元熙 (北魏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

元 熙(げん き、? - 520年)は、北魏皇族。中山文荘王。真興

経歴[編集]

中山王元英の次男として生まれた。長兄の元攸が早くに亡くなったため、世子に立てられた。学問を好み、文才もあったが、軽薄で浮ついたところがあったため、元英は元熙を廃して四男の元略を世子に立てようとしたが、一族の議論で反対が多く、元略も固辞したため、断念した。元熙は秘書郎を初任とした。513年延昌2年)、中山王に封じられた。将作大匠に累進し、太常少卿・給事黄門侍郎に任じられた。まもなく光禄勲に転じた。平西将軍・東秦州刺史として出向し、安西将軍に進んだ。516年熙平元年)、入朝して秘書監となった。神亀初年、安東将軍・相州刺史に任じられて出向した。

520年正光元年)7月、劉騰元叉皇太后の詔と偽って、清河王元懌を殺害した。8月、元熙は劉騰と元叉を除くために起兵したが、部下の柳元章・游荊・李孝怡らに捕らえられた。元叉の派遣した尚書左丞の盧同の街で斬られ、首級は洛陽に送られた。

525年孝昌元年)、王爵を追復され、使持節・都督冀定瀛相幽五州諸軍事・大将軍太尉公冀州刺史の位を追贈された。は文荘王といった。

妻子[編集]

[編集]

[編集]

  • 元景献(? - 520年、元熙とともに殺害された、贈中軍将軍・青州刺史)
  • 元仲献(? - 520年、贈左将軍兗州刺史、元熙とともに殺害された)
  • 元叔献(? - 520年、贈右将軍斉州刺史、元熙とともに殺害された)
  • 元叔仁(? - 528年、幼年のため一命を許され、母の于氏とともに朔州に流された。孝昌初年に霊太后の命を受けて洛陽に帰り、財産を返還され、中山王の爵位を嗣いだ。征虜将軍・通直散騎常侍。河陰の変で殺害された)

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻19下 列伝第7下
  • 北史』巻18 列伝第6
  • 魏故使持節大将軍太尉公中山王之墓誌銘(元熙墓誌)