台湾における2019年コロナウイルス感染症の流行状況

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台湾における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行状況
COVID-19 Outbreak Cases in Free area of the Republic of China.svg
感染者が確認された地域(2020年5月7日時点)
  0
  1
  2~4
  5~9
  10~19
  20~29
  30~49
  50~74
  75~99
  100+
COVID-19 outbreak Taiwan per capita cases map.svg
10万人あたりの感染者数(適宜更新)
疾病 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)
ウイルス株 SARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2)
最初の発生 中華人民共和国の旗 中華人民共和国湖北省武漢市
場所 中華民国の旗 中華民国台湾
初発症例 台湾桃園国際空港
出現した日付 2020年1月20日 - 進行中
確定症例数 487人
回復者数 462人
死者数
7人
公式ウェブサイト
www.cdc.gov.tw
twitter.com/taiwan_cdc

台湾における2019年コロナウイルス感染症の流行状況では、台湾(ここでは中華民国が実効支配する台澎金馬を指す)における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行状況について述べる。

感染者数 [編集]

台湾におけるCOVID-19の症例数  ()
     死亡        回復        現存症例

1月 1月 2月 2月 3月 3月 4月 4月 5月 5月 6月 6月 7月 7月 8月 8月 最近15日 最近15日

日付
症例数
死者数
2020-01-20 0(n.a.) 0(n.a.)
2020-01-21
1(n.a.) 0(n.a.)
2020-01-22
1(=) 0(n.a.)
2020-01-23
1(=) 0(n.a.)
2020-01-24
3(+200%) 0(n.a.)
2020-01-25
3(=) 0(n.a.)
2020-01-26
4(+33%) 0(n.a.)
2020-01-27
5(+25%) 0(n.a.)
2020-01-28
8(+60%) 0(n.a.)
2020-01-29
8(=) 0(n.a.)
2020-01-30
9(+12%) 0(n.a.)
2020-01-31
10(+11%) 0(n.a.)
2020-02-01
10(=) 0(n.a.)
2020-02-02
10(=) 0(n.a.)
2020-02-03
10(=) 0(n.a.)
2020-02-04
11(+10%) 0(n.a.)
2020-02-05
11(=) 0(n.a.)
2020-02-06
16(+45%) 0(n.a.)
2020-02-07
16(=) 0(n.a.)
2020-02-08
17(+6.2%) 0(n.a.)
2020-02-09
18(+5.9%) 0(n.a.)
2020-02-10
18(=) 0(n.a.)
2020-02-11
18(=) 0(n.a.)
2020-02-12
18(=) 0(n.a.)
2020-02-13
18(=) 0(n.a.)
2020-02-14
18(=) 0(n.a.)
2020-02-15
18(=) 0(n.a.)
2020-02-16
20(+11%) 1(n.a.)
2020-02-17
22(+10%) 1(=)
2020-02-18
22(=) 1(=)
2020-02-19
24(+9.1%) 1(=)
2020-02-20
24(=) 1(=)
2020-02-21
26(+8.3%) 1(=)
2020-02-22
26(=) 1(=)
2020-02-23
28(+7.7%) 1(=)
2020-02-24
30(+7.1%) 1(=)
2020-02-25
31(+3.3%) 1(=)
2020-02-26
32(+3.2%) 1(=)
2020-02-27
32(=) 1(=)
2020-02-28
34(+6.2%) 1(=)
2020-02-29
39(+15%) 1(=)
2020-03-01
40(+2.6%) 1(=)
2020-03-02
41(+2.5%) 1(=)
2020-03-03
42(+2.4%) 1(=)
2020-03-04
42(=) 1(=)
2020-03-05
44(+4.8%) 1(=)
2020-03-06
45(+2.3%) 1(=)
2020-03-07
45(=) 1(=)
2020-03-08
45(=) 1(=)
2020-03-09
45(=) 1(=)
2020-03-10
47(+4.4%) 1(=)
2020-03-11
48(+2.1%) 1(=)
2020-03-12
49(+2.1%) 1(=)
2020-03-13
50(+2%) 1(=)
2020-03-14
53(+6%) 1(=)
2020-03-15
59(+11%) 1(=)
2020-03-16
67(+14%) 1(=)
2020-03-17
77(+15%) 1(=)
2020-03-18
100(+30%) 1(=)
2020-03-19
108(+8%) 1(=)
2020-03-20
135(+25%) 2(+100%)
2020-03-21
153(+13%) 2(=)
2020-03-22
169(+10%) 2(=)
2020-03-23
195(+15%) 2(=)
2020-03-24
215(+10%) 2(=)
2020-03-25
235(+9.3%) 2(=)
2020-03-26
252(+7.2%) 2(=)
2020-03-27
267(+6%) 2(=)
2020-03-28
283(+6%) 2(=)
2020-03-29
298(+5.3%) 2(=)
2020-03-30
306(+2.7%) 5(+150%)
2020-03-31
322(+5.2%) 5(=)
2020-04-01
329(+2.2%) 5(=)
2020-04-02
339(+3%) 5(=)
2020-04-03
348(+2.7%) 5(=)
2020-04-04
355(+2%) 5(=)
2020-04-05
363(+2.3%) 5(=)
2020-04-06
373(+2.8%) 5(=)
2020-04-07
376(+0.8%) 5(=)
2020-04-08
379(+0.8%) 5(=)
2020-04-09
380(+0.26%) 5(=)
2020-04-10
382(+0.53%) 6(+20%)
2020-04-11
385(+0.79%) 6(=)
2020-04-12
388(+0.78%) 6(=)
2020-04-13
393(+1.3%) 6(=)
2020-04-14
393(=) 6(=)
2020-04-15
395(+0.51%) 6(=)
2020-04-16
395(=) 6(=)
2020-04-17
395(=) 6(=)
2020-04-18
398(+0.76%) 6(=)
2020-04-19
420(+5.5%) 6(=)
2020-04-20
422(+0.48%) 6(=)
2020-04-21
425(+0.71%) 6(=)
2020-04-22
426(+0.24%) 6(=)
2020-04-23
427(+0.23%) 6(=)
2020-04-24
428(+0.23%) 6(=)
2020-04-25
429(+0.23%) 6(=)
2020-04-26
429(=) 6(=)
2020-04-27
429(=) 6(=)
2020-04-28
429(=) 6(=)
2020-04-29
429(=) 6(=)
2020-04-30
429(=) 6(=)
2020-05-01
429(=) 6(=)
2020-05-02
432(+0.7%) 6(=)
2020-05-03
436(+0.93%) 6(=)
2020-05-04
438(+0.46%) 6(=)
2020-05-05
438(=) 6(=)
2020-05-06
439(+0.23%) 6(=)
2020-05-07
440(+0.23%) 6(=)
2020-05-08
440(=) 6(=)
2020-05-09
440(=) 6(=)
2020-05-10
440(=) 6(=)
2020-05-11
440(=) 7(+17%)
2020-05-12
440(=) 7(=)
2020-05-13
440(=) 7(=)
2020-05-14
440(=) 7(=)
2020-05-15
440(=) 7(=)
2020-05-16
440(=) 7(=)
2020-05-17
440(=) 7(=)
2020-05-18
440(=) 7(=)
2020-05-19
440(=) 7(=)
2020-05-20
440(=) 7(=)
2020-05-21
441(+0.23%) 7(=)
2020-05-22
441(=) 7(=)
2020-05-23
441(=) 7(=)
2020-05-24
441(=) 7(=)
2020-05-25
441(=) 7(=)
2020-05-26
441(=) 7(=)
2020-05-27
441(=) 7(=)
2020-05-28
441(=) 7(=)
2020-05-29
442(+0.23%) 7(=)
2020-05-30
442(=) 7(=)
2020-05-31
442(=) 7(=)
2020-06-01
443(+0.23%) 7(=)
2020-06-02
443(=) 7(=)
2020-06-03
443(=) 7(=)
2020-06-04
443(=) 7(=)
2020-06-05
443(=) 7(=)
2020-06-06
443(=) 7(=)
2020-06-07
443(=) 7(=)
2020-06-08
443(=) 7(=)
2020-06-09
443(=) 7(=)
2020-06-10
443(=) 7(=)
2020-06-11
443(=) 7(=)
2020-06-12
443(=) 7(=)
2020-06-13
443(=) 7(=)
2020-06-14
443(=) 7(=)
2020-06-15
445(+0.45%) 7(=)
2020-06-16
445(=) 7(=)
2020-06-17
445(=) 7(=)
2020-06-18
446(+0.22%) 7(=)
2020-06-19
446(=) 7(=)
2020-06-20
446(=) 7(=)
2020-06-21
446(=) 7(=)
2020-06-22
446(=) 7(=)
2020-06-23
446(=) 7(=)
2020-06-24
446(=) 7(=)
2020-06-25
447(+0.22%) 7(=)
2020-06-26
447(=) 7(=)
2020-06-27
447(=) 7(=)
2020-06-28
447(=) 7(=)
2020-06-29
447(=) 7(=)
2020-06-30
447(=) 7(=)
2020-07-01
447(=) 7(=)
2020-07-02
448(+0.22%) 7(=)
2020-07-03
449(+0.22%) 7(=)
2020-07-04
449(=) 7(=)
2020-07-05
449(=) 7(=)
2020-07-06
449(=) 7(=)
2020-07-07
449(=) 7(=)
2020-07-08
449(=) 7(=)
2020-07-09
449(=) 7(=)
2020-07-10
451(+0.45%) 7(=)
2020-07-11
451(=) 7(=)
2020-07-12
451(=) 7(=)
2020-07-13
451(=) 7(=)
2020-07-14
451(=) 7(=)
2020-07-15
451(=) 7(=)
2020-07-16
452(+0.22%) 7(=)
2020-07-17
454(+0.44%) 7(=)
2020-07-18
454(=) 7(=)
2020-07-19
455(+0.22%) 7(=)
455(=) 7(=)
2020-07-24
458(+0.66%) 7(=)
458(=) 7(=)
2020-07-27
462(+0.87%) 7(=)
2020-07-28
467(+1.1%) 7(=)
2020-07-29
467(=) 7(=)
467(=) 7(=)
2020-08-01
474(+1.5%) 7(=)
2020-08-02
475(+0.21%) 7(=)
475(=) 7(=)
2020-08-04
476(+0.21%) 7(=)
476(=) 7(=)
2020-08-06
477(+0.21%) 7(=)
2020-08-07
477(=) 7(=)
2020-08-08
479(+0.42%) 7(=)
2020-08-09
480(+0.21%) 7(=)
480(=) 7(=)
2020-08-12
481(+0.21%) 7(=)
481(=) 7(=)
2020-08-15
482(+0.21%) 7(=)
2020-08-16
484(+0.41%) 7(=)
2020-08-17
485(+0.21%) 7(=)
2020-08-18
486(+0.21%) 7(=)
2020-08-19
486(=) 7(=)
486(=) 7(=)
2020-08-21
487(+0.21%) 7(=)
出典: 疾病管制署[1]/Coronavirus COVID-19 Global Cases by the Center for Systems Science and Engineering (CSSE) at Johns Hopkins University (JHU)[2]

地域別[編集]

国内感染のみを示し、海外からの移入および軍艦での事案は除外している。

台湾の新型コロナウイルス感染確認事例数
2020年8月2日時点、国籍を問わず
居住市 / 県 国内感染[3] 感染(国外および軍) 死亡 備考
合計(全体) 55 390+36 7 死亡者のうち2人の居住地は不明。
台北市 8 (121)
新北市 18 (97) 2
基隆市 1 (7)
宜蘭県 0 (2)
桃園市 14 (57) 1
新竹市 3 (11)
新竹県 0 (11)
苗栗県 0 (3)
台中市 5 (44)
彰化県 4 (19) 1
南投県 1 (2)
雲林県 0 (6)
嘉義市 0 (4)
嘉義県 0 (2)
台南市[4] 1 (16)
高雄市[5] 0 (56)
屏東県 0 (12) 1


累計[編集]

隔離・治療中(現感染者数)は累計患者数-回復者数-死亡者数[2]

1日あたり新規感染者数[編集]

出典:CDC[6]


感染の拡大 [編集]

クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の台湾籍乗客に対する帰国時の検疫(桃園国際空港にて。2020年2月21日)
海軍の補給艦「磐石」

2020年1月20日、武漢市で働く中華民国国籍の55歳女性が桃園国際空港で入国する際に発熱があると自訴したため、すぐに病院で隔離された。21日に感染を確認[7]。同月11日から症状があったという[8]

1月24日、台湾を訪れていた50代の中国人女性と50代の台湾人男性の感染が確認された[9]

1月26日、50代の台湾人女性の感染が確認された[10]

1月27日、新たに50代の台湾人女性の感染が確認された。患者は2019年10月より武漢市で働き、1月20日に台湾に帰った。武漢市にいた期間に市場や生きた動物に接触したことがないという[11]

1月28日、22日に武漢市から台湾に観光に来て、25日に発熱症状があった70代女性2人と、台湾で5人目の感染者とともに暮らしていた50代男性の感染が確認された[12][13]

1月30日、女性1人の感染が確認された。武漢市で働いた台湾人男性の妻である[14]。翌日に夫の感染も確認された[15]

2月4日、武漢からチャーター機で帰った247人のうち、1人の感染が確認された[16]

2月5日、台湾政府は住民に対して、中国への渡航中止を勧告した[17]

2月6日、新たに2人の武漢での居住歴がある台湾人の感染が確認された[18]。同日夜、1月22日 - 2月1日に香港経由でイタリアに旅行に行ったことがある50代台湾人夫婦および1月21日 - 24日に家族とともにマカオに旅行に行った40代台湾人女性の感染が確認された[19]

2月8日と9日、イタリア旅行から帰国した夫婦の20代息子2人の感染が確認された[20][21]

2月15日夕方、台湾中部で出国したことがない60代男性が死亡、翌日に感染が確認された[22]。また、この男性の親族の50代男性の感染も確認された[23]

2月17日、死亡男性の親族である80代女性と30代男性の感染が確認された[24]

2月19日、死亡男性の親族である60歳女性の感染が確認された[25]

2月20日、台湾北部在住の60代女性の感染が確認された[26]

2月21日、前日に感染が確認された女性の40代娘と20代孫娘の感染が確認された[27]

2月23日、台湾北部在住の80男性とその息子である50代男性の2人の感染が確認された[28]

2月24日、前日に感染が確認された2人の家族である男女2人の感染が確認された[29]

2月25日、23日と24日に感染が確認された一家のうち、さらなる1人の感染が確認された[30]

2月26日、外国人看護師1人の感染が確認された[31]

2月28日、2月17日〜22日に大阪への団体ツアーに参加した北部在住の30代男性と海外渡航歴のない50代女性の感染が確認された[32]

2月29日、前日に感染が確認された50代女性が訪れた台湾北部の病院の看護師3人と清掃スタッフ1人、エジプトドバイ団体旅行から帰った60代女性の感染が確認された[33]

3月1日、ダイヤモンド・プリンセス号で帰国した70代女性の感染が確認された。当該患者は船内で1度陽性反応が出ており、日本の病院に入院したが、25日にウイルスの陰性反応が2回出たので、退院し台湾に帰った[34]

3月2日、感染者の親族である20代女性1人の感染が確認された[35]

3月3日、感染者と同じ病室だった入院者の親族である50代女性の感染が確認された[36]

3月5日、国内接触者である50代女性とフィリピン旅行から帰国した30代男性の感染が確認された[37]

3月6日、感染者1人と同じ病室を利用していた50代女性の感染が確認された[38]

3月10日、国内接触者である20代男性とオランダから帰国した30代男性の感染が確認された[39]

3月11日、イギリスから帰国した30代女性の感染が確認された[40]

3月12日、アイルランドベルギー旅行からトルコ経由で帰国した40代女性の感染が確認された[41]

3月13日、米国から来た友人と国内で会った50代アメリカ人男性の感染が確認された[42]

3月14日、オーストリアを訪れていた30代オランダ人男性、スイスフランスへのスキー旅行からトルコ経由で帰国した30代男性、ミュンヘンニュルンベルクへの出張から帰国した30代男性の感染が確認された[43]

3月15日、タイと北海道を訪れていた30代男性、エジプト団体旅行に参加した50代男性、トルコ団体旅行に参加した40代男性と70代女性、留学先のスペインから帰国した20代女性、ギリシャへの家族旅行から帰国した10代男性の感染が確認された[44]

3月16日、イタリアギリシャドイツへの旅行から帰国した20代女性、オーストリアチェコへの団体旅行に参加した50代女性、フィリピンから帰国した60代女性、エジプト団体旅行に参加した50代男性、留学先のスペインから帰国した20代男性、トルコ団体旅行に参加した50代女性と60代男性の感染が確認された[45]

3月17日、トルコ団体旅行に参加した4人、エジプト団体旅行に参加した60代男性、オーストリア・チェコへの団体旅行に参加した70代女性、アイスランドへの旅行から帰国した30代男性、ドイツ旅行から帰国した20代男性、パリへの旅行から帰国した30代女性、チェコとニューヨークを訪れていた60代女性の感染が確認された[46]

3月18日、海外旅行から帰国した21人と国内接触者2人の感染が確認された[47]

3月19日、エジプト団体旅行に参加した70代男性、アメリカ出張に帰国した50代女性、国内接触者である男子高校生、オーストリア・チェコへの団体旅行に参加した40代男女2人、留学先のフランスとスペインから帰国した20代男性2人、15日に入国した50代フランス人男性の感染が確認された[48]

3月20日、海外入国者24人と国内接触者3人の感染が確認された[49]。同日、1人が死亡[50]

3月21日、海外入国者18人の感染が確認された[51]

3月22日、海外入国者13人と国内接触者3人の感染が確認された[52]

3月23日、海外入国者25人と国内接触者1人の感染が確認された[53]

3月24日、海外入国者20人と国内接触者1人の感染が確認された[54][55]

3月25日、海外帰国者19人の感染が確認された[56]

3月26日、海外入国者15人と国内接触者2人の感染が確認された[57]

3月27日、米国から入国した7人、イギリスから入国した6人など、海外帰国者15人の感染が確認された[58]

3月28日、海外入国者14人と国内接触者2人の感染が確認された[59]

3月29日、海外入国者14人と国内接触者1人の感染が確認された[60]

3月30日、イギリスから帰国した2人、米国から帰国した3人、フィリピンから帰国した1人、国内接触者である10歳未満の男の子の感染が確認された[61]。同日、40代男性ツアーガイドを含む3人の死亡が確認された[62]

3月31日、海外入国者14人と国内接触者2人の感染が確認された[63]

4月20日前後、中華民国海軍補給艦磐石中国語版」に乗務していた軍人ら27人の感染が確認された[64]

5月2日、セネガルから帰国した夫婦および、日本やオーストラリアを旅行していた海外入国者の3名の感染が確認された[65]

5月3日、磐石乗務の713名全員の検査結果が判明し、新たに4名の感染が確認され数日間続いた0確診(新規発症者ゼロ)が途絶えた(本土感染者ゼロは継続中)[66]

5月29日、ロシアから日本経由で帰国した96人の帰国者から1人の感染が確認された[67]

6月15日、2日前にバングラディシュから帰国した夫婦2人の感染が確認された[68]

6月18日、15日の感染者と同じ便でバングラディシュから帰国した別の乗客1人の感染が確認された[69]

6月20日に留学先の台湾から日本に帰国し、検査を受けた日本人女性が25日時点で陽性反応が確認されたが、CECCはウイルス遺伝子量から弱陽性と判定、国際通例上の台湾の感染者には含まれないと表明した[70]。感染時期の特定が困難であることと女性の台湾での濃厚接触者123人全員へのPCR検査を実施し、全員が陰性だと判明した。また、抗体検査も同時に実施し、全員が陰性だと判明した[71] [72]

6月25日、グアテマラからの帰国者から感染者1人を確認[73]

7月2日、メキシコからの帰国者から感染者1人を確認[74]

7月3日、南アフリカ共和国からの帰国者から感染者1人を確認[75]

7月10日、オマーンおよび米国から5日に帰国した旅客2名の感染者を確認[76]

7月16日、フィリピンから14日に帰国した旅客1名の感染者を確認[77]

7月17日、フィリピンから15日に帰国した旅客2名の感染者を確認[78]

7月19日、香港から17日に帰国した旅客1名の感染者を確認[79]

7月24日、フィリピンからの帰国者3名の感染を確認[80]

7月29日、帰国したタイ人労働者が陽性と判明、国内で接触を疑われた189人のPCRおよび抗体検査が陰性と判明[81]

8月1日、グアテマラおよびフィリピンからの帰国者計6名と、長期滞在中のベルギー人男性1名の感染を確認[82][注 1]

8月2日、フィリピンからの帰国者1名の感染が新たに確認された[84]

8月4日、2日にフィリピンから帰国した旅行者2名の感染を確認[85]

