 有 别段氣 象? 容易 看過。 有-可 k 者? Mf- 一 

!^識錄卷之四 五 百 七十 九 



m 

一- 

本 



倫 

理 

編 



朱 子 學派上 五 百 七. H< 

謂-之 死 套頭? 以 i 觀, 之。 活套字 有. 由而不 -1 拘 滞-之 意お 醫書亦 有- -活套 字? 似,' 有- 療 病- 不- -拘 

fw- 之 意 W 或 云。 蠻 國人來 k 於- 1 县崎? 舟 中 有 A 麓。 題以- -活套 宇? 筐裏所 k 菩 C 或 牛 羊肉 或 乾 羅萄之 

類 數種 亦不, 拘, 一 之 意 乎 C 叉 漢人 切, 肉。 大小 多寡 隨, 所 Ji 賣、』 輔外牌 子 題 以-- 內套? 亦 

是此意 乎。 

義理 二字 a 出, 於-^ 器篇? 

故 字訓, 者 孟子 集注 有乏。 而 蔡虛齋 云。 是故爲 之 故。 王制 亦 有 T 示, 弗-故 生-之 語 3 

古 周禮。 周禮訓 篤。 巧 此ニ 書。 讀-- 周禮- 者。 宜-- 合 者? 綠£^ 

易 書。 便是 天道 也。 神道 也。 未 k 達-天道-者 豈能 領會哉 未, 通-鬼神 之 妙 一 者。 何 能 信 得 及。 所- 

以 此書 効學難 P 讀也。 

元 梁孟敬 § 周易 參義 合, -承程 傳朱義 >而 説 去 恐 無, 所- -發 明^ 

宋 呂大圭 春秋 或 問 承-朱 子 之 意-説 去 其 論 恐 得-朱 子 之 意? 更思 

ス にれ" 古來仓 左右 點 -誦. 之。 左熙即 與-- 右點- 一 意。 合誦者 非矣。 ,字。 語類 十九。 謹 f% 者尙 

ぺシ ゴ t 5 

是如, 此。 據, 之 則 合 誦爲, 佳。 爲 字。 或 云 兩點 一 意 今按 。論語 克己 章 f;., 仁。 左點虚 而右點 有, 力 

盖有 k。 

須字 是 須要 之義。 然亦有 T 爲-- 必然 之 意- 而使 W 朱 子 答,, 吳 伯豊, 書 曰。 須字 是 必然 之 意 言旣得 

則自 有- 此驗? 不- 伍 如 &拘々 -耳。 非 J£= 須要 放 開-也。 gffP 

4 



,曉0 而立^^.0 尤有, 力 之 故也歟 後復按 文中 子 云。 權義擧 而皇極 立 事 文 類聚 引,, 三皇 本紀? 爲_| 

t so 後按、 王制 云、 立-一四 教 T 是立 レ教字 出處、 李 太白 明 堂漱、 有- 1 立 A® 

カレ 椅 寺お 1 字 i 又 翻 子 明 曰、 聖人 輔 二相 天地 i 準, I 繩 陰陽 i 恢 =皇 網 1 立 二人 極 i 

易 小過 家 曰 e 飛鳥 遺-之 音? 傅 云。 有,, 飛鳥 之 象, 焉。 朱 子 曰。 看-這 象? 似, 有-羽 蟲之孽 之 意? 如,, 

一 賈誼鵬 鳥 之 類? 盖此卦 有-飛鳥 之 象? 而 占,, 得此卦 > 者。 有-羽 蟲之孽 一 者。 何 也。 此是 易之 微妙 0非= 

日 知 之 所., 可, 知矣。 

本 一 尙書歷 --秦 火? 今總存 = 五 十篇? 其說已 詳矣。 於 則不 J ーク 歷-秦 火, 者 何 也 或 云。 詩是人 所- 

^ 吟味 傳誦? 故傳, 之 無- 1 欠闕, 乎。 

倫 偶讀一 I 匏菜 雜錄? llSf 其 臆說更 皴之數 a 尤 無-義理? 其 論-火 攻器子 母 炮ー者 ◦ 文義難 ^ 曉。 其 他 有 = 可 

埋 W , 取 者? 曰。 蚯蚓 斷. 之 C 尙蠢 U 人 即.: 何 也 C 人 之 一 身。 肉攝, 血。 血攝, 氣。 蚯^ 有 X 肉 而無, 血。 

め 肉 全攝, 氣 C 斷, 之 難, 散。 草木 花 無,, 黑色 者? 何 也 G 物 死則黑 G 黑者死 色 也 G 火 死, 物。 水生, 物 G 何 也 G 

M 一 陽 生 陰 殺。 现之常 也し 火 陽而質 陰。 內暗而 外 照 C 其氣, 者 養 過,, 其 質, 者 傷 U 水 陰體, 于, 陽 明 

m 一 徹而不 k。 故 得 i 澤, 者榮 威-其 氣, 則 落。 家 尾,, 白鼠? 其 主 富 有- 此理, 歟。 本艸 黄金 精 化 爲= 

^ 白鼠? 

關中三 鞴舊事 曰。 漢 都-長 安? 以東 有- 凾 谷關? 南 有 _| 嶢關 武關? 西 有 = 散關? 北 有-蒲 關? 居 = 四闢之 

bio ^5 ib-o 性理. K 全 r 

ヰ 1 四、 集覽、 

無 冤錄。 ^活套 頭。 套頭。 注 套猶, ^也。 用, 繩 體拘。 推移 緊緩。 謂,, 之活套 頭? 結 締不ズ 得-推移? 

三 宅你齋 解, 之 四 五 百 七十 七 



朱子學 PS 上 五 百 七十 六 

以然? 是朱子 常 談而已 言 出 來尙矣 理勢字 亦 言, 之尙矣 文選 李蕭遠 運命 諭 云 理勢然 也。 

易 本 卜 逮書。 古昔 世淳。 民 一 不, 知。 二 亦不, 知。 事々 而占 X 之。 接 世 義理 開。 民 用 明 惟 大事 占, 之。 

蔡辭傳 曰 居 則觀, 象玩, 辭 e 動則觀 kit 察, 占 此則 聖人 就-接 世 義理 開明 之 時, 言, 之。 蓋觀, 象玩 

.00 則 小事 不レ占 而其處 置 之當否 可, 知矣。 然亦是 卜 繁也爾 學者不 ,11, 於, 此 故 有 T 卜黎 非,, 急 

務 一之 說., 也。 我 神 知 足, 觀 -I 玩象 辭? 而知 一一 事之處 置? 則不, 待, 問-一之 天砷? 大事 所, 疑 而 問-之 天神, 

耳 是以甲 居 觀而玩 者。 變占之 本 也。 其 如, 此 故 • 牛 居觀玩 者" 亦 卜筮 也爾 以,, 道理, 决,, 小事? 亦 

卜筮 也爾 易 本 卜 筵 書 謂 „, 之 非-急務? 則 一部 易 全是閑 言語 3 

中 村 5§齋 云 張子 所, 謂 田 一 方 者 宋人以,ー^3-西南北各千步? 當-- 四十 一 頃 六十 六 畝 一 百 六十^ 爲= 

一 方? 一 方方 面。 當,, „a 尺 十一 一町 四十 七 間 四 尺 五寸? 其 田 百 九十 四 町 七 段 1 一 畝 餘也。 

張子 兄弟 勿,, 厥 似, 之 語。 近思錄 所, 载者 作, 厨) 小學 作, 相。 字書 藤 字 無-相 訓? 鶴 林 玉露 云。 相 字音 厮。 

白 樂天詩 云 爲問長 安月 誰敎 i 不一-相 離? 相 字 下 自注 云 C 思 移 切 乃 知 今 俗 作-, 廐 字-者 非 也 盖張 

子從, 俗。 而朱子 恐, 誤, I 小 子? 故 小學改 簾 作, 相 乎。 f£gf 寸 

立 レ極字 C 朱 子 於- 大中序 一言, 之。 洪範曰 建, 極。 何 以改, 建 作レ立 . ?詳 立, 極 字 出, 於-一 何 書? 淮南 

子覽 冥訓。 及史記 三 皇本耙 曰。 斷-- 驚 足? 立-四 極? 周 子 曰。 立-入 極? 柳宗元 云。 垂, 統 立, 極。 立 

,敎字0 亦 未, 詳-- 其 所 P 據" 孔安國 尙書序 曰 C 垂, 世 立, 敎。 禮學記 曰 著, 敎 注 曰。 著 浴, 立 也 盖 

^^+極字本--洪範? ^立 字據- 周 子 語- 改, 之 立,;^ 字 本- 學記? 而立 字 據-- 孔安國 語- 改 i 之" 皆 欲 4 易 



曰 



本 



理 

編 



爲-其 a 母瑪 氏, 行-期 年 之 喪? 方 希 直 引-春秋? 是孝文 之 所, 爲 C 甚不入 so 朱 子 作, I 綱目? 以, 弑書 

, 之,〕 其 意可レ 尾矣 盖自 一一 孫 譽., 祖見 則 希 直 之 言似矣 自, I 祖先, 晃。 則 萬世必 報-之 仇? 而 孝文爲 

, 之 行- > 期 喪? m 先登 許, 之 乎 爲= 孝 文-計 1 之 詔以廢 i 之。 P 之 一 室? 爲, 臣者酖 i 之 可矣。 希 直 之 

論 徒 知,, 父母 之同爲 P 親 而不, 知-父 之與, 母。 臂卑輕 重 之相異 懸隔 >矣0 夫 勢 之 重 者 Q 母 之 於, 父 C 

其 尊卑 輕 重大 BJHO 而チ似 S 卑賤 之 人 父母 同-其 尊 1 也" 希 直? 此之究 1 而。 槩 以- 私 恩-忘- ハ =5S 憤怒? 

曰 母 雖,, 不慈? 子不 i 可- 以不 盡-- 子 道? 父 之 所:, 不, 仇。 子 却 仇 ,之0 可 哉。 何其廢 之甚哉 C 

蔡復 賞孔聖 全書 云 C 子 者 男子 通稱。 孔子 大聖。 孟子 大賢。 例 只稱, 子。 孔子 復號- 夫子 1 者。 邢 m?: 孝 

經疏云 孔子 嘗爲 -1 魯國大 夫? 故 弟子 連:, 官稱, 之 尊, 之。 以 別- 餘 人-也 後人 尊:, 師者 Q 因 例 曰-夫子 G 

0^ 朱 子 答,, 許 順 之, 書 曰 石 丈 惠螯" 以 ,- 夫子 1 見" so 詳-此 二字? 古人 用 i 之 C 本 非-尊 稱? 如 T 

伐- -顓臾 -之季 氏 毀 ,- 仲 尼-之 叔孫 5 皆 得- 以稱? 盖猶, 曰-一大 夫 之 人-之 比 耳 C 然以 =孔 問 弟子? 稱-- 仲 

iko 故 後 之 人往々 避 = 其號? 04 泰誓 曰。 最哉 夫子。 |$§恒 六 £曰0 婦人 吉 夫子 凶。 夫 

.C^TO 左 傳檀弓 上、 曾 子 曰、 夫 

J 夫 也、 爲 n 皙レ於 レ鱧者 T 

或 云 有 神 有 宋之有 皆 尊, 之之詞 字書 以:, 大訓, 有。 今按。 韻會 無, 訓, 大 更者 = 他 書? 

爾雅 切磋 以, 骨で 象 云。 琢磨 以, 1 玉石, 言。 與 = 朱 子, 不 i 異 

文選 劉 孝 標辨命 論 云 、端 期 起 是 m,, 異端, 爲 ,- 邪誕, 而言。 ヌ云。 夫 道 生-萬 物? 則 謂- 1 之 道? 生而 

無レ主 謂-之 自然? 自然 者 物見-其 然? 不 1 知 3 所- 1 以然? 說-- 道 字 I 不; so 自然 字 說得當 然與。 I 所- 

三 宅尙齋 默 譏 錄卷之 四 五 百 七十 五 



^子 學 ffi 上 五 百 七十 四 

耳。 其 論-, 潮之盈 虚應, 於:, 月之理 io 似:, 可, 取。 更 思。 

我 邦 皇后 臨 _| 天下, 者 ◦ 皆 入,, 朝 代 之數? 盖 外國爲 之 例。 |g|f= S 、而 害, 於-名分 I 之大 者矣。 我 先 

師 所お 倭鑑 目錄。 則不, 入-朝 代 之數? 實據 = 唐鑑范 氏 之 論? P 唐 年鑑 H.1 神 

糊塗 與-鶬 突? 字義 恐不 JE。 宋名臣 言行 錄ニ』 以, I 鶬 突-解 _| 糊塗? 不, 知 如何。 

箭 記箭錄 C 節 字 字書 不, I 分明? 無寃錄 注。 箭錄也 正字 通 曰。 賤箭用以奏^!。 

遜志齋方希^^正統論曰0 賊 后曷爲 而不, 得, 爲, 主 也. - 聖人 之 作, 易。 其 於, 此言之 備矣. - 陽 者 君 之 道 

也 夫 道 也 C 陰 者 臣之道 也。 妻 道 也" 為之 六爻。 凡 陰 之 得, 中 陰 乗- 1 陽 位? 必諄々 爲= 之戒? 坤陰 

之 純卦也 於,, 其始? 則戒曰 C P 霜 堅 水 至。 恐-陽 之 忘 I. 備 也。 於-其 終? 恐 X 疑, 於, 無 i 也 C 曰, - 

龍戰, 于 kiro 五 恐 =, 其 居-尊 位-也 則 曰 黄 裳元吉 黄 中 色 而裳下 飾 C 臣之事 也 婦之道 也 C 戒,, 

其 居. io 則不: J 口 也。 其 他 曰 括囊。 曰 含 章。 曰從, I 王事? 未, = 嘗予 其專- 也。 推-之 六十 四卦之 中? 

莫, 不- 皆然? 則 聖人 之 意 可, 知矣。 寿 秋 無-其 事? 故不, 書 じ 使, 有, 之. - 聖人 其肯 一 曰 主, 之 乎 C 此論 

可, 謂, 確乎。 而 其說, 易。 亦 可, 謂 = 善讀 者- 矣。 

周 禮 一 書。 方 遜志齋 謂。 周 史所ご 記 周 之 治, 事 書 也。 文武 周 公之 遺 法。 而秦漢 之 士。、 意 增= 損 之, 者 

衆 也。 ais^j 此 說得レ 之。 其 讀-- 夏 小 正- 1 文。 暗 排= 接 朱 子 論語 注? 不, 得-朱 子 之 意? 而妄肆 立, 說。 

窃謂希 直 雖:, 尊,, 信 程 朱? 然 得- 1 程 朱 之 意 I 未 矣。 依:, 舊明儒 一 統 之學。 其 讀二曾 子 問, 一 篇。 使,, 讀者亦 

涙滿, 襟矣。 其 論,, 豫讓, 恐 爲:, 當。 Isf^si 跡 11- .^w 太后 酖,, 殺 其 子獻文 帝弘? 而獻文 之 子 孝 文 帝宏。 



名 T 係 以ニ大 穴^ hK-so 乾坤、 首 PI 象 象 T 次荣 曰、 き }r 次 象 曰、 iK 云、 文 言 曰、 1M1K、 Ri-I Esfeo 

象傳 1 而已、 .RN 翁-一 ュ T 錢- 其 他卦々 下、 次 *f 辭、 次 衆 曰、 き K 、次收 ニ象辭 T 次 象 曰、 1K1K、 而其注 tH^ 收 -I 王弼 注? 

而其末 收,, 互 注? g ャ; J«J 次 上 ド繫辭 I 隨 次說卦 次序 卦 次雜卦 次 收,, 王輔嗣 所. 作 周易 

略 例う 唐 助 今 世 所」 t 十三 經之 易。 載- 魏王弼 注 唐 孔穎達 正義? 11* 謂 槃辭 :35 下 C 亦 韓康伯 注 

孔 氏之疏 a 固 謂。 略 例 似, 1 五贊? 取, 例? 斷以, I 朱 子說? 則甚 有, 益。 

余讀- 神代 卷? 因 者-諸家 說? 皆 信-, 不, 可, 信者? 而妄 立-, 牽強 說? 動 曰, I 傳授? 癸 卯 歳 四月。 路 歷,, 信 

濃國? 往, 于= 江戸? 鹽尻洗 馬 § 驟 之 間,」 有,, 歸經 原? 有-牛 伏 寺? 土俗 傳言。 唐玄宗 時。 二 頭 牛 負,, 

般若 經 -來。 一頭 死, 于:, 此 。故 謂-牛 伏 寺? 一頭 自=此 地-貧 レ經 而歸" 故 曰,, 歸經 原? 一 說此林 嚴冬雪 

不, 盖 黑色 似,, 牛 之 伏? 故 曰,, 牛 伏? 余 謂 此原 桔梗 多生。 故 名,, 桔梗 原? 亦 未, 可, 知。 ほ, 古傳言 

者。 往往 如, 是。 神代 事 固當, 不= 分明? 然神學 之 徒 举 立,, 牽強 臆說? 可, 哀哉 

堯典 克 諧以, 孝。 々乂不 k 格, 姦。 王 守 仁以, I 丞 I 々-爲 --薰 之義? 以, 格 爲-- 格 正 之義? 聞 者 往往 信,, 

服 其所說 親切 底意 思? 朱 子 何故 不 :- 取,, 其 説? 朱 子豈不 i 知 哉。 以-- 其 義不, 通 之 故, 不, 取 耳。 此等交 

義偶誤 者。 他人 之 賢者 尙可 Jllno 克 諧以, 孝。 是 用, カ處。 此中 a 有-, 薰 r^, ぶ」 意? 丞 i 々以下 其 效驗處 o 

岳 之薦, 舜也」 • 化-父母, 之實 効お 證, 可, 化-, 天下- 矣。 如-王 之說? 則不 實効? 徒 P 其 用お 之 

切, 耳」 格 宇史 記 作-至 字, 乎, - 

體 用字。 程 朱 以前 言. 之 者 多矣。 唐孔氏 §麵 元 魏關朗 子 明 ■ 、雌& 一 城 5? 並 有- -此言 ? 

天地 萬 物 造化 論 一 卷。 宋王魯 齋所, 著 而周颗 注, 之。 其 書 大槪說 n 天地 萬 物陰 陽 五行 配屬之 略, 也 

=K 乇尙楚 默識 錄卷之 u 五 百 七十 三 



朱子學 添 上 五 百 七十 二 

近 思錄治 體篇? 則 治 道 是治體 也 C 然朱子 立,, 近 思錄篇 目? 不, 曰 治 道, 曰,, 治體? 盖治體 亦 程 子 之 語 a 

而有. -St 子 亦 曰-治 道? 亦 有, 1 從, 本而言 ? 亦 有- 從, 事而 言? 則 治 道 二字。 本 包-括 治 體治法 二者, 底 文 

字 C 朱 子 曰 治 體治法 而不, 曰,, 治 道 治 法, 者密矣 

朱書 抄略 t 之 所い 载 朱 子 論 S 殷氏時 心 之 所,, 由 生, 者 所, 謂 分 金种上 之說。 有, 非,, 後生 麁心 過, 快 之 

日 談之所.可ぁ者-焉0謂--之事勢人情之必然?而未,_,嘗許乏以-忠臣侬復等之名,矣0レ^^;^鼓き%,せ&-請 

本 ^!$^?>^|^"„?ー5^其小注三氏之說。 則以, I 常理, 窺,, 聖人, 者 也。 若,, 湯武周 公之 事? 則是 聖人 體, 道之大 - 

權 C 非,, 常人 所., 可, 窺矣 商 之 忠臣 而不, 可, 謂,, 之 頑? 則 微子箕 子 是 不忠 之 頑 也歟。 袁氏 以,, 少 

^ 康比, 之 者し 以-- 群 慕- 視-- 武周 1 也 其 審-- 去就, 而 1? 親狗 i 之 云。 則 讓 妄 之說。 尤可 其 如:, 此。 

理 而 先生 何故 收 i 于, 此也 盖此論 爲.. -萬世 提,, 撕網 常, 而作, 之 與,, 其說之 重,, 於, 變 箏偏, 乎, 常 是 

. 先生 之 意 矣。 

大學是 孔氏之 遺書 C 何故 不, 曰;, 仁 C 却 曰,, 明德? 是萬物 一 體之仁 便是平 天下 之絮矩 盖是 有, 意 

編 平 天下 是知之 事 而 格物致知 則 所 „,以 盡,, 此心之 明, 矣 C 故說- 明德? 而 說,, 格物致知? 

佘 頃日 得,, 一 本? f 題-易 慕圑互 法? 不:, 尾,, 何人 之 作? 首 载,, 周 子 太 極圖? 圔下 略取,, 周 子說? 次 載,, 

楊 鼎 卿 太 極圜? 次 載-河 圜? 而其 il 則洛書 也。 次收 --洛 書, 乃河圜 也。 圖下 载,, 李康 

伯 之 股? 曰 C 伏 義觀, I 河 鼸? 而 叢:, 卦者此 也。 又 謂-之 九宮? 故 陰陽 家 一六 八爲, 白 C ニ黑 三綠 四 

碧 e 五黄。 七 赤 九 紫 其 本, 於, 此乎 e 次 載 U 古今 易 學傳授 之圖? 次 載-六十 四 卦大象 Si?|f 



理氣皆 受_- 之 父母? 而 在, 我 之理氣 則 直是眞 父母。 故身體 髮膚不 _| 毀傷 一 者 0保= 在 k 我之氣 父母, 也 a 

立, 身 行, 道顯 _| 父 者。 敬 在, 我之理 父^, 也。 晨省昏 定先後 左右 者。 是 事-身 外 之 父 母 一也。 尙以 

爲, 遠 身 也 道 也 在, 我 之 父 l^o 可, 謂,, 近且易 |矣0 保 A 身 敬, 道 者 ◦ 固 能事- 1 身 外 之 父 母 1 也。 此是 

J 孝 經之大 旨矣。 雇れ、 

H ^ 通鑑 綱目 卷首 载- 豫讓之 事? 其 後 面收, I 胡 氏之說 1 曰 智伯無 k 後矣 而讓 也不, 忘- 1 國士之 遇? 以, 死 

ホ 一 許:, 之 e 至 U5 一一? 而愈 篤。 則 無 X 所, 爲而爲 之 者。 其 可, 謂,, 義士, 矣 a 然襄子 知-其 如&。 而終 殺』。 

, 何以 爲,, 人臣 之勸, 哉 重 固 謂 豫讓 欲:, 殺,, 襄子, 者 而襄子 知,, 其 義士, 也 已謹 避, 之 C 可, 謂, 原 也 

倫 _ MO 後 又 伏, 於-橋 下? 欲, 殺, 之。 欲, 殺 之 心不, 巳 襄子於 A 是殺, 之 亦不, 爲- 不當, 焉。 胡 氏以, 一 其 

理 一 終 殺 之 非-: 責之? 来 子 ^收, ー其說 於.. 此 刖朱子 之 意 亦 是其說 也 胡 氏 之 意盖謂 巳 避, 之者是 

\ 而 於:, 苒 欲, 殺, 之。 亦 潜 處,, 置 之? 則 登 無,, 不, 殺 之 術, 哉 Q 輕裁, 之 終 殺, 之 者 G 不, 遂, 1 其お 心? 爲, 可, 惜 

彙 E.O 往年 淺!? 家 四 4. 餘士 殺-一吉 5 其 時 公 裁 雖レ决 、蒈 問-之 諸 JXHCO ^ Km^t 自 SKO 白 9 ^ # 

^ 官 T 終 殺 一 1 四十 餘士 T 以 -I 胡 氏 之 論 1 斷レ 之、 可レ見 I! 営 否 T ^0 ^-A^ $,fi^ 營 -I 自窓 1 

編 \ ,不_| 自死? 而 生。 故 豫讓欲 i 討, 之。 襄子終 却 殺 A 之。 是所ビ 謂 討 者 也。 天人 所 ^ 不, 赦。 故 胡 氏 之 論 

ゥ 如, 是。 余 謂。 此說是 道理 元 如, 是。 胡 氏 言:, 不, 可, 爲, 敎耳。 如-四十 餘士? 則 與= 豫讓? 其事體 有- 

不, 同 者, 矣 、 

中 月而禪 訓 X 中爲, 間 儀禮 大射禮 中等 注レ中 徴レ間 也。 

壬 寅 秋 適, 于 -1 武藏國 江 15 道携, I 一 卷近 思錄? 讀= 治 體治法 ニ篇? 程 子 以_| 治 道, 對,, 治 法 一而 言。 見- 

111 宅尙齋 默識錄 卷之四 五 百 七十 1 



* 子學 p» 上 五 百 七 4- 

尋推索 潜-進 步而 行。 出師 而攻? 故 誠 正 修提撕 中 之提撕 格 致 提撕中 之 進步處 夫 五 者 有-五行 攻 

守 之 分? 而立 守 者 如. 事 a 行 攻者有 X 所, 爲 a 故 朱 子 曰。 考究 時 自是頭 項 多 到, 得:, 行 時、」 却只是 1 

句リ 不 X 用 X 得-許 多說 話? 只 守-這 一 箇禮? 所- 以爲 P 約。 

一 胡 五 峯云。 人 有,, 不仁? 心無, 不, 仁。 朱 子 論, 之 者四條 gff^ 前 一 一條 是, 之。 後 二 條不, 是, 之 0盖 各 

日 有, 說。 所, 謂 克已^ 禮爲 A 仁。 與 T 求-放心, 天地 生物 之 心 之 謂? 胡 氏此語 爲,, 發明 親切? 

本 或 曰。 讀書之 序 當,, 小 學家禮 近思錄 四書? 或 人謂不 k 然。 小大 相承。 是, 聖學 不易 之 定法 C 何 以家禮 

一 近思錄 入 在, 於,, 其 間, 哉。 余 謂 C 以,, 家禮, 是小子 所, 學之禮 而近思 錄則四 子 之 階梯 C 則家禮 近思錄 

倫 一 置,, 諸 小大之 間? 亦 有 ご 說焉。 然小大 之 間。 不, 容,, 一 物, 者。 聖 學之耍 確乎 不 k 可, 拔。 則 首, I 小學 I 

理 次,, 四書? 而家禮 近 思錄。 別 附,, 其 後? 則庶乎 可矣。 近思錄 元來是 衰世 書。 不, 分-小 大? ー混說 了。 

吿 以,, 成:, 己 成』 之 道, 耳。 若 feH^, 亦然。 

棄 \ 淮南子 之 書。 全 老子 之 見 耳。 然去, 古 未 d 返 C 故 其 間 有,, 些少 可,, 取焉。 其 言 云。 知 誘, 於, 外。 不 

一 fek-BO 而 天理 滅矣。 故, 於, 道 者。 不- ー以乂 易" 天 t 之 又 云。 機械 之 心。 蔵, 於-胸中? 則 純白 

^ 不, 粹 又 云。 鑑, 於, 一止 水? 窺, 於,, 明鏡 I 之 又 云 天地 之 生, 材也。 本不, 過氐。 聖人 節-五行? 

則 治不, 荒。 鍵 t 一-一 1S^1、TS 又 云。 知.^ 員 者 無. 不. 知 也。 行, 方 者 有. 不. 爲也。 錢 又 云 。求,, 道理? 

如 i 語不. 一 C 皆 似, 有 ,理0 其 五行 之 相克 相 生 之說。 ^p^^ 朱 子 皆 取, 之 C 其 論 _rA 十 而生 - 

馬 十一 一月 而生, 之 類 o§- き 其 推 k 果 有- 此理- 乎。 更 思。 ilf 大 篇 1 十 ん 



氣, 而已。 如:, 此而 欲, 夸, 於. -湯武 之聖? 其 亦 可:, 驚 之甚矣 ◦ 如 T 日本 魂 所, 言 合_- 孔子 1 程 朱- 爲-- 大„^ 

夫-之 見. ^ 者。 則 我却不 k 問- 1 其 是非? 信-孔孟 程 朱 I 之 徒。 而爲- 可, 怪 之談? 我 恐 3 其 未 i 登-泰山- 矣。 

或 謂。 朱 子 解-論語? 校合 改定 者 op- 關 雎哀樂 章, 而 止。 s_ ま 4 註 1 日 止 J_f4,? 此则 第五 篇 以下。 未 

定説 者尙多 孟子 乎 余窃謂 俗儒 籍ロ以 --勉 之說? 而妄 意, 1^,- 訶朱子 注解? 多不 Ji-I 其 量-之 

甚矣 淳熙 丁酉。 お |§ 藥註 成. - 盖 先生 中年 見識 定接 始執, 攀 未- 嘗 容易 出 示,, 於, 人 再三 改削 

方始 行, 於, 世。 至-晩年, 改 削不, 止 者。 特 潤- i 色 之- 而巳 晚 改者 固 北, 於- 此章? 而其 iL 此改削 

者 幾 回。 故 勉齋狀 _| 先生 之 行, 曰。 若- 大學 論語? 則 更定數 四。 後學登 得, 容 =1 議 於-其 間-哉。 

太 極。 極 字是屋 極之義 也。 然極訓 1 楝也 屋脊也 或 云0 屋上 横木 也。 皆 是我邦 屋上 橫施木 也り 然 

大學蒙 引 謂 じ 楝直 承而上 ◦ 宇 兩垂而 下 C 上棟 下 宇。 楝雖, 曰, 上。 赏自, 下而上 也。 宇 雖:, 在, 下 G 實自 

レ上而 下 也。 盖 棟植, 於, 地而 向つ 平, 上。 宇啓, 於, 極 而向, 乎, 下. - 余 謂。 極是俗 所, 謂 心 柱 者 ◦ 而 上世 

屋楝竪 、し 而自 レ下而 上し 後世 橫以爲 -!屋 脊 ー乎リ 太 極極 字。 以, 竪者 言。 比得尤 切當。 

格物致知 誠意 正 心 修身" 大學 明,, 明德, 之 方 也。 要, 之不, 過,, 憐文約 鱧 之 兩事, 矣。 而ー言 以蔽, 之 曰 a 

提撕 而已。 提撕者 C 操 存之謂 也 身 則 常 欲,, 其修而 不., 係0 心 則 常 欲,, 其正而 不., 動 意 則 常 欲- 1 其實 

而無, 欺。 只是 *9 々操 持 省察 C 欲 k 不:, 失,, 其 本然, 而已。 潜, I 拱, 手 而立。 固, 城而 守? 一 有 W 其不, 修不 

レ 正不, 誠。 而懲 - 塞 之? 便是 第二 等 工夫 也爾。 至 ,- 格物致知? 則 其 所-巳 知 I 益究 y^。 其 所, 未, 知 推 

一二 宅尙楚 默識錄 卷之四 五 百 六十 九 



矣有下 可 

—― 、レ 

享之— 笑 

一' 甚本之 



朱子學 5^ 上 五 百. 1 ハナ 八 

天下 之 達 尊 三 Q 爵齒 德是也 C 我 邦以, 爵爲, 尊 而不, 知-其 二? 遂以, - 公家 地下-分-尊卑? 道之不 i 明 

也 〔且哉 ◦. 

堯舜以 =禪 讓, 安-天下? 不_,,敢 私-夭 下? 湯武以 = 放 伐-安-萬 民? 不 S 敢 私-萬 民? 天下 是 天下 之 天下。 

非,, 一人 之 私有, 也 e 

轉,, 倒 尊卑? 反-覆 上下? 變 革莫, 大, 焉 唯爵命 出, 於 レ西者 C 利 之 所, 有。 不, 在, 於, 兹也 C 其不, 易 

, 位 者、」 國俗昏 愚、」 信, 神而 畏怖 也。 以, 是 罵-湯 武-者 可 i 笑 C 

在, 上 者 有- -续紂 之惡? 在, 下 者 有-湯 武 之德? 而後 天命, 之 「し 人應, 之 C 期以 有-放 伐 之 事 可 i 耳。 

聞 室 某 荻 生 某 等 ◦ 陰 有-革命 之說? 大義 湮晦。 滅-- 綱常? 其 罪莫, 所; 谷矣 e 

堯 舜湯武 C 是善通 變者也 C 秦漢 以後 G 變革 之不, 善 者 也。 善 變者天 也。 四時 之 變遷。 塞 暑 之 往來。 

天地 常 久之道 而 天地 位焉。 萬 物育焉 C 堯 舜湯武 善通變 而 人道 立矣。 萬 物安矣 或 曰 C 堯舜 父子 

之衰。 湯武 君臣 之 欠。 如, 此而 謂-之 人道 立, 者 C 何 也。 曰。 堯舜 不-- 禪讓? 則 任- -變 於., 天 人不, 通 

k 之 C 則 民 苦物殄 其 終 也 天變, 之。 而其命 新 於, 是乎 豪傑 興。 始受, 命 期 君臣 正 尊卑 明 而人 

道 復立。 萬 物 育 C 湯 武是也 C 续 紂不, 知-天人 碧 革 之理? 而自 取,, 敗亡? 天與 ,- 之 湯武? 人 歸:, 之 當-. 

此時? 豈 可:, 得, 已 哉。 如-一泰 伯 伯 夷? 則 天 未, 舆人未 k 歸 C 其 所, 居變未 、至。 故 得 V ^又お 而 巳。 今 也 

皇統 雖条 跑。 天命 雖条 &。 其 間 或 有 k= 先帝- 戰。 如-出 公報-者" siflsKlgTfe--- 重 或 

有 大臣-所, 耍。 敬受 rr- 如3 瘼帝 於-王 奔 上下 亂 111網澄。 正 i£ -絕。 所, チ絕者 C 爲 _-同 



B 



本 



,可仁 打耶。 有,, 可 仁 打 之 一路? 攝之 大阪。 是 天下 四方。 米 粟 之府。 而 四方 之 米價。 一 據,, 大坂, 而定 

焉。 公家 出,, ® 一 二十 萬 金? 均,, 卒 高下? 則 有, I 可, 爲者, 矣 與, 設 3 置 於-諸 路, 者 ^ 其 勢 之 難易。 頗 

大異 也" 

石 王 其 謂。 小舉 之敎" 具, I 天下 之 事? 無, 所 レ遣。 自,, 天文 暦學? 至-井田 經界? 自,, 鹽鐵之 利。 米 粟. 

穀? 至-宗廟 朝廷 之禮? 無, 不, 講- 習 之? 但至, 入- 大學? 則 致, I 其 知? 知 之爲, 物。 行 来, 至。 而知則 

先 至。 小學 之敎。 守, 之 之 功也。 未, 至, 於- 樂, 之 之 地? 則不レ 保, 不_ 一 其變? 知 則 至, 於 一一 聖處? 已達 

, 於-聖人 之 所, 安。 學者 至, I 聖人 之 域? 其 端 在, 於, 此矣。 余 謂。 天下 之 事。 具, 於-小 畢? 而 無, 所, 遺 

云云。 恐 認焉。 知行 書 所, 謂 知 之淺深 C 行 之 大小 者。 輿, 或 問 ffjl^ 所, 謂 至, 於,, 成人? 然後及 ^ 其大 

者 W ゆ I 可 a 以 尾,, , 其 失,, 朱 子 之 矣。 但其 言,, 知 之 先 至? 乃 是挙者 至,, 聖人 之 地, 者。 在, 于, 此 當矣リ 

許 衡先肚 巳 在, 於 元 地? 許衡已 生, 於-元 地? 以; K 護,, 許衡 仕し 兀之 故? 豈可, 諉哉。 許衡之 祖先 若 仕 

し兀。 則 祖先 已過。 而許衡 亦 P つお 不義 I 者 也 朱 子 答- 吳晦叔 1 誊。 yfi 針づ、 兩魏之 分。 云云。 亦 

以見 =此 意 1 矣。 

變 易不, 止 者。 天地 之 常。 一 陰 一 陽。 ー晝 一夜。 ー闔 一 闢。 節拍將 去。 不, 革, 矣。 人事 亦 

然。 如- 堯舜 禪讓。 湯武放 伐? 是其大 者 也 C 恨 其 間 有 T 變革 得。 而 善與, • 不善, 之 別, 耳 Q 我 邦 神 者 曰。 

皇統 綿々。 萬々 歳不, 變 •〕 以 坐- 堯舜 湯武之 上? 殊不, 知 其 百 代 間 正統 旣絕焉 じ 以ニ 姓, 革命て 期 

知變革 G 天地 之 常。 不, 得, 不,, 變革, 矣。 若-我 國? 若,, 秦漢 以後? 則變得 而不, 善 者 也。 g や 

1ー一 宅尙 is 默識錄 卷之四 五 百 六十 七 



朱 子 學派上 五 百 六十 六 

時 渾下, 手。 顧 非 = 襟 懷寬大 事理 明白 者? 豈能レ 之 ◦ 

爲 k 之 耍歸。 在-化 レ俗 美. i。 化-風俗 1 之 要歸。 又 在, 便,, , 人知,, 廉耻? 使, 知,, 廉耻, 之 本, 則 人君 不 

, 好, 利 ◦ 而好, 義而已 今 天下 滔々 C 士也 農 也 ェ也 商 也 皆 唯 利是求 而不, 知, 耻 如, 此而 

欲, 治 鳴 呼 難 乎. - , 

近年 士風 曰衰。 不, 知- 廉耻? 有司 者 欺, 上 欺, 下。 以, I 自利, 爲レ心 G 使,, 是等入 在, 職。 隨, 所, 在爲, 害 

不, 測。 若 憂 k 之 人君。 當 >= 自 去,, 利 心? 使 £ 天下 知 ,0 義理 之 貴 ほ矣0 今 也 所, 帥以, 利。 而欠, -敎學 之 一 件? 

如 レ此而 欲 = 有司 之 直 C 而 無., 欺, 上 可, 得 哉 

張 先生 謂。 貧富 不, 均。 敎養 無』。 離 k J 一一 Hi 治。 皆苟 而已。 世 之 病, 難, 行者。 未.^ 始不, 以, _, 亟? 

富 人 之 田, 爲ぉ辭 Q 然此法 之 行。 悅, 之 者 衆。 苟處 X 之 有, 術。 云云 ◦ 朱 子 初 信 =, 疑 於 此說? 然收ョ 之 於- 

孟子 集註? 則 其 終 也 信 k 之 者。 可:, 知矣 但其術 之不, 偉 爲, 可, 慽 耳。 奪,, 富 人 之 田? 似,, 甚難? 然 

實 有,, 其 術? 此法之 行。 說, 之 者 衆 C 則雖 ^有= 不, 悅者? 吾 何 屈い 乎, 此 ft^ii 自不私 isi ,今 也 農而兼 

者有焉 士而 兼-農工 I 者。 固 所, 不, 許 C 農 之 兼, 商 者 ◦ 何爲許 古 者 四民 各專, I 其 業? 故 志 一 業 

精。 欲:, 均 ,- 貧富, 者。 宜 a 先 令 3 其 民 各 專-其 業? 

足 レ財之 道。 大學 所, 謂 生, 財 之 大道。 萬 世 不易 之 道 也。 國無 = 遊民? 則爲, 之 者 衆。 今之釋 徒。 是遊 

民 之 最者也 C 不, 絕, 之。 而 欲- 國之 富, 難矣。 絕, 之 甚不, 易 然期以 =數 年 I 必可, 成 ◦ 

《.2 平 之 法。 是 四民 之 K 法。 而 看- 1 杜氏 通 典? 諸道 所:, 置 之 米。 若干 億。 我 邦 所, 不, 可, 行。 然 則鬼不 



m 



本 



彙 

編 



之 家。 一 箱 食 一 瓢飮。 在,, 人不, 堪, 憂 之 地? 而其子 乃 從,, 其師? 周-遊 天下? 履, -宋陳 衛蔡之 厄? 而不, I 

以爲. fe。 此豈 俚俗 之 人。 拘曲 之士。 所 __,能 知-其 義, 哉 盖 誠使& 心無お,, 放 失? 無, 所,, 陷溺? 全- 

天 之 所 予。 而無 &| 焉 則 千 萬 里 之 遠。 無, 異:, 於-, 親 膝下? 不:, 然雖 „- 日用-三 牲之 養? 猶 爲-, 不孝, 也 

象 山 此說尤 更精透 鶴 

佘嘗以 ,- 此意, 吿,, 或 人? 返謂爲 ,- 人 子, 言。 似 ョ勸, 人 以,, 不孝? 將不 Jli- 其 一生? 爲-- 人 之 父母, 者。 

不レ知 1 有-一義 ®? 而溺 = 小 慈? 亦 可 ョ以比 一, 之不慈 不孝, 矣 C 

學 有- -體 用-者 C 成, 己 之學也 用 者 成, 物之學 也。 夫經濟 成, 物之學 C 出, 於,, 成, 己 之 本? 欲, 成, 物而 

不, 本, 成, 己 則 固 管 商 之 流 也 耳. - 雖, 成, 己 亦 無, 一成, 物 之 用? 则 有, 仁而 無, 義。 非 スロー, 內外, 之 道 や 

經濟之 道. - 有,^ 先 求-古聖 賢 立 i 法 之 1 以掛, 酌 當今之 時義, 矣 專 拘,, 泥 古法? 而不, 知,, 時 義之掛 

麼-者 陋儒之 尾 也 C 一 住,, 賠 ipj? 而不 k 本-古人 立, 法 之 意? 則 徒 便,, 目前, 耳 後 批人主 之 才敏者 

£;^=私智,制-目前? 幸 天下 無,, 相爭 之亂? 不, 知, 復, I 先王 之 道? 可, 嘆 耳 

稈子 論-十 事? 是 所:, 謂講, -求 古人 立』 之 意, 者 也 C 如-, 周官建 分, 職 之 周密? 無,, 一 事? 法, 天 

以下 乙 

卯 歲、 * 

天下 只是 是與, 非而已 爲, 政亦是 求; 冗 去, 非而已 但其間 有,, 先 後 緩急? 明 者 能盡, 之 

天下 無-雨 之现? 欲, 用-君子? • 而不 k = 小人? 不, 革,, 舊弊? 而 欲,, 事 之 美? 登 能 得, 所 k 哉 然 革- 

舊 弊- 與, 立-新法? 須,, 一 ml;" 之。 不, 立,, 新 Si? 而革 _,舊 弊? 則 就お 箪生, 害。 故 耍,, 總 天下 事? 一 

三 宅尙齋 默談錄 卷之四 五 六十 五 



朱子學 上 五 百 六十 四 

以-- 明文 可, 據者? 爲-證 左-答.. 之。 遽以, -騰 見-質-言 之? 甚不 透。 昔 者司士 貧吿, 於-子 游- 曰。 請 襲 

k 於お C 子 游曰。 諾 C 縣子 聞, 之 曰。 汰哉叔 氏。 尊以 ,禮 許, 人。 g-i:- 子游 所, 答。 古禮所 k 在 C 而尙 

縣子之 譏 如 i 此。 盖不 T 據-- 前 鱧- 以答. 1. 之 也し 况其不 X 當 者歟。 

今之爲 k 政 者 潜, = 拙 ェ之修 -Itg 居? 柱礎 碎而 不, 問 e 棟梁 徺 而不, 知。 但 塗-其 接 題-培-其 茅 茨-耳 

自, 非- -剛斷 英烈之 人? 則 孰 能 改-- 築 其 柱礎? 建-立 其 棟梁? 此話其 長。 方 識大學 平-天下-之 道 ◦ 其 本 

之 在 J 和-凡 天下 之 理-矣 G 

或 曰 吾 黨學者 往々 固陋 不, 博 G 文章 最拙。 故 學-- 徂徠- 之 徒つ 不, 能-相 抗? 是可, 嘆 余 曰 程 朱 

博學 文章。 不, 及- -歐 蘇? 而道之 明。 德之赏 無, 有-天下 抗, 之 者? 道德 者不, 系- -簿學 文章? 呂氏不 

, 曰 乎、 文 似-相 如- 殆類 且 欲お 王者 C 求, 克-- 之 私心? 以, I 孟子 之德 之辨? 不 ,能,服=吿 ま 人 

之不, 信 與, 己 何事 

韓文 公作-, 歐陽詹 哀詞, 云。 詹閬人 也。 父母 老矣。 捨 _1 朝夕 之 養? - 以来-京師? 其心將 3 以 有-得 レ於 i 是。 

而歸 爲,, 父母 榮, 也。 雖 _-s 乂ゅ之 心-亦 然 詹在, 側。 雖, 無 i 憂? 其 志不鈿 也。 詹 在-京師? 雖 X 有 = 

離 憂? 其 志樂也 山 谷 送 T 秦少游 從-- 蘇 公- 學. -云 班 衣兒啼 眞自樂 從, 師學 道 也不, 惡 但 使- -新年 

勝,, 故 年? 郞如常 在 郞罷前 后 山 曰 C 士有 = 從, 師樂? 諸兒却 未, 知。 欲, 行-天下 稱? 信 有-俗間 疑? 秋 

入,, 川原, 秀。 風 連-鼓 角- 悲。 目前 豚 犬 類 未 3 必 慰-親 5 二 詩 韓意? 而后山 之 味 永。 陸 象 山 

ll^c 男子 生 以- 桑 弧 蓬 矢 1 射-一 ー< 地 四方? 示, 有-一四 方 之 志? 此其 父母 敎" 之 s_n 之。 第一義 也 。顏子 



曰 



本 



彙 

編 



去 者。 群- 爵祿 ー不, 立,, 其 朝, 而巳 去 則 義亦絕 C 則豈 謂,, 之義, 哉 居 

辛亥 十月 廿 五日。 夜 夢見,, 綱齋 先生? 先生 曰。 予 四十 年來 持,, 一 敬 字? 然此 工夫 也 無,, 標的? 則 易-間 

斷? 因以- 一 器- 额 iytlits^l よ、 出 示 曰。 此 標的 也。 以. 此 示-多 田 儀 A 及 味 池 儀 平? 翌日 窃 謂此 

予之 心。 妄動 入, 于, 夢 者 耳 e 然以, 意 推, 之。 盖 有- 1 意思? 香合 是保合 之 意。 梅花 是渾然 温厚 之氣 

象。 平常 以,, 此器? 如,, 一武 王 之 於 n 机权? 顧謁 省察。 保-合 渾 厚之 氣象? 持 k 之 端的。 求ら 之 術。 庶 

乎 得,, 之 於, 此云 ◦ 

壬 子 六月 二十四日。 多 田 篤 靜說。 季文子 三思 章 曰。 聖人 稱, I 人 之 善? 有-, 勸而喜 之 意? 質-入 之惡? 

有-痛 而欲 k 之氣 象? 其 如, 此。 故 所 k 者 亦 無-激怒 之 意? g£ 壬 

茛心 之發。 人 皆 有く ソ』。 然 自,, 氣質 人欲 之 中, 發 出來。 故不, 免, 有,, 過不及 之 差, 矣。 異學之 徒。 尊:, 之 

如-一 寶珠? 以, レ此 爲-ー 準則? 亦 殆哉レ 彼 又 難-一 我學一 謂。 不レ克 一一 一 去氣質 人欲? 而求 一一 1 即, 物 照 一一 其现? 其爲 

,理 者亦殆 哉。 朱 子 不つ言 哉。 窮』, 先 kjsfeo 聖賢 是 無,, 氣質 人欲 之 拘蔽, 者。 其 人 之行與 

レ言 則, 之而 無, I 過不及 之 差, 者 也 登 如,, 彼 之 所 Ji 良知 者, 哉 彼 深 難 ro 我學 之不, 去, I 人欲? 而先求 =窮 

理? 猶 7以= 燭火耿 々之 明-照 物寇 h 彼 则此者 已昏。 此殊不 i 知- 1 人心 之 妙? 丽言 ni 初 學即, 物窮 -1 其理? 

贈- -乘, 轎之 人? 遊- -歷勝 境 佳 „ 京 之 間? 自-- 其 窓-窺-山川? 去, 此到, 彼 時。 此 者不, 可 :,觀0 而千景 萬色自 

, 窓 入 而積, 於,, 其 人 之 知? 此理甚 分明。 00 

禮 先聖 王 I? 出 天理? 以 示-天下-者 也 故 以= 其 所, 制 之禮? 其 德可, 見。 故 答-人 之 問 1^ 禮 C 必 常.' 

00 識錄卷 之 四 五 百 六十 三 



曰 

編 



朱 子 «^ s 上 五 百 六十 二 

宋主雖 ズ微尙 在, 東 C 而無, -缀紂 之惡? 元 非, 有-湯 武之 德? 而以 k 暴 墓-奪 之? 豈 仁人 義士 之 所 k 忍, 于 

, 仕 哉 如- 當今 武家? 尙 知, 尊-奉 王 命? 而年號 官爵。 皆受, I 之 王 庭? お ノ士者 仕 固有, 可 June 而^ 有 T 

如-中 村 锡齋- 者. - 也- 1 雜, 仕 1?% き" 魯齋 仕し 兀。 與ョ 孟子 說-- 王道 :;•• 似矣。 故人 亦 有, 援,, 據孟 

子, 而黨 者.. 也。 齊梁 非-夷狄? 孟子 不 ,歡= 暴奪? 特欲 T 以 -湯 武之 仁? 救 k 下 之 塗炭 5 非 T 與 _-許 氏 一 

同日 之談. i 矣 

昨夜 夢 有 i 人語, 佘曰 學門之 道 無, 他 自 考,, 古人 已行 之迹? 以須, 要-我 則 如:, 此而 已, 矣。 余 夢自謂 

經 済之學 固當, 如, 此。 此人所 Jlao 則 指 _| 學者 日用 之 切- 而 言。 就- 1 日用 事 上? 一 々如 i 此用, 力。 庶幾 

ic 辛亥 元旦 記 

下 辛亥 歳 

味 池 修居曰 三辆雖 = 1 理? 子 之 於 X 父 C 婦之 於, 夫。 無-去:, 之 之理? 而臣之 於 X 君 C 獨 有- 不;; 

之 義-者 何 也 差 父子 以, 分-骨肉 之 親? 故 子 之 身 直 是親之 身 C 爲,子者不,以--其身-爲.^其身3 何 

去 之 理之有 哉 是 以三諫 而不, 聽。 則號泣 而從, 之。 妻 一 齊 後。 亦 無-去 k 之 之理? 女 則從- 一 字 本 根- 

生出來 C 豈亦 有-去, 之理? 夫 有-許 多 無道? 亦 婦離而 去, 之。 從字 亡滅〕 而 婦道 絕焉 故 子 之 道 妻 

之 道。 無-去, 之 之 理ー矣 C 若 夫 君臣 則 非,, 骨肉 之 親? 義 一字。 是臣之 根本 生 出 來之理 C 其 君 無道 G 

不, 能, 盡-ー 職 守? 則 去レ之 則亦義 也爾。 故三諫 而不, 聽。 則 其義可 一一 以去 一也, - 然 曰-一 旣去 T 之。 則 

君臣 之義絕 C 如, 是則 義字豈 可, 謂-之 根本 生 出 之理? 去 之 後 肥 3 遯 於-山林? 返 „, 居 於-田 間? 亦 一 

旦 君臣 固 結, -分定 之義? 則 極-天地-無:, 絕 所 J£ 忠臣 之不, 事-二君-者 C 以-此 之 故, 耳 C 道 不:. 合 則 



使,, 諸氏 不., 死 o 必絕, 嗣 不, f 人事? 而 幸-諸氏 之 死? 亦 不= 窮理- 之 過 也。 余 亦 曰0 王 守 仁娶& 

氏^ 又娶, 一張 氏? 妻 之 喪 期 而小祥 十五 月而罈 乙 酉 正月 諸氏 卒。 張 氏以, 一明 年 十 一 月, 生, 一王 億? 王 

億亦是 所, 謂 金魚 者 也 王 氏简故 喪中 而再娶 可 k 疑。 

比 年 米 極賤 上下 用乏 C 困窮 太甚。 謂, 官 置-常 平? 刖穀價 早 均 足,, 以救 "之。 余 謂 社 倉 常 平 

法 皆 賑給之 良法。 然常平 之 主意" 在, 憂- i 價賁民 食乏? 故 朱 子 曰 常 卒之法 所 K 以 準- -備炎 傷? 廣 

行.. 賑給 5 民 命 所, 係 C 利害 非, 輕。 今 以,, 此法, 使- -賤 者賁? 悖-朱 子- 甚矣。 斗 米 三 錢.」 適 是大平 

之 一 大 善事 上下 川乏? 非,, 米! 5 賤之 所., 致。 別 有-他 故, 耳。 

古 者 取乂以 i!o 故 撰 擧必 得-其 人? 後世 人君 不, 知- 此理? 以」 試 \0 ?.; - 無能 之 徒。 得- 以, 幸 進? 

終 馴= 致 科擧之 弊? 使-一士 風 日澳? 封建 之 時.,) 世 祿之家 多。 故 奴, 士不 --必 多, 而 足矣。 郡 縣之世 C 撰 

擧之道 隙 則 {51 乏. 於, 人。 伊川 欲 „,耰 留,, 一 百 人, 者。 爲,, , 先 奔趨 流浪 之 心-耳。 其實欲 k 改-- 廢科擧 

之 法? 而難 = 遽變? 姑 爲,, 此^ 直 之 説, 也 爾、, 〕 故 朱 子 答-李 敬 子-書 曰。 伊川 立, 法 姑 以爲, -之 兆-耳 

3 六 開 元 之 M 人。 sglKt? す 、-, 氆士 則似而 無-伊川 之 意? 書法 發明 之議。 亦 宜矣。 

至 元 之罷- 科擧? life- ま lilffr 徒.. ド之」 而 古法 終 不&。 則? 明 廣義- 之議〕 亦 S 矢。 

許 魯齋之 仕 ,元0 綱齋 先生 苦 口 極言-其 不義? 然人尙 有, お- 議 於-其 問- 矣。 如,, 曹氏司 馬 氏 之 逆賊? 固 

顏閱之 所, 不, 仕 華 夷 本末 有,, 內外之 分 尊卑 之别? 而不, 可:, 亂。 今 元將, 主 i 於-中 國? 爲-- 君 父 之 

讎? M 固而 爲-, 中國 人, 者 當身之 仇 也,」 然则 元是讎 而讎者 許 氏雖, 生, 於-金 地? 本 是中國 之 人。 

三 宅尙楚 默哉錄 卷之四 五 百 六十 1 



朱 子學汲 上 五 百 六十 

君 之 命, 臣 a 有,, 不易 之 定法? 有 = 臨時 之 命? 天命 亦然 泰伯文 王 伯 夷叔齊 守, I 不易 之定命 I 者 也。 湯 

武受 - 臨時 之 命, 者 也。 缀紂逆 ,- 不易 之 天命 > 者。 故 天 有,, 臨時 之 命? 以_- 湯武, 代 k 之。 泰伯文 王 伯夷叔 

齊 堅守,, 不易 之-初 命? 而不, 聞, I 臨時 之 命-者 也。 故 可, = 以爲 _| 萬 世 之 法, 矣。 

朱 子 曰。 三年 通 喪。 天經 地義。 不, 容, I 私意 有,. 所-短 長? 示-之 至情? 則 不肯者 有,, 以企而 及 T 之 矣リ 

以, 是觀, 之。 則 子 貢 家 上 之 六 年。 亦 爲,, 私意, 歟。 子 皿 子稱, 之 者。 取-慕 k 師之 切, 耳。 後世 有., 爲_| 

短 長 之說, 者 3 何 其 不仁。 然 聖人 不 し言 也。 夫 禮爲, 可, 傳也 爲, 可:, 權 也。 故 突 踊 有, 節。 g 中正 之 

道。 君子 之 所, 行 也。 

理主, 於, 物。 而物 有, 一定 體? 有 =定 用? lif^g レ 物故 即, 物則理 可, 見。 而 謂-之 窮理? 則虚而 易, 差。 是 

以朱子 曰 大 學不, 說-, 窮理? 只 說,, 箇格 物? 氣質 人欲 拘蔽之 人 C 亦即, 物 則其理 可, 明 而 無, 差 異 

學之徒 動 曰。 茛知 C 而 ま-其 拘蔽之 知? 以爲, 天。 不, 誤 者 鮮矣。 

朱 子 曰 敬 夫 太 聰明 看。 道理 不 _| 子細? 00 聰明 底 人。 病 痛 如 聰明 入而 子細 篤 實也如 

可, 望-大業- 矣。 

傅 子 淵 者。 陸 門 高弟。 Sllf 曰 若、 一い Isfiljll^ 比- 朱 子 議-- 傅 子 淵 失:^. 5 去? 全 所 於-象 

山 之學? 、 

王 守 仁 年譜 王 置 生 之 下。 門人 贄曰 諸氏 方以, 一已 酉 正月 ー卒。 而王億 即以, 一 戌 十 一 月 七 曰 一生 天 之 報-一 

施; 1 人? 其 如何 哉。 使-諸氏 不,, 死。 張氏不 矣。 《米 g 利議, 之 曰 。何不 お-聖人 無^ 去 之訓? 



畏敬 之 心? 敬畏之 心存。 而後 能 適, 道。 按此說 甚當矣 し 而 奥氏不 ^潔_| 去就 之義? 爲, 可 X 慽耳。 山 崎 

先生 取,, 其 說-收 于, I 辇錄? I 之 余 往年 仕,, 宦 阿部 正 喬君? 知,^ 余 可-返 去-之 志? 一 日 曰。 臣之 事, 君 G 不 

レ合則 去 者。 似, 非焉。 某對 曰。 不, 合而不 X 知, 去 者。 貪:, 祿者 也。 貪 者 何 能 愛, 君。 不レ合 而去者 Q 知 

X 義者也 e 知, 義者必 致-其 身, 以事, 君。 世人 只 知- 不, 去 之 厚? 而不, 知-去就 之義? 故 世 能 愛- 1 其 君 1 

者 甚鮮矣 ひ 

狃,, 治世, 久矣。 故 物 失, 度 U 財 無, 節 比 年 米 價賤。 上下 困 極。 無, 可,, 如何? 方 =此 時? 非, I 大丈夫? 

誰 能 抑- 1 其 奢侈? 奮然 成-大計? 諸家 宰臣减 ,1 士員? 止 蹭遣之 類。 唯 之務。 不:, 識= 計, 入爲, 出 之 術? 

徒俟, -米價 沸騰 之 時? 其 謀 亦 拙。 米 價何畤 貴。 諸 物 何時 賤。 i4U 手 待-困 極-也 爾。 以 ^難= 諸家 宰臣? 

皆謂學 者徒讀 k 書 未- -嘗 事? 以, 是自 禦不, 信, I 人 言? 以,, 學者 所.^ 言。 爲,, 我 亦 巳 知., 之。 而 終不, 行-其 

所" 知 可, 嘆 哉。 或 云 C 大學 生:, 財 之 道。 達-古今 之 常經? 而外, 乎 A 此。 則 所, 爲皆 害-天理-之 事 

言, 之 則往々 皆謂此 分明 無, 可, 疑 無 レ可レ 疑 何不, 爲耶" 佘謂 諸家 困 極 處レ之 有, 術 須, 自,, 學上, 

理會 ^ 不, 然便是 聚散 之 術。 

勉齋 曰。 孔子 4 敎 k 人 曰 守, 死 善, 道 曰 舍, 生 取, 義 U 夫 死生 亦大矣 至, 於-道義 可.^ 樂 則生不 

-足レ 戀ノ而 死 不レ足 i 顧。 生 不レ足 Jio 而 死不, 足 レ顧。 則 於 一一 聖賢 之 道? 如 ーー飢 者 不レ忘 祸者不 

feo 行者 不』 "歸 c 病者不 起。 猶未 k=l 以 諭-其 功 1 也 f,、 學至, 于&。 而後 可 fcfe 見-大綱 > 

者よ 矣。 

111 宅尙齋 默識錢 卷之四 五 百 五十 九 



^4 子 學 添 上 五 百 五十八 

朱 子 答- -范伯 崇-書 謂 心 使,, 之 知? 則 人 求, 知 之 心 勝 而 由, 之不, 安 G. 甚者遂 不=復 由? 而傕 知之爲 

,務0 其害豈 可,, 勝 言? 敎, 人 之 方 在, 于, 此。 尤所, LBU 察焉 G 

朱 子 曰。 形而上 者。 指, 理而 言。 形而下 者。 指,, 事物, 而 言。 事々 物 t 皆 有,, 其理? 事物 可 而 

其 理難, 知 即, 事即, 物 G 便 要 此理? 大學之 道。 不:, 曰,, 窮理? 而 曰-格 物? 只 是使, 人 就- 實處, 

究竟 ^ 北 溪陳氏 曰。 道 非 =是 外事 物? 有 =箇 空虚 底? 其實 道不, 離 X 乎 A 物 若 離レ物 C 則 無-所, 謂 道? 

且 如,, 君臣 有&。 義底是 道。 君臣 是器。 若 要, 看, I 義底 道理? 須 T 就-君臣, 要 il。 不 kfe-l 了 君臣, 

之 外。 别有 * 所, 謂義? 父子 有, 親。 親 底是道 C 父子 是器。 若 要, 看, I 親 底 道理? 須,' 就 = 父子 上 I 看? 不 

レ 成., 脫- 了 父子, 之 外。 別 有, 所,! f 親 5 即,, 夫婦, 而 夫婦 在, 所:, 別 G 即,, 長幼 >而 長幼 在, 所つ 序 C 即,, 朋 

友, 而 朋友 在 レ所レ 信。 非 T 外-夫婦 長幼 朋友? 而有申 所, 謂 序 與ぉ信 G 聖 門之學 無- 一 不實? 一一 性格 物 

之義。 朱 子之說 明確 而陳 氏之說 得,, 朱 子 之 旨? 寶永七 年 庚 寅夏佘 到, 于, 京 尾_|淺見先生?淺》1^先生 

曰。 陳氏 之說。 山 崎 先生 嘗稱 之。 今考三 0晃= 說得 善, 矣。 余亦嘗 有, I 1 語? 理是物 之 欲レ 窮』。 

豈不, 就, 物而 得, 之 哉 此理甚 明白。 

西 山眞氏 曰。 道 者正理 也。 大臣 以,, 正理, 事, 君。 君 之 所, 行 有, 不, 合-正 理, 者? 必規, 之拂, 之 不= 

苟從, 也。 道不, 合 則 去, 之。 不, I 苟留, 也 或 曰不, 合 則 去。 母., 乃 非-愛 レ君之 意, 乎。 此 所,, 以爲 ,愛, 君 

也。 君臣 之 交。 盖以, 義合。 非, 利^ 也。 道不荅 而不, 去。 則 有- 苟焉徇 k 利 之 意? 是 使,, , 君 輕,, 視 其 

臣? 謂^ 3 以 籠,, 絡 之, 也。 君而 輕,, 視 其臣? 何 所, 不:, 至。 惟 大臣 能以殓 爲,, 去就? 則 足 =1 以 起,, 其 君 



明? 則不, 能 o 豈現 在所, 知者 而能, 之 欲-力 强知 明? 非-格 物, 則不, 能。 故 聖人 敎, 人 以,, 學習分 

辨" 爲, 先 者。 經中歴 々可, 尾。 

在-人欲 中, 而窮, 理。 所:, 窮亦 易, 失。 故 有,, 存養之 功? 而涵, I 泳 之? 

譬- 一之 紙囊 儲,^ 物。 就-紙 囊 一 を處? 只管 實, 物將去 C 積 累久, 之 充満。 則 紙 囊爲, 之 破裂。 就-人 心 介 

然 之覺? 0. 以, 是照將 去。 1^ 則 用, 力 之久。 一 旦 豁然 貫通 C 我心 之 全 體大用 明。 而氣質 可,, 得而 

克, 矣。 人欲 可,, 得而 去, 矣。 

他 門 敎= 弟子? 往々 不, 防 他師? 謂- 寬大 一也。 故 其 徒以, I 余不. fr, 見-他 師 > 爲 __偈 僻? 孟子 以- -陳 

相爲, 師。 死遂倍 T 之 C 而 譏-斥 之? 見,, 他師, 者 Q 師未, 死。 旣懷 J 丁む? 如, 此 純 之 心 C 何以 施, 敎 

哉。 綱齋 先生 深不, 許, 見-他 師-最 嚴。 

或 曰。 水不 i,, 淸濁? 存,, 潤 下 之 性? 賭,, 之 器 中? 莫, 不:, 潤。 莫, 不干。 人心 之 知 亦 F 此。 故雖, 在, 1 

氣 質濁惡 人欲 深 重 之 中? 莫, 不^,, 思而通 者, 矣。 所,, 以格物 究理 之 可" 施 k,, 人欲 未, 去 之 前, 也。 き 

亦可& 玻為 

學之說 1 矣、 . 

周 公 制齑。 立- 繼父之 喪? 子 夏傳亦 曰。 夫 死 妻穉。 與, 子 適乂。 所, 適者 以-- 其 貨財, 爲, 之 築-宗廟? 

使,, 之祀, 焉。 是繼父 之 道 也。 程 子 則娶- 孀婦, 云云。 蓋 似,, 相反, 何 也。 周 公之 禮。 通-天下, 處 k 之 

法 C 故 其 廣而寬 如, 此。 程 子 之說。 君子 守, 身 之 律。 故 其 嚴而密 亦 如, 此 C 亦 有, 理 C 綱齋 先生 往年 作,, 

小 書? 已 述-此 意? 

一 11W 尙齋 默 教 錄卷之 五 五 1« 五十 七 



朱 子學想 上 五 百 五十六 

默識錄 卷之四 

播磨三 宅 重 固 著 

問,, 諸 生, 

人 之 有, I 耳目? 皆 可 3 以 察-秋 毫之 末? 可。 -以辨 五 音 之微? 一 有 T 爲- 疾病-所, 蔽塞 ^ 則雷霪 之 森。 富 

士山 之大。 亦 尙不, 尾 焉不, 聞焉。 人心 亦 潜, 此 萬 物備, 於, 我焉 Q 則 人々 皆 可,, 以窮, 理盡 k 性而 至, 

, 命 也。 特爲 -氣 質 人欲, 所,, 拘蔽? 則菽粟 尙不, 能:, 辨。 其 他 C 學 者須, 要-先 克,, 去 其 拘蔽? 今時 學者 

藉 ヨロ 於, 一格 物? 而唯 知之務 C 不, 克, I 人欲? 而徒以 = 耿々 明? 求,, 事物 之理? 此? 以,, 一 些子 火? 逐, I 些 

子, 照 去 3 照:, 于, 此而 P5< 照, 于, 彼 照:, 于, 彼聘。 此者已 蔽昧。 終夜 照將去 。依, 舊只是 一 些子火 也 耳 G 

何不, 求,? 一 大 炬火? 以, -拘 蔽不, 去 之 心? 照,, 事物? 終身 雖, 求 k。 亦 依然 耿々 明 耳。 全體大 用。 

何畤 得- 赫然洞 撒-哉。 異學之 徒以, 此難, 之。 則 諸君 何 以辨, 之 Q 請 詳言, 之 

人心 之 妙 不, 比, 鏡 介 然之覺 本體 已洞然 王 氏 之 徒不, 職, 之 故 以= 一 些子火 照., 物譬, 之 ◦ 人 

心 有- -藏, 往 知, 來之 妙? 提, 一介 然之 覺? 以爲 _| 知, 來之 用? 0^^% 則藏 3 往於 _| 本 體洞然 之 中? 故氣 

質 未 ^去= 其拘? 人欲 未, 去-其 蔽-者 C 亦可.,以得_^積_,累於,,中。 而 豁然 貫通. -矣。 王 氏 之 徒不, 一? 之。 

妄謂 在-人欲 中? 而何以 得, 明,, 全體大 用, 矣。 

貢 知 之學。 我 固有り No 以,, 現在 所 T^c 善 改:, 通是也 C 然氣質 之 難, 克。 人欲 之 難, 察。 非-力強 知 



,手0 王 氏不, 知, 于, 此。 故 其 學差了 然今 學,, 程 朱, 者 勿.^ 看過 了 其 常談, I 格 物? 皆 由, 之而不 

あ 者 也。 本體 未, 息。 孰爲 之。 曰 用閒發 尾 呈露者 不二。 此其驗 也。 有, 未- 嘗息, 者 5 故 介然之 

頃 C 本體已 洞然。 有,, 本 體洞然 者? 故雖, I 昏蔽錢 之 極? 亦 可, -以 格:, 物而 致,, 其 知, 也 。其 有, 容 ,於, 內 

也。 而其 本體之 明。 I 是 有. 能 爲-- 藏ぃ往 知. 來之妙 g I ま, -1, 面 則雖- -昏蔽 者? 亦 可 3 以 得-積 累終貫 

通, 矣。 知 未. 明。 則何以 察,, 天理 人欲? 辨,, 王 氏, 故。 渠不. 伏。 illil, 

朱 子 謂 明 々德。 比 磨 擦 之 功? 有-意思? 余 亦 謂 昏蔽之 極。 亦不, 比, 於, 捏,, 團子? 

知 而後 行。 知 先行 後。 王 氏 之辨. - 亦不, 能 i 破。 此 自然 之 理也。 渠以, 致,; 茛知, 爲,, 學 術之大 端? 亦是 

知 先行 後 也。 特渠 主,, 自然 知? 我 主,, 工夫 知? 有,, 自然 工夫 之 別? 而以 = 自然 之 知, 言 者。 我 亦 有 v^o 

如-小 學 之敎? 則固是 導-良知 1 之學 然謂 _| 之 導., 之 Q 則已有 = 工夫, 了 大學 渠之徒 曰 知 上 無,, 

工夫? 此 大差 緩。 終 欺 _| 後學? 抵=排 程 朱 格 物 之訓? 其 罪大。 



111 宅尙齋 默譏錄 卷之三 五 百 五十 五 



朱 子 學 上 五! H 五 f H 

然- 初學者 難-摸 放- 焉 . 

格 物 究理。 是大學 之始敎 G 而讀書 則 格 物 之 先務 也 盖書是 衆 堙之會 也 a 然未, 立 K 尊-奉 天理, 之 志^ 

則讀書 亦不レ 干- 1 涉己 事? 傲 學者徒 知-請 書之爲 1^ 學。 而不, 知 ,有-- 本領 工夫? 王 氏 之 徒 抵-- 排朱子 之學? 

亦 今 學之罪 也 耳。 今之學 者。 以_ -讀 書, 爲= 爲學之 入門? 大失 _拋學 之 本旨? 

敬 一字 爲_ -學之 基? 爲 i 之耍在 i 于, 此。 敬只是 尊-奉 天理? 故 言語 動作。 無, 所, 不, 1 敬畏? 禪 者之ェ 

夫。 似 而不, 然。 以 ^爲- 一 種 妙 底 物事? 故與, I 我 儒, 大不, 同。 

朱 子 曰。 天下 有,, 多少 書? 若 半年 間。 都不, 敎_= 他 看-二字。 幾 時 讀_| 得 天下 許 多 書? 所, I 以尹彥 明終竟 

接來 工夫 少了? 易 曰。 盛德 大業。 至矣 哉。 富有 之 謂-大業? 須_| 之 如, 此方 得? 天下 事 無, 所, 不 

理會, 者 ^ 镜 工夫 不, 到 業 無, 由, 得, 大0少 間 措,, 諸事 業? 便 有,, 欠缺? 此便是 病 C 九此説 有-意思? 

今學 者不, 識, 之 a 其 學終差 k 於-朱 子 一 了。 

朱 子 嘗稱。 一 富家 韋深道 者。 喜 延,, 知 名士? 毎 歲餽餉 ◦ 不, 下-千 緝? 今 不レ識 k 學者不 k 足レ餘 

矣 爲, 學底 富家 C 常 愛-財 產? 不, 知, 賑, 知識 貧乏 不 i 能 ョ留_| 止 于., 京 者 3 其 平 B 自言, 志, 學。 吾不 

レ 知, 之 C 如-朱 子, 困 極 之 甚。 尙能 盡,, , 力 於,, 學核? 爲 人 蔵, 書 若干 C 今不, 如, 此。 而徒寶 藏之惜 。非,, 

朱 子 之 徒-也。 職 £ 醇- 

大學 明々 德 章句 曰。 本 體之明 未, 息 C 云云。 或 問 曰。 恍惚 之 間。 一 有, 覺焉。 則 此介然 之 頃 C 而其本 

體已 洞然。 云云。 此朱子 晚年義 精 仁 熟 之 言。 此是學 問 T レ手 本領 處。 不, 如, 此。 則 全 無レ由 



曰 



本 



理 

彙 



奉 祿 一 

.1,1. 一. 



説-其 不可? 渠終不 k 用。 儀禮 喪服 傳嫁, 女。 小祥後 被, 出。 P 于豪 服 旣除。 故不 T 與 弟- 更著 * 

三年. 服? 盖可" 以見 ,= 事 之旣過 者。 不,, 復必 追, 矣。 

橫渠 先生 曰 人 耕且學 C 則 能, 之 後人 耕且學 C 則 見,, 奔迫? 反動,, 其 心? 何者 古人 安, 分。 至 = 一 第 

食 一 豆羹 易, 衣而 出? 只 如, 此其分 也。 後 入 則!^ 欲 故 難, 成。 今 學者往 々貧困。 不, 得 ^專= 志 於- 

,學0 不, 得, 已時 或經, I 營 生業? 然爲, 之 止 ,于= 衣食 足 則 可, 矣し 朱 子 所, 謂 見, 利 入 浸 多 者。 tt 々有 

焉 張 先生 此言。 可 i 愧可, 畏 Q 

享保 十三 年 正月 九日 C 與-嫡 Ei-® 德.^ 米 順 利, 相伴 發, _ 京師? 歷,, 覽大阪 西 宮兵庫 摩 耶山須 磨 布引 瀧 明 

石高 砂 曾 根 松石寶 殿, 到,, 野 尻? 宿, 于,, 玉 田 氏? 遂 到, 于,, 箱 木 竹 原鄉? 歸路尋 ,1 伊勢 能 因 之 墓? 經-- 十 

餘日? 二十日 歸, 于レ京 C 遂 歷,, 山林 幽谷? 小徑 引, 糸 ◦ 多岐 難レ辨 或 隨_| 意 所 1^ 向而迷 ◦ 或 三人 相議 

而 尙不, 知, 所, 行。 時 適 問, 於, llli 養 者? 後 得-一 其路? 因 謂、 い 學問之 道。 效- 先覺, 爲, 賁。 王 氏 主-一良 知 一 

之 術 則嚮 所, 謂 隨,, 意 所., 向 者 也 U 其不, 迷 也 難矣。 於-大義 明顯 者? 則雖, 若, 可, 知 然 曲折 隱微者 G 

不, 以= 師友? 而 商量 討論 之 功. - 则不, 可:, 得。 §£3: 

氣 質不, 美 C 故人 欲 亦 來蔽, 之" 然氣質 根, 於, 內。 人欲 誘, 於:, 外。 誘, 於, 外 者 難, 絕, 之" 根, 於, 內者 

依然 昏滯。 故人 欲 固當, 絕, 之 而克, I 氣質, 之 功 亦不, 可, 缺。 1^,= 以朱子 並-言 氣質 人欲, 矣。 

答 U 呂子約 一書 曰。 再叨 -1 祠祿? 遂爲 希 夷 法眷? 胃 之 多。 不, 勝- 慚懼? 此語 可ョ以 見-奉, 祿之 不快? 

亦是 聖人 欲, 從-叛 人 之 召, 之 意。 德之廣 大。 &不 a 切 =1 々乎- 1 如, 此事? 所 者大。 則 小者 不- -必 害- 矣。 

111 宅尙齋 識錄特 之 111 五 百 五. Till 



在 下 之 

者、 一本 

作レ 有、 



曰 

編 



朱子學 S 上 五 百 五十二 

物? 以外 能 運用 散在 者。 統,, 體 一理, 者 G 知 向-物 於 T 外。 則 條理始 分矣。 此 可, 以見 3 內外 一 而致知 

之 功 在-格 物 1 也 a 

兹歲 春希豎 自,, 武藏, 來, I 京師? 其 近- 權耍, 交 = 右 族? 自,, 世 族, 見^。 可 得-時 志-者.. 矣。 然全是 

儀 秦之術 也 耳 渠宗, 一王 氏 守 仁 之學? 果然 歟 C 在, 京 曰 所, 爲レ 可レ議 者不, 一 而就, 中擧, ー其大 者? 

B 4s;Aa4w ム.、 JP t5 1 乘院門 主、 i な 斤 n=-c 牧氏 某、 因-一 坊 3,1 方き 小谊 氏、 則 其 交有レ 素、 因-小 开 nsix 

招ミ請 僧徒お-一 市人 宅 1 .ji人^^!i^屋者、 見 司 1 令 小濱氏 所,. 言 見-お" 5? 读氏所 P 言 、始見 n 本 多 氏 i B-t« 

坊令 皆 非-有, 志 人? 往- 本 多 氏- 講_ -說莊 子 書? 以- 僧徒 之 請? 求, 令ョ 嫡男 爲 -伏晃 宫女媵 

臣? 是 等不, 待- -學 者? 知-其 可 "耻。 盖乘, 勢 自不, 覺-- 其 琉蕩至 1^ 于, 此乎 C 

不, 娶, I 同姓? 是三王 以後 事 五 帝 以前 許, 娶,, 同姓? gsjygj 義 我 邦 地狹人 少.、 擇 氏不, 擇, 姓 亦恐不 

レ害 C 士民 之賤。 雖 自 知-其 姓? 亦 傳聞耳 C 伹避 = 近 者? 則 固 其 所 也。 遠而 不,, 分明-者 C 不 --必 避? 

儀 鳢經傳 通解 二、 引 二 家 

語 白 虎 通晋語 i 須 ニ合考 I 

三代 忠質文 之異尙 歷 k 世之久 文 華漸開 上古 停 質 之 風 C B 移 月 革 如., 夏 后 氏殯, 子-東 階 之 上? 

殷人绩 於- 兩挖之 間? 周人殖 * 於-西 階 之 上? 死生 之 道? 則 致, 生 之 情漸變 如, 此耳 故 厚 者 近, 愚 

知者 近 klr」 於- -學 術-亦 贈, 是 C 如-王 學者? 厚而 近, 愚 C 如-吾 黨學 者? 知日 務 而情益 近 薄。 文 之 

至 於, 忠 C 知 之 至 反, 於, 愚" 其 勢然也 知 之 至。 則 曰-, 萬 物 一 體? 同姓 不-- 必擇? 是 反:, 於- 1 五 帝? 

死^ 1 理。 不=必 遠 接^-東 階 之 上? 亦 可ョ是 P 於-夏 后 氏? 而厚。 此是 聖賢 之 心 學也。 

三輪 希 賢 往年 自悔。 親 死 時 幼弱 不, 知。 不,, 服喪? 三十 餘年接 先-忌日-百 日計^-服喪? 余 當時爲 



夫? *i 實誡 正修 o 亦 只 是收拾 格 物 之 功 而已。 0r . 

明= 天下 之 现? 而 照-天下 之 S"? 學之 道。 何以 加:, 之。 存養 ◦ 是存 --養 所, 知 之理- 也。 誠 正 修0是 守-所 

知 之 理-也 齊 治平 是椎 U 所,. S 之理, 也 U 故 學之道 1 言 以蔽, 之 曰 格 物 也 

大學 之敎。 其 目雖, 有, 八。 亦 其要歸 在-格 物 之 一 ? 誠 正修。 行-其 理 於.^ 己 也。 齊 治平。 施,, 其理於 

日 一 , 人 也 學者之 入,, 大舉? 而舉齊 治平 亦只是 無事 時窮 = 齊 治平 之理, 耳 小學之 敎亦然 C 校中豈 有,: 父母- 

本 哉 C 未, 娶0豈 有,, 夫婦, 哉 C 未, 仕0豈 有,, 君 id, 哉 洒 掃應對 直 就,, 事 上, 學, 之 其 他 皆 敎,, 其理- 耳。 

大學 之敎。 因, i 其已知 之理? 則 本-良知 1 者 ◦ 有, 似-王 氏- 矣。 而 彼以, 是爲, 準爲 --權 度? 吾 則以、 疋爲 

レ端 爲,, 蹋戸? 即, 此以 欲, 大開 =戸 牖? 孟子 言 _> 擴充- 亦然。 開 k 之 之 功 ◦ 在-格 物-耳。 

理 一 朱 子 解-中庸, 曰。 微者微 事 也。 盖 一 念 起 頭。 事雖, 未, 尾。 然事旣 動。 可 i 尾 n, 心事 合 一 無, -內 外-也。 

王 氏不, 知, 于, 此。 妄 挑-一 程 朱 格 物 之 訓ー爲 一一 外馳? 徒 謂 去-一人 欲 1 以存- 一 天理? 此未 =ー嘗 知-一人 欲 亦 物。 天理 

固 物- 矣。 外物 而 無,, 天理 1 無-人欲? 察-天理 如何。 人欲 如何? 已是格 物 底。 天理 散ョ在 於-萬 物? 而 其體備 

レ 於-吾心? 其 现之用 與-- 吾 ふ-行。 M 心理 物 三者。 豈 有,, 彼此 之 間-哉。 而知又 運-用 衆 理1 底 物事。 知 

未, P 此现? 則 何 能 運-用 之? 學者 因- 1 線路 之 明? 以即, 物, ls?、 推 去 推來。 則 著 B 明 於-天理 人 

欲 之 間? 而遂 可, 得 kn 心 之 全體大 川之盡 1 矣じ 

萬物統 S 體 於-吾心? 而只是 一 理渾然 C 渾然 一 理散 3 在 於-萬 物? 而各 有- 條理? 其 一 理渾然 者體リ 而 

只是 有, ifU 之 之 功- 而已。 其 散在 有- 1 條 趣-者 用 而察づ \ 一則 明0 窮, 之 則 精 ◦ 知 之 官0 则內 能統, I 體萬 

11 一 宅尙齋 默譏錄 卷之三 五 百 五十 1 







朱 子 a- 汲 上 五 百五ナ 

i 此者? 熹於, 是竊 有, 警焉 余 應接繁 冗 中。 一 歲 遠方 往復 至-千 餘? 故 寫-- 文字 I 甚不, 饈。 讀 --此 語-深 

自戒 

杜祐通 典 五十 三 引,, 大學八 目? 止, 於,, 正 心? 曹南豊 集中 亦 遺, 於-致 格 之 二? 皆 韓返之 之 伍也爾 G 

爲學三 - • 

人 之 1 身 有-五 臟, 有-百 骸? 而心 之爲, 物 屬>- 五行 之 火? 其 官則能 照, -應萬 事? 五臓 百 骸之理 天 

下 萬 物之理 皆 能備, 於, 此矣 故 其 體也萬 理立。 其 用 也 萬理行 惟爲 -I 氣質 人欲-所-, 拘蔽? 則理不 

明 而 體不, 立 用不, 行。 是以學 則 在, 明- 此理- 而已。 理明 則體立 而用 所 i 不:, 照矣。 何以 明- 

此理? 王 氏 謂 去-入 欲- 而存 天理? 似, 可, 贈-簡約 著明- 矣 猶言人 之 目 晤耳雔 告, 之 曰 目 本 明 耳 

本聰。 有, 病 故 失-聰明? 何以 明-耳目? 惟在レ 去-其 病- 而已。 其療, 之 也。 或以, 藥或以 = 銶灸? 其方 

固 非,, 一 言 能 所 _,盡 也。 盖 求-心 體之 明? 其耍在 ,,, 即:, 物以窮 _< 其理- 而已。 理 散在-萬 物? 而其 體則不 

A 外, 於- 一 心? 理 無-形 體? 與, 物爲 物 之 形體。 則 理之似 也。 故 物? 在, 外 C 然即』 以推去 推 

來 物與, 知 相擊摩 則 心 體之明 錄 分厘 別 久, 之 は 可:, 得-全 體大用 之 明-也 猶, 金石 本 皆 有-^ 

氣? 而相擊 則 出來. ^矣0 若-夫 禪家, 能 勤苦 者 可, 謂 K 心存而 燕-人欲-者. -矣 惟 於-物理-未, 窮 則 

只 是兀然 坐 忘而已 聖人 之敎 先 養-之 小學 中? 而 存-! 其 心? 次い 之 以-- 大學? 而其 最初 敎0 使 T 學者 

必 即-, 凡 天下 之 物- 以窮 * 其现ぉ 則 天下 之 理莫, 不, 明 心體 之明莫 , 所, 不, 照。 而修, 己 治, 人 之 用。 無 

不レ 周矣。 然 其理雖 k 明 亦 心與, 理不 -1 相會? 所:. 明 之理。 不, 得 ^爲= 己 之有? 是以更 有-誠 正 修之ェ 



則 萬理存 o 其 用 則 萬 理照。 此是 心之體 用動靜 中 人 以下 爲,, 氣質, 所, 拘。 人欲 所, 蔽 則 非, 舉不, 能 

レ 有, 全-心 之 本然? 然以, -所, 拘之氣 質 所, 蔽之 人欲, 也 如,, 之 何, 其 取, 一 準則 於., 己 哉 學之爲 效也 

法, 於- 氣質 無, 拘 人欲 無:, 蔽之人 之 所., 爲而已 故學之 初。 在, 於, 讀,, 塞 賢 之 書, 矣 ® 賢 之 書 便是體 

一 用 純 全 之 人 垂,, 示 後世, 之 敎也。 且大 學始敎 在,, 格 物? 物 即是理 之 形體。 亦 敎也爾 故 曰 糟箱 煨燼莫 

曰 ^ - 非, 敎 盖心之 用刖照 一一 萬 物? 是 也。 理無, 一形 體? 即, 物 則 其理可 レ窮" 自, 己 出 者 無 一一 準則? 故以, 即 

本 ? レ 物爲, 則。 王 氏以, 即, 物 爲,, 外馳? 殊不 知 金 燧以, 石 相 簿0 而後 火 生 之理也 心 本 備-- 萬现? 而拘蔽 

^ 之人不 i 能-自明? 與, 物 相 對。 推 去 推來。 則其理 於, 是發 昆. - 學者理 已窮。 則 須:, 耍,, 心與, 理 一 ?心與 

倫 ,理 一。 謂-之 德? 誠意 正 心 修身 則 存,, 其理? 以,, 一 , 之 之 法, 也。 理不, 明 則 守不, 失。 亦妄 而已。 理 

理 W 明 而不, 一 レ 之つ 則 非-己 之 有ー矣 C 理 已窮而 能存, 之 则心 之體則 天理 其 用 則無レ 所, 不, 照 學之道 

^ 豈有, 他 哉" 

M W 爲 A 學之 本領 C 在, 於 1- 本 體之明 未,, 嘗息, 者 5 王氏以 i 是 爲,, 茛知? 爲,, 準則? 固是 良知 也 爲, 所,, 拘蔽, 

編 W 之 良知 終 難, 做,, 準則? 學者須 T 要因-其 不, 息 者? 以即 X 物 致, 其精微 5 有 已矣 

- 知 自是知 行自是 行。 固兩事 而 有,, 相資 之義? 亦 自然 之 勢也爾 然 有,, 知, 之 而不, 能, 行, 之 者? 有,, 

習 而不, 察 者? 則 知行 爲-, 兩事, 何 疑 只 是兩事 C 而學者 要, 不,, 相 離 却, 而已 U 王 氏 知行 合一 之 説 以 

レ是 説-一知 行 之 本然 一 者誤矣 G 

朱 子 謂- 1 敬 夫? 嘗言 平生 所 i 尾 王 荆公書 皆 如,, 大 忙中 寫? 喾札 細事 而 於,, 人之德 性? 其相關 宵-如 

三 宅尙齋 默^^!錢卷之三 五 ぱ四 十九 



朱 子 さ ffi 上 五 百 四十 八 

統, 諸 門人 S 皆是 俗習 之陋 事。 實此 事然否 重^ 亦 謂。 以, 姪爲, 後。 固 可矣" 然勝太 郞是兄 適 子 而 

爲-父 之 弟 之 接? 大可, 疑。 ,學 脈- 統= 門人? 是最 可, 疑。 後 質, 之 於,, 山 本源 藏? gl^i 七渠 曰。 銅齋 

先生 臨 レ挹時 無,, , 一 言及,, 繼子? 反復 懇々 C 唯 勝 太郞之 勸苦繼 --學 脈, 之 言 而已。 書籍 並 武器 附,, 勝 太 

郎? 家宅 及 什器 寄-道 哲? 靈 S 謂〕 綱齋 先生 義理 精密。 固當 k 如, 此。 外人 不, 知-其 祥- 而議, 之。 不 

, 得-其 實 1 其宜矣 W 識山本 之 言 如, 此。 庶幾 後之議 者.? 之。 

類聚 國史 云。 延曆ー 一十 五 年 三月 辛已」 椬武 天皇 崩 |K 云 C 上 曰。 初 卜 _i 山陵? 筮從。 龜不, 從, - 云 

云 按我邦 龜卜法 不., 知-如何? 神道 者 云〕 有 ,- 此傳, 甚妙 也。 亦不, 知-如 5- 或 人 謂 有,, 筮從 而龜不 

,從 者? 今 ロハ 有, 筵 無, 龜 專以レ 巫 决-, 吉凶, 可, 疑。 余 謂 C 此義也 不レ達 X 於-鬼神 之 理-者 難- 與談? 

綱齋 先生 □。 陸 王 之 學。。 只是 厭-, 分析- 而 好- 渾合? 故 泛然慕 義理-者。 

乂講- LP 子え 物 有, 一本 末, 條 曰 有 i 而有. 末 則 亦 有. 末而 有, 本? 故 不:, 可 三-, 本末? 本而 

遺, 末 - 亦 勘 何. H -、) 一事 一物 有 = 其體 cp 則必 有-其 理っ 故 學者ー 一 者 皆當, 用,, 其 力, 矣。 

古之學 聖王 在, 上 公卿 大夫皆 有 德之人 在:. 位 C 故 天下 之 事 無-; 一 不!, 正。 尙^, 學立, 師 敎, 之 

r^-l 禮樂? ¥3^之以ーー孝僳? 故 天下 人 皆 得, 成 一一 其德, 矣-- 是皆自 "所-見聞- 而入, 道 可, 尾, 一 所レ謂 學之爲 

J 一口 效也 效, I 先覺 所, 爲 者^, 此 C 後世 異舉之 徒、 し 勸 說,, -A 知? 以,, 所 之 人欲 所 i 拘之氣 質, 爲-- 準則^ 

甚 者謂ョ 古人 之學取 吾 所 1^ 是 C 可, 謂, 妄矣。 

凡 萬 物不, 外-一絵 揚? 則 不> 能, 無-動 靜之 二? 靜 謂-之^? 動 謂-之 心 之爲. 亦 有 用 其體 



H 



本 



理 

編 



焉 其 在- 鄉閭- 者 則 里 中 之 長老 掌-其 敎? 民 在, 家 之 時 朝夕 出 n, 入 子-左右 塾? 而 受-- 其敎? 若- 

夫 大學? 則 唯 在 ,- 王宮 國都? 則 天子 之 元 子 衆 子 以元子 之 適 子。 與-- 國之俊 選-得 ,入0 而其他 則不, 得 

,入0 其 法則 所, 謂 三 綱 八 目 其師則 有-道徳-者 爲-- 之 敎授? 其 事 則 講義 討論 其 可, 晃者 唯 格 物窮. 

理之 一端 而已 誠意 正 Y む 功 在-日用 之 間? 登 入, 于-- 大學? 而後 有 T 結跏跌 坐。 如- -禪和 子 樣-者 

至:, 於-治 國平 天下 之 事? 則 固 豫=講 素 3 議 於.^ 此耳 且 如., 內則所 i 謂 十 年 出 就-外 傅? 居-宿 於!^ 外 之^. - 

不, 由い 於- 1 八 歳 小學之 限-者 則 意 周 之 盛 也. - 學核之 設雖, 廣。 八歲 十五 之 序雖, 備ひ 然周公 制, 禮之 

初 紀綱 未, 及, 於-天下? 遠 境 僻地。 或 有- 是等之 法-也 爾。 

朱 子 答- 鄭子 上, 書 曰 事 無- 實證? 則虛现 易, 差 也。 大 學即, 物窮- -其理 -之敎 爲, 此之故 也。 ■ 

小大學 校。 其設 地。 其敎法 陳 祥道禮 書。 引 據詳悉 宜%焉0 |-氏|!^ハ四宋十人九卷1^十1» 

綱齋 先生 沒後。 兄 道 哲居, 喪 二十日 許 而已リ 盖從 今 法-也。 道哲之 嫡男 勝 太. 郞。 服-麻布- 一期 年 因 

謂 女子 嫁 後爲、 乂期 者。 則爲, 所, 壓, 於, 夫 也。 故 降,, , 服 於-, 其 所 生? 如, 於-伯叔 父? 雖-- 父 在-亦 期而 

無 レ降, 服 是父亦 爲-- 兄弟-期 也。 今 ハタ 在 爲-- 叔父-期 其 ハ久亦 期 則 可矣し 父 二十 BO 則 勢 有い 所, 壓 

有, ー不, 得, 期 者? 如, 爲, 一 父母, 三年 雜今 法服 十三 月。 則 亦 十三 月而已 可矣。 但 三年 之 喪。 天下 之 通 

十三 月 後。 以, 一心 喪 一 終-一三 年? 今 之 時宜。 恐 應』, 此 G 

綱齋 先生 無, 嗣。 沒 後綱齋 先生 兄道哲 嫡男 勝 太郞爲 = 喪主? 受-- 弔禮? 且定爲 三年 喪? 故 門人 等尙謂 

以,, 勝 太 郞, 爲,, 養子? 直 方 先生 以:, 書 質, 於-重 固-曰 C 以 k 姪爲, 後 ◦ 以-- 若 林 某-佐, 之 欲 T 縫, 1 學脈, 

三 宅尙齋 Sf 識^^ 之 111 五 百 w 十七 



曰 

偷 

軀 



* 子學 S 上 五 百 E 十六 

山內久 作者。 1^ 大著, 一 梧 窗客談 兩卷? 排-接 伊藤 仁齋 之學? 上卷所 ,說0 茫然 孟浪 不, 足, 觀, 之 下 

卷引, ー佛說 ー證, 之 者 。甚 快-人 意? - .r 

大 學批斷 一書。 斷山崎 某 gl^^^ 所 レ著。 批網齋 先生 所 k 辨。 竊謂此 c.i^k 論 的確 仁 齋之罪 鍵に 所 

X 通 然 二子 相 藤 夸 k 己好, 勝。 使 T 讀者 如:, 觀-- 相撲-之 意? 山 崎 泉 固不, 足, 論 唯爲, -綱齋 先生-深 惜 

レ之 耳。 

佐 久間某 § 一-立 云 天 有-運 轉-之 初。 於, 是定 --ニ 十八 宿處? 以立 = 分野 之 法? 川 圜某其 運 轉初賠 。地下 

中心 當, I 虛之六 度? 以, 是推, 之 盖可, 知 = 東西 天 中- 與 e 

又 云 若 狭小 濱滔井 氏之臣 田 中 某 I 之 甚密, 于-- 天文? 有- > 1 家 天文? 與-- 古法- 異矣 田 中 某 云 

山綺 先生 所, 刊堯曆 者 不, 可, 取 C 全誤矣 

又 云。 綱 齋赤穗 四十 餘臣諭 中。 以,, 曾 我 時宗, 爲,, 賴朝 之臣? 其將 &,, 頼 朝, 爲,, 不義, 者 。非 矣。 曾 我 非- 

ls?.MUi u^o 重 固 以レ是 ra-lss 齊先 *u 先生 一 K、 故 我 亦 言 二 

之 世 1» 者爲, 耳、 姑 £?,|&@ 言 者, 諂 レ之耳 

或 謂 古 者 小學大 學敎, 人 之 法。 朱 子 編,, 小學 書? 大 學則爲 i 之 著-章句? 且大 學序大 B ^論-其 年數 等? 然 

今不 A 可 ™ 考-- 知 其詳, 矣 殊不, 可, 知, 其 入- 大學- 者 U 爲-- 格 致 誠 正 之 工夫? 如何 樣子 S 余 謂 古 者 有, - 

小大之 ニ學? 而其入 k 子 有-八 歲 十五 之 別? 朱 子 之 言 C 皆 有, 所, 本。 銅齋 先生 旣者 錄, 之 年盖 

小 學之法 則 禮樂射 御 書數。 入 則 孝弟 C 出 則 恭敬。 其 在-公 宮, 者。 s^f&„sl 南 tS, 王制 云 樂正崇 --四 

術, 立-四 敎? 順-先王 詩 書 禮樂? 以 造:, 士 王 太子 王子 群 后 之 太子 卿 大夫元 子 之 適 子 國之俊 選 皆 造 



曰 

理 

i 



者 常 多 o 而 議,, 古人, 者 不, 及,, 其 半? 則學者 用, カ處 緩急 甚 分明 二子 之學 終 成,, 一 家? 而大異 

レ 乎-程 朱之學 -矣。 

朱 子 曰。 前世 固有-草 茅 韋布之 ±獻」ー 一一 n 者? 然皆 有, 所, 因。 皆 有,, 次第? 未, 有-無 X 故 忽然 犯, 分 而言 

者^ 縱言. 之。 亦不. 尾 徒 取. 辱 耳 八 由, 是觀, 之。 近 歲草野 之士。 卒爾 以 i 授,, 官府 所 

&之 器? 亦是不 知-事 體-之 甚矣。 

朱 子 曰 程 先生 說。 孔子 爲,, 乗 田, 則 爲_ -乘 田? 爲= 司寇, 無-不可 者? 聖人 則 大小 方圓。 無, - 不可, 也 

uggft 盖人之 在.. 世。 有, 遇 有,, 不遇? 遇 則 可,, 飛而上 P 於, 天。 不, 遇 則 可- 以蟄, 於-幽谷 中? 好, 名 之 

士 一 在,, 顯地? 刖 恥,^ 落, =魄 流 "浪 於,, 卑賤 之 中? 能, 大 而不, 能, 小。 不, 能, 小者。 大亦豈 能 k 之 哉 a 只 

是貪 而已。 

朱 子 曰 C 讀:, 書。 須 K 是以 -, 自家 之 心, 體, 驗 聖人 之 心 3 少間 體驗得 熟。 自家 之 心便是 聖人 之 心つ 0^ 

曰。 默 而識. 之 者。 默不 しー1 一 i 此物常 在 也 C 今人 但說着 時 在。 不 k 時不. 在。 II 易 曰。 穸識 前言 往 

行? 以 畜,, 其德? 盖體 _,驗1|- 人 之 心? 敬 以存, 之。 則 此物常 在。 而 德畜。 爲, 學之 方盡矣 。不, 待-多言? 

朱 子 一生。 學不, 外, 於, 此焉リ 

正 德五年 乙 未 季秋。 室 人 喪 逝 U 余 隨_, 俗 膿? 疏食 二十 而後 食, 肉" 助- 勞耗? 然期 则當, 不, 歸, 寢 

此 皆以, 意爲, 之 耳。 後 讀,, 喪大 記? 曰。 五十 不 喪 又 曰。 期 居 終 &-。 不, 御 i 於, 內者 父 

在爲, 母爲レ 妻。 卑意 暗合。 , 

三 宅尙齋 1^ 譏錄卷 之-一 五 百 四十 五 



m 

編 



朱 子 學汲上 £lasH-SI 

, 信則爲 JSi 己 孔子 以- 一子 路, 爲 一一 片言 可,. 析, 獄 皆是也 父 不_ 一得 而子? 君 不一, 得 而臣? 然後 百事 可 

レ 爲而已 U 故 中庸 獲, 上 有, 道。 云云 

事 i 君 之 人 言-請 字? 程 子 非, 之 近年 學者 請,, 求 講會地 於., 官 亦 何心耶 朱子不 jin 乎 本, 於,, 人 

君 躬行 心得 之餘? 官 一向 不』 《1= 此事? 而在 i 下 之 人 爲-- 此設? 亦 事 體已違 了。 無-, 成功, 必矣。 入學 

之 徒 缺- -撰擧 一事? 則學者 何故 勸而勉 哉 今日 上 無,, 好, 學人? 下 無-, 知, 道 人? 上不, 知-, 學之邪 正? 

則 建い 學尊, 儒。 亦 挺に 益, 於- -此 道? 不, 知, 於, 茲 C 而脅肩 奔走。 其 人 亦 可, 知 也 耳 

朱 子 曰 情 者 可, 體而 易, 見 Q 理者近 k 於:, 汎 而不, 切 然徒徇 夫 易, 見 之 近情? 而不 3 耍, 之. W ュ至正 之 公 

理? 則 人情 之 或 邪 或 正 C 初 無,, 華 則? 若-, 之 何, 其 必頓, 此。 而皆 可,, 以 爲., 直 也 邪。 苟 順-, 其 情? 而皆可 

, 謂-之 直? 則霍 光之 夫婦 相隱 可-, 以 爲., 直。 而周 公之 兄弟 石 之 父子 C 皆 沸,, 其 情? 而 反陷, 於, 曲 

矣し 而可乎 哉。 1™^ 近 B 專 悅-, 人情, 之學。 不, 知 K 有-人情 之 邪 正? 不 * 可, 不 騐-, 之 至 正 之 公理? 而 

其 弊 甚矣。 亦不, 考,, 此 意思, 之 過 也爾。 

中 村 某與, -藤井 某,; i- 出處 之義? 中 村 所」 mo 比,, 藤 井 7 固 可, 謂,, 正 且忠, 矣 然此義 也 甚 有,, 子細 

今學者 仕- 國主? 似-不可? 而 無き,, 於 焉 C 語類 五十八。 K^^w 可き 見,, 此 意思, 矣。 

胡氏呂 氏之學 C 專好 爲,, 史論? 亦是 孔孟 詳,, 論 古人 之 得失, 之 意 也 然亦抑 末也爾 C 史論 甚似, 即, 物 

窮-- 其 理-者 g 極鼓實 然不, 讀 k 史則 不, 能矣 C 書 有 i 經有, 史 經本也 C 史末也 C 緩 k 乎 レ本而 急 乎レ末 

何 也。 經 有-道 體? 有, -學 術? 是 究理 之 所-, 尤 急-者 也。 遺, 乎, 急而就 X 於 k 緩 何 也。 孔孟 說, 道 說レ學 



其義, 者。 却自是 裏面 事 如何 都 喚,, 做 外面 入來, 得。 必 欲, 盡捨 _| 詩 書? 而別 求, 道理 ^ 異端 之說 也。 

百 此說尤 明白。 

執齋宗 = 王 氏 之馨? 往年 爲-紀 太守- 講,, 县經? 大意 近, 於-, 程傳? 而文義 則 多 據-- 本義? 予因 謂。 聖人 

設, 卦立, 敎。 就-三百 八十 四 之 賠義? 開-示 一 一 處, 之 之 方? 推而 通, 之。 則 天下 之 能事 畢矣。 執齋之 

講 --此 書? 預 探-天下 事物 之理? 非耶。 以, 是施, 於-曰 用 之 間-者。 知 先行 後 a 非耶。 其不, 得, 出 

程 朱之訓 外, 者。 如, 此矣。 

人心 私欲 之 生。 若 似 一 器 白 豆 中 入-在 一 粒黑 豆? 則 克-- 去 之? 何 待-至 明 至 健 之 人-而後 能, 之。 心中 

纔 生-^ 欲? 猶=, 一 器淸 水中 投-- 一 杯 濁水? 私欲 生 時 此心 全體濁 了。 乃晃不 ^ 明 C 不, 可, 爲 k 力。 所- 

以 至 明 至 健而能 P 之 也 a 

天下 之 言, 性 也。 則 故而已 矣,, - 大學 之即, 物 窮,, 其理? 便是 此理。 所, 謂 故 者。 便是物 也。 

大學 所, 謂 即-- 凡 天下 之 物, 窮= 其理 I 者 便是 論語 所 博學者 也。 盖 學不, 可 k 不, 博 天下 之 事理 萬 

派 固 學之必 博 之 由 也 且理 無,, 形影? 即, 物 而後 可, I 識取, 焉 3 然物之 有:. 故 也 ◦ 有, 順 有, 逆 順 則 本 

然 故 孟子 曰 C 言 H 天下 之 性, 也 則 故而已 故以, 利爲, 本。 荀楊韓 子 之 徒。 認-- 故 之 逆 者- 以爲 本 

然? 故 誤 了 學者 欲,, , 知-得 故 之 順 者? 則 就,, 故 之 千 差 萬 別 者, 推 去窮來 而後 可 S 以 見- 是順是 逆- 矣 G 

然則 所, 謂 博學者 C 認, I 得理之 本然? 而不, 誤 之 術 也 王 氏 之 徒 以_| 自己 之 知 1 爲, 増 C 誤 之甚矣 

我 之 信- -孚 於义。 而後 可,, 以事 i 矣。 可 = 以爲 P 政矣 可- 以獻 i 矣。 故 子 夏 曰。 信 而後 可- 以諌? 未 

三 宅尙楚 默载錄 卷之三 五 百 四十 三 



朱 子 舉^ 上 五 百 H 十二 

所, 殺。 王裒 紹不 X 仕 _|晋 室-可也。 朱 子 論-王 袞- 曰。 仕, 晋猶 有, 可, 說。 而不レ 仕 過, 於 者。 嵇康 

王 儀 雖-- 皆 魏臣? 然王懂 爲-- 司 馬昭軍 帥? 則 想 其 勢與, つ:: H 事 者, 同 C 故 朱 子 與,, ? g 康魏 臣, 相對言 C 以爲 

I 了 殺 I 一 sis 一事、 a 一- 辆目漢 後 主 景耀五 年 i K 紹王裒 事、 見 二 晋武帝 始十年 T ©II 王. さ 事、 見 二通お!! 目 战嘉平 四 年 T 

-^m-iB. 昭殺ー I 中 散大夫 康 T 自ニ 東關敗 T 接 十 一 年、 昭卒、 成 »| 二 年 .KrIJ 炎歇爲 二相 國 T i 王炎稱 i 帝" ま iSg 王 T 在 一 一康 

死後 三年 i ^司 馬 炎 泰始十 年、 以 紹 I 爲 II 秘書 丞 T 自 II 康死ー 

十二 年、 又 語類 百 祈 六 人、 傑錄、 儀嘗仕 レ昭、 而 眧發レ 之、 

學之爲 J 一一 n 效也。 效,, 先覺, 之 謂 也。 故學 P 之 於 IXC 而不 &,, 之 於., 己」 是 以後 世讀, 書 取,, 法 於 "古 

爲-ー 急. 務? 王 氏 之學。 以 一一 良知 一 爲, 主 C 故 取-法 於., 己。 而不レ 知 一一 所, 蔽之心 難 P 爲, 法矣じ 彼 之 徒 動 言-一 

良知? 故 稲-楊 美質 之 人? 以爲 ,- 聖賢 之學在 1^ 于レ此 而不 K 復 知, 學之 可, 賁。 忠信 之人不 4. 足, 取 也。 四 

十不, 惑。 五十 知-, 天命? 自 _1 十五 志, 學時? 用 k 力 勞\ む C 求 索 尋討" 至, 于,, 四十 五十 時? 方始 得-其 成 

功, 耳。 初來 一 向 掉,, 是等 事, 了。 如何 得 3 不 知-天命 I 哉。 王 氏 之 徒。 不』 A 于 i 此。 一 向 爲- 他日 效 

驗, 了 ◦ 不= 敢以求 T 之」 徒 事, 於-小 學底? 而不, 知-一大 學之 道? 亦 可」 及 哉 ひ 

譬 如-堂 屋? 四面 皆 牆壁。 就- 一 空隙 處? 以- 一 箇燈, 照, 之。 則 映-我 眼? 而得 A 知-戸 柩在處 ?徐可 k 進- 

歩 履? 徒 坐-暗室? 閉, 眼 探, 門尋, 戶 C 豈能 出去耶 e . 

王學者 謂。 程 朱 格 物 之訓し 是自, 一外 面, 下-種子? 萬 物備, 于, 我。 豈待, 於, 外 哉。 此言 似矣。 然? 知- 

內外 無, 間 之理, 而言 此理 無,, 內外 在:, 物 者便是 在, 我 之理。 求 王 格, 之 者 我 也 乎。 或 云。 嘗晃- 人 

說? 凡是 外面 尋討 入来 底 都不, 是 C 朱 子 答 云 喫, 飯 也。 是 外面 尋 討入來 若不, 是特 須 在- -肚 

裏, 傲お 病 如何 又 喫 得 安穩- 盖飢而 食 者。 即是從 = 裏面, 出來 讀, 書 亦然。 書 固 在, 外 饋:, 之而通 = 



又來謁 o. 其 不忠 之 心。 非- 韓布之 比? 則 高祖 斬-丁 公- 以狗。 亦 常焉。 所-, 以 綱目 Ml 收-- 温 公之 説- 矣。 

如-語類 听 si: 布陳丁 蘖說。 以 貴-高祖 之 言不, ^出, 於-誠心-耳。 S 非, 謂, 當 韓信 

陳 平等-也。 其 所:, 謂 何 待, 反 而誅: ^之 者 是特 難詰 之辭 也爾。 

薛方辭 謝 之 言 雖, 有い 似-子 雲 美 新 之 作? 然子雲 仕 而不, 去 薛方則 遂,, 其 節〕 所:, 謂 行 危而言 遜 者 Q 

可-庶幾- 矣 C 行不, 危而言 遜 則 孫 者 未, 免 レ爲" S 也 薛方 守, 節而全 X 身。 則 班 固 之 論 朱 子 取 3 之 

於,, 綱目? 亦宜矣 讀 史管晃 所, 論 C 亦 與,, 班 固 之 意-同」 然薛方 所, 謂 明主 方 隆-- 唐 虞 之德? 此言也 

使,, 伯 夷 伊川 處, 于茈。 則决 所, 不 溫公 未, 免 ki, 之 云 亦 有:, 以矣 0? 於 3 靖獻 遺言 收- 温 公 

之 説? 則與, -, 小 學载- -高柴 之 事-同一 意。 固當 X チ? 于- 班 固 之 意- 矣 0ii:JS:-Hi4s ま ,1111 翻 &而方 1 

以レ明 如 レ此、 然其 明主 , 

iK 云、 終爲 II 已甚 1 矣、 

朱 子 曰 王 儀 爲,, 司 馬昭軍 帥? 昭 殺, 之 雖, 無, 辜 袞仕 Jmo 贈 有, 可, 說 而 裒不, 仕 乃 過, 於, 厚 

者 稽 康魏臣 而晋 殺, 之 紹不; 虽, 仕, 晋明矣 ベ/並お 载書, S ま、 袁了 凡 曰 朱 子 之論レ 紹當矣 

謂-偉 元 過., 於, 厚 似-亦 未 4。 魏猶 在。 而儀豈 晋臣耶 C 即 臣畚。 而以 殺 母^-伍 員- 

可也 0. 畏 而立, 朝 非 也。 他篇 有-問 父 死 非, 罪 子 可, 仕 乎? 朱 子 曰 不可 也 曾孫 何 如。 曰" 世數漸 

遠 終 亦漸輕 亦 有-可, 仕 之理? 但不, 仕 正 也。 仕 者 權也。 予謂此 定論 也 ig 按。 讀史管 見 亦 曰。 

若-王 裒 播紹? 則 終身 不, 仕 可也 C 3S 綱目 亦 載- -溫 公之 說-曰 嵇康王 儀死不 k 以-- 其 罪? 二子 

不. 仕-, 晋 室-可也。 窃 謂爲, - 魏臣, 者。 假令 之 故? 亦 無 司馬昭 § 司 馬 炎- S 之 理笑父 辜 

lli 尙齋 默讖 錄卷之 一一 一 五 百 四. ^1 



量 十 

行 而後 得, 於つ む。 謂,, 之德? f P 此。 人往 蒙,? 讀之 得, 於, 心 謂, -之 德-之 意思 5 M0O 忠信 

進, 德 PS< 大畜之 象傳曰 多 識,, 前言 往行 7 以畜- -其德 7 所, 知 之 義理 止, 于, 心 便是德 耍レ之 亦是行 

而得, 之 者 也 

i 存養之 功。 只是 在-持」 5 無, 暴, 氣 卒日心 之 所, 向 急 則 氣亦暴 心 之 所, 向寬卒 C 則氣亦 和平 心 之 

所, 向 暗 味。 則氣亦 懈怠 常 覺心之 所に 问急。 而 氣爲, 之麁暴 gJ^E . 

讀 史管晃 以, -公羊 謂 父不, 受, 誅 子 報, 讎 可也 之 說ぺ 爲_ -不是 ^ 朱 子 則 調,, 停 之? 未 ご 詳-, 當否? 更 

思 

朱 子嘗曰 世上 也自 有-, 初 間 難, 曉底人 便 把,, 忠信, 說與 又 敎-, 如何 狸會べ 也 須= 且敎, 讀, 書 漸々 

i ^ 壓-- 伏這箇 身心? 敎定 方 可- 與說? 一 爲, 學之初 先 使-之 讀, 書。 世上 一 種學者 甚爲, -不是 y 然 

一 入:, 學 劈頭。 在 Jsk 書 如, 此。 

性 是學問 根著處 C 故^^子常言,,性善< 堯舜之 五 品。 是 就,, 性 之 實處- 而敎, 之 C 學不, 本, 于, 性 則 皆 申 

商 之 流 耳 C , 

朱 子 曰し 聖人 書。 荀息 與,, 孔ハ乂 仇牧, 同, 辭 何 也 C 聖人 也且是 耍,, 一存,, 得箇 君臣 大義 c^l^ 一 1 又 曰 楊 氏 

論 可, 托, - 六尺 之 孤, 章 謂。 何以知 ^此0 君子 之 未 k 仁 じ 即此言 一 立 其 流 之 弊 將, 有, 排,, 死 節 < 而 

賤-- 正直-之 意お 非-小 失, 也 §a 八 S 或 重 固 因 謂 淺野氏 之 四十 餘臣 近年 I 種 議論 亦 恐 非-小 失-也" 

„^敵人之降0 無-, 可, 殺 之理? 韓信陳 平 季布丁 公 皆 可い 赦矣 然丁公 短 兵 接 時。 以,, 其. 私, 活-- 高祖う 後 



良知 即 孝弟 之 心 o 不, 察,, 我心 之 孝 否 弟 否? 則 良知 不, 可, 致 天理 不, 可, 存 察,, 我 > む 孝弟 否? 即是格 

物 究理 矣。 謂, I 之 天理? 則 吾心 識 所, 照。 天人 事物 之理 而 察- 識之 吾心 上? 豈 得, 謂,^ 之 與_- 記誦 洽 

聞 之 徒, 同一 散漫, 哉。 

ノ 仰 字 我 邦 所 i 用 之 意。 字書 不」 一一 n, 之。 或 云。 正字 通 云。 尊命, 卑之詞 見,, 周禮 大宗 伯? 

曰 \ 許衡之 出處。 薛文靖 比,, 孔子? 過 論矣" 其 出而仕 薛氏 取, 之。 亦 有, 說。 然 ML 如,, 丘 氏 之 論 何, 耳。 

本 ノ 南 狩 先生 曰 如,, 今日中 原 之 人? 本 吾 宋之臣 子 虜? 仇讎 也。 向來 不幸 C 而 汚, 於, 虜 若 幸 而脫歸 

則當, 明 = 復讎 之義? 覆,, 虜 之宗? 鞭- 虜之 尸? 所; 爲也。 l^^f 此說。 中國人 當,, 以, 元 爲., 讎之義 的 

偷 切矣。 爲, I 許 氏, 諉者。 往夕 謂。 元 取 一一 之 於" 金 非, 取, 於, 宋。 許衡 生, 于 一一 元 之 地? 而爲, 一元 民, 乎 

理 此不, 然。 錐, 微亦 宋主尙 在, 南, - 金 之 取固賊 而元之 取, 于, 則 賊之賊 者 也 C 許衡之 先祖 沒, 于, 賊 

一 者 勢 之 然者。 而固 庶民 之 卑陋 不, 知, 義者也 許衡學 = 聖人 之 道? 而不, 知,, 此義? 可, 嘆矣 假令許 

. 費 一 衡不- -奔歸 P 于:, 南。 亦爲- 元 民? 而 止, 給- 稅役? § 可, 逃- > 亂賊之 罪, 也爾。 劉 因 亦 一 受,, 元官? 且其首 云 

編 ノ 云 C 如, 此則恐 不:, 足, 賞矣 a 

一 旣 富矣。 而 敎;】 者。 固 其 序 G 而今 世 君臣。 往, 以, 是 藉口。 屑,,, 々於,, 富, 之 間? 而 一 向捨, ー敎, 之 之 

法- 矣。 殊不レ 知 有-治 敎相資 以行? 一 分 治, 之,」 一 分 敎:, 之 也。 太 公之 治, 齊。 專通 =ェ 商 之 業? 便 = 

魚鹽之 利? 所 h 富, 之 者 也。 不レ足 kki-l 禮敎 1 之 俗 3 終 至 田獵? 便 捷相稱 ^ 而不, =自 

知-其 非? 如 _| 齊之還 所,^ 言 也。 泶子詩 傳以- 其 來亦必 有., 所, 自矣戒 = 接 人? 其 意 微矣。 

三 宅尙齋 默讖錄 卷之三 五 百 111 十九 



严 

日 一 

彙 



朱子擧 K 上 五 百 一 一一 4- 八 

廢, 百。 無稽 疏認之 甚。 至:, 于, 刻- 1 害 天下 人 >.:>。 忠義 之 本 根? 可:, 畏矣。 可:, 痛矣 

事髮雖 X 大 G 亦 於:, 我 則 有,, 小者, 矣。 守, 己之義 C 雖,, 止 一 己? 亦 於, 我 則 有,, 大者, 矣 Q 朱 子 議= 载馳之 

詩-謂。 宗國 覆滅。 莫大 之譽。 顧 以,, 父母 旣終, 而不, 得, 歸。 則事變 之微。 於, 是可, 知矣 吾輩 宜,, 守 

; le 正 _i 也。 因 謂。 管仲爲 X 立- 1 大功? 而 失-守 i 之義? 召 忽雖, 爲, I 匹夫 之諒? 亦 於宕則 不奂, 正。 

朱 子 曰。 張忠甫 不,, 出仕? 嘗 曰。 只怕國 忌聖 節去拜 k 佛不 A 得。 這 也 如- -不, 竇 不., 經 相似 一 學者處 

, 世 行, 己。 不レ 可, 以,, 一律, 如つ 此。 惟 義理 未-明 切? 不, 可, 保, 無 „ 過擧? 可, 畏。 

朱 子 答-劉 子 澄, 書 曰。 盖 世俗 啾喧。 自其 常態。 正使 =, 能 致-焚 坑 之禍? 亦 何 足, 道 却是 自家 這 裡 無,, 

人 接續? 極爲, 可, 憂 耳 Q 以, 1 焚 坑-爲 -I 常態? 以,, 接績, 爲,, 己 之 住? 聖賢 是 何等 胸懐, - 

家 語 云 定公 假,, , 馬 於,, 季氏? 孔子 曰 君 於, 臣 有, 取 無, 假 此語儀 禮經傳 通解 七 亦载, 之 今 侯國往 

往以, 假爲 X 名 C 面終不 XKO 大 失-事 通? 

朱 子 曰 王 儀 爲-, 司 馬昭軍 帥? 昭 殺, 之 雖:, 無, 牵 C 裒仕; 曰 潜 有 k 可レ說 而 裒不, 仕 乃 過, 於, 厚 

者 Q 稽 康魏臣 而晋 殺, 之 紹不, 當, 仕, 晋明矣 Isfl^i^mc 王 儀 是昭之 臣也。 朱 子 以,. 對,, 言 稽康魏 

臣- 可, 尾矣。 若 王 儀 魏臣。 而爲 -I 昭之 屬官? 則 裒當, 報- -復 父録- 必矣。 何 爲不, 仕 之 過 i 於, 厚 者 哉。 網目 

不, 書 „,昭 殺-無 亭? 亦 是王儀 則 昭之臣 也 1 委, 質 爲,, 之臣? 無, 牵而 見, 殺 亦 臣子之 常 分 也 公 羊 所 

レ謂 父不, 受:, 誅。 其 子復, 讎 可也 者 C 又是 別」 

王 氏 P 心學? 排,, 接 程 朱 格 物 之訓? 以 爲,, 外馳 散漫? 專 言-良知? 而動曰 去,, 人欲, 存,, 天理? 殊不, 知 



之 忠臣 義士? 淺見 先生 有,, 辨說? 以 破., 當 特立- 1 異論-者 5 直 方 先生 創-造 異論? 而其徒 雷同。 罪- 大石 

等? 其說紛 々o 余 亦旣辨 = 論 之? 彼 立,, 異論, 者。 皆無 B 者-, 質 於,, 朱 子? 而妄意^|^訶焉0 其 意 大抵 謂 

長矩以 -1 税忿- 殺- 義英 於,, 朝。 其 罪當, 誅 Q 誅, 之 者 公也。 非-, 義英, 矣。 大石等 何 得, 讎 X 於- -吉 良? 所 

レ請讎 者。 来 子 答-李 敬 子, 書 曰。 不-- 共 戴,, 天 謂,, 父母 見, 殺。 而其 人不, 死者? 是也。 大石之 徒 殺-, 吉 

茛? 不, 得 J£s 之 復,, 君ハ乂 之讎? 公裁已 成。 而後 有,, 此擧? 可, 謂 T 逆-君命, 者, 矣" 其 罪莫, 大, 焉 

或謂繼 =t 君 之 志? 或 謂 長矩之 見, 誅 由:, 於,, 吉茛? 或謂臣 子不, 忍" 徒 晃,, 其 人 於,, 面前? 是 皆非矣 君 

之妄志 固不, 可, 繼。 而不 我 君 之 罪? 却 推.. 本 之 於- 吉 15 非, 1 吉 一良 之 所., 知。 不ら俨 之 心? 不, 當 

レ義 C 則 君子 不, 爲%^;^ 此說 似矣ぃ 是以世 亦往々 爲, 所 其 説? 人將 欲, 破-其 説? 則 不、, , 論 

辨? 示, 之 以,, 一 卷通鑑 綱目, 而足焉 C 綱目 唐 玄宗開 元 十九 年 C 殺,, 嵩 州都 督張審 素? 二十 三年 三 

月 張 瑝張珠 殺,, 殿中 侍 御史楊 注? 以 復,, 父讎? 敕杖 殺, 之。 5S ま 其 事雖レ 有-小異? 亦 可- -以爲 T 斷矣 

盖審素 初 有,, 贓汚之 罪 i 加^ 以,, 其黨兵 園, 注。 注奏 亦 有, 可 Jlc 而 其誅乏 固 非 也、 X ム 

也 公誅, 之 C 而薩诱 殺, 注 朱 子以, 復,, ハ 乂讎, 書, 之 者 父 之 見, 殺 其 本 在, 於, 注 擅 殺 之 罪 雖 

レ不, 可, 辭。 復讎 之 大義 C 在, 於,, 二子 一而 可, 許 也.」 夫 忠臣 孝子 之 心。 在, 義 而不, 可, 已 則 公 裁 之 成 

否 G 豈 問之遑 哉。 殺,, 長矩, 者 公也。 非,, 吉莨? 而其 本則 在, 於, I 吉良? 一 間 而已矣 四十 餘臣 殺, 一吉 良? 

當, 書, 復-- 君讎? 至, 代,, 君命, 之 論お 則 妄之妄 者 也〕 如,, 瑝诱? 公 裁 成 而後 殺, 注 亦 可, 謂,, 之 亂臣賊 

子-哉 C 如, 答-李 敬 子, 書 所 t 一一 Inc 則槩, I 論 其 常, 者也爾 遂 以,, 此語, 爲, 準 不 X 知, 通, 乎-, 其變? 執, 一 

/一 11 宅尙楚 默識錄 卷之三 五 百 一 11 十七 



朱 子 s^f PS 上 五 百 三十 六 

酶大夫 也 e 盖 聖人 制 k 醴。 使- 1 人 有, 子。 二人 喜? 重-接 嗣 一息-陰 訟, 之 微意。 而 男子 已與- 之 異姓? 

娃娣 典-小 君- 不レ 得-相 對? 唯 天子 邦 君 之 至尊 得 k 有 5Z、 而卿 以下 不, 能 i 備。 且前所 k 謂 卑者有 =11 三? 

有, 見, 於, 此 C 則 其 何 疑 e 

{ 享保ニ 年 丁酉 九月 十四 日夕。 直 方 先生 來, 於-余 市中 舍? 語 次 及-湯 武放伐 之 事? 其 論 卓然精 的。 發 -I 

日 一 先 儒 所. ^未, 發。 大嶷 謂。 敬義 先生 主-張 文王泰 伯? 於-湯 武 I 則 有 T 貶,, 其德, 之 意.. 焉。 是神學 之餘弊 

ネ 耳。 堯舜 湯武 C 其揆 一 也 C 放 伐 非, 所, 欲。 所, 遇 之時然 耳」 其 謂, 未, 盡, 善 者 ◦ 亦 湯 武何以 有, 所, 未 

, 盡レ 善。 特不, 可, = 以爲 常 法 一也。 譬- 諸觀 花。 或 有 _| 氣晴 日暄」 觀, 花 而歸? 或 有,, 遇, 雨 赤 足 而歸? 

倫 雨中 觀, 花 不 k 可, 謂 _| 之盡" 善 遇 レ雨之 故也爾 C 雨中 觀, 花。 固 不, 可, 爲, I 常 法? 湯 之渐, 德 G 武 王 

m 知レ之 Q 而不, 得, 不, 伐。 文 王泰伯 G 當, 於,, 湯武之 時? 爲 -I 湯武之 事? 亦 未, 可, 知.^ 朱 子 於,, 中庸 或 問? 

以= 放 伐 > 爲, 常。 其 如:. 此。 何以議 _| 德之 優劣, 哉。 但時 之變。 通 之權。 不, 可, 爲- 常 法-耳。 此始發 = 得 

* 孟子 之 意? 甚 端的 e 

^ 朱 子 曰 G 管 仲 輔,, 其 君? 使, 佐,, 周 室? 以令, 天下 S 俾_ 一 諸侯 朝聘貫 賦? 皆歸, 於-王室? 而盡 正-名分? 

一 致,, 周 之 命令? 復行 k = 天下? 己 乃 退。 就-藩 臣之 列? 如, 此 乃是。 今 仲糾, I 合 諸侯? 雖 =1 也是尊 _| 王室? 

然朝聘 貢 法 皆 是歸芭 C 而 命令 皆由芭 出。 戒? 如, 此。 便 あお。 sfis 命 於-一天 ま不, 過" 只是 

要 3 自成 _| 霸 業" 而已。 便 是不. 是。 § 四 余 有- 1 深 威" 於- 此 語.? 因 議。 

元祿 十五 年 壬 午 十二月 十五 日。 錢野氏 之 四十 餘臣。 殺-上 IT 介吉良 義英? 以復 - 君讎? 暴 世稱揚 。謂_1 



ノ 



孝孺又 云。 赛觀, 人 者 ◦ 觀 ,- 其 志? 不, 觀_, 其 行? 観-其 器? 不 X 觀,, 其 位? 言得是 

方 孝孺本 集。 佘 未, 讀, 之。 t ト 1 明文 奇 賞-者 數 十篇。 其 間 及い 子-朱 子 之 道學, 者甚 希。 而嘗 聞, 廢,, 大學 

铺傳? 以, 故 余 深 疑- 此人 之學? 但^ 與= 王 修德, 書。 及 題-朱 子 手帖, 文。 尊-稲 朱 子, 者 可, OS 

ゾ 或 問 云。 王公 以下。 ん娶, 女 之禮。 有-, 九 女 八 妾之數 1 者。 盖盧, 絕, I 其嗣, 也。 然不, 容, = 1 婦 有,, 二 夫? 

日 な 一 天 無 W-I 兩地? 則 取, 媵買 X 妾。 恐 非-自然 之理, 矣。 且 婦人 之 行。 有, I 逆 ,德 亂, 族亂 離 則不 

本 一 k 可, 配-君子? 出 i 之 固 其 所 也。 旣 無,, 此行? 又 無- 1 疾病? 而絕, 世 也 ◦ 命 也爾。 今 無 A 子 去 k 之。 亦 可 

レ疑。 曰。 不, 然。 天地 陰陽。 君臣 父子 夫婦 其義 一 矣。 天 無, 體。 而 流行 不, 息。 則 不,, 可, = 限 以= 方 

倫 處? 地 有, 形 Q 而類, 乎 = 不, 易? 廣谷 大川異 k 制。 則 可, 以 别,, 立界 分? 體, 國經ぉ 野 C 陽 之數奇 陰之數 

一 偶。 子 無, > 二三 之 父? 父 有,, 適庶之 子? 臣下 無, 一二 君? 君 上 有- 庶臣? 婦不, 事, 二 一夫? 夫 可, 有-妻妾? 

一 a- 陽 之 凝 則 尊 C 陰 之 凝 則卑。 尊者 必 一 而卑者 有 ヒー 三? 此 天地 自然 之理 聖人 豈得, 有 i 作 3 爲 於-其 

間, 哉。 若 夫 無 芋 ,固 命 也。 然則在 人 謀, 之 後 5 而方 可, 言, 之 耳。 不, 取, 媵 C 不^, 妾。 而 絕,, 

其嗣? 豈 謂,, 之 命, 哉 無, 子而 去, 之。 聖人 立, 法 之 意、^ 後人 掛酌 之宜」 顧 氏 詳論, 之" mi.^ 舉或人 又 

^ 問 云。 禮 取, 於 = 異姓? 所, I 以附 J 、返 厚.. 刖 也。 盖耻, 與, 一 禽獸, 不ぉ異 也、 然嫂涕 之從, 之 也 U 其 亦 不レ近 

於, I 同姓, 耶。 曰。 傳 有, 之。 曰。 天子 諸侯 一 娶_| 九 女? 娶 -1 1 國, 則兩 國媵, 之。 皆以, I 姪娣, 從, 之 也リ 

備_, 姪鄉, 而從 者。 爲, 其不 = 相 嫉妬, 也、 一 人 有, 子。 三人 共つ \ つ 若, 一己 有.. 之 也。 又 曰。 卿 大夫ー 妻 二 

妾 者 何。 ぎ 賢 重 = 繼嗣, 也。 不,備= 姪嫦, 何」 北面 之 勢。 不 人骨 肉 之 親? 士ー妻 一 妾 何。 下 



朱 子 學派上 五 百 三 ナ31 

子 之 時。 而 孔子 而爲 A 之。 舉者當 fe = 守 其 正- 矣。 

古人 有, 時而爲 - 祿仕? 非-出 處之 正? 不, 得 A 已也。 爲 --祿 仕-者 不., 必 待- i 人 之 招? 

朱 子爲, I 奉 祠官? 如 3 雲臺祀 老子? 亦是賠 也。 以^ ,之。 似 竒&。 然 宋時以 i 待-賢者? 豈得, 

™ 已 哉。 

周 瞳 三 物 六德。 心 術 也 六 行 身 之 交, 人 之 道 也 六藝 身 之應, 事 之 方 也 三者 具 而學之 全 也 

陸 王之學 只是 有- 一 物- 而已 G 缺 =11 物? 則 一 物 亦 非也爾 

一 我人 常 謂。 多事 忽々。 無, I 讀書之 暇? 是甚 非矣。 事不, 可レ Br 有 ,暇 在 我 耳。 諸 葛 武侯身 

一 握- 重權? 當-- 恢復 之 任? 事 之 多 爲-- 如何? 方 孝孺爲 = 之賛- 曰。 成敗 紛然。 處 甚暇 可, 謂 3 善贅- 

一 其 性行, 矣。 處,, 多事 紛冗之 間? 寬暇 從容。 然後可 成 _| 大業- 矣。 

一 方孝孺 曰。 有-憂世 之 志?. 而 無- -經世 之才? 有- 經世 之才? 而 無-成 物 之德? 欲- 以有 ik = 天下? 皆 

古昔 之 所 k 難 也。 吾輩 非 i 無 憂世 之 志? 而 有-其 才-有 _| 其德 1 者。 盖少矣 才 德皆學 可- -以 成., 之" 今 

無-成, 之之驗 I 者 學術之 未, 得-其 正-也。 吾輩 當-- 省察 1 焉 a 

一 孝 孺云。 師弟 子之義 C 與-- 君臣 父子-等。 古人 盖甚 重, 之。 漢之時 潜 未, 變 夏 候 勝 爲,, 孝昭 皇后, 授, 經 

勝卒 后 素 服 五日 以 報,, 師傅之 思? 夫 以,, 帝 后- 而爲 =師 傅-服 群臣 不,, 以 爲,, 過 則 當時之 俗敏可 

見 也 C 今 我 邦 子弟 子之義 知者 甚希 而 在,, 上 之 人 尤不, 知 = 其義? 士 氣不, 奮) 聖道 何以明 C 可, 哀 



曰 



本 



理 

編 



物事? 朱 子 謂。 孝悌 爲, 仁 之 本 ◦ 爲= 義禮智 之 本? 亦 在-孝弟? 或 4! 亦 是此意 G 

余 謂。 tel 子爲, 一宗 子 之 後, 者。 爲= 本 生 之 父母 一 殺-其 服? 爲_| 所 i 爲, 後宗 子, 服 三年。 故 孔子 不:, 許义 

レ于, I 射圃? 爲,, 人 之 後, 者。 固不, 安。 而立, 後者。 亦 使, I 人陷" 于_, 不安? 但稱, 一本 生 之 父母, 以, I 父母? 

