法音カウンセラー真聴 《日乗》 - にほんブログ村
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

くりのみさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

カウンセリング研究会《くりのみ》は、毎月、江戸川区『タワーホール・船堀』で定例学習会「親鸞とカウンセリング楽談会」「道元とカウンセリング楽談会」を開催しています。また、日本のこころ『親鸞和讃』をうたう《ストリート・サンガ(「まなび処・やすみ処・あそび処」を出前しています。

ブログタイトル
法音カウンセラー真聴 《日乗》
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kurinomi01
ブログ紹介文
仏教・カウンセリング・教育の重層を遊歩。 学習会のご案内&主宰者の《日乗》
更新頻度(1年)

216回 / 365日(平均4.1回/週)

ブログ村参加:2008/05/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、くりのみさんの読者になりませんか?

ハンドル名
くりのみさん
ブログタイトル
法音カウンセラー真聴 《日乗》
更新頻度
216回 / 365日(平均4.1回/週)
読者になる
法音カウンセラー真聴 《日乗》

くりのみさんの新着記事

1件〜30件

  • 各国の“たいしょう”殿

    中国の“たいしょう”は、「香港国家安全維持法」を成立させて自由な香港をコントロール。ロシアの“たいしょう”は、大統領の任期を延長可能にする憲法を改正。83歳まで大統領に居座る?米国の“たいしょう”は、外交のすべては、ご自分の再選。日本の“たいしょう”は、「責任は自分にある」と宣うが実行なし。各国の“たいしょう”殿。世界歴史に・教科書に、どのように記憶され・記載されるのか?平和で民主的な世界の実現は、難行道ですなー。【くりのみ会】にご参加の先輩の口癖。「人間は学習しませんね!」と。各国の“たいしょう”殿

  • 今年も後半戦

    7月1日。今年も、後半に入りました。今(午後11時)、外(江戸川区)は土砂降りです。新型コロナウィルスの世界的大流行が無かったら、今頃はオリンピックでお祭り騒ぎでしたね。ボクは、オリンピック招致の時から東京五輪には反対でした。結果的に中止ですが、単純に喜んでいる訳ではありません。ただ、民主主義とか?自由とか?グローバル経済とか?法の遵守とか?オリンピックの商業主義とか?…もちろん、市民の身心のバランスとか?世界平和とか?等々、馬鹿な頭で妄想しています。日本から何か発信できたら…と念じていますが、どうもそのような時世ではありませんね。さて、若い頃。夏・冬休みに、ヨーロッパ旅行に出かけていました。独り旅・貧乏旅行でしたので、香港経由でした。帰路、香港で2・3泊滞在。市内を歩き回ったことを思い出します。香港が心配です...今年も後半戦

  • 毎田周一師 「馬鹿の歌」

    『毎田周一全集第10巻』から馬鹿は、親鸞聖人の「愚禿」の現代語でありませう。或ひは聖徳太子が「愚心及び難し」と法華義疏でいはれた、その「愚心」の現代語でありませう。これらの愚禿なり愚心なりを私達現代人は「馬鹿」の二字によつて、特に生々と実感し体感するのではありませんか。要するにそれは「私が馬鹿である」といふことなのであります。私自身の「馬鹿の自覚」なのであります。そしてこの徹底的な馬鹿の自覚が私にとつては、唯一の救ひの道、安心の道なのであります。そのことを以下に明らかにしてみませう。むしろ馬鹿の二字を礼讃し、馬鹿の自覚の有難さを闡明(センメイ)してみたいと思ひます。結局自らを馬鹿と知ったものの限りない歓びを歌ふことになります。いはば「馬鹿の歌」であります。☆「闡明」の意味…不明確であったことを、はっきりさせるこ...毎田周一師「馬鹿の歌」

  • 里村専精師「浄土真宗にようこそ」 No112

    里村専精師の「浄土真宗にようこそ」No112をお届けします。三法印ということがあります。「諸行無常」・「諸法無我」・「涅槃寂静」の三つです。これに「一切皆空(小乗では苦dukkha)」が入れば四法印です。法とは、ゆるがせにできない絶対事実を言います。それ自体で存在が決定されて在る、そういう真実在を法=dharmaというのです。現代の存在論にも、実はこういうきちんとした視覚がないようです。ですから、仏教は実に的確に存在を語り続けて来たものだったのです。その存在の法の目印に、三ないし四つあるというのです。「諸行無常」ということは、存在が法としては常に流動的だということです。これからが、実に受け止めることが面倒だったのです。仏教の始めにこういう理解を設定しないなら、もう仏教を学ぶ姿勢がないのです。外道として、仏教を研...里村専精師「浄土真宗にようこそ」No112

  • 日本医師会会長選挙

    今日、目にとまったニュース。東京新聞朝刊からです。日本医師会の会長選挙。親安倍政権と言われてきた現職の横倉義武氏と副会長の中川俊男氏のガチンコ投票。横倉氏174票中川氏191票。僅差で中川氏の勝利。8年ふりの会長交代が実現しました。中川氏の言葉。「政府に対していろいろなことを強く求めていく。言いづらいこともはっきりと申し上げていく」。安倍長期政権下。各界で忖度雰囲気が漂っているやに感じています。世界的な新型コロナの大流行のいま。日本医師会の責任は大きいと思います。市民目線の医療。国際協力の医療。新体制の日本医師会に期待したいと思います。日本医師会会長選挙

  • リニアー新幹線問題

    静岡県人としてズッと気になっていた話題。リニア中央新幹線建設問題。ようやく、静岡県の川勝知事とJR東海の金子社長の会談が実現した由。金子社長は、「国や先行的に工事を進めている静岡県以外の自治体の期待を背景として27年開業を実現したい」との立場のようです。対して、川勝知事は大井川流域の皆さんの意見を背景にJRの準備工事を認めなかった由。リニア新幹線の開業が遅れても仕方がありません。その責任は、国・JR東海にあります。ボクの私見。*地元の理解が得られない工事・施策は民主的ではありません。断固反対。大井川流域の水問題、環境問題を解決して、地元の理解を得てから工事を進めるべきです。民主的な手順が大事。*他にも、イージス・アシュア、辺野古埋め立ても同様。前者のイージス・アショア。秋田、山口県で中止となったことは歓迎です。...リニアー新幹線問題

  • シンデレラに…

    今晩は、2月からコロナ禍でお休みしていた、カウンセリング研究会【くりのみ】道元とカウンセリングコースを再開しました。帰路、駅前でのワン・ショット。残念ながら、この靴のお嬢さん。妃になれそうもありませんね。(笑)シンデレラに…

  • 『禅とウィズ・コロナ時代の生活様式』 石井清純先生

    今晩(26日)18時30分から、カウンセリング研究会【くりのみ】道元とカウンセリングコースです。講師は、駒澤大学教授・石井清純先生。坐禅と『正法眼蔵』のご指導をいただけます。さて、昨日の「株式会社仏教タイムス社」のホームページに、石井先生が寄稿しています。タイトルは、『禅とウィズ・コロナ時代の生活様式』「命を守る」原点意識し分断克服せよ今晩の坐談で、このお話しも話題になると思います。記事は、コチラからどうぞ!↓http://www.bukkyo-times.co.jp/『禅とウィズ・コロナ時代の生活様式』石井清純先生

  • “ほっこり井戸端” 【くりのみ会】再開

    コロナ禍で、カウンセリング研究会【くりのみ】も休講でした。6月から再開です。明日は、道元とカウンセリングコース。講師は、駒澤大学教授・石井清純先生です。坐禅・『正法眼蔵』のご指導をいただきます。また、再開にあたり、新しいチラシ(写真)を作成しました。皆さんのご参加をお願いします。“ほっこり井戸端”【くりのみ会】再開

  • 駒澤大学教授・石井清純先生に学ぶ

    カウンセリング研究会【くりのみ】は、6月から再開です。☆6月26日(金)道元とカウンセリングコースを開催します。講師は、駒澤大学教授・石井清純先生。坐禅と『正法眼蔵』のご指導をお願いしています。ソーシャル・デスタンスをとっての開催です。数名の余席があります。ぜひ、お出かけください。☆写真は、7月からの学習予定です。手帳にご記入下さい。駒澤大学教授・石井清純先生に学ぶ

  • zoom『浄土三部経』音読の会

    本日のzoom念仏道場。『正信偈』と『同朋奉賛』でした。ボク自身もそうですが、ご参加の皆さん、コロナ禍の前はオンラインでの交流など想像もしていませんでした。昨日は、米国のコネチカット州からKeirenさんも参加してくれました。オンラインの力に感謝です。また、ボクのような後期高齢者でも、zoomができれば、孤立することなく外界と交流できるというものです。近々、zoomでの「学びの場」をはじめようと準備しています。一つ。zoom『三帖和讃』をうたう会一つ。zoom『浄土三部経』音読の会一つ。zoom『正法眼蔵』音読の会一つ。zoom『語りあい・相談』の会先師・五十嵐正美先生は、三人いれば「学び合い」ができると。金儲けではありませんので、ぼく以外に二人のお仲間がいれば具現できます。ご期待下さい!zoom『浄土三部経』音読の会

  • zoom法音道場。アメリカからのお客様。

    本日、10時55分からのzoom念仏道場。アメリカ・コネチカット州から、K・Aさんが参加してくれました。3年前の夏、カウンセリング研究会【くりのみ】を訪ねて来日してくれました。久しぶりに、zoomでご対面です。これから、月一・二回zoom法音道場で交流を約束しました。今考えている内容は、道元さまの『正法眼蔵』の音読と井戸端タイムです。スタート出来るようになりましたら、ご案内いたします。ご参加お待ちしています。zoom法音道場。アメリカからのお客様。

  • 老爺の戯言

    稲荷町の法善寺さまで毎月一回開催の「声明の会」に出かけました。コロナ禍で3月からお休みでした。また、毎週木曜日の夜の「東京大谷声明学園」も、3月から休講。7月の修了式までお休みです。副住職から、「9月から、再開します」との情報をいただいてきました。「声明」が、ボクの生活の中心にありますので、本当に寂しいステイホームです。さて、7月5日。東京都知事選挙の投票日。ボクは、明日、期日前東京に出かける予定です。投票率が上がることを念じます。皆さん、投票に出かけましょう!帰路、台東区役所前を通過。お一人の婦人が出てきました。一人の若者が接近。NHKの腕章をつけていましたので、出口調査のスタッフでしょう。ボクは、毎回、出口調査に協力しません。投票当日の20時。各局が競って(当選確実)をうちますが、本当に不快です。選挙管理委...老爺の戯言

  • 親鸞『教行信証』学習会

    本日(20日)は、2・3・4・5月と休講の、カウンセリング研究会【くりのみ】親鸞とカウンセリングコースを再開しました。ご参加は、8名(男性2名女性6名)でした。町田市から、新しいお仲間を迎えました。欠席届は、2名。お仕事と法事の由。本日の学習内容。*『教行信証・総序』音読*『正信偈』三淘念仏・和讃『弥陀成仏』次第6首回向*井戸端*『二河白道』の解説でした。井戸端は、ステイ・ホーム中の報告。皆さん、読書・ウォーキング・サイクリング・書写等々で過ごされた由。いつも、『正信偈』の書写をしている佐◇さんは、ステイ・ホームで、随分進んだ由。皆さん、久し振りの直接対面での学習会を楽しんでくれました。写真は、学習会前に早出の音◇さんの『嘆仏偈』の書写。もう一つは、『二河白道』の板書です。この学習会は、親鸞さまに学んでいますが...親鸞『教行信証』学習会

  • 「いつもお祭りさわぎ」からのだ脱皮

    本日の文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」のゲストは、元通産官僚の古賀茂明氏。昨今の安倍政治とその取り巻きに対して、的確に批判していました。たぶんyoutubeで聞くことができるようになると思います。ぜひお勧めです。古賀氏曰く、「通産官僚は、チャラ男が多い。現在の官邸官僚の多くも通産官僚。チャラ男は、仕事(イベント)を作るのがうまい。いつもお祭り騒ぎ好き。タレント好き。安倍首相夫妻も同じです」と。また、「7年以上になる安倍政治で、将来の日本を支えるような(産業の種子)が播かれれ育っているか?」と。今日から、県境越えの移動もフリーになりました。コロナ禍で経済が冷え込んでいますので、観光・イベント・飲食等々が経済回復の柱であることは間違いありません。ボクも、東伊豆出身ですから、観光振興は大事な施策であることは痛感...「いつもお祭りさわぎ」からのだ脱皮

  • 「蝕光柔軟」

    本日のzoom法音道場。5名の方々と、『正信偈』・三淘念仏・和讃三首・『回向』&井戸端でした。ボクから、大経の中にある、「蝕光柔軟」についてお話をしました。蝕光柔軟=智慧の光に出遭う人(念仏の人)は、身…すこやか心…おだやか仏教・仏道を、抹香臭いモノとして理解するのは、少し狭いようです。人間学・人間道。自分のコトとして向き合っていきたいと思います。■写真は、記事と関係ありません。zoom後のランチ。地元のステーキ店(あんどう)でステーキ定食をいただきました。「蝕光柔軟」

  • 道元『正法眼蔵』勉強会&坐禅

    2月からお休みしていました、カウンセリング研究会【くりのみ会】を再開します。先日、会場のタワーホール船堀の事務所から、会議室の使用が出来る旨連絡をいただきました。*三密対策(マスク)*ソーシャル・デスタンスの確保*主宰者は、参加の皆さんの連絡先を確認。この三点が、会議室使用の条件。■道元とカウンセリングを開催します。*日時:6月26日(金)午後6時30分~8時30分*会場:タワーホール船堀和室1*講師:石井清純先生(駒澤大学教授)*テキスト:『正法眼蔵』岩波文庫*会費:1000円*坐禅がありますので、楽な服装でご参加ください。道元『正法眼蔵』勉強会&坐禅

  • 里村専精師 「浄土真宗にようこそ」 No111

    里村専精師の「浄土真宗にようこそ」No111をお届けします。本願の仏道に立って、親鸞は一切衆生の行方を見ます「曠劫来流転」してきた一切衆生が、尋ね続けていたもの。それは意識を超えた、存在の事実でした。意識を超えて、人は生きています。意識では伺い知れない事実、それが本来的な存在の謎だったのです。いくつもの宗教や学問が、ずっと問い続けてきました。が、それらを超えて、一挙に真実を指し示されたものは、一筋の仏道だけです。キリスト教やユダヤ教にも、存在を語る優れた部分があります。けれども、純粋に存在の事実に立って、その広大な真実を語るものはありません。20世紀になって、初めて欧米で大きな反省がおきました。たとえばそれは、世親に隔たること16世紀です。世親菩薩には、現代の人類に先駆けた仏道の応答があります。「ヨーロッパ諸学...里村専精師「浄土真宗にようこそ」No111

  • 江戸川道場

    久しぶりの、ボクの江戸川道場(江戸川河川敷)。ストレッチ・ジョギング・声明発声を楽しみました。河川敷も、ほぼ普段に戻りました。ボクの他は、犬の散歩の方々だけ。静かです。江戸川菖蒲園。ステイホームで、ボクも出かけませんでしたが、菖蒲も少し盛りを過ぎましたが、結構楽しめます。江戸川道場

  • 植木等『おやじ徹誠一代記』

    植木等著『夢を食いつづけた男おやじ徹誠一代記』朝日文庫を、区立図書館から借りてきました。今の若い方は、植木等さんのお名前も知らないでしょうね。本書は、昭和62年(1987)第一刷。ボクが借りた一冊は、図書館の集密の蔵書。ボクが借りだし後は、誰も読まないかも…。(笑)ハナ肇とクレージーキャット&植木等さんの活躍を楽しんだ方々は、そろそろ後期高齢者でしょうか!若い頃、本書のことも、植木さんのお父さんが浄土真宗の僧侶であることも知っていました。本書も読んでみたいと思っていましたがスルー。この度、伊勢路ぶらぶらお寺めぐりをしているご同行の冨◇◇さんのfacebookの記事を機縁として読み始めた次第。冨◇◇さん、ありがとうございます。新刊もよし。古書もよし。そしてご同行とのご縁で手にする一冊も良いものです。植木等『おやじ徹誠一代記』

  • 仏教・仏道との出遭い方

    月曜日から木曜日まで、東伊豆町稲取に帰省していました。本日、午前10時55分から、五日ぶりに「zoom念仏道場」を開催しました。ご同行五名で、『正信偈』『懸け和讃』『回向』をうたいました。その後、ボクから、「浄土三部経」と「法蔵物語」をお話しました。井戸端。数年前にご主人を亡くされた○○さん。「独りになってみると、自分自身に眼が向くようになりました。これまでの価値観と違う価値観が出てきて、新しく学びが始まった感じがします」と。また、数年前に大病を患った◇◇さん。「主人は元気です。(笑)ただ、余命を宣告されてから生還してみると、○○さんと同じような気持ちでいます。価値観の変容も感じられますし、独りということを実感しています」と。昨今、仏教・仏道と言いまと、葬儀・法要を連想する方々が多い風潮です。また、伝統宗教・宗...仏教・仏道との出遭い方