8月5日、前日に台湾からの帰国時に成田空港で検疫を受けた日本人男性の陽性が確認され、国内接触者72人が検査対象になった(台湾の統計には含まれない)[86]

8月6日、7月25日に南アフリカ共和国から帰国していた男性1名の感染が新たに判明[87]

8月8日、6日にフィリピンから帰国した夫婦2名の感染を確認[88]

8月9日、フィリピンから帰国した女性1名の陽性が確認された[89]

8月12日、10日にフィリピンから帰国した男性1名の感染を確認[90]

8月15日、13日にフィリピンから帰国した女性1名の感染を確認[91]

政府の対応 [編集]

中央流行疫情指揮中心で行政副院長陳其邁(左)とCECC指揮官陳時中(右)に同席した総統蔡英文(2020年2月7日)
英国・BBCの遠隔インタビューを受ける副総統の陳建仁(2020年4月8日)

台湾政府は早い段階で新型コロナウイルスがヒトからヒトへ感染することの可能性について把握し、2019年12月31日の時点でWHOに照会していたものの、台湾は非加盟だったことから共有されなかった[92]。2020年4月、この件を米国政府から非難されたWHOは台湾の指摘の文言を否定していたが、台湾政府は前年末の送信した電子メールの内容を公開、WHOに反論した[93]

2020年1月2日の段階でCDC(衛生福利部疾病管制署)は専門家会議を招集[94]。12日にはCDCが早くも莊銀清英語版(CDC伝染病防治医療網南地区指揮官)および防疫医師の洪敏南ら専門家2名を武漢入りさせ(英・デイリー・テレグラフ紙によると、荘と洪の台湾勢が最初に武漢入りした外国の防疫専門家とされている[95][96])、2日間にわたる現地調査の結果、SARSに似た新型ウイルスが流行していることやヒトからヒトへの感染があり得るという確証を得たことで[97][98]、その後の素早い防疫体制構築に結び付いた。

台湾政府政権中枢(および与党民進党)には元々医療従事者が多く、2003年のSARS流行時に衛生署(衛生福利部の前身)署長を務めるなど公衆衛生の専門家でもある中華民国副総統陳建仁[注 2]や、行政院副院長陳其邁[注 3]らが中央流行疫情指揮中心(中央感染症指揮センター)で指揮官を務める衛生福利部部長の陳時中(歯科医)を後方支援している。陳其邁が省庁を横断する調整に奔走し、工場自動化の専門家でもある経済部部長沈栄津により1か月弱でマスクの国内での大量生産を実現した[99]。また、流通面でも蔡英文が就任直後からIT担当閣僚として抜擢していた民間人の唐鳳(オードリー・タン)によるマスク店頭在庫のオンライン可視化により非感染の市民の不便を極力減らすように努めたことなども併せて[100]、中国政府が実態を公表する前後から比較的迅速な初動で被害拡大防止と混乱の最小化を推進している。

2003年のSARS時も含めて長らくWHO参加を閉ざされてきたが、グローバル規模での感染拡大や日米欧各国によるWHOへの参加働きかけを受けて[101][102][103]、2020年2月中旬からオブザーバーという形ではあるが専門家会合への参加が実現している[104][105]

2月2日、中華民国外交部部長の呉釗燮中国語版台湾を中華人民共和国の一部と見做すことでイタリアとベトナムに台湾との航空便を停止させたとしてWHOに抗議した[106]。また、中央感染症指揮センターは高校生以下の冬休みを当初予定されていた11日から25日に延長することを発表した[107]

2月4日、香港のクルーズ船運営会社・ドリームクルーズは、所属のクルーズ船「ワールド・ドリーム」が高雄港に入港するも、乗客の下船が認められなかったため、既に香港へ回航したと公表した。1月19日 - 24日に当該クルーズ船を利用した中国人3人が帰国後、2月3日に感染が確認されたため、台湾当局は下船許可を下さなかった[108]

2月6日、台湾政府は中国人の入境を全面禁止とした。また、各国、地域を運航するクルーズ船の寄港も禁じた[109]

政府内の役割分担[編集]

衛生福利部については

2020年蔡英文政権(蘇貞昌内閣)人物別属性および役割と、2003年SARS時(陳水扁政権)時の実務経験
※●は公衆衛生の医師、○はその他の医師、★は中央あるいは地方行政機関でSARS対応経験、政党欄はD=民主進歩党、無=無党籍。マスク欄の●▲は政策参加の度合い
機関 画像 氏名 属性 政党 2003年時の所属 2020年の所属 E-マスク 新型コロナ対応での役割
1月 5月20日
以降[110][111]
総統府 1-蔡英文總統玉照 (cropped).jpg 蔡英文 法学者、政治学者 D 大陸委員会で対中交渉[112] 14・15代総統 - 全体指揮、対外発信
Vice President Chen Chien-jen.png 陳建仁 ●衛生学者 行政院衛生署署長としてSARS防疫の陣頭指揮[113] 14代副総統 退任 - 医学的見地からの助言、対外発信。
副總統賴清德官方肖像.jpg 頼清徳 ●内科医、衛生学者 D 立法委員(国会議員)[114] フリー 15代副総統 - 医学的見地からの助言、対外発信。
行政院 蘇貞昌院長與基隆市林右昌市長一同登上基隆燈塔並合影留念(cropped).jpg 蘇貞昌 法学者・弁護士 D 台北県長
三重市でのSARS感染者隔離病棟設置などを指揮[113]
行政院長 - 行政院各部会の全体指揮、政策決定、立法院対策。
行政院副院長陳其邁.jpg 陳其邁 ●内科医、衛生学者 D ★立法委員。衛生署と立法院の意思疎通を円滑化し、関連予算成立に尽力[115] 行政院副院長 6月19日退任 省庁間調整と指揮、医学的見地からの助言
Shen Jong-chin 20170919.jpg 沈栄津 エンジニア 経済部工業局[116] 経済部部長 (6月19日)行政院副院長[注 4] (経済部長時期):物資輸出規制、産官連携(マスク増産や産業界への支援)。消費クーポン発行[117]
Audrey Tang in 2015 (cropped).jpg 唐鳳 エンジニア 米国シリコンバレー勤務 IT担当政務委員 マスク在庫可視化、フェイクニュース摘発などITを活用した政策の提言と短期間での実現[118]
衛生福利部 Chen Shih-chung (cropped).jpg 陳時中 ○歯科医 D 歯科医師会理事 衛福部部長 部に設置された中央流行疫情指揮中心(CECC)で指揮官として全体統括および広報
20200402 總統視察「中央流行疫情指揮中心」 (49725710383).jpg 周志浩 ●生物医学者、疫学者、歯科医[119] 台北県政府衛生局長[113] 疾病管制署(CDC)署長 - 防疫体制監督。CECC疫情監測組[120]
2019-11-07 Po-Chang Lee, Director General of National Health Insurance Administration.jpg 李伯璋中国語版 〇外科医 国立成功大学医学院外科教授[121] 中央健康保険署中国語版署長 健康保険証の個人情報と行動歴やマスク購入歴との紐づけ
その他行政院各部 Yhf2.jpg 呉釗燮中国語版 政治学者 D 総統府副秘書長[122] 外交部部長 外国人入国管理強化[123]、帰国困難な滞在中の外国人に対し滞在期間の延長措置[124]、諸外国への物資支援[125]。諸外国へのマスクや医療機器支援
林佳龍交通部部長.jpg 林佳龍 政治学者 D 行政院報道官[126](CECC設立前だった2003年時は行政院が直接広報) 交通部 国際航空・船舶規制、国内交通機関での規制、業界への財政支援。中華郵政配送網を活用したマスク流通[127]
Hsu Kuo-Yung-02 - by Zil Chang (cropped).jpg 徐国勇中国語版 法学者、弁護士 D 台北市議[128] 内政部部長 - 出入国管理(移民署)と健康保険ICカードとの紐づけ[129]、2月27日成立の特別法案に基づき、フェイクニュース流布者に対する最高300万ニュー台湾ドルの罰金や最長3年の懲役を伴う取締(警察機構を統括する警政署)[130]
Wang Mei-hua.jpg 王美花中国語版 法学者 経済部智慧財産局[131] 経済部次長 (6月19日)経済部部長[注 5] 輸出マスクに「MADE IN TAIWAN」を印字することを発案[132]
Jain-Rong,Su (cropped).jpg 蘇建栄中国語版 経済学者 国立台北大学財政学教授[133] 財政部部長 - 為替介入。その他、納税者に対する期限延期や分割納税などの救済措置[134]
Cheng Li-Chiun - By SandyHuang 01 (cropped).jpg 鄭麗君 哲学者 D 党内シンクタンク主任[135] 文化部部長 退任 - 管轄する文化行事の中止可否、芸能・芸術界への補助[136]
Li Yong-de 2016 (cropped).jpg 李永得中国語版 ジャーナリスト D 公共電視台総経理[137] 客家委員会主任委員 文化部部長 - -
教育部長潘文忠 (cropped).jpg 潘文忠中国語版 元教員 台北県政府教育局長[138] 教育部部長 教育機関の休日調整、学校へのマスク・消毒液配布[139]
Chen Liang-Ji (cropped).jpg 陳良基中国語版 エンジニア 国立台湾大学電子研究所所長[140] 科技部部長 退任 - 新型コロナ診断へのAI活用で官民連携[141]
Wu Cheng-Chung (cropped).jpg 呉政忠中国語版 物理学・材料工学者 D 国立台湾大学教授[142] 行政院政務委員 科技部部長 - -
Yen Teh-fa 嚴德發 (20170525 總統端節慰勉憲兵 211、332 營 00:01:36).jpg 厳徳発中国語版 軍人 陸軍大将[143] 国防部部長 マスク生産工場への軍からの人材支援[144]、検疫支援

物資規制[編集]

Masks, alcohol and hand sanitizers sold out in Watsons Taiwan 20200214.jpg 02.05 總統訪視「台灣康匠製造公司」 (49491131898).jpg
マスク・消毒液・ハンドソープ
完売の貼り紙
(2020年2月14日)
増産体制のマスク工場を
視察する防護服姿の総統蔡英文
(2020年2月5日)
Taiwan -i---i- (49475661837).jpg Taiwan -i---i- (49520150272).jpg
マスク購入者の行列
(2020年2月2日)
デマにより売り切れた
トイレットペーパーの棚
(2020年2月11日)
20200427護台灣助世界 記者會照片.jpg 2020.06.12 副總統參訪「淨新科技股份有限公司」 (49997572962).jpg
マスク4.0を発表する
CECC指揮官の陳時中
(2020年4月27日)
マスク工場を視察した
新副総統の頼清徳
(2020年6月12日)

