海人魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海人魚(かいにんぎょ)は、中国人魚

概要[編集]

古くは(618 - 907)・鄭遂[1]『洽聞記』に記述がみられる。

北宋・『太平広記』(977 - 978)「水族一」の巻に、出典は『洽聞記』だと断ったうえで[2]

海人魚,東海有之,大者長五六尺,状如人。眉目口鼻手爪頭皆為美麗女子。無不具足。皮肉白如玉,無鱗,有細毛,五色輕軟,長一二寸。髪如馬尾,長五六尺。陰形與丈夫女子無異,臨海鰥寡多取得,養之於池沼。交合之際,與人無異,亦不傷人。出《洽聞記》 (日本語訳)海人魚は東シナ海に生息する。大きいもので長さ5-6尺、外形は人のようで眉、目、口、鼻、手、爪、頭は何れも美麗な女子のそれである。足は具えていない。体表は玉のように白い。鱗はなく、長さ1-2寸の五色の軽くて軟らかい毛におおわれている。髪は馬の尾のようで長さ5-6尺。生殖器の形は(人の)男女と同じで、臨海の鰥寡(寡婦・寡夫)はこれを多く捕らえて池沼で養う。性交の際も人と同じで、また、人を傷つけることはない。出典:洽聞記 — [3]

という記述がある。

(1271 - 1368)・林坤『誠齋雜記』卷上にもほぼ同様の記述がある。

海人魚,状如人,眉目口鼻手足皆為美麗女子,無不俱足。皮肉白如玉,灌少酒便如桃花,髪如馬尾,長五六尺,陰形與丈夫、女子無異。臨海鰥寡多取養池沼,交合之際,小不異人。 (日本語訳)海人魚は人のような外見を持ち、眉、目、口、鼻、手足はみな美麗な女子のそれである。足は具えていない。肌は玉のように白く、少しばかりの酒で桃の花のように色づく。薄毛は馬の尾のようで、体長5-6尺。生殖器は人の男女と異なるところはない。臨海の寡夫はこれを多く捕らえ池沼にて養う。性交の際も人と異なるところはない。 — [4]

また、聶田『徂異記』(1646)に、

査道奉使高麗、見海沙中一婦人、肘後有紅鬣、問之、曰人魚也。 (日本語訳)査道という人物が高麗に使いに派遣されたとき、海中に一人の婦人を見た。肘の後ろに紅いたてがみがあった。これは何かと尋ねたところ、人魚であると言われた。

とあるが、下半身が魚であると明言はしていない。清(1644 - 1912)・陸祚[5]『粤西偶記』には、南の海上にも女性の姿で出現したとある[1]

時代が下ると、海神の一種とみなされ、 船に祟りを与える不吉なものと考えられた[6]。屈大均(1630 - 1695)『広東新語』巻二二に次のような記述がある[7]

又大風雨時,有海怪被髪紅面,乘魚而往來。乘魚者亦魚也,謂之人魚。人魚雄者為海和尚,雌者為海女,能為舶祟。火長有祝云:「毋逢海女,毋見人魚。」人魚之種族有盧亭者,新安大魚山與南亭竹沒老萬山多有之。其長如人,有牝牡,毛髪焦黄而短,眼睛亦貢,面黧黑,尾長寸許,見人則驚怖入水,往往隨波飄至,人以為怪,競逐之。

(日本語訳)また、大風雨の時海に物の怪が出る。髪の生えた紅面の魚に乗って行き来するが、魚に乗る者もまた魚である。これを人魚という。人魚のオスは海和尚(日本の海和尚と同種であるか不明)、メスは海女と呼ぶ。よく船に祟りをなす。ある火長(下士官・上等兵クラス)が次のように幸いを祈った「母は海女に逢い、母は人魚を見る」

人魚の種族のなかに「盧亭」というものがある。新安の大魚山および南亭竹にもいるが、考萬山ほど多くはいない。体長は人と同程度。オスとメスがいる。短い毛髪はきつね色。眼は黄色いともいう。顔色は黒く尾は長く、一瞬でも人を見れば驚き怖れて水に入る。往々波に付き従い(現れ、現れると)疾風に至るため、人はこれを怪み、競って追い払う。 — [8]

出典[編集]

  1. ^ a b 松岡 1982, p. 56.
  2. ^ 井伏鱒ニ「落合の河童」『旅と伝説』第11号、三元社、1928年、 36-39頁。
  3. ^ 海人魚”. 中國哲學書電子化計劃. 2019年8月31日閲覧。
  4. ^ 誠齋雜記 卷上”. 中國哲學書電子化計劃. 2020年6月24日閲覧。
  5. ^ 1673年、進士
  6. ^ 松岡 1982, p. 57-58.
  7. ^ 吉岡郁夫「人魚の進化」『比較民俗研究』第8号、筑波大学比較民俗研究会、1993年、 39頁。
  8. ^ 屈大均. “廣東新語 第二十二卷鱗語”. 中國哲學書電子化計劃. 2020年7月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 松岡正子「人魚傳説―『山海經』を軸として―」『中国文学研究』第8号、早稻田大學中國文學會、1982年、 49-66頁。