【小泉構文】中身スカスカな小泉進次郎構文やポエム集をまとめてみた - NAVER まとめ
  1. まとめトップ

【小泉構文】中身スカスカな小泉進次郎構文やポエム集をまとめてみた

「今のままではいけない。だからこそ今のままではいけないと思っている。」など小泉進次郎構文やポエムをまとめてみました。

更新日: 2020年03月12日

9 お気に入り 459319 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

今話題の小泉進次郎構文とポエムをまとめてみました

今ネットで話題になっているのが小泉進次郎さんの、中身がありそうで中身がない言い回しです。

小泉進次郎構文とは、小泉進次郎さんが言いそうな言葉を使って投稿されたポエムのような投稿のことです。

小泉進次郎さんといえば、なぜか同じ言葉を使っていかにも説得力あるような言い方をされることが何度か目撃されています。

話に中身がなさすぎるとか、ポエムだとか、完全にネタ扱いされてしまっているのです。

実際の小泉進次郎構文

約束は守るためにありますから約束を守るために全力を尽くします

反省しているんです。ただ、これは私の問題だと思うが、反省をしていると言いながら、反省をしている色が見えない。というご指摘は、私自身の問題だと反省をしている

小泉進次郎 ポエム集

気候変動のような大きな問題に取り組むことは、楽しいはずなんです。
とてもクールでセクシーであるはずなんです。

私の中で30年後を考えた時に、30年後の自分は何歳かなと発災直後から考えていました。
だからこそ私は健康でいられれば、30年後の約束を守れるかどうかという、そこの節目を見届けることが、私はできる可能性のある政治家だと思います。

記者「汚染水の海洋放出に関して、韓国が懸念を示しています。風評被害を助長することにもなりかねないと思うが」

小泉氏「この前、私は小名浜で地元の組合長とお会いしましたが、いま試験操業で何が獲れるんだと言ったら、『最近ノドグロが獲れるんだ』と。

『あ~福島、ノドグロ獲れるんですか、私ノドグロ大好きなんですよね』って言って、『じゃあ今度一緒に食べよう』って、『環境大臣室にぜひお越しください』と。『一緒にノドグロ食べましょうよ』って言ったときの、あの『いいんですか』っていうね、喜んだ顔。嬉しかったですね。

なので、けっしてそういった皆さんが、ふたたび傷つけられることがあってはならないと。その思いで、こういった問題にもしっかり向き合っていきたいと思っています」

記者「どう取り組んでいくかをうかがった。ノドグロの話を聞いているつもりではない」

記者「今後半年や1年間で石炭火力発電をどうやって減らしていく?」
小泉進次郎「削減します。」
記者「どうやって?」
小泉進次郎「・・・(数秒間の沈黙)」

日常生活に潜む小泉進次郎構文

1 2