マスク[編集]

中華郵政のマスク配送業務を視察した総統蔡英文と交通部長林佳龍(2020年3月11日)

1月24日、台湾政府は1か月間フェイスマスクの輸出を一時的に禁止することを発表した[145][146](4月13日に禁輸措置を6月末まで延長[147])。6月30日、実名制を年末まで延長することを発表した[148]

国内でのマスク生産能力は3月前半に日産1,000万枚に[149]、4月6日に日産1,500万枚に[150]、4月下旬には日産1,700万枚に到達、5月中に1,900万枚を目指している[151]。経済部は5月17日、国民用の備蓄が累計1億枚に、生産量も直近で日産2,000万枚(6月末で同2,500万枚見込み)に達したため輸出解禁の見通しを初めて示した[152]

2020年8月、訪台した米保健福祉長官アレックス・アザーは台湾製マスク製造装置の米国輸出について期待感を表明した[153]

『マスク実名制1.0』

2月3日より政府はマスク配給制度を導入し、国民に国民健康保険証の提示を義務付けた[154][155]。また、外国人登録証明書の所持者や有効な入国許可を持つ者にもこの制度が与えられた[156]。奇数番号の身分証明書を持つ者は、月曜日、水曜日、金曜日にマスクを購入することが許可され、偶数番号の身分証明書を持つ者は、火曜日、木曜日、土曜日にマスクを購入することが許可された。なお、日曜日は誰でもマスクを購入することができる。大人は1回につき2枚、子供は4枚を購入することが許可されていたが、最後の購入から最低7日が経過しなければ購入することが出来ないという制限があった。13歳未満の子供の制限は2月27日に取り消された[157][158]

3月5日、成人は一週つき3枚のマスクを購入することが許可され、子供の割り当ては5枚に引き上げられた[159]

『マスク実名制2.0』

3月12日、成人用マスクはオンライン注文が可能となった[160]。子供用は4月15日から可能となるが、同23日からは購入可能な保険証を16歳以下のものに制限する[161]

4月9日、1人当たりのマスク購入制限を成人は2週間に9枚(子供は10枚)および曜日ごとの購入制限を緩和[162]

『マスク実名制3.0』

4月22日より、大手コンビニ4社でのマルチメディア端末での予約→レジで支払い→後日店舗受け取りを可能とした[163]

『マスク実名制4.0』

4月27日、マスク増産により海外支援の余裕が生じたため、一般市民からの海外への寄贈(相手国の指定は不可)申し込みをアプリで可能とした[164]

ROC-NHI IC card 20130220 face.jpg EMask口罩預購系統入口畫面.jpg
IC健保カード EMask(マスクオンライン購入)
ポータル画面


[編集]

中華民国経済部が2020年3月4日から同月末まで体温計の輸出規制を実施[165]。5月1日よりエタノール(濃度80%未満)および市販消毒液の輸出規制を実施[166]


移動規制[編集]

20200418 174445 台北車站捷運入口處紅外線體溫監測站.jpg 黃副市長視察清明連假大眾運輸疏運狀況與防疫措施 05.jpg
台北捷運改札口での体温監視
(2020年4月18日。台北駅
市内バスを含む公共交通でも
マスク着用が義務化
(台中市、2020年4月)
KaoshiungMetroSORA Mask.jpg TRA Baifu Station ticket gate 20200415.jpg
自社キャラクターの高捷少女
用いた高雄捷運の啓発ポスター
(2020年5月1日)
台鉄百福駅の改札口
(基隆市、2020年4月15日)
高雄市長韓國瑜前往鹽埕國中視察防疫整備 01.jpg -i---i- (50039402466).jpg
校門で学生の体温測定を実施
(高雄市内、2020年2月24日)
公共空間の座席やベンチは、
隣り合っての着席を規制
現地では『梅花座』と称される
(台北市、2020年6月24日)

台湾では、2020年3月14日現在、ヨーロッパのほとんどの国から台湾に帰国した者、および中国、香港、マカオ、ドバイを経由して移住した者は、14日間自宅で検疫する必要がある[167]。3月17日現在、この国で許可されている外国人、つまり、外国人登録証明書を保持している、または緊急の外交、ビジネス、またはその他の特別な任務にある者は、公的検疫センターの部屋を借りることができる[168]

交通機関

中華民国交通部は4月1日より違反者への罰則を伴う国内公共交通機関でのマスク着用を義務化を開始、各交通機関で順次導入される[169]

  • 長距離バス大手阿羅哈客運は乗客への体温測定を行い発熱者の乗車を拒否する措置を2月初頭から独自に実施[170]
  • 台北捷運は2月29日より主要駅へのサーモグラフィーを設置、体温37.5度以上の旅客には耳測定を複数回行い、38度を超過すると乗車を拒否する措置を実施[171]
    • 台北捷運では5月7日より各車両の混雑具合を4段階の色で区分し、直近の列車の区分をホームの発車標や自社スマートフォンアプリ「台北捷運GO」で知らせるシステムを板南線に先行導入した[172]
  • 台湾鉄路管理局でも同日より台北駅での実施を始め[173]、4月1日より34駅に拡大し、30日までに駅員を配置する全192駅で実施する(無人駅の47駅については4月10日ごろからボランティアスタッフを派遣し対応する)[174]
  • 桃園捷運も3月17日より桃園国際空港の捷運駅などにサーモグラフィーを設置、レベル3の国家からの渡航者(台湾人含む)に対して耳測定での体温測定を複数回行い、38度を超えた旅客について乗車を拒否する措置を実施[175]
  • 高雄捷運も18日よりサーモグラフィーを設置、37.5度以上の乗客に対し複数回の耳測定を行い38度を超過する者に対し拒否する措置を開始した[176]
    • 高雄捷運は4月6日より体温が基準を超えるとゲートが開かない機構を自動改札機に導入した[177]
  • 台湾高速鉄道でも3月初頭より段階的に同様の措置を開始し、4月6日より全駅に拡大する[178]。また、過度の混雑を避けるため清明節期間中の自由席を廃止する[179]
  • 2020年8月、MRT各社でマスク着用が再度義務付けられたことに伴い、台北捷運では主要駅に実名制ではないマスクの自販機を設置した[180]

営業規制[編集]

空間内での『社会的距離(ソーシャルディスタンス)』を保つことが難しいダンスホール(舞庁)や従業員が客元で接待する形式のバー(酒店)などに対し4月9日より営業停止の措置を開始した[181]台中市高雄市では営業を認める代わりにKTV(カラオケ店)、サウナ、通常のバー(酒吧)、ゲームセンターなどナイトライフの8業種を対象に入場時の検温および身分証と連絡先を開示させる実名制を採用した[182][183]


国外旅行の警告 [編集]

台湾は、新型コロナウイルスの流行により、旅行についてレベル3の警告を世界中のすべての国や地域に出している[184]。1月24日、観光当局は、中国への観光ツアーを当面停止するよう旅行会社に通知した[185]。台湾当局は2020年2月から中国への旅行を一時停止した[186]。禁止期間は4月まで延長され[187]、香港とマカオにまで拡大された[188]。台湾は、台湾の台湾のすべての港へのクルーズ船の入港を禁止することも発表した[189]

2020年2月23日、台湾は、病院で働いている重要な医師がレベル3の旅行の警告の下に置かれた地域に旅行することを禁止した[190][191]。その制度は6月30日まで実施される[192]。3月16日、7月まで中等教育学校以下の教師と生徒が海外旅行を禁止されたと発表した[193]。3月19日以降、外国人は台湾への入国が禁止された。ただし、有効な外国人住民証明書、外交証明書、またはその他の公式文書および特別許可を保持する者などは例外[194]。3月4日より桃園・高雄両空港から入国する利用者のうち、レベル3国家からの渡航者には公共交通機関ではなく防疫タクシーでの移動に制限し[179]、11日からは公共交通を利用した違反該当者に対する罰金を10万ニュー台湾ドルから100万ニュー台湾ドルへ引き上げている[195]

レベル 内容 含まれる国と地域 [196]
Level 1: 警戒 到着時に必要な現地の予防措置に従う
14日間の自己検疫 が到着時に必要
なし
Level 2: 警報 到着時に必要なさらなる保護対策
14日間の自己検疫 が到着時に必要
なし
Level 3: 警告 全ての必須でない旅行を禁止
14日間の自己検疫 が到着時に必要
グローバル

出口戦略[編集]

観客入場初日となった富邦ガーディアンズ統一ライオンズの試合(2020年5月8日)

国内の各学校は1月末の旧正月休みを延長する形で休校期間を2月下旬まで拡大したが、登校時の検温や各学校へのマスクや消毒液の配布などの対策を講じ[139]、感染者が出た場合の学級閉鎖基準(教員、生徒の感染者が1人以上でクラス閉鎖、2人以上は学校閉鎖)を設けたうえで高校以下の公立学校は2月25日より授業を一律で再開した[197]。休校期間延長中は12歳以下の子をもつ保護者が防疫介護休暇(防疫照顧假)を最大2週間取得できるよう行政院労働部による救済措置(雇用主が休暇を拒否したり不当な処分を下すことを禁止)が実施されていた[198]

4月26日に国内新規感染者ゼロの日が14日間連続となり、緩和の可能性を示唆したものの科学的な見地に基づいて実施すると述べるにとどまった[199]

国内感染ゼロが26日目となった5月7日、営業規制が続いているバー(酒店)やダンスホールについては『座席にパーティションを設けるなど施設内での社交距離の確保』、『マスク着用と入店時の体温測定、店内で消毒・洗面施設完備』、『実名制』、『消防安全検査および建築物の安全検査に合格していること』の4つの前提条件と事業者および地方政府の管理能力を判断したうえで「屋内100人、屋外500人」の上限を緩和する方針を公表した[200]。5月8日に上限1,000人で観客入場を解禁した中華職棒(台湾プロ野球)を無事に終えたCECC指揮官の陳時中も2,000人への拡大を示唆し[201]、15日からは上限の2,000人への拡大、スタジアム内飲食解禁(持ち込みは禁止のまま)、家族同士であれば社交距離の緩和などが実施された[202]

国内感染ゼロが27日目となった5月9日、CECCの張上淳中国語版(専門家諮問チーム召集人)は「ウイルスの潜伏期間とされる14日の倍の日数である連続28日間国内の市中感染者ゼロが続く場合、『かなり安全』」との認識を示した[203]

