ウォー・ゲーム (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウォー・ゲーム
WarGames
WarGames film logo.jpg
監督 ジョン・バダム
脚本 ウォルター・F・パークス
ローレンス・ラスカー
製作 ハロルド・シュナイダー
製作総指揮 レナード・ゴールドバーグ
出演者 マシュー・ブロデリック
音楽 アーサー・B・ルビンスタイン
主題歌 イヴォンヌ・エリマン
撮影 ウィリアム・A・フレイカー
編集 トム・ロルフ
配給 MGM/UA
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年6月3日
日本の旗 1983年12月24日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $12,000,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $79,567,667[1]
テンプレートを表示

ウォー・ゲーム』(原題: WarGames)は1983年に北米で公開されたSFサスペンス映画ジョン・バダム監督、マシュー・ブロデリック主演。

概要[編集]

コンピュータネットワーク下の戦争」を題材とし、コンピュータ制御の戦争システムの危険性、核戦争の無意味さを描いた作品である。

マイクロコンピュータの本格的な普及が始まり、同時に従来からあった電話のタダがけ(en:Phreaking)などを駆使したハッキング行為が一般に注目されるようになった時代を背景に制作されている。

ストーリー[編集]

主人公の高校生、デビッド・ライトマン(マシュー・ブロデリック)は、高校の教師用コンピュータに侵入し、自分の成績を書き換えたりすることのできる若きクラッカーで、電話のタダ掛けの(en:Phreakingen:Blue boxを参照)テクニックも使い、データシステムにアクセスして遊んでいた。愛機はAltair 8800(映画ではIMSAI 8080)。

ある日、デビッドはさまざまなゲームが楽しめるホストコンピュータ「ジョシュア」に接続する。パソコンゲームメーカー「プロトビジョン」(架空の会社)の未発表製品保存用マシンに接続したと思い込んだデビッドは、チェスやTIC-TAC-TOE(三目並べ)などと共にリストに入れられていた、アメリカ合衆国ソビエト連邦との核戦争をシミュレーションするゲーム「世界全面核戦争」を見つけ、クラスメイトのジェニファー・マック(アリー・シーディ)と一緒に試してみることにする。しかし、実際には接続したコンピュータは北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)に設置された核戦争シミュレータ用の人工知能「ウォーパー」(WOPR:War Operation Plan Response、戦争作戦計画対応)で、デビッドが見つけたのは、WOPRの開発者スティーブン・フォルケン(ジョン・ウッド)の残したバックドアだった。

知人でコンピューターシステムを研究する大学生ジム・スティングに、「世界全面核戦争」というゲームが存在しないことを理由として「おそらくのものだ、調子に乗るなよ」と忠告されたにも拘らず、デビッドは全面核戦争ゲームを始め、しかも状況はNORADの戦略スクリーンに投影され、NORADのスタッフは実際にソ連側が軍事行動を始めたと誤解してしまう。ソ連外交部は軍事行動を否定するが、米軍はデフコン(防衛準備態勢)を最高度に準じる防衛準備状態を示すレベル2に上げる決断を下し、米軍の動きをソ連側が挑発と看做して米ソの状況は次第にエスカレートしていく。

たまたまデビッドが母親のいいつけでゴミを捨てにいくためにゲームを中断したことで、全面核戦争シミュレーションが中断してしまい、米ソの衝突は回避された。しかし、NORADの情報技術者ジョン・マッキトリック(ダブニー・コールマン)がシステムのログを解析してデビッドのハッキングが逆探知され、デビッドは連邦捜査局によりNORADへ連行される。マッキトリックとNORADの司令官であるジャック・ベリンジャー将軍(バリー・コービン)はティーンエイジャーに過ぎないデビッドにハッカーとしての能力があるとは信じられず、デビッドのやったことはソ連が実際に軍事行動を起こすための陽動作戦の一部であると固く信じ込み、デビッドをソ連のスパイの手先と決めつける。NORADに監禁されたデビッドはジョシュアを開発したフォルケンを見つけ出して誤解を解いてもらおうと、ハッカーとしての技術を駆使してNORADを脱走する。

一方、ジョシュアは中断された「世界全面核戦争」ゲームを再開し、NORADのスクリーンに表示されたソ連軍の動きに対応して、米軍は再び防衛体制のレベルを引き上げ、米ソの軍事衝突の危険は次第に緊迫する。デビッドは“ロバート・ヒューム”と名を変えて隠棲していたフォルケンをオレゴン州で見つけ出し、戦争に備えて封鎖される寸前のNORADに戻る。フォルケンの説得により、ソ連の核弾頭の着弾が本物かどうか確認するためにベリンジャー将軍は反撃命令を保留する。結果、ミサイルが着弾したはずの全ての基地から呼びかけに応答が返り、攻撃はモニタースクリーン上だけのことであることが判明した。

