木村花さん【死の原因】硫化水素!遺書内容や『猫と張り紙』気遣いに涙

木村花さん【死の原因】硫化水素!遺書内容や『猫と張り紙』気遣いに涙

人気番組「テラスハウス」に出演し、5月23日に急死した女子プロレスラー、木村花さん。

当初は死因などは発表されていませんでしたが、その後の調べで室内には硫化水素を発生した形跡があったということ。

やはり、木村さんは自ら命を絶ったのでしょうか?

スポンサーリンク

木村花『硫化水素』で自殺報道

5月26日のニュースでは、木村花さんの死因についてこのような報道がされています。

フジテレビなどで放送中の人気番組「テラスハウス」に出演し、23日に急死した女子プロレスラー、木村花さん(享年22)の自宅マンションから遺書とみられるメモが見つかっていたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

室内には硫化水素を発生した形跡があり、警視庁は自殺を図ったとみている。

引用元:https://www.sanspo.com/geino/news/20200526/geo20052605030006-n1.html

当初、事務所では木村さんの死因について、このように発表。

詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります。

その後、騒動が大きくなり、誹謗中傷への法的措置をとるためにも、自ら命を絶ったことを発表する方針にしたのかもしれません。

木村花の遺書の内容は?猫はどうなった?

遺書とみられるメモには、木村さんの母への感謝がつづられていたそうです。

「ごめんね。産んでくれてありがとう」

また、複数人の知人の名前が書かれた別のメモにも「ありがとう」と感謝の思いがあふれていたといいます。

5月23日未明、東京・江東区の木村さんのマンションを訪れた母親が、倒れている木村さんを発見。

玄関ドアに「硫化水素発生中」と書かれた貼り紙があり、室内からは硫化水素を発生させたとみられる薬剤の容器も見つかっています。

ちなみに多くの人が、飼っていた猫を心配していましたが、花さんはペットの猫をあらかじめ事務所に預けていたようです。

花さんが保護主から引き取った猫・からあげくんは現在スターダムの寮でかわいがってもらっているといいます。

今後については「誰が飼うかは未定ですが花ちゃんの親族はじめスターダム寮での希望もあるらしく、そこはまたわかり次第教えていただくことになりました」と、保護主だったガールズバンド「SILENT SIREN」のドラマー・ひなんちゅさんがツイッターで報告しています。

感謝の意を表す遺書、玄関ドアの張り紙、そして猫への配慮。

生前の木村花さんの優しい性格が滲み出て、なんとも悲しい気持ちになります。

スポンサーリンク

木村花『硫化水素』で玄関張り紙の理由は?

花さんが、玄関ドアに張り紙をした理由は硫化水素ガスの周囲への危険性を配慮したものでしょう。

硫化水素は自然に多く発生するガスで、火山性ガスの中でも有毒ガスといえば硫化水素といわんばかりに強力なガスです。

しかし、低濃度であれば、それほど猛毒というほどでもなく、実際に温泉に含まれているのも知られています。

馴染みがある、ゆで卵や卵が腐った臭いなどの臭いを感じる濃度は意外と狭く、0.03ppm~10ppmくらいの微量だそうです。

健康な成人が1日8時間被曝しても影響がない最低限の許容濃度が10ppm(0.0001%)です。

数百ppm以上ともなると、臭いを感じる前に意識低下を引き起こし、1000ppm以上では速やかに死に至るそうです。

そして空気中の混合率がパーセントレベルの高濃度(毒性としては即死するレベル)になると、引火性(爆発性)ガスとしての性質も発揮し、数%~50%の状態であれば、タバコの火や静電気の火花程度で大爆発を起こす可能性があるのです。

花さんは、おそらく硫化水素ガスのことについて詳しく調べ、できる限り周囲に迷惑をかけないように張り紙の措置をとったのでしょう…。

スポンサードリンク

木村花さん惜しむ声

テラスハウス2020|やらせ台本ある証拠?『花の激怒』も演出の責任か【画像】木村花の母親もプロレスラー!木村響子の元旦那インドネシア人木村花【誹謗中傷内容】原因や理由なぜ?快とのコスチューム事件の悲劇木村花【激怒理由】の真相!洗濯事件の裏に『京都旅行とインスタ外し』

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!