6月7日、ウイルスの潜伏期間とされる14日の4倍の日数である連続56日間国内の市中感染者ゼロが続いたことで、各交通機関では入場時のマスク着用と検温義務を維持したものの、入場後については社交距離を維持していればマスク不着用も可能となり、台鉄や高鉄での車内飲食が条件付きで解禁された。また屋外1メートル、屋内1.5メートルの社交距離維持が確保できれば野球などのイベントでも人数制限が撤廃された[204]

台湾からの国外渡航[編集]

台湾への入国[編集]

規制前の入国者に対する措置

2020年7月、短期旅行者などの滞在可能期間を一律30日延長する五度目の措置を実施[205]

在住外国人

居留証を所持する在台外国人に対する陰性証明書提示義務が7月4日より不要となった[206]

留学生

2020年8月5日、行政院教育部は日本を含む中・低リスク国19か国かつ2019学年度卒業予定に限られていた入境許可を、中国籍を除く全国家の正規在学生、新入生を対象にすると発表した[207]

旅行者を含む短期渡航者

入国時には陰性証明が要求されるが、出発国の医療体制などを考慮し、3日前から3営業日以内へと緩和された[208]

WHOと台湾政府の攻防[編集]

世界保健機関(WHO)と台湾政府の対立は単に台湾の参加可否だけではなく、中国寄りの姿勢を指摘されるWHOの対応が原因で防疫実務にも及ぶようになった。以下両者の言動を時系列で示す。

新型コロナウイルス対応と台湾加盟問題を巡るWHOと台湾政府の言動
時期 WHO側 台湾政府側
2019年
12月31日 WHOは武漢での重症者11名を含む44名の流行症例を中国政府から報告を受けた[209] 武漢での感染症流行をCDCが把握し、WHOに通知[210]武漢発着の航空便旅客に対する検疫を開始[211]
2020年
1月1日 危機対応グループ発足[209] (1月2日)CDCが専門家会議招集[179]武漢発着便旅客に対して検疫強化[212]
1月5日 専門家に「流行発生ニュース(Disease Outbreak News)」公表[209]
1月6日 CDC「新型コロナはSARSではない」[213]
1月10日 「ヒトからヒトへの感染は無い、または低い」[209] (7日)武漢への渡航に対する注意勧告を1級へ格上げ予告[214][215]
1月11日 2020年中華民国総統選挙+第十回中華民国立法委員選挙
1月12日 台湾CDCが荘銀清・洪敏南2名の専門家を武漢に派遣(外国専門家としての武漢入りは世界初)、市当局に問診を重ねヒトからヒトへ感染する致死性の感染症であることを確認、帰国後台湾政府はただちに防疫体制構築を図った[97]
1月13日 (タイで同国初の流入症例[209]
1月15日 新型肺炎を法定伝染病に指定[216][注 6]
1月20日 (韓国で初の陽性[218] 衛生福利部にCECC設置[219]
1月21日 台湾入国者で初の症例[219]
1月23日 中国以外での人から人への感染は限定的」として緊急事態宣言見送り[220]
テドロス事務局長)「緊急事態には該当しない[221]
武漢からの旅行者の入境を禁止、直行便停止[219]
CECCを二級に昇格[216]
WHO、1回目の緊急委員会に台湾招待せず。一方で「技術面では緊密に協力」と主張[222]
1月24日 マスク禁輸措置[219]
1月28日 中国国外への外国人退避は推奨しない
(テドロス)「中国政府には能力があると確信している」[223]
(1月26日)中国本土からの渡航者を全面的に入境禁止[214]
1月30日 緊急事態宣言も「中国への渡航規制は不要」。
(テドロス)「中国に感謝しなければいけない」[224]。テ「中国は並外れた措置取った」[225]
WHO、2回目の緊急委員会に台湾を招待せず[226]
2月3日 「各国の渡航制限は不必要」[227] 台湾政府、マスク配給制実施を決定[228]
2月4日 マスクは不要[229]
2月6日 マスク実名制開始[219]中国在住の中国人の入境を全面的に禁止[219]
(2月10日)5路線の航空直行便を除き、海・空の両岸路線運航停止[219]
2月17日 (テドロス)「全面的な防疫措置は不要[216]
3月11日 パンデミック宣言(一般人のマスク着用は言及せず)[214][230] (3月12日)マスク実名制2.0(ネット予約受付)施行[214][219]
3月28日 ブルース・アイルワード英語版事務局長補佐が香港記者による台湾の加盟問題の質問を一方的に遮断[231]
4月8日 (テドロス)「過去3ヶ月台湾から人身攻撃を受けた[232] (4月14日)在米台湾人、ニューヨークタイムズに「Taiwan Can Help」の広告[233]
4月11日 WHO「台湾からのメールで人から人へ感染」はなかった[93] CECC陳時中「隔離治療がどのような状況で必要となるかは公共衛生の専門家や医師であれば誰でもわかる。これを警告と呼ばず、何を警告と呼ぶのか」[234]
4月15日 台湾とは交流維持している[235] 「2009年から2019年まで187回の参加申請のうち認められたのは57回にすぎない」[236]
5月4日 「(台湾の参加は事務局の権限ではなく)加盟国が決める[237] 「WHO事務局長には権限ある」[238]
5月18日 この日開催された総会の招待状は台湾側に届かず、外交部長の呉釗燮が遺憾の意を表明[239]

社会・経済への影響[編集]


脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 3月の入国以前に味覚異常の症状があったことから国内感染には暫定的に含めていない[83]
  2. ^ 次期副総統の頼清徳も内科医かつハーバード大学公衆衛生学部英語版修士。
  3. ^ 産婦人科医だが、台大医院時代に陳建仁の下で予防医学修士。
  4. ^ 陳其邁の高雄市長補選出馬に伴い昇格。
  5. ^ 沈栄津の行政院副院長転任に伴い昇格。
  6. ^ 中華人民共和国国家衛生健康委員会が法定伝染病に指定したのは台湾政府より6日遅れの1月21日[217]

出典[編集]