米ソの全面核戦争が回避されたのも束の間、ジョシュアはアメリカ側の反撃として自らICBMを発射すべく、発射コードを解読し始める。ジョシュアが通常の入力を受け付けず、停止させるために電源を切ろうものならNORAD自体が攻撃を受けて壊滅した事にされ、ミサイルは即時発射されてしまうため、デビッドはフォルケンの残したバックドアからログインして、○×ゲーム(三目並べ)を始め、システムの処理能力を削ぐことを試みる。三目並べは相手がミスしない限り引き分けに終わり、必勝手順がないゲームであることを学んだジョシュアは、こんどはあらゆるパターンの核戦争シミュレーションを始める。ジョシュアは核戦争はどのようなパターンであっても必勝手順がないという結論に達し、核戦争シミュレーションの実行を中止する。

ジョシュアはNORADの戦略スクリーンに“GREETING PROFESSOR FOLKEN.(こんにちはフォルケン博士) A STRANGE GAME.(奇妙なゲームです) THE ONLY WINNING MOVE IS NOT TO PLAY.(勝つための唯一の手(move)はプレイしないことです) HOW ABOUT A NICE GAME OF CHESS?(チェスをしませんか?)”と表示し、全てのシステムは正常に戻る(move とは、将棋やチェスの「手」のこと)。

現在のNORAD司令センター(2005年)

その他[編集]

  • コンピュータによる新しい戦争の形の可能性を描いた作品としては、これ以前に『地球爆破作戦』がある。
  • ノベライズ版では、後日談として、フォルケン博士は隠棲状態から現場に復帰し、デビッドはハッキングから足を洗ってフォルケン博士の下でコンピュータ技術について学ぶことが記述されている。
  • 当時、この映画を特集したテレビ番組の中で、“実際はどうなのか、大丈夫か”という声が上がり、NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)の広報担当は「司令部コンピュータネットワークへのハッキングは絶対不可能。また算出された結果は鵜呑みにせず、人間が必ず確認している」と回答したというエピソードがあった。さらに映画の公開と前後して実際に米軍のコンピュータが不具合となり、核ミサイルを発射する危機に陥りそうになったこともあいまって、映画がヒットしたという逸話もあった[2][要ページ番号]
  • 1980年代サブカルチャーを題材としたアーネスト・クラインのSF小説『ゲームウォーズ』(映画『レディ・プレイヤー1』原作)では主人公がクエストとしてVRで再現された本作の中でデビッド役を演じるシーンがある。

スタッフ[編集]

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹替
TBS 機内上映版
デビッド・ライトマン マシュー・ブロデリック 関俊彦 松野太紀
ジョン・マッキトリック博士 ダブニー・コールマン 藤本譲
スティーブン・フォルケン ジョン・ウッド 樋浦勉
ジェニファー・マック アリー・シーディ 岡本麻弥
ジャック・ベリンジャー将軍 バリー・コービン 小林勝彦
“パット”パトリシア・ヒーリー ジュアニン・クレイ
en:Juanin Clay
横尾まり
スティーヴ マイケル・マドセン 増岡弘
ジェリー ジョン・スペンサー 筈見純
ジム・スティング モーリー・チェイキン
演出 小山悟
翻訳 たかしまちせこ
プロデューサー 上田正人
(TBS)
制作 東北新社
TBS
初回放送 1987年4月13日
月曜ロードショー
21:02-22:54

主題歌[編集]

音楽商品[編集]

  • 2008年5月13日、アメリカのINTRADAより、オリジナル・サウンドトラック盤CDが発売された。限定2,500枚、商品番号:COLL-65、主題歌も収録。
  • アーサー・B・ルビンスタインの作品集『The Motion Picture Scores of Arthur B. Rubenstein』(CD2枚組、プロモ盤)にも主題歌以外の音楽が収録されている。商品番号:ABR 0102。

その他[編集]

2008年にはオリジナルビデオで続編として「WarGames:The Dead Code英語版」が制作された。監督はバダムではなくスチュアート・ジラード。本作にはフォルケンとWOPRは再登場するが、デビッドは登場しない。

参考文献[編集]

  1. ^ WarGames (1983)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年2月19日閲覧。
  2. ^ デイヴィッド・ビショフ著・田村義進訳、「ウォー・ゲーム」ノベライズ版 早川書房

外部リンク[編集]