回答受付が終了しました

台湾有事が近づいているって本当ですか?

回答(5件)

1

台湾有事について、多数の意見がありますが、有事説を唱えるのは制服軍人 それも軍事予算を取るための公聴会での発言が多いです。 まぁ、台湾有事の可能性は言われているよりはるかに低いです。 心配することは何もないですね。 米軍の頂点に立つ統合参謀本部議長のマーク・ミリー大将は6月17日、 米上院歳出委員会の公聴会で、中国の脅威について、 ▼中国は今世紀半ばまでに軍事的に米国に対して優位性を持つという考え方を公にしており、強力な経済力を背景に徹底的に資源を投資するつもりだろう。 ▼米国は、平和と抑止を保つために軍事的な優位性を維持しなければならない。 と、中長期的に米中の軍事的優位を巡る対抗関係が続くことを認めながらも、中国の台湾侵攻が切迫しているとの説についてはかなりはっきりと否定しています。 ▼中国が台湾全体を掌握する軍事作戦を遂行するだけの本当の能力を持つまでには、まだ道のりは長く、中国による台湾の武力統一が近い将来、起きる可能性は低い。 ▼中国には現時点で(武力統一するという)意図も動機もほとんどないし、理由もない。 ▼ただし。台湾は中国の国家的な利益の核心部分であることは間違いない。だそうです。 米国も中国もお互い戦争はしたくないのです。 ●中国は後二三十年もすれば世界一の経済大国です。 その時に軍事力でなくて経済面で台湾を併合すればいいのですから。 (今、米中に不戦の密約があるのかもしれません。) 参考⇩ https://news.goo.ne.jp/article/mag2/world/mag2-505135.html

1人がナイス!しています

1

>>台湾有事が近づいているって本当ですか? 嘘ですよ。 あなたは中華人民共和国の成立経緯、台湾との関係。アメリカと台湾との関係などの中国に関することを何も知りませんよね。 そんな心配はいりません。 中華人民共和国のが建国を宣言したとき「台湾は中国の一部である」今後我が国と国交を結びたければ台湾と断交すべしと主張しました。国際社会の多くはこれを受け入れて台湾と断交し、新生中国と国交を結びました。 台湾は中国の一部であると認めたのですから、あとは台湾を焼いて食おうが煮て食おうが中国の自由なのですが、アメリカは台湾と断交すると同時に「台湾関係法」という国内法を施行して台湾保護の政策をとりました。このことが問題をややこしくしています。 台湾統一は中国のかねてからの願望でしたが国力の増強を優先していただけで、ほったらかしていたわけではありません。最近はGDPが世界第2位の大国になったことから、軍備の増強に力を入れ始めましたが、大国の名にふさわしい軍事力を備えることは何も悪いことではありません。海があるのですから空母を持つだけの経済力があれば持つのも自由です。なぜ中国が軍備を増強するのが怖いかといえば、西側諸国がいう「海洋進出」が太平洋の危機につながると恐れているからです。 然し、台湾は中国が統一しようとすれば平和的であろうと武力的であろうと国際社会はこれを阻止することはできません。 一つだけ言えることは、もし台湾を統一したら沖縄の在日米軍基地とは目と鼻の先になりますから、ひこれはアメリカが一番嫌うのは当然です。ですからアメリカは「台湾関係法」を盾に台湾を保護しようとするはずです。もしそうなったら「米中戦争」ですよね。 中国がこれまでの経済発展を投げ捨ててまで台湾の武力統一、ひいては米中戦争に発展するかもしれないような戦争をするでしょうか。 こう考えてくれば、台湾統一はあるかもしれませんが、その可能性は非常に低いという結論が出てくるはずです。

1人がナイス!しています

0

湾岸戦争、ソ連崩壊、ベルリンの壁崩壊、最近ではクリミア併合・・・等々、世界情勢は一夜にして変わります。もちろん、首謀者は長年の歳月をかけてその実行のタイミングを計っていたのだろうと、容易に推測できますが・・・。 戦争が起きるかどうかは、誰にも分からないでしょう。 しかしながら、中台米英日豪などの動きから、緊張感が高まっている事は間違いがありません。「北京五輪までは無い」と多くの評論家が断言的に言っていますが、五輪後の事は、誰も言っていません。 一方では、台湾有事は日本有事と同じ意味(台湾が中国に取られたら日本も危ない)なので、起きるかもしれないなら、それに備えるのは、当たり前ですね。台風が直撃するかどうかは分からないが、来るかもしれないならそれに備えるのと同じですね。

0

台湾有事は、台湾、米国はもちろん各国それにそなえて準備して おります。そんな最も守りの固いところを、あえて中国が攻撃する と思いますか?中国が台湾攻撃をにおわせるのは、世界の注目を そこに集めておいて、いわばオトリとして使って、別のことを 秘密裡に着々と進めているのだと思います。 敵の裏をかくこと、これが戦いに勝つ鉄則です。みんなが予想して るところに突っ込んでは来ないと思います。

0

どうして近づいていると思わないの?中国共産党は軍事侵略する気満々な報道しかしてないよ?習近平氏が失脚すれば別だけど。彼がいる限り、時間の問題な気がする。中国と台湾の間に橋を架ける。拒否権は認めないなんて、寝言みたいなこと言ってるし。 (; ・`д・´)