  1. ^ Taiwan Centers for Disease Control”. www.cdc.gov.tw. 2020年5月7日閲覧。
  2. ^ a b Operations Dashboard for ArcGIS”. Arcgis.com. 2020年3月30日閲覧。
  3. ^ 全國 嚴重特殊傳染性肺炎 本土病例 地理分佈 衛生福利部疾病管制署
  4. ^ 臺南市確診病例/居家隔離、居家檢疫人數及裁罰情形統計 2020年8月13日 台南市政府衛生局
  5. ^ 1-3.最新疫情 2020年8月15日 高雄市政府衛生局
  6. ^ 嚴重特殊傳染性肺炎確診個案趨勢圖-依發病日 2020年5月11日閲覧 疾病管制署
  7. ^ 我國藉由登機檢疫即時發現首例中國大陸武漢移入之嚴重特殊傳染性肺炎個案,指揮中心提升中國大陸武漢之旅遊疫情建議至第三級警告(Warning) 衛生福利部疾病管制署, 2020/01/21.
  8. ^ 女台商背景曝!「發燒9天」沒就醫...回台確診武漢肺炎 成全球首例非陸籍感染 ETtoday新聞雲, 2020年1月21日.
  9. ^ 台湾の新型肺炎患者、3人に 中国ツアー停止 時事通信, 2019-01-24.
  10. ^ 中央流行疫情指揮中心公布國內第4例境外移入嚴重特殊傳染性肺炎病例,目前收治隔離病房狀況穩定 衛生福利部疾病管制署, 2020/01/26.
  11. ^ 中央流行疫情指揮中心公布國內第5例境外移入嚴重特殊傳染性肺炎病例,衛生單位已依相關處置流程啟動防治 衛生福利部疾病管制署, 2020-01-27.
  12. ^ 中央流行疫情指揮中心公布國內新增2例境外移入嚴重特殊傳染性肺炎病例,指揮中心擴大提升中國大陸(不含港澳)之旅遊疫情建議至第三級警告(Warning),籲請民眾如非必要應避免前往 衛生福利部疾病管制署, 2020-01-28.
  13. ^ 中央流行疫情指揮中心公布國內本土嚴重特殊傳染性肺炎病例,衛生單位已依相關處置流程啟動防治 衛生福利部疾病管制署, 2020/01/28.
  14. ^ 中國大陸及國際間新型冠狀病毒肺炎病例持續增加,春節進入尾聲,指揮中心籲請出國民眾返國後自主健康管理14天,有疑似症狀速撥1922通報 衛生福利部疾病管制署, 2020/01/30.
  15. ^ 國內專家建議一般學生無需戴口罩,另公布新增國內境外移入嚴重特殊傳染性肺炎病例 衛生福利部疾病管制署, 2020-01-31.
  16. ^ 武漢肺炎包機台商確診第11例 陳時中記者會一度哽咽 www.cna.com.tw, 2020/02/04.
  17. ^ 台湾、中国人の入境を全面禁止…クルーズ船も寄港できず 読売新聞, 2020-02-06.
  18. ^ 新增2例境外移入病例,全國共13例病情皆穩定 www.cdc.gov.tw, 2020年2月6日.
  19. ^ 指揮中心公布3名確診個案,均隔離治療中 www.cdc.gov.tw, 2020年2月6日.
  20. ^ 國內新增1例確定病例,男子與父母出國同遊齊染病 www.cdc.gov.tw, 2020年2月8日.
  21. ^ 國內新增1例境外移入確定病例,亦為與父母出國同遊感染 www.cdc.gov.tw, 2020-02-09.
  22. ^ 新型ウイルス 台湾で60代男性死亡 感染者の死亡は台湾で初 NHKニュース, 2020-2-16.
  23. ^ 國內新增武漢肺炎2例本土個案,相關接觸者持續掌握中 www.cdc.gov.tw, 2020年2月16日.
  24. ^ 新增2例武漢肺炎病例,為昨日確診個案家人 www.cdc.gov.tw, 2020-02-17.
  25. ^ 中部家庭群聚新增1例確定病例;接觸者189人檢驗陰性,24人檢驗中 www.cdc.gov.tw, 2020-02-19.
  26. ^ 新增1確診病例,指揮中心持續追蹤接觸者及發病前活動史 www.cdc.gov.tw, 2020-02-19.
  27. ^ 新增2例武漢肺炎病例,為案24家人 www.cdc.gov.tw, 2020-02-21.
  28. ^ 新增2例武漢肺炎家庭群聚病例,指揮中心持續追蹤接觸者及發病前活動史 www.cdc.gov.tw, 2020-02-23.
  29. ^ 新增2確診案例均隔離治療中,為案27家庭接觸者 www.cdc.gov.tw, 2020/02/24.
  30. ^ 新增1例確診個案,同為案27家庭接觸者 www.cdc.gov.tw, 2020-02-25.
  31. ^ 公布第32例確診個案,為案27外籍看護 www.cdc.gov.tw, 2020-02-26.
  32. ^ 新增2例確診,指揮中心密切追蹤接觸者 www.cdc.gov.tw, 2020-02-28.
  33. ^ 新增5確診個案,其中4例為案34醫院接觸者 www.cdc.gov.tw, 2020-02-29.
  34. ^ 鑽石公主號返台旅客1人確診,正嚴密隔離檢疫中 www.cdc.gov.tw, 2020-03-01.
  35. ^ 新增第41例為案34陪病家屬,密切追蹤289位接觸者 www.cdc.gov.tw, 2020-03-02.
  36. ^ 新增1例確診,為案34同病房不同病室的陪病家屬 www.cdc.gov.tw, 2020-03-03.
  37. ^ 新增2確診,1例曾與確診個案接觸,1例為菲律賓境外移入 www.cdc.gov.tw, 2020-03-05.
  38. ^ 新增1確診,為案34同病房不同病室已出院病患 www.cdc.gov.tw, 2020-03-06.
  39. ^ 新增2確診,1例為案34家人、1例為荷蘭境外移入 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-10.
  40. ^ 新增1例境外移入個案,指揮中心啟動疫調及接觸者追蹤 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-11.
  41. ^ 新增1確診為境外移入,發病前於愛爾蘭、比利時旅遊 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-12.
  42. ^ 新增1確診美籍男性,疑遭已離境之友人感染 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-13.
  43. ^ 國內新增3境外移入個案均有歐洲活動史 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-14.
  44. ^ 新增6境外移入個案,持續追蹤相關接觸者 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-15.
  45. ^ 新增8確診個案,均於國外被感染 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-16.
  46. ^ 新增10境外移入個案,其中6人為旅行團群聚感染 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-17.
  47. ^ 新增23例確診,其中21例境外移入、2例本土 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-18.
  48. ^ 新增8例確診,其中7例境外、1例本土 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-19.
  49. ^ 新增27例確診,24例境外3例本土” (中国語). www.cdc.gov.tw (2020年3月20日). 2020年3月21日閲覧。
  50. ^ 國內累計135人確診,解除隔離28人” (中国語). www.cdc.gov.tw (2020年3月20日). 2020年3月21日閲覧。
  51. ^ 新增18境外移入個案,多為旅遊或就學” (中国語). www.cdc.gov.tw (2020年3月21日). 2020年3月21日閲覧。
  52. ^ 新增16例確診,其中13例境外移入、3例本土” (中国語). www.cdc.gov.tw (2020年3月22日). 2020年3月23日閲覧。
  53. ^ 新增26例確診,包括25例境外及1例本土” (中国語). www.cdc.gov.tw (2020年3月23日). 2020年3月23日閲覧。
  54. ^ 新增20例境外移入 多為旅外就學或工作” (中国語). www.cdc.gov.tw (2020年3月24日). 2020年3月31日閲覧。
  55. ^ 新增1例境外移入之接觸者確診病例,指揮中心密切追蹤接觸者” (中国語). www.cdc.gov.tw. 2020年3月31日閲覧。
  56. ^ 新增19例境外移入,均從國外工作、就學、旅遊返國” (中国語). www.cdc.gov.tw (2020年3月25日). 2020年3月31日閲覧。
  57. ^ 新增17例確診,15例境外移入、2例本土” (中国語). www.cdc.gov.tw (2020年3月26日). 2020年3月31日閲覧。
  58. ^ 新增15例境外移入,多在美、英兩國就學或工作” (中国語). www.cdc.gov.tw (2020年3月27日). 2020年3月31日閲覧。
  59. ^ 新增16例確診,14例境外移入、2例本土” (中国語). www.cdc.gov.tw (2020年3月28日). 2020年3月31日閲覧。
  60. ^ 新增15例確診,14例境外移入、1例本土” (中国語). www.cdc.gov.tw (2020年3月29日). 2020年3月31日閲覧。
  61. ^ 新增8例確診,7例境外移入1例本土” (中国語). www.cdc.gov.tw (2020年3月30日). 2020年3月31日閲覧。
  62. ^ Storm.mg (2020年3月30日). “案108領隊年輕卻重症逝世 指揮中心點出這個關鍵原因-風傳媒” (中国語). www.storm.mg. 2020年3月31日閲覧。
  63. ^ 新增16例確診,14例境外移入2例本土” (中国語). www.cdc.gov.tw (2020年3月31日). 2020年3月31日閲覧。
  64. ^ 武漢肺炎今新增確診3例 皆來自敦睦艦隊” (中国語). Rti 中央廣播電臺 (2020年4月21日). 2020年4月21日閲覧。
  65. ^ 台湾のコロナ患者3人増、海外で感染 国内症例は20日連続「ゼロ」維持 2020年5月2日 中央社フォーカス台湾
  66. ^ 今+0破功! 敦睦艦隊隔離期滿採檢 新增4例採陽確診 2020年5月3日 自由時報
  67. ^ 台湾、1人感染確認=ロシアに滞在歴 帰国者除くと47日連続感染ゼロ 2020年5月29日 中央社フォーカス台湾
  68. ^ 台湾、帰国者2人陽性 バングラデシュで感染経験、空港で申し出 2020年6月15日 中央社フォーカス台湾
  69. ^ 台湾、新たに1人感染 バングラデシュからの帰国者 新型コロナ 2020年6月18日 中央社フォーカス台湾
  70. ^ 日本人女性が台湾でコロナ感染の疑い 台湾の対策本部「弱陽性、感染力なし」 2020年6月25日 中央社フォーカス台湾
  71. ^ 接触者123人全員陰性=台湾から帰国の日本人がコロナ陽性 2020年6月26日 中央社フォーカス台湾
  72. ^ 日韓澳疫情升溫 我方將列兩週觀察名單 2020年7月8日 公共電視
  73. ^ 台湾、新規感染1人 グアテマラから帰国の60代男性 新型コロナウイルス 2020年6月25日 中央社フォーカス台湾
  74. ^ 台湾、新たに1人が感染 メキシコからの帰国者 新型コロナ 2020年7月2日 中央社フォーカス台湾
  75. ^ 台湾、新型コロナ感染者1人増 南アからの帰国者 出発前の検査では陰性 2020年7月3日 中央社フォーカス台湾
  76. ^ 台湾、新たに2人の感染者 米とオマーンから帰国 新型コロナ 2020年7月10日 中央社フォーカス台湾
  77. ^ 台湾、新たに1人感染確認 フィリピンから帰国の30代女性 2020年7月16日 中央社フォーカス台湾
  78. ^ 台湾、新たに2人が新型コロナに感染 いずれも比からの帰国者 2020年7月17日 中央社フォーカス台湾
  79. ^ 台湾、新規1例=香港に滞在、空港で体調異常を申し出 2020年7月19日 中央社フォーカス台湾
  80. ^ 台湾で新たに3人感染 いずれも比からの帰国者 新型コロナ 2020年7月24日 中央社フォーカス台湾
  81. ^ 母国で陽性のタイ人、接触者は全員陰性/台湾 2020年7月29日 中央社フォーカス台湾
  82. ^ 台湾のコロナ患者7人増 1人は入境後に感染か 6人は輸入症例 2020年8月1日 中央社フォーカス台湾
  83. ^ https://www.ftvnews.com.tw/news/detail/2020802L05M1 2020年8月2日 民視
  84. ^ 陽性ベルギー男性、感染源まだ不明 対策本部「マスク着用を」/台湾 2020年8月2日 中央社フォーカス台湾
  85. ^ 台湾、新たに1人がコロナ感染 フィリピンからの帰国者 2020年8月4日 中央社フォーカス台湾
  86. ^ 台湾から帰国した日本人男性が陽性 接触者72人が検査対象に 2020年8月5日 中央社フォーカス台湾
  87. ^ 台湾で新たに1人感染 南アからの帰国者 同行者2人がすでに発症 2020年8月6日 中央社フォーカス台湾
  88. ^ 台湾、新たに2人のコロナ感染を確認 フィリピンから帰国した夫婦 2020年8月8日 中央社フォーカス台湾
