写真で解説する「HTC Aria」 (2/2) - ITmedia Mobile
レビュー
» 2010年12月15日 19時10分 公開

テザリング機能をチェック:写真で解説する「HTC Aria」 (2/2)

[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 AriaにはSIMロックがかけられていないが、3Gの周波数は1.7GHzのみ対応となっている(Pocket WiFi Sは2.1GHzにも対応)。NTTドコモも東名阪エリアで1.7GHz帯を使っているが、イー・モバイルとは帯域が異なるため、ドコモのSIMカードをAriaに挿しても通信はできない。GSMは850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHzをサポートしている。無線LANはIEEE802.11b/g、Bluetoothは2.1+EDRに対応している。本体メモリ(ROM)は512Mバイトで、2GバイトのmicroSDが付属する。プロセッサーはMSM7227(600MHz)を採用。バッテリー容量は1200mAh。

 「~@emnet.ne.jp」のEMnetメールには現時点では対応していないが、2011年2月以降に対応する予定。ソフトウェアアップデートで対応するのか、専用アプリを提供するのか、「詳細は別途案内する」(イー・モバイル広報部)とのこと。なお、Pocket WiFi SのEMnetメール対応についてもAriaと同時期(2011年2月以降)となる見通し。

 Android 2.2対応ながら、AriaではFlash 10.1のコンテンツは閲覧できず、対応しているのはFlash Lite4まで。これは海外版と共通の仕様で、CPU性能などが影響していると思われる。HTC製スマートフォンではおなじみのユーザーインタフェース「HTC Sense」も採用しており、7ページのホーム画面を利用できる。利用シーンごとに複数のホーム画面を使い分けることも可能だ。

photophotophoto 時計のバーを下にスライドさせるとロックが解除される(写真=左)。プリセットされているアプリ(写真=中、右)
photophotophotophoto カレンダー、天気予報、連絡先、写真など多彩なウィジェットを利用できる
photophotophotophoto ミュージックプレーヤーとブックマークのウィジェット(写真=左端、左中)。「Friend Stream」には、あらかじめ登録したTwitterとFacebookの最新情報が表示される(写真=右中)。ホーム画面のサムネイル表示も可能(写真=右端)
photophoto 日本語入力システムには「iWnn」を採用しているが、フリック入力はできない
photophotophoto ブラウザ画面(写真=左)。ダブルタップをすると、読みやすいサイズに拡大される(写真=中)。サブメニュー(写真=右)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう