増田熙男 - Wikipedia

増田 熙男(ますだ ひろお、1937年(昭和12年)9月1日 - )は、日本銀行家大蔵官僚。元東和銀行頭取、元岩手県副知事

経歴編集

東京大学法学部卒業後の1962年4月に大蔵省に入省。1987年7月より2年間岩手県副知事を務める[1]大蔵省大臣官房審議官、生命保険協会常務理事を歴任後の1992年7月に東和銀行顧問として入行。1993年6月に取締役副頭取、1994年6月に代表取締役頭取に就任。在任中はATMの365日稼動や郵貯セブン銀行との相互利用・利用提携の開始などの施策を実行したが、2007年5月、経営赤字の責任を取り、辞任した[2]

脚注編集

  1. ^ 増田熙男 東和銀行【元社長データ】 企業家人物辞典 2007年05月11日
  2. ^ 毎日新聞 2008/04/02