  89. ^ 台湾、新規感染1例 フィリピンからの入国者に検査実施へ 2020年8月9日 中央社フォーカス台湾
  90. ^ フィリピンから帰国の台湾人男性が陽性 新型コロナ 2020年8月12日 中央社フォーカス台湾
  91. ^ 台湾、新たに1人がコロナ感染 フィリピンから帰国した女性 2020年8月15日 中央社フォーカス台湾
  92. ^ 「人から人」感染の可能性 台湾、昨年末にWHOに警告 情報共有されず 2020-03-04 フォーカス台湾
  93. ^ a b 台湾の対策本部、WHOに反論 新型コロナ早期警告を否定する姿勢受け 2020年4月11日 中央社フォーカス台湾
  94. ^ ナルワンアワー(月曜日) - 2020-03-02陳建仁・副総統、日本産経新聞の単独インタビュー受ける 2020-03-02 台湾国際放送
  95. ^ 英媒專訪台灣專家 莊銀清首赴武漢揭露疫情人傳人 2020年5月6日 中央通訊社
  96. ^ 'They wanted to take us sightseeing. I stayed in the hotel', says first foreign official to enter Wuhan 2020年5月6日 デイリー・テレグラフ
  97. ^ a b 江慧珺 (2020年1月16日). “破解中國預設立場 台港澳專家追出武漢肺炎「不排除人傳人」”. 台灣蘋果日報. https://tw.appledaily.com/life/20200116/OSMJ2PAV36AACRAR6PQTPXB2YY/ 
  98. ^ 新型ウイルス肺炎 封じ込めはできるのか 2020年1月28日 NHK クローズアップ現代
  99. ^ 武漢肺炎》陳其邁除夕一通急電 開啟口罩大作戰 2020年3月7日 自由時報
  100. ^ 新型コロナ“神対応”連発で支持率爆上げの台湾 IQ180の38歳天才大臣の対策に世界が注目 2020年2月29日 AERAdot.
  101. ^ 台湾のWHO参加要請、新型肺炎受け超党派議連 2020年2月6日 NNA ASIA
  102. ^ WHOが来週の会合に台湾参加認める 加盟国の意見を配慮か 2020年2月9日 産経新聞
  103. ^ WHOから排除の台湾、欧州から支持続々 国会議員約100人が事務局長に書簡 2020年2月16日 フォーカス台湾
  104. ^ 台湾がWHOのコロナウイルス会合オンライン参加へ、「引き続き完全な参与目指す」 2020年2月10日 Taiwan Today
  105. ^ 台湾、SARSの経験生かす 「WHOは今何ができるのか」 陳副総統単独取材 2020年3月25日 フォーカス台湾
  106. ^ 台湾・呉外交部長がWHOを批判 イタリア、ベトナムの直行便停止で 産経ニュース, 2020-02-02.
  107. ^ 台湾、高校以下の教育機関で冬休み延長 新型肺炎の対策措置 中央社フォーカス台湾, 2020-02-02.
  108. ^ 新型肺炎で水際対策強化、14日以内に中国経由した客船など寄港禁止 中華民国外交部, 2020-02-05.
  109. ^ 台湾、中国人の入境を全面禁止…クルーズ船も寄港できず 読売新聞, 2020-02-06.
  110. ^ 520新內閣完整名單一次看...6部會首長換人 行政院:振興方案7月啟動 2020年5月19日 今周刊
  111. ^ 行政院、新内閣の顔ぶれ発表/台湾 2020年5月19日 中央社フォーカス台湾
  112. ^ 蔡英文:不談政治前提下 兩岸可共同防疫 2003年4月11日 自由時報
  113. ^ a b c 抗疫義勇軍三重醫院22日上陣 黄其豪 2003年5月19日 大紀元
  114. ^ 台灣絕不是WHO上的空白─由SARS看台灣加入WHO 2003年5月4日 財團法人台灣新世紀文教基金會
  115. ^ 陳建仁誇得意門生陳其邁「當年控制SARS疫情功臣之一」 2018年11月7日 風傳媒
  116. ^ 經濟部沈榮津部長” (中国語). 行政院. 2020年4月17日閲覧。
  117. ^ 肺炎対策のクーポン券、35万店を対象に 2020年3月6日 NNA ASIA
  118. ^ 台美科技挑戰賽高手競技 打擊假訊息 2020年2月20日 華視
  119. ^ 武漢肺炎/「功臣」不只陳時中!執行官周志浩背景曝光 2020年2月5日 三立新聞網
  120. ^ 《新型肺炎》36日ぶり感染者ゼロ、「市中感染ほぼなし」 2020年4月14日 ワイズニュース
  121. ^ 李伯璋 (2003年5月). “亡者施惠 患者受惠” (中国語). 科學發展 (行政院国家科学委員会) (365期): 頁4. ISSN 0250-1651. https://ejournal.stpi.narl.org.tw/sd/download?source=9205/9205-10.pdf&vlId=471B3332-2BF1-4E3A-9466-EEB03BC977F1&nd=0&ds=0. 
  122. ^ 外交部吳釗燮部長”. 行政院. 2020年4月17日閲覧。
  123. ^ 台湾、原則として外国人入境禁止 事実上の封鎖措置 2020年3月19日 毎日新聞
  124. ^ 台湾、外国人の滞在期限を再々延長 新型コロナで配慮 2020年5月18日 中央社フォーカス台湾
  125. ^ 中華民国(台湾)、国交樹立国15か国にサーモグラフィー寄贈 2020年4月16日 Taiwan Today
  126. ^ 公平會訂價格 N95口罩100元、一般外科18元以下 2003年5月14日 自由時報
  127. ^ 台湾のマスク実名制、成功の背景に官民一体の努力 2020年3月4日 中央社フォーカス台湾
  128. ^ 內政部徐國勇部長” (中国語). 行政院. 2020年4月17日閲覧。
  129. ^ 防疫に科学技術を応用、ビッグデータを統合して新型肺炎に対抗 2020年2月17日 Taiwan Today
  130. ^ 武漢肺炎防治特別條例上路 散布假訊息可罰300萬、最重恐被關3年 2020年2月27日 風傳媒
  131. ^ 東森購物賣假FENDI 商標一模一樣 被踢爆急下架 2003年8月21日 台灣蘋果日報
  132. ^ 法律智財專業 王美花打破經長傳統 2020年6月19日 聯合報
  133. ^ 財政部蘇建榮部長” (中国語). 行政院. 2020年4月17日閲覧。
  134. ^ 《新型肺炎》税金の3年分割納付も容認、新型コロナ対策 2020年3月17日 ワイズニュース
  135. ^ 文化部鄭麗君部長” (中国語). 行政院. 2020年4月17日閲覧。
  136. ^ 藝文工作者申請紓困已達7,658案 鄭麗君:核定後儘速撥款 2020年4月15日 新頭殼newtalk
  137. ^ 全國首創24小時英文教學頻道 台中市今開播 2002年11月5日 台中市政府
  138. ^ SARS死亡班車10人失聯 2003年5月13日 台灣蘋果日報
  139. ^ a b 高校以下は冬休み2週間延長、2/25から新学期再開 2020年2月4日 Taiwan Today
  140. ^ 科技部陳良基部長” (中国語). 行政院. 2020年4月17日閲覧。
  141. ^ 武漢肺炎》PTT之父杜奕瑾:台灣展現AI防疫軟硬實力 2020年3月10日 自由時報
  142. ^ 主持51菁英入黨 扁:非收編 2003年1月22日 自由時報
  143. ^ 新新聞》國防院送走後娘馮世寬,迎來嚴德發推薦的四星親爹霍守業” (中国語). 風傳媒. 2020年8月10日閲覧。
  144. ^ 【獨家】國防部長下令國軍各作戰區 抽調兵力支援廠商生產口罩 2020年2月2日 台灣蘋果日報
  145. ^ Coronavirus: Does China have enough face masks to meet its needs?”. BBC News Online (2020年2月6日). 2020年2月10日閲覧。
  146. ^ “Taiwan ups Chinese visitor curbs, to stop mask exports”. Reuters. (2020年1月27日). https://www.reuters.com/article/us-china-health-taiwan/taiwan-ups-chinese-visitor-curbs-to-stop-mask-exports-idUSKBN1ZQ1C6 2020年2月10日閲覧。 
  147. ^ 医療用マスクの輸出禁止、6月末まで延長/台湾 2020年4月14日 中央社フォーカス台湾
  148. ^ 台湾、マスクの実名制購入を継続 政府による買い上げも12月まで延長 2020年7月1日 中央社フォーカス台湾
  149. ^ 台湾のマスク生産能力、今週にも1日1000万枚到達へ 蔡総統が工場視察 2020年3月9日 中央社フォーカス台湾
  150. ^ 台湾のマスク生産量、1日1500万枚へ 増産前の約8倍に成長 2020年4月5日 中央社フォーカス台湾
  151. ^ マスク、1日1900万枚体制へ 5月中旬に到達見込み/台湾 2020年4月28日 中央社フォーカス台湾
  152. ^ 台湾、マスク輸出解禁へ=備蓄1億枚突破、日産2000万枚近くに 2020年5月18日 中央社フォーカス台湾
  153. ^ 台湾製マスク製造装置、米国に輸出へ 「重要な役割果たす」=米厚生長官 2020年8月12日 中央社フォーカス台湾
  154. ^ Ku, Chuan; Kao, Evelyn (2020年2月3日). “WUHAN VIRUS/Taiwan approves new rationing system for surgical masks”. Central News Agency. https://focustaiwan.tw/society/202002030019 2020年2月25日閲覧。 
  155. ^ Lin, Liang-sheng (2020年2月10日). “Virus Outbreak: Mask policy needs to be changed: KMT legislator”. Taipei Times. http://www.taipeitimes.com/News/taiwan/archives/2020/02/10/2003730707 2020年2月25日閲覧。 
  156. ^ Chen, Wei-ting; Mazzetta, Matthew (2020年2月5日). “WUHAN VIRUS/Government tweaks mask rationing plan to include all foreign nationals”. Central News Agency. https://focustaiwan.tw/society/202002050024 2020年2月25日閲覧。 
  157. ^ Chang, Ming-hsuan; Kao, Evelyn (2020年2月25日). “New rules for children's mask purchase to come into effect Thursday”. Central News Agency. https://focustaiwan.tw/society/202002250016 2020年2月25日閲覧。 
  158. ^ Wu, Hsin-yun; Hau, Hsueh-ching; Chen, Chi-feng; Ku, Chuan; Yeh, Joseph (2020年2月6日). “WUHAN VIRUS/Over 1.4 million surgical masks sold on first day of new rationing system”. Central News Agency. https://focustaiwan.tw/society/202002060019 2020年2月25日閲覧。 
  159. ^ Chen, Wei-ting; Yeh, Joseph (2020年3月2日). “WUHAN VIRUS/New rules to boost weekly face mask purchase quota”. Central News Agency. https://focustaiwan.tw/society/202003020017 2020年3月2日閲覧。 
  160. ^ Ku, Chuan; Chang, Ming-hsuan; Yeh, Joseph (2020年3月12日). “WUHAN VIRUS / New online sales of surgical masks begin”. Central News Agency. https://focustaiwan.tw/society/202003120008 2020年3月12日閲覧。 
  161. ^ 4~8歳対象の子供用マスク、15日からネット予約可能に/台湾 2020年4月14日 フォーカス台湾
  162. ^ 台湾のマスク実名制、4月9日から制限緩和 大人は14日間に9枚まで 2020年3月30日 フォーカス台湾
  163. ^ マスク「実名制」第3版、コンビニのマルチメディア端末で予約購入可能に 2020年4月21日 Taiwan Today
  164. ^ 台湾、マスク海外支援の輪を市民に拡大 アプリで寄贈の意思表示が可能に 2020年4月27日 中央社フォーカス台湾
  165. ^ 防疫 體溫計3月底前禁止出口 2020年03月05日 更生日報]
  166. ^ 台湾、消毒用エタノールの輸出禁止 新型コロナ対策物資の確保狙う 2020年5月1日 中央社フォーカス台湾
  167. ^ Coronavirus Travel Restrictions, Across the Globe”. The New York Times (2020年3月18日). 2020年3月閲覧。
  168. ^ FAQ: Taiwan’s 14-day quarantine requirements Taiwan Today 18 March 2020
  169. ^ 公共交通機関でのマスク着用義務化 台北MRTで違反者に罰則初適用/台湾 2020年4月6日 中央社フォーカス台湾
  170. ^ 獨/發燒客拒載!阿羅哈客運宣布實施防武漢肺炎拒載3要件曝光 2020年2月5日 ETToday東森新聞
  171. ^ 北捷台北車站試辦熱顯像儀 旅客體溫逾38度拒載 2020年2月29日 台湾国際放送
  172. ^ App即時報 2020年5月8日 自由時報
  173. ^ 鉄道各社の感染症対策 サーモグラフィー導入、人の密集避ける工夫も/台湾 2020年2月29日 フォーカス台湾
  174. ^ 武漢肺炎》台鐵防疫催油門!192個有站員車站 4/1起實施量體溫 2020年3月27日 自由時報
  175. ^ 機捷啟動紅外線熱像測溫 航廈耳溫逾38度恐拒載 2020年3月17日 TVBS
  176. ^ 高捷啟動高雄車站乘客量體溫 規劃再增量測點 2020年3月18日 中央通訊社
  177. ^ “最新》高捷設「體溫感測閘門」 體溫過高不准進入”. 東森電視 (Youtube). (2020年4月6日). https://www.youtube.com/watch?v=S6-0ck8NA-4 
  178. ^ 台湾新幹線、全駅で体温測定 4月6日から 2020年3月24日 フォーカス台湾
  179. ^ a b c 台湾高速鉄道、桃園駅で検温措置を強化 2020年3月8日 王淑卿 台湾国際放送
  180. ^ 台北メトロ、利用者多い駅でマスク自販機設置 急用に対応/台湾 2020年8月15日 中央社フォーカス台湾
  181. ^ 「社会的距離の保持が困難」、キャバクラやダンスホールを全て休業に 2020年4月10日 Taiwan Today
  182. ^ 特種行業「實名制」 中市府連續兩晚強力稽查 2020年4月12日 風傳媒
  183. ^ 高市夜店、三溫暖採「實名制」消費 違者可重罰百萬 2020年4月13日 自由時報
  184. ^ “CECC raises travel notice for all countries to Level 3: Warning; advises against all nonessential travel”. 疾病管制署(CDC). (2020年3月20日). https://www.cdc.gov.tw/En/Bulletin/Detail/qaBvfAzLOukWMMGyNubKWw?typeid=158 2020年3月15日閲覧。 
  185. ^ 台湾の新型肺炎患者、3人に 中国ツアー停止 時事通信, 2019-01-24.
  186. ^ Wang, Shu-fen; Ko, Lin (2020年1月30日). “Taiwan to extend halt on all tours to China until end of February”. Central News Agency. https://focustaiwan.tw/society/202001300017 2020年2月26日閲覧。 
  187. ^ Lee, Hsin-Yin (2020年2月10日). “WUHAN VIRUS/Taiwan to extend suspension of tours to China until end of April”. Central News Agency. https://focustaiwan.tw/society/202002100023 2020年2月26日閲覧。 
  188. ^ Wang, Shu-fen; Chang, Yi-ching (2020年2月6日). “Taiwan halts all tours to Hong Kong, Macau”. Central News Agency. https://focustaiwan.tw/society/202002060014 2020年2月26日閲覧。 
  189. ^ Central Epidemic Command Center (CECC) announces international cruise ships will be banned from calling at ports of Taiwan starting from February 6F”. Centers for Disease Control (Taiwan) (2020年2月6日). 2020年2月閲覧。
  190. ^ Chen, Wei-ting; Chen, Yun-yu; Yeh, Joseph (2020年2月23日). “Taiwan bans its healthcare professionals from traveling abroad”. Central News Agency. https://focustaiwan.tw/society/202002230009 2020年2月26日閲覧。 
  191. ^ Chen, Wei-ting; Chiang, Yi-ching (2020年2月24日). “WUHAN VIRUS/Taiwan amends travel ban on medical personnel”. Central News Agency. https://focustaiwan.tw/society/202002240006 2020年2月26日閲覧。 
  192. ^ Lee, I-chia (2020年2月27日). “Virus Outbreak: Med personnel travel ban until June 30”. Taipei Times. http://www.taipeitimes.com/News/taiwan/archives/2020/02/27/2003731704 2020年2月27日閲覧。 
  193. ^ Wang, Hung-kuo; Ko, Lin; Hsu, Elizabeth (2020年3月16日). “CORONAVIRUS / Students, teachers barred from overseas travel under Cabinet decision”. Central News Agency. https://focustaiwan.tw/society/202003160023 2020年3月16日閲覧。 
  194. ^ Taiwan to bar entry of foreign nationals to combat COVID-19 (Update) - Focus Taiwan”. 2020年3月閲覧。
  195. ^ 防疫車隊啟動 桃機620輛待命 高雄使用率不高 2020年3月4日 台湾国際放送
  196. ^ 國際旅遊疫情建議等級表”. 疾病管制署(CDC). 2020年3月閲覧。
  197. ^ まもなく新学期、教育部が新型肺炎感染者確認時の学級閉鎖基準を発表 2020年2月1日 Taiwan Today
  198. ^ 肺炎受けた親の休暇、一部企業が有給化へ 2020年2月5日 NNA ASIA
  199. ^ 台湾、国内症例14日連続「ゼロ」 防疫措置の緩和を検討=コロナ対策本部 2020年4月27日 中央社フォーカス台湾
  200. ^ 防疫措施再放寬 陳時中宣布室內外人數上限解禁 2020年5月8日 Yahoo奇摩/今日新聞
  201. ^ 陳時中・部長、観客2000人受け入れる試合解禁を示唆 2020年5月9日 台湾国際放送
  202. ^ 台湾プロ野球、入場者を2千人に拡大 飲食も条件付きで許可 15日から 2020年5月14日 中央社フォーカス台湾
  203. ^ 28日連続国内感染がない場合、張上淳・医師:市中が安全 2020年5月9日 台湾国際放送
  204. ^ 台湾、日常の制限を大幅に緩和 距離確保で「新生活」 コロナ感染落ち着く 2020年6月7日 中央社フォーカス台湾
  205. ^ 外国人の滞在期限、5度目の延長 ノービザ入境者などが対象/台湾 2020年7月17日 中央社フォーカス台湾
  206. ^ 居留証所持の外国人、入境時の陰性証明書提示が不要に 4日から/台湾 2020年7月3日 中央社フォーカス台湾
  207. ^ 台湾、外国人正規在学生の入境を解禁 中国籍学生は除外 2020年8月6日 中央社フォーカス台湾
  208. ^ 外国人に求める陰性証明、検査日を「搭乗の3営業日前以内」に変更/台湾 2020年7月2日 中央社フォーカス台湾
  209. ^ a b c d e 発生からパンデミックまで、WHOの新型コロナ対応 時系列で振り返る 2020年4月16日 AFP通信
  210. ^ 台湾、新型コロナ発生をいち早く察知 きっかけはネット掲示板の投稿 2020年4月16日 中央社フォーカス台湾
  211. ^ “因應中國大陸武漢發生肺炎疫情,疾管署持續落實邊境檢疫及執行武漢入境班機之登機檢疫”. 衛生福利部. (2019年12月31日). https://www.mohw.gov.tw/cp-4250-50810-1.html 
  212. ^ 阿中部長陳時中 至臺北松山機場視察發燒篩檢作業”. 衛生福利部. Facebook (2020年1月2日). 2020年5月9日閲覧。
  213. ^ 武漢肺炎不是SARS 世衛組織不建議旅行限制 2020年1月6日 中国時報
  214. ^ a b c d 「超前部屬」對比「狼狽為奸」! 打馬悍將:阿中大勝譚德塞 楊列其 2020年4月12日 新頭殼newtalk
  215. ^ 國內外疫情焦點2020年第1–2週 (2019/12/29–2020/1/11) 2020年1月21日 疾病管制署
  216. ^ a b c 世衛武漢肺炎「舔中」時間軸大整理:WHO 淪為CHO、75 萬人要譚德塞下台 2020年4月9日 沃草國會無雙
  217. ^ 慢台灣近1周 大陸將武漢肺炎列SARS同級法定傳染病 2020年1月21日 聯合報
  218. ^ 武漢肺炎世紀浩劫專題4 2020年4月5日 中央通訊社
  219. ^ a b c d e f g h 台湾の新型コロナ対策本部設置以来100日間の主な出来事 2020年4月28日 中央社フォーカス台湾
  220. ^ WHO、緊急事態宣言見送り 新型コロナウイルス―人からの感染限定的 2020年01月24日 時事通信
  221. ^ 新型肺炎、「公衆衛生上の緊急事態」に該当しない=WHO 2020年1月25日 中国網
  222. ^ 新型肺炎 緊急委員会から台湾排除 WHO「技術面で緊密に協力」 2020年1月24日 中央社フォーカス台湾
  223. ^ 王毅外交部長がWHOのテドロス事務局長と会談 2020年1月28日 人民網
  224. ^ WHO、新型肺炎で緊急事態宣言 拡大防止へ国際協力 2020年1月31日 日本経済新聞
  225. ^ 「並外れた措置取った」 WHOトップ、目立つ中国賛辞―新型肺炎 2020年1月31日 時事通信
  226. ^ WHO緊急委員会、台湾はまたも招かれず 新型肺炎 2020年1月30日 中央社フォーカス台湾
  227. ^ 各国の渡航制限は「不必要」、WHO事務局長が新型肺炎巡り 2020年2月4日 ロイター
  228. ^ 新型コロナウイルスに関する注意喚起(台湾におけるマスク購入制限措置について) 2020年02月05日 日本台湾交流協会
  229. ^ WHO「症状ない人マスク必要なし」 新型肺炎の予防「手洗い」重要 2020年2月5日 神戸新聞
  230. ^ WHO、パンデミックを宣言 テドロス事務局長、対策強化促す 2020年3月12日 毎日新聞
  231. ^ 台湾はなぜ、WHOにとって頭痛の種なのか? 2020年03月31日 BBC
  232. ^ WHOテドロス事務局長、台湾を名指しで非難 外交部「断固として抗議」 2020年4月9日 中央社フォーカス台湾
  233. ^ WHOは誰のため? 台湾の若者はなぜNYタイムズに広告を出したのか 2020年4月22日 フォーブスジャパン
  234. ^ “台湾 12月末にWHOに送った文書公表“武漢で非定型肺炎””. NHK. (2020年4月11日). オリジナルの2020年5月6日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20200506100120/https://www3-nhk-or-jp.cdn.ampproject.org/c/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20200411/amp/k10012382351000.html 2020年5月5日閲覧。 
  235. ^ WHO幹部、台湾排除の指摘に反論「情報交換している」 2020年4月18日 日本経済新聞
  236. ^ WHO「台湾と交流維持」 外交部が反論「参加申請の7割が認められず」 2020年4月15日 中央社フォーカス台湾
  237. ^ WHO総会、台湾参加は「加盟国が決める」 2020年5月5日 日本経済新聞
  238. ^ 台湾の参加問題 WHO「権限ない」 外交部が反論「事務局長にはある 2020年5月5日 中央社フォーカス台湾
  239. ^ 台湾、WHO総会の招待状届かず 呉外相「深い遺憾と強い不満」表明 2020年5月18日 中央社フォーカス台湾

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]