爲服 三年。 所 X 爲, 後 之 人 伯父 稱_| 伯父? 叔父 稱_| 叔父? 以_| 爲, 後 之義? 服 重 一 等。 則 庶幾 爲 %矣。 然 

聖人 立, 法已 如, 此。 盖 有,, 意義? 久米順 利 云。 絕,, 宗子 家? 甚爲, 重。 故宗人 這, 之。 而 使, 爲,, 宗子之 

後? 則不, 得, 已0 而 爲,, 人 之 後? 雖,, 自 知,, 不, 安。 然以 --絕 U 示之甚 重, 之 故。 往 以爲, 後 耳。 湯武雖 

レ 知:, 爲_- 後世 ロ實? 亦 以,. 救 >1 天下 塗炭 之 虐> 之 故 也。 終 有-放 伐 之 事? 亦 近焉。 

王 氏 之 徒 謂 _、) 萬物備 我矣。 但爲 人欲 r 所 1 蔽。 故 不,, 發尾, 耳 C 能 克,, 人欲? 則 天理 自明。 稃, 朱 格 

物 之訓。 則 是求, 於, 外 而 散漫 是不, 然。 人 之聲昔 生 i 於, 肺 ◦ 而發, 於, 口 。五 音 分別。 人我 通- 

其 情? 是人 之聲音 如, 此矣 G 而啞 是必龔 C 自, 外 入 レ于, 內 而後。 我 音 亦爲二 條理? 聾 外 昔不, 入。 故 我 

音 無,, 條理? 達,, 此现? 則 王 學之謬 可, 知 矣。 

朱 子鄉鄰 之鬪。 兄弟 在-其 中? 有,, 兵戈 殺:, 人 之 事? 只閉, 門不, 管而已 之說。 語類 五十 七载, 之。 天 木 

時 中 疑, 之 ◦ 一文 以辯, 之 ◦ 恐爲 A 當。 然 語類 然事 以下 只是泛 論-他人 之鬪毆 I 耳。 非ヒ 謂,, , 兄弟 在 = 

其 中, 也 G. 上下 句 勢 可, 尾。 

古人 出處 之義。 近 思錄載 k 之。 而 其爲, 行 k 道而出 者。 仕 之 正 也。 當, 于, 此 者"」 不 3 陳, I 乞 恩 例? 其 他 

乎、」 然 孔子 之 去,, 父母 之 邦? 而牲 ョ來于 _| 陳齊察 葉 之 間? 無-招 者 >而 適。 或 爲,, 家臣 I 而求 k 通) 皆是孔 

三 宅尙齊 w{ 譏^ 卷之三 五 百 三. Hi 一 



a 



朱 子 s» 上 五 百 三ナニ 

主, = 張-平 文王泰 伯? 而大 n- 賊 乎-商 湯 周武? 主ヨ 張子-朱 子 本義? 而妄 „, 說 乎-程 子 易馎? 皆 心 之チ平 而 

ハ i?= 所 i 蔽之 害? 學者所 JE, 懼, 之處 Q 

知行 有-先 接? 有-難易? 先 後難 易 皆 有-, 兩般? 先見 而後 行 大學格 致 先, 於, 一誠 正修 是 也- ソ然知 

行 相 资以進 お 行 之 小者 却 先, 於-, 知之大 者? gif レ? S 叔- 立 而後 不, 惑 如,, 天命, 是也 見者 坐而可 

k 得 行者 不, 步則 不, 得。 所, 謂 非,, 知 之 難? 而 行期艱 是也。 尾 者 廣而煩 行者 只是 脚蹈, 地而巳 

本 一 煩 者 親 而簡者 易。 博 文 約醴。 語類 所, 謂讀書 多-頭 緒? 到-行 時-只 是 一 句。 是也 

™ 人心 常 遠然變 易。 是 與-- 天地 之 化, 不 -i 相似? 達 然變易 U 故輕薄 e 聖人 朝哭 夕不, 歌 C 可, 謂, 厚矣 

爲學ニ 

學固 凡人 至,, 聖人, 之 道 也 然 雖,, 堯舜 周孔之 tii? 亦不, 學則 美質 之 人也爾 堯舜周 孔極类 質 C 而又能 

好, 學 謂,, 之 生 知 之聖, 矣 C 如-, 陶潜孔 明文 山 之 徒? 質 雖,, 拔群? 亦不, 及, 于,, 周 公 孔子? 而 又不, 知 

.00 其 可, 觀者 C 只是ー 二 端 而已、 不, 足, 一尊 仰, 焉 C 今人 謂-生 知 安行 之聖 全不, 假,, 學問之 功? 曰。 

安 乎 曰。 何 不らチ 讀= 論語, 可, 知矣。 惟 其 極 美質。 故 能 好き 耳。 人亦以 k+ 至-聖人? 生 知 安行 

^ 之資 C 亦不. 學 則不. 得 k-l 聖人? 辰 

仁人 也 修, 道以, 仁 e 盖 以,, 天地 生物 之 心? 生, I 人 之 身? 故 心 也 身 也 手 也 足 也 皆 生活 底れ。 

是以朱 子 謂。 仁 在-人 字裡 面? 道 是公其 無情 底 物事 C 以, 仁 行, 道.) 則 道 存,, 滋潤底 意思, 出來 直 方 先 

生嘗謂 義是斷 制 宰割底 道理。 仁是無 分辨底 物事。 今誅 ,- 有罪 之 人? 當-- 誅畤, 淚下 看-仁 是含糊 底 



倫 J 

危 







本 



不, 謂-之 知 之 全體大 用? 而 曰-心 之 全體大 用? 格 物 或 問 最初 亦 曰 心 之爲, 物。 云 々o 

守 レ己是 カ行 究, 理是致 知 之 方。 カ行 固 不:, 爲, 易 然 守, 己 是守, 之 而已。 只 義理 無 J 躬。 且精微 尤 

覺- 究理 之 難? • . 

精 則 察:, 於-ニー 者 之 間? 一 則專 守:, 於-天理? 赤 肉圑上 一 念。 即是 人欲。 心々 念 々o 專 向-義理 上-去 賠。 

燕 鍵 之 其 甘 如, 飴 心 在 = 身 肉 上, 賠0 厭, 死貪坠 無 k ,?至 或 在-義理 上? 或 在,, 身 肉 上? 只是心 

之 向背 猶, 反, 手。 向, 于, 彼 背, 于, 此。 此 是學。 

卷有織 田 某 謂。 如 = 天文 暦術? S 非-急務? 然 天下 無-其 人? 必缺 = 了 其 事? 故 君子 之學。 ? 可,? 

是等 事? 、 

卷有翁 云。 古 選,, 俊秀, 入, 學 今 擇,, 天下 棄才, 入, 學。 宜今 之學者 無-足, 用 者? 

直 方 深責, 朱舜水 尾-宗家 之 逃 來ぉ于 --我 邦? 舜水集 渠. 到 k 于, 此 似:, 有:, 可, 諉。 更考。 御、 

彙 一 前條 詳言 

_ レ之、 重出、 - 

編 伊川 爲 --經 筵, 諸臣以 示, 近-人情 1 譏 レ之。 近-人情 ニー 一字 甚 F 人。 以-, 俗情, 爲-- 人 情? 以- 人 情- 

爲, 1 話頭-者。 王 學者流 也 U 

論語 以 ,- 思 無, 邪 一 言? 爲-- 守 k 要 之 標的? 如, 此則似 7以= 徑 約- 爲ぉ可 然 孔子 言 レ之。 而尙存 = 三 百篇? 

此 一 言 亦 就 乙 頭,, 三百 篇- 上お 一 之 耳" 

朱 子 註-孟子 博 約 之 語, 謂 C 不, 可-徒 博? チ 可- 徑約? 徒徑 二字。 是學問 之 通 病。 所^-省察- 矣 

三 宅尙齋 默識錄 卷之ー 11 五 百 三十 一 i 



B 

本 

編 



朱 子 ま 汲 上 五 百 三 t 

爲,, 王 氏 之學, 者 C 猪-盲人 之 威儀 正? 彼 曰。 致,, 良知? 然 見- 一 籣 謹慎 底 人? 則 深 許, 之 大賞, 之 

知 之不, 至。 何 由以能 行乏。 或 云。 如 &也。 知 重而行 却輕。 與.^ 所 非, I 知 之 親? 而 行是艱 者. -相 

反。 余 云 非,, 知 之 至? 則不, 能 i 行, 之。 所 3 以爲 行 之 重 而鷇, 矣。 

需己亥 七月 十九 曰。 女 兄棄, 世。 佘以- 一 砷祇服 忌 令 所 1. 定 行-一心 喪? 暇 二十日。 服 九十 日 C 入 月 九日 暇 

終。 十日 以後 C 11 ノ, 外事, 如,, 平日? 故 八月 十日 以後 朔望 忌日 之奠 C 亦 如- 卒曰? 但暇終 之 日。 方是 

先妣 忌日 古人 居, 喪不, 祭 ◦ 著, 一 喪服, 行,, 祭事? 固 不,, 安。 然忌 喪 之 餘0以_,輕 喪, 遺,, 道 忌? 亦 似,, 

不當? 因 二 思 C 雖, 居,, 輕喪? 亦 或 著,, 喪服? 或 髭髮轉 蓬。 不, 可- 以啓, 積 見 "神。 遂廢 -I 今年 忌日 奠? 

後 復按、 BS 類 八十 九、 居レ喪 磨レ祭 之?。、 n? 六 jsr 輕喪 班- 1 重 忌 1 者、 

不二 甚安 T 重 喪廢ニ 輕 忌 T 固是 w 矣、 今年 廢 II 先妣 忌日 stT 恐不 営、 

考 _| 人 之 長短 得失? 亦 是格物 之 一 端。 然朱子 於-子 買 方,^ 人 注 曰 C 專務則 心外 馳" 格 物 而專務 則 外 馳0 

近, 於, I 王 氏 之 説? 何 也 C 盖即, 物 究,, 其理? 雖, 務亦何 厭。 者,, 較人之 長短? 比,, 並 人 之 優劣? 専務 則 

有 一一 忘, 己 之 弊 I 也 C 自不, 比 J? 書窮 一一 其理 I 矣。 然雖 ,讀, 書 亦 忘, 己。 則 終 至, 于 一一 外馳 散漫? 故以 一一 居 敬 一 

爲= 本領 之 工夫? 雖,, 參民之 美? 儡 用, 之。 則必有 

劍術拳 術 ff 一;:, _| 之 類 C 學者 所, 不, 事。 只是 匹夫 俾卒之 事 也爾。 若-兵法 弓禮? 則不, 可, 不, 知 

孟子 曰。 諫 而不, 聽 則 易, 位 諌 而不, 聽 C 則 去。 朱 子 解, 之 曰 大臣 之義 C 親疏不 k 同。 守, 經 

行, 港。 各 有-其 分? 盖臣之 去 者經。 而易, 位 者權。 

王畢之 徒。 動 説, 心 以, 一格 物, 爲= 外馳? 殊不, 知 袼物是 致-心 之 神明-之 方 而即是 心 法 也 故輔傳 



曰 



盖不 i 起-赤 肉 圑上之 念? 直截 以-, 義理 之 當然? 何事 難, 處 人 患, 於, 難, 處者 只是 義理 與,, 利害, 相 

戰之故 也。 先 以,, 義理, 斷, 之。 而後 以,, 利害, 參,, 酌 之? 如, 此則 利害 亦 義理 之 精 者 也 耳 ol_&^j 人 只 先 

以 -I 利害, 處, 之。 所 ョ以颠 倒錯 亂。 失 = 義理 之 當然, 矣 

^ 修 i 己始- 人。 大之事 備矣。 徒 知 X 愛一 1 其 身 1 者 庶人耳 。王公 大人。 極, 一富 貴-事 一一 安飽? 則 亦 是庶人 。所, 謂 

i 斗 筲之人 也 C 

本 一 守是止 C 知 是進。 止 者約而 無, 事 進 者煩而 有, 事 坐而 正,, 威儀, 者 易。 動而 中, 禮者難 

方 遜 志 齋;? 治耍, 云。 复に 法不, 足,, ,以 治,, 天下? 而 天下 非 Z 法 所, 能, 治 也。 又 曰 。吾 親, I 殺戮,? 輕刑^ 

而數 用, 之。 彼將 T 輕, 吾 之 殺戮? 而 犯お 之矣。 吾 視,, 答 罵, 爲,, 大辱? 重 而施, 之。 彼 亦 以,, 笞罵, 爲, 足 

,輕0而畏=避之,矣。 此言 苻, 现。 賞 亦 我輕. 之而 施。 M 民 亦輕. 之。 自然 之. 應也 U 非, 法 無, 治,, 國家? 

而非 3 法 所,, 能 治? 則 要, 之 在, n 其 人 之 用-其 法, 而 PS 希 直 又 曰。 世俗 SJK。 以 爲,, 迂 €不_適^ 於, 用 

^ 不 k 知 世俗 之 所 A 謂 迂者。 皆 先王 之 所, 取 也〕 盖使稳 者" 小利 在,, 目前? 而人之 所, 喜 然 見-小利? 則 

大事 不, 成 如, 迂者 非,^,, 小知? 君子 知, 此外 無,, 他 術? 俗人 M 晃,, 小利? 故 却爲, 迁" 譬,, 諸療" 病。 痼 

疾 臥床 數年。 非 n 參蓍桂 木 之劑? 如,, 之 何, 能 治, 之。 庸靈 以,, 山綾莪 木, 攻, I 其痞? 取 一 旦之 快? 則 病 

人 喜 レ之。 不レ 知, 爲, 一 他 曰 衰耗之 助? 相似 矣し 希 直 之 言 可矣リ 

希 直 曰。 可,, 以生? 可,, 以死? 可,, m 賁? 可,, 以賤, 者 君子 也。 惡, 死 而慕, 生。 貪,, 富貴, 而 威-貧賤, 者 小 

人 也つ 此言學 者須, 思。 

三 宅尙磨 默 讖錄卷 之. 1 一 五 百 二十 九 



朱子學 s 上 五 百 二十 八 

以 至,, 一 本? 會子之 一 唯是也 自-- 一 本 I 而萬殊 明 者。 聖人 之 生地 也 王 守 仁 之學。 欲, 自,, 一 本, 而萬 

殊明 3 是 殊不, 知 T 非, I 萬殊? 則不ぉ 可, 得- 1 一 本- 矣。 a 成 者。 一 本 中 有-万 殊? 求-其 成 I 者 C 万殊 而後 

1 本 譬-- 諸 用 脚簿? 或 一 金 或 三 金 湊 合成-百 金? 成,, 百 金? 而後 一 金 三 金。 皆 在-其 中? 

綱齋 先生 曰。 大學或 問 所, 收程子 及 謝尹兩 氏之說 語 程 子 兩語。 而內外 之 功盡矣 C 謝說是 不,, 昏 

昧, 之 方 C 而能 如, 此 則 所, 謂 內外之 功 ◦ 醒而不 也 C 尹 說是不 - 放散, 之 意 而能 如, 此 則 所, 謂 

內外之 功。 肅而不 k 也。 此四語 而持敬 之 法。 無, 所- 1 遺漏 ー矣。 此說詳 析而有 &理? 

人 者 天也爾 故人 而爲, 學 C 所,, ,以 全-^ 天, 也 C 知崇, 夭 也 禮卑, 地 也 知 而後 行 下 之 元 也。 存 

養。 主 _ -其靜 一也。 省察。 審-- 其 動-也。 克己。 所- 以 全- 1 其 春 生 之 德-也 ac 敬讓。 所 „, 以行-其 夏 長 之德, 

也。 不, 謀, 利 a 所 3 以 正-其 秋收 之德, 也。 格 物 窮理。 所 3 以 致-其 冬藏 之德, 也 a 修, 己 以治, 人 ◦ 則 至 

,治= 國家, 亦然。 周六官 法-天地 四時? 畫州井 地。 象-一 洛書? 賞 所,, 以 陽舒而 行.. 仁 也。 罰 所- 以 陰慘而 

制 "義也 C 至 B 閉, 關 a 所., 以 養-其 陽, 也 G 

朱 子 曰 ◦ 爲 i 者 C 但知, 有, 法 U 而不, 知-天子 之爲 T 尊。 爲, 子 者。 但知 X 有 k。 而不, 知 = 天下 之爲, 

,大0 盖其 所,, 以爲っ 5 者。 莫 き,| 天理 之 極。 人倫 之 至? 學者 察お 而有, 得焉。 刖不, 待,, 較計論 量? 而 

天下 無-難, 處之 事- 实。 又 曰。 聖緊之 心 合 下 是如, 此。 權制 有, 未, 暇, 論。 然 到,, 極不, 得:, 已處? 

亦 須,, 錢而 通., 之。 須 3 合 下 有-如, 此底 心? 方能爲 -I 是權 制? 今人 於 k 事。 合 下 無,, 如 レ此底 心? 其 初 便 

從-權 制 一 去 不可。 i 又 曰。 斷以- 義理 之 公? 參以- 利害 之實? 錢 S 右三 條。 處 i 之 法。 至矣。 盡矣。 



蹬放 下。 便 失,, 其 身? 推, 之 至 i 子-王公 大人? 一日 一息。 離- 此敬? 則 無, お- 此心? 而無, 有 A 修-- 其 身- 

矣。 S 賢所, 說。 只是き 此敬畏 之 道, 而已。 從_| 其 工夫 熟? 說 至, 于 >| 精密 處? 有 = 許多說 1 耳。 一一 1 ほ, 

思 一 精密 他人 不レ可 

レ及者 i 宜ニ深 思 1 矣、 

米慣 沸騰 C 薪炭 紙帛之 類. - 亦 其賈比 X 子-一慶 長? 或倍蓰 或什佰 在 上 日 驕奢。 貧民 日 困者數 年間 

壬 寅 以來。 米 賈年賤 Q 而庶物 則 其賈依 ^舊0 是以穀 賈賤。 而 上下 困 極い 却甚, 於, -壬寅 以前? IS 聞大 

樹 深憂, 之。 旁 問, 之 C 進言 者 各以, 所, 見 獻_- 其 術? 頃日 或人來 問-重 固 所 i 見 如何? 布 衣 寒 士。 固不 

レ 知-天下 事? 然 a 固寓 =1 居 於 = 市中? 養,, 三 五 口? 菽粟 薪炭 之 給, 於, 口。 布 帛綿線 之備, 於, 體者。 一 日 

不, 可:, 缺。 而皆取 = 之街賈 者? 則 以-- 一 身 之微? 可, 知 天下 之 情? 以-- 一 錢 之乏? 可, 見-萬 金 之 用-者 ◦ 

豈無 = 其 道-哉 C 盖 用則賁 舍則賤 C 是 人與, 物 皆然。 ま 贾雖, 賤。 然物之 貴 者。 天下 方今 滔々 而奢麗 

之務。 物之賁 C 職 由, 于, 此焉。 敎化以 斬, I 截華靡 之 根? 法制 以不 i 得, 出-, 質素 之 域? 則 物之賤 。可-立 

而待, 也。 公家 何故 不:, 有,, 衣服 飲食 之 制? 是爲, 可, 疑 耳。 或 云。 衣服 飲食 之 制。 固 可 „1 以賤 = 布帛菽 

栗 之 買- 矣。 而 薪炭 紙 油 之 類。 何 損-其 賈? 曰 有, 人 所, 用。 位賁錄 厚。 必其 家人 又 亦 相 與賁。 布帛菽 

粟 其賈賤 C 薪炭 油紙 何獨賁 今不, 出,, 禁, 奢 之 令? 數年人 必困極 困 極 之 日 入 自不, 能 i 用-華 靡? 而 

庶物 亦賤。 方今 速 出, 令 禁-奢 靡? 則 人不, 窮而 物賤。 是 必然 之 理也。 所:, 謂 通, 變者是 也。 

萬 物 之理。 備, 於-我 一 心? 是心之 妙 理0 雖" 散ョ在 於,, 萬 物? 然湊 3 合 於-我心? 湊合 者。 渾然 未, 分。 

就,, 湊合 處? 分, I 别萬 物, 難矣レ 故即, 物究 _| 其理? 積 累久, 之。 則萬理 湊合而 貧通丄 本萬殊 G 就-萬 殊 I 

三 宅尙资 默識 錄卷之 三 五 百 二十 七 



朱子孽 派 上 五 百 ニナ 六 

癸 卯 九月 八日。 發, 一江 B,, 歸, 于, 京 佘此行 也。 有, ニニ 意思? 一 在, 京女 子、〕 無 = 母 保育? 而歳 當, 嫁 者 

二人。 今 將,, 往以 議., 昏。 一 在,, 江戸, 一 息 C 甚懶 惰不: , 勤 り 嚴 訶切戒 C 將, 試,, 春 來勸不 成不 k 之 

功^ 一 壹 太守 用 脚 甚乏じ 而 至.. 减,, 却 諸臣之 常祿? 方- 此時? 余何爲 得, 立, 功 じ 且受 = 

> 其 事: 餽? 亦 甚不, 安 a 因辭歸 

日 , 網齋 先生 謂 四時 祭。 今 俗 遽行難 者。 當,, , 早 寿 一 祭 四 代? 秋 新穀 成 而後 祭 k 彌 •。 ISHKl-S^I 余 謂 先生 

本 此論 出, 於, 不, 得, 已。 而今 人 且如〜 K 則 可矣。 

" 綱齋 先生 聖學圔 講義 謂。 凡物自 本體 一而 出來。 故即, 物本體 亦存。 聖腎說 說, 學。 必 先立 = 本 體, 

0. 以爲 = 標的? 所 道心 C 所て 謂降衷 C 所, 謂明德 C 所, 謂 有, 物 有, 則。 所, 蹈 性與- 天道? 所 性 善 C 所 

理 \ k 謂 天命 之 性。 其 餘皆然 C 人不, 知-其 本體? 故晃, 理由:, 於- 1 其 氣質之 偏? 異端 邪說。 至.^ 爲= 我學, 

Z 者 5- 皆 由, 於-一已 之 所 T 見而入 i 學 C 是以其 學不, 合- 1 聖人 千古 一 致 之規? 故 好- 大學 一而 惡,, 中庸, 者 有 

量 一 焉 C 信,, 論孟, 而 疑,, 大學 中庸 I 者有焉 e 信- 堯舜 孔孟 一而 不, 信,, 程 朱, 者有焉 又 云 本體 即日 用 日用 

一 即本體 論孟 説-日用 敎學? 以 示-君 相 門人? 性 天道 之說 C 自罕矣 而 至- 晚年? 於,, 易說 本然? 而發, I 

~ 其 蘊奥, 焉。 周 程 張 朱以來 G 詳說 日用 敎學? 性 天道、。 亦 發-- 其 精妙, 焉 C 異端 邪 說之害 日 盛 C 故 中庸 

以来 C 常 談-, 性 命 本然? 而性命 本然 曰 用 敎學。 一 以貫, 之矣」 然其說 及, 于,, 性 天道-者 C 近,, 似 釋氏之 

說? 是以 世之學 者. - 或以, 不, 似,, 論孟, 而疑, 之。 淺陋 甚矣, - 1^ 云 C 敬 一字 C 以,, 其 極? 則 固 精密 然非 

k 有- -别段 難, 爲 之舉? 如-匹夫匹婦 之賤? 纔恐權 時 C 其 心 約, 於, 身 自覺知 C B 用 間應, 分 保-其 身? 



. 實? 其來, 于 &者爲 J?-, 援兵? 似 1 義? 不 &ハ= 友朋-死 feu 邦 者。 避 一 生 不レ仕 也 。然舜 水 ゆ 

キー 之 族 而爲 --夷 所., 滅 中國人 死-, 其 難? 的 當無, 所, 逃 舜水遁:,于--^^裔? 不 X 知 = 宗國之 G 否? 援兵 

不, 可, 求。 歸^ 中國? 結, 纓而死 可矣。 余閲 -行實 所" 稱。 可, 謂」 t 遇 有-才力-之 人. -而已 。其 言 曰。 

一 學問之 道 如 X 治 避-其 i: 然 者- 而取, 之 若, 曰 3 吾學- 某氏 學? 則 非-所 X 謂搏學 審問 之 謂-也 

a 一 以,, 此 言-可 其學 術之不 P チ論矣 而余 謂舜水 遇値レ 於-西 山 公.? 專而久 。功 烈之卑 。無-可 V 尊者- 

本 矣。 

淸江彭 綱 曰。 魯齋許 先生 爲= 元 一 代 大儒? 遭-逢 世祖? 致-身 通顯? 而其 成, 己 成レ物 用 夷之 

倫 功 自有, -不, 可, 泯者? 或者訾 3 其 失-身元 廷? 殊 非-公論? 宋之 失-中原-金 也。 非, 元 也。 元 取-中原. 

理 於 P 金 非, 取-之 宋- 也。 先生 之 生 元 輿 已四世 宋之 失-中原? 且-- 數百十 年? 生 爲-- 元 民? 仕 爲-- 元 

臣? 亦 事 之宜者 i ^當, 人君 以-- 弓 失-得 * 天下 3 一 時臣士 皆 騎射 之餘 其 勇 悍之氣 好, 殺 之 心 功 

彙 利 苟且 之 俗。 加-, 被 天下? 天下 之 人。 駸々 然將, 變, 于, 夷 C 不 --復 知" 有-中 國 帝王 聖賢 之 道.? 先生 爲- - 

編 之 民? 亦 鳥 得, 不 T 乘, 時起而 覺.. 之 哉 C 微- 先生? 而斯人 之禍。 尙未, 可 k 知 或 者 之 論 盖致 S 嚴于 -- 

一 夷 夏 之 分? 而 失-之 您, 者。 鳴 呼 元 之 爲し兀 亦 鳥得而 故黜, 之 哉 如-或 人 之 論? 則 西 山 之 薇 殆亦 

非-先生 所 食 者? S 此 敬 軒-同一 意。 山 崎 先生 著- 魯齋 者? 上篇载 --丘 氏 之 論? 下篇 

載- 薛氏 之說? 二 氏 之; rlio 是非 好惡。 互 相反 。而 先生 未 S 曾 斷三說 之 可否? 盖 有-難 者-也。 以 _-重 

固, 看。 終 以,, 丘說, 爲- 的當? If; 醉、 

三 宅尙齋 默識錄 卷之三 五 IHll 十五 



編 彙理倫 本日 



朱子學 ® 上 五 百 二十 S 

與-- 文 振 >說0 平日 須, 提- -掇 精神? 莫 --頹 5i 放 倒-方 可 看-得 義理, 分明 看 公 多恁地 困漫々 地 則不 

敬莫. 大. 乎. 此。 11 四 竊謂 此條。 說-- 出 敬 字 意? 至 親 至 切。 卓然 公正。 無,, 些子計 較放慢 意思? 提,, 

摄 精神 I 等 文字。 甚 有-意思? 

再 定太極 通 書 後 序。 尾-文集? お 十 其 中 謂 朝廷 隙, 等 見, 用。 奮發 感勵。 皆 非, 知,, 先生, 者 之 言 5 是 

等 常人 所, 不 k 知 而學者 亦 多 過 了 因 謂 三 輳希賢 仕, -酒 井家? 不 r 遇而返 歷-- 数十 年-而後 威- -舊 恩? 

請 使-其 子 仕-酒 井家? 亦是 常人 之 見識 耳 

朱 子 曰。 以,, 成敗, 論, 人 不, 知,, -當曰 事 勢 有,, 難, 處者? 若 論,, 大勢? 則 九分九厘 須, 還,, 時節? 或 其 人 

見識 之 深? 力量 之 廣狭。 病 却 在. 此 0? 一 針 論-古人, 之 法 當. 如. 此。 

若 忌日 當 --朔 望-者。 朔 望之拜 C 宜, 廢, 之 雖, 未, 有, 見,, 鱧 趣 可,, 據 亦 恐當, 如, 此 

或 問 云 C 不, 知 而娶, - 同姓, 者 C 數 年後 知-其 自誤? 則已 有, 子 如ら 疋者 如,, 之 何? 予答云 假令 有, 子 

亦自 知, -前來 所 P 過 當-, 速改, 之而已 此 是正 當論也 然不, 可-追 改? 改亦 非,, 人情 之 得,;! IJO 我 邦 同 

性 難 i。 此是又 別段 議論。 答-李 耱善, 書 曰。 服 已成而 中改. - 似,, 亦 未., 安. - 不, 若-, 且仍. 是等 非- 

大義 所,, 關 C 則 如, 是處, 之 亦 可 

善 相 公き S 淸行 意見 封 事。 §^^1有.*,,加--給大學生徒食料-文5 謂 華 人 之 道 以蚤? 本 又 謂- 

天下 人, 曰。 大學 是究困 凍餒 之鄉 皆是美 言 

朱 舜水當 宋國將 b 賠? 蹈-- 東海-来 i^-- 我 邦? 谊方 先生 作- 一 文-非, 之 余 讀-- 安積 某所:, 作 舜水行 



如, 1 胡 氏 之 意? 則 固 其 所 也。 措- 體 用之學 一而 言 ◦ 朱 子 作.^ 魏甥恪 字 序 ◦ 及送-張仲隆,41^2 詳言, 之 a 而 

其經世 之學。 亦不, 立-其 本? 則 無,, 源 之 水? 其涸也 可:, 立 而俟。 故 豐淸敏 遺事 後 序 。丁寧 之戒 Q 可, 尾。 

四月 十二 日。 余發, 京 道 歷,, 季 曾路? 往, 于,, 江戸? 初心 欲, 携, I 去 幼兒? 而尙 未, 决。 因逛 得, 一 離 之, 坤 C 

^_-p. 知-半 吉? 余 謂 P 携,, 幼兒, 而往? 得-半 吉? 不,, 携去, 是常。 半 吉不, 若, 常。 因 不,, 携去? 或 

疑 筵 „携 去? 得- en 口? 則 當,, 携往? 愚 謂 余 之 在, 1 東方? 當,, 不 :X 而歸? 何携 去。 幼兒 在, 京。 若 有, 一大 

不利? 移-之 東方? 未 Z 晚。 今不, 移。 豈不, 可-他日 移 "之耶 C 死, 于_, 東方? 非,, 余 之 初心, 乎 G 是皆 

因, 得-一半 吉> 之筑? 而後 此義 决矣 G ^^^p^.^. 

不, 惑 知-天命? 一 理 無き k。 可 k 其 初志 酤賠。 不^, K-fe。 今之學 者。 菜 能 如 直 乎 C 

一 言 之 約 ◦ 而 終身 可 U 打者。 恕也 a 萬 理備, 於, 我。 而 身 點檢。 其理皆 誠。 如 K 惡-惡 臭, 好, 好色 W 

內外 通徹。 流行 無, 滞。 是 仁矣。 推-在:, 我之理 I 勉行。 是 所, 謂 强恕也 Q 學者 之勉行 皆是怒 也爾。 

直 方 先生 受, I 酒 井家 餽? 居-一 其 邸 中? 殆 三十 年。 而其言 之不, 尾, 聞。 其 道 之不, 行。 無- 一 事 可, 見者? 

直 方 開濶。 處, 于, 此 而不, 去。 

直 方 先生 顏樂章 筆記 曰。 顏子之 死。 孔子 慟, 之。 是 有-, 肉 身 _ 之 故 也。 太 極 無,, 悲歎? 何慟, 於, 1 顔 子 之 

死, 哉 ◦ 太 極 無 マむ 也. - 此言 恐不, 瑩。 

朱 子 曰。 敬 字不, 可.^ 只 把 做- 一 箇敬 字, 說過? 須., 於- .. 用 間 ー體? 認是 如何 5 此心 常卓然 公正。 無, 有,, 

私意? 便 是敬有 _1 些子 計較? 有- 些子 放慢 意思? 便是 不敬。 故 曰。 敬以 直, 內。 耍掛 些子偏 邪? 夂 

默截錢 卷之三 五 百 1 14* 三 



B 

本 

複 



* 子 S 上 量 十二 

直 方 先生 極 穎悟 C 其 學不, 苦而成 其才 辨快濶 無-, 可, 傳人ゃ 故 其 門人 之 爲洫チ 不, 探-精 微 ^ 直 方 

先生 讀, 誊甚簡 不 k 及, 于, -六經 V 唯 談-- 之 四書 小學近 思錄, 而已 a 故 其 徒 之學甚 固陋 網齋先 生生 質朴 

强 其 學博而 極 精 Q 故 其 徒 之學亦 可, 觀 因 謂 三千 子之傳 曾子而 生, -子思 孟子 之學 ^ 我輩 須レ 盧レ 誤-, 

後學, 矣 

王氏以 --茛 知, 爲-, 學之頭 腦.? 程 子 以_, 格 物, 爲-學 之始? 以 --讀 書- 爲-- 格 物 之耍? 而朱 子常以 依, 本 子 說- 

學字? 以, 効-先 覺 -爲, 學 盖以所 k 拘之氣 質。 所, 蔽之 人欲 應,, 事物 無, 窮 之學ぺ 以-- 其 一 念之發 處- 

爲-, 茛 知- 爲-, 定則 V 我 恐 所, 謂 思 而不, 學之殆 者 毫藶之 差 千里 之 譲 0以^ 無- 寸星- 之 尺度 權衡 g 取- 

之 定則? 豈 得, 無, 差 哉 程 朱之敎 則 因-其 已知 之理 7 談, 無- -氣質 人欲 所, 蔽之 asn3 以 求-其 當然? 

如, 斯 而後 可- 以庶 一, 一 幾 無 一, 差 緩, 也矣 

不, 惑 X 於-事物 當然 之理? 則 可, 謂- -已 足- 矣 聖人 何故 更說 „, 五十 知-, 天命 ぺ 學不, 到- -此 地? 則 其心爲 

, 有, 所, 未, 盡 所, 謂 豁然 貫通 下學 上達 皆是此 地位。 王 氏之學 不, 知, 于 kto 

享保八 年 癸 卯 正月 廿五 曰。 發_- 江 15 道 經-- 東海道? 二月 七 曰 到, 子-京師? 到, 于-- 伊勢 國 -to 一一 一一 一月 

謁,, -見 於-長 島大 守? 湖が,; 守 此行也 大雪 大風 C 殘 寒尙, 抓0. 不レ 得-一 接 窓 開べ 山水 絶景 C 空經過 

只 携-- 一 卷文公 先生 文集? 時々 念 過。 義理 之精微 文章 之 富。 無, 所-遺漏, 矣し 善 請レ之 則 何 道理 

之不 V, 得。 何事 之不, 可, 制。 曰經。 曰史 無, 不, 具 C 則所ヒ 謂博學 者。 豈 待,, 他 求-哉。 

余 常 言 今學者 授乏以 1 萬 石 地? 恐治芏 在-, 俗吏 之 下 V 盖 維-, 讀 JI 講 亦 無 i 世 有用 之學 <;> 



本 



3 p ?,、 £1 PKS 賈 z 之 求-聖賢 之 道 一 者 o 是即 X 物窮- ー其理 一也。 王 F 

論孟 大中之 所つ 言 是皆即 k 物 示-一 其 理ー者 也 學者篛 :,.N,?-ssv2«?n.Tt 

t 徒。 而 I 氏 養 li 學 I III 10 王 11 

格致 藝 00111 11-01^^^^ 

I 而種 無 I 然 III 011 sl^ p 渾.. 之 

只是 5。 I 物。 iil 盖 li 而物則 s。 其 可 k 之 I。 便き 體之 理 U 

體耳。 liis 此是 確乎 不き拨 之 定論。 来 子 答_-江德功|。 sff^^s^ 

i 又 答 ill 一 售レ功 U f I 朱 先 生而用 ま レ此。 110 恃" 一 時 

聰明 I d^^^u^l 只是ー 理靈 _| 品彙與 

萬物備 fe-- 我。 而知則 運 一一 用其理 一.^ 應 一一 萬, 渚 ^ え、 g 、も 

PI 51 編 I。 SI f-f き- 

ま 方 先生。 If 向 太守 水醒? s ま 辭レ 之。 而後 受き I 井 證錄 中 館き』 ; f 一ば- 

rlup 酒 井 某?籠 ski II 01 101 

速。 幸 直 i 一 年。 0.0J ^u^^^l I。 li 

綱齋 先生。 易 J 貝 前 数 月。 附, -學業 娃男其 一 f 門 人 若 林 まま i0 、> 

直 方 先生 聞, 之 。甚 爲-- 不是? 五 百 二十 一 

11 一 宅尙齋 默識錢 卷之ー 11. 



* 子 ai-Jgi. 五 百 ニヤ 

壬 寅 八月 八日 宿, 于,, 下認訪 之驛? 會,, 先妣 吉田小 君 之 忌日? 因 謂 li 先是 父母 之 所 k 尊 子孫 是 父母 之 

所, 愛 G 自= 子孫, 視 k 之 則 所, 尊 所, 愛 C 皆甚遠 且疏。 爲= 子孫 I 者。 以= 父母 之 心 一 爲_| 己 之 心? 能 緩- 

其 志? 可, 謂, 孝 也矣。 宜 中庸 以_1 達 孝- 稱, 之也。 

程 子以, 乗, 接爲, 獸 k 人 而不, 用 C 朱 子 使-其 子 乘.^ 轎。 皆 有, 道。 余此行 用:, 接 到 _| 險姐截 難 地-則 歩 

行。 有 = 不, 忍者 I 焉. - 

朱 子 答- 潘 叔昌, 書 曰。 學者先 須^,, , 身 於- 1 法度 規矩 中? 使 S 持 k:, 此者。 足- 以 勝^お C 則自 有-進 

步處? 如 T 孔子 之 吿_ -顏 淵- 以 =- 非禮 勿- 視聽 言動 -爲* 克己 之 目? 亦 可:, 晃矣。 若自 無-措, 足 之 地? 而 欲, 

搜 3 羅 抉, 剔 於-思慮 隱微之 中? 以 求-所 ご 謂 \ 欲 之 難, 克 者- 而 克.. . 之。 則 亦 代 倉 代 張。 沒世窮 年 C 而不 

レ能レ 有 =以 立 ー矣。 重固誦 >1 此語? 知, 切レ 於-今時 學者之 身, 焉。 身 PI 大閉? 而ロ 吐-心 術 之微? 說 _| 不 

k 可 k 見 之 地? 而欲 B 掩,, 襲 他人, 者。 皆 朱 先生 之 罪人 也爾。 . 

王 氏 動 謂。 去-人欲? 則 天理 自存。 何 即_- 物 於., 外。 以窮- 其理, 之 有。 可, 謂』 X 易矣 譬 _,諸一 器 水? 

波瀾 搖動。 査滓酒 獨。 無, 一光 耀? 波瀾 雖, 靜。〕 而査滓 未 =淘 去? 則昏昧 無, 所 k 。尋 _| 之 戸 al- 而 P 之 

則 相 映 C. 以 波瀾 可, 見 e 査滓可 k 知 量, 一 在 之 暗室 中? 則 波動 不, 可, 晃。 滓! ^不, 可, 尋,」 因,, 巳 知 之 一 

線路? 以 即,, 物 於., 外。 而 開-之 牖? 則 相 映。 ; 1^ 心 之 動 可, 見. - 人欲 之 濁 可, 尊。 其 動 者 濁 者 浸定。 

則 相 映 者 益 明 C 未, 開,, 其 BJr- 何以 審,, 善惡之 幾? 何以 存,, 其心之 天理? 我 恐猶, 坐 _| 暗室 四面 嬙壁 中? 

目 , 所莧。 徒 賴-- 1 線容 光? P- 黑白? 終身 不, 知 W 外 開-其 履? 可」 及 哉。 



王學之 徒。 稱,, 揚 孝弟 忠信 底 人, 甚矣。 以爲學 問 之 術 a 無-加, 于 i 此者, 也。 孝弟 忠信 固是 人道 之 本 

然 聖人 曰 忠信 如, 丘 者。 而不, 如,, 丘 之 好" 學 者。 何 也 a 本實 立。 而 無- 不或 知命 之 尾, 者。 皆 是小學 

底 事 C 非,, 大人 之學? 聖人 說, I 許 多 性 命? 如- 槃辭象 傳文言 者? 何 爲耶。 亦是不 可宋 i 知 

古 之 時 君聖, 於, 上。 而 執事 賢, 於, 下。 當 時人 自然 趨, 於 k 善 也 輕。 故 上下 其 風皆类 a 此時自 有 T 不, 待,, 

讀書 I 者 S 然猶有 J 二 墳五典 之 書? 聖門 以,, 讀書? 爲, 學。 觀, 於- 1 曾 子 gily 子 路^, 一 i 之 語, 而可, 尾 

然王 氏不, 好- 讀書? 可, 謂-, 學之^ 考 之麁, 矣。 

程 子 曰 孔子 聞 = 衞亂, 曰つ 柴也 其來乎 由 也 其死矣 二者 盖皆 適:, 於, 義 Islf^-- 二人 並 仕, 于, 衞。 而子 

黑以, I 政 不., 及, 己 C 可, 不, 須踐 其 難, 也 C 逃 去 C 如 =设 野 氏 之 諸士? 四十 餘士之 死固當 G 而其 他卑細 

之 小 臣。 不, 與-其 事? 亦不, 爲,, 不義? 

崇安縣 學田記 J^MSl- 首。 以-- 浮 屠 之 田? 歸_- 之 於 1^ 學 盖今世 無- 學田? 則 無-諸 生 之 食? 無, 食 則 無, I 

可, 學之 資? 以_ -佛徒 之 田? 歸,, 之 於 P 學。 則不, 待, 求 3 之 於-一 經常之 外? 而足矣 G 今 nik 學養, 士之 術。 

最上 之 策。 無, 他 C 如, 是而已 G . 

壬 寅 秋 八月 朔日。 重 M 發, 一 京師, 適 江 15 翁 佐 道歷 -I 信 濃 木 曾? 大山 巖々。 松杉欝 t 路屈 

曲。 添, 川而行 所, 謂梯者 C 橫= 千 雞? 驛 館外。 民 居 甚希。 風俗 淡而 和。 直而 無, 詐。 然自 = 繁華 

之 地 > 而視, 之。 實與, - 禽獸, 相 去不, 遠 G 無- 敎導之 法-也。 則 如, 是。 聖王 憂, 之。 宜哉。 

爲, -爲, 己之學 > 者。 而後 用 S 力 於-誠意? 盖意是 所- 獨知? 於 k 所- 獨知 1 不 k 忽〕 爲, 人 者 所, 不, 爲也 

s$ 默锇錄 港 之 S 五 百 十九 



元 雪、 1 

本 作-ま 



朱 子 ま « 上 五 百 十ん 

直 方 先生 氣 禀宏閱 穎悟 故 其 學不, 苦 而 至,, 中年? 學不, 勸不, 進 屬擴前 十四 五 年 好, 學之篤 

手不, 釋】。 與, 人語。 非,, 小 近 四 子? 未 =嘗 載, 於,, 口舌? 才之 穎。 辩之敏 終 曰 與乂談 譬瑜 

百 端0 殆 敎,, 人覇躍 自得, 矣 實柬方 一人 耳 所, 慽者 其學 止, 於,, 小 學四子 近 思 之 間? 不, 稱ヨ合 於- 

近思练 致知篇 所, 載 先賢 之說, 者 多 C 而其尾 識之徹 知., 能 入,, 精微, 否 其談, 道 所, 謂隔, 壁 可 

, 聞者薛 幾矣。 發 n¥ 其 天命 本然 之 妙, 老 今不 X 存, 于, 世焉 

漢 祭祀。 獸爲, 牲。 見, 用, 禽。 盖 土地 之 所,, 專用, 在, 獸故 耳。 我 邦 春 B 社用, 獸 又 用, 禽。 

朔望 當,, 忌日? 宜, 廢,, 朔 望奠? 忌 曰是喪 之餘。 雖,, 室 人 子孫 之 忌 B? 廢, 奠。 祖先 無, 慽 C 

人往々 爲 ,= 外事 不., 副-, 己 之 意? 憤 悶不亿 女 是所 k 謂 病, 事 者 外事 皆 副 i 己 何 之 處置之 有 

學 術不, 同 不, 可, I 相爲 謀? 我 所, 惡之學 術 U 自不, 可,, 相 親? 然余 於,, 三輪 希腎? 舊交不 k 忍, 班 綱 

齋 先生 與,, 直 方 先生? 初 其 交 如,, 兄弟? 後 不,, 相 通? 無,, 相 絕之義 可, 言 者? 亦 是氣質 之 一癖 a 學問之 

大" 蚍 甚可, 惜 直 方 先生 後來 思-, 舊交? 有 K 將,, 通 問, 之 意 5 綱齋 先生 終 執 而不, 肯 

敬 義先牛 一 絕,, 綱齋 先生 直 方 先生? 自 3 劇,, 論 敬 義內外 之義? 而漸々 如, 是 故 二 先生 不, 會, 于,, 敬義先 

fet^o 藝 洲仕士 上田 元 S 者、 

er 下 不-- 相 Si 之媒气 

會津 中將正 之。 幼而 養, 於,, 保 科 家? 故 終身 稱,, 保 科? 三世 而後 復,, 松 平? 敬義 先生 何故 當時 不, 及- 此 

論? 可 i。 



豈能信 5, 之 哉 ◦ 

余 常 讀-朱 子 所:, 筆 曹立之 程 端 蒙 墓表 文? 深惜 深耻。 二子 壯 年。 所, 成大 Q 而其 早世。 至,, !既默 lt:?J 

將軍 家令-邦 國? 一年 在, 于ニ 我國? 一年 在, 于 一一 江戸? 室 人 則 常 在, 子-一江 15 如, 此則祖 者 神主 當 一一 奉, 之 

從 R 於, 身。 然國 城主 立, 廟奉, 祀。 當, 在- 1 其國? 今以 T 室 人 在- 1 江戸? 則祭當 * 夫婦 自爲ゃ 以,, 江戸, 爲 

在, 國之曰 C 委.. 祭 於,, 室 人? 不„ 奉, 生 從., 身 亦可矣 C 

尾-鳳 一 羽? 知, 1 五色 具? 尾, I 1 事 不義? 知,, 其 人 之 i& 妄? 如, 伊藤 維楨送 道香師 I 文 5 g レ g 自 號,, 仁 

齋? i 射レ, I 改-- 源吉- 爲,, 源 介? i^isK^I 其 子 及 門人。 出 3 入 於, 一法 親王 家? 受 _,釋 徒 之餽? 11 一輪 希 賢 

悼-一直 方 之 死? 有ーー^^歌? 曰。 忘 ナョ、 三 鹼ノシ i シノ、 過シ 世チ、 墓 フモ、 君が 教ナラ ズャ。 自 謝, 復, 於-一本 姓- 

之 恩 5 而却以 --其 子- 爲-- 市民 白木屋 。權 g 者 養子? 献 |g 京 初仕レ 于-, 酒 井家? 其 主き-僧 祐天之 念 佛名? 

If 希賢甚 憤, 之。 遂 退去。 後 受-紀 伊太 守 常餽? 甚稱 T 揚紀守 之 好-王 學-之 功 5 而紀守 _ 

以-> 其 子- 爲, 僧 C 人 問乏〕 希 S 謂紀 守不, 知乏。 且紀守 許 T 以,, 其 子, 爲 * 酒 井家 之繼嗣 5 1 之 力 や ^,,5%*^ 

I 战 希 賢 與,, 此策? 余, 謂 如. 是而 說,, 道理? 我 未. 知-何 義理? 3^2:擧動? 察,, 其眞 情? きに 所. 遁。 

學術 姦詐。 不, 俟,, 論辨? 

綱齋 先生。 資質 豪邁。 尾識 徹酞。 終身 勸,, , 苦 於,, 此學, 不^。 所レ 著書 若干。 可,, 1 以 見,, 其 大槪? 時 所 

レ憂者 C ,? 於,, 木强, 不, 少 嚴,, 師道? 待,, 門人, 甚刻。 人惡 -其嚴 刻? 博學 精義。 所, 謂 通 儒 全才者 

也 C 其 論-鬼神, 之說。 見&, I 迹部宮 書お 先生 之學。 而其說 之 止 可, 疑 當時不 お ^0 

ち 1 宅 i 默戰錄 お 之 111 五 百ナ七 



朱 子 s s 上 五 百 十六 

臣? 可矣 C 若 誅_| 據 城背叛 者? 則誅 _| 家臣? 墨, -中士 以下? 可矣 其 家臣 與, 君 同, 罪 之 法 立 也。 医 救 

之 職擧矣 驕泰之 行 止矣。 0^.0.. 

周 子 曰 主 X 靜 立-一 ス 15«? 盖 天地 之 化。 動静 相 推 而動常 本, 於, 靜 其 勢 自然 如, 此 C 雞初鳴 起 中 夜 

而寢者 是動却 侵:, 靜 陽 勝, 陰 敏 JI 之 所ョ以 無,, 間斷, 也 深夜 無,, 日出? 而 日中 有,, 雨 下, 者。 是 

靜却勝 k 動 G 陰 侵, 陽 a 生物 之 所,, 以 立,, 其 本, 也 ◦ 

比干雖 k 甘 i 乎-剖つ 5 之誅? 不, 刺-飛 廉? 朱 子雖, 歷, 乎-粘 首 之危? 不, 殺- 胄? 我 邦 近世 如 ,,, 稻葉某 

於 = 堀 田 其? 爲,, 其 君, 殺 X 身 r ^刺-其 賊? 擧 X 世 稱-- 其 誠忠- 焉。 果其忠 乎。 比 干 朱 子? 如何? 盖有 ^ 所,, 

以諫, 君而身 死者 臣之 分-也。 不, 受, 命而 殺- 姦臣, 者 ◦ 非 =臣 之 分, 也。 g£ 壬 

專 以,, 宦官, 制, 事。 不, 任,, 大臣? 是漢之 所- 以亂 I 也 古昔 聖人 治-天下? 闢, I 四 門? 明 _| 四 目? 達-四 

聰? 猶 恐-其 所 AmE 之不. 今 世 以= 一 二 近習 者? 納_| 天下 之 言? 制, I 天下 之 事? 執政 大臣 a 徒 束, 手 守- 1 

古法? 却受 W 指揮 於-近習? 如:, 此而望 = 非常 大業 I 遠矣。 

雖, ー體用 一 源。 內外 無, fe。 然 同, 行異, 情。 無-私心 一而 不 於,, 正 理-者 有焉。 故 曰。 當 k 而 無- 1 私 

心? 雖- 前聖後 聖其揆 一 ? 然湯武 泰伯伯 夷 叔齊。 與-微 子 箕子比 干? 異, 行而 同, 心。 故 有,, 人 之 行 不 

レ同 而兩是 者, 焉 G 其 心 則 一 也 G 

享保六 年 辛 將軍家 置 k 器以辆 - 天下 之 言。 希有 美事? 士君子 往往 以, 書 投= 其 器 中? 以, 余觀, 於 k 是 e 

元是 爲,, 丘 野 市塵 人, 設, 之。 今 士君子 投, =言 於, I 其. 5.? 非- 學者進 あ no 君 上 求 4 言 之 鉢? 如 > 是而 欲, 用 G 



朱 子 書-, 西 山 李 公 墓表, 曰。 龜山每 吿=學 者, 曰。 唐 虞 以前。 載 籍未, 具 而當, 1 是之 時? 聖賢 若, 彼 其 多 

也 G 晚 周以來 C 下歷, I 秦漢? 以迄, 于, 今 C 文字 之 多。 至, 不, 可,, 以, 數計? 然 曠,, 千 百年? 欲, 求 K 一 人 

如-顔 曾-者 5 而不 i 可, 得。 則 是道之 所,, 以傳? 固不, 在, 於, I 文字? 而古之 聖賢 所, =以 爲,, 聖賢, 者。 其 

用, 心必 有, 在矣。 云云。 自= 秦漢- 以來。 道學不 傳。 儒者 不』 - 反, 己 潜.. 心 G 而ー以 記覽誦 說,, 事 J 

是以有 道 君子 深 以爲, 憂。 然亦未 i 曰 遂以束 J 曰不』 巧 坐談空 妙。 爲. 1. 可, 以徼 -I 幸 於 有, 聞 也。 若 Mi 山 

之 所 = 以敎? 與 K 西 山 之 所 .0 以學 g 其 亦 足- 以觀, 矣レ 重 固 謂。 此^? 賢全體 兼備 之學。 有, 一 少異, 於, 此者? 

皆 異端 偈學 也爾。 學者 所』 察 

近世 誅,, 戮 放, 置國主 城主, 者。 歷々 可, 計。 而 大小 貴賤 之 仕。 以 食,, 祿於 "上 者 Q 皆散而 之,, 四方? 與,^ 其 

轉, I 死 溝? 者 ^ 幾千 萬 人。 或 曰。 人君 有, 罪 者。 固當, 罰り N !。 仕士 與,, 農 商? 同 在 = 其 地, 者。 P, 一 其 土 

產,, 草木? 當 ,止,_, 易-置 其 君? 不ぉ 與,, 士民? 余 謂 家臣 居,, 其 位, 食,, 其祿? 失 = 匡救 之 職? 則宜 S 與 

レ君 同,, H 、罪? 而今 與-- 中 下 之士? 同 離散 而已」 ) 中士 以下 則 守,, 1:^ ハ國 城, 之役士 固不, 任- Iffi: 救 之責? 

與 -農 商, 同,, - 不 其 罪, 可矣。 朱 子 之 説。 亦 宜_, 合考? 答,, 吳 晦叔, 書 曰 Q 臣下 不匿之 刑 Q 盖施, 於, I 邦 

君 大夫之 喪, 國亡, 家 者? 君臣 一 體。 不, 得, 不ぉ 如 3 漢 廢,, 昌邑王 賀? 則誅, 1 其 群臣? 而 本朝 太祖 下- 

4JH-te?9 .t^ 朱, ±ilr,a5 罎登區 乇 と;.?《 i^o 澄棍等 〔监亡 n 劉 氏 T 乃 飛 S 惡來之 比、 詠 レ之自 不レ爲 レ究、 若- 1 邑群 EI 與レ K 

^ r - ^ f E ff ^ ^ - S 同レ惡 者、 固不 レ得レ 不&、 其餘 正可レ f 一 古 者 舉; 刑 之 坐 1 耳、 乃不レ 分-一等 級 T 

也 ま 又 如-文 定論 3 楚子納 =孔 儀處? 事 雖,? 同。 意 亦 類, 此。 試 参-者 之? 則 知 成 湯 之 制- 官 

刑? 正是 奉,, 行 天 討? 毫 髮不, 差處。 何 疑 之 有 哉。 四 盡 國君大 夫。 放肆 邪 僻 Q 而 罰, 之 C 則 罪 止-家 

三 宅尙繁 默 戯 錢卷之 111 五 百 十五 



朱子學 PS 上 五 百 tsT 

瞽艘 殺, 人。 旣有, 罪。 故皐 陶亦將 k 執, 之 然舜^ 負而逃 是全 私也爾 以, 理顯然 論, 之 則 如レ此 Q 

但臣子 於,, 君 父? 不:, 可, 忍 之 私情 便 是正 當 天理 也 耳。 故 義理 精密 不, 可 _| 槪論? 

桑 本 正 :11 曰 万物 備, 於, 我。 而衆理 有, 於,, ^心? 則 格 物 是即物 以尋, _ 我心 之 理, 也。 ^重 固謂リ 

此說尤 £ 要、 し 可 一- 以 破-王 氏之晃 ー矣〕 予亦 曰。 格 物是猶 ョ以, 簿 正- 廩 中米? 未, 知-一 廩 米所, 菩 若干? 則 

不, 得, EEC 未, 知, I 其 性 之 所.^ 有 C 則何以 得, 全, 之。 

朱子與 i 卿-言。 徙. 家擇. 日 C 固是朱 子不. 立 k 之 事。 非】 = 日 家 所 i。 

曹立之 死 年 方 三十 七。 朱子甚 惜,, 其 死? 死 前 四 五十 日。 自 知-病 之 不.. 可, 爲矣し 猶 書-其 牖- 

曰 未 k 之 前。 不, 可 I 棄? 遷, 善 改^ C 自, 是愈 厚。 死 之 起 正-衣冠? 危坐 如 = 平日? 語-其 弟 

廷, 曰。 吾雖, -甚 病? 而學益 進。 此心瑩 潔。 無- -復 繊嚴? 如, 是而 死。 庶其 可- -以言 命矣 G 語訖就 k 枕。 

未, 安 而沒。 ps^ 程 正 思 享年 四十 有九而 死。 方 =疾 革 時? 手書 奉,, 朱 先生-曰 C 端 蒙 死? 恨) 恨 

不, 克,, , 終, 養 而 卒-, 業 於, 門 耳。 然已 無, 可」 一一 11。 願 先生 自愛。 茶 就-群 書? 以:? 來哲? 世不- 我 知? 天 

豈亦不 我 知-哉" 朱 子 書-其 墓表 I 曰。 予雅意 正 思 住, 道 勇" 而用』 5 專. - 必能卒 究= 精微 之蕴? 以 

廣,, 斯道 之傳, 者 。缝讀 = 其 書? 不 ks;, 聲 流涕。 旣而視 _,其挚 跡? 謹 好 如-常 曰? 又 知 T 其 間, 於 ,- 死生 之 

際, 如も此 C 爲, 之 痛惜 C 久而不 i 能, 平 也 C 二人 死生 之 際 如, 此。 而皆 未, 及-中年? 可, 謂 =- 豪傑 之才 e 

能 爲_> 爲, 己 之學者 _矣^ 宜朱 子惜, 之 之 深。 吾輩 可, 愧 C 

胡子 知 言 有 Jlno 學欲. 博不. 欲. 雜。 欲. 約不. 欲 鼬。 緒;^? 此具學 問之耍 法。 



レ及之 功 o 則 有, 不, 徧而已 o 聖人 之 知 則 自賞通 故 謂 生 知不, 思 而得矣 猶,, 這 火 燭光 明 盛大 然光 

明 所, 及 則 有., 限。 故 古今 之事變 名物 iil 人 亦 有:, 所, 不 X 知 而但其 豁然 貫通 義理 則旣通 明。 

蘇 老泉辨 姦論云 事 之不リ 近-人情 1 者 鮮:, 不, 爲 i, 大 姦慝? 朱 子誦, 之 謂 毎 常 嫌,, 此句 過當? 今 尾,, , 得 

亦 有, -此檨 人? 朱 子 又 曰 事 至, 於,, 過當? 便 是僞。 信 哉此言 也。 世稱篤 實爲, 學者往 や 如, 此 何 其 

愚昧 邪。 雲 川 某 If 亦 卓越 之才。 未 :.及=壯 年-死 焉 Q 彼晚 年不, 制, 鬚 C 不 。與 \ 相 交。 雖,, 朝 

夕 面 語 底 人? 揖遜 禮讓大 驚, 人。 皆 是所, 謂 姦慝者 也 G 

昊天曰 明 及, 爾出 王。 吴天 曰且。 及レ 爾游衍 是持 敬存心 常 思, 誠之實 盖天者 理而已 U 心 具,, 夭 

理? 善惡照 々不, 可:, 欺。 

原 尙翁云 仇, 於,, 程 朱, 者 陸 氏 陽 明是也 仇, 於,, 聖人 之 道, 者 我 邦 所, 謂 神道 者 也 近日 與,, 一 儒 

士 陰, 神 者- 扣論。 方 知- 尙翁之 言 的當? 其 人 曰。 邦 異則道 亦 自不, 同 我邦是 位, 於-束 方? 敏, I 日 未- 

, 中 漢則位 中。 而猶, I 曰 之 中 將., 员。 故 我 邦 賢 k 於,, 萬國? 而其道 亦 尊 是以百 王不, 易 自 無- 

放 伐 之 事? 湯武放 伐。 漢則以 爲- 順, 天 應 "人。 我 邦 則 不,, 以爲, 是 三種 神器 是 常人 不, 可, 窺 皇 

統不 絕。 綿, s に窮。 實在 ¥A 此矣。 此是我 邦 神 之 道。 所 ご 謂 所:, 勝 萬國- 也。 妙 哉 妙 哉。 重 固 

曰。 如 A 此也。 堯舜禹 湯 文武 孔孟 皆 非也爾 。神人 之 道 0踰^ =聖 人 之 道, 萬 <-。 神道 者往々 謂 主, 神而 羽,, 

翼 儒? 堯 舜湯武 孔子 皿 皆 非 也 何以爲 - 羽翼, 哉。 且 世間 儒 神 並 學之徒 a 其學主 Ji 而兼, 神 Q 何不 = 主, 神 

而兼, 儒。 亦是 可, 怪耳。 

000 默餓 錄卷之 111 五百ャ 111 



子畢 PS 上 五 百 4. 二 

默識錄 卷之三 

播磨三 宅 重 固 著 

爲學 一 

朱 子 曰。 知 k 是知至 物 格。 知-得 筒 自然 道理? 學 若不』 臾 便 記:, 此又忘 ko 得-其 一 , 失-, 其 二? 

未, 知レ天 見事 頭緖多 旣 知, 天 了 這 裏 便都定 這 事也定 那 事也定 5!| 六 知, 天是 豁然 貫通 以 

盡-- 心 之 地? 人 之 爲:, 學 不, 至, 于, 此。 不, 可, 謂, 學矣 

朱 子說。 雖 X 之- > 夷狄, 不, 可 ,棄 也。 曰。 道不ぃ 可-, 須臾 離? 可レ離 非, 道。 須曳 無,, 跟斷, 方 得。 若 有,, 間 

斷? 此心死 也。 在,, 中國, 是這箇 道理。 在,, 夷狄, 也 只 是這篚 道理。 又 曰 這箇 道理 。須, 要,, 到處? 皆 

使 S 生 意 無- &斷- 方 好。 譬 i 之 木 0然0 I 枝 一葉。 無, 非,, 賺? 才 有,, 一 毫 間斷? 便 枝葉 有,, 不 X 茂處? 

朱子復 說,, 博學 篤志 章, 曰。 篤志 只是 至誠 懇切 以求, 之。 不,, 是理 會, 不, 得,, 又掉 了? 若 只管 汎- > 地 外 

面 去-博 學? 更 無,, 懇切 之 志? 反 看-這 裏? 便 成 放不, 知, 求,, 底 心? 便 成,, 頑 麻 不仁 底 死漢, 了 那得, 仁 

ss^i 窃謂。 至誠 懇切 。求-這 筒 道理? 知、 至誠 懇切 。守-這 箇 道理-勿-間 斷? 行、 如 あ 則 生 意 無,, 間斷? 人 

心 不_ 一死 了? 爲, 己之學 如, 此 

孟子 曰。 知者 無, 不 v^o 仁者 無:, 不, 愛。 堯舜之 知 而不, 襦, 物。 急-, 先務, 也〕 堯舜之 仁 不仁 偏, 愛 \0 

急-親 J 具 爲,, 務 也。 堯舜之 知。 則 豁然 貫通。 堯舜之 仁。 則 萬 物 一 體 。天下一 家。 中國 一 人。 然其所 



, 入。 亦 在-其 中? 然則太 極 亦 有, 惡歟 ◦ 曰 a 太 極 者 形而上。 渾然 統體〕 豈 有,, 精粗 美惡, 哉 陰陽 者 

形而下。 澳然 不二。 或 有: feo 太 極 中ロ 〈是 有, I 偏 濁 1 者 C 凝 爲_, 蛇蝎 砒唐? 則 害 X 人 之理。 而未 ¥ 

有-害. Z 人 者, 矣。 理只是 條理。 何 有 J^o 有,, 形 色, 者 易 偏 着? 便是 可, ー以, 惡言? 此亦理 之 必然 其 

-. 必然 之理。 即是 所, 謂 太 極 者 ◦ 豈 有:, 不, 善哉。 理之 所- 1 必有? 故 程 子 之 言 如, 此 矣。 下係辭 曰。 天 

日 一 下 之 動。 夫 一 者 也 G 朱 子 本義 云。 夫 天下 之 動。 ぉ變 窮。 然 順, 理則吉 ◦ 逆, 现則 凶。 其 所, I 正而 

ネ 常, 者。 亦 一 理而 a 矣。 盖 言- 此義- 也。 曰 C 惡獸生 _| 惡獸? 毒虫 生,, 毒虫? 千古 一 轍 C 游 以,, 一 箇 規模? 

圓轉溶 i。 則 似, 可, 謂 T 太 極 中蟲獸 一 定之 现已具 ◦ 而 從,, 這襄, 生來, 如何 C 曰 C 此偏 惡之氣 凝 

倫 結不, 變之中 ◦ 其氣 生生 亦不, 息。 蟲獸 之相續 生。 固 其 所 也。 

现 一 者 数 之 原 也 万化 之 本 也。 十 百 千 萬。 皆 一 之 積 也。 此 所,, ,以 爲-, 原本; 也。 經 一, 圍三 ◦ 其 一 則 本位 之 

一也 e 其 三 則 一之 含, 二 也。 所ョ以 爲,, 陽 之統, 陰 也。 故 一 是太極 也。 一已 生し 一 C 則 自在, 一 其 中? 一 

一 1 1 錢 已生。 則因乘 交錯 以 成:, 十。 g 力 



000 默識錄 卷之ニ , 五 百 十一 



朱 子 elB-p^ 上 , 

五 百 十 

レ §1 レ之、 此性命 雨 字 正意 至レ若 ,言, 一 相 近 之 性? 則 是氣性 之 性 者 C 而太極 之 全 

墮-- 在氣質 之 中-耳 是故 集註 云 C 兼, -氣 質- 而言 是不, 純, 於, 理 而混, -合氣 質- 而苜者 也 諸 

儒 往往 說-, 集註? 謂 主-本然 之 性? 而 兼-, 氣質之 性-者 可, 謂-謬 認, 矣。 

性 者 物 所 = 固有-之 理也 如- 藥性ぺ 謂,, 之 人 參之性 7 則 指 K 其 能 健- -眞元 之氣? 铺-充 五線, 者, 而言 

.n^ レ言 T 出, 於-朝鮮, 出, 於,, 漢土-之 氣味 厚薄 之 別 5 其 至, 肯., 出, 於-朝鮮, 者 氣味厚 出, 於-漢土, 者 

氣味 薄? 則旣 P, 合其氣 質, 而言。 非-純, 乎, 理而言 者-也。 故 朱 子 曰。 氣? 可 之 性 5 其 言- 

氣味 有-厚薄 之 別-者。 亦? 健,, 辅 五臓 眞氣, 之 上お 曰 非 健铺 者-匿 見 故 朱 子 曰 太 極 之 全 

體 墮, -在氣 質 之 中? 又 曰 兼,, 氣質, 而言 以, -此 義, 推,, 者 之 ^ 則 朱 子 所, 謂 氣不, 可 ご 謂-之 性 命- 

者。 及 兼 =氣 質- 而言, 之 云。 庶, = 幾 得-, 其 微意? 

凡 聖賢 之 常 言-性 命, 者 純 指, 理言" 所 ご 謂 性 命 者 物 所,, 固有-之 堙也 偶 混,, 合氣, 者 C 言 性 相 近 

之 類。 是也 相 近 之 性 亦 兼, 氣 於-指, 理 者-言 耳 非,, 離 i 而言, 也, 

權有, 小 有, 大 小者 吾人 亦不, 可, 不, 行 大者則 聖人 之大用 常人 豈得, 行, 之 哉 若-夫 恒禳 權禮ぺ 

則 雖-- 恒權之 所 T 對 C 亦 自-, 大權 -視, 之 其 亦 常道 焉爾 C 若-七 出-亦 然 C 學者不 ,罨, 于, 此 故 以-- 七 

出-非つ 掬 C 與- -以, 手援, 嫂 之 權-相 比 並 疑似, 有-相 碍-耳 重 固 未, 滿, 於, -來說 Y 而味池 爲= 切當之 

許-者 不, 爲, 無, 疑 如何 如何 C £gl 一- 

或 人 曰。 擎 謂。 iic 豪 森然已 具矣。 謂,- 之 萬 象? 則禽獸 草木 亲, 戴, 天。 蛇 踢謹之 害 



其 終 之 離? 佛言 有-, 物 先.. 於-天地? 老說 一 氣? 神 語 物 之 初 是水也 水止而 生, 土。 土 得, 金 而收就 

以上 生レ天 a 中生,, 人物? 夫 無:, 端 無, 始 之勸靜 陰陽。 何處尋 天地 之 先? 旣無, 端 無, 始。 何處 求,, 一 

氣未, 分 之 時? 至-神 者 之 言? 則 其 先, 地 後, 天。 生生 不, 已者 在, 地 而不, 在, 天。 其 所 元 初 水 

^ 未, 凝 時 生, 於-何 處? 皆無, 說。 其 流 弊 恐 無-君 父, 之 害將, 起矣。 轉 倒錯 亂。 可」 及 學者之 惑而信 

B W 哉」 堯舜 孔孟 何人 不, 信。 若 有,, 不っ 信者? 無-是非 之 心, 者 也。 豈爲, 人 堯舜孔 道〕 出, 於, 天 

本 ノ 者 也」 天命 謂,, 之 性? 率, 性 謂,, 之 道? 修, 道 之 謂, 敎。 故 建,, 諸 天地, 而不 質,, 諸 鬼神, 而無, 疑 G 

ノ 百世 以俟 人, 而不, 惑。 所, 謂 大中至 正 者 也 是以舟 車 所, 至。 人力 所, 通 天 之 所 J^o 地 之所レ 

倫 ノ 载。 日月 所,, 照 霜 露 之 所, 墜。 凡 有,, 血氣, 者。 莫, 不,, 尊信? 故 曰, 配, 天。 世學 Ji 者 而學, 神。 此 

理 へ 人我 恐殆 K-i 免, 昏, 於-一大 中 至 正 之 道, 者 也 C 神 者 所 Jlno 或 有,, 近 者? 而大原 旣不, 同。 則 皆 不レ足 

一 k 議, 之 余 常不, 貴-其 微末? . 

王 氏 之 徒。 常 言,, 良知? 謂 知 上 無 ,1 工夫? 啻克 ヒ乃是 致,, 良知, 之 功 如 X 此也。 有,, 勉行利 行? 而 無-困 

編 \ 知學 知? 亦是背 =, 馳于, I 古訓-之 遠 可:, 尾 

一 天 只是理 與レ氣 而已矣 而其氣 亦 理之質 也。 耍, 之 只是】 篚理 而已。 故 天 之 賦,, 與物? M 或 生, 理而言 

或 主; 氣而 言。 物之禀 -I 受天? M 或 ま, 理而言 或 主, 氣 而 言。 乃 是性命 之 大分 也 然 天下 無,, 性 外 

之 物? 氣亦理 之 質 耳 故 仁義 禮智 U 固 性 之體也 至,, 其發 用? 則 雖,, 食 色 意欲 之^? 亦 無, 不, 本, 於 

i 焉。 縣^;1^|^.^是以聖賢之言.性言,命0 純. 於. 理而? 離 年 k。 lil 贴: S 立膽 天 可地レ PI 

一 iK>P 尙楚 默識 箱卷之 二 五 la 九 



朱子學 K 上 五 百 八 一 

始 非-二 氣所, 爲 但陽氣 盛 則 陽 爲-, 之 主 7 陰 爲-, 之鞴. - 而爲 = 正直 之 鬼神 „p 陰氣盛 C 則 陰 爲-- 之 主 i 

微陽 led 爲-- 之 役? 而爲, - 不正 之 妖孽? 雖-- 妖孽是 展氣? 無, 陽 亦不, 能, 成 此理至 深 要 在 ョ精思 一 

而自- 得 之? 非 J 一一 i 所-能 盡- 也。 凡妖 孽之舆 皆 由-, 政敎 不., 明。 陽 曰 消 而莫, -之扶 7 陰 日長 而莫 -1 

ノ 之 抑? 此 威彼應 C 潜-影 之 於 T 形 自 有-, 不, 期, 然而然 者? 然則 消, 異致 J^o 其 道 亦 豈遠乎 哉 按 oj 

一 此說亦 善矣〕 陰 氣勝則 爲-- 不正 之 鬼? 故 今 邪 祌之妖 在-夜中 及 幽邃 之 地? 日中 雨 雷 風 之 起 亦 一 

本 一 是 鬼神 然 日中 者。 多 非-不正 之 鬼- 矣 C 一 

一 命 之 理微。 故 罕言レ 之。 然不, 知, 之。 不, 可, 爲-- 君 ま 之 之耍。 在, -以 X 驗, 之 命 猶备也 君 意_ 

r 一 不, 可, 知 黜陆 賞罰。 惟 君 之 所, 令。 禍福 壽夭 C 患難 困 厄。 其 所, 命 天意。 不, 可,, 測 知? 其不 ,|5>ー 

埋 _ , 知 而安, 之。 謂-之 知 P 命矣 C 君 意不, 可, 知 窺, -其卒 日 意 象。 他事 上 如,^ 此。 則不, 可, 知 之 君 意 .ー 

( 亦 庶幾 可, 知矣 故 聖人 論, 命日 大德必 得,, 其祿位 名壽? 可,, 推 識-者 如, 此 g 子 一 

彙 一 天地 間。 只是 趣與, 氣而 已矣" 而理則 一 定 不,, 可, 易。 氣或 可, 變。 故 君子 惟 理之守 而 吉凶 鵜 福。 安一 

^ 一 レ乎レ レ遇。 在レ 已 者 義理 C 不コ- 差 一一 别所, 遇 吉凶? 皆 正 命 也し 我眞 元之氣 C 若 得-百 歲壽 as 可, 死而ム 

W 五十 時 死。 亦是 時運 耳 然亦是 命 也 C 百 歲之壽 C 定レ 於,, 有 生 之 初 其 時運 是 張子 所, 謂 遇 也 要 一 

レ之遇 亦定, 於,, 有 生 之 初, 者 耳 C 故 程 子 朱 子不, 言, 遇 一 

天 先, 於 君? 於, 臣 C 夫 先, 於, 妻 C 父 先, 於 ,子0 其義 一 也、」 釋不, 知芙 老亦不 レ知。 神亦不 一 

レ知 天則 陰陽 而已。 動靜 無, 端。 陰陽 無, 始。 推-之 於嵛 C 不 k,- 其始之 合? 要-之 於 _接0?知_- 一 

•』 



曰 

.倫 



彙 



然之 妙、 各 有 レ說、 〇 重 面接、 

順利據 一一 朱子說 T 推說尤 明白、 

或 云。 陽 包, 陰 者 也。 木 生 k-1 天 三? 水生 k=lK 一 ? 土 生 天 五? 故 木 之 仁。 水 之智。 土 之 信 G 皆 

有. 所. 包。 攀 

心 之爲, 物。 一 而不, 一 10 能 照, 物而不 U 爲, 物 所., 照。 故 若 一一 夫佛之 觀., 心。 則 S? 欲, 一目 視., 目 而 終身 不 

, 可, 得 矣 C 其 一 而不」 一也。 欲 動 情 勝。 颠 倒錯 亂。 贰而 Ih 之〕 參而三 k 之 者。 亦 向, 彼 則 必忘, 此。 

一 瞬 之 間 交互 而 非,, 兩心 並立, 也。 故佛之 觀。 徒躁急 而揚, 之 體驗旣 已廢了 ◦ 

心 者 精與, 神也リ 本然 之權 度。 藏&精 _而 行,, 諸 神, Islal 一 

若-糊 濕與, 熱 相 蒸? 則 靈生虫 生 C 可 K 以見 * 會- -鬼與 1^ 神 之理. -也。 或 糊 或 魚。 蠅 來威而 生, 虫 神與, 神 

會 e 而靈 生之理 可, 見。 壬 

羅整卷 曰 孔子 敎, 人莫, 非 = 存, 心 養, 性 之 事? 然 未- -嘗 明言" 之 也。 孟子 則 明言 k 之矣, - 夫 心 者 人 之 

神明。 性 者 人 之 生理。 理之 所, 在。 謂-之 心? 心 之 所 ?。 謂-之 性? 不^-混 而爲" 一 也。 虞 書 曰。 

人心 惟危 道心 惟微 論語 曰 從,, 心 所, 欲不, 踰, 矩 ?^<曰0 :!! 心 三月 不, 違, 仁 子 曰 君子 所 

, 性 仁義 禮智 根, 於 マ 5 此 心性 之 辨也。 一 一 者 初 不= 相 離? 而赏不 い 容-- 相 混? 精 之 又 精 G 乃 見-其 眞? 其 

或認. 心 以爲, 性 眞所, 謂 差- 毫厘 I 而 緩-千里-者 矣。 i§ 按〕 大學或 問 曰。 人 之爲, 學 心與 k 而 

已。 王 陽 明 非, I 議之? 此羅氏 之說。 辨得甚 的嚴。 • 

羅氏又 曰。 鬼神 乃 二 氣之茛 能 莫^, 正 也 其 或 有,, 不, 正 者? 如 =, 淫昏之 鬼。 與, I 夫 妖孽之 類? 亦 未,." 

11 一 宅尙齋 默譏錄 卷之ニ 五 百 七 



本 

理 

彙 





朱 子 畢 《 上 五! a 六 

盖氣已 有 k 形。 有つ 形 者 其凝處 必不, 能, 無 h 偏 雖- -堯舜 之氣? 亦 其 凝 時。 旣或 有, 偏 1^ 人與, 天 

貫通 無 Z 間。 雨 則 一 身 氣亦濕 e 陽 則 氣體亦 乾 堯舜 之氣。 正 明純粹 其 心 純 亦不, 已〕 故 天地 獨惡 

之氣 Q 雖 ,威,, 其 身? 亦不, 能, 害-其 純 心? 丹朱 商 均 之氣將 時。 天地 獨惡 之氣。 或 襲來。 朱 子 所 

X 謂ニ氣 五行 交際 運行 之 際 有-清濁? 人 適 逢- 1 其會? 天地 之氣與 X 物 相 通 者。 正 言, 之 也 耳 要, 之 雖,, 

堯舜, 亦 其氣之 離,, 純 心, 而 凝聚。 不, 保,, 純粹? 

我 邦 君臣 之義。 其 明 過, 於,, 萬國? 蝦夷 夫婦 之别。 其 正 亦 非-他 國 所,, 及 U 此皆 偏國之 所, 致。 狐 能 使,, 

己 神? 瑩能自 照。 人 反不, 可 i 及。 盖失, I 中和, 者。 反 一 路明 ◦ 有, 1 偏 長者? 

有:, 理有 A 勢 C 现常定 ◦ 而 勢則變 有, 理 亦以, 勢 行 C 則 理與, 勢 不,, 相 離? 勢是氣 之爲。 氣之動 有,, 時 

チ由 者? 故 有 = 理與 fc- 反 對說? 

朱 子 曰 C 五行 之 序 木爲, 一之 始? 水爲 - 之 終? 而土爲 = 之 中? 以,, 河 園洛書 之數, 言, 之」 則 水 一 木三而 

土 五。 皆 陽 之 生數。 而不, 可, 县者 也。 故 得ョ以 更迭 爲, 主。 而爲 = 五行 之辆? 以, 德言 k 之。 則 木 爲_, 

發生之 性? 水 爲,, 貞靜 之體? 而 土? 5< 包 育之 母 也。 故 木 之 包,, 五行, 也〕 以_, 其 流通 貫徹 而 無., 不, 在 也。 

水 之 包-五行 一也。 以_- 其歸, 根 反 i。 而藏 お:, 此也。 若- 1 夫 土 _ 則 水火 之 所 %。 金 木 之 所鈿。 居 

中而應 _| 四方? ー體而 載-萬 類-者 也。 故 孔子 贊= 乾 之 四德? 而以, i 元 _擧,- 其 終始? 孟子;? 人 之 四 

端? 而不 „ 敢以, 信者 5 列, 序 於,, 其 間? 盖以& に 適 而非, 此也 e 是則宮 之 統= 五聲? 仁 之 包,, 五常? 盖 

I 4?i!a 55^0 &語 載-張 書抄 8*1 久米頓 利 曰、 周 子. 圖、 五行 位 s>r 系 之 妙、 以レ此 朱 子 說可レ 見、 且 生 之 

序 者、 水火 木金 士、 行 之 序 者、 木 火 土 金 水、 聲之序 者、 土金术 火水、 水木 ±1£ 迭爲レ 主 如 i 此、 造化 自 



默識錄 卷之ニ 

播磨 三 宅 重 固 著 

道體ニ 

天地 之 間 C 只是 陰陽 五行 而已 C 五行 之 中 水火 專主, 氣 金 木 成, 質 故 五行 雖, 多。 亦 要 X 之 只是水 

火 ニ物而 巳。 人 之 五臓。 心 腎ニ物 C 亦 統,, 全體? 而 至妙 心 則 神 也 じ . ^也。 腎則精 也 ◦ 水 也 水火 

相, „爲 用 於,, 天地 間? 心 腎亦相 „, 爲妙 於,, 一 身中? 故 水火 縱, 於,, 南北? 而金 木則橫 ぉ=兩 間? 心 腎上ョ 

下 於- 1 身? 而肝 介, 於,, 其 間? 肺獨 上, 於- 一 身, 者 Q 又 肺 是氣之 主 而身之 天 也 C 

朱 子 曰。 聖人 表惠 精粗。 無, 不= 照徹? 其 形骸 雖,, 是人? 只 是ー圑 天理。 學者當ョ察^^,此0不,,以須臾 

怠 > 矣。 

某嘗 於- 1 狼 霞錄? 著- 體 用顯微 圖說。 太 極圖說 解? 是 説- 此義 之詳, 者 也。 

朱 子 曰 ◦ 邵康節 以,, 十二 萬 九 千 六 百年, 爲,, 一. 元? 則是 十二 萬 九 千 六 百年 之 前。 又是 一 篚大 闔闢。 更以 

上亦復 如, 此。 直 是勸靜 無, 端." 陰陽 無 レ始。 小者 大之影 只晝 便 可, 見 。窃謂 一元 以, ニ歲, 可 

k。 一 歲以 = 一 日, 可 k。 所, 謂 能 言, 天者必 驗乂。 亦是此 意。 邵子 言。 人是 鬼神 之 影 亦 是此意 

思 3 

以 爲 k 而 有-丹朱? 以 X 鯀爲, 父而 有, 禹。 朱門 巳疑而 問, 之。 朱 子 有,, 答 語? 文 會筆錄 五 I 四载, 之。 

三 宅尙楚 默識錄 卷之ニ , 五 百 五 



m 



本 

編 



朱子學 S 上 五 百 H 

不 i 足 0. 以 避-利害? 無-毛羽 塞 暑? 以將- -役レ 物 以爲, 食 任, 智而 不., 恃, 力 C 此 所-, 以 爲,, 貴 也 

I 法 此論發 = 1 意思? 亦 可,, ,以 見-殺, 生 食, 肉 之 出-於, 一 自然 ー矣 

火體水 其 用 火。 水體 火。 其 用水。 故 火內暗 「」 水內明 心 其體精 其 用 神。 統,, 精神-者 心 也〕 金 木 

質に 水火 氣 C 質 滞 而氣則 行 C 故 天地 之 間爲, 用 者 C 只是 水火 二 物 C 人身 爲.' W 者 U 亦 只 精 與,' 神而 

コ 1.〕 A 下已 

e 酉 歳 

宮部自 進 f tfS 師 云。 甲斐 國巿川 某。 細 ^^1、 害 鬼 居-, 諸 籠 中? 晒 手, - 月夜 中? 兎 無 了。 非,, 脫 

, 籠而 去? 亦 非 一一 解而 消? 俗 月 中畫, 兎 亦盖 有, 故 味 池 某 云 蒐, 鬼 月夜 不, 可, 縛 111 耪希賢 

云 古書 謂 鬼 看, 雌而 無, 雄. - 見, 月而孕 

綱齋 先生 曰 以,, 穎 川 陽 城, 爲, 中 者。 就,, 漢土, 而言 C 非-天地 全體之 中, 矣 佘按 此固然 然以- 地 

球- 觀, 之 C 漢土 街,, 萬國? 其 勢 自然 得,, 其 中, 也 

谷 重 遠 丹 抄-- 出師 練 元亭釋 書? 論 乙 二種 神器 出 k 於-天工? 而不 k 由, 乎,, 人爲? 故 君臣 大綱 不,, 亂 

且引 T 春 海 1% 氏 川、,^ 1 我 邦 分野 當, 于,, 柳 星 張? 故 無, 纂弑 之禍ぉ 而 著,, 一 書? 網齋 先生 以, 書 質,, 重 遠 之 

非? 其 書中 所 J 一一 no 尤明 備矣。 世 學者. 綱 齋華夷 説? 則不, 免 ^fe。 合, 與-- 重 遠, 書, 而 通-者 

之? 則 庶幾 得-綱 齋之 意? 

或 云。 華 夷之 稱。 記 周 緩? 余 按-舜 典? 亦 曰。 蠻夷搰 io 



m 



本 



彙 



レ之 而已。 

顯微固 同, 時。 而體用 亦 有-同, 膀者? 故 朱 子 曰。 胡 氏 指 マ $作_1 巳發? 便 是錯了 縱使 _| 巳發? 感之體 

太 極 生-陰陽? 陰陽 生, - 五行? 五行 具丽 生,, 萬 物? 故 太極是 陰陽 五行 萬 物 之 本。 然實體 非ョ先 有,, 此理? 

則 何 由 而生三 五 萬 物? 千 萬 歳 無,, 移動, 之 有 哉。 就-人心 威應 上, 觀, 之。 尤 明白。 如, I 佛氏, 則不, 知 

有 _ 一太 極? 只 就,, 氣上ー 立-意見? 故說^:<10 保 

伊川 性 即理也 之 謂。 出, 于 -樂鈀 註理猶 X 性 之說? 而其 所, 尾。 則 固 懸隔 矣。 即理之 即有, 意 C 盖明道 生 

之 謂。 則說 = 性 字- 穩而當 ◦ 伊川 理也 之說。 則 直截 説-出 孟子 性 善 之義? 發-- 揮 性之實 鉢, 來 G 猶 J 一一 n,, 

池 即水也 U 池是土 凹。 而水 留處? 然池之 所 = 以爲" 池 者 水 也。 池 非, 水 C 如, 有,, 一 間? 直 説 以爲, 水 

也 G 所 g 以發- 揮 池 之 實體, 也 G 性 是人之 得, 於, 天而 生者。 本 非, 可, 說, 理。 而直 説爲, 理 Q 所 T 以 以,, 

即 字,, 矣。 レ即見 字き F 維 

是非 之 心。 是智之 端。 而 以,, 虛靈 知覺, 爲, 心。 則 似-知 専心 之 德者? 何 也。 孟子 曰 心 之官則 思。 思 

智意 慮。 皆 是知也 Q 朱 子 曰 C 知 心 之 神明 C 盖心則 火。 而內暗 者是水 水 是知也 天地 只是 水火 二 

物 心是 人身 之. Hf 而心 亦只是 水火 二 物 故知 之專心 是其现 也。 朱 子 曰 知 亦 包,, 四 者, 亦 言 

, 之。 

班 固 曰。 夫人 宵,, 天地 之貌? 懷,, 五常 之 性? 聰明 精粋。 有 生 之 最靈者 也。 爪牙 不 k,- 以 供- 嗜欲? 趨走 

llli 齋 默識 錄卷之 一 , 五 百. S 



a|4 子學 PS 上 五 百 二 

人 之 所.. 爲。 而其 所,, 以爲 I 者。 莫, 非-天地 之 所 i 也 §き 天人 一 體。 貫通 Mh 隔如, 此 故人 事 さ 

吉凶 即 鬼神 之 所, 爲 所 T 以 扣,, 之 鬼神? 則吿, 之 如. ta! 也 猶, 己不, 知而 人知 k 之 之 事 問-之 人- 

而人必 告ぉ之 也。 

正德 三年 癸 巳 三月 四日 會, 于, I 岩 崎 修敬之 宅? 論談 及, 于,, 鬼神 來格 之義? 修敬 云。 佐藤先生鬼;^集 

説。 ggg 一一 一 出 淺晃 先生 答 一一 迹部其 問 目 一書。 皆 未, 尾, 一 其 端的 直截 之 意? 吾 入 今 曰 如, 此應對 言 

談處。 即是 鬼神 來格之 著者 也。 修敬 詞氣之 間。 似, 有-見得 者 >矣0 至, 今 深 恨 a 當時不 3 扣 U 論 其 細 

密? 盖 明,, 天 於,, 人 驗 --幽 於" 明 而後 可,, ,以 尾,, 其實, 焉耳 人 之 精神 與-, 天地-流行 不:, 巳 往者 

過 來者續 歳月 逝 往事 已 呼-他姓 名? 談, 之 則應答 便是以 理 求, 之 則 感而來 其 所, 呼 

非-其 名-也 維 X 呼 亦不, 應 可, 見-非 禮之祭 神 之不, 享也。 祖考 精神 已散 然亦是 天 之 一 氣 流行 

者。 雖= 巳 散, 亦 以__ 其理, 呼, 之 a 則祖者 應來。 

網齋 先生。 太極圖 說ロ義 曰。 天 是氣。 地是 質。 佛 氏說, = 天上 有-種々 事? 是不 i 知-陰陽-之 故 也。 天 只 

是氣而 巳 何事 物 形狀可 J 目 之 有 哉。 流星 天氣 下降。 地 氣上升 時 其氣之 剣々 者. お C 此事張 書抄略 

詳レ 之。 

天地 如, 此大 而 日月 星辰 C 行度盈 縮。 亘,, 千萬 世? 無,, 一 毫之差 緩? 萬 物 如, 此多 而飛 潜動植 形 

狀氣味 亘,, 千 萬 世? 無- 1 毫之差 緩? 非, 有-本 原 一 定之 規矩 者? 何爲能 如, 此リ 所, 謂 誠 所, 謂 太 

極 即是指 T 本 原 一 定之 規矩 者, 而 言。 其 無 1 毫之差 緩 I 者。 其 誰 尸, 之 亦 造化 之 妙 .9 渚 能 知 



理之統 名? 孔門 以:, 是爲 標的? 宜矣。 仁 對:, 愛 而言。 則 仁體而 愛用。 體則性 也0 用 則 情. 性 莨- 

體用 動靜? 故 仁 亦 貫,, 體用, 而言 有焉。 愛 有-来 發之 愛? 則 愛 亦 有, 體 有, 用。 如,, 仁人 仁者 之 仁? 則 兼- 

體用, 者 也。 心 存,, 愛 之现? 而融會 合一。 常 宵-慈 潤 親切 底氣 象? 而發, 於 = 至誠 惻 但者? 所, 謂 全,, 

體之者 一也。 

n 天命 之 性 貫,, 動靜? 故 愛之现 C 其 分 則 屬ぃ未 レ發。 而其實 貫-動静 <;> 盖 仁便是 形而上 者。 而靜固 此理之 

本 體 立。 動 上 亦 有-形而上 者, 存焉。 不, 明, 于, 此。 則 孔孟 之 説-仁義, 處リ 有 T 不, 可,, 而通 > 者.. 也。 

一 ,11 而形上 者 I 形而 F 者 

^ .J 愛之理 一 靜即; I- 

. |蠢 底 氣— 形而上 者、 動靜 皆存、 

现 

動 襲 1 氣 I 形而上 者、 亦 動靜皆 存、 

.2 J 愛之理 ^ 動即 氣., 

#1 —形而上 者 I 形而下 者 

世 有- 澤庵 法語 者? 武藏 江戸 釋徒 所, 作。 其 書 言- 理氣 陰陽 五行? 皆 蹈= 襲 周 子 太 極 書? 此 僧不, 知 T 能 

達 = 佛之 意, 否 3 其 言 曰。 人中 年 以後。 屬レ陰 壩,, 金 水? 故 身重 ◦ 木 火 輕而浮 升。 金 水重而 沈降。 

明 和 甲 • 

申 鼓 

或 云 G 漢書 律歷 志。 亦 以,, 太 極, 爲,, 元氣, 而説 了。 

朱 子 曰。 人生 _1天 地之 間? 禀, I 天地 之氣? 其體即 天地 之體。 其心即 天地 之 心。 故 凡 天下 之 事。 雖, 若- 

HI 宅尙楚 默 譏 錄卷之 1 五 百 1 



日 M 

s 

理 

ノ 



* 子學 PS 上 

其 戈不, 射. Z 宿 遠-鹿 厨? 而不 之 心 施, 於- -昆聞 之 所" 及 此 聖人 仁義 並行 雨 盡之道 也 佛氏 

棄-- 父母-去-妻 ま 而 P 殺生 之戒? 是亦可 ま- 不, 知, 類之甚 -矣。 l^f 亦 時大中 

形而上 者 道 之 謂 也 形而下 者 物 之 謂 也 體用則 動 靜之謂 也 物必 有-動 靜? 而其動 也 形而上 

者 行, 於,, 形而下 者? 其靜也 形而上 者 立, 於-, 形而下 者? 所, 謂 恭近, 於 k 醴" 信 近 k 於 ^義0 義 

也 禮也。 就-形而下 者? 以 指-形而上 者-言, 之 用 之德也 入 往往 知-性 之爲, 體 情 之 爲.. 用リ而 

未 „識3 得 形而上 者 之 貫-, 體用動 靜?. 則說- -是等 文字? I 来, 明 k 乎-上下 之 間? 學者尤 當-- 詳察- 矣 

仁者 與- 天地 萬 物, 爲_- 一 體? 巧言令色。 身與 つむ 爲 --兩 物? 豈能與 --萬 物- 一 哉。 所 =, 以 言- 鮮矣 仁-也。 

性 字 iB-l 情 字- 而 言。 則 性 爲レ體 情爲, 用。 性 字 專言。 則 賞- -體用 動 靜?. 仁 字 智-- 愛 字惻隱 字- 而言 則 

爲, 體 愛惻 隱爲, 用 仁 字專言 則 貫- -體 用? 而 指-形而上 者? 如-, -H.^ 子 言- -惻隱 之 心 仁 之 端? 則 仁 

字 31- 性 體之名 如-克己 復禮之 仁? 則 貫- -體用 動 靜-而 言 如 J 一一 n= 愛 之理? 則是 未, 發之愛 性.^ リ 

體也 以, 體言 是仁字 正面 意。 有:, 體則有 k 用 體用不 三0 與, -體用 混合 說者? 不-- 相 異-矣 

人 是天之 所, 生 也 天以, 生, 物爲, 心 則 人心 之德 亦 只 生生 慈愛 底 者 也而己 全- -體此 生々 之 心? 則 

我心 貫-萬 物- 而 無-間隔? 天下 一家。 中國 一人 孔子 指-示 無, 間 之 心-曰 己 欲 i 而立 \0 己 欲 

レ達而 達, 人 可, 謂-至 親 至 切 至 著 至 明-也。 特爲- -此赤 肉團? 害-生生 本心? 故 父子 已爲- 胡 越- 矣レ 

克, 己 所,, ,以 去,, 其 害-者 也 忠恕 所 =- 以 通-其 間隔-者 也 

春 生 之 貫-四時? 惻隱之 貫-四 端? 其理 一 也 人心 發尾之 首 是斓穩 之 心- 故 仁 包-四 性? 而爲 -I 天 



日 ) 

本 



編 



知, I 吉凶, 之理 有焉。 親 病 若 其 占 ^時。 孝子 倚稽, 1 薪 北辰? 置-求 茛籍? 乃 孝子 之 誠心 耳。 お 凶而柬 

, 手 俟,, 其 死? 則可レ 謂レ簿 U 豈 孝子 之 > む 哉。 

以= 所:, 謂 平常 者 _ 觀, 之。 則湯武 之;^ 伐 亦 常 也爾。 故 程 子 謂 櫂即經 也。 以= 其 變者, 言:, 之 ◦ 則 天地 之 

陰陽 晦明。 人事 之 仁智 愛惡 G 皆 相反 而變者 也。 而不, 能,, 相 無, 亦 如, 此矣。 此 知,, 櫂之不 "可, 無。 而 

就 K 其不 i 可-相 無-者 3 而分, -別 所, 謂 平常 者- 來。 分 T 別 所 i 謂不- 平常, 者., 來。 故 朱 子 謂經與 k 權。 

不, 可, 無, 別 也。 盖 天地 間 只是 一 理而已 U 無, I 二道, 矣 J 故 合 = 經襯? 而皆 平常 之理 也。 分而 爲,, 萬殊? 

則其變 無, 窮。 故 有, 經 有:, 權。 聖人 隨-- 其 千 變萬化 之 事? 而 行-其 千 差 萬 別 之现? 則 其迹或 有- -不 ,《5 

者 > 焉。 然皆 根, 於, I 一 理? 而無 三本? 則 自,, 曰 用 之 常? 以 至-其 變 Mb 窮。 固莫 =1 以 有-二道 i。 

.< 之 呼吸 a 其氣 生々 者 也 C 閉,, 生々 之氣, 則 死。 火 之 上 升 者。 是亦 生々 之氣 也。 蓋, 之而塞 則滅矣 G 天 

地 之 間。 只是 生々 不:, 息之氣 也。 所, 謂 天地 之大德 曰, 生。 人之受 -I 生, 物 之 心 > 爲 i 仁。 是人 之全德 a 

以下 丙 

午 鼓、 

大凡 有, 物 必有, 用。 無用 之 物。 棄 而不, 取焉。 故 古人 取,, 其 才德之 可,, 用。 則 其 人雖, 勞 亦爲, 得』 5e 

而不, 省, I 其 身? 若不, 用-其 可., 用。 則 上 之 人爲, 不:, 而下之 人 亦不, 溫也 鮮矣。 如. I 禽獸 草木? 與 

レ我均 生, 於, I 天地 問? 我 取- ti; 可 T 用 e 亦是 於, 我则 能爲, 用,, 其 可.^ 用。 而 於, 彼 亦 見 T 取, I 其 可 用而 

無せ 慽焉。 伐, 木以 造, 家作, 器。 草 5:^ 蓋, 屋充, 食。 殺, -禽獸 1 而 爲,, 祭祀 賓客 之 用。 奉 養 療病之 具? 

且 除-其 害? 此皆所 用-其 可 P 用^ 也。 然 斧斤 以, 時 入-山林? 數 罟不, 入 f 汗 池? 雖, 釣 亦不, 綱 

三 宅尙齋 默譏 錄卷之 一 四百 九十 九 



曰 



本 S 



理 

編 



朱子學 上 B 百 九十. 八 

入, 子-我 > む? 我 精神 依-木 主? 則 爲_- 他人 之 神? 皆ー體 無二 之 妙矣。 仁 之理。 聖人 說, 之 曰。 己 欲 

, 立 而立, 人 己 欲, 達而 達, 人。 可, 謂,, 一 體無 "間 C 然 仁者 能 萬 物 ー體而 無, 間。 然以, 一 一 體 無,, 間爲 

, 仁者 e 龜山楊 中立 陽 明 王 守 仁 之 誤認 者 也。 猶誠者 無, 息。 無, 息爲, 誠 者 非矣。 盖仁也 者。 愛 之 

理。 就,, 萬 物 一 體之 上? 認 T 得 其 至 親 至 切。 痛 己 之 身 _ 者. -而 可矣. - 故 求, 仁 之 功。 在 k 克, 己而 

B0 私 克則此 慈愛 之 心 流ョ通 于,, 彼我 之 問? 無, I 人我 之隔? 不, 然强 欲, 一 ,, 彼我? 豈能 得, 之哉リ 

如, _ 陽 明 動 曰.. 求-萬 物 一 體之 仁? 如, 龜山以 _| 萬 物 一 體-爲 .i^ 仁。 皆不, 曉 = 愛 之理之 爲.. 仁。 而泛然 無- 1 

切. 己 之 功夫? 此義 也仁說 問答 書。 考而 可, 得矣 C 肝 

支 子不, 祭 適 在,, 他國, 者 設,, 紙榜, 俄,, 茶菓 > 而 望拜。 是朱子 之設。 窃謂 鬼神 之 在-天地 間? 而往來 

威 通 無-分 處? 然適子 設, 主而祭 ◦ 在,, 他國- 者。 宜 K 供-茶菓- 而望拜 S 我 之 神 適, 彼而通 じ不, 可, 設,, 

紙榜? 設_- 紙榜, 則 彼 之 神格, 于, 此 往來固 無, 間 然我之 神 適 一-百 里 外 一而 通。 於 k 现爲, 安 e 更思リ 

樂記曰 人生 而靜。 天 之 性 也。 云 々o 天理 滅矣。 註 曰。 理猶, 性 也。 窃謂 伊川 性 即理也 之 語。 盖 本 

ぉレ 此矣。 

或謂以 -I 卜 筵, 問-親 病 之 安否? 無- 此理? 孝子 之、 む。 惟不, 知 _| 差 劇 之 間? 而 一 息 尙存。 止 欲 = 其 愈 I 而 

已 卜 $ 巫之賠 C 其 占 若 凶 Q 則 孝子 何 以處, 之 U 曰 武王 疾病 二 公 欲 =穆 卜? 周 公 求,, 以, 身代? 而 

接 乃 卜-三 編? 知-其 吉? 金 藤 所 Jiin 如 ,此0 則 卜,, ^死生, 之 間 C 有, 理 可, 晃矣。 事 端已起 則 卜 

筮 W 問 k 之。 吉凶 可:, 决焉 C 世俗 所:, 謂 本 卦年卦 者。 則 無知 妄作 也爾。 若-親 之 病? 鲳 俛已發 占, 之 



法? 却是敎 = 得 他 各々 自私? 與,, 我 新 民, 似而非。 可 i 知矣 

中 材傷齋 天文 考耍 ◦ 疑,, 邵子 一 元始 終 之數? 亦 可, 謂 k 麁矣。 又 論-天色 玄, 曰 C 莊子曰 ◦ 天 之 蒼々 其 正 

色 邪 其 遠而無 k 所-至極, 邪 朱 子 曰 天明 則 日月 不, 明 天 無, 明 夜半 黑 漆 淳 地 天 之 正色い 天 

玄地黃 是 古聖 之眞詮 M 說 得是。 . 

宋永享 所, 著搜采 異聞 云。 二十 八 宿。 宿 字 昔秀。 其 文義則 止。 當 S 讀 如-本義? 說苑 辨物篇 曰。 所, 謂 

宿 者 C 日月 五 星 之 所, 宿 也。 其 義照然 宋馬永 卿 所:, 荖懶具 子 云。 二十 八 宿。 謂,, 之 二十 八舍? 灭 

謂-二十 八 次? 次 也 舍也。 皆 有-止宿 之 意? 今 乃 音 誘。 此 何理。 iiffiir 

余嘗 著-釣 戈錄? 論-食肉 之義? 搏桑名 賢 文集 載-食肉 論? gljg 其; i 甚 卑陋。 伹其 引- 1 苟子, 曰 天地 

間 物。 水 土 有 レ氣而 無 k 生。 艸木有 A 生 有, 氣而無 Ji。 禽獸 有, 氣 有, 生 有, 識而無 A 義。 人 則 有, 氣有 

レ生 有, 識。 而亦且 有, 義。 故艸 木^ 得-水 土 之 養- 而不, 辭焉。 有, 生 也。 禽獸必 得-水 土 草木 之 養- 而 

不, 辭焉。 有, 識也。 人必 得-, 水 土 草木 禽獸之 養, 而不, 辭焉 a 有, 義 也。 又 曰。 君 之 使 k 臣。 臣之事 

,君0 亦其義 ー矣。 此言 發,, , 萬 物 有,, 貴賤 之 差等? 而賤者 常 受,, 賁者之 制-之 意 的 實矣" s^f 知 人 者 如、, If 

萬 物 一 體。 物 我 無, 間 C 盖 天地 之 間 只是 陰陽 流行 而太極 主, 於-其 中? 則 萬 物之體 只是 一 陰陽 

而已 萬 物之理 只是 一 太 極 而已。 一 鉢 無:, 間 固的然 明白。 誰 疑, 之。 故 大學 説, 明, = 明 於-天 

下? 而朱子 又 謂 Q 明 命 赫然。 無, 有- -內 外? 而人 之爲鉍 子。 至 K 於- 德崇 業廣? 然後謂 ™ 之 復-, 其 初- 矣 G 

鬼神 之 道 謝 氏嘗曰 祖 考之 精神 則 自家 之 精神。 盖我 精神。 能 通, 於-他人 之 心? 他人 之 神。 亦 

111 宅尙楚 默識 錄卷之 1 四百 九十 七 



* 子學 s 上 H 百 九 4. 六 

物 無- 頓滅頓 生 之理? 陽 中 a 生, 陰 陰 中已生 X 陽 U 所, 謂 互 根者是 也" 夜半 巳 生,, 來日之 陽? 日中 

已 生- 1 陰? 是乃畫 夜 之 無-一頓 生滅-也。 十 一 月 冬至。 已 起-, 明年 之 端? 而今 年 未, 終 之 中。 已 生,, 來 

歲 之氣? 非- 1 十二月 晦 而今 年頓滅 C 正月 元日。 而 明年 頓生, 也 C 是乃 一歳 之 無,, 頓 生滅, 也。 非- 

父沒 而後 子 生 C 子沒 而後 孫 生? 天地 終始。 亦 潜 如, 此 也爾。 一 元 之數。 未, 盡之 中。 已子會 生-後 

天地 十二 萬 年 之 端? 生滅 之 間 無- 斷絕? 故 明 道 先生 曰 動 靜無レ 端 。陰陽 無, 始 非-: 識 k 道 者-孰 知 

一 k 之 且理則 氣之理 耳。 己 無 一一 天地 陰陽? 更 何處尋 一一 此理? 釋氏不 知, 于, 此。 妄以, 先-一天 地 一言 リ其 

一 高而 無, 實者 如:, 是矣。 渠以 = 忽然 念 起-言。 F 有, 理。 然 一 念 未, 起處。 有 „此 心, 耶否。 一 念 未, 起 

時 心靜而 存焉耳 故 能 生- -此 念? 心無, 有焉。 則 念 亦 何故 生 天地 未 ksl 之 前 ◦ 若俾, 無 X 氣。 則 何 

故 忽然 生,, 此 天地? 天地 一 元 之數」 十二 萬 年。 前面 六 萬 年屬, 動。 後 面 六 萬 年屬, 靜, -後 面靜中 C 已 

一 生-前面 之 動? 猶,, 人 * む 動静 之 機, 耳 吾 儒 則 就-, 天地万物 之 有.. 形 而道存 釋氏以 k 道爲, 先,, 天地? 

一 宜其 幻,, 妄 天地? 寄,, 宿 父母? 而有^擊--其親-殺--其子>爲,悟^^<?.^矣。 

我之學 有,, 明德新 民? 佛 有- 1 箇 明明 德? 而 無- 1 新 民? 已 無-新 民? 合- 其 明明 德, 非矣 釋氏動 說= 

一 慈悲? 謂 3 化-度 衆生? 亦 似, I 新 民? 盖 聖人 之 道。 合 =內 外, 一 彼此? 而無 _|自 私? 故齊, 家 治, 國 _? 

天下? 而后爲 T 在, 於, 我 之 明 德亦能 明.. 焉。 新 民 亦 我 分 內之事 也 耳。 若 = 夫釋 氏? 則 唯 求,, 在, 於, 己 

者? 而不』 nn,, 他人? 渠 無-治 敎之 法? 可-, 以晃 = 其 意- 矣。 其 事-慈悲, 者。 亦 非。, 渠以, 是? 己之當 

然? 口 〈是欲 1 寡-己 之 罪, 也 C 故 程 子 曰。 釋 氏本爲 k 利。 是 也。 朱 子 亦 曰。 得 得 天下 人? 各 成- 佛, 



父子 一 鉢。 子 之 身 鉢 郎父之 身 鉢。 子 之 精神. - 即父之 精神 便是现 一 也。 父 之 身 與,, 子 身, 分 父 之 

心與, -子之 別。 便 是分殊 也 Q 祭祀 時。 我精祌 依,, 木 生? 木 生與, 我 一 。 然我 精神 而 依- 木 主? 所 

, 依 之 神。 與, 我對 立。 亦是理 一 分殊 Q 

> 1 日 余與, ニニ 二子, 相會。 時 余 極, 1 言 佛之 非? 坐 中 一 士人 曰. 天下 無,, 二道? 聖人 無,, 兩心? 子 何 苦 如 

日 一 此講 也 余 曰。 朱 子嘗謂 天下 無, 一二 道? 聖人 無- 兩心? 所. -以 有-我 底? 著-他 底 ー不, 得。 有-一 他 底? 

本 一 荖 -I 我 底, 不, 得 ◦ 儒佛 事, 相反。 何 以爲, 不, 異哉。 又 有,, 禪者, 勵, 色 曰。 儒者 知,! 道 之大原 出., 於 

天,。 . ?.? 天地 未, 生 之 前。 則 大本 原, 矣。 宜其近 小 卑陋 C 區, = 々於,, 事物 之 中, 也。 佘曰。 可」 及佛 

偷 一 之 溺-- 空 寂? 而不, 知 =實 本 原 I 也。 沸 之 言 曰。 有, 物 先-天地? 無, 形 本-寂寥? 又 有 _| 世界 建立 之說? 

m 一 渠盖以 天地 未, 闢 萬 物 未 k 生 之 前? 爲 -I 道 之 本 原? 以. - 天地 萬 物 之 色相, 爲,, 幻妄? 殊不, 知 無, 有 = 

一 天地 未, 有 之 前? 亦 無, 有, I 無に 氣之 理? 凡 天下 之 物。 有, 生 則 有, 死 天地 雖, 大。 亦 物 而已。 豈 無- 

M 一 終始, 哉。 故邵氏 有,, 元會 之說? 已 有,, 其數? 今 天地 之 前。 與,, 後佛 所, 謂 天地 未, 有 之 前者, 似矣。 

編 一 , 不, 然。 其數雖 _| 已定? 亦 今 天地 之 前。 已 有-天地? 今 天地 之 後。 亦 有 _| 天地? 無,, 時而不 有-天地, 

一 焉。 夜 I 言, 之。 晝夜各 六 時。 而今 曰 1れ 有,, 碎曰? 今 曰 後 有, I 明日? 無:, 有, 無-直 夜, 之 時 3 以, I 

1 歲, 言, 之。 十 有 二月 三百 六 旬。 而今 ij^ 前 去年。 令 年後 亦 明年 ◦ 無い 有,, 無, 年 之賠? 以, 人 言, 之 

人壽率 百歲。 其 人 之 前 有, 祖有, 父。 其 入 之 後 有, 子 有, 孫。 至-離 呼 語默? 皆無, 不レ然 也 無, 不 

w= 天地, 之 i5 亦猶, 此 也爾。 已 有-生滅? S 滅與& 之 間。 佛 所, 謂 天地 未, 有 者 似矣。 不, 然萬 

三 宅尙齊 默鏃 餘^ 之 1 四百 九 4.E 



朱 子學 上 四百 九+四 

f 鄭氏 之圖? 作,, 新圖? 愛 配, 於, に Mr 樂 配, 於, 南" 惡配, 於, 西。 而喜赞 =朿 南 間? 哀 置-西南 間? 怒 

I? 西北 間? 欲 置,, 東北 間? 正北 一 方 無-配 者, 矣。 右二 說未 h = 是非? 更思 C ^ifss51ssf^„tK 

四 端 i 七 情. B 於 iiS 端 TiS 

S 過 了、 此是自 直 明白 論 

體川 一 mo 體立 而後 用 行 C 乃 是现之 先, 於, 氣 也。 

經與, 權對〕 經是 常道。 權是變 道。 義也時 中 也 C 並,, 兼 常變? 而義 終是重 在,, 常道, 之 文字 故 繋 辭九卦 

井 以辩, 義 C 與,, 巽 以行, 權 並對而 言。 朱 子 註, 皿 子? 權義對 言 盖亦 本, 於, 此 者&" 

程朱氣 有-形 砵? 而理 M 無, 可, 尾 之 謂。 本, 於, 一周 子 無 極 之 說?, 而其 本則 出, 於,, 中庸 費 隱無聲 無臭 之 

語? 子 思 又 淵ョ源 乎, I 孔子- 而言。 繋辭曰 C 形而上 者 謂-之 道? 形而下 者 謂,, 之 器? 又 曰顯, 微闡, 幽 

又 曰 其 事 肆而隱 此皆聖 .olp, 理之體 li = 聲臭, 矣 , 

程 朱 論,, 日月 之體, 相反 矣。 說見 = 程 書 抄累? 然楚 I. が 天 問 注 則 全從, 1 程說? 盖兩說 似,, 相異? 而 其實不 

レ害, 乎レ爲 レ同矣 D 

人 之 品 有 i 五。 而以, 天 合 者 有 JIG 以, 人 合 者 却 ti?,, 其 三? 若,, 君臣 之義? 義固 根, 於, I 吾心? 而其分 之 

定。 其-初 何處在 或 云。 三 生 之 民。 君 食, 之 之 故 C 臣 報, 之以, 死 G 則以, I 祿之 授受, 而 君臣 之 義 立。 

此說 非矣。 一 齊之 時。 夫婦 之分定 贄見之 際。 朋友 之 分 著。 委, 質-羽。 君臣 之 分立,」 盖均是 天地 

間 人 也爾。 伹其約 之初而 上下 定。 不,, 相 侵- 不,, 相亢? 事之宜 C 何者 如, 之.:' 祿之 授受。 是第 二着 



程 子 謂 非,^ 天 爲-此 人 之 食-生 * 禽獸 S 非 7爲= 螳螂-生 蟬 非 5 爲- -富賁 人-生 • 貧賤 之 子? 但カ能 制: V 之 者 

取 以爲, 養 ◦ 是 自然 之 勢也爾 鳥 獸之相 食。 人 之 食い 肉 U 人君 之 使 1 衆。 皆 一 理 

經與 非, 有-氷炭 之異 -矣。 然 不^^-分別? 經 與&。 只 爭-些 子? 且 經與& 二者。 在-目下? 

廢 レ經隨 レ權。 如:, 是則漢 儒 反, 經之說 聖人 行, 權賠。 目下 只是 有-一 此 一途- 而 耳。 不 X 見-有- 兩途? 

故 聖人 行, 權時 只 見-其 當然? 未, 尾- -是櫂 而不. ^經也 然 孟子 擧-- 常變之 二? 告=滕 文 公-曰 。擇 --ニ 

者? 則 學者掛 酌 裁斷時 a 二者 比 並 者 較有焉 

妻 有-七 出? 而朱子 以爲, 經。 一 與, 之齋。 終身 不, 改。 是經。 七 出 似, 可, 爲, 權 臣之去 。君 之棄。 夫 

之 去 皆經 經與, 權 非, 如, - 氷炭 相反? 難-分別-如:, 是。 • 

以, 仁修, 道 可, 尾 =1 仁 之 包- 翥禮 智-矣 

勾 龍 爲-- 后 土 之 神? 事 見-左 傳昭 公二 十五 年? 而武成 篇注亦 用, 之。 盖 有- 此理? 未, 見-朱 子 説? 更 

思 

仁 專言則 包-四 者? 自 S 仁義 爲=體 用 1 言 則義亦 於-用 上-包- 四 者? 便是專 言之義 。不 3 唯義 包- 四 者- 

克巳復 禮之禮 以 1 禮 包-四 者? 信 之 貫-四 者? 智之 包-四 者? 朱 子 固 已言, 之。 

明 鄭之雲 天命 圖說云 人 之 五 性 四 端。 固 與-- 天 之 四德- 相應 而 各有レ 故 k 屬矣 唯 七 情 之 分 似 

,爲 --參 差? 然以 類推 乏 亦 各 有 荅焉。 若,, 喜 愛 之 於 糸。 樂之於 k。 怒惡之 於, 金 。哀之 於.^ 水。 

欲 之 配- 于土? 而無, 不, 在焉。 是也 按 鄒之雲 所た la 如, 此 而所, ii 亦 同焉。 而 朝鮮 李 退溪改 -- 

I1K 乇尙齋 默 識錄卷 之】 S 百 九す S 



曰 



本 



編 



朱子學 S 上 四百 九十 二 

自足. - 謂,, 之德? 有- 條理區 別 ◦ 1 定不ぃ 可, 易者, 而存 謂,, 之理? 其實則 一 而已 、し 

二 五 之 精 凝。 而 生-, 人物 之 萬殊? 乾 道 成 X 男。 坤道成 k 女 者。 氣化 也。 形 交氣感 C 萬 物 生生。 變化無 

J 躬者 9 形 化 也 形 化 行 C 則 氣化息 然 一 氣 流通 內外 無, 間 則 形 化亦氣 化也爾 Gt、_ 、ま ^ き ^襟 in 娘 形 上形ホ 相り 

職、 上 匪 pf 而 "k1tf# 可 1, 人受- 天地 之氣 -w^ 生 則 亦 陰陽 A 行而已 U 其爲. 男爲. 女。 生お 發. 知 爲 

X 氣爲 血。 是 陰陽 也。 其 爲,, 肝心 脾肺 腎? 爲,, 父子 君臣 夫婦 長幼 朋友, 者。 是 五行 也。 亦各必 有- 當 

然 而不, 可, 易 ◦ 自然 而不, 可:, 已者, 而存 ◦ 健 順 陰陽 之 性 也 ◦ 仁義 禮智 五行 之德也 Q 其 行, 於-五 品 

之 間? 則 仁 行, 於,, 父子? "義 行 君臣? 禮行, 於-長幼? 智行 夫婦? 信 行 朋友? 以__ やむ, 

之 動静, 言 則發行 裁處。 人心 之 四時 而仁 發之德 也。 禮 行之德 也。 義 裁之德 也。 智處之 德也リ 

以,, 發 行裁處 之德? 行ョ之 於,, 五 品 之 間? 交錯 紛綸。 各 有:, 條。 天人 合一。 人 則 天 也。 子 思 所, 謂 天 

命 之 謂 k 性。 禮 所」, S 人 五行 之秀氣 董子所 ビ謂道 之大原 出, 於, 天是 也。 聖人 則 天地 合, I 其德? 亦 全- 

陰陽 五行 之德, 而已。 所 J_i 大 明,, 終始? 六 位 畤成。 特乗, I 六寵 I 以御 k 天。 首 出, I 庶物? 萬 國咸寧 者。 

聖人 之 元享利 也 所, 謂自 强不, 息 厚德载 物 者 Q 聖人 之 乾坤 也 、し 

天地 之 間。 雖,, 萬殊? 然耍, 之不, 過, I 理氣之 二? 人 之 有, 生。 自, - 父子 君臣 之 品? 以 至,, 手足 百骸? 雖 

i 不二。 亦 要 X 之不, 外- 理與, 氣之 二? 性 者 生 之 謂。 亦 理氣之 合 者 也 耳し 然程 子以ー 一理 也ー說 i 性。 

何故 遺, 氣 而不, 言。 盖 天地 萬 物。 雖, 不, 過- 理氣之 二? 然 亦耍, 之 不:, 過 ^曰_| 理也? 氣 本, 於, 现而 

生。 亦 理之形 而已。 理固善 而氣亦 善。 



物必有 ,- 死生? 無-死生-則 非, 物 a 天地 亦 物也爾 o 一元 之數 天地 之 生死 也 ニ兀則 一歳 之大 1 歲 

則 一 曰之大 子 之 半陽已 生。 午 之 中陰 方 起。 一 陽復 芋,, 今年? 而來 歲已始 芋, 此。 前 天子 之會。 

已 關,, 後天 之 端? 故 前日 將ぃ 終。 今日 巳始 Q 前年 將 Jio 今 iif 已起 前 天 未, 終 C 今天已 

生。 程 子 所, 謂動靜 無, 端。 陰陽 無, 始。 朱 子 所 X 謂前瞻 無, 端。 後 推 無 J 躬者 也。 亥 後 子始。 事已人 

定 者。 一 B 之 混沌 也。 陽 月 之 後 冬至 前。 草木 零落 宇宙 蕭索 者。 一 歳 之 混 流 也 亥 會復子 會始。 

物盡氣 塞。 窈冥 漠然 者。 一 元 之 混沌 也。 張子 所, 謂。 氣 块,, 然 太虛? 升 降 飛揚 ◦ 未,, 嘗止 息, 者是也 ◦ 

統鉢太 極 其 具, 于:, 此歟。 程 子 所:, 謂冲 漠無院 C 萬 象 森然已 具。 此之謂 也。 混沌 一 氣。 謂,, 之 太 乙? 

太 極 之 5^ 未 レ分。 渾然 一 理也 耳。 太 極動而 生, 陽。 J 之 靜而生 § 之 太 乙 於, 是乎 分爲三 陽 

則 男 之 道 % 陰 則 女 之 道 也」 男女 構. 精。 生,, 長男 長女? 男女 生生。 變化 無」 躬。 職錢 S. ば ^sf も 

い 祀錯、 子 丑 父母。 故老 レ 於- 不 S 之 地? 而寅卯 長男 長女。 代. 於,, 父母, 執. 事。 00 . 

天地 之 間。 只 是ー氣 流行 而已。 其 淸明升 動 者爲, 陽。 其昏 獨下靜 者爲, 陰。 就,, ニ氣 上? 復分レ 之 爲,, 

木 火 金 水? 宇宙 間ニ氣 五行 外。 更無 ,- 別物? 故 日 有,, 畫夜? 歳 有,, 四時? 數之 奇偶。 星 之 五行。 物 

之 飛揚 動植。 其 他 五 方 五色 五味 五 音 十干。 無,, , 適而非 ヒー 五, 矣。 其 二者 五 者。 各必 有, I 當然 而不, 可 

レ易。 自然 而不 %k 者- 而存。 謂-之 性? 謂-之 理? 謂-之 道? 謂,, 之德? 所^ 非鼽 半-陰陽? 不 

雑 A 乎- 1 陰陽 I 者 ◦ 而 所, 謂 各 具,, 太 極, 者是也 C 乾坤 陰陽 之 道 也? 炎上 潤 下 從革 曲直。 五行 之 性 

也。 元享 利い s^。 四時 之德 也。 由,, 其 趣, 而 流行 者。 謂 之 道? 受,, 其理, 以生。 _ 謂,, 之 性? 得-其 性 I 而 

一 11 宅尙楚 默载 錢卷之 I B 百 九十 1 



曰 



本 



理 , 



彙 





朱子學 K 上 sfB 九十 

無 極而. ^極? 其不, 可:, 見者 「- 萬 象. 條々 區别 故 謂,, 之 學者 欲:, 見-其 不, 可, 見者? 豈饶心 之 所 

レ得 哉。 

均 是皆天 之 民 也 C 肯而 在-天下 之 上? 以 勞,, 其 心? 甘而 在-, 其 下.? 以勞 --其 力? 事 之 宜莫, 大焉〕 義之 

於 一一 君臣? 其 固有 者。 可 一一 以尾, 矣し 

人心 道心 並 言 則 人心 出, 於,, 形氣? 道, む 本, 於-性 命? 而 雖-, 上智, 不, 能, 無 者 天理 人欲 亦徴 如,. 此 

然 欲則不 i 可 i 有 故 孟子 曰 寡。 周 子 曰 無 孟子 周 子 指,, 有, 所, 向 者, 而言。 是不 k 聽レ命 之 人 >ひ0 上 

智不 之 人心 則 指 K 知- 飢塞 痛痒-者, 而言 耳。 故 程 子 以-- 人欲, P 人心, 者。 以 --不 few 之 

人心-言, 之。 

火 金 生, 於, 天-一一 者 水 而木相 生 也 

1 一一 一 - . 

水木 生 於, 地 y 者 火,, 而金 相尅也 

盖水而 木。 則氣之 生々 長 茂 者 C 而陽之 生, 生 也 火而金 則 形 之 收激」 而陽氣 之 包, 干, 內。 所レ謂 

保 合 大和 是陰之 主, 殺 也 水 之 潤 下 C 而 作,, 木 之 曲直, 者 是潤下 之 炎上 也」 . ^之 炎上 而 作,, 金 

之從 革-者。 是 炎上 之 潤 下 也」 謂; 一 レ賤之 水克 木 亦 可. 消 土 亦 可 k 消 k.〕 收欽而 勢 

急 是木也 土 也 作 レ水也 • 

千古 一 氣 莴物 M), 一 lo 故 祭, 之而能 威-, 格 百世 之 上? 占, 之 面 能 洞,, 知數: D 之 後? 王魯齋 所, 謂 聖人 後 = 

天地, 而生 知-天地 之始? 先,, 天地, 而歿 知-, 天地 之 終, 者 亦 是此意 C 



臣子後 o 是人之 道 也 o 此外更 何事 之 有 論孟 所, 說。 皆此 事也爾 是 合,, 體用? 兼,, 日用 本然? 道 

之 全 鉢 也。 然就 =此 上? 更有, I 子細? 所, 謂 形 器 上下 之 分。 體用動 靜之別 者 C 論 子 皿 之 所, 未, 發 G 而聖 

人 於-犬 易-言^。 漢 唐以來 諸子。 不, 知,, 性 命 iN 本體? 而惟 日用 之說。 晴, 於, 1 形 器 上下 之 分。 性 

情 體用之 別? 遂 至つ 于_: 荀楊韓 子 之 不,, 知, 性。 及- 宋周程 張 朱 先生 之 起? 而 就-論孟 之 日用? 以 明,, 大 

易之 本然? 離 ,= 合 於- 1 本然 日用 理氣 顯微之 間? 開示 明白。 於,, 道 之 全體? 無,, 復餘蘊 1 矣。 盖渾合 中 

條理區 別 者。 是道之 全 鉢 e 而先 區,, 別條理 7 而歸, 于,, 渾合, 者。 學者之 工夫 也 然 區,, 別 條理, 者 

煩勞而 難。 故 學者牲 々好 _1 渾合, 而 惯,, 煩勞? 朱 子 憂, 之 e 常 語 _ :學 者? 明 =1 白 於,, 鉢 用 顯微之 間? 而不 

,容, 有- 少驟侗 含 糊 I 焉。 後 之 學者。 習, 於- 1 其說? 遂至, 于, 日用 本然 爲 -I 兩途? 鉢 用 勸靜爲 物? 

不, 知,, > 所, 謂 天命 之 性。 貫- 1 體用 動靜? 而以 = 仁義- 爲- 未 發境之 一物。 無用 之 空理? 學者 可, 不, 思 

哉 

體 用只是 一 物。 非 =1: 然兩 物? 就,, 一 物, 其 靜爲, 體 C 其 動爲, 用 耳。 人 或 尾,, 其 一 物? 排,, 體 ^ 之 云? 不 

レ知ョ 一 物而 有-動 與, 靜之 分-也。 顯微 亦只是 1 物。 理是氣 之 模範。 而氣之 無, 形 者。 氣是理 之 形體。 

而理之 可, 見者。 人 或 見,, 其 一 物? 排,, 上下 之 云 不;, 知 „- 一 物而有 = 精精 上下 之 分, 也。 

自 _| 萬 古 之 上 i:, 于么 ro 天 高地 卑、」 春溫 秋凉。 山峙川 流。 火熱 水 寒。 子 愛,, 其 父? 臣 敬,, 其 君? 鳶飛 

魚 躍。 梅 酸 桃甜。 無- -以ー 日變, 者。 豈 無-模範, 者 G 能 如, 此哉 Q 而 無, -形狀 可, nl^ 者? 其 不:, 可, 晃者" 

p 可, 尾 者- 而見。 0,= 其 萬 古 不易 無, 1 虛假, 而 謂,, 之 誠? 自 S 其 不%麁 而爲 = 萬 物 之 根 而 謂-之 

111 宅尙楚 默識 錄卷之 1 四百 八 十九 



. * 子 學派上 . 四百 八十 八 

風? 居 k 偏而 守, 偏 終不. S 知, 求-中和 之 道? 鳴 呼 可, 欽哉 

岩 崎 修敬曰 盈, 于,, 天地 之 間, 者 莫, 非-太 極 之 所., 生 而其 生々 變化」 太 極 之 流行 也 1 則 

太 極 也。 一 因 二 而ニ, 生。 一因 J 1 而三 生。 一因 J ニ而四 生。 一因, 四而 五生。 一因, 五 而六生 一 

因, 六而 七生 一因, 七 而八生 1 因, 八而九 生。 一因, 九而 一 十 成 則 一 終 歸, 于ニ 衆數皆 由レ于 

. 1 。 而萬物 本 根. 於-太 極? 太 極 之 始,, -終 於-萬 物? 其 象 泰然 可. 見矣。 年き 5 レ おへ 

敬 ss*!- 、感慨 &ノ 之、 盖此語 明 一 義 lesgn 

一因 一 者、 當レ作 ニニ 因 レー、 三 因 二、 下 ©レ 之、 

就-君臣 上下 之 分定之 中? 而ハ乂 子 兄弟 夫婦 之 道行 焉 父子 兄弟 夫婦 亦 有,, 上下 之分づ 則 上下 之 名分 

總, - 五倫? 而治亂 之 本 在, 于, 此矣。 潜, 先天 八卦 乾坤 定, - 上下? 而雷 風山澤 水火 行., 乎,, 其 間, 也 

不 --義 以爲, 質 則 禮遞亦 不:, 可に to 君臣 之義 上下 之 名分 不, 明 則 人道 之 大網亡 而四 倫亦滅 

矣 

聖 A 不, 言 乎。 原, 始 反, 終。 故知-, 死生 之說? 又 曰。 不, 知, 生焉 知, 死 前瞻 無, 端。 則 後 推 何 有 J 躬" 

求 ™ 之 於-天地 之 前-者。 老釋之 妄也。 陋也。 其 如, 此 故曰窮 k 理盡ぃ 性至レ 命。 又 曰0 天命 之 謂お 

一 又 曰 上天 之载 無, 聲無 又 曰0 上帝 降,, -衷 於-民 下? 不 „說,,, 到 于,, 天 以上, 者 初 無-天 以上- 

也。 • 

道 之大原 出, 於, 天 天只是 陰陽 五行 而 春夏秋冬 而巳 人 在-天地 間? 則 亦只是 男女 五 品 而 仁義 

禮智 而已。 陰陽 相 推。 而四序 行 火炎 上 水 潤 下。 是天之 道 也。 男女 相從 C 而五品 遜 君 父 先 



底 運動? 我 精神 依,, 父 木 主? 則 爲,, 父 之 精神? 依-母 木 主? 則 爲,, 母 之 精神? 我 精神 依,, 木 主? 則 所 

レ依之 精神 與,, 我 精神-相 = 爲賓 生? 种々 交 之 妙 無, 窮。 , 

萬 物 一 精神。 故 有-俗 所 k 謂 生 靈死靈 者, 而相 通。 然人之 精神 局, 於, 形。 故 其 通 也 神速 感應之 妙鮮矣 G 

我 精神 依-木 主? 則 所&之 精神。 不, 局, 於 A 形 G 而感通 之 妙 却 速矣。 卜 m 能吿, 一吉 凶? 亦是 此理。 

直 方 先生 甞謂。 人 固 萬 物 之靈。 而 勝, 於,, 天地? 如何 則 天地 亦 一 物 而已。 人 則 兼,, 天地, 也〕 聞,, 此語, 

者。 往 々疑-其 言 之 過當? 間者 得-朱 子 之 語? 曰。 天 只 是動。 地 只 是靜。 到-得 人, 便 兼 = 動靜? 是 

妙, 於 = 天地, 處 故 曰。 人 者 天地 之 > む。 g 類 答-黄道 夫, 書 曰。 五行 謂,, 水火 木金土, 耳。 各 一 -其 性? 

