金関丈夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金関 丈夫
人物情報
生誕 (1897-02-18) 1897年2月18日
日本の旗 日本香川県仲多度郡
死没 1983年2月27日(1983-02-27)(86歳)
出身校 京都帝国大学
学問
研究分野 解剖学人類学
テンプレートを表示

金関 丈夫(かなせき たけお、1897年2月18日 - 1983年2月27日)は、日本解剖学者人類学者

経歴[編集]

香川県仲多度郡榎井村(現・琴平町)生まれ。京都帝国大学医学部卒業。1930年に論文「琉球人の人類学的研究」で京都帝国大学より医学博士号を取得した[1]

1934年、台北医学専門学校(1936年に台北医学専門学校は台北帝国大学医学部に改組)教授となる。1950年、九州大学医学部教授。1960年に定年退官後は、鳥取大学教授、帝塚山学院大学教授。

弥生時代の人骨を発見し、日本人は混血民族だと発表した。1979年、「南島の人類学的研究の開拓と弥生人骨研究」の業績で朝日文化賞受賞。

山中源二郎(やまなかげんじろう)名義で著述を行うこともあり、また林熊生(りんゆうせい)の筆名で小説も書いた。


家族・親族[編集]

次男は考古学者の金関恕。弟は英米文学者の金関寿夫

著書[編集]

  • 『胡人の匂ひ』東都書籍, 南方叢刊 1943
  • 『木馬と石牛 民族学の周辺』大雅書店, 1955 のち岩波文庫
  • 『発掘から推理する』朝日選書, 1975 のち岩波現代文庫
  • 『日本民族の起源』法政大学出版局, 1976
  • 『南方文化誌』法政大学出版局, 1977
  • 『文芸博物誌』法政大学出版局, 1978
  • 『形質人類誌』法政大学出版局, 1978
  • 『琉球民俗誌』法政大学出版局, 1978
  • 『孤燈の夢』法政大学出版局, 1979
  • 『長屋大学』法政大学出版局, 1980
  • 『南の風 創作集』法政大学出版局, 1980
  • 『お月さまいくつ』法政大学出版局, 1980
  • 『船中の殺人・龍山寺の曹老人』第1輯・第2輯 林熊生 ゆまに書房 2001

共著[編集]

記念論集[編集]

  • 『日本民族と南方文化』金関丈夫博士古稀記念委員会 平凡社, 1968

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース