顔恵民

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
がん けいみん
顔 恵民
生誕1928年
大日本帝国の旗 大日本帝国 台湾
死没1985年(56 - 57歳)
死因
出身校早稲田大学鉱山科卒業
職業実業家
配偶者日本人女性
子供一青窈一青妙
顔恵民
各種表記
繁体字 顏惠民
簡体字 颜惠民
拼音 Yán Huìmín
和名表記: がん けいみん
発音転記: イェン フイミン
テンプレートを表示

顔恵民(がん けいみん、1928年 - 1985年)は台湾実業家東京都千代田区立番町小学校、学習院中等科(現学習院中・高等科)、早稲田大学鉱山科卒業。娘に一青妙一青窈[1]、学習院時代の同期に犬養康彦がいる。

経歴[編集]

1928年、日本統治下の台湾で、九份の金鉱経営で成功し、台湾の5大財閥に数えられた顔一族(zh:基隆顏家)の長男として生まれた。当時、多くの台湾上流階級の子弟がそうであったように、10歳のときに母親とともに日本に渡り、小学校から大学まで日本で教育を受けた。中国語と台湾語より日本語の方が達者であったという。

第二次大戦後の1947年に兄弟と共に台湾に帰るが、二・二八事件などの本省人弾圧を逃れるため、1949年に密航して日本に戻った。

1985年、肺がんで死去。

私生活[編集]

戦前から戦後にかけて日本に滞在していた時に石川県鳥屋町一青地区出身の日本人女性と出会い結婚した[2]。その妻との間に一青妙一青窈を儲けた[1]。一青窈の楽曲の中には『大家』『ぱぱへ』など彼への想いを歌ったものが数曲ある。

登山を趣味とした。

関連文献[編集]

  • 一青妙『私の箱子』講談社、2012年。ISBN 978-4062174251。娘の一青妙が父や家族についてつづったエッセイ

脚注[編集]

  1. ^ a b 「一青」は妻の姓で、石川県鹿島郡中能登町に一青という地名がある。[1]
  2. ^ 「一青姉妹と顔家 1」『朝日新聞』夕刊、2008年10月27日号。