則爲- 仁義 禮智信 之理? 而 五行 各專, 1 其 一? 人 則 兼,, 備此 性? 而無, 不 ,善。 g 答 _|厳 時亭, 書 曰。 陰陽 

五行 之 爲铋。 各是 一 氣所, 寧。 而性則 一也。 故 自_| 陰 藤 五行, 而苜, 之。 則不 而人禀 _| 

其 全? 所 K 以得 = 其秀 一而 最靈. &。 § 

久米順 利 云。 有,, 理 き氣。 比干是 也。 11- 之 #不然(^ 有- 氣變 .i、」 盜 f K 也。 I ね |^) 死、 此言 簡約 有 

,理り 

道 之 在-天下? 束 南西 北 G 無,, 適而 不., 有 但其 土地 廣狹 厚薄 之不, 同。 而其人 之爲, 風 亦 不二。 人々 

所, 尾 亦? 覺, 陷= 1 1$, 矣。 伏義 以來。 所, 開 之 邦。 中 fe,, 天下? 而其 廣濶厚 潤。 亦 非-外 國之 比" 

也 而 聖人 尙 恐,, , 其 失-中和 之氣, 也。 於, 是樂以 通,, 八 風 之氣? 而令 3 天下 無, I 偏 風, 矣。 近世 談, -祌 

道 I 者。 不, 知 = 此義? 勸必 曰。 是我邦 之 道〕 甚則 曰。 孔孟 所 ,言=> 亦 漢土 之敎也 耳。 不, 合, I 我 邦 之 

. 1 二 宅尙楚 默讖 錄卷之 i 四百 八十 七 



朱 子 I® 上 四百 八十 六 

謂 = 之 其 人 爲-虫 亦可矣 Q 

人 食, I 魚 鳥, 助,, 精力? 則 是魚鳥 爲= 其 人? 人 服,, 參莲, 補, 一精 力? 則是參#11^爲=其人? 復 ,=祿 考 於-, 我 神? 

m 我 爲,, 祖者? 我爲, 1 祖者? 而 依,, 木 主? 則 木 主 爲,, 祖 者? 皆 是ー氣 貫通 無, 間 之 所, 致, - 

形 形相 感者 e 以,, 耳目 言 色 1 相 通 C 形氣相^^者。其通也速0 氣氣相 威 者 其 通也尤 神速 U 

天以, 氣交, 於, 上。 地、 質 交, 於, 下。 故人 之 交 氣感, 於, 上 而形 交, 於, 下 

祖考 復,, ,於= 我 精神? 而其 精神 お,, 木 主? 則 所&之 精神 爲 i 者? 木 主 無,, 精神, 也 C 參?^ 鳥 食^。 

铺-- 人 之 精力? 則 參芪魚 鳥 爲-- ^人? 參芪 魚肉 無,, 精神, 也。 神 與_, 精神, 交 者 彼此 相 合 而爲, 妙 

者 相 半 狐 依, 于, 人。 借, 一人 之 口? 而言, 一己 之愦? 其 間 有 一一 人 底 言動? 有-狐 底 言動? 有, 理期 有:, 氣 

有, 氣新 有, 象。 有:, 象 斯有, 數。 现氣象 數只是 一 。 故 言:, 理則氣 與,, 象數, 在-其 中? 言 X 數亦理 與_1 氣 

象 I 擧, 之。 數是氣 之 分 段處。 氣是理 之 著 見者。 氣根, 於, 理。 而生, I- 無, 窮。 其 生々 流行 也。 必以 

數。 ー歲之 運。 有-十二月 三 g 六十 日? 一月 之 運。 有-三十日 三百 六十 時? 無, 教則 氣不, 行 0若= 夫 

墼.^ 皲 a 或以, I 二拍子? 或以」 二 四拍子? 亦是氣 之以, 數。 則不, 死不 A 止 者 可, 晃。 於 乎 數之妙 至 哉 G TO 

圖書 是數之 原。 聖人 觀:, 乎, 此 C 而 啓,, 其 心, 者。 豈不, 多 哉 圖書 八卦 是象 也。 象則理 也. - 氣也 Q 善觀 

者 尾., 園 書 八卦 以= 數與 理 流行。 造化 人事、 ま * 其 中. 1 矣 

只是ー 太 極。 在, 水 則 爲= 潤 下? 在, 火 則 爲,, 炎上? 只是 一精 神 G 在, 人 則 爲-人 底 運動? 在, 物 則爲. J 物 



前? 爲,, 眞如佛 性 之 鉢? 其 說,, 世界 建立? S 甚 無, 理。 老 氏不, 知 芋, 兹。 以,, 太 一 , 爲,, 氣之 元? 

以ョ 修,, 養 其 一 ,爲^。 要 王 二 家 皆不, 知 n 天地? 

宋永 嘉蔡節 字 仲覺。 所, 著 論語 集說。 引,, 勉齋黄 氏 之 語, 曰 仁 曰 心 之德。 禮曰天 理之節 文 義曰 

心 之 制。 此 言,, 其體, 也。 仁 曰 愛 之现。 禮曰 人事 之 儀 則。 義曰事 之宜。 此 言,, 其 用, 也。 此恐 非,, 黄 氏 

之 語 ー矣。 或 未定 之 論 也 爾。 黄氏而 有,, 此言? 甚可, 疑 勞 

偏 言 之 仁 即專言 之 仁 C 故 孟子 曰 殺,, 一 無罪? 非,. U 也 其 下 文 承 來直曰 居 安在 仁 是也。 甚明 

白 

萬 物 其分殊 而只是 一 陰陽 而已。 1 氣 流通 無, 所, 間 我 精神 入,, 人 之 胸中? 孔子 之敎 C 而顏 子之悅 

是 孔子 之 精神 入-顔 子 之 胸中, 也。 即是 孔子 之 精神 爲=顏 子 之 精神? 我 精神 能齋戒 以 復,, 已往 之ハ乂 

母? 而 依-木 *? 則 我 精神 爲= 父母? 而木主 孕-精神? 祖者來 格。 

我心 動 則 舌 動而言 ◦ 他人 以:, 耳 聽_1 其 音, 通-其 心? 我心 動則爲 = 形 色? 他人 以 k 目受, 之 通 = 其 心? 人我 

相 通 之 妙 如, 此。 

傳 言西國 平家 怨靈爲 奇怪? 人 或 卒然 死。 或 含, 怨而 死。 其氣不 =遽 散? 故 古 戰塲必 有,, 奇怪? 久則散 a 

然 之猶 有- 1 不, 散 者? 後 衆人 懼怪 ◦ 則 衆人 之 心繼, 將, 絕也。 皆是 鬼神 之 妙。 所 i 謂 於- -學上 1 理會 G 則 

無, 不, 可, 知。 

人 死 精神 散。 血肉 猶存。 腐爛 復 生-精神- 爲, 虫。 這箇虫 謂, 1 之 其人復 生-可 矣。 謂-之 其 子, 亦可矣 

111 宅尙齋 默讖 錢卷之 1 四百 八十 五 



* 子 さお 上 四 百八ナ H 

必然 不, 可, 易者? 而立, 異 壓,, 朱 子, 也 壬 

凡 陽 之象圓 而陰之 象 方 圓者徑 一 而圍三 方 者徑- 一而 圍四 故 陽 數奇而 陰數偶 

i 與. 斜、 




縱 橫其徑 

方 

只是 一 樣 



其徑 兩 樣、 



以レ 是觀, 之" 1 三 二 四 是 陰陽 體 用之數 而其五 則 二三 一 四 之 仓者也 統,, 二三 一 四ぺ 則 亦爲, 十 

矣 而六七 八 九十 則 一 一 一三 四 五 之 合, 於, 五 者 也。 其 二三 一 四 之 合 而爲, 五 者。 體用之 相 合也リ 

vsil〔 §S1 韻 徑 一 而圍 三者 陽 進。 故倍而 X 倍。 徑ー 一而 園 四 者 陰 返。 故 一 倍 而已。 老陽之 一 

而九 者。 一 是陽 之體數 九 則 三 之 相乗 而動者 也 老陰之 四而六 者。 四是陰 之用數 六 則 二 四 之 相 

因 而止者 也。 柳 SSgg: 少陰之 二 而八者 C ニ是陰 之體數 八 f 一四 之 相乗 而進者 也。 § 货 II、 少陽 

之 三 而七者 。三 是陽之 用 數.. 七 則 三 四 之 相 因 而止者 也 llgi^ 啓蒙 本- 參天兩 地 之 語? 而說, -五 

數? 與-- 此說, 不, 同 亦是 一 說也爾 數之 妙。 不, 可,^ 作,, 一 定, 看 5 

壬 寅 八月 東行 道歷, -信 濃國? 淺間 獄今尙 尾, 烟 因 謂 往年 富士山 大燒 山 下民 多 死 其燒者 分明 

是 大政 之 所, 威 而山民 何 罪 C 盖 人事 能 威 = 天地? 而 天地 本 無、 わ、」 故山 民権 其災, 耳- 佛 氏不, 知 

k 于, 兹 以 a 因果, 言, 之。 佛氏 本不, 知-天地, 也 

今 天地 之 前 是前 天地 之 終 C 前 天地 之 後。 乃是今 天地 常 以,, 十二 萬狳 年, 相 推 無, 窮 故 無, 無,, 天 

地-之 時? 是以 聖人 說 z$^c 只是淵 3 源 於-天地? 未-,, 曾 語-天地 之 ip? ^不, 知, 于" 兹。 以- 天地 之 



ー齊, 夫婦 之 分定。 以, 1 贄見- 朋友 之分定 故委, 質 之 初。 君臣 之 分 a 定。 盖 天地 間 人 ◦ 便 是皆天 之 

子 耳 今 相 約 以,, 上下, 定。 則 君臣 之義。 不:, 關,, 祿之 授受, 者 可, 尾。 

天以, 一 生, 水。 地以 J 一生, 火。 以」 二 生 レ木。 地以, 四 生, 金。 天以, 五生, 土。 五位 皆以ぃ 五而合 G 而 

陰陽 易, 位 故 曰。 in 以っ 五成。 然則水 之大數 六。 火 七。 木 八。 金 九。 土 十 G 故 水以, I 天 一 ,爲_ -火ニ 

牡? 木 以= 天 三 I 爲-土 十 牡? 土 以,, 天 五 1 爲,, 水 六 牡? 火 以_| 天 七- 爲ス 孟四 牡? 金以 = 天 九ー爲 -I 木 八 牡? 

陽 奇爲, 牡。 陰偶爲 ,1^。 故 曰 e 水火 之 牡 也。 火水 也。 於, 易 坎爲, 水 爲,, 中 男? 離爲, 火 爲= 中 女? 

盖 取,, 諸此, 也。 纏 I 五師古 日。 五行 P 之 行, 者。 言 順つ 天 行, 氣。 P 

檠辭陳 = 天地 之 數? 而 未,, 1 嘗 言-水火 木金土 之 配屬? 朱 子 於,, 啓蒙 本義? 配,, 五行, 言, 之 Q 盖其說 出, 於- 

漢儒? 而现之 必然。 甚 明白 端的。 故斷然 以ゝぎ 一一 ーク 之。 然或人 疑, 之 C 謂 易 只是陳 ュ數之 自然 有., 十 

爾 配,, 五行, 者。 朱 子 之 從,, 漢 儒-耳? 非-聖人 之 意- 矣 C 天地 間。 只是 有,, 水火 二 物, 而 flP 何 金 木 

之 與,, 水火, 並行 之 有 哉。 土是地 也爾。 地與. 土 如何 分-別 之? 且 五行 二字。 尾- 洪 範篇? 而 除- 穀 

之 六府? 行, 於-人間 1 者 也 C 周 子 之 言,, 五行? 亦漢 儒之說 耳。 此說 本- 吳廷翰 之 意? 以 破,, 朱 子? 無 

稽之 妄言。 固不, 足, 論。 盖五殊 ニ實。 無, 所- 往而 不,, 打 _」 故 天 有, 一 五 時? 地 有 _| 五 質? 人 有 _| 五倫? 

其 他 若-五味 五 臭 五 音 五色 之 額? 未, 有, 出-五 數, 者? 而統, 之 則 二 也爾。 父與, 子、」 君與, 臣 a 夫 與 

,婦0 皆 兩儘相 因 C 而五音 五色 之 類。 亦 皆 可,, ,以 配, 一 陰陽 之 二, 矣。 而所 i 謂數之 十。 則 二-其 五行, 

者。 何 疑 之 有。 干-其 五行 字。 不 k-1 先 儒 天 行 之義? 而强以 人事-言。 亦 未 ^=1 天 行 之 五。 有 

三 宅尙齋 默識 錄卷之 1 四百 八十 111 



曰 

編 



朱子學 上 83 百 八 十二 

仁是 愛之理 理是 無情 底 物事。 心是 生活 底 物事。 以 つむ 體-- 愛 之现? 乃 意思 滋味。 親切 氣 象。 仁之理 

是性 愚 不肖 亦不, 有,, 無, 性 者? 則 無 = 無, 仁 之 人? 特此心 未, 能, 體, 仁矣 朱 子听, 謂 全 鉢而不 i 巳 G 

是 仁者 之 ふ 6^ 子 亦 云。 公 而以, 人體 k 之 有 J 曰 哉 

合- 虛與. 4 艰 有-性 名? 故 性 是理氣 渾合者 G 今 立 天命 之 性 C 氣質之 性 之 名目, 者 。於- 理氣渾 令 之 中? 

分-離 二者- 而言 如,, 堯舜, 則 氣質淸 明。 與 X 理不- 相 背? 现氣渾 <ロ。 無-不善-者 可^。 故 孟子 必 

稱, 之。 如,, 堯舜之 性? 則不, 待, 立,, 天命 氣質之 名, 矣。 

吳廷 翰漫錄 疑-五行 之土爲 "地" 余 謂 唯 土。 何 得:, 謂-之 地-欺。 擧_- 水火 木金土 凡 形 者? 可:, 謂- 1 之 地 I 

矣 土只是 五行 之 一 物.^ 爾 猶, 總 --擧 日月 星辰? 謂, 之 天? 何 得,, 一 唯 辰 謂- 1 之 天, 哉」 然 日月 星 

槃, 於, 辰。 水.^ 木金 生 ,於, 土。 則 辰稱, 天 +; 爲, 地 C. 亦 何 有 A 害。 故 中庸 曰。 天 斯昭々 之 多 地 一 撮 

土 之 多。 然土 而廣厚 無, 彊。 包-括 四 行, 者。 得- 與, 天 相對? 亦猶. 4ー1^ 人 則 對:, 己 之 名 「) 言,, 百姓 _則 

盡も 乎, 人 也 C 故 程 子 曰。 今 所 地 者 特於 ,- 天 中- 一 物 爾、」 如-雲 氣 之聚? 以-- 其久而 不., 散 也 故 

爲, 對 C ん地動 者 C 只 是氣動 凡 所, 指 地 者 只 是土。 土 亦 一 物爾。 不:, 可 Jmk 地 更須, 要, 知- 1 坤 

元 承つ 大是地 之 道, 也 ◦ § 所, 謂坤元 承, 天 者。 大 底土 也。 

心 體之妙 具-衆 理? 然不 n 識 得-者 似, 晃,, 一張 白紙? 語類 百 十三 i 言 i 之。 ハ乂子 兄弟 之以 i 天 合 者。 

不, 用- 1 論説? 君臣 夫婦 朋友 之以, 人 合 者。 何 處定っ 或 云。 所, 謂 三 生 之 道" 以,, 君 食,, 之 C 臣報, 之以 

,死0 g 臣之 忠義。 生, 於,, 受錄仰 事 俯 育之 恩? 元 來以, ー祿之 授受? 君臣 之 分亦定 此 說不, 然 以_, 



默識錄 卷之ー 

播磨 三 宅 重 固 著 

, 道 體 

\ 今日 前 則 昨日 今日 後 則 明日 今年 前 則 去年 今年 後 則 明年 今 天地 前 則 前 天地 今 天地 後 則 後天 

本 ^ 地 故 曰勸靜 無, 端。 陰陽 無, 始 談-, 天地 之 前, 者 老佛之 妄説 子 思 語-道 之 大原 但言 天命 之 

謂 fe。 上天 之载。 無 無, 臭」 非,, 識, 道 者? 孰 知, 之。 

倫 u、 學 有-本然-有-日用? 二者 其實 一也 爾0 然 一而 二 不, 明, 乎-本然, 者漢唐 諸子 陋也 若,, 苟楊 韓チ不 

理 い , 知-性 善? 則不, 明, 乎,, 本然-之 甚矣 王 守 仁之學 知,, 日用, 而不 y^.. 本然? 彼 廢,, 格 物 之 功 >j> 不 

\ 知-本然? 固 其 所 也 

、 

\ 無 極 太 極。 陽 動 陰靜。 五行 萬 物。 只是 一時 事 周 子 一片 一 片 節 次 說排了 文字 自不, 能 米, 如茈 

編 、; 故 下 文 又 曰。 五行 一 陰陽 陰陽 一 太 極 太 極 本 無 極 朱 子 解 圖ー! -0 5^ 之 謂矣。 有, 旨 哉 讀者 

不 fe= 此意? 今 作, 圖如 V。 

答- i 楊子 直, 書 曰 五行 陰陽 陰陽 太 極 則 非.^ 太 極 之 後 別 生,, 二 五つ 而ニ五 之 上 

先 有 * 太 極, 也 以至, 於, „ 成, 男 成 w^o 化,, 生 萬 物 而無極 之 妙 盖 未,, 始不, 在, 是 

S00 默識 錄卷之 一 alH 八 卜 1 



、、 




子 學汲上 四百 八 f ! 

默識錄 序 一 

朱 子 曰 o 默 而識, 之 者 不, 言 而此物 常 在 也 今人 但說着 時 在 不, 說賠 不, 在 橫渠 有-正 蒙 之 作? 朱 一 

. 子 有-! 偶 記 之 筆? 其他薛 氏之讀 書錄。 胡 氏 之 居業錄 及 返溪之 自省 錄 皆 深 求 詳察 仁義 忠信 不」 

日 離-乎 心? 而欲 T 曰 知-其 所, fco 月 Mr 忘,, 其 所 _,能矣0 佘自, 幼讀: Jmo 今殆 六十 歲 。徒 與-, 犬馬, 老 通 

本 無-自得 之效? 所, 謂 如, 存如 ,亡0 不, 說 聘不, 在 之 所, 致 亦 誰責焉 然此 老境 古人 知 精 仁 熟 之 秋 也 一 

_ 因日錄 i 所レ 見。 以自察 一一 他日 進 否, 云-) _ 

偷; 正 德五年 乙 未 臘月 四日 一 

理 尙齋識 一 

一 

彙 一 

一 一 



黄 帝 堯舜? 尙蒈 亦唯稽 Ts,, 堯舜, 以下 S 而 上古 俱 未-之 及, 也。 盖 聖人 不』 怪 不, 傅, 疑。 唯 筆,, 其 

善 足 鈿,: 惡 足, 爲, 戒。 核而 可つ 信者, 耳。 故 常 T 孔子 剛- 述六 經-時 5 其 於-諸 所 稽 之談? 悉削 

, 之不, 道矣。 且则 ,§f 窗, 卦。 泊ま: 契 B '歷諸 制作。 卓 爲,, 萬^ V 字 之祖。 帝王 治平 之 源? 此伏 義繼, 天 

一- io 開, 物 成, 務之功 e お-板 古 帝王! S 作. 史者。 F 自 一- S き,. 無. 疑 也 G 纏 % 

一 ■ 提述 取舍、 固有- 1 レ議 教| 焉、 然 歷 . 

一 年 全備、 尤可 1:. 资 _| 畢者 考^ i 幷駄 如い^、 

本 一 

; 秦 漢以來 諸 經編帙 離合 錯亂 C 初 學或莫 ^識= 其 首 末? 因 纂,, 其 可, 驗者? 以予- 童 蒙? 請- -經名 

一 者 1 者。 幷考 可也。 癸 酉 春 一 一月 旣望 C 

m 淺見 安正 謹識 

一 

編.; 



六 經編考 

淺見 ま齋 六 經提考 四 ほ 七十 九 



朱子^ 嵌 上 B 百 七十 八 

難,, 檢尋? 妄意 就,, 其 事實? 別 爲,, 一 書? 表, 歳以首 k 年 「」 而 因, 年以 著, 統、 > 大書 以提, 要 C 而小 註以備 

Jlmo 至-其 是非 得失 之 際? 則 I^K 輙&, 古史 書法? # 不,, 誡戒? 名 曰,, 資 治通鑑 綱目? 如 ま, 聖慈? 許, 就,, 

閑秩? 即當, ^饍- 寫首篇 草本? 先 次 進呈 恭俟, 臨决 5 

文 獻通者 經籍者 曰 陳氏 曰。 此書 嘗刊, I 于溫 陵? 別-其 綱? 謂-之 提要? 今 板 在,, 監中? 廬陵 所, 刊リ則 

曰 網目 並列 不,, 復別, 也 C 

本 資 治通鑑 綱目 續編ー 一十 七卷」 明大^ 士商乾 等 撰、 御製 序 曰 宋元ー 一代 之史 迄 無- 定本 CJ- 雖レ 有-長 

編 續編之 作? 然染 擇不, 精 ◦ 是非 頗謬 槪 以,, 朱 子 書法? 未; お, 盡合? 乃 申 勅,, 儒臣? 發,, 秘閣之 載籍? 

參-- 國史之 本文? 一 遵- 朱 子 例? 編,, 纂ー 一史? 俾 T 上 接- 通鑑 綱目? 共 爲., 一 書 5 始-, 於 宋建隆 庚 辛? 

现 終-於 ix 至 正 丁 未? も, 四百 有 八 年。 總 二十 有 七卷。 名 曰 = 續資 治通鑑 綱目? 

一 資 治通鑑 綱目 前編 二十 五卷じ 明 吏 部 文選 司 南 軒 撰。 其 所, 著 始曰 司 馬 文 正 公作,, 資治通 鑑? 始, 於 

t 威烈 王-和 命,, 三晋大 夫, 爲, 諸侯 5 盖 悼,, , 王制 墮,, 盡 於此? 特用 爲,, 萬 世戒, 耳。 而来 文 公則 又 遵,, 春秋 編 

年 之 例? 作-通 鑑綱 於, 是天 統以明 人 紀以修 C 而王 覇淑慝 之辨: > 治 亂與. D 之 跡 昭 垂,, 萬 世? 此 

固 先哲 述作。 托, 始之 微意 也 C 顧 春秋 以前。 缺而未 Jic 仁 山 金氏则 以,, ^書, 爲, 據。 斷, 自,, 唐堯, 以 

下 g 接,, 於 通鑑之 前? 表, 年 係, 事 C 名 曰,, 通鑑 前編? 足, 稲,, 全史, 矣 C 乃陳 氏子 徑 節,, 取 小 司 馬 三皇本 

耙。 怕劉道 原 外紀? 溯, 自, I 盤 古? 迄,, 於 高 辛? 述爲 通鑑外 紀-? 以 冠,, 金 氏 之 編? 亦 可 k 爲-, 稽, 古 者資, 

也。 顧 其 中 多- 經 之談? 請者率歎,,,其非_,傳^之書,云^ 余嘗旁 觀,, 六經? 獨易大 傅 藤,, 說伏義 神 農 



通 鑑 續編 1 1 十四 卷。 陳控撰。 S ー兀 ii 群 §、 

資 治通鑑 綱目 五十 九卷。 序 曰。 先 正 5111 司 馬 文 正 公受, 詔 編- 馐資治 通鑑? 旣 成。 撮- 1 其 精 要 之 語? 別 

爲= 目錄 三十 卷? 幷 上, 之。 晚病, 一本 嘗太 詳目錄 太簡。 更 著,, 擧要暦 八十 卷? 以 適,, 厥 中? 而未, 成 也。 

い 紹興初 ◦ 故 侍 讀南陽 胡文定 公。 始復 因,, 公 遺 藁? 修= 成 擧耍铺 遺 若干 卷? 则其文 愈 約。 而事 愈備矣 ◦ 

H W 然往者 得,, 於 其 家? 而 伏讀, 之 C 猶竊自 病 記 識之弗 X 疆 a 不,能,有,.以領--其|^?_? 而及 * 其 詳., 也 C 故嘗過 

本 不, -自料? 輙 奥-同志-因- 兩公四 別 爲=義 例? 增損懷 括。 以 就- 此編? 盖表 k 以首, 年。 

一 甲子 T PI 甲 字 子 《や? g 朱 《:£ ^パノ Ma? ^7^.^ ^つ tl^K 統之 年、 鼓 下 大書 、た i;. -ュ是 -ぁ C 凡 大書、 有 = 正 例 T 有- _@ 例 T 正 

一 之、 雖 レ無レ 1©-、 依 一一 擧 f 亦倜 i え ff"* レ え レ.. V 非ニ正統.ー^^ 雨行分:《1、 ぅ》レもレほ1- 例 如 二 始終 與廢 災祥 5g 革 及號令 

倫 一 征伐 殺生 除 萍之大 *!T 键例如 下 不レ在 ニ此例 Tfra^mtb 主!^, 一一 一 1 凡 分注、 有 7?」 原- £ 《始 1 者 上、 有 下 遂言ー S 終 一 者 上、 有 下 詳陳ニ 其 事 1 者 上、 

^ 善 可 レ爲レ 法、 惡可レ S レ戒者 上、 皆 特ニ書 之 1 也、 ^mRE^d.A3^レず 有下備 g= 其 F 者 上、 有 下 因 二 始終 一而 見者 上、 有 下 因 二 拜罷 一而 見者 上、 有 下 

^ 因- a. 類 一而 見者 上、 有 下 因 二 家 而見 * 上、 有-一 BI 公所 レ立 之 言、 所 レ取之 論ー 有 n 胡 氏 所 レ妆之 4£ ^.V^^H-^ISO 3 充. M^/no 

理 一 說、 所 レ著之 評 T 而雨 公所 レ遗、 與こ夫 近世 大儒 先生 折衷 之 今 亦 頰釆、 以附 = 於 其 間 11K、 使-ニス 葛 ク lis 匿:^ 之徵カ a 

^ 事 辭之詳 略 ◦ 議論 之 同 M 一。 通 貫 曉析。 如.^ 指-於 掌? 名 曰- 資 治通鑑 綱目? 五十 九卷。 蔵-之 巾^? 姑. 

棄 、:! S 便,, 檢閲? 自 備,, 遺 忘, -已。 若,, 兩公 述作 之 本意? 則 有.. 非 所,, 敢及, 者? 雖:, 然歲 周,, 于上? 

編 而 天道 明矣。 統 正- 于下? 而<遊 定矣 大綱 槪擧。 而監 戒昭矣 衆目 畢張。 而幾微 著矣。 是则 凡爲- 

™ 致 知 格 物 之學, 者。 亦 將,, 慨然 有,, 感, - 於渐? 而兩 公之 志。 或庶 3 乎 其 可 _ -以默 識-矣 因 述,, 其 指意條 例- 

如, 此 列-於 篤 端? 以俟, -後之 君子, 云 乾 道 壬 辰 直 四月 甲子 新 安朱 嘉 謹書 

朱 子 辭免奏 ^曰。 臣舊讀 = 資治 通鑑? 竊見其 間 周 末 諸侯 僧-稲 王號? 而不, 正-其 名? 漢 丞相 亮出 レ師討 

レ賊 而 1^ 書-入寇? 此 類不, 一 殊不, 可, 曉 又 事 之 首尾 詳 略。 一 用,, 平 文, 睿寫 雖, 有,, 目錄? 亦 

淺見 綱齋 六 經編考 四 li« 七十 七 • 



本 

理 

編 



. 朱子學 上 . 四. 百 七十 六 

又 曰 巽 嚴李氏 曰 C 公嘗謂 吾此 lisc 惟 王 勝 之嘗讀 一 遍 C 餘 人不, 能,, 數卷? 已倦 睡矣" 公 此辔" 歷, I 

英 宗祌宗 二世? 十九 年而普 成。 

通 鑑擧耍 暦 八十 卷 文 獻通者 經籍者 曰。 陳氏 曰。 公 患 T 本書 浩 大難- 領蓉? 而目錄 無, 首尾 2 晚 著,, 是 

書? 以絕 =11 累? 

資治 通鑑外 紀十卷 文 獻通考 經籍考 曰 C 晁氏曰 C 皇朝 劉恕撰 司 馬 公作,, 通鑑 V 託 T 始於周 威烈王 命- 韓 

魏 趙-爲 k 侯 5 下訖- 五代? 恕嘗 語, 光。 易不, 起-上古 或 堯舜? 光答以 T 事 包, 春秋よ 不可。 又 以-- 經不" 可 

k 續 不 E 敢始 .0 於 獲麟 £ 恕意 謂_, 闕漏? 因 撰, ー此 書? 起-三 皇五 帝? 止-周 共和? 载,, 其设 次- 而已" 起-共 

和 庚 辛? 至 _,威 烈王 二十 二 年 丁 a? 四百 八十 三年。 爲-ニ 編? 號 曰-外 紀? 猶&語 莉= 寒 秋 外 傅-也。 

續通鑑 長編 一 百 六十 卷 文 獻通考 經籍者 曰 李壽 進,, 長軀, 奏狀曰 臣嘗 盡,, カ史學 Y 於,, 本朝 故事? 尤 

切欣 慕」 毎 恨 士大夫 各 信, 所, 傳 不,, お, I 諸實錄 正史? 紛錯 難: feo 臣發, 憤 討論。 使 =1 衆 說威會 --于 一? 

竊聞司 馬 光之 作- 1 安治 通鑑, 也 先 使., 其 寮 採,, 摭 異聞? 以,, 年月 曰, 爲,, 叢 目お 叢 目旣成 C 乃修, I 長編? 

唐 三百 年 C 范 祖禹實 掌, 之。 光 謂, I 祖禹? 長編 寧 失,, 於繁? Mr 失,, 於 略? 今唐紀 取- 祖 15^: 之 六 百卷? 刪 

爲 八十 卷? 是也 臣今 所- 纂鎮? 義例悉 用,, , 光 所-創立? 錯綜 鈴 次 C 皆 有-依 憑? 臣 此書ヌ m 可 3 即 謂- 

箱資治 通鑑? 姑 謂- -績資 治通鑑 長編 1 可也。 旁- 采 異聞? 铺- -實錄 正史 之闕 略? 參- 求 奥 是? 破 一-巧 說僞 

辨之紛 お? 益 以昭, - 明 祖宗 之豊 功盛 德? 區々 小惠 C 或 在 k 可, 錄。 

锾資 治通鑑 長編 Is- 要 六十 八卷。 又 曰 ◦ 陳氏 曰。 李 壽撰ゥ 大暮皆 温 公舊规 也。 



m 



本 



彙 



文, 合 爲,, 一 卷? 自課 ,,,ー 一 一 日 P 一 卷? 有.. 事故 妨廢? 則 追 補。 自,, 前 秋, 始剛。 到, 今已ー 一 百餘卷 。至- 大 

暦 末年, 耳。 向後 卷數。 又須 k 倍, 此 其 計 不:, 减-- 六 七 百卷? 更須 三年? 方 可 H 粗 成" 編. - 又須 -細剛 

所, 存。 不,, 過 _| 數十卷 1 而已。 其 費, ェ 如:, 此。 溫公 居, 洛 十五 年 故 能 成 _|此 書? 今學者 觀,, 通鑑? 往々 

以爲- 編 年 之 法? 然則 一事 用-三 四處出 處-纂 成。 是 其爲, 功大 矣。 通鑑采 正史, 之 外。 其 用, -雜史 諸 

書? 凡 二百 二十 二 家 a 

又 曰 Q 公子 康 公休 吿,; 其 友晃說 之, 曰。 此書 成。 盖 得义焉 史記 前後 漢。 則 劉 貢 父。 三 圃 歷,, 九 朝? 

而隋則 劉 道 原。 迄,, 五代.? 則范純^5。 其 在,, 正史 外? 楚獎 事。 則 司 馬 彪荀悅 袁宏。 南北 則崔鴻 十六 

國寒 秋。 蕭方 三十 國奢 秋。 李延壽 南北 史亦 足, 採。 建^^實錄以下挺に譏焉。 柳芳 麼暦最 可, 喜 G 唐以來 

裨官 野史。 百 家譜 錄正 集別橥 墓誌 碑^ 行狀 別傳。 亦 不-- 敢忽- 也。 苟 不,, , 先 讀= 正史? 則資治 通鑑梁 

何 有 邪 G 

又 曰 a 致 堂 胡 氏 曰。 司 馬 公 六 任-冗官? 皆以 _,嘗 局, 自隨。 歳月 旣久。 又 数應, 詔 上窗。 論,, 新法 之 害? 

小人 欲 3 中-傷 之? 而 光行 義無, I 可:. 暂者? 乃唱爲 -I 浮言? 謂 書 之 所,, 以久 不,. 成リ 綠, J 曰 局 之 人 利- 1 尙方 

肇墨媚 帛及御 府染餅 金錢之 賜, 耳" 光於; li^ 厳-課程? 省,, 人事? 促修 成』 曰。 其 表 有, 云。 日 カ不, 足。 

繼, 之以 i 夜。 簡牘盈 積。 浩 如,, 淵 海? 其閒 抵牾。 不, I 敢 自保? 今 讀-- 其 書? 盖自レ 唐 及-五代? 采取微 

冗 日月 或 差 良 有, 由 也 C 

又 曰。 張 新叟曰 C 洛陽 有- 資治 通鑑草 藁? 盈-- 兩屋? 黄 魯直閲 _ -數 百卷? 訖無 >- 一 .^-草書? 

淺見 鎖齋 六 經編考 四百 七十 五 



朱 子享ほ 上 a 百 七ナ四 

隨 給 一一 之 祿秩? 不, 實 一一 職業? 臣旣 M 一一 它事? 得 一-一 以班レ 精 極, 慮。 窮ニ竭 所, 有 曰 カ不, 足。 港, 之以 

ko 福 閲-, 舊史? 旁 采,, 小說? 簡牘盈 積。 浩 如-淵 海? 抉- -键 幽隱? 技,, 計 毫籣? 上 起,, 戰國? 下 終,, 五 

代? 一千 三百 六十 二 年 修,, 成 二百 九十 四卷? 又 pi 事 目? 年 經國緯 以 備,, 檢尋? 爲,, 目錄 三十 

_ 卷? 又參- -考群 窨? 評-, 其 同異? 俾 i 歸, ニ途? 爲- -考異 三十 卷? 合 三百 五十 四卷 治平, £! 開 k 局 

B $ 迨乂 r 始成。 歳月^^久0 其 間 牴捂。 不- 敢自 保? 罪 負之赏 固 無, 所, 逃。 臣光誠 惶誠懼 頓首頓 首 G 重 

本 $ や:? 臣 違-離 闕 庭-十 有 五 年 C 雖ョ身 處=于 外? 區々 之 心 朝夕 寤寐 何 嘗不, 在,, 陛下 之 左右? 顥以 _,駑 

^ 騫? 無-施 而可? 是以専 事-,^ 槧? 用 酬-, 大恩? 庶竭 -I 涓塵? 少 裨,, 海獄? 臣今 骸骨 癒 t^o 目 視昏近 齒 

份 Z 牙 無 A 幾 神 識衰耗 目前 所, 爲。 :1^, 踵 遺 忘 C 臣之 精力 盡= 於此 書? 伏 望 陛下 寬,, 其妄作 之誅? 察.. 

理 j 其 願忠之 意? 以-- 其 淸間之 宴? ^^-is 塵-前世 之 典衰? 者 _,當 今 之 得失? 喜, 善矜, 惡 C 取, 曰 li 捨 

一 ,非0 足 B 以懋 K 稽古 之盛德 3 蹐 T 無 前 之 至 治 3 俾ョ 四海 群生。 咸!? 其 福? 則臣雖 k 委,, 骨 九泉? 志願 永 

ノ 畢矣 謹 奉, 表 陳進以 聞 臣光誠 惶誠懼 頓首頓 首 謹言 元 豊七年 十 一 月日 進呈 C 

編 \ 文 獻通考 經鐯考 曰 陳氏 曰。 > 初光嘗 約- 戰國? 至- -秦 二世? 如-左 氏體? 爲-- 通 志 八 卷-以 進- 英^!ポ悅 

. レ之 遂命 論-| 次歷代 君臣 事跡? 起-周 威烈 王? 訖,, 于 五代 Y 目錄 倣-, 史記 年表? liHf 用 = 劉義叟 

長 藤 氣朔? 1^ 撮,, , 新 霧精耍 散,, 於 中? 考異 參,, 諸家 異同? 正,, 其 認 誤? 而 Ik ノ, 于 一? 

又 曰。 高 氏 曰 「」 公 與,, 宋次 道, 書 曰 C 某自. 洛 以來。 專以 鈿,, 資治 通燼, 爲, 事。 於, 今 八 年。 僅 7 

得 晋宋齊 梁 陳隋六 代 以來, 奏御。 唐 文字 尤多。 託, -范夢 得? 將,, 諸喾, 依,, 年月? 繕次爲 &卷? 毎 = 四, 



^之 所 T 在。 終不 於 文士 浮華 放浪 之 習。 時 俗 富貴 利 達 之 求? 而其覽 -觀 古今 之 蠻? 將 ,_| 以 措-諸事 

業, 者。 恐 亦 未, 若, 仲 淹之致 懇惻? 而有, 條 理., 也。 是以予 於,, 仲 俺? 獨 深惜, 之。 而 有, 所, 未, 暇-於 

三 子? 是亦^^^秋責-賢者備-之遺意也。 可, I 勝 歎, 哉。 

資 治通鑑 二百 九十 四卷 e 目錄 三十 卷。 者異 三十 卷。 司 馬 溫公撰 ◦ 自表曰 C 臣光言 奉, 勅 編,, 集歷代 

君臣 事跡? 叉窣 -I 聖 3 曰? 賜, 1 名资治 通鑑? 今 已了畢 者 C 伏 念臣性 識愚魯 C 學術荒 鰊。 凡百 事爲。 皆 出,, 

人 下? 獨 於-前史? 粗 嘗竭, 心 C 自ぃ幼 至, 老。 嗜, 之 不:, 厭。 毎 患遷固 以來。 文字 繁多。 自,, 布 衣 之 士? 

霞不, 福" 於 3 人生 日 有-萬 機? 何 暇 = 周覧? 臣常不 -I 自揆? 欲 £ 削-, 刪 冗長? 擧 -1 撮 機 要? 專取 TP- 國 

家 盛衰? 槃-生 民 休戚? 善 可, 爲, 法 e 惡 可, 爲, 戒者 ^ 爲= 編 年 一 害? 使 ,0 先 後 有, 倫。 精粗 不 雜。 私 

家 カ游。 無 k も., 可 i 成 C 伏 遇英宗 皇帝 資,, 眷智之 性? 敷,, 文明 之 治? 思 T 歷, I 覽 古事? 用恢, 張 大猷? 爱 

詔,, 下臣? 俾,,之鶴^^? 臣夙昔 所, 願。 一 朝 獲, 伸 踊躍 奉 承。 惟懼 レ不, 稱。 先帝 仍命。 自選,, 辟 官屬? 

於-一崇 文 院-置 A 局。 許, -借龍 圖天章 三 舘秘閣 窗籍? 賜以 - 御 府肇墨 繒帛及 御 府錢? 以 供- -果 餌? 以 --內 

臣-爲 - 奉 承? 眷遇之 榮。 近臣 莫, 及。 不幸 寄 未-進 御? 先帝 遺 _1棄 群臣? 陛下 紹- -膺 大統? 欽, -承先 志? 

寵 以,, 冠 序? 賜-之 嘉名? 毎 開- 經筵? 常 令,, 進讀? 臣 雖,, 頑愚? 荷,, 兩朝知 待? 如, 此其厚 身 喪レ元 G 

未, 足-報 塞? 苟 智力 所, 及。 豈敢 有, 遣 C 會 差-知 永 典 軍? 以-- 衰疾不 治 劇? 乞, 就-冗官? 陛下 附- 

從 所., 欲 ◦ 曲-, 賜容 養? 差-判 西 京 留司御 史臺。 及 提擧西 京 嵩 山崇 福宮? 前後 六 任〕 仍聽 以-書 局, 自 

淺見 S 繁 六 經編考 四百 七十 111 



. 朱子學 s 上 , 四百 七十 二 

使 不幸 終 無 i 所 r 遇。 至__1於^„^不レ得,巳而攀=之於蒈? 亦必有 T 以發 - 終 言 之 餘蕴? 而開, 接學 於燕窮 ^ 顧 

乃不レ 知, 出, 此 C 而不, 勝-一 其 好 レ名欲 k 速 之 心? 汲々 乎 曰 以,, 著』 5¥ 爲- 一己 任? 則 其 5, 心爲ー 一已 外, 

矣 C 及ヨ其 無= 以自 託? 乃復裙 _| 拾 BE 漢以來 文字 言語 之 陋ハ、 功名 事業 之卑? 而求 /q^ 天资之 偶 合 ま,, 

バ 其 竊取而 近似 者? 依-倣 六 經? 次第 采緝, レ 因以 牽,, 挽 其 人? 强而瞎 之 二 帝 三 王 之 列? 今 其 遺 緩雖, 不 

U 一 レ可 然考 _ 一之 中 1 而得, I 其 規模 之 大略? 如 彼 之賛, 易。 是豈有 _| 精 一 執 中 之 傅? 曹劉顔 謝 之 詩、 ぃ,是 

本 \ 豈 有,, 物 則秉釋 之訓? 叔孫通 公孫 述曹襃 荀勉之 禮樂。 ヌ孰 =與 伯 夷 后 夔 周 公之 懿? 至,, 於宋魏 以來? 一 

W 南 一 校 k 功 度, 德 C 盖 未し;?!,, 以相 君臣, 也 C 則 其 天命 人心 之 向背」 統緒繼 承 之 偏 正.) 亦: £ 足, 諭リ 

倫 一 而欲. J.? 臂其 間? 奪:, 彼予, 此 C 以自 列, 於 孔子 之 春秋. -哉。 盖旣不 3 自 知-其 學之不 足, =以_5 周孔 <x 

や 不:, 知,, 兩 漢之不 i,= 以爲 = 三 王? 而徒欲 ,'以_1 是區々 者? 比 而:? 之 於 形 似 影 輕之間 傲然 自謂 T 以 承-一 

千聖? 而 詔-百 王 >矣^ 而不, 知 i- 羽不" 足. n 以 供- 兒童之 一 戯? 乂適以 kljffi 自納- 一 於吳楚 僭王 之誅? 使, 

r 一 夫 接 世知:, 道 之 君子。 雖 或 有,, 取-於 其 言? 而終不 * 能 恨-於 此? 是亦 可, 悲 也已。 至 T 於 假卞逮 I 

一 象-論語? 而强 引-唐- 文武 名臣, 以爲, 弟子 W 是 乃福郊 I 臞畤之 所, 爲" 而 非,, 仲 流之雅 意? 然 推-原本 

~ 始? 乃 其 平日 好 J 咼自大 之 心 有,, 以 啓., 之 C 則 亦不, 得 X 爲, 不\ 罪 矣.〕 或 曰 然則仲 掩之學 C 固不, 得 

,爲_-孟子之偷,矣。 其 視,, 荀楊韓 氏? 亦 有, 可-得 而 優劣, 者, 邪。 曰。 荀卿 之學) 雜_- 於 申 商? 子 雲 之 

學 G 本,, 於黄老 V 而其 著書 之 意 盖亦姑託_,^i^,文-以自見耳c 非, 如. '仲 沲之學 頗 近-於 正? 而粗 有, 可 

, 用 之實, 也。 至-於 返 之 原 道 諸篇? 則 於-道 之大 原? 若, 有 T 非- 1 荀楊仲 俺 之 所 T 及 者お 然 者-其 K1. 生 意 



之 後? 其 公 穀ニ經 所- 以異- 者. - 類 多 人名 地名 而 非-大義 之 所!^ 繁 故不, 能- -悉 具? 異時有 f 能 傲- -呂 

氏 之 法? 而< お-, 三經之 音訓, 者 S 尙有, =以 成-吾 之 志-也 哉 紹熙庚 戌 冬 十月 壬!::: f 新 安 失 一 謹書 C 

王 氏 賴經説 曰 C 道 之 在-天下? 未- 嘗 IJ? 而^ 明晦通 塞之不 J^o M 如, -畫 夜寒 暑 之 相 ぼ? 故 二 帝 三 王 

之 治。 詩 書 六藝之 文。 後世 莫,, 能 及., 之 盖 非-功 效語 言之不 類。 乃 其 本心 事實 之不, 俾 也。 雖:, 然維 

天 之 命 於 穆不, 已 彼 所, 謂 道 者 刖固未 =嘗13- 矣 而大 學之敎 所い 謂 明 德新民 止-於 至善-者 又 

已 具有-明 法? 若, 可-階 而 升- 焉 後 之 請-其 害-者-其 事-者 誠 能 思熟講 以 探-其 本? 謹 守 カ行 

以 踐-, 其實? 至-於 一 旦 豁然 而晦者 明 塞 者 通? 則 古人 之不, マ „ ノ及 者. - 固 已倐然 而 在, 我矣 夫豈 

患, 不 な 哉。 芍爲, 不, 然。 而 m 爲-- 模倣 假竊之 計? 則不- 惟精 粗 懸絕? 終 無-可, 似 之理? 政 使 似 

,之0 然 於-其 道? 亦 何 足,, 以 有,, 所, -發 明? 此 有』" J 爲, 己 之士 所- 以不, 滑 而 有. ^所, 不, 暇, 爲也 王 仲 

俺 生-乎 百世 之 下? 讀,, 古 li^ 賢 之 書? 而粗 識,- 其 用? 則 於 K 道 之 未- 嘗 者? 盖有, 意焉 而於 H 明徳 新 

之學? 亦不, 可, 謂 k 一-其 志- 矣。 然未. J 曰 深 探-其 本? 盡- 力 於 其實? 以求 * 必 得-夫 至善 者- 而 止お 之。 

顧 乃 狭-其 窺规 想像 之 彷彿? 而 謂る 聖之 所- 以!! ま 賢 之 所- 以賢? 與 T 其 所,, 以脩, 身 G 所 3 以治, 人 C 而 

及-夫 天下 國 家-者 5 擧皆不 越- 1 乎此? 是以ー 見- 1 隋文? 而陳 = 十二 策? 則旣不 3 自 量-其 カ之不 _^ 足ミ以 

爲-, 伊周? 又 不』, -其君 之不" 可." 以爲 _-湯 武? 且不, 待-其 招- 而往。 チ 待-某 問- 而吿。 則 又輕- 

以求, 售焉。 及,, 其不, 遇 而歸? 其 年盖亦 未, 爲, 晚也。 若 能 於, 此 反-之 於 身? 以益 求-其 所.^ 未 ko 使 T 

明德之 方。 新 民 之 具。 皆 足 * 以 得-其 至善- 而止 * 之。 則異時 得い 君 行 i 道。 安知- 1 其卒 不.. 逮- 於 古人? 政 

淺見 綱齋 六 經編考 四 巧 七十 一 



曰 

儉 



朱 子 g 汲 上 、 四百 七十 

于其 初? ほ 懼,, 覽者之 惑, 也。 又備 論-於 其 後, 一 H0 ,? ,5 熙庚戌 冬 十月 壬 辰 新 安朱 ^識。 , 

易 

右 古文 周易 經傳 十二 篇。 亡友 東 蒸 呂祖謙 伯 恭父之 所 X 定。 而昔 訓ー篇 G 則 其 門人 金 華 王 宰叟之 所-筆 

受, 也。 l^i 嘗以 謂、 -.^ tn^ 經本爲 ,1 卜筮, 而作。 皆 因,, 吉凶? 以 示,, 訓戒? 故 其 言雖, 約 C 而所 k 包甚廣 G 夫子 

作, 傳。 亦 略 擧- 其 一 端? 以昆, 一 も 例, 而已。 然8_| 諸 儒 分, 經 合:. 傳之 後? 學者 便, 文 取, 義 a 往々 未 ^ 及. - 

一 玩- 心 全經? 丽缝 執-傅 之 一 端? 以 爲,, 定説? 於ら ー卦 ー爻。 僅 爲= 一 事? 而 易之 爲, SQIE^ 有 k 所, 局 a 

一 而無 =, 以 通-乎 天下 之 故? 若, 此 者。 襄盖 病, 之。 是以 三,, 復伯恭 父 之 書? 而有 X 發焉。 非.' 特爲- 其 章句 

一 之 近-古 而已, 也 C 音訓 則妄意 C 其猶或 有, b.?,l 遣脫? 莘叟盖 言 C ま I 甫舉。 而伯恭 父 沒、」 是則 固宜 k 然 

理 一 亦 不,, 敢 輙輔, 也。 爲, 之 別 著- -于篇 後-云 C 淳 Si 九 年 夏 六月 庚 子 朔旦" 新 安朱 容ー 謹書 C 

春秋 

セ^|之先君子好-左氏寄? 毎夕 讀, 之 C 必盡- 一 卷? 乃 就; r 故嘉 自-, 幼 未, 受, 學時? 已 耳熟焉 n 及 

稍從_&先生長者?.問>,^,!^秋義例? s§ 窺, I 其 一 ニ大 者? 而 終不, 能^,, ,以 自信-於 其 心? 以&未 ミ嘗 

敢轍 措-, 一 詞於其 問? 而獨 於, 一 其 君臣 父子 大^ 大法 之 際? 爲, 有, 感也 C 近 刻, I 易 詩 書 於 郡帑? 易 用 _ -呂 

氏 本 古經傳 十二 篇? 而 細-詩 書 之 序? 置-之 經後? 以曉 _,當 世? 使, 得 K 復 -I 古窨 之舊? 而不. 錮,, 於 後世 

諸 儒 之 説? 顧 三 禮鉢大 C 糸, 能,, 緒 正? 獨 《ふ 春秋 大訓 e 聖筆 所, 刊 不 -敢廢 塞? 而 河南 邵氏皇 極 經世學 C . 

又 E3-_ 一易 詩 書 秋, 爲_| 皇帝 王覇之 書? 尤不 4 可- 以不, 備 C 乃復 出-左 氏經 文? 別 爲-- 一 書? 以 踵-三 經 」 



彙 



篇, 爲,, 九篇? 又!? 多 五篇。 舜典 益稷 盤 庚 中 C 盤 庚 下。 康王 之誥。 幷序 一 篇" 合, 之 凡 五十 篇 G 

及安國 作" 傳 遂 引, 序以 冠. * 其篇 首? 而定爲 >- 五十八 篇? 今^所, 行 公私 版本 是也" 然漢儒 以,, 伏 生 之 

書, 爲= 今 文? 而 謂,, 安 國之書 1 爲-- 古文? 今考, 之。 則 今 文多截 溢。 而 古文 反 "や 易。 或 者 以爲。 今 文 

CO 卞伏生 女子 P 授 晃錯, 時, 失, 之。 則 先 秦古螯 所 レ引之 文。 皆已若 レ此。 或 者以爲 。記 錄之赏 語 難, ェ。 

而 潤色 之雅詞 易, 好。 則陪誦 者不, 應,, , 係 得, 所, 難。 而考, 文 者 反專得 =ffiw.i。 是皆 有- -不, 可, 知者? 

至,, 書 厚 クー 文? 或 頗與, 經不, 合 C 如- -康誥 酒 誥梓材 之 類? 而安國 之 序 C 又 絕不, 類-西 京 文字? 亦 皆 可 

i 疑 C 獨書序 之 本不, 先, 經。 則 賴_1 安固 之 序- 而可, 見 故 今 别定, 1 此本? 一 以- -諸篇 本文, 爲, 經。 而復 

合-序 篇於 後? 使下覽 者 得, 見 一- 聖經 之舊? 而 不も亂 一一 乎 諸 儒 之說? 又 5i? 其 所 一一 以不 可, 知者-如 レ此 G 

使 "續 者姑務 沈. C 潜 K 覆 乎 其 所お 易 C 而不,,,必穿_,靈^^會於其所,難者,云。 紹熙庚 戌 十月 壬 辰。 新 安朱 赢 

識。 , . 

詩 

鄭康 成說" 南隊 禁篇。 遭, 泰而 亡. - 其義 §與= 衆篇之 義-合 編。 故存。 至, = 毛 公 爲,, 詁 訓傳? 乃 分-衆 篇 

之義? 各 置- 1 於其篇 端? 愚按。 鄭氏 謂。 三 篇之義 本與 -1 衆 篇之義 > 合 編者。 是也。 然遂以 爲「」 詩與レ 

義皆 出-於 先秦? 詩 亡而義 獨存。 至-毛 公? 乃 分-衆 義? 各 置 =篇 端? 則 失, 之矣 後 漢衞宏 傅 G 明言,, ,宏 

作-毛 詩 序? 則序豈 得, 爲- „ 與, 經並 出。 而 分-於 毛 公之 手-哉 ◦ 然序之 本不, 冠 = 於篇 端? 則 因- 鄭氏此 

說, 而可レ 見。 蔬嘗 病。 今 之 讀レ詩 者。 お, 有, 序。 而不レ 知 レ有レ 詩 也。 故 因 一一 其說? 而更 定ニ此 本? 以復 一一 

淺見 齊 1 ハ^ IS 考 四百 六 十九 



朱 子 s ffi 上 四百 六十 八 

也。 換乎其 有-文章? 又 曰。 周監- 於 二 代? 郁, I- 乎 文 哉。 吾從 i 周。 於, 是翁 feg 斷- 堯 典?, 樂則 ? 

韶舞? 論 レ詩則 首- -mj 南? 綴-周 之禮? 因=魯^!^秋? 擧-- 十二 公行 事? 繩:, 之 以-- 文武 之 道? 成- 一 王法? 

p^-^^^ 至-獲 麟, 而止。 盖晚而 好, 易。 讀レ之 韋編 三絕。 丽 爲-- 之傳? 

五經 正義。 文 獻通考 經鐯考 曰 C 陳氏曰 C 序 云。 十四 卷 館閣 書目 亦 云 今 本 止 十三 卷。 按 C 本唐貞 

觀中 穎 達 與,, 顏師古 等? 受, 詔 撰,, 五經 義贊? 後改爲 - 正義? 博士 馬 嘉運駁 = 正 其 失? 永徽ニ 年中 G 書 

門下 于志寧 等 者 正增損 書 始布下 其赏 非- 一 手 一 足 之 力? 世 但稱, I 孔疏, 耳 其說專 釋,, 一 家? 註文 

爲. 正。 

又 曰。 崇文總 目 唐 太 尉 長 孫 Mi 忌 與-- 諸 儒, 刊定 C 宋朝端 拱 初 國子司 業 孔維等 奉, 詔 是- 正 其 言 

生 申, I 正學 I 云。 

朱 子 書-臨 1^ 所, 刊四鋰 接- 

書 

世傳 孔安 國尙書 序言 伏 生 口,, 傅 書 二十 八篇? 堯典 C 皐陶謨 禹貢 甘 誓 湯 誓。 盤 皮 C 高宗肜 

BO 西 伯戡黎 C 微子 牧誓 C 洪範 金臉 :- 大詰 康誥 酒誥 (〕 梓 材.」 召誥 洛誥 多士 無 逸 君 

爽 多 方 C 立改 顧 命 呂刑 文 侯 之 命 C 費 誓 秦誓: > 孔氏壁 中 書 堦多 二十 五篇 大禹謨 五子 

之 歌 胤征」 仲 ® 之誥 湯 詰 C 伊訓」 太屮上 太 甲 中 太 甲 下 C 威 有 一 德 說命上 C ^命中 說命 

了 泰誓下 C 武成 C 旅 養 C 微子之 命,」 禁: §: 之 命 C M0C 君陳. - 畢命 C 君 牙。 冏命 C 分-伏 生 書中 四 



5 松 曰 c 易不. 可. % 則 乾坤 或 幾-乎 息- 矣。 11 『お, f 滅レ践 f 、也 言 與-- 天地- 爲- 終始-也 OP, 於五學 

世 有- 變改? ? 五行 之更 用き 焉。 麵 g 仙" 古之學 者。 耕且 養。 三年 而 通-二 藝? 存= 其 大體? 玩,, 經文, 

而已 是故 用, 日少。 而畜, 德多。 三十 而五經 立 也。 後世 經傳 旣已 乖離。 博學者 又不, 思,, 多 聞闕, 疑 

^ 之義? 而務- 碎篛 逃. 難。 便辭 巧說。 破き 形 鉢? i1&!ssl 卿で ひ黯ー |、_説= 五 字 之 文 

B 一 於 二三 萬 言? i£i 字; j^^&fefsl! 曰 lig^l&gl ハ 後進 彌以 馳逐。 故 幼紫而 守-二 藝? 白 首 而後 

本 一 能 言。 安-其? 習。 毀.?? 見。 .J^igs- 習 if き、 終 以 自蔽。 此學者 之 大患 也。 § 钃ト 

aT 山 崎 先生 曰、 此 

說附 #、 不レ 足レ信 也、 、 

偷 漢書 叙傳 曰。 虚義 卦。 書 契 後作。 虞 夏 商周孔 P 其 業? «kifeo 緩 b 正, 樂。 象,, 系大 易? 因 

理 .史 立. 法。 it 邦 帝 六 登。 遭-世 P 弘" isi&il 也, 亂 諸子 相騰。 聖人 是 

. 滅。 漢修 -I 其缺? 劉 向 司 i〕 九 流 以别。 sgtf^gfil 爱 著-目 錄? 略 序- 洪烈? 述&文 志? 

彙 漢書 儒 林 傅 日。 古 之 儒者 e 博 學-- 虔六藝 之 女? 細 、六 舉考" 王敎之 典籍。 先聖 所, 以 明,, 天 

一 道? 正-人倫? 致 "至 治, 之 成; S 也」 周 道 旣衰" 壤,, 於 幽厲? 禮樂従 伐 自-- 諸侯-出。 陵 夷 二百 餘 JJ^O 而 

i 孔子 興 C n 一一 聖德ー 遭, 一季 世? 知, 一言 之不, 用。 而 道不, 行。 廼歎 曰。 鳳 鳥不, 至。 河? 出, 圖。 吾巳矣 

夫 ◦ 文 王旣沒 C 文不, 在, 玆乎。 於,, 是 應-聘 諸侯? 以 答:, 禮行 V 誼。 ll、slfif£sll 气西 入い 周。 南 至 

楚 C 畏き leh 陳。 奸,, 七十 餘君? 0., 適し !!!聞 ご韶。 三月 不:, 知-肉 咏? 自 反. 魯。 然後樂 正 。雅頌 

各 得-其 所? 究& 古今 篇籍? 廼稻 曰。 大哉堯 之爲, 君 也。 唯 天爲, 大。 唯 堯則じ Na 魏, H ザ 其 有-成功- 

淺見 竊齋 六 經編考 四百 六十 七 



m 



朱 子 學添上 四百 六十 六 一 

夫 國朝會 要? 以及 • 程 子 張子 之 言 5 顧 讀者不 深考? 其間雖 T 或 有, 得-於 此-者 5 而又 不レ能 に 失-於 一 

彼 2S 晦蝕 紛辈リ 無 _|復 定論? 大抵 不 *拘- 攀於 習熟 見聞 之 近? 即肆 = 其 胸臆? 妄爲 穿 穴? 而無, 所-二 

據依? 季通乃 能 奮-其 獨見? 超然 遠覽」 爬梳 剔抉 e 參互^^尋。 用,, 其 半生 之 力? 以 至,, 於 一 旦 豁然 而ー 

融會 貫通, 焉。 期 亦 可, 謂, 勸矣。 及,, 其 著., 論。 則 又 能 推,, ぬ 本 根? 比,, 次 條现? 管,, 括 機 要? 闥-究 精一 

微? 不,, 爲-- 浮 辭濫說 -以汨 * 亂於^ 間? 亦庶 T 幾 乎 得-書 之 鉢-者 S 予謂國 家行且 平,, 定 中原? 以 開-中天 一 

之 s> 必 將., 審」 |_ 曰 協, 律 以 諧,, 祌入? 當,, 是之 時? 受 i 詔典領 之臣。 能 得-, 此書, 而奏 X 之。 則 束 京 郊廟ー 

ん 

一 之樂 將, 不, 待-公孫 述之 替師, 而 後備? 而參暮 四 分之喾 亦 無. 4 付-, 乎 後世 之 子 雲-而後 知. -好 k 之矣. 1 

抑季 通之爲 --此 普? 詞約理 明 G _莉 非 に讀 而讀, 之 者。 往往 未, 及, 終, 篇じ 輙已 欠伸 思, 睡 固 無, 由 一 

理 一 レ 了-其 歸趣? 獨以- 予之顽 鈍 不敏? 乃 能 熟 復數過 C 而僅得 ,-3曰 意之 彷彿? 季 通以, 此亦 許み。 ?能ー 

知,, 己 志, 者? 故屬 I 予以 = 序 引? 而 予不, 得, 辭焉" 季通更 欲 T 均-調節 族? 被-之 管兹? 別爲- -樂書 ^ 以ー 

究= 其 業? 而又以 其 餘カ? 發, I 揮武侯 六十 四陣 之圖? 緒-正 邵氏皇 極經世 之歷? 以大備 ,乎 一 家 之 言 3 一 

其 用 i 意 亦 健矣り 予 雖-, 老病? 儻 及, 尾, 之 刖亦豈 非-千古 之 一 快-也 哉 淳熙丁 未 正月 朔旦 C 新 安朱 一 

io 

漢害藝 文 志 曰.^ 六藝之 文。 樂以 和, 祌 C 仁 之 表 也 C 詩以 正:, 言 義之用 也 C 禮以 明, 體 叨者著 尾 故 一 

無 レ訓也 書以 廣, 聽。 知 之 術 也。 春秋 以斷, 事 C 信 之符也 C 五者盖 五常 之 道. - 相須 而備。 而易 爲-之 一 



本 一 

偷 



編 



曰 



本 



理 

編 



^^Mlk き- 獻,, 其 書 9 乃 周 官太宗 伯 之 大司樂 章 也 武帝時 河 間獻王 好, 儒 與,, 毛 生 等, 共采, 周官及 諸子 

言, -樂 事-者 W W 作-, 樂記? 獻-八 借 之 舞? 與,, 制 氏, 不 =相 遠? 其內史 丞王定 傳^. - 以 授,, 常 山王禹 S; 成 

帝時爲 --謁 者? 數 言-其 義? I 肺 お 獻-ニ 一 十四 卷記? 劉 向 校き。 得- 樂記 二十 三篇? 與. 禹不. 同 其 

道浸以 益微。 

律呂 新書 序 曰 古樂之 C 久矣 然秦漢 之 間 去 k 周 未, 遠 其 器與, 聲 猶有, -存 者? 故 其道雖 k 不仁 打-, 

於當 世? 而其爲 k 法 猶未, 容 k 有-異論, 也 逮, = 于東漢 之末以 接,, 西晋 之-初? 则已浸 多說矣 藤,, 魏周 

齊隋唐 五季? ti 者 愈 多。 而法 愈不, 定。 爱及, I 我 朝? 功 成治定 理宜, 有, 作 建 隆皇祐 元豊之 問。 盖 

亦 三 致, 意 焉、」 而和胡 阮李范 馬 劉 楊 諸賢 之議 終不, 能,, 以相 一 ,也0 而 於,, 崇 宣之季 姦 諛之會 黥 

涅 之餘? 而能有 =, 以 語,, 夫 天地 之 和, 哉. > 丁 未 南 狩 今 六十 年 神人 之 憤 猶 有, 未, 據 是固不 k 追-於 

黎古禮 文 之 事? 然 學士大 夫。 因 仍簡陋 遂無 T 復以- 鐘 律, 爲, 意 者 3 則 已甚矣 吾 友 建 陽蔡君 元定季 

通 當,, 此 之膀? 乃獨心 好,, 其說? 而カ 求, 之 旁 搜遠取 巨細 不 ^捐。 積, 之累 5Ji.o 乃 若,, 冥 契? 著 

兩卷 若干 言 予嘗得 而讀, 之 愛., 其 明白 而淵深 C 績密而 通暢。 不, 爲,, 牽 合傅會 之談? 而横斜 

直 0. 如., 珠之不 お出-於 盤? 其 言雖, = 多 出-於 近世 之 所 未, 講 C 而. W 無., 一 字不 .5. 本 於 古人 巳 試 之 成 法? 

盖若, 1 黄 鐘圜徑 之數? 則廩斛之積分可,^^0 寸 以,, 九分, 爲, 法 C 則 淮南太 史小司 馬 之 說可, 推 五聲ニ 

變之數 翳 律 半 聲之例 則 杜氏 之 通 典具焉 變 徴變宮 之不, 得, 爲, 調 則 孔子 之 禮疏因 亦 可 i 見 至.^ 

於 先 求-, 聲氣之 元? 而因 X 律以 生. 1^ 尺 则尤 所, 謂 卓然者 而亦 班班雜 K 見 於 雨 漢之志 察兽 之說 與, I 

六 經編考 四 la 六十 五 



m 彙 本 〜H 



* 子 a- ! 上 四百 六十 四 

篇? 德剛- 其 繁赏? 爲-- 八十 五篇? 今 書 止 四十 篇 a 其篇: H 自,, 三十 九 篇-始 "無-四十 三 四十 四 四十 五六 

十 一 四篇? 有-雨 七十 四? 盖因, -舊 闕-錄 A 之し 毎卷 稲-今 卷第 幾? 題 曰。 九 江 太守 戴德 撰。 按 九 江 太 

守聖也 德 爲,, 信 都 王 太 傅? 盖 後人 誤 題 U 

又 曰。 鱧 記 二十 卷。 鄭玄 註し 晃氏 曰。 漢戴 聖纂。 鄭康成 註 C 即所, 謂 小 戴 者 也。 此書乃 孔子 沒接 C 七 

十 子 之 徒 所,, 共錄? 中庸 孔伋 作。 緇衣 公孫 尼 子 作。 王制 漢文 帝 時 博士 作 河間獻 王 集而上 k 之 U 劉 向 校 

定 二百 五十 篇。 大戴旣 刪- - 八十 五篇? 小 戴 又 謝-四十 六篇? 馬融 傅-其 學? X 附,, 月 令 明 堂義? 合 四十 

九 簾 、 

又 曰. - 禮記 正義 七十 卷。 晁氏 曰。 唐 孔穎達 等 貞觀中 奉, 韶撰。 其序稱 大小 二 戴。 共, 氏 而分, 門 王鄭 

兩家 經 而異, 註 爱從, -晋宋 I 逮-于 周隋? 傳- -禮業 I 者 C 江左尤 盛" 其 爲_| 義疏 I 者 多 ◦ 唯 皇甫促 熊 

安生 見,, 於 世?. 然皇 南 爲, 勝。 今据 以爲, 本。 其 有, 不 Jw。 則 以,, 熊 氏, 铺焉。 

朱 子 曰。 上古 禮書極 多。 如,, ,獻 王 收,, 捨得 五十六 篇? 後來藏 在,, 秘府? 鄭支輩 尙及, 見, 之。 今疏中 有- 

引 援處? 後來遂 失不, 傅。 可, 惜 C 儀 禮古亦 多 有 C 今 所, 餘 十七 篇り 但 多,, 士禮, 耳。 語類 

樂 

漢 齊藝 文 志 曰。 周衰樂 尤微. 妙。 以= 音律- 爲, ©こ Ig?^ 不 f 可お, 、一 &ff^gjt、_ 又爲- 鄭衞- 所 k。 故 

無, -遺 法? 漢興。 制 氏 以,, 雅樂聲 律? 世 在,, 樂官? 頗能紀 -I 其 is 鼓舞? 而不 fejy 其義? 六國之 君。 

鬼に rllknMS fib 4no fe-tft^t iilvs^^o 師古 曰、 桓 IS 新餘ー H、 s 公年 百 八十 il^、 兩目皆 盲、 文 帝奇レ 之、 問 曰、 何 

«^n-fi--^ ^^i-i^^AS_^_ 因至レ :^、 對曰、 臣年 十三 失レ 明、 父母 哀ー I 其不で 及, 一 衆 枝 T 教 レ鼓& 、 臣導 



漢畲 十三 王傳。 河 間 獻王德 以,, 孝 景前ニ 年, 立。 修, 學 好, 古。 實, 事 求, 是。 母 曰 1,1 レ 4?_%從^ 得-善 

書? 必爲好 寫龃ノ 之。 き-其 眞? 錢# 其 §g 一 加,, 金帛 賜- W 奏^。 繇巢 四方 道 術 之 人。 不, 遠-千里? 

有, 先 Ig 舊書多 奉。 以 奏,, 獻王, 者 故 得 i 多。 與,, 漢朝, 等。 是時淮 南 王 亦 好 所,, 招致, 率 

多-浮 辨€5^,1?、 獻王? 得鲁。 皆 古文 先秦 舊蒈。 細 未 先 I き sg! 周官尙 書禮禮 記。 德 ^囍ま 

. レ說 孟子 老子 之 凝。 皆 經傅說 S -。 七十 子 之 徒 所, 論。 解 

夂獻迪 者 經籍考 曰。 陳氏 曰,) 漢信都 王 太 傅 戴德延 九 江 太守 聖次君 皆 受,, 禮於后 倉? 謂,, 大小 戴 

禮 1 者 也 漢-观 以來。 迄 •= 於 劉 向 校,, 定中 書? 諸家 所, 記。 殆 數百篇 U 戴德 刪,, 其 煩 重? 爲,, 八十 五篇? 

聖又剛 爲>, 四十 九篇? 相傳 如, 此。 今 小 戴 四十 九篇. - 行-於 世? 而大戴 之卷數 皆與, 今 同。 而篇第 乃 

自 -I 三十 九? 而下 止,, 於 八十 一 ? 其前闕 三十 八篇. - 末闕 四篇〕 所, 存當 = 四 十三? 而 於, 中 又 闕-, 第 七十 

二? 復,, 出 ー篇? 霄 存,, 四十 篇? 意其闕 者。 即聖 所, 剛邪〕 然 哀公 問 投壺 ニ篇。 與,, 今禮記 文, 不 i〈Q 他 

亦 間 有,, 同 者? 保 傳篇世 言 賈誼書 所 _,從 出, 也 ^-禮 察篇? 湯武秦 定,, 取舍, 一 段 則盡 出,, 誼疏 中? 反 

若,' 取-誼 語, 勦-入 其 中, 者 5- 公符篇 至, 錄,, 漢昭 帝冠 辭? 則 此誊殆 後人 好き者。 ハ 木,, 獲 諸 書, 爲, 之 。故 

駁雜 不經。 决 非,, 戴德 本書, 也、」 題,, 九 江 太守? 廼戴 ®li 所, 藤官。 尤非, 是) 

又 曰 儀禮經 傳續? ^解 二十 九卷 陳氏 曰。 外 府丞長 樂黃餘 直 卿 撰 餘晦菴 之 培。 號,, 勉齋? 始晦菊 

著- 禮書? 喪祭 一 一禮。 未 論 次? 以屬. 畔 P 續_- 成 之? iiiifii. 鮮 きね 

大戴禮 十三 卷。 晁氏曰 漢戴 徳纂リ 亦 河 間 王 所 JI: 白 三十 一 簾 劉 向 校定 又 得,, 明 堂 陰陽 記 三十 三 

淺見 細齋 六 經編考 四百 六十 三 



曰 

編 



4< 子舉 上 四百 六十 二 

氏 安 國所レ 得 壁 中 書 也、 當レ覇 -I 上句 Wr 按、 每 卜ヒ さ a" Jo Lio 今按、 與 木作レ 學、 十七 本 作-七十 T SS 社 一 M、 

q3 上文 五 1 ハ卷 者、 せ ;讀5« レ從, I 劉 氏 i != 十七お 文-. * あ 多 三十 九篇 學都,„£?ハ"^?.5-當74?-??ー^$.1ハ^1-|十 

也 古.? ナ故. k 篇此 •ifsBsfef 及 明堂陰陽王史き。 所. 見 多-天子 諸侯 卿大夫 之 制? 

?不. 能.! r li 等 推-, 士禮 -|_, 諸 天子-之 i 多趙酵 きが:、 《^pf き fis 

レ考ニ 其 所 c 自耳、 汉 張谆ラ 如--^54?_百、 Mill 堂 生所レ *5、 sey, 一士 緩 T 而今 儀禮乃 有-一^子 諸侯 大夫 之醴 r 居-其. K 半 Tal 今義義 弗-, 高 

堂 生 之 書 T 但 IS55JS、 此則不 =1 深 考-- 於劉說 所, 計 之き 又不 所 Jsg 者、 特 SI- 一首 おや 之、 ssi1tT£IH?rp- 

者、 签專指 ニ冠昏 喪祭 I 而 一一:"、 若 11 燕 

射朝聘 I 則士豈 有-一 是禮 一而 可レ推 邪、 

漢書 儒 林 傅 曰。 漢興。 魯 高堂 生 傳,, 士禮 十七 篇? 而魯徐 生 善 爲&〕 S1s、_# 氏 1 儀/ fc»^T1^fi!f、l 港 

識? ,翻 l&tk^ 孝 文 時 Q 徐生以 i 、為- 禮官大 夫? 傳¥。 至-孫 延襄? 脑 g?f い、 延襄其 資性 

善爲, 頌っ 不, 能, 通 ,經0 延頗 能。 未, 善 也 :- 襄 亦以, 頌爲 --大 夫? 至-, 廣陵 内史? 延及徐 氏 弟子 公戶滿 

意 桓生單 次 皆 爲= 禮官大 夫? I^JS^及姓單1^"^がis^、也、^w瑕丘蕭奮以k禮至--淮陽太守? 諸 言, 禮爲, 頌者 由-, 

徐氏? OH.^ 卿 東海 人 也、」 事,, 蕭奮? 以授- 后 倉 魯閭丘 卿? 倉說, 禮數萬 言 號 曰-后 氏 曲臺記 7 s,^^ 

曲鼸 央 f き- 沛聞 人通漢 子方。 f ;^规ハ梁戴德延君。 戴聖次 君。 沛慶普 孝 公? 孝 公爲, - 

東 平 太 傅? 德 g--, 大戴? 爲,, 信 都 太 傅? 聖號- 小 戴? 以-, 博士, 論,, 石渠? 至-中 山中 尉? 普 授,, 魯夏侯 敬? 

X 傳,, 族 子咸? 爲,, 豫章 太守? 大戴 授,, 琅现 徐良游 卿? 爲-, 博士 州牧郡 守? 家 世傳, 業 C 小 戴 授,, 梁 人 橋 

仁季 卿楊榮 子孫? 0,. 仁爲 --大 鴻臚? 家 世傳, 業。 榮琅邪 太守 由, 是大戴 有- 徐氏? 小 戴 有,, 橋 楊 氏 

之學? 







本 



理 

編 



爾 廼使以 爲= 經禮? 尤爲, 可つ 笑 廣川藏 螯志云 公彦 此疏据 陳邵 異同 評 及 沉重義 -爲ぃ 之 二 書 並 

見,, 唐藝文 志? 今 不= 復存? 

ii 星 曰。 響 I 志。 I 豐. H ハ卷。 經き。 §戮1 P 按 4: 七 IS 「&? &3?i 一が 叶 一 細 

skBi3t0! - 篇。 お tS? 也, 堂 陰 i 土 i。si 雜、 王史氏 一一. 5。 

lis 、曲 臺后倉 九篇。 独 、ま 舗 sifil 明 堂 陰陽 説 五篇。 周官 六篇" 周官傳 四篇〕 00^.^. 

很 ISf 記、 で^ is 一." 一 劉飮曰 易 曰 有-夫婦 父子 君臣 上下? 然後禮 儀 有い 所い 錯 而 帝王 質 文 世 有-損 ー銼 V 

至. 周曲爲 _,之防? 事き 之 制? 故 曰。 讓 一香。 威 I 千。 pfesis^^il 



^器爲 

故 



if! き _ き ザ; 謂隱 is 響 之? 周 之 s 諸侯?? Hi- 己。 skif 

孔子 聘? 而不, 具 至, 秦大壤 漢 興。 5^ 高堂 生傳- -士禮 十七 篇? 訖- -孝宣 世? 后 倉最明 レ禮" 戴德戴 ® 

慶普 皆せ i 子。 三 家 立,, 於 學官? ||;:3^教、鱧古經者。出=於魯流仲及孔氏? iSg 注斷, 也 劉 

淺見 舰齊 六 經編考 四百 广. t1 



朱 子 s 游上 - 四 _E 六十 

如 =晦 之 尾, 明。 其 所,, 彌縫? 奄然 如-合, 符 復析? 欺 可, 謂 =雅 達廣攬 者, 也 「> 然猶 有,, 參錯? 同事 相違〕 

則 就,, 其 原文 字之聲 類? 考,, 訓詁? 捃,, 秘逸? 謂 ニ鄭者 同宗 之. K 懦。 明,, 堙于 典籍? 稱 _,議 皇祖 大經周 

官之 存,, 古字? 發, 疑 正, 讀。 亦 信 多つ 善。 徒寡且 釣。 用 不ミ顯 ,1 傳于 S 今讃 而辩, 之。 庶, 成- 此家 

世 所 "訓 也。 〇 其 名,, 周禮, 爲=尙 書 周官- 者。 周 天子 之官 也。 書 序 云" 成王旣 黜,, 殷命? 滅,, 淮夷? 還 蹄 

日 在, 豊〕 作,, 周官? 是言盖 失, 之矣。 案,〕 尙書 f 康誥說 命泰誓 之艤。 三 篇序皆 言。 某 作,, 若干 篛? 今 

本 一 多 者不, 過-三千 言? 又 書 之 所お。 P 時事 ー爲, 辭 C 君臣 相 誥命之 語。 作,, 周官, 之 時。 周 公 又 作,, 立 

一 政 上下 之 別? 正 有- > 1 篇? 周禮乃 六篇。 文 異教 萬 G 終始 辭句。 非,, 書 之 類? 難,, 以 irp 之。 tef 有, 若, 兹 

偷ー 焉。 得, 從, 諸 e 又 云。 斯道 也。 文武 所 T 以 綱- 紀 周國? 君.. 臨 天下 5 周 公定, 之。 致,, 隆平龍 鳳 之瑞? 然 

理ー 則周禮 起,, 於 成 帝 劉歆? 而成, =于 鄭玄附 離 之, 者 大半 C 故 林孝存 :5 爲。 武帝 知,, 周官 末世 濱亂 不驗之 

一 書? 故 作-十 論 七難? 以排 --棄 之? 何 休亦以 爲,〕 六國 陰謀 之 書 唯 有- 鄭玄? 徧_| 覽 群經? 知 T 問 禮者乃 

ゾ 

M ™ 周 公致-太平, 之迹 ^ 故 能 答-林 碩之論 難? 使,, ; 用禮義 得- 條通? 故 鄭氏傳 曰。 玄以爲 括- 囊 大典? 網 _ 一 

編 一 羅衆 家? 是以周 禮大行 後 王 之 法。 易 曰 ◦ 神 而化, 之。 存= 乎 其 人? 此之謂 也 

メ 文献 通 者經 籍考。 陳氏 曰。 其 序,, 周禮廢 興? 起-於 成 帝 劉 飲? 而 成,, 於 鄭玄? 又 曰。 鄭 衆以爲 書周官 

此周官 也。 失 i 之矣」 書 止 一 篇。 周禮 乃六篇 Q 文 異数 萬。 非 = 書類? 是則 然矣。 徂周禮 六官。 實本 _| 於 

周官? 周官 舉,, 其 凡? 周禮 詳,, 其 目? 則鄭衆 之說。 未, 得, 爲, 失。 而其大 可 者。 則 邦土 邦 事 之不, 同 也。 舘 

閣 書目 按。 藝文志 謂-之 周 官經? 此鱧器 所 ご謂經 禮者是 也。 志 有,, 周官經 六篇傳 四篇? 伹曰 = 經傳, 云. 



冬官 ー篇? 以= 考ェ 記, 足, 之 "時 衆 儒 並 出 共排。 以爲 fe;, 是。 唯飮獨 ilo 其 年尙幼 務 在,, 廣覽 博觀? 又 

多 銳,, 精 於 春秋? 末年 乃 知, 其 周 公致,, 太平, 之 J^o 迹具 在. „ ^欺 奈ぃ 遭-天下 倉卒? 兵 革 並 起 疾疫喪 荒 

弟子 死 喪? 徒 苻-, 里人 河南 縦氏杜 子奢尙 在? 永 平 之 初。 年且 九十。 家-, 于 南山? 能 通-, 其讀? 頗 識,, 其 

? 說? 鄭 衆賈逵 牲受, 業焉。 I 逵洪雅 博聞。 又以 -I 經 書記- 轉相證 明爲, 解 リ逵解 行,, 於 世? 衆 解不, 行 兼,, 

日 W 攬ニ家 1 爲, 備。 多, 所-, 遣闕? 然衆時 所-解 說? 近, 得-其 實? 獨以 .0 書 序言,, , 成 王 旣黜, 殷命 還歸 在, 豐 

本 作,, 周官? 則此周 ipv 也。 失, 之矣。 逵以爲 六 卿大夫 財家宰 以下 及六遂 爲,, 十五 萬 家? 額,, 千里 之 地? 

一 其 認焉。 此比 多々 吾 甚閱, 之久矣 六 鄕之人 實 居,, 四 同地? 故 云, 緩,, 千里 之 地, 者誤矣 又六鄕 

倫 一 大 夫家宰 以下 所, 非 者不, 著 ヌ 云-多々, 者。 如, 此解 不二 者^ 多 又 云. - 至-六十, 爲, -武都 守? 郡 小 

m , 少 k 事。 乃 述-- 平生 之 志^ 著-易 尙書詩 禮傳? 皆訖。 憎 《f 前 業 未, 畢者? 唯 周官年 六十 有 六 e 目 膜 意 

\ 倦。 自力 铺 之。 謂-之 周 官傳, 也。 窠 藝文志 云〕 成 帝 時 以,, 書頗散 亡? 使ョ謁 者陳農 求-遺書 於 天下? 

一 詔-光 祿大夫 劉 向? 校- 睿經傳 諸子 詩赋? 向輙 條,, 其篇 目? 撮,, 其 指 意? 錄 而奏, 之 會,, 向卒? 哀帝 復 

一 使 _= 向子 就 卒-父 業? 飮於, 是 總,, 群 書? 奏,, 其 七 s^? 故 有-六 藝七略 之屬? 歆之錄 在-於 哀帝 之賠? 不, 

^ 審。 馬融傳 云。 至-孝 成 皇帝? 劉 向子 歆者, 一理 秘書? 始得ョ 列 序 著-於 錄 B^, 者 成 帝 之 時- 盖劉向 父 

• 子 並 被-帝命? 至-向 卒? 哀帝 命, 歆。 卒, I ハ义 所, 修者? 故 今 文乖, 理 則是 也、、 _ 故 鄭玄序 云。 ^祖以 

來 C 通人 達士。 大中大 夫 鄭少贛 名 興。 及 子 大司農 仲師名 衆。 故 議郞衞 次 仲 侍 中賈君 伯 C 南 郡 太 

守馬季 長。 皆 作 = 周禮 解詁? ヌ云 玄竊 觀,, 二三 君子 之 文章? 顧-省 竹帛 之 浮辭? 其 所,, ©县? 灼然 

淺見 E 齋 六 經 II 考 四百 五十 九 



曰 

儉 



朱子學 PS 上 四百 五十八 

卷? 今 併爲, I 十二 卷? 世稱其 發,, 揮 鄭學? 最爲, I 詳明? 

周禮 正義 C 序-周 禮廢 興, 曰。 周 公 制, 禮之日 禮敎與 行 後 至,, 幽王? 禮 儀紛亂 故 孔子 云 諸侯 專 

行-征伐? 十 世 希, 不, 失。 鄭注 云云。 亦 謂,, 幽王之 後, 也、. - 故 晉趙簡 子 見, 儀。 皆 謂,, 之禮? 孟僖 子又不 

其 儀-也 C 至,, 於 孔子? 更倏 而定, 之。 時 已不, 具。 故 儀 禮註云 後世 衰微 幽 厲尤甚 禮樂之 書 

稍 稍 廢棄。 孔子 曰。 吾自, 衛 反, 魯〕 然後樂 正。 雅頌各 得-其 所? 謂- 當時在 者。 而復 重雜亂 者, 也. - 惡 

能存 其 亡者, 乎 C 至,, 孔子 卒後? 復更散 亂0 故 藝文志 云。 昔 仲 尼沒。 微 言絕。 七十 二 弟子 喪 而大 

義乖。 諸子 之 書 紛然 散亂 C 至, 秦患 i 之 乃 燔,, 滅 文章? 以 愚- 黔首? 又 云。 鱧經 三百。 威儀 三千。 及- 

周 之衰? 諸侯 將, 踪, I 法度? 惡= 其 害., 己〕 滅-- 去 其籍? 自-- 孔子 時? 而不, 具 至, 秦大壞 漢興 至,, 高堂 

理 一 生? 博士 傳,, 十七 篇? 孝 宣世后 倉 最明, 禮。 戴 德戴聖 慶普皆 其 弟子。 三 家 立-子 學官? 按 C 儒 林 傳0漢 

$ 興 高堂 生 傳,, 膿 十七 篇? 而魯徐 生 善爲, 容 孝 文 時。 徐 生以, 容 爲,, 鱧官大 夫? 而 瑕丘蕭 奮以, 禮 至,, 淮 

陽大 守? 孟卿柬 海人 也。 事- 蕭奮? 以 授,, 后 倉? 后 倉說, 瀘數萬 言。 號 曰-后 氏曲臺 記? 授= 戴德戴 Is 

鄭云 五 傅 弟子 則 高堂 生 蕭奮孟 卿 戴 倉戴德 戴聖。 是爲, 五 也 此所, 傳者。 謂,, 十七 篇? 即儀禮 也 U 

周 官孝武 之 時始出 秘 而不, 傳 周禮 後出 者。 以,, 其: S 皇 特惡. ^之 故 也" 是以 laT 融傳云 C 秦 自-, 孝 公, 

已下。 用,, 商 君 之: S 其 政 酷烈 C 與,, 周官, 相反。 故始皇 禁,, 挾 書? 特疾 惡。 欲 ,絕_, 滅之? 搜求 焚,, 燒 

之? 獨悉っ 是 以隱藏 百年 孝 武帝始 除,, 挾 書 之 律? 開,, 獻書 之路? 旣 出,, 於 山饅屋 壁? 復 入,, 于秘 府? 

五家 之 儒莫, 得, 見焉 C 至-孝 成 帝? 達才 通人 C 劉 向子;^ C 校-一理 秘書? 始得 3 列 序 著- -于錄 略? 然 亡-, 其 



彙 一 

ン 

一 



rp 



本 



理 

彙 



仲舒? 以,, 公 羊, 顯,, 于朝? 又四傳 至,, 何 休? 爲= 經傳 蔡詁? 其書遂 大傳。 鄭玄 曰。 公 羊 善,, 於讖, 爲 

レ 多。 . 

文 獻通者 經籍考 曰 寒 秋 穀梁傳 十二 卷。 晁氏 曰。 應^ 風俗 通 穀梁名 赤。 子 夏 弟子。 糜信則 以爲秦 

老公 同時 人 阮孝緒 則以爲 名淑字 元始 皆 未 A 詳也 自= 孫 卿 申 公? 至,, 察 千秋 江 翁? 凡五傳 至,, 漢 

宣帝 > 好:, 之。 遂盛 行-於 世? . 

又 曰 寒秋穀 梁傅疏 十二 卷 ^文總 目。 街 國子四 門 助 鷇楊勛 撰 皇朝邢 1^ 等 奉 ご 詔 是正つ 令,, 太學傳 

授„? 

^^it£!.w.srno p?:-.ftss.M ヽ昏 W リ 王莽 時、 劉哿 匿|ー 博士? 师古 曰、 即今 之 

f f ま 1^ ま e naRI あ. K 着 周官隨 也、 亡, I 其 冬 isT 以, 一考 ェ記 一充 レ之、 

文 獻通考 經籍考 曰 今周官 六篇。 古經 十七 篇。 小 戴 記 四十 九篇。 凡 三種。 唯鄭注 立,, 於 國學? 其賒並 

多 散 亡 e 又 無,, 師說? 

又 曰。 周禮 十二 卷。 晁氏 曰。 鄭重 注。 漢武帝 時。 河 間獻王 開,, 獻 • 之路? 得,, 周官? 有,, 五篇? 失,, 冬 

官 マ篇? 乃 募以, I 千金? 不, 得。 取,, 者ェ 記? 以 輔= 其闕? 至,, 孝 成 t? 劉鈥 校,, 现 秘書? 始? 序列,, 著 

于錄? 略爲 ,1 群 儒 I 徘棄。 韵獨 以爲周 公致,, 太-平, 之 跡 Q 永 • 平時 杜子寿 初 能 通-, 其讀? 鄭衆鄭 興 亦 嘗傳受 

言 皆 引, 之以 參,, 釋 異同, 云。 

又 曰。 周禮疏 十二 卷0 晃氏 曰。 街 賈公逢 撰。 公彥. 格 州 人。 徽 中仕 至,, 太學 博士? 史稱 著,, 此窨 四十 

淺見 辦资 六 經編考 四百 五卞七 







本 



理 

編 



朱子學 PS 上 四百 五十六 

逵股虔 並 爲-- 訓解? 至, 魏 遂行-於 世? 晋 時杜預 又爲- 經傳集 解? 穀梁范15^註0 公 羊 何 休 註 左 氏服虔 

杜預註 俱 立,, 國學? 然公 羊穀梁 但試讀 k 文。 而不 k 能, 通-其 義? 後 學三傳 通講。 而左氏 唯 傅-股 虔? 至 

,隋 杜氏 盛 行つ 服 義及公 羊穀梁 浸微。 今殆 無- 師說? 

又 曰 眉 山 李 氏 古 經後序 曰 漢藝文 志 有-春秋 古經 十二 篇經 十一 卷? 隋唐志 同。 古經 十二 篇 十一 卷 

者。 本 公 羊 穀梁ニ 家 所, 傳。 吳士 镜始爲 -- 之 注? 隋志 载焉。 又 有- -賈逵 春秋 三家經 訓詁 十三 卷ズ木 三 家 

經 ニ卷? 唐 志 又 有-李 鼓 赛秋ニ 傅 異同 十 一 卷 李 氏三傳 異同 例 十三 卷 瑪 伉三傳 異同 三卷 元 和國子 

監條定 春秋 加减ー 卷 士镜賈 逵宋及 李^ 元 和 諸 書? 今 皆 不レ存 獨 抱-遣 經-者 莫-- 適爲. ^正" 盖公 

羊傳 立- -學官 -最先 C 穀梁 次レ之 左 氏 最後 故 士樊但 注-二 家? 不レ 及-左 氏? 逵賈旣 立-左 氏? 始 通- 

三 家? 逵 俊幷宋 以下 異同 加减。 文字 悉已 13 佚。 莫, 知-其 暴錯? 何 也。 隋末唐 初 左 學特盛 J 一家 浸微 G 

IISJS: 隋自 fe 預 集-解 左 氏? 合- 經傳- 爲ニ。 正觀 十二 年 孔穎達 承 ご 詔 條^。 永徽四 年長 孫 無 忌 

等 重 上-正義? 丘明傳 意 益盛矣 C 而仲 尼遺經 無- -復覃 行? 學者或 從-, 杜 解-;^ 出 獨存, -左 氏? 接-落 二 

家? 幸 陸德明 與-ま 達-同, 時。 於- 大 學-自 落-音 義? 兼- 存ニ家 本書? 仍 注-左 氏别 字? 顧 亦 無- 决擇? 

sgf.si^ 士ー 惟正 元 末 陸 淳纂例 列-三 傳經文 差 綴? 凡 二百 四十 一 條目。 言。 者抆從 i 〈有-義理-者^ 

然 往往 亦 言 未, 知,, 熟是? 兼 恐 差 緩 不= 止 二百 四十 一 條.? 惜趙 啖集傳 今倶: IK 墜 無- -從審 覆-耳 

文 獻通考 經籍考 曰。 春秋 公羊傳 十二 卷。 晁氏 曰。 戴宏序 云。 子 夏 傅-之 公 羊 高? 高 傅-其 子 平? 卒 傅- 

其 子 地 7 地 傳,, 其 子敢? 敢 瘙,, 其 子壽? 至-, 漢景帝 時? 壽乃 與,, 弟子 胡 母子 都? 著 以-- 竹帛? 其 後 傅- 董 



m 



本 



理 

編 



文 獻通者 經籍者 曰 C 昔 司 馬 遷言。 春秋 文 成-, 數萬? 張晏曰 ◦ ま 秋攙萬 八十 字 遷誤 也。 今 細 數:, 之リ 

更 闕,, 一 千 四百 A 十字? 

M 一文 志 曰 仲 尼 思, 存,, 前聖之 業? 乃稱 曰。 直禮吾 能 言, 之。 祀不, 足, 徵也〕 般禮吾 能 言, 之 宋不, 足 

レ徵 也。 文 獻不, 足 故 也 足 則 吾 能徴, 之矣. - 以,, 魯周 公之 國 禮 文備, 物。 史官 有., 法。 故 與,, 左 丘 明? 

觀- -其史 記? 據,, 行事? 仍,, 人道? 因, 興以 立, 功。 就, 敗以 成, 罸。 假,, 日月, 以 定,, 歷數? 籍,, 朝聘, 以正 

一一 

禮樂? 有, 所- -褒謌 S 一 損。 不, 可-書 尾? 口授-弟子? 返 而異言 丘 明 恐,^ 弟子 各 安-其 意? 

以失 i〈3 曰 5 故 論-, 本 事? 而作 レ傳。 夫子 不, 以- ふさ 一一 一 n, 説せ 經 也。 春秋 所,, ^損, 大人 。當世 君臣 有,, 威 

櫂 執 力? 其 雖實皆 形-於 傳? 是、 W 隱, I 其 書- 而不; 且。 所,, ,以 免,, 時 難, 也。 及,, 末世? ロ說 流行 故 有,, 公 

羊穀 梁都夾 之傳? 四 家 之 中 公 羊穀梁 立,, 於 學官? 郯氏 無, 師 夾氏 未, 有, 書 

文 獻通考 經籍考 曰。 隋經籍 志 曰。 遭-, 奏滅. 4 子。 口説 尙存。 漢初 有-公 羊穀梁 鄒氏夾 氏? 四 家並 行" 王韩 

之亂 都 氏 無, 師 夾氏 .Do 初 齊人胡 母子 都 傅-, 公 羊 春秋? 授= 束 海 羸 公? 羸 公 授,, 東海 孟卿? 孟卿 授,, 

魯人眭 子お 眭孟 授-- 東海 嚴彭 祖。 魯人顏 安樂? 故 後 漢公羊 有 = 嚴氏顏 氏 之學? 與,, 穀梁, 三 家並 立。 漢末 

何休灭 作,, 公 羊 解説? 而 左氏漢 初出,, 於 張 蒼 之 家? 本 無,, 傅 者? 至,, 文 帝 時? 粱太 傅賈誼 爲,, 訓詁? 授,, 

趙人貫 公? 其 後劉歆 典, 校,, 經籍? 而正, 之。 欲, 立,, 於學? 諸 儒莫, 應。 至,, 趨武 中? 尙書令 韓飮請 

レ 立。 而 未, 行。 時 陳元最 明-左 傳? 又 上書 訟, 之。 於, 是乃以 =魏 郡 率 封, 爲,, 左 氏 博士? 後 郡 儒 蔽囿者 

數 廷,, 爭之? 及 = 封卒, 遂罷 C 然諸儒 傅, -左氏 I 者甚衆 C 永 平 中 能 爲,, 左 氏, 者 擢,, 高 第, 爲, I 講郞? 其後賈 

, 淺見 i 六 經編考 . 四百 五十 五 



曰 

編 



朱 子學^ 上 四百 五十 a 

又 曰。 自, 古而 有-, 篇章之 名? 與,, 詩禮, 倶舆 也。 故那序 曰。 得-商 頌 十二 篇? 東 山 序 曰。 一章 言-其 完? 

是也。 句 則 古 者 謂 レ之爲 Jmc 論語 云。 詩 三百 じ 一 言 以蔽, 之リ 曰 思 無, 邪。 則以, 一思 無, 邪 一 句, 爲ー, 一 

言? 左 氏 曰 臣之業 在,, 楊 之 水 卒章之 四 言? 謂 _> 第 四 句? 不= 敢告 I 也 G 及,, 趙簡 子, 稱 C 子大叔 遺, 我 

以,, 九 言? 皆. 1 句- 爲- 一 言-也 C 秦漢以 來0 衆 儒 各 爲= 訓詁? 乃 有-句 稱? 論語 云。 此我行 其 野 之 

句。 是也 e 

春秋 

漢書 藝文志 日。 春秋。 古經 十二 篇 U 經十 一 卷。 3 左氏傳 三十 卷い 公 羊傳十 一 卷. - 

曰 名 專. r 1 き 八、 

高、 寒 、或 l^T I ^ 師古曰 名 喜、 

文 獻通者 經籍考 曰 C 春秋 經 一 卷。 陳氏 曰。 毎 事 爲-- 1 行? 廣德軍 所, 刊古監 本。 晦巷又 刻-於 臨 揮? 四 

經之 1 。 其 於,, 春秋? feh 所;, 論 著? 惟 以- 左氏經 文-刻, 之。 李燾仁 甫又定 奢 秋古經 一 卷? 

又 曰 春秋 正經 十二 卷 晁氏 曰。 以-左 氏經, 爲レ 本。 其 與-, 公穀 -不, 同 者。 注,, 于下? 

孟子 曰。 晋 之乘〕 楚之 檮杌" 魯之 春秋 e 1 也。 

正義 曰。 寿 秋 之 名。 經無, 所, 見」 唯傳記 有, 之。 昭ニ 年。 韓 起聘, 魯。 稱 見,, 魯 春秋? 外傳晋 語。 司 馬 

候 對,, 晋悼 公? 羊舌肸 習,, 於 寿 秋? 楚語。 申叔 時論 T 傅-太子 I 之 法., 曰し 敎, 之 以,, 春秋? 禮坊記 云。 魯 

春秋 記 _,晋 喪 I 曰。 殺 其 君 之 子 奚齊? 又 經解曰 ◦ 屬辭比 事 C 春秋 敎也。 此諸文 所, 說 C 皆 在-孔子 

之 前? 則 知。, 未 ^ 備之畤 C 舊有 = 春秋 之 目? 其 名 起 遠。 亦 難 U. 得 而詳? . 



獻 王號, 之 曰-, 毛 詩? 是獻王 始加, 毛 也 ◦ 漢書 儒林傳 云。 毛 公趙人 也。 爲,, 河 間獻王 博士? 不 J 一 曰-其 名? 

范曄後 漢書 云 趙人毛 萇傳, 詩 ◦ 是爲 毛 詩? 然則趙 人 毛 公 C 名爲, 萇也。 譜云。 魯人大 毛 公爲- 訓詁? 

傅-於 其家? 河間獻 王得而 獻^。 以,, 小 毛 公, 爲-- 博士? 然則大 毛 公 爲-- 其傳? 由-小 毛 公, 而題, 名 也。 

> 詩 者 一 部 之 大名。 國風者 十五 國之 攄稱。 不, 冠-於 周 南 之 上? 而退 在, 下 者 。按 e 鄭 注三禮 周易 中候尙 

日 \ 書。 皆 大名 在, 下。 孔安國 馬 季長盧 植王肅 之 徒。 其 所い 註 者。 莫 k 不-- 盡然? 然則 本題 自然。 非,, 註 者 

本 i 移 1. 之 C 定本 亦然。 當 .0 以,, 皆 在,, 第 下, 足お 得,, 媳攝, 故 S 也。 班 固 之 作-漢書? 陳壽之 撰- 國志? 亦 大名 在 

一 レ 下。 盖取 = 法於經 典, 也 G . 

倫 ^ ヌ曰。 金 滕云。 公 乃爲, 詩 以貽 名, 之。 曰,, 隨鵲? 然則篇 名 ■。 皆 作者 所- -自 名? 旣言, 爲 A 詩 乃 

,^ ?名 王。 則 先 作 fe:o 後爲ぁ 也。 名 43! 之 例 ◦ 義 無- 定準? 多不 k 過 i。 ^i. 1 。或 僞擧 --兩 字? 

一 或 全 取,, 一 句? 偏 擧則或 上 或 下。 全 取 則 或 盡或餘 亦 有 T 捨- -其篇 首? 撮 * 章 中 之 一 言? 或 復都遺 尾 

^ 文? 假,, 外理? 以 定レ稱 C 黃鳥 顯,, 縣蠻 之猊? SSU 嘤々 之聲? 瓜 腿 取- 緜々 之 形? 瓠葉捨 >-番 々之 狀? 

ゾ 夭々 與,, 桃 名, 而但擧 贵々 從,, 氓狀, 而見 X 遺。 召畏韓 变則釆 U 合 上下? il 虞 櫂 輿 則幷- -擧篇 末? 其 中 

V 蹬 駁不, 可,, 勝 論? 豈 古人 之無久 吊。 何 立, 名 之 異與。 以ョ作 非,, 一 人? 故 名 無 =定 目? 

又 曰。 關唯五 章。 章 四 句。 故 言 三 章。 一 章 章 四 句。 1 1 章 章 四 句。 siMi 簡^ 放 故 J?5- 以 

. 又 曰 ◦ 定本 章句 在,, 篇後? 六藝; i 云 未, 有- 1 若 V 今傅訓 章句? 明 爲,, 傳訓- 以来 始 辨,, 章句? 或 毛氏即 

題。 或 在- 1 其 後? 人 未, 能 X 藩 也 

淺見 鋭齋 六 經編考 四百 五卞 111 



朱 子 學« 上 四 百 五十二 

faS 相え 見 1i ほえ 一 獨王命 召 k 之。 乃往。 弟子 自-- 遠方-至。 受 X 業者 千餘 人。 申 公獨以 - 詩經, 爲-訓 故, 

敎 0.? 傳。 ffg^ 一、 g,,p^f 疑 者 則闕弗 X 傳。 

又 曰。 韓嬰燕 人 也。 孝 文 時 爲-- 博士? 景帝時 至-常 山 太 傅? 嬰 推, 一詩 人 之 意? 而 作- 內外 傳數き Inn? 其 Sis 

頗 與,, 齊魯 間, 殊。 然歸 一 也。 淮南赏 生 受:, 之 ハ 燕趙 M ,詩 者。 由- 韓生? 

H 又 曰。 轅固 生齊人 也、」 以, 治, 詩〕 孝景時 爲,, 博士^ 

本 一 文 獻通考 經籍考 曰。 隋經鐯 志 曰 C 漢初有 =魯 人 申 公? 受_- 詩 於 浮 丘 伯? 作,, 詁訓? 是 為- 鲁詩? 齊人核 

固 生 亦 傳缽. り 是爲 =齊 詩? 燕 人 韓^< 亦傳, 詩 じ 是爲 -I 韓詩? 齊轅固 燕 韓生爲 ,1 之傳? 或 取-春秋? 采,, 雜 

儉 說? 咸 非,, 其 本義? 與不. 得已。 魯最? 近. 之。 箱; 得 髭 三 家 皆 列-於 舉官? 乂 

m 有- 趙人 毛萇? 善:, 詩自 云。 夏 +所, 傳。 作,, 古訓 傳? 是 爲,, 毛 詩? 河 間獻王 好, 之。 未, 得, 立 C 後漢 有,, 九 

江謝曼 卿? 善, i 毛 詩? 又 爲-- 之訓? 束 海衞敬 仲受; I 學於曼 卿? 先 儒 相承。 謂-之 詩 序 子 夏 所,, 創 ◦ 毛 公 及 敬 

仲 又 加 = 潤色? 鄭衆賈 逵馬融 並 作-毛 詩傳? 鄭玄 作-毛 詩镜? 齊詩 魏代已 IP 魯詩 亡,, 於 西晋? 韓詩維 

存。 無-傅, 之 者? 唯 毛 詩 鄭镜。 至, 今獨 立。 又 有-業 詩? 宋奉朝 請業遵 所, 註 C 立 J« 多 kasc 世 所レ不 

, 行.^ 

*-^3c 寺 31 鼓 毛! ST S 此書之 名、 毛 者、 is5 レ詩入 姓、 旣有ニ 齊昏; ^三 家 i 故 S レ姓以 之、 或 云、 C 小 毛 公 加-一毛 詩 二字 T 

^n^E ま ifel 又 5、 河 間 SS 王所レ 加、 故大 超在レ 下、 案、 馬 3?慮 植鄭支 註 一一 三 鱧 T 並大 題在レ 下、 班 固 漢《陳資 三 國志祖 

亦 

然、 

又 曰 C 正義 曰。 詩 國風舊 題 也。 毛 字漢世 加, 之。 六 藝 論 云 ◦ 河 間獻王 好, 學。 其 愤士。 毛 公 善說, 詩。 



八 二き 馬 典 得 桁 f 武齊 
字 ナ^ 鄭!: 舜寧^ 中 建 



m 



本 



孔安國 



画 作 



後 漢 

扶 _^ 



篇拌序 

1 篇 1 合- 1 

伏 生 二 已 二 



之舉ー 



九 篇ー復 

承レ詔 作, 

孔壁書 出 安國以 一一 隸書 一存 二 古文 1 故 |?? 二 

s^-^ 之 古文 尙書 ー盖 40 文 者 科 斗 之 書也隋 

上ー!5^傳, - 開 皇 三年 求- 1 遣 書 1 得 ニ舜典 一 五十 ヌ 

其 書 於 篇方倔 麼 天繁 三载韶 n 衞衡 1 吹- 1 古 

-都尉 朝 一 文ー從 -I 今 文 一 



尙書ー 



Is 一 



陸 氏 唐 孔氏蔡 氏 称 曰 如二秦 

S 一 篇ー凡 二十 九篇秦 誓武 

帝 時 始出而 得 レ行史 因以入 II 

於 伏 生 書 1 



理 

編 



詩 

漢書 藝文志 曰。 詩經ー 不 A 卷。 魯齊韓 三 家。 lglsffll_ls,s . 

又 曰。 毛 詩 二十 九卷。 

漢書 儒 林傳曰 毛 公趙人 也。 治, 詩 爲-- 河 間獻王 博士? 授, -同國 貫 長 卿? 長 卿 授-- 解 延年? 延年 爲-- 阿武 

令? 授_- 徐敖? 教授,, 九 江 陳俠? 爲- -王莽 講學大 夫? 由 言-毛 詩-者。 本-之 徐敖? 

又 曰 申 公魯人 也。 少與, ー楚元 王, 交。 俱事 一一 齊人浮 丘 伯, 受, 詩 。漢典 高祖, 魯リ申 公 以-ー 弟子 1 從 レ師。 

入 見- 于魯 南宮? 呂 太后 時つ 浮 丘 伯 在 i 安? 楚元王 遣-子 郢? 與, -申 公, 俱卒. 學 Q igMS- 元王薨 

郢 嗣立爲 --楚 王? 令 ヨ申公 傅-太子 戊? 戊不. 好. 學。 病-申 公? 0^., 及-戊 立爲 i 。胥き 申 公? §、§ 

98^% * 公愧. 之。 歸. 魯。 退-居 家? 敎授。 終身 不. 出. 門。 復 謝-, 賓客? i!r 受曰レ 業 せ ijg 

淺見 鈉楚 . 六 經編考 四百 五十 1 



歐 








生 




子 





一晃— 錯, ーほ|,||, 種 llHilsklffes 永 嘉之亂 三 舉並亡 

古文 尙書 



-定 I 一孔 壁 

所 レ出可 

レ 知者 二 

十五 篇 1 

X 復出 II 

レ合者 五 



晉 IMWI 文 



^柳 



ー皇甫 M 



-連」 



東晋豫 草お 

史得 =孔傳 

古文 1 奏 _| 上 

其 書 1 



朱子學 上 

舜典 S 稷 

諸 儒家 法傳 授之圖 

今 文尙書 



盤 庚 1 



康 王之誥 



秦時博 

士名 e 



書 1 得 I ニー 

十九 



曾孫 



/&r 2ヒ有 ヒ 三 學皆寫 

ま亂隨 i 



文字 Igll 

今 文尙書 I 



汨作 

釐沃 

夏 社 

明 居 

咸 乂四篇 

河亶甲 

旅巢命 



九 共九篇 

蕩征 • 

疑 至 

肆命 

伊 隙 

! g 乙 

歸禾 

賄 肅愼之 命 

右 四十 ニ篇。 書 亡。 即蒈序 謂。 

數? . • 

漢張薪 偽書。 凡 二十 四 篇© 

舜典 汨作 

S 五子 之 歌 

减有 一 德 典寶 

原 命 武成 

張 覇復出 伏 生. 書 五篇? 

淺見 揦 齋 六 經編考 



橐飫 帝吿 

汝鳩 汝方 

臣扈 典雙 

祖后 法 丁 

原 命 仲 丁 、 

高 宗之命 分 器 

嘉禾 成 王政 

毫姑 

其 賒錯亂 磨滅。 弗, 可 = 扱 知-者 也.^ 通-前 今古 文? 合,, 百篇之 



九 共九篇 



伊 W 



大禹謨 

湯誥 

肆命 

問 命 



四 W! 四十 九 



朱子學 r:】 上 



a 百 四十 八 



本 

彙 





.リ- 子 

大詰 

召 詰 

立 政 

呂刑 



:な誓 

康 4。 

洛誥 

無 逸 

文 侯 之 命 



洪範 

酒誥 

多 方 

君奭 

費 誓 



梓材 

多士 

顧 命 

秦誓 



右 伏 生 所, 授者。 漢武特 又 入- -爲奏 誓 ー篇? 爲_- 二十 九篱? 



大禹謨 

湯誥 

說命 

微子之 命 

畢命 



五子 之 歌 

秦誓 

察 仲 之 命 

君命 



風征 

大甲 

武成 

周官 

冏命 



安國復 出- 尙書凡 五 鴛„ ? 

f 。一一 S 稷 一 



仲 虺之誥 

咸有 一 德 

旅 奏 

君陳 



. ^王 之 詰齡 



古今 古文 通 五十八 篇" 又 百 篇之序 ー篇. C 即今 所 a 仃 五十八 篇" 而以, 序 冠- 篇目, 者 也 ( 



3. 



曰 



本 



理 



t 不 I 可 所 f ?S 知 尊、 -1^ 女 十 1f?f I 、以锣 :i ま ipj - 秦時禁 i 。伏 生壁- 藏之? 其 書 大兵 起 流亡。 漢定伏 生 求- 其 

書? 亡,, 數 十篇? 獨得, 1 二 十九 篇? 即以敎 _| 于齊魯 之 間? 齊學者 由, 此頗能 言- 尙誊? 山 東 大師. 不 K 涉, I 

尙窨, 以敎? 

又 曰。 世听, 傅 百兩篇 者。 出,, 東 f 來張 i 分,, 析離 AH 1 十九 篇? 以 爲,, 數十? 又采, I 左 氏傳? 叙 爲,, 作 首 

尾 百 ニ篇? 或 數簡。 文意 设陋。 成 帝 時 求,, 其 古文 者? 萌以ヨ 能 爲,, 百兩, 徵。 中? 校, 之。 非, 是" 

師古 曰、 以 一一 薪 私增加 分析 T 故與ー 一中 書 之 

文 1 不レ同 也、. 中 書 天子 所 レ藏之 書 也、 

又 曰 ◦ 歐陽 牛: 字 和 伯。 千 乗 人 也。 事 _| 伏 生? 授,, 兒寛? 寬又受 = 業孔 安國? 至,, 御史大 夫? 自 有, 傳、」 寬 

有-俊 材? - 初見- 武帝? 語- 經學? 上 曰。 吾 初 以,, 尙蒈, 爲,, 樸學, :^, 好。 及, 聞- 寬說, 可, 觀。 乃從, 寬 

問- 一 篇? 歐陽 大小 夏 侯 氏 皆 出-於 寬? 

又 曰。 夏 侯 勝 其 先 夏 侯 都 尉 ◦ 從, 濟南張 生, 受, I 尙書? 以傳 = 族 子 始昌? 始 昌傳, 勝 勝乂 事,, 同郡簡 卿 

者? 兒寬 門人 勝 傳,, 從兄子 建? 建 X 事,, 歐陽 高? 勝 至,, 長 信 少府? 建 太子 太傳 自 有:, 傳 由:, 是尙書 

有-大小 夏 侯 之學っ 

書經通 者。 . 

伏 生 今文尙 書。 ルー 一十 八篇。 

堯典 阜陶謨 禹貫 甘 誓 , 

湯 誓 盤 庚 高 宗肜日 西 伯戡黎 

淺見 細齋 六 經編考 四百 四十 七 



朱 子 sul- PS 上 四百 四十 六 

簿訓|^1?、^«,與レ^刖行、 三 IE- 之 X、 不二 舆レ SS 連? 故 石 控書、 公 羊 露骨 無-一?^ 文 一 而 藝 文 志所レ 詩故訓 1^、 亦與レ S 刖、 及-一 融 《r-l 

周 鹼注? 乃 1h、 欲レ 省- 1-5 兩 SPJ 故 具 載-一本 文 T 而就レ ssi、 据レ处 則 古 之 《s、 本皆自 gl 二 書 T が IBSS;&?i&^*<srf?;17i 

文 一 猪、 ナニ 卷之 古經淳 也、 所 レ謂 注 連レ之 者、 鄭、 氏 之 注、 具 载ニ本 SST 而附以 二 象? 如- llasa 之 一也、 氏 於 レ此固 不レ. s-ls 氏 之 

有で 據、 然ロ n 氏 於 二 乾卦經 S 之 次第 T 所 下 以與二 他卦ー 者、 则無レ 說焉、 愚 S お 氏 所 レ謂初 a 二 古れ 一時、 堪若ニ 今 之乾卦 ー|- 卒大 a 二 於 

1 王 SSi 者、 Sii 亦 未 也、 

因竊記 II 于此 T iK 云、 文集、 

書 

漢書藝 文 志 曰。 尙 奮文經 sli ハ卷。 雜4&&251^?.^;^^^1額;<顏ぉ1に1»?ぁ、引レ 

¥-1 一 4« し 接 G 大小 夏 候 二 家、 歐陽接 三十 二 *,、 

ま 二 1 "カ^ 古 曰、 此 二十 九卷、 伏 生 者、 

又 曰。 易 曰 C 河 出, 圖。 洛出, 書。 聖人 則, 之。 故 書 之 所, 起 遠矣」 至-, 孔子, 篡焉。 上 斷-- 於堯? 

下 訖-- 於秦? ん 百篱。 而爲 --之 序? 言,, 其 作意? 秦燔』 曰 禁:, 學 C 濟南 伏生獨 壁,, 藏之? 漢 興亡 失。 求,, 得 

二十 九篇? 以敎 齊魯之 間? 訖- -孝宣 世? 有 =歐 陽 大小 夏 侯 氏? 立,, 於 學官? 古文 尙書 出,, 孔子 壁 中? 

師古 曰、, -家語 一 M、 孔 P 字子襄 、 畏 -I 秦法 I2^T 藏 -I 尙書 孝經 論語 於 夫: KlJP4vtB51£、lt 良 し srso.^ ュ崎 £、iKr-o tnl 

子 s 堂 壁 中 T 而 S 記 敏傳 -M、 孔 as 所 レ藏、 二!! K 不レ 同、 不レ 知-一 孰是二 帝^ 潛 ま-王 壤 子 宅 f 欲 S 、お 廣-ー 其宮? 而 得-一 古 

文尙書 及禮記 論語 考經 凡數 十篇? 皆 古字 也 U 共王往 入,, 其 宅? 聞 T 鼓-, 瑟琴 鐘磬, 之 昔 W 於, 是懼 乃止不 

き」 孔安國 者 孔子 後 也。 悉 P 其 書? 以考- 二十 九篇? 得-多 十六 篇 7 請 J^f 九 や gjf&g 、"安 國 

獻 k 之 ■) 遭-巫 蠱事? 未, 列 ,- 子 學官? 劉 向以, I 中古 文? 校- 歐陽 大小 夏 侯三 家經 文? 酒 誥脫簡 10 召誥脫 

簡ー 一。 PH^..S 率簡ー 不一 一字 者 C 脫亦 二十 一 一宇。 異者七 百 有餘。 脫字數 十。 . , 

漢 si 林傳曰 ■ し 伏 生 濟南人 也 C ISlg 云 名 > 故爲 --秦 博士? 孝 文賠求 T 能 治- 尙書, 者 5 天下 亡. 有。 聞,, 伏 

生 治 T 之 召 C 時 伏 生年 九十 餘 C 老? 能 一 C 於 直 詔-太 常 使 掌 故 錯? 往受壬。§^?、^生^不定,§^;|¥? 



本 



理 

彙 



古文 易經? 校-施 孟梁 丘經? 或 脫-- 去 無 咎悔. C? 惟 費 氏經與 -I 古文, 同。 然则眞 孔氏遣 書 也。 東京 馬融 

鄭玄 皆爲, 一 費 氏學? 其 書始盛 行。 今學官 所, 立王弼 易,. - 雖, 宗- 莊老? 其 書 固 鄭氏書 也。 費 氏 易。 在,, 漢 

諸家 中? 最近, 古 Q 最 見,, 排擯? 千載 之 後。 撮 然獨 在。 豈非, 天 哉。 自 =1 康成 輔嗣 合-家 象 文 言 於經? 學者 

遂不, 見-古本? 近世 嵩 山晃氏 編,, 古 周易? 將,, ;以 復,, 於 其舊? 而 其刊輔 離合 之 際 覽者或 以爲, 未, 安 某謹 

因- 晁氏 書? ^?者俾記? 復次爲 十二 篇? 篇目 卷跌。 一 以, 古爲, 斷。 其 説 具 = 於 音訓? 0. 

朱 子 記,; 嵩 山晁氏 卦爻家 象說, 曰。 漢藝文 志。 易經 十二 篇。 施 孟粱丘 三 家。 顏師古 曰 Q 上下 經及十 翼 ◦ 

故 十二 篇0 是則家 象 文 槃辭始 2?,, 卦爻? 傅,, 於漢, 歟。 先 儒 謂 ◦ 費 直 專以- 家 象 文 言? 參,, 解 易爻? 

以 _| 家 象 文 言? 難-入 卦 中-者。 自,, 費 氏, 始<^ 其 初 費氏不 i 列- 學官? 惟行 = 民間? 至=漢 末? 陳元鄭 康成之 

徒學 費 氏? 古 十二 篇之 易遂. 13。 孔穎達 又 謂 K 輔嗣之 意 e 象 本釋, 經 C 宜,, 相 附近? 分,, 爻之 象辭? 各附, 

當 X 久 5 則 費氏始 鑾,, 亂 古制 I 時。 猶 若,, 1 今 乾卦象 象 驚- 卦之末 I 歟。 古 經始變 = 於 費 氏? 而卒大 亂- 於 王 



然其 言下 夫子 作-一象 辭 T 元在中六爻經辭之^^上、則孔氏亦初不レ0*^| き j ぉ袭 J/ 一ず; S.EC tLn. -」 次 .M0 ±1^ fevK 專カ、 fcw 

十二 篇之易 1 矣、 又 在-於 衆 及大象 一お レ 之- S-I 亦 有 1^ 所レ未 レ盡、 "s-^., お. 生 .N ぼ H ハチ 之 お^ t?.ks„SE5i, 輕- す 

衷范望 輩。 散 = 大玄 贊與, 測 於 八十 , 首 之 下? 是其明 比 也。 授 _|觀 其 初? 乃 如-古文 尙書司 馬 遷班固 序 

傳楊雄 法 言 序篇, 云, 爾。 今 民間 法 言。 列-序 篇 於其篇 首? 與, ー學 官窨, 不, 同。 築 可, 尾 也 Q 唐 李 鼎祐又 

取-序 卷ー 冠-之 卦首? 則 又 效-- 小 王 之 過 1 也 。劉牧 云。 小 象獨乾 不二〉 于 爻辭? 尊, 君 也。 石 守 道 亦 曰 G 孔 

子 作,, 家 象 於 六爻之 前? 小 象 係,, 逐爻之 下? 惟乾悉 屬,, 之 於 后, 者讓 也。 鳴 呼。 他人 尙何責 哉。 Jsf^Jli 

淺見 縱资 六經 S 考 • 四百 四十 五 



日 $ 

本 

偷 

£ 一 

軀ー 



朱子學 S 上 四百 四十 四 

淺見 安正 纂 

墨 i 文 志 曰。 孔氏爲 -1 象 象 繋 辭文言 序 卦之屬 十篇? 故 曰。 易 道深矣 人更- 三聖? 世歷- ニニ 

古.? 上お 古 T 文 易 Ht^sl^fs 古 ATF^ J 及- 秦燔 き。 而易爲 き 卜 之 事 S 者不. 絕 。漢興 田何傳 王。 

訖- -于宣 元? 有-施 孟梁丘 京 氏? 列-於 學官? 而 民間 有-, 費 高 二 家之說 7 劉 向 以-- 中古 文 易經? 校, -施孟 

梁 丘經? 或脫- 去 無咎悔 亡? 唯 費 氏經與 古文, 同 

儒 林傳曰 費 直 字 長 翁 東 蒸 人 也 治レ易 長 = 於卦筮 7 .C-- 章句? 徒 以-- 象 象 系 辭十篇 文 言-解, -說上 

下經? 

文 獻通考 曰 晃以道 古 易 十二 卷 晃氏曰 C 從ハ久 詹事公 諱說之 撰 以,, 諸家 易 及 許 愼說文 等 凡 十五 書 < - 

是-- 正 其 文字? 且 依,, 漢田何 本. 分-易 經 上下 幷十 驚? 通 爲,, 十二 卷? 以 11,, 費 氏 王弼之 失. - 謂 劉向嘗 

以-- 中古 文 易經? 技-, 施孟梁 丘經? 至-, 蜀 李讓? 又嘗 註,, 古文 易? 遂名, 之 曰-古 易? 

又 曰 呂伯恭 古 易 及 音訓 共 十四 卷 陳氏曰 C 伯恭 所, 定篛次 C 與,, 呂微 仲-同 音訓 則 其 門人 王 辛叟筆 

受。 晦庵 刻-之 臨漳 會稽? 益 以,, 程 子 是正 文字 及 晃氏說 7 所, 著 本義。 據-, 此本, 也 

呂伯恭 書-所, 定古 周易 十二 篇 後-曰 漢興 言, 易者 六 家 獨費氏 傅-古文 易 立 _ 一 於學官 向 以,, 中 



ものに 問て みれば o 皆 筋目が た ず、 これ よし あれ もよ し、 程 朱の 說の 中に 善き は 取ゥ惡 しき 

は 取らぬ のな ど、 、 吾が 眼 もす わらぬな りで 權度 主張す る さ を 云 やうになる ぞ 貳はそ へま じ へ 

疑て、 かうて? P ある^い か、 ダ さうて? P あらう かと、 まぜ こぜにす る さぞ 扨此を 聖學圖 と名づ く 

る は、 此を 捨て if 門に 入る 方な し、 周 子の 通 n 曰に 聖學の 章 あ.. y、 其れに 本づ くぞ。 學は 聖人に 至る 

の 道 ゆ ゑ 聖學と 云。 これ S 聖學鬮 と 上に 大書す る箬 なれと も、 天文 鼸 かなに ぞの檨 にて、 體に 似合 

ぬ ゆ ゑに さう せぬ ぞ。 系 をし さうな, P の t やと い へ とも、 それ も いらぬ さ、 惟 能く ゥら -(» ながめ 

玩 ベば、 自然と 分明に わけ、 それ,/ \ にかた ク きて 尾 ゆる ぞ。 此後 いづれ も相應 に進修 して 學術固 

t^. 往往 人 を 引き 敎る も、 此通, 5 に 相違な くんば、 拙者の 本意 ぞ。 さなければ 拙者 死後 まて 《 "な 

く 其 人の 學 術の 誤 まり ぞ。 夫れ 人と 生れて 人た る 本 原 释 倫之赏 を不, 明、 學術進 脩 之 正を不 A 差さ 不 

レ 能。 此豈 に大に 警省講 治すべき 所に 非ず 哉 其克念 諸。 

右綱齋 先生 爲-- 諸 生- 說-- 喩所, 書聖 學圖 意? 遠近 同門 之 士.。 不, 得 k 與 -I 其席, 者。 甚 欲,, 再傳? 因 錄レ所 

,聞0 S 爲 一一 一 編, 相 共講以 質レ焉 C 

寶永巳 a 十月 十四日 門人 等髄錄 



淺見 鍋 聖舉 圆 講義 四 fa 四十 三 



曰 

編 



4?^ 子 畢汲上 siff 四十 二 

うにな. 9 て、 上け 句に は 仁義 禮智は 古から 中に て 持 合の 道の 樣に 思; 3、 天命の 本砵に 根ざして 一 な 

る さ を 得 察せず、 輕く 議論.^ 立て、 妄に 見聞 を 主として、 誤, 己錯, 人に 至る C 往々 皆是 也。 孔朱異 

レ趣 は、 論語 は 平易 簡 省に みえて、 朱 子 一生の 所 k 明 所, 說、 精粗 本末、 內外鉢 用、 天道の 本然、 人道 

の大 用、 學 術の 至備全 鉢なる と 似 よらざる よ. り、 論語の 論語^る 所、 投本 蘊奥、 徹上徹 下、 一貫の 

實 旨お 得識 徹せず。 それと 云が 正 術に 味く、 多 方に 肢 ふから、 自分の 見識に. 習熟して、 妄に 宗旨 を 

主張す る故ぞ C 一 軌は 車の 輪 だち 天下 一 なる も のぞ。 成 法 II 古今 定まり 成就した 法 を 云。 總 して 具 

はる やうに とすると あたく. うなる 。簡 要に すれば 事が のこりたがる C その やうに ないやう に圜 する 

ぽ とに、 簡耍 具備と 云 ぞ0標 は 目當、 揭は褂 て 見る やうに する さ、 觀省 はなが めか へ 6 みる さぞ 大 

學を讀 もの は大學 の圖と 云て よし。 中庸を讀1_^"のは中庸の11と云てょし0 いづれ の 聖賢の 學? ?"、 皆 

此圖に歸する.^^を知らさぅと思ふさぞ0 もれて;"?" 大學 論孟 中庸 周 程 張 朱、 VJ ふしても 一 樣に思 はれ 

ぬと 思 ふから、 此圖に 違 ひが あると 云て あらう。 そこで もれ をす ぐに 尾處 にせぬ がよ い 。得 合點せ 

ずば 問. がよ い C 問て ゆかず は 何 迄 《 ^反復 熟玩 して、 本書々々 の 旨 を 一 通り づゝ 精く 究め、 漸々 に, 

さう ぐと ゆ. あはせ、 融通す る やうに して ほつ ごんと 潜 落て、 誰が V3 ふ 云て 《p まぎら かしても、 

變 ずる HJ ない まで を俟 ちて、 中!^ ろに うつ 6 うろたえぬ がよ い ぞ され ,^}#學 をし まふて 後に 學術 

を 得る と 云 さで はない C 聖賢の 本書 成說に 二色 あるまい と 思 ひこんで、 篤信し 深 熟すれば、 紛れな 

く自 から 合 點ゅ くと 云 さぞ。 ^は ばいと ひろ ふし まりな いさを 云。 ゑて は 四書 もな にも 濟 したと. 云 



ざ s 天命の 本 鉢 f^ftso 學 ネか樣 にせねば ならぬ が、 學の 天命の 本 鉢な, ひ 此 の 無 瑕なる を、 聖 

の 全と 云。 此な 6 を 無 瑕なる やうに 失ざる を、 守る の資と 云。 此 なりの を ほ はれて くらき を 衆人と 

云 此な, をな き SP のにして. ほす を惡 人と 云 此な, を かたづり、 そて なきな. に ふみち がへ る 

を、 偏 則 差と 云、 此 な.^ と 大根 を かえて 道 を 害する を、 異則 邪と 云 其 他 百 家 衆 技の 流 あれと $、 

此 なりて 推して 可, 知 扨徹, 一 古今, と 云 は、 天地開闢 以來、 千 萬 世 前へ に 推しても、 此ょ .5 外な く、 

千 萬 世 後へ 逆へ て 1„p、 此ょ. 外ない、 徹 はと をり ぬける ぶ、 通, 一 遠近 一と 云 は、 唐ても さう 日本て 

もさう、 此說に 合へば 皆 誤 まらず、 說に 違へば 皆 謬 まる、 萬 國全砵 皆然. 通と 云 は、 V3 こまて 

も ゆきわたる さ 天命 本體、 人道 當然、 爲學實 功、 此 三が 徹 一一 古今, 通 一一 遠近,、 いっから いつまて i„p、 

ズ こ へ VJ ふして 7P、 違が ふさな し 鬼角此 かね を はづれ ねば、 萬國 何方より 說ても 皆 一 理也。 其揆 

一 也と 云 は、 定规を 持て あて > みて 其 旨の ちが ふさな く 一 一色な きを 云ぞ。 旁の 細字に 書た る 意 は、 

此圜 只今な に S 新しう 取 立て 創た と はない それ ヒ やに 此 阖を爲 たる は、 皆 右 段々 と 云と ほり、 一 初 

挙者 色々 と 惑と ある ゆ ゑ、 古今 學術 一致の 本末 を 明に 見せん 爲め ばか. CV ぞ。 正 術 は 則ち 聖賢 正脉、 

只今 段々 説く 通 ftN 也 。此が 明に なさに 樣々 の ふに 紛れ、 かう といへば かう かと 思、 そて ない といへ 

ば そて ないかと 思 ひ、 學術 さだかに ならず、 陈 はわけ 分明に みえぬ を 云、 股 は V3 ぎ まぎと うろつく 

さ を 云。 色, 5- のさ を 聞 ほ V3、 さ? P あらう かとうろ,/ \ と 目の 暈 やうに、 程 朱の 書を讀 て; „p 面白と 云 

ひ、 傳習錄 を 見て $ 尤 らしく 思 ひ、 甚 ければ 老莊 の書釋 氏の 論 ネ明辨 する さ不, 能 、酔漢 を扶 くる や 

淺 见蝌楚 聖畢圖 講義 四百 四十 1 



朱 子 K 上 EI 百 四十 

即ち 亂 也。 其 人の り は 指 當ては 家、 其 次 は國、 其 十分 一 をい へば 天下 ぞ さて 家國 天下と 立た 

るな. にて、 其實は 家より 外 f, 人い C 國 天下?^ 家の 大 なるな り ぞ 其 家 は 則 人の な .n-c 人と 云 は 人 

倫より 外な し C それ ゆ ゑ 家から 始て國 天下の 根と なる ゆ ゑ、 一段 あげ 上の 己と 相 馬して、 己が 道よ 

、 .9 外 * 家の 道な く 、家の 道よ も 外、 國 天下の 道な きさ を圖 せり G 大學に 其 本 亂而末 治者 否矣と 説き、 又 

日 W 引付て 其 所, 厚 者薄而 所, 薄 者 厚未 一一 之 有 一也と 說れ^ る.^、 乙の わげ ぞ。 これ も 始に齋 家 治國平 天下 

kj と圖し れ とも、 ヌ 一羽 學が大 學の圓 と ばかり 思へば あしき ゆ ゑ、 如, 此 にして 治の 一字て、 凡そ 政 

本 一 

一 務 の學、 何に 乙と!. P これに 盡 るる を Ji せわん 扨 かう 擧て此 天命 本體. 人道 當然、 爲學實 功と、 上 三 

倫 W 段 を 引し めて 見す るぞ、 仁義 禮智信 は 天命の 本 鉢、 父子 君臣 夫婦 長幼 朋友に 人道の 當然、 脩, 已治 

理 W 人 は 爲學の 實功ぞ C 大 根本の 上から い (ば 天命の 本 鉢、 人の せて かな はぬ からい へば 人道ん 當然、 

か 其 一人 道を盡 して 本體を 全す る は 爲學の 實功ぞ さ 一段と に 一致 ぞ c.^ 當 然と 云 は、 ひっしり との ゥ. ひ 

き" きない、 いやても おうても、 口 は 食 を 食ねば ならず、 食 f ば 食 ひ 樣の道 あり、 身 は 衣 を 着ねば なら. 

^ ず、 着れば 着 樣の道 あ ftN 、さしむ きな ftN にさう せで 叶 はぬ 當 まへの しゃう ぞ 。父子 之 親、 君臣 之義、 

一 五倫 皆然ウ C 此當然 の 字 は、 薜文淸 よく 朱 子の 旨 を 得られ. るぞ 實 功と 1KC、 まじりな し、 浮た 

• さなし、 いらて 叶 はぬ、 今 云て 今の 用に 立つ、 正味の 功夫 ゆ ゑ、 實 功と 云 C 程 子の 中庸 を 皆實學 也と 

1H、 大學の 序に 異端 之敎 無, 實と云 もこ- -の さぞ」.^ かう 云て 上 へ たんで みれば、 實 功は當 然を盡 

す爲 めの 實功、 其 當然が 仁義 禮智信 本 鉢、 人の なり は 天命の 本 鉢な. 5 に 生 付^る の ゆ ゑ、 する わ 



根本 要領と なる o 是れ 固より ふ 法の 血 豚、 唐 虞 三代 孔曾思 孟周程 張 朱、 平生 衣服 飮 食の 如に 示の 方 

也 それ ゅゑ此 一 字 を 一 段 あげ、 眞 中に 立て、 己の 1 字に 引付け、 知行の 二字 を 維ぎ、 凡そ 本 鉢 日 

m 己 一 字に きわまりて、 己 を 脩む ろの 道 知行に 在て、 其 維持 本領 は 全く 此 敬の 一 字に 歸す るる を 示 

せり。 これ. P 拙者の 存 t よりて はない 本 鉢 自然の 實、 聖學相 傅の 旨が 是れぞ 是乂 聖賢 強て 人に 

宗旨を立て引入るるにてなしoそれゅゑ其至,oにな<^ては、自から精密のェ夫なれと^„p、 はだち て 別 

にある さ 一 點も なし 。やすい ふ 土民の 淺陋 なろ もの も、 纆に 恐れ 戒む ると、 其心必 身に しま. 覺て 其. 

日用 身 相 應に失 はず 纔 にな ケ. * ^あな, もろと、 置 1„p なをさず す.^ に 身 を 失 ふ 是を 推して 貴賤 高下 天 

子國 主に 至て、 一日 一息 も 此敬を 離して 心の 存す るふない 心の 存せ ざ, C に 身の 修まる るな く、 其 

な 6/\ の 失 ふ 所の 實效を 可, 知 聖賢 縱橫 十文字、 まづ この 心の 敬畏を 主と する 道を說 くよ..^ 外に 

工夫な し。 其 工夫の 熟する に從 て、 其 上々々 の 精密の 敬の 吟味 を 説く ゆ ゑ、 種々 の說 あり。 別に 高 

上に 難 i 知 難, 行 ことなく、 又してもせ いて-もと 云 HJ 、全くなら ざる わけ、 こ、 にて 知るべし。 すれば 

これ をば づれ た舉問 は、 唐で も 日本で も、 妄言 邪 說ぞ。 次の 治 i 人と 云 は、 人 は 人 V3 し 立てい る ゆ 

ゑ, 我が 旣に 善くなる と 向き を 善くす るが、 自然 當然の もち ま へ ぞ。 一 人よ 6 天下.^ 盡 すに 至て 皆 

然. 00 其 人と 云も别 はない。 父子 君臣 夫婦 長幼 明 友ぞ。 其 父子の そこねた を 善くして やり、 君臣の 

そこねた を 善くして やる P- 餘皆然 り。 其 善くす る 道の 全 鉢 を 治と 云。 凡そ亂れたるを^!^さむるを治 

と 云 C 至 li 亂 世に 及ぶ 時、 始て亂 と 云に 非ず 直 父子 君臣 凡そ 人倫 それ ^ の 本 法の 道 を 失へば、 

淺見 細齋 聖學圖 講義 , . 四百 一一 一十 九 



aj^ 子 學汲上 四百 111 十八 

にして ゆく が 行ぞ。 に 己が 身に する 義理 を^. 9、 行 は 己が 身に する 義理 を 行ふぞ これ も 始は致 

知力 行と したれ V5 も、 翠 や V5 れぞの 書に かたづく やうに 思 ふべき ゆ ゑ、 知と 云て をけば 書で は 精に 

なう、 大學 でに 致 知に な 6、 論語で は 博 文に なり、 孟子て は 知 言に な ft^、 中庸で は 明 善になる。 餘 

皆 同. JJO 知らねば 見えぬ ゆ ゑ、 凡そ 知. やうの MJ が 云て ある は皆此 な. 00 行 は 其 身になる やうに す 

る さ ゆ ゑ、 書で は 一 になり、 大學て は 誠意 以下に な. 9、 論語で は約禮 になり、 孟子て は集義 になり、 中 

庸ては 誠 身になる 餘皆然 ら0 小學近 思錄、 凡 孔孟 周 程 張 朱 學術を 説る 所、 これ を 以て 推し 盡 すべし .0 

言が かわらう と詳 暑が あらう と、 此 二より 外 fd! い 大抵 行 はずして 知る がよ いと 云け、 實用 なくし 

て 知る. i、 本 法の 知に 非ず。 知る を棄て 行; 3 さへ すれば よいと 云 に、 行 ふところ 實理に 合ず して、 

本 法の 行に 非ず () どちら へビ ふしても、 此ニを は づ さう 樣も なく、 一 にか たづら う 樣《^ ない。 され 

vl!„p,s ん とする 我心なければ 知らず 行ん とする 我心なければ 行 はぬ。 何ても 心て せざる ことな 

し 0. それで 身 を はなれて 實知實 行なければ、 >.:1 を はなれて 身 もな し. - さあれば 其 心が 常住 身に 放れ 

て存せ ざれば、 知らう 樣も 行な はう 樣! „p なし。 故に 平生 此 心の 己に 失 はぬ 樣に 守り 養て、 知行の 根 

本 主宰と する, V 敬と 云 そ 知ん として 埋を 吟味し、 行ん として 理を踐 ゑる も、 心の 身 を 離れて 覺 

へなければ、 知るさもぅかとし行ふ,^-も身にっかず0 庶人ょり天子に至まて、 人倫 日用の 義理 知行 

の 身に 有る か 無き か は、 惟.. 心の 存亡に ある i なれば、 报 本の 守、 一 > むの 死生、 一身の 得失、 一 の 

間よ. 9 萬 事に 應 ずるに 至り、 敬に はなる る さなし それ ゆ ゑ 心の 守 を 敬と して、 知る も 行 ふも是 一 ^ 



曰 



相 合ざる. i なし o 是亦本 鉢 自然の 理な, oo それ ゆ ゑ 一 常に 一 倫 づ,/ 各ぐ わ. ク けお. づけて、 相 通ぜさ 

るに てな し 先 儒 もれ f の わりつけの 說ぁ. 00 詳に文 會筆錄 にあり 是又 一筋で 合點 して、 其 主 

意々々 よ. 合點 すれば、 まぎれ;! P せず、 又 かたづき もせず、 通融 無, 間して 條? な 分明な. 00 それ ゆ ゑ 

此 ii 上に 仁義 禮智 信と 並び、 下に 父子 有ヒ親 君臣 有, 義 夫婦 有, 別 長幼 有, 序 朋友 有, 信と 並びた る は 一 

つ f 上 へ 分 付けて 圖 したる にて はなし。 五常 五倫 平生 誦する 次第 如, 此ゅ ゑ、 自 から 其な りに 並び 

本 力 たろ 也 其 分 付けに 拘ら ざる 可し 树 人の 身の 任 は、 我 身を條 ると 人 を 治る と 二つに きわまる 其 我 身 

と 云 ふ 己が、 父子と 云 ふ 己、 君臣と 云 ふ 己、 夫婦と 云 ふ 己、 長幼と 云 ふ 己、 朋友と 云 ふ 己、 己の 一 字が 五 

倫 の身ぞ OV- ちら へ V> ふして 1_p 、己と 云 字が はづる る さなし 己が さ うなれ ば 人 《p さう ある ぞ 常 入 は 

本 鉢 あれ ビ^ 、生 質の くるひと れて 後の そこねと、 是れ 二って 父子と 云 ふ 己が 親 を 失 ひ、 君臣と 云 

ふ 已が義 を 失 ひ、 夫婦と 云 ふ 己が 別 を 失 ひ、 長幼と 云 ふ 己が 序 を 失 ひ、 朋友と 云 ふ 己が 信 を 失 ひ、 己が 

身 は 離れず して そて ない 己になる ゆ ゑ、 それ を 己が 本 法の 人の なりの 樣 にしな をす を 脩と 云。 し 

をさねば 本 鉢の 人偷の 己に てな し, 水 は 流れ 火 は 燃る が、 水火の?? ちま へ なれ VJ« ^、塞り 燻 ぼれば、 其 

塞 6 を 俊 へ 燥 ぼり.^ 疏 すが 水火の 本 法の もち ま へ にしな をす と 云 もの ぞ0 もれと 同事 也 其 脩め やう 

を學と 云。 ど ふ 學ぶぞ とい へば、 敬と 知と 行との 三が 倐 むる 學 のし やう ぞ 學は此 三よ. CN 外ない 其 

ハ夂子 之 親、 君臣 之義、 夫婦 之别、 長幼 之 序、 朋友 之 信の ビふ するがよい、 かう するがよいと, 其 本然の 

義现、 是非 善惡、 邪 正 得失、 差 はざる 樣 明む るが 知る 其 知るな 6 に 身の ならざる を 直して、 本 法の 身 

^見 細齋 聖舉圆 講義 §1 百 三十 七 



理 

彙 



編 彙理傖 本 B 



朱 子 I* S 上 Hln 三. f 六 

子 を どこ まても かわゆ ./、 子 は 父 を VJ こまで: „p いと,^ しむ, - それが 聖人が 作ろ ふ!, P 强る もな し も 

れで 有と 云 ふ は、 根から 持て 出て さ ふ 立て ある を云ぞ 天下の 上下の な, り は 君臣よ も 外な い C 天下の 

君 天下の 民と 相對 する^ 君臣、 命, 官受 レ祿 使 X 之 之 君臣、 人 一 人つ かふ ネ 君臣 ぞ C それて 自 から 

上 は 下. みはなさず、 下 は 上 を はなれず、 I 體不, 或 を義と 云。 男女 相 結ぶな 6 を 夫婦と 云て、 男 

は 男の なり、 女 は 女の な. りに 生 付て、 一男 一 女 相 結て 子孫 相 属する、 是 自然の 理 なり もれ,^ 別 

と 云 C それが 别 t やによ つて、 夫婦 V3 しじ だらくに なく、 みだ ftN にな い 鉢 を 又 別と 云。 畢竟 一 意 也 

長幼 有 は、 兄弟よ. 9 始て、 伯父 從 子に もせよ、 凡, V 年 かさなる と 年び くなる と は、 皆 長幼と 云 

もの。 其 年 かさなる は 上と しう やひ、 年び くなる は 下と しし^し む。 これ を 序と 云 貔鉢泛 い 付合 

は、 同役に 《p せよ, 交接に もせよ、 賓客の 體まて 》 -、 皆 朋友 ぞ 就, 中 人倫 總 鉢の 義理 みがき あ 

ふが 至極 ゆ ゑ、 道を舉 ぶの 交 6 を 別と し 朋友と 云ぞ 其 互に 相 交る に實. む を 以て 實義を 立て、 相 疎 

んぜず 相 欺ざる が信ぞ <- どちらのへ VJ ふして! <p、 人の なり は此五 より 外な い ぞ.〕 此を 離れて 身の な 

.0 をす ると、 父子の な. は 有て 父子て なし C 君臣の なり は 有て 君臣て なし。 賒皆然 り C 水 を 熱き 物 

とすれば 水て なく、 火 を 塞き 物と すれば 火て なきと 同事 也。 されば 天地 さら 「て 人の な. 父子 君臣 

夫婦 長幼 朋友よ 6 外なければ、 其 相 行 S 道 天地 さらへ て 仁義 禮智 信より 外ない ぞ C をれ て 親 琼賁賤 

大小 遠近、 禮樂 政事、 居 家 衣服 飮食、 田 を 耕し 井 を 汲む まで、 千 種 萬樣の HJ あれ VJ も、 皆此 五の 事 

業よ. 外ない?^ のぞ。 其 故 五常 五偷 どれ を 主と しどれ を か 力 りても、 ^くえして 相 通せざる.. V なく 



をし はめて ゆく になる o 是は 無い 理ぞ ひこれ でん 日用 本 鉢 內外無 J 一 のさ を 可 i 知 大鉢 論孟 t! 日用 敎 

學の說 を 主として、 門人 君 相に 其の 當然々 々に說 き 示さる、 ゆ ゑ、 性與, 一天 道, の說自 から 罕 にて、 

晚年 易に 於て 其 本 鉢 本然の 説、 其 蘊奥 を發せ 6b 周 程 張 朱 以來、 曰 用 敎學は 勿論、 性 與,, 天道, の 本然 ま 

で 明に 說ろ、 ゆ 釋 氏の 說に まぎる、 の、 論孟の 樣 にないのと 云て、 かけり ある 樣に疑 ふ。 是淺陋 

なる さ 也。 孔子 沒 して 以後 は- 異端 邪説 盛に して、 性 命の 說と に 本然 まぎる ゝゅ ゑ、 周 程 張 朱 ま 

てもなく、 中庸 孟子 以來、 次第々々 に 本然 性 命の 說自 から 平生 説き 示して、 口川 學 術の 本 胖 一 以 貫, 之 

て、 學 者に 示す つまるところ 下學 上達の 敎 け、 始 より 毫髮 易る 自 からな し C 性與, I 天道, は 全 

鉢の 道の 根なる ゆ ゑ、 平生 學 者へ 説れ ず- C 中 人 以下 不っ 5\以 語, 上 也と 云 も、 其 等 故の さぞ 若し 

性與,|天道,が淺き..^^か無用のものて語らねば、天地人物の本鉢は無て、似せ傳授,ど作て いはずに おく 

やうな もの ゆ ゑ, 孔子 は 虚誕の 人と 云 もの、 又 孔孟 それだけ なれば 大疎陋 と 云 ものに て、 論?^ の 

書 も 道 全 林 を 貫かず、 只 一通 ゥ錢 はかなる 窨に r、 天地 本然の 學は 孔孟に さし あ ひ、 俗儒 異端と 五 

十步百 歩の 違に て、 何の 道 を 傅る 書て にないと 云 も のぞ C 性 與= 天道, の わけ は、 其 わけてな いと 云 

ものぁれズ!^、 羅竟本然の暗きょり^^ーこるさ、 一 辯ず るに 不, 及。 それ ゆ ゑ 仁義 禮智を 第一に 本 

鉢と 標し、 凡人 道 爲學の 根本と する ぞ。 次に 父子 有, 親、 君臣 有, 義、 夫婦 有 i 別、 長幼 有, 序、 朋友 

有, 信と 云 は、 人の 天地に 生れて 相 立ち 相屬 するな り C 此 五よ 6 外 天地 さら へて ない 生む は 父、 生 

る は 子、 人の 天地に 生ずる 根本 也。 其 道 を 親と 云 ふ は、 一身 骨肉の 相 離れざる 自然の 實な りに パ乂は 

淺見 魏资 聖舉 園 講義 四百 三十 五 



,子擧 上 H 百 三十 四 

ない 常人 は 意 を 用て 名 付る ゆへ 本 鉢に 合ぬ ぞ C 流る、 な. を 水と 名 づけ、 炎る よ. を 火と 名づく 

ると 同事 ゆへ、 聖人の 敎とは 云 e 孔子の 朱 子のと 云から が Vs ふと 云 tj はない ぞ 其故此 五が 人道 全 

鉢の 根と なり 則と fc* ると 合點 せよ。 然と; _p 聖人の 辜 を 説き B 月 を 示に は、 父子 は 父子て とき、 君臣 

は 君臣て とき、 政に 政て とき、 學は 學で說 るに 因て、 本 原本 鉢 を每々 指し 尾 はして 年生 說る ゝる罕 

なゥ C 仁義 蹬智 を說 る.^. P 、日用 人道 を 主として 説れ て、 本 鉢 自然の 大根 をぬ いて は 平生に 說れぬ ぞ。 

其 を 知らず して、 中から 色々 に 云 ゆ ゑ、 面々 云が ちに なり、 皆 そて ない ぞ, し韓退 之の 原 道 %、 道 を 

明し 異端 を闢 くの 志 は 切なれ とも、 博愛 を 仁と 云、 行 宜を義 と 云て、 根本 を 知らず e 人の 上べ のな 

り を 中から 晃 立て 云 凡 後世の 儒者 本 鉢 を 知ざる 皆然. 上句に は 仁義 禮智は 日用 道德の 名て 人の 

性て ない と 云。 加樣 なる 辣妄な HJ は f:J" ぃぞ。 さあれば 論孟に 仁義 禮智を 日用 を 主として 說を 尾て、 

道德は 聖人が 見立て 絹 出して 日用の 法と 爲し、 古より 生 民の 中間に 總 もちに 持ていて、 何に ゝ 根ざ 

すと i_p なく、 中 にぶらり と 浮 あると 云 も のぞ C やすい さ 今 眼前 端的 火の 燃る が 火の 道て、 湯 を わかさ 

うと 燈 をと J>P さう と、 火の 日用 は 燃る が 日用 ぞ C をれ が 即ち 火の 生 付な りて、 燃る を 即ち 火の 日用 

の 道と 云 C これが 1^ 人が 掠て 水火の外にぶら<^として有るて1_^"なしc 子と 生る、 から!!、 親の 

ぃとをしぃ樣に生付^^なりぞ。 それお やに 因て、 親 をい と をし む 曰 用の 道 かすぐ に 本 鉢の な. ぞ。 

そわが 親 をい と をし t 樣に生 付て なければ、 親 をい と をし む 道 は刖に 有て、 聖人が 敎て其 中へ 子 を 

し はめる と 云 ものに |,<る。 それなれば火の燃る日用!_^*、 火に は 生 付く 本 鉢て なく、 然ると 云 道へ 火 



m 



本 



彙 



れ にても 面々 の 見立て 存じよ. o からして 學に 入て、 全く 天下 後世の 學 古聖 資ー 致の 定規に 畢竟 合ぬ 

ぞ。 其 故大學 .i,- 好んで 中庸 を惡 あの も あり。 論 子息 を 信して 大學 中庸 を 疑 もの も あり。 堯舜 孔子 を 信 

して 程 朱 を 信ぜぬ もの も あ, て、 孔孟の わざても、 程 朱の わざても なく、 天地 も 日用 も學術 》= 本 鉢 

よ. 外にない と 云。 根が あかぬ から 自然 一致の 赏へ得 尾 到らぬ ゆへ ぞ 其 故 第一 に 首に 指標す る 

は、 これよ, 學て入 倫 爲學を 後に せよ と 云に は 非ず。 即 人道 學 術の 极 本,^ 標的と する さ、 ® 賢の 所 

レ示 皆然, 00 それ ゆ ゑ 人と 立て あるな り C 曰 の 事業 を さし あた. て 看よ 父子 兄弟 を始 て、 互 

に 相 親 相愛す るは即 仁と 云の 本體、 其 それ., f に善惡 取捨の 宜を さばくは 義と 云の 本體、 其 互に 

相 恭敬 相辭讓 する は禮と 云の 本體、 其惣 體善惡 是非 を それ-^ に 分別す る は智と 云の 本體、 仁義 

禮智即 BSE. 眞實 にて 少の 虚假 なる さなき は 信と 云の 本體、 五常の 全體、 精粗 本末、 淺深 巨細、 四海 

万世、 縱橫 十文字、 人 あらん かぎ, 此 五より 外な い 「,) 治まる は此 治まるな り。 §S る k はこの 亂 る、 

な り0 天地の 物 を 生ずるな, り は 四;^ よ. ft- 外なければ、 人 どし のな わ は 五常よ. 外ない それ ゆ ゑ そ 

れ/ 1\ に 父子の 道の、 君臣の 道の、 夫婦の道の、 世 を 治る の 道の、 出處 進退の 道のと、 それ- f に 

塲^ との 道の 名 はちが へ , え も、 どちらへ V3 ふしても 此 五の 實ょ 6 外ない。 それ ゆ ゑ此を はなれて 道 

を 說と邪 術になる。 そこ を此 五と 名 付て。 人道 日用の 實名を 指., 示し、 仁義 禮 信と 名 付ら れし は、 

聖人の 言 也。 其 言が 道な り 自然に 聖人の 口より 出る と 云 l„p のにて、 聖人の 發明 心得に て 編 立てた 

たる 名に てな し 尺の 本 鉢 を 尺と きわめて 出す が 聖人の わざ。 其 わざが 聖人の 意て こしら へる さて 

aai 聖舉 S 義 四百 三卞ミ 



朱子學 PS 上 KI 百 三十 二 

目の 鉢 あり、 鼻 は 畠 一; の 鉢 あり、 手 は 手足 は 足と をれ くの 骨 がらみ の 立た なりの かたち を 云。 其 か 

たち は 形 なれと も、 すぐに 其 形の 鉢 を はなれず して、 其理 本然の 本 鉢 ぞ0, かやう の 天地と なう、 か 

やうの 陰陽と な ゥ、 かや ラの萬 物と なり、 かやう の 人となり、 日用と 立て ある 、其 根が あれば こ 

そ、 VI こから どこ まても、 千 萬 世歷て 《p 、千 萬 里 隔て Jp、 一毫の 易る さなく、 一息の 斷る h; なく 立 

て 有れ。 これが 後世 出來 たの 聖人 か發 明した のと 云 ふさて なし。 理の 開に 隨ひ、 明に な ftN てく ると 

云 ふさ は あ. 50 此に 益しての 損しての と 云 HJ は、 自 から 始 よりない ぞ。 其全砵 根本 だ、 いのな. 故 

これ を 本砵と 云。 ま づしク かりと 大根 を かう 合點, ^すゑよ。 それ ゆ ゑ 古よ. 聖賢 道 を說き 學を說 

く、 必本鉢 を 立て 標的と する。 道心と 云、 降 と 云、 明德と 云、 有 X 物 有い 則と 云、 性與 一一 天道, と 

云、 性 善と 云、 天命 之 性と 云、 餘皆然 60 不, 暇 一一 悉擧, して、 小 學題辭 に元享 利^、 天道 之 (お、 仁義 

禮智、 人性 之 綱と 最初に 擧て、 近 思 錄道體 の 一 部 は、 則ち 此の 本 鉢 全 鉢の 吟. M を盡 して、 第 一 卷に 

立て 示し、 凡學者 一生の 標的と する。 皆 一致の 本旨 ぞ。 そ 古よ. 9 聖人の 繼, 天 立, 極と 云. p、 此の 

本 鉢な りに 立て、 天下 萬 世の 標儀 となら せらる >- さぞ さある によって 絛 i 己 治, 人の 學を する も、 

人の 生の ま.^ の 本 鉢 人道に したつる 外に、 聖人の 爲る さは 無に きわま ft- たる ぞ。 然に氣 禀に淸 濁 儡 

正の 變 A- ある ゆ ゑ、 善 あると 惡ぁ. ft.c 正 あろと 邪 あ ftNO 明 あると 暗 あ. 00 是亦 陰陽 自然の 理 にて、 

其な 6 に 本 鉢の 實は 少し, P か はり はない 遠. て; は 燃る 本 鉢、 濁. 5 て も 水 は淸む 本砵、 皆 本然 

不易 自然の 實ぞ。 古よ. 其 本 鉢お 知らざる ゆ ゑ、 我が 氣の 偏から 理が晃 えて、 異端 邪 說は勿 絵、 何 



B 



灰^^ゥか ず、どちら へ Vj ふしてる 尺が 大工の 尺 箱屋の 尺!? P 衣服す る 尺 《p 、何 を さす も 角 を さすな, >, 

此 尺よ 6 外に 尺な うて、 何 を 一色と 名付けう 様ない と 同 t るに て、 さて 其 尺の 本 法の 用 ひ 樣ぉ収 ち 

か へ ぬが 舉術 正脉の 旨ぞ。 せ 〈れ 故 兎角 これにす わらねば、 本 法の 學てな い。 凡そ 學 者の 此 圔 を 尾て、 

是れは 知れた 通. りの こと、 云 ふべ けれと も、 其知れ^^:と云:„?の 、學術、 皆 赏に學 術 明に 定まりて ち 

が ひなければ、 一段 珍重の 也。 只う か,/ \ として 定ら ず、 俗儒 異學の 中に 馳驚 流浪して、 得と 

本 へ 合點 なく、 學は 知-' たる 樣 にて、 又異說 邪辭に 惑ひ轉 ずれば、 そこが 眞實に 學術を 知. を. -せ ぬと 

一 云 ふ もの 也。 觅角 とつく 6 と 始終 落 付 まてに 合點 せぬ さきに" 色々 と 面々 の 云 分 を 云 ひ、 疑議 する 

倫 一 なり. a ら すぐに 見識 を 立る 故、 我 も 意 智《" 捨て、 耳に うつ. 説に まぎれて、 いつまて?? 本 法の {li^ 規に 

ゆきと- 5- きす わらず 欺 を 憂て 先づ最 切入 學ょ, 篤信 純一 にて、 漸々 に 其 旨 を 得心 ある 樣 にと 思 ふ 

故、 如此 するな り ^此 圜 の 第 一番に 仁義 禮智 信お 本 鉢と 擧て 指標す る は、 大凡 物理の 自然 大根 本 

より 出ざる-. V なし C それ ゆ ゑ 大根 本より 出るな ftN に 一 物. < -又其 本 鉢の なら 立て あ. 物 を 生す る 

總 鉢の 形と なる るえ の は 天地な りに 本 鉢 立 て あり。 物 を 照 し 塞 夜 を 照す の 形と なる? P の は 日月な AV 

に 本 鉢 立て あ 6.0 物 を 潤す の 燃す のと 云 は 水火な りに 本 鉢 立て あ. fto 一 年 萬 物 を 生す るの な. 5 は 四 

時な りに 本 鉢 立て あ 6 て、 天道 流行 萬 化 此に外 { ^る さなし。 人と 生る、 と 五常な. に 本 鉢 立て あ. り 

て、 人倫ョ用萬15^此に^るさなし0されば元亭利^:;は天地な.5の本鉢、仁義禮智は人な.0の本鉢ぞ0 

^ぜに 本 鉢と 云ぞ なれば、 だたいの かたちと 云 さぞ。 さしあたり てい へば、 顏は顏 の 鉢 あり、 目 は 

0^00 聖學圖 講義 四百 三十 1 



理 

編 



編 彙理倫 本 B 



朱子^ 上 四百 111 十 

聖 學圖 講義 

淺見 綱齋著 

大凡聖賢相傳る學術の1^^1^、 いづれ „p 二色 はな い。 大學は 別して 餘事 をい はず。 其學術 はか 6 を 首 

尾 始終 そな へたる せ のぞ 論孟 《p 中庸 それ、 周 子 1^ 程 子 それ、 張子 TP それ。 朱 子 は 其 互 細 本末 全 

備 W 盡の 至極 ぞ C 是 固よ. 卒生 朝夕 衣服 飲食の 如く、 毎々 說さ 故、 今更 別に 云 ふる はな けれと;. VI 

ふして S 初學 に大與 チを說 ときに 大學 なう に 思 ひ、 中庸 を 說 とき は 中庸な. りに 思 ひ、 惟精 惟一 , 文 行 

忠信、 博 文 約禮等 をと けば 簡易に 聞え、 大學八 目、 中庸 二十 章て とけば 詳密に 聞え、 かやう に 二 書 ご 

とに 二 面が わ. りが 有て、 却て ばら. (- になり、 本 法 一 軏の 定規 を しらぬ ぞ 朱 子に 至て 白 鹿 洞の 揭 

示 をな されて、 1=^ 大學 論語 孟子 中庸の 旨 を 具 へられ 殘 所ない それ ゆ ゑ 白 鹿洞揭 示お 圔に爲 て初學 

者に 見せん と 思 けれ VJ«P、 又揭 示の 圖と ばかり 意 得て、 全 鉢 他經へ 融通す るる を得爲 まじき と 思 

ひ、 今度 いづれ の圔と 1>p 一 色と 名 付る さ 無て、 さて いづれ に 合せても 此圖に 合ぬ さなく、 此 圖に歸 

せぬ さなき 樣 に合點 さすべき ため、 隨分 簡易 明 備に 圖せ う。 勿論 拙者の 學術を 見立て 招て、 新しく 

我 門 流 を 一 派に 云檨 なる さなし それ は: IS られ もせず、 今掉る さいらず 水の 流れ 檨今掉 Co いら 

ず、 火の 燃 樣今薛 さいらぬ と 同 t さぞ C 只 其 本 法の 流れ 樣、 本 法の 燃え 樣を たがへ ず、 本 法の 學 

び樣を .{^ が へず、 聖賢 說くな 6 を すん、 の 定規に 明め させた きまで 拙者の 圔と云 さて はな い 壑, _p 



れぬ o 其 人欲に くらむ 人が ある 故に、 をれ をな をそう ために、 古の 聖賢が 學 問と 云 もの を 港ら へ 

て、 人に 合點 させた もの 也 朱 子大學 り 序 を 讀て可 知 

士農工商 ともに、 年の 慕に は、 一夜 明けたら ば、 VJM も かもよ からうよ からう と 思 ふて、 行水して 

身の 1J§ を 落す 樣に思 《p の 也。 さる 故に 元日から むせう に 目出度 目出度 春 じ や 春 じ やと 云。 を かしき 

日 こと 也 何が 目出度 やら、 愚と 云べ し 學者は > む 得 あるべき こと 也。 今年 も 去年の 檨に暮 すて あら 

本 ダ ふかと 恐れ 謹む 箬 也。 孝子 愛 日の 語 は、 親切な と 云べ し。 古歌に 「何 をして、 身の 徒に、 老 ぬらん、 

一 年の 思 はん、 さ? P やさ— き」、 「こぞ 今; 同じ 心に、 慕に けり、 又來る 春. *-、 同 t 身な らん」 、「こぞ 

倫 ~ も あれ、 今年 も さぞな、 あしから む、 同じ 心に、 老を そふれば」、 「徒に、 つもる 齢 も、 限 あれば、 風 

理 に 落葉の、 殘る身 もな し 」o 予嘗 曰、 學者 知, 耻-- 於 人: 而未, 知い 耻 -I 乎理ハ 則 何 至い 道 之 望 哉、 不 i 耻 -- 

, 於 屋漏: 不, 耻,, 所 生; 仰不, 愧, -於 天: 俯不, 怎= 於 人 r 是乃學 之 所- 嘗耻- 也、 孔子 曰、 士 志-於 道; 而 

暴 ^ 耻,, 惡衣惡 食, 者、 未, 足, k (議, 也 C 吾 友 思, 之。 

編 一 學者は 自己の 理を 信ずる で f;- ければ, 本の ことて はない。 聖賢 を 信ずる は、 善い は 善い けれ Vi も、 

^ 我理を 信ずる に は 及ばぬ C 曾 子 子 夏に て 見るべし 程 子 曰、 信, 人 而不, 信, 理 神道 者の 神明 を信ヒ 

て、 あそこ へ 取 付く は、 本を失ふ^«^"の也0 人- 1- 有, 尊, 一 於 己, 者ハ 天理 也、 其 尊 無 ,教0 我心よ.^ 外に 

賴み 力に する こと はない。 明明 德の三 字, 章句の 自字 * 宜, 味 i 之。 

學談 雜錄終 

f 藤^ 方 88} 談雜錢 ^百 二十 九 



朱 子 上 四百 二十 八 

をと くと 知.^ 人 は、 とほう y.- ない と合點 すれ V3;„p、 文字の 力なき 入に、 はきと 知 <= 'かぬ る 。今 誰て 

も 紛れず 合 する こと あ ゥ。 兒 女の もつ 團 扇に はんじ? P のと 云 あ. 00 其 筋. 1- を 知らぬ,, P の は、 一向 

に合點 ゆかぬ 其 筋 を 知. 人 は、 大方 譯の聞 ゆる 樣に云 ほ ビく也 事物に 至る の いやと 云 はれぬ を • 

一 見るべし 良知と 云て はすまぬ C それ., 1\ になれ たこと に は、 其 知 開け る 《p の 也。 物 潜, 事 也の 切 

B 一 なる を^べし。 錢晃 安正 嘗 語, 一 鈴 木 正義, 曰、 學 問せば 兎角 格物致知して、 知る こと を 主と し 精出す 

fc, ; べし、 行と 云 は 知た こと を 行 也、 知ぬ こと は 行 ふこと ならぬ、 行 は 知より 一 歩え 出ざる J_p の 也と 

ネ ガ 

一 吁 誠に 然ゥ C 王 陽 明が 妄論 は、 孩兒を あざむく の 術 也 C 知らずに 行 ふ は、 俗に 所謂 胡椒 丸吞 也〕 陽 

倫 ^ 明; 天地 自然に 知と 云 もの を 生れつ いて をる に、 それ を 使 ふまい と は VJ うした こと ぞ。 心 も 目 《p、 

『 ノ Z 口 も、 手足 も、 一身に ある もの は、 皆 使 は ぬと 云 こと はない。 陽 明 5_p 口て 言; 3 目て 見、 手足 を はた 

一 ら かす は、 使 ふ^ものて はない か。 なぜに 心 計. 5 つか はずに、 良知に まかせて 置ぞ。 或 曰、 陽 明 $ 

r ^ 知 を 使ぬ て はな い 良知と 云 は 知 を 使 ふたもの 也 C 曰、 良知 は 自然に をな はりた る ものて、 手足の 

^ ある 樣な l„p の 也。 をれ を 人が 使 ふの て はたらき は あ ft^o 備 -9 て あると 云て、 心 をつ けて 使 ふこと な 

ノ くば、 手足 も あれが てに 働く と 云 はねば ならぬ 其 良知 を 働かし さまに、 心が 理 にくら ければ、 と 

ほう? P ない こと をす る。 K 知が わるい こと をせ ぬと 云 は. 《•、 世上のう そっき 盜人は 何てす るぞ。 あ 

れらに は 良知 は備ら ぬか。 或 曰、 人に 良知の ない と 云 こと はない。 うそつき 盜人 は、 人欲に くらみ 

て 理に違 ふたもの 也。 良知のと がて はない。 曰、 それ なれば、 朱 子の 究理 誠意の 功夫が いやと 云 は 



曰 



本 



彙 



と くもの 也 聖賢 君子 惡人 小人 色々 有. 00 生 知 安行 は 良知 良能と 云て すむ ぺ し。 其 外 は 其 分で はす 

まぬ。 どラ すれば 1? 賢になる ぞと 云へば、 成樣が ある 箬也。 其 仕形 かう すると 云 こと を 知らずに、 

なんと 工夫が 下さる ゝぞ 其 仕形 を 知る が 知 也 其 知る 所が 詰らねば、 惡 いと 知って 1„p拂 ふこと な 

らぬ 故に、 致る の 工夫 か 入る 也 譬 へば 火事 は 消す ものと 知ても、 消 樣がぁ 父母 はいと しがる 箬 

と 知ても、 いとしが, 9 樣ぁ 60 それ ^ の 仕形 は、 知らねば ならぬ は、 いやと 云れ ぬ 也 。譬 へば 祿 

仕 を 願は學 者の 道て ない と 云 こと を 知た 學者 が、 すぢ め? P ない 祿仕を 願 ふ を 尾よ。 わるい と 知ても 

行に は 出ぬ 所 あり。 夫 を 致 知の ない と は 云 也 C あたまから 願を惡 いと 知らぬ は 俗人 也。 我 弟 や 甥 を 

出家に する をば、 學者. る もの k 善い と は 思ぬ けれども、 人欲が ある。 歷々 の學 者が 子弟 を 出家に 

する を 尾よ 行と 知と は 別 也。 此 あや を 知らずに、 人 皆 可 一一 ー以爲 一一 聖人, と 云 はた わけ 也 致 格と もに 

きわむ ると 訓 ども、 致 は 心 知 きわむ る こと、 格 は 事物 をき わむ る こと 也 易の 窮理と 云 《p 結構な こ 

となれ ども、 大學の 格 物 程に はない と 云 は、 物 は 事 也、 事 を 直に ク かま へて きわむ る 故に 親切 也〕 尤 

理の 外に 事なければ、 窮理と 云ても、 事 を はなれ はせ ぬけれ V3 も、 理は 形な き 故に、 空に ながれる 

病 あり 佛は 事物 を棄ろ 故に 空理 也。 儒者の 學を赏 學實理 と 云は是 也。 知 之 非, 難、 行 之 惟 難と は、 

知行の 大抵 を 一 K0 功夫の 實を 詰れば、 行よ. 知が 難ぞっ 大學知 止の 難き を 見よ 老 業て. P 行の 上 は, 

聖賢の 心に 1„^耻 ぬ 道现を 知る こと は 俗人 也 C 愛の あや を 知る 學者希 也。 兼 好 法師が 徒然 艸に、 萬 

づに其 道 を 知る もの はやん^ となき もの 也と 云。 王 陽 明に はま さ.^ たる 也つ 王揚 明が 妄論 を、 文字 

佐藤^^^ ^談雜 凝 B1S1 十七 



m 

本 





朱 子?? i- 上 四百 二十 六 

が 事 期ない に 成る 

我に 知がなければ、 人の 知 を 取 こと はならぬ。 人が よい こと を 云 を 聞て、 夫,^ まねて する はよ けれ 

VJ;_P、 其 人が よからぬ こと を 一 Kv^ 、惡 いと 選ぶ 知がなければ、 惡 いこと を 善と 聞て する 舜を大 知と 

云 は、 人の 善 を 取 故 也 C 人の 長 を 取て 短 を 取ぬ と 云て なければ 益 はな so 故に 我に 見知が な ふて は、 

老僧 大儀になる 也 

學 者の 格物致知 せぬ は、 河豚 汁 を 食 ふ檨な もの 也 决斷 がない 人の 言に、 うろつく 千 人に 一人 あた 

ろうと 中る,, P の 也 鬼神の 意 也 偖 事 物々 をき わめ いで; <p、 道 を 知る と 云 こと あり。 是.^ 合點す 

る 學者は 大抵の ことて はない 

或 曰、 儒佛 ろろ はねば 徧也、 どち? P 捨られ too 曰、 IS と 云に 全に 對 して 云 太 極 一 理が 陰陽と な 

る。 是て全 也 獨陽獨 陰 なれば 倀也 人の 雨足の 樣な 《p の、 儒と 佛とは 本 違 ふた 《 ^の なれば、 一 埋 

てな し 人の 足と 我 足との 樣 なる JtP の 也 C へつら はぬ とへ ク らふと 二つなら ば、 偏な と 云て はす ま 

ぬ。 狼狽の 意になる。 理 一 分 殊を合 點すぺ し。 

王 陽が 格 知の 工夫 は 入ぬ、 良知 あれば 自然に 人欲 は 知る >- 故に、 心の わるい をば、 其 良知で たレ し、 

まろ くにすろ、 是が 人欲 を 去て 天理に 純と 云 もの 也と 云。 何の こと な い、 安い なれ V3 も、 そうは 

ならねば こ を、 古聖 賢の 色々 の敎 あ- 人欲と 知れば 其 儘 それが 去らる、 なれば、 大學の 功夫 は 入 

ぬ C まさし ふ惡 いと 知て る、 人欲 を 得 はら はぬ は、 知る ことのつ まらぬ 故 也。 能 知た こと は、 行 



出る 水 一 まいの 如し 然れ VJ も 祭祀 感格 は、 其 筋々 でなければ 感ぜず。 人の 一身. P 一 つ. 5. き なれ ど 

さ、 筋々 條理 あ, 其 筋々 てなければ、 灸 も通ぜ ず。 人間 一 人、 頭上から 脚下 迄、 一 枚と 云て 條理 

^き は佛見 也。 理 一分 殊を 見よ 其 筋々 て 感ずる 乙と、 いやと 云 はれず 天子 祭, I 天子" 諸侯の 無, 

後 をば 諸侯が 祭れば、 其 筋で 感ずる。 孔子 を學 者の 祭る は、 學 文て 通す る C 條理を いやがる は 異端 

也 C - 

道理 を 見 付て 信ずる は 大きな こと、 朱 子の 説が かう あると を 力に して 今日の 持 守に する も餘 程の 

こと 也。 子 夏 篤信-一 聖人, の 方 也 貧 は士の 常と 云 語 を 一 ゥ きっと 守て 1.P 大きな こと 也 孔孟 程 朱の 

語 を 杖に ついて、 た をれ ぬ 程に 學問を すれば、 本望なる こと 也。 今時の 學者 は、 肓 者の 杖な き樣な 

る もの 也 無, 所, 不, 至矣 延 1^ の 艱難に あった とき、 古人の 艱難に あ ふた を 思 ひくら ベて、 それ を 

杖に する の 言 可, 者 得 一一 一 兩句, 喜と 云 は 大きな こと 也 

老 ぬれば、 目.? P かすみ 齒 もぬけ、 手足; *p 不自由、 耳, P 聞えず、 段々 衰るは 眼前 也) 心 計が 衰 まいと 

思 ふ は、 愚なる こと 也。 目の かすむ は 眼鏡て たすけ、 耳の 開えぬ は 高聲、 或は文字に書て尾する^^ 

すけ あ. ^0 心に は叹錢 もな し。 是を 者て 存養 主靜、 心 を 放 失せぬべき こと 也。 

四十 六 人 を 上 杉 殿が 人數を 出して 討ろ、 箬と 人々 云 是て能 知れた こと 也 上 杉 殿が 四十 六 人 を 

殘らず 討れ て „p、 公儀よ.^ 上 杉へ^、 り はな い 害 也 是 で考晃 よ 主の 轡て ない と 云 ふ はしれた こ 

と 也 復警の 義に定 たこと なれば、 四十 六 人に 上 杉 殿よ. 手 を さす こと はならぬ 箬也。 君 父の 警討 

^藤! ei} 談雜錄 四百 二十 五 



朱 子 Bs- 上 百 二十 四 

やる かと、 つかみ ゥ く。 餘り聲 高になる 故に、 鄰人來 て 取 さへ あ ゥ かふて、 兩 方の 云 分 を 聞く。 段 

々を 聞て、 隣人 笑 曰、 兩方 共に 如 在 はない、 是は 料簡 違 也。 最前 魚 を 看られた 時 は、 眼鏡 を 掛て晃 

られた 故に、 魚が 大きに 晃 えた tP の 也、 接に 眼鏡 をはづ して 居れた 所へ 魚 を 持て 來て 見せた 故に、 

前方より 小く 尾え の 也、 魚 寶も取 易 はせ ず 亭主の 取 易^と 云 はる、 タ、 無 鉢に 云掛 をし 力ても 

な い、 あやまち は 眼鏡に あり、 惣 t て 眼鏡と 云- P の は、 大事の もの &、 つか ぃ塲 がわる ければ、 に 

,がくしき; J とになる、 亭主の 本 商に. p、 買に 來た所 へやる は、 落丁 見ず そこね も 見ず、 危 相に 

してやらる、、 其 代物 を 取 時に 12、 金が よい か惡 いか 重 S か輕 いかと、 眼鏡 を掛て 吟味 せらる、、 

兩替商 をす る 《p のが、 人に 掛て やる 銀 は輕 くやり、 我方へ 取 は 重く 取と 同 こと 也、 こなた も 他へ 書 

物 を やる 賠は、 隨分念 を 入て、 惡ぃ をば やらぬ 樣 にと 眼鏡 を 掛られ てよ し C 是 について 國 家の 政 を 

する 役人 衆の 仕形 を晃 るに、 皆 眼鏡 ゾ 掛堪 がわる いと 存 ずる。 上から 下へ 被, 下 時 は麁 相に 吟味な 

し。 眼鏡 掛 ずに 扱, 下, 下から 上へ 上る 物 は、 偖々 吟昧を かけ、 眼鏡 を掛て 看ら るゝ 。百姓からの 米 

を納 る? P 同じ C 何事. P 下べ のし かけ は 薄く、 上へ 取る 方 は 厚し C 哀むペ きかな〕 上下と >P に 股 鏡の 

掛場を 明む ベ こと 也 君臣 父子 夫婦 朋友の 交り.^ 是也 C 學問は 爲:, 己に する がよ し、 政事 は爲, 人に 

するがよいと 云 も C 此意 也。 慎むべし C 吾 嘗戯に 云、 古 之爲, 政 者爲, 人、 今 之爲, 政 者爲, 己 、明-明 

德ー爲 i 己 也、 新 i 民爲, 人 也、 本末 前後 也 C 後世 は 何事 も 古人と うらおもてになる 哀む べし 

致-中和: 天地 位焉、 万物 育焉 なれば、 天地人の 氣琉 通して 無, I 間隔? 湖水の 中の 衆 魚の あぎと よ. 5 



曰 



本 

% 一 



彙 



士の 上に はない こと 也。 中間 小者に は、 請 人人 主取^ 欠落、 彼是の 證. 文 あ. 00 孔門 以來に 聖賢の 學 

にしる し を やる 乙と はない にて *J ろべ し。 日本の 神道に も 誓紙 手形 ある は、 後世の 失な らん。 曰 月 

の 運行に 隱す こと はない C 論語 曰、 二三 子以, 我爲, 隱乎 C 吾 鉦 U 隱 乎爾。 尾るべし 金銀 を か 6 るに 

も、 文 手形 あ 60 朋友 道義の 交て 金銀 を 用に 立と きに、 手形 證文 はせ ぬ t 苦 也 妾 を 置き、 或は 遊女 

の 交りに は、 誓紙 手形 あ 々o 媒 者あって 雙方禮 て 交る 夫婦に は、 手形 證文 はない 軍法に も 手形 證 

文の めろ は、 だまし 隱 すから しての こと 也。 曲藝の 弟子の 證文、 父母の 恩と 同じ。 鬼 角 は を かしき 

こと 也。 養由稃 弓の 上手に 生 立ら れ たと 云て、 それが 父母の 恩と 同 t ことにて あるべき やつ 耻 しら 

ずと 云べ し。 偖釋氏の拂子.p後世の譲<^なるべ し0 釋迦が拈花微笑の箬也0 是 から 者て 見よ 誓紙 

を させて 人に. * の を敎る は、 上品の 人の せぬ 箬 のこと 也 

眼鏡の 掛 所が 違 ふて は、 富 目に は をと, たる; „p のと 云に 付いて、 書肆に 語て 曰、 人々 利害 損得の 方 

は、 蚤と り 眼に なって 細に 看れ、 VJ1„P、 不義 を吟眛 する 方 は、 目が ね はづ して /„| ほやう に 看る は、 

ロ惜 きこと 也 譬 へば 一 商人 魚お 買 ふ 蹄に、 あまりし わい 男 故に、 魚 を 吟味 するとて、 眼鏡 を掛て 

見て、 代 何程と 云 魚賣 まけす に 外へ 出て、 しばらくして 歸て、 最前の 魚 まけ ませ ふと 云。 彼し わ 

き 男 其 魚 を 尾て、 是は 今晃た 魚て はない、 最前の 大なる は 他人に 賣て、 小き を 持て 來て身 V3 も をお 

ます、 沙汰の 限.. と 云て 呵 る。 魚 賨大に はら を 立て、 偖々 こな .1^ は 人 tV 盜入 にさつ しゃら る 、かと 

云 亭主 猶 怒りて、 大を 小に 取 易る は盜 にあるまい かと 云 Q 魚 賣以の 外 腹 を 立て, 此 男を盜 人と 云 

佐 藤 直 方 學 談雜錄 四百 二十 三 



朱 子學! „s 上 四百 二十 二 

搆 なる を 可, 見 曰、 なろ 程 眞實の 行 あれば、 其 誠に 人が 或ず る箬也 そこに 譯の ある こと、 王學の 

たらぬ は そこに あり。 本 其 商人が 知見あって 了簡が よい 故に、 諸 入 皆 尤と同 t たもの 也 い^に 虞 

實に踏 込て しても、 わけ もない 火事の ためによ からぬ こと をして は、 人の 威 はなき 箬 也〕 其 端的 を 

晃 やれ C 死が 第一 也。 勿論よ い 了簡が ゥ いても、 踏 込ねば 用に 不 k 立。 蹈 で; _p よ い 了簡な けれ 

ば、 たわけの 名 を 取る。 V- ちらても 儡て は S に不 i 立 。うちに 知見が 先て は あろまい か 。或 人不, 答。 

學者晃 所の ない うち は、 本 知 は 開けぬ。 譬 へば 本分の 開た の は、 箱 根の 關所を 越た 樣な. P の 也 長 

崎 迄 行に? P 手形 は 入ぬ。 尾 所の ない は 關所を 越ぬ なれば、 江 III と 箱 根との 間 ゎづか 二十 里 計の^で 

あちこち する 樣な もの 也つ 二十 里の 內で五 里 七 里 箱 根 { ^近 遠の 別 は あれ ども, 五十 步百步 也 今 天 

下の 學 者に 政 を させ 力ら ば、 箱 根 を 越て する 人 あらん や C 1 學 者が 出て 堯舜の 御代に しゃう と 思 ふ 

て 7„p、 何の 事 功 なし 下手 碁 打の 會 合に 強弱 は あれ ど 《p、 手 をな をす に 至らぬ うち は、 五十 歩 百 

^也。 學 者が爱 に 目が つかぬ。 孔門の 歷々 を さへ、 曾點の 見所から 見て は、 子供の 樣に思 ふ 也。 京 

の 名所 圖て Hf- たは 役に立ぬ。 

諸侯の 上て, „p、 馬 弓 翁 兵法な VJ の師 をば、 師と 云て 尊ぶ こと あれ V3 も、 學 問の 方て はそう ない は、 

異な こと 也 C 弟子と は 父兄の 方から 云 こと 門人と は 一 家 一 門の 意 なれば、 情義 靈 きこと 也 悠 たて 

手形 證 文で 交る に、 曲藝の 上の こと 也。 道學の 上に 誓紙 證文 はな 佛 氏の 拂 子る 證文 也。 我 さへ 

道 を合點 すれば、 人め 知 不知 は 構ぬ # ^じて 請狀 手形 は 皆 下^た こと 也。 奉公人 し か .V し 力 



切の 意、 返溪の 九の 吾の 字に 意 を 付た も、 此所を 見 付た もの 也 C 夫 故 朱 註 も、 父に 事る 孝 を 以て 事, 

天の 道理 を 明した もの 也 C 爱の 意に なって は、 漢唐以 來の學 者の 組らぬ こと 也 然ば義 朝が 父 を 殺 

し、 信 玄が父 を 追放す る は、 至極の 不仁 也 申 生其恭 也,^ 引; P 親切 也 我 を かま はず 一味に 父に 從 

,( ふ 意 は 申 生 也。 仕形 ぱ舜と 違 ふて 父の 非 を あら はすになる。 故に 舜に 比して 及ばぬ の 論 あれ ども、 

B 一 夫 は 事 上で 云た もの、 張子の 西銘へ 引れ たは、 孝心 は. &生を 至極と したえの 也。 父に 少も 背ぬ、 東 

本 i 西南 北、 唯 令 之從と 云に、 申 生の 樣なは 類 はない。 をれ が舜 のなら ぬて はな けれ ビ も、 父の 我 を 殺 

\ そうとし. fi- 賠に、 あちこち 才覺 での がれた を 尾よ。 事 上 は殘る 所; „p なうて、 父の 惡を あら はさぬ 所 

倫 一 は 勿論 なれ ども、 父の 令に 從 ふた 處 はない C 朱 註の 天 之 申 生 也 を 尾るべし。 偖つ めて 云へば、 舜の 

理 ^ 才覺で 逃れ. る は 孝に 歸し、 申 生の 逃れずに 死した る は、 父の 惡を あら はして 不孝になる 所 あ り0 

^ 夫れ を 知らぬ 張子で はない。 然れ ば意眛 あり。 申 生の を 肉 身の 父に して 見れば、 不孝に 歸す るの 疑 

棄 I あり。 天理に と.^ か へ て 尾れば、 申 生の 樣に從 ふでなければ、 天理に 合と は 云 はれぬ。 殺 V 身 成レ仁 

編 \ に ひしと あ.?; -る 也。 朝閜レ 道の 意 可, 尾。 かう 濟 してお いて 朱 子の 註 を 看よ。 偖; „p く 也。 かう した 

ノ 朱 子の して を かれた 四書の 解 註 を、 大全 蒙 求な V3 の 類が あちこちと 云 は、 猫のから ざけ 也。 义此 

方不レ 通, 於-文字, 愚 儒 乎り 

或 人 一 商人 火事の 時 火 を 消す 働 を稱し 曰、 信赏の カ行 あれば 人が 感服す る。 あれが 蹈: a てした 故 

に、 大勢せ 感動して 屋根 へ のぼる た. „. 知の あると 云 分て は、 人が 威 動せ ぬ C これらで? P カ行の 結 

佐 藤 K 方 e5f 該雜錄 四百 二十 一 



朱 子 s-pg 上 Bun 二十 

佛者 曰、 我 道 は功德 甚大 也、 寶蟹印 陀羅尼、 千 手 陀羅尼、 廣大 の功德 あ.., と 予曰、 佛道は 手近く 

調法 <.」 ことなり、" 我 儒道に 何程の けっか ふな 書 を讀て „^、 とかく 其 人が 踏 込て せねば 役に立ぬ。 四 

書六經を何千遍戰て.^"、 其功德 はない 觅角其 人が 實に心 力 を 用 ひて 勤めねば 驗 はない 譬 へば 臆 

病 ものが 正宗の 刀 を 持た 檨な S の 也 神道の 接の 檨に、 たかまの 原 を 讀と惡 事 災難 をのが るゝ の、 

日 ^ 佛 道の 《ふ 佛を唱 へ ると いか 樣な惡 心な 人ても 成佛 するな ど、 云 あた、 かなこと は、 儒道に はな い 

故に 需神 佛道異 也と は云ぞ いか 樣な惡 心な 人で?^、 念 佛を唱 へる と成佛 する なれば、 結構な たや 

すき 敎也。 儒敎は 中々 大抵の 事て はならぬ。 血 を 吐く 程 精力 を 用 ひねば、 賢人 君子に は なられぬ。 

夫て 世上の 人が なりやす ぃ佛道 をす ると 見えたり〕 

西銘、 以, 孝 明, 仁、、 仁 非, 明, 孝 訂頑は不仁を正した.^"の也,レ 不仁 は 天理に 背^も の 也 然ばー 

線の 主意 仁に 在る 知るべし。 天理に 背かぬ を 孝と 云。 如何と 云へば、 今 微賤の 下人で 《^、 盜 をし 人 

を 殺し、 不義 無道 をし、 天理 を 思 ひ 出さぬ 《p の も、 父母 を 滅多に 押 付て 構 はぬ と 云 こと はない 親 

なれば 無 のさ.^ 云ても、 まづ はきに したが ふ 親に 先だって 路を あゆみ 食物 をく らふと 云 意 もな 

し。 や 少し 物の 合點 した 入 は、 父母へ 對 して は 何事 もま づ從ふ 意 あ. ^0 天理に 違 ふて 何とも 思 は 

ぬ は、 學者 さへ 夫 なれば、 や 無學の 人に 云に 及ばず。 天地と 云へば 形 て 云、 ひろくば ゥ とする 

故に、 人々 うっかりと 思 ふ C 乾坤の 性情 は、 意思で 眞劍に 近き 故に、 人々 の 心に 肉 身の 父母とう ゥ 

る 近し C 故に 子が 親に 孝 をす る 意 なれば、 天理に違ふて不仁はなぃはと示した.^-の也0 愛に 親 



本 

理 





弓 を 取れぬ と 云、 雜 兵の 手に かゝら ぬのと 云、 意 皆 同じ rJ と 也。 忠信が 芳野 山に て 義經の 鎧 を 着、 

毛受^^助が芝田が鎧を着るは、 现の ある 乙と 也。 太公望が 渭濱に 釣 をす ると、 今の はぜ 釣と が 同じ 

ことて はない 太公望の は 漁 者の 生業 也。 今の はぜ 釣は樂 みの 慰み なれば、 心中 は 天地の 異也 今 

の 漁 人の 釣 6- をす る は、 はぜ 釣 を 羨 やむ。 太公望 は羡 やみ はせ ぬ。 語類に 菌雖レ 佳、 而 人心 荒と 云せ 

是也 仙人の 碁 を 打 は、 たわけ をす ると の 也。 舜の耕 は、 骨は折れど《^"ほ へ頗てはな so 愛の 

あや を 知らぬ うち は、 經學 はう つらぬ。 

le. 井 氏 曰、 賴朝鶴 岡 人幡を 馳走 せられて 何の 應護 ある や。 一 つ 《p しるし はな い。 もとより 王位 を 蔑 

にし、 惣追柿 使に な ft'.J^ 、る は、 僧の 至極 也。 其 罪て 子孫 滅却す る 害 也. - 天子 を微々 にした は、 八幡 

の 神靈に 合ぬ 替 也。 鶴 岡 八幡 は、 頼義の 阿部.^、 任 宗任を 亡し. 後に 勸 請して、 後義 家の 武衡家 衡を亡 

した 時よ 6 段々 馳走して、 源氏の 神と あ ふぐ 賴義義 家 は 朝家 を 守 6 たる 人 なれば、 神 靈の感 ある 

箬也 其 後 爲義義 朝 天子に 弓 を 引た 故に、 爲義 tr 子供 八 人 迄 殺され、 義朝 は臣に 殺され、 您領惡 源 

太 は 縛. 首 をう 力 h れ、 朝 長,^ ば義朝 殺し、 蒲 範顿、 九 郞義經 及び 木 曾 父子 も賴 朝に 殺され、 たま. 

頼 朝が よい 檨 なれ ど 《p、 相模 川て 落馬して 死す と 云 ひ" 或は 結 城 七郞に 殺され^り と ネ云。 皆々 身 

を 全 ふす る ことなし 賴朝惣 追 捕 使の 非義 故に や 賴家實 朝 も 人に 殺され、 實朝は 八幡の 神前に て 

殺され、 遂に 國家を 北 條に奪 れ^る さま を 晃ょ。 神罰 恐るべし 恐るべし C 平 井 氏 之 言 可 ご 謂-一格 言- 

矣。 

佐 藤 直 方 四百 十九 



曰 



本 



朱 子- W K 上 四百 十八 

有-一 古今 一は、 是を云 はれ 力 也。 中庸、 首に 道 鉢 自然 を發 明して、 三の 中に 敎を 入れた は、 自然て な 

い ネのを 入れ. 檨 なが、 此敎が 品 節 なれば、 す < -に道 之 自然 也 そこ を 克己 復禮の 倏爲て 云 はる >- 

が、 朱 子て なければ ならぬ。 朱門に $ 二三 人の 外 は、 此 あやは しらぬ。 近時の 俗儒、 夢に 知らぬ 

こと 也 山峙先 牛; 有, 威焉、 則 B 本 之 一 人 也 是 につけて $ 可, 惜可, 惜 正 德丙申 正月 十日、 偶有, 

所, 或而記 i 之 U 賠 有-楊子 雲 夫 <i> 

士農工商と?? に 人 參不, I 自由 r 故に 死に 及ぶ 一家 親族の 合力 にても たらぬ 特は、 遺恨なる 箬也 

養, 生 喪, 死而 無, 慽、 王道 之始 也と あるお 看よ。 人参 下 直なら ば、 仁政の 一 端な らん C 下 直になる 仕 

方 あるべき こと 也。 此等 についても、 知 を 開く rJ とを務 むべ し。 學 者の 窨を讀 むは、 知 を 開く 爲め 

なれ ども、 書 を讀で a 知の 開ぬ は、 勞而 無, 功也。 語類、 問、 學者 講,, 明 義理, 之 外、 亦 須,, 一理, ー會時 

一 政; 凡 事當, 一 < -講 明、 使, = 先 有 _| 一定 之說: 庶_ -它日 臨 不 _,至殛^、 曰、 學者若 得 胸中 義理 明; 

從, 此去 量-度 事物 r 自然 泛應曲 常、 人 若 有,, 堯舜許 多 聰明: 自 做-得 堯舜許 多事 業; 若 耍_| 一 々理會 f 

m 則 事 is に究、 難 =以 逆 料: 隨 ^應齑、 ? 可- 預定; 今 世 文人 才子、 開 b 便 說,, 國家 利害; 把, 筆 便 

Z 述_, 時 政 得失; 終濟, I 得甚 事? 只是講 義理; 以淑, I 人心; 使, 世間 識_| 義理, 之 人多ハ 則;^ 患 _| 政治 之 

不 i 耶。 

實 が 錦の ひ^- > れを着 て 討死す る は 何の 爲ぞ 。己が 官位に ない 衣 を 着る は 非禮也 。曾 十の 易 簀の意 

から 晃れ ば、 偖 も 愚 fs^ こと 也 C 故 街 (錦 を 着る と は 何たる 義理 ぞ C 惣 じて 此 筋の 取 違 多し C 義經の 



理 

彙 



心と 事と 一 なる を 可 A 見。 此 意から 尾れば、 王學は 一 向妄也 人の 心に 具る 理を 外事と 云て すてる は 

猿し 人 之爲, 學、 心與, 理而 已矣と は、 いやと 云 はれぬ こと 也。 周 子の 物 則不, 通、 神妙 萬 物と 云 

i 是を云 也。 朱 子の 註に 有, 形 則 滯„, 於, 一 一 偈 i 可, 尾 無聲 無臭 是也。 

金が 餘 ると 云て、 無用に 費 はせ ぬ箬也 多と て 滅多に 人に やろう 檨な) な い 金の な い 入が 道具お 買 

は、 人の金 をぬ すむ になる。 金が 多ければ 志が そこねる と 云 も、 合點 のな い 人の こと 也 d 少し 合點 

した 人 は、 志の そこねる きづかい はない 志が そこねぬ から は、 無 いより 有る がよ い 洪範に 食貨を 

主と し、 大學 生, 財 有,, 大道 一な ど 見るべし 刀.^ 差して 居る とて、 めったに 人 を 伐る こと はせ ぬ 人 は 

いなこと に 或 ひて 居る 也。 士の命 を 滅多にす てう 檨 はなし。 又惜 みて 棄ま いと 云 こと もな い 3 惜め 

ば欹に 降参す る。 惜 まねば 喧嘩 腕立して 犬 死 をす る。 こ ^ て當然 の理を 知ねば ならぬ と は 云 也。 義 

理を みがけば 外に 馳せ ると 王 氏が 云 も、 爱,^ 知ぬ 故 也 U 磨て 外へ 馳せ ぬが 朱 子 派 也 磨ずに 妄をす 

るが 王 氏 派 也。 或 人 曰、 聖賢の 語 も惡ぅ > む 得る と惡 いと 云。 予曰、 わるう 心得ずに、 聖賢の 正意に 

心得る が學也 食 もくひ 過る と 食傷す る くわねば 死す る。 此 あやは 知れよ いこと なれ %0 も、 見所 

ぃ學者 は、 此 所が 明白に ない。 佛 氏の 五戒 を 立る も、 愛 を 知ぬ 故 也。 夫 故に 脩, 道 之 謂, 敎 ことが 

いる 也 中和 壤說 に、 倏道敎 を 朱 子の 克己 復禮て 云 はれた るに、 山 崎 先生の 感 める も 愛也 佛氏は 

脩爲 をから ずに な. 合に する 故に、 邪 正 一 如善惡 不二と 云 吾 儒 は脩爲 せねば 自然の 道に 合ぬ 故に、 

眞與, 妄 知 6 取, 善 去, 惡也 裁 成 輔相も 愛に あ. 00 陸 王が 此 あや を 知ぬ 故に 妄を云 也 不, 信 人間 

佐 藤 方 學 教雜錢 . 四百 十七 



朱子畢 PS 上 四百 十六 

萬 物 それ-^ の 自然の 理に從 ふて 治めたら ば、 天地 威 化 ある 善 也 龍が 雲 を 興し、 蜥蜴の 雹 を ふら 

す 類、 畜生 さへ 同 氣の感 あ. 50 况ゃ 人間 を や 人間の 道理 を盡 した 人が 天下に 立て 治たら ば、 いか, 

にも 人物 は 云に 及ず、 山川 艸 木 も 威 ある 箬也。 去に 依て 致-一中 和-た 聖賢で も、 上に 位する ことなけ 

1- ば、 廣位育 はなし 惡 人が 上に 立ば、 天下 萬 物 わけ もな ふなる を 尾よ。 後世の あ. 5 さまで; P 尾え 

日 た 60 文 言に 同聲 相應、 同氣相 求、 聖人 作 而萬物 観と ある を考ょ 0, 明君の なき 故に、 天下の 風俗 あ 

本 しき、 眼前 也。 或 曰、 何て; P 人間の 知て ならぬ こと は いに、 あほ ふて くらす は淺 猿し。 予曰、 人 

の知慧 てなら ぬ こと はない に、 今の 大夫 のうろ つくさ ま、 にが/ \ しき 事 也。 

偷 人の 一 心に 萬理 具る と 云 は、 明な こと 也 天地 B 月、 其 他 何ても 其な すわ ざく が ありて、 天が 地 

理 のす る こと を 得せず、 地が 天の する こと もなら ず、 陰が 陽の 態なら ず、 火が 水の わざなら ず、 數々 

皆然. OC 人 はなん て. P ならぬ こと は. ない。 致-一中 和-は 天地 位焉、 万物 育焉、 人倫 明 也。 火 か 入用な 

M れば火 を 用、 水が 入用 なれば 水をク かふ 木 は 木の 用に 使 ひ、 土 は 土の 用に ゥ かふ 何て a ならぬ 

と 云 ことなし C 其な す itP の は 心 也 其 心に 形 あるかと 云 へば 形な し。 方寸 虛也 太 極 鉢 段 也。 邵子 

一 の 心爲- 一太 極- $、 爱を云 也。 太 極は理 也。 理は 形な し 夫て 万變の ii き はなる 也 心に 形な き 故に、 

万物 を さばく 也。 妙-衆 理-と 云 は 是を云 也。 聖人 之 心 一理 渾然是 也" 日月ても はや 形 ある だけ、 力 

の 18 に万變 に應 ずる ことならず。 於, 此人 尊き を 可 i 見 日月 を 人よ. 尊と 云 は 俗見 也。 然るに人^_^ 

又 欲に 蔽 るれば、 其理 のね たらき き 故に、 妙-衆 理- にす る ことならず。 人 者 天地 之 心と 云 是也。 . 



耻之甚 也。 人の^;^程大切な^?-のはなぃ。 何に. „pill へる 3 のない に、 義理に は 一 命 を かゆる なれば、 

倍 義现は 尊い もの 也。 天 即现而 巳。 其 尊 無, 對。 宜, 味, 之。 すれば 出 處の现 に 違 ひ、 元の 許 魯齋が 如 

き は 不ぃ足 i 論矣。 許魯 齋を學 者が 信ずる は錢 間し きこと 也。 • 

或 曰、 天地の 間の ことに は、 色々 變 りたる 推れ ぬ こと あり 曰、 夫れ が 氣の變 也。 星隕爲 i 石 は、 譯 

日 一 は合點 せね ズ も、 あれ を 不審 はせ ぬ。 雀 大水に 入て 蛤と なる。 蜥^の 雹 を ふらす。 譯を 知らぬ は、 

本 其理 がすまぬ と 云 もの 也。 此類 はすまねば すまぬ でよ い。 伊川の 雷の 起る 處を 知ぬ 説て 看べ し。 日 

用 五倫 はすまねば ならぬ 變は濟 まいて;.? 害 はな so 常が 生 也 武士の ひけ を 取て は 堪忍せ ぬ は 常 

倫 一 理 也。 面 を はられて だまって をる 人 あ. 00 夫は變 也。 戀を 立て 力が る 人 は、 はられて; P 大事ない と 

理 一 云 はんか。 事物 之 戀は程 子の 此亦 一種の 道理 也と 云へ るで すん て をる 。天地の 中に ある なれば、 あ 

一 る 箬也。 折節 ある こと は 常で はない。 常て あるまい と あれば ある 也 凡人の 云 ことに はう そが 多し 

^ 實 にある は ある 箬 とすます。 其 變 が あると て、、 常理 をつ ぶす こと はならぬ。 愚者 は常理 より 變を尊 

編 ぶ。 佛氏 は變を 尊びて 常 理を賤 しむ。 卒常 てない rJ とを嘻 しがって 臂を 張る。 淺 猿し C 謹った 話 を 

: 聞たがる は、 知に くらき 所 あると 知べ し 

或 人 曰、 致, 一中 和 T 天地 位焉、 万物 育焉 の道现 は、 き M えて 今 端的に かう と旯 ゆる ことなし 01 氣な 

れば とて、 天と 人と 違 ふて をれば、 細引 を 動す 様に は 思 はれぬ。 曰、 近き 乙と を 以て 譬 へて 云べ し 

三味線の 上手^ 笛の 上手 なれば 其 音が よし 名馬て ネ 下手が 乘 ると 得 あゆまぬ 。聖人の 上に 位して、 

. 佐 藤 直 方 談雜錄 四百. b 五 



m 

偷 

編 



* 子 sin- 1^ 上 ® 百 十四 

心と 云 もの-^ 大切な と 云に 付て、 道理 を 知ねば ならぬ 端的 あ. 今 義理に 威 じて 發 する 心 は、 „J ?」 理 

から 出る 也。 利害に 感じて 發 する は 利 心 也。 義理に 感ずる こと は 衆人に あ. 50 自然の 理也。 然ど 

3 君 父 朋友の 恩に 感ずる は、 凡 心て は 十に 八 九 は 利 心 也 義理に 感ずる は 道心 なれば、 《^人には希 

也。 平生に 義理の 講習に そめば、 理義の 心 出る 也。 卒 生に 義理の 講習なければ、 理義の 發少き ii 也 

破れた 太鼓 は 不:, 響。 習與, 性 成 なれば、 義理の 學に踩 き 人 は、 日々 汙 下に 沈む 箬也 G 愚 益 愚の 箬 也。 

橫渠 曰、 書 維-持 此心: 一 時 放 下、 則 一 賠德性 有, 僻と。 學者宜 ,1 深 思.. 之。 

一 商人 曰、 火事に 逢て 迷惑せ つな けれ VJ も、 死なずに 生て 居の て 堪忍が なると 云 予云、 それ迄が 

俗情 十分 也 其 上 は 俗人の 知ぬ こと 也。 學者は 其 上 を 知ねば ならぬ。 商人 曰、 命を棄 るよ 6 上の こ 

とが 何 か あろ ふぞ 予云、 學 者の は 命 はすて- -も 義理が あるの て 堪忍が なると 覺 悟して 居 箬也。 孟 

子の 所 i 欲 有, ー甚レ 於, 生者, と 云て を かれた 也。 理に違 r 么も是 が あると 云 かえ 物 はない。 人 は 死ても 

理 は 潰れぬ C 形な き ゆ ゑ 也 佛は人 を不生 不滅と 云。 有, 形 $ のゝ滅 せめこと はなし 理こを 不生不 

滅 なる もの なれ 聖賢の 世に 在る は、 どうな. 9 と, P なる 筋に 安 t て 居る 桂馬が 飛れ ねば 飛ずに 居 

る。 ならぬ こと を 無理に せう と は不レ 思。 學者 5"^" かう 合點 すれば、 貧賤 憂戚に 心 を 動す こと は f ^し。 

朝 聞;, 道、 知而 信ずる が 此所也 C 學 至, 不, 尤, 人、 學之至 也と 云 は、 親切なる こと 也 是 から 見れば、 

學者 厭,, 貧賤-求 = 富貴: 愚なる こと 也。 朱 子 曰、 學者不 K 於, 一富 貴 貧賤 上 I 立定 h 則是 入門 便 差 了 也と。 

立定の 二字 可, 眛、 商人 嘆 じて 曰、 學者衆 はた ふとい S のかな。 予云、 期 言 切 中-吾人 之 病 ー焉。 可レ 



也 o 孔子 顏子魯 に 在. 孔子 致仕ても 吉 月に 朝す と あれば、 1^常登城して役人衆^^知りて居れ,么 

も、 孔子 を 用 ゆる ことなし 孟子;^ をれ 也 然れば 下に 隱れて 居る 寶者を 聞 出して 召 用る と 云 は、 

目の あいた こと 也 世の 庸君が 人 を 用ぬ は 其箬也 目が つぶれた る 也。 

或 曰、 究 と 云、 理 無:. 究と云 は、 矛盾す る 如何。 對曰、 究理 は學 者の 功夫、 一事の 上 無-過不及 一中 

の塲を 知る を 云。 事理 當然の 極と 云が 是 也。 理の 的中へ 極 到る を 云。 理無, 究は 、天地 生々 の 理の無 

レ窮 が、 理の妙 用の tl ぬ を 云。 其眛無 九 も、 つまりの ない を 云 也。 根, 于 レ理而 生者、 浩然 無, 究ネ是 

也 香車の ズこ 迄? P 行く 意 也 形 あれば 盡る期 あ り0 夫れ て無聲 無臭 也 元亭 利^、 循環 而不, 已、 

誠 之實也 又 云、 理叛 h 究者、 鉢 之 本然、 究, 理學者 之 用, 力 也 きわま 6 ときわむ るとの 見 分つ ベ 

し。 

或 人 曰、 語類、 問、 有,, 此理, 便 有,, 是氣 r 似, 不, 可 A 分-先 後? 曰、 要, 之 也 先 有, 理と。 此也先 有, 理 

と は 如何。 對曰理 の氣に 先き だつ はよ く 知れ. こと 也 今 其 許 は 座敷 を 建ら る、 に、 あの 座敷の 建 

たぬ 前 は、 何 T„p ない 廣野 ではない か。 其 時に 座敷と 云 $ の はなし。 Ar 度 建ら れ たれば こそ 座 舖はぁ 

60 形氣は あとで 晃 ゆる。 理は 形な けれ V3 も、 座舖 の. なき 以前よ. 座敷の 理はぁ .50 冲漢叛 :ク驟 、萬 

象森然 也。 旣に形 あると 现を うけねば ならぬ。 理は 形な き 故に、 受所 はない。 座舖 建た 後に 理 のな 

いと 云て はない。 理は 有益 合一なる も のぞ。 故 言 一 1 有無 1 諸子 之陋 也と は 云へ. さばき を 知らぬ う 

ち は、 性 理の論 はならぬ。 - 

佐 镰值方 皋談! P 錢 四百 十三 



m 



本 



理 

編 



朱 子 學 上 四百 十 11 

になる 故 也。 惡 人に は荷擔 する; „p の 多し 善人に は くみが 少 い。 V3 うしても 正不, 能, 勝, 邪に な 

る。 哀 哉。 易で 君子 小人に 屬 する 宜也 理計 り で 云へば、 惡は 本然で ない 故に 立ぬ 箬 なれ ビ; <p、 氣 

上に あら はれた 所では、 惡が 勝つ 也。 故に 大抵の ことて は 道に 進む ことなし 有, 志 之 士宜, 思, 之 

人 は勝資 事 をす くもの 也。 碁に? P かけ 碁 をす く。 かけ 的 同じ。 其 中に 負る はい やが. 勝 をす く 也。 

大名の 出頭 人 も" 皆 生 人よ. かし かふない 樣に諛 ふ。 知が 君に まされば、 君が いやがる。 御 尤々々 

とほむ るて、 君が よろこぶ 夫 故に 大名の: g をす る 人 は、 かし かふても ばか をつ くる 是; P 君が 勝 

をと る 心から 也。 爱で 舜の大 知が しれる。 我 をよ いと 思 ふ 君 は、 明君て はない 可, 慎 

名言 格言 を 云と て、 稱美 する は 至極で ない 道理の 全 鉢 を 知た 人 は、 名言 格言 を 平生 云 也 德 成就 

せぬ 人の 間によ S 乙と を 云た を、 名言 格言と 云 也 孔 の 語に 名言 格言と 取 出す はない 夫人 不レ 

言、 言必 有:, 中 也。 古今 以爲, I 名言, と 云 は、 ^子な どの 云た 言 を 云 我等 式の 云 言に は、 名言と 云て 

ほむる あり。 其 代. に 妄言 妄說 あ. 00 

今 志あって 仁政 をす るに、 學 者相應 に其效 ある 害 也 聖賢の 政 は 人 を 愛する に 極れば、 何も 紛れて 

しにくい, J と は f ^い。 伯 者の 政 は搭ら ゆる 故に、 其 程が 知ず 人 だます かと 思 ふ 聖學の 筋に は 

むつ かしい こと はない。 ず か/ \ する 也 後世の 政 は、 上の 損 をせ ぬ を 根に して、 下 を だます 手段 

ある 故に、 VJ れ 程の 寸尺か 知れぬ どうして 3 實 がなければ、 下から 上 をつ もる 所 あれば、 令? P 行 

な はれぬ。 是れで 見れば、 目前 明かに 知れ 力 こと 也。 扨 其 器 ある 人 を 用 ひぬ は、 君の 目が あかぬ 故 



肓 目と 將藁を 指して、 蠟燭の 消た 時、 目 あきが しばらく さ 、ずに 居 たれば、 座頭が 目明き は 不自由 

なせのと 云た と 同 こと 也。 鼠 はくら が ftN に 目が 見えて、 物 を 嚙 やぶる。 小人の かたち 也。 王 陽 明が 

事理 を 外にす る は、 鼠の 性 を 得,? ^るか。 

_ 一 儒士富 士の燒 たる を 論じて 云、 古昔 もあった こと、 别に 凶事て ない と 云 是が物 知の 物不, 知と 云 

日 i 7„p の 也 古昔 君 父 を 殺匚た M とあった ほ V3 に、 今 殺して くるしから ぬと 云れ うか。 愚な 人 は、 偖 

本》 は 古昔 TP あつ.^ ことかと 云て、 めづ らしから ぬ ことに 思 ふて をる 此類 世人に 多 也 

一 或 人 政 を 論じて 曰、 こちの 家に 先代から ない ことじ や 程に、 せまいの なるまい のと 云 。先規 先例 を 

儉 引 筋 也 難, 之 曰、 軍陣の 時に、 こちの 先祖に 一番 乘 をした 例がない と 云て、 人 あとに はいか .5. して 

理ー をる か、. 可, 笑。 、、 

S 世上 を 見れば、 陰の はびこ ゥは强 て 害 をな す 陽の はびこ 6 は 少く弱 ふて 害 を なすこと はなし 人 

驚 一 の 上ても 善人 は 少く惡 人 は 多し。 善人 は 盛に な. 5 かたく、 惡人は ひ. とふ ゑる。 惡人は 人の 害 をな 

SP 一 し、 善人 を 害 ふ。 善人 は 人の 助け をな し、 人 を 毀 ふこと なし。 惡人は 善人 をに くみ いやがる、 己が 

- 人欲 を 立る ため 也 C 善人が 惡人を こらしいた める は、 人の 爲 になる 也。 美女 は惡 女の かたきと い へ 

ども、 惡女を 美女が 敬に する こと はなし。 家中ても 善人 を惡 人が さきす つる 樣に疾 め る、 善人が 

惡人を 裂 捨る心 はない。 笑止な と 思 ひ、 ビぅぞ 善道に 進め かしと こも 思へ。 惡人は 善人の 根 をた や 

したい 程に 思 ふ。 聖人の 四 夷に 进 ける は、 國 家の 妨 をす る 故 也。 一 分の 私て はない。 大勢の 人の 害 

佐 藤 M 方 談雑錄 四百 十 1 



曰 



本 



理 

編 



朱子學 上 H 百 十 

ぬ樣 にと、 ひたと 自省る 也。 大抵の ことて は 一 浪人 ネさ せず、 又加增 やらず、 其 中に 人才に よって 

役儀 を 云 付る こと は あ. -90 少ょ いこと あれば ほめる ことで、 上の 威は輕 くな ゥ、 下の 欲心 は 長ず る、 

しかる 乙と は大 のこと で? p、 筋の 餘り たが はぬ 不調法 過ちの 罪 は 輕く訶 ゥ、 少な ことても、 私意 か 

ら 出る 罪 は 重く しかる 奥方よ り の訶. ほめ 褒美の ある 家風で は、 正しき 仕置 は决 してなら ぬ 此 

さへ 合點 すれば、 大方に 仕置 もなる 箬也 但此 器量に あたる 主君 希矣。 是を 聞て そうと 合點 して 勤 

めら るゝ君 なれば 頼 あ. CNO 偖 出頭 人 ある 家中 は、 一 向 正 政の たのみ はなし。 

祭て くれよ かしと 思 ふ 鬼神 はな けれ ズネ、 本 を 重ず る 人が 親切の 意て 祭れば、 自然に 其 威應ぁ ゥ0 

こちに 誠が あれば、 あちに も 感ずる 理ぁ 60 此 所儒佛 のま ぎれ あ. 綏鬼 をし とふて 祭る と 云は佛 

意 也 我 身 は祗 考 から 來 たと 思 ふて 祭る は 儒 也。 總腦の 所ない とも 云 あると も 云 は 愛也 須 可-一 深 

考? 此意を 知ぬ からして、 儒學 をり とむ る 人 も、 鬼神が 淋し ふて 待て 居る と 云 意になる そうでな 

いと 云へば、 又 程 子の 內 威の 樣に、 あちに はない こちに は あると 云て、 在, 1 帝 左右, の 語 を 得す まさ 

ず 鬼神の 吟^ は 愛 一 つ 也 可,味<-.^。 

ひだる い をす く 者 はな けれ VI も、 面白い ことに は ひだる い を 忘る- 忘 一一 寢食 一三 月、 不, 知,, 肉^- 

也。 死 をす く; _p の はなけ れビ も、 勇者の 義 にあたって は、 死す る こと を 忘れて をる 一番 首 を 取る 

時に、 をづ くさし 足して ゆき はせ ぬ0 鹿 を逐ふ 者不, 尾, 山 之 意 也 

道の なき 時 は、 君子 は 引 込で 働ぬ それ を 小人から 見て は、 ぐ づ して 释の 明ぬ と 云。 目 あきと 



曰 



本 



理 

編 



をれ し。 鬼 宿 天 社、 日本 爵 中の 人に 皆よ いか。 吉凶 は 天に あり ひ 其 人 各々 にあ. 同日に 嫁して 

一 人 は 死し 一 人 は榮る 類、 孰れの 方 へ 向て 小便せ ぬ 類 可, 笑 灸を する にさ へ 日 を 尾る 急な 時 はか 

まわぬ の義を 云^ を かし。 味噌 を 煮る に 1* 煤拂 ひに も 日 を 尾る なにた るた わけが 仕出した 事ぞ。 

事 は t め 事 を さめと て、 いかき を 竹に 賞し 類、 擧て かぞへ がた し。 神道の 一 つ 火と ぼさぬ 事の もと 

なゥの 類、 くち をし 日月 蝕 を 知 ひで もす む。 明 道 先生 は、 易の 加 倍の 事 さへ 忘れた と 云 はれた。 

雷の. 起る 處を 知, とて、 五倫の 用に は 立ぬ。 知て m に 立ぬ 事 をす るた わけ 學者 多し 

史書の 類に 書 置きた る 事、 il 賢 君子の 事 は 格别、 其 外の 事に 鳴 呼と 威ず る 事 はすくない 束鑑 太平 

記 等に、 なにが 一 っ感ずることぁ.るゃ0 太平記に小山田が馬を義^2;にかしたを、靑麥の報じゃとて、 

殊勝な Hi に 書.^。 あれが なんの 殊勝なる こと ぞ。 靑麥 のこと なくと も、 生 君 大將の 難に 及ぶ を 尾 

て、 しらぬ 顔して をら れ うか。 聖賢の 筋 はそう ではない。 昔時 我に あしく あたられ 力 君て? „p、 其塲 

に 望て は、 主君の 命に か はるが 義理 也 此 筋て 太平 記 を 見よ 胸の わるき 計 也。 世俗 尾 知の あさ 間 

敷 不便なる かな。 来 子の 言に、 左傳 一部の 書に、 正 一一 其義, 不, 計 一一 其 利, の 語 程の ことがない と 云て あ 

君よ. <y 臣下に 念 比に 懇意 を 云て 辱ながら する は、 暗君の 灶形也 家臣 は 大小と に惡 しき こと あれ 

ば、 きっと 制 禁し訶 る 計 也 善事 は 家臣の 仕う ちな. 50 よい こと をして ほめられう 褒美 を 取 ふと 思 

ふ は B 雇 取 也。 家中が 其 風に なって は、 士風 日々 に 衰る也 をう する から は、 上 君の 方に 無理 をせ 

倥 藤 E 方 學 談雑錄 四百 九 



に:" 子;.: 二:. 一 上 H 百 八 

小人 は 至て 愚なる 者 也つ、 我 身! ag 走す る爲 に、 君 父 を も 殺す 身に 非義 を させ 僞を云 はする は、 至極 

我 身 を 害 ふ 事 *^ るに、 夫 を 我 身の 走になる と 費えて 居る 君子 は 身に 非義を させまい と 思 ふから 

こそ、 大切の 1 命 をも棄 つるに、 小人 は 小し の 利欲に 大切の 一 命 を も 失 ふ とかく 愚な 者 也 C 其 愚 

を 改めて 明に ならう と 思へば、 學問 てなければ なら ぬ0 其學 問と 云 ふ 1_p のに 色々 が 有て、 愚お 1;^ ほ 

す 學简は 世に 希 也 C 何 をす る やら、 うろ ,(》 として 一生 を 暮らす C 其 樣に學 問 をして 《>、 聖賢 を學 

ぶと 思 ふ は 大愚 也。 一 君子 曰、 爱の男 は 何 をす るぞ 學問 をす る學問 をす ると 云 rvJJ^、 日々 た わ 

けになる は、 ビ う L た 事ぞ、 はきと 志 を 立て、 かしこ ふなる 合點 をせ よつ 男 曰、 倍も^ /.\ うつか. 5 

とした 事 かな 學問 をた へず 務め fd" がら、 腎 ふなら ふ. (-と は 思 はずに、 知らぬ 事 を 知る 事と 計- 9 

思 ふて、 かしこ さは 誰に 譲らぬ 合點 て、 我 はた わけ- e やと は 思 はず、 人に 優つ 力と 計. 思て 居る 

は、 偖 1_^*/\大 たわけ かな、 是て はならぬ、 ー思案ぃ^^-そふと云0 口の 上計て 云に もせよ、 :K 程に 

合點 する に、 うつか AN とした 男て は い C 

世俗の 曆の日 を 尾る 事 甚愚也 B にょい わるい と 云 ふ 事 はない する 箬の事 なれば、 いつで; -P する 

せぬ 箬の事 なれば、 天赴鬼宿て1_^«せぬ0 婦取婦 入 花の 錄もを かしき 事 也 周禮 にある は、 世俗の を 

用 St あり。 か、 わり はせ ぬ o»lg 健て 可 i 、陰 を 悪、 陽 を 善と 云 は、 易て 象 を 云た.^ の 也 。天地 自 

然の理 に は!^ い 事 也 令月吉 辰と 云と も、 祝し. ことば 也 田 4^ の樣 なた わけた 事 はない 箬也 C 旅 

行 出立の 日 を 見る 事、 國主 主の 歷々 (も、 佛 者から 日 を 書て やる を かしき 事 也 天子の つか ひ 日 



B 

本 

彙 一 

編 



に當て 人欲が 出る と、 非義. ^もす るぞ。 人欲の なき 時 は、 盜 をし 偽 を 言 ふ 心 はなけ れビ も、 其 時 令 

の出來 もの 也 糙 なと ゆるして、 大きな だましに 逢 ふこと; あ. np 人 は 何時 如何様な 心が 出樣, P 

しれぬ。 こ、 を ゆるさぬ が自守 也。 賢人 君子の 目 利て、 糙な人 を 取 出された らば、 大 なる 違 は ある 

まじ。 大抵の 人の 目 利で は、 請 取られぬ 世, I- の 大名 士大夬 が 主君に うらが へる を 見よ 貧の 盜に 

戀の歌 なれば、 去 6 とて はたの まれぬ は t.- 人 也。 自己 を a 賴れ ぬと 思 ふて 謹むべし あの人 は 何た 

る 事に も 爱は惜 なと 云 程め つたな 事 はない。 我心 さへ 賴れぬ 爱は兼 好が よく 云て 置た 何特 如何 

樣 なる 心が 出來樣 やらん 知れぬ。 偖 S 口 惜き事 かなと 自赌^ 戒 むる 心 ある 人 は賴, P し。 他人 を さ へ 

糙 なと 定 むる 目 利 なれば、 我 身の こと は 至極 糙に思 ふらん。 を かしき 事 也。 古歌に rs くた びか、 

思 ひ 定めて、 か はるらん、 賴 まじき は、 > むな. けり」 能く こ、 ろみた るな り。 朱 子 曰、 本領 分明、 

義理 明白、 閑 時 都 如, 此、 說及, 至 レ臨二 小利 害; 便 靠不レ 得、 此則尤 可, 盧。 , 

學者吾 若き 時の 昔 を 思 出して、 し^ 事 は、 かいしきな 事 也。 學 問て 進が あれば、 若き 時の わけ もな 

き 事 は、 身ぶ る ひして いやな 害 也。 年寄て 若き 時の 淫樂の 遊 を 思 出す、 志 ある 人に 非ず 昔 舟游山 

にた わけ をした 事 をな つかし ふ 思 ふ 人 は不, 足, 論矣。 老て! „p^ にても 進が あらば、 其 進 を 悅ぶ箬 也 

舊友を 慕 ふ も、 學の進 だ.^ をば した ふたる がよ し。 學不, 進 人 は 慕 ふ 事 はない。 道 を 求む る 人 は、 少 

にて ネ 進む 方 計り を 思 ふ 箬也。 孔子 不, 知- 1 老之將 至爾リ 可, 味 也。 B. 午季冬 十二 日、 有, 所, 威而 書, 

之 

佐 藤 方 1^^. 四百 七 



朱 子 學 上 四百 六 

字, 今日 學 者の 二字 符也 右の 處に 志の 立ぬ 學者 は、 太平 記讀も 同じ 事 也 偖 子 皿 子の 二 章て とくと 

考ひ晃 よ 我に 備 つた 仁義 醴智の 外 は、 何でも 大切に 是非と はせ ぬぞ。 兹に 依て 此四德 をば、 是非 

-/\ しゃ. むりに 求る 也 愛へ 目の 付た 人が 學 者と 云 ふ 者 也 C 吾人 深く 心得べ し。 偖 志 を 立て 道に 

赴く 事が、 人,^ -賴み 世 を 見合せ てす る 事で はなし 一 念せ うと 思 ひ 立てば、 V3 こに 障り もな くな 

る 事 也 己 心 次第にな せば ならる、 と 也 何の 憚る 事 1«= なけれ ども、 ^^夫の哀さは、 うじつ いて 居 

る 也 いざか (6 なん との 都へ と 云 ふ 句に、 「思 ひ 立 心め 外に 道 SP なし」 と 付.?: i 意 は 親切 也 偖如レ 

此 道理 を はきと すまして 置て 見よ。 武運 長久 を 祈. 5、 神佛 の.^ 護 を賴 み、 惡事炎 難を拂 ひ、 富賁萬 

福 を 祝し、 鬼神に 求め 冥加 を 願の 類、 間 敷 事に 見 ゆる 也 我 一 * む 志の 外に 何も 賴む事 はなし 君 

子の 鬼神に 祈る も、 我 身 を 祈る 事 はない C 臣子迫 切の 情、 天地 山川 五祀も 入の 爲也。 民 を 新に する 

事 は あ 人に 新に しても らう 事 は、 聖賢の 書に なし。 新 民の 使の 字 見るべし。 自 新の 自の字 は 民 

の 力 也 軍陣に は蹈 a 計. 也 殺されぬ 樣 にして、 人に 首 を 賞 ふの 矢よ けのと 云 ふ 事 はな so 一 商 

人 曰、 妻の しき 金で 身 を 立ん と 思 ふ は 腰ぬ け 也 自分に かせぎ 出す てなければ 用に 立ぬ 人 を 頼ん 

で 商 ひして はの だつ 事 はな ぃ0 云 .t-o 奇特な 也。 偖學 者が 聖賢に な. 樣は 知ても、 志が 立ねば、 

君父の欹と尾付て得討ぬ檨な>,^"の也0 河 程 知て 行ねば 役に立ぬ。 然れば 志の 立た 人が、 仕樣お 

しらぬ は又殘 《ふ 也 

世上 凡て 云 事に、 あの人 は糙な 人. や、 非義 をす る 人て はない、 と 云 は を かしき 事 也。 凡人 は其特 



見るべし。 千万の 書を讀 で; p、 此檨な 綾 を 知らずに、 只 書が すんだ 文字が すんだ と 思 ふ 人 は、 俗人 

と 趣 を 同す る學者 なれば、 齒 牙に 掛, るに 足らざる 也 我 友 深 察, 之。 

俗人 は 戰塲で 拾い 首 をした 檨 なる の 也 自分の 手柄 はなく 幸ば か, 也 富賁 にして 妻子 病氣 なし、 

仕官 首尾が よい、 火事に 逢ぬ、 終身 氣の毒 f;? 事に 逢ぬ、 御 目出度 あやかりたい、 子孫 繁昌、 子供 衆 皆 

有 付かれ.!^、 逆な 憂に 逢れ ぬな VJ ゝ云 類、 皆 仕 合 幸 也 自分に 克己して 人欲 を 去り 道理 を 明に した 

と 云 こそ、 高名 手柄と は 云べ し。 凡人の は 人欲の は^を 爲るを 結構な 事に する 淺 間し 老子が 功 成 

名遂身 返く と 云 は、 人欲の は^を 云た ものな. 學者 $ 愛の 窟を 免れねば、 孔孟 程 朱の 徒て はな 

し。 吾人 はきと 志 を 引 向くべき 事 也 孟子の 三 樂を云 はれた 所 を 者べ し 我 一分が 人の 道を盡 して 

の 上に あの 三樂 ある 事 也。 朝 聞, 道の 事な しに は、 根が 腐った 1« "の なれば、 樂の詮 鑿 はな い 父母 兄 

弟 息災で S 、我 一 分が へぼく たなる に は 論 はない 故に 君子 有 一一 三樂, と は 云 はれた 小人 三樂 あ. 9 と 

は 云 はぬ。 其 身が 君子で なければ、 何程 目出度 事あって も、 隣の 燮を數 ゆると 云 3 の 也。 偖 孟子の 

三 樂を考 へて 見よ。 君子 有, 一三 樂ハ 而 王,, 天下, 不, I 與存, 焉と あ. 00 君子 なれ は ぁの替 な ftNona 夫 は 天 

下國家 をと る^れば、 何 S 憂 ひ 氣の毒 はなし。 只 己れ が 長命 を 願 ふて、 不義 淫亂を 永く し^いと 思 

ふ 外に は 望み はない 秦の 始皇が 長生 不死の 藥を 求めた 3 夫 也。 君子 は 我 身の 外の 事 は、 何で; „^是 

非 かう し. いと 望み はせ ぬ。 君子 素, 一 其 位, 而行、 不, 願, 乎,, 其 外? 三樂の 註に 林 氏 曰、 此三樂 者、 一 

係 kk、 一 係 k 义、 其 可,, 以自 致, 者、 惟 不極不 fe; 而已、 學者 可, 不蝱 哉。 偖々 旨 哉 自 致の 二 

. 佐 藤 E 方 ^1^ . 四百 五 



本 

理 

編 



朱 子學^ 上 四^ 四 

雨 祈, 暗、 或は 周 公の 武 王に 代 を 祈る は 如何。 曰、 それ は 我 身の 爲を 祈る に 非ず 人の 爲を 祈った も 

の 也 我 身お よくして 吳れ よと 云 ふ 祈 は理に 非ず 傍輩の 爲に 君に 願.^ 云て やる 事 あると 同 to 我 

身の 事 を 祈る は 乞食 也 伯 夷 叔齊の 乞食せ ぬ を 見るべし 或 曰、 愛に 人 あり、 貧困 甚 しく、 旦夕の 

艱苦 あ-る 時、 明 友の 中より 財祿 ある 朋友へ 合力せ よと 心 をつ けて、 合力 あらば 受んゃ C 曰、 それ は 

他人よ. 5 の 志 なれば、 なる 稃受べ けれ- VJ も、 心 付た 人が 我に 吿て、 なた の 貧苦 笑止に 思て、 某の 

所へ 吿知 せて 合力 あると 云 は^、 夫 は受ぬ 答 也。 それ は 我 口から もら はね ど 《^、 貰 ふ. f:i と 同意 也。 

初不, 請, 於-一 病 者 1 而後 禱 也と は 夫れ を 云 也。 我に 知らせずに あちて 心付けた て はない かと 云 は、 人 

外な 事 也 朋友 相 周の 義 あれば、 受る箬 也 從, 隗 始めよ と 云 は 戯言 同前 也 記 覽の徒 は、 此檨な 事 

を まが ほに なって 尤 がる は を かしき 事 也。 明 道の 伊川 橫渠を 一番に 書付ら れ たは 違 ふた 事 也。 惣じ 

て 我 身の 艱苦 を 自ら 悔み 嘆く は、 有, 志 人に 非ず 他人の 截苦 不幸お 見て は、 笑止と なげく は 天理 

也 G 火事に 逢 ふたる 者の 艱難なる 鉢 を 見て、 偖々 不憫と 涙 を 流して 憐 むは、 聖賢の 仁心 也 譬 今度 

の類燒 天命 也と 安 じて、 少しる嘆かぬ者在て.^"、 聖賢の 難き を 聞て 鈍な 事、 類燒に 逢^と て、 夫が 

ほ へ つら かく 事 かと は 思 はぬ。 上 君の 難き を 聞て は、 御仁 心と 感ずる 也 夫なら ば 我 困苦 を 嘆く か 

と 云へば、 夫 は 嘆かぬ 是て 他人の 爲には 祈る 我 身の 爲め をば 祈る 事な きを 見るべし 人の 上の 

難義を 見て 嘆く は、 本心の 發 也。 我 身の 憂苦に 堪 ずに、 己れ は 如何なる 事 ぞと世 を 怨み 身 を かこつ 

は 乞食 也。 所, 謂人不 4 堪-- 其 憂, 也。 人の よき を 褒るは 義也。 我 身 を 鴒るは 自負 也 天理人欲の1^-を 



m 



本 







師へ 祈る の 類、 笑 ふべき ひ甚 しき 也。 傲 聖賢 君子 祈に は感 あるなら ば、 何事 3 皆 祈 を 以てすべき 事 

なる に、 祈る 事 も あり、 祈らざる 事 もあって、 ま づは祈 を 用 ゆる 事 希なる は 何ぞゃ 聖腎 君子 は 人 

事の 當然 を盡 すの みに して、 天に 祈る は 希 也 凡俗 は 人事 私意に 任せて 撣 る 所な く、 めったな 事 を 

して 天神 鬼神へ 取 付 攫み 付 檨に祈 は、 あさましき 舉也 獲 一一 罪 於., 1K、 無, 所, 禱也 聖賢 君子の 祈 は、 

其 心に 私な き 故に、 必其應 あ. 50 凡俗の 利欲て 祈 は威應 なし C 卜筮の 感不感 も 同 S 資 君子の 占 

は、 必其應 ある 箬也 左傳の 占の 檨に、 利欲の 證據 にして は、 洪 して 應 はなき 箬也。 後世の 祈禱、 

其威應 もな き 事に、 無用の 骨折と 云べ し。 偖 凡人 にても、 私心な く 一筋 なれば、 感應 ある i3 也 父 

母に 鯉 を 進ぜた きと 切 實に思 ふて 取りに 出た るに、 其應 ある は 其 i! 也。 是^„««ぁればょ ぃなどゝぁゃ 

ぶむ 心あって は、 感應は き箬也 C 存物を 取て くる 檨に其 誠が ク まれば、 必 其烕應 ある 害 也 祭祀 

の感 格. P これと 一 意 也 學者 此眛を 知る 人希矣 論語 子 之 所, 慎の 註、 齊 之爲, 言齊 也、 將, 祭而齊 - 

其 思慮 之不、 齊者; 以交, 於-一 神明 一也、 誠 之 至 與レチ 至、 祌之 饗與, 不 レ饗、 皆决,於,此.^^、愛を云たも 

の 也。 吾 不:. 與 X 祭、 如:, 不, 祭の 章ネ、 此 意て 考 ふべ 、し。 小學の 惙然必 有, 聞, 乎-其 歎息 之聲, も、 是 

にて 知るべし 俗儒の. ふとが る 筋と は 違 ふた 事 也。 可 一一 明辨, 也。 今日の 學 者,、 日用 之 間、 心中の 

實不赏 に 目 をつ けて、 其 力 を 用 ゆる 人 なれば、 糙に德 に 入る 箬也 數千卷 の 書 を讀て $、 我に 省み 

て 實不實 を 看る てなければ、 君子の 徒と 云 はれず。 吾輩 宜-ー 深 思 1^ 之。 借主 君に 願て 加祿 立身 させて 

くだされと 云士 はなし や 鬼神に 祈て 福祿を 求む る理 あらん や。 或 曰、 古の 賢人 君子 天に 向て 祈 1 

佐 藤 虎 方 學 談雜錄 四百 三 



朱 子 eSf 上 四百 二 

論語、 苟志レ 於, 仁矣、 無 i 惡 也の 章、 極て 曰へば、 孟子の 仰不, 愧, 於, 天、 俯不, 作, 於, 人の 章と 同 

じ。 學者 天に 對 して 愧 ざると 云 は、 大 なる 事 也。 嚴 鼠の 日 を いやがる 樣に、 天に 對 して 恐れ か > む 

事 あれば、 人の 人た る 所 は f, ムき也 聖賢に 至らざる 內は、 氣 質の 蔽 すきと 去る 事なければ、 しそ こ 

ない をす る 事 は あるべし C けれど 心中よ. 作. り 出す 惡事 なく、 苟に 志い 於:, 仁矣 さへ すれば、 天の 

咎には 非ざる 替 也。 矣の字 也の 字の 意 を 見るべし。 今日ん 夫の 上に てネ、 主君に 事る にし そこない 

不調法 は赦る ^ が 心中よ. ft^ 君 を 蔑に する は赦 されず 何程の 軍功 事 功あって 《 -、 心中に 君 を 侮る 

意 ある 惡 くき 事 也 爲,, 人臣 一止 i 於 i 敬 は、 至極し. る 事 也 然れ ば學者 天に 對 して 遁げ隱 る、 意な 

き 程に、 一分の 守 あれば、 天地人の 人に て、 不, 失, 於, I 令名 一の 人数に 入べ し 。古人 學 問の 成功 を 天 

ヘ禱. ft^ 賴む意 ある は大 る 事 也。 程書杪 略に 管 子の 語 を 引て 天の 助け ある 事 を 云。 讀書錄 に. „ ?-此 意 

あ. 00 親切なる 事 也 心中に 私有て は、 天の 助 を 頼む 意 はなき 箬也〕 舜の天 へ 歎き、 周 公の 天に 禱 

i 孔子の 匡 人 如 一 I 予何 r 朱 子の 雨、. ビ 祈り 睛を禱 る 類、 皆 心中 微塵の 私な く、 天と 一なる 所 を 看る ぺ 

し。 其よ..^ 下庾黔 宴が 父の 病に 禱ゥ、 王 祥氷を 剖て 雙鲤 出る の 類 l„p、 私意な しに 一味に 出た る 也。 

其德の 大小 厚薄 は あれ ビ.^ 、 天 を 相手に して 私意な き は 同事 也。 夫 故 其感應 あ. 世俗の 富貴 を禱 

る は 全く 私意 なれば、 决 して 感應 なき 箬 也。 この 较を 知らずに、 私な き 人の 禱 りて 烕應 ある を 見て、 

我; >p-/\ と 禱るは を かしき 事 也。 聖^&3;君子の公の意ょ.0^祈るは、 同氣相 求の 感 ある 箬 也。 心中の 實 

不實に はかま はず、 祈れば 必ず 其效 あると 思て、 災を 除き 福 を 求め、 禰宜 山伏な ど を 頼み、 元三 大. 



可, 見 o 異端 は理 がな き 故に、 氣 の妨, ^いやがる から、 捨身 出家す る 也 皆氣の 方ば か 6 也 仙 入の 

術 も氣を 保つ 計 也 吾 儒の 道 は 五倫の 中 色々 の苦勞 なる 事あって; „p、 夫 をの がれう と はせ ず、 其 事 

の 當然の 理の檨 にす る 也。 苦 勞,^ 免ん と はせ ざる 也。 世上の 理を かま はぬ 人 を 氣隨と はよ く 云た 

60 己が 一身の 心よ ぃ樣 にと した TP の 也。 人事 は 人が する 箬に 定めた もの なれば、 逃れる と はせ ぬ 

箬也 釋迦が 生 老病 死の 苦 を 厭 ひて 雪山に 遁れ. は、 理を 知らぬ 故 也 C 夫から 万々 世の 毒 を 流した 

^_*"の也0 今 病人の 夜: i をす る は、 氣のゥ まる 事 なれ ども、 :i をす る 箬の人 なれば、 する さ をい やと 

は 思 はぬ 箬 也。 理を糙 に 知らぬ 人 は いやがる 也。 唯 四書の 文字の 上て 理と云 事 を 知ゥた 分て は、 用 

に は 立たず 己が 心に 得ぬ 人 は、 理を實 に 知た と は 云ぬ 也。 うはつら を 知た 知り 檨は、 しらぬ と少 

し;" P 違 はぬ 也 近將の 大儒が、 論孟に 理の 字な し、 理の字 は 聖賢の 主と する 事に 非ず、 宋 儒の 見の 

違ゐ 也と 云 可 の甚也 夫て $ 文章に ひ. と 何の 理、 かの 理と書 は、 を かしき さ 也。 现の字 でな け 

れば 一日 も 立ぬ と 云 事 を 知らぬ は、 論孟 を 知らぬ の甚と 云べ し。 王 陽 明か 妄説 可, 見 今學 者が 祿を 

求め 身 を > むよくした きとて、 出家 をた のみて 祿仕 する は、 理を 知らぬ の甚 しき 也 學者は 獨立特 行、 

何 をも賴 むさ はなし 人 を 杖に つく は 腰ぬ け 也。 神 を 賴み佛 に 願 をす る はう ろ.^ へ 者と 云べ し。 右 

段々 の說を 合 照して、 自由に 取 ま はし、 心意に のつ. 人が、 見處 ある 學者 也。 をず/ \ さし 足して 

書を讀 み、 聖賢の 說を其 地頭に 就て 棚く 事の ならぬ 學者 は、 終身 書 を 看ても 眼の 開ける 事 はなし 

今日の 生產 にす る 計 也 孔孟 程 朱の 本意に 差 ふと 云べ し 學者深 思, 之 

s$ 畢 談雑錄 四百 1 . 



曰 



本 



3711 

理 



朱 子 學汲上 四 1H 

天地の 間 理氣の 二 なれば、 常と 變と ある 箬也 常 は理也 變は氣 也 冬 寒夏署 は 常 也 時 在て 塞 暑 

の不 明 は 變 也 吉凶 禍福 壽夭 貧富の 異も皆 同じ 常理て 云へば、 人 は 皆 聖賢の 箬也 偖其氣 がな け 

れば 人物 t<P 生ぜず 其 氣に淸 濁 ある 故に、 賢 知 愚 不肖の 別 あ. 00 平生 云 樣に不 の 字が 氣の變 也。 父 

母に 孝 をす る は 定理 也 不孝なる は 氣の蠻 也。 性 善 は 定理 也。 不善 は變也 士の 逃ぬ は理 也。 逃る 

は變也 C 其變が ある 故に、 學 問がなければ ならぬ。 朱 子 所, 謂 反 一一 其 同, 而纏 = 其異, 也と は、 愛 を 言 

其 同と は 定理の 事 也。 其變と は氣變 也。 聖人 ネ氣を 離れ はせ ね V3;.p、 理が 主と 爲て ある 故に、 不の 

字の 變 はなし C 氣を理 からさし つか ふ 故に、 氣に 抂られ ず。 t ^人ね 理か 立ぬ 故に 氣に 抂ら るゝ。 人 

心 道心の 義も爱 にあ 60 聖人 上に 立てば、 理 から 收 むる 故に、 下の 風俗 も 夫れ に 化して 皆 善 也。 聖 

人の 御代に も 惡ぃ人 ある は、 彼の 變氣が ある 故に 惡人 あり。 凡 入が 上に 位する と、 理が なき 故に、 

下が わるうな つて、 善 は ひたと 嫁 少して、 世上 一 同に 不の 字になる 也 夫れ が禽獸 になった と 云 $ 

の 也。 故に 衰世に は 常理の 人が 希に して、 不の字 多し 百 人の 中 九十 八 九 人 腰ぬ けなれば、 一 二人 

が武邊 者と 云て 調法が る 也。 比 屋可, 封 なれば 珍から ぬ 也 世に 化物う そっき も あれ vl;„p 、聖人 定理 

が 立て あれば、 惣胖て*^-してゅく故に、 化者ぁクて;>^>まぜず、 妖怪 もな き 答 也 學 者の 見所 あると 

云 は、 此常理 を 確に 知る 事 也。 朝 聞, 道の 章 可, 者 異端 俗人 理を 外にして 氣の變 を 有難が A>、 神明 

と 云て 忝な がる は、 皆氣に まかれた;. P の 也。 故に 學問 は變 一, 化氣 質, てなければ 用に 立たぬ。 漢 唐の 

舉 者に 此變 化の 學 がない ぞ C 十 室の 色 忠信 如, 丘 云. > も、 愛を云.^^もの也o無聲i^i臭の理にっまるを 



Kf>、 名言 あれば 調法す る o 論孟の 注に 束 坡が說 を 載たり 人品が よくても、 妄言 を 云へば 誹る にて 

合點 すべし 王學者 は此意 を識ら ざる 故に、 妄言 計. 云 者 をネ、 忠信 底 なれば 調法が る 人の 忠信が 

我 進 德の爲 に はならず ひ" 忠信の 人と 語 < -、 忠信の 人の 樣子を 聞ば、 其れに 化して、 我 身心が 道に 進 

む 益 ありと 云 ど. p、 毎日 論孟の 書 を讀て も、 我 志が 無れば、 少しも 化する 事 はなし。 や 論孟に 及 

ばず、 俗人の 少 ばかりの 律義な ど 云 分て、 何として 我 進む 益 あるべき や。 此樣 なる 咏を 知る 人て な 

ければ、 道學 はか^られず。 阿 彌陀が 我 を 十万億土へ 迎 とらう と 誓願 を 立 力と て、 難 i 有 辱 ぃ御佛 

樣 t やと 云 は、 、VJ う > ^たわけ もな き事ぞ C 我 志が 立ねば、 何程 佛が 思ても ならぬ と 云 事 を 知らぬ。 

佛.? -人々 の 志の 立と 立ぬ をも辨 ずに、 我 名を唱 へたら ば、 决定 極樂に 往生 させう 迎 へと らうと 云 は、 

楚忽の至-^也。 願 ふ もの も 卑怯な 事 也 我 を極樂 へやら うと 云 を うれしがる は、 今國 君ても 貨福人 

て も、 何の 事 3 なきに、 我に 金 を 十万 圓 やらう と 云 を うれしがる 樣な もの 也。 志 ある 人が 我務 3 な 

く、 大分の 金 を 人に 受る箬 r. なし。 是て者 見よ。 今日 師弟と 爲クて 講習す るに、 師が我 を 君子に し 

て 吳れる 事が 成る に 極まれば、 孔門 三千 人、 皆顏 曾の 樣に ならる、 箬也。 兎角 弟子の 方から ならね 

ば 成就せ ず ならう と 思 ふ 入の 勸の 上に、 師が差 引の 差圖 をす る 也 C 師賴み をす る學者 は、 賴 みはな 

い 鬼に 角に. P 己が 自立で なけれ はならず 故に 學は 自己の 立志が 第一 也 C 大學 の傳皆 自明 也の 意、 

中庸 末 章愼獨 可, 者. 五 n 嘗言、 師に 聞に 十に して 二三 也、 七 八 は 皆 弟子の 力量に ある さ 也、 小 學に夫 

指 引師之 功也、 决, 意 而往、 m 须, 用-一己 力; 難,, 一 他人, 矣と。 學者 思, 之。 

佐 藤 直 方 舉 談雜錄 1111B 九十 九 



B 

本 

偷 

理 一 

編 



^ 子 a- » .^ 三百 九十 八 

うわばし. 5 て极に 入ら や,' 尊, ー德性 一而 道, 一問 學, と は 爱を云 也。 伊藤 源 助が 持 敬の 事 をす きと 云 

はずに 實 行と 云 を 看よ 俗 學也。 一見 處は なき 箬 也。 

道理 を 知らぬ 人 は、 死 だ 人 を 調法が るう ばか ゝの俤 を 尊信し、 本邦の 稱宜の 神社 を 尊信す るに 同 

じ。 生た 人 こそ 調法 なれ 死お 後 は 何の 調法 はなし 聖賢 を 尊信す る は、 其 言行 を 尊信した の 也〕 

孔子 程の 聖人ても、 言行が 一 つも 殘ら ねば 調法 はなし。 異端の 徒が 佛 神の カを恃 み、 病 を 除き、 貨 

福 を 求る は、 かいしき 愚なる こと 也 C 生た 人 は 妙藥て J_p 覺て、 云て 聞かす る 事 TP あるべし C 死お 人 

が 何とす る も のぞ," 我 死後に、 我 子孫 を 人が 討 殺す こと あ 6 て?"?. 何とも 仕方 はなし 死て 後に 子 

孫 を 守るべき 事 可, 笑 生て 居る 善人 知者 を 尋ね 出し、 求る の合點 はなくて、 用に も 立ぬ 死お 人を馳 

走す る!: を かしき さ 也 。古の 聖皆を 看よ 死 だ 人 を 尊 奉す る 事 はな 七 C 我 先祖 を 祭る は、 一 氣の親 

しみ 故 なれば、 是は各 别の事 也。 KN れ とても、 調法に して、 我人 欲の 資 けに はせ ず、 あなたへ 計の 

尊敬 也 C 日本で 种を 尊敬す る は、 皆 我 一分の 冥加 を 求た 《 ^の 也。 佛 徒の 佛を 馳走す る 意と 同じ 程 

子 信, 人 而不, 信, 理と云 はれた も、 此意也 今 孔孟の 眞跡を 持ても 金銀に はなる 我心 身の 德、 學問 

の 益に は らず C 楠が 帶 したる 剣 を 持ば 武邊 がなる と 思 ひ、 四十 六 人の 鏈を 所望す る樣 なさ は淺間 

敷 さ 也 C 歴代 聖賢の 眞路を 好む 人に 賣て、 相應に 生業 をし、 知 音 懇意の 貧苦 を 救 ふ 迄の 事 也,」. 弓矢 

の 守. 9 神の 談 可, 笑 盛久が 千手觀 音に 助けられ. を 見て 尊信す る K 士は、 道理の 場の 用に は 立ぬ 

愛 をぬ ける 人 は、 學者 にさへ 希 なれば、 况ゃ無 學の人 は、 論ずる に 足ら ぬ 事 也 P 人品が わるうて 



の もしき の、 ひざ をな をされ ぬの、 能 あやつり を 尾 やらぬ の、 人 をし からぬ の、 入お 咎 むる 事ない 

の、 衣服 飮 食の 好みがない のと 云て、 學の 人と 思 ふ は、 かいし. なき 事 也 司馬溫 公の 通 鑑を書 

立ら る、 に、 草稿に 一字 も § 字 を 書めと 云て、 甚稱 美す るの 類、 世 儒の 云 事 也 孔 ti^ の 書 を讀ん て、 

孟子の 德を 知らぬ 知 なれば、 聖學に 取る 所 あらん や。 退 之が 學 でさへ、 求, 觀, 1 聖人 之 道, 者、 必自 _ 一 

孟子 ー始と 云た 返す.,^ とて 3 聖賢の 書お 讀 ならば、 爱を 大切に 者べ し。 中庸 語類 曰、 大知之 人 

無, 待, 乎 JT、 只是 安行と。 此義 知, 之 者 希矣。 

天地の 大德 謂, 生、 生 夕 ii, 易 なれば、 人 は 生た ネの也 Q 近 思 錄の道 鉢、 皆い きて 流行す る 也。 人欲 

は 死物 也。 天地の 流行に 非ず 曾點の 章の 注。 曾 勲之學 、人欲 盡處、 夫理 流行、 見るべし。 故に 敬 は 

入の 心 を 生かす 也 。放心 は 死 也。 一 陰 一陽 無., 間 斷>ネ 生た もの 也。 死 敬活敬 可, 尾 易に 君子 終日 乾 

々不, 息, 於, 誠、 天 行 健、 一 息の 間斷 なし。 川上の 歎 1„p 愛也。 漢以來 儒者 皆不, 識= 此義 r 純 亦不, 已 

也。 是 から 晃れ ば、 未 發巳發 の 工夫に 間斷 はなき 箬 也。 中庸 二十 六 章、 至誠 無 息より 文 王の 所- 以 

爲.. 文 也 迄、 生々 積累の 意、 誠 は 死物て なき 所 看べ し。 仁 を 動て かたる 親切 を考 べし 周 子の 一 者 無 

欲の 親切 可, 味。 佛者は 心 を 死なした もの 也。 うっとりして 居る 人 は 放心 也。 何程 行儀が よくても、 

此 心が 生ねば 役に立. ぬ C 世の 實學 者と 稱 する 人 は、 爱 がすき と合點 ゆかぬ 故に、 心 法と 云 事お 知 

らず 。今 泉 五 郞右衞 門 は 李 初 平と は 違 ふ.^ もの 也。 五郎右衛門に 覺 悟し. 、事 はない か ら晃れ ば、 

敬が 始終の 要 聖學の 基本 也と は 云 也し 敬から ゆかねば、 仁 も間斷 あって 私欲 あり C と VJ かぬ C 

佐 藤 直 方 雜錄 . 三百 九十 七 



朱 子學? ^上 三百 九十 六 

なくば 成り 難き 事なる べし。 曰、 太 極 万 理備て あれば、 其 太 極と 八 a 1 の 聖人 なれば、 萬理皆 知る 箬 

也 天理と 人と 二つ なれ ぼ 知られぬ 箬也 天理 即 聖人、 聖人 即 天理 なれば、 萬 理を皆 知る 箬也 孟 

子に 舜明 i 於-一 庶物 f 察 i 於-一人 倫-と 云へ る是也 凡人 も 道理 は同ヒ ; <P の なれ VJ5_P 、氣 質に 蔽 はれて 居 

一 る 故に、 蔽 はれた る程理 がくら む 也。 其蔽 はれ をのけ るが 學 間の 功な ftvo 故 曰、 學は究 レ理! ?氣 質- 

一 を 貴と する。 さる 故に 天地 自然に ある 道理 は、 聖人 は 自ら 知る 箬也 禮式 作法 官職 樂器 等の 事 は、 

本 ノ 其 聘其時 なれば、 聖人ても 知らぬ 事 あれば、 老子に 問 ふ 害の 事 也。 大本の 道理が 明かな 故に、 何て 

\ もちよつ と 聞く と 其 儘 通ず る 也。 耳順 也。 舜の 如, 决-- 江河 一は 其 害 也。 今 我人 學 問の 道理の 遷カか 

» \ いなき は 不幸な 事 也。 就 i 中甚 不通に 遷らぬ は 悲しき 事 也。 世上に 遷ら ぬ 學者 多し 氣 質の 蔽 深と 

理ー 云べ し それが 何程 カ行し たれば とて、 足な への 途を 往樣な もの 也 * 爱で 知の 重き を 尾べ し 道 を 

一 聞 性 天道 を 聞な V3 の 大切 を 知るべし。 老菜 子お ぱ學 問の 上て は賁 とせず 王學謹 厚の 學 者の かいし 

彙 一 き 知らぬ 事 也。 知の 開けぬ 學 者から に、 尾識 ある 學者 を禪 意と 思 は、 我 長け に 及ばぬ 故 也 吾黨の 

一 學者 於, 此 はきと 合 SI して 聖學 を務 むべ し。 五十 年 書 を 讀ても 俗 知 を 放れず ぐづ くと ft- ちぎに 孝 

\ 悌 忠信 を 務と思 ふて 居 は、 あさましき 樣 也。 我 邦儒學 をす る 人、 爱に晃 所 ある 人 幾人 ぞ 吾 友此意 

を 得て、 孔孟 程 朱の 害 を 看たら ば、 意思 別なる べし 此意を 得ねば、 萬 卷の書 を讀て も 、用に 立ぬ 

俗 學の徒 は 固よ. 不, 足, 論 也 C 王子が朱子を知づ.0^^人と思ふ箬也0 學者が爱を知らずして、 あの 

人は實 底な の、 人柄が よいの、 孝心な の、 無欲な の、 色欲の 心が うすいの、 誰々 へ も 懇意な の、 .f^ 



m 



本 



彙 



た假 の なれば、 根本の 足の 樣に 働かれず、 不自由 也 爱が理 の 似せ もの 也 儒の 方に 不自由な 

る 事 はなし。 そこ を 順と 云。 如:, 右に 理氣 二つに て、 其々 の 道の 立 を、 一 理 とく ゝ つて 太 極と 云 理 

の 尊號也 そこ を 太 極 は 本然の 妙 也と 云 其理は 順て 惡 はなし そこ を 性 善と 云 周 子 誠 無 爲幾善 

惡と 云。 陰陽から 善! は 有 也 如, 此濟 して をけば、 異端が 何事 を 云ても 惑 ふ 事な し 。返 之な VI は 愛 

が 暗き 故に 惑 ふ.^. 00 異端 は條理 を惡ん で、 め つたに 一 つじ やと 云て、 善惡 不二 邪 正 一 如と 云。 究 

理を いやがる も爱 也。 王 學を禪 意と 云え、 いやと 云 はれぬ 事 也。 偖 見所な き 儒者 は、 條理分 殊の方 

一 は 心得て、 かの 一 现を 知らぬ 故に、 事物に 韆 はれて 居る 程 門の 衆禪 意に 流ら れ 4^ と 云 も、 俗儒に 

てな き 故 也。 世上の 實學 者に は、 異端へ 流る、 氣遣 はなき 事 也 故, に 朱 子の 今の 儒者 は 異端の 尾處 

に 劣りた ると 云 はれたり 程 子の 一 理の方 を ひたと 說て、 分 殊の方 は あまり 說れ ぬと 云 も 愛也。 兹 

は 儀式 學 問の 徒の ,切る 率に 非ず。 扨 现氣の 二つの もめ 合の 緣て 道理 はすむ。 天理 人情の あや を 知ぬ 

人 は、 合點 ゆかぬ 箬也 語類に 先生 笑 曰の、 獣の、 良久 曰のと ある も 愛の 意 也 學者 はと かく 見所 

のな き は 用に 立ぬ C 朝 聞, 道 夕 死 可の 章 可, I 並考? 李 初 平 ニ年覺 悟の 意 を 知人 希 也。 程 子 所, 謂 謂, I 論 

語 孟子, 而不, 知, 道、 所レ 謂雖, 多 亦 奚以爲 の 語 可, 見。 世上の.? のしり 學者 無用の長物 也。 理 しり 學 

者て なければ 孔孟の 徒に 非ず G 可レ思 

或 曰、 生 知 安行と は 云へ ども、 舜の 農民 の^よ. 9 天地の 問 の 道理 を 明に しらる、 と 云 は合點 ゆかぬ 

事 也。 孝悌 等の 人偷 はさ t<P あらるべき 事 也 山川 草木 迄の 理を 明細に 知 ft- 辨 ふるさ は、 學 問の 功て 

佐 藤 直 方 學 談雜錄 三 百 九十 五 



朱 子 學 》 上 三百 九十 四 

形に て- P 其 意 を 知べ し。 此 志の ある 長臣ー 人で 5% あれば、 はきと した 事 也。 や 二三 人 同 > むの 長 

臣 あれば、 君 を 引 立、 諸士を はげまし、 下民の 風俗お 美に する 事 は、 なるべき 也 君 $ 善、 其 子孫 

下民 ネ善 なれば、 天下^ 家の 幸是に 過ぐ る 事な し 天下 太平 國土 安穩と は、 期 かる 事 を こそ 云 ぺけ 

一 れ 或 人 感歎 再拜 して 歸る 

日 天命 之 謂, 性 云 ❖。 何でも 天 を 外れる 事な し。 無-一 性 外 之 物, と云是 也" 其 天 は 理と氣 とに して、 形而 

上下の 異ぁ. 0-0 ii 者の 道 は、 其の 理の方 を 主として、 氣其 中に あり、 氣を棄 ると 云に 非ず C 爱に色 

ネ 一 

, ^の 緩 あり 異端 は 氣を專 として 现を 知らず、 然れば 天地の 全に 非ず、 偏な. 00 天地の 間、 现氣共 

倫 一 に棄る 事なら ず 異端 氣 ばか 6 云て つか ゆる 所 ある 故に、 色 ❖ と まぜ か へして、 空と 云 ふ 字で 盖た 

2 一 もの 也 理 は 分派 條现 あって、 究屈 にて 自由に, 徵れぬ 故に、 理 障な. として 逃れ. もの 也 其氣計 

て ゆかぬ 時に、 かの まぜる すじから 高 上な 事 を 云 事 あり そこが 儒者の 無 極の 異に 紛れる..^ 有 故 

に彌 近, 理 而大亂 J 具と 云 也 本 方の 理には 非れ どえ、 理に紛 る > 所 あ. 90 理氣 のニク なければ なら 

1 ぬ 故に、 異端が を 抛ても、 其理に 似た 物 を 杖に つかねば 働かれぬ 故に、 師弟 を 云て 父子の 如くに 

" する は、 假 もの なれ ど あれがなければ 立 たれぬ 故 也。 儒者の は 理氣と 立て、 其々 の 捌が 在て つか ゆ 

る さなし。 鬼神の 說 1„p、 氣て すむ 所は氣 です まし、 氣て すまぬ 所 は 理で云 我儘の 樣 なれ ビも、 す 

ぐに 天地 自然の 理也 譽ば 人の 路を 行に、 左の 足 計に て 《p 右の 足 計 にても 行れず、 異端 は it 足て 行 

と 云た.^ の 也。 然れ ども 行れぬ 故に、 一 方の 足の 代. 9 に、 木 か 竹 かにて 足 を 持へ たれと も、 後に 跗 



で 



先祖へ 對 しても 不孝 也 o 論語に 愛, 之 能 勿 1 勞乎、 忠能 勿, 誨 乎と は、 そこ を 云た る 也 Q 家中の 幼 0^ ど 

も を. PO 其 合 點て其 父兄 共が 養 ひ 立れば、 成長の 後 はきと. 君の 用に 立 程になる 箬 也。 艸花 を: g て、 冬 

の 中に 手 入 をし、 霜 を >- いな ズを すれば、 春に 至て 花 容甚盛 也。 や 入に 於て を や 家中の 諸士子 

; 共 は 我 子とば か 6 思 ゆ ゑに、 養育に 心 をつ: b ぬ 也 我 子 も 君の 臣也 子 を 用に 《p 立ぬ 樣に仕 立お い 

t 一 て、 家督 相違な く 下されて 有難き と 云 ふ は、 耻を 知た 士とは 云が たし 篛现 をよ く考 ふれば、 其 子 

.2 一 共 を を だつ る は、 至て 大切な 事 也 我 子ながら 君の 物 をぁづ かりた 同事 なれば、 人の 父た る もの、 

一 深く 意 をつ くべき 事 也 君の 爲 なれば、 我 子 を さ ハ 一 器量 ある 樣に そだてる 箬な るに、 其 身 一 分 

i 一 不才 不 行なる は甚 不忠 也。 實に 君に 事 へんと 思 ふ 人 は、 うかと 日 を 送る 害 はなし 別して 其 家の 長 

理 臣は、 なべての 諸 士とは 違 ふて、 はきと 君 上の 爲 になる 志なくて かな はぬ 事 也。 天下 国家の 長 臣を 

家相 執 權と云 相 は 助る とよみて、 君の 政 をな さる、 を 助る 任職 也 君臣 合 鉢と 云 も、 さし あた, 

長 臣を云 也 長臣が はきと 志 立てば、 諸士は それに 從 つて 進む ものな り。 君の 志 立た 上に、 長臣が 

編 一 助 を すれば、 愈々 君の 志 も 進む 政事.^^すらくと整箬也「」 長臣に 進みがなければ、 下へ 及ぶ 所が 

一 甲斐な し。 さあれば 次第に 衰へ、 君の 志す さみて、 あとかた もない 檨 になる は、 のこ. 5 多い 事 也。 

然れば 天下 國 家の 長臣 たる 人 は、 其任甚 重し。 君の 志の たるむ 所 を 引 立る は. 45 臣也。 外の 人の なら 

ぬ 事 也 論語に 大臣 以, 道 事, 君、 不可 則 止 は是也 我 身の 利害に かま はず、 一筋に 國の爲 を 思ふ臣 

を 忠臣と 云。 俗人の 忠臣と 云 は、 仕形の 上計り て 云、 心 上て 云 事 を 知らず 忠の字 中の 心と 書た 字 

0$ 談雜錢 111 百 九十 111 



朱子學 y^i 上 三百 九十 二 

れば、 實に 天下の 游 民と 云 もの 也 C 朱 子 大學の 講釋を 天子の 前にて しられた 經筵 講義、 港 は 天子へ 

あげられた 行宮 便殿の 奏剳、 此ニ書 を 看て 學問 せねば ならぬ と 云 所を考 知べ し 1:|; 學 問が 後世の 樣 

な學 問で なき も 明白 也 C 學 者に 究 して 下に 居ても ♦ 治國平 天下の 事業 は、 合點 して をらねば ならぬ 

事 也 只今で 上 君より 召れ て、 政事 を たづね させら る、 時に、 かね 知て をらねば 教る 事なら 

ず 軍 を 見て 矢 を は と 云 ものに て は、 用に 立ぬ 事 也 論語 先進に、 孔子の 弟子 衆へ 居 則 曰不, 一 吾 

知 一也、 如 或 知, 爾 則何以 哉と 仰ら れ たる を 看よ。 家老に なったら ば、 見習て い. そうと 思て はなら 

ぬ 事 也 志 ある 學者 れば、 我 仕形 を 人に 尾 習せ る 也 小學 嘉言に 云々 可, ー爲, 政不, 在, 一人 後, 矣を 

看べ し。 時の 遇不遇 は 天命 也。 何時でも 我 を 用 ゆる 人 あらば. と、 ^»-具を身に持て居るが、 學 者の 當 

然也 C 其 許の 咸發を 遂げて、 君子の 大道に 進まれよ かし 孔明 臥龍の 意 也 俗學^^5?の意得ては臥猫 

にも なられぬ 也。 偖 又 上 君の 入 を 用ら る、.?、 此合點 てなければ、 家中に 人才 は 出来ぬ 箬也 四書 

の講釋 をき かるる せ、 信 長の 穴 山 梅 雪 を 朝夕の 咄し你 にし、 秀吉の そろり と 云 者お 出頭 させて、 世 

上の 事 をき かる ゝ樣 なる 意 なれば、 慰み 一 通り 也 道理 を合點 する 爲に はならず C 漢の劉 備の孔 明 

を 尋ねて よばれた るが、 人 を 知た と 云 《p の 也 劉備の 古き 臣下に 關羽 張飛趙 雲な ビ の歷々 の臣 ある 

に、 三十 歲 にも 足らぬ 孔明を 聞 出して、 遙々 遠き 處へ 迎に往 て、 蜀の 長臣に しられ .1^ るに、 一 器量 

ある 人 也 劉 備の樣 なるお 5 ある 君 なれば、 今 一 事 をな すに; <p、 凡人の 手ぎ わと は 違 ふ 也 C 子 洪を養 

立る にも、 た かわゆい ふびんと 計 思 ふて、 成長の 後 一 器量 ある 檨に そだて ねば、 用に 不 i 立 0叉 



UM 



本 



ft 



する 事 1 つと して 聖賢の 氣象 少しもな し o 是ては 寓卷の 書 を 看ても、 皆無 用の 事 也 向後 終身の 事 

業 はきと 志 を 引 立べ し。 曰、 考へ 付ら る. > を もむ き 至極 親切 也。 其 志た るまず つとめら る >- に 於て 

は、 日 新 あるべし 尾處の あると 云 3、 其 筋 を 確に 知る 事 也〕 子 貢の 性 天道 を 聞れ たと 云 も、 其 知 

見の 成熟した る ものな らん 予年來 嘆く 事 あ 60 學問 をー藝 として、 儒者 醫者佛 者 天文 者 軍法 者 歌 

者 俳諧師 陰陽師 碁 所の 類と、 一同に 思 ふ は、 口 惜き事 也。 上天 子より 下庶 人に 至 迄、 學 者で なけれ 

ばなら ぬ。 人と 云 ふ 者 は、 學 がなければ 天地人の 三才に ならぬ 也 藝 てな きを 知るべし 大 學に自 一一 

天子, 至- 庶人: 壹是以 一修, 身爲, 本。 これにて 明白 也。 修身 は學 でなければ ならず、 其 學と云 は、 古 

は 一 つで まぎる ゝ 事な し。 聖賢 所 說の學 是れ也 後世に 至て 學の品 多く あ, ft- て、 をれ- i\« に 一 家 を 

主と し、 流 泥 ありて、 聖 學を務 むる 入 世に 希 也 其 聖學を 務めぬ 學者を 俗儒と 云て、 程 朱の いやし 

まる、 也. - 其上祿 仕の 儒者 十に 七 八 は 俗儒 也。 故に 國 政の 事に は 一向 用に 立.? ^ず。 其 許に 云 立ら る 

、類の 事ば かゥ にて 仕官し、 實は醫 者に は をと り、 人の 用に 立つ 事な し。 夫 故に 其國の 家老 用人 を 

はじめ、 儒者 は 政事の 用に 立つ 7* のに 非ず と 思 ふ 故に、 仕官の 儒者が ぁク てネ、 夫へ 政事,:: 相談す 

る 事な し。 若し 偶. 相談しても、 道理 を 知らぬ 俗儒 なれば * はきと した 論説 を 云 出す 事 もなら ず。 

時勢 人情に 遠くして、 今日の 適用に 叶 ふ 事 ♦id え 云 はぬ ゆ ゑに、 愈々儒^19は用に立-*"のに非ずと思ふ 

も、 惜 からぬ 事 也。 顏 子の 一 靡 食、 一 瓢飮、 自ら かし いて くらす 身 にても、 天下 を 治む るの 道 を 問 

はれた は、 學 者の 任なる 故 也 後世の 學者は 書 を讀む 事ば かりにて、 知見 働き は 俗人に も 及ばぬ 程な 

. 佐 藤 直 方 學 談雜錄 三百 九十 一 



* 子 學很上 一一 一 百 九 f 

る 人の 志 立より 外に 政治の 根本 はなし 上 君に さへ 其 志め ると、 下に は 次第に 其 人が 出 來る也 近 

思錄治 體を考 ふべ し 此 勢に 乗じて は、 學者も 道理 を識る 樣にゥ とめて、 聖賢 道 學の意 を合點 し、 

孔 tf^ 周 程 張 朱の 門牆 をう か. „ ^ふ樣 になるべし 或 人 聞て 甚威悅 し 曰、 云 はれ をき けば 面白と は、 か 

やうな 事に て あるべし C 孟子の 性 善の 章、 數年來 見て 1„p、 唯う かと 思 ふて 心に こた ゆる となし、 今 

日の^|1說を承り、性善の章が心にの った樣に存ずるな.9、まことに實にふみたっ意がぁれば、 人が 人 

の 道 をす るに ならぬ 箬は なし、 世の中に は 成 ft- にく い 人欲 を さ へ 、 いでな そうと 實に思 ひこん て すれ 

ば、 よろし からぬ 事 なれ 共、 願, 3!0 整る さあり、 や 道!:: 天地 自然、 V3 こに ゥか へさ はる Hi なきに、 

唯 自己 一心の 思 立つ 處が B- 斐なき 故 也、 向後 讀書 をす るに も、 はきと 目 を さまして つとむべ し 曰、 

それ 程に 聞受ら るく は 驚 入た る さ 也。 其 心の 勢の たろ まぬ 樣に、 日 に 工夫 を 用ら るべ し C 孟子 性 

善の 章 を 其 心の あた 、かみ の ひえぬ うちに 熟復 して、 一章の 大旨 を! 得 あるべし 珍重, (-.o 或 

人 曰、 ふと 政事の 義を問 ひ、 學者用 力の 方 を.^ 承 6、 本望 不, ^"之 也〕 吾等な ど. P 年 來學に 志 あう、 

聖賢の 道 も 結構なる 事と は 思な が气 實に其 道に 至 6 たいと 思 ふ 事な し C 今日 孟子 性 善の 章へ 引^ 

て敎 をされ たるに 依て、 心にこ^^ へ て目のさめたる意地ぁり0 吾人 讀書學 問 をす ると 云 を 見る に、 

身の 垢 を はら ひ 棄る意 はなし 皆 慰み 事の 樣 にて、 學 者と 云へば、 詩文 章 を 作り、 古事 來歷を 記 

し、 鐘の 銘をま 3 き、 諸家の 系圖. ^書き、 甚 しきに、 名乘の 文字 を 反して、 吉凶 を 云、 歳旦の 詩 を 作 

ら ざれば、 學 者の 一分の 4^、 ぬ 樣に思 ひ、 其 外 俗人の もてはや する を 同ヒ檨 にす きこの み、 終身の 



なき 事なる や。 對 曰- これ もよ き 不審 也 そこに こも 深き 味 あり C 語 6 て も 閒きラ けらる V- 意の 親 

切に うつるべき は 計 6 難 けれども、 我 思 ふ あらまし を 述べし 。志の 字 は 古 は 之 心と 書て、 ゆく、 ひと 

云 さ 也。 後世に 志の 字に 書き か へた もの 也 C 人の 心の Vj れ へ な. と ゆきを,, P むく は、 其 事を必 すべ 

一 しと 思 ふな. 00 必 すべし と は 思 はず、 た^う わ の そ らに ふと 心の それへ うつる は、 志と は 云 はれ 

ぬ 小人の人欲に^^,もむきゅく心の赏なるを考へ て、 君子の 義理に 赴き ゆく の 深切なる を 知べ し 

本 君子 於, 義 小人 喩, 於 レ 利の 語 は、 愛の あや. V 仰ら れた. 今上 君の 下民 を 愛し、 困苦 をいた まし 

一 く 不便に 思 召 心の 親切 あれば、 何と ぞ壮形 は あるまい かと 至 切に. f:^ づ ねらる V- 箬也 C 如, 保, 一 赤子: 

倫 未, 有- 1 學レ 養, 子 而后嫁 者, の 語に て 可, 味。 此 志さへ 實に 立てば、 自然に 其威應 ある 箬 也。 とうぞく 

理 と 思 ふ 心て 大學を 看れば、 うわのそらに 尾る と は 各 別 也。 それから 疑 1„p つき、 そろ,/ \ すじ 1„p 見へ、 

一 文字に も 心 付 あり、 人の 學談を 聞ても、 心に こたへ 身に したしく こたへ る 意 あり 〇 そこが 善端發 見、 

千里の 行 一 步の本 也。 これから は漸々 に 擴充に 至る 箬也 。此 志が 上 君に すこし にても あると、 下へ 

は 其 儘う つる. „p の 也 U 俗に 上 一人より 下 万民と 云。 周 子 曰、 天下 之 衆、 本 在, 二人 T 道豈遠 1^ 哉、 術 

一 豈多乎 哉と はこれ 也 同 氣相求 同 聲相應 と 云 もこれ 也。 極て 云へば、 堯の舜 を 得、 湯 王の 伊 尹 を 得, 

高宗の 傅說を 得、 文 王の 太公望 を 得の 類、 大小 淺 深の 異 あれ VJ1^、 皆 此意也 上 君の 志 立た 上に 

は、 自然に 下に 其 人出 來る 害 也 牡丹 菊花の はやる 特. は、 いろくの 花の 品 多く 出來 るに て 見る ベ 

し C 無情の 物 さ へ感應 あれば、 人 は 同く 性 善 なれば、 必定 其烕應 ある 箬也。 然れば 天下 國 家の 君た 

佐 藤 直 方 學 談雜錄 三百 八十 九 



本 

編 



. 子 S- ffl 上 三百 八十 八 

學 談雜錄 ■ , 

佐 籐直方 著 

1 儒 壬來て 曰、 大學或 問に、 或 勢 匹夫の 賤も、 堯- -舜其 君民-する は 學者分 內當然 の 事 也と 云へ 

60 然 れば學 者の 事業 は大 なる 事に て、 中國 聖賢 出生の 國 てる、 其 人 は 措 を 折て JKt ふる なれば、 甚 

難き 事 也 5^ や 我 邦に て は、 往古よ fts 其 任に あたる 學者は 勿論、 其譯を 知. たる 學者 $ 聞 及ず 今 

國 君民 を 治る に 志 ありても、 治る 仕形 を 知らず して は、 下手の 碁 を打檨 にて、 善き 政 ある ま t けれ 

ば、 志ば か 6 にて 下民 恩澤を 蒙る 事 はなき 害 也 然れば 志の ある 國君大 夫 は、 其 治 道を學 者に 聞て な 

さる、 がよ けれど;^、 治 道 を 心得た る學者 世に なき 時に 如何すべき や C 對曰、 是的實 なる 論談 也。 

夫れ if 賢國家 天下 を 治る の 道、 四書 六 經に詳 也。 それ を 知る は 固り 學 者のお たり まへ なれ V3 も、 そ 

れに吸 をつ けて 書 を 看る 人世に 希 也 C 記 問 詞章の 學者は 論ずる に 足らず 道 學を務 ろと 稱 する 學者 

も、 孔孟 程 朱の 意 を 知らず 文字の 眛. 理會 する 事なければ、 俗學に 流れて、 詞章の 學 者と 五十 步 

百 步也。 然れ ば. ま/ \ 政治に 志 ある 國君ぁ 6 て 5^、 其 志 を遂る 術なければ、 只 自己の 細工に て、 

つまり は 私意に 歸 する なれば、 のこり 多き こと 也。 何事 にても 其 術に 達した 人て なければ、 仕形の 

よきと 云 事 はなし。 曲藝に 至る 迄、 -3^ それ/^ の 達人 あれば、 自分の 細工に はならぬ 事 也。 兼 好が 

冰車を 宇治の 里人に つくらせ たるの 事 見るべし。 或 人ョ、 もれ なれば、 攝 君に 志あって- 何の 益 $ 



曰 



本 



理 

編 



之敎 自,, 其 小學之 時? 已 有-白 直 分明 訓說? 而未, 有-後世 許 多 錢陋玄 空 上下 走 作 之 弊? 故 其 學者亦 

曉然 お-得 如:, 此 名字? 祖是 如い 此道现 ,o 不, 可, 不= 着實踐 履? 所- 以聖 門學者 皆以, 求, 仁爲, 務 蓋皆已 

略曉 -I 其 名義? 而求 S 實造 -I 其 地位, 也。 若 似-今人 茫然 理會 不., 得 a 則 其 所,, 汲汲 以求, 者。 乃 其 平生 所レ 

不, 識之物 Q 復何 所,, 向 望 愛 説? 而知, 所,, ,以 用,, 其 力, 邪 故 今 曰 之! 一一 EO 比,, 之 古人? 誠 爲-, 淺露? 然 有,, 

所, 不, 得, 已者? 其實亦 只是祖 --述 伊川 仁 性愛 愦之 説? 伹 剔,, 得 名義? 稍 分,, 界分脉 絡? 有- 條理? 免 T 

得 學者枉 費-心神? 胡亂揣 摸。 喚, 東 作. 1, 西爾。 若 不,, ,實 下,, 恭敬 存 養克, 己復, 鱧 之 功? 則 此説雖 Jgo 

亦與, 彼 有-何 干涉, 耶.^ 故 却 謂此說 ◦ 正 所 ヨ以爲 - 學者向 望-之 標準? 而初未 „,甞 侵-過 學者 川, 功 地步? 明 

者 試 一思, 之。 以爲- 如何? 似, 不, 1 必深以 爲.. 疑 也。 

答 _| 呂伯 恭- 

所 i 。克己 之 功。 切 中- 學者晝 一一 n 遙度之 病? 然向^ 所, 論。. 且是 大綱。 耍. 41,1 仁 之 名義 氣味? 令. & := 下 

落, 耳 じ 初 不レ謂 丁 只 用 一一 力 於,. 此 e 便 可 丁" 廢 K- 置 克己 之 功 g 然 亦不, 可 T 便將, 一 克己 功夫, 占 * 過 講習 地位, 

也 中間 有, 一 書。 論 s 古人 小舉。 已 有-如, 此 訓釋- 1 段? 其詳 幸更 者, 之。 然克 a 之誨 則尤 不,, ,敢 

不- 敬. 承-也。 



仁說 問答 終 

山 崎 ffi 齋 仁說 問答 三百 八十 七 



B 

本 

編 



朱 子 學 上 三百 八十 六 

羈__ 其 名義? 又不, 論 _| 其實 下, 功處? 而 欲ミ驟 語-其 精神? 此所, 以立, 意 愈 高。 爲, 說愈妙 Q 而 1121,, 之 

於., 身。 愈 無, 根本 可, 據之 地, 也。 所:, 謂 天地 之 用 C 即我之 用。 殆亦 其傳聞 想像 如, 此 實未, =嘗 到,, 

此 地位, 也。 愚見 如, 此。 不, II 高 明 以爲 = 如何? 

又 論 仁 說- 

來敎 云。 夫 其 所 典-天地 萬 物- 1 鉢き。 以 3 夫 天地 之 心 之 所, 有。 是乃 生々 之蕴. 义與ぉ 所-公共? 

所 ビ詔愛 之理也 e 熹詳- -此數 句? 似 _|頗 未.. 安。 盖仁 只是愛 之理。 人智 有, 之。 然人 或不, 公則 於-其 所, 

當レ愛 者? 又 有, 所, 不, 愛。 惟 公 C- 則 視_ 一天 地 萬 物? 皆爲 一, 一 鉢? 而無, 所, 不, 愛矣し 若 二 愛 之理? 則是 

自然 本 有 之理。 不 3 必爲 - 天地 萬 物 同 體而 sf- 也」 i 餘 向所,, 呈侣 1 仁說。 其間不 尙有 _| 此意? 方 欲, 

改, 之而 未, 暇。 來 敎以爲 k 不, 如- -克齋 之 云? 是也 e 然於, 此却 有:. 所, 未, 察。 竊 謂莫, 若 T 將 3 公 字 與= 

仁 字 ゃ且各 作,, 一 字? 看 得分 明 C 然後却 看-中間 兩字相 近處, 之爲? 親切., 也。 若 遽混而 言, 之。 乃是 ii« 

子 所,, ,以 謂 .i 以, 公 便爲, 仁 之 失? 此毫麓 間。 正 営-子細 > 也。 又 看., 仁 字? 當 ^幷_| 義禮智 字-看。 然後界 

限 分明 C 見得 端的 5- 今 舍= 彼 三者? 而獨 論,, 仁 字? 所,, 以多 說而易 P 差 也 C 又 謂,, ,體 用 一源。 內外 一 致。 

爲, 1 仁 之 妙? 此亦 未, 安 C 盖義之 有- 羞惡? 禮之 有,, 恭敬? 智之 有-是非? 皆內外 一 致。 非- 獨仁爲 "然 

也。 不:, 審、」 高明以 爲,, 如何? 

答- 呂伯 恭- 

仁 說近再 改定 比, 舊 稍 分明 詳密。 巳復 錄呈焉 C 此説固 太淺。 少_1 含蓄? 然竊意 此等 名義。 古人 



蔽將 k 使 T 學者 終日 言, 仁 ◦ 而實未 3 嘗 識_- 其 名義? 且又 幷 k 與, I 天地 之 心 性情 之德? 而眛, 焉 竊謂程 

子 之 意 Q 必不 k 如, 此 是以敢 詳陳, 之 ◦ 伏 惟 釆察。 

ヌ論 1 一仁 說ー 

蕞再 請-, 別紙 所し 茁 ニ條? 竊 意。 高明雖 3 已灼 知,, 舊說之 非? 而此 所, 論者 差 U 之 毫忽之 間? 或 亦 未 _|必 

> 

曰 一 深 察-也 U 謹 復論, 之 伏 幸 裁聽。 廣仲 引,, 孟子 先知 先鱟? 以 明.^ 上 蔡心有 = 知覺, 之說 3 巳 自不, 偷 a 其 

本 一 謂-知, 此 覺.. 此 亦 未, 知,, 指 i 何 爲.. 說 耍 X 之 大本 旣差 G 勿, 論 可也 今觀, 所し 不。 乃直以 k 此爲, 仁 

^ 則是以 -I 知, 此 覺,. 此。 爲, I 知, 仁 覺,. 仁 也。 仁 本 }Hn 心 之德。 又 將ョ誰 使,, 知, 之而 覺., 之耶 若據- 孟子 本 

倫 一 文? 則 程 子釋, 之已 詳矣。 曰」 知 是 知 &事? f^f 此事 % 覺是 覺,, 此 理? »«^p-,^f 意已 分明。 

ン 

g,i 不 =1 必更求 玄妙? 旦其 意。 與-- 上蔡之 意? 亦-初 無,, 干涉 一也。 上蔡 所, 謂 知覺。 正 謂 T 知,, 寒暖 飽飢, 之 

\ 類. i 爾 e 推而 至, 於 _| 酬酢 佑, 神。 亦 只是此 知覺。 無-別物, 也。 但所, 用 有-大小, 爾。 然此 亦只是 智之發 

す 一 用處。 伹惟 仁者 爲,, 能 兼, 之。 故 謂, „ 仁者 心 有,, 知覺? 則 可。 謂, 心 有-知 覺_ 謂, 之 仁 W 則不, 可 Q 盖 仁者 

編 一 心 有-知 覺? 乃以. ^仁 包- 1 四 者-之 用. -而 言。 猶 JK_I 仁者 知 P 所-差 惡辭 讓, 云, 爾。 若 曰, 心 有, I 知覺ー 謂, 

バ 之 仁? 則 仁 之 所- 以 得,, 名。 _羽 不, 爲, 此也。 今 不^_ 沪其所 U 以得 1^ 名 之 故? 乃 指 其 所 1 兼 者? 便 爲-- 仁 

體? 正 如 レ言-ー 仁者 必有レ 勇。 有, 德者必 有 P 言。 豈可 一一 遂以 勇爲, 仁。 言爲 _,德 哉。 今 伯逢必 欲-一 以レ覺 爲.. 

仁レ 尊兄 旣 非, 之矣。 至, 於, 論,, 知 覺之淺 深? 又 未 i 免, =證-- 成 其說? m 非 S 熹之所 =敢 知, 也。 至 伯 

逢。 又 謂 * 上蔡之 意。 自 有,, 神? 得-其 精- 1.? 則 天地 之 用、 皆 我 之 用, 矣。 此說甚 高甚妙 然旣 未,, ,嘗 

山 崎鬮齋 仁說 問答 一 1 一 百 八十 五 



本 



彙 





朱 子學想 上 三 WA 十四 

熹按。 仁但 主, 愛 若 其 等差 乃 義之事 仁義 雖, 不, -相 離? 然其用 則 谷 有, 主 而不, 可, 亂也 若 以,, 

1 仁, 包, 之 則義 與,, 禮智? 皆無, 所, 用矣。 而可乎 哉。 t に 

又 論-仁 說, 

昨 承 3 開,, 諭 仁說. 之 病? 似, 於 &意未 P 安。 即已條 具 請, 敎矣。 再 領= 書誨? 亦 巳曉然 。大抵 不, 出,, 熹所" 

論 也。 請 復因而 申, 之〕 謹按〕 程 子 言, 仁 本末 甚備 今 撮-, 其 大耍? 不, 過-, 數言? 盖曰 C 仁者 生 之 性 

也。 而愛其 情 也 ◦ 孝悌 其 用 也。 公 者 所 一一 以體. fco ® Jln= 克, 己復, 禮爲 P 仁 也。 學者於 一一 前 三 言 者? 可 一一, 

以識- 仁 之 名義? 於-後一 言 者? 可, =以 知-其 用, 力 之 方- 矣 Q 今不 B 深 考-- 其 本末 指 意之 所.. 在 但晃, 其 

分,, 別 性情 之異? 便 謂 愛 之與, 仁 了 無-干渉? 見-其 以, 公 爲,, 近 k 仁 便 謂 直 指,, 仁體? 最爲 = 深 

切? 殊不. 知。 仁 乃 性 之德。 而愛之 本。 因-其 性 之 有, 仁。 是以其 情 能 愛。 ilSi 、亦 f お f I、、 

|、- 性 ほ 能 有 lilrfJK 遊、、 但或蔽^於_-有,我之^14? 則不. 能 其體用 之 妙? 権克 k 復, 禮。 廊然 

大公 C 然後此 鉢渾全 此用昭 著 動静 本末 血脉 貫通 爾 程 子 之 言 意 盖如, 此 非ヒ 謂., 愛 之與, 仁 了 

ter 亍步. .rilo 此說、 前書 言レ之 已詳、 今 請 復以 -I 兩言 I 夾レ 之、 如-ま 之 ssl、s 性錢 レ情、 情极レ 於レ. E- 胃 , ;/」 JO 1 ? つ gm ビ 

^-ii 性、 未 レ有下 無 レ性之 情、 無 レ情之 性、 各爲- 二: gi 而不中 相ず 攝上、 二 我 得失、 =5^ 可レ 見、 .a-i 謂 S 么之 1 字 便是 

直 旨-. Liaa, &リ f ^一 お i { ^謂 1% 天下-、 而 無= 物 我 之 私 T M 其 愛 無 レ不レ ©矣 、不レ 知此兩 句、 sss 是直指 = 仁 sa- 處、 若以 = 愛 無 

fil^i 不ぃ! S 爲-- 仁之體 1、 則陷レ 於-一 以レ情 爲レ性 之 失? 高 明 之 兌 必不レ 至 レ此、 若 以下 公-一天 下 一而 無 中 物 我 之 私 上便爲 -I 仁 體1、 

則 恐 g レ謂ぷ 者、 せ i 無レ 情、 但如 一一 虚空 木石 T 雖-ー 其 同 レ体之 物 1、 尙不レ 能レ有 一一 以相 愛一、 况能 無レ所 レ不レ 一!! 乎、 然則此兩旬中、初未^嘗有ー_- 

1字說-|着仁^^ー、湏レ知下仁是本有之性、 生 レ物之 心、 惟公爲 -I 能 体 1VN、 因レ公 而後 有 上 也、 故 曰 公而以 レ入 体 VN、 故 S レ仁、 . ^看 I ー此 

I へ iSl 是字 lli 巧 由 k 以來。 以 k 言 レ仁之 弊 正爲, 不. 察,, 性情 之辨? 而遂以 k 情爲& 爾。 今 欲.!? 

其 反 使,, 仁 字 汎然き 所 =歸 宿? 而 性精遂 至, 於, 不& 管? 可, 謂, I 矯 fe 過 ,直0 是 亦枉而 已矣。 其 



而不, 本レ 於, 此。 乃 槩以, I 至善 一目, 之。 則是 伹.? 仁 之 爲,, 善 而不レ 知 一, 一 其 爲-善 之 長, 也。 却 於 一一 巳發尾 

處? 方 下 愛 字? 則是伹 知- 已發之 爲.. 愛。 而不, 知-未 發之愛 之 爲.. 仁 也。 又以, = 不ら ^ 之 心。 與, I 義禮 

智? 均 爲,, 發晃? 則是但 知-仁 之 爲., 性. - 而不, 知,, 義禮智 之亦爲 P 牲也。 又 謂,, 仁 之爲, 道。 無,, 所:, 不, 

體。 而不, 本, 一 諸 天地 生, 物 之 心? 則 是但知 一一 仁 之 無., 所レ不 體。 而不レ 知 一一 一仁 之 所 一一 以無. ^所, 不, 體也。 

此皆 愚意 所, 未:, 安 ◦ 更 乞詳, 之 ◦ 復以 見, 敎 

程 子 之 所 k 訶。 正 謂- 以, 愛名, 仁者? 

嘉按 Q 程 子 曰。 仁 性 也 C 愛情 也 「」 豈 可,, 便以, 愛 爲., 仁 ◦ 此正 謂, 不 認, 情 爲., 性 耳。 非, 謂 K 仁 之 性 

不, 發, 於-愛 之 情? 而愛之 情不ぉ 本, 於-仁 之 性- • 也。 熹 前說。 以_| 愛 之 發? 對 -I 愛 之理, 而言。 正 分= 別 性 

情 之 異處? 其 意最爲 = 精密? 而來喩 ハ母以 い 愛名, 仁晃, 病。 下 章 又 云. 4 右專以 A 愛 命 i 仁。 乃是 指-其 用, 

而遺 ,-其體? 言,, せ 而 其 性 W 則 其 察, 之 亦不, 審矣" 盖所, 謂 愛之理 者。 是乃 指, I 其體 &| 而言 。且 

見, 性情 體用 Q 各 有, 所,. Hr- 而不 _| 相 離-之 妙 ^ 與- 所:, 謂 遺 而暑, 性 者? 正 相 南北。 請 更詳, 之 G 

元 之爲, 義。 不, I 專主" 於, 生 ◦ 

窖 i 詳,, 此語? 恐 有 大病? 請 觀= 諸 天地? 而 以,, 易 象 文 言 程傳? 反復 求, 之。 當^ - 其 意? 若必 以-此 

言, 爲,是。 則 宜。 其 不:, 知 Y 所 =- 以ぉ = 善 之 長, 之 說., 矣。 此乃 義理 根源。 不, 容:, 有 = 毫燈之 差? 竊意。 高 

明 非」 不, 知, 此。 特 辭 之未レ 善爾。 

孟子 雖 Jlr, 仁者 無, 所, 不, 愛。 而繼, 之 以_- 急, 親, 賢之爲 1^ 務。 其 差等 未- -嘗不 1^ 明。 

山 崎開齋 仁 親 問答 111 百 八ナ 一 一一 



朱 子- * 上 三百 r< 十二 

無, 所 k 爲 C 只以, 生, 物爲, 事 故 易 曰 天地 之大德 曰, 生 而程子 亦 曰 C 天 只 是以, 生爲, 道 C 其^ 復 

見-天地 之 心? ヌ以 動 之 端, 言, 之。 其 理亦巳 明矣」 然所, 謂以, 生爲, 道 者 C 亦 非, 謂,, 將, 生來 做., 道 

也。 若, 此 類。 恐當, 且 認,, 正意? 而不, 以, 文 害., 詞焉。 則辨 詰不, 煩。 而所 "1 之 本 指得矣 

一 不, 忍 之 心。 可,, ,以 包-四 者, 乎 

日 熹謂 孟子 論, I 四 端? 自,, 首章? 至,, 孺子 入., 井 皆只是 發,, 明不, 忍 之 心 一 端- 而巳 C 初 無,, 義禮智 之 心, 

本 一 也。 至-其 下 文, 乃 云。 無,, 四 者 之 心, 非, 人 也," 此可 k 晃, 不忍之 心 足, n 以包, -夫四 端- 矣 盖仁 包-四 德? 

故 其 S 亦 如, 此。 前說之 失。 但不, 一一 曾 分 一一 得體 用? 若 謂,, 不, 忍 之 心 不,, 足 一一 ー以包 一一 四 端? 則 非 也。 今巳改 

正 

理 一 仁專言 則其體 無, 不, 善 而已」 對 --義 禮智, 言 其發晃 則爲, -不, 忍 之 > む, 也 大抵 天 地 之 心粹然 

一 至善。 而人 得, 之 故 謂-之 仁? 仁 之爲, 道。 無,, 一 物 之 不., 體 故 其 愛 無, 所, 不, 周焉 

一 熹詳 味- 此言? 恐 說-- 仁 宇, 不 而以 3 義禮 智與, -不 忍 之 心? 均爲 --發 見? 恐 亦 未, 安。 盖 人生 而靜 

福 一 四 德具焉 曰 仁 C 曰義。 曰禮 曰智 皆 根, 於, 心而 未, 發〕 所, 謂现也 性 之德也 C 及-其 發見? 則 仁 

一 者 惻隱。 義 者羞惡 禮者 恭敬 智者 是非? 各 因,, 其體, 以 晃,, 其 本? 所, 謂 情 也 性 之發也 是皆 人性 

之 所,, 以 爲., 善 者 也 伹仁乃 天地 生, 物 之 心。 而在乂 者。 故 特爲, I 衆 善 之 長? 雖讪, 於 = 四 者 之 目? 而四 

者不 i 能 < 外焉 易傳 所, 謂 專言, 之 則 包-四 者? 亦 是正 指,, 生:, 物 之 心, 而言 非 K 別 有 K 包-四 者-之 仁 3 

而又別 有 1 事 I 之 仁 B 也 惟是 即,, 此 】 事, 便 包,, 四 者? 此則仁 之 所,, 以 爲,, 妙 也 今 欲, =極言,| 仁 字? 



禾' Ij 



所 



I 

之 |& 

I I I 

I 

性 



I し 



發ネ 



之 I 理 
1 



1 1 

仁 

也 I 用 之 I 韹 |& 



亨 



貞 



便 
是 
天 



地 
之 
心 



I 一 
巳 



未 



之 



之 

1v\ 



以 

I 



一 I 



四 


仁 


是 


德 




以 




1 


具 


包 








乎 


m 






育 


所 


而 


四 


渾 


不 


惟 

1 _ 


者 

1 ― 


全 

!_ 


統 



答- 1 張欽天 lfJJ1.4a 文集 

天地 以 k 生, 物爲, 心 此語恐 未レ安 

黨竊 謂。 此語恐 未, 有 ^ 病 盖 天地 之 間。 品物 萬 形 各 有, 所, 事。 惟 天 確- -然於 上? 地 P 然於 下? 

3 崎閽齋 仁 說間答 • 三百 「/ ィ 1 



丰 _UH1 * ¥>i= 「ば 2> 駕- 

,IH」 一- S 仁 _ 一-側 隱」 



—公- 门 



者 所以, 體仁猶 



-盖 公 M 



一-克己 復禮爲 仁 也」 一-仁 仁 S し 



〕 「愛-一 



- 孝弟」.? 



其 ffl-l 



- 也 



恕」 



—其 —施- 



-r 



知覺. 



「乃 —智, 

■ 一 —之 事— 



. 1 「者 天」 I 地 生, I 「之 ^ y ひ 

仁 -1 L 物 之 心 而し ノ 一— 以 一 > 



一— 以 爲, 



- 周流 貫 節-一 

一 r 無 所 不通- 



朱 子 さほ 上 三百 八 4. 

心 包-, 四 德-而 貫-, 四 端, 者 也。 或 曰。 若-子 之 言? 則 程 子 所, 謂 愛情 仁 性。 不, 可,, 以, 愛 爲,, 仁者。 非 

欺 曰 C 不, 然 程 子 之 所, 訶 以-, 愛 之 發-而 名, 仁者 也 C 吾 之 所 ,論0 以,, 愛 之理, 而名, 仁者 也 盖 

所 ご 謂 情 性 者 錐,, 其 分 域 之 不,, 同。 然其腺 絡 之 通 U 各 有,, 攸, 屬者? 則曷 嘗钊然 離絕而 不,, 相 管, 哉 吾 

方 病 T 夫 學者。 誦-- 程 子 之 言? 而 不,, 求, -其 意? 遂 至お 於,, 钊然 離, 愛而 言, 仁 故特 論, 此以 發,, 明 其 遺 意? 

而子顧 以爲, 異., 乎, -程子 之說? 不-, 亦 誤, 哉 或 曰 程 氏 之 徒 言, 仁多矣 盖有 .,謂_, 愛 非, 仁 而以 = 萬 

物 與-我 爲.' 一 爲 一-仁 之 體-者 上矣。 亦 有 下 謂-愛 非, fco 而以 3 心 有-一知 覺, 釋- 一仁 之 名, 者, 矣 。今 子 之 言 若, 

是 C 然則彼 皆 非 曰 。彼 謂-物 我 y 一 者 C 可,, -以 見-, 仁 之 無^,. 愛矣 而非, 仁 之 所,, 以爲& 之 具, 也。 

彼 謂 =, 心 有-知 覺, 者 C 可, -以 見-仁 之 包,, 乎, 智矣" 而 非., 仁 之 所- 以 得,, 名 之 實.. 也 觀,, 孔子 答., 子 貢 博 

施 濟衆之 問? 與 * 程 子 所, 謂 覺不 k 可,, 以訓, 仁者 5 則 可:, 晃矣 予尙安 得- 復以, 此而論 T 仁 哉。 抑泛 言,, 

同體- 者。 使 =1 人 八 a 糊 昏緩而 無-誓 切 之 功? 其 弊 或? 於, ,認, 物 爲巨者 有., 之矣。 專 言-知 覺, 者 使ョ人 

張皇 迫躁而 無-沈潜 之 味? 其 弊 或 至, 於- -認, 欲爲, 狸 者 有,, 之矣 1 忘 一助 一 一 者盖胥 失, 之 而知覺 之 

云 者 於- 聖門所 樂, 山 能 守之氣 象? 尤 不,, 相似? 予尙安 得- 復以, 此而 論, 仁 哉。 因幷 記,, 其 語? 作,, 

仁說? 

仁說 ! あ-一 £1:iL!« 載レ ぼ-語 短. J i< 先生 答 ra 之 *r 指 窗示レ 之爾, 夫 書 三 貧 於- 1 性 仁 之 問 一 le 自レ性 直系 レ于レ 

til 愛、 自 -I 性 之 情 1 亦 系 レ于レ 愛、 一 爱 之 理與, iM、 爲 -l£s 用 T 非 下知-一未 之 愛 之 f 仁者 上、 不 レ能レ 嘆 一 園 意 i 



仁說 問答 

山 崎 嘉篇. 

仁說 . • 

天地 以, 生, 物 爲\ む 者 也。 而 人物 之 生 又 各 得 = 夫 天地 之 心- 以爲, > む 者 也。 故 語-心 之德? 雖- -其總 

攝贯通 無 T 所, 不:, 備 然 一 言 以蔽, 之 則 曰仁而 己矣。 請 試詳, 之 盖 天地 之 心。 其德 有:. 四。 曰元亭 

利 負 而元無 レ不, 統。 其 運行 焉。 則 爲-ー 春夏秋冬 之 厚? 而春生 之氣。 無, 所, 不:, 通。 故人 之爲 \む0 

其德 亦有レ 四。 曰 仁義 禮智 而仁 無:, 不, 包。 其 發用焉 則 爲-- 愛恭宜 別 之 情? 而惻隱 之 心 a 無 k 所, 不, 

賞 故 論-天地 之 心 I 者。 則 曰 乾 元坤元 則 四 德之體 用。 不, 待,, 悉數, 而足" 論, I 入 心 之 妙-者 Q 則 曰 仁 

人心 也 則 四 德之體 用 亦不, 待-一遍 擧 i 而該 盖仁 之爲, 道、〕 乃 天地 生物 之 心。 即, 物 而在。 情 之 未 

,發0 而此體 已具。 情 之 旣發。 而 其用不 J 躬。 誠能體 而存, 之 ◦ 则衆善 之 源。 百行 之 本。 莫, 不, 在 i 是。 

此 孔門 之敎所 B 以必使 一一 一 學者汲 一一 汲 於" 求レ仁 也。 其 言有レ 曰。 克, 己復, 禮爲, 仁。 言能克 一一 去 己 私? 復, 乎ゴ 

天理? 刖此心 之 體無, 不 i 在。 而此心 之 用 無, 不, 行 也。 又 曰 居 處恭。 教, 事 敬 ◦ 與, 人忠。 則 亦 所 3 以 

存,, 此心, 也。 又 曰 事 ご 親 孝 . 事, 兄弟 及, 物 恕 則 亦 所,, , 以行,, 此心, 也。 f ^曰。 求, 仁 得, 仁 則以, ,1 

讓, 國而迸 諌, 伐 而餓。 爲, 一能 不., 失, 乎 一一 此心 一也。 又 曰。 殺, 身 成, 仁 C 刖以 一一 欲甚, 於, 生。 惡甚 P 於 

レ死 爲,, 能 不,. 害 i 乎- 1 此 心-也 此心何 > む 也 在 = 天地, 則挾然 生, 物 之 心 在, 人 則溫然 愛, 人 利 K 物 之 

山 ifg 齋 仁說 問答 三百 七十 九 



朱 子 1* PS 上 三! 9 七十 八 

仁說 問答 序 ., . 

玉 山 講義 云 ◦ 孔門 說-- 仁 字? 刖是列 聖相傳 到, 此方 漸次 説-親切 處, 爾。 夫子 所- 1 以 賢,, 於,, 堯舜? 於, 

此亦可 一 其 一 端, 也。 然 則宗- 一孔 子 一 者。 可, 不レ 知レ求 , 仁 哉。 盖求 , 之 也。 先理- ー會其 名義? 體, ー認其 

意味? 然後 致-敬 恕之 功? P 克復 之 力? 則 其 庶-- 乎 得 P 之矣 U 此乃朱 先生 敎-- 人 求 T 仁 之 意 也。 竊嘗合 T 

先生 之 仁 說並圖 及 與,, 南 11: 束 菜, 論, 此者? 以爲- 一 卷? 題 號-, 仁說 問答? 誠 能從, = 事 於-論孟 之 間? 

熟- -復于 是卷之 中? 則自 有-仁 之 意思 滋咏 親切 處? 子 曰 仁 遠 乎 哉。 我欲, 仁渐仁 至矣」 嗚呼 旨 哉 

寬文戊 申 仲夏 上. 垸 



焉。 可,, 勝 嘆, 哉。 漢唐 立,, 五經 博士? 漢以 _| 書詩禮 易 春秋? 唐 以_| 易 書 詩 左 氏 杏秋禮 記? igsl 

If- 其 問 儒者 言,, 六 藝, 者。 往往 有, 之〕 蓋以 - 古名, 而言 i 之 也 宋之藤 洛關閬 之 言,, 六經, 也。 猶,, 漢唐 

之 言.^ 之 乎。 其 言-五 經?. 則 有 ii= 定經, 者 3 周 子 曰。 何 止 五經之 源。 其 天地 鬼神 之 奥 乎。 此除 _ -六經 

之 易-言:, 之。 If&i; Mtt3B^^*. 程 子 曰。 五經之 有-寒 秋? 猶 3 法逮之 有- 斷 例-也 。楊龜 

山 云。 孔子 於, I 五經 中, 一一 一戸 一 其理? 於 = 春秋, 著,, 其 行事? 是除, I 六 經之卷 秋 1 言, 之 也。 張子 六經 循環 之 

訓。 载=于 小學? 而解者 或 謂。 六 經易書 詩 周 禮禮記 春秋 也。 此廢, I 儀禮 1 而存 -禮 記? 與ァ 彼籑, 一 五經大 

全, 者., 同 受,, 王 安 石 之 誤? 而 背,, 朱 先生 之說 1 者 也。 朱 子 語類。 有 T 門人 借-先生 所, 點六經 -之云 5 惜 

乎其點 本不, 傅, 一 於 世, 也。 又按。 朱門 稲-易 書 詩 奢 秋? 謂-之 四經? 論語 大學 中庸 孟子。 謂, I 之 四書? 

亦 謂,, 之 四 子? 而 先生 有, I 四 經四子 之 嫁 文, 矣。 抑 先生 編, I 小學近 思錄? 註-四書? 而 六經。 則 易 爲>- 啓 

蒙 本義? 詩爲 &傳? 禮 著- i 鱧經傳 通解? 而 令,, 黄 直 卿 續^。 樂以- 蔡季通 之 律呂 新書- 爲 i 得- 1 其 正? 

書 令, = 蔡仲默 成,, 集傳? 親 蒙,, 春秋 之 筆? 修,, 通鑑 綱目? 且 作,, 王氏續 經說? 以 詔,, 天下? S¥ ^子 待? S 正 *s, 

鱧 以制レ 行、 樂以和 レ德、 春秋 以舉レ 性、 易- 以知レ feu^ffL^ 一 v^i^o Mi&Ji 一 no rno ^-' #u^io 

來、 王氏此 言得レ 之、 而庶 聞 I 一 一 易爲ニ 卜筑之 書ータ せ, 53、,^.^ I ス ffiE さ t^^_l E レ. <1*\づ お /導 ザ 

矣 Q 義理 精微。 近 思 錄詳, 之 C 又 曰。 先讀, I 大學? 以定 _1 其 規模? 次讀, 1 論語? 以立 = 其 根本? 次 讀_ -孟 

子? 以觀 一-其 發越? 次 讀= 中庸? 以 求-古人 之 微妙 處? 又 曰 四 子 六經之 階梯。 近 思 錄四子 之 階梯 。學 者 

當 レ遵- 先生 之敎 1 也。 

經名考 終 

山 崎閥齋 經名考 三百 七十 七 



朱子享 PS 上 三百 七 t 六 

, 經 名考. . 

山 崎 嘉著 

六經之 名。 始見 _| 于莊周 之 書 也, 史記世 家 曰」 六藝 折-中 於 夫子? 論語。 子 曰。 述 而不, 作。 集註 云 C 孔 

< 子 刪-詩 書? 定= 鱧樂? 贊- 周易? 修-- 寿 秋? 集-群 聖之 大成? 而 折- 衷之? 竊謂 C 聖經之 名。 尾-於 孔 

m な 

日 ^ 氏 之 書 I 者 ◦ 不, 出-乎 易 書 詩禮樂 春秋 之 外? 則 孔門 當 時宜, 稱_ 一之 六經 I 矣。 而莊周 傅-聞 之? 遂 造,, 孔> 



本 



理 

編 



老之言 Y 以^, 之 也 e 然其曰 T 詩以 道』 5。 書以 道, 事。 禮以 道, 行。 樂以 道, 和。 易以 道- 1 陰陽? 春秋 

以 道., 名分 是 名言 也。 其 亦 聞,, 諸孔 氏, 歟」 史記 列傳曰 C 六藝 於, 治 一 也。 禮 以節 乂。 樂 以發, 和。 

書以 道, 事。 詩以 達, 意。 易以 神化。 寿秋以 道, 義。 此亦孔 氏 遺言 耳。 ま 、鱧 記之經 

解 非-孔子 之 言, 也 無" 疑矣. - 然其 曰,, 溫柔 敦厚 詩敎 也. e 疏 通知 遠書敎 也。 廣博易 良樂敎 也。 潔靜精 

微易敎 也 C 恭儉莊 敬 鏝敎也 ◦ 屬辭比 事 寿秋敎 也? 乃 是格論 也 C 夫 六 者。 謂-之 經, 者。 以_, 其 道-也 

謂-之ぎ 者 e 以= 其 文, 也. 謂-之 籍- 者。 以-- 其 編-也。 謂-之 學_ 者。 以-- 其 業, 也。 樂亡 而後 有- 五經 

之 名, 焉0 白 虎 通。 孔子 定 一一 五經 一象-五常, 之 謂。 附會之 論。 不, 足 , 信 也 C 讀 史管晃 曰 C 古 有, 經而 

無, 數。 逮_| 孔子 刪定 緊作? 然後易 詩 書 春秋 成焉じ 然 孔孟 之 門。 經無 = 五六 之稱? 其 後世 分,, 禮樂, 

爲三。 舆-, 四經, 爲 1 ハ献 C 抑 合, -禮 樂-? 一 。 與- 四經 獻。 胡氏斯 言。 亦者焉 不, 詳也 C 其 言- 

孔子 刪定 繋 作 易 詩 書 春秋 成? 而遺 = 鱧樂, 者 何耶。 六籍之 名旣歷 歷焉。 王制 亦以, I 詩 書 醴樂- 爲- 四 術- 

矣。 未, 曾 聞, 合 = 禮樂, 爲. - 一也 趙臺卿 謂 =- 孟子 通 = 五經? 則樂 之. C 也 尙矣. - 至-一 秦火? 六 學從, 此缺 



氏詹氏 有, 論焉 c 參者而 知, 之 哉 a 



異 終 

山 椅閽齋 91 異 



山 崎 嘉! 1 



三百 七ャ五 



朱子^ 汲 上 ! 11 百 七十 H 

深悔き 之不, I 早辨? 又 懼乂之 可-終 惑? 故 此篱之 述不, 得 色 也。 或 曰。 異端 之學 亦不 之 

安 彼 之 非,, 道。 而 致,, 闢レ之 之 功? 然 M 冠, 首 之 章。 與- 名 J 扁之 意? 母, I 乃 相礙, 乎。 又洞規 以下 

數章 非-開, 異 之說, 而述 k 之 何 也。 曰。 竊有, 意焉 盖道者 綱常 而巳 矣。 彼 旣廢, 之" 則其學 

之 非, 道。 可- 1 不, 攻而知 >矣0 但網 常道 暸。 而 人不, 知, 所,, 以 不., 可 之。 世 之 所て 謂 儒者。 形體 

識趣。 不, 異,, 乎 親鸞 之 徒? 務, 一記 覽? 而寄 =于 聖賢 博學之 言? 爲_| 詞章? 而 託-子 詩 書载, 道 之 文? 

是以 綱常 之 道 遂不, 明 Q 而不, 化, I 于佛氏 之敎, 者 未 ,- 之 有-也 故 取 = 夫子 之 言-冠, 首。 以 使- 1 人 

先知- -攻 A 之 之爲. 也 洞規 以下 數章 所., 以 明-網 常, 也 苟能 守-夫子 之 言? 而 通,, 一 麓 之說? 則 

知 K 廢 ,= 綱常, 之 非. 1^ 道 而關 之 之 功 可,, 坐 致, 也 曰 夫子 之 時 佛氏 * "出- -于 中國, 矣0而 如-, 

子 之 言? 則 所 X 謂 異端 似, 指,, 佛氏, 也 曰 固 哉 言 也 以,, 昔時 夫子 之 言? 爲, I 今日 學者 之戒? 

尙何怪 哉 C 抑以, 不, 出-干 夫子 之 時? 以爲, 不 i 可 7以- 異端-開- 之 乎 朱 子 曰 C 異端 之 害, 道 G 如,, 

釋 氏,^ 極矣。 然則 使,, , 彼 出,, 于 夫子 之 時? 則豈免 春秋 之誅, 哉。 如 = 近世 蠻學 天生 之敎? 森 秋 之 

所-, 必誅- 也。 亦以, 不, 出, -于 夫子 之 時? 以爲, 不, 可 T 以-- 異端, 誅. 之 ◦ 而可 哉。 國法若 不-禁 而誅, 

,之0 儒者 必 可,, 辭 以關, 焉者也 曰 智顔 記,, 佛之 言, 曰。 我 遣,, 三聖? 化-彼 眞丹? 列 禦寇 記- 1 孔 

子 之 言, 曰 西方 有,, 聖者? 史記世 家 曰 孔子 問 =禮 老子? 二 氏 之 徒 引 k 以謂 ◦ 孔子 吾 師之弟 

子 盍, 述, I 闢, 之 之說? 曰 此 皆不, 足 一一 述而闢 一也 ひ 智顗之 記。 劉謐 護, 佛 者。 潜頗 知-一 其誕? 

他人 乎。 列 氏 之 記。 黄 氏日杪 方 氏 千 一 錄之. T) 論 k 之 群矣。 問, 稳之事 1^ 子 朱 子 有 k 說焉 王 



稈朱亦 學= 佛老? 而以 3 其 身 爲,, 儒者? 陰 用, 之 陽 闢, 之 而輕信 述., 之 也 或以吿 吾 謂, 之 曰 程 

朱 之 門。 千 言 萬 語。 只 欲, 使 T 學者 守,, 正道-闘, 異端, 而巳矣 竊歷 =考 之? 未, 有 F 若,, 迹斷之 言, 

要 而的者 H 也。 未 レ有, 若, I 宇宙 之 章, 明而備 者, 也。 彼 能 三 復致, 思 則 亦 可,, 以威悟 輿 起, 也 惜乎 

不レ 能, 然也。 今 且辨, 之 夫 天下 之 道。 有, 經有, 櫂 經萬世 之 常 人 皆 可,, 以守, 也 權 一 特之 

用。 非-聖賢, 不, 能 X 用 也。 朱 子 曰。 如 „, 湯 放 ,10 武王 伐, 紂。 伊 尹 放,, 太 甲? 此是櫂 也。 若 日日 

時特 用, 之。 則 成,, 甚 世界, 了 泰伯之 逃 亦 是權也 故 無,, 伊 尹 之 志? 而 放,, 其 君? 是 無, 君 者 也 

無- 泰伯之 心? 而 逃-其 父? 是 無,. 父 者 也 無ヽ乂 挺に 君 春秋 之 所,, 必誅- 也 孟子 之 所, r 必關- 也 

夫理 障之說 程 子 答-人 問., 此曰 釋氏 有,, 此說? 謂旣 明,, 此理? 而又 執-持 是理? 故爲, 障 此錯 

看-了 理 宇-也 天下 只 有 二 簡现? 旣 明,, 此理? 夫 復何障 若以, 理爲, 障。 則是 已與, 理爲ヒ 10 

朱 子 答-李 宗 思-書 曰。 來書云 C 以, 理爲, 障 者。 特欲, 去-, 其 私意 小智? 嘉謂 認,, 私意 小智, 作- 理 

字? 正 是不, 知,, 理字? 來書又 謂。 上蔡云 佛氏 不,, 肯 就.. 理 者爲, 非 熹謂 若不, 識,, 理字? 則此亦 

未レ 易, 以= 口舌, 爭 H 也。 他 曰 解お。 乃 知, I 所: J 言 之 可" 笑 耳。 夫 程 朱 之學。 始未, 得-其 要? 是以 

出-入 於 佛老? 及 i (反 求而 得,, 諸 六經? 豈 用,, 佛老, 哉 其關, 之 也。 有 綱常, 之 罪, 也 若 有,, 

可レ用 之實? 無,, 可, 關之 罪? 而陰 ffl 陽關 U 則 何 以爲- 程 朱, 矣 朱子甞 譏,, 溫公 吾排, 佛欲, 扶, 敎之 

言? 則 可, 以 觀,, 其不, 欺, 我 也。 吾 幼年 讀_ 一四 書? 成 童 爲,, 佛徒? 二十 二三 本 = 於 is 谷 之 書? 作,., 三敎 

一 致 之 胡 論? 二十 五 讀,, 来 子 之 書? 覺,, 佛學之 非 7道0 則逃焉 歸,, 於 儒, 矣 Q 今 三十 而未, 能, 立 

山 崎闇 齋 鑭異 - 三百 七十 111 



朱 子學汲 上 :, :, • 

三百 七十 二 

レ 有, 學 而自 - 天子 之 元 子? 以 至-於 士庶人 之 子? 莫, 不, 入 焉0 則 其 士之廩 --於 學官- 者 0宜7 數- 十倍 i 於 

今日? 而 者-之 禳典? 未, 有 K 言,, 其 费出之 所, 自者 3 豈當 特爲, 士者 其 家 各 已受, 田 而其 入, 學也有 

fee 故 得- -以自 食-其 食? 而不, 仰,, 給 於 縣官, 也叛 至, -漢元 成 間う 乃謂ョ 孔子 布 衣 養-徒 三千? 而 

™ 學官 弟子? 至, 不, 復 限 以,, 員數? 其 後 遂以, -, 用度 不 k 足 無,, 以 給-之 而 至-於 罷 7 夫 謂, -, 三千 人 者 

聚而 食-於 孔子 之 家? 則 已妄矣 然 養, 士之需 至, 以-- 天下 之 力-奉, 之而不 * 足 別亦豈 可, 不, 謂レ難 

本 一 哉 盖自, - 周衰? 田 不,, 井授 9 人 無, - 常產? 而爲, 士者 尤 厄-於 貧 7 反不, 得,, 與 T 爲-- 農工 商-者, 齒 g 上 

之 人 乃 欲- 聚而 敎, 之 則 彼 又 安能 終に 歲寨, 飯、 而學- -於我 V 是以其 費雖, 多 而或 取,, 之 經常之 外 < 勢 

固有 レ所 レ不ズ 得, 已也 CRMr 浮 jfc: 氏之說 oa_, 君臣 之禮カ 絕= 父子 之 親? 淫誣^ 詐 以毆, -誘 一 世 之 人べ 

理) Z 而納- 之 於 禽獸之 域? 固 先王 之 法 之 所,, -必誅 而不, - 以聽, 者 也 顧 乃肆然 蔓,, 衍於 中國ぅ 豊ぃ屋 連い 甍。 

良 疇 接, 珍 以 安且 飽 而 莫,, 之 或禁? 是雖せ 盡逐, -其人 V 奪-其 所, 據 而悉 歸,, 之學ぅ 使 T 吾 徒之學 

, 爲-- 忠孝-者。 得 E 以無 i-, 於 外? 而益進,. 其 業 g 猶恐 未, 足 „- 以 勝-, 其邪說 (,) 其 荒 墜蕪絕 偶自? 此 

編 一 又 欲 ,=封 搲而永 =久 之-乎. - 趙侯 取, 之 C 可, 謂-,, 一 而兩 得- 矣。 故 特爲, 之 記, 其 本末 與-, 其 指 意 所レ出 

" 者-如 あ 以 示-後 之 君子? 且以警 --夫 學之諸 生? 使 i 用-力 乎予之 所, 謂 忠且孝 者 7 職,, 其 事-者 又 

當 K 謹-其 出內? 於- -簿書 之 外? 而 無, 龠合之 私, 焉。 則庶, 其 無., 負,, 乎趙侯 之敎, 矣 趙侯名 某" 材甚 

高。 聽, 訟理, 財 皆 辨,, 其 課? 又 有-, 餘カ? 以及, 此。 諸 使者 方 上,, 其 治? 行-於 朝-云 

予旣述 = 此篇? 佛氏 引- -泰伯 之迹? 以 難,, 程 子 迹斷之 言 5> 有』, 理障 之說? 以 難-朱 子 宇宙 之 章? 而謂 



曰 



偽以 陷,, 愚民 之 不知, 如, 此邪 G 鳴 呼 哀哉。 〇 或 曰 C 釋氏 地獄 之 類 C 皆是 爲,, 下 根 之 人, 設, 此 C 怖 令,^ 

レ善 程 子 曰。 至誠 貫,, 天地? 人尙 有い 不, 化。 豈有, 立- 僞敎, 而人 可お 化 乎。 〇 滕燐 問。 人生 即是 氣聚〕 

死則氣 散。 浮 屠 氏不, 足, 信〕 然 世間 人爲, 惡死。 若 無,, 地獄 治.. 之。 彼 何所ン 1。 来 子 曰。 吾 友且說 Q 

堯舜 三代 之 世。 無-浮 屠 氏? 乃比屋 可, 封 じ 天下 太平。 及,, , 其 後 有,, 浮 屠? 而爲, 惡者 滿-ー 天下? 若爲レ 

惡者必 待, 死然後 治, 之。 則 生 人 立, 君」 又焉 用。 云。 嘗記前 輩說ひ 除-却 浮 屠 祠廟? 天下 便 知, 向 Jtc 

本 一 莫 一- 是此 11:-? 曰。 e ョ浮语 氏 入-一中 國? 善 之 名 #錯 了。 渠把, 奉, 佛爲, 善。 如卞修 一-橋 道, 造 * 路。 猶有レ 益-一 

\ 於 人? 以 一一 齋, 僧? 寺爲, 善。 善 安在。 所レ 謂 除-一 浮 「お 祠廟? 便 向, 善 者. 一 天下 之 人。 旣不レ 溺-ー 於 彼? 自 

儉 一 然 孝-父 毎? 悌- 長上? 做, I 一 好 人? 便是 き" 〇 朱 子 崇安縣 學田記 曰 C 崇安縣 故 有, 學而 無, 田。 遭,. 大 

夫 之賢而 有, 意,, 於敎舉 , 者? 乃 能 縮, 一 取 他 費 之赢? 以供 = 養 X 士之 費? 其 或 有, 故而ー ふ, 能, 繼。 则諸生 

無, 所, 仰, 食。 而往性 散 去。 以, 是 殿堂 似圯. - 齋館 蕪 廢。 率 常; 史, I 十数 年? 乃 一 聞 _ -敍誦 之聲? 然又不 -I 

一 ニ歲? 輙復罷 去. - 淳照七 年、」 今知縣^^旭侯始至。 而有, 志焉。 旣瞢 = 其宮魔 之 廢壤? 而 一新 A 之リ則 

又圖 T 所 爲-飮 食 久遠 之 計-者 S 而未, 知:; 所, 出 也. - 一 日 視= 境內浮 「. ^之 籍? 其、 絕不 A 繼者凡 五 曰 中 

山。 曰 白雲 C 曰 鳳 林 C 曰 all 曆 C 曰 暦. ffi 其 田不, 耕 者。 以 計。 凡 若干。 乃 喟然而 嘆 曰-。 吾 知 

, 所 ,1 以 處,, 之矣。 於; K 悉取 而歸, I 之 於學? 蓋 歳入- 租米 二百 二十 斛? 而士之 sjh 業焉 者、 ノ得 _-以 優游卒 > 

k.o 而無 = 乏絕 之盧? 旣而學 之 群 士十餘 人.」 相與 走,, 予 所, 居 之 山間? 請 3 文以 記- 其 事? 曰, 不則 櫂.' 

夫 後 之 君子 莫 i 知-其 所 _ ^始。 ;曲或 至, 於 廢壤. 1 也」 予惟 三代 盛時。 自, 家以 達, I 於 天子 諸侯 之國? 莫, 不 

山 崎閽齋 闢異 ミ 百七ナ 一 



理 



朱 上 學很上 三百 七十 ノ 

寂 之說? 而不. ife^-l 於 物欲, 也。 則 世 之 所 k 謂 賢者 好, 之矣リ 以 T 其 有-玄妙 之說? 而不 * 滞,, 於 形 器 1 也。: 一 

則 世 之 所, 謂 智者 悅, 之矣 C 以, 其 有-生死 輪回 之說? 而自 謂.!, 可- 以不, 淪 T 於,, 罪 苦, 也〕 則 天下 之 慵奴ー 

暴 婢黥 髡盜賊 亦葡匐 而歸, 之矣 C 此其爲 ,說_じ 所 T 以張皇 輝赫。 震- -耀 千古? 而爲 ,- 吾 徒, 者 G 方 且蠢焉 G 一 

^ 鞠 躬屛, 氣 爲, 之 奔走 服役 之不 * 暇 也,) 幸而 一 有-間 世 之 傑? 乃能不 =爲, 之 屈? 而有 = 聲, 罪 致, 討 之 一 

日 心- 焉 。然又 不;, 能, 究-- 其實晃 之 差? 而 以爲- -幻尾 空說? 不 J^s 正, 之 以= 天理 全體 之大? 而偏 引-交通 一 

J4- 生育 之 一 說 r 以爲, 主 則旣不 k 得-其 要領, 矣。 而徒欲 T 以-, 戎狄之 醜號- 加. 其 於-吾 徒? PS< 未 3 甞敎ー 

才 ^ i 

"だ X 之 w,l 内修 自治 之實? 而 徒驕, 之以 3 中華 列聖之 可- -以爲 P 重。 則 吾 恐,' 其不 B 唯 無 B 以坐收 -I 摧陷 廓清 之 一 

倫 功? 或乃汪 遺-之 禽? 而反爲 黨之詬 .1 也 C 嗚呼 惜哉 c〇 詹良卿 曰。 天堂 地獄 之 事 ◦ 。唯是 浮 屠 設以 誘- 一 

\ 愚民? 爲, 善 去 k 惡之 意。 . 而實非 3 中國 有, -此 陰府之 事? 尤 見-浮 屠 之 偽-也 盖 嘗考, 之 C 佛之國 在-接 一 

\ 西 之 境? 其 所, 居 謂,, 之 天堂? 潜 後世 天朝 天闕 之稱? 其 犯, 法 者 皆 掘:, 地 爲-- 居室? 而處, 之 Q 謂-之 一 

費 一 地獄? 如, 南宋 主 子 業 囚,, 其 諸 王, お, 地牢 5 亦 此類耳 其 法 有,, 到 燒舂磨 之 刑? 如-書 所, 載 九黎三 苗. 

編 一 爲, 也 閻羅則 後世 之刑官 也。 金剛 刖 後世 之 衞士 也。 皆 其 蕃國處 ,1 生 人 1 之 制 而學, 佛 者不, 察。 謂 一 

_ ,施= 於已 死者? 則 世相 傳流" 本 非,, 佛氏 眞敎, 也。 所, 謂 夜 又 羅刹鬼 國者。 皆 其 西方 土 名 其 地 去 一 

國, 旣遠 風化 不 i 及 故 其 所:, 生 亦 多- 異狀? 無- -復 人類? 如- 史所, 謂 狗國羅 施鬼國 者? 可, 考 也。 此ー 

唯 其-和 學佛 者不, 察。 1 本 非-中 國之 所, 有 者? 而流傳 之久。 後 之異敎 者" 亦 以爲, 眞 愚民 亦不, 覺-- 其 一 

爲,, 偽 而 水陸 道堪 寫, 經造, 像 C 修,, 建 塔廟, 者 C 皆懼 ,- 此苦楚 之禍? 以 求-快 樂 之鲳? 何 異敎中 之僞! 



之 流行 o 無,, 所, 適而 不., 在 o 若,, 其 消息 盈虛 循環 不, 己 則自, 未 =始 有, 物 之 前 5 以 至-人 消 物 盡之後 

終 則 復始。 始復 有, 終。 又 未 S 甞 有-, 頃刻 之 或 停, 也 儒者 於, 此旣 有,, ,以 得,, 於 心 之 本然, 矣 。則 其 內外精 

粗。 自不, 容, 有 一一 繊毫之 間? 而其所 一一 以修, 己 治, 人垂, 世 立, 敎者 〇 亦不, 容ー „ 其 有 一一 繊毫 造作 輕重之 私, 

焉。 是以 因,, 其 自然 之理? 而成 = 自然 之 功? 则有, 以 參,, 天地, 賛 * 化育 3 而 幽明 巨細 無,, 一 物 之 遺, 也 

若,, 夫釋 氏? 則自, I 其 因 地 之 初? 而與 ,- 此理, 已 背馳 矣。 乃 欲-其 所, 見 之不, 差 所」 仃之 不., 緩 則豈可 

レ得 哉。 盖其 所,, 以爲. 4 チ之 本心。 正 爲は惡 a 此理之 充塞 無, 間。 而使コ 一己 不, 一得, 一 席 無, 理之 地, 以自 安? 

厭 了 此理之 流行 不レ 息。 而使 gr し不 .0 得 T 1 息 無 i 之 時., 以自肆 ほ 也。 是以 叛,, 君 親, 棄, 一 妻子? 入-山林 ー捐 一一 

軀命? :^求_,其所,謂空無寂滅之地?而逃焉0其量亦已隘0 而其勢 亦 已逆矣 然以 - 其 立, 心 之 堅 苦 用 

レカ之 精專? 亦 有, -以 大過 乂者? 故能卒 如お, 欲。 而實有 k 焉。 但以 = 其 言行, 求』。 則 其 所 k 雖了 

自以爲 E 至玄極 妙。 有 .0 不, 可.. 以, 一思 盧 言語, 到., 者 g 而於 T 吾 之 所 レ謂窮 一一 IK 地ー亘 一一 古今? 本然 不, 可レ易 

之實理 ^ 則 反蔷然 其 一 無, 所, 覩也 ◦ 雖 B 自以爲 S 直 指-人心? 而 實不, 識, 心〕 雖,, , 自以 爲,, 見 性 成佛? 

而實不 Ji, 性。 是以 殄-滅 P 偸? 墮 -I 於 禽獸之 域? 而猶不 S 自 知-其 有&。 盖其實 見 之 差。 有- 以陷, 

之。 非,, , 其 心 之不, 然 而故 欲- 爲; 亨以 惑, 世而 罔., 人 也。 至 = 其爲, 說 之窮? 然後乃 有 K 不, 舍-- 1 法, 之 

B 則 似 T 始 有., 爲_- 是遁詞 > 以 蓋-前 失-之 意 5 然亦其 秉繁之 善。 有, 終不, 可 得而 殄滅, 者 W 是以剪 伐 

之餘。 而 有- 此之 僅存? 又以, 牽= 於實見 之 差? 是以有 = 其 意, 而無 _| 其理? 能 言, 之」 而 卒不, 能:, 有ョ 

以踐 _| 其 言, 也。 凡 釋氏之 所,, 以 爲,, 釋氏, 者。 始終 本末 不, 過, 如 あ。 盖亦 無, 足 J 曰矣。 然以 T 其 有き 

山 椅闇齋 躍異 111 百 六十 九 



B 

本 

彙 

一 

編 



朱 子 SJ!- !Vi 上 三百 六十 八 

,性0 躬行 以盡, 性 e 終始 本末。 自 有,, 次第? 一 皆 本,, 諸 天理? 緩 也 緩不, 得。 急 也 急不, 得。 直 是盡, 性 

至, 命 方是極 C 則 非, 如,, 見 性 之說ー =尾 之, 而 遂已, 也 じ 上 察 云。 釋氏之 論, 性。 搭_, 儒者 之 論,, 心-り 

釋氏之 論, 心。 猶= 儒者 之 論" 意。 此語 剖析極 精。 試思レ 之、.) 如何。 〇 程 子 曰。 佛氏不 陰陽 畫皮死 

生 古今? 安 得 ,謂= 形而上 者, 奥-聖人, 同, 乎. - 詹良卿 曰つ 天地 間〕 其 生々 不, 窮者 理也" 其氣聚 

而生。 散而 死者 Q 氣也。 氣聚- 於此? 則理亦 寓,, 於此? 故人 之 形體。 爲- 精 氣所, 寄 之 具, 也. -精 氣聚則 

屬レ 陽。 而爲, 人。 魂 游魄降 ◦ 精氣散 則屬, 陰。 而爲 鬼 形砵旣 亡。 則 精氣亦 散。 豈精 氣旣散 而復 

聚爲, 人 哉 C 推 而極, 之 ◦ 氣 化眞實 一 往 遂盡〕 其 來者方 生 之氣。 自, I 十 一 月- 1 陽 生面 爲 J^Q 至-四月, 

換-盡 六 陰? 而爲 = 純 陽 之 乾? 則 已往之 陰 遂盡。 而方來 之陰已 生。 至,, 五月, 成- 一 陰, 而爲, 至-十 

月 "換, -盡六 陽? 而 爲,, 純 陰 之坤? 則 已往之 陽 遂盡。 而方來 之 陽已生 。至-十 一 月, 成,, 一 陽? 而ヌ爲 k 復。 

以, 是尾 _| 天地 之氣? 往者遂 消 而向, 盡。 而來者 方 息而無 J 躬。 初 非 =1 已往之 氣又爲 ,1 方來 之氣, 也 釋氏 

謂, I 人 死而爲 リ 鬼 復爲, X。 是不, 明, I 天地 陰陽 之氣。 造化 人 鬼 之理, 也 U 朱 子 嘗喩。 月影 在-盆 水 

裏? 除-盆 水? 這 影 便 無 了。 豈是這 影 又 飛 上 k 去歸- 月 裏, 邪。 又 如 T 這 花 1^。 便 無,, 這 花, 了? 豈是這 

花 歸_, 去那 裏? 明年 又復 來,, 生 枝 上, 哉。 此辨 = 人 死爲, 鬼。 鬼 復爲, 人 之 妄-尤 爲_, 明快? 鳴 呼 釋氏又 謂, 死 

而 精魂 不 i 散 C 復 借,, 父 精 母 血- 以生 * 其形體 3 如, 此則 父母 之 名 皆 假托之 具。 以 啓,, 天下 後世 不慈 不孝 

之 心 ^ 其 忍, 心 害, 理之 言。 亦 何 其 緩妄哉 〇 朱 子 曰。 宇宙 之 間 一 理而已 天 得, 之 而爲, 天 a 地 得 V 之 

而爲, 地。 而凡 生-於 天地 之 間, 者。 又 各 得, 之以爲 i 性。 其 張, 之 爲_, 三 綱? 其紀 k 之爲, 1 五常? 盖 皆此理 



裕。 尙可 JlllU 隨,, 其國 俗? 至, 若-, 人道? 豈容, 有, 異。 又 曰。 舊嘗 問,, 學佛 者? 傳燈錄 幾人 云 千 七 百 

<。 某 曰 敢道此 千 七 百 人。 無,, 一 人達 者? 果有, 一 人 尾, 得 聖人 朝 聞, 道 夕 死 可矣。 無,, 曾 子 易 4X 之 

理 W 臨, 死須 一 尺 布帛? 裹, 頭而 死? 必不 肯削髮 胡服而 終? 是誠 無-, 一 人達 者? 禪者曰 。此迹 也。 

何不, 論,, 其 心? 曰。 心迹 一 也。 豈 有,, 迹非 而心是 者, 也。 正 如, 雨脚 方 行 。指,, 其 心, 曰, 我 本不, 欲, 行 

他 雨脚 自行 5 豈 有- 此理? 盖 上下 本末 內 外。 都是 一 理也〕 方是 道。 莊子曰 遊,, 方 之 内? 遊,, 方 之 外, 

者。 方何嘗 有,, 內外? 如, 此則是 道 有- 隔斷? 內面是 一 處 外面 又則是 一 處 豈 有,, 此理? 禪者曰 草 

木 鳥獸之 生。 亦 皆 是幻。 曰 子 以爲, 生,, 息 於 春 夏? 及, 至,, 秋 冬? 便 却變壤 5 便 以爲, 幻 故 亦 以,, 人 

生, 爲, 幻。 何不, 付,, 與 他物? 生死 成壞、 自 有,, 此理? 何者 爲, 幻 ◦ 〇 朱 子 答,, 李宗 思, 書 云。 來書云 釋 

氏 本-, 死生? 悟 者 須,, 徹底 悟 去? 故 祖師 以來 由, 此得, 道 者 多 熹謂 徹底 悟 去 之 人。 不, 知 本末 內外 

是ー是 二 「し 二 則 道 有,, 二 致? 一 则 死生 人事 一 以 貫, 之。 無お^, 了 不, 知 傳燈錄 中 許 多 祖師。 幾人 

做-得 堯舜 禹稷? 幾人 做,, 得 文武 周孔? 須 i 有- 徵 驗處? 來窨云 儒佛 見處旣 無,, ニ理? 其設, 敎何異 也 

盖儒敎 本-人事? 釋敎 本,, 死生? 本,, 人事, 故 緩,, 於 見, ,牲0 本-死生, 故 急,, 於 尾, 性 C 熹謂. - 旣 謂,, 之 本 V 

則 此上無 一一 復有 T 物矣。 今 旣ニ, 本。 不レ知 所, 同 者 何事。 而所レ 謂 儒 本 一一 人事? 緩レ 尾, 性 者。 亦殊無 レ埋。 

三聖 作, 易 首 曰。 乾 元 亭利貞 子 思 作,, 中 藤? 首 曰 C 天命 之 謂, 性 孔子 言,, , 性 與= 天道? 而 孟子 道,, 

性 善? 此爲, 本,, 於 人事, 乎。 本,, 於 天道, 乎。 緩,, 於 性, 乎 C 急,, 於 性, 乎。 俗儒 正坐 芣レ 知-天 

理 之大? 故爲, 一 異說, 所, 迷し 反 謂, 聖學 知,, 人事? 而不 あ,, 死生? 豈不, 誤 哉 聖賢 敎, 人。 盡, 心以知 

山 崎閬资 藺昊 . 三百 六十 七 



曰 

偷 





朱子學 S 上 一 三百 六十. K 

者。 天下 之 大本 C 和 者 天下 之 達道リ 此皆 日用 分明 底 事。 不 T 必 待-極力 尋究? 忽然 有, 感,^ 如-来^ 之 

云? 然後爲 .i. 得 也 a 必 若,, 此云? 則是 溺,, 於佛氏 之學, 而巳。 然爲 彼學, 者。 自謂, 有, 見 而 於,, 四端五 

典。 良知 茛能。 天理 人心 之實然 而不, 可, 易者? 皆 未,, ,嘗赂 尾-彷彿? 甚 者披, 根拨, 本。 頗 倒錯 緩" 無 

レ所, 不, 至。 則 夫 所, 謂 見者。 殆亦用 マ 5 大過. - 意盧 泯,, 絕 恍惚 之 間? 瞥, I 見 心性 之 影 象 I 耳 0與_| 聖門眞 

實 知晃。 端的 踐履〕 徹上徹 下つ 一 以莨, 之 之學? 登 可-同, 年而 語, 哉 〇 程 子 曰。 釋 氏之學 更不, 消,' 

對,, 聖人 之學, 比較 3 要, 之必 不茼. - 便 可, 置, 之 G 今 窮_- 其說? 未。 必 能,, ,窮_, 得 他? 此, 至,, 窮得? 自家 已 

化而爲 -釋氏 I 矣。 今且以 迹上, 觀, 之。 佛迸 k 出, 家。 便 絶-人倫? 只爲, I 自家, 獨處, I 於 山林? 人鄉裏 

豈容, 有 =此 物? 大率 以,, 所, 賤 所,. 輕 施-於 人? 此不 =, 惟 非-聖人 之 ふ? 亦不 ^ 可, 爲,, 君子 之 心? 釋 氏自已 

不, 爲,, 君臣 父子 夫婦 之 道? 而 謂,, , 他人 不, 能レ如 レ是。 容= 人爲, 之〕 而 己不, 爲。 別 傲 _| 一 等 人? 若以, 此 

率乂。 是絕, 類 也。 至, 如 Jlni 性? 亦 只 是爲, I 死生? 其 情 本 怖 k 愛 k 生。 是利 也. - 又 曰。 释氏 之說。 

若 欲 T 窮, I 其說? 而去. fe 之; - 則 其說未 窮。 固已 化而爲 k 佛矣。 只且 於- 迹上, 者^。 其設 k 敎如 i。 

則 其心果 如何。 固 難, 爲,, 取,, 其 心? 不 .M^-l 其迹? 有,, 是心, 則 有,, 是迹? 王 通 言,, 心迹之 判? 便 是亂說 G 

不, 若且 於- -迹上 I 斷定。 不, 與, 一聖 人, 合 3 其 言 有- > 合 處? 則 吾 道固已 有。 有, 不 者 C 固 所, 不, 取。 如 

, 是立定 C 却 省 易。 レー. Jf" X 曰 C 昔 謂 異敎中 疑 有,, 達者? 或是 無, 歸。 且 安-於 此? 再嘗考 i 之 e 卒不, 達。 

若 達 則 於,, 其 前日 所, 處丄 小:, 能 = 一 朝 居, 也。 観-曾 子 臨, 死 易, 簀之 意? 便 知, I 其 不,. 達、」 朝 聞, 道 夕 死 可 

矣。 豈能 安,, 其 所., 未き. _ 如 K 毀-其 人形? 絕_, 其 倫 類? 無 • 君臣 5!? 之 道 ^ 若 達 則不」 女 也。 只 夷 言 左 



曰 



本 



巨. i 

理 





同心 異〕 似, 是而非 者。 不, 可, 不, 審。 明 道 先生 所, 謂 句句 同。 事事 合 然 而不, 同 者。 眞是 有, 味 

非, I 是尾得 親切? 如何 敢 如, 此判斷 邪。 聖門 所, 謂聞レ 道。 聞只是 見聞。 玩索 而自, I 得 之, 之 謂。 道只是 

君臣 父子 日常 行,, 常, 然 之理? 非 k 有, 立 妙 奇特。 不 Z 可-測 知? 如 e 釋氏 所し KO 豁然 大悟 通 身 汗 出 之 

說, 也。 如 今更 不, 可ョ別 求,, 用, カ處? 只是 持:, 敬 以窮, 理而已 參 倚, 衡。 今人 多錯說 了。 故每 流,, 

於釋氏 之說? 先聖 言, 此。 只 是說, 言必 忠信 行必篤 敬。 念念 不』、 ^ 到處常 若, 尾, I 此雨 事? 不ぉ 離,, 心 目 之 

間, 耳。 如, 言 ァ見 =堯 於羹? 見 於艢" 豈是以 我 之 心? 還 見-我心? 別 爲= 1 物 1 而 在-身, 邪 a 無, 思 

無, 爲。 是心體 本然。 未 i,, 於 物? 時事 有,, 此 本領? 則 威而遂 通,, 天下 之 故, 矣 G 恐 亦 非, 如-所, 論 之 云 

云 1 也 G 所, 云禪學 悟入 C 乃 是心思 路絕。 天理 盡尾 Q 此 尤不, 然。 心 思 之 正。 便是 天理。 流行 運用。 無 

レ 非-天 堙之發 尾? 豈待 思 路絕? 而後 天理 乃 見 邪。 且所ご 謂 天理。 復是 何物 ◦ 仁義 禮智。 豈不 _ -是天 

現? 君臣 父子 兄弟 夫婦 朋友。 豈不, I 是 天理? 若 使 n- 釋氏楽 見-. 天理? 則 亦 何 必如, 此悖亂 殄滅。 一 切 

昏, -迷其 本心 >而 不一- 自知ー 邪 ◦ 凡此皆 近世 渝, I 陷 邪說, 之 大祸。 不ヒ 謂-明 者 亦 末, 能, 免, 俗。 而 有,, 此言, 

嘛 一 

也。 答- 廢德 明, 書 曰 聖門 之學。 下學而 上達。 至-於 窮, 神 知 "化。 亦不, 過- 徳盛仁 熟 而自至 一 耳 若 

如 T 釋氏理 須,, 頓悟? 不, 假., 漸修, 之 云 5 則是 上達 而下學 也。 其 與_, 聖學, 亦不, 同矣 Q 而 近世 學者 C 毎 

欲, 因-其 近似? 而說 合お 之。 是以爲 X 說雖, 詳。 心雖, 苦。 而 卒不, 近 也。 中庸 所, 謂 喜 怒 哀樂之 未 

, 發 謂,, 之 中? 發而皆 中, 節 謂,, 之 和? 只是說 K 情 之 未, 發 C 無お 所,, 偈倚? 當,, 此之 時? 萬 现畢具 。而 天下 

萬 物 Q 燕, 不= 由, 是而 出, 焉。 故 學者於 k 涵養 栽培。 而情之 所 k 發。 自然 無, 不;, 節 耳。 故 又 曰ゥ中 

山 崎闇齋 躍異 三甘 六十 五 



曰 



本 



理 

編 



朱 子 上 111 百 六十 四 

其 別 有」 一一 ◦ 如-語 額? 刖 門人 之 所" 記 也〕 如-書翰? 則 一 時 之 所, 發也。 如-論 著? 則 平生 之 所-一審 定 1 

也 語類 之 所:, 記 或 遣- 1 其 本旨? 則 有-書翰 之詳說 在? 書翰 之 所 "說。 或 異-於 平 曰? 則 有-著述 之定 

說在? 又 曰。 門人 所, 記 C 或 主-, 靜坐? 或以 --靜 坐- 爲, 非。 或 主-博 覽? 或以- 博覧- 爲 fee 锄 一 朱 子 之 

言 而 相反 類 如:, 此 蓋隨, -其人 之 病? 而藥, 之 耳 G 要, 之靜而 可, 施-之 動? 博而必 求-其 要? 此 中-持 

其衡, 之說 C 觀者謹 母 T 執-, 其 一 -爲 4. 據 其 間 亦 有-門人 記 錄之太 過 者? 又當- -參以 朱 子 平日 自著 之 

言? 〇 蔡虛齋 曰。 大抵 萬 世 學者。 讀』 義之 法。 不, 出 K 孟子 所 V 謂 不= 以:, 文 害.^ 辭 C 不 = 以-辭 害 一 

, 意つ 以レ意 逆レ志 是爲, 得 レ之之 說上矣 し 不, 然鮮, 有レ不 T 泥-其 辭? 而病, 於理 W 又 曰 大抵 聖& 所, 說。 

多 有, 不, 同 而其指 同 或 其指異 而其歸 同 者 蓋 萬 古 一理 C 千聖 一 學 自 有,, 不, 容, 不, 同 者? 若 

不, 同 則 異端 矣 〇問0 昔 有 = 一 禪僧? 每自喚 曰 生 人 翁 懐@ 著、 し 大學或 問 亦 取-謝 氏 常 懐 ® 法 之 

語? 不, 知是 同是異 朱 子 曰 謝 氏之說 地 * 闊, -於 身心 事物 上? 皆 有-工夫? 若 如- -禪者 所 P 見 只 

看,, 得箇 主人 翁-便 了 其 動 而不, 中, 理者 都不 A 管矣 且 如-父子, 天性 也 C 父 被-他人 無禮? 子須當 = 

去 救? 他 却不, 然 子 若 有-救, 之 之 心? 便是 被-愛 牽- 動-了 心? 便是昏 了 主人 翁- 處 若 如:, 此 :^懂0 

成,, 甚 道理? 向 曾 覽-四 家錄? 有, -些說 語-極 好 笑。 亦 可:, 駭說。 若 父母 爲-- 人 所 無,, 一 擧, 心 動., 念。 

方始名 爲,, 初發心 菩薩? 他所 „, 以 喚-主人 翁 @ 々著? 正 要, 如, 此。 惶々 字 則 同。 所, 作 工夫 則異 登 可- 

同, 日而 語? 〇 謝 上 蔡曰。 吾曾歷 T 擧佛説 與 =吾 儒, 同處 5 問-伊川 先生? 先生 曰。 恁地 同處雖 i 多。 

只是 本領 不是 一 齊差却 〇 朱 子 答,, 吳 人傑, 書 曰。 佛學之 與,, 吾 儒? 雖, 有-略 相似 處? 然正 所, 謂貌 



者 5 故 程 子 之敎。 未- 1 遽及 1^ 之。 豈 不!. 又以爲 3 論孟 旣通。 然接 13? = 以及 _.此 乎。 盖不, 先 ~! 乎 大學? 無. -以 

提,, 挈 綱領? 而盡, 論孟 之精微 5 不, 参-之 論孟? 無,, ,以 融貫會 通。 而 極,, 中庸 之歸 趣? 然不, 會,, 其 極 於 

中庸? 則 又何以 建,, 立 大本? 經=餘 大經? 而 請-天下 之 書? 論-天下 之 事 1 哉。 以, 是觀レ 之。 則務 = 講學 I 

者 G 固不, 可, 不, 急-於 四書? 而讀, I 四書-者。 又不 i 可, 不, 先 一 I 於 大學? 亦 巳 明矣。 今之敎 者。 乃或棄 

レ 此不, 務。 而 他說, 先焉。 北 (不 T 溺, I 於 虚空? 流-於 功利? 而得 * 罪於聖 門., 者。 幾 希矣" 〇 薛敬 

軒 曰。 四書 常., 先以, I 集註 章句, 爲, 主 C 參 U 之 於 或 問? 如 = 輯釋諸 書? 固2!^\有,1發明處? 但 語錄。 或 因- 1 

人淺 深, 而發。 或 有,, 未定 之 論? 諸 儒 又 或 各 持, 所:, 尾 ◦ 間 有, 奥-朱 子, 異者 ^ 若經 文集 註 章句 未, 通。 而 

汎觀 ,此0 則 本義 1^ 爲ぃ 所, 隔 使 ,,, 人 將有, I 望洋之 嘆? 若經 文集 註 章句 或 問 旣已通 貫。 在, 己 之 權度旣 

定。 然後兼 者 ,- 諸 書? 則 知, 所, 擇矣。 又 曰。 四書 集註 下 小 註 脚 ◦ 程 朱 外 諸家。 固有.^ 發 -I 明 集註, 者 3 而 

穿 螯者尤 多。 許魯齋 所, 謂彌 近, 理而 大亂, 眞者。 不, I 獨 異端 爲 P 然。 又 曰。 四書 集註 章句 或 問 Q 皆 朱 子 

萃, I 群 賢 之 言議? 而 折衷 以_- 義理 之 權衡? 至廣 至大。 至 精至密 G 發, I 揮 先聖 賢 之 心? 殆 無- 1 餘蕴? 學者但 

當. ^依-朱 子 精 思 熟 謂。 循, 序 漸進 之 法? 潜心 體認 U 而カ, 行 之? 自有, 所 X 得 e 切 惟 後人 之 於 U 朱 子 之 書 1 

之 意。 尙不, 能 _| 遍觀而 盡識? 或輙逞 己 見? 妄有, I 疵議? 或 勦,, 拾 成說? 寓以- 新 名? 街,, 新奇? 而椋- 

著述 之 功? 多 尾-其 不 "知, 量 也 ◦ 又 曰 朱 子 語 錄雜論 散- -晃於 諸 書-者 其 多。 當時 門人 從, 傍 記錄。 豈 

無- 一 二 之 誤? 1^ 傳 寫之久 乎。 嘗竊 謂。 讀,, 朱 子 語錄雜 論? 不 X 若 ,讀, -朱子 手 筆 之 書, 爲. に 疑。 然語 

錄雜論 中。 有, 義理 精確 明白 C 發,, 手肇之 未., 發者 W 则不, 可, 不, 者 也つ 〇 黃柬發 曰 G 讀 -I 朱 子之螯 -者リ 

山 條閤齋 闢異 三百 六十 三 



* 子 s IS 上 三百 六十 二 

不レ 能. '無, 賴-- 乎此- 以爲. -終 者。 可- -以 一 以 賞:, 之而 無. 矣。 盖 此心旣 立」 由, 是 格, 物 致 i 知 以盡- 事 

物 之理? 則 所, 謂 尊,, 德性, 而 道-問 學? 由, 是馘, 意 正 \ 心。 以修 -I 其 身? 即所ご 謂 先立-其 大者? 則 小者 

不, 能 i 奪 C 由.; y 齊 X 家 治 xfflp 以 及-乎 天下? 則 所, 謂修, 己以 安-百姓? 篤恭而 天下; 牛。 是皆未 S 始一 

日而 離,, 乎 敬-也 C 然則敬 之 一字 C 豈 非- -聖學 始終 之 要-也 哉。 曰 C 子 謂 正經。 蓋 夫子 之 言」 而 曾子述 

,之" 其傳 則 曾 子 之 意 而 門人 記, 之。 何以 知,, 其然, 也 じ 曰。 正經。 辭約而 備 C 言 近 而指遠 非, 一 

聖人- 不 及 也 C 然以 =, 其 無-他 左驗? 且意ョ 其 或 出-於 古昔 先 民 之 言-也 C 故疑レ 之而不 --敢 質? 至 ,- 於 

傳文? 或 引-, 曾 子 之 言? 而又多 與-- 中庸 ff^ 子 者-合。 則.? 其 成-於 曾 氏 門人 之 手? 而子 思以授 子-無 

, 疑 也 C 盖 中庸 之 所, 謂 明, 善 e 即格, 物 致, 知 之 功 ◦ 其 曰, 誠 X 身 C 即弒, 意 正て む 修身 之 効 也 e 子 之 所 

k 謂 知 レ性者 C 物 格 也 ◦ 盡, 心 者 C 知 至 也。 存っ 5 養, 性修 k 身 者 誠 J 曰 心 正, ふ修, 身 也 C 其 他 如-, 謹 探 之 

云 不, 慊之說 義利之 分 恒言之 序? 亦 無 .^不_ -賠合 1 焉者 ^ 故 程 子 以爲- 一孔 氏 之 遺書 學者之 先務? 

而 論孟 潜 處,, 其 次, 焉。 亦 可, 尾 矣。 曰。 程 子 之 先- 是書? 而後 = 論孟? 又 且不, 及-乎 中庸? 何 也。 曰。 是 

書垂, 世 立, 敎之 大典。 通 爲_, 天下 後世, 而言者 也」 論孟 應, 機 接, 物之微 言。 或 因- 一 時 一 事- 而發 者也レ 

是以是 書 之 規模 雖, 大 C 然其 首尾 該備 C 而網領 可, 尋 C 節目 分明 C 而 工夫 有, 序 無, 非, 切,, 於 學者之 

日用? 論孟 之爲 k 人雖, 切 ◦ 然而問 者 非- 一 人? 記者 非- 一 手? 或 先 後 淺深之 無, 序。 或 抑揚 進退 之不 

,齊0 其 間盖有 T 非- -观學 日用 之 所.^ 及 者 W 此程子 所 T 以 先- -是 書-後., 論 盖以 n 其 難易 緩急-言, 之 G 而 

非.. 以- 聖人 之 言- 爲 * 有-優劣-也。 至-於 中庸? 則又聖 S: 傳授 極致 之 言。 尤非 K 後學之 所: i-, 得而 聞- 



進? 以 免- 1 於躐 X 等 陵:, 節 之 病? 則 誠 幸矣。 若 其 年之旣 長。 而不, 及,, 乎此, 者。 欲 „,s 從,, 事 於小學 <? 則恐 

其不, 免-於 杆格不 A 勝。 働 苦難, 成 之 患? 欲 _= 直 從= 事 於 大學? 則 又 恐 其 失 J ^無, 本 G 而不, 能- 以自 達- 

也 則 如, 之 何" 曰 是其 歳月 之 已逝者 則 固不, 可-得 而復 追, 矣 若-其 工夫 之 次第 條目? 則 豈遂不 

, 可-得 而 復铺, 邪。 蓋 吾 聞, 之。 敬 之 一字。 聖學之 所-一 以成 レ始而 成. 者 也。 爲 一一 小 學ー 者。 不レ由 一一 乎 

此? 固 無 T 以 涵,, 養 本 原? 而謹 S 夫疆 掃應對 進退 之 節 G 與 .0 夫 六 藝之敎 g 爲, I 大學 I 者。 不 k 由-乎 此? 亦 

無, 以 開,, 發 聰明? 進, 德修 J^o 而致 * 夫 明 德新民 之 功., 也。 是以程 子 發_- 明 格 物 之 道? 而 必以, 是爲, 説 

焉 Q 不幸 過, 時 而後 學者 誠 能 用-力 於 此? 以進. - 乎大? 而不 兼 铺,, 乎 其 小? 即其 所- 以進, 者。 將 

不:, 患, 於 無 i 而不 .fe= 以自達 1 矣。 其 或摧類 已甚。 而 不^- -n 有 "所^。 則 其 所 T 以 固-其 飢膚之 

會。 筋骸之 束? 而養 ,其 茛知 良能 之 本., 者。 亦 可,, ,以 得-, 之 於此? 而不, 患., 其 失-, 之 於 前 1 也い 顧 以-, 七 年 

之 病? 而 求,, 三年 之艾? 非,, , 百-倍 其 功? 不レ足 =以 致.. 之。 若 徒歸, I 咎於 旣往? 而 所,, ,以稀,| 之 於 後, 者。 

又不, 能,, 以 自力? 則 吾晃. ^其 杆格勸 苦。 日 有, 甚焉。 而 身心 颠倒 眩 ^迷惑。 終 無,, 以 爲,, 致 知力 行, 之 

地 あ 入 OR- 欲, 有 S 以 及-乎 天下 國家, 也 哉。 曰。 然則所 敬 者。 又 若何而 用, 力 邪。 曰。 程 子 於, 此 G 嘗 

以-主 一 無 適-言, 之矣。 嘗 以,, 整齊 嚴肅, 言 i 之矣 C 至 = 其 門人 謝 氏 之說? 則 叉 有-所, 謂常懂 々法 者 >焉0 

尹 氏之說 C 則 又 有 T 所, 謂 其心收 敏不, 容 _| 一 物, 者.. 焉。 覼,, 是 數說? 足 S 以 尾-其 用, 力 之 方- 矣。 曰。 敬 

之 所 W 以爲, -學 之始, 者然矣 其 所 n- 以爲- -學之 終, 也 奈何。 曰 C 敬 者 一心 之 主宰 而萬事 之 本 根 也 

知 K 其 所- 以用 P 力 之 方 5 即 知,, 小 學之不 P 能 賴 = 於此- 以爲. 始。 知 = 小 學之顆 k 以始? 則 夫 大學之 

闢異 三百 六十 一 



ij- 子學汲 上 三百 六十 

文 「耳。 學問之 道. - 豈 止,, 於此- 哉。 自-- 秦漢, 以迄芩 盖千 有餘年 所, 謂 師弟 子 者。 皆不, 過』, 此 

此 聖人 之 緒言 餘旨 所 T 以不. U 白-於 後世? 而後 世 之 風流 習尙 所., 以不 * 及-於 古人-也 然則學 者 欲 

, 求,, 古人 之 所., 至" 其 可 T 以不 * 務-- 古人 之 所.. 爲 乎。 今將, 以-, 論語 之 書? 與,, 諸君, 相從學 3 而惟今 之 

所, 謂 講者。 不, 足 i 事 也 是以不 T 敢以- -區々 薄陋所 聞告 a 諸君 3 諸君 第 因-先 儒 之說? 以 逆,, 聖人 之 

所 _i50 孜々 焉 _^ 夜以精 思。 返而 考,, 諸 日用? 必將 k 有。, 以 自,, 得 之? 而 以幸敎 V 熹也 其 有, 不, 合 熹 

請 得 諸君, 言お 之。 諸君 其 無-, 勢 利 之 急? 而 盡-, 心 於此? 一 有 k 得焉。 守, 之以 善,, 其 身? 不, 爲, 有 

,餘。 推, 之以 及,, 一 鄕 一 國? 而 至-於 天下? 不, 爲 k 不, 足 熹 不肖 不.. 敢以, 是 欺-諸君, 也 〇 或 問 大學之 

道」 吾子 以爲 = 大人 之學? 何 也 朱 子 曰 此 對-, 小 子 之舉, 言,. 之 也 曰 敢問其 爲,, 小 子 之學? 何 也 

曰。 愚 於-序文- 已 略陳, 之。 而 古法 之 宜-, 於 今, 者。 亦旣輯 而爲, 書矣。 學 者不, 可 _= 以不 ,- 之 者, 也 0曰0 

吾 聞 君子 務-其 遠者大 者? 小人 務-, 其 近 者 小者? 今 子方 將.. 語, 人以, -大學 之 道? 而 1 ^欲。, 其 者,, 乎 小學之 

書? 何 也。 曰 學之 大小 固有, 不 X 同" 然 其爲, 道 則 一 而已〕 是以 方,, 其 幼, 也 不, 習,, 之 於 小學? 則 

無 T 以收- 其 放心? 養-其 德性? 而 爲., 大學之 基本 3 及-其 長, 也。 不 之 於大學 則 無, 以 ぎ夫義 

理? 措-諸事 業? 而 收.. 小學之 成功 3 是則學 之 大小 所- -以 不., 同 特以 =少 長所, 習 之 異., 宜 而 有-, 高下 

淺深先 後 緩急 之殊? 非, 若 T 古今 之辨。 義利之 分。 判然 如- 薰藩冰 炭 之 相反? 而 不., 可,, 以相 入, 也 今 

使 T 幼學 之士。 必先 有,, , 以自盡 乎灑 掃應對 進退 之 間 禮樂射 御 書數之 習? 俟,, 其旣 長? 而後 進,, 乎 明德新 

民? 以止, 於 至善 ^ 是乃 次第 之 當:, 然 C 又何爲 而不, 可 哉し 曰 幼 學之士 以, 1 子 之 言? 而 得- 循:, 序渐 



君子。 雖 3 或 深 病,, 其然? 未 B 必深 知, 其 所,, 以然, 也 o 予嘗 思, 之。 父子 也 兄弟 也 天 屬之親 也 C 非,, 其 

乖離 之 極? 固不 i 能- 輕以 相棄? 而 夫婦 君臣 之 際 又 有, 雜, ー出于 物情 事 勢 <5> 而不レ 能,, 自已, 者 や 雖, -或 

不 1^ 盡-- 其 道? 猶 得, 以相 牽聯比 合。 而不ぉ 至,, 盡壤? 至,, 於 朋友? 則 其 親不, 足,, 以相維 <s 情不, 足,, 以相固 W 

其 勢不, 足- -以 相攝? 而爲, 之 者 。初 未 一一 ー嘗 知, 一 其理之 所, 從 職 之 所, 任 其 重 有., 如, 此也。 且其於 一一 君臣 父 

子 兄弟 夫婦 之 間? 猶或 未-一 嘗求" 盡 一一 其 道? g 固 無, 所, 藉,, 於責, 善輔, 仁 之! 5>此 其 所-, 以 恩疏而 義簿。 輕 

合而易 feo 亦 無 fefc 相視 漠然。 如-, 行路 之 人, 也。 夫人 倫 有, 五 ofg 其理則 一 朋友 者 。又 其 所, 藉以維 

持 是理? 而不. 至-於 悖- 焉者也 。由-夫 四 者 之 不., 求 fe, 道。 而 朋友 以-, 無用, 廢。 然則 朋友 之 道盡廢 

而責, 善輔, 仁 之 職不, 擧。 彼 夫 四 者。 又 安 得 „ 獨立而 久存, 哉 C 鳴 呼 其 亦 可, 爲 ,- 寒心, 也 已 U 非-夫 彊學 

カ行 之 君子? 則 孰 能 深 察而亟 反, 之 哉 始予 讀,, 王 深 甫吿, 友 之篇? 感, 其 言 若, 有, 铺,, 於 世敎, 者 W 徐而 

考, 之。 則 病 T 其 推, 之不も 及-於 天理 之 自然? 顧 以,, 夫婦 君臣? 一 出,, 於 情勢 之 偶 合? 至,, 於 朋友? 則 亦 

不レ 求-一 其 端? 直以爲 S 聖人 疆而附 ,1 于四者 之 間 一也 。誠 如, 是 也。 則其殘 壤廢絕 C 是乃理 分 之當, 然。 無, 

足-深 嘆? 而其 至、 K 亦 晚矣。 近 得-黄 君 仲 本 朋友 說, 讀, 之 其 首,, 天理 人倫, 之 意 乃 若, 有,^ 會,, 於予 

心-者 ^ 然於" 朋友 之 道廢。 所 3 以獨 至-, 於此? 則 亦 恐 未 X 究 „, 其 所,, 以然, 也。 因 書,, 其 後, 如, 此。 庶,, 乎 

其 有" 發云 〇 論語 課 會說曰 古 之學者 潜,, 心 乎 六藝之 文? 退而 考,, 諸 日用? 有, 疑焉則 問。 問, 之 

弗, 得 弗, 措 也 古 之 所, 謂傳, 道授, 業 解, 惑 者。 如, 此而 so 後 設,, 師?^ 子 員? 立-, 學校, 以群, 之 師 

之 所, 講 C 有, 不, 待,, 弟子 之 問? 而 弟子 之聽, I 於挪? 又ず~^$^-之1^.>疑也0 汎然相與。 以 具-, 1 時 之 

^8 獼異 一一 一お 五寸九 



554 子 舉汲上 三百 五十八 

聖賢 所-, 以敎" 人 之 法。 具 存-- 於經? 有志 之士。 固當 =- 熟讀深 思。 而 問- 辨之? 苟 知-其 理之當 "然 

而責 ,- 其 身- 以-- 必然? 則 夫 規矩 禁防之 具。 豈 待-他人 設 "之。 而後 有, 所-持 循- 哉。 近世 於, 學有 

規。 其 待- -學 者? 爲- -已淺 -矣。 而其爲 i 法。 又 未く 必-- 古人 之 意-也。 故今不 n. 復以 施-於 此堂? 而 

特取 K 凡 聖賢 所, -以敎 k 人爲" 學之大 端 3 條列 如, 右 而揭- -之楣 間? 諸君 其 相 與講明 遵守 而 貴-之 

於 身, 焉 則 夫 思慮 云爲之 際。 其 所 一一 以戒 謹而 恐懼 一 者 必有 T 嚴-- 於 彼 一 者よ 矣レ 其 有- 不, 然。 而 

或 出-, 於 此言之 所 _ ^棄。 1^1^ 則 彼 所 ヒ謂規 者。 必將, 取, 之 固 不-, 得而 零-也。 諸君 其 亦 念, 之 

哉。 

^ 〇 朱 子 嫁,, 黃仲本 朋友 說-曰 人之大 倫 其 別 有 A 五 自』 曰 聖賢 皆以爲 天 之 所, 叙 而非, = 人 之 所 = 能爲, 

理 也 然以 k 今 考ぃ之 3 則 惟 父子 兄弟 爲,, 天 屬ぺ而 以,, 人 合, 者 0居_, 其 三, 焉0是 則 若い 有,, 可, 疑 者 <!> 然 夫婦 者 

天屬之 所-, 由 以續, 者 也 君臣 者 天屬之 所,, 賴以 全, 者 也 。朋友 者 C 天屬之 所- -賴以 正-者 也。 是则所 T 以 

ま 紀, 一網 人道 S 申立 人 極 5 不レ 可,, 一 曰而 偏 廢? 雖,, 或 以乂而 合? 其實皆 天理 之 B 然」 有, ー不, 得, 不ケ合 者? 此 

編 其 所 T 以爲- -天之 所.^ 叙 。而非 1 之 所 能 爲., 者 也。 然是 三者 之於乂 C 或 能 具 其 形, 矣 。而不 保,, 其 

生? 或 能 保 一一 其 生, 矣。 而不, 能, 存 一一 其 理? 必 欲-君臣 父子 兄弟 夫婦 之 間。 交盡- 其 道 一而 無 feft 。非 X 有 K 朋 

友以 貴-其 善, 輔 * 其 仁? 其 孰 能 使-之 然-哉 C 故 朋友 之 於-人倫? 其 勢 若 ^輕0 而所レ 繋 爲-- 甚重? 其 分 若レ睐 

而所, 關爲- 一至 親? 其 名若レ 小。 而所 レ職爲 一一 甚大? 此古之 聖人。 修, 道 立レ敎 。所 下 以必重 一-乎 此? 而不. i 忽. - 

也 然 自,, 世敎不 "明 君臣 父子 兄弟 夫婦 之 問 旣 皆莫, 有, 盡 道, 者 5 而 朋友 之 倫。 廢闕爲 = 尤甚? 世之ス 




右 五敎之 目。 堯舜使 T 契 爲-- 司 徒? 敬 敷 * 五敎? 即此是 也 學 者舉, 此而已 し而其 所,, 以 學., 之 之 序 亦 

有, 五焉 。其 別 如, 左。 . ... 

博學 k 之。 審問, 之〕 謹 思 明辨, 之 篤行, 之 

< 右爲, 學之 序。 舉問思 辩四者 C 所- -以窮 理也 若 夫 篤行 之 事。 則自, 修, 身以 至- 1 于處 事 接. ^物。 亦 

日 一 各 有 X 要 其 別 如, 左。 

本 一 言 忠信。 行 篤 敬。 、 

一 懲 X 忿窒, 慾。 遷 J^ll 改 X 過。 

偷 _ 右修 k 身 之 要。 

Z 正-其 義? 不レ 謀-其 利? 

\ 明-其 道"? 不 X 計-其 功? 

^ 右處, 事 之耍。 

一 己 所, 不, 欲。 勿-施-於 人? 

一 行 有, 不ズ 得。 反 求-諸 已? 

右 接, 物 之 要 ◦ 

熹竊觀 K 古昔 聖賢 所- -以敎 \ 爲 i 之 意 5 莫, 非, 使, 之講- 明 義理? 以修- 其 身? 然 後推以 及せ 人 

非 Z 徒 欲 記 覽-爲 = 詞章? 以 釣- 聲 名-取.^ 利祿. -而已 * 也。 今人 之 爲:^ 學 者。 則 旣反, 是矣。 然 

山 崎闈齋 闥異 三百 五十 七 



朱 子馨ぉ 上 三百 五十六 

爲, 敎立矣 有,, , 以别 _| 其 費 賤之 等? 而使 3 之 各 盡,, 其 分? 則義 之爲, 敎行矣 Q 爲-- 之 制度 文爲? 使, 之 有 

以守, 而不 * 失 則禮 之爲, 敎得矣 爲,, 之 開 導 禁止? 使, = 之 有,, 以別而 不,, 差 則智 之爲, 敎明矣 夫 如 

, 是。 是以人 無-知 愚? 事 無-, 大小? 皆 得 T 有, 所-持 循據 守? 以 去-其 人欲 之 私? 而復.^乎天理之正? 推 

而 至-於 天下 之 物? 則 亦 順-其 所,, 欲。 違,, 其 所., 惡。 因-其 材質 之宜? 以 致-其 用? 劁= 其 取 用 之 節? 以 

遂_| 其 生? 皆 有-政事 之 施- 焉 G 此則 聖人 所 K 以 財-成 天地 之 道? 而致, 其 彌縫輔 賛之功 9 然亦未 ,0 始外, 

乎 人 之 所, 受, I 乎 天, 者 5 而强爲 之 也。 子 思 以,, 是三言 I 著へ 於篇 首? 雖, 曰 S 姑以釋 夫 三者 之 名義? 然 

學者能 因,, 其 所, 指。 而 身 以驗, 之。 則 其 所, 知 C 登稱 名義 之 間 而已哉 盖 有, 得,, 乎 天命 之說? 則 知, 

天 之 所 _ー以 まい 我 者。 無- 一 理之 不,, 備。 而釋氏 所, 謂 空 者 非 4. 性矣。 有,, ,以 得,, 乎 率, 性 之說? 則 知.' 我 之 

,得-乎 天-者、" 無- 一 物 之 不.^ 該 D 而 老子 所:, 謂 無 者 非お 道矣。 有- 以 得-乎? 道 之說? 則 知,? 聖人 之 

所- 1 以敎 i 者。 莫レ非 T 因 3 其 所-固有? 而去 3 其 所,, 本 無? 背,, , 其 所,, 至難? 而從 K 其 所 >i 易お 而凡世 儒 

之 訓詁 詞章。 管 商 之權謀 功利。 老佛 之淸淨 寂滅。 奥-夫 百 家 衆 技 之 支 離 偏 曲? 皆 非 Ha 所,, 以爲, 敎矣。 

由, 是 以往。 因 T 其 所, I 固有, 之不, 可, 昧者 3 而 S 致, 一 其學問 思辨之 功? 因, 其 所- 甚易, 之不, 能, 已者 3 

而 S 致 _| 其 持 守 推 行 之 力? 則 夫 天命 之 性」 率, 性 之 道、 レ 豈不, 昭_| 然 日用 之 間? 而修, 道 之 敎。」 X 將, _ 由 

レ我 而後 立, 矣 e . 

〇 白 鹿^ 書院 揭示 

〔夂 子 有, 親. - 君臣 有, 義。 夫婦 有, 別 G 長幼 有:, 序 C 朋友 有, 信。 



m 



本 



彙 

編 



不,, 同。 此吾之 性。 所 一一 以純粹 至善? 而非, 若 一 i 苟楊韓 之 所,, 云 也。 率i性之評道。言循^o其所^^得ーー乎天, 

以 生., 者 g 則 事々 物々。 莫, 不_, 自然? 各 有,, 當, 行 之路? 是則 所, 謂 道 也〕 盖 天命 之 性。 仁義 禮智 而已。 

循,, 其 仁 之 性? 則 自,, 父子 之 親? 以 至,, 於 仁, 民 愛, 物? 皆 道 也。 循,, 其義之 性? 則 自,, 君臣 之 分? 以 至-於 

敬, 長 尊, 資? 亦 道 也。 循_ -其禮 之 性? 則 恭敬 辭讓之 節 文。 皆 道 也。 循,, 其智之 性? 則 是非 邪 正 之 分別。 

亦 道 也。 盖所, 謂 性 者。 無 = 一 理之 不,, 具。 故 所 k 謂 道 者。 不, 待,, 外 求? 而無, 所, 不, 備 C 所, 謂 性 者。 

無,, 一 物 之 不,, 得つ 故 所, 謂 道 者。 不, 假,, 人爲? 而無, 所, 不, 周。 雖 K 鳥獸 草木 之 生。 僮 得-形 氣之 偏? 

而不も 能, 有,, i 以 通-貫 乎 全體? 然 其知覺 運動 榮悴開 落。 亦 皆 循,, 其 性? 而各 有-自然 之理, 焉。 至-於 

虎狼 之 父子。 蜂 蟻 之 君臣。 豺獺之 報, 本。 雎鳩之 有 別り 則 形氣之 所, 偏。 又 反 有, = 以存- 其 義理 之 所" 

,得0 尤可 ァ以見 S 天命 之 本然。 初 無,, 蘭隔? 而所, 謂 道 者。 亦未^.甞不sk在,是也o 是豈 有, 待, I 於 人爲? 

而亦豈 人 之 所-得 爲> 哉。 修 k 之 謂, 敎。 言 聖人 因- 是 道- 而 品-節 之? 以 立】。 垂- >訓 於 天下? 是則所 

謂 敎也。 盖 天命 之 性 率, 性 之 道。 皆理之 自然 而 人物 之 所,, 同 得, 者 也。 人雖 k 得-: 其 形氣之 正? 然 

其淸濁 厚薄 之禀 Q 亦 有-, 不, 能, 不, 異者? 是以 知者 或 失,, 之 過? 愚 不肖 者 成不, 能, 及 ◦ 而 得-於 此 1 

者 亦或チ 能:, 無^,, 於 彼? 是以 私意 人欲 或 生,, 其 間? 而 於-所 性 者? 不, 免^, 所- 昏蔽 錯雜? 而 

無 B 以 全,, 其 所, 受之 正? 性 有, 不, 全。 則 於-所, 謂 道 者? 因 = 亦 有,, 所-, 乖戻舛 逆? 而無 1= 以 適-乎 所 a 仃之 

宜? 惟 聖人 之 心。 淸 明純粹 天 现渾然 無, 所 U 戯闕? 故 能 因 其 道 之 所 "在。 而 爲,, 之 品 節 防範? 以 

立- 敎於 天下? 使 H 夫 過不及 者 G 有- 以 取,, 中焉。 盖有 U, 以辨 - 其 親疏之 殺? 而使 S 之 各 盡, 1 其 情? 則 仁 之 

山 崎簡齋 闢異 HI 百 五十 五 



闢 異 

.3 崎嘉篇 

一 子 朱 子 曰。 正道 異端。 如-水火 之 相 勝? 彼 盛 則 此衰, - 此强則 彼 弱。 熟,, 視 異端 之 害? 而 不,, 一 言 d 

日 一 正., 之 e 亦何以 柱, 一 習俗 之 弊, 哉。 觀 BM^ 子 所 ,,, 以 答- 1 公都 子 好, 辯 之 問? 則 可, 晃矣。 

本 一 子 曰 攻-- 乎 異端? 斯害也 巳) 〇 或 問。 攻, I 乎 異端? 期 害 也已。 何 也 C 朱 子 曰 攻者 是 講習 之 謂 

非- -攻擊 之攻? 這處須 >看= 他 如何 是 異端。 如何 是正 道? 異端 不=是 天生 出來? 天下 只是這 一 簡 道理 

緣, 入 心 不., 正。 則 流,, 於 邪説? 習-於 彼, 必害, I 於此? 旣 入,, 於 邪- 必 害,, 於 正? 異端 不, 止,, 是楊墨 佛老? 

這箇是 異端 之大 者。 〇 胡 雲 峰 曰. - 唐 虞 三代 之隆。 斯道 如-日中" 天 中庸 可, 無, 作 也 U 至,, 孔子 時? 始 

曰, 攻- 乎 異端? 然其說 潜 未,, 敢盛 行? 至-子 思 時? 則 有 = 可 Jli 者, 矣。 憂-異端 之 得, 其說? 所,, ,以 

憂-道 學 之不. ^得-其 傳, 也。 〇 或 問 C 中庸 天命 之 謂, 性 G 率, 性 之 謂, 道) 修レ道 之 謂, 敎 何 也 。朱 子 

曰。 此先明 3 性 道 敎之所 =以 名? 以見, 其 本 皆 出,, 乎 天? 而實 不., 外,, 於 我, 也。 天命 之 謂, 性 言 天 之所ヨ 

以 命-乎 人-者 C 是則人 之 所,, 以 爲., 性 也 Q 盖天之 所, 以 賦,, 與萬 物? 而 不., 能,, 自巳, 者 ◦ 命 也。 吾 之 得,, 

乎是 命, 以生。 而莫, 非,, 全 鉢, 者」 性 也。 故以, 命 言, 之。 則 曰,, 元 亭利貞 ? 而 四時 五行。 庶類萬 化 〔莫 

,不--由^而出? 以 V2y5^。 則 曰,, 仁義 禮智? 而四端 五 典。 萬 物 萬 事之理 C 無^, 統,, 於 其 5 盖 

在义在 k。 雖レ 有,, 性 命 之 分? 而其理 則 未- 甞 不., 一 在乂 在, 物。 雖, 有,, 氣素 之異? 而其理 則 未- 嘗 



理 

毚 

編 



所, 謂 慈悲 也 c 佛法王法於;!^^^钊然矣り 

或 曰 佛法盛 C 曰。 何 曾 盛 也 ◦ 唯 圓項而 方 裙者衆 耳。 王者 奥, 于:. 上。 必世而 仁焉。 則不, 除 而自寡 

矣。 曰 C 可,, 義無, 乎。 曰。 决 無,, 是理? 

寬以濟 X 猛。 猛以濟 k。 爲, 政 之 則 也。 子 產死而 仲 尼涕。 非. -. 爲 = 子產, 涕., 也。 爲, 1 鄭國, 涕也。 爲_| 天 

下, 涕也 C 聖人 之 愛, 人 也 ◦ 至, 此乎 哉。 

強健 之 人。 夏 則 愛,, 日 之 長? 冬 則 愛-夜 之 長? 所, 愛 常 在-其 身? 若 夫 疾病 庇 羸 之 人 者。 夏 亦 苦。 冬 亦 

苦。 塞 亦 苦。 夜 亦 苦。 無, 所,, 往 而不, 苦。 君子 之處, 世 也。 其 y 健 人 之 於,, 四時 ,乎0 富貴 貧賤 安榮 

憂患。 無, 所,, 往 而不, 樂。 雖, 有,, 少不, 快 者? 如, 室 之 有,, 蚊蠅? 軀之 有, 墨 虱 ^ 驅,, 逐之, 而已矣 。盖心 

無, 所, 累也 余 已老耄 雖, 無,, 君子 之樂? 亦 無, 一 小 民 之累? 從乂 r 以後 縱 有,, 一 二 年 之壽? 目 可 =以 

. 讀 lio 耳 可,, 以辨 _J 昔。 而手 可, I 以寫" 字。 如, 此而 一 旦無 潼焉; 死 則 m 可 全 幸 之 人, 也。 

脚 之 疼 齒之毀 何 傷 未, 知 可,, 得而 如, 願 邪 否 邪。 

余與, I 同志 者, 讀_, 左傳? 至,穆叔曰,^趙孟年未;凰-五十?而諄諄焉如=八九十者>弗.5.能^久矣。 謂 k 之 曰 ◦ 

佘正 八十 ◦ 言, 之 諄 諄。 請 母, 怪焉 哄堂 

或 曰 吾子 不, 敢 以,, 道德, 自尊, 焉. 1? 乎。 曰 道德 可,, 以 自尊, 乎 哉 

凡 言 離-於 口? 未, 免 一一 一 偏 之 患? 不, 如- 默默? 

橘 窓 茶話 卷下終 . . 

雨 森芳洲 橘 窓 茶話 卷下 ー1ー百|*^十11ー 



曰 



本 



理 



編 



朱 子學派 上 三百 五 t 二 

観 满 鳩 巢東涯 徂徠何 如 曰 之 數人也 盛名 雷 轟 何 待-乎 曹丘 生-也 

揚ぉ n 於 衆-曰 我 東 人 其智也 梶而小 或 喜焉或 怒焉。 喜 者固是 怒 者 未 = 必不是 „i5 第喜而 養, 之 

怒 而檢, 之。 其 庶幾 乎. - 

取,, 辩於 口, 者 ◦ 世 謂,, 之 聰明? . 

孟僖子 曰 禮人之 幹 也 i に禮 無, -以 立? 立 宇須, 要-著 實 體認? . 

或 問 思 k 之 1 ^思, 之、 有 k 神而 通, 之。 非-神 之 通-也。 思 之 至 也。 曰。 人性 本靈。 登 有- -不 A 通 之 理- 

哉。 但嗜欲 遮蔽 天機 藏 匿。 警 如- -鐾之 蒙 水 之 酒., 泥。 所,, 以不, 通 也 思, 之 又 思, 之 念, 兹在 

,玆0 一 旦心窩 淸澄。 天機 發露。 頓覺 忽然 開悟。 此 乃從- -性靈 中, 流出 者 多 在, -睡 夢中 得 "之。 是其 

驗也。 ^S^M^ s,sss 莊子 曰。 嗜欲深者 天 I。 文淸 最愛- 此 

語? 有, 眛哉。 • 

君子 於-父子 兄弟 之 間? 以 ,- 和睦, 爲, ま 箴親 次, 之 夫子 曰。 兄弟 怡怡 orf^ 子 曰 古 者 易, 子 而敎, 之 

可 i 一一 人情 之 極 1 矣。 

夫 身心 之 外。 事之不 i 關-- 於 天下 國 家-者。 其理 之不」 躬。 未, 足:, 爲^ 也。 昔 有- 一 君? 曰。 吾 欲 

天官? 一 儒 言 曰。 君 上 之 所, 當, 務者 天下 也。 非-天上-也 C 雖, 似,, 詼諧? 又 有,, 意思? 

有,, ー佛 者? 曰 儒學可 也 曰 子 所, 謂 儒者 君子 儒耶 小人 儒耶 曰 1 切 可, 廢也 曰 

果爾則 所, 謂 王法 者 誰 憑 誰 倚 佛 法雖, 有-殺,. <放^ 火 之賊? 逃 入-寺 中? 必解 ^ 衣 以蔽, 之。 乃 其 



無 疑 世 之 



或 問 fl、 今 若 創建- -學 校? 則敎 以,, 何 書, 耶。 曰 四書 小學五 經之內 ー經 從, 願 少徵。 通鑒 考,, 其 大蘖? 

此則 可,, ,以 通,, 行 於 域內, 矣。 

勸 善懲惡 ル國 之. H.U 政 者。 莫, 不,, 皆然? 然 不明 之 賞。 無, 據之懲 雖, 有 若, 無矣リ 

天下 事 本不, 難, 爲也 惟人 不, 會, 做 耳 ii" 陸 象 山 曰。 國 家元 無事。 惟 庸人 擾, 之 耳 此是 一 說 

孔子 於,, 緊要 處? 必擧, 天以爲 Jgo 子 亦然。 著 眼 

尸 子 曰。 人生,, 於 天地 之 間? 寄 也。 寄 者 固皈。 列 子 曰。 死人 爲, 阪 則 生 人 爲,, 行人, 矣し 又 見,, 於 一 

書^ 曰。 禹言 生者 寄 也。 死者 阪 也。 余 謂 聖人 只 説, 死生 如,, 晝夜, 也 生者 寄 也 四 字 恐 或不, 說。 

佘 天稟 庸劣 輕浮 粗躁。 一 生 學業。 爲, I 此四字 所 あ r 頃 病 老相尋 委_ -頓牀 席? 因 在- 1 字 眼 上? 開悟 

透徹。 差爲, 不, 少 方覺 古人 主 靜之說 極 爲,, 深切? 伹 於,, 修齊 治平 上? 工夫 仍 懵然 終 板,, 於 不., 濟 

耳 

或 曰 忍 一字 處, 己處, 無 最 爲-, 要緊? 古 云 賈而欲 ,羸0 而惡囂 乎 眞善喻 也 

-观學 之士。 毀:, 佛心重 遂至, 慢, 神。 可, 謂,, 懲, 羹吹, 寵者, 矣。 

祭 會之日 遠 親故舊 互 相延請 京師 風俗 振 古 乃然。 余 少歲時 揚言 曰 殊 覺,, 其 煩-也〕 柳 川三窬 

正, 色 曰0 1 年 一 次 圑 欒叙濶 人情 於, 是 乎華矣 何 謂つ 煩 乎。 余爲, 之 面 頼 

天下 人心。 唯我國 爲-, 淳厚? 近古 以-- 今 曰- 視王. - 唐之與 有, 所 A 不』 C 豈 非-神聖 之 遺澤, 也 哉. - 

或 問 吾子 嘗曰 東方 種 陽之國 又 曰 唐 之與, 韓 有, 所, 不, 如 如何 曰 非,, 相 悖, 也 

雨 森芳洲 橘 窓 茶話 卷下 111 百 W ナ 1 



^4 子 學 上 111 百 五十 

極大 之 櫂。 希世 一 有 a 如 = 武之 征伐? 是也 至 小之權 a 朝夕 時 有 觀,, 于 孟子 援溺之 章? 可 レ知矣 U 

夫子 所, 謂 未, 可,, 與權? 專 就-, 其大 者, 而言 也。 然雖 細事? 苟 非-其 人-則 差。 不, 可, 不& 也。 

曰 神代 一 卷。 可 =1 以不 = 尊重? 其爲 Jin 也。 遼濶 奥麒。 弗" 九 I 也。 人欲 X 求-其 的確? 可 k 謂-無 

神學 家以爲 齊國之 書來。 而 純朴 之 風 散。 此乃莊 周 所, 謂絕, 聖棄, 智 之說。 可, 謂- 1 大有 所, 見矣 リ^ 

生後 動 在 一一 細處, 生, 論。 故不, 知, 一 斯言之 爲,. 大也。 然矮枉 過 直。 未, 免 者 弊 U 要, 之齊國 典籍? 可 A 廢也。 

夫 天下 之 事。 有 T 天焉而 非- ス 力-者 3 天 者 自然 也。 倘 違-其 自然? 而 强^, 之。 有 k 所」 き 于此? 則必 

有, 所, 損-於 彼? 昔 者 有 K 獻,, 策 於官, 者 5 曰。 近 江 太 湖。 P 渠 宇治, 而洩, 之。 懇開 可,, 數十 萬畆? 朝 

議以爲 ◦ 果 如つ 此 C 則 河 內攝津 之 民。 化爲, 魚矣 遂止 o 盖裁成 輔相之 大功。 必 有,, 聖人 之 德之才 ?然 

接 可, 望-其 成? 固 非, = 尋常 君子 之 所-能 與, 也 齊書之 來,, 我國? 釋老之 在-世間? 皆 自然 也 非,, 人爲, 

也。 必 欲-除, 之 而後 爲.. 快 者。 不, 知, 天 者 也。 

有-一等 神學 家? 牽 合之說 最多。 如-吐 普 加 美? 分明 是 五行 之 目 C 反 爲,, 三寶 之稱? 紫 哀殿鳙 頭。 俗 

名,, 高 鹿狗? 解 爲,, 波 伊 登不? 殊 無,, 意義? 大黒天 乃 西域 厨 神。 引以 爲,, 大已賁 尊? 庚申 三猿 曾 爲,, 神 

家 之 物? 如, 此等 類。 不, 可-枚 數? 必也 有-藤 森 其 人 者? 而後 神學大 明-於 天下, 矣。 

种學家 係 欲,, 人 之 淳朴? 無 = 外 慕? 其 志 至矣。 然不」 尹讀』 動 或以, I 己 之 不,, 通。 亦 欲, 令,, 人 之不, 

* 通 a 大乖 T 於皇朝 取-法 齊國 > 之 本意 W 豈知, 樂_- 取乂以 爲., 善 者。 乃學, 道 之 大公 &。 



編 彙理偷 本 B 



爲, 官擇 人 ◦ 漢土 取,, 之特 起? 我國 取,, 之 世 家? 累代 尊貴。 自然 寬裕? 世俗 庶幾。 但不, 免, 有 _| 驕昏 

之 失? 備甞 = 險難? 能 知 ,- 下情 > 者。 特 起爲, 是。 然或時 有 = 刻薄 之 S? 世 族 未,, 必好? 末 =必 不.. 好。 特起 

亦 未 _ -必 好? 未 _ -必不 "好。 然則取 \ 之 道 如何。 曰。 爲 i 者 自修 以^。 則 百官 無, 不, 正矣。 

事不, 中:, 法 曰, 邪 a 事 皆 中 X 法 曰, 正。 正 之 中 又 有- 1 雅俗 之 別? 偏執 謂,, 之 俗? 超脫謂 = 之雅? 學者不 =以 

チ 知。 

麾羸有 Jno 曰 華 而不, 赏。 怨之 所, 聚也。 央慈弱 篤 厚 使" 才氣 不,, , 敢彰 = 露 於 外? 謂,, 之 愚? 子 曰 

其 愚不ぃ 可, 及 也。 一 一富 俱其人 乎。 

堯舜之 道 a 孝悌 而己矣 a 無 k 非-孝悌 1 也 ◦ 孝涕之 中。 自 有,, 階級? 觀,, 諸志學 章, 前知矣 U 

外-孝 愤 -而爲 k 說者。 異端 也。 天道 也。 以- 孝涕- 而爲, 説 者 ◦ 聖人 也。 人道 也 G 異端 之 說。 在-天道 之 

中? 繁 立-階級? 故^^然不,可_,捉摸ー矣。 

或 問 a 佛未 3 嘗說, I 天道? 曰。 彼 所 X 謂 本 如來藏 者。 非-天道, 而何。 

或 曰 子 喜 言,, 佛說? 所, 謂 駸駸然 入- 于其 中, 者 乎 笑 曰 非 也。 . 

或 問, 權 曰 人 子方-寒夜? 不, 知 si ^被-其 親? 而先 以,, 其 身 1 而溫, 之」 雖, 學, I 黄 香? 而其親 則恚臭 a 

此之 謂レ不 達- 1 時宜? . 

嫡死子 幼 ◦ 立, 庶爲, 嗣。 而以, i 其 室, 妻, 之 此之 謂, 亂。 , 

知, 經而不 權則窒 ◦ 知, 權而不 經 則濫。 君子 小人 於, 是乎 分矣。 

雨 森芳洲 橘 窓 茶話 卷下 1ー1 百 四十 九 



朱 子學派 上 三百 四十 八 

焉 得而不 X 尊, 之。 曰何不 k 謂-之 君子? 曰 不:, 可 _-以 君 1^ 國。 不 k 可 =以 子 P 民。 安 得, 謂-之 君子? 

入 毎, 遇,, 快 治 時? 即自 以爲是 禍之萠 残 之 兆、〕 戒慎 恐懼 ◦ 不_| 敢 放縦? 則自 無-逆 道 之擧? 毒 命 延長 ◦ 

家國 安泰 不, 求而自 至矣。 如-貪, 財 好 1 色" 喫, 酒 厭, 肉。 居, 官處, 室。 上寵下 威? 總是 一 般 G 此乃 

消長 盈虛之 機。 禍福 倚 伏 之權。 易之 爲&。 不, 外,, 于此? 可 k 天下 之 一 理也。 

賞罰 者。 善. ^ 善而 惡レ惡 也。 所』? 賞 者。 非- 獨賜與 1 也。 罰 者。 非-! i 劓剕, 也。 

惟 須- 寡欲? 天下 國家可 _| 得而 治- 矣」 

一 家 承,, 意 於 尊長? 一 國 受,, 命 於 君 上? 若 不孝 之 子 C 不忠 之臣。 動 有,, 專擅之 心 者? 何耶。 

大藏 一 部。 汗 牛 充楝。 彼 惡僧賊 禿。 未, き 得- 1 字 之 力? 可^ 言 之爲, 物 也。 不 % =以 無., 之。 亦不 

, 可,, 以有, 之 也。 儒 門 亦然。 不= 亦 非, 乎 . 

好,, 老莊, 者。 品格 穎敏 則變 爲,, 慘刻之 人? 資質 篤 厚。 則漸 爲,, 竦懶 之士? 以, -其無 T 義也。 

學,, 老莊, 者 胸中 签 空洞 洞 無- -些 拘礙? .自 以爲, 得, 力 C 不, 知, - 夫 去, 道 之 遠, 矣 

范子曰 能 兒子乎 孟子 曰 大人 者 不, 失,, 其 赤子 之 心, 者 也 同 以-小 兒-爲 J 一一 no 然莊子 之 言則虛 

無 e 孟子 之 言 則 倫理 G . • 

事 有-一 輕重? ^^有=緊慢? 人 非, 不 i 知 也。 然 君子 之 所』 マ 小人 之 所, 尙 C 常自 相反 C 有, 若- 薰藩? 政 

治 之 所, 不:, 成 也 C 

地位 高 則 所:, 尾 遠 C 否 則 反, 之 C 君子 小人 之 所-, 以殊- 者 C 並 〈在,, 於 遠近 之 間-乎。 . 



要, 之 君 明臣良 o 則 上下 le. 和 C 區々 法制 非, 所 k 用 也 書生 之 論 徒 爲,, 强聒? 不, 究, I 其 本? 言雖, 剴而 

未, 中 意 似, 密而實 疎 故 孟子 有, 言 曰 C 格-君 心 之 非? 一 格, 君 而國定 

李 陵 謂-蘇 武, 曰。 庶= 幾 乎曹柯 之盟? 司 馬遷審 察,, 其 志? 而 言, 之 如, 此 然 非- 1 人臣 之 道? 其有レ 愧., 於 

豫讓, 也 多矣。 

大學 治- 1 天下, 章 末 說-義 利? 與 3 孟子 開卷 首章 說,, 義利 之辨, 同, 意 Q 可, 見 „1M.M 子之學 出- 于曾 子, 也 o」 

古人 云。 通經 有,, 行義? 通 經則有 乏矣。 未 有 =行 義-者 あ 

僕 不肖。 竊 立-三 家斷 案, 曰。 天 惟一 通。 理無三 致? 立, 敎有 k〈0 自修 不二。 一生 所, 得 。惟 有 =此 

十六 字-耳 C 未, 知, 1 果然 耶否 耶? ♦ 

或 問 修齋 治平? 曰。 修是 铺修葺 之修。 屋不, 得,, 時修? 則 必至,, 大股? 特 時刻 刻。 不, I 須叟 忘? 隨破 

隨铺。 務使, 無- -朽腐 之 失? 人 之 於, 身。 亦莫, 不, 然。 齊 有-均一 齊整之 意? 不-均 一 , 則 親戚 忿恚。 

不=齊 整 1 則闉 閬紛亂 Q 凡 言, 治者。 護, 善 除, 惡之 意。 如,, 醫者 治,, 病 C 必也 除,, 刪 腹 胃 之 汚穢? 亭, I 毒 

滿腔之 精魂? 然後可 1 以望, = 其 不_- 中道 夭, 焉。 即 賞罰 之 謂 也。 平 者 寬廠坦 夷。 無-阻 險 艱難 之 患? 敎養 

之 成 也。 

佛窨 有-王法 佛法之 言? 盖 王法 者 伏,, 憑 時 王? 佛則專 修= 其獨善 之敎? 故 凡經典 所: Jn 者。 擧皆 廢,, 庇 

其 子弟 > 之 言 ◦ 衆生 則 附學也 a 

或 曰。 子 若 K 以 _| 異端 之 人 |爲%^ ^者 ^ 如何。 彼 以,, 索, 隱 行., 怪り 見, 絶-於 聖人 之 門? 其 人 則 善人 也。 

兩 森芳洲 插窓茶 SS 卷下 111 百 四ナ七 



朱子學 !! g 上 三 InSl 十六 

有-未 A 可, 謂, 非 而實非 者? 有-未, 可 是 而實是 者? 逮而 言, 之。 不,, 但 自失, 心。 將, 誤レ人 0, 宜乎君 

子 之 慎-於 言, 也 a 

現-於 下 I 而有, 餘。 則 起-驕慢 之 心? 視_| 於 上, 而無, 窮。 則 生 = 謙虚 之 意? 世之自 滿自大 者。 皆視 k 下而 

不 _|自 覺, 也。 

法 者 G 天下 之 公器 也 ◦ 

或講 ,- 論語 千 乗 章-曰。 朱 子 前言 _| 生 一 無適 一 者。 全 體之敬 也。 後 言, 敬-其 事-者。 一 事 之 敬 也。 聽 i 之者以 

爲,, 兩件? 夫 敬 有, 大 有不。 有, 指 = 全體, 而言者 g 有 T 指- 一 事, 而言 者? 其爲, 敬 也。 無 S 往而不 _| 主 一 

無 適? 豈 有-差 别_ 乎。 

異端 固有,, 說得 著處? 但不 K 在-, 網 常 上, 說 3 君子 之 所 = 以不 展 k 爲也。 朱子嘗 云。 , 

富貴 榮耀者 a 君子 之 所 = 以不, 得 ~k 已而 處.. 之 者 也。 貧賤 幽潜者 G 君子 之 所 _| 以甘 而樂. ^之 者 也。 惟 聖人 

則 無 i = 於 榮耀? 亦无 於幽 潜? 遭お k 遇而循 _| 其 命 一而 已。 

小廉 小節。 衆 皆 勉強 而爲, 之。 至-於 大廉大 節? 顧疑觀 望。 嗟咿 嚅倪。 无ぉ, 不, 至 ◦ 故 曰。 偷= 取 猫 

兒? 舊性 復發。 又 曰 C 猢摘 君子。 未, 免,, 毛 病 不., 改 ひ 

夫 尾 大者不 ,掉。 固 爲,, 理勢之 自然? 然 天下 之治亂 C 國祐 之久短 未, =必專 在,, 藩國 之大- 也。 漢賈諠 

立-削 國 之說? 愚錯主 ハ乂偃 祠尋慕 傚。 至-於 武帝? 行, I 其 推 恩 之 令? 當時藩 屛非, 不一-微小? 至- 1 於 未 流? 

王犇 奪, 國。 而 同宗 諸侯 俯, 首服從 C 而國 遂亡矣 G 蓋我國 侯伯 如, 此强大 C 何 曾 有,, 逆 節 搆亂之 人 I 乎。 



能^, 之。 學者 於,, , 聖人 之 所 U 能 知 一而 雅言 者 U 信 而從, 之 從而 行, 之。 則 人道 於, 是 乎足矣 U 過 X 此則 

索, 隱。 索, 隱則 行, 依 

大可 者。 不, I 小 可? . 

或 曰。 道家 衣冠 肉食。 則 似-乎 在, 世 C 說弋 M 說, 無。 則 似,, 乎 出, 世。 諺 所, 謂 不:, 上 不., 下 者 也 

曰、 全 a 素 食、 有 II 妻子 1 者 曰、 居 肉食、 唐 山道 繹兩 

家 如 II 仇 環 5? 然我國 則誦經 念怫、 兩家 合爲 II 一 家 1 也、 

運用 者 謂-之 氣? 統 -I 陰陽, 之 名 也。 運用 之蠻 化不, 測 者。 謂-之 神? 氣者猶 k 名 也。 神猶、 子 也。 

神 氣也じ 精 質 也 「し 血 之 所 k 者 也 氣不, 可 レ見0 而 精可レ 見。 譬如 一一 火 可, 見 。而援 不レ可 水 可, 見。 

而寒 不.^ 可, 尾 也。 

莊子 耳目 鼻口 心 知 佛説六 根 眼 耳鼻 舌 身 意 儒蒈 耳目 鼻口 之 欲 佛之所 J£ 意 者 ◦ 莊子 所:, 謂 知 也 

天下 之 可, 畏者 莫 X 甚,, 於 民? 末世 徒 知,, 瓦解 之禍? 而 末, 知-土 崩 之慘? 其於=}^^解1萬萬矣。 悲哉其 

於レ民 也。 

有-迫 脇 之 心? 而無 _| 愛 育之 政? 其不, 畏_| 其 所 T 畏。 登 非- 顯然, 乎。 

曰 堂屋之 奥。 巖穴之 下。 固ぎ- 閤 昧黑勉 所,, 在。 然言, -大陽 之 光? 則 曰 無 = 一 處而不 _fe 、飞未 JS, 微 

有-闇 妹? 亦 無 可 C 大陽者 一 光也。 萬 物 者 一 理也。 故 言 _fe 理之 功? 則 曰 雖-- 一草 一木 之微? 無 ^不3 

洞-一徹 其理? 然以- -勸カ 之 方-論 &。 則 有 = 大小 緩急 之 別? 故 曰 物 有-本末? 事 有-終始? 知, 所- 1 先 後? 

