回答受付が終了しました

ID非公開

2021/11/26 13:11

22回答

日本に来た中国人の方にお聞きしたいのですが、 中国にいる間は政治についての言論の自由に対してどんな意識でしたか? 日本に来て意識は変わりましたか?

回答(2件)

1

まったく前の方の言う通りですよ。 私も以前は「これダメだわ、あれダメだわ、共産党ちゃんとやれよ」とこぼしてたけど、いざ外国の政治現状を見てたら「あれ、共産党のほうは全然マシだわ」となってしまった。 そもそも中国は言論を規制してる訳じゃなく、証拠無しの誹謗中傷を規制してるだけだと思う。実際SNSで不満をこぼしてる人が山ほどいるし、民間の声を基準に罰を受けた官員も少なくはない。 この質問がもし「日本に来た中国人」に絞ってなきゃ多分ネトウヨがウヨウヨと書き込みにくるだろう。その中国を全然知らず、行ったこともなく、ただただ嫌ってる連中からはどんな答えが出てくるか考えるまでもないでしょ。 騙されたつもりでいいから、チャンスあれば一度中国に行って見よう。

1人がナイス!しています

2

いやー変わりましたね。 中国にいたときに言論の自由がないとかなり不満だったが、日本に来たら、言論の自由は結局嘘の自由で、社会に不満と対立をもたらす以外ほどんど意味がないと気づきました。 やはり、言論には管理が必要だとわかりました。 *言論の自由=嘘の自由=社会の対立 1、気づいたのは、人間は結局自分の信じたいことしか信じないんだ。 ならば誰もがいい放題ならば、どんな意見でも出てくる そうなると、どんな意見でも世論の中から同調する意見が見つかる これにより、自己主張が強化される→社会対立が強化 2、人間には感情がある。となると、嫌いの相手に関しては悪い情報しか頭に入らないのだ。そうすると、マスコミは、売り上げを考えるから、視聴者や読者の聞きたい情報を垂れ注ぐんだ、そのような情報がなければ、こっちからつくるんだ、たとえ嘘でも、お金になれんだったらお構いない。言論は自由だから。 日本人の中国に対する極端な悪いイメージの由来は、まさにこの仕組みだ。

2人がナイス!しています