  • 法音道場in東伊豆稲取 再開準備

    先程、東京に戻りました。今回の帰省(東伊豆町稲取)は、8日(月)出発、三泊四日。往復新幹線こだま(熱海まで)利用でした。車中・道中、これまで見たことのない超閑散な人の往来でした。正直なところ、コロナ禍が無かったら、新自由主義・グローバル経済の大波に乗って、今頃は東京オリンピックに向けて大はしゃぎだったことでしょう。ボクは、ハナから東京オリンピックは反対。先ずは、(東日本地震の復興が第一)が考えの根底。もちろん、オリンピック&観光立国&インバウンド&クールジャパン等々を起爆剤とした過度な経済も心配でした。マア、経済の素人・老爺の取り越し苦労ですが???(笑)老爺は、何時も何事も「程々(ホドホド)」「緩やかな成長」を念じます。仏道には、「中道」「中庸」の教えがありますね。さて、昨年の4月からスタートした、法音道...法音道場in東伊豆稲取再開準備

  • 黛敏郎『涅槃交響曲』

    本日(6月7日)のzoom念仏道場。いつものお仲間5名で、『正信偈』『和讃』『回向』をうたいました。井戸端は、少し長め。一昨日の、ボクの「昨今、音楽というと知らず知らずに西洋音楽をイメージしている日本人がほとんど。学校教育の成果です。仏教音楽(声明)も音楽と感じてもらいたい」の発言に、元音楽教師の小◇さんが反応。ご自身の幼少の頃の音楽との出会い。明治以降の西洋音楽の輸入について語ってくれました。さらに、youtubeで黛敏郎の『涅槃交響曲』を聞いたことを報告してくれました。指揮:岩城宏之演奏:東京交響楽団東京混声合唱団。小◇さん曰く「私は、いま、千葉市で合唱団に参加しています。指揮の○○先生が、東京混声合唱団の一員として重要なパートを歌っていました。お若い頃の○○先生のお姿とお声が聞けて嬉しかったです」と。ボク...黛敏郎『涅槃交響曲』

  • TBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」が6月で終了。

    昨今のボクは、ラジオ派。文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」TBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」を楽しんでいます。外出の時は録音してCMを飛ばし、不要な箇所は早送りで聞きます。今日は出先で、スマートフォン情報。「久米宏ラジオなんですけど」が6月いっぱいで終了になることを知りました。只今(6日午後10時08分)録音を聞いています。今年1月に、TBSラジオと久米宏さんの事務所との話し合いで、決まっていたとの由。番組で久米さんは、終了の理由は「複数ある」。「下り坂になってから止めるのは一番良くないと思っていた。割と調子のいいときにやめるのが聴いている人、製作している人にいい思い出になるというのが僕の持論なんです」と説明しています。マア、表に出ている理由は上記ですが、本当のところはどうでしょうかねー?本当に残念な...TBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」が6月で終了。

  • 原田マハさんを教えて貰いました。

    本日のZOOM念仏道場。五名で、『正信偈』と『正像末和讃』「弥陀の尊号…」を三重(サンジュウ)でうたいました。和讃の中の「弥陀」「尊号」「信楽」「憶念」「仏恩」について、少しずつお話しさせてもらっています。井戸端では、岩◇さんがステイホーム中は読書の由。原田マハさんにハマ(笑)っているとの報告。ボクは、一冊も読んでいません。早速、youtubeで、茂木建一郎さんと原田ハマさんの対談。~ピカソがライバルだった!アート小説「楽園のカンヴァス」を書くまでの道のり~を見ました。なかなか面白い。岩◇さん、ありがとう。原田マハさんを教えて貰いました。

  • 『フィンランドの教育はなぜ世界一なのか』

    米国各地で、白人警察官による黒人男性暴行死事件に抗議するデモが広がっています。デモの一義的な理由はこの事件ですが、長年の人種差別、新型コロナの大流行、トランプ大統領に対する反発等々が背景にあるとの報道があります。月曜日の文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」で、フィンランド在住の岩竹美加子さんと大竹さんによるオンラインでの対談が放送されました。岩竹美加子さんは、早稲田大学客員准教授、ヘルシンキ大学教授の後、現在は同大学の非常勤教授の由。対談は、世界一と言われるフィンランドの教育について。岩竹さんには、『フィンランドの教育はなぜ世界一なのか』新潮新書の著作があります。即、区立図書館から借りてきました。フィンランドでは、大学までの教育は無償。そして、貧富、性別、宗教、年齢、居住地、民族、性的指向などの違いによって差...『フィンランドの教育はなぜ世界一なのか』

  • 『フィンランドの教育はなぜ世界一なのか』

    米国各地で、白人警察官による黒人男性暴行死事件に抗議するデモが広がっています。デモの一義的な理由はこの事件ですが、長年の人種差別、新型コロナの大流行、トランプ大統領に対する反発等々が背景にあるとの報道があります。月曜日の文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」で、フィンランド在住の岩竹美加子さんと大竹さんによるオンラインでの対談が放送されました。岩竹美加子さんは、早稲田大学客員准教授、ヘルシンキ大学教授の後、現在は同大学の非常勤教授の由。対談は、世界一と言われるフィンランドの教育について。岩竹さんには、『フィンランドの教育はなぜ世界一なのか』新潮新書の著作があります。即、区立図書館から借りてきました。フィンランドでは、大学までの教育は無償。そして、貧富、性別、宗教、年齢、居住地、民族、性的指向などの違いによって差...『フィンランドの教育はなぜ世界一なのか』

  • 尋ねましょう。お念仏をしましょう。

    本日のzoom念仏道場。ご参加は、5名でした。無料版のzoomを使っています。無料版は時間制限(40分)があります。10時55分~、zoom念仏道場入室。11時~15分、『教行信証・総序』『正信偈』『三淘念仏』『和讃』『歎異抄』から日替わりで題材を選択して音読・読誦。15分~30分、井戸端(楽談タイム)。カウンセリングでは、制限時間が大切な要件です。同様に、zoomの制限時間も効果的に利用。良い意味で、各々が、発言時間を上手に自己コントロールしてくれます。本日の井戸端からその①森◇さんが、歌人の馬場あき子さんの歌を紹介してくれました。マスクしてコロナウイルスに抗へば不要不急のものらかがやくその②質疑岡◇さん「昨日、“本願のいわれを聞く”という言葉を初めて知りました。どんな意味ですか?何となく分かるような気もしま...尋ねましょう。お念仏をしましょう。

  • 尋ねましょう。念仏しましょう。

    10時55分~、zoom念仏道場入室。11時~15分、『教行信証・総序』『正信偈』『三淘念仏』『和讃』『歎異抄』から日替わりで題材を選択して音読・読誦。15分~30分、井戸端(楽談タイム)。カウンセリングでは、制限時間が大切な要件です。同様に、zoomの制限時間も効果的に利用。良い意味で、各々が、発言時間を上手に自己コントロールしてくれます。本日の井戸端からその①森◇さんが、歌人の馬場あき子さんの歌を紹介してくれました。マスクしてコロナウイルスに抗へば不要不急のものらかがやくその②質疑岡◇さん「昨日、“本願のいわれを聞く”という言葉を初めて知りました。どんな意味ですか?何となく分かるような気もしますが…」森◇さん「『正信偈』を数年前から読誦しています。何となく分かるような気がします。同様に、阿弥陀さま・本願・念...尋ねましょう。念仏しましょう。

  • 「弥陀の名号となへつつ」 親鸞和讃をうたいます。

    本日のzoom念仏道場は4名。『正信偈』三淘念仏『和讃(弥陀成仏)』次第三首をうたいました。井戸端は、各々の近況を交流。この五月から参加の岡◇さん。初めて、親鸞さまの教えをならっています。今日の感想は、「人生の後半になって、学びのお仲間と大事な言葉(仏語、名号)に出会えて嬉しい」と。小さな集会(シュウエ)ですが、ホットできる時空(オンライン30分)が楽しみです。この道場は、仏教の専門家もいません。お寺とも関係ありません。例えると、「スズメの学校」ではなく「メダカの学校」ですね。(笑)「だれが生徒か先生か」です。グループワークです。明日は、写真(↑)の和讃をうたいます。■写真は、『大谷声明集成(復刻版)』「弥陀の名号となへつつ」親鸞和讃をうたいます。

カテゴリー一覧
商用