則 近, 道矣。 . 

雨 森 i 橘 窓 茶話 卷下 111 百 四十 五 



本 



朱子學 s 上 三百 四ナ H 

橘 窓 茶話 卷下 

藺相 如完, 璧。 楊 時 所 JlnG 乃 大王 去,! § 之 心。 然 非, 所, =以 施 一-於 秦 1 也。 王 世 負 所 Jac 似-乎 戰國說 客 

一 之辨? 可 J 一一 n 而不, 可, 用 也。 要, 之 藺相如 非 = 孟浪 作, 事 者? 朱 子 之 言 可, 玩。 

日 一 周 雜王之 亡 也。 舊 史書 以 _| 周 倍 i 秦 G 秦 怒攻. ^之。 網目 特書 _|秦 入寇? 所, 以 抉-三 稱? 垂-- 聲敎? 立, 萬 

世 之 分.. 者。 其 旨 嚴矣。 支慧 太平 記。 以_| 醍皇 征討? 書 爲_- 御 謀叛? 彼 乃 方 外 之 人 e 不, 知-名分? 固 

宜。 天下 縉绅 之士 C 平生 熟, -讀 春秋? 未, 見 k 有 3 慨然 筆 削 如-朱 文 公 者? mo 

像 \ 古人 云。 讀,, 諸葛亮 出師 表? 而不, 流:, 淚者。 其 人 必不; 余 於, 樂毅 答-燕 王 I 書.. 亦 云。 

曰 所 煩腦即 菩提。 即心 即佛。 自是至 道 之 言。 然 聖人 則 挺 L 之矣。 學者 於- -罕言 雅言 之 間? 瑩然 

_ 有-自得 ー焉。 則儒釋 之辨自 ?k 矣, リ 

曰 聖人 之敎 惟治,, 天下, 也, - 非-天上, 也。 大學 者。 學之始 也。 故 曰 C 欲, 明德於 天下? 中庸 者リ 

學之終 也 ◦ 故 曰 篤恭而 天下 平 C 終 章 言 = 无, 聲 无.. 臭 者。 子 思 非-性急? 差不, 得 k 巳 也。 

曰。 聖人 之 所,, ,以 切 = 々於 心, 者。 其 志 在,? 身 也。 故 曰。 欲&, 身 者。 先 正-其 心? ヌ曰。 自, I 天子 I 

以 至-於 庶人? 壹是 皆以, 修, 身爲, 本。 古學翁 有, 見, - 於此? 可 ご 謂, 卓矣 然山崎 諸 腎之學 ◦ 最 X 不, 

可レ廢 也。 

理有, 所,, 以 當,, 然者 3 平常 而易, 見。 衆人 亦 或 知 k 之。 有 T 所- 以當 1^ 然之故 者。 幽微 而難 唯 聖人 ♦ 



養 一 

編 



以- 功利 I 誘芏。 則 人 皆 喜。 以,, 道德, 責, 之。 則 人 皆 m。 君子 不 7以_ -其 S 而廢 *其道 德之責 3 盖綣 

レ之 以-- 功利? 則 入 慾 曰 熾 而禍 必隨, 之 以,, 道徳? 則 善心 日與 而禍或 有, 歸 豈 非-自然- 耶 G 

君子 勸 以, I 恭儉? 欲ヨ其 益,, 於國 一也。 不肖 者 誘 &以- 驕奢? 欲,, , 其 利= 於 己, 也。 禮曰。 國 無-九 年 之 

菩? 曰,, 不足? 無,, 六 年 之菩? 急。 無二 二 年 之菩? 曰 3國 非-其 國, 也 ◦ 三年 耕。 必有 一 年 之 食? 九 

年 耕。 必 有,, 三年 之 食? 以, I 三十 年 之 通? 雖, 有-凶 阜水 溢? 民 無-菜 色? 然後 天子 食 日擧以 X 樂 盖 有- 

三十 年 之 通? 然後 天子 食 曰擧以 k 樂者。 不』 蓄也 a • 



橘 窓 茶話 卷中終 

雨 森芳洲 橘 窓 茶 SS 卷中 HI 百 四十 ヌ. 



朱 子 學很上 三百 E 十二 

然-也 韓李 二人。 以,, 同門 之 契? 不, 免 ,- 互相殘 害? 亦 可, 尾, = 其 非,, 仁義 之 人, 也 

多-僥倖 之 心, 者。 必 有- 不, 救 之 敗? 是以 商人 傳家之 短. - 不 k 如,, 農民^ 世 之久? 故 曰 農民 僥倖 有 

レ 限。 商 入 僥倖 ,窮。 

未, 有,, 茹 而不, 死者, 也。 亦 未, 有, 好-酒色, 而不 ヒ 者., 也。 

或 問,, 俗儒 記誦 詞章? 曰 俗儒 言-世俗 之 儒? 非-三代 之 儒, 也 C 記誦 詞章 即科擧 之學也 三代 以下 

仕宦之 人。 莫 ,不, 由-科 擧-而 進 5 科 舉莫, 不 7以= 記誦 詞章, 爲ぉ 業。 其 所 =以 勤, 力 不,, 已者 。專 在-於 

壮宦? 而不, 在い 道。 能, 是之 謂, I 俗儒 記誦 詞章? 儒 則 謂-之 俗儒? 文 則 謂-之 時文? 皆 非, 古 也 Q, 

或 問-虚無 寂滅? 曰. - 皆 指, 心而言 ◦ 形而上 之 事 也。 盖老佛 之學。 極 _| 其 高? 則髮 =髯 乎無聲 無臭 無 思 

無慮 之說? 而無 _1 綱常 之實, 也。 孟子 曰。 仁 之實。 事 ヒ親是 也い 義 之實。 從, 兄是 也。 智之實 ◦ 知-期 二 

者 _ 弗, 去 是也。 禮 之實。 節, 一文 期 二者- 是也。 樂 之實。 樂=斯 二者? 云云。 當, 以 = 孟子 所, 謂實 字, 爲- 

此序, 解 5 大學乃 下 =學 人事, 之 事 G 異端 之說。 所 ,,, 以其高 過-於 大學, 也。 

或 問-術数? 曰。 術數 者。 法 術知數 也。 一 切以 就,, 功名, 之說。 即 指,, 權 謀術數 二者, 言 也。 二字 出- 于 

isiif fe. f it 1 一一 ヨ Joiw 攻 u^o 按、 漢書 棄錯|^ 法、 張晏 曰、 術數 刑名 之 書 也、 臣壤 曰、 術お 謂 ti 法制^ 國之術 1 

漢書 ^傅- ま 下 併-一議 禱ー言 ,之す あ 上 也 也、 師古 曰、 igj; 說是 也、 公孫 弘ー K、 擅-一 殺生 之 力 i, 一 壅 塞之途 ii 重之教 T 

箏失之 道 T 使 =1 遠近 情 © 必見 II 

于上 T 謂 二 之 術 T 此與 一一 錯 所 1- 言 同 耳 

或 問-朝 聞 "道 曰。 如,, , 易 牙 善 聞:, 味。 及 聞,, 木犀 香? 凡 聞字不 _| 獨耳聞 而已? 

曰。 人 之 於』 也。 不, 信 不酏。 則自 無-迷惑 之 病? 寧 可, 信。 其 有 1 不诗, 信 Q 其 無, 此 Q 亦是 一理. - 



m 



本 



儒者 之 於,, 老釋? 如,;, 周 家 之 観- 1 撿犹- 可也。 可, 嘆, 在- 老釋? 可, 憐. Z 在-僧 道? 何 惽怒之 有 哉 

身 者 外 也 輕也 心 者 内 也 重 也 外-乎 身? 而 求-安 於 心-者。 君子 也 U 切-切 於 身? 而不 X 求-心 之 

安, 者。 小人 也。 . 

天下 不祥 者 u 莫,, 王侯 若, 也 C 傳^ 幾 十。 累 葉榮顯 非, 不」 咼矣。 然必 有-子孫 相殺。 擧家 族滅 之禍? 

視- -諸漢 唐宋? 可, 知矣 C 豈能 如., 般盧 一島 窮民。 自-- 開 闘-至-無窮? 繩 繩而不 * 絕 哉。 宜乎古 之 賢者。 

不, 以= 天下, 爲ぉ願 也。 

讀書 到-忠義 抉 烈處? 但 作- 1 場 話說- 看過 者 C 是不, -曾讀 -也。 

孟子 曰 天下 之 言 k 性 也 則故而 巳矣。 故 則以, 利 爲^。 夫 老佛之 言, 性 C 不, 以:, 故。 或- -以 k 不一 

子 貢 PA.- 不, 取-金 於府? 孔子 曰 C ®K#i.。 可 U 以移 易, 俗而敎 導? 可,, ,以 施-於 百姓? 非ョ獨 

適-身 之 行-也 莊子曰 君子 不- -懷, 人以自 成? 以, 此參ズ 彼 可, =以 尾-君子 之 公- 矣 G . 

liK 憂-百世 1 如- 一 曰? 盖智愈 大則盧 愈 遠 也。 小人 反:, 是0 

三代 而降 世 li 之 長。 莫 X 如, -漢 唐宋? 論-其 風俗? 則宋爲 i 上。 漢 次, 之。 唐 爲-- 最下? 盖漢則 王覇雜 

用 唐則閻 闓不, 修 所,, 以 不., 及 仁 木 也。 就-其 大 者- 而觀, 之 ◦ 可 矣 如-司 禺晋- 者 無 ,- 一 可 "觀 

以- -老莊 行-故 也. * 夫人 主 之崇尙 C 輿 情之趨 赴" 綱紀 風俗 迥 然不, 同 不, 可 = 以不" 愼也 

韓非李 期俱事 =荀 卿? 而非爲 刑名 法 術 之學? 李 欺 建-焚書 坑儒 之 策? 末- 必不. ^爲 3 其 師論道 之 弊 使-之 

雨 森芳洲 橘 窓 茶 詰 卷中 三百 四ナ 1 



B 



本 



理 





朱子擧 S 上 三百 四. j« 

則 宦官。 及 M 其 移" 鼎 也。 專 由-外戚? 於-一宗 室 一 乎 何 有矣。 如 、冗 則 向 之 f 以 深謀遠慮, 者。 果 有-何 

益? 然 所- 以致 T 此者 ◦ 未 =- 必 非- 宗室之 罪, 也。 

有- 一才 子- 焉 自言曰 以, 予 屈- -于 下僚? 可:, 惜。 余 曰 子 以-- 異才- 而屈。 自以爲 k 可, 惜。 宜也 。然 

以- 子 之才? 鳴-不平 於 詩 章? 百世 之 下。 誰 不_- 嘆 慕? 儻ー 旦 賁顯。 厠-, 於 俗士之 間? 隨, 行逐酿 可 

レ 不一 ー亦减 T 價乎 其惜 也甚矣 

釋子 生-一 於 西域? 雖, 窮 一- 一 生 之 力? 所, 言不, 出-一 於中國 聖人 之說? 佘有 一一 一十 六 字以爲 -I 儒 釋之斷 案? 曰。 

天 惟 一 道 理無 一二 1 致? 立 敎有, 異。 自修 不, 一 

宋 朝濂洛 諸賢〕 只 要,, 1禱,- 出箇 端正 忠厚的 人? 末世 儒者。 只 要, 傲-一箇 伶俐 乖巧的 人? 非 乎 

楊子 云。 老子 之 言-道 德? 吾 有』 焉爾。 及 投 仁義? 絕 * 滅鱧樂 ^ 吾 無 k 焉爾。 吾 於- 1 佛敎- 亦 

云 

逼,, _ 死 人命? 或以 _-言 語? 或 以,, 形勢? 其事雖 ,異0 與,, P5! 傷, 無, 殊 故抵 償不, 着" 齊國 之法然 也。 我 

東 人心 大 良 善。 又 有 = 弄 刀 反噬 之盧? ? 有-這 迫? チ 如-, 齊人之 1^ 毒? 彼其自 裁。 多 出, I 於不 P 忍 _| 

小耻? 末 3 必 由,, 于言勢 之 逼迫? 故 無,, 這 死 抵償之 律? 此亦 出- 1 于 自然-者 也。 夫 立法 輕重 。必須 T 審-國 

俗, 而後 可? 盖齊國 律 書。 不, 可 si^ 用,, 于我 束? 此其 一 端 也 G 

孝子 不 A 疑-其 父? 舜 居- 于頑囂 之 下? 責:, 己 以自想 者。 以,, 其 不., 疑 >- 於 父-也 G 嘗觀, 諸 世 疑-其 父與 組 

者 3 多是 不良 之 人 也 a 何得而 望,, 其 忠孝, 乎。 



本 



理 

彙 



學不, 厭 者 皆 所,, , 以極盡 乎此 心無 究之 量, 也。 孟子 所, 謂 盡:, 心 者。 須, 足 4^-1 得 固 極大 無 極 之 量? 

無二 理 一 物 之 或. 遺 e 方 是直能 盡,, 得心? 然 孟子 於-諸侯 之禮 之學? 登 非 3 爵祿 法制 之 未 =詳 聞? 

畢竟 是於, I 此 心無, 究之 量? 終 有, 所-欠 缺未 i 處 ^ 余 以爲。 夫子 曰。 知爲, 知。 不, 知 爲っ不 い 知。 中庸 

曰。 及 一一 其 至 一也。 雖 一一 聖人, 亦 有レ所 k 不, 知焉。 H.^ 子 諸侯 之禮 未, 一之 學? 爵祿 法制 之 未 一一 詳聞? 何 曾 有 T 

所ョ欠 缺於盡 心, 處 W 北溪此 言。 恐 或 致, I 支 離 之 譏? 盖亦 未,, 之 深 思, 也歟. - 沛 公之 不:, 怕= 項 羽 1 者 

,恃= 項 伯, 也。 謝 安之 不, 怕, I 符 堅, 者。 以, 恃,, 朱 序, 也。 

朱 子 以,, 修, 佛者? 爲,, 槁木 死灰? 盖迹 上斷也 a 

龍樹 菩薩 理趣。 釋經不 空 三 藏譯。 別 有,, 摩訶釋 論議 者? 以爲, 非- 眞經, 也 Q 弘法 立宗。 專 侬-釋 論? 故 

鳳 S 罵, I 弘法- 爲,, 楞子? 而潭新 立,, 華厳宗? 有 A 寺 在-松 尾 南? 潭 同胞 三人 ◦ 或 以-- 傳奇? 或 以-- 諧詞? 

俱 有:, 名- 于世? 

或 曰 觀, 1 我人 之處, 事 如-小 兒集而 成,, 戯也。 觀, 1 齊國 人之盧 患? 如, 1 剪 絡 聚而相 謀, 也。 此 非-君子 

之 言? 然默而 思, 之。 亦 非,, 蒙 言, 矣 C 

余 毎, 讀, 一中 山靖王 聞, 樂對, ? 未,, ,甞 不,, 掩:, 卷而 嘆? 曰。 甚矣哉 齊國人 之 多-嫌忌? 使 S 人 不_- 相 保-之 暴 

也。 歷=觀 古今? 凡 其 離-間 骨肉? 疑-忌 功臣? 弄, 小成, 大 Q 激, 緩 生 ,覺。 多 出-, 於 書生 之 口? 盖賈誼 

治安 策 防,, 骨肉, 如,, 寇警? 至 K 于晃錯 激,, 七國, 起. 兵 大抵 齊國人 三代 以上 則尙矣 Q 及, 至- 季世? 

質 實少而 華 飾 多 良心 薄而 機智 深 所 = -以 有,, 此失, 也 漢至 ,- 中葉? 其 所,, 1 以 濁- 亂 王室 I 者 ◦ 非- -權 臣- 

雨 森芳洲 橘 窓 茶話 卷中 111 百 111 十九 



曰 



本 



理 

編 



朱 子 皐 ® 上 三百 三十 八 

或 致-疑 於 格 物 之學? 曰。 今世學 者不, 知,, 格 物 之義? 而 泥-於 一 草 一 木 之說? 動 或 流-於 支 離? 子 之 

致-疑 於此? 固宜 也" 章句 有し KO 物猶 k 事 也。 詳眛 _i 此句? 以, 格, 物爲, 格, 事 ◦ 以下 學-- 人事? 先務 爲 

レ急之 一 H 。參而 者, 之。 則 其 爲:, 疑 也。 渙然自 釋矣レ 盖所 事 者 C 人事 也〕 人事 者 。誠意 正 心 修身 齊家 

治國平 天下 是也 而 人事 中 亦 有-緩急 大小 之 序? 故 先務 之爲, 急 ◦ 天下 無-理外 之 物? 雖-ニ 草 一木 

之微? 至 T 其 所 = 以然 一之 故 5 則 固 巳 罔, 攸,, 遺漏? 然此乃 格 物 之 極 功。 在_,賞通^^後? 日 積 月 累之效 

有,, 自然 而得, 之 者? 非 B 所 >= 以責 望 於 方 學之人 1 也。 甞閱 -I 閬書? 陳北溪 學_| 於 朱 文 公? 無」 I 書不. 

無-物 不.^ 格 凡 經傳史 之 所:, 载 紀綱 制度 之詳 C 禮樂刑 政 之 用 古今 興 衰治亂 之 原。 得失 利害 之 機 a 

與,, 夫 異端 邪說。 似 kssi 非。 ^^深碟密。 難お 之辨? 周匝究 勘。 徹 i 徹^。 而於 3 文 公所- 以敎? 無 = 

復 遺恨? 由, 是觀 X 之。 則 朱 先生 之 所, 敎 Q 陳北溪 之 所, 學。 何 首 汲- 1 汲 於 一 草 1 木 之 微-哉 

程 子 曰 伯 有爲, 厲。 别是 一理 盖遊魂 滯魄。 爲 爲 i 妖. - 亦是 尋常 所, 有 之 事 ◦ 然非, 如-因果 之 

敬, i 鬼神, 而遠 k 之 不, 敬 則 或 至,, 於 褻慢? 非 也 不, 遠 則 或 至-於 © 媚? 亦 非 也。 

均 是義也 狗, 常 而行。 謂,, 之經? 時 措 之宜。 謂,, 之權? 小權者 近而 易, 知 至-於 大權? 如-湯 武放 

伐? 則 非- 義精理 明, 不, 能 a 故 曰 未, 可- 與機? 盖權者 C 所,, , 以濟- -經之 所, 不, 及 者? 故 柳宗元 謂。 權 

者 所- 以 達.^ 經者也 ◦ 

陳北溪 曰。 此心之 量 極大 萬理 無, 所, 不, 包 。萬 事 無レ所 i 不- 銃。 古人 毎 言。 學必 欲-其 轉? 孔子 所- 以 



曰 o 思慮 高, 人 一 等 便爲, I 一 等 之 人? 等 而上, 之つ 至,, 於 聖人? 高, 人不 A 知-其 幾何? 所, = 以爲, -萬世 之 

敎主 I 也。 

在 昔 人皇 御 k 世 也 自_- 衣冠 服 御? 至,, 於 一 切 儀 制? 靡, 不レ 奴-法 於 齊國? 大哉 聖人 之 量 也 夫君 子樂, - 

一 取,, 乎 人, 以爲ぉ 善 何必事 出,, 於 己? 而後 爲, 貴 乎 但其中 未 3 必 燕= 季世之 陋規? 此 亦不, 可, 不, 察 

日 一 也。 

本 一 且論三 萬 六千是 寧 知 四十 九 年 非 何等 放肄 何等 驕傲 0. 又 何等 無智 小人 之 所, = 以爲- 小人? 亂世 

之 所 „,以 爲,, 亂世? 舉 在,, 于此? 淮南子 原 道 訓云。 遷伯玉 五. fo 而知, I 四十 九 IJf 非? 何者 G 先 者 難, 爲 v^。 

偷 而後 者 易 i 爲 i 改也 ◦ 莊子 云。 還 伯 玉 六十。 而 知-五十 九 年 非? 此則 本-於 淮南 子, 也 

m 一 明察 者 流- 于僞? 質朴 者 近- 于闇? 

™ 宋儒 之學。 務欲レ 令, 一, 人 近, I 於迂 腐? 天下 事 有, 不, 從。 乖滑 處レ壤 者耶。 

驚 _z 敬 一字。 宋人 以來。 專 就,, 心 上-説。 固當, 如, 此。 然 春秋 一 時 士大夫 言, 敬 者 多 學者逐 一 抄出 體認周 

M 悉。 庶-- 乎用ェ 著實? 

翁 メ 

Z 宋時以 = 道學 I 自任 。不 %=擧 子 業? 如,, 陳 北溪, II 字 者 不レ。 觀,, 于宋史 道 學傳? 可, 見矣。 此乃 前史 

所レ未 k 有 也 ◦ 盖非 K 夫 絕_, 意 仕 進, 者 5 孰能與 レ此。 淳甞嘆 張 陸王學 問無レ 源" 余 用,, 禪家 宗旨? 認,, 形 

氣 之學? 靈知 覺爲, 一 天理 之 妙? 不, 由-究理 格 物? 而 欲,, 1 徑造 = 上達 之 境? 反 託,, 聖門? 以自 標榜 G 云云。 

朱子甞 謂- 1 陳淳, 曰 如 今 所, 學 已晃 _| 本 原 所,. 闕者. - 下學 之功爾 C 

雨 森芳洲 橘 窓 茶話 卷中 三百 111 十七 



曰 

理 





朱 子 a- ほ 上 三百 三十 六 

營搆 未- 1$ 麗? 有-進 收之 財? 累 多赢少 0. 不, 能-一 膽給? 不, 得, 已而至 三 於 借 债那移 C 救, I 急 目前? 

此 謂- 眞貧者 I 也。 若 夫 一歳 所, 入。 固 足,, ,以 養,, 親眷? 而家 有,, 餘妾剰 僕? 門 有 &賓閑 侶? 居 未,, 必漏, 

也 事 營達食 未- 必乏, 也 而 求- 膏腴? 會則飮 酣歌笑 出則飽 服誇耀 . 如, 此而 至,, 逋欠曰 積 催逼 

一 塡., 門。 此 謂-無:, 病而 招., 炎。 非 _,眞 貧者? 此理也 天下 國 家い 雖:, 有 •> 大小 之 別? 無, &而非 1 致? 安 

得, 有,, 以, 此而 說,, 於 今 之 王侯, 者. -乎。 差 食祿之 家。 一 百 石 以上。 至,, 于 王侯? 苟能 量, 入爲. 出 各 

自 充足。 何 患-乎 匱乏? 大凡不,^?^->多寡? 使 費 之 出,, 於 分劑之 外, 者。 謂 = 之 奢侈? 以 k 下爲, 準 0不= 敢 

傚,, 上 a 此其法 也 a 

或 問 C 害貨 可,, 得 而禁, 耶 曰 衣服 之 制 立 C 然後 可也 曰 如-, 今 官有,, 衣 股 之禁? 如何。 曰 C 彼 哉 

彼 哉 曰 何 其 難 也 曰 有,, 三 難? 三 難 之 中。 細而 言, 之 千 端 萬 緒 

曰。 變 k 移, 俗。 利- 澤 後世? 非 1 愚策, 焉„- 不, 能-, 大陳- 其 5 行將- -齎, 志 以沒? 可, 惜 G 

中庸 云。 詩 曰 3 尙不, 愧,, 于屋 漏? 君子 之 所, 不, 可, 及 者 其 唯 人 之 所, 不, m?- 乎。 余甚 重- 斯言? 銘, 心 

一 刻 X 骨。 自 =- 初 學? 至-, 千年 將,, 八十? 未,, 甞 一 霎而忘 I 也。 伍未, 得-其 髮紫, 耳。 昔 有- 1 法華宗? 善說 

&。 旣而 有,, 犯戒之 聞? 聽衆日 返 C 寺 門閬寂 C 一 日 iK 座麗言 曰。 檀越未 k_- 夫 蓮華 1 乎。 雖, 生- 1 於 

汚泥? 而入必 賞, 之 者 以, I 其 有,. 香。 我 固 汚泥 也 e 然所, 說者 蓮華" 諸君 旣有, 愛,, 於 其 香? 亦 何 5« = 乎 

污泥? 欺 僧 也。 以,, 汚泥, 自居。 欲 fci 人 以-, 蓮華? 可, 謂 T 不 k 知- 內愧- 者. -矣。 然吾 愤之講 k 也。 亦, 

猶 i 乎。 J 



放恣。 玩 k 歲悔, 日。 使 = 其 心 茫^ 然 無お &托? 比, 至 _| 十七 八 歳? 情寶漸 開。 則 彈絲品 竹 之嗜是 急。 

飲酒 宿娼之 好隨輿 祖宗 所 J 退。 隨, 手 详化。 至-於 破家 蕩產, 而後 已。 欲:, 華 其 家? 而不, 知 = 護 家 之 

法? 欲 = 其 子? 而昧 = 乎 成 子 之 道? 故 俗語 曰。 富家 無-三^? 洵不, 虛矣。 有 _| 一 爲 k 余 言 者? 曰 G 京 

< 師 有-一 一 人? 姓 某 房 號其屋 つ 变世傳 家。 累葉豪 富。 其敎 - 子弟? 務誦, 一四 書? 親戚 相賙。 哀-恤 窮民? 

日 \ 家畜 = 奇書 異籍? 有-人 願 之 者? 洒, I 掃 一室? 饕稳 供給。 卒レ業 乃 止。 使 3 人き,, 閱市之 煩? 寧 爲,, 鑿 

本 \ 壁 之 傭, 乎。 衆 稲り Z 爲,, 義門? . ^操 觚磔流 之 徒 過つ \。 餒以 = 鍋 巴? 輙曰。 今日 又 幸 得,, 一 姓 某 I 也 。其 

一 平素 好, 施。 從可, 知焉。 余 曰。 此正 合,, 柱聯 意? 夫 賁官搢 紳之家 C 其爲, 一子 弟, 圖謀者 往往 輕忽 而 

臉 ™ 莫,, 之講? 彼 =以 市井 之 人。 多餘之 贏? 所, 見迥然 C 高 出-尋常 之 上? 勸., 於爲, I 兒孫, 遠慮? 可】, 難, 得 

埋 \ 矣。 異日 有,, 良 有司? 安知, 其 無, 旌表薦 達。 扶,, 持 風化, 之 典., 耶。 威 慕 之餘。 援っ^|5-謹錄。 以藏, 之 

一 云。 

f 一 士 大夫而 典-細民, 爭, 利。 潜且 不可 何 天子 乎 C 漢武 好:, 大 喜, 功。 國用 匱乏。 fra 輿 k 利 之 臣^ 如-桑 

) 弘羊 之屬? 紛< -楚出 雖 i 有-一 闢 k 地拓 k 疆之 名? 而 天下 已壤矣 ◦ 盖^ 家 本 無,, 匱乏 之理? 而至, I 于匱乏 1 

〉 者。 未, 知,, 先王 量, 入爲, 出 之 道, 也。 此理也 上下 同然。 今不, 探-其 本? 而唯利 之圖。 利 終不, 可, 得 

而禍殃 隨生。 悲夫。 盖好, 色縱, 飮者。 狭 亡 之 兆 也。 然 未- 必劃? 即狭亡 或 之- 昏眛? 或 之-僥倖? 日玩 

歲愒。 而不, 知,, 自敬? 終 至,, 於 狭 亡? 其 於, 利 也亦然 e 可, 謂:, 愚矣。 

或 問 今日 王侯 匮乏日 至。 是 何故 也。 曰 人 有,, 兄弟 妻子? 同 捿ー處 食 未,, 必魚 肉? 衣 未,, 必細 絹? 

雨 森芳洲 權窓茶 SS 卷中 111 百 S ナ五 



編 愛理 倫 本日 



朱 子 學添上 三 百 三十 四 

え 結- 1 師第之 契, 者。 雖, 在-千里 之 外? 毎年 歳 首 一 遭 務 致,, 拜年之 賀詞? 則 可,, ,以 知-其 安否? 可, _,以 

知-其 住處? 又 可,, ,以 知, I 其讀書 不,, 廢。 何 喜 如, 之い 有, 書 必有, 幣。 古禮 也。 或團扇 一 柄し 或 扇子 一 

把。 作, 械亦 足矣し 儻或 連年 累鼓 C 音 問复絕 U 賠有 = 想 及? 不 k 一-憂愁 之 令-一尊 長 有.. 所- 1 憂愁? 恐 

非 _| 子 第 所.^ 宜矣。 

團扇拌 k 械。 恐 或 太輕。 曰不, 然。 佘 少年 時。 與, I 文人墨客? 結 爲,, 詩 社? 毎月 一 遭。 輪 流 接待 設饌 

果品。 極盡, 一豊 盛? 一 遭 甚,, 於 一 遭? 不, I 數年, 便廢。 又 與,, 同學 寒士? 聚 讀,, 通 塞 網 日? 夜 深腹枵 Q 必 

奉-夜 消? 不, 過 3 冷 飯 醬澄外 C 有-豆腐 羹, 而巳 ◦ 其內 一 人.,」 一 夜 徒 設= 燒圑, 外 無,, 一 物? 坐客欣 欣然 

笑 曰 ◦ 從, 今 以後。 儉嗇 過, 此者 有, 罰 然 年年 相 續。 長久 不, 絕。 因 知儉者 長。 而奢者 短 也。 人欲 

レ 送-書信? 先揀, I 幣物? 因 致, n 遷,, 延年 月? 併,, 書信, 都 無 e 故 幣輕者 長久 之徵。 情義 兼盡 Q 莫, 過-於 此, 

矣。 - —— 

嘗作, I 柱聯 記事? 曰。 人 有 K 求, 書- 1 柱聯 -者严 俗語 有, ッ.。 曰。 欲」 咼 he 第須, 爲, 善。 要 k 好, 兒。 該 

k 在 書,」 余 乃取而 書, 之。 以 與焉リ 旣而言 曰。 凡人 心不, 能 鈿&。 不, 在, 此則在 k。 不, 在 

則 在, 惡 e 爲 _| 人 之 父兄, 者 G 敎,, 其 子弟? 以, I 一 藝半 技? 便 其、 む 有, 所-依 托? 則 邪 僻之路 C 自 無,, 由 入? 

故 曰 C 游,, 於藝? 又 曰。 不, 有,, 博 突 者, 乎 爲, 之猶 賢,, 於已? 卖猶 可。 何 R- 讀, 書 乎。 小 則識入 子。 

大則 知, 學。 向後 勉:, 爲= 善人, 之 望 C 亦 在,, 其 中, 矣. - 余 觀,, 世之宦 者? 其 於,, 子弟, 也。 所 3 以 謀,, 其 長 

"者 深 e 堆, 金 積 i。 非禾 _,袞 且大, 也。 然所 妯不鞯 = 其 道? 始乏以 緩 養? 次 王 以-- 奢 靡? 游惰 



奄者 o 姓 石 一?o 男玄徹 之婦翁 也。 延亭乙 a 十月 日 七十 八 歳 記。 . 

平 田 左 仲 謂レ余 曰。 我家 5i 使 レカ進 レ秩。 得 ,爲= 馬 廻官? 所, 灝以, 業傳, 家。 世 得, I 其 人? 庶乎 可,, ー以 報,, 

君恩 萬 分 之 一 ? 亡親 故師 C 在, 天 之靈。 亦 得 3 忻 -I 喜 於 冥冥 之 中? 故 日夜 孜孜 Q 末,, 甞 懈惰? 勿』,, 子 

孫即 疎遠 之 人? 有, 志,, 來學- 者。 未, 甞 不。, 竭, 力 敎授。 望,, 其 成" 材焉。 余 曰。 人 有,, 五 重? 曰 君。 曰 

00 曰師。 曰 天 C 曰 地 今 子存, 心 如, 此。 可 „ -以 感,, 動天 地? 家門 榮耀 G 從可, 卜矣。 余 家 亦與, 子 相 

類。 故 平生 諄 諭。 非, 不_- 切 至? 未』 = 他 曰菜是 如何? 期爲 J5。 

吾 欲, 使,, 爾曹 爲,, 儒醫, 焉 Q 儒而爲 =醫 之 事, 者 。謂= 之 儒醫? 在, 上 也。 醫而 有-儒 之 心, 者。 亦 謂,, 之 儒 

醫? 在, 下 者 也。 在, 上 者 有, 命 不:, 可- 以希而 up 之。 在 レ下者 有』 ち 可,, 以勉而 爲.. 之。 古 曰。 上醫 

醫, IT 其. 醫, 人。 勉乎 i 方洲 七十 八歲 書 示-阿 1^ 古 脇 四 賢? 

夫 聖賢 之 道 存_- 乎 書? 書 之 意 在, 言。 言之義 在, 字。 字 學不, 可- 以不. ^明。 然字 學不, 可 =以 徒 得? 必也 

旣能 博學。 又 兼 能, 詩 能, 文。 擅-名 域內? 如,, 先生 門下 鳩巢等 諸人, 者。 可 _= 以當, I 中華 人 百 分 之 一? 又 

難矣 今 世 所., 謂經 生家 者 馑讀- 四書 小學等 書? 討論 講說 蓉^, ,ー 超,, 出庸 衆-則 抗顏爲 ,師0 以= 明 

經, S 負。 彼 其 字且不 :-識。 意 何 由而通 意 且不, 通 f^li 賢 之 道 何由而 明。 此乃 所, 口 者 窮理。 而窮理 

之學未 >, 曾講, 也」 故 其爲, 學也 固陋 褊執。 終不, 過,, 是斗臂 之 器, 耳 豈非, 吾人 之 所,, 當-戒 

勵, 者 &C 余 少歲時 以,, 明經, 爲』。 如,, 中 村 米 川 諸 儒? 固不, 可, 以 ,- 博學- 名. 1. 之。 然其 立身 卓 偉。 

自修 謹嚴。 亦 可, -以爲 ,- 篤行 鄉 先生? 今 則 無-欺 人 >矣0 

雨 森芳洲 橘 窓 茶 S5 卷中 三百 111 ナ三 



日 二 

本 一 

編 



* 子 さ PS 上 三百 三十 二 

吾自, I 飮食 衣服? 以 至-宮室 爵位? 絕 無,, 偏好? 故 園 厨 寂然 家門 無., 事。 此即 可, 以 質-諸 鬼神, 而無, 

,愧0 縱不, 及-, 老莊? 關尹 以下 蔑 如 C 唯 平生 最不, 堪者 有, 四。 一 曰詩惡 C 二 曰 碁輸。 三 曰 身 疼、」 四 曰 

錢無耳 a 

曰 C 佘 庸拙不 宵0 素 無,, 片善之 寸稱? 伹 世人 所, 患 疝氣痰 火 頭痛 痔憲等 症 一 無, 所, 有. - 裏 質 健康 

年 將_| 八十? 又 早 托,, 侯 家? 身 無-凍餒 之 憂? 長子 雖, 亡。 次男 三男 可,, 以 保,, 家 C 女子 女 孫 早已出 

レ閣 孫兒非 k 無-, 箕裘之 望? 不-, 亦 人生 大 快事, 哉 王侯 之 貴 素 封 之 富、」 非, 不, 盛 也 然 非,, 吾 所, 慕 

也 此皆 祖宗 遺德 父母 養育 所, 致 平日 祠堂 香.^。 唯 有- -拜 謝? 不 敢 爲,, 祈禱之 言? 蓋 器 小量 窄 ほ 

欲 易, 足 故 也。 

余 十六 七歲時 C 與, -又新 if, 同 詣-- 高 雄 山? 賞 k 稱。 就-寺 裡簷下 柱 子 上? 各 書,, 二人 姓名? 曰 其 某某 

年 某月 某日 遊, 此 厥 後常營 懐抱 不』^ 時 又新蒂 在-東 武? 我 客 海涯? 相隔 三千 里 e 不.. 獨會面 難, 

fee 昔 信亦已 疎濶。 歷,, 三十 年? 一 日 又 新 菴寄, 書 云。 近 登,, 高 尾? 二人 親筆 現在。 墨 鉢 鮮明 宛 如., 

日 昨? 余 追-憶 當 遊從 之樂? 不, 覺,, 涙 之樸槺 下-也。 又 新巷甞 宦,, 陸 奥? 額 頓幾载 C 旣 而歸, 洛 Q 逍,, 

遙 林皐? 六十 有餘。 潼爲 泉下 之 鬼? 余 蟹 魚爲, 鄕" 升! fr 粹 k 身。 兼, 之 風 街 臨, 壙 奄奄 待, 斃」 壯骨 

盛骸 C 化 爲-- 耄朽? 一生 一死。 事 同-, 幻 塵? 何 可 J 一 n 哉。 因 sis 人。 稜, 金 堆^。 少長 輦穀。 一 家團 

欒。 三 明. ST- 終 不,. ?驪歌 之 爲_, 酸鼻, 者。 ず 我輩, 視^ C 猶如, = 十八番 中。 逢, > 亡靈。 垂 嚥 

k 唾 C 遙 望,, 天堂 於 芒笏之 間? 顧 乃 徒 知 貪淫? 醉生夢 死」 不-, 自 悟,, 帝鄉 之樂即 蓮臺, 也。 惜哉。 X 新 



質焉。 鳴 呼 o 無,, 得而 間然, 也。 問,, 山崎嘉 右衛門? 曰。 甞爲, = 沙,, 彌於妙 寺? 廿歳 左右 著,, 闢異 一 

篇? 貼 一一 於 寺 門? 還, 俗菩, 髮 可, 謂, 一 丈夫? 惜乎。 其 未, 知, I 佛意, 也。 然則程 朱 非歟。 曰 否。 問, 一伊 

藤 源 助? He 余 少歳時 觀= 望 儀刑? 至, 今 宛 在,, 心 目? 君子 也。 問, -荻茂 卿? 曰。 佘 故人 也 博覽 文章 C 

域 內無, 比。 第 於-大綱 上 > 有, 差。 心實 慊焉。 問-木 下 先生? 曰。 惶僳 愛, 書 数-育 英才, 則 見, 之 其 

他 非 ,。吾 所,, 得而 知, 也。 

余董卯 時。 米 川 儀 兵 衞中村 迪齊藤 井懶齋 俱以 = 經學- 敎_ -授 京師? 信 從者衆 

邊: < 到 一一 n 語。 京人 笑, 之。 莫, 不,, 羞澀? 京人 到, 邊 言語。 邊人 笑, 之。 亦莫, 不_, 羞濉? 在, 邊則不 

レ羞 ◦ 到, 京 則羞。 在 d ぶ 則不, 羞。 到, 邊 則羞。 此之 謂, 無-定見? 若 夫君 子 Q 則擧, 世 譽:, 之。 而不, 加 

レ勸 G 擧, 世 非:, 之。 而不, 加 kfflo 尾定故 也。 

或 曰。 今ん 貪 %學 之 名? 不, 論,, 何 書? 涉獵多 者 爲齑。 徐 而扣, 之。 不, 過 fc- 得 書名? 甚者 大學ー 

篇 G 亦不, 能-暗誦? 可, 笑 之甚也 ◦ 余爲, 之 赧然。 

有,, 一 士人? 自 出-招 牌, 云。 惡札惡 詩。 學 問不, 熟。 可:, 謂,, 乖巧, 矣 U 然與, I 其 誇張, 也 寧乖巧 ◦ 君子 則 

誠而 已矣。 

頃 聞。 近日 有,, 一 才儒? 頗 有,, 重 名? 喜 立, 一 異論? 引 _| 誘 後世? 彼 其 私淑 吠, 虛之 徒。 相與慕 傚。 固 不 

, 好-程 朱 之說? 如-小 學近 思錄等 書? 束-置 高閣? 而莫- 之 省? 吾 恐 京師 之 學從, 此而大 壤矣。 

或 問 子 多 =戯 劇? 何故。 曰。 余 素 慕 = 東方 朔之爲 U 人. - 不_| 敢願 P 爲-大 先生, 故 也。 

雨 森芳洲 橘 窓 茶 餘 卷中 . Ill 百 lilt 1 



曰 



朱子學 FS 上 三百 三十 

不, 爲。 孔子 所, 能 佛 子不, 能 古 學翁能 知, I 聖人? 亦 能 知,, 佛子? 故 其 言 皆着實 曰 子 學,, 古學 翁, 

耶 白 吾 學= 程 朱? ♦ 

或 曰。 我國 無-聖人? 曰。 前 有,, 七聖? 後 有-五 聖? 何 謂 聖人, 乎 C 曰。 其敎 如何。 曰。 其 仁明武 

乎。 何 謂-惟 一 ? 曰。 允 親-厥 中? 何 謂- 淸淨? 曰。 減而能 被, 之。 被, 之 而不, 已。 則 Jj; 穢除 汙穢除 

則淸淨 復.、 ) 淸淨者 本 澄 徹心能 之 明 也 正直者 功 効 之 著 也 

本 一 神道 者 三。 一 曰 神 重。 仁 也。 二 曰寶釗 C 武 也。 三 曰 鏡。 明 也 我東尙 k 質。 未, 有-, 以文, 之 者? 雖, 然 

一 深 信 篤行,」 而有レ 得 馬い 則何必 言語 文章 之爲 哉。 或不, 得, 已レ 而欲 X 求-一 其說? 則 求 一 I 之 孔門 六藝 之學, 

倫 可也 a 所 ご 謂 三 器 者本經 也。 鄒魯之 所 k 述者 我 註 脚 也。 人 ^有,^ 雜以- -釋老 異端 之說, 者 2 其 去,, 神道, 

m 也遠矣 e 

一 或 問。 古今 當 ..以_| 何人, 爲, 第 一 g 曰。 其菅 丞相 乎。 觀,, 其 制作? 皆 非,, 衆人 所 J, 能 

曰。 源義經 智勇 之 人 也。 不3敢抗.^厥兄? 所, 從威 義士 非常 也。 天下 至, 今憐コ 之。 盖以 :- 此夫。 

曰。 辯慶之 於- 義經, 也。 間關 周旋。 及,, 其 逃, 也 殺, 身以杜 _> 追躡? 豈特智 也 哉。 

或 問 = 楠 中將? 曰。 忠肝 義膽」 雖, f 與, I 日月,?. 光 可也。 曰。 彼不』^^之スぶ可=與有,,爲。不,俟-- 

三 顧, 而出。 所 ^ 奥-諸 葛亮, 異矣- 曰。 亮也亂 世 之 遺 民。 進 返 由, 己 X ム乃草 韩之臣 。勤, 王 靖^ 。安 

可, 緩 乎 G 皇 之不, 足- 與 有., 爲也 彼 知, 之素矣 

或 問,, 中江與 右衛門? 曰。 賢人 也。 隱, I 居 近 江? 隣 里 鄕黨稱 爲-佛 子? 有, 所. * 交爭? 必聚 _ー 於 其 庭 I 以 



彙 

編 



橘 窓 茶話 卷中 

或 問。 佛! S 冥-助 政敎? 曰。 文 王 之 治, 政 也 先恤- 鰥寡 孤獨之 民? 佛子 與,, 其 弟子? 立-萬 世 衣食 之 

; 法? 雖 X 非, 公-千 天下? 然其 所, 謂 冥-助 政敎, 者。 m 在,, 于此, 也耶。 

日 一 或 問,, 佛法? 曰。 今 世災孽 償,, 前生 偉? 不,, 敢怨 k 尤. XC 即今 良 善 結,, 來世 因? 愼當酤 V 惡。 自又 

本 一 豈非 ,- 一 樁 保全 愚蠢之 訣竅 -耶) 雖-是 賺哄? 實 出-愛 偶? 視- 慈母 勅:, 兒 嚇., 鬼〕 可』。 

一 佛家 建, I 明 因 梁 之說? 救,, 濟 天下 萬 世。 無數 無量。 窮困 無告 之 民? 可. S 謂, 奇矣 。後世 君子 尾 T 其 門徒 妄 

倫 費-土木? 或因爲 ャ奸詐 5 必欲, -滅, 法 毀, 像。 以逵, I 1 時 之 快? 决 非,, 至理, 也。 陳繼儒 大養濟 院之首 

理 一 可ヒ 謂, 得矣。 

佛家 所, 謂 方便 二字。 余 嘗註, 之 云。 彼 其 有-天堂 地獄 之 < 說? 猶 T 慈母 之 於-頑 兒? 說, 鬼以嚇 お 之。 方 = 

蒙 斯時? 唯此爲 = 便宜? 曰-方便? 方 ©者0 猶 Jin, 權 也。 此 說雖, 創,, 于我? 赏 似,, 的當? 古 入鐸, I 爲料 

編 S 固 好? 然此乃 方便 之 意。 非,, 字義-也。 曰ぶ、 Efjsi 、古 亦 lilf- 

一 部 藏經。 一 言 以蔽, 之. - 曰。 本來無 1 物。 

或 曰。 六祖之 悟。 同-於 擊竹? 非, 謂 下 明 一一 詞義, 攙 悟.. 也。 曰 C 甚善甚 善。 已而 曰。 其然豈 其然。 

鐵牛棒 殺 四十 餘衆。 曰 僭 C 

或 問-儒 釋之 別? 曰 ◦ 天 惟 一 道。 理無, 一二 致? 立敎 有, 異。 自修 不, 一 。 ヌ從而 言 曰。 佛子 所, 爲 G 孔子 

雨 森芳洲 橘 窓 茶話 卷中 111 百 二. T 九 



朱す a 上 111151 卞. < 

家 之 乾,, 老舌? 華宗之 災,, 枯梨? 一 筆 勾, 之故爾 

曰。 佛者 在-世界 內? 別 開-, 一 世界? 命, 入 曰-, 快樂之 E^? 其 俗无- 君臣- 无- 父子- 无-- 夫婦? 無 i 無, 農 

無, ェ無, 商。 食 則 米穀 蔬菜 C 不, 御- -葷 肉? 不^』0 衣 則 壤帛。 21^„?=其頭,而方--其5«? . ^衣食 之需 

宮室 之 制 威 仰-給 於 十 方 <? 以-- 看 經念佛 -爲, 業 以,, 明 心 見 性, 爲, 志 淸, 伊 默靜。 優 游自逸 以,, 其 

散- -處 四方? 人不, 知 „, 其 爲-- 一 國, 也 



橘 窓 茶話 卷上終 



曰 



本 



理 

彙 



專=于 主 数-者。 不, 得, 不, = 精- > 辨鬼 白? 毫分 縷析。 以爲- 入 衆 趨避之 地? 其 他莫, 如, I 衆 流 交合 通 融爲, 

亦 處世之 ー樂也 長 澤純甞 謂, 佘曰 ◦ 子 乃 玩世肆 志之士 也。 可, 謂,, ,眞 中,, 膏肓, 矣。 

將, Iffil 豎的 言語? 看, 1 做敎, 人的 話? 滔滔 皆是 看- 1 做 自敎的 語? 鬼角龜 毛。 這箇 病症。 儒 釋總是 一 般 U 

譬 如., 郞中們 只 知, 醫, 人。 不ぉ 知,, 自醫? 那不, 知,, 自醫, 的。 醫, 人 也 不,, 大好, 了。 

曰。 如,, 億 萬 期 年? 以爲 = 頌禱 之辭? 著,, 於 文字? 無 X 所 i 不, 可" 而 以爲, 實則非 也。 比 屋可, 封 Q 以 爲,, 

賛美 之辭? 資 一一 於 言語? 無:, 所, 不, 可。 而爲, 實則非 也り ff^ 子 曰。 蠡信 J 曰。 不, 知 レ無, 書。 自 斯道 之- 

不, 明 也。 世 之 儒者 或盡信 G 而 流,, 于腐? 或 不-盡 信? 而 失,, 于肆? 不,, 獨此, 也。 悲夫。 曰 P 何以 救-其 

病? 曰 正、 む以 明, 理 

曰。 陳同甫 論 =莊 子, 云。 天下 不, 可, 無- 此人? 亦不 k 可 kl = 此書? 得矣。 然則程 子 以-淫 聲美色 I 爲 

,喩0 不可 乎 曰 明. 敎以 誘, 人。 不, 得 i 不 ^爾0 ^ 

老子 之 言 ◦ 未, 可, 非 也。 釋子之 言。 亦 未 非 也。 所, = 以爲 異端, 者。 事業 差 耳。 故 程 子 曰。 即 就,, 

迹上, 斷便 了。 、 

老釋之 於 一一 我 道 1 也ぐ 立, 敎有 k ハ。 自修 不, 一 。 余嘗言 三聖 一 致。 而未 一一 ー敢言 一一 三敎 一 法 一也。 然爲 一一 斯言, 

也 自 知,, , 其 爲,, 洛閬之 罪人, 也 

有つ 有 也 者 有 ◦ 無 也 者 有無 無 也 者 C 釋老 之說盡 _| 於此, 矣。 

或 問。 佛害 難, 看。 曰。 予之於 k 經也。 猶如 P- 坐:, 轎而 行- 于朿 海道 中? le. 坦 明白。 不, 覺, I 戴險? 彼 其 台 



本 

偷 





朱子學 m 上 , 111 百 二. H ハ 

或 問 忠臣 義士。 貞女 烈婦 事 非-中 行, 者 C 十 有, -八 九? 古人 勤 勤 撰述。 欲, 傳,, 後世 <p 其 故 何 也 

曰。 靈菌異 芝。 不^,, ,以 當-, 菜蔬? 然珍襲 重 智„- 以爲- -聖世 之瑞, 者。 以-- 其 天地 之 正義, 也 中 不一 

何 假= 比較? 

孝子 家產, 芝。 因, 何 有- -此 鮮瑞? 曰 一 家 和 則 一 家 之氣正 一 國和則 一 國之氣 正 C 區內 和則區 內之氣 

正 家 國區內 同 在-天地 之 中? 而 有-, 分別, 者 何 曰。 鄉各 殊ヒ昔 家 自異, 風 造化 之 妙 非, 人 所,, 能 

知-也。 

凡 事 在- 1 于 老成 練達, 焉 耳矣. - 

信, 手而著 望而 知,, 其 拙, 也 ◦ 

讀-- 大學? 立-入 德之 門? 讀, -謫 語孟? 觸, 類 旁 通- -曉 天下 之 故? 讀= 中庸? 識, -透 根抵? 知,, 道 之大原 出,, 

於 天? 只此 四書 勾矣 

天下 妙理 不" i,- 巨細? 各 有-極 到處? 字 到-王 義 之-極 詩 到-盛 唐, 極 文章 到,, 韓蘇, 極 學問 到,, 

四書 > 極 演說 到-程 朱, 極。 吾知雖 i 歷-, 萬 世? 莫-- 之 能變, 也。 伹不, 知 K 醫道 當., 以 何者- 爲 * 極。 辨駁 

紛論 有, 如 =聚 惑? 至-於 明季? 雜 以,, 異端 之說? 怪 g 無, 據 C 遂令 S 病 者 無,, 回春 之 望? 往往 死,, 於 非 

命? 可, 嘆。 

曰 若 欲 一一 一 深 知 一一 事理? 必須 レ要 4 一口 語 風俗 識, is.. 韓。 然 後无, 所, 一 窒滯? 非, 一 徒讀, 書而 可., 得 也 。如 東 

者 非, 无,, 其 具 一而 未, 成 者, 也。 故 if, 理也 C 不, 及, 人 者 多矣。 



尙レ德 者 君子 之皈 也。 尙才者 小人 之漸也 . 

曰。 小目 者。 以-大 目, 爲 X 無, 目。 小智 者。 以,, 大智, 爲 k に智。 夫 蝤螺之 所, 視。 人莫- 得 而見? 蝤 螟 

則 以爲人 無,. 目 也 智之 於, 人 也 亦然。 

曰。 拙者 之 於, 碁 也。 悝 尾,, 其 盤 之大? 巧者 則不, 然。 譬如 T 鵾鵬 之冲」 大 C 扶搖九 萬。 半歲 一 息 3 惟 尺 

鸚 蜉蝣。 尾 = 其 《且 遠? 而鵰 鵬不- 自覺, 也。 人 之 於, 學也 亦然。 

曰。 天下 之 事。 皆 有-直 捷之 道? 彼 未て 經_- 練達, 者。 徒 事, -迂 濶? 曠日 持久。 及, 至,, 老邁? 方 能 開悟 G 

巳不, 及矣。 可:, 恨。 

曰。 柳宗元 云。 樂之來 由-人情, 出 者 也。 聖人 飾,, 乎樂? 其始 非-聖人 作, 也。 吾 亦 嘗言, 之矣 雖, 然 

觀 -I 乎 ニ柬之 俗? 乃 知樂之 移, 風 易, 俗。 果信 而不, 謬矣。 

曰 G 所, 謂 聖人 者。 即叛雄 之 極 也 G 遇, 於 可,, 與 有., 爲之 君お 則 天下 可., 運-諸 掌? 若 下 有 = 英雄? 上 非,, 

其 人? 則不, 能 也。 英雄 而不, 遇-其 主? 悲哉。 

曰。 知-其 所 1^ 及。 知-其 所!^ 不 庶乎 無,, 陵 節 之 失? 而 有,, 自修 之 功, 也〕 異端 高 妙之說 Q 固 非., 衆人 

之 所 能與, 也。 故 聖人 不 Jlmc 非,, 絕 不., 言 也。 罕而 已矣。 

或 曰。 悟道 難 = 一 决? 予 仰:, 天 大笑 曰。 悟道 乎 悟道 乎。 何 難 乎 哉。 千 典 萬 論 ◦ 一 覽即 知。 唯 有 ,未,, 曾 

説 出-底 話 3 略 費- 1 工夫? 這也瞞 -不, 得 ,= 聰明 人? 說出底 話 ◦ 即是 說不, 出 底 話。 說不 i 出 底 話 即是說 

出 底 話。 

兩森 芳洲 橘 窓 茶 SS 卷上 ► s 百 二十 五 



曰 

彙 





朱 子! 8- 很. M . 三 la 二十 E 

洙 之 後 唯閩 洛之學 可,, , 以垂 於 不朽? 本末 巨細。 靡, 不_> 悉備? 諸家 紛紛 之說。 如-陸 象 山之頓 

悟 Q 陳同甫 之 事 功 ◦ 王 陽 明 之 良知? 皆 在-, 其 範圍之 中? 彼其務 爲,, 一- 僞之說 I 者 e 卒然 尾, 之 G 非, 不,, 竦 

動? 究竟 去,, 聖人, 也遠矣 

天下 之 至理。 有-奥 而深 奇而妙 者? 能 知能 行 於 一 

一 藝 之 上 者。 凡人 亦 可,, 以與, 焉 如,, 鹿 丁 之 p5:o 車 ml 之 輪? 是也 若 能 施,, 之 於 心身 家國之 間? 唯聖 

人 能, 之。 以,, 顏回之 賢? ^不 乎 一間 之 差? 子 貢 以下 知:, 之 亦 不雈。 何 R- 行, 之 乎。 故 曰 ◦ 賜 也 

非,, 汝 所,, 及 也 e 盖 聖人 之 道 C 以, I 葬 倫,^, 重。 故絕高 至妙 而 常人 之 所, 不』 化, 與 者。 罕而 言, 之 而 

弟子 以爲, 霊 也。 非, 隱也。 言 王 無, 益而 有, 損 也。 至-於 釋老之 徒? 靳靳焉 言:, 之不 k 。以 -,tsii-_ 

妄想 I 故 也。 

夫 至理之 所, 在。 見識 明而本 <- 正。 則 天下 無-可, 廢 之學? 亦 無-可て 退 之 術? 兼容幷 包。 統會 融通 G 威 

可ョ以 爲,, 正修 治平 之資? 今 夫芫靑 斑猫。 殺, 人 之 物 也。 醫官潜 收,, 之 於 藥^? 彼 其惡而 斥, 之。 固是 

也 然收 而藏, 之。 亦 未,, 必非, 也。 或 曰。 如,, 子 之 所, J 言。 似, 乎不, 置, i 白 於 胸中, 者? 子 曰 。能 言 

而 闢,, 楊 墨 一 者。 聖人 之 徒 也 C 韓子曰 不, 塞不, 流 ◦ 不, 止不, 行 孟 之與, 韓 猶未, 盡耶 曰 何爲 

乎其然 哉。 彼 一 時 也。 此 一 特也。 然斯 道 也、, - 以,, 孔孟, 爲, 標。 程 朱爲, 準 G 慎獨 自省 燕, 愧,, 於 天地 

鬼神? 而後 可,, 得而 行, 矣。 豈容, 易也耶 C - 

H<tHl9ullG 曰, 才 曰, 德。 尙 V 德者似 k 乎- 迂腐? 尙^\ 者 似, 乎- 聰敏? 



亦 無-不可, 也 ◦ 

聖人 不 JP 處, 變之術 f 露, 變之 術。 惟 可 _,與櫳, 者。 臨』 自知。 非ヨ 所,, 以預敎 _x 也。 故不 bi「」 

而 言, 之 C 則 道, I 其 常, 而 已矣, - 瞽艘殺 X。 孟子 所き 明白。 然使 3 瞽股果 有 =此 事? 舜 與-, 皐陶? 所 

. 未, -必 如. &。 是亦 道-其 常, 而已。 周禮 有,, 八 議之說 1 乎。 盖 有- 斯心? 而後 其處 ,變 也 必當。 所, 謂斯 

B \ 心 者 何。 其臣不 ス以- 天子, 柱せ 法。 其君不 1以=!& 貴, 易せ 親い 是也 C 孟子 又 言, 1 焚 fesk 井 事? 不, 言,, 其 

本 一 事 有無? 唯 言-聖人 友愛 之 切 至? 盖亦 大賢 之 語 也。 

\ 明 儒以爲 ◦ 宋儒迂 腐。 故 有 U 假道學 頭巾 氣之 說? 夫 三代 以降。 經學經 濟岐爲 兩途? 盖專 主- 理學? 而 

偷 _ 不, 知- 處:, 戀用, 權之 道? 則 或 未, 免 3 乎 用-舟 於 陸? 故 一 旦 臨- 于經 濟? 則 或 有,, 袖 鑿 之 病- 焉 G 然宋朝 

m 一 諸賢 自 甘- -迂 腐? 卓 爲-- 一 世之敎 主? 其 旨深矣 G 明 儒 之 於レ學 也。 動 或 雜- 用 申 韓老莊 之說? 駸 1^ 乎將 

\ , 流-於 詭譎? 如, 此 而不, 已。 則 聖人 之 道不, 幾,, 於熄, 乎。 故宋 儒之學 如, 迂如, 腐 者。 實 ii 人 之 意。 而 

一 明 儒之以 爲,, 不, 迂 不., 腐 者。 乃 異端 之說。 非-塗 人 之 意, 也。 如, I 薛文淸 公一 者。 粹然 一 出-於 正? 可レ謂 

編 ^ 賢矣 

な 宋儒 之學。 明 人目, 之爲 _,迂 腐? 固有 T 似-於 迂腐, 者? 盖 弗, 思之甚 也。 彼 其 迂= 腐 宋儒ー 者。 使,, , 之 見, I 

於 孔子? 亦必 以,, 迂腐, 目, 之矣。 齊景公 欲, 封,, 孔子? 晏 嬰不, 可。 季康子 欲, 召-孔子? 其 臣止, 之 0叔 

孫武叔 毀-, 之 於 朝? 皆 以=迂 腐, 之 。而 如 = 子路, 者 C 以= 十哲 之 一 人? 直以 爲,, 有, 是哉 子之迂 也? 故 

余嘗言 曰。 明 儒 大抵 可ョ與 言-異端? 不, 可,, ,與言,, 聖學? 

雨 森芳洲 橘 窓 茶 SS 卷上 111 百 ニナ 三 



朱 子 s- PS 上 一 11 百 二十 二 

讀&可 又 從而言 曰。 不, 如, 不&- 其 意 儻或以 =ー 一足 無毛- 爲 足 也。 必欲 ,_-以成,-異 人- 耶 。只 看- 

論語? 便 終, 身 有, 餘 C 廣 求,, 道德 君子? 專, 心 致 X 志 〔 何必 剪然惟 古紙 之 是瓚乎 C 

中庸 所, 謂溥舉 審問 愼思 朋辨. • 乃 程 朱 所, 謂究, 理之事 C 學、 道 之 要。 除, 此別 無-他 法? 面 篤行 爲:, 本 G 

其 中 博 字 人 或錯, 邻 go 至,, 於 篤 字? 則泛然 看過」 盖博者 非,, 博雜之 謂, 也 C 學者 以,, 專門, 爲, 務=」 不,, 

特漢代 Y 故 後世 設, 科 C 能 通,, 九經, 者.. - 謂,, 之 博學? 然此乃 記誦 之學 若。, 真 學,, 經書? 則 九 經並皆 熟 

讀詳味 C 深 得,, 其 趣, 爲, 重。 不,, ,必 章 章句 句〕 琪然 背誦。 如- -擧子 家? 亦 有-何 妨-哉 其 他 如,, 稗官小 

說-之 書 C 無, 暇, 及, 此) 有-何 不可? 彼 其 請- -怪僻 之 書? 誇- -宏博 之 名-者 C 非- -眞學 者-也。 篤 字爾雅 

固 也 疏云 厚也 物 厚 者 守 固 也 C 鱧 記 儒 篤, 行 而不ぃ mo 註猶, 純 也 純 壹之行 然則篤 字 有,, 厚 固 純 

_ 粹之 意? 論語 曰 C 君子 不, 重 則不, 威。 學 則不, 固。 非 T 直 爲-- 篤行-之 説? 然 篤行 之 意 彷彿 可, 知矣 じ」 

一 所 JS 究 i 者。 就-網 常 上- 窮-之 也。 看-一大 學八條 目-自明 矣。 朱 子 言- 1 草 一 木-者. - 併- -罕言 者- 而 

\ 爲」 la 也 盖 說,, 其 極 功? 則 不:, 得禾 レ爾。 非, 謂 _ 貴-一望 學者? 使 * 之 捨レ急 而趨レ 緩 e 汲汲 然 求お 之 也 c」 

一 孟子 曰 仁之實 事, 親是也 義之實 ◦ 從, 兄是也 智之實 知,, 期 二者, 弗, 去! * 也」 疆之實 節-文 

期 二者? 是也 C 樂之實 C 樂,, 斯 二者? 樂 則生矣 C 云云 C 朱 子大學 序文 云 C 其^ 過,, 於 大學? 而無, 實 

此實 字當, 將,, 孟子 所, 謂實 字, 作., 解 非, 指,, 方便, 言., 也 記誦 詞章 指-科 擧之學 -而言 也.) 其 所 3 以 

爲,, 無用, 者" 薛文淸 公 讀書錄 中 言, 之 諄 jSt 矣 C 或 者 誤- -讀 序文? 以爲 詩文 非-儒者 事? 竟不 iT 想 £ 到 風雅 

列-於 五經? 大儒 程 朱 之 輩,, - 作 V 詩 著, 文 C 何 曾 斥爲る 禁忌 S 可, 謂.. 癡人說 T 夢矣 C 然非ご 謂 a 玩, 物 喪; 5 



鄕人或 有-一 誹レ之 者? H0 叟將, 近, 一八 十? 讀:, 書不, 倦 C 是不, 一一 自 知-一 其學之 竟不, fe, 成 也。 可, 謂, 愚 

矣 。曰 活 一日 。讀 一日 務 欲-上前? 乃 吾 黨之志 也 學 之莫, 能, 成 也。 吾 知, 之久矣 

曰。 余 素 愛,, 讀書? 有, 如,, 性 命? 少特孤 身 孑 立 乏,, 於 衣食? 日夜 奔忙 竟無 = 佔畢之 暇? 常 念 祿_, 於 

一 王侯 之 家? 奉公 餘 暇。 恣-- 意 讀喾? 何 快 如, 之。 雖 k 在- -81 遠 邊僻之 邦? 亦 所, 不 ^辭0 旣而 筵,, 仕 本州? 

日 一 衣食 稍 足 左, 圖右, 史。 手不, 釋, 卷。 宿願 於, 是乎 ♦ 憶矣。 又 得,, ,往 遊,, 異邦? 親 覽,, 風俗? 一 切 書義禮 

本 一 節。 固有,, 忽然 省 悟 者? 此 非,, 別處ん 所., 能 然則 埋沒遼 落。 終 老,, 海國? 非,, 不幸, 也 U 於,, 主恩 隆 

ノ 重。 閻家 安堵 者, 乎。 

喻 一 一 曰 誡,, 諸 生, me 老身叨 據-- 凾丈之 尊? 動 輙恣爲 ,1 責讓? 曰。 賢 等 不敏。 此非 31 敏-老 身? 而獨不 7 

项 一 敏賢 等., 也。 老身之 於- -腎 契? 一同 不敏 中 輩 行 伹讀, 蒈 日久。 坐 位 較差 耳。 所 ご 謂聰敏 者。 必至,, 程 

一 朱韓 蘇-乃 極。 然程 朱韓 蘇。 未., 甞 不^,, 不敏, 自. 嘆., 也。 等而 上, 之。 聖人 亦 未-,, 甞 無,, 不敏 之 嘆, 也。 

一 故 曰。 士希, 賢。 豎希, 聖。 聖希レ 天。 盖 義理 無 J 躬故也 。腎等 於, - 不敏 言? 莫-- 自怒, 莫-ー afi? 而亦莫 U 

編 \ 自滿- 也。 祖 徠敎, 人 以-- 盛氣? 此 一 術 也。 然不, 知者 激厲 未, 至。 缝自 許與。 故不, 能, 如, -祖徠 之 精 

_ 細? 此 亦不, 可:, 不, 思 也 一 義之上 又 有- 一 義? 同是理 也。 理, 於 k 此而 不, 趣-於 彼? 因, 事隨, 時 不 

, 可,, 偏執? 猶如 法 之變化 不測? 此之 謂,, 義理 無.. 究。 

. 或 問 ◦ 學者何 書當, 讀 C 曰 子 欲, 爲,, 掌 故 文學, 耶。 四書 五 經小學 近 思 錄左國 史瀵通 鑑李杜 詩集 韓蘇 

文集。 ^他 蒙 求 書 言 故事 事 頓捷錄 成語 者 平生 把玩 如, 此足矣 Q 如-朱 明 王 李 等 家集? 讀也可 不 

街 森劳洲 插窓茶 群 I . * 三百 llfl 



曰 

理 

編 



朱子擧 上 三 lall 十 

也 a 善 欲-事事 必 自爲? 則 非-明君, 也 

君臣 上下。 尊卑 大小 C 各 盡,, 其 分, 而 03。 無, I 侵瀆之 患? 則 天下 治矣。 

人 有-四 等? 曰。 士農工商。 士 以上 勞 つむ G 農 以下 勞, 力。 勞, 心 者 在 勞, 力 者 在:, 下。 勞、 $ 者 心 

廣志 大而盧 遠。 農 以下 勞, カ自 保而已 G 頗倒則 天下 小者 不平。 大者 亂矣。 

位 一 分 高。 則 心 一 分勞 彼優游 安佚 者 不, 知,, 在, 位 之 道, 也 C 

在, 朝 者。 有, 意,, 於廢 居? 則士而 商賈也 e 在, 坊者。 有, 喜 = 於 弓馬? 即商 賈而士 也。 此之 謂,, 顛倒? 儘 

家而好 立,, 奇詭之 論? 僧家 而致, 爲= 華麗 之 飾? 此而 可, 忍 ◦ 孰不, 可, 忍 也 a 

勸,, 勤 於 小 能, 者。 或必 慢,, 慢於 大德? 寧,, 拳於大 能, 者。 特或 簡,, 簡於 小德? 子 夏 之 言。 盖有, 所, 爲而 

發也。 可 k 謂 通,, 透 人情? 然宋儒 救, 弊之說 C 亦不, 可, 廢也 ◦ 

明, 刑弼, 敎。 國 有-常 法? 此 乃公-於 天下, 之 所, 立。 故 曰 天 討,, 有罪? 五 刑 五 5 。亦 曰 天工 人 其 代, 之。 

盖 天意 非-人 意 I 也。 彼魯愚 不知 者。 尾 S 其 出-於 君 上? 以爲其 自家 之 物。 可-, 以隨, 意 而更, I 換 之? 

不, I 亦 謬-乎。 季世之 法。 固有 T 出-於 君 上 之 好? 而非ス ム,, 於 天下, 者 5 私意 也。 非』 也 Q 未靳 =不,亂 

一 者?. 

松 平 伊豆 侯 曰。 義 氣不, 可 kr- 偏 私不, 可, 爲。 曰。 抑, 强扶, 弱, 心。 路 見- 不卒? 拔, 刀 相 助 者 Q 義 

俠之風 也 U 雖, 非,, 中道? 志士 取焉 a 近世 謂俠士 者。 非 禍則惹 ^禍0 不, 足, 取矣。 

或 問, 法。 曰。 據, 理審 4 勢 C 可,, 以經 可,, 以 通行? 而後 法 立焉し 否 則 反矣。 : 



本 



編 



庶? 下-天子- 一 等。 其 尊 豈有, 外 乎。 此乃 出,, 于賠勢 之 自然? 而不, 得, 已者 也。 三 王 以= 仁義? 五 顧 

以=詐 力? 故韓子 有-尊, 王賤, 覇 之說? 其 所, 賤者 在- 詐カ? 而不, 在- 霸號? 故桓 文人 稱, 之:^, 霸而 不 

,却0 項 羽以, 観 自稱而 お ノ賁. ひ 向 使, 五覇 以,, 仁義, 自: 則與 文 王 之爲, I 西 伯? 同, 揆而不 ヒー 惟 一 

其德之 盛? 何 可, 賤之有 乎。 .Efe ,之" 以铀 爲-, 可, 韓 之號, 者。 可ビ謂 fc 矣 G 

或 問 C 賞罰 無 何以 m 勸 C 曰。 賞罰 者。 其 猶,, 言行, 乎。 天下 之 入。 莫, 不 Jm 也。 莫 一お 也リ然 

言 而不, 中 C 行而 無, 善 C 非-言行, 也。 今 夫 天下 之從, 政 者。 無,, 華 夷? 無,, 大小? 端 委趨, 朝. 夙參而 

晚退。 無, 非,: 賞罰 之 事, 也。 然賞或 失, 濫0 罰 或 失, 潜し 何 足,, 以 ^ 勸, 乎 國 之不, 治,, 正 在,, 于此? 此 

之 謂 ,無, 章 U 章 者 明 也、」 輕 重大 小。 互 細 鰊密。 粲然 如, 1 綺穀之 文整而 不., 亂也, - 此之 謂, 有 J 早 G 古 曰 ◦ 

無 一一 賞罰? 則 雖_ 一 堯舜? 不, 能, 治 一, 天下, 也。 X 曰。 賞罰 者。 政 之 鞭 轡也じ 有, 眛哉其 言, 之 也。 

或 問, 擇 i 交 曰。 不,, 必擇, 也。 操守 堅固 則 不,, 必擇, 而自正 

曰 G 子 之 於,, 父母? 臣之 於,, 君 上? 猶,, 僕 妾 之 事. i。 故 曰。 善事,, 父母? 謂 之 孝? 善事,, 君 上? 謂-之 

忠? 事 者 言 k 爲, 一 其 所 P 使 也。 凡人 只 知レ事 君 上? 而不, 知, 事 _| 父母? 盖臣 之不, 肯, 所, 使者, 即時 罷 

レ職奪 レ祿。 其 勢不, 得 レ不, 所, 使 也 C 父母 則不, 然。 故 欲 則事レ 之。 不, 欲, 事 則不, 事。 是之 謂レ恃 

レ愛。 然則其 事 i 君 也爲, 利 也。 非, 爲, 忠也。 

夫 燕 之營; 型,) 蠶之抽 i 繭 與-- 夫 蜘蛛 之 結, 綱 C 豕彘之 置 ,,4*-.- 非-人 所., 能 C 惟人 則 能收而 用, 之 G 所- 

以 爲,^ 靈也 君 之 於, 臣 也亦然 C 衆 職 所, 爲 明主 不, 能 Q 惟 君 則 知 而擧, 之) 住而用 ^ 之 所-, 以爲 P 明. 

雨森芳 W 橘 窓 茶話 卷上 . 三百 十九 



曰 



本 



埋 

編 



朱 子 學!^ 上 111 百 十八 

數-者 千 中 難:, 得- 一 人? 然則虚 過-歳月? 實 無-, 一 年 工夫? 與-- 孟子 所, 謂專, 心 致, 心 者- 殊矣 夫 工夫 

之 於, 業 也。 頃刻 有, 所, - 休敏? 則不, 能 3 以 養- -活家 口? 是故 寅而作 酉而輕 不= 少釋, ^手 疾病 則强 

, 之^ 事故 之.. 如-看 J 化 請 T 酒-」 皆辭 不&。 彼攻 i 者。 若 能 如, 此。 則 可, 謂 3 眞 用-工夫, 矣。 

s^, 苑ぶ 三、 建 本 f.i 曰、. 街 越中牟 入 也、 苦 二 斜之勞 TIS-i; 友-曰、 何 爲而町 三以免 ニ此苦 一也 犮曰、 莫レ如 レ學、 學 ニナ 年、 M 可, -以 達- 

矣- sl:3、 2. 五 歲、 人將レ 休、 i レ不レ 休- 队- 吾不- -敢臥 i 十三 dS 、 ! wig 一け 之 、か- § 之 ly" ^レ S^STis- 

歩 者之遲 也、 而 ff 里不レ 止. 今^ 越 之材, • 

而 久不レ 止、 其 爲-- 諸侯 師 T 豈 不レ宜 哉、 

或 問- -大學 敖惰? 曰 敖惰本 非-好 字? 然此 則不, 過- 是姑且 失, 敬 姑且 失, 嚴之 意? 須, 要- -鬆鬆 看? 此 

章 就-修身 上? 先 言-居 家事? 盖 尊長 之 於,, 卑 幼-也 何嘗 似, 接-, 賁客? 亦 何 嘗^, 對-- 外人? 自 有,, 敖 

惰之 時? 此 家庭 之 間必 所, 不, 免 C 惟 太過则 碎矣。 曲禮云 n 敖不レ 可 k 長 敖字 同意,, ^ 若 解 作- -矜, 己慢 

レ物 而已? 則 何 必待, 長。 子產 見-察 侯 不敬, 曰。 敖惰以 爲-- 己 心? 將得, 死 乎. - 別是 一 意 

吾 友 陶山庄 右衛門 對馬州 人 也 爲,, 郡 奉行? 政 有- 異猜? 常 謂 \曰0 聞-, 人譽 己 則 無, 聞,, 人 謗 

r 己 則 有 可 i 謂, 不, 愧_| 子產, 矣 

吾友大 町正淳 。京師 人 也。 看, 書不, 讀 則已讀 則自, 始至, 終不, 遺, - 1 字? 以, 之 未つ 1 半, 而廢 去。 

相 去 何 遠 哉 ◦ 

韓子 有-尊, 王 賤っ霸 之說? 我人 不, 知,, 文義? 遂 謂霸是 可, 諱 之號. - 最爲, 可, 笑" 夫莫, 尊-於 天子? 其 

次 曰-公侯 伯 子 男? 皆 有-土地 人民- 而傳, 世 者 也 王室 無, 人。 國せ 艱難 C 當-, 期 之 時? 有, 人焉。 脩 

, 道行, 義 C 而有 一一 富強 之國, 者。 天下 推, 之し 尊爲, ー盟 生? 名, 之 曰, 霸。 上以維 一一 持 王室 7 下 以定, 一 集 衆 



或 謂 o 道德之 ±o 當今無 X 有 o 曰 何 其誣, 世 之甚也 凡 其 待, 心 端正 操行 堅固 者 皆 有, 道 有, 能 之 

士也 維-或 不.^ 及-子 思 孟軻? 亦 可 S 以充- 其 次, 焉 何况 天下 之大。 人 衆 之! ^。安保 3 其 無-出, 類拔 i 萃 

者-乎 耍., 之頓 牟掇, 芥 磁石 引, 針 使 S 我眞 有- -尙 ^ 德之 心? 將 3 必 有-同 氣相 感-矣 君 之 於, 臣亦 

然 

或 問 何以 致-道 德 之士? 曰 子 能 好, 學。 則道德 之士自 至矣。 古人 云。 請從, 隗始 眞 有用 之 言 也 o」 

學, 做, 詩學, 做 ^賦0 以爲 = 成 名 之資- 者。 非 T 由, 此而 識, 字 由, 此而 明, 義 由, 此而知 * 聖賢 之 道 W 此 

可, 謂 i-, 字學, 者, 矣。 齋國 諸賢。 皆 は-明 經- 爲蕞。 而文學 末 王。 余 今以 -字學 -爲, 勸。 不 於 

顛倒 不, 知, 道 者- 耶。 盖束 方言 語 異-- 於 齊國? 若不, 明-字義? 則 聖賢 旨義 深奥 之 所, 在 焉得而 知 

レ之。 是不ズ 得, 已 也。 

天下 之 事 是中必 有 k 非 非中必 有, 是- 無,, 全是, 焉〕 無,, 全 非, 焉。 人 之 於, 人 也 先是, -彼之 所., 是 

非,, 彼 之 所., 非 然後 徐而是 = 我 之 所; to 非-我 之 所, 非 爭論庶 乎 息矣。 有- -爭氣 1 者。 遠 非-彼 之 所 

是 而欲, 厭, 之。 是,, 彼 之 所., 非 (、 而欲 &^、 」 終 朝 竟夕。 相壓相 張, - 嗽 呶然不 kb- 於 一? 豈非 

年少 攻 k+ 者。 能 如 i 越 之 用 あり 則 十 年 工夫 C 可 „, 以爲- -域內 之 雄, 矣 蓋 毎日 作, 詩 一首。 毎月 做 

, 文 三篇。 讀, 書 除-四書 五經- 外。 一 曰 讀-- 半卷? 積 至-十 年? 當, 得-詩 三千 六 百 首。 文 三百 六十 篇 

書 一千 八 百卷? 如, 是而 學不, 成, 緖者 未-之 有-也 今年 少者 名爲, 攻 k+o fra 十 年 之內。 能 勾- 此 

雨 森芳洲 橘 窓 茶話 卷. M 三百 十七 



朱-. n 學派 *M 三百 十六 

明-其 情-也。 . 

天下 之 言, 道 者 發,, 諸 口. - 而 入,, 之 弟子 之 耳 <j.o 弟子 得-諸 耳 ^ 而又 入-之 其 弟子 之 耳? 口耳 相傳 而 

心無, 與焉。 何 益。 故 曰。 敎, 之以, 言。 不, 如- -敎, 之以 io 

一 讀- 一天 下書 一未」 過" 不, 可 3 妄 下-雌 黄? 古語 

一 凡讀 i 書 者 視 -lilfl 賢 之 言? 輙 有-喜 悅 恐怖 自省 自警 之 心-者 庶乎可 „ 以 成-君子 之學, 矣. 若 泛然而 

本 一 視 k 之。 居然 而誦, 之。 如, 聽-- 越 人 之說, 越」 則 雛-. £, 、據, 案 手, 卷 終日 唔咿 竟-- 於无, 成焉耳 況據末 

i X 必, 案 手 未 レ必レ 卷者乎 

き メ 

« Z 天下 字 何 可- 盡識? 惟 十三 經所, 有 未-之 識, 者 儒家 之耻也 

理 一 天下 藝蔡太 多 C 讀, 書爲 --最 難? 以- 我國 言語, 讀,, 漢人 之 書? 其 難 百-倍 於 漢人, 焉 漢人 且不 kliDJe し 

一 何 日本人 乎 

£ 學而至 _= 于 擅-名 域内? 攙當- -齊國 人 百 分 之 一 ? 不 則自- -齊國 人, 視, 之 C 與, 夫 不, 識,, 一 丁, 者, 相 等 

編爾 

一 或 問。 作:, 詩作 女。 可, =以 謂-儒家, 乎。 曰 否。 講= 明 經書? 可,, -以 謂-儒家, 乎。 曰 否 然則若 何 。曰。 

詩文 明經固 儒者 之 事 也 C 然單簞 會-- 詩 或 文? 叫-做 文學 之士? 單 單講- -明經 書? 抖-- 做 口耳 之學? 必也有 

レ道 有, 德 叫-他 治,, 國 自然 治得來 C 叫, 平-天下? 自然 平,:,;^ 來 C 撮 叫,, 做 直 正大 儒 y 其 本 在 = 於 正 心 

修身? 



夫書不 以 不., 讀。 所-; 以師 i 而友, 者。 於 茎 乎 得。 何 可,, SS, 焉」 人不な i 入,? 師賢入 

爲,, 友" 則卒生 如, 膠 如, 漆 者。 皆 是庸夫 俗 子 _」 幾何 而不, 染, 爲 俗 之 人, 乎。 人生 雖, 得し 百 歳 易 

レ過。 懵愫鶄 突。 不, 明, 一 道理? 大則爲 一一 狗 彘.? 小 則爲, ー蟲 蛭? 歐陽 公所, 調 立, 德立, 功 立, 言。 三 者 一 

無, 所, 得 草木 禽獸同 歸= 澌盡, 者. - 豈 非,, 可, 慙之甚 者! 哉。 

元 亭利貞 者 始中終 也 始ー 中二 終 一 夭 一 周而地 居, 中。 此其象 也。 以 而言。 則 春 居, 始 夏 秋 居 

,中0 而冬 居, 終 以, 性 而 言。 則 仁 居, 始。 禮義 居, 中 智居, 終。 以 i 人而言 則 少居, 始 壯强 居, 中 

而老 居, 終. - 即元 亭利貞 也〕 以-, 一 一 -而夾 Jlo 一 者微而 妙。 二者 顯而 明。 萬 物莫, 不 ,- 皆然? 故聲之 

聞,, 于耳, 者。 之 中。 而始 之與, 終。 不:, 可,, 得而 聞? 色 之 現- 于目, 者。 色 之 中。 而始 之與, 終。 亦不 

,可= 得 而視? 夫 冬 者屬, 陰。 然 一 陽 生- 于十 一 月? 則 冬 亦 陽。 而天 包-其 地, 之義 也。 此理^ 明 無-一可 

レ疑 者? 古人 豈 無- 斯言, 乎。 祖余 固陋 寡聞。 未。 嘗晃三 其 出-於 何 書? 

仁義 之 中 C 固有,, 自然 之 利? 義 與,. 利。 元 非」 一也。 然吿义 以-- 如, 此則利 如, 此則 不利? 莫, 不一-傾, 耳 

而聽? 若 吿:, 之以 U 如, 此則義 如, 此則 不義? 莫レ 不一-. 面 有-件 色? 君子 不下以 一 有-一件 色 一而 以, 義自嫌 5 

不 T 以-- 傾 Jnt 而聽, 而? 之以. 利。 

或 問, 敎 曰 程 子 曰 主 一 謂,, 之 敬? 無 S- 之 一 ? 朱 子 曰。 無 適者 不,, 走 作, 也〕 唯此 三 言。 至矣 

盡矣。 昔 者 吾 友 嘗以二 御馬 ー爲, 喩) 曰。 磬控 適宜" 緩急 得, 中。 太 急則闥 扼矣〕 非, 一 深體, 之 者? 不, 能 

Jin, 此。 余 亦 曰。 敬 者肆之 反。 不, 肆 謂,, 之 敬? 整 齊嚴肅 者。 所, _,以 著,, 其 形, 也。 常 惶惶法 者 所 S 以 

雨 森芳洲 橘 窓 茶話 卷上 111 百 十五 



日 一 

本 



理 J 



彙 

編 



朱 子 學ほ上 三 ti 十四 

同 盖天唯 一 道 理 無-三 致-故 也 其 言-形而下, 也 C 刖差矣 。孔子 後,, 釋, 殆 將,, 四百 年まョ 孔子 之智 

能 知-防風 氏 之 骨 蕭愼氏 之轻? 豈不, 知, = 西方 有,, 佛者 之敎, 乎 C 其 所, 謂 西方 之强 君子 居, 之 者 直 指 

レ佛 也。 列 子以, 佛爲- 西方 之 聖人? 而未, 識, -其 眞-也 C 文中 子以, 佛 爲,, 西方 之 聖人? 未 T 必以 -: 孔子- 

並 稱., 也。 

天 惟 一 道理 無-二 致? ,f ^立 敎有, 異 故 自修 不, 一 釋子之 法 乾燥 儒 門 之 敎溢潤 彼 以爲與 -其滋 潤, 

也 隼 乾燥 此以爲 與_- 其 乾燥, 也 箏滋潤 

或 問-儒 釋 之辩? 曰 形而上 者 謂-之 道? 釋老 以爲, 敎 所, 謂 第 一 義 C 佛法也 C 形而下 者 謂,, 之 器 7 吾 

僵 以爲, 敎。 所 ^ 謂 第二義 王法 也 

聖賢 千 首 萬 論。 無, 非 T 存-, 天理 r 而遏乂 欲 S 大藏 一 部。 止是修 = 菩提- 而 煩惱? 其 他 擧皆封 皮帶紐 

耳 

殺, 人不, 旺, 眼底 漢 C 一 天 霹靂 令-人 凍 動? 儒 門 却 無,, 這 等 語? 曰 儒 門 如何 說 C 曰。 剐 毅木納 近 

老子 云 知,, 與之 爲., 取 國之寶 也 善, 蕃者云 碁 法 亦 如, 此 

旣 有-一老 子? 刖 有,, 老子 事? 旣 有,, 釋子? 則 有,, 釋子 事? 旣 有矣。 安 得』 ic 旣實矣 し 安 得 kis5:0 聖人 之 

所,, 以爲, I 聖人, 者 即 有即實 今日 之 事 也 

老子 曰,, 虛無? 釋子 曰-無 一 物? 聖人 曰,, 無聲 無臭? 皆 推, 本 之 言 也 C 非,, 今日 之 事, 矣 C 



編 彙理倫 本日 



到 之緣, 不, 得, 已。 與, 己 相 類。 而實 有, 不, 同。 故 列,, 叙 其說? 而加乏 以,, 斷詞? 至,, 於 老子? 則 其 所,, 

尊尙? 故 以,, 博大 眞人, 以贊, 之 但 言, 建, 之 以,, 常 無 有? ま, 之 以., 太 13 則 似 T 乎 尙有, 容, > む 者? 恐 

開,, 固教之 源? 故 別 立,, 一 家? 附以 _| 己 見, 爲, I 老子 之 斷詞, 也) . 

養生 主 老聃死 一 章。 分明 把,, 老子, 刹。 深味,, 此章之 意? 似 J 一一 nT 我 之 所, 悅者 比- 1 老子 1 更高 一 等? 莊 

子 之學。 本 出,, 於 老子? 而 所, 言 云云 省。 亦 戯劇之 意 也 じ 

又 曰。 莊子 稱,, 老子, 爲,, 博大 具 人, 者 C 以,, 其 所 Jin 虚無 與, 己扣 合, 故 也。 然 老子 以, I 常 無 有, 爲, 宗 

以- 太 一 , 爲, 主 此猶 有,, 可:, 指 者, 存焉。 其 言 曰., 別 有:, 所, 聞 而悅. -之 Q 則自 成,, 一家, 可, 知矣 OR- 光耀 

無 有 一章。 有 一一 我 能 無, 有 矣而不 X 能 無 之說, 乎。 古今 以ニ 老莊 一連 言。 竟與ー 一孔 や 肌 並稱者 ー不, 同。 

曰 莊子之 旺-剝 老子? 乃 禪家之 罵, 佛呵, 祖也 

性 一 箇字。 孔 fl.^ 旣沒 ◦ 經, 漢歷, 唐。 千 五 百年。 未, 有,, 識, 之 者? 至, 宋濂洛 君子 相繼 輩出。 然 後披, 霧 

覩, 日 C 可" 奇矣。 在,, 佛經, 則 元 自分 明。 所, 謂 本 如 來藏者 命 也 U 圓成自 性 者 本然 之 性 也 緣起自 

性 者 氣質之 性 也。 妄想 自 性 者 人 慾 之 私 也 ◦ 以,, 其 異,, 名 U 儒 釋莫, I 之覺? 

曰。 上天 之 載 G 無, 聲無, 臭 無, 聲者 無, 形 也。 無, 臭 者 無, 鉢 也。 佛家 謂,, 之 虛签? 道家 謂,, 之 自然? 

儒道 謂- 之理? 曰 ◦ 然則三 家 同, 門 乎 G 曰。 立 X 敎有 A 異。 自修 不, 一 C 五官 四肢 謂-之 形? 湊而 名, 之 

謂-之 鉢? 

老聃者 虚無 之 聖者 也。 釋迦者 慈悲 之 聖者 也。 孔子 者 1^ 之 聖者 也.〕 三 聖人 之 言-形而上 一也〕 不, 謀而 

雨 森芳洲 插窓茶 SS 卷上 三百 十 111 



朱 子 s» 上 三 kn 十二 

橘 窓 茶話 卷上 

對馬 芳洲雨 森 東 伯 陽甫著 

一 浪華 筱應道 安道 技 

H \ 余 平素 揭 示,, 書生, 曰。 學者 所,, 以 學., 爲, 人 也。 自以爲 一 生 所 i 得 只 有- 此 一 句? 頃 閱,, 丘 瓊山學 的? 有 

本 一 ,云0 此乃尹 侍講 之 語 C 朱 子以爲 - 至要? 乃 知 原 出,, 於 古人 < ^?^心 忻喜〕 如, 獲,, 至寶? 吾 十四 五 歳 時 

_ 讀=學 的, 一 盖久而 忘, 之。 誤認 以爲, 出-於 自己, 也 • 可, 見 奥妙 之 言。 古人 未- 嘗不. ,說 耳 C 

f _ 或 曰 學者 所- 以學 I. 爲 也 此意 人人 知, 之。 何 得 J,s = 之 奥妙? 曰。 是是 人人 知, 之 而 人人 未,, 

理. 一 必 知-耳 

\ 或 問 = 際不 際? 曰。 莊子言 =- 1 切 所, 有 本 生-於 無? 際 者 有 也。 不際者 無 也〕 這 無 現有 G 謂,, 之 不際之 

棄ー 際? 這 有 木 無。 謂-之 際之不 際? 盖 聖賢 之 書 C 只 將,, 善惡, 看 ◦ 刖其 理不, 差。 老莊之 書。 只 將,, 有無, 

編 一 看 則 其 意 分明 g ま fi^^ ぬ マ 

々 曰 惠子 曰。 孔子 動, 志 服, 知 也。 莊子 曰。 孔子 謝, 之矣。 而其 未- 嘗言? 莊子深 得-夫子 罕言之 意? 故 

曰。 其卓晃 過,, 於惠 子等? 豈不, I 萬 倍, 哉。 

又 曰。 就,, 此 一 段, 而觀, 之。 莊子可,謂,能知--孔子-者^^矢。 東坡 云。 於-天下 鴛_ 見, 之。 抑 亦末矣 G 

曰。 莊子 於-天下 篇? 列爲 _| 五家.? 實 有-意 在- 焉。 墨 整禽滑 潼之尙 k 同 () 宋新尹 文 之別宥 G 彭蒙 田餅愼 



日 

本; 



ゾ 

彙 ハ 



編 



天 • 明 六 年 夏 五月 朔 浪華 筱應道 序 



雨森芳 S 橘 窓 茶話 序 一一 "百 十一 



朱子學 J» 上 0r 

芳洲 先生 橘 意 茶話 序 

無, 言 乎 可矣。 芍有 し言者 必爭。 爭者必 有, 5^。 有, 私者必 有, 門。 有, 門而 無,, 爭氣? 其 言 能敎 = 誨人, 者與有 

ノ , 幾。 今 之講, 道 也。 以 建-己 之 言? 加,, 諸 有, 爭之 人? 人 之 嵬琪。 己 則 使, 然。 豈 惟儒士 哉。 士大夫 之 

日 處ぉ 也。 亦 擧類菸 、气 古人 有 Jlln。 曰。 有,, 爭氣, 者 不 诗,, 與辨? 知 言 哉。 芳洲雨 森 先生。 夙 條= 

ネ 一 濂洛 之學? 遂以 = 儒 術 仕 於- 對馬? 進 至 S 原 住 _| 用人? 身 居 k_- 謦無閭 南? 以 通-異邦 之 志? 壽 過- 

一 八十? 幺麼尙 無, 有-敗 事? 盖學之 博 德之 美。 於 7修= 飾 之, 潤 ^ 色 之, 乎 何 有。 且其 所- -歷 履? 聲 明文 

物。 有, 足 S 以徵 =箕1§^ 之 遺風? 則游 觀廣覽 之资。 所-, 以 鑄-成 一 大 眼孔? 即, 世搢紳 先生 之 所 X 不 i 可- 

一 企及? 其 在, 期已。 而猶 燸而動 C 端而言 言雖=環瑋?而連^^:無,傷。 證-, Hi 今古? 鞯-, 鍵內 外? 常寬 

i 容-- 於 物? 不,, 壤, 人以自 成? 以, 彼參, 此。 此則敎 之 所,, 以傳 而 有.. 益 i 於, 人 者 也。 退 食 之 暇。 ゾ > 諸 

き $ 子弟, 論 著者。 ^^錄成^卷0 自命 曰= 橘 窓 茶話? 其 言 曰。 天 惟一 道。 理 無-一 It^? 立, 敎有, 異。 自脩 

編," 不二。 是 可-, 以檗 ,- 一 編 之 趣 操-也 e 釋與- 李莊? 尙 且視, 之。 猶_- 同胞? 乃 其 他 乎 G 如, 此則 公平 而 

^ 無,, 爭氣, 者 可, 謂- 敎之 所.. 存 也已。 又所,以得.^能勝--其任? 而 無お 有,, 敗 事, 也 G 而今 所, 傳書。 謄寫 

轉譌。 世 恨, 無-善 本- 焉 C 書肆 某 請, 佘 校- -閱 之? 鈴槧數 四。 药 乎不, 可, 理」 蠻蠻孑 IV- 胥易技 係 Q 而 

後卒, 業。 於 乎 茶話 之 成 G 已 四十 年 矣. - 今 乃 與= 國字雜 著? 併 上-梨 棗? 末路 之 難 。未, 如-之 何? 如 索- 

善 本? 俟= 河 之淸? 故 於, 疑 並皆闕 如。 詩 云。 百 里-者 於 = 九十? 其此 之-謂 乎 e 余應 ^贅_ -卷首 I 



ら 玉の 春の 初と て、 人 は 皆 己が 志 身の 福 を 萬 代と いは ふ 中に、 我 はた^ 五常の 道に 心 をよ せて" い 

ゥ せか はらず 目 出. き 物は此 道な. とて、 かくなん 肇を 乙 、ろむ るなら し。 

寒 

此寿^^、 か はらで ゆかむ、 七十に、 あまる 五つの、 道 を たづね て、 

此肇記 は、 去年 辛亥のと し 春より 冬に 至る 迄 諸 生と 語. 9 し 雜話を 書 集む とて、 ことし 壬 子の 寿より 

筆 を 起して、 秋に 至て 稿を脫 しぬ 。もとより いやしき 楚の もく づな がら、 もし 朽 ずして 吾黨 になが 

く傳 りなば、 後 學の身 を 省る 万一 の 助に ネ ならん かし C よ ftv てこと し 試毫の 言葉 を 末に 附 して、 終 

ftv て復 始まり、 無窮に およぶ の 意 をし めしけ ると ぞ。 

享保壬 子のと し 冬 十月 鳩巢 しるす 



雜話 卷五畢 

室 鳩 ffi 驗肇雜 話 卷之五 三 百 九 



朱 子 學添上 三百 八 

學ぶ とに は あらね VJ も、 此三 とせ 寿の 園 を 窺 ふ 事 かな はねば、 閱の 中ながら 梢に つた ふ 鷥の音 に 

殘 りの 夢 を さまし、 枕に かほる 梅が 香に 過し むかし をし のぶば か. になん ありけ る。 しか は あれ VJ 

幸に わか ゝ.. > し 時よ.^ 學 びの 窓に 年 を經る 甲斐 ありて、 程 朱の 道に したが ひて、 鄒魯の 風 を. 1^ づね、 

韓歐が 文 を このみて 邯鄲の 步を學 ぶに ぞ、 老 のね 覺 慰ぬべし。 さて 3 多くの 年月 を經 て、 世のう 

つ 6 か はる 有 樣を者 ふるに、 盛衰 榮枯 互に 行か ふ をば、 夢と やい はん、 現と やい はん 誠に 富賣は 

浮べる 雲の >^ とく、 禍福 は 糾る繩 の ごとしと い へる になに かたが ふ 事 あるべき 中に た》 吾 人の 

建 給へ る 三 網 五常の 道の み、 天地と 並 ひ炼へ 古今の へだてな く、 是 ばかり はか はる こと ある ぺ から 

ず 人と して 仰ぎ 崇 ぶべき は 此道ぞ かし 然れビ も儒敎 世に 行 はれ ざ 6 しょり、 人 々義理に うとく 

利欲に さとくなる 程に、 五常の 道す たれて、 風俗 曰に 下ら ゆく こそな げかし けれ もとより いやし 

き 身に て、 一代の 風敎, ^維持 せんとす と „^、 わが 力お よぶべき にあらねば、 ひとへ に 批蜉の 樹を據 

かし、 精 衞が海 を 填む に 似た る ベ し さは S へ VJ 世 を 憂 へ 民 を 新に する も 吾 儒 分 內の事 なれば、 是を 

度 外に 置べき にも あらず いか なれば 世に 老師 宿 儒と 稱 する 人の、 好て 異說 を肆 にし、 又は 他 道 を 

雜 へて、 仁義 五常の 沙汰 をば よそに する こそう けられ わ。 た.^ 務て 新奇 を 競て、 俗耳 を悅 ばし め、 

時好に 投 ずるなる べし。 いと ロ惜き 事な. 50 古人の いは ゆ る 阿》 世 曲學と は是等 を. いふなるべし。 

よし 人 はさ も あらば あれ、 縱 風俗 は 昔に あらず なりぬ とも、 わか 身 ひとつ はもとの とく 仁義の 道 

を や. 5 り、、 前修の 模範 を 失 はじと 思 ふこ そ、 賓て 儒と^ りしし るし ともい ふべ けれ。 しかる あ 



本 

倫 





の時、、ま中茶具を持して、逆旅にても签をかけ炭を^^-きて樂としけるを、同行の人見て、 いかにす け 

ばと て 道中に て はやめよ かしと い へば、 其 人い ふ は、 道中の 日と て 一 生の 外に あらば こそ、 是% 一 

生の 日 かずの^s:なれば、 わが 茶 湯.^ する 日に めらず とい ふ 事な し、 家に あると 何ぞ 異ならん とて、 

其 後.;? やめ ざ 6 き 學 者の 道に 志す も、 此 人の 茶 湯 を このむ がごと くなる べし。 もとより 道 は 須臾 

も 離る ベから ざれば、 1 生の 間道 行 ふ 日に あらざる はなく、 あ ふさき る さ 道の ある 所に あらざる 

はなし。 しかる を 急迫に しても とめば、 たと ひ 僅々 として 有 i 得と? p、 皮膚の 間にて やみな ん。 い 

かて か 其截を 喷て滋 咏に飫 こと あるべき O.R^ や 急迫 なれば、 久しき にたへ ぬ物ぞ かし。 いまだ 日 至 

の賠に 及ばず して、 やがて 倦怠す るに 至. なん 翁お もへ らく、 學問は 勉勵を 要と す た > 急 にし 

て 切迫なる をお そる。 義理 は 涵泳を 貴ぶ。 緩に して 懈 弛なる を 戒 む。 迫 切ならず、 懈 弛なら ず、 學 

者 進修の 道に お いて 緩急 相 得て 背かざる に 近 かざべ し C 程 子の いはく、 志, 道 懇切、 固是 誠意、 若 迫 

切不, 中, 理、 則 反爲, I 不 誠- 又 曰、 人 謂 要-カ行; 亦 只 是域近 語、 這 一 點意氣 、能 得,, 幾賠, 了。 諸君 程 

子の 言 を 見よ 翁が 說 あたらず とい ふと 遠から ヒ0 

附壬子 試筆の 詞 

日月 迭に 移て、 白 駒の 隙 過 やすく、 衰病 日に 侵して、 黄金の^ 成が たし。 されば 犬馬の よは ひ是ま 

て あるべし と,?, は ざ 6 しが、 いつしか 老の 波よ. り來 て、 ことし は 七十 あまり 五つの 春に もな り 

ぬ。 あまつ さへ 近き ころより 身に 接疾を 得て、 手足? P あがらず、 起居 もな やめる ま、、 昔の 董生を 

00 M SSil 雜 SS. 卷之五 ,H_B 七 :. 



朱子學 K 上 三百 六 

たらず。 た. 《-孳 々汲々 とし て 勉て不 ia^ におり ぬべ し。 もし 悠々 として 日を涉 り、 一 旦 年老 餘 傾て 

接、 日 > ^ろの 解 を 思 ひいで、、 いかに 悔ゅ ともなに の 益 か あるべき 即今 翁が 身の上に て疾。 され 

ば 古詩に も、 少壯不 = 努力; 老大 徒傷悲 すと いひ、 陶 淵明气 盛年 不= 重來: 一 曰 難-再 晨ハ及 is?^ 

~ 歲 月不, 待, 人と い へば、 古人 も 此感懷 を 同う すと ぞ 見えし C 是 等の 詩句 時- 1- 吟詠して、 勇進の 

a ノ 志 を 振起すべし。 世に 傅る 朱 文 公の 勸學の 文に、 

本 一 勿, 謂 今日 不, 學而有 _| 来日; 勿, 謂 今年 不, 學而 有-来年: 日月 逝矣歲 不-, 我延: 鳴 呼 老矣是 誰 之愆、 

_ 此文本 集に 尾えず。 朱 子 家訓 不 自棄の 文な どの 類に て 朱 子の 少作 か、 又は 接 人の 擬作 にて、 名 を 朱 

倫 j 子に 託する にて- P あらん か C よし 誰の 作に 1„p せよ、 言簡 にして 意 《p 明白な 折 ふし 打 ずん じて 自 

理 , 警む るに よかるべし。 それょ^-^^^翁が常に愛するは陶侃が語な^^。 大禹 聖人、 乃惜 --寸 陰: 至-於 衆 

一 人: 當 fe 二分 陰: 豈 可., 佚 遊 荒廢、 生 無」 „|_ー 於 時; 死 無. - 聞-於 接; 是 自棄 也と い へる こそ、 學者 立, 

す 一 志の 法と すべし 。前にい ふ 淵 明が 詩- P 、曩祖 以来の 家法に こそと 思 ひ 侍る () よそ 入と 生れて 學に 

志 あ 6 とい ふき はの、 生て 時に 益な く 死して 後に 聞 ゆる 事な く、 草木と; g じく 朽果 ば、 いと ロ惜か 

" るべき 事な されば 諸君 も此陶 侃が 語 を もて 自 から 激昂して、 日夜 勸勉 せらるべし 但學は 勇進 

を よろこぶ といへ So ap、 又 急迫なる を きら ひ 侍る o とかく 一 生 乙ゝを 離れぬ 事に て 侯 へば、 急迫に し 

て 求べき にあらず た. 5. 解 惰を戒 て 常に 聖賢の 書に 優遊涵 泳せられ ば、 久 うして おの づか ら進 S ある 

べし (翁む かし 加賀に 在し 時、 士族の 中に 紹鷗利 休が 風流 を 慕て、 茶 湯 を 好む もの あ. 00 江 la '(行 役, 



も、 今に 吳 下の 阿 蒙に て、 むかしに か は ft-^ る事ネ なく、 多年の 御敎育 をむな しう いたし 候 事、 材 

質の 庸 下なる 故と は 申ながら。 學 文の つとめざる によれば、 翁の おしはか 6 もに づ かしく、 汗顔に 

たへ ぬ 事に て 候、 され ど 街 善 誘に よりて、 此 一 兩年はすこし道に見クけたる所》^>出來たるゃぅに候 

,ぽ、 比 後 11 相と もに 勉强 して、 日夜 進 益 を もとめん とこ そ存 候へ、 しからば道に ^!5f ぃてなどか尺 

寸の効 を 得ざる べき、 いよく 翁の 策勵を 仰き 候と いへば、 翁 聞て、 それ は 奇特なる 御覺 悟な が 

ら、 さ S? あるべき 事に て 候。 さて 翁が 先 谷 { ^申 謝すべき は、 衛の武 公の 事ァ, "もて、 翁 を いましめら 

る 、こそ、 ながく 佩 服して 忘れが たく 覺ぇ 侍れ。 もとよ, 武 公の 賢、 な V3 か 企及べき にあら ね ど 

も, 其老て自傲られしは^^-ょ^v年老たる人の師法とすべ き 事に て 候。 翁 かねて 春秋 列國の 人物 を 論 

じて^£-もへらく、 春秋の時衛に^^?ぃてニ人の大豎ぁら。 諸侯に は 衞の武 公、 大 夫に は邐伯 玉、 此ニ賢 

は、 道 を 見る 事眞 に、 學を 好む こと 篤し、 皆 聖人の 徒な り。 伯 王が 寡, 過 を 欲すれ V} も 未』: S とし、 五 

十に して 四十 九 年の 非 をし- =、 六十に して 六十 化すと い へる も、 武 公の 自儆て 我 過,^ 聞む 事 を 求る 

と 前後 相 比して、 自治 誠 切なる 事 一 に 出る がごと し 孔門 七十 子の. 5. に 求と 《^、 顔 曾の 外に は 多く 

得 やすから ざるべ し。 た に列國 太夫の 賢と いふの みに あらず されば にや その 成德 の篤實 光輝、 こ 

こに 至て 今 も猶人 をして 千載の 下に 興起せ しむる ぞ かし。 翁老 た. 9 とい へ ズネ、 今より 謹て 諸君の 

祝規を 奉じて、 殘生を 終む とこ, v*^ も ひ 侍れ 諸君の > ^とき は、 春秋に とみ 材 力に たる。 もし 僻ら 

ずして B に學^ 進まば、 何ぞ 古人 及ばざる べき。 然ど%歲月は恃むに.|^^らず0 材カは 多と する に 

室, © 紫 魅 HI 雜括 .SS 三百 五 



. 朱 子 學 1^-上 三百 四 

下 - 駿臺, 雪 滿驛。 漫 々平 白 失 東西? 一條 正路 依然 在。 知 我 同行 醉不, 迷 Q 

かく 自詠 しける を かた. へよ. 吟 賞して、 此詩 有つ むか なやと い ふこ ゑして、 各 己が 家路に まかり 

ぬ。 

年に はづ 4 い-し 

朔風 發 として 日夜に 冽し く、 寒氣 もい やましな fi- しかば、 講會 もしば らく やみて、 後日 を 期せん と 

いふ 程 こそ あれ、 今年 もお ぼえず はや 幕に けり 例の 人. > 翁が 起居 を 問む とて 來り しに、 翁む かひ 

て、 この ころ は 年の 募と て 世上 はさ ぞい そが はしく こそ 候 はめ、 しかろ に 市 朝に 住ながら 翁が 草堂 

ほど しづかなる 事 は 侍ら ヒ、 蕭然 たる 環堵の 中に、 いっとな く 病に 臥して 日 をお く .9 侍れば、 月の 

すぎ 年の 暮る、 を も覺ぇ 侍らず、 され ど歲 月の 逝 はおし むにたら ず、 た V 悲しむ ベ き1::、^^^->:^ろ學び 

し 甲斐- P なく、 むなしく 不德 にて 身 老年 積て、 此ま、 朽染 むこ を、 今更 悔ても あま. ある 事に て 候 

へと て、 

なに をして、 身の い たづら に、 老 ぬらん、 としの <!^もはん、こともはづかし0 

とい ふ 古歌 を 打 ずん じて、 年に こそけ ぢか はしく 候へ と い へば、 諸 客 聞て、 むかし 衞武 公行 年 九十 五 

にて、 猶^, I 儆 於國, ていはく、 苟在, 朝 者 無 T 謂-我 老耄 一而 舍. 我、 必 恭,, 恪於 朝夕- 以 交戒, 我と て、 

抑 戒の詩 を 作て 自 傲られし となり。 今 翁 高年な.^ とい へど! „p、 いまだ 武 公の 年に 及ばず、 今よ. y 期 

顿の よは ひを享 て、 日に 德 にす 、まれ 候 やうに とこ そ 祝し 候へ 諸 弟子 久しく 師門に 遊び 候へ ど 





31 一 

理 

編 



人 をして 虛 文に はせ、 實用を 忘し む 道に 害な しとい ふべ からず。 翁老 泉が 高祖 を 論ずる 意 を 取て 

文章を論じて^^さ へらく、 學 者の 詩賦 文章に ける は、 醫 者の 毒 藥.^ 用る がごと くなる べし、 其 毒 

をして 治, 病に た. -て、 人 を 殺す に 至ら ざら しむ。 されば 詩 懐に. ft.^、 文章 は辭 達に 取て、 ふかく 

好まざる をよ しとす OTP しふ かく 好まば、 必其 毒に 中るべし それに 詩賦 文章^ 一難 事 也 今 不逮の 

材を もてく はしう せんとせば、 必歲月 を 費して、 學 問の 功 を妨ク べし。 韓 愈が 文 を 學ぴし 事,^ 自か 

ら 叙る を晃 るに、 處若 air 行 若; 返、 儼 乎 其 若 A 思、 茫乎其 若い 迷と い へ. 50 翁 こ、 * におい て 嘆息し 

て、 ふかく韓愈が爲に^^しまざる事をぇず。 嗚呼韓愈が材を^_^て、 心 を 道學に 用る 事 かくの とく 

せば、 聖賢に 至る も 難 かるべき にあらず た^その 學 1 生 文辭の 間にと^ まりて、 巳に 實 得の 驗を 

尾 ざ.,^ し 程に、 居 恒飮博 過 從の樂 に 日を曠 うし、 潮 州に 流されし 時 は、 大颠に 動かされし ぞ かし 3 

是其 根源 を たづぬ るに、 文章の 爲に誤 まらる ゝ 故にて 侍る。 それにつ けても 程 朱の 學 者の 詩文 を 好 

む を いましめられ しも、 あながちに 詩文 を禁絕 せよ とに も あらず、 詩文の 移 i 人 こ と を それよ と 

な 60 是 にて 程 朱 道の 爲に盧 る 事の 遠き を 諸君よ く 思 ひ 知 給へ とい へば、 諸 客け ふ は 終日 鵃 詠の あ 

をび に陪從 し、 又 翁の 訓戒 を 承れば、 誠に 樂 みて 淫 せず とネ 申べ し、 詩に いはく 好:, 樂 無い 荒、 良士観 

罌、 今日の 謂に てこ そ 候へ、 我等 ど?? "此 儘に て學 問いた し 候 は.^、 庶幾 は 宴 安の 鴆毒 を懷 ふに は 至 

る まじく 候、 是 みな 翁の 賜に て 候と て、 各恭 謝の 體に 尾え しが、 冬日の 習に て 程なくた そがれ 時に 

なりし かば、 諸と に 翁に いとま こ ひて まか ける が、 一人 門 を 出る とて、 

室 媳 8S 話 f 之 五 三百 三 



朱 子 畢 》 上 三百 二 

伯 夷が 淸の ごとく、 柳 下惠が 和の Jl> とし 天地の 問の 尤物な. こゝを S て 伯 夷が 風 をき く 者 は、 

頒夫も 廉に懦 夫 も 志 を 立る 事 あ 6 柳 下 惪が風 をき くもの は、 §S 夫 も 宽に簿 夫-? 敦 し。 人 を 移す に 

あらず や。 其 極 をい は 舜の韶 、孔子の 聖、 天地の 間の 大 尤物 也 孔子 韶 をき 、給て 三月 肉 味 を 忘 

る、 に 至 り。 七十 子 終, 身 まて 親灸 して 去ざる に 至る G 又 人 を 移す の甚 しきと いふべ し。 其 外 忠臣 孝 

子 高潔 義烈の 行の 人,^ 感 慕せ しむる も 皆 其 類な. およそ 德義の 類 は、 大に 移せ は大 によし、 少し 

き 移せば 小し きょ 何の 禍か あらん もし 德義の 類に あらず して 人 を 移す は、 儀狄が 酒、 南 威が 色 

はいふに 及ばず、 其 外錦繡 珠玉 珍 禽奇獸 に 至る まて、 人 を 移す にたる もの はみ 穴。、 尤物 也。 もの 爲に移 

さるれば、 大 なる は 必身を ころし 國を 滅ぼし、 小なる は 必名を 辱し め咎を 招く。 古今 歷々 として 者 

パレ。 詩文 書札に 至て は、 儒者の 事に いて 近う して 又闕ぺ からず。 然 ども 李杜摩 詰が 詩、 韓歐東 

坡が 文、 二王の 書の ごとき は、 是も又 古今の 尤物と いふべ し 各 一 種の 人 を 移す にたる もの あ 6 

しかも 亦 外物に して 德義の 類に あらず。 この 故に 古より 詩賦を 好み 文章 を 好む の 人、 多く 一 心を投 

t 外事 をす て ゝこゝ に寢處 せざる は^し や、 實に 近き は、 言論の 雄偉 を尙 ぶに^ず 。其 文に 馳る 

は 雕鏤の 美 巧 を 街 ふるに 至る。 身に*^^ ぃて何の益かぁらん。 道に?^- ぃてなにの得ることかぁらん。 

いづれ も玩, 物 喪;, 志と いふべ し か の 好, 書; _p の は 最下 れ .<yo しかるに 唐の 太 宗の明 を もて、 遺命し 

て 蘭亭の 本を棺 にいれ て 自隨る をぎ るに、 其 移 i 人 こと 詩賦 文章よ. 5#甚 し 。これに よれば 詩賦 文章 

文字の 類 も、 尤物の 移 i 人 もの *^ゥ0 聲 色の 移, 人と はちが ひ、 必し 《p 有, 禍 とい ふに は あらね ズも、 



曰 



本 



編 



世間の 詩 を 作 申 者、 一雨 句 得て は 韻に なづ み、 其 韻 を さがし 候て しひても ち ひ 候 故、 さながら 韻 

に 苦み 候と しれて 見ぐ るし く 薛0 其 韻に 相應の 字な くば、 其、 一 句 をす きと か へ 巾 候 か、 又は 其 韻お 

す-て、、 他 韻に て 作るべき 事に て 候0 唐詩の 韻の 用 やう をよ く 者て 尾るべし 是© 詩 を 寧ぶ 簡耍 の 

rJ となり 思過レ 半と, P 申べ し さて 詩の < ^議 は是 まてに て 候 今日の 會 ぞめづ らしく 覺ぇ 侍る。 む 

かし 子 貢 大蜡の 祭に 會飮 せられし を 孔子 樂し きかと 問 給 ひしに、 一 鄉の人 酒に 醉て 狂す るが ごとし、 

これ を晃 てな にの たのしき 事 を しらず と 申されし を、 百日の 蜡、 一 日の 澤、 爾が 所, 知に あらず と 仰 

られ しと 家 語に 見えた ゥ0 民. え も 四時 稼 穡,^ 勸 めて、 歳 終に 一 日飮 酒宴 樂 して 百日 ひ勞を 忘る 是 

先王の 遺澤 な, 00 民の ながく 勸勞に 服して 相と; P に 君 澤に樂 しむ を觀て は、 君子 も 同 ヒく樂 む > む あ 

るべき 4J、 子 貢の そこに 心づ かれぬ を かくの 給 ふなるべし しかれば 翁 a 諸君; 諸と もに 飮 酒宴 樂 

して、 一 日の 餘暇 を樂 むは、 太平の 餘澤 なり 幸に 時も蜡 のころ にあ たれば、 今日の 會 をば いは ゆ 

る 一 日の 澤と as- べし。 我等 とき は、 民の 1^ とく 稼 穡を勸 る 事 はなく と? P 、各學 問 をつ とめ、 忠信 を 

修め、 仁義の 道, V 世に 明に して、 風敎を 助る こと を 忘るべからず 是 太平の 澤 に答揚 して、 不 報の 

報と 申べ し 何必 し, 官に をり 職に 住する をのみ 國 家に 報ずと いはん や C • 

尤物 人 を 移す 

翁 弱冠の ころに か あらん 左傳 を讀 て、 叔 向が 母の 夫 有, 一 尤物 一足,, 以移, 人、 苟非 一一 德義ー 則必 有, 禍 とい 

ふに 至て、 凍 然として 戒懼の 心に た へ ざ 6 き。 誠に 龜鑑の 名言と いふべ し。 されば 德義 の 移:, 人 は 

室 媳 槧 駿臺雑 SS 卷之五 三百 1 



曰 

ii 



彙 

編 



朱 子 a- i=s 上 三 百 

高堂 幽 僻地。 積雪 暗 = 長 流? 歸騎 迷- 來路? 漁 人 滞 _| 去 舟? 行藏 論-古道? 經濟問 =嘉 獣? 寄, 語 世間 

客 ◦ 誰 知 塵 外遊。 

それよ. 9 迭に 唱和し ける C かくて 酒酣 になる 程に、 翁; _p 今す こした う べんと ての まんと しける が、 

座中に 世に 行 はる ^ 散 樂の謠 によき 人 あ.^ しに、 翁 其 人に 一 曲と す、 めし かば、 肩 上の 笠に は 無 影 

の 月 を かたぶけ、 擔 頭の しばに は不 香の 花 を 手 折つ、 とうた ひ 出しけ る を、 外の 客 もっけて うた ひ 

ける。 翁 打き 、て、 折からよ くこ そ 思 ひ よられ 候へ、 山家 雪中の 景氣を 見る やうに 覺ぇ 侍る とて、 

说引 よせて、 

六 出花 埋三徑 平。 忽聞 白雪 入-歌 聲? 市中 脸, 酒 酒家 近 C 堂上 開, 書 書 帙淸。 玉 樹玲璃 四隣 合。 艱 

沙的礫 一 川 明"」 幽棲 何滅 山陰 典。 荬, 厭留談 到-日 傾, 

翁 諸 客に いひけ る は、 律詩は文字の^„^ちひゃぅこそ簡耍にて候 へ。 たと ひきこえ 候て??、 相應 する 

と相應 せぬ と あり。 ^ 一字に て 景趣を 生ずる と 意味な きと あり。 自作の 詩に て 申 候 はいか^に 候へ 

ども、 しばらく 愚意 を 申 候べ し 此詩 第一 句の 卒字加 ふべ からず 雪 深く して 三徑 のき は, P なく、 

ひとつに ふ. 埋 みし 鉢に て 候 第二 句の 入 字 字 眼と も 申べ し。 諸君の 謠を 白雪の 曲に 比し。 け ふの 

雪の 聲に 入と 申 所に 意趣 あるに て 候。 第五 句の 合 字 は、 雪に て 四隣の 樹の ひとつに な る を 申に て 

候 第 六 句の 明 字 は、 上に 雪 を 銀沙に 比し 候 故、 的 iL ルには 明 字的實 にて 力 ある やうに 覺ぇ候 いづ 

れも 心をゥ け. fji る 字に て 候 惣 じて 律詩 は 韻字の 取 やうに て 作者の 品 は 其 ま、 知れ 申 ものに て 候 



覺 えず、 され V3 け ふの 御尋 忘れが たく 侍る ま > -、 いかさま にも 申て こそ 見め とて、 しばし 打 案じ 

て、 

家 住 駿臺下 門 臨 萬 里 流 隱, 雲 平野 樹。 棹 k 雪 遠 江 舟 吾老愧 = 安道? 客來 皆子猷 草堂 偏閬寂 

喜 共 = 故人, 遊 ◦ 

もとよ fts 翁が 家 は 地 高く 長 流に 俯し 候へ ど 門 はな がれに 臨まず 候 然るに 今の 詩に 門 臨 萬 里 流 

といへ る は、 もら >^ とに ちかく 候 得 ど 、言葉つ レ きょく 句 勢 ある やうに と 思よりか く 申に て 候。 韋 

蘇 州が 野 渡 無, 人 舟自橫 とい ひし 類に て 候 されば 詩 は詞に 泥て 心ならず 不實 になり 候 故に、 古よ 

り 篤實 なる 人 は 多く は、 詩 を 好まぬ 1_^理 にて 候。 た- « 'し 是程の 事 は、 詩に は ゆるし 申に て 《p あるべ 

く 候 常の 言語に 此 くせ 出 申さぬ やう 意 得べ き 事に て 候 さらば 各 $ 一 首賦 せられ 侯 へ とて、 筆視を 

授ければ、 一人 • . 

冬 天衝, 雪 到,, 君 家? 此日 倚レ欄 眺望 餘 Q 兩岸水 塞 如, 夾 X 鏡 千 林樹合 似, 開, 花" . 

又 ひと り 

天 從-- 雪 後-海 寰新 積, 素 凝, 華 先入, 春 淸白 由来 誰 相似 草堂 高臥是 何人 

又 ひと. 9 

欲, 問駿臺 臥, 雪 時 行 吟招隱 太冲詩 ◦ 古人 高 義今何 在 此地 無, 君 誰與期 ■ 

又 ひとり 前の 翁が 詩の 韻 を 和して 

室媳巢 駭肇雜 話 卷之五 11 百 九十 九 



曰 

理 





* 子學 上 二百 九十 八 

侍る、 いか. 《- 見 給 ふやらん、 さて は此 雪に 御 起 ふし も覺 束な く も ひ 侍る となん かきける につけ 

て、 かの 兼 好が 雪の いとお "しろう 降. 1^.9 しあした、 人の か り いふべき 事 ありて 文 やる とて、 雪の 

事な にと いは ざ 6 しに、 此雪 いか. > 見 ると 一 筆い はぬ とて ロ惜き 事と いひ こせし 事 を ふと 思 ひい 

てて 是は あなたよ. 9 かく 氣をク けて いひ こせし を こなたよ. 9 返事な くば、 うらみ やせんと お 1« ひし 

ま、 に、 使し ばし またせて 返事 かきて 奥に、 

拳 

空に ふる、 雪 はこず ゑの 花 なれ や、 ちる かさく かと、 あやま たれけ る 

とかき て、 さてけ ふ は ひと へ にさび しくく らし 侍る、 思 ふ V3 ちい ひ あはせ て こられよ かし、 もれ こそ 

誠の 志と 思 ふべ けれと いひ や- 9 けり P かくて や > "日た くる 程に なりて 門 をた 、く 音し けり、 人して 

あけさ すれば、 かの 文 こせし 人、 例の 人々 伴 ひて 來に けり 形の, とく 主 設けして 翁 うれしく さむ 

さ 忘れて にじり 出、 かたみに 語 6 あ ひしが、 酒 俊め て 出しけ るに、 衆 客 5_ ^みな 醉を勸 めて、 淸談ぃ 

とこ 、ろよ く 見えし C 

ある,: J する、 心ば か. は、 こ ゆるぎの、 いそぎ あ. くに、 j3? とらめ や 君 

われら 事、 足た ち 侍らねば、 御爲 にさ かな もとめて あ 6 くこと は、 かな ひ 侍らね V3«^、 心ば かり は そ 

れ に-も, 0; と. 候 まじと、 戯 ごとな どい ひて 程を經 ける に、 衆 客け ふの 雪に は、 翁のから 歌なくて や 

は あるべき とて、 翁に 簡を 授けし に、 翁い やとよ むかし は 雪月花の 折に あへば、 はや 詩の 思 ひよ. 9 

も: K しが、 今は老 ぼれ て 其 心 % さ ぶら はず、 詩 も 《しくす て >- 作 もねば、 口^りて いひ 出べき 事 も 



ぺ しと しれた. CNO しかれば 憶病の S3 名と きこ ゆべ し。 侍講のと き 文廟へ 1„p 巾 上げけ ると て 語. し 

尤 道理 ある 事な. されば 士は 一 言の 上に も 心 をつ けて、 利欲 臆病 好色 等の 筋の 事 をい はず、 口に 

無二 擇言, を こ. そま. fi- なく 見事なる ともい ふべ けれ。 かの 世 儒の いふ 文雅 風流 もこ、 にもと めば、 道 

に 中らず と いふと? P 遠 か らヒ 。今 身の 言行 をす てゝ 徒に 文辭の 未に 1* とめて、 聖賢の 道 こ 、にあ. ft- と 

. す。 これ その 所, 好に 僻して、 自 から 道に 背く 事 を しらざる な り。 しかしながら 正學 をみ だ. 9、 後 

生 を 誤る こそな げかし けれ C 詩に いはく、 誰 生, ー厲 階: 至 爲, 梗 乙の 謂な り0 

一 B の澤 

冬 もやう- ふかくな りけ るに、 慕 行 空の けしきす さま t く、 雪 もちら,^ 打ち. しが、 とかくす 

る 程に、 日^_$=すてにくれはて>-、 烏羽玉の 閽さ f いと- うとまし。 かくて 夜 も ふけ 行 ま、 に 夜 さむ 

身にしみ わたり、 しばし # いねやら て、 みつば か- 9 になり ぬるに、 鐘の こ ゑ もき こ ゑず、 雞の音 

S せて, なにと f;:- く しづかになる やうに 覺 えしが、 いつ あくると 5_p なく、 窓の しらみ あ ひける 程に 

家に あ, しわら はよ び こして、 閻の lo- あけさ すれば、 夜の まに 雪い とお もしろう ふりつみ て、 庭 

の 草木 も 花 さき、 に はかに 奢來る こ、 ちし、 四方の 山の端 《p みな 白妙に なりて、 人間 世界、 さなが 

ら 天上の 白 京 かと あやまた るる 折し も、 あた, 近き 池の 水鳥の 聲. I- になく 《p、 程 ければ きこ 

ゆ さ こも 波の うきねの さむから めと、 それさ r 哀を 添て、 さても 心 あらん 友? P がな と 人 ゆかしう 

思 ひし 折 ふし、 い クも問 か はす 人の TP とよ. とて 文 1< ?て來 ぬ。 いそぎ 開て 見れば めづ らしき 雪に て 

室鳩粱 駭蠆 雑話 卷之五 二 1H 九十 七 



子 l*_„g 上 二百れ 十六 

らく わ. て 人 をよ びて、 さきに ネら ひし 銷を 三枚に おろして、 其 骨 をた. 《 '今 吸物に して 出せと いふ 

を兩人 聞て 心に 不足し ける に、 酒 を はりて 三 好 銀 を 取 出して 返し > かば、 如 水 最初より かしぬ る > む 

にて はなし、 合力す る 心な 6 とて 再三し ひて か へ せど 受取す してやみ ぬ 飮<|^.- の 事に はもら ひし 

< 銷を 1„p みだりに もち ひず しか J_p 客の まへ にて いうて、 いふ まじき 事と も 思 ひ よらず さて 朋友 急 

日 用の爲には銀百枚を^^?しむぺ しとも^^„>*"はず0 是 等の 事に て? P 其 時 i: 力士の 風俗 儉素 m 直にして し 

本 \ かも 義を 忘ず、 心事 潔白なる と を しるべし C 翁 わかき 時の 事 を 思 ふに、 其 頃 まて 《p 年若き 人な ど 

一 は 物の 直 段の 事 をば、 か- 9 にも 口にい はず、 女色の 咄 をき \ て 赤面す る 入 も あ 6 け. 大 かたは 古 

儉) 戰軍 術の 事 を 聞て よろこび、 君 父への 奉公 武士の 覺 悟な VJ を 議 せし ぞ かし C 當代 わかき 人の 出合 

理 をき くに、 多く は 勝手 損得の はなし、 ヌは 女色 遊興の 事 を 互に 語り あびて 一 座 力 慰と せざる はな 

一 し 此五 六十 年 以前と は 格別の 風に こそ 成 行けれ 又 其 ころ 加賀に 靑地采 女と いひし 士ぁ. 00 北 (子 

S 

^ 蔵人と いひし 者 は 翁が .D 友な 6 其 父采 女が 子弟に いひし とて、 人と 物 を かへ て 典と する 事、 世に 

^ あ, 事 なれ ども、 汝等必 すべから ず、 かへ まけて 彼に 得 ある はよ し、 もし か、 勝て 我に 5E ある 時、 

V 基 象戯に 勝た ると けちが ひ 心すみ せぬ のな りと 語 6 しこ そ 心に くゝ覺 えし か C 當世は 人と 物 を か 

へて かへ かちた ft- とよろ こび、 又は. かき 物 をい やしく 買得て、 ほり 出した るな どと いふけ、 商賈 

の わざに して 士 たる 者の すま じ,、 いふ まじき 乙と なら。 又先^^^-新井筑後守がぃ ひし,^.-覺ぇ侍る。 人 

の曛を い ふとて し はき 人と じ い ふま t き 事な り。 金銀に さ へ し はければ、 命に は い よ./ \ し はかる 



思 ふ は 皆 利欲な ftNO されば 命 は 金銀よ. 大切なる 物に あらず や 勝手 を; >? てい は .5-、 命 をい くるば 

か 6 勝手によ き 事 はな けれ V5«p、 義に 臨て は 塵芥よ. も輕ん ずる は士の 道な り。 いはん や 金銀に を 

いて を や もとよ. ft- 大切の もの なれば、 常に 身の 養生 をつ、 しみ、 金銀 も あらく 費し 用 ひざる はさ 

1„p あるべき 事 也。 されば とて 命お し 金銀 つと しと 心に お 1„p ひ 口に もい ふ は、 商賈 などに は 似合た 

るべ し、 士には ある ま. じき 事な. 50 むかし 小説の 書に て 見 侍る 唐の 柳 公 櫂が 家に 久しく 召 仕し 婢 

あ A- しが、 柳 家 をいて ゝ楊巨 源が 家に 仕へ しに、 夫人 絹 を 買と て自 から 牙 僧と 價の 高下 を議 せし を 

見て、 俄に 驚疾を 得て 楊 家 を 謝し 去け. <yo 其 後人に むかひて、 われ 多年 柳 家に ありし に、 終に 內子 

の自 から 物 を かひ 物の 價を 問れ し 事 をき かず、 しかるに 夫人 牙 僧と 價を議 せられし を 見ければ、 き 

1„p けぬ やうに 覺 えて 驚 疾を 得たり とい ひしと な ftsc 柳 氏 はさす が 唐の 世 族に て、 家風い さぎよ く、 

新進の 家と は 格别の 事なん ありけ る。 されば 中 唐の ころに はめ づ らしき 事 なれば こそ、 かく 記し 置 

けるなら し。 我 朝 は 君子 國と稱 せらる ゝ しるしに や、 中古 迄 は 風俗 淳素 にして、 貨 利に ひす かし か 

らず 義理 を 堅く 守る とに はな けれ VJKP* ^^-のづから廉恥の風も ほ ろ びず なんあり ける。 武家の 

世に な. て、 風俗 大きに 變ず とい へど も、 士 たる 者 は 金銀の 事 をば 常に いろはず して、 しか 儉素 

質 直にて いさ、 か驕 なか. き。 近き 頃 まて 《p しかな.. ある 老人の 物が た. 5 に、 朝鮮 陣の賠 日 根 野 

備中守 朝鮮へ 使に 行し が、 家 貧して 支度な りが たか 6 ければ、 三 好 新 右 衞門を もて 黑田如 水よ 6 銀 

百 枚 を か 6 ける。 歸 朝して 後 新右衞 門 同道して 如 水の か. 行て ー禮 をい ひしに、 如水對 面して しば 

. 室 鳩 M ^察雜 話 卷之五 二百 九十 五 



- 4|4 子學 上 二 m 九十 四 

ず、 身に 取て 文章の *^ もき は 言語に あり、 文辭 はもの 餘 事なる 事 を しらず 古より 慎, 言の 訓 一に 

してたら ず 孔子 も 言行 は 君子の 柩機、 榮 辱の 主との 給 ひ、 子 貢 も 君子 は 一 首 もて 知と し、 一 言 もて 

不知と すと いひ、 南容は 日に 白圭 を三復 しけ. 90 是 によ. 5 ていふに、 身の文章は言語ょゥ^^もきは 

なし。 介 之 推が 言 は 身 之 文 也と いひし をぞ、 ふかく 其理 にあた. 9 たると いふべ し C 世の 儒者と 稱す 

る 人、 1!^^くは出=辭氣ーして鄞倍を遠ざくる事をしらず0 或は 大言 を恣 にし、 戯謔を 好み、 或は 女色 

を 論じ、 貨利 を議 し、 其 言 をき くに、 委 巷の 談 のな とく、 奴 譲の 語に 似た ゥ0 文雅 風流 安に か ある C そ 

れ にた マ 詩 を 賦し文 を 著 はし、 琴 を 鼓し 笙を 吹て 古人の 文雅 風流と す。 いは ゆる 叫 :2s ノ概 還, 珠の 類な 

るべ し o.^ とひ 文雅 風流 古人に 似た. 5 とる、 優孟 が孫叔 敖を學 ぶが ごとし や 大きに 似ざる もの を 

や 誰か 真の 孫叔敖 とすべき 座 客の 中に いふ は、 兵家 山 鹿の 何が しが、 世に 士の 金銀の 事 を 口に 

沙汰す る はい やしき 事と いふ は、 大きなる 僻 ことな. 5、 金銀はなくて 叶 はずして 至て 大切なる 物な 

それ をい やしめ 輕ん ずべき にあらず とて、 諸侯より 金銀 を 贈れば、 取て戴きてさし^^iきけると 

ぞ 翁 はいか. > 思 ひ 給へ ると い へば、 翁 それ は 兵家 利害の 愈議 よりい ふ にゃあらん、 士の道 はさに 

は あらず いかにと なれば、 士は 義理よ. り 大切なる はなし。 其 次に は 命 を 大切と し、 金銀 は 又 その 

次な う。 此ニゥ も 大切なる 物故に、 や-^! _p すれば、 生死の 場、 金銀の 事に 臨て は、 かの 義理と いふ 

^£^;<?き物を取違るぞかし0 よりて 貪, 生 貪 i 利の 事 をば、 心に と. > めじ 口に もい はじと 心づ かひす る 

は、 士は饭 A- に 利欲に 近づか t となり 惣 じて 利欲と いふ は、 金銀の 欲に かぎらず、 身の 勝手 を 



る を 尾るべし c 右の 四 法 を? P てよ めば 汎 然とよ むに あらず C 加 1 之歲月 の 功をジ まば、 ^^^?のづから 

得る 所 あらん 筆 を 下し 文 を 作る に、 用, 字に 誤らず、 造 にい やし か らず、 鋪叙 備.. 、體裁 正し 

く, 言 を.?^ て 道 を 論ずる の 助けと する に. らん かし。 もし 徒に 文字 をネ てあそび、 觀美 をつ とめ、 こ 

れを 《p て學 問の 事と せば、 浮虛無 實の甚 しきと いふべ し。 かの 文雅 風流 を 道と する ものと なに を も 

て 異なるべき しからば 今 かく 云々 する も、 人 を 邪に 納る にして、 翁 《p 其 罪な しとせ ず。 今 世の 學 

者、 多く は輕 俊に して 實行を 心と せず C た^ 文辭 に馳騁 して 虛譽を 求めざる はなし。 然るに 師儒た 

る 者、 1 だと ひ 痛く 懲 すと へざる べし。 や 道 は 文雅 風流に あるの 說をネ ていざな はんに は 

誰か あ ひ 率て したが はざる べき 且ぃ へ、 道 は道德 にある か、 文章に あるか。 道德 にある とい は^、、 

文辭 はもと より 道德 にあらず。 文 や; 早に あると いは-^、 いは ゆる 夫子の 文章 は、 道 德の美 の 威儀 文辭 

にあら はる、 をい ふな, 90 今た レに 文辭を さして 道と する は、 玉帛を 1„p て禮 とし、 鐘 鼓 を もて 樂と 

する に 同じ されば 孔子?? 禮云禮 云 玉 帛云乎 哉、 樂云樂 云 鐘 鼓 云 乎 哉との 給し 翁 %聖 言を眞 似て 

文と いひ 章と いふ 文辭 をし 1„p いはん や、 とい はまし と ぞ思ひ 侍る 

言 は 身の 文 , , • 

翁 かねて 思 ふに、 ロを發 する 上に ていへば 言と し、 言の 連賴 をす る 上に ていへば 語と し、 語の 模樣 

をな す。 上に てい へば 辭 とし、 をれ を 文字に 寫す 上に てい へば 文辭 とす。 しかれば言語^?^辭同じも 

の 也 。た. > し 後世 文字の 辭 を文辭 とい ふよ 力て 起て、 文辭に 限り 文章と いふ は、 古意 を 失 ふの みなら 

室 Si 梁 驗議雜 話 卷之五 二百 九十 111 



曰 

理 

編 



朱 子 さ S 上 二 1„« 九十 二 

しかば、 數過を 待ず して 事々 精 Is^ なると ぞ。 虞 邵庵是 を もて 人に 敎て讀 翁の 良法と しけり C 今此法 

にした が ひて、 五 經左傳 遷^が 史.^ も 文章の 爲 とよまん に は、 義理 事 實に貪 着せず、 カレ 文章の 一 

筋 を 主として よむべし。 志盧 分る、 所 あ. て專 一なら ねば 意 を 精し うする こと を えがたし それに 

つきて 翁 曰,^ ろ 四 法 を 定め 侍る その 一 に 字 JSO 文字 を 用 ふるの 例な. 9。 たと r は 藥の能 あるが ご 

とし。 參^同じく铺なれど^^、 其 用 異な 60 ^連 同じく 潙 なれ VJ,P、 をの 用 異な. 00 文字, P 亦し か 

fo 勉字務 字 同じ,、 つとむる なれ VJi<P 、其 もち ひ 異な. 90 愼字敬 字 同じく つ、 しむ なれ ビも其 用 ひ 

異なり。 すべて 我 朝 同訓の 字 皆 其 同異 を辨 ずべ し ;^-し同訓にまょひて其同異を辨ぜずしては、 こ 

まの ゆきを しらず して 象棋を さすが iSj とし。 必^ ひ 誤 まる 事 多 かるべし 其 外の 文字 も 一字 あれば 

一字の 能ぁゥ 焉矣乎 哉 等の 助 字に 至る まて、 同異し り やすき; „p あれ V3、 少しの たが ひに て、 疑似 

する も あれば、 とかく 古人の S ひし 例 ひろく 者へ、 彼此 を 通 はして 見る にしく はなし 。其 二に 語 

類 字 かさなりて 成語 をな す、 其 類 一 ならす 政治に 係る 語 あ. 9、 兵戰 にか ゝる語 あ. o、 人の 性行に 係 

る 語 あり、 事の 措置に 係る 語 あり、 古訓の 語 あり 比諭の 語 あ. 5、 其 外 あげてい ふべ からず。 必 しも 

せハ 語お すぐに 取に は あらね V3 も、 古の 成語 を 多く 記して、 其 中よ 6 轉 化し 出せば 自ら 雅 にして 俗な 

らず、 直にして 迂 ならず 其 三に は 鋪叙。 語 を 鋪て章 段 をな す をい ふなり 0. 群 分 類聚の 所 あり、 交 

互 錯綜の 所め 6、 意を設 るの 廣く、 言 を 布く の膽 はしき を 見るべし 其 四に は 體裁。 鋪叙 によりて 

首尾 をな すお いふ 也 起 端 あり、 承 接 あ. o、 轉折 あ, り、 收結 あり、 文勢の 抑揚 頓挫 條 賞の 滞ら ざ 



は 二王に 變ず c 義理の 學は陽 明に 變じ、 文章の 學は鳳 州に 霧ず 但莨 知の 說は內 省存、 むの 工夫に 係 

て、 儒者 分 内の 事 を 離れず 鳳 州に 至て は、 名撿 をい とひ 規矩 を 破り、 た^ 文雅 風流 を 《 "て學 とす 

れば、 その 害晋 の淸談 に似てな ほ甚 しき. P のとい ふべ し C 今 世 師儒と 稱 して 法 を 孔子に 誦すと い へ 

V5、 實は 名聞 をつ とめて、 つゆ 道に 志なければ、 二百 載の 下 服 州が 聲威を か 6 て、 世 好に 投じ 時 望 

♦i,! 收ん とする は、 いと さがしき 謀なら し 今其師 とい ひ 弟子と いふ もの、 群居して 文談 する をき く 

に、 口に まかせて 大 言し、 道 を 語れば 程 朱を排 し、 文 を 論ずれば 韓 歐を贬 し、 自 から 牛耳 を 執て 一 

仳人 なきやう にい へる こそ、 むかしの 攀龍世 虞が 食に 旁 爆し けれ C よく 其 傳を繼 たる とい ふべ 

し 

寸鐵人 を ころす 

後數日 ありて 諸 客來會 せし が、 翁に 前日 文章の ために 讀 べき 書 御 示敎ぁ 6 て 承りて 候、 それにつ き 

請 たき 事の 候。 右 御 差 圖の誉 は、 我等と. 日 ご ろ讀 候て 常に 取 あっか ひ 申 物に て 候 今 改て文 

章の. {^ めに 讀 候に は、 よみやう の 意 得 も あるべ く 候 や 承.^ く 候と い へ ば、 翁 をれ は 尤なる 心 づきに て 

候 大凡 書 は多讀 をよ しとい.^ し 候へ ども、 たと ひ 千 卷万卷 の書讀 候て. p、 その il に 意 を 精し うせ 

ず、 うはべ にて ひと 通りに 讀 過して は、 何の 益 を か 得べ く 候。 寸鐵人 を 殺す とて、 一 寸の鐵 にて 

もよ く鍛 へば 人 を 殺す に 力 6、 長道具^^^-と い f どもな まりて は 用に たへ ざるが とし〕 昔 東坡自 

から 西漢害 をよ みし こと をい ふに、 治 道 人物 地 里 官制 兵戰 貨財の 類 一過 ごとに、 専ら 一 事を^と め 

室 ^臺雜 話 卷之五 二百 九十 一 



朱 子學! ^上 二 IB 九 4-: 

たらざる をし らん かし 滄溟鳳 州 等が 文是 な. 00 翁 かねて 二子の 爲, 人 を 者る に、 狂 率 俳に して、 

夢にも義理し..=^.?:^る人とは見ぇず0なににょりてか文章の義理に本づくべき事をしらん0今その大槪 

を かた. 9 侍る ベ し。 二子 莫逆の 交,^ なし、 日夜 徴逐 して 詞賦 を;. P て 相 誇. o、 中原 二子 を. P て自 から 許 

すに 至る その 顛 狂恣雎 いふば かりなし。 いく 程なくして、 鳳 州が 父 王伃、 怨 家の ために 誣られ 

て 、下, 獄論 死せられ しかば、 鳳 州 弟 世 愁と同 ヒく棄 i 官て長 安に 走り、 父の 死に 代ら ん とこ ひし か ビ 

も かな は ざゥ しかば、 號泣徒 跣して 柩を 負て 歸 葬し ける。 これ はさす が 本心 を 失に ぬ 所 も あるかと 

尾え しが、 それよ 6 身の 不幸 を かなしみ ける にや、 又は 5^ 淇も 、む 病に て 暴 卒せし かば、 謔浪 笑敖の 

友. P なくな. し 程に、 志氣 5^ 喪し ける や、 忽に故 態を變 じて 釋 氏に 歸 依し 伽藍 を 建立し、 又 〈弁 州の 

園 をつ くりて、 日夜 賓客と 其 中に 宴游 し、 歲月 を玩惺 しける なほ それよりも あやしむべき は、 社 

友 王 錫 爵が女 比丘尼と なりて、 话澹敎 門 を 立し を 鳳 州 これが 弟子と な ft- っゝ、 其 尼 を 尊て 曇 陽 大師 

と號 し、 錫 爵と同 t く 結盧戒 食し、 それより 賓客 を 謝し、 肇硯を やき、 朝夕 梵誦 をのみ 勤めけ る こ 

そ、 希有なる わざ なれ。 しかも それに,, P たへ ず ゃゝ 久しう して 宿 好 を 忘る、 事 あた はず。 又 出て 

詩人 酒客の 間に 遊びけ るが、 程なく 身 まか <^ に けり。 各是 にて 鳳 州が 爲, 人 を 考へ給 へ0 病, 狂 喪 

レ 心の 人に 似た. 50 然ど, P 博聞 宏詞の 名を竊 むにたり、 同 俗 合 i 污、 衆を收 るに^ ft- しかば、 其 時に 

當て地 望の 高き、 游 道の 廣き、 海內の 人物 を 鼓動せ しかば、 王 守 仁が 良知の 說を もて 天下お 傾けし 

後はきかざる^^なりとて、 世の 論者 陽 明 を 並べ 稱 して 一 代の 盛事と しき C 翁 は /9?P へ らく 明朝の 學 



所に あらず o 

曇 陽 大師 

今更 こと 新しき .5. 事に て 候へ VI も、 人 は 第一 義理の 大筋 をし. たき- P のにて 候 かやう の 事 ►i,- いふ 

を 今 世の 儒者き ゝて は、 たれ 義理 しらぬ もの や ある、 初心なる 事 をい ふとて、 さ こそ 嘲笑 ふに て あ 

るべ く 候へ ど? p、 世に 範 儒と 稱 する 人に も、 義堙の 筋 くらき 人 も 尾え 侍る。 孔子^„p君子t!義以爲, 

質と 仰ら れて 候、 是は 君子 言行の 上に て 仰ら れ候 へど; „p、 すべてよ ろ づの事 義理 を 質と せざる はな 

し。 いはん や 文章 は 質 あ. ての 文 なれば、 義理に もとづか ずして は、 浮 靡亂雜 にして 文章と はいふ 

ベから ず。 されば 韓柳歐 蘇の 四 人 いづれ も 文章 科 中の 人 なれば、 道の 深き をし. 9 たる 人と は 許しが 

たけれ ども、 義理の 筋 しらぬ 人に は あらず 祖韓歐 は 道の あらまし を?? うか .3- ひ、 一 代の 正 人たら 

しぞ かし 柳 蘇 はふた 6 ながら 釋 氏に 浸 淫し、 それに 柳は叔 文が 黨 にい, 9、 蘇 は 洛學の 仇と なる 

これ を;. P て 正 入 君子の ために 贬議 せらる。 それ は學 術の 正しから ぬに よれば、 今更 是非す るに たら 

ず その 文 を 見る に必 義理に 根據 して 識 遠く 思 ひ 永し。 中に 柳が 文 は 精深雅 健に て、 氣格 とに 雄 

拨 しける 蘇が 文 は、 議論 振發 し、 理致明 i じに して、 確乎と して 拨べ からず こ、 を もて 韓歐に 配 

して 愧 ざるに あちず や。 明朝に 至ても、 弘 治正德 のころ まて は、 文章と い へば 義理 を 主と せざる は 

なから き。 もし 己が 博聞に 傲て、 たレ に文辭 に馳聽 して、 義理 を 主と せる 2 文:;!、 しひて その 辭を 

燼 飾して、 文 彩 目 を 驚かし、 變幻 l^^ai す と いふと も、 明 股の 人 一 .f^ ひ觀 ば、 その 猥錢 にして 15- る a 

室 1-^ 勒蟹雜 括 お 之 if- 二百 八十 九 



m 

本 

理 

編 



失 1 子 * S 上 • 二百 八十 >< 

宗た りひ 古 4 「文意に もいて は 一 人? P 非議す ろ もの ある をき かず されば 明朝に 至て、 詞臣 文士 多く 出 

て、 文章 世に 盛な 6 しが、 劉 基、 宋濂、 李 夢 陽、 何景 明が 徒、 名 を 一 時に 擅に し、 大家と 稱せ しか V5、 韓 

柳 歐 蘇が 文に もいて は、 一 言 雌 黄 を 下す さなし。/? も ふに ふかく 慕尙 して 欽服 しけらし 其 外 文章 

を もてき こ ゆる もの、 唐順之、王愼中が徒、^^1 家の 言 を 立つ とい へ VJ 、いづれ か韓 柳が 遺 流お くみ、 

歐 蘇が 餘波を 揚げざる 者 ある。 然るに 文章 は 時運と 盛衰す る 物 れば、 明の 中葉より 以後 稍々 衰へゅ 

く 程に、 平易なる は 俚と なり、 簡 古なる は剽竊 となり、 それより 天下の 文章、 科 擧帖栝 の 習に 落 

て、 是.^ - 時文と 稱せ しかば、 古文 は 見るべからざる ことにな 6 にたり 此 時に 當て 古文に 志 ある 人世 

に 輩出して、 復, 古 培, 俗に 急な, 9 し! _p 、韓 柳歐 蘇が 文 を こそ 赤 糠と せし か 篇每 に檢揚 し、 句 毎に 品 

藻せ ざる tj, なし。 しか あれ ビ材 識 高から ず、 蕴畜 深から ざるに よ. 9 て、 その 所作の 文 を 見る に、 古 

に似て 古に あらず、 雅 に似て 雅 にあらず、 最後に 李攀 龍、 王世貞 出て、 その 平易に て膚 俗にち かき を 

厭て、 相與に 奇怪の 文 を 造作し、 狂蕩 の.! HI を 請 張し、 洸洋 自恣 にし、 一世 を 鼓動せ しかば、 四方の 文 

士靡 然として 歸依 せし 程に、 號 して 文章の 主 盟と稱 しき されば;! 5S 溟鳳州 "常に 韓柳歐 蘇が 文 をば 褒 

稱 して、 終に 非議す る 事 をき かず。 鳳 州 は 晩節に 及て 文 友と 文 を論ヒ てゃゝ 後悔して、 平 正に か へ 

る 志 ありし かど, P 及ば ざ. ける よし、 錢謙 益が 列 朝 詩集に 見えし と覺ぇ 侍る C しかるに 今 文章 を も 

て自 から 許す 人の 王 氏が 棄餘を 拾て、 彼が 四 部 稿 を師祖 とすと 尾れば、 又 鳳 州が 心に たが ひて、 反て 

韓歐を 毀る 乙 そ、 いと 意 得が たけれ 定めて ふかき 意 《p あるに か あらん 翁な VI が 小 見に てし る. へき 



まだ 文辭を 解せ ぬな りと 語る をき ゝて おかし か. 9 しが、 むかし 韓退之 文 を 作りて 人に 尾せ て、 人 笑 

へば よろこび とし、 人 春れば わが 文い まだ 俗人の よろ ぶ 所 あると しりて うれ ひとす とい へ り。 老子 

にも 下士 聞, 道 大笑 一之、 不, 笑? 足-一 以爲. ^道と こ を 見え 侍れ。 此 等の 人に 笑 はる、 にて、 いよく 

韓歐が 文の 高き をし る。 もし 此 等の 人に 譽られ ば韓歐 とする にたらず。 是も程 朱 を 譏る と 同 t 意に 

日 一 て、,, P とよ, いふに たらぬ 事 なれ ども 己が 量お しらざる の甚 しきと いふべ し 古人 を 笑 ふと すれ ど、 

本 みづ から 笑 を 後世に 貽 さん こそな げかし く覺ぇ 侍れ。 

文章の 盛衰 

しばらく あ. て、 翁 古今の 文章 を 論ずる に、 西漢の 文章 は 奏疏制 策の 外、 賈 誼が 過秦 論、 司 馬遷が 

答-一任 安, 書、 司 馬 相 如が 諭-一 巴蜀 -檄、 楊 雄が 解 嘲 此類潜 多し。 其 文 大抵 雄偉 高邁、 後人の 及ぶ とこ 

ろに あらず 東漢 以後、 文章 衰 弊して 振 はず。 六 朝に 至て、 四 六 俳 偶 をせ てェ とせし がば、 規模 蕩 

一 ,盡 し、 氣 象萎肅 して、 觀にたる^^-のなし。 唐に 至て その 餘習 いまだ 除か ざ ft- しに、 韓退 之、 柳 子 厚の 

二子、 いづれ 超 絕の材 を?^ て、 一生の カを盡 し、 古今の 言 を陶鎔 して 自 から 機 杼を 出し 力れば、 

其 文 上 追, 一 西漢, て殆 過たり.? とい ふべ し。 東 坡が韓 文 公の 碑に 文 起-八 代 之衰ハ 道濟- 一天 下之溺 一とい 

ひしが、 道濟 -I 天下 之溺 1 はしらず、 文 起-一八 代 之衰, といへ る は 異論な き 事 也 誰かし からず とい ふ 

べき 其 後 五代 を歷て 漸く 衰 へし を、 歐陽 東坡の 二子 相耱て 出て 振起せ しかば、 文章 ふた ゝ びいに 

し へ に復 しぬ。 其 文 光明 正大、 又 追 配, ー韓 柳, て羞 5^ ざるべ し 是を? P ていふに 韓柳歐 蘇 は 文章 家の 大 

室媳棠 ^蠆雜 話 卷之五 二 m 八十 七 



倫 

編 W 



B 

本 

ノ 

編 



朱 子 享 お 上 二百 八十. K 

陳無 己に 伯夷傳 與 へ てよ ませけ るに、 無 己 それより 文法 を さとると な 60 古人 多 はかく の^とし。 

今 伯夷傳 をよ まざる 人 はなし。 しらず よく 文法 を 悟ん や 否や C ちかき 頃歸 化の 人舜 水の 朱 之 瑜が物 

がたら に、 束 坡穎濱 わかき ころ、 父老 泉な にやらん 常に 一 書 を 枕 中より 取 出て よみけ るが、 かたく 秘 

して 見せ ざ. 9 し を、 父 あらぬ 時に ひそかに 取 出して 晃れば 子な, 9 ける とぞ。 此事 なにの 書に も 見 

えず あな にて た. 世に いひ 傳 へし 事と きこえし。 老 泉が 批點の とて 世に 傳 ふる- 眞偽 はしら 

ね ども、 是を KP てい へば さも あ. 9 ぬべ し。 老泉 日^ろ 先 秦兩漢 の 書を晃 たれば こそ、 ff^ 子 を讀て 

悟入し ける 程に、 かく 愛玩 はし つらめ 。されば 多 錢善賈 、長釉 善 舞と いふ ごとく、 文章 も多讀 にしく 

は なかるべし。 但先秦 兩漢の 書 とても、 卷 跌浩繁 にして 、吾 徒の 材カ にて は あまねく 精讀し 難が るべ 

し。 是 によ. -て翁 は 其 中を取て、 五經論 まの 類に 勿論に て、 老莊 屈宋が 作、 淮南荀 卿が 書、 さて 丘 

明が 國語 左傳、 司 馬 遷が史 記、 班 固が 西 漢書に 極めた く 候 C 其 外 は唐宋 大家の 文 を熟讀 すべし 是も 

全集 をよ むに はへ およばず 幸に 明の 茅 鹿 門が 抄錄 した〃 あれば、 是に てこと たりぬ ベ し。 八 大家の 文 

をよ みて 自得す る 所 あらば、 明朝 諸家の 文 は 遙に其 下に 出る 事 を 知る ベ し。 體製迭 に 出 て 呈, 新と 

も 珍と する にたらず 奇怪 相 鼓て 獻 i ハと! 驚に たらず いは ゆる 観, 一 於 海, 者 難. 爲 i 水と は是 等の 

謂な. ft-o されば義理は濂洛關閬に至^^、 文章 は 韓柳歐 蘇に 至りて % はや 加 ふべ からず 後世 作者 あ 

- ^ともこれ を 易る 事な かるべし C しかるに 世の 宿 儒と 稱 する 人、 己が 危淺猥 港の 文 を a て、 みだり 

に 韓歐が 文 を 非毀す るよ し 聞え 侍る C ちかき 頃 其 徒の いひし とて、 韓は なほ 取に たる、 歐陽 はい 



し o 大 匠と いふと; いか >修铺 すべき や。 たレ 弯を窒 ぎ、 傾 を 支る 迄にして やみな まし 今後 生の 

文字 を 指摘す る も 亦 かくの なと し 爾に いてな にの 益 か あらん。 この 故に 翁 かねて 後生に い へ ら 

く、 先 筆 を 下さず、 その 作の 功を讀 に; >p ち ひて、 古文 辭に 覃, 思 せ よ。 久しう して 必 古人の ロ氣に 

Z れ、 古人の 作意 を 得て、 我心に 悅懌 する 思 あるべし ◦ しからば 時々 擧揚 する 工夫の ひとつな りと 

B 先 儒 もい へば、 著作 を 一 向に 廢せ よと にも あらず 但 十に 七 八の カを讀 にもち ひ、 二三の 力 を 作る 

本 ,^ もち ゆ X し。 かくして 月を經 年を經 ば、 韓柳歐 蘇が やうに こそな くと;! p、 相應に 悟入す る 所 あり 

$ て、 文字 を 作る に 手 熟し 肇活 して、 用る に隨 てた 6 ぬべ し C 是晚 うして はやく、 遠う して 近き の 道 

倫 一也。 - 



編 



• 多 錢善賈 

座中の 諸 客、 文章の 學は讀 書 を 要と する 事く はしく 承り 候、 しからば 文章の 爲 によむべき 書 はなに 

なにと 承た く 候と い へば、 翁き、 て、 韓返 之が 進學 解に、 規をと.*^作を擬するの書をぃふに、 上姚 

姒 より 下 大史所 レ錄子 雲 相 如に 至 6、 柳 子 厚が 靠 中立に 答る 書に いふに も、 詩 書 を 首と して 太史公 

に 至る、 二子 いづれ; -P 班 固 以下 は 取 所に あらず と 見えて 候。 され ど韓返 之が 答 一, 李 翔, 書に、 三代 兩 

漢の 書に あら ざれば 敢 てよ まずと あれば、 西 漢書 をば すて ざり しに や。 歐 陽東坡 f:-v3 はこと に轉學 

の 人に て あれば、 古今の 書に よまざる はな かるべし 歐 陽が 韓 文を學 び、 束坡が 孟子 を學 ぶと いふ 

は、 ^讀の 功つ 义ゥ て、 こ、 に 至て 性の も かきょ 6 悟入す る 所 あるに よりて いふなる ベ し 曾 南豊 

室鳩巢 蟹雜 話 卷之五 二百 八十 五 



朱 子 s- 派 上 . 二百 八十 四. 

し、 或 時乘, 間 じて 文字 を もて 問し に、 歐 公の いはく、 作文 無, I 他 術: 唯讀, 書 多 則爲, 之 自工、 世人 

之 患 在, 懶, 讀, 書、 又 作,, 文字, 少、 每二鬵 出, 即 求, 過, 人、 如 Z 此少, 有,, 至 者 T 疵病不 3 必 待-人 指摘; 

多作自能見,之0翁^^-も へらく、 歐陽 公の 言平實 にして 味 あ. 00 文章 を學 ぶに これより 近き はな かる 

一 べし 翁數年 文章に 心 を 用て、 何と ぞ捷徑 も あらん かとい ろ/ \尋 求し が、 後に 文を學 ふに 別に 悟入 

日 一 の 法な し、 た 讀書 にあ 6、 歐陽 公の 言 我 を 欺かざる こと をし りぬ 歐陽公 古今 文章の 大家と して 其 

k. " 言 かの ひとく、 其 上古 人の 爲 にい へ るに、 心 S をの こさ、 る さ あるべ からず。 しかるに の 言 是に 

ヰ ^ 

過 ざれば、 此 外に 餘 法な きさ 明らけ し 又 韓退之 答-李^, 書、 柳 子 厚 答 _| 韋 中立, 書、 弁に 蘇老 泉が 

上- It^ 陽內翰 一書 を 見て 知 給ぶべし。 三 子 いづれ も 初より 著作 を 事と せず して、 積年の カを讀 書に 

ち ひし かば、 讀 書に 勞 して 著作に 逸せし さ、 はから ざるに 符節 を あはせ たる が^とし。 されば 韓柳 

歐蘇が文章に^^-けるは天授の材とぃ へど、 それさへ 讀 書より 得ざる はなし。 今 吾 黨の學 は、 文辭 

專 にせねば、 必し 1^ 文章 家 を學ん とに は あらね V3、 常に 用る に辭 達して 事の かけぬ 程に とならば、 

をれ も 古文 辭を よむ につと むべ し 今の 後生 多く は躁 進に して、 久しく 潜-一 思讀 香- にた へ ro 

常に 銳, 一志 著作, してた》 自 から 文 を 作 6 て、 師友の 指摘 を 求る をのみ よしと 思へ 6P しらず や 指摘 

の 益 は大體 文字 程に 中り て 中に 一 二 所の 班 病 を 改め、 ヌは彼 善- 1 於此, とする を いふなり。 今 率 易 

にして 不, 成, 體の 文字 を もて 是正 を 求る は、 たと へば 室 星の ごとし、 結構 次第 を 失 ひ、 材木 等儉を 

失 ひ、 或は 堂 を 後に し 室 を 前にし、 或は 楝を椽 とし 椽を楝 とせば、 一 .1^ に 住居 をな さず と い ふ ベ 



倫 

理 

編 



日 ? 

本 ? 

倫 ) 

編 



て? o、 からにお とるべき にも あらず さる 程に 宋明諸 儒の 說を もこ、 にて 是非し、 その 及ばざる 所 

を も發 明す るに て 候 はず や た. 《• 此文辭 ばかり、 こ、 にて 常に 取 あっか はぬ 事に て 候へば、 書 を.^ 

國語を もて 訓じ、 頗 倒して よみ 來り候 程に、 老師 宿 儒と いふと も、 よく 辭に 得て 意に 通ず る 事 難 か 

りなん や 多く は涉獵 をつ とめて、 書 をよ む 事 も雜駿 なれば、 いかで か 文辭の ふかき 味 をし るべ 

き 是 によ 6 て 自ら 作れる 文章 1*、 辭なづ み 意 塞り、 或は 奇險 お務め、 或は 怪 僻に 涉り、 自ら 古文 

辭と稱 して 世に 傲れ ども、 大かた 尾る にたらぬ 事に て 候。 たと へば 富 商大 賈の 己が 貨財^き に 誇り 

て、 簪總 家の 風流 を眞 似す るが ごとし 珍 器 名物な どの かざりに て 紛ら かし ぬれば、 はしく 似た 

る やうに も あれ ど、 かのゃすらかにして ^^のづから風流なるに比すれば、 なにとなく いやしき さま 

あらて、 更に 同 t 物に あらず 又 口 吃す る 人の ものがた りする がごと し 。さながら わけ 聞えぬ にても 

なけれ 、言葉 ゥ か へ て ぃひとりぇざる事^^-ほし。 今此 弊を嬌 めむ とならば、 漢唐以 來明理 の 文を讀 

て、 其 中よ. ft, 文法 を さとるに しく はなし 其飯作を^_9てぃはレ、 賈 誼が 治安の 疏、 董仲 舒が對 策の 

文、 韓退 之が 原 道、 歐陽 永叔が 本論 等の 鴛を最 とす ぺ し 其 外 柳 子 厚、 三 蘇、 王 曾に 至て、 古今 大家と 稱 

する 人の 文章 を 見 給へ。 平易 條暢 ならざる はなし。 いづれ か 今人の 好める 宾州 澄溟が 文の ごとく 詭 

異難 溢なる 事 や ある 文に 韓柳歐 蘇 ある は、 詩に 李 杜王孟 あるが ごとし。 されば 宋明 諸家の 文章 を 論 

ずるに1^>、韓柳歐蘇を宗とせざるはなし0然ども諸家の文章を論ずる、皆過高にして初學に益なし0章 

法 句法 抑揚 頓挫な V3 やうの 沙汰 は、 粗 熟して 後の 事なる べし むかし 孫 莘老、 歐陽 公と 相識る こと A 

室螅粱 燧襄雜 話 卷之五 二百 八十 三 



曰 

偷 

鶬 



朱 子 さ 上 二百 八十 二 

汰 する こも、 明達の 論と はいふべ けれ 

作文 は讀 書に あ. A- 

後數 日 ありて、 諸 客來會 せし が、 翁に むかひて、 前日 倭 歌 唐詩の 事く はしく 承.^ 異聞 を 得 侍る。 但 

倭 歌 は、 我等 ひときの かねて 學 ばぬ 事に 候へば、 必 しも 自らよ むに は 及ばず。 詩る 必し? P 自ら 作ら 

ずと; _p、 古詩 を 吟詠しても 襟懐 をき ようするに 足ぬ ベ し。 た.^ 文章 はもれ と はたが ひ 侍るべし。 

た. 今 聖賢の 書 をよ み 候 も、 文辭 によりて 求る 事に て 候へば、 文辭の 法に くらくして は、 其蒽に 

通ぜ ざるの みならず、 其義を 誤る 事 も あ る ベ く 候 其 上 孔子 >^ 辭は達 する のみと 語られ 候。 自身 

に文辭 を! "て 書 を 解し 義理 を 論じ 候に も 其 法 を しらず して は、 道理 を いひ 達する 事 も 成が たく 侍る 

べし 今 我等 ごときの 晚進 後生 文章 を學び 候に は、 い^. > 意 得て よく あるべく 候 や、 承た くこ そと 

いふに、 翁 笑て、 むかし 漁獵を このむ 人の いふ をき、 しに、 魚 をと るよ 6 は、 鳥お とる は、 ,rl?1_p しろ 

く、 と. o,^ 捕よ. は、 し、 狩 は 又お K? しろき 物 也と ぞ。 其 相手に する 事 がらの 大きなる にした が;: S 

て、,^;. P しろ さも まさるに て 候 翁い とけな か ft- し 比、 小 倉の 百 首 をよ み 習し より、 和歌の かしき 

ふし を? P かたはし 承, しり、 其 後 學に就 候て よ. 又 詩文 を 好み 侯て、 是には 多くの 年月 を 費し 候 ひ 

し 。今 はくやし き 事に も ひながら、 はや 七十に あまり 候へ ども、 さすが 日 ひろの すき はい まだ や 

みがた くこ を 候 へ。 それにつ きて も ひ 候に、 和歌ょりは詩は^^もしろく、 詩ょりは文章は又^^-も 

しろく 思 ひ 侍る。 翁 かねて 申 事に て 候、 義理 はふ かき 物に て 候へ v> も、 義理の 工夫 は、 我 邦の 人と 



あほ あらぎの、 森の 下草、 ^5}ぃぬれば、 駒 >P す さめず、 かる 人 もな し。 

とよめ る、 みな 外の 1.5- の を もて 比して、 始終 本意 を あら はさず。 この類の 歌 は、 詩に てい へば 比の 

體 にかな ? 入 丸が 夜の な うして あかし かねた る を、 

足曳 の、 山鳥の 尾の、 しだり 尾の、 ながながし 夜お、 ひとり かもね む 

とよめ る、 此 類の 歌 は、 詩に ていへば 典なる べし。 いかんと なれば 上の句に 山鳥の 尾 を もてい ひ 起 

して、 本意 は 下の句に あり。 其 外 世の 人口に ある 歌に、 自ら 痛く 老に ける をな げきて、 

おしてる や、 難 波の みつに、 やくし ほの、 からく? P 我 は、 老に ける かな。 

とよみ、 うき 身の 世に すみが たきと いふ 意 を、 

あし 堯の、 さはぐ 入江の、 水の 江の、 世に すみが たき、 我 身な. CNtbft>o 

とよめ る、 皆 上の句に 外の もの を もてい ひ こして、 下の句に て 本意 をい ふ。 いづれ も 與の體 にか 

な へ. 00 さはい へ V3 和歌け えとよ 6 風雅 頌の わかち, P なく、 赋比 典の 體, P さだかなら ず 貫 之が い 

へ る 六く さは、 詩の 六義を 深く 者へ ずして、 た- «• 歌の さま を 六く さに わけて、 詩の 六義 とかず を あ 

はせ て、 かくい ふなるべし されば 詩の 六義は 詩の 六義、 歌の 六義は 歌の 六義 と、 格別に 見て、 あ 

はせ 論ず ぺ からず。 倭 歌に 限らず、 官職 律令 等の 事 にても 見 給 ro 我 朝に て 漢唐を まなびて 建た る 

事に、 取 誤 6 て 名 實龃龉 したる 事 多し しかる を 倭 書 をと く 人、 多 は 强て牽 合して、 其 誤 を 信に せ 

ん とす 恐らく は 公道に あらず た. 《. 信 以傳, 信、 疑 以傳, 疑と いふに したが ひて、 是非の ま ゝに沙 

室 巢 驗壷雜 話 卷之五 二百 八十 1 



Jj- 子學 很 上 二 百< 十 

なと しひ 本意す ぐに 比する 物に あ. 5 て、 別に 本意 をい ふに 及ばず 典 は 他物お- P て その 本意,^ い 

興す。 關 離の 詩の 關々 たる 雄媽 を- て、 たる 淑女 を 興し、 稷 木の 詩の 稷 木の 葛蠤を もて、 君子 

の 福 履お いひ 起す がごと し。 上 はい ひ 起す 迄にて、 下に 本意 をい ふ 也。 今 詩の 六義を もて 倭 歌 を; |« 

ずるに、 ガ葉 集に のす る國々 の 歌 は、 風と いふべ けれ VJ、 其 外 古今 以下 代々 の 歌、 多く は 輦穀の 

もとの 作な り 曰!;^,^ 雅 とい へば、 閨秀 桑門の 作、 又 は 戀釋敎 等の 歌 まじれ. 00 雅と いふべ からず 

砷 慶賀の 歌な ど は、 其 意 や ゝ頌に 近し と 《p いふべ けれど-^、 是又 宗廟 樂歌 のこと 葉に にあらず 

其體又別な.《^、 しかれば 風雅 頌の三 は、 倭 歌に はき はめて あはぬ 事 也。 いかて か是 おもて、 倭 歌の 

部 立を定 むべき。 賦比 興の 三 は、 倭 歌の 體を わかた ば、 是は わかれ もし 侍らん か。 され ど廿 一 代 集 

の 歌、 大^た はすぐ に 風景 をう つし、 情事 をの ベて、 比舆 する は 稀 なれば、 十に 八 九は賦 とい ふべ 

し。 中に 比 興の 體も たまく は 見え 侍る。 

仁德 帝の 御 即位 をす 、めて、 

難波津 に、 さくや この 花、 ふゆごもり、 いま は 春べ と、 さくや このはな。 

とよみ、 齋宫の 御子の さは 6 出来て、 齋宮 にた >- ずな りなん としけ るに、 其 事 はれて、 つ ひに 初に 

復 せし 事 を よろこびて、 

大空 を、 て. ゆく 月の、 きょければ、 雲 かくせ V31_p、 ひかりけ なくに 

とよみ、 わが 身の 老转て 世に もち ゆる かたのな きを 打な げきて、 



の衰へ ゆく まくに、 浮 靡に ながれて、 實 をと. 失; 3 ぬる こそ、 なげかし き 事 なれ。 詩歌の みに 限る 

ベから ず 

六義の 沙汰 

座中 ひとり、 耙賞 之が 古今 集の 序に、 歌の さま を 六く さに わけて、 からの 歌に も かく ぞ あるべき と 

いへば、 詩の 六 義に其 意 かよ ひ 侍る にや 承た くこ そ 候へ とい ふに、 翁、 倭 歌の 事 はしら V' 候 へ ど 

ネ、 詩の 六義 は、 古今 集の 序にい ひける 六く さの 趣と は、 大きに か は. 5 たる 事に なん 侍る。 詩 は 風 

雅頌賦 比 興 を もて 六義 とす 風 は諸國 にあら ゆる 男女、 各 已が情 を 詠す るの 詩 也 U 國々 にて 其風體 

か はるに て 風と いふな 60 雅は 朝廷の 公卿 大夫 以下、 已が情 を 詠ず る 詩 也〕 聲 正しく 體 いやしから, 

ぬに て雅 とい ふな. 00 頌は 宗廟に いて、 fg 考を 尊び、 福祐 を禱 るの 詩 なれば 頌と いふな. <^o この 

三に て 詩の 全體 をす, 〈力れば、 ぃは-^織物のたてぁるが^^とくなるゅゑに、 是 を三經 とす。 さて 賦 

比 典の 三 は 右の 三 經を橫 に 貫く にあ 6 て、 風雅 頌の詩 いづれ も賦比 興の 三の 體に はづ る、 はなく、 

いは. > 織物の ぬき あるが ごとくなる ゆ ゑに、 是れを 三緯 とす。 三 經三緯 を 合せて 六義 とす。 三經は 

前にい ふごと く、 詩の 部 立 なれば 格別の 事 也 三 緯は毎 章 詩の 仕 立に て わかつ 事 也 U 賦は葛 覃卷耳 

などの 詩の とく 情事 をす ぐに 詠ず る をい ふな 比 興の ふ. つ はすこし 紛 はしき 體と; „p いはん か 

し 此は 他物 を 《p て その 本意に 比喻 す。 宮人 螽斯 を狱 して、 冬 I 斯の多 子なる を もて、 后站の 子孫^ 

fsTi に此 し、 婦人 栢舟 を賦 して、 栢 舟の 漂流す る を % て、 己が 夫^す て もれて よるべ きに 比する が 

000 酸 豪雜群 卷之五 • ニ哲も 十九 



編肇理 <d 本 B 



朱 子 a- 上 二百 七十 八 

いひ かな へたる と 見 ゆるよ. 9 は、 威 ふかう してす てがたく 覺ぇ 侍る。 今 思 ひ 出した る 數首を $ て 例 

してい は. V、 . 

久か たの、 光の VI けき、 春の 日に、 しづ ふ く、 花の ち るら む。 

朝 B かげ、 に ほへ る 山の、 さくら 花、 つれな くきえぬ、 雪 かと ぞ みる 

うちし め 6、 あやめ ぞ かほる、 ほと、 ぎす、 嗚 やさつ きの、 雨の タ暮 

庭の 面 は、 まだ か はかぬ に、 夕立の、 {<H さ. 9 げ なく、 出る 月 かな 

夕され ば、 門 田の いなば、 >^-とづれて、 あしの まろ 屋に、 秋風 ぞ吹 

秋風に、 たなびく 雲の、 たえまよ 6、 ? れ いづる 月の、 影の さやけ さ。 

津の國 の、 難 波の 春 は、 夢 なれ や、 あしの 枯葉に、 風 渡るな. / 

駒と めて、 袖う ち はら ふ、 かげ >P なし、 佐 野の わた. ft- の、 雪の 夕暮 . . 

是 等の 歌、 不盡の 景氣 をう つして、 さながら 目に 尾る がごと く覺ぇ 侍る。 折に ふれて 是を 吟詠せば 

襟 懷を淸 くし、 塵 想 もけ ぬべ し。 西 行が わが 佛法は 倭 歌に よ 6 てす、 むと いひし、 さ ありなん か 

し。 わがと もがら も、. 吟詠 をた すけ、 性情 を 養 ふに はたよ. 9 なきに あらず されば 倭 歌の すてが た 

き はこ、 にある ぺ し。 但此 ころの 歌 は、 あたらしく いひいで >、 一 ふしお かしく きこ ゆ る は あれ 

V3、 こと 葉の 外にけ しき覺 えて、 あはれ ふかき はなし いかて か 人の 心 威 典す るの S あるべき 

是も晚 害 以後の 詩の ごとく 詞に のみ もとめて 情に 本づ くと いふ 事 を しらぬ なるべし。 よに 事 《 ^風俗 



B 

本 

餘 



彙 

編 



1<P ゝ 千鳥、 さへ づる春 は、 ものごとに、 あらたまれ V3 も、 我ぞ ふり ゆく。 

此 歌を吟 ずれば、 老人の 懷舊の 情 を 感ずべ し。 

春の 夜の、 やみ は あやなし、 梅の はな、 色 こそみ えね、 香 や はかくる ゝ。 

此 歌を吟 ずれば、 有德の 不可 レ撩の 誠 を 威ず べし。 

世の中に、 さらぬ わかれの、 なく もがな、 千世 もといの る、 人の子の ため C 

此 歌を吟 ずれば、 孝子の 愛 ご 親の情 を 感ずべ し C 

風 ふけば、 奥津 白波、 たった 山、 夜半に や 君が、 ひと ft. 行らん。 . 

此 歌を吟 ずれば、 貞婦の 思, 夫の 情 を 感ずべ し。 

忘れて は、 夢 かと ぞ思 ふ、 おも ひき や、 雪 ふみ 分て、 君 を 見む と は。 

此 歌を吟 ずれば、 君子 不, 忘-一 故 舊-の 情. ^感ずべ し 此類 外に 3 なほ 多 かるべし。 古今 集 以後 八 代 

集に 至て は、 あげて 數ふぺ からず 中に 翁が 常に 好て 吟 ずる 敬 一首 あ ft.o 縑倉 三代 實 朝の 歌に、 

武士の、 矢な みつくろ ふ、 籠手の 上に、 あられた ばし る、 奈須 のしの 原 

此歌を 定家卿 評して、 鬼 をと 6 ひしぐ 體と いはれ しと ぞ 誠に 勇壯 を?^ てす ぐれた る 歌な り。 外に 此 

體の歌?^-ほく見ぇ侍らず。 武士た る 人 常に 此歌 を吟ぜ ば、 その 金 革 をし きね にす るの 志 を 感じて、 勇 

氣 のす、 むべき とこ そ 思 ひ 侍れ。 さて 春秋の あはれ をい ひ、 月 花な V3 を 詠めし 歌 も、 た. 《• 其 ま、 に寫 

しと 6 て、 さながら みる やうに ある は、 なにの あかしき ふし;" P なけれ ズ、 かの 詞っ. 《• き. くみに よく 

室 5*wi- 驗衋雜 話 卷之五 二百 七十 七 



朱子學 K 上 二百 七十 六 

は 我 朝の 人 これ を "て 性情 を 吟詠 すれば、 から やまと 詞 はか はれ VI も、 その 所 はか はるべからず 

詩 は 一 首に て 詞理と に 具足して、 曲盡- 一人 情, たれば、 もとより 三十 一 文字の 及べき にあらず 翁 

わかき 時よ. 盛 唐の 詩 を 好て 讀て、 賈 至が 早朝, 一大 明宮, の 詩に、 千條 弱柳垂 一一 靑瑣; 百 嚇流鬵 達-建 

^ 章; 劎 佩聲隨 -I 玉 堤步: 衣冠 身 惹-ー 御爐香 一と 賦し、 それ を 和して、 王 維が 九天 閻闔 開-, 宮殿; 萬國 衣冠 

曰 一 拜-ー 冕旒: 日色镜 臨-一仙 掌 一 動、 香煙 欲 T 傍-一 袞龍 一 浮 ハと賦 し、 51r.lr か 金 闕曉鐘 開, 一 萬 戸: 玉 階 仙 仗 擁= 千 

本 一. tB; 花 迎=劎 佩 一星 一 初 落、 柳拂, ー旌 旗, 露 未, 乾と 賦し、 杜甫 が旌旗 B 暖龍蛇 動、 宮殿 風微 燕雀 高、 朝罷 

? 香煙 携滿レ 袖、 詩 成 珠玉 在レ揮 と賦 する を 見る に、 文 彩の 煩赫 たるの みに あらず、 開 元 泰平の 氣 

倫 一 象 目 中に あるが ごとし。 かやう の 所に 至て、 倭 歌の 風情 は、 殆螢燭 の 日に, ける やうに 覺ぇ 侍る。 た 

理 その 情に 發 する 一 ふし は、 のづ から 詩に かな ふ 所 ありて、 人心 を 起す 51! なきに あらず。 國風苯 

_ 苢の 詩に、 采-ー ふ芣苢 1 簿言采 i 之、 採-一々? S2f 薄 言 有, 之と いふが ごとし。 是は婦人の^!-ほばこを採 

鷺 ^ 

て 曰 を もく るを自 から 賦 したるな り。 なにの^^?かしきふし;_?なけれど、 其特代 泰平に して、 婦人 ま 

で % 無事 をた のしむ の 情、 言外に あら はる。 それに はからず して かな ひ. る は 

^ "しきの、 大宮人 は、 いとま あれ や、 さくら かざして、 け ふ; <P くらしつ 

とよめ るに ぞ。 我 朝 延喜天 暦の ころ は、 朝^^和卒、 群臣 閑暇な 6 し 事、 Ji- も ひ やられて いと 威 ふ 

かし。 芣苜の 詩に よく かな ひ 侍る。 其 外 古今 集の 歌 は、 詞 すなほに 餘情 あ. ft- て、 お ほく は 一 唱三歎 

する にた (た. 00 • • 



の 辭を剽 掠して 高 古に 慽り、 己が象流の外 一 代に詩なしと^^-もへ60 然れ VI も 其 詩 をよ むに、 猎碎 

流麗 一向に 文理 をな さず、 浮萍の > ^とく 斷 便の ごとし。 文字の 怪と いふべ し。 しかるに 其 黨の人 は 

相師祖 して 是を 文雅 風流と し、 あまつ さ へ 聖人の 道 は 文雅 風流なる 物と い ひしょし をき.^ 侍る 文 

雅 風流 はよ しそれ にもせ よ、 道 は 文雅 風流なる 物と い へ るに 、いかなる いはれ にか あらん。 さいつ こ 

ろ 人 あ. 5 て 翁に かくと 告 ける 程に、 さて は 道 は 仁義に は あらず して、 詩歌 管 終に あるよ な、 しから 

ば 孔孟より は 世の 騒 客 伶人 こそ 道に 近 か. けめ、 今まで しら ざ, し は、 いと ロ惜 かりけ る 事よ とい 

ひしが、 是は 翁が 戯な り。 もとよ 6 詩文 を 好み、 華 飾 を 事と する は、 道に 益な きと S ふば かりにて 

もな く、 人の 心 術 を 害する なれば、 學 者の 專 につと むべき 事に は 侍らず。 但 一 向に 詩歌 をた ちて 風 

雅の趣 を しら ざらん は、 質 勝て 野なる 方と や 申 侍らん。 

倭 歌に 感興の 益 あり 

一一され ば 我 朝に 歌 ある は 、もろこしに 詩 あるが とし。 よりて 詩歌と て 同 t やうに 取 はやし 候 へ VJ3、 

我 朝 はむかし より 3 ろ こしの 文辭 にう とく、 李杜諸 名家の 詩 をよ む 人 まれな と へ 讀ても その 

旨に 通じが たし。 たまく 白 居 易の 詩 和 かにて 倭 歌の 風に かな ひ、 平易に して 通 t やすき 程に、 

是を 唐詩の 上等と して、 このみて 長慶集 をのみ 學 びけ らし。 この 故に 其 詩み な 膚淺粗 俗にして 見る 

に. ら ず。 懷風 藻、 本朝 文粹な VJ 考て知 給へ かし。 反て 近來 五山 老禪 の賦 する 絕 句の 體の 、一種 澹泊 

の昧 ありて 取べき に はしかず。 しかれば 我 朝の 詩 は、 すて.. - 論ずる 事な かるべし C さて 倭 歌に 至て 

室植某 鬆蜜雜 話 ^?五 二百 七十 五 



曰 

鶼 



朱 子 學添上 二百 七十 ra 

るに たらず C 其餘の 作者 も、 大かた聲律に拘.<^、 窩 臼に 落て、 詩 は 性情 を 吟詠す とい ふこと. W しら 

ざるなる べし. - 鄭 谷が 雪を賦 して、 江上 晚來 堪, 畫處、 漁 人披, 一得 ー簑, 歸と 作れる を 東坡が 評して、 

是 は村學 中の 詩な りと て、 柳 子 厚が 作 6 し 千. a 鳥 飛絕、 萬逕入 縱滅、 孤舟 簑笠 翁、 獨釣寒 江 雪と い 

ふ 詩 を 引て、 別格の 事と い へり。 鄭 谷が 詩 は、 巧に して、 俗耳に は諧 ふべ けれ vl.p、 子 厚が 詩 を S 

て 見れば、 その§^俗ぁらはれて*^?ほふべ からず。 柬坡が 眼力の たかき を 知べ し 「」 それにつ きて 思 ふ 

に、 細雨 濕, 衣 看不, 見、 閑 花 落, 地聽 無, 聲と ? へ る は、 盧输が 詩な 人口に 糟 炙して 佳句と な 

ん稱し 侍れ ビ、 よくい ひ, iS| ふせた るば かりにて、 吟詠す るに 餘 味なし C 宋の僧 志 南が、 霑, 衣 欲 i 濕 

杏花 雨、 吹, 面不 X 寒 楊柳 風と いへ る は淸麗 閑暇、 阻嚼 して 味 あり 盧が 詩に はま さ. n- ぬべ し C され 

ば 志 南が 詩 を、 朱 文 公の 稱し給 ひし を、 げにさることと^^-;„^ひしが、 其 後 擊壤集 をよ みて、 梧桐 月 

向,, 懐中 一照、 楊柳 風來, 一面 • 上, 吹と い へる を 見る に、 又 一等 從容の 氣象ぁ 6 て、 有 道の 言と 乙 も覺ぇ 

侍れ。 誠に 風流 人 一象と 申べ し C 此 三人の 作、 句調景 趣と も 相似て、 , ^のづ から 三 段に きこえ 侍る 

盧は辭 を 主と し、 志 南 康節は 情 を 生と して、 情に 高下 あ 是に てし 6 給へ 詩は辭 に拘れ ば、 理屈 

に *5 て. M なく、 情に 發 すれば、 意思 を 含て 味 あ. 5。 しかい へばと て,. 初學の 人、 辭の 雅俗 を しらず 

して、 に はかに 情の 沙汰に は 及が たし。 今 世 好く 詩を賦 する 人 を 尾る に、 多 は ごろ 唐詩 をく はし 

くよ まずして、 た- > 主意 を 先 だて ゝ、 已 が俗臈 より. ちに いひ 出す 程に、 巧なる は談諧 をき くに 

似たり。 拙き は 腐錄 をよ むに 似た. 90 又 世に 一種 偈 曲 無實の 人, なにの 生 意,, pf^ く、 樂府 古詩 







本 



理 

編 



木深と い へば 人な き 事 しるべし、 花鳥 は 平時 娘むべき 物にして、 をれ を 見て なき、 聞て 悲しめば、 當 

時流 離の 情い はずして しれたり。 又 明の 王 整が 唐詩 を 論ずと て、 國風綠 衣 燕々、 碩人黍 離 等の 篱、 

いづれ も 言外 無窮の 感ぁ 6、 後世た. 《. 唐人の 詩の み此意 あ.^、 溪水悠 々春 自來と い へば、 懷, 友 

いは .ev5 懷, 友の 意 言外に 溢る、 潮 打-空 城, 寂寞 回と いへば、 典 亡 をい はね VJ も、 興亡の i 言外 

に. 溢れ、 風 人の 體を 得たり とい ひし 此ニ子の論深く其理を得た<^と覺ぇ侍るo 是 にて 唐詩の 妙 を 

しるべし 李 白が 大原早 秋を賦 して、 霜 威 出, 塞 早、 雲 色 渡, 河 秋、 夢 繞邊城 月、 心 飛 故國樓 といへ 

る、 此類の詩は雄壯の氣,^.^"て勝れた60 杜甫が 江 亭を赋 して、 水流 心不, 競、 雲 在 意 倶遲、 寂々 春 

將, 晚、 欣々 物自 私と い へる、 此 類の 詩 は 深遠の 思 を? P て 勝れた. 其 外 王 維が 日 落 江湖 白、 潮來天 

地靑 とい ひ、 杜 、雨が 吳楚 東南 诉、 乾坤 日夜 浮と いひ、 孟 浩然が 微 雲澹, 一河 漢 T 棘 雨滴 _ 一 梧桐 1 とい ひ、 

^ 柳宗 元が 壁 { 仝殘月 曙、 . 門 掩候蟲 秋と いふ みな 馴雅 の詞を もて 不 群の 思 を發せ 60 誠に 宋 人の いは. 

S ゆる 難 i 狀の 景を寫 して 目前に あるが e とく、 不レ盡 の 意 を 含て 言外に あら はると は、 是 等の 作 を や い 

一 ふべき 其 餘の詩 も 是に 例して 知べ し 杜甫が 秋 興の 八 首、 王昌 齦が 宮詞 の諸篇 は、 14 體 はか は ft- 

一 力れ vll<p、 各 其 能 を 縱まゝ にして、 ことに 傑然 たる ものな らん か。 しかるに中i^ょ<^晚唐に至て、 

韋蔬 州、 柳 儀 曹が外 は、 昌黎が 文章 古今に 卓絕 すと い 〈ど も, 其 詩 風雅に は 少し 遠 かりき。 まいて 孟 

郊賈 島が 塞瘦、 元 が輕 浮、 白 居 易が 浅 俗、 李 商隱が 僻澀、 溫庭筠 が媚艷 いづれ.^ 詩の 厄と いふ 

べし 其 作た 盛 唐に 出入す る^, 9 れ ども、 其 大槪を 論ずる 肊、 意趣 部し く、 品格 下りて、 尾 

室媳雜 卷 i 二 IB 七十 S 



朱 子 學 PS 上 二百 七十 二 

ぞ ある めと、 なにとなく { 仝の みなが めら れて、 

宇宙 依然 百 代 流 P 道 喪 文 獎思悠 々0 誰 知 天上 孤耠月 長 照 人間 莴 古愁。 

詩 書道 廢共 ^陳0 邪說紛 々日 競, 新。 明月 似 i 知 千载恨 。態 穀來照 白 頭 人。 

翁自 から 此詩 を賦 して 口す さびければ、 諸 客 も 傅へ 誦しけ るが、 月 落 河 傾て、 ^る旣 にあけ ゝる程 

に、 各い とま 申して まか. ぬ。 

詩文の 評 品 - 

他日 糧て諸 客來會 せし が、 各 疑問 事訖 て、 詩文の 談 に/およぶ いづれ も 翁に 向 ひて、 詩文 は學 問の 

餘事 なれば 急務に は 候 はね VJ 是! tP 藝に游 ぶの 類と や 申べき されば 翁の 詩文の 論 を 聞^く 候と い へ 

ば、 翁 先 詩の 事 を 論じて、 詩 は 三百 篇は とかう 議す るに 及ばず、 漢魏 以後の 詩え、 文理 悠暢、 意思 

淵 永に して、 風雅の 趣 を 失 は ざ. しな. 00 蕭統が 文選に のす る 古詩 十九 首、 _p ろ/.^^ 府歌 行の 詩 

をよ みて 知べ し しかるに 六 朝に 至て、 綺靡 をき そ ひ、 浮華 をつ とめし かば、 風雅の 體は ほろびに 

^60 唐 輿て 李 杜王猛 が 徒いで、、 六 朝の 餘習を 一 洗し、 大に 古風 を 振興せ しょ. 5、 今に 至て 詩 を 

手 習 ふ 入 は、 唐詩 を學 ばざる はなし C 盛 唐の 詩 は 古 さる 事 遠し とい へ VI、 風景 を寫し 人情 を述る 

に、 なほ 風雅の 殘膏 剰馥ぁ 6 て、 おの づ から 人心 を 威ず るの 妙 あれば、 學 者の 性情 を 吟詠す るに は、 

唐詩 も捨 がた き- P のに 侍り G 宋の 司馬溫 公、 杜甫 が國破 山河 在、 城 春 草木 深、 威, 時 花濺, 淚 、恨, 別 鳥 

驚つ 5 とい ふ 詩 を 論じて、 古人の 詩 は 意 在, 一言 外, を 貴ぶ、 山河 在と い へば 餘物 なき 事し る べし、 草 



けむと おも ふ は、 世 をば 捨れ ど?? 其 心 は 君に か へハ夂 にかへ て 其 身 をば すてぬ にて ありけ り。 身を捨 

ずして は、 世, すっと もい ふべ からず。 世に ありて 名利 をね がふ! _p、 世 をす てて 極樂 をね がふ ネ、 

淸濁 はか はれ ど 身の 樂を思 ふ は 同じ かるべし。 .《p とよ. 佛の敎 は 人倫 を假と 尾れば、 君 父 をす つる 

はよ しさち あらば あれ。 た, > とても 捨る とならば、 第一 に 身の 樂をぁ 《p ふ 心 を? すて、、 . ^名利に 

はなれて 見よ かし。 世 をのが る、 にも 及ばず、 名敎 中に 自然の 樂地 あるべし。 何ぞ必 しも 人倫 をす 

て * 事物 を 離るべき。 人倫 をす て 事物 を 離れて、 た. 《• 己が 往生 極樂 をね がふ は、 世 をす つると い へ 

VJ、 いまだ 身 をす てえぬ よ- 起, て、 樂欲 はなはだし ともい ふべ し むかし 或 人語り し は、 わが 鄕里 

に ひとりの 婦人 ありし が、 夫に おくれて 日夜 哀慕し、 玉の 緖も絕 ぬるば かりに 晃 えし を、 其 子 ふかく 

憂て、 いろ./ \ いさむれ どもき かざりし に、 日ごろ 佛法 をと きき かする 僧の ありし が、 婦人に いひ 

ける は、 夫 をした ふに さる 事に て、 それ は佛 法に 妨げと ならず、 た》 し 夫に わかれて、 男女の 道 も 

たえ、 身% さびしく 賴 なくなりた るに つけて、 我 身の ために か、 りて、 かなしむ 心の 少しも まじり 

なば、 これ 私欲の まよ ひに て、 大に 罪障 を增 長すべし、 その 所以 をよ く/ \ 分别 してな げきて よと い 

ひし.^ ば、 婦人 忽に心 を ひるが へして、 それ よらな げかず なりに ける とぞ。 翁*^- もふに、此僧、婦人 

を敎誨 せし は、 誠に かしこく 聞 ゆれ ど! „p、 其 身 も 同じ NJ と f;^ ふ をば しらず C されば 昔よ 6 佛に歸 す 

る 人 貴賤 男女 をい はず 、 :. づれも 身の 苦樂を も ふより 起らぬ はなし。 明智の 人と い へ ど、 此 婦人 

の覺 悟^も 及ばぬな るべ し。 あたら 人材 をむな しう して、 旣 にいく 世 をか經 たる C 未の 代と て 《p さ 

室鳩巢 SS 雜 話 卷之五 二百 七十 I 



^子 ボ很上 二百 七卞 

ちす 葉の、 に eft- にしまぬ、 心 もて、. なに か は 露 を、 玉と おさむく」、 直き を崇 ふの 心た かし さて 

遍 照が 後に は、 西 行に てこ そ あなれ 束國へ 行脚の 厚に 鎌 倉 を 過し に、 鶴 岡に て 群集の 中に 紛れる 

た 6 し を、 其 人 がらの 拔 群なる にて、 頼 朝 やがて a とがめて、 營 中に 請し、 弓馬 倭 歌の 事な どと は 

れ しに、 かの 嶽< -然 たる 物にす こし 1<p か、 はらず、 思 ふま、 に 物語う ちして、 營 中に 候け る 三 浦、 畠 

山 を は t め 其 外の 群 傑 を も 人 な き ごとく 思 ひけ 6 賴朝 もさ こそと. 《• め たく 思 はれけ めど も 拘留せ 

らる ベう もな く 、ま、, て 引出物な VJ は、 中々 沙汰に も 及ばず、 前に ありし 銀の 猫 を 賜りし をば、 其 ま 

> -受 て、 出る 時 道の 邊に あそび ゐ たる 兒に とらせて さりぬ C 其 後 跡 をけ ちて、 ふた、 び 音 もせ ざり 

け. 其 ころ 高 雄の 文覺 とい ひし 豪猛 至極の 惡僧、 鐘 倉の 權をか h て釋 門に 威 を 振 ひしが、 西 行が 

人と な, 9.^ にくみて、 おのれ もし 西 行に あひなば、 まの あた. y 辱し めんと いひし に、 或 時 西 行 高 雄 わ 

たりに て 行く らしけ る 程に、 文覺に 宿,^ ぞか. ft 'ける。 文覺 幸と よろこびて、 其 徒弟に いひけ る は、 

汝ら 見よ、 西 行 見えば、 かならず 打ん とて、 拳 を 握りて 待け る 程に、 第 子 VJS 事出來 んん) て、 うと 

ましく 思 ひしに、 文 覺西行 を 一 目 尾て、 氣を奪 はれ、 しほ/. \ と 屈伏し けり。 後日に 弟子 ども、 何と 

て 言葉に は 似 給 ざ, n.- ける とい ひければ、 文覺 彼が つらた まし ゐを 見よ、 我 をう つべき 《p のな 6 と 

いひけ る C 是等 にて 其 人 がら 高潔に して 氣魄 精神た レ うど^ あら ざ. る さ を 知べ し。 た V 惜 むべき は 

儒道 世に 行 はれざる 故に、 かやう の 人 あれ ど; _p、 眞の 道, しらず、 其 質の 高 明なる ま、 に、 大 かた 

世 をい とひて 浮 屠に 歸 する こそ 默 かし けれ。 但君 をす て 親お すて、 佛に歸 して、 我 身 ひとつ を 4^ す 



や あらん o それ は と 佛說に 惑 ひて 天理に 肓 すれば、 今垔 なにと さは 吿 べき やうな し。 責て いは. 5 'か 

くなん、 

たらち ね を、 思 ふ 心 は、 世 をす つる、 身に もす てえぬ、 ものと か はしる 

いつぞや 源平 盛衰 記 をよ ませき 、侍りし に、 賴朝 敬に おはれて、 ふし木の穴に隱れ^!-はせしが、 敬 

にさが されて、 すてに 自殺に 及ん とする 時、 纖 S の 中に 佛の小 像 を ゆ ひ 添し を 首 を欹に 渡さん 時、 大 

將 軍の 所爲 にあらず といに れんと て、 かたへの くらき 所に かくしお かれしと な. 90 いっか 正しく 公 

なる 事の、 人に つんし き 事 ある やつ 佛.^たのみて後生をたすからんと^^-もふは、 丈夫の し は ざに 

は あらず はづ かしと 思 はるれば こそ、 さし もた ふとし としけ る佛 をば す つれ VJ;„P、 この 心 をば す 

てえぬ にて こそ あなれ 是を もて 入 皆 羞惡の 心 を 固有す とい ふさを しるべし。 されば 遍照は 父母 を 

思 ひいて て、 本意な しとし りながら、 かしら を や ろし。 頼 朝 は 敬に しらせて、 はづ かしと しりな が 

ら、 佛に へつら ふ。 いづれ も 本心 を 失 ふとい ふべ し。 

世 をす て、 身 をす てず 

さはいへ ど、 遍 照が 世 をす つると て、 たらち ね を 思 ひ 出る こそ、 孝心 言葉に あら はれて、 殊勝に 覺 

え 侍る 古より 簪纓 家の 出家す る 多 けれ V3 も、 父母の 事な ど 思 ひ 出る はな ほ 俗習の まよ ひとす る 程 

に、 かかる 心 ある 人 をき かず その外 遍 照の 歌 ど 《p は、 さすが 天理の 殘 6 香 ありて きこ ゆるに や。 

「皆 人 は、 花の ころ? P に、 なりぬな ゥ、 苔の 袂ょ、 か はきだに せよ, P 君 をした ふな さけ ふかし。 「は 

室嬉粱 驗鏖雜 話 卷之五 ^ 二百 六十 九 



朱 子 I 上 • 二百 六十 八 

果し まよ 6 父母の 恥を貽 さん 事 を, それて は 惡を遠 ざく ここ を, P て 孝 を 百行の 本と, P する ぞか 

し。 されば屈子議にぁひてハ乂祖を^^!1_?ふにて、その君に忠ぁるの根ざしふかきを知べし0むかし頁岑 

の 宗貞、 深 草の 帝に. くれ 奉ゥ て、 俄に 出家し、 僭 正遍照 となんい ひし、 その 遍照 かしら,! -ろ すと 

^ て、 父母 を 思 ひいて、、 

W たらち ね は、 かかれと てし 3、 うば 玉の わがくろ かみ は、 なて ず や あ けん 

本 W すでに佛に歸して世を捨れVJ*^、そのきはにな.5て父母を,i^,^>ひ出るにて、天性に父母を忘る、に,:Jひ 

こざる 物の あると はしらる。 しかるに 親 を すて子 をす て、 出家す る を、 眞の 道に 入と する こそ かな 

^ 一 しけれ H.^ 子の 人の 性 を狀賊 するとい へる 《J "、此 た, ひなるべし 屈 子 は 古今の 賢人、 宗貞は 一代 

の 寵臣、 其 人物 もとよ. = ^同日の 談には あらね ど; P 、いづれ. P 名 卿 世祿の 家に 生れ ぬれば、 その 父母の 

心 わ カ子の ながく 國にク か へ、 身 を はづ^し めざる やうに とこ そ 期し つらめ 今身窮 して 、ひとり は 

離 騷を作 6 て 父祖 をよ び、 ひとり は 倭 歌 を 詠 t て 父母 をよ ぶ。 それ は 似^れ vl,,p、 屈 子 は 身 を, P て 

國に 報じて、 死して 家 聲を墜 さねば、 我 父の つけし 名 をに づ かしめ ずと なんい ふべき 宗 貞は 家 を 

すて 世 をの がれて、 抖敏の 身と な As 下り ぬれば、 力ら ちね の^てし 髮を あらぬ のにす とい ふべ し。 

翁 さいつ ころ 遍 照が 歌 を 尾て、 返しの 意に つかう まつりし、 

たらち ねの、 かくはな てず と、 しりながら、 な VJ おろす らん、 もの 黑 かみ を。 

彼が 徒; _p しき かば、 出家の 功德 にて ハ义 母. P 成佛 する 程に、 髮を, ろす を 父母への 報恩と すと いふに 



の我を大事の 物と^^ふ したて、、 嘉名を名づけ、 修 能を授 く、 かく 敎育 する 心お、 かりに ネぁだ 

にな さ t とな tyo こ、 を て 見る に、 君 を 愛し 國を 憂る の 志、 もと 祖孝を 思 ふ 仁 孝の 心よ. 生 fc 

て、 其 根 ふく 源 遠し むべ 其 誠 始終 一 の とくにて、 死に 至て か はら ざ. けり 孝弟 を爲, 仁の 本 

とする 是に てこ そ あなれ それ は其說 ながければ しばらく さしおく た 屈 子 忠藎の 本 はこ、 に 

あ ftN としるべし。 然るに 屈 子 死して 二 千載に 及び ぬれ ど 《p、 離騷 をよ む 人其辭 をのみ 玩て、 ー篇の 

晃 どころ 此數 句に と 3- まると いふ 事 を しらず。 翁 《しく 離騷を よみて ひと, 此意を 得しよ .0/ 身み 

づ から 屆 子が 知己と して、 いと^ あはれ を 添る 中に; „p、 又 うれしく もなん ありけ る。 されば 秘事と 

いひし は是を ふかく かくして 人に しらせ じと にも あらず た. > 多年 工夫して 得た る 事を淺 はかに い 

は J> 、きく 人 さへ 等閑に き、 て 過な ましとお;, P ふ 程に、 秘事と は 中つ るぞ かし 諸君 此意を 得て、 容 

易なる 事と なき、 給 ひそと い へ は、 諸 客、 翁の いひ 給 ふごと く、 古ょ.*^離騷をょむ人^^-ほけれ,么、 先 

儒の 論 も 終に こ、 に 及ばねば、 我等 > ^とき 淺晃 にて 中, I- おも ひ よらぬ 事なる を、 乙よ ひ 翁の 御物が 

.^^.o にて こ を 承 候へ、 共, 君 一夜 話、 勝 レ讀, 一十 年 書, と はか やうの 事,^ や 申べき とて、 各 よろこび あ 

へりき。 

遍 照が 黑. & み 

翁 又い ふ は、 父母 は 人の となり 人窮 して は 父母お よぶ 是 人の 天性に して 自然の 誠な り。 古 

より 仁人 孝子 は、 常に 父 a: を 思 ふ 心 を 失 はず 我よ ft- 父母の 名 を あら はさん こと を/^ も ひて は 善 を 

室媳巢 駿蠆雜 話 卷之五 11_0六十モ 



朱 子 s 上 二百 六十 六 

上に 奉ぜん と 思 ひしょ. 9、 一 國の賢 をした しみ ゥ、、 群に 拨で、 志 をた てし 事 を, 衆芳を 佩て 奇股 

を 好む になん 言葉 を 託しけ. 00 、りし 程に、 はからず 讒 にあ ひて、 君の 心に はかに か は. しかば、 

さしもと思ひし人,^;.^、 時^に したが ひて 心 か は 6 ゆく を、 蘭蕙を はじめ もろく の 芳草に はかに 

あらぬ 1>P のになん 變 じたろ とい へ. さて 今 こ、 に 有て、 讒臣 國,^ 危うす る を 見開 も 心う ければ、 

H いづこの 國へ 1„p さら ましと, もへ V3、 それ はわが 本意なら ねばす るに 忍びず。 又國に 人なければ、 

本 故 都に 思 ひもの こらず よし さらば 湘水 にみ づ から 投 t なむと いふに て 篇をも ?o 誠に 惓々 の 心 

匪躬の 節 言外に 溢れて、 これ を 讀人釉 をし ぼらぬ はな かるべし。 され ど是 はしれた る 事 なれば 今更 

餘 いふに 及ばず 伹離騷 の こ-:' をい は 水の 源 あるが とく 木の 根 あるが ごとく、 大切のと ころ ひ 

とつ あ. 00 是 おしる を 離骚の 秘事と す 其 秘事と いふ は 外に あ るに あ らず た》 篱 端の 數語 にあ 

理 

fto 帝 高 陽 之 苗裔 兮、 院 皇考 曰,, 伯庸, とい ひ 出せる を、 いかにと 尋ねべ し。 是 た^に 身 を 思 ひあがる 

蒙 に は あらず 又六朝の士太夫の門地にほこft^、 日本の 武士の 王孫 を 名乗と は、 其心大 にち が ひたる 

事に て あめ^。 それ 人 は 先祖 を ^0?もはず、 親 を 忘る、 心より、 身 《p ち- P 輕. しく、 人から も 崩る 

/ るぞ かし 屈 子 さすが 先 祖 た しく 名た かき 家に 生れ、 父の もき あと をう けながら、 いかに 身 を 

%^^さげ、 先祖 をはづ かしむ べきと 思 ひつめ てこ を、 かくい ひ 出 すらめ といと あはれ な 其 次に 

皇覽揆 一-余 于初 度- 兮、 肇錫レ 余以- 一嘉 名ハ 名レ佘 曰-一正 則- 兮、 字 k 佘 曰-一 靈 均-とい ひ、 又 次て 紛吾旣 有- 此 

內类 I 兮、 又 重, 之以- 一修 能-とく. 9 返し 自贊 する. にて、 屈 子が 心い よくしる し C 其 自賛の 本意 《、 父 



編 彙理倫 本 日 



て、 古人 は誡 にわが 心 を 得 たれば、 あはれ. 一度 あ ひて 語らん とお もへ VJ、K 世に 及ばねば かな はず、 

又 末の世に さる 人 こそ あ 6 て 我と 心 を 同し うすらめ とお もへ ど、 其 人 をき かねば, 誰と かしらん と 

ぞ。 是 なん 屈 子に 限らず、 古今 心 あるき はは、 大 かた 此 恨な きにし あらず。 翁も此 心に して 月 を 

見る にや、 いと. >感 ふかく 覺 ゆる 也 もとよ. y 今 は 末の世の 昔 なれば、 いづれ の 代に か、 又 わが こ 

とく 月に 對 して 今 を 忍 ふ 人 もや あらん。 月 はさ こそ 其 世 を?^ 照ら すらめ C TP しあつら へ吿ら る、 も 

のなら ば、 月に さは 一 首 を?? のこさ ましとお? P ひ 侍る をの こ、 ろ を、 

月見れば、 末の 代まで 《p 忍ばれて、 ぬ いにし へ の いと ^ゆかしき。 

こ、 を もて 翁が 月に 無窮の 威 あ. - とい へ ,?\1、 諸君 者 へ 見 給へ、 いはれ なきに は あらず C 

離騷の 秘事 - 

諸 客 聞て、 屈 子の 心 を i>P て 月 を 見る 入、 世に ある こと をき かず、 今の 世に 翁 ある 事 を、 屈 子に きか 

せぬ こ 遺恨に て 候へ 、 されば 來者は 吾不ぃ 聞と いはれ ける もこ、 にて 候と い へ ば、 翁と てネ こよ ひ 

は 月に あかさん、 さらば 屈 子の むかし を か. て、 離 騒の 意 をく はしく 說き 申さん、 き、 給 はんや 

とい へば、 諸 客 是は大 なる 幸に こそと て S 耳 をす まし 居け る さて 翁、 楚辭は 離騷を 第一 とす。 屈 

子 三閭の 家に 生れて、 楚 王の 爲 にいろく 心 カを竭 しける を、 懷王 不明に して、 小人の 讒を信 t 其 

忠を 察せず。 終に 遠ざけられ しか, え. „?、 君 を 露怨る 心なく、 國を うれへ 俗 をな げくの あまり、 此篇 

を 作れ.. ー篇の 大意 をい は^、 屈 子! 1 と 同族に て、 世 卿の 家に 生れし かば、 身 を 潔し 行 を 修めて、 

室媳粱 ® 蠆雜 話 卷之五 二百 六十 五 



朱 子 ejl- ?S 上 二 lo 六十 四 

るに "ろ, CIQ ら。 今 思 ひ 出し 侍る。 量子の 家に て 八月 十五夜の 宴に、 ひと 6 隅に むかひて 居た 

ft- しに、 さる 武士の 一 丁字 知らぬ が * 月 をつ く- i\ と 尾て、 月は徑 ft 'いく 尺 か あるべき、 各 者て 見 

給へ とい ふ 又 同じ やうの 人 かた へより、 あれ はもの 、切 口と み ゆ、 奥へ 長さ いかほ V5 か あ-らんと 

て、 たが ひに 詮議し ける をき く 人,./ \ 皆 舌 を 噴け ゥ。 翁 さな 心に, かし か. ft- し C 今, もへば 世 

俗 月 を 賞して、 光の あかき を ほこ, 9 影の きょきに めて、、 茛夜 とて. f^.^ 打より、 物險 酒の みな どし 

て 歌 ひの、 しる を樂 とする は、 かの 寸尺を 語る に ひとし か ft- ぬべ. 10 又 矮人 墨客の 月 を 詠て 字 ごと 

に 金玉 を雕、 句^と に 錦耩を 裁す る も、 風雅に は 聞 ゆれ VI、 其 レ景氣 のう へ , ^玩ぶ ばか. ft- にて、 

月に ふかき 威 ある 事 を しらぬ なるべし 。翁が 千載 無窮の 威と 申 は、 我愤 古人 をした ひて、 其 書.^ よみ 

其 心 をし A< つ、、 常に 世. へたる 恨 あるに、 月ば か ft- こそ 世々 の 人 を 照し 來て、 今に あれば、 古人 

の 形 尾と 《p いふべ し。 されば 月に 對 して 昔 を 忍びて は、 さながら 古人の 面影-: P うつる やうに 覺ぇ、 

月 はもの ぃはねど5_^語るゃ ぅにも^^ぼぇ、 忘れて はむかし の 事 をと は まほし くも、 も ふぞ かし。 

今 李 白が 詩、 月の 景氣 をす て、、 一 氣に 古今 を洞觀 して、 靑天有 レ月來 幾 時と い ひ 出す よ. 5、 氣 象の 

高き 拨 群に 間え て、 詩の 豪蕩超 逸なる も、 外の 詩人の 及べき 事 がらに あらず むかしよ ftN 李杜 とて 

杜甫が 上に 莉 する も现 にて こそ 侍れ 然れ 李 白が 詩 も、 古今 流水 ごとき を 威ず る 迄にて、 接 代 

を 待の 心 は 尾えず 翁む かし 楚辭 をよ みて、 往者余 弗, 及、 來者 吾不, 聞と いふに 至て、 屈 子が 心 を 

し はか ft- つ > -、 威 に^へ ずなん, ぼえ き 此ニ 句の 意 をい ふに、 屈 子 一代に 知己な き. かなしみ 



駿臺雜 話卷五 

月 は ffii の 形見 

一 今 ij^ もはや 半^ ぬれば、 ぃっしか秋のけしきたちて、 荻吹かぜも^35-にしむころなり0 久しく翁の.£- 

日 j .9 行ねば、 此ほ VI の老 のね ざめ も覺朿 なし、 い ざ たづね 問む とて、 ある タ^に、 例の 人々 打 つれて 

k. ^ 來 しが、 又 い らんと て歸 らんと せし.^、 翁と J- めて、 今宵 は 月 もよ し、 蒲 酒す、 めら 奉ん、 し 

ネ な 

一 ひて とま. < ^給へ とい へば、 5^1 の 心 をい かて そむくべき、 さあら ばと て 各 座 をし めて、 淸談の 露 やう 

倫 一 やう 繁き程 こ-、 家 入^が て 心得て、 取 あへ ぬまて にある ヒ まふけ し、 さかな 取 をへ て、 否 出しけ. rt^o 

理 諸 客 it 醉て 興に 入と ぞ a へ し。 其 中に 一 人盃を 停て、 靑天 有, 月來幾 時、 我 今 停 iKi 一 問, 之と、 李 白 

S が诗.^高ら^>に打今ヒけるを、 又 ふたり 脇より ク けて、 人攀 -I 明月, 不, 可: V 得、 月 行 却與, 人相 腿とう 

_ た ふ。 又 外の 人み 迭に 唱和して 其 次 を较如 飛 鏡 臨-一 丹 闕ハ綠 煙诚盡 淸輝發 とうた ふ 又せ (次 を伹見 

, 宵 從,, ;:: 上,, 來、 寧. S 曉 向-雲間, 沒、 白 鬼搗, 藥秋復 春、 娘 ー娥孤 棲與, 誰鄰と うた ふつ せ (次よ りけ 翁.^ 助 

^ 言して、 今人 不, 見 古 時 月、 令 パ 曾經, 照, 一 古人 T 古人 今 入 若 一一 流水 7 共 看-一明 月 一 皆 如, 此、 惟 願 常, 歌對, 

酒 時、 月光長照金樓萬とぅたひ^^-さめけ.00 其 後數献 におよ びて、 玉 山 倒る、 ばか に 見えけ り。 

さて 翁い ふやう、 * 大 かたは 月 を もめて t と はよ みたれ V31„p、 老の心 8? 月み るに ぞな < ^さみ 侍る。 さ 

れ V 一 其に つきて 千 政 Mi 窮の感 もお こ 6 ぬれば、 むべ 月 を 人の 老 となると ちい ふべ かめ. 值月を 見 

室 鳩^ ^躉 雑話 卷之五 二百 六十 三 



* 子學 K 上 

駿臺 雜話卷 五目 錄 



信 集 

月 は 世々 の 形見 

逼 照が 黑 かみ 

詩文の 評 品 

六義の 沙汰 

多 錢善賈 

曇 陽 大師 

言 は 身の 文 

尤物 人. ^移す 



離矮の 秘事 

世 をす て >- 身 をす てず 

倭 歌に 威 興の 益 あり 

作文 は 讀 書に あり 

文章の 盛衰 

寸鐵人 を ころす 

一 日の 澤 

^^にはづかし 



に食議 がちに て、 事實 常に 隱れ、 下情 常に 塞り ぬれば、 政 弊 民瘼; „f ^是 より 起る ぞ かし C 是 によ 6 て 

いふに、 兵に 限らず 治世の 政 1^ 拙速 をよ しとして、 巧遲を 得た 6 とせず むかし 諸葛武 侯の 蜀 につ 

かふる、 出將 入相と して 內 外の 任 を 兼し が、 高 世の 材を! て自 から 用ず して、 ク とめて 衆 思の S を 

一 あつめ、 僚 佐の 諫. ^求む。 自 から 至 拙の 她に處 ると いふべ し。 然るに 其魏 をう つ、 毎, 戰 必勝し かば 

日 司 馬懿畏 る、 事 虎の ごとし。 其 益 州 を 討ず る 七 縱七禽 にせし かば、 孟獲 心服して 天威と す。 その 神 

本 ^ 速なる 事 想ひ旯 る、、 〈し。 其 後出 師表に い へらず や。 劉絲王 朗各據 一一 州 郡; 論, 安言レ 計、 動 引-聖人 ハ群 

疑滿, 腹、 衆 難 塞, 胸、 今 歲不, 戰、 明年 不レ征 、使 一-一 孫 策 坐大、 遂幷- 一江 _ ^一 これ 巧 遲の害 を 論ずる 事 明白な 

倫 一 り。 武 侯の 度量 規模、 とより 孫武が 及ぶ 所に あらず 今 其 言に よりて、 孫武が 拙速 巧久の 語、 最 

1 一 軍國 の飽鑑 として、 武侯 とい へ VJ«P かふる 事 あた はざる を しるべし。 孫 武も亦 入 傑なる かな 

S 

彙ー , - 

編 



駿臺 雜話卷 四お. 



曰 

彙 





朱子學 S 上 二百 六十 

ほき ぞ かし ^ 掃 部 頭 は 常に 油 斷を禁 t て 身に 近づけぬ 心から、 眞 實に此 事の 簡要 たる を しらる、 故 

に、 この 諺. V 大切の 事と して、 信 濃 守に も傳 へられし な. 00 拔 群の 識 あるに 非して はいかて かかく あ 

ろべき 其 上 あからさま にい はれず、 前に 日 を 定め 其 人に 盛 服 させて、 ,^も く傳授 せられし も、 かの 

太公望の 丹 書を武 王に 授けし 面影 あ. かく あらねば 其 事輕し C そのこと 輕々 ければ 其 信 深から ず。 

其 信 深から ねば、 其 人の 益に 成が たし。 亦 誠意 懇到 尾るべし。 掃 部頭學 術の あ 6 し沙 sj^,.p きかね %d 

も、 のづ から 犁: 賢の 敎に 叶へ る こそ、 極めて 殊勝の 事と いふべ し。 我 朝 武家の 代に なりて 五 百年 

以來、 世に 是 等の 人 あ, 9、 是每の 事 ある をき かず しかしながら 祖宗 德澤仁 厚なる が 所:, 致な り C こ 

れ によりて 謹で 者る に、 御當家 天下 をし ろしめ して、 仁政 四海に 廣 被せし よ. 5、 歷代殘 殺の 風 變 じて、 

太 卒禮義 の 俗と な. 9 しが、 寬永明 暦の 間に 至て、 在 廷の諸 公 運に 應 t て 出て、 承, 化輔, 治し かば 其澤 

日に 隆洽 な. 9 しぞ がし。 今 其 人 がら を 聞に、 いづれ T„p 篤實 簡重寬 厚の 長者 也 其 政 を 謀る に は虛文 

を 抑へ 事實 をつ とめ、 人 を 取に は 材辨を 返け 實行 をす、 む C 近世 智巧 を尙ぶ 風よ, e 尾れば、 其 拙き 

に 似 たれ ど? p、 凡百の 有司 いづれ 簾靜 寡欲な A- しかば、 各 守, 身 恭:, 職して、 時勢に 附ず、 身 計 を 

なさ. 《--?>き0 是 によ 6 て 庶政 あが 6、 百事 熙 まり、 た. 《-此 時を别 して 盛なら とす C 勿論 時運の しか 

らしむ ると いひながら、 其い はれな きに あらず。 然るに 篤 實の士 は、 謹 厚に して 用に うとく、 材智 

の士 は、 敏捷に して 事に さとし, - こ の故に古今人材を《^"ちゅるに、 多く は德行 をす て ゝ材智 の士を 

取ぞ かし C さし 當カ よく 職 を 辨ヒ、 しば/ \ 近 効 をた つる 程^、 敏速の 功 あると 見 ゆれ どち、 事^^-ほ 



曰 



本 



故、 端的に 其驗, ^見せ. & にて 候 。學 術な く 候へば 理に當 らぬ事 S あるべく 候へ ビも、 其 得た る 所お 

のづ から 聖賢の 敎 にも かな ひ 候 いは ゆる 拙而 速なる に 候 はず や C 右の 監 物が 事に て 思 ひ 知 給 ふべ 

し。 それに 付て こ、 に 殊勝なる 事 こそ 候へ 。寬 永の ころに か あらん 永 井信 濃守尙 政し きりに 昇進し 

て寵 任せられけ るが、 其 比 井伊 掃 部 頭 直 孝 一代の 元老に て/? はせ しに、 或時邂 返して、 我等 事 弱年 

の 身に て、 特恩を 蒙りて、 ® 職 をつ とめ 候 事 誠に 至極と 申べ く 候、 そこ もとに は 老功の 御 事に て 

へば、 我等心得にも成べき事^^-ぼし召ょりも候は-^、仰きかされ候 へとぁれば、 掃 部 頭 先感ヒ て、 奇 

1 特 なる 御 心得に てこ そ 候へ、 いかに ッ 存じより たる 事 候 ま、 傳授し 候べ し、 され V5 も 大切なる 

乙と を, Q からさ まに は 申が.^ し、 いよ/ \ 御閗 あ. 度 候 は^、 宅へ 御 越 候 へと いはれ しかば、 日を定 

て 禮服を 着し、 彼 宅へ 往れ しに、 掃 部 頭 出て 對 面の 後、 世話に 油斷大 敬と いふ 事定て 御覺ぇ あるべ し、 

$r か傳授 外に はなく 候、 此 一 言に て 候ぞ、 必^ 忘れ あるな と いはれ しと ぞ。 むかし 周武王 即位の はじ 

龜ー め 、大公 望 を 召て、 簡約に して 行 ふて 恒 とし、 万世に 傳 ふべき 道ぁゥ やと 問 鈴 ひし かば、 太公望 ま 

を さく、 其 言 丹 書に あり、 王. P し 聞む と 欲せば 齋戒し 給へ と ありし かば、 武王 齋戒端 して 束 西し 

) て 立 給へ. 50 其 時 太公望 西 面して 丹 書の 言を武 王に さ づけて いはく、 敬 勝, 怠 者吉、 怠 勝, 敬 者滅、 義 

勝, 欲 者從、 欲 勝, 義者 凶。 今 油斷大 敬の 語、 部 諺 なれ VJ も 丹 書の 戒に 叶へ. 50 然るに 君に つかへ 事 を 

務 るに 油 斷の あしき さは 誰 S しりた る 事に て、 しかも 眞實 にしらぬ 故に、 右の 諺 を $ 等閑に 聞す ぐし 

此に 心を留 むる 人な し C よりて 每々 油斷 して、 過失 を 生じ、 禍咎を 招て、 とも すれば 臍を噬 こと 

室 J^w- ^饔雜 話 卷之四 二百 五十 九 



編 彙理倫 本 曰 



朱子學 5S 上 二百 五ナ八 

存候 へ 此後も 各 け 殿の 御供 を勸ら る、 事に て 侯 へば、 向後 御 心得に もなる ベ く 候 ま、、 今迄 は 人 

に 申さぬ 事に 候へ ど 5tP 傳受 いたし 候べ し 惣 じて 君の 御前に 伺候し 御 後に 供奉し 候 時 は、 假 にも B 

へ 目,^ やらず、 初 中 終 君に 目 を はなさず して をる を簡 要の 法と いたし 候、 左 候へば 君の 動靜針 程の 

事 見つけず とい ふ 事な し、 よりて 不慮の 事 ある 時 《>、 我 しらず 手に あ ふ 事 速なる 物に て 候 此某 

が 一 言を必 忘れ 給 ふ ベ からず とい ひしと な. 00 是は武 の <>懸 よら 覺 悟した る 事に て あるべ けれど 

も 聖賢の 心に も かな ひ 侍るべし。 翁 日頃 論語 鄉黨 篇を讀 に、 君 在と きは與 々如たり と ある を、 朱 子 

の 註に 威儀 中 適之貌 とい ふて、 又 張子の 説,^ 引て 與々 不, 忘 i 向, 君 也と も釋し をけ り。 威儀 中 適に て 

よく 聞え たる 上に 張子の 說を 引る ゝは、 不, 忘, 向, 君と いふに 一 種 の 義理 あるに や C いか やうの 

意咏 にか あらんと 思 ひしが、 其 後此事 をき、 て, 橫 渠の說 緊要なる 事お さとりぬ C かの 監 物が 始終 

君に 目 はなさぬ とい ふ は、 是 則不, 忘 1 向,";;; に 非ず や 君に 扈從し 君に 侍 坐す る 時の 第 I の 意 得 

たるべき 事 也。 監物 もとより 横 渠與々 の說を 尾て、 其に て 心 付た る にても なけれ ぎ、 其 意 をの づか 

ら相 叶へ. <-o 奇特なる 事と いふべ し , 

大敬 外にな し 

翁 かねてお. P ふ 事に て 候 。今の 學者、 聖賢の 書 を 請て、 なまじ ひに 義 の愈議 をいた し 候へ どち、 

大 かたは 僉 鶴に 日.^ - 慕し、 何に て; ひとつ 取と めて 身に 得. る 事 は 侍らず。 是5^ 巧に して 久しき と 

申べ し。 然るに 武臣た る 人け、 不學 にして 一 己の 晃 付.?:^ る 所に よりて 覺 悟を决 して 直に 行 ひ 出し 候 



らす大 かたは 何事 も 不調法に して 速なる がよく 候、 然る を あまり 思案 過 候て、 仕方の よき やうに とこ 

しらへ 候へば、 多く は 文に 拘. < ^實を 失 ひ 候 故、 や、 も すれば 機會 にお くれ 候て、 後悔す る 事, P 出來 

候、 是巧 にして 久しき の 害に て 候と いへば、 翁き ゝて、 さに こそ 候へ 位 其 速なる に 本源 あり、 ^u. 

常に > む ゆるまず、 氣.^ るまざる を 本源と す、 心 ゆるまず 氣 たるま ざれば、 事物に 奪 はれぬ 程に、 お 

のづ から 落着 候て 緩やかなる 物に て 候。 されば すみやかなる は 緩やかな るより 生ずる と 思 ひ 給 ふべ 

し ^5-し速なるがょしとて俄にすみゃかにすれば、 >.5 せき 氣 さはが しく 候 程に、 事に 當て 狼狽して、 

た. 《• あそき のみならず、 却て 不慮の 害 を 《p 招ぞ かし。 近代 諸侯の 家に ある 宿老の 武臣 を 見る に、 そ 

のかみ 兵戰の # -を經 て のづ から 心 ゆるまず 氣. るまぬ;^ に、 緩急の 場に 臨て 其 速なる 事 他人の 及 

ぶべき 所に あらず つ 翁加賀 にあ. し 時、 其 先祖 越後の 堀の 家に 仕へ し 者 あ 6 て 語.^ し は、 越後 守の 家 

老こ 堀監; ^とて g わ 5§ わ 6 監物 二お あり、 I 二 代 監物は 陵 長 十五 年お 丹 後 守 K 奇 と爭訟 .E 1> .isij 袭? t 3,3 K; こ V、 

^^$1^>- ^ /. して、 最上に 謫 せらる、 監物 は,, の 父 監物直 政な ろへ し i ノ 守;? ia?^ の にて 

日 暮に客 を 送り出け るに、 越後 守に 怨 ある 者 ありし が、 かくれ 居て 急に きり 懸し を、 越後 守. P 拔ぁは 

せし 所に、 監物 はるかのう しろより 一番に 來て彼 者 をき り 倒しけ る を, 左右に 供した ろ士共 諸と. P 

に 打と めけ. 90 後日に 右の 士 ども 監 物に 逢て 其 日の 事 を S ひ 出て、 日 慕と いひ 不慮の 事と いひ、 我等 

ビも 心ならず 少し を くれ 候 ひし を、 御身に ははる かの 跡に 御 渡, 候つ るに、 いか なれば 一^に 手に 

御 あ ひ 候に や、 不審なる 事に こも 存候 へと いへば、 いや 各と て 武邊の 某に おとるべき にて はなく 候 

r え も、 某 はかね て ひと ゥ の覺悟 ありての 事に 候、 各 は此鱟 悟な き 故に 某 を 先 を させら るると こそ 

室媳粱 驗饔雜 話 卷之 n 二百 五十 七 



朱 子 學派上 二百 五十六 

り 勝 こと .ij 制する の 謀に わ, とい ふ 事 AJ しらず 其 中 ことに 理 にくら き 人 は、 兵に 荷擔 して、 國家 

を 治る の 道 も是に 外なら ずと いふめ る 先年 人の いひし は、 ある 兵家の 説と て、 孫子の 兵 者 詭道 也 

と ある を、 兵 は 詭るも 道な 6 とよむべし、 兵 は 詭道な ft- と は よむべからず とぞ、 翁き ゝて 一 笑を發 

> しき 是は兵 を 詭道と いふ を 嫌て、 兵 は 1„p と 正道な れビ も、 時として はいつ はる 5^ 道な りと いふに 

Z や あらん 詭字は 詐僞の 二字と 倭訓 同じ けれ ダ も、 字義に 差別 あ.^ C た^ 異手 になく、 常 格 をた 

グ 

j • わ へたる 道お 詭道と はいふな り。 されば 孫子 も能而 示-一之 不 1, 能、 用而 示-一之 不 P 用と いはず や。 よく 

^ ハ 

してよ くす と 見せ、 用て 用る と 見せて は、 いかて 敢を 料ゥ勝 こと を 制すべき C よ ゥ て 兵は眞 手に な 

倫 \ く、 常 法に 引ち が へ て 行 ふ 道な. ft- と いふべ し。 すぐに 誰腾の 道と は い ふべ からず 然共此 筋 を 今日 

理 一 の 常に 出せば、 詭 遇して 獲禽の になり て、 やがて;^ 偽に 陷 るべ し そこ を孫武 さすがの 明 者と 糙 

_ に 見つけし 程に、 十三篇のl初に^^9ゐて•兵は詭道なりとt5ぃひしぞかしo 詭道 なれば 常道に あらず し 

彙 i て、 いかで 國家を 治る の 道と すべき。 况ゃ當 代の 兵家に 相 ふる は、 皆兵の 末 事 る を や C 或は 域 

I 一 と. o、 或は 軍の そな へ 、又は 古 戰の說 を愈議 すろ 迄にて、 孫子の 書 をよ む 人 稀な 6 たま./ \ よむ 人 

メ 

Z あ. て,. p、 文字に くらき 故に 詭道 二字の 義 にさへ 通ぜず 何とて 孫子の ふかき 意 を 得べき や 。さる 

によ. て 其說を 聞に、 多く は疆 見に 出て 相違した る 事 也 無知 妄 作と いふべ し C 

不 i 忘 k 向. Z 君 

後數日 ありて 諸 客來會 せし が、 前日 兵の 拙速 を * ぶ 事 を 承 候て より、 自分に も 者へ 見 候に、 兵に 限 



意に いて、 或は 險 阻に 逼る とかくに 敬 を 制して 敬に 制せられず、 敬.^ いたして 敬に 致されざる や 

うに 謀る は 兵の 法な 60 昔 趙宋の 時、 いづれ の戰 にか、 ある 一 將城 守して 敬に 園れ しに、 炎天の 事 

にて 有け. o、 敵し き. nN に戰を いどみし か VJ7<P、 堅く 城 を 閉て兵 を 出さず。 一 人に 冑を きせて 庭 中に 

Z た > "せ 置け るが、 時 を 移して 冑 火の ごとくな 6 て、 其人堪 が. fi- か 6 ける 特に、 敬 もさ こそ 困まん と 

日 一 量 ft- て、 急に き 6 て 出ければ、 敬 1 こらへ; P こら へずして 敗軍し ける となり 此事を 朱 子 兵 ♦^li ず 

本 一 ると てい ひ 出て、 兵 はかく あるべき 事な 6 と 仰ら れし 語類に 見えし と覺 (侍る。 されば 孔子 三 

_ 軍 を 行 は ^臨, 事 而懼、 好, 謀而成 者に くみせん との 鈴へ り 異國の 事 は 遠ければ 姑 さし 置、 我 朝 武家 

倫 " の世になりしょ^^、 天下 攻伐 をつ とめて、 戰爭 やむ 事な か 6 し 建武以 來宮方 武家が. とて、 諸國 

^ に 力て 分れて、 日夜 合戰に 及し か. VJ ネ、 いづれ 3 諸國假 合の 卒を あつめて、 衆の 多寡 を くらべ 兵の 强 

\ 弱を爭 ひ、 なにの 成 策 《p なく、 兩軍 よせ 合せて 相撲 角力の 堪の ごとく、 一時に 勝負 を决 する 外 は f;!" 

^ し C 或は 器膀も あり、 或は 負る 時 あ. 5、 勝 T„p 負 1!P 1 旦の 事に て、 むなしく 士卒お 多く ころして や 

編 一 みぬ。 なにの 兵法 か 論ずべき 。いは ゆる 齊の 技擊、 魏の 勇卒と 3 いふべ し C 足 利 氏の 季 世に 至て、 英雄 

V 蜂起し、 四方に 割據 して、 兵 を 磨き 士を養 ひ、 - 日;!: J ろ拊循 して 用 ひし かば、 其 兵 勇 鋭に して 百戰 して 

挫けず。 秦 の銳士 ともい ふべき や C 中に も 武田上 杉な VJ の 兵 は、 號令修 り。 約束 明かに、 師出 るに 

律 を. P て すれば、 椬 文の 節制に も 近 かるべし。 されば 本朝の 兵 は、 こ、 に 至て 始めて 兵法 を? „? 論ず 

ベ かめ 然れ ども 當代 兵家 者 流と 號 する 人、 多く はかの 兵 律を傳 るの みに て、 兵法の! „p と は 敢を料 



朱子畢 添 上 二 1H 五十 四 

f 侍る はいか. 《. とい ふに、 翁 聞て、 それ はよ き 不審に て 候 兵 は 聖人の 常道に あらず、 いは. 《 ^權道 

とも ヌ バレ。 身づ から 義を 制する 權度 なくして はに はかに 用 ひが 力き 道に て 候 とかく 兵 は 別段 

の 事に て、 常にけ 用 ひざる 道と 意 得 給 ふべ し さらば 古今 兵の 異同 ある 事 を 語 6 侍るべし C 戰國以 

來 补ヒ敏 制, 勝の 術 を 兵と 申 候へ ども、 元來 甲胄の 士を 兵と いへば、 兵に 士卒の 事に て 候 C むかし 荀 

古今の 兵 を 論じて 五と す C 湯武の 仁義、 梪 文の 節制、 秦の 欽士、 魏の 勇卒、 齊の 技擊是 な. 90 王 

者の 兵 は、 道 德に本 づき、 仁義 を崇ぶ 故に、 三軍 心 を 同う し カを戮 せて、 君 上の 難に 赴く 事、 子弟 

の 父兄 を衛. o、 手臂の 頭目 を桿 ぐが とし 是を 仁義の 兵と いふ 桓 文の 兵 は、 信義 を 守. o、 律令 

にした がふ 故に、 三軍 畏, 威て 1 人る 節義 を 跪る 事な し。 是を 節制の 兵と いふ。 羸 秦の兵 は、 た. 《• 賞 

罸を嚴 にし、 首級 を尙ぶ 曾て 兵に 節制 ある 事 を しらず 然 V31_p 士卒 を淳勵 して 勇敢 を 倡 ふが 故に、 

敬に 赴て 戰死 する 事 をた のしむ 其 強き 事 魏齊の 兵に 比する に甚 優れり 魏の兵 は 勇力の 卒を募 

Ay, 齊の兵 は 技 擊の材 を 選び、 一朝 か. 9 あつめて 敢と鬪 しむ 其 兵た J- 利 を 要して、 あへ て死レ 敬の 

念な し。 是 によ. ON て いふに、 秦 の親士 よ. 以下 は、 や、 優劣 あ. とい へど、 一 切に 武力 を; CP て 取レ勝 

のみ。 すべて 兵法 ある 事 をき かず 兵法 は 節制の 兵よ. 以上に あるべし。 仁義の 兵と いへ ビネ、 僅 

に 兵と い へばば 形勢 智謀 をす てぬ 事に て 候。 是を 捨て はいかて 敬 を 料 ftN、 勝 こと を 制し 候べき C ^ 

とよ. ft- 仁義の 兵に、 後世の 兵の ごとく 詐 偽を尙 び、 反間 を 用る やうの むづ かしく 巧なる 事 は ある ま t 

く 候へ ども、 と對 したる 正面に ゐて、 或は 敏の 鋭氣を 挫き、 或は 敢の 惰氣 をう ち、 或は 不 



曰 



本 



理 

彙 



ふべ し。 つるに 兵 疲意沮 て、 陸 遜が 爲に 破られた 我 朝 にても、 近代 上杉武 田の 兩虎 爭レ 雄し が、 

いづれ も 征法碟 かなる にあらず 軍令 精し からざる にあらず 然 VI «p 先爲, 不, 可, 勝て 敬の 可, 勝 を 

待 事 を しらず 互に 一 戰の 間に 勝よ をゥ とめて、 しば/ \ -相攻 る 事 年 を經て やまず。 是又巧 而久と 

いふべ し 遂にな にの-成功な くして、 馑に 其の 身 を 終て 國滅 にき た. 《-豐 臣秀吉 は、 もとよ ゥ 不仁 

にして、 誅, 暴 止, 亂の 兵に て はな けれ V33、 勝敗の 大数に 明な ft- しかば、 出, 師 になに の 造作 もな 

く、 行, 兵に なにの 巧 計 S なく、 戰 となれば 必功を 一 擧に收 む。 遂に 兵を頓 て嘱, 日す る こと をき か 

ず いは ゆる 拙而 速なる ものに 近し 其將略 恐らく は 謙 信 信 支の 及 所に あら to 然共懔 輕滑賊 の 人 

にして、 禮樂 慈愛 は 夢に 《p しら ざり し 程に、 晚節 無名の 師を 起して、 朝鮮 を 征伐し、 久しく 師旅を 

暴露し、 多く 人民 を 魚肉せ しかば、 天 1^ の 人心 離叛 きけ 亦 兵 久して 收 めざるの 禍 なり 孫武が 

一 言、 兵の 要旨 を 得たり と い ふ ベ し 

兵 は 詭道 

他日 繼て諸 客來會 せし が、 前日 兵家 形勢の 說く はしく 承り 感服し 侍る、 兵法 を 傅る 人 も 一なら 

ず 候へ 共、 大 かた 上杉武 田家の 流に て、 兵の 故 實器數 に は 精し く 候へ ビ も、 中く 形勢な どの 沙汰 

に は 及ばず 是 にて 敬 を 料. 勝 こと を 制する は、 な. 9 がた かるべき やうに かねて 思 ひ 侍. しに、 翁 

の 論 を 承 6、 いよ/ \ 世に 傅る は 皆兵の 末 事に て、 兵法と する にたらず とこ そ 思 ひ 侍る。 但 形勢 を 

審 にし、 智謀 を 3 ちゐ候 事、 仁義の 兵に も あるべき にや。 聖賢の 道に はすこ し^が ひたる やうに 覺 

室媳巢 驗蠆 雑話 卷之四 二百 五十 三 



* 子 上 二百 五十二 

形勢に 熟し 合 戰に長 じたる は韓 信なら し むぺ自 から 將, 兵の 能 を 論じて、 多ければ 多くして S 善と 

はい ひけ. 00 げに さもと 覺 へし 然るに 孫臏韓 信が 兵法 を, -P て 孫武が 書に 考 るに、 符節 を 合せ. る 

がごと し こ、 を;^ て 兵法 はいよ く 形勢に ある 事 を しるべし。 孫子に い へらず や、 先爲, 不, 可, 勝 

ノ 以 待-敬 之 可, 勝と は、 先不, 可, 勝 は 我に あり、 万全 不, 敗の 形 也 敬 之 可, 勝 は 敬に あ. o、 必勝 不, 失 

日 ノ の 勢な ゥ。 其 機 を 形に 乙め 其戰を 勢に 决す 其 機 を 形に こむ るに 當て は、 淵の ごとく ふかく、 龍の ご 

本 一 とく 潜まる、 いは ゆる 藏-- 於 九地 之 下-;. P の 也。 其戰を 勢に 决す るに 當て は、 藤の ごとく を こ. o、 雷 

一 の ごとく 擊、 いは ゆる 動, 一 於 九天 之 上,;. P の 也 。忽 かくれ 忽 あら はれ、 寄 正 相 生じ、 虛實相 形る G 環 

倫 ^ の 無い 端 かごと し 兵 術の 妙、 こ >- に 至ても はや 加 ふべき 事な し 但 其簡耍 をい は. 、兵 は 神速なる 

理 ™ にあ. 00 S し 神速なら ねば、 其 計 策 多く は 散に はかられ、 又は 長陣 すれば、 將軍? P 退屈す る 程に、 

ひ 軍 形 兵 勢 も いづれ の處 にか 用べき。 孫子に 《p 兵 聞 一一 拙速; 未, 覩, 一巧 之 A, 也と い へ. CNO 善將, 兵 者 は、 

ハ た. 《• 形勢に 明かに して、 其餘 勝敗の数 にあ づ からぬ 事 は 多く は 不調 なれ VJ?P、 反て 是を もて 勝利 を 

編 j 得る 事 速 也 C 是を 拙而速 也と いふ 兵家の 貴ぶ 所 也 若 勝敗の 數に 暗く して、 た 屯 營を周 備にし、 

- 號令 を煩瀆 にして、 すきて 持久の 計 を すれば、 軍法 調 熟して、 すきま!_^>なく見ゅれど《9、 兵么 しけ 

れば、 變 生ずる 程に、 はて は 敗軍に 及ぶ ぞ かし 是 を巧而 久しと いふ 兵家の 忌 所 也。 や 兵 久し 

て やまねば、 其 間 多く 財 を 糜し人 を 殺し、 ながく 國 家に 害 を賠す こと すくなからず。 むかし 蜀の先 

主自將 として 吳を攻 る賠、 七 百營を 連ね、 三十 屯 をた て、 吳と相 拒 こと 年年に 及ぶ。 巧 而<$: し. とい 



减 t てみ せ、 樹を しらけて 見せけ る、 ひとつと して 敬 を 形に はめざる はなし かま VI を减 じて 見す 

れば、 歐必道 を 倍して ゆき、 樹を しらけて 見 すれば、 敬必火 を擧て 見る 火お 擧れば 万驽倶 に發す 

万弩 俱に發 すれば 敬自 刎て 死す。 一として 敬 を 勢に のせざる はなし。 ょく敏を料..^て兵の形勢に熟 

せ ずん ば、 いかで かかく あるべき。 孫 武が後 一 人と いふべ し。 炎漢の 初に 至て、 高祖の 諸將の 中に、 

韓信こ to は 兵 術に 精し く、 合戦の 上手に て ありし。 其 趙王歇 を攻し 時、 背 水の 陣 にて 勝し は、 今に 

あまねく 世に 稱 する 事 也 兵法に 右, 一倍 山陵, 前, 一 左 水澤, とい へる は 軍 形の 常な. 00 然れ其 兵に 常 勢 

なし。 敏に 因て 變 化すれば、 軍に も 常 形な かるべし. - 此聘趙 兵 二十 万と 號す 瀵兵數 万に たらず 

其 上 皆 あつま. 勢に て 决戰の 心なし 韓信 これによ りて 水に そむきて 陣 せしめた. 00 水に 背きて 陣 

する は 死地な り。 一 足跡へ ひけば水に逐はめられて死する故に、^^のづから面々にかせぎて殊死して 

戰 はざる 事 を 得ず。 趙軍漢 の 軍の 死地に 陷るを 見て は、 心な. にの 用意 もな く輕々 しくす k み. f ^、かふ 

べし。 我 死 戰の衆 を S て輕 進の 兵を擊 なば、 必ー戰 に 勝利 を 得べ しと はか. しが、 はたして その 謀 

はづれ ざり け. 然 VJ も 水に 背て 陣 せし をば、 常 畤諳將 口に は諾 せし かど も 心に は 服せ ず 

これ を 望見て 大に 笑し ぞ かし。 これ敬もみか.^^も形ににめられ勢にのせられて、みづから^^-ぼ へず0 

戰 勝て % 其 勝け る 故 をし らざゥ けらし その外 佯. て 旗鼓 を 捨て 走て、 敵 をして 空, 壁逐, 利し め、 

趙旗を 拨て漢 の 赤 幟た て、、 趙 軍の 氣を奪 ひしな v}、 いづれ も 敬 を 形に おとして、 自然の 勢 を もて 

驅 しかば、 みか^ はいよ/ \ 勇戰 し、 敵 はみ づ から 死 を 救 ふに いとま あら ざり け ftNO 孫 腹が 後 兵の 

室 鳩 葉 駭 蠆雜聒 卷之四 二 1H 五十 1 ,, 



曰 

編 



朱 子畢汲 上 二百 五十 

その 勢の まゝに 態と 利 導して、 己が 思 ふ圖に 引付る ぞ かし..^ 兵法に 百里而 趣, 利 者 厥-一 上將 1 といへ 

i さらばい よく 魏を驕 らしめ て、 百 里に して 利に 趣 かし めんと て、 齊の 師魏の 境に 入て、 始て 

1 舍 する 日 は 十万 竈 をな し、 その 明日 は 五 万 竈、 又 明日 は 三 万 竈と、 日々 にか まどの 數 を减ヒ て、 

軍 行の 跡に 遺しけ り0 さる 程に 龐消齊 師の後 を 追て をし ける が、 是 をみ て大 によろ こびて いひけ る 

は、 我 もとよ. ft. 齊の師 怯き 事 をし る 。いかにと なれば 吾 地に 入 事 三日に して、 士卒のに ぐる もの 旣に 

過半に 及べり いざ 急に 追つ めんと て、 其 日お 軍 すて V 騎兵ば か. にて、 二日の 道 を 一日に うち 

けり。 孫 臏其行 を 度る に、 暮に馬 陵に 至るべし、 馬 陵 は 傍に 阻 陰 多くして 兵 を 伏すべし 乙、 に 鹿 

涓を討 取べ しと 思 ひつ、、 大樹 を 所 6 白けて、 廳 涓此樹 下に 死なん と 大書した. 90 さて善射る^_?の 

をす ぐ, 9、 万驽, ^そろへ て 道 を夾て 伏さし め、 それ 等と 約して、 暮に 火の 高く 擧る を晃 て、 万弩 1 

度に これと、 其 期 を 待け るに、 龐涓 果して 夜に 成て この れる 木の下に 至し が、 白書 を 見て 不審 

に f ひ, 急に 火 を 高く 擧て燭 しける に、 其書>^ょみて未i畢に万驽倶に^^^こ^^しかば、魏師大に破 

れて、 廳涓自 刎て、 遂に 豎子が 名 をな しゥ とい ひて 死にけ. 90 龐涓が 前に 孫臏を 足た ちし 時、 人の 

一 足お きる は 則 わが 首 をき ると いふ 事 を しらず 首 子の 戒, 之戒, 之、 出,, 乎爾, 者 反-乎 爾, 者 也との 給 

ひし こも 思 ひ あた.^ しか、 聖賢の 言いつ かたが ひ 侍るべき。 是は 小人の 戒 とすべし。 

がく 世に、 .fi- て じと てこ そ、 あしきら め、 足 はた、 ね ど、 首 はと. 0. け 60 

是は 翁が. はさな 60 足の か は. に 首 を 得 たれば、 孫臏 はか へと くし. とい ふべ し しかるに 憲 を" 



.5 にて なむ あ. o け. oO 孫瞎は 孫武が 子孫な りしが、 先祖の 兵法 を傳 て、 齊の威 王の 師 となる 此 

時魏ょ 齊の 與國趙 を圍し を、 威 王將田 忌に 孫臏を さし 副て 趙を 救し む 孫 臏は其 前に 魏將 廳涓と 

と? P に 兵法 を學 びし が、 龐涓 その 能を嫉 て、 陰に 臏を 召て 至れば 其兩足 を斷し 程に、 此度; „p た. >車 

一 中に 坐て 軍の 指圖 をし け 田 忌す ぐに 超へ ゆかむ とい ひし を、 孫臈 と^めて、 魏趙 <C しく 相攻ぬ 

日 一 れば、 魏の輕 兵 鋭卒必 外に 竭し、 老弱 運漕して 內に罷 る > を 謀て いふ やう、 趙に 至らん より は、 速 

本 一 に 魏都大 梁に 赴て 其虛を 衝んに はしか じ、 かれ 我 國の危 きをき かば、 必趙 おすて ゝ 歸て自 救む、 し 

からば われ 一 擧 して、 趙の圍 をと くの みならず その 弊 を 魏に收 るな りと て、 直に 大 梁に 向 ひし かば、 

倫 一 魏師 菜して 趙を 捨て 還. ける を、 迎へ擊 て大に 勝利 を 得たり。 これ 趙を救 ひながら 趙を救 ふと は晃 

理 一 せず して、 魏を攻 る 形 を もてし めし 虛に乘 ずる 急迫の 勢 を 1^ て 這り しかば、 魏師な V3 が趙 をす て、 

一 歸ら ざる 事 を 得べき これによ. て 尾れば 前にい ひし さく 形に はめ、 きを ひに の すれば、 わが 士卒の 

棄 みに? P あらず、 敬 を 制する 事 《^>掌 握に あるが ごとし 孫 臏が魏 を 伐て 趙の國 をと くにて、 その 形勢 

編 に 熟する を しるべし C されば こそ 孫 腹; „p 形 格 勢 禁ずれば、 をの づ から 解る こと をす と い へ. O-0 形に 

一 は むれば、 敬必 形に さ ^ i^- られ、 勢に の すれば、 敬必 勢に せかれて 自由 を 得ぬ 程に、 をの づ から 我 

計 中に 墮るぞ かし。 後 十五 年 あ 6 て、 魏ょ 6 韓を攻 し 時、 韓吿, 一 急 於齊- しかば、 田 忌 又將, 兵と して、 

前に 趙を 救し さくす ぐに 大 梁に 赴きけ り C 魏將龐 渭是を 聞て 韓を 捨て 歸る 程に、 齊師 とくに 行 過て 

先に あ. CNO 孫臏田 忌に いふ やう、 三 晋の兵 素よ. 桿勇 にして 齊を 怯と す 善戰し は 敬の 勢に よりて、 

室 鳩粱 鬆鏖雜 話 卷之四 .1 一 百 四十 九 



采子學 上 二 IrnE 十八 

もき を 漂 はすに 至る は、 岩に あたる はづ みのつ よければ な, ft- 安 流す る 水の 水 さき 弱き が 石 をた. V 

よはす 事 をき かず。 鷹鴛て 鳥の 翅 をと.^ ひしぐ に 至りし は、 禽 にせ まる 折め のきび しければ 也。 な 

がの しする 鷹の 羽づ かひ ゆるき が 毀 折す る 事. ^きかず。 よりて 善 戰者は 其 勢必險 しく 其節必 短し。 

一 足; P 所, 向 を しりぞけば きる 1 毫 J<P 軍法 を 敗れば きる かく 險し からねば 其 勢 弛ぶ のな. 90 日 

日 を 刻して 急に すゝ みて 兵を駐 めず 戰 勝て は 早く 引て 長 追せ ず C かく 短から ねば 其 節の ぶる, P の 也。 

本 其 勢 弛び 其 節延れ ば、 士卒 倦怠て、 必勝 利 を 失 ふべ し されば 勢 は 如, 鶴, 弩と は、 必 はりつめて 少し 

TP 手 を ゆるさず、 節 如, 發, 機と は、 忽 急に はなちて しば しもゆと りせ ず。 この 故に 茛將の 下に 怯卒 

儉 なし。 愚將の 下に 強兵な し 孫子に 是 お論じて 善戰者 求-一之 於勢ハ 不 J 貝-於 人: 故 能擇, 人而 任, 勢、 

理 任い 勢 者、 其用义 也、 如, 轉-- 木石 マ 木石 之 性、 安則 靜、 危則 動、 方 則 止、 圓則 行、 故 善 戰\ 之 勢、 如 

レ轉 = 圓石於 千 伤之山 一 者 勢 也 孫 武が此 語 一 字 一 句; <P 兵の 肯綮に あたらざる はなし 。孫武 は 誠に 兵家 

r の祖 なる かな。 

き 孫渡韓 信が 兵法 

され ど 孫武が 兵法、 其 書 ありと いへ ど 1_p、 自 から 兵 を 用て 敬 を 料 6 勝 こと を 制する をき かず。 その 

かみ 吳王 闔閭に 用ら れ、 十三 篇 をも吳 王に 傳授 せし 事、 史記 孫子が 傳に 尾え た. 闔閭 西の かた 强 

楚を 破て 郢に 入、 兵威 諸國に 振し は、 定めて 孫武が 謀より 出た る 事ぶ てあらん かし。 その 事實 世に 

博らねば しるべき やうな し C 孫 武が接 孫武が 兵法 を 《p ちゐ て、 其 功 天下に 著れ し は、 孫膣韓 信の ふ, fi- 



はげしく あらく ゥ かふて、 其き を ひに 乘じ てす、 めば、 のづ から 調子め いらず して、 勝利 を 得べ 

し 兵の 勇 怯 は 調子に よりて 生ずる 物 也。 されば 孫子に 勇 怯 は 勢 也、 強弱 は 形 也と こそ 見えて 侍れ。 

譬ば 猛虎 深山に ありて 百獸震 恐せ しが、 陷 t 并の 中に 在に 及て は、 尾 を搖 かして 食 を 求る が > ^とし。 

猛虎に はかに 弱くなる に は あらず。 又お かしき^と へ なれ 共、 世に S ふ 女の F^, 時參 りと いふ 事 あ. 00 

H 常に は 闇が. を さ へ おもる、 物が、 嫉妬の 怒に 乗じて は 膀參 りして、 少しもお それやらず。 其 女 

本 に はかに つよくな るに は あらず。 是 にて 勇 怯の 勢に あら、 強弱の 形に ある 事 を しるべし。 但軍形 は 

本な. ft.o 兵 勢 は 軍 形よ.^ して こそ 出來に けれ もし 軍 形亂れ なば、 士卒 勇な 6 とい ふと, %必 敗軍す 

倫 べし。 この 故に 勝 兵 先勝 而後 求, 戰、 敗 兵先戰 而後 求, 勝と い へり。 先勝 は 軍 形に あり。 まだ 戰 はぬ 

理 一 先に、 必勝べき 手 だて 定まる 故に 先勝と はいふ 也 先勝て 戦へば、 兵 鈍らず、 戰と. こ ほらず、 敵 

を 破る 事 破竹の > ^とくなる べし t.c^て孫子に勝者之戰若,决,ー積水於千仞之雞,者形也となんo是は 

彙 _ 必勝の 形 先 定まりて、 其 勢に 乗じて 戰 へば、 なにの 手 もな く 勝 事 をい へ. 90 然るに 合戰の 場に 臨て 

^ は ゆるやかなる を 嫌 ふて、 はげしき をい と はず ^^^そきを嫌て、 はやき をい と はず もしゅる やか 

にあ そければ、 士卒の 心た るみて、 其 勢 を 失 ふ 《p のな り。 信繁の 人數を あらく つか へと いひし はこ 

こな. 00 是則兵 勢な り。 孫子に 是を 論じて 激水之 疾至, I 於 漂.. 石 者 勢 也、 鴛 鳥之疾 至, I 於 毀 折, 者 節 也、 

故 善 戰者其 勢險、 其 節 短、 勢 如, 礦, 弩、 節 如, 發, 機と い へ. -0 すべて 物に は 鼓の 拍子 あるな とく、 は 

り 合て はづ みのある は 勢な り。 竹の ふし ある さく、 きはだち て 折め の ある « 節 也。 水激して石の^£- 

, 接, 鶬猓 .i 雜 SS 卷之四 : 二百 四十 七 



朱 子 學派上 . 二百 四十 六 

や。 一 

兵法の 大事 

接 日 諸 客來會 しける に、 例の 講 はて、、 翁い ひける は 各 日 比武田 流の 兵法 を 講ぜら る、 よしき >- 侍 一 

る。 前日 申せし 信繁 公の 敬 近くならば 人數を iQ らくつ かふべ しと S はれし は、 いかく 輕き 事の やう 一 

れ共、 尤 用, 兵の 要 を 得た 60 信 繁も是 にて 毎度 利 を 得て 簡耍の 事と 思 はるれば こそ かく 子息へ も 一 

本 一 いひ 傳 へられけ め。 此 序に 兵法の 事 を あらく 語り 侍るべし。 翁 日 ろ 兵書 を 者へ 尾る に、 兵 術の 一 

要は 孫武が 十三 篇 にあ 十三 着の 要は 軍 形 兵 勢の ニ篇 にあ. 00 あほよ そ 用, 兵の 法 は、 形勢の ふ. 一 

つに 過べ からず。 しばらく 常 語に てい は. 《•、 軍 形 は 軍の かた、 又は 軍の もやう とい はんかし。 兵 勢 一 

_ は 兵の きを ひ、 又は 兵の 調子と いはん かし 軍 形 は 行 X 師の 法に して、 兵 勢 は 合戰の 法な ゥ0 軍形は 1 

一 行, 師の 法と いふ は、 今 僅 百ば か 6 の人數 とても 廻して 尾 給へ。 それさへ 末々 迄 は 下知と. >か ぬ 物ぞー 

な かし。 まいて 三軍の 師をま はすに、 時に 當 ての 下知ば か 6 にして は、 いかて 自由に 廻るべき た レ將ー 

\ 帥た る 人 成算よ. 割出して、 軍 伍 を 定め、 手 分 を 定め、 約束 を 定め、 其 外の 事 迄 分 段 を 明かに して、 一 

ノ 人數を 1 定の 形に はめて 師を やれば、 三軍 ひとつ もやう になり て、 なにの 造作 なく 廻るべし。 軍 一 

の 強弱 はも やうに よりて 生ずる 物 也。 又 兵 勢 は 合戰の 法と いふ は、 常の 輕き 事に て 者 へ 給へ。 急 節 一 

に 臨て は、 すこし 手延 なれば、 度 を 失 ふ物ぞ かし まいて 合戰の 勝負 は t- 吸の 間に あり。 それに 鎗先ー 

に 向て は、 士卒の 勇 怯 ひとしから ねば、 とかく 猶豫 しゃすし。 た^ 將 帥^る 人、 こゝに 至て は 人 數をー 



倫 

編 



謹に して、 上 を 舉じ身 を 全して 終られし をば、 前史に^ 褒稱 して 記 置し ぞ かし され ど それ は 明 帝 

孝 友 なれば つか へやす かるべし 信繁は それと はちが ひ、 殘忍 至極の 兄に つか へ て 朝夕 國に惓 々と 

して、 人臣の 節 を 失 はず。 信玄 とい へ,ぇ^^常に親任して疑忌の心なく、 始終 一 の ごとし その 忠信 

誠實人 を感孚 する にあらず して いかで かくの とくなる べき。 さて 川 中島に て 討死せられ しこ そ、 

忠義にぁ^^りて覺ぇ侍る。 信玄ー 生の 危き折 なれば、 此賠 死せ ずして いつの 爲に命 をお しむべき。 

されば 主 辱 かし めら るれば 臣 死す るの 義を 守て、 こゝ ろよ く 討死 せられし は、 誠に 尾:, 危授 i 命と い 

ふべ し 其 子 を誡ら れし條 子が きの 物 を 見 侍る に、 一 として 恭敬 篤實 のさに あらざる はなし 其 中 

1 條に、 たと ひ 海 は 野と な 6 野 は 海と なると も、 盡未來 際御屋 かたに 對 して 二心 あるべからず とい 

ひ、 又 一條に たと ひい かやう の 御 懇意 にても、 後 庭 (出入すべからず とい ひ、 又 1 條に、 諸人 同座 

する 時、 1„p し 好色の 語に 及ば. 5.、 目に. ぬ やうに して 其 座 を 立べ しとい ふに てし. ぬ 信繁 人が 

ら恭 謹なる 物から、 しかも 身 を 守る こと 嚴 正にて、 か. 5 初に, P 汚 俗に 同せ ず、 其 高風 淸養 古人に 耻 

ざるべし C 又 一條に、 合戦に 赴く 時、 敬ち かくなら ば、 人數を 急に あらく ジ かふべ しと あり 是に 

て 信 繁戰陣 に 勇 あ. 9 て、 兵 ま はすに 熟しぬ る 事 を しれ. 5、 しかれば 勇 威武 暑さへ 兼備り けらし。 

易に いは ゆる 知, 剛知, 柔、 萬 夫 之 望と は、 此人 のた ぐ ひ をい ふべ し。 嚮 に信玄 社稷の 盧ぁ. 5 て、 はや 

く此人 をた てゝ 世子と し、 監國の 任に をら しめば、 甲 州な がく 滅 ざら まし。 しかるに 昏昧 剛腹の 勝 

賴に傳 へし かば、 信玄 死して いく 程なく 織 田 氏の ために ほろぼされ にき。 げかし き 事に あらず 

室 SS 紫 燧蠹雜 話 卷之四 二百 四十 五 メ 



朱子學 上 二百 ra 十四 

あらず 其お 1.P むき 同 t やうに てし かもち が ひ あ A- としるべし され VI 其 <| ^議 はしば らくさし 置、 

此事耿 にの みあらず、 欹も 味方: „^、 死した る 1_p いきた る 1_p、 とり,, i\ いさぎよく、 優に やさしき 事 

とい ふべ し f 

武 田信繁 

愛に 足 利 氏の 季世、 天文 永祿の 間に 至て、 賢と 稱 すべき 人 あり。 甲 州 武田信 玄の弟 左 典展武 田信繁 

是な. h.o 然るに 近代 武功 をのみ 尙 びて、 德行 をば 稱 せざる 故に、 信 玄の名 は 高 けれ VJ1_P 信繁の 賢 は 

かくれて 世に しる 人な し C 今 翁が あら はさず して は 誰かい ひ 出る 者 あらん 信 玄の父 信 虎、 信繁を 

愛して 信玄 廢 する 心 あり それ 故信玄 父子 不和な りしに、 群臣 いづれ 1« 信玄の 武略に 長 じたる を 

見て、 信 虎 をす て > -信ナ s に 思ひ附 しかば、 信玄 群臣と 謀て、 信 虎 をす かし 出して 是を距 ぎし 程に、 

信 虎 甲 州へ 歸る事 かな はず、 今 川 氏 虞が 外祖父. < ^ろに よ. て、 駿 河に 出奔して 今 川 家の 寄 公と な. 9 

て、 年を經 けれ VJ も、 信玄 つるに 父 をむ か へ て國に 入る ことなし 信 虎 後に 京都に 流 落して 一 生 を 

なん 終た. ONC 信繁信 虎の 愛子と して、 信玄 を廢 して 信繁 をた てんとす る をば、 かねて 信 空 も 知た る 

事 なれば、 必忌惡 むべ し それに 國に のこりて 信玄 にっか ふる は、 危難の 場な り。 父 を 追 出す 程の 

人 なれば、 露 友愛の 心 あるべき に. P あらず。 しかるに 信繁 嫌疑の 間に 處 ながら 信玄 にっか へ て、 兄弟 

の 間 少し. P 違 言 ある 事.^ きかず むかし 後漢の 東海 王强は 光武の 太子たり しが、 廢 せられて 諸侯 王 

t 下れ り。 明 帝 母 凝に よもて、 第 を? P て 立て 太子と 給 ひ:^ るが、 其 後期 帝の 代に 至て 東海 王恭 



ざれ Vi も 味方の 武威つ よくして、 か 力き 北 條憲定 のぬ しつ るに 自腹して、 賒兵 をのが しむな しうな 

り、 ある は あだに あ.^ 6 て かたみに 死す る; .P 侍る 時、 藤澤 のか.!^ へ の 松原の むれに てた.^ かふ 男 あ 

るに、 味方 は 中 村 治 部 少輔藤 原の 重賴 とて、 京 家の人の 世に しづみ て、 屋 形に 扶持 せられて 侍りし 

になん、 敬の 男 は 栗毛なる 駒に 乘て、 二つ 引り やうに 昇. 9 龍の 紋付 たる さしものな 6 けり、 遠目な が 

ら よろ ひの 毛; いかめしう ぞ 見へ ける、 しばした、 かふて 鎗を あはせ しに、 目の前に 敬の 男ク きと 

めら れ、 やがて 中 村手づ から 首 を 收て我 陣に來 り て、 かう くと なん 語- 9 ける に、 いまだ 壯 年に 1„p 

たらぬ男の色しろぅしてたけたか>-るぺき心地した.:^、 鬢の あたりた レ ならず たきしめつ、、 あは 

れ いやまし、 ぁだながらにくからぬ^^^7_?かげなゥ、 中 材重賴 この 心ば へ の やさしき に 歌 ひとつ も 

のして 手 向に とす、 め 侍 6 ければ、 その 首に むかひて、 

か、 ると き、 さ こそ 命の しからめ、 かねてな き 身と、 お?? ひしらず ば。 

重賴 返し 

なき 身と は、 誰? P しれ VJ?P、 諸と?? に、 いま はに 5i^1_p ふ、 こと をし ぞ お;! P ふ。 

此道灌 の 歌 は、 孔子の 給へ る 勇士 不レ 忘, 喪: J 兀と いふ 心に も かな ひ 侍らん かし 。され ど 古の 勇士の 不 

レ忘^喪匕兀と ぃふは、其志朝夕に義を^^^1„?んずるにぁり0 首 を 剣ら ると 5_^義 を 失 は t とな. り 必し l„p 

戰堪に 死 を輕ん ずるに 限るべからず 我 朝の 武士の かねてな き 身と 思 ふとい ふ は、 其志戰 場に 死 を 

輕ん ずるに あり。 首 を とらる ゝと; _s "うしろ をみ せじと な. あながち 朝夕に 義を 重んずる によるに 

室媳巢 鬆矗雜 話 卷之四 二百 四十 一ー1 



朱 子 》J 派 上 二百 四十 二 

宗の 時に 至て、 其 頃 君 上の 廢立、 多く は 人臣の 手に 出し かば、 揚復恭 が 昭宗を 己が たてた ると て、 

負つ $ 門 生 天子と いひし を こ を、 古今に なき 事 なれと、 あま 6 の 事に, ^ しか 6 しが、 其 後 我 朝 近代 

の 野史に て、 新參 一の 主人 譜代の 家人に 背く やう や あると いひし 事 ある を晃 て、 さても 亂 世の 風俗、 か 

A らも やまと;. P よく 似た る 事よ と 思 ひ 侍 ft 'し。 されば 應 仁の 後足 利 家の 代 を 終る まで、 前後 百年の 間、 

日 , 其名將 勇士、 寒浞飛 簾が 徒に あら ざれば、 賁育 動舍が 類な. 中々 腎愚 得失 を 論ずる に 及ばず。 但 

本 \ 鎌 倉兩上 杉の 時、 太 田道灌 こそ、 名 將の譽 ありし。 然ズも 翁 z-!„p へ らく、 上 杉 氏 山 內扇谷 兩黨^ り 

j とい へ , え も 山 內を宗 室と す C 此時 越後の 上 杉 房 顯山內 の 家を繼 て、 其 子 顯定に 及べ. 道 灌は其 父 

倫 ( 道眞 よ. -扇 谷の 上杉定 正が 家老 たれば、 定正 をた すけて、 顯定 と嫡庶 の義を 講じ、 親族の 好 を 篤し 

理 ? て、 扇 谷の 家 を 安んじて こそ、 身の 辅相 たりし 甲斐 も あるべき を、 反て 謀 を 4 て 山 內の權 を 奪 ひし 

\ かば、 兩上杉 不和に なりけ る 程に、 終に 兵難 を 招て/、 定 正と 同 ヒく顯 定が爲 にころ された. 恐ら 

f く は 其 材主を 庇し 身 を 保つ にたら ざるに 似た. 50 しか い へど 武暑 すぐれたる のみに あらず、 文學に 

編 一 志 ざし 倭 歌 を このみて、 か ゝる亂 世に は 得が たき 人と もい ふべ し 翁い つも 思 ひいて、 威 明す る は、 

〉 世に 傅る 「か > "る 時 さ こそ 命の」 とよめ る 歌に て 侍る。 此歌を 世に は 道灌歜 にころ さる、 時 臨終に よ 

みしと い へ VI、 さに て は あらず。 慕景 集と て 彼が 自 からかき あつめし 藻 獲 草 あち C 其 中に 此歌 をの 

せて 其詞 書に、 

康正 元年の 冬 藤澤の 役に、 かたき も 昧方も 入 まじり、 111 日 を かさねて いどみ あらそ ふ 事に なりぬ、 



韓 信が 兵 は 利欲の 私に いで、、 一身の ためにし、 正 成が 兵 は 忠義の 公に いで、、 國 家の ためにす 

其底績の心^^のづから同じからず0むかし河內の人の語.9しとて或人翁にぃ ひしは、金剛山のぁ.|^り 

に 南北の 明 神と 號 する 11 あり、 そか 中堂 を 正 成と す、 左右 は 孫子 吳子 なり、 正 成 常に われ 天下に 武 

功 を 立る 事 は孫吳 のかげ ならと いひし によ. て、 是を鮒 祭す ると ぞ 是 にて 今に 正 成が 遺愛の 民に 

ある 事 を しるべし 但正成かくの ごとく絕倫の材を^„?"て、 聖賢の 道を學 びず して、 孫 吳が術 をのみ 

崇 びし は、 遣 恨と いふべ し。 湊川 にて 自殺 するとて、 弟 正季と 最後の 一 念 を 語る 事 はなはだ 陋し。 

足 利 家の 亂れ 

足 利 一 統の 後、 幕下の 人物に て は、 細 川 賴之を こそ 世に 茛 相と 稱し 侍れ 先君の 遺命 をう け 幼 主 を 

輔け、 上 を 奉 t 下 を 御す る をみ るに、 や、 老成の 材と いふべ し。 然れ ども 小 術 を 用て 君 威を强 する 

事 をし りて、 曾て 陳 k 善閉 i 邪る を しらず。 されば 義滿昏 弱の 君に あらず 其 輔佐よ ろしからば、 い 

かやう 成 英主と もなる べき 人ぞ かし。 その 驕泰 をき はめ 潜 逆ケ肆 にす るに 至る は、 頼 之と S へど も 

其 罪 をの がるべからず。 是 を.^ ていふに 其入稱 する に 力らず。 其 外 足 利 家の 名門 右 族、 いづれ も錄 

扈將 軍に あらざる はなし 應仁 文明の 頃 京都に は 細 川 畠 山黨を 分ち、 鎌 倉に は 足 利 上 杉 雄を爭 ひ、 

日夜 合戦して 虛き 月な し しかの みならず 君臣 相 害し、 親族 相殺し、 そん 毒 鬼馘の ごとく、 其 暴 虎 

狼の ごとし。 天下に 人倫の 道絕 はて、、 た > 日月 地に 墜 ざる 迄に ぞぁ 6 け, C.O 是. V ぞ 古今 亂^ の 極 

と. いふべ し もろこし にて いは レ、 李 唐の 季、 五代の 初に 似たり。 いつぞや 唐 書を讀 侍しに、 僖宗、 昭 

000 S 憲雜隨 卷之四 二百 四十 1 



朱 子畢汲 上 三百 St 

する 人、 推 尊で 諸葛孔 明に 比する に、 雨 人 いづれ も 兵略 をク とめ、 興復を 謀り、 父子 國 事に 死す る 

% 同じければ な. 90 それ はさる 事 なれ vlap、 孔明は 臥龍な り C 道 德を懷 抱し、 功名 を 遺 外し、 草廬 

にて 一生 を 終ん とせし に、 はから ざるに 蜀の 先主の 三 顧に 遇て、 不, 得 i 已して 出仕へ しが、 一朝 關 

一 趙が 上に 立て、 君臣 魚 水の^と く 成し されば その 出處、 伊尹呂 望に 近し となん 古人の 論 TP ある ぞ 

日 ~ かし。 正 成 はもと 功名 科 中の 人な り 後醋醐 帝 笠 置に 臨幸の 膀、 近國の 名士 を 徴れし 間、 正 成 % 召 

本 に應 じて 参 t けり。 是 その 出處孔 明と は 大きに 異なる 上、 恢復の 後 も 尊氏義 負の 下に 列して、 專に 

\ 住 用 せらる >- 事 をき かず。 孔明を もて 擬 せば 恐らく は 其 倫に あら ヒ、 其 兵 を 用る;. p、 孔明 は 正大に 

倫 して 奇計 を 《p ちいず 節制の 兵と いぶべし C 翁 かねて 論ずら く、 正 成が 敬 を 料. 兵 を 用る は韓 信に 

理 似た. り。 韓信楚に寄食する時ょ^^、 旣に項 王の 易, 制 をし 60 正 成 河內に 家居す る 時よ. o、 旣に鎌 倉 

の 易 i 弱 をし る。 よ..^ て韓信 高祖 を 見て、 盛に 項 王の 勇を稱 して、 其 勇 は 恐る ゝ にたらざる 事 をい ひ、 

正 成 後醍醐 帝に 謁して、 盛に 鎌 倉の 强 きを 称して 其 強き は恃 にたらざる 事 をい ふ 其 後兩人 共に 多 

編 \ く は 籌策を 用て 取, 勝し さ 掌握に あるが とし 韓信は 囊沙背 水 敬.^ 破り、 正 成に 鉤屏木 偶 敬 を 磨す 

\ る を 尾 給 (o 兩 人の 兵 を 用る こと 一 轍に 出ざる か は 何れも 摧, 堅拉, 銳 とい へビ、 韓 信が 材は 敏速 

に 長 t てよ く攻、 いまだ その 守る をき かず 正 成が 材は持 重に^ へて よく 守る、 いまだ その 攻るを 

見ず 韓 信に 城 を 守らし めば、 よく 正 成が ごとくな らん か 正 成に 敬を攻 しめば、 よく 韓 信が と 

くな らん か 古人も攻守勢殊な.*=^とぃ へばい かレ あるべき 翁が いまだ 决 せざる 所 也 しかい C ど 



B 

本 

理 

編 



さすがに 他よ. は】 きはい さぎよ く 尾え しぞ かし こゝに 至て 時政義 時が 惡、 天道に さか ひ 人望に 

背く。 其罪誅 しても 餘り あり もし 泰時 なか. せば、 北條 家の 滅びむ さ、 高 時が 時 を 待 侍ら to ひ 

とり 田樂 入道 をのみ 罪すべからず, - 

楠 正 成 

建武 中興の 人物に て は、 縉紳 家に 藤 藤 房、 鞘 鈴 家に 楠 正 成、 もとより 輿論の 歸 する 所^て 候。 1*" し 

其 人品 をい は 3-、 藤 房 は 公卿 輔弼の 臣た. o、 正 成 は 將帥禦 侮の 臣たり 其材の 大小 をい は 3-、 正 成の 

材、 藤 一房の 及ぶ 所に あらず 藤 房の 龍馬の 諫は、 直言 極諫 朝廷 を聳 動, yo まことに 朝 陽の 鳳嗚 とい 

ふべ し。 然れど 正 成 恢復の 功と は 並論ヒ が. {^ し 其 上 藤 房 は 一 諫の 後國を さり 世 をの がれし が、 正 

成 は 其身國 難に 死す るの みに あらず、 忠義 代々 家に 傳へ、 天下に あら はる 當時 誰か 正 成に 比する 

一 人 あるべき。 た レし正 成 5_p 外の 言行 世に 傳 はら ざれば、 その 爲 i 人く はしき 事 はしれ 侍らず 。世に 楠 

家の 遺書と て、 きれ J/\ 流布す る 物 あれ ズ、 Jf^ ほく は 後人の 偽作と 見え 侍る C しかれ V3,„p 其し るき 

事 は、 爭翫 の始、 一城 を J<P て 天下 を 引受て、 始終 少しせ 挫 屈せざる にて、 其材 量の たくましき を 思 

ひ はかるべし 誠に 仰 慕すべき は、 天下一 盛 一 衰の 間、 名將 勇士と い へど; -p、 時勢に 附て 反側 を 常 

とし、 朝夕 をた もたざる 中に、 獨楠家のみ子孫累葉か,^::^く遣訓をまも.fl^、 一 門 闔族心 を 一 にし 力 を 

戮せ、 名 身 を; 《 て 國に 報い、 三代の 間 1 人? P 二心 ある 事 をき かず 古今 比類な かるべし。 正 成德澤 

深厚に して、 ながく 人心 を 結ぶ 事な からん に は、 いかて かかくの ごとく f35 るべき 然るに 世の 尙諭 

室瞎巢 1^綦 雜話 卷之四 二百 三十 九 ,, 



曰 

理 

編 



朱 子學汲 上 二百 三十 八 

其 後考へ もし 侍らず 此 一事に て; _p、 泰 時の 公明に して、 無, 情 者 は 其 辭を盡 す 事 を 得ず、 又 恩威 ふ 

たつながら 正しき 事 も しられ. f^60 其 孫 謀の よき 後嗣に 及で、 時賴 時宗 いづれ, P 遺訓 を 守う、 成 法に 

依て よく 政 を 動ら れじ かば、 四方の 人心 鎌 倉に 歸嚮 せざる はなし。 北 條氏皇 朝の 陪臣 を もて 天下の 

權を 執て、 數 代の 安き を 得た る は、 泰 時の 功と いふべ し。 世に 時 賴を泰 時よ. 賢明なる やうに 稱し 

ぬる は、 意 得が たく 思 ひ 侍る た .J- 早く 高位 を脫屐 して 浮 屠に 歸し、 微行 を このみ 下情 を 察せられ 

し を、 奇特の 事と こそい ふらめ それ は 道理 を しらぬ 人の いふ 事 也、 し 其 身 宗廟 社稷の 重き を 承て、 

自 から 佛 寺に 逃れ、 微行 を樂 とする 事 や あるべき。 君 德を穢 し、 治體を 失へ. 人 主の 法と すべ か 

らず 是 にて 尾れば、 其 治 規模 近 小に して、 遠大に 眛か 6 けらし。 中々 に泰 特に 及ぶべき 入に あら 

ず Q 其外骤 倉の 人物 を 者る に、 上下と もに すべ て 取に たる 人な かるべ し C 但建國 の はじめ、 ぁま^^ 

の 人材 幕下に 群集す といへ ども、 血 氣勇俾 の 人 Si にて、 いづれ ネ 粗暴 無識皆 絳灌が 下にて 候 其 中 

に 畠 山重忠 は、 勇力 世に すぐれ 古今の 壯士 とい ふば か. c にて; _p なく、 志操 潔白に して、 き はめて 正 

直の 人 也 世に 和 田と 並 稲す る は その 倫に 非ず 梶 原が 讒 にあ ひし 時、 誓文 を? P て 陳謝せ よと いひ 

し を、 重忠 一 生僞 をい はねば、 今更 誓文に 及べき やうな しとて うけ ざり しか VI 賴朝ネ 疑 をの こさ 

ず、 梶原も 怒 を 加 へ ず 是 にて I* とよ. ft- 忠信の 上下に 威 字す る 事 をし る ベ し。 其 上 己が 善に 伐らず、 

人の 功を蔽 はず、 ^^^のづから寛厚長者の氣象なんぁ^-ける。 當時 諸將の 中に 求る に、 少しき 似た る 

入, P なし 不幸に して 三 捕と 同じく 前後 北 條が爲 にころ さる ゝ rJ そいと 口 措き 事 なれ C 其 最後 ネ、 



m 

本 

彙 



治め、 爭を やめ 侍るべき と はれし に、 明慧 た》 無欲に 成 給へ とい はれし を、 泰時 かさねて 某 ひとり 

無欲に 成 候 共、 群 下な にと て 無欲に 成 候べき とい はれけ るに、 明慧 下に 目 をつ けずして 御身 先 無欲 

に 成て 尾 給へ とい はれし を、 泰時 ふかく 信じて 父義時 死去の 特、 所領 財寶大 かた 諸 弟に 配分して、 

其 身 はわ づ かにた るば か, とられけ る を、 二位の 尼泰 時に 自分の とられ やう あま 6 すくなき 事と い 

はれし に、 某 は 家督 をう け 候へば、 なにの 乏しき 事ネ なく 候、 只 弟 vl«p の ゆたかなる やうに とこ そ 

おも ひ 候 r とい はれし かば、 二位の 尼感 渡に 及ばれし が、 其 後年 を逐て 親族 肅穆 し、 鎌 倉の 武臣, P 

感服し け. 00 明 慧浮屠 なれ ども、 孔子の 季康 子に の 給 ひし 苟子 之不レ 欲、 雖ぃ 賞い 之 不レ竊 とい ふに かな 

へり。 泰賠の 明 憩の 一 言 を 信用して 鎌 倉よ く 治ま. しにて、 g 人の 言誣 ベから ざる 事 を しるべし。 

明慧ネ ^レ う VJ に は あら ざ. けらし。 さて 泰特 家督 以後、 日 ごとに つとめて 公廳へ 出て、 ひね;! P す 

蹇々 として 庶務 を 治められ しに、 群 長 を 待事恭 謹に して、 爭を 分ち 訟を聽 る、 事明恕 なりし さ、 束 

鑑を 見て しるべ し。 昔 ある 老儒の 語る. き、 し。 泰時 ある 時訟 をき かれしに、 雙 方對决 しける が、 

半に 成て 一 方の 相手 忽に理 に 服して、 只今 迄 己が 申 所 をよ しと 思て 候へば こそ 爭 誘に 及び 候 へ VJ,P、 

今日 始て 手前の 非 を 覺 悟いた して 候、 此上は % はや 一 言 中に; P 及ばず とて やみぬ。 泰待 感じて、 

爭は汝 がまけ 也、 理非に よりて 决斷 すべし。 但某 今迄 多くの 訟を き、 しか VJ?P、 即座に 汝 がごと く 

理に 服す る もの を 見ず、 是を 賞せ ずして なに を か 賞すべき とて、 別に 恩賞 を 行 はれし が、 後 は爭惑 

え やう やく 稀に 成て、 訟廷ネ 閑に なりし とぞ C 此事 何やらん 古き 物語^て 見し とい ひしが 忘に き 

mmm 凝甚雜 話 卷之 四 二百 三十 七 



m 

本 



朱 子 S5 上 二 百三 ナ六 

て、 鐘 を 撞て我 衆 を 誤る 事? P あらむ かと、 撞木 を 取よ せて 我 側に 量け るが、 又も ふに は、 必 撞木 

に 3 限るべからず、 鐵砲 やうの もの にても 撞ま fc きに も あらず と 鐘 を 地へ あろ させ、 こもに て卷て 

置せ た. 00 然る 所に 賊徒 挑戰 て、 思 ひ よらず 俄に 手 合せ ぁゥ ければ、 さらば 鐘を提 べしと いふに、 

上 へ 釣ぁげこ^^-をとく程に、 っゐに まにあ はずして、 た レかゝ ゥ に懸, て攻 潰しけ. ft-o 其 か ゥ い 

っぞゃ 申されし 方士 蓬菜宮 の 物語 はか やうの 事に こそと、 そ の 事 を 思 ひ 出せし と あ A- しと 也 C こ 

れ 戯れに 近き 物語 なれ ビ も, 伊豆守 理 にさと く、 人の 言 をす てず、 それにた.^.今馬,!^,0ょり御前 へ 

出て、 天草の 首尾 を 申 上らる、 折 ふし、 常人なら ば 中々 も 'ひもつ け t、 たと ひ 思 ひつく と!. p、 も 

節 はさて やむべき 事なる を、 只 常の 氣色 にて、 稠人廣 座の 中と 《p いはず、 我 あやまち たりし 事 を も 

理 W 有の ま、 に 語られし にぞ、 伊豆守の 心 公に して、 器量の 大きなる % しられけ 00 世に 古今の 良 S と 

^ する 5_p、 けに 理 りと 覺 ゆる ぞ かし。 是を; <P て 見る に、 世の 權 威に ほこ ゥ、 邊幅を 修る人 は、 誠に 馬 

^ 援が いは ゆる 井底の 鲑也 C 鳴 呼い やしい かな C 

編" ^ 泰 時の 無欲 

バ 他日 繼 ての 會に、 諸 客 前日 平家の 人物 をば 御 評論 承. て 候、 鎌 倉 以来の 人物 は 多き 事に 候へば, Q ま 

わく 承る に 及ばず、 其 中に 翁の 取 給 f る 人 は 誰- 1- にて 候 や、 承 度 侯と い へば、 翁 鎌 倉 治世の 後に 至 

て 北 條泰時 こそ、 漢 の丙魏 唐の 姚宋に S はづ かしから ぬ 人に て 候へ、 わが 國には あまり 比類な かる 

べし 此人椽 尾の 明慧 にあ ひて、 某 不肖の 身 を もて 重任に 當り、 群 下に 臨み 侍る、 いか > して 衆 を 



彙," 

S 



曰 



本 



に、 伊豆守 聞て 笑 ひつ ゝ、 氣色 なをり て、 とかく 物に 念の いらぬ 故にて 候、 なに 事 1<P 念 をい るゝ にし 

く はなしと いはれ し を、 新 左 衞門各 樣には 御念の いり 候が よく 候、 我等!^ とき 輕き者 は、 あま. 念 

を いれ 候へば、 却て あしき 事 ある 物に て 候と いふ を、 伊豆守な にか 念 を いれて あしき やう あるべ 

きとい はれければ、 其 事に 候、 昔 唐の 玄宗 方士に 命じて 楊賁 1^ の あ. か を 尋られ しが、 方士 蓬恭宫 

に 到て 賁.^ にあ ひし 程に、 歸て此 よしを 奏聞 せんとて、 しるし を 乞し かば、 玉の 眷 を.^ ま はう け 6、 

然ろを あま. 念 通て、 是は世にた,^ひぁるべき物な.c^とて、 かさねて 玄宗賁 1^ との 密語 を 聞て 還 

報し ければ 一 旦 首尾 はよ か ftN しが、 立 宗方士 を 疑 ひそめられ しょ 思 はる ゝは、 此 密語 は賁 1^ とわ 

れ ふ.?: i6 より 外 他人し るべき 事に あらず、 然る を方士 しらて かくい ふ は、 兼て 賁鈀と 通- ci^ るに や 

と、 つ ひに 方 士を誅 し 給 ひしと な. 00 前の 玉の 簪 ばか 6 にて 能 候 を、 あまう 念 を いれた る 故に かく 

の^とし とい ひければ、 又 新 左が 例の そ ,5 'ろ^と をい ふとて 1 座 奥に 入て やみけ る 其 後天 草の 事 

,出来て 伊豆守 奉, 命て ゆかれし が、 不日に 賊 みな 伏, 誅て 江戸へ 歸 着せられ しに、 旅装の ま > 直に 登 

城 あ. CN しかば、 折 ふし 本 城の 面々 殘ら ず迎勞 しけ. 00 新 左 衞門も 衆 中に ありけ る を、 伊豆守 はやく 

見つけて、 そこに 語る 事 こそ あれ、 今 御前よ. ^罷りて とて、 御前へ 出られ、 さて ゃゝ しばらく あり 

て、 御前よ 6 退かれ、 衆 中に てい はれし は、 此 たび 天草に て、 諸侯 一度に 賊壘へ 向 ふべ しと 約束 定 

りて、 さて, しょす る 時 は、 某が 本陣に て 鐘 を撞 べし、 それ を 相圖に 諸手の 衆 あつまる べしと いひ 

合せて、 愈 議の間 日を經 ける が、 某 ふに は、 今夜に て 3 賊 方の 者 か 又は 馬鹿 のあって 忍び入 

室據粱 駿 ISS 卷之四 二百 111 十五 



朱 子 PS 上 二百 111 十四 

されば 伊豆守 善政 多き 中に、 始て 上聞して 天下の 殉死 を 禁じ、 諸國の 人質 を やめ、 大佛 を錢に 鑄ら 

れし、 此三 をば 世に S 大器 量の 事に いひ 傳 しな. 00 殉死 を 禁ぜられし は、 ながく 後世の 害 を 除き、 

人質 を やめられし は、 あまねく 諸 國の患 をす くひ、 大佛 を錢に 鑄られし は、 大きに 古今の 惑 をと く 

天下後世に^^^ ぃて大功德ぁりとぃふべし0 但此時 伊豆守に 限らず、 諸 執政 は いづれ も 至 公 至 明に し 

て、 諸侯 諸 役人に 對 して 私の もとめな く、 ?!^ の 怒な く、 只 正道 を もて 下知 せられし 程に 其 威令 下に 

行 はれし かば、 諸侯 諸 役人 も 各 それ 慎みて、 身 持 も 正し か 6 しぞ かし しか;. P 己が 材智を ネて人 

をふさがず、 已が權 柄 を % て 下 を あなどらねば、 諸 役人;. P 執政の 威勢に は .> からず、 上の 御爲 又は 宫 

守の 事に 付て は、 必面爭 て 言を盡 さ. 《• るな し 昔魯 公伯 禽魯に 入 封の 時、 周 公い ましめ て、 平易 近, 民、 

民必歸 之との 給へ. 00 かの 諸教 政、 この 周 公の 語に 本づ かる >- にて; _p なけれ ども、 其 心 公に して 治 

道に 明 なれば、 をの づ から 聖人の 心に 1_p かなへ 60 されば 其餘澤 今に 至て 太平の 化 日に 盛なる 事、 

上の 御 盛 德とは 申ながら、 かの 諸 執政の 力なき にも あらず 中に 就て 伊豆守の 平易に て 無造作な. 5 

し は、 世に たぐ ひなき 事に て あ. け り0 其 頃 井上 新左衞 門と いふ 人 は、 教 政府の 從事 たうし が、 疎 

直に 文飾な きを もて 伊豆守の ために 愛せら る 新 左衞門 常に 談諧を 好みて、 其爲, 人 東方 朔に にた 

AVO ある 時 いづかた よりか 鰭を獻 上しけ る を、 御前に 披露 するとて 伊豆守 尾 屆られ しに、 鳍に 塵つ 

きて ありし かば、 伊豆守 氣色 損じて、 取次ぐ 人 をし かられし を、 新 左衞門 傍に あ. しが、 いや 蘑 に 

i;! 塵 ある 箬 にて 候と いふ を、 伊豆守い かにと とへば、 三番 三に ち A> やたら. 5 と 申 候 はず やとい ふ 時 



嬖 幸の 臣に ゆか 6 を 求めて 命 をた す^る を さ へ 1^ とせず いはん や 負 能が 如く 仇 を 忘れ 勢に 附て苟 

免る 幸と せんや 孔子も行,已有,耻を^„?て士との給へ.o^o 番 がごと き 弒の士 とい ふべ し 

大 佛の錢 

され V, 一 も 忠淸負 能が >^ とき は、 とより 容悅 の具臣 なれば ふかく は 論ずる にたらず。 翁が 日,^ ろう 

たてしく お ネふは 重衡の 事に て 侍る 其 身 不幸に して 生 捕れし は、 さして 耻辱 にあらず 然るに 鎌 

倉に 囚れし 時 は、 宴遊の 席に 臨て 艷 女に 欵 語し。 奈 良へ 渡され し 時 は、 警 衞の士 にね が ひて 愛妾 

に邂 返す すべて 丈夫の すべき 事に あらず いと みぐるしき 事 也 しかるに をれ をば いさ-/ か 恥ず 

して 父 命に よりて 奈頁 の大佛 を燬し 事を自 から;^ 大きなる 罪惡 とて やみお それて、 縑倉 にて 賴 朝の 

前にても 陳謝し、 京師に て 法 然に邂 返して? P 此事 をい ひ 出して ふかくく やみし は、 罪障 懺悔の 爲と 

こそ 思 はれけ め、 その 愚晴 是非 もな き 事 也。 近世 松永彈 正が ふた. -び奈 良の 大佛を やきし を、 信 長 

の猛惡 にて さへ、 是をば 大罪と 思 はるれば こそ、 松 永が 主君 三好義 長を弑 し、 光源 院殿を ころし 奉 

6 し 大逆罪に ならべ て、 三の 人の ならぬ 事 をした ると て、 彈正 をはぢ しめられし ぞ かし。 嗚呼 佛法 

の 人心 を蠹 惑す る HJ 何 ぞこ、 に 至る や ◦ 然るに 寬 文の 頃と かよ、 松 1^ 故 伊豆守 信 綱 執政の 時、 千年 

以來金 仙 を 尊て、 かく 成 力る 風俗の 接に 出て、 京の 大佛を 錦て 錢 とし、 天下お 利益せられ しこ そ、 先 

に # 跡 にもき かざる 事 なれ 其卓誡 誠に 古今に 傑出す と 1„p いふべ し。 御當家 創業 以後 文明 日に 開き 

し 故に、 . ^くの >_、J とき 人 5_p 出る ぞ かし 重衡な VI をして きかしめば、 ほとんど 驚 死に? P 至 >9 つべ し 

室 鳩 雜話 卷之 n 二百 三十 三 



朱 子 5 s 上 二 511 十二 

めと. け. 00 相 具して 關束 £i 下向し ける が、 遠景此上は彼御氣色に^^-ぃては、 いかにもし 申 ゆるす 

べし、 若 御 承引な くば、 遠景 申ぁづ かるべし とい ひければ、 翁が 親類 郞等 さりと も 今 は 右 馬 殿の 召 

籠 は ゆるされ なんと 悅ぁ へ. さて 遠景 閼 東に 下り 着て、 いつしか 使 を番が もと へつ か はして いひ 

ける は、 思 ひかけ ず かく ゆかりに 成 まいらせて 候 へば、 ひとへ に 親と もた のみ 奉る ベ し、 <^ 外に 付 

て 疎略 を 存ずぺ からず と いひ やりたり けり。 番 多年の 召 人に て、 今日 きらる ベ しあす きらる べしと 

いひて、 十餘 年に 及 ひけれ V5 も、 か. う V3 一 人 ければ、 申な だむ る 者な し たま/ \ かゝ るた 

より 出來 ける は、 いかばかり か うれし かるべき に、 番 がいひけ る は、 弓箭と る 身の か、 るめ にあ ふ 

事 恥に てあらず、 さ こそた よりな き 身 なれ どる、 あながちに そのぬ しこ ひねが ふべき むこに あらず 

とて、 返事に いひけ る は、 し. しくなら せ 給 ふの よし 存知が 1^ く 候、 番は獨 身の 者に て 候へば、 御 

ゆかりに 成 まいらすべき 事 覺ぇ候 はずと あら、 かにい ひや A- ければ、 遠景 大きにい き VI ほ. 9、 やす 

からぬ 事に 思 ひて、 と? P すれば 大將 にあし ざまに 申ければ、 ぃょ/\罪<^^ もくなりまさりにけ.50 

され 共 番は少 もい. まず、 物と もせ ざり けり か、 る 程に 大將 奥州 泰衡を 伐し 時、 番を めして いは 

si ける は、 汝を とくに 身の いとま とらす ベ か 6 しに、 思 ふ 子細 あ, てけ ふまて はいけ きたるな り、 

身の 安否 は此 たびの 合戰 によるべ しとて、 鎧 馬 鞍な ど 給 りければ、 番 かしこま 6 悅 てむか ひける が、 

身命お 惜 まず ゆ、 しかりければ、 其 科お ゆるされて 本領 返し 給り、 ニ^び 舊 里に 歸 しとなん 番ぃ 

かなる 人と はしらね VJ、 始終 死 を 守て 志 を か へ ざ. しにて、 其 操の 廉潔なる 事 思 ひやるべし。 當特 



本 



理 

彙 



し 事 を 尾ろ に、 材識暗 弱 恐らく はいふに たらず 其 子 維 盛 浮 島が 原に て 水鳥の 羽音に お Vl ろき て 都 へ 

にげ 歸り、 天下の 人口に 係りし も、 家法 嚴 ならず して、 子弟 驕泰に そだつが 故な. 燈 籠の 念佛崇 

をな すなるべし。 其餘 平家の 君臣 や- -勇壯 なる も あれ VJ;%、 それ 優柔不断 にして 材カ 弱ければ、 

將率は 運籌决 勝の 略な く、 士卒 は 先登 陷陳の 勇な し。 されば 上總介 忠淸が 士大將 として いかめしく 

振舞し も、 維 盛と 同じく にげ 歸. し, どば、 其 時の 人、 ころ た 、きょと 嘲弄せ しぞ かし。 又 筑後守 

負 能 は淸盛 第一 の 寵臣に て、 平家 全盛の 時 は、 意 氣揚々 た.^ しが、 壽永 JJf 中 平家 安 德帝を 奉 t て 西 

海に 赴し 折し も、 貞能 出征して 凱旋せ しが、 途中に て 車駕に 出合し に、 ひとり 引ち がへ て 都へ 歸し 

かど も、 身の 置 所な きま、 に、 平家の 跡 を 追て 西國へ 行し が、 平家の 勢 日に 蹙. て 日に 危 亡に 瀕き 

を 見て、 又 逃 去て 釋 門に 入つ > -、 肥 後 入道と 稱 しける。 其 後 無, 程 源氏の 世と なりし かば、 鎌 倉に 至 

i 宇都 宮朝 綱と 舊識 のよ しみ あるに よ...' て、 朝 綱に 因て 乞, 降し 故に、 一命 を 助けられ、 钭徽 行脚 

して、 あな.!^ こなたと 糊 ひつ、、 一生 を 終る ときこえ し。 耻を しらざる の甚 しき % の 也 C 是 にっき 

て 渡 部 右馬允 番が事 を 感じ 侍る。 義經 西國へ 落し 時、 渡 部に て番が もと へ よりて 事の よしをい ひけ 

れば、 番 あはれ みて 見送 6 けり 後に 其 事 聞え て、 關 東に めされて、 梶 原に ぁづ けられ、 十二 年 を 

經た 6 し 程に、 鎭 西の 追討 使に 天 野藤內 遠景む かひけ り、 大將 家の きり ものに て、 十 世の 宥を 得る 

io&-^)+^60 加 賀の國 に天 野 何が しとい ひし 一入の 一?! 士ぁリ しが、 遠景が 子孫 也、 それが 家に 賴朝 i リ 遠景 LL 下し 給し 御 

^ HAV 教書 一 通 あり、 天 野 藤 内 遠景 は荦公 他に 異なろ の 間、 頼 朝 十代 遠景 十代 所領 相違 あろべ 、"ら ずと かける r8,,、 

ま ぶ «: 乱、 のむ:; £1:^ れ 其時鎭 西の 住 はて、 歸. - しが、 上洛の 特渡部 を 通. 5 て、 番が妹 を 

室!! 媳巢 鬆蠆雜 話 卷之四 二百 111 ナ 1 



朱 子 學泥上 二百 三十 

ば、 水底に 沈て ながく 失ぬべし、 五十 文の 錢は、 商人の 手に 涉り てながく うせず、 彼と 我と なにの 

差別 か あるべき、 彼此 六十 文の 錢を うしな はず、 登 天下の 利に あらず やとい ひしと ぞ 五十 文の 錢 

を 費して 十 文の 錢を 求る は、 常人の 思案に て 5; は -5-、 勝手に はき はめて せぬ をよ しとす ろ 事な れビ 

も, 道理に をいて すべき 所 を 者て かくする にこ そ。 いは. 2. 輕き事 の やう なれ ど 5„ ?、 拨 群の 見識な く 

て はなる まじき 事ぞ かし。 商人と 我と なにの 差别か あるべき とい へ る は、 楚王失 k 弓、 楚人 得, 之と い 

ふに かな ひて、 天下の 利に あらず やとい へる は、 楚 人得レ 之と いふより; P 其 識量ー かさ 大きなる 事 

也。 靑 砥左衞 門た- «• う So に は あらず 其 言行 世に 偉らざる こそ 遺恨なる 事 なれ C 

渡部畨 

ある 時 諸 客來會 せし に、 翁い ひける は、 ちかき 頃 我 國の書 をよ ませて 承る に、 古よ, 茂材懿 行の 人 

も ある ぺけれ VI、 ふるき 物語な ど は、 少も 道理の さたに 及ぶ 事な く、 記 錄の類 《p、 國史を はじめ 時 

政事 實の略 をし るす 迄と て、 當 時の 人物、 又は 人の 言行 をば、 しるすべき 事と も ひ よらねば、 し 

るし 置べき やう もな し よりて 忠臣 義士の 事? „p 世に 湮沒 して 傅らず 是 5_p 我國の 一 欠 事と いふべ し 

其 後 武家の 世に 成て、 勇將 烈士 君の ため 國の ため 死 を 潔う する 事、 歷擧 する にいと まあ. らず 責て 

是 はすこし 風教の 助けと もな りなん かし。 もし 上に たち 下 を 治る 人と て いは. 、卒家 治世の はヒ め、 

小 松の 重 盛 を こそ 世に 賢人と は稱 すれ C 父 淸盛暴 逆にして 君に 背し を、 重 盛 その 間に ゐて、 忠孝 ふ 

^:っながら蘭ず。 誠に 後世 臣子 たる 者の 法と すべし され ど燈 籠の 大臣と いはれ、 異國 (金 を 渡せ 



でく やむ ぞ かし o 喰て あたる としれ たる 物 は、 誰 く はぬ 物な. 50. 喰て, * よしく はても よしと おも 

ふ 物 を 喰て、 ゃゝも すれば 跡に てく やむ ぞ かし C 兼 好, P 身に 覺ぇ あ. てこ そかく はい ひつら め。 よの 

つねの 人の 省になる 語なら 但兼好 は 老莊の 無 爲を尙 ぶ 人 なれば、 なに 事 1„^必 し いはんと せず、 必 

し % なさん とせぬ 心に て かくい ふなるべし。 今 翁が 此 語 を 1„p ちゆる はさに て はなし。 子に 可, 1 以 

取; 可, ー以無 P 取、 取 傷 k とい へる、 其意此 語と 相似た. 可 一, 以取, は、 は t めかく と 見て、 可 一一 以無, 

取 は、 かさねて 料簡 をく はふる 意な り C されば 兼 好が 此語も かくいへば とて、 一概にた. > いはぬ が 

よし、 せぬ がよ しと は 意 得べ からず 。其い はず や あらまし、 せず や あらまし と 思 ふ 所に 意 を ゥくぺ 

し。 道11にて思ふと、勝手にて?^-もふとのもがひぁるべ し 道理に お いてい ふべき 事なる を 思 ひ よら 

ずして、 勝手にい はぬ がよ しと 思 ふてい はて やみ、 道理に5^? ぃてすべき事なるを思ひょらずして、 

勝手にせ ぬがよ しとお;^ ふて せず してやみ なば、 ひか へがち にて 後の 悔み こそな かるべ けれども、 

それに はいつ か 善に す V み、 義 にい さむべき されば ま そ ほの す、 きます ほの す、 きとい ふ 事 は、 

なに 事 か はしらね ど $、 雨中に簑笠着て尋にゅきしをば兼好1„pょしと^^-;^ へばこそ、 是を? P しるし 

をき けめ。 さ いっころ 太平 記を兒 輩の よむ を 聞 侍る に、 北 野 通夜 物が たりに、 むかし 靑砥左 衞門夜 

に 入て 出仕し ける に、 いつも 燧 袋に 入て 持た る錢 を、 十 文 誤て 滑 川へ 落した. 5 ける を、 よし さて 1„p 

あれ かしと てこ そ 行 過ぎべ かりし,^、 其邊の 人家へ 人 を 走ら かし、 錢 五十 文 を 出して 續松を 十 把 買て 

是を 燃しつ、、 川 を 俊て 終に 十 文の 錢を 求め 得た. ける。 さてい ひける 十 文の 錢は、 た.?. 今 求めず 

室媳 K 鬆臺 雑話 卷之四 二百 lit 九 



朱 子 eSfpg 上 二百 二十 八 ン 

思 はず、 朝に は 夕 ある 事 を 思 はず、 た 今の 1 念の上に^^- いてた V ちに す、 むべ しと いひ、 貝 を 

ほふた と へ を 引て、 萬の 事 外にむ きて 求むべからず、 た. 《 'こ、 もと を 正しくして、 前 程 をと ふ 事な 一 

か I とい ひ、 松下禪 尼の あ.^ 6 しゃう- C を はられし 事 引て、 世 を 治る 道 儉約を 《p と、 する 事 をい 丄 

W ひ、 高名の 木の ぼ..^ がいひし 事 を 引て、 あやまち は 危き程 はなく して、 安き 所に なりて ある 事を^) 

日 W ふ。 外に も かやう のた ぐ ひ 多 か 60 いづれ. P 簡耍の 旨に て 、聖賢の 敎 にも かな ひぬべし 。さすが 人 一 

^ で 物令刚 なる 故に、 其い ふ 所 時として 道理に あたる 事 も あるに こそ (」 鐵中錢 々傭 中佼々 とい へ る 類 也 oi 

ォ: : - 一 

J 管中ょり豹を窺て 一 斑を見ると《^- ぃふべし。 た.5•し是ほVJ穎悟なる人^^>^^-ほく得がたしo もし 聖驚 

倫 $ の 道を學 しめば、 中, I- 釋 門に 陷 るに は 至ら ヒ、 おしき 事 也。 もれに 釋 門に 入に し 甲斐 さ へなくて、. _ 

理 一 女色に 溺れ 一 生 を 誤. *>、 今に 至て 汚名 を殘 しつる こそ、 なげきても 餘 ある こと^れ C 是 t つけて?^ 

人欲の 險し きを しるべし。 一 

蒙 一 青砥が 續松 • 一 

編 一 しか はい へど 君子 は 人 を もて 言 をす てず と 聖人 もの 給へ 翁 も 徒然 草に て 一 の 益 を 得た る 事 こそ, 一 

一 侍れ。 それ はかの 卷 中の 一 條に、ぃひゃせましぃはずゃぁらましと/?ネふ事は、^^ほゃぅは ぃはぬが|| 

よきな. Q と あ. 00 又 一 言芳談 とやらん いふ 物語お 引く、 しゃせ ましせ ず や あらまし と 思 ふ 事 は、 あほ j 

やう はせ ぬがよ きなら と 《p あ 翁い つ, P 言語 飲食に つけて 此語を 思 ひ 出し 侍る。 いふて あしきと し 一 

れ たる 事 は、 誰- P いはぬ の 也。 いひて aj" よし. srwvi よしと あ ふ 事 をい ふて、 や > -ネ すれば 称 一 



源氏物語 を 我 國の寳 とい へ る は、 いかなる 故と もしらず。 定て倭 語の 妙 を 得た るに 心醉 しての 事に 

や あらむ いは ゆる 庶子の 春 花 を 採て、 家丞の 秋實を 忘る、 也。 それに 近世 此 物語 を 注釋し 講説し 

て、 毛 詩に 淫奔の 詩 を 暴て 勸懲 をし めす >JJ とく、 人の 戒 世の 敎 とするとい へる は、 俗話に いふ 杓子 

定木なる べし。 いかにと なれば、 二 南 は修, 身齊, 家の 本 也。 雅頌 は論レ 道述, 德の辭 也 國風 はもと 

よ. ft- 里 巷の 男女 各 言, 情の 詩 なれば、 正;„^ぁ.9邪1^"ぁれ,さ;„9、 其 邪と いふ も、 媒^に よらず して 淫 

奔 するとい ふば かりにて、 いづれ か 后鈀を 盗み 繼母寡 嫂に 淫 する やうの 事 や ある 伊勢 源氏の 

とく、 邪淫の 事の み を 始終い ひ盡 してやむ に は あらず よ. て 正 を晃て はみ づ から 勸み、 邪 を晃て 

はみ づ からこら すぞ かし 伊勢 源氏 はい は》 長 恨 歌西廂 記な どの 品に て、 其 冗長に して 醜惡 なる 物 

ぞ かし。 然る を 聖人 垂, 敎の 書に 比して いふ は、 誠に 氷炭 薰藩を ひとしう する なるべし。 昔よ.^ 我國 

釋敎 世に 行 はれて、 佛 にっか ふるよ. 重し とする はなく、 荒淫 俗 をな して、 色に 耽る よ. ft' 樂 しとす 

る はなし。 それ故に 當時 あら はしぬ る 物語 *-、 この 二 端 をし るす を 高 致と するなら し。 さて 自餘の 

記しお く 事ち、 多く は 奇怪 妄誕 の談 ならねば、 俳諧 郞陋 の說 也。 ひとつと して 義理に わたる 事な し C 

責て此 徒然 草 ほどの 物 TP 見 営らず 侯 世に 賞翫 する? P 理 にて 侍る。 其 載る 所、 佛法 のさ. 好色の 事 

を 除て、 風景 をの ベ 人:^ かた. 0-、 又は 世に あらゆる 種々 の 事 をし るし/? きけ るる、 尤^^^ろかに間 

ゆる 事 も あれ ど i„p、 大 かたは 现趣 ある 事に なん 覺ぇ 侍る 中に も 雜念を 5; ましめ て、 我心に 主 あら 

まし かば、 そこば くの 事 は 入 來らヒ とい ひ、 懈怠 をい ましめ て、 道を學 する 人、 夕に は 朝 ある 事 を 

室 駿 >»雜 話 卷之 四 . 二百 二十 七 



曰 

偷 





134 子 as-®.: 上 二百 二十 六 

たにち かければ、 諸 客 皆い とま 申て まかりぬ 

つれ,.^ 草 

ある 時諾客 來り會 してけ るに、 翁が 傍に 兼 好が 徒然 草 ある を 尾て、 一 人の 客い ひける に、 兼 好 は 倭 

語に 長 t たる 者に て、 風景 人情 をよ くい ひと. 5、 人に 頓を 解し め 候 翁- P 好みて 見 給へ る や 翁い 

やとよ 病中 臥しが ちに て 日 をく らし かね 候 故、 かやう の 書を兒 輩に よませて 承る にて 候し これ をと 

さして 好む とい ふに 5<P 侍らず とい へば、 外の 一 人 兼 好 はや、 晃識 ある 人の やうに 世に; P 申 習 はし 候、 

翁 はいか. 思 給に や。 翁 世に 一 種の 詫 人 あ. て 兼 好 をした ひ 侍る それ は 彼が 名利 をい とひ、 閑寂 

を樂 しむに 同心す る ゆ ゑに て 候 翁 は それ たしかに は 思 ひ: Sl£ らず 太平 記に 高師 is が 爲に飽 書 を 

かきし 事 見へ た り。 其 後 伊賀 守 橘 成忠が 招に 仍て 伊賀の 國に 赴き L が、 そこにて 成忠が 娘に 通せし 

事 園 太 曆に载 て、 其 時の 歌な VJ も 見へ たり C 是 にて しるべ し 世に 詔ら ひ 色に ふけり、 隱逸を このみ 

名利 をい とふと い へど、 もとよ. り隱 者の 操 ある 人に あらず。 されば 徒然 草 %佛 法に 朶顕 し、 諄ゥと 

して 出 離 をと く かと 見れば、 女色に 垂诞 して 淫奔 を 語る。 なにの 見識 かめるべき。 され ど 徒然 草に 

限らず、 此程 我國の 物が た ftN 草子, よませて 承る に、 事實を 記し 候 書、 三 鏡榮華 物語な VJ の 外 は、 いづ 

れも 取に たらぬ! のにて 候。 大 かたは あま..^ 佛ば なしにて あき て 侍れ ど、 それ は 世の 流 弊 なれば 

いか. 《• せん。 其 外と も すれば 好色の さたに て、 聞に 忍びざる 事, ほく、 中に 5<P 伊勢 源氏 物が たりな 

ズ は、 年弱なる 男女に は、 禁 t て晃 すま t き 物 也 淫 a を 導く 媒 とも 成ぬべし しかるに 薦鉀 家に、 



やすらか にして 事 ゆきぬ る を、 よろしき 仕 かた こそ あれと て あたらしく 仕出し ぬれば、 ことお ほく 

むつ かしくな. っゝ、 かねての ようと はちが ふ 物 也。 中に 國 家の 政に は, P つと 《p 此意得 あるべき 

事 也。 古よ. 新進の 人、 己が 材智を あら は さんと て、 好て 新 意 を 出し、 舊政 を改る 事、 いづれ の 

代に もな, にあらず 其內 十に 二三 は 5 お ある 事;. P あれ ど、 大 かたは 近 効 をのみ 尾て 遠盧を 忘れ、 事 

の 易き をのみ 见て 難き を しらず。 さる 程に 思の 外に さはる 事 ほく 出來 て、 貨財 を 費し 人力 を耗し 

ながら、 何の B. 斐 なき 事になる ぞ かし。 しかの みならず 毛 を 吹て 疵を 求め、 風な うして 波お 生じ、 

忠 厚の 風 日に 敗れ、 奔 競の 習 日に 長ず る 程に、 . ^とひ 小利 を 得る 共、 ながく 國 家の 害 を貽す 事輕き 

にあらず。 いはん や 祖宗の、 茛法成 策、 先代よ. 用ひ來 て、 天下の 耳 熟し 目 馴し事 久し かやう の 

類 は 鰥:々 しくい ろ ふ 事 あるべからず。 宋 の熙皐 中に しば/ \ 法を變 じければ、 唐 庚 存舊の 論 を あら 

はしける が、 國 家の 奮 物 は 常に 民の 耳目に 習 はすべし、 不, 得, 巳に 非ざる より は、 改易 戀 置して 民 

心 を 失 ふべ からず と 論じけ る こそ、 尤其理 あろ 事に 覺ぇ 侍れ。 伹 それ も 一 槪に はい ひがたし。 たと 

へば 祖宗の 代に、 特宜 にした が ひ 假に建 置て、 ながく用ゅべからざる事ぁ.<=^0 いまだ 首尾 備 はら ざ 

る 事 あ. ONO さやう の 類 は、 後嗣の 代に 至て、 或は 改革し 或は 斟酌して こ を、 祖宗の 志 をな すと もい ふ 

ぺけれ。 ? P し 祖宗の 法と て それに 泥て、 世の ゎづら ひ、 治の さまたげと? „3> 成 事 を、 其 ま、 さし 置な ば、 

何 を もて 舊 弊を改 むべき 何 を S て 善政 を 行 ふべき ◦ 又なにを^-?て孝子慈孫ぁる事を望む べき。 定 

めて 祖宗の 心に も かな ふべ からず とて、 翁 古 を援き 今を證 して 語 6 ける に、 夏の み ヒか夜 はや あけが 

室鳩菓 糠 蜜雜話 卷之四 11 百 11 十五 



朱 子 舉 ffi 上 二百 二十 四 

に は 意 得べ からず C 

鸱鸺の ふみ 

た. 《• し國 家の 事 は、 大小に よらず 國弊 民瘼ば 改め ずん ば あるべからず。 其 外け/? ほやう 舊莨 により 

て 改めざる をよ しとす 木の 匠の つくれる 器 も、 舊制 を改て 新しく 仕出し 力る は、 一 旦 勝手に 能 や 

うなれ VI も、 其す がた 下らて いやしき のみならず、 其 用 手せば くして 廣 からず、 小 ま はしに て やす 

からず。 さる まゝ にいろ., (- たくみ 出して ゎづら はしくな り ゆく 程に、 やがて ち. ひずな. ぬる? V 

かし。 こ、 に <^ かしき 物が た.. ^侍る。 ある 人鸱 觸を畜 て、 それ を蹈 にして 鳥 を 捕け るに、 同じく 殺 

生す る 友達の もとよ, n- み- -づく を か. に 越け るが、 其 ふみに み ゝづく を蓉 しづくと かきて、 其 末に 

づ くと はみ ゝづ くの 事に て 候、 み、 づく とかき 候へば。 文字かず 多く こと 長に 成 故に、 づく とかき 

候と なが- 1\ とこと け. けり それならば 始ょ. み、 づく とかけ かしと 片 腹いた し 文字 をゥ め 

ん とて、 多くの 文字 を そ へ、 詞を 短く せんとて、 か へ ,9 てながくな ろ ss- を しらず。 翁 世間の 事 をみ 

るに 此 た,;^ ひお ほし たと へば もの をい ふに, p、 常にい ひつけ. たる やうに い へばよ きを、 我し りが 

ほにから ことばな どに て 舌 短に いひ つれば、 人き ゝ とらぬ 程に、 亦い ひな をし なん ビ していと むつ 

かし 事 ♦i.i なすに? P 今 まてな し 来る やうに すれば よき を、 我 かしこげ に 理窟 を もて 手 廻し にし つれ 

ば こと ゥ かゆる 程に、 又で な,^ しなん どして 跡へ もどろ 事, ほし。 かやう の 事 は 物馴ぬ 人の ある 事 

也。 ぃ.づれ^?*み--づくのふみにたぐふべし0 其 外な に 事に よらず、 たレ あり ふ. る やうに すれば、 



本 



• レ。 然るに 民 は 可 一一 與 樂., 成、 不, 可-一 與謀 1, 始 とて、 民は^^-ろかにして國家の利病をしらず、 た. 私み 

利害 をのみ 先と する 故に、 其 事の 始に は、 己が 勝手に あしき を 見て、 衆誇兢 起て、 異議 A まち/ \ 

なる 物ぞ かし。 古ょ..^明智の人は、 それに 少しも 拘ら ずして、 其 功.^ 成就し ぬれば、 暴竟 天下の 利 

M となる 故^、 クゐに は 上下 安堵して、 もろともに よろこぶ もの 也 是 かの 晦 きを もち ひ、 遠き を 照 

すの 明なら ずして は 成が たし 小智 短慮の 入の 及べき 所に あらず C むかし 鄭の子 產鄭國 の 政お せし 

に、 舊 俗の 弊お 改て、 いと きびしく 車 服の 驕を 禁じ、 田 魔の 制 を 定めし かば、 富 人お それて、 美服 

をば 禰に 入て かくしけ り 豪 民の 兼 並す る 田 をば こと-^ く収 上て 部 伍に 歸せ しむ さろ 程に 輿 人 

これ;^ 爲に稱 してい はく、 取-一 我 衣冠- 而猪, 之、 取, 一 我 田 疇 一而 伍 二 之、 孰 殺-一子 產? 吾 其與, 之とまで 

怨 望せ しか ども、 三年に 及て、 驕奢の 風 やみ、 侵 暴の 害 除きし かば、 亦稱 してい はく、 我 有-子弟 r 

子 產誨, 之、 我 有-一田 畴: 子 產戒, 之、 子產而 死、 誰 其嗣, 之と て、 たが ひに よろこびけ ると ぞ。 子產 

彙ー は惠 人な 6 と 孔子 《p の 給 ひて、 ^政 民 を 愛 養す る 事 ふか、 りし かど *"、 ひとへ に寬. ^貴ぶ にあらず、 

猛な るべき 時 はかく あ.^ しぞ かし。 其 後 政お 子 大叔に 授けし 時、 子大叔 が寬に 過む 事 を 兼て さとり 

て、 火は烈 くして 民望て 畏る 、が 故に、 火に 入て 死す る もの はすくな し、 水 は 懦弱に して 民狎 て!^ 

ぶ 故に、 多く 溺れて 死す とい へ 此 水火の たと 前にい ひし 江河 溝渠の 意と 同じ かるべし。 然 

れば 古の 明 王 賢 相 は寬を 本と すと い へ ど、 時に よりて 猛をも 用 ひけら し。 この 故に 寬則 民慢、 慢則 

糾, 之以, 猛、 猛則 K 殘、 殘則 施, 之以 レ寬、 寛以濟 A 猛、 a 以濟 -寬、 政是以 和と 孔子え の 鈴へ. 一 偏 

室樓巢 駿螯 雑話 卷之四 二百 一一 十三 』 



理 



編 



曰 



本 





編 



朱子學 》 上 二百 二十 二 

此贊 よく 仁宗の 朝 を 推論して その 现を盡 せ 60 是を もて 尾る に、 仁宗 の^ 君臣と! _p に 聰明 をつ くさ 

ず、 寬容,i-たっとぶとしれた.<^o 誠に 三驅失 前禽の 遺風と いふべ し。 

法 は 江河の- 1! とし 

されば 古 入 も 人君 は賁, 明 不一 貴, 察と い へ .90 明と 察と は 似て 似ぬ 事 也〕 明 は 燭臺 にて 座 を 照す が 

, ^とし。 其 光た かく 其 本 ぐら けれ V3^、 座中 を あまねく 照す ベ し 察 は 紙 煩に て 物 を 照す が > じと 

し。 手: <P とあかる くして 物 を 見と むる 事 いちは やけれ V3 も、 遠き, V 照す こと あ. はず この 故に 入 

君の 明 は 操臺の ごとく なるべし。 紙 撮 の ごとくな るべ からず。 天下の 法け、 寬大 にして 江河の ごと 

く 成べ し。 瑣細 にして 溝渠の >!j とくなる ベ からず。 江河 は 大きにして いちじる ければ よけ やすし。 

しかも 深廣 にして あなどりが たき 故に 犯しが たし。 溝渠 は 小さく して しげ 、れ ばよ けがた し。 しか 

秧 にして 近づき やすき 故に 犯し やすし。 さるに よりて 昔よ. ft '江河お 踏 あやまりて はまる 《p の あ 

る をき かず 溝渠に はや、 も すれば はまる もの 多し これ を 《p て 接 漢の郞 が 安帝に 上つ る 書に、 

王者の 法 は 江河の ひとし、 易, 避して 難, 犯と い へ. 古今 不易の 名言と いふべ し。 され ビ しか あれ 

ばと て、 政 は 一 向に 寛大なる をよ しと するとい ふに も あらず C 是は科 條を繁 くして: S 令 煩奇な る を 

惡 むと いふ 事 也〕 もとよ. 9 寛大なる をよ しと すれ ども 時に よ. n- 事に よ- o ては嚴 急に する ぉ贵 ぶべ 

し 。大 かた 泰平の 世 は、 民俗 遊惰に 流れ、 凝 奢 を 好む ぞ かし。 今お を 治, に、 し 無事 を專 にし、 

*簡1« ^をつ とめて は、 舊弊 除くべき やうな し C 必 政事.^ 革め、 法令 を嚴 にして、 民の 耳目, 新に すべ 



本 



彙 



• して 急に 行と J- くやう にと するとき は、 終に 行と かざる のみならず、 外に さは, 出 來て驟 動に も 

及ぶ ぞ かし 易に 王 用 三驅失 一一 前禽, とい (る も、 天子の 獵 は不, 一 合 園, とて、 綱の 三面ば か 張て 一 

面 を あけ、 禽 のにげ みちを 殘す 也〕 其 ごとく 政事のお ほやう にて、 た > 七 八 分 程に して 二三 分を殘 

すに たと へて いふなるべし 。詩に いはく 彼 有 一, 不, 穫穉 r 此 有- 不, 歛機; 彼 有 一一 遺秉; 此有 =lw ハ穗伊 寡 

婦之利 これ 田献の 事ながら、 周 時 上に 寛 政 あ. 下に 遺 利 ある 事 を しるべし 又 十分に 盡さ ずして、 

前 禽を失 ふの > む 也。 翁 甞て歷 史を考 るに、 漢は文 帝に 至り、 宋は 仁宗に 至て 最 盛な. と 稱す。 然に 

二君 いづれ ネ寬大 にして、 政事 はかどる 摩な く。 行たら ぬ やうな りしが、 天下 穩 かにして、 ^:-のづ 

から 治り 安 か 6 き 文 帝の 後武 帝に 至りて、 張 湯 桑 弘羊等 を もち ひて、 威 怒 を 十分に き はめ、 貨利 

は 一毫 も 遺さず 是 よ- -生靈 茶 毒し、 民心 離 叛て、 漢 家の 危 事殆累 卵の > ^とし。 仁宗の 後神 宗に至 

て、 王 安 石 呂惠卿 等 を 川て、 新法 を 造り、 功利に 趨る C 是 より 朝野 騷擾 し、 民心 愁 苦し、 宋 籾の 禍 

こ 、に 濫^し けらし。 二君み な 英明の 主にて ありし が、 いか レし てこ、 に 至る とい へば、 た レ材カ 

に驕 り、 諸 欲を盡 さんと して、 持滿の 道に くらく、 三 驅の法 を しら ざれば 也。 宋史に 史臣仁 宗を贊 

してい はく、 

四十 二 之 問。 吏 治 若,, 偷惰? 而任, 事 蔑- 殘刻之 人? 刑法 似, i 縱弛? 而决獄 多,, 平 允 之. H? 國未, 甞 

無- 嬖倖? 而不, 足ョ 以累- 治世 之體? 朝 未 3 甞 無,, 小人? 而不, 足,, ,以 勝,, 善 額 之氣? 君臣 上下 惻世之 

心忠 厚之 政。 所 _=以 培-, 植國 基, 者 厚矣。 

室 鳩 K 鬆畜雜 話 卷之四 二百 二十 1 



編 毚理倫 本日 



朱子學 PS 上 二 la ニナ 

佛を 作る に は耳彝 をば 先 大きにすべし、 もし 耳鼻 を 十分 能 程に 新れば、 後に 小さく 尾 ゆる 時に、 大 

きにし 力-て 、も かな はず、 口 目, ば 先 小さく すべし、 もし 口 目 を 十分よ き 程に あく: d ば、 後に TIP し 

大きに 尾 ゆる 時に、 小さく したくても かな はず、 されば 耳鼻, W 大きにし、 口 目 を 小さく する を 第一 

のロ傳 とすると ぞ C 是 は, P と韓非 子に 出て、 宋 の蘇頌 がいひし 事 也 此木 偶人 を 作る 意 得 は 何事に 

;<p あるべし しばらく 思 ひつけた る 事に ていふに、 曲禮に 君子 不 k 盡, 一人 之歡; 不, 竭, 一人 之忠 r 以全 

, 交 也と い へ ft^o 是等 にても しるべし。 人の 我爲に 杯 酒 を 催しな V3 して 歡 愛,: W 篤う する を 人の 歡と 

いふ。 人の 歡を 十分に き はむ る 故に、 あまりし たしく なれば、 反て 無禮に 《p な 力、 あま 6 興 あらむ 

とすれば、 反て 無 興に. P 成 もの 也 C 陳の 公子 完齊 の桓 公の ために 親愛せられ しが、 梪公其 家に 就て 

飮れ しに、 畫 迄にて は あきたらず とて、 火 を 《p てつけと いはれ し を、 臣卜 一一 其畫 一未, 卜, 一 其 夜, とて 

夜 飯を辭 せし は、 人の 歡を つくさ t と 也 C 人の 我 爲に音 問 をかゝ さず などして 心の まめ やかなる を 

人の 忠 とい ふ。 人の 忠を 十分に 賴む 故に、 すこしと かねば、 必 とがむ る もの 也 聖人 易の 恒卦 にお 

ゐて、 初 六の え 四に 求 望の 心 ふかき をい ましめ て、 俊恒貞 凶と い へろ は、 入の 忠を つくさ ヒ とな 

こ > を もて 君子 はかね て 人の 歡を盡 さず、 人の 忠を竭 さず して、 人と 始終 交 を 全うする ぞ かし。 ネ 

し國 家の 政に ていふと 理同 じかるべし。 いやしき 諺に いふ ごとく、 國の 仕置 は、 す. 木に て 升 

の 底 を ま はす かごと くすべし、 すみ., i\ す, 木の 行と レ かぬ ところ あり、 其 行と. 《• かぬ 所、 かへ 6 

て 人の くつろぎ 事の よけいと; * なる 程に、 久しう して のづ から 行と》 く 物 也 U 然る を 法令お 嚴に 



是 はたし かに 甘 r か聽 あやまり^る なり、 いと 殘念 なれ ども、 もはや ffi- 久しき 事 なれば. 今更すべき 

やうな し、 其 配分 ほど,^ 其 償て 我 過 を 謝すべ しとて、 自分の 金錢を 出して 其 者 へ とらせられ しと ぞ。 

是 にて しるべし 周 防 守 己が 威勢 をつ のらず。 己が 過失 を かくさず、 我 は 常に 晦に處 て 明 を 街 はず、 

我 は 常に 愚に 處て智 を 先 だてず、 其 心 公に して 私な し。 誠に 古今に 有が たき 明智 とい ふべ し。 今是 

等 を もて 此諺を 者る に、 燭臺 はなが くしても との くらき にて、 其叨 おの づ から 遠き におよ ぶ。 君子 

の 道は閽 然として 日に あきらかな るが ごとし。 もし 短う しても とあかる ければ、 其 明ゎづ かに 近う 

してやみ ぬ 小人の 道: S 的 然として 日に ほろ ぶる かひと し。 此理 をし めして、 明かなる up のは必 《p 

と をく らうす と いふ 心に て、 燈臺 とくらし とい ふに 1„p あらむ かし 但此 諺の 正意 は 各の いへ る >U 

.V く 成べ し。 翁が い へる, ば 姑く 一 說に そな へ 給へ かし。 さて 《p 根 1^ なき 事に、 あまりく はしき 兪 

議 かなと て 翁 微笑し ければ、 諸 客^ やうの 事に 翁の 心の つけられ やう こそ 別段の 事に て 候へ と 

て、 各感 t あへ. 00 

運慶 がロ傳 

さて 翁い ひける は、 月 は盈れ ば戯、 花 は 盛 なれば ちる。 家 語に 子 路待滿 の 道 を 孔子に 問ければ、 聰 

明眷智 守, 之以 i 愚との. まへ 翁が 前にい へる 明, 晦に養 ふ 1„p、 聰明 を 十分に 盡 さじと な AO す 

ベて 物 は 十分に つくす を 嫌 ふ 也。 なに 事 *^ する 《p 七 八 分に して 前 をの こして 盖 さぬ をよ しとす。 79 

し 心 ゆく ま、 に 一旦に 殘 さず 盡し ぬれば、 必 後に 悔み ある 物 也 或人佛 師運慶 がロ傳 とて 語し は、 

室鳩粱 iSS 醑雜話 卷之四 二百 十九 



朱 子 さ 汲 上 二 IR 十八 

板 倉 阁防守 京師に 留守た. し 時、 1^ 訟を きかれし に、 己が 材智の はやき り、 聲 色のう ごきな ば、 我 

も それに 氣乘 t、 彼 も それに 氣奪 はれ、 兩 造の 辭を審 かにせ ず、 雙 方の 情 を盡さ > る 事 あらんと て、 

必 障子 をへ だて、 わざと 手づ から 茶 を ひきな どし、 た. 《 -、. :- のちらぬ やうに してき かれしと な. 50 さ 

. すが 近代の 名人と は いひながら、 のづ から 聖人の 心に も かなへ り。 それ 故 曲直 埋を盡 し、 聽斷神 

日へ < に 通 t 、人々 畏服せ ざる はなし。 いは ゆる 用, 晦而 なる にあらず や 。今に 至て 世の 談者 傅へ 誦し 

\ てロ實 とする 事、 枚擧 する にいと まあらず C 中に- P 翁が 最 感じ A-p ふ 事 ぁ6、」 周 防 守 ある 時 京の 在 

ォ ~ 

\ 家 を 通られし に、 さる 家に 幼.^ の 子 出て あ 5 びし が、 あれ 周 防 こそ 通ら るれ とい ひしお、 周 防 守 馬 

» ノ 上に て 聞 とがめて、 我 不肖と い へど、 上の 御 代官と して こ、 にあれば、 京 中: tz: 閭に 住する 者、 男女 

理 \ 老弱 をい はず C 我 を かくお しく だしてい ふ 事 あるべからず、 しかるに 此 家の 兒輩 かくい ふ は、 常に 

\ 家人の 我 を うらみて かく い ふ を 聞馴し 故なる べし、, 是は 定めて 子細 あるべし とて、 其 家主の 名 をき 

一 かせて 通られし が、 翌日 其 家主 を 召よ せて、 汝 先年 何 にても; lis 訟 したる 事 や ある、 今尋 ぬる は 少し 

\ も きづか ひなる 事に て はなし、 ありし やうに 申べ しとい はれし かば、 始は なに^と 辭退 しける が、 

<ー 再三と はれて、 此上 はかくさず 申 上 候、 それのと しそれ の 月の 事に て 候、 父の 配分の 事に 就て、 一 

類の 者と 爭ひ 候て 訴へ 候し が、 其 者 無 實の事 を 申 かけ 候 へ ズも、 證人 ど. P を 多く こしら へ 候て 申出 

候 故、 御 聽斷の 上 相手の 勝に 定ま 6 候、 其 次第 かやう./ \ とくはし く 語る を、 下役 人に 命じて、 其 

年に あたりし 簿案を くらせけ るお、 すでし もお が ひなかめ しか! w、 其 上 14 てハ" よく 尋 きね めて、 



編彙理 ft 本 B 



^いて 稠人廣 座 いか. > して 照し まべ しゃ。 しかれば もと を あかるく して は 遠き をて らし 難し。 遠 

きを てらす は 必も とくらき 5% のとし るべ し 翁い つの 比 か 關尹子を晃侍.<^しに、 吾 道 は處レ 暗が >1ー 

とし、 よく 明 中の 事 を區畫 すと いへ. 00 關尹子 は 關令尹 喜が 書な.^ 尹 喜 は 老子 S 弟子と て、 道德 

經五千 言も此 人の 爲 にあら はせ ると な AO 今 世に 傳る關 尹 子の 書 は、 大かカ 後人の 作に て、 尹 喜に 

名 を 託した る 物に て 1„p あらむ かし。 され ど 老子の 道 は たしかに 處」 暗を宗 とする ことにて 侍る 但 

老子の道に^„^限るべ からず。 吾 儒に l„p 簡耍 とする 事 也〕 たと へば わが 身 くらが. にゐ て、 くらが, 

よりあ か. 5 を 尾れば、 あか 6 の 事の,. J りなく 晃ゅ, ものな tyo わが 身, Q か 6 にゐ て、 あからよ りく 

らが ft- を 見て は 、くらが. 9 の 事 一 切 見えぬ 5„p のぞかし C されば くらがりに ゐ てあかり をみ る やうに、 

己が 智を ふかく ひ 3 め 養て、 くらき よ 6 明らかなる を 生ずる やうに すれば、 其 明 悠長 寬大 にて 自 

然に 遠き におよ びなん れ こそ 眞の 明と いふべ けれ。 るし 己が 材智に ほこ .5、 聰明 を盡 して、 力 

だ 手 もとの あかるき を專 にせば、 あかりに るて くらが. *^ を 見る が >^ とし C 其 明淺近 短慮に て 遠き に 

及ばざる のみならず。 た^ 手 3 との 事の み 見えて、 下手の 基 をう ク がごと し。 末の 手は晃 えざる 程 

に、 毎々 是非 を あやまろ 事 《 ^多 かるべ し。 こゝを 《p て 聖人 易に ぉゐ て、 明 入 一一 地中, 明 夷、 君子 

i衆用x晦而明との給へ-^◦ 古の 聖王 Esp^ 旒 目,^ 蔽ひ、 鞋耱耳 を 塞ぐ;^、 聰明の はやき をき らふて、 

晦 きを 3 ち ひて 養 はんとな. せよ. 9 俊漢 と. P に大智 遠!! の 人の、 己が 材智に 傲て、 好て 自 から 用 

る をき かず 老子の 良 賈深藏 若, 虛、 君子 盛德若 i 愚と い へる 《p、 げ にさる 事ぞ かし ちかき ころ 故 

室媳紫 駭蠆雜 話 卷之四 二 ほ 十七 



朱 子 sfss 上 二 W 十六 

是も 道の ちかき に 在て 遠き に 求る たと へな り ひめ そ 山野に 春を尋 くらして、 春 はとく にわが 宿 

の 梅に ある 事 を しらず とい へ る も, 燈臺 もと くらき の 意に もよ く かな ひて、 いと. 《- ,2}*> しろく こそ 

候へ。 又 ひと. 道の さたば か. にも 限らず、 外の 事に も あるべし たと へば 東晋の 時、 椬? J 三秦に 

打 入し に當 て、 王猛來 尾し ける に、 三秦の 豪傑な にと て いまだ 一 人 《p晃 へ來ら ぬと 問し にぞ、 桓溫 

が 眼の くらき しられけ ft^o 三秦の 豪傑 王猛に 通た る もの や あるべき。 眼前に 豪傑 ある を しらず し 

て、 豪傑に むか ふて 豪傑 を 問し は、 燈臺 l„p とくらき にて 候に ず や C ひとり、 古よ. 倭漢 共に、 英 

生の 遠 § を つとむる が、 其 威望 遠く 敬國に 及べと!^、 まぢかく 蕭 SI の A" とに 敬 ある 事 を しらざる 

も、 燈臺. P と 暗き にたと ふべ し 近代 日本に てい はレ、 織 田 信 長 關柬關 西の 諸 國迄手 をのば し 討し 

たか へられし かど も、 手本に くらう して 明智 にころ されし、 燈臺 SP とくらき にあらず やとい ふ を、 

翁き、 て、 すべて 比 の 語 は 義理のと りゃうに て 色/ \ に 申さる ゝ物 にて 候。 此諺! * 各た が ひに 其 

義を つくされ しにて、 ;.? はや 此外は ぁ る まじく 覺ぇ 侍る。 ffi 各の 中 さる ゝ は、 いづれ も燈臺 KP と 暗 

し を あしき かたに たと へ らるゝ にて 候。 翁 は 1^ 此 1^,^ よろしき 方に 取な してき、 度 こそ 侍れ。 又 一 

種の 道理 も あるべき にや 韓返 之が 短 梁の 歌に、 長榮八 尺空自 長、 短^ 二 尺便且 光と 作れる > ^とく、 

燭臺 長き は燭の 1!P とくらく、 短き は! g の もと あかるし 皮 中に 書 をよ み 字 を寫す やうの 事に は、 

手 ネとを 明らかにして 其 用 を かな ふる 故に、 短き を 貴ぶ にて 候へ VJ55P、 さ. 9 とて 一 二 尺の 手燭に て 

け、 街の もとこ そ あかるく あるべ けれ、 此痤上 にても くま-: \ の くらき を 照し ぬる 事 は 難 か るべ し C 



駿臺雜 話卷四 

燈臺 1<p と 暗し 

^ 三 伏の 夏 もはや 半 過 行し ころ、 人 々す-^ みが てらに 駿臺の 庵に とぶら ひ來 けり。 折 ふし 積 雨 新に 霽 

日 一 て、 夕日 梢に のこれる に、 庭の 竹樹 露す^し く、 池の 芙蓉 風 かほり、 なにとなく 昆 すぐし がた き 折 か 

本 I ら なり。 諸 客 はし ゐ しつ 、勾 欄に よりて、 詩歌 を 朗詠し ける が、 今や もの- - あやめ 見えぬ ばかり 

一 に 慕 ゆけば、 やがて 內に 入て 翁に いとま 申さん とい ふ を、 今し ばし とめれば、 さらば 宵の 間 過る 程 

倫 \ こ、 にあ 6 て、 御物 語 承らん とて 、 各 座に つきけ り。 しばらく あ. ft' て燭 r_p て 至りぬ るに、 翁 ふと 

理 一 ひよりし ま、 燭臺を さして、 世俗の _ ^に燈 臺 もと 暗し とい ふ は い やうの 事に f:- と へて いふに や 

一 あらん、 をの/ \- いふて 尾 給へ と あれば、 座 客の 中 ひとりい ひける は、 ^ に 何事に て „p あれ、 外に 

暴 一 はかくれ なき 事 を、 其 もとにて きけば 却て 分明なら ぬ やうの 事に かく 中なら し 候、 但我 が 愚 尾に 

編 i て是に 道理 をつ けて 申 候 はい、 孟子の 道 在て 通而 求-一?? si^, とい ふ 意に もた とへば たと へつべし、 人^ 

とに 本 を 忘れて 末 をつ とめ、 近き をす てゝ 遠き に 求る は 常の 事に て 候、 nli-4J 射る 者の 的に のみ. 志し 

て、 あたりの 手前に ある 事-ど しらぬ にたと へたれば、 燈臺の もと くらき にたと へて: „p 同じ こ >- ろな 

らん かし 亦 ひと ft' 聞て、 されば 其 事に て 候 羅大經 が 鶴 林 玉露に 悟道と いふ 尼の 作と て 

盡 日尋, 春不, 見 k 春。 芒韆蹈 遍隴頭 雲。 歸來笑 燃, 1 梅花, 唤。 春 在-, 枝 頭, 已 十分。 



朱 子學浓 上 

驗臺 雜話卷 四目錄 



曰 

彙 





智集 

燈 K*l もとく らし 

法 は 江河の とし 

つれ-. \ 草 

渡部番 

泰 時の 無欲 

足 利 家の 亂 

兵法の 大 4^ 

兵 は 詭道 

大敬 外にな し 



二 IR 十 H 



運 慶がロ 傅 

鴆觸の ふみ 

青砥が 績松 

大 佛の錢 

楠疋成 

武 田信繁 

孫臏韓 信が 兵法 

不ぉ 忘お, 君 



に、 こゝに 至る とい ひしに 語意 相似て、 おもしろく 覺へ 侍る 。此 乞食 辭令 にもよ かりなん C 言簡 にて 

意 足と いふべ し。 いつもく 6 事の やうなる 事 なれ v},p、 古 も 今, p、 からえ やまと? p、 節義の 守 

6 ある 人 あれ V3、 凍 鞍に さへ 免ずして、 溝壑に 驚れ て 其 名 も 世に しられぬ こそ かなし けれ。 $ とよ 

り 幽隱の 行 を甄揚 する は、 吾 徒の 任な. 00 今 物語せ し 結 解の 何が し、 乞食 八 兵 衛が類 世に なを 多 か 

るべ し。 翁が きかぬ はいか. > せん。 き、 てけ いはざる に 忍びず C 昔 我 朝 勅撰の 和歌 集 を 見る に、 い 

やしき 野僧妓 女の 類 も 天子 公卿に 名 を 列す る は、 倭 歌に 尊卑の 差別な し、 是を倭 歌の 德 とい へ. 50 

今 翁が 節義 を 語る とて、 良家 名 族の 士に、 乞食な V3 是を 並べ 擧て ひとつに 稲す る も、 其 心 亦し かな 

60 節義に 食賤の ( だてな し 是 節義の 德と いふべ し 各に 《p きかれ 候て、 翁が 議論 不倫 也と 思 ひ 

鈴ふぺ からず 



駿臺雜 話 卷三畢 

室媳梨 鬆蠆 雜話 港 之 三 二百 十-一 



曰 



本 



麁 

編 



* 子 S- 上 二百 十二 

來て、 かの 家の 役人に 始終 語- y しとて、 翁に きかす る 人 ありき 世に 是に 似た る やうの 事 あ. 5 と、 

折 ふし 入の はなしに きくと いへ. VJ、 是程 たしかなる 事 はきかず。 よりて きゝ たる 通り を 少し KP のこ 

さず 各に も 語り 侍る おも ふに 八兵衞 た. 《• 人に あらず。 いか なれば 乞食の 黨には 入に けん 定めて 

もとはい やしから ぬ ものに あ ft- しが、 孤 貧き はま, て、 家 《p なく 乞食して ありく 程に、 外の 乞食と 

1 例に な. て、 是非な く 善 七が 手下に 屬 しける に 1^ あらむ されば ながら へ て 甲斐な き 事と もも ひし 

が、 幸に 金 を 得て 酒 肉 を もとめ、 . ^俾と 歡會 しける 程に、 是 お限りと ひて、 自 から^な どし め 

て 死け るに も あらん、 はかりが たし この 八兵衞 を士 とし、 又は人の上に^^-くと%、 權柄を i_p て 人 

の 物 を 乞 求る やうの 事 は、 决 してす ま t き 者な. されば 世に は 名 は歷, I- の士大 夫と よばれて、 實 

は 乞食なる 人 も あ 此 八兵衞 は、 名 は 乞食 なれ v-«p、 實は士 太夫と いふべ し 又 加 賀の國 に 野 田 

山と て あ 前 田家 先祖 以來 代, こ、 に 葬る 故に、 家中の 諸士 も、 死 すれば 其 麓に 葬らざる はすく 

なし さる 開 中元に は 家 よ .0 墓前に 燈籠 snl (ふ 毎歲の 事な. ft,o 厚祿の 家に そ、 假屋を 造り、 人 

. ^つけ 置て 守 6*" すれ 其 外は大 かた 夜 ふくれば とる し 捨て 歸. ぬるに、 下部の 惡黨. ども 來て火 を 

打け し、 蠟 燭 を 奪取け 60 側に 乞食と おぼしき 者、 こ :<P を かぶりて 臥し 居たり ける が、 それ を Bf- 

て、 入の 祖者 のた めと て 墓に すゝ めけ る 物 を、 さやう に 狼藉す る 事 あるべ からず と 制しけ るに、 惡黨 

V3 も 1<P ろと もに 罵て、 こ? * を かぶる 身と して、 いらぬ 事 .vi い ふ 奴 かなと いひし に、 その 乞食き きて、 

各が 今す る やうなる 事 をせ ぬ 故に こも を かぶる とい ひしと ぞ。 齊の餓 者の、 嗟 來の食 を 食せ ざる 故 



m 



本 



理 

編 



らば、 さぞ 難儀に 及ばるべし, 他人に 拾 はせ なば、 其 落せし 人に はふた、 び 返る まヒ、 さらば 我等 

拾 ft て、 其 人に 返さ まく 思て、 拾 置た るに てこ そ 候へ、 そ こ 《p と へ 渡し 候へば、 我等が 志 通りて 

候、 さらばい とま 中 候 はんとて、 其 ま、 そこ を さりて、 尾 か へり SP せで 行ける を、 市 十郞跡 をし 

ひて、 取 あ へず懷中ょ,*^金 一 星 取 出し、 け ふ は 寒 氣《 "つよく 候 歸られ 候 は >、 是 にて 酒 を もとめ 

てた ベら れ候 へと てあ^へ ければ、 是は御 志に て 候 ま、 申受 候て、 是 にて 御酒 給 申べき とて、 それ 

をば 受て 1,>. わかれけ る 名を尋 ければ、 名 は 八兵衞 とて、 車 善 七が 手下の 乞食の よし 申 候 市十郞 

宅に 歸 りて、 主人 吉兵衞 にく はしく 語りし かば、 吉兵衞 聞て 成淚 にた へず、 なにとぞ 右の 五雨 を 八 

兵衞 につ P はした く、 明朝 早く 善 七が 宅 迄持參 し、 善 七に. P 申き かせ、 八兵衞 に合點 いたさせ とか 

く受候 やうに はから ひ 候へ とて、 市 十郞に 手代 頭 を さし そ へ つか はしける さて 善 七が もと へ 行て 

尋 ければ、 其 八 兵 衞と申 候 乞食 は、 昨夕 いづく にて やらん、 金 一 きれ; _pら ひ 候と て、 善 七へ. 尾せ 

候 ひしが、 なかまの 乞食 どネ よびあつめ 候て、 その 金 を もて 酒肴 もとめ、 人に も 給 させ、 其 身- 

ぺ候 しが、 たべ つけぬ 1_p の を 多くた ベ 候て、 食傷いた し 候 か、 今曉急 死いた し 候と いふ を 聞て、 市 

十郞 おどろき、 死骸 を 見と. >け* 善 七に 此 死骸 もら ひたく 候、 かま へ て 粗忽に 外へ 移す ベ からず と 

堅く いひ A" せ、 さて 家に 歸.. ^其 よしを 吉兵衞 に. いひき かせければ、 早々 人 をつ か はし 死骸 をう け 

取、 右の 五兩 のかね を; „p て、 本 庄無緣 寺に て 厚く 薛 りしと なん 吉兵衞 も義に 威ず る 事 商 買に は奇 

特 といぶべし 日 ろ 加賀侯 家の 用 をき、 て 出入す る 故に、 手代 市十郞 その 月の 廿日に 加賀の 邸へ 

室鳩粱 験 葦 雑話 卷之 111 二 W 十 1 



朱子學 5g 上 二 la 十 

二人の 乞兒 

近世 是 ほど 風俗 衰 へて、 利欲に さかし けれども、 人の 性- と 善なる 程に、 族 姓に- よらず、 なら は 

しに 1_p よらず、 乞食 鉢の 者に! <p、 はから ざるに 義理.^ しるの 心 ある ぞ かし。 朱 子小學 のきに、 幸兹 

一 業 i 葬 、極, 天 罔 i 墜 とい へる は、 位に して 誣 ざる 事と こそ も ひ 侍れ。 此十年 以前、 享保癸 卯の 歲 

日 一 の 十二月 十七 日、 江 S: 室町の 商人、 越後 屋吉 兵衞 とい ふ 者の 手代 市十郞 諸方の 買 掛の金 謂 取て 歸り 

本 一 しが、 金 三拾兩 入た る 袋 ひとつ 昆 えざる 故、 さだめて途にて*^5としたる-^>のにてぁらん、 もはや あ 

る まじき と は もも ひながら、 ;<P と 來し路 を 段々 に 尋ね ありく 程に、 ある 所に 乞食 1 人 あ 6 しが、 見 

とがめて なに を尋候 や、 もし 金 を, iS> とさる、 にて は 候 はず やとい ふ をき、 て、 市十郞 うれしくて 有 

理 \ のま、 に 語りければ、 されば とよ 我等 拾 ひ 置て 候、 其 主の たずね 来ぬ 事 は あら じと、 それ を 待て こ 

そさき程ょら此所に^^?るにて候、 いよく 糙 なる 事 承 ft- と けて、 たが ひなく ば 渡し 候べ しとい 

彙ー ふ 。市 十郞 金の 員數、 又は 中に ある 詩文な ズの やう、 一々 いひき かせし に、 さて は 疑な しとて 取 出 

編 ^ し、 袋の ま、 にて 渡しけ. 00 市 十 郞餘の 事に、 さて やみがたくて、 內五兩 取 出して、 是は ホ:3; て そこ 

一 の a? 分 せられよ とて あた へ けれ Vj も、 中/ \受 るけ しきな し C 市十郞 いひけ る は、 此 かね t: なき 

物に き はめ 釐 しに、 そこの 志 ゆ ゑに こそ、 ふた、 び 手に も 入 たれ、 然る をの こらず 我物に すべきに 

あらず、 達て 受て くれ 候へ といへば、 よく 者へ て 見 給へ、 其 五雨 をと らふ 意 得なら ば、 三 拾 兩を返 

し 申べき や、 TIP とより 自分の よくに て 拾 ひ 置た るに てな く 候、 定て 1^ としたる 人 主人の かねな どな 



も, 不 食の 病と て, それ を辭 してう けず、 戶を さして 人の 入来らぬ やうに せし 間、 家主 自 戸 外よ. 5 

病を尋 ける に、 始 はいらへ もしけ るが、 後 はいらへ もなか -.7 し 故に、 近鄰の S のな V5 召 クれ戸 を 破 

6、 內へ 入て 尾れば、 具足 櫃 によ. か. -.5、 膝の 上に 大小 を 横た へて、 すのこの 上に こも 一枚 敷た 

るに 座して 終りけ, 00 傍に 遺書 一 通 あ 60 披て 見れば、 ^^_.來 家主の 恩 を 忘れぬ よしを しるしお き、 

日 一 寺への つか はし 物幷に 家主へ 宿 代の いまだす まずして 殘 6 し を、 叱 金に て 引取 給り 候へ とて、 遺書 

本 、~ に金を添て殘し?^9きけ.^0 さて 具足 櫃の 中には;; iJ の 刻ば かりに か J- や きけ る 鎧 一 領皆 具の まゝに 

\ て、 黄金 三枚 いれ 置け り。 大小の したても、 ふるく こそ あれ 皆 金 こしら へ のま、 なり さて 衣服 は 

儉ーゝ 着せし 物の みに て、 其 外鍋签 等の もの ひとつ なし 百日に も 食物 をした、 めた る氣 色と は 見へ ざ 

、 

理へ .0 き 此事 私に て决 しが^く、 時の 町奉行 所へ 申出ければ、 其 者の 遺書の ごとく 沙汰いた し 候へ と 

ノ の 事に て あ 6 ける。 後日に 忠秋 もき かれて、 さて は 餓死し ける よな、 不便の 事な, りと 申されし とな 

暴 AVO 世に 申 傅る 佐 野 源 左衞門 常世が 事、 なに、 出け る 事に かさだか ならず C 或 人是は 太平 記 北 野 通 

編." 夜 物が たりの 段に 見えし 攝津 の國難 波の 浦の 老 尼の 事 を 取 直して、 造り 出した る 物な.. = ^とい ひし、 

さ KP あらん かし。 それ は それに もせよ、 餓死し ける 浪士 など こそ、 今の 肚の 常世と もい ふべ けれ。 

上に 御大 事 あらば、 一港に 馳參 るべき 事 疑な し され ど 昔の 常世 は、 ふた 、び 世に出し が、 此人は 

むなしく 餓死して 果 ける こそ、 其 身 も さぞ 無念に 思 ふらめ。 かやう の 人世に うづ; tP れて 語. 侍る 人 

• もな し 。なげかし き 事な. 00 

室 培 ii 卷之 111 二百 九 



* 子 さ PS 上 二 ha 八 

行 倒る、 までと 覺 悟いた し 侯つ るに、 存知; <p よらず 寺の 御 恩に な. 候。 今 はた. 5- 此御恩 を こそ 報じ 

がた く 候へ とて、 九 戸 合戰の 時、 其 外に 氏鄕 より 鈴. し 威狀、 其 後 蒲 生滅び て 方, I- 諸侯より 招き 

し書狀 S01« 取 出て、 座中の 人に 見せて、 もはや 是も 無用の 1<P のに 候と て、 火に て燒 すてけ. OC かく 

て 年月 を經し 程に、 明曆 丁酉のと し、 江戸 中 大火に て 天德寺 も延燒 しけ. 00 結 解た. 《. 某に まかせら 

れ 候へ とて、 和尙を はじめ 衆 僭 を. P 立の かせ、 わが 身 ひと. 跡に 殘 り てかけ 回 り つ、、 佛像 佛經其 

外 諸道 具 ひとつ もの こらず のけさせて 後、 もはや 思 ひのこす 事 し、 汝等 1_p のき 候へ とて、 下邊 

男までを;_^こと,^ くのかせけ.00 さて 火燒通 .0 ての ち、 堂 間の 燒 あと に 一 人 凝 然とし て 手 を 拱 

し、 結^ 跌 坐して 焚 死して あ. ける を 尾れば、 かの 結 解な, 9 け. 00 寺 中の 上下、 淚を ながし もしみ 

あ ひしと ぞ 結 解い つまて 寺の ゎづら ひとな. て 存命 せんと、 ほいな き 事に お 1«3 ひし か vl;„p、 《し 

く 寺の 恩 を 受ける 故、 なにとぞ 今】 たび 恩 を 報 t て ともかくも ならば やと 思 ひしに、 幸 火災に け 

て、 寺の 爲に身 をす て >、 一 か VI の 奉公せ し 程に、 ^<?はゃ是まてと思ひてこそ、 自 から は 焚 死 ぬら 

め 。其 心 を 思 ひやる に、 いさぎよく 覺ぇ 侍る 。又ち かきころ、 一人の 獨 行の 士ぁ. 9 翁 わかき 時世 

に 沙汰せ し 事な. 阿部 故豊 後守忠 秋の 家に て、 物 頭 を ゥ とめし 者の よし、 姓名 をば 今 忘れたり 

何と ぞ 子細 あ 6 ける にや、 忠秋 へいと ま を 取て、 江 SS 八丁 堀に て 町の 喜屋を か. て 住居せ しが、 年 

を經 るに したが ひ 貧困して 糧 《^絕 る 程に、 家主 見 かねて、 朝夕の たべ 物つ. 《• け 候し が、 病氣 づきけ 

ると て、 打 臥して 外 へ も 出ず な. 9 ぬる ゆ ゑ、 家主 人 をつ か はし 粥な ズ やうの 1>P の もたせ 贈. けれ ビ 



編 彙理倫 本日 



み 給へ といへば、 其 人い ふ は、 御寺の 念 佛の聲 いと 殊勝に 覺ぇ候 程に、 こ > -に特 を 移して 居る にて 

候、 御茶 ひとつ 給らん とて 內へ 入ぬ 住持 いづかた より いづかた へ 參られ 候 ふやと 問ければ、 某 は 

奥州 邊ょ. 出た る 者に て 候、 江 戸 にむ かし 知た る 者の 候て、 遙々 尋參. 候へ V37?、 年 久しき 事に て 

候 故、 其 人の 行 衛も今 はしれ 申さず 候、 是ょ. いづかた へな りと S 身 をよ せ 候 はんと こそ 存ヒ 候へ 

とい ふ を、 住持き >- て、 はや 日 1„p暮 て 候 まゝ、 こよ ひ は是に 一 宿いた され 候 へと てと めけ り。 翌日 

住持い ひける は、 御身の 落つ き 所 もい まだ 定まらぬ と 聞え て 侯、 其 間 はい つ 迄 《p 御宿いた し 申べ 

し、 ゆるく と 寺に 御 逗留 候へ といへば、 けなく 候と てと. > ま .5 け. 50 さてな にくれ と 物が 

た. する に、 ふるき 事な ど覺 えて、 た. > 人と は 晃 えざる 程に、 天德 寺の 和尙 き、 て、 後 は 本 房へ ま 

ねき て、 わん^ ろに 扶持し 置つ、、 寺 中の 事 を まかせし が、 殘る所 1*pf^ くよ く 取 さばき、 衆 僧の し 

ま6に^!?なろしかば、 簡 要の 人と て たっとび あ ひけ- 90 其 ころ ある 國 主の、 返 休して 居らる >- 人 あ 

6 しが、 世に 年. 1^ かく、 ふるき 事 を? P 覺 えて、 常に 傍に るて 伽 になる 人 あらば、 俸祿? P 厚く、 國賓 

の あしら ひに て 召 抱へ むと て、 尋 求ら れ しに、 此 寺の 檀越、 この 人に しく は ある まじ, 幸の 事と 

て、 この 人に 告げれば、 御 志 は 忝た t けなく 候 (ども、 某 事 奉公の 望 はなく 候、 今まで は 申さず 候 

(V1J„P、 かく 御 懇意の 上に つくみ 申べき にて? P 候 はずと て、 そこにて 始 て名乘 ける をれ 迄 は 寺に 

てな にと か 名 をつ けて をり けん、 それ は しらず 其 は 蒲 生 氏鄉の 家に て、 結 解の 何が しと 申 者に 

て 候 蒲 生の 家 ほろび 候て より、 他家に 腕く び をに ぎる 心なく、 乞食 候て なりと 一 生を*^- へ つ > - 

室 》粱 酸 謹 雑話 卷之 111 二百 七 



朱子學 》 上 二百 六 

を 返る にしかず とて、 いづち ともなく 逐電し、 行方 はしれ ざ. け .50 其 後台 廟の御 時に 及て、 ある 

人駿遠 あた 6 の 地に て か あり けん、 其 所 はたし かに 聞ず、 一人の 仙人と ぼしき に 行 あ ひしに、 其 

仙人 は 誰の 代ぞ とと ふ。 今の 君 は 權現樣 の 御子 御代 を 繼せ給 ふとい ふ 權現樣 と はたが 事ぞと 問け 

る 程に、 く はしく いひき かせければ、 その 時よ く合點 して 土 井 甚三郞 とい ふ 1„p の ありし が、 いま は 

いか. >な りぬ ると 問け ると? VO 甚三郞 は大炊 頭の 事な. 此事 世に 沙汰 あ. 5 て、 其 仙人 は大 かた 天 

野 三 郞兵衞 にて あらんと いひけ るが、 艇景駿 河に あ. ft- し 時 甚三郞 すてに 大炊 頭と いひし に、 かの 仙 

人 甚三郞 とい ふ を 晃れ ば康景 にて は ある まじと いふ 人 《p あれ VI、 古人 は眞 率に て、 いつ $ よびつけ 

たる 名お いふ ほどに、 大炊 頭の わ^ 名 をよ く覺 えて、 かくい ひたる に S あらん かし。 よし 其 仙人 は 

誰に 《9 せよ C 鳴 呼康景 潔白の 士な るかな C 無, 寧 を ころして、 己が 身 を 立る は、 非義 な. 00 ころさ 

ねば 上意に そむく に 似たり。 とにかくに 世に ありて は、 身の 一分た、 ずと 思 ひきり て、 三 萬 石の 祿 

を棄 て、 跡 をけ ちぬろ こそ、 世に たぐ ひなき 事と いふべ し。 

結 解の 何が し 

され V3 潔白なる 武士 も、 世に たえず ある- P のな り。 寬永正 保の ころに か あ. 9 けん 江戸 芝の 天德寺 

^內 のわき 寺に、 常念佛 とて 常にた えず 念 佛を唱 る 所 あ 6 しが、 ある 夕暮 に、 住僧 外へ 出る とて 見 

れば、 旅人と 見えて 油 桐つ ゝみ 頭に かけて、 其 さまい やし か らぬ 人の、 門前に, fii.^ ずみ て ありし 

が、 や、 久しくして 歸 るまで もとの 所に ありし 故、 住持 あやしみて、 何人に て 候 や、 內へ 入て やす 



を、 人.? - 威服し 奉. o しとな り。 高 力 本 多が 人 がらの 事 は、 く はしく しらず。 天 野 三 郎兵衞 は、 慶長 

年中、 駿 州奥國 寺の 城主と して、 三 万 石を領 しけり 領地の 竹 を きらせて、 營 作の 爲に積 置て、 足 

輕. 三人 をして 守らせけ るに、 御領田 原の 鄉民、 此 竹を盜 取し かば、 番をせし 足輕見 付て、 盜 一 人 を 

き 6 殺す 殘黨逃 有て、 代官 井手 某に 誘 ふ 井手 鄉 民の 手前 を 吟味せ ざる 事 は ある ま じきが、 竹 を 

g 盜む 事. 1^ しかなら ぬ にゃあり けん、 人 を康景 が もと へつ か はし、 御領の 民 を、 こなたへ 斷 なくして 

本 一 卒爾に 殺す 事 重罪な. o、 速に 其 足 輕を誅 ずべき の よしをい ひや. ければ、 康景盜 を 殺す は 古今の 法 

f、 なに をせ て 罪と せん、 其 上 かの 足輕 私に 殺す にあらず、 康景 下知して ころさし む、 もし 此事 

倫 誤に ならば、 康景 罪に 行 はるべし とて、 少 1^ 許容の 氣色 なし、 井手 其まゝ にて はやみが たき 故、 鄉 

理 民 實は竹 をぬ すまず、 無 實の 罪に てころ さる、 を、 康景已 が足輕 に荷擔 して、 誅 せざる のよ し 言上 

しければ、 康景が もと へ 下手人 出す べきの よし 仰 出さ れ けれども、 前の ごとく いひて 御 うけ 申 上 

ft ず。 東照宫 きこしめして、 康景 にお いて は、 不義の 所爲 あるべ ^ら ず、 l^p しく は 人の いふに 欺かる 

編 \ る にゃあらん、 後日に 御 就 問 あ 6 て、 實否を 定めら るべき のよ し 仰 出されし が、 本 多 上野 介 正 純 を 

; 康景が S とへ つか はされ て、 たと ひ此 事理な りと 1.p、 一た び 仰 出された る 上に て 其 通に 仰 付ら れね 

ば、 御 威光 S 輕き やうに 聞 ゆる 問、 三人に 闈を とらせ、 其內 一 人と. あた 6 たる 者を誅 しし かるべ 

きのよ し 正 純 申されし かば、 御 威光 輕 くなる と ある 上に はと かう 申 上る に 及ばず とて、 御う け 申 上 

にけ る。 さて 申け る は、 狸 を まげて 罪な き l„p の を 殺し 我 身 を 立る は、 勇士の 本意に あらず、 所詮 身 

0.00 鬆臺雜 話 卷之 in =1. 



B 

本 

編 



朱 子學 SS 上 二百 四 

れ候 し 平 居 無事の 時に てい は ..5-、 廉潔 耿 介の 士ほ V5 世に 貴ぶべき 物 は 候 はず 官職に 任ずれば 

必成镜 をいた し、 事變 にあへば 必 節義 を あら はす。 常變 ともに 國 家の 用に 立 ものに て 候。 すべて 智 

勇 ある 士 は、 一人 一 職に 任じて は、 ーかビ 用に たち 候へ ど 3、 諸 司の 職 を 命ずる に は、 人 がらの 廉 

潔なる 士を 撰ぶべし。 いかにと なれば、 諸 司に は 必同寮 あ. 00 其 心 廉潔なら ざる は、 權威を 貪り X 

は 名聞 を クと むる 程に、 相 をね まねば 必 相お ネ ねる ものな. さる 程に 外 はし ひて 相 和 すれ VJ も、 

內は 互に 相 ふせぐ。 それ 故智 1«p 勇 も 相 さ へられて、 剐 J„p 剛を なさず、 柔《 "柔ぉ なさず、 た レ愈議 か 

ちに て、 先格を^^ひ後難を招かぬゃぅに裁斷する迄にて候。 ぃかてか國家に^^ぃて推たちたる驗を 

尾る ベ き。 よ 6 て 諸事 はかどらず、 ゆきと レ かぬ 事;^? 3? ほき ぞ かし。 永祿 のころ、 ^5^照宮参河に御 

座な されし 賠、 御 制 法 を 定められき、 高 カ與左 衞門淸 長、 本^ 作 左 衞門重 次、 天 野 三郞兵 衞康景 を 

三 奉行 に 仰. 付 ら る。 其 ころ 輿 人の 諺に、 佛高カ 鬼 作 左 どち へんな しの 天 野 三 郞兵衞 とい ひしと 

ぞ 0. どち へんな し は、 左右 遷 就して ー决 せぬ の 俗語な. 50 此議を 1_p て考 るに、 高 力 はた- > 寛仁に し 

て、 本 多が あらきに かま はず、 本 多 は 力- «. 勇决 にして、 高 力 か 慈悲に かま はず、 天 野 は 高 力 か 本 多 

か 裁斷を そね む 心なく、 レ道现 次第にして、 少しも 己 をた てぬ と 見え 侯 これ は 三人と 5_* "に、 人 

がら 廉潔に して、 奔 の 心なき 故に、 同職に あは せんと! „p せず、 又同職を^^^さ へんと! „p せず、 互に 

面々 の 心の まゝに ふるま ふと 尾え し。 そこ を御覽 なされ、 同職に 仰 付ら れ しが、 始は思 ひ 》(» に 

て、 一 致せぬ やうに 見えし に、 此 三人に て國 政た レ しく、 諸事 治..^ し 程に、 御 目が ねの ゥ よき 事 



曰 



本 



ある 事に て 候へば、 彼 家より、 每歲 助成の 金幷に 入用の もの 承り 候て、 永代 島へ さしこし 候 やうに 一 

公 命 下. 候 は.^、 限な き 御恩澤 にて 候べ し、 しからば 母 も よろこび 申す にて あるべく 候、 某 母へ の 

孝行 この ひとつに て 候、 外に 灝ひ 率るべき 事 はなく 候よ し 申 上ければ、 其 事 下 6 て 朝議 ありけ る 一 

^ に、 是 はくる しかる まじき 事な. o、 され ど 金 も 員 數 多く はな. がた し、 其 外の 物 も、 品に よりて な 一 

らぬ ものせ あるべし、 所詮 愈議 して、 其 員數其 物品 をき はめて、 前 田家へ 申 渡 候 や うにとの 事に j 

て、 今に 至る まて、 毎 歳 加賓の 家よ. 9、 定めの とくした.^ めて 官へ 付し、 官 にて 其 物件.^ 點檢ー 

し、 島 へg6屆くる事にな.c^た.oo 此事 四方へ きこえし かば、 列 侯の 家より 爭て徵 辟せ しか V3a、 ^ 

兵 太夫 我此後 仕官の 所存な し、 伹加賀 の 家 は、 舊 君の 事 なれば、 是は辭 すべから ずと て、 加賀 f 歸ー 

參 しける が、 程なく 病死し、 子な くして 家絕 にけ る。 翁 古今 を考 るに、 母子た が ひに 忠孝の 道 を盡ー 

したる 事、 是に 類すべき はなし。 ー奇 事と いふべ し や 匹夫お もて 萬 乗の 尊 を 動かし 奉りし 事、 i 

\ 至誠の 致す 听 とも 申べ し。 然るに 是 程の 事 を、 加賀 にて さ へ、 今 は 沙汰す る 人 も 稀 れば、 其 名 世 一 

にあら はれず して 埋る、 こそ ロ惜候 へ。 さて 上の 御仁 政 は 勿論の 事ぞ かし。 よく 下情 を 御 察し、 卑ー 

賤の義 を 御 そだてな されし は、 誠に 有が たき 御 事な り 御 祖訓の ごとく、 國 家の 元 氣を養 はる、 の. 一 

思しめ しにても あらん かし。 ^智 短慮の 及べき にあらず。 , お 

天 野 三 郞兵衞 i 

他 Bli て 諸 客來會 せし に、 翁い ふやう は、 前 曰 節義の 事 を 申候ゥ る、 但 節義 は、 事變 によりて あら は A 

室媳巢 駭臺 雑話 卷之 111 Isl 一 



朱 子 さ 汲 上 二百 二 

あ. 00 さて;. P と 前 田 肥 前 守 家来の よし 申に よりて、 前 田 大和 守、 御 上洛の 御供に て あ 6 しに 御預 あ. 

て、 後程な く 江 III へ 還 御 あ. 9 しかば、 大和 守 召 具して 江戸へ 下りぬ。 其 訴狀の 趣 は、 某 三 歲の賠 、母に 

て 候 の、 主家の 爲に、 八 丈が 島へ 罷 越て 侯 、母お 島に さし 置、 其 子と して 跡に 殘 6 居候て は、 いきて 

あるべ う 1_p覺 えず 候、 御 慈悲に 母と 一 所に 島へ つか はされ 下され 侯へ との 事に なんあり ける 官吏 

上の 御 旨 を 奉 り て、 思 ひとまる やうに 再三 寬喩 あり けれ V3 ネ、 御う け 合 申さず 所詮 思 ひ 切た る 容色 

fo 上に も 其 志 を 不便に,! ij ぼしめ さる、 にや、 かさねて 仰 出さる は、 島へ つか はさる、 事 は、 御 

大法に^2~ い てな らせられぬ事な.9、 島よ. 母 をめ し 返さるべし、 島より 歸る やうに、 文に て 申 こし 

候へ と あ. ければ、 兵 太夫 申 やう、 あ. 5 がた き 御 事に 候、 たと ひ 申 こし 候て; <p、 母 中, 1- 承引 仕 まじ 

く 候、 され VJ も 仰 出されに て 候 ま、 申 M し 候 はんとて、 文 かきて クか はしける が、 兵 太夫 申 こと 

く、 母 島に て 其 ふみを 見て、 大きに 腹 だち、 我汝が 三歲の 賠、 御主の 先途 を 見と いけんと て、 上へ 

奉, 願て、 一 度こゝ へ來 り しもの が、 今 汝を見 ん とて、 御主 をす て ふた ^ び歸 るべき やう や ある、 

いと 口 惜き事 を 聞 1<9 のかな、 かさねて 申 こし 候 は 返答に も 及 まじと いひ こしける。 官吏 兵 太夫 

を公廳 へめ しょせ、 是 程に 仰 出されて かな はねば、 上に もな さるべき やうな し、 其 か は ft- に は、 外 

に 願 ひ 奉りた き 事 あらば、 御 かな へ 下さるべき よしい ひ 渡しければ、 兵 太夫 かしこま 6 て、 卑賤の 

身と して、 上 を は. 《• か. 奉らず 所存 を 申 上 候に、 重く 御 取 あげ あ. o- て、 是 程にまで 仰 出され 候に、 

上に 私の 听存を *i て 申べき に a 候 はず、 'しひと つ 顧 ひ 奉り 度 事 候へ、 前 田家 は、 浮 田と 由緒 



議 しける は、 此女房 を 目前に て 見 ころしな ば、 後に 上に きこえん 降、 不便に おぼしめして、 など 窺 ざ 

6 しと? P し 御と がめ, P あ. なんか、 只 窺 ひ 奉. て、 御 旨に まかす るに しく はなしと て、 窺 ひければ、 女 

なれば くるし かる まじ、 島へ つか はし 候へ と、 命 下りし かば、 女房 限な く よろこびて、 秀家 父子に 

つれて 島へ 赴きけ. 50 其 時三歲 にな. し 子 を 抱き、 浮 田家の 夫人の もと へ來 て、 自 は八郞 御曹子の 

御 事、 餘 りいた はしく 候へば、 御供 申 候て 島へ 参り 候、 此御 奉公 を 忘れ はし まさず ば、 此子を 御 

側の 人 へ 仰 付ら れ御も だて させ、 人に なして 給. 候へ とい ひすて >- さ. ぬ 夫人 其 子 を 常に 膝下に 

置て 撫育し、 此 子が 母 は 身 をす て、 我 子 八郞が 先途 を 尾 屈し 者 なれば、 此子 をば わが 子と あ 3 ふべ 

しとて、 所 生の/ とくせられし となり 其 子の ハ乂 はいかなる 者に か あ. けんしらず。 氏は澤 橋に て 

あ. 9 ける。 夫人 後に は 加賀に 到. 5、 前田家に依て^^?はせしが、 秀家備 前の 國 守た. しにより て、 加 

賀國 人夫 人を稱 して 備前 君と す 今に 其 墓加賀 にあ. 00 夫人 在世の 時、 澤橋 氏が 子 成長して、 仕べ 

き 程に なりし かば、 前 田家へ 召 仕 はる V やうに ふかく 付託せられ しかば、 彼 家に て 所領 給り、 澤橋兵 

太夫 何が しと 名乘 ける が、 た. > 明 寡 母の 事 をのみ 思 ひて 淚を おとしけ. 00 いく 程なく 遁世の 願 あるよ 

しにて 國を さり、 形 を か へて 僧と な. *y 、いづかた にあり と!. P 行衞 しれ ざり ける に、 元 和の ころに か あ 

けん、 將軍家 御 上洛 ぁ< -て、 ニ條の 御城へ 入 せらる ゝ特、 ひと. 9 の 僧御駕 輿ち かく、, 餅狀を 捧げ 

ける を、 御供の 中より 抑へ けれ V5J„P、 きかざ. 9 ける 程に、 討てす てんとし ける を、 御輿の 內ょ. 5 御 

覽 ありて、 沙門 を聊爾 なる 事いた し 候な、 訴 狀 うけ 取 候て 御 跡よ, 5 召 連て 參 6 候へ と、 御 直に 上意 

室媳雄 SS 雜 話 卷之! 11 二百 1 



朱 子搴 » 上 二百 

せす、 程へ て 都に 歸 6 っゝ 一生 世に出ず、 身を隱 して 終りけ ft- 、かの 草 も 木 もな びきし 威に Si れず、 

勢に 屈せず、 始終 志 をた て、、 義經に 負か ざ. 5 し 事、 高 館に て殆 死せ し 輩と も幷稱 すべし、 ちかき 

ころ 京師の 醇儒中 村 係齋が 撰びし とか やい ふ、 倭漢 貞烈の 女 を 載し 姬 鏡と 題せ し 書に、 是を いひ 殘 

しける こそ 遺 域 なれ、 是は靜 娼家に 生れて、 出 所た》 しからざる 故なる べし、 それ はさる 事 なれ V3 



曰 



本 W 

理 



も、 名敎を 稗く るた めに は、 是等を 5_J" すつ まじき 事と、 翁 はかね て 思 ひし 程に、 今 各へ 申つ るぞ 

_ かし、 詩に いはく、 采, 葑采, 菲、 無, 以= 下體? この 謂な り。 

^ 澤 橋が 母 

一 加 賀の前 田家より、 毎年 八丈島 浮 田家 子孫の もとへ、 资用 のために、 小金 幾 星、 丹藥幾 包、 其外瑣 細の 

物件、 定數 ありて 目録の >:j とく、 公け の 官吏に 付して、 八 丈が 島へ 達せし む 翁加賀 にあり し將、 

其い はれ を 故老に 問に、 澤橋兵 太夫と いふ 者より 起. 5 たる 事な. 50 豊臣 太閩の 時、 前 田家の 先祖、 

M 一 大納言 利 家の 女お、 太闞 養女と し、 浮田秀 家に 嫁す。 是秀 家の 夫人な 60 然るに 慶長 年中、 關原師 

散 t て 後、 秀家は 石 田 方の 渠魁 たれば、 死罪に 處 せらる ベ か 6. しお、 島津 家の 乞」 によ. て、 死 

1^ を减 ひて、 秀家幷 に 其 子 八郞、 八 丈が 島へ 竄逐 せらろ C 八郞に 乳母 あ. 9 けろ に、 是 はとく に 逃 

去ぬ。 其 介の 女房、 ^ ば:^ し 八郞が 幼少に して、 乳母に 離れて、 遙々 島に 赴く を、 ふかく 泣 悲しみ、 

徒 跣に て官 廳に詣 り、 しきりに 八郞 にっきて 島に 到らん と 屈 ひけれ ども、 制禁 ありし 程に、 是をゅ 

るさず 女房 比 上 はなに の爲 にいき てあらむ とて、 すてに 自殺 せんとす る を、 官吏お さ へ て、 さて 



戚に 1<p よるべ からず とい ふ を、 翁 打 威 じて、 是 こそ 正當の 論に て 候へ、 翁が 申 は、 人類の 種 ある を 

知て、 天性の 種 ある を しらざる にて 候、 但 それにつ き 候て は、 婦女 又は 卑賤に 節義の 行 ある は甄揚 

して、 本然 天性の 種 ある を證 し、 又は 下賤の つたなき 婦女 等に さへ かく 節義 あれば、 士 丈夫 を $ て 

それにお とるべき や はと 思 ひ 候 は.^、 人の 義心 を 興起す るに もな り 候べ し、 こ >- に その 人 がらに も 

似ず、 寄 特に 覺へ 侍る は、 源 義經の 妾靜が 事に て 候、 靜は 京師に て 名 を 得た る 舞妓な りしが、 材色 

を?^-て義經に寵せられけゥ、 義經都 を 落し 時、 靜 吉野 まて ゥ きまと ひしが、 それょ<^都へ歸..^居 

し を、 賴朝鎌 倉へ めしよせて、 義經 の行衞 をと はれ けれ vl»-、 吉 野より 末 はしらぬ よしを 申す 程 

に、 さて 放ち か へさる ぺ か. し を、 義經の 子を懷 孕して ありけ る 程に、 誕生す る 迄と て、 しばらく 

とめられ しが、 かねて 舞曲の 藝、 世に 隱れ なかり ければ、 賴朝 その 藝 を 見ば やとて、 鶴が 岡の 祠に 

てま はせられ ける、 靜心 うき 事に 思 ひて、 再三 辭 しけれ ども、 しゐて 命ぜられ しかば、 いなみが た 

くて 舞け り、 顿朝 時と いひ 所がら とい ひ、 靜必祝 歌 を 乙 も唱 ふらめ と 思 はれけ るに、 さはなくて、 

しづ や しづ、 しづの をだまき、 く. 返し、 昔 を 今に、 なすよ し; P がな 

又 をし か へして、 . 

吉野 山、 峰の 白雪 ふみわけて、 入に し 人の、 あと ぞ戀 しき。 

とかな でければ、 賴朝 怒て、 今日の 事 なれば、 時世 をぞ 祝すべき に、 叛逆の 義經 をした ふ 事 奇怪な 

.5と て、 すでに 罪に TP 處 せらる ベ か.^ し を、 夫人 政 子の わび 言に て 事 解に け. o、 靜 それ を 轉芥と a 

室^ 駿 嚢雜詁 卷之 111 百 九十 九 



朱 子學! IS 上 百 九十 八 

乙に 又 丈夫に まさ. 9 て 節世 にす ぐれた る は、 倭漢 よく 似た る 事 あり。 漢の平 帝の 皇后 は、 王莾 

が 女な. 00 父 韩 漢の臣 として、 天下 を 奪 ひ、 平 帝 •VJ 弑せ しが、 いく 程なく 漢兵 起て、 韩 を攻滅 して 

け. 00 皇后 宮闕に 火の 懸るを 見て、 我な にの 面 al あ. て漢 兵に 見えん やとい ひて、 自 から 火に 投 t 

S て ほろび 給 ひけ り。 我 朝に て は、 長 岡 越 中守忠 典の 夫人 明智 光秀が 女な. - しが、 父 光秀 織 田 信 長の 

日 S U 

臣 として、 信 長 父子 を 試しけ る を、 羽柴 秀吉、 西國ょ < ^軍 を 還して、 光秀 を滅 しぬ () 其後關 原の 亂 

本 一 に、 忠興大 軍に 從て開 束に 下られけ る 其 跡に 石 田が 兵忠 興の 誼に 来て、 夫人 を とら へ て ゆかんと 

しける に、 夫人 われ 1 命を惜 て、 夫 家の 辱を貽 さじ、 敬の こみいらぬ 先にと て、 自殺して 果られ け 

れば、 其義 にす >- めら れて、 留守の 士、 小 笠 原 勝齋、 河北 石晃、 館に 火 を かけて、 もしなら びて 腹 をき 

る、 何の 局と いふ 女房、 其 外 三 四 人、 手に 手 を 取、 火中に とび 入て 死にき 今に 至て 世に めづ らし 

くいさぎ よき 事に ぞい ひ へ 侍る か 、る大 逆臣の 女に、 かゝる 貞烈の 人 あ. 5 ける 事、 上 千載 を へ 

彙 〈 だて ゝ、 孝 平 皇后に ならぶ ベ し 其 外に は倭漢 とジ. -に、 た へ て 類な き 事な. 90 されば 名將に 種な し 

と 申 侍る が、 翁 は 烈女に も 種な しと こそ 思 ひ 候へ といへば、 ひと A- の 客、 いや そ > 種な きがたね あ 

るに て 候べ し、 此 節義の 心 は、 仁義の 性 を 種と して 生じ 候、 此性 なくして 氣 習よ 6 しからし むる 物に 

て 候 は. 《•、 或は 膂 力の ごとく、 丈夫に は あらて、 婦女に はなく、 或は 威儀の ごとく、 良家に は餘ぁ 

り て、 卑 族に は, ら ざるに も あらむ かし、 今 本性お 種と して 生ずる 故に、 父祖に も よらず、 世 類に 

か 人らず、 善人の 子に 1_p 悪人 あ. o、 惡 人の子に;.? 善人 あ. 9、 男女 食賤 にも よるべから ず、 父 組 親お 



理 



郞を もて 御 長柄 鎗 奉行に 仰 付ら れ ける o 其時內 膳が 勝 頼に 對 して 忠義 あ 6 し 事 をく はしく 仰 立ら れ 

誠に 武士の 手本と おぼしめ す、 又七郞 いまだ 弱年 なれ ど义、 兄內 膳が 忠義 を 感じ 思 召 よりて、 重 

き 職 を 命ぜら る、 よし 上意 あ 6 ける とぞ。 誠に 死後の めいぼく、 忠義の 驗と 申べ し 

烈女 種な 1* 

翁む かし 加賀 にあり し 時、 ある 人の いひし は、 およそ 人の 諸悪、 大小に よらず、 改め ぬれば、 世に 

い ひわけ あり、 舊惡は 少し? P 疵 にて なし、 た. > 改めても いひ わけの. ちが. き 事 ふたつ あ, 5、 士の死 

ぬべき 堪を はづし 力る と、 ぬすみし たると、 此 ふたつ は、 一 たび 其 事 あ. て は、 一 生の 班と な. て、 

其 人な がくす たりぬべし、 しかれば 士の 家に 生る ゝ 者に は、 男女と もに 幼少より 節義の 事 を 常にい 

ひき かせて、 忘れさす まじき 事 也と、 尤なる 事な. 90 然るにす ベて 婦人 は 柔順 を專 にして 剛健 をつ 

とめず とはい ひながら、 士の 婦女と して は、 此 一 ふし を 忘るべからず し 不慮の 變 にあ はん 時 

に、 心よ はくして 節義 を缺 なば、 日 ころの 婦行; „p いふに たらず、 古よ 6 衛の共 姜を始 として、 歷代 

貞節の 女 世に 絕 せず。 漢の陳 孝婦、 魏の令 女が 事 を 朱 子の 小學の 書に も 載. PiJ まひし は、 ふかき 心 ある 

べし。 それにつ きて 衛 侯の 夫人 南 子が、 忠臣 不 T 爲ー 一昭々 一信. 5fe 、不, 爲ー 1 冥々 1 惰. - 行と いひ、 令 女が 仁 

者不 T 以, 一 盛衰- 改 * 節、 義者不 下以, 一存.? II? 心と いひし こそ、 婦人の 言に ネ 似ず、 耳を^^-ビろかし 

ぬ 聖賢の 訓と いふと; P 是には 過 まじく 覺ゅ され 令 女 は 言に は 5^ ず、 其 行 相 叶 ひたれば、 元よ 

り いふべき やうな し。 南 子は是 ほどの 見識 あ もながら、 淫行 ある こそ、 いと レ罪 おもく 覺 ゆれ。 こ 

室鳩媒 is 卷之三 In 九十 七 



* 子學 上 百 九十 六 

ひこ さる ゝと 1_p、 化の 方 は 我 かたさ まの 名 を 失 はじと 思 はれば、 かたく 是を距 かるべし、 只 似た る 

を 友と する うたて さよと、 一 度 は うらみ I 度 は 怒り 彼 使の 見る 前にて、 其 文 を 刀に 拳ゥ加 へ て、 腹 

かき 切て 死にけ る 鳴呼聖秀ぃ"^-なる入ぞゃ0 義氣の 勇壯、 志操の 潔白、 是に 過た ろ 事 や あるべき 

》 さて 近代に て は、 武 田勝賴 の臣、 小 宮山內 膳が 節義 こそ、 最威 嘆す ろに 餘. n 'あれ 內膳 は勝賴 近習 

ぼ 一 の臣た 6 しが、 天 正 年中の 事に や、 內瞎 人と 爭惑 しける 事 ありつる に、 勝賴違 人の 言 を もち ひて、 

本 ™ 內 瞎が不 直に 决せ しかば、 內膳 罪な くして ながく 逐 し. ぞ けらる ゝ 程に、 是非な く 家に 蟄居して 數月 

^ を經 けろ が、 緣 田の 兵 甲 州に 亂 入して、 勝賴 敗北し、 故府. ^すて、、 溫井常 陸 介 を 先と し攙 四十 二 

S 

^ ^ 人の 兵と、 天目山 中に 奔る ときこえ しかば、 內膳身 を もて 赴い 急し が、 道に て 追 付け. さきの 內 

理 W 膳と 爭 ひし 者、 並に 讒 せし 者 を 問け るに、 何れもと くに 逃 去ぬ といへば、 內膳 慷慨と して かたへの 人 

S にい ひける は、 君 我 を 3 ち ひずして 棄給 ふに、 今 出て 其 難に 死せば、 君の 明 を 損する に 似 < ^ゥ、 15<死 

す 一 せねば 臣の義 を やぶる、 よ • し 君の 明お 損する と 、臣 の義 をば 傷ら とて、 四十 二人と 同- C く國 難に 

^ 殉 ひけ. 90 此 難に 甲 州の 士、 皆 勝 賴を叛 て 逃 去し に、 四十 二人ば か. 傾覆 流離の 間につ きまと ひて、 

J いさ ^ か 二心な く國 難に 殉 ひし は、 いづれ t« 節義の 士と 申べ し 中に 內懇 は、 議 おもて 寃枉 にあ ひし 

を. P 怨ず、 從 者の 列に も あらぬ、 蟄居の 身と して、 外より 來て 赴, 死し 事、 其 忠烈 はるかに 井 等が 上 

にある ベ し。 武田滅 亡 の 後、 東照宮 內 膳が 忠義 を ふかく 威 じ 給 ひ、 其 子な くして 祭祀の 絶る を 哀み給 

て、 內隱が 第 小宮山 又七郞 をめ し 出されし が、 其 後 小 扭原陣 の 前、 武職の 人 をき わめら れし ibr 又 七 



1^ 家 に^す べしと いふに、 されば とて 我 を 救 ひし 者 を 殺すべき やうな しとて、 ゆるして 放ち やりけ 

AVO 祜淸 それより すぐに 京師に 奔 りて }^ 家に 屬し、 後條 原の 合 戰にジ ひに 討死 を とげけ. 00 此 三人 

時代 1* 大かた 同じく、 志 節 も 相似. i ^り その 淸風 高義、 源平の 間に 求る に、 其 類 すくなく V- ぼへ 侍 

" る。 さて 元 弘建武 の亂に 至て、 天下 板蕩の 間、 死, 難 死, 節の 士、 限な く 相 見え 候 中に、 翁 かねて 安 

日 一 藤 左 衛門聖 秀が事 を 感じて 落淚 しける 聖秀は北條高時が臣f^.o^o 新田 義貞の 妻の 爲には 伯父な. 5 

^ ^ しかば、 鎌 倉す てに 陷る 時、 彼女 房 義貞の 文に 我 文 を 添て、 ひそかに 聖秀が もとへ つか はしける。 

$ 聖秀は 高 時が 將 として 新田の 兵と 戰 しが、 郞等大 かた 討死し、 聖秀1„^"薄手ぁまた負て引か へしけ る 

ゾ 

倫 $ が、 高 時す でに 屋 形に 火 を かけて、 朿勝寺 r 落ちけ ると い へば、 御屋 形の 燒 跡に は、 討死の $ の 多 

!ニ く晃 ゆる かと 問け るに、 一人?? 見えず とい ふ を 聞て、 口惜しき 事 かな、 いざ 殿 ばら、 とて l„p 死なん 

一 命 を 御 やかたの 跡に て 心靜に 自害 せんとて、 百餘騎 を相從 へて、 やか. の あとへ 赴し が 、今朝まで 

彙ー 薨 をなら ベて、 さし 奇麗な りし 大厦 高艢、 忽に 1^ 燼 とな. ぬる を兑 て、 聖秀 感慨に たへ ず、 淚を 

is 一 さ へ惘 然として 立た る 所 f 、彼 文 を もて 來 りぬ。 是を披 き 見れば、 鎌 倉の 有さ ま、 今 はさて とこ そ 

〉 承り 候 r いかにもして こな. f^! へ 御 出 候へ、 身に かへ ネて 申宥 むべ しと あ ゥ。 聖秀是 を 見て、 大き 

に 色 を报ヒ て. 5- ける は、 われ 今 まて 主恩に 浴して 人に しらる、 身が、 今 事の 急なる に 臨て、 降 人に 

な. て 出な ば、 豈耻を しり. る 者と いはん や、 されば 女性 心に てた とひ かやう の 事 をい はる V と? p、 

義^ 勇士の 義を しられば、 ざる 事 や 有べき と 制 せらる べし、 叉義貞 こな.^ の 許否 を 試む ためにい 

0M ^鏖 雑話 卷之三 • 百 九ナ五 , 



^子搴 上 百 九十 四 

しおい はせ ける 程に、 賴盛獨 一 S: に叛て 都に と > ま .9 ける 其 後-平家い まだ 亡びず して 西 海に あり 

し 時、 賴朝舊 恩の 謝せん ために 賴盛を 鎌 倉に 招きし が、 宗淸 おも 必召具 せらるべき よしをい ひ こ 

されければ、 賴盛關 東に 赴く とて、 宗淸 にい ざつれ て 下らん とい ひしに、 宗淸 いひけ る は、 賴朝某 

に 下れと 候 は、 定て 昔の なじみ を 思 ひ いで、、 所領 引出物な ズ して、 その かみ 扶助せ し勞を 報ぜん 

との 事に て あるべ く 候。 今更源氏にl^sひて、 其 蔭に よ. 5 候 はん は、 西 海に ある 朋友 VI もの 承る 所 も 

ロ惜 こそ 候へ。 君 はかくて 都に 御 安堵し おはし まし 候へ ど- P 、御 一 門 は いづれ も 西 海に 流 落し 給 ひ、 

日夜 やすき 御 心 J„p ある ま t く 候 こゝ にて 思 ひや. 奉る 5_p 痛 はしく こそ 候へ 鎌 倉に 御 越 候て 賴朝 

某が 事 を 尋ねられ 候 は.. 《•、 折 ふしいた はる こと ある よしを 仰せられて 給り 候へ とて、 鎌 倉へ は 行か 

ざり けり C 其 後西 海へ 下りけ るに や、 其 終お しらず 伊藤 祐淸は 伊藤 祐 親が 第二 子な り C 賴朝 伊豆 

に 流 繭の 時、 祐 親に 依て おはせ しが、 祐親 禁衞の 役に 當て 京師に 赴し 間に、 祐 親が 女と 通じて 一 男 

を產す C 祐親瓜 期に 至て 京師よ. 9 歸し 後、 是を 聞て 大に 怒りつ、、 其 男 を 殺しけ り 賴朝を % 害せ 

ん とする を、 祐淸 かなしみ、 賴朝を ふかく 愛護し、 ひそかに のがれ 去らし む 其 後赖朝 兵 を 起して 伊豆 

よ. 相 摸へ 赴し 時、 祐親 平家の みか. として、 大庭景 親等と 石橋 山に いた-^ て 賴朝を 追 け り0 其 

後賴 朝す でに 東國を 平定し、 自 から 大兵 を 率て 駭 河に 至られし 特、 祐親を 生 捕て 至し を、 其 罪を决 

する: «r 祐親 をば 親が 婿 三浦義 澄に 預ら れ㜃 あ. 9 しに、 講 はて、 翁、 前日 節義の 事 を 語 .9 候し が、 跡に て/? S-P ひ 侯へば、 い 

まだ 申の こして 候、 前日 申つ る 事 ..yj もに て 者て 見 給へ、 盛衰 榮枯は 世の常な. 5、 それによ. て 志 を 

か へぬ は、 是又士 の 常な. 9、1_p し 時の! % やうに つきて 覺 悟を變 じ、 世話に いふえ- 9 もとにつ くやう に 

て は、 なに を; _p て 士と申 侍るべき 

水邊 楊柳 綠煙絲 e 立, 馬 煩, 君 折, 二 枝? 唯 有= 春風 最相 惜? 態慰更 向-手中, 吹。 

これ 唐の 楊 巨 源が 楊柳の 詩な り C 此三 四の 句意 婉 にして おもしろく 覺 侍る C よ. て 其 怠 を 翁が よめ 

る 歌に 

なれて ふく、 名殘 やおし き、 靑 柳の、 手 折し 技 を、 した ふ 春風 C 

楊柳の 人に をら れて、 はや 木 を 離れた ると て、 春風の それ をよ そに して ふきな ば、 いかに 情な かる 

べき.^、 なを 其 手 折 手 を さり やらて おしみが ほに 吹 こそ、 いと やさしく 覺ぇ 侍る C 古よ. 0. 忠臣 義士 

の 盛衰 存. c を もて 心 を か へ ぬに たと へ つべ く 候0 翁む かし 源卒 盛衰 記 をよ みて、 源氏の 士には 渡邊瀧 

口 競、 平家の 士には 彌平兵 衞宗淸 が 事 を威ぜ しが、 又柬鑑 にて 伊藤 九郞祐 淸輸ぺ jwgs 謂、 に^ 

1 ね wli 賴 S 一 ヒ認纖 f ひいが 事 を 見て 威 じけ る ま \ 三 烈士の 傳を半 撰び 置し が、 いまだ 稿 を 脫せざ 

る內 に、 池魚の災にかゝ.^其後ふた、び草を起す事^^なく打過し程に、 今 は 其 文 をば 跡. P なく 忘 侍 

る。 渡邊競 は、 源 三位 入道 賴 政が 所 從の士 に は 第 一 の 1« "のな 60 然るに 治 承 年中、 賴政 高倉宮 をす 



を い へ .*^0 其 中 一 首覺 へ 侍る。 

牢落 西南 四十 秋。 蕭々 白髮 已盈, 頭 乾坤 有, 恨 家 何 在 江 漢她に 情 水 自流。 長樂 宮中 雲氣散 朝 

元 閣上雨 聲收。 新 蒲 細 柳 年 4 野 老吞, 聲哭 未, 休。 

是を吟 ずるに 人 をして 千 载の恨 あらしむ 帝 長命に て、 成 祖仁宗 の 雨 朝を歴 て、 英宗 正統 五 年に 至 

て、 專西に^^?はせしに、 帝と 同宿の 僧 あ. しが、 今に?^ いて 帝いて ば、 朝廷に あはれ まれん 事 を は 

か. 9 て、 帝の 詩を竊 て、 自ら 建 文 帝と 稱 して 出ければ、 藩 司 其 僧 並に 帝, 械繁 して、 京師に 送りし 

に、 程濟徒 跣に てし. が ひけり 御史鞫 問の 上に、 其 僧 は 詐罔を 5„p て 論 死せ し 程に、 帝 はさて やむ ベ 

か. し を、 帝 南 歸の思 ひ あるに よ. て、 自 から 其實を 白狀 せられければ、 朝^^舊宮人に命じて探求 

めしむ るに、 建 文 帝た る 事 無, 疑に 决定 せし かば、 詔 ありて 帝 をむ か へて 西內 にいれ しむ。 程濟 これ 

を 聞て、 今日 始て臣 が 職 を 終ぬ とて、 終に 迹を くらまして のがれさ りぬ。 その 帝に 從 ふて 出 4J して 

より、 こ、 に 至て 三十 九 年の 間、 艱楚 をな めて、 始終 ク きまと ひ、 ふた ゝび帝 を 宮中に いれし 事、 

其 負 節の 堅き いふに、 古今い まだき かざる ところな. 00 狐 趙が文 公に し 力が ひ、 甯兪が 成 公に 從 

ひしに ははる かに まさりぬべし 是を;^>て ぃは.^、 一 時 殉難 はやす く、 程濟 たる 事 は 難し。 孔子の 

いは ゆる 其 知に は 及べく、 其 愚に は 及べから ずと は、 是 等の 事 を や 申べき。 帝す てに 宮中に 入し か 

ば、 宮中の 人老佛 とい ひける。 つ ゐに鬌 を> て 終られけ ると ぞ。 これ も 古今に. めしな くいとめ づ 

らしき 事な り 

室 鳩 某 お 鏖雜話 卷之 III 百 九: H 



曰 



本 



采子舉 上 百 九十 

朱蒈 して、 應文は 鬼門よ. 9 いで、 其 餘は水 關の御 溝よ 6 いて ゝ、 薄 慕に 神樂 觀に會 すと あり 三人 

の 名 ひとり は應 文、 是は建 文 帝 たるべし。 ひとり は應 能、 是は楊 應能應 し、 ひとり は應 賢、 是は葉 

希 賢應ず 程濟 急に 帝の 髮を貺 しければ、 兩人も 同じく 髮を おろし、 衣 を 易て 裟裟を 着し ぬ0 帝 は 

殿中にぁりぁひける士九人をし^^が へ て、 ?s貝の門ょ.<^ぃでけるに、 神 樂觀の 道士 王 昇 舟を賴 して 

待う けつ、、 帝 を 導て 觀に 到. しが、 程なく 應能希 賢を始 としてす ベて、 二十. 二人 來會 する 時 は、 

すでに 薄暮に なりき。 かの 紅 鐘の 讖 すこし "力が ふ 事な きはいと あやしと いふべ し。 それよ-^ 二十 

二人の 者、 妻子お ふ.^ 捨て、 帝に したが ひ、 いづく ともなく 出. C しけ. 應能 希豎は 比丘と な. 9、 

程 濟は道 人と 號し、 此 三人 は 左右 を はなれず 外の 十九 人 は 東西に 聚散し、 道路に 往来して、 衣食 

を 給し、 應援 をな し、 相與 に壹, 心戮 i 力て、 始終 一 の ごとし 京城陷 りし 時、 成