人狼のルール

提供: 人狼wiki
移動先: 案内検索

このページでは、人狼ゲームのルールについて解説し、遊び方や製品による差異も説明する。

設定[編集]

人狼ゲームは、次のようなフレーバーにより説明されるのが一般的である。

とある村に人を喰う人狼が紛れ込んでいることが判明した。村民たちは人狼を根絶するために、毎日1人ずつ怪しい村民を処刑することにした。一方の人狼たちも、毎日村人を襲撃する。果たして村人たちは全滅する前に人狼を倒すことができるのか。

基本ルール[編集]

人狼ゲームは、参加者が複数の陣営(チーム)に分かれて争うゲームである。各プレイヤーには役職が振り分けられ、役職によって属する陣営が決まる。(たとえば、基本的なルールでは人狼陣営に属するのは人狼狂人である。)基本的な陣営は村人陣営人狼陣営の2つで、ルールによってはその他の陣営が追加されることがある。各プレイヤーに割り振られた役職は秘密であり、プレイヤーは自分以外のプレイヤーの役職を知ることはできない。

役職としては、ただの村民である村人や、村に紛れる人狼の他に、占い師をはじめとする特殊な役職が存在する。これらの役職は特別な能力を持つ(後述)。

昼と夜のフェイズ(後述)を繰り返すことで生存者が減っていき、一般的なルールでは、次の条件を満たしたときに勝敗が決する。

  • 村人陣営: 人狼が全滅したら勝利。
  • 人狼陣営: 人狼以外の生存者数が人狼の生存者数を下回ったら勝利。

人狼ゲームはチーム戦であるから、死亡したプレイヤーも自身の陣営が勝利すれば勝利となる。ただし、参加者が次々死亡していくというゲーム内容から、人狼ゲームを題材とした小説・漫画等では死んだら終わりのデスゲームとして描写されることもままある。

なお、ミラーズホロウの人狼では人狼陣営の勝利条件は上記と異なり、村人陣営の全滅である。「人狼陣営の勝利条件は普通の村人の全滅」としてプレイされることがあるが、これは誤解であり、正規のルールではない。もちろん、ローカルルールとしてそのようなルールを採用する分には問題ない。

製品別プレイヤー数(司会除く)
製品 人狼2人 人狼3人 人狼4人
汝は人狼なりや? 7~16 不可(2セット使用する場合15人以上) 不可
タブラの人狼 8~15 16~24 25~
ミラーズホロウの人狼 8~11 12~17 18~


ここは書きかけです。書ける内容があればぜひ加筆してください。


ゲームの進行[編集]

多くのルールでは、生存者が全員で話し合い処刑者を決める昼フェイズと、人狼占い師などの役職が秘密裏に能力を行使する夜フェイズを交互に繰り返してゲームが進行する。

ゲームは最初の夜から開始するのが一般的であるが、司会者によってはその前に昼と称して自己紹介の時間を設ける場合もある。また、1日目の夜、2日目の昼、2日目の夜、……というようにゲームの進行を日数で数えることがある。この数え方も司会者によって異なることがあり、特に日数が関わる役職を使用する場合は混乱の原因になりえるため注意が必要である。

人狼共有者のように複数人でセットの役職の場合は、夜の時間に秘密裏に相談をすることができる。ネット人狼の場合は秘密のチャットによりこれを行う。一方対面人狼の場合声を出すことができないので、顔合わせのみを行ったり、ジェスチャーで相談したりすることになる。ただし、司会者によっては筆談が行える例もある。

役職[編集]

基本的な役職は以下の通り。製品によってはさらに追加の役職を採用していることがある。役職の詳細は各役職のページを参照。このwikiに記事が存在する役職の一覧はCategory:役職を参照。

村人陣営[編集]

  • 村人:特別な能力を持たないただの村人。
  • 占い師:毎夜、プレイヤー1人が人狼か否か知ることができる。
  • 霊能者:処刑されたプレイヤーが人狼か否か知ることができる。
  • 狩人:毎夜、指定したプレイヤーを人狼の襲撃から守ることができる。

人狼陣営[編集]

  • 人狼人狼同士で認識することができる。毎晩相談ののち、プレイヤーを1人襲撃して死亡させることができる。
  • 狂人:能力を持たない村人であるが、人狼の味方である。

遊び方[編集]


ここは書きかけです。書ける内容があればぜひ加筆してください。