スラムダンク (すらむだんく)とは【ピクシブ百科事典】

ピクシブ百科事典

スラムダンク

すらむだんく

『SLAM DUNK』とは、井上雄彦による高校バスケットボールを題材にした少年漫画、およびそれを原作とするアニメである。
目次[非表示]

元々の意味


(スポーツ用語辞典・S-Wordsから引用)
スラムダンクとは、バスケットボールにおけるダンクシュートのひとつの種類。
ゴールリングに直接両手でボールを叩き入れることをダンクシュートと呼ぶが、その中でも、周りに相手チームのディフェンスがいない状態で、確実に得点できるダンクシュートの際にスラムダンクと呼ばれる。
(引用ここまで)

概要

井上雄彦による漫画『SLAMDUNK』は、週刊少年ジャンプにて1990年42号から1996年27号にて連載された。
単行本全31巻、完全版全24巻。略称は「スラダン」。
テレビアニメ化もなされている。

週刊少年ジャンプにおいて『ドラゴンボール』『幽☆遊☆白書』と並ぶ3大人気作の一角として、1990年代半ばのジャンプ黄金期を築き上げた。
2010年時点の累計発行部数は完全版を含め、国内で1億1700万部を超える。
単行本第21~23巻の初版発行部数250万部は、当時としての最高記録である。
第40回(平成6年度)小学館漫画賞少年部門受賞。
2006年の文化庁による文化庁メディア芸術祭10周年記念アンケート企画、「日本のメディア芸術100選」にてマンガ部門で1位。
ジャンプでの最終回は『リングにかけろ』『ドラゴンボール』に続き巻頭カラーを飾った史上3作品目であるが、本作はジャンプの中でも初めて表紙も飾っている(その後2016年にもこち亀が巻頭での最終回を表紙で飾った)。
芸能人のファンも数多くいる作品でもある。

余談だが、本作が少年誌におけるスポーツ漫画界に与えた影響はとてつもなく大きく、連載が終了して20年以上経過している現在でもなお(続編や外伝などがほぼ一切だされていないにも関わらず)衰えることが全くない人気を誇り、上述した国内の累計発行部数はジャンプ漫画史上でもトップ5に入る記録である。
それゆえに少年誌で(特に)バスケットボールを題材としたスポーツ漫画を描こうものなら、ほぼ確実に本作と比較対象にされてしまう宿命を背負うことになる。
もちろん作者によって違った個性があり違った良さがあるのだが、本作の存在があまりにも大きすぎるため、大衆から評価される作品にするのは大変難しくなっているとされる。
実はスラムダンク以前は漫画業界では「バスケットボール漫画は成功しない」とみなされていたらしく、それを見事に覆したのがこの『スラムダンク』であった。

この作品の何が凄かったのかというと、ポイントゲッター(流川・仙道・沢北など)やゲームメイカー(宮城・牧・藤真など)が目立つスポーツ漫画において、漫画映え・読者ウケさせるのが難しいリバウンダー(桜木)を主人公とし、地味なリバウンド描写を奇跡的に格好よく描き上げ、リバウンダーの重要性を物語に上手に組み込んで、他のスポーツ漫画の華やかなポジションの主人公達に全く見劣りしない、少年誌を代表するにふさわしい主人公に築き上げたところである。

このスラムダンクでの登場人物達の活躍に憧れてバスケットボールの道に入った当時の小中学生達は多かった。日本のみならず、中国、台湾、韓国でも圧倒的な人気を誇る。

ストーリー

湘北高校に入学した不良少年・桜木花道は、背の高さと身体能力からバスケットボール部の主将の妹、赤木晴子にバスケット部への入部を薦められる。彼女に一目惚れした「初心者」花道は彼女目当てに入部するも、練習・試合を通じて徐々にバスケットの面白さに目覚めていき、才能を開花させながら、海南大付属翔陽高校陵南高校といった強剛ひしめく神奈川県内で、無名の湘北高校バスケ部によるインターハイ出場及び全国制覇を目指していく。

登場人物

湘北高校(湘北)

桜木花道(CV:草尾毅
流川楓(CV:緑川光
赤木剛憲(CV:梁田清之
宮城リョータ(CV:塩屋翼
三井寿(CV:置鮎龍太郎
木暮公延(CV:田中秀幸
安田靖春(CV:小野坂昌也
潮崎哲士(CV:林延年
角田悟(CV:里内信夫
石井健太郎(CV:林延年
佐々岡智(CV:里内信夫
桑田登紀(CV:森川智之
安西光義(CV:西村知道
彩子(CV:原えりこ
赤木晴子(CV:平松晶子
水戸洋平(CV:森川智之
高宮望(CV:塩屋浩三
大楠雄二(CV:林延年
野間忠一郎(CV:幹本雄之
堀田徳男(CV:大塚芳忠
青田龍彦(CV:梅津秀行

陵南高校(陵南)

魚住純(CV:岸野幸正
仙道彰(CV:大塚芳忠
福田吉兆(CV:石川英郎
池上亮二(CV:緑川光
越野宏明(CV:里内信夫
植草智之(CV:塩屋浩三
相田彦一(CV:小野坂昌也
菅平(CV:辻谷耕史
田岡茂一(CV:石塚運昇

海南大附属高校(海南)

牧紳一(CV:江川央生
清田信長(CV:森川智之
神宗一郎(CV:林延年
高砂一馬(CV:川津泰彦
武藤正(CV:塩屋浩三
宮益義範(CV:里内信夫
小菅
高頭力(CV:佐藤正治

翔陽高校(翔陽)

藤真健司(CV:辻谷耕史
花形透(CV:風間信彦
長谷川一志(CV:塩屋浩三
永野満(CV:林延年
高野昭一(CV:幹本雄之
伊藤卓(CV:里内信夫

三浦台高校

村雨健吾(CV:幹本雄之
荒木一雄(CV:森川智之
宮本和成
高津弘(CV:林延年
川崎昭雄
原田(CV:江川央生

山王工業高校(山王)

深津一成
河田雅史
沢北栄治
野辺将広
松本稔
一ノ倉聡
河田美紀男
堂本五郎

豊玉高校(豊玉)

南烈
岸本実理(CV:田中一
矢嶋京平
岩田三秋
大川輝男(CV:石川英郎
金平

愛和学院高校

諸星大(CV:中尾みち雄

名朋工業高校

森重寛(CV:石川英郎
名朋工業の監督(CV:野本礼三

大栄学園高校

土屋淳

常誠高校

御子柴(CV:山野井仁
常誠の監督(CV:麻生智久

その他

島村葉子(CV:白鳥由里
Dr.T(CV:塩屋翼
店長(CV:梅津秀行
鉄男(CV:佐藤正治
(CV:風間信彦
相田弥生(CV:永島由子
中村(CV:風間信彦
安西夫人(CV:高木早苗
谷沢龍二(CV:中尾みち雄
杉山祥太(CV:曽我部和恭
唐沢一雄(CV:徳丸完
北野

呼称表

が\に桜木流川赤木宮城三井木暮彩子赤木安西
はなみちオレルカワゴリリョーちんミッチーメガネくん彩子さん晴子さんオヤジ
かえでどあほうオレキャプテン先生
たけのり桜木流川オレ宮城三井木暮彩子晴子先生
リョータ花道流川ダンナオレ三井さん木暮さんアヤちゃん晴子ちゃん先生
ひさし桜木流川赤木宮城オレ木暮彩子先生
きみのぶ桜木流川赤木宮城三井オレ彩子晴子ちゃん先生
あやこ桜木花道流川赤木先輩リョータ三井先輩木暮先輩アタシ晴子ちゃん先生
はるこ桜木くん流川くんお兄ちゃん宮城さん三井さん木暮さん彩子さんわたし先生
みつよし桜木くん流川くん赤木くん宮城くん三井くん木暮くん彩子くん晴子くんわたし


テレビアニメ

東映動画の手によってテレビアニメ化された。シリーズディレクター(監督)は西沢信孝(後述の事情により第62話よりプロデューサーを兼務)。

1993年10月から1996年3月にかけて、テレビ朝日系列局に加えて、テレビ岩手北日本放送四国放送(以上日本テレビ系列)、テレビ山梨山陰放送テレビ高知宮崎放送琉球放送(いずれもTBS系列局、ただし琉球放送は途中打ち切り琉球朝日放送に移管)、テレビ愛媛フジテレビ系列、ただし愛媛朝日テレビ開局に伴う移管のため途中打ち切り)および福井放送(原則日本テレビ系列)にて放映された。全101話。

なお本作は『狼少年ケン』『デビルマン』『とんがり帽子のメモル』『聖闘士星矢』など、多くの東映動画作品に携わってきた籏野義文プロデューサーの手による最後期の作品、ひいては遺作のひとつとして数えられる。そして籏野は本作の製作途中に口腔癌に侵され、壮烈なる現役死を遂げた。
籏野の死後は、本作シリーズディレクターの西沢信孝がSDとPの両職を兼務する事で、その衣鉢を継ぐこととなった。

放送開始当初から原作のストックが少なく、東映動画作品お得意のオリジナルストーリー挿入をもってしても(ただし全体的な流れは基本的には原則準拠)放送が間に合わず、放送半年後からテレ朝の事情による予算削減及び、原作ストックと製作スケジュールの確保の都合上、特番休止が目立った。
結局、放送期間の事情などからインターハイ出場決定の時点で原作準拠を断念、しのぎを削ったライバル校・翔陽と陵南の混成チームと「壮行試合」を行う、と言うオリジナル展開で締めを飾らざるを得なくなった。
結果としてアニメ化されたのは単行本22巻ラストまでなった。

主題歌

オープニングテーマ

歌:BAAD/作詞:山田恭二/作曲:多々納好夫/編曲:明石昌夫

  • 「ぜったいに 誰も」(第62話 - 第101話)
歌:ZYYG/作詞:高山征輝/作曲:織田哲郎/編曲:ZYYG

エンディングテーマ

  • 「あなただけ見つめてる」(第1話-第24話)

歌:大黒摩季/作詞・作曲:大黒摩季/編曲:葉山たけし

  • 「世界が終るまでは…」(第25話-第49話)
歌:WANDS/作詞:上杉昇/作曲:織田哲郎/編曲:葉山たけし
  • 「煌(キラ)めく瞬間(トキ)に捕われて」(第50話-第81話)
歌:MANISH/作詞:高橋美鈴・川島だりあ/作曲:川島だりあ/編曲:明石昌夫
  • 「マイフレンド」(第82話-第101話)
歌:ZARD/作詞:坂井泉水/作曲:織田哲郎/編曲:葉山たけし

関連イラスト

SD!~
陵南


世界が終るまでは...
オンリチラシ用


DO YOU LIKE BASKETBALL?
SD



関連動画



関連タグ

週刊少年ジャンプ連載終了作品の一覧
SLAMDUNK(表記揺れ)
バスケットボール

スラムダンク100users入り スラムダンク500users入り スラムダンク1000users入り

タッチ・・・桜木花道の即席養成は『タッチ』の主人公・上杉達也から影響を受けたが、原作漫画の達也は野球選手生命を断ったのに対し、桜木花道はバスケ選手への再起を目指しているのは対照的であった。
シュート!・・・『スラムダンク』と同時期連載されたライバル漫画。此方はサッカーだが、『タッチ』のコンセプトを引き継いだ後継作繋がりと言え、此方の久保嘉晴上杉和也を範に取った。
あひるの空・・・週刊少年マガジンで連載されているバスケ漫画。作者である日向武史先生は本作の大ファンであることを公言している。

外部リンク

井上雄彦公式サイト

他の記事言語

Slam Dunk

関連記事

親記事

井上雄彦 いのうえたけひこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スラムダンク